【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2005年 5月 4日 イースタンリーグ 日本ハム−インボイス(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2005年5月4日 日本ハム−インボイス 5回戦

D鎌ヶ谷(インボイス4勝1敗)

 
インボイス 000 100 402│
 
日本ハム  000 000 003│

 勝 涌 井 3勝0敗0S 登板3
 S トモキ 1勝0敗2S 登板11
 負 菊 地 0勝3敗1S 登板8

 【インボイス】打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 柴 田 511 中飛    ニゴ    右飛    右安    空振
  H 高 波 521 三ゴ       中安 左飛    中安    遊ゴ
  B 木大 210 中飛      ※遊安    四球
  H3犬 伏 000                   死球
  H  星  000                         四球
  4 宮 崎 000
  D 後 藤 433    中安    四球    三併 中安    右2
  A 上 本 500    左飛    遊直    見振 中飛    ニゴ
  E 黒 瀬 301    三ゴ    右犠       遊ゴ 中飛
  G 松坂健 200    中飛    四球       四球 遊ゴ
  D3上 田 410       投ゴ 三ゴ       中安 左邪
  C5水 田 311       空振    遊直    右安    四球
  犠盗失併残─────
  11207 3397

       回   打安振球責
  ○涌 井 81/3 378722
  Sトモキ  2/3 20000
 
  ※ショート後方のフライを尾崎が追い付きながら落球

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 島 田 310 中2    一ゴ    遊失
  R7佐 藤 211                   左飛    中安
  G 工 藤 400 捕邪    空振    空振       左邪
  H 小谷野 001                         左犠
  C 田中賢 410 ニゴ       四球    中安    三直 ニゴ
  D 高橋信 400 空振       左飛    三ゴ    三ゴ
  H 上 田 410    投ゴ    遊飛    空振       中2
  R 紺 田 000
  D 金 子 410    ニゴ    ニゴ    見振       左安
  R 市 川 000
  E 尾 崎 410    空振       右安    右飛    投ゴ
  A 鶴 岡 200       三飛    投犠    二飛
  2 渡 部 000
  H 鵜久森 110                         右安
  B 古 城 311       左2    空振    四球    遊失
  犠盗失併残─────
  20019 3583

       回   打安振球責
  ●菊 地 61/3 297245
   佐々木  2/3 41010
   武 田 2   91122


  二塁打  島 田(日) (1回 涌井)
       古 城(日) (3回 涌井)
       後 藤(イ) (9回 武田)
       上 田(日) (9回 涌井)
  犠 打  鶴 岡(日) (5回 無死1塁 1走の尾崎が二進)
  犠打失  工 藤(日) (1回 無死2塁 捕邪飛で2走の島田を送れず)
  犠 飛  黒 瀬(イ) (4回 1死満塁 3走の高波がホームイン、2走の木大が三
                 進)
       小谷野(日) (9回 1死満塁 3走の鵜久森がホームイン)
  盗 塁  水 田(イ) (9回 捕手は渡部 打者は高波 二盗成功)
  失 策  黒 瀬(イ) (5回 2死2塁 島田の遊ゴロを一塁悪送球)
       黒 瀬(イ) (9回 1死満塁 古城の遊ゴロを弾く(ヒット性の当たり))
  盗塁死  高 波(イ) (7回 捕手は鶴岡 打者は犬伏 二盗失敗 鶴岡−田中賢)
  走塁死  紺 田(日) (9回 無死1、3塁 3走として尾崎の投ゴロで飛び出してし
                 まい三本間で挟殺 涌井−上本−水田)
  捕 逸  上 本(イ) (5回 2死1、3塁 1走の佐藤が二進)
  併 殺  日本ハム  (6回 後藤 無死1塁 金子−田中賢−古城)

  PL:橋本 1B:山崎 2B:鈴木 3B:山路 公式記録:山本
  時間 3時間11分(13:01〜16:12)

得点経過
 4回表(イ) 1死満塁から黒瀬がライトへ犠牲フライ         インボイス1点目
 7回表(イ) 1死1、3塁から水田が右前打             インボイス2点目
       1死1、2塁から柴田が古城のグラブをかすめる右前打  インボイス3点目
       1死1、3塁から高波が二遊間を破る中前打       インボイス4点目
       2死1、3塁から後藤が中前打             インボイス5点目
 9回表(イ) 2死1、3塁から後藤がライト線を破るツーベース    インボイス7点目
 9回裏(日) 1死満塁から黒瀬が古城の遊ゴロを弾く         日本ハム 1点目
       (黒瀬のエラーなくても得点が入ったとの公式記録員の判断により古城に打点)
       1死満塁から佐藤が中前打               日本ハム 2点目
       1死満塁から小谷野がレフトへ犠牲フライ        日本ハム 3点目

戦評
 イースタンフリークには『4番:高橋信』に違和感を感ぜざるを得なかった鎌ヶ谷にはGW
 ということもあり遠方から選手の家族(#52&#23)も来場。
 試合の方は初回の無死2塁のチャンスをミスで潰し菊地を援護できなかった日本ハムに対し
 インボイスは4回、7回、9回と順調に加点し、9回表を終わっ0−7。
 涌井が完封勝利を収めるかと思われたが、日本ハムも意地を見せ3点を奪う。しかし、反撃
 もここまで。

選評
 涌 井(イ) 腕や体の軌道はオーソドックスながら二段モーション気味の投球フォーム。ス
       トレートとカーブでカウントを整え、ウイニングショットはストレートとスラ
       イダー。スライダーは鋭く曲がっており、ストレートも2ストライクまでと2
       ストライク後は違うストレートに感じさせる程、ウイニングショットのストレ
       ートは低めに良くコントロールされていた。また、試合全般を通してコーナー
       を丁寧に突いていた印象。

 黒 瀬(イ) 相変わらず守備が上手いのか下手なのか、よくわからない黒瀬。


 尾 崎(日) 打つ方では内角の球を踏み込んで右方向へ打てるようになるなど着実な進歩を
       見せるが、守る方では(風が強かったのは事実だが)4回に木大の遊飛を落球
       しインボイスの先制点に繋げてしまう。御両親が来てたのに・・・。

 工 藤(日) 守る方では8回に黒瀬の右中間を抜けるかという当たりに良く追い付くファイ
       ンプレーを見せるも、打つ方では犠打失敗に2三振に邪飛と全然ダメ。カット
       もほとんどできずボールが見えていない印象。

 二遊間(日) 8回にエンドランが掛かっている状態で2回もゴロで二遊間を破られる。打つ
       前から打球方向に走ってたんじゃないんですか(苦笑)。あと1歩が足らない。       トホホ・・・。


2005年 5月 4日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん/メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!)/横須賀マリンさん

あわてんぼーさん編

 試合開始13時2分終了16時11分試合時間3時間9分
 球審原1塁本田3塁深谷記録員野中
 ロッテ浦和(2勝2敗)観衆450人
                  R  H E
 
湘 南 000 204 120   13 0
 
ロッテ 040 000 004   11 2

 勝那須野1勝      本塁打 桑原1号(6回左翼神田B)
 S山 田2敗3S        木村1号(8回右翼長崎A)
 負神 田3敗

 2塁打 田中雅(9回)盗塁 田中雅(1回)辻(2回)桑原(8回)
 盗塁死 河野(2回)早坂(4回)
 暴投 成瀬(4回)山田(9回)
 併殺 湘 南1(呉本)9回平下
    ロッテ1(早坂−原井−パスクチ)7回西ア
 失策 湘 南0
    ロッテ2 早坂(7回)原井(9回)

1回表(ロッテ投手小宮山、捕手辻)小池一塁ゴロ、北川遊ゴロ、鶴岡三振(湘南0)
1回裏(湘南投手那須野、捕手鶴岡)曽我部左飛、田中雅右前安打、竹原の時田中雅2塁盗塁成功も結局中飛、大松三振(ロッテ0)
2回表 南三振、河野四球、西アの時河野2塁盗塁失敗も結局左前安打、福本中飛(湘南0)
2回裏 パスクチ中飛、辻四球、青野の時辻2塁盗塁成功で右前安打で1,3塁、原井四球で満塁、早坂右前安打で辻生還なお満塁、曽我部中犠飛で青野生還、田中雅、竹原共に左前安打で原井(竹原の安打で)生還なお満塁、大松二塁ゴロ内野安打で早坂生還なお満塁、パスクチ遊ゴロで6−4とわたり2塁大松封殺(ロッテ4)
3回表(ロッテ投手成瀬)桑原三塁ゴロ、木村、小池共に三振(湘南0)
3回裏 辻二塁ゴロ、青野左飛、原井二塁ゴロ(ロッテ0)
4回表 北川左前安打、鶴岡右前安打で1,2塁、南の時投手成瀬の暴投で2,3塁となり、結局南は二塁手の股間を抜く中前安打で北川、鶴岡生還、河野一前送りバント成功で南2塁進塁、西ア二飛、福本一飛(湘南2)
4回裏 早坂四球、曽我部の時那須野の牽制球に誘い出され1−3−4とわたり早坂盗塁死、結局曽我部は右飛、田中雅右前安打、竹原二塁ゴロ(ロッテ0)
5回表 桑原左前安打、木村三前送りバント成功で桑原2塁進塁、小池遊ゴロで桑原3塁進塁、北川二塁ゴロ(湘南0)
5回裏 大松、パスクチ共に三振、辻中飛(ロッテ0)
6回表(ロッテ投手神田)鶴岡中前安打、南四球で1,2塁、河野右前安打で鶴岡生還なお1,3塁、西ア三振、福本スクイズ決行も捕邪飛、桑原左翼越え本塁打、木村三振(湘南4)
6回裏 青野三振、原井四球、早坂投ゴロで1−6とわたり2塁原井封殺、曽我部二飛(ロッテ0)
7回表(ロッテ投手川井)小池中前安打(代走石川)、北川捕前送りバント成功で石川2塁進塁、鶴岡左前安打で1,3塁(代走呉本)、南遊ゴロ失で石川生還なお1,2塁(打点つき)、河野右前安打で満塁、西ア遊ゴロで6−4−3とわたり併殺(湘南1)
7回裏(湘南投手村西、捕手新沼、一塁呉本)田中雅三振、竹原、大松共に右飛(ロッテ0)
8回表(ロッテ投手長崎)福本三振、桑原左前安打、木村の時桑原2塁盗塁成功で木村が右翼越え本塁打、新沼、北川共に右飛(湘南2)
8回裏 パスクチ右飛、辻に代打金澤中飛、青野に代打澤井三振(ロッテ0)
9回表(ロッテ投手内、捕手金澤、三塁澤井)呉本三塁ゴロ、南二塁ゴロ失も2塁を欲張り4−6とわたり2塁タッチアウト、河野三飛(湘南0)
9回裏(湘南投手飯田)原井に代打ユウゴー中前安打、早坂に代打垣内左前安打で1,2塁(代走代田)、曽我部に代打杉山四球で満塁、田中雅左中間2塁打でユウゴー、代田、杉山生還(湘南投手山田)竹原の時投手山田暴投で田中雅3塁進塁で結局は遊ゴロで田中雅生還、大松中前安打、富永に代打平下一飛で呉本自ら1塁ベースへ入り大松と共に併殺(ロッテ4) 

   打撃成績
   湘 南 打安点    ロッテ 打安点
  B小 池 410   H曽我部 301
  R石 川 000   H杉 山 000
  2新 沼 100   D田中雅 543
  C北 川 410   F竹 原 512
  A鶴 岡 430   G大 松 521
 R3呉 本 100   Bパスクチ400
  F 南  413   3富 永 000
  G河 野 321   H平 下 100
  D西 ア 410   A 辻  200
  D福 本 400  H2金 澤 100
  H桑 原 433   D青 野 310
  E木 村 312  H5澤 井 100
  計    36139   C原 井 100
             Hユウゴー110
             E早 坂 211
             H垣 内 110
             R代 田 000
             計    35118

 投手成績
 湘 南   投回   投数 被安 四死 三振 失点 自責
○那須野   6   106  7  4  4  4  4
 村 西   2    23  0  0  2  0  0
 飯 田    ・0  21  3  1  0  4  4
S山 田   1    21  1  0  0  0  0
 ロッテ   投回   投数 被安 四死 三振 失点 自責
 小宮山   2    23  1  1  2  0  0
 成 瀬   3    47  4  0  2  2  2
●神 田   1    29  3  1  2  4  4
 川 井   1    23  3  0  0  1  1
 長 崎   1    16  2  0  1  2  2
  内    1    12  0  0  0  0  0

 戦評
 今日の試合は、ロッテのミスが出て負けてしまったという感じ。
 4回南の打球をセカンド原井(記録は安打)がトンネル。4回早坂が那須野の牽制に引っかかりアウトになったり等・・・。これでロッテは4連敗。やはり、開幕直後の勢いは幻だったのか?
 
 あわてんぼーが選ぶMVP

■桑原義行(湘)
 今日6回2死1,3塁でレフトスタンドへ逆転ホームランを放った。打った瞬間それとわかる素晴らしい打球であった。その後も、盗塁も決める等大活躍。
 湘南(横浜)は、外野手のレベルが非常に高いので1軍での出場は難しそうだが、結果を出していけば今年中の1軍も夢ではない。


 あわてんぼーが注目した選手

■那須野巧(湘)
 湘南の先発投手は彼だったが、立ち上がりは制球は悪くどうなるかと思ったが中盤建て直し何とか試合にしたという感じ。
 ただ、全体的に球が高くそこをつかれ2回打者10人で被安打5の4失点。
 あと、癖があるらしくそこらへんもつかれ盗塁を決められていたが、癖を修正し逆に牽制で走者を誘い出しアウトにしたのは見事だった。
 この投手は、試合経験が豊富と見た。すべての面においてプロのレベルに達すれば1軍でも通用するであろう。

■小宮山悟(ロ)
 今日彼の姿を見たとき正直驚いたが、まさか今日先発するとは・・・。
 今日のピッチングは、彼らしい緩急をつけた見事なピッチングで相手打線を寄せ付けなかった。



メカゴジラさん編

イースタンリーグ公式戦 湘南―千葉ロッテC(ロッテ浦和)
審判:原・本田・深谷 記録員:野中 3時間7分(13:02−16:09)
             R  H E
SR|000204120| 13 0
 M|040000004| 11 2
(2−2)勝:那須野(1−0)負:神田(0−3)セーブ:山田(0−2−3S)
本塁打:桑原@(3神田)木村@(2長崎) 勝利打点:桑原
得点経過
2裏:早坂タイムリーヒット    (1−0)
   曽我部犠牲フライ      (2−0)
   竹原タイムリーヒット    (3−0)
   大松タイムリー内野安打   (4−0)
4表:南2点タイムリーヒット   (4−2)
6表:河野タイムリーヒット    (4−3)
   桑原3ランHR       (4−6)
7表:M早坂タイムリーエラー   (4−7)
8表:木村2ランHR       (4−9)
9裏:田中雅3点タイムリー2ベース(7−9)
   竹原ショートゴロ      (8−9)

SR    1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点   率 
(3)小池 一ゴ  空振  遊ゴ  中安      4  1 0 .250
 R 石川                     ―      .111
 2 新沼               右飛    1  0 0 .265
(4)北川 遊ゴ    左安二ゴ  捕犠右飛    4  1 0 .288
(2)鶴岡 見振    右安  中安左安      4  3 0 .571
 R3呉本                 三ゴ  1  0 0 .185
(7) 南   空振  中安  四球遊失  二失  4  1 2 .364
(8)河野   四球  一犠  右安右安  三飛  3  2 1 .375
(D)西崎   左安  二飛  見振遊併      4  1 0 .273
(5)福本   中飛  一飛  捕邪  空振    4  0 0 .311
(9)桑原     三ゴ  左安左本  左安    4  3 3 .393
(6)木村     空振  三犠空振  右本    3  1 2 .200
                         36 13 8 .282


投手  回  打  安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
那須野 6 28  7 0 4 4 0 0 0 4 4 4.26
村西  2  6  0 0 2 0 0 0 0 0 0 6.46
飯田  0  4  3 0 0 1 0 0 0 4 4 ―   
山田  1  3  1 0 0 0 1 0 0 0 0 2.19
    9 41 11 0 6 5 1 0 0 8 8 5.49


M       1回2回  3回4回5回6回7回8回9回 打  安 点   率
(9)曽我部  左飛中犠    右飛  二飛       3  0 1 .222
 H 杉山                     四球 0  0 0 .000
(D)田中雅  右安左安    右安    空振  中2 5  4 3 .364
(7)竹原   中飛左安    二ゴ    右飛  遊ゴ 5  1 2 .429
(8)大松   見振二安      空振  右飛  中安 5  2 1 .333
(3)パスクチ   中飛遊ゴ    空振    右飛   4  0 0 .226
 3 富永                        ―      .333
 H 平下                     一飛 1  0 0 .262
(2) 辻     四球  二ゴ  中飛         2  0 0 .333
 H2金澤                   中飛   1  0 0 .217
(5)青野     右安  左飛    空振       3  1 0 .167
 H5澤井                   空振   1  0 0 .125
(4)原井     四球  二ゴ    四球       1  0 0 .000
 H ユウゴー                   中安 1  1 0 .125
(6)早坂     右安    四球  投ゴ       2  1 1 .134
 H 垣内                     左安 1  1 0 .071
 R 代田                        ―      .000
                            35 11 8 .257
投手  回  打  安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
小宮山 2  7  1 0 2 1 0 0 0 0 0 0.00
成瀬  3 13  4 0 2 0 1 0 0 2 2 5.06
神田  1  7  3 1 2 1 0 0 0 4 4 4.26
川井  1  6  3 0 0 0 0 0 0 1 0 2.16
長崎  1  5  2 1 1 0 0 0 0 2 2 6.57
 内  1  3  0 0 0 0 0 0 0 0 0 3.95
    9 41 13 2 7 2 1 0 0 9 8 3.69


失策:早坂(7表 南の打球をはじく)
   原井(9表 南の打球をトンネル)
暴投:成瀬(4表 南の打席・ランナーそれぞれ進塁)
   山田(9裏 竹原の打席・ランナー3進)
盗塁:田中雅B(1裏 竹原の打席で二盗)
   辻@(2裏 青野の打席で二盗)
   桑原B(8表 木村の打席で二盗)
盗塁死:河野(2表 西崎の打席で二盗死)
走塁死:早坂(4裏 曽我部の打席で牽制死)
    南(9表 M原井が失策する間に2塁を狙うもアウト)
    大松(9裏 平下の一飛で帰塁できず)
補足
4表:南の中安→M原井がトンネルしたが記録は安打
6表:河野の右安→無死1・3塁
   福本の捕邪→スクイズ失敗
6裏:早坂の投ゴ→併殺崩れ


大入り大盛況の中行われたゲームは小宮山の安定した投球でスタート。ジャイロボールは1球投げるもボール球だったので見極められた。ロッテは那須野から集中打で4点をあげる。しかし那須野は立ち上がりこそスピードがなかったものの徐々に調子を上げていき6回まで追加点を与えない。1点差にせまった湘南は福本がスクイズ失敗で重苦しいムードになるかと思われたそのとき那須野の同期桑原が豪快なプロ初逆転HR。その後も攻勢をかけ大量リードで終わるのかと思いきや今季初登板の飯田が制球難を狙われ2点差。ロッテはなおも攻めたかったが最後は呉本のナイスキャッチでゲームセット。湘南は5連勝、ロッテは4連敗の勢いがそのままでたゲームでした。
なお湘南スタッフによると明日は吉見が先発だそうですよ。




横須賀マリンさん編

2005年 5月 4日 イースタンリーグロッテ−湘南(ロッテ浦和)

スコアテーブルはメカゴジラさま、あわてんぼーさまが
すでにカキコミされておりますので、わたしは感想だけを。

感想:
朝10時に球場に着いたのですが、すでに三塁側には多くのファンがいました。
試合開始1時間前にはほぼ座席が埋めつくされました。
湘南はマリーンズも狙っていたルーキー那須野、浦和はベテラン小宮山と対照的な先発投手。
昨日と同様に序盤は浦和ペースでしたが、浦和リリーフ陣が玉砕。
最終回の追い上げも実らずに1点差負けで、浦和はこれで4連敗となってしまいました。

●田中雅彦(ロ)
相手先発が左の那須野ということもあり、2番DHとして先発出場。
4安打の大当たりで、バッティングだけを見れば昨年から高いレベルにある。

●大松尚逸(ロ)
那須野とのルーキー対決は3打席2三振、ぼてぼての内野安打1本で那須野の勝ち。
まだ左投手相手には苦しいが、しっかり振りきっているのは素晴らしい。
また追い込まれてからもファールで粘る姿が昨日、今日と目立つ。
マリーンズに長らく不在の日本人長距離打者として、変にまとまらせずに育ててほしい。

●早坂圭介(ロ)
昨日に続き、守備でミス。
打撃は今日もヒット1本と少し上昇傾向ではあるが、課題の守備力向上を期待する。
佐藤コーチの教えをしっかり聞いて、身につけてほしい。

●原井和也(ロ)
4回表の南のタイムリーヒットは原井にエラーがついてもおかしくない打球。
9回にもさほど難しくないゴロをトンネル。
ベテランらしからぬプレーにがっかりです。

●パスクチ(ロ)
ご両親が来日中のようでスタンドにて観戦していました。
外国人選手は家族が来ると活躍する傾向が高いのですが、
パスクチにその様子は見えず。

●小宮山悟(ロ)
一軍で投げる機会がないため調整登板。
浮き球なしのさすがの投球で2回を危なげなし。

●成瀬善久(ロ)
昨年終盤のすばらしい状態を知っているだけに、物足りない。

●神田義英(ロ)、川井進(ロ)、長崎伸一(ロ)
この年代の一軍実績もそこそこある投手が二軍の柱となって、
一軍投手に故障などの不測の事態があったときの昇格候補にならなければいけないのだが、
今日の投球を見る限りでは一軍は程遠い内容。

●那須野巧(湘)
2回だけ大きく崩れましたが、それ以外は安定した内容でした。
三塁側スタンドからしか見えませんでしたので、
次は横須賀でのマリーンズ戦でバックネット裏からじっくり見たい投手です。

●桑原義行(湘)
レフトポールのはるか頭上を超える大ホームランでした。


2005年 5月 3日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:横須賀マリンさん/メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!)/WIZさん

横須賀マリンさん編

2005年 5月 3日 イースタンリーグ湘南−ロッテ(横須賀)

浦和 111 000 000 =  
湘南 011 002 02× =  

勝=秦   負=山北   セーブ=牛田

本塁打 塀内(2表二死でライトに 染田)
    大松(3表二死でレフトに 染田)
二塁打 早坂(1表 ライトオーバー)
    大松(1表 右中間)
    北川(3裏 センター右を抜ける)
犠 打 武山(6裏 無死一二塁)
    田中一(6裏 一死一塁)
    牛田(8裏 一死一二塁)
盗 塁 河野2(3裏二盗 打者南)(5裏二盗 打者南)
盗塁死 竹原(2表二盗死 打者田中雅)
    田中雅(7表二盗死 打者青野)
牽制死 代田(7表無死一塁)
    北川(8裏無死一二塁 二塁走者)
失 策 早坂(6裏無死 北川の三遊間へのゴロを一塁へ悪送球)
    内(8裏一死一二塁 牛田の犠打を三塁悪送球)

        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(右) 平下  4 0 0 左飛 空振       三ゴ       空振
(遊) 早坂  3 1 0 右2    右飛    投ゴ
 打  ユウゴー1 0 0                      空振
 遊  原井  0 0 0
(三)二 林   4 0 0 右飛    空振       中飛       空振
(中) 大松  4 2 2 中2@   左本@      空振       空振
(一) パスクチ4 1 0 空振    中飛       二ゴ       左安
(左) 竹原  2 1 0    中安    一ゴ       死球
 走左 代田  1 0 0                         二ゴ
(捕) 田中雅 2 0 0    空振    中飛       四球
(二) 塀内  2 1 1    右本@   中飛
 打三 青野  1 0 0                   空振
(投) 戸部  1 1 0    遊安
 打  富永  1 0 0             三ゴ
 投  山北  0 0 0
 投  川井  0 0 0
 打  喜多  1 0 0                      空振
 投  前田  0 0 0
 投  内   0 0 0
        31 7 3

        回  打 安 振 球 失 責
  戸 部   4  19 5 4 2 2 2
 ●山 北   11/3 8 1 2 2 2 1
  川 井   12/3 5 0 0 0 0 0
  前 田    0/3 2 2 0 0 1 0
   内    1  4 0 0 1 1 0


        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 田中一 4 1 1 中飛 右安@   捕邪    三犠    二ゴ
(遊) 藤田  5 1 0 三安 左飛       空振 二ゴ    二ゴ
(右) 河野  3 1 0 空振    中安    四球    右飛
(左) 南   3 0 0 四球    逃振    空振    二飛
(一) 田中充 2 0 0 中飛    二ゴ
 打一 福本  2 0 0             右飛    三ゴ
(二)三 北川  4 3 1    二安 中2@      遊失    右安
(三) 石川  2 0 0    三ゴ 空振       死球
 二  木村  1 1 0                      遊安
(捕) 武山  2 0 0    三ゴ    投ゴ    投犠    四球
(投) 染田  0 0 0    四球
 投  秦   1 0 0          逃振
 打  西崎  1 1 2                左安A
 投  千葉  0 0 0
 投  牛田  0 0 0                      投犠
        30 8 4

        回  打 安 振 球 失 責
  染 田   3  14 6 4 0 3 3
○  秦    3  9 0 1 0 0 0
  千 葉   1  3 0 1 2 0 0
S 牛 田   2  7 1 5 0 0 0

得点経過
1回表 浦和 2死2塁で大松が右中間タイムリー2塁打(浦和1−0湘南)
2回表 浦和 2死から塀内がライトへの本塁打(浦和2−0湘南)
2回裏 湘南 2死1、3塁で田中一が一二塁間をゴロで抜けるタイムリー(浦和2−1湘南)
3回表 浦和 2死から大松がレフトへの本塁打(浦和3−1湘南)
3回裏 湘南 2死3塁で北川がセンター右を抜くタイムリー二塁打(浦和3−2湘南)
6回裏 湘南 1死2、3塁で西崎が三遊間を抜く2点タイムリーヒット(浦和3−4湘南)
8回裏 湘南 1死1、2塁で牛田の犠打を処理した内が三塁へ悪送球で2者が生還(浦和3−6湘南)


感想および選手レポ
※ マリーンズファンなのでマリーンズびいきのコメントになってしまうことをお詫びいたします。

一軍の状態が絶好調のため、今季は一軍試合に足を運んでいます(笑)
よって今季2試合目の浦和マリーンズ戦観戦です。
序盤は両先発投手が不安定で得点の取り合いか?と思われましたが、
4回以降マリーンズ打線が沈黙。
逆に湘南は浦和の守備の乱れをしっかり得点に結びつけました。
今日の横須賀スタジアムは観客が1700人と大入りでした。

●大松尚逸(ロ)
第1打席は追い込まれてからのスライダーを右中間に運び、
第2打席では高めのストレートを流し打ちでスタンドイン。
第3、4打席はいずれも空振り三振。
今すぐ一軍で通用するかは微妙だが、将来が本当に楽しみな選手。

●竹原直隆(ロ)
今日は第1打席でのシングルヒット1本のみ。
第3打席で頭に死球を受けるも影響はないでしょう。

●塀内久雄(ロ)
第1打席でライトへの本塁打で今季早くも4本目。
着実に力をつけてきている。
6回の守備でファーストベースカバーに入った際に打者走者と衝突をしてしまい、
7回の打順では代打を送られてしまい、状態が少し心配です。

●早坂圭介(ロ)
第1打席でライトフェンス直撃の二塁打。
第2打席でもいい当たりのライトフライと打撃は少し上向きか?
ただ守備では三遊間の深いゴロをファーストへ悪送球してしまい、
(上手なファーストであれば救い上げてキャッチしていましたが)
逆転されるきっかけを作ってしまう。

●パスクチ(ロ)
テレビ観戦でも見たことがなかったのでどんな選手なのか期待していました。
第4打席でヒットを打ちましたが、現在の状態であれば李スンヨプのほうが上でしょう。

●戸部浩(ロ)
4回を2失点と結果的にはまずまずと思えますが、内容は酷し。
2回の2死3塁では投手に四球を与えて、次打者にタイムリー。
4回にも投手相手に粘られるなど、褒める内容なし。

○山北
守備に足を引っ張られたのは事実だが、このコントロールでは厳しい。
時にはびっくりするくらいのいい球を放るのですが。

●内竜也(ロ)
無死一、二塁でリリーフ。
先頭打者のときに二塁牽制でランナーを殺すも、
結局ストレートの四球で打者を歩かせてしまう。
次打者の送りバントの三塁悪送球は、しっかりとボールを握れていなかったことが原因。

●牛田成樹(湘)
今日、もっとも目についた選手。
8回表から登板し、5者連続空振り三振に仕留める。
ストレートの伸び、フォークの切れとも申し分なし。
このようなすばらしい投球はマリーンズファンとしても心地よく感じて見ていました。

●染田賢作(湘)
3回を被安打6の2本塁打を打たれる。
6安打中5安打はバットの芯で完璧に捕らえられるなど、これからの投手でしょう。

●秦裕二(湘)
3回をパーフェクトリリーフで勝利投手に。
今日はコントロールが良かった。
久しぶりにGOODな秦の投球を見ることができました。





メカゴジラさん編

イースタンリーグ公式戦 湘南―千葉ロッテB(横須賀)1721人
審判:深谷・原・本田 記録員:生原
             R H E
 M|111000000| 7 2
SR|01100202×| 8 0

(SR1−2)勝:秦(3−1)負:山北(0−1)セーブ:牛田(1−2−1S)
本:塀内C(1染田)大松(1染田) 勝利打点:西崎

得点経過
1表:大松タイムリー2ベース (0−1)
2表:塀内ソロHR      (0−2)
2裏:田中一タイムリーヒット (1−2)
3表:大松ソロHR      (1−3)
3裏:北川タイムリー2ベース (2−3)
6裏:西崎2点タイムリーヒット(4−3)
8裏:M内2点タイムリーエラー(6−3)

M        1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  打率
(9) 平下   左飛空振    三ゴ    空振    4 0 0  .268
(6) 早坂   右2  右飛  投ゴ          3 1 0  .123
 H  ユウゴー               空振    1 0 0  .000
 6  原井                       ―      .000
(54) 林   右飛  空振    中飛    空振  4 0 0  .333
(8) 大松   中2  左本    空振    空振  4 2 2  .329
(3) パスクチ 空振  中飛    二ゴ    左安  4 1 0  .245
(7) 竹原     中安  一ゴ    死球      2 1 0  .467
 R7 代田                   二ゴ  1 0 0  .000
(2) 田中雅    空振  中飛    四球      2 0 0  .235
(4) 塀内     右本  中飛            2 1 1  .286
 H5 青野               空振      1 0 0  .191
(1) 戸部     遊安                1 1 0 1.000
 H  富永           三ゴ          1 0 0  .333
 1  山北                       ―      ―   
 1  川井                       ―      ―   
 H  喜多                 空振    1 0 0  .136
 1  前田                       ―      ―   
 1   内                       ―      .333
                            31 7 3  .254

投手 回    打 安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
戸部 4   19 5 0 4 2 0 0 0 2 2 6.43
山北 1.1  8 1 0 2 1 0 0 1 2 1 2.70
川井 1.2  5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2.30
前田 0    2 2 0 0 0 0 0 0 1 0 7.71
内  1    4 0 0 0 1 0 0 0 1 0 4.26
   9   38 8 0 6 4 0 0 1 6 3 3.48


SR      1回2回3回4回5回6回7回8回  打 安 点  打率
(8) 田中一 中飛右安  捕邪  三犠  二ゴ  4 1 1 .200
(6) 藤田  三安左飛    空振二ゴ  二ゴ  5 1 0 .326
(9) 河野  空振  中安  四球  右飛    3 1 0 .358
(7)  南  四球  見振  空振  二飛    3 0 0 .369
(3) 田中充 中飛  二ゴ            2 0 0 .239
 H3 福本          右飛  三ゴ    2 0 0 .329
(45)北川    二安中2    遊失  右安  4 3 1 .292
(5) 石川    三ゴ空振    死球      2 0 0 .111
 4  木村                遊安  1 1 0 .191
(2) 武山    三ゴ  投ゴ  投犠  四球  2 0 0 .240
(1) 染田    四球              0 0 0 .000
 1   秦        見振          1 0 0 .250
 H  西崎            左安      1 1 2 .274
 1  千葉                    ―     .000
 1  牛田                犠失  0 0 0 .000
                         30 8 4 .278

投手 回  打 安 本  振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
染田 3 14 6 2  4 0 0 0 0 3 3 9.00
秦  3  9 0 0  1 0 0 0 0 0 0 6.12
千葉 1  3 0 0  1 1 0 0 1 0 0 7.71
牛田 2  7 1 0  5 0 0 0 0 0 0 3.94
   9 33 7 2 11 1 0 0 1 3 3 5.37

その他成績
失策:早坂(6裏 北川のゴロを悪送球)
   内 (8裏 牛田の犠打をサードへ悪送球)
盗塁:河野B(3裏 南の打席で2−3から二盗・打者は三振)
   河野C(5裏 南の打席で2−3から二盗・打者は三振)
盗塁死:竹原(2表 田中雅の打席で2−3から二盗死・打者は三振)
    田中雅(7表 青野の打席で2−2から二盗死・打者は三振)
走塁死:代田(7表 田中雅の打席で2−1からファースト牽制死)
    北川(8裏 武山の打席で0−2からセカンド牽制死)
補足
3裏:河野の中安→ポテンヒット
6裏:田中一の三犠→バッターとセカンドが交錯
8裏:木村の遊安→バスター
   牛田の犠失→2者生還、なおも二死2塁


先発の
SR染田賢作はファーム公式戦初登板でした。ストレートはまずまずの速さ、落差があるフォークが持ち味なものの今日はフォークを狙われていた。フォークはスピードがないのもあったが切れもなかったから打たれたのだろう。変化球のキレが出てくれば那須野と共に1軍のチャンスはあるはず。M戸部浩は追い込んでからかなり苦労していた。特に投手に粘られたのはいただけない。
中盤の拮抗した戦い(SR秦のおかげ)を完全に締めくくったのは
SR牛田成樹。伸びのあるストレートと切れも落差もあるフォークで5者連続三振!今日もフルカウントまで行く場面は多かったがロッテ打線は2−3だからこそフォークを振ってしまう術中にはまっていた。
気がつけばファームのロッテの勢いはやや弱まりイースタンは徐々につまってきた。4月初めの湘南はどうなるかと思ったがここにきて4連勝。確実に戦える体制は整ってきたのでここからが勝負だ。



WIZさん編

5/3(火)イースタンリーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ3回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

私も横須賀スタジアムに行ってまいりました。
スコアの詳細は横須賀マリンさん、メカゴジラさんの投稿の通りなので私は感想まで。

<選手感想>
■染田 賢作(湘)
自由枠新人。
オープン戦まで一軍帯同もそのオープン戦で打ち込まれ、泣きそうな顔で
マウンドを降り、そのまま二軍降格した姿を見た者としては今日の復活の
マウンドでの好投を期待したが、3イニング毎回失点で降板。結果を残せず。
簡単に打者に合わせられ、ほとんどの打球が長打コース。
公式戦での一軍デビューはまだまだ先になりそうな予感。

■秦 裕二(湘)
4回から登板。以後6回までパーフェクトに抑える。
ストレートの球威もよく制球もよかった。
染田の投球にガックリしていただけに嬉しい収穫。
毎回得点のロッテ打線の流れを食い止めた彼こそ今日のヒーローだと思う。
次は先発で結果を残したい。

■牛田 成樹(湘)
8回から登板するとそのまま5者連続奪三振を奪う力投。
少々球が荒れていたもののストレートに球威があり力でロッテ打線を抑えた。
フォークの落ちもよく、大松との力勝負は見ごたえ十分だった。
また試合後のヒーローインタビューでは自ら「牛(ぎゅう)魔神」を襲名。
その名に恥じぬよう一軍で奮闘する岸本とともに将来のリリーフ陣を担ってほしい。

■西崎 伸洋(湘)
6回一死2・3塁のチャンスに好投の秦に代わり代打で登場。
レフト前ヒットを放ち見事に期待に応える。
湘南も外野の層が厚くなり、昨年より出場機会が減っているが
少ないチャンスをものにして再び常時スタメン出場を狙いたいところ。

■田中 一徳(湘)
6回西崎の逆転打の後の打席でサードゴロの際にセカンド塀内と
ヘルメットが破損するほどの衝突。流血した模様だが、軽症のようで
そのまま最後まで出場した。
ドラ一の彼も野中にその場をすっかり奪われ存在が薄くなってきている。
それだけに何としても試合に出たいという意思が垣間見えた。

■大松 尚逸(ロ)
開幕2戦目で初見した時は新人ながら四番を任され、さらに結果を残し、
凄い新人が現れたと感嘆したが、今日も1ホーマー含む2打点の活躍。
改めてこの新人は「化け物」だと惚れ直しました。
間違いなく数年後に一軍で主軸を務められる存在。



湘南は先日の楽天との3連戦で3連勝を飾ったが、これは楽天の方が元気が
無かったという印象があったので、この勢いが本物かイースタンの首位を
独走する千葉ロッテとの戦いを見て判断したく今日観戦に行ってきました。
今日の横須賀は恒例イベントの「カレーゲーム」。
このイベントでは必ず球場が大入りするのですが、今日も1700名近くの
大入り(2千人はいっているかと思いましたが)。

試合の方は序盤両先発がしっかりとせずシーソーゲームの展開。
しかし湘南は2番手秦が好投しロッテ打線の流れを断ち切ると
6回に逆転。その後千葉―牛田と継投で逃げ切った。
今日の試合だけで判断していけないと思うが、湘南の勢いは本物と見て
よいかと思います。明日からの浦和での2連戦で勝ち越してイースタンを
盛り上げてほしいものです。


2005年 5月 3日 イースタンリーグ 巨人−山形(彦根)報告者:大阪部長さん

5月3日 川崎ジャイアンツ−山形イーグルス(彦根)

13時00分〜16時02分 観衆7、317人(アナウンスにて発表)

山 形 000 101 003U
川 崎 100 000 001U

勝 小林
負 酒井

二塁打 新里=エンタイトル、牧田 三塁打 坂(すべて山形)

審判 主・石山 一・萩原 三・牧田

山形(三塁側先攻)
         一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(中)森谷 昭人 左飛       遊ゴ 右飛       右安
(二)坂  克彦 遊直       四球    左三    遊直
(左)益田 大介 投ゴ       右安    右犠       見振
(一)吉岡 雄二    右飛    空振    右飛
 一 山下 勝己                         死球
(三)大廣 翔治    遊ゴ    左安    左飛       右安
(右)牧田 明久    左飛    中飛       二直    左二
(遊)塩川 達也       二ゴ    右飛    右飛    右安
(捕)新里  賢       見振    左二    二ゴ    見振
(投)小林  宏       見振    一ゴ
 打 鷹野 史寿                      右飛
 投 玉木 重雄
 打 永池 恭男                         遊安
 投 スクルメタ


川崎(一塁側後攻)
         一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(左)山田 真介 中安    左飛       三ゴ    右安
(二)長田 昌浩 右安       二ゴ    四球    空振
(右)亀井 義行 二併       遊安    中飛       左飛
(中)矢野 賢次 空振       左安       遊安    右安
(一)吉川 元浩    左安    遊併       左安    右安
(遊)川中 基嗣    遊併       三ゴ    捕ゴ    四球
(三)岩舘  学    空振       三ゴ    空振
 打 十川 孝富                         右犠
(捕)佐藤 弘祐       投ゴ    二ゴ
 打 三浦  貴                   遊ゴ
 捕 加藤  健                         空振
(投)酒井 順也       空振       見振
 打 中濱 裕之                      投ゴ
 投 鴨志田貴司

投手成績
山 形   回 数打安振球責
小林  宏 7 91267510
玉木 重雄 1 1031100
スクルメタ 1 2462111

川 崎   回 数打安振球責
酒井 順也 8 113295312
鴨志田貴司 1 3784313

(得点経過)
 一回・川崎 山田中前打、長田右前打、亀井遊ゴロ併殺の間に山田三進、矢野の3球目に捕逸で山田生還
 四回・山形 一死後、坂四球、益田右前打で一死一、二塁、吉岡空振り三振、大廣左前打で坂生還
 六回・山形 先頭坂左中間三塁打、益田右犠飛
 九回・山形 一死後、山下死球、大廣右前テキサス安打で一死一、二塁、牧田左翼線二塁打で2者生還、塩川右前打で一死一、三塁、新里空振り三振、代打永池遊撃内野安打で三走牧田生還
 九回・川崎 一死後、矢野・吉川連続右前打で一死一、二塁、川中四球で一死満塁、代打十川孝右犠飛で三走矢野生還

 川崎は10安打を放ちながら3併殺が響きました。それに伴い山形遊撃・ルーキー塩川の守備機会も多く、強襲安打・内野安打ありと、なかなか彼にとっては忙しい試合でした。

■坂克彦(楽)
六回先頭、左中間に打球を放つと、やや油断気味だった川崎守備陣の中継プレーを突いてイッキに三塁へ激走、危ういタイミングでしたが送球がそれセーフ。この日最も沸いたプレーでした。あまり注意していなかったのですが、三塁の上川ベースコーチの指示も良かったのでしょうか。また、先の、山下二軍監督・駒田二軍打撃コーチという降格人事に伴って、上川コーチはベースコーチとしては新任なんでしょうかね?今年山形イーグルスは初めて見ましたもので…。


2005年 5月 3日 イースタンリーグ 日本ハム−インボイス(鎌ヶ谷)報告者:風車の弥生さん/いかさん

風車の弥生さん編

5/30(火) はれ インボイス@ファイターズスタジアム

  
インボイス 001 023 000  (10安打)
  
日本ハム  000 311 000  (11安打)

  PL 鈴木  1B 山路  2B 橋本  3B 山崎

        1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
7 宮 崎 3-1 左飛    投犠    四球 二失       
中安
9 高 波 2-1 四球    四球    
左2 中飛       投犠
3 犬 伏 3-1 三振    
中安・    遊ゴ・
H3高木大 2-0                   左飛    三振
5 後 藤 5-2 二飛    三振    
左2・    中飛    中安
2 野 田 4-1    
中安 三飛    左飛    三ゴ
6 黒 瀬 4-2    遊ゴ    左飛    
中安    左2
D 上 本 4-1    捕邪    三邪    
中2    捕邪
8 松坂健 3-0    三振    右邪    四球    三振
4 水 田 4-1       
中安    三振 二ゴ・    二ゴ


        1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8 工 藤 4-1 一ゴ    二ゴ    
中2 遊直
_H西 浦 1-1                         
左安
_R紺 田
5 古 城 3-1 四球    三振    三振    
左安
_H鶴 岡 1-1                         
左安
_R佐 藤
4 田中賢 4-1 三邪       
右本・ 左犠・    捕邪    中飛
9 上 田 5-1 捕邪       
右安 三振    右飛    右飛
D 島 田 2-1    三振    
左本:
_D高橋信 1-0                四球 三振
3 小谷野 4-0    捕飛    遊ゴ    三併    遊ゴ
6 尾 崎 3-0    中飛    遊ゴ    四球    三邪
2 山 田 4-2       
右安 中飛    中安    中飛
7 鵜久森 4-2       二ゴ    
左安 中安・       右飛

     回   安 振 球 点        回   安 振 球 点
 宮 越 50/3 6 3 1 4   ●須 永 50/3 7 4 4 6
富 岡  2/3 0 1 0 0    矢 野 2    0 0 0 0
 小 野 1    2 0 2 1    橋 本 11/3 2 1 0 0
 山 崎 1    1 1 0 0    佐々木  2/3 1 0 0 0
  許  1    0 0 0 0
トモキ 1    2 0 0 0






いかさん編

ゴールデンウイークですね。天気がいい=野球観戦という簡単な方程式
が成り立つ私は家族の冷たい目線をよそにお出かけ。天気がよければたぶん
もう1試合見に行きます。
また、5日のインボイス戦にファイターズの04年のD1巡目、ダルビッシュ投手
が登板予定です。中継ぎで1イニング程度になる見込み。

イースタンリーグ公式戦北海道日本ハムファイターズ対インボイス
第4回戦は6対5でインボイスが勝ちました。

5月3日(祝)北海道日本ハム対インボイス(鎌ヶ谷、13時、観衆約600人)
                   R H E
インボイス 001 023 000 | 10 0
日本ハム  000 311 000 | 11 1

(イ)宮越(4回1/3)、富岡(0回2/3)、小野(1回)、○山崎(1回)、
   許(1回)、Sトモキ(1回)−野田
(日)●須永(5回0/3)、矢野(2回)、橋本(1回1/3)、佐々木(0回2/3)−山田

勝利投手:山崎
セーブ :トモキ
敗戦投手:須永
本塁打 :田中賢6号ソロ(4回、宮越)、島田1号2ラン(4回、宮越)
二塁打 :高波(5回)、後藤(5回)、工藤(5回)、上本(6回)、黒瀬(8回)
盗塁  :工藤(3回)、古城(7回)
失策  :田中賢(6回)
併殺打 :小谷野(6回)
盗塁死 :宮崎(6回)
審 判 :球審・鈴木、1塁・山路、2塁・橋本、3塁・山崎、公式記録・曽我


【戦評】
雲ひとつない快晴の鎌ヶ谷球場で行われた1戦。インボイスは3回に先制するも
4回に先発宮越が2発を浴び簡単に逆転されてしまう。5回に一度は追いつくも
すぐに田中賢に犠飛により勝ち越されるなど苦しい展開だったが、6回に日本ハム
の守備の乱れに乗じて3点を奪うと、1点差にまで詰め寄られたものの山崎、許、
トモキとつないで逃げ切った。日本ハムは6回勝負どころでの田中賢の痛恨の本塁
悪送球があまりにも大きかった。


【打撃成績】
(イ)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 F 宮崎  212 左飛    犠打    四球 二失       中安
 H 高波  210 四球    四球    左2 中飛       犠打
 B 犬伏  312 三振    中安    遊ゴ
  H3高木大200                   左飛    三振
 D 後藤  521 二飛    三振    左2    中飛    中安
 A 野田  410    中安 三振    左飛    三ゴ
 E 黒瀬  420    遊ゴ    左飛    中安    左2
 D 上本  410    捕邪飛   三邪飛   中2    捕邪飛
 G 松坂健 300    三振    右邪飛   四球    三振
 C 水田  411       中安    三振 二ゴ    二ゴ

(日)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 G 工藤  410 一ゴ    二ゴ    中2 遊直
  H西浦  110                         左安
  R紺田  000
 D 古城  310 四球    三振    三振    左安
  H鶴岡  110                         左安
  R佐藤  000
 C 田中賢 512 三邪飛      右本 左邪飛   捕邪飛   中飛
 H 上田  510 捕邪飛      右安 三振    右直    右飛
 D 島田  212    三振    左本
  HD高橋信100                四球 三振
 B 小谷野 400    捕飛    遊ゴ    三ゴ併   遊ゴ
 E 尾崎  300    中飛    遊ゴ    四球    三邪飛
 A 山田  420       右安 中飛    中安    中飛
 F 鵜久森 421       二ゴ    左安 中安       右飛

【投手成績】
(イ)  回  打 安 三 四 失 自
 宮越  41/3 20 6 3 1 3 4
 富岡  02/3 2 0 1 0 1 0
 小野  1  6 2 0 1 1 1
○山崎  1  4 1 1 0 0 0
 許   1  3 0 0 0 0 0
 トモキ 1  5 2 0 0 0 0

(日)  回  打 安 三 四 失 自
●須永  50/3 26 7 4 4 3 4
 矢野  2  6 0 0 0 3 0
 橋本  11/3 6 2 1 0 0 0
 佐々木 02/3 2 1 1 0 0 0


【注目選手】
■田中賢介(日)
4回の本塁打は右翼高波も二・三歩動いただけで見送る特大アーチ。9回の好機に敢え
無く凡退してしまったのが残念だが、相変わらず打撃好調。しかし、6回の勝負どころ
で犯した暴投はあまりに痛いプレーとなった。何も慌てる場面ではなかっただけに本当
に勿体無いことをした。

■鵜久森淳志(日)
5回に見せた体を沈めて変化球に合わせて打った安打はなかなかの巧打だった。ただ、
守備位置がかなり中堅寄りだったのは理由があったのだろうか。打者や投球に合わせて
変えている様子ではなかった。二塁打を打った高波や後藤あたりはそこに狙って打って
いる様子だった。

■須永英輝(日)
直球はスピードはさほど感じないがなかなか威力がありそう。しかし、走者がいると
途端に力がダウンする。また、変化球の曲がりがあまり大きくないので、直球の
スピードアップか変化球の球種を増やすかしないと、打者の目線が慣れてくると
捉えられやすくなってしまうだろう。

■橋本義隆(日)
04年D3巡目。初観戦。直球は速く変化球(チェンジアップ?)も巧みだが、制球力
が伴っていない感じ。走者なしでセットで投球するなどの工夫はしていたが、一軍で
プレーしていくにはコントロールが課題になりそうだ。

■工藤隆人(日)
盗塁を成功させるなどきょうも俊足ぶりを発揮。圧巻は9回に俊足宮崎を本塁封殺した
シーン。捕手山田にダイレクトの見事な返球でアウトで観客を沸かせる。

■犬伏稔昌(イ)
対左投手の代打もベテランの域に。一番年上なのによく通る声で一番大きな声を出して
若手投手を励ます。3回の鵜久森のフライを落球してしまったのは守備に慣れていない
からかな?

■松坂健太(イ)
いずれの投手の投球にも力負け。あれでは前には飛ばない。

■黒瀬春樹(イ)
難しいショートバウンドの打球をさばくなど守備力は高い。また、打撃でもうまく体を
曲げて二塁打を放っており、投球に対する柔軟な打撃も出来るようだ。まだ若く
伸びしろもありそうで期待したいところだ。


2005年 5月 1日 イースタンリーグ 湘南−楽天(横須賀)報告者:ニコさん

5月1日湘南−山形戦(横須賀)
横須賀スタジアム(観衆1203人)

山形イーグルス  000200000
湘南シーレックス 00000034×

(山形)川尻(6回)、●玉木(1/3回)、河本(2/3回)、小倉(1回)−中村、新里
(湘南)○龍太郎(7回)、村西(1回)、山田(1回)−武山、新沼

本塁打…南
二塁打…牧田、新沼

打撃成績
【山形イーグルス】

(中)森谷 中飛投併右安遊ゴ
(遊)前田 二失遊ゴ二ゴ四球
(左)益田 遊ゴ右安一ゴ二併
(一)吉岡 三ゴ左飛遊ゴ三振
 捕 新里 打席無し
(三一)山下 遊ゴ死球中飛死球
(右)牧田 三ゴ中2二ゴ右邪
(二) 坂  三安遊ゴ投ゴ二ゴ
(捕)中村 一邪三振遊失
 三 塩川       遊ゴ
(投)川尻 四球投ゴ
 打 佐竹     三ゴ
 投 玉木
 投 河本
 投 小倉

盗塁…森谷、佐竹
打点…牧田1、坂1(共に4回)

【湘南シーレックス】

(中)田中一左安左飛捕飛
打中 南       中本左安
(遊)藤田 三犠中安中飛四球遊ゴ
(二)北川 死球三ゴ二飛
打一 呉本       二選二ゴ
(左)河野 四球三邪四球ニゴ
(一三)福本 三振左飛捕邪三ゴ
(右)田中充一ゴ一邪中安
打右 桑原       中安
(三)石川 右飛投ゴ右安
 二 木村       二選
(捕)武山 中飛四球投犠
投 山田
(投)龍太郎三振投犠
 打 西崎     左安
投 村西
打捕 新沼        左2

盗塁…田中一、西崎、河野
盗塁死…藤田
失策…北川
打点…西崎1、南3(共に七回)
新沼1、南2(共に8回)

投手成績はスコアテーブル参照で。ごめんなさい


【試合前】
あの山下大ちゃんが横須賀に。加えて駒田コーチも。ベイファンには堪らない2ショットに。山下監督はノックしたり玉拾いしたり精力的に動く。駒田コーチも打撃投手をしていた。元気だ。
曇り空だったが、連休でもあるせいかかなりの入り。発表は1203人だったが、もっといたのでは?

【選手評、山形編】
数人を簡潔に。

■川尻哲郎(楽)
かつてのノーヒッター。若いシーレックス打線を、低めを丁寧に突く投球で凡打の山を築く。死四球4は多いが、二安打無失点に抑えた。
ラス辺りと入れ替えもありか?

■玉木重雄(楽)
川尻の後のせいか球は速く見えた(遅かったせいか)田中充石川に連打、犠打と繋がれ西崎のタイムリー、南の特大本塁打を許す。キレも制球も欠いていた…カープが気前良く出した理由が分かった気が…

■小倉恒(楽)
決して悪くは見えなかったが、野選の後からテンポが悪くなった。

■森谷昭仁(楽)
スイッチを止め全打席右打席。併殺打以外はいい打球が行っていた。安打後の三盗は完璧にモーションを盗んでいた。

■牧田明久(楽)
抜けそうな当たりを二度好捕でピンチを救う。打ってもチャンスでエンタイトル二塁打。外野手を上げるならまず彼でしょう。

■吉岡雄二(楽)
ここにいるのが不思議なくらい。しかし、恐さが打席から感じられなかった。結局無安打に終わる。一軍の復調は彼の復調にもかかってくると思う。

■坂克彦(楽)
一打席目に内野安打を放つが、他の三打席は力負けしてた印象。野選での疑惑の判定に関わったが、もう少し巧くやれれば起こらなかった気もする。

■佐竹学(楽)
代打で出場、唯一のオリックス出身選手。併殺崩れで残り盗塁を記録。が、年が年なだけに結果が常に求められる。


以前今は無き藤井寺で
森谷昭仁牧田明久を見たが、体格が細かった。今は良い体格になったもんだ。
外野はベテラン揃いだけに彼らの奮起が欲しい。


2005年 5月 1日 イースタンリーグ ロッテ−ヤクルト(ロッテ浦和)報告者:いかさん/マリンライナーさん(HP:いすみマリーンズ

いかさん編

きょうは曇天でしたが試合は無事行われました。観戦は4回裏からですので
簡易版です。

イースタンリーグ公式戦千葉ロッテマリーンズ対ヤクルトスワローズ
第6回戦は6対0でヤクルトスワローズが勝ちました。

5月1日(日)千葉ロッテ対ヤクルト(ロッテ浦和、13時、観衆約500人)
                  R H
ヤクルト 220 010 001 | 9
ロッテ  000 000 000 | 8

(ヤ)○鎌田(6回)、三澤(1回)、上原(2回)−川本
(ロ)●手嶌(5回)、山北(2回)、藤井(1回)、三島(1回)−辻、金澤

勝利投手:鎌田
敗戦投手:手嶌
本塁打 :田中浩2号2ラン(2回、手蔦)、志田1号ソロ(5回、手蔦)

【戦評】
下位との大方の戦前の下馬評をよそに、一軍二軍とも首位を快走するロッテ。GW
でもあり球場には入りきれないほどのファンが押し寄せた。しかし、今日のロッテ
は一軍クラスのヤクルト鎌田の前になす術なし。打撃陣はほとんどチャンスらしい
チャンスも作れず。先発手嶌は早々に失点し、5回5失点の内容だった。ヤクルト
は攻撃陣が効果的に加点し、鎌田を6回で降板させる余裕の快勝。

【注目選手】
■手嶌智(ロ)
04年自由枠。途中からの観戦であり球筋の見にくい球場(浦和)でもあり、よく
分からない点もあるが、直球にやや伸びがないように思えた。変化球はフォーク
を持っているようだが、もう少し直球が使えないと有効に機能しない感じ。
次回の観戦に期待したい。

■パスクチ(ロ)
三打席見たが、最初の打席ですぐに緩急に弱そうだという印象を受けた。スイング
をする時の起動がやや遅いため、何だか慌てて打っている感じがする。それでも
バットコントロールは巧い様子で、うまく乗せて外野まで運ぶ安打を放って
いたが、このような技術だけでは長打力を生かしきれないだろう。

■山北茂利(ロ)
中日時代は連投可の中継ぎ左腕として活躍。くねくねとした感じのフォームから
繰り出される投球は打者にとっては球の出所を見極めるのが難しそう。きょうは
2回で4三振を奪うも3四球と制球にやや課題を残した。一軍が好調とはいえ
この手の左腕はぜひ欲しいところだけに結果を残して早く上に上がりたいところ。

■代田建紀(ロ)
どうしたのだろうか?というくらい、プレーに覇気がなかった。

■喜多隆志(ロ)
どうにも冴えが見えない。打撃では4タコ。守備では9回に大塚の当りを前に蹴っ
飛ばしてしまい二進を許す。これをきっかけに決定的な6点目を奪われてしまった。
しかし、このまま埋もれるにはあまりにも惜しい逸材。何かきっかけがあれば。

■大塚淳(ヤ)
度々好守で唸らされた。ヤクルトの若手内野手は好守の選手が多いが、特に二遊間
には楽しみな選手が多い。

■上原厚治郎(ヤ)
04年5巡目。オーソドックスなフォームからなかなかの速球を投げ下ろしていた。
きょうは登板が短かったので、またじっくり見てみたい。

■田中浩康(ヤ)
04年自由枠。手嶌から左翼に見事な本塁打(試合開始時からご覧の方から教えて
頂きました)。守備はなかなか軽快で安定している。

■ユウイチ(ヤ)
9回に技ありの適時打。今シーズンは既に一軍で初本塁打を放つなど結果を残している。
地味だったがダメ押しの適時打は大いに意味があった。再昇格目指せ。




マリンライナーさん編

5/1 イースタンリーグ公式戦 浦和−戸田6回戦

戸田スワローズ 220010001|
浦和マリーンズ 000000000|

戸田スワローズ:鎌田祐哉(6)−三澤興一(1)−上原厚治郎(2)
浦和マリーンズ:手嶌智(5)−山北茂利(2)−藤井宏海(1)−三島輝史(1)

球審:木内九二生 一塁:原信一朗 三塁:名幸一明 記録員:嵯峨美樹

(遊) 田中浩康 遊ゴ左本    三ゴ三振    右飛
(中) 志田宗大 中安遊直    左本  三振  一ゴ
(右) ユウイチ 左2  二ゴ  中安  遊ゴ  右安
(一) 畠山和洋 中安  三ゴ  三ゴ  四球  左飛
(指) 本郷宏樹 遊飛  三振    四球三振
(左) 久保田智 中飛    一ゴ  ?   一ゴ
(二) 梶本勇介   二ゴ  三振  中安  中飛
(捕) 川本良平   四球  左飛  四球  左飛
(三) 大塚 淳   三振    二ゴ三振    左安

        1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 代田建紀 投ゴ  二飛    三振
打中 平下晃司               左飛
(左) 喜多隆志 二ゴ  一併    一ゴ  二ゴ
(二) 林 孝哉 三振    二飛  三振  中飛
(右) 大松尚逸   左飛  三飛    三振  二ゴ
(一) パスクチ   三振  左安    左飛  三ゴ
(捕) 辻 俊哉   中安  右飛    左安
捕  金澤 岳                 中安
(指)曽我部直樹   中安    二飛  二安  
打  ユウゴー                 右飛
(三) 青野 毅   遊ゴ    二ゴ  遊ゴ
(遊) 塀内久雄     左安  中飛    左安


2年ぶりにロッテ浦和球場へ行きましたが・・・。
手嶌智のピッチングを楽しみにしていましたが、5回6安打3失点はいただけません。
立ち上がりは悪くとも、3回以降はよかったのですが。
山北茂利は一死満塁のピンチも二者連続三振はお見事!
塀内久雄は3打数2安打。守りはよかったです。大松は期待外れのような気が・・・。
スコアに一部正確でない部分があるかもしれませんが。


2005年 4月30日 イースタンリーグ 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

30日 ジャイアンツ 13時試合開始
第2回戦 川崎1勝1分け(3時間03分)
                   RHE
ファイターズ 000 020 000 61
ジャイアンツ 001 040 00X 101

<川 崎>真田裕貴(3回)○鴨志田貴司(7試合1勝2敗、2回)木村正太(3回)S柏田貴史(8試合0勝1敗2S、1回)
<鎌ヶ谷>●中村渉(4試合1勝2敗、5回)菊地和正(2回)武田久(1回)
<審判員>球審:原 一塁:名幸 三塁:木内

ファイターズ 打安点 1表2表3表4表5表6表7表8表
(一二)田中賢 200 四球  遊ゴ  四球  四球
(二三)古 城 400 中飛  二ゴ  二直  二飛
 打 鵜久森 100
(三) 金 子 321 三振    右安中安  四球
 一 池 田 100
(左) 上 田 321   右2  四球中2  三併
(中) 工 藤 310   左飛  一ギ三邪    中安
(右) 佐 藤 300   四球  遊ゴ  三振  三振
(遊) 尾 崎 200   三振  四球  一邪  死球
(捕) 渡 部 300   三振  三振  三振
 投 菊 地 000
 打 小谷野 110               中安
 捕 鶴 岡 000
(投) 中 村 200     二ゴ  三振
 捕 駒 居 100             遊失
 打 西 浦 100               二併
 投 武 田 000
   合 計 3062

 投手成績 回 打安責
●中村 渉 5 2795
 菊地和正 2 600
 武田 久 1 410


ジャイアンツ 打安点 1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏
(中) 山 田 400 右飛  死球右飛  三ゴ (打席)※
(三) 岩 舘 410 左2  右邪  二ゴ遊ゴ
(右) 亀 井 310 一ゴ  遊安  四球左飛
(左) 矢 野 421 三振  中2  左安  左飛
(一) 吉 川 312   二ゴ二ゴ  左2  四球
(二遊)十川孝 420   右飛  左安左安  二併
(遊) 大須賀 300   遊失  三振中飛
 二 長 田 110               中安
(捕) 加 藤 311   遊直  右邪左安    捕ギ
(投) 真 田 000
 打 横 川 100     右邪
 投 鴨志田 110       左安
 打 中 濱 100         三振
 投 木 村 000
 打 後藤孝 100               一ゴ
 投 柏 田 000
   合 計 33104

 投手成績 回 打安責
 真田裕貴 3 1110
○鴨志田貴司2 1232
 木村正太 3 1320
S柏田貴史 1 300

※8回裏2死三塁(走者長田、打者山田)カウント2−0の場面で放送終了

<二塁打>
 岩 舘(1回)
 吉 川(3回)
 上田2(2回、5回)


<盗 塁>
 山 田(3回)

<失 策>
 尾 崎(2回)
 大須賀(7回)

<暴 投>
 鴨志田(5回)
 中 村(5回)
 木 村(8回)


<試合展開>
川崎・鎌ヶ谷3連戦の2戦目。
本日も晴天。気温も28度くらいまで上がっているとのこと。
試合前にはお客さんやチームの裏方さん、さらには試合に出場する尾崎、後藤孝が参加してスピードガン・コンテストも行われる。
試合前に、23日の試合の中継終了後のダイジェスト・9回表(無死満塁から)・10回裏(亀井、矢野)・11回裏三浦が倒れ、引き分けとなった。
それに加えて、真田のインタビュー。
川崎先発は真田、鎌ヶ谷先発はルーキー中村渉。


1回表
1田中賢 フルカウントから高目を見送り四球。
2古 城 センターへ打ち返していったが、山田がランニングキャッチ。
 この間に田中賢が二塁へ到達していて、一塁へ戻る際にベースを踏んでいなかったため一塁へボールが送られ、走者アウトとなってベンチへ戻る。
3金 子 落ちる球を空振り三振。

1回裏
1山 田 流していったがやや詰まったライトフライ。
2岩 舘 高め直球を打ち返し、レフトフェンス直撃の二塁打。
3亀 井 詰まったファーストゴロ。
4矢 野 高め直球に空振り三振。

2回表
4上 田 右中間に打ち返すツーベース。
5工 藤 打ち上げて詰まったレフトフライ。
6佐 藤 ラストボールが高めに抜け、四球。
7尾 崎 低めに落ちる球に空振り三振。
8渡 部 真ん中直球を見逃し三振。

2回裏
5吉 川 右方向へ流していったがセカンド古城の正面。
6十川孝 詰まったライトフライ。
7大須賀 ショート尾崎の正面のゴロだったが、捕れずセンター前へ抜けていく。
8加 藤 ショート尾崎の頭上を襲うヒット性の当たりだったがジャンピングキャッチ。

3回表
9中村渉 詰まったセカンド正面のゴロ。
1田中賢 叩きつけてショートゴロ。
2古 城 詰まったセカンド正面のゴロで、真田と一瞬競争になったがアウト。

3回裏
H横 川 ふわりと打ち上げライトファールフライ。
1山 田 初球がワンバウンドして足に当たる。亀井の初球に盗塁成功。
2岩 舘 右方向へ打ち上げ、佐藤が走り込んでキャッチ。
3亀 井 叩きつけて二遊間でバウンドしたが尾崎が捕球できず内野安打となる。
4矢 野 きれいに二遊間を破っていくヒットで、亀井が一気に三塁へ、自らも二塁へ到達しセーフ(川崎1−0鎌ヶ谷)
5吉 川 右方向へ流していったがセカンド正面のゴロ。

川崎/投手:鴨志田

4回表
3金 子 叩きつけてライト前へ抜けていくヒット。
4上 田 1−3から低めに外れ四球。
5工 藤 一塁方向へ転がし、バント成功。
6佐 藤 前進守備のショート正面のゴロ。ランナーは動けず。
7尾 崎 低めに外れ四球。
8渡 部 落ちる球に空振り三振。

3イニングを投げ終えたばかりの真田が特別出演。(詳細下記寸評で)

4回裏
6十川孝 4球目を引っ張りレフト前へ運ぶヒット。
7大須賀 落ちる球に空振り三振。
8加 藤 右方向へ打ち上げ、佐藤がファールゾーンへ走り込んでキャッチ。
9鴨志田 初球打ちできれいに三遊間を抜けていくヒット。
1山 田 右方向へ打ち上げ、やや詰まったライトフライ。

5回表
9中村渉 外への変化球に空振り三振。
1田中賢 1−3から外に外れ四球。古城の2球目を加藤がこぼす間に二塁到達。
2古 城 ヒット性の当たりだったがセカンドライナー。田中賢は二塁に戻る。
3金 子 初球を打ち上げてセンター前へ運ぶヒットで田中賢が生還(鎌ヶ谷1−1川崎)ここで熱心なファンの掲げる旗が一瞬映る。
4上 田 1−3から深々と左中間を破っていく当たりで金子が一気にホームイン、さらに上田も送球の間に三塁を陥れる(鎌ヶ谷2−1川崎)
5工 藤 初球を打ち上げ、サードファールフライ。

5回裏
2岩 舘 2球目に詰まらされセカンド正面のゴロ。
3亀 井 1−3から高めに外れ四球。
4矢 野 引っ張ってレフト前へ抜けていくヒット。
 ここで鎌ヶ谷コーチ、内野陣がマウンドに集まる。
5吉 川 高々と打ち上げ、左中間フェンスに直撃する一打となり2者が一気に生還し逆転(川崎3−2鎌ヶ谷)
6十川孝 高目を引っ張りレフト前へ抜けていくヒット。中濱の4球目が暴投となる間にホームを駆け抜ける。
7大須賀 浅いセンターフライで、吉川はタッチアップできず。
8加 藤 粘った末、引っ張ってレフト前に落ちるヒットでさらに追加(川崎4−2鎌ヶ谷)
H中 濱 4球目が暴投でこの間に1人生還(川崎5−2鎌ヶ谷)しかし、落ちる球に空振り三振。

川崎/投手:木村
イニング合間に、みどりの日にファンサービスで行われた「女性とキャッチボール」の様子。

6回表
6佐 藤 内角直球に空振り三振。
7尾 崎 右方向へ打ち上げファーストファールフライ。
8渡 部 落ちる球を見逃し三振。

鎌ヶ谷/投手:菊地 捕手:駒居

6回裏
1山 田 サード正面のゴロ。
2岩 舘 カーブに詰まらされ、ショートゴロ。
3亀 井 直球に詰まらされ、レフトフライ。

7回表
9駒 居 外角の球をひっかけショート大須賀の正面だったが、グラブの下を球がすりぬけエラー。
1田中賢 フルカウントまで粘った末四球。
 ここで、加藤がマウンドの木村へ歩み寄る。
2古 城 高々と打ち上げ、セカンドフェアフライ。
3金 子 ストレートの四球。
 ここで川崎コーチ、内野陣がマウンドに集まる。
4上 田 詰まったサードゴロでホームアウト、さらに一塁へ転送され併殺打。

7回裏
4矢 野 初球を打ち上げ、レフトフライ。
5吉 川 1−3から内角高めに外れ四球。
6十川孝 ピッチャー返しだったが、セカンドの正面に転がり併殺打。

川崎/二塁→遊撃手:十川孝 二塁手:長田

8回表
5工 藤 2球目高め直球をセンター返しのヒット。佐藤の3球目がワンバウンドする間に二塁へ。
6佐 藤 アウトハイ直球に空振り三振。
7尾 崎 5球目を身体を捻ってよけたが若干ユニホームをかすり、死球。
H小谷野 2球目をセンター前へ落とすヒット。
H西 浦 右方向へ流したがセカンド正面のゴロ併殺打。

鎌ヶ谷/投手:武田

8回裏
7長 田 初球を打って、詰まりながらもセンター前に落ちるヒット。
8加 藤 2球目を駒居の前へ転がしバント成功。
H後藤孝 詰まったファースト正面のゴロ。長田は三塁へ。
1山 田 カウント2−0の場面で惜しくも放送終了。

試合はこの後、9回を川崎柏田が締め逃げ切った。


<注目選手 ジャイアンツ>
■真田裕貴(巨)先発 3回 被安打1 無失点
直球140km台、スライダー、チェンジアップ
今回は今年の初登板ということで、ある程度イニングを限定しての先発ということでしたが、球速はまずまず、被安打も上田に見事に打ち返された1本のみということで、上々の結果といえるでしょう。
昨年は4勝12敗と言う残念な結果に終わっただけに、本人も期するものがあるに違いないですし、次回以降、先発登板の中で結果を残し1軍への切符をつかみたい。
以下は4回表、放送席に訪れた際のコメントです。

初回は力んだが、加藤さんがうまくリードしてくれ、感覚をつかむことができた。
ホームを踏ませなければ、何本ヒットを打たれても失点にはならないと思うので。
調子は…いや、まだまだですね。1軍相手に投げ、しっかり抑えなければ。
昨年の悪かったときの自分を拭い去れない。次回は行ける所まで行きたい。
点数は1ヶ月ぶりの実戦で、良い緊張感の中で投げられたので70点くらいです。

■矢野謙次(巨)4打数2安打打点1 4番・レフト
3回にまず先制となる、きれいにセンターへ抜けていくヒット。5回には亀井に続き変化球を叩きつけてレフト前へ運びチャンスを広げる。
この試合の後、高橋由伸の負傷などで1軍に上がっての活躍を見せていますが、ここまでの首脳陣の話などを聞いても、最も昇格に近い選手といわれていただけに、この結果も当然か?

■吉川元浩(巨)3打数1安打打点2 5番・ファースト
5回裏に、フェンスが低ければオーバーフェンスか、というような高々と打ち上げた当たりの2点タイムリー。ランナーを一気に返しリードを奪う決勝打となりました。
矢野が座っているため、5番に位置づけていますが昨年はほぼ4番を努め、結果も残しましたしさらなる活躍で4番復帰を狙いたい。


<注目選手 ファイターズ>
■中村渉(日)先発 5回 被安打9 失点5
05年ドラフト7巡目指名の左腕。
直球130km台、カーブ、スクリュー、フォーク
社会人クラブに所属し、実家が畳屋であることなど、その異色の経歴も北海道では注目されたことがありました。
球速はさほどでもないものの変化球の制球はまずまず。4回以降、逆転してもらった直後の5回あたりに若干球が高めに浮いたり、外れたりと傷口を広げたところから連打を浴び、失点を重ねてしまう。やや一人相撲の感が拭えないか。

■菊地和正(日)2番手 2回 無安打 無失点
直球130後半〜、カーブ、スライダー
セットからの投球。変化球のキレがあり、2イニングをほぼ完璧な内容で投げきり、先発した中村が残念な内容だった試合を立て直していく。
中継ぎとして経験をつんで生きたいところ。

■渡部龍一(日)3打数無安打 8番・キャッチャー
北海道出身・地元期待の2年目選手!
打撃フォームは少し左足をすり足のように上げる感じ。
本日は堂々スタメンマスクで、中村とフレッシュな顔ぶれのバッテリーとなりましたが、5回までで5失点。打席でも3三振と、残念ながら快音は聞かれず。リード面でも集中打を打たれ駒居と途中交代…。
北海道のチームにあって、池田剛基と共にただ2名の地元選手ということで登場したときの声援もひときわ大きなものがあるだけに、さらなる頑張りに期待&早い札幌ドームデビューを目指したい。


****************************************

●4月雑感(@白にゃんこさんさん)← いつも詳細な観戦記ありがとうございます(^^)by健一@2軍愛
3〜4月は今回のこのカードを含め、G+中継は9試合予定で1試合雨天中止=8試合を観戦しましたが、開幕戦の交流戦(対鳴尾浜タイガース)以来どうも中継の試合では波に乗れないジャイアンツでありました。中継試合の成績に限っても2勝5敗1分け。もう少し奮起してほしいもの。
そんな中、観戦記で触れた選手…特に中村剛也内野手(西武)、矢野謙次外野手(巨人)らの昇格即活躍はとても明るい話題でした。2軍愛でおなじみ、見慣れたメンバーが活躍するのはやはり良いものです。

話は変わりますが移転2年目を迎えた北海道日本ハムファイターズ、最近ではメディアでの登場機会も増し、いかさんが書かれている通り5日のダルビッシュ有投手の登板時はもちろんのこと、それ以外でもスポーツ番組や新聞の記事で鎌ヶ谷の話や個々の選手の話が出るようになりました。そういう意味では来るべきファイターズ・ジャイアンツの交流戦は絶対注目といえそうです。
ファイターズ・タイガースの交流戦も連日たくさんのお客さんがつめかけ、大いに盛り上がったということでした。

G+中継ではこの後も川崎・鎌ヶ谷戦が予定されているので熱視線を送っていこうと思っております。


2005年 4月30日 イースタンリーグ 湘南−楽天(上府中公園小田原球場)報告者:風車の弥生さん/WIZさん

風車の弥生さん編

4/30() はれ イーグルス@小田原球場

  
楽 天 010 000 000
  
湘 南 330 200 01×

  
PL 橋本  1B 山崎  2B 鈴木  3B 山路

        1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8 益 田 4-1 左安 一ゴ    三ゴ       左ゴ
6 前 田 3-1 投ゴ    遊ゴ    中安
_6塩 川 1-0                   遊ゴ
7 鷹 野 2-0 二併    四球    投併
_1戸 叶
_1マイエット
_H佐 竹 1-0                      一ゴ
3 吉 岡 4-1    右安 二直    右飛       遊ゴ
_1渡 邊
5 山 下 3-0    三振 二邪       右飛
_5大 廣 1-1                      右2
9 中 島 4-1    右2    投ゴ    三振    二飛
2 中 村 3-1    遊ゴ    左安    三振
_2新 里 1-0                         中飛
4  坂  3-2    右安    左安       遊ゴ
_H永 池 1-0                         遊ゴ
1 藤 崎 1-1    右安
_1佐 藤
_H小 島 1-0          三振
_1愛 敬
_7牧 田 1-0                   四球    一邪


        1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
4 木 村 3-0 遊飛 一ゴ    投ゴ    遊飛
_4北 川 1-1                      左2
6 藤 田 5-3 右2 右2    左安:    二ゴ    遊直
5 福 本 5-3 右飛 左安    右安    投ゴ    左3
9
 南  4-2 左安 左飛    一邪       中安 四球
8 河 野 3-2 右安    左安 中飛
_8田中一 2-1                   左安 三振
7 西 崎 2-1 中安:    四球    三振
_7桑 原 1-0                   三振
3 田中充 2-1    中2 右併    四球
_3呉 本 0-0                   死球
2 武 山 4-1    三ゴ    中安 遊飛    右邪
1 若田部 3-0    中失    投野 中飛
_1 秦
_1岡 本
_H斉藤俊 1-0                      三邪
_1牛 田

    回 安 振 球 点       回 安 振 球 点
●藤 崎 2 7 0 0 6   ○若田部 6 8 4 1 1 
 佐 藤 1 1 0 1 0     秦  1 0 0 1 0 
 愛 敬 1 3 0 0 2    岡 本 1 1 0 0 0 
 戸 叶 2 0 1 1 0    牛 田 1 0 0 0 0 
 マイエット  1 2 1 1 0
 渡 邊 1 2 1 1 1

(来場者2,191)



WIZさん編

試合のスコア、選手成績は既に風車の弥生さんのご投稿の通りですので
私は補足と感想のみに致します。

<得点経過>
1回裏(湘) 二死3塁で南、レフト前タイムリー(1点)
      二死1・3塁で西崎、センター前タイムリー(2点)
2回表(楽) 一死1塁で中島、右中間3ベースタイムリー(1点)
2回裏(湘) 一死2塁で若田部、センター前タイムリー(1点)
      二死1塁で藤田、ライト線2ベースタイムリー(1点)
      二死2塁で福本、レフト前タイムリー(1点)
4回裏(湘) 一死2・3塁で藤田、レフト前タイムリー(2点)
8回裏(湘) 二死2塁で福本、レフトオーバータイムリー3ベース(1点)

<選手感想>
■若田部健一(湘)
6回1失点の内容もやはり球威の威力が衰えている。
序盤は楽天打線に打たれ常に走者を背負っていた。
2回のタイムリーはセンターがグラブに収めるも入りきらず執念の打点。
一軍は難しいと思うが、今日のような地方球場ではネームバリューもあり、
大きな声援も受けていた。不本意ではあると思うが二軍とはいえ本人が
希望していた地元への恩返しはできた内容?

■藤田一也(湘)
ハマの牛若丸、ポスト石井琢はこの日も打撃が好調。
2打席連続のライト線2ベースを含む猛打賞。
守備も今日は雑なくこなし、今日のプレーは多くの少年野球の子供たちの
手本を示したような活躍。このまま調子を維持すれば一軍も本当に近い。

■福本誠(湘)
3安打の猛打賞で藤田と共にヒーローインタビューを受ける。
「ぜひハマスタにも来て下さい」と小田原市民にアピールしていたが、
内野陣で一番一軍に近い存在であり、自身の昇格も間近であると思う。
本人もいつでも上がれると準備万端。

■河野友軌(湘)
本日も2安打と打撃が好調。
昨日、今日と見てるとボールを真芯で捉えて鋭い打球を打てるようになってきた。
昨年オープン戦での好調時のバッティングが蘇ってきたように見え、今後に期待大。


■藤崎紘範(楽)
初見の投手でどういった球を投げるのか興味を持って見ていたが、
把握することなく2回6失点で早々と降板。
変化球は良さそうだがいまいち球威が足りない感。

■マイエット(楽)
球速は145キロ近く出ていたのではないだろうか。
とにかく球が速く見ていて気持ちのいいストレートを放つが制球が悪い。
これでは接戦では怖くてなかなか登板させられない。

■渡邉恒樹(楽)
地元小田原出身と言うことで小田原観光大使の女性から花束を受ける。
8回に凱旋登板したものの、残念ながら1失点と結果を出せず。

■坂克彦(楽)
楽天では一番に注目している若手選手。
スタメン出場ということでじっくり見ることができた。
2安打、守備も問題なくこなし次に見るのがまた楽しみになった。
できれば常時スタメンで実戦で鍛えてほしい。


湘南の神奈川地方遠征の第2弾は小田原球場で行われました。
8年ぶりの開催で湘南シーレックスとなってからは初めての開催。
緑に囲まれた球場の雰囲気は来週開催される中井球場とよく似ています。

試合は恒例の市長挨拶が公務の都合がつかないとのことで助役が代役。
少年野球チームバッテリーの始球式でスタート。
湘南先発若田部はいつも通り序盤から安打を許す不安定な内容であったが、
楽天先発藤崎はさらに内容が悪かった。序盤で6−1と長い試合になるかと
予測されたが終盤は落ち着いた展開となり約3時間ほどで試合終了。
湘南が圧勝で昨日の大和に引き続き遠征試合を連勝しました。

8年ぶりの開催、天候に恵まれ昨日の大和よりも多い2千人近くの観客が
訪れ、試合開始から大きな歓声に包まれ見ている方も実に興奮して
試合を堪能することができました。
改めてこうした遠征試合を行うことの必要さを感じました。
大和、小田原共に興行的大成功だと思うので、ぜひ来年も開催してほしいです。

湘南の次回の神奈川遠征は一週間後、7日に中井球場で行われます。
この球場は私が訪れた球場の中では景色の良さNo.1なので
ぜひ好天を期待したいです。


2005年 4月30日 プロアマ交流戦 インボイス−JR東日本(ロッテ浦和)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2005年4月30日 プロアマ交流試合 インボイス−JR東日本 1回戦

@西武第二(JR東日本1勝)

 
JR東日本 014 201 000│
 
インボイス 001 000 001│

 勝 松 井 1勝0敗0S 登板1
 負 鳥谷部 0勝1敗0S 登板1

 【JR東日本】打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 寺 内 420 右飛    中2 右安    空振
  6 栗 原 100                         一ゴ
  G 市 場 411 見振    中2 中飛       遊直
  C 石 川 300 三飛    三ゴ 空振       四球
  D 池 原 300    三邪 四球    左飛    二併
  F 片 岡 313    遊ゴ 左本    死球       遊ゴ
  7 新井山 000
  H 中 尾 410    左安 右飛    空振       左飛
  D 須納瀬 421    左2    中安    三ゴ    ニゴ
  B 小野田 311    ニゴ    捕邪    右本
  H 柴 垣 100                         見振
  3 和久田 000
  A 足 立 312       中飛 中本    遊ゴ
  H 良 島 100                         中飛
  2  澤  000
  犠盗失併残─────
  01122 3498

       回 打安振球責
  ○松 井 6 234321
   斎 藤 1 30200
   山 本 2 91110

 【インボイス】打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 柴 田 410 見振    中安    右飛       一ゴ
  H 高 波 210 四球    三ゴ       右安
  2  星  100                      空振
  B 木大 300 見振    右飛       中飛
  3 犬 伏 100                      中飛
  D 後 藤 400 投ゴ       右飛    中飛       一飛
  D 椎 木 400    右飛    一ゴ    ニゴ       二失
  E 黒 瀬 420    中安    三ゴ       空振    左2
  A9上 本 401    一併       ニゴ    右飛    ニゴ
  G 宮 崎 410       中3    空振    空振    遊ゴ
  C 水 田 101       ニゴ    四球       四球
  犠盗失併残─────
  00016 3252

       回 打安振球責
  ●鳥谷部 3 155115
   山 崎 1 63102
   小 野 2 71211
   長 田 1 30010
   富 岡 1 30000
   ライト 1 30100


  本塁打  片 岡(J)B (3回 鳥谷部)
       足 立(J)A (4回 山崎)
       小野田(J)@ (6回 小野)
  三塁打  宮 崎(イ)  (3回 松井)
  二塁打  須納瀬(J)  (2回 鳥谷部)
       寺 内(J)  (3回 鳥谷部)
       市 場(J)  (3回 鳥谷部 タイムリー)
       黒 瀬(イ)  (9回 山本)
  盗 塁  寺 内(J)  (4回 捕手は上本 打者は市場 二盗成功)
  失 策  石 川(J) ※(9回 椎木の二ゴロを一塁悪送球)
  盗塁死  片 岡(J)  (5回 捕手は上本 打者は中尾 二盗失敗 上本−黒瀬)
  併 殺  JR東日本  (2回 上本 1死1塁 小野田−寺内−松井)
       インボイス  (7回 池原 1死1塁 長田・水田−黒瀬−犬伏)

  ※石川は椎木の二ゴロをファンブルした上に一塁悪送球(逸れる)だったが、一塁送球が
   正確ならばアウトだったのと判断により、失策は一塁悪送球とする

  PL:アマ 1B:アマ 2B:アマ 3B:アマ 記録:場内発表なし
  時間 2時間38分(13:00〜15:38)

得点経過
 2回表(J) 2死1塁から須納瀬がレフト線を破るツーベース(エンドラン)
                                  JR東日本1点目
 3回表(J) 1死2塁から市場がセンター左へツーベース       JR東日本2点目
       2死1、2塁から片岡がレフトポール際へスリーラン   JR東日本5点目
 3回裏(イ) 無死3塁から水田の二ゴロの間に            インボイス1点目
 4回表(J) 1死1塁から足立が中越えツーランホームラン      JR東日本7点目
 6回表(J) 1死無走者から小野田が右越えソロホームラン      JR東日本8点目
 9回裏(イ) 1死2、3塁から上本の二ゴロの間に          インボイス2点目

戦評
 西武の公式HPの試合日程に記載されたのが功を奏したか、プロアマ交流試合にしては盛況
 だったインボイス−JR東日本。犬伏家の皆様もご来場。
 試合の方はJR東日本がインボイス先発の鳥谷部を攻略して5点を先行すると、後は松井−
 斎藤−山本のリレーでインボイスの反撃をタイムリーなしの2失点に抑え快勝。
 また、JR東日本は9安打で8点を奪う(残塁2)効率の良い攻め。

選評
 松 井(J) 吉浦(日産自動車)と並んで永遠のドラフト候補である松井光介。下半身をあま
       り使わないフォーム(ユニフォームの右ひざに土が付かない)ながら、その右腕
       から放たれるストレートの球質は重さを感じさせる。低目へのストレートが絶
       品で初回から見逃し三振を2つ奪うなど、6回を4安打1失点とほぼ完璧な内
       容。今年こそドラフトに掛かって欲しい。

 足 立(J) 小山(中日)が抜けた穴を埋める大卒ルーキー捕手。オーソドックスな構えから
       左足を擦って球を待つバッティングフォーム。第一打席でフェンスギリギリま
       で伸びる大飛球を放つと、第二打席ではきっちりオーバーフェンス。

 石 川(J) プロも注目する強打のスラッガーだが守備が課題。5回に上本の何でもない二
       ゴロをファンブルする(一塁送球が間に合ったためエラーは付かず)と9回には
       椎木の二ゴロをまたもやファンブル。ボールから目を切るのが早い印象。


 鳥谷部(イ) バッターに正対したあと、身体を右に90度回転させて、上半身だけで投げてく
       るフォームは何かギクシャク。ワンバウンドする球が多くストライクとボール
       がはっきりしていた。片岡には甘く入ったインコースのストレートをあっさり
       と持って行かれる。

 後 藤(イ) 今年は開幕一軍入りを果たすも、ここに来て降格。降格の要因となった守備で
       は須納瀬の三塁戦を破るかという痛烈な当たりをファインプレーするなどした
       が、打つ方では4タコと良い所なし。2年前の後藤武敏はどこへ・・・。

  星 (イ) 上本に代わり7回からマスクを被るがポロッポロする場面が目立つ。また、打
       つ方では2−0と追い込まれると明らかにボールの高目のストレートに手を出
       し空振り三振。まだまだの印象。


2005年 4月29日 四国アイランドリーグ 愛媛−高知(坊ちゃんスタジアム)報告者:いの一番さん

四国アイランドリーグ開幕戦!
4月29日(金) 愛媛マンダリンパイレーツ−高知ファイティングドッグス
(松山市・坊っちゃんスタジアム)

200003003
011000000

勝:高梨 1試合1勝 負:西山 1試合1敗
審判:福井、松野、内川、岡本  記録:場内発表なし
観衆:7,067人
試合時間:3時間18分

(投手成績)
   回   打  安 振 球 責
相川 22/3 15  4 2 2 2
岸  21/3  9  1 1 1 0
辻   0/3  3  2 0 1 0
高梨 2   6  1 1 0 0
赤井 2   8  1 0 0 0
…………………………………………………
西山 6  28 10 5 0 4
小山内2   8  1 2 1 0
江村 1   7  4 0 1 3

(開幕記念セレモニーの模様)
開幕戦を前に、12時30分から記念のセレモニーが行われた。
まず、徳島、香川、高知、愛媛の順に各チームの監督、選手、コーチが1名ずつ紹介され
グラウンドへ登場、12時50分に約100名が勢ぞろいした。
次に巡回コーチの山本一義、白石静生、大矢明彦氏などが紹介された後、
スーツ姿の石毛代表が「四国の野球好きの皆さん、よくここまで来ていただきました。
…夢をつかむために人生を賭けた若者は日本の財産です」とあいさつ、
ついにこの日を迎えることができたという感慨からか、氏は涙声になっていた。
続いて県知事あいさつ(教育長代読)、国旗掲揚、国家斉唱、松山市長の始球式があり、
13時20分、愛媛の西山投手が第1球を投じて試合が始まった。

(試合経過)
△1回表
松本は三振の後、梶田が左前打で出塁し、宮本の初球に二盗に成功。
宮本は3球目を左前打し、梶田が生還、高知が1点を先制。
レフトの金輪が打球をはじく間に宮本は二塁へ。続く山本も左前打で宮本が生還。高知2点目。
杭田は三振、中村は二ゴロ。

▼2回裏
林は二塁内野安打、荒木は四球で無死一、二塁。今村、金田は連続三振で二死となったが、
続く大下の時、二塁への牽制球がセンターへ抜け、林は三塁へ。
その直後の投球を大下が中前打し、林が生還。愛媛が1点を返す。福西は左飛。

▼3回裏
広田は遊ゴロの後、中谷、金輪の連続中前打で一死一、二塁。
林への2球目は暴投になり、一死二、三塁。ここで林は右飛を放ち、中谷が生還、同点となる。
荒木は四球となりここで投手が相原から岸に交替。
今村の投手強襲安打で二死満塁となったが、金田は二飛。

△6回表
宮本は三振、山本は投ゴロで二死となったが、杭田、中村、辻本、古卿、國信の5連打で
高知が3点を追加。5−2と勝ち越す。松本は三邪飛。

△9回表
愛媛の投手が江村に交替。
松本は四球、梶田は右前打で無死一、二塁。宮本は送りバントで一死二、三塁。
山本は左前打で松本、梶田が生還、7−2となる。なおも杭田の三塁内野安打で一死一、二塁。
続く中村への2球目が暴投になり一死二、三塁。中村は次の3球目を右前打し、
山本の代走、土佐が生還、8−2となる。なおも一死一、三塁のチャンスだったが
辻本の二直で三塁走者の杭田が飛び出し、併殺となる。

▼9回裏
中谷は一ゴロ、金輪は右飛、林は二飛で試合終了、高知が開幕戦に勝利した。


各選手についての資料があまりないため、目についた愛媛の西山投手以外はまとめて書きます。

■西山道隆(愛媛)(経歴:松山商業―城西大学―昭和コンクリート)
調子がよければ150キロが出るという本格派右腕でプロのスカウトも注目している選手。
この日は最速148キロをマークしたが、3〜5回は三者凡退に抑えたのに
1、2、6回は連打を許し失点と、同じ試合の中でも好不調の波が激しいようだ。
また、モーションが大きいため3盗塁を許してしまったあたりも課題だろう。
秋までにこの欠点を直し、成長することができるかどうか。

■その他の投手陣
西山以外に登板したのは6投手だが、平均球速は130キロ台前半といったところ。
西山も含め全部で24安打は打たれすぎであり、今後打者の癖、配球なども勉強していかないと
いけないだろう。

■野手陣
打撃については合計24安打と活発であったが、相手投手の力量との兼ね合いもあり、
また、すべてシングルヒットだったという現実を見ると、この1試合だけで判断は難しい。
守備については記録上の4エラーの他にも、お手玉をする場面が何度か見られた。
開幕戦の緊張もあったのかもしれないが、簡単なボールをエラーしていては
試合が白けてしまい客離れにつながりかねないので、しっかり鍛える必要がある。

(その他)
■入場料
内外野自由席で大人1,000円、小・中学生500円。
団体観戦をすると得になるゴールドパスやシルバーパスも発売されている。
なお、入場券は事前に、ローソン、ぴあ、四国内の主要プレイガイドでも購入できる。

■公式グッズ
オールカラーの写真名鑑、各チームの帽子、タオル、Tシャツ等が販売されていた。
この日特に人気があったのは地元愛媛の帽子とタオルで、試合途中で完売したとのこと。
なお、筆者も記念に名鑑、タオル等を購入したところ、1試合無料で観戦できる招待券をいただいた。
裏面を見ると「満員の際には入場をお断りする場合もあります。」と書いてあったが、
果たしてそんなことが起きるのだろうか?

■審判員
この日の球審は元セ・リーグ審判員でリーグの審判責任者を務める福井宏氏。
25度を超す夏日の中で67歳とは思えない元気なジャッジ振りを見せた。
この他、UDC(審判員の技術や地位向上を図るNPO法人)所属の内川仁、神谷佳秀の両氏と
各県の軟式野球連盟の所属審判員がリーグ公式戦を裁く。

■マスコミの報道
当日の試合の模様はテレビではテレビ愛媛、ラジオではNHK松山と南海放送で中継された。
また、地元紙の愛媛新聞は29日付紙面に「はつらつプレーを大いに期待」という社説を掲載した。
今後も、地元のケーブルテレビ局で8試合の中継が予定されている。


  ■掲示板@2軍愛■