【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2006年 4月 8日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(ロッテ浦和)報告者:WIZさん

4/8(土) イースタンリーグ公式戦 千葉ロッテ−湘南 1回戦 ロッテ浦和球場(13:00開始)

審判:PL 牧田、1B 原、2B 深谷、3B 佐々木
記録員:山本
観客数:約300名

【スコア】
湘  南 323230203 18
ロッテ  110003001  6

【投手継投】
湘  南  ○後藤(6回)−岡本(1回)−松家(1回)−吉川(1回)
ロ ッ テ  ●三島(11/3回)−手嶌(11/3回)−木興(11/3回)−神田(2回)
       −田中良(2回)−川井(1回)

【得点経過】
1回表(湘) 一死1・3塁で小田嶋、右中間へ2ベースタイムリー(1点)
       一死2・3塁で鈴木、ライト前タイムリー(2点)
1回裏(ロ) 無死3塁で田中雅、ライト前タイムリー(1点)
2回表(湘) 一死1・2塁で木村、右中間へ3ベースタイムリー(2点)
2回裏(ロ) 一死無塁で橋本、バックスクリーン直撃のソロ(1点)
3回表(湘) 無死満塁で福本、併殺の間に3塁走者生還(1点)
       二死3塁で斉藤、レフト線へ2ベースタイムリー(1点)
       二死2塁で田中一、センター前タイムリー(1点)
4回表(湘) 一死1・3塁で鈴木、ファーストエラーの間に3塁走者生還(1点)
       一死1・2塁で南、セカンドエラーの間に2塁走者生還(1点)
5回表(湘) 無死無塁で斉藤、右中間スタンドへソロ(1点)
       一死2塁で野中、センター前タイムリー(1点)
       二死3塁で小田嶋、左中間へ2ベースタイムリー(1点)
6回裏(ロ) 二死1・2塁で寺本、ライトスタンドへ3ラン(3点)
7回表(湘) 一死1・3塁で西崎、ショートゴロの間に3塁走者生還(1点)
       二死2塁で小田嶋、センター前タイムリー(1点)
9回表(湘) 一死1・3塁で橋本、後逸で3塁走者生還(1点)
       一死2・3塁で川井、暴投で3塁走者生還(1点)
       一死3塁で桑原、セカンドゴロの間に3塁走者生還(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
3B 木村  三振右3三振  遊安  投安一ゴ       632201200
2B 野中  四球四球  四球中2  右安  二失     221501030
LF 内藤  右安二飛  二ゴ二ゴ             411100000
LF 西崎              遊ゴ  中飛     200000000
1B 小田嶋 中2  左安四球中2  中安         443300010
1B 呉本                  右安     110100000
DH 鈴木  右安  左2一失左飛             322100000
DH 北川              四球  遊安     110101010
RF 南   三振  遊失二失  右飛           200000000
RF 桑原              三ゴ  二ゴ     201000000
SS 福本    四球遊併二併  三ゴ  左安遊ゴ     511100010
C 斉藤    捕儀左2  右本三振  一ゴ       422210100
CF 田中一   四球中2  二ゴ  二ゴ         311100010
CF 河野                二ゴ       100000000

<千葉ロッテ>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 大松  中3  四球  左飛  三振  一ゴ     410100110
2B 田中雅 右安  三飛  三振  三振         411000200
RF 平下  三飛  右安    四球  三ゴ       310000010
LF 竹原  三振  三ゴ    三併  二ゴ       400000100
3B 青野    三振  左安  左2  遊ゴ       420100100
R 細谷                         000000000
3B
C 橋本    中本  右安  四球    中安     331310010
R 金澤                         000000000
1B 寺本    一ゴ  遊併  右本    右安     423110000
DH 喜多    遊ゴ  左飛  三振    遊併     400000100
SS 根元      中安  一ゴ             210000000
SS 瑞季              三振  左失     100000100


【投手成績】
<湘南>
       回  打  安 四 三 失 自
○後藤    6  26 9 3 4 5 5
 岡本    1  3  0 0 3 0 0
 松家    1  3  0 0 0 0 0
 吉川    1  5  2 0 0 1 0

<千葉ロッテ>
       回  打  安 四 三 失 自
●三島   11/3  9  3 3 2 3 5
 手嶌   11/3  9  5 1 0 5 3
 木興   11/3  7  0 2 1 2 0
 神田    2  10 4 0 1 3 3
 田中良   2  11 4 1 0 2 2
 川井    1  6  2 0 0 3 2


-【選手感想】
<湘南>
■後藤 伸也(湘)
 初回いきなり大松にセンターオーバーの3ベースを浴び、これが失点につながるが、
 これは田中一の身長を考えると仕方がない。
 2回の橋本の本塁打も相手が一枚上。
 と、ここまでの失点は納得でき、さらに味方が先制点を始め大量得点をあげ
 援護しているにもかかわらず調子が上がってこなかった。
 3回以降、毎回走者を出す投球で、都度味方の好守による併殺でピンチを切り抜けた。
 しかし6回、先頭打者を四球で出し併殺に打ち取りながら、連打を浴びて寺本に
 3ランを浴びてしまったのは頂けない。
 もう「復活」への闘いは終わり、「一軍昇格」への闘いに入っているだけに今日のような
 投球では「2軍のエース」で終わってしまうぞ。
 今日の今季初勝利の白星はこれまで野手に足を引っ張られた仮を返してもらった事とし、
 次の登板で納得のいく白星を生まれた我が子へプレゼントしてほしい。

■岡本 直也(湘)
 先頭瑞季、続く大松と連続見逃し三振。田中雅には得意のカーブで空振り三振。
 後藤の不甲斐無い投球を払拭するかのような見事なピッチング。今季一番の投球だ。
 カーブの制球を自分で調整できる時の岡本ほど怖いものはない。
 稲嶺とどちらでもいいから投壊の中継ぎ陣に喝を入れにそろそろ昇格をしてほしいもの。

■松家 卓弘(湘)
 右肘靭帯の怪我も癒え、実戦初登板。
 まだ腕の振りも遅く、球威もほとんどないものの、うまくタイミングをずらして打たせて取る
 内容で無難にマウンドを降りた。
 しかし今日は内容よりも実戦で投げられたことをまず喜びたい。
 先日の龍太郎とリハビリ組も徐々に顔を出してきた。
 染田、飯田、森の復帰も待ち遠しいところ。

■小田嶋 正邦(湘)
 今湘南で深い暗闇にさまよっている男としてこの掲示板でも話題になっていたが、
 今日は初回に変化球を上手く合わせて先制タイムリーを放つともう止まらない。
 結果5打席全てに出塁の3打点と復活と四番としての責任を十二分に全うした。
 しかし今日の彼の見せ場は2回、突き放す湘南に橋本のソロで引き下がらない
 ロッテ打線。続く寺本の当たりは1・2塁間を抜けそうな鋭い当たり。
 その打球を真正面からスライディングキャッチ!
 続く3回は先頭打者としてヒットで出塁と、試合の流れを完全にロッテから引き離した。
 これが一週間前、扇風機&守乱で途中交替させられた男の姿とはとても思えなかった。
 野球を満喫して充実した顔つきで試合後のストレッチに入った表情が印象に残った。
 さてここから汚名返上の爆進が始まるのか?

■野中 信吾(湘)
 こちらは小田嶋を超える6打席出塁。うち5回もホームを踏んだ。
 特に3打席目までの四球を選んだ選球眼は見事。
 塁に出れば積極的に走り盗塁、エンドランを決めまくった。
 今もっとも湘南打線で一番出したくない打者であろう。

☆今日の村西哲幸☆
長浦にてお留守番。

<千葉ロッテ>
■手嶌 智(ロ)
 昨年同じ浦和で見た時はコントロールの良い投球で湘南打線は全く叶わず。
 羨ましく歯軋りしながら浦和を後にした思い出があるが、今日はそれが嘘だったのではと
 思うような別人のピッチングになってしまった。
 とにかく球が走っていない。なので変化球でかわそうにも打者は狙いを絞りやすい。
 結果3失点。追い縋ろうとするロッテ野手陣もここで緊張の糸が切れた。
 2回途中でいきなりの投手交替という古賀監督の迷采配で肩の準備が出来ていなかった
 のではなかろうか。

■橋本 将(ロ)
 1打席目は「バコッ」とバックスクリーンを突き破ろうかと思わせるようなソロを放つ。
 以後4打席全て出塁。
 しかしキャッチャーとしてはほぼ毎回失点の18失点と反省の多い内容となった。
 「ちゃんと俺の要求したところに投げろ!」と欲求不満をバットで晴らした感。

■寺本 四郎(ロ)
 湘南打線に突き放されながらも4回は追いつこうと2連打でチャンスも併殺でチームの
 士気を落としてしまった。
 が、6回はフラフラの後藤にトドメをさす3ランを放った。
 二死から2連打され「早くマウンドを降りたい」という気持ちだった後藤の初球を
 見事に読んでの当たりかと思われる。

■田中 雅彦(ロ)
 今日はセカンドの守備についたが今日はエラーがひどすぎた。
 特に9回はライナーの当たりをグラブに収めながらポロリ。さらに一塁へ暴投。
 キャッチャーが本業とはいえ、これまで何度も守備についたことがあるのだから
 あれくらいは無難に処理してほしかった。
 今日のロッテ野手陣を象徴するプレーだった。

【全体感想】
試合開始前は風が冷たく雨も降り、5回まで持つか心配しながら試合を待つことになりました。
しかし試合が開始される直前に急に雲は無くなり風も収まり一転して暖かい陽気で
ゲームは開始されました。

試合は湘南が先制、ロッテ追撃、湘南中押し、粘るロッテといった感じで試合が進みますが
3回の3失点で8対2。しかしまたも雨雲が球場を覆い怪しい雰囲気。
「雨降るな」の湘南ファン、「雨降れ」のロッテファンの思いが交錯する中、試合は
湘南打線が大爆発。得点を重ねます。
正直、あの天気でしたので「とにかく5回まで早く進めて点は後で取れ」と思ってしまいましたが、
その心配は無用で5回前には再び雨雲は去り、以後試合終了まで晴天が続きました。

湘南はここまで不振だった小田嶋を筆頭に打線が爆発。
18安打で18得点と効率の良い点の取りかた。
塁に出れば積極的に足を使い、追い込まれてもファールで粘る。
さらにこれまでエラー絡みで敗戦を重ねてきたチームとは思えないほど好守が連発。
毎回のように走者を出すロッテ打線に4個の併殺を取りました。
今日に限っては何も文句の言いようが無い勝利で今季初の連勝となりました。

一方千葉ロッテは最悪の一言。
ピッチャーはコントロールは悪い、守備はエラーが連発、打線は走者を出しても併殺、と
いい所が全く無し。幸先よいスタートをきった反動が早くも来たのでしょうか?
毎試合素晴らしい応援を送るロッテ応援団も終盤は応援コール無し。
不甲斐無いチームに応援をボイコットしたと思ってもよいでしょう。

私は野球はピッチャー、特に先発投手がゲームを作るものだと思っていましたが、
今年はさらに守備も試合のリズムを作る上でも大切なものなんだと感じた試合でもありました。
湘南は今日の試合で波に乗ってほしいもの、一方千葉ロッテはいったん一呼吸を置いて
明日から仕切り直しをしたいところです。

こんな大味の試合となりましたが試合時間は約3時間ほどでした。
観戦された皆さん、今日は天気がコロコロ変わり曇れば寒い、晴れれば暖かいと
気温差の激しい一日でしたね。こういう時こそ体調管理には十分お気をつけ下さい。


2006年 4月 7日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−広島(ヤフードーム)報告者:赤光さん

4月7日9時30分、ヤフードームに到着。今年から試みられた、月に一度のヤフードーム二軍戦である。この日のソフトバンク先発は寺原ですでに決定していることが紙面などでも報じられていた。一軍でDJカラスコ、高橋秀の先発2枚が結果を残せなかったため、一軍は新たな先発投手を欲している。寺原にとって最も重要な試合となることは間違いなかった。これは明らかに昇格試験である。
また、この日は右手を痛めていた川崎内野手のDHでの実戦復帰も予定されていたため、若い女性からご年配の野球ファンまで、幅広い層の約200人のファンが、唯一解放されたネット裏付近の内野ブロック席に陣取る。試合前のシートノックでも、川崎は一塁付近で球拾いをするだけであった。寺原はダグアウト奥のブルペンで調整しているため、ウォーミングアップの様子を確認できない。荒川捕手、西山投手の応援ボード、太田原投手の応援シャツといった、各人思い思いの自作応援グッズもちらほらと見える中、スターティングラインアップが発表される。僕は加藤スコアラーの真後ろ、球の軌道や配球が確認しやすい位置に陣取った。


先攻 広島東洋カープ
1番ライト 天谷
2番キャッチャー 上村
3番レフト 末永
4番サード 井生
5番センター 鞘師
6番セカンド 木村拓
7番DH 甲斐
8番ファースト 吉田
9番ショート 岡上
先発ピッチャー 佐藤

後攻 福岡ソフトバンクホークス
1番センター 城所
2番DH 川崎
3番ライト 井手
4番サード 江川
5番ファースト 吉本
6番レフト 小斉
7番キャッチャー 荒川
8番セカンド 明石
9番ショート 金子
先発ピッチャー 寺原

広島は現状で考えうる中で最良のオーダーを組んできた。末永から木村拓也までを打線の軸とし、その中に致命的に勝負弱い人間やもろいバッターはいない。基本的に入団からの年数が浅い人間は引っ込めてきた。一方のソフトバンクはDHに川崎を入れたことで大道を使えない。打線の厚みとしてはむしろ薄くなった格好だった。実績十分の川崎とはいえ、所詮は病み上がりである。広いヤフードームにおいて、守備に疑問符が付く小斉の動きがキーになりそうなところはあった。彼はこの時点では外野守備において打球判断などがまだ危なっかしい。

一回表
1番天谷 空振り三振 131キロフォーク
2番上村 センターライナー 143キロ外ストレート
3番末永 ショートゴロ 133キロフォーク
スリーアウト この回MAXは144

一回裏
1番城所 空振り三振 スライダー
2番川崎 レフトフライ
3番井手 フォアボール
4番江川 高めストレートにつまりながら レフト前ヒット 井手三塁へ
5番吉本 センターオーバー二点タイムリーツーベース 外ストレート  H 2-0 C
6番小斉 空振り三振 スライダー
スリーアウト

二回表
4番井生 セカンドゴロ フォークで追いこんでスライダー
5番鞘師 センターフライ 低め117キロカーブ
6番木村拓 センター前ヒット 初球143キロ低めストレート
7番甲斐 空振り三振 144キロ真ん中低めストレート
スリーアウト

二回裏
7番荒川 ピッチャーゴロ
8番明石 ピッチャーを抜く当たりもセカンドゴロ
9番金子 空振り三振 高めストレート
スリーアウト
佐藤も悪くないね

三回表
8番吉田 セカンドゴロ センターに抜けそうだったか明石が好守
9番岡上 145キロストレートにつまってショートゴロ
しかし金子が悪送球 フィールドシートに送球が飛び込んで岡上二塁へ
1番天谷 つまってセカンドゴロ しかし明石がどこにも投げられず内野安打 ランナー 一塁三塁
2番上村の打席 天谷盗塁成功
上村空振り三振 136キロ フォーク
3番末永空振り三振 138キロフォーク
スリーアウト

三回裏 
1番城所 セカンドゴロ 外ストレート
2番川崎 セカンドゴロ あわや内野安打だったが木村拓が好守
3番井手 三球三振 スライダー
スリーアウト

四回表
4番井生 セカンドゴロ カウント1-3から144キロストレート
5番鞘師 大きなセンターフライ
雁ノ巣だったらやばかったw
6番木村拓 ライトオーバーツーベース
7番甲斐 強烈なピッチャー返し 寺原キャッチして一塁アウト
スリーアウト

四回裏
4番江川 空振り三振 スライダー
5番吉本 痛烈にレフト前ヒット
6番小斉 打席でタイムかけるも認められず見逃し三振
エンドランがかかってたらしく、一塁の吉本がスタートをきっていて、挟まれアウト
スリーアウト

8番吉田 平凡なショートゴロ 138キロカットボール
9番岡上 サードゴロ 133キロシュート
1番天谷 一塁線へのゴロ 寺原ダッシュしてキャッチ
そのまま天谷を追い抜きながら一塁を踏んでスリーアウト

五回裏
7番荒川 強いあたりもショートゴロ
8番明石 粘ってフルカウントに持ち込むが空振り三振 ストレート
9番金子 見逃し三振138キロストレート
スリーアウト

六回表
レフト小斉から辻に交代 ファースト吉本から北野に交代
2番上村 セカンドゴロ 138キロカットボール
3番末永 ピッチャー返しのゴロ 寺原つかんで一塁アウト
4番井生 フルカウントからセンター前 外スライダー
5番鞘師 見逃し三振 アウトローのカットボール
スリーアウト

六回裏
1番城所 空振り三振 カーブ
2番川崎 センターフライ
3番井手 レフト線ツーベース
4番江川 ピッチャーゴロ
スリーアウト

七回表
ピッチャー陽(ヤン) キャッチャー田上
6番木村拓也フルカウントから空振り三振 140ストレート
7番甲斐バット折れてレフト前
8番代打山本芳 空振り三振 高めストレート
9番岡上の打席 ワイルドピッチで甲斐二塁へ
岡上ライトフライ スリーアウト
陽の最速144キロ

七回裏
カープピッチャー フェリシアーノに交代 
上村に代わってファースト比嘉 木村に代わってキャッチャー白濱 山本はセカンドへ

5番北野 見逃し三振ストレート
6番辻 フォアボール
7番田上の打席 辻盗塁成功 さらに捕手白浜のパスボールで辻三塁へ
田上フルカウントからセンターに大きな犠牲フライ H 3-0 C
8番明石 センター前ヒット 外ストレート
9番代打大道 平凡なセカンドゴロ

八回表
ピッチャー吉田に交代
大道に代わって定岡が入りファースト サード北野 ショート江川
1番天谷 空振り三振 116キロパームボール
2番比嘉三振 128カットボール?
3番末永ピッチャー返し
吉田キャッチして一塁アウト
スリーアウト

八回裏
1番城所 空振り三振 ボール球の139ストレート
2番川崎 レフトフライ
3番井手 ライトライナー
スリーアウト

九回表
ピッチャー水田に交代
レフト辻にかわって榎本
4番井生 センター前ヒット 124内キロスライダー
5番鞘師 見逃し三振 136キロ外ストレート
6番白浜ライト前 ランナー 一塁二塁
7番鈴衛 センター前タイムリー 城所ボールをこぼしてバックホームできず H 3-1 C
8番山本芳 レフト前タイムリー H 3-2 C
9番岡上 セカンドゴロダブルプレー
ゲームセット


H 3-2 C
勝ち投手 寺原
負け投手 佐藤
セーブ投手 水田


総評
この日の主役は何と言っても、昇格試験の登板だった寺原になるが、キレのある速球は最速145キロ。 一番遅いストレートが139(1球)で、スピードはほぼ140キロオーバーの水準で安定していた。フォークは前回4月1日の登板より変化のコントロールも改善し、カーブ・スライダーも十分に使えた。テークバックのときに右手を一塁方向(体の後ろ)に引きすぎで、そのせいかシュート回転の直球が目に付いたが、ボールゾーンに意図的に外す球であったり、大きく外れるボール球だったので、痛打されるなどのヤケドはしていない。肘が少し下がっていて、明らかに結果を求めるあまりの力みを感じさせた。内野ゴロにおけるフィールディングも平均水準以上。牽制を行う際のターン動作の速さはベンチから川崎が褒めていたほどである。球の威力にある程度自信があるようなので、0−2になっても思い切ってストレートや変化球でカウントを立て直せる。 木村に打たれたのは低め外の難しいストレートと、低め内の難しいストレート。 これは何か問題点として考えるほどのものではなく、完全にヤマを張られた結果としか言い様がない。
リリーフ2番手の陽は、荒れながらも144キロまでストレートの速度が出た。カーブは効果的にカウントを取っていたが、スライダーがボールになるケースが多かった。3番手の吉田修司は、時折ストレートが高めボールゾーンに抜けたのが気になった。あとはだいたい心配ないレベルの登板、速球の最速は138キロ。
野手で言うと、川崎の試運転が注目されたが、とりあえずボールをバットに当てられただけという感があった。勘をもどすのはそう容易なことではない。

この日の寺原は最高とはいえないがまずまずの出来で登板を終え、一軍の王監督視察の中ではいいアピールになった。そしてこの試合が、現時点では雁ノ巣における寺原の最終登板となっている。5月6日現在、昇格を果たし一軍で2勝1敗1完投。ローテーションにしっかりと入り込んで先発を続けている寺原は、この後どのようなキャリアを積んでいくだろうか。もう二軍には戻ってこなくていいぞ、という思いをめぐらし、ヤフードームを後にした。


2006年 4月 6日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!)/子連れさん

■報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!
イースタン公式戦 湘南―東京ヤクルトA(横須賀)        375人
審:山崎・橋本・工藤・山路 記:野中 3時間6分(12:59〜16:05)
              R H E
YS|000101000 | 5 1
SR|000200001×| 3 2
(1−1)勝:龍太郎(1−0)負:山部(0−1)
本:鈴木健A(1山口)田中充@(2松谷)

得点経過
4表:鈴木健ソロHR         (0−1)
4裏:田中充2ランHR        (2−1)
6表:志田タイムリー2ベース     (2−2)
9裏:YS大塚サヨナラタイムリーエラー(3×―2)

YS      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(6) 川端  空振  二飛  左飛  右飛  二安  5−1−0 371
(5) 三木  空振    三邪左邪    右邪遊ゴ  5−0−0 000
 1  宇野                      ―     ―
(3) 鈴木健 中飛    右本  一邪  四球    3−1−1 231
 R  野口                      ―     000
 7  内田                      ―     143
(73)畠山    左飛  空振  中安  三選    4−1−0 235
(8) 志田    四球  四球  左2  遊併    2−1−1 233
(4) 梶本    空振    四球空振    二直  3−0−0 407
(2) 福川    空振                1−0−0 211
 H2 川本          左安空振    三失  3−1−0 091
(9) 牧谷      中飛  三邪  空振  遊ゴ  4−0−0 071
(1) 山田      空振              1−0−0 000
 1  松谷          四球          0−0−0 ―
 1  田中充                     ―     ―
 H  度会              二飛      1−0−0 429
 1  坂元                      ―     ―
 H  久保田                 四球  0−0−0 143
 1  山部                      ―     ―
 5  大塚                      ―     333
                           32−5−2 255

投手  回    打 安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責   防御率
山田  3   11 1 0 2 1 0 0 0 0 0  0.00
松谷  2    8 1 1 1 1 0 1 0 2 2  9.00
田中充 1    4 0 0 2 0 1 0 0 0 0  1.80
坂元  2    7 0 0 3 1 0 0 0 0 0  1.42
山部  0.2  3 1 0 1 0 0 0 0 1 0 11.25
宇野  0    1 0 0 0 0 0 1 0 0 0  5.79
    9   34 3 1 9 3 1 2 0 3 2  3.58


SR     1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(6)藤田  遊ゴ  左飛  中飛    一ゴ    4−0−0 182
 6 福本                      ―     333
(4)木村  空振  二ゴ              2−0−0 333
 H 呉本            空振        1−0−0 182
 4 野中                二ゴ    1−0−0 267
(3)内藤  右安    空振  空振  見振    4−1−0 111
(5)小田嶋 遊ゴ    四球  死球    三安  2−1−0 182
(9)田中充   四球  右本  二直    捕犠  2−1−2 500
(8) 南    空振  右邪    空振  空振  4−0−0 200
(7)河野    二ゴ  右飛    遊飛      3−0−0 333
 H 桑原                  三失  1−0−0 000
(2)斉藤    二飛    右飛          2−0−0 125
 H2新沼              四球      0−0−0 ―
(1)山口      二ゴ              1−0−0 000
 H 田中一         中飛          1−0−0 125
 1 牛田                      ―     ―
 H 北川              見振      1−0−0 214
 1 稲嶺                      ―     ―
 1 龍太郎                     ―     ―
                          29−3−2 189

投手  回    打 安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責  防御率
山口  5   20 2 1 6 4 0 0 0 1 1 1.80
牛田  2    8 2 0 3 0 0 0 0 1 1 4.76
稲嶺  0.1  2 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0.00
龍太郎 1.2  8 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0.00
    9   38 5 1 9 6 0 0 0 2 2 3.23

盗塁:志田A(2回 打者・梶本 1−3から二盗→SR藤田のエラーの間に3塁へ)
   田中充@(2回 打者・南 2−1からランエンドヒット→空振り 二盗)
走塁死:志田(4回 打者・梶本 2−2から牽制死)
失策:藤田(2回 志田の二盗時に送球をはじく→ランナー3塁へ)
   小田嶋(9回 1塁へ悪送球 打者・川本)
   大塚(9回 打球をはじき1塁へ送球もセーフ 打者・桑原)
フィルダースチョイス:小田嶋(8回 2塁封殺を狙うもセーフ 打者・畠山)
暴投:松谷(4回 打者・田中充 初球 ランナー2塁へ)
   宇野(9回 打者・桑原 2−0から ランナー3塁へ)

補足
5表:川本の左安→エンドラン成功 ランナー1・3塁
9表:牧谷の遊ゴ→エンドラン ランナー2塁

☆注目選手☆
■山口俊(湘)
プロ初登板にはTBSも取材に来るほどの注目ぶり。その初回、いきなりストレートで三振を取り喝采を浴びる。2回にピンチを背負っても好調の梶本をストレートで三振に仕留めるなど5回までながら、今季のシーレックス先発投手の中で1番よい内容だった。三振狙いの投球で少々、球数はかかったもののフォークを使いながらストレートで勝負できるピッチングには本格派投手誕生の予感大。決勝点がエラーだったためヒーローインタビューにも登場した。

■田中充(湘)
絶不調の打線に藤田とともに助っ人出場すると、4回にライトスタンドへ逆転2ランHR。暴投の後でストライクがほしいバッテリ―の心理状態をつき、的確に捉えるあたりはシーレ卒業を予感させる。そしてこのHRがチーム7試合目にして初のHRだった。

■小田嶋正邦(湘)
火曜日にはファーストで出場したものの、今日はサードにコンバート。キャンプでは練習していたようだが意外な配置転換に不安は募るばかり。だが、今日の小田嶋はファーストよりもはつらつとしたプレーをしていたように見えた。例えば、ファールフライではボールを背にして追い、捕球するというのはキャッチャーとお見合いしていたファーストよりもずっとよかったと思う。試合の競った終盤に犯した判断ミスや悪送球は次回への課題。どっちをやるにしても、打撃に影響しない程度にはしてもらいたい。

■山田裕司(ヤ)
昨年登板なしに終わったが、この時期に先発が出来るという事は痛めていた肩が回復してきているのだろう。正直、3回を抑えられたのはシーレックス打線の重症ぶりが大きく、フォームも小さくて球速も全く出ていなかった。今日はまず投げられた事が大きな収穫だろう。

☆感想☆
相手のミスという微妙な幕切れながら、5試合目にしてようやく横須賀初勝利、7試合目にしてようやくチーム初HR、5試合目にして観戦試合(公式戦)初勝利と「ようやく」ずくめの幸運な勝利だった。だが、今日の収穫は山口の好投。新人でストレートを決め球に出来、空振りを取れるピッチャーはそうはいない。未来のエース候補の逸材、ぜひともエースに育て上げてもらいたい。
最後は「代わった所にボールが飛んでいく」という野球の不思議を実感する結果となりましたが、シーレックスにとっては勝ったものの打線の苦労はまだまだ続きそうです。
私の春休み観戦も最後で次回行くのはちょっと先になりそうです。その間に打線が復調していてほしいです。





■報告者:子連れさん
「WIZさん誕生日ゲーム」ご贔屓の田中充の久々須加スタHRが華を添え,WIZさんの
ために一振りしに来たかのようでした。すぐにお祝いの報告をと思ったのですが,少々立腹
した事があり冷却期間が必要と判断して,今朝に至りました。詳細はご報告済みですので,
私は感想を。

 EL公式戦 湘南Vs戸田 4月6日(木) 横須賀スタジアム 13:00PB
<天候> 晴れのち薄曇 気温・16℃ 風向き・→↓→後半やや強
<審判>パシフィック リーグ担当
PL・山崎夏生 1B・橋本信治 2B・工藤和樹 3B・山路哲生
<公式記録員>セントラル リーグ担当
 野中将矢

「試合前」
 開門11:30を前に入場の列が伸びる。警備責任者が通り掛かった球団業務部シーレックス担当の宮里太へ,
「選手出ないのですか?(今シーズンから行われている選手によるお出向い)」
「???」
「列が長いようなら行うと聞いてますが?」
「(やるわけないじゃんの表情で)ないない」
 かくして恒例かと思われたお出向いは,『客が少ないとやらない』と判明。

 PB直前守備に就く湘南選手によるサインボールの投げ入れ。6日はなし。これも『客
が少ないとやらない』らしい・・・恒例ではなかったようだ。

 逆ではないのかな?少ないから「やらない」でなく,少ないからこそ「いつもより増して
やる」のがファンサービスでは?確かに平日13時に球場へ足を向ける数は少ないのが当
然だが,本当に好きな面々ではないか?彼らを邪気にして「ファンの皆さんの声援のお陰で
す」的な発言はどこか白々しくどうしても聞こえてしまうのです。私が担当なら選手に頭
下げてお出向いへの協力に歩き,サインボールも倍数投げ込んでもらうようにするでしょ
う。
 毎週木曜日を「ビール飲み放題デー」の恒例として平日13時から酔っ払いの旗持ちを
し,同じ土俵に「課外授業ゲーム」と銘打って小中学生をぶつけるのはいかがなものか?
(主旨から離れてしまい失礼しました)

「試合中」
 WIZさんのために放った!田中充のHRは,
<4回裏・松谷>
内 藤 S2B2の6球目「振K」
小田嶋 ストレートの「四球」
田中充 ●(暴投) ※小田嶋2塁へ進塁
    2球目右2HR ※充らしい軌道を描いて外野へ。瞬時にそうと分かる一発!
             WIZさんも容易に思い浮かべられるHRでした。

「試合後」
 湘南の地元初勝利・初HRゲームは「サヨナラ」でしたが,内藤・田中充・小田嶋の
3Hと相手Eの決勝点。正直『首かしげて』の帰宅となりました。田中充も藤田もゴロ
ベース好きな武山もいない打線で,強豪浦和にどう向かうのか!後藤,三橋に援護はある
のか!注目ですね。


2006年 4月 4日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:熱い男さん

4月4日・戸田 みんなのアイドル・村西哲幸(観戦記にかえて)

こんばんは。メカゴジラ様は、あの泥仕合に巻き込まれていたのですね。実は私もなんです。私の場合、戸田→横浜のはしご観戦を敢行したもので、疲労感2倍(笑)。今日は一日、妙な虚脱感に見舞われていました。
さて、昨日(4日)の戸田は、ご存知の通り湘南の大敗でありました。そう、観戦記を書く気さえ失わせる様な…。開幕から6試合目にして、初めて先取点を奪ったものの、5回に堤内が炎上し、試合の大勢が決まってしまいました。2003年の話がWIZ様、クルツ様、子連れ様から出ていますが、あの頃の熱さや集中力はどこに行ってしまったのか…。今の湘南に必要なものは、「熱い心」と「集中力」なのだなと認識する次第です。
で、大勢が決まった後、7回裏にあの男が登板しました。観戦記にかえて、「4月4日の
村西哲幸(湘)」をお届けします。

7回表を終わり、2−9と敗色濃厚の湘南、7回裏に3番手として、村西をマウンドへ。この回の先頭打者は4番・畠山。(以下、見逃しストライクは○、空振りは◎、ファウルは△、ボールは●で表記。)

 <畠山>○、2球目で一塁ゴロ、1アウト。
 <志田>●●○●○○で三振、2アウト。
ここまでは順調。大差で負けてても、仕事はきっちりやらないとね。ところが…。
 <梶本>○の後、2球目で死球。2アウト1塁。
 <福川>●●●○○●で四球。2アウト1・2塁。
 <大原>●●●●でストレートの四球、2アウト満塁。
梶本への死球の後、リズムを完全に狂わせてしまった。無駄にピンチを作り、打者は投手の館山。
 <館山>△◎△△、5球目が二遊間へのゴロになるが、これをショート・木村が捕球ミス…。三塁走者の梶本が生還。二塁走者の福川も一気にホームを狙ったが、これはフォローに入ったセカンド・野中がキャッチャー・武山に送球、タッチアウトにする。


自責点にはならないものの、あまりにも無駄な失点をしてしまったのは、明らかな反省点でしょう。しかも2アウトから…。彼だけでなく、湘南投手陣には、詰めの甘さが目立ちます。技術とともに、集中力や慎重さも磨いてほしいものです。
明日こそは、横須賀初白星といきたいものですね。仕事の前に、観戦に行きますよ!


2006年 4月 4日 ウエスタンリーグ 阪神−サーパス(鳴尾浜)報告者:大阪部長さん

彼らの閉幕、私の開幕。

2006年4月4日 ウエスタンリーグ 鳴尾浜タイガース−サーパス1回戦(阪神鳴尾浜球場)

 午前11時45分ごろ、阪神電鉄甲子園駅へ到着。試合開始の12時30分にはまだ間がありますが、
球場へは多くの人が向かいます。でも、かつて大人気を誇ったころには少々及びません…というのは、
駅前にそびえ立つ阪神甲子園球場で行われている、第78回選抜高校野球大会の話。きょうは
清峰(九州・長崎)−横浜(関東・神奈川)の決勝戦。しかしそれを尻目に、私は阪神バスの
鳴尾浜行き乗り場へと向かいます。
乗客は決して多くはありませんでしたが、私を含めたオリックスファン(帽子着用)、さらには阪神の
レプリカユニを着た人までいます。え〜、個人が特定されないよう、性別、年のころなどは
書かないでおきますが、その人のユニホームの背番号およびネームはファームの某首脳のもので、
えらくシブ好みの、奇特な人だなあと感じました(笑)

 球場に到着すると、一塁側の高い所にテレビカメラが設営されています。この試合はCS局・スカイAでの
中継があり、
放送席を見ると…解説は有田修三氏。この人もフケましたねえ。どこのおじいさん?って感じです。
一塁側のテレビカメラが設営されているのは、地面から組んだヤグラではなく…実は、トイレの上(笑)
この球場、スタンド内にトイレがある(他球場のようにスタンド下や建物外でなく)のは行くのに近くて
いいのですが(特にスコア記録者としては)、しかもホームベース寄りの位置にあり、トイレの入り口近くで
立ち見するのは、別にそんなことを気にしない人たちにとっては特等席となっています(苦笑)

 皆様の観戦報告をうらやましく読ませていただいていましたが、この日が私にとっての2006年公式戦初観戦、
いわば開幕となります。

スターティングメンバー

鳴尾浜    サーパス
中 上 坂  二 嶋 村
二 藤 原  左 早 川
左 桜 井  三 相 川
右 スペンサー遊 田 中
一 喜 田  中  迎
三 筒井壮  右 グラボースキー
遊 秀 太  一 岡 田
捕 狩 野  捕 前 田
投 太 陽  投 高 木

審判 主・土山、一・村山、二・山本(セ)、三・嶋田

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回裏鳴尾浜 上坂の三塁右への強い打球をサード相川がはじき(エラー)、体勢が崩れたためボールをショート田中へトスするも、一塁はセーフ、次打者藤原の遊撃へのライナーをショート田中落球、セカンド嶋村へ送球し一走上坂を二封も、嶋村が一塁へ悪投。完全にアウトというタイミングでもなかったため失策はつかず、打者走者藤原は一塁へとどまり、桜井左翼線二塁打(サード相川、捕れないことはなかった当たり)で一死二、三塁、スペンサー四球で一死満塁、喜田左前打で2者生還(一死一、二塁)も、筒井壮投ゴロで1−4−3のダブルプレー、2点止まり。
■二回裏鳴尾浜 秀太右翼線二塁打、狩野中飛(進塁できず)、太陽が犠打を試みるも二走秀太二・三塁間で挟殺、上坂二ゴロで無得点。
■四回表サーパス 早川右中間二塁打も、相川の二塁後方へのテキサス性の当たりをセカンド藤原がキャッチ、早川二塁へ戻れず併殺。
■五回表サーパス 先頭迎がレフトへ大本塁打。
■六回表サーパス 嶋村右前打、早川一犠打、相川四球で一死一、二塁も、田中中飛、迎三ゴロで無得点。
■七回表サーパス グラボースキー右翼線安打(代走坂口)、次打者岡田の1−0からの2球目に坂口盗塁失敗、岡田中前打も鈴木三振、代打下山右飛で無得点。
■八回表サーパス 二死後、相川四球、田中足への死球で一、二塁も、迎三振で無得点。
■九回表サーパス 坂口の遊撃右への当たりをショート前田大が落球(エラー)、岡田三ゴロで坂口二進し一死二塁も、鈴木三ゴロ、代打小島二ゴロでゲームセット。

2006年4月4日(火) 12時30分〜14時57分
1回戦(鳴尾浜1勝)
サーパス 000 010 000|
 鳴尾浜 200 000 00×|

勝利投手 太陽(2試合1勝)
セーブ投手 中村泰(4試合1S)
敗戦投手 高木(2試合1敗)

観衆266人「ぐらい」(五回表から裏にかけて目視で計数)

※本年、スコア記録14試合目

サーパス(一塁側先攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(二) 嶋村 一輝 4010 投ゴ    空振       右安    投ゴ
(左) 早川 大輔 2010 左飛       右中二   一犠
 打  長田  勝 1000                      遊ゴ
 三  三木  仁 0000
(三右)相川 良太 2000 三ゴ       二飛併   四球    四球
(遊) 田中  彰 3000    投ゴ    遊ゴ    中飛    死球
(中右左)迎 祐一郎 4111    中飛       左本 三ゴ    空振
(右) J・グラボースキー 3020    遊ゴ       一安    右安
 走中 坂口 智隆 1000                         遊失
(一) 岡田 貴弘 4010       二ゴ    中飛    中安    三ゴ
(捕) 前田 大輔 1000       四球    三飛
 捕  鈴木 郁洋 2000                   空振    三ゴ
(投) 高木 康成 1000       投犠    見振
 投  岸田  護 0000
 打  下山 真二 1000                   右飛
 投  野村 宏之 0000
 投   軒 作  0000
 打  小島 昌也 1000                         二ゴ

鳴尾浜(三塁側後攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(中) 上坂太一郎 3000 三失 二ゴ       空振       四球
(二) 藤原  通 4100 遊ゴ    三ゴ       空振    二ゴ
(左) 桜井 広大 3120 左二    右安       空振
(右) シェーン・スペンサー 2000 四球    投併       遊ゴ
(一) 喜田  剛 3012 左安       一ゴ       二ゴ
(三) 筒井  壮 3000 投併       遊飛       二ゴ
 投  中村 泰広 0000
(遊三) 秀 太  3010    右二    中飛       空振
(捕) 狩野 恵輔 3000    中飛       空振       左飛
(投)  太 陽  2000    三ゴ       遊ゴ
 投  牧野  塁 0000
 遊  前田 大和 1000                      二ゴ

盗塁死 坂口(サ)七回無死一塁 岡田の1−0からの2球目に二盗失敗(捕手狩野)

投手成績
サーパス  回 数打安振球責
●高 木  5 65194211
 岸 田  1 1330200
 野 村  1 1430100
 軒 作  1 1440010

鳴尾浜   回 数打安振球責
○太 陽  6 82194221
 牧 野  1 1842100
S中村泰  2 2990120

ボーク 軒作(サ)八回裏二死一塁(走者上坂)藤原の1−1からの3球目投球時(セット静止せず?)

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
サーパス
(死角に座ったため不明)

 ※この日はサーパスファンも思ったより観戦しており、私はそういった人たちとの応援を優先して
一塁側(サーパス側)に着席しました。バックネット裏へ座れば両方のブルペンが見えたかも
しれませんが、それはまたいずれ、サーパス絡みでないこの球場での観戦時に…。

鳴尾浜
渡辺亮 ⇒ 渡辺&中林祐輔 ⇒ 中林 ⇒(牧野)⇒(中村泰)⇒ 伊代野貴照(&中村泰)⇒ 伊代野 ⇒(中村泰)⇒ 桟原将司 ⇒伊代野

■サーパス・高木康成投手
 立ち上がりこそ守りの乱れから崩れたものの、その後はよく投げました。ただ、セットからの投球が
やや縮こまっている印象があり、走者を置いての投球が課題といえます。
 さて、セ・リーグチーム主催時の楽しみ?は投手陣の打席なのですが、1打席目の犠打は
ファウル2球後でのスリーバント成功。結果オーライではありますが、できれば初球で
キッチリ決めてほしいもの。見ているほう、ヒヤヒヤしますんで。
2打席目は五回表、迎の大本塁打で1点差、反撃ムードでの二死一塁。今度はバントの局面では
ありませんでしたが、ここではブルンブルンと、ものすごく打つ気満々の猛然とした素振りをしつつ
打席に向かい、スタンドのあちこちからは失笑が漏れるほどでした(笑)
で、2−1からの5球目、見逃し三振決まった〜と、鳴尾浜守備陣が三塁側(鳴尾浜側)へ
軸足を向け、フィールド全体が左側へ動きかけたというのに(笑)土山主審は「ボール」。
吉本新喜劇なら全員コケているような感じでした。
 高木は改めて次の球を見逃しです(笑々)

 阪神から戻ってきた前川勝彦が、一軍の北海道日本ハム戦での先発1失点ピッチングで、
日本人の左の先発1番手に開幕早々名乗りを上げました。高木にとってはアッという間に先を越された
感じでしょう。またこの日の、投手陣の一軍集団召集にも名を連ねることはできませんでしたが、
昇格はそう遠くないように思えます。


■サーパス・軒作投手
 やっと見ることができました。神戸サブ球場で3試合観戦した教育リーグではいずれもスコア係。
この日がプロ初登板です。走者なしでもセットからの投球で、速球が武器らしいのですが、
やや「慣らし運転」的な登板だったでしょうか。
セットは完全に体に付けてしまわず、途中で「止める」ものでしたが、少し動いてしまったのか、
ボークを取られてしまいました。試合後のミーティングでも、谷村コーチから投手に対しては
唯一この点だけ、
「軒作う、ああいう2対1みたいな大事な局面でのボークはいかんぞ。(セットの格好をして)
しっかり止めて、な」
 と教育的指導がありました。

■サーパス ジェイソン・グラボースキー内野手
 オープン戦では一軍にい続けましたが、それはどうもガルシアがWBCメキシコ代表に召集中の
措置だったようです。また、オフに今イチガルシアの去就がはっきりしなかったこともあっての
「スペア」として入団したような感じです。
 この日は2打席続けてバットを折損。しかし2打席目にはよく走って内野安打としました。
第3打席の右翼線へのヒットは、観客も「オイオイ」と心配するほどの勢いで二塁へ向かいかけたり
(行ってたらアウトのタイミング)、なかなか意欲的なところもあります。代走の坂口と代わりましたが、
ちょっとベースランニングも見てみたかったところ。もっとも、積極的な走塁という点も、
すでにガルシアの得意とするところではあるのですが。
 このまま、サーパスの住人となってしまうのでしょうか…。

■サーパス・坂口智隆外野手
 えっ、坂口が降格!? 何で? 何のための開幕一軍?と思いましたが、一軍の中村勝広監督は、
ここにきて投手13人制(!)に踏み切り、どうも坂口、そのワリを食ったようなのです。
投手13人制…初めて見るものです。すでに捕手は2人態勢を取っており、削れる人員は坂口くらいしか
いなかったのでした。
 その坂口、一軍から帰って早々だからか?珍しくスタメン落ち。1点ビハインドされての代走での
盗塁、決めてほしかったです。次の岡田がヒットを放っただけに。

 まだこの試合観戦時は昇格が誰なのか分かりませんでした。早川が途中で代わったので大阪ドームに
向かったのでは…と思いましたが、違いましたね。坂口のほかに投手2人、吉川勝成と山本省吾が
抹消、代わって金子千尋(入団後初昇格)、歌藤達夫、阿部健太の3投手が上がりました。



 さて、14時57分に試合終了、ダッグアウト上でミーティングに耳を傾けてから(これ、
首脳陣からホント〜にタメになる話が聞けることがあります)、球場前の停留所で15時02分の
バスをタッチの差で逃し、同15分のバスで帰途に就きます。

しかし、

「ひょっとして…」

 阪神甲子園の1つ前、ららぽーと甲子園西の停留所で降りてみました。
 1つ前の停留所からは、阪神甲子園球場の入場無料(高校野球は)の外野席がちょうど近くなのです。
昨夏、昼から出勤の日に第1試合だけ観戦したとき(私はこういうこともやってしまいます)、
中日のレプリカユニ着用の人を見たことがあります。その人は、甲子園から鳴尾浜のウエスタン・
ナゴヤドラゴンズ戦と、この日の私とは逆ルートを取られたのでしょう。

「やっぱり…ゲゲッ!」

 センバツ決勝はすでに終了し(試合時間2時間21分)、閉会式あいさつの途中でしたが、
「横浜21−0清峰」
 というスコアに何よりも驚きました。こんな体験は、2003年11月16日、第34回
明治神宮大会高校の部の伝説の試合、
「大阪桐蔭36−5鵡川」
に、神宮第2球場へ途中入場して以来のものです。
こういった試合のスコアは、ぜひつけてみたい…いやいや絶対つけたくない…そんな思いが
相半ばします(笑)

 両校の場内一周を見ることができました。横浜の主将・福田永将君、紫紺の優勝旗が大変重そうで、
ズリ落としそうになりながらの行進です。背が高い順の隊列で、横浜の最後尾は背番号3。
ファーストの岡田龍明君は167aしかありません。一塁手が一番背が低いのは珍しいです。
ウチ(サーパス)のファーストも岡田君(ナニワのゴジラ)やけど、186aあるんやで…。
そんなことも思いながら眺めていました。

 阪神電車の梅田行き特急の中。
「惜しい負けやったんならまだしも、全然歯が立たんかったからかえってサッパリしたわ」と、
清峰のキャップをかぶったオバちゃん。
 そんな言葉を聞き、後半明らかにこちらのほうが打ちながら1点差負けしたその日のサーパスを思うと、
みんなサバサバした感じのオバちゃんたちに囲まれ、私1人だけがちょっと悔しい気持ちです。

 でもまあ、その後向かった大阪ドームのナイトゲームで、一軍は1−0で千葉ロッテを下してくれたから
よしとしましょう。この日の私、1日で3球場訪れてしまったのでした。


2006年 4月 2日 イースタンリーグ 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2006年4月2日 日本ハム−ヤクルト 2回戦

A鎌ヶ谷(1勝1敗)

 
ヤクルト 300 000 001│
 
日本ハム 000 000 010│

 勝 高 木 2勝0敗0S 登板2
 負 ディアス  0勝1敗0S 登板1

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 川 端 530 左飛 中安       中安    空振    左安
  C 梶 本 412 右本 一併       三邪    空振    中犠
  H ユウイチ  410 右飛    ニゴ    中飛       四球 中安
  B 畠 山 410 左安    左直    中飛       四球 ニゴ
  D 久保田 100 四球    空振
  HD牧 谷 200                左飛    投ゴ
  G 志 田 412 右2       三ゴ    二飛    中飛
  A 高 橋 400 空振       三ゴ    遊ゴ    見振
  D 大 原 430    右飛    右安       右安    右安
  F 内 田 100    四球    ニゴ       捕犠    三犠
  犠盗失併残─────
  31019 33104

       回   打安振球責
  ○高 木 6   224410
   田中充 1   40110
   本 間 1   52001
   山 部  1/3 10000
   宇 野  2/3 20000

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 尾 崎 410 右安    空振       三ゴ    一邪
  G 工 藤 420 三邪    遊飛       中安    中安
  E  陽  411 遊併       見振    一邪    中2
  F 鵜久森 400    中飛    左飛    空振    一邪
  C 稲 田 410    左2    遊ゴ       投ゴ    遊飛
  D 佐 藤 110    四球       左安
  HD駒 居 200                   一ゴ    三ゴ
  B 高 口 300    遊飛       遊ゴ    四球    ニゴ
  A 今 成 200    右飛       ニゴ
  H2小 山 100                   空振
  H 紺 田 300       空振    遊飛       ニゴ
  犠盗失併残─────
  00116 3261

       回 打安振球責
  ●ディアス  5 226223
   岡 島 1 30000
   菊 地 2 91320
   押 本 1 63001

  本塁打  梶 本(ヤ)2号@ (1回 ディアス)
  二塁打  志 田(ヤ)    (1回 ディアス タイムリー)
       稲 田(日)    (2回 高木)
        陽 (日)    (8回 本間 タイムリー)
  犠 打  内 田(ヤ)    (7回 無死1塁 1走の大原が二進)
       内 田(ヤ)    (9回 無死1塁 1走の大原が二進)
  犠 飛  梶 本(ヤ)    (9回 1死1、3塁 3走の大原がホームイン)
  盗 塁  内 田(ヤ)    (2回 捕手は今成 打者は梶本 三盗成功)
  失 策  尾 崎(日)    (3回 久保田の三邪飛を落球)
  暴 投  ディアス (日)    (1回 2死1塁 1走の畠山が二進 打者は久保田)
       菊 地(日)    (7回 1死2塁 2走の大原が三進 打者は川端)
  ボーク  ディアス (日)    (5回 2死1塁 1走の川端が二進 打者は畠山)
  併 殺  ヤクルト     (1回 陽 1死1塁 川端−梶本−畠山)
       日本ハム     (2回 梶本 1死1、3塁 高口−陽−高口)

  PL:萩原 1B:敷田 2B:深谷 3B:石山 公式記録:西原
  時間 2時間55分(13:00〜15:55)

得点経過
 1回表(ヤ) 1死無走者から梶本が右越えソロホームラン        ヤクルト1点目
       2死1、2塁から志田が右越えツーベース         ヤクルト3点目
 8回裏(日) 2死1塁から陽が中越えツーベース            日本ハム1点目
 9回表(ヤ) 1死1、3塁から梶本がセンターへ犠牲フライ       ヤクルト4点目

戦評
 前日から雨との予報だったが、試合中は小雨がパラつく程度で試合終了まで天気はもってく
 れた。
 試合の方はヤクルトが日本ハム先発のディアスの立ち上がりを攻め、あっという間に3点を
 先制。その後は膠着状態が続くも試合が動いたのは8回。日本ハムが陽のタイムリーで1点
 を返し反撃体制かと思われたが、ヤクルトは9回に梶本のタイムリーでダメ押し。

選評
 高 木(ヤ) 五十嵐亮太(ヤ)を彷彿とさせる投球フォーム。日本ハム打線の早撃ちにも助け
       られて6回を4安打無失点に抑える好投。全体的にコーナーを突く丁寧なピッ
       チング。

 大 原(ヤ) とことん右方向で3安打猛打賞。大原というと大型ショートとして強引に引っ
       張るバッティングというイメージだったので、ちょっと意外。これが続けば一
       皮剥けた感あり。

 内 田(ヤ) ディアスの投球フォームを完全に盗んで三盗を決めたり、犠打を2つ決めたり
       と本日の小技王。


 ディアス (日) 立ち上がりからチェンジアップをことごとく狙われ瞬く間に3失点。ストレー
       トが速いわけでもなく、コントロールが良いわけでもない。下でも通用しない
       現状では厳しい。

 今 成(日) 2打数無安打だが第一打席はライトの正面を突いてしまったものであり、第二
       打席は梶本の好捕に阻まれたもの。両方の打席とも真芯で捕らえられていた。

  陽 (日) 第二打席でストレートを続けられた後のカーブに全く手が出ずに見逃し三振を
       喫する。また、追い込まれると悪球に手を出す場面が目立つ。大きな構えから
       感じられる余裕は実は無いのかも。


2006年 4月 2日 イースタンリーグ 巨人−インボイス(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

2日 ジャイアンツ 13時試合開始
第2回戦 川崎2勝0敗 2時間24分
                   RHE
インボイス  010 000 000 70
ジャイアンツ 000 000 03X 50
<川 崎>野間口貴彦(6回)○佐藤宏志(2試合1勝0敗、2回)、S鴨志田貴司(1試合1S、1回)−星
<イ ン>●長田秀一郎(2試合0勝1、完投)−椎木
<審判員>球審:原 一塁:木内 二塁:名幸 三塁:牧田

インボイス  打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(左)柴 田 300 三振三振  三振
打左 高 波 000             四球
(三)星 秀 300 二ゴ  三振  遊飛
 遊 黒 瀬 100               遊ゴ
(一)リーファ 420 中2  中安  二ゴ    二ゴ
(右)高 山 420 遊ゴ  右安  左飛    右安
(中)松坂健 310   中2四球    投ゴ  三振
(捕)椎 木 300   二ゴ左飛    三振
 打 田 中※100                 二ゴ
(遊三)水 田 411   中安右飛    二ゴ    二ゴ
(二)宮 ア 400   一ゴ  投ゴ    投ゴ  二ゴ
(投)長田秀 310   中飛  左飛    三振
   合 計 3371

※日刊スポーツ掲載のスコアでは「6番打 福地」となっていましたが、正しくは田中です。

 投手成績  回 打安責
●長田秀一郎 9 3053


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回
(中)山 田 300 三ゴ  三振    三ゴ
 投 佐藤宏 000
打二 十川孝 000               四球
(三)長田昌 423 左飛    三振    中安中3
(二)脇 谷 410 中安    中飛    投ゴ遊ゴ
 投 鴨志田 000
(左)山 本 300 三ゴ    三振    三振
(一) 原  300   三振    遊ゴ  右飛
(遊)古 城 310   遊直    左飛    投安
(捕)星 孝 200   二ゴ    三振    投ギ
(右)十川雄 310     遊ゴ    中安  左邪
(投)野間口 100     三振
打中 三 浦 100           二ゴ  死球
   合 計 2753

 投手成績  回 打安責
 野間口貴彦 6 2561
○佐藤 宏志 2 710
 鴨志田貴司 1 300

<三塁打>
 長田昌(8回)

<二塁打>
 リーファー(1回)
 松坂健(2回)

<暴 投>
 長田秀(8回)
 佐藤宏(8回)

尚、この後の文中にもある辻内登板予定の昨日・5日の川崎ジャイアンツ−鎌ヶ谷ファイターズ戦は雨のため中止となりました。

<試合展開>
今日は昨日と打って変わって若干曇り空。
試合前インタビューでは先発する2年目野間口が登場。
2年目を迎え、自身に課した課題を克服し、結果にこだわってアピールし、激しいローテ争いの中に食い込んでいこうという意欲が感じられる。
ベンチ前では香田コーチと話し合い、アップを行い登板に備える野間口の姿。本日は日曜日のため今期初めて「ホリデー用」のユニフォームがお披露目。
また「ファミリーデー」であることから2組の親子による始球式が行われる。
※スタメン表の通り原、星は試合後東京ドームへ駆けつける「親子ゲーム」出場。

1回表
1柴 田 インコースの変化球に空振り三振。
2星 秀 叩きつけセカンド正面のゴロ。
3リーファーすくい上げ、センターオーバーの二塁打。
4高 山 詰まったショートゴロ。

1回裏
1山 田 詰まったサードゴロ。
2長田昌 打ち上げてレフトフライ。
3脇 谷 ピッチャー返しでセンターへ抜けていくヒット。
4山 本 叩きつけサードゴロで二塁フォースアウト。

小走りに2回のマウンドへ向かう野間口。

2回表
5松坂健 脇谷の頭上を超え右中間へ達するヒット。
6椎 木 叩きつけセカンドゴロ。松坂は三塁へ
7水 田 内角球をすくい上げてセンター前へ運ぶ先制タイムリーヒット(インボイス1−0川崎)
8宮 ア 詰まったファーストゴロで、原が体制を崩しながらもキャッチ。
9長田秀 センターへ打ち返していったが、山田が前進守備を敷いていたため水田は戻れず。
1柴 田 フルカウントから外角いっぱいの球を見逃し三振。

グランドに飛び出したインボイス・ナインと黙々とピッチングを行う長田。
一方、スタンドでは上着を着て寒さに備えるお客さん。

2回裏
5 原  緩い変化球を見逃し三振。
6古 城 ショート正面へのハーフライナー。
7星 孝 叩きつけ、セカンドゴロ。

駆け足でマウンドに向かう野間口、若干風が強くなりユニフォームが風になびく。
ベンチではこの日も勉強のために試合を見守る辻内。笑顔も見られる。

3回表
2星 秀  フルカウントから、外の変化球に空振り三振。
3リーファーファーストへの当たりだったが原の目前で強くバウンドし、センターへ抜けていく。
4高 山 流して一、二塁間を破るライト前ヒット。
5松坂健 フルカウントから、インコースのきわどい球を見送り四球。
6椎 木 左方向へ打ち上げ、浅いレフトフライ。リーファーは自重
7水 田 ライト定位置付近へのフライ。

一度大きく息を吐き出しながら、ベンチに戻る野間口。
今日はベンチスタートとなった昨日(1日)のヒーロー加藤も試合を見守る。

3回裏
8十川雄 詰まったショートゴロ。
9野間口 インハイを見送り三振。
1山 田 内角直球を見逃し三振。

先輩たちの試合を見守るルーキー辻内。5日先発予定とのこと。

4回表
8宮 ア たたきつけ、野間口正面のゴロ。
9長田秀 浅いレフトフライ。
1柴 田 外の球を空振り三振。

本試合初めて三者凡退となり足早に引き上げる野間口。
スタンドでは日差しがないため若干肌寒い様子。球場背後の桜やジェットコースターのレールなども見える。

4回裏
2長田昌 外への変化球を見送り三振。
3脇 谷 初球を打っていったが、勢いがなくセンターフライ。
4山 本 高め直球を空振り三振。

昨年と比較して、大きく様変わりしたバックネット裏席の様子。

5回表
2星 秀 真上に打ち上げ、ショートフライ。
3リーファ やや詰まったセカンドゴロ、脇谷がなんとか捌く。
4高 山 高々と打ち上げ、山本が前進してきてキャッチ。

イン/遊撃手:黒瀬 三塁手:水田

5回裏
5 原  詰まったショートゴロ。
6古 城 真上に打ち上げショーとフライ。
7星 孝  外角の球を見逃し三振。

香田コーチ、そして球を受ける星と話し合い、6回の登板に備える野間口。
また、合間を利用して試合前のブルペンで投球練習を行うルーキー辻内の姿。

6回表
5松坂健 叩きつけ、野間口正面のゴロ。
6椎 木 落ちる球に空振り三振。
7水 田 詰まったセカンドゴロ。

100球が目処と言われていたので(この回103球)小走りに引き上げ、コーチと話し合って後方に下がる野間口。
このあたりから若干雨がぱらつく。

6回裏
8十川雄 ショート横を抜けていくヒット。
 三浦の初球に盗塁をしかけたがタッチアウト。
H三 浦 流していったがバットが折れ、セカンドゴロ。
1山 田 痛烈な打球だったがサード正面のゴロ。

川崎/投手:佐藤宏 中堅手:三浦
野間口に代わり、ライト後方のブルペンから2番手として告げられた佐藤がゆっくりとマウンドへ向かう。

7回表
8宮 ア 2球目にバントをしかけたが、佐藤の正面で落ち着いて処理し、フォースアウト。
9長田秀 2−2から高め直球を空振り三振。
H高 波 内角に外れ四球。
2黒 瀬 4球目のときに高波が牽制で逆を突かれタッチアウト。

イン/左翼手:高波
スタンドでは傘を開いたお客さんもちらほら。

7回裏
2長田昌 すくい上げ、ショート頭上を越えてセンター前ヒット。
3脇 谷 バントを試みたが長田の真正面に転がり、二塁フォースアウト。
4山 本 外の変化球に空振り三振。
5 原  高々と打ち上げライトフライ。

小走りにベンチへ戻り、すぐに守備の準備をして飛び出していく原。

8回表
2黒 瀬 詰まったショートゴロ。
3リーファ 初球を打っていったがセカンド正面のゴロ。
4高 山 流してライト前へ抜けていくヒット。
 高山の打席あたりから雨脚が一層強くなりスタンドも慌しくなる。
 松坂への5球目を星がこぼす間に二塁へ。
5松坂健 フルカウントから、ファールチップで空振り三振。

8イニング目のマウンドに上がる長田秀。

8回裏
6古 城 2球目にバントを敢行し、懸命に走って内野安打。
7星 孝 初球に長田の前に転がし、送りバント成功。
8十川雄 左方向へ打ち上げ、レフトファールフライ。
9三 浦 4球目が肩口に当たる死球。十川への初球が暴投となる間に走者進塁
 ここで石井丈コーチ、内野陣がマウンドへ集まる。
H十川孝 フルカウントから、インローに外れ四球。
2長田昌 初球をフルスイングし、センター頭上を越えていく大きな当たりで走者が一気に生還するタイムリースリーベース(川崎3−1インボイス)
3脇 谷 たたき付けショートゴロで、きわどいタイミングだったがアウト。

走者一掃打を放ち、ナインに祝福される長田。

川崎/投手:鴨志田 二塁手:十川孝

9回表
H田 中 バットが折れ、セカンドゴロ。
7水 田 初球を打っていったがセカンド正面のゴロ。
8宮 ア 詰まったセカンドゴロでゲームセット。

試合終了後、ハイタッチを交わし、全選手・スタッフが一塁線に整列し帽子を取って雨の中観戦したファンへあいさつ。
ヒーローにはもちろん決勝三塁打の長田が登場。

このカード2連戦を川崎が連勝で終えた。

※以下、4/6追記
<注目選手 ジャイアンツ>
■野間口貴彦(巨)先発 6回 被安打5 失点1
直球は140後半(放送席によると147km)カーブ、チェンジアップを駆使しての投球。
2回には先制を許すもののバックの堅い守備にも助けられ最小失点で切り抜けると、4回以降は3人づつで片付ける完璧なピッチング。まだ余裕はあるように感じましたが7回、100球を超えたところで一応の目処ということで降板。
特に4回以降の落ち着いた投球が出来れば結果はおのずとついてくるはずですし、昨年も実績があるので好投を続ければお呼びがかかるのも近いと思います。


■長田昌浩(巨)4打数2安打打点3 2番・サード
この長田、私が観戦したG+中継では特に、サヨナラヒットやホームランなど劇的な活躍が多いこともあって期待してしまいます(笑)
8回裏、2死からのチャンスでやや疲れの見えた長田の初球を思い切り振り抜き、前進守備のセンター頭上を破っていく走者一掃の三塁打!
守備では、ルーキー脇谷の兼ね合いなどから「ホットコーナー」三塁を守ることが多くなっていますが、本人の弁にもあるように結果を出し、1軍への切符をつかんでいきたい。
「初球からフルスイングのイメージで、思い切っていこうと思った。上を目指し、一生懸命やっていきたい」

■古城茂幸(巨)3打数1安打 6番・ショート
こちらも、昨日の福地と共に開幕直前トレード組。
川崎唯一の得点となった8回、先頭打者としてヒッティングから一転、なんとか塁に出ようというセーフティーバント成功。
今年、原野球が目指している細かな野球を実践できる選手だと思うので、着実に結果を残していきたい。


<注目選手 インボイス>
■長田秀一郎(イ)先発 完投 被安打5 失点3
直球の球威はまずまず、ストライク先行で優位なカウントに持ち込む。内角への厳しいコースにも決めてくる。
途中まで散発2安打に抑えるなど、内容という意味では野間口を上回り、試合を作ったのは大きく評価されるべきところですが、終盤で疲れが出たのか、7回、8回と走者を背負い、その8回は死球やきわどいコースが外れるなど不運も重なり、唯一の失点が決勝点となって残念な黒星に。

■ジェフリー・デイビッド・リーファー(イ)4打数2安打 3番・ファースト
本来はここにいるべき選手ではないのは明らかですが、本日はその期待にもこたえ、1回、3回と野間口の低目をすくい上げての2安打をマーク。
好調を維持し、昨年までのフェルナンデス(現・楽天)の穴を埋めるような働きを見せてもらいたいもの。

■高山久(イ)4打数2安打 4番・ライト
彼もリーファー同様、実績がありますしここに名を連ねるべき選手ではないですね。
2安打はいずれも流し打ちで、好球必打で右方向への意識付けがされているように感じました。


2006年 4月 2日 イースタンリーグ 湘南−楽天(横須賀)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!)/WIZさん

■報告者:メカゴジラさん
イースタン公式戦 湘南―東北楽天B(横須賀)      375人
審:山路・山崎・鈴木・工藤 記:荒木 3時間5分(12:59〜16:04)
             R  H E
 E|001103000| 10 0
SR|000000002|  7 0
(SR1−2)勝:藤崎(1−0)負:三橋(0−1)S:戸叶(1S)
得点経過
3表:SR三橋ワイルドピッチ          (0−1)
4表:牧田タイムリーヒット           (0−2)
6表:竜太郎2点タイムリーヒット        (0−4)
   新里スクイズ・SR三橋フィルダースチョイス(0−5)
9裏:福本タイムリー2ベース          (1−5)
   武山 犠牲フライ             (2−5)
 E     1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(4)西谷  遊飛  右飛  左邪  四球  空振  4  0 0 333
(5)塩川  空振    遊ゴ  左安遊併  二飛  5  1 0 188
(3)平石  右飛    中安  左安投ゴ      4  2 0 400
(9)牧田    三ゴ  二安  左安  右飛    4  2 1 455
(7)竜太郎   死球  中直  中安  空振    3  1 2 231
(2)新里    遊併  中飛  ス選  三ゴ    3  0 1 100
(6) 坂      中3  遊ゴ二ゴ    左安  4  2 0 357
(8)山崎隆     遊ゴ  二邪左安    死球  3  1 0 250
(1)藤崎      捕犠  投安一ゴ    見振  3  1 0 333
 1 戸叶                      ―      ―
                          33 10 4 294

投手 回    打 安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責  防御率
藤崎 8.0 34 7 0 7 1 2 0 0 2 2 0.64
戸叶 1    3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0.00
       37 7 0 8 1 2 0 0 2 2 4.14

SR     1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(7)西崎  空振  遊飛              2−0−0 133
 H7田中一           見振        1−0−0 167
 H7桑原                三ゴ遊ゴ  2−0−0 000
(4)野中  捕邪    右安  二ゴ  死球    3−1−0 231
(3)内藤  空振    空振  空振  左飛    4−0−0 105
(5)呉本    三ゴ  遊飛    右飛  左安  4−1−0 200
(8) 南    空振  一飛    左安  左安  4−2−0 278
(6)福本    三直    一ゴ  一邪  左2  4−1−1 333
(9)河野      左直  三ゴ  中飛  四球  3−0−0 375
(2)武山      左2  中安    右飛左犠  3−2−1 182
(1)三橋      一ゴ  空振          2−0−0 000
 1 稲嶺                      ―     ―
 H 北川                死球    0−0−0 222
 1 村西                      ―     ―
 H 小田嶋                 空振  1−0−0 125
                          33−7−2 199

投手 回  打  安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責  防御率
三橋 6 27  9 0 1 0 1 1 0 5 4 3.75
稲嶺 2  6  0 0 1 1 0 0 0 0 0 0.00
村西 1  5  1 0 2 0 1 1 1 0 0 0.00
   9 38 10 0 4 1 2 2 1 5 4 2.11

盗塁:野中@(4回 打者・内藤、1−0から二盗)
   山崎隆@(6回 打者・藤崎、1−0から二盗)
走塁死:坂(3回 山崎隆の遊ゴで本塁突入も挟殺)
    竜太郎(6回 坂の二ゴで1塁ランナーがタッチアウトの後、飛び出して挟殺)
野選:三橋(6回 新里のスクイズで本塁送球もセーフ)
暴投:三橋(3回 打者・西谷、2−0から ランナー本進)
   村西(9回 打者・山崎隆 初球から ランナー二進)
捕逸:武山(4回 打者・牧田 ランナー三進)
ボーク:村西(9回 打者・藤崎 1−0から)

補足
3表:山崎隆の遊ゴ→ランナー挟殺の間にバッター2塁へ
4表:牧田の二安→SR野中ダイビングもグラブに当てる
5表:藤崎の投安→SR三橋のグラブに当たって3塁方向へ
6表:竜太郎の中安→本塁送球の間にそれぞれ進塁
   坂の二ゴ→1塁ランナータッチアウト・3塁ランナー挟殺の間にバッターは2塁へ
8裏:桑原の三ゴ→進塁打

★注目選手★
■三橋直樹(湘)
先週に続いて日曜日の登板。全体的にはまずまずしっかり放れているのだが、プロでは1球の失投も許してくれない。甘く入ったボールはことごとく痛打されていた。6回の3失点は雨が強くなってきた事もあるので酷評は出来ないが、精神的なタフさもシーレックスの先発ローテにいるうちに備えて欲しい。

■武山真吾(湘)
昨日はワンバウンドのボールを振りまわしていたが、5試合目にしてようやく今季初ヒットを放った。今日は好球必打が出来ていたので、継続できれば成績はついてくるだろう。

■桑原義行(湘)
昨年8月、ロッテ球場のフェンスに激突したところからリハビリを経て久しぶりの出場。結果はついてこなかったものの、守備にも着き、特に問題はなさそう。昨年の「那須野が投げれば桑原が打つ」という日大コンビの活躍がまた見れそう。ちなみに、登場テーマを変えると言っておきながら今季のスタートも「アンパンマン」だった。

■小田嶋正邦(湘)
試合前練習では内藤とともにファーストについていたので、スタメンはないことを確信。ベンチには入っていたので守備の分を打撃で取り返せと願うも、一打同点のチャンスで空振り三振を喫し、守備のミスを払拭できず。

★感想★
予報はわかっていながらもスカスタに集まった375人の前で試合開始。雲の流れが速かったことよりも捕球がままならない武山を心配しているうちに雨が降り始め・・・雨が強くなるのと同時に三橋も連打を許し、注目は不振を極める打線へ。しかし、打線は藤崎の速球に空振りを喫し続け今日も完封ペース。終盤はいつコールドになってもいいような豪雨に見舞われ、私のスコア用ノートもほぼ書き込み不能に。田んぼのようになったグラウンドは最後に思わぬ効果を及ぼし、打線がついに目を覚まし始め一発同点までいくも後一歩及ばず。打線の苦悩はまだまだ続きそうです。小田嶋の攻守における復調が鍵になりそうですね。

子連れさん<私も5・6日観戦しますのでよろしくお願いします。4日はハマスタでWBCのトロフィーを見てきます。この3日が最後の春休み特需になりそうです。





■報告者:WIZさん
4/2(日) イースタンリーグ公式戦 湘南−東北楽天 3回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL 山路、1B 山崎、2B 鈴木、3B 工藤
記録員:荒木
観客数:375名

【スコア】
楽  天 001103000  
湘  南 000000002 

【投手継投】
楽   天  ○藤崎(8回)−S戸叫(1回)
湘   南  ●三橋(6回)−稲嶺(2回)−村西(1回)

【得点経過】
3回表(楽) 二死3塁で三橋、暴投で3塁走者生還(1点)
4回表(楽) 一死3塁で牧田、セカンド強襲タイムリー(1点)
6回表(楽) 無死満塁で竜太郎、センター前タイムリー(2点)
        無死2・3塁で新里、スクイズ(1点)
9回裏(湘) 無死1・2塁で福本、レフト前タイムリー(1点)
        無死満塁で武山、レフトへ犠牲フライ(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<楽天>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
2B 西谷  遊飛  右飛  左飛  四球  三振      400000110
3B 塩川  三振    遊ゴ  左安遊併  二飛      510100100
1B 平石  左飛    中安  左安投ゴ          420200000
RF 牧田    三ゴ  二安  左安  右飛        421100000
LF 竜太郎   死球  中飛  中安  三振        312000001
C 新里    遊併  中飛  投安  三ゴ        411000000
SS 坂       中3  遊ゴ二ゴ    左安      420000000
CF 山崎隆     遊ゴ  二飛左安    死球      310101001
P 藤崎      捕犠  三安一ゴ    三振      310000100
P 戸叫                          000000000

<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 西崎  三振  遊飛        三ゴ        300000100
LF 田中一           三振            100000100
LF 桑原                  遊ゴ      100000000
2B 野中  捕飛    右安  二ゴ  死球        310001001
1B 内藤  三振    三振  三振  左飛        400000300
3B 呉本    三ゴ  遊飛    右飛  左安      410100000
CF 南     三振  一飛    左安  左安      420100100
SS 福本    三飛    一ゴ  一飛  左2      411000100
RF 河野      左飛  三ゴ  中飛  四球      300000010
C 武山      左2  中安    右飛左犠      321000000
P 三橋      一ゴ  三振              200000100
P 稲嶺                          000000000
H 北川                死球        000000001
P 村西                          000000000
H 小田嶋                 三振      100000100


【投手成績】
<楽天>
       回  打 安 四 三 失 自
○藤崎    8  33 7 2 7 2 2
S戸叫    1  4 0 1 1 0 0

<湘南>
       回  打  安 四 三 失 自
●三橋    6  27 10 1 1 5 4
 稲嶺    2  6  0 1 1 0 0
 村西    1  5  1 1 2 0 0

【選手感想】
<楽天>
■藤崎 絋範(楽)
 昨日の渡邉に続けと言わんばかりの丁寧な投球で湘南打線を完封ペースで抑えていく。
 8回に2死球を与えているが強い雨の中ボールが滑ったものでこれは致し方ない。
 9回、完封目前もとても投球ができる状態ではない雨と泥沼状態のマウンドで3連打を許し
 失点、マウンドを戸叫に譲った。
 最後の2イニングの内容は決して藤崎自身に問題があったわけでなく、むしろあの状況下で
 よく投げたと拍手を送りたい。

■竜太郎(楽)
 2回に足に死球を受けるも3回にはライナー性の当たりをダイビングキャッチ!
 6回には中押しとなる2点タイムリーを放った。
 野手でヒーローを選ぶならこの人だろう。

■坂 克彦(楽)
 3回は左中間を深々と破る3ベースヒットで出塁。
 だいぶプロらしい風格を漂わせるようになった。
 ショートの守備も全く問題なし。

<湘南>
■三橋 直樹(湘)
 序盤は一週間前と変わらずの丁寧なピッチングを披露。
 前回計3個取った併殺だが今日も計算どおりの併殺を1個記録。
 そしてコントロール良い牽制球も魅力的。さすがアマ強豪の日産で鍛えられたことはある。
 今日の敗因は低めのコントロールが悪かったこと。
 下に行けば武山の後ろに行ってしまい、上に行けば甘く入って痛打されてしまう。
 この微妙なコントロール、序盤はうまく制球できていたと思ってたが・・・
 しかしレベル的には一軍に近い存在。個人的には中継ぎが適任かと思う。

■呉本 成徳(湘)
 プロ入り初の四番に座った。
 守備練習、そして試合中でも積極的に声を出す。心配の守備、トンネルすることなく一安心。
 打撃は四番としての仕事は出来なかったが、最終回に意地のヒットで出塁。
 これが発端となり藤崎の完封の夢を打ち砕いた。
 今、ドン底の湘南打線を引っ張っていけそうなのは彼かもしれない。
 そんな予感とこれからのブレイクを期待させるような存在感を今日は示していた。

■内藤 雄太(湘)
 教育リーグ初戦で見せた確実性のあるバッティングはいつの間にか消えてしまい
 公式戦が始まった途端、長打狙いの強振が目立ってきた。今日の3三振はその証拠。
 もう一度初心に戻って一打席、一スイングを大事にして打席に立ってほしい。
 昨日からの急造の一塁の守備は全く危なげなし。

■武山 真吾(湘)
 今日は変化球に見事タイミングを合わせて2安打。やればできるじゃない!
 昨日の観戦記での発言は一時撤回。このバッティングを続けて同じコメントが出ないように。
 しかし打てば打ったで今日はキャッチングに難あり。
 三橋が後半打たれだしたのは低めのスライダーを投げれば後ろに逸らすという怖さが
 出てしまったからかも・・・

☆今日の村西哲幸(湘)☆
 9回、雨足が強くなる中2試合連続登板。
 だが先頭打者坂にあっさりとレフト前へ。
 雨の影響でボールが握れず暴投、山崎隆に死球を与え、さらにボークまで冒し
 無死2・3塁の大ピンチ!
 ここで救われたのが楽天ベンチが藤崎に続投を命じ打席に立たせたこと。
 「舐めるな!」と言わんばかりにスクイズを警戒しつつ三振を奪うと続く西谷も三振。
 塩川は球威の増した渾身のストレートでセカンドフライに打ち取った。
 何事も無かったように引き上げる堂々とした姿はさすが。
 まさに「水も滴るいい男」とは今日の村西のためにある言葉だ!


2006年 4月 1日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−サーパス(雁ノ巣)報告者:赤光さん

4月1日12時30分 雁ノ巣に到着。この日の段階では一軍の投手枠は埋まっており、誰が登板しようとも、大きな一軍昇格に向けたテーマを持った試合にはならないことだけは確かであった。しかし彼らは来たるべき日に備えなければならない、それはこの世界に生きる者の宿命と言っていい、観衆にとってはのどかな野球風景を楽しめる二軍とはいえ、そこには選手が負かさねばならぬ対戦相手がおり、熾烈な生存競争がある。雁ノ巣が見せるもうひとつの顔と言っていい。


先攻 サーパス神戸
1番セカンド 嶋村
2番レフト 早川
3番ファースト グラボウスキー
4番サード 相川
5番センター 迎
6番ショート 田中
7番ファースト 岡田
8番キャッチャー 筧
9番DH 由田
先発ピッチャー ユウキ

後攻 福岡ソフトバンクホークス
1番セカンド 明石
2番センター 城所
3番レフト 井手正
4番ファースト 江川
5番DH 大道
6番サード 吉本
7番ライト 井出竜
8番ショート 金子
9番キャッチャー荒川
先発ピッチャー寺原


一回表
1番嶋村 三球三振 左打席の内角一本を連続で突いて最後はカットボール空振りで仕留める
2番早川 空振り三振 外高めのストレート
3番グラボウスキー ショートフライ 外カーブ
スリーアウト

一回裏
1番明石 フルカウントから粘ってフォアボール
2番城所 中途半端にバットに当ててサードゴロ 明石二塁へ進塁
3番井手 ストレートのフォアボール
4番江川 見逃し三振 外ストレート
5番大道 ライト前タイムリー 1点先制して ランナー一塁三塁 H 1-0 SK
6番吉本 空振り三振 チェンジアップ
スリーアウト

二回表
4番相川 ファーストゴロ スライダー回転のストレートにバットが割れた
5番迎 ショートゴロ 落ちそこねのフォーク
6番田中 ライトオーバーのツーベース 外高めのストレート
7番岡田 セカンドゴロ 初球高め甘いストレートだが球威が勝ってどん詰まりに
スリーアウト
二回裏
7番井出 三球三振 スライダー
8番金子 きれいにセンター前 内ストレート
9番荒川の打席 金子二塁への盗塁失敗
荒川は空振り三振 チェンジアップ
スリーアウト
三回表
8番筧 レフト前ヒット 真ん中低めのフォークを合わされた
9番由田 セカンドゴロ 併殺はとれず二塁だけアウト 外スライダー
1番嶋村 ピッチャー返し 寺原グラブではじいた打球を金子さばいて一塁へ投げアウト
2番早川 空振り三振 真ん中高め釣り球のストレート
スリーアウト

三回裏
1番明石 カウント1-3からストレートを叩いてセンターオーバースリーベース
2番城所 空振り三振 チェンジアップ
3番井手 空振り三振 チェンジアップ
4番江川 空振り三振 チェンジアップ
スリーアウト
四回表
3番グラボウスキー ぼてぼてのサードへのゴロ 吉本送球がそれて内野安打
一塁ランナー 代走柴田に交代
4番相川 フルカウントからフォアボール
5番迎 ピッチャー前へのバント 寺原落ち着いて取って三塁になげフォースアウト
6番田中 ショートへ深いゴロ 金子は一塁二塁へは間に合わないと判断して三塁へ送球
これを予期していなかったサード吉本の三塁カバーが遅れセーフ 
記録はフィルダースチョイス
7番岡田 ピッチャーゴロ 寺原バックホームしてホームだけアウト
キャッチャー荒川三塁走者のスライディングタックルを受けて倒された
8番筧 空振り三振 フォークと思われる縦の変化球
スリーアウト

四回裏
5番大道 セカンドゴロ 深いあたりだったが大道の走力では及ばず 外ストレート
6番吉本 センターフライ カーブに泳いだ
7番井出 カーブをうまく打ってライト前ヒット
8番金子の打席 ユウキがワンバウンドの球を投げた際に井出二塁への盗塁成功
金子はセカンドへの内野安打 一塁三塁
9番荒川の打席 金子盗塁成功
荒川三振 カットボール
スリーアウト

五回表
ライト井出とレフト井手が守備位置を交代
井出にかわってレフト北野
9番由田 セカンドゴロエラー
1番嶋村 シュートかカットボールにつまって ピッチャーゴロダブルプレー
2番早川 サードゴロ 外ストレート
スリーアウト

五回裏
1番明石 セカンドゴロ バットが折れたような鈍い音
2番城所 センター前 スライダー
3番井手の打席 城所盗塁成功
井手フルカウントからフォアボール
4番江川 ライト前ヒット 城所三塁を回ってホームイン H 2-0 SK
ランナー一塁三塁   5番大道に代打小斉

5番代打小斉 見逃し三振 インローのストレート
6番吉本 ショートフライ
スリーアウト

六回表
3番柴田 三球三振 左打席の内角を突いて最後はスライダー回転のストレート
4番相川 センターフライ ストレート
5番迎 センターオーバー三塁打 甘いストレート 
6番田中 ファーストへのファウルフライ 投げそこないのスライダーをひっかけた
スリーアウト

六回裏
サーパスのピッチャー、左の野村に交代
7番北野 フルカウントからフォアボール
8番金子 ピッチャーゴロダブルプレー
9番荒川 ファーストへのファウルフライ
スリーアウト

七回表
ピッチャー松本に交代
吉本にかわって辻が入りレフト サードに江川 ファーストに北野
7番岡田 ライト前ヒット 外スライダー
8番筧に代打鈴木

8番代打鈴木 ショートゴロ 一塁だけアウト
9番由田に代打下山
9番代打下山 ライトオーバータイムリースリーベース  H 2-1 SK
1番嶋村 肘に当たるデッドボール
2番早川 センター前同点タイムリーヒット H 2-2 SK 追い込んでから真ん中にストレート
3番柴田に代打三木
3番代打三木 ショートゴロダブルプレー
スリーアウト

7回裏
サーパスのピッチャー 左の中山に交代
1番明石 セカンド内野安打
2番城所 ピッチャー前送りバントで明石二塁進塁
3番井手 センターライナー
4番江川 レフトライナー
スリーアウト

八回表
ピッチャー水田 キャッチャー田上に交代
4番相川レフト前 真ん中のフォーク
5番迎 空振り三振 外フォーク この間にランナー相川盗塁成功
6番田中 レフト前ヒット レフトからサード江川に中継するが江川がホームへ悪送球
サーパス勝ち越し H 2-3 SK バッターランナーは二塁へ
7番岡田 セカンドゴロ フォーク ランナー三塁へ進塁
8番鈴木 ライトフェンス手前へのフライ
スリーアウト

八回裏
5番小斉 ファーストライナー
6番辻 空振り三振 チェンジアップ
7番北野 空振り三振 外ストレート
スリーアウト

九回表
ピッチャー竹岡に交代
9番代打前田 ライト前ヒット 外ストレート
1番嶋村 一塁線に送りバント 竹岡ファウルになるかもと取らずに追うが切れず
記録は内野安打
2番早川ライト前ヒット ノーアウト満塁
3番三木セカンドにゴロ 明石はじいて打球はレフトへ
2点入ってなおランナーは一塁二塁 H 2-5 SK
4番相川 フォアボールでまたノーアウト満塁
高山コーチがマウンドに出て間合いをとる
5番迎 走者一掃のタイムリー三塁打 H 2-8 SK
秋山監督がベンチから出てきて竹岡交代を告げ、緊急リリーフ西山
6番田中 見逃し三振 カーブ
7番岡田 ショートゴロ 外ストレート
8番鈴木 ショートライナー
スリーアウト

九回裏
サーパスのピッチャー金子
8番金子 空振り三振 外ストレート
9番田上 サードゴロ
1番明石 セカンドハーフライナー
ゲームセット

勝ち投手 中山
負け投手 水田

総評
寺原降板までは引き締まった試合展開だったのだが、降板後のソフトバンクのリリーフ投手がリードを守れずことごとくつかまる、後味の悪い試合だった。先発の寺原は最速150キロ。球威はあったしカウント球のカーブにも改善が見られた。5回まで引っ張られたヒットが1本もなく、そしてカウント0-3にしたのは全打席中1打席だけだった。投球フォームはほぼ固まったと見ていい状態に来ており、クイックモーションも球威を落としたり制球を乱すなどの問題を起こすことはなかった。低い気温のせいかフォークが落ちなかったが、去年まで苦手にしていた左打者を、球威とスライダー系変化球で内角を突いて抑え込む投球が光った。 打線の援護も少なく、味方のまずい守備に足を引っ張られながらリードを守って投げ終えたのは大きな収穫だった。
2番手松本は、簡単にカウントを整えることができるのだが追い込んでから甘い球を投げてしまい、簡単に打ち返される展開でリードを守れなかった。3番手水田は、元々真ん中付近に球が集まりやすい投手であるため、この日はカウントを整える変化球については無難に投げられていたが、球威やフォークの落ち具合が今ひとつであったために決め手を欠いて勝ち越しを許す。4番手竹岡に関しては自爆としか言い様のない内容。コントロールはアバウトで、9回に投げるような投球内容ではなかった。5番手西山は、緊急登板ながらもリリーフで唯一無失点。フォークの状態がよくテンポも問題なかった。ともかく、寺原降板後のソフトバンク全投手が、球威不足に見えてしまい打ちやすく見えてしまったのは問題だった。リリーフとして一軍に上がるために光るものを感じさせた場面は残念ながら少なかった。
 奇しくも、この日の試合が僕にとってソフトバンク松本の投球を見た最後の日であった。この後5月に松本は斉藤秀光内野手との交換トレードで楽天へ移籍することとなる。


2006年 4月 1日 イースタンリーグ 巨人−インボイス(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

1日 ジャイアンツ 13時試合開始
第1回戦 川崎1勝0敗 2時間14分

                   RHE
インボイス  000 000 000 52
ジャイアンツ 000 020 00X 60

<川崎>○西村健太朗(2試合1勝0敗、完投)−加藤
<イン>●山岸穣(2試合0勝1敗、5回)ギッセル(2回)張誌家(1回)−上本、田原
<審判員>球審:牧田 一塁:名幸 二塁:原 三塁:木内

 インボイス 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二)福 地 420 一ゴ    左2  中安  二ゴ
(中)高 波 300 三振    二ゴ  死球    二ゴ
(一)リーファ 310 遊ゴ    三飛  四球    中安
(左)高 山 400   遊ゴ  遊ゴ    左飛  二併
(右)松坂健 300   三ゴ    二飛  三ゴ
(捕)上 本 200   二ゴ    中飛
 捕 田 原 100             投ゴ
(遊)水 田 210     投ゴ  四球    中安
(三)宮 ア 310     遊安    三振  三ゴ
(投)山 岸 100     三振
 打 柴 田 100           遊飛
 投 ギッセル000
 打 大 島 100               遊飛
 投  張  000
   合 計 2850

 投手成績 回 打安責
●山岸 穣 5 2152
 ギッセル 2 710
 張 誌家 1 300


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回
(中)山 田 320 左2  中安  四球  投ゴ
(二)脇 谷 410 右飛  右安  遊ゴ    右飛
(右)堀 田 400 遊直    三失投ゴ    投ゴ
(左)山 本 400 左飛    三振  右直  二飛
(遊)十川孝 300   三ゴ  二飛  三振
(一)吉 川 300   三振  三振  左飛
(三)長 田 320   二飛    右安  右安
(捕)加 藤 312     三ゴ  右本  二ゴ
(投)西 村 300     三振  三振  右飛
       3062

 投手成績  回 打安責
○西村健太朗 9 3150

<本塁打>
 加 藤 2号(2ラン、山岸=5回)

<二塁打>
 山 田(1回)
 福 地(4回)

<盗 塁>
 堀 田(4回)
 山 田(5回)
※日刊スポーツ掲載のスコアでは「脇谷」となっていましたが、後述の展開をご覧頂いてもわかる通り脇谷ではなく、山田が正しいと思われます

<失 策>
 宮 ア(4回)
 上 本(5回)

<試合展開>
球場脇の桜も満開となり、小春日和の中で迎えたジャイアンツ球場の開幕戦。
今期から采配を振るう吉村監督は、腕組みをしながら試合開始を待つ。その吉村監督が試合前インタビューに登場。
戦力、打では脇谷、4番に据えた山本将。投では、西村、野間口、辻内らに注目してほしいとのこと。「見せる野球」がテーマ。
1軍開幕戦での亀井の活躍は、今ここにいる一緒にプレーした若手選手にも大変刺激になっているという。
先発は先に名前も挙がった川崎・西村、インボイス・山岸。

<試合前イベント>
両軍全選手・監督がベンチ前に整列し国家斉唱、国旗掲揚
両軍監督への花束贈呈
始球式にはジャイアンツ・ジュニアのナインが登場
守備に就く際両軍選手共サインボール投げ入れ

1回表
1福 地 詰まったファースト正面のゴロ。
2高 波 アウトコースの変化球を見逃し三振。
3リーファ 初球を打っていったがショート深い位置へのゴロ。

小走りでベンチに戻り、汗をぬぐう西村。

1回裏
1山 田 強く引っ張りレフト線へ運ぶツーベース。
2脇 谷 高めの球を打ち上げライトフライ。山田は三塁へ
3堀 田 詰まった当たりで前進守備のショート正面へのライナー、山田は動けず。
4山 本 左方向へ打ち返したが、やや詰まったレフトフライ。

2回表
4高 山 低めに詰まらされショートゴロ。
5松坂健 サード真正面のゴロ。
6上 本 バットがまっぷたつに折れるセカンドゴロ。

ベンチでハイタッチで出迎えられる西村。

2回裏
5十川孝 たたきつけサード正面のゴロ。
6吉 川 アウトコースの低めの球を見送り三振。
7長 田 初球を高々と打ち上げセカンドフライ。

3回表
7水 田 フルカウントの末、西村正面のゴロ。
8宮 ア たたきつけ高いバウンドとなり、ショート十川が懸命に捕ったが宮アの足が速くこの試合初安打。
9山 岸 スリーバントを試みたがファールで失敗。
1福 地 初球、ボールの間に宮アが盗塁を試みたが、加藤の強肩が勝り、タッチアウト。

ベンチに戻ってしてやったりの表情も見せる加藤。

3回裏
8加 藤 三塁線への痛烈な当たりだったが宮アが良い反応を見せ、横っ飛び一番でキャッチ。
9西 村 外の変化球に空振り三振。
1山 田 外の球を叩きつけ、センターへ抜けていくヒット。
2脇 谷 エンドランを仕掛け、セカンド横を破り右中間へ運んでいったがこの打球が山田に当たっておりアウト。

4回表
1福 地 打ち直しで左へ流し打ち、レフト線へ運ぶツーベース。
2高 波 バントの構えも見せたが、右へ打ってセカンドゴロ。福地は三塁へ。
3リーファ 高々と真上に打ち上げ、サードフライ。
4高 山 叩きつけ、ショート正面のゴロ。

昨年一新されたジャイアンツ球場の全景、スタンドにたくさんのファンが詰め掛けている。
ベンチでは先輩達の試合を見守るルーキー辻内の姿も。

4回裏
3堀 田 サード正面のゴロで、宮アがていねいに捌いて一塁へ送ったが送球が高くリーファーが捕れず。
吉川の初球のとき、盗塁成功。
4山 本 外の変化球に空振り三振。
5十川孝 初球を高く打ち上げライトフライ。
6吉 川 低めの球にハーフスイングで三振。

足早にベンチに引き上げる山岸。

5回表
5松坂健 初球を真上に打ち上げセカンドフライ。
6上 本 高めの球を打ち上げセンターフライ。
7水 田 フルカウントから、インサイドの球を見送り四球。
8宮 ア 2−2からの5球目、水田が盗塁をしかけたがウェストしていたためタッチアウト。

5回裏
7長 田 2−0から粘って一、二塁間を破っていくヒット。
8加 藤 右方向へ高々と打ち上げ、土手に直撃させ均衡を破る先制のツーラン(川崎2−0インボイス)
9西 村 高めの球を空振り三振。
1山 田 フルカウントから低めを見送り四球。
 堀田の2球目に盗塁を仕掛け、上本の送球が逸れる間に一気に三塁を陥れる。
 ここで石井コーチがマウンドの山岸に声をかける。
2脇 谷 初球を打っていったがショート正面のゴロ。
3堀 田 叩きつけ、岸本の正面のゴロ。

先制アーチを放ち、ベンチで防具をつけ守備の準備をする加藤。

6回表
8宮 ア 外へ逃げる変化球を空振り三振。
H柴 田 ふわりと打ち上げ、十川孝が背走しながらキャッチ。
1福 地 うまくバット先端に乗せ、センター前へ落とすヒット。
2高 波 3球目がすっぽ抜け、腕をかすめる死球。
3リーファーストレートの四球。
4高 山 初球がワンバウンドし、一塁方向に逸れる間に福地がホームを狙ったが、西村のカバーリングが早くタッチアウト。

満塁のピンチを切り抜け、ハイタッチしながら引き上げてくる西村と汗をぬぐう加藤。
イン/捕手:田原 投手:ギッセル

6回裏
4山 本 右方向へ流していったが、ライトへのハーフライナー。
5十川孝 外の球に空振り三振。
6吉 川 浅いレフトフライ。

7イニング目のマウンドへ上がる西村。その背後には1000本もの見事に咲きそろった桜も見える。

7回表
4高 山 すくい上げたがレフトフライ。
5松坂健 中途半端な当たりのサードゴロ。
6田 原 詰まったピッチャーゴロ。

足早に引き上げてくる西村。ブルペンでは東野、鴨志田が投球練習開始。

7回裏
7長 田 初球を打ってライト前ヒット。
8加 藤 エンドランをしかけ、セカンドゴロ。
9西 村 ふわりと打ち上げライト松坂が前進してキャッチ。
1山 田 初球を打っていったがどん詰まりでギッセルの正面。

8回表
7水 田 初球の変化球を打ち返し、センター返しのヒット。
8宮 ア 鋭い当たりだったがサード正面のゴロで、二塁フォースアウト。
H大 島 真上に打ち上げ、ショートフライ。
1福 地 ボテボテのセカンドゴロ。

イン/投手:張

8回裏
2脇 谷 高く打ち上げライトフライ。
3堀 田 初球にセーフティー気味のバントを試みたが張正面のゴロ。
4山 本 真上に打ち上げ、セカンドフライ。

9回表
2高 波 詰まったセカンドゴロ。
3リーファー詰まりながらもセンターへ抜けていくヒット。
4高 山 どん詰まりのセカンド正面への併殺打で、ゲームセット。
ベンチ前で勝利のハイタッチを交わす西村ら。
いっぽうインボイス・ベンチ前では早速全選手が集まりミーティングが開かれる。
ヒーローインタビューには完封の西村・加藤が登場。
「開幕戦で変なピッチングをしたので今日は抑えようと思った。抑えていればいつか打線が援護してくれると思ったので、粘り強くいった(西村)」
「健太朗ががんばっていたので、なんとか点を取ろうと思った(加藤)」


<注目選手 ジャイアンツ>
■西村健太朗(巨)先発 完投 被安打5 無失点
変化球のキレ、直球の伸びはまずまず(140前半台)
制球としても低目が良く外のコース、一転して内角を突く攻めも。ストライク先行で優位なカウントに持ち込む。
走者は出すものの後続を落ち着いて打ち取るピッチングで、6回こそ満塁にまでなりましたがラッキーもあり切り抜け、結局9回をひとりで投げぬき自身初完封勝利!

■脇谷亮太(巨)4打数1安打 2番・セカンド
打撃フォームは、バットを立て気味
バットが振れているような印象があったんですが残念ながら本日はノーヒット、しかし守備面では、果敢に前進してきて難なく打球を処理するなどルーキー離れしたものも見せ付けました。

■加藤健(巨)3打数1安打打点2 8番・キャッチャー
右方向を意識するというのを徹底し、練習も行っていたそうですがその結果が見事に結実!ライト後方の土手にぶち当てる先制点にして決勝点の2ラン。
守っても西村を巧にリードし、完封激を演出。
打率でも1日現在リーグ・リーダーズに名を連ねており、好調の波に乗ってアピール期待!!

<注目選手 インボイス>
■山岸穣(イ)先発 5回 被安打5 失点2
味方の堅い守備にも助けられ序盤は落ち着いたピッチングを見せていましたが、5回に先頭の長田に粘られ、続く加藤にうまく持っていかれてしまいました。
ただ、内容自体はそれほど悪いわけではなく、空振りを取る球威もあったので今後の巻き返しに期待したい。

■ギッセル(イ)2番手 2回 無安打無失点
長身から投げ下ろすという印象。スライダー系、チェンジアップ
インボイスでは先発もしているようですが、むしろ短いイニングのほうが適正があるかも?

■福地寿樹(イ)4打数2安打 1番・セカンド
開幕直前に交換トレードで移籍。赤いバットが名残?
打撃フォームなどが大きく変わったわけではないですが、4回には流し打ちでの二塁打、6回のセンターへの技ありヒットと唯一2安打をマーク。


2006年 4月 1日 イースタンリーグ 湘南−楽天(横須賀)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!)/WIZさん/いかさん/子連れさん


■報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!
イースタン公式戦 湘南―東北楽天A(横須賀)      648人
審:工藤・山路・山崎・鈴木 記:野中  3時間12分(14:00〜15:12)
             R  H E
 E|000210100| 10 0
SR|000000000|  7 2
(1勝1敗)勝:渡邉(1−0) 負:那須野(0−1)
得点経過
4表:大廣2点タイムリーヒット(0−2)
5表:高須タイムリー2ベース (0−3)
7表:牧田 犠牲フライ    (0−4)

 E      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(7) 平石  四球  遊安  中安  四球右安    3  3 0 375
(4) 高須  一ゴ  二邪  中2  四球  見振  4  1 1 368
(6) 斉藤  四球    右安四球  空振      2  1 0 222
 H6  坂                  左飛  1  0 0 300
(89)牧田  二併    投安三併  左犠  右安  4  2 1 445
(9) 中島    左飛  右飛  四球空振      3  0 0 273
 H  竜太郎                 左飛  1  0 0 200
 8  山崎隆                     ―      222
(5) 西谷    遊ゴ  二ゴ  一犠  三直    3  0 0 500
(3) 大廣    三ゴ  右安  二飛  中安    4  2 2 250
(2) 中谷      遊ゴ投ゴ  四球  右飛    3  0 0 182
(1) 渡邉      中飛  二ゴ見振        3  0 0 000
 1  谷中                      ―      ―
 H  塩川                三安    1  1 0 182
 1  有銘                      ―      ―
 1  愛敬                      ―      ―
                           32 10 4 293
投手 回    打 安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責   防御率
渡邉 6.1 24 6 0 5 1 0 0 0 0 0  0.00
谷中 0.2  2 0 0 1 0 0 0 0 0 0  5.40
有銘 1.1  5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 10.80
愛敬 0.2  2 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0.00
   9   33 7 0 6 1 0 0 0 0 0  4.61


SR      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(7) 西崎  遊ゴ  中飛    左安  右飛    4−1−0 154
(4) 野中  二ゴ    左飛  二ゴ  左邪    4−0−0 200
(93)内藤  投ゴ    中安  投ゴ    左飛  4−1−0 133
(3) 小田嶋   見振  空振            2−0−0 133
 9  河野              右飛  中安  2−1−0 600
(8)  南    三飛  空振    中安  三ゴ  4−1−0 214
(5) 呉本    一邪    三ゴ  中安  右飛  4−1−0 167
(6) 福本      左安  左安  右飛      3−2−0 364
(2) 武山      空振  遊併  空振      3−0−0 000
(1) 那須野     四球    見振        1−0−0 000
 1  牛田                      ―     ―
 1  岡本                      ―     ―
 H  田中一               中飛    1−0−0 200
 1  村西                      ―     ―
                           32−7−0 195
※河野→6表 打者・大廣から
投手    回  打  安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責  防御率
那須野 6.0 28  6 0 1 6 0 0 0 4 3 3.00
牛田  1    4  0 0 2 1 0 0 0 0 0 0.00
岡本  1    5  3 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00
村西  1    4  1 0 1 0 0 0 0 0 0 0.00
    9   41 10 0 4 7 0 0 0 4 3 1.66

盗塁死:福本(3回 エンドラン失敗による二盗死 三振ゲッツー 打者・武山)
走塁死:大廣(8回 平石の右安で本塁突入も憤死)
失策 :小田嶋(2表 中島のファールフライを落球)
    牛田(7回 セカンドへ牽制悪送球 打者・斉藤)

補足
1表;高須の一ゴ→ランナー進塁
4表:牧田の投安→バント
   西谷の二ゴ→SR小田嶋がはじくもSR野中がバックアップ、ランナーは進塁
6裏:野中の二ゴ→併殺崩れ
9裏:南の三ゴ→ランナー進塁

★注目選手★
■那須野巧(湘)
今季初先発ということもあり、「那須野病」とも言える立ち上がりが特に重要だった。その立ち上がり、無失点だったものの四球2つと病気の影を覗かせていた。全体的に見ると、先週の3回無失点よりも迫力がなかった印象。守備に足を引っ張られてリズムが安定しなかったのもあるが、それにしてもフォアボールが多すぎた。次はファーム卒業を見せつける貫禄のピッチングを見せて欲しい。

■小田嶋正邦(湘)
今日の、というより今シーズン一番苦しんでいる選手。昨年は無難にこなしていた気がしたのだが、エラーが打席にも影響し結果を残せず、微妙なバント処理をしたところで途中交代。このパターン、昨年の吉村と全く同じパターンだが、吉村の場合は居残りで特訓した。小田嶋の場合はどうなるか、とりあえず居残りとなればどんな打線を組むことになるのだろうか。

■渡邉恒樹(楽)
昨年見たイメージと変わらず、淡々とリズムよいピッチングだった。あとは継続できるかが課題か。上でのチャンスは十分にあると思う。それまでファームで好投し続けられるか。

■福本誠(湘)
渡邉を打てなかった打線の中で素直に弾き返しての2安打。福本はどちらかというと技巧派相手の方が打っている印象がある。今季はラストチャンスのつもりで出場機会を生かして欲しい。

★感想★
初勝利してやっと勢いに乗るかと思いきや、打線が開幕から続く貧打症に陥り楽天に初勝利を献上。投手陣はともかく、今はチーム打率1割台の打線をどうするのかにかかっている。小田嶋が居残りになると仮定すると、呉本をファーストに据え北川をサードに起用。そして河野・南・内藤のクリーンアップでいくのがひとつの策だと思うがどうだろうか?打線を変えてもどうにもならない重症の可能性もあるので「ショック療法」を使うのも手だろう。1軍にいる若手たちを助っ人出場させて刺激する、もしくは鈴木尚が出場できれば練習を見せるだけでも何か変化があれば・・・と思うのだが。守り勝つ野球を目指すにしても打てなさすぎる。明日こそ爆発を期待してます。




■報告者:WIZさん
4/1(土) イースタンリーグ公式戦 湘南−東北楽天 2回戦 横須賀スタジアム(18:00開始)

審判:PL 工藤、1B 山路、2B 山崎、3B 鈴木
記録員:野中
観客数:648名

【スコア】
楽  天 000210100  
湘  南 000000000 

【投手継投】
楽   天  ○渡邉(61/3回)−谷中(2/3回)−有銘(11/3回)−愛敬(2/3回)
湘   南  ●那須野(6回)−牛田(1回)−岡本(1回)−村西(1回)

【得点経過】
4回表(楽) 二死2・3塁で大廣、ライト前タイムリー(2点)
5回表(楽) 一死1塁で高須、左中間へタイムリー2ベース(1点)
7回表(楽) 一死2・3塁で牧田、レフトへ犠牲フライ(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<楽天>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
LF 平石  四球  遊安  中安  四球右安        330200020
2B 高須  一ゴ  二飛  中2  四球  三振      411000110
SS 斉藤  四球    右安四球  三振          210100110
SS 坂                   左飛      100000000
CF 牧田  二併    投安三併  左犠  右安      421100000
RF
RF 中島    左飛  右飛  四球三振          300000110
H 竜太郎                 左飛      100000000
CF 山崎                          000000000
3B 西谷    遊ゴ  二ゴ  一犠  三飛        300000000
1B 大廣    三ゴ  右安  二飛  中安        422000000
C 中谷      遊ゴ投ゴ  四球  右飛        300000010
P 渡邉      中飛  二ゴ三振            300000100
P 谷中                          000000000
H 塩川                三安        000000000
P 有銘                          000000000

<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
LF 西崎  遊ゴ  中飛    左安  右飛        410000000
2B 野中  二ゴ    左飛  二ゴ  左飛        400000000
RF 内藤  投ゴ    中安  投ゴ    左飛      410000000
1B
1B 小田嶋   三振  三振                200000200
RF 河野              右飛  中飛      200000000
CF 南     三飛  三振    中安  遊ゴ      410000100
3B 呉本    一飛    三ゴ  中安  右飛      410000000
SS 福本      左安  左安  右飛          320000000
C 武山      三振  遊併  三振          300000200
P 那須野     四球    三振            100000110
P 牛田                          000000000
P 岡本                          000000000
H 田中一               中飛        100000000
P 村西                          000000000


【投手成績】
<楽天>
       回  打 安 四 三 失 自
○渡邉   61/3 24 6 1 5 0 0
 谷中    2/3  2 0 0 1 0 0
 有銘   11/3  5 0 0 0 0 0
 愛敬    2/3  2 0 0 0 0 0

<湘南>
       回  打 安 四 三 失 自
●那須野   6  28 6 6 1 3 4
 牛田    1  4 0 1 2 1 0
 岡本    1  5 3 0 0 0 0
 村西    1  4 1 0 1 0 0



【選手感想】
<楽天>
■渡邉恒樹(楽)
 もはや重傷ともいうべき貧打の湘南打線が相手とはいえ丁寧な投球で
 7回途中まで完封に抑える。
 唯一注文があるとしたら3回に三振併殺を取りながら続く投手那須野に対して
 四球で歩かせたところか。

■平石洋介(楽)
 2個の四球に3安打の猛打賞と全ての打席に出塁。先頭打者の仕事を全うした。
 守備でもフェアラインを超えてもフェンスを気にせず飛び込んでいくガッツ溢れる
 プレーで魅了。現在の楽天打線で一番元気がありそうだ。

■大廣翔治(楽)
 先制のタイムリーを放ち本日のヒーローとなった。
 体も昨年と比べるといい体つきになった感。
 恐怖の七番打者として今後もパワー溢れる長打を期待したい。

<湘南>
■那須野巧(湘)
 起ち上がりはマウンドに地が着かないのか、球威が全く無かったが、
 2回からは徐々に球威が増していった。
 しかし制球の不安定さは全く解消されず。
 この内容の中7回も投げるとは思わなかったが、先頭打者を四球で出すとあっさり交替。
 とにかく体のラインも下半身も細すぎる。下半身さえビルトアップすると今日のような
 内容は解消されると思うのだが・・・。

■小田嶋正邦(湘)
 2三振に加え守備ではフライを落球、お見合い、ゴロでもグラブに弾くなど散々な内容。
 基本を重視する岩井監督の逆鱗に触れ、6回途中で見せしめの交替を告げられた。
 交替のアナウンスに湘南ファンから起きた拍手に送られ屈辱の中ベンチに下がる。
 問題はこの後長浦で鍛え直すか、それとも我慢して使い続けるか岩井監督の指導に注目。

■武山真吾(湘)
 何べんでも言うが、なぜストレートの真っすぐに手を出さずワンバウンドする球に
 手を出してしまうのか?
 小田嶋もひどいが彼の場合は何も考えずにただ打席に立っているだけ、
 そう思わせるような内容だった。
 リードも大切だが打撃に関してももう少し頭を使ってほしい。

■岡本直也(湘)
 今日は開門時のハイタッチに参加。
 視線を落としたり、声がかけにくかったりと顔に似合わず(?)シャイな一面を見せ
 球団職員の方に注意される。
 投球内容もピリッとせず3安打を浴びながらも呉本、河野の好プレーに無失点で
 今日の仕事を終えることが出来た。
 それなりに力はあるのだから日々常々、そしてマウンドでと堂々と構えて欲しい。

☆今日の村西哲幸(湘)☆
 9回にやっと公式戦初登板。
 昨年以上に増した球威に向上しつつある制球力で見せる投球は昨年に比べると
 だいぶ安心して見られるようになった。
 どんどん実戦登板して今の投球フォームを自分のものにして欲しい。
 詳細の評価は子連れさんにお任せします。


【全体感想】
開門時の選手お迎えのサービスで岡本に「頑張れ」と声をかけることができ、
さあ横須賀初勝利で連勝して子連れさんと桜の下で祝杯だ、と意気盛んに望んだ
今日の試合でしたが、今日もまた拙攻続きの展開でついに今季初の完封負けを喫しました。
700名近く集まった観客も陽が沈むとともにスタンドはまばらに・・・。

今日は特別に外野席を開放。ライトスタンド満開に咲く桜の下で観戦とこの時期にしか
味わえないサービスを実施。満開の時期はある程度把握できたと思うので
ビール飲み放題も実施したらよかったかもですね。

また横須賀市制100周年を来年に控えそのキャラクター「スカリン」が来場。
頭の上のヨットがなかなかいいセンスを感じます。
またエイプリルフールということでいい嘘をついた人は入場割引のサービス。
「湘南打線が爆発する」なんて嘘をついて入場した人は果たしていたのでしょうか??

相変わらずの寒い気候にお寒い試合内容と最後まで観戦された方は本当にお疲れ様でした。
明日は雨模様とのことで観戦される方は防寒具、雨具の準備をお忘れなく。





■報告者:いかさん
きょうは寒いのに野球観戦でした。たくさん来られていたのですね。
お疲れ様でした。横須賀は外野の芝を張り替えたのでしょうか?
皆さんが書かれているとおり、きょうは小田嶋の悪い面が出まくりでした。
一軍経験がそれなりにある野手としてはあまりにお粗末な内容であり、
明日以降、岩井監督がどのような起用をするのか注目です。

(観戦記ここから)

イースタンリーグ公式戦湘南シーレックス対東北楽天ゴールデンイーグルス
は第2回戦は4対0で東北楽天ゴールデンイーグルスが勝ちました。

4月1日(土)湘南対東北楽天(横須賀、14時、観衆648人)
                  R H E
東北楽天 000 210 100 | 10 0
湘  南 000 000 000 | 7 2

(楽)渡辺(6回1/3)、谷中(2/3)、有銘(1回1/3)、愛敬(2/3)−中谷
(湘)那須野(6回0/3)、牛田(1回)、岡本(1回)、村西(1回)−武山

勝利投手:渡辺
敗戦投手:那須野

二塁打:高須(5回)
併殺打:牧田(1回、5回)、武山(6回)
失 策:小田嶋(2回)、牛田(7回)

審判:球審・工藤、一塁・山路、二塁・山崎、三塁・鈴木、公式記録・野中

【戦評】
やや肌寒い横須賀スタジアムの開幕戦。楽天は4回に西谷の適時打で2点を先制する
と5回に高須の適時打、7回にも牧田の犠飛で効果的に加点。先発渡辺もランナーを
出すも要所を締めるピッチング。湘南は先発那須野の出来が悪く、打線も繋がりに
欠き元気がなかった。


スコアは皆さんが投稿しているので、省略します。


【注目選手】
■那須野巧(湘)
初回からボールがかなりはっきりしており、3回無失点も楽天の拙い攻めに助けられた
印象。ただ、守備に(というより小田嶋に)再三足を引張られてやや気の毒ではあった。
6回3点ビハインドで打席に送ったことは何とかモノにしたいという岩井監督の期待の
ほどが伺えるが、内容は厳しいものであった。

■小田嶋正邦(湘)
今季から内野手登録。守備、こんなにひどい選手でしたっけ?再三ファールフライを
落としとうとう6回に交代させられる。フライの捕球は落下地点に早く入ることが
鉄則だが、どうも初動が遅いのかイージーなフライなのに余裕のない追い方。また、
ゴロも体を前に入れず手だけ差し出して取ろうとするから弾いてしまう。ただ、一軍
では正捕手を期待されて試合に出てただけに、コンバートに納得いってないのか?と
余計な勘ぐりを入れたくなるほど精彩がなかった。この屈辱をどう生かすか。

■田中一徳(湘)
代打で凡退。入団時には野球センスの塊とまで言われてましたが、年々見かけなくなっ
てきてしまっています。同じタイプで気になるのはカープの東出。俊足であっても小柄
では厳しいのでしょうか?田中も東出も一軍で見たいぞ。

■渡邉恒樹(楽)
一軍二軍通じて初観戦。上背はないものの変化球にキレがあり、中軸に的を絞らせてい
なかった。スクリューはタイミングが合わせ辛そうで、小田嶋はまるでタイミングがあ
っていなかった。一軍マウンドを考えればもう少し球威があればとは思うが楽しみな
選手だ。

■中谷仁(楽)
阪神のドラ1。きょうは特にこれはと思わせるプレーはなかったが、もともと肩はいい
選手なので今後の活躍を期待。

■有銘兼久(楽)
本当は上にいないといけない選手ですが。ただ、今日のピッチングは球筋がバラけて
おりよくはなかった。ちょっと風が気になったのかな。

■湘南守備陣
4回、牧田が意表をつくセーフティバントの際守備が乱れてしまい二塁ががら空きに。
二進した一塁走者・斎藤が大きく飛び出すも刺せず。フォーメーションのミス。

■楽天バス
山形交通のバスから楽天のロゴが大きく書かれた球団バスに変更。ただし、ナンバーは
山形ナンバーなので選手はこのバスで山形から上京し首都圏を転戦している模様。





■報告者:子連れさん
 今日も楽して,私は雑感を!
<気候>晴れのち薄曇り 気温・13℃※強風のため体感は6℃ほど
    風向き ←↓←(次第に強くなる) 桜 満開!

◆開門時の選手お出迎え
 吉川、岡本の両投手。WIZさん報告の通り「我らの岡本」は照れっぱなし。ファンが
照れるならわかるが,帽子取るは頭かくは目は定まらずやで,かなりシャイな姿が暴露。
「岡本くんカワイイね」と女性ファンの声が届いたらもういけない。飲んでもいないのに
赤面が日焼けの顔に浮かぶ。その2選手へ一言,
子連れ「昨日は最後ハラハラしたよ」
吉川(トーン高く)「ハア」

子連れ「ヨイショ」
岡本(小さな声で)「ハイ」

◆那須野巧(湘)
 開門少し前にヘップだかサンダルだかズリ音させて売店へ買い物へ。そのダラシナサが
今日本当に先発?と思わせる。緊張感ゼロ・・・
 球速は確かにあり,普段は被弾しない所へ邪球が飛び込む「巧ファール」があるも,制球
は玉手箱で投げてみなければわからない状態。1軍の評論家出身監督が嫌うのも納得。
 4回表西谷の初球から投球時に唸り声が出始め,スタミナ面の課題が露呈する。この西谷
の当たりは小田嶋が弾き野中が取り那須野へトスしてアウトにするというファンサービス
となる。この回で限界と思ったが,育成だから7回の平石への四球まで投げさせた岩井先輩
も,頭へきてたのかな。

◆小田嶋正邦(湘)
 4回裏に三球三振。3球目は外へのクソ球を泳いでスイング。観たからにやる気なし。
この時のスコアーへ「重症」と記入した。6回表途中交代ではベンチへ戻りサッサと奥へ
コーチが追おうとしても近づけず。どん底な姿が観られた。子連れ本日も3塁側にいまし
たのでココらがよく見えた。27歳だし自身も納得してのコンバートなのだから2日の
試合以降もスタメンで出るのが当然。捕手時代から球取るのが苦手で三浦正行コーチに
尻を何度も蹴られたのだから今さら守備には誰も期待していない。ファンは体張った懸命
な所を観たいのだから,積極的で真摯な姿勢をぜひ取り戻し見せて欲しい。がんばれ!


『今日の村西哲幸』
 大変長らくお待たせ致しました。9回表に今季初登板!ケチャップさんの応援メッセー
ジを受けて”サブマリーン・ヨコハマ”ホッペ2回膨らませて気合満点で登場!
高 須  ● 見 邪 K ※ストレート低め中心の内容
PH坂  ● 振 振 左飛 ※変化球織り交ぜた内容
牧 田  右H ※当たり損ない1塁内藤のグラブ僅かに届かず。
PH竜太郎 振 ● 邪 ● ● 邪 左飛 ※内外低めへ散りばめての完璧な内容。
 ☆1イニング 打者4人 16球 K1 H1 飛2

「青山くださいよ」「ヤダね」「小田嶋に飯田も付けましょう」「ますますヤダね」と
ジャレ事へ応対してくれた山形松井監督,当然左の代打をぶつけてきた所が今日の見所と
村西を観察。坂へは変化球を見せて打ち取り,ミートのうまい竜太郎へは球を散らかせて
的を絞らせぬ内容。教えていないけど,お前いつから制球力Upしたんだ?と喜ぶ。投げ
る度に投球内容が充実していた。哲ちゃんのいい所はファニーな3枚目タイプなのに演技
力抜群だから度胸よく喧嘩腰を見せる点。このマウンド姿からアララ下手かよ!と翻ろう
させる所が現状成功している。願わくは,投げる一瞬に「知らん顔」する余裕が欲しい。
打者も捕手も球も見ず,3塁側スタンド奥を見る目付きが出来たら完璧だろう。古い人間
で「渡辺メリーさん」を生で観戦した子連れだから言うけれど,メリーさんのVTRで彼
の「目」(間)を盗んで欲しい。
 「いったいいつ出るんだ」と不安になり湘南側が見渡せる3塁側で観戦。岡本と揃い
肩作りに行った時は正直ホッとしたのです。仕方がないからしばらくは,鎌ヶ谷へも戸田
へも行くけれど,早く関内駅の改札を抜けたいのが心情。頼むぜ哲ちゃん!

 暖かくなるの予報に反して,次第に震えるほどの寒さへ走った1日。観戦の皆様,お疲れ
さまでした。


2006年 3月31日 イースタンリーグ 湘南−楽天(平塚)WIZさん/子連れさん

■報告者:WIZさん
3/31(金) イースタンリーグ公式戦 湘南−東北楽天 1回戦 平塚球場(18:00開始)

審判:チェックし忘れてました。(確かパ・リーグ勢が多かったような・・・)
記録員:不明
観客数:687名

仕事帰りで5回表途中からの観戦となりました。
6回から記録を取りました。以降の展開は下記の通り。

5回終了時点 湘南3−3東北楽天
■6回表 湘南投手:後藤(5回まで被安打6、失点3)
 四番 CF 牧田 ライトフライ
 五番 RF 中島 見逃三振
六番 2B 西谷 レフト前ヒット 二死走者1塁
七番 3B 大廣 空振三振

■6回裏 楽天投手:金田(5回まで被安打5、失点3)
三番 RF 内藤 セカンドゴロ
四番 1B 小田嶋 ライトフライ
五番 CF 南   サードゴロ

■7回表 湘南投手:後藤→牛田に交替
八番 C  中谷 センター前ヒット 無死走者1塁
九番 P  金田 ショート内野安打
            ショート福本、セカンドへ悪送球、1塁走者3塁へ 無死1・3塁
一番 SS 坂  ライトフライ
二番 1B 永池 ピッチャーゴロ併殺打

■7回裏 楽天投手:金田
六番 3B 北川 ファースト内野安打 無死1塁
楽天投手交替:金田→徳元
七番 SS 福本 ピッチャー犠打 一死2塁
八番 C  斉藤 ピッチャーゴロ 二死3塁
九番 P  牛田→代打河野
  九番 H  河野 ライト線タイムリー2ベースヒット(1点) 二死2塁
一番 LF 西崎 見逃三振

■8回表 湘南:H河野→RFへ、RF内藤→LFへ、LF西崎→P吉川
      湘南投手:吉川
三番 LF 平石 センター前ヒット 無死1塁
四番 CF 牧田 空振三振 一死1塁
五番 RF 中島 →1塁走者平石盗塁→失敗 二死無塁
中島 ショートゴロ

■8回裏 楽天投手:徳元→富岡
二番 2B 野中 ショートフライ
三番 LF 内藤 レフトフライ
楽天投手交替:富岡→戸叫
四番 1B 小田嶋 レフトフライ

■9回表 LF内藤→田中一
湘南投手:吉川
六番 2B 西谷 センター前ヒット 無死1塁
七番 3B 大廣 ピッチャー犠打 一死2塁
八番 C  中谷 ファーストゴロ 二死3塁
九番 P  戸叫→代打竜太郎
H  竜太郎 サードライナー

試合終了、湘南4−3楽天
勝利投手:牛田
救援投手:吉川
敗戦投手:金田



【選手感想】

〈東北楽天〉
■中谷 仁(楽)
 ドラフト時から見てみたい選手で楽天に移籍したおかげでやっと観戦することが出来た。
 正直怪我で現役の姿を見ることはないかと思っていただけに嬉しい観戦。
 それを祝うかのように私が見た初打席では初球を叩き痛烈なセンター前を放つ。
 いろいろ苦境を知った男。生き様を見せて欲しい。

〈湘南〉
■後藤 伸也(湘)
 開幕戦に続いての今季先発登板2戦目。
 前回同様6イニングを投げ3失点の内容。
 今日も見た限り球は走っておりボールが先行する制球難は露呈せず。
 実際に見たのは1イニングちょっとだけだがその中で三振を2つも奪ってしまうなど
 一昨年、昨年の不調期は完全に抜け、調子の良かった頃の投球間隔を取り戻しつつある感。
 今年中に一軍昇格の夢が着々と現実味を帯びえてきた。
■牛田 成樹(湘)
 今季初観戦。
 先頭打者中谷に初球をいきなりセンター前に運ばれさらに味方の失策で無死1・3塁のピンチ。
 だが後続を見事に打ち取り、さらにその裏に味方が勝ち越したため勝利投手に。
 しかし昨年と比較するとややピッチングがおとなしくなったような気が・・・。
 勝利投手賞の香水をゲットした。
■河野 友軌(湘)
 7回に代打で登場。
 ライト線に運ぶタイムリーヒットを放ち本日のヒーローに。
 ヒーローインタビューでは終始ファンへ感謝の言葉を述べる。
 私が観戦した中だけだがどうも平塚球場と相性がいいみたいだ。

☆今日の村西哲幸(湘)☆
 本日も登板なし。一体いつ出てくることやら。
 もしかしてハマのエースの乱調ぶりに業を煮やし東京ドームに行ってしまったのか?

【全体感想】
子連れさんから本日の先発が後藤と聞き無理やり仕事を片つけ、湘南ライナーに飛び込み
平塚駅からタクシーを飛ばして球場に向かいました。
球場到着時は5回の表。無事後藤の投球を僅かですが見ることができました。
失点の内容が分からないので何とも言えませが、6回の中島の見逃三振は見ごたえ十分でした!

試合は3−3の同点から7回に河野のタイムリーで勝ち越し。
湘南打線は先週末の拙攻に比べると少々打線がつながったという印象。
今日はむしろ楽天打線の方が悪かったです。
毎回走者を出しながらあと一本が出ませんでした。

今日からセ・リーグも開幕したので客足は鈍いだろうと思っていたら先週日曜とほぼ変わらずの
約600名もの観客が入場。
ただしその半数は無料の子供たち。さっそく球場内を走り回っておりました。
そしてナイターということもありかなり冷えました。
平塚球場といえば名物「平塚料理飲食連合会」のおそば(うどん)を食べなければなりません。
余裕で食べれると思ったらやはり寒さの影響か、6回終了時点で早くも売り切れ。
ぎりぎりで食べることが出来ました。

今日も開門時には選手によるハイタッチお迎えがあったようなのでどうやら
シーズン通してのサービスとなったようですね。
今日出迎えた河野は直接ファンの激励を聞いて今日結果を残せることができたと
言っておりましたので選手側にとってもいいのではと思います。
欲を言えば平塚でのナイターの場合は試合終了後にバス1台でも用意してもらえれば
言うことは無いのですが。

平塚に行かれた皆さん、寒い中お疲れ様でした。
土日も観戦を予定されている方はお風邪を引かないように。。。






■報告者:子連れさん
<結果>湘南4:3山形 <試合時間>2H51M <観衆>687P
<アンパイヤー>パシフィック担当
PL・鈴木章太 1B・工藤和樹 2B・山路哲生 3B・橋本信治
<公式記録員>セントラル担当
新向井秀廣
 ※途中からの観戦で記録員が不明でしたが,7回裏の北川の三ゴをEとせずHにした時
  新向井さんだと確信しています。
<気候>晴れ 気温6℃ 風向き →やや強
<桜>左中間外野場外 満開!

「私観」
 19:30 5回表終了時に到着。WIZさんと同じ電車だったのに,私はバスで・・・
『ボールくださいBOYs』の嵐をなるべく避ける席に座し,観戦。
 後藤伸也
 6回牧田(右飛)中島(見振)としながら西谷に●●××の5球目に左Hを打たれたのが
残念。まだ弱さが見られるぞ!

■北川利之(湘)
 9回1点リードの守備(三塁手)。2死3塁,PH竜太郎のライナーをキャッチ。マウンドの吉川
五右衛門が「しまった!!」の表情。開幕からEで評価の下がった北川,本日は最後まで
気合が充実していた。もう大丈夫でしょう。

■西崎伸洋(湘)
 どん底。ギリギリまで上にいながら,打率0.9・・・湘南に戻って気分も新たと思い
きや,意外と彼は精神的にモロイから,今回の壁はかなり高そうだ。「結婚した」「子ども
が生まれた」「ずっと1軍にいる」の材料が揃ったから自身がUpする的な弱さがある。
クソミソな自身を受け止め,恵まれたキャラがあるのだから,脱却して欲しい。ノブ転機だ。

<雑感>
 WIZさんの報告通り,暖かさが用意必須のナイトゲームでした。場所柄,車での来場
の方が多く,毛布など持ち込んで足に巻いての観戦。こちらは使い古しのバスタオルまとい
の怪しいオヤジ。PH河野が意地の右Hで今季初勝利の内容。5回表終了時にInでした
ので,そこまでの内容は分かりませんが,さすがに開幕貧打連敗を意識したのか,はたまた
久し振りのゲームだったのか,セ開幕だったのか,面々に緊張感は見られました。
 観戦の皆さん,お寒い中お疲れ様でした。左中間外の満開の桜が綺麗でしたね。


2006年 3月30日 イースタンリーグ ヤクルト−巨人(戸田)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時試合終了16時10分試合時間3時間10分
 球審木内1塁石山2塁萩原3塁敷田記録員生原
 戸田 (1勝1敗)観衆100人
                   R  H E
 巨  人 000 300 052 10 14 0
 
ヤクルト 132 211 02X 12 12 0

 勝川島1勝        本塁打 梶本1号(2回右翼真田A)
 負真田1敗            吉川2号(4回右中間川島B)
 3塁打 鈴木健(1回)      鈴木健1号(4回右中間姜A)
     梶本(4回)       十川孝1号(8回中堅山部B)
     丸山泰(5回)      大須賀1号(8回左翼山部A)
 2塁打 川端(2回)       畠山1号(8回左翼東野A)
     古城、畠山(3回)    吉川3号(9回左翼宇野A)
 盗塁 梶本2(6回)山田(8回)暴投 山部(8回)
 併殺 巨  人1(十川孝−脇谷−吉川)3回福川
    ヤクルト0
 失策 巨  人0
    ヤクルト0

1回表(ヤクルト投手川島、捕手福川)山田遊ゴロ、十川雄三振、脇谷左飛(巨人0)
1回裏(巨人投手真田、捕手實松)川端右前安打、梶本一前送りバント成功で川端2塁進塁、鈴木健左翼前のライナーを左翼手山本がスライディングキャッチを試みるも後方へ逸らし3塁打の間に川端生還、畠山三振、ユウイチ四球で1,3塁、志田三振(ヤクルト1)
2回表 山本三塁ゴロ、十川孝右飛、吉川三振(巨人0)
2回裏 福川四球、丸山泰二塁ゴロで4−6とわたり福川2塁封殺、川島三振、川端左翼越え2塁打で丸山泰生還、梶本右翼越え本塁打、鈴木健投ゴロ(ヤクルト3)
3回表 古城左翼越え2塁打、實松、真田共に三振、山田四球で1,2塁、十川雄捕邪飛(巨人0)
3回裏 畠山中堅越え2塁打、ユウイチ中前安打で畠山生還、志田死球で1,2塁(巨人投手姜、捕手實松に代わり加藤)福川三塁ゴロで5−4−3とわたり併殺、丸山泰中前安打でユウイチ生還、川島投ゴロ(ヤクルト2)
4回表 脇谷、山本共に中前安打で1,3塁、十川孝三振、吉川右中間本塁打、古城二塁ゴロ、加藤三塁ゴロ(巨人3)
4回裏 川端中飛、梶本右翼線3塁打、鈴木健右中間本塁打、畠山左飛、ユウイチ遊ゴロ(ヤクルト2)
5回表 姜に代打堀田中前安打、山田、十川雄ともに中飛、脇谷三振(巨人0)
5回裏(巨人十川雄に代わり投手伊達、右翼堀田)志田三振、福川四球、丸山泰右中間3塁打で福川生還、川島に代打久保田、川端共に三振(ヤクルト1)
6回表(ヤクルト投手鎌田)山本捕邪飛、十川孝四球、吉川投ゴロで十川孝2塁進塁、古城三振(巨人0)
6回裏(巨人投手三木)梶本死球、鈴木健の時梶本2塁盗塁成功三振、畠山の時梶本3塁盗塁成功し結局四球で1,3塁、ユウイチ左前安打で梶本生還なお1,2塁、志田三塁ゴロで5−4とわたりユウイチ2塁封殺、福川右飛(ヤクルト1)
7回表(ヤクルト投手坂元、鈴木健に代わり左翼牧谷、左翼から一塁畠山)加藤左前安打、堀田三振、山田二飛、三木に代打三浦三振(巨人0)
7回裏(巨人加藤に代わり投手山口、三浦に代わり捕手佐藤)丸山泰に代わり野口左飛、坂元に代打高橋二飛、川端二塁ゴロ(ヤクルト0)
8回表(ヤクルト投手山部、一塁から三塁畠山、一塁野口)脇谷、山本共に二塁ゴロ内野安打で1,2塁、十川孝中堅越え本塁打、吉川投ゴロ、古城四球、山口に代打大須賀左翼越え本塁打、堀田二飛、山田左前安打、佐藤の2球目山田2塁盗塁成功と4球目山部の暴投で3塁へ、結局佐藤三振(巨人5)
8回裏(巨人投手東野)梶本死球、牧谷三振、畠山左翼越え本塁打、ユウイチ四球、志田一飛、福川三振(ヤクルト2)
9回表(ヤクルト投手宇野、三塁から一塁畠山、野口に代わり三塁大塚)脇谷遊ゴロ、山本中前安打、十川孝遊ゴロで6−4とわたり山本2塁封殺、吉川左翼越え本塁打、古城左前安打、東野に代打長田遊飛(巨人2)


    打撃成績
    巨 人 打安点     ヤクルト 打安点
   G山 田 410    E川 端  521
   H十川雄 300    C梶 本  222
   1伊 達 000    B鈴木健  423
   1三 木 000    7牧 谷  100
   H三 浦 100 F353畠 山  422
   2佐 藤 100    Hユウイチ 321
   C脇 谷 520    G志 田  400
   F山 本 530    A福 川  300
   D十川孝 413    D丸山泰  322
   B吉 川 525   H3野 口  100
   E古 城 420    5大 塚  000
   A實 松 100    @川 島  200
   2加 藤 210    H久保田  100
   1山 口 000    1鎌 田  000
   H大須賀 112    1坂 元  000
   1東 野 000    H高 橋  100
   H長 田 100    1山 部  000
   @真 田 100    1宇 野  000
   1 姜  000    計     341212
  H9堀 田 310
   計    411410

 投手成績
 巨 人  投回  投数 被安 四死 三振 自責 失点
●真 田  2・0 50  6  3  3  6  6
  姜   2   25  3  0  0  2  2
 伊 達  1   23  1  1  2  1  1
 三 木  1   15  1  2  1  1  1
 山 口  1   10  0  0  0  0  0
 東 野  1   25  1  2  2  2  2
 ヤクルト 投回  投数 被安 四死 三振 自責 失点
○川 島  5   88  5  1  6  3  3
 鎌 田  1   11  0  1  1  0  0
 坂 元  1   22  1  1  1  0  0
 山 部  1   37  5  1  1  5  5
 宇 野  1   18  3  0  0  2  2

 戦評
 今日の試合は両軍の投手特に巨人の投手陣がピリッとせず0点に抑えたのはわずかに1イニングだけ。それでは、いくら点をとっても・・・。
 それと、7回以降急に風が強くなり打球が流され平凡なフライが安打になったり等、8回以降は試合がぐちゃぐちゃに・・・。
 強く吹いた風が北風だった為凍えながらの観戦で、「早く試合を終わらせろ!」という声が多数。あーそれにしても寒かった!

 あわてんぼーが選ぶMVP

■梶本勇介(ヤ)
 今日の試合のMVPを誰にするかで相当迷ったが、勝ちチームとなると彼を選んだ。
 理由は、6回立て続けに2,3盗と盗塁を決めたことだ。三木投手のモーションを盗み2つの盗塁を決めた場面は圧巻だった。特に、3塁盗塁はベース際でのスライディングが落ちなかった為、3塁際どいタイミングもセーフ。レベルの高いヤクルト内野手陣の間隙を縫って一軍入りし活躍できるか?
 それと、1本塁打を含む2安打したことも忘れてはならない。

 あわてんぼーが注目した選手

■川島亮(ヤ)
 昨年9月右肩を故障し残りのシーズンを棒に振った。昨年の今頃も今とあまり変わりない状況だったと記憶しているが、昨年より今年の方が状況は良さそうだが今日の出来は昨年のイースタン開幕戦の時よりも悪かった。
 昨年この掲示板で、右打者の外角(左打者の内角)のコントロールが良いと書き込んだが、今日の試合では、それが観られず得意なはずのスライダーのコントロ−ルが、間々ならず、苦労しているのがわかった。
 早ければ来週の木曜日の巨人戦に登板か?とも思ったが今日の試合を観る限りもう1回イースタンで投げて方が良いと思う。

■真田裕貴(巨)
 今日の巨人の先発投手は彼だったが、全くの期待外れ。2回3分の0イニングを投げ被安打6、失点6という有様。
 ストレート、カーブ、スライダー全ての球種がダメ。思いっきり伸び悩んでいる。

■脇谷亮太(巨)
 私がイースタンの試合で親しくなった巨人ファンのおじさんが、バッティングセンスが良いとの事。
 確かに、巨人ファンのおじさんが言われた様にバッティングセンスは良いものを持っているが、縦の変化球(フォーク)を投げられるともろさを見せる。5回川島投手から空振り三振を喫したが、そのうち2球空振りしたが、2球とも縦の変化球(フォーク)だった。

■吉川元浩(巨)
 今日風の後押しがあったとはいえ2本塁打を放った。ただ、自軍の投手陣が不甲斐無かった為チームは敗戦。そのためMVP獲得ならず。
 今はなき、近鉄から移籍しプロ在籍9年目。そろそろ結果を出さないと・・・。


畠山和洋(ヤ)& 山本光将(巨)
 チームこそ違えこの両選手捕れそうな飛球を拙い守備で長打にしてしまい味方投手の足を引っ張ってしまった。
 畠山の場合、外野の守備に慣れていないとはいえいただけない守備だった。
 それじゃ、山本は?というと・・・。コメントは差し控えさせて下さい。(それ位酷かった。)


  ■掲示板@2軍愛■