国立第二小学校事件
狂気! 教師が小学生を煽動、校長に土下座迫る!
新事実!教員らが無許可で教室を占有! 

事件の経緯

2000年3月24日、東京都国立第二小学校の屋上に戦後初めて、日の丸が掲げられた。
国立市には、市立小学校が8と市立中学校が3あるが、戦後二小を含め、他の全ての学校で卒業式と入学式における国旗掲揚と国歌斉唱が適正に行われていなかった。
しかし2000年、国立第二小学校の沢幡校長は文部省の学習指導要領に従い、国旗掲揚と国歌斉唱を取り入れた卒業式を行おうと、昨年12月から8回の職員会議を開き、教職員への理解を求めたが、議論は平行線をたどった。
その為、校長は式場内での国旗掲揚と国歌斉唱を止め、屋上へのみの国旗掲揚で、教職員との和解をはかったが、話し合いは卒業式前日まで続けられた。
式前日には9時間にも及ぶ職員会議を開いたが、双方合意できず、校長はやむなく、式当日に屋上へ国旗を掲揚した。
式が終了し、卒業生を見送った後、5,6年生の児童30人と10数人の教職員、保護者が校長に詰めより、国旗を降ろさせ、土下座を迫った。
詰め寄った時、児童等は前日行われた職員会議の内容を克明に知っていた。
教職員が児童に内容を漏らし、煽動したのである。



●児童及び教職員、保護者が校長に詰め寄ったときのやりとり
問題の卒業式当日の校長に土下座を詰め寄った際のやりとり全文。
●新たに「組合活動で教員らが教室を占有」していた事実が発覚
教員らが許可を得ず組合活動のため4年間教室を占有していた事実を公明市議が指摘。
しかし、教員らは明け渡し要求を拒否している。← 組合側が2000年6月16日教室退去



戻る