HOME   中学受験・算数の森(本館)へ   プロ家庭教師のお申し込み・ご相談へ   開成中学校の過去問(本館)へ

開成02年第1問(2)

(問題)

百の位で四捨五入すると3000になる整数から、十の位で四捨五入すると600になる整数を引き算します。この差が一番大きくなるときの答えを求めなさい。


(解答・解説)

30秒もかからない問題でしょう。
一般に、A−Bが最大になるのは、Aが最大で、Bが最小となるときですね。
百の位で四捨五入すると3000になる最大の整数は3499で、十の位で四捨五入すると600になる最小の整数は550だから、
  3499−550
 =2949