【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2004年 8月 5日 イースタンリーグ 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:報告者:しじゅうしさん

久々の投稿になります。5日に鎌ヶ谷に行ってきましたので報告します。

雑感
天候は時折強い日差しが指すものの、ほとんどの時間は雲に覆われていて、絶好の観戦日和となりました。
さて内容の方ですが、巨人のランデルが7回を1安打1四球に抑えるすばらしいピッチング。
巨人打線の方も、4回に糸井から三者連続ホームランを放つなど一挙5点。ファイターズも、8回に追い上げるが及ばず敗北。

ファイターズ投手陣はジャイアンツ打線を13残塁と要所を締めたように見えるが、観戦していたほうとしては大変心臓に悪い内容。
ジャイアンツの拙攻というよりは、確率的に乗り切ることができたという感じを受けました。「これなら大丈夫」と思わせたのが、最後の矢野だけでした。

なお球数などは目安程度に受け取ってください。

8/5 G−F(鎌ヶ谷)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 | R H E
読 売 0 0 0 5 0 0 0 0 0 |  11 0
日ハム 0 0 0 0 0 0 0 3 0 |  6 0

読売ジャイアンツ
守  名前  打 得 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(9) 井出  4 0 0 1 遊ゴ    三邪 左犠    中飛    三振  
(7) 山田  3 0 1 0 四球    空振 二飛       中安
H7 三浦  0 0 0 0                      四球
(D) レイサム5 0 0 0 空振       二ゴ 中飛    二ゴ 空振
(8) 堀田  3 1 1 1 四球       左本 右邪    四球    左飛
(3) 吉川  5 1 2 1 三邪       中本 三振    三飛    中二
(6) 川中  3 1 3 1    右安    右本    右安
H  野村  0 0 0 0                   四球
6  大須賀 1 0 1 0                         左安
(2) 村田  3 1 0 0    空振    四球    四球 中飛    二飛
(5) 岩舘  4 1 1 0    遊ゴ    左安    投犠    三ゴ 遊飛
(4) 長田  4 0 2 0       中飛 中安    遊直    右二

  名前   投球回 打者 投球 安打 三振 四死 失点 自責
○ ランデル 7   23  109  1 10  1  0  0
  條辺     1/3  5 21  4  1  0  3  3
  柏田     1/3  1  3  0  0  0  0  0
  三澤     1/3  3 13  1  0  1  0  0
S サンタナ 1    3 10  0  0  0  0  0

北海道日本ハムファイターズ
守  名前  打 得 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(D) 小谷野 4 0 1 1 空振    中飛       右邪    左安
(9) 上田  4 0 0 0 空振    一ゴ       一ゴ    三飛
(5) 林   4 0 1 1 空振       右飛       三ゴ 中安
(7)8藤島  2 0 0 0    四球    捕邪       空振 四球
(3) 渡邉  4 0 0 0    空振    三振       空振 右飛
(8)6飯山  4 0 0 0    空振       空振       三振 投ゴ
(4) 稲田  4 1 2 0    中安       左邪       中安 遊ゴ
(2) 實松  4 1 1 0    左飛       三ゴ       右安 一邪
(6) 尾崎  2 0 0 0       空振       三ゴ
H  駒居  1 1 1 1                      中安
7  山田憲 0 0 0 0

  名前   投球回 打者 投球 安打 三振 四死 失点 自責
○ 糸井   5 0/3 25  117  7  4  4  5  4
  武田   1 2/3  7 32  1  0  1  0  0
  加藤     1/3  2  9  0  0  1  0  0
  櫻井   1    5 26  2  2  1  0  0
  佐々木    1/3  3  9  2  0  0  0  0
  矢野     2/3  2  5  0  0  0  0  0


二塁打 長田(巨)、吉川(巨)
本塁打 堀田(巨)[ソロ=糸井]、吉川(巨)[ソロ=糸井]、川中(巨)[ソロ=糸井]
盗塁  山田(巨)[1回表] 〈打者レイサム〉、川中(巨)[6回表] 〈打者村田〉
盗塁死 川中(巨)[2回表] 〈打者村田〉
捕逸  實松(日)[4回表] 〈打者長田〉(公式記録では糸井の暴投かも?)
残塁  巨 13、日 5
審判員 PL 石山、1B 小林、3B 萩原 (3人制)

得点経過
4表 G1−0F 堀田がレフトへ特大のソロホームラン
〃  G2−0F 続く吉川も、バックスクリーン左へソロホームラン
〃  G3−0F らに続く川中もフルカウントからライトスタンドにソロホームラン
〃  G4−0F 一死一、三塁となり、打者長田のときに實松がワンバウンドの投球を
         (ミットに当てながらも?)後ろにそらし、三塁ランナー村田生還
〃  G5−0F 長田がヒットで再び一死一、三塁となり、井出がレフトに犠牲フライ
8裏 G5−1F この回代わった條辺から、二連打で一死一、二塁となり、代打駒居がセンターにはじき返し一人生還
〃  G5−2F 続く一死一、三塁のチャンスに、小谷野がレフトにタイムリーヒットを放ち一人生還
〃  G5−3F 二死一、二塁となって、代わった三澤から林がセンターにタイムリーヒット

選手寸評
■糸井嘉男(日)
5回を7安打4四球5失点(スポーツ紙では自責点5となっているので、記録上は暴投1かも?)。
三者連続本塁打を浴び茫然自失としているところからさらに2失点。本来なら3連発のあとの四球で交代だっただろうが、そこでの続投指令は経験を積ませるためであろう。
また、セットポジション時に3つの盗塁企画を許す(成功2)。確かに、若干ためが大きく感じられたので、これも次回に向けての課題。

■矢野諭(日)
今日のファイターズ投手陣の中で安心して見られたのはこの人だけ(といってもたった二人だが)。またフォームが変わったのでしょうか?

■稲田直人(日)
非常に打っている印象があった(観戦した試合では、20打数9安打、打率.450 教育リーグ込み)が、どうやら私が見に来た試合でよく打っているだけらしい(笑)。
この日もランデルからの唯一のヒットを含む2安打。

■飯山裕志(日)
相変わらず打撃不調。こちらは私が来るとあまり打っていない(観戦試合 21打数2安打、打率.095・・・ 教育リーグ込み)。
8回の右中間の長田の打球の際に定位置付近でいつの間にか転んでいた(記録は安打)。外野手にけが人続出で外野も守るのは大変かもしれないが、もう少し・・・

■藤島誠剛(日)
打つほうでは2四球を選び、4番の最低限の役割を果たした。
が、一番驚いたのは9回にセンターに入ったこと!! 堀田のレフトフライはひやひやものでした(山田憲が猛ダッシュして好捕)。

■M・ランデル(巨)
7回を1安打1四球の完璧な内容。縦に大きく割れるチェンジアップ(カーブかも?)が大変効果的だった。
フォームは一度ひざを上げてから、もう一度ひざをグイッと上げる二段モーション風味なのだが、時折(4,5球に1球程度)二段目がないフォームでも投げていたためタイミングがとりづらかったようだ。

■川中基嗣(巨)
三連発三人目。今日は3安打1盗塁。一軍には左の代打要員が不足しているだけに、再び一軍に戻れるチャンス大かも。


2004年 8月 5日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:報告者:せらふぃにさん/子連れさん

せらふぃにさん編

横須賀スタジアムで本日行われた湘南シーレックスVS戸田スワローズ
試合を見てきました。戸田スワローズ戦は5月3日海老名球場で行われた
試合以来なんと3ヶ月ぶりの観戦で楽しみでした。
開門2時間前に到着しました。本日はシーレックス夏祭りともあって
お客さんはいつもどうりでしたが学生モニターとか言う人たちが
わんさかいました。ですのでいつもよりは人が多くいて活気ずいてました。
そして、本日はヘルメットキーホルダープレゼントデーで400人の方に
プレゼントされました。(はれてしまいました・・・。)
さて、試合のほうですが湘南先発は7月28日先発して勝利投手になった
吉川。戸田先発は一軍でも投げた石堂でした。


前回のように試合の流れを書かせていただきます。
     試合の流れ(表・裏といきます)

-1回-  1番飯田、2番青木、3番ロッテから移籍した丸山全員セカンドゴロ。
     1番木村三振などで三者凡退。
-2回-  ユウイチ安打、牧谷・梶本凡退で米野が四球。大原安打でユウイチ生還。
     小池安打も後続が続かずチャンジ。
-3回-  飯田安打、吉川のエラー、牧谷安打、梶本2塁打、米野四球、大原
     石堂安打まだまだつづく飯田安打でで吉川撃沈降板・・・。
     青木も安打で丸山の凡打でやっとチェンジ。
     7安打、7得点の大攻撃。
     それに反撃したい湘南、しかし三者凡退。
-4回-  この回は岡本に代わりおとなしく三者凡退。
     湘南も三者凡退。三者凡退が多すぎて書くことがないです・・・。
-5回-  米野四球で出塁も後続続かずチェンジ。
     七野がめずらしく内野安打も西崎が併殺打。
-6回-  青木三振その後も続かず三者凡退。
     途中出場呉本が安打、野中・小池安打で3得点。
-7回-  千葉がなんと牧谷、梶本、米野を三者連続三振とする。
     むなしく三者凡退。
-8回-  途中出場の内田が安打も後続続かずチェンジ。
     木村、福本の安打で1得点。
-9回-  ユウイチがドカンとライトスタンドへ9号ホームラン。
     打たなきゃ負ける!代打小川、南、新沼安打で1得点も及ばずゲームセット。

試合は
9−5戸田スワローズの勝ちでした。久しぶりに湘南の
ヒーローインタビューを聞きませんでした。

     投手の成績
     投手名 回数 球数 安打 三振 四死球 失点 
勝利投手 石堂  6  77 5  4  0   2
敗戦投手 吉川  22/3 92 8  0  2   7

という成績でした。上を見る限り吉川の92球は多すぎだと思われます。
四球はさほど目立たずクリーンヒットをカンカン打たれていました。
石堂はなかなかいいピッチングでした。なお、本日二軍調整中の
デニー友利が最終回投げました。なんとなくデニー友利の成績ものせます。

     デニー友利の成績
   回数 打者 球数 安打 三振 四死球 失点
   1  5  16 1  1  1   1

安打はユウイチに打たれたホームランでした。以上で終わります。

本日、横須賀スタジアムに行かれた方もしくは湘南、戸田ファンの方から
お返事をいただけるとありがたいです。なお、集計結果ならびに
回の流れですがスコアをつけ間違えている可能性が大いにあります。
正確な情報は明日のスポーツ紙をご覧ください。よろしくお願いします。


たまには趣向を変えて2球団の選手について書きたいと思います。

まずは本日勝った戸田スワローズ。

〜戸田スワローズ選手のいろいろ〜 -投手編-
石堂 前回の登板では残念な結果に終わったようですが本日は
   なかなかよいピッチング。四死球0はすばらしい。球数も多くなく。
   一軍昇格も早いのでは・・・

成本 最終回、登板しました。安打3 失点1 とあまりよくないようです。
   最後の打者を三振にしたのはなかなかかっこよかったです!

〜戸田スワローズ選手のいろいろ〜 -野手編-
飯田 本日、1番で3打数2安打途中交代も打点1。

青木 フレッシュオールスターでMVPをとって選手。本日は1安打。

ユウイチ 今日はホームランを打ちました。なかなかよかったです。

米野 1打席〜3打席までずっと四球でめずらしい。

〜戸田スワローズ選手のいろいろ〜 -特別編-
石堂 またしても登場。なぜかといいますと本日の試合で打者としても活躍。
   3回の第2打席にセンター後方にエンタイトル2ベース打点1もマーク。

福川 5回の恒例YMCAの踊りに飛び入り参加。ファンをわかせました。
   スワローズのファンサービス精神はなかなかのものです。
   8回に代打で登場。打ってほしいものですがピッチャーゴロ。(残念)


〜湘南シーレックス選手のいろいろ〜 -投手編-
吉川 前回の投球よりはるかに悪く2回と2/3しか投げていなくても
   92球だったので中5日以上あけないと先発は無理でしょう。
岡本 7回の三者連続三振はすばらしかったです。
デニー友利 2軍でああ打たれてはしばらく昇格はきびしいでしょう。

〜湘南シーレックス選手のいろいろ〜 -打者編-
小池 2安打の活躍。最近、4番での活躍が目立つ。

〜湘南シーレックス選手のいろいろ〜 -特別編-
ケチャップ  おなじみスタジアムDJ。本日もスタンドに来ていましたが
       内川は一緒ではなかったです。(先週は一緒でした)
レック ちびっ子にサイン攻めでした。


以上です。本日横須賀スタジアムに行った方で気になった選手が
ほかにもいましたらお返事をいただけるとありがたいです。




子連れさん編

昨夜の須賀スタ,みなさまお疲れ様でした。試合は3回で終了でした(^^; またまた吉川の夏バテ夏休み投球態度を観てしまいました。定期メンテが近づいたバッティングマシーンのごとく,ただギコギコ投げているだけには正直腹立つ!朴訥荒削りな吉川が確かに魅力なのですが,もう少しプロ野球を見せてほしく思います。中継ぎ連中は安定していました。話題!?のバチについて。「オリャ」は正確でなく,「オーリャ」が正しい雄たけびです。長浦で録音し,分析しました。(バカだね)… 昨夜の須賀スタは「シーレックス祭り」で賑やかでした。球場外でのアトラクション,SSの団扇プレゼント,SSの選手のHかKでかき氷プレゼント(バチとデニーのKで頂きました),SSヘルメットキーホルダープレゼント(実によく出来ている鉄製です),さらに恒例の小学生30名対象の球場見学会。下の子が今年も参加。記念の写真2枚が色紙に貼ってあり,サインはデニー。下の子は浮かない顔で「なんでシーレックスなのにデニーなのだ。飯田や宇高がよかったのに」とか「去年みたいにいろいろな楽しさがなかった」と吉川のひとり野球のごとく勝手に言ってました。ただお子様無料の上にファールボールプレゼントのため,その度に数十人の子どもらがドタドタ球場内を走り回るのには閉口。集中力に欠けます。もっとも昨夜のようなゲームでは集中もできませんが。(首脳陣も投手交代のミスを犯すし) 珍しく内弁慶の湘南にしては地元でだらけたゲームでしたが,ケガで調整していた南が久々に登場。婚約した充,吉村が揃えば,昨年の雪辱も期待できそうです。次回は日産自動車との吉例の交流戦(10日・18:00PB)北陸で気合直して,いいゲームを期待しています。 


2004年 8月 2日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(大阪ドーム)報告者:@白にゃんこさん

2日 大阪ドーム
第17回戦 川崎10勝7敗 観衆11.000
                    RHE
マリーンズ 000 000 000 0 30
ジャイアンツ000 000 000 1x 50
(延長10回)

<川崎>林昌範、河原純一、柏田貴史、○三澤興一(2試合1勝0敗)−村田
<浦和>小野晋吾、●舩木聖士(29試合3勝3敗)−清水将、杉山

 マリーンズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
(二遊)小 坂 400 三振    中飛  遊ゴ    三振
(遊) 早 坂 400 三振    三振    捕邪  三振
 二 塀 内 000
(中) 曽我部 300 三邪    三振    右飛
打中 於 保 100                   左飛
(一) 青 野 410   右飛    三ゴ  中飛    中安
(三) 原 井 100   三振    四球
打三 浜 名 100               三振  投ギ
(捕) 清水将 300   左飛    三振    三ゴ
 打 澤 井 000                   四球
 捕 杉 山 000
(左) ユウゴー310     三振  三振    右2  遊安
打右 寺 本 110
(右左)喜 多 400     左飛    三振  右飛  遊ゴ
(投) 小 野 200     三振    三振
 打  辻  100                 三振
 投 舩 木 000
   合 計 3230

 投手成績 回 打安責
 小野晋吾 8 2830
●舩木聖士11/3 821

ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
(中) 鈴 木 410 一ゴ  左安    三振  三ゴ
(左) 山 田 400 右飛  二ゴ    遊ゴ    二ゴ
(右) 堀 田 420 三振    右安  二ゴ    右2
(一) 吉 川 300   中飛  遊併    左飛  四球
(捕) 村 田 310   四球  三ゴ    左安  中飛
(遊) 川 中 300   一ゴ    四球  左飛  右直
(三) 大須賀 200   三振    投ギ  中飛
 打 野 村 000                   死球
 走 岩 舘 000
(二) 長 田 300     遊ゴ  三振    遊ゴ  捕ギ
(投) 林  200     二ゴ  二ゴ
 投 河 原 000
 打 三 浦 100               投ゴ
 投 柏 田 000
 投 三 澤 000
 打  原  111                   中安
   合 計 3051

 投手成績 回 打安責
 林 昌範 6 1900
 河原純一 2 710
 柏田貴史 1 300
○三澤興一 1 620

<二塁打>
 ユウゴー(8回)
 堀 田 (9回)

<盗 塁>
 鈴 木(3回)
 原 井(5回)


<試合展開>
大阪では初めて、今年唯一となるイースタンリーグ公式戦。
恒例の中部〜関西遠征3連戦だったが、台風接近に伴い熊野・岐阜の試合が中止となったため実質唯一の試合。熊野では道路が通行止めになり、移動を電車に切り替えたがさらに運休となり、岐阜では雨が時折止んだので雨の中打撃練習を行うなど、大変な遠征になったとのこと。
試合前インタビューでは香田投手コーチが出演し、河原や林(この時点で2軍)三澤らの調整具合について報告。
川崎スタメンには腰痛から復帰の鈴木などが登場、先発投手は2軍調整中の林昌範。浦和は小野晋吾。

1回表<浦和>
1小 坂 アウトローの変化球に空振り三振。
2早 坂 内角球を見逃し三振。
3曽我部 0−2から打ち上げ、サード大須賀が体制を崩しながらキャッチ。

1回裏<川崎>
1鈴 木 詰まったファーストゴロ。
2山 田 打ち上げてライトフライ。
3堀 田 落ちる球に空振り三振。

2回表<浦和>
4青 野 詰まったライトフライ。
5原 井 低めの落ちる球を空振り三振。
6清水将 打ち上げてレフトフライ。

2回裏<川崎>
4吉 川 良い角度で打ち上がったが、失速しセンターフライ。
5村 田 ストレートの四球。
6川 中 ファースト青野正面のゴロで、一走村田がフォースアウト。
7大須賀 インハイ直球を空振り三振。

3回表<浦和>
7ユウゴーインロー直球に空振り三振。
8喜 多 初球を打ち上げたが、レフトフライ。
9小 野 真ん中への緩い変化球に空振り三振。

3回裏<川崎>
8長 田 詰まったショートゴロ。
9 林  2球目を打ち損じてセカンドゴロ。
1鈴 木 ショート頭上を越えレフト前へ運ぶ、両チーム通じて初のヒット。再三の小野の牽制をかいくぐり山田の2球目に二盗成功。
2山 田 詰まったセカンド正面のゴロ。

4回表<浦和>
1小 坂 ふらふらと打ち上げ、センター鈴木がランニングキャッチ。
2早 坂 低めのフォークに空振り三振。
3曽我部 フルカウントからインハイ直球を空振り三振。

4回裏<川崎>
3堀 田 セカンド横を抜けるライト前ヒット。
4吉 川 詰まったショート正面の併殺打。
5村 田 内角直球に詰まったサードゴロで、送球が浮き一瞬青野の足が離れたかに見えたがアウト。

5回表<浦和>
4青 野 初球を打ってサードゴロ。
5原 井 フルカウントからラストボールが高めに浮き、四球で初の走者となる。
6清水将 2−1からフォークに空振り三振。この間に原井二進。
7ユウゴーカーブに空振り三振。

5回裏<川崎>
6川 中 ストレートの四球。
7大須賀 一塁方向へ転がし、送りバント成功。
8長 田 内角球にハーフスイングで空振り三振。
9 林  叩きつけ、セカンド正面のゴロ。

6回表<浦和>
8喜 多 フォークに空振り三振。
9小 野 内角へ落ちる球に空振り三振。
1小 坂 二塁横を抜けようかという当たりだったが、川中が回り込んで捕球。

6回裏<川崎>
1鈴 木 ハーフスイングで空振り三振。
2山 田 詰まったショートゴロ。
3堀 田 詰まったセカンドゴロ。

7回表<浦和>川崎/投手:河原
2早 坂 初球を真上に打ち上げ、村田がキャッチ。
3曽我部 高く打ち上げたが、ライト堀田の正面。
4青 野 打ち上げたが詰まったセンターフライ。

7回裏<川崎>
4吉 川 初球を打ち上げレフトフライ。
5村 田 レフト前へ運ぶヒット。
6川 中 角度は良かったが浅いレフトフライ。
7大須賀 打ち上げてセンターフライ。

8回表<浦和>
H浜 名 アウトハイ直球を空振り三振。
6清水将 引っ張ったがサード正面のゴロ。
7ユウゴー右中間を破りフェンスに直撃するツーベースで、本日浦和初安打。
8喜 多 高く打ち上げたが、堀田がフェンス方向へ走り込みながらキャッチ。

8回裏<川崎>浦和/三塁手:浜名
8長 田 二塁付近のショートゴロ。
H三 浦 小野がグラブに当てながら捕球。
1鈴 木 詰まったサードゴロ。

9回表<浦和>川崎/投手:柏田
H 辻  大きなカーブに空振り三振。
1小 坂 内角落ちる球に空振り三振。
2早 坂 外から内に入る変化球に空振り三振。

9回裏<川崎>浦和/投手:舩木 二→遊撃手:小坂 二塁手:塀内
2山 田 セカンド深い位置のゴロで代わったばかりの塀内が処理。
3堀 田 低目を流してライト線へ運ぶツーベース。
4吉 川 ストレートの四球。
5村 田 初球を打ち上げ、浅いセンターフライ。
6川 中 ヒット性の当たりだったが喜多の正面で、延長戦に突入。

10回表<浦和>川崎/投手:三澤
H於 保 打ち上げてレフトフライ。
4青 野 詰まりながらセンター前へ落ちるヒット。
5浜 名 三澤の正面へ送りバント成功。
H澤 井 敬遠の四球。
H寺 本 詰まったショート正面だったが川中が投げられず内野安打。
8喜 多 バットを折られショート正面のゴロで、間一髪アウト。

10回裏<川崎>浦和/中堅手:於保 捕手:杉山 右翼手:寺本 右→左翼手:喜多
H野 村 4球目が足に当たり死球。代走岩舘。
8長 田 勢いを殺して正面に転がし、バント成功。
H 原  2球目の変化球を打って三遊間を鋭く破り、岩舘が一気に生還、サヨナラタイムリーとなり手荒な祝福を受ける。
ヒーローインタビューには、もちろんサヨナラ打を放った原俊介が登場。


<注目選手 ジャイアンツ>
■林 昌範(巨)先発 6回 無安打 無失点
直球140km前半、スライダー、フォーク、カーブ
立ち上がりから直球主体の組み立てで、4回までパーフェクト!5回の四球による走者のみで切り抜け当初は5回予定も6回も投げきり、毎回の10奪三振で、ヒットを許さぬナイスピッチング!!
投げるテンポも良く野手も守りやすかったかと思います。他の投手を登板させる事情などもあり、小野よりも早く6回でお役御免に。
今期は昨年に比して苦労が続いていますが、この好投を1つの励みとしていきたい。
なお、小ネタですが同期の十川雄二は野手転向を言われ、黙々とバットを振っているとのことです。

■河原 純一(巨)2番手 2回 被安打1 無失点
さかんに連呼される「ニュー河原」再起を期す。直球140前半、スライダー
時折逆球、高めにいく球もあるが全体的にはまずまず。8回にヒットを打たれたものの大崩れすることもなく無難に2回を切り抜けました。今後に期待。

■原 俊介(巨)代打登場 1打数1安打打点1
0対0の延長戦に決着をつけたのは、この男の一振りでした。長田が送った後、代打で甘い球を見逃さず三遊間を破り、サヨナラ勝ちの殊勲打!!
村田が川崎におりチャンスが少なくなっているとはいえ、その中だからこそ、本日のようなチャンスを逃さずものにし、右の代打や控え捕手としての座をつかみたい。
「嬉しいです。最高です!!ピッチャーが頑張っていたので、野手がなんとかしなくちゃと思ってました。その気持ちがこういういい結果につながったんだと思います」


<注目選手 マリーンズ>
■小野 晋吾(ロ)先発 8回 被安打3 無失点
直球140前半、シュート
時折球が浮いたり、簡単に四球で走者を出す場面がありながらも、連打を許さず要所を締めるという林に負けず劣らずの好投。打者が打ち損じたり、詰まらせるような内角への投球も決まりました。
林に負けず劣らずの内容で8回を投げきり、代打に代わって退く。

■小坂 誠(ロ)4打数無安打 1番・ショート
選手会長ながら、腰痛のため調整中
ヒットこそありませんでしたが、要所での守備はやはりゴールデングラブ常連らしく光るものがありました。

■清水 将海(ロ)3打数無安打 6番・キャッチャー
こちらも打撃というよりはリード面で、小野と絶妙なコンビネーションを見せてほとんどのイニングを3人から4人で終わらせ、非常に早いテンポで試合は進んでいきました。


2004年 8月 1日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(岩見沢市営球場)報告者:報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ

8月1日(日)岩見沢市営球場
イースタンリーグ公式戦 日本ハムVS湘南

湘南 000 000 013=
ハム 001 040 30×=

【湘南】    打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(4)福本  400右飛    三失       遊ゴロ   左飛
2(9)河野  300空三振   一ゴロ      空三振      四球
3(2)鶴岡  300二ゴロ      遊ゴロ   三ゴロ      
  2 武山  110                        右安
4(8)小池  300   三ゴロ   中飛       遊ゴロ     
  H 呉本  113                        左本3
5(5)小川  300   遊直    右飛       遊ゴロ
  H 渡辺  100                        二ゴロ
6(3)七野  200   二ゴロ      遊飛
  H3新沼  100                  遊ゴロ   四球
7(7)西崎  311      遊ゴロ   投ゴロ      左本1四球
8(D)南   410      空三振   中安       一邪飛三ゴロ
9(6)木村  410      左二    左飛       二ゴロ空三振

(P)●村西6回
 P 谷口 1回
 P 千葉 1回

【日本ハム】  打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(8)阿久根 400一ゴロ   一ゴロ   四球 左飛    左飛
2(9)小谷野 322一邪飛   右安    左本2
  H 池田  000                  四球
  9 山田  100                     右飛
3(D)小田  320中安    四球    右安    二ゴ併
  HD尾崎  000                     四球
4(7)藤島  533空三振   中安1   左本2   左安 三飛
5(5)林   420   左安 右飛    中飛    中安
6(3)渡邊  313   死球 三ゴロ   三ゴロ   右本3
7(6)飯山  400   投ゴロ   三ゴロ右邪飛   中飛
8(4)稲田  310   空三振   四球    左飛    右二
9(2)駒居  300   一飛    二ゴ併   三ゴロ
  H 渡部  000                     四球
  2 実松  000

(P)○吉崎8回
 P 井場0回1/3
 P 関根0回2/3

審判員=山崎、鈴木、新屋、橋本 記録員=新向井

【得点経過】
3回裏F=藤島タイムリー。
5回裏F=小谷野2ラン、藤島2ラン。
7回裏F=渡邊3ラン。
8回表S=西崎ソロ。
9回表S=呉本3ラン。

【感想】
北海道シリーズ最終戦。
札幌からもそう遠くない岩見沢での開催で、たくさんのファイターズファンが集結!
応援活動もたいへん盛り上がりました。北海道の皆様に感謝です。
吉崎は8回を3安打無四球1失点とすばらしい内容。
井場は「四球→ヒット→ホームラン→アウト→四球→四球」と、とんでもない内容。
関根は前日に続いて最後をしっかり締めました。
打者では藤島選手。北海道のイースタン通なファンにも大人気。3安打、1ホームラン、
3打点と大活躍。
小谷野は2試合連続ホームラン。ファームでは敵なし?
地元・渡邊孝男のホームランはファイターズファンが待つライトスタンドへ。
スタメンで使えば活躍してくれる選手なのです。
飯山は相変わらずチャンスに弱い面がでましたが、守備で何度も魅了。
池田、渡部龍一は代打で登場、しぶとく粘って四球。大歓声。
小田智之は北海道では知名度高いですね。びっくりしました。
林孝哉は2安打、守備でも難しいサードゴロを前にはじくがあわてず拾い1塁に投げアウト。

湘南側にも前日より多いファンが来ていましたが、あまりいいところなし。
西崎は2試合連続ホームラン。
呉本の3ランにはびっくり。
木村は前日の内野安打2本に続き、長打力があるところも披露。
このところ七野が(練習も含めて)まったく元気がないのが気になります…。


〜補足 by@白にゃんこさん〜
■岩見沢市営球場のプロフィール(余談ですが祖父母の家の近くです)
正式名称 岩見沢市営東山公園球場
両翼98m、センター122m
外野天然芝、内野土グラウンド
メインスタンド1500名、内野スタンド2000名、外野芝生席4000名収容
バックスクリーン一体型磁気反転式スコアボード
ナイター照明6基(内野4基、外野2基)
開催実績 全道高校野球南空知地区大会、2002年イースタンリーグ公式戦 川崎ジャイアンツ−湘南シーレックス戦など
住所 岩見沢市若松町127−1

2004年 8月 1日 イースタンリーグ 西武−ヤクルト(桐生)報告者:風車の弥生さん(HP:なんにもないぺーじ)/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

風車の弥生さん編

8/1()はれ

スワローズ桐生球場

  
ヤクルト 030 131 102 11
  
西  武 023 100 100  7

  勝 
坂元  負 山崎

YS 花田(4回)−吉川(1/3)−佐藤賢(1/3)−萩原(1/3)−○坂元(3回)
 ●山崎(5回)−青木(1回)−トモキ(0/3)−潮崎(1回)−内薗(1回)−長田(1回)


  PL 石山  1B 木内  3B 有隅  公式記録員 荒木

桐生球場について@

 わたらせ渓谷鐵道の運動公園駅から徒歩
5分くらい
 中堅
120m・両翼90m・外野が天然芝
 電光式のスコアボードが右中間に設置されています。
 スコアの下の部分に選手・審判員の名前を表示。
 ホームランがでると名前が消え、「HOME RUN」
 という文字とオレンジと緑のパターンが表示され、
 雰囲気を盛り上げる工夫がされています。
 センター後方のバックスクリーンは緑色で、スコアボードから
 離れた位置にあるため、ぽつんと巨大な板
(戸田ほどはでかくはないですが)
 がたてられている感じです。
 掲示板
(スコアボード)とバックスクリーンを混同している人に説明を
 するのに便利かも。
 内野席にはフェンスがなく、とてもオープンな感じです。
 当然ファールボールが直撃するリスクもあります。
 球場でよそ見をしている人が多い場合、このタイプの球場は
 ちょっとあぶないかなと思いました。

野球観戦をするときは試合開始から終了まで観ることにしているのですが、
今日は試合時間が長くなってしまい、帰りの汽車と電車の都合から
9回表終了時に球場を後にしました。

ということで
(どういうことだ?)、今日は得点経過を記します。

【2回表
スワローズ
  二死2塁で梶本が左中間へ2塁打、牧谷が生還
  つづく米野が初球をライトへ本塁打、2点追加
  これで0−3

【2回裏
ライオンズ
  先頭打者のマクレーンがレフトへ本塁打
  なおも無死1
,3塁で高山がショートゴロ併殺打の間に高木大が生還
  これで2−3

【3回裏
ライオンズ
  二死1
,2塁で高木大ライト場外への3ラン
  これで5−3

【4回表
スワローズ
  一死3塁で山崎の暴投で畠山が生還
  これで5−4

【4回裏
ライオンズ
  一死から栗山がライトへ本塁打
  
(広い球場だったら恐らくライトフライ)
  これで6−4

【5回表
スワローズ
  二死1
,2塁で畠山がレフトへ3ラン
  これで6−7

【6回表
スワローズ
  一死2
,3塁で大塚の代打丸山がライトへ犠牲フライ
  これで6−8

【7回表
スワローズ
  無死1
,2塁で畠山がセンター前へテキサスヒットで青木が生還
  これで6−9

【7回裏
ライオンズ
  一死2塁で高山がセンター前にヒット高木大が生還
  これで7−9

【9回表
スワローズ
  無死2塁でユウイチのライトへの当たりが3塁打となり青木が生還
  つづく畠山がセンターへ犠牲フライ
  これで7−11




ふんぼるとさん編

2004年8月1日 西武−ヤクルト 17回戦

第4回 桐生市スポーツフェア

P桐生(ヤクルト13勝4敗)

 
ヤクルト 030 131 102│11
 
西  武 023 100 100│
 
 勝 坂 元 5勝3敗0S 登板13
 負 山 崎 0勝2敗1S 登板11

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 野 口 500 空振    二飛    遊ゴ 投ゴ    遊ゴ
  G 青 木 540 二ゴ    左安    左安    右安    中2
  B ユウイチ  531 二ゴ    遊併    左安    投安    右3
  D 畠 山 435    捕ゴ    左2 左本    中安    中犠
  H 牧 谷 310    中2    二ゴ 遊ゴ    投犠
  H9本 郷 100                         一ゴ
  F 内 田 410    空振    見振    中安 捕邪
  H7久保田 100                         二ゴ
  E 梶 本 321    左2    四球    左安 二ゴ
  A 米 野 322    右本    右安    投犠    空振
  C 大 塚 200    中飛       二ゴ  
  H4丸 山 101                右犠    二ゴ
  犠盗失併残─────
  40114 371610

       回   打安振球責
   花 田 4   217336
   吉 川 11/3 73000
   佐藤賢  1/3 21100
   萩 原  1/3 10000
  ○坂 元 3   13220

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 栗 山 521 投ゴ    遊ゴ 右本    中安    一ゴ
  C 宮 崎 300 見振    空振 三ゴ
  H4古 屋 210                左安    三直
  H 大 島 510 二ゴ    中安 一ゴ    空振    一ゴ
  D マクレーン  521    左本 中安    右飛 捕邪       左飛
  D 木大 413    四球 右本    一ゴ    遊失    捕邪
  B 後藤武 430    右安 四球    遊安    投ゴ    左安
  R 松坂健 000
  G 高 山 311    遊併 四球    三ゴ    中安    四球
  A 椎 木 510    中安 見振       二ゴ 二飛    空振
  E 黒 瀬 310    遊ゴ    二ゴ    中安
  H 大 友 100                   空振
  6 水 田 000
  犠盗失併残─────
  000110 40136

       回   打安振球責
  ●山 崎 5   239317
   青 木 1   52001
   トモキ  0/3 22001
   潮 崎 1   41000
   内 薗 1   30100
   長 田 1   52002


  本塁打  米 野(ヤ)1号A (2回 山崎)
       マクレーン (西)19号@ (2回 花田)
       木大(西)1号B (3回 花田)
       栗 山(西)7号@ (4回 花田)
       畠 山(ヤ)7号B (5回 山崎)
  三塁打  ユウイチ (ヤ)    (9回 長田 タイムリー)
  二塁打  牧 谷(ヤ)    (2回 山崎)
       梶 本(ヤ)    (2回 山崎 タイムリー)
       畠 山(ヤ)    (4回 山崎)
       青 木(ヤ)    (9回 長田)
  犠 打  米 野(ヤ)    (6回 無死1、2塁 2走の内田が三進、1走の梶本が
                    二進)
       牧 谷(ヤ)    (7回 無死1、2塁 2走のユウイチが三進、1走の畠
                    山が二進)
  犠 飛  丸 山(ヤ)    (6回 1死2、3塁 3走の内田がホームイン、2走の
                    梶本が三進)
       畠 山(ヤ)    (9回 無死3塁 3走のユウイチがホームイン)
  失 策  梶 本(ヤ)    (7回 木大の遊ゴロを一塁悪送球)
  走塁死  梶 本(ヤ)    (4回 2死1塁 1走として米野の一、二塁間を破る右
                    前打で三進するも打者走者の米野が一、二塁間で
                    挟まれている間に本塁を狙うも三本間に挟まれ挟
                    殺 大島−黒瀬−後藤武−宮崎−上本−マクレー
                    ン)
  暴 投  山 崎(西)    (4回 1死3塁 3走の畠山がホームイン 打者は内田)
  併 殺  ヤクルト     (2回 高山 無死1、3塁 梶本−梶本−ユウイチ 3
                    走の木大がホームインも高山には打点付かず)
       西 武      (3回 ユウイチ 1死1塁 黒瀬−宮崎−後藤武)

  PL:石山 1B:木内 3B:有隅 公式記録:荒木
  時間 3時間51分(13:03〜16:55)

得点経過
 【略】

戦評
 第4回桐生市スポーツフェアと銘打って行われた桐生でのイースタン公式戦。地方開催恒例
 の試合前のイベントにより試合開始が3分遅延。
 試合の方は両先発が1回を共に三者凡退に斬って取り暑い中での締まった試合を期待させた
 が、その思いは2回に早くも崩壊。
 両チーム点を取ったり取られたりの4時間弱の試合は終わってみれば11点を取ったヤクルト
 に凱歌。
 ヤクルトは9回まで吉川が勝ち投手の権利を持っていたが、坂元が吉川の投球回を1回以上
 上回ったため坂元に白星。

選評
 青 木(ヤ) 今日も右に左に打つも打ったりの4安打猛打賞。これで北関東シリーズは11打
       数8安打の大当たり。打ち出すと止まらないところは田中賢(日)と通じるとこ
       ろあり?9回のツーベースは二遊間を破る中前ツーベース。圧巻です。

 佐藤賢(ヤ) ランナーを背負ってのセットからのピッチングは右足を後に蹴ってからセット
       ポジションに入り、その右足をちょっとだけ上げるピッチングフォーム。右打
       者の古屋には三遊間を破られるが、左打者の大島は空振り三振に斬って取る。

 米 野(ヤ) 第1打席で右越えの今期1号を放つと、守る方では6回のマクレーンの打席で
       何でもない捕邪飛を見失うも、強気の攻めでこの打席のマクレーンを捕邪飛に
       仕留める。

 
 山 崎(西) 勢田農林高出身のご当地選手。試合前のイベントでは花束贈呈を受け、初回は
       三者凡退に抑えるが牧谷にカーブをジャストタイミングで捕えられたのを皮切
       りに5回を投げ2発の被弾を含む9安打7失点で故郷に錦を飾れず。ややアー
       ム式。

 黒 瀬(西) 3回1死1塁でのユウイチの三遊間への当たりを逆シングルで捕球すると、そ
       の体勢からボールを右手にも持ち替え後ろ向きのままセカンドにアンダーハン
       ドトスして併殺を完成させる。う、うまい…。でも、黒瀬って上手いのか下手
       なのか一段と不明。

 大 島(西) 9回のユウイチの右中間への当たりを後ろに逸らしてしまい三塁打にしてしま
       う。

 後藤武(西) 5回の投触遊撃内野安打で一塁にヘッドスライディング!


桐生球場についてA
http://homepage2.nifty.com/ogitiffany/kiryuu.htm


2004年 7月31日 イースタンリーグ 西武−ヤクルト(太田)報告者:報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年7月31日 西武−ヤクルト 16回戦

O太田市運動公園野球場(ヤクルト12勝4敗)
      
 
ヤクルト 002 090 100│12
 
西  武 010 200 010│
 
 勝 鎌 田 2勝1敗0S 登板7
 負  東  6勝4敗1S 登板15(内 西武 3勝1敗0S 登板5)

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回   5回   6回 7回 8回 9回
  G 青 木 641 左邪    一安 中安    右安    中安    遊ゴ
  D 野 口 510 左2    空振 左飛    左飛    四球    二飛
  B ユウイチ  631 右直    右安    右安 中安    右飛    空振
  D 畠 山 523 遊ゴ    遊ゴ    左安 左本    二飛
  H 本 郷 532    右安 右安    中飛 見振    右安
  F 久保田 524    左飛 右2    左本    空振 中飛
  E 梶 本 400    二飛 空振    死球    見振    二ゴ
  C 丸 山 430    中安    遊安 右安    四球    二ゴ
  A 米 野 401    三ゴ    一犠 遊失    左飛    一ゴ
  犠盗失併残─────
  10019 441812

       回 打安振球責
  ○鎌 田 7 296333
   吉 川 1 52101
   小 森 1 41000

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G9栗 山 522 一ゴ 投ゴ    左2       三邪    左2
  C 宮 崎 410 遊安    四球 遊ゴ       一ゴ    二ゴ
  D 後藤武 400 中飛    遊直    中飛       遊ゴ
  D3マクレーン  321 右安    四球    中飛       左本
  H 大 島 410 一ゴ    遊併    遊ゴ       右安
  R8松坂健 000
  B 木大 320    左2    右2    空振
  5 水 田 100                      中飛
  F 高 山 410    二ゴ    一襲    中飛    空振
  7 春 日 000
  A 上 本 200    三飛    中飛
  H2椎 木 200                空振       右飛
  E 黒 瀬 300    四球    見振       三直    遊ゴ
  犠盗失併残─────
  02117 3593

       回   打安振球責
  ● 東  42/3 2914216
   トモキ 11/3 72312
   武 藤 1   62011
   潮 崎 1   30000
   長 田 1   30100

  本塁打  久保田(ヤ)4号B (5回 東)
       畠 山(ヤ)6号A (5回 トモキ)
       マクレーン (西)18号@ (8回 吉川)
  二塁打  野 口(ヤ)    (1回 東)
       木大(西)    (2回 鎌田)
       久保田(ヤ)    (3回 東 タイムリー)
       木大(西)    (4回 鎌田)
       栗 山(西)    (4回 鎌田 タイムリー)
       栗 山(西)    (9回 小森)
  犠 打  米 野(ヤ)    (4回 無死1塁 1走の丸山が二進)
  盗 塁  宮 崎(西)    (3回 捕手は米野 打者は後藤武 二盗成功)
       高 山(西)    (4回 捕手は米野 打者は黒瀬 二盗成功)
  失 策  黒 瀬(西)    (4回 1死1、3塁 米野の遊ゴロを弾く 1走の丸山
                    が三進(3走の梶本はエラーがなくても生還でき
                    た))
  走塁死  丸 山(ヤ)    (4回 3走として野口の左飛で本塁突入も憤死 高山−
                    黒瀬−上本・東)
  暴 投  鎌 田(ヤ)    (2回 2死3塁 3走の木大がホームイン 打者は黒
                    瀬)
  併 殺  ヤクルト     (3回 大島 1死1、2塁 梶本−丸山−ユウイチ)
       西 武      (4回 1死1、3塁 野口の左飛で3走の丸山がタッチ
                    アップするも本塁憤死 高山−黒瀬−上本・東)

  PL:木内 1B:有隅 3B:石山 公式記録:荒木
  時間 3時間19分(13:32〜16:52)


得点経過
 2回裏(西) 2死3塁から鎌田が暴投                 西  武1点目
 3回表(ヤ) 2死1、3塁から本郷が一、ニ塁間を破る右前打      ヤクルト1点目
       2死1、3塁から久保田が一塁線を破るツーベース     ヤクルト2点目
 4回裏(西) 2死2、3塁から栗山が左中間へツーベース        西  武3点目
 5回表(ヤ) 1死1、2塁から久保田がレフトポール際へスリーラン   ヤクルト5点目
       1死1、3塁から米野の遊ゴロの間に           ヤクルト6点目
       1死1、3塁から青木が一、ニ塁間を破る右前打      ヤクルト7点目
       2死1、2塁からユウイチが右前打            ヤクルト8点目
       2死1、3塁から畠山が左越え場外スリーランホームラン  ヤクルト11点目
 7回表(ヤ) 2死1、2塁から本郷が右前打              ヤクルト12点目
 8回裏(西) 1死無走者からマクレーンが左越えソロホームラン     西  武4点目

戦評
 台風10号は関東から遠ざかるも余波は十分。空は青(空)と白(い雲)と黒(い雲)のグラデーシ
 ョン。
 試合の方は序盤はシーソーゲームの展開を見せるもヤクルトが5回に7安打を集中させ9点
 を奪い試合を決める。5回表終了(試合のちょうど半分)までに2時間3分も掛かってしまい
 どうなることかと思われたが後半は以外にもあっさりとした試合でちょっとだけ長い試合時
 間で収まる。
 
選評
 青 木(ヤ) フレッシュの勢いそのままに4安打猛打賞。また足が速いこともあり、中堅手
       として守備範囲が広い。抜けたかと思う当たりにことごとく追いつくが、自分
       が間に合わないと思った当たりに対しては諦めが早いきらいがあり。

 鎌 田(ヤ) 不安定な立ち上がりを見せるも大量援護をもらった後は3回を9人で片付ける
       好投。

 畠 山(ヤ) 骨折から定位置の4番サードへ復帰。打つ方ではトモキから弾丸ライナーで場
       外へ飛び出すホームランを放つと、守る方では2回の上本、7回の栗山のショ
       ートに任せても良い高いフライを自ら取りに行くアグレッシブさ。


  東 (西) 湘南時代の東とは巡り合わせが悪かったが、西武に来てからは何故か相性抜群。
       これで3試合連続の観戦。前の2試合はヒットは打たれるも要所を締めるピッ
       チングで抑えてきたが、今日は持ち堪えられず。湘南時代に比べてスライダー
       の割合が低い(ストレートの割合が高い)気がする。スライダーをもっと効果的
       に使った方が・・・。今日は2回以降、毎回先頭打者を出してしまったのも良く
       ない。

 トモキ(西) 代わり端にストレートを連打され2点を失うが、カーブ中心に切り替えてから
       は(回を跨いでだが)三者連続三振を奪う。左打者の膝元へのコントロールが良
       かった。

 黒 瀬(西) 良い意味でも悪い意味でも黒瀬デー。良い方では3回の1死1、2塁のピンチ
       に畠山の三遊間への当たりに良く追い付き、反転しながらのジャンピングスロ
       ーで1走を二封するファインプレーを見せるが、悪い方ではエラー(上記)にス
       クイズ空振り(1点ビハインドの4回裏、無死1、3塁の場面。1走の高山は
       二盗成功)。ただ3走のスタートが悪く帰塁できたので、1走の高山を2塁に
       進めるのが目的だったとすればそれはそれで高等技術。

 
大島本郷 右翼手。右方向への打球が意外に伸びて仲良く1回ずつ目測を誤る。


太田市運動公園野球場データ
 両翼90m、中堅120m、内野−人工芝、外野−人工芝


2004年 7月31日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(旭川球場)報告者:報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ

7月31日(土)旭川球場
湘南×日本ハム

ハム 001 030 000=
湘南 000 300 000=

【日本ハム】  打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(6)飯山  520投ゴロ   遊ゴロ   左安 中安       空三振
2(8)紺田  100空三振   
  9 小谷野 311      中本1   四球 右飛       遊ゴロ
  9 山田憲 000
3(7)藤島  420中安    左安    空振併   右飛
4(3)田中幸 211四球    三ゴ併   中二1
  3 渡邊  100                  空三振
5(5)林   312一飛       死球 左本2   空三振
6(9)8阿久根310   四球    左飛 左安       空三振
7(2)実松  310   二ゴロ   中安 四球       空三振
8(4)稲田  400   中飛    二ゴロ投ゴロ      遊ゴロ
9(1)岩本  300   中飛    空三振   二ゴロ
  1 矢野  000
  H 小田  100                        投ゴロ
  1 関根  000
(P)○岩本6回
 P 矢野 2回
 P S関根1回

【湘南】    打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(9)河野  510一ゴロ   中安 二飛    三邪飛      一ゴロ
2(4)野中  300遊ゴロ   投ゴ併   二ゴロ
  H 南   100               捕ゴロ
  1 斉藤  000
  1 稲嶺  000
  H 呉本  100                        捕邪飛
3(2)鶴岡  510空三振      右安 遊ゴロ   三飛    遊ゴロ
4(8)小池  420   中二    空三振右安    三ゴロ
5(3)七野  200   遊飛    空三振
  H3新沼  200            空三振   三ゴロ
6(5)福本  320   四球    中二    左飛    左安
7(7)西崎  413   左飛    左本3   遊失    空三振
8(6)木村  420   空三振   二安    三バ安   三邪飛
9(1)岡本  210      空三振左安
  1 宇高  000
  H4小川  210               左安    空三振
(P)岡本 4回0/3
 P ●宇高2回
 P 斉藤 2回
 P 稲嶺 1回

審判員=橋本、新屋、鈴木、山崎 記録員=新向井

【得点経過】
3回表F=小谷野ソロホームラン。
4回裏S=西崎スリーラン。
5回表F=田中幸タイムリー二塁打、林ツーラン。

【感想】
北海道によく来る湘南と、札幌が本拠地の日本ハムの試合なので、たくさんお客さんが来るかな?、と思いましたが、658人で、ガラガラでした。
2回裏の守備で紺田が足を怪我したようで、背負われて退場。
湘南は6回裏のワンアウト満塁で、河野と南の凡退が痛かったかな?
8回にはノーアウト1塁で、スリーランを打っている西崎にスリーバントさせるというファームらしい策に出ましたが、これが裏目に出ました。
その西崎、4回の逆転スリーランは見事。2年ぐらい前に大和球場でのヒーローインタビューで「自分はホームランか三振なんで…」と言っていたのを思い出しました。
岡本は球がバラバラ。小谷野に危険な球を投げてにらまれてしまいました。
宇高はボロボロでした。斉藤隆は、1軍で実績ある投手ですが北海道で「斉藤」とコールされても、お客さんはピンとこないのか、とくに沸きませんでした。
日本ハム岩本は6回まで10安打されてしまい、よく3点でしのいだなという感じ。
矢野、関根がしっかり抑えましたが、9回まで気を抜けない試合でした。
明日は北海道出身選手(渡邊、池田、渡部)の活躍があるといいですね☆


2004年 7月30日 プロ・アマ交流戦 日本ハム−サンワード貿易(札幌円山球場)報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ

7月30日(金)札幌円山球場
プロアマ交流戦 北海道日本ハムファイターズ二軍vsサンワード貿易

サンワ 101 050 010=
日ハム 000 103 001=

【サンワード】 打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(9)井上  510遊ゴロ   投安    捕選 一ゴロ   右飛
2(6)5野口 210左二    三ゴロ   捕犠打         
  6 飯野  200                  左飛    三ゴロ
3(2)松本  211四球    中二1   四球    二ゴロ
  2 石塚  000                        死球
4(3)高梨  311右安    三ゴロ   二ゴロ1
  R 星   000
  3 白川  200                  二ゴロ   三ゴロ
5(7)岡部  512二ゴロ1  捕邪飛   中安1      空三振中飛
6(D)沓澤  323右飛       四球 左本3      中安
7(8)船間  300   一邪飛   空三振一飛
  8 原田  110                     左安
8(5)青木  300   投ゴロ   左飛    二ゴロ   四球
  R6久田見 000
9(4)吉岡  410   一ゴロ      中安 逃三振   空三振
(P)○加納5回
 P 千代谷0回2/3
 P 前田 1回1/3
 P 神田 2回

【日本ハム】  打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(9)小谷野 200右飛    三ゴロ
  9 飯山  100               四球    三ゴロ
2(8)紺田  300左飛       空三振   三ゴロ   四球
3(D)小田  100四球※      中飛    四球※
  H2実松  100                     一飛
4(5)渡邊  422遊ゴロ      右本1   中安1   三ゴロ
5(4)稲田  412   遊飛    投ゴロ   中二2      右飛
6(7)山田憲 421   遊安       三ゴロ空三振      左本1
7(3)池田  400   二ゴ併      空三振   一ゴロ   一邪飛
8(6)尾崎  400      三ゴロ   二飛    空三振   遊ゴロ
9(2)渡部  300      中安       逃三振二ゴロ
  1 井場  000
(P)●鎌倉3回
 P 佐々木2回
 P 櫻井 2回
 P 矢野 1回
 P 井場 1回

※小田の2度の出塁時は実松が指名代走として登場。

【得点経過】
1回表S=ワンアウト満塁から、岡部二ゴロを併殺崩れの間に1点。
3回表S=松本タイムリー二塁打。
4回裏F=渡邊ライトポール際へソロホームラン。
5回表S=ワンアウト満塁から、高梨二ゴロを併殺崩れの間に1点(1回と同じパターン…)
     岡部タイムリー、沓澤スリーラン。
6回裏F=渡邊タイムリー、稲田2点タイムリー。
8回表S=満塁から矢野の暴投?(渡部の捕逸?)で1点。
9回裏F=山田憲のレフトへのソロホームラン。

【感想】
事実は小説より奇、ならぬ札幌は鎌ヶ谷より暑し、でした。
試合中に熱中症(?)で何度か倒れそうになりました。
試合はアマチームがプロを完全に圧倒した内容でした。

2回裏、ワンアウト1塁から池田の二遊間の当たりを吉岡が好捕、グラブトスで野口に渡しセカンドアウト、1塁転送でゲッツー。
一方のハム内野は、二度のワンアウト満塁でゲッツーがとれずどちらも点を許してしまいました。守備ではサンワードの方が締まっていました。

日本ハムも1回に小谷野のダイビングキャッチがあって、この時はスタンドが沸きました。
今季打率.115の山田憲の2安打は貴重?
試合前の練習で駒居が顔面にボールを当てアイシング。
小田はまだ故障箇所が万全ではないのか、出塁すると指名代走実松に交代。
地元・渡邊孝男の活躍にはびっくり。スタメンサードにもびっくり。
藤島らベテランで今日の試合に出ていない人は試合前の練習だけで引き上げ、休養した模様。

サンワードの元ヤクルト・高梨は懐かしかったですね。勝手に津川さんとか住友選手とかを頭に浮かべて過去の思い出に浸ってしまいました。

あと、記録は間違っている箇所があるかもしれません。
観戦された方、ご指摘いただければ幸いです。


2004年 7月27日 イースタンリーグ 湘南−西武(横須賀)報告者:報告者:せらふぃにさん

今日は約、3週間ぶりに横須賀スタジアムで所沢ライオンズとのナイターがありました。久しぶりなので楽しかったです。
湘南はよくファンプレゼントをしますが本日もヘルメットシールプレゼントデーでした。前回の抽選で当たっているのであまり要りませんが…
さて試合の方は湘南先発は
秦裕二。所沢先発は鳥谷部健一でした。
石井貴が来ていたため先発は石井貴かなと思っていましたが的外れでした。

     試合の流れ(表・裏の攻撃と行きます)
〜1回〜 宮崎に四球を許すもなんとか抑える。
     先頭河野に四球。鶴岡、福本の安打で2点先制。

〜2回〜 黒瀬が安打、椎木四球も鳥谷部の併殺打でなんとかきりぬける。
     木村、秦と四球。河野にライトスタンドへホームランを打たれる。

〜3回〜 後藤武安打、マクレーン四球、大島レフトへ2点2塁打。
     投手交代小野に三者凡退。

〜4回〜 三振2つで三者凡退。
     秦がまたしても四球。河野が3塁打で生還もダブルプレーで回が終わる。 

〜5回〜 後藤武、マクレーン連続安打も得点にはいたらず。
     打者9人、安打6、得点4の猛攻。

〜6回〜 所沢も反撃。打者9人、3安打、4得点の猛攻。
     またしても打線が火を噴き得点4。四死球がめだつ。

〜7回〜 所沢に反撃してもらいたいところですが3者凡退。
     鶴岡内野安打も後続がつづかず・・・。

〜8回〜 谷口に三者凡退2三振に抑えられる。
     安打1、四球2で1得点。

〜9回〜 エラーや安打で出塁もゲームセット。

終わってみれば
湘南16-7所沢 の大量点数の試合でした。所沢は福井以外出てくる投手が全員失点をしていました。
もう少し、所沢の反撃があればいい試合でした。

     投手の成績
     投手名 投球回数  打者 球数  奪三振 失点
勝利投手 秦   5回2/3  30 116 4   6
敗戦投手 鳥谷部  2    13 63  1   5

…という成績でした。詳しく書けなく申し訳ございません。
また、集計したものはあっているとは限りませんのでご了承ください。
今日、横須賀スタジアムに行った方、湘南、所沢のファンの方からお返事をいただけるとありがたいです。お返事を待っています。


2004年 7月25日 イースタンリーグ 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年7月25日 日本ハム−巨人 14回戦

M鎌ヶ谷(巨人8勝6敗)
      
 巨  人 000 000 101│
 
日本ハム 211 200 02×│
 
 勝 糸 井 2勝4敗1S 登板12
 負 内 海 5勝5敗0S 登板15

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 山 田 400 左飛    中飛    中飛    三ゴ
  E 川 中 300 四球    中飛       遊直    遊ゴ
  B 吉 川 200 四球    右飛       四球    中飛
  G 堀 田 400 遊併       遊ゴ    空振    遊ゴ
  A  原  110    左安    四球
  5 大須賀 210                中2       中飛
  H 三 浦 310    空振    左安    空振
  H レイサム  111                         右本
  D 山本光 300    投ゴ    二併       遊ゴ
  HD中 濱 100                         空振
  D 岩 館 200    右邪       右邪
  2 佐藤弘 000
  H2野 村 200                   一ゴ    三ゴ
  C 長 田 321       中安    中飛    右本
  犠盗失併残─────
  00106 3162

       回 打安振球責
  ●内 海 4 217225
   鴨志田 1 51210
   三 澤 2 91020
   木 村 1 83122

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 小谷野 323 四球 右邪    中安    四球    右本
  G 紺 田 410 投犠 空振    中飛    中飛    中安
  F 藤 島 420 左安    一邪 遊ゴ    右安
  R7佐 藤 000
  7 山田憲 000                      四球
  D 田中幸 510 空振    三ゴ    二飛 一ゴ    左安
  RD渡 部 000
  B  林  221 四球    右本    中安    四球
  H3池 田 100                      見振
  E 飯 山 312 三安    遊ゴ    四球    遊ゴ 四球
  C 阿久根 510 二ゴ       右安 空振    三飛 三飛
  A 實 松 421    右本    右2 空振    二飛
  D 尾 崎 200    二飛    二ゴ
  H 小 田 100                左飛
  5 稲 田 100                      二ゴ
  犠盗失併残─────
  100211 35127

       回 打安振球責
  ○糸 井 7 285341
   清 水 1 30000
   関 根 1 41101


  本塁打  實 松(日)1号@ (2回 内海)
        林 (日)10号@ (3回 内海)
       長 田(巨)2号@ (7回 糸井)
       小谷野(日)10号@ (8回 木村)
       レイサム (巨)6号@ (9回 関根)
  二塁打  實 松(日)    (4回 内海)
       大須賀(巨)    (6回 糸井)
  犠 打  紺 田(日)    (1回 無死1塁 1走の小谷野が二進)
  失 策  岩 館(巨)    (1回 2死満塁から飯山のサード内野安打を一塁悪送球
                    三進していた2走の藤島がホームイン、二進して
                    いた1走の林が三進)
  暴 投  糸 井(日)    (1回 1死1塁 1走の川中が二進 打者は吉川)
  捕 逸  實 松(日)    (2回 無死1塁 1走の原が二進 打者は三浦)
  併 殺  日本ハム     (1回 堀田 1死1、2塁 飯山−阿久根−林)
       日本ハム     (4回 山本光 1死1、2塁 阿久根−飯山−林)

  PL:橋本 1B:山崎 2B:鈴木 3B:山路 公式記録:山本
  時間 3時間13分(13:33〜16:47)

得点経過
 1回裏(日) 2死満塁から飯山がサード内野安打            日本ハム1点目
       更に、岩館が一塁悪送球                 日本ハム2点目
 2回裏(日) この回先頭の實松が右中間へソロホームラン        日本ハム3点目
 3回裏(日) 2死無走者から林が右越えソロホームラン         日本ハム4点目
 4回裏(日) 1死2、3塁から小谷野が二触中前打           日本ハム6点目
 7回表(巨) 2死無走者から長田が右越えソロホームラン        巨  人1点目
 8回裏(日) 1死無走者から小谷野が右越えソロホームラン       日本ハム7点目
       2死満塁から飯山が四球を選び              日本ハム8点目
 9回表(巨) 1死無走者からレイサムが右中間へソロホームラン     巨  人2点目

戦評
 昨日がナイトゲームだったため、今日の試合開始は13:30。
 試合の方は日本ハム先発の糸井、巨人先発の内海が共にコントロールに苦しむも、どうにか
 抑える糸井に対し、抑えられない内海という構図で日本ハムのワンサイドゲーム。
 序盤で大量リードを奪った日本ハムが巨人の反撃をソロ2発に抑え快勝。首位を堅守。

選評
 内 海(巨) 岩隈(近)のようなグラブの使い方。基本的にはストレートと小さいカーブと大
       きいカーブのコンビネーション。今日は良かったのが大きいカーブだけで、ス
       トレートは高めに、小さいカーブはそこらじゅうにとコントロールがダメ。大
       きいカーブをカウントを整えるのに使ってしまうためウイニングショットがな
       くなってしまい狙い撃ちをされる。
 山 田(巨) 4タコも外野飛球3つは全て真芯では捕らえており、飛んだコースが悪かった
       だけ。今年もここまで3割以上を打っているがなかなか上からお呼びが掛から
       ず。他球団だったら…。巨人では唯一の好きな選手、頑張って欲しい。
 木 村(巨) コールされると3塁(日本ハム)側から大歓声を浴びてしまう凋落。今日もその
       期待に応えてしまい、小谷野からの被弾に、ランナーを貯めての押し出し。


 糸 井(日) いつもながらの制球難。立ち上がりから連続四球を与えてしまうが、このピン
       チを併殺で切り抜けるとその後は球が散らばったのが効果的だったか、何とか
       抑える展開。しかし、チキンハートも相変わらず。4回、久々に四球を原に与
       えると次打者の三浦に対し1−3からストレートをど真ん中に置きに行き、キ
       レイに三遊間を破られる。

 實 松(日) 内海に対し右方向、右方向へ弾き返してのホームランにツーベース。ビックリ

 小谷野(日) 昨日はチャンスに凡退も今日は汚名返上の2安打3打点。

 佐 藤(日) 8回に吉川の左中間への打球を捕りに行った際にセンターの紺田と交錯し担架
       で退場。ベンチに下がってくるときにピクリとも動いていなかった。脳しんと
       う程度だったら不幸中の幸いだが、どこかケガでもしていて戦線離脱されてし
       まうと日本ハムにとって痛い。

■内海哲也(巨)投球フォーム画像
http://homepage2.nifty.com/ogitiffany/utsumitetsuya.htm


2004年 7月24日 イースタンリーグ ヤクルト−湘南(戸田)報告者:れっくさん

◎7月24日(土)戸田vs湘南《戸田球場》第15回戦 気温37度 
 13:00開始 15:35終了 球審・石山 一塁・本田 三塁・萩原 記録・生原

 湘 南 打 安 点   戸 田 打 安 点
F西 崎 4 0 0  G飯 田 3 0 0
C北 川 4 1 0  1坂 本 0 0 0
A鶴 岡 4 0 0  H佐藤真 1 1 0
G小 池 3 2 0  R大 塚 0 0 0
D福 本 3 1 0  1吉 川 0 0 0
E木 村 3 0 0  H8青 木 3 2 0
B新 沼 3 0 0  E野 口 4 1 0
3七 野 0 0 0  B畠 山 4 1 2
H河 野 3 2 0  Fユ ウ イチ 3 0 0
@土 居 2 0 0  H7牧 谷 1 1 1
1富 岡 0 0 0  C梶 本 4 1 0
            D丸 山 3 1 0
            A米 野 1 0 0
            H久保田 1 1 0
            2細 見 0 0 0
            @鎌 田 1 0 0
            9本 郷 1 0 0
計    29 5 0       30 9 3
◎投 手 回  安 責 ◎投 手 回 安 責
 土 居 71/3 7 2  鎌 田 6 4 1
 富 岡  2/3 2 1  坂 本 2 1 0
             吉 川 1 0 0

○二塁打 青木(4回)、久保田(8回)
○盗塁死 青木(1回)、梶本(7回)
○走塁死 丸山(3回)、北川(6回)


{主な試合展開}
2回表 湘南二死3塁から鎌田暴投により1点先取
3回裏 一死2・3塁、打者飯田。早くもこの試合の見せ場か。ライトへの浅い飛球。しかし、河野からの好返球。鶴岡好ブロックで見事捕殺、Wプレー完成。
4回表 一死1・3塁の絶好の攻撃チャンスも、木村遊ゴロ併殺打。
6回表 二死2塁。小池ショートへの深い内野安打で、北川ホーム突入も野口からの好返球でタッチアウト。
8回裏 好投土居もピンチを招いて降板。引き継いだ富岡が、畠山にライト前2点逆転タイムリー。牧谷ダメ押しセンター前タイムリー。この回3点。
9回表 抑えに登板した吉川。小気味良い投球で、打者3人2三振。

◎印象に残った選手
〜湘 南〜
■河野友軌(湘)・・・3回表、1・3塁飯田の浅いライトフライ好返球で、見事捕殺完成。打っても、レフト・ライトに打ち分ける2安打。
■鶴岡一成(湘)・・・同上プレーで、好ブロック。守備では、盗塁を試みたランナー全て阻止。
■土居龍太郎(湘)・・・7回迄好投、完封ペースで来ていたが8回で力尽きる。
■富岡久貴(湘)・・・8回一死1・3塁で登板。二死は取るも、後続打者に痛打される。
■七野智秀(湘)・・・北海道シリーズでホームラン放ったようですが、未だ本調子ではないのか。7回裏から守備固めでの出場。早くミナクルアーチを・・・

〜戸 田〜
■飯田哲也(ヤ)・・・故障明けの影響で、調整出場も3打数ノーヒット。往年の、俊足快打を一日も早く神宮で。
■佐藤真一(ヤ)・・・チーム最年長野手のベテラン。まだまだ長打力は捨てがたく、ないてんきん痛を完治させ、一軍で右の代打切り札に。
■青木宣親(ヤ)・・・先のフレッシュスターでのMVP。一番期待した選手でした。2安打、ツーベースと非凡な打撃センスを披露しました。
■畠山和洋(ヤ)・・・2年前の本塁打王。パワーは実証済み。しかし、春先の試合で受けた死球の影響でリハビリ期間を余儀なくされたのは残念でした。しかし、この試合では決勝打を放ち、勝負強い打撃が復活しました。
■鎌田祐哉(ヤ)・・・6回で失点は、暴投での一失点のみ。球威が戻ってきたようです。
■坂元弥太郎(ヤ)・・・鎌田を受け継いで、7回から登板も一安打に抑え勝ち投手。
■応援団(ヤ)・・・自分は、初めて戸田スワローズ応援団の姿を見ました。3塁側の土手に陣取り球団旗、笛、トランペット2基を使用し大いに盛り上がっていました。来月の横須賀でも、是非来て欲しいものです。湘南と戸田で応援合戦見ものです。

〜その他〜
■小林毅二(元セ審判員)・・・この日も、若手審判育成のために球場に訪れ試合前は実技指導、試合中はネット裏でジャッジ振りをしっかりチェックしていました。

《総評》
 日本各地は、酷暑・猛暑・熱帯夜・・・気温35〜39度。毎日のように身体がへばる様な気候が続いています。しかし、この日は37度の気温がありながら戸田名物?強風で多少は熱さが凌げました。先日観戦した、第二球場ではほぼ無風で気温37度あった中で観戦していたので、暑さへの免疫力が付いたようです(笑)選手の皆さん、体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。勿論、観戦される皆さんもです。湘南ファンの私にとっては、死球による故障で戦線離脱の吉村、不調の七野の打線復帰が巻き返しの鍵であると考えます。
もう一度、投手陣を整備し後半戦、有終の美宮崎での選手権出場目指し、戦いに挑んで欲しいものです。戸田で観戦された皆さん、大変お疲れ様でした。


2004年 7月24日 イースタンリーグ 日本ハム−巨人(袖ヶ浦)報告者:報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ)/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

せとさん編

2004年7月24日(土)日本ハムVS巨人13回戦(袖ヶ浦)

 101 000 000=
 000 100 000=

勝 西村    9試合6勝2敗0S
S サンタナ 22試合0勝2敗2S
負 岩本    5試合2勝2敗0S
ホームラン=林9号(ソロ、西村)

巨人         1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(7)山田  310中二    空三振   四球       中飛
2(D)レイサム410空三振   空三振   左飛併      左安
3(3)吉川  420左安    左安       遊飛    一邪飛
4(8)堀田  422右二1   左二1      右飛       中飛
5(2)村田  400逃三振   中飛       中飛       三飛
6(6)川中  400   二ゴロ   中飛       一邪飛   二ゴロ
7(9)中浜  300   遊ゴロ   空三振      一ゴロ
8(5)岩舘  300   二ゴロ   遊ゴロ      遊ゴロ
9(4)長田  310      二安    三ゴロ      遊直
(P)西村8回
 P サンタナ1回

日本ハム       1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(9)5阿久根510二ゴロ   中飛    中飛    三邪飛   右安
2(8)紺田  410二ゴロ   右安    右飛    四球    空三振
3(7)小谷野 510右二    二ゴロ   一飛    三ゴロ   二ゴロ
4(D)藤島  410二ゴロ   空三振      空三振   中二
5(3)林   411   遊ゴロ   左本1   空三振   遊ゴロ
6(4)稲田  400   二ゴロ   遊飛    一ゴロ   一ゴロ
7(6)飯山  420   中安    空三振      左安 左飛
8(2)実松  110   四球    四球       投犠打   左安
9(5)尾崎  200   三ゴロ   空三振
  H9佐藤  100                  四球    空三振
(P)岩本
審判員=名幸、牧田、深谷、佐々木 記録員=新向井

一言寸評
●巨人●
■山田真介(巨)…9回、実松のなんでもないレフトフライを落球。明日はスタメン出れるかな?
■レイサム(巨)…相手ファンから見ると、巨人のチャンスでレイサムに回っても安心しちゃうんですよね。
■吉川元浩(巨)…1打席目、2打席目とランナーを得点圏に進めるヒット。3番の役割果たす。
■堀田一郎(巨)…2本のタイムリー二塁打。イースタンではもはや格が違うことは言うまでもないか。
■村田善則(巨)…リードについてはよくわかりませんが、打撃は散々でした。
■中濱裕之(巨)…自慢のシュアな打撃が見られず。
■岩舘学(巨)…ゴロ3つ。岩本に格で封じ込められたか。
■長田昌浩(巨)…8回のショートライナーはヒット性の当たり。あとは印象に残らず。
■西村健太朗(巨)…前回の日本ハム戦(6/26)が9回2失点。今回8回1失点。新ハムキラー誕生?
■サンタナ(巨)…9回、1死1,2塁のピンチをつくるが、結果的に小谷野の初球打ちに助けられたか。

●日本ハム●
■阿久根鋼吉(日)…1回の堀田のライト線近くの二塁打はダイレクトで捕れなかったかなあ?
■紺田敏正(日)…塁に出れば果敢に盗塁。スランプは抜け出したか。
■小谷野栄一(日)…7回二死満塁、9回2死1,2塁のチャンスでどちらかでもヒットが出ていれば…
■藤島誠剛(日)…かつて袖ヶ浦ではサヨナラホームランを打ったこともあるが、今日は不発。
■林孝哉(日)…ホームランはレフトスタンド中段まで飛ぶ。8回ノーアウト2塁のときに1本ほしかった。
■稲田直人(日)…セカンドの守備は阿久根よりも安定している気が。
■飯山裕志(日)…2安打したが、チャンスで打てないのがどうしても気になる。
■實松一成(日)…四球2つ、犠打、そしてヒット。実松はがんばってます。
■尾崎匡哉(日)…初回2死1,2塁で1本出ていれば…
■佐藤吉宏(日)…代打で登場の1死2塁、緊張の場面で四球をよく選んだ。
■岩本勉(日)…悪かったのは1回だけで、2回から9回までは安心してみていられました。

今日は年に1度の袖ヶ浦。ここは球場の周りに出店も多く、地元のお客さんはお祭り気分でのんびり観戦。まったりとしていい空間です。
お客さんは大半が巨人ファンのようですが、1軍の東京ドームからハシゴしてきたファイターズファンもけっこういた模様。
最初は巨人を応援していた子どもたちが、回を追うごとに日本ハムの応援に参加してくれたのがうれしかったです。
袖ヶ浦は毎年接戦が多く、楽しいですよ。
「うみほたる」ができて都心からもぐっと近くなりました。来年もあるといいな☆




ふんぼるとさん編

2004年7月24日 日本ハム−巨人 13回戦

L袖ヶ浦市民(巨人8勝5敗)

 巨  人 101 000 000│
 
日本ハム 000 100 000│
 
 勝 西 村 6勝2敗0S 登板9
 S サンタナ  0勝2敗2S 登板22
 負 岩 本 2勝2敗0S 登板5

 【テーブル】略
 【投手成績】巨人        回 打安振球責
            ○西 村 8 346541
            Sサンタナ  1 52200
       日本ハム      回 打安振球責
            ●岩 本 9 337512

  本塁打   林 (日)9号@ (4回 西村)
  二塁打  山 田(巨)    (1回 岩本)
       堀 田(巨)    (1回 岩本 タイムリー)
       小谷野(日)    (1回 西村)
       堀 田(巨)    (3回 岩本 タイムリー)
       藤 島(日)    (8回 西村)
  犠 打  實 松(日)    (7回 無死1塁 1走の飯山が二進)
  盗 塁  紺 田(日)    (3回 捕手は村田 打者は小谷野 二盗成功)
  走塁死  山 田(巨)    (1回 2走として吉川の三遊間を破る左前打で本塁突入
                    も憤死 小谷野−實松)
  併 殺  日本ハム     (5回 1死1塁 レイサムの左飛で山田が帰塁できず
                    小谷野−飯山−林)

  時間 3時間1分(18:00〜21:01)

得点経過
 1回表(巨) 1死2塁から堀田がライト線を破るツーベース       巨  人1点目
 3回表(巨) 2死1、2塁から堀田がレフト線を破るツーベース     巨  人2点目
 4回裏(日) この回先頭の林が左越えソロホームラン          日本ハム1点目

戦評
 外環浦和からアクアライン経由で袖ヶ浦へ。ロッテ浦和から袖ヶ浦市営までわずか1時間10
 分と拍子抜け。
 試合の方は巨人が日本ハム先発の岩本の立ち上がりを攻め2点を先制。追う日本ハムは4回
 に林のソロで1点を返すも7回、8回、9回のチャンスにあと1本が出ず。4回以降は巨人
 打線を1安打に抑え完投した岩本を見殺し。

選評
 西 村(巨) 初見。顔からはゴツいピッチャーを想像していたが違いました(西村、ゴメン
       ネ)。せとさんの観てある記にもあるように球場全体がまったりお祭りモード
       (僕も)だったためかもしれませんが、須永(日)ほどの衝撃は感じず。
       いつかは捕まえられるだろうと思っていたら、いつの間にか試合が終わってま
       したという感じ。

袖ヶ浦市営球場データ
 両翼98m、中堅122m、内野−土、外野−天然芝


2004年 7月24日 ウエスタンリーグ 中日−広島(ナゴヤ)報告者:にこ坊さん

7月24日 ナゴヤ球場 対広島戦

どうもにこ坊です。しかし暑いですね〜、ボーっとして記録が曖昧な所があるかもしれませんがそこはご勘弁をと言うことで。


           R H E
広島|100|620|000|9 11 0
中日|001|202|001|6 14 1


勝:大島 負:紀藤 S:横山
HR:福地(小林)、比嘉(小山)

投手
広島 回 打者 被安打 奪三振 四死球 失点
大島 6 27  9   3   2   5
横山 3 14  5   2   0   1
 
中日   回 打者 被安打 奪三振 四死球 失点
紀藤  31/3 18  7   3   2   4
小林   1/3  3  2   0   0   3
川岸   1/3  1  0   0   0   0
小山  1   5  2   0   0   2
小笠原 1   4  0   1   1   0
チェン 3  11  0   0   2   0



広島      @  A  B  C  C  D  E  F  G  H
(中)  天谷 三振    四球 左犠       三振    一飛
(右二左)福地 三振    二ゴ 左本       中飛    死球
(遊)  尾形 右安    二ゴ 中二       四球    中飛
(一) 松本奉 左安       三ゴ 三ゴ    中飛       三飛
(捕) 木村一 右飛       左二    二ゴ    一ゴ    二ゴ
(左)  末永    右安    右安    中安    遊ゴ
打   町田                            中飛
三  山本芳
(三)  比嘉    三併    左二    左本    三ゴ
投   横山
(二) 松本高    一ゴ    中三    二ゴ       
打右  井生                         四球
(投)  大島       三振 四球    三ゴ
三二  甲斐                         捕ゴ


中日     @  A  B  C  D  E  F  G  H
(遊一)仲澤 右飛    左安    遊安    右飛    左安
(右) 都築 中安    左安    左飛    右邪
打 瀬間仲                         中飛
(左) 大西 三振    遊併    遊併    
左  幕田                   投ゴ    左安
(一)高橋光 中飛       一ゴ    三ゴ    
遊  中川                      三振
打  堂上                         一安
(中) 中村    三振    四球    遊ゴ    三振 遊ゴ
(三) 森野    遊ゴ    三振    中二
走三前田新                      中安
(二) 善村    遊ゴ    中安    四球
走二 湊川                      投ゴ
(捕) 小川       中飛 左二    左二       遊ゴ
(投) 紀藤       左安
投  小林
投  川岸
打  中野          遊ゴ
投  小山
投 小笠原
打  田上                右飛
投 チェン
打  森岡                         右安


盗塁:広・尾形(1回・6回)
失策:中・小川(1回)


得点経過
1回表 松本奉 レフト前ヒット(1)
3回裏 都築 レフト前ヒット(1)
4回表 比嘉 レフトオーバーの二塁打(1)、松本高 センターオーバーの三塁打(2)
    天谷 レフトに犠牲フライ、福地 レフトスタンドへ本塁打(2)
4回裏 小川 ショートがグラブに当てるもレフトに転がる二塁打(2)
5回表 比嘉 レフトスタンドへ本塁打(2)
6回裏 小川 レフト線を破る二塁打(2)
9回裏 堂上 ボテボテの一塁ゴロが内野安打に(1)


気になる選手たち

中日
■陳 偉殷(チェン)[74]
今日は鋭い変化球は見られませんでしたが、丁寧にコーナーを突く制球で無安打に
抑えました。

■小林正人[30]
久しぶりに見ましたが、球威がなく制球も甘く打者3人にすべて外野まで運ばれてしまいました。高橋聡・長峰・チェンら若手左腕が好調なだけにこのままでは厳しいと思います。

■小川将俊[59]
打撃では2安打4打点と活躍しましたが、肝心の守備では悪送球に単調なリードとあまり良くはありませんでした。

■湊川誠隆[48]
久しぶりに打席に立つところを見たのですが、なんと左打席に立ちました。
後から知ったのですが最近スイッチ打者に挑戦中との事でした。
しかし、左打席ではまだタイミングを取ることすら出来ていない感じでした。

広島
■大島崇行[46]
直球、変化球ともにこれはと思う球はないものの、序盤は丁寧なコントロールでのらりくらりと抑えていた感じがしました。しかし、後半になると甘い球が増えそれを痛打されていました。


2004年 7月24日 イースタンリーグ ロッテ−西武(ロッテ浦和)報告者:横須賀マリンさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

横須賀マリンさん編

所沢 410 000 702 = 14
浦和 300 100 003 =  7

勝=東 負=加藤   

本塁打 大島(1表二死一二塁でライトに 投手加藤)
    浜名(1裏無死一三塁でレフトに 投手東)
    清水将(4裏二死からレフトに 投手東)
    マクレーン(7表一死二塁からセンターに 投手酒井)
    上本(7表二死二塁からレフトに 投手戸部)
    高山(7表二死から右中間に 投手戸部)
    栗山(9表二死一塁からレフトに 投手藤井)
二塁打 高山(1表 センターオーバー 曽我部がいったん前進)
    小坂(1裏 左中間)
    黒瀬(7表 左中間浅い飛球 ユウゴーが打球を見失う)
    早坂(9裏 左中間)
失 策 原井(8表 サードゴロを一塁悪送球 打者宮崎)
    黒瀬(8裏 打者大塚)
暴 投 杉山(9裏無死一二塁 二走金澤が三進、一走富永が二進)
併 殺 浦和2(4表 清水将−小坂−青野 無死一塁 打者上本のキャッチャー前バント)
       (8表 早坂−塀内−青野 一死一二塁 打者黒瀬のショートゴロ)
    所沢3(3裏 黒瀬−後藤武−犬伏 一死一三塁 打者喜多のショートゴロ)
       (5裏 黒瀬−後藤武−犬伏 一死一塁 打者大塚のショートゴロ)
       (8裏 水田−宮崎−後藤武 無死一二塁 打者曽我部のサードゴロ)

        打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回  7回   8回 9回
(中)右 高山  521 中2 中飛    右飛    遊ゴ    右本@
 打左 春日  110                            中安
(左)右 栗山  543 空振 左安@      中安    四球 中安    左本A
(二)一 後藤武 640 右安 右安       中安    遊ゴ 右安    二ゴ
(三) マクレーン  512 右飛 三ゴ       空振    中本A一ゴ
 三  水田  110                            遊安
(一) 犬伏  311 左安@   二飛    二飛
 打二 宮崎  300                   遊ゴ    三失 三ゴ
(右) 大島  323 右本B   遊ゴ    四球    中安
 打中 松坂健 100                         三ゴ
(指) カズ  300 遊飛    左飛    中飛
 打指 大友  110                   四球    一安
(遊) 黒瀬  422    中安    四球    空振 左2A   遊併
(捕) 上本  412    投犠    捕併    一飛 左本A      中飛
        452014

       回  打安振球失責
 ○東    5  2292044
  山崎   3  1211200
  杉山   1  741033

        打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(遊) 小坂  310 左2 遊ゴ    二飛
 遊  早坂  112                   四球    左2A
(一) 青野  430 右安    中安    遊安    空振
 打  澤井  100                         二ゴ
(三) 浜名  313 左本B   逃振    二直 
 打三 原井  100                   二ゴ
 打  杉山  001                         左犠@
(指) 大塚  410 三ゴ    右安    遊併       遊失
 打指 辻   110                         中安
(右) 喜多  510 二ゴ    遊併       遊ゴ    左安 空振
(中) 曽我部 410 中安       三ゴ    遊ゴ    三併
(左) 於保  200 右飛       遊飛    
 打左 ユウゴー200                二飛    二飛
(捕) 田中雅 100    遊ゴ
 捕  清水将 211          左本@      遊ゴ
 捕  金澤  110                         中安
(二) 塀内  210    空振    右安       四球
 打  富永  110                         右安
        38147

       回  打安振球失責
 ●加藤   5   2592255
  酒井   12/3 921244
  戸部    1/3 650033
  田中良  1  410000
  藤井   1  630022


得点経過
1表 所沢 一死一三塁で犬伏がレフトへのタイムリーヒット。
      さらに一死一二塁で大島がライトへ3ランホームラン。
1裏 浦和 無死一二塁で浜名がレフトへの3ランホームラン。
2表 所沢 二死二塁で栗山がレフトへのタイムリーヒット。
4裏 浦和 二死で清水将がレフトへのソロホームラン。
7表 所沢 一死二塁でマクレーンがセンターバックスクリーンへ2ランホームラン。
      さらに二死一二塁で黒瀬の左中間への浅いフライをユウゴーが打球を見失い2点追加
      (記録は二塁打)
      さらに二死二塁で上本がレフトへの2ランホームラン。
      さらに二死から高山が右中間へのソロホームラン。
9裏 浦和 無死二三塁で早坂が左中間への二塁打で2点。
      さらに一死三塁で杉山がレフトへの犠牲フライ。


感想および選手レポ
※ マリーンズファンなのでマリーンズびいきのコメントになってしまうことをお詫びいたします。

最初は打撃戦かと思いきや、2回以降はお互い拙攻を繰り返し、7回にマリーンズ投手の炎上と拙守で勝負あり。
マリーンズはこれで7月に入り2勝10敗で一時、大混戦の首位だったのが最下位街道まっしぐら。
好調時を引っ張ってきた今江、西岡、寺本が一軍アップ、故障で抜けては仕方のない結果ではあります。
来月のオリンピック期間は投手を2人一軍に送り出さねばならず、さらに厳しい戦いが予想されます。

◆青野毅(ロ)
猛打賞。確実に力をつけています。
第4打席もファールで粘った末の三振。
調子の悪い青野であればあっさり三振だったでしょう。
守備ではまずい面も見せてしまいましたが、打撃は好調です。

◆澤井良輔(ロ)
右投手先発でもスタメンを青野に譲ったように現在、絶不調。
このままではオフはないかもしれません。
未完の大器がそのまま未完で終わる可能性が濃厚となってきました。

◆早坂圭介(ロ)
今日、右打席で打つ姿を初めて見ることができましたが、ストレートの四球でした。
9回は左打席で左中間をキレイに抜けるタイムリー二塁打。

◆ユウゴー(ロ)
7回の大量失点の元凶者。
マクレーンに2ランを打たれたあとの二死一二塁で
なんでもない左中間寄りのレフトフライで打球を見失って二塁打にしてしまい、2点を追加される。
サングラスをかけていたにも関わらずこの大失態。

◆田中雅彦(ロ)
スタメンマスクも3回表から清水将に交替。
失点はリード面の責任もありということでしょう。

◆加藤康介(ロ)
復活を期待するファンも多いと思いますが、内容が良くなってきません。
左打者に対しても武器であるはずのカーブを簡単に打たれています。
来季からはサイドスロー転向で生き抜くことを考えてもいいのでは。

◆酒井泰志(ロ)
前回の登板で2年目にしてようやく二軍初勝利。
今日も最初の1イニングを三者凡退に抑え、
「一皮むけたか!?」と思わせましたが、2イニング目に被弾。
いい内容の投球が2試合と続きません。

◆戸部浩(ロ)
昨年一軍の中継ぎとしてまずまずの成績を残し、
今季飛躍が期待されましたが二軍相手でも抑えられなくなってしまいました。

◆田中良平(ロ)
今日の投手陣で唯一の収穫。
球のスピードが他の投手と違います。
今日くらいのコントロールでいつも放ることができれば、一軍で通用するかも。
今日のような投球を次回以降続けて出来るかどうかでしょう。


◆後藤武敏(西)
セカンドを守るようになっていたんですね。
体型からは想像がつきません。
守りではミスなし。
持ち前の打撃はしぶさでシングルヒット4本。

◆栗山巧(西)
後藤武と同じく4安打。
ホームランはレフトポール際ギリギリに入りました。

◆マクレーン(西)
粗い打撃は一軍当時と変わりませんが、芯に当たったときの飛距離はさすが。
一直線にセンターバックスクリーン越え。

◆東和政(西)
シーレックス時からマリーンズ戦によく登板します。
勝ち投手にはなりましたがマリーンズの拙攻に助けられました。
目の前でいい投球内容だったことが一度もありません。


今日の試合での疑問は9回無死2塁で青野の打順に回ったところで代打澤井を出してきたことです。
たしかに試合はすでに決着していましたが、青野は前の打席まで3安打猛打賞。
当たっているにも関わらず、交替させられるのでは選手は納得いかないでしょう。



ふんぼるとさん編

2004年7月24日 ロッテ−西武 11回戦

Jロッテ浦和(西武7勝4敗)

 
西 武 410 000 702│14
 
ロッテ 300 100 003│
 
 勝  東  6勝3敗1S 登板14(内 西武 3勝0敗0S 登板4)
 負 加 藤 1勝2敗0S 登板13

 【テーブル】略
 【出 来 事】追加分のみ
       犠打 上本(西) (2回 無死1塁 1走の黒瀬が二進)
       犠飛 杉山(ロ) (9回 1死3塁 3走の早坂がホームイン)

       PL:新屋 1B:橋本 2B:山路 3B:鈴木 公式記録:荒木
       時間 3時間12分(13:02〜16:14)

選評
 松坂健(西) スローイングの矯正中ということで最近は主に代走での出場だったが、8回表
       に代打で出場すると満を持して、その裏から守備に付く。新しい松坂健のスロ
       ーイングはアーム式のスリークォーター。しかし、試合前の練習でも河田コー
       チから体の軸の傾け方について注意を受けていたように、まだまだ自分のもの
       にはなってはおらずコントロールがない。

 ユウゴー (ロ) 7回の1死1、2塁のピンチで黒瀬の左中間よりのフライに対し落下地点に入
       りながらもコケて捕球できず。
       ユニフォームの裾を踏んじゃったかな(←ネタ)


2004年 7月23日 ウエスタンリーグ 阪神−ダイエー(鳴尾浜)報告者:西の大輝さん

                     R H
雁の巣ホークス |002 110 020| 13
鳴尾浜タイガース|000 223 00X| 11

ダ:木村茂(5回)−◎永井智浩(1回2/3)−田中総司(0回1/3)−吉武真太郎(1回)
鳴:中村泰広(5回)−藤川球児(1回)−●石毛博史(2回)−吉田篤史(1回)

本塁打:鳥谷敬2号(木村茂)、立川隆史1号(永井智浩)


●ホークス
■木村茂(ダ)
この日は先発でした。序盤は無失点でしたがいい当たりはされていたように思われます、しかしほとんど外野フライだったので球が重いのかな、と思いました。

■城所龍磨(ダ)
入団当初オールスター明けにも一軍と言われていましたがまだまだかな、という感じです。守備では強肩ということですが二度ほど中継プレーを見て、強肩かなあ?という感じでした、送球がワンバウンドしそうであったりして中継プレーが綺麗ではなかったからかもしれません、練習不足でしょうか?打撃では左中間に2ベースヒットを打つなど才能の片鱗を見た気がしました。柴原がいまいち毎年安定していないので早く一軍に上がってきてほしいです。

■笹川隆(ダ)
猛打賞もそのうち1安打はバントを二度失敗後ヒット。一軍はサード、来年井口が抜ければセカンドも空くわけですからバントくらいきっちり決めてレギュラー奪取をアピールしてほしいです。まあファールでだいぶ粘っていたのは評価できるかもしれません(前に飛ばなかったのか飛ばさなかったのか)

■明石健志(ダ)
最終回代走で出場、で盗塁失敗。惜しいところではありました。できれば彼はスタメンで出て欲しかった。守備は外野挑戦という話もちらほら聞きますがどうなんでしょうか?


●阪神
■中村泰広(神)
本日の先発。木村とは対照的に球がキレていてかつ軽かったのか2回には三者連続三振、も3回以降崩れる。


■鳥谷敬(神)
一番遊撃で先発。試合前でのノックでは送球時に球をこぼす場面も。しかし試合では中継プレーで笹川を本塁で刺し本塁打を打つなどさすが自由枠といったところ。夜は私も甲子園に行きましたが彼も9回に代走で出場していました。五輪期間ショートは彼らしいので頑張ってほしいです。


2004年 7月22日 イースタンリーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年7月22日 ロッテ−日本ハム 15回戦

Nロッテ浦和(日本ハム10勝5敗)
      
 
日本ハム 000 300 000│
 
ロ ッ テ 001 000 000│
 
 勝 加 藤 1勝0敗0S 登板3
 S 関 根 1勝1敗1S 登板9
 負 長 崎 2勝2敗1S 登板29

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 森 本 500 三失    右飛 左飛    空振       投ゴ
  G 紺 田 500 中飛    遊直    空振 空振       左飛
  F 小谷野 420 遊併       四球 右飛    左2    中安
  D 藤 島 540    投襲    右安 中安    二ゴ    右安
  B5 林  510    左飛    中安 右飛    遊ゴ    右飛
  E 飯 山 400    空振    空振    中飛 右飛
  C 稲 田 101    一ゴ    四球
  4 阿久根 100                四球    見振
  A 實 松 410       一邪 二飛    右安    三ゴ
  D 尾 崎 112       四球 三安
  H3渡 邉 100                四球    空振
  3 山田憲 000
  犠盗失併残─────
  001211 3693

       回 打安振球責
   入 来 3 122511
  ○加 藤 2 84300
   佐々木 1 61020
   矢 野 2 70010
  S関 根 1 42100

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 小 坂 310 空振    一ゴ    左安
  R6早 坂 200                   左飛    三併
  G 曽我部 300 中飛    死球    空振    中飛
  H 喜 多 300 空振    空振       四球    一失
  D 大 塚 420    左飛    左安    右安    二ゴ
  B 澤 井 100    空振
  H3青 野 110          左安    投犠    四球
  D 原 井 310    右安    一犠    二ゴ    投併
  A 清水将 200    空振    空振
  2  辻  110                四球       中安
  R 金 澤 000
  F ユウゴー  310       中安 空振    一邪
  H 富 永 100                         空振
  C 塀 内 420       一ゴ    右安    中飛    中安
  犠盗失併残─────
  20109 3190

       回   打安振球責
   黒 木 10/3 41000
  ●長 崎 3   153233
   戸 部 2   102320
   田中良 2   71200
    谷  1   52000

  二塁打  小谷野(日) (7回 田中良)
  犠 打  原 井(ロ) (4回 無死1、2塁 2走の大塚が三進、1走の青野が二進)
       青 野(ロ) (6回 無死1、2塁 2走の喜多が三進、1走の大塚が二進)
  失 策  原 井(ロ) (1回 森本の三ゴロを一塁悪送球)
       渡 邉(日) (8回 喜多の一ゴロを弾く 打者走者の喜多が二進)
  盗塁死  早 坂(ロ) (5回 捕手は實松 打者は曽我部 實松−阿久根 二盗失敗)
  走塁死  喜 多(ロ) (6回 3走として原井の二ゴロで本塁突入も三本間で挟まれ挟
                 殺 阿久根−實松)
  牽制死  塀 内(ロ) (5回 2走として曽我部のバント空振りで帰塁できず 實松−
                 飯山)
  暴 投  入 来(日) (3回 2死1、3塁 3走のユウゴーがホームイン、1走の曽
                 我部が二進 打者は喜多)
  併 殺  ロッテ   (1回 小谷野 1死1塁 小坂−塀内−澤井)
       日本ハム  (8回 原井 1死1、3塁 矢野−飯山−渡邉)
       日本ハム  (9回 早坂 1死1、2塁 林−林−山田憲)

  PL:山崎 1B:鈴木 3B:山路 公式記録:及川
  時間 3時間18分(13:00〜16:19)


得点経過
 3回裏(ロ) 2死1、3塁から入来が暴投               ロ ッ テ1点目
 4回表(日) 1死満塁から稲田が四球を選び押し出し          日本ハム1点目
       2死満塁から尾崎がサード内野安打            日本ハム3点目

戦評
 今日(7/22)国内4リーグ(イ・ウ・セ・パ)で唯一の公式戦。
 試合の方は3回に入来の暴投でロッテが先制するも、日本ハムは直後の4回、押し出しで同
 点に追い付くと、尾崎の内野安打(原井のエラー気味)で逆転。
 その後は両チームの投手がピリッとしないが、それ以上に両チームが拙攻。特にロッテは4
 回、5回、6回と無死1、2塁のチャンスをつくりながら、いづれも得点できず、このまま
 ゲームセット。得点の割に3時間18分のロングゲーム。
 ロッテ先発の黒木は藤島のピッチャーライナーが右スネに直撃し、2回途中で降板。

選評
 加 藤(日) ストレートが高めに浮きストライクが入らない苦しい内容。4回も5回もボー
       ルを置きに行ったところを狙い打たれ無死1、2塁のピンチをつくるも、4回
       は自らの力で、5回は實松の好プレーでピンチを脱出。たなぼたの勝利投手に

 入 来(日) 初回からビュンビュン飛ばしているなと思っていたら3回で降板(予定通りで
       しょう、多分)。2球程はるか遠くへすっぽ抜ける球があったが、全体的には
       低めにコントロールされていた。今日はスライダーが秀逸。3回で5つの三振
       を奪う。

 飯 山(日) 飛んだコースが不運な外野フライ2つに空振り三振2つだが、無死満塁のチャ
       ンスで喫した4回の空振り三振が今年の飯山を象徴。歯車が狂っている…。

 藤 島(日) 5打数4安打の大当たり。

 阿久根(日) 5回の早坂の盗塁死は實松からの難しい送球を阿久根がうまく捕球してアウト
       にしたもの。隠れたファインプレー。


 小 坂(ロ) 3回の紺田の誰もがレフト前のクリーンヒットだと思った打球を涼しい顔で難
       なく捕球。ウマイ!

 ユウゴー (ロ) 9回の紺田のフライをランニングキャッチで捕球するもグラブの先っぽだった
       ためボールをこぼしてしまう、が、素手でキャッチ。危ない危ない。


 及 川(記) 公式記録員。4回表の日本ハムの攻撃で2点目、3点目を尾崎のタイムリーと
       記録したが状況は以下の通り。
        ・2死満塁から尾崎の当たりは高いバウンドのサードゴロ。
        ・捕球した原井の一塁送球がホーム側に逸れる。
        ・ベースから足を離して捕球した澤井が尾崎に追いタッチ。
        ・一塁塁審の鈴木はセーフ(ノータッチ)の判定。その間に2者が生還。
        ・澤井が鈴木に『タッチしてるって!』と猛抗議。一応、古賀監督も参戦。
       追いタッチでも微妙なタイミングだったということは原井が普通に送球してい
       れば完全にアウトのタイミング。ってことは原井のエラーでは???


  ■掲示板@2軍愛■