鈴鹿縦走(北)6 治田峠〜銚子岳(〜静ヶ岳)

「山想山歩の集い」20周年記念、鈴鹿山系主稜、県境稜線縦走を実施した。
 ・2003.05.17 前日まで雨、本日曇りのち雨、三岐鉄道大安駅 8:46 集合
 ・行程:青川林道終点・・治田峠・・銚子岳分岐・・銚子岳頂上(往復)
治田峠で総勢27人、全員撮影したつもりが、写っている数ヤヤが少ない。銚子岳頂上で撮れなかったのでゴメン。
14.銚子岳頂上(1019m)

 12:40に頂上に到着。昼弁当を食べる。静ヶ岳に行く予定でしたが、青川の増水で危険を伴うので、次ぎの機会に登る事とする。
13.イワカガミの咲く登山道

 銚子岳分岐の周囲は、今を盛りとイワカガミが咲いていた。
12.銚子岳

 県境稜線の笹が蜜生し両側に細い潅木が立ち並ぶ道より、大きく聳える銚子岳が見える。
11.治田峠

 山腹の堀割道をジグザグに急登して息が切れる頃、治田峠にヤット着いた。県境稜線縦走の場所である。
9.マムシの毒牙を抜く

 日之岡稲荷を出た所で、マムシを捕獲した西村さんが、毒牙を抜いています。ここらには、ヒルも沢山いました。
10.中尾地蔵

 新町から治田峠、滋賀県の茨川、君ヶ畑通じたこの道は、江戸から明治にかけて、金銀銅の採掘で賑わった。
7.トンネル出口

 谷幅が狭まると程なく、岩塊を繰り抜いたトンネルが現れる。
8.日之岡稲荷

 徳川幕府時代、治田鉱山で金銀銅の産出で隆盛を極めた。1000人程の抗夫が食べ物ど司る神とし信仰した。
5.4.の写真を通過して振り返って撮っています。

 帰り時には、他のパーテイー(23人)に追い着き、ココを通過するのに30分を要した。
6.青川の増水で渡り難い

 五月にしては、雨が多いので石から石へ飛ぶに飛べない距離で女性軍は悩みました。
3.広河原

 大きな堰堤の右から上に出ると、広河原と呼ばれる広々とした河原に出る。」
4.岸壁の淵を渡る

 両側に山肌が切り立ち、素晴らしい峡谷風景が見える。滝も紹介したいが、HPの容量の為、省略する。
1.青川峡谷林道終点駐車場

本日のコースの説明と注意事項等。
2.丸木橋を渡る

 青川を渡る為に、3本の桧を纏めて橋にしている。

トップページへ戻る