広島県自然史研究会のページ


広島県自然史研究会とは?

 広島県自然史研究会とは、広島県に自然史博物館を作ろうという目的のために活動している団体です。高等学校の教員13名で構成されています。他府県にはある公立の自然史博物館が広島県にはまだありません。ぜひとも広島県に欲しい!そんな純粋な気持ちで集まった13名が活動しています。 1997年2月4日に“広島県にも自然史博物館が必要だ”という熱い思いをもった有志が、現代の「ドンキホーテ」との誹りをものともせず、『みんなでつくろう!自然史博物館』を合い言葉に立ち上がったのが広島県自然史研究会です。本会の活動に、一人でも多くの方からのご理解とご支援を頂戴できれば幸いです。


自然史研究会代表 平山琢朗

活動実績
自然史研究会の活動の歩み その1  その2  その3
2006総会 2007総会
まるごとウオッチング(野外観察会) 9回以前  10回  11回  12回  13回
14回  15回  16回  17回
イベント実施状況 シンポジウム   環瀬戸シンポジウム
環境の日イベント 
みんなでつくろう自然史博物館
移動博物館
各方面からのご意見 壮年の主張
応援メッセージはこちらへお願いします