合奏の初級(打楽器中心)

トップページへ戻る

合奏とは何を合わせるのでしょうか?という設問に如何お答えでしょうか。
答えは、「曲の感じを合わせる」ことなのです。
1)楽器同士をいくら合わせてみても、リズムが合うだけでは合奏
とはいえません。
2)曲がどんな感じなのか、例えばマーチなのか、踊りなのか、ラテンなのか、
それが分からないのに、大太鼓を引っ張り出して打たせてみても、全てが
同じ感じになってしまうのは当然の事です。
曲を例に出してお話を続けましょう。
「蛍の光」に大太鼓と小太鼓で  ほたーるの ひかーり
                                         ブンチヤチヤ ブンチヤチヤ
と演奏するとリズムは合っていても、有名な別れの曲としてのイメージとは
かけ離れてしまいます。しかし、編曲してマーチ風「蛍の光」であれば何の
問題もありません。
3)先ず、曲の感じを決める事です。
4)次に、曲の感じが分かったら、その曲に合う楽器を揃えましょう。
(反対に楽器に合わせて選曲をしても結構です。)
因みに、私の合奏曲集の中からご紹介しましょう。
A)ラテンのリズムで遊ぼう
   チャチャチャ
  a)おもちゃのチャチャチャ                    幼児の合奏曲集 1
  b)パパはママが好き             3
  c)わらべうた(たこ・かごめかごめ)       2
  d)となりのトトロ(ロックとチャチャチャ)    2
   サンバ
  a)エル・クンパンチェロ                       幼児の合奏曲集 
  b)サンバ・ブラジル                9
B)マーチのリズムで遊ぼう
  a)ミッキー・マウス・マーチ                  幼児の合奏曲集 2
  b)二つの橋のメドレー(ロンドン橋・アビニョンの上で)
  c)さんぽ                     7
  d)ゆかいに歩けば                9
  e)オリバーのマーチ               10
  f)スウェーデンマーチ          今年度教材曲
  g)ラデツキー行進曲           今年度教材曲

実技の様子