[ 晩秋の信濃路自然歩道 ]


( 信濃路自然歩道 )

10月27日 晩秋の信濃路自然歩道を散策してきました
軽井沢駅から北軽井沢行きの草軽交通バスに40分ほど乗り
峰の茶屋で下車して 〜白糸の滝〜小瀬〜三笠 まで
全10KMあまりのコースです

紅葉の最盛期には少し遅れましたが
歩き易く変化に富んだ遊歩道は 疲れを感じることもなく
澄んだ青空と 見事に紅葉したモミジのコントラストを楽しんで
気持ち良く 晩秋の3時間半を過ごしました

青空とモミジの紅葉
ヤマモミジの紅葉

晴れ渡った青空に 紅葉したヤマモミジが きれいに浮き上がります
眼の網膜がどうかしたかと感じる様な コントラストが
印象強く焼き付いています

( 信濃路自然歩道の起点へ )

軽井沢発草軽交通バス 軽井沢駅 9:20発「北軽井沢」行きの
草軽交通バスに乗り「峰の茶屋」に向けて
さあ!出発です

(「峰の茶屋」までの片道運賃は860円)

峰の茶屋の「信濃路自然歩道」入口です
9月10日の台風15号の影響なのか

「この先崩壊のため
通行できません
軽井沢町」

という看板とチェーンが掛けられていますが
横の空いている所から 入れちゃいます
信濃路自然歩道の起点

( 変化に富んだ自然歩道 )

自然歩道の案内標識 自然歩道は案内標識が良く整備され
道に迷うこともありません

(左は峰の茶屋方面 右は白糸の滝方面)

これから「白糸の滝」に向かいます

枯れ落ちたナラやクヌギの雑木林に
きれいに色づいたヤマモミジが
ぽつっ ぽつっ と アクセントになっています
山道のモミジの紅葉

湯川に沿った遊歩道 湯川の源流に沿って
水の流れる音を聴きながら
森の中を散策するのは気持ちがいいものです

すぐそばに白糸ハイランドウェイが見えます


「自動車専用道路」は歩いてはいけません

落葉松の林には 金色の落ち葉が
絨毯のように敷き詰められていて

ふかふかした靴の下の感蝕は
頭の後をやさしい感じにしてくれます
落葉松の絨毯

( 紅葉と白糸の滝 )

もみじの紅葉−1 もみじの紅葉−2
自然歩道のあちこちで きれいな紅葉を観ることができました

上から観た白糸の滝 白糸の滝−NORMAL
普段は見られない上からの白糸の滝 白糸の滝 (これはNORMALですね)

( 竜返しの滝とレクの森 )

竜返しの滝 白糸の滝の トイレ側の山を暫らく登って
舗装道を横切り 湯川に沿って歩きます

明るい水辺の樹の下で マットを敷いて
ひと休みして ランチボックスを開きました

川の流れに沿って歩き
橋を渡ってから 山側の斜面を歩いて
広い林道を抜けると
ゴウゴウと 勢い良く水が落ちる
竜返しの滝に着きます

竜返しの滝から小瀬温泉の入口までは
すぐの距離です 疲れたら 小瀬で
バスを待って 帰りましょう

小瀬から 丘を少し登るとレクの森に出ます
浅間山を正面に見て
広〜い芝のグランドで寝っ転がって
空を見上げるのも気持ちよいものです

うちのピッケルちゃんを連れてきて
芝生の上を思いっきり走らせたら
きっと 喜ぶだろうなあ・・・・
なんて 思ったりしました
レクの森

( 軽井沢への帰り道 )

熊出没注意 レクの森では 以前 熊が出没して
大騒ぎをしたことがあります
食べ物の残りやゴミなどは 持ち帰ること

ここにも「崩壊のため通行できません」
出没!!注意
という看板がありましたが

途中 崩壊して歩けない様な
所はありませんでした
事故が起きた時の 町の責任回避かな?
でも は気になりますね
大きな鈴を持って行きましょう

三笠のバス停に 無事到着しました
14:10の軽井沢駅行きに乗って帰ってきました

朝 軽井沢から乗った時に
ご親切に色々と教えていただいた
バスの運転手さんが 帰りも偶然一緒で

どうでしたか? と 尋ねられたので
よかったですよお! と気持ち良く答えました
三笠 バス停


戻ります