■7/15
球場が近いため、野球部の応援に全校生徒が借り出されることに。
結果はボロ負け。
やっぱり、全員で応援に行くと、逆にプレッシャーがかかって
良くないと思うんですよ。

キャラねっとは、みすてりあるキャラねっとだけ読了。
まあ、挿絵を美少女絵師に頼んだとしても、やはり御大は
御大だったなぁ。と思った。

プラネテス最高。
■7/13
名作と名高い「二百三高地」を借りてきましたよ。
時間ないんで、とりあえず半分だけ観ました。
…日本、よくこんなのに勝てたな。
あんな突撃戦法で、勝てる訳がないじゃないですか。
個人的には食ってた飯に混じっていた赤いものが血だと気づいて
皆吐き出したのに、一人黙って食う人が印象的でした(名前が分からん)。
それと、防人の歌。
海は死にますか〜♪って、それ生物じゃないじゃん。
と、つっこんだのは僕だけじゃないはず。

あと流水御大のキャラねっとを読み始めましたよ。
御大の文章(文SHOW?)は、いつ読んでもなんか腹が立ちますね。
■7/12
マイハニー(仮)と電車で遭遇。
…したような気がしたので、確認を取るために帰ってメールしたら
「会ったがな!!ちゃんと挨拶したっしょ」
と怒りの返事が来た。
挨拶…したっけなぁ。
記憶力の悪さも、ここまで来るともはやアレですな。
人の顔と名前が覚えられないですよ、マジで。


SBR、結局スタンドバトルになっちゃうんだなぁ。まあ、面白いからいいけど。
しかし今回の敵って、メタリカとちゃうんか?
■7/11
英語の勉強のために、ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」を原文で読んでます。
ていうか読めません。
まだ最初のあたり。がんばれ、俺。
とりあえず、主人公がジョナサン・ハーカーというイギリス人だということは分かった。
あとはドラキュラを訪ねてトランシルヴァニアにやってきたとか、
聞きかじっただけのドイツ語が道中でめちゃくちゃ役立ったとか。
そのぐらいしか分からんです(これすらも違うかも…)


デカレンジャー、先週見忘れたせいでついていけませんよー。
面白いんですけどね。


重装機兵ヴァルケンPS2版が、どうやら失敗作らしいので、
おとなしくエミュでやることにしますよ。

つーか、マジでこれは傑作ですね。
PS2版購入かどうかは、とりあえず保留ということで。
でも、サントラは欲しいよな…
■7/10
僕はとにかく英語ができない。
英語。英語をなんとかせねば。


ガンダムSEED DESTINY、どうかなぁ、これは。
前作砂漠編のような悲劇を繰り返されては困るのですが。
ていうか、スタッフ入れ替えてください。せめて脚本に黒田御大を…
無理かなぁ…
サイトトップの絵を見たら「おっ、SEED版メロウリンクか?」と思ったけど、
どうやら違うみたいだし。
期待はしませんよ。
■7/9
期末テスト、模試、共に倫理だけは良かった。



題「みかん」

起きたら、なぜかみかんが枕元に置いてあった。
不思議に思った。
――なぜ、こんな場所にみかんが?
頭の中に浮かぶ疑問符の洪水に流されそうになったが、
自分を強く持とうとした。普段から精神の薄弱であることを
親や友人から指摘されている僕は、このようなときだからこそ
自身を強く保ち、平常心を養うべきだと考えたのだ。
枕元にある、みかん。
これは一種の不条理な状況というやつだろう。
カミュかカフカか?
いや、そのような高尚なものではとうていないだろう。
ただのみかん。しかし、それは枕元にあったのだ。
台所にあるみかんと、僕の布団の中の枕元にあるみかん
とでは、その意味するところはまったく異なってくる。
その時のそのみかんは、僕にとって日常に入り込んだ非日常
のシンボルとでもいえるものだった。
みかんに手を伸ばした。いや、伸ばしたという表現は不適切だろう。
実際は折り曲げていたし、みかんは枕元――つまり僕の顔の目と
鼻の先だ。
とりあえず、みかんを手にとってみる。意外と小さい。
腐っているとか、そういった訳ではなく、むしろ適度に熟していた。
そのとき、僕はある衝動に駆られて、思いもしない行動を
取ってしまった。今になって冷静に考えてみると、どうして
あのような行動をとったのかさっぱり分からないが、その時
の僕には何か理由があったのだろう。
僕は、そのみかんに、信じられないことをした。

そう、僕は――


そのみかんを食べたのだ。



酸っぱかった。
■7/7
メリー七夕

テストが終わったので息抜きに名画「二百三高地」を見ようと
レンタル店に赴いたら、すでに何者かに借りられていた。
ガッデム。
仕方がないので、司馬遼太郎先生の傑作「坂の上の雲」を読もうと思います。

日露戦争にはまってしまった。
明石元二郎大佐とかすげえ。
日本はもっと、こういう偉人を歴史の授業で紹介すべきだ。
日露戦争をもっとでかくあつかえっての。
■7/6
暑いー。

永遠のアセリアが、三国志的な様相になってきて面白いです。
北方五国を統一したラキオスと、マロリガン共和国。そして帝国。
あと、CG見てたらレスティーナのところにレムリアのCGが入っていて、
壮大なネタバレを目撃してしまった。orz
あーあ、気づかなかったよ。なるほどー。うわーん。

■7/5
あーあ、やっちまった。ごめんなさい。マジですんません。

あと、今週のデスノート。もう健気なミサたん萌えとしか。
あー、でも絶対裏があるよなぁ。
しかし、それ含めて萌えですよ。
これで来週の始まり方が朝チュンだったら、私はこの漫画を神と認定します。
■7/4
日露戦争が好きです。
戦争が好き、というのもアレですが。
とにかく、日露戦争の、
“これまで支配されるだけだったアジア人”が“征服者である西洋人”に初めて勝利した戦いであり、
まさに窮鼠猫を噛む、といった感じなところがツボなのです。
まあ、詳しいことを語っていくと全然違うのですが、とにかく、私の心の中では、このような
理想化をしているのです。
あと、帝政ロシアは好きですが、ソ連は嫌いです。
一番好きな国はドイツ(プロイセン含む)。次に大日本帝国(特に明治)。三番目ぐらいに帝政ロシアです。
ドイツは、日本の先輩であり、教師であり、ライヴァルであり、そして盟友の国です。騎士の国、ドイツ。
ドイツ帝国なくして大日本帝国なし。大日本帝国は、憲法を始めとして、いろんなものをドイツから
パク…げふんげふん。えー、影響を受けているのです。
明治日本。日本が一番輝いていた時代です。明治大帝の治世の下、欧米列強と肩を並べた黄金期。
そしてロシア。ロシアは、上手くいえませんが、その退廃っぷりが好きです。
具体的には、ロシア民謡やロシア文学が好きなのです。あの哀愁漂うトロイカや、幸福感溢れるカリンカ。
ステンカ・ラージンや一週間の歌など、好きです。文学ではドストエフスキーの罪と罰は傑作ですし。

Flying Shineの新作Noel、楽しみですねぇ。
CROSS†CHANNELが傑作でしたから。
でも、Noelってたしか昔、PSでも同タイトルのものがあったような…
あと、まだ詳しいことは分かりませんが、どことなくEVE burst errorのまりな編っぽいです。
とにかくNoel、楽しみです。

■7/3
試験合間の小休止、念願の土日です。
しかし、今回のテストも、何を頑張って何を頑張ってないかが、
よく分かるような出来栄えのようです。
倫理9割は確実ですが、英語・数学は赤点確実です。
そういえば、この間返却された模試も、国語の偏差値は70近いものを
叩き出したというのに、英語と数学の駄目っぷりで相殺してしまいましたからなぁ。
数学はまだなんとかなるとして、問題は英語ですよ。

愚痴はこれぐらいにしよう。暗くなる。

ageアージュマニアックスの、戦え!超常戦隊レイスマンを聴いて、爆笑。
イントロや、レイスマ〜ン♪のあたりなど、チェンジマン臭くて良いですよ。
チェンジマンの歌は、個人的に戦隊史上No.1のカッコよさなので。
設定も馬鹿すぎ。巨大ロボの名前が「不思議大統領」って。
多分カクレンジャーの「隠大将軍」あたりからのネーミングだとは思いますが、
大統領はねえだろ、大統領は。笑い転げましたよ。
僕はこのレイスマンに限らず、"オリジナル戦隊”というものが大好きなのです。
究極超人あ〜るの究極戦隊コウガマンしかり、かの愛國戰隊大日本しかり。
これほどパロディにしやすく、しかも面白い題材というものはないですよ。
その中で一際面白いと感じたのは、京大アニ研製作の怨念戦隊ルサンチマンです。
オタネタ、哲学ネタ、そして戦隊。僕の好きなものを詰め込みすぎです。
確かに内容自体は大日本のパクリのようで、そこまで面白いとは思いませんでしたが、
オープニングなどは傑作といって良いほどの出来栄えです。
機会があれば、是非見てください。

そういえば、スティール・ボール・ランが、超能力バトルの様相を呈してきた。
まあ、ポコロコのあたりからそんな感じはあったのだけど。
確かに非常に面白いんだけど、個人的には純粋にレースものとして楽しみたかったなぁ…

天誅のHighend Otakuという曲に爆笑。こりゃ面白い。
途中まで微妙だなー、と思って聴いてたら、「上上下下左右BA、最強モードだそれグラディウス」
という部分が妙にツボに入って爆笑してしまった。
あとX68000最高。とか。
ああ、いいものを聴いた。


世界史ノート、ギリシア完成
■7/1
いえー、本格的に新サイト始めますよー。まあ、何も変わりませんが。
「三次元なんかに興味あるか、ばーか」宣言に加盟しました。
AstrAudeです。アストロオードとでも読んでください。
とりあえず、今は試験中なので、体力がヤバイですな。素で死にかねません。
タスケテー。
サイト名も、paranoia+driveで決定です。
paranoiaは、妄想狂や偏執狂といった意味です。
+driveは、前サイトの名前で、driveに衝動といった意味があるので、paranoia+drive、妄想衝動です。
さー、頑張っていきまショー。

あと、霄壤の遠景について、感想なんかあれば是非掲示板へ。