【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2005年 9月 8日 イースタンリーグ 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:健一@管理人

■9月8日(木) イースタンリーグ 鎌ヶ谷ファイターズ−川崎ジャイアンツ(鎌ヶ谷)

                      R H E
川崎ジャイアンツ |070 000 300|10 13 0
鎌ヶ谷ファイターズ|001 300 100| 9 2

川:内海哲也(6回)−鴨志田貴司(1回)−條辺剛(1回)−柏田貴史(1回)
鎌:金森敬之(5回)−中村渉(2回)−高橋憲幸(2回)

本塁打:後藤孝志(金森敬之)、吉川元浩(中村渉)、飯山裕志(内海哲也)

PL:山崎 1B:橋本 2B:山路 3B:鈴木

観客数:超概算300〜400人位 平日の割には結構賑わっていた印象です。


■川崎       打安点 1回 2回    3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 山田真介  300 四球 四球       投ゴ    三ゴ    中飛
(二) 長田昌浩  531 中飛 左3・      中安    左飛    右2
(指) 元木大介  300 捕飛 左飛       一ゴ
 打指 山本光将  210                      左安 左飛
(一) 後藤孝志  312 三振 右本:         中直
 打左 中濱裕之  211                      左2・遊ゴ
(左一)三浦貴   510    三安 右飛       遊ゴ    二ゴ    二ゴ
(三) 吉川元浩  422    左2    一邪    三失    左本:   四球
(遊) 大須賀充  510    三飛    三ゴ    左2    三失    遊ゴ
(捕) 星孝典   522    左2:   二ゴ    遊ゴ    遊ゴ    左安
(右) 十川雄二  511    左3・      一ゴ    三ゴ 投ゴ    三振


■鎌ヶ谷      打安点 1回 2回    3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(遊) 飯山裕志  512 三振       二ゴ・三振       右本・   左飛
(中) 紺田敏正  510 四球       一ゴ    捕ゴ    一ゴ    二安
(三二)小谷野栄一 500 三振       遊ゴ    三振    三ゴ    三振
(指) 島田一輝  420 中飛          中安 左2    一邪
(二) 田中賢介  210    四球       左安 右直       四球
 走三 尾崎匡哉  000
(捕) 鶴岡慎也  312    右邪       左2:   左飛    四球
(左) 鵜久森淳志 410    三振       左安    三ゴ    三振
(一) 市川卓   311    一ゴ       犠左・   右安    遊併
(右) 工藤隆人  410          中3 二直    左飛       二ゴ


■川崎     回   安  振  四死  責
○内海哲也  (6回)  7  4  2  4
 鴨志田貴司 (1回)  1  0  0  1
 條辺剛   (1回)  0  1  2  0
 柏田貴史  (1回)  1  1  0  0

■鎌ヶ谷    回   安  振  四死  責
●金森敬之  (5回)  8  1  2  7
 中村渉   (2回)  3  0  0  3
 高橋憲幸  (2回)  2  1  1  0


【大まかな得点経過】
春先以来の「in鎌」です。台風が去った影響で久しぶりの夏日!正に残暑〜と肌を刺す日差しでした^^; しかし日焼け止めや帽子等々で防備の結果、帰宅後も特段ヒリヒリしないです(効果大です)。またお馴染みの鎌ヶ谷オヤジを筆頭にヤジ連も来られており元木大介を中心にえげつないヤジを連発!!選手を本気で怒らすレベル…毎度恐ろしい一団です。

鎌ヶ谷は、先の強い日射しもそうですが、レフトからライトへ強い風でセンターポールの球団旗がたなびいています。そんな中始球式も済み、プレイボール!!

□二回表
先発金森敬之から先頭打者三浦貴がボテボテの当たりの三塁内野安打で出塁。次打者吉川元浩が、三塁手小谷野栄一の左を抜く二塁打。一死後なおも二三塁の場面で、星孝典が吉川元浩と同じように三塁線を抜く適時二塁打で二点を先制(小谷野栄一の動きもやや緩慢か…なお彼は今日厄日だったかもその後のプレーを含めて)。二塁に星孝典を置いて十川雄二は、またも同じように三塁線を抜く当たり!左翼手鵜久森淳志がクッションボールの処理に戸惑う間に十川雄二は一気に三塁を陥れ適時三塁打でもう一点追加、計三失点。。

金森敬之はその後も踏ん張れず、先ずは山田真介に暴投で、三塁走者の十川雄二が生還。更に長田昌浩には遊撃手の頭上、そしてそのまま左中間を破られる適時二塁打、トドメは後藤孝志に右中間スタンドに運ばれる二点本塁打を浴びこの回七失点……。

■三回裏
工藤隆人がセンターのやや右に球足の速い打球を飛ばす。打球はそのままセンターのフェンスまで達し工藤隆人は俊足を生かして三塁を奪う(なおこのヒットが内海哲也からの鎌ヶ谷初安打)。無死三塁から飯山裕志が二塁ゴロ、その間に工藤隆人が返り一点を返す。

■四回裏
伸びのあるストレートと曲がりの大きいカーブで安定した投球をしてきた内海哲也がこの回崩れる。島田一輝、田中賢介の連打で無死一三塁。ここで鶴岡慎也が左中間への適時二塁打で二点を返す。続く鵜久森淳志もタイミングをずらされながらレフト前に弾き返しまたも無死一三塁を作り、ルーキー市川卓がレフトへ巧くミートし犠牲フライとしもう一点追加(ただ点差もあっただけに市川卓も繋ぎたかったことでしょう)。この後内海哲也の暴投(鵜久森淳志は一塁から三塁まで到達する拙いプレー)もあったが、工藤隆人の長打か!と思われた当たりが二塁手のほぼ正面を突くなど運もなかった。この回は結局3点を返した。

□七回表
二番手の左腕中村渉が登板。前の打席で自打球を当てて足を痛めた元木大介(大事には至らず)に代わり代打山本光将。山本光将は中村のストレートを叩き三遊間を破る安打で出塁。更に左の後藤孝志に右の中濱裕之を代打に送る。中濱裕之は期待に応え左中間を破る二塁打、なおこの打球を左翼手鵜久森淳志、中翼手紺田敏正と呼吸が合わず中継へ勢いの逸した返球の間に、山本光将は長期生還。そして吉川元浩は左中間へ放り込む二点本塁打でこの回三点を挙げる。ルーキー中村渉のストレートは勢いはあるもののやや制球難と単調な投球内容で長打を喰らってしまった。


■七回裏
川崎二番手の鴨志田貴司から飯山裕志がライトフェンスを越えるソロ本塁打(左から右への風の影響もあっただろうか滞空時間をかけポトリと)。

その後、條辺剛−柏田貴史と刻んで逃げ切った。試合時間は得点の割には早く大凡2時間50分位でした。


久しぶりの生観戦でしたが、先々を見据える「2軍観戦」興味深いです^^
なお本日は自家用車で鎌ヶ谷に赴きましたが(今日は道も空いていて自宅から僅か30分で球場についてしまいました)、球場の駐車場代が「\300」そして入場料が「\1,000」となっております。あと冷たいモノから軽食までなんでも揃っている売店仁陣さんの「かき氷」は重宝しました(笑)。


【気になる選手達】
■内海哲也(巨)
スリムな体型で真上から投げ下ろす本格派左腕。テイクバック時に一度左腕をダラリと下げそこから三塁方向にググッと回し大きな弧を描くような腕の軌道で投げ込みます(可動域を広く使えており、俗に云う変化球が切れるフォームでしょうか)。<長い腕が撓って遅れて出てくる!

主にストレートとカーブの単調でもあるコンビネーションではありますが、ストレートは角度がついており伸びを感じます。また落差のあるカーブはカウントを取ったり決め球にと非常に効果的…しかし安定感はなく、突然制球を乱したり走者を置く場面になるとマウンドで汲々としてしまうこともある。

…と1軍でもお馴染みの内海哲也ですが、四回裏には4連打を絡まれて3失点、他のイニングも四球や安打ポツポツと出したりもしました。1軍ローテション投手と期待されているだけに、もう少しポンポンと行って欲しいと思われます。しかし随所に伸びのあるストレート、落差のあるカーブと2軍のそれでない所も見せていました(スタンドからも「流石〜」の声も)。


■柏田貴史(巨)
左サイドハンドの軟投派、既に16年目のベテラン。四番手として最後の一イニングを抑える。そしてこの試合翌日の9日に現役引退を発表しました。今後は球団の国際部に籍を置き、国際スカウトとなるとのことです。この試合がプロ最後の登板だったんですね…お疲れ様でした<(_ _)>。


■長田昌浩(巨)
「センス」という類の言葉で片付けて良いのか判りませんが、非常にイイ選手。形も良い、左打席に立つ打撃フォームは、リラックスしてバットの位置はやや高め。スイングに入る前にホーム方向に捻りを入れて反動を入れます。<打席での仕草、守備でのボールタッチ等々「柔らかさ」をつとに覚える。#篠塚和典(巨)タイプ

二回表には、金森敬之の外角ボール気味のストレートに対して、手首を返さずバットをぶつけるようにスイング(当てにいくセンスを感じます)!!打球は遊撃手頭上を強いライナーで抜けていく当たり、守備側の乱れもあったが三塁を陥れる俊足。その後も柔らかい打撃が光りました(センター前ヒット&一塁線を抜く二塁打)。#パワー不足や1軍に即対応とはいかないかも知れないが、仁志敏久の後釜は彼だろう…^^


■元木大介(巨)
左ふともも裏の肉離れで戦線離脱をしている元木大介。怪我の症状はよく分かりませんが、指名打者として出場。結果からすると3タコ、3打席目は自打球を左足首付近に当て、次の打席時に大事をとって交代。結果は置いといて、練習風景からみるにあまり若手の和に飛び込むといった感じではなく(なんかダラダラとした動きにも見えてしまいます…スマン)、なにか壁を感じるような雰囲気に見えました(あくまで一面しか見ていないので、確証は得られませんが…^^;)。また野次オヤジ連からの野次がきつく、その野次に対してオヤジ連を睨み付ける始末(ガン見)…風当たりが強いとはいえ、全く心に余裕はないようです。このまま巨人にしがみつくのか、心機一転他球団でリニューアルするのか…。#しかし野次の内容も追い打ちをかける酷さでした…トホホ


■後藤孝志(巨)
今年は1軍の出場登録なしなんですね。どうにも対阪神戦で代打、しかも痛打を喰らっているイメージがありまして。本日は金森敬之のストレートを鋭く振り抜くとそのままライトスタンドに入る三点本塁打。元木大介と比べると若手の良い兄貴分といったイメージ…熱血漢で良い指導者になるのではないでしょうか!?#ちょっと早いかな^^;


■吉川元浩(巨)
藤井寺バファローズ時代から推している選手でしたが、ややトウが立ってきたか…。非常にリストが強く、パンチ力のある選手です(元々投手として入団しかなりの速球派でしたが、その後打撃を活かすために打者転向)。ストレートに強く、本日も金森敬之の半速球を引っぱたき三塁線を抜く二塁打、更に左腕中村渉から左翼席に飛び込む2点本塁打。今更かも知れませんが、環境を換えてあげたい選手の1人です^^;


■星孝典(巨)
中肉中背でドッシリとした印象の捕手。西武の同じ性の星秀和は、左打ちからの広角打法の「柔」で、こちらの星孝典は右打ちのパンチ力で「剛」と個人的イメージでの区別。さて打撃では、二打点を挙げる二塁打を含む二安打。先ずは「2軍正捕手」確保でしょうか。


■十川雄二(巨)
実質打者転向一年目ですが、バットに当てるセンスはまずまず(9/9現在:61打数18安打 打率0.295)。まだ体型はスリムな長身左腕のそれで打席でも違和感ありです(汗)。今年一年だけをみれば十二分の結果だと思いますが、今後どのような打者を目指すのか…打者に転向したので改めて今後2年が勝負!!



■金森敬之(日)
高卒二年目右腕。オーソドックスフォーム、腕の振りがコンパクトで全体的にまとまっているなという印象(小さく纏まっちゃイカン)。ストレートと主にカーブのような変化球で組み立て。2回表に長打を連発で一挙7失点…、指に掛かったストレートは勢いがあったような気はしましたが、まだこれからでしょう。


■中村渉(日)
ガッチリした体格の速球派左腕。替わり端は速球でグイグイ押して抑えたが、二イニング目は変化球の制球が悪くストレートを狙い打たれた感じがする。やや一本調子なタイプで年齢(満26歳)の割にはまだピッチングが熟成されていないように思いました。これからの化けに期待!?


■小谷野栄一(日)
泥臭い打撃が売りのチャンスに強いクラッチヒッターで、3年目の今年は1軍でも勝負強い打撃!!を見せています。しかし今日は拙い守備で目立ってしまいました。二個の失策、更には安打にはなりましたが二回表立て続けに三塁線を抜かれたが為に「あーあ、守備がやっぱり課題なんだよなあぁ〜」といった空気になってしましました。その二回表以降は「三塁狙われているぞ〜」「三塁ベース上で守れ〜」等の守備難ネタで野次られてもいました…。次回は汚名返上、そして持ち前の勝負強い打撃に期待です!


■鵜久森淳志(日)
ドラフト8巡目の大型外野手。守備走塁面で秀でていないと判断され下位指名となりましたが、大上段に構えた打撃フォームは大物感を醸し出しています。しかし意外とコンパクトな打撃でミートを気にしているようにも映ります(打率は二割強で結果は出ていませんが)。その割には体勢を崩すようなスイングあり。二打席目に三遊間を抜く安打を放つのですが、これもボールゾーンの変化球に跳びつき、結果バットに引っかかるようなものでした。これではなかなか安定した打率を残すのは難しいも知れません。将来は打線の中心を担って欲しいのですが、先ずは自分の形でスイング出来るようにしたいところです。


■市川卓(日)
打席では自然体に構え、バットがスムーズに出る感じで巧さを覚えます。生粋の大物打ちというよりかは、打率もそこそこ見込めるタイプなのかあとも思えました(上手くいけば佐伯貴弘、桧山進次郎のようなタイプに育つかも!?)。本日は無死一三塁の場面で、レフトへの犠牲フライ、次打席では内海哲也の内角のストレートに対して腕をたたみ一二塁間を破るヒットを打ちました。


■工藤隆人(日)
小柄な選手で、背番号が赤星憲広(神)と同じ「53」、そしてストッキングを見せる着こなしに大凡のプレースタイルが見える俊足選手。大貝恭史2軍守備走塁コーチの現役時代に似たタイプ、左打席で左肩にバットをちょこんと乗せ、バットをゴツンとぶつけるようなスイング。守備範囲は広く、肩は左投げで、捕ってから投げるまでは速いですが、やや弱肩かの部類か…。控えとしても重宝しそうな外野手。本日は安打一本でしたが、彼らしいものでした。センター右に球足の速い打球だったのですが、中翼手の脇を抜けて打球が転がるのを確認すると一気に三塁へ!!ちょこまかとした俊足(笑)


2005年 9月 7日 イースタンリーグ 湘南−巨人(横須賀)報告者:子連れさん/WIZさん

子連れさん編

9月7日(水)イースタンリーグ公式戦 湘南Vs川崎 第13回戦
<結果>
湘南0:6川崎 (湘南9勝4敗)
(勝)佐藤宏志(14試合2勝3敗)
(負)若田部健一(14試合5勝5敗)
(HR)なし
試合時間・2時間53分 <観衆>252P (天候)曇り/強風右→左,時に乱吹
PL・牧田匡平 1B・原信一朗 3B・名幸一明 SC・
<継投>
湘南・・・若田部(5回)→岡本(1回)→村西(1回)→牛田(1回)→後藤(1回)
川崎・・・佐藤宏(7回)→野間口(1回)

<得点経過>
2回表・川崎2点
2死後
(3)吉川  左中間2H
(9)十川雄 右H(得点1)
(2)星   左H(得点1)

4回表・川崎1点
(5)後藤  5E(吉村E)
(7)三浦  左H
(3)吉川  投犠<2者進塁>
(9)十川雄 右H(得点1)

6回表・川崎3点
(6)元木  中2H(田中充返球怠慢!)
(PH)大須賀 四球
(7)三浦  左H&E(河野E) (得点2)
(3)吉川  4ゴ(三浦3塁へ)
(PH)中濱  四球
(2)星   5E(吉村E)  (得点1)

「本日の注目!」
佐藤宏志(川崎)不安定ながら要所での制球がよく,湘南面々の打つ気を削ぐあたりは1
        軍経験投手。4回は田中充の「風2H」があったものの,西崎・河野・
        斎藤俊を空振り三振。特に河野へのそれは本日1番の速球だった。
         1回ウイットの右Hで2塁にいた吉村を無理やりに本塁突入させ本死
        となったり,7回2塁上の石川が木村の3直で帰塁出来なかったりと,
        湘南の援助もあったが,それを己のものにしての内容は評価できる。

岡本直也(湘南)5回終了で1時間25分のいいペースを受けてマウンドへ。しかし,彼
        がこの夜独演会を企てていたとは知らなかった。打者9人相手におよそ
        30分間右足ポンと蹴ってセットに入る独擅場に観衆もウンザリ。河野
        吉村のエラーと田中充の怠慢プレーがあったとは言え,43球投げて3
        四球はお粗末!「オレの特技を取るな!」とロング板付き大好きな後藤
        が怒っていたかも知れない。今更どこから出直すのか迷うが,「顔洗っ
        て,出直して来い!」

西崎伸洋(湘南)1軍へ早く上げろと先日子連れは申しましたが,アッサリ撤回します。
        佐藤に全くタイミングが合わず,連続振Kにドン詰まりの中飛。変わっ
        た野間口からは三球三振のお土産付き。佐藤,野間口あたりの球をきち
        っとあてられなければダメ!安打なんて要求しない,あてろ。

ケチャップ(球団DJ)200名たらずの来場者がお寒くならなかったのは彼のMCなど
           活躍のおかげ。選手へのメッセージ紹介やスタンドからのそれら
           は毎度毎度のパターンながら,彼がいなかったら恐ろしいほどの
           お通夜ナイターだったろう。褒めるつもりはないけれど,観客と
           同じ視線姿勢でのスタンドからのMCなどは一体感があって好感
           が持てる。彼の嫌味の無い真面目な人柄がなせる技でしょう。


 台風の影響で午後からザーッと降る強風の午後でしたが,試合開始前には雨もあがって
風が舞いながらもゲームは出来ました。観戦された皆様,お疲れ様でした。あの連勝中の
湘南と同じチームかと思わせた昨夜のどうしようもない内容でした。
 帰りのコンビニに,この日は登板予定の無い「期待の若手投手組」が買い物中でした。
何を買ったかはプライベートなので触れませんが,WIZさん,ご心配されておられる昨年の自由枠森大輔投手は元気そうでしたよ。少しズングリしていましたが,私の前でレジ待ちしていました。最近復刻している「なめ猫カード」のお菓子などが,かごに入っていましたよ!(バラシちゃった!!)
 大阪部長さんから揶揄を頂いた(!!)村西哲幸情報ですが,のちほど・・・・↓



 「この板1番人気」とのご命名を頂いた村西哲幸情報ですが,ご本人もお読みとのことですので,本日も懲りずにお邪魔致します・・・

■村西哲幸情報
 イースタンリーグ公式戦Vs川崎13回戦 7回表1イニング登板
※捕手交代 武山真吾
元木  ●(外高め)
    ●(低め)
   見○(低め)
  ※強風のため,自らタイム要求
    ●(高め)
   見○(低め)
   6飛(ボール球)

大須賀  ●(高め)
     4飛(外高め)

三浦  ●(足元・三浦バタバタ慌てる)
   見○(真中高め)
    邪(外高め・1塁スタンドイン)
   見○(外低め)

<球数>12球 無安打無四球 三振1
「コメント」
 かなり型が出来て来た印象。元木への4球目は体の止めと体重の移動が早く球が浮いてしまっていた。完全なボールコースだったから元木は知らん顔していたが,容易に甘く入って行くコースになる欠点が見えた。三浦への2球目は投げた瞬間に「あっ!」と声が出たほどの甘〜い甘〜い球。初球が足元への死球コースだったから三浦が打ち損じたが,不用意に投げてはいけない!この球も体の移動が早すぎていた。この2球だけでいい。こんな球投げたら,上で火達磨になるだろう。宿題がまた増えました。この時期に,さらにチーム状況下で,1イニングでも投げさせて頂けることをよく肝に銘じて,球は低め気持ちは高めで臨んでほしいところです。
 本日も,失礼致しました。




WIZさん編

9/7(水)イースタンリーグ公式戦 湘南−巨人 13回戦 横須賀スタジアム(18:00開始)

<スコア>
巨 人  020103000  0
湘 南  000000000  9

<投手継投>
巨 人 ○佐藤宏(7回)−○野間口
湘 南 ●若田部(5回)−岡本(1回)−村西(1回)−牛田(1回)−後藤(1回)

私が球場に着いた時は、試合は3−0で巨人が3点リード、5回裏湘南攻撃中でした。
湘南は北川出塁も後続が凡退。以後6回からは下記の展開です。

6回表 巨人の攻撃
湘南投手 若田部から岡本に交替
三番 SS 元木  左中間へ2ベース  走者2塁
四番 3B 後藤に代わり大須賀
       大須賀 四球          走者1・2塁
五番 LF 三浦貴  レフト前タイムリー
             レフト河野失策(後逸)、走者全て生還
             巨5−0湘       走者2塁
六番 1B 吉川   セカンドゴロ      走者大須賀、3塁へ
七番 RF 十川雄に代わり中濱
       中濱   四球          走者1・3塁
八番 C  星     サード失策、3塁走者生還
             巨6−0湘       走者1・2塁
九番 P  佐藤宏  捕犠          走者2・3塁
一番 CF 山田   四球           走者満塁
二番 2B 長田   サードゴロ

6回裏 湘南の攻撃
H 大須賀 → SSへ
SS 元木  → 3Bへ
H  中濱  → RFへ
巨人投手 佐藤宏
四番 1B ウィット  出塁(ビール購入の為、見れず)  走者1塁
五番 RF 西崎    センターフライ
六番 CF 田中充   センターフライ
七番 LF 河野     三振

7回表 巨人の攻撃
湘南投手 岡本から村西に交替
C  斉藤俊  → 武山
三番 3B 元木     ショートフライ
四番 SS 大須賀   セカンドフライ
五番 LF 三浦貴   三振

7回裏 湘南の攻撃
3B 元木  → 横川 1Bへ
1B 吉川  → 3Bへ
巨人投手 佐藤宏
八番 C  武山     セカンドゴロ
九番 村西に代わり石川
H  石川    レフト前ヒット  走者1塁
一番 2B 北川     レフトエラー(三浦貴ポロリ) 走者1・2塁
二番 SS 木村     ファーストライナー
               2塁走者北川、飛び出していたため併殺。

8回表 巨人の攻撃
湘南投手 村西から牛田に交替
H  石川 → 2B
2B 北川 → 牛田 P
六番 3B 吉川     三振
七番 RF 中濱     サードエラー(暴投)    走者1塁
八番 C  星      ショート併殺打

8回裏 湘南の攻撃
巨人投手 佐藤宏から野間口に交替
C  星  → 野間口 P
P  佐藤宏 → 加藤 C
三番 3B 吉村     センターフライ
四番 1B ウィット    三振
五番 RF 西崎     三振

9回表 巨人の攻撃
湘南投手 牛田に代わり後藤
CF 田中充 → 田中一
LF 河野  → 野中
P  牛田  → 後藤
九番 C  加藤      ショートエラー(暴投)  走者1塁
一番 CF 山田      四球            走者1・2塁
二番 2B 長田      ショート併殺打      走者3塁
三番 1B 横川      三振

9回裏 湘南の攻撃
巨人投手 野間口
六番 CF 田中一     ファースト内野安打  走者1塁
七番 LF 野中       三振
八番 C  武山      キャッチャーゴロ   走者2塁
九番 2B 石川      ショートゴロ

試合終了  6−0で巨人の完封勝ち

<選手感想>
■佐藤 宏志(巨)
先月は北海道遠征、お盆の横須賀にて登板すれば必ず打たれ、
「逆転の湘南」を演出してしまった影の功労者。
あまりの絶不調ぶりに「大丈夫か?」と敵ファンからも心配されたが、
昨日は先発として7回を零封し復活を見せたことが何よりよかった。
先月は本人にとってプロ入りから一番苦しい時期だったと思う。
それを乗り越えてまた一軍で活躍してほしい。

■野間口 貴彦(巨)
約1ヶ月ぶりの実戦マウンド。
速球は相変わらず速く3三振を奪う。
被安打1も不運な内野ゴロなので、登板した2イニングはほぼ完璧に抑えた。
しかしこの時期に彼が二軍のマウンドで投げているのは頂けない。
本人も無気力な湘南打線相手では物足りなかったはず。
本来なら彼は一軍マウンドで新監督(星野さん?)に、「来季のエースは俺だ!」と
言わんばかりの投球を披露しなければいけないはず。
内容には問題ないので、ぜひ一軍に上げてまた主力級と対戦させて力をつけてほしい。

■岡本 直也(湘)
失策が絡んだとはいえ3四球は頂けない。
正直、昨日の内容は「岡本は終った」と応援を諦めさせてしまう内容だった。
わずか数球だが、いいカーブを放っていた。
まだ望みはある。残りのマウンドで全てを賭けるべし。
来季も戦力としてフェニックスリーグに参加していることを切に望みたい。

■牛田 成樹(湘)
野間口よりも速球は速かったのではと思うくらい、ストレートの伸びが良かった。
その反面、高めにすっぽ抜ける球も多く、本人が課題としている低目の制球力が
再び課題として出た内容。
それでもトドメのフォークで三振、走者を出しても併殺と結果は完璧。

■後藤 伸也(湘)
入籍発表以来の登板?
野間口、牛田に劣らずの速球が光っていた。
昨日はストライク先行が多く、制球面もまずまずといったところか。
四球を出してもきっちり併殺で打ち取るなど結果は合格点。
何となくフォームが稲嶺に似てきたような・・・

■河野 友軌(湘)
前半は見てないので分からないが6回の失策と三振は明らかに元気の無さが見える。
特に見送り三振はヤル気の無ささえ疑えた。
正にチームの状況(元気の無さ、連敗中)をそのまま表している。
こういう時こそ主将として引っ張っていかないと。

■武山 信吾(湘)
9回の打席はグリップにボールが当たり、キャッチャー前に落ちた。
しかし彼は勝手に死球だと判断して一塁へ走るのを躊躇してしまった。
自己判断せず一塁へ全力疾走していればセーフだったかもしれない。
これまたチームの状況を表したプレー。

■ケビン・ウィット(湘)
2年目で開眼するかも?と微かな希望をもって未だに二軍の試合に出場しているが、
打撃云々よりも守備の緩慢さがあまりにも目をついた。
吉村、木村の送球はワンバウンドしたとはいえ、あれは取れる範囲。
あの守備では打撃開眼しても一軍では使えない。
来季を見据えるならウィットを一塁で使うより小田嶋、田中充、呉本に守備機会を
与えた方がよっぽどよい。


勤務地の渋谷はさほど雨は降っていませんでしたが、試合後に地元の人に聞いたら
夕方はかなりの豪雨が降っていたとのことで、その影響か球場に入ると
「巨人戦でこれか!」と思うほどガランとした球場。
観客数は252名と私の横須賀観戦では一番少ない観客数でした。

その中、球場内は毎年恒例のアンケートのお願いで駆け回るお兄さん、お姉さんたちが
いて、座席に腰を下ろすなり即効でアンケートの回答をお願いされてしまいました。
このアンケート、3枚にわたりビッシリと質問事項が乗っていて回答に時間がかかります。
アンケート記入に没頭したため、6回表の巨人のダメ押し点は
ほとんど結果しか見てないので悔しさはありませんでしたが、
試合としてはこの6回で決まったようなものでした。

アンケートの記入も終わり、さあ試合観戦!
しかし6失点した湘南打線はほとんど無気力状態で何の抵抗も無く
あっという間に試合は終了してしまいました。

懸念した通り連勝が止まり、優勝の道が途絶え目標を失ったチームは
チームとしての機能は全く働かず、ただダラダラと試合を進行している
印象にも見え、ただただ見ていて寂しい観戦となってしまいました。

昨日の収穫は岡本「37」−村西「36」−牛田「35」と前回の所沢に続き、
逆背番号投手リレーが達成されたことと村西、後藤が無失点で抑えたことくらいでしょうか。
これでリードしていれば締めに山田「34」を投入して4人連続ができたんだけどなあ。

風が強かったですが、涼しく気持ちのいい風でした。
昨日観戦された皆さんお疲れ様でした。


2005年 9月 4日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2005年9月4日 日本ハム−ロッテ 11回戦

J鎌ヶ谷(日本ハム6勝5敗)

 
ロ ッ テ 000 001 00│
 
日本ハム 200 000 20x│
  (8回裏無死無走者降雨コールド)

 勝 押 本 5勝0敗0S 登板11
 負 戸 部 4勝2敗0S 登板22

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
  C 早 坂 420 遊ゴ    左安       見振 中2
  E 青 野 410 一飛    遊ゴ       左安 捕邪
  B 澤 井 420 二ゴ       右安    右安    見振
  G 大 松 300    中飛    一邪    四球    空振
  D 竹 原 411    遊失    一邪    右安    中飛
  D  林  300    遊併    中飛    中飛
  F 喜 多 300       空振    空振 空振
  H 寺 本 300       二ゴ    四球    中飛
  A 金 澤 310       中安    遊併    一ゴ
  犠盗失併残─────
  00007 3071

       回 打安振球責
  ●戸 部 6 276432
   高 木 1 61122
    内  0 00000

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
  C3稲 田 430 中2 右2       左安    空振
  G 紺 田 311 中2 二ゴ       捕邪    四球
  D 古 城 300 投犠    二ゴ    右飛    遊ゴ
  D 上 田 100 死球    遊ゴ    四球
  HD島 田 000                   敬遠
  F4田中賢 313 左犠    三飛    見振    中2
  H7鵜久森 300 空振       四球    中飛 中飛
  B 市 川 300    左飛    遊飛    空振
  9 工 藤 000
  A 駒 居 310    一ゴ    遊ゴ    左安
  E 尾 崎 310    中安    三ゴ    空振
  犠盗失併残─────
  20128 2674

       回 打安振球責
  ○押 本 8 327621


  二塁打  稲 田(日) (1回 戸部)
       紺 田(日) (1回 戸部 タイムリー)
       早 坂(ロ) (7回 押本)
       田中賢(日) (7回 高木 タイムリー)
  犠 打  古 城(日) (1回 無死2塁 2走の紺田が三進)
  犠打失  紺 田(日) (5回 無死1塁 捕邪飛で1走の稲田を送れず)
  犠 飛  田中賢(日) (1回 1死1、2塁 3走の紺田がホームイン)
  失 策  尾 崎(日) (2回 竹原の遊ゴロが手に付かず)
  併 殺  日本ハム  (2回 林 1死1塁 尾崎−稲田−市川)
       日本ハム  (5回 金澤 1死1塁 尾崎−稲田−市川)

  PL:鈴木 1B:山路 3B:橋本 公式記録:野中
  時間 2時間23分{13:00〜15:41(中断15:17〜15:20、15:26〜15:41)}

得点経過
 1回裏(日) 無死2塁から紺田が右中間を破るツーベース        日本ハム1点目
       1死1、3塁から田中賢がレフトへ犠牲フライ       日本ハム2点目
 6回表(ロ) 1死満塁から竹原が右前打                ロ ッ テ1点目
 7回裏(日) 2死1、2塁から田中賢が右中間を破るツーベース     日本ハム4点目

戦評
 日本ハムがロッテ先発戸部の立ち上がりを攻め連続2塁打などで2点を先制するも、その後
 は膠着状態。6回、首位ロッテは満塁から竹原の右前打が出るも後続が続かず1点しか返せ
 ないと、日本ハムは7回に田中賢の2点タイムリーツーベースでダメ押し。
 試合中盤から徐々に厚くなりだした雲から8回の澤井の打席にスコールがあり1回目の中断。
 すぐに小雨になり試合を再開するも、その直後から大粒の雨が降り出し、8回裏、内の投球
 練習中に2度目の中断。その後も雨は止む気配はなく、15:41に球審の鈴木が本塁プレート
 上で右手を上げ、8回コールドで日本ハムが勝利を収める。

選評
 喜 多(ロ) 昨日マリンに行ってロッテのレプリカユニを購入してしまったため、ロッテ応
       援団と一緒に喜多の応援歌を合唱(笑)。しかし、押本の縦のスライダーに全く
       タイミングが合わず3打数3空振り三振。喜多はドコへ向かっているのか・・・。

 青 野(ロ) 栗山(西)亡き後(?)のイースタン注目の的だが、素質開花オーラにやや翳りか
       ?それでも3打席目には一閃の左前打を放つ。ユニと一緒に5と8の背番号シ
       ールも買ったので、早速貼り付けよーっと。

 戸 部(ロ) 立ち上がりに連続2塁打などで2点を失うも、その後はズルズル行かずに6回
       を6安打2失点。どのボールが良かったという訳ではないが、ゾーンのサイド
       をうまく使っていた印象。


 尾 崎(日) 2回に竹原の遊ゴロをエラーするも、5回の1死1塁の場面ではエンドランが
       掛かった状態での三遊間のゴロに上手く反応し見事にゲッツーに仕留める。ま
       た打つ方では一時期の底を脱し、打率も上昇。

 押 本(日) ストレート、スライダー、小さなカーブのコントロールは良かったが(鈴木の
       ゾーンも多少、広かった印象)、大きなカーブだけ高めに浮いてしまう。6回
       の1死1、2塁の場面でも大松に2−3から投げた大きなカーブは高めに浮い
       てしまい満塁のピンチを招く。この場面でカーブを要求した駒居のリードも疑
       問。

 稲 田(日) 先頭バッターとして幸先良くツーベースを放つと打ちも打ったり3安打猛打賞。
       即戦力として入団して2年目。そろそろ結果が欲しい。


2005年 9月 4日 イースタンリーグ インボイス−湘南(西武第二)報告者:WIZさん

9/4(日)イースタンリーグ公式戦 インボイス−湘南13回戦 西武第二球場(13:00開始)

球審 原、1塁 有隅、3塁 深谷、記録員 新向井
観客数 約200名

<スコア>
湘   南 000000010  
インボイス 00220100× 

<投手継投>
湘    南 ●染田(5回)−村西(1回)−岡本(1回)−稲嶺(1回)
インボイス ○張(6回)−富岡(1回)−許(1回)−長田(1回)

<得点経過>
3回裏(イ) 一死1塁で小関、ライトスタンドへ2ラン(2点)
4回裏(イ) 二死1・2塁で柴田、センター前タイムリー(1点)
      二死1・3塁で水田、レフトフェンス直撃のタイムリー(1点)
6回裏(イ) 二死無塁で野田、レフトスタンドへソロ(1点)
8回表(湘) 二死無塁で西崎、レフトスタンドへソロ(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。


<打撃成績>
<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
2B 北川  遊ゴ  中安  一ゴ  三振           410000100
H 野中                  投ゴ       100000000
SS 木村  三振  一ゴ  右安  右安  二ゴ       520000100
3B 吉村  遊飛  四球  捕飛  左飛           300000010
DH 小田嶋   死球三飛  三振    遊ゴ         300000101
RF 田中充   右飛  三振  一ゴ  中飛         400000100
LF 西崎    四球  四球  遊失  左本         111110020
1B 福本    三振  四球  遊ゴ             200000110
1B 呉本                三振         100000100
C 武山    三振  中安  中飛             310000100
H 斉藤                  三振       100000100
CF 田中一     三振右飛    左飛           300000100
H 河野                  四球       000000010


<インボイス>
    1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
LF 柴田  二ゴ  中飛中安  中安             421000000
SS 水田  遊ゴ  左安左安  三ゴ             421100000
SS 黒瀬                           000000000
RF 小関  中安  右本  左安               332110000
RF 佐藤              一ゴ           100000000
3B 後藤  左2  左飛  遊飛  中安           420000000
CF 大島  中飛  遊飛  遊併  二ゴ           400000000
1B 高木大   右安  中安  中飛             320100000
1B 犬伏                一ゴ         100000000
DH 高山    中飛  左飛  左飛  遊安         410000000
C 野田    三失  投ゴ  左本  中飛         311110000
2B 宮崎    二併  四球  左安  二ゴ         310100010


<投手成績>
<湘南>
       回  打 安 四 三 失 自
●染田    5  23 9 1 0 4 4
 村西    1  6 3 0 0 1 1
 岡本    1  3 1 0 0 0 0
 稲嶺    1  4 1 0 0 0 0

<インボイス>
       回  打 安 四 三 失 自
○張     6  26 3 5 6 0 0
 富岡    1  4 1 0 1 0 0
 許     1  4 1 0 1 1 1
 長田    1  4 0 1 1 0 0


<選手感想>
■染田 賢作(湘)
二週間前、同じ所沢での登板以来の久々の先発登板。
3回の小関の2ランは致し方ないが、続く4回は二死を取った後、
打者宮崎を2―0と追い込みながらその後連続ボールで四球を出したのは頂けない。
更に後続打者に連続タイムリーを許したことはもっと頂けない。
5回であっさりと降板させられたのはそれが理由であろう。
今日はコントロールに苦しみ、ストライクを取りに行ったところをポンポンと
インボイス打線に当てられた感。
今日の反省点を修正して来週の横須賀ではいいところを見せてほしい。

■村西 哲幸(湘)
6回、降板した染田に代わり登場。
新フォームもだいぶ板につき、コントロールは今日も安定。
ただストライクを取りに少しでも甘い所に入るとさすがに長打を許してしまう。
最初の2アウトの外野フライはかなり飛球が伸びていたし、野田のソロはドンピシャリ。
気落ちしたか続けて連打を浴びピンチを招いたが、水田をサードゴロに打ち取り
1失点で仕事を終えた。よく踏ん張ったぞ村西!

■木村 昇吾(湘)
今日は本職のショートで出場。
やはり彼のショートの守備は安心して見れる。美技を幾つか披露。
さらに課題の打撃では久々のヒットを2本。
ここから上昇していきたい。

■北川 利之(湘)
昨日、今日と攻守が冴えわたる。
藤田の抜けた一番打者としてはまだ機能してないが、これで打撃で結果が残せれば
一軍もそう遠くない。
種田の後継候補として名乗りを挙げ、一軍でフラフラしている内川のお尻に
火を付けてほしいもの。

■張 誌家(イ)
奪三振も取れば四死球も与えるいいのか悪いのか分からない内容。
序盤、その四死球でピンチを招くも、湘南打線が元気が無いのが幸いし
6回を無失点で切り抜いた。今日のコントロールの悪い内容だとそう簡単に
一軍に昇格できるのは難しそうだ。

■許 銘傑(イ)
確か今週に一軍で登板するという話を聞いていたので、おそらくそれに向けての
調整登板だろう。唯一闘志を見せていた西崎に改心の本塁打を打たれたが、
後は無難に抑える。最後の呉本を仕留めた変化球は二軍選手ではそうやすやすと
打てそうにない。

■小関 竜也(イ)
中押し2ランを含む3安打の猛打賞。
しかし若手の湘南投手陣ならこれくらいの結果は残せないと。
彼だけでなく柴田、水田、高木大と今日活躍した選手たちは皆、
この第二球場ではなく隣のインボイスドームで活躍しなければならない選手たち。
特に小関は選手会長。一軍がプレーオフに進出できるか大事な時期で
ここにノンビリといてはならない。


インボイス張、湘南染田で始まった試合は序盤、染田を攻めたインボイスが
優勢に試合を進めそのまま逃げ切りました。
湘南は序盤に得点のチャンスを掴むも後続が結果を残せなかったのが
敗因といってよいでしょう。

昨日の試合で勝ったインボイスは首位ロッテを追撃するためにも負けられない闘志が、
湘南は優勝の道が途絶え、勝つ目的を失いほぼ無気力な戦いに終始。
両チームの置かれた状況が試合に出た内容でした。

湘南サイドとしては、個人的にいつか来るだろうと思っていた、
村西「36」→岡本「37」→稲嶺「38」の背番号順の投手リレーが達成。
それぞれ好投したことが収穫か。
なお今の現状ではあり得ないが、これに山田「34」、牛田「35」と最大5人による
連続リレーも可能。
またこんな試合内容のため、試合終了とともに早々と駅に引き上げた途端、
豪雨が襲いズブ濡れを免れたこと。
あと5分でも試合が延びていたら多くのお客さんはズブ濡れになっていたことでしょう。

観戦された皆さん雨に濡れずにすみましたでしょうか?
風邪にはどうかお気をつけて。

それにしても所沢観戦2連戦はお尻に堪えます。


2005年 9月 3日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(岩手県一戸町)報告者:@白にゃんこさん

3日 岩手県一戸町・一戸野球場(観衆:4千人くらい?)
第12回戦 川崎6勝5敗1分 2時間35分
                   RHE
スワローズ  022 000 100 120
ジャイアンツ 000 000 000 50

<川 崎>●真田裕貴(11試合2勝5敗、6回)南和彰(2回)山本賢寿(1回)
<戸 田>○松岡健一(5試合2勝0敗、8回)佐藤賢(1回)
<審判員>球審:萩原 一塁:牧田 二塁:敷田 三塁:石山


 スワローズ 打安点 1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(二)田中浩 511 三振  遊直二ゴ    左本遊ゴ
(遊)梶 本 510 二ゴ  投ゴ  二ゴ  中安  遊ゴ
(右)度 会 410 三ゴ  中安  二ゴ  二併
 左 内 田 110                 中安
(一)鈴 木 311   死球中2  右飛  二ゴ
 三 大 原 000                 四球
(左右)本 郷 521   右飛右3    右飛  中安三振
(捕)福 川 430   右安四球    左安  中安三振
(三一)丸山泰 310     三振二ゴ    右安  四球
(中)牧 谷 412   中2  一飛  一飛  遊直
(投)松 岡 400   三振  三振  二ゴ  三振
 投 佐藤賢 000
   合 計 38125

 投手成績 回 打安失
○松岡健一 8 2840
 佐藤 賢 1 410

ジャイアンツ 打安点 1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
(中)山 田 400 遊ゴ  遊ゴ    三振  左飛
(二)長 田 310 三ゴ    右安  三振
 打 大須賀 100                 遊ゴ
(一)三 浦 310 四球    右安    遊ゴ  三振
(三)元 木 410 二ゴ    遊併    遊ゴ  右安
(捕) 星  300   投ゴ  二ゴ    三ゴ  三振
 捕 佐藤弘 100
(右)中 浜 210   一飛    四球    右安
(遊)岩 舘 310   投ゴ    二併    左安
(左)十川雄 300     一ゴ  三ゴ    左飛
(投)真 田 100     二ゴ
 打 山本光 100           二ゴ
 投  南  000
 打 吉 川 100               三振
 投 山本賢 000
   合 計 3050

 投手成績 回 打安失
●真田裕貴 6 2774
 南 和彰 2 1041
 山本賢寿 1 510

<本塁打>
 田中浩 3号(南=7回)

<三塁打>
 本 郷(3回)

<二塁打>
 牧 谷(2回)
 鈴木健(3回)


<試合展開>
ジャイアンツの東北・一戸での遠征。
この球場のこけら落としとなるはずだった川崎・所沢(当時)戦が残念ながら中止となっていたため、悲願の試合開催となった。
曇り空だったが、雨はなんとか試合前に上がる。
試合前、キャッチボールをして備える星ら。
インタビューには地元岩手出身の木村が登場。
地元アナウンサーによる本日の開催地、一戸町の紹介も。
始球式は町長の代理で助役氏、ノーバウンドで見事なピッチング。
スコアボードは守備位置は電光掲示だが、選手名は手書きの味のあるスタイル。


1回表
1田中浩 高め直球を空振り三振。
2梶 本 ややつまり気味のセカンドゴロで、長田が回り込みながらキャッチ。
3度 会 引っ張ってサード正面のゴロ。

小走りにベンチへ引き上げ、タオルで汗をぬぐう真田。
一方、マウンドで投げ込む松岡。

1回裏
1山 田 ショート深い位置のゴロだったが、梶本が素早く力強い送球でアウト。
2長 田 サード正面のゴロ。
3三 浦 フルカウントから外に外れ四球。
4元 木 初球を叩きつけ、セカンドゴロ。

2回表
4鈴木健 2−1からの4球目が胸元をかすめる死球。
5本 郷 右中間へ打ち上げ、ライトフライ。
6福 川 右へ流し打ち、ライト前ヒット。
7丸山泰 外へ逃げる球に空振り三振。
8牧 谷 高々と打ち上げ、センター頭上を破る2点タイムリーツーベース(戸田2−0川崎)
9松 岡 変化球を見送り三振。

渋い表情の真田に対し、先制打を放った牧谷はハイタッチで迎えられる。

2回裏
5 星  中途半端なバッティングで松岡正面のゴロ。
6中 濱 真上に打ち上げ、ファーストフライ。
7岩 舘 初球打ちだが松岡正面のゴロ。

3回表
1田中浩 ヒット性の当たりだったが、ショート岩舘へのハーフライナー。
2梶 本 真田正面のゴロ。
3度 会 センター前に落ちるヒット。
4鈴木健 高々と打ち上げ、ライト中濱がフェンス際で待ち構えたが捕れず、フェンス直撃のタイムリー(戸田3−0川崎)
5本 郷 詰まりながらも右中間を破る長打。本郷は一気に三塁を陥れる(戸田4−0川崎)
6福 川 1−3からインコースに外れ四球。
 タイムリーを放ち、ベンチに戻って笑顔も見える鈴木健。
7丸山泰 鋭いヒット性の当たりだったが、セカンド長田が横に飛び込んでキャッチ。

ファインプレーで真田のピンチを救った長田。

3回裏
8十川雄 詰まったファーストゴロ。
9真 田 うまく流し打ったがセカンド正面のゴロ。
1山 田 ショート正面のゴロ。

4回表
8牧 谷 どん詰まりでファーストフライ。
9松 岡 変化球をハーフスイングで、空振り三振。
1田中浩 流していったがセカンド長田の正面。

19日・祝日のG球場での試合を「稲城の梨」デーとしてイベントの告知。

4回裏
2長 田 鋭い当たりでライト前に運ぶヒット。
3三 浦 叩きつけ、ゴロでライト前へ抜けていくヒット。
4元 木 痛烈な当たりだったがショート梶本の真正面で、長田が離塁していたため戻れず。
 ベンチで悔しそうな表情を見せる元木。
5 星  詰まったセカンドゴロ。

5回表
2梶 本 初球を引っ張っていったがセカンド正面のゴロ。
3度 会 流し打っていったがセカンド正面のゴロ。
4鈴木健 高々と打ち上げたが、伸びが足りずライトフライ。

 星と話し合いながらベンチに引き上げる真田。一方勝ち投手の権利を目前に控えた松岡。

5回裏
6中 濱 1−3から直球が外に外れ、四球。
7岩 舘 叩きつけ、セカンド正面の併殺打。
8十川雄 詰まったサード正面のゴロ。

6回表
5本 郷 高く打ち上げ、ライトフライ。
6福 川 三遊間を破るクリーンヒット。
7丸山泰 詰まりながらもファースト横を破っていくヒット。
8牧 谷 真上に打ち上げ、ファースト三浦がキャッチ。
9松 岡 詰まったセカンドゴロ。

代打を告げられてベンチ前で素振りを行う山本光。ベンチでは高田コーチと真剣に話し合う星。

6回裏
H山本光 流し打っていったがセカンド正面のゴロ。
1山 田 真ん中直球を見逃し三振。
2長 田 内角の球を見逃し三振。

川崎/投手:南
マウンドで長田らに声をかけられる南。

7回表
1田中浩 高々と打ち上げ、レフト中段に飛び込むソロアーチ(戸田5−0川崎)
2梶 本 セカンド横をゴロで抜けセンターへ達するヒット。
3度 会 セカンド正面のゴロで併殺打。
4鈴木健 バットの先でたたき付け、詰まったセカンド正面のゴロ。

戸田/左翼手:内田 三塁手:大原 左翼→右翼手:本郷 三塁→一塁手:丸山

7回裏
3三 浦 詰まったショートゴロ。
4元 木 またも詰まったショートゴロ。
5 星  引っ張っていったがサード正面のゴロ。

川崎/捕手:佐藤弘

8回表
5本 郷 ふわりと打ち上げセンター前に落とすヒット。
6福 川 ピッチャー返しでセンター前ヒット。
7丸山泰 フルカウントから外に外れ四球。
8牧 谷 詰まった当たりで前進守備のショート正面のライナー。一塁送球するが三浦はベースを踏みそこねる。
9松 岡 変化球に空振り三振。
1田中浩 叩きつけショート正面のゴロで、二塁フォースアウト。

かつての東北遠征(いわき)で、2001年6月、小野仁投手がノーヒットノーランを達成した際のVTR。

8回裏
6中 濱 痛烈な当たりでライト前に抜けていくヒット。
7岩 舘 引っ張って三遊間を抜けていくクリーンヒット。
8十川雄 強い当たりだったが、やや浅いレフトフライ。
H吉 川 低めに決まった変化球を見逃し三振。
 0−2となり一旦マウンドに集まる松岡コーチ、ナイン。
1山 田 高く打ち上げレフトフライ。

川崎/投手:山本賢

9回表
2梶 本 詰まったショートゴロ。
3内 田 高めの球を打ち上げ、センター前に落ちるヒット。
4大 原 外に外れストレートの四球。
5本 郷 やや外角の球を空振り三振。
6福 川 変化球を空振り三振。

完投のかかった松岡はベンチから出てくる気配がなく、交代が告げられる。
松岡の投球内容
8回 球数103 被安打4 与四死2 奪三振3 無失点
戸田/投手:佐藤賢

9回裏
H大須賀 叩きつけ、ショート正面のゴロ。
3三 浦 インロー直球を見逃し三振。
4元 木 流し打ち、ゴロで一、二塁間を破るヒット。
5佐藤弘 内角直球を空振り三振でゲームセット。

2勝目を挙げた松岡はコーチや監督と握手、選手とハイタッチ。直後、ベンチ前でミーティングに参加する。
一方、静々と引き上げていく川崎ナイン。


<注目選手 ジャイアンツ>
■真田裕貴(巨)先発 6回 被安打7 失点4
2回にランナーを溜めたところでタイムリーで失点。さらに3回にも簡単に2アウトを取りながら、連打で一気に2点を失う。
これ以外は大きなピンチもなく、責任回数以上の6回を投げ終えて試合の形はある程度作ることが出来ただけに、この2イニングは残念な内容でした。

降板後のコメント
2回、3回は勿体無かった。2死取ってから単調になってしまった。
4回はまずまずの投球が出来たと思うのだが…、2死からの失点が悔やまれる。


■長田昌浩(巨)4打数1安打
本日の試合では何故か右方向、一・二塁間へ飛ぶ打球が多くこれらの打球を逃さずキャッチし、無難にさばく長田の姿が良く見られました。
着実に経験を積み、昇華している姿が印象的です。
打っては4回表の1安打。

■元木大介(巨)4打数1安打
ベテランながら故障などで出遅れ、久々の遠征参加で堂々4番に座る。
バットでは快音がなかったものの9回に元木らしい右方向へのヒットを放つ。
確か、昨年の今の時期も書いたと思いますがここに居るべき選手ではない。奮起を求めたい。


<注目選手 スワローズ>
■松岡健一(ヤ)8回 被安打4 無失点
直球140前半、カーブ、フォーク
前回、報告した8月2日に初登板を果たし、本日は先発。
直球のキレがあり、打たせてとる投球で序盤は無安打ピッチング。4回には連打を浴びるが、ライナー併殺などで切り抜ける。
その後もほとんど大きなピンチもなく、8回には若干疲れも見え連打を浴びるが、後続を断ってしのぐ。
8回を投げきり、完投・完封も間近でしたが残念ながら交代を告げられ、しかし2勝目を挙げる。

■田中浩康(ヤ)5打数1安打打点1
6回に、ライナー性の当たりでレフトスタンドへ運ぶ印象に残る一発。
守っても深い当たりなどに果敢に飛びつくシーンもあり、生き生きとした姿は東北のファンにも印象深かったでしょう。

■鈴木健(ヤ)3打数1安打打点1
元木大介が川崎の4番なら、戸田では本日はこちらも経験豊富な鈴木が4番に。
特に3回の、センター頭上を大きく破る一打は全盛期をほうふつとさせるものであり、ベテラン健在を印象付ける。


◆7〜8月雑感編◆
G+中継は7月3試合、8月5試合(4試合+交流戦1試合)を中継。
特に8月は第1週に5試合が集中し、少々慌しい観戦となりましたがわが北海道での主催試合ということで気合を入れて見てみました。
印象に残ったのはやはり、5日の北海道社会人選抜との交流戦で普段はなかなか映像で見る機会のない地元北海道の社会人チームの選手たちが、プロに向かっていく姿勢をまざまざと見せ付けられました。

さて…勝敗のほうは7月1勝2敗、8月は1勝3敗(交流戦1敗)と、8月になって少々振るわない展開となりました。
主力選手が、1軍との入れ替えにより頻繁に出入りがあったことなどもあるとは思いますが、特におおまかな流れとしては先発投手が序盤に失点を重ね、ずるずると流れていくという試合が多かったように思います。もっとも大事な役割である先発投手が試合を作れないのでは、現在の順位(第6位)もうなづけます。厳しいようですが優勝戦線に手が届かなくなった今、目の前の1試合1試合を懸命に戦い、結果を求める姿勢をもっと見せてほしいと思います。そのような9月のジャイアンツの戦いに期待しています。


2005年 9月 3日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:エバンさん

9月3日、鎌ヶ谷球場の「日本ハム×ロッテ」に行ってきました。
近くの千葉マリン球場では、1軍の「ロッテ×日本ハム」が行われており、多くのファンはそちらへ流れたことでしょう。

      123456789 R H E
ロッテ   001201000  6 0
日本ハム  10200020×  8 1

勝利投手:菊地 敗戦投手:山北

HR:3回・竹原(ロッテ)、島田(日本ハム)
   4回・大松(ロッテ)
   7回・古城(日本ハム)

実は、去年の夏にも同じカードを見に行っている。そのときは、日本ハム・糸井の完投だった。試合前、その糸井と田中賢が8月度のMVPに選ばれ、表彰式が行われた。両チームのファンから、惜しみない拍手が送られ、あたたかい気持ちになった。
さて、諸般の事情により、集中力を欠いていたので、「これは違う」という点がありましたら、ご指摘・訂正をお願いいたします。

1回裏、8月度のMVP・田中賢がタイムリーで先制。
3回表、竹原がレフトへの場外ホームランで同点に追いつく。
3回裏、がしかし、4番・島田がライトへ2ランを放ち、再び突き放す。
4回表、大松がライトへライナー性の2ランでまたもや追いつく。
6回表、大松のライト線ギリギリのタイムリー2ベースで、今日はじめてロッテリード。
7回裏、古城がライトへ逆転2ランを放ち、これが決勝点となる。


各選手へのコメント
■島田一輝(日)
DHで出場したが、3回のHRのあとにも、センターフェンス直撃の2ベースを打っている。明らかにここでは格が上。プレーオフ出場のためには、彼の力が必要だと思うが…。

■古城茂幸(日)
守備ではトンネルエラーをしたものの、逆転2ランを放って汚名返上したのはお見事。

■工藤隆人(日)
足は速いが、打球が正面では。塁に出れれば俊足が生きて、面白い存在になるのだが…。

■大松尚逸(ロ)
今年3月以来の再会となったが、パンチ力があり、センスも素晴らしいものを持っている、と実感した。近いうちに、1軍でも出番となるのは間違いなさそう。

■青野毅(ロ)
昨年来の注目選手だが、不調に陥っているのか凡飛ではバットを叩きつけていた。
しかし、これを乗り越えれば、1軍での活躍もまた1歩近づくはず。

9月に入り、今年も戦力の見極めの時期となりました。結果がイマイチだった某選手はファンのサインに応えることなく、無言で球場を後にしました。「なんとか頑張ろう」という気合が、逆に空回りしているのかもしれません。シーズン後、それがどういう結果となれど、精一杯悔いのないように、試合に臨んで欲しいですね。


2005年 9月 3日 イースタンリーグ インボイス−湘南(西武第二)報告者:WIZさん

9/3(土)イースタンリーグ公式戦 インボイス−湘南12回戦 西武第二球場(13:00開始)

球審 西本、1塁 深谷、3塁 原、記録員 新向井
観客数 約200名

<スコア>
湘   南 000100200  
インボイス 00021005× 


<投手継投>
湘    南 那須野(7回)−●セドリック(1回)
インボイス ○大沼(8回)−田崎(1回)


<得点経過>
4回表(湘) 二死1・2塁で武山、レフト前タイムリー(1点)
4回裏(イ) 一死満塁で上本、ライト線2ベースタイムリー(2点)
5回裏(イ) 二死1・2塁で高山、レフト線2ベースタイムリー(1点)
7回表(湘) 無死1・2塁で吉村、ライト前タイムリー(1点)
      無死1・3塁で小田嶋、センター前タイムリー(1点)
8回裏(イ) 一死1・3塁で水田、レフト前タイムリー(1点)
      一死満塁で佐藤、押し出し(1点)
      一死満塁で小関、二塁内野安打(1点)
      一死満塁で後藤、押し出し(1点)
      一死満塁で大島、セカンドゴロの間に3塁走者生還(1点)


成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。


<打撃成績>
<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
2B 北川  左安  三振  一ゴ  死球一ゴ         410100101
1B 木村  三振  三振  三ゴ               300000200
SS 野中              四球内ゴ         100100010
3B 吉村  死球  三振  中安  右安  三振       421000201
DH 小田嶋 一飛    遊ゴ中安  中安           421000000
H 河野                  四球       000000010
RF 田中充 三振    中2三飛  右飛  遊飛       510100100
LF 西崎    中飛  四球  二飛右安  二飛       410000010
SS 福本    投ゴ  三振  左安右飛           410000100
1B
C 武山    中安  左安  左飛三飛           421000000
CF 田中一   中飛  投ゴ  一飛  左飛         400000000


<インボイス>
    1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
SS 黒瀬  左飛  一飛二ゴ  投ゴ  四球         400100010
RF 佐藤友 二ゴ  投ゴ  右安  二飛四球         410200020
DH 小関  左安  三ゴ  中飛  二ゴ二安         521000000
3B 後藤  左2    右安右安  四球四球         330200020
CF 大島  一ゴ    中安三飛  二ゴ二ゴ         510100000
1B
LF 高山    三ゴ  中安左2    右飛         521000000
                   一飛
1B 犬伏    三振  遊飛二飛    右安         410100100
CF 柴田                           000000000
C 上本    右安  右2  一ゴ  中安         432100000
2B 水田    二ゴ  二ゴ  三振  左安         411100100


<投手成績>
<湘南>
       回  打  安 四 三 失 自
 那須野   7  32 10 1 2 3 3
●セドリック 1  10 4 3 0 5 5

<インボイス>
       回  打  安 四 三 失 自
○大沼    8  38 10 4 6 3 3
 田崎    1  4  0 1 1 0 0


<選手感想>
■那須野 巧(湘)
前回は散々な内容を受けての今日の登板。
前回のように制球に苦しむことは無かったが、全体的には球威が足りず
打ち込まれるパターンが多かった。それでも7回を3失点で終えたことは
合格点を与えられる内容か。
終盤になるとスタミナ切れが露呈する投手だが、今日はむしろ終盤の方が
内容がよかった。
次は中井球場で登板か。ぜひ中井のファンの前で自由枠の評価にふさわしい
好投を見せてほしい。

■セドリック・バワーズ(湘)
8回から登板。
ここを抑えて最終回に逆転、なんて私も含めて思い描いた湘南ファンは多かったはず。
しかし被安打4、四球3、うち押し出しが2個と何もコメントが出来ない内容。
皮肉れば、素晴らしい内容で湘南の今シーズンに幕を閉じさせた助っ人。
当分は試合に帯同せず、長浦で制球力を向上すべく投げ込みして来い
としか言いようがない。

■武山 信吾(湘)
先制タイムリーを含む2安打。
捕手とはいえ、打撃はこのくらいの結果を毎試合続けて一軍に勝負の場を
移してほしいもの。
ちなみに英会話は堪能のようでセドリックとは通訳なしに会話。
キャッチャーとしてはある意味これも大きな武器。

■福本 誠(湘)
湘南の迷える子羊その1。
二週間前、同じ所沢でチャンスの前に尽く凡退に倒れ、9連勝の夢を断ち切ってしまった。
今日はスタメン出場し3打席目に久しぶりに見た安打を放つ。
ここから追い上げを見せないと来季の契約が分からないだけに生き様を見せてほしい。

■木村 昇吾(湘)
湘南の迷える子羊その2。
藤田の入団によりショートの守備位置を奪われ、その他の内野のポジションを
こなすのに必死なのか、打撃面は今季全くといっていいほど結果を残していない。
今日も2三振を含む3打席凡退。途中で代打を送られたのも無理はない。
藤田も一軍で慣れないサードにつきながらも結果を残すために頑張っている。
先輩として、プロ生命を懸けて意地を見せてほしい。
様々なポジションを守らされているのは、後々大きな財産になるはず。

■田中 充(湘)
2打席目こそ得点に繋げる安打を放つも、それ以外は全てチャンスで凡退。
得点圏に走者がいる時に平凡な内野フライを上げては話にならない。
ここが一軍に上がれない壁か。

■大沼 幸二(イ)
速球と変化球を駆使して湘南打線を翻弄。
湘南打線はタイミングを外され打ち損じが多かった。
圧巻は3回。好調の北川、吉村を含む三者三振を披露。
しかし7回になると一転ストライクゾーンに球が入らず同点を
許してしまったのは残念だが、今日の内容なら一軍はまず問題なし。
4回、先制されたものの最後の打者田中一はバットをへし折っての
ピッチャーゴロ。一塁の送球してチェンジになるも、彼は折れたバットを
わざわざ取りに行き、バットボーイの河野に渡してからベンチに
引き上げるという紳士ぶりも見せた。

■上本 達之(イ)
大沼を好リードしただけでなく、4回には逆転のタイムリーを放ち、
猛打賞を記録。攻守に大活躍。
細川・野田に次ぐ第3の捕手の座に向けて着々とレベルアップしている。

■後藤 武敏(イ)
前回見た時は破戒僧のような坊主頭だったが、二週間経って、頭の方は
少々髪の毛が伸びていた。単に暑さ対策による坊主だったのか?
その髪の毛が伸びたせいか、打点は無いものの3打数3安打の猛打賞に加えて
2四球と5回の打席で全て出塁をした。
サードの守備も元気良くこなしており、一軍昇格もだいぶ近づいたか。


首位ロッテを追う両チームとしては是が否でもこの2連戦を連勝したいところ。
一方、ロッテとしては星の潰し合いをしてもらって優勝を近づけたい。
そんなイースタン・リーグ優勝の行方を占う一戦。

先発はインボイス大沼、湘南那須野。
両先発は互いに1回を5人、2回を4人と走者を出しながら、3回は3者凡退と抑える。
試合が動いたのは4回。
まず湘南が武山のタイムリーで先制、するとその裏インボイスは3連打で一死満塁の場面で上本がライト線に逆転タイムリー。
続く5回にも1点を追加しリードを広げる。
優勝の望みを残したい湘南は7回、これまで好投を続けていた大沼の乱調を突いて吉村、
小田嶋の連続タイムリーで同点。
先月の勢いはまだ残っていた!

この勢いに乗って勝ち越しするべく8回湘南はセドリックを投入。
「どうか一週間前の制球難が出ませんように」とマウンドに向かうセドリックに
祈るばかり。
そしてセドリックはその祈りに見事な形で応えてくれました。

3連打であっさりと1点を献上すると、その後は制球難のオンパレード。迎える打者殆どに0―3にし、2つの押し出しを含む5失点。

さすがの湘南も1回で5点を返す力はなく試合は終了しました。

8/31の横須賀での敗戦を含め湘南はインボイスに連敗し、これで優勝への道は
完全に断たと言ってもよいでしょう。
一方のインボイスは明日の試合にも勝利してロッテ追撃に弾みをつけたいところです。

まだ残暑が厳しい中観戦に来られた皆さん、お疲れ様でした。


2005年 9月 1日 イースタンリーグ インボイス−ロッテ(インボイス西武ドーム)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始14時2分終了17時35分試合時間3時間33分
 球審深谷1塁萩原3塁名幸記録員新向井
 インボイス(6勝6敗)観衆150人
                    R  H E
 
ロ ッ テ 021 000 240   12 0
 
インボイス 002 030 100   13 0
 勝 内 2勝1敗4S    本塁打 青野7号(3回左翼河原@)
 S川 井6勝4敗7S        後藤武9号(5回左中間手嶌A)
 負 東 4勝4敗          井上2号(7回右翼芝アA)
                   垣内3号(8回左中間トモキB)
 2塁打 林(2回)後藤武(3回)高山(4回)黒瀬(5回)早坂(7回)
 盗塁 平下(1回)青野(8回)
 暴投 川井(8回)
 併殺 ロッテ1 (早坂−青野−パスクチ)3回黒瀬
    インボイス1 (宮ア−高木大)6回パスクチ
 失策 ロッテ0
    インボイス0

1回表(インボイス投手河原、捕手野田)代田、青野共に三振、平下中前安打、大松の時平下2塁盗塁成功も結局は左飛(ロッテ0)
1回裏(ロッテ投手成瀬、捕手田中雅)黒瀬一飛、佐藤中前安打、小関中飛、後藤武三振(インボイス0)
2回表 パスクチ右飛、竹原四球、林左翼線2塁打で竹原生還、田中雅三振、早坂右前安打で林生還、代田右飛(ロッテ2)
2回裏 犬伏三塁ゴロ、大島中前安打、高山中飛、野田二飛(インボイス0)
3回表 青野左翼越え本塁打、平下バント安打狙うも投ゴロ、大松一塁ゴロ、パスクチ四球、竹原遊ゴロ(ロッテ1)
3回裏 宮ア遊ゴロ内野安打、黒瀬二塁ゴロで4−6−3とわたる併殺、佐藤四球、小関三塁ゴロ内野安打で1,2塁、後藤武中堅越え2塁打で佐藤、小関生還、犬伏三振(インボイス2)
4回表 林左飛、田中雅三振、早坂右飛(ロッテ0)
4回裏 大島左飛、高山左翼線2塁打、野田三飛、宮ア三振(インボイス0)
5回表 代田三邪飛、青野三塁ゴロ、平下二塁ゴロ(ロッテ0)
5回裏 黒瀬左翼線2塁打、佐藤投前送りバント成功で黒瀬3塁、小関中前安打で黒瀬生還(ロッテ投手手嶌)後藤武左中間本塁打、犬伏に代打高木大二塁ゴロ、大島四球、高山二塁ゴロ(インボイス3)
6回表(インボイス一塁高木大) 大松右前安打、パスクチ二直で4−3とわたる併殺、竹原中前安打、林三振(ロッテ0)
6回裏 野田遊ゴロ、宮ア遊ゴロ内野安打、黒瀬二塁ゴロで宮ア2塁、佐藤四球で1,2塁(ロッテ投手高木)小関四球で満塁、後藤武中飛(インボイス0)
7回表(インボイス投手芝ア)田中雅に代打喜多二塁ゴロ、早坂左中間2塁打、代田に代打井上右翼越え本塁打、青野右前安打(インボイス投手富岡)平下に代打曽我部捕邪飛、大松二塁ゴロ(ロッテ2)
7回裏(ロッテ中堅井上、捕手金澤) 高木大一塁ゴロ、大島中前安打(ロッテ投手内)高山投手内を強襲する中前安打で1,3塁、野田投前スクイズ成功で大島生還なお2塁、宮ア二塁ゴロ(インボイス1)
8回表(インボイス投手東)パスクチ三振、竹原三塁ゴロ、林四球、金澤遊ゴロ内野安打で1,2塁(ロッテ林に代走於保)、早坂右前安打で於保生還なお1,3塁(インボイス投手トモキ)井上に代打垣内左中間本塁打、青野四球、曽我部の時青野2塁盗塁成功も結局三振(ロッテ4)
8回裏(ロッテ遊撃渡辺正、遊撃から三塁青野、右翼から中堅大松、一塁から右翼パスクチ、一塁於保)黒瀬三塁ゴロ、佐藤四球(ロッテ投手川井)小関の時投手川井暴投で佐藤2塁へ、結局小関は遊ゴロ、後藤武二塁ゴロ内野安打で1,3塁、高木大に代打水田左飛(インボイス0)
9回表(インボイス投手長田、三塁から一塁後藤武、三塁水田)大松三振、パスクチ中飛、竹原遊ゴロ(ロッテ0)
9回裏(ロッテ右翼パスクチに代わり寺本)大島三振、高山中飛、野田捕邪飛(インボイス0)


      打撃成績
   ロッテ  打安点    インボイス 打安点
  G代 田  300    E黒 瀬  510
 H8井 上  112    D佐 藤  110
  H垣 内  113    H小 関  421
  6渡辺正  000   D3後藤武  534
 E5青 野  411    B犬 伏  200
  D平 下  310   H3高木大  200
 HD曽我部  200   H5水 田  100
 H8大 松  510    G大 島  420
 B9パスクチ 400    F高 山  520
  9寺 本  000    A野 田  401
  F竹 原  410    C宮 ア  420
  D 林   311    計     37136
 R3於 保  000
  A田中雅  200
  H喜 多  100
  A金 澤  110
  C早 坂  432
  計     38129

 投手成績
 ロッテ   投回    投数  被安 四死 三振 自責 失点
 成 瀬   4・1   77   8  1  3  4  4
 手 嶌   1・1   27   2  2  0  1  1
 高 木    ・2   14   1  1  0  1  1
○ 内    1・0   18   1  1  0  0  0
S川 井   1・2   23   1  0  1  0  0
 インボイス 投回    投数  被安 四死 三振 自責 失点
 河 原   6    103   6  2  5  3  3
 芝 ア    ・1   14   3  0  0  2  2
 富 岡    ・2    7   0  0  0  0  0
● 東     ・2   26   2  1  0  3  3
 トモキ    ・1   11   1  1  1  1  1
 長 田   1     12   0  0  1  0  0

 戦評
 今日の試合は、両軍の出てくる投手陣が不調で間延びした試合に。特に、手嶌、高木、東、トモキの4投手は制球力が無く観ていて「アー」と溜息をつきながらスコアブックをつけていました。
 それと、今日目立ったのはロッテ古賀監督の采配。井上、垣内と2本の代打ホームラン。お見事としかいえない采配だった。

 あわてんぼーが選ぶMVP

■垣内哲也(ロ)
 同点に追いつきなお1,3塁からトモキ投手の代わりバナの初球を左中間スタンドへホームラン。打った瞬間わかる打球だった。もしかしたらこのホームランが、イースタンの優勝をほぼ決定づけたといっても過言ではない。それくらい価値のあるホームランだった。

 あわてんぼーが注目した選手
■成瀬善久(ロ)
 今日ロッテの先発投手だったが、制球ストレートの速さ共にもう少し足りないと感じた。横浜高校から入団し2年目。私自身今日初めて観たのだが、走り込みと投げ込み等の基礎練習をしなければならないと思った。

■河原純一(イ)
 不調により2軍落ちし、今日インボイスの先発投手として登板したが、立ち上がり特に1,2回は球の速さ、キレ共にイマイチで心配したが3回位から走り出し彼らしいピッチングを観る事ができた。
 ただ、良い時期に比べストレートの速さにまだ物足りなさを感じた。
 1軍昇格はあと1,2回様子を見たほうが良いと思う。

■野田浩輔(イ)
 7回1死2塁代打井上という場面での初球明らかに外角へ外すボールを要求したリードははっきり言って首を傾げたくなるリードだった。そうしたら案の定井上選手にライトスタンドへホームランを打たれた。
 あの場面私が思うに、踏ん切りがつかずとりあえず「外角のボールにするか」というあまり根拠のないリードだったように思える。どうしてもストライクを先行させ、有利にもっていきたい場面だっただけに悔やまれるリードだった。

■東和政(イ)
 8回2アウトから林にフォアボールを出し、その後連打を浴び同点とされ後を継いだトモキが垣内にホームランを打たれ逆転された。
 林に対し明らかにりきみがみられ、りきんでしまった分明らかなボール球を投げてしまった。
 2アウトからだっただけに林に対するフォアボールが悔やまれてならない。


2005年 8月31日 イースタンリーグ 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:レイトンハウスさん

夏休み最後の31日、息子と二人で鎌ヶ谷に観戦に出かけました。なかなかの好ゲームで野球を堪能することができた1日となりました。

戸田 100040000 
鎌ヶ谷00005003× 

S 石堂、三澤、佐藤賢、●杉本ー福川
F 江尻、加藤、伊藤、○芝草、S岩本ー山田

主審・牧田、一塁・萩原、二塁・石山、三塁・原

      1   2   3   4   5   6   7   8   9
4田中浩  三振      遊ゴ      死球  三ゴ          三ゴ
6梶本   右本      三振      一失      遊ゴ      三振
9度会   三ゴ      投ゴ      左本      遊ゴ
D鈴木   右安          一ゴ
HD佐藤                   中飛      中安
3久保田  左飛          中安  左飛      ニゴ
7本郷       左飛      一ゴ  一ゴ          遊直
2福川       右安      四球      左安      三振
5丸山泰      中直      左飛      遊ゴ      投ゴ
8牧谷       中直          左安  右飛          遊ゴ

     イニング  安打  四球  三振  投球数  失点  自責点
石堂    5   7   0   3   69   5    5
三澤   11/3   1   0   0    9   0    0
佐藤賢   1   0   0   0   11   0    0
杉本    1   3   0   0   11   3    2


      1   2   3   4   5      6   7   8
8工藤   二失      ニゴ      左2         一ゴ
9紺田   三振          中直  中安         ニゴ
7田中賢  遊飛          三振  中安             左飛
D上田   ニ飛          左飛  右飛
H鵜久森                                 中2
RD佐藤
5アルモンテ       左飛          左本・投ゴ          中安
3古城       右飛          三安     ニゴ      右3
4稲田       投ゴ          右安     右安      二失
2山田           三振      投飛    中飛併      二ゴ併
6尾崎           三飛      右安         三ゴ

     イニング  安打  四死球  三振  投球数  失点  自責点
江尻   50/3  5    2    2   68   3   3
加藤   1    1    0    0   12   1   1
伊藤   1    1    0    0   11   0   0
芝草   2    1    0    1   31   0   0
岩本   1    0    0    1    8   0   0


鎌ヶ谷
■江尻慎太郎(日)
球が走らず、コントロールも定まらず、でいまいちの投球。5回田中への頭部への死球を危険球とみなされ途中退場。もうしばらく調整が必要のよう。

■芝草宇宙(日)
どうして鎌ヶ谷なのか?スピード、コントロール、プレートさばきともイースタンレベルではない。昨年の関根のような扱いに?????

■工藤隆人(日)
春に見たときとは変わっていて、ずいぶんパワフルなスィングになっている。もうそろそろ一軍に上がるころと見た。

■古城茂幸(日)
決勝3塁打はお見事。でもどうして1塁での起用なのか?


戸田
■石堂克利(ヤ)
上半身だけで下半身を使っていないフォーム。ヒジ・肩の故障には気をつけてください。4回までは完璧な投球、5回はスタミナ切れか?

■梶本勇介(ヤ)
この日もっとも印象に残った選手。レフトへのホームラン、走塁のスピード、肩の強さが将来のスター候補の雰囲気。がんばれ!!


2005年 8月31日 イースタンリーグ 湘南−インボイス(横須賀)報告者:子連れさん

8月31日(水)イースタンリーグ公式戦 湘南Vs所沢11回戦 横須賀スタジアム

<結果>
湘南5:6所沢 (湘南7勝3敗)
(勝)富岡(26試合2勝1敗)
(S)田崎(24試合2勝2敗)
(負)谷口(25試合3勝2敗)
<HR>湘南 斎藤俊3号(4回裏左中場外2HR・投手山崎)
       田中充8号(6回裏右中2HR・投手山崎)
    所沢 黒瀬 8号(6回表左2HR・投手吉見)
PL・名幸一明 1B・深谷 篤 3B・木内九二生 SC・
<天候>くもり 無風 湿度65l
<観衆>265P
<試合時間>3時間9分

<得点経過>
2回表 所沢1点
 山崎の3球目に斎藤俊パスボール。3塁走者黒瀬生還。
4回裏 湘南2点
 2OUT後に福本6H。斎藤俊初球左中間場外枝落とし2HR。
5回表 所沢1点
 山崎4H−水田四球−佐藤四球の後,高山の4ゴロ間に山崎生還。
6回表 所沢2点
 大島左中間2BHの後,黒瀬2球目左2HR。
6回裏 湘南2点
 呉本左Hの後,田中充初球右中間2HR。
9回表 所沢2点(6点)
 2OUT1−2塁後,後藤左2H※7田中充打球処理モタツキあり。
9回裏 湘南1点(5点)
 無OUT満塁後,田中充右犠飛。


 1回裏からの観戦となりました。試合前に限定の球場内見学ツアーが行われたそうです。
「日頃見られない所を見学できて,よかったですよ」と隣席の年金生活ご隠居の弁。
ゲリラ的企画ができたのも来場者数の少なさか。
 子供の数がめっきり潜めた球場は静かでした!ファールボールに触ったらもらえるので,
1人で何個も集めている子供もいたりして。


<選手印象>
湘南・吉見・・・いいのだか悪いのだか。4回までは割合とコンスタントに投げ,ゲーム
        進行に貢献。5回あたりから疲れが見え,山崎4H・水田,佐藤連続四
        球で岡本コーチ登場。長いお盆休み中の湘南エース若田部の代役にはま
        だまだ時間と練習がかかりそう。それにしても,湘南のユニフォームが
        似合う投手だ。

所沢・山崎・・・ノラリクラリと6回までこちらもマウンドに。しかし3回裏,吉見中2
        H,北川中H,野中四球の1OUT満塁で西崎(振K)小田嶋(ヤル気
        なしの右飛)に救われなければこの回でおしまいだったろう。ここでの
        この夜の湘南の元気なさが負けを象徴。6回まで山崎を投げさせた打線
        は消化不良。山崎らしさと言えばそれまでですが・・・


湘南・斎藤俊・・パスボールで無駄な点を献上。打席では場外HR,エンタイトル2B,
        3犠と活躍。最後は弱いものイジメの田崎の餌食であえなく振Kゲーム
        セットあたりは,まだまだ正捕手バリバリは夜空の星の印象。

湘南・吉村・・・酸欠山崎瀕死の6回2OUT2塁にPHで登場!期待するも,勝負して
        くれないのでは溜息。野田は最初から立ち上がり敬遠。所沢は勝ちに出
        た。その2球目に暴投するから山崎は本当に役者投手だった。それにし
        ても,イースタンでの敬遠を観たのはいつ以来だろう・・・この回打者
        8人送り,田中充の2HRだけ。

所沢・田崎・・・9回登場。西崎(左H)、小田嶋(左H)、木村(5H)の無OUT満塁。こ
        こで湘南ファンは「横須賀劇場」を当然期待。何たって田中充だから。
        その田中充はかろうじて右犠飛,1−3塁でこの夜スタメンの福本誠が
        初球スクイズするも小田嶋本死。ここまでは田崎投手のかつての同僚。
        弱々しい投球内容。そして斎藤俊が打席に登場で「人が変わりました
        ね」と隣席のご隠居の通り居丈高な投球で斎藤をKに仕留める。いつも
        この気迫なら・・・


<総括>
湘南の元気のなさが目立ったゲームでした。呉本がスタメンもあの元気印な姿も声も聞こえず。
かろうじて6回表にライトの西崎がいつもながらの声を発する程度。
逆に所沢ベンチからの市場の売り声調とまとまりのあるプロの野次が響いていました。
コウモリが時々ネット裏を右に左に乱舞する8月最後の須賀スタでした。
ご観戦のみなさん,お疲れ様でした。

<おまけ>湘南ホームゲーム追加日程
7日(水)Vs川崎 18:00須賀スタ
10日(土)Vs鎌ヶ谷 13:00中井
11日(日)Vs浦和  13:00須賀スタ
14日(水)Vs浦和  18:00須賀スタ
15日(木)Vs川崎  18:00須賀スタ
21日(水)Vs鎌ヶ谷 18:00須賀スタ
25日(日)Vs所沢  13:00須賀スタ 以上
 ※WIZさん,メカゴジラさん,さていつ行きましょうか!?

<村西情報>煩わしいでしょうが,恒例ですので・・・
 一時の後ろ向き人生を脱して,ようやく前向き果敢に野球人生に臨んでいると彼の友人から伺いました。
野球が出来る就職先の斡旋のためにバカな私は動いたのですが,よかったよかった!失礼いたしました。


2005年 8月28日 ウエスタンリーグ 中日−阪神(豊橋市民球場)報告者:大阪部長さん

 豊橋市民球場からただ今帰阪しました。取り急ぎ本日の試合です。

2005年8月28日(日) 18時00分〜21時07分
15回戦(鳴尾浜10勝4敗1分け)
鳴尾浜 111 001 001|
ナゴヤ 000 000 100|

(鳴)○ブラウン、中林、伊代野、牧野−狩野、岡崎
(ナ)●チェン、石川、川岸、平松、矢口−柳沢、小山

本塁打 (鳴)前田2号(チェン)=初回先頭打者=
    (鳴)立川3号(平松)=代打=

 先日の福岡・広島遠征からJRの乗車券は通しで購入しております。途中下車は
もちろん可能、距離が延びれば有効日数も延びます。
 水曜の広島の後、地元大阪に「立ち寄って」、木・金・土の3日間は出勤して
仕事をこなした上、また豊橋へ向かっているのがミソです。日本の真ん中(大阪)に
住んでいるとこういうことができます(笑)。


2005年 8月28日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!)/WIZさん/子連れさん

メカゴジラさん編

イースタン公式戦 湘南―ヤクルトL(横須賀) 1526人
審:木内・名幸・小林 記:生原 3時間38分(13:00−16:38)
              R  H E
YS|001220000| 5  4 0
SR|54000300×|12 15 0
(SR6−7)勝:牛田(4−2−5S)負:上原(1−5)
本:吉村H(3上原)田中充F(2上原)西崎D(満塁・上原)

得点経過
1裏:吉村3ランHR    ( 3−0)
   田中充2ランHR   ( 5−0)
2裏:西崎 満塁HR    ( 9−0)
3表:梶本タイムリー3ベース( 9−1)
4表:大原 犠牲フライ   ( 9−2)
   丸山泰ファーストゴロ ( 9−3)
5表:田中浩ショートゴロ  ( 9−4)
   SR武山パスボール  ( 9−5)
6裏:石川タイムリーヒット (10−5)
   野中 押し出し死球  (11−5)
   吉村 押し出し四球  (12−5)

YS     1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(7)内田  空振  空振  四球  三ゴ      3 0 0 232
(6)梶本  空振  中3  右2  空振      4 2 1 288
(4)田中浩 右安  中飛  遊ゴ  捕飛      4 1 1 282
(9)本郷  空振    四球四球    中飛    2 0 0 286
(8)牧谷    遊ゴ  四球右飛    中飛    3 0 0 297
(2)福川    空振  右安二ゴ          3 1 0 230
 2 高橋                三ゴ    1 0 0 221
(5)大原    空振  右犠  空振    一直  3 0 1 255
(3)丸山泰     四球一ゴ  遊直    遊ゴ  3 0 1 231
(1)上原      捕犠              0 0 0 200
 1 小森                      ―     ―
 H 佐藤真       三ゴ            1 0 0 310
 1 佐藤賢                     ―     ―
 H 久保田           空振        1 0 0 288
 1 松谷                      ―     ―
 1 三澤                      ―     ―
 1 宇野                      ―     ―
 H 大塚                  遊ゴ  1 0 0 269
                          29 4 4 268

投手  回  打  安 本 振 四 暴 ボ 死  失  責  防御率
上原  2 17  9 3 3 2 0 0 0  9  9 7.81
小森  1  5  2 0 2 0 0 0 0  0  0 2.65
佐藤賢 2  9  1 0 1 2 0 0 0  0  0 5.84
松谷  1  9  1 0 1 4 0 0 1  3  3 4.03
三澤  1  4  1 0 2 0 0 0 0  0  0 6.27
宇野  1  4  1 0 0 0 0 0 0  0  0 1.99
    8 48 15 3 9 8 0 0 1 12 12 4.23


SR       1回2回3回4回5回6回7回8回  打  安  点  率
(4)北川    遊安中安左安  捕犠四球      3  3  0 300
 H6木村                  一ゴ  1  0  0 248
(6)野中    四球左安左飛  左飛死球      3  1  1 313
 H4福本                  遊ゴ  1  0  0 260
(5)吉村    中本空振中安  四球四球  捕邪  4  2  4 264
(3)ウィット  中安右安空振  二ゴ        4  2  0 312
 3 小田嶋             右飛      1  0  0 313
(9)田中充   右本遊飛  左安  四球空振    4  2  2 296
(7)西崎    左安中本  空振  捕ゴ中安    5  3  4 252
(8)田中一   空振四球  三犠  四球中飛    2  0  0 252
(2)武山    三ゴ見振  一ゴ          3  0  0 157
 2 斉藤俊             空振空振    2  0  0 140
(1)セドリック 投ゴ  空振            2  0  0 000
 1 村西                      ―       333
 H 呉本            四球        0  0  0 208
 1 牛田                      ―       000
 H 石川              左安      1  1  1 229
 1 谷口                      ―       000
 1 ホルツ                     ―       ―
 H 河野                  右2  1  1  0 309
 1 岸本                      ―       000
                          37 15 12 275

投手    回    打 安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
セドリック 4.1 22 4 0 6 5 0 0 0 5 4 7.11
村西    0.2  2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5.95
牛田    1    3 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2.83
谷口    1    3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3.54
ホルツ   1    3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00
岸本    1    3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4.15
      9   36 4 0 9 5 0 0 0 5 4 4.40
選手交代
YS 高橋:6裏から
SR 小田嶋:6表から
   斉藤俊:6表から

盗塁:西崎P(1回 打者・田中一の初球で二盗)
     Q(1回 打者・武山の0−1から三盗)
     R(6回 打者・田中一の0−2から二盗)
走塁死:西崎(1回 武山の三ゴで本塁突入も刺殺)
捕逸:武山(4回 打者・牧谷の0−2から ランナー2進)
   武山(5回 打者・牧谷の1−1から ランナーそれぞれ生還・2進)

補足
2裏:ウィットの右安→ポテンヒット
3裏:吉村の中安→ランナー1・3塁
4表:大原の右犠→なおもランナー1・3塁
   丸山泰の一ゴ→なおもランナー2塁
5表:梶本の右2→エンタイトル
   田中浩の遊ゴ→なおもランナー3塁
6裏:西崎の捕ゴ→バント失敗

<選手評>
■セドリック(SR)
染田のローテを飛ばして中3日での先発となりました。立ち上がりは1軍での経験がそうさせるのかストレートとカーブだけでテンポよく(1分に4球は投げてた)投げていた。しかし大量リードで変化があったのか、3回からまるで別人。イライラしてはいなかったものの四球連発に始まりウィットの拙守も手伝って失点を繰り返す。失点したのは点差があり前進守備などを一切とらなかったので気にしていないが、ファームでも四球癖が出るとなると上に上げて大丈夫なのか気になるところ。できればさっさと快投を見せてもらって1軍のローテに戻って欲しい。

■上原厚治郎(YS)
昨日の松岡が散々な立ち上がりをしていたのに一切学習せずまったく同じことを繰り返してしまった。どのHRも完璧な当たり。1球1球に注意しながら次回登板で修正に期待。
西崎(SR)満塁HRは言うまでもなくシーレックスに貴重な追加点をもたらした。今日はそれだけでなく3盗塁も評価せずにはいられない。どの盗塁もタイミングはアウトっぽいのだがスライディング、スタートでの思い切りがこの盗塁数を引き起こしていると思う。残りシーズンで昨年の野中に続いてシーレックスから2年続けての盗塁王が出現するか!?

■武山信吾(SR)
攻撃でも蚊帳の外、守る方でもキャッチングミスが2つなど制裁を欠いていた。大差だからこそしっかりした守りをしてほしかった。打撃も長らくヒットが出てない気もするが、まずは守りをしっかりしてほしい。

<感想>
急用のため途中で抜けるかも、と書きましたが友人に球場から連絡して1時間遅れで行きました。結局4時で6回終了という鈍行ぶりに負けて最後まで観ました。
試合のほうは昨日のリプレイのように立ち上がりから湘南打線が爆発。今日は3発で9点をリード。さらに昨日と同じようにそこからヤクルトがセドリックをKOし、シーレックスにも守りのミスが出るという展開に少し気まずさを感じました。しかし今日は5回途中からが違いました。ヤクルト松谷が四球連発で失点したのに対してシーレックス中継ぎ陣は昨日のヤクルト中継ぎ陣に仕返しとばかりにパーフェクトリレーで勝利を奪い取りました。また、今日は強い追い風が吹き目測を誤る選手が続出した。大差だからこそしっかりした守りを見せてもらいたかったです。

夏休みが終わるということでシーレックス観戦はしばらくお休みです。次回は海老名に行く予定です。それまで皆様の観戦記で楽しみたいと思います。




WIZさん編

8/28(日)イースタンリーグ公式戦 湘南−ヤクルト13回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

今夜も横須賀終了後、神宮へ。
そして3夜連続で逆転負けを目にしてきました・・・
メカゴジラさんが既にスコアを出されているので
大甘えして昨日同様感想まで。

<選手感想>
■上原 厚治郎(ヤ)
昨日の松岡と同じく新人投手だが、内容も同じく序盤から大量失点。
2回で9失点。さすがに5回まで引っ張らずに降板。
しかも3回表に打席に立たせてバントを決めさせてからの降板。
これは打撃経験を積ませるものか。
それにしても昨日の松岡に続き上原までも序盤で大量失点と
ヤクルト首脳陣としては頭の痛い問題である。

■小森 孝憲(ヤ)
本間同様、個人的に注目している若きヤ投。
昨年の中井球場で湘南が1イニング最多安打(11安打)、
1イニング最多得点のタイ記録を打ち立てられて、当初は同情的な
目から注目していたが、この1年で着実にレベルアップしている。
速球で力で押すタイプの投手だが、決め球になる変化球を
ぜひ身に付けてほしいところ。それだけで投球の幅がかなり広がると思う。

■本郷 宏樹(ヤ)
本日のヤクルト打線の四番。
今日は結果を出せなかったものの、昨日は3安打の猛打賞。
2年続けて3割を記録したが今季はやや低調。
外野守備と共に向上していけば必ず一軍の道はやってくる。

■セドリック・バワーズ(湘)
1、 2回に関しては完璧。持ち球のカーブは本当に凄いの一言。
特にキャッチャーからの返球を受けてから次の投球までの間隔が短く
テンポがよい。序盤で野手が大量得点を挙げたのは彼のそんなテンポの
よい投球が作り上げたものかもしれない。
CSプロ野球ニュースで佐々木信也さんが常々にこの投球間隔の短縮を
声に上げていたが、今日の彼の投球を見ていたら大絶賛していただろう。
しかし3回からは制球難が露呈し投球間隔も伸びてくる。
回が進むにつれて追い上げられ結局5回を持たずに降板。
この制球難は牛島監督が常々指摘していることであるため、一軍昇格は
当分あり得ないと見てよいだろう。
吉見に続き湘南のローテーションに強力な左腕が加わったと
プラス思考で見るしかないか?

■マイク・ホルツ(湘)
腰痛から実戦復帰。
外野後方へ簡単に飛ばされたのが少々気になるが、腰の調子さえ
問題なければ一軍に上げても問題ないレベル。
とにかく中継ぎ・抑えに左腕がいない一軍の現状を考えると
早期の復帰を望みたい。

■吉村 裕基(湘)
初回に左中間の深い所に弾丸ライナーの先制3ランを放つ。
一軍の試合を見ていて今の横浜の3塁は調子の上がらない村田、内川らで
レギュラー争いをしているが、いっそのこと彼を上げて起用してみるのも
いいかもしれない。
打撃に関しては一軍級投手相手に経験を積ませたいところ。

■西崎 伸洋(湘)
2回に早々のダメ押しとなる満塁ホームランを放つ。
さらに1回に盗塁を2つ、6回にも1つと計3個の盗塁を決め、
走塁面でもアピールした。青山コーチと共にスタートのタイミング、
スライディングの練習を欠かさず行っていたことが身になっている。
ここに来て走・攻・守全ての面で好アピールが続く。
来月にも念願の一軍昇格が見られるかもしれない。

■田中 充(湘)
1回、吉村の先制ホームランの後、追加点となる2ランを放つ。
課題の左投手からの打率アップ、左方向への安打も放つようになり
ケチャップ氏が彼を紹介する「広角打法のスペシャリスト」の言葉が
まさしく相応しくなってきた。
それだけに守備面で目測を誤り後逸してしまったのは頂けない。
一軍昇格をアピールするにはちょっとしたミスでもマイナスに
なってしまう。
西崎と共にぜひ一軍に上げたい候補の一人。

おまけ
■球場DJ ケチャップ氏
昨日は球場全体が暗い雰囲気の中で盛り上げ役に苦労していたが、
今日はオフィシャルレポーターの大矢陽子さん(急遽駆けつけた?)も
加わったせいか、試合前から飛ばしまくり。
挙句に大矢さんにセクシーポーズを要求、受けなければ完全にセクハラである。
しかし昨日、今日と改めて横須賀スタジアムにはケチャップ氏が
いてこそ成り立っていると感じた。

今日の観客数は1526名。
・・・と言っても今日のジャザサイズのメンバーと少年野球の面々を除けば
おそらく1000名弱といったところでしょうか。

毎年恒例の試合前のジャザサイズは今年も大盛り上がりで始まった試合は
昨日と全く同じ展開。
ヤクルト先発上原は序盤から大量失点し2回で降板。
一方湘南先発セドリックは序盤こそ完璧な起ち上がりも3回から制球難で崩れ
5回を持たずに降板。
試合は昨日同様、少々中だるみの長丁場の試合となりました。

ちょうど一週間前、所沢でインボイスと中身の濃い試合を見ていただけに
この2連戦はちょっと注文の付け所の多い試合となってしまいました。

戸田球場での観戦予定が無いため、今季のヤクルト戦の観戦は今日が終了。
この2連戦が象徴するように先発投手の育成が課題といったところでしょうか。
とにかくヤクルト戦では中継ぎ陣(佐藤賢、杉本、三澤、宇野)を毎回のように
見てきた感じがします。

本日観戦されたメカゴジラさん、子連れさんをはじめ皆さんお疲れ様でした。
試合前に村西へのメッセージを投稿された子連れさん、今日も好投して
よかったですね。今日は昨日指摘した低めの制球がよかったです。




子連れさん編

8月28日 湘南Vs戸田 13回戦 村西吠えた!
 この日の,湘南・村西哲幸は・・・
<5回表・OUT1−1・3塁>
(8)牧谷 ● 振○ ●(捕逸・得点1) ● 邪 邪 邪 邪 邪 右飛 (2OUT)
(2)福川 ○ 4ゴ (3OUT)
<投球数>12球
「村西哲幸(湘)についてのコメント
 8月17日観戦時よりフォームが安定していた。右手首の返しと高さの位置がピタリと型にはまっているのは投げ込みの成果。牧谷への初球はしびれるぐらいの低め!唸ってしまった。武山の捕逸への本塁カバーも躊躇のないダッシュ!その直後,いつもならば頬っぺた膨らませるけれどそれがなかった!「おとーさん!頬っぺた膨らまないね!」と子連れの下の子が感嘆する。そして8球目に村西が「吠えた!」バックネットへのファールとなったが,伸びがあって私も吠えた。話題が飛んで自他共にご迷惑ですが,7回表登板の谷口も田中浩への3球目で吠えていた。ただし吠えたと言っても「ヒョン!」と聞こえる。元祖バチ投手はどうしたろうか・・・
 WIZさん,メカゴジラさんの過分なる温情を頂きましたが,確かにこの日の村西は完成マジカ?を思わせたのです。セドちゃんがヨタヨタしていたのでピリッとした印象もありますが,是非とも次回は3イニング投げさせて吠えさせたいと思うのです。

 天気予報外れてカンカン照り,前夜業務が遅く,セドちゃんがあの通りだったので,不覚にも4回裏のスコアーシートは白紙・・・球場の音を至福に白河夜船でした。WIZさん,メカゴジラさん,皆さんお疲れ様でした。「(応援メッセージ)一番に読みましたからね!」とスタジアムDJのケチャさんに言われてしまった!では明晩須賀スタで・・・


2005年 8月27日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!)/WIZさん

メカゴジラさん編

イースタン公式戦 湘南―ヤクルトK(横須賀)923人
審判:小林・木内・名幸 記録員:加藤木 3時間22分(13:01−16:23)
              R  H E
YS|031120012|10 12 0
SR|320000001| 6 10 3
(SR5−7)勝:松岡(1−0)負:那須野(3−2)
本:大原A(3那須野)小田嶋F(1松岡)

得点経過
1裏:小田嶋タイムリー2ベース   (1− 0)
   YS田中浩フィルダースチョイス(2− 0)
   田中充タイムリーヒット    (3− 0)
2表:大原3ランHR        (3− 3)
2裏:吉村タイムリーヒット     (4− 3)
   小田嶋ソロHR        (5− 3)
3表:田中浩タイムリー2ベース   (5− 4)
4表:松岡タイムリーヒット     (5− 5)
5表:本郷2点タイムリー2ベース  (5− 7)
8表:小田嶋エラー         (5− 8)
9表:牧谷2点タイムリー2ベース  (5−10)
9裏:石川タイムリー2ベース    (6−10)

YS     1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(7)内田  右飛  中安右飛  四球  二ゴ    4  1 0 237
(6)梶本  遊ゴ  遊失  三ゴ一ゴ  空振    5  0 0 282
(4)田中浩 空振  左2  四球  右飛  右2  4  2 1 282
(3)度会    四球右邪  右2  捕邪      3  1 0 340
 3 丸山泰                 一ゴ  1  0 0 242
(9)本郷    二ゴ  左安左2  右安  四球  4  3 2 288
(8)牧谷    右安  右飛左飛  一邪  中2  5  2 2 301
(5)大原    右本  三選右飛    三ゴ右飛  5  1 3 259
(2)高橋    一ゴ  二ゴ  遊ゴ        3  0 0 224
 1 鎌田                      ―      143
 1 佐藤賢                     ―      ―
 H 佐藤真               右安    1  1 0 317
 1 杉本                      ―      ―
 1 宇野                      ―      ―
(1)松岡    一ゴ  右安            2  1 0 500
 H2福川            遊ゴ  四球    1  0 0 229
                          38 12 9 270

投手  回  打  安 本  振 四 暴 ボ 死 失 責   防御率
松岡  5 23  8 1  4 0 1 0 0 5 5 11.25
鎌田  1  3  0 0  3 0 0 0 0 0 0  4.40
佐藤賢 1  3  0 0  3 0 0 0 0 0 0  6.97
杉本  1  3  0 0  1 0 0 0 0 0 0  1.64
宇野  1  5  2 0  1 0 0 0 0 1 1  2.05
    9 37 10 1 12 0 1 0 0 6 6  4.12


SR       1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(4) 北川   空振中2  左飛    空振  一ゴ  5  1 0 289
(8) 田中一  右安二ゴ  中飛    空振      4  1 0 255
(5) 吉村   左安左安    左飛    遊飛    4  2 1 259
(23)小田嶋  左2左本    捕邪    空振    4  2 2 315
(3) ウィット 二選空振                2  0 1 307
 36 福本           一邪    左飛    2  0 0 262
(9) 田中充  中安  一ゴ    空振    中2  4  2 1 291
(7) 西崎   右安  投ゴ    空振    空振  4  1 0 240
(6) 木村   一ゴ  中飛    空振        3  0 0 250
 1  岡本                       ―      000
 1  堤内                       ―      000
 H  石川                   左2  1  1 1 206
(1) 那須野  空振    空振            2  0 0 222
 1  村西                       ―      333
 1  松家                       ―      000
 H2 武山               空振      1  0 0 161
 H  河野                   右飛  1  0 0 306
                            37 10 6 272

投手  回  打  安 本 振 四 暴 ボ 死  失 責   防御率
那須野 5 25  8 1 1 2 0 0 0  7 6  5.43
村西  1  4  0 0 0 1 0 0 0  0 0  6.05
松家  1  4  1 0 0 0 0 0 0  0 0  4.44
岡本  1  5  1 0 1 1 0 0 0  1 0  7.89
堤内  1  5  2 0 0 1 0 0 0  2 2  5.24
    9 43 12 1 2 5 0 0 0 10 8  4.40

選手交代
丸山泰:8裏から
福本:3表から

盗塁;田中一K(1回 打者、吉村の初球で二盗)
盗塁死:吉村(2回 打者、小田嶋の初球で二盗死)
走塁死:梶本(3回 補足参照)
    田中浩(3回 補足参照)
    本郷(4回 高橋の二ゴで本塁突入も挟殺)
    牧谷(9回 自らのヒットで3塁を狙うも刺殺)
失策:木村(3回 梶本の打球を後逸する、ランナー1・3塁)
   北川(4回 吉村から送られたボールを1塁へ悪送球、ランナー2・3塁)
   小田嶋(8回 内田の二ゴでショートからの送球をグラブの土手にあてる、
          ランナーそれぞれ生還・2進)
暴投:松岡(2回 打者、田中一で0−1から暴投、ランナー3進)

補足
2表:本郷の二ゴ:併殺崩れ
   牧谷の右安:止めたバット
3表:度会の右邪:2塁ランナーが飛び出す→3塁ランナーが飛び出し3塁手前で挟殺→
         3塁ランナーを帰塁させるために手前で止まっていた2塁ランナーがタッチアウトになりトリプルプレー完成
5表:度会の右2:エンドラン成功
9裏:河野の右飛:タッチアップ

<選手評>
■松岡健一(YS)
今季4試合目の登板にして先発を任された。初回・2回はストレートが軽い感じがあり、シーレックス打線の軽打につかまった。しかし3回からの下位打線をしっかり抑えるとストレートが生きてきて後続をパーフェクトに抑える。スローボールもあるけれども、それが生きるかどうかはストレートにかかっているといったところか。5失点ながらプロ初勝利を挙げたのも好材料。次回からファームの先発ローテなるか。

■那須野巧(SR)
先週の好投から中6日の登板。立ち上がりは3ボールまでいきながらも那須野らしくなく!?しっかり抑える。しかし2回に当たり自体はよくなかったのに大原にスタンドインされると、調子がおかしくなり松岡と逆転したかのような散々な内容。監督も先発の役目を果たさせようと5回まで引っ張ったものの傷口を広げる結果に。悪いなりにも試合を作らないと先週の好投がふいになってしまう。来週の登板で真価が問われる。

■福川将和(YS)
久しぶりに出場すると6者連続三振をリードで助ける。ただ、結果よりも帰ってきたことによって捕手・大塚の出番はなくなりそう。緊急事態を乗り越えヤクルトは浮上できるか!?
石川(SR)9回のレフトオーバーのタイムリー2ベースがプロ初打点となった。前半に比べればはるかに打球が慣れてきた。そろそろフル出場もみたくなってきた。

<感想>
立ち上がりから湘南の軽打でつなぐ攻撃でワンサイドになるのかと思いきや、YS大原の風に乗ったHRを皮切りに長打に相手のミスを絡め逆転。後半の湘南打線は前半と見違えるような単調さで3回から6者連続三振を挟んで8回までパーフェクトに抑えこまれれば「横須賀劇場」も今日は起きず。今日の分かれ目は引っ張ってうまくいった松岡と引っ張って打たれた那須野の差であった。ファームは結果重視ではないのでしょうがないが、同点で持ちこたえられれば接戦に持ち込めただけに湘南サイドにとっては痛い敗戦となった。明日は染田VS上原となりそうだがヤクルト投手陣の無四球リレーを見習ったピッチングに期待したい。

明日は行くんですが帰ってきてから急用を半ば強制的に入れられたので最後まで観戦できないかもしれません。その際はご了承ください。以上、那須野のピッチングにがっかりし、1軍の川村のピッチングにベイの残りシーズンを失望し、急用を勝手に決められたことに対する怒りを同時に抱いているメカゴジラでした。観戦したみなさん、お疲れ様でした。





WIZさん編

今日の試合を観戦しましたが、観戦記を書く気力がありません。
幸いメカゴジラさんも観戦され、観戦記も作成されているので
スコア等はメカゴジラさんにお任せして、私は感想だけに致します。

<選手感想>
■松岡 健一(ヤ)
序盤は前回観戦した以上に悪い内容で初回に3失点。
直後に味方が同点にしてくれたため、続投されたがさらに2失点。
とにかく球威が全く無く、打撃投手状態。
初回には田中一に「走るぞ」と言わんばかりの仕草を見せながら
あっさりと盗塁を許すなど走者を置いてからの投球も課題。
しかし3回から5回までは全て三者凡退に抑え、先発の責任を果たした。
序盤に大量失点しながら修正し先発としての責任を果たしたことが
今日の収穫であり、この次の投球でこれをどう生かすかが注目。

■佐藤 賢(ヤ)
前回の横須賀2連戦では立て続けに打たれ連日の敗戦投手となり、
横須賀劇場を演出してしまったが、今日の投球は文句無しの内容で
3者三振、前回の鎌田から6者連続三振に切って取り、ここで湘南ファンは
今日の逆転劇はもう無いと感じた人も多いのでは。
見事にリベンジを果たした。

■田中 浩康(ヤ)
3回にレフト線へタイムリーを放ったが、無死2・3塁と2塁走者だった彼は、
渡会のライトフライに3塁走者を見ずにタッチアップ。
3塁走者はタッチアップしていないため、気付いた彼は2塁に戻るも挟まれる。
強引に3塁に行くと追い出される形で3塁走者の梶本は本塁へ。
今度は梶本が本塁で挟まれ3塁ベース付近でタッチアウト。
だが、なぜか田中浩は2塁に戻ろうとしたのか足をベースから離してしまい、
タッチアウトになり三重殺となってしまった。
試合に勝ったからいいものの、もしこの三重殺で試合の流れが湘南に向いて
しまったら敗戦A級戦犯ものである。
新人とはいえ緩慢なプレーは控えていかないと一軍には上がれない。

■那須野 巧(湘)
初回は無難な内容も2回に先頭の度会を四球で出すと、ここから制球力が
一気に乱れて行った。
同点にされた後、味方が勝ち越したものの再び同点に追いつかれ、
さらに逆転を許した。これを機に打線の方もヒートダウン。
彼の乱調が試合の流れを変えてしまった。
今日の内容は、ここまで築いた好結果を全て崩しさってしまった。
またゼロからの再出発で次の登板に期待したい。
「自由枠」という肩書きは忘れ、今季は湘南で実戦を積ませ、
秋・春のキャンプでじっくり鍛えてから一軍マウンドに送った方が
彼の今後のためにもよいと思う。

■村西 哲幸(湘)
アンダースロー気味のフォームに改造した投球内容は満点とは言えないが
まずまずの結果を残した。
低めのボールが全てワンバウンドしてしまうので、この低めの制球力が
付けば間違いなく結果を残すと思う。
個人的な希望としてもう少し球速がアップしてほしいところ。

■松家 卓弘(湘)
今日投げた湘南投手陣では一番良かった。
一軍では登板は無かったものの、やはり一軍のブルペンで勉強したことは
生かされているようだ。ぜひ今度は一軍マウンドで実戦を経験してほしいところ。
ちなみに「週ベ」によると9月に東大を卒業予定とのこと。

■石川 雄洋(湘)
勝敗は既に決まったかに見えた最終回、代打で登場するとフェンス直撃の
タイムリーを放ち意地を見せてくれた。
最近、代打で結果を残しているのでショートかセカンドでスタメン出場させても
いいのでは。
ところで試合前の守備練習で守備につかずノッカーの手伝いだけをしていたのは
なぜだろうか。

今日は「うちわデー」と題し、先着1000名に「シーレックス特製うちわ」が
プレゼントされました。(観客数が1000名未満なので結局全員に渡された)
以前プレゼントされ、球場にも貼ってあるポスターと同じデザイン。
裏は9/3から開催される「くりはま花の国 コスモスまつり」の広告が。
うちわ作成のスポンサーとのことらしいです。

今日は試合前の守備練習で福本、ウィットらがエラーを出し、試合前から
緊張感の無い湘南野手陣に嫌な予感を抱きました。
特にウィットの練習態度は緩慢すぎ。早々に福本に交替したのは納得です。
試合中は久しぶりの本職・ショートについた木村までエラーするなど
目を覆いたくなる内容。
また両先発陣の不甲斐なさも目につきました。
松岡は立ち直りを見せたものの、那須野にいたっては改善見込み無し。
これまでの好投が水の泡です。

そんな試合内容だからか、スタンドもシラケムードが漂い全体的に元気が
ありませんでした。応援団の声援もドラムの方が大きかったのでは。
さすがの元気の無さにケチャップ氏が何度も元気の無さを口に出し声援を
要求してましたが、今日の内容で盛り上がれというのは無理かもしれません。
声が出てたのは野次将軍だけ。

また試合後に行われた野球教室に参加する少年野球チームの面々も
周りに迷惑をかける行為もあり残念。
こういう時は指導者や保護者がしっかり監督してほしいところです。
まぁ今日の内容では参考にするところは無いかもしれませんが。

最後に3回表に湘南がトリプルプレーをやりました。
ヤクルト田中浩の不注意な走塁がきっかけでしたが、詳細は彼の個人評を
参考下さい。

明日は「ジャザサイズゲーム」。
試合前にダンスパフォーマンスがあります。


2005年 8月24日 ウエスタンリーグ 広島−阪神(広島市民球場)報告者:大阪部長さん

ウエスタンリーグ公式戦 由宇カープ−鳴尾浜タイガース19回戦(広島市民球場)
11時00分試合開始

 由宇カープ、今年2度目となる、公式戦の市民球場開催シリーズ。前回も鳴尾浜を相手に、7月29日(金)、30日(土)の2試合が行われています(31日も組まれていましたがが雨天中止)。そのほかにも5月には恒例となった社会人・JABA広島大会への参加があり、そこでは予選リーグ2試合に決勝トーナメント1試合。03・04年と連覇していた大会ですが、今年はトーナメント初戦で敗れ、3連覇は成りませんでした。
 その大会まで含めれば、由宇カープ、今年市民球場では3つ目のシリーズとなります。7月と同じく親子開催。そのときは夜はベイスターズ戦だったのですが、今回は昼夜ともにタイガース戦です。

 球場正面には、親子ゲームゆえに「3時間を超えて新しいイニングに入らない」ことが看板で告知(!)されています。入場料は大人400円、子供100円。ファンクラブ関係(子供、女性、シニア)は無料。

 うわっ、チケット小さ!! モギった後だと、縦45_・横68_しかありません。映画の当日券みたいです。無味乾燥なデザイン。私が今年(一軍やアマを含めて)観戦した中では64枚目のチケットとなりましたが(同じ券種のダブリを除けば、今年23球場47種類目)、もちろん最小のものです。「デカい」と感じる全日本大学選手権の、縦80_・横139_に比べれば3分の1以下です。「東京六大学のチケットも小さい」と思われる方もおられるでしょうが、あれでも縦51_、横79_はあるのです。
 市民球場は、年間予約席も小さく横に長い、極めて事務的なデザインのチケット。球場近くの金券屋で見ることができます。「えっ、これホントに野球のチケット!?」と思われることでしょう。しかしこの球場、飲食等が付いた「観戦パック」が各種異様に充実していて、夜の一軍の試合では、さまざまな引換券が付属したとてもデカいチケットを持っている人を見かけました。

スターティングメンバー
鳴尾浜    由宇
中 赤 松  右 井 生
遊 萱 島  中 天 谷
左 庄 田  二 松本奉
右  林   左 廣 瀬
二 藤 原  三 比 嘉
一 葛 城  一 甲 斐
三 筒井壮  遊 山本芳
捕 狩 野  捕 白 濱
投 中村泰  投 玉 山

審判 主・土山、一・山本、二・嶋田、三・吉本

 一軍戦では、ビジョン下部にアベレージ、ホームラン、球速が表示されますが、ビジョンは一切使用せず。この球場独特のランナー表示(出塁中の選手名が緑色に変わる)は機能していました。

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回表鳴尾浜 赤松左前打、萱島の一前ゴロを、投手玉山のカバー間に合わず内野安打で一、二塁、庄田二ゴロで4−6−3のゲッツー(二死三塁)、林は2球目と4球目に特大のファウルを放つも空振り三振、無得点。
■一回裏由宇 井生中前打、次打者天谷の2−3からの6球目に二盗(天谷はその球を空振り三振で一死二塁)、松本奉右前打で井生生還。
■二回表鳴尾浜 藤原死球、葛城左飛、筒井壮右前打で藤原三進(一死一、三塁)、狩野右犠飛で藤原生還し二死一塁、中村泰左前打、赤松左前打で二死満塁、萱島右前テキサス安打で筒井壮生還、なおも満塁も庄田三ゴロでチェンジ。
■三回表鳴尾浜 林中前打、藤原左前打で無死一、二塁、葛城中前打で林生還(無死一、二塁)、筒井壮空振り三振、狩野遊ゴロで6−4−3のゲッツー、チェンジ。
■三回裏由宇 二死後、天谷左中間二塁打、松本奉死球で二死一、二塁、廣瀬左前打で天谷生還、中継の遊撃萱島が悪投の間に松本奉三進・打者走者廣瀬二進で二死二、三塁、比嘉空振り三振でチェンジ。
■四回表鳴尾浜 中村泰右前打、赤松右前打で無死一、二塁、萱島遊ゴロで赤松二封(一死一、三塁)、庄田左犠飛で中村泰生還。
■四回裏由宇 甲斐左前打、山本芳左中間二塁打で甲斐生還、バックホームの間に山本芳三進、白濱空振り三振で一死三塁、代打鞘師三ゴロで山本芳本塁憤死(二死一塁)、次打者井生の初球に鞘師二盗失敗、チェンジ。
■五回表鳴尾浜 (投手この回から2番手苫米地)藤原二塁左へ内野安打、葛城四球で無死一、二塁、筒井壮の2−3からの6球目にエンドラン、筒井壮右前打で藤原生還、葛城三進で無死一、三塁、狩野中堅右へのフライを中堅天谷ダイビングして好捕も返球を悪投し葛城生還、筒井壮二進で一死二塁(記録は狩野に犠飛、天谷に失策)、代打久慈四球で一死一、二塁、赤松四球で満塁、代打喜田三ゴロで三走筒井壮本封、庄田押し出し四球、林の1−0からの2球目に投手苫米地暴投(走者3人とも進塁し二死二、三塁)、林左飛で打者9人攻撃終了。
(その裏、由宇は三者凡退も五回終了は13時05分、そこまで2時間5分もかかっています。九回完了は絶望的。六回終了13時24分、七回終了13時40分)

■八回表鳴尾浜 (投手この回から4番手丸木)喜田四球、庄田三邪飛、前田四球、立川左前打で一死満塁、葛城右飛(タッチアップできず)、筒井壮押し出し四球、中谷右飛で1点止まり。

 八回裏開始後ほどなく、タイムアップとなりました。そのまま八回裏はスリーアウトまで続行され、そこでゲームセット。

2005年8月24日(水) 11時00分〜14時05分
19回戦(鳴尾浜13勝4敗2分け)
鳴尾浜 021 140 01|
由 宇 101 100 00|

勝利投手 太陽(14試合7勝2敗)
敗戦投手 玉山(19試合3勝3敗)


鳴尾浜(三塁側先攻)
          一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(中) 赤松 真人 左安 左安    右安 四球
 左  桜井 広大                   空振
(遊) 萱島 大介 一安 右安    遊ゴ
 打一三喜田  剛             三ゴ       四球
(左中)庄田 隆弘 二併 三ゴ    左犠 四球       遊邪
(右) 林  威助 空振    中安 中飛 遊飛
 投   太 陽
 遊  前田 忠節                      四球
(二) 藤原  通    死球 左安    二安
 打一 立川 隆史                空振    左安
(一右)葛城 育郎    左飛 中安    四球 右飛    右飛
(三二)筒井  壮    右安 空振    右安 二ゴ    四球
(捕) 狩野 恵輔    右犠 遊併    中犠
 打  町田公二郎                   空振
 捕  中谷  仁                      右飛
(投) 中村 泰広    左安    右安
 打遊 久慈 照嘉             四球    遊ゴ
 投  伊代野貴照
 投  佐久本昌広

由宇(一塁側後攻)
          一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(右) 井生 崇光 中安    二ゴ    左直    遊飛
(中) 天谷宗一郎 空振    中二    左飛       遊ゴ
(二) 松本 奉文 右安    死球    遊飛
 投  長谷川昌幸
 投  丸木  唯
 打  田村 彰啓                      見振
(左) 廣瀬  純 空振    左飛       右飛    三ゴ
(三) 比嘉 寿光 空振    空振       中飛
(一) 甲斐 雅人    一直    左安    中安
(遊) 山本 芳彦    遊ゴ    左二    三ゴ
(捕) 白濱 裕太    中飛    空振
 捕  鈴衛 佑規                   遊ゴ
(投) 玉山 健太       二ゴ
 打  鞘師 智也          三ゴ
 投  苫米地鉄人
 二  石橋 尚至                   三ゴ

盗塁  井生(由)一回無死一塁 天谷の2−3からの6球目に二盗(捕手狩野)
盗塁死 鞘師(由)四回二死一塁 井生の初球に二盗失敗(捕手狩野)

投手成績
 鳴尾浜  回 数打安振球責
 中村泰  4 68186513
○太 陽  2 1971000
 伊代野  1 1330000
 佐久本  1 1530100

 由 宇  回 数打安振球責
●玉 山  4 902211214
 苫米地  1 3892044
 長谷川  2 2660300
 丸 木  1 3271031

■ブルペン投球者
 室内ブルペン使用につき不明。


「♪行くぞ狙いは盗塁王〜塁に出たら走れ〜ここが男の見せどころ〜燃えろヨシヒコ〜」

 と書けば、「高橋慶彦の曲」と思い出される、昭和時代からのファンの方もおられることでしょう。親子ゲームということもあって、カープ応援団も内野自由席エリアに陣取っていたこの日の市民球場。上記の曲も奏でられていました。
 山本「芳彦」(七番ショート)の曲として(笑)。

 外野と、三塁側自由席が閉鎖。2階席は開放され、そこで広範囲にわたって繰り広げられていたファウルボール争奪戦は、時としてグラウンド上のプレーより観客の注目を浴びていました(笑々)。

■由宇・玉山健太投手&苫米地鉄人投手(&広島東洋・大島崇行投手)
 苫米地・玉山・大島(学年順)は、ともに山梨学院大付高出身。しかも3年連続の入団です。選手名鑑をザザザーッとめくってみたところ、ほかに同一高校から同一球団へ投手3人というのは、

東北高→横浜  佐々木主浩・斎藤隆(2年下)・後藤伸也(13年下)

 2人というのも、

■横浜高→西武  松坂大輔・湧井秀章(6年下)
■上宮高→広島東洋  黒田博樹・国木剛太(9年下)
■愛工大名電高→ヤクルト  石堂克利・丸山貴史(6年下)
■市立和歌山商高→阪神  田村領平・玉置隆(2年下)

 同一校から同一球団へ投手3年連続入団というのも、大学ですが

■九州共立大→福岡ソフトバンク  新垣渚・馬原孝浩・高橋秀聡(ほか、新垣の2年前に山村路直が入団、ソフトバンクに4人)

 というくらいでしょうか。現役では唯一のケースです。
さてそんな「3兄弟」、この日の試合では「二男」玉山が先発。このカードでは、4月8日の鳴尾浜球場において3回12安打、自責10という悪夢のような大炎上をやらかしているのですが…残念ながらまだまだカモになっているようです。球が高めへ浮き気味のところをいいように狙い打たれ、二回の死球まで含めれば毎回先頭打者を塁に出し、その上スコアリングポジションをも奪われていました。四球こそ0ですが、これはそこまで投げる前に打たれているという感じです。ヒットを赤ペンで記入している私のスコアシートが、4回までの11本の直線=ヒットで赤く大炎上です。どういうわけかすべてシングル。

 そして2番手、「長男」苫米地。ドラフト6位ながら高卒開幕一軍、その4月にプロ初勝利を挙げた快挙からはもう5年がたちました。しかしこの2年は一軍登板なし。ヒジ痛で登板機会が激減しており、今年はここまで7試合、1イニング以上の起用がありません。対社会人では先発7イニングもあるのですが…。登板のアナウンスに、復活を待つカープファンは温かい拍手。私も「後輩の不始末、先輩が取り返さにゃあ」と思って見守っていましたが…。
 ストライクが入りません。四球4つ。タイムリー暴投1つ。途中、天谷がセンター右への当たりを好捕するも、直後に返球を大悪投といった不運も精神的に響いたかもしれません。38球中ボールが22球は多すぎ。この日も1イニングで降板となりました。

 しかし、それを知ってか知らずか、苫米地降板から約5時間半後、一軍ナイトゲームでは、「三男」大島が首位阪神相手に先発。そして6回2/3で2安打1点に抑える堂々のプロ初勝利です。後輩が先輩の大不調を大いに補って余りあった、この日の「3兄弟の明暗」、3人が揃って出世するとしたら、今後語られることはあるでしょうか。

■由宇・長谷川昌幸投手(&鈴衛佑規捕手)
 で、急にこんないいピッチャーが出てくるものですから、もう鳴尾浜打線、手元が狂う狂う。2回を6人でピシャリ、3三振で軽くヒネりました。
 実はここで、捕手が白濱から鈴衛に代わっています。

■由宇・丸木唯投手
 ドラフト4巡目の高卒ルーキー、プロ初登板。少し緊張していたでしょうか? 押し出しを含む四球3つの独り相撲。いきなりの市民球場より、次は静かな環境(由宇球場)でもう少しリラックスして投げたいところ。

あんまりな由宇投手陣の投球内容(長谷川を除く)で、鳴尾浜打線の評価もしづらいのですが…(投手の中村泰が2安打って)。

■鳴尾浜・赤松真人外野手
 ルーキーながらハイアベレージ。牧田勝吾(サーパス)が一軍昇格して打率が据え置き状態になるうち、再びそのトップの座を奪回しました。この日も猛打賞。新人離れした打撃センスを発揮していますが、それでもいただけなかったのは四回、無死一塁で迎えた第3打席。この時点では3対2と最小得点差だけに、まずは手堅く…いくことができません。送ろうと試みるも、2球連続ファウル。結局2−2からの7球目を右前打しましたが、やはりここはきっちり仕事しておきたかったところ。ハイアベレージのホープといえば一軍では青木宣親(ヤクルト)ですが、それでも犠打については15も決めているのです(30日現在)。

■鳴尾浜・町田公二郎外野手
 七回先頭、代打が告げられたのは、この試合最も市民球場が沸いた瞬間です。しかし、一塁側のカープ応援団からのトランペットも響く中、球場全体の期待もむなしく空振りの三球三振に終わってしまいました。この3連戦では毎試合代打起用がありましたが、出塁することはできませんでした。
 再び、プレーヤーとして市民球場の土を踏むことはできるのでしょうか…。


2005年 8月23日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−サーパス(雁の巣)報告者:大阪部長さん

ウエスタンリーグ公式戦 雁ノ巣ホークス−サーパス神戸17回戦(雁の巣球場)
13時00分試合開始

 予定外の一軍観戦が入ったため、当初の予定よりは短縮されましたが、それでも2泊3日の日程となった私の本年夏休みの野球旅。この試合はその中日(ちゅうにち、ではなくなかび)の観戦となったものです。

 前日の都市対抗開幕日(東京D)観戦後、朝イチの飛行機で福岡へ移動。利用したのはわがチームの神戸の球場(一軍)におカネを出してくれているということに感謝を込めて、もちスカイマークエアライン。他社に比べ割安運賃なのでサービス面に期待はしていませんでしたが、ドリンク(紙コップではなく200_gPETなのが意外)だけでなく、お茶菓子まで配られました。

 窓際が取れましたがあいにくの曇り空。下界を眺めるのは早々にあきらめ、早朝便だったこともあり寝入っていたのですが、間もなく到着とのアナウンスに目を覚ますと、程なくして海ノ中道上空にさしかかりました。進行方向右側に腰掛けていたので、あいにくこれから目指して行く若タカたちのフィールドは見当たらず。志賀島との間を結ぶ砂州(さす)の細くなった辺り、そして、博多湾を隔てて向こう側に、若タカたちが目指す福岡Yahoo!JAPANドームが位置するのはよく分かりましたが。

 他の地方から来たので、この日朝からの福岡地方の天気はよく分かりませんでした。雨が降ったような降らなかったような微妙な曇り空。午前11時57分、JR香椎線の2両連結のディーゼルカーで雁ノ巣駅へ降り立ったのは、私ともう1人、オッチャン計2人だけ(このオッチャンとは帰りも乗り合わせることになります)。ウエスタンを見に来た、というような人は駅からの道にも歩いていません。まさか、朝方に降雨で中止になったとか? しかし球場近くまで来ると、スコアボードには旗が掲げられていて、サーパスのチームバスが止まっているのも認められました。よかった。無事開催されるようです。

スターティングメンバー
サーパス   雁ノ巣
中 早 川  右 柴 原←少し小さい
二  筧   中 城 所
遊 嶋 村  左 井 手
一 サイモン 遊 江 川
右 相 川  二 吉 本
左 下 山  指 出 口←少し小さい
指 五 島  三 笹 川
三 田 中  一 北 野
捕 鈴 木  捕 領 健

投 スチュワート  投 高橋秀

審判 主・良川、一・福家、二・飯塚、三・杉本

 雁ノ巣の一番柴原、五番出口のネームプレートだけがなぜか少しだけ小さいサイズの文字。2人がこのメンバーの中では古顔(ホークスで柴原は9年目、出口は7年目)であることと関係があるのでしょうか。笹川も同じくらいからいますが、台湾へ渡っていた時期がある「出戻り」ですし。


(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回裏雁ノ巣 一死後城所四球、次打者井手の1−1からの3球目に二盗、井手遊ゴロ(城所三進、二死三塁)、江川のバウンドの高いゴロを投手スチュワートが長身(191a)を伸ばすも捕れず二塁内野安打、城所生還。
■二回表サーパス 一死後、相川左前打、下山右越えの2点本塁打。
■三回表サーパス 二死後、筧中堅右へ二塁打、嶋村右前打で筧生還も、バックホームの球を一塁北野がカットし二塁送球、二塁を陥れようとした嶋村は塁上でタッチアウト、チェンジ。
■三回裏雁ノ巣 柴原右翼フェンス直撃の二塁打、城所左前打で無死一、三塁、(投手スチュワートから2番手吉川)次打者井手の初球に城所二盗失敗、井手遊ゴロの間に柴原生還。
■五回表サーパス 二死後、鈴木中堅フェンス直撃の二塁打、次打者早川の2−0からの3球目に投手高橋秀が暴投し三進も、早川2−2からの6球目をチップ、そのまま捕手領健が捕球し三振、無得点。
■五回裏雁ノ巣 一死後、柴原右前打、城所の一塁を襲う打球を一塁サイモン捕れず右翼右への二塁打(一死二、三塁)、井手右前打で2者生還、江川の投直を投手吉川叩き落とし投ゴロに(井手二進、二死二塁)、吉本右飛でチェンジ。
■七回表サーパス 二死後、五島右越え本塁打、代打肥田中堅右へ三塁打、鈴木左翼へ大飛球を放つも左翼井手が捕球、1点止まり。

※九回表終了後、「延長なし」とアナウンス

■九回裏雁ノ巣 (投手は八回から4番手相木)北野右前打(代走瑞季)、代打榎本投前犠打で一死二塁、辻右前打も当たり強過ぎ二走瑞季還れず一死一、三塁、(投手相木から5番手山本省)城所三振、(投手山本省から6番手山口)井手の初球に辻二盗で二死二、三塁も、井手遊ゴロで無得点、9回引き分け。

2005年8月23日(火) 12時59分〜15時45分
17回戦(雁ノ巣8勝7敗2分け)
サーパス 021 000 100|
 雁ノ巣 101 020 000|


サーパス(三塁側先攻)
          一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(中左)早川 大輔 見振    遊ゴ    空振       左飛
(二) 筧 裕次郎 空振    中二       空振    三ゴ
 二  福留 宏紀
(遊三)嶋村 一輝 二ゴ    右安       遊ゴ    中安
(一) ランドール・サイモン    空振    空振    三ゴ
 一遊 玉木 朋孝                      空振
(右一)相川 良太    左安    二飛       空振    中安
(左右)下山 真二    右本    見振       三ゴ    空振
(指) 五島 裕二    一ゴ       遊飛    右本    三飛
(三) 田中  彰    二飛       二ゴ
 打左 肥田 高志                   中三    遊ゴ
 中  由田慎太郎
(捕) 鈴木 郁洋       空振    中二    左飛

雁ノ巣(一塁側後攻)
          一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(右) 柴原  洋 遊ゴ    右二    右安    見振
 右  辻  武史                         左安
(中) 城所 龍麿 四球    左安    右二    空振    空振
(左) 井手正太郎 遊ゴ    遊ゴ    右安       左安 遊ゴ
(遊) 江川 智晃 二安    右邪    投ゴ       右飛
(二) 吉本 龍生 一飛       中安 右飛       遊ゴ
 走二 金子 圭輔
(指) 出口 雄大    左飛    二ゴ    左飛
 打指 高橋 和幸                      中安
(三) 笹川  隆    左二    投ゴ    二ゴ    空振
(一) 北野 良栄    空振    空振    投ゴ       右安
 走   瑞 季
(捕)  領 健     一飛       一邪    二ゴ
 打  榎本 敏孝                         投犠

盗塁  城所(雁)一回一死一塁 井手の1−1からの3球目に二盗(捕手鈴木)
    辻(雁)九回二死一塁 井手の初球に二盗(捕手鈴木)
盗塁死 城所(雁)三回無死一、三塁の一走 井手の初球に二盗失敗(捕手鈴木)

投手成績
サーパス    回 数打安振球責
ジョッシュ・スチュワート20/3 51114112
 吉川 勝成 41/3 40164102
 岩下 修一  2/3 720200
 相木  崇 11/3 1784100
 山本 省吾  1/3 510100
 山口 和男  1/3 310000

雁ノ巣     回 数打安振球責
 高橋 秀聡  9 1433591104

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
サーパス
野村宏之 ⇒(無人)⇒ 小川裕介 ⇒(無人)⇒(吉川)⇒(吉川&)近藤一樹 ⇒ 野村&近藤 ⇒ 野村 ⇒(無人)⇒ 松村豊司(&岩下)⇒(無人)⇒(相木)⇒(無人)⇒(岩下)⇒(無人)⇒(山本省)⇒(無人)⇒(山口&岩下)⇒(相木&山口)⇒ 長田勝(笑)⇒(相木)⇒ 野村 ⇒(山本省)⇒(無人)⇒(山口)⇒(山口&山本省)⇒(山口)⇒(無人)

 捕手の長田がレガース&ミットを装着してニコニコしながら投球練習(?)を始めたり(誰が受けていたかは死角でした)、正規の投球距離ではないので省きましたが、右の近藤が右手にグラブをして左で投げてみるといった、ちょっとしたオチャラケも。その間、サウスポーの小川が左手にグラブをはめていたので、2人の間で交換してたんでしょう(笑)。

雁ノ巣
松修康&高橋徹 ⇒ 高橋徹 ⇒(長らく無人)⇒ 星野順治 ⇒(長らく無人)⇒ 岡本劼能&竹岡和宏 ⇒(長らく無人)⇒ 松&竹岡

 この日朝の西日本スポーツには、サーパス3連戦は田之上と星野がリリーフテストをするといった記事が掲載されていましたが、実際は田之上の投球する姿は見られず、星野やほかの投手もごくあっさりした投球練習に終わりました。雁ノ巣のローテの軸となっている高橋秀に、この試合は任せてみる予定だったようです。この翌日、星野は3番手で登板しました。

■サーパス ジョッシュ・スチュワート投手
 同じ外国人投手のケビン・バーンとともに、2度先発登板⇒登録抹消⇒10日間経過後再登録というサイクルの、エレベーター状態(上がったり下がったり)を続けています。この日は去る8月17日の上での先発以来、中5日でしたが、抹消中に間隔が開き過ぎないための調整登板であることは明白。三回無死でランナーをためると、51球でもう降板となってしまいました。ケビンともども今ひとつ決め手に欠けることがこういった起用になっているわけですが、この2人の「二重生活」、さていつまで続くのでしょうか。試合終了後、球場正面で群がってくる少年野球の選手たち(雁の巣レクリエーションセンターには少年野球場あり)に対し、臨時のサイン会を行っていたのは好印象でした。

■雁ノ巣・高橋秀聡(ひであき)投手
 次々と勝ち星を挙げてゆくのを新聞の結果で知り、ぜひ一度見てみたかった投手。サイドハンドながら切れのあるボールの速球派。いつもは四球も多い(らしい)のですがこの日は完投しながらゼロ(相川が0−3から手を出して凡退の打席あり)。18試合登板、105回2/3で45四球は確かに多いですし、20死球って怖いです(汗)。しかし、驚くべきは奪三振数。この日11個を奪って今シーズン119個! もちろんウエスタンの奪三振王(兼与四死球王)。
 ※イースタンでは、奪三振王は加藤康介(浦和)の95個。
  与四球王・与死球王はともに鴨志田貴司(川崎)の39四球・10死球(いずれも24日現在)。

■サーパス・早川大輔外野手&下山真二外野手
 開幕以来サーパス落ちがなかった2人。早川などさすがに他の選手に比べると「色白」です。一時は4割を超える打率を誇りながら、夏場を迎えるにつれ成績がジリ下がってきた早川、また下山は上では1週間ほど出番のないこともザラで、野手では最も使われておらず、しかし落ちそうになると何らかの働きをするという、「落ちそうで落ちない」、まるで下山グッズは受験生のお守りにいいんではないかと思うほどの絶妙なベンチの温めっぷりでしたが、ついに年貢の納め時がやってきました。
 この2人がサーパスだとどのくらいのポジションを占めるのかはちょっと興味がありました。一番センター早川。六番レフト下山。この翌日の試合も同様です。まずまず妥当なところでしょう。早速本塁打を放った下山(翌日も1安打)、対して2試合で8タコの早川。この日の五回二死三塁での三振は、引き分けたことを思えばちょっと痛かったです。さて2人のサーパス生活、「ちょっとしたリフレッシュ期間」となるか、それとも…。

■サーパス・山口和男投手&山本省吾投手&岩下修一投手
 スチュワートのための調整試合と思いきや、どうしてどうして、終盤は絶妙の継投策で雁ノ巣に勝ちを与えませんでした。九回、一死一、三塁のサヨナラのピンチに、山本省が左の城所を空振り三振、そして右の井手に対しては山口を投入、遊ゴロに打ち取り試合終了です。岩下も、苦しい場面ではなかったのですが、七回に左の柴原・城所に対しツーポイントリリーフで連続三振を奪いました。
 現在、プレーオフ進出が見えるところまできた一軍の原動力は、やはり盤石のリリーフ陣にあると言えるでしょう。その片リンがこの日のサーパスにも表れていたように思います。それぞれの役目をきっちり守った仕事を見せてくれました。
 特に最近の、「クローザー」と称し、最後のイニングの頭、無死無走者から1回抑えてハイおしまい、というより、この試合の山口のように二死一、三塁から満を持して登板というほうが、見ていてシビれるものがあります。やはりリリーフエースは「クローザー」なんかより、事態を収拾させる「火消し役」であるほうが私にはしっくりきます。古いタイプですいません。

■サーパス・鈴木郁洋捕手
 一軍捕手の的山哲也のように、.188だと「身長打率」と言われてしまうわけですが(的山は178a)この鈴木、一軍では一時、.030とかいう数字になっていました。鈴木は29歳。「年齢打率」です。ところがサーパスでは6本塁打を放ち、5月の交流戦から一軍入りしたものの、ずっとサーパスのレギュラーだった嶋村の7本、相川・坂口・牧田の5本と互角の数字。打率も.269とフツウのものです。この日もツーベースや、「行ったか」と思われるような大飛球を放ちました。

 不思議な選手です…。

 ※一軍捕手では、米野智人(ヤクルト)の.091というのもあります。

■サーパス ランドール・サイモン内野手
 ちゃんと背番号8のビジターユニを着ていましたよ(笑)。


 以下、あまり書かれていない情報を。
 ・JR香椎線で雁ノ巣の2つ手前の和白駅前には「焼き鳥居酒屋いっき」という店があります。サーパス・嶋村一輝(いっき)のファンなら彼が打った後の祝杯にいかがかと。HPも開設されていて、それによると夜6時からのようですが。

 ・雁の巣レクリエーションセンター内、球場からさほど離れていない所に売店があります。球場前で辺りを見回せば見えるでしょう。まあ「公園の売店」なのですが、ここにはホークス選手のサイン色紙がいっぱい! サインなし(要するに新品)の色紙も販売されています。カップラーメンのお湯ももらえます。

 ・球場のスタンドへは外付けの階段を上って入るので、一般ファンであれば球場内に入るということはないのですが、どうも中には選手用の食堂があるようです。この日の試合前も、サーパスの某外野手が外へ出てアグラかいてうどん食べてました。Y田S太郎選手(仮名)、左投げ左打ち、おハシは右。


  ■掲示板@2軍愛■