【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2005年10月10日 フェニックスリーグ ヤクルト−サーパス(西都原運動公園野球場)報告者:大阪部長

祝、フェニックス・リーグ開幕

 私もただ今、初日を観戦して帰阪しました。連休で飛行機が取れなかったので陸路で。
7時間半かかりましたわ…。

・サーパス、開幕戦で薄氷の戦い。

2005年10月10日(月・祝)12時31分〜15時23分
西都原運動公園野球場(宮崎県西都市)

フェニックス・リーグ開幕戦 戸田スワローズ−サーパス神戸

1回戦(サーパス1勝)

サーパス 001 130 010|
戸  田 000 000 104|

バッテリー
(サ)○山口和男(6回)、相木崇(2回)、金子千尋(1回)−長田勝、横山徹也
(戸)●坂元弥太郎(6回)、鎌田祐哉(2回)、宇野雅美(1回)−福川将和

本塁打
(サ)田中彰1号ソロ(四回・投手坂元)
   大西宏明1号ソロ(五回・投手坂元)
(戸)久保田智1号ソロ(七回・投手相木)

 サーパス   打安点振球
(中) 大 西 43100
 打  前 田 10000
 投  相 木 00000
 投  金 子 00000
(右) 早 川 31100
 打二  筧  21000
(二左)後 藤 52000
(指) 相 川 31000
 打指中由 田 20020
(一) 牧 田 30010
 打一 三 木 20020
(三) 嶋 村 52230
(遊) 田 中 52110
(捕) 長 田 31000
 打捕 横 山 11100
(左右)坂 口 40000
※右  相 川 00000

 ※相川は、坂口の怪我(ファウルフライを追い掛け他者と接触、足を負傷)により
特別ルールを適用し再出場

 戸  田   打安点振球
(二) 田中浩 41000
(中) 丸山泰 41010
(一) 久保田 41100
(三) 畠 山 30001
(捕) 福 川 20111
(右) 牧 谷 41110
(左) 内 田 41110
(遊) 大 原 42100
(指) 高 橋 40030

投手成績
サーパス  回 数打安振球責
○山 口  6 83202500
 相 木  2 3571111
 金 子  1 4194110

戸  田  回 数打安振球責
●坂 元  6 94299402
 鎌 田  2 10394301
 宇 野  1 1541200

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
サーパス
近藤一樹&町豪将 ⇒ 近藤 ⇒ 高木康成&野村宏之 ⇒ 高木&(相木)⇒(無人)⇒ 野村 ⇒(無人)⇒(相木)&松村豊司 ⇒(金子)&松村 ⇒(無人)⇒ 野村 ⇒(金子)&野村 ⇒(無人)⇒高木

戸田
(鎌田)⇒(無人)⇒(宇野)⇒(無人)⇒(宇野)

※戸田は、もう投げさせるピッチャーがはっきり決まっていたように思われます。


 また余裕がありましたら改めて詳報…できればいいですねえ(笑)。
湘南組の皆様も宮崎行き、いかがでしょうか。


2005年10月 2日 イースタンリーグ 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

お疲れ様です!
浦和マリーンズ選手・スタッフの皆様、ファンの皆様おめでとうございます!

2005年10月2日 日本ハム−ヤクルト 最終戦(17回戦)

P鎌ヶ谷(ヤクルト11勝6敗)

 
ヤクルト 010 020 000│
 
日本ハム 231 010 02×│

 勝 橋 本 2勝3敗1S 登板24
 負 上 原 1勝8敗0S 登板15

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 田中浩 310 右飛 右飛       四球    三安
  B 久保田 412 空振    左飛    右本    中飛
  D 佐藤真 400 遊ゴ    見振    遊ゴ       右飛
  D 畠 山 420    投襲 三ゴ       空振    左安
  A 福 川 210    遊飛    中安
  2 高 橋 200                一ゴ    三併
  H 本 郷 300    四球    二併    中飛       ニゴ
  G 牧 谷 310    遊安    空振       遊直
  H 鈴木健 100                         三邪
  E 丸山泰 211    左安       空振
  H6大 原 100                   ニゴ
  H 梶 本 100                         三ゴ
  F 内 田 200    捕邪       遊ゴ
  H7大 塚 110                   右安
  犠盗失併残─────
  00025 3383

       回 打安振球責
  ●上 原 2 158215
   小 森 1 41101
   三 澤 1 30010
   田中充 1 62111
   杉 本 1 31000
   坂 元 1 30000
   鎌 田 1 52102

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 稲 田 211 空振 左安
  H 阿久根 100       ニゴ
  5 尾 崎 200             遊ゴ       遊ゴ
  H 工 藤 210 捕安 一ゴ    四球
  H9佐 藤 200                遊飛    投ゴ
  C 田中賢 420 二安 四球    一ゴ    右安    空振
  D 小谷野 211 一邪 左安
  HD石 本 100          遊併
  HD市 川 100                投併
  G 西 浦 222 左安 左2       四球
  R8紺 田 100                   右飛
  E 飯 山 411 右安 中飛       空振    遊ゴ
  B 池 田 410 空振    空振    右安    二邪
  A 實 松 321    左2 遊飛    左安
  2 駒 居 110                      右2
  2 鶴 岡 000
  F 鵜久森 423    右飛 左本    右飛       右本
  犠盗失併残─────
  00026 36149

       回 打安振球責
   井 場 4 164311
  ○橋 本 2 81212
   清 水 1 52000
   伊 藤 1 31000
   糸 井 1 30000



  本塁打  鵜久森(日)7号@ (3回 小森)
       久保田(ヤ)7号A (5回 橋本)
       鵜久森(日)8号A (8回 鎌田)
  二塁打  實 松(日)    (2回 上原)
       西 浦(日)    (2回 上原 タイムリー)
       駒 居(日)    (8回 鎌田)
  併 殺  日本ハム     (4回 本郷 無死1塁 田中賢−飯山−池田)
       ヤクルト     (4回 石本 1死1塁 丸山泰−田中浩−久保田)
       ヤクルト     (6回 市川 1死1塁 杉本−丸山泰−久保田)
       日本ハム     (8回 高橋 1死1塁 尾崎−田中賢−池田)

  PL:原 1B:萩原 2B:牧田 3B:石山 公式記録:荒木
  時間 2時間44分(13:02〜16:47)

得点経過
 1回裏(日) 2死1、2塁から西浦が三遊間を破る左前打        日本ハム1点目
       2死1、2塁から飯山が右前打              日本ハム2点目
 2回表(ヤ) 1死満塁から丸山泰が三遊間を破る左前打         ヤクルト1点目
 2回裏(日) 1死3塁から稲田が左前打                日本ハム3点目
       2死1、2塁から小谷野が左前打             日本ハム4点目
       2死1、2塁から西浦がレフト線を破るツーベース     日本ハム5点目
 3回裏(日) 2死無走者から鵜久森が左越えソロホームラン       日本ハム6点目
 5回表(ヤ) 2死1塁から久保田が右中間へツーランホームラン     ヤクルト3点目
 5回裏(日) 1死1、2塁から實松が左前打              日本ハム7点目
 8回裏(日) 無死2塁から鵜久森が右中間へツーランホームラン     日本ハム9点目

戦評
 週末の鎌ヶ谷はここのところ天気が崩れていたが、今日は抜けるような秋の青空。
 試合の方は日本ハムがヤクルト先発の上原から序盤で5点を奪いマウンドから引き摺り下ろ
 すと、その後も鵜久森の二発のホームランなどで小刻みに加点し、終わってみれば9−3と
 快勝。しかし、イースタン3連覇の夢はついえる。
 また、今季最終戦という事で試合後には二塁ベース後方でセレモニーが行われた。バックネ
 ット裏の観客より『スタンド付近でやれよ!見えないよ!』と野次が飛んでいたが、なぜ球
 団がスタンドから遠い位置でセレモニーを行ったのかこの辺りの輩は考えるべきである。

選評
 井 場(日) 先発ということで70%〜80%の力での投球に見えたがそれでもストレートは威
       力十分でヤクルト打線に空を切らせていた。全力投球でコントロールに苦しむ
       よりもこちらの方が良いのでは?

 實 松(日) 2回の第一打席ではヤクルト先発の上原の外のスライダーに対し上手くバット
       のヘッドを返してのツーベースを放つと鵜久森の右飛で3塁にタッチアップす
       る積極的な走塁を見せる。ドラフトで新たな捕手が入ってくるようだが、来年
       はもっと存在感を出して欲しい。

 池 田(日) 5回に一、二塁間を破る右前打を放ち日本ハムの先発全員安打を達成させると
       一塁ベース上で川名コーチに深々と握手。池田剛基については厳しいことばか
       り書いてしまったが、新天地での活躍を期待したい。池田というとルーキーイ
       ヤーの春季教育リーグのときにサインをお願いしたところ、楷書で『池田剛基
       』と書いてくれた純朴さが思い出される。北海道から入団しながら、一度も札
       幌に行くことができなかった池田は実は日本ハム北海道移転の被害者なのかも
       しれない。


  原 (審) 今年もパシフィックリーグクルーとの相性が良かったため、球審は初見。
       ストライクゾーンも安定しており、ルーキーとは思えない落ち着きぶり。来年
       以降の更なる成長に期待。

おまけ
 田中賢(日) 一軍でも二軍でも最後のバッターになる。<一軍では最終戦最終打席にサヨナラ本塁打^^

以上が観戦記です。
(関東で試合が無ければ)今年の観戦記はこれが最後になると思います。今年は投稿数が少なく
てスミマセンm(_ _)m
来年もよしなに(^^)


2005年 9月30日 イースタンリーグ 湘南−インボイス(横須賀)報告者:東洋子さん/子連れさん/WIZさん

東洋子さん編

湘南VSインボイス戦を見てきました。雨で順延になったため、ナイトゲームでの最終戦でした。いやあ、寒かったあ!天候もだけど、試合内容。ヒットの数は湘南12、インボイス10だから、打撃のほうはまあまあとして、どちらのチームも投手陣がぴりっとしない。特に先発の2人。インボイス松川は初回に打者1巡の猛攻、2回もヒット→盗塁→四球で早々に降板。湘南の龍太郎は今後ベイスターズの柱の1本にならなければいけない投手なのに、リードを貰いながら2点差に迫られたりで、3回で降板。何せ3回が終わるまでに1時間以上かかってる。ありゃ、これは最終バスどころか終電にも間に合わなくなる。宿泊先の手配をしなければいけないかな、なんて思ったりして・・・
試合経過は他の方がお書きになるかしら? で、私はとりあえず感想を書きます。もし、どなたもお書きにならなかったら、後日書きます。
客席にはクルーンが来た。開幕戦には佐々木が来て、負けた。閉幕戦はクルーンか。結果としてクルーンが来た試合(ハマスタでの親子ゲームも含めて)は勝った。何だか今年のベイスターズを象徴するような2人のクローザーの登場でした。今夜、私はクルーンの側にはいなかったのだけれど、またサインは断ったのかな?前回は「I am enjoy game」と言って断っていたけれど・・・
それはさておき、順位が確定した消化試合で、気を吐いていたのは藤田と南だけのように思えた。湘南にとって、というよりどのチームも2軍にとっては消化試合などないのだけどね。

藤田・・・4打席3安打の猛打賞。守備も難なくこなしていたようだったが、ただ5回に
  スローイングが1テンポ遅れて小関のゴロを内野安打にしてしまったのはいけない。
  多分、それほど難しいキャッチ&スローではなかったように思えるのだが、もっと石
  井のプレーを盗んでいかないと、1軍のレギュラーは遠のくだろう。それでも、現在
  1軍だし、今年入った選手の中では1番の有望株ではないかと思う。精進と練習ある
  のみ。

北川・・・4打席1安打1打点1四球1エラー出。彼も現在1軍のメンバー。3年目だっ
  たかな?そろそろ1軍に定着してもいいのだが、何しろ1軍には蒼々たるメンバーが
  控えているから厳しい。ただのハンサムボーイではなく、もっと凄みの効いたハンサ
  ムマンになってほしい。個人的には期待している。

吉村・・・5打席無安打1四球。ただいま絶不調。今年は骨折というアクシデントもあっ
  て、ついに1軍昇格なし。今日はエラーはなかったが、9回の守備をレフトに回され
  たのはまだ信頼感がないためか?今日唯一9回まで出た選手。

ウィット・・・3打席1安打1打点1四球。儀飛となった2回裏の打球は、強風に押し戻
  された。普通なら場外に飛び出していたかも。まあ、湘南では安定しているほうだと
  思うが、ついに1軍からのお呼びはなかった。このまま日本でのシーズンを終えるの
  だろうか?それとも、残り10試合あるベイスターズに呼ばれる機会はあるのか?
  私としては、不調の多村に代えてもいいような気もするのだが・・・

南・・・4打席3安打1打点。藤田とともに猛打賞。藤田と比べてあまり目立たなかった
  のがヒーローに選ばれなかった理由か?いつも、彼のレーザービームに期待するが、
  ハマスタで1回見たきりだ。十分1軍でやれる素質はあると思うが、1軍の外野争い
  から遠ざかっているのは、やはりもうひとつ何かが足りないのか?

古木・・・3打席1安打1四球。今日はベイスターズの試合がないための出場だが、彼の
  場合、どうしても結果が求められてしまう。1軍ではすっかり代打要員になってしま
  った。あの衝撃的なデビューから何年経つんだろう?彼の場合、守備さえしっかりし
  ていれば、1軍でレギュラーなんだけどなあ!!私が大好きな選手。がんばれえ!
  余談:試合前のスピコンで141k/h出す。投手に転向したらなんちゃって・・・

西崎・・・2打席無安打。おまけに初っ端からエラー。得点に結びつかなくてよかったも
  のの、これは大きな減点材料にされてしまう。2軍選手は、試合のひとつひとつが明
  日へのステップなのだから、気が抜けない。まあ、今日はかなりの強風だったから、
  仕方ないかも知れないが、天候との戦いも大事だということを肝に命じなくては。

新沼・・・先発マスクで龍太郎・千葉・谷口をリード。3打席無安打1四球。
  彼も現在1軍メンバーだが、今年完全に正捕手として定着した相川が頑張っているた
  め、出場機会に恵まれずにいる。捕手の座がどの野手よりも厳しいことを実感してい
  るのは彼だろう。おそらく、正捕手相川は今後数年続くだろうし、そうなると他の捕
  手は、相川の怪我を心の底で願っていたりして・・・(失礼)

小田嶋・・・5回の守備からウィットに代わって、ファーストを守る。2打席1安打2打点。
  彼も捕手の座の厳しさを実感しているひとりかも。ただ、彼にはファーストを守れるし、
  HRも打てるという強みがある。ポスト相川の1人にはなりうる。

河野・・・3回裏、龍太郎の代打で登場するが3ゴロ。今年の彼はついにいいとこなく終
  わった。

福本・・・5回裏、西崎の代打で登場するが右飛。彼も、今年は目立った活躍なしに終わ
  った。

武山・・・6回表、新沼のあとを受けてマスクをつける。1打席無安打。若干20歳でな
  かなか好リードを見せるが、これで打撃成績があがれば小田嶋とポスト相川の座を争
  うかも。

田中一・・・6回表、古木に代わってレフトに回った南のあと、センターの守備につく。
  1打席無安打。この打席は無死満塁だった。2ゴロで吉村をホームでフォースアウト
  に。このところ、チャンスで打てないことが多い。来年は厳しくなるのでは・・・?

田中充・・・6回表、西崎に代わってライトの守備につく。2打席1安打。この安打は、
  インボイスのファーストGG佐藤が(多分灯りの影響)内野飛球を見誤ったためのラッキー
  な安打。しかし、彼の場合、比較的好守に安定しているように思える。今日スタメン
  でなかったのは、古木がいたからか?

石川・・・7回表、藤田に代わってショートの守備につく。1打席1安打。今日目立った
  のは、守備についたばかりの7回。彼のエラーしか見ていない私には不安感大だた。
  1死・3塁で打者高山がフルカウントから打ったセンターへ抜けそうな打球をキャッチし、
  すぐにセカンド木村にトス。この間1点は入ったものの最小失点に食い止めた見事な
  プレーに拍手。

木村・・・7回表、北川に代わってセカンドの守備につく。1打席無安打。今年は目立っ
  た活躍ないまま終わった。熾烈な内野争いからやや外れたか。

野中・・・8回裏、田中一の代打で登場するが、1ゴロ。去年は盗塁王のタイトルを取っ
  たが、今年は自慢の足を見せる機会に恵まれず終わってしまった。

呉本・・・8回裏、南の代打で登場するが、左飛。9回、レフトに回った吉村に代わって
  サードの守備につく。彼もなかなか出場機会に恵まれない。あまり見ないので実力の
  ほどはわからない。

以上、今日は斉藤以外の捕手・野手全員出場(桑原は休場中)でした。私の勝手な雑感で、読まれる方の中には、反発される方もいらっしゃるでしょうが、その点は素人の無知な書き込みと笑い過ごしてください。なお、投手に関しては、感想を書くほどのことないので省略します。龍太郎についてのみ上に書きました。あえて言えば、今日良かったのは山田だけでしょうか。
さて、この中で、誰が上に行き、残り、誰が戦力外通告されるのでしょうか?




子連れさん編

結果/湘南8:4所沢 16戦8勝8敗
湘南最終戦 96試合50勝46敗 リーグ3位

(勝)秦 裕二 19試合7勝3敗
(負)松川誉弘 20試合1勝3敗
PL・深谷 篤 1B・有隅昭二 2B・敷田直人 3B・牧田匡平 SC/西原稔泰
<試合時間>18:00〜21:24 3時間24分
<来場者数>742名 ※無料開放試合
(天候)曇り 風/センターからホーム中風 気温20℃平均

「投手継投」
湘南
 龍太郎(3回)−千葉(1回)−谷口(1回)−秦(2回)−山田(1回)−牛田(1回)
所沢
 松川(1回 0/3)−杉山(2回)−山崎(2回)−東(1回)−長田(2回)

「得点経過」
<1回裏 湘南3点・投手 松川>
藤 田 初球  中H(1塁)
北 川 3球目 右(右中)3H ☆藤田生還 得点1
1死後
ウイット 6球目 四球(1−3塁)
 南   3球目 中H    ☆北川生還 得点1
古 木  6球目 四球(1−2−3塁)
2死後
新 沼  初球  死球    ☆ウイット生還 得点1

<2回表 所沢1点・投手 龍太郎>
1死後
水 田  8球目 右2H(2塁)
黒 瀬  2球目 右H(1−3塁)
2死後
松 川  2球目 中H  ☆水田生還 得点1

<2回裏 湘南2点・投手 松川−杉山>
藤 田  5球目 右H ※北川の初球に2盗する。
北 川  4球目 四球 (1−2塁)
(投手交代 杉山)
吉 村  2球目 暴投  ☆藤田生還 得点1
ウイット 2球目 右犠飛 ☆北川生還 得点1

<3回表 所沢2点・投手 龍太郎>
1死後
小 関  2球目 中H(1塁)
GG佐藤  6球目 右H(1−2塁)
高 山  4球目 中(左中)2H  ☆小関生還 得点1
水 田  初球  遊ゴ      ☆GG佐藤生還 得点1

<6回裏 湘南3点・投手 東>
田中充  3球目 3H(1塁)
藤 田  5球目 左H(1−2塁)
北 川  2球目 捕犠E(1−2−3塁)
吉 村  6球目 四球  ☆田中充生還 得点1
小田嶋  2球目 左H  ☆藤田、北川生還 得点2 総得点8点

<7回表 所沢1点・投手 秦>
宮 崎  5球目 四球(1塁)
1死後
GG佐藤  5球目 左H(1−3塁)
高 山  8球目 遊ゴ  ☆宮崎生還 得点1   総得点4点


『注目した選手』
■河野友軌(湘)
 3回裏久し振りに代打で登場。初球を5ゴロ・・・

■千葉英貴(湘)
 4回1イニング登板。
田原 2球目 右飛
上本 6球目 5邪飛
柴田 初球  右飛
 特に上本への3球は気合十分の「お〜りゃ!」の雄たけび大音声でした。目頭が熱くなりました。

■谷口邦幸(湘)
 5回表1イニング登板。
宮崎 7球目 左飛
小関 4球目 遊H
GG 7球目 見K ※小関2盗死
 ストライクを先行させながらも決め球と制球に欠け,じれったくなる。速球は相変わらず見事!

■福本誠(湘)
 5回裏代打で登場。●×邪●の5球目を右飛。
「マコリーン!」の声援の中登場,相変わらず全力で走る姿は気持ちが良かった!

■山田博士(湘)
8回表1イニング登板。
椎木 2球目 4ゴロ
上本 5球目 見K
柴田 4球目 振K
 「山田」コールの中で登板。貫禄の内容。結局最後まで湘南にいたのが不満!旨そうにタバコを吸う姿は「絵」になる男。JTのCFに採用したいほど!

■新沼慎二(湘)
 5回までスタメンマスク。彼が登場しないと盛り上がらない。そのような大切な役割を感じている捕手。死球・振×・振×と打席では結果が出なかったのはゲーム慣れの問題。捕手強化が目標の1つなら,是非とも鍛えてもらいたい。

<コメント>
 東洋子さんのナイスな報告以上の補足はありません。スタジアムナビゲーターのケチャップさんが営業でお休みのため,いち早く戦力外通告が公にされてしまったオフィシャルレポーターの大矢陽子さんがMCを担当していました。1軍から古木がスタメンで登場も,応援派と否定派の野次が飛んでいました!「がんばれ〜!古木!」と「結果残せよ!大事なトレード要員だからな!」てな具合・・・子連れは後者ですが。藤田の華麗な守備で観客は大喜び,負けじと石川が7回表に美技。このあたりのファイトは観ていて楽しみでした。クルーンは,ウイットとセドリックにお別れをしに来たのでしょうか?開幕の佐々木同様に,ゲームへの集中が欠けるので,須加スタのスタンドへの出入りは考えてもらいたいものです。

 東洋子さん,宿泊されたのでしょうか?心配しております。お疲れ様でした。またご観戦の皆さん,大分冷えた中お疲れ様でした。



WIZさん編

9/30(金)イースタンリーグ公式戦 湘南−インボイス最終戦 横須賀スタジアム(18:00開始)

球審 深谷、1塁 有隅、2塁 敷田、3塁 牧田
観客数 742名

<スコア>
インボイス 012000100  
湘   南 32000300× 

<投手継投>
インボイス ●松川(1回)−杉山(2回)−山崎(2回)−東(1回)−長田(2回)
湘    南 龍太郎(2回)−千葉(1回)−谷口(1回)−○秦(1回)−山田(1回)−牛田(1回)

<得点経過>
1回裏(湘) 無死1塁で北川、右中間タイムリー3ベース(1点)
      一死1・3塁で南、センター前タイムリー(1点)
      二死満塁で新沼、死球で押し出し(1点)
2回表(イ) 二死1・3塁で松川、センター前タイムリー(1点)
2回裏(湘) 無死1・2塁で杉山暴投で2塁走者生還(1点)
      一死3塁でウィット、ライトへ犠牲フライ(1点)
3回表(イ) 一死1・2塁で高山、センターへタイムリー2ベース(1点)
      一死2・3塁で水田、ショートゴロの間に3塁走者生還(1点)
6回裏(湘) 無死満塁で吉村、四球で押し出し(1点)
      無死満塁で小田嶋、レフト前タイムリー(2点)
7回表(イ) 一死1・3塁で高山、ショートゴロの間に3塁走者生還(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。


<打撃成績>
<インボイス>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 柴田   右失遊ゴ  右飛  三飛  三振         400000100
2B 宮崎   投犠  三振  左飛  四球  四球       200100120
RF 小関   遊ゴ  中安  遊ゴ  二ゴ  死球       410100001
1B G.G.佐藤 二ゴ  右安  三振  左安  遊ゴ       520100100
LF 高山     遊ゴ中2    中飛遊ゴ  三振       512000100
SS 水田     右2遊ゴ    投ゴ中安  右飛       521100000
3B 黒瀬     右安投ゴ    四球三振           310000110
P 長田                            000000000
C 田原     三振  右飛                 200000100
P 山崎                            000000000
H 犬伏             右安             110000000
P 東                             000000000
C 椎木                 二ゴ         100000000
P 松川     中安                     111000000
P 杉山                            000000000
C 上本         三飛  四球  三振         200000110
3B


<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
SS 藤田   中安右安左飛    左安             430301000
SS 石川               中2           110000000
2B 北川   右3四球  三振  捕失             211300110
2B 木村               遊ゴ           100000000
3B 吉村   一ゴ二飛  二飛  四球二飛           400000010
LF
1B ウィット   四球右犠  左安                 111100010
1B 小田嶋            左安  三振         212000100
CF 南    中安二安  三振  左安             431000100
LF
3B 呉本                 左飛         100000000
LF 古木   四球左安    三振               210000110
CF 田中一            二ゴ             100000000
RF 野中                 一ゴ         100000000
RF 西崎   二飛三振                     200000100
H 福本           右飛               100000000
P 秦              三振             100000100
P 山田                            000000000
P 牛田                            000000000
C 新沼   死球  三振  三振               200000201
C 武山             中飛             100000000
P 龍太郎  三振                       100000100
H 河野       三ゴ                   100000000
P 千葉                            000000000
P 谷口                            000000000
RF 田中充            一安三振           210100100
CF


<投手成績>
<インボイス
       回   打 安 四 三 失 自
●松川    1  11 4 3 1 3 5
 杉山    2   8 2 0 2 2 0
 山崎    2   7 1 0 4 0 0
 東     1   9 4 1 1 3 2
 長田    2   7 1 0 2 0 0

<湘南>
       回   打 安 四 三 失 自
 龍太郎   3  16 6 0 2 3 3
 千葉    1   3 0 0 0 0 0
 谷口    1   3 0 0 1 0 0
○秦     2  12 3 3 1 1 1
 山田    1   3 0 0 2 0 0
 牛田    1   5 0 2 1 0 0


<選手感想>
■松川 誉弘(イ)
インボイス先発。私は初見でした。
起ち上がりから制球も悪く球威も無くで最終戦の勝利を願う湘南ファンの声援に
飲み込まれいいところなく2回一死も取れず降板。
しかし2回表にセンター前にタイムリーを放ち、打撃で存在感を見せた。

■G.G.佐藤(イ)
とうとう二軍降格。それにしても彼はいい体をしている。
将来は後藤武、中村と共に主軸を担えるのでは?と思わせる。
今日は守備で落球、フライの目測を誤るなどいいところなし。
来季は常時一軍で頑張ってほしい。

■山崎 敏(イ)
4回より登板。2回を投げて4奪三振とボールのキレがよい。
松川、杉山の不甲斐ない内容を一掃させる見事な投球で、
今日のインボイス投手陣では一番の内容。

■東 和政(イ)
一昨年前は後藤と共に湘南のエースとして投手陣の主軸を担ったが
昨年、今季とこちらも後藤と共に次第に影が薄くなってきているのは残念。
今日も登板するや湘南打線に連打を浴び、挙句は四球で押し出しと
いいところなし。交換でやってきた土肥が一軍ローテで活躍しているだけに
西武ファンに「トレードは成功だった!」と言われるよう来年の奮起に期待。

■千葉 英貴(湘)
4回より登板。7月のシダックス戦以来の観戦。
ちょうど彼の登板時にスタンドに観戦に訪れたクルーンがスタンドでファンに囲まれ
サイン攻めで観客の視線はそこに集中。
そんな観客に「俺のピッチングを見ろ!」と言わんばかりの「ソウリャ!」のかけ声と
ともに投手生命を懸けた魂のボールをどんどん投げ込む。
インボイス打線の打ち損じもあるかと思うが、素人目にはまさに力でねじ伏せた、
彼らしい内容でマウンドを降りる。
子連れさん同様、目頭を熱くして引き上げる彼に拍手!
登板した若手の中では一番の好投。
昨年は先発ローテに入り常時出場を果たしていただけに今季の内容には不満が残るが
最後の最後で意地を見せたのは救いでもあり、観戦に駆けつけた甲斐もあった。
去就は分からないが、まだまだ諦めてはいけない。来年こそ背水の陣で。

■山田 博士(湘)
8回より登板。
文句の言いようが無い素晴らしい投球で締めた。
その投球は龍太郎、秦ら不甲斐ない若手投手に「ピッチングとはこうだ」と
自らの投球で教えていたようにも見えた。
彼の今季の処遇を見ると、昨年の小川をどうしても思い出してしまう。
それだけに登板時に起きた「山田コール」が胸を突く。

■藤田 一也(湘)
今日は数名一軍の控え選手が出場していたが、その中でも新人の彼が一番
いい働きをしていた。初回からヒットで出塁すると先制のホームを踏み、
その後もヒットを連発で猛打賞。
一軍はAクラス入りを目指してまだベテラン中心のスタメンを組んでいるが、
彼に関してはぜひ残り試合をレギュラーで使ってほしい。
それだけの力は持っていると思うし、あわよくば来季にも石井琢を脅かし
レギュラーを獲れるかもしれない。
守備は相変わらずの美技を披露。

■石川 雄洋(湘)
高卒新人1年目の彼の課題は体力作りだが、ここ後半戦に入りすっかり
プロに慣れてきた感。ここ最近の安打量産は素晴らしいの一言。
ベースランニングも巧く、加えて今日はファインプレーも見せて
走攻守全ての面でセンスの高さを見せた。
若いと言われる湘南野手陣も皆20代後半が増え始めたこともあり、
若い彼が中心となって世代交代を進めてほしいもの。
球団ももっと高卒野手の獲得に力を注いでほしい。

おまけ
■マーク・クルーン(湘)
試合開始前にスタンドに現れ一塁側後方の長椅子で試合を観戦しに訪れた。
どうやらウィットの応援で来た模様。
当初サインや写真撮影を求めるファンに対しお断りをしていたが、
4回表に引き上げようとしたところをファンが殺到。
即席のサイン会となり、混乱を招いたせいか入場ゲートの方に場所を移し
サインを求める全員に丁寧にサインをしていた模様。

■大矢 陽子さん
球場DJケチャップさんに代わりDJ役を担当。
全体的にはケチャップさんの進行に及ばないものの、彼女なりに球場を
盛り上げようとする気持ちは十分伝わりました。
球団HPで次のオフィシャルレポーターを募集中とのことで、彼女は今年限り
ということになるのでしょうか。彼女のリポートぶりに不満を挙げている方も
いらっしゃったようですが、彼女なりによく頑張っていたと思います。
この経験を生かして次の仕事でも頑張ってください。2年間お疲れ様でした!


横須賀最終戦ということもあり入場料は無料。さらに試合前は入場者に
応援スティックのプレゼント、さらに終了後は(余っていた)バナーの
プレゼントがありました。
さらに試合中にポスターのようなものも配っていたようですが、特にアナウンスも
なかったので何を配っていたのか分かりません。
配るなら配るでアナウンスはしてほしかったですね。欲しいのに貰えなかった方が
いらっしゃらなかったのか心配でもあります。

最終試合ということで湘南応援団は試合前から熱気がありました。
しかし対戦相手のインボイス側も負けていませんでした。
横須賀恒例、手製の日の丸と球団旗を掲げるお兄さんと声援がキレイなお姉さんに
加えライオンズ応援団の方でしょうか、もう一人応援団長が加わり見事な応援団の
コラボレーションが誕生!
今季は横須賀でのインボイス戦をなかなか観戦できず、最後の最後であの応援団の
皆さんとお会いすることができて感激!
応援団コラボによるチャンステーマの舞は私も一緒にやりたくなってしまいました。
おかげで試合前から興奮で私の心もヒートアップしてました。
試合後はエールの交換、インボイスファンの皆さん今年もお疲れ様でした。
インボイスとは8月後半に入ってからの所沢決戦で熱い戦いを見せられ、
そして見事に叩き潰され力の差を思い知らされました。
来年も優勝争いしてイースタンリーグを盛り上げましょう!

試合の方は先発投手陣の乱調で初回から点の取り合い。
中盤は逆に投手陣が好投をして一気に試合のペースが早く進むものの
湘南4番手の秦がまたも体中が痒くなってしまうような歯がゆい内容で
再び試合のペースが遅くなります。
結局試合が終了したのは21時半、今季の湘南は長時間ゲームが多かったです。
そこが今季の反省点でしょうか。

試合終了後、湘南の首脳陣、選手がマウンド上に揃い整列。
挨拶の後、スタンドへサインボールの投げ込みが行われました。

長いようで短かった今季のイースタン観戦も本日で終了です。
誤字、成績の誤りなどで皆さんの心境を悪くする内容も多くあったかと思います。
この場をお借りしてお詫び致します。

また今年も観戦記を投稿させて頂き管理人の健一さん、お礼申しあげます。
阪神タイガースの親子Vおめでとうございます!
ファーム日本選手権、日本シリーズでの親子制覇を影ながら応援しています。

この掲示板を通じてお話させて頂いたメカゴジラさんや大阪部長様をはじめ
皆様今年もありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
掲示板にはまた何度か書き込みさせて頂くと思いますが、ひとまず節目として
お礼申しあげます。


2005年 9月29日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−中日(雁ノ巣)報告者:たぬまさん

9月29日(木) 福岡ソフトバンクホークス―中日ドラゴンズ 21回戦

この日の雁ノ巣の天候は前日に引き続き晴天、ただし風はうそのようにやみかなりの残暑の中で
試合が行われました。
この試合をもってホークスはウェスタン公式戦全日程を終了。
試合前に9月度と年間のホークスファームMVPの表彰がありました。
9月度のMVPは井手正太郎、年間MVPは投手部門は高橋秀聡、野手部門は吉本亮がそれぞれ受賞。
昨日で1軍の全日程を終えたホークスはスタメンに数名出場している一軍登録選手が存在感を
示せるか?

中日|000 101 000 |2
福岡|010 000 011x|3x

打撃成績
中日    1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
6  澤井  二ゴ    三ゴ       右HR    三ゴ
5  中川  中前    遊ゴ       三振       二ゴ
7  中村一 三振       投ゴ
H7 森                  二ゴ       中安
R7 都築
3  堂上     遊ゴ    左2B    左飛       二併
8  櫻井     左安    左安失      三振
D  柳沢     右安    捕邪       右飛
4  鎌田     三振       一ゴ
H4 森岡                    中飛
2  小山     三振       中飛       三ゴ
9  普久原       三ゴ    右飛
  土谷                       遊飛
―――――――――――――――――――――――――――――――――

福岡    1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
5  明石  三振    四球       投ゴ
5  笹川                          三振
6  稲嶺  左安    三振       右邪飛
H  中村                          右飛
9  井手  右飛       投ゴ       三ゴ    右2B
D  江川     右HR    右飛       遊ゴ    左2B
3  吉本     中飛    三振       中飛
7  荒金     右安       二ゴ       遊ゴ
8  辻      三振       左安       右3B
4  森本        遊ゴ    三振       中安
2  領健        遊ゴ       遊ゴ    三ゴ
―――――――――――――――――――――――――――――――――

投手成績   回   打者 安打 四死 失点 自責
  高橋聡  82/3  31  8  1  3  3
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  田之上  6   22  6  0  2  2
  佐藤   1    8  0  0  0  0
  吉田   1    3  0  0  0  0
  竹岡   1    3  1  0  0  0

盗塁死:中川(1回)、辻(5回:三振併殺)、森本(8回)
牽制死:稲嶺(1回)、荒金(2回)、櫻井(4回)

得点経過他トピック
2回表:櫻井がサードの脇を破るレフト前ヒットで出塁すると柳沢との間でエンドランを決める。
   しかし後続が連続三振で先制ならず。
2回裏:先頭江川がライトへHRを放ち先制点をあげた。
4回表:堂上がレフト線へ痛烈なツーベースを放ちチャンスを作り、櫻井のタイムリーで生還する。
   荒金の返球が乱れてもたつく間にセカンドへ進むがその後牽制死で走者を失い1点どまり。
6回表:先頭澤井が右中間へ勝ち越しのHRを放つ。
8回裏:辻の右中間を破るあたりが転々とする間に一気に三塁まで進み、森本が全身守備のセカンド右を
   破るタイムリーヒットを放ち動転とする。
9回裏:2死からおっつけた井手の打球がライト線際に落ちるツーベースで出塁し、江川がレフト線に
   タイムリーツーベースを放ち今季最終戦をサヨナラ勝ちと有終の美を飾る。
この日は両軍あわせて6人の走者が牽制でアウトになるというちょっと走塁ミスの目立った試合になった。
2試合ともに小技をきっちりと決めた中日とまったく決められなかったソフトバンク、両軍選手たちの
一軍までの隔たりの差がここに現れたかもしれない。

選手個々について
高橋聡(D):左腕から右打者の懐へ食い込むボールなどが有効で7回までは点を取られる気配がなかった。
     それだけに8、9回と走者を置いてからの投球が粘れなかったのが残念。
     まだ若いが、すでに上でも投げているのでこういうことろでは格の違いを示したかった。

田之上(H):ポストシーズン5番目の先発がかかるマウンドだったが、この内容、結果は微妙。
     2回はさすがと思えたが4回のタイムリーと6回のHRを打たれたところは軽率だったと思う。

吉田(H):すでに戦力外通告を受けていたが、先日の復活登板に続いてまずまずの投球を見せた。
    リリーフ左腕に事欠いているチームから秋季キャンプ参加のオファーがあるかもしれない。

澤井(D):前日のヒットに続いてこの日はHRとパンチ力もあるところを見せたが、ここの二遊間はハードルが高い。

江川(H):最終戦を先制HRとサヨナラタイムリーで締めくくり、高卒1年目から4番に抜擢された期待にこたえた。

森(D):二日間を通して存在感を感じた選手のうちの一人だったけど、戦力外通告をうけてしまったようですね。
   ちょっともったいない感じもします。


2005年 9月28日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−中日(雁ノ巣)報告者:たぬまさん

9月28日(水) 福岡ソフトバンクホークス―中日ドラゴンズ 20回戦

阪神の優勝が既に決定しているウェスタンリーグですが、両チームはこの
カードに2位確定がかかっています。
この日の雁ノ巣は晴天で旗は強くはためき、バックネットは風切り音がなるほどの
強い風がレフトからライトへ吹きぬていた。
この風が試合にどう作用するかはちょっと見ものだった。

中日|020 200 000 |4
福岡|000 000 002 |2

打撃成績
中日   1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
6  澤井 三振    二ゴ    左飛    遊ゴ    中安
5  中川 中安    右飛    左安    三振
4  森岡 左飛    中飛    二ゴ       遊飛
D  森     中安    右飛 左飛       三振
7  土谷    中飛    二安    中安    三振
8  中村一   中3B    右安    遊ゴ       中飛
3  堂上    右安    右安    二ゴ       四球
2  小川    中安    三野選   三振       遊飛
9  都築    三併    二併       二ゴ
9 櫻井                         四球
――――――――――――――――――――――――――――――――

福岡   1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
5  明石 遊直       二ゴ       遊ゴ    中3B
4  稲嶺 遊飛       右安       中安    右安
9  井手 右飛       右飛       遊併    三振
6  江川    左安       一邪飛      三ゴ
3  吉本    三振       二飛
3 中村                      投ゴ
8  辻     遊ゴ       三振       三振
D  北野       三振       一ゴ       右HR
7  榎本       遊ゴ       右飛       三振
2  中西       三振       二飛       中飛
――――――――――――――――――――――――――――――――

投手成績      回  打者  安打 四死 失点 自責
  朝倉      9  30   6  0  2  2
――――――――――――――――――――――――――――――――
  星野      51/3  24 10  0  4  4
  フェリシアーノ 22/3   8  0  0  0  0
  山村      1    5  1  2  0  0

盗塁:土谷(4回)
盗塁死:中川(1回)、江川(2回:三振併殺)
牽制死:稲嶺(4回)
ボーク:星野(5回)
補殺:辻(9回)

得点経過他トピック
試合前:ソフトバンクのシートノックで、キャッチャーフライをうまく上げられない勝呂
   コーチにスタンドから痛烈な野次が浴びせかけられる。
   それに怒ったホークス山崎がスタンドの客へ食って掛かる。
2回表:森の中前で出塁した1死後、中村の打球は風にも乗り井手が打球処理にもたつく
   間にタイムリー3Bヒットとなり1点を先制する。
   続く堂上が右前にタイムリーを放ちこの回2点目。
4回表:内野安打で出塁した土谷が盗塁を決め、次打者中村の時にエンドランを敢行し
   タイムリーヒットとなりまず1点追加。
   堂上もエンドランを決めてチャンスを広げ、小川の3塁線のゴロが野選となって
   もう1点を加える。
5回表:森岡の2ゴロで中川と走者が入れ替わったあと、なぜか星野が振りかぶる。
   それを見て森岡がスタートを切ったところで星野が投球動作をとめてボーク。
   プロの試合ではまず見られない完全なボーンヘッドにスタンドからは失笑が。
5回裏:野次を浴びて思わず打席をはずした吉本がスタンドを睨み付け一触即発ムード。
   イニング後のグランド整備時も選手、コーチがベンチから出てきて不穏な空気が。
9回表:一人置きに簡単に歩かせた2死1,2塁から澤井がセンター前にはじき返すが辻からの
   バックホームで堂上が刺されて追加点ならず。
9回裏:北野の打球が風に乗り思いのほか伸びてオーバーフェンスでまず一矢報いる。
   2死後明石が左中間突破の3Bヒットを放ち、続く稲嶺の右前タイムリーでもう1点。
ホークス打線は19、20の若手が中心であることもあり、ただ打つのが精一杯で、打たされている
感じも強く打線のつながりのようなものが感じられず、中日打線には個々が得点を取るにあたって
打線の中の一員としての仕事の意識が高いなと感じました。
両軍野手の年齢、プロ年数を考えれば当然のことなのだが、

選手個々について
朝倉(D):8回までを2塁すら踏ませず24人で片付けるきわめて快調なピッチング。
    カウントを悪くするとか、粘られるといった場面もほとんど皆無の好投。
    あまりにも淡々と進みすぎて「よかったよ」としか印象が残らないほどだった。
    最後は少々疲れが見えたかそれともいい加減ホークス打線が朝倉のボールに
    慣れてきたのか3安打をまとめられ失点してしまった。
    しかし彼の軽い2段モーションは果たして来年からは許されるのだろうか。

星野(H):4回までは奇数回、偶数回それぞれVTRを見ているかのような内容だった。
    2ストライクを取るまでは順調だったが、そこからがもたついて二桁被安打。
    とても前半戦だけだったとはいえ1軍で7つか8つも白星を重ねた投手とは思えない。

山村(H):雁ノ巣ファン期待の選手だけあって登場時の拍手は大きかった。
    ストライクを先行させられた時にはまずまずの投球ができたが、ボール先行時には
    カウントを戻すことができないという脆さを見せた。
    一軍の戦力となるにはまだまだ道のりは遠そうだ。

稲嶺(H):いいように討ち取られ続けたホークス打線の中で一人気を吐く3安打。
    打席ではいいものを見せただけに2回の走塁ミスが痛かった。

堂上(D):2回はチャンスで積極性を見せ、4回には浮き足立っているホークスバッテリー相手
    とはいえエンドランをきっちりと決めるなど高卒2年目らしからぬ非凡さを見せた。

この日の勝利で中日は今シーズンの2位が確定しました。


2005年 9月28日 イースタンリーグ ヤクルト−湘南(戸田)報告者:子連れさん

結果・・・
戸田4:5湘南 湘南単独3位決定。
<勝>谷口邦幸
<S>牛田成樹
<負>杉本 友

 <得点内容>
1回表・湘南 1点(1−0)・投手 ヤタさん(坂本弥太郎)
石 川  6球目 右2H
野 中  3球目 投犠 ※石川3塁へ
 南   初球  右H ☆石川生還・・・得点1

6回表・湘南 3点(4−0)・投手 山本 樹
1死後・・・・
 南   4球目 左2H(左中)
ウイット 5球目 四球
吉 村  3球目 中3HR ☆3者生還・・・得点3

6回裏・戸田 4点(4−4)・投手 村西哲幸→谷口邦夫
 投手 村西
畠 山  5球目 四球
福 川  5球目 四球
内 田  5球目 振K
牧 田  5球目 四球 ※1死満塁
 ・投手交代 谷口
大 原  4球目 中H(左中間) ☆2者生還・・・得点2
PH 本郷 4球目 大原2盗 本郷 見K
田中浩康 3球目 中3H(右中間) ☆2者生還・・・得点2

8回表・湘南 1点(5−4)・投手 杉本 友
2死後・・
吉 村  5球目 中H
田中充  3球目 投E ※2死 1−2塁
田中一  4球目 捕逸 ※2死 2−3塁
     7球目 3H ☆1者生還・・・得点1

PL・萩原達也 1B・石山智也 2B 原信一郎 3B 牧田匡平 SC 西原稔泰
<試合時間>13:00〜16:08 /3時間8分
(観衆)仮設 6割・土手 24名・取り巻き 18名
<天候> 曇り 時に日差し  風 左→右基本でマキ

「コメント」
 5回までは,ヤタさんセディーの「取りあえずまとめた」投手戦なれど,6回湘南の下手投げ村西から以降はグズグズした流れで進み3Hコボレのゲーム。最後は湘南クローザー牛田が「低めだ!低めだ!」の湘南ファン(わたし)の野次と,「一徳!戸田でも言わせるのか!コッンとあてろよ!振り回すな!!」の想いが通じて,好投&内野安打で決勝点。お粗末ながら,湘南が3位を決めた試合となりました。

<メモ>
・球界を代表するイニシエノ超大物打者が「黄色いTシャツ」姿で吉村を指導。両軍の 監督以下が集まり教えを授かっていました。敬老の日とか何とか言っている場合でなく,イニシエノ超大物打者の下半身の動きには驚きました。まだイケル!腰の感じでした。教えが効をそうしたのか,吉村の6回のHRはバックスクリーン左直撃の豪快なヨッシーHRでした。

・浦和の優勝が掛かっているためか,戸田へのお客さんは平日ながら少なめでした。すっかり刈り上げた土手に流れたファールボールを探す選手と男の子の姿がほほ笑ましい光景でした。

・「今日の村西哲幸」ですが,6回表ハナから登板して「四球」「四球」「振K」「四球」の1死満塁で,岡本コーチ出る前に岩井監督サッサと出て来て「ピッッチャー谷口」と告げられていた事を末筆に留めることで,ご勘弁給わりたく存じます。不甲斐ない投球内容,私でよろしければ頭を下げ,「精進」致します。

 戸田球場ご観戦の皆さま,お疲れ様でした。いつもならサッサとバス停めざすのですが,今日は今季最終でしたので,冷たくなるまで土手におりました。


2005年 9月28日 イースタンリーグ ロッテ−巨人(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時1分終了15時6分試合時間2時間5分
 球審本田1塁木内2塁深谷3塁敷田記録員野中
 ロッテ浦和(7勝7敗)観衆350人
                  R H E
 巨 人 010 000 000   4 0
 
ロッテ 200 000 00X   7 1
 勝三 島4勝4敗    本塁打 大松13号(1回右翼三木A)
 S川 井6勝4敗9S
 負三 木6勝3敗
 2塁打 青野(1回)
 盗塁死 代田(8回)
 失策 巨 人0
    ロッテ1 塀内(2回)
 併殺 巨 人2(大須賀−原)2回於保
        (十川孝−原)7回辻
ロッテ0

 1回表(ロッテ投手三島、捕手辻)山田左飛、十川孝三塁ゴロ、吉川三振(巨人0)
 1回裏(巨人投手三木、捕手加藤)早坂左飛、青野左翼線2塁打、大松右翼越え本塁打、ベニー遊ゴロ、竹原中前安打、塀内左飛(ロッテ2)
 2回表 斉藤右前安打、原四球で1,2塁、亀井遊飛、大須賀一塁ゴロで3−6とわたり原2塁封殺で遊撃塀内が一塁悪送球の間に斉藤生還、加藤右前安打で1,2塁、山本光二塁ゴロ(巨人1)
 2回裏 辻右飛、寺本中前安打、於保二直で4−3とわたり併殺(ロッテ0)
 3回表 山田一邪飛、十川孝三塁ゴロ、吉川捕邪飛(巨人0)
 3回裏 早坂中直、青野中飛、大松一直(ロッテ0)
 4回表 斉藤一邪飛、原右飛、亀井四球、大須賀捕邪飛(巨人0)
 4回裏 ベニー三塁ゴロ、竹原三振、塀内中前安打、辻三振(ロッテ0)
 5回表 加藤右飛、山本光左翼越え安打も7−6とわたり2塁タッチアウト、山田中飛(巨人0)
 5回裏 寺本左飛、於保二塁ゴロ、早坂中飛(ロッテ0)
 6回表 十川孝中飛、吉川三振、斉藤遊飛(巨人0)
 6回裏 青野、大松、ベニー3人共右飛(ロッテ0)
 7回表(ロッテ投手山北)原三塁ゴロ、亀井三振、大須賀遊ゴロ(巨人0)
 7回裏 竹原中飛、塀内中前安打、辻遊ゴロで6−4とわたり併殺(ロッテ0)
 8回表(ロッテ投手山崎)加藤投ゴロ、山本光左翼線2塁打(巨人代走十川雄)山田投ゴロで十川雄3塁へ、十川孝二塁ゴロ(巨人0)
 8回裏(巨人左翼十川雄)寺本二塁ゴロ、於保に代打澤井中前安打(ロッテ代走代田)早坂の時代田2塁盗塁失敗で結局左飛(ロッテ0)
 9回表(ロッテ投手川井、中堅から右翼大松、寺本に代わり一塁林、中堅代田)吉川三振、斉藤一塁ゴロ、原中飛(巨人0)

    打撃成績
    巨 人 打安点    ロッテ 打安点
   G山 田 400   C早 坂 400
   E十川孝 400   D青 野 310
   D吉 川 400  G9大 松 312
   D斉 藤 410   Dベニー 300
   B 原  300   F竹 原 310
   H亀 井 200   E塀 内 320
   C大須賀 300   A 辻  300
   A加 藤 310   H寺 本 310
   F山本光 320   3 林  000
  R7十川雄 000   B於 保 200
   計    3040   H澤 井 110
             R8代 田 000
              計    2872

 投手成績
 巨 人  投回  投数  被安 四死 三振 自責 失点
●三 木  8   97   7  0  2  2  2
 ロッテ  投回  投数  被安 四死 三振 自責 失点
○三 島  6   91   3  2  2  0  1
 山 北  1   15   0  0  1  0  0
 山 崎  1   17   1  0  0  0  0
S川 井  1    7   0  0  1  0  0

 ロッテ優勝の場面をラジオ風に実況再現してみました。

 「インボイス西武ドームで行われたインボイス対日本ハム戦は7−4で日本ハムが勝った事により、ロッテのマジックは1。優勝目前であります。」
 「マウンドは川井投手、アウトカウントはあと2つです。」
 「バッターは、斉藤。ピッチャーの川井1−0から第2球を投げた。打ちました打球は強烈ファースト林ダイビングして捕った!!!ピッチャー川井へトス『アウト!!!』2アウト2アウト2アウトです。」
 「9年ぶり6度目の優勝まで優勝までアウトカウントとは1つとなりました。」
 「もうすでに3塁側のロッテベンチの選手は、全員立ち上がって今にも飛びだそうとしています。」
 「ピッチャーの川井、原に対して第1球を投げた。打ちました、詰まったあたりはセンターフライ、代田前へ出てくるボールを捕る優勝!!!。おめでとう浦和ロッテマリーンズ9年ぶりの優勝を地元ロッテ浦和球場で決めました。」
 「さあーこれから、古賀監督の胴上げが始まります。時あたかも平成17年9月28日午後3時6分であります。」
 「おめでとう浦和ロッテマリーンズ、今ロッテ浦和球場3塁側から歓喜の紙テープが投げ込まれています。」

 あわてんぼーが選ぶMVP

■大松尚逸(ロ)
 三木の立ち上がりを攻め先制の2ランホームランをライトスタンドへ打った。
 打った瞬間わかる打球で、三木投手の出来が良く、唯一のチャンスをものにした感じ。
 もし、あの場面で打てていなかったら今日優勝を決められていたかは疑問である。
 来年は、浦和ではなくマリンで彼がホームランを打つ姿を見てみたいものだ。


 あわてんぼーが注目した選手

■三木均(巨)
 今日巨人の先発投手は彼だった。8回を投げ無四球で97球、被安打7、自責、失点共に2という結果で、安心して観ていられた。
 球はあまり速くはないが、低目への制球力が良く初回を除いては、ロッテ打線に隙を与えないピッチング。
 やはり、悔やまれるのは立ち上がり。多少ボールが高目に浮いていたところを、痛打されてしまった。

■三島輝史(ロ)
 彼のことを今日初めて観たのだが、ストレートが速い。巨人の打者は、かなり押し込まれていて、振り遅れていた。
 ただし、難点をいえば全体的にボールが高いということ。ストレートの速さが疲れ等の理由でなくなってきたら、打者を打ち取ることは困難であろう。全体的にボールを低目に投げるコントロールを身に着ければ1軍でも十分通用するだろう。

 おまけ
1: インボイス西武ドームの試合結果は4回終了後に場内アナウンスされました。
2: イースタンリーグのポスターを頂きました。


2005年 9月27日 イースタンリーグ 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館

9月27日(火) ジャイアンツ球場 川崎ジャイアンツ×湘南シーレックス

SR 000 010 000=
G 203 020 21X=10

SR:松家(4回・負投手)−後藤(1回)−稲嶺(1回)−岡本(1回)−山田(1回)、斉藤俊−武山

G:野間口(6回・勝投手)−姜建銘(2回)−東野(1回)、加藤

●両チームのスタメン

SR 6 石川   G 8 山田
  4 木村     6 十川孝
  7 南      5 吉川
  3 ウィット   7 斉藤
  5 吉村     3 原
  7 田中充    9 亀井
  8 田中一    4 大須賀
  2 斉藤俊    2 加藤
  1 松家     1 野間口

●得点経過

1回裏(G) 無死1塁、十川孝のライトオーバーの2ランHR(G2−0SS)
3回裏(G) 2死2・3塁、亀井の右中間の3ランHR(G5−0SS)
5回表(SR) 1死1・3塁、9番松家の代打・呉本レフトオーバー2塁打(G5−1SS)
5回裏(G) 無死1・3塁、原、ライト前タイムリーヒット(G6−1SS)
       その後2死3塁で大須賀、レフトオーバー2塁打(G7−1SS)
7回裏(G) 2死1塁、山本光、左中間へ2ランHR(G9−1SS)
8回裏(G) 2死1・2塁、亀井のライト前タイムリーヒット(G10−1SS)


2005年 9月25日 イースタンリーグ 湘南−インボイス(横須賀)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!)/子連れさん

メカゴジラさん編

イースタン公式戦 湘南―インボイスN(横須賀) 619人
審:深谷・西本・名幸・原 記:荒木
             R H E
 I|100200100| 8 2
SR|000100010| 5 2 (SR7勝8敗)
勝:岡本(3−4)セーブ:田崎(4−2−12S)負:龍太郎(3−1)
本:大島C(2龍太郎)南I(1岡本)

得点経過
1表:小関ファーストゴロ (0−1)
4表:大島2ランHR   (0−3)
4裏:南ソロHR     (1−3)
7表:小関タイムリーヒット(1−4)
8裏:南タイムリーヒット (2−4)

 I      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(6)水田   遊失  空振  右安  右安      4−2−0 293
(4)宮崎   投ゴ  空振  二ゴ  二ゴ      4−0−0 266
(9)小関   一ゴ    中安  三飛中安      4−2−2 471
(3)GG佐藤 中安    左飛  四球  中飛    3−1−0 361
(8)大島   空振    右本  三安  二直    4−2−2 307
(7)高山     右直  遊ゴ  遊失  右飛    4−0−0 262
(5) 星     空振  空振  空振        3−0−0 203
 5 黒瀬                   空振  1−0−0 258
(2)田原     遊ゴ    左安二ゴ    三飛  4−1−0 222
(1)岡本     二ゴ    捕飛  空振      3−0−0 143
 H 高木大                  遊ゴ  1−0−0 268
 1 田崎                       ―     ―
                           35−8−4 295

投手 回  打 安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
岡本 8 31 4 1 6 2 0 0 0 2 1 4.92
田崎 1  4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1.86
   9 35 5 1 6 2 0 0 0 2 1 4.44

SR       1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(6) 石川   空振    空振  三邪  左飛    4−0−0 234
(4) 野中   中飛    投ゴ            2−0−0 235
 H4 福本             三失  三ゴ    2−0−0 251
(7)  南   二飛    中本  左飛  左安    4−2−2 347
(3) ウィット   見振  四球  中安        2−1−0 331
 R2 斉藤俊                空振    1−0−0 164
(23)小田嶋    遊ゴ  二ゴ  右飛    中飛  4−0−0 309
(89)田中充    空振    中飛  二ゴ  一ゴ  4−0−0 276
(9) 西崎       中飛  二飛          2−0−0 237
 H8 田中一              遊飛  投安  2−1−0 233
(5) 木村       左飛  右安  空振  遊直  4−1−0 254
(1) 龍太郎      遊ゴ              1−0−0 000
 H  吉村           遊飛          1−0−0 257
 1   秦                       ―     167
 1  牛田                       ―     000
 H  武山                 四球    0−0−0 170
 1  後藤                       ―     000
                            33−5−2 269

投手  回  打 安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
龍太郎 5 20 5 1 5 0 0 0 0 3 2 3.55
 秦  2 10 3 0 2 1 0 0 0 1 1 3.66
牛田  1  3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2.64
後藤  1  3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 9.59
    9 36 8 1 8 1 0 0 0 4 3 4.19

盗塁:小関F(4回 打者・大島 1−0から二盗)
   水田G(7回 打者・宮崎 1−2から二盗)
盗塁死:小関(7回 打者・GG佐藤 2−1から二盗失敗)
走塁死:田原(5回 岡本の捕飛で帰塁できず)
失策:石川(1回 ハーフバウンドをはじく 打者・水田)
   石川(6回 ショートバウンドをはじく 打者・高山)
   星(打球を後逸 打者・福本)
   宮崎(セカンドから1塁へ悪送球 打者・福本)
パスボール:小田嶋(1回 打者・小関 2−2から ランナー3進)

補足
1表:宮崎の投ゴ→エンドラン(結果的には進塁打)
4表:高山の遊ゴ→SR石川ダイビングキャッチ
5表:岡本の捕飛→バント失敗・ランナー戻れず
6表:大島の三安→風で流されてSR木村が捕球できず
6裏:ウィットの中安→ランナー1・3塁
8裏:福本の三ゴ→2塁封殺・I宮崎が1塁へ悪送球でバッター2進

<選手評>
■岡本篤志(イ)
呉本と同級生の2年目。今日は昨年1軍で登板していた実績をいかんなく発揮。ストレートとフォークのキレ・組み合わせが抜群。1軍にいた田原のリードも借りて8回まで南以外をほぼ完璧に抑えた。今日の内容はよかったがこれが続くかどうかが問題。来週もう1度投げる機会があればがんばってほしい。

■龍太郎(湘)
結果として負け投手にはなったが今日の内容はそれほど悪くなかった。初回は味方のエラー・ミスで失った得点ですしHRも低めのフォークをすくい上げられて風に乗った当たりだった。球自体は特に問題はない。1軍に上がるには完封など目立つ投球をする必要がある、無難な投球では上がれないので次は輝く快心の投球に期待。


今日は台風ということで午前中に所用で外出していた私は観戦用の道具(ノートなど)を持っていかずに出かけたのですが、何時になっても雨が降らないので急遽、追浜に向かいました。
試合のほうは強いライト方向への台風風と濡れた人工芝の影響で守っている方は大変な状況でのゲームとなりました。たしかにエラーなどミスはありましたが随所に光るプレーが多く出た試合でもありました。
スタンドの方は天気予報の影響で若干少なめでしたがケチャップさんが「真のシーレックスファン」と言っていたように応援にもまとまりがあってよかったと思います。今日は応援に太鼓のみではありますが応援歌が横須賀で復活したのも嬉しかったです。ナイターの300人もファームでは価値がありますがこんな予報の日の600人もすごく価値があると思います。

さて、私の今季観戦も今日でラストでした。今季は観戦試合数の自己記録をはるかに超えることができました。戸田・西武二・ロッテ浦和まで足を伸ばすようになったのが要因です。シーレックスには今季のAクラスを確保してもらって来年も開幕を横須賀で出来るように頑張ってほしいです。
来季は・・・受験生ですが息抜きのつもりでできるだけ観に行きたいと思います。




子連れさん編

9月25日(日)イースタンリーグ公式戦 湘南Vs所沢 第15回戦 横須賀スタジアム

 試合そのものは,メカゴジラさんの詳細を!私どもは周辺の様子・・・

 券売開門を60分遅らせて12:00。本日の須賀スタは「やっつけ」プレーボールでした。9割方が台風17号で中止と決め込んでいた所に急速な天候回復,多くの方が球場へ問い合わせされたようです。
 天候は曇り,烈風が左から右へ吹いて旗がよく泳いでいました。5回頃からは雲間から日差しもあり,台風一過の青空が望まれました。

 本来ならば今日が地元最終戦。ファンの皆様へとして選手メッセージ入りのA4サイズのプレゼントが先着800名にありました。球場警備誘導案内会社の渇。浜シミズ提供によるそれは,表がファンとの交流を撮影した様々なイベントのカラー写真カット,裏には選手35名のファンへのメッセージとサインがずらりと並んだ品。ファンへはうれしい贈り物になった良い企画でした。天候云々がなく,抜けるような秋空の下ならば,どれだけの来場者があったろうかと残念でした。

 24日対所沢戦の中止分は,9月30日(金)18:00横須賀スタジアムと決定。当夜はファン感謝の意味から,入場無料とのことです。もう一晩,ナイトゲームが楽しめますね。余談ですが,ケチャップさんは他の営業で須賀スタへは入らないそうです!

 メカゴジラさん,観戦の皆さん。お疲れ様でした!慌しさたっぷりな押し詰まったシーズンを感じた一日でした。


2005年 9月23日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(新潟県長岡市)報告者:@白にゃんこさん

9月23日 イースタンリーグ公式戦 川崎ジャイアンツ−浦和マリーンズ(新潟県長岡市)第13回戦

細々と(?)お伝えしてきた「G+」中継も去る23日の試合を持って最終戦となりました。イースタン・リーグの半分にも満たない試合数ではありましたが、私個人としましては若手選手、ベテラン選手、さまざまな顔ぶれを見ることが出来大変充実した1年であったと思っております。


新潟県長岡市・悠久山野球場 13時試合開始
第13回戦 川崎7勝6敗 3時間21分
(同点の場合も9回打ち切り予定)

                  RHE
マリーンズ 000 000 220 102
ジャイアンツ317 004 00X 15162

<川 崎>○佐藤宏志(16試合3勝4敗、6回)真田裕貴(1回)中村隼人(1回)東野峻(1回)
<浦 和>●手嶌智(21試合9勝5敗1S、1回1/3)戸部浩(1回2/3)長崎伸一(2回)内竜也(1回)山北茂利(1回)山崎健(1回)

 マリーンズ 打安点 1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(二) 早 坂 541 二安  中安  遊ゴ  左安中安
(三) 青 野 511 捕邪  三邪  左飛  右2遊ゴ
(右) 大 松 200 四球  三振    三振
 投  内  000
打中 喜 多 201             二ゴ  遊ゴ
(中) ベニー 400 右飛    遊ゴ  三振三ゴ
 投 山 北 000
 捕 金 沢 000                 四球
(左) 竹 原 510   右飛  左飛  左安  三直三振
(一)  林  210   遊失  右2  四球
打一 於 保 200               中飛一邪
(捕) 田中雅 200   中飛  二失
 投 長 崎 000
打右 ユウゴー100           右飛
打右 寺 本 110               中安
(遊) 渡辺正 200   遊ゴ  中飛
打遊 塀 内 110             四球左安
(投) 手 嶌 000
 投 戸 部 100     二直
 捕 青 松 311         三振  遊直(右安)※
 投 山 崎 000
   合 計 38104

※8回表、打者青松カウント2−1の場面で中継終了
8回以降のテーブルは、マリーンズ公式より

 投手成績 回  打安責
●手嶌 智 11/3 1141
 戸部 浩 12/3 1587
 長崎伸一 2  610
 内 竜也 1  834
 山北茂利 1  300
 山崎 健 1  300


 ジャイアンツ打安点 1裏2裏 3裏 4裏5裏6裏7裏
(中) 山 田 642 中安中安右安  三振  右2
(遊三)十川孝 524 三ゴ三邪左安  三振  左本
(三) 元 木 323 右安四球中2    左飛
 二 長 田 000             四球
(一) 後藤孝 322 右2中犠一ゴ    中安
走右 十川雄 100             三振
(右一)吉 川 400 捕邪左飛四球    二併  三振
(左) 斉 藤 211 四球  左安中犠    左飛
 左 山本光 100               三振
(二遊)大須賀 520 遊失  左安左安    遊ゴ遊ゴ
(捕) 加 藤 520 右飛  中安二ゴ    中安
 投 東 野 000
(投) 佐藤宏 311   右失左安  三振
 打  原  000             四球
 投 真 田 000
 投 中 村 000
打捕 佐藤弘 100
   合 計 391613

 投手成績 回 打安責
○佐藤宏志 6 2540
 真田裕貴 1 622
 中村隼人 1 742
 東野 峻 1 400

<本塁打>
 十川孝 4号(3ラン、内=6回)

<二塁打>
 後藤孝(1回)
 元 木(3回)
  林 (5回)
 山 田(6回)
 青 野(7回)

<盗 塁>
 十川雄(5回)

<失 策>
 早 坂(2回)
 渡辺正(1回)
 十川孝(2回)
 大須賀(4回)


<試合展開>
雨の心配もあったが、青空が広がった長岡の空。
昨年の中越地震の影響から今春の開催は見送られたが、秋を迎え開催の運びとなった。
なお、今回の遠征での収益金は支援金として、各県へ配分されるとのこと。
試合前には巨人・桃井球団社長、森・長岡市長からのあいさつも。

先発は川崎が佐藤宏志、浦和はルーキー手島。

1回表
1早 坂 セカンド後方に打ち上げ、大須賀が背走していったが追いつけず、落ちるヒット。
 大松の2球目に盗塁を仕掛けたがタッチアウト。
2青 野 真上に打ち上げ、加藤がバックネット方向に下がってキャッチ。
3大 松 高めに浮いて四球。
4ベニー 右方向に打ち上げ、珍しくライトでスタメンの吉川がキャッチ。

 大松のときにうまくウエストし、早坂を刺してゆっくりとベンチに戻る佐藤・加藤。地元ということで加藤を熱心に応援する横断幕も、外野に掲げられている。
 一方、マウンドで投球練習を行う手島。

1回裏
1山 田 叩きつけ、ゴロでセンターへ抜けていくヒット。
2十川孝 詰まった三遊間の当たりで、青野が横っ飛びでキャッチしすぐに一塁へ送球。
3元 木 打ち上げてライト前に落とすヒット。山田は三塁を大きく回ったが、大松が力強いノーバウンド返球を返してきたため慌てて三塁へ戻る。
4後藤孝 右方向へ打ち上げてライト頭上を越えるタイムリー二塁打(川崎1−0浦和)
5吉 川 真上に打ち上げキャッチャーファールフライ。
6斉 藤 ラストボールが外に外れ四球。
 厳しい表情を見せる古賀監督。
7大須賀 ショート正面のゴロで、渡辺正がていねいに一塁へ送ったかに見えたが林が送球を捕れず、この間に2者が生還(川崎3−0浦和)
 内野陣がマウンドに集まる。
8加 藤 右方向へ打ち上げ、大松が前進してキャッチ。

ライト前ヒットを放った元木、先制二塁打の後藤孝の両ベテラン。

2回表
5竹 原 右方向へ打ち上げ、浅いライトフライ。
6 林  ショート正面のゴロだったが、十川孝が後方に逸らしてしまう。
7田中雅 高く打ち上げセンターフライ。
8渡辺正 詰まったショートゴロ。

帽子を取って、関本コーチと会話しながら引き上げる佐藤。

2回裏
9佐藤宏 セカンド横を抜け、ライト前に達する当たり。しかし記録はセカンドエラー。
1山 田 高目を打ち返し、センター前に運ぶヒット。
2十川孝 1−2からバントしていったが、三塁線へ打ち上げ田中雅がキャッチ。
 ここで岩井監督がベンチから登場し、早くも2番手戸部がコールされる。
 早足でベンチに引き上げ、複雑な表情を見せる手島。

3元 木 ラストボールが内角に外れ四球。
4後藤孝 高々とセンターへ打ち上げ、犠牲フライには十分の距離(川崎4−0浦和)
 ベンチに戻り、タオルで汗をぬぐう後藤孝。
5吉 川 高く打ち上げたが、レフト定位置付近のフライ。

3回表
9戸 部 やや詰まったセカンドライナー。
1早 坂 詰まりながらもセンター前に落とすヒット。
2青 野 左方向へ高々と打ち上げ、元木がファールゾーンでキャッチ。
3大 松 真ん中の球に空振り三振。

 ゆっくりとベンチに引き上げる佐藤。ベンチ前で高橋監督に腕の振りについてアドバイスを受ける。
 この悠久山球場の沿革の紹介。

3回裏
6斉 藤 初球を流してレフト前ヒット。
7大須賀 叩きつけ、ゴロで三遊間を破るヒット。
8加 藤 ショート頭上を破っていくヒット。地元選手ということで大歓声。
9佐藤宏 ショート後方へ打ち上げ、前進してきたレフトとの間に落ちるポテンヒット(川崎5−0浦和)
1山 田 右方向へ打ち返し、詰まりながらもライト前へ達するヒット(川崎6−0浦和)
2十川孝 ゴロで三遊間を抜けていくタイムリー(川崎7−0浦和)
3元 木 鋭く振り抜いた打球が左中間を深々と破り、走者一掃となる二塁打(川崎10−0浦和)
4後藤孝 初球を打っていったがファースト正面のゴロ。
5吉 川 ラストボールが内角に外れ四球。
6斉 藤 センター定位置付近のフライで、犠牲フライには十分の当たり(川崎11−0浦和)
7大須賀 鋭い当たりで、サードが捕れず横を抜けていくヒット。
8加 藤 セカンド正面のゴロで二塁フォースアウト。

4回表
4ベニー 佐藤の正面で、グラブではたき落としてショート十川孝が処理。
5竹 原 初球を打ち上げたが、伸びが足りずレフトフライ。
6 林  右方向へ打ち返し、ライト吉川の頭上を破る二塁打。
7田中雅 セカンド大須賀正面の当たりで、ボールが手につかずやっと送球したが、間に合わず記録はエラー。
8渡辺正 高く打ち上げたが、伸びがなくセンターフライ。

 若干曇り気味の空模様。
 なお、この球場でマリナーズ・イチロー(鈴木一朗)が1993年にプロ入り1号ホームランを野茂から放っているとのこと。

 浦和/投手:長崎 捕手:青松

4回裏
9佐藤宏 打つ気が無く空振り三振。
1山 田 真ん中付近の変化球に空振り三振。
2十川孝 外の玉に空振り三振。

5回表
9青 松 インハイ直球を見逃し三振。
1早 坂 叩きつけ、ショート正面のゴロ。
2青 野 浅いレフトフライ。

 帽子を取ってゆっくりベンチに引き上げる佐藤。

5回裏
3元 木 高々と打ち上げたが、レフトフライ。
4後藤孝 センター返しでベニーの前に落とすヒット。代走十川雄二。
 吉川の2球目に盗塁成功。
5吉 川 右方向へ打ち返していったが、セカンドライナーで、十川雄二が飛び出していて戻れず併殺。

 2安打の後藤が登場。
 また、グラウンド整備と共に緑に囲まれた悠久山野球場の様子。

川崎/三塁手:十川孝 二塁手:長田 右翼手:十川雄 一塁手:吉川 遊撃手:大須賀

6回表
3大 松 高めの球を見送り三振。
4ベニー 高々と打ち上げ、代わった十川孝がキャッチ。
5竹 原 インハイの球を打ち返し、レフト前に運ぶヒット。
6 林  ラストボールがインコースにわずかに外れ、四球。
Hユウゴー高く打ち上げ、浅いライトフライ。

 ゆっくりと引き上げる佐藤宏。
 両軍ベンチでじっと選手たちを見つめる岩井監督、高橋監督。

浦和/投手:内 右翼手:ユウゴー

6回裏
6斉 藤 初球を打ち上げたがレフトフライ。
7大須賀 ショート正面のゴロ。
8加 藤 ピッチャー返しでセンター前へ抜けていくヒット。
H 原  ラストボールが浮いて四球。
1山 田 右方向へ打ち上げ、ライト頭上を越えフェンス直撃のツーベース(川崎12−0浦和)
2十川孝 左方向へ打ち上げ、打球がぐんぐん伸びてスタンドへ一直線(川崎15−0浦和)
3長 田 ラストボール、外角のきわどいコースを見送り四球。
4十川雄 インコースの直球を見逃し三振。

 次の回から登板する真田がマウンドへ向かう。

川崎/左翼手:山本光 投手:真田

7回表
H塀 内 ストレートの四球。
9青 松 ショートハーフライナー。
1早 坂 三遊間を破っていくクリーンヒット。
2青 野 流し打ち、ライト線へ達するタイムリー(浦和1−15川崎)
H喜 多 セカンド正面のゴロの間に、早坂が生還(浦和2−15川崎)
4ベニー サード前への難しい当たりだったが、十川孝が身体を反転させてキャッチ、すぐに送球しアウト。

 失点を許し厳しい表情で引き上げる真田。

浦和/中堅手:喜多 投手:山北 遊撃手:塀内

7回裏
5吉 川 フルカウントからインコースに決まり、見逃し三振。
6山本光 真ん中付近の変化球に空振り三振。
7大須賀 たたきつけ、詰まったショートゴロ。

 2番手・真田の後を受け、笑顔でマウンドに向かう中村。

川崎/投手:中村

8回表
5竹 原 痛烈な当たりだったがサードライナー。
H於 保 浅いレフトフライ。
H寺 本 セカンドベース付近を破っていくヒット。
8塀 内 ふわりと打ち上げ、レフト山本光の前のフライだったが、前にこぼしてしまい記録はヒット。
9青 松 左方向へ大ファールを放ち、カウント2−1となったところで放送終了。


<注目選手 ジャイアンツ>
■佐藤宏志(巨)先発 6回 被安打4 無失点
スライダー、シュート
一時期中継ぎとして定着したが、2軍に…
本日は先発として登板、毎回のように走者を背負いながらも後続を打たせて取るピッチング。
特に大きなピンチもなく、責任回数の5回ともう1イニングを投げきり、大量援護もあって勝ち投手に。
力が無いわけではないと思います。さらなる精進と1軍復帰を祈っています。

■後藤孝志(巨)3打数2安打打点2
前回中継ではベテラン健在を印象付けた後藤、本日も4番で犠飛、タイムリーとらしさを見せ付ける。
なお、この試合の数日後に戦力外、すなわち引退を表明したため、中継という舞台に登場したのは本日が最後となってしまいました。

5回終了時インタビューより
今日はいつもより気合が入っていた。長岡にはゆかりがあり、毎年野球教室に来ている。去年も震災の前に来た。
教えている手前、打たなければ格好悪いな、と…(笑)
声援が大きい?そうですね。拍手をもらえることが一番の勇気になる。感謝しています。2安打は嬉しいです。
いつか、呼んでもらえると思って頑張っていたが、残りも少なくなった。ユニフォームを着ているうちは全力でプレーしたい。

■加藤健(巨)5打数2安打
折に触れ本掲示板でも登場している「カトケン」、川崎の捕手は交代で起用されていたので固定にはいたりませんでしたが、結局「正妻」と呼べるのは加藤だったと思います。
本日は地元・新潟ということで登場時にはひときわ大きな歓声があがり、打席では2安打、守っても見事な送球でランナーを刺すなど勝利に貢献。
来期もさらなる向上と文字通り正妻となるほどの活躍、さらには1軍昇格に期待です!


<注目選手 マリーンズ>
■手嶌智(ロ) 先発 1回1/3 被安打4 失点1
直球140後半〜150km台
変化球がさほど悪いという印象はありませんでしたが、1回、2回とあれよあれよという間に3失点。
2回で早々と代えられてしまう。
マジックのかかった大事な試合ということで多少、気負いなどもあったか。

■大松尚逸(ロ)4打数無安打
大松はこの1年、G+中継という枠だけで見てきても一番成長したルーキーのように思えます。
本日はヒットこそなかったものの年間通してのスタメン定着、選球眼、また外野からの力強いノーバウンド返球など随所に見せるセンスの良さも光りました。

■青野毅(ロ)5打数1安打打点1
この青野、5年目の選手ですが今期活躍した今江らに先を越された感があるものの、本日の流し打ちヒット、守備でも果敢な横っ飛びを見せるなど着実に成長していることを感じさせます。



G+&川崎ジャイアンツ 2005年総括
9月は3試合中継予定で、2試合観戦(1試合雨天中止)結果は2勝0敗。
終盤戦となり、浦和マリーンズが独走態勢ともなった時期ではありましたが多少は意地を見せられたかな?というところでした。

今期1年を振り返ってみますと、一番最初の試合が交流戦(鳴尾浜タイガース戦)という歴史的な試合から始まりました。さらにはプロ・アマ交流戦といった試みも行われるなど、さまざまな出来事があった1年でした。
しかし、川崎ジャイアンツに限りますと、ルーキー亀井の大活躍はあったもののそのほかの選手はやや伸び悩み、本来の力を発揮できなかったように思います。
特に投手陣では先発として期待されながらも真田、南らは実力を発揮できたとはいえず、野間口・木村らルーキー投手の活躍はあったとはいえ、以前も書きましたが試合を作れないという展開が目立ちました。
期待の若手、注目選手といわれた選手を多く擁しているのですし、6位に終わるような戦力ではないと思います。来期は今年以上の底上げ、活性化、そして優勝争いへと名乗りを挙げられるような活気あるジャイアンツになってほしいものです。


2005年 9月23日 イースタンリーグ 湘南−インボイス(海老名)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!

イースタンリーグ公式戦 湘南―インボイスM(海老名) 738人
審判:名幸・原・深谷・西本 記:及川  2時間39分(13:00−15:39)
             R H E
 I|031000010| 8 0
SR|010000002| 4 0 (7勝7敗)
勝:石井貴(5−2)セーブ:田崎(4−2−11S)負:堤内(1−2−1S)
本:椎木B(3堤内)ウィットK(1石井貴)南H(1富岡)
得点経過
2表:椎木3ランHR   (0−3)
2裏:ウィット ソロHR (1−3)
3表:高木大ショートゴロ (1−4)
8表:椎木タイムリーヒット(1−5)
9裏:南ソロHR     (2−5)
   福本 押し出し四球 (3−5)

 I     1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(6)水田  中飛四球    四球  右安  投ゴ  3−1−0 289
(4)宮崎  三邪  右安  投犠  空振  遊飛  4−1−0 271
(9)小関  中安  死球  四球    左飛    2−1−0 470
(7)高山  中飛  中安  三併    四球    3−1−0 268
(8)大島    二安見振    中飛  右安    4−2−0 302
(3)高木大   左邪遊ゴ              2−0−1 269
 3 犬伏            二飛  中飛    2−0−0 253
(5)上本    四球  左飛  三ゴ  四球    2−0−0 243
(2)椎木    右本  空振    左飛右安    4−2−4 232
(1)石井貴   空振  見振            2−0−0 000
 H 黒瀬              空振      1−0−0 259
 1 トモキ                     ―     ―
 H 柴田                  左飛  1−0−0 298
 1 富岡                      ―     ―
 1 田崎                      ―     ―
                          30−8−5 296

投手  回    打 安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
石井貴 6   22 1 1 1 3 0 0 0 1 1 4.27
トモキ 2    6 0 0 2 0 0 0 0 0 0 7.71
富岡  0.1  3 1 1 0 1 0 0 0 2 2 3.49
田崎  0.2  5 2 0 0 1 0 0 0 0 0 1.93
    9   36 4 2 3 5 0 0 0 3 3 4.48


SR       1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(6) 石川   三ゴ  中飛  遊ゴ    遊飛    4−0−0 250
(4) 野中   遊ゴ  遊ゴ    二ゴ        3−0−0 245
 1  後藤                       ―     000
 H  斉藤俊                  遊直  1−0−0 167
(7)  南   遊ゴ  投ゴ    右飛    左本  4−1−1 343
(3) ウィット   中本  二直  左飛    四球  3−1−1 329
(2) 小田嶋    四球  中飛    遊ゴ  右安  3−1−0 318
(98)田中充    二ゴ  左飛    中飛  左飛  4−0−0 281
(5) 木村     四球    三ゴ  空振  右安  3−1−0 259
(8) 田中一    遊直    一ゴ          2−0−0 230
 H4 福本                 左飛四球  1−0−1 253
(1) 堤内     見振                1−0−0 000
 1  稲嶺                       ―     ―
 1  村西                       ―     333
 H  呉本           四球          0−0−0 230
 1  岡本                       ―     000
 H9 西崎                 見振右直  2−0−0 239
                            31−4−3 271

投手  回    打 安 本 振 四 暴 ボ 死 失 責  防御率
堤内  2.0 13 5 1 1 2 0 0 1 4 4 4.59
稲嶺  2    5 0 0 3 0 0 0 0 0 0 8.10
村西  1    4 0 0 0 2 0 0 0 0 0 5.52
岡本  3   13 3 0 2 2 0 0 0 1 1 6.94
後藤  1    3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 9.99
    9   38 8 1 6 6 0 0 1 5 5 4.20

選手交代
インボイス:犬伏→4裏から
      田崎→9裏 打者・小田嶋から
湘南:   稲嶺→3表 打者・大島から

盗塁死:水田(2回 打者・宮崎 2−2から)
走塁死:小関(3回 高木大の打席 詳細は補足参照)
    大島(8回 椎木のタイムリーで2塁から本塁突入もタッチアウト)
補足
2裏:田中充の二ゴ→併殺崩れ
3表:高山の中安→フェンス直撃
   高木大の遊ゴ→二塁封殺・セカンドが1塁へ悪送球・フェンスに跳ね返りファーストから本塁へ送球されタッチアウト)
9裏:小田嶋の右安→ライト・センターが目測を誤る

<選手評>
■堤内健(湘)
前回の完封勝利の真価を問うマウンドになるはずだった。初回こそ1時間50分で試合を終わらせた早いテンポで抑えたが、2回に制球を乱して上本にストレートの四球。さらに椎木にも0−2となりストレートを狙われたところでタイミングが合ってしまい完璧なHRを浴びる。
3回にも修正できず無念のKOとなってしまった。今日のピッチングはいい状態の堤内よりも動きが小さく見えたのが印象的だった。やはり相手を威圧していかないと今日のような結果になってしまう。次回の登板が今季最後の登板になる可能性もあるので最後はいいピッチングを見せて欲しい。

■稲嶺茂夫(湘)
無死満塁という厳しい場面での登板。ここでバッター大島にまったくタイミングを合わさせないピッチングで見送り三振。続く高木大にもタイミングをはずしてボテボテの遊ゴ。そして4回にもすべてタイミングをはずさせる投球で3者凡退に切って取る。稲嶺だって開幕1軍・先発を任されたこともある実力がある。このままで終わらない投球を残り試合で見せてほしい。

■石井貴(イ)
今日はさすがに格の違いを見せ付けた投球だった。制球を乱したのは2回だけで後は打たせる投球に専念し後続をほぼパーフェクトに抑えた。1軍の状況は微妙だがプレーオフ進出となれば今年もこの男の出番があって当然ぐらいの投球だった。


年に1度の海老名開催となったゲームはメンバーだけなら両チームとも実績のあるメンバーがそろった試合となったが堤内の調子が試合を決めてしまった。しかし9回裏に久しぶりのヒット(南のHR)が出るとインボイスベンチが慌てはじめ、勢いは一気にシーレックスへ。さらに福本の打席ではストライクにされてもしょうがないボールが2球ともボールとなり横須賀劇場ならぬ海老名劇場へ、一打同点・逆転の場面でバッターは西崎。1−2から放った打球は勢いよくライトへ。劇場完結かと思われたが前進守備を敷かなかったライトの正面へ行きゲームセットとなりました。
球場の様子について紹介しておくと、内野の芝生席は最前列で子供が立っている事が多く少々見づらかったです。横須賀で問題になっているファールボールを追う子供たちも打球が場外に行く事が多かったので横須賀ほどにはならず。ただ、2アウトになると場所をうろうろするのは横須賀と変わらず。しかも指導者がいなかったり注意することもないので開始前にケチャップさんが言った以外は対策もなし。今季中に解決するのは無理そうです。


2005年 9月21日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:東洋子さん/子連れさん

東洋子さん編

久々の須賀スタです。湘南vs日ハム16回戦

今夜、約1ヶ月半ぶりに追浜へ行ってきました。珍しくセドリックのナイスピッチングで完封勝利という試合でした。やればできるじゃん、というのは、今季ハマスタ開幕での(試合は勝ち)投球内容から3回ほど見た試合に、全てがっかりさせられたからです。
それでは、観戦報告を書きます。例によって、お見苦しい点はご容赦。。。

1回表(日ハム攻撃)P:セドリック、C:小田嶋
  SS尾崎、CF紺田、2B稲田、LF鵜久森・・・この回見ていないので不明。
  尾崎・紺田・稲田のうち誰かがヒット打ってます。
1回裏(湘南攻撃)P:菊池、C:山田
  SS石川、2B野中アウトのあと3B吉村(ヒット)。1Bウィット(四球)。LF南(遊ゴロ)。
    吉村がサードベース上にいたところから見たので、彼が何を打ったのかは不明。
2回表(日ハム攻撃)
  3B古城(見三振)。RF佐藤(遊内ヒット)。1B市川(2ゴロゲッツー)。
2回裏(湘南攻撃)
  C小田嶋(空三振)。CF田中充(2ゴロ)。RF西崎(左飛)。・・・簡単に三者凡退
3回表(日ハム攻撃)
  C山田(空三振)。P菊池(見三振)。尾崎(中前ヒット)。紺田(中前ヒット)。稲田(2ゴロ)。
    稲田にはフルカウントにされたけれど、最後はセドリックが討ち取る。
3回裏(湘南攻撃)
  Pセドリック(遊ゴロ)。石川(3ゴロ)。野中(投ゴロ)。・・・またも三者凡退
4回表(日ハム攻撃)
  鵜久森(空三振)。古城(遊ゴロ)。佐藤(四球)。市川(佐藤の守備妨害?)。
   このときのチェンジよくわからなかった。野中が取りにくそうだったので守妨かと
4回裏(湘南攻撃)=日ハム投手交代で、P:橋本
  吉村(右前ヒット)。ウィット(中越タイムリー2Bヒット)で吉村帰り先制。
  南(犠右飛)でウィット3塁へ。小田嶋(右越タイムリー3Bヒット)でウィット帰り2点目。
  田中充(中前タイムリーヒット)で小田嶋帰り3点目。西崎(空三振)。セドリック(捕ゴロ)。
    この回、日ハムはどうして投手交代したのだろうか?2回・3回と好投したのに
    菊池に何かアクシデントでもあったのか?これ以後、毎回投手交代。
5回表(日ハム攻撃)
  山田(2ゴロ)。P橋本(右ライナー)。尾崎フルカウントから(見三振)。・・・セドリック三者凡退
5回裏(湘南攻撃)=日ハム投手交代で、P:加藤
  石川(空三振)。野中(遊ゴロ)。吉村(暴投の間に1塁へ)。
  ウィット(2B稲田の1塁悪送で出塁)。吉村も進塁しツーアウト1・3塁。南(遊ゴロ)。
    この回の日ハム投手交代も理由がわからない。ここで交代なら何故打たせた?
6回表(日ハム攻撃)
  紺田(捕ゴロ)。稲田(石川エラーで出塁)。鵜久森(3ゴロ)で稲田を2塁へ進める。
  古城(遊内ヒット)で1・3塁。佐藤フルカウントから(2ゴロ)。・・・野中のナイスプレー
6回裏(湘南攻撃)日ハム投手交代で、P:矢野
  小田嶋(3ゴロ)。田中充(見三振)。西崎(空三振)。
    19時45分、ハマスタでは相川と石井のHRで2:2だというケチャさん。
    おっ、同点か。今日勝ってヤクルトが負ければゲーム差なしで並ぶぞ。
7回表(日ハム攻撃)湘南選手交代で、P:村西、C:斉藤、CF:田中一、RF:田中充
  市川フルカウントから(中飛)。山田(遊ゴロ)。P矢野のPH池田(1ゴロ)。
    村西まずまずの投球。
7回裏(湘南攻撃)日ハム投手交代で、P:高橋憲
  村西のPH呉本(左飛)。石川(2ゴロ)。野中のPH福本(左飛)。
8回表(日ハム攻撃)湘南選手交代で、P:谷口、2B:福本
  尾崎(中飛)。紺田(3ゴロ)。稲田(遊ゴロ)。
8回裏(湘南攻撃)日ハム投手交代で、P:伊藤
  吉村(左前ヒット)。ウィット(2ゴロゲッツー)あら〜。南(中前ヒット)。C斉藤(中飛)。
9回表(日ハム攻撃)湘南投手交代で、P:牛田
  鵜久森(空三振)。古城(中前ヒット)。佐藤(空三振)。市川(空三振)。
    20時25分試合終了・・・・勝投手:セドリック、負投手:橋本、S:牛田

今夜が横須賀で最後のナイトゲームのため、試合終了後、選手全員で316名の観客に挨拶
ヒーローインタビューはセドリック。あれ?通訳がついてる。そうか、まだ1軍の選手なんだぁ!
ウィットは完全に抹殺されたのか?
  セド「今日はリラックスして良いピッチングができた。最高のピッチングだった」
  ケチャ「早くベイに帰ってきてほしいのだが」
  セド「そうしたいが、こればかりはね・・・」

今日の勝ちは、セドリックはじめ投手陣の好投もあったが、日ハムの理由のわからない
投手交代に助けられたという感じがしないでもない。ヒットの数は湘南7、日ハム6と
競っていたし、エラーも両者1つづつ。4回の猛攻での得点がなければどうなっていた
かわからなかった。
今日はじめて石川のスタメンプレーを見た。エラー1つだったが、ショートという難しいポジションで、スローイングにやや難ありとみた。6回の捕球ミスに「新しいグラブ買ってもらえ」の野次には苦笑。石井は別格だが、内川、藤田(北川も?)との激しい内野争いに入れるか?
それにしても、日ハムの投手交代は謎だ!!

帰路、電車の中で横浜が負けたのを知る。ああ、8連勝は夢に終わってしまった。
明後日からのヤクルト戦に連勝して、何とか3位の座をもぎ取ってほしい。
湘南はしっかり3位をキープ。週末のインボイス戦に連勝すれば、2位確定かな?




子連れさん編

<結果>湘南3:0鎌ヶ谷  対戦終了 8勝8敗

(勝)セドリック バワーズ  5試合2勝2敗
(負)橋本義隆       20試合1勝2敗
(S)牛田成樹       32試合4勝2敗

<得点経緯>
4回裏 湘南3点・投手交代 橋本
(5)吉 村  1−1からの3球目 右H(1塁)
(3)ウイット 1−0からの2球目 中(左中)2BH ※吉村生還 得点1
(7) 南   1−2からの4球目 右犠飛 ウイット3塁へ
(2)小田嶋  2−1からの5球目 右(右中)3BH ※ウイット生還 得点1
(8)田中充  2−0からの4球目 中H ※小田嶋生還 得点1 ★総得点3

PL・深谷 篤 1B・牧田匡平 2B・石山智也 3B・原信一郎 /SC 西原稔泰

<試合時間>18:00〜20:26 2時間26分
<来場者> 316名
(天候)曇り(隣町ではにわか雨あるも,球場は降らず) 22℃ 風・左→右(強風)

<コメント>
 4回裏の3点を,以降セドリック(1安)・村西(0安)・谷口(0安)・牛田(1安)の2安打5インニングで継投完封したこの試合は,東洋子さんのご報告の通りでした。スタンドは肌寒い秋のナイターらしかったのですが,選手にとっては快適だったのか,4投手が気持ちよく投げていました。鎌ヶ谷は「次年度」を見据えた布陣体制にもはや入ったようで,鵜久森を4番に入れ,継投も新人と生き残り隊の予定のリレー。しかしこちらも気持ちのいいテンポで,2時間26分の程よい試合時間となりました。
 3回表途中には間に合い堤内か!と思っていたら,セドリックが「コヅレサン。ゴメナサイ、ボクネ」とお祈りセットをしていました。試合前にはグラウンド見学が行われたと隣席のご隠居様から伺い、「今日はね,選手たちが随分出てきてくれて,子供たちがうれしそうにハイタッチしてましたよ。ケチャップさんから伺うと,皆ご自身から出てこられたそうでね,うれしいですね。」とのお話を耳にしました。選手の皆さん,ありがとうございました。

 <この選手・・・>
セドリック・・14日浦和戦よりもテンポとリズムがあり合格。不安視されている精神的
       な持続崩壊も見られず,ほんの少し心臓に毛が生えたようだった。

西崎伸洋 ・・ここ数打席,空振り三振を繰り返していて,8月頃のタイミングが観られ
       ないのは残念!古木とか言う外野手がず〜っと上で「その気」になってい
       て腹立たしく,引き摺り下ろすのはオマエだと思っているのに体調を崩す
       とはプロとしては恥ずかしい。スタミナ切れとは言わせぬぞ!がんばれ。

牛田成樹 ・・鵜久森を三球三振でスタートしたのは見事!日産戦などの鬱積がコモって
       いた!だが,次の古城に浮き球2つで3球目をあっさり中Hは,またまた
       牛田病が発病。「振ってくれよ!空振りしてくれよ!」の気持ちだけが出
       ていた佐藤への3球目〜6球目は牛田病慢性化への兆候。低めにスラッと
       来る球が欲しい。

 追浜に向かう京急電車の窓に水滴が流れるほど,途中はかなりの雨でした。隣駅前も突然の雨に戸惑う乗降客が見られて,須加スタのゲームが気掛かりでしたが雨雲は避けて通過して行ったゲームでした。東洋子さんお疲れ様でした。気掛かりでしたお風邪は本復されたのでしょうか。引き続きご自愛下さい。
 『吉野家』のお湯を入れすぎた味噌汁のような,内実ともどもサラッとした,この時季らしいゲームでした。

<余談>
 ご常連さんには316名の来場者は「少っくね〜!」と思われるかもしれませんが,仮にこの数が一般紙全国版のスポーツ欄の片隅に最低限の内容共々掲載されていたらどうでしょうか。「好きな人がいるんだな」と思う人の多くの中で「2軍のナイトゲームに300人!」と驚かれる方もいるのではないかと思うのです。昨夜は7連勝と好調の1軍がハマスタでゲームがあったため,須加スタへの来場者が少ないと仰る方もおられました。しかし昨夜の1軍戦来場者数は,6928名でした。須加スタの316名は必ずしも少なくはないのではと思うのです。固定客が8割強としても,この数はばかに出来ないと思うのです。固定客以外を「須加スタへ行ってみるか・・」と思わせる効果は,そうさせる地道な活動で発展するのではと思います。野球そのものが集客減少の中で,「物」で釣っても,たかが知れています。地元の住民が応援したいと思う活動は球団の努力で活路が開くものです。経費削減はわかりますが,それに対して手弁当でやって行くだけの真摯な気持ちと行動が球団には大切なのではと思うのです。そうして来てくれた方に,楽しかったと思わせるのが試合にあくまでも付随しているイベント、マスコットのパフォーマンス、スタジアム ナビゲーターの存在で,「また来るね!」と言うリピーターが増えるのが筋ではと思うのです。
 「たった300人かよ!」と帰り道で口にされていた方の言葉が耳に残り,つまらないことを書いてしまいました。


2005年 9月19日 イースタンリーグ 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:Tさん

9月19日 月曜日 川崎ジャイアンツ対鎌ヶ谷ファイターズ この日は付近の農協の協賛で、稲城産の梨を先着で配っていました。
そのせいか観客数が多く、駐車場が12時前にもかかわらずいっぱいになってしまいました。

ジャイアンツの先発は野間口 ファイターズの先発は須永でした。
ジャイアンツの野間口は8回を6安打されながら要所を締めて無失点で抑え、勝利投手となりました。最高速は149q/hでした。


     1回  2回  3回  4回  5回  6回  7回  8回  9回   
ファイターズ  0   0   0   0   0   0   0   0   2   
ジャイアンツ  0   0   0   0   0   0   0   3   −   
勝利投手  野間口 10試合3勝3敗     敗戦投手  芝草 14試合1勝3敗1S
セーブ真田13試合2勝6敗1S
バッテリー先発 2番手
G      交代
投手 野間口 9回 真田

捕手 星   7回 加藤

SR      交代    交代
投手 須 永 7回 橋本  8回 芝草

捕手 駒 居

1回表 ファイターズの攻撃
ポジション     選手   ランナー  カウント      結果・コメント
1番ライト     佐藤   無し    0アウト2S−2B 見逃し三振 野間口MAX148q/h
2番センター    紺田   無し    1アウト2S−2B ショートフライ 野間口MAX146q/h
3番サード     古城   無し    2アウト2S−2B センターフライ 野間口MAX146q/h。野間口上々の立ち上がりを見せる。

1回裏 ジャイアンツの攻撃
1番センター    山田   無し    0アウト2S−3B 四球
2番セカンド    大須賀  1塁    0アウト2S−1B ピッチャーゴロ ファウル5球を打ち粘るも凡退。進塁打にはなった。
3番ショート    黒田   2塁    1アウト2S−3B センター前ヒット
4番ファースト   原    1・3塁  1アウト2S−3B 四球
5番サード     吉川   満塁    1アウト1S−0B ショートライナー
6番キャッチャー  星    満塁    2アウト0S−0B サードゴロ

2回表 ファイターズの攻撃
4番レフト     鵜久森  無し    0アウト2S−3B ライト前ヒット
5番セカンド    稲田   1塁    0アウト2S−3B 空振り三振
6番ファースト   市川   1塁    1アウト2S−3B 四球
7番ショート    尾崎   1・2塁  1アウト2S−3B 空振り三振 三振時鵜久森が3盗狙うも星が好送球で刺す。

2回裏 ジャイアンツの攻撃
7番レフト     山本光  無し    0アウト0S−0B ライトフライ
8番ライト     十川雄  無し    1アウト2S−2B 空振り三振
9番ピッチャー   野間口  無し    2アウト2S−2B 見逃し三振

3回表 ファイターズの攻撃
8番キャッチャー  駒居   無し    0アウト2S−3B ライトフライ
9番ピッチャー   須永   無し    1アウト2S−0B サードゴロ
1番ライト     佐藤   無し    2アウト1S−1B サードファウルフライ

3回裏 ジャイアンツの攻撃
1番センター    山田   無し    0アウト0S−0B ショートゴロ
2番セカンド    大須賀  無し    1アウト2S−1B サードゴロ
3番ショート    黒田   無し    2アウト  S−B ヒット
4番ファースト   原    1塁    2アウト0S−3B ショートゴロ

4回表 ファイターズの攻撃
2番センター    紺田   無し    0アウトS−B 内野安打
3番サード     古城   1塁    0アウト0S−1B セカンドゴロ 打球がランナーに当り、守備妨害でアウト。
4番レフト     鵜久森  1塁    1アウトS−B ショートライナー
5番セカンド    稲田   1塁    2アウト2S−2B セカンドゴロ 打球がランナーに当り、守備妨害でアウト。ごくまれにあるこの守備妨害が1イニングに2回とは珍しい。

4回裏 ジャイアンツの攻撃
5番サード     吉川   無し    0アウト2S−3B レフトフライ
6番キャッチャー  星    無し    1アウト2S−2B 空振り三振
7番レフト     山本光  無し    2アウト2S−1B サードライナー

5回表 ファイターズの攻撃
6番ファースト   市川   無し    0アウト0S−2B レフトフライ
7番ショート    尾崎   無し    1アウト2S−0B 空振り三振 2球目に野間口MAX148q/h。この日最速。
8番キャッチャー  駒居   無し    2アウト2S−3B 空振り三振 野間口MAX147q/h。この回から野間口の速球が復活。

5回裏 ジャイアンツの攻撃
8番ライト     十川雄  無し    0アウト2S−1B 空振り三振
9番ピッチャー   野間口  無し    1アウト1S−1B ショートゴロ
1番センター    山田   無し    2アウト2S−2B サードゴロ

6回表 ファイターズの攻撃
9番ピッチャー   須永   無し    0アウト1S−1B セカンドゴロ
1番ライト     佐藤   無し    1アウト2S−3B 四球 2球目に星がパスボールも大勢に影響なし。野間口MAX147q/h。
2番センター    紺田   1塁    1アウト1S−1B 送りバント
3番サード     古城   2塁    2アウト2S−1B ピッチャーゴロ

6回裏 ジャイアンツの攻撃
2番セカンド    大須賀  無し    0アウト2S−2B レフト前ヒット
3番ショート    黒田   1塁    0アウト2S−0B 見逃し三振
4番ファースト   原    1塁    1アウト2S−3B 四球
5番サード     吉川   1・2塁  1アウト2S−1B ショートゴロ
6番代打      元木   1・3塁  2アウトS−B セカンドゴロ

7回表 ファイターズの攻撃  G:代打の元木に代りキャッチャー加藤、ショート黒田に変わりセカンド長田、セカンドの大須賀がショートへ
4番レフト     鵜久森  無し    0アウト2S−1B ライトフライ
5番セカンド    稲田   無し    1アウト0S−1B レフトフライ
6番ファースト   市川   無し    2アウト2S−2B 空振り三振

7回裏 ジャイアンツの攻撃  F:投手 橋本に交代
7番レフト     山本光  無し    0アウト2S−2B レフトフライ
8番ライト     十川雄  無し    1アウト2S−1B セカンドゴロ
9番ピッチャー   野間口  無し    2アウト2S−0B セカンドゴロ

8回表 ファイターズの攻撃
7番ショート    尾崎   無し    0アウト0S−0B センター前ヒット 代走工藤
8番キャッチャー  駒居   1塁    0アウト1S−0B 送りバント
9番代打      上田   2塁    1アウトS−B センター前ヒット 山田が本塁への好返球で二塁走者の工藤を刺し、得点を許さなかった。
1番代打      阿久根  2塁    2アウト1S−1B ピッチャーゴロ

8回裏 ジャイアンツの攻撃  F:代打上田に代り投手芝草、代打阿久根がそのままライトへ代る。
1番センター    山田   無し    0アウト0S−3B 四球
2番ショート    大須賀  1塁    0アウト0S−0B 送りバント
3番セカンド    長田   2塁    1アウト0S−0B 3塁内野安打 強くたたきつけて大きなバウンドの内野安打。
4番ファースト   原    1・3塁  1アウト2S−2B レフト前ヒット 先制タイムリーヒット。
5番サード     吉川   1・2塁  1アウト1S−2B 左中間2ベースヒット 2点タイムリーヒット
6番キャッチャー  加藤   2塁    1アウト2S−2B ショートゴロ
7番レフト     山本光  3塁    2アウト2S−1B 空振り三振

9回表 ファイターズの攻撃  G:投手 真田に交代
2番センター    紺田   無し    0アウト1S−3B 四球
3番サード     古城   1塁    0アウト0S−0B ライト前ヒット
4番レフト     鵜久森  1・2塁  0アウト0S−0B レフト超2ベースヒット 1点返す。
5番セカンド    稲田   2・3塁  0アウト0S−0B ファーストゴロ
6番ファースト   市川   2・3塁  1アウト1S−2B ライトフライ 犠牲フライで2点目を返す。
7番ショート    尾崎   2塁    2アウト2S−1B ライトフライ 何とかゲームセット。


  ■掲示板@2軍愛■