【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2004年 9月 5日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(岩手県野田村)報告者:いの一番さん/@白にゃんこさん/健一@管理人

いの一番さん編

9月5日(日) 読売ジャイアンツ−ヤクルトスワローズ
(岩手県野田村・ライジングサンスタジアム)

YS 000100100
G  200000000
(9回規定により引き分け)

本:梶本7号@(内海)
審判:深谷、石山、牧田、萩原  記録:荒木
観衆:約2,000人 
試合時間:3時間3分

(投手成績)
回  打  安  振 球 責
佐藤秀  6 25 4  3 3 2
佐藤賢  1  4 0  2 1 0
吉川   2  8 2  1 0 0
………………………………………………
内海   9 34 6 11 1 2

(試合経過)
▼1回裏
先頭の山田は四球で出塁。長田のレフト線の当たりを牧谷がダイビングキャッチしようとしたが
及ばず、ボールが後ろに逸れる間に山田が一気に生還、長田も三塁へ(記録は三塁打)。
続く矢野の一塁後方への打球はポテンヒットとなり長田が生還、2−0となる。
吉川は左飛の後、斉藤の遊ゴロを梶本がはじき(エラー)、一死一、二塁。
しかし、三浦は三振、岩館は三ゴロ。

△4回表
三木は二塁内野安打、飯田は四球で無死一、二塁。
畠山、宮出が連結右飛に倒れ二死になったが、牧谷の左前打で三木が生還、2−1となる。
梶本は左飛。

△7回表
牧谷は三振の後、梶本がレフト場外に本塁打で2−2の同点となる。
細見は三振、代打福川は二飛。

▼8回裏
矢野は三ゴロの後、吉川は中前打(代走井出)。続く斉藤も中前打で一死一、三塁。
三浦の2球目に斉藤は二盗を決め一死二、三塁。しかし、三浦は三振、岩館は投飛。

△9回表
宮出は三振、牧谷は二ゴロ、梶本はライトに大きな当たりだったが、もうひと伸びなく右飛。

▼9回裏
村田は投ゴロ、代打の李は遊ゴロ、山田は三ゴロで試合終了。


(選手評)
■佐藤秀樹(YS)
1回の2失点は不運な当たりによるもので、気の毒としかいいようがない。
その後に続いたピンチを何とか切り抜けると、後は6回まで無失点というのはベテランの技か。

■畠山和洋(YS)
地元岩手県出身でスタンド全体から大きな拍手を受ける。
しかし、意識しすぎたのか4打数無安打に終わり、いいところを見せられず。

■梶本勇介(YS)
7回表に起死回生の同点本塁打。これがなければ負けていた可能性が高く貴重な一発だった。
ただ、守りの方ではエラーあり、お手玉あり、ファウルフライの目測誤りありと、課題も残った。

■内海哲也(G)
9回を投げ抜き、6安打11三振。筆者が2週間前に防府で見た時とは別人のようないい内容だった。まあ、自由枠で入ったのだから、このくらい投げないといけないだろう。
次回登板時の内容がどうなるか。

■長田昌浩(G)
打っては2安打、守りでも内野安打にはなったが外野に抜けそうな打球を2度好捕し、
動きのよさが光った。
2週間前の防府の時にも書いたが、このような活きのいい若手は代打など送らず、フルに出場させて力をつけさせるべきだと思う。

(その他)
■ジャビット(ジャイアンツマスコット)
試合前と5回終了時に登場し、スタンドにサインボールを投げ込む。
ファンを笑わせるパフォーマンスもあり、動きはそれなりに面白いのだが、
出てくる回数が2回だけというのは少なすぎ。
レック(湘南)みたいにスタンドに現れてファンサービスするくらいのことはしてもいい。

■野田村でのイースタン開催について
当地でイースタンが開催されたのは3回目だが過去2回はいずれも雨にたたられている。
最初の2000年の時は、試合開始早々大雨のため1時間以上中断、
しかし、執念でグラウンド整備を行って試合を再開させた。
そして2回目の2002年の時は、朝から大雨が降り結局中止になってしまった。
今回も前日の時点では降水確率が50%、当日はどんよりした曇空だったが、
何とか雨は降らずに終わった。関係者の方々はさぞ安心したことだろう。
ただ、メインスタンドの当日料金が3,000円というのは、高すぎると思うのだがどうだろう。

ライジングサンスタジアムの情報については拙稿をご覧ください。
http://www2.csc.ne.jp/~fudoki/noda.htm





@白にゃんこさん編

※展開・寸評は健一さん、いの一番さんのものが詳しいので、本日はスコアテーブルのみですがご参照下さい。

5日 岩手県野田村 ライジングサン・スタジアム/12時30分試合開始
第17回戦 川崎9勝6敗2分

                  RHE
スワローズ 000 100 100 61
ジャイアンツ200 000 000 60
(移動日の関係で延長を行わず、9回引き分け)

<川 崎>内海哲也−佐藤弘、村田
<戸 田>佐藤秀樹、佐藤賢、吉川昌宏−細見

 スワローズ 打安点 1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(右中)青 木 420 中飛  中飛  二安    左安
(二)三 木 410 二ゴ    二安二ゴ    捕ゴ
(中)飯 田 100 遊ゴ    四球
 右 本 郷 200           右飛  三振
(三)畠 山 400   三振  右飛  三振  二飛
(一)宮 出 400   三振  右飛  遊ゴ    三振
(左)牧 谷 421   右安  左安    三振  二ゴ
(遊)梶 本 411   二ゴ  左飛    左本  右飛
(捕)細 見 300     三振  三振  三振
(投)佐藤秀 200     三振  三振
 打 福 川 100             二飛
 投 佐藤賢 000
 投 吉 川 000
   合 計 3362

 投手成績 回 打安責
 佐藤秀樹 6 2542
 佐藤 賢 1 400
 吉川昌宏 2 820


ジャイアンツ 打安点 1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
(中左)山 田 300 四球遊ゴ  三振    四球  三ゴ
(二) 長 田 421 左3  左安  二ゴ  一ゴ
(右) 矢 野 411 右安  二ゴ  右飛    三ゴ
(三) 吉 川 410 左飛  右飛  三ゴ    中安
走中 井 出 000
(左) 斉 藤 310 遊失  四球    一ゴ  中安
 三 福 井 000
(一) 三 浦 400 三振  三振    二飛  三振
(遊) 岩 舘 300 三ゴ    四球  左飛  投飛
(捕) 佐藤弘 100   遊ゴ  投ギ
 打 野 村 100             三振
 捕 村 田 100                 投ゴ
(投) 内 海 310   中安  二ゴ    三振
 打  李  100                 遊ゴ
   合 計 3262

 投手成績 回 打安責
 内海哲也 9 3462

<本塁打>
 梶 本 7号(内海=7回)

<三塁打>
 長 田(1回)

<盗 塁>
 斎 藤(8回)

<失 策>
 梶 本(1回)

<盗塁死>
 山 田(2回)


<短評>
■内海哲也(巨)は大崩れすることも無く、最後まで縦に割れるカーブと制球も良く、9回153球と力投しましたが報われず。
■長田昌浩(巨)の守備のガッツ、打席では初球を流し打つなど積極性がが目立つ。

■梶本勇介(ヤ)は7回に内海の真ん中直球を弾き返し、目の覚めるようなレフトスタンド場外へ消える同点ホームラン。
■牧谷宇佐美(ヤ)は、1軍に急遽合流したユウイチに代わり出場し、カーブを狙い打って三遊間を破るタイムリーヒット。



健一@管理人編

■9月5日(日) イースタンリーグ 川崎ジャイアンツ−戸田スワローズ(岩手県野田村ライジングサンスタジアム)

                     R H E
戸田スワローズ |000 100 100| 6 1
川崎ジャイアンツ|200 000 000| 6 0
 
※両球団帰京の関係上延長なし

戸:佐藤秀樹−佐藤賢−吉川昌宏
川:内海哲也

本塁打:梶本勇介7号(内海哲也)


■川崎ジャイアンツ   ■戸田スワローズ
(中)山田真介    (右)青木宣親
(二)長田昌浩    (二)三木肇
(右)矢野謙次    (中)飯田哲也
(三)吉川元浩    (三)畠山和洋
(左)斉藤宜之    (一)宮出隆自
(一)三浦貴     (左)牧谷宇佐美
(遊)岩舘学     (遊)梶本勇介
(捕)佐藤弘祐    (捕)細見直樹
(投)内海哲也    (投)佐藤秀樹


【大まかな得点展開】

◆一回裏:山田真介がフルカウントから粘って四球出塁、長田昌浩との間にエンドラン!佐藤秀樹のインコース高めのストレートを擦ったようにレフト方向に飛ぶとそのままラインギリギリに落ち、一塁走者の山田真介は一気に本塁生還で先制。更に矢野謙次も一塁方向にフラフラ…この打球も誰もいないエリアに落ちもう一点追加。1〜3番であれよあれよという得点シーンでした。先発佐藤秀樹も先頭打者の四球はいただけなかったが、その後は不運ともいえなくはないかな(^^;)。
【G2-0Ys】

◇四回表:三木肇が二塁内野安打で出塁、二死後牧谷宇佐美が好調内海哲也のカーブを捉え三遊間を破るレフト前ヒットで一点を返す。
【G2-1Ys】

◇七回表:内海哲也のインコースを狙ったストレートが、ど真ん中のストレートに…、梶本勇介がスイッチの右打席でクルッと回転し捌いた打球は左翼席を越える同点場外本塁打。
【G2-2Ys】


【気になる選手達】

■梶本勇介(ヤ)
高校時代@専大北上ではこちら岩手県は御当地選手(地元は大阪とのこと)。昨年からスイッチ打法挑戦中。作られた左打席故に、当てに行くきらいが強いです…。力負けも致し方ないですが、「柔らかさ」を感じる打者(両打チャレンジもセンスがあるのでしょう)という印象。さてこの試合では対戦相手が左腕内海哲也と云うことで右打席。本来の右打席では左打席にないパンチ力があり、7回には内海哲也のど真ん中のストレートをジャストミート!軸回転で捌かれた打球はレフト場外に運ぶ同点本塁打。九回表の打席でもあわやライト席に届くかという大きな飛球でした。小柄ではありますが身体能力の高い選手。<強いて云えば松井稼頭央型


■内海哲也(巨)
スリムな体型で真上から投げ下ろす本格派左腕。テイクバック時に一度左腕をダラリと下げそこから三塁方向にググッと回し大きな弧を描くような腕の軌道で投げ込みます(可動域を広く使えており、俗に云う変化球が切れるフォームでしょうか)。<長い腕が撓って遅れて出てくる!

主にストレートとカーブの単調でもあるコンビネーション(他にもスライダーと少々シュートもか)。しかしストレートは角度がついており伸びを感じます。また落差のあるカーブはカウントを取ったり決め球にと非常に効果的。本日は立ち上がりから好調(特にカーブのキレがお見事!)で、終盤も首脳陣曰く「ボールが上擦る」こともなく内容的にも良かったようです。梶本勇介にコントロールミスもありましたが、153球完投。イースタンリーグ@9/5現在、10勝一番乗りはなりませんでしたが、次回に期待。#マウンド上の良し悪しがハッキリしている点(コントロールは、大雑把でボールのキレで打ち取っている)は今後の課題でしょうが、今日は◎でした。


■野村克則(巨)
代打登場。さて本日午前中に第二子が無事出産されたそうで、打席に向かう表情も心なしか気合いが入っているようにも見えました。…結果三振でしたが、前日@岩手県金ヶ崎町の試合では代打で適時打を放っていたようです。

期待されるであろう位置としては阪神時代からもそうでしたが、代打および第三の捕手。練習熱心で、周囲からは兄貴分として慕われる、、、と評判の良い選手なんですよねぇ。


2004年 9月 4日 ウエスタンリーグ サーパス−ダイエー(北神戸)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

9/4サーパス神戸vs雁の巣ホークス(於:あじさいスタジアム北神戸)

雁の巣 010 010 000 2
神 戸 200 000 20x 4

雁 ●寺原隼人(7回)−山村路直(2/3回)−岡本克道(1/3回)
神 吉井理人(5回)−○金田政彦(4回)

HR 嶋村一輝7号2ラン(1回・寺原)

審判 球:岡田、一:白井、三:丹波

寺原隼人:初回はほとんどが3ボール。直球の勢いはあったが制球不安定。
     フォームにもばらつき。今年は未勝利で終わるのかな…。

山村路直:故障→手術→リハビリの連続で同期の山田秋親とかなり差がついてしまった。
     昨年のヒジ骨折から復帰登板。
     投球数は10球で、セーブしているような投げ方ながら、
     直球と縦スライダーは球の勢いが感じられた。
     ここから遅れを取り戻してほしいもの。


金田政彦:タイガース、ドラゴンズと後期優勝争いをしているサーパス。
     6回から登板もカーブの切れすばらしく4イニングで7奪三振。
     かつての防御率1位投手、ここで投げている場合ではない。

前田大輔:守りでは瑞季、明石健志の韋駄天を強肩で刺し、
     打っては勝ち越し二塁打を含む2安打。
     一軍で活躍しなくてはならない存在だ。

溝口大樹:昨年入団も不祥事やケガで二軍でも未登板。
     この日も登板はなかったがブルペンで投球練習。
     山村もそうだが、福岡にいてもなかなか投げている姿はお目にかかれない。
     今日はこの2人が投げる姿を見ただけでも価値がありました。


2004年 9月 4日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:横須賀マリンさん/WIZさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

横須賀マリンさん編

2004年 9月4日 イースタンリーグ湘南−ロッテ(横須賀)

浦和 350 000 00 = 
湘南 010 001 00x = 
(8回裏二死降雨コールドゲーム)

勝=長崎   負=千葉

本塁打 吉村(6裏無死でレフトに 投手長崎)
三塁打 田中雅(2表一死一二塁 レフトオーバー)
二塁打 小田嶋(2裏一死二塁 三塁線を抜く)、澤井(8表 ライト)
盗 塁 野中(5裏一死一塁 二盗 打者河野)
    澤井(8表二死二塁 三盗 打者早坂 捕手から二塁牽制間に三塁へ)
失 策 吉村(3表二死 打者於保のサードファールフライを捕球できず)
    渡辺正(4表二死一塁 打者小田嶋の三塁線へのゴロをお手玉)

        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
(遊) 早坂  4 0 0 中飛 四球 逃振       空振    空振
(中) 於保  2 1 0 四球 三安 空振
 打左 ユウゴー1 0 0                一邪
(一) 青野  3 0 0 死球 空振    遊ゴ       三ゴ
(右) 寺本  3 1 2 四球 右安A   逃振       空振
(捕) 田中雅 3 2 3 四球@左3A   遊ゴ       左安
(三) 渡辺正 4 0 0 左飛 空振       空振    二ゴ
(左)中 喜多  4 2 3 右安A二安@      逃振       空振
(二) 塀内  4 0 0 二ゴ 空振       空振       空振
(投) 長崎  3 1 0    右安 逃振       空振
 投  前田  0 0 0
 打  澤井  1 1 0                      右2
 投  谷   0 0 0
        32 8 8

       回  打 安 振 球 失 責
 ○長崎   6  24 4 6 1 2 2
  前田   1  4 0 0 1 0 0
  谷     2/3 3 1 2 0 0 0

        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
(中) 河野  3 0 0 左飛    遊飛    二ゴ
 打  小川  1 0 0                   遊ゴ
 投  牛田  0 0 0 
(二) 北川  4 0 0 左飛    一ゴ    左飛       空振
(三) 吉村  4 1 1 右飛       投ゴ    左本@   逃振
(右) 小池  3 2 0    四球    中安    遊飛    右安
(一) 七野  1 0 0    遊ゴ
 一捕 新沼  2 0 0          空振    空振
(捕) 小田嶋 3 1 1    左2@   三失    三飛
 中  田中一 0 0 0
(左) 西崎  2 0 0    空振    空振
 投  河原  0 0 0
 打  武山  1 0 0                   三ゴ
 一  呉本  0 0 0
(遊) 木村  2 0 0    空振       三邪
 打遊 福本  0 0 0                   四球
(投) 千葉  0 0 0
 投  谷口  1 0 0       空振
 打左 野中  2 1 0             左安    右飛
        29 5 2

       回  打 安 振 球 失 責
 ●千葉   10/3 10 2 0 5 5 5
  谷口   4  16 4 10 0 3 3
  河原   2  7 1 3 0 0 0
  牛田   1  4 1 3 0 0 0


得点経過
1回表 浦和 一死満塁で田中雅が押し出しの四球で1点。
       二死満塁で喜多がライト前への2点タイムリー。
2回表 浦和 一死満塁で寺本が一二塁間を抜けるタイムリーで2点。
       一死一二塁で田中雅がレフトオーバーへの三塁打で2点。
       二死三塁で喜多がセカンド内野安打で1点。
2回裏 湘南 一死二塁で小田嶋がレフト線への二塁打で1点。
6回裏 湘南 無死で吉村がレフトへホームラン。


〜感想および選手レポ〜
※ マリーンズファンなのでマリーンズびいきのコメントになってしまうことをお詫びいたします。

天候が良くなかったのでわずかにある屋根下席を確保しようと開場一時間前に到着。
試合開始直後から雨が降ってきたので作戦勝ちでした(笑)

試合は湘南先発千葉の乱調で2回表で勝負あり。
2回終了までで試合時間が一時間と昨日と打って変わって長い試合になるかと思いましたが、
その後は投手戦になり試合はアップテンポで進みました。
途中5回表に雨が強くなり15分の中断。
そして8回裏二死で再び雨が強くなりコールドゲームに。

湘南投手の千葉以降の出来が良かったこともありますが、
2〜8回でマリーンズの16三振は多すぎです。

湘南投手陣はベンチ入り投手が6人だけとかなり厳しい状態のようです。

◆田中雅彦(ロ)
押し出しの四球に2点タイムリー三塁打の3打点、2安打と打は素晴らしいです。
打席数は少ないながらも打率.380を超えました。
タイムリー三塁打は高めのボール球を大根切りで引っ張り、
湘南レフト西崎が捕球体勢に入るも打球がそれ以上に伸びたラッキーなヒットでした。
課題のキャッチングはかなり上達しています。

◆喜多隆志(ロ)
今日も2安打。
いずれもいい当たり。
1本は湘南ファースト七野のまずい守備に助けられましたが。

◆渡辺正人(ロ)
湘南戦前までは当たりまくっていましたが、昨日、今日とまったくダメ。
初回一死満塁、二回一死三塁でランナーを返せず。
守備でもエラーひとつ。

◆早坂圭介(ロ)
最近三振が少なくなったなぁと思っていたら、今日は3三振。
右打席では河原に対しまったく打てる気配なしです。
個人的には左打席一本のほうが良いと思っているのですが。。。

◆青野毅(ロ)
ノーヒット。
調子落ちの模様でついに打率3割を切ってしまいました。
インコースを状態の良かったときは上手にさばいていましたが、
今日は完全につまらされる。
第1打席の死球で27試合連続出塁となっています。

◆寺本四郎(ロ)
ボテボテで一二塁間を抜けるラッキータイムリー。
左投手相手には河原にまったくタイミングが合わず、
右投手の落ちる球にもひっかかって空振りしてしまいます。
打率は高いですが課題は多い。

◆長崎伸一(ロ)
6回2失点ですが良いとは感じませんでした。
二軍ではそこそこ抑えられるのですが、一軍で通用するにはコントロールを磨かねば。

◆前田浩継(ロ)
投球フォームが横手から上手に変わっていました。

◆千葉英貴(湘)
先発もまったくストライクが入らず打者10人で降板。
投手の長崎にまでヒットを打たれてしまいました。。。

◆谷口邦幸(湘)
2回途中で急遽登板となりました。
2回はヒット4本を打たれましたが於保にはボテボテのサード内野安打、
寺本にはつまらせるも一二塁間のいいところを抜けて行き、
田中雅には高めのボール球を強引に持っていかれレフト西崎のまずい守備で三塁打に、
喜多にはいい当たりをされましたがファースト七野が北川の送球を捕球できずと、
不運が重なりました。
インコースへのストレートが面白いように決まって見逃し三振を多く奪い、
結局4回を10奪三振とすばらしい内容でした。

◆吉村裕基(湘)
昨日はまったくタイミングあわずも今日は6回に初球ストレートを狙い打ちホームラン。

◆七野智秀(湘)
2回に喜多の一二塁間への当たりをセカンド北川がダイビングキャッチし一塁に送球。
少し低い送球でしたが七野が捕球できず(記録はなぜかヒット)。
あれくらいの送球を取れないようでは。
その前にも1回の喜多の一二塁間タイムリーも取れている打球でしたし、
昨日も一二塁間ハーフライナーをタイミングをあわせそこねてヒットにしています。
2回裏に打席が回った後の3回表守備から交代となりました。

◆野中信吾(湘)
代打出場でヒットを打ち、盗塁を決める。
長崎のモーションを盗み楽々セーフでした。
残り9試合で盗塁数はマリーンズ早坂と5差です。
試合前のシートノックではライトとセカンドの2ヶ所で受けていました。





WIZさん編

9/4(土)イースタンリーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ 19回戦/横須賀スタジアム(18:00開始)

試合の内容と成績については横須賀マリンさんの投稿の通りです。
私の方は補足の意味で湘南選手と内容について幾つか。

■千葉英貴(湘)
投球時の「ソリャ!」の掛け声も一段と大声になり、先頭の早坂をセンターフライに打ち取った時は
今日は5回までいい投球してくれるのではと思ったらその後4打者連続四死球であっさり1点献上。
マリーンズベンチから野次を受ける中さらに2失点。続く2回には投手の長崎にまで打たれ、早々に降板。
横須賀マリンさんの報告通りベンチ入り投手が6人と台所事情が厳しく、毎回この内容でも千葉を
先発起用しなければならないの悲しい限り。後藤や堤内の早期復活を希望。

■谷口邦幸(湘)
こちらも横須賀マリンさんの報告通り2回途中から登板は散々だったものの、3回からは別人のように
マリーンズ打線からおもしろいように三振の山を築く。
この投手は起ち上がりの悪ささえ無くせば一軍ローテーションに入るだけの力は十分持っている。

■牛田成樹(湘)
今日も1イニングのアウトを全て三振と素晴らしい出来。
そろそろ一軍に上げてリベンジを果たしてあげたい。

■吉村裕基(湘)、七野智秀(湘)、西崎伸洋(湘)
吉村はフライを落球、七野は送球をポロリ、西崎にいたっては打球の目測を誤り走者一掃のタイムリーにするなど
守備がひどすぎました。吉村はホームランを放ち汚名挽回したが七野、西崎は打席でもいいところなく途中交代。
石井琢、進藤といった優勝時の内野陣を育てた岩井監督でも彼らの守備向上はなかなか成果が出ない。

おまけ
■ブラックホッシー(横)
昨年登場時はマスコットなのに和訳して「黒星」とは何事か、と批判も多かったキャラクターですが、
意外に人気上昇で今日の横須賀でもなかなかの人気者でした。
ダンスも上手でレックも顔負けの感じ。
終盤は3塁側でファンと触れ合い。これはハマスタでは味わえない貴重な体験。


本日は「チャリティフェスティバル」と題してフリーマーケットや出店など立ち並ぶ予定でしたが、
雨のため中止。またユニフォームが当たる抽選会も明日に延期となりました。
試合の内容は千葉投手の一人相撲で決着が着いた感ですが、昨日に引き続き湘南打線の貧打ぶりは重症。
さらに守備でも失策が多く、この状況では最下位もやむなしといったところ。
おまけに試合中は雨が振り、8回裏には突然の豪雨で試合終了。
多くの観客がずぶ濡れになりながら帰宅していました。
湘南サイドは全くいい所なしで、レックとブラックホッシーの競演が見れたのが唯一の救いといったところでしょうか。
ただ初競演も少々絡みが今ひとつで観客から「寒い」の野次が・・・。

横須賀マリンさんをはじめ豪雨の中観戦された皆さんお疲れ様でした。風邪を引かないよう気をつけてください。
明日は千葉ロッテとの今季最終戦です。有終の美を飾ってほしいところ。
天気もちょっと心配です。私は観戦に行けませんが行かれる方は頑張って応援してきて下さい。




ふんぼるとさん編

2004年9月4日 湘南−ロッテ 19回戦

R横須賀(ロッテ11勝8敗)

 
ロッテ 530 000 00│
 
湘 南 010 001 00x│
    
(8回裏2死1塁 降雨コールド)
 
 勝 長 崎 4勝2敗1S 登板34
 負 千 葉 0勝2敗0S 登板16

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
  E 早 坂 400 中飛 四球 見振       空振    空振
  G 於 保 210 四球 三安 空振
  H7ユウゴー  100                一邪
  B 青 野 300 死球 空振    遊ゴ       三ゴ
  H 寺 本 312 四球 右安    見振       空振
  A 田中雅 323 四球 左3    遊ゴ       左安
  2 杉 山 000
  D 渡辺正 400 左飛 空振       空振    二ゴ
  F8喜 多 423 右安 二安       見振       空振
  C 塀 内 400 二ゴ 空振       空振       空振
  @ 長 崎 310    右安 見振       空振
  1 前 田 000
  H 澤 井 110                      右2
  1  谷  000
  犠盗失併残─────
  01105 3288

       回   打安振球責
  ○長 崎 6   244612
   前 田 1   40010
    谷   2/3 31200

 【湘 南】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
  G 河 野 300 左飛    遊飛    二ゴ
  H 小 川 100                   遊ゴ
  1 牛 田 000
  C 北 川 400 左飛    一ゴ    左飛       空振
  D 吉 村 411 右飛       投ゴ    左本    見振
  H 小 池 320    四球    中安    遊飛    右安
  B 七 野 100    遊ゴ
  32新 沼 200          空振    空振
  A 小田嶋 311    左2    三失    三飛
  8 田中一 000
  F 西 崎 200    空振    空振
  1 河 原 000
  H 武 山 100                   三ゴ
  3 呉 本 000
  E 木 村 200    空振       三邪
  H6福 本 000                   四球
  @ 千 葉 000
  1 谷 口 100       空振
  H7野 中 210             左安    右飛
  犠盗失併残─────
  01106 2952

       回   打安振球責
  ●千 葉 10/3 102055
   谷 口 4   1641003
   河 原 2   71300
   牛 田 1   41300


  本塁打  吉 村(湘)17号@ (6回 長崎)
  三塁打  田中雅(ロ)    (2回 谷口 タイムリー)
  二塁打  小田嶋(湘)    (2回 長崎 タイムリー)
       澤 井(ロ)    (8回 牛田)
  盗 塁  野 中(湘)    (5回 捕手は田中雅 打者は河野 二盗成功)
       澤 井(ロ)    (8回 捕手は新沼 打者は早坂 三盗成功)
  失 策  吉 村(湘)    (3回 於保の三邪飛を落球)
       渡辺正(ロ)    (4回 小田嶋の三ゴロが手に付かず)

  PL:山路 1B:新屋 2B:鈴木 3B:橋本 公式記録:及川
  時間 2時間56分{18:00〜20:57(中断19:27〜19:45、20:50〜20:57)}

得点経過
 1回表(ロ) 1死満塁から田中雅が押し出しの四球を選び         ロッテ1点目
       2死満塁から喜多が一、二塁間を破る右前打         ロッテ3点目
 2回表(ロ) 1死満塁から寺本が一、二塁間を破る右前打         ロッテ5点目
       1死1、2塁から田中雅が左越えスリーベース        ロッテ7点目
       2死3塁から喜多がセカンド内野安打            ロッテ8点目
 2回裏(湘) 1死2塁から小田嶋が三塁線を破るツーベース        湘 南1点目
 6回裏(湘) この回先頭の吉村が左越えソロホームラン          湘 南2点目

戦評
 鎌ヶ谷で13:00から行われる予定だった日本ハム−西武の練習試合が雨で中止になってしま
 ったため急遽、横須賀へ。
 試合の方はロッテが湘南先発の千葉の乱調に付け込み、2回までに大量8点奪うが、それ以
 上に大荒れだったのが天候。2回表から弱い雨が降ったり止んだりしていたが5回表の喜多
 の打席のときに1回目のスコール。ロッテが点を取りすぎて試合時間が長引いたために5回
 終了せずにノーゲームというオチも考えられたが、直ぐに止んだため無事に再開。その後は
 速いテンポで試合は進むも8回裏の新沼の打席のときに2回目のスコール。こちらは止む気
 配が全くなかったために20:57に主審の山路の右手が上がり降雨コールドゲーム。

選評
 長 崎(ロ) 毎年、終盤は息切れしてしまう長崎だが、今年は先発でバリバリ(笑)。初回は
       外野に3本も持って行かれ、その後のピッチングが心配されたが、大量点にも
       守られて後はスイスイ。今日はインコースのスライダーが良く6個の空振り三
       振を奪う。しかし、吉村には弾丸ライナーでスタンドまで持っていかれる。

 寺 本(ロ) 四番抜擢に応えるタイムリーヒットを放つも4回の打席では2ストライクから
       谷口のインコースのストレートに全く手が出ず。


 千 葉(湘) 普段、人間はフルパワーを出しているつもりでも、体の損傷を防ぐために脳が
       規制を掛けているが、雄叫びをあげるとその瞬間だけ規制が緩くなる(by 室伏
       広治@金メダリスト)そうだが、千葉だけは例外のようで。
       キレのない棒球は上下左右に散らばり枠に入らず。
       千葉に限らず日大三高の出身者は高校時代の華やかさに比べて、その後の成長
       に乏しい気がする>内田(ヤ)など

 谷 口(湘) 立ち上がりは不運な当たりばかりの4安打で3点を失うが3回以降はロッテ打
       線が淡白だったことを差し引いてもスバラシイの一言。ストレートを見せ球に
       変化球で仕留めるのを基本パターンに打者9人から7奪三振を奪うパーフェク
       トピッチング。これはストレートだけ良くても、変化球だけ良くてもできる芸
       当ではない。両方が良かったから生まれた結果だと思う。

 西 崎(湘) 2回に田中雅のライン寄りの当たりに前進しておきながらバンザイをして頭の
       上を越される。

 七 野(湘) 2回に喜多の一、二塁間を抜けるかという当たりを好捕した北川のワンバウン
       ドの一塁送球を捕球できないと、その裏に回ってきた第一打席をもって交代さ
       せられる。今年の七野はこういう起用法が多い気がする。岩井監督と…。どう
       なんでしょう?

 新 沼(湘) 8回、捕手としてリードの大きい2走の澤井を刺そうと二塁に牽制球を送るも
       その隙に三塁を陥れられる。

 牛 田(湘) 初見。ストッキングを出すユニフォームの着こなし。身長 188cmながらそれ以
       上に大きく見える。投球フォームは背筋を伸ばしたまま左足を大きく上げて投
       げ下ろしてくる外国人選手のようなフォーム。今日は澤井にツーベースを許す
       も、後は三者三振に斬って取る快投。ストレートでもフォークでも空振りが取
       れるのは魅力。ストレートは角度があるので打ちにくそう。

 レック(湘) 試合前にスタンドに上がってくるも、既にいるのが当たり前になってしまって
       いるためあまり相手にされないが、今日はグランドで大活躍。降雨中断時には
       横浜スタジアムから駆け付けたブラックホッシーとのコラボレーションを披露
       しスタンドを和ませると、試合終了後には雨天時のお約束であるベースランニ
       ングを敢行。マスコットも大変です。

おまけ@
 両チーム計24三振記念 ウイニングショット一覧
  2回表【谷口】            2回裏【長崎】
   青 野 空振 外角スライダー     西 崎 空振 内角スライダー
   渡辺正 空振 外角スライダー     木 村 空振 内角スライダー
   塀 内 空振 外角スライダー
  3回表【谷口】            3回裏【長崎】
   長 崎 見振 打つ気なしのため略   谷 口 空振 打つ気なしのため略
   早 坂 見振 内角低めストレート
   於 保 空振 外角スライダー
  4回表【谷口】            4回裏【長崎】
   寺 本 見振 内角ストレート     新 沼 空振 真ん中スライダー
                      西 崎 空振 内角スライダー
  5回表【谷口】
   渡辺正 空振 真ん中スライダー
   喜 多 見振 外角ストレート
   塀 内 空振 外角カーブ
  6回表【河原】            6回裏【長崎】
   長 崎 空振 打つ気なしのため略   新 沼 空振 外角ストレート
   早 坂 空振 真ん中スライダー
  7回表【河原】
   寺 本 空振 外角フォーク
  8回表【牛田】            8回裏【谷】
   喜 多 空振 真ん中フォーク     北 川 空振 外角スライダー
   塀 内 空振 外角高めストレート   吉 村 空振 外角スライダー
   早 坂 空振 真ん中高めストレート

おまけA
 野中(湘) 一軍昇格&日本ハムマジック点灯記念 打席コンプリート
  第一打席【長崎】
   1球目 外角ストレート    見逃し
   2球目 内角カーブ      ボール
   3球目 外角高めストレート  ボール
   4球目 内角高めストレート  ボール
   5球目 内角高めストレート  空振り
   6球目 内角ストレート    ファール
   7球目 外角高めストレート  ファール
   8球目 外角高めスライダー  レフト前ヒット
  第二打席【前田】
   1球目 外角高めカーブ    ボール
   2球目 真ん中スライダー   空振り
   3球目 真ん中高めストレート ボール
   4球目 内角低めストレート  ライトフライ

※おまけ@・おまけA、共に高低が書いてないものは真ん中付近


2004年 9月 4日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(岩手県金ヶ町崎)報告者:@白にゃんこさん

4日 岩手県金ヶ崎町・森山総合運動公園野球場
第16回戦 川崎9勝6敗1分
観衆2310人
                     RHE
スワローズ 020 003 000 02 150
ジャイアンツ002 000 210 01 121
 
(延長11回)

<川 崎>真田裕貴、條辺剛、柏田貴史、●河原純一(8試合4勝1敗)−村田
<戸 田>本間忠、佐藤賢、成本年秀、吉川昌宏、○小森孝憲(31試合2勝1敗)−米野、福川

 スワローズ 打安点 1表2表3表4表5表6表7表8表
(中)飯 田 320 左安  三振    右3
 右 本 郷 100             二安
打右 牧 谷 210
(右中)青 木 521 二ゴ  右飛    投ゴ右安
(一) ユウイチ512 右飛  二ゴ    一野四球
(三) 畠 山 520 投ゴ    二ゴ  右安三ゴ
走三 丸 山 100
(左) 宮 出 522   左本  遊ゴ  右安  中飛
(二) 三 木 400   一ゴ  三ゴ  二ゴ  三振
 投 吉 川 000
 打 久保田 000
 投 小 森 000
(遊二)梶 本 520   右安    三振中飛  中安
(捕) 米 野 410   右安    三ゴ  一ゴ三振
打捕 福 川 100
(投) 本 間 211   左犠    投ゴ  中安
 投 佐藤賢 000
 投 成 本 000
 遊 大 原 210
   合 計 45156

 投手成績  回 打安責
 本間 忠 61/3 2984
 佐藤 賢  1/3 100
 成本年秀  1/3 100
 吉川昌宏 2   921
○小森孝憲 2  821

ジャイアンツ 打安点 1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏
(中) 井 出 511 中飛  遊ゴ  左飛  右2
(右) 矢 野 521 四球  中安  中飛  中安
(左) 斉 藤 510 右安  四球  二ゴ
(三一)吉 川 512 右併  三2    中飛
(二三)福 井 510   右安三振    投ゴ  三振
(捕) 村 田 510   二ゴ  二ゴ  右飛  右安
(一) 三 浦 310   三振  中飛    左安四球
 投 柏 田 000
 投 河 原 100
(遊) 岩 舘 100   遊ゴ  四球
 打 中 濱 100             三振
 投 條 辺 000
打二 長 田 221               右安※
(投) 真 田 200     一ゴ二ゴ
 打 野 村 111             右2
走遊 大須賀 100
 打 山 田 110
   合 計 43126

※8回裏1死一、二塁、長田のタイムリーで村田が生還した場面で放送終了

 投手成績 回 打安責
 真田裕貴 7 3194
 條辺 剛 1 410
 柏田貴史 1 410
●河原純一 2 1042

<本塁打>
 宮 出 3号(真田=2回)

<三塁打>
 飯 田(6回)
 青 木(11回)

<二塁打>
 吉川元(3回)
 野 村(7回)
 井 出(7回)
 畠 山

<盗 塁>
 久保田
 梶 本(8回)
 三 浦

<失 策>
 矢 野(6回)


<試合展開>
イースタン優勝争いも終盤を迎えた中でまだ残暑の残る東北遠征、2連戦の初戦。天候は快晴。
森山総合公園球場は開場10周年とのこと。金ヶ崎では6年ぶりの試合で、地元出身の戸田・畠山のご両親が詰め掛け、特大の横断幕が出るなど大きな声援が送られる。試合前インタビューには川崎村田が登場。
また、今遠征より斎藤が6代目主将に任命されているとのこと。(今期は十川雄、野村らが歴任)
金ヶ崎町長による始球式を経て、プレイボール。

1回表<戸田>
1飯 田 2球目を打ち上げ、レフト前に落ちるポテンヒット。
2青 木 叩きつけてセカンドゴロで二塁フォースアウト。
3ユウイチ打ち上げてライトフライ。
4畠 山 球場全体から大歓声も、中途半端な辺りで真田の正面へ。

1回裏<川崎>
1井 出 3球目を打ち上げ、センターフライ。
2矢 野 1−3からカーブが高めに浮き四球。
3斎 藤 鋭く一、二塁間を抜けていくライト前ヒット。
4吉 川 ライナー性の当たりで、ライト青木の正面。飛び出していた斎藤が戻れず併殺。

2回表<戸田>
5宮 出 ふわりと打ち上げ、斎藤の頭上を越えてスタンドへ入る先制アーチ。(戸田1−0川崎)
6三 木 ファールで粘ったがファースト正面のゴロ。
7梶 本 3球目を打ち返し、ライト前へ抜けていくヒット。
8米 野 流し打ってライト前へ抜けていくヒット。梶本は三塁へ。
9本 間 バントの構えからバスターでレフト頭上へ打ち上げ、犠牲フライとなり斎藤は一塁へ送球、一走米野が飛び出していたため戻れず併殺となるが、梶本の生還は認められる。(戸田2−0川崎)

2回裏<川崎>
5福 井 高めを引っ張って三遊間を破るヒット。
6村 田 バットが折れ、詰まったセカンドゴロで三木が打球を弾いたが間一髪アウト。
7三 浦 アウトハイを見送り3球三振。
8岩 舘 叩きつけてショート正面のゴロ。

3回表<戸田>
1飯 田 アウトコースのフォークに空振り三振。
2青 木 初球を打って詰まったライトフライ。
3ユウイチセカンド深い位置のゴロで、福井が踏ん張って送球。

3回裏<川崎>
9真 田 詰まったファーストゴロ。
1井 出 詰まったショートゴロ。
2矢 野 ピッチャー返しでセンター前へ抜けていくヒット。
3斎 藤 1−3からインコースの変化球を見送り四球。
4吉 川 内角球を思い切り引っ張ってサード畠山を強襲し、ボールがレフトファールゾーンへ転がる間に2者が生還し一気に同点(川崎2−2戸田)
5福 井 高めに空振り三振。

4回表<戸田>
4畠 山 詰まったセカンドゴロ。
5宮 出 初球を打ってバットが折れるショートゴロ。
6三 木 叩きつけてサードゴロ。

4回裏<川崎>
6村 田 3球目を打ち上げ、センターフライ。
7三 浦 初球を打ってセカンドゴロ。
8岩 舘 フルカウントから低めの変化球がワンバウンドし四球。
9真 田 初球を打ってセカンドゴロ。

5回表<戸田>
7梶 本 高めを空振り三振。
8米 野 詰まったサードゴロ。
9本 間 叩きつけて真田の正面のゴロ。

5回裏<川崎>
1井 出 良い角度で上がっていったがレフトフライ。
2矢 野 3球目を打ち上げ、センターフライ。
3斎 藤 詰まったセカンドゴロ。

グランド整備には、地元少年野球チームが参加。

6回表<戸田>
1飯 田 打ち上げて右中間を深々と破り、俊足を飛ばして一気に三塁を陥れる。
2青 木 初球打ちも真田の正面へ。
3ユウイチ詰まったファーストゴロだったが、飯田が懸命に滑り込んでセーフ(戸田3−2川崎)
4畠 山 フルカウントから外寄りの球を流してライト前へ運ぶヒット。
5宮 出 詰まりながらもライト前に抜け、この打球を矢野が後逸する間に2者が生還し、宮出は三塁へ到達。戸田がリードを奪う。(戸田5−2川崎)
6三 木 詰まったセカンドゴロで、宮出は釘付け。
7梶 本 打ち上げたが、井出が背走しながらキャッチ。

戸田/右翼手:本郷 右翼→中堅手:青木

6回裏<川崎>
4吉 川 初球を打ち上げたが、詰まっており青木の定位置付近。
5福 井 中途半端な当たりで本間の正面。
6村 田 打ち上げてライトフライ。

7回表<戸田>
8米 野 叩きつけた一、二塁間の当たりでファースト三浦がダイビングキャッチ。
9本 間 詰まりながらもセンター前へ落ちるヒット。
1本 郷 内角に詰まらされセカンド福井が背走しながらキャッチを試みたがこぼしてしまう。本郷はこの間に二塁を狙ったがタッチアウト。
2青 木 引っ張って一、二塁間を破るヒット。
3ユウイチ内角球を見送り四球。
4畠 山 叩きつけてサード正面のゴロ。

7回裏<川崎>
7三 浦 三遊間を破っていくレフト前ヒット。
H中 濱 アウトコースの球に空振り三振。三浦は二進。
H野 村 初球を高々と打ち上げ、ライト本郷の頭上を高々と破るヒットとなり三浦が悠々生還し、反撃開始(川崎3−5戸田)代走大須賀。
1井 出 3球目を流し打ち、右中間へ落ちるタイムリーヒットで、きわどいタイミングだったが一気に二塁へ滑り込む。(川崎4−5戸田)
2矢 野 アウトローを打ち返し、センター前に落ちるヒット。
ここで松岡コーチ、小川監督が三塁側ベンチから出てきて2番手佐藤賢をコール。
3斎 藤 初球を高々と打ち上げ、ユウイチがファールゾーンいっぱいでキャッチ。
佐藤賢はワンポイントで、続いて3番手成本が登場。
4吉 川 内角球に詰まらされ、三木がバックしながらキャッチ。

川崎/遊撃手:大須賀 投手:條辺

8回表<戸田>
5宮 出 打ち上げたが、詰まったセンターフライ。
6三 木 直球に空振り三振。
7梶 本 インハイを打ち返し、センター前に運ぶヒット。米野の5球目に二盗成功。
8米 野 フルカウントからアウトハイを見送り三振。

戸田/投手:吉川昌 遊撃手:大原

8回裏<川崎>
5福 井 真ん中高めを空振り三振。
6村 田 真ん中の球を流してライト前ヒット。
7三 浦 低めのワンバウンドを見送り四球。
H長 田 インローを打ち返し、ゴロで一、二塁間を破るタイムリー(川崎5−5戸田)
この場面で、惜しくも放送は終了。

試合はその後同点のまま延長戦に突入し、迎えた11回に戸田は青木のタイムリースリーベースとユウイチのタイムリーで勝ち越し、川崎もその裏矢野のサードゴロの間に1点を返したが、反撃も及ばずここまで。
川崎の敗戦により、試合のなかった鎌ヶ谷にマジック5が点灯した。


<ジャイアンツ>
■真田裕貴(巨)先発 7回 被安打9 失点4
目測130後半台、シュート、フォーク
投球を見ていると徐々に悪い部分は薄れてきている印象も、2回は宮出に緩い変化球を打ち上げられ、7回などもボール先行でファーストストライクの球がヒットを打たれるなど、まだ完全復活とは言えないか。
3回〜5回は3者凡退とまずまずで、このようなリズムやテンポのよさを続けていきたい。

■矢野謙次(巨)5打数2安打打点1 2番・ライト
センター返しの意識か、2回、7回の2安打ともセンター方向へ打ち返すというヒット。
しかし守備では6回表、ゴロでライト前に達した打球をまさかの後逸で2者を帰してしまう結果に。
右の外野手として1軍に再び戻るため、結果を残していきたい。

■三浦貴(巨)3打数1安打 7番・ファースト
一塁守備での出場も多くなってきましたが、7回表には一、二塁間の打球に飛びついてキャッチを試みるなどガッツを見せ、直後の攻撃では先頭打者としてきっちり出塁。
彼もそろそろ1軍での活躍を見たいもの。

<スワローズ>
■本間忠(ヤ)6回1/3 灯安打 失点4
目測130項半〜140前半、フォーク、スライダー
変化球中心。全体的に球が高い印象ながらもきっちり追い込んで打ち取る投球。
3回裏の同点のシーンでは、内角に放ったもの唯一の球を吉川に振り抜かれ、畠山を強襲するヒットとされ2点を失うが、4回、5回は大きなピンチも無く切り抜けるが、7回に疲れが見え、連打を浴びたところで佐藤賢にマウンドを譲って降板。
右打者の外角への緩いフォークなどで、カウントを取れる投球は大きい。

■飯田哲也(ヤ)3打数1安打 1番・センター
かつてのトップバッターも、2軍暮らしが長くなっていますが、この日の特に6回表、先頭打者として高々と打ち上げ、俊足を発揮して一気に三塁を陥れると、さらにユウイチのゴロの間に果敢に滑り込みセーフ。足はまだまだ健在を見せつけた格好となりました。

■宮出隆自(ヤ)5打数2安打打点2 5番・レフト
先制となるホームランは、フライかとも思われましたが意外に距離が伸び、フェンスを超えてスタンドに吸い込まれていきました。
6回には右方法へ打ち、矢野の後逸などもあって自らも三塁へ進むことに。持ち前の長打力を再び1軍で見たい。


森山総合運動公園球場のプロフィール(金ヶ崎町公式ページから)
両翼92.00m・中堅122.00m
・内野、外周クレー舗装・外野芝舗装
メインスタンド・1,130人収容
内野スタンド・800人収容
外野スタンド・2,150人収容
夜間照明設備


2004年 9月 3日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:WIZさん/横須賀マリンさん

WIZさん編

9/3(金)イースタンリーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ 18回戦/横須賀スタジアム(18:00開始)
<スコア>
ロ ッ テ 000 023 000
湘  南 000 000 021

<投手継投>
ロッテ ○成瀬(8回)−S戸部(1回)
湘 南 ●秦(7回)−河原(1回)−谷口(1回)

<試合内容>
仕事帰りから横須賀に向かったため途中観戦。そのためスコアはつけていません。
定時ダッシュし19時半前に球場に到着したものの、試合は既に5回裏まで進んでいました。
5回表に塀内が2ランを放ちロッテが2点を先制したところから観戦。
試合が早く進んでいたのは湘南秦、ロッテ成瀬がここまで好投していたためのようです。
特に成瀬はここまで湘南打線を無安打に抑えていました。
一方、秦は続く6回にロッテ打線に長打を許し、さらにマスクを被った武山の後逸などあり
この回3失点、結局7イニング5失点で降板。
反撃したい湘南だが成瀬の無安打ピッチングはどんどん続き、次第に高卒ルーキーの
ノーヒットノーランなるか、に興味がいってしまいました。
しかし8回に代打北川にセンター前ヒットでその夢が潰えると続く武山に代わりマスクを被った
小田嶋に2ランを打たれ、この回で降板する。
湘南は2番手戸部から小池がレフトポール際にソロを放ち追い上げムードが漂うも反撃もここまで。
今日の敗戦によりロッテに代わり湘南がついに最下位降格。


<選手感想>
■成瀬善久(ロ)
今日はこの高卒ルーキーの好投に尽きるでしょう。
下降気味の湘南打線とはいえ7回まで無安打に抑えたのは立派の一言。できれば起ち上がりから見たかったです。
制球がやや荒いながらもストレートに球威があり湘南打線は簡単に三振を取られていた印象。
地元横浜高出身ということもあり横浜はなぜ彼をドラフトで獲らなかったんだろうと湘南ファンを後悔させる好投を見せた。
それにしても横浜、湘南共に相手の新人投手に簡単に勝ち星を与えすぎ。
自軍の若手投手の勝ち星を増やす努力をもっとして欲しい。

■秦裕二(湘)
ストレートの球威はよく、観戦した中では今年一番の状態だったと思う。
5失点の内容だが6回は守備に足を引っ張られた失点もあるので続けて次の登板での好投に期待したい。
高卒トリオの一人、西武に移籍した東が一軍で結果を残しているだけに秦、後藤も後を追いたいところ。

■武山信吾(湘)
秦が全体的に好投していて5失点というのは彼のリードに少々問題があったのかもしれません。
6回には後逸し、野次を浴びせられ秦と共に降板。
小田嶋、新沼が降格され、スタメンマスク争いが熾烈になってくると思うが、先輩に負けず追い抜けるか、
今後に注目。

■吉村裕基(湘)
ここ最近力の無いスイングで空振りする姿をよく見る。打席で迷いがあるのか。
昨年のような豪快なフルスイングを思い出してもっと積極的に打っていってほしい。
はっきり言って去年の吉村を見てきた者として今年の内容は少々消化不良気味。

■福本誠(湘)
最近球場にも姿を見せず心配したが、今日は元気にスタメン出場。まずは一安心。

■北川利之(湘)
スタメンを福本に譲るものの、代打で成瀬のノーヒットノーランの夢を打ち砕く。


<試合感想>
0.5ゲーム差で6位千葉ロッテ、5位湘南の最下位攻防戦(涙)第1ラウンド。

本日のイベントは入場料プラス1500円で生ビールが飲み放題になるという企画。
1塁側中央の上段に飲み放題エリアが設置され約20人ほどの観客が生ビールを飲みながら観戦。
しかし5点差をつけられ更に高卒ルーキーにあわやノーヒットノーランかという展開に飲み放題エリアの
できあがった観客から強烈な野次が飛ぶ。
酒が入っており野次の中にも激励の言葉もあったのですが、タイムリーを打ったロッテの選手に対し
野次を飛ばすのはどうかなと思いました。
そもそもイベント企画は大人や子供、男性や女性、野球に興味が無かった人など、様々な人に球場に
足を運んでもらい観戦を楽しんでもらうのが目的なのでは?
それを考えるとこの飲み放題企画もあまりふさわしくないような気がします。
周りのお酒を飲まない人や子供たちの事を考えれば、やるにしても外野席でやってもらった方がよかったかも。

またこれまで指摘のあったスタンドを駆け回る子供たちですが、
夏休みも終わり無料入場できなくなったからでしょうか、思いっきり子供の姿が減りました。
今日は横浜で一軍の試合があった関係もあるかもしれませんが、今日の入場者数は約470名ほどと
先週の平塚と比べると半数近く観客が減りました。

明日、明後日はチャリティーフェスティバルという4月にも行われたイベントが催されます。
横須賀スタジアム周辺では朝10時からフリーマーケットや出店が立ち並びます。
また球場内ではユニフォームが当たる抽選会などが行われる予定です。
明日は横浜はデーゲーム、湘南はナイターのため横浜戦の半券を持っていくと入場無料になるそうです。
明日は多くの横浜ファンが横須賀に駆けつけるのではと思います。
さらに球場DJケチャップさんの話だと明日はブラックホッシーも駆けつけるとのこと。
レックとの初遭遇は必見!?




横須賀マリンさん編

2004年 9月3日 イースタンリーグ湘南−ロッテ(横須賀)

浦和 000 020 300 = 
湘南 000 000 021 = 

勝=成瀬   負=秦   セーブ=戸部

本塁打 塀内(5表二死一塁でレフトに 投手秦)
    小田嶋(8裏無死一塁で左中間に 投手成瀬)
    小池(9裏一死でレフトポール際に 投手戸部)
二塁打 寺本(6表 ライト線)、喜多(7表 右中間)、早坂(7表 センター前ポテン)
盗 塁 早坂(4表一死一塁 二盗 打者波留)
盗塁死 早坂(7表二死二塁 三盗死 打者曽我部 投手投球前にスタートし秦−吉村)
牽制死 早坂(1表一死一塁 秦の牽制球にひっかかる)
失 策 木村(6表二死 打者波留のショートゴロを捕球できず)
捕 逸 武山(7表二死一三塁 三走喜多が生還、一走青野が三進)

        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(一) 青野  4 1 0 遊ゴ       左飛    二飛 右安
(遊) 早坂  4 3 1 中安       右安    遊飛 中2@
(中) 波留  3 0 0 空振       中飛    遊失
 走中 曽我部 1 0 0                      中直
(右) 寺本  4 1 0    空振    中飛    右2    左飛
(捕) 辻   4 1 0    空振       空振 右飛    中安
(三) 渡辺正 3 0 0    三ゴ       遊ゴ    死球 空振
(左) 喜多  3 2 1       二ゴ    右安    右2@
 打左 ユウゴー1 0 0                         二ゴ
(二) 塀内  4 1 2       三飛    左本A   中飛    左飛
(投) 成瀬  3 0 0       空振    空振    空振
 打  大塚  1 0 0                         逃振
 投  戸部  0 0 0
        35 9 4

       回  打 安 振 球 失 責
 ○成瀬   8  29 2 10 3 2 2
 S戸部   1  4 1 0 0 1 1

        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(右) 河野  4 0 0 二ゴ    三邪       空振    二ゴ
(左) 田中一 2 0 0 死球    逃振       遊ゴ
 打左 西崎  1 0 0                      遊直
(三) 吉村  4 0 0 空振       空振       空振    二ゴ
(中) 小池  4 1 1 捕邪       捕邪       中飛    左本@
(一) 七野  2 0 0    左飛    空振
 打  小川  0 0 0                   四球
 投  谷口  0 0 0
 投  河原  0 0 0
 打  呉本  1 0 0                         三ゴ
(二)遊 福本  4 0 0    左飛       左飛    中飛    右飛
(遊) 木村  1 0 0    四球       一ゴ
 打二 北川  1 1 0                      中安
(捕) 武山  2 0 0    空振       空振
 捕  小田嶋 1 1 2                      左本A
(投) 秦   2 0 0       空振       逃振
 一  新沼  1 0 0                      左飛
        30 3 3

       回  打 安 振 球 失 責
 ●秦    7  29 8 8 1 5 4
  谷口   1  4 1 1 0 0 0
  河原   1  3 0 1 0 0 0


得点経過
5回表 浦和 二死一塁から塀内がレフトへ2ランホームラン
7回表 浦和 無死一塁から喜多が右中間に二塁打で1点
       二死一三塁で湘南捕手武山がパスボールで1点
       二死三塁で早坂がセンター前に二塁打で1点
8回裏 湘南 無死一塁で小田嶋が左中間に2ランホームラン
9回裏 湘南 一死から小池がソロホームラン


〜感想および選手レポ〜
※ マリーンズファンなのでマリーンズびいきのコメントになってしまうことをお詫びいたします。

明日、明後日の天気が微妙なので、なんとか今日の試合を開始から観戦しようと
仕事を定時の17時ちょうどに終えて、横須賀スタジアムへ。
ギリギリで間に合いました。

試合は両先発投手の好投で早いテンポで進み、
だらだら感がない好ゲームでした。


◆成瀬善久(ロ)
今日は成瀬につきるでしょう。
7回までノーヒットピッチング。
8回に代打北川に2ナッシングまで追い込むもセンター前に初ヒットを許し、
続く小田嶋には初球を狙われ2ランホームランを打たれましたが、
結局8回打者29人を被安打2、与四球2、与死球1、奪三振10と素晴らしい内容。
7回までは芯に当てられた打球は2本程度。
ストレートのスピードは速くないも、カーブ、チェンジアップを上手に使い、
湘南打者のタイミングがまったく合っていませんでした。
湘南若手ホープの吉村に対しては3つの空振り三振を奪う。
コントロールがとにかく良かったです。
個人的に期待している投手ではなかったのですが、
今日のピッチングで評価を改めました^^

◆早坂圭介(ロ)
3安打猛打賞1盗塁。
ただ当たりそのものはすべて良くなかったです^^;
走塁では1回は秦の牽制にひっかかり、
7回は投手投球前にスタートを切ってしまいアウトに。
4回の二盗成功は湘南捕手武山が早坂の足を意識しすぎて
ボールをお手玉して投げられず。

◆喜多隆志(ロ)
今日は2安打。
久しぶりに喜多の活躍を見ました。
2安打いずれも完璧にとらえる。

◆塀内久雄(ロ)
レフトへのホームランにはびっくり。
打った瞬間はレフトフライかと思ったのですが打球が伸びていきました。
あとは確実性が出てくれば。


◆秦裕二(湘)
序盤コントロールが悪くどうなることかと思いましたが、
逆に適当に散らばっていたのが良かったのか4回まで無失点。
ボールカウントが悪くなっても四球は出さず。
自分が実際に見た中ではいちばんの投球内容でした。

◆北川利之(湘)
成瀬のノーヒットノーランを打ち砕くヒット。
個人的に高く評価している選手で
代打に出てきたときにイヤな感じはしました。
左投手に対して代打で出て来たのには少々驚きました。
現在のマリーンズの采配では考えられません^^;

◆小田嶋正邦(湘)
成瀬の完封を打ち砕く2ランホームラン。
初球を見事な狙い打ちでした。

◆小池正晃(湘)
9回のホームランは打った瞬間はレフトフライかと思いましたが、
塀内と同様に打球が伸びていく。
風はほとんど無風状態でした。

◆吉村裕基(湘)
成瀬に対してまったくタイミングがあわず3三振。
バットに当たったのがタイミングを狂わされた
レフトへのファール一振りだけでした。
今日はまったく良いところなし。


2004年 9月 2日 イースタンリーグ ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:風車の弥生さん(HP:なんにもないぺーじ

9/2() ファイターズ戸田球場

  
 201 010 130
  
YS 001 000 020

  勝 
佐々木  負 萩原

  
PL 名幸  1B 萩原  2B 牧田  3B 石山

    回 安 振 球 点         YS  回 安 振 球 点
 吉 崎 4 5 1 1 1 (49)   萩 原 5 6 5 0 4 (81)
佐々木 1 0 2 0 0 ( 9)    佐藤賢 1 1 2 0 0 (16)
 矢 野 1 0 2 0 0 (11)    松 谷 1 1 1 0 1 (14)
 芝 草 1 0 1 0 0 ( 9)    成 本 1 3 1 1 3 (24)
 伊 達 1 3 0 1 2 (19)    小 森 1 0 0 0 0 (10)
 櫻 井 1 0 1 0 0 ( 9)

(球数はカウントミスがあるかもしれません。目安としてお考えください)

スワローズは1回・2回と併殺を喫し、調子がいまいちな感じだった
ファイターズ先発の吉崎をとらえ切れなかったのが悔やまれるところ。
ファイターズの2番手佐々木が大原・内田と2者連続三振にとったところから
流れがよくなったよう。
その後の投手も(成本・伊達をのぞいて)1イニングずつ好投し
点数が入った割にはひき締まったゲームでした。

      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8 西 浦 5-2 右2    二飛    三振    左本 左飛
4 稲 田 5-1 投失    三直    右安    中飛    遊ゴ
5  林  5-2 左安    左本    遊ゴ・    中飛    三ゴ
3 田中幸 3-1 右安    三ゴ    三振       四球
R7佐 藤 1-0                         ニゴ
9 上 田 4-1 一飛       中安    二ゴ    二飛
7 小谷野 4-1 一併       右飛    三振    遊安
R3山田憲
6 飯 山 4-2    三振    三振    中安    中2:
2
實 松 4-0    二飛    右飛    三振    三振
1 吉 崎 1-0    三振
_H鶴 岡 1-0             遊失
_1佐々木
_1矢 野
_H尾 崎 1-0                   三振
_1芝 草
_H田中賢 1-1                      右安
_R
池 田
_1伊 達
_1櫻 井

  YS    1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8 飯 田 3-1 三振    左安    左飛
_8青 木 1-1                      右2
5 三 木 3-2 右安    中安       三振
_1松 谷
_1成 本
_H久保田 1-0                      中飛
_1小 森
3 ユウイチ 4-1 二併    二ゴ       三振    右2:
5
畠 山 2-1    四球    右2    二飛    四球
7 牧 谷 2-0    遊併    左飛
H7本 郷 2-0                   二飛 二ゴ
9 宮 出 4-0    中飛    遊ゴ       一ゴ    二ゴ
2 米 野 3-0       右飛 中飛       三振
_2福 川 1-0                         三ゴ
6 大 原 3-1       左安    三振       一ゴ
_H丸 山 1-0                         三振
1 萩 原 0-0       捕犠
_H内 田 1-0             三振
_1佐藤賢
_4梶 本 1-1                      右安



【印象に残った選手】

田中幸雄Fighters
 1、2塁間のゴロに横っとびで飛びついたりするなど、
 ビッグネームなのにファームの試合でも一生懸命プレーしています。
 毎度のことなのだけど感銘を受けます。

三木肇Swallows
 2打数2安打で迎えた6回裏の第三打席、
1-1からのファールチップが
 ひざを直撃。「いったぁー
(痛い)」とグラウンドじゅうにひびきわたる
 声をあげ、その場に倒れこむ。グラウンドの土でユニフォームの背中が
 汚れていたのが印象的。そして、ベンチに戻りかけたが、足をひきずりつつ打席に復活。
 このときこの試合いちばんの拍手が起こるも、あえなく空振り三振。
 大丈夫だったのでしょうか?


2004年 9月 1日 ウエスタンリーグ 阪神−ダイエー(鳴尾浜)報告者:@白にゃんこさん

今季初、そして「2軍愛」投稿初の
ウエスタン公式戦観戦記となります!
ルーキーになった気持ちで取り組んでいこうと思います^^;;

1日 12時30分試合開始 後期最終戦(3時間06分)
鳴尾浜5勝3敗1分
                  RHE
ホークス  020 001 000 52
タイガース 001 201 00X 100

<鳴尾浜>筒井和也、○杉山直久(3勝3敗)、吉野誠、牧野塁、金澤健人−狩野
<雁ノ巣>河野昌人、●永井智浩(0勝4敗)、柴田佳主也、竹岡和宏、岡本克道−山崎
<審判員>球審:山本 一塁:吉本 三塁:土山

 <雁ノ巣>打安点 1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(中) 辻 300 遊ゴ二直    右飛  死球
(遊)金 子300 二ゴ  遊ゴ    二ゴ
打遊 明 石100             振併
(右)出 口400 三振  右飛    二ゴ  遊ゴ
(三)吉 本200   四球左飛    四球  投ゴ
(左)井 手420   中安  遊ゴ  左安  三振
(捕)山 ア311   死球  遊直  左安    二ゴ
(二)中 村300   三振  二ゴ  捕邪
 打 城 所100                 二ゴ
(一)北 野301   遊ゴ    一ゴ  左飛
 打 田中直100                 三振
(投)河 野211   中安    遊ゴ
 投 永 井000
 打 森 本110             左安
 投 柴 田000
 投 竹 岡000
 投 岡 本000
   合 計3153

雁ノ巣投手成績 回 打安責
 河野 昌人  5 2552
●永井 智浩  1 521
 柴田佳主也  1/3 320 
 竹岡 和宏  2/3 100
 岡本 克道  1 410

 <鳴尾浜>打安点 1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏
(二)上 坂321 四球  遊失三ゴ  中2  中安
(三)藤 原211 一ギ  投ギ中2  四球  二ゴ
(右左)庄 田400 三振  三振右飛  二ゴ
(一)喜 田300 二ゴ  四球  投失  三振
(遊)沖 原431   遊安中安  中飛  左安
(左) 林 310   右飛一ゴ  四球  右安
走右 中村豊000
(捕)狩 野410   三振  右安捕併  遊併
(中)萱 島320   四球  左安  遊安  中飛
(投)筒 井100   三振
 打 松 下101       二ゴ
 投 杉 山000
 打 中 谷000           一ギ
 投 吉 野000
 投 牧 野000
 投 金 澤100               三振
   合 計29104

鳴尾浜投手成績 回 打安責
 筒井 和也  4 1622
○杉山 直久  2 921
 吉野 誠   1/3 310
 牧野 塁   2/3 100
 金澤 健人  2 600

 <二塁打>
  藤 原(4回)
  上 坂(6回)

 <失 策>
  金 子(3回)
  河 野(5回)


<試合展開>
天候は曇り空。
試合前インタビューでは狩野が登場。
「2軍で頑張っている選手も居るので、ぜひ見てください!」
放送席・解説はかつて縦縞で活躍した湯舟敏郎氏。
先発は鳴尾浜がルーキー筒井、雁ノ巣は中堅の河野。

1回表<雁ノ巣>
1 辻  3球目を打って詰まったショートゴロ。
2金 子 4球目を叩きつけてセカンドゴロ。
3出 口 2−2から外角いっぱいを見逃し三振。

1回裏<鳴尾浜>
1上 坂 低目を見送って四球。
2藤 原 勢いを殺し、一塁手正面への犠打成功。
3庄 田 落ちる球に空振り三振。
4喜 田 初球を打っていったがセカンド正面のゴロ。

2回表<雁ノ巣>
4吉 本 ラストボールが内角高めに外れヨ四球。
5井 手 ピッチャー返しでセンター前へ抜けるヒット。
6山 ア 2−2からの6球目が、左足膝付近に当たる死球。
7中 村 真中付近へ落ちる球を空振り三振。
8北 野 ショート沖原正面のゴロで、併殺崩れの間に三走生還で1点先制(雁ノ巣1−0鳴尾浜)
9河 野 詰まりながらゴロでセンター前へ抜けていくタイムリー(雁ノ巣2−0鳴尾浜)
1 辻  詰まった当たりのセカンドハーフライナー。

2回裏<鳴尾浜>
5沖 原 初球を引っ張りショート深い位置、金子が体制を崩す間に一塁を駆け抜ける。一塁では河野の再三の牽制をかわす。
6 林  良い角度の鋭い当たりだったがライトの正面。
7狩 野 真ん中へのカーブに空振り三振。
8萱 島 ラストボールのアウトハイをきっちり見送り四球。
9筒 井 直球を空振り三振。

3回表<雁ノ巣>
2金 子 2球目を叩きつけてショートゴロ。
3出 口 打ち上げて浅いライトフライ。
4吉 本 左中間に打ちあがったが、レフト林の守備範囲。

3回裏<鳴尾浜>
1上 坂 ショート金子の正面だったが、手前に弾いてエラー。
2藤 原 3球目を河野の正面に転がしバント成功。
3庄 田 内角変化球を見逃し三振。ベンチで悔しがる姿も。
4喜 田 外角高めを見送り四球。
5沖 原 詰まりながらもショート頭上を越えるタイムリーヒットで、上坂が俊足を飛ばして生還(鳴尾浜1−2雁ノ巣)
6 林  鋭い打球だったが、ファースト正面のゴロ。

4回表<雁ノ巣>
5井 手 2球目を打ってショート沖原の正面。
6山 ア ヒット性の当たりだったが、沖原が左方向にジャンプしながら捕球。
7中 村 セカンド正面のゴロ。

4回裏<鳴尾浜>
7狩 野 ゴロでセカンド横を抜けていくヒット。
8萱 島 詰まりながら左中間付近に落ちるポテンヒットとなり狩野が一気に三塁へ。
H松 下 中途半端な当たりのセカンドゴロで、一塁送球が逸れて併殺崩れの間に狩野が生還し同点(鳴尾浜2−2雁ノ巣)
1上 坂 自分も生きようと三塁前にバントを転がしたが、間一髪アウト。
2藤 原 インハイを高々と打ち上げセンター頭上を越えるタイムリーツーベースで、勝ち越しに成功(鳴尾浜3−2雁ノ巣)
3庄 田 打ち上げてライトフライ。

鳴尾浜/投手:杉山

5回表<雁ノ巣>
8北 野 初球を引っ張っていったが藤原の正面。
9河 野 詰まったショートゴロで、沖原が逆シングルで懸命に捕球。
1 辻  やや詰まったライトフライ。

5回裏開始くらいから少々雨がぱらつく。

5回裏<鳴尾浜>
4喜 田 マウンド付近のゴロとなって河野が駆け下りて捕球し一塁へトスしたが、これが喜田の背中に当たり記録はエラー。
5沖 原 センター辻が一旦バック、前進しながらキャッチ。
6 林  1−3から高めを見送り四球。
7狩 野 2球目をひっかけ、真上に打ち上げてしまい山アから2→5→3と送られ併殺打。

6回表<雁ノ巣>
2金 子 叩きつけ、セカンド正面のゴロ。
3出 口 中途半端な当たりながらセカンド深い位置で、上坂が懸命に送球してアウト。
4吉 本 ラストボールのアウトハイきわどいコースを見送り四球。
5井 手 三遊間を抜けていくレフト前ヒット。
6山 ア 詰まりながらもレフト前へ抜け、林からの送球が三塁方向へ逸れる間に吉本が生還し同点(雁ノ巣3−3鳴尾浜)ここで葛西コーチがマウンドへ。
7中 村 初球を真上に打ち上げ、狩野がバックネット方向まで追いかけてキャッチ。

雁ノ巣/投手:永井

6回裏<鳴尾浜>
8萱 島 バントを転がし、前進守備のサード吉本が捕りそこねる間に一塁を駆け抜け内野安打。
H中 谷 一塁方向、北野の正面へ転がし送りバント成功。
1上 坂 センター頭上を越える特大のタイムリーツーベースで、俊足の萱島が楽々生還して勝ち越しに成功(鳴尾浜4−3雁ノ巣)藤原の3球目に三盗を試みたが、タッチアウト。
2藤 原 ラストボールのインコースが外れ四球。
3庄 田 初球打ちも、詰まったセカンドゴロ。

7回表<雁ノ巣>
8北 野 初球を打ち上げレフト林の正面。
H森 本 低目をすくい上げ、林の前に落ちるヒット。
1 辻  左腕付近に当たる死球。
葛西コーチがマウンドへ向かい、3番手牧野がコールされる。吉野はわずか5球で降板に。
H明 石 インコースを空振り三振。二走が飛び出していたため三塁へ送られ併殺。

雁ノ巣/二塁手:明石

7回裏<鳴尾浜>
4喜 田 真ん中高め直球をハーフスイングで三振。
5沖 原 ショート金子の右脇で強くバウンドしたが、捕球できずレフト前へ抜けていく。
6 林  強く引っ張りライト前へ抜けていくヒット。代走で中村豊
ここで新人竹岡が4番手でマウンドへ上がる。
7狩 野 ショート正面の当たりで、この試合2つ目の併殺打。

鳴尾浜/右→左翼手:庄田 右翼手:中村豊 投手:金澤

8回表<雁ノ巣>
3出 口 3球目を打って詰まったショートゴロ。
4吉 本 強くバウンドし、金澤がグラブに当てて弾いたが上坂がバックアップしてアウト。
5井 手 2−1からインハイ139km直球を見逃し三振。

雁ノ巣/投手:岡本

8回裏<鳴尾浜>
8萱 島 センターへヒット性の当たりだったが、辻があらかじめ前で守っていた正面。
9金 澤 打つ気なく3球三振。
1上 坂 ピッチャー返しで岡本のグラブを弾き、センターへ抜けていくヒット。
2藤 原 上坂がスタートを切っていたが、セカンド正面のゴロ。

9回表<雁ノ巣>
6山 崎 2球目を打ってショート沖原の正面。
H城 所 2球目を叩きつけ、サード藤原の正面のゴロ。
H田中直 アウトローへ落ちるフォークを空振り三振でゲームセット。
試合後はすぐに三塁ベンチ前に全選手が集まり、ミーティングが行われる。
その後、この試合のヒーローには2安打の萱島が登場。


<注目選手 タイガース>
■筒井和也(神)先発 4回 被安打2 失点2
130後半直球、カーブ
ゆったりとしたフォームからの投球。立ち上がりから右打者の内角を意識した組み立て。
2回は鋭い当たりのファールを打たれたりきわどいコースが外れるなど、死球をきっかけにクイックでの投球だったこともあってかやや制球に苦しむ。河野に打たれた球はいわゆる「置きにいった」球。
3回以降は持ち直し、3者凡退で波に乗っていけそうだったが、4回裏のチャンスの場面で代打に松下を送られ退く。

■沖原佳典(神)4打数3安打打点1 5番・ショート
守備では5回表などガッツを見せ、打撃では4回のタイムリーなど活躍。
東京ドームでの勝ち越し打など特に巨人戦で強いイメージを残しているだけに、厳しい競争を勝ち抜いて1軍ベンチをつかみたい。

■狩野恵輔(神)4打数1安打 7番・キャッチャー
4回には先頭打者で出塁し得点のホームを踏み、守っては懸命に打球を追いかけフル出場でベースを死守。
矢野・野口の2枚体制がしばらく続いている中、浅井らと共に3番手、あるいは次の正妻の座を巡って争ってもらいたいところ。

■萱島大介(神)3打数2安打 8番・センター
もう一人のヒーローがこの萱島で、特に6回裏の内野安打は前進守備を読み、自らの俊足を生かすバントヒット。さらに上坂の当たりで悠々勝ち越しのホームを踏む。派手ではないがチャンスメークの活躍は上位打線に置いても面白そう。


<注目選手 ホークス>
■河野昌人(ダ)先発 5回 被安打5 失点2
直球130km台、スライダー、カーブ、フォーク
中堅ということで低めへの制球、変化球のキレはまずまず。しかし直球がやや甘く入ったものを沖原らに狙い打たれる。

■山崎勝己(ダ)3打数1安打 6番・キャッチャー
打席では6回に、つまりながらもタイムリーとし一時は同点に。守備では打たれはしたものの河野らを好リード。

■井手正太郎(ダ)4打数2安打 5番・ライト
チーム全体5安打のうち2本をマークし、2回表は強烈なピッチャー返し、6回にはきれいに三遊間を抜くヒット。
3年目の期待の若手、なんとか1軍昇格のチャンスをつかみたい。


2004年 8月31日 ウエスタンリーグ 阪神−ダイエー(鳴尾浜)報告者:健一@管理人

■040831 T-H 鳴尾浜(Part.1〜5)

■8月31日(火) ウエスタンリーグ 鳴尾浜タイガース−雁の巣ホークス(鳴尾浜)

                     R H
雁の巣ホークス |003 000 003| 10
鳴尾浜タイガース|100 200 100| 10

ダ:馬原孝浩(7回)−◎岡本克道(1回)−S水田章雄(1回)
鳴:前川勝彦(2回2/3)−細見和史(1回1/3)−金澤健人(2回)−佐久本昌広(2/3)
 −吉田篤史(1/3)−●牧野塁(1回2/3)−吉野誠(0/3)−石毛博史(1/3)


■雁の巣      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(左) 辻武史   411 遊ゴ    四球    遊ゴ    三振    中2・
(遊) 金子圭輔  300 投ゴ    一ゴ    三振
 打遊 明石健志  221                      左安 右安・
(右) 出口雄大  431 中安    死球    三振       右安 右3・
(三) 吉本龍生  511 投ゴ    左安・      三ゴ    三振 遊ゴ
(二) 瑞季    000
 二  加藤暁彦  412    三振 中安:      遊ゴ    遊飛
(捕) 山崎勝己  410    中2 三ゴ       一ゴ    遊ゴ
(中) 城所龍磨  200    三振    遊飛
 打中 井手正太郎 200                   三振    三直
(一) 北野良栄  410    三ゴ    右飛       遊失    右安
 走一 中村浩一  000
(投) 馬原孝浩  300       二ゴ 中飛       三振
 投  岡本克道  000
 打  田中直樹  100                         二ゴ
 投  水田章雄  000

瑞季(ダ)一回裏交代
一回裏鳴尾浜攻撃中…喜田剛の盗塁があったのですが、この場面捕手山崎勝己から二塁手瑞季へ送られ、走者喜田剛に楽々タッチのはずが、緩慢な動作でアウトに出来ず。…直後森脇浩司二軍監督から加藤暁彦との交代指示。<瑞季に、そしてチームに厳しさを注入!!


■鳴尾浜      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(二) 上坂太一郎 300 四球    投直    三振    死球    三振
(三) 藤原通   310 投犠    三ゴ    中飛    投犠    中安
(遊) 沖原佳典  521 一ゴ    遊ゴ    右安    中2・   投ゴ
(一) 喜田剛   411 中安・      中飛 左飛    三飛
(左) 浅井良   410 三ゴ       左安    三ゴ 三振
 中  中村豊   000
(中左)的場寛壱  400    中飛    三振    三振    左飛
(右) 庄田隆弘  431    中2    中安・   中2    中飛
(捕) 狩野恵輔  410    三振    三安    四球    中飛
(投) 前川勝彦  100    三振
 投  細見和史  000
 打  松下圭太  100          三振
 投  金澤健人  000
 打  林威助   100                右直
 投  佐久本昌広 000
 投  吉田篤史  000
 投  牧野塁   000
 投  吉野誠   000
 投  石毛博史  000
 打  早川健一郎 110                         中安


■雁の巣    回   安  振  四死  責
 馬原孝浩  (7回)  8  7  3  3
◎岡本克道  (1回)  0  0  0  0
S水田章雄  (1回)  2  1  0  0

■鳴尾浜    回   安  振  四死  責
 前川勝彦  (2回2/3) 4  2  2  3
 細見和史  (1回1/3) 0  0  0  0
 金澤健人  (2回)  0  2  0  0
 佐久本昌広 (0回2/3) 0  2  0  0
 吉田篤史  (0回1/3) 1  1  0  0
●牧野塁   (1回2/3) 3  1  0  2
 吉野誠   (0回0/3) 1  0  0  1
 石毛博史  (0回1/3) 1  0  0  0



【大まかな得点展開】

◆一回裏:先頭打者上坂太一郎が四球で出塁、藤原通が犠打で進塁後二死から喜田剛が馬原孝浩のスライダーに差し込まれながらセンター前に落とし一点を先制【T1-0H】

◆三回表:辻武史四球出塁後すかさず盗塁、更に進塁だと出口雄大の死球も絡み一死一三塁から吉本龍生が糸を引くように三遊間を痛烈に破る適時打で同点。この後前川勝彦の暴投もあって二死二三塁し途中出場の加藤暁彦がしぶとくセンター前に運び一気に二点を追加。直後前川勝彦は左足ふくらはぎ付近に違和感を感じ降板…【T1-3H】

◆四回裏:浅井良がレフト前ヒットで出塁し盗塁後、庄田隆弘がセンター前に打ち返し一点差とし浅井良は三塁内野安打、しかしこの時吉本龍生の送球を北野良栄が逸らす間に庄田隆弘も生還し同点【T3-3H】

◆七回裏:初回と同じように上坂太一郎の死球を藤原通が堅実に犠打で進塁し沖原佳典は三中間を破る勝ち越し適時打【T4-3H】

◆九回表:二死…あと一人コールの中、辻武史が牧野塁から同点となる中越え二塁打!ここで左打者一殺の吉野誠登板も明石健志にサラッとライトに弾き返され逆転、出口雄大には駄目押し!?の三塁打でもう一点追加、その裏水田章雄が抑え試合終了【T4-6H】



【気になる選手達@雁の巣ホークス】

■馬原孝浩(ダ)
7イニングを被安打8、3回以外は毎回走者を出すなど4失点(自責点3)ピシャリといった内容ではなかったが、ストレート、スライダー、カーブ、フォーク他緩急をつけたピッチングはさすが好投手。フォームも綺麗で今後数字が付いてくるのではないでしょうか。来年こそは期待通りの一軍定着といきたいところ。


■岡本克道(ダ)
往年時の右腕の撓りは残念ながら感じられないが…ボールに気持ちが乗っているというか、、、そんな感じがする(意気に感じる場面での投球は熱い)。昨年の日本シリーズ(阪神)での好投は予想外!?<緩いカーブが速球を際だたせます!


■金子圭輔(ダ)
まだ他の選手と比較しても華奢な感じ、打撃フォームはバットを短めに脇を締めてコンパクトにスイング。投手にも押され気味で打球方向もライト側に集まっています。<身体能力の強化が優先事項かな。


■出口雄大(ダ)
巨人時代は俊足巧打でリードオフマンの役割を担う選手だったが、ダイエー移籍後は、意外や!?主軸として走者を返す役割にここ数年定着しています(この手の変遷はそうは多くないですよ)。それに見合うだけのパワーも備え、打席でのドッシリ感に本当にあんたはあの出口雄大か?と思ったりもします。本日はボールを引きつけ右方向に三塁打を含む3安打。今年はちょっと結果を残せていませんが、この打撃力はまだまだ必要。


■吉本龍生(ダ)
スイングスピードは、他選手と比べても鋭く一軍定着もあと少しか…とヤキモキする打者を返す型の主軸候補、、、そろそろ頼む(^^;)。引っかけるようなスイングもありましたが、三遊間を痛烈に破るレフト前へのタイムリーヒットの球足は速かったです。<それだけ腰の入った良いスイングするんだよなあぁ


■瑞季(ダ)
一回裏適時打で出塁後の喜田剛盗塁時に、2塁上でのタッチが甘く盗塁を許してしまった直後ベンチに下げられる…(鈍足の喜田剛でやや意表を突いた盗塁でしたが、タイミング的にはやっぱりアウトかな)。勿論タッチにはいったんですが、ちょっと滑り込んでくる喜田剛を待ってしまった感はありました。次回に汚名返上です。


■加藤暁彦(ダ)
瑞季に代わり一回裏から途中出場。体格も大きく、長くバット掲げ懐の深い構え(クラッチヒッター型)。2打席目二死二三塁の場面、前川勝彦のインコースのボールを詰まりながらセンター前に落とす2点適時打。二塁守備は俊敏とは思えないだけに、打って活路を見出したい。


■山崎勝己(ダ)
先発の馬原孝浩を外角中心の手堅いリード。バッティングはパワーを感じさせますが、一本調子のところも見られます。本日のセンター越えの二塁打も振ったところにスーッとボールが行った感じ。


■城所龍磨(ダ)
長身を丸く猫背気味にしたクラウンチングフォーム!?球筋をじっくり見て出塁を心掛けているようです。タイプとしては俊足のリードオフマン!!現在はプロのキレのある変化球にアップアップ…。来年に繋げるプレーを期待。


■北野良栄(ダ)
打撃も伴った大型捕手(阿部慎之助(巨)や吉永幸一郎(ダ巨))を期待されているものの…打撃も捕手もどっちつかず…。というか記憶の限りですが、殆ど一塁手、左翼手、指名打者、代打でしたでしょうか。打撃結果を残して自分の位置を確保したい。


■明石健志(ダ)
金子圭輔に代わり途中出場。川崎宗則タイプの俊足巧打で更に天才型…にすら感じます。ひざ・腰と二枚腰で多少のタイミングのずれもボールを拾う技術ありか。代打時のレフト前への流し打ちは綺麗でした。また9回表同点の場面では吉野誠のボールに右手一本で一二塁間を破る勝ち越し打…お見事。


■田中直樹(ダ)
ちょっとずんぐりむっくり系、軽くオープンスタンスで構え左足を高く上げタイミングを計る。体型の割に大きな構え。思い切りのあるバッティングは良いですねぇ。



【気になる選手達@鳴尾浜タイガース】

■前川勝彦(神)
変化球の中の真っ直ぐは小さなテークバックからピュッと来る感じ。「下柳剛のような飄々とした投球スタイル」に重なります。制球がよいのか悪いのか、兎に角つかみ所のない左腕(^^;)。立ち上がりはまずまずでしたが、三回に二死から死球に連打を絡まれ3失点…仕舞いにはふくらはぎを攣ったようで、そのまま降板…来季はこそ宜しく御願い致します。


■藤原通(神)
ユーティリティープレーヤー!内外野を一応守れ、犠打も含めて繋ぎの打撃、また大学時代からチャンスに強いと云われる打撃等々が売り(更に言えば「ガッツ」もあるぞ)。…だがしかしあれもこれもと逆に特長がないのかも(汗)。本日は犠打2つを確実に決めるなどそつないプレー。<1軍に近い位置には常にいる、、、あともう少しか。


■沖原佳典(神)
チーム事情で2軍に帯同…。ライト前に軽打と一時勝ち越しとなるセンター左への適時二塁打。ロッテに移籍した平下晃司と並んで他球団編成から垂涎の的!? 2軍にいる選手ではないんですよね、ホントに…。


■喜田剛(神)
構えるときに一度四股を踏むようにググッと沈み込む、「四股踏んじゃった打法!?」。巨体の割にミートセンスある好打者。ややオープン気味の打撃フォーム、バットの位置は低め、スイング軌道は後ろが小さく前が大きい。…反面、腕が伸びきっていない点がどうにも気になります(手首が捏ねるような、硬いような…)。初回馬原孝浩のスライダーに差し込まれたがセンター前に運ぶ先制打。


■的場寛壱(神)
オープン戦で右肩を捻挫してからやっと守備も含めて復帰から復活レベルと安定して1軍も近いか(この後一軍昇格したが2試合一塁手としてスタメンしたが安打出ず、、、直ぐに二軍降格…)。巧くバットに乗せるというよりかは、バットにぶつけるバッティング、長打はそう無いが野手の間を強く打球はなかなか。<八木裕の後釜はこいつ!とすら思っているのですが(^^;)


■庄田隆弘(神)
ドラフト6巡目のルーキー。左打席の構えは背中を丸めドッシリとしていて、右手の捌きが巧いように感じます(バットコントロールに通じる)。右足半足分引いたオープンで、グリップの位置は頭付近。全体的にはそこそこ足が速く、そこそこ当てるのが巧く…とまとまった印象。二塁打2本を含む猛打賞と今日は好結果。


■狩野恵輔(神)
打撃の型としては…個人的に「高波文一型」!?嫌らしいタイプではなく『猪突猛進!』良く言えば積極的なバッティング。効き手である右手のコネるきらいがありますが、打撃力は年々アップ!2軍では正捕手を奪取。1軍に這い上がれるか。本日は勝ち越しにつながる三塁内野安打(ボテボテの打球を吉本龍生が捌いたが、一塁手北野良栄が後逸…)。


2004年 8月28日 ウエスタンリーグ 広島−ダイエー(由宇)報告者:あぽろさん(HP:やきゅの間

8/28カープvsホークス

ホークス   000000010 1
カープ    20000200X 4

スタメン
1 7辻   8福地
2 6金子  7末永
3 9出口  9廣瀬
4 5吉本  5松本奉
5 8城所  2木村一
6 3加藤  3甲斐
7 2山崎  4石橋
8 4中村  6松本高
9 1飯島  1菊地原

経過

■1回表
辻   セカンドゴロ
金子  三振
出口  ショートゴロ

■1回裏
福地  サードゴロ
末永  レフト2ベースヒット
廣瀬  右中間2ランホームラン
松本奉 三振
木村一 ショートゴロ

■2回表
吉本  セカンド内野安打
城所  サードファールフライ
加藤  セカンドフライ
山崎  ショートゴロ 吉本フォースアウト

■2回裏
甲斐  セカンドフライ
石橋  サードゴロ
松本高 三振

■3回表
中村  セカンドゴロ
飯島  ファーストゴロ
辻   ショート内野安打
金子  辻盗塁死

■3回裏
菊地原 レフトフライ
福地  セカンドゴロ
末永  三振

■4回表
金子  三振
出口  三振
吉本  センター前ヒット
城所  四球
加藤  三振

■4回裏
廣瀬  レフト前ヒット
松本奉 廣瀬盗塁
    サードゴロ 廣瀬3塁へ
木村一 ショートゴロ 廣瀬タッチアウト
甲斐  レフト線2ベースヒット
石橋  三振

■5回表
山崎  セカンドフライ
中村  ファーストファールフライ
飯島  三振

■5回裏
松本高 三振
菊地原 ライトフライ
福地  セカンドゴロ
守備変更
3→4
石橋→吉田3

■6回表
辻   ピッチャーゴロ
金子  三振
出口  三振

■6回裏
末永  ショートフライ
廣瀬  センター前ヒット
松本奉 ライト前ヒット 廣瀬3塁へ
木村一 レフト前ヒット 廣瀬生還
甲斐  センターフライ 松本奉3塁へ
吉田  ホークス投手交代 飯島→柴田
代打  吉田→朝山
朝山  レフト前ヒット 松本奉生還 代走山本芳
松本高 ショートゴロ
守備変更
5→3
山本芳5

■7回表
吉本  ファーストゴロ
城所  四球
加藤  レフト前ヒット
山崎  ファーストゴロ
中村  セカンドゴロ
投手守備交代
3→4
柴田→榎本3
中村→岡本1

■7回裏
菊地原 三振
福地  サードゴロ
末永  三振

■8回表
榎本  ショートゴロエラー ショート送球が逸れる。ファーストは押さえたが足が離れた。
辻   ライトフライ
金子  ライト前ヒット 榎本3塁へ
出口  ライト犠牲フライ 榎本生還
吉本  金子盗塁死

■8回裏
廣瀬  三振
松本奉 セカンドフライ
木村一 センター前ヒット 代走田村
甲斐  三振
投手守備変更
田村→鈴衛2
7→3
8→7
9→8
菊地原→井生9
松本奉→西川1

■9回表
吉本  三振
城所  三振
加藤  サードゴロ

なお
カープ選手に関してはホームページ上にフォームをアップします。
よろしければご覧ください。

http://yas16.web.infoseek.co.jp/


2004年 8月28日 イースタンリーグ ヤクルト−ロッテ(大田)報告者:@白にゃんこさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

@白にゃんこさん編

○戸田スワローズ−浦和マリーンズ(大田)
28日 大田スタジアム 18時試合開始

マリーンズ 011 001 000 
スワローズ 000 020 002x 

<戸田>佐藤秀、小森、成本、佐藤賢、○吉川(4勝1敗)
<浦和>長崎、谷、●川井(0勝1敗)

<戸田>
■大原秉秀内野手
ヤクルトの2年目、大原秉秀内野手(20)が大きな仕事をした。2−3と1点を追う9回1死満塁で、川井のチェンジアップをたたき右中間にサヨナラ二塁打を放った。この日はこの1打を含む4打数2安打、3打点。大原はサヨナラの場面を「思い切って振りました」と笑顔で振り返った。

■佐藤秀樹投手
今季13度目の先発。最速137キロにフォーク、スライダー、カーブを織り交ぜ、5回を6安打2失点、無四球で5三振を奪った。「打線が頑張ってくれたので負け投手が消えた。次は頑張ります」と反省していた。


<浦和>
■渡辺正人内野手
ロッテの7年目、渡辺正人内野手(25)が鋭い打撃を見せた。調整でファーム落ちしているが、6回に一時は逆転となる二塁打を放つなど3安打の猛打賞。さすがは1軍経験者と思わせる「いぶし銀」の打撃を見せた。高沢2軍打撃コーチも「いい感じでバットを振っていた。好調を続けて欲しいね」とニッコリ。

■長崎伸一投手
今季3度目の先発も、6回5安打2失点だった。2−0で迎えた5回はヤクルト打線に4連打を浴びるなど2点を失い同点に追いつかれた。長崎は「こんなもんでは情けない」と内容に納得できない表情だった。






ふんぼるとさん編

2004年8月28日 ヤクルト−ロッテ 18回戦

Q大田スタジアム(ロッテ9勝8敗1分)
 
 
ロ ッ テ 011 001 000│
 
ヤクルト 000 020 002x│
 
 勝 吉 川 4勝1敗4S 登板23
 負 川 井 0勝1敗0S 登板5

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  B 青 野 420 左安    中安    遊ゴ    空振
  H 寺 本 310 二ゴ    捕犠    右安    空振
  G 曽我部 421 中飛    中安    右飛       右安
  F 佐 藤 300 空振    見振       二ゴ
  7 喜 多 000                      捕犠
  D 浜 名 300    二失    空振    空振
  H 大 塚 100                      一ゴ
  4 塀 内 000
  A 清水将 410    空振    二ゴ    中安    空振
  C5渡辺正 432    左安    左安    中2       一ゴ
  E 早 坂 400    二ゴ    投ゴ    二ゴ       右飛
  @ 長 崎 200    空振       二ゴ
  H 波 留 100                   中飛
  1  谷  000
  1 川 井 100                         見振
  犠盗失併残─────
  21006 3493

       回   打安振球責
   長 崎 6   235502
    谷   2/3 31100
  ●川 井 12/3 94202

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 飯 田 311 中安    中飛    一ゴ
  1 小 森 000
  1 成 本 000
  1 佐藤賢 000
  H 福 川 100                      空振
  5 大 塚 000
  H8青 木 300 投ゴ       遊ゴ 空振
  H8牧 谷 100                      右飛
  B ユウイチ  300 三邪       中飛    三邪
  H 鮫 島 100                      空振
  1 吉 川 000
  D3畠 山 410 三飛       空振    遊ゴ       中安
  F 久保田 300    一ゴ       見振 左直
  H 内 田 100                         遊ゴ
  C 梶 本 430    見振       中安    左安    遊安
  A 細 見 320    空振       左安    捕犠    中安
  E 大 原 423       二ゴ    左安    空振    中2
  @ 佐藤秀 100       二ゴ
  H9本 郷 110             右安
  H9宮 出 100                   投ゴ
  犠盗失併残─────
  10006 34104

       回   打安振球責
   佐藤秀 5   216501
   小 森 1   52101
   成 本 10/3 41200
   佐藤賢 1   30100
   吉 川 1   30100


  二塁打  渡辺正(ロ) (6回 小森 タイムリー)
       大 原(ヤ) (9回 川井 サヨナラ)
  犠 打  寺 本(ロ) (3回 無死1塁 青野が二進)
       細 見(ヤ) (7回 無死1塁 梶本が二進)
       喜 多(ロ) (8回 無死1塁 曽我部が二進)
  犠打失  青 木(ヤ) (1回 無死1塁 投ゴロで1走の飯田が二塁封殺)
  盗 塁  浜 名(ロ) (2回 捕手は細見 打者は渡辺正 二盗成功)
  失 策  梶 本(ヤ) (2回 浜名の二ゴロを一塁悪送球)
  牽制死  曽我部(ロ) (3回 1走として 打者は佐藤 佐藤秀−ユウイチ)

  PL:石山 1B:木内 2B:萩原 3B:深谷 公式記録:荒木
  時間 2時間38分(18:01〜20:39)

得点経過
 2回表(ロ) 1死2塁から渡辺正が左前打               ロ ッ テ1点目
 3回表(ロ) 1死2塁から曽我部が二遊間を破る中前打         ロ ッ テ2点目
 5回裏(ヤ) 1死1、2塁から大原が左前打              ヤクルト1点目
       1死満塁から飯田の一ゴロの間に             ヤクルト2点目
 6回表(ロ) 2死1塁から渡辺正が左中間を破る中前打         ロ ッ テ3点目
 9回裏(ヤ) 1死満塁から右中間を破るツーベース           ヤクルト4点目

戦評
 時折、雨が吹き付けた大田スタジアム。
 試合の方はロッテが先制してヤクルトが追いかける展開。ヤクルトは2点を追う4回には4
 連打などで追い付くと、1点を追う9回には1死満塁から大原のツーベースでサヨナラ。
 雨の中で両チームとも早撃ちが目立ったのは事実だが、それでも両チーム共に無四球の好試
 合。

選評
 長 崎(ロ) 初回先頭の飯田に中前に弾き返されるも、球が非常に走っておりヤクルト打線
       が食い込まれる場面が目立つ。5回には4連打を浴び2点を失うも6回は一転
       して三者凡退に抑える不思議さ。

  谷 (ロ) 全ての投球の中で一番のボールは谷が大原から空振り三振を奪ったシンカー。
       手元でグイッと曲がるボールに対し大原の軸はグラグラ。


 小 森(ヤ) ランナーがいないときはグラブを腹の前から顔の前に上げてから足を上げる投
       球フォームにリニューアル。

 大 原(ヤ) 打つ方ではタイムリーにサヨナラヒットと文句なしだが、守る方では同点の6
       回、2死1塁の場面で渡辺正の左中間を破るツーベースの中継に入るもボール
       を握り直した上に本塁への送球が逸れたため1走の清水将の生還と打者走者の
       渡辺正の三進を許す。どんな状態のボールでも投げられる(握り直さなくても
       投げられる)のがベストだが、今日のような場合は少しでも傷口を拡げない(打
       者走者の進塁を防ぐ)ことが必要だと思う。


2004年 8月28日 イースタンリーグ 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年8月28日 日本ハム−巨人 17回戦

P鎌ヶ谷(巨人10勝7敗)

 巨  人 000 101 101│4
 日本ハム 000 000 100│1
 
 勝 内 海 9勝5敗0S 登板19
 S サンタナ  0勝2敗4S 登板26
 負 須 永 9勝3敗0S 登板15

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G7山 田 400 遊ゴ    投ゴ       二ゴ 見振
  F 中 濱 300 遊ゴ       二ゴ    三ゴ
  H8井 出 100                      空振
  H 矢 野 311 空振       左本    四球    中飛
  D3吉 川 310    中飛    中安    四球    空振
  C5福 井 421    空振    三ゴ    中安       中安
  A 野 村 310    中安    遊ゴ    右飛
  2 村 田 000                         一犠
  B 三 浦 400    中飛       遊ゴ    見振    見振
  6 大須賀 000
  D 山本光 200       空振    空振
  HDレイサム  221                   中2    左3
  E4岩 館 411       空振    二飛    中安    空振
  犠盗失併残─────
  10125 3384

       回 打安振球責
  ○内 海 7 283441
   條 辺 1 31000
  Sサンタン  1 30100

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 西 浦 300 四球 投ゴ       遊ゴ    空振
  F 小谷野 410 一併    一邪       三失    中安
  D 藤 島 300 四球    中飛       空振    三併
  B 田中幸 300 四球    中飛       中飛    右飛
  D  林  300 一邪       捕邪    空振
  H 田中賢 100                         空振
  H 上 田 410    左安    二ゴ       空振    遊ゴ
  C6飯 山 310    捕犠    中飛       中安    遊ゴ
  A 實 松 200    四球       遊直    右飛
  E 尾 崎 200    三ゴ       二飛
  H 渡 邉 111                   右2
  R4稲 田 000
  犠盗失併残─────
  10006 2941

       回   打安振球責
  ●須 永 52/3 234522
   矢 野  1/3 10000
   高橋憲 1   42201
   佐々木 2   82401


  本塁打  矢 野(巨)6号@ (4回 須永)
  三塁打  レイサム (巨)    (9回 佐々木 タイムリー)
  二塁打  レイサム (巨)    (7回 高橋憲)
       渡 邉(日)    (7回 内海 タイムリー)
  犠 打  飯 山(日)    (2回 無死1塁 1走の上田が二進)
       村 田(巨)    (9回 無死1塁 1走の福井が二進)
  失 策  吉 川(巨)    (6回 小谷野の三ゴロを一塁悪送球)
  牽制死  岩 館(巨)    (7回 1走として 打者は山田 高橋憲−田中幸)
  併 殺  巨 人      (1回 小谷野 無死1塁 三浦−岩館−三浦)
       巨 人      (8回 藤島 無死1塁 吉川−福井−三浦)

  PL:敷田 1B:名幸 3B:牧田 公式記録:及川
  時間 2時間32分(13:00〜15:32)

得点経過
 4回表(巨) 1死無走者から矢野が左中間へソロホームラン       巨  人1点目
 6回表(巨) 2死1、2塁から福井が二遊間を破る中前打        巨  人2点目
 7回表(巨) 1死2塁から岩館が中前打                巨  人3点目
 7回裏(日) 2死1塁から渡邉が右中間を破るツーベース        日本ハム1点目
 9回表(巨) 2死2塁からレイサムが左中間を破るスリーベース     巨  人4点目

戦評
 3.5ゲーム差で迎えた天王山。日本ハムが勝てばM8が点灯するということで、巨人が清
 原を投入してまで勝ちに来るということで未曾有の観客数が予想されたが、
  @台風16号の接近により天候が心配された
  A清原が須永に恐れをなして鎌ヶ谷に来なかった(←冗談で書いているので、マジ突っ込
                         みはしないでくださいね)
 ため、杞憂に終わる。
 試合の方は巨人先発の内海が不安定な立ち上がり、日本ハム先発の須永が完璧な立ち上がり
 を見せるも、日本ハム打線が内海から得点を奪えないと、何と先制したのは巨人。矢野が須
 永のストレートを左中間に運ぶとその後も小刻みに得点を重ねる。日本ハムも尻上がりに調
 子を上げてきた内海から7回に1点を奪うもそれが精一杯。最後はサンタナが3人で締めて
 日本ハムのマジック点灯を阻止。

選評
 内 海(巨) 立ち上がりはストレートは低めに、カーブは高めにと全くストライクが入らず
       四球を連発するが日本ハムのマズい攻めと早撃ち(3回5球、4回19球、5回
       5球)にも助けられ、後はスイスイ。ハーラーダービートップの須永との直接
       対決に勝ち、須永に並ぶ9勝目。
 三 浦(巨) 3−6−3の併殺を完成させるなど守備では及第点だが、打つ方では第三打席、
       第四打席と連続見逃し三振。今日の球審は敷田ということで、ゾーンの曖昧さ
       もなくストライクとわかっていたはず。振りましょう。
 條 辺(巨) 久しぶりに見る條辺。先頭の小谷野をヒットで出塁させるも、藤島を注文通り
       の併殺に斬って取るなど1イニングを3人で切り抜けるも、田中幸にはサスガ
       に真芯で捕らえられるなどもう一つの印象。

 須 永(日) 矢野に出会い頭の一発を浴びるも、疲れの見え始めた6回を除けばスライダー
       の低めのコントロールにやや難があった以外はほぼ完璧なピッチング。6回は
       ストレートが左右に、スライダーが低め外れだし1点を失う。5回2/3を2失
       点の好投も打線の援護なく痛い3敗目。須永が投げると打線が奮起するという
       神話も今日は発揮されず。
 尾 崎(日) 7回のレイサムのレフト・センター・ショートのちょうど真ん中へのフライに
       対し落下点に入りながら捕球できず(記録は二塁打)。初回は中濱の強烈なショ
       ートゴロを自分の前に叩き落としてから確実にアウトにするなどの落ち着いた
       プレーが見られていただけに残念。
 佐々木(日) 2回を投げて1点を失うもフォークを武器に4奪三振の好投。前回はストレー
       トを武器に、今日はフォークを武器にということで佐々木完全復調!特に元同
       僚の井出から空振り三振を奪ったフォークは秀逸。


2004年 8月27日 イースタンリーグ 湘南−西武(平塚)報告者:WIZさん

8/27(金)イースタンリーグ公式戦 湘南−西武17回戦/平塚球場(18:00開始)
<スコア>
西  武 000 240 000 
湘  南 301 005 20×  11


<投手継投>
西武 竹内(22/3)−田崎(1/3)−芝崎(1)−●トモキ(12/3)−武藤(0/3)−潮崎(1/3)−小野(2)
湘南 千葉(41/3)−谷口(2/3)−河原(1)−○宇高(2)−牛田(1)


<得点経過>
1回裏(湘) 1死満塁で七野、レフト前タイムリー(1点)
      1死満塁で河野、ライト前タイムリー(2点)
3回裏(湘) 2死3塁で河野、ライト前タイムリー(1点)
4回表(西) 無死1塁で後藤、右中間タイムリー2ベース(1点)
      1死2塁で黒瀬、右中間タイムリー2ベース(1点)
5回表(西) 1死満塁で高山、レフトオーバータイムリー2ベース(2点)
      2死1・3塁で谷口暴投で3塁ランナー生還(1点)
      2死1・3塁でカズ、レフト前タイムリー(1点)
6回裏(湘) 2死2・3塁で七野、センター前タイムリー(2点)
      2死満塁で木村、四球で押し出し(1点)
      2死満塁で呉本、ショート内野安打(1点)
      2死満塁で西崎、四球で押し出し(1点)
7回裏(湘)  無死無塁で吉村、レフトスタンドへソロホームラン(1点)
      1死3塁で河野、センター前タイムリー(1点)


<打撃成績>
西武
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回 打安点得本盗三四死
LF  栗山 三振  四球一ゴ四球    三振   300000220
2B/SS 水田 左2  投ゴ  中2    三振   520100200
              三振
RF  大島 左飛  投ゴ  三振中安    右飛 510000100
3B  マクレーン 三振    四球四球三振    三振 300200320
1B  後藤武  右飛  右2四球二ゴ    左安 421200010
CF  高山   三振  一ゴ左2  右飛  捕飛 512100100
LF  黒瀬   四球  中2三振  一ゴ     311000110
P   小野                    000000000
C   上本   三振  四球四球         100000020
C   田原             二ゴ     100000000
P   竹内     三振             100000000
P   田崎                    000000000
H   高木大      右飛           100000000
P   芝崎                    000000000
H   カズ         左安         110000000
P   トモキ                   000000000
P   潮崎                    000000000
2B  宮崎               死球   000000001

湘南
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回 打安点得本盗三四死
CF 田中一 二ゴ捕飛  捕飛           300000000
LF 西崎            左飛  四球   100000020
                四球
2B 北川  右安二ゴ  四球  中飛  中飛   510100010
                一ゴ
3B 吉村  四球  左安三振  四球左本     321410120
LF/CF 小池 死球  四球三振  中安右2     320300111
1B 七野  左安  右犠  二ゴ中安一ゴ     423100000
RF 河野  右安  右安  右安中安中安     554100000
C 武山  三振  死球  死球         100000002
C 新沼            四球三振     100100010
SS 木村  二ゴ  三振  三振四球  遊ゴ   400000210
P 千葉    一ゴ  右安           210000000
P 谷口                     000000000
H 小川          二ゴ         100000000
P 河原                     000000000
H 呉本            遊安       111000000
P 宇高                     000000000
H 渡辺                投ゴ   100000000
P 牛田                     100000000


<投手成績>
西武
     回   打  安 四 三 失 自
 竹内  22/3 16 5 4 1 4 4
 田崎  1/3  1  0 0 1 0 0
 柴崎  1   5  1 1 2 0 0
●トモキ 12/3 11 4 2 1 2 4
 武藤  0/3  4  1 3 0 3 1
 潮崎  1/3  1  0 0 0 0 0
 小野  2   9  3 1 1 2 2

湘南
      回  打 安 四 三 失 自
 千葉 41/3 23 4 6 6 2 5
 谷口  2/3  6 2 2 2 4 1
 河原  1  1 3 0 1 0 0
○宇高  2  6 0 1 2 0 0
 牛田  1  4 1 0 1 0 0


<試合内容>
湘南千葉、西武竹内と背番号「63」同士の先発で始まったが、両投手とも制球力に欠ける内容。
湘南は竹内の起ち上がりを攻め4点をリードして竹内をマウンドから降ろす。
千葉は序盤は抑えたものの4、5回に捕まり1死満塁のピンチを招き降板、谷口に託す。
しかしその谷口が千葉以上に悪く、失点し逆転を許す。
西武も竹内以降の中継ぎ陣がピリッとせず6回には2個の押し出しを含む5失点で再逆転される。
湘南は7回に吉村のソロを含む2点を追加してダメ押し。
6回以降は河原−宇高と好投し、最後は牛田が締めた。


■千葉 英貴(湘)
制球難が課題の投手で、ボールが先行するものの3回まで毎回奪三振の計5奪三振を取り、
案外先発型の投手かもと思わせる滑り出し。
無意識に出ているとは思えない「ウオリャ!」の掛け声もよく出ていた。
だがスタミナ切れか4回に入ると打たれ始め、5回には四球を連発し満塁のピンチを招き降板。
恵まれた体の持ち主でもっと走り込み、投げ込みを行い、スタミナと制球力をつけたい。
4回裏の打席でヒットで出塁はプロ初安打?

■河野 友軌(湘)
5打数5安打4打点1盗塁と大活躍。守備でもフェンス際の打球をジャンプして好捕を見せる。
ヒーローインタビューでは試合前の少年野球教室で教えたことを実戦した結果が出たとのこと。
言葉通り今日のプレーは野球少年たちのいい手本になっていたことだろうと思う。

■七野 智秀(湘)
ここ最近結果が出なかったが、今日は先制と同点タイムリーを放つ活躍を見せる。
守備でもライナー性の打球を体で止めアウトに仕留めたのは結果を出し自身が付いたのだろうか。
今日の結果で復調するか、今後のプレーに注目したい。

■吉村 裕基(湘)
久々に本塁打を放つ。それにしても彼の本塁打の打球は凄い。暗くてよく見えなかったが場外に飛んでいたと思う。
七野同様、復調して本塁打を量産してほしい。


平塚球場での今季最終戦となった試合。
イベントゲームは「ペットOKデー」。ペット連れは外野芝生席で観戦できるというものだが、数名が入場したのみ。
ちょっとイベント的には失敗かも。デーゲームだったらもう少し入っていたかもしれません。
試合の方は湘南の先発が千葉と聞いてある程度覚悟はしていたが、ボール球が先行し試合時間が長くなりそうな予感。
加えて西武投手陣も乱調で5回を終了した時点で20時半を過ぎていた。
湘南が逆転に成功し、その後の中継ぎ陣が好投したおかげで22時前に何とか試合が終了する。
逆転、再逆転とシーソーゲームを展開したが、内容的には両チーム合わせて20四死球というやや集中力が欠ける
試合展開となった。
観客数はアナウンス嬢によると「827名と4匹のワンちゃん」とのこと。

遅くまで観戦された皆様、お疲れ様でした。
明日は横須賀で定番イベントとなった「カレーゲーム」ですが、高い確率で雨の予報で開催は微妙なところです。


2004年 8月27日 イースタンリーグ ロッテ−ヤクルト(ロッテ浦和)報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ

8月27日(金)ロッテ浦和
イースタンリーグ公式戦 ロッテvsヤクルト

ヤクル 000 100 000=
ロッテ 011 400 22×=10

勝 成瀬  1勝3敗0S
負 五十嵐貴0勝1敗0S
ホームラン=牧谷4号

【ヤクルト】  打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(8)内田  400右飛    遊ゴロ   空三振      空三振
2(4)梶本  200四球    二飛       空三振   四球
3(3)ユウイチ310中飛       右二    投ゴロ
  H 飯田  100                     二直併
  5 大塚  000
4(5)3畠山 300中飛       三ゴロ   四球       遊ゴロ
5(7)牧谷  411   三失    左本1   中飛       三飛
6(D)福川  300   右飛    中飛       逃三振
  H 久保田 110                        右安
7(9)宮出  400   空三振      右飛    投ゴロ   左飛
8(2)米野  310   遊ゴロ      左二    二ゴロ
  2 鮫島  000
9(6)大原  310      空三振   空三振      中安
 (P)五十嵐貴3回2/3 21人 6安打 5四死球 6失点
  P 小森  2回1/3  9人 2安打 0四死球 0失点
  P 松谷  1回   6人 3安打 0四死球 2失点
  P 萩原  1回   7人 3安打 2四死球 2失点

【ロッテ】   打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
1(3)青野  201四球    三ゴロ四球1   三ゴロ   四球
2(9)寺本  411投犠打   空三振遊ゴロ1  遊安    二ゴ併
3(8)波留  212四球    三失 中安2   
  R8於保  100               逃三振   死球
4(D)澤井  321左飛併   右安1右安       
  HD大塚  210                  二ゴロ右安
5(5)浜名  310   左安 二ゴロ左飛
  H5富永  221                  中安 右二1
6(2)辻   420   左安    空三振左飛    右二 三安1
  2 金澤  111
  2 杉山  000
7(4)渡辺正 312   捕犠打   四球 空三振   右安2空三振
8(7)喜多  311   中犠飛1  左安 二ゴロ   遊ゴロ
9(6)早坂  300   二ゴロ   四球    遊ゴロ二ゴロ
 (P)成瀬  5回  19人 3安打 1四死球 1失点
  P 谷   1回   4人 0安打 1四死球 0失点
  P 川井  2回   7人 1安打 1四死球 0失点
  P 杉原  1回   4人 1安打 0四死球 0失点


【得点経過】
2回裏M=喜多犠牲フライ
3回裏M=澤井タイムリー
4回表YS=牧谷ソロ
4回裏M=青野押し出し四球、寺本遊ゴロの間に1点、波留2点タイムリー
7回裏M=渡辺正2点タイムリー
8回裏M=富永タイムリー、金澤タイムリー

●内田和也(ヤ)…4タコ。1番打者として頻繁に出塁していた青木が偉大だったことを実感。
●梶本勇介(ヤ)…守備で7回に飛びついてファインプレーを見せる。
●ユウイチ(ヤ)…2打席目、セカンドとライトの間に落ちたヒットで3塁を狙ったのは暴走ぎみ。
●飯田哲也(ヤ)…チャンスででてきてゲッツー。ユウイチの打席をもう1回みたかった。
●牧谷宇佐美(ヤ)…盗塁にホームラン。素質開花の予兆をみた。
●久保田智(ヤ)…痛烈に一二塁間を破るヒット。代打もいいがスタメンでみたい。
●宮出隆自(ヤ)…今年初めてみたが、スランプか?空振りと詰まった当たりばかり…
●米野智人(ヤ)…投手が打たれ首ひねる場面多数。
●鮫島秀旗(ヤ)…打席に立ってアピールしたいが、あと一人でまわってこなかった。
●五十嵐貴章(ヤ)…相変わらストライクが入らず、たまに入ったところを狙い打ちされる。

●波留敏夫(ロ)…3出塁はさすが。まだチャンスはある。
●澤井良輔(ロ)…浦和はやっぱりこの人が出てくると盛り上がる。2安打でご機嫌。
●金沢岳(ロ)…サードへのゴロがベースに当たり転がってタイムリーに。結果が出たことが大事。
●渡辺正人(ロ)…気が入ってないように見えてゴロを無難に捌きタイムリーも打つ。これがプロか。
●成瀬善久(ロ)…立ち上がり制球に苦しむもプロ入り初勝利。降板後はボールボーイ(汗)
●谷浩弥(ロ)…巨人時代のよい頃のオーラが戻ってきた感じ。これから注目したい。
●川井貴志(ロ)…しばらく見ない間に、すっかり二軍では風格が違う投手になっていた。

★今日の試合でいちばん光っていたのは
牧谷宇佐美選手。このところ打撃が安定してきている様子。スタメン5番起用も好調の証しか。長身の外野手という同タイプの宮出隆自が不振と思われる状況だけに、スタメン出場で毎試合結果を残したい。


2004年 8月25日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:WIZさん

8/25(水)イースタンリーグ公式戦 湘南−ヤクルト 17回戦/横須賀スタジアム(18:00開始)

<スコア>
ヤクルト 000 000 100 00 
湘  南 001 000 000 00 
●延長11回引き分け

<得点経過>
3回裏(湘) 1死3塁で捕手後逸で3塁ランナー生還(1点)
      *「捕手後逸」は私の判断で公式記録ではエラーは記録されていませんでした
7回表(ヤ) 1死2塁で畠山、左2ベースタイムリー(1点)

以下、成績については正式記録ではありませんので不備な点があるかと思います。ご了承下さい。

<打撃成績>
<ヤクルト>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 飯田  右飛    遊ゴ  二ゴ            300000000
CF 牧谷                二併     遊ゴ 200000000
2B 丸山  三振    三振    三振  三ゴ     400000300
H 福川                       一失 000000000
R 大塚                         000000000
P 成本                         000000000
1B ユウイチ  三振    三振    右2  三振   一ゴ 510100300
3B 畠山    三ゴ    一飛  左2  中2     421000000
LF 本郷    左飛    左安  四球  三振     310000110
RF 宮出    遊飛    遊併  捕飛    三振   400000100
C 米野      遊ゴ    右安三振    三振   410000200
SS 大原      二ゴ    二ゴ  中安  三振   410000100
P 本間      遊ゴ    一ゴ           200000000
H 久保田               三振       100000100
P 杉本                         000000000
2B 梶本                      三振 100000100

<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 田中一 三振  右飛    遊ゴ    二飛   左安 510000100
2B 北川  三飛  一ゴ    左飛    三振   遊ゴ 500000100
3B 吉村  三振    左安    三振    三ゴ   410000100
LF 小池    右飛  二ゴ    左飛    右飛   400000000
1B 七野    三振  投飛    捕飛    四球   300000110
RF 河野    左2    三振    三振  左安   420000200
C 武山    三振    左飛    三振  遊ゴ   400000200
SS 木村      右2  遊ゴ    二ゴ    中飛 410100000
P 村西      三犠    三振           100000100
P デニー                         000000000
H 小川                  一ゴ     100000000
P 牛田                         000000000
H 西崎                      遊ゴ 100000000

<投手成績>
<ヤクルト>
      回   打  安 四 三 失 自
本間    7  23 3 0 6 1 1
杉本    3  11 1 1 3 0 0
成本    1   4  1 0 0 0 0

<湘南>
      回   打 安 四 三 失 自
村西    7  25 4 1 6 1 1
デニー    2   7 2 0 3 0 0
牛田    2   7 0 0 4 0 0



■村西哲幸(湘)
課題の起ち上がりも2三振を取り上々の出来。
以降、ストレートの球威が増し、内野ゴロを量産。
しかし7回1死2塁で強打者 畠山に対してはちょっと安易に攻めてしまったような気が・・・。
球が甘く入ってしまったのだろうか。この回で降板するも全体として合格点の内容。

■牛田成樹(湘)
投球練習から力んで投げている印象を持ったが、4者連続三振を取るなど完璧に抑える。
得意のストレート、フォークをもう1レベル上げてさらにもう1つ変化球をマスターすると
佐々木の跡を継ぐ守護神に成長するのではと大きな期待を持たせる投手。
試合前のフラダンスパフォーマンスでは、こちらも得意の(?)阿波踊りを披露する
陽気な一面も持っているようだ。

■武山信吾(湘)
鶴岡、新沼が一軍昇格の為、スタメンマスクを被る。
先日の吉川の完封、そして今日の1失点とリード面は結果が出て高卒2年目としては
先輩投手をよくリードしていると思う。
また打撃はまだまだ荒いながらもスイングスピードが一段と速くなったような感。
吉村・七野に負けないほどで横浜の泣き所である「捕手」であるが、将来谷繁クラスまで
成長が期待できるのではと思わせる選手。

■本間忠(ヤ)
ストレートの球威がよく、湘南打線は差し込まれフライを量産された。
先制点を許した後、変化球主体に変わるものの7イニングのうち5イニングを三者凡退に
打ち取り村西同様、合格点の内容。

■ユウイチ(ヤ)
バッターボックスの後ろギリギリまで下がり、さらにオープンスタンスで構える独特の
フォーム。同点のきっかけとなる柵越え2ベースを放つもそれ以外は3三振を喫するなど
まだまだ打撃が荒い。

■畠山和洋(ヤ)
現在イースタンで最も怖いバッターと言っても良いくらい打撃が好調。
同点タイムリーを放ち、ベテランのデニー友利からはあわや本塁打と思わせる
センターフェンス直撃の2ベースを放ち強打をアピール。ヤクルト将来の主軸を担う逸材。


個人的には1ヶ月半振りの横須賀ナイター観戦。
夏祭りイベントとして試合前にはフラダンスのショーが行われ、湘南から
呉本成徳牛田成樹の明大同期コンビが登場。
やや恥ずかしめに踊る
呉本成徳選手に対し牛田成樹投手は故郷が徳島県ということもあり阿波踊りを披露。
ヤクルトからも飛び入りで
福川将和捕手と・・・すみませんもう1人は忘れてしまいました。

試合は両チーム投手陣が好投で1点を争うゲームとなりましたが攻めきれず引き分けに終わりました。
うちわやカキ氷などプレゼントがたくさん用意され、夏休み終盤にも関わらず多くの子供が球場に駆けつけ、
観客数は1200名を超えました。

またファールボールのプレゼントを止め、ホームランを打った選手を予想して当たったらサインボールを
プレゼントする企画はいい企画だと思います。子供たちのファールボールの取り合いは見てて危険を感じました。
この時期のナイターにしては涼しく観戦日和と言った気候でしたが、観戦された皆様、遅くまでお疲れ様でした。


2004年 8月22日 ウエスタンリーグ 中日−ダイエー(ナゴヤ)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

8/22ナゴヤドラゴンズvs雁の巣ホークス(於:ナゴヤ球場)

雁の巣 003 000 100 4
ナゴヤ 112 000 000 4

雁 寺原隼人(22/3回)−田中総司(32/3回)−竹岡和宏(2/3回)−柴田佳主也(1/3回)−岡本克道(1回)−水田章雄(1回)
ナ 矢口哲朗(21/3回)−小林正人(0回)−小山伸一郎(32/3回)−川岸強(2回)−遠藤政隆(1回)

HR:大野立詞5号ソロ(川岸)

審判 球:岡田 一:飯塚 二:金子 三:白井

■寺原隼人(ダ):スピードはあるもコントロール不足。3回持たずKO。今年は一軍未勝利のまま終わるのか…。
■田中総司(ダ)■小山伸一郎(中):先発が崩れたあと、完全に抑えたわけではないが、何とか試合中盤を締める。
■岡本克道(ダ):肩を痛めて出遅れ、5月一軍復帰も6月に肩痛再発。この日から実戦復帰。エラーと四球でランナーを出すも併殺で切り抜ける。MAX137km/hと、まだまだ復調途上か。
■前田章宏(中):前日は途中からマスクを被りダメ押しのタイムリー。この日も2安打。捕手争いも熾烈だが、若さで一軍を勝ち取りたい。
■大野立詞(ダ):前日は死球2つにホームクロスプレーで交錯と災難続き(スポンサーから敢闘賞を受賞)も、この日は同点ホームランに強肩で牽制刺。田口昌徳、的場直樹に勝つには、パンチ力でアピールだ。
■高橋聡文(中):シーズン序盤は一軍で活躍も、肩を痛めて二軍調整。既に二軍では投げ始めている。この日はネット裏でビデオ係。ファンのサイン攻めにも応じるも、プレイ中は丁寧に断っていた。サインする時、相手の顔をしっかりと見てからサインする姿に好感。なかなかのイケメンだし、再び一軍で活躍を!


詳細は、gascoigneさんのHP内(野球コンテンツ)での観戦記でどうぞ!画像も満載、読み応えありby健一@管理人
http://hidenao.hp.infoseek.co.jp/


2004年 8月22日 イースタンリーグ 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年8月22日 日本ハム−西武 最終戦(20回戦)

S鎌ヶ谷(日本ハム12勝8敗)
      
 
西  武 010 000 000│
 
日本ハム 000 300 00×│
 
 勝 櫻 井 5勝1敗4S 登板26
 S 武 田 3勝0敗3S 登板32
 負 鳥谷部 4勝5敗0S 登板15

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 栗 山 320 右安    四球    左安    空振
  C 水 田 200 投犠    投犠    中飛    遊直
  B 大 島 300 三邪    空振    中飛
  H3犬 伏 100                      右飛
  D 後藤武 400 三ゴ    右飛       二ゴ    空振
  H 高 山 431    左本    中安    中2    空振
  G 松坂健 410    三ゴ    左安    遊ゴ       一邪
  D 春 日 410    一ゴ    遊併    空振       左安
  RD宮 崎 000
  A 野 田 210    右安    二ゴ
  2 上 本 200                   二ゴ    中飛
  E 黒 瀬 300    空振       二ゴ    四球    見振
  犠盗失併残─────
  20028 3281

       回 打安振球責
  ●鳥谷部 4 173423
   青 木 1 30110
   杉 山 2 61200
   小 野 1 41000

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 西 浦 310 中飛    一邪    四球       右安
  C 稲 田 200 二飛       四球 二併       捕犠
  D 小谷野 420 右飛       右安    右安    投ゴ
  D 田中幸 200    二ゴ    四球    左飛
  H 上 田 300    右飛    二ゴ    中飛
  B 渡 邉 300    空振    遊ゴ       捕邪
  3 山田憲 000
  E 飯 山 312       空振 中安       空振
  F 佐 藤 310       中安 空振       空振
  A 駒 居 300       空振    見振       二飛
  犠盗失併残─────
  10013 2653

       回 打安振球責
  ○櫻 井 5 216211
   高橋憲 2 81210
   佐々木 1 30200
  S武 田 1 41100


  本塁打  高 山(西)8号@ (2回 櫻井)
  二塁打  高 山(西)    (6回 高橋憲)
  犠 打  水 田(西)    (1回 無死1塁 1走の栗山が二進)
       水 田(西)    (3回 無死1塁 1走の栗山が二進)
       稲 田(日)    (8回 1死1塁 1走の西浦が二進)
  走塁死  小谷野(日)    (6回 1走として田中幸の左飛で帰塁できず 栗山−
                    水田−大島)
  ボーク  高橋憲(日)    (7回 1死1塁 1走の黒瀬が二進 打者は栗山)
  併 殺  日本ハム     (4回 春日 無死1、2塁 飯山−稲田−渡邉)
       西 武      (5回 稲田 1死1塁 水田−黒瀬−大島)
       西 武      (6回 無死1塁 田中幸の左飛で小谷野が帰塁できず
                    栗山−水田−大島)

  PL:山路 1B:鈴木 3B:橋本 公式記録:新向井
  時間 2時間33分(13:05〜15:39)

得点経過
 2回表(西) この回先頭の高山がレフトポール際へソロホームラン    西  武1点目
 4回裏(日) 無死満塁から上田の二ゴロの間に             日本ハム1点目
       2死2、3塁から飯山が二遊間を破る中前打        日本ハム3点目

戦評
 札幌からB・Bも来場した鎌ヶ谷デー。B・Bはバック転やバック宙などを連発しエンター
 テイメント性を発揮、観客をガッチリつかむ。でも、イースタンフリークとして好きだよ、
 レック(湘)。
 試合の方は高山のソロで西武が先制するも、日本ハムは4回に四球とヒットと四球でつくっ
 た無死満塁のチャンスに上田の二ゴロの間に同点とすると、飯山のタイムリーで逆転。櫻井
 が5回を1失点に抑えると、後は高橋憲−佐々木−武田のリレーで西武の反撃を許さず快勝。
 宇部で巨人が湘南に敗れたため3.5ゲーム差。

選評
 鳥谷部(西) 変化球中心の組み立て。カーブとストレートはそれほどでもないが、スライダ
       ーのコントロールが悪くボール先行のピッチング(全体的に悪いんですけどね)。
       1巡目は日本ハム打線の早撃ちにも助けられ無失点に抑えるが、案の定2巡目
       に捕まる。

 水 田(西) 打つ方では第一打席、第二打席ときっちりバントを決めるが、守る方では4回
       の無死満塁のピンチに前進守備を敷いておきながら上田のボテボテの二ゴロを
       本塁に送球するか一塁に送球するか迷ってしまい、結局一塁に送球し三塁走者
       の生還を許す。確かに本塁に送球しても微妙なタイミングだったのは確かだが
       こういう打球のときはこうすると決めてかかった方が良いような・・・。

 栗 山(西) 日刊スポーツの今週のイチ押し(
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p
       
rofessional/farm/kouno/fm-kouno040816.html)に登場の栗山。6回の無死1
       塁の場面で田中幸の浅い左飛に一旦後退しながら猛ダッシュで前進してきて地
       面スレスレでキャッチすると飛び出していた1走の小谷野を刺すミラクルプレ
       ー(?)。こういうところが一軍昇格を阻んでいるんだろうなあ。打つ方では2
       安打も真芯では捕らえられていない。調子が下降線?

  東 (西) 西武ドームで先発の2日前に鎌ヶ谷でボールボーイ。


 佐々木(日) 大炎上してしまった8/8(日)のロッテ戦@鎌ヶ谷(詳細は観てある記をご参照く
       ださい)以来、2週間振りの登板。休養十分の佐々木は前回とは別人のよう。
       鬼神のようなピッチングで西武打線のこの日唯一の三者凡退に抑える。

 飯 山(日) 4回2死2、3塁からピッチャーの足元を抜ける執念の中前勝ち越し打。当た
       りは完璧ではなかったがセカンドとショートのド真ん中に飛んでいったため中
       前に抜ける。また打球が遅かったことが功を奏しランナー2人が生還。また、
       守る方では7回に水田の中前に抜けるかというライナーを好捕。


2004年 8月21日 ウエスタンリーグ 中日−ダイエー(長良川)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

8/21ナゴヤドラゴンズvs雁の巣ホークス(於:長良川球場)

雁の巣 000 000 200 2
ナゴヤ 300 000 30x 6

雁 ●飯島一彦(4回)−永井智浩(2回)−竹岡和宏(1回)−田中総司(1回)
ナ 山北茂利(3回)−正津英志(3回)−小山伸一郎(0回)−石川賢(1回)−遠藤政隆(2回)

HR なし

審判 球:金子 一:白井 二:飯塚 三:岡田

長良川球場で17時から行われた薄暮ゲーム。住友生命の協賛で、アンケートに答えるとタタ券をもらって入場。少年野球教室も行われていたようで、かなりの入り。

■山北茂利(中):岐阜県多治見市出身。今年は二軍暮らしが長いが、この日は3イニングを2安打無失点。スピードは130km中盤も、長身から繰り出す変化球にタイミングを外す打者も多かった。
■正津英志(中):3イニングを死球1つのみでノーヒット4奪三振。まだ根気は一軍登板がないが、ここでは格上の印象。
■飯島一彦(ダ):初回先制を許した後、4連続四死球で押し出し2つ。この回が全てだった。
■柴原洋(ダ):腰痛で8/7に二軍落ち後、久々の実戦。1三振に3内野ゴロで、いかにも調整といった感じ。次の日ナゴヤ球場にいないなと思ったら、ナイターの千葉マリンでスタメン出場していました。
■中川裕貴(中):ホークスの城所龍磨同様、中京高校で甲子園出場。試合前にはスピードガンコンテストにも出場、歓声を浴びる。試合では代打で登場、ヒットを打つ。鼻の手術で出遅れたが、8月から実戦出場。遅れた分を取り戻したい。


詳細は、gascoigneさんのHP内(野球コンテンツ)での観戦記でどうぞ!画像も満載、読み応えありby健一@管理人
http://hidenao.hp.infoseek.co.jp/


2004年 8月21日 イースタンリーグ 湘南−巨人(山口県防府)報告者:いの一番さん

8月21日(土) 湘南シーレックス−読売ジャイアンツ(山口県・防府スポーツセンター野球場)

 110101100 
 000110020 

勝:内海 18試合8勝5敗  負:千葉 14試合1敗
本:矢野5号@(千葉)、三浦10号@(千葉)、南7号@(内海)
審判:石山、名幸、萩原、深谷  記録:野中

観衆:1,200人 
試合時間:3時間28分

(投手成績)
   回    打 安 振 球 責
内海 5   24 5 3 4 2
南  2 1/3 10 3 2 1 2
條辺 1 2/3  8 0 0 3 0
− − − − − − − − −
千葉 5   24 6 2 4 3
谷口 2   12 3 3 2 1
河原 1    4 1 0 0 0
牛田 1    3 0 1 0 0

(試合経過)
△1回表
山田は三ゴロ、長田は二ゴロで二死になったが、矢野がレフト場外へ先制の本塁打。吉川は二飛。

△2回表
福井はレフト線安打で出塁。村田は右飛の後、三浦、岩館は連続四球で一死満塁。
続く内海の遊ゴロで福井が生還、2−0となる。なおも山田は四球で二死満塁となったが長田は二ゴロ。

▼2回裏
西崎は右飛、南は投ゴロで二死になったが、武山の四球と呉本のレフト線二塁打で二死二、三塁。
千葉の一ゴロを吉川がはじいたが、ボールがベースカバーに走っていた内海の前に転がり、
内海がボールを拾って一塁ベースを踏み、アウト。

△4回表
先頭の三浦が初球を左中間場外に本塁打、3−0となる。
岩館は遊ゴロの後、内海は四球、山田は三振の後長田が右前打を放ったが矢野は二ゴロ。

▼4回裏
西崎は一ゴロの後、南がレフトへ本塁打、3−1となる。武山は二ゴロ、呉本は二飛。

▼5回裏
千葉の代打北川は三直、福本のボテボテの遊ゴロを岩館がはじき(記録は安打)、一死一塁。
木村の一ゴロで二死二塁になったが、吉村、小池は連続四球で二死満塁。
続く西崎も四球で押し出しとなり、3−2と湘南が1点差に迫る。南は三ゴロ。

△6回表
湘南の投手が谷口に交代。
先頭の三浦は死球で出塁し、岩館の送りバントで二塁へ。
ここで代打山本光が右中間二塁打を放ち三浦が生還、4−2となる。山田、長田は連続三振。

△7回表
矢野は中前打、吉川は四球、福井は中前打で無死満塁。
続く村田の三ゴロを吉村がバックホームしたが、
送球がワンバウンドになり武山がはじいてセーフ(記録は吉村のエラー)5−2になる。
なおも無死満塁だったが、三浦は三振、岩館は捕邪飛、南は二ゴロ。

▼8回裏
小池は四球、西崎は左飛で一死一塁、続く南の左越え二塁打で小池が生還、
武山の中前打で南が生還し、5−4と湘南が1点差に迫る。
ここで投手が條辺に交代し、代打河野を左飛、代打七野を一ゴロに討ち取りピンチを脱する。

▼9回裏
福本は四球で出塁し、木村の一ゴロで一死二塁。
吉村の左飛で二死二塁となり、小池は敬遠気味の四球で二死一、二塁。
続く西崎への1球目は暴投になり、二死二、三塁。西崎は四球で二死満塁。
南へもボールが2球先行したが、條辺は何とかストライクを2球続け、
最後は南を三飛に討ち取り試合終了。


(選手評)
■内海哲也(G)
3回までは毎回1本ずつ長打を打たれながらも踏んばって0点に抑えていたが、
4回には本塁打を浴び、5回には押し出し四球で計2失点。
イースタンではまあまあの成績のようだが、何かモタモタした印象の投球内容で、
これでは、今季1軍に再昇格できるかどうか疑問。

■條辺 剛(G)
試合開始30分前に球場の外にある売店に現れ、かき氷を購入、
それを持って球場の中に戻って行ったので、ベンチ裏あたりで食べたものと思われる。
それはともかく、8回裏のピンチはしのいだが、9回裏には3四球で
あわやサヨナラ負けの場面を招いてしまった。
1軍で投げまくっていた頃を考えると現在の姿には非常に落差を感じるが、
酷使の影響が今も残っているのだろうか。しかしまだ23歳、奮起を期待したい。

■矢野謙次(G)
今季、1軍で初本塁打を放った選手。
この日は先制本塁打の後は、センター方向に素直に打ち返すバッティングで中前打を3本放つ。
外野の競争は非常に厳しいが、昇格に向けて首脳陣に好印象を与えたことだろう。

■長田昌浩(G)
将来が期待される2年目の選手。
4打数1安打だったが、5打席目に代打野村(カツノリ)を出され交代。
左投手の河原が出てきたためだが、そこまで左対左にこだわらず、経験のために打たせるべきでは。
また、どうしても右の代打を出すのであれば、失礼ながら先の見えた野村よりも、
もっと若い選手を出した方がよいと思う。この起用は非常に疑問。


■千葉英貴(S)
1球ごとに雄叫びをあげながら投げる様子には、非常に気合いを感じたが、制球難で空回りの印象。
簡単にストライクを取りに行ったため2本塁打され、
一方では投手の内海にストレートの四球を与えるなど4四球。この投球内容では1軍は苦しい。

■谷口邦幸(S)
かつてのドラフト1位も7年目25歳。
この日は2番手で登板し、2回で2失点。エラーによる失点もあったが、
そもそも安打と四球で走者をためたため、この結果になった。
今一つピリッとしない内容で、これでは1軍も見えてこない。

■南 竜介(S)
入団5年目で今季は初めて1軍を経験。
この日は本塁打と二塁打で2打点の活躍。ただ9回裏二死満塁の場面で打っていれば
文句なしのヒーローだったのだが。

(その他)
■石山智也(セ・リーグ審判)
今年セ・リーグに採用された新人審判。
時折、首を傾げる判定もあったが1年目としては無難な印象。
9回裏、二死満塁の場面はいい経験になったことだろう。今後に期待。

■レック(湘南マスコット)
昨年はダンディ坂野の「ゲッツ」を踊ったが、
今年は松平健の「マツケンサンバU」を踊り、しっかり流行を勉強している。
後半はライトスタンドで湘南応援団と遊んでいた。

■松浦正人(防府市長)
防府での試合にこの人は欠かせない。
3年連続で湘南25番のユニフォームを着て登場し、始球式の投手役を務める。
その後はスタンドに現れ、スコアをつけている筆者のすぐ後ろでしばらく観戦。
「ネタにさせてもらっています」と挨拶しておけばよかったかな。
しかし、市長の奮闘も空しく、観衆の数は2870人→1576人→1200人と
減少の一途を辿っているのは野球ファンとして淋しい限りである。


防府スポーツセンター野球場の情報については、拙稿をご覧ください。
http://csc.jp/~fudoki/hofu1.htm


  ■掲示板@2軍愛■