学校案内
ライン

<名称>        在カラチ日本国総領事館付属日本人学校 
                KARACHI JAPANESE SCHOOL

  
<学校校舎>

<沿革>   

昭和40年 5月
昭和43年 4月
昭和46年12月
昭和50年 8月
昭和60年10月
平成 元年 2月
平成 3年 1月
平成 9年 4月
平成13年 9月
平成14年 1月

平成14年 6月
平成15年
平成16年
平成17年10月
       11月
平成18年 2月
        6月
平成19年 2月
       10月
平成20年 1月
平成21年 4月

平成22年 3月

平成28年2月

日本国大使館付属小学校設置許可が下り、同年6月開校式
大使館の移転により在カラチ日本国総領事館付属小学校と改称
インド・パキスタン紛争により休校
創立10周年記念式典挙行
創立20周年記念式典挙行
中学部校舎借用
湾岸戦争のため臨時休業(9日間)、私邸にて分散授業
創立30周年記念式典挙行
修学旅行でイスラマバード校を訪問し、IJSdayに参加  
アメリカ同時多発テロのため臨時休業(9月17日〜)、日本へ帰国 
学校再開(1月8日)、児童生徒10名でスタート
インド・パキスタン紛争により、夏休みの繰上げ措置を取る
コンピューター機器更新(5台) 校内LAN設置
逢沢一郎外務副大臣来校
パキスタン大地震発生
谷川秀善外務副大臣来校
創立40周年記念式典挙行
石川良二文部科学省初等中等教育局国際教育課課長補佐来校
玉木興sJICA所長講演
B.ブット元首相帰国のため臨時休業
総選挙のため臨時休業

財団法人 パナソニック教育財団 実践研究助成
「子どもとつながる環境づくり」(平成22年3月31日まで)
第16回 マイタウンマップ・コンクール 外務大臣賞受賞
「カラチ情報提供サイト『カラチに集まろう』」

カラチ日本人学校創立50周年記念式典挙行


    

<児童生徒数及び教員及びその他の職員数(平成28年9月20日)>
小学部 1年 2年 3年 4年 5年 6年 小計
男子
女子
10

中学部 1年 2年 3年 小計 聴講生 総計
男子
女子
14

教職員 校長 派遣教員 現地採用教員 講師 事務 職員 総計
男性 12
女性
14

<学校教育目標>

誇り高き、カラチの日本人を創る

自ら考え正しく判断し、仲よく心豊かにたくましく生きぬく子どもの育成

   〜  豊かな心  たくましい体  正しい判断力

 

<本年度研究主題>

世界に心を開く児童生徒の育成
〜カラチの人とつながり、カラチの良さを発見する探究活動〜

<授業計画> (平成28年度予定)

         ・年間授業総日数 193日  
         ・休業日 日・土曜日・パキスタン祭日(宗教関係等) 
         ・第1学期 4月13日〜7月15日
         ・第2学期 9月1日〜12月22日 
         ・第3学期 1月9日〜3月17日 
         ・始業式・入学式 4月13日
         ・修了式・卒業式 3月17日

<入学金・授業料・その他>(平成28年度)

   ・入学金 $800(新規入学者1回のみ)
   ・授業料(1ヶ月分)$570(小学部)$600(中学部)
   ・入学金および授業料に減免制度があります。詳しくは学校までお問い合わせください。

<学用品等について>(平成28年度)

1,学校で購入可能な学用品  
   ・ファイル、学習ノート(大学ノート、各教科学年別ノートなど) 
   ・えんぴつ・習字セット、墨汁、筆 ・絵の具、筆、パレット、クレヨン、下敷き、定規など 
   ・リコーダー(アルト、ソプラノ)
   ・鍵盤ハーモニカ
   ・下敷き

2,持ってきたほうがよいと思われるもの
   ・手提げバッグ又はディバック(通学用ランドセルでなくてもかまいません。)
   ・器楽類(リコーダー、ピアニカなど。学年に応じて。)
   ・家庭科用具(エプロン、裁縫セットなど。小5〜。)
   ・図工関係(クレヨン、絵の具、彫刻刀、クーピーなど。)   
   ・習字関係(筆、下敷き、墨、すずりなど)       
   ・体育関係(水着、ゴーグル、短パン、帽子、跳び縄など)
   ・ゆかた(学校行事で使用します。) 
  

ライン