【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2005年 7月27日 ウエスタンリーグ 中日−サーパス(ナゴヤ)報告者:大阪部長さん

2005年7月27日 ウエスタンリーグ中日−サーパス(ナゴヤ)

ウエスタンリーグ公式戦 ナゴヤドラゴンズ−サーパス神戸16回戦(ナゴヤ球場)
12時30分試合開始

 ナゴヤ球場前の広場では、色はビジター(青)、ロゴはホーム用(C DRAGONS)のユニホーム姿の女性2人が、何か資料を配布していました。でも私に対しては手渡す気配なし。さすがにオリックスのビジターユニ姿では、「JCB ドラゴンズカード」の資料は、ハナっから配布対象外のようです。近くには申し込み用の机まで設けられて。ウエスタンなのに(笑)。
 入場時にはプレゼントあり。こちらは、どうやら過去のファンクラブ入会特典らしいチケットホルダーでした。ほかを見ると、ジュニア用と思われる、ドラゴンズのマークがデカデカと入った青と白のハデなデザインのものをもらっている人もいましたが、私に渡されたのは「DRAGONS FANCLUB MEMBER」というマークが小さく入った、黒の、至って控えめなデザイン。これもオリックスユニ着用の私への配慮でしょうか(笑々)。

 そんな、ドラゴンズカードの申込所のパンフも時折吹き飛ぶほど、まだ台風7号の余波の風は吹いていたのですが、大乱打の試合もあったらしいこの日のイースタンと比べて、明らかな「風ヒット」や「風エラー」は見られませんでした。それでも、始終、スコアボードの旗は強風にあおられ、水がまかれることのない外野フェンス際のアンツーカー部分には土ぼこりが舞っていました。

 前日の甲子園、鳴尾浜−雁ノ巣戦の雨天中止につき、その甲子園の同一カードと同時刻開始ですが、オールスター休み後、ウエスタン公式戦再開のプレーボールです。

スターティングメンバー
サーパス   ナゴヤ
中 坂 口  一 堂 上
右  迎   遊 鎌 田
遊 嶋 村  二 森 岡
一 塩 谷  左 中村公
左 相 川  中 土 谷
三 田 中  三 仲 澤
二 福 留  右 中村一
捕 横 山  捕 前 田
投 ユウキ  投 山 井


(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回表サーパス 坂口中前打、迎一飛、嶋村の0−1からの2球目に坂口二盗(一死二塁)、嶋村が右前へダイレクトキャッチかどうか微妙な当たり、結局右翼中村一は捕球できずに安打も坂口還れず(一死一、三塁)、塩谷6−4−3の併殺打。
■二回裏ナゴヤ 土谷中前打、仲澤四球、中村一の三ゴロで仲澤二封(一死一、三塁)、前田左翼左へ二塁打で土谷生還(一死二、三塁)、山井二ゴロ(走者そのまま)、堂上四球(一死満塁)、鎌田空振り三振で1点止まり。
■三回裏ナゴヤ 森岡右前打、中村公空振り三振、土谷一ゴロ(森岡二進)、仲澤四球(二死一、二塁)、中村一左前打で森岡生還(二死一、二塁)、前田三振。
■四回裏ナゴヤ 一死後、堂上死球、鎌田左前打(一死一、二塁)、森岡の2−3からの6球目に堂上三盗敢行も、森岡空振り、堂上三塁タッチアウトで三振ゲッツー、チェンジ。
■七回裏ナゴヤ (投手この回から3番手山本省)代打都築左翼線二塁打、森岡投前送りバント(一死三塁)、代打玉野四球、土谷右前打で都築生還。
■八回裏ナゴヤ 前田中前打、小笠原1−1からの犠打失敗(ファウル)後、2−2からの5球目に捕手横山パスボール(前田二進)、次球を山井二ゴロ(前田三進)、堂上の初球に投手山口ワイルドピッチ、前田生還。
■九回表サーパス 一死後、塩谷1球ファウル後の1−0から左越え本塁打。


2005年7月27日(水) 12時30分〜15時15分
16回戦(ナゴヤ8勝7敗1分け)
サーパス 000 000 001|
 ナゴヤ 011 000 11×|

勝利投手 山井(4試合2勝1敗)
セーブ投手 小笠原(12試合1勝3敗1S)
敗戦投手 ユウキ(10試合1勝2敗)


サーパス(三塁側先攻)
          一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(中) 坂口 智隆 中安    一ゴ       遊飛    中安
(右) 迎 祐一郎 一飛       一邪    遊ゴ    遊ゴ
(遊三)嶋村 一輝 右安       左飛       空振    三ゴ
(一三一)塩谷 和彦 遊併       二飛       遊直    左本
(左) 相川 良太    左飛       三ゴ    右安    右飛
(三) 田中  彰    遊ゴ       二ゴ
 投  本柳 和也
 打  前田 大輔                   遊ゴ
 投  山本 省吾
 投  山口 和男
 打  三木  仁                         三ゴ
(二) 福留 宏紀    左飛       左安       四球
(捕) 横山 徹也       遊ゴ    遊ゴ       遊ゴ
(投)  ユウキ        二ゴ
 打一 五島 裕二                空振
 打遊 玉木 朋孝                      一邪

ナゴヤ(一塁側後攻)
          一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(一) 堂上 剛裕 左安 四球    死球    空振    遊直
(遊二)鎌田 圭司 二ゴ 空振    左安
 打二 都築 克幸                   左二 空振
(二遊)森岡 良介 遊ゴ    右安 空振       投犠
(左) 中村 公治 空振    空振    左飛
 打左 玉野 宏昌                   四球
(中) 土谷 鉄平    中安 一ゴ    左安    右安
(三) 仲澤 忠厚    四球 四球    三ゴ    遊ゴ
(右) 中村 一生    三ゴ 左安    三邪
 打右 幕田 賢治                   空振
(捕) 前田 章宏    左二 空振       左飛    中安
(投) 山井 大介    二ゴ    空振    空振
 投  小笠原 孝                      二ゴ

盗塁  坂口(サ)一回一死一塁 嶋村の0−1から、2球目に二盗
    土谷(ナ)五回一死一塁 仲澤の初球に二盗
盗塁死 堂上(ナ)四回一死一、二塁の二走 森岡の2−3からの6球目に三盗失敗

投手成績
サーパス  回 数打安振球責
●ユウキ  5 89257642
 本 柳  1 1430200
 山本省  1 2062111
 山 口  1 1541100

 ナゴヤ  回 数打安振球責
○山 井  7 84244200
S小笠原  2 3892011

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
サーパス
(本柳)→(本柳)&阿部健太→松村豊司→無人→小川裕介→小川&(本柳)→無人→(本柳)→岡本晃→岡本&(山口)→無人→(本柳)→(山本省&山口)→(山本省)→(山口)&相木崇→相木→(山口)&阿部健→阿部健

ナゴヤ
石川賢→石川&久本祐一→無人→金剛弘樹&川岸強→無人→久本&(小笠原)→(小笠原)→(小笠原)&遠藤政隆→遠藤

■ナゴヤ・鎌田圭司内野手
 身長162aの球界最短身選手。試合前、シートノックも終わり、フィールド内に水がまかれる間「ちょっと一休み」という感じになるものですが、その間も両軍選手で唯一、ベンチから出てきて素振りを繰り返していました。遊撃→二塁と移った守備は無難にこなし、打つほうでは四回、第3打席でのうまく押っ付けた左前への一打が鮮やかでした。ドラゴンズとしては、これがその前の打席、二回の二死満塁で出ていれば…といったところでしょうか。二番を打っていましたが、犠打プレーはなし。左の山本省の登板でベンチに下がりましたが、小技や足はいかほどのものか、もっと見てみたかったです。26歳での入団だけに、まずは同じルーキー内野手の澤井に取って代わり、一軍定着を果たしたいところでしょう。

■サーパス・ユウキ投手
 一回、三番森岡の放ったゴロで手を負傷。3分間の治療の後、続投も、ストレートは130`台しか出ません。140`台はほんの数球。五回までの投球で毎回安打を打たれましたが、要所は締めて三振も6つ奪っているだけに…。今の、リリーフが整備されている一軍投手陣なら、谷間先発で試合をつくるぐらいは可能でしょうか?

■ナゴヤ・山井大介投手
 トレードマークのゴーグルは健在。この日の砂ぼこりに対しても万全です(笑)。投球のほうも万全で、交流戦では走者を背負った際に不安定さを見せ炎上していましたが、この日はそもそも7イニングの投球中、4イニングを三者凡退に抑えていました。それでも三振は2個。四球ゼロ。このあたりはさすが昨年のシリーズ先発投手(第4戦)。阪神追撃のために、上からそろそろお呼びがかかるかも?

■サーパス・山口和男投手
 球速はあり。でもその行き先が問題で、得点圏の走者を背負ってワイルドピッチも。八回、都築の1−0からの2球目に152`(ボール球)を記録も、スタンドの声、
「もうクルーン(横浜)がおるもんだて、今さら150放られても驚かんて」(名古屋弁)
 ちょっとかわいそう…。


2005年 7月27日 イースタンリーグ ヤクルト−湘南(戸田)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!

イースタンリーグ公式戦 ヤクルトー湘南H(戸田) 観衆:約50人
審判:石山・深谷・萩原 記録員:嵯峨:2時間59分(12:59〜15:58)

             R  H E
SR|230001001| 12 0
YS|004000000|  8 0

(YS6−3)勝:那須野(2−1)負:丸山貴(2−3)セーブ:山田(3−3−4S)
本;桑原C(3丸山貴)勝利打点:ウィット

得点経過
1表:ウィット タイムリー2ベース(0−1)
   吉村タイムリーヒット    (0−2)
2表:桑原3ランHR       (0−5)
3裏:畠山タイムリーヒット    (1−5)
   牧谷タイムリーヒット    (2−5)
   田中浩2点タイムリー2ベース(4−5)
6表:那須野タイムリーヒット   (4−6)
9表:吉村タイムリーヒット    (4−7)

SR      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(9)桑原   左安左本  投ゴ  遊飛        4  2 3 273
 9 田中一                遊ゴ    1  0 0 210
(7)河野   投犠中飛  遊飛    一直  遊ゴ  4  0 0 310
(8)多村   三ゴ  空振  空振  四球  二ゴ  4  0 0 125
(3)ウィット 中2  四球  空振  右安  中安  4  3 1 319
 R 西崎                       ―――――― 219
 3 呉本                       ―――――― 205
(5)吉村   左安  中安  遊ゴ  投併  左安  5  3 2 256
(6)福本     二飛中飛    空振        3  0 0 272
 H6木村                 一ゴ四球  1  0 0 278
(4)北川     左安一安    一安  遊ゴ左直  5  3 0 274
(2)武山     四球遊飛              1  0 0 184
 H2小田嶋            二ゴ  四球    1  0 0 274
(1)那須野    投犠  二ゴ  右安        2  1 1 333
 1 谷口                 三振    1  0 0 000
 1 山田                       ――――――――――
                           36 12 7 266

投手  回  打 安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責
那須野 6 27 7 0 3 4 0 0 0 4 4
谷口  2  7 1 0 0 0 0 0 0 0 0
山田  1  3 0 0 1 0 0 0 0 0 0
    9 37 8 0 4 4 0 0 0 4 4


YS     1回2回3回4回5回6回7回8回9回   打 安 点  率
(9)度会  右安  二飛二ゴ             3 1 0 355
 1 坂元                       ―――――――――
 H 久保田             右飛       1 0 0 294
 1 松谷                       ―――――――――
 1 平本                       ―――――――――
 H 本郷                  二ゴ   1 0 0 287
(4)梶本  中安  四球左飛    二ゴ       3 1 0 310
(8)志田  遊併  四球  空振  遊飛       3 0 0 339
(3)畠山  二ゴ  左安  四球    中2     3 2 1 274
(2)福川    四球右飛  空振    二ゴ     3 0 0 228
(7)牧谷    右安右安  一邪    三ゴ     4 2 1 276
(6)田中浩   左安左2    三ゴ  三邪     4 2 2 259
(5)大原    三飛二直    左直    空振   4 0 0 258
(1)丸山貴   遊併                 1 0 0 000
 1 小森                       ―――――――――
 H9内田        右飛  見振    二飛   3 0 0 182
                           33 8 4 267

投手  回  打  安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責
丸山貴 3 17  7 1 1 2 0 0 0 5 4
小森  1  3  0 0 0 0 0 0 0 0 0
坂元  3 12  3 0 3 1 0 0 0 1 1
松谷  1  5  0 0 1 2 0 0 0 0 0
平本  1  6  2 0 0 1 0 0 0 1 1
    9 43 12 1 5 6 0 0 0 7 6

盗塁:北川B(2表 1−2から二盗 打者・武山)
   牧谷C(8裏 0−1から二盗 打者・田中浩)
   西崎F(9表 0−1から二盗 打者・吉村)
盗塁死:吉村(1表 初球から二盗死)
走塁死:畠山(8裏 牧谷の三ゴで本塁突入も憤死)
パスボール:福川(1表 0−1からの投球 走者3進 打者・吉村)

補足
1表:多村の三ゴ・・・ランナー3進
   ウィットの中2・・・センターオーバー
3表:福本の中飛・・・スライディングキャッチ
3裏:畠山の左安・・・タイムリー、なおランナー1・3塁
6表:北川の一安・・・セーフティバント
   小田嶋の二ゴ・・・エンドラン
7表:ウィットの右安・・・ランナー1・3塁
8表:谷口の三振・・・スリーバント失敗
8裏:福川の二ゴ・・・ランナー3進
9表:吉村の左安・・・本塁への返球を捕手が捕れずバッターランナー2進


シーレックス先発の
那須野巧は課題の立ち上がりでまたしてもつまずく。初回からピンチを背負うも相手の拙攻で助かっていたが3回に連打で4点を失う。今日の那須野巧の立ち上がりはストレートのいいボールと悪いボールがはっきりしていた。4回は悪いボールがなくなり低めにビシッと決まったストレートを投げていたので、ファームレベルでは寄せ付けなかった。このボールをなんとか常時使えれば活路が見えてくるはず。そして那須野巧が投げれば大学からのチームメイトである桑原義行が打つんです!今季4号ですが少なくても2本は那須野巧登板時です(その2試合を両方観戦したので2試合は確実)。

高卒ルーキー
丸山貴史(愛工大名電OB)の甘く入ったストレートをジャストミートすると打った瞬間のHRをレフトへ放ちました。今日は台風の風が残り右から左へのかなり強い風が吹いていましたがあのHRは関係なかったです。打たれた丸山はカーブがボールからボールになっていたカウントを取りにいったストレートを痛打されていた。しかし、この試合までは好投の連続だったので今後も見ていく必要がありそうです。

みなさんが気になっている
多村仁の成績☆
1打席・・・かぶせたサードゴロ。人工芝で跳ねたもののここはアウト
2打席・・・ストレートにまったくタイミングが合わず空振り三振
3打席・・・ストレートに振り遅れて空振り三振
4打席・・・ストレートを見極めてフォアボール
5打席・・・1打席目よりしっかり打てていたもののかぶせたセカンドゴロ

…と、こんな感じです。また、ネクストバッターで素振りしているときに首をひねっていることが多かったのでまだしっくり行っていないと思いました。


2005年 7月24日 フレッシュオールスター 全セ−全パ(宮崎)報告者:健一@管理人/@白にゃんこさん

健一@管理人編

■フレッシュオールスター 7月24日(日)全セvs 全パ(宮崎)

               R H E
全パ|012 001 100|4 8 2
全セ|001 010 000|3 7 2


全パ:ダルビッシュ有(2回)−手嶌智(1回)−近藤一樹(1回)−高橋秀聡(1回)−一場靖弘(1回)
  −涌井秀章(1回)−内竜也(2回)

全セ:長峰昌司(2回)−野間口貴彦(2回)−染田賢作(2回)−上原厚治郎(1回)−梅津智弘(1回)
  −能見篤史(1回)

本塁打:鶴岡慎也1号(長峰昌司)、大松尚逸1号(野間口貴彦)、武山信吾1号(手嶌智)


■全パ         打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(一二)黒瀬春樹 (西)410 三振    一邪    左2    中飛
(中) 城所龍磨 (ソ)310 中飛    一失    三安
 中  由田慎太郎(サ)100                   捕邪
(三) 嶋村一輝 (サ)410 投安    遊ゴ    三振    一邪
(右) 大松尚逸 (ロ)412 遊失    右本:   中飛       三振
(左) 鵜久森淳志(日)400 中飛    二飛    中飛       三振
(指) 平石洋介 (楽)410    一ゴ    遊飛    右安    遊ゴ
(遊) 江川智晃 (ソ)411    右飛    遊ゴ    左2・      三振
(捕一)鶴岡慎也 (日)321    左本・   左2    右飛
 一  市川卓  (日)100                         右飛
(二) 坂克彦  (楽)200    三振    三振
 捕  山崎勝己 (ソ)100                三直
 捕  星秀和  (西)100                         三振


■全セ         打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 赤松真人 (神)200 二飛    三振
 打左 中村公治 (中)300             遊失    左飛    三振
(遊) 梶本勇介 (ヤ)321 左飛    右安    右3・
 遊  藤田一也 (湘)000                      四球
(右) 亀井義行 (巨)400 左飛    三振    三振       三振
(指) 林威助  (神)410    三振    右2    三失    三振
(三一)比嘉寿光 (広)411    三振    捕邪    三振    左安・
(二) 長田昌浩 (巨)210    遊安    三邪
 打二 田中浩康 (ヤ)200                投ゴ    左飛
(一) ホッシャ (中)200    左飛    捕邪
 三  山本芳彦 (広)210                左飛       右安
(捕) 武山信吾 (湘)211       左本・   右飛
 捕  岡崎太一 (神)200                   二ゴ    遊ゴ
(左中)普久原淳一(中)400       二ゴ    右飛    三振    右飛


■全パ          回  安  振  四死  責
 ダルビッシュ有(日) (2回)  1  2  0  0
 手嶌智    (ロ) (1回)  2  2  0  1
 近藤一樹   (サ) (1回)  1  0  0  0
 高橋秀聡   (ソ) (1回)  1  1  0  0
 一場靖弘   (楽) (1回)  0  1  0  0
 涌井秀章   (イ) (1回)  0  1  0  0
 内竜也    (ロ) (2回)  2  3  1  2

■全セ          回  安  振  四死  責
 長峰昌司   (中) (2回)  2  2  0  1
 野間口貴彦  (巨) (2回)  2  1  0  0
 染田賢作   (湘) (2回)  4  1  0  1
 上原厚治郎  (ヤ) (1回)  0  0  0  0
 梅津智弘   (広) (1回)  0  2  0  0
 能見篤史   (神) (1回)  0  2  0  0



【大まかな得点経過】
▲2回表:二死から鶴岡慎也が左本を放ち、1点を先制。
▲3回表:一死から城所龍磨がホッシャのエラーで出塁。盗塁で二塁へ進むと、内野ゴロの間に三塁へ。
     続く大松尚逸がライトへ2ランを放ち、2点追加。
△3回裏:先頭打者の武山信吾が左本を放ち、1点を返す。
△5回裏:二死から代打中村公治が江川智晃のエラーで出塁。続く梶本勇介が右中間を抜く適時三塁打
     を放ち、1点差に迫る。
▲6回表:平石洋介が右安で出塁。続く江川智晃が適時二塁打を放ち、1点を追加。
△8回裏:藤田一也が四球で出塁すると、盗塁で二塁へ進む。二死後比嘉寿光がタイムリーを放ち、
     1点差とする。
△9回裏:先頭打者の山本芳彦が右安で出塁すると、盗塁で二塁へ。さらに外野飛球の間にタッチ
     アップで三塁へ進むと、内竜也の暴投の間に生還。同点に追いつく。しかし反撃もここまで
     中村公治が見逃しの三振、同点で試合終了。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃★最優秀選手賞                           ┃
 ┃ 鶴岡慎也   (日) 先制の本塁打を含む長打2本(出来すぎ!?^^;  ┃
 ┃                                  ┃
 ┃☆優秀選手賞                            ┃
 ┃ ダルビッシュ有(日) 先発として2回を2奪三振0封        ┃
 ┃ 大松尚逸   (ロ) ライトへ2点本塁打             ┃
 ┃ 梶本勇介   (ヤ) 適時三塁打を含む2安打           ┃
 ┃ 武山信吾   (湘) 反撃の一の矢となる本塁打          ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

個人的には
江川智晃(ソ)のフルスイングに惹かれました!





@白にゃんこさん編

今回は、テーブルスコアは各所に記載されているのでスカイ・A観戦による展開&寸評でお届けします。

<フレッシュオールスター 試合展開>
注目のルーキー、若手選手らの集う年に一度のお祭り!
試合前の様子、出場全選手が線上に整列。放送席の面々は球場前に登場。
昨年までのイースタン・ウエスタン対抗戦から、セントラル・パシフィック両リーグ選抜の対抗戦というスタイルに変更された。
セントラル・中日佐藤監督「元気がないとダメ。使いません。全員がMVPを狙え!」
パシフィック・日本ハム岡本監督「1軍で通用する選手が集まり楽しみ。個々の力をチームで出そう」
の、それぞれのコメント。

呼び出しと共に守備に就くセントラル選抜のスタメン。
始球式は地元の野球少年が努めた。
先発はセントラルが長峰、パシフィックがルーキー・ダルビッシュ。

1回表
1黒 瀬(イ)外の直球に空振り三振。
2城 所(雁)高めの球を打ち上げ、センターフライ。
3嶋 村(サ)真上に打ち上げたが、武山、長峰、ホッシャらの間に落ちるポテンヒット。
4大 松(浦)詰まったショート正面のゴロだったが、難しいバウンドで梶本が弾いてしまう。記録はエラー。
5鵜久森(鎌)初級を打ち上げたが、赤松が走りながらキャッチ。

1回裏
1赤 松(鳴)初球を打っていったがセカンドフライ。
2梶 本(戸)高めに打ち上げレフトフライ。
3亀 井(川)低め直球を打ち上げたが、レフトフライ。

2回表
6平 石(山)変化球に詰まったファーストゴロ。
7江 川(雁)高く打ち上げ、ライトフライ。
8鶴 岡(鎌)内角直球を高々と打ち上げ、レフトスタンド中段へ叩き込む先制アーチ(パ1−0セ)
9 坂 (山)直球に空振り三振。

2回裏
4 林 (鳴)高め外角を空振り三振。
5比 嘉(由)真ん中の変化球を空振り三振。
6長 田(川)ショート深い位置へのゴロで、江川が懸命に追いついたが送球が逸れセーフ。
7ホッシャ(ナ)初球を打ち上げ、レフトフライ。

セ/投手:野間口(川)

3回表
1黒 瀬 初級を打ち上げ、ファーストファールフライ。
2城 所 またも初球打ちで、ファースト正面だったが送球が及ばずセーフ。記録はエラー。
 嶋村の2球目を武山が握りそこねる間に盗塁成功。
3嶋 村 ショート正面で、梶本が前にこぼしたが間に合ってアウト。
4大 松 緩い変化球を高々と打ち上げ、ライトスタンドへ吸い込まれる2ラン(パ3−0セ)
5鵜久森 真上に打ち上げ、ファースト後方でセカンド長田がキャッチ。

パ/投手:手嶋(浦)

3回裏
8武 山(湘)高め初球を高々と打ち上げ、レフトスタンド最前列へ叩き込む反撃の一発(セ1−3パ)
9普久原(ナ)詰まったセカンドゴロ。
1赤 松 落ちる球に空振り三振。バットが手から離れる。
2梶 本 詰まりながらもセカンド横を抜けていくヒット。
3亀 井 高め変化球を見逃し三振。梶本が滑り込む前にスイングとなる。

4回表
6平 石 詰まったショートフライ。
7江 川 強い当たりだがショート梶本の正面、若干ジャックルしたが間一髪アウト。
8鶴 岡 高目を打ち上げ、レフト普久原が前進して飛び込んだが及ばず、その前に落ちるツーベース。
9 坂  外の直球を空振り三振。

パ/投手:近藤(サ)一→二塁手:黒瀬 捕手→一塁手:鶴岡 捕手:山崎(サ)

4回裏
4 林  初球を引っ張り、ライト線へ運ぶツーベース。
5比 嘉 真上に打ち上げ、キャッチャーファールフライ。
6長 田 左方向へ打ち上げ、サードファールフライ。
7ホッシャまたも左方向へ打ち上げキャッチャーファールフライ。

セ/投手:染田(湘)三塁→一塁手:比嘉 三塁手:山本(由)

5回表
1黒 瀬 初球を思い切り引っ張り、レフト普久原の頭上を越えるツーベース。
2城 所 真上に打ち上げたが、サード、ショートが追う間に落ちるポテンヒット。
3嶋 村 変化球に空振り三振。
4大 松 浅いセンターフライ。
5鵜久森 高く打ち上げ、赤松が前進してきてキャッチ。

センターの守備位置から、かなりの速さでベンチに戻る赤松。

パ/投手:高橋秀(雁)中堅手:由田(サ)

5回裏
8武 山 詰まったライトフライ。
9普久原 ライトの深い位置まで運んだが大松の守備位置。
H中村公 鈍い音がしてバットが折れ、ショートの正面だったが送球が浮いてしまう。
 梶本の2球目に盗塁成功。
2梶 本 右中間を深々と破るクリーンヒット。梶本はスピードに乗って一気に三塁を陥れる(セ2−3パ)
3亀 井 フルカウントから外の球に空振り三振。

前半終了の合間に、宮崎大学の狂言創作部によるパフォーマンス披露。
また試合前のアオダモ植樹、サイン会の様子。
そして試合再開、一塁側ベースコーチに登場したダルビッシュ。

セ/遊撃手:藤田(湘)左翼手:中村公(ナ)左翼→中堅手:普久原(ナ)

6回表
6平 石 直球を鋭く打ち返し、ライト前に落とすヒット。
7江 川 初球を打ち、レフト頭上を深々と破る大きな当たりで平石が一気に生還、江川は二塁へ(パ4−2セ)
8鶴 岡 右方向へ打ち上げライトフライ。亀井からすばらしい返球がサードに送られる。
9山崎(雁)初球を打っていったがサードライナーで、江川が飛び出しておりダブルプレー。

パ/投手:一場(山)一塁手:市川(鎌)

6回裏
4 林  サード正面のゴロだったが江川の送球が市川の前でバウンドし、記録は嶋村のエラー。
5比 嘉 外の直球に空振り三振。
H田 中 一場正面のゴロで、一場はすぐさま二塁へ送球しフォースアウト。一塁はセーフ。
7山本(由)高く打ち上げ、浅いレフトフライで鵜久森が前進してきてキャッチ。

セ/投手:上原(戸)二塁手:田中(戸)捕手:岡ア(鳴)

7回表
1黒 瀬 やや詰まったライトフライ。
2由 田 三塁方向へ打ち上げ、代わったばかりの岡崎が懸命に追いかけ、ベンチにダイビングしてキャッチ。
3嶋 村 一塁方向へ打ち上げ、ファーストファールフライ。

パ/投手:涌井(イ)捕手:星(イ)

7回裏
8岡 ア 詰まったセカンドゴロ。
9普久原 外の直球に空振り三振。
1中 村 高く打ち上げたがもう一伸び足りずレフトフライ。

カウントダウンと共にジェット風船が打ちあがり、同時に見事な花火も打ち上がる。
ベンチから出てきて花火を見守る選手たち。

セ/投手:梅津(由)

8回表
4大 松 外の変化球に空振り三振。
5鵜久森 内角の変化球に空振り三振。
6平 石 ピッチャー返しだったが、ショート藤田が回り込んでキャッチ。

パ/投手:内(浦)

8回裏
2藤 田 フルカウントから高めに外れ四球。亀井の3球目に盗塁成功。
3亀 井 落ちる球に空振り三振。
4 林  またも落ちる球に空振り三振。
5比 嘉 ショート横を抜けていくヒットで、藤田が生還し追い上げ(セ3−4パ)
H田中浩 高々と打ち上げ、スタンドインかという打球だったがあと少し伸びが足りず鵜久森がキャッチ。

セ/投手:能見(鳴)

9回表
7江 川 内角鋭い変化球に空振り三振。
8市 川 変化球に詰まらされ、浅いライトフライ。
9 星  高めの球に空振り三振。

9回裏
7山 本 詰まり気味ながらライト前に運ぶヒット。岡崎の3球目に盗塁成功。
8岡 ア 詰まったショートゴロで、ランナーは動けず。
9普久原 打ち上げてライトフライ。山本は三塁へ。
1中 村 初球の落ちる球が暴投となる間に、山本がホームを駆け抜け同点(セ4−4パ)
 中村はフルスイングで一発を狙ったが、最後は真ん中の変化球を見逃し三振でゲームセット。
試合は9回打ち切りのため、引き分けに終わった。


最優秀選手(MVP)には2安打を放った鎌ヶ谷・鶴岡が選ばれた。
お立ち台にはそのMVPの鶴岡と、優秀選手賞を獲得したダルビッシュ、武山が登場。

試合後の表彰式の様子。優秀選手賞の4名に次ぎ、最優秀選手・鶴岡にトロフィー、賞金などが贈られる。

<注目選手 セントラルリーグ選抜>
■長峰昌司(ナゴヤ)
この大切な一戦の先発を任され、2回を投げ、鶴岡に被弾しましたが、味方のエラーの後をしのぐなどこの1点のみに食い止める。
球速は140前半、変化球もまずまずでもう少し長いイニングを見たかったところ。

■梶本勇介(戸田)
比較的広い宮崎のグラウンドで俊足ぶりを披露。特に5回、左中間を深々と破る当たりに一気にスパートをかけ、三塁を陥れる激走。
3回にもヒットを放ち2安打で優秀選手賞を獲得。昨年このフレッシュ球宴でMVPを獲得し、今年一気にブレークした青木のように飛躍のきっかけにしたい。

■野間口貴彦(川崎)
2番手で登場、球速は146kmを計時し、大松に見事に打ち返されたもののその後は落ち着いたピッチング。
すでに1軍での先発経験がありますが、若い顔ぶれと対戦して自信を深め、後半につなげていきたい。

■岡崎太一(鳴尾浜)
途中出場ながら、守りでまずガッツを見せ、ベンチに飛び込みながらもしっかり球は放さず。
打席ではヒットこそ出ませんでしたがシャープなスイングを見せる。

■比嘉寿光(由宇)
5番・サードでスタメン。終盤の8回、三遊間を破るヒットで打点1をマーク。
他の打席では変化球にてこずり、三振を喫する場面もありましたが、この試合でフル出場を果たすなど今後が期待される。

■武山真吾(湘南)
スタメンマスクを任され、3回には先頭打者として特大のアーチで印象付ける。
守っては3投手の持ち味をうまく引き出し、こちらも優秀選手賞獲得。湘南からハマスタデビューへ!


<注目選手 パシフィックリーグ選抜>
■涌井秀章(インボイス)
6番手で登板。7回の1イニングをわずか7球、普久原からすべて直球で三振など球威で打者を詰まらせる投球を披露。
彼も開幕1軍を果たすなど将来性は間違いないですし、今後に向けてきっかけをつかんでいきたい。

■江川智章(雁ノ巣)
どの打席でも豪快フルスイング!6回にはその鋭いスイングから、左中間を深々と破る当たりを放ちスラッガーの片鱗。
守ってはエラーもありましたが、エラーには目をつぶっても長期的にスタメンで使ってみたい選手。

■鶴岡慎也(鎌ヶ谷)
序盤、落ち着いた試合の立ち上がりに均衡を破る見事なアーチ。さらにレフト前へ落とすヒットで2安打をマーク。
鎌ヶ谷でも正捕手として定着が期待される中見事MVPを獲得と、今後の活躍に大きな期待を抱かせる最高の結果をつかみました。

■大松尚逸(浦和)
3回に野間口の直球を鋭く打ち返し、ライトスタンドへ持っていく豪快な2ランアーチ。初回には相手エラーで出塁。
その他の打席では結果が残せなかったものの守備も無難にこなし、2ランの価値からか優秀選手賞も獲得。
浦和からは3年前、今江というフレッシュ球宴MVPも出ていますし成長を見せてほしい。

■嶋村一輝(サーパス)
昨年も選ばれるなど2年連続での出場。
守備では今年も残念なエラーがありましたが、打席では初回にラッキーな1安打。
毎年選出されるということはそれだけ期待の高さの現われですし、彼も飛躍へのきっかけをつかんでほしい。

■一場靖弘(山形)
5番手で登板。1イニングでまず先頭打者を出したものの、セットポジションに代わった途端?球速が上がり最速152kmをマーク。
総じて直球主体の投球で、比嘉から力のこもった球で三振を奪うなど堂々としたピッチング。
チーム事情から後半戦、チャンスがあると思いますし1軍での登板が見たい。

<観戦を終えて>
2003年の札幌開催以来すっかり「フレッシュ詣で」が続いておりますが、今回の外の球場でのナイター開催も、アトラクションや花火など見所があって面白かったです。
ただ、試合では呼吸が合わないためかお見合いヒットやエラーなどが目立ち、多少残念な結果もあったのは否めないでしょう。
しかし次世代を担うであろう、各球団の若手選手が集まったこの試合、どの選手も将来性十分と感じさせる選手ばかりで大変みごたえのある試合でした。
なお、北海道では鶴岡・ダルビッシュ2選手の他にも、市川・鵜久森と出場4選手誰もが注目され、取り上げられていました。


2005年 7月18日 イースタンリーグ 巨人−インボイス(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

18日 ジャイアンツ 13時試合開始
第11回戦 川崎8勝3敗 3時間25分
                   RHE
インボイス  102 000 100 101
ジャイアンツ 202 003 00X 90

<川 崎>鴨志田貴司(3回)○佐藤宏志(3試合1勝1敗、3回)條辺剛(1回1/3)柏田貴史(2/3)S伊達昌司(19試合4勝8S、1回)−村田
<イ ン>●岡本篤志(9試合1勝2敗、5回)長田秀一郎(1回)鳥谷部健一(1回)豊田清(1回)−上本、野田
<審判員>球審:原 一塁:西本 二塁:有隅 三塁:木内

 インボイス 打安点 1表2表3表4表5表6表7表8表
(中) 栗 山 522 左2  右本  右直  二ゴ
(二) 水 田 300 二ゴ  四球  四球  一ゴ
(右) 小 関 311 二ゴ  中飛  四球  右2
(三) 後藤武 411 四球  二ゴ  中飛  左安
(一) 高木大 100 二ゴ  四球
打一 犬 伏 210         三振  左安
 打 椎 木 110
(左) 松坂健 400   遊ゴ一ゴ    四球三振
(捕) 上 本 210   四球  右飛  投ギ  右安
 捕 野 田 000
(遊) 黒 瀬 420   振併  右安  三振  左安
(投) 岡 本 210     右安三併
 打 高 山 100           一直
 投 長田秀 000
 投 鳥谷部 000
 打 宮 崎 100              ※三振
 投 豊 田 000
   合 計 33104

 ※8回表1死一、二塁、打者宮崎が三振に倒れ、投手柏田に交代するところで放送終了

 投手成績 回 打安責
●岡本篤志 5 2453
 長田秀一郎1 633
 鳥谷部健一1 300
 豊田 清 1 410


ジャイアンツ 打安点 1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏
(二) 長田昌 510 三振  右安捕邪  一ゴ
(遊三)岩 舘 212 四球  一飛  四球左本
(中) 斉 藤 432 右本  左安  右安二ゴ
(一) 吉 川 300 遊ゴ  四球  三振  二ゴ
(三) 後藤孝 300 二ゴ  左飛  二直
 遊 大須賀 100             左飛
(左) 三 浦 400   三振三振  左飛  遊ゴ
(右) 中 濱 400   二ゴ  二ゴ  二飛
(捕) 村 田 431   一飛  左安  左本
(投) 鴨志田 000
 打 横 川 100     三振
 投 佐藤宏 000       投ギ
 打  星  110           右安
 投 條 辺 000
 投 柏 田 000
 打  原  100
 投 伊 達 000
   合 計 3395

 投手成績 回 打安責
 鴨志田貴司3 1533
○佐藤宏志 3 1210
 條辺 剛11/3 951
 柏田貴史 2/3 200
S伊達昌司 1 410

<本塁打>
 斉 藤 2号(2ラン、岡本=1回)
 栗 山 3号(2ラン、鴨志田=3回)
 村 田 1号(長田=6回)
 岩 舘 2号(2ラン、長田=6回)

<二塁打>
 栗 山(1回)
 小 関(7回)

<盗 塁>
 水 田(3回)
 岩 舘(5回)
 斉 藤(5回)

<失 策>
 松坂健(3回)

<暴 投>
 岡本2(3回)
 鴨志田(3回)
 條 辺(7回)

<試合展開>
オールスター休みを挟むため、前半戦最後の試合。快晴で強い日差しが注ぐ。
連休の最終日、祝日ということもありスタンドはまずまずの活況。
試合前、選手・スタッフが集まりミーティングを行うインボイス・ベンチ。
一方各々が出番に備える川崎ベンチ。氷のうを頭に載せる後藤孝など。
試合前呼び出し&観戦に訪れた子供達と一緒に守備につく川崎ナイン。
川崎先発は、本来は内海の予定だったが1軍昇格したため急遽鴨志田に変更。インボイス先発は岡本。

1回表
1栗 山 すくい上げて左中間に運ぶヒットで、一気に二塁到達。
2水 田 叩きつけてセカンドゴロ。栗山は三塁へ。
3小 関 どん詰まりのセカンドゴロで、前進してきた長田がキャッチしたが、この間に栗山が生還(イン1−0川崎)
4後藤武 ストレートの四球。
5木大 詰まったセカンドゴロで、長田が一瞬はじいたがすぐに送球してアウト。

川崎ベンチで、鴨志田に声をかける小谷コーチ。

1回裏
1長田昌 高め直球を見逃し三振。
2岩 舘 フルカウントからラストボールがショートバウンドし四球。
3斉 藤 高め直球を右中間に高々と打ち上げ、ライナーでフェンス後方の土手の中段付近に当てる逆転2ラン(川崎2−1インボイス)
4吉 川 初球を打っていったがショートゴロ。
5後藤孝 詰まったセカンドゴロ。

逆転2ランを放ち、ベンチから飛び出してきてスタンドの歓声に帽子を取って応える斉藤。

2回表
6松坂健 鈍い音がしてバットが折れ、詰まったショートゴロ。
7上 本 フルカウントから、ラストボールが外に外れ四球。
8黒 瀬 2−3から見逃し三振で、上本がスタートを切っていたため村田が二塁へ送球し、タッチアウトで併殺となる。

2回裏
6三 浦 ラストボール、インコース直球を見逃し三振。
7中 濱 フルカウントから叩きつけてセカンド深い位置のゴロで、水田が逆シングルで捕球し懸命に一塁送球。
8村 田 真上に打ち上げ、木大成が前進してキャッチ。

3回表
9岡 本 高め直球を流し、野手顔負けにライト線へ運ぶヒット。栗山への3球目を村田が後逸する間に二進。
1栗 山 直球を高々と打ち上げ、ライトが早々と追うのを諦める見事なホームラン(インボイス3−2川崎)
2水 田 ストレートの四球。後藤の初球に盗塁成功。
3小 関 左中間へ打ち上げて少し詰まったセンターフライ。
4後藤武 フルカウントから詰まったセカンドゴロ。
5木大 フルカウントから高めに外れ四球。
6松坂健 初球を打っていったがファースト正面のゴロ。

二塁打、そしてこの回本塁打を放ちベンチから出てくる栗山。
川崎ベンチでは、タオルで顔を覆う先発鴨志田。次に打順が巡ってくるが腰を上げる様子はなく、ネクストサークルでは横川が準備しており降板となる。

3回裏
H横 川 外の球に空振り三振。
1長田昌 直球を引っ張りライト前に落とすヒット。
2岩 舘 真上に打ち上げ、ファーストフェアフライ。
3斉 藤 三遊間をゴロで抜けるクリーンヒット。
 吉川の2球目が暴投となる間に長田、斉藤それぞれ進塁。さらに3球目も暴投となる間に長田が生還(川崎3−3インボイス)
4吉 川 ストレートの四球。
 ここで渡辺監督が自らマウンドに歩み寄り岡本に声をかける。
5後藤孝 浅いレフトフライだったが、前進してきた松坂健が打球の真下に入ったものの落としてしまい、この間に斉藤が生還(川崎4−3インボイス)
6三 浦 真ん中の変化球を見逃し三振。

川崎/投手:佐藤宏

4回表
7上 本 打ち上げて浅いライトフライ。
8黒 瀬 2球目を打ってライト前に落とすヒット。
9岡 本 正面に転がしたが、サード後藤孝がすぐさま二塁へ送りアウト、一塁へ転送され併殺打。

4回裏
7中 濱 詰まったセカンドゴロ。
8村 田 高めの変化球を打ち返しレフト前に運ぶヒット。
9佐藤宏 初球を一塁線に転がしバント成功。
1長田昌 ハーフスイングで真上に打ち上げ、キャッチャーファールフライ。

ベンチに引き上げ、シャツを替えるため後方に下がる岡本。

5回表
1栗 山 良い当たりだったがライト中濱のほぼ正面へのライナー。
2水 田 フルカウントから低めに外れ四球。
3小 関 1−3から高めに外れ連続四球。
 後藤孝がマウンドに行って声をかける。
4後藤武 打ち上げて深いセンターフライ。水田は三塁へ。
H犬 伏 真ん中直球に空振り三振。

ベンチ前で村田に声をかけられる佐藤。
また、試合前の少年少女たち対象の玉入れ大会の様子。

イン/一塁手:犬伏

5回裏
2岩 舘 1−3から際どい球が外れ四球。
3斉 藤 打ち上げて、詰まった当たりだったが前進してきた小関がグラブから前にこぼしてしまう。
 後藤の3球目、岩舘と共に重盗成功。
4吉 川 高めの球にファールチップで空振り三振。
5後藤孝 ヒット性の当たりだったが、水田がジャンピングキャッチでセカンドライナー。
6三 浦 良い当たりだったが、やや詰まったレフトフライ。

試合合間に…再び試合前のイベント(親子でベースランニング)の様子。
スタンドでは日傘を差したり、帽子をかぶっておのおの暑さ対策を取るお客さんたち。

川崎/遊撃→三塁手:岩舘 遊撃手:大須賀

6回表
6松坂健 低めに外れストレートの四球。
7上 本 初球を佐藤宏の前に転がし、バント成功。
8黒 瀬 外の直球に空振り三振。
H高 山 ピッチャー返しの強烈な打球で、佐藤宏志の左ひざを直撃。
 その後打球は大きく跳ね上がり、吉川がノーバウンドで捕ったためライナーで打者アウト。
 佐藤はしばらく起き上がれず、担架で運ばれていく。

イン/投手:長田秀

6回裏
7中 濱 内角変化球に詰まらされ、セカンド水田がキャッチ。
8村 田 初球を思い切り振り抜き、高々と打ち上げ左中間スタンドに叩き込む今期1号(川崎5−3インボイス)
H 星  流してライト前に運ぶヒット。
1長田昌 詰まったファーストゴロで、二塁フォースアウト。一塁はセーフ。
2岩 舘 3球目のファーストストライクを見逃さず、鋭いスイングで左中間スタンドの深い位置まで運ぶ2ラン(川崎7−3インボイス)
 マウンド上、打たれて少々疲労気味の長田秀。
3斉 藤 セカンド深い位置へのゴロ。

川崎/投手:條辺

7回表
1栗 山 初球を打っていったがセカンドゴロ。
2水 田 こちらも初球打ちだったがファーストゴロ。
3小 関 低め直球を打ち返し、ライト前へ運ぶツーベース。後藤武の初球が暴投となる間に三塁へ。
4後藤武 三遊間の当たりだったが、大須賀がわずかに及ばずレフト前へ抜けるタイムリー(インボイス4−7川崎)
5犬 伏 インコースを引っ張り、レフトの前に運ぶヒット。
6松坂健 フルカウントから、外の落ちる球に空振り三振。

イン/投手:鳥谷部

7回裏
4吉 川 フルカウントから詰まったセカンドゴロ。
5大須賀 左中間へ打ち上げたが、レフト松坂健太がキャッチ。
7三 浦 初球を打っていったがショートゴロ。

インボイス・ベンチで渡辺監督に声をかけられる鳥谷部。

8回表
7上 本 真ん中の球を引っ張り、ライト前に抜けていくヒット。
8黒 瀬 高目を打ち返しレフト前ヒット。
H宮 ア 内角の球を見逃し三振。
 ここで川崎ベンチが交代を告げ、3番手の柏田をコールしたところで残念ながら放送終了。


<注目選手 ジャイアンツ>
■鴨志田貴司(巨)先発 3回 被安打3 失点3
立ち上がりからどうも不安定で、毎回走者を背負い、あっさりその走者を進めて得点を与えたり、制球がばらついたり高めに浮いたりと乱れる。
内海の昇格に伴う緊急先発ということを差し引いても3回で4四球はどう見ても多く、3失点と課題の残るマウンドとなってしまいました。
降板後のコメント
「ボール球が多くなって球数が増え、テンポが悪くなってしまった。野手の方たちに申し訳ない」

■條辺剛(巨)3番手 1回1/3 被安打5 失点1
直球140前半、スライダー、フォーク
本日3番手でマウンドに登場。落ちる球のキレはまあまあ、ただしワンバウンドするなど若干制球がばらつく。
球速は目だって早いというほどではありませんでしたが、三振を奪う球威などはまずまず。
暫く1軍での登板機会がないだけにそろそろ結果を残し、中継ぎ陣の起爆剤となってもらいたいところ。

■斉藤宜之(巨)4打数3安打打点2 3番・センター
まずは初回、ライナーでライトスタンドへ持っていく逆転となる2ランでパワーの差を見せ付けると、3回、5回にもヒットを放ち猛打賞。
今期は野手の入れ替えが多いため、1軍定着には至っていませんがこの持ち前のパワーを発揮し、1軍定着へのきっかけをつかみたい。


<注目選手 インボイス>
■岡本篤志(イ)先発 5回 被安打5 失点3
直球、シュート
初回から直球でグイグイ押していく投球。そのためか、芯でとらえられて斉藤に見事な一発を打たれたり、という展開。
3者凡退は2回のみで後は走者を背負い、味方のミスなどで失点する苦しいマウンド、それでもなんとか5回を投げきって一応先発の役目は果たす。

■栗山巧(イ)5打数2安打打点2 1番・センター
少し前の交流戦で活躍を見せるなど成長株
本日は初回に目の覚めるようなヒットと俊足で二塁を陥れれば、3回には高々と打ち上げ、一時逆転となる見事な2ランホームラン。
まだまだチャンスはあると思いますし本日のように着実に結果を残していきたい。

■黒瀬春樹(イ)4打数2安打 8番・ショート
2年目の若手
派手な動きこそ無かったものの守備も無難にこなし、バットでは4回、8回の2安打。
昨年のフレッシュ球宴での抜擢もありますし、将来のチームの主力としてかかる期待も大きく頑張ってほしい。


2005年 7月18日 イースタンリーグ 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:おかピーさん

はじめまして。
どなたもこの試合に関しては書き込んでいないようなので、初カキコしてみます。
改善点等がありましたら、ご指摘よろしくお願いします。

7/18(月)イースタンリーグ公式戦 日本ハム−ヤクルト11回戦 鎌ヶ谷(13:30開始)

<スコア>             R   H  E
ヤクルト 053 203 011 15 24 2
日本ハム 020 022 330 12 12 0

<打撃成績>
<ヤクルト>
         1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 打安点得残振球犠
(左)  久保田  遊飛 左犠 右2 二ゴ    右本    中飛    52420001
(遊)  梶本   二ゴ 右本 二安    左飛 一ゴ    中安    63412000
(中)  志田   中安 投ゴ 左安    空振 見振    左安    63203200
(指)  度会   四球 左安 右飛                   21002010
打指  丸山泰              中安             11001000
打指  牧谷                     右安 捕邪    21001000
(右)  本郷   遊直 右飛    中安 中安             42011000
打右  内田                     左飛    中安 21010000
(一)  畠山      四球 左本 右安 左飛    遊飛    右安 53130010
(三)  大原      右2 中飛 中飛    中安 中飛    中安 63111000
(捕)  高橋      右安 三飛 右安    三ゴ    右邪 投ゴ 62221000
(二)  田中浩     四球 四球 中2    左2    四球 遊併 32140030
                                    4824151512251


<日本ハム>
         1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 打安点得残振球犠
(三)  飯山   四球    左飛    右本    四球 四球 右飛 31231030
(中)  工藤   投ギ    左飛    四球    中飛 四球    20002021
(左)  鵜久森  中飛    捕邪    一直    右2       41010000
打左  佐藤                        中安    11201000
(右)  西浦   左飛       中飛    三邪 四球 空振    40010110
(指)  實松      三失    空振    四球 右安 中飛    41210110
(二)  阿久根     右本    捕邪    二ゴ 中犠    空振 41320101
(遊)  尾崎      四球       左安 左2    一ゴ    32010010
打   稲田                           中安 11001000
(捕)  鶴岡      右飛                      10000000
打捕  渡部               遊併 中安    中2    32211000
打   石本                           三失 10001000
(一)  市川      空振       左安 見振    左2    42120200
打   紺田                           二飛 10000000
                                    361212127582

<投手成績>
<ヤクルト>
      回   打  安  球  振  失  自
○高井   6  27  6  4  3  6  5
 杉本   1   6  2  2  0  3  3
 平本    1/3 6  3  2  0  3  3
S宇野   12/3  7  1  0  2  0  0

<日本ハム>
      回   打  安  球  振  失  自
●金森   6  39 18  4  2 13 13
 加藤   2  10  3  1  0  1  1
 芝草   1   5  3  0  0  1  1

盗塁  ヤ1・・志田(1回)
盗塁死 日1・・尾崎(2回)
併殺  ヤ2・・梶本−田中浩−畠山(5回、打者渡部)
      ・・志田−梶本−畠山(7回、走者實松)
    日1・・尾崎−阿久根−市川(9回、打者田中浩)
走塁死 ヤ1・・田中浩(4回。2塁オーバーラン)
暴投  ヤ1・・宇野(8回)
    日1・・加藤(7回)
試合時間 3時間44分

ヤクルトが出場野手全員安打と毎回安打を記録。
なお、8回表の
高橋敏郎の右邪は、右飛かも。(ライト西浦克拓のグラブはファウルゾーンにあったが…)

記録の一部を、日刊スポーツ紙より引用しました。


2005年 7月18日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(ロッテ浦和)報告者:WIZさん/メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!

WIZさん編

7/18(土)イースタンリーグ公式戦 千葉ロッテ−湘南13回戦 ロッテ浦和球場(13:00開始)

<スコア>
湘 南 000 000 001 
ロッテ 004 002 00× 

<投手継投>
湘  南 ●那須野 (3回)−岸本(2回)−染田(1回)−松家(2回)
ロ ッ テ ○手嶌(82/3回)−S川井(1/3回)

<得点経過>
3回裏(ロ) 一死3塁で田中雅、レフトフェンス直撃のタイムリー2ベース(1点)
      二死2・3塁で曽我部、左中間スタンドへ3ラン(3点)
6回裏(ロ) 一死2・3塁で染田、暴投で2者生還(2点)
9回表(湘) 二死満塁で木村、レフトへタイムリー(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

<打撃成績>
<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
RF 桑原  遊ゴ  三ゴ                   200000000
RF 田中一           左2  三ゴ         210000000
CF
H 呉本                  三振       100000100
LF 河野  二ゴ    一失  四球  右安         210000010
CF 多村  遊ゴ    右安  二併  遊併         410000000
RF 西崎                           000000000
1B ウィット    二ゴ  一飛  中飛    右安       410000000
R 石川                           000100000
3B 吉村    三振  一飛    中安  右安       420001100
DH 田中充   中安  右安    三振  左飛       420000100
2B 北川    左飛    左安  一ゴ  四球       310000010
C 武山      二ゴ  遊併               200000000
C 小田嶋             二ゴ  三振       200000100
SS 福本      一飛  遊ゴ               200000000
SS 木村                左2左安       221000000


<千葉ロッテ>
1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
SS 青野  四球  左安凡退  投犠  四球         210100020
2B 林   遊ゴ  投犠三ゴ  左2  投併         410000000
3B 田中雅 遊ゴ  左2右飛  三ゴ             411100000
LF 竹原  四球  左安  二ゴ右飛             310100010
DH 垣内  三振  三振                   200000200
DH 井上          四球  左飛           100000010
RF 曽我部   中飛左本  三振  三ゴ           413110100
CF
C 辻     左飛中安  三ゴ  四球           310000010
1B 澤井    四球遊ゴ    四球             100100020
1B 於保              三ゴ           100000000
CF 代田    三振  四球  四球             100100120
RF 平下                二飛         100000000


<投手成績>
<湘南>
       回   打 安 四 三 失 自
●那須野   3  17 5 3 3 4 4
 岸本    2   8 0 2 1 0 0
 染田    1   6 1 2 0 2 2
 松家    2   7 0 2 0 0 0

<千葉ロッテ>
       回   打  安 四 三 失 自
○手嶌   82/3  36 11 2 3 1 1
S川井    1/3  1  0 0 1 0 0


<選手感想>
■那須野 巧(湘)
先発。6/23の巨人戦でメッタ打ちによる降格をされて以来の登板。
序盤こそストレートの球速も速くいよいよ即戦力左腕の実力開眼かと
思わせたが、次第に球が高めにすっぽ抜けたり変化球がホームベース前で
落ちたりと制球不安定が露出。
次第に球速も無くなり3回に入ると甘めに入った球をことごとく打ち返され
この回で降板。一軍昇格にはまだまだ時間がかかりそう。

■岸本 秀樹(湘)
開幕は新人で唯一の一軍帯同もプロの壁は高く5月に降格。
その後はファームで先発から抑えにと実戦で鍛えられている。
しかし多々の登板のせいか自慢の剛速球とフォークの切れが
開幕に比べるとやや成りを潜めている感。
球宴休みはゆっくり静養して後半は奮起、一軍再昇格を期待。

■染田 賢作(湘)
個人的期待の右腕。
しかしいきなり二者連続四球あり、暴投ありと今日投げた
新人の中では一番最悪の内容。
自信がつけばきっと目覚しい活躍をしてくれると信じつつも
今日の登板を見たところでは今季中の一軍再昇格は難しそう。
後半戦彼の復活を期待したい。

■松家 卓弘(湘)
ストレートの球威も良く今日投げた新人の中では一番安定していた。
二死を取った後での簡単な四球を与えるなど修正する箇所は
まだまだあるが、4人の新人の中で一番一軍に近い存在。

■手嶌 智(ロ)
自由枠新人。
湘南の新人投手陣の安定感の無い投球をよそ目にこちらは再三のピンチも
併殺で打ち取るなど粘りの投球を披露。
このまま完投かと思わせたが、さすがに最終回は精魂尽き果て失点し降板。
しかしこの炎天下での好投には拍手。湘南新人投手陣に爪の垢を飲ませたい。

■澤井 良輔(ロ)
4回、一死1・2塁のピンチに吉村のファールフライをダイビングキャッチで
新人手嶌を助ける好プレー。これには湘南ファンからも大きな拍手。

■曽我部 直樹(ロ)
3回には左中間スタンドの深い所へ特大の3ランを放つ。
続く4回のピンチでは澤井の攻守の後に田中充がライト前にヒットを放つも
曽我部の好返投でホーム捕殺。攻守で手嶌を助けた今日のヒーロー。


両チームとも今日が前半戦の最終戦。
湘南は大卒新人投手の中間テストとでも言うべき4人の新人で継投しました。
一方ロッテも自由枠新人手嶌を登板。
結果は個人評でも触れた通り手嶌に軍配が挙がりました。
湘南の新人投手陣は終始ボール先行の不安定な投球で、そのせいか
野手陣もリズムを狂わされ都度チャンスを掴むものの、あと一本が
出ずに大敗。5割復帰は後半戦にお預けとなりました。

ロッテは一軍同様春先からのロケットスタート。途中勢いを失ったものの
首位で前半戦を折り返しました。
一方の湘南は春先は連敗地獄が続いた中で借金2まで戻したのは正直
褒めてあげたいところ。
残念ながら首位ロッテに破れましたがまだ4.5差。チャンスは残っています。

今日は炎天下の中、浦和球場にはベンチに座りきれないほどの多くの観客が
訪れて、ロッテだけでなく湘南側でも即席の応援団が作られ声援を送っていました。
試合終了後は今後の健闘を称えつつ両応援団がエールの交換。いい光景です。

今日観戦に来られた皆さん、炎天下の中お疲れ様でした。
また後半戦頑張りましょう。



メカゴジラさん編

7月18日千葉ロッテー湘南(ロッテ浦和)

WIZさんが先に掲載しておりますが、せっかくスコアつけたし打率・防御率も計算したので載せておきます。
イースタンリーグ公式戦 千葉ロッテー湘南(ロッテ浦和) 観衆:約350人
審判:鈴木・橋本・山路 記録員:生原 3時間9分(13:02−16:11)

             R  H E
SR|000000001| 11 1
 M|00400200×|  6 1

勝:手嶌(8−4−1S)負:那須野(1−1)セーブ:川井(5−3−3S)
本:曽我部C(3那須野) 勝利打点:田中雅

得点経過
3裏:田中雅タイムリー2ベースヒット(1−0)
   曽我部 左中間への3ランHR (4−0)
6裏:SR染田の暴投の間に2者生還 (6−0)
9表:木村タイムリーヒット     (6−1)

SR       1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(9) 桑原   遊飛  三ゴ              2  0 0 264
 H98田中一            左2  三ゴ    2  1 0 212
 H  呉本                   空振  1  0 0 205
(7) 河野   二ゴ    一失  四球  右安    3  1 0 317
(8) 多村   遊ゴ    右安  二併  遊併    4  1 0 250
 9  西崎                       ―      219
(3) ウィット   二ゴ  一飛  中飛    右安  4  1 0 294
 R  石川                       ―      107
(5) 吉村     見振  一邪    中安  右安  4  2 0 242
(D) 田中充    中安  右安    空振  左飛  4  2 0 272
(4) 北川     左邪    左安  一ゴ  四球  3  1 0 262
(2) 武山       二ゴ  遊併          2  0 0 186
 H2 小田嶋              二ゴ  空振  2  0 0 277
(6) 福本       一直  遊ゴ          2  0 0 276
 6  木村                 左2左安  2  2 1 287
                            35 11 1 265

投手  回  打 安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
那須野 3 17 5 1 3 3 1 0 0 4 4 5.32
岸本  2  8 0 0 2 2 0 0 0 0 0 6.14
染田  1  6 1 0 0 2 1 1 0 2 2 5.33
松家  2  7 0 0 0 2 0 0 0 0 0 4.15
    8 38 6 1 5 9 2 1 0 6 6 4.57


 M      1回2回3回4回5回6回7回8回  打 安 点  率
(6) 青野  四球  左安空振  投犠  四球  2 1 0 275
(4)  林  遊ゴ  投犠三ゴ  左2  投併  4 1 0 263
(5) 田中雅 遊ゴ  左2右飛  三ゴ      4 1 1 310
(7) 竹原  四球  左安  二飛右飛      3 1 0 345
(D) 垣内  見振  空振            2 0 0 222
 HD 井上          四球  左飛    1 0 0 376
(98)曽我部   中飛左本  空振  三飛    4 1 3 288
(2)  辻    左直中安  三ゴ  四球    3 1 0 242
(3) 澤井    四球遊ゴ    四球      1 0 0 217
 R3 於保              三ゴ    1 0 0 222
(8) 代田    空振  四球  四球      1 0 0 200
 H9 平下                二直  1 0 0 259
                         27 6 4 263

投手 回       打  安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
手嶌 8回3分の2 36 11 0 3 2 0 0 0 1 1 4.50
川井   3分の1  1  0 0 1 0 0 0 0 0 0 1.64
   9      37 11 0 4 2 0 0 0 1 1 3.35

盗塁:竹原(3回 二盗成功)
   代田(4回 二盗成功)
   吉村@(7回 二盗成功)
走塁死:河野(4表 田中充の右安で本塁突入も憤死)
    代田(4裏 林の三ゴで本塁突入も挟殺)
失策:澤井(4表 河野のファーストへのゴロをはじく)
   武山(4裏 代田の二盗を刺そうとするも悪送球で3進を許す)
暴投:那須野(3裏 ランナー3進 打者は田中雅)
   染田 (6裏 ランナー2者生還 打者は林)
ボーク:染田(6裏 ランナー3進 打者は田中雅)

補足
1裏:林の遊ゴ→エンドラン
   田中雅の遊ゴ→ランナーそのまま
4表:吉村の一ゴ→M澤井ダイビングキャッチ
4裏:林の三ゴ→二死1塁
6裏:田中雅の三ゴ→ランナーそのまま
   竹原の右飛→SR田中一滑り込みキャッチ
8表:田中一の三ゴ→ランナーそのまま

両チームにとって前半の最終戦となった一戦は今季の自由枠投手で幕を明ける。両投手にとって成果を見せる場となったが初回から内容に差が出てしまった。那須野は四球でリズムが作れずに曽我部には追い込んでから高めのストレートを被弾する。この3点が無ければ展開は変わっていただろうからもったいなかった。湘南は前半テストのように大卒出身のルーキーを登板させる。ただ全員が四球を出す悪循環で持ち味は発揮できなかった。

失点したかの問題ではなく攻撃にリズムを与える投球をしてほしい。
M手嶌はランナーがいなくてもセットで投げる投手。今日はコントロールが低めに決まっていた。完封したかっただろうが最後は打った木村をほめるべきだと思う。それからボール先行になっても今日は組み立て直す事ができていた。湘南の投手陣が警戒しすぎのような投球だったので度胸満点のピッチングには好感が持てた。
注目の多村は4打数1安打だった。1安打は低めのボールに体勢を崩しながらもおっつけたヒットだった。他の打席は内野ゴロだったが球足は他の選手とは別格の速さだったので心配はないと思う(速いからゲッツーになったと思ってよい)。守備機会も無難にこなしていたので本人が万全だと思ったときが昇格時期になるだろう(バックホームはまだ全力で突っ込んでいなかった。)


2005年 7月17日 ウエスタンリーグ 阪神−サーパス(甲子園)報告者:大阪部長さん

ウエスタンリーグ公式戦 鳴尾浜タイガース−サーパス神戸16回戦(阪神甲子園球場)
10時40分試合開始

「本日の入場券はすべて売り切れました」
 この表示、甲子園へ向かう阪神電車の駅改札、そして甲子園駅の精算機にまで(引き返せるように…)張られていました。一軍、阪神−広島東洋戦は18時開始。日曜ということもあって入場券は前売りで完売です。しかし甲子園駅から球場へは、明らかにナイトゲームのものにしては早すぎ、ウエスタンのものにしても多すぎる人の流れが続いていました。

「浜ちゃん守る」「聖地初登板か」
 そう、オールスター休みを利用し、登録抹消した上で
外野守備テストに踏み切る鳴尾浜・濱中おさむ外野手の出場、そして、16歳・辻本賢人投手のベンチ入りがしきりにスポーツ紙によって伝えられていたからです。開門前には430人が列を作っていたとか(サンスポから)。

 いつもの鳴尾浜球場は無料ですが、甲子園でのウエスタン入場料は500円。さらには、公式ファンクラブ会員専用の窓口まで設けられていました(FC割引は250円)。

 開放されていたのはボックス席と特別指定席(グリーンシート)の、いずれもネット裏部分。スタンド下売店やグッズショップも限られたエリアながら営業していて、試合前からにぎわっているそのあたりを、関係者区域から出てきた私服姿の阪神・平田勝男一軍ヘッドコーチが通り過ぎて行ったりしました。気づいていたのは私と、あと少年が1人くらいでしたが。

 親子ゲームで時間制限アリ。試合開始後2時間30分、13時10分を過ぎて新たなイニングに入らないことがアナウンスされました。

スターティングメンバー
サーパス   鳴尾浜
遊 嶋 村  中 赤 松
中 坂 口  二 上 坂
三 塩 谷  捕 浅 井
一 ブランボー  右 濱 中
左 相 川  左 桜 井
二 牧 田  一 喜 田
右  迎   三 前 田
捕 横 山  遊 秀 太
投 高 木  投 筒井和

審判 主・山本、一・土山、二・渡真利、三・眞鍋

 親子ゲームとあって、鳴尾浜は浅井良捕手、前田忠節内野手、上坂太一郎内野手といった一軍登録組も出場(一軍ナイトゲームでは出番ナシ)。室内ブルペンは一軍の使用を控えているからか使わず、高校野球のようにグラウンド内のブルペン使用でした。記者席、カメラマン席、そしてネット裏に限定された観客席はほぼ満席。試合の合間にも、空席に荷物を置かないようアナウンスが何度もあるほどでした。しかし外野席では前夜のゲームのゴミを清掃中、無人のアルプス席にはただカラスが舞うだけと、えらく球場内での「温度差」が認められる中でのプレーボールです。

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■二回裏鳴尾浜 先頭濱中左翼線二塁打、桜井二塁後ろへのテキサス安打で濱中生還。
■三回裏鳴尾浜 先頭赤松右前打、上坂捕前犠打、浅井二ゴロを二塁牧田トンネル(赤松生還)、濱中左翼線二塁打(一死二、三塁)、代打藤原の2−1からの4球目に投手高木ワイルドピッチ(浅井生還、濱中三進)、藤原捕邪飛、喜田の2−0からの3球目に捕手横山パスボール、濱中生還。
■五回裏鳴尾浜 先頭赤松四球、上坂の1−1からの3球目に赤松二盗、上坂右前打(無死一、三塁)、浅井右飛(タッチアップできず)、濱中右犠飛。
■六回表サーパス

 投手、辻本。


辻本賢人(神)の投球内容

打者1人目・一番嶋村(右打ち)
見逃しストライク 106`
ファウル     117`
中前安打     125`

無死一塁 2人目・2番坂口(左打ち)
ボール      133`
ボール      131`
ボール      129`
見逃しストライク 126`
見逃しストライク 129`
ボール(四球)  132`

無死一、二塁 3人目・3番塩谷(右打ち)
ファウル     134`←この日MAX
ボール      106`
ボール      103`
ボール      133`
ファウル     124`
左邪飛      128`


 続いては4番ブランボー。アメリカで暮らしていた辻本、さてメジャー経験者(レンジャース)に対してはどういった投球を…と思っていたら、ここでお役御免。これは予定通りか、それとも?
 4番手吉野がブランボーを投ゴロ、相川を遊ゴロに打ち取りチェンジ、0点で辻本の自責点も付かず。

 五回終了で12時20分。六回終了12時52分。七回表で13時4分となり、七回裏3人目の打者・庄田を迎えたところで13時10分、タイムアップ。一塁側ブルペンでは佐久本が投げていましたが、葛西コーチが時間を知らせてここで投球練習終了、またそれに合わせてベンチ前では、七回表を投げた中林がクールダウンを始めました。

 勝っていたのは鳴尾浜でしたが、それでもチェンジまでは攻撃続行。この回先頭には元オリックス・葛城が代打で登場し、サーパスファンからは歓声や、お約束の「戻ってこーい」の声も。さらには右前打も放ち、両チームのファンが沸きました。一死後に庄田は空振り三振、葛城は二盗を失敗して三振ゲッツーで試合終了。同時にサーパス守備陣が迎えられる光景は、どうも鳴尾浜の勝ち試合には見えません(苦笑)。この日は攻守ともにいいところなしのサーパスでしたが、最後の回を抑えたのは公式戦初登板となった自由獲得枠ルーキー・金子、さらには葛城の登場もあって、あるサーパスファンの発した声、
「なんか負けた気せえへんなあ、気分ええわ!」(笑)


2005年7月17日(日) 10時40分〜13時12分 観衆3243人(サンスポから)
16回戦(鳴尾浜9勝6敗1分け)
サーパス 000 000 0|
 鳴尾浜 013 010 0|
(規定により七回打ち切り)

勝利投手 玉置(6試合1勝)←プロ初勝利
敗戦投手 高木(14試合5勝5敗)

サーパス(三塁側先攻)
          一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回
(遊三)嶋村 一輝 空振    中飛       中安 左飛
(中) 坂口 智隆 右飛       右安    四球
(三) 塩谷 和彦 空振       二飛    左邪
 遊  玉木 朋孝
(一) クリフ・ブランボー    遊ゴ    左飛    投ゴ
 一  五島 裕二
(左) 相川 良太    四球    中飛    遊ゴ
 左  井戸 伸年
(二) 牧田 勝吾    右飛       三ゴ
 二  筧 裕次郎                   四球
(右) 迎 祐一郎    空振       左二    左安
(捕) 横山 徹也       投ゴ
 打  由田慎太郎             見振
 捕  前田 大輔                   二ゴ
(投) 高木 康成       空振    空振
 打  田中  彰                   投飛
 投  金子 千尋

鳴尾浜(一塁側後攻)
          一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回
(中) 赤松 真人 空振    右安    四球
 打  葛城 育郎                   右安
(二) 上坂太一郎 一邪    捕犠    右安
 捕  岡崎 太一                   空振
(捕) 浅井  良 捕邪    二失    右飛
 左  庄田 隆弘                   空振
(右) 濱中おさむ    左二 左二    右犠
 二  萱島 大介
(左) 桜井 広大    二安
 打左遊藤原  通       捕邪    空振
(一) 喜田  剛    左安 一ゴ       空振
(三) 前田 忠節    空振    見振
 三  筒井  壮                四球
(遊)  秀 太     空振
 打  的場 寛一          空振
 投  玉置  隆
 投  辻本 賢人
 投  吉野  誠
 打  大橋 雅法                三ゴ
 投  中林 祐輔
(投) 筒井 和也    空振
 打  町田公二郎          二ゴ
 左右 高橋 勇丞                見振

投手成績
サーパス  回 数打安振球責
●高 木  6 114276922
 金 子  1 1631200

 鳴尾浜  回 数打安振球責
 筒井和  4 14541410
○玉 置  1 1341200
 辻 本  1/3 1531010
 吉 野  2/3 1120000
 中 林  1 2151000

(↓ちょっと、新たな試みとして記録してみました)
■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
サーパス
阿部健太→近藤一樹→本柳和也→山口和男→(金子)→吉川勝成

鳴尾浜
牧野塁&(吉野)→(中林)→(辻本&玉置)→(吉野)&佐久本昌広→(辻本)&佐久本→佐久本


■鳴尾浜・濱中おさむ
 打つほうでは、2の2・1打点、3打席とも得点に絡むなど文句なし。昨年4月29日以来444日ぶり、手術後初の右翼での守備機会は…3度あったのですが、フライ2つにヒットと、あまり的確・迅速なスローイングが要求されるプレーではありませんでした。まだそういった局面でどれほど故障が回復しているかは分かりません。サーパス打線もあからさまな右狙いはしてきませんでした。ランナー一塁、エンドランでライト前ヒット…というようなプレーなど、ぜひ見てみたかったんですが。


2005年 7月17日 イースタンリーグ ヤクルト−巨人(神宮)報告者:しゅうさん

イースタンリーグ ヤクルトvs巨人(神宮)
神宮球場で行われたイースタンリーグ ヤクルトvs巨人を観戦しました。草野球を終えた後、神宮に向かったため5回途中からの観戦です。
スコアは以下のとおりです。

巨  人 000210001= H9 E0
ヤクルト 102000000= H8 E0

(巨)南(6回)、條辺(1回)、中村○(1回)、伊達S(1回)−加藤、西山、村田
(ヤ)上原(5回)、三澤(1回)、杉本(1回)松谷(1回)、宇野●(1回)−高橋、細見
<観衆> 906人

3−3の同点で迎えた9回表、巨人は2死2塁から代打原俊介がレフト前にタイムリーヒットを放ち勝ち越し。その裏、ヤクルトも無死1・2塁とするも1番
田中浩康のバントが1−5−3のダブルプレーとなり、続く梶本勇介は空振三振でゲームセット!巨人が逃げ切りました。


2005年 7月16日 イースタンリーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん
2005年 7月16日 イースタンリーグ ヤクルト−巨人(神宮)報告者:あわてんぼーさん


 試合開始13時1分終了15時52分試合時間2時間51分
 球審山路1塁鈴木3塁橋本記録員西原
 ロッテ浦和(ロッテ4勝3敗)観衆350人
                   R H E
 
日本ハム 002 000 000   5 4
 
ロッテ  002 210 00x   9 1
 勝加 藤6勝2敗
 負ナイト3勝2敗
 S川井5勝3敗2S
 暴投 ナイト(5回)
 盗塁死 代田(1回)
 失策 日本ハム4 尾崎3(3,5回)市川(3回)
    ロッテ1  青野(4回)
 併殺 日本ハム1 (尾崎−古城−市川)5回田中雅
    ロッテ0

1回表(ロッテ投手加藤、捕手辻)飯山遊ゴロ内野安打、紺田、西浦ともに中飛、島田遊直(日本ハム0)
1回裏(日本ハム投手加藤、捕手辻)代田四球、青野二飛、林の時代田2塁盗塁失敗、結局林は一塁ゴロ(ロッテ0)
2回表 古城一塁ゴロ、鶴岡、工藤ともに三振(日本ハム0)
2回裏 竹原三塁ゴロ、井上遊ゴロ、田中雅二飛(ロッテ0)
3回表 尾崎左前安打、市川四球で1,2塁、飯山投前送りバント成功で2,3塁、紺田遊ゴロで青野バックホームするも間に合わず尾崎生還なお1,3塁(記録は野選)西浦右犠飛で市川生還、島田右飛(日本ハム2)
3回裏 寺本一塁ゴロ失、辻投ゴロで寺本2塁へ、於保遊ゴロ失で1,3塁、代田一塁ゴロで寺本生還なお2塁、青野遊ゴロ失で於保生還青野は2塁へ、林三振(ロッテ2)
4回表 古城三振、鶴岡右飛、工藤遊ゴロ失、尾崎左前安打で1,2塁、市川一塁ゴロ(日本ハム0)
4回裏 竹原左前安打、井上投ゴロ内野安打で1,2塁、田中雅一前送りバント成功で2,3塁、寺本三振、辻右前安打で竹原生還なお1,3塁、於保左前安打で井上生還なお1,2塁、代田投ゴロ(ロッテ2)
5回表 飯山中飛、紺田遊ゴロ、西浦左飛(日本ハム0)
5回裏 青野遊ゴロ失、林の時投手ナイトの暴投で青野2塁進塁し、捕前送りバント成功で3塁へ(日本ハム捕手林の2球目に鶴岡から實松に交代)、竹原左前安打で青野生還、井上右前安打で1,2塁、田中雅遊ゴロで6−4−3とわたる併殺(ロッテ1)
6回表 島田中前安打、古城投前送りバント成功で島田2塁進塁、實松三塁ゴロ、工藤四球で1,2塁、尾崎三振(日本ハム0)
6回裏(日本ハム投手加藤古城に代わり二塁稲田)寺本に代打曽我部左前安打、辻二塁ゴロで曽我部2塁進塁、於保遊ゴロで曽我部3塁進塁、代田遊直(ロッテ0)
7回表(ロッテ右翼曽我部)市川三塁ゴロ、飯山投直、紺田三振(日本ハム0)
7回裏(日本ハム投手井場)青野三振、林中前安打、竹原一邪飛、井上左飛(ロッテ0)
8回表(ロッテ投手神田)西浦、島田、稲田3人とも三振(日本ハム0)
8回裏(日本ハム投手菊地)田中雅三塁ゴロ、曽我部左前安打、辻右飛、於保捕邪飛(ロッテ0)
9回表(ロッテ投手川井) 實松中前安打、工藤四球で1,2塁、尾崎、市川に代打佐藤、飯山3人とも三振(日本ハム0)


   打撃成績
   日本ハム 打安点    ロッテ 打安点
  D飯 山  410   G代 田 301
  H紺 田  401   E青 野 400
  F西 浦  301   C 林  310
  D島 田  410   F竹 原 421
  C古 城  200   D井 上 420
  4稲 田  100   D田中雅 300
  A鶴 岡  200   H寺 本 200
  2實 松  210  H9曽我部 220
  G工 藤  200   A 辻  411
  E尾 崎  420   B於 保 411
  B市 川  200   計    3394
  H佐 藤  100
  計     3152

 投手成績
 日本ハム  投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
●ナイト   5    91  6  1  2  2  5
 加 藤   1    14  1  0  0  0  0
 井 場   1    14  1  0  0  0  0
 菊 地   1    13  1  0  0  0  0
 ロッテ   投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
○加 藤   7   121  4  2  5  2  2
 神 田   1    15  0  0  3  0  0
S川 井   1    20  1  1  3  0  0





 試合開始18時終了21時16分試合時間3時間16分
 球審西本1塁名幸2塁原3塁本田記録員野中
 神宮(巨人4勝3敗1分け)観衆1083人(実数)
                   R  H E
 巨  人 220 020 010   13 3
 
ヤクルト 002 000 000    7 3
 勝西 村5勝4敗     本塁打 星1号(5回左翼坂元@)
 負丸山貴2勝2敗
 2塁打 岩館(8回)
 盗塁 鈴木2(1,5回)岩館(2回)牧谷(3回)
 糖類死 岩舘(5回)
 暴投 丸山貴3(1回)三澤(8回)
 失策 巨  人3 三浦2(3,4回)原(4回)
    ヤクルト3 梶本3(2,5回)
 併殺 巨  人2(大須賀−岩館−原)3回久保田
         (吉川−星−原)4回志田
    ヤクルト0

1回表(ヤクルト投手丸山貴、捕手細見)鈴木中前安打、岩館の時鈴木2塁盗塁成功と四球の時投手丸山貴野暴投で1,3塁、原中犠飛で鈴木生還、吉川の時投手丸山貴野暴投で岩舘2塁進塁、結局死球で1,2塁、三浦四球で満塁、大須賀の時投手丸山貴野暴投で岩舘生還なお2,3塁、結局大須賀三邪飛、中濱右飛(巨人2)
1回裏(投手西村、捕手星)田中浩二塁ゴロ、梶本中前安打、志田左飛、畠山右飛(ヤクルト0)
2回表 星死球、西村三振、鈴木左前安打で1,2塁、岩舘遊ゴロで6−4とわたり鈴木2塁封殺で一塁への送球がそれ星生還(記録は梶本の悪送球)原の時岩舘2塁盗塁成功で原は中前安打で岩舘生還送球間に2塁へ、吉川四球で1,2塁、三浦遊ゴロで6−4吉川2塁封殺(巨人2)
2回裏 久保田二塁ゴロ内野安打、牧谷遊ゴロで6−4とわたり久保田2塁封殺、細見三振、大塚右前安打で1,2塁、丸山貴四球で満塁、田中浩中飛(ヤクルト0)
3回表 大須賀二塁ゴロ内野安打、中濱右前安打で1,2塁、星左前安打で満塁、西村三振、鈴木二塁ゴロで4−2とわたり大須賀本塁封殺、岩舘左飛(巨人0)
3回裏 梶本四球、志田右前安打と三浦の失策で2,3塁、畠山右前安打で梶本生還なお1,3塁、久保田遊ゴロで6−4−3とわたり併殺の間に志田生還、牧谷死球、細見の時牧谷2塁盗塁成功も一直(ヤクルト2)
4回表(ヤクルト投手小森)原左前安打、吉川三振、三浦遊ゴロで6−4とわたり原2塁封殺、大須賀二飛(巨人0)
4回裏 大塚投ゴロも一塁手原の落球、小森に代打丸山泰遊ゴロで6−4とわたり大塚2塁封殺、田中浩右飛失で1,2塁、梶本右前安打で満塁、志田三塁ゴロで5−2−3とわたり併殺(ヤクルト0)
5回表(ヤクルト投手坂元)中濱遊ゴロ、星左翼越え本塁打、西村三振、鈴木三前バント安打、岩館の時鈴木2塁盗塁成功で結局二塁ゴロ失で鈴木生還しかも悪送球が重なり岩舘は2塁へ(梶本のダブルエラー)原の時岩舘2塁盗塁失敗(巨人2)
5回裏(巨人右翼から左翼三浦、左翼から右翼中濱)畠山、久保田、牧谷3人とも中飛(ヤクルト0)
6回表(ヤクルト牧谷に代わり投手平本、坂元に代わり右翼内田)原二塁ゴロ、吉川三塁ゴロ、三浦中前安打(代走十川雄)大須賀に代打長田左前安打で1,2塁、中濱中飛(巨人0)
6回裏(巨人二塁から遊撃岩舘、左翼十川雄、二塁長田)細見右前安打、大塚三振、内田二飛、田中浩二塁ゴロ(ヤクルト0)
7回表 星三塁ゴロ、西村二塁ゴロ、鈴木三振(巨人0)
7回裏 梶本一塁ゴロ、志田遊飛、畠山三振(ヤクルト0)
8回表(ヤクルト投手三澤)岩舘左中間2塁打、原三振、吉川一飛、十川雄遊ゴロ内野安打で1,3塁、長田四球で満塁、中濱の時投手三澤の暴投で岩舘生還なお2,3塁も結局右飛(巨人1)
8回裏 久保田一塁ゴロ、三澤に代打本郷三直、細見三塁ゴロ(ヤクルト0)
9回表(ヤクルト投手松谷)星、西村ともに三振、鈴木三塁ゴロ(巨人0)
9回裏 大塚四球、内田右飛、田中浩遊ゴロで6−4とわたり大塚2塁封殺、梶本遊邪飛(ヤクルト0)

 お知らせ
 本日行われるイースタンヤクルト対巨人戦の試合前ヤクルト、石川、藤井、川島3投手によるサイン会が行われます。
 昨日の場内放送によると、午後3時過ぎに行われる模様・・・。
 3投手のサインがほしい方どうぞ神宮球場まで。


   打撃成績
   巨 人 打安点    ヤクルト 打安点
  G鈴 木 630   E田中浩  500
 C6岩 館 410   C梶 本  521
  B 原  422   G志 田  410
  D吉 川 300   B畠 山  410
 H7三 浦 310   F久保田  410
 R7十川雄 110   H牧 谷  200
  E大須賀 310   1平 本  000
 H4長 田 100   1三 澤  000
 F9中 濱 510   H本 郷  100
  A 星  421   1松 谷  000
  @西 村 500   A細 見  410
  計    39133   D大 塚  310
             @丸山貴  000
             1小 森  000
             H丸山泰  100
             1坂 元  000
             9内 田  200
             計     3371

 投手成績
 巨 人  投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
○西 村  9   131  7  4  4  2  2
 ヤクルト 投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
●丸山貴  3    88  6  5  2  2  4
 小 森  1     9  1  0  1  0  0
 坂 元  1    23  2  0  1  1  2
 平 本  2    20  2  0  1  0  0
 三 澤  1    27  2  1  1  1  1
 松 谷  1    12  0  0  2  0  0



 昨日は、なんとイースタンリーグ 
ロッテ日本ハム(ロッテ浦和)と、ヤクルト巨人(神宮)の2試合を観戦した。
 つまり個人的には、ダブルヘッダーとなった訳だが、早速昨日の2試合の目立った選手の感想は下記のとおり。

 
ロッテ日本ハム

 あわてんぼーが選ぶMVP

■加藤康介(ロ)
 先々週の対ヤクルト戦で完全試合を達成した加藤投手。そこらへんもあり注目して観ていたが、ストレートの速さはあまり感じられず、変化球とのコンビネーションを駆使し、コントロールで打者を牛耳っているように観えた。
 普通なら即一軍といきたい所だが、一軍投手陣がすこぶる好調の為、昇格できず・・・。不運としか言いようがない。しかし、落ち込まず結果を出せば報われる時が近い将来訪れるであろう。

 注目した選手

■尾崎匡哉(日)
 なんと昨日は、3失策もしてしまった。見ていてドツボにはまってしまった感じで一塁側の日本ハムファンから、打球が彼の方へ行くたびに悲鳴が・・・。
 何度か彼のことを取り上げているが、こんな姿を現したのは初めて。
 昨日だけのことなのか?それとも・・・?かなり心配だ。

■神田義英(ロ)
 昨日2番手として8回から登板し、日本ハムの西浦、島田、稲田を3者連続三振に斬って取った。
 両軍ミスだらけの試合の中で唯一試合が盛り上がったところだった。
 加藤投手のところでも書き込んだが、投手陣がすこぶる好調の為一軍昇格は難しそうだが、頑張ってほしい。

 
ヤクルト巨人

 あわてんぼーが選ぶMVP

■西村健太朗(巨)
 昨日先発し、完投勝利を挙げた。131球を投げ、被安打7、失点2という結果だった。
 しかし、昨日見た限りではかなりコントロールに難有りと観た。特に前半は球数が多くもう少し制球を良くしなければ一軍では難しいであろう。
 後半は球数が減ったが、それは打線に助けられたというか、相手の守備の乱れに乗じ自軍が得点を重ねていたせいで、あまり信用できない。
 それでも完投出来たという事は、それだけ周囲の期待が大きいということであろう。
 その期待に答えてほしいものである。

 注目の選手

■鈴木尚広(巨)
 昨日は、2盗塁と3安打うち、1安打がバントヒットと自身の持ち味を生かした足を使って大活躍。
 今日斉藤選手と入れ替わり一軍昇格となるらしい。
 本来ここにいてはいけない選手。早く一軍で足を使った機動力野球をファンの皆さんに観せてほしい気がする。

■丸山貴史(ヤ)
 昨日の彼は全くダメだった。特に、カーブのコントロールが悪く、立ち上がり1イニングに3暴投とどうにもならなかった。
 観た感じ少し疲れがたまっている様子で、ピッチングフォーム的にも下半身が使えていなくて、手投げになっていた。
 もう少し、走り込みをするとかトレーニング方法を考えなくてはいけない。


2005年 7月16日 プロアマ交流戦 湘南−シダックス(ベイスターズ)報告者:WIZさん

7/16(土) プロアマ交流戦 湘南−シダックス ベイスターズ球場(13:00開始)

<スコア>
シダックス 300 000 100
湘   南 100 004 00×

<投手継投>
シダックス ●加納(6回)−武田(2回)
湘    南 千葉(5回)−○牛田(2回)−岸本(1回)−S岡本(1回)

<得点経過>
1回表(シ) 無死1・3塁で中村、内野安打タイムリー(1点)
1回裏(湘) 一死3塁で多村、センター前タイムリー(1点)
6回裏(湘) 二死2塁で西崎、レフト前タイムリー(1点)
      二死1・2塁で小田嶋、ライトスタンドへ3ラン(3点)
7回表(シ) 二死3塁で松岡、センター前タイムリー(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

<打撃成績>
<シダックス>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
SS 藤澤 四球死球  四球  投ゴ  四球         100100031
LF 徳山 右安投ゴ  右飛    右2一ゴ         520200000
CF 中村 投安二ゴ  二ゴ    遊ゴ           411100000
H 座主                 中飛       100000000
2B 佐藤 右犠投ゴ    遊ゴ  右犠  遊ゴ       301000000
3B 松岡 四球  中飛  右安  中安  死球       321000011
R 鵜飼                          000000000
DH 入江 右安  右2  四球  左飛  右安       431000010
1B 深山 三振  二ゴ  右犠    二ゴ         300000100
H 若松                 三振       100000100
C 小山 右飛  遊ゴ    三振  右安         410000100
RF 大江   右2  遊ゴ  遊ゴ  投ゴ         410000000

<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
2B 石川  二ゴ  遊ゴ    捕飛  左飛         400000000
LF 田中一 右3    三ゴ                 210100000
CF
CF 河野            左失  三飛         100100000
CF 多村  中安    遊ゴ                 211000000
LF 西崎            左安  左2         221100000
3B 吉村  三併    投ゴ  中安  二飛         410100000
DH 田中充   左飛    一ゴ               200000000
DH 小田嶋           右本             113110000
RF 桑原    三ゴ    三振二安             310000100
1B 呉本    中飛    遊安  三振           320000100
C 武山      三振  一飛  三振           300000200
SS 木村      三振    三振             200000200
SS 北川              三振           100000100

<投手成績>
<シダックス>
       回   打 安 四 三 失 自
●加納    6  24 7 0 4 5 4
 武田    2   7 1 0 3 0 0

<湘南>
       回   打 安 四 三 失 自
 千葉    5  25 6 5 1 3 3
○牛田    2   8 2 0 1 1 1
 岸本    1   5 1 1 0 0 0
S岡本    1   5 1 1 1 0 0


<選手感想>
■加納 大祐(シ)
ストレートの球威良し、変化球のキレ良しと湘南打線をほぼ完璧に抑えた。
四球がないところに制球力の良さが見える。
それだけに徳山の失策を機に4連打、逆転を許してしまったのは残念。
ファームとの交流戦が多いチームだが、中でも調整中とはいえ一軍で成績を
残している多村と対戦できたのは貴重な体験だったのでは。

■武田 勝(シ)
好投した加納の後を継いで登板。
こちらも縦の変化球がよく切れて、プロ相手に三者三振を取る。
さすがエースナンバーを着けているだけのことはある。

■徳山 聖訓(シ)
6回フェンス際のフライを失策。
それを機に加納が崩れ逆転を許してしまった。
直後の打席ではライトオーバーのヒットを放ち、それを機に1点差に
追い上げ汚名返上をした。

■千葉 英貴(湘)
起ち上がりは制球難でアマ相手に連打を許し3点を失う。
変化球がよく変化していたが、いかんせんコントロールが悪い。
とにかく制球力の向上をして後半戦の奮起を期待。

■西崎 伸洋(湘)
途中出場ながら1点差に追い上げるタイムリーを含む2安打。
昨年は外野転向してブレイクするも、前半戦は桑原の加入もあり
存在感が薄くなってしまった。こちらも後半戦の奮起を期待。

■呉本 成徳(湘)
前回ハマスタでとんでもない落球を見せられたが、
今日は同点のピンチでダイビングキャッチで危機を救う好プレーを見せた。

■多村 仁(湘)
ギックリ腰で降格、復帰の直前に交通事故をおこし、今日実戦復帰。
復帰早々にタイムリーを放ち事故の後遺症は心配無いようだ。
首脳陣は段階を踏んで一軍に復帰させる意向なのでしばらくは
ファームの試合で調整し、後半に一軍復帰だろうか。
それにしても昨年は開幕直前にポスターの撮影で怪我。
今年もペナントと交流戦の開幕をインフルエンザで病欠の後で
今回の長期離脱。何かお祓いをしてもらった方がいいのでは。


今日は多村が実戦復帰するのでは、という噂を聞き急遽長浦に駆けつけました。
多村は怪我の後遺症も無さそうでファンとしては一安心といったところ。

試合は湘南先発千葉の起ち上がりを攻めたシダックスが3点を先制。
追い上げたい湘南だがシダックス先発加納がプロ顔負けの好投を見せ、
チャンスすら作ることができない。
しかし6回、徳山の失策を機に小田嶋の3ランで逆転。
その後何とかシダックスの攻撃を逃げ切り湘南がプロの面目を保った。

それにしてもシダックスの加納、武田はすぐにでもプロで通用しそうな
投球を見せさすが社会人の強豪とプロのファンの目を唸らせました。

ちなみに湘南は藤田が登板機会の無い土肥に代わって一軍昇格。
期間限定の昇格だろうが、ぜひ一軍の試合で経験を積んでさらなる
レベルアップを望みたいところ。


2005年 7月10日 イースタンリーグ 巨人−楽天(米子市民球場)報告者:@白にゃんこさん

7月10日 イースタンリーグ公式戦 川崎ジャイアンツ−山形ゴールデンイーグルス(米子市民球場)第9回戦

10日 米子市民球場 13時試合開始
第9回戦 山形6勝3敗 2時間15分(観衆:目測7500人)
                   RHE
イーグルス  000 201 002 70
ジャイアンツ 000 000 000 30

<川 崎>●野間口貴彦(8試合2勝3敗、7回)中村隼人(1回)柏田貴史(1回)−星
<山 形>○金田政彦(1試合1勝0敗、完封)−長坂
<審判員>球審:深谷 一塁:名幸 二塁:木内 三塁:原

イーグルス 打安点  1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(中) 森 谷 410 遊ゴ    三振  二野  中安
(遊) 斉 藤 300 三振    四球  中飛  左飛
(左) 川 口 311 三振    中2  四球  三振
 右 牧 田 000
(三) 大 廣 312   遊ゴ  中安  中犠  三振
(右左)平 石 200   三振  左飛  四球
打二 塩 川 100                 投ゴ
(一) 山 下 410   三ゴ    三振左飛    左安
(二)  坂  210     四球  左安  二ゴ
打左 中 島 112                 左本
(捕) 長 坂 400     遊併  中飛  三飛  遊ゴ
(投) 金 田 410     三振    左安三振  三振
   合 計 3175

 投手成績
      回 打安責
○金田政彦 9 3030

ジャイアンツ 打安点 1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
(二) 岩 舘 400 一直    三ゴ  中飛    中飛
(中) 鈴 木 200 三振    四球  二ゴ
 打 加 藤 100                 遊ゴ
(一)  原  410 三振    二安    遊ゴ  三ゴ
(三) 吉 川 310   三振  三振    左安
(左) 山 田 200   三ゴ  遊ゴ    四球
(右) 三 浦 300   右飛    遊ゴ  遊ゴ
(遊) 大須賀 310     遊ゴ  中安    左飛
(捕)  星  300     三振  三併    三ゴ
(投) 野間口 200     三振    二ゴ
 投 中 村 000
 打 横 川 100               右飛
 投 柏 田 000
   合 計 2830

 投手成績 回 打安責
●野間口貴彦7 2743
 中村隼人 1 410
 柏田貴史 1 522

<本塁打>
 中 島 2号(2ラン、柏田=9回)

<二塁打>
 川 口(3回)

<盗 塁>
 森 谷(8回)


<試合展開>
37年ぶりの鳥取遠征2連戦、本日は球場を米子に移しての試合。若干日差しものぞく。
試合前に昨日(9日)の試合で中継できなかった9回裏の様子を流す。
始球式は米子市長が努める。
川崎先発は野間口・星のルーキー・バッテリー、山形が金田。

1回表
1森 谷 叩きつけショート正面のゴロ。
2斉 藤 内角直球に空振り三振。
3川 口 真ん中直球を空振り三振。

1回裏
1岩 舘 流し打っていったがファーストライナー。
2鈴 木 落ちる球に空振り三振。
3 原  真ん中の変化球を見逃し三振。

2回表
4大 廣 詰まったショートゴロ。
5平 石 外への変化球にハーフスイングで、判定は空振り三振。
6山 下 サード正面のゴロ。

多少笑顔を見せながらベンチに戻る野間口。

2回裏
4吉 川 高め直球を空振り三振。
5山 田 変化球に詰まらされ、サードゴロ。
6三 浦 初球を打っていったがやや詰まったライトフライ。

3回表
7 坂  1−3からの球が低めに外れ四球。
8長 坂 ショート正面のゴロで併殺打。
9金 田 アウトコースの球を見逃し三振。

3回裏
7大須賀 詰まったショートゴロ。
8 星  高めの球に手が出て空振り三振。
9野間口 真ん中の球を空振り三振。

4回表
1森 谷 内角の変化球を空振り三振。
2斉 藤 内角に外れストレートの四球。
3川 口 真ん中の球を鋭く打ち返し、この試合初安打が右中間を深々と破っていく長打となり先制(山形1−0川崎)
4大 廣 真ん中付近を打ち返し、センター前に運ぶヒットで川口が生還。大廣自身は二塁を狙ったがタッチアウト(山形2−0川崎)
5平 石 高めに打ち上げたが、レフトフライ。

失点したこともあってか、厳しい表情でベンチに引き上げる野間口。その脇で円陣が組まれる。

4回裏
1岩 舘 詰まったサード正面のゴロ。
2鈴 木 フルカウントから高めに外れ四球。
3 原  ピッチャー返しで、マウンドで跳ね返りセンターへ抜けようかという当たりで、セカンドが回り込んだが手につかず、記録は内野安打となる。
4吉 川 内角へ落ちる変化球に空振り三振。
5山 田 詰まったショートゴロで、二塁フォースアウト。

この球場から見渡せる大山(生憎曇りのため見えず)

5回表
6山 下 変化球に空振り三振。
7 坂  叩き付け、三遊間をゴロで抜けていくヒット。
8長 坂 浅いセンターフライで、坂が二塁を大きく回っていたため戻れずに併殺となる。

ベンチで次のイニングの打席機会に備える星。
キャンプ中に怪我を負ったことで、リハビリ中は辛い気持ちもあったが、試合をじっくり見ることが大変勉強になったという。

5回裏
6三 浦 詰まったショートゴロ。
7大須賀 セカンドベース横をゴロで抜けていくヒット。
8 星  サード正面のゴロで併殺打。

打順に備えていた野間口だったが、グローブを脱いで佐藤からグラブを受け取る。
なお、今日は巨人のマスコット、ジャビット君の誕生日とのこと。

6回表
9金 田 流してレフト線を襲う当たりで、野手顔負けのヒット。
1森 谷 セカンド深い位置のゴロで、長田は体制を崩しながらショートへ送ったがこの送球がホーム方向に逸れタッチできず。記録は野選。
2斉 藤 浅いセンターフライで、鈴木が前進してきてキャッチ。
3川 口 1−3から低めに外れ四球。
4大 廣 高く打ち上げたセンターフライで、犠牲フライとなる(山形3−0川崎)
5平 石 フルカウントからショートバウンドの四球。
6山 下 ファールで粘り、高く打ち上げてフェンスぎりぎりまで打ち上げたが、あとひと伸び足りず。

ベンチで立ち上がったまま、藤田バッテリーコーチと熱心に話し合う星。
一方、次の打順に備える野間口。

6回裏
9野間口 初球打ちで、ヒット性の当たりだったがセカンド正面のゴロ。
1岩 舘 高く打ち上げ浅いセンターフライ。
2鈴 木 詰まったセカンドゴロ。

7回表
7 坂  深い位置のセカンドゴロ。
8長 坂 真上に打ち上げ、サード岩舘がマウンド後方でキャッチ。
9金 田 打つ気なく見逃し三振。

この球場の歴史…
92年、ウエスタンリーグオリックス・近鉄戦での野田・野茂の延長12回に及ぶ投手戦。
最近では広島野村の1500本安打、同・新井の6試合連続アーチ、阪神金本の全国32球場目のアーチなどが生まれた。

7回裏
3 原  外角球に泳がされショートゴロ。
4吉 川 詰まりながらも三遊間を抜けていくヒット。
 山田の3球目に盗塁を仕掛けたがタッチアウト。
5山 田 フルカウントから、ラストボールが低めに外れ四球。
6三 浦 変化球に詰まらされショート正面のゴロで、二塁フォースアウト。

静々とベンチに引き上げる金田。

川崎/投手:中村

8回表
1森 谷 中村の横を抜け、センターへ届くヒット。斉藤の初球に盗塁成功。間一髪アウトにできず悔しがる星。
2斉 藤 良い角度で打ちあがったが、レフト山田のほぼ定位置。
3川 口 インサイドに決まる球を見逃し三振。
4大 廣 内角の変化球に空振り三振。

山形/右翼手:牧田 右→左翼手:平石

キャッチボールを終え、8回のマウンドに上がる金田。(7回時点で82球、被安打3、無失点の内容)

8回裏
7大須賀 打ち上げ、レフトに移ったばかりの平石が前進してキャッチ。
8 星  詰まったサード正面のゴロ。
H横 川 打ち上げたが、やや浅いレフトフライ。

スコアボードを見上げ、腕の振りを確認しながらゆっくり引き上げる金田。ベンチ前では谷中が準備。

川崎/投手:柏田

9回表
H塩 川 どん詰まりで柏田の正面。
6山 下 引っ張って三遊間を抜けていくヒット。
H中 島 高々と打ち上げ、左中間スタンドの中段まで運ぶ2ラン(山形5−0川崎)
8長 坂 詰まったショートゴロ。
9金 田 この後の投球に集中するためか、ボックスの後方に立ち見逃し三振。

山形/二塁手:塩川 左翼手:中島

完封目前、最終回のマウンドへ向かう金田。

9回裏
1岩 舘 打ち上げたが、詰まったセンターフライ。
H加 藤 詰まったショートゴロ。
3 原  詰まったサード正面のゴロで、大廣の送球が若干高く浮いたが間一髪アウトでゲームセット。
見事完封勝利を収め、ナインとハイタッチし、ベンチ前では山下監督らとハイタッチをして引き上げる金田。
勝利の余韻もそこそこにベンチ前でミーティング。
対照的に、沈黙する川崎ベンチの様子。



<注目選手 ジャイアンツ>
■野間口貴彦(巨)先発 7回 被安打4 失点3
直球、カーブ、フォーク
直球は140前半くらいか(目測)
落ち着いた立ち上がりだったが、4回に川口に初安打となる長打を打たれた当たりで制球が甘くなり大廣に連打許す。
四球から失点という、あまり良くない流れに嵌ってしまう。
1軍投手陣の建て直しは急務といえるが、本日の結果では昇格にはまだ厳しいか。7回を投げ終えて降板。
以下は降板後のコメントです。
「立ち上がりは自分のボールを投げられていたが、4回当たりから四球が多くなり、リズムを崩してしまった。
野手のみなさんに申し訳ない」

■吉川元浩(巨)4打数1安打 4番・ファースト
昨年は長く4番を努めた川崎の主砲。
本日は7回にゴロで抜けていくヒットを放ち、すかさず二塁を狙う積極性も見せましたがタッチアウト。
今期川崎の4番は、矢野・亀井と1軍へ飛躍した選手を輩出している打順でもありますし、そろそろ昇格へのきっかけをつかんでいきたい。

■星孝典(巨)3打数無安打
丁度前回中継(6月26日・湘南戦)に次いでのスタメンマスクで、守っては失点も許しましたが野間口以下3投手をリード。
バットでは残念ながら結果を残せず。
中継中にもありましたが、怪我のため少々他の新人に比べで遅れてしまった感は否めないものの、まだまだシーズンは続きますし、この後の中盤〜後半戦の中で明るい材料を得、糧としていきたい。


<注目選手 イーグルス>
■金田政彦(楽)先発 9回 被安打3 無失点
カーブ、落ちるスライダー
1軍経験も豊富であるだけに球威、変化球ともまずまず。
4回あたりはランナーを溜める場面もありましたがここをしのぐと後は金田のペースで試合が進んだようなもので、ほとんどピンチらしいピンチもなく投げきる。
表情もほとんど変えず、9回を投げきり見事な完封勝利。
楽天は入れ替えが多い様子なので金田も遠からず1軍復帰となるでしょう。

■中島俊哉(楽)代打出場 1打数1安打打点2
9回に代打で登場し、柏田のやや高めに入る変化球をすくい上げ、特大の2ランアーチ!
代打という限られたチャンスで最高の結果を出しました。

■長坂健治(楽)4打数無安打 8番・キャッチャー
バットでは結果が出ませんでしたが、守っては盗塁阻止、また金田の持ち味を引き出す好リードを展開、完封劇を演出。


<その他>
応援(お客さん)
2連戦を通じ、37年ぶりの鳥取での開催ということもあってか両日ともお客さんの入りは良く、また川崎、山形ともしっかり応援の声が届いていました。
特に山形攻撃時の応援の声が大きい?感じでした。


2005年 7月 9日 イースタンリーグ 巨人−楽天(鳥取県営布勢総合運動公園野球場)報告者:@白にゃんこさん

9日 鳥取県営布勢総合運動公園野球場 13時試合開始
第8回戦 山形5勝3敗 3時間07分
                   RHE
イーグルス  012 010 000 60
ジャイアンツ 000 010 000 90

<川 崎>●西村健太朗(11試合4勝4敗、5回)鴨志田貴司(2回)岡島秀樹(1回)條辺剛(1回)
<山 形>○朝井秀樹(9試合4勝2敗、7回)戸叶尚(1回)S谷中真二(16試合1敗2S、1回)
<審判員>球審:原 一塁:木内 二塁:深谷 三塁:名幸


 イーグルス 打安点 1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(中) 森 谷 510 投ゴ  二ゴ  右安  投ゴ
(遊二)斉 藤 420 二飛  左安  中安  二ゴ
(左) 川 口 412 三振  左本  中飛  三振
 右 牧 田 000
(三) 大 廣 201   死球遊ゴ  左直    右飛
(二) 星 野 310   一ゴ  中安二ゴ
打遊 塩 川 100               三振
(一) 山 下 400   三振  二飛  遊ゴ  中飛
(右左)平 石 311   左安  四球  三振    右飛
(捕) 長 坂 300   右飛  遊飛  四球    三振
(投) 朝 井 300     三振遊ゴ  遊ゴ
 投 戸 叶 000
 打  坂  000                ※打席
 投 谷 中 000
   合 計 3264

※9回表2死、坂のカウント2−3の場面で中継終了

 投手成績
○朝井秀樹 7 3171
 戸叶 尚 1 410
S谷中真二 1 410


ジャイアンツ 打安点 1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
(中) 鈴 木 530 遊ゴ  右安  左安  中安  中飛
(二) 長 田 530 中安  三安  三振  左飛  中安
(右) 山 田 300 二ゴ  三振  遊ゴ
 投 鴨志田 000
 打  星  000             死球
 投 岡 島 000
 投 條 辺 000
 打 横 川 100                 三振
(一) 吉 川 300 二直    死球  三邪三振
(三) 後藤孝 310   三振  三振  右安
走遊 大須賀 100               一直
(遊三)岩 舘 400   三振  遊併  二ゴ  左飛
(左) 十川雄 210   中飛    四球四球  右2
(捕) 加 藤 100     捕飛
 打  原  100         三振
 捕 佐藤弘 200           二ゴ  三振
(投) 西 村 100     投ゴ
打右 三 浦 311         左2  三振  三振
   合 計 3591

 投手成績
●西村健太朗5 2364
 鴨志田貴司2 700
 岡島秀樹 1 300
 條辺 剛 1 400


<本塁打>
 川 口 2号(2ラン、西村=3回)

<二塁打>
 三 浦(5回)
 十川雄(7回)

<盗 塁>
 鈴木3(3回、5回、7回)


<試合展開>
実に37年ぶりとなる鳥取で開催される公式戦。しかしあいにくの雨模様となった。
試合前のマウンド、ベースにはシートがかけられていたが、小雨になったため取り除かれる。
屋根のない内野席や外野席に詰め掛けたお客さんは傘、カッパなどを装備しての観戦となる。メインスタンドの当日券は売り切れるほどの人気。
川崎で、試合前に本遠征に帯同していた亀井が急遽、1軍へ呼ばれたため球場を離れ広島へ向かっているとのこと。
本日の先発は川崎が西村、山形は朝井。

1回表
1森 谷 西村の正面へのゴロ。
2斉 藤 高々と打ち上げ、長田がライト方向へ追いかけていってキャッチ。
3川 口 内角高め直球を見逃し三振。

1回裏
1鈴 木 初球を打ち、ヒット性の当たりだったがショート斉藤の正面。
2長 田 ショート頭上を越えていくヒット。
3山 田 一、二塁間の深い当たりだったが星野がうまくさばく。
4吉 川 センターへ抜けようかという当たりだったがセカンドライナー。

2回表
4大 廣 8球目が肩口に当たる死球。
5星 野 叩きつけ、ファースト正面のゴロ。大廣は二塁へ。
6山 下 高め直球に空振り三振。
7平 石 低目をすくい上げ、ショート横を抜けていくヒット。大廣が一気に生還(山形1−0川崎)
8長 坂 初球を打ち上げ、ライトフライ。

こちらも生憎の雨模様(球場から10分ほどの位置とのこと)の日本最大の砂丘、鳥取砂丘の様子。

2回裏
5後藤孝 落ちる球に空振り三振。
6岩 舘 内角に入ってくる球を見逃し三振。
7十川雄 良い角度で打ち上げたが、センター森谷の守備範囲。

3回表
9朝 井 直球に空振り三振。
1森 谷 叩きつけ、セカンド正面のゴロ。
2斉 藤 レフト方向へ打ち上げ、十川雄二がダイビングして捕ったかに見えたが、ボールが前にこぼれる。
3川 口 2球目、外角直球を高々と打ち上げ、左中間スタンドの中段付近に吸い込まれる2ラン(山形3−0川崎)
4大 廣 内角に詰まらされショート正面のゴロ。

3回裏
8加 藤 真上に打ち上げ、長坂が捕球しアウト。
9西 村 詰まった朝井正面のゴロ。
1鈴 木 3球目の高めを引っ張りライト前に運ぶヒット。長田の初球に盗塁成功。
2長 田 サード正面のゴロだったが、ベースを直撃しホーム方向に転がる。記録はヒット。
3山 田 真ん中直球に空振り三振。

この前の回に内野安打を放って守備に就く長田の様子。課題は守備。

4回表
5星 野 変化球にうまく合わせてセンター返し。
6山 下 高々と打ち上げ、長田が一塁線付近でキャッチ。
7平 石 ファールで粘り、結局ラストボールが外へ外れ四球。
 後藤がマウンドへ駆け寄り西村に声をかける。
8長 坂 変化球を高く打ち上げ、ショート岩舘が下がりながらキャッチ。(インフィールドフライ)
9朝 井 叩きつけ、ショート正面のゴロ。

4回裏
4吉 川 1−1から3球目が左手をかすめ死球。
5後藤孝 外角いっぱいの球を見逃し三振。
6岩 舘 ショート斉藤正面の併殺打。

5回表
1森 谷 引っ張って一、二塁間を抜けていくヒット。
2斉 藤 センターの前に落とすヒット。
3川 口 左中間方向、センター深い位置へのフライ。
4大 廣 レフトへの鋭い当たりだったが、十川雄二が果敢にダイビングキャッチ。
 この間に三塁森谷が生還(山形4−0川崎)
5星 野 詰まったセカンド正面のゴロ。

5回裏
8十川雄 1−3からインローに外れ四球。
H 原  低めの変化球を見送り三振。
H三 浦 大きな当たりで一瞬、フェンスオーバーに見えたがラバー上部に直撃するヒットで、一気に二塁へ。
 この間に十川が生還(川崎1−4山形)
1鈴 木 流してレフト前に落とすヒット。長田の2球目に盗塁成功。
2長 田 外のチェンジアップに空振り三振。
3山 田 詰まったショートゴロ。

5回終了時、球場から程近い鳥取砂丘の紹介。
夏場には漁火も見えるとのこと。(町田アナ)

川崎/投手:鴨志田 捕手:佐藤弘 右翼手:三浦
6回表
6山 下 詰まったショートゴロ。
7平 石 外角直球を見逃し三振。
8長 坂 ラストボールが低めに外れ四球。
9朝 井 詰まったショートゴロ。

ベンチ前でフィールディングなどについて監督、コーチと話し合う佐藤弘。

6回裏
4吉 川 初球を真上に打ち上げ、サードファールフライ。
5後藤孝 初球を打って一、二塁間を抜けるクリーンヒット。代走大須賀。
6岩 舘 セカンド深い位置へのゴロ。
7十川雄 変化球が低めに外れ四球。
8佐藤弘 初球を打っていったがセカンドゴロ。

川崎/遊撃手:大須賀 三塁手:岩舘

7回表
1森 谷 詰まった鴨志田正面のゴロ。
2斉 藤 セカンド深い位置で長田が回りこみ、すばやく送球してアウト。
3川 口 外の緩い変化球を見逃し三振。

山形/右翼手:牧田 右→左翼手:平石

7回裏
9三 浦 変化球を見逃し三振。
1鈴 木 低めに落ちる変化球を打ち返しセンター前ヒット。牽制の後、長田への初球に盗塁成功。
2長 田 詰まったレフトフライ。
H 星  4球目の内角直球がすっぽ抜け、腰の付近に当たる死球。朝井をにらみつけるシーンも。
4吉 川 内角の変化球を空振り三振。

川崎/投手:岡島

8回表
4大 廣 高々と打ち上げ、ライトが前進してきてキャッチ。
H塩 川 縦に割れるカーブに空振り三振。
6山 下 高く打ち上げ、センター鈴木がキャッチ。

鹿島コーチがマウンドに向かい、山下監督が原球審に交代を告げる。
山形/投手:戸叶

8回裏
5大須賀 詰まったファーストライナー。
6岩 舘 初球を打っていったがレフトフライ。
7十川雄 すくい上げ、右中間深くを破っていくヒットで二塁を陥れる。
8佐藤弘 真ん中付近の変化球を見逃し三振。

川崎/投手:條辺

9回表
7平 石 やや詰まったライトフライ。
8長 坂 変化球に空振り三振。
H 坂  カウント2−3の場面で、惜しくも中継終了。

(※以下、10日の中継より)
山形/投手:谷中

9回裏
9三 浦 真ん中の変化球に空振り三振。
1鈴 木 自己初の1試合4盗塁も期待されたが、詰まったセンターフライ。
2長 田 しぶとくセンター前に落とすヒット。
H横 川 落ちる球に空振り三振でゲームセット。


<注目選手 ジャイアンツ>
■西村健太朗(巨)先発 5回 被安打6 失点4
チェンジアップ、カーブ
直球の球威は良いものの外に抜ける球、カーブがワンバウンドするのが多いか。制球もバラついている。
安定しているとはいいがたく、なんとかしのいで投げているという印象。平石、川口ら経験のある選手にうまく打たれる。
球数はカウントしていませんが、5回降板時で80球近かったと思われ、課題の残るマウンドとなりました。
「初回はボールが走っていて、調子は悪くないと思っていた。しかし打たれた球は全部甘いところに行ってしまった。
先頭打者を出してしまったのが悔やまれる。良いところに行く球と悪いところに行く球がはっきりしてしまった」

■鈴木尚広(巨)5打数3安打 1番・センター
明るい材料が残念ながら少なかった川崎にあって、唯一「俊足」という武器を見せ付けたのがこの鈴木。
3度の出塁機ですべて朝井のモーションを盗み、果敢に二塁を陥れる。得点には結びつかなかったものの、やはりこうした積極性、貪欲さは買いたい。

■十川雄二(巨)2打数1安打 7番・レフト
鈴木に次いで、数少ない明るい話題といえたのは十川の、特に守備で、雨で足場が良くない中での果敢なダイビングキャッチ。
わずかに及ばないシーンもあったものの、この悪天候の中でのガッツは両軍の中でもひときわ目立つものでした。
試合終盤の8回、体制をやや崩しながらもうまくすくい上げてのヒットも上手かった。


<注目選手 イーグルス>
■朝井秀樹(楽)先発 7回 被安打7 失点1
1軍先発登板もある4年目右腕
カーブ、スライダー、チェンジアップ
立ち上がりから落ち着いたピッチングで走者を置いても動揺なし。要所を締める投球。
5回はやや変化球が甘く入ったところを、1軍経験のある三浦らにうまく打ち返される。
大きなピンチはこの5回くらいで、十分に完投も見えそうなペースでしたが、100球を超えたこともあり7回を投げ終えて降板。

■川口憲史(楽)4打数1安打打点2 3番・レフト
3回に逆風をものともせず、流してレフトスタンドの中段付近にまで運ぶ特大の2ラン!「いてまえ魂」健在。
この試合唯一といっていいほどの、雨を突いてスタンドへ入る豪快な当たりでした。

■斉藤秀光(楽)4打数2安打 2番・ショート
オリックス、阪神を渡り歩いてきた苦労人
3回、5回とチャンスにつなげるヒットを放ち勝利に貢献、守ってもショート、セカンドと無難にこなした影のMVPといっていいでしょう。


  ■掲示板@2軍愛■