【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2004年 8月21日 イースタンリーグ 西武−ヤクルト(西武第二)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年8月21日 西武−ヤクルト 最終戦(20回戦)

S西武第二(ヤクルト14勝6敗)

 
ヤクルト 000 000 000│
 
西  武 004 300 00×│

 勝 竹 内 1勝3敗0S 登板14
 負 佐藤秀 2勝6敗0S 登板23

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 久保田 310 四球    四球    一ゴ    空振    中安
  C 丸 山 500 二併    三直    見振    空振    空振
  B ユウイチ  300 遊ゴ       左飛 左飛       四球
  D 畠 山 410    中安    右飛    空振    二ゴ
  H 本 郷 420    遊ゴ    中安    右2    右飛
  G 宮 出 310    死球    左2    遊ゴ    三ゴ
  D 福 川 300    左飛    死球    二飛       空振
  A 米 野 200    遊ゴ    二ゴ
  2 高 橋 200                   投ゴ    右飛
  E 大 原 430       遊ゴ    中安    左安    左安
  犠盗失併残─────
  001011 3380

       回   打安振球責
  ●佐藤秀 31/3 195343
   本 間  2/3 31100
   杉 本 1   30100
   萩 原 2   71000
   成 本 1   41000

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 栗 山 300 左飛    遊失 四球    左邪
  C5水 田 322 左安    中安 右犠       一邪
  H 大 島 212 三ゴ    四球 中安
  8 松坂健 110                   右安
  D マクレーン  411    空振 左2 空振       遊ゴ(※)
  R4宮 崎 000
  D 木大 211    左飛 投襲
  HD犬 伏 100             空振
  HD春 日 100                   右飛
  B 後藤武 400    右直 左飛    右飛       二ゴ
  G9高 山 420       空振 右2 遊ゴ       左安
  A 野 田 100       三ゴ
  2 上 本 300          空振    中飛    中飛
  E 黒 瀬 200       四球 四球    一ゴ    二ゴ
  犠盗失併残─────
  11025 3186

  ※マクレーンの打球は二塁ベース後方セカンド寄りの高いフライだったが、ショートの大
   原が落球。インフィールドフライが宣告されなかったため1走の松坂健が二塁封殺。

       回 打安振球責
  ○竹 内 5 214140
   芝 崎 1 41100
    許  1 41200
   内 薗 1 40010
    森  1 52200


  二塁打  マクレーン (西) (3回 佐藤秀 タイムリー)
       宮 出(ヤ) (4回 竹内)
       高 山(西) (4回 佐藤秀)
       本 郷(ヤ) (6回 芝崎)
  犠 飛  水 田(西) (4回 1死満塁 3走の高山がホームイン、2走の黒瀬が三進
                 1走の栗山が二進)
  盗 塁  木大(西) (3回 捕手は米野 打者は後藤武 二盗成功)
  失 策  大 原(ヤ) (3回 栗山の遊ゴロをファンブル)
  盗塁死  水 田(西) (1回 捕手は米野 打者は大島 米野−大原 二盗失敗)
  暴 投  佐藤秀(ヤ) (3回 2死1、3塁 3走の栗山がホームイン、1走の水田が
                 三進)
  併 殺  西 武   (1回 丸山 無死1塁 水田−黒瀬−後藤武)
       西 武   (3回 1死1塁 丸山の三直で1走の久保田が帰塁できず マ
                 クレーン−後藤武)

  PL:牧田 1B:本田 3B:小林 公式記録:荒木
  時間 3時間0分(12:59〜16:00)

得点経過
 3回裏(西) 2死1、2塁から水田が中前打               西 武1点目
       2死1、3塁から佐藤秀が暴投               西 武2点目
       2死1、3塁からマクレーンがレフト線へツーベース     西 武3点目
       2死2、3塁から木大がピッチャ強襲安打         西 武4点目
 4回裏(西) 1死満塁から水田がライトへ犠牲フライ(邪飛)        西 武5点目
       2死2、3塁から大島が中前打               西 武7点目

戦評
 お隣りの西武ドームからは納涼盆踊り大会のリハーサルか、野球に似つかわしくない演歌と
 民謡がガンガン(^^;)
 試合の方は西武が3回は大原のエラーを発端に3点、4回は宮出のエラー気味のプレーを発
 端に4点を挙げると、竹内−芝崎−許銘傑−内薗−森の完封リレーで快勝。
 両チームの対戦は早くも今日が最終戦。


選評
 竹 内(西) 二段モーション気味のサイドスロー。前半はストレート、スライダー共に高低
       は低めに良くコントロールされていたが、左右のコントロールが今一つ(主審
       の牧田のゾーンが狭いのもあるが)で、ボール先行の苦しいピッチングも、内
       野ゴロで切り抜けるピッチング。勝ち投手の権利がが掛かった5回に突如、球
       が浮き出すが何とか抑え今季初勝利。

 マクレーン (西) 3回の1死1塁の場面。丸山のサードライナーを捕球するとその体勢のままノ
       ーステップスローで一塁にストライク送球で1走の久保田を刺す。こんな芸当
       は日本人じゃできません。打つ方でもレフト線へポトリと落ちる当たりで二塁
       を陥れるアグレッシブさ(しかも、ヘッドスライディング)

  森 (西) 最初の打者の福川をフォークで空振り三振に斬って取るなど簡単に2アウトを
       取るも、大原・久保田に連続してカーブをキレイに弾き返される。しかし、最
       後は丸山をフォークで仕留め、試合終了。

 黒 瀬(西) 今日は送球が悪く、記録には残らないが一塁への暴投2つ。

 大 島(西) 7回のボールボーイ。ヤクルトの攻撃中にバットで遊んでいて主審の牧田に怒
       られる。


 佐藤秀(ヤ) カーブを有効に使い西武打線を抑えるも味方の守備に足を引っ張られる。ヤク
       ルトナインは佐藤秀を見殺し。

 宮 出(ヤ) 久しぶりにこちらで見る宮出だが、4回先頭の高山の右中間寄りの打球に頭を
       越され(記録は二塁打)、猿渡コーチから落雷。
        猿渡『宮出、なんだあの守備は。落下点に入って、ライトを制する動きまで
           しておいて。何か言い訳してみろ。』
        宮出『何にもないです』

 杉 本(ヤ) 久々の登板も1イニングを三者凡退の好投。良い当たりは1球もない完璧なピ
       ッチング。

おまけ
 ウグイス嬢 7回のヤクルトの攻撃が始まるときに『7回の千葉ロッテマリーンズの攻撃は
       〜』とアナウンス。何かを暗示?←んなわけねーよ(^^;)


2004年 8月21日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ)/エバンさん

せとさん編

8月21日(土)鎌ヶ谷
イースタンリーグ公式戦 日本ハムvsロッテ

ロッテ 001 000 000=1
日ハム 000 720 00×=9

勝 糸井 4勝5敗1S
負 成瀬 0勝3敗0S
ホームラン=藤島13号、西浦8号、小谷野14号、実松4号

【ロッテ】   打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(3)青野  410空三振   左安1      三ゴロ   中飛
2(9)寺本  410右安    逃三振      一ゴロ      二ゴロ
3(8)波留  100空三併      四球
  R8曽我部 100               三ゴロ
  H 於保  100                        逃三振
4(D)澤井  300   左飛    三邪飛      二ゴロ
  H ユウゴー100                        左飛
5(5)浜名  310   右飛    中飛       右安
  R5富永  000
6(2)田中雅 100   空三振      四球
  2 金澤  100                  空三振
  2 杉山  000
7(7)喜多  300      捕邪飛   一ゴロ   一ゴロ
8(4)塀内  210      中二    四球       二ゴロ
9(6)早坂  300      中飛    遊ゴ併      左飛
 (P)成瀬 3回0/3  16人 6安打 1四死球 4失点
  P 三島 3回   14人 4安打 1四死球 5失点
  P 藤井 1回    4人 2安打 0四死球 0失点
  P 杉原 1回    3人 0安打 0四死球 0失点

【日本ハム】  打安点1回 2回 3回 4回 4回 5回 6回 7回 8回
1(8)西浦  412三ゴロ   空三振左本2      遊ゴロ
  H8山田憲 100                        右飛
2(6)飯山  400逃三振   二ゴロ遊直       遊ゴロ
3(7)小谷野 421中二    空三振中本1      右飛
4(D)藤島  211四球       右本1空三振
  HD鶴岡  110                     左安
5(3)渡邊  310捕邪飛      中安    空三振
  H 田中賢 100                     二ゴ併
  3 池田  000
6(9)上田  320   遊ゴロ   左安    四球    中二
7(2)実松  423   空三振   左二    左本2   二飛
8(5)尾崎  412   二ゴロ   右二2   空三振      三ゴロ
9(4)稲田  310      右安 捕犠打   中直       二ゴロ
 (P)糸井 9回   31人 4安打 3四死球 1失点

【得点経過】
3回表M=青野タイムリー
4回裏F=藤島ソロ、実松タイムリー二塁打、尾崎2点タイムリー二塁打、
     西浦ツーラン、小谷野ソロ
5回裏F=実松ツーラン

●ロッテ古賀監督、三塁塁審に砂かける!
4回裏、実松の当たりは3塁線を転がってレフトへ。鈴木三塁塁審はフェアーのジャッジを
して、逆転タイムリー二塁打となる。ところが、いつも温厚な古賀監督が鈴木審判員に猛
抗議。激昂したあまり、砂を2度蹴り上げ鈴木審判員に砂がかかるシーンがありましたが、
鈴木さんは退場処分にもせず、涼しい顔で聞き流していました。

本日は暑さにやられて試合の記憶がほとんどありませんので、選手個別感想は割愛させて
いただきます。

日本ハムはこれで7連勝、優勝に向かってまい進しています!




エバンさん編

8/21、鎌ヶ谷球場に行ってきました。ここにお書きの皆さんには及びませんが、簡単に観戦記を書いておきます。
     123456789RHE
ロッテ  00100000041
日本ハム 00072000×120

勝:糸井 負:成瀬

ロッテ  成瀬−三島−藤井−杉原
日本ハム 糸井

初めての鎌ヶ谷球場に来場。そんなわけで、バスのダイヤを知らなかったため、乗りはぐることになり、歩いて行くことに。案の定、プレーボールには間に合わなかったが、暑いなか20分も歩いたのは我ながら大したもの。
さて、試合は3回までは投手戦の様相だったものの、4回に成瀬が崩れ始めた。4番藤島に2ランを浴びたあと、ランナーを置いて7番実松がレフト線に際どい当たりのヒット。私はファールだととったのだが…。ピッチャーを三島に代えてなんとか流れを断ち切りたいマリーンズだが、この三島が大誤算、8番尾崎が2点タイムリー、さらに、西浦が2ラン。そして、小谷野がソロHRでこの回に一挙7点奪取。
5回表、ここまでまずまずの糸井だったが、6点リードに気をゆるしたか、なかなかストライクが入らずにランナーを溜めるも、なんとかしのぎきった。そして、6回以降は調子を取り戻して、見事にマリーンズ打線を抑えて、完投勝利を飾った。マリーンズは9失点、4安打では苦しい。

〜各選手へのコメント〜
■成瀬善久(ロッテ)
実松のヒットはかわいそうだったが、コントロールに難がありそう。しばらく、2軍で練習を積んでほしい。

■三島輝史(ロッテ)
登場場面はきついところだったが、それを割り引いても今日のピッチングはひどかった。これからもう少し頑張ってほしい。

■青野毅(ロッテ)
唯一の1点を挙げたのが彼のタイムリー。将来を期待できる逸材だと思い、私のこれからの注目の選手になった。

■糸井嘉男(日本ハム)
前半はまずまずで、どこまで持つかなと思っていたが、5回のピンチを切り抜けると、その後はトントンと進んでいった。なかなかの有望株だろう。

■實松一成(日本ハム)
5回に2ランを放ち、守備では糸井を好リード。1軍には絶好調の高橋信、中嶋らがいて、厳しい争いだが、腐らないでいければ上でもチャンスはあるだろう。

と準備していたら、すでに「せとさん」さんが書き込まれていた。でも、せっかくですので書き込んでおきます。


2004年 8月18日 イースタンリーグ 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ)/しじゅうしさん

せとさん編

8月18日(水)鎌ヶ谷
イースタンリーグ公式戦 日本ハムVS西武19回戦

西武 201 000 300=
ハム 004 301 00×=

勝 江尻 5勝1敗0S
S 武田 3勝0敗2S
負 潮崎 0勝1敗0S
ホームラン=栗山8号、9号、GG佐藤9号、飯山8号

【西武】    打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(7)栗山  433中本1   左本1   投ゴロ   右安1&失1
2(4)水田  400遊ゴロ   投ゴロ      一失 右飛
3(9)大島  410左飛    左飛       二ゴ併   中安
4(3)GG佐藤411左本1      三ゴロ   空三振   右直併
5(D)高木大 200空三振      遊飛
  HD犬伏  200                  空三振一直
6(5)後藤武 410   中飛    左飛       中二    空三振
7(8)高山  410   遊ゴロ      二ゴロ   左安    二ゴロ
8(2)上本  201   左飛       死球    中犠飛1  空三振
9(6)黒瀬  310      遊ゴロ   三ゴロ   中安
 (P)潮崎 3回   15人 3安打 3四死球 4失点
  P 田崎 1回    7人 3安打 1四死球 3失点
  P 小野 1回    5人 0安打 2四死球 0失点
  P 芝崎 2回   10人 3安打 1四死球 1失点
  P 森  1回    5人 1安打 0四死球 0失点

【日本ハム】  打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
1(8)西浦  300空三振   四球 空三振   四球 中飛
2(4)稲田  422中飛    左犠1左二1   空三振   左安
3(5)林   532中飛    左二1中安1   右安    遊失
4(D)エチェバリア 412   遊ゴロ右安2右飛    右飛
  HD田中賢 100                     逃三振
5(9)上田  311   二ゴロ四球    四球 三安1   三ゴロ
6(3)渡邊  400   三ゴロ空三振   空三振空三振
  3 山田憲 100                     空三振
7(7)飯山  411      空三振右本1三ゴロ   左飛 
8(2)実松  100      四球 四球 四球    三ゴロ
9(6)尾崎  420      中安 捕邪飛左飛    左安
 (P)江尻 6回2/3  26人 5安打 1四死球 5失点
  P 高橋憲0回1/3   3人 2安打 0四死球 1失点
  P 立石 1回    3人 1安打 0四死球 0失点
  P 武田 1回    3人 0安打 0四死球 0失点


【得点経過】
1回表L=栗山ソロ、GG佐藤ソロ
3回表L=栗山ソロ
3回裏F=稲田犠牲フライ、林タイムリー二塁打、エチェバリア2点タイムリー
4回裏F=飯山ソロ、稲田タイムリー二塁打、林タイムリー
6回裏F=上田のサードフライを後藤武が落とし、ランナーが一人ホームイン、
     記録はタイムリーヒット
7回表L=上本犠牲フライ、栗山タイムリー、ライト上田の返球を捕手実松が
     捕れず球が点々とする間にもう一人ホームイン。

●栗山巧(西)…先頭打者ホームランと二打席連続ホームラン。前日のミスを帳消し?
●水田圭介(西)…やっぱり水田は2番セカンドが似合う。しかし活躍なし。
●大島裕行(西)…6回の併殺打が痛かった。
●G.G.佐藤(西)…打たない日はないくらいの大活躍。
●木大成(西)…まったく打ちそうな気配がない。がんばらないと…
●犬伏稔昌(西)…2打席とも右投手相手。結果出ず。
●後藤武敏(西)…捕れるフライを2度捕れず。これでは…
●高山久(西)…センターの守備はおぼつかないように見えるが守備範囲は広い。
●上本達之(西)…2回表、2球でツーアウトの後初球打ちアウトでこの回3球で終了。
●黒瀬春樹(西)…高橋憲の初球、大外にそれた球を大振りしたらセンター前に落ちた。
●潮崎哲也(西)…2回までは完璧だったが3回に急に崩れる。立ち直れなかった。
●田崎昌弘(西)…先頭打者にホームランされ、さらにランナーをためて打たれる。
●小野剛(西)…制球難に苦しむも、ハム打線の打ち損じに助けられる。
●芝ア和広(西)…1失点は後藤武に足を引っ張られたものでかわいそうだった。
●森慎二(西)…味方エラーなどあり無死1,2塁のピンチになったがまったく動じなかった。

●西浦克拓(日)…7回表、上本の左中間の当たりを好捕して犠牲フライの1点にとどめた。
●稲田直人(日)…犠牲フライとタイムリー。もはやレギュラーとして欠かせない存在になった。
●林孝哉(日)…今日も活躍。タイムリー2本を含む3安打。みんなでヒルマン監督に報告しよう。
●エチェバリア(日)…逆転タイムリーを打ったが、全体的には当たりが詰まっている印象。
●田中賢介(日)…今日もチャンスでの代打起用。粘りまくったが最後は見逃してしまう。
●上田佳範(日)…8回無死1塁GG佐藤の当たりを猛ダッシュして好捕し一塁へ投げゲッツーに。
●渡邉孝男(日)…3三振にエラー1つで、途中で代えられてしまった。
●山田憲(日)…ファーストに入ったのは久々。犬伏のライナーを候補。森慎二に振り遅れ。
●飯山裕志(日)…飯山の4回のホームランが今日の勝利には大きかった。
●實松一成(日)…尾崎のバントが捕邪飛になった瞬間、1塁から2塁へ怒涛のタッチアップ!
●尾崎匡哉(日)…2安打はよいが、バントを失敗してしまった。守備は無難だった。
●江尻慎太郎(日)…6回までヒットはホームラン3本だけという、評価が微妙な内容。
●高橋憲幸(日)…黒瀬のヒットは不運だったが栗山には完璧にタイムリーされる。
●立石尚行(日)…1回無失点だがすべていい当たりされていたのがちょっと不安。
●武田久(日)…今日もパーフェクトリリーフ。まったく打たれる気配なし。



しじゅうしさん編

8/18の鎌ヶ谷球場のファイターズ―ライオンズ戦に行って来ましたので報告します。

雑感
この日は台風の影響か(?)、強風の中での試合となりました。
そのせいか両チーム合わせて3失策・・・ですが、風によるエラーは含まれていません(笑)。

ただこの日風よりも気になったのが、2人の観客の応援マナーの悪さ(鎌ヶ谷側、所沢側各一名)。
せとさん様をはじめとする多くの皆さんが熱心な声援を送ってる中、質の悪い野次、怒声を連呼。
周りの小さな子供などははっきりいって怯えていましたので、もう少し考えてほしかったです。
愚痴になってしまってすみません。m(_ _)m

なお球数などは目安程度に受け取ってください。

8/18 L−F(鎌ヶ谷)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 | R H E
西 武 2 0 1 0 0 0 3 0 0 |  8 1
日ハム 0 0 4 3 0 1 0 0 × |  10 2

西武ライオンズ
守  名前  打 得 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(7) 栗山  4 2 3 3 中本    中本    投ゴ    右安  
(4) 水田  4 0 0 0 遊ゴ    投ゴ       一失 右飛
(9) 大島  4 0 1 0 左飛    左飛       二併    右飛
(3) G.G.佐藤4 1 1 1 左本       三ゴ    空振    右直
(D) 高木大 2 0 0 0 空振       遊飛 
HD 犬伏  2 0 0 0                   空振 一直
(5) 後藤武 4 1 1 0    中飛    左飛       右二    空振
(8) 高山  4 1 1 0    遊ゴ       二ゴ    左安    二ゴ
(2) 上本  2 0 0 1    左飛       死球    中犠    空振
(6) 黒瀬  3 1 1 0       遊ゴ    三ゴ    中安

  名前   投球回 打者 投球 安打 三振 四死 失点 自責
● 潮崎   3   15 60  3  3  3  4  4
  田崎   1    7 26  3  1  1  3  3
  小野   1    5 19  0  1  2  0  0
  芝崎   2   10 41  3  2  1  1  1
  森    1    5 22  1  2  0  0  0

北海道日本ハムファイターズ
守  名前    打 得 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
(8) 西浦    3 2 0 0 空振    四球 空振    四球 中飛
(4) 稲田    4 1 2 2 中飛    左犠 中二    空振    左安
(5) 林     5 1 3 2 中飛    左二 中安    右安    遊失
(D) エチェバリア4 0 1 2    遊ゴ 右安 右飛    右飛
HD 田中賢   1 0 0 0                      空振
(9) 上田    3 0 1 1    二ゴ 四球    四球 三安    三ゴ
(3) 渡邉    4 0 0 0    三ゴ 空振    空振 空振
3  山田憲   1 0 0 0                      空振
(7) 飯山    4 1 1 1       空振 中本 三ゴ    左飛
(2) 實松    1 2 0 0       四球 四球 四球    三ゴ 
(6) 尾崎    4 1 2 0       中安 捕邪 左飛    左安

  名前   投球回 打者 投球 安打 三振 四死 失点 自責
○ 江尻   6 2/3 26  101  5  3  1  5  5
  高橋憲    1/3  3 11  2  0  0  1  0
  立石   1    3 13  1  0  0  0  0
S 武田   1    3 10  0  2  0  0  0


二塁打 林(日)、稲田(日)、後藤武(西)
本塁打 栗山 (西)2[ソロ=江尻×2]、G.G.佐藤(西)[ソロ=江尻]、飯山(日)[ソロ=田崎]
盗塁  上田(日)[5回裏] 〈打者渡邉〉
失策  渡邉(日)[6回表] 、上田(日)[7回表]、黒瀬(西)[8回裏]
残塁  西 2、日 10
審判員 PL 新屋、1B 鈴木、2B 山路、3B 橋本 

得点経過
1表 L1−0F 栗山がバックスクリーン左へ先頭打者ホームラン
〃  L2−0F 二死後、4番G.G.佐藤も、左中間へソロホームラン
3表 L3−0F 栗山がファウルで粘って、10球目をバックスクリーン(?)にこの日2発目のソロホームラン
3裏 L3−1F ヒットと四球で一死満塁となり、稲田がレフトにライナー性の犠牲フライ
〃  L3−2F 続く二死一、二塁のチャンスに、林がレフト線にタイムリーツーベースを放ち一人生還
〃  L3−4F さらに二死二、三塁となって、エチェバリアがライト前に2点タイムリー
4裏 L3−5F この回代わった田崎から、飯山が右中間にソロホームラン
〃  L3−6F 二死二塁となって、稲田がセンターににタイムリーツーベース
〃  L3−7F 続く林がセンターにタイムリーヒット
6裏 L3−8F 二死一、二塁から、上田が内野フライを打ち上げるも大きく風に流され、
         サード後藤武敏取れずセカンドランナー生還(記録はヒット)
7表 L4−8F 二連打で一死一、三塁となり、上本がセンターに犠牲フライ
〃  L6−8F さらに二死一、二塁となって、栗山がライト前にヒットを放つ。
         上田好返球するも間に合わず、交錯プレーで捕手實松後ろにそらす。(ここで一人生還)
         これをこの回代わった高橋憲幸がカバーリングしておらず、さらに一人生還。(記録は上田のエラー)

選手寸評

■江尻慎太郎(日)
本塁打3本を含み、7回途中で5失点もフォアボール0で内容はまずまず。
確かに本塁打は全部風により入った感もあるが、7回での息切れも含め、次回への課題であるのは確か。
細かいところを修正すれば、1軍ローテの定着も可能ではないだろうか。

■高橋憲幸(日)
内容でいいか悪いかが分かるタイプではないが、この日は調子が悪かった模様。ただ、カバーリングを忘れていたのは罰金もの。

■稲田直人(日)
だんだん稲田ウォッチャーと化してきています(笑)。この日も2安打2打点。
センターからレフト方向へはじき返すのが非常にうまいなあと感じました。

■實松一成(日)
3四球を選び、チームに貢献。だがそれよりも驚いたのが、4回での走塁。
四球で歩いた後、尾崎のネット際のフライを上本がスライディングして好捕したと思いきや、すかさずセカンドにタッチアップ。
タイミングは正直微妙でしたが、好走塁を見せてくれました。

■潮崎哲也(西)
2回まで完璧も3回から急に制球が乱れて4失点。あまりにも突然崩れたのでこっちがびっくりしてしまいました。

■栗山巧(西)
皆さんがよく取り上げていましたので、観戦を楽しみにしていた選手。この日は先頭打者本塁打を含む、2本塁打3打点。
2本とも風に乗ったホームランであったが2発目は秀逸でファウルで5球粘ったあとに叩き込んでいる。

■後藤武敏(西)
記録上失策は一つもないが、守備でまずいプレーが2回ほど。
1回目はフライを風を見誤り取れず、2回目はファウルフライに猛ダッシュして、打球により近かった上本を躊躇させてしまった。
外国人3人が一軍にいてつらい状況なのかもしれないが、そういう時期だからこそ守備でもアピールしたいところだったが・・・


2004年 8月18日 ウエスタンリーグ サーパス−中日(北神戸)報告者:いかさん

怒涛のウエスタン2連戦 8/18サーパス対中日(北神戸)

目指せ!ふんぼるとさん!ということで(ふんぼるとさん、ごめんなさい)
連戦であじさいスタジアムに行って来ました。
市内は晴れていたが六甲山の向こうの球場周辺は雨。試合は途中中断しながらも
最後まで行われました(びしょびしょになりましたが)。傘を持っていなかった
のですが、こちらも意地で新聞でしのぎながらの観戦。7回頃からは青空ものぞきました。
試合終了後新神戸から新幹線に飛び乗り帰京。観戦記は新幹線内で作成しました。

ウエスタンリーグ公式戦サーパス神戸対中日ドラゴンズは5対2でサーパスが勝ちました。

8月18日(水)サーパス神戸対中日ドラゴンズ後期第7回戦(あじさい北神戸、13時、観衆約100人)
                  R H E
中  日 000 000 002 | 11 0
サーパス 010 010 30× | 11 0

(中)●宮越(5回1/3)、小山(2/3回)、正津(1/3回)、植(2/3回)、筒井正(1回)−清水、前田章
(サ)○萩原(6回2/3)、加藤(1回1/3)、吉井(1回)−前田

勝利投手:萩原1勝
敗戦投手:宮越3勝3敗
審 判:球審・岡田、一塁・吉川、二塁・金子、三塁・柿木園
本塁打:副島3号ソロ(7回裏、植)
二塁打:副島(4回裏)、喜村(6回表)、仲沢(7回表)、前田(7回裏)
併殺打:森岡2(3回表、7回表)

 ※3回表、中日の攻撃中に降雨のため22分間中断

【打撃成績】
(中日)   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 G 土谷  430 中安    右安    右飛    四球    右安
 E 森岡  510 中安    併殺    二ゴ    併殺    一ゴ
 DH 関川  322 左飛    四球       三安 四球    右安
 C 喜村  520 遊ゴ    右安       右2 一ゴ    一ゴ
 F 中村  400 右飛    一邪       三振    二ゴ
 H 森   200    三振    三振
 H9都築  100                四球    三振
 D 堂上  200    三振    三振
 5 筒井壮 200                三振    遊ゴ
 A 清水  310    右安    二ゴ    三振
 2 前田章 110                         左安
 B 仲沢  410    捕邪       右飛    左2    二ゴ
       36112

(サーパス) 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 G 佐竹  410 二ゴ    死球    左安 二飛    二飛
 DH 大島  310 一ゴ    犠打    右安 中飛
 H 上村  100                      二ゴ
 D 島村  500 三振    二直    一直    三振 三ゴ
 B 五島  411    中飛 右飛    中安    遊ゴ
 3 玉木  000
 F 副島  321    四球    右2 中飛    右本
 E 斉藤  100    四球    犠打    遊ゴ 四球
 H 中島  431    中2    中飛    三安 左安
 A 前田  312    二ゴ    三振    四球 右2
 C 牧田  420       中安    左飛 右安 右飛
       32115


【投手成績】
(中日)  回  打安球三失自
宮越    51/3 2784222
小山     2/3 200000
正津     1/3 100100
植      2/3 631033
筒井正   1  300000

(サーパス)回  打安球三失自
萩原    62/3 2984600
加藤    11/3 501100
吉井    1  630022

【戦評】
試合開始直後から7回まで雨が断続的に降り、両チームとも集中力がやや欠けた。サーパスは
2回に中島の二塁打で先制すると5回に五島の適時打で追加点。7回には中日三番手・植を捕え
3点を奪い試合を決めた。中日は6回に一死満塁、7回には無死一二塁と中盤以降の再三の好機
を作りながらあと1本が出なかった。

【注目選手】
■関川浩一(中)
やや元気のない打撃。しかし、9回には一二塁間を破る技ありのタイムリーを放ち一矢報いる。

■中村公治(中)
6回の好機に気負いすぎ。見え見えの釣り球に飛びついて三振。自分で同点にするんだという気合が
空回り。気合もいいがもう少し状況を見た打撃が欲しい。

■森岡良介(中)
7回に五島のゴロを半身でキャッチ、1回転しながら振り向きざまに送球しアウトにする。
守備のセンスはなかなかのものがあると感じた。一方で打撃は2併殺打とまるでだめ。特に7回は
送りバントを決められず強行し最悪の併殺打。結果的に試合の流れを決めるプレーだった。

■植大輔(中)
ややサイド気味。きょうは明らかに球威がなく変化球の曲がりも悪かったことから、直球を狙い打たれて
いた。球速はあまりないようなのでもう少し打者の胸元に切れ込むような変化球がないとしんどいと思う。

■萩原淳(サ)
序盤はやや球が浮き気味だったが、雨にも集中力を切らさないところはさすがにベテラン。7回に森岡の
ゴロ(結果は併殺打)を捕ろうとして手に当たった様子ですぐ降板した。心配である。

■副島孔太(サ)
直球はいつもうまく打つ。7回の本塁打は腕をうまくたたんでスタンドまで運んだ。

■吉井理人(サ)
2ストライクまでは行くのだが決め球で討ち取れない。吉井と言えば変化球。だが、最近何だか投げる
種類が少なくなった気がする。ちょっと寂しい気持ちになった。

【番外】
あじさいスタジアム北神戸
通称・あじスタ。車で行くと時間がかかる(高速を使うと別)が、電車だと不便という痛し痒しな球場。
三宮からは北神急行谷上駅で神戸電鉄に乗り換え、岡場駅下車。神戸市バス68系統で「菖蒲ヶ丘2丁目」
下車で徒歩10分、というのが恐らく一番近いがバスの便はかなり少ないので注意が必要。
関係ないが放送施設の故障なのか、試合中にかかる音楽の音とびが気になって仕方なかった。

中日選手団のバスの運転手
公園舗道上にバスを停車させたため、公園管理者からマイクで怒られる。
ちなみに阪神電鉄バスでした。そういうのはあまり気にしないようです。


2004年 8月17日 ウエスタンリーグ 阪神−広島(鳴尾浜)報告者:いかさん

怒涛のウエスタン2連戦 8/17阪神対広島(鳴尾浜)

帰省を利用してウエスタンリーグを観戦してきました。当初はあじさいスタジアムで行われる予定の
サーパス対中日を観戦する予定でした。自宅も球場も神戸市内なのになぜか所用時間2時間半。
やっとのことで着くとなんと中止(泣)。諦め半分で阪神球団に電話すると鳴尾浜は実施とのこと。
六甲北道路と国道43号線をぶっ飛ばして、何とか観戦することができました。
5回から雨が強くなり、8回からは本降りとなりましたが試合は最後まで行われました。

ウエスタンリーグ公式戦阪神タイガース対広島東洋カープは6対1で広島が勝ちました。

8月17日(火)阪神タイガース対広島東洋カープ後期第7回戦(鳴尾浜、12時半、観衆約150人)
                 R H E
広 島 002 040 000 | 9 2
阪 神 010 000 000 | 4 1

(広)○大島(7回)、沢崎(1回)、西川(1回)−鈴衛
(神)●前川(5回)、石毛(1回)、伊代野(1回)、筒井(1回)、加藤(1回)−狩野

勝利投手:大島 7勝7敗
敗戦投手:前川 1勝4敗
審 判:球審・山本、一塁・土山、三塁・吉本(三審制)
本塁打:朝山8号満塁(5回表、前川)
二塁打:天谷2(1回表、3回表)、鈴衛(2回表)、朝山(3回表)
盗 塁:天谷2、末永、比嘉、狩野
失 策:比嘉、大島

【打撃成績】
(広島)   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 C7福地  500 三振    左飛    中飛 三振    中飛
 G 天谷  330 右2    右2    死球 中安    四球
 H 廣瀬  200 三振    一ゴ    四球
 4 甲斐  200                三振       中飛
 B 松本奉 200 死球    四球    四球    右飛    三振
 F 朝山  326 一直    中2    左本
 9 末永  210                   中安    三振
 D 比嘉  310    中安 遊ゴ    死球    左飛
 E 松本高 410    三振    投ゴ 右飛    三安
 A 鈴衛  310    右2    三振 四球    三振
 @ 大島  300    三振    三振 三振
 H 井生  100                      三振
 1 沢崎  000
 1 西川  000
       3396

(阪神)   打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 B 的場  400 二ゴ    四球    遊直    三ゴ    三失
 C 上坂  300 遊ゴ    犠打    四球    投ゴ    二ゴ
 G6藤原  200 四球    右飛    四球       中飛
 E 沖原  420 左安    遊ゴ    遊ゴ       右安
 7 松下  000
 F8浅井  400 遊ゴ       三振    左飛    三ゴ
 H 早川  310    四球    左安    三振    三振
 A 狩野  411    左安    併殺    遊ゴ       右飛
 D 新井亮 000    犠打       四球    四球    死球
 @ 前川  100    三振
 H 中谷  100             三ゴ
 1 石毛  000
 1 伊代野 000
 H 中村豊 000                   四球
 1 筒井  000
 1 加藤  000
 H 萱島  100                         三振
       2741


【投手成績】
(広島)回 打安失責
大島  7 29300
沢崎  1 4100
西川  1 5000

(阪神)回 打安失責
前川  5 27666
石毛  1 3100
伊代野 1 5200
筒井  1 3000
加藤  1 3000

※2回裏からの観戦記になっています。それまでものは球場にいた方に教えてもらいました。

【戦評】
広島は朝山が5回表に左越えに満塁弾を放つなど、6打点をたたき出し快勝。阪神は再三ランナー
は出すものの5回以降強くなった雨に集中力を欠き、攻めが淡白だった。

【注目選手】
■大島崇行(広)
カープ期待の若手左腕。速球と大きく変化するカーブは緩急差がありタイミングが取りづらい。逸材だが、
試合による出来不出来の差が相当大きいのが課題。また、時折投球後に体が3塁側に流れる悪いクセがある。
ただ、ジュニアオールスターの経験は糧になったと思われる。欲を言えばもう一種類横の変化球が欲しいところ。

■朝山東洋(広)
満塁の好機に前川の棒球を軽くスタンドへ。一軍に上がっても数打席代打で出るだけですぐ戻ってしまう。
山本監督にお願いしたい。もう少し彼を我慢強く起用して欲しい。松本奉もそうなのだが・・・。

■天谷宗一郎(広)
縦横無尽の活躍。昨季のウエスタン盗塁王。出塁すれば脅威の足。阪神バッテリーをかき回す。

■福地寿樹(広)
足の速さや走塁技術はリーグでもトップクラス。それゆえ打力がもう少しあれば一軍レギュラーなのに
といつも思う。

■比嘉寿光(広)
早大では3番鳥谷4番比嘉。守備の時もベンチにいる時も人一番大きな声を出して盛り上げる。目立った
活躍はなかったものの好感が持てる。カープ球団初のワセダマンで近くで見るとかなりのイケメン。

■前川勝彦(神)
一軍ではダメでファーム直行だったが、とにかくコントロールが悪すぎる。打者の数メートル手前でワンバウンド
するボールが目についた。5回は雨で集中力が欠けたとは言え、3連続四死球を与えた上に朝山に打って下さい
と言わんばかりの力ない投球で満塁弾を被弾しまさに一人相撲。右打者の膝元に鋭い変化球を投げ込む力がある
だけに何とももったいない。

■狩野恵輔(神)
雨の影響はあっただろうがポロポロこぼし過ぎ。カープの選手に走られまくる。

■沖原佳典(神)
ライバルが今岡と言うのは確かに高い壁だが、きょうは2安打放つももう少し打撃に確実性が欲しい。
打撃が淡白すぎる時があり自らチャンスを潰している面が彼にはある。また、守備では8回の松本高の打球を
待ちすぎて内野安打に。コーチから叱咤の声が飛ぶ。

■的場寛壱(神)
7回裏大島が突然ストライクが入らなくなり、2者連続四球で無死一・二塁の好機。だが、初球をひっかけ
三ゴロの併殺打。大島が自滅しかかっていただけに状況をよく見た打撃が必要。進塁打を打つような工夫もなく
ただ何となしに打ったような凡打だった。

■筒井和也(神)
やや遅れ気味に手が繰り出されるため打者はタイミングが取りにくい。鋭く胸元に切れ込む変化球は右打者の
方がかえって打ちにくそう。一軍で使ってみても面白い存在になりそう。

■木下富雄監督(広)
ランナーが出ればどんどん走らせる積極策。一軍レギュラーは走れない選手が多いため、こういった作戦での
育成は的を得たものだと思う。

■鳴尾浜球場
激しい雨が降るもグランドに水溜りができることもなく最後まで試合が出来た。聞けば甲子園球場の
整備を担当する阪神園芸の方が鳴尾浜も整備されているとか。この球場で赤星や藤本らが鍛えられ一軍クラス
になった。強いチームは強いファーム作りからと思います。


2004年 8月17日 イースタンリーグ 西武−日本ハム(西武ドーム)報告者:suraさん(HP:Baseball Country)/せとさん(HP:ジャッジメントデイズ

suraさん編

2004/08/17 西武−北海道日本ハム (西武ドーム)

 000002020│
 000000100│

勝:岩本(4勝2敗)  敗:東(6勝6敗)

F 岩本(8)−高橋憲(1/3)−武田(2/3) ― 山田勝
L 東(6-1/3)−トモキ(2/3)−許(1)−小野寺(1) ― 椎木

本塁打 林13号2ラン(6回表・東)、實松3号2ラン(8回表・許)

■岩本勉(北海道日本ハム)
130キロ中盤から後半の直球と緩い変化球で西武打線を翻弄。被安打は中軸のみ。

■田中賢介(北海道日本ハム)
代打の1打席のみの出場。試合終了後、骨折した右足を冷やしていましたので復帰にはもう少しかかりそうです。

■稲田直人(北海道日本ハム)
打撃は無安打でしたが、守備では一・二塁間の打球をうまく捕球した好プレーがありました。

■西浦克拓(北海道日本ハム)
7回表に渡邉孝の折れたバットを足に当ててしまう。当てた直後は痛がっていましたが、試合終了までプレーを続行。

■東和政(西武)
19個のアウトのうち、12個のアウトが内野ゴロ。初見なのでよく分からないのですが、これが彼本来の持ち味なのでしょうか。

■許銘傑(西武)
やや上体だけで投げているように見えました。制球もよくなかったようです。

■G.G.佐藤(西武)
2打席目は西武ドームの天井直撃のヒット。凄いパワーだと改めて感じました。

スコアテーブルは
こちらです。



せとさん編

8月17日(火)西武ドーム
イースタンリーグ公式戦 鎌ヶ谷

ハム 000 002 020=
西武 000 000 100=

勝=岩本 負=東
ホームラン=林、実松

【日本ハム】  打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(8)西浦  520遊ゴロ   二ゴロ   三ゴロ   左安    中安
2(4)稲田  400一ゴロ   一ゴロ      遊直 一ゴロ   捕犠打
3(3)渡邊  510遊失       三ゴロ   左二 三ゴロ   遊ゴロ
4(5)林   412三ゴロ      逃三振   左本2   空三振
5(9)上田  410   一ゴロ   空三振   一ゴロ   右安
6(7)6飯山 420   右二       右安 二ゴロ   中飛
7(D)実松  412   空三振      三邪飛   遊ゴロ左本2
8(2)山田勝 420   三ゴロ      中安    左安 捕邪飛
9(6)尾崎  100      一飛    
  H 田中賢 100            捕邪飛
  7 佐藤  100                  四球    空三振
  7 山田憲 000
 (P)岩本 8回   31人 6安打 2四死球 1失点 
  P 高橋憲0回1/3   1人 0安打 0四死球 0失点
  P 武田 0回2/3   2人 0安打 0四死球 0失点

【西武】    打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(8)玉野  400遊ゴロ   遊ゴロ      二邪飛   遊ゴロ
  4 宮崎  000
2(7)栗山  200空三振      空三振   四球    四球   
3(5)中村  410空三振      三ゴロ   空三併   左二
  R 松坂健 000
  5 カズ  000
4(3)GG佐藤430   左安    遊安       左二 逃三振  
5(9)大島  420   中飛    中安       右二1   遊飛
6(D)後藤武 400   二飛    三ゴロ      逃三振   二ゴロ
7(4)6水田 400   左飛       空三振   三ゴロ   二飛
8(2)椎木  300      投ゴロ   三飛    右飛
9(6)黒瀬  200      空三振   二ゴロ      
  H8大友  100                     一直
 (P)東  6回1/3  28人 7安打 1四死球 2失点
  P トモキ0回2/3   2人 0安打 0四死球 0失点
  P 許  1回    5人 2安打 0四死球 2失点
  P 小野寺1回    4人 1安打 0四死球 0失点

審判員=鈴木、橋本、新屋、山路 記録員=加藤木


【得点経過】
6回表F=林ツーラン
7回裏L=大島タイムリー二塁打
8回表F=実松ツーラン

●西浦克拓(日)…7回二塁走者の時渡邊の三ゴロで折れたバットが直撃。倒れこむが復活。
●稲田直人(日)…このところ勝負強さを見せているが今日はお休み。バントを1つ決める。
●渡邉孝男(日)…前回の試合以来、タイミングが合っていない印象。
●林孝哉(日)…先制点となるツーランはレフトスタンド上段へ。毎試合活躍している。
●上田佳範(日)…東にはまったく合っていなかったが許からは完璧なヒット。
●飯山裕志(日)…右方向に2本。好調維持。
●實松一成(日)…ほーむらん!あえてDH起用した監督の采配を讃えるしかないでしょう。
●山田勝彦(日)…リードではよく声が出ています。打っても2安打。
●尾崎匡哉(日)…守備は、ゴロを捕球してから1塁へ投げる球が散らかるので注意。
●田中賢介(日)…代打で4回連続成功ならず。
●佐藤吉宏(日)…フルカウントからの四球はよくみた。4打席以上みたい。
●岩本勉(日)…前々回6回10安打、前回4回14安打だったが今日は別人。次が鍵。
●高橋憲幸(日)…左打者1人抑えて交代。一軍での登板場面を想定しての起用か。
●武田久(日)…今日も打者二人をしっかり抑える。安心して見られる投手。

●玉野宏昌(西)…一軍からの助っ人。でもやっぱりイースタンでもダメダメな印象が…
●栗山巧(西)…渡邊のレフトライナーを目測を誤り二塁打にしてしまう。打撃でもいいとこなし。
●中村剛也(西)…一軍からの助っ人。自慢の長打がでる。三塁の守備も確実性が増した。
●G.G.佐藤(西)…西武で一人気を吐く3安打。しかし8回2死2.3塁で見逃し三振は痛い。
●大島裕行(西)…タイムリーを含め、ランナーがいる場面での2安打。いい選手ですね。
●後藤武敏(西)…「この人去年一軍で4番打ってた人だよね」と言ってる人が。全然ダメ。
●水田圭介(西)…今日はいいとこなし。ケガの影響はない様子。
●椎木匠(西)…東の好投は椎木のリードがよかったからなのかな?
●黒瀬春樹(西)…岩本にねじふせられる。なんでもないゴロを落としてエラーしてしまう。
●東和政(西)…今年初めて見ましたが、非常によい投球内容でした。好調維持できるか。
●トモキ(西)…7回1死満塁のピンチで登板し一ゴロ、三ゴロに抑える。ナイスピッチング。
●許銘傑(西)…実松にホームランを浴びてしまう。初めて見たがとくに印象なし。
●小野寺力(西)…二軍の投手の中では抜けて球が速い。佐藤あたりは完全に振り遅れていた。


【おまけ】
朝9時ごろから西武第二球場で投手陣が練習をしていました。
確認できたのは
11森慎二   12武藤潤一郎 14小野寺力 
16潮崎哲也  23許銘傑   24眞山龍   
35田崎昌弘  38トモキ   48松川誉弘  
53青木勇人  54芝崎和広  62杉山春樹  
63竹内和也  66福井強   67小野剛   
69東和政

各自、キャッチボールや走り込み。
私の目の前では竹内と松川がキャッチボール。
松川は投球時、右足を上げてから1回身体を沈ませて、それから投げていました。
竹内と潮崎はその後ブルペンへ。
遠目でしたが、潮崎はストライクゾーンにボールがいってないようで心配。
竹内は速球がズバズバ決まっていました。
竹内が鳥谷部に「ちわっす」と声をかけるのをみて、ああ、鳥谷部も兄貴分の
年齢になったのだなあ、と感慨深くなりました(笑)。
外野フェンス際を黙々と走りこんでいたのは芝崎。
目立たないけど意気込みが伝わってくるようで、がんばってほしいなと思いました。
眞山、鳥谷部、杉山は内野でみっちりノックを受けていました。
三塁付近で待っていて、まずショートに転がってきたゴロを捕り、
さらに続けて一二塁間に転がってきたゴロを捕るハードな内容でした。
野手陣では平尾博嗣選手が右肩を気にしながら筋トレ。
犬伏、野田、上本の3捕手が投手陣の球を受けていました。


2004年 8月16日 イースタンリーグ 巨人−湘南(東京ドーム)報告者:せらふぃにさん/せとさん(HP:ジャッジメントデイズ)/子連れさん

せらふぃにさん編

-試合開始前バージョン-

東京ドームに行ってきました。今日の試合は川崎対湘南です。実は東京ドームでの試合は
生まれて初めてです。小学校の時に近くに行ったことがあります。
東京ドームまで約1時間30分かかるので早めの10時半に家を出発。
途中、東海道線である仲間の人とれっくさんと合流。いっしょに東京ドームへ。
東京ドーム到着は思ったより早く11時40分ごろ。12時30分からグラウンド内へ
入れる芝生で遊ぼうイベントに参加。いっぱい並んでいましたが、知り合いの
男の子に先頭付近に入れてもらい先着50名のスピード競争にも参加。
ドームの芝は横浜の本拠地横浜スタジアムと同じものでした。
イベント終了後から開門時間までは長くふらふらどこかに遊びに行きました。
東京ドームへ行く道には都市対抗野球のたて看板がありました。
れっくさんがたて看板の間違えに気づいていました。とくに
人名の漢字が違うものが多くありました。この日は湘南の友の会または
シーズンパスを係員に提示で無料とあって川崎ファンの方に負けず
湘南ファンも多くいました。試合前の感想でした。


-試合の内容バージョン-

さて、開門してしばらくたつとバッテリーが発表されました。普通は
先攻チームから発表しますが川崎からの発表です。川崎の先発は河原。
湘南はまたまた吉川でした。河原は前回は5回5失点だったそうです。
また、吉川もここのところいいピッチングが見られません。
     〜試合の流れ〜  表・裏といきます。
〜1回〜 トップは調整の田中一は遊ゴロ。2番、3番もたおれ三者凡退。
     長田が2塁打。四番の吉川のタイムリーで先制。吉川対吉川は吉川の勝ち!
〜2回〜 小田嶋、北川安打で呉本が2塁打も北川ホームタッチアウト。1点のみ。
     岩館が四球を選ぶも後続続かずチェンジ。
〜3回〜 吉川、田中一安打で野中が送りバント。小池、古木、小田嶋の連打で
     この回5安打3得点の猛攻。
     猛攻に反撃したいところだが1番からの好打順も三者凡退。
〜4回〜 8、9番がたおれるも田中一安打。ところが、盗塁失敗でチェンジ。
     吉川が四球。大須賀の安打でホーム生還。これで4-2になる。
〜5回〜 2番からの好打順も三者凡退。河原が調子が上がってきた!
     山田安打、長田四球、矢野が痛い死球で山田がホーム生還。
〜6回〜 またも、三者凡退。
     すべて内野ゴロで三者凡退。
〜7回〜 吉川に変わって代打河野安打も後続続かず・・・。
     長田が四球をえらぶも後続凡退でチェンジ。
〜8回〜 投手が2回交代してほんろうされたかまたも三者凡退。
     吉川四球も三者連続三振。
〜9回〜 代打福本のレフトスタンドへ飛び込む本塁打で突き放す。
     2者連続三振で山田四球も次の打者がまた三振でゲームセット。
結果は5-3で湘南が久しぶりの勝利です。
勝利投手 吉川  敗戦投手 河原  セーブ 富岡  でした。
両投手のピッチング成績は-選手バージョン-で紹介します。


-選手バージョン-

今日活躍した選手にスポットライトを当ててみます。
まず、勝った湘南から。

湘南 投手編
■吉川輝昭(湘)
投球成績  回数6 打者26 球数104 安打4 三振2 四死球2 失点26回で100球ですからまあまあでした。球速は早いときで145k/mを超えていました。富岡 投球成績  回数1 打者4  球数20  安打0 三振3 四死球1 失点0山田を歩かせてもアウトは全部三振でした。すごかったです。

湘南 野手編
■田中一徳(湘)
打撃成績  打数4 安打2   他の打数はすべてゴロでした。俊足を見せようと果敢に盗塁。しかし、村田にさされてしまう。

■小池正晃(湘)
打撃成績  打数4 安打1 打点2
2打席目に2点タイムリー2塁打を打ちました。勝利に貢献しました。続いたは残念ながら敗れた川崎。

川崎 投手編
■河原純一(巨)
投球成績 回数6 打者29 球数103 安打10 三振3 四死球1 失点2安打が10は少し気になる。そのほかは吉川と似ている成績であった。

川崎 野手編
■吉川元浩(巨)
打撃成績 打数1 安打1 打点2
タイムリーヒットと犠牲フライをきっちり打って2打点の活躍。

湘南 番外編
■応援団
今日は数名と外野で有志の方とメガホンと気合の入った声で応援していました。

川崎 番外編
■スピードガンのおじさん
グラウンドイベントのスピードガン測定で元気に関西弁で司会役をしていました。(普段は何をしているのかな?)


今日、東京ドームに行かれた方お疲れ様でした。また、れっくさんお世話になりました。湘南ファンの子連れさん本日の東京ドームはいかれましたか?
次回は25日の横須賀で行われる試合を観戦する予定です。そのときはまたよろしくお願いします。



せとさん編

8/16巨人VS湘南(東京ドーム)

8月16日(月)東京ドーム
イースタンリーグ公式戦 巨人vs湘南 観衆1万2000人

湘南 013 000 001=
巨人 100 110 000=

勝 吉川 2勝3敗1S
S 富岡 1勝1敗7S
負 河原 1勝2敗0S
ホームラン=福本8号

【湘南】    打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(8)田中一 420遊ゴロ   右安 右安       投ゴロ
2(7)野中  300一ゴロ   投犠打   空三振   左飛
  1 村西  000
  2 武山  000
3(3)小池  412中飛    右二2   二直       三ゴロ
4(9)古木  410   空三振右安    二ゴロ      二ゴロ
5(2)小田嶋 420   中安 左安       遊飛    二飛
  1 デニー 000
  1 富岡  000
6(4)北川  210   右安 四球       空三振      
  H4福本  111                        左本1
7(6)木村  400   左飛 中飛       二飛       中飛
8(5)呉本  410   中二1   三ゴロ      捕邪飛   中飛
9(1)吉川  210      右安 二ゴロ
  H7河野  210                  中安    空三振
 (P)吉川 6回   26人 4安打 4四死球 3失点
  P 村西 1回    4人 0安打 1四死球 0失点
  P デニー1回    4人 0安打 1四死球 0失点
  P 富岡 1回    4人 0安打 1四死球 0失点

【巨人】    打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(8)7山田 410遊ゴロ   右飛    中安    中飛    四球
2(4)長田  210左二    アウト   四球    四球 
  H 原   100                        空三振
3(9)矢野  200遊ゴロ   遊ゴロ   死球
  H9中浜  100                  投ゴロ
4(3)吉川  112左安1      四球 中犠飛1     四球
  R8井出  000
5(2)村田  400遊ゴロ      二飛 遊ゴロ      空三振
6(7)レイサム400   中飛    二ゴロ   遊ゴロ   空三振
  3 福井  000
7(6)大須賀 411   空三振   中安1   三ゴロ   逃三振
8(5)岩舘  300   四球    遊ゴロ   二ゴロ      空三振
9(1)河原  200   逃三振      アウト
  H 野村  100                  空三振
  1 南   000
  1 柏田  000
  H 三浦  100                        空三振
 (P)河原 7回   29人10安打 1四死球 4失点
  P 南  0回1/3   1人 0安打 0四死球 0失点
  P 柏田 1回2/3   6人 1安打 0四死球 1失点 

審判員=萩原、深谷、石山、牧田

【得点経過】
1回裏G=吉川タイムリー
2回表S=呉本タイムリー二塁打
3回表S=小池2点二塁打、その後1.3塁となり1塁走者古木が牽制球で挟まれてアウトと
     なる間に3塁走者小池がホームに突入しセーフ
4回裏G=大須賀タイムリー
5回裏G=吉川犠牲フライ
9回表S=福本ソロ

【感想】
試合開始前、首位日本ハムと2位巨人のゲーム差は1.5。
日本ハムファンの心情として、昨日の高崎でのヤクルトの応援に続き、
今日は湘南を応援してきました。
湘南は7月31日から7連敗中でしたが、8月初勝利。
田中一、野中、古木、小田嶋と一軍から4人の助っ人を借りての勝利でした。
七野と14日に復帰した吉村が欠場したのが心配。
一方巨人は7連勝の後2連敗。
ここ2試合、9回ツーアウトからハーフスイング三振で終了と消化不良になっています。


●田中一徳(湘)…この日まで一軍では.263なのに二軍では.172でしたが、今日は2安打。
●野中信吾(湘)…3回無死1.2塁からきっちりバントを決める。レフトを守ったのは初めて見た。
●武山信吾(湘)…8回からマスクをかぶる。小田嶋鶴岡新沼が抜けた湘南を守るのは武山!
●小池正晃(湘)…チャンスでしっかり打点をあげられる選手。いまの湘南では突出している。
●古木克明(湘)…久しぶりに見ました。横浜で頑張ってるようでうれしいですね。牽制死あり。
●小田嶋正邦(湘)…1年目はサードを守ることもあった小田嶋、すっかり湘南離れ。貫禄の2安打。
●北川利之(湘)…足が速く選球眼もあり相手チームから見ると最も嫌なタイプかも?
●福本誠(湘)…代打で出てレフトポール際へホームラン。まずはレギュラーを奪い返したい。
●木村昇吾(湘)…今日は4打席とも打ち上げてしまう。ショートの守備は安定。
●呉本成徳(湘)…いま湘南で最もイキのいい選手。今日もタイムリーで貢献。
●河野友軌(湘)…毎試合確実に出塁しています。03年入団組野手はいい選手ばかり。
●吉川輝昭(湘)…前回巨人戦5回3失点から中4日。相変わらず球が散らかり見ていて恐い。
●村西哲幸(湘)…無難な内容?
●デニー友利(湘)…ボール先行で不安だったが1イニング3三振は見事。
●富岡久貴(湘)…昨日の先発予定が中止で今日はリリーフ。でもって次の試合で先発予定とか(汗

●山田真介(巨)…昨日も書いたんですが、本当に印象に残らないんです。なんでだろう…
●長田昌浩(巨)…3出塁はすばらしい。守備も安定。
●原俊介(巨)…ノースリーから2球見送って1塁に歩こうとするがいずれもストライクで結局三振。
●矢野謙次(巨)…吉川から死球を受けて引っ込んでしまう。いま好調なだけに心配。
●中濱裕之(巨)…矢野に代わって代走から出場。いいところなし。でも打席に入ると打ちそう。
●吉川元浩(巨)…もはやイースタンでは敵なし。必ず昇格のチャンスがあるはず。がんばれ!
●井出竜也(巨)…イースタンで代走という現状。一軍で.043、二軍では今季10打数0安打では仕方ない。
●村田善則(巨)…5回の押せ押せの場面でヒットが出ていれば…。4打席目にはスリーバント失敗。
●レイサム(巨)…健気にイースタンに出場して頑張っているとは思うが、結果が出ない。
●福井敬治(巨)…今日二軍に降格。9回の守備のみ出場。打席機会なし。
●大須賀充(巨)…チャンスで打てるようになってきた。そろそろ化けるか?
●岩舘学(巨)…今日はとくに印象に残るプレーなし。
●野村克則(巨)…知名度あるはずも登録名を本名に戻したため地味な存在になってしまっている。
●三浦貴(巨)…ずっとレギュラーを張っていたがこのところスタメン落ちも。長打力アピールしたい。
●河原純一(巨)…マウンド上で首ひねるシーン多数。リリーフだめ、先発だめでは厳しいか。
●南和彰(巨)…打者一人を抑えただけで交代。もっと見たいー!
●柏田貴史(巨)…連投。福本に一発浴びるも無難に抑える。



子連れさん編

日焼け軍団ドームに集合!川崎vs湘南

 水道橋のメロンパンでプロの観戦は12年ぶりでした。あの時は日ハムVs大洋のオープン戦,期待の友利が先発し好投でしたっけ。
 せらふぃにサン,れっくサン,小川一家に皆さん。お疲れ様でした。選手はもちろん,スタンドの我らも日焼け顔。ドームのナイターには気恥ずかしい顔ぶれでした。
 簡単に印象を。1番田中一徳・2番野中信吾,将来のYBコンビがデビュー!結果はこれからですが,注目に値するスタメンでした。先発の吉川輝昭はよく走りました!走るの嫌いな彼が出塁し,結局ホームまで戻ってきたドタドタ姿がよかった。牽制によるセカンド帰塁の懸命さは吉川らしい朴訥さが出ていました。投球内容は荒削り,夢中になると余裕なく,ひとり野球に没頭。ただ球がとっ散らかっていた分,川崎の面々はマトが絞れず「好投」でした。がしかし,降格後少しずつ良くなって来ている姿が昨夜は観られました。守備では遊撃の木村昇吾,ことごとく昨夜は彼の所に球が集まるも,難なく処理。そう観える裏には日々の鍛錬があるからでしょう。「好守・木村」でした。
 さて,昨夜の村西哲幸。7回裏頭から登板,イニング1・球数18・K1・四球1・内ゴ1・外フ1。この外野フライはセンター田中一徳の好守に助けられました。先頭の野村を3球三振,山田へはSSと追い込みながら6球投じて外フ,長田を初球こそSながら4連続●,中濱へは●からの2球目を変化球で引っ掛け内ゴロ。と,細かに観れば「危ねー」内容。結果よしよしの内容でした。Max139,先日の平塚よりも右肘の振れ具合は安定していました。
 昨夜はスタンドに選手・スタッフの家族や友人,日頃は警備誘導で活躍の横浜シミズの面々も観戦していました。そう言う点では「夏休みの一日」的なゲームでもありました。そう言えば,吉村裕基の姿がありませんでした。心配なり。


2004年 8月15日 イースタンリーグ ヤクルト−巨人(高崎)報告者:報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ)/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

せとさん編

8/15ヤクルトvs巨人(高崎)

※どうも、日本ハム二軍の試合でドラム叩いているせとさんです。
15日は横須賀が中止だったので、2位巨人の試合をチェックしに
高崎まで行ってしまいました。

8月15日(日)高崎
イースタンリーグ公式戦 ヤクルトVS巨人

巨人 100 000 001=
ヤク 201 000 00×=

勝=花田 S=吉川 負=真田

【巨人】    打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(8)井出  300逃三振   右飛    遊飛       
  H 原   100                     空三振
  1 木村  000
2(7)山田  410右二    一ゴロ      三ゴロ   中飛
3(9)矢野  411中安1   一ゴロ      左飛    空三振
4(5)吉川  411三ゴ併      空三振   空三振      左本1
5(3)三浦  400   三直    投ゴロ      中飛    右飛
6(6)岩舘  100   四球    四球       逃三振   中安
  6 大須賀 110 
7(4)長田  420   右安    投ゴロ      逃三振   中安
8(2)佐藤弘 200   二飛       三ゴロ
  2 村田  210                     左安 空三振
9(1)真田  200   中飛       空三振
  1 柏田  000
  H7中浜  210                     右安 空三振
 (P)真田 5回1/3  28人 9安打 2四死球 3失点
  P 柏田 1回2/3   6人 1安打 0四死球 0失点
  P 木村 1回    6人 2安打 1四死球 0失点

【ヤクルト】  打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
1(8)飯田  200右邪飛二飛        
  7 内田  100         四球    捕犠打   遊ゴロ
2(9)8青木 541中安    中本1右二    一ゴロ   右安
3(3)ユウイチ420左安    右安 三直    中飛    四球
4(5)畠山  520遊失    右安    遊ゴロ   中二 二飛
5(7)9本郷 311遊ゴロ1  右飛    右安
  H9牧谷  100                  一ゴロ
6(6)4梶本 311右安1   二ゴロ   四球    中飛
7(4)丸山  300遊ゴロ   投ゴロ   二ゴロ
  H4大塚  100                  空三振
  6 大原  000
8(2)米野  400   遊ゴロ   二ゴロ空三振      右飛
9(1)花田  420   二ゴロ   遊ゴロ   中安    中安
  1 吉川  000
 (P)花田 8回1/3  34人 8安打 2四死球 2失点
  P 吉川 0回2/3   2人 0安打 0四死球 0失点

審判員=石山、萩原、有隅、小林 記録員=新向井

【感想】
日本ハムファンとしては、2位巨人との差を広げたいため、今日はなんとしてでも
ヤクルトに勝ってもらいたい試合でした。
試合は9回、巨人が吉川のホームラン1点差に追い詰め、さらに連続ヒットで
逆転のランナーが出るという展開に、非常に盛り上がりました。
詳しい戦評はふんぼるとさんお願いします!


●井出竜也(巨)…一軍で1割未満のようですが、二軍でも絶不調。実力ある選手だけに奮起を期待。
●原俊介(巨)…8回ノーアウト1,2塁の場面で代打出場し三振…。打撃でアピールしたいが。
●山田真介(巨)…何度みても印象に残りません。ごめんなさい。一打席目は一塁線を際どく破る。
●吉川元浩(巨)…地元群馬出身。ゲッツー→三振→三振ときて4打席目で19号ソロ。本領発揮。
●三浦貴(巨)…守備ではトンネル(記録はヒット)。打球処理がまだ慣れていない感じ。
●岩舘学(巨)…初回、ゲッツーをあせったのか、ゴロをこぼしてしまい、失点につながる。
●大須賀充(巨)…疲れのみえる花田の球をきれいにセンター前へヒット。
●長田昌浩(巨)…一打席目のヒットは粘り勝ち。セカンドの守備範囲が広くグッド。
●佐藤弘祐(巨)…層厚い二軍捕手陣の中でルーキーが先発起用もいいとこなし。
●村田善則(巨)…柏田に対して強気のリード。9回表にスクイズを試みて失敗したのが痛い。
●中濱裕之(巨)…試合中ブルペン近くでずっと素振り。代打で登場して強烈なヒット。さすが。
●真田裕貴(巨)…今日も悩める真田は変わらず。11敗目…。
●柏田貴史(巨)…間合いが長いのが気になるが無難に抑える。左の中継ぎとしてはきっちり。
●木村龍治(巨)…お得意の一人相撲で満塁のピンチを作るが畠山の打ち損じに助けられる。

●飯田哲也(ヤ)…つまった当たり二本でいいところなし。2回で早々と交代。
●内田和也(ヤ)…二打席目のバントはきれいに決めた。小技はできる。あとは通常の打撃…。
●青木宣親(ヤ)…今日も大当たり4安打。三塁打が出ればサイクルだった。二軍レベルではない。
●ユウイチ(ヤ)…青木と畠山に打順で挟まれて印象が薄いが、今日はすべて痛烈な当たりで好調。
●畠山和洋(ヤ)…ヤクルト二軍の中でも突出してがっちりした身体。二軍不動の4番から昇格したい。
●本郷宏樹(ヤ)…1安打は三浦のトンネルでのもうけもの。本来の調子を早く取り戻したい。
●牧谷宇佐美(ヤ)…バント失敗で2ストライクの後、無理やり右方向に打って進塁打。合格点か?
●梶本勇介(ヤ)…一打席目のタイムリーは見事。打撃は好調維持。
●丸山泰嗣(ヤ)…この人を見に高崎まで行ったようなものです。しかし3タコ。走塁時身体が硬い。
●大塚淳(ヤ)…柏田に簡単に追い込まれて落ちるボールに空振り三振。守備ではよく声出る。
●大原秉秀(ヤ)…最後の緊迫した場面で守備固めに起用されるのは評価されている証拠。
●花田真人(ヤ)…9回に息切れしてしまったが、よく抑えた。先発要員として期待大。
●吉川昌宏(ヤ)…9回のピンチに打者2人を連続三振でしのぐ。そろそろ本来の実力発揮か。



ふんぼるとさん編

2004年8月15日 ヤクルト−巨人 15回戦

N高崎市城南野球場(巨人9勝5敗1分)
      
 巨  人 100 000 001│
 
ヤクルト 201 000 00×│
 
 勝 花 田 5勝2敗0S 登板13
 S 吉 川 2勝1敗4S 登板21
 負 真 田 3勝11敗0S 登板21

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 井 出 300 見振    右飛    遊飛
  H  原  100                      空振
  1 木 村 000
  F8山 田 410 右2    一ゴ       三ゴ    中飛
  H 矢 野 411 中安    一ゴ       左飛    空振
  D 吉 川 411 三併       空振    空振       左本
  B 三 浦 400    三直    投ゴ       中飛    右飛
  E 岩 館 100    四球    四球       見振
  6 大須賀 110                         中安
  C 長 田 420    右安    投ゴ       見振    中安
  A 佐藤弘 200    二直       三ゴ
  2 村 田 210                      左安 空振
  @ 真 田 200    中飛       空振
  1 柏 田 000
  H7中 濱 210                      右安 空振
  犠盗失併残─────
  01107 3482

       回   打安振球責
  ●真 田 51/3 289121
   柏 田 12/3 61100
   木 村 1   62010

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 飯 田 200 右邪 二飛
  7 内 田 100          四球    捕犠    遊ゴ
  H8青 木 541 中安    右本 右2    一ゴ    中安
  B ユウイチ  420 左安    右安 三直    中飛    四球
  D 畠 山 520 遊失    右安    遊ゴ    左2 二飛
  F9本 郷 311 遊ゴ    右飛    右安
  H9牧 谷 311                   一ゴ
  E4梶 本 311 右安    二ゴ    四球    中飛
  C 丸 山 300 遊ゴ    投ゴ    二ゴ
  H4大 塚 100                   空振
  6 大 原 000
  A 米 野 400    遊ゴ    二ゴ 空振       右飛
  @ 花 田 420    二ゴ    遊ゴ    中安    中安
  1 吉 川 000
  犠盗失併残─────
  100113 36123

       回   打安振球責
  ○花 田 81/3 348822
  S吉 川  2/3 20200


  本塁打  青 木(ヤ)3号@ (3回 真田)
       吉 川(巨)19号@ (9回 花田)
  二塁打  山 田(巨)    (1回 花田)
       青 木(ヤ)    (4回 真田)
       畠 山(ヤ)    (7回 柏田)
  犠 打  内 田(ヤ)    (6回 無死1塁 1走の花田が二進)
  犠打失  村 田(巨)    (9回 1死1、3塁 ファールでスクイズ失敗)
  盗 塁  岩 館(巨)    (4回 捕手は米野 打者は長田 二盗成功)
  失 策  岩 館(巨)    (1回 1死1、2塁 畠山の遊ゴロを弾く 2走の青
                    木が三進、1走のユウイチが二進)
  暴 投  木 村(巨)    (8回 2死1、2塁 2走の内田が三進、1走の青木
                    が二進)
  併 殺  ヤクルト     (1回 吉川 1死1塁 畠山−丸山−ユウイチ) 

  PL:石山 1B:萩原 2B:有隅 3B:小林 公式記録:新向井
  時間 3時間8分(13:32〜16:40)

得点経過
 1回表(巨) 1死2塁から矢野が中前打                巨  人1点目
 1回裏(ヤ) 1死満塁から本郷のショート併殺崩れの間に        ヤクルト1点目
       2死1、3塁から梶本が一、二塁間を破る右前打      ヤクルト2点目
 3回裏(ヤ) この回先頭の青木が右中間へソロホームラン        ヤクルト3点目
 9回表(巨) この回先頭の吉川がレフトポール際へソロホームラン    巨  人2点目

戦評
 他の地方開催に比べて『ボールくださ〜い合唱団』の数が尋常ではない高崎開催。2アウト
 になるとベンチ前の通路を占拠してしまい後ろの人の迷惑などかえりみず。指導者は注意し
 ないし、球場係員は固まってしゃべってるし…。高崎勤務者として市役所に投書してやろう
 かな。
 試合の方は巨人が初回に矢野のタイムリーで先制するも、ヤクルトはその裏にヒット2本と
 エラーでつくった満塁のチャンスに本郷のゲッツー崩れと梶本のタイムリーで逆転すると、
 3回には絶好調の青木のホームランで突き放す。巨人も9回に地元群馬出身の吉川のホーム
 ランが出て1点差とし、更に1死1、3塁のチャンスをつくり先発の花田をマウンドから引
 きづり降ろすと、村田が吉川の初球にスクイズとセコい…じゃなくて、勝利への執念を見せ
 るも吉川がピシャリと抑えてヤクルト逃げ切り。巨人はゲッツー崩れ4つと二遊間に不安。
 これで2位巨人と首位日本ハムのゲーム差は1.5ゲーム。

選評
 井 出(巨) 思わずスコアブックに背番号5と書きそうになってしまった井出。一軍で出場
       機会に恵まれずこちらで調整も3打数0安打。1打席目は打ちごろのカーブで
       見逃し三振すると、2打席目、3打席目はポップフライ。

 長 田(巨) 一、二塁間を、また、二遊間を抜けるかという当たりを再三再四の好プレー。
       単体では良いのだが、何故か岩館とのコンビネーションがダメ。併殺取れず。

 真 田(巨) 2回は三者凡退も前後の1回と3回は共に3安打を浴びるという不安定なピッ
       チング。打者29人から三振を1つしか奪えず。


 花 田(ヤ) 今まで見たなかで一番のデキだった花田。ボールが良く低めに集まっている上
       に球に伸びがあったのか詰まらせての内野ゴロの山を築く。7回まで3安打に
       抑えるも、疲れの見えてきた8回に2安打。9回に吉川に花を持たせて降板。
       惜しくも完投を逃がす。

 青 木(ヤ) 今日も4安打猛打賞。三塁打が出ず惜しくもサイクル安打を逃がす。


2004年 8月14日 イースタンリーグ 西武−ロッテ(飯能)報告者:横須賀マリンさん

2004年 8月14日 イースタンリーグ西武−ロッテ(飯能)

浦和 000 400 003 = 
所沢 000 200 100 = 

勝=長崎  負=武藤

本塁打 水田(7回裏無死 レフトオーバー 投手浅間)
二塁打 青野(4回表一死一三塁 センターオーバー)
    平尾(4回裏無死 左中間)
    後藤武(4回裏一死二塁 右中間)
    大島(4回裏一死二塁 右中間)
    ユウゴー(6回表一死 右中間エンタイトル)
    GG佐藤(8回裏無死 レフト線)
盗 塁 塀内(4回表一死一三塁 二盗 打者早坂)
盗塁死 寺本(4回表二死一三塁 一走として その間に三走生還)
犠 打 清水将(2回表無死一塁)
    ユウゴー(4回表無死一二塁)
    塀内(4回表一死一三塁 投手武藤のエラーで一塁に生きる)
    曽我部(9回表無死一塁)
犠打失 寺本(4回表一死二三塁 セーフティースクイズで三走早坂が本塁タッチアウト)
失 策 武藤(4回表一死二三塁 塀内のスクイズをトンネル)
    水田(9回表一死一二塁 澤井のライトタイムリーヒットで一走の今江が三塁へ。
       ライトからサードへの送球間に澤井が二進を狙い、
       それを刺そうとサード水田がセカンドへ悪送球し今江が生還)
併 殺 所沢1(9回表一死一塁 黒瀬−宮崎−高木大 打者ユウゴーの遊ゴロ)

        打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(一) 青野  511 二ゴ 遊飛    中2@      三ゴ 右飛
(右) 寺本  510 二ゴ    一ゴ 投ゴ       一ゴ    一安
(中) 喜多  310 中安    左飛    一ゴ
 打中 曽我部 110                   左安    捕犠
(三) 今江  410 中飛    三ゴ    空振    遊安    死球
(指) 初芝  110    左安    四球
 走指 澤井  211             一ゴ    四球    右安@
(捕) 清水将 421    投犠    左安    左飛 空振    左安@
(左) ユウゴー420    三ゴ    投犠    中2    右安 遊併
(二) 塀内  201    四球    投犠@   空振    遊飛
(遊) 早坂  311    四球    右安@   中飛    二飛
        34125

       回  打安振球失責
 ○長崎   5   2263122
  浅間   3  1431211
  田中良  1  301000

        打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中)左 栗山  510 空振    二ゴ    中安    左飛    二ゴ
(遊) 黒瀬  510 中安    中飛    空振    一ゴ    二飛
(三) 平尾  110 四球       中2
 一  高木大 310             中安    右直    空振
(指) GG佐藤 410 右飛       遊ゴ 空振       左2
 走指 松坂健 000
(一)三 後藤武 311 二ゴ       右2@   中飛    四球
 走二 宮崎  000
(右) 大島  211    遊ゴ    右2@
 右  大友  210                右安    左飛
(左) カズ  200    遊ゴ    遊ゴ
 中  高波  100                中飛    四球
(捕) 椎木  400    二ゴ    二ゴ    三ゴ    空振
(二)三 水田  411       中飛    中飛    左本@左飛
        3693

       回  打安振球失責
 ●武藤   31/3 1950342
  福井    2/3 100000
  小野   11/3 511000
  トモキ  11/3 511000
  田崎   11/3 721100
  内園   1  630132


得点経過
4表 浦和 一死二三塁で塀内がスクイズ(投手武藤エラー)
      一死二三塁で早坂がライト前タイムリー。
      一死一三塁で青野がセンターオーバー二塁打。
      二死一三塁(打者喜多)で投手福井投球前に三走青野一走寺本が同時にスタートし、
      投手が一塁に牽制間に青野が生還(寺本は挟まれてアウト)。
4裏 所沢 一死二塁で後藤武が右中間に二塁打。
      一死二塁で大島が右中間に二塁打。
7裏 所沢 無死から水田がレフトにソロホームラン。
9表 浦和 一死一二塁で澤井がライトにタイムリーヒット。
      ライトからサード送球間に打者走者澤井が二塁を狙い、
      サード水田が二塁に悪送球し今江が生還。
      一死三塁で清水将がレフトにタイムリーヒット。


感想および選手レポ
※ マリーンズファンなのでマリーンズびいきのコメントになってしまうことをお詫びいたします。

飯能球場って有料だったんですね。
最寄り駅の元加治駅から歩いて行くと球場スタンドが見えまして、
入場券売り場らしきものやスタンド入口にチケットを確認する人が見えなかったので、
てっきり無料かと思い、柵を越えて敷地内に入ってしまいました(笑)
スタンドに入ってからしばらくしてチケットを持っている人を見つけ、有料と気づきました。
西武球団様、申し訳ございませんでした。

とにかく暑かったです。
11時半頃に球場に着いたのですが1時間ほどして少し気分が悪くなり、
仕方なく1回表はスタンドを降りて日陰から観戦。
その後は雲が出てくれたお陰でどうにか体調は持ってくれ、最後まで観戦できました。

試合は両チームの拙攻で3時間半を超える長いゲームでした。

今日も観戦予定だったので昨日飯能泊だったのですが、無意味でした。。。


◆長崎伸一(ロ)
今季初先発。
チーム事情で先発が足りなくなったためでしょう。
5回を2失点と結果はマズマズ。
2、3回は完璧に抑えましたが、4回に3本の二塁打を平尾、後藤武、大島と一軍級の打者に打たれました。
二軍では抑えられるが一軍では厳しい。

◆浅間敬太(ロ)
11日に先発したばかりで中2日でリリーフ登板。
ここ最近は先発で結果を出していないため、リリーフに回ったのでしょう。
勝ちゲームで信用できるセットアッパーがいないため、古賀監督が勝ちに行った起用だと思います。
3回を水田のソロ本塁打の1失点と結果は良かったのですが、内容はメロメロ。
ストライクボールがハッキリしていてフルカウントが多かった(3回68球)。
ストレートが140キロ前後のためコントロールが悪いと抑えきれません。
春先の悪い状態の浅間に戻りつつあります

◆田中良平(ロ)
入団からこの春までの田中良とは別人になりました。
ノーコンでストライクが入らない姿は見る影もありません。
いい感じで力を抜いてストライクが投げられるようになっています。
今季終盤での一軍昇格があるかもしれません。

◆喜多隆志(ロ)
ここ最近守備でのミスが目立ち、試合前に佐藤コーチからゴロのノックを受けていました。
イレギュラーを怖がってか捕球時に上半身が立つような形になってしまい、佐藤コーチもそれを見てずっこけていました。
試合中は守備のミスはなし。
打撃では1安打も、一軍での2試合連続サヨナラヒットの面影はなし。

◆今江敏晃(ロ)、初芝清(ロ)
ともに故障から復帰初戦。何試合かイースタンで出場して一軍昇格でしょう。

◆青野毅(ロ)
今日はセンターオーバーの二塁打のヒット1本のみでしたが、
初回の二ゴロもセンターに抜けようかの当たりを水田のファイルプレーでヒット1本損する。
最近1番打者で起用されているのは規定打席到達のためと推測しています。

◆寺本四郎(ロ)
打率こそ3割3分と高いですが、落ちるボールに相変わらずひっかかります。
4回のセーフティースクイズ(結果は失敗)は早坂のスタートの悪さを考えると寺本自身の判断だと思います。
このような頭の機転が利く打者がマリーンズには少ないので、打撃の更なるレベルアップを。

◆早坂圭介(ロ)
遊ゴロが4本飛んできましたが、いずれも無難に捌き送球も良し。
足のほうは抜群のスタートをきって盗塁を試みるも青野が打ってしまいました。


◆後藤武敏(西)
これもマリーンズ長崎同様先発が足りないための登板かと。
3回まではなんとか無失点も4回に崩れる。

◆内薗直樹(西)
9回の先頭打者寺本の一塁線ゴロで高木大がキャッチするもベースカバーが遅れ内野安打に。
試合を決定付ける3失点のきっかけを作ってしまう。

◆水田圭介(西)
打つほうでは瞬間に分かる本塁打。
守りでも初回の先頭打者青野の二遊間寄りの鋭い当たりをダイビングしてキャッチ。
ところが9回はセカンドに悪送球で試合がほぼ決まってしまう。


◆マリーンズベンチワーク
今までであれば相手が左投手に変わると左打者は即右打者に交代となっていましたが、今日は我慢していました。
実戦で打たなければいつまでたっても打てるようにならないので、今後も我慢強く起用してほしい。


2004年 8月14日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(平塚)報告者:報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ)/メカゴジラさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/WIZさん/風車の弥生さん(HP:なんにもないぺーじ

せとさん編

8月14日(土)平塚
イースタンリーグ公式戦 湘南vs日本ハム

ハム 082 000 010=11
湘南 002 202 002=

勝=武田 負=谷口

【日本ハム】  打安点1回 2回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(8)西浦  423三ゴロ中安1   右本2   空三振      四球
2(4)稲田  410左安 一失1   投ゴロ      三ゴロ   投犠打
3(3)渡邊  400二ゴ併右飛       逃三振   三ゴロ
  H 田中賢 111                        右二1
  R3池田  000
4(5)林   412   空三振左二2   一ゴロ   右飛    四球
5(9)上田  422   四球 左二2   二ゴロ      中安 空三振
6(6)飯山  520   右安 空三振      中安    投ゴロ   逃三振
7(2)実松  300   四球    四球    逃三振   三ゴロ   三ゴロ
8(7)佐藤  300   一失1   空三振   空三振
  1 高橋憲 000
  1 加藤  000
  1 武田  100                     空三振
  H 駒居  100                           中飛
  1 関根  000
9(1)櫻井  111   右安1   投犠打
  H7山田憲 100               四球       空三振

 (P)櫻井 4回   21人 8安打 1四死球 4失点
  P 高橋憲1回    3人 0安打 0四死球 0失点
  P 加藤 0回2/3   6人 4安打 0四死球 2失点
  P 武田 2回1/3   7人 0安打 0四死球 0失点
  P 関根 1回    5人 2安打 0四死球 2失点


【湘南】    打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(4)北川  521二ゴロ   遊安 中安1   二ゴロ   二ゴロ
2(6)木村  521中飛    一ゴロ右安    遊安1      中飛
3(5)吉村  532空三振   左二2遊直    左二       右三
  R 渡辺  000
4(8)小池  522   左二 空三振   中飛 逃三振      左本2
5(3)七野  100   空三振   
  1 千葉  000
  H 武山  100         中飛
  1 河原  100            逃三振
  1 宇高  000
  H 南   100                  遊直
  1 村西  000
  H 小川  100                        空三振
6(7)西崎  510   空三振   左二 逃三振   空三振   空三振
7(9)河野  410   右飛    右飛    右二 左飛
8(2)新沼  300      捕邪飛四球    三飛    空三振
9(1)谷口  000
  H3呉本  432      中二 中安1   左二1   逃三振

 (P)谷口 3回   20人 7安打 3四死球10失点
  P 千葉 1回    3人 0安打 0四死球 0失点
  P 河原 2回    8人 1安打 1四死球 0失点
  P 宇高 1回    4人 1安打 0四死球 0失点
  P 村西 2回    9人 1安打 2四死球 1失点

審判員=深谷、牧田、名幸、敷田 記録員=生原


【感想】
4試合連続2ケタ得点、4試合で51点の日本ハム打線、凄すぎです!
とにかく1度打ち出すと止まらなくなるのが今の特徴。

●西浦克拓(日)…昨年、若田部からの満塁弾に続き、試合数の少ない平塚で2年連続ホームラン。
●稲田直人(日)…守備の安定度は言うまでもないが、8月に入り打撃絶好調。いい新人をとった。
●渡邉孝男(日)…好調だが、今日はタイミング合わず。打てそうな気配なく代打を出される。
●田中賢介(日)…復帰してから押し出し四球、ツーラン、タイムリーと代打で2打数2安打4打点。<ただ、足が痛くて走れない…
●林孝哉 (日)…長い期間好調を維持。この機会に一軍に上げなくていつ上げるのか。
●上田佳範(日)…一時スランプがあったが、もう脱出した模様。毎試合のように長打がでている。
●飯山裕志(日)…課題のチャンスでのバッティングも克服しつつある。早く一軍に上げてあげて!
●實松一成(日)…ファームに落ちてから出塁率がよい。このところヤジも少ないしノビノビ。
●佐藤吉宏(日)…3タコで4回までで代えられてしまったが、雰囲気は悪くないと思います。
●櫻井幸博(日)…復活を期しての先発。1,2回はスピードもあり抑えるも、その後いつも通り(泣)
●高橋憲幸(日)…復帰後は無難に抑えています。中継ぎとしての信頼度上昇中。
●加藤竜人(日)…久しぶりの登板となるが打たれまくる…。
●武田久 (日)…6回のピンチを三振で切り抜けると、打者7人を完璧、4三振。すげー。
●関根裕之(日)…このところ安定しているクローザーだが、不用意に浮く球が多く長打2本浴びる。

●北川利之(湘)…二軍降格後初出場。やっぱ足速いなあ。
●木村昇吾(湘)…この人も足速いなあ。内野安打が多いですよね。
●吉村裕基(湘)…ケガから復活。いきなり長打3本。さすが某チームの二軍監督が惚れこむ逸材(笑)
●小池正晃(湘)…5打席目のホームランは高く浮いた球を見逃さず軽く振ったらぐんぐん伸びた。
●七野智秀(湘)…2回表に2エラーして一挙8点の戦犯となる。すぐ代えられてしまう。
●武山信吾(湘)…打撃は好調だが今日は不発。4打席見たい選手。
●南竜介 (湘)…どうしちゃったの?と心配になるくらいスランプですね。当たりはよかったが真正面。
●小川博文(湘)…ベテランらしく粘るも空振り三振。明日があるさ!
●西崎伸洋(湘)…ヒット以外の打席は4三振。本人が「本塁打か三振か」と言うぐらいなのでいいか。
●河野友軌(湘)…一軍二軍の境目にいるだけあって、集中度が群を抜いている印象。攻走守よし。
●新沼慎二(湘)…久々のキャッチャー姿にホレボレ。やっぱ新沼は一塁より捕手でしょ。
●呉本成徳(湘)…大量点差でもめげずにがんがん打ちまくる姿勢がグッド。新ハムキラーとなるか?
●谷口邦幸(湘)…先発投手がいない湘南、中継ぎ役の谷口が先発も序盤で崩壊…
●千葉英貴(湘)…日本ハム打線が千葉に慣れていない感じで、1イニングすいすい。
●河原隆一(湘)…日本ハム打線はなぜ富岡と河原を打てないんだろう…
●宇高伸次(湘)…上田にヒットを打たれた後はピシャリ。いい宇高を初めてみました。がんばれ!
●村西哲幸(湘)…四球でだしたランナーをバントで送られ、タイムリーされる一番いやなパターン…




メカゴジラさん編

イースタンリーグ公式戦 湘南−鎌ヶ谷P   (平塚球場:625人)
  時間:3時間08分(15:00〜18:08)
              R  H E
F |082000010|11 10 0
SS|002202002| 8 14 2
勝ち:武田(3−0−1S)負け:谷口(1−5−3S)勝利打点:佐藤
 本塁打:西浦F・小池K

得点経過
2表:S七野タイムリーエラー  (0−1)
   櫻井タイムリーヒット   (0−2)
   西浦タイムリーヒット   (0−3)
   S七野タイムリーエラー  (0−4)
   林2点タイムリーヒット  (0−6)
   上田2点タイムリー2ベース(0−8)
3表:西浦2ランHR      (0−10)
3裏:吉村2点タイムリー2ベース(2−10)
4裏:呉本タイムリーヒット   (3−10)
   北川タイムリーヒット   (4−10)
6裏:呉本タイムリー2ベース  (5−10)
   木村タイムリーヒット   (6−10)
8表:田中賢タイムリー2ベース (6−11)
9裏:小池2ランHR      (8−11)

打撃成績
F     打 安 点 1回2回  3回4回5回6回7回8回9回
(8) 西浦4 2 3 三ゴ中安  右本  空振    四球
(4) 稲田4 1 1 左安一失  投ゴ    三ゴ  投犠
(3)渡邉孝4 0 0 二併右飛    見振  三ゴ
 H 田中賢1 1 1                 右2
 R3 池田―
(5)  林4 1 2   空振左安  一ゴ  右飛  四球
(9) 上田4 2 2   四球右2  二ゴ    中安空振
(6) 飯山5 2 0   右安空振    中安  投ゴ  見振
(2) 實松3 0 0   四球  四球  見振  三ゴ  三ゴ
(7) 佐藤3 0 1   一失  右飛  空振
 1 高橋憲―
 1  加藤―
 1  武田1 0 0               見振
 H  駒居1 0 0                   中飛
 1  関根―
(1) 櫻井1 1 1   右安  投犠
 H7山田憲1 0 0           四球    空振
―――――――――――
     381011

SS   打 安 点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(4)北川5 2 1 二ゴ  遊安遊安  二ゴ  二ゴ
(6)木村5 2 1 中飛  一ゴ右安  遊安    中飛
(5)吉村5 3 2 空振  左2遊直  左2    右3
 R 渡辺―
(8)小池5 2 2   左2空振  中飛見振    左本
(3)七野1 0 0   空振    
 1 千葉―
 H 武山1 0 0       中飛
 1 河原1 0 0         見振
 1 宇高―
 H  南1 0 0             遊直
 1 村西―
 H 小川1 0 0                 空振
(7)西崎5 1 0   見振  左2見振  空振  空振
(9)河野4 1 0   右飛  右飛  右2左飛
(2)新沼3 0 0     捕邪四球  三飛  見振
(1)谷口―
 H3呉本4 3 3     中2中安  左2  見振
――――――――――
    4114 8


投手成績

    回      打者  安 本  振 四 暴 ボ 死 失 責
 櫻井 4      21  8 0  4 1 0 0 0 4 4
高橋憲 1       3  0 0  2 0 0 0 0 0 0
 加藤   3分の2  6  4 0  0 0 1 0 0 2 2
 武田 2 3分の1  7  0 0  4 0 0 0 0 0 0
 関根 1       5  2 1  2 0 0 0 0 2 2
―――――――――――――――――――――――――――――――――
           42 14 1 12 1 1 0 0 8 8
SS
   回      打者  安 本  振 四 暴 ボ 死  失 責
谷口 3      20  7 1  2 3 1 0 0 10 6
千葉 1       3  0 0  1 0 0 0 0  0 0
河原 2       8  1 0  3 1 0 0 0  0 0
宇高 1       4  1 0  1 0 0 0 0  0 0
村西 2       9  1 0  3 2 0 0 0  1 1
   9      44 10 1 10 6 1 0 0 11 7

補足
2回表 佐藤の安打:ヒットエンドラン
3回裏 北川の安打→1死1・2塁
    木村の一ゴ→2死2・3塁
4回表 林の一ゴ:呉本ファインプレイ
4回裏 河野の右飛:タッチアップ
    北川の遊安:ポテンヒット
7回表 飯山の投ゴ:併殺崩れ
    實松の三ゴ:併殺崩れ


メカゴジラの気になった選手
■谷口邦幸(SS)
初回こそ併殺で切り抜けたものの2回は追い込んでからのボールがことごとく真ん中に入り痛打をされる。追い込むのは早かっただけに悔いが残る。七野のエラーも大量点の大きな要因。

■千葉英貴(SS)
1イニングを完璧。特に先頭バッターを三振に仕留めたのは圧巻。
初球・二球目はスライダー(逃げるそぶりでもストライク)
そして三球目はズバッと直球で見逃し三振!今後に期待。

■武田久(F)
6−10と競ってきたところで登板。ピンチで小池を三振にしとめると、その後2イニングをぴしゃり。今日はボールが切れてました。これで試合の流れが止まりました。

■呉本成徳(SS)
代打からファーストに入ると打って守って大活躍。入団前から言っていた「チャンスに強い打者」に成長してます!今日の内容を見ると是非1軍で1打席立たせてみたくなるぐらいすごかったです。

■吉村裕基(SS)
故障が治って今日から復帰。早速タイムリーを放つ。また、それまで打球が上がってなかったものの9回にあわやHRの3塁打。しかし走塁で足をいためたらしく代走を送られる。(ちゃんと走ればランニングHRだったかもしれない)やや心配ですが期待してます!

■七野智秀(SS)
今日の裏MVP。ビッグイニングをつくるエラー、その後の打席であっさり三振。呉本ががんばってるのでレギュラーが危うい内容でした。
感想:2ヶ月半ぶりに湘南戦を見に行きました。しかし、連敗中の上、吉見の負傷・佐々木の不調で秦・岡本が昇格。更に盗塁王の野中も昇格し相当戦力ダウンしていて半1軍クラスが並ぶファイターズとはだいぶ差がありました。明日は横須賀で1時ということで1軍から助っ人が来るかも!?吉村も復活したので次に期待です。がんばれシーレックス!


ふんぼるとさん編

2004年8月14日 湘南−日本ハム 17回戦

P平塚(日本ハム9勝8敗)
      
 日本ハム 082 000 010│11
 湘  南 002 202 002│8
 
 勝 武 田 3勝0敗1S 登板29
 負 谷 口 1勝5敗3S 登板29

 【日本ハム】 打安点 1回   2回   3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 西 浦 423 三ゴ    中安 右本    空振       四球
  C 稲 田 410 左安    一失 投ゴ       三ゴ    投犠
  B 渡 邉 400 二併    右飛    見振    三ゴ
  H 田中賢 111                         右2
  R3池 田 000
  D  林  412    空振 右安    一ゴ    右飛    四球
  H 上 田 422    四球 右2    二ゴ       中安 空振
  E 飯 山 520    右安 空振       中安    投ゴ    見振
  A 實 松 300    四球    四球    見振    三ゴ    三ゴ
  F 佐 藤 300    一失    右飛    空振
  1 高橋憲 000
  1 加 藤 000
  1 武 田 100                      見振
  H 駒 居 100                            中飛
  1 関 根 000
  @ 櫻 井 111    右安    投犠
  H7山田憲 100                四球       空振
  犠盗失併残─────
  20006 36109

       回   打安振球責
   櫻 井 4   218414
   高橋憲 1   30200
   加 藤  2/3 64002
  ○武 田 21/3 70400
   関 根 1   52202

 【湘 南】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 北 川 521 二ゴ    遊安 左安    二ゴ    二ゴ
  E 木 村 521 中飛    一ゴ 右安    遊安       中飛
  D 吉 村 532 空振    左2 遊直    左2       右3
  R 渡 辺 000
  G 小 池 522    左2 空振    中飛 見振       左本
  B 七 野 100    空振
  1 千 葉 000
  H 武 山 100          中飛
  1 河 原 100             見振
  1 宇 高 000
  H  南  100                   遊直
  1 村 西 000
  H 小 川 100                         空振
  F 西 崎 510    見振    左2 見振    空振    空振
  H 河 野 410    右飛    右飛    右2 左飛
  A 新 沼 300       捕邪 四球    三飛    見振
  @ 谷 口 000
  H3呉 本 432       中2 中安    左2    見振
  犠盗失併残─────
  00217 41148

       回 打安振球責
  ●谷 口 3 207234
   千 葉 1 30100
   河 原 2 81310
   宇 高 1 41100
   村 西 2 91321


  本塁打  西 浦(日)7号A (3回 谷口)
       小 池(湘)12号A (9回 関根)
  三塁打  吉 村(湘)    (9回 関根)
  二塁打  上 田(日)    (2回 谷口 タイムリー)
       小 池(湘)    (2回 櫻井)
       呉 本(湘)    (3回 櫻井)
       吉 村(湘)    (3回 櫻井 タイムリー)
       西 崎(湘)    (4回 櫻井)
       河 野(湘)    (6回 加藤)
       呉 本(湘)    (6回 加藤 タイムリー)
       吉 村(湘)    (6回 加藤)
       田中賢(日)    (8回 村西 タイムリー)
  犠 打  櫻 井(日)    (3回 1死1塁 1走の實松が二進)
       稲 田(日)    (8回 1死1塁 1走の西浦が二進)
  失 策  七 野(湘)    {2回 1死満塁から佐藤の一ゴロを弾く 3走の上田
                    がホームイン 打者走者の佐藤が生存(2走の
                    飯山、1走の實松はエラーがなくても進塁でき
                    た) タイムリーエラー}
       七 野(湘)    (2回 1死満塁から稲田の一ゴロを弾く 各走者が進
                    塁 タイムリーエラー)
  暴 投  谷 口(湘)    (2回 2死1、3塁 1走の林が二進 打者は上田)
       加 藤(日)    (6回 1死2塁 2走の河野が三進 打者は呉本)
  併 殺  湘 南      (1回 渡邉 1死1塁 北川−北川−七野) 

  PL:深谷 1B:牧田 2B:名幸 3B:敷田 公式記録:生原 観衆:625名
  時間 3時間8分{14:59〜18:08(照明点灯17:32)}

得点経過
 2回表(日) 1死満塁から佐藤の一ゴロを七野がエラー         日本ハム1点目
       1死満塁から櫻井が一、二塁間を破る右前打        日本ハム2点目
       1死満塁から西浦が中前打                日本ハム3点目
       1死満塁から稲田の一ゴロを七野がエラー         日本ハム4点目
       2死満塁から林が右中間へ右前打             日本ハム6点目
       2死2、3塁から上田が右越えツーベース         日本ハム8点目
 3回表(日) 2死2塁から西浦が右中間へツーランホームラン      日本ハム10点目
 3回裏(湘) 2死2、3塁から吉村が三塁線を破るツーベース      湘  南2点目
 4回裏(湘) 2死1、3塁から呉本が二遊間を破る中前打        湘  南3点目
       2死1、2塁から北川がショート後方へのテキサス安打   湘  南4点目
 6回裏(湘) 1死3塁から呉本が三塁線を破るツーベース        湘  南5点目
       2死3塁から木村がショート内野安打           湘  南6点目
 8回表(日) 2死2塁から田中賢が右中間を破るツーベース       日本ハム11点目
 9回裏(湘) 1死3塁から小池が左越えツーランホームラン       湘  南8点目


戦評
 15:00のプレーボールとあって三塁側スタンドは強烈な西陽。
 試合の方は日本ハムが2回に七野の2エラーなどもあり谷口から8点を奪うと3回には西浦
 のホームランであっさりと4試合連続2桁得点を達成。その後、湘南もじわりじわりと追い
 上げるが日本ハムは8回にケガから復帰の田中賢のタイムリーでダメ押し。

選評
 櫻 井(日) 序盤はストレートと右打者の外角へのスライダーを武器に湘南打線を抑えるが
       3回以降は湘南打線に捕まる。球質が軽い印象で被安打8のうち長打が5本。
       4回の二死満塁でしかも吉村という状況を遊直で切り抜けて降板。

 武 田(日) 乱調の加藤の後を受けての降板だったが、2回1/3を打者7人から4奪三振(空
       振り1、見逃し3)を奪うパーフェクトピッチング。今日は何と言っても復活
       した流れるようなフォームから低めにズバッと決まっていたストレート。湘南
       打線は手も足も出ず。今日は完璧。

 田中賢(日) 実戦復帰の田中賢介。一昨日のヤクルト戦@戸田でホームランを放つと今日は
       代打で出場しきっちりツーベース。カクテル光線のなかでの出場ということも
       あり、セカンドでポロポロやっていた賢介とは別人のような安定感オーラを放
       っていた…って守備に着いてないや(^^;)

 佐 藤(日) もともとスタンスが狭い構えだが、更に狭くなった印象。

 飯 山(日) 昨年より外野を守ることが多かったがやっぱり飯山はショートストップ。尾崎
       もウマイしなぁ。日本ハムは贅沢な悩みを抱えてしまっている。


 谷 口(湘) 変化球主体のピッチング。コントロールは悪くなかったが、それが球を真ん中
       に集める結果になってしまい被安打7。七野に足を引っ張られたのは痛かった。

 呉 本(湘) ガニ股気味のドッシリとした構え。今日は二塁打2本を含む3安打猛打賞だが
       一番良かったのは4回の唯一の単打。櫻井の初球を振りぬいた打球はこれぞセ
       ンター返しという櫻井の足元を一瞬で抜いていく打球。また、守る方では4回
       の林の一、二塁間を破るかという当たりに飛び付いて好捕!

 村 西(湘) 村西を見るのは久しぶりだったが、あれ?村西ってこんなピッチャーだったっ
       け?との印象。今までは粗削りな本格派という印象だったが、今日は変化球の
       割合が多かった印象(新沼のリードの性?また、ストレートは高めに浮く割り
       にキレは今一つかな?)。

 木 村(湘) 正直に言って今まで木村という選手は僕の中で非常に影が薄かった。が、今日
       は加藤からファールで9球も粘りに粘り、最後はショート内野安打を放つ。ち
       ょっと注目してみてみよう。

 吉 村(湘) 日本ハムの岡本監督の前で3安打猛打賞(←せとさんの観戦記とリンクしてま
       す)。9回のライトオーバーの当たりはボールがライトファウルグランドを転
       々としていたため、足がつらなければ楽々とランニングホームランの当たり。
       やっぱり吉村はスゴイ。去年よりバッティングフォームは普通になったかな?


WIZさん編

平塚球場で観戦された皆様、お疲れ様でした。
仕事も落ち着き1ヶ月ぶりにホームゲームを観戦してきました。
既に皆様方から試合内容、選手評の報告がありますので私の方は簡単に。

逆転優勝を狙うためには、この日本ハムとの2連戦を是が非でも連勝しなければ
ならなかったのですが、結果は残念ながら力の差を見せつけられたという感じです。
序盤10点のリードを許しながら粘りを見せ3点差まで追い上げたのが救いでした。
以下に湘南選手の感想を一言。

■谷口投手(湘)
 今日はストレート、フォークの落ちもあまりよくありませんでした。
 大魔神・佐々木投手が調整降格しているのでフォークについていろいろ
 伝授してもらうのいいかも。(これは牛田投手にもぜひ)
■吉村裕基(湘)
 怪我から復帰。守備もいい動きをしていました。
 最終打席での走塁中に足を痛め、代走を送られたことには皆様同様心配です。
■呉本成徳(湘)
 今日1番光っていました。
 第1打席の2塁打でセカンドベース上でのガッツポーズは試合になかなか出れない
 鬱憤を晴らす喜びの表現か。猛打賞の活躍で明日はスタメン起用か?
■七野智秀(湘)
 今日の結果は既に述べられている通りなのですが、ただ一言。
 「今が踏ん張り時。プレッシャーに負けず頑張れ!」

私も明日(15日)の横須賀に観戦しに行きます。
横須賀観戦も1ヶ月ぶりなので楽しみです。天気が心配ですが・・・
明日観戦に行かれる皆様、明日も頑張りましょう。


風車の弥生さん編

昨日(8/14)の平塚は観客数625人でしたが、
発言を拾っていくと、
 せらふぃにさん・せとさんさん・れっくさん・メカゴジラさん・
 ふんぼるとさん・
WIZさん
とこの掲示板にいらっしゃる面々のうち多くの方々が現地に
いらしたようですね。

もうこの際ですから、ROMの方も自分も平塚にいたよ〜
なんてやってみたらどうでしょう。
もっとすごいことになりそうです。

この試合についてはいろいろすでに語られていていまさらなのですが、
この日自分が注目していた選手について。

飯山 裕志Fighters
 やはりこの人のショートは上手いです。アウトをとることは
 できなかったけれど、三遊間の深いゴロに追いつき普通なら
 そこで終わりのところを一塁に送球できるのはすばらしい。
 そういうプレーが2つほどあったのだけど、一塁塁審の
 牧田さんにひとつくらいおまけしてほしかったなぁ
^^;

七野 智秀Sealex
 ちょっと身体が太めになっていて、バランスが崩れている
 ような印象を受けました。
(ウェイトトレのやりすぎ?)
 好調なときは、空振りするにしてももっとバットがきれいに
 振りぬけていたような記憶があります。
 調子が悪いのが、守備にも悪影響を及ぼしてしてしまったのでしょうか。
 自分は、この人のきれいなアーチが見たいぞー。

・・・ところで吉村選手ってバットを構えるときのおしりをぷりっと
させるのをやめてしまったのでしょうか(けっこ好きだったのに…)


  ■掲示板@2軍愛■