【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2006年 4月21日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2006年4月21日 日本ハム−ロッテ 1回戦

@鎌ヶ谷(ロッテ1勝)

 
ロ ッ テ 030 000 020│
 
日本ハム 000 000 010│

 勝 古 谷 3勝0敗0S 登板4
 負 鎌 倉 0勝3敗0S 登板3

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 根 元 510 空振 左直    空振       中安 左飛
  C 林 孝 510 空振    遊飛    右飛    左安    三ゴ
  D 平 下 400 二ゴ    右飛    四球    空振    見振
  H 竹 原 510    左安 捕邪    左飛    三ゴ    遊ゴ
  D パスクチ  321    左2    右安 中飛       四球
  B 寺 本 310    二ゴ    右2    一ゴ    投犠
  F 喜 多 432    右2    空振    左2    右2
  A 田中雅 400    二ゴ    三ゴ    遊ゴ    二ゴ
  G 代 田 322    右3    四球    見振    二安
  犠盗失併残─────
  13108 36115

       回 打安振球責
   小林宏 3 122310
  ○古 谷 5 203610
   山 北 1 52000

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 坪 井 310 左飛    遊ゴ       一安
  4 高 口 200                      空振 投ゴ
  C3稲 田 400 三ゴ    三ゴ       遊ゴ    二ゴ
  E  陽  410 右飛    見振       遊ゴ    右2
  H7鵜久森 400    空振    見振    空振    遊失
  D  森  300    四球    空振       投ゴ 二飛
  D 尾 崎 430    右安    中飛       中安    中安
  A 小 山 410    空振       見振    三ゴ    遊安
  B9市 川 300    二ゴ       一ゴ    四球    二ゴ
  G 紺 田 210       中安    空振
  H 駒 居 100                   一ゴ
  8 工 藤 100                         遊飛
  犠盗失併残─────
  00009 3570

       回   打安振球責
  ●鎌 倉 52/3 267423
   佐々木  1/3 10100
   菊 地 1   42100
   井 場 1   62012
   矢 野 1   30100


  三塁打  代 田(ロ) (2回 鎌倉 タイムリー)
  二塁打  パスクチ (ロ) (2回 鎌倉 タイムリー)
       喜 多(ロ) (2回 鎌倉 タイムリー)
       寺 本(ロ) (4回 鎌倉)
       喜 多(ロ) (6回 鎌倉)
       喜 多(ロ) (8回 井場)
        陽 (日) (8回 古谷)
  犠 打  寺 本(ロ) (8回 無死1塁 1走のパスクチが二進)
  盗 塁  田中雅(ロ) (4回 捕手は小山 打者は代田 二盗成功)
       平 下(ロ) (5回 捕手は小山 打者はパスクチ 二盗成功)
       代 田(ロ) (8回 捕手は小山 打者は根元 二盗成功)
  失 策  根 元(ロ) (8回 2死2塁 鵜久森の遊ゴロをトンネル 2走の陽がホー
                 ムイン タイムリーエラー)
  盗塁死  根 元(ロ) (7回 捕手は小山 打者は林孝 二盗失敗)
  走塁死  パスクチ (ロ) (4回 3走として田中雅の三ゴロで飛び出してしまい三本間で
                 挟殺 尾崎−小山)
  暴 投  古 谷(ロ) (7回 2死2塁 2走の尾崎が三進 打者は市川)

  PL:石山 1B:深谷 2B:萩原 3B:原 公式記録:及川

  時間 2時間53分(13:00〜14:54)

得点経過
 2回表(ロ) 無死1塁からパスクチが三塁線を破るツーベース      ロ ッ テ1点目
       1死3塁から喜多がライト線を破るツーベース       ロ ッ テ2点目
       2死3塁から代田が右中間を破るスリーベース       ロ ッ テ3点目
 8回表(ロ) 1死2塁から喜多が右越えツーベース           ロ ッ テ4点目
       2死3塁から代田がセカンドへセーフティースクイズ    ロ ッ テ5点目
 8回裏(日) 2死2塁から鵜久森の遊ゴロを根元がトンネル       日本ハム1点目


 6回裏(日) 1死2、3塁から小谷野が右前スリーベース        日本ハム2点目
       1死1、3塁から紺田がレフト線へツーベース       日本ハム3点目

戦評
 3回表に一瞬だけ雨がパラついたが、それ以外は晴れたり曇ったりの天候。
 試合の方はロッテが2回に4本の長短打を集中させ3点を先制すると小林宏−古谷のリレー
 で日本ハム打線を封じ込める。次に試合が動いたのは8回。ロッテは喜多のこの日3本目の
 二塁打と代田の芸術的なセーフティースクイズで追加点を挙げるとダメ押し。ロッテ快勝。
 なお、小林宏vs陽仲寿のWBC対決は2打数無安打で小林宏の勝ち。

選評
 古 谷(ロ) 4回からマウンドに上がると全く日本ハム打線を寄せ付けず、5回を散発3安
       打無失点。スライダー、チェンジアップはそれだけで絶品も主役にはなれず。
       今日の主役はストレート。コーナーに斬れ良く決まるストレートは見ている方
       が気持ち良くなるほど。坪井の頭付近に行った後もインコースを攻められる度
       胸もマル。

 代 田(ロ) 右中間を破る打球では快速を飛ばして3塁を陥れ、絶妙なセーフティーバント
       を決めた後にはすかさず盗塁を決めるなど、今日の代田はいかんなく代田らし
       さを発揮。

 喜 多(ロ) あと1本でイースタンリーグタイ記録となる3本の二塁打を右に左に放った喜
       多。ここ数年は低迷している喜多だが今年は復活の兆しを見せられるかな?


 井 場(日) オフの間に減量を行い、かなりスリムアップした井場。今年は期待できるかと
       思っていたが、手投げの投球フォームから放たれる球には全く威力がなく、ダ
       メ押しとなる2点を献上。今のままでは下でも通用しない。

 鎌 倉(日) 立ち上がりは連続空振り三振を奪うなどこれ以上無い立ち上がりを見せた鎌倉
       だが、2回に捕まると打線の援護なく早くも3敗目。ストレートの威力が完全
       に戻っていない上に中途半端にコントロールが良い物だから甘く入ったところ
       を痛打された印象。

 鵜久森(日) ひっそりと1軍に上がり、ひっそりと2軍に帰ってきた鵜久森。4回の快音を
       残したパスクチの浅いライトフライの目測を誤りヒットにしてしまう(音に惑
       わされたか)。5回の林孝の頭上を超えるかという当たりを好捕も紺田とか工
       藤だったら普通に捕るんだろうなーという打球。


2006年 4月19日 プロアマ交流戦 ロッテ−ホンダ(ロッテ浦和)報告者:大阪部長さん

後ろから前から。上から下から。

2006年4月12日 プロ・アマ交流戦 浦和マリーンズ−ホンダ(ロッテ浦和球場)

 埼京線から見えるロッテ浦和。池袋方面から来たなら、最寄り駅へ着く前に、球場の様子が車窓からうかがえます。
 この日、私は試合開始にあわや遅刻という状況で現地へ向かっていたのですが、それでも球場横を通過時に見えた
客の入りは、ビジターサイドである一塁側スタンドに座っていたのがほんの数人。やはり非公式戦だと、
この程度なのかなと思っていたら…。
 武蔵浦和駅へ降り立ったのが試合開始前15分を切っていたので、やむなくタクシーを使います。すぐに球場到着。
すいてる一塁側で見ようか…と思っていたら、本日立ち入り禁止とのこと。なあんだ。さっき4人ほど見えたのは
関係者でしたか。
片側だけ開放って、インボイスSEIBUドームでのイースタンみたいですね。
一般客も入れる三塁側(浦和マリーンズ側)へ回ると、まあまあな客数が盛り土のスタンドを埋めていました。
急いでスコアシートを準備中に、グラウンドでは水まき…しかし、折からの風に流されて飛沫がこちらのほうへ。
「ゴルァ〜やめい〜! スコアシートが濡れるやろ〜! ビーチバレー見とるんとちゃうんやから!!」
 と、よっぽど怒鳴ったろうかと思いましたが、周囲の人々は平然とした様子。ここではいつも
こうなのでしょうか。「初めて来たような関西人が、何怒鳴ってんだよ」などと思われかねないので
やめておきました。

 さて。
いつもならここでスタメンを書いておくところですが、このロッテ浦和球場、選手名が表示されません。
チコク寸前で駆け込んだ私は、当然スタメン発表は耳にしておらず、両チームのオーダーは全く
分からないままです。

 普段はこちらでの多くの方になじみの薄いウエスタンを書いている私のこと、皆様にせめて私の味わった
気分を「共有」していただこうと考えて、例えば得点経過を全部書いてからでないとイニングスコアを
明らかにしない、といった小細工を弄していますが(笑)、それに倣って、スタメンを書くのはもう少し
後にしておきましょう(笑々)

審判 主・本田(プロ・セ)、一・トリイ(アマ)、二・名幸(プロ・セ)、三・マツカワ(アマ)

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回表ホンダ 吉岡投前へセーフティーバント、それをピッチャー手嶌が悪投、吉岡二進。さらに早川二ゴロで三進(一死三塁)、衣川中犠飛でまず先制。
■一回裏浦和 一死後、堀四球、平下遊飛、竹原左前打で二死一、二塁、パスクチ四球で満塁、林孝中前打で2者生還(二死一、三塁)、寺本四球で再び満塁も、喜多一ゴロで2点止まり、しかし逆転に成功。
■二回表ホンダ 上岡右翼線二塁打、開田中前打で一、二塁、多幡三飛、佐伯右前打で上岡生還しなおも一死一、二塁、矢尾空振り三振も、吉岡中前打で二走開田生還、一走佐伯が三塁を陥れセーフ、その間に打者走者吉岡二塁へ。早川右飛でチェンジも、再逆転に成功。

 この回、九番矢尾が打席に入ったところでようやく両軍のスタメンが判明したことに気が付きました。
ホントはもう1人早く、八番佐伯のときに「消去法」で九番は誰か割り出せたのです。そして、浦和はまだ
八番までしか打っていませんでしたが、「消去法」により九番はキャッチャー田中雅であると分かります。
これで、守備に就いている選手の背番号をメモったりして、どの選手が出場しているかを探る苦労から
ようやく解放されました。
 時に13時40分。試合開始から40分後でした。
偵察メンバー使ってないでしょうね…その前週、サーパス−ニチダイ戦では、相手投手が左と判明してから、
左打者のキャッチャー・筧が、全くマスクをかぶらず交代となったのですけど。

スターティングメンバー

浦和     ホンダ
遊 根 元  二 吉 岡
二  堀   中 早 川
指 平 下  一 衣 川
右 竹 原  左 小 板
左 パスクチ 指 上 岡
三 林 孝  右 開 田
一 寺 本  三 多 幡
中 喜 多  捕 佐 伯
捕 田中雅  遊 矢 尾

投 手 嶌  投 吉 原

■二回裏浦和 田中雅中前打、根元一犠打で一死二塁も、堀二邪飛、平下二ゴロ(不利な体勢になりショートにトス、ショートがファーストに送球)で無得点。
■三回表ホンダ (投手この回から2番手三島)二死後、上岡が右中間三塁打も、開田空振り三振で無得点。
■三回裏浦和 先頭の竹原左中間へ同点本塁打、一死後林孝中前打(次打者寺本の2球目投球後、カウント1−1から代走瑞季)、寺本中飛、喜多右中間二塁打で瑞季生還、田中雅左前打で喜多生還も、田中雅は次打者根元の初球に二盗失敗しチェンジも、この回またもや逆転。
■四回表ホンダ 一死後、佐伯右前打、次打者佐伯の2−0からの4球目に二盗成功も、矢尾空振り三振、吉岡捕飛で無得点。
■四回裏浦和 (投手この回から2番手田中)根元左前打も、堀6−4−3の併殺、平下二ゴロで無得点。
■五回裏浦和 一死後、パスクチ四球、瑞季遊ゴロでパスクチ二進、寺本投強襲安打で二死一、三塁、喜多左中間三塁打で2者生還、田中雅四球で二死一、三塁、次打者根元の0−3からの4球目に一走田中雅がスタート、捕手の二塁送球を見て三走喜多が本塁突入、投手田中これに気づき送球を無理に捕球も本塁は間に合わないタイミング(喜多生還でこの回3点目)、一走田中雅を一、二塁間で挟殺、チェンジ。
■六回表ホンダ (投手この回から3番手柳田)開田四球、多幡遊ゴロエラー、佐伯三前犠打で一死二、三塁、代打岡野武右中間二塁打で2者生還、吉岡見逃し三振、早川四球で二死一、二塁も、衣川左飛で2点止まり。
■七回裏浦和 (投手は前回から3番手角田)一死後、パスクチ左前打、瑞季投ゴロでパスクチ二封、次打者寺本の3球目投球後(2−0)に、瑞季けん制死でチェンジ、無得点。
■八回表ホンダ (投手この回から5番手木興)二死後、上田左翼へソロ本塁打。
■八回裏浦和 (投手この回から4番手筑川)二死後、田中雅四球、根元左翼線二塁打で田中雅生還。
■九回表ホンダ (投手この回から6番手藤井)早川二塁内野安打、衣川中前打で無死一、二塁も、代打平間見逃し三振、上岡空振り三振、開田右飛で無得点、ゲームセット。

2006年4月19日(水) 13時00分〜16時08分

ホンダ 120 002 010|
浦 和 203 030 01×|

勝利投手 三島
セーブ投手 藤井
敗戦投手 吉原

本塁打 竹原ソロ(浦)三回・投手吉原
    上田ソロ(ホ)八回・投手木興

観衆93人(五回裏に目視で計数)


※本年、スコア記録22試合目

ホンダ(一塁側先攻)
※氏名右のL、R、Sは、打席の左右およびスイッチを示します(アマのため選手情報補足)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(二) 吉岡  聡R5121 投安 中安    捕飛    見振    遊ゴ
(中) 早川 辰徳S4010 二ゴ 右飛       左飛 四球       二安
(一) 衣川 隆夫L3011 中犠    中飛    死球 左飛       中安
(左) 小板 佑樹R4000 空振    空振    空振    中飛
 打  平間 靖教L1000                         見振
(指) 上岡 正慎L5120    右二 右中三   空振    二ゴ    空振
(右) 開田 成幸R4210    中安 空振       四球 一邪    右飛
(三) 多幡 雄一R4100    三飛    中飛    遊失    投ゴ
(捕) 佐伯  亮R3021    右安    右安    三犠    空振
(遊) 矢尾 倫紀R2000    空振    空振
 打  岡野 武志R1012                右中二
 遊  上田 真也R1111                      左本

浦和(三塁側後攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(遊二)根元 俊一 4031 左飛 一犠    左安    左安    左二
(二) 堀  幸一 2100 四球 捕邪    遊併
 捕  金澤  岳 2000                遊併    右飛
(指) 平下 晃司 4000 遊飛 二ゴ    二ゴ    空振
(右) 竹原 直隆 4221 左安    左中本   遊ゴ    中飛
(左) ヴァル・パスクチ 2110 四球    左飛    四球    左安
(三) 林  孝哉 2022 中安    中安
 走三遊 瑞 季  2100             遊ゴ    投ゴ
(一) 寺本 四郎 3110 四球    中飛    投安       左飛
(中) 喜多 隆志 4223 一ゴ    右中二   左中三      二ゴ
(捕三)田中 雅彦 2121    中安 左安    四球       四球

盗塁 瑞季(浦)三回一死一塁 寺本の1−2からの4球目に二盗(捕手佐伯)
   佐伯(ホ)四回一死一塁 矢尾の2−0からの4球目に二盗(捕手田中雅)
   喜多(浦)五回二死一、三塁の三走 根元の0−3からの4球目に本盗(捕手佐伯)

盗塁死 田中雅(浦)三回一塁 根元の初球に二盗失敗(捕手佐伯)
          五回二死一、三塁の一走 根元の0−3からの4球目に二盗失敗(捕手佐伯)
          ※前述の喜多の本盗と一続きのプレー

けん制死 瑞季(浦)七回二死一塁 寺本の3球目投球後(カウント2−0、投手角田)

投手成績
ホンダ ※氏名右のRまたはLは、利き腕の左右を示します(アマのため選手情報補足)
        回 数打安振球責
●吉原 道臣R 3 76187035
 田中健太郎L 2 4393023
 角田 理生R 2 2362100
 筑川利希也R 1 2551011

浦和      回 数打安振球責
 手嶌  智  2 34115202
○三島 輝史  3 55122510
 柳田 将利  1 2171120
 相原 勝幸  1 1430000
 木興 拓哉  1 1141101
S藤井 宏海  1 1652200

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
ホンダ ※カッコでくくっていない投手名の後のRまたはLは、利き腕の左右を示します(アマのため選手情報補足)
マーク・ランドルR ⇒(無人)⇒ ランドル ⇒(田中)⇒(田中&)ランドル ⇒(筑川)⇒(筑川&)ランドル ⇒(筑川)⇒ 大田悦生R(&筑川)⇒(無人)⇒ 大田&ランドル

浦和
(三島)⇒(無人)⇒(柳田)⇒(相原)⇒(木興&相原)⇒(木興)⇒(木興&藤井)⇒(藤井)


この日はいわゆる「新撰組ユニ」着用の浦和マリーンズ。
そのブルペンは、三塁側ホーム寄りのフラットなイスに座っていると、ちょうど背後になるのですが、
誰が投げているかを気にするのに、さほど苦労はしませんでした。人がいるかいないかは、後ろから
響いてくるミットの音を頼りにすればいいわけなのです。

 また、フィールドという広い空間からネットを隔てただけの、同じ平面上の席で観戦したため、終始、
フィールドを駆け抜けてくる、前からの風に悩まされました。ホンダの選手たちをすべてフルネームで
ご紹介できているのは、同部のHPのメンバー紹介をプリントアウトしてきたからなのですが、それを
参照しやすいよう隣席上に置き、また、風に飛ばされないよう(スコア記録中では拾いに行けません!)、
いろいろ私物の中から適当なもの(小さくて、重い)を選んで置いて押さえます。当然、選手交代に
急に対応できない場合があり、そんな私にもう1つ隣の席のご老体が、親切にページを指差して
教えてくれるのでした。
おじいさん、隣の席の逆さの字読めるとは、なかなかエエ目、してはりますなあ。

■浦和・堀幸一内野手
 えっ、この人が出てるの、と驚きました。1700本安打は目前、さらには、オリオンズ、川崎球場、
カネやん監督を知っている、現在のNPBにおける「生き証人」の一人だと思うのですが。こういう試合は、
普段出番に恵まれないような選手のためのものでもあるはずです。まあ、現在打率1割台の絶不調なので、
本人からの志願の出場…というんでしたら理解できます。
なおこの日は3打席で1四球、1併殺。引っ込んだ後ではブルペンで投球練習?にいそしんでおられました。
「ブルペン投球者」には書いてませんけど。

■浦和・手嶌智投手
 私は今年、ロッテ浦和はすでに1度訪れているはずでした。3月1日(水)、夜は王ジャパン対読売の
WBCエキシビションゲームを東京ドームで観戦予定で(私が王ジャパンをナマで見られるのは、この日しか
なかったのです)、昼はロッテ浦和で教育リーグを見ようとしたところ、雨天中止。やむなく?昼から
東京Dへ。そのとき、
千葉ロッテ対韓国戦で先発していたのがこの人。スンヨプに初回先制弾、二回には4連打されるなど、
4回4失点KO。1か月半ぶりに見てみたら…あまり変わっていない印象。二回に4安打を浴び、この回限りで
マウンドを降りたのですが、社会人相手に先発2回降板って、これまさか「予定通り」ではないでしょう。
 現在、イースタンでの防御率が、20点を超えているようです。

■浦和・柳田将利投手
 投打二刀流ルーキー。この日は打撃のほうは見られませんでした。非公式戦ゆえの「ルールの柔軟な適用」(笑)
で、1回くらい打たしてほしかったです。セの主催公式戦では見られるはずですが…現在まだ「プロ初打席」は
迎えていません。176aにして体重99`。なかなかエエケツしてます。
 わずか1イニングの登板。ストライクを取るのにやや苦労していたようです。2四球。味方のエラーもあって
1安打で2失点。

■浦和・相原勝幸投手
 一番見たかったのがこの人。浦和まで足を運んだかいがありました。私の背後、ブルペンで用意している
ときからもうソワソワしてしまいました。

 その全投球の記録です。七回表アタマから登板。

1人目・四番小板(右打者)
下 見逃し 1−0
下 ボール 1−1
下 空振り 2−1
上 ボール 2−2
下 ボール 2−3
下 中飛で一死

2人目・五番上岡(左打者)
下 空振り 1−0
上 ボール 1−1
下 二ゴロで二死

3人目・六番開田(右打者)
上 見逃し 1−0
上 ボール 1−1
下 ボール 1−2
下 ファウル2−2
下 一邪飛でチェンジ

 これでお役御免。もっと見たかったです。たとえ、スコアシートのカウントに「上、下」と、細かい字で
ずっと記録し続けることになっても、全く苦にならなかったでしょう。面白かったですから。
 下手投げ中心で、時折上手からの投球を見せます。全14球中、下10球、上4球。上へチェンジしたときの
球には、ホンダの打者は手を出せませんでした。もし相原が社会人だったら…よく声が出るアマチュアのこと、
1球ごとにベンチから「上や!」「下や!」と、打者への指示が飛ぶのでしょうか。

■ホンダ・新井潔コーチ
 かつてヤクルト、横浜、オリックスに在籍。荒井幸雄とは、ヤ・横の2球団を通じて、スコアボードでは
「新井」「荒井」なのに、「アライキヨシ」「アライユキオ」とアナウンスされるという関係でした。
今は古巣に戻って、この日は私のすぐ目の前で三塁コーチャーです。
「新井さん、バッターに相原の投げ方、1球ごとに『上!』『下!』って教えられますか?」って、ちょっと
聞いてみたくなりました。

■ホンダの打者たち
 浦和はリリーフを5人投入。そのマウンドでの投球練習ごとに、控え選手も含めた17〜8人がベンチ前に
並び、投球に合わせて一斉に素振りです。なかなかの壮観。この一点からでも、社会人の気合、アマの心構えと
いうものを存分に感じさせてくれました。


 試合終了は、4時を回ってしまいました。この日の本当の目的、東京Dでの北海道日本ハム−オリックス戦へと、
もう移動しなければなりません。清原の1500打点を見届けるべく「一軍帯同」してみたのです。
もっともその後、これを書いている現在も、まだ達成されていないのですが(苦笑)

 ロッテ浦和、次はもっとゆっくり見に来たいですね。


2006年 4月19日 イースタンリーグ インボイス−湘南(インボイス西武ドーム)報告者:WIZさん

4/19(水) イースタンリーグ公式戦 インボイス−湘南 2回戦 インボイスSEIBUドーム(11:00開始)

審判:PL 原、1B 萩原、2B 深谷、3B 石山
記録員:新向井
インボイス ビデオ撮影係 松川誉弘、山本歩
観客数:約100名

【スコア】
湘   南 001002010  
インボイス 000100011 

【投手継投】
湘   南  ○後藤(71/3回)−岡本(1/3回)−S吉川(11/3回)
インボイス  松永(2回)−杉山(3回)−●田崎(1回)−西川(1回)−許(2回)

【得点経過】
3回表(湘) 二死2塁で木村、センター前タイムリー(1点)
4回裏(イ) 無死2・3塁で高山、センター前タイムリー(1点)
6回表(湘) 二死満塁で福本、ライト前タイムリー(2点)
8回表(湘) 一死満塁で斉藤、ショートゴロの間に3塁走者生還(1点)
8回裏(イ) 二死1・3塁で松坂健、レフト前タイムリー(1点)
9回裏(イ) 一死1塁で福地、レフト前タイムリー(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
2B 万永  三安  左飛  右飛             310000000
2B 北川              遊ゴ  左飛     200000000
3B 木村  投犠  中安    三振一失  二ゴ     311000100
LF 鈴木尚 三振  二ゴ    中安三振  左飛     510100200
1B 小田嶋 二飛    三振  中安  右飛       410100100
RF 南     三振  三ゴ  遊ゴ  二安       410100100
DH 呉本    二ゴ  三ゴ               200000000
H 河野            四球  一安       110100010
SS 福本    二ゴ    中飛右安  二安       422000000
C 斉藤      四球  左飛三振  遊ゴ       301100110
CF 田中一     一犠  右安  投ゴ三ゴ       310000000

<インボイス>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
2B 福地  三ゴ  二ゴ  三振  一ゴ  左安     511000100
SS 水田  遊ゴ  中飛  四球    右安三振     410100110
DH 大島  右飛    右安二ゴ    遊飛投ゴ     510100000
1B リーファー   一ゴ  中2  中飛  左飛       410000000
CF 高山    左2  中安  三ゴ  遊安       431000000
RF 松坂健   三振  右飛  三ゴ  左安       411000100
C 田原    二ゴ  二併               200000000
H 高波              三ゴ         100000000
C 野田                         000000000
H 後藤武               一飛       100000000
C 吉見                         000000000
3B 星       三振  一ゴ             200000100
H 宮崎              右飛  三振     200000100
3B
LF 柴田      一安  四球  四球  左3     220101020


【投手成績】※球速MAXは私が目視した中のものですのであくまで参考まで。
<湘南>
       回  打  安 四 三 失 自 球速MAX
○後藤   71/3 27 6 3 3 2 1  137
 岡本    1/3  3  2 0 0 0 1  137
S吉川   11/3  6  2 0 2 1 1  141

<インボイス>
       回  打  安 四 三 失 自 球速MAX
 松永    2  7  1 0 2 0 0  139
 杉山    3  12 2 1 1 1 1  136
●田崎    1  7  3 1 2 2 2  140
 西川    1  4  0 0 1 0 0  134
 許     2  9  3 0 0 1 1  143


【選手感想】
<湘南>
■後藤 伸也(湘)
序盤から無難な投球も中盤に差し掛かった4回に3連打を浴び1失点。
さらに無死1・3塁とピンチが続くも南のレーザービームに救われ、後続を併殺で打ち取り
ピンチを切り抜けた。
続く5回、今度はボールが先行する投球も無失点に抑えると6、7回と安定してきた。
課題である中盤以降の投球、今日のところは何とか踏ん張り結果を見せた。
岩井監督はそのまま完投を目指そうとしたのか8回も続投。
しかし先頭打者を出し、パスボールで得点圏に進めるとここでお役御免。
今日は全体的に今季一番の内容。
今日のように中盤以降を踏ん張れるようになるといよいよ一軍昇格も見えてくる。
一軍先発投手陣が不甲斐ないだけに期待が膨らんでくる。
今度は交流戦の舞台でインボイスドームのマウンドに立ってほしい!

■南 竜介(湘)
14日の試合で左腕をフェンスに激突し、その後遺症が心配されたが、昨日今日と無事
スタメン出場。
4回同点に追いつかれさらに無死1・3塁のピンチで打者松坂健の打球はライトフライ。
犠牲フライかと思ったが、そこへレーザービーム!3塁走者生還できず。
続く田原を併殺に打ち取り同点止まり。
レーザービームが無かったらその後打ち込まれ後藤は早々に降板していたかもしれない。
それだけに今日の試合のポイントになったプレーかと思う。
しかし打撃の方は相変わらず復調の兆しみえず。

■鈴木 尚典(湘)
湘南ユニフォーム姿が見慣れたと同時に痛々しく感じてくるが、打撃に関しては全く文句なし。
しかし守備では今日クッションボールの処理を誤り、走者を進塁させるミスを2回も犯してしまった。もともと守備には難ありの選手だったが・・・

<インボイス>
■松永 浩典(イ)
希望枠入団のルーキー。
初めから2回限定のマウンドだったと思うが内容は完璧。さすが希望枠。
特に左打者、ベテラン鈴木尚を三振に仕留めたのには思わず拍手。
2回でマウンドを降りたのは実に惜しい。もっと見たかった。
前半戦のうちに一軍昇格もありえるのではないかと期待させる投球だった。

■田崎 昌弘(イ)
ベイスターズOBだけに敵となっても登板すれば応援したいものだが、
連打を許しピンチを招くと福本には持ち味の速球で右方向に差し込まれたものの
ライト前へポトリ。負け投手となってしまった。
ベイスターズ在籍時代の投球に比べると特長が今ひとつ無くなってしまった感。
トレードは成功だったとライオンズファンに言ってもらえるよう東とともに頑張ってほしい。

■星 秀和(イ)
今年から捕手から内野手へコンバート。
今日はサードを守り初回先頭打者の三遊間に抜けそうなあたりをグラブで弾き
内野安打にしたところにまだまだ経験の浅さを感じたが、以後守備に関しては
全く危なげなし。
彼のコンバートは炭谷の強烈なデビューもありよかったのではないかと思う。
打撃もまだまだだが心機一転、今年もルーキーの気持ちで焦らず邁進してほしい。
頑張れ、ライオンズの星!


【全体感想】
今日はインボイスドームで試合が開催。
レオライナーに乗って本日休園のため寂しい西武ゆうえんち、そして平日ゴルフを
楽しんでいる人たちを羨ましく見ながら球場に入りました。

前回同様、滅多に座ることができないバックネット裏のVIP・マスコミ席に陣取りました。
当然「TBS」は避けてライオンズナイターでお馴染みの「文化放送」席に着席。
VIP席はソファ型になっており、こんな席で野球が見れるのはインボイスドームの
ファームゲームでしかチャンスがありません。隣の第二球場とは偉い違いです。

サラリーマンにとっては贅沢な平日の昼間に生ビールを飲みながら試合開始。

試合は湘南先発後藤とインボイス希望枠の新人・松永とその後を受け継いだ杉山の
テンポよい投球で試合開始から1時間足らずで5回まで進んでしまいました。
試合が動いたのは6回。貧打線の湘南は鈴木尚、小田嶋が連続のセンター前で
チャンスを作ると二死満塁から福本が勝ち越しタイムリー。
インボイスも最後は粘りを見せますが、あと1本出ず今日は湘南が勝利しました。

インボイスはとにかく先発松永の素晴らしい投球に惚れ惚れ。
湘南打線は9安打と少し調子が上向いてきてはいるが、やはりまだ強振が目立ちます。
6回のように鈴木尚、小田嶋のセンター返しで続なぐバッティングを心がけてほしいものです。


2006年 4月18日 イースタンリーグ インボイス−湘南(西武第二)報告者:子連れさん

<結果>
所沢8:3湘南
<継投>湘南 ●堤内(5回)―染田(2回)―牛田(1回)
    所沢 ○ギッセル(5回)―小野(1回)―許銘傑(1回)―岡本(1回)
<審判>PL・西本欣司 1B・本田英志 2B・原信一朗 3B・名幸一明
    記録員/荒木一人
<試合時間>13:00〜15:32
<観衆>およそ80人
<天候>晴れ

「得点経過」
2回表 湘南・(投)ギッセル
 河野 見○ 邪 右HR 得点1 湘南1:0所沢

2回裏 所沢・(投)堤内
 高山 ● 見○ 振○ 右2H
 松坂健 4球目5邪飛
 野田 4球目右飛
 星  見○ 左H 得点1 湘南1:1所沢

4回表 湘南・(投)ギッセル
 小田嶋 初球左HR 得点1 湘南2:1所沢

5回裏 所沢・(投)堤内
 1死後,
 星  7球目振り逃げ
 柴田 3球目 左H
 福地 初球 右H 得点1 湘南2:2所沢
 水田 2球目 四ゴ 得点1 湘南2:3所沢
 2死後,
 リーファー 5球目 中H 得点1 湘南2:4所沢

7回裏 所沢・(投)染田
 福地 ストレート四球
 水田 初球 死球
 大島 1−3から四球
 リーファー 6球目四球 得点1 湘南2:5所沢
 高山 1−3から5球目 3HR 得点3 湘南2:8所沢

9回表 湘南・(投)岡本
 2死後,
田中一 2球目右H
PH呉本 初球右H 得点1 湘南3:8所沢

<この選手・・・>
堤内 安定感に欠けたこの日でした。3回4回の2イニングは彼らしいキレが見られるも
   詰の制球が甘く簡単に持っていかれる。いいのだか悪いのだかの堤内でした。

染田 故障明けでとにかく結果を残すべき投手だが,ひどすぎた。7回は見るも無残な内容
   捕手新沼も呆れたのか「あのさ〜,4球出さなきゃいいからよ〜」とストライクを懸
   命に要求するも入らず。試合の見えた4失点の後,星を3球三振に取ってどうするの
   と皆が思ったのでした。まだまだかかりそうです。

小田嶋 ようやくエンジンが掛かってきた印象。2三振も彼らしいスイングによるもの。
    GWに向けて暴れる予感がしたのです。4回表のHRはスーさんも認めたいい軌道
    でした。


 <雑感>
 19日のドームにしようかと思うも,気候も天候もいいので18日の1回戦に変更。実は
所沢は20年振りになるか!と思うほどのご無沙汰でした。まだドームでない頃だから古い
話です。ここに座ろうあそこへも行ってみようと動いていたので,試合の印象が薄いのです
が,ドームの屋根が眩しかったゲームでした。相変わらずの湘南打線でしたが,呉本にもい
い当たりが出ましたし,上向きに来てる印象を受けました。
 それにしても,やはり所沢は遠いです。帰りの湘南新宿ライナーの中でグッタリしてしま
い,年齢を意識したのです・・・・

<今日の村西哲幸>
 姿見せず・・・・どうしたんだ!!!


2006年 4月18日 ウエスタンリーグ サーパス−ソフトバンク(北神戸)報告者:大阪部長さん

神戸の右手。

2006年4月18日 ウエスタンリーグ サーパス−雁ノ巣ホークス3回戦(あじさいスタジアム北神戸)

 なぜ、こうまで巡り合わせが悪かったのでしょうか。こちらでサーパスのゲームは、ナゴヤ球場、
ナゴヤドーム、鳴尾浜、甲子園、スカイマーク、神戸サブ、高知市営、雁の巣、西都といった所からリポートしている
私ですが、北神戸のゲームは今回が初めて。さんざん行ってるのになあ…。もっとも今年は初観戦ですが。

 緑豊かな北神戸田園スポーツ公園内に位置するスタジアム。日本の春を代表するあの花も、すでに
散り始めている大阪の平野部より、この辺りはまだまだ今が盛りのようです。

 でも、場内で誰かが携帯で話していました。
「あのね、あたしが『お花見でもどう?』ってメールしたら、向こうからもお誘いが来てん。
『桜もいいけど、明日はあじさいはいかがですか?』って」

 う〜ん。うまいこと言うなあ。

 三塁側ベンチ上。ここもまた花盛り。女性ファンでいっぱいです。

スターティングメンバー

雁ノ巣
二 明 石
遊 
川 ア ←なぜならば、この人がいるからです。
左 荒 金
三 江 川
一 大 道
指 吉 本
右 井 出
中  辻
捕 荒 川

投 田之上

サーパス
左 早 川
中 坂 口
二 嶋 村
指 ブランボー
右  迎
遊 田 中
捕 横 山
一 岡 田
三 三 木

投 近 藤

審判 主・前田、一・福家、二・杉本、三・飯塚

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回表雁ノ巣 二死後、荒金左翼フェンス直撃の二塁打も、江川遊ゴロで無得点。
■一回裏サーパス 一死後、坂口右前打、嶋村右飛、ブランボー四球で二死一、二塁も、迎三直で無得点。
■四回表雁ノ巣 一死後、江川右前打、大道二邪飛、次打者吉本の2−0からの3球目に江川二盗(二死二塁)、吉本中前打で江川生還、次打者井出の1−0からの2球目に吉本二盗(二死二塁)も、井出三ゴロで1点止まり。
■四回裏サーパス ブランボー左前打、迎左翼線二塁打で二、三塁、田中空振り三振、横山中犠飛(迎三進で二死三塁)、岡田二塁ゴロエラーで迎生還し逆転。
■五回表雁ノ巣 先頭辻が左中間本塁打、二死後川ア中前打、次打者荒金の初球に二盗(二死二塁)も、荒金遊ゴロで逆転ならず。
 ※ファースト岡田への送球がそれ、捕球した岡田は打者走者荒金のタッチ。微妙なタイミングだったため岡田はすぐさま本塁へ送球。三塁を回っていた二走川アはアウトのタイミングも、一塁線上のプレーに塁審福家はアウトのジェスチャーをしていたため、私は荒金タッチアウト、川アは残塁としました。
■五回裏サーパス 早川死球、坂口右前打で早川三進し無死一、三塁も、嶋村の2−2からの6球目エンドランが一直となり一走坂口戻れず併殺(二死三塁)、ブランボー左飛で無得点。
■六回裏サーパス (投手この回から2番手甲藤)迎四球、田中の2−0からの3球目に甲藤暴投で迎一挙三進、田中見逃し三振も、代打鈴木左中間へのエンタイトル二塁打で迎生還、岡田四球で一死一、二塁、三木の投ゴロをピッチャー甲藤二塁へ悪投し一死満塁、早川三邪飛で二死も、次打者坂口の1−0からの2球目に甲藤暴投し走者それぞれ進塁(1点入って二死二、三塁)、その3球後、2−2からの5球目に荒川パスボールでまたも走者それぞれ進塁(もう1点入って二死三塁)、坂口遊飛も、この回1安打で3点。
■七回裏サーパス 二死後、迎遊ゴロエラー、田中遊撃内野安打で二死一、二塁、鈴木ライトオーバーの三塁打で2者生還。
■八回表雁ノ巣 (投手は前回二死から3番手小川)川ア中前打、(投手4番手阿部健)次打者荒金の1−0からの2球目に川ア二盗、荒金空振り三振も、江川ライトオーバーの二塁打で川ア生還。
■九回表雁ノ巣 (投手この回から5番手岸田)三者凡退でゲームセット。

2006年4月18日(火) 12時30分〜15時25分
3回戦(サーパス3勝)
 雁ノ巣 000 110 010|
サーパス 000 203 20×|

勝利投手 町(2試合1勝)
敗戦投手 田之上(3試合1勝1敗)

本塁打 辻1号ソロ(雁)五回・投手近藤

観衆242人(六回表に目視で計数)


※本年、スコア記録21試合目


雁ノ巣(三塁側先攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(二) 明石 健志 4000 左飛    左飛    中飛    二飛
 二  金子 圭輔 0000
(遊) 川ア 宗則 4120 左飛    中飛    中安       中安
(左) 荒金 久雄 4010 左中二      遊ゴ 遊ゴ       空振
 左  榎本 敏孝 0000
(三) 江川 智晃 4121 遊ゴ       右安    二ゴ    右二
(一) 大道 典嘉 3000    二飛    二邪    中飛
 一  北野 良栄 1000                      空振
(指) 吉本  亮 3000    三ゴ    中安    空振
 打指 定岡 卓摩 1000                      遊ゴ
(右) 井出 竜也 3000    中飛    三ゴ       一ゴ
 右  小斉 祐輔 1000                         左飛
(中) 辻  武史 4211       一邪    左中本   右安    遊ゴ
(捕) 荒川 雄太 2000       四球    遊ゴ    遊ゴ
 捕  田上 秀則 1000                         空振

サーパス(一塁側後攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(左) 早川 大輔 4000 空振    中飛    死球 三邪    一ゴ
(中) 坂口 智隆 4020 右安    中飛    右安 遊飛
 打  牧田 勝吾 1010                      中安
 走中 由田慎太郎 0000
(二三)嶋村 一輝 5010 右飛    三ゴ    一直    空振 中安
(指) クリフ・ブランボー2110 四球       左安 左飛
 打指 下山 真二 2000                   二飛 空振
(右) 迎 祐一郎 2210 三直       左二    四球
 打右 小島 昌也 1100                   遊失
(遊) 田中  彰 3000    三ゴ    空振    見振
 遊  柴田 亮輔 1110                   遊安
(捕) 横山 徹也 1001    二ゴ    中犠
 打捕 鈴木 郁洋 2123                左中二右三
(一) 岡田 貴弘 3110    中安    二失    四球 二ゴ
(三) 三木  仁 3000    空振    遊ゴ    投失
 打  吉原 孝介 1000                      遊飛
 二  筧 裕次郎 0000

盗塁 江川(雁)四回無死一塁 吉本の2−0からの3球目に二盗(捕手横山)
   吉本(雁)四回二死一塁 井出の1−0からの2球目に二盗(捕手横山)
   川ア(雁)五回二死一塁 荒金の初球に二盗(捕手横山)
     〃  七回無死一塁 荒金の1−0からの2球目に二盗(捕手鈴木)

投手成績
雁ノ巣     回 数打安振球責
●田之上慶三郎 5 69225321
 甲藤 啓介  2 47133221
 吉田 修司  1 1852100

サーパス    回 数打安振球責
 近藤 一樹  5 66215012
○町  豪将 11/3 2161100
 小川 裕介  1/3 621001
 阿部 健太  1 1941200
 岸田  護  1 1230100

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
雁ノ巣
西山道隆 ⇒(無人)⇒ 小椋真介 ⇒ 小椋(&甲藤)⇒(甲藤)⇒ 松本輝(&吉田)⇒ 水田章雄(&吉田)

サーパス
(小川&町)⇒(無人)⇒ 軒作&野村宏之 ⇒ 軒作(&阿部健)⇒(町&阿部健)⇒(無人)⇒(小川)⇒(小川&岸田)⇒ 軒作(&岸田)⇒(阿部健&岸田)⇒(無人)⇒(岸田)⇒ 野村


■サーパス クリフ・ブランボー外野手
 韓国プロ野球の三冠王も、来日当初からゾーンの違いに苦しんでいます。自信を持って見逃して…ストライク。
こればっかし。昨季最終戦で3回も見逃し三振をやらかしたのには、正直あきれました。
ついたアダ名が「振らん棒」。
 今季はここまで開幕3週間でわずか3安打。打率.111であえなくサーパス落ちです。
代わりにグラボースキーが上がりました。
 そんなブランボーの今季サーパス初出場は…。
 1打席目。0−3からの球をファウルも、その後選んで四球。
 2打席目。初球のスローボールに、よくタイミングを合わせて左前打。
 3打席目。1−2からの3球目のスローボールに、またもよくタイミングを合わせたが…いい当たりの左飛。

 ボールは見えてますよ。それで塁に出られるのが下、出られないのが一軍、という違いでしょうか。
サーパス落ちは昨年も一時期経験しています(のち一軍復帰)。さて今年は?


■雁ノ巣・小斉祐輔外野手

■サーパス・小島昌也外野手
 終盤、両チームのライトを守ったこの2人に、相次いで起こった2つのプレー。
 まず小斉。七回裏二死一、二塁で、鈴木の大飛球を完全に目測を誤って「バンザイ」、三塁打にしてしまいます。
 これはいただけなかったです…。小斉の小柄な体格と相まって、言っちゃ悪いのですが、何か草野球のように見えて
しまいました。「育成選手」である小斉の立場を考えれば、これは記録こそ三塁打でしたが、彼にとっての
大きな「失策」とならなければいいのですが…。
 続いて小島。高卒入団3年目で、延べ3球団所属(ブルーウェーブ→イーグルス→バファローズ)という
貴重な経験をした選手。今まであまり、守りで使われている印象がありません。彼がベンチにいるというのに、
本職が捕手の前田をスタメンレフトで起用した試合があるくらいです(1年目)。この日は代打で登場…というのは
いつものことなのですが、その後、八回表はライトへ。「お、小島を守らせるのか…」と思っていたら、その回
3人目の打者、江川が彼へ向けての大飛球。(大丈夫かな…)と思っていたら、小島、自信を持って、

 打球を追わずにクッションを待った(爆)

 ちょっと、その堂々とした待ちっぷり(笑)に、こっちとしてはコケそうになってしまいました。
でも、クッション具合は今イチで、結局フェンス際へと駆け寄る羽目に。
 シチュエーションは、八回表、5点リードしての一死二塁。1点くらいはくれてやっても構わない場面で、
小島は自らの守備力を考え、またつい先ほどの小斉のミスも教訓にした上での、安全策を取ったプレー
だったのかもしれませんが…。
 でも、このつい4日前に21歳の誕生日を迎えたばかりの若者としては、もっとガッツを、気迫を
見せてほしかった気もしているのです。

■雁ノ巣・吉田修司投手

■サーパス・吉原孝介捕手
 八回裏、吉田への投手交代が告げられるやいなや、代打吉原を告げた大石監督。教育リーグの「打順割り込み男」、
またしてもバットに期待の起用です。でもこれ、ウエスタン有数の「高齢対決」で、オッサン選手好きには
たまらないシチュエーションじゃないでしょうか。2人が共にジャイアンツのユニホームを着ていたのは、もう10年以上も前の話です。かつてはバッテリーも幾度となく組んだことでしょう。
なおこの対決、吉原の遊飛に終わりました。

■雁ノ巣・川ア宗則内野手
 あのWBC決勝、キューバ戦の九回、本塁へ突入して捕手の股間からホームベースにタッチ、キューバを
突き放す得点をつかみ取って日本中を熱狂させた、「神の右手」を持つ男。ところがその際の右ヒジ負傷により
今季ここまで雁ノ巣暮らしとなり、この日はショート守備の実戦テストのため、北神戸へとやってきました。
 その守備機会はというと…実は、ショートゴロ→アウトという普通のプレーは一回もなし。
 四回無死一塁。迎のレフトへの二塁打のカットマンに入り、セカンドへと送球も、その後ヒジを押さえていました。
 七回二死無走者。小島のゴロをトンネル。さらに、続く柴田亮の高いバウンドのゴロは…そう無理な
タイミングではなかったのですが、自重してか送球せず、打者走者を生かしてしまいました。
 9イニングでこの程度のものでしたが、やはりまだ慎重にプレーしているな…という感じは否めませんでした。
 打・走のほうは、2安打2盗塁、問題なし。

 試合後、両チームともしばらく練習。1時間足らずの後、ようやくバスに乗り込み始めた雁ノ巣ナイン。
 私が試合途中に計数したのは「観衆242人」というものでしたが、このとき出待ちしていた人はというと…
80人は超えていました。そして、田尻一郎マネジャーの「護衛付き」で、一番最後に姿を現した宗リン。
 それまでは、選手とファンの和やかな交流の様子が見られていたのですが…ここで雰囲気は一変。
さあ、何人の人がサインをもらえたのでしょうか。それは数えていなかったのですが、まあ、かなり困難な状況で
あったとだけはお伝えしておきましょう。

 この日の守備はやや精彩を欠いたものであったにもかかわらず、王貞治監督は、ウエスタンでたった
2試合守らせただけで、川アの一軍復帰(今季初昇格)にゴーサインを出しました。火・水のサーパス2連戦を終え、
雁ノ巣ホークスはすぐさま西戸崎(合宿所)へ帰ってしまったのでしょうが、川アはそれから離れて、今度は関西へと
やってくる一軍に合流すべく、木曜日は神戸で過ごしていたはずです。私が心配することでもないですが、
練習相手もおらずに一体どうしてたんでしょうね。
 そして、金(スカイマーク)、土、日曜(大阪ドーム)と、21日からの福岡ソフトバンク3連戦中は、
ちょうど川ア昇格と時を同じくして、彼の右手がわが国へ大きく引き寄せたWBCの優勝トロフィーが、
巡回展示によってオリックスの本拠地へとそのまばゆい姿を見せていたのでした。

オマケ
■サーパス・軒作投手
 前述「ブルペン投球者」の、「軒作(&岸田)」に相当する、八回表アタマのころ。マウンドには
前回からの3番手左腕・小川。ブルペンでは軒作と岸田(がやっていた「はず」)。先頭の川アを迎え、
杉本尚文ブルペンコーチが「アウトにできたらそのまま。川アに打たれたら、次(右打者の荒金)、
ケンちゃん行きまーす」。
 おっ、軒作投げるのか。WIZさん(掲示板常連の、軒作のことがちょっと気になる湘南ファンのお方)に
何か報告できるかも。ようし川ア、ここだけは打っても許したる! そして中前打。やった! ブルペンの扉が開いて…
 出てきたのは阿部健。あらら…いつの間にかブルペンでのウオームアップ、代わってたんかい。
 故・仰木さんなら阿部健のことは「健太ちゃん」と呼んでいたのですが(笑)
「ケンちゃん」違いでしたわ…。


2006年 4月18日 イースタンリーグ ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記
はじめまして 森@居酒屋の番頭と申します
こちらには始めての投稿となりますが、戸田球場の鎌ヶ谷−戸田を観戦してきましたので報告します

2006年4月20日 ヤクルト戸田球場 天候晴
主審:木内 塁審:一塁石山 二塁萩原 三塁:深谷  公式記録員:中村

鎌ヶ谷 000 000 107|
戸 田 000 000 001|

スタメン
鎌ヶ谷       戸田
(左)坪井    (遊)川端慎
(中)工藤    (三)三木
(遊)陽     (一)鈴木健
(一)稲田    (左)畠山
(三)尾崎    (右)度会
(右)市川    (中)志田
(二)高口    (二)梶本
(捕)今成    (捕)福川
(投)岡島    (投)ゴンザレス

投手成績:鎌ヶ谷
 岡島 4回打者14人投球数58被安打3与四球0奪三振4失点0
 押本 1回打者 3人投球数14被安打0与四球0奪三振1失点0
○正田 4回打者18人投球数75被安打4与四球2奪三振3失点1
    :戸田
●ゴンザレス 7回打者26人投球数88被安打3与四死球2奪三振4失点1
 石堂    2回打者22人投球数57被安打9与四球 1奪三振3失点7

(試合経過)
1回表鎌ヶ谷
坪井 二ゴロ
工藤 遊ゴロ
陽 見逃し三振
1回裏戸田
川端慎 見逃し三振
三木 中安
鈴木健 右飛
畠山 空振り三振

2回表鎌ヶ谷
稲田 二ゴロ
尾崎 三ゴロ
市川 一ゴロ
2回裏戸田
渡会 遊ゴロ
志田 空振り三振
梶本 空振り三振

3回表鎌ヶ谷
高口 投ゴロ
今成 四球
岡島 三振(スリーバント失敗)
坪井 三ゴロ
3回裏戸田
福川 右中間二塁打
ゴンザレス バント失敗(福川三塁でTO)
川端慎 二内野安打で一死一二塁
三木 三併殺打

4回表鎌ヶ谷
工藤 三ゴロ
陽 三ゴロ
稲田 遊ゴロ
4回裏戸田
鈴木健 三ゴロ
畠山 三ゴロ
渡会 二飛

5回表鎌ヶ谷
尾崎 遊ゴロ
市川 空振り三振
高口 見送り三振
5回裏戸田 鎌ヶ谷投手押本に交代
志田 空振り三振
梶本 中飛
福川 投ゴロ

6回表鎌ヶ谷
今成 三強襲安打
押本の代打紺田 投前犠打一死二塁
坪井 空振り三振
工藤 遊ゴロ
6回裏戸田 鎌ヶ谷紺田がそのままレフトに入り、坪井に代わり投手正田
ゴンザレス 中安
川端慎 バント失敗(捕手から二塁へ送られゴンザレス封殺)
三木 三前犠打二死二塁
鈴木健 遊ゴロ

7回表鎌ヶ谷
陽 中安
稲田 投失(投前のバントをゴンザレスが一塁へ低投)無死一二塁
尾崎 左タイムリー安 鎌ヶ谷1−0とし無死一二塁
市川 投前犠打一死二三塁
高口の代打森 死球一死満塁
今成 二併殺打
7回裏戸田 鎌ヶ谷森が左に入り紺田右、市川一塁、稲田二塁へ回る
畠山 四球
渡会 初球バントを空振りした後空振り三振
志田 左安一死一二塁
梶本 三併殺打

8回表鎌ヶ谷 戸田5番に投手石堂が入り9番に右牧谷、捕川本へ交代
紺田 右安
正田 三振(スリーバント失敗)
工藤 左飛
陽  空振り三振
8回裏戸田
川本 空振り三振
牧谷 遊ゴロ
川端慎 二ゴロ
9回表鎌ヶ谷
稲田 中安 尾崎の4球目に投手の暴投で二進
尾崎 中タイムリー安 鎌ヶ谷2−0
市川 右ツーラン 鎌ヶ谷4−0
森 左安
今成 中安 無死一二塁
紺田 中飛 森タッチアップから三塁へ 一死一三塁
正田 右タイムリー安 鎌ヶ谷5−0 一死一二塁
工藤 二ゴロ 正田が二塁で封殺 二死一三塁
陽 四球二死満塁
稲田 右2点タイムリー安 鎌ヶ谷7−0 二死一三塁
尾崎 右タイムリー安 鎌ヶ谷8−0 二死一三塁
市川 見送り三振

9回裏戸田
三木 一ゴロ
鈴木健 四球 代走大塚
畠山 右安 一死一二塁
石堂の代打水野 右安 一死満塁
志田 右タイムリー安 8−1戸田 一死満塁
梶本 見送り三振 二死満塁
川本 三邪飛

(感想)
一目見てわかる通り、接戦を石堂が一人でぶち壊しました。
勝ち投手になった正田も内容は決してよくはなく、3,6、7回に
戸田がきちんと送りバントを決めていれば展開は変わったと思います


(鎌ヶ谷注目選手)
尾崎:3安打2打点で守備でも再三いい動きを見せました。陽選手入団で三塁に固定された
   のが打撃にもいい影響を及ぼしている様な気がします。
   是非ともシーズン通してこの勢いで!

岡島:トレードされてきてから3回目の観戦ですが、いずれも素晴らしい投球を見せてくれ
   ました。なんで一軍に上げないんでしょうか???

正田:戸田の拙攻に助けられた形で、内容はまだまだよくありません。
   特に50球を越えた途端に四球から3連打を食う等、スタミナ不足が解消された気配
   なしです。

今成:2安打に加え、守備でも送りバントに思い切りよく飛び出して二塁で刺す等いい動き
   でした。
   7回の一死満塁(結果は併殺打)で犠飛が打てていれば完璧だったんですが

市川:打撃不振に苦しんでいますが、ようやく一発が出ました。守備がかなりよくなっただ
   けに、これをきっかけに打棒も復活してもらいたいものです



(戸田注目選手)
ゴンザレス:6回までは低目を丁寧について上手く打たせてとり、それこそノーヒットノー
      ランでもやりそうな勢いだっただけに、7回自分のエラーから崩れたのがもの
      すごくもったいなく感じました。

石堂:近年の不調はどこか故障だったのでしょうか?
   完全に手投げで、ストライクを投げるのが精一杯という感じです。
   あの球威では・・・

梶本:7回のチャンスに併殺打はまだ許すとしても、9回1点返してなお満塁の場面でバッ
   トも振らずに三振というのは絶対に許されないのではないでしょうか


2006年 4月16日 イースタンリーグ 日本ハム−楽天(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2006年4月16日 日本ハム−楽天 2回戦

A鎌ヶ谷(日本ハム2勝)

 
楽  天 110 001 000│
 
日本ハム 012 000 34×│10

 勝 吉 崎 2勝0敗0S 登板3
 負 有 銘 0勝1敗0S 登板7

 【楽 天】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 西 谷 420 左2    見振       中2    投ゴ
  D 塩 川 410 ニゴ    左安       ニゴ    右飛
  F 平 石 302 ニゴ    三併       中犠       遊ゴ
  H 牧 田 410 三ゴ       中飛    三邪       左安
  D 竜太郎 311    右本    遊ゴ       遊ゴ
  HD新 里 100                         二併
  B 山 下 310    遊ゴ    ニゴ       中安
  E  坂  310    遊安       ニゴ    遊失
  A 中 谷 300    三ゴ       空振    投ゴ
  G 山崎隆 300    右飛       右飛       ニゴ
  犠盗失併残─────
  10012 3173

       回 打安振球責
   根 市 6 278423
  ●有 銘 1 61223
   佐 藤 1 83034

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E  陽  510 遊ゴ    中飛    見振    空振 左安
  G 工 藤 200 ニゴ    死球    三邪    死球 四球
  D 坪 井 322 空振    中安    右2
  HD 森  200                   右飛 三ゴ
  F 鵜久森 211    中本 一飛    四球    四球 四球
  D 稲 田 310    空振 左邪    左安
  H5尾 崎 225                   左本 左安
  A 駒 居 410    中安    右飛 中飛    空振
  H 紺 田 310    二併    右2    投ゴ    四球
  B 市 川 310       右安 一ゴ    空振    投犠
  C 高 口 422       右安 一飛    三飛    左本
  犠盗失併残─────
  10127 331210

       回 打安振球責
   橋 本 5 184202
   星 野 1 41001
  ○吉 崎 1 71000
   中 村 1 31000


  本塁打  竜太郎(楽)1号@ (2回 橋本)
       鵜久森(日)1号@ (2回 根市)
       尾 崎(日)3号B (7回 有銘)
       高 口(日)1号A (8回 佐藤)
  二塁打  西 谷(楽)    (1回 橋本)
       紺 田(日)    (4回 根市)
       坪 井(日)    (5回 根市)
       西 谷(楽)    (6回 星野)
  犠 打  市 川(日)    (8回 無死1塁 1走の紺田が二進)
  犠 飛  平 石(楽)    (6回 1死3塁 3走の西谷がホームイン)
  失 策   陽 (日)    (7回 1死1塁 坂の二ゴロで併殺を取ろうとして二塁
                    ベースカバーに入るも一塁悪送球 打者走者の坂
                    が二進)
  走塁死  鵜久森(日)    (8回 2死満塁 1走として尾崎の左安で三塁を欲張る
                    も憤死 平石−塩川)
  併 殺  楽 天      (2回 紺田 1死1塁 西谷−坂−山下)
       日本ハム     (3回 平石 1死1塁 稲田−高口−市川)
       日本ハム     (9回 新里 1死1塁 陽−高口−市川)

  PL:橋本 1B:工藤 3B:山路 公式記録:加藤木
  時間 2時間51分(13:02〜15:54)

得点経過
 1回表(楽) 1死3塁から平石の二ゴロの間に             楽  天1点目
 2回表(楽) この回先頭の竜太郎が右越えソロホームラン        楽  天2点目
 2回裏(日) この回先頭の鵜久森が中越えソロホームラン        日本ハム1点目
 3回裏(日) 1死満塁から坪井が中前打                日本ハム3点目
 6回表(楽) 1死3塁から平石がセンターへ犠牲フライ         楽  天3点目
 7回裏(日) 2死1、2塁から尾崎が左越えスリーランホームラン    日本ハム6点目
 8回裏(日) 1死2塁から高口が左越えツーランホームラン       日本ハム8点目
       2死満塁から尾崎が左前打                日本ハム10点目

戦評
 試合開始前から3回裏まで小雨が降る天候。
 試合の方は楽天が2点を先制するも日本ハムは3回までにあっさりと逆転。その後、楽天も
 6回に同点に追いつくも日本ハムは7回に2死1、2塁から代打の尾崎のスリーランで勝ち
 越すと8回にも4点を挙げ快勝。岡本采配がズバリ。尾崎は2打数2安打5打点の荒稼ぎ。

選評
 根 市(楽) 超スローカーブで緩急を付け打者の眼を翻弄。おかげでストレートはとても速
       く見えた(笑)。ストレートは低目を中心に良くコントロールされていたがコン
       トロールが良過ぎた性で球が集まりすぎ6回で8安打を浴びる。超スローカー
       ブは全然ストライクが取れないが、これでカウントを整えられるようになると
       面白い。

 佐 藤(楽) 左のスリークォーター。ルーキーの高口にプロ初ホームランを献上するなど1
       回を投げ3安打3四球4失点。ストライクとボールがはっきりしていた。

 新 里(楽) 9回の1死1塁の場面で登場。ダッシュで3塁側から1塁側に移動したふんぼ
       るとさんの声援もむなしく初球を打ってセカンドゴロ併殺打に倒れる。うわぁ
       ー。


 橋 本(日) この試合の前まで防御率1.02と抜群の安定感を誇っていたが、今日は立ち上が
       りからストレートが走っておらずカットされる場面が目立つと、竜太郎には特
       大の1発を食らう。しかし、徐々に本来の姿を取り戻し3回以降は安心して見
       られるピッチングに。

 市 川(日) 今年は去年ほどの存在感をアピールできない市川。6回の1死3塁の場面で中
       飛を打ち上げた平石の打球を捕球した工藤からのバックホームのカットに入る
       もボールを握り損ないホームに送球できず。工藤の悔しがる姿が印象に残った。

 尾 崎(日) 同点で迎えた8回の2死1、2塁のチャンスに代打で起用されると有銘の外の
       ストレートを引っ叩きライナーでレフトオーバーのスリーランを放つと8回に
       回ってきた2死満塁の場面でも渋太くレフト前に落とすタイムリー。尾崎デー。

  陽 (日) 5回の見逃し三振の判定に明らかな不快感を表す。その前にバットを振れ。

おまけ
 8回裏の日本ハムの攻撃。2死満塁で尾崎が左前打を放ち、1走の鵜久森が三塁で憤死した
 場面。主審の橋本は本部に『1』とアピールした(鵜久森の憤死が2走の森のホームインよ
 り早いとの判断)が、岡本監督の抗議の後のスコアボードは森のホームインが認められた状
 態に。試合後に橋本球審に確認すると2塁ランナーのホームインは認めてあります。との回
 答。岡本監督の抗議を受け入れたのかな?だとしたら場内に説明が欲しかった。


2006年 4月16日 ウエスタンリーグ 広島−サーパス(由宇)報告者:いの一番さん

広島−サーパス その1 投稿者:いの一番 投稿日: 4月19日(水)22時14分5秒
4月16日(日)
広島東洋カープ−サーパス(由宇)

SU 000003000
000000000

勝:中山 5試合3勝 S:本柳 1試合1S 負:苫米地 3試合2敗
本:なし
審判:PL良川 1B杉本 3B小寺 (3人制) 記録:場内発表なし
観衆:300人以上
試合時間:3時間2分
天候:晴

(投手成績)
    回  打 安 振 球 責
中山  5 19 2 4 4 0
山口  1  3 0 2 0 0
吉川  1  3 0 1 0 0
山本  1  3 0 0 0 0
本柳  1  5 2 1 0 0
………………………………………
フェリシアーノ 5 17 2 8 3 0
苫米地 1  7 4 1 0 3
青木  1  3 0 1 0 0
天野  1  3 1 0 0 0
マルテ 1  5 2 1 0 0

(試合経過)
▼1回裏
松本が三ゴロの後、井生が左前打で出塁。しかし、井生は末永の5球目に盗塁を試みたがアウト。
末永は四球を選び二死一塁。続く比嘉の初球は暴投となり末永は一気に三塁へ進む。
比嘉も四球を選び二死一、三塁とチャンスが広がったが、山本芳は二直に倒れ攻撃終了。
△6回表
Cの投手が苫米地に交代。
先頭の代打吉良が右前打で出塁し、嶋村の送りバントで二塁へ進む(ここで早川が代走起用)。
続く坂口の中前打で早川が生還、SUが1点を先制、なおも牧田が右中間二塁打を放ち坂口が生還、2−0となる。
グラボースキーは二飛に倒れたが、迎はレフトオーバーの二塁打を放ち牧田が生還、3−0となる。
続く田中は三振に倒れ、ようやく攻撃終了。

△9回表
Cの投手がマルテに交代。
先頭の代打長田がレフト線二塁打、続く代打由田は遊ゴロに倒れたが、田中が左前打を放ち一死一、三塁。
(ここで長田の代走に柴田亮を起用)しかし、岡田は三振、前田は二直でSUの追加点はならず。
▼9回裏
SUの投手が本柳に交代。
井生が三直の後、末永、岡上の連続中前打で一死一、二塁。
いい当たりが続いたため、SUブルペンでは急遽、岸田と野村が投球練習を開始。
しかし、本柳は山本芳を三振、天谷を二ゴロに討ち取り、試合終了。SUが3−0で勝利した。
(選手評)
■中山 慎也(SU)
5回を無失点に抑え、早くも3勝目をマーク。一塁走者に大きなリードを許さず2つの盗塁死につなげたところは
評価できるが、ストレートの四球が3つあったのは反省材料。
■山口 和男(SU)
元日本最速男。6回裏に登板して2三振を奪い、格の違いを見せ付けた。
■ブラボースキー(SU)
3打数0安打で途中交代、一発狙いのアッパースイングの繰り返しだった。
「こりゃあ、大した選手じゃないのう」と思っていたら18日に1軍昇格。ありゃりゃ?
■岡田 貴弘(SU)
注目の新人、“浪速のゴジラ”は4打数0安打3三振。入ったばかりだから仕方ないか。
今度観戦する時までにどのくらい成長しているか楽しみにしておきましょう。
■フェリシアーノ(C)
8奪三振が示すように、速球が要所に決まる時はいいのだが、1回以外毎回走者を許すという苦しい内容。
やたらとワンバウンドする球が目立った。力みすぎだと思う。
■苫米地 鉄人(C)
1年目の活躍が記憶にあるだけに、ウエスタンで打たれる今の姿を見るのは本当に辛い。
一度故障するとなかなか元に戻らんねえ。
■マルテ(C)
ドミニカアカデミー出身の25歳右腕投手。速いなーと思ってみていたのだが、最高150キロ出ていたそうだ。
一度先発で使ってみてほしい。
■カープ打線…
わずか4安打で見せ場は1回と9回のみでは論評のしようがありません。


2006年 4月15日 イースタンリーグ 日本ハム−楽天(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/いかさん


■報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2006年4月15日 日本ハム−楽天 1回戦

@鎌ヶ谷(日本ハム1勝)

 
楽  天 010 400 000│
 
日本ハム 000 024 00×│

 勝 吉 崎 1勝0敗0S 登板2
 S 横 山 0勝0敗2S 登板4
 負 渡 邉 1勝2敗0S 登板3

 【楽 天】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 平 石 420 二飛    左安 四球    左安    左邪
  D 塩 川 421 遊ゴ    投犠 左安    遊併       中安
  E 斉 藤 400 右飛    空振 三ゴ       二飛
  6 西 村 100                         空振
  H 牧 田 410    四球 遊ゴ    三ゴ    二安    二併
  B 山 下 410    右飛    左2 遊ゴ    空振
  A 新 里 220    四球    右安 左安       四球
  D 中 島 210    四球    一邪 左安
  HD竜太郎 100                      中飛
  C 西 谷 202    遊ゴ    左犠 二ゴ
  H 中 谷 110                      左安
  R4 坂  000
  G 山崎隆 410    右飛    左2    一ゴ    二ゴ
  犠盗失併残─────
  27108 33113

       回   打安振球責
  ●渡 邉 51/3 267634
   富 岡 1   30100
   徳 本 11/3 72110
   有 銘  1/3 10000

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 坪 井 312 二ゴ    見振    右安
  9 紺 田 200                見振    投ゴ
  C3稲 田 410 中安       三直 二ゴ    一ゴ
  E  陽  300 空振       二ゴ    二ゴ 四球
  H7鵜久森 310 空振       四球    左安 空振
  D  森  310    二飛    一邪    四球 中安
  D 尾 崎 411    三ゴ       三ゴ 中安 二ゴ
  G 佐 藤 100    空振       四球
  H4奈良原 210                中2    遊飛
  A 小 山 422       空振    左安 左安    遊ゴ
  B 市 川 300       見振    一ゴ 遊ゴ
  8 工 藤 110                      右2
  犠盗失併残─────
  00237 3395

       回   打安振球責
   須 永 5   267142
  ○吉 崎 1   31000
   押 本 11/3 51110
   岩 下  2/3 31000
  S横 山 1   31100

  二塁打  山 下(楽) (4回 須永)
       山崎隆(楽) (4回 須永)
       奈良原(日) (6回 渡邉)
       工 藤(日) (8回 徳本)
  犠 打  塩 川(楽) (3回 無死1塁 1走の平石が二進)
  犠 飛  西 谷(楽) (4回 1死1、3塁 3走の山下がホームイン 更に山下のタ
                 ッチアップを刺そうとした坪井の本塁返球をカットした
                 尾崎の本塁悪送球により1走の新里が三進)
  盗 塁  牧 田(楽) (2回 捕手は小山 打者は新里 二盗成功)
       牧 田(楽) (2回 捕手は小山 打者は中島 三盗成功)┬重盗
       新 里(楽) (2回 捕手は小山 打者は中島 二盗成功)┘
       西 谷(楽) (2回 捕手は小山 打者は山崎隆 二盗成功)
       平 石(楽) (4回 捕手は小山 打者は斉藤 三盗成功 更に小山の二塁悪
                 送球によりホームイン)──────-重盗
       塩 川(楽) (4回 捕手は小山 打者は斉藤 二盗成功)┘
       山崎隆(楽) (8回 捕手や小山 打者は平石 二盗成功)
  失 策  尾 崎(日) (4回 1死1、3塁 西谷の左飛で本塁突入の山下を刺そうと
                 した坪井の本塁返球をカットするも本塁悪送球 1走の
                 新里が三進)
       小 山(日) {4回 2死1、2塁 2走の平石と1走の塩川の重盗を刺そう
                 と二塁送球も悪送球(陽が二塁ベースカバーに入らず)
                 平石がホームイン タイムリーエラー}
       渡 邉(楽) {6回 1死1、2塁 一塁牽制悪送球(山下がベースカバーに入
                 らず) 2走の鵜久森がホームイン、1走の森が三進
                 タイムリーエラー)
  盗塁死  牧 田(楽) (7回 捕手は小山 打者は山下 二盗失敗 小山−奈良原)
  補 逸  小 山(日) (4回 2死3塁 3走の新里がホームイン 打者は山崎隆)
       小 山(日) (4回 2死2塁 2走の山崎隆が三進 打者は平石)
  併 殺  日本ハム  (6回 塩川 1死1塁 陽−稲田−市川)
       日本ハム  (7回 1死1塁 山下が三振で牧田が盗塁死)
       日本ハム  (9回 牧田 1死1塁 奈良原−陽−稲田)

  PL:工藤 1B:山路 3B:鈴木 公式記録:西原
  時間 3時間17分(13:01〜16:18)


得点経過
 2回表(楽) 1死満塁から西谷の遊ゴロ併殺崩れの間に         楽  天1点目
 4回表(楽) 1死1、3塁から西谷がレフトへ犠牲フライ        楽  天2点目
       2死3塁から小山がパスボール              楽  天3点目
       2死1、3塁から塩川が三遊間を破る左前打        楽  天4点目
       2死1、2塁から小山が二塁悪送球(上記)         楽  天5点目
 5回裏(日) 2死2、3塁から坪井が一、二塁間を破る右前打      日本ハム2点目
 6回裏(日) 1死1、2塁から渡邉が一塁牽制悪送球(上記)       日本ハム3点目
       1死3塁から尾崎が中前打                日本ハム4点目
       1死2、3塁から小山が左前打              日本ハム6点目

戦評
 千葉県代表の日本ハムと山形県代表の楽天の草野球王座決定戦。
 試合の方は楽天が4回までに6盗塁と日本ハムの2失策と2バッテリーエラーで5点をリー
 ドするも、日本ハムは5回に2点を返し3点差とすると6回に楽天の失策+4安打集中で逆
 転勝ち。駄試合。

選評
 渡 邉(楽) 4回までは危なげないピッチングも5回に2点を献上すると6回に自らのエラ
       ーもあり突然の崩壊。特に3回までは打者10人に対し、ストレート・スライダ
       ー・カーブを武器に6三振を奪う好投。このピッチングが続けられれば道は明
       るい。

 西 谷(楽) チャンスで打順が廻ってきた1打席目・2打席目でヒットは打てないながらも
       打点を挙げる渋太さを見せる。また、同期の平石も8回の同点のチャンスに2
       −3から4球もファウルで粘る渋太さを見せる。楽天の2年目は確実に成長。

 新 里(楽) ふんぼるとさん一押しの新里。守る面では3回に坪井に対しストレート2球で
       2−0と追い込むと渡邉にカーブを要求し見事に3球勝負で見逃し三振に斬っ
       て取る痺れるリードを見せると打つ方では2安打2四球の出塁率10割!少なく
       ともカツノリより上だと思うんだけどなー。


 小 山(日) 打つ方は相変わらず好調で2安打を放ちヒーローインタビューなんぞを受けて
       いたが、守る方は全然ダメ。パスボール2つに後ろに逸らすも主審が壁になっ
       てくれたものが2つ。7回に後ろに逸らしたものは全く触れずに主審を直撃。
       工藤主審は災難。

 須 永(日) 立ち上がりは8球で何無く抑えるも2回に突如ストライクが入らなくなり3四
       球で1点を献上すると4回には味方の守備に足を引っ張られたのもあるが、4
       安打を集中され4点を奪われる。フォーク習得のために崩れた投球フォームが
       回復せず。また、完全にフォームを盗まれており楽天に走られまくる。

 横 山(日) 一軍での活躍を知らない(だって一軍は見ないんだもん♪)ため、ふんぼるとさ
       んの中で現在の横山は湘南時代の横山の正当な後継者という感じ。何とか併殺
       で無失点に抑えるも先頭打者に不用意にヒットを打たれる。




■報告者:いかさん

こんばんは。本日は鎌ヶ谷に行ってきましたのでレポートします。
詳細はすでにふんぼるとさんがレポートされているので省略します。
何だかすごい試合でした。プロの試合じゃないような。

イースタンリーグ公式戦北海道日本ハムファイターズ対東北楽天ゴールデンイーグルス
第1回戦は6対5で北海道日本ハムファイターズが勝ちました。

4月15日(日)日本ハム対楽天(鎌ヶ谷、13時、観衆約500人)
                  R H E
楽  天 010 400 000 | 11 1
日本ハム 000 024 00× | 9 2

(楽)●渡辺(5回1/3)、富岡(1回)、徳本(1回1/3)、有銘(1/3)−新里
(日)須永(5回)、○吉崎(1回)、押本(1回1/3)、岩下(2/3)、S横山(1回)−小山

勝利投手:吉崎
セーブ :横山
敗戦投手:渡辺
二塁打 :山下、山崎隆、奈良原、工藤
盗塁  :牧田2、新里、西谷、平石、塩川、山崎隆
失策  :尾崎、小山、渡辺
暴投  :渡辺
捕逸  :小山2
盗塁死 :牧田
併殺打 :塩川、牧田
審 判 :球審・工藤、1塁・山路、3塁・鈴木、公式記録・西原

【戦評】
日本ハムは6回、制球が定まらなくなった楽天先発・渡辺から小山が左前に
逆転適時打を放ち勝ち越すと、押本・岩下・横山とつなぎかわした。楽天は
5点を先行しながら追加点が奪えず逆転負け。両チームとも守りのミスが多く
大味な試合となった。

【注目選手】
■渡辺恒樹(楽天)
前回の横須賀以来の観戦。スライダー?のキレがよく、3回までの9つのアウト
のうち6つを三振(うち4つが空振三振)。4回までは変化球中心の組立て
だったが、5回からは球威が落ちたとの判断か直球主体とするも打ちごろに
なってしまい狙い打たれていた。5点も貰ったのだから勝たないと。

■山崎隆広(楽天)
初観戦。噂の30歳ルーキー。9番?と思ったが、打席を見る限り長打力がある
印象はない。守備は普通だろうがアピールがもっとほしい。

■有銘兼久(楽天)
まだ下にいたのか。早く上に上がって投げてくれよ。きょうは打者1人(投ゴロ)
だけだったので良し悪しの判断はつかず。

■小山桂司(日本ハム)
初観戦。勝利打点を挙げたのでヒーローインタビューを受けていたが、守備が
ひどい。岡本監督もよく我慢して最後まで起用したものだ。強肩が売りと聞いて
いたが肩は強そうな印象はない。何よりキャッチにかなり難があり、モーション
が大きく、握り直しする場面もあったので、あれではかなり鈍足のランナーでも走
られる。ついには押本の普通の直球を後逸し、工藤主審に直撃したのには場内失笑。

■陽仲寿(日本ハム)
初観戦。守備ではやや深めの守備位置だが、無難。図抜けているというほどでない。
打撃も力不足。特に上下の揺さぶりには目がついていっていないので、克服できない
と苦労するかも。高校では超大物でならしたといってもやはりプロレベルでは
差がある。ただ、足はかなり速い。2〜3年はじっくり育成したい。

■尾崎匡哉(日本ハム)
陽の加入で三塁に人事異動。三塁はやや慣れていない様子。ここ数年見ているが
守備はよくなってきているが、打撃面は伸び悩んでいる。危ない傾向、
そろそろ一皮向けないと。

■坪井智哉(日本ハム)
最初の2打席はあっけなく凡退したが、5回には逆転の口火を切る適時打で存在感を
アピールした。

■ウグイス嬢
8回、平石を平下とコールしそのまま。それだとロッテの「素晴らしい選手」です。


2006年 4月15日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:WIZさん/子連れさん/横須賀マリンさん


■報告者:WIZさん

4/15(土) イースタンリーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ 3回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL 石山、1B 萩原、3B 鈴木
記録員:新向井
観客数:664名

【スコア】
ロッテ 010200010  
湘 南 000100002 

【投手継投】
ロ ッ テ  ○成瀬(82/3回)−S神田(1/3回)
湘  南  ●龍太郎(61/3回)−稲嶺(1/3回)−牛田(1/3回)−岡本(1回)−染田(1回)

【得点経過】
2回表(ロ) 二死満塁で龍太郎、押し出し四球(1点)
4回表(ロ) 二死1塁で金澤、ライトスタンドへ特大の2ラン(2点)
4回裏(湘) 一死無塁で田中充、右中間スタンドへソロ(1点)
8回表(ロ) 一死2塁で根元、センターオーバー2ベースタイムリー(1点)
9回裏(湘) 二死1・3塁で鈴木尚、左中間2ベースタイムリー(2点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<千葉ロッテ>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 代田  三振捕飛  右飛    中飛  投飛      500000100
3B 林孝  三振  三ゴ  三ゴ  右3  四球      410000110
2B
RF 平下  投飛  遊飛  一ゴ              300000000
LF 垣内              三振  三併      200000100
LF 竹原    四球遊ゴ  三ゴ  捕飛          300100010
RF
2B 堀     二飛  中安  三振            310100100
3B 田中雅               四球        000100010
1B 寺本    左2  右飛  一ゴ  投犠        310000000
SS 根元    遊飛  三振  左安  中2        421000100
C 金澤    四球  右本  一失  右安        222110010
P 成瀬    四球  右安  三ゴ  投ゴ        310000010
P 神田                          000000000

<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 藤田  左飛  三振    三飛    中飛      400000100
2B 福本  二飛    三振  三振    三振      400000300
3B
CF 田中充 遊飛    右本  三振    二安      421210100
1B 小田嶋   一飛  三振    左飛  中安      410100100
LF 鈴木尚   右安  中安    三飛  中2      432001000
R 田中一                         000000000
RF 南     左飛  三振                200000100
H 桑原              二ゴ          100000000
RF
H 河野                  四球      000000010
3B 木村    三振                    100000100
H 呉本          三振              100000100
2B 野中                二ゴ        100000000
H 北川                  二ゴ      100000000
C 武山      三振  三振    三振        300000300
P 龍太郎     三振  三振              200000200
P 稲嶺                          000000000
P 牛田                          000000000
P 岡本                          000000000
H 新沼                三振        100000100
P 染田                          000000000


【投手成績】
<千葉ロッテ>
       回  打  安 四 三 失 自
○成瀬   82/3 32 6 0 15 3 3
S神田    1/3  2 0 1 0 0 0

<湘南>
       回  打  安 四 三 失 自
●龍太郎  61/3 29  6 3 3 3 3
 稲嶺    1/3  1  0 0 1 0 0
 牛田    1/3  2  0 1 0 0 1
 岡本    1  4  2 0 0 1 0
 染田    1  3  0 1 0 0 0


【選手感想】
<千葉ロッテ>
■成瀬 善久(ロ)
 2回の木村を三振に奪うと3回は3者連続空振り三振、4回もアウトは全て三振。
 5回は再び3者連続三振。6、8回は三振を2つずつと結果15奪三振の素晴らしい
 投球を見せてくれた。
 一昨年のルーキーイヤーは湘南打線を完封し一目惚れしたが、去年は一転して
 湘南戦ではいい所無しで心配していたが見事今季は蘇ってくれた。
 投手層は厚いがこの成績を維持すれば間違いなく一軍昇格できるだろう。

■金沢 岳(ロ)
 守っては成瀬をリードして奪三振ショーの助演賞。
 打っては特大の中押し2ランと野手陣のヒーロー。
 リードはほぼ完璧。湘南打線は金澤のリードを全く読みきれず。
 それにしてもライト方向へ強風が吹いていたものの、彼の体であそこまで
 飛ばせるとは正直ビックリした。
 武山、平下、寺本と長距離砲がずらりと揃うロッテ打線だが金澤まであれだけの
 長打力を持っているとなるとますますロッテ打線は驚異的だ。

<湘南>
■龍太郎(湘)
 初回は2者連続三振と最高のスターと切ったが、2回は一転して制球難となり
 先制を許す。しかも満塁策をとりながらピッチャー成瀬にストレートの押し出し四球には
 ガックリ、開いた口も塞がらない呆れた投球。
 去年の実績を考えれば本来なら一軍ローテ入りを争っていなければいけない逸材。
 次こそは結果を残して早々に湘南ユニフォームを脱ぎ捨ててほしい。

■染田 賢作(湘)
 今季初登板。キャンプ中に怪我をして出遅れてしまったが松家、龍太郎に続き
 またひとりマウンドに戻ってきてくれた。
 今日の試合は成瀬の奪三振ショーだったが、去年はこの横須賀で染田が
 7者連続奪三振を奪う快投を演じた。今季もその奪三振ショーが見れることを願いたい。
 それを期待させてくれるようにストレートの球威もまずまず。

■南 竜介(湘)
 7回、林のライトフライ、強風に乗ってあっという間にスタンドインかと思ったが
 懸命に追いフェンス際でジャンピングキャッチに行くもボールはグラブからポロリ。
 その際に腕をフェンスに激突し痛めた模様。
 だが苦痛に負けずプレー続行。これにはスタンドから大拍手。
 しかしその裏に打席が回ると交替を告げられた。やはりバットが握れないほどの
 痛みがあったのだろうか。
 打撃不振かつ守備練習時の見所であるレーザービームも最近はコントロールが
 悪く心配していたが今日のようなガッツ溢れるプレーに必ず復調してくれるだろうと
 確信した。とにかく明日の出場が気になるところ。

■小田嶋 正邦(湘)
 6回、金澤の打球を見事なトンネル。またしても課題の守乱が露呈。
 元キャッチャーだけにあの正面のゴロは体を張って打球を前に止めることは
 できなかったのだろうか?

【全体感想】
本日は「ロッテお菓子デー」と言うことで先着でロッテのお菓子がプレゼント。
お出迎え担当の湘南選手たちがお菓子を配り、マリンスタジアムからマーくんと
ダンスチーム「M☆Splash!!」から選抜3名が開門時お出迎え。
開幕戦での鎌ヶ谷からカビーくん登場ともはや他チームの力を借りなければ
イベントも出来ない集客も出来ないシーレックス事業部。
(ちなみに8月の巨人戦ではジャビットが昨年に続き登場予定)
ファームチームの中ではイベント企画No1と思っていたが次々と他球団に追い抜かれそうな
雰囲気を感じます。

そして試合は成瀬の素晴らしい奪三振ショー!!
敵ながら今日の投球内容には感動すら覚えました。
一方湘南はベテラン鈴木尚、一軍からの助っ人田中充の奮闘ばかり目立ち、
あとは・・・もう言葉は要りませんね。開幕から打線の状況は変わりません。
一週間前の猛打二桁得点はやはりロッテ投手陣の乱調が原因と確信。

それにしても今季で一番北風が強くそして冷たい1日でした。
今日観戦して風邪を引かない方がおかしいと思うくらいでした。
現に私も自宅に帰宅してダウン。
静養をとり目が覚めるとベイスターズも土肥の巨人キラー神話が崩壊したとの
結果を知り、心落ち着かせるため観戦記を仕上げることに致しました。

明日は毎年恒例「ベースボールカードデー」。
カードを求めて多くのファンが駆けつける集客が見込めるイベントですが、
天気と今の湘南の状態を見て観戦に行こうと思うお客さんがどれほどいるのか。
カード買って抽選の終わる5回後に用済みと球場を後にするお客さんが
増えないことを祈りたいものです。

今日観戦された皆さんお疲れ様でした。
明日観戦される皆さん、明日はより一層寒いそうです。試合の内容も寒いかも
しれませんので防寒具の準備はくれぐれも怠り無く。。。




■報告者:子連れさん

 4月15日(土)横須賀スタジアム 13:00〜15:53※腕時計の時間
<結果>湘南3:4浦和
<審判>
PL・石山智也 1B・萩原達也 2B・× 3B・木内九二生 記録員/新向井秀廣
  ☆WIZさん,3Bはおっさん木内さんだと信じていましたが・・・

「雑記」
・「お〜・・・茅ヶ崎の娘ら,今年はヘソ出しかよ!」と開門時にご隠居連に好評だった茅
ヶ崎ランサーズならぬ「M☆Splash!!」の方がお出迎えに出て,お菓子配りしてい
た田中充・武山よりも人気だった11:30の開門。
「オイ,低め振るなよ」と武山へ声を掛けると,
「ハイ,解ってます」との返答。その通り8回裏見事に成瀬の投じた高めのクソ球を空振り
してくれました。
 インボイス西武ドームにも姿があったらしいマーくんとレックのスピードガンコンテスト
マーくん73`・レック83`をポカポカ通り越した日差しを受けた「3塁側」で見つめて
いました。WIZさんをはじめ1塁側の皆様へは大変に申し訳ありませんでしたが,3塁側
は全く無風の環境で,3月長浦教育リーグ観戦へ向かう出で立ちが恥ずかしいほどでした。
事実,3塁側は後半には立ち見の人や,「わ〜!!暖かい!!」ともらす家族連れがいたほど
。それほど左から右への北東寄りの烈風吹きまくりの須加スタでした。
 亀田3兄弟に乗じ,友人頼って吉本興業へ転職したのでは・・・と思うほど登板しない村
西が気になり毎度の3塁側で姿を探そうと定席を譲ったのですが,本当に転職したのか,姿は
見えず。
「今日の村西哲幸」・・・姿見せず。

 「おい,ヨタ高のよ、成瀬が投げるぜ」と横浜高校OBのご隠居連からの,どこから仕入れ
たのか,の情報の通りで,湘南の連中がバンザイHIRO状態する力投。西谷中学出身の鎌ヶ谷の八木投手も含めて,ご隠居連は地元からの選手に精通していたのです。「おい,夜はよ,
八木が投げるぜ」・・・早く定年して,中高野球市県予選巡りしたいものよと,暖かな3塁側
で思ったのでした。
 この風がゲーム中随所に影響を与えたのですが,子連れが腹立ったのが8回裏岡本の代打
に出た新沼慎二。
<8回裏・成瀬>
2死無塁
新沼 見○ 見○ 振K  ※お前,やる気あるの!?とスコアーへ記入する。
 ファンへの当たりもよく,子どもたちの人気もある優しい選手が,その打席はないだろ!
 「私でも(打席に)立てますね」とご隠居連にワッハハされる有様。情けなかった・・・

 田中充,スーさんが目立った打線の湘南は重症ですが,今いるメンバーを子連れの子と並べ
てみると,現実なのかな・・・と弱気になったのです。遺憾ですが。

 WIZさんも心配されています南竜介の,風による,追い落球フェンス激突。何か打撃不振
を改めたいファイトある守備に観えただけかなり心配です。素直で健気な人柄だけに,彼の
熱心な姿を今日の試合で見せてもらいたいです。

 瀕死の湘南打線ですが,現実と受け止め,コツコツ精進するしかないのではと思わせた試合
でした。特に1塁側で観戦の皆様,お疲れ様でした。





■報告者:横須賀マリンさん

久しぶりの投稿です。

昨年は仕事での異動や労災がありまして、
シーズン中盤以降は野球観戦ができませんでした。

今季は地元横須賀での湘南戦を主にして
観戦した試合の感想を
こちらに書かせていただきたく思っております。

成績詳細はすでにWIZさんが投稿されておりますので
割愛させていただきまして、
試合、選手の雑感など勝手なことを書きます。



WIZさま、子連れさまがすでに投稿されているように、
北風が非常に強く吹いていました。

マリーンズは堀、シーレックスは鈴木尚がスタメン5番。
スタメンの場内アナウンスの際には、
ひときわ大きな歓声(驚き?)が上がっていました。

マリーンズのシートノックの際に
横須賀帯同していない選手をチェック。
青松、青野、大松の姿がありません。
青野、大松に関してはここまで打率4割超えの高打率ですから、
1軍の状況から上がったことはすぐに分かりました。


マリーンズ

●成瀬善久(ロ)

 8回2/3を被安打6、無四球、15奪三振の3失点。
 2回3アウト目から5回終了までのアウトはすべて三振で斬って取る。
 湘南打線が現状振れていないなこともあるが、
 素晴らしいコントロールでした。
 主審が外角を甘めに取っていた感じもしましたが、
 それだけ球のキレも素晴らしかったということ。
 9回は2死まで簡単に取りながら、
 3連打を浴びて2失点し惜しくも完投は逃しましたが。

●金沢岳(ロ)

 3打数2安打2打点1本塁打。
 昨年までの金澤とは別人です。
 第2打席甘く入ったストレートをジャストミートで
 ライトフェンスオーバー。
 第4打席でも左投手から技ありのライト前ヒット。
 おもわず「うまい!」と口から出てしまいました。

 昨年は青野でしたが、今年は金澤の成長する姿が楽しみです。

●根元俊一(ロ)

 一昨年、日米大学野球で見ているはずなのですが、
 記憶には残らなかった選手。
 今日、はじめて見たのですが西岡並みに細いですね。

 第1打席1死2,3塁の先制点がほしい局面で打席に入るも、
 初球を打ち上げてしまいました。
 2打席目も見逃し三振と今日はいいところなしかな?
 と思っていたのですが、
 第3打席でつまりながらもしぶとくレフト前へ。
 そして第4打席は2死3塁で追加点のほしい場面では
 左投手からセンターオーバーのタイムリー2塁打。
 さすがここまで4割超えしているだけはあります。

●竹原直隆(ロ)

 昨年のイースタンホームラン王。
 4打席ノーヒット1四球。
 この日だけ見る限りでは元気がありません。
 パワーが魅力の打者なのですが、打球が上がりません。
 昨年のこの時期は打ちまくっていたのですが、
 今季はここまでまだ1本塁打。
 ちょっと悩み気味かなぁと感じました。


シーレックス

●田中充(湘)

 先日ネットの速報で田中充が
 1軍の試合に出場しているのを確認して驚きましたが、
 今日の打撃で納得です。
 第1打席は成瀬のスライダーにまったくタイミングが合っていませんでしたが、
 2打席目はそのスライダーを狙い打ちでスタンドイン。
 対シーレックス戦を主に観戦していますので、
 シーレックスの若手選手にも愛着がわいてきます。

●鈴木尚典(湘)

 さすがに役者が違い、高校の後輩成瀬から3安打。

●南竜介(湘)

 第1打席のレフトフライは確実に風に邪魔されました。
 打った瞬間に「やられた!」と思いましたが、
 風で打球が押し戻されてきましたので。
 南もファーストベース付近で少し呆然としていましたね。

●龍太郎(湘)

 1回は簡単に3人で取るも、
 2回竹原に四球を与えてから不安定に。
 投手の成瀬に先制点となるストレートの押し出し四球を与えてはいけません。


なお、15日は1軍に上がった大松がプロ入り初ホームラン、
そして青野がプロ入り初ヒットを記録し、
2軍から巣立ってしまうかもしれません。


2006年 4月12日 プロアマ交流戦 サーパス−ニチダイ(神戸サブ)報告者:大阪部長さん

良い味を。良い投手を。

2006年4月12日 プロ・アマ交流戦 サーパス−ニチダイ(神戸総合運動公園サブ球場)

 午前11時50分、神戸市営地下鉄・総合運動公園駅へと降り立った私は、まず改札からは右に位置する
スカイマークスタジアム前を少しのぞいてみました。
 人っ子1人いません。まだ、本日のナイトゲーム、オリックス−西武3回戦の試合開始には
6時間以上あります。
 しかし私が見に来たのは、サブ球場でのプロアマ交流戦。つい3日前の、サーパス公式HPでの試合結果で
「次の試合」としてのさりげない記述をたまたま見つけたわけなのです。同HPの日程表に載っているのも
その後確認しました。でもこれ、オリックスHPトップのニュースでヘッドニュースで告知すべき事柄だと
思うのですが。果たして、どれだけのファンに認知されているのか…。私はすぐこちら「2軍愛」HPの掲示板へ
書き込んでおきましたよ。
 スカイマークからは左手になる、ユニバー記念競技場へと向かう方向の、総合運動公園各施設の案内板の
「サブ球場」の欄にも何も掲示されていません。もっとも、教育リーグ開催のときも何か出ているかどうかは
確認していないのですが。その確認も、あまり試合を行わないサブ球場のこと、どうも来春まではできなさそうです。

 駅構内を通り抜け、今度は反対側、サブ球場への一本道を進みます。
 おお。
ここは、桜並木だったのですね。91年オープンのサブ球場、3月の春季教育リーグには何度も足を
運んでいますが、4月のこの時期に来たのは初めてだったかも。この道、スカイマークの一塁側外周通路からも
見えるのですが、もちろんそんなときは球場外に意識は払っていません。
 この時期に試合が組まれたからこそ、目にすることができた桜でした。

 さて、サブ球場が見えました。旗は…よし、揚がってる。いつもと比べると、「WL」…ウエスタンリーグの旗と、この日の相手、ニチダイの旗はなしですが。
 スコアボードの旗は、球場前まで行かなくても開催の有無を知る、ひとつの材料ですよね。特に、
近所に住んでて家から見えるなんて人には。
この日は午前中まで前日からの雨が降り続き、現にウエスタン・鳴尾浜−由宇戦(鳴尾浜球場)や、
関西学生野球(西京極球場)は中止になっており、私も緊張感を欠いて朝寝を決め込み、ちょっと予定より
遅い時間に球場を目指していたのでした。

 しかし、球場外から見えるネット裏のスタンド、そこに全く人がいないのです。
 これは変やぞ。
でも関係者用駐車場にバスが止まっていて、ニチダイは来てるし…(チームバスでなく、奈良交通のをチャーター)。

 ああよかった。ちゃんと球場の入り口開いてる。
非公開じゃない(笑)
 スタンドには、外からの死角にちゃんとお客もいました。5人だけですけど。
ワシ、ちゃんと掲示板で告知したのになあ(泣)

 フィールド内では、ニチダイのシートノック中でした。ファーストとセンターが1人、ライトが3人。
あとは2人ずつの15人。野手も兼任しているコーチ、それに投手を加えて、同野球部の公式HPに
掲載されている選手は26人。サーパスのベンチ入り人数もそのくらいでしょう。人数的に観客側が
圧倒的劣勢の中でのスタメン発表です。

スターティングメンバー

ニチダイ   サーパス
二 大 木  右 小 島
三 松 山  中 由 田
遊 楠 本  一 牧 田
左 二 宮  左 岡 田
一  東   三 田 中
指 三 浦  二 三 木
中 森 田  指 吉 良
捕 松 尾  捕  筧
右 田 中  遊 柴田亮

投 高 尾  投 近 藤

 サーパス、何とも新鮮なメンバー。小島・由田の一・二番、ナニワのゴジラ・岡田君の初四番、
キャッチャーが筧、高卒ルーキー・柴田亮君もスタメンと、「経験値稼ぎ」志向な顔触れやなあ…
と思っていたら、キャッチャーが筧から長田へ交代のアナウンス。相手先発の高尾が左腕のため、あえなく
左の筧は外されてしまいました。

審判 主・佐藤(プロ・パ)、一・タチバナ(アマ)、三・マツカワ(アマ)

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回表ニチダイ 大木中前打、松山シフトの逆を突く中前打(無死一、三塁)、楠本三振、二宮二ゴロで4−6−3の併殺、無得点。
■四回裏サーパス 牧田左前打、二死後三木左越えに本塁打、吉良遊撃内野安打、長田シフトの逆を突く右前打(二死一、二塁)も、柴田亮遊ゴロで2点止まり。
■五回表ニチダイ (投手この回から2番手町)三浦四球、次打者森田の1−2からの4球目に三浦盗塁死、森田三振、松尾左前打も、田中中飛で無得点。
■八回裏サーパス (投手この回から2番手北本)代打吉原左翼線二塁打(代走迎)、牧田右前打で一、三塁、代打鈴木左犠飛で迎生還し一死一塁、田中左前打で一、二塁、代打嶋村三振、代打前田左前打で二走牧田生還も、バックホームの球がファーストへ転送され、打者走者前田は一二塁間でタッチアウト、チェンジで2点止まり。


2006年4月12日(水) 12時32分〜14時44分

ニチダイ 000 000 000|
サーパス 000 200 02×|

勝利投手 小川
敗戦投手 高尾

観衆41人(五回裏に目視で計数)

ニチダイの出場者は16人、サーパス24人の計40人。客が1人勝った…けど、監督・コーチも含めれば
明らかに負けです(笑)


※本年、スコア記録19試合目

ニチダイ(三塁側先攻)
※氏名右のRまたはLは、打席の左右を示します(アマのため選手情報補足)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(二) 大木 博文L4020 中安    右安       空振       三ゴ
(三) 松山 家己R2010 中安    右邪
 打三 下野 涼太R2010                見振       二安
(遊一)楠本 正美L4000 空振       二ゴ    三ゴ       二ゴ
(左) 二宮 彰啓L2000 二併       一ゴ
 打左 高島 佑介R2000                   遊ゴ    投ゴ
(一) 東  哲史L2000    見振    二ゴ
 打  林  直樹R0000                   死球
 遊  伊藤 孝圭R0000
(指) 三浦 広平L1000    二ゴ       四球
 打指 竹田 順伍R1000                   遊併
(中) 森田 康之R3000    空振       空振       右邪
(捕) 松尾 雄介R3010       遊ゴ    左安       右邪
(右) 田中  了L3000       遊ゴ    中飛       遊ゴ

サーパス(一塁側後攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(右) 小島 昌也 2000 四球    中飛    中飛
 捕  横山 徹也 1000                   空振
(中左)由田慎太郎 3000 中飛    二ゴ    左飛
 打  吉原 孝介 1010                      左二
 走左 迎 祐一郎 0100
(一中一)牧田 勝吾 3220 遊飛       左安 四球       右安
(左一)岡田 貴弘 3000 遊ゴ       空振 三飛
 打  鈴木 郁洋 0001                      左犠
 中  早川 大輔 0000
(三) 田中  彰 4010    三ゴ    空振    右飛    中安
(二) 三木  仁 3112    一ゴ    左本    二飛
 打二 嶋村 一輝 1000                      空振
(指) 吉良 俊則 3010    捕邪    遊安    右飛
 打指 前田 大輔 1011                      左安
(捕) 筧 裕次郎 0000
 捕  長田  勝 2010       三ゴ 右安
 右  坂口 智隆 1000                   空振
(遊) 柴田 亮輔 3000       遊失 遊ゴ       一ゴ

盗塁死 竹田(ニ)五回無死一塁 森田の1−2からの4球目に二盗失敗(捕手長田)

投手成績
ニチダイ ※氏名右のRまたはLは、利き腕の左右を示します(アマのため選手情報補足)
        回 数打安振球責
●高尾 昌明L 7 107284322
 北本 竜毅R 1 1964102

サーパス    回 数打安振球責
 近藤 一樹  4 43143300
 町  豪将  1 1841110
○小川 裕介  1 1330200
 山本 省吾  1 630010
 本柳 和也  1 1330000
 野村 宏之  1 1541000

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
ニチダイ ※カッコでくくっていない投手名の後のRまたはLは、利き腕の左右を示します(アマのため選手情報補足)
※試合序盤、高田と北本がブルペンに入らず、2人で組んでファウルグラウンドで遠投
高田喜洋R ⇒(無人・この間阿久津がファウルグラウンドで遠投)⇒(北本)⇒(北本&)阿久津信次R ⇒ 阿久津 ⇒(北本&)阿久津

サーパス
(小川&町)⇒(本柳)⇒(本柳&町)⇒(無人)⇒(小川)⇒(小川&山本)⇒(山本)⇒(無人)⇒(本柳&野村)⇒(野村&)早川大輔[笑]


 この日は非公式戦ということもあって、前述した「未来型オーダー」で臨んだサーパス。レギュラークラスと
言えるのは田中と、あと牧田(一軍半ですが)くらいでした。現状のサーパス主力選手で出場しなかったのは、
相川、下山、グラボースキー。その他の主な選手は途中出場です。試合終了時のサーパスの守備陣ですが、

投 野 村
捕 横 山
一 牧 田
二 嶋 村
三 田 中
遊 柴田亮
左 岡 田
中 早 川
右 坂 口

指 前 田

 こちらのほうがよっぽどスタメンに見えます(笑)
 試合途中から主力勢が続々と姿を現してくるのは、例えば野球漫画で強豪チームが弱小チームに対して
控えメンバーで相手して一泡吹かされ、「そろそろ本気見したろか」みたいな感じで主力を投入してくる、
みたいなシチュエーションで、何かワクワク(笑)しましたが、別にサーパス、劣勢に立たされた
わけでもなく、まあ「ちょっと体動かしてこいや」的なものでしたね。迎や早川など、打席に立たずじまいでした。

 プロ・アマと違うカテゴリー同士の対戦ということもあって、両チームともにネット裏へのスコアラー・
スビードガン係の配置はなし。3試合観戦した春季教育リーグでは、どの試合もスコア・軒作、スピードガン・
柴田誠という投手2人の担当でした。柴田誠は利き手の右中指に包帯をしており「ああ、投げられないんだな」と
思ったものです。

 ニチダイのチーム上層部、公式HPを見ていたので顔とお名前が一致したのですが、藤本光洋GM、瀬川秀実部長、
西垣一副部長も、関係者席ではなく、一般客に交じってネット裏で観戦。その後数えた観客数からは
除外してあります。
西垣副部長(元阪神投手)はニチダイのキャップにウインドブレーカーといういで立ちで、私の入場当初から
スタンドに座っておられました。実は最初にスタンドで見たお客「5人」のうちの1人。同副部長を除外して、
私より先に来ていたのはわずか4人ということで(笑)しかし、みんな天気を気にしていたのか、
「13時開始と間違えてるんちゃうか」と思うほど、試合が始まってから続々と入場者が訪れました。
それでも五回で41人ですが。

 ニチダイはこの2年、社会人日本選手権に連続出場。昨秋は代表決定戦で2敗しながらも敗者復活で何とか
最後のイスを近畿第7代表として勝ち取り、NOMOベースボールクラブの「夏秋連続出場」(都市対抗との)
を阻んで、企業チームの意地を見せています。
 部員は仕事と野球を両立し、朝6時半から15時15分まで勤務、その後練習です。野球部員だけが勤務時間と練習時間確保のため2時間早く出勤しており、そのため早起きに慣れていて、
朝一番の試合に強く、夏の昼間の試合に弱いとか。さてこの日は、春の12時半開始の試合で完封(リレー)負け
だったのですが…。


■サーパス・小川裕介投手
 先発・近藤は立ち上がりこそ連打を浴びたものの、その後は余裕の投球で、恐らく予定通りの4回降板。そうなると
勝ち投手は誰…と思っていましたが、サーパス公式HPではこの人。全員1イニングずつだったリリーフ陣では
本柳も走者を出していませんが、小川は2三振奪ったのが効いたのかも。

 ありゃりゃ。
 勝てるときって、こんなに簡単なのですね(苦笑)
 以前にも、社会人相手にこういう星を拾ったことはあるのですが…。

 実は小川、ブルーウェーブ初の自由獲得枠選手として入団しながら、ウエスタン公式戦に通算51試合登板
(12日現在)も、いまだに勝ち星ゼロなのです(怒)0勝10敗という年も(怒々)
自由獲得枠同期の平野恵一とは、
随分差が開いてしまいました。金刃憲人(現立命4年)獲得のために残してるんちゃうか?と勘繰りたくなる
くらいです。しかし立命でも葛城育郎は阪神へ出され(高校の先輩の星野SDが欲しがったのか?)、肥田高志は
解雇されてしまったのですが…。

 もう後がない。いろいろ試されましたが、左腕であることを生かした中継ぎ役しか、現状生きる道はないように
思われます。Wikipediaでは「罵声を浴びている」などとひどい書かれようです。この日の投球で、ウチでダメになっても、
近所のニチダイに拾ってもらえるかななんて思ってしまいます。ニチダイのグラウンドは京都府宇治田原町。
小川は立命館宇治高校出身、倉木麻衣の先輩。

■サーパス・岡田貴弘外野手
 プロ初の四番起用。ただし3タコで途中交代。初回二死一塁では、外角の無理な球に手を出して遊ゴロ、という
シーンもありました。この日は将来「岡田がプロで初めて四番を打った」お宝試合として私は自慢できるでしょうか。

■サーパス・三木仁内野手
 四回の左翼ポールぎりぎり辺りへの大飛球。入るか、切れるか、ん〜どうや!?
「ゴ〜〜ン」
 いやあ、お客のいない試合でのポールへの直撃弾は、あんなにも低い、いい音(!?)が響き渡る
もんなんですね(笑)

■サーパス・吉原孝介捕手
 教育リーグでの「打順割り込み男」(「観てある記」124・125での、私の教育リーグ観戦記参照)。しかし
この日はおとなしく?フツウの代打として登場です。そしてきっちり左翼線へ二塁打。去る4月4日の鳴尾浜戦では、
最終回、1点ビハインドでの二死二塁のチャンスで代打小島が起用されましたが(凡退で試合終了)、「ここは
吉原のほうが…」という声がサーパスファンから聞かれたほどでした。

■サーパス・早川大輔外野手
 誰か、早川のユニホームを借りているのかと思いました。八回裏のブルペン、抑え登板すべく投球に力が入る野村の
隣で、スリークオーター気味から小気味いい投げ方の背番号37。
 早川、本人じゃないですか(笑)
それをニヤニヤしながら受けている前田。
近くまで確認しに行って、ブルペンの扉を開けてそのままセンターへの守備に就く(!)早川に、
「早川さん、ナイスピッチです」と思わず声が出てしまいました(苦笑)

■ニチダイ・楠本正美内野手
 主将にして、かつての西武の隠し玉。プロ解禁となった3年前には、ドラフト候補として名前が挙がったほどです
(結局指名なし)。あのビッグマウス・川口知哉とは小・中・高とチームメート…というネタをこちらとしては
仕込んであったんですが、4タコと、この日は取り上げる材料が乏しかったです。

■ニチダイ・野田浩司コーチ
 関東ではこの方の活動はどれほど伝わっているのでしょうか? 「阪急OB」としては、福本豊氏、
山田久志氏、長池徳士氏、上田利治氏が挙げられますが、「オリックスOB」としては?
 パンチ佐藤氏はタレント活動が主で、あとせいぜい、本西厚博氏くらいでしょうか…。
「オリックスOB」として最も精力的に活動してくれている、ありがたい人材なのがこの人。球団主催の
野球教室講師でもあります。
野田さんの名前で検索をかけてみると、オリックス大阪ユニ「背番号131」を着用しての画像なんかも見られるの
でした。
 一昨年・本柳、昨年・加藤と、神戸で行われたBs選手のトークショーでも聞き役を務めてくれました。
本柳のとき。終了後ファンに囲まれていた野田さんに、私は疑問をぶつけてみました。
「大阪ドームの社会人日本選手権のニチダイの試合で、娘さんと一緒に応援されてましたよね。桑野さん
(ニチダイ監督、元阪神)の絡みですか?」
「ああ、教えにも行ってるんですよ」
 ちょうどブルーウェーブの投手コーチを退任されたばかり。その翌年、正式にニチダイコーチ就任となりました。
 この日もダッグアウトの縁に片足をかけ、乗り出して戦況を見つめておられました。

 もう出ているドラフト候補では、この日はブルペン止まりでしたが、ニチダイ・阿久津信次投手の名前が
挙がっています。
 また野田さん、昨年、神戸・三宮に「まる九」という、地鶏炭火焼き、黒豚しゃぶしゃぶ 、馬刺しのお店を
オープンされています。出身地・熊本の味にこだわった厳選素材が売りとのこと。一度行ってみたいと思ってます。
 九州産業交通、ブルーウェーブと、2度も出身チームの消滅に見舞われた野田さん。それを思うと
涙が出そうになります。
でも今はお店、選手の指導(社会人も少年たちも)、評論活動と、何足ものワラジを履いて頑張っておられます。
果たしてニチダイからプロ第1号を送り出せることはできるでしょうか。

「これからお店に出られるのかな…」(よくおられるそうです)
 チームと別れて、ユニホームのままマイカーを運転し去っていった野田さんを見送ったのは、私1人だけでした。


参考HP・株式会社ニチダイ硬式野球部
     日本野球連盟
     ベースボール倶楽部(楠本正美[ニチダイ]インタビュー)


2006年 4月 9日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(ロッテ浦和)報告者:熱い男さん

4月9日・浦和VS湘南

好天のロッテ浦和球場にて行われた、浦和VS湘南第2回戦の観戦記をお届けします。

 第2回戦(1勝1敗・4月9日・ロッテ浦和球場)

  
湘南 000 001 000  
  
浦和 000 100 11×  

   (勝)古谷  2勝0敗0S
   (S)川井  0勝0敗2S
   (敗)ソニア 0勝1敗0S
   (本)新沼1号 (6回・1・古谷)
   (審判) 原(球)、深谷、牧田、西本(塁)
   (記録員)山本
   (試合時間)2時間36分(開始13:01、終了15:37)

 得点経過
  4回裏・浦和 無死1・3塁で竹原右犠飛(1点)
  6回表・湘南 1死走者なしで新沼1号ソロホームラン(1点)
  7回裏・浦和 無死1・3塁で寺本左犠飛(1点)
  8回裏・浦和 2死2塁で竹原中越え2塁打(1点)

続いて、両チームのスコア詳細を項を改めてお届けします。
(あくまでも、私の手元の記録ですので、公式記録との相違はお許しください。)


打撃成績    1回2回3回4回5回6回7回8回9回 打数安打打点
 (7)桑原  中飛    右飛  投ゴ    左安  4 1 0
 (4)野中  三振    中安    三振  三ゴ  4 1 0
 (9)内藤  三振    三振    中安  三振  4 1 0
 (3)小田嶋   中飛    一邪  中安  遊直  4 1 0
 (DH) 鈴木尚   四球    投直  二飛      2 0 0
 (8)南     投併    三振  三振      3 0 0
 (6)福本      三振    遊ゴ  三振    3 0 0
 (2)新沼      三振    左本  三振    3 1 1
 (5)木村      三振    中飛  投ゴ    3 0 0
  チーム計…犠0 盗0 失0 併0 残3      30 5 1

投手成績   回数 投球数 打数 被安 四死 三振 自責
   三橋   6  80 21  4  0  3  1
  ●ソニア  1  27  3  1  1  2  1
   牛田   1  24  4  1  1  1  1
備考…盗塁死・野中(4回)
   併殺打・南(2回・古谷→林孝哉→寺本)
   暴投・三橋(1回・林孝哉の打席)、ソニア(7回・平下の打席)


打撃成績   1回2回3回4回5回6回7回8回9回 打数安打打点
(8)代田  右安  三振  三振    四球    3 1 0
(4)林孝哉 一ゴ    中安  投ゴ  一飛    4 1 0
(DH) 大松  二飛    右安  二飛  三振    4 1 0
(7)竹原  遊ゴ    犠飛  右飛  中2    3 1 2
(5)青野    右飛  左安    四球三ゴ    3 1 0
(9)平下    一ゴ  投ゴ    右安      3 1 0
(3)寺本    中飛  三振    犠飛      2 0 1
(2)田中雅     右飛  遊ゴ  三振      3 0 0
(6)根元      遊飛  左飛  三振      3 0 0
  チーム計…犠2 盗2 失0 併1 残5     28 6 3

投手成績   回数 投球数 打数 被安 四死 三振 自責
 ○ 古谷   7 110 23  4  1  9  1
   神田   1  14  3  0  0  2  0
 S 川井   1  11  4  1  0  1  0
備考…盗塁・平下(7回)、代田(8回)


前日の試合では、「これでもか!」とばかりに打ちまくった両チーム。しかし、今日はその反動からか、比較的静かな展開でした。両チームの先発投手がしっかり試合を作りましたが、湘南の中継ぎ陣が崩れ、結局浦和の勝利となりました。では、両チームの注目選手について簡単に触れておきます。

■古谷拓哉(浦和・大社ドラフト5巡目)
  相手が打線の弱い湘南だということを差し引いても、今日の内容は立派。常にストライク先行
 のテンポのいい投球を見せた。ただし、大きく上ずる投球があったのは修正点。

■代田建紀(浦和)
  8回の先頭打者として、11球粘って四球を選び、その後盗塁。彼の持ち味である「いやらし さ」と俊足で、チームの勝利を決定づけた。

■三橋直樹(湘南・大社ドラフト4巡目)
  3試合目の登板。この試合が最もいい内容。打たせて取る投球が出来ていた。しかし、前回に
 続き、4回に3安打を集中されたことは反省材料。

■ショーン・ソニア(湘南・新外国人)
  開幕直前に獲得した新外国人が来日初登板。球の強さはあるが、全体的に球筋が高い。また、
 モーションの大きさからか、盗塁もされている。まだ調整途上か。

■南竜介(湘南)
  正直、彼の打撃が心配になってきた。2つの三振はいずれも見逃し。茫然と見逃しているのが
 気にかかる。まず、恐れずにバットを振らないと、いい結果は出ない。

湘南は、小田嶋のバットから快音が聞かれ始めただけに、南の復調が待たれます。火曜日からは山形3連戦です。一方の浦和は、連敗を止めて一息つきました。火曜日から戸田との3連戦です。


2006年 4月 9日 イースタンリーグ 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:あわてんぼーさん(HP:あわてんぼーのブログ)/@白にゃんこさん


■報告者:あわてんぼーさん(HP:あわてんぼーのブログ

 試合開始13時2分終了15時34分試合時間2時間32分
 球審本田1塁名幸2塁石山3塁萩原記録員嵯峨
 ジャイアンツ(日本ハム2勝)観衆3000人
                   R H E
 
日本ハム 001 010 000   4 2
 巨  人 000 000 000   7 0

 勝ディアス1勝1敗    本塁打 川島2号(5回左中間野口@)
 負野  口  1敗
 S横  山  1S
 2塁打 山田2(1,5回)鵜久森(4回)
 盗塁 脇谷(1回)堀田(3回)
 暴投 野口(1回)佐々木(7回)
 ボーク ディアス(6回)
 併殺 日本ハム1(小山−尾崎)7回三浦三振ゲッツー
    巨  人1(脇谷−古城−良川)4回市川
 失策 日本ハム2 陽(3回)ディアス(4回)
    巨  人0

 1回表(巨人投手野口、捕手加藤)川島三振、紺田左邪飛、陽四球、鵜久森の時野口の暴投で陽2塁進塁結局四球で1,2塁、奈良原三振(日本ハム0)
 1回裏(日本ハム投手ディアス、捕手小山)山田左翼線2塁打、脇谷右前安打で1,3塁、堀田遊直、山本の時脇谷2塁盗塁成功で結局四球で満塁、十川孝中飛、吉川三振(巨人0)
 2回表 尾崎三塁ゴロ、小山三振、市川二塁ゴロ(日本ハム0)
 2回裏 古城二塁ゴロ、加藤中飛、野口三振(巨人0)
 3回表 ディアス三振、川島中前安打、紺田左飛、陽四球で1,2塁、鵜久森左前安打で川島生還なお1,2塁、奈良原左飛(日本ハム1)
 3回裏 山田バント安打狙うも三塁ゴロ、脇谷一塁ゴロ、堀田遊ゴロ失、山本の時堀田2塁盗塁成功も結局三塁ゴロ(巨人0)
 4回表 尾崎遊ゴロ、小山四球、市川二塁ゴロで4−6−3とわたり併殺(日本ハム0)
 4回裏 十川孝中飛、吉川左前安打、古城の時ディアスのけん制悪送球で吉川2塁進塁も結局右直、加藤三塁ゴロ(巨人0)
 5回表 ディアス三振、川島左中間本塁打、紺田バント安打狙うも三塁ゴロ、陽投直(日本ハム1)
 5回裏 野口に代打十川雄二塁ゴロ、山田右翼線2塁打、脇谷三直、堀田右前安打で1,3塁、山本右飛(巨人0)
 6回表(巨人投手栂野、右翼から左翼堀田、右翼十川雄)鵜久森右中間2塁打、奈良原投ゴロ、尾崎左直、小山左飛(日本ハム0)
 6回裏 十川孝投ゴロ、吉川三振、古城四球、加藤の時ディアスのボークで古城2塁進塁で結局四球で1,2塁、十川雄右飛(巨人0)
 7回表 市川捕ゴロ、ディアスに代打佐藤三振、川島中飛(日本ハム0)
 7回裏(日本ハム投手佐々木)山田二直、脇谷二塁ゴロ内野安打、堀田四球で1,2塁、栂野に代打三浦三振で2−5とわたり併殺(巨人0)
 8回表(巨人投手佐藤宏)紺田三振、陽中飛、鵜久森三振(日本ハム0)
 8回裏(日本ハム投手横山)十川孝三塁ゴロ、吉川右飛、古城遊直(巨人0)
 9回表(巨人投手伊達)奈良原左飛、尾崎二塁ゴロ、小山二飛(日本ハム0)
 9回裏 加藤に代打長田三振、十川雄右前安打、山田三塁ゴロで十川雄2塁進塁、脇谷左邪飛(巨人0)


    打撃成績
    日本ハム 打安点    巨 人 打安点
   F川 島  421   G山 田 520
   G紺 田  400   C脇 谷 520
   E 陽   200  H7堀 田 310
   H鵜久森  321   F山 本 200
   C奈良原  400   1栂 野 000
   D尾 崎  400   H三 浦 100
   A小 山  300   1佐藤宏 000
   B市 川  300   1伊 達 000
   @ディアス 200   D十川孝 400
   H佐 藤  100   B吉 川 410
   1佐々木  000   E古 城 300
   1横 山  000   A加 藤 200
   計     3042   H長 田 100
               @野 口 100
              H9十川雄 310
               計    3470

 投手成績
 日本ハム  投回  投数 被安 四死 三振 自責 失点
○ディアス  6  100  5  3  3  0  0
 佐々木   1   24  1  1  1  0  0
S横 山   2   30  1  0  1  0  0
 巨 人   投回  投数 被安 四死 三振 自責 失点
●野 口   5   75  3  4  5  2  2
 栂 野   2   27  1  0  1  0  0
 佐藤宏   1   16  0  0  2  0  0
 伊 達   1   13  0  0  0  0  0

 戦評
 今日の試合は、巨人打線の拙い攻めに助けられた感じで日本ハムが勝利した。
 特に走塁。5回2死2塁で堀田のライト前ヒットで生還できなかった山田の走塁はいただけない。
 打球が自分の後ろに行った打球なのだから少なくともバットに当たった瞬間にスタートを切っていれば、点が入っていただけに悔やまれる。
 それと、チャンスのときの球の見極め。今日はそれも出来ていなかった。7回代打で出場した三浦がボール球に手を出し三振ゲッツー。
 この二つのプレーが試合の明暗を分けた。


 あわてんぼーが選ぶMVP

■川島慶三(日)
 今年、九州国際大学から入団した選手。今日5回野口投手から打った瞬間にそれとわかる打球を左中間へ放ったのは見事だった。
 彼は、前の打席でもセンター前ヒットと結果を出しており期待される。
 ちなみに彼の兄は、競輪選手との事。50Mも5秒7の俊足で甘いマスクとくれば、鎌ヶ谷の女性ファンを虜にするのは時間の問題であろう。(4行目から5行目は、週べ選手名鑑を参考にさせて頂きました。)

 あわてんぼーが注目した選手

■フェリックス・ディアス(日)
 日本ハムの先発投手は彼。全体的に球が高くてコントロールに難があり心配されたが、相手打線の拙い攻めに助けられ無失点。
 特に、立ち上がり無死1、3塁というピンチを招いたが陽選手のファインプレーに助けられて以降立ち直った。
 ただ、気になることはランナーを出すとフリーパス状態で走られてしまうと言う点。
 今日も2回走られ2回共に悠々と盗塁を許してしまう始末。クイックモーションが出来ないと見た。その分だと当分一軍昇格は難しそうだ。
 ただ、ストレートの球の速さは、そこそこ有るのである程度期待は持てそうだ。

■横山道哉(日)
 一昨年までは一軍で抑えをしていたが、不振のため二軍での登板。今日観た限りでは、良い時に比べれば、まだまだだが一時期の悪い時に比べればだいぶ戻ってきた感じだ。
 もう少し、二軍で調整し徐々に調子を上げていけば彼が復活する日は近いであろう。

■野口茂樹(巨)
 中日からFAで今年移籍してきた投手だが、オープン戦でいまいち結果が出せず二軍で調整という憂き目を見た。
 今日観た限りでは、相変わらず制球力がなくボールを先行させ球数を増やしてしまうという悪い点が目立ったピッチングとなった。
 ストレートの速さも絶頂時と比べると遅くなっており、スライダーのキレも良い時に比べると、曲がりが早く、曲がり幅も大きい。従って、打者に簡単に見送られている。
 正直、モデルチェンジをしないとしんどい気が・・・。(埋没してしまう可能性も)







■報告者:@白にゃんこさん

9日 ジャイアンツ 13時試合開始
第2回戦 鎌ヶ谷2勝0敗 2時間32分
                   RHE
ファイターズ 001 010 000 42
ジャイアンツ 000 000 000 70

<川 崎>●野口茂樹(1試合0勝1敗、5回)栂野雅史(2回)佐藤宏志(1回)伊達昌司(1回)−加藤
<鎌ヶ谷>○ディアス(2試合1勝1敗、6回)佐々木貴賀(1回)S横山道哉(3試合1S、2回)−小山
<審判員>球審:本田 一塁:名幸 二塁:石山 三塁:萩原

ファイターズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(左)川 島 421 三振  中安  左本  中飛
(中)紺 田 400 左飛  右飛  三ゴ    三振
(遊) 陽  200 四球  四球  投直    中飛
(左)鵜久森 321 四球  左安    右2  三振
(二)奈良原 400 三振  左飛    投ゴ    左飛
(三)尾 崎 400   三ゴ  三ゴ  左飛    二ゴ
(捕)小 山 300   三振  四球  左飛    二飛
(一)市 川 300   二ゴ  二併    捕ゴ
(投)ディアス200     三振  三振
 打 佐 藤 100             三振
 投 佐々木 000
 投 横 山 000
   合 計 3042

 投手成績  回 打安責
○ディアス  6 2750
 佐々木貴賀 1 410
 横山 道哉 2 710


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中)山 田 520 左2  三ゴ  右2  二飛  三ゴ
(二)脇 谷 520 右安  一ゴ  三直  二安  左飛
(右左)堀 田 310 遊飛  遊失  右安  四球
(左)山 本 200 四球  三ゴ  右飛
 投 栂 野 000
 打 三 浦 100             三振
 投 佐藤宏 000
 投 伊 達 000
(三)十川孝 400 中飛    中飛  投ゴ  三ゴ
(一)吉 川 410 三振    左安  三振  右飛
(遊)古 城 300   二ゴ  右飛  四球  遊直
(捕)加 藤 200   中飛  三ゴ  四球
 打 長 田 100                 三振
(投)野 口 100   三振
打右 十川雄 310         二ゴ右飛    右安
   合 計 3470

 投手成績 回 打安責
●野口茂樹 5 2132
 栂野雅史 2 710
 佐藤宏志 1 300
 伊達昌司 1 300

<本塁打>
 川 島 2号(野口=5回)


<二塁打>
 山田2(1回、5回)
 鵜久森(6回)

<盗 塁>
 脇 谷(1回)
 堀 田(3回)

<失 策>
  陽 (3回)
 ディアス(4回)

<暴 投>
 野 口(1回)
 佐々木(7回)

<ボーク>
 ディアス(6回)

次回予定は4月20日「川崎ジャイアンツ−山形イーグルス(ジャイアンツ)」第3回戦です。

<試合展開>
本日の先発、ベテランの野口が試合前から熱心にブルペンで投げ込みを行う。
放送席には本日も池谷氏が「連投」。
試合前インタビューは活躍を見せるルーキー脇谷。
課題を持ち、達成できているので最後までこの流れを維持し、早く1軍に上がれるようにしたい。社会人とは質、レベルも違うしその高いレベルの中で出来るのは誇り。
野球は5歳くらいから始めた。プロ入りを意識したのは大学時。アマチュアで社会人、一番レベルの高いところでやったのは自信になると思う。
持ち味である足をアピールしていきたい。

本日の試合前イベント「オンユアマーク・守備につこう」で各ポジションに就くお客さんを紹介。


1回表
1川 島 低めに落ちるスライダーに空振り三振。
2紺 田 左方向へ打ち上げ、山本がレフト線付近でキャッチ。
3 陽  低めのきわどい球を良く見送り四球。鵜久森の2球目を加藤が弾く間に二塁へ
4鵜久森 1−3からの球が外へ外れ四球。
5奈良原 外に逃げていく球に空振り三振。

やや厳しい表情を浮かべながらベンチへ引き上げる野口。

1回裏
1山 田 やや高めを引っ張り、レフト線へ運ぶツーベース。
2脇 谷 引っ張ってライト前へ抜けるヒット。山本の初球に盗塁成功。
3堀 田 センターへ抜けようかというヒット性の当たりだったが、落下点付近に陽が走り込んでキャッチ。
4山 本 内角の球をよく見送り四球。
5十川孝 高々と打ち上げセンターフライ。浅い打球のため山田は生還できず。
6吉 川 内角の球にハーフスイングで空振り三振。

ゆっくりと引き上げるディアス。一方でマウンドへ向かっていく野口。

2回表
6尾 崎 サード正面のゴロ。
7小 山 外の直球に見逃し三振。
8市 川 セカンド正面のゴロ。

1回とは異なり、笑顔も見せながら引き上げてくる野口。組み立てについて熱心に加藤と話し合う。

2回裏
7古 城 セカンド正面のゴロ。
8加 藤 高々と打ち上げたが、定位置付近のセンターフライ。
9野 口 打つ気がなく見逃し三振。

3回表
9ディアス落ちる球に空振り三振。
1川 島 初球を積極的に打ちにいってセンター前ヒット。
2紺 田 高々と打ち上げレフトフライ。
3 陽  高めに浮いて四球。
4鵜久森 三遊間を破る先制タイムリー(鎌ヶ谷1−0川崎)
5奈良原 レフト方向へ打ち上げたが、山本がキャッチ。

汗をぬぐいながら、再度加藤と話し合う野口。「四球がいかん」との肉声も。

3回裏
1山 田 初球にセーフティーバントを敢行したが尾崎の送球が早くアウト。
2脇 谷 詰まったファーストゴロ。
3堀 田 ショート陽の正面のゴロだったが、後ろに逸らしてしまう。山本の初球に盗塁成功。
4山 本 詰まったサードゴロ。

4回表
6尾 崎 叩きつけ、ショート正面のゴロ。
7小 山 フルカウントから外のきわどい球を見送り四球。
8市 川 セカンド正面のゴロ併殺打。

この回終了後も、ベンチで熱心に加藤と話し合う野口。

4回裏
5十川孝 高々と打ち上げ、紺田がバックしながらキャッチ。
6吉 川 変化球を打ち返し、ショート頭上を越えレフト前ヒット。古城の1球目の後の牽制球が当たって逸れたために二塁へ。
7古 城 打ち上げて浅いライトフライ。
8加 藤 詰まったサード正面のゴロ。

5回表
9ディアススライダーに空振り三振。
1川 島 高々と打ち上げ、レフトスタンド中段付近へ突き刺さるソロアーチ(鎌ヶ谷2−0川崎)
2紺 田 初球セーフティーバントを試みたが、十川の送球が早くアウト。
3 陽  ヒット性の当たりだったが、野口の手を伸ばしたグラブの先に収まる。

この回の後も加藤、香田コーチと熱心に話し合う野口。ネクストサークルには十川雄二がおり、お役ご免となったがベンチの片隅でなおも話し合いが続く。一方ブルペンでは新人栂野・佐藤が投球中。

5回裏
H十川雄 バットがまっぷたつに折れ、セカンドゴロ。
1山 田 一塁線を鋭く破り、ライト前へ達するツーベース。
2脇 谷 サード正面のハーフライナー。
3堀 田 変化球を流し打ち、ライト前へ運ぶヒット。山田は三塁ストップ。
4山 本 高々と打ち上げ、浅いライトフライ。

吉村監督が投手交代を告げる。
整備が行われる中、ブルペンからゆっくり移動してきたルーキーの栂野。
川崎/右→左翼手:堀田 投手:栂野 右翼手:十川雄

6回表
4鵜久森 初球を流し打ち、ライト前へ達する間に俊足を飛ばしてツーベース。
5奈良原 初球を打っていったが栂野正面へのゴロ。
6尾 崎 引っ張っていったがこの回から代わったレフト堀田の定位置付近で、堀田は少々しゃがみながらキャッチ。
7小 山 高く打ち上げレフトフライ。

ベンチ前で加藤と話し合う栂野。

6回裏
5十川孝 ディアス正面のゴロ。
6吉 川 落ちる球に空振り三振。
7古 城 低めの球を見送り四球。加藤への初球がボークとなる間に二塁へ
8加 藤 ラストボールが内角高めに外れ四球。
9十川雄 打ち上げて浅いライトフライ。

2イニング目のマウンドへ向かう栂野。
桜も見頃になってきたジャイアンツ球場と周辺の風景。


7回表
8市 川 当たり損ねで正面に転がり、加藤が捕って送球しアウト。
H佐 藤 すっと落ちていく球に空振り三振。
1川 島 打ち上げてセンターフライ。

スコアボードを見つめながら、小走りに引き上げてくる栂野。
この間、ネット裏に先発した野口がやってきて、スコアラーと一緒に自分の投球や試合を観察している様子。

鎌ヶ谷/投手:佐々木

7回裏
1山 田 やや詰まった当たりでセカンド奈良原がジャンプしてキャッチ。
2脇 谷 セカンド深い位置のゴロで、奈良原が追いついたが脇谷は懸命にベースを駆け抜け、内野安打。堀田への3球目が暴投となる間に二塁へ
3堀 田 フルカウントから低めを見送り四球。
H三 浦 フルカウントから落ちる球に空振り三振。また脇谷が三塁を狙ったがタッチアウト。

タッチアウトとなり、首をかしげながらベンチへ戻る脇谷。
一方ブルペンからは、3番手の佐藤宏がマウンドへ向かう。

川崎/投手:佐藤宏

8回表
2紺 田 高め直球に空振り三振。
3 陽  ヒット性の当たりだったが、センターへのフライ。
4鵜久森 落ちる球に空振り三振。

ベンチに戻って野間口と共に戦況を見つめる野口。

鎌ヶ谷/投手:横山

8回裏
5十川孝 三塁線への当たりで尾崎がキャッチし、十川孝は懸命にヘッドスライディングを見せたが惜しくもアウト。
6吉 川 初球を打ち上げライトフライ。
7古 城 変化球にタイミングを合わせていったが、陽の頭上へのライナー。

日も傾いてきた中、川崎の4番手で伊達がマウンドへ向かう。また川崎ベンチには復帰を期す木佐貫の姿も見える。
川崎/投手:伊達

9回表
5奈良原 初球攻撃を見せたがレフトフライ。
6尾 崎 詰まったセカンドゴロ。
7小 山 打ち上げたが浅く、セカンドフライ。

ゆっくりと引き上げてくる伊達ら。後ろに下がるまで加藤と熱心に話し合う。

9回裏
H長 田 高め直球に空振り三振。
9十川雄 思い切り引っ張り、ライト前に運ぶヒット。
1山 田 サード正面のゴロ。十川雄は二塁へ。
2脇 谷 高々と打ち上げ、レフト川島がファールゾーンへ走りこんでキャッチし、ゲームセット。

マウンド上でハイタッチを交わすファイターズナイン。本日もそのままベンチでミーティングが開かれる。
一方で静々と道具を片付け、引き上げていくジャイアンツナイン。
この2連戦、鎌ヶ谷が連勝で終えた。


<注目選手 ジャイアンツ>
■野口茂樹(巨)先発 5回 被安打3 失点2
低目を意識付けしたような制球を見せ、要所で内角を突いたり変化球で打ち取る組み立て。ほぼ加藤の構えた位置に収まっていたものの、完璧というほどではないか。
しかしスライダー多投が裏目に出て川島に狙い打たれるなどで1失点。5回にも川島に変化球を狙い打たれ、計2失点で敗戦投手に。
彼の経験や実績が必要とされる時期は来ると思いますし、それまでの間になんとか辛抱強く、自分のピッチングを取り戻して評価を上げていきたいところ。

■栂野雅史(巨)2番手 2回 被安打1 無失点
G+中継初登場。
なんと中14日とかなり間隔が開いていたとのことでしたが、外への球が抜け気味になったもののそれ以外の球威、変化球のキレなどはまずまずで、2回を無失点と試合を作る役割果たす。以下は降板後のコメントです
「2回無失点で、なんとか0に抑えられよかった。外の球がシュート回転したので、打ち取ったというよりは打ち損じてくれたという感じ。試合の間隔が開いてしまうが気持ちを切らさずにプレーしたい」

■山田真介(巨)5打数2安打 1番・センター
初回には高めを引っ張っての二塁打、5回には外の球に逆らわず、流し打ちでまたも二塁打と2安打をマーク。特にバットが振れている印象。
ただ、5回の堀田のヒットはそれほど浅いわけではなかったのでコーチの制止はあったにしろホームを狙ってもよかったか。
1軍では亀井、矢野と昨年まで一緒に汗を流していた若手がチャンスを掴み結果を残しているだけに、この好調を維持してアピールしていきたい。
※尚、この試合の後亀井の骨折が判明したため入れ替わりで1軍昇格し、ご存知の通り好走塁など早速活躍しています!


<注目選手 ファイターズ>
■フェリックス・ディアス(日)先発 6回 被安打5 無失点
直球は140前半台、スライダーにチェンジアップを投げ分ける
変化球のキレ自体はすばらしいものを見せるがコントロールが難あり、時折高めに浮いたりすっぽ抜ける危ない球も。
初回は2者を背負う苦しいマウンドも、陽の好守備にも助けられ後続を打ち取り、徐々に立ち直りを見せる。だがセットポジションで牽制球が逸れたりボークを取られ、ランナーがフリーパス状態なのは問題ありだが、結果としては6回を無失点とまずまずの内容。
1軍投手事情(リー、トーマス)次第ではありますがチャンスはゼロではなさそう。
尚、放送席での池谷氏の評価としてはリリースポイントが良く、伸びしろはあるのではないかとのコメント。

■鵜久森淳志(日)4打数2安打打点1 4番・ライト
4回の三遊間を抜く先制打、あるいは6回には流し打ちのライト前で、懸命に走って二塁を陥れるという俊足ぶりと、走れる4番として好結果を残す。
高田GMの方針により、若手育成強化選手として川島、工藤らと共に長期的に起用し300打席を迎えられるよう使い続けることが決まっているとのこと。
北海道ではダルビッシュに次ぐ期待の2年目として特に注目されており、早期の札幌ドームデビューが待ち望まれています!

■奈良原浩(日)4打数無安打 5番・セカンド
なんとプロ入り初の2軍スタートとのことで、ジャイアンツ球場には初めて訪れたとのこと。
バットでは快音こそありませんでしたが、要所での守備はやはりベテランらしく落ち着いた堅実なものであり、陽ら若手には見習うものは多いと思います。
長いシーズンで必ずベテランの力が必要になるのは野口と同様だと思いますし、北海道でも「職人」として有名なので1軍復帰に期待。


2006年 4月 8日 イースタンリーグ 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

8日 ジャイアンツ 13時試合開始
第1回戦 鎌ヶ谷1勝 2時間54分
                   RHE
ファイターズ 003 000 000 41
ジャイアンツ 010 100 000 70

<川 崎>●辻内崇伸(1試合0勝1敗、5回)三木均(1回)加登脇卓真(2回)東野峻(1回)−加藤、實松
<鎌ヶ谷>○橋本義隆(3試合1勝0敗、5回)岡島秀樹(3回)S伊藤剛(3試合1S、1回)−小山

<審判員>球審:笠原 一塁:本田 二塁:名幸 三塁:石山


ファイターズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二)川 島 400 四球  三振二飛    左飛  三振
(中)工 藤 400 三振  三振  投ゴ  捕邪
(遊) 陽  210 四球  左2  四球  三振
(右)鵜久森 411 三振  中3  三振    三振
(左) 森  312 三振  左本  四球    一邪
(三)尾 崎 300   四球二飛  三振    三ゴ
(二)小 山 410   三振  三振  二ゴ    右2
(一)市 川 400   三振  二ゴ  投ゴ    二ゴ
 投 伊 藤 000
(投)橋 本 100   三振  四球
 打 佐 藤 100           三邪
 投 岡 島 000
打一 稲 田 100                 遊ゴ
   合 計 3143

 投手成績 回 打安責
○橋本義隆 5 2261
 岡島秀樹 3 900
S伊藤 剛 1 310


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中)山 田 410 左2二ゴ  右邪    三振
(三)長 田 300 二ゴ  中飛  遊飛
打右 堀 田 100               一ゴ
(二)脇 谷 310 二直  投ゴ  一安
打三 十川孝 100               中飛
(左)山 本 400 三振  遊ゴ  三併    三振
 二 岩 舘 000
(遊)古 城 310   一ゴ  四球  三振    遊安
(一)吉 川 400   二ゴ  二失  右飛    二併
(右)三 浦 310   左安  中直  右飛
 投 加登脇 000
 投 東 野 000
 打  原  100                 右飛
(捕)加 藤 221   右安  中安
右左 大 西 100             中飛
(投)辻 内 211   中安  三振
 投 三 木 000
 捕 實 松 100             遊飛
   合 計 3372

 投手成績  回 打安責
●辻内 崇伸 5 2433
 三木 均  1 300
 加登脇卓真 2 600
 東野 峻  1 410

<本塁打>
  森 1号(2ラン、辻内=3回)

<三塁打>
 鵜久森(3回)

<二塁打>
 山 田(1回)
  陽 (3回)
 小 山(9回)

<失 策>
 川 島(4回)

<暴 投>
 辻内2(1回、5回)



<試合展開>
5日に組まれていた同カードが雨天中止となったために、本日の試合が本カードの第1回戦。
生憎の空模様で霧雨が試合前から降っており、傘を差したお客さんが多数見受けられる。しかし、試合開始直前に晴れ間も覗く。
辻内初登板であることから池谷光二郎氏が特別解説で登場。試合前インタビューは、本日先発の辻内(4日に収録したもの)。仕上がりは50%程度と語り、練習時は実戦ということを意識して取り組んでいる。いろいろ教えてもらっているものはあるのでそれを早くマスターできればいいと思う。


1回表
1川 島 初球は140km後半の直球。1−3から高めに浮き四球。
 陽への2球目がワンバウンドする間に二塁へ。
2工 藤 外の直球に空振り三振。
3 陽  ストレートの四球。
4鵜久森 外の直球に空振り三振。
5 森  外の直球に3球三振。

ベンチに戻り、汗をぬぐいながらコーチと話し合う辻内。


1回裏
1山 田 左方向へ引っ張り、レフト線へ運ぶツーベース。
2長 田 初球を打っていったがファースト正面のゴロ。山田は三塁へ
3脇 谷 痛烈なセカンドライナー。
4山 本 落ちる球に空振り三振。

長田と話し合いながらマウンドへ向かう辻内。

2回表
6尾 崎 高め直球を空振り三振。
7小 山 内角の厳しいコースが外れ四球。
8市 川 外角への直球を見逃し三振。
9橋 本 直球を見逃し三振。

加藤と投球について振り返りながら、ベンチに戻る辻内。

2回裏
5古 城 ファースト正面のゴロで、市川が手前に弾いたが橋本へトス。
6吉 川 セカンド正面のゴロ。
7三 浦 すくい上げ、レフト前へ運ぶヒット。
8加 藤 流して詰まりながらもライト前へ抜けていくヒット。
9辻 内 高めをピッチャー返しでセンターへ抜けていくヒットとなり、三浦が一気にホームを突いて先制(川崎1−0鎌ヶ谷)
1山 田 詰まったセカンドゴロ。

プロ初打点となる先制打を放ったものの残塁となり、ベース付近から引き上げ、すぐさまグラブを持ってマウンドへ戻る辻内。バックネット裏にはご両親も観戦中。

3回表
1川 島 外の直球を見逃し三振。
2工 藤 外の直球を空振り三振。
3 陽  左方向へ引っ張り、レフト前へのツーベース。初安打となる。
4鵜久森 高々と打ち上げ、センター頭上を越える間に鵜久森が一気に三塁を陥れ、タイムリースリーベース(鎌ヶ谷1−1川崎)
5 森  直球をすくい上げ、レフトフェンスオーバーの勝ち越しとなる2ラン(鎌ヶ谷3−1川崎)
6尾 崎 真上に打ち上げ、セカンドフライ。

この回初めて失点を許し、タオルで汗をぬぐう辻内。加藤と話し合う。一方で同点打を放って元気に守備につく鵜久森。

2回裏
2長 田 浅いセンターフライ。
3脇 谷 橋本正面へのゴロ。
4山 本 センターへ抜けようかという当たりだったが、陽が回り込んでキャッチ。

小走りにマウンドへ向かう辻内。

4回表
7小 山 フルカウントから直球を空振り三振。
8市 川 詰まったセカンドゴロ。初のゴロアウト。
9橋 本 1−3から高めに浮き四球。
1川 島 真上に打ち上げセカンドフライ。

ベンチで加藤や香田コーチと話し合う辻内。
辻内のここまでの成績
球数87 被安打3 失点1 四死球4 奪三振9 失点3

4回裏
5古 城 高めに浮き四球。
6吉 川 詰まったセカンド正面のゴロだったがこれを川島が後方へ逸らしてしまう。古城は一気に三塁へ。
7三 浦 浅いセンターライナーで、古城はタッチアップできず。
8加 藤 初球を打ち返しセンター前タイムリー(川崎2−3鎌ヶ谷)
 ここで十川孝が一度はボックスへ向かいかけたが、引っ込んで辻内が改めてボックスへ向かう。
9辻 内 変化球に空振り三振。
1山 田 高々と打ち上げライトファールフライ。

責任回数となる5イニング目のマウンドに上がった辻内。

5回表
2工 藤 球威にバットが折れ、辻内正面へのゴロ。
3 陽  ラストボールが低めに外れ四球。森の2球目が暴投となる間に二塁へ。
4鵜久森 落ちる球に空振り三振。
5 森  1−3からウエストして四球。
6尾 崎 フルカウントから外の球に空振り三振。

小走りにベンチへ引き上げ、汗をぬぐいながら加藤と話し合う辻内。
ブルペンでは三木が練習開始。
本日の辻内の成績
球数114 被安打3 四死球6 奪三振11 失点3

5回裏
2長 田 真上に打ち上げ、陽がキャッチ。
3脇 谷 叩きつけファースト正面のゴロだったが、橋本のベースカバーよりも脇谷の足が早くセーフ。
4山 本 詰まったサードゴロで併殺打。

ここで吉村監督が、辻内に次ぐ2番手として三木をコール。三木がブルペンからマウンドへ向かう。
香田コーチと話し合いながら投球練習を行う三木。
スタンド、特にバックネット裏では多くの少年ファンが詰め掛けている。

6回表
7小 山 セカンド正面のゴロ。
8市 川 どん詰まりで三木の正面へのゴロ。
H佐 藤 左方向へ打ち上げ、サードファールフライ。

1イニングを0に抑えゆっくりと引き上げる三木。
一方、6回裏のマウンドにはついこの間までこのジャイアンツ球場で投げていた岡島が上がる。

鎌ヶ谷:投手/岡島

6回裏
5古 城 緩い変化球を見逃し三振。
6吉 川 右方向へ打ち上げ、ライト鵜久森が下がりながらキャッチ。
7三 浦 打ち上げて浅いライトフライ。

アイシングをしながら試合を見守る辻内。

川崎/投手:加登脇 右翼手:大西 捕手:實松

7回表
1川 島 打ち上げてレフトフライ。
2工 藤 2球目にバントの構えをしたが、真上に打ちあがり代わったばかりの實松がキャッチ。
3 陽  真ん中低めの直球を見逃し三振。

7回裏
8大 西 打ち上げたが浅いセンターフライ。
9實 松 センター付近へ高く打ち上げ、陽が走り込んでキャッチ。
1山 田 抜いた球に空振り三振。

ベンチに戻った岡島、小山らと話し合う中、笑顔も見える。

8回表
4鵜久森 真ん中直球を見逃し三振。
5 森  初球を打っていったがライナー気味のファールフライ。
6尾 崎 詰まったサードゴロ。

駆け足でベンチへ戻ってくる加登脇。

8回裏
H堀 田 詰まったファーストゴロ。
H十川孝 高く打ち上げ、センターフライ。
4山 本 外の球を空振り三振。

ここで吉村監督が、守備・投手の交代を球審に告げる。3番手で好投した加登脇は笑顔で後方に下がる。

川崎/右翼手:三浦 三塁手:十川孝 二塁手:岩舘 右翼→左翼手:大西 投手:東野

9回表
7小 山 高く打ち上げ、ライトフェンス直撃のツーベース。
8市 川 セカンド正面のゴロ。小山は三塁へ
H稲 田 詰まったショートゴロで、古城が牽制したため小山は生還できず。
1川 島 フルカウントから、落ちる球に空振り三振。

ベンチでグランドコートを羽織って最終回を見つめる辻内、この間に本日観戦していたご両親からのコメントも紹介(朝4時に自宅を出発してきたとのこと)。

鎌ヶ谷/投手:伊藤 一塁手:稲田

9回裏
5古 城 初球を流し打ち、ショート陽が深い位置で追いついたが投げることが出来ず。
6吉 川 引き続いて初球を流していったがセカンド正面への併殺打。
H 原  懐かしい原辰徳の応援歌で登場。しかし高々と打ち上げ、ライトフライでゲームセット。

このカードの初戦は鎌ヶ谷が制した。
川崎は初先発の辻内に白星を届けることができず。しかし期待のルーキーの登板など将来に期待を持たせる試合であった。

ハイタッチで勝利の祝福する鎌ヶ谷ナイン。すぐさまそのままベンチでミーティングを行う。
一方、辻内は敗戦の様子を見届けゆっくりとベンチ後方に下がっていく。


<注目選手 ジャイアンツ>
■辻内崇伸(巨)先発 5回 被安打3 失点3
甲子園で激戦を制してきた注目の高卒左腕、待望の初先発!
初回、初球で思い切り直球を投げたものの全体的に球が浮き気味で四球で走者を背負ってしまう。しかし、工藤には力強い速球で空振り三振。他のアウトもすべて三振という最高の立ち上がり。
時折高めに浮いたりするものの、その後で投げる直球が要所でズバッと決まり、右打者への内角へもグイグイ攻めるなど概ね制球はまずまず。
しかし、3回は同い年ルーキー陽に変化球を狙い打たれ、高めに浮いて鵜久森に先制打。さらに経験のある森にいわゆるカウントを取りにいった直球を見事に弾き返され、3失点。
しかし5回で直球主体での11奪三振という結果は圧巻であり、変化球でカウントを取れるようになれば(5回の鵜久森へのラストボールなど)もう少し試合を作ることが出来るようになってくるでしょう。課題も好材料も見えた、初経験のマウンドといえると思います。
なお、打っても初安打初打点となるタイムリーを放つなど、バットセンスも非凡なものを見せました。

■加登脇卓真(巨)3番手 2回 無安打無失点
けっこう体格が良い。初球は140km台の直球、カーブ、スライダーを織り交ぜノーワインドアップでの投球。全盛期の桑田のような、ダイナミックなフォームを見せる。
彼も本日初登板でしたがルーキーらしからぬ落ち着いたマウンドさばきで、特に陽から奪った直球での三振、鵜久森からの三振は見事!直球だけでなく変化球でもカウントが取れることは非常に大きい。今後に期待大!
(実は北海道でも道産子選手として、ファイターズの選手に負けず注目されております)

■加藤健(巨)2打数2安打打点1 8番・キャッチャー
おなじみカトケン、本日はルーキー辻内を好リードで導き、四球などはあったものの直球の良さを引き出すリードを展開。
バットでは先制機に後続へつなげるヒット、さらにタイムリーとこの日川崎で唯一の2安打をマーク、そろそろ「3番手」として1軍ベンチに食い込みたい。


<注目選手 ファイターズ>
■橋本義隆(日)先発 5回 被安打6 失点2(自責1)
変化球を低めに集める制球重視の投球。
先制は許したもののその後は立ち直り、走者を出しても落ち着いて後続を打ち取り、2失点と無難な内容でまとめる。
2年目ということでどんどん経験を積み、1軍への明るい材料にしていきたい。

■岡島秀樹(日)2番手 3回 無安打無失点
昨年まで、ジャイアンツサイドで登場していた岡島、別人とまで言っては失礼でしょうが川崎打線を相手に球のキレ、得意球のカーブの変化も良く球威があり、昨年までの同僚相手ということを差し引いても、完全に手玉に取る投球。
北海道では期待の新戦力、中でも先発・中継ぎをこなせるロングリリーバーとして期待も高いだけに結果がついてくればお呼びがかかるのは近いと思います。

■陽仲壽(日)2打数1安打 3番・ショート
同じ高卒、甲子園でも活躍した間柄ということで対戦を「楽しみ」と語っていた、辻内の直球主体の勝負に真っ向から挑み、3回に思い切り引っ張ってのレフトオーバー三塁打。辻内とは3打席で2四球、1安打と陽に軍配。
また、守備でも高卒離れした堅実なものを見せ、将来の中心選手候補として北海道ではとりわけ注目・期待度も高いので早く札幌ドームで雄姿を見たい。


  ■掲示板@2軍愛■