【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2004年 8月13日 ウエスタンリーグ 中日−広島(ナゴヤ)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年8月13日 中日−広島 後期4回戦

Cナゴヤ(中日2勝1敗1分)
      
 
広 島 000 000 000│
 
中 日 1124 101 00×│19
 
 勝 小笠原 2勝0敗0S 登板5
 負 大 島 6勝7敗0S 登板18

 【広 島】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 天 谷 300 空振    右飛    左飛       四球
  E 松本高 400 二ゴ    二ゴ       遊飛    中飛
  F9廣 瀬 310 左安    遊飛       四球    空振
  B 松本奉 310 中飛       左安    遊ゴ
  13菊地原 000
  H 白 浜 100                         三ゴ
  D 比 嘉 410    遊ゴ    左飛       空振    左安
  C 甲 斐 420    空振    中安       空振    中安
  H 井 生 210    右安    三併
  1 小 林 000
  3 吉 田 100                   二ゴ
  1 山本芳 100                         三ゴ
  A 鈴 衛 300    投ゴ       三ゴ       遊ゴ
  H 末 永 100                         空振
  @ 大 島 110       左安
  7 田 村 210             三飛       遊安
  犠盗失併残─────
  00308 3380

       回 打安振球責
  ●大 島 3 2912467
   小 林 2 92401
   菊地原 2 102321
   山本芳 1 40010

 【中 日】  打安点   1回   2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 都 築 535 見振 右安 中安 左本    遊失    四球
  E 森 岡 421 四球 中安 死球 右直    空振    中安
  F 関 川 221 左安 右安 右犠
  7 櫻 井 310             捕飛    右安 空振
  B 筒井壮 434 中安 右3 空振    左2    四球    四球
  C 善 村 310 遊失 四球    中2 中飛
  4 湊 川 200                   二ゴ    遊ゴ
  G  森  411 四球 空振    遊ゴ 右2    右邪
  H8土 谷 100                         遊ゴ
  D 仲 澤 511 空振    三ゴ 中3 空振    空振
  H5堂 上 100                         二ゴ
  A 清 水 312 中安    四球 四球    見振    一飛
  2 前田新 000
  @ 小笠原 311 遊失    左安 投ゴ
  H 瀬間仲 100                空振
  1 矢 口 000
  1 小 林 100                      空振
  1 筒井正 000
  犠盗失併残─────
  10019 421616

       回 打安振球責
  ○小笠原 5 195200
   矢 口 1 30010
   小 林 2 81310
   筒井正 1 52100


  本塁打  都 築(中)4号A (3回 大島)
  三塁打  筒井壮(中)    (1回 大島 タイムリー)
       仲 澤(中)    (3回 大島 タイムリー)
  二塁打  善 村(中)    (3回 大島)
       筒井壮(中)    (4回 小林)
        森 (中)    (4回 小林 タイムリー)
  犠 飛  関 川(中)    (2回 1死満塁 3走の小笠原がホームイン)
  失 策  松本高(広)    (1回 1死1、2塁 善村の遊ゴロを併殺を取ろうと
                    して二塁悪送球 三進していた2走の関川がホ
                    ームイン、1走の筒井壮が三進、打者走者の善
                    村が二進 タイムリーエラー)
       松本高(広)    {1回 2死1、2塁 小笠原の遊ゴロを弾く(バウンド
                    が変わったもの) 2走の森が三進、1走の清
                    水が二進)
       松本高(広)    (5回 都築の遊ゴロをこぼす)
  牽制死  廣 瀬(広)    (6回 1走として 矢口−筒井壮)
  暴 投  菊地原(広)    (6回 2死2、3塁 3走の櫻井がホームイン、2走
                    の筒井壮が三進 打者は仲澤)
       小 林(中)    (8回 2死1、2塁 2走の田村が三進、1走の天谷
                    が二進)
  捕 逸  鈴 衛(広)    (1回 2死1、3塁 3走の筒井壮がホームイン、1
                    走の善村が二進)
  併 殺  中 日      (4回 井生 1死1、2塁 仲澤−善村−筒井壮)

  PL:山本 1B:土山 3B:嶋田 公式記録:関
  時間 3時間16分(12:31〜15:47)

得点経過
 1回裏(中) 1死1、2塁から筒井壮が二遊間を破る中前打        中 日1点目
       1死1、2塁から善村の遊ゴロを松本高が二塁悪送球     中 日2点目
       2死満塁から清水が二遊間を破る中前打           中 日4点目
       2死満塁から都築が一、ニ塁間を破る右前打         中 日6点目
       2死1、3塁から森岡が中前打               中 日7点目
       2死満塁から筒井壮が走者一掃の右越えスリーベース     中 日10点目
       2死1、3塁から鈴衛が捕逸                中 日11点目
 2回裏(中) 1死1、2塁から都築が中前打               中 日12点目
       1死満塁から関川がライトへ犠牲フライ           中 日13点目
 3回裏(中) 1死3塁から仲澤が右中間を破るスリーベース        中 日14点目
       1死1、3塁から小笠原の高いバウンドの投ゴロの間に    中 日15点目
       2死2塁から都築がレフトポール際へツーランホームラン   中 日17点目
 4回裏(中) 2死2塁から森が右中間を破るツーベース          中 日18点目
 6回裏(中) 2死2、3塁から菊地原が暴投               中 日19点目


戦評
 一昨年のコスモスリーグ@ロッテ浦和(10/20)で唄った広島が得点を挙げたときの『♪宮島
 さんの神主が〜』をどうしても唄いたくなってしまったため、昨日のロッテ浦和を8回で切
 り上げ、青春18キップを片手にいざ名古屋へ。
 試合の方は松本高(広)の2エラーもあり中日打線が初回から爆発。一挙に11点を奪い試合を
 決める。終わってみれば、自責1ながら11点も失ってしまった傷心の広島先発の大島を更に
 攻め追加点を挙げていった中日が19点を取り圧勝。
 広島が零封されたため、名古屋遠征の目的を達成できず。


選評(兼ウエスタンの選手の紹介)
 天 谷(広) バットを立てて構える。グリップ位置は高い。

 松本高(広) ショート修行中。今日は一人で3エラーを犯してしまうと、9回の土谷の打球
       もボールが半分グラブから飛び出た状態で捕球。危ない。バッティングは体を
       多少縮こませてバット前後させてタイミングを取る。

 廣 瀬(広) 左肩を押し込む構え。バットは45°くらい。6回の守備で3塁にランナーがい
       るにも関わらず右邪飛を捕球するが、強肩を披露しランナーを突っ込ませず。

 松本奉(広) これといった特徴を見出せず。ゴメンナサイ。オーソドックスということで。

 菊地原(広) 8回表の広島の攻撃終了時に広島の木下監督が中日ベンチに行ったので何事か
       と思ったら菊地原をピッチャーからファーストのシート変更する了解だった模
       様。3回の守備機会を無難にこなす。本業の方では言わずと知れた菊地原。復
       活を期待。

 白 浜(広) 期待のドラ1。最終回に代打で登場も三ゴロに倒れる。足が遅い・・・かも・・・。

 比 嘉(広) 内野で一番、声が出ている。しかし、2回1死1塁で打者がピッチャーの小笠
       原の場面。完全にバントと決め付けてピッチャーの投球動作中も摺足でバッタ
       ーを威嚇しながら投球と同時に猛ダッシュしてくるもバスターに切り替えた小
       笠原に頭の上を越される。

 甲 斐(広) 上半身と下半身を別々に左右に振ってタイミングを取る構え。今日は2安打も
       内角の縦の変化球に弱い印象。また、9回のランナー1塁の場面で2度もショ
       ートが自分でセカンドベースに入れる打球にベースカバーに入ってしまい、シ
       ョートと交錯。うーん。

 井 生(広) バットを寝かして構える。

 小 林(広) 幹英。左足を上げ→両腕を広げる投球フォーム。こちらも復活に期待。

 吉 田(広) グリップの位置が高い構え。

 山本芳(広) 内野手登録だが密かに投球練習をしていたようで本日が初登板。また、打撃は
       右ヒジを張る外国人選手のような構え。山本芳が最終回にそのまま打席に入っ
       たときにずぅーと野次ってた奴が『なめとんのか』との野次。ウエスタンを見
       ていないのがバレバレ。

 鈴 衛(広) ヒザをかなり曲げて構える。

 末 永(広) バットを立てて構える。

 大 島(広) 130km/h のストレートと110km/h のカーブのコンビネーション。ランナーがい
       ないときはそうでもないのだが、ランナーが出ると上体が立って上半身だけで
       投げている印象。

 田 村(広) 紺田(日)のようなグリップの低さ。そこからグリップを上下させてタイミング
       を取る。また左足を上げてからは下半身は投手方向に残してトップの形をつく
       る。 

 広 島   1回で11点を失った大島を3回まで引っ張り計17失点(自責7)。以前にいの一
       番さんも書かれていたと思うが、この起用法に疑問。


 都 築(中) 胸の前でグリップを捏ねくり回してタイミングを取るバッティングフォーム。

 森 岡(中) ガニ股でバットを体から離して立てる構え。

 関 川(中) 述べるまでもなし。貫禄の2打数2安打1打点。

 櫻 井(中) 上半身と下半身を一緒に左右に振ってタイミングを取る構え。

 筒井壮(中) 胸の前でグリップを捏ねくり回してタイミングを取るパッティングフォーム。
       今日はあとホームランが出ればサイクル安打。

 善 村(中) スタンスが狭い。イースタンで言うと井上(ロ)。

 湊 川(中) プロフィールでは 174cmとなっているが、多分もっと小さいスイッチヒッター。
       右打席では握り拳1つ分グリップを余したバットを立て、左ヒザを内に押し込
       む構え。左打席では指1本分グリップを余す。

  森 (中) バットを立てて構える。

 土 谷(中) 小笠原(日)チック。

 仲 澤(中) 7月の月間MVPということで試合前に表彰を受ける。今日は三塁打1本も空
       振り三振3つとその片鱗だけ。第一打席の三振は大島のカーブに全くタイミン
       グ合わず。

 堂 上(中) 初球を打って二ゴロ(すいません、メモ取り忘れました。スタンドから一番の
       歓声)。

 清 水(中) 非常にキャッチャーらしい体型。バットを体から離して立てる構え。

 前田新(中) 内野手登録も捕手修行中。何でもない外角のボールを捕逸…と思ったら記録は
       暴投。

 小笠原(中) こちらでは別格。ほぼ散発の5安打に抑えるも1回から4回まで毎回安打はい
       ただけない。
 瀬間仲(中) 小笠原(日)チック。

 矢 口(中) アーム式。

 小 林(中) グラブを前に突き出して投げる投球フォーム。セットのときに左足を曲げる。

 筒井正(中) 広島時代にロッテ浦和で見てストレートとフォークに非常に素質を感じた選手。
       今日はストレートとカーブ主体のピッチング(フォークは封印しちゃったのか
       な?)。ただストレートにあのときの勢いは感じられなかった。   

ナゴヤ球場 ブラウン管で見ていたナゴヤ球場とは大きく様変わり。写真館は↓

http://homepage2.nifty.com/ogitiffany/nagoyakyuujyou.htm


2004年 8月12日 イースタンリーグ ロッテ−西武(ロッテ浦和)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/風車の弥生さん(HP:なんにもないぺーじ

ふんぼるとさん編

2004年8月12日 ロッテ−西武 14回戦

Mロッテ浦和(西武9勝4敗1分)
      
 
西 武 040 120 200│
 
ロッテ 210 003 020│
 
 勝 鳥谷部 4勝4敗0S 登板14
 S 内 薗 4勝0敗4S 登板18
 負 成 瀬 0勝2敗0S 登板15

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G7栗 山 535 右安 右2    空振 投ゴ    右安
  E 黒 瀬 511 三ゴ 中3    左飛    投ゴ    空振
  D 平 尾 300 三ゴ 二ゴ       右飛
  HD木大 200                空振    右飛
  B GG佐藤 521 左直    三ゴ    左本 一邪    中安
  R 松坂健 000
  4 宮 崎 000
  D3後藤武 410    三ゴ 投ゴ    空振    中安    四球
  H 大 島 530    右安 左安    右安    空振    空振
  F カ ズ 310    遊飛 中飛    左安
  H8高 波 110                   四球    左安
  A 椎 木 310    死球    二飛 死球    右安    一併
  C5水 田 212    四球    左本 四球    一邪
  犠盗失併残─────
  01338 38149

       回   打安振球責
  ○鳥谷部 5   249123
   青 木  2/3 64102
   トモキ 11/3 40000
   小野寺 1   62111
  S内 薗 1   42000

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  B 青 野 521 三ゴ 二ゴ    中2    左安    空振
  H 寺 本 420 中安 四球    右飛    一ゴ    中安
  D 浜 名 310 右2 一ゴ       右飛
  5 富 永 222                中安    右安
  D 澤 井 200 四球    一失    見振
  HDユウゴー  200                遊ゴ    二飛
  A 田中雅 322 右安    三犠    中2    投ゴ
  2 金 澤 100                         一ゴ
  G 於 保 410 二併    左安    二ゴ    遊ゴ
  H  辻  110                         左安
  R 原 井 000
  F 喜 多 300    二ゴ 二飛       空振
  H7曽我部 210                   二飛    左安
  C 塀 内 430    中安    中安    右2    四球 投併
  E 早 坂 421    中安    二併    左3    左飛
  犠盗失併残─────
  10019 40176

       回   打安振球責
  ●成 瀬 42/3 259127
    谷   1/3 30120
   戸 部 1   30100
   前 田 1   63112
   藤 井 1   31100
   田中良 1   41110


  本塁打  水 田(西)2号@ (4回 成瀬)
       GG佐藤(西)8号@ (5回 成瀬)
  三塁打  黒 瀬(西)    (2回 成瀬 タイムリー)
       早 坂(ロ)    (6回 青木 タイムリー)
  二塁打  浜 名(ロ)    (1回 鳥谷部)
       栗 山(西)    (2回 成瀬 タイムリー)
       青 野(ロ)    (4回 鳥谷部)
       田中雅(ロ)    (5回 鳥谷部)
       塀 内(ロ)    (6回 青木)
  犠 打  田中雅(ロ)    (3回 無死1塁 1走の澤井が二進)
  盗 塁  後藤武(西)    (7回 捕手は田中雅 打者は大島 二盗成功)
  失 策  GG佐藤(西)    (3回 澤井の一ゴロを後ろにこぼす)
       栗 山(西)    (6回 2死1塁 富永の中前打を後逸 二進していた
                    寺本がホームイン、打者走者の富永が二進 タ
                    イムリーエラー)
       宮 崎(西)    (8回 2死1塁 寺本の中前打を処理し、ボールを処
                    理した高波のセカンド送球を後逸 打者走者の
                    寺本が二進)
  盗塁死  於 保(ロ)    (3回 捕手は椎木 打者は塀内 椎木−水田 二盗失
                    敗)
       松坂健(西)    (8回 捕手は金澤 打者は後藤武 金澤−塀内 二盗
                    失敗)
  走塁死  椎 木(西)    (7回 1走として栗山の右前打で二進するも、オーバ
                    ーランしてしまい二、三塁間に挟まれ挟死 寺
                    本−青野−富永−早坂)
  暴 投  鳥谷部(西)    (2回 2死1、3塁 3走の塀内がホームイン、1走
                    の青野が二進 打者は寺本)
       成 瀬(ロ)    (2回 1死1、2塁 2走の大島が三進)
  併 殺  西 武      (1回 於保 1死1、3塁 水田−黒瀬−GG佐藤)
       西 武      (4回 早坂 無死1塁 水田−黒瀬−GG佐藤)
       ロッテ      (9回 椎木 1死1、2塁 青野−早坂−青野)
       西 武      (9回 塀内 1死1、2塁 内薗−黒瀬−後藤武)

  PL:山崎 1B:鈴木 2B:橋本 3B:山路 公式記録:山本
  時間 3時間30分(13:01〜16:32)

  ※諸事情で観戦は8回終了(16:07)までです。それ以降の試合展開、及び、データは風車
   の弥生さんに教えて頂きました。ありがとうございました m(_ _)m

得点経過
 1回裏(ロ) 1死満塁から田中雅が右前打                ロッテ2点目
 2回表(西) 2死満塁から栗山が走者一掃のライト線ツーベース      西 武3点目
       2死2塁から黒瀬が右中間を破るスリーベース        西 武4点目
 2回裏(ロ) 2死1、3塁から鳥谷部が暴投               ロッテ3点目
 4回表(西) 1死無走者から水田が左越えソロホームラン         西 武5点目
 5回表(西) 1死無走者からGG佐藤がレフトポール際へソロホームラン  西 武6点目
       2死満塁から水田が押し出しを選び             西 武7点目
 6回裏(ロ) 1死2塁から早坂がレフト線へスリーベース         ロッテ4点目
       1死3塁から青野が左前打                 ロッテ5点目
       2死1塁から富永の中前打を栗山が後逸           ロッテ6点目
 7回表(西) 2死満塁から栗山が右前打                 西 武9点目
 8回裏(ロ) 2死2、3塁から富永が一、ニ塁間を破る右前打       ロッテ8点目


戦評
 2回表に1走の椎木(西)が一塁塁審にカウントを聞いているので、スコアボード横のカウン
 トボードを見ればイイじゃんと思ってカウントボードを見るとなんとランプが付いておらず。
 (故障?バックスネットのは角度が悪くて役立たずだし・・・というか、こっちも故障?)。カ
 ウントもHかEかもわからな状態での観戦は結構ツライことが判明。
 試合の方は両先発がピリッとせず(←毎日書いてる気がする)常にランナーが出ている状態で
 試合はダラダラ。ロッテが2点を先制するも直後に西武が逆転し、その後は西武が得点しロ
 ッテが追いかける展開。ロッテは8回に1点差に詰め寄り、9回に1死1、2塁のチャンス
 しかも打席にはここまで3安打の塀内という絶好のサヨナラの場面をつくるが、塀内が投ゴ
 ロ併殺打に倒れて試合終了。

選評
 栗 山(西) 7月の月間MVP(日刊スポーツ選定)受賞の栗山(おめでと\(^^)/)。右足を
       後ろに蹴ってタイミングを取る(子供のときに牛とか馬の真似をするときに誰
       しもがやった足の動き)バッティングフォームにリニューアル。今日もフリー
       バッティングから鋭い打球を連発していたが、試合でもその鋭い打球で3安打
       猛打賞。特に1打席目のライト線へのツーベースは打球の軌道はライト線寄り
       のシングルの当たりながら、打球が速いために俊足寺本をしても追い付けず。

 鳥谷部(西) 腕が振れていないのか椎木から腕を振れと言われていた。打者によってコント
       ロールが良いときと悪いときがバラバラだが、スローカーブのコントロールは
       悪かった。またロッテ打線にかなり真芯で捕らえられていた。

 青 木(西) 先頭の喜多は外の落ちる球で空振り三振に斬って取るが2長打を含む4安打2
       失点。青木というと非常に斬れがあるというイメージだが最近はそれが見られ
       ない。鳥谷部以上に真芯で取らえられている。

 小野寺(西) 長身から投げ込まれるストレートとフォークは威力十分だが、今日はコントロ
       ールがいま一つ。先頭の塀内にストレートの四球を与えてしまうと苦しいピッ
       チング。味方のエラーで2死2塁のピンチの場面では置きに行った初球のスト
       レートをあっさり富永に一、ニ塁間に弾き返される。


 早 坂(ロ) レフト線への当たりをカズがダイビングキャッチを試みるも捕れないのを見る
       と快足を飛ばして一気に三塁を陥れる、速っ!。野中(湘)が一軍に上がったの
       で2年連続の盗塁王は手中?

 戸 部(ロ) 7/24(土)の西武戦は散々な内容だったが、今日は木大を空振り三振に斬って
       取るなど1回を三者凡退に抑え汚名返上。外野に打球を飛ばさせなかった。昨
       日の鎌ヶ谷に続いての好投。

 成 瀬(ロ) 立ち上がりはコントロールが悪く四球で溜めた走者を長打で返され失点。コン
       トロールが良くなってきた後半は2発の被弾などで失点。しかし、全体的には
       内野ゴロも多く詰まらせていた印象。また、3回の後藤武の投ゴロを捕球した
       ときにロッテベンチから盛んにゆっくりの掛け声がかかり、成瀬もからに一塁
       方向にボールを持ってきてからゆっくり一塁に送球。イップス?




風車の弥生さん編

昨年の教育リーグ以来の3塁側での観戦でした。
ふんぼるとさんがロッテ浦和球場の看板の下で
観戦されていたのがわかりました。

ふんぼるとさんが試合に関してくわしく書かれているので
その他気づいた点をいくつか。

■光化学スモッグ
 2回表2アウト1
,2塁でバッター水田のときに
 さいたま市の防災無線で光化学スモッグ注意報が
 発令された旨が流れていました。
 外出は控えるようにとのことでしたが、
 選手の皆さんはもちろん観客のひとも誰ひとり
 帰る人はいませんでした。(当たり前か)

■ユウゴー(ロ)遊ゴ
 6回裏6−7と1点差まで追い上げ、なおも2死2塁で
 良輔の代打としてでてきたユウゴー。ショートゴロに
 倒れる。8−9と1点差まで追い上げた8回裏2死1塁
 のシーンではセカンドフライ。きびしく野次られても
 おかしくはないところなのだけど、「次がんばれよ」的な
 雰囲気が三塁側観客席にはありました。皆さん大人ですね。

■豪腕小野寺力(西)
 8/8に飯能で、わずか4球で内野ゴロ三つをとったとき
 は球に勢いと威力が感じられましたが、
 この日は先頭打者を四球で出すと、
 クイックモーションからの投球。
 観ていた角度がまったく違うので単純には比較できないけれど、
 クイックからの球は威力が感じられませんでした。
 もっともこのクイック、かなりすばやく投げるので
 ランナーは走りにくいし、場合によってはバッターも
 タイミングがとりづらいのだろうけど、四郎ととみーは
 きれいに打ち返してました。

■黒瀬春樹(西)は上手い?
 ここんとこライオンズ戦を観戦する機会が多いので、
 ショートの黒瀬の守備は注目していますが、
 そこそこうまいのではないかと感じました。
 この日は椎木に「もっと2塁ランナーを牽制しないとダメだ」
 と注意され、自分なりに動いていました。
 若い選手が試合中にこういうアドバイスを受け、
 即試してみるということは何事にも変えがたい
 ことだと思います。
 試合に出続けて、もっともっとうまくなってほしい選手です。


2004年 8月12日 ウエスタンリーグ 阪神−中日(鳴尾浜)報告者:ブロワーズ

ナゴヤドラゴンズ|000 100 010|
鳴尾浜タイガース|010 101 00X|

ナ:●平松一宏(4回1/3)−正津英志(2/3)−矢口哲朗(2回)−山北茂利(1回)
鳴:◎中林佑輔(6回)−モレル(1回)−牧野塁(2回)

本塁打:筒井良紀5号(中林佑輔)、森岡良介2号(牧野塁)


<阪 神>    <中 日>
(一)的場    (遊)仲澤
(二)上坂    (三)筒井壮
(中)藤原    (二)善村
(遊)沖原    (一)中野
(左)浅井    (中)中村
(右)早川    (右)土谷
(捕)狩野    (左) 森
(三)新井亮   (捕)前田章
(投)中林    (投)平松

1回表
仲澤 サードゴロ
筒井壮 サードゴロ
善村 空振り三振

1回裏
的場 ショートゴロ
上坂 フォアボール
藤原 ファーストファールフライ
沖原 センター前ヒット 1.3塁
浅井 沖原二盗 フォアボール
早川 センターフライ

2回表
中野 空振り三振
中村 空振り三振
土谷 ファーストゴロ

2回裏
狩野 キャッチャー内野安打
バントヒットではありません。しっかりスイングしてました。
新井亮 センターフライ
中林 Pバント
的場 サードベースに当たりバウンドが変わるタイムリーツーベース。
当たってなかったらサードゴロか?
上坂 ライトフライ

3回表
森 ライトフライ
前田章 三振
平松 三振

3回裏
藤原 ファーストフライ
沖原 足の先にちょっと当たるデッドボール
浅井 ライト前ヒット。3塁を奪おうとした沖原3塁タッチアウト
早川 レフトフライ

4回表
仲澤 レフトフライ
筒井 レフト大きいHR
善村 セカンドゴロ
中野 ピッチャーゴロ

4回裏
狩野 セカンドゴロエラー
新井亮 サードゴロ 2塁
中林 タイムリースリーベース!!
的場 サードゴロ
上坂 サードゴロ

5回表
中村 三振
土谷 ファーストゴロ
森 レフト前ヒット
前田章 ライトフライ

5回裏
藤原 フォアボール
沖原 レフトフライ
浅井 レフト前ヒット
Dピッチャー平松から正津に交代
早川 セカンドゴロ2塁アウト
狩野 ショートゴロ

6回表
正津の代打前田新 三振
仲澤 セカンドゴロ
筒井 センターフライ

6回裏 DH前田新→1矢口
新井亮の代打萱島 キャッチャー前バントヒット
中林の代打中谷 サード送りバント
的場 セカンドゴロ萱島3塁へ
上坂 WPで1点 フォアボール
藤原 セカンドフライ

7回表 TH萱島→8 H中谷→1モレル 藤原8→5
善村 ファーストゴロ
中野 セカンドゴロ
中村 センターフライ

7回裏
沖原 三振
浅井 ショートゴロ
早川の代打庄田 セカンド内野安打
狩野 三振

8回表 TH庄田→1牧野 1モレル→9中村豊
土谷 セカンドフライ
森 三振
前田章の代打森岡 センターへHR
矢口の代打関川 今日も拍手喝さい フォアボール 代走湊川
仲澤 ライトフライ

8回裏 DR湊川→1山北 H森岡→2清水
萱島 足の先に当たるデッドボール
豊 ピッチャー前バント
的場 萱島牽制に誘い出されアウト センター前ヒット
上坂 的場二盗成功 ピッチャーゴロ

9回表 
筒井壮 三振
善村 ライトファールフライ
H酒井 センター前ヒット 代走中川
中村 ライト前ヒット
土谷 三振


2004年 8月12日 イースタンリーグ ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時終了16時8分試合時間3時間8分
 球審萩原1塁有隅3塁石山記録員荒木
 戸田(日本ハム11勝5敗)観衆60人
                   R  H E
 
日本ハム 000 200 611 10 11 2 
 
ヤクルト 100 100 100  3 11 1

 勝糸 井3勝5敗     本塁打 田中賢6号(7回右翼松谷A)
 負松 谷  1敗
 2塁打 飯山2(4,7回)上田(7回)池田(8回)
 盗塁 久保田、梶本(4回)
 暴投 糸井(4回)
 失策 日本ハム2 糸井(1回)池田(8回)
    ヤクルト1 本郷(4回)
 併殺 日本ハム3 (稲田−尾崎−渡辺)1回久保田
          (飯山−稲田−池田)8回鮫島
          (矢野−飯山−池田)9回細見
    ヤクルト0 

1回表(ヤクルト投手平本、捕手鮫島)佐藤二塁ゴロ、稲田左飛、渡辺三振(日本ハム0)
1回裏(日本ハム投手糸井、捕手山田勝)飯田二塁ゴロ、青木中前安打、ユウイチ投手糸井の牽制悪送球で青木3塁進塁、結局ユウイチ左前安打で青木生還、畠山右前安打で1,3塁、久保田二塁ゴロで4−6−3とわたる併殺(ヤクルト1)
2回表 林遊ゴロ、上田一塁ゴロ、飯山三振(日本ハム0)
2回裏 鮫島三振、梶本、大原共に二塁ゴロ(ヤクルト0)
3回表 山田勝遊ゴロ、尾崎四球、糸井一前送りバント成功で尾崎2塁進塁、佐藤三振(日本ハム0)
3回裏 平本二塁ゴロ、飯田右前安打、青木投前送りバント成功で飯田2塁進塁、ユウイチ中前安打も8−2とわたり飯田本塁タッチアウト(ヤクルト0)
4回表(ヤクルト飯田に代わり右翼本郷、右翼から中堅青木)稲田左飛、渡辺右飛失、林左前安打で1,2塁、上田四球で満塁、飯山中前2塁打で渡辺、林生還なお2,3塁、山田勝三振、尾崎左飛(日本ハム2)
4回裏 畠山投ゴロ、久保田四球、鮫島の初球久保田盗塁成功と鮫島が四球で出塁した時暴投で1,3塁、梶本一塁ゴロで3−6とわたり鮫島2塁フォースアウトの間に久保田生還、大原遊ゴロ(ヤクルト1)
5回表 糸井三振、佐藤、稲田共に左飛(日本ハム0)
5回裏 平本に代打高橋二塁ゴロ、本郷二直、青木一塁ゴロ(ヤクルト0)
6回表(ヤクルト投手片山)渡辺右前安打、林遊飛、上田三振、飯山中飛(日本ハム0)
6回裏 ユウイチ一塁ゴロ、畠山中飛、久保田三振(ヤクルト0)
7回表(ヤクルト投手松谷)山田勝左飛、尾崎に代打西浦四球、糸井に代打田中賢右翼越え本塁打、佐藤三塁ゴロ内野安打、稲田投前送りバント成功で佐藤2塁進塁、渡辺左前安打で佐藤生還(ヤクルト投手成本)林四球で1,2塁、上田右翼線2塁打で渡辺、林生還、飯山右中間を抜くエンタイトル2塁打で上田生還、山田勝に代打實松三振(日本ハム6)
7回裏(日本ハム投手武田、中堅から遊撃飯山、捕手實松、中堅西浦)鮫島中前安打、梶本右前安打で1,2塁、大原に代打丸山遊ゴロで6−4とわたり2塁梶本フォースアウトで1,3塁、成本に代打福川三振、本郷に代打牧谷(日本ハム投手高橋)牧谷は結局左前安打で鮫島生還なお1,2塁、青木一塁手を強襲する安打で満塁、ユウイチに代打内田三塁ゴロで5−4とわたり青木2塁フォースアウト(ヤクルト1)
8回表(ヤクルト投手萩原、右翼牧谷、左翼から一塁久保田、二塁から遊撃梶本、二塁丸山)西浦死球、高橋に代打池田左中間2塁打で西浦生還、佐藤右飛で池田3塁進塁、稲田三塁ゴロ、渡辺左飛(日本ハム1)
8回裏(日本ハム渡辺に代わり投手矢野、一塁池田)畠山一塁ゴロ失、久保田中直、鮫島遊ゴロで6−4−6とわたり併殺(ヤクルト0) 
9回表(ヤクルト投手五十嵐貴)林、上田共に右前安打で1,3塁、飯山三振、實松遊ゴロで6−4とわたり2塁上田フォースアウトの間に林生還、西浦、池田共に四球で満塁、佐藤中飛(日本ハム0)
9回裏 梶本、丸山共に右前安打で1,2塁、五十嵐貴に代打細見投ゴロで1−6−3とわたり併殺、牧谷遊ゴロ(ヤクルト0)


   打撃成績
   日本ハム 打安点    ヤクルト 打安点
  F佐 藤  610   G飯 田  210
  C稲 田  400   9本 郷  100
  B渡 辺  521  H9牧 谷  211
  1矢 野  000  H8青 木  320
  D 林   420   Bユウイチ 321
  H上 田  422  H7内 田  100
 G6飯 山  523   D畠 山  410
  A山田勝  300  F3久保田  300
 H2實 松  201   A鮫 島  310
  E尾 崎  100  C6梶 本  421
 H8西 浦  000   E大 原  200
  @糸 井  100  H4丸 山  210
  H田中賢  112   @平 本  100
  1武 田  000   H高 橋  100
  1高 橋  000   1片 山  000
 H3池 田  111   1松 谷  000
  計     371110   1成 本  000
              H福 川  100
              1萩 原  000
              1五十嵐貴 000
              H細 見  100
              計     34113
 投手成績
 日本ハム  投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
○糸 井   6    94  5  2  2  1  2
 武 田    ・2  17  2  0  1  1  1
 高 橋    ・1  14  2  0  0  0  0
 矢 野   2    29  2  0  0  0  0
 ヤクルト  投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
 平 本   5    84  2  2  5  1  2
 片 山   1    11  1  0  1  0  0
●松 谷    ・2  31  3  1  0  4  4
 成 本    ・1  14  2  1  1  2  2
 萩 原   1    20  1  1  0  1  1
 五十嵐貴  1    29  2  2  1  1  1

 戦評
 今日の試合は終盤に出てきた投手の調子が試合の勝敗の運命を決めた。それに日本ハム野手陣は、再三にわたる好守で投手を助けた。特に、3回ユウイチの中前安打で飯田を本塁でアウトにした飯山のプレーは圧巻だった。

 あわてんぼーが選ぶMVP
■飯山裕志(日)
 今日守っては3回ユウイチの打球でバックホームし、ダイレクト送球でアウト。打っては、5打数2安打3打点と大活躍。
 以前にも書き込んだが同級生の妹と結婚した関係上頑張ってほしいと書き込んだが、そろそろ一軍へ昇格し札幌のファンを喜ばせてほしい。

 あわてんぼーが注目した選手
■糸井嘉男(日)
 近大から今年自由獲得枠で入団した選手だが、そのわりにはちょっと期待外れといった感じである。
 ストレート、変化球共に今ひとつといった感じで、一軍でお目にかかるとしたらもう少し時間がかかると思う。

■平本学(ヤ)
 以前に比べてコントロールがつき、少し安心して観られるようになったが、問題はスタミナ面と微妙なコントロールをつけることであろうが、どうしても全力で投げるとバラバラになってしまうことが今日も観られた。そこらへんを直していかないと良いものを持っているだけにもったいない。このままいってしまうと宝の持ち腐れになってしまう。

■飯田哲也(ヤ)
 3回ユウイチの中前安打でホームをつくもタッチアウト。韋駄天でならした足もだいぶ衰えてしまったようだ。
 まだ老け込む年でないだけに頑張ってよみがえってほしい。


2004年 8月11日 ウエスタンリーグ 阪神−中日(鳴尾浜)報告者:ブロワーズ

ナゴヤドラゴンズ|100 002 020|
鳴尾浜タイガース|000 010 100|

ナ:◎小山伸一郎(6回1/3)−石川賢(2回2/3)
鳴:筒井和也(5回)−●石毛博史(1回)−細見和史(2/3)−吉野誠(1/3)−吉田篤史(1回)−加藤隆行(1回)

本塁打:関川浩一3号(石毛博史)、狩野恵輔5号(小山伸一郎)


<阪神>      <中日>
8萱島       6仲澤
5藤原       9都築
6沖原       4前田新
3喜田       8中村
2浅井       3筒井壮
9庄田       7櫻井
7早川       2清水
4上坂       5中川
1筒井       1小山


1回表
仲澤 初球ショートゴロ
都築 フォアボール
前田新 空振り三振
中村 背中へデッドボール
筒井壮 初球センター前タイムリー
櫻井 サードフライ

1回裏
萱島 三振
藤原 ショートゴロ
沖原 ストレートのフォアボール
喜田 セカンドゴロ

2回表
清水 レフトフライ
中川 三振
小山 三振

2回裏
浅井 セカンドゴロ
庄田 ライトフライ
早川 フォアボール
上坂 俊足早川鮮やか二盗成功
   フォアボール
筒井 三振

3回表
仲澤 8球目ライトフライ
都築 Pゴロ
前田新 センター前ヒット
中村 記録的には左中間ツーベースなんでしょうね。サードコーチャー気前よく
腕をグルグル回してたんですが、前田が3塁を回ろうとした時に急にストップを
指示。その後ろを走ってきた中村は2塁をオーバーラン。そこにセンター萱島
からの送球をマウンド付近で受けた喜田がよく見ていて2塁へ送球しアウトになった。

3回裏
萱島 Pゴロ
藤原 三振
沖原 レフトツーベース
喜田 セカンドフライ

4回表
筒井壮 ショートゴロ
櫻井 Pゴロ
清水 9球粘ってフォアボール
中川 空振り三振。ここまで多分75球投げてます。

4回裏
浅井 レフト前ヒット
庄田 外ばかり振らされて三振
早川 センター前ヒット 1.2塁
上坂 レフトフライ
筒井 2匹目のどじょうを狙って今度はダブルスチール敢行!!
しかあし!!ファースト筒井壮が「セカンドへ投げろ!!」と指示。
清水は指示通り2塁へ送球し俊足早川憤死。

5回表 阪神9庄田→中村豊
小山 ショートゴロ
仲澤 ファーストフライ
都築 ファーストゴロ

5回裏
筒井の代打松下 ライト線へツーベース
萱島 P前バント。普通に3塁アウトのタイミングが小山悪送球。1.3塁
藤原 4−6−3 でも1点入った
沖原 レフト前ヒット 当たってるなあ
喜田 セカンドフライ 当たってないなあ

6回表 阪神代打松下→1石毛
前田新の代打善村 フォアボール
中村 レフトフライ
筒井壮 9球目ライトフライ
櫻井の代打関川 球場全体拍手。人気あるなあ。
お見事ライトへ2ラン
清水 セカンドゴロ

6回裏 中日代打善村そのままセカンド
殊勲の関川に代わって7土谷
浅井 空振り三振
中村豊 ゆったりサード内野安打
早川 1−6−3

さあ問題の7回表
阪神 2浅井→1細見 1石毛→2狩野
中川の代打酒井 セカンドゴロ
小山 三振
さあここからがちょいとお時間頂戴しますよ。
打順は1番に戻って仲澤です。
カウント2−1から低目に投じたボールを仲澤が振りました。
狩野がすくったかに見えました。阪神ナインは空振り三振だとベンチに戻って行きます。
が!!主審が何もコールしません。細見は「キャッチしてるって!!」と言いながらベンチに向かう。
主審が1塁塁審に確認。結局は3人で協議の結果「ファール」
今度は納得できない木戸登場。ちょいと抗議。狩野も入ろうとするが相手にされず。
主審がマイクで何か言うたけど聞こえず。カウント2−1から再開
そして仲澤はレフトへツーベースを打つ。
そして都築の代打森がコールされると細見は吉野に交代。
森はベンチから右打者のヘルメットを持ってきた。スイッチヒッターだったんですね。
知らなかったんかなあ。
右だから勝負せずフォアボール。
今度は左の善村を三振。

7回裏 中日H酒井→5 H森→7 土谷7→9
ちなみに小山は投げ続けてますよ。
上坂 ショートライナー 今日は当たりはいいけど正面ばかり。
狩野 レフトへホームラン
萱島 サードへバントヒット いい転がりしてました。
藤原の時 1小山→石川
しかしセンター前ヒット 1.2塁
沖原 フォアボールで満塁。やっと来た。
あえて書いとこ4番喜田 
ファーストゴロでホームアウト
吉野の代打的場 1.2塁間を抜けようかと言う当たりを
セカンド善村の執念で見事に取られ1塁アウト。
これは見てほしかったねえ。

8回表 阪神H的場→問題多い吉田
僕が吉田を見るとろくな事が起きない。
藤井寺では1回9失点。前回見たときはフォアボール連発。
さあ今日はどうかな・・ふふふ
いきなり中村のあごの辺りにぶつけよった!!
実際僕は下向いてたんで見てないのですが
警告は受けてたみたいです。これもマイクで何事か言うてましたけど聞こえません。
代走湊川。中村は担架に乗せられ消えました。
吉田はなぜか続投。投げる意味ない思いますけどね
筒井壮 P前バント
土谷 レフトオーバータイムリーツーベース
清水の代打森岡 ファーストゴロでランナー3塁へ
酒井 WPで1点 センターオーバーツーベース
石川 セカンドゴロ

8回裏 中日R湊川→2前田章 H森岡→6 仲澤6→7 森7→9
土谷9→8ややこしいわ。多分間違ってないとは思いますが。
主催者発表のものをご参照ください。
豊 三振
早川 三振
上坂 ショートゴロ

9回表 阪神2狩野→1加藤 1吉田→2小宮山
仲澤 センターフライ
森 フォアボール
善村 フォアボール
前田章 ライトフライ
筒井壮 三振

9回裏 中日5酒井→堂上
加藤の代打中谷 ショートゴロ
萱島の代打新井亮 センターへポテン
藤原 誰もいない2塁へ新井盗塁成功
   ライトフライ
沖原 セカンドゴロ


2004年 8月11日 イースタンリーグ 西武−ロッテ(西武ドーム)報告者:suraさん(HP:Baseball Country

8月11日 西武−千葉ロッテ (西武ドーム)

ロッテ 300000000│
西 武 30113300×│11

M ●浅間(41/3)−藤井(2/3)−三島(1)−谷(1)−前田(1) ― 辻、金澤
L 許(3)−○福井(3)−トモキ(1)−小野(2) ― 上本

本塁打 水田1号ソロ(4回裏・浅間)

■浅間敬太(千葉ロッテ)
初めて投球を生で見ましたが、初回からずっとボール先行の投球で四球を連発。結局、立ち直らないまま降板。前日までの成績を見るとそれほど四球は多くないようですが(100回・与四球35個)。

■藤井宏海(千葉ロッテ)
カズへの投球は完璧だったが、上本・水田に連続二塁打を打たれる。球速どおり球は走っているように見えましたが・・・。

■早坂圭介(千葉ロッテ)
両打ちに転向? 4回・6回とも右打席に入り、結果はどちらも詰まった打球で凡退。同じく左打ち→両打ち転向の同期・西岡は今日の1軍の試合で右打席で本塁打。両打ち習得でライバルに追いつけるか。

■曽我部直樹(千葉ロッテ)
死球2つに、ダイビングキャッチを試みた際にどこかを痛める(トレーナーは追い返してましたが)。不運な一日だったようです。

■福井強(西武)
二段投法で左横手から繰り出すボールには球速以上にキレがあるのか、被安打は澤井のセーフティバントのみとほぼ完璧な内容。1軍では同じ左横手の星野が最近不調なので、今日のような投球内容ができればチャンスがあるかも。

■黒瀬春樹(西武)
三遊間の打球を上手く処理、二遊間を抜けそうな当たりを好捕と2度守備で好プレー。

■後藤武敏(西武)
2本の内野安打を許す。1本目は難しい打球を逆シングルで好捕したもののワンバウンド送球。2本目は平凡な当たりを待って捕ってしまったため一塁送球が間に合わず。

■平尾博嗣(西武)
途中代打で出場するもスイングせずに四球を選ぶ。すぐに代走を出されたあたり、まだ本調子ではない?

■G.G.佐藤(西武)■原井和也(千葉ロッテ)
6回表に送球がそれたため一塁で交錯。さすがにGG佐藤、原井を吹き飛ばしてしまいました。西武ベンチからは笑い声が。

いつもながら申し訳ないですが、スコアテーブルは
こちらです。

2ヶ月ぶりにイースタンリーグを観戦しました。
球場への到着が遅かったため練習を見ることができなかったのが残念でした。
来週も観戦予定なので、その時はまた書き込みをさせていただきたいと思います。


2004年 8月11日 イースタンリーグ 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年8月11日 日本ハム−ヤクルト 15回戦

N鎌ヶ谷(日本ハム10勝5敗)
      
 
ヤクルト 100 730 000│11
 
日本ハム 010 209 00×│12
 
 勝 須 永 9勝2敗0S 登板14
 S 関 根 1勝1敗4S 登板13
 負 小 森 1勝1敗0S 登板25

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回   4回   5回 6回 7回 8回 9回
  G 飯 田 421 左本 右飛       左安 右飛
  9 本 郷 100                      二ゴ
  H8青 木 532 遊安    左飛    右安 左安    遊ゴ
  B ユウイチ  521 二併    二ゴ    右安 右安    左飛
  D 畠 山 543 中安    左安    左安 左本       空振
  D 福 川 512 遊ゴ    遊ゴ    左2 見振       空振
  C 梶 本 520    右2    中2 二ゴ    中飛    二ゴ
  F 牧 谷 411    空振    一飛 左安    遊ゴ
  H 丸 山 100                            空振
  A 米 野 310    四球    左安 中飛    四球       二飛
  E 大 原 411    右飛    左安    右飛 見振
  H 久保田 100                            空振
  犠盗失併残─────
  01117 431711

       回   打安振球責
   高 井 50/3 263896
  ●小 森 1   105116
   本 間 2   60300

  ※ヤクルトは4回1イニングのみでも先発全員安打を達成

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回   6回   7回 8回 9回
  G6飯 山 414 見振    捕犠 見振       左本 空振
  C 稲 田 511 空振    二ゴ    三ゴ    右本 投ゴ
  F 藤 島 400 右飛    空振    四球    中飛 一邪
  D エチェバリア 000    四球    四球
  HD西 浦 300             空振    空振    二飛
  D  林  422    四球    左本 右飛    左安    見振
  B 渡 邉 210    四球    四球    四球 右2    空振
  H 上 田 313    二併    見振    四球 右本
  A 實 松 420    見振    中安    左安 三失
  E 尾 崎 100       四球 空振
  H 田中賢 001                四球
  R8山田憲 100                   遊ゴ
  犠盗失併残─────
  10016 31811

       回 打安振球責
   岩 本 4 2614118
   矢 野 1 63103
  ○須 永 2 70110
   武 田 1 30200
  S関 根 1 30200


  本塁打  飯 田(ヤ)1号@ (1回 岩本)
        林 (日)12号A (4回 高井)
       畠 山(ヤ)8号A (5回 矢野)
       飯 山(日)7号C (6回 小森)
       稲 田(日)2号@ (6回 小森)
       上 田(日)1号B (6回 小森)
  二塁打  梶 本(ヤ)    (2回 岩本)
       梶 本(ヤ)    (4回 岩本)
       福 川(ヤ)    (4回 岩本 タイムリー)
       渡 邉(日)    (6回 小森)
  犠 打  飯 山(日)    (3回 無死1塁 1走の尾崎が二進)
  犠打失  牧 谷(ヤ)    (4回 無死2塁 一前小フライでランナー動けず)
  盗 塁  青 木(ヤ)    (5回 捕手は實松 打者はユウイチ 二盗成功)
  失 策  畠 山(ヤ)    (6回 實松の三ゴロを一塁悪送球)
  走塁死  畠 山(ヤ)    (4回 三走として梶本の一触二ゴロで本塁突入も憤死
                    渡邉・稲田−實松)
  捕 逸  米 野(ヤ)    (4回 1死1塁 1走の渡邉が二進 打者は實松)
  併 殺  日本ハム     (1回 ユウイチ 無死1塁 稲田−尾崎−渡邉)
       ヤクルト     (2回 上田 無死満塁 梶本−大原−ユウイチ)

  PL:石山 1B:佐々木 3B:萩原 公式記録:西原
  時間 3時間22分(13:01〜16:24)

得点経過
 1回表(ヤ) 先頭の飯田が左中間へソロホームラン           ヤクルト1点目
 1回裏(日) 無死満塁から上田のセカンド併殺打の間に         日本ハム1点目
 4回表(ヤ) 1死1、3塁から大原が三遊間を破る左前打        ヤクルト2点目
       1死満塁から青木が右前打                ヤクルト4点目
       1死満塁から畠山が左前打                ヤクルト5点目
       1死満塁から福川が三塁線を破るツーベース        ヤクルト7点目
       2死1、3塁から牧谷が三遊間を破る左前打        ヤクルト8点目
 4回裏(日) 無死1塁から林が左越えツーランホームラン        日本ハム3点目
 5回表(ヤ) 2死2塁からユウイチが右前打              ヤクルト9点目
       2死1塁から畠山が左越えツーランホームラン       ヤクルト11点目
 6回裏(日) 無死満塁から田中賢が四球を選び押し出し         日本ハム4点目
       無死満塁から飯山が左越え満塁ホームラン         日本ハム8点目
       無死無走者から稲田が右中間へソロホームラン       日本ハム9点目
       2死2、3塁から上田が右中間へスリーランホームラン   日本ハム12点目

戦評
 日本ハム岩本、ヤクルト高井の両先発がピリッとぜず、常に時限爆弾を抱えたままのような
 状態で序盤3回を1−1で終えるも、4回にまず岩本が大炎上。ヤクルトは8連打を含む9
 安打を集中させ7点を奪い岩本をKO。これで勝負あったと思われたが今度は11−3とヤク
 ルト8点リードで迎えた6回に高井がつくった無死満塁の地雷を小森がモロに踏んでしまい
 押し出し+3発の花火で日本ハムに9点を奪われまさかの逆転を許す。
 日本ハムはその後を須永−武田−関根のリレーでヤクルト打線を無安打に抑え勝利。
 2位巨人が0.5ゲーム差に迫っている中でのこの1勝は大きい。

選評
 高 井(ヤ) 一段と下半身が逞しくなった高井。主審の石山のゾーンが狭かったのもあるが
       制球が全く安定せず、常に四球の走者を抱える投球。2回の3連続四球でつく
       った無死満塁のピンチは日本ハムの拙攻で1失点で切り抜けるが、6回に2四
       球と1安打で2度目の無死満塁のピンチをつくり降板。打者26人に対し9四球
       8奪三振と四球か三振のどちらかという感じ。これだけ三振を奪っているのだ
       から球は来ているのだと思うのだが…。東北高の高井は何処へ行ってしまった
       のか…。

 小 森(ヤ) 無死満塁のピンチで登板。相変わらず速いテンポで投げ込んでくるが日本ハム
       の勢いを止めることができず。わけがわからないうちにという感じ。ヤクルト
       ベンチは小森を見殺しの感あり。

 畠 山(ヤ) 念願の一軍昇格もすぐにUターンしてきてしまった畠山だが打撃は引き続き絶
       好調。今日も4安打猛打賞だが、1点ビハインドで迎えた最終打席では武田の
       ストレートの前に空振り三振。また安定してきた守備で久々のエラー。


 岩 本(日) 高井とは逆に球が真ん中に集まりすぎたのか打者26人に対し被安打14(四球1)
       4回の被安打9は初球打ちが3本に二球目が2本と早いカウントでつるべ打ち。
       危うくあと1本でイニング被安打のイースタンワーストタイ記録。

 須 永(日) 8点ビハインドの場面で登板するとヤクルトの毎回安打を食い止め日本ハムの
       反撃に繋げる好投で若田部(湘)に2差をつける9勝目。ストレートもスライダ
       ーも申し分なし。

 實 松(日) これだけ点を取られればリード面では問題が山積みだと思うが、打撃面での貢
       献は實松が一番だと思う。6回の無死1、2塁の場面で四球ではなく左前打で
       無死満塁をつくったのは大きい。

 尾 崎(日) 初回に青木の遊ゴロを待って取って内野安打にしてしまう。イカンです。


おまけ
 大 原(ヤ) 飯山(日)ほどではないが右腕を捕手方向に引っ張ったフォームにリニューアル。
       写真は↓

http://homepage2.nifty.com/ogitiffany/ooharaboki.htm


2004年 8月10日 ウエスタンリーグ 広島−近鉄(由宇)報告者:あぽろさん(HP:やきゅの間

バファローズ 101000210 5
カープ    10030020X 6

スタメン
1 8坂口  8天谷
2 4山崎  6松本高
3 9松田  2木村一
4 7鷹野  4松本奉
5 3バーンズ7末永
6 6前田  5比嘉
7 2藤井  3吉田
8 5坂   9井生
9 1朝井  1フェリシアーノ

経過

■1回表
坂口  四球
山崎  牽制後逸で坂口2塁へ
    ショートゴロ 坂口3塁へ
松田  ライト犠牲フライ 坂口生還
鷹野  ピッチャーゴロ

■1回裏
天谷  センター前ヒット
松本高 ボークで天谷2塁へ
    ライト前ヒット 天谷3塁へ
木村一 ショートゴロダブルプレイ 天谷生還
松本奉 三振

■2回表
バーンズ ライトフライ
前田  三振
藤井  センター前ヒット
坂   レフトフライ

■2回裏
末永  エラー(ファーストゴロ)
比嘉  末永盗塁死
    ショートゴロ
吉田  セカンドゴロ

■3回表
朝井  ショートゴロ
坂口  四球
都築  暴投で坂口3塁へ
    レフト犠牲フライ 坂口生還
松田  センターフライ

■3回裏
井生  エラー(セカンドゴロ)
フェリ 3バント失敗
天谷  センター前ヒット
松本高 ライト前ヒット
木村一 ショートゴロダブルプレイ

■4回表
鷹野  三振
バーンズ 四球
前田  セカンドゴロ
藤井  レフト前ヒット
    バーンズ本塁を伺うが、末永から中継の比嘉へ好返球
    サードを大きく飛び出していたためランダンとなりアウト

■4回裏
松本奉 センター前ヒット
末永  左中間3ベースヒット 松本奉生還
比嘉  センター前ヒット 末永生還
吉田  センター前ヒット
井生  レフト前ヒット
フェリ セカンドゴロ 井生セカンドフォースアウト
天谷  フェリシアーノ牽制死
    三振

■5回表
坂  レフトフライ
井戸 サードゴロ(朝井の代打)
坂口 ファーストゴロ
投手交代
井戸→矢野

■5回裏
松本高 ライト前ヒット
木村一 松本高盗塁死
    サードゴロ
松本奉 三振

■6回表
山崎  ライトフライ
松田  ライト線2ベースヒット
鷹野  サードゴロ
バーンズ 三振

■6回裏
末永  レフト前ポテンヒットの当たりを積極走塁で2ベースヒット
比嘉  セカンドゴロ 末永3塁へ
吉田  三振
井生  ショートゴロ
守備変更
松本奉4→3
吉田→甲斐4

■7回表
前田  四球
藤井  暴投で前田3塁へ
    三振
坂   四球
投手守備交代
井生→菊地原1
フェリシアーノ→広瀬9
牧田  ライト前ヒット(矢野の代打) 前田生還
坂口  センター犠牲フライ 藤井生還 中継の松本高完全セーフのタイミングで本塁への返球、これが上ずった隙に牧田2塁へ
山崎  四球
三木  ショートゴロ(松田の代打)
守備変更
牧田→ライト
三木→関口1

■7回裏
広瀬  四球
天谷  頭部へのデッドボール
松本高 送りバント失敗 広瀬フォースアウト きわどいところだったが、松本ファールと判断して走らなかったため、2-6-3と渡りダブルプレイ
木村一 四球
松本奉 レフトオーバー2ベースヒット 2者生還
末永  三振

■8回表
鷹野  レフト前ヒット
バーンズ ライト前ヒット
前田  送りバント
藤井  レフト前ヒット 鷹野生還
新里  サードゴロダブルプレイ(坂の代打)

■8回裏
比嘉  セカンドフライ
甲斐  ライトフライ
石橋  三振(菊地原の代打)
投手交代
石橋→西川

■9回表
牧田  ライトフライ
坂口  三振
山崎  レフトライナー

なおカープ選手に関してはホームページ上にフォームをアップします。
よろしければご覧ください。

http://yas16.web.infoseek.co.jp/


2004年 8月10日 ウエスタンリーグ サーパス−ダイエー(北神戸)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

8/10サーパス神戸vs雁の巣ホークス(於:あじさいスタジアム北神戸)

雁の巣 100 010 001 3
神 戸 100 000 000 1

雁 ○ブラッド・ボイルズ(7回)−竹岡和宏(1回)−S水田章雄(1回)
神 ●マック鈴木(9回)

HR 後藤光尊8号ソロ(1回・ボイルズ)

審判 球:福家 一:山村 三:白井

■ブラッド・ボイルズ(雁の巣)
一軍での登板(7/3CLM戦)は散々な結果に終わったが、
この日はテンポよく投げ、コントロールも良かった。
インコースも巧みに突いて7奪三振中見逃しが3つ。
一軍は現在首位決戦の西武戦で、2日連続火だるまになっているが、
この日の調子なら使ってみたらひょっとしたらハマったかも?

■山崎勝己(雁の巣)
本職は捕手だが出場機会を求めて一塁での出場。
4打席とも右打ちにこだわり猛打賞。

■明石健志(雁の巣)
この日2本の三塁打(うち1本は外野手のお見合いによるもの)。
これで今シーズン12本目の三塁打(記録って何本なんでしょう?)

■マック鈴木(神戸)
ユニフォームを忘れて野村宏之の39番をつけて登場。
9回完投3失点もランナーを出して最後の詰めが甘かった。

■迎祐一郎(神戸)
2安打と気を吐く。
一軍にいた時には谷佳知故障の際3番を打ったこともある。
現在一軍は平野恵一が外野を守る現状。
本職として奮起したい。

■後藤光尊(神戸)
打撃不振から二軍落ち、元グラビアアイドルと入籍し写真週刊誌に載る。
初回に完璧な当たりのホームラン。
課題の守備も危なげなかった。
一軍では塩崎真が好調だが、一軍復帰を目指す。


2004年 8月10日 プロ・アマ交流戦 湘南−日産自動車(横須賀)報告者:れっくさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/子連れさん

れっくさん編

8月10日(火) 湘南vs日産自動車@横須賀スタジアム
       18:02〜21:02
       PL:木内 1B:牧田 2B:萩原 3B:石山 記録員:場内発表なし

日 産 000 003 000 
湘 南 000 000 04× 

 日 産 席 数 安 点 振 四死 犠 盗 失   湘 南 席 数 安 点 振 四死 犠 盗 失
E伊 藤 5 5 0 0 0 0 0 0 0  E木 村 4 3 1 0 1 0 1 0 0
H村 上 5 3 0 0 0 2 0 0 0  D4福 本 4 4 1 0 0 0 0 0 0
G吉 浦 5 4 0 0 4 1 0 0 0  C内 川 2 2 2 0 0 0 0 0 1
B小 山 4 2 1 0 1 2 0 0 0  5呉 本 1 1 0 0 0 0 0 0 0
D岩 越 4 3 2 0 0 1 0 0 0  H5小 川 1 1 1 3 0 0 0 0 0
C四之宮 4 4 0 0 1 0 0 1 0  G小 池 4 4 1 0 0 0 0 0 0
F 岡  2 2 0 0 0 0 0 0 0  F西 崎 4 3 1 1 0 1 0 1 0
H7大 庭 2 2 0 1 0 0 0 0 0  B七 野 2 2 0 0 0 0 0 0 0
A須 田 3 2 0 0 1 1 0 1 0  H3新 沼 2 2 0 0 0 0 0 0 0
H宮 沢 1 1 0 0 0 0 0 0 0  D 南  3 3 1 0 2 0 0 0 0
2堂 上 0 0 0 0 0 0 0 0 0  A武 山 3 3 0 0 1 0 0 0 0
D 梵  4 3 2 0 0 0 1 0 0  H河 野 3 3 2 0 1 0 0 0 0
     39 31 5 1 7 7 1 3 0       33 31 10 4 5 1 1 1 2

                      湘南失策は、内川・宇高が記録したもの

 投 手 回  打 球 安 振 四死 責    投 手 回  打 球 安 振 四死 責
 三 橋 5  17 62 3 4 0 0    岡 本 3  11 46 2 2 1 0
 青 木 2  9 35 2 0 1 0    稲 嶺 2  10 31 2 2 2 0
 石 畝 1/3 6 8 5 1 0 4    宇 高 1  7 21 0 0 2 0
 中 村 2/3 2 10 0 2 0 0    河 原 1  4 18 0 1 1 0
                     千 葉 1  3 10 0 1 0 0
                     富 岡 1  4 12 1 0 1 0

 本塁打:小川3ラン8回(石畝)
 二塁打:木村・小山・内川・小池
 牽制死:小山2回 木村3回 走塁死:岩越2回


 毎年恒例、年に一回横須賀スタジアムで行われる湘南VS日産自動車との、地元横須賀に在籍するチーム同士の交流試合。昨年は、コスモスリーグの一環として10月に行われ湘南が勝利を収めました。今季は、2年ぶりに8月のこの次期に同対戦が行われました。試合前には、恒例行事のホームラン競争も行われ日産の市丸選手が6本のホームランもあり、日産が勝利しました。パワフルな打撃は魅力です。一方湘南は、新沼・内川のそれぞれ1本ずつでは・・・。プロの惨敗でした。
 さて、肝心な試合報告ですが序盤は両先発の好投で両者無得点。6回表日産、四死球・エラー・野選・極めつけは1・3塁からのWスチール(記録は、ホームスチール)で3点先取。以後、得点の動きなし。
 8回裏湘南攻撃中、残念ながら都合で球場へ来られなかったせらふぃにさんから電話が来る。「湘南打線全く元気ないよ。このままでは完封喰らってしまうよ・・・etc」と話す。しかし、その直後、湘南打線1アウト1・3塁から代打小川左中間へ特大3ランホームラン。小池2ベース後、西崎勝ち越し安打。
 9回表、富岡が日産打線を抑え見事プロの意地。湘南大逆転勝利。


気になった選手
日産 吉 浦:四之宮とともにオランダでのハーレム世界大会出場。
       世界と戦った経験を活かす活躍を期待も、四三振。変化球への対応が課題か・・・

   四之宮:吉浦同様期待も4打数ノーヒット。

   小 山:以前、この対戦でホームランを放ち印象深い選手でした。
       この日は、日産打線唯一の長打(二塁打)を放つ。

   三 橋:日産の誇る、宮田と共にチームの屋台骨を支える投手陣の柱。
       この日は、5回無失点の好投。


湘南 内川:故障明け初の実戦出場。単打・二塁打と打撃復調も、守備で気まずいミス。
      しかし、一軍復帰も近いのでは・・・

   岡本:このところ、結果が伴わない内容の投球でしたが球速、キレも復活していました。

   千葉:ご存知「ウリャー」の雄叫び。登板機会を重ねるにつれ投球リズム・球威が
      アップしているように思えます。頑張れ‘バチ‘

   小川:今日の試合を語るに、この人なしには語れません。8回ワンアウト1・3塁の好機で
      代打出場。初球、物の見事左中間へ特大3ランホームラン。今季は、若手野手の
      台頭もあり出場機会が激減しているのも事実です。しかし、球場へは毎試合早い
      時間帯に姿を現し、トレー二ングに励んでいます。又、チームの精神的支柱とし
      て欠かすことの出来ない、若手選手にとって見習うべきことの多い存在であると
      思います。小川選手も、是非ともハマスタでもう一花咲かせて欲しいです。
      ファンは、待ち望んでいます。頑張れ、ガッちゃん!





ふんぼるとさん編

2004年8月10日 プロアマ交流戦 湘南−日産自動車 5回戦

D横須賀(湘南3勝2敗)

 
日 産 000 003 000│
 
湘 南 000 000 04×│

 勝 千 葉
 S 富 岡
 負 石 畝

 【日産自動車】打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 伊 藤 500 二ゴ    二失    右飛 左邪       捕併
  H 村 上 300 一ゴ    遊ゴ    四球    右飛    四球
  G 吉 浦 400 空振       見振 空振    四球    空振
  B 小 山 210    四球    中2    四球 空振
  D 岩 越 320    左安    中安    死球 一ゴ
  C 四之宮 300    遊直    三ゴ    投犠    空振
  F  岡  200       遊ゴ 三ゴ
  H7大 庭 201                二ゴ    二ゴ
  A 須 田 201       空振    死球 二選
  H 宮 澤 100                      一ゴ
  2 堂 上 000
  D  梵  320       三安    三犠 投飛       三安
  犠盗失併残─────
  23009 3052
 
       回   打安振球責
   三 橋 5   173400
   青 木 2   92010
  ●石 畝  1/3 65104
   中 村  2/3 20200

 【湘 南】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 木 村 310 二飛    右2       投犠    空振
  D4福 本 410 中飛       遊ゴ    三直    左安
  C 内 川 220 右安       左2
  5 呉 本 100                左飛
  H5小 川 113                      左本
  G 小 池 410 中飛       三ゴ       右飛 左2
  F 西 崎 311    遊ゴ    一ゴ       四球 右安
  B 七 野 200    一ゴ       遊ゴ
  H3新 沼 200                   捕邪 空振
  D  南  410    空振       見振    中安 空振
  A 武 山 300       三ゴ    見振    二ゴ
  H 河 野 320       見振       左安    左安
  犠盗失併残─────
  11226 32104

       回 打安振球責
   岡 本 3 112210
   稲 嶺 2 102220
   宇 高 1 70022
   河 原 1 40110
  ○千 葉 1 30100
  S富 岡 1 41110


  本塁打  小 川(湘)B (8回 石畝)
  二塁打  木 村(湘)  (3回 三橋)
       小 山(日)  (4回 稲嶺 エンタイトル)
       内 川(湘)  (4回 三橋)
       小 池(湘)  (8回 石畝)
  犠 打   梵 (日)  (5回 無死1塁 1走の須田が二進)
       四之宮(日)  {6回 無死1、2塁 2走の小山が三進、1走の岩越が二進、
                  投前バントを宇高が弾いたため(エラー)四之宮も生存}
       木 村(湘)  (6回 無死1塁 1走の河野が二進)
  犠打失   梵 (日)  (6回 1死1、3塁 投前小フライで走者動けず)
       伊 藤(日)  (9回 無死1塁 捕前バントで併殺 武山−木村−新沼)
  盗 塁  須 田(日)  (6回 捕手は武山 打者は伊藤 二盗成功)┬重盗(※1)
       四之宮(日)  (6回 捕手は武山 打者は伊藤 本盗成功)┘
       吉 浦(日)  (7回 捕手は武山 打者は小山 二盗成功)
       西 崎(湘)  (8回 捕手は堂上 打者は新沼 二盗成功)
  失 策  内 川(湘)  (3回 伊藤の二ゴロをこぼす)
       宇 高(湘)  (6回 四之宮の投前バントを弾く)
  走塁死  小 山(日)  (4回 3走として四之宮の三ゴロで本塁突入も憤死 福本−
                  武山)
  牽制死  小 山(日)  (2回 2走として 武山−木村 打者は四之宮)
       木 村(湘)  (3回 2走として 三橋−四之宮 打者は福本)
  暴 投  石 畝(日)  (8回 1死2塁 2走の小池が三進 打者は西崎)
  野 選  福 本(湘)  (6回 1死2、3塁 須田の二ゴロを本塁送球)
  併 殺  湘 南    (2回 1死1塁 四之宮が遊直で1走の岩越が帰塁できず
                  木村−七野)
       湘 南    (9回 伊藤 無死1塁 武山−木村−新沼)

  ※1:須田の二盗を刺そうとした武山が二塁送球の間に四之宮が本盗

  PL:木内 1B:牧田 2B:萩原 3B:石山 記録:場内発表なし 観衆:961名
  時間 2時間59分(18:02〜21:02)

得点経過
 6回表(日) 無死満塁から大庭の二ゴロの間に              日 産1点目
       1死2、3塁から須田の二ゴロを福本が本塁送球(野選)    日 産2点目
       2死1、3塁から須田の二盗を刺そうとした武山が二塁送球の
       間に四之宮が本盗                     日 産3点目
 8回裏(湘) 1死1、3塁から小川が左中間へスリーランホームラン    湘 南3点目
       1死3塁から西崎が右前打                 湘 南4点目


戦評
 00年8月15日を皮切りに通算5度目の湘南と日産自動車の激突。通算成績は2勝2敗の五分
 だが、恒例の夏季開催に限れば日産が2勝1敗とリード(昨年は日産が都市対抗野球出場を
 逸したため?開催されず)。
 試合の方は両チームとも打線が繋がらず、チャンスらしいチャンスは4回の日産だけという
 展開の中で均衡を破ったのは6回の日産。2四死球と相手エラーでつくった無死満塁から内
 野ゴロ・野選・盗塁と何とノーヒットで3点を先制。これに対し湘南は8回に反撃。1死1
 3塁から代打小川が初球のストレートを左中間にブチ込み同点に追い付くと、1死3塁から
 西崎がキレイに右前に弾き返し、これが決勝点。

選評
 三 橋(日) 右のオーバースロー。体をやや三塁側に倒して構える。投球フォームは二段モ
       ーション気味。

 青 木(日) 左のオーバースロー。187cmと長身ながら技巧派。ストレートはあまり速くな
       いが、それ以上に遅い大きく縦に割れるカーブとの緩急のコンビネーションで
       抑える。ランナーがいないときはワインドアップから大きく足を上げる投球フ
       ォーム。腕の出が遅い。

 石 畝(日) 右のオーバースロー。ストレートスピードはなかなかのものがあるが、逆にプ
       ロにとっては打ち頃のスピードだったようで打者6人から5安打を浴びる。湘
       南打線が明らかにストレートを狙っているのにストレートばかり要求した堂上
       のリードは疑問。

 中 村(日) 2年前の観戦記の焼き増しで恐縮だが高校(佐野日大)の同級生。特徴は10年前
       と変わらずドロップだが更に磨きがかかったよう。新沼と南を連続空振り三振
       に斬って取るが南へのウイニングショットはこのドロップ!

 伊 藤(日) 主将。ショートとして守備がウマイ!ショートゴロに対し必ず正面ではなく体
       の左側で捕球し、そこから流れるフォームでファーストへストライク送球。

 大 庭(日) 同点に追いつかれた直後の小池のレフト線への浅いフライに突っ込んでくるも
       勢い余ってちょっとだけ行き過ぎてしまい落球(記録は二塁打)。

  梵 (日) 神主打法。

  岡 (日) グリップの位置が高い構え。

 吉 浦(日) 永遠のドラフト候補(今年のドラフト時には25歳。プロ入りは難しいかな…)。
       今日は4三振と良いところなし。

 岡 本(湘) 今日はランナーがいてもいなくても右足を前に蹴ってセットポジションに入り
       そこから速いフォームで投げ込んでくる。フォームは速いのにランナーが出る
       と牽制球が多い上に間が長いので試合スピードが極端に遅くなる。

 内 川(湘) 打つ方では2打数2安打も守る方では3回の2死1塁の場面のセカンドゴロを
       ランナーにタッチに行こうとしてボールから目を切るのが早すぎ、こぼす。

 河 野(湘) 前かがみでグリップをゆっくり上下させてタイミングを取るバッティングフォ
       ーム。3打数2安打も3回の見逃し三振は判定がご不満だった模様。

 千 葉(湘) 8回を3人で抑え勝ち投手。お叫びをあげながらの投球だが球は全然来ていな
       い。日産打線は声に威圧されてしまった感あり。耳栓をしていれば(以下自粛)

 木 村(湘) 6回2死1、3塁から重盗を決められた場面。2アウトだったため2塁ベース
       の一歩前で捕球すると1走にタッチに行くもノータッチで3走が生還。1、3
       塁なのだからキャッチャーの送球をもっと前でカットするとか二塁ベース上で
       普通の守備をするとかの方が良いのでは?何か中途半端。

 福 本(湘) 先制点を取られ、なおも1死2、3塁から高いバウンドのセカンドゴロを絶対
       に間に合わないタイミングで本塁に送球して(しかも送球悪し)で野選。しかし
       8回には大庭のセカンドベースよりの難しい当たりを涼しいプレーで一塁アウ
       トにする好プレー。
       また、試合前に日産のシートノックが終わり日産の選手が湘南のベンチにみん
       なであいさつをしたとき(社会人では当たり前の風景)に一緒になって湘南ベン
       チにあいさつ。お茶目。

おまけ
 試合前に行われたホームラン競争の結果
  ルール@チーム戦
     A各チーム2人
     B1人10スイング(見逃し含まず)
  補 足@打撃結果はふんぼるとさん推定
     ALL:石山 RL:牧田

  【日産自動車】P:伊藤 C:堂上    【湘南】P:福本 C:西崎
           1人目  2人目         1人目  2人目
           岩越   市丸          新沼   内川
     1球目   左安   左2          三飛   三飛
     2球目   左2   左2          遊飛  ○左本
     3球目   左飛   左2          左飛   遊ゴ
     4球目   左邪   左2          左飛   左邪
     5球目   左邪   左2          左飛   左飛
     6球目   中安  ○左本          左邪   左邪
     7球目   左2  ○左本          左飛   中飛
     8球目   左飛  ○左本(場外)       左邪   左飛
     9球目   三飛  ○左本(場外)      ○左本   左2
     10球目  ○左本  ○左本          二飛   左飛
          ─────────────    ─────────
           1本 + 5本 = 6本     1本 + 1本 = 2本



子連れさん編

缶蹴り岡本直也@湘南Vs牽制三橋尚文@日産

 昨夜の須賀スタ観戦,みなさまお疲れ様でした。れっくサンお世話になりました。八景島シーパラの花火が上がると湘南に火がつくのは偶然でしょうか!?昨年・一昨年もそうでした。今年は小川の特大同点HRに併せて大輪流れのクライマックス花火が上がっていました。「混イ」で凌ぎを削る最中の湘南Vs日産の交流戦,テーマをしっかり持って臨まねばダラダラ観戦になるので,個人的にラブコールを送っている日産エース三橋直樹とヘチマ百面相の村西に注目と決めましたが,村西はベンチ入りせず。されば岡本直也に切り替えて観戦。セットに入る直前に右足を蹴って入る「缶蹴り」岡本,イニング3・球数45・けん制球5・K2・被安2・四球1・内野ゴロ5・遊直1の内容。ふんぼるとサンご指摘の通りランナーを出すと極端に時間と手間のかかるのは毎度のことでした。さて,地元神奈川(新任教諭にトイレ清掃を義務付けている)向上高校→関東学院出身の三橋。低めへのコントロールと得意球のカーブ・チェンジアップが良く,現在夏バテ中の湘南面々が手こずっていました。そしてなんと言っても「けん制の魔術師」であることを知らなかったのか,見事にはまっていました^^; 180aあるかなしかの三橋ですが,ぜひドラフトにかかり(願わくば横浜で)活躍してほしい投手と思っています。昨夜は無料の上,日産追浜工場がお隣のため,外野席開放の用意もしていたようですが重複カウント961名の入場数でしたからそれもありませんでした。試合の模様は明日の夜TVKで録画中継が決まっています。おまけですが,子連れの子2名の写真が載っている2004版シーレックス団扇が昨日も配られました。感じたまま報告します。


2004年 8月 9日 イースタンリーグ 巨人−西武(東京ドーム)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/健一@管理人

ふんぼるとさん編

2004年8月9日 巨人−西武 18回戦

Q東京ドーム(西武11勝7敗)
      
 
西 武 003 021 000│
 巨 人 300 600 10×│10
 
 勝 河 原 1勝1敗0S 登板5
 負  東  6勝5敗1S 登板16(内 西武 3勝2敗0S 登板6)

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 栗 山 520 投ゴ    二ゴ    右2 左安    二併
  E 黒 瀬 523 遊ゴ    右本    右2 二失       一邪
  H 大 島 411 空振    中本    死球 右飛       一ゴ
  C 後藤武 421    空振 左2    中安    四球    一邪
  B 木大 420    右安 遊飛    中飛    右安
  D GG佐藤 400    二飛    空振 空振    三ゴ
  F カ ズ 400    中飛    中飛    空振 遊併
  A 上 本 310       右安 一ゴ    四球    空振
  @  東  000       一犠
  H 古 屋 100             空振
  1 潮 崎 000
  H 大 友 100                二ゴ
  1 青 木 000
  1 小野寺 000
  H 犬 伏 110                      左安
  R 松坂健 000
  1 内 薗 000
  犠盗失併残─────
  10017 36115

       回 打安振球責
  ● 東  4 239029
   潮 崎 1 41100
   青 木 1 30010
   小野寺 1 41001
   内 薗 1 63200

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回   4回   5回 6回 7回 8回 9回
  E 川 中 430 二安 右飛       一安    死球    一ゴ
  F 山 田 512 一ゴ    三ゴ    左2    投併    中飛
  H 矢 野 422 四球    遊ゴ    左本    中飛    左安
  B 吉 川 422 左2    一ゴ    四球       中安 空振
  A 村 田 422 右安       中安 左飛       左飛
  G レイサム  421 三邪       中3    左安    二ゴ
  C 岩 館 300 遊ゴ       三ゴ    空振
  1 真 田 000
  1 三 澤 000
  H 野 村 100                      投ゴ
  1 柏 田 000
  1 サンタナ  000
  D 大須賀 400    二ゴ    右飛    三ゴ       空振
  @ 河 原 211    二飛    左2
  4 長 田 210                左飛       遊安
  犠盗失併残─────
  01126 371410

       回 打安振球責
  ○河 原 5 248515
   真 田 1 61110
   三 澤 1 41010
   柏 田 1 31100
   サンタナ  1 30000


  本塁打  黒 瀬(西)1号A (3回 河原)
       大 島(西)2号@ (3回 河原)
       矢 野(巨)4号A (4回 東)
       吉 川(巨)18号@ (7回 小野寺)
  三塁打  レイサム (巨)    (4回 東 タイムリー)
  二塁打  吉 川(巨)    (1回 東 タイムリー)
       後藤武(西)    (3回 河原)
       河 原(巨)    (4回 東 タイムリー)
       山 田(巨)    (4回 東 タイムリー)
       栗 山(西)    (5回 河原)
       黒 瀬(西)    (5回 河原 タイムリー)
  犠 打   東 (西)    (3回 無死1塁 1走の上本が二進)
  犠打失  GG佐藤(西)    (7回 無死1、2塁 サード前バントで2走の後藤武が
                    三塁封殺)
  盗 塁  レイサム (巨)    (5回 捕手は上本 打者は岩館 二盗成功)
  失 策  長 田(巨)    {6回 2死1、2塁 黒瀬の二ゴロをファンブルした上
                    に一塁悪送球(失策は悪送球) 2走の大友がホー
                    ムイン、1走の栗山が三進、打者走者の黒瀬が二
                    進 タイムリーエラー}
  走塁死  レイサム (巨)    (4回 3走として岩館の三ゴロで本塁突入も三本間に挟
                    まれ挟死 GG佐藤−上本−GG佐藤−東)
  捕 逸  上 本(西)    (5回 2死2塁 2走のレイサムが三進 打者は長田)
  併 殺  西 武      (6回 山田 無死1塁 青木−黒瀬−木大)
       巨 人      (7回 カズ 1死1、2塁 川中−長田−吉川)
       巨 人      (8回 栗山 1死1塁 長田−川中−吉川)

  PL:鈴木 1B:山路 2B:橋本 3B:新屋 公式記録:荒木
  時間 3時間10分(18:01〜21:11)

得点経過
 1回裏(巨) 1死1、2塁から吉川が三塁線を破るツーベース       巨 人1点目
       1死2、3塁から村田が右前打               巨 人3点目
 3回表(西) 2死3塁から黒瀬が右越えツーランホームラン        西 武2点目
       2死無走者から大島が左中間へソロホームラン        西 武3点目
 4回裏(巨) 無死1塁から中越えスリーベース              巨 人4点目
       2死2塁から河原がレフト線を破るツーベース        巨 人5点目
       2死1、3塁から山田が左中間を破るツーベース       巨 人7点目
       2死2塁から岩館が左越えツーランホームラン        巨 人9点目
 5回表(西) 1死2塁から黒瀬がライト線を破るツーベース        西 武4点目
       1死1、2塁から後藤武が中前打              西 武5点目
       2死1、2塁から黒瀬の二ゴロを長田が一塁悪送球      西 武6点目
 7回表(巨) この回先頭の吉川がバックスクリーンへ飛び込むソロホームラン巨 人10点目


戦評
 今日 8月9日は59回目の長崎。当たり前に野球が見れる平和に感謝。
 試合の方は巨人が西武先発東の立ち上がりを攻め3点を先制するも、西武は3回に黒瀬のプ
 ロ1号などで同点に追い付き、さあ仕切り直しという展開を見せるが、2回・3回を三者凡
 退に切り抜けていた東が4回に崩壊。巨人は打者10人を送る猛攻で6点を奪い試合を決める。
 これで巨人は試合のなかった首位日本ハムに0.5ゲーム差と肉薄。

選評
 黒 瀬(西) フレッシュではホームランを放っているも公式戦では今日の一発が初ホームラ
       ン。しかも、そのホームランが右方向というのは立派。今日はこの他にも右方
       向へのタイムリーツーベースもあり3打点の大活躍。

 上 本(西) 4回の1死3塁の場面で岩舘のサードゴロで本塁に突入してきたレイサムを三
       本間で挟み自分でタッチに行ける状況にまで追い込んでいながらナゼかGG佐
       藤にパス(W杯フランス大会出場を決めたジョホールバルでの試合で自分がシ
       ュート打てるのに中田にパスを出した岡野みたいな感じ)。そのため打者走者
       の岩館の二進を許してしまう。

 木大(西) 内野陣の不安定な一塁送球を足を伸ばし体を伸ばし拾いまくると、妙な責任感
       が生まれてしまったのか4回の川中のゴロを深追いしすぎて内野安打にしてし
       まう。セカンドに任せても良かったかも。




健一@管理人編

89() イースタンリーグ 川崎ジャイアンツvs所沢ライオンズ(東京ドーム)

                     R
所沢ライオンズ |003 021 000|
川崎ジャイアンツ|300 600 10X|
10

所:(先発)東和政
川:(先発)河原純一

【雑感】
ダルビッシュ有(東北)の登板を見ようといつもよりかは早く自宅着も試合の方は間に合わず(汗)、、、会社を出た時点ではまだ2回表だったのですが、さすが高校野球…テンポが速いですね(
^^;)『結果:第四試合 東北13-0北大津』。そして野球系チャンネルを一通り回すとイースタン戦!他の事をしながら試合を見ていたので観戦記というよりかはブツ切りの感想ということで。

両先発ともパッとしないないようで
東和政は確か9安打9失点…KO。河原純一も中盤まで投げ5失点…と調整はまだまだ続きそうです(
><)。

あと久しぶりに
潮崎哲也の登板を見たのですが(成績@「
8/7現在13試合 0 0 0 19 21奪三振 防御率0.47」は2軍ながら良いなとは思っていたのですが)、往年の右腕の撓りがなく、腕の軌道がややぎこちなく押し込んでいるような印象。ストレートは135km/h前後、スライダーは124km/h弱、そして伝家の宝刀(と云われた^^;)シンカーが110km/h前後と小さくまとまって、小柄な潮崎哲也がより一層小さく見えました…。結局5回裏の1イニングを投げレイサムに被安打1でしたが無失点でした。結果云々はいいとして、上記の『…撓りがなく、腕の軌道がややぎこちなく押し込んでいる…』様を見て凹んだ次第です、、、<必ず訪れる斜陽の時期は辛いモノがありますが、遮二無二頑張ってほしいです!!

また希望の星かもしれない大型遊撃手候補の黒瀬春樹がプロ初本塁打をライトスタンドに運びました。まるで二岡智宏(巨)がよくみせる身体をやや開いて右中間に長打を飛ばすフォームに瓜二つでした。その後にもライト線へ流す適時打も放ちました。黒瀬春樹の打撃フォームの印象は、バットトップの位置は高く、身体の捻りが大きく、足も上げてボールを待つ(スタンスは広くどっしり構えています)、故に緩急のついた投球には脆く、泳いだスイングや流れる変化球を追いかけるというシーンもありますが、体格は立派だし、これはモノになったら大物打ちというタイプ。まだキビキビした感じよりは愚鈍!?にも映る大型野手ですが、前述の通りモノになれば!!と楽しみな逸材(^^)<時間は掛かりそう…

打撃フォームの柔らかさが画面からも伝わる
栗山巧、良いですねえ。二塁打を含む2安打。小柄ではありますが今季は今日現在7本塁打。中距離打者に届くか届かない程度のパワーには感じますが、打撃を捉えるテクニックは、1軍でも様になるのではないでしょうか(
8/7現在打率0.320)。<高橋由伸(巨)古城茂幸(日)に似て綺麗なフォームです。

試合展開よりも
「明日に繋がる選手」を追い掛けてしまいます(
^^)。


2004年 8月 8日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:いかさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

いかさん編

鎌ヶ谷スタジアムで行われた日本ハム対ロッテは18対8で日本ハムが勝ちました。

北海道日本ハムファイタース対千葉ロッテマリーンズ第17回戦(鎌ヶ谷、13時、観衆約600人)
                  R H E
ロッテ  000 000 008 |8 6 2
日本ハム 933 001 20× |18 19 1

(ロ)●酒井(1回)、藤井(1回0/3)、成瀬(3回)、三島(1回)、谷(1回)、前田(1回)−辻、金沢
(日)○入来(6回)、須永(2回)、佐々木(1/3回)、矢野(2/3回)−実松

勝利投手:入来
敗戦投手:酒井
審判:球審・山路、一塁・鈴木、二塁・須川、三塁・橋本、公式記録・加藤木

本塁打:渡邉10号満塁(酒井、1回裏)、稲田1号満塁(酒井、1回裏)、飯山5号ソロ
    (藤井、2回裏)6号3ラン(藤井、3回裏)
    実松2号2ラン(谷、7回裏)、寺本4号ソロ(佐々木、9回表)
三塁打:早坂(9回表)
二塁打:山田憲(2回裏)、稲田(4回裏)、渡部(7回裏)
併殺打:上田(7回裏)、渡邉(8回裏)
失 策:早坂(1回裏)、富永(4回裏)、佐々木(9回表)
暴 投:三島(6回裏)

【戦評】
日本ハムは初回、立ち上がりが不安定なロッテ・先発酒井を攻め、藤島の左前適時打で
先制すると渡邉が満塁弾を放ち4点を追加。さらに、失策と四球で塁を埋めると稲田も
うれしい初の満塁弾を放ち打者13人を送る猛攻でいきなり9点を奪う。その後もロッテ
が繰り出した救援陣を次々にメッタ打ちにし、3回までに15点の大量点を奪い序盤で
勝負あった。ロッテは初回に一死満塁の好機を逸すると、その後は入来、須永にほぼ
完璧に抑え込まれた。9回にようやく3番手佐々木を捉え、8点を奪う意地を見せたが
序盤の失点があまりにも大きかった。

【打者成績】
(ロッテ)
      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(遊)早坂 513 中飛    三振    捕邪       三振 中3
(右)寺本 412 四球    三ゴ       三振       右本/左飛
(三)浜名 210 中安    左飛
 三 富永 100                一ゴ
 H 田中 100                         四球/三直
(一)青野 310 四球       三振    遊飛       左安
(D)澤井 200 三振       三振
 Hユウゴー210                   三振    左安
(左)喜多 301 二ゴ       三振       二ゴ
 D 杉山 110                         右安
(捕)辻  200    中飛       三直
 H捕金沢 200                   三振    三邪
(中)於保 202    三飛       四球       二ゴ 投失
(二)塀内 300    三振       遊飛       三振 四球
      3368

(日本ハム)
      打安点 1回    2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
(右)上田 400 遊ゴ/四球 三直    中飛    四球 併殺
(二)稲田 524 四球/右本 遊ゴ    右2    遊飛 三振
(三)林  430 中安/左安    中安 三振
 H三尾崎 110                   四球    遊安
(一)藤島 321 左安/三振 中安 三失
 R一池田 201                   中犠    三振
(遊)飯山 534 四球    中本 左本 三振    三振    左安
(D)渡邉 634 左本    右飛 左安    三振    右2 併殺
(捕)実松 422 遊失    左安 三振    三振    左本
(中)山田憲410 三振    右2 三振    一邪    四球
(左)佐藤 322 四球    中安 三振       四球 左安
      411918

【投手成績】
(日本ハム)
     回  打 安 四 三 本 失
○ 入来 6  22 1 3 7 0 0
  須永 2  6 0 0 4 0 0
  佐々木1/3  8 4 2 0 0 4
  矢野 2/3  2 1 0 0 1 4

(ロッテ)
     回  打 安 四 三 本 失
● 酒井 1  13 5 4 2 2 9
  藤井 10/3 10 7 0 0 2 6
  成瀬 3  12 2 0 7 0 0
  三島 1  6 0 3 1 0 1
  谷  1  6 3 1 1 1 2
  前田 1  4 2 0 1 0 0

【注目選手】
■酒井泰志(ロ)
なぜか初回からビビりまくりの投球。ボールが先行しやむなく投げた力ない直球をいとも簡単にスタンドに運ばれる。
球速もさっぱり。強心臓が売りとのことだがこれだけ萎縮してしまうと棒球ばかりになってしまう。

■辻俊哉(ロ)
大敗の責任はもちろん投手陣にあるがリード面にも問題。横だけで勝負しようとしていたが、きょうの投手の出来では
抑えられない。いい投手ばかりではないのだから縦も使って揺さぶらないと。
肩が強いのは魅力だけにリードの成長に期待。

■藤井宏海(ロ)
体重がうまく乗っていない印象を受ける。フォームのバランスが悪いため、コントロールを整えようとしていわゆる手投げ
になってしまっている。内野手登録のはずだが投手としてはしんどい印象。

■入来祐作(日)
相変わらず暴れ球だがコントロールされれば簡単に打てる球ではない。きょうは序盤で大量援護で余裕の勝利。

■佐々木貴賀(日)
楽勝ムードをぶち壊し。コントロールの悪さから持ち球の速球が生かしきれない、典型的な伸び悩みの選手。おそらく
ブルペンではいい球を投げているのだと思われる。登板機会が多いのでよく見るのだが捕手が飛びついて取らなければ
ならないような球をよく投げる。左でかなりの速球を投げるだけに首脳陣もなんとかものにしたいのだろうが・・・。

■須永英輝(日)
すごいすごいと聞いていたがやはりすごかった。カーブは縦に大きく割れるのにコントロールされている。もちろん
積み増しもあるでしょうが、あれは高校生レベルどころかプロでも簡単に打てない。直球も150キロ近く出ており、さすがの逸材。

■飯山裕志(日)
かなりよくなってきた印象。それだけに出遅れが痛い。

■ロッテベンチ
序盤の攻防で成すがまま。若いバッテリーだけに間の取り方を教えてあげないと。きょうの大差はベンチワークの差でもあった。




ふんぼるとさん編

2004年8月8日 日本ハム−ロッテ 17回戦

P鎌ヶ谷(日本ハム11勝6敗)
      
 
ロ ッ テ 000 000 008│
 
日本ハム 933 001 20×│18
 
 勝 入 来 3勝1敗0S 登板12
 負 酒 井 1勝4敗0S 登板17

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回   9回
  E 早 坂 513 中飛    空振    捕邪       空振 中3
  H 寺 本 312 四球    三ゴ       空振       右本 左犠
  D 浜 名 210 中安    左飛
  5 富 永 100                一ゴ
  H 田中雅 100                         四球 三直
  B 青 野 310 四球       見振    遊飛       左安
  D 澤 井 200 空振       見振
  HDユウゴー  210                   空振    左安
  F 喜 多 300 二ゴ       空振       二ゴ
  H 杉 山 111                         右安
  A  辻  200    中飛       三直
  2 金 澤 200                   見振    三邪
  G 於 保 301    二飛       四球       二ゴ 投失
  C 塀 内 300    見振       遊飛       空振 四球
  犠盗失併残─────
  10224 3367

       回   打安振球責
  ●酒 井 1   135245
   藤 井 10/3 107006
   成 瀬 3   122700
   三 島 1   60131
    谷  1   63112
   前 田 1   42100

 【日本ハム】 打安点   1回   2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 上 田 400 遊ゴ 四球 三直    中飛    四球 投併
  C 稲 田 524 四球 右本 遊ゴ    右2    遊飛 空振
  D  林  430 中安 左安    中安 空振
  H5尾 崎 110                   四球    遊安
  B 藤 島 421 左安 空振    中安 三失
  R3池 田 101                   中犠    見振
  E 飯 山 534 四球    中本 右本 見振    空振    左安
  D 渡 邉 324 左本    右飛 左安
  HD渡 部 310                空振    右2 三併
  A 實 松 522 遊失    左安 空振    空振    左本
  G 山田憲 410 見振    右2 空振    一邪    四球
  F 佐 藤 322 四球    中安 空振       四球 左安
  犠盗失併残─────
  10109 421918

       回   打安振球責
  ○入 来 6   221730
   須 永 2   60400
   佐々木  1/3 84025
   矢 野  2/3 31001

  本塁打  渡 邉(日)10号C (1回 酒井)
       稲 田(日)1号C (1回 酒井)
       飯 山(日)5号@ (2回 藤井)
       飯 山(日)6号B (3回 藤井)
       實 松(日)2号A (7回 谷)
       寺 本(ロ)4号@ (9回 佐々木)
  三塁打  早 坂(ロ)    (9回 矢野 タイムリー)
  二塁打  山田憲(日)    (2回 藤井)
       稲 田(日)    (4回 成瀬)
       渡 部(日)    (7回 谷)
  犠 飛  池 田(日)    (6回 1死満塁 3走の佐藤がホームイン)
       寺 本(ロ)    (9回 1死3塁 3走の早坂がホームイン)
  失 策  早 坂(ロ)    (1回 實松の遊ゴロを一塁悪送球 打者走者の實松が二
                    進)
       富 永(ロ)    (4回 2死2塁 藤島の三ゴロを一塁悪送球 2走の稲
                    田が三進)
       佐々木(日)    (9回 1死満塁 於保の投ゴロを二塁悪送球 三進して
                    いた2走のユウゴーがホームイン、1走の杉山が
                    二進 タイムリーエラー)
  暴 投  三 島(ロ)    (6回 1死1、2塁 2走の佐藤が三進、1走の上田が
                    二進 打者は尾崎)
  併 殺  ロッテ      (7回 上田 無死1、2塁 谷−早坂−青野)
       ロッテ      (8回 渡部 1死1、2塁 富永−塀内−青野)

  PL:山路 1B:鈴木 2B:津川 3B:橋本 公式記録:加藤木
  時間 3時間25分(13:01〜16:27)

得点経過
 1回裏(日) 1死1、2塁から藤島が三遊間を破る左前打        日本ハム1点目
       1死満塁から渡邉が左中間後方の駐車場に飛び込む特大の場外
       満塁ホームラン                     日本ハム5点目
       2死満塁から稲田が右越え満塁ホームラン         日本ハム9点目
 2回裏(日) この回先頭の飯山が左中間へソロホームラン        日本ハム10点目
       1死2、3塁から佐藤が前進守備の二遊間をハーフライナーで
       抜ける中前打                      日本ハム12点目
 3回裏(日) 無死1、2塁から飯山が右越えスリーランホームラン    日本ハム15点目
 6回裏(日) 1死満塁から池田がセンターへ犠牲フライ         日本ハム16点目
 7回裏(日) 無死2塁から實松がレフトポール際へツーランホームラン  日本ハム18点目
 9回表(ロ) この回先頭の寺本が右中間へソロホームラン        ロ ッ テ1点目
       無死満塁から杉山が右前打(祝!復帰後初安打)       ロ ッ テ2点目
       1死満塁から於保の投ゴロを佐々木が二塁悪送球      ロ ッ テ4点目
       1死満塁から早坂が走者一掃の右中間を破るスリーベース  ロ ッ テ7点目
       1死3塁から寺本がレフトへ犠牲ライナー         ロ ッ テ8点目

戦評
 実際の気温は昨日より多少低いが、雲がなかったために体感気温は昨日より高かった鎌ヶ谷。
 試合の方は日本ハムが初回の四球・ヒット・四球でつくった1死満塁のピンチを切り抜ける
 と、昨日のうっぷんを晴らすかのようにその裏から猛打爆発。2発の満塁弾などで初回から
 9点を奪うとその後も得点を重ねる3回を終わって15−0と試合を決める。投げては初回だ
 けが唯一のピンチだった入来が6回を1安打無失点、そのあとの須永が2回を6人でピシャ
 リ(4奪三振)、終盤にも加点して18−0で迎えた最終回を佐々木がピシャリで完封リレー・
 ・・のはずが佐々木は先頭の寺本に意地の一発を喰らい完封を逃がすと一気の崩壊。自らの
 エラーもあり打者8人から1アウトしか奪えずに塁上に3人の走者を残してマウンドを矢野
 に託すが、矢野も持ち堪えられずに早坂に走者一掃のスリーベースを浴びるなど完全なロッ
 テペースに。
 しかし、ロッテの反撃もここまで。最後は田中雅の鋭い三遊間へのライナーを尾崎が横っ飛
 びで好捕し試合終了。

選評
 杉 山(ロ) 9回無死満塁の場面で喜多の代打で登場。古賀監督ご乱心かと思われたが、外
       の球を逆らわずに弾き返し、復帰後11打席目でのうれしい初安打(打点付き)。

 三 島(ロ) 開幕から先発ローテーションを守ってきたが、さすがに疲れ?球は相変わらず
       のスピードボールだが制球が悪く打者6人に対し3四球を与える。

 酒 井(ロ) ここに来て復調の気配を感じさせていた酒井だが、今日はそれを忘れさせてく
       れる内容の悪さ。ストレートが制球もキレも悪かったようで、コントロールに
       苦しんだ上に、ストライクゾーンに来た球はほとんどカットされる始末。それ
       にしても渡邉にストレートを置きに行くのは不用意すぎる。

 藤井と成瀬 藤井はボコボコ成瀬は好投だが、日本ハムの勢いが違いすぎるので今日の結果
       を鵜呑みにはできないと思う。


 稲 田(日) 守る方では初回の2死満塁のピンチでは誰もがセンター前に抜けると思った喜
       多のライナーを横っ飛びではたき落として1塁をアウトにするというファイン
       プレー(ライナーで捕球したかと思われたがさすがにそれは厳しかった)を見せ
       ると、打つ方ではライナーでライトスタンドに突き刺さるプロ1号を放つなど
       大活躍!

 須 永(日) もしかするとイースタンリーグで一番安心して見ていられるピッチャーかもし
       れない。ロッテ打線を全く寄せ付けず。もっと見たかった。スゴイ!

 尾 崎(日) 9回に田中雅の三遊間よりのライナーを横っ飛びで好捕。ウマイ!

 池 田(日) 6回に富永の一塁線を抜けるかという当たりを好捕。

 佐々木(日) 信じられないような崩壊。聞いたところによると試合後はかなり憔悴しきった
       様子だったよう。今年はコントロール重視のために影を潜めてしまっていた佐
       々木らしさが復活してきていたのに…。コントロールが悪い上に空振りでスト
       ライクが取れない(ファールで粘られる)と厳しい。


2004年 8月 8日 イースタンリーグ 西武−ヤクルト(飯能)報告者:風車の弥生さん(HP:なんにもないぺーじ

8/8()はれ

スワローズ飯能球場

  
YS 000 042 000
  
 010 000 101

  勝 
花田  負 竹内

  
PL 本田  1B 石山  3B 敷田  公式記録員 野中


     回  安 振 球 点         YS  回  安 振 球 点
竹 内 41/3 1 2 5 3 (73)   花 田 61/3 5 6 1 1 (104)
 トモキ 1   3 1 0 1 (20)    佐藤賢  2/3 0 1 0 0 ( 13)
 小 野  2/3 2 0 1 1 (12)    吉 川 1   0 1 0 0 ( 12)
 福 井 2   0 2 0 0 (24)    成 本 1   1 1 0 1 ( 10)
 小野寺 1   0 0 0 0 ( 4)


(球数はカウントミスがあるかもしれません。目安としてお考えください)


  YS    1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8 青 木 4-1 死球    左邪    三振 二安       投ゴ
4 梶 本 5-1 中飛    三振    右安: 遊ゴ       投ゴ
3 ユウイチ 3-1 四球       一失 右安:    中飛
5 畠 山 4-0 投併       一併 二飛    二ゴ
9 本 郷 4-1    二ゴ    投ゴ    三安 三振
7 久保田 2-1    一安       四球 投ゴ
H7内 田 1-0                      遊直
D 福 川 2-1    三振       死球 中安
RD大 塚 1-0                      三振
2 細 見 2-0    右飛       死球 四球    二ゴ
6 大 原 3-0       一邪    三ゴ 中犠・       遊ゴ

      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8 栗 山 4-1 三振    左安    投ゴ    三振
4 宮 崎 3-0 二ゴ    捕飛    三振
H4古 屋 1-0                   遊ゴ
9 大 島 4-0 左飛    遊失       三振    二飛
5 後藤武 4-0    二失 右飛       遊ゴ    三振
D 高木大 4-1    左安 一ゴ       左飛    左飛
3 GG佐藤 3-1    四球    三ゴ       三振    左本
7 カ ズ 4-1    三振    三ゴ       左安    遊ゴ
2 上 本 3-1    中犠・    遊飛       右安    二飛
6 黒 瀬 4-1    三振       遊ゴ    右安    中飛


2004年 8月 7日 ウエスタンリーグ ダイエー−広島(新宮市)報告者:いの一番さん

8月7日(土) ダイエー−広島(和歌山県新宮市・くろしおスタジアム)

 010001030 
 100000000 

勝:永川 7試合1勝2敗  負:飯島 21試合1勝1敗

投手
C:永川(7回)−仁部(2回)
H:飯島(6回)−永井(1回1/3)−柴田(2/3)−竹岡(1回)

審判:吉本、嶋田、山本(3人制) 記録:関
観衆:約1,200人 
試合時間:3時間32分
天候:快晴→曇→小雨→試合終了直後に土砂降り

(試合経過)
▼1回裏
先頭の辻は左飛の後、明石の右前打、高橋の四球で一死一、二塁。
吉本は三振したが、大野の右前打で明石が生還、ダイエーが1点先制。
バックホームの球が逸れる間に走者が進塁し、なおも二死二、三塁だったが井手は遊ゴロ。

△2回表
先頭の松本奉は左前打で出塁。朝山は中飛の後、末永への2球目が暴投になり松本奉は二塁へ。
末永は四球で一死一、二塁となり比嘉の三ゴロで二死二、三塁。
続く井生は平凡な遊ゴロで、チェンジかと思われたが明石がはじき(記録はエラー)、
松本奉が生還、1−1の同点になる。山本芳は三ゴロ。

▼4回裏
先頭の井手は四球、続く城所の三ゴロを比嘉が一塁に悪送球し、無死一、三塁。
しかし永川が稲嶺、北野、辻を三者連続三振に討ち取る。

△6回表
先頭の天谷は四球で出塁し、松本高の送りバントで二塁へ。
続く木村一のライト前への打球を辻がスライディングキャッチで捕ろうとしたが落球し(記録は安打)、
天谷が生還、広島が2−1と勝ち越す。朝山は二ゴロで4−6−3の併殺。

△8回表
先頭の天谷は四球で出塁。続く松本高の送りバントを北野が捕って一塁へ投げたが
悪送球となり無死一、三塁。松本高は木村一の2球目に二盗、木村一は四球で無死満塁。
続く松本奉は押し出し四球、朝山は左犠飛で広島が2点を追加、4−1。
ここでダイエーの投手が永井から柴田に交代。
甲斐は三振に倒れたが比嘉の中前打で木村一が生還、5−1となる。井生は三振。

▼9回裏
井手は三振、城所は遊飛、加藤は三振で試合終了。

(選手評)
■永川勝浩(広島)
投球内容は、7回 打者28人3安打3四死球10奪三振1失点。
数字だけ見るとまあまあだが、1回に3人、2回に2人の走者を出しており、
立ち上がりの悪さを克服しないとリリーフ投手は務まらない。
ただ、3回以降は無安打に抑え、特に5回から7回は三者凡退と、気迫も伝わってきた。
この投球を最初からしてほしい。

■比嘉寿光(広島)
筆者は三塁側スタンドで観戦していたので、三塁を守る彼の姿がよく見えたが、
非常によく声を出してチームの士気を高めていた。
彼は小学校以来、ずっとキャプテンを務めてきた経歴を持っており、
そのリーダーシップはプロに入っても十分発揮されている。

■飯島一彦(ダイエー)
投球内容は、6回打者23人4安打2四球2奪三振2失点。
失点はエラーと不運な当たりによるもので、上出来の部類だろう。

■吉本龍生(ダイエー)
4番に起用したベンチの期待を見事に裏切り3打席連続見逃し三振。
特に2打席目は一度もバットを振らず3球連続ストライクを見逃すという最悪の形。
三振しても淡々とした様子でベンチに帰って行く態度には、悔しさも覇気も感じられなかった。
4打席目に安打を放ったが、時既に遅し、ベンチの印象は非常に悪くなったことだろう。

(その他)
新宮市では始めてのプロ野球開催、入場料は無料ということもあり多くの観客で賑わった。
ただ、ネット裏席を全て招待客スペースにして一般客を入れさせなかったのはいかがなものか。
どこの球場でも、招待客スペースは一部分なんだけどね。

<くろしおスタジアム>(和歌山県新宮市)
完成:2003年
大きさ:両翼98m、センター122m
グラウンド:内野土、外野天然芝
スタンド:1,414人収容、ネット裏と内野席あり(ともにベンチ席)、外野席は無し
スコアボード:得点は電光式、打順表は手書き式
交通:JR紀勢本線紀伊佐野駅から徒歩10分


2004年 8月 7日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年8月7日 日本ハム−ロッテ 16回戦

O鎌ヶ谷(日本ハム10勝6敗)
      
 
ロ ッ テ 100 000 000│
 
日本ハム 000 000 000│
 
 勝 黒 木 2勝0敗0S 登板5
 S 田中良 0勝0敗2S 登板12
 負 吉 崎 5勝4敗1S 登板14

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 早 坂 410 中安 空振       空振       二飛
  H 寺 本 421 中安    空振    左安       遊飛
  G 曽我部 410 空振    中安       遊直       遊ゴ
  B 青 野 300 遊ゴ    死球       見振       中飛
  F ユウゴー  300 空振    遊併       右飛
  H7於 保 110                         中安
  D 田中雅 310    右2    遊ゴ       投直
  HD澤 井 000
  HD 辻  100                         中飛
  A 清水将 310    中飛    遊ゴ       中安
  D 原 井 200    四球    二飛       空振
  C 塀 内 300    空振       二ゴ       一ゴ
  犠盗失併残─────
  02035 3171

       回 打安振球責
  ○黒 木 6 204700
   戸 部 2 72200
  S田中良 1 41100

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 上 田 410 二飛    二ゴ       二ゴ       右安
  C 稲 田 310 遊ゴ       右安    中飛       一犠
  D  林  410 左飛       遊併       左安    三ゴ
  D 藤 島 410    空振    中安       空振    空振
  B 渡 邉 300    空振    空振       一併
  G 飯 山 320    中安       空振       中安
  A 駒 居 100    空振
  2 實 松 210             中安       捕邪
  F 山田憲 300       遊ゴ    遊併       右飛
  E 尾 崎 300       空振       空振    空振
  犠盗失併残─────
  10124 3070

       回   打安振球責
  ●吉 崎 8   296820
   武 田  2/3 31000
   高橋憲  1/3 10000


  二塁打  田中雅(ロ) (2回 吉崎)
  犠 打  稲 田(日) (9回 無死1塁 1走の上田が二進)
  犠打失  實 松(日) (8回 無死1塁 捕邪飛で1走の飯山を送れず)
  盗 塁  早 坂(ロ) (1回 捕手は駒居 打者は寺本 二盗成功 更に駒居の二塁悪
                 送球により三進)
       寺 本(ロ) (1回 捕手は駒居 打者は青野 二盗成功)
  失 策  駒 居(日) (1回 早坂の二盗を刺そうとして二塁悪送球 早坂が三進)
  盗塁死  寺 本(ロ) (5回 捕手は實松 打者は曽我部 二盗失敗)
  走塁死  清水将(ロ) (7回 二盗を企画するも一、二塁間で挟まれ挟死 實松−尾崎
                 −渡邉−稲田)
  暴 投  吉 崎(日) (2回 1死1、2塁 2走の田中雅が三進、1走の原井が二進)
  併 殺  日本ハム  (3回 ユウゴー 1死1、2塁 尾崎−尾崎−渡邉)
       ロッテ   (4回 林 無死1塁 早坂−塀内−青野)
       ロッテ   (5回 山田憲 1死1塁 早坂−塀内−青野)
       日本ハム  (7回 1死1塁 原井が三振で清水将が走塁死 三振ゲッツー)
       ロッテ   (7回 渡邉 1死1塁 青野−青野−早坂)

  PL:橋本 1B:川口 2B:鈴木 3B:山路 公式記録:加藤木
  時間 2時間27分(13:01〜15:29)

得点経過
 1回表(ロ) 無死3塁から寺本が中前打                  ロッテ1点

戦評
 個人的なことで恐縮ですが、サマーヴァケーション第一弾。
 試合の方はロッテが初回にヒットと盗塁とエラーでつくった無死3塁のチャンスから寺本が
 左中間に弾き返しアッサリと挙げた虎の子の1点を黒木−戸部−田中良の無四球リレーで守
 りきる。日本ハムは打線が繋がらない上に3併殺の拙攻。いわゆる『スミ1』でおしまい。
 
選評
 黒 木(ロ) 7/22(木)に藤島(日)のピッチャー返しを受け負傷退場して以来のマウンド。ス
       トレート、変化球ともに威力十分で6回を4安打無失点。手も足も出ません。


 吉 崎(日) 駒居のエラーがあり8回を自責点ゼロ(112球)だが負け投手。字面だけ見れば
       十分に及第点だが立ち上がりに連打を浴びたのは事実であり、ストレートが走
       っていなかったように思う。しかし、スライダーはキレもコースも良かった。

 駒 居(日) 本日のA級戦犯。早坂の盗塁を刺そうとした二塁送球はセンターとライトとセ
       カンドの中間に落ちるテキサスヒットで早坂の三進を許す。2回の第一打席で
       空振り三振を喫するとその裏の守備から實松と交代。

 高橋憲(日) 自転車事故から復帰2試合目。もともと上体の立った投球フォームだが一段と
       磨きが掛かった印象。完全に手投げでボールに体重が乗っていない。


  ■掲示板@2軍愛■