【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2006年 4月30日 イースタンリーグ ヤクルト−ロッテ(大田スタジアム)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2006年4月30日 ヤクルト−ロッテ 2回戦

A大田スタジアム(ヤクルト2勝)

 
ロ ッ テ 000 000 010│
 
ヤクルト 000 300 00×│

 勝 本 間 1勝0敗0S 登板4
 S 花 田 1勝0敗2S 登板3
 負 成 瀬 3勝1敗0S 登板5

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 代 田 100 四球 四球    右飛       四球
  H8平 下 100                      二併
  E 根 元 420 投犠 遊ゴ       ニゴ    右安    左2
  C 青 野 500 見振    遊ゴ    右飛    三ゴ    遊ゴ
  H 竹 原 310 四球    四球    空振    ニゴ    中安
  F 垣 内 300 二飛    空振       一飛
  7 喜 多 210                      右安 空振
  B 寺 本 410    見振 中飛       右安    右飛 四球
  D 田中雅 521    空振    中安    空振    右安 ニゴ
  A 金 澤 420    左2    三邪    空振    左安
  @ 成 瀬 000    四球    投犠
  H 細 谷 100                   遊ゴ
  1 三 島 000
  H 林 孝 110                      左安
  1 高 木 000
  犠盗失併残─────
  221015 34101

       回 打安振球責
  ●成 瀬 6 224701
   三 島 1 41200
   高 木 1 30200

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 川 端 410 見振       遊安 ニゴ       見振
  C 丸山泰 400 見振       捕邪    空振    遊ゴ
  B 渡 会 310 ニゴ       右2    空振
  D 畠 山 300    中飛    二失    捕邪
  H 武 内 312    一飛    右本       左飛
  G 志 田 310    左飛    右2       見振
  F 牧 谷 310       右飛 空振       左安
  1 花 田 000
  A 川 本 300       中飛    空振    空振
  @ 丸山貴 000
  H 水 野 100       空振
  1 本 間 000
  H 大 原 100             投ゴ
  1 山 部 000
  1 宇 野 000
  1 佐藤賢 000
  7 内 田 100                      空振
  犠盗失併残─────
  00012 2952

       回   打安振球責
   丸山貴 3   151450
  ○本 間 2   71100
   山 部 1   41200
   宇 野 1   51010
   佐藤賢  1/3 43000
  S花 田 12/3 83110


  本塁打  武 内(ヤ)2号A (4回 成瀬)
  二塁打  金 澤(ロ)    (2回 丸山貴)
       度 会(ヤ)    (4回 成瀬)
       志 田(ヤ)    (4回 成瀬)
       根 元(ロ)    (9回 花田)
  犠 打  根 元(ロ)    (1回 無死1塁 1走の代田が二進)
       成 瀬(ロ)    (4回 1死1塁 1走の田中雅が二進)
  犠打失  丸山泰(ヤ)    (4回 無死1塁 捕邪飛で1走の川端を送れず)
  盗 塁  竹 原(ロ)    (3回 1走として牽制で誘い出されるも2塁を陥れる
                    成瀬−度会−丸山泰)
       竹 原(ロ)    (9回 捕手は川本 打者は喜多 二盗成功)
  失 策  青 野(ロ)    (4回 1死2、3塁 畠山の二飛を落球 3走の川端
                    がホームイン、2走の度会は三塁憤死 タイム
                    リーエラー)
  走塁死  度 会(ヤ)    (4回 1死2、3塁 2走としてセカンドの青野が畠
                    山の二飛を落球し、3走の川端が本塁突入の間
                    に3塁を狙うも憤死 青野−金澤−田中雅)
  捕 逸  川 本(ヤ)    (8回 無死1塁 1走の喜多が二進 打者は寺本)
  併 殺  ヤクルト     (8回 平下 1死満塁 丸山泰−川端−度会)

  PL:敷田 1B:原 2B:深谷 3B:小林 公式記録:生原
  時間 2時間49分(12:59〜15:49)

得点経過
 4回裏(ヤ) 1死2、3塁から畠山の二飛を青野が落球         ヤクルト1点目
       2死1塁から武内が右越えツーランホームラン       ヤクルト3点目
 8回表(ロ) 1死2塁から田中雅が右前打               ロ ッ テ1点目

戦評
 昨日とは打って変わって晴天に恵まれたが、そこは湾岸。今日も風は強し。
 試合の方は3回を終わって0−0のスコアながら、ロッテが毎回得点圏にランナーを出す一
 方でヤクルトはロッテ先発の成瀬に完全に押さえ込まれるという圧倒的ロッテペースながら
 先制点を挙げたのはヤクルト。4回先頭の川端を内野安打で初のランナーを出すとこれを皮
 切りに3点を先制。ロッテの反撃は8回。田中雅のタイムリーで1点を返すも更に1死満塁
 のチャンスを平下の併殺打で潰すと9回の2死満塁のチャンスにも得点できず。
 ヤクルトは4回以外は牧谷の1安打だけの準完全に抑えられたのに3点。
 ロッテは二桁の10安打を放ち7個の被四球も15残塁の拙攻で1点。
 ロッテは試合に勝って勝負に負けた典型的な試合。野球って面白いな・・・。

選評
 成 瀬(ロ) 4/15(土)の湘南戦ではイースタンリーグタイ記録となる7者連続三振を奪うな
       ど脅威の三振ショーを繰り広げている成瀬。今日も立ち上がりからストレート
       で2者連続見逃し三振に斬って取るなど3回までヤクルト打線を完全に抑え込
       むも4回先頭の川端を内野安打で出塁させると少しだけ歯車が狂い出し3失点。
       しかし、不運な当たりばかりで唯一真芯で捕えられたのは武内のみ。

 根 元(ロ) 最終回に上手く流してレフトオーバーのツーベースを放つも4回の守備では川
       端の2塁ベースよりの打球に何とか追い付くもファンブルしてしまい内野安打
       にしてしまう。打球自体はそんなに難しい球ではなかったし、ファンブルしな
       ければギリギリ1塁に間に合ったかも。成瀬の完全試合をブチ壊し。

 竹 原(ロ) 4回の1死1塁の場面でライト線にポトリと落ちる打球を処理した際に自分で
       内野に返球せず近くまで来ていたセカンドの青野にトス・・・はぁ?打球の落下
       点に入るスピードも遅く緩慢守備と言ってもおかしくない。

 三 島(ロ) 140km/h 手前のストレートを部kに1回を投げ2三振を奪う。ややアーム式?


 丸山貴(ヤ) 成瀬にストレートの四球を与えるなどコントロールが悪く1回:27球、2回:
       33球、3回:20球と3回までに80球を投げ降板。

 武 内(ヤ) ずっと1軍だったため、初見。4回に成瀬のインコースのストレートを上手く
       叩きライトスタンド後方のネット上段に突き刺さる完璧なホームランを放つ。

おまけ
 ロッテ外様物語 イニング前の投球練習で金澤が準備をしているときに受けていたのが平下
         と瑞季。厳しいですなぁ。


2006年 4月30日 イースタンリーグ 楽天−日本ハム(フルキャスト)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

今日の試合について1点だけ書くと、糸井はセンターでシートノックを受けていましたので、まずは外野に挑戦する様です

4月30日 フルキャストスタジアム宮城 天候:曇
試合開始:13時 観客:3235人
審判;主審牧田 一塁萩原 三塁石山 公式記録員:野中

鎌ヶ谷 000 100 001 0 |
山 形 000 001 100 1×|

(先発)
鎌ヶ谷     山形
(左)坪井   (三)西谷
(一)高口   (遊)塩川
(三)陽    (指)益田大
(指)鵜久森  (右)牧田
(右)森    (一)山下
(遊)尾崎   (左)竜太郎
(二)稲田   (中)山崎隆
(捕)小山   (捕)中谷
(中)工藤   (二)西村

(投手成績)失点とは自責点ではなくあくまでその投手の時に入った得点です
鎌ヶ谷
  金森   5回打者20人投球数81被安打3与四球3奪三振2失点0
  岩下 2/3回打者 4人投球数11被安打3与四球1奪三振0失点0
  伊藤1回1/3打者 8人投球数24被安打2与四球1奪三振0失点2
  矢野 1/3回打者 3人投球数9 被安打2与四球0奪三振1失点0
 ●清水1回1/3打者 6人投球数22被安打2与四球0奪三振1失点1

山形
  パワーズ3回1/3打者14人投球数66被安打4与四球1奪三振2失点1
 ○矢野  6回2/3打者24人投球数92被安打2与四球2奪三振4失点1

(経過)
1回表鎌ヶ谷
坪井 一直
高口 一ゴロ
陽 四球
鵜久森 中安
森 空振り三振
1回裏山形
西谷 四球
塩川 中安
益田 投前犠打野選(がら空きの三塁へ送球) 無死満塁
牧田 一直 益田帰塁できず二死二三塁
山下 投ゴロ

2回表鎌ヶ谷
尾崎 右安
稲田 捕邪飛(バント失敗)
小山 二ゴロ 尾崎二進
工藤 二ゴロ
2回表山形
竜太郎 四球
山崎 投ゴロ併殺打
中谷 右飛

3回表鎌ヶ谷
坪井 三ゴロ
高口 左安
陽 遊直
鵜久森の四球目に高口盗塁死
3回裏山形
西村 見送り三振
西谷 一ゴロ失(高口がファンブル)
塩川 死球?(判定がわかりませんでした 捕手の打撃妨害かもしれません)
益田 二ゴロ併殺打

4回表鎌ヶ谷
鵜久森 三振
森 左越本塁打 鎌ヶ谷1−0
尾崎の2球目から山形の投手矢野に交代
尾崎 投ゴロ
稲田 右安
小山 左飛
4回裏山形
牧田 中飛
山下 遊ゴロ
竜太郎 左飛

5回表鎌ヶ谷
工藤 二ゴロ
坪井 投ゴロ
高口 空振り三振
5回裏山形
山崎 左飛
中谷 右安
西村 空振り三振
西谷 右安
塩川 右飛

6回表鎌ヶ谷 山形の守備西谷セカンド→西村ショート→塩川サードへ交代
陽 空振り三振
鵜久森 遊ゴロ
森 一ゴロ
6回裏山形 鎌ヶ谷の投手岩下へ交代
益田 中安
牧田 遊併殺打
山下 中安
竜太郎 右安
鎌ヶ谷投手伊藤へ交代
山崎 右タイムリー安 1−1山形 二死一三塁
中谷 三ゴロ

7回表鎌ヶ谷
尾崎 四球
稲田 三前バント失敗(尾崎が二塁で封殺)
小山 二ゴロ併殺打
7回裏山形 鎌ヶ谷の捕手駒居に交代
西村 投失(セーフティーバントを伊藤がファンブル)
西谷 投前犠打
塩川 一ゴロ 西村三進
益田 四球 二死一三塁
牧田 中タイムリー安 1−2山形 二死一二塁
山下 投ゴロ

8回表鎌ヶ谷
工藤 一ゴロ
坪井 遊ゴロ
高口 空振り三振
8回裏山形 鎌ヶ谷の投手矢野に交代
竜太郎 左安
山崎 空振り三振
中谷 中安
鎌ヶ谷の投手清水に交代
西村の代打新里 二ゴロ併殺打

9回表鎌ヶ谷
山形セカンドに坂が入り、西谷サード、塩川ショート
陽 右飛
鵜久森 捕邪飛
森 右越本塁打 鎌ヶ谷2−2
尾崎 投ゴロ
9回裏山形
西谷 三ゴロ
塩川 空振り三振
益田 遊内野安
牧田 右飛

10回表鎌ヶ谷
稲田 遊内野安
駒居 投前犠打
工藤 一ゴロ 稲田三進
坪井 敬遠四球 二死一三塁
高口の代打奈良原 見送り三振
10回裏山形 鎌ヶ谷セカンドに奈良原 稲田ファーストへ
山下 右越サヨナラ本塁打 2−3山形

(総評)
鎌ヶ谷がヨレヨレのパワーズをつかまえ損ねた後は矢野に抑えられ、森のソロ本塁打2本のみに終われば、楽天は初回の無死満塁を逃したのを初めに、昨日に引き続き13安打4四死球2エラー1野選をもらいながら5併殺(!)11残塁で3点のみ
1試合5併殺って記録に近くありませんかね?
なんとも雑な印象を与える試合を最後に山下がサヨナラアーチでなんとか締めくくりました

(鎌ヶ谷注目選手)
■金森敬之(日)
初回はどうなることかと思いましたが、楽天の3イニング連続併殺打にも助けられ、5回無失点
特に3回セットポジションで投げ始めてからは安定していました。
現在は5回80球を目処に使われているようですが、正直今の鎌ヶ谷で一番いいピッチャーかも

■森章剛(日)
左右打席で一本づつ本塁打。特に左打席でまともな打球を放ったのは今回初めて見ました。
そろそろ本領を発揮して今の貧打線を救ってほしいものです。

■奈良原浩(日)
10回一打勝ち越しの場面で見送り三振。せめてバットを振って欲しかった・・・
(山形注目選手)

■バワーズ(楽)
横浜時代を知らないのですが、楽天では先発で期待されている投手とのこと
・・・でしたが、どうにもコントロールが安定せず、あと素人目にも直球と変化球で腕の振り方が違っている様に見えました。
先制本塁打を打たれた後、次打者に1球投げた処で交代しましたので、なにかアクシデントがあったのかも知れません。
アクシデントではないにしろ、一軍で先発させられるかというと難しい様に見えました。

■矢野英司(楽)
こちらも申し訳ないのですが「あぁ、横浜に矢野っていたねぇ」くらいの印象しかなかったのですが、素晴らしい投球でした。
特にあと一人で試合終了という場面で同点ホームランを打たれても、続く尾崎をきっちり打ち取った場面。10回さすがに球威が落ちてきて迎えたピンチで奈良原を三振にとった球、土曜日の小山と比べても、マウンド度胸十分に思えました。
パワーズに期待するくらいなら断然矢野に任せるべきだと思います。

■東北のファン
いくら一軍の本拠地球場とはいえ、3235人とは本当によく入りました。
個人的には二軍の試合で一軍のものと同じ方法の応援を行うのは嫌いなんですが、応援も統制が取れていて見事だったと思います。
試合終了後、駐車場で待っていたたくさんの楽天ファンが、ファイターズの選手バスにも手を振って見送ってくれた事と、ファイターズの選手にも「〜さん」付けで声をかけていたのにはちょっと驚きました。
(若い女性たちで、「相手は年上なんだからさん付けは当然」だと言っていましたが、私が若い頃選手にそんな敬意を払っていたかというと・・・)


2006年 4月29日 イースタンリーグ 楽天−日本ハム(フルキャスト)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

糸井投手ですが、昨日鎌ヶ谷から仙台まできていた別の方の情報では、野手転向で決定だそうです
自由枠入団ではありますが、投手経験が浅いこともあり、数年はかかることは初めからわかっていたと思うのですが・・・
ただ、今までに野手としての目だった活躍はありませんが、もとより身体能力の高さを評価されての指名
同期入団の須永投手のお父さんが、新人合同トレーニングを見てきた後「糸井君はショートに転向すればすごいショートになりますよ」と言っていたのを思い出します
もちろんその後で「もちろんピッチャーとしてエースになるけどね」っと付け加えていましたが、ここは「町屋の星一徹」といわれたお父さんの眼力を信じたいと思います

んなわけで昨日・今日とフルキャストスタジアムまで遠征です

4月29日(土) フルキャストスタジアム宮城 天候:晴 観客:2660人
主審:石山 塁審:一塁牧田 三塁:萩原 公式記録員:野中

鎌ヶ谷 000 000 001|
山 形 000 000 02×|

(先発)
鎌ヶ谷     山形
(二)奈良原  (指)関川
(指)高口   (二)酒井
(遊)陽    (左)竜太郎
(右)鵜久森  (中)牧田
(左)森    (一)山下
(三)尾崎   (遊)斉藤
(一)稲田   (捕)新里
(捕)小山   (右)中島
(中)工藤   (三)大廣

(投手成績)
すみません、勝ち負けが誰につくのかわかりませんでした(勝ちは徳元かな)
あと失点は自責点ではなく、あくまでその投手の時に入った得点です
(鎌ヶ谷)
ディアス 6回打者24人被安打5与四球3奪三振5失点0
清水  1回1/3打者6人投球数20被安打2与四球1奪三振0失点0
立石  2/3回打者4人投球数8被安打2与四球0奪三振1失点2
(山形)
有銘  5回打者20人投球数92被安打3与四球2奪三振3失点0
徳元  3回2/3回打者13人投球数48被安打2与四球2奪三振3失点0
富岡  0/3回打者1人投球数1球被安打1
小山  1/3回打者2人投球数6被安打1与四球0奪三振0失点1

(経過)
1回表鎌ヶ谷
奈良原 四球
高口 捕前犠打
陽  右フライ
鵜久森 遊ゴロ
1回裏山形
関川 四球
酒井 遊ゴロ 関川二進
竜太郎 遊飛
牧田 空振り三振

2回表鎌ヶ谷
森 遊ゴロ
尾崎 見送り三振
稲田 左安
工藤 投ゴロ
2回裏山形
山下 左安
斉藤 遊ゴロ併殺打
新里 右越三塁打
中島 遊ゴロ

3回表鎌ヶ谷
奈良原 遊内野安打
    高口の時有銘の暴投で二進
高口 二ゴロ 奈良原三進 一死三塁
陽 空振り三振
鵜久森 三直
3回裏山形
大廣 右安
関川 投前犠打
酒井 四球 一死一二塁
竜太郎 二ゴロ併殺打


4回表鎌ヶ谷
森 空振り三振
尾崎 遊ゴロ
稲田 二ゴロ
4回裏山形
牧田 投ゴロ
山下 空振り三振
斉藤 中安
新里 三内野安打
中島 中飛

5回表鎌ヶ谷
小山 二ゴロ
工藤 中安
奈良原 一ゴロ
高口 二ゴロ
5回裏山形
大廣 遊ゴロ
関川 四球
酒井 三ゴロ 関川二進
竜太郎 右直

6回表鎌ヶ谷 山形投手徳元に交代
陽 空振り三振
鵜久森 中安
森 遊ゴロ併殺打
6回裏山形
牧田 見送り三振
山下 空振り三振
斉藤 見送り三振

7回表鎌ヶ谷
尾崎 見送り三振
稲田 四球
小山 四球
工藤 二ゴロ併殺打
7回裏山形 鎌ヶ谷投手清水に交代
新里 投ゴロ
中島 左安
大廣 投前バント安
関川の代打塩川 二ゴロ併殺打

8回表鎌ヶ谷
奈良原 二飛
高口の代打坪井 遊ゴロ
陽 空振り三振
8回裏山形
酒井 四球 代走西村
竜太郎 投前犠打 鎌ヶ谷投手立石に交代
牧田 ライト線タイムリースリーベース 山形1−0
山下 右タイムリー安 山形2−0
斉藤 見送り三振
新里 捕邪飛

9回表鎌ヶ谷 山形西村がそのままセカンド、大廣に代わり三塁永池
鵜久森 左安 代走紺田
森 二飛
尾崎の代打佐藤 二ゴロ ショートからの送球が走者にあたり二死一塁
山形投手富岡に交代
稲田 三塁内野安打 二死一二塁
山形投手小山に交代
小山 遊失 二死満塁
工藤 中タイムリー安 二塁走者稲田が本塁で刺され山形2−1で試合終了


(寸評)
天気予報がはずれてよく晴れた連休初日 フルキャストスタジアムにたくさんのファンが集まりました。
だというのに鎌ヶ谷は7安打4四球にもかかわらず2併殺8残塁で1点だけ、最後同点のランナーが本塁憤死
山形9安打4四球にもかかわらず3併殺8残塁で2点だけと景気の悪い試合でした

(鎌ヶ谷注目選手)
■立石尚行(日)
これで先週土曜に続くKO。もう歳だからなどと言わせないピッチングを・・・

■鵜久森淳志(日)
4打数2安打、第2打席の三直も大廣の好守に阻まれたもの。一瞬とはいえ一軍ベンチを経験した効果がでてきたでしょうか。
守備は2回新里の飛球を拙い追い方で三塁打にしてしまうなどまだまだ。

■清水章夫(日)
いつの間にか二軍落ちしていましたが、7回先頭新里のなんでもない投ゴロを一塁に低投(結果はアウト)すると、続く一死一塁からは大廣のセーフティー気味のバントをファンブル(記録はヒット)
8回も先頭打者を歩かせ敗戦の原因をつくるなど、やっぱりピリっとしません

■福良徹三塁ベースコーチ(日)
2点ビハインドの9回二死満塁。工藤のセンター前をただでさえ前進守備の牧田が突っ込んでワンバウンドで処理しているにもかかわらず、稲田を本塁突入させゲームセット。
続く打者が奈良原、坪井だっただけにあり得ない・・・

(山形注目選手)
■牧田明久(楽)
そこまで2三振に、4回には投ゴロで自打球を主張するもみんなに無視される等散々でしたが、先制のタイムリースリーベースと最後の本塁送球でヒーローとなりました。

■大廣翔治(楽)
3回きれいなライト前ヒット、7回プッシュ気味のバントで出塁。守っては3回ランナー三塁の場面で鵜久森のライナーに低い姿勢から飛びついて好捕するなど、今日の影のヒーローでした

■小山伸一郎(楽)
確かに9回の山形の守乱はひどかったですが、斉藤のエラーの時に明らかに怒っているのがマウンドでの態度にも出ていました。
抑えを期待されている以上、あの程度で頭に血が上って続く工藤にも打たれる様では拙いと思います。


2006年 4月29日 イースタンリーグ インボイス−巨人(インボイス西武ドーム)報告者:まんぢゅうさん(HP:まんぢゅうのサイト

4/29(木) イースタンリーグ公式戦 インボイス−読売ジャイアンツ 3回戦 インボイス西武ドーム(14:00開始)

審判:本塁 山路、塁審:橋本、工藤、鈴木(誰がどこかメモし忘れました…)
記録員:不明(アナウンス聞きそびれてしまいました…)
観客数:不明(今日は中学生以下無料だったので、少年野球チームがかなり来てました あと、横田基地デーでもあったので、外国人の方も多く来場されていました)

【スコア】                 H E
読   売 100 320 130 10 13 0
インボイス 000 003 000  3 11 0

【投手継投】
インボイス   回 自 三 四死 安  球数(なお、これらはすべて独自計算です)
ギッセル   1/3 1 0  3 0  18(原まで)
杉  山  2・3/2 0 3  2 1  56(吉川まで)
小  野    1 3 1  1 2  26(原まで)
田  崎    2 2 3  0 4  44(堀田まで)
  許      1 1 2  0 3  22(長田まで)
西  川    1 3 1  3 2  39(山田まで)
藤  原    1 0 1  1 1  17(堀田まで)

読  売
三  木  5・2/3 3 5  4 8 100(野田まで)
佐 藤 宏   1/3 0 1  1 1  15(栗山まで)
伊  達    1 0 0  0 0  10(水田まで)
越  智    1 0 1  0 1  20(柴田まで)
姜 建 銘    1 0 1  0 1  15(大島まで)


【打撃成績】
<インボイス>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回
7 柴 田 一ゴ  左安  二直三安  空振
9 高 波 左飛  二安  空振四球    二ゴ
8 栗 山 四球  四球  一ゴ三振    中2
3 後藤武 三ゴ   一邪    遊ゴ左飛  遊飛
DH大 島   空振  四球  右2遊飛  空振
6 水 田   中2  遊併  右飛遊ゴ
4 福 地   三振  右安  左安  遊飛
2 吉 見   空振  右安  四球  三振
5  星      空振三ゴ
H 野 田           中安
R5宮 崎               中安

<読売>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回
8 山 田 中直四球  遊ゴ三振  遊ゴ二飛
4 岩 舘 四球空振  空振  一ゴ
H5長 田             三振  四球
7 小 関 四球  遊直右本  空振  四球
7 十川雄                 中安
DH 原  死球  四球一ゴ  右安  四球
HDH加 藤                 空振
9 堀 田 中犠  一邪  右安二ゴ  右飛三併
6 古 城 左直  中2  中飛  三安
H6大須賀               四球
3 吉 川   四球空振  右2  空振左2
2 實 松   空振    空振  投安空振
54脇 谷   右飛  左2二安  左安左安

その他
(一回表)ギッセル、岩舘に危険球
(一回表)ギッセル、原に危険球 退場処分 急遽杉山が登板(投球練習は12球)
(一回裏)高波の打球を小関がダッシュで好捕球
(三回表)堀田の打球を後藤がダッシュで好捕球
(三回表)古城がセンターへエンタイトルツーベース
(三回裏)柴田が盗塁失敗
(三回裏)高波が盗塁成功
(四回表)脇谷の打球をレフトが捕球、ホームへ返すもそらす バッターランナー3塁へ
(五回表)脇谷の打球をセカンドが捕れずライトへ 記録はヒット
(六回裏)吉見に対する1球目をキャッチャーがとれず、ランナーが2塁へ
(七回表)實松のバントをピッチャーがお手玉 記録はヒット
(七回表)山田の打球は2塁アウトで 併殺打くずれ
(九回表)藤原、堀田に危険球
(九回裏)後藤の打球を大須賀がダッシュで好捕球
今回の場合の危険球は、頭すれすれをさします

個人的なこと
ファールボールをGET!

多少間違ってるところもあると思いますが、大体こんな感じです


2006年 4月29日 イースタンリーグ ヤクルト−ロッテ(大田スタジアム)報告者:あわてんぼーさん(HP:あわてんぼーのブログ

試合開始13時中止決定13時50分(中断13時37〜50分)
 球審小林1塁深谷2塁敷田3塁原記録員荒木
 大田スタジアム

 
ロッテ  01
 
ヤクルト 00x
 2回裏無死ノーゲーム

 
ロッテ  古谷−金澤
 
ヤクルト 高木−川本

 牽制死 川端(1回)

 1回表(ヤクルト投手高木、捕手川本)根元中飛、田中雅中前安打、平下三塁ゴロで田中雅2塁進塁、竹原三塁ゴロ(ロッテ0)
 1回裏(ロッテ投手古谷、捕手金澤)川端右前安打、梶本左飛、鈴木健の時投手古谷の牽制球により川端タッチアウトで結局右飛(ヤクルト0)
 2回表 青野左前安打、寺本右前安打で1,3塁、金澤右前安打で青野生還なお1,2塁、瑞季四球で満塁、古谷、根元共に一塁ゴロで3−2とわたり寺本、金澤相次いで封殺、田中雅三振(ロッテ1)
2回裏 マウンドで古谷投手が投球練習をはじめた途端に降っていた雨が急に強くなり小林球審が、ベンチへ引き下がるように命じ中断。中断は13時37分から。結局雨降りやまず13時50分ノーゲームとなる。

 上記だけでは物足りないので、両投手の投球内容を。

■古谷拓哉(ロ)
 駒大岩見沢高校から駒大を経て、日本通運から今年入団したルーキー。

■高木啓充(ヤ)
 宇和島東高校から大体大を経て今年ヤクルトに入団したルーキー。

 注:○見逃しストライク◎空振りストライク●ボール△ファウル
 投手名
 古谷拓哉  打者名 経過     結果
   1回  川 端 ○      ライト前ヒット
       梶 本 △●     レフトフライ
       鈴木健 △●●△△● ライトフライ(6球目後に川端牽制死)
   投球数12、被安打1

 高木啓充
   1回  根 元 ○      センターフライ
       田中雅 ●△○    センター前ヒット
       平 下 ●◎     サードゴロ
       竹 原 ●●○●   サードゴロ
   投球数14、被安打1
   2回  青 野 ●      レフト前ヒット
       寺 本 ◎○●    ライト前ヒット
       金 澤 ●△●●△△△ライト前ヒット(打点1)幻
       瑞 季 ○●●●△● フォアボール
       古 谷 ◎◎●●   ファーストゴロ
       根 元 ●      ファーストゴロ
       田中雅 ●○○●○  見逃し三振
   投球数32、被安打3、失点1、奪三振1、合計投球数46、合計被安打4


 なお、昨日よりブログを始めました。観たい方はどうぞ!


2006年 4月27日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(平塚)報告者:WIZさん

4/27(木) イースタンリーグ公式戦 湘南−東京ヤクルト 4回戦 平塚球場(18:00開始)

審判:PL 原、1B 敷田、3B 小林
記録員:生原謙
観客数:約400名(実数発表無し)

【スコア】
ヤクルト 100100000  
湘  南 000000000 

【投手継投】
ヤクルト ○館山(8回)−S花田(1回)
湘  南 ●三橋(8回)−松家(1回)

【得点経過】
1回表(ヤ) 一死1塁で鈴木健、レフト線2ベースタイムリー(1点)
4回表(ヤ) 二死無塁で武内、ライトスタンドへソロ(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<東京ヤクルト>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
SS 川端  三振  三振  遊ゴ    二ゴ       400000200
3B 三木  左安  四球    一ゴ  中飛       310100010
1B 鈴木健 左2    一ゴ  遊ゴ           311000000
LF 牧谷                  二ゴ     100000000
LF 畠山  遊ゴ    三振  三振    中安     410000200
1B
RF 武内  遊ゴ    右本    左飛  左安     421110000
CF 志田    中飛  三振    左安  三振     410000200
2B 梶本    三振    三振  三振  遊ゴ     400000300
C 福川    右飛    右安  遊ゴ         310000000
P 館山      三振  三振    三振       300000300
P 花田                         000000000

<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
RF 桑原  三ゴ  三振  左飛    三振       400000200
P 松家                         000000000
3B 万永  中飛  一ゴ    中飛  二ゴ       400000000
SS
3B
LF 鈴木尚 遊安  遊ゴ    遊ゴ           310000000
LF 田中一                 右飛     100000000
1B 小田嶋 右安    三振  中安    三ゴ     420000100
CF 河野  三振    中2  二飛    三振     410000200
SS 福本    二飛  三ゴ               200000000
3B
SS 野中              三振         100000100
2B 北川    右2  三振    三振         310000200
C 新沼    三ゴ    中飛  三振         300000100
P 三橋    三振    一ゴ             200000100
RF 内藤                三振       100000100

【投手成績】
<東京ヤクルト>
       回  打  安 四 三 失 自
○館山    8  29 5 0 10 0 0
S花田    1  3  0 0 1 0 0

<湘南>
       回  打  安 四 三 失 自
●三橋    8  29 5 1 11 2 2
 松家    1  5  2 0 1 0 0


【選手感想】
<東京ヤクルト>
■館山 昌平(ヤ)
序盤こそ湘南打線に押され得点圏に走者を出すものの、3回以降はほぼ完璧で湘南打線を完封。
変化球に対して湘南打線はバットに当てるのが精一杯。バットを折ること3本。
特に7、8回は5者連続三振を取るなど手も足も出させない素晴らしい内容。
さすが昨年二桁も勝ち星を挙げただけのことはある。貧打の湘南打線とは格が違う。
昨日の石堂、坂元、鎌田、そして今日の館山と本来一軍に居なければいけない投手陣だが、
この2連戦で昇格の手ごたえを掴んだはず。古田ヤクルトの5月攻勢に期待がかかる。

■武内 晋一(ヤ)
華々しいデビューから一転してあっという間にプロの壁にぶつかり降格。
しかしそんなことを感じさせないほど今日の試合では持ち味の長打をいかんなく発揮。
4回は中押しとなるライトスタンドへ打った瞬間に分かるソロ。
7回はレフトフライに倒れるも、これは上手く左方向へ真芯に当てた。
最終回は全打席の反省を生かしたのか今度はきちんと左方向へ安打を放った。
今日のプレーはファームに居ること自体が恥、早く一軍へという気持ちがよく表れ
新人なのに一番危機感を持ってプレーをしているように感じた。
ベテラン鈴木健、和製大砲畠山よりも今のヤクルト打線で一番怖い打者だが、
早々に一軍に戻りそうな予感。
ちなみに勝利投手賞の館山とホームラン賞の武内、二人揃って記念品の香水をゲット。

<湘南>
■三橋 直樹(湘)
開幕から先発ローテに入っていたものの、雨の影響で久しぶりの先発マウンド。
初回は鈴木健にレフト線ギリギリに入るタイムリーを早々に浴びるも動揺することなく
後続を面白いように打ち取っていく。
この後4回に武内にソロを浴びた以外は全く問題なし。
この投手の素晴らしいのは走者を出しても制球の良い牽制で走者を留めながらも
割り切って打者勝負に入っていけるところ。
走者を出すとフラフラする若手投手陣とは偉い違いだ。
あっという間に追い込んでスライダーかフォークか落ちる球の制球力が抜群!
面白いように三振を量産した。
後藤、堤内の不甲斐無い内容に龍太郎が去った先発陣だが今後は彼を優先に
ローテを立ててほしいと思う内容。GW開幕となる3日の横須賀は先陣をぜひ彼に。

■河野 友軌(湘)
平塚では必ず活躍する男も初回の同点のチャンスに三振。
2打席目こそ右中間に素晴らしい当たりを打つものの3打席目、またも走者を出しながら
力の無いセカンドフライ。そして最終回は花田の前にあえなく三振と今日はジンクスが通用せず。
法大の同期、龍太郎がチームを去り彼の胸の内はいかに。今日の打撃に多少は影響あっただろう。
龍太郎の抜けた分、ベイスターズのために頑張ってくれ!


【全体感想】
仕事が予定より早く午前中にリリースができたため、午後はご褒美の自由行動となり
名古屋見物組みと別れ、ゲン担ぎに「味噌カツ」を食べて「ひかり」、「こだま」−東海道線を使って
平塚球場へ。試合開始15分前に到着しました。

球場はスタンドに入るゲート入り口が一部シャッターが降りたまま、外野側の内野スタンド(青い長椅子エリア)が
入場禁止エリアにされていました。
「ボール下さい」少年の拡散を防いだのか、単に観客は少ないだろうと後片付けが大変だから
バックネット裏へ客を集中させようとしたのでしょうか。
しかし実際に今日の観客数は私が見てきた平塚ナイターの中でも最低人数でしょう。
実数発表のアナウンスも無かったのはあまりに少ないから?
その観客の7割は無料の子供たち、名物おそばとおうどんの湯気があちらこちらで見られました。

その「ボール下さい」少年ですが、今日は試合開始前のサインボール以外はスタンドへボールを
投げ入れることはしなかったこと、試合前にケチャップ氏が厳しい口調で子供たちに注意するなどのおかげで実に静かでした。
とにかく今日のケチャップ氏の指導ぶりはお見事。
しかし子供たちは試合中に読み上げられるメッセージカードへのイタズラ書きで逆襲。
これにもケチャップ氏注意するも試合中盤にはメッセージ用紙は一枚も無くなり空のままの
ボックスがポツンと置かれただけになっていました。

球場到着後、急いでスタメンをノートに書いていくと、あれ?誰かいない。
そう湘南の五番には南ではなく河野の名前が。
平塚との相性か?まさか怪我?しかし子連れさんの報告ではそんな話は無かったし・・・
まさか静岡での古木のチョンボに守備要員で昇格か?誰が湘南に来たんだ?と
急いで携帯から球団HPをチェックすると・・・この時トレードを知ることになりました。
湘南の選手には一人一人愛着を持ってしまったため、誰が放出されてもショックはショック。
試合開始後も序盤は試合に集中することが出来ませんでした。

3回から上空から雨がポツリと降り始め、我に返り試合に集中。
とにかく今日の試合は館山、三橋のお互い譲らない内容の投手戦。
お互い持ち味を出して速いテンポで試合が進みます。この天候ではありがたいですね。
湘南打線の復調の鍵だった南がチームを去ったことで余計に貧弱化、もはやベテランの
万永でも鈴木尚でも救えない状況になってしまいました。
逆にベテランが打ち、若きホープが長打を放ったヤクルトに軍配。
試合に敗れたとはいえ今日の三橋はとにかく素晴らしかったです。今日の湘南の見せ場は彼だけ。

8回から強い霧雨状態となりましたが、無事試合は9回まで続行。
試合終了は20:20頃と2時間弱の締まった試合となりました。
応援団のラッパもなく、子供たちの「ボール下さい」の声無ければスタンドを駆け回る姿無し。
今日の平塚は閑散としたお葬式みたいな空間でした。

球場を出て雨の中徒歩で平塚駅まで寂しく向かいました。
横目に京急ご自慢のベイスターズバスが停車。いっそのこと運転席をジャックして野手陣を
平塚駅まで走って追っかけて来い、と言いたくなるような試合でもありました。
帰宅する際に届いたベイスターズまたも投手陣崩壊の逆転負けの報。
果たして山北はベイスターズの救世主となるのでしょうか??


2006年 4月26日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:子連れさん/Kuwatchさん


■報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs戸田 3回戦 4月26日(水) 須賀スタ
結果
  
戸田300 301 320 12
  
湘南000 000 000   戸田2勝1負
継投
  湘南・・・●後藤(3-1/3) 稲嶺(1-2/3) 堤内(2) 飯田(1) 森(1)
  戸田・・・○石堂(7) 弥太郎(1) 鎌田(1)
本塁打
  戸田・・・鈴木健3号B(1回) 福川2号B(7回)
試合時間 2時間58分 ※1回裏照明灯停電のため22分中断 18:00〜21:20
観客数 342名
天 候 曇り 無風
<審判員>
PL・敷田直人 1B・小林和公 2B・原信一朗 3B・石山智也/記録員・生原 謙

<展開>
 戸田の一方的な「打撃練習試合」。日立市長杯で社会人相手に敗北した石堂に凡打の山の
湘南。石堂にH3本,弥太郎にH1本,蒲田に無安打。一方の戸田は,小田嶋のミット強襲
安打3本を含み15安打。気温9℃と同様な寒い試合に観客も続々と家路へ。入場時に配ら
れた「青いポンチョ」の効き目もなし。8回飯田登板で足の止まったファンもハナから連続
四球で,ダム決壊の如く,球場を去る。目算できる人数のスタンドとなった頃合いを狙った
のか,最後にサプライズ。「ピッチャー,森」のアナウンスにヤケクソ状態な湘南ファンは
大歓声を上げて発散。0対12の惨めさ忘れ「森だ!森だ!」と興奮の中ゲームセット。森
一人で,期待裏切った後藤も守乱の小田嶋も寒さも停電も帳消しした3回戦でした。

「歴史の承認者」が伝える,昨夜の森大輔。
<9回表>
(4)梶本 見○ ● ● ● 見○ 四球
(2)福川  ● ● 振○ ● 邪 三邪飛 <一死>
(PH)大原 見○ 見○ ● 左H
(6)川端 見○ 中飛 <二死>
(5)三木 ● ● 見○ 邪 ● 見逃K <三死>

回数/1 球数/24球 安/1 K/1 四球/1 自失/0

 子連れの記憶では,04年5月27日社会人交流戦 松下電器戦4人目
          04年5月30日EL公式戦  所沢戦3人目 ※プロ初登板
以来公式のマウンドでの姿を見なかった森大輔。飼い殺し的な環境の中で,どれだけ投げた
かったろう。先頭梶本の初球にストライクが入ると,スタンド・ベンチ・ネット裏関係者の
全員が拍手と歓声で森の「スタート」を祝う。下半身の動きが鈍いものの上半身から投じら
れる球には力と勢いがあり,今までの日々を晴らす姿があった。ベンチへ戻る際に再び大歓声
と拍手の嵐を受けていた森に今後の楽しみを感じたのです。

<この選手>
後藤・・・22分間の中断の影響ではなく,今日は全くダメ。昨年後半の後藤に逆戻り。
     制球もなく高めに浮きとスジがハッキリしていた。こういう日もあるさは一軍の
     台詞。常に結果を示さなければ,せっかく築き上げた評価が水泡に帰す。吉見の
     降格,故障者の復帰の中で先発の機会を失い兼ねない。勝負所に来たようだ。

堤内・・・先発から中へ降りての出番。立ち上がりの制球がひどい。福川への2球目は危険
     極まりない球で「あっ!」とスタンドのあちこちから声が漏れる。6回打者6人
     7回打者6人で4失点。2回目の福川への初球はドンピシャリで左中間場外へと
     運ばれる。簡単に抑えた次打者に四球を出したり打たれたりと課題が山積み。

石堂・・・本日も「バッティング」好調!4回後藤から鮮やかな中H。6回は小田嶋のミッ
     トをはじく「小田嶋安打」。投げてよく打ってよく,本日は石堂Day。

南・・・・WIZさんの報告の通り「打ち焦り」がオーラとなって包み込んでいる。クサイ
     所を突けば必ず腰伸ばして手を出している。今はなき武山張りのその姿には悲し
     さすら感じてしまう。昨年までの彼はどこへ行ったのか。

外・主審 敷田直人・・・派手な動きや無駄な動作なく,腰を据えてじっくり捉える姿は
           いつもながら観ていて緊張感があってよかつた。

<今日の村西哲幸>
 姿見えず。求めたベイスターズカードからも出ず・・・

「雑記」
 無風ながら季節逆戻り3月末のナイトゲーム,ご観戦の皆さんお疲れ様でした。近くの席
から流れてくるカップめんの匂いがよく似合うスタンドから寒い試合を観戦。上が関内で同
じ時間帯にゲーム中ながら300名強も良く入ったものだと見渡すも束の間,あれよあれよ
で帰宅されて,毎度お馴染みの戸田応援の2人のおにいちゃんの鳴り止まぬ太鼓と笛の応援
がやけに響き渡った須賀スタでした。シーレックスナビゲーターの井上誓子さんがこの夜は
孤軍奮闘。合間での彼女のMCなくば,さらにお寒いゲームになっていたでしょう。
 鷹取川に飾られた無数の鯉のぼりが,干物のようにダラリと垂れ下がっていた帰り道では
そこかしこで森の噂話が聞かれました。





■報告者:Kuwatchさん

26日 追浜−戸田 観戦してました。
先発バッテリーを聞いた時点と言うか、追浜の先発投手は今季、
2試合連続で勝ち星をあげてないので「今日(26日)は負けだな」と思いつつも球場へ。
戸田 300 30となった時点で、7表に3点取られて0−9で負けだなどころか、
結果は子連れ殿の報告通り0−12。

9表にまさか
森大輔(湘)が投げるとは思ってもいなかったのでビックリしました。
高校時代は石川のドクターKと呼ばれた左腕。苦労しながらもやっとプロ初奪三振。
投げ方が昨年までの土肥に似てたな〜
と思いながらも、
「とりあえずストライク取れて良かった」と、約2年前の登板を思い出しながら、
今年はケガせず敗戦処理で構わないので1シーズン投げきれる事を祈りつつ、
また追浜通いの楽しみが1つ増えたな〜と思います。

森大輔復帰に喜んでられず、トレードで南と龍太郎がトレードでロッテへ・・・。
外野が余ってる状態なので仕方ないけど、南は惜しい。しかし育てるのがヘタなこの球団。
ロッテに行けば・・・と少し期待してます。高沢&平井コーチ、しっかり教えてやって下さい。
龍太郎もロッテに行ってレベルの高さを知って競争意識を高めて頑張って下さい。
交流戦で両選手ともに会いましょう。


2006年 4月24日 プロアマ交流戦 阪神−京都ファイアーバーズ他(峰山)報告者:大阪部長さん

エエ勉強、させていただきました。

2006年4月24日 プロ・アマ交流戦 鳴尾浜タイガース−京都ファイアーバーズ+α(京都府京丹後市・峰山球場)

 この翌日に、あの痛ましい列車事故から1周年という日をを迎えることになるJR福知山線。私にとっては、
わがサーパスの本拠地・あじさいスタジアム北神戸へ向かうための足でもあります。いつもは三田で神戸電鉄へ
乗り換えるのですが、この日は終点まで乗り続けることになります。
 新三田までは通勤・通学路線として結構な本数が運行されている同線ですが、それを過ぎると一気にローカル線の
様相を呈し、この日私が試合開始に間に合うべくダイヤを調べると、使える特急も含めてわずか2本しかないことが
判明しました。これは寝坊禁物。しかし当日、ちゃんと起きることができました。特急を使わず、普通列車での
旅となります。

 乗車券は、東京都区内から福知山行き。この前の観戦記で書いた、4月19日(水)の浦和−ホンダ戦
(ロッテ浦和)終了後、東京ドーム(北海道日本ハム−オリックス戦)への移動途中、池袋駅みどりの窓口で
購入したものです。大阪および福知山線経由と念を押しておきました。京都から山陰線というルートも
ありますからね。東京で1泊後、翌日の帰阪時から使用。こうすると通用期間は「4月20日から5日間」となり、
ちょうどこの峰山行きの日まで使えることになるのでした。大阪で途中下車し、それから3日間出勤。
旅の途中に仕事です。

 途中、黒井に停車。兵庫県丹波市・春日スタジアムの最寄り駅です。一昨年にウエスタン・サーパス−藤井寺戦の
観戦に来たことがあります。今年は5月28日(日)に、サーパス−鳴尾浜戦の開催が予定されています。
当日、私の出勤の有無はこの時点で未定。また見に来られるかな…と思いつつ、駅前に告知のポスター等、
張られていないかな…と、発車する車窓から目を凝らしていましたが、見つけることはできませんでした。
 そして市島に停車。実際はもう1つ先の丹波竹田からのほうが近いらしいのですが、ここには毎年春夏の
女子硬式野球全国大会が行われている、スポーツピアいちじまがあります。市島を過ぎてしならく、左手の丘の上に
照明設備が見えました。
 女子の大会もも兵庫県で開催され、そしてその名称も春は「選抜」夏は「選手権」というところは男子と同じです。
こういうことは一体どの程度知られているのでしょう。これらの女子大会も、機会があれば観戦してみたいものです。

 先に書いた北神戸、そしてこの日の試合の開催地へも、乗り換えの上つながっているということで、
この福知山線、ある意味「野球路線」とも言えるのです。至極マイナーな野球ですけど。

 福知山を最後に訪れたのは、少なくとも5年は前だったでしょうか。それゆえ昨年秋の駅高架化を知らず、
ちょっと驚きました。しかしこれから乗り換える北近畿タンゴ鉄道(略称・KTR)だけは取り残され、
旧駅の端っこ、平地のままのホームです(ゆくゆくは高架化らしいですが…)。
 KTR福知山駅の掲示板に、まだありました。
「4月22日(土)、23日(日) サーパス対阪神 峰山球場」
 ウエスタン公式戦の告知ポスター。サーパスがこの地で公式戦を行うのは、毎年恒例のこと。
しかし今回違っていたのは、鳴尾浜タイガースがまだその後もう1日滞在し、江本孟紀監督率いる
新設のクラブチーム、京都ファイアーバーズ(以下京都FB)と交流戦を行うことだったのです。

 福知山からのKTRは宮津乗り換え。このたび野手転向に踏み切った糸井嘉男(鎌ケ谷ファイターズ)の
出身校、宮津高校は線路の近くです。そして天橋立。日本三景、やっとこの目で3つ目を見ることができました。
最後に残っていたのが近畿地方のココとは。宮島なんて小学校2年のときに行ってるのに。

 午前11時23分、KTR峰山駅へ降り立った中で、「野球見に来ました」という感じなのは私1人です。これが
公式戦の日なら違っていたのでしょうか。駅から球場への道も私1人。まあ、クルマ社会である地方の市町村を
訪れた場合の、いつも慣れっこのことです。これも公式(以下同文)。

 坂道の途中からそれる形で、峰山総合公園への道があります。見ると、観戦に来た車を誘導している、
蛍光グリーンのジャンパーを着た係員の姿も。その背中には、「Western League」の文字が。
毎年の公式戦で使われているのでしょうか。その「W」の字体はかつての「BlueWave」と似た感じに
なっており、こんな所に長年公式戦を主催してきたチームの影響が、と感じました(笑)

 球場前には、地元・峰山高校の1999年選抜出場記念碑、そして、峰山が創業地である某大手
パチンコチェーンの会長が、この球場建設に尽力したとの碑が。彼の早世した子息の遺志を生かし、1億円を
寄付したそうです。
このチェーン、NOMOベースボールクラブのユニホームスポンサーの1つにもなっており、ここでNBCが
試合することもあるだろうか…などとも考えてみます。

 メンバー表が無料配布されていました。開いてみると、当初の報道では、この日鳴尾浜と対戦するのは、全国の
クラブチーム選抜チームということでしたが、計7人、ほかのクラブの選手も交じっています。
京都FBのブログでこのことは予告されており、この日のチーム、純粋なFBではないということで、
末尾にある言葉が追加されていました。

「京都ファイアーバーズ+α(プラスアルファ)」と。


球場正面。あ、桜井広大。見ると、中央の関係者入り口から、まるでバージンロードのように(笑)地面に
赤い布で進路が示され、「京都FB」「阪神」と札がかけられたテントが2つ。これが本日の選手控室のようです。

 球場に入ると、試合前の練習中でした。京都FB側には、なるほど違うユニホームの選手がいます。

 宮崎ゴールデンゴールズ…「欽ちゃん球団」茨城GGの兄弟チーム。ユニホームも同じ。監督は元広島東洋・
片岡光宏氏。

 RITSベースボールクラブ…旧名・立命館クラブ。立命館大学・高校OBだけでなく、かつて
ドラフト候補となり、「京大のホーナー」と異名を取った沢田誠氏(のち大阪ガス−京大監督)も
コーチ兼投手として在籍しています。沢田氏は今年42歳。

 佐賀魂(さがスピリッツ)…佐賀県の新設チーム。監督は新谷博氏(元西武・日本ハム)、コーチに小川浩一氏
(元日本ハム)。
新谷氏は尚美学園大学女子硬式野球部(埼玉県川越市)監督との兼任。

 あと東山クラブ、京都球友クラブ。人数は少ないものの、6クラブの混成軍です。オールスター戦のような
状態ならまだしも、大部分の単一チームに、少人数の多彩な別チームが交ざるなんて構成は、私自身初めて見る
陣容です。

 江本監督は…上着だけユニを着たおじさんとキャッチボール。始球式に備えてでしょう。
えらくうらやましいその人は、京丹後市の中山泰市長でした。ユニの背番号は105。これはその後の
あいさつで、「105…トオゴ…タンゴに通じます」とちょっと苦しい?解説をされ、さらに、
「この京丹後市は、かつては大陸文化との交流地でありました。今度はここが、プロとアマとの交流地点になれば」
 という趣旨の発言も。なかなかエエこと、おっしゃいます。始球式も、エエ球投げておられました。

 エモやんもマイク「え〜、きょうは歌いません(笑)歌うんやったらおカネもらいますよ(この日は入場無料)。
あ、子供たち、ボールが来たら危ないから、ちゃんと目え離さんと見てね」
 平日でもなぜか少年野球チームが多数詰め掛けていました。その後の観戦態度を見ると、彼らはまだ
こういった試合で選手にボールの投げ入れをねだりまくる、言わば「ボールクレクレ文化」には毒されていないようでした。

 阪神グッズを身に着けた人がいるのは当然のことですが、中にはオリックスのキャップやジャンパー
着用の人も。毎年のウエスタン主催によるファン開拓の効果が、少しだけ見られました。

スターティングメンバー

鳴尾浜    京都FB+α
中 萱 島  右 小野真
遊 前田大  遊 諸 木
左 桜 井  一 徳 田
右 庄 田  指 山 中
一 筒井壮  中 吉 田
指 葛 城  三 日 高
三 高 橋  左 吉 岡
二 石 橋  二 中 畑
捕 小宮山  捕 柳 田

投 若 竹  投 竹 内

審判 主・杉本、一・小寺、三・福家(すべてプロ・パ)

鳴尾浜はビジター用ユニを着用。

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回表京都FB+α 一死後、諸木四球、次打者徳田の2−2からの5球目投球時にボーク、徳田三ゴロで二死三塁も、山中一ゴロで無得点。
■一回裏鳴尾浜 萱島投ゴロエラー、前田大左中間二塁打で萱島生還、桜井二ゴロ(前田大三進)、庄田二直、筒井壮の0−3からの4球目にワイルドピッチで三走前田大生還、筒井壮四球(二死一塁)、葛城右前打(一、二塁)、高橋四球で満塁も、石橋遊ゴロで2点止まり。
■二回裏鳴尾浜 小宮山左前打、萱島投前犠打、前田大左邪飛、桜井二塁内野安打(抜けそうな当たりをセカンド中畑が止める。小宮山三進で一、三塁)、庄田四球で満塁、筒井壮左前打で小宮山生還も、桜井は本塁憤死、チェンジ。
■三回表京都FB+α 一死後、柳田中前打、小野真右前打で一、二塁も、諸木二飛、徳田の中堅左への当たりをセンター萱島が横っ飛びに好捕し無得点。
■三回裏鳴尾浜 先頭の葛城がバックスクリーンへ本塁打。
■五回表京都FB+α (投手前回から2番手玉置)先頭の中畑三ゴロエラー(一塁へ悪送球)も、二塁を欲張りアウト。
■五回裏鳴尾浜 一死後、石橋四球、小宮山中飛で二死一塁、萱島の初球に石橋二盗、萱島遊撃内野安打(待って捕った)で二死一、三塁、次打者前田大の0−1からの2球目に萱島二盗(二死二、三塁)も、前田大右飛で無得点。
■六回裏鳴尾浜 (投手この回から2番手山本)桜井死球、次打者庄田の1−1からの3球目に二盗、庄田二ゴロ、筒井壮四球、葛城中前打で桜井生還し一死一、二塁、高橋右前打で満塁、石橋空振り三振、小宮山ライトオーバー二塁打で2者生還。
■七回裏鳴尾浜 (投手この回から3番手木成)二死後、庄田・筒井壮と2者連続ストレートの四球も、代打狩野三ゴロで無得点。
■八回裏鳴尾浜 高橋四球、石橋中堅右への二塁打で二、三塁、岡崎空振り三振、萱島四球で一死満塁、前田大中犠飛で高橋生還。
■九回表京都FB+α (投手前回から3番手中林)一死後、山中中前打(京都FB+αのヒットは三回以来。代走山門)、藤原将三ゴロで山門二進(京都FB+αの二塁到達も三回以来)も、小嶺見逃し三振でゲームセット。

2006年4月24日(月) 12時30分〜15時33分

京都FB 000 000 000|
 鳴尾浜 211 003 01×|

勝利投手 玉置
敗戦投手 竹内

本塁打 葛城ソロ(鳴)三回・投手竹内

観衆1300人(翌日の新聞報道による)


※本年、スコア記録25試合目


京都FB+α(一塁側先攻)
※氏名右のL、R、Sは、打席の左右およびスイッチを示します(アマのため選手情報補足)。
※氏名左の□は他クラブの選手を示します(所属は後述)。
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(右) 小野 真悟L4010 空振    右安    中飛       一ゴ
(遊) 諸木 康真S2000 四球    二飛       中飛
 遊 □村岡  拓R1000                      遊ゴ
(一) 徳田 一平L2000 二ゴ    中飛       四球
 打  内野伸一郎R1000                         左飛
(指) 山中 憲彦R4010 一ゴ       空振    空振       中安
 走  山門 達矢R0000
(中) 吉田 淳司L3000    二ゴ    遊失    遊ゴ
 中  藤原 将広R1000                         三ゴ
(三)□日高 雄一R2000    空振    右飛
 三 □西久保大雅R1000                   二ゴ
 三  小嶺 和樹L1000                         見振
(左) 吉岡 慎吾R2000    右飛    空振
 左 □内藤 泰我L1000                   空振
 左  中川 恵太L0000
(二) 中畑 陽平R3000       一ゴ    三失    二ゴ
(捕) 柳田 博基R2010       中安    見振
 捕 □池上 彰大R1000                      二ゴ
 捕  川上  航R0000

※他クラブ選手(□)の所属
 村岡、内藤…RITSベースボールクラブ
 日高…宮崎ゴールデンゴールズ
 西久保…佐賀魂
 池上…京都球友クラブ
 (以下は不出場)
 辛島祐信内野手…京都球友クラブ
 梅本裕幸外野手…東山クラブ

鳴尾浜(三塁側後攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(中) 萱島 大介 3110 投失 投犠 死球    遊安 二ゴ    四球
(遊) 前田 大和 5112 左中二左邪 遊飛    右飛    二邪 中犠
(左) 桜井 広大 5120 二ゴ 二安    中安    死球 一飛 中飛
(右) 庄田 隆弘 3000 二直 四球    二失    二ゴ 四球
(一) 筒井  壮 2111 四球 左安    一ゴ    四球 四球
(指) 葛城 育郎 4232 右安    中本 遊ゴ    中安
 打指 狩野 恵輔 1000                   三ゴ
(三) 高橋 勇丞 3110 四球    右飛    空振 右安    四球
(二) 石橋 尚到 4010 遊ゴ    二ゴ    四球 空振    中二
(捕) 小宮山慎二 4132    左安 右安    中飛 右二
 捕  岡崎 太一 1000                      空振

盗塁 石橋(鳴)五回二死一塁 萱島の初球に二盗(捕手柳田)
   萱島(鳴)五回二死一、三塁の一走 前田大の0−1からの2球目に二盗(捕手柳田)
   桜井(鳴)六回無死一塁 庄田の1−1からの3球目に二盗(捕手柳田)

投手成績
京都FB+α ※氏名右のRまたはLは、利き腕の左右を示します(アマのため選手情報補足)
        回 数打安振球責
●竹内 和也R 5 106299152
 山本 大輔R 1 2963123
 木成 雄三L 1 1750020
 岩木  優R 1 3661121

鳴尾浜     回 数打安振球責
 若竹 竜士  3 52122210
○玉置  隆  4 57140510
 中林 祐輔  2 2071100

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
京都FB+α ※カッコでくくっていない投手名の後のRは、右投げであることを示します(アマのため選手情報補足)
(木成)⇒ 鈴木拓磨R(&木成)⇒ 鈴木 ⇒(山本)⇒ 鈴木 ⇒(無人)⇒ 白木淳郎R ⇒(木成)⇒ 鈴木(&木成)⇒(岩木&)白木 ⇒ 鈴木

鳴尾浜
(玉置)⇒(中林)⇒ 伊代野貴照 ⇒(無人)⇒ 中村泰広 ⇒(中林)⇒ 桟原将司


試合終了。エモやんがマイクを取ります。
「え〜、エエ勉強、させていただきました。あこがれの阪神との試合で、選手たちは喜んでおります。島野監督、
ちょっとおいでください…この島野さんは、僕とは南海から阪神とずっと同じチームでやってきました。
僕ら相手にも全く手を抜かない、素晴らしい監督さんです!」
(島野監督苦笑)
さらにエモやん、
「まあ、今は上があまり調子良くないんで、下が頑張って。まあ、ウエスタンで優勝しても、大したカネは
入りませんが(笑)あと、上田部長おいでください!」
阪神・上田二朗管理部付部長も促されてエモやんの横へ。何と阪神フロントの要職に就かれている方が、
ファームの遠征に帯同されていたのです。
下手投げの投手としても、73年には22勝を挙げている上田氏(同年、江夏も24勝。同一チームから複数の
20勝投手はこれが最後)。エモやん、
「上田さんも、僕と一緒にタイガースで投げていた仲間です。きょうのこの試合は、上田さんのご尽力が
なければあり得ませんでした。ありがとうございました!」

 そして、京都FB+αの全員がホームベース前に整列し、観客へ向けて一礼。

 その後、球場前でやはり上田部長はサインを求められていました。元選手でも現役時代のイメージを保っている
人が多い中で(エモやんもその1人でしょう)、上田部長に現役時代の面影は「そういわれてみると」
あるという程度です。今は普通のオジサンに見えませんが、やはりエモやんのマイクは効きました。
また京都FB・榊原良行コーチ(元阪神内野手)も、「現役時代の背番号37で」とのサインの希望に
応じていました。
同コーチの雑談中のひと言。
「まあ、せめて接戦ができるようにならんとな〜」

 他クラブの選手2人がつるんで、テントの控室には入らず雑談しています。急にヨソのチームへ交じっただけに、
これは仕方がないか…。

 恐らくこの日ユニホームを着た中で、最も遅く球場から出てきたエモやん。たちまち子供たちに取り囲まれます。
あまり時間はなく、これから車でコウノトリ但馬空港へ向かうとのこと。そこから伊丹空港経由で、すぐ東京へ
戻るのでしょう。

 京都FBは、8月にはこの峰山で茨城GGとの対戦が予定されているとか。エモやんと欽ちゃんのマイク合戦、
これは見ものです。

■鳴尾浜の選手たち
 若竹、玉置ともに好投、特に玉置は4イニングノーヒットと危なげないところを見せました。しかし打者も含めて、
レベルの差というものを考えれば、ほんの参考程度ととらえていたほうがいいかも。特に攻撃は11四死球と、
相手の乱調に助けられた部分があります。九回裏ナシにもかかわらず、6回打席が回った選手が3人もいました。

■京都FB・竹内和也投手
 所沢ライオンズ(現インボイス)に3年在籍し、60試合4勝4敗0S、防御率5.93という数字が
残っています。チーム唯一のNPB出身選手。この2週間余り前、高砂市長杯では、NOMO
ベースボールクラブを7回5安打2失点に抑えています(打線の援護なく敗戦)。しかし本日は…初回ランナーを
背負ってからは途端にストライクが入らなくなり、その後もボール先行の苦しいピッチングを続けました。
悪く言えば一人相撲。私の戦前の予想では、当然京都FBは竹内先発と踏んでおり、彼がしっかり抑えて、
鳴尾浜がかなりメンバーを落としてきたなら、あるいはこの試合、「せめて接戦」に持ち込めるのでは…
とも思っていたのですが。
 NOMOクラブを抑えたエース竹内が、鳴尾浜には通用しなかった。これからの都市対抗やクラブ選手権の
予選を控えて、厳しいものを突き付けられたように思います。

■鳴尾浜・島野育夫二軍監督
 この2日後、持病の胃潰瘍悪化により、西宮市内の病院に入院してしまいました。現在は立石コーチが
指揮を執っています。この試合の翌日はエモやんとのツーショット写真が新聞各紙を飾りました。
これで久しぶりに島野さんの姿を見たという人も多いのではないかと思います。
 早く良くなって、戻ってきてください。

■京都FB・柳田博基捕手
 学生野球が行われる西京極や南港中央球場の行き帰り、選手と一緒になることがあります。彼らは物持ちが良く、
髪は伸ばしてブレザー姿と、すっかり大学野球の一員となっているのですが、持っているバッグは、まだ例えば
「今治西」
とか刺繍が入っているものだったりします(笑)

 京都FBの控室テント前に置かれた1つのバッグ。見覚えのあるロゴが。
何とそれは、
「Fighting Dogs」。

 全国的にはこのニュース、どれだけ伝わっているでしょうか。昨年は四国リーグ・高知ファイティングドッグスに
所属、しかし7月、夜の高知の街で不運な傷害事件に見舞われてしまい、鼻骨骨折の重傷を負って入院。
おまけに暮れには高卒1年目にもかかわらず解雇されてしまった、柳田博基でした。

 入院してしまった島野監督。しかし一方柳田は、病院からグラウンドへと帰ってきたのです。

 彼は高知にはどんな思い出が残ったのでしょうか。私にとっては、よさこいリーグやオープン戦で
訪れた、野球と縁の深いいい土地なのですが。

 とにかく今年からは新天地の京都FBでプレーする機会に恵まれ、高知FDのバッグを使い続けて
頑張っています。この日はチームを通じてわずか3安打のうちの1本を放ちました。1イニングに2盗塁は
許してしまいましたが…。
 バッグの上に置かれたミットの、刺繍の文字が目に入りました。

「努力と信念」。


2006年 4月23日 プロアマ交流戦 住友金属鹿島−ヤクルト(日立市民)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2006年4月23日 第30回記念JABA日立市長杯選抜野球大会 予選Bブロック

住友金属鹿島−ヤクルト@市民運動公園野球場(日立市民)

 
ヤクルト 021 010 101│
 
住金鹿島 010 001 000│

 勝 宇 野 1勝0敗0S 登板1
 S 花 田 0勝0敗1S 登板2
 負 中 野 0勝1敗0S 登板1

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 川 端 521 左飛 左安    遊併    一ゴ       左安
  F 三 木 300 投ゴ ニゴ    四球    見振       捕犠
  D 久保田 311 四球    中本 空振       ニゴ
  HD高 橋 100                         ニゴ
  B 畠 山 521 三ゴ    左飛    中安    一邪    右安
  C 梶 本 520    右2 ニゴ    空振    中安    空振
  G 志 田 310    右飛 右安    四球    二失
  D 大 原 320    四球 右安    右安       左飛
  A 水 野 211    右安 空振
  2 川 本 200             空振       投ゴ
  H 内 田 300    三邪    四球    見振    空振
  犠盗失併残─────
  12039 35114

       回 打安振球責
   松 谷 3 132121
  ○宇 野 2 82100
   高 井 2 82111
  S花 田 2 61210

 【住金鹿島】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 糸 数 110 四球    四球    中安    四球
  C 武 田 100 三犠    投犠    空振
  4 岡 本 100                   三邪
  G 橋 本 300 ニゴ    空振    投ゴ       四球
  R8皆 川 000
  F 松 本 400 右飛    遊飛       空振    投併
  B 二 村 420    左2    三ゴ    右安    空振
  D 福田純 432    右安    右飛    中2       中安
  RD鈴木伸 000
  A 衣 川 200    投犠    ニゴ    左飛
  H 池 内 100                         空振
  D 秋 山 300    左直       ニゴ 投ゴ
  H 高 橋 100                         遊直
  E 高 浦 310    三邪       一安    投ゴ
  犠盗失併残─────
  30226 2872

       回   打安振球責
  ●中 野 22/3 166023
   金 子 40/3 163630
   川 畑 11/3 40100
   鈴木康 1   52101


  本塁打  久保田(ヤ)1号@ (3回 中野)
  二塁打  梶 本(ヤ)    (2回 中野)
       二 村(住)    (2回 松谷)
       福田純(住)    (6回 高井 タイムリー)
  犠 打  武 田(住)    (1回 無死1塁 1走の糸数が二進)
       衣 川(住)    (2回 無死1塁 1走の福田純が二進)
       武 田(住)    (3回 無死1塁 1走の糸数が二進)
       三 木(ヤ)    (9回 無死1塁 1走の川端が二進)
  盗 塁  三 木(ヤ)    (4回 捕手は衣川 打者は久保田 二盗成功)
       梶 本(ヤ)    (7回 捕手は衣川 打者は志田 二盗成功)
  失 策  糸 数(住)    (5回 2死1塁 大原の右安を後逸 三進していた1走
                    の志田がホームイン 打者走者の大原も二進 タ
                    イムリーエラー)
       岡 本(住)    (7回 2死2塁 志田の二飛を落球 2走の梶本がホー
                    ムイン 打者走者の志田は一、二塁間で挟死 岡
                    本−二村−高浦−川畑−松本 タイムリーエラー)
  盗塁死  畠 山(ヤ)    (5回 捕手は衣川 打者は梶本 二盗失敗 衣川−武田)
  走塁死  志 田(ヤ)    (7回 二飛を岡本が落球している間に2塁を欲張るも一、
                    二塁間で挟死 岡本−二村−高浦−川畑−松本)
       糸 数(住)    (7回 1走としてエンドランが掛かっていたためスター
                    トを切ると岡本の三邪飛で帰塁できず 大原−畠
                    山)
       鈴木伸(住)    (9回 1走として高橋の遊直で飛び出してしまい帰塁で
                    きず 川端−畠山)
  暴 投  宇 野(ヤ)    (5回 1死1、2塁 2走の高浦が三進、1走の糸数が
                    二進 打者は武田)
       高 井(ヤ)    (6回 1死1塁 1走の二村が二進 打者は福田純)
  併 殺  住友金属鹿島   (4回 川畑 無死1塁 高浦−武田−二村)
       住友金属鹿島   (5回 無死1塁 梶本が三振で畠山が盗塁死 衣川−武
                    田)
       ヤクルト     (7回 1死1塁 岡本の三邪飛で糸数が帰塁できず 大
                    原−畠山)
       ヤクルト     (8回 松本 無死1塁 花田−川端−畠山)
       ヤクルト     (9回 1死1塁 高橋の遊直で鈴木伸が帰塁できず 川
                    端−畠山)

  PL:コイズミ 1B:サトウ 2B:ナリタ 3B:シバタ 公式記録:場内発表なし
  時間 2時間45分(11:13〜13:59)

得点経過
 2回表(ヤ) 1死1、3塁から水野がライト線を破るシングルヒット   ヤクルト1点目
       2死1、3塁から川端が左前打              ヤクルト2点目
 2回裏(住) 無死2塁から福田純が一塁線を破る右前打         住金鹿島1点目
 3回表(ヤ) この回先頭の久保田が右中間へソロホームラン       ヤクルト3点目
 5回表(ヤ) 2死1塁から大原の右前打を糸数が後逸          ヤクルト4点目
 6回裏(住) 1死2塁から福田純が中越えツーベース          住金鹿島2点目
 7回表(ヤ) 2死2塁から志田の二飛を岡村が落球           ヤクルト5点目
 9回表(ヤ) 2死3塁から畠山が右前打                ヤクルト6点目


戦評
 週間予報ではずぅーっと雨の予報だったが薄日も射したJABA日立市長杯選抜野球大会予
 選最終日。
 前日までの成績で決勝トーナメントに出場するためには自分が勝つ&東京ガスがJR東日本
 東北に負けるという厳しい条件だったヤクルトは松谷−水野というバッテリーで試合に臨む
 も、東京ガスがJR東日本東北に負けたことを知ってか、3回でバッテリーを交替させると
 宇野−高井−花田のリレーで見事に逃げ切り決勝トーナメント進出。

選評
 中 野(住) 公式パンフレットでは速球派との振れ込みの中野。確かにストレートの速さに
       は目を見張るものがあるが、いかんせんコントロールが悪い。ほとんど球が高
       目に外れ、簡単にストライクを取りに来たところを痛打されることの繰り返し。

 川 畑(住) 小柄ながらスリークォーターから小気味良く放る右腕。7回途中から登板する
       と1回1/3を4人で完璧に抑える。内田へのウイニングショットは渾身のスト
       レート。


 水 野(ヤ) 初見。1死2、3塁のチャンスで迎えた第1打席ではリーゴ(元ヤ)のようなバ
       ットを寝かせた構えからライト線を破る当たりを放つもハーフウェイにいた1
       走の大原を意識してか1塁ベースを回ったところでスピートを緩めてしまい2
       塁まで到達できず。早速、猿渡1塁コーチよりお小言。

 高 井(ヤ) イニング前の投球練習から暴投しておりコントロールが危惧されたが、予想通
       りというかランナーがいる場面で暴投を犯す。カクンと落ちるスライダーなど
       非常に良い球を持っているのだが良い球と悪い球の落差が激しすぎる。

 梶 本(ヤ) 昨年の日立市長杯ではやらかしてくれたが、いつのまにかクリーンアップを担
       い守備もある程度安心して見られるように成長。

予選Bブロック成績
 1位 ヤクルト    2勝1敗0分 4ポイント
 2位 JR東日本東北 2勝1敗0分 4ポイント
 3位 住友金属鹿島  1勝2敗0分 2ポイント
 4位 東京ガス    1勝2敗0分 2ポイント
 ※ポイントは、勝ち:2ポイント、引き分け:1ポイント、負け:0ポイント
 ※1位と2位、3位と4位は直接対決の結果による

ヤクルトその後

2006年4月24日 第30回記念JABA日立市長杯選抜野球大会 準決勝

富士重工業−ヤクルト@日立製作所会瀬

 富士重工 200 001 021│6
 ヤクルト 001 000 000│1

 勝 小 出 1勝1敗0S 登板2
 負 丸山貴 0勝1敗0S 登板1


2006年 4月23日 イースタンリーグ 楽天−インボイス(天童)報告者:山形県上山市在住さん

初めまして。本日の天童の試合を観戦してきました。

4月23日 イーグルスvsインボイス(天童 13:00〜15:46 711人 晴れ)

      123 456 789 計 安 失
インボイス 000 001 000| 4 2
イーグルス 000 000 011| 10 0

T 後藤光−西川−許−松永−●東
E バワーズ−徳元−有銘−○小山

【インボイス】1回2回3回4回5回6回7回8回9回 打安点振球
C 宮 崎  三振  投ゴ    右飛  三振   40020
H 高 波  二飛  遊直    中安  遊ゴ   41000
D 大 島  四球  三ゴ    左安    三振 31011
F 高 山  三振    三振  遊ゴ    二ゴ 40120
B リーファー     二ゴ  左安  一ゴ       31000
5  星                   二ゴ 10000
D3後藤武    三振  二併    三振     30020
G 松坂健    四球    左飛  三振     20011
A 野 田    中安    右飛  中飛     31000
E 水 田    右飛    中飛    右飛   30000
                          304182
【イーグルス】
D 関 川  左安  右2  三振         32010
打D長 坂                中飛中安 21100
G 飯 田  投併  三ゴ    中安  右中2   42000
B 平 石  中飛    右安  右安  四球   32001
H 牧 田    右飛  右安  三振  遊ゴ   41010
F 竜太郎    四球  右安           11001
打 斉 藤            三振       10010
7 山崎隆                三振   10010
E 塩 川    三ゴ  右飛  二ゴ    二ゴ 40000
D 酒 井    一ゴ  遊併    遊ゴ  右中2 41000
走 中 島                     00000
C  坂       左飛  遊ゴ  遊飛  四球 30001
A 中 谷      三振  二ゴ  三振     30020
打 西 谷                  敬遠 00001
                          3310164

  投 手 回  球数打者 安 振 四 責
  後藤光 51/3 78 22 7 3 1 0
  西 川  2/3 9 2 0 1 0 0
   許  1   10 3 0 1 0 0
  松 永 1   22 5 1 1 1 1
●  東   1/3 25 5 2 0 2 1

 バワーズ 3   48 12 1 3 2 0
  徳 元 21/3 28 8 2 1 0 1
  有 銘 22/3 39 9 1 3 0 0
○ 小 山 1   11 3 0 1 0 0

審判:鈴木(球) 山崎(一塁) 工藤(二塁) 橋本(三塁)


【ダイジェスト】
両チームとも投手陣の好投に加え、随所に好守備も見せ、引き締まった展開になりました。

4裏(E) この回先頭の平石以下の3連打で無死満塁の絶好のチャンスも、塩川が浅い右
      飛、続く酒井が併殺打に倒れ先制ならず。
6表(T) 1死から高波がヒットで出塁、続く大島との間でエンドランが決まり1・3塁
      。次打者高山の併殺崩れの間に1点先制。
6裏(E) 飯田、平石の連打に外野の中継の乱れも加わり無死2・3塁も牧田が三振。代
      打斉藤、塩川もリリーフ西川に討ち取られまたも無得点。
8裏(E) 1死から飯田が右中間に二塁打。平石四球、牧田の遊ゴロで2死1・3塁とな
      り、山崎のカウント2−2から牧田が牽制に誘い出される間に飯田が果敢に
      ホームスチールを決め同点に追いつく。
9裏(E) 1死から酒井が右中間二塁打。中継がもたつく間に三塁へ。坂四球、代打西谷
      敬遠で満塁。(ここで酒井に代走中島)長坂がゴロで中前に運び勝負を決める

勝ったイーグルスでは捕手の中谷が投手の持ち味を引き出しつつ相手打者の裏をかく好リー
ドを見せていた。攻撃面では関川、飯田のベテランが引っ張っていたが、その一方で2年目
の平石が2安打。若手・中堅の中では最も一軍に近いか?
敗れたインボイスだが、高山が4打数無安打2三振、後藤武が3打数無安打2三振と、かつ
てのドラフト上位の中堅どころに元気が無かった。いま一つ伸び悩んだまま年齢を重ねてい
るだけに奮起が求められる。

*尚、先程の投稿のデータは私のスコアシートによるものですので、公式記録とは若干の差
異があるかも知れません。


2006年 4月22日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記
4月22日13:00時開始 球場:鎌ヶ谷 天候:晴

球審:萩原  塁審:一塁名幸 三塁深谷 公式記録員:及川

浦 和 000 050 030|
鎌ヶ谷 000 000 000|

(先発)
浦和       鎌ヶ谷
(遊)根元    (左)坪井
(二)林(孝)  (中)紺田
(右)竹原    (遊)陽
(指)垣内    (右)鵜久森
(三)パクスチ  (指)森
(一)寺本    (三)尾崎
(左)喜多    (二)高口
(捕)金澤    (捕)小山
(中)代田    (一)市川

(投手)
浦和
○成瀬  9回打者30人投球数117被安打2与四球1奪三振14失点0

鎌ヶ谷
 金森   3回打者11人投球数59被安打3与四球0奪三振2失点0
●立石   2回打者13人投球数50被安打6与四球2奪三振0失点5
 中村(渉)2回打者 9人投球数31被安打1与四球1奪三振1失点0
 押本   1回打者 6人投球数24被安打3与四球1奪三振0失点3
 伊藤   1回打者 4人投球数10被安打0与四球0奪三振0失点0

(経過)
1回表浦和
根元 遊ゴロ
林  左中間二塁打
竹原 空振り三振
垣内 二ゴロ
1回裏鎌ヶ谷
坪井 空振り三振
紺田 空振り三振
陽  左飛

2回表浦和
パクスチ 右飛
寺元 三邪飛
喜多 右安
金澤 空振り三振
2回裏鎌ヶ谷
鵜久森 空振り三振
森 中安
尾崎 三ゴロ 森二進
高口 見送り三振

3回表浦和
代田 一ゴロ
根元 左安
林 三直 エンドランがかかっていた為、根元帰塁できずゲッツー
3回裏鎌ヶ谷
小山 一ゴロ
市川 空振り三振
坪井 二ゴロ

4回表浦和 鎌ヶ谷投手立石に交代
竹原 二飛
垣内 二飛
パクスチ 四球
寺元 遊飛
4回裏鎌ヶ谷
紺田 左飛
陽 三ゴロ
鵜久森 四球
森 空振り三振

5回表浦和
喜多 中安
金澤 三前犠打
代田 四球 一死一二塁
根元 中安 一死満塁
林 遊内野安打 浦和1−0 一死満塁
竹原 中安 浦和3−0 一死一二塁
垣内 左線二塁打 浦和5−0 一死二塁
パクスチ 右飛
寺本 一ゴロ
5回裏鎌ヶ谷
尾崎 空振り三振
高口 中飛
小山 空振り三振

6回表浦和 鎌ヶ谷投手中村渉に交代
喜多 中安
金澤 二ゴロ 喜多二進
代田 四球 一死一二塁
根元 空振り三振
林 投ゴロ
6回裏鎌ヶ谷
市川 二ゴロ
坪井 三飛
紺田 左飛
陽 見送り三振

7回表浦和
竹原 遊ゴロ失
垣内 左飛
パクスチ 左飛
寺本 三飛
7回裏鎌ヶ谷
鵜久森 空振り三振
森 空振り三振
尾崎 空振り三振

8回表浦和 鎌ヶ谷投手押本に交代
喜多 左飛
金澤 左越本塁打 浦和6−0
代田 四球
根元 右越二塁打 一死二三塁
林 中安 浦和8−0 本塁送球の間に二塁を狙った林が刺されて二死
竹原 三直
8回裏鎌ヶ谷
高口 左飛
小山 中飛
市川 空振り三振

9回表浦和 鎌ヶ谷投手伊藤に交代
垣内の代打平下 左飛
パクスチ 遊ゴロ
寺本 一ゴロ失
喜多 一ゴロ
9回裏鎌ヶ谷
坪井 一ゴロ
紺田 空振り三振
陽 二ゴロ


(寸評)
すでに連休が始まったのかと思うほどたくさんの観客が集まりましたが、打っては成瀬にまさに手も足も出ず
守っては立石、押本と一軍でも実績のあるピッチャーが打ち込まれ、内野陣もまずい守備を連発
鎌ヶ谷ファンとしては本当に、本当に辛い一日でした

(浦和注目選手)
■成瀬善久(ロ)
相手が貧打の鎌ヶ谷とはいえ、2安打14奪三振での完封はお見事の一言でした。
ストレートで振り遅れさせ、スライダー(だと思う)で泳がせ、正に思いのまま
こんな試合でピッチャーって楽しくてしょうがないだろうな〜

■喜多隆志(ロ)
昨秋の鎌ヶ谷で久しぶりに先発してきた時には「これがお別れだろうか」などと失礼な事を考えてしまいましたが、今日は5打数3安打
早くマリンであの応援歌を聞きたいです

■根元俊一(ロ)
こちらも新人ながら5打数3安打 足も速そうですし浦和は本当に毎年楽しみな新人が入ってきますね

(鎌ヶ谷注目選手)
■坪井智哉(日)
このメンバーに入ったら格の違いを見せてくれなくては困るのですが、どうにもバットが湿ったままです
ちょっとどころかかなり心配

■陽仲寿(日)
記録上のエラーは一つだけでしたが、5回には二遊間のゴロをセカンド高口と譲り合ってタイムリーにしてしまい、他にも2本私の目には普通のショートゴロに見えた打球においつけませんでした
守備練習でもかなりポロポロやっていますが、前に出ずに打球を待ってしまう癖と、捕球時にグラブが寝てしまっている様に見えるのが非常に気になります
打撃は慣れれば何とかなるような気もするのですが、守備は基本からやり直さないと厳しいかも知れません

■市川卓(日)
だいぶ守備が上手くなったなあと思っていたのですが、この日は真正面の打球を二つファンブル(一つはぎりぎりアウト)
打撃の不調が守備にも影響してしまっているのでしょうか

■鎌ヶ谷投手陣
金森以外とにかく全員球が高めに浮きすぎ

余談ですが、5月10日に明治安田生命との間のプロアマ交流戦が鎌ヶ谷で行われるそうです


2006年 4月22日 ウエスタンリーグ 中日−広島(ナゴヤ)報告者:なごやんさん

初めての投稿です。よろしくお願いします。
2006年4月22日 ウエスタンリーグ公式戦中日対広島 ナゴヤ球場

塁審村山 一塁山本 二塁嶋田 三塁土山 記録員荻野

広島 000 000 000|0
中日 000 200 00X|2

勝 佐藤充
負 フェリシアーノ

得点経過
4回裏2死1,3塁から8番キャッチャー清水がライト前ヒットでまず1点、続くピッチャー佐藤充がレフト前ヒットでもう1点。
佐藤充はこれで2試合連続完封勝利です。


2006年 4月22日 プロアマ交流戦 東京ガス−ヤクルト(日立市民)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2006年4月22日 第30回記念JABA日立市長杯選抜野球大会 予選Bブロック

ヤクルト−東京ガス@市民運動公園野球場(日立市民)

 
ヤクルト 110 000 001│
 
東京ガス 120 002 01×│

 勝 木 村 1勝0敗0S 登板1
 S 宗 政 0勝0敗1S 登板1
 負 松 岡 0勝1敗0S 登板1


 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 川 端 400 四球    二ゴ    遊ゴ    二ゴ    一ゴ
  F 三 木 210 四球    右安    四球    二ゴ
  H 志 田 400 空振    右邪    三ゴ       三ゴ
  B 畠 山 311 中2    中飛       一邪    四球
  C 梶 本 420    二失    左安    遊安    遊併
  G 牧 谷 300    三ゴ    右飛    三失
  H ユウイチ  110                         中安
  A 高 橋 300    二直    一直    中飛
  H 久保田 100                         二失
  D 大 原 310    三失       中安 右飛
  H 丸山泰 100                         遊併
  D 大 塚 300    遊ゴ       投ゴ    二ゴ
  HD内 田 100                         二失
  犠盗失併残─────
  01107 3361

       回   打安振球責
  ●松 岡 4   195223
   上 原 12/3 82011
   坂 元  2/3 41210
   田中充 1   52100
   鎌 田 1   52101

 【東京ガス】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 藤 井 520 空振 三ゴ    遊ゴ    三安    右安
  C 濱 田 411 左本    見振    遊飛 四球    投ゴ
  G  菅  511 中飛    三飛    一失 空振    右3
  B 山 内 500 一邪    中飛    遊飛 見振    一飛
  D 山 口 521    左本    遊ゴ 中飛    左安 空振
  D 天 野 410    三安    中飛    三邪 三振
  A 松 田 420    二ゴ    中安    中安 二ゴ
  H 末 定 210    一ゴ    四球    中安
  H9千 里 110                   右安
  F 佐藤俊 211    左2    四球    四球 左飛
  犠盗失併残─────
  005411 37124

       回 打安振球責
  ○木 村 7 295131
  S宗 政 2 81010


  本塁打  濱 田(東)1号@ (1回 松岡)
       山 口(東)1号@ (2回 松岡)
  三塁打   菅 (東)    (8回 鎌田 タイムリー)
  二塁打  畠 山(ヤ)    (1回 木村 タイムリー)
  犠打失  大 塚(ヤ)    (5回 無死1塁 投前バントで1走の大原が二塁封殺)
       天 野(東)    (7回 無死1塁 スリーバント失敗で送れず)
  盗 塁  梶 本(ヤ)    (2回 捕手は松田 打者は大原 三盗成功)
  失 策  濱 田(東)    (2回 梶本の二ゴロをファンブル)
       山 口(東)    (2回 2死3塁 大原の三ゴロをファンブル タイムリ
                    ーエラー)
       畠 山(ヤ)    (5回 菅の一、ニ塁間のゴロに追い付くもグラブの下を
                    すり抜けられる)
       山 口(東)    (6回 1死1塁 牧谷の三ゴロを弾く 1走の梶本が二
                    進)
       濱 田(東)    (9回 無死1塁 久保田の二ゴロをファンブル 1走の
                    ユウイチが二進)
       濱 田(東)    (9回 2死3塁 内田の二ゴロをファンブル 3走のユ
                    ウイチがホームイン タイムリーエラー)
  盗塁死  川 端(ヤ)    (1回 捕手は松田 打者は志田 三盗失敗)
  走塁死  天 野(東)    {2回 3走として末定の一ゴロで飛び出してしまい三本
                    間で挟殺 畠山−高橋−大原(3フィートライン)
                    その間に打者走者の末定が二進)
  牽制死  畠 山(ヤ)    (1回 2走として 木村−濱田)
  暴 投  上 原(ヤ)    (5回 2死1塁 1走の菅が二進 打者は山口)
       坂 元(ヤ)    (6回 1死満塁 3走の末定がホームイン、2走の佐藤
                    俊が三進、1走の藤井が二進 打者は濱田)
  捕 逸  高 橋(ヤ)    (2回 無死1塁 1走の天野が二進 打者は松田)
       高 橋(ヤ)    (6回 1死1、3塁 3走の松田がホームイン、1走の
                    末定が二進 打者は佐藤俊)
  併 殺  東京ガス     {1回 無死1、2塁 志田が空振り三振で川端が盗塁死
                    松田−山口(1走の三木は二進)}
       東京ガス     (4回 1死1塁 高橋の一直で1走の梶本が帰塁できず
                    山内−山内)
       東京ガス     (8回 梶本 1死1塁 藤井−濱田−山内)
       東京ガス     (9回 丸山泰 無死1塁 宗政−藤井−山内)

  ※失策の判断は公式記録員による。
  ※暴投・捕逸の判断はふんぼるとによる。

  審判団・公式記録:場内発表なし
  時間 2時間54分(15:10〜18:04)

得点経過
 1回表(ヤ) 2死2塁から畠山がセンターへツーベース         ヤクルト1点目
 1回裏(東) 1死無走者から濱田がレフトポール際へソロホームラン   東京ガス1点目
 2回表(ヤ) 2死3塁から大原の三ゴロを山口がファンブル       ヤクルト2点目
 2回裏(東) この回先頭の菅がレフトポール際へソロホームラン     東京ガス2点目
       2死2塁から佐藤俊がレフト線を破るツーベース      東京ガス3点目
 6回裏(東) 1死1、3塁から高橋がパスボール            東京ガス4点目
       1死満塁から坂元がワイルドピッチ            東京ガス5点目
 8回裏(東) 1死2塁から菅がライト線を破るスリーベース       東京ガス6点目
 9回表(ヤ) 2死3塁から内田の二ゴロを濱田がファンブル       ヤクルト3点目


戦評
 JABA日立市長杯選抜野球大会へのヤクルトの出場は今年で2回目。
 試合の方は両チームとも序盤に点を取り合うも、中盤に中押し、終盤にダメ押しと効果的に
 得点を挙げた東京ガスに軍配・・・と言いたいところだが実際はヤクルトは4バッテリーエラ
 ーに4併殺、東京ガスは5エラーとかなりお寒い内容。ヤクルトは立ち上がりが不安定な木
 村を雑な攻撃で一気に攻略できなかったのが敗因。
 また、小川監督が最終回に代打攻勢とアマチュア野球チックな采配を見せる。

選評
 木 村(東) 秋田経法大附時代からドラフト候補だった木村雄太。立ち上がりはストレート
       も変化球もストライクが入らず苦しい内容だったが、ヤクルトの拙攻もあり1
       点で切り抜けると中盤にはストレートがゾーンに入るようになり、終盤には変
       化球もゾーンに入るようになる。それでもヤクルト打線から三振を奪えず。斬
       れは今一つか。

 濱 田(東) 田中一(横)に似た独特のバッティングフォームながらパンチ力があるところを
       見せるも守る方では何かに憑り付かれてしまったかのように4エラー。基本的
       には守備範囲が広く球際に強いと思われるが、イージーなゴロが苦手な印象。


 松 岡(ヤ) 初見。ややアーム式なヒジの使い方が気になるが、その他はこれと言って特徴
       のない投球フォーム。味方の得点を守れずに取ってもらったら取られるの繰り
       返し。

 高 橋(ヤ) 打つ方では右方向に真芯で捕えた心地良い打球音を残していたが(運悪く飛ん
       だ方向が野手の正面)、守る方ではポロッポロッする場面が目立ちパスボール
       2つ。これじゃファームの正捕手の座も奪えない。


 公式記録員 5回の菅(東)の一、二塁間への打球を畠山のエラーと判断。確かに打球には追
       い付いていたが、グラブに触れてもいないのにエラーを付けるのはちと厳しい
       くはないか???

おまけ
2006年4月22日 第30回記念JABA日立市長杯選抜野球大会 予選Aブロック

富士重工業−沖縄電力@日立製作所会瀬 時間:2時間14分(8:20〜10:35)

 沖縄電力  000 200 002│4
 富士重工業 206 000 00×│8

 【沖縄電力】    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  5番 A 渡 邉 423 空振    右2          空振    左本

出来事
  本塁打  渡 邉(沖)1号A (9回 畠山)

選評
 渡 邉(沖) 日程が1日順延になったため今年も観戦できた渡邉孝男(元日本ハム)。渡邉の
       2本の弾丸ライナーと2つの空振り三振を見れただけでも会瀬まで来た甲斐あ
       り!沖縄電力は先発の仲田が捕まってしまったが、後を受けた知花が5回以降
       をパーフェクトに抑える好投を見せており今年は楽しみかも。


2006年 4月22日 イースタンリーグ 巨人−湘南(熊谷)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!)/WIZさん


■報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!

イースタン公式戦 読売―湘南@(熊谷) 10153人(おそらく)
審:牧田・原・石山・敷田 記:野中 2時間57分(13:00〜15:57)
             R  H E
SR|011000010| 12 1
 G|000010000|  8 0
勝:那須野(1−1)負:西村(1−2)S:吉川(4S)
本:實松@(1那須野)

得点経過
2表:万永タイムリー2ベース(0−1)
3表:北川スクイズ     (0−2)
5裏:實松ソロHR     (1−2)
8表:斉藤タイムリーヒット (1−3)

SR      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(54)万永  四球右2  四球    右安  左安  3  3 1 667
(6) 野中  空振遊ゴ    左飛  一併  三犠  4  0 0 273
(7) 河野  右安  右安  二ゴ    右邪一ゴ  5  2 0 346
(3) 小田嶋 四球  中安  一邪    左安遊ゴ  4  2 0 327
(98) 南  三ゴ  空振    死球  中飛    3  0 0 137
(4) 北川  三直  投ス    左安        2  1 1 286
 5  福本                中安    1  1 0 282
(2) 斉藤    中安空振    空振  左安    4  2 0 250
(8) 田中一   遊ゴ  右飛            2  0 0 250
 H  鈴木尚           三併        1  0 0 350
 9  桑原                右安    1  1 0 211
(1) 那須野   空振  見振    見振      3  0 0 000
 H  呉本                三ゴ    1  0 0 250
 1  三橋                      ―      ―
 1  吉川                      ―      ―
                           34 12 3 232
※福本→6回裏から出場
投手  回  打 安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責  防御率
那須野 7 29 7 1 6 0 0 1 0 1 1 2.25
三橋  1  3 0 0 0 1 0 0 0 0 0 3.32
吉川  1  4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2.84
    9 36 8 1 6 1 0 1 0 1 1 3.52

 G      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(45)脇谷  三ゴ  左飛  中安  中2      4−2−0 385
(64)岩舘  右飛  空振  空振  投ゴ      4−0−0 273
(8) 小関  空振    二ゴ  中飛  二飛    4−0−0 000
(3) 吉川    右飛  三安  遊安  四球    3−2−0 261
(5) 十川孝   二失  空振  右飛        3−0−0 200
 H6 古城                遊併    1−0−0 250
(7) 三浦    見振  遊ゴ  左安    中飛  4−1−0 154
(2) 實松    右邪    右本右邪        3−1−1 273
 H  長田                  遊直  1−0−0 189
(9) 十川雄     投安  投ゴ  遊ゴ  左安  4−2−0 250
(1) 西村      三ゴ  空振          2−0−0 000
 1  加登脇                     ―     ―
 H  大須賀             中飛      1−0−0 375
 1  会田                      ―     ―
 1   南                      ―     ―
 H  加藤                  三ゴ  1−0−0 552
                           35−8−1 264

投手  回  打  安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責   防御率
西村  6 26  6 0 6 3 1 0 0 2 2  2.52
加登脇 1  3  1 0 1 0 0 0 0 0 0  0.00
会田  1  7  4 0 0 0 0 0 0 1 1  8.31
 南  1  4  1 0 0 0 0 0 0 0 0  4.11
    9 40 12 0 7 3 1 0 0 3 3 10.80

盗塁死:万永(4回 打者・野中 0−1から二盗死)
失策 :北川(2回 打球をはじく 打者・十川孝)
暴投 :那須野(5回 打者・岩舘 1−1で暴投 ランナー2進)

補足
1表;河野の右安→エンドラン成功、ランナー1・3塁
    南の三ゴ→本塁フォースアウト
3表:小田嶋の中安→ランエンドヒット、ランナー1・3塁
3裏:西村の三ゴ→バント失敗
5裏:十川雄の投ゴ→セーフティバント
6表:斉藤の空振→スリーバントを試みるも空振り
6裏:吉川の遊安→サードがグラブをはじかれ、ショートがバックアップ
7表:野中の一併→バントがフライになる・ファーストがショートバウンドで捕球
   バッターがタッチアウト・ランナー挟殺

☆注目選手☆
■那須野巧(湘)
昨年から何度も言っているように、課題は立ち上がり。初回の攻撃が嫌な形で終わっただけに不安だったが、ストライクをどんどん奪っていきカウント2−0という場面を何度も作っていた。決め球もまずまずコースに決まり、ビックリしているうちに抑えきった。正直、奇跡かと思うような立ち上がり。そればかりか4回途中まで3ボールさえ一度もなかったのです。中盤は一時的な暑さと想像外のHRの影響を少し受けたが、最後は再びエンジンがかかり7回を投げきった。シーレックスファンの皆様、那須野が無四球ですよー!!

■万永貴司(湘)
1番サードでフル出場。打撃では選球眼とバッティング技術で全打席出塁。守ってはバント処理でセカンドフォースアウトに仕留める、といったように格の違いを見せつけた。ここにいてはいけない選手なのは確か、いつ上がっても準備万端だ。

■加登脇卓真(巨)
西村の後を受けて今季3試合目の登板。気負う事なくストライクを投げ込み、攻撃のリズムを生み出しそう。特にストレートがよく、3試合無失点もうなずける。競った場面でも結果を出せるかに注目。

■小関竜也(巨)
アメリカでどのくらい練習できていたのかはわからないが、実戦不足は否めない。特にバッティングは打者と対戦する機会が少なくて生きたボールが打てていなかったのか10打数ノーヒットの不振が続いている。1軍が好調なので焦る必要はないが、1本出ればのってくると思う。それまでの辛抱、守備は問題ない。

☆感想☆
だいぶ時間はかかりましたが、熊谷まで行ってきました。行きは市営バスで渋滞にはあまり引っかからずに球場入り。1000円のチケットを買おうとしたら、見知らぬ人が招待券をくださり助かりました。本当にありがとうございます(そのくらい読売は招待券をくばっていたようです)。天気がよかったこともあり、立ち見が大量に出るほどの盛況ぶり。このあたりは、明らかにチケットを配りすぎな気がする。それから、試合中に少年たちが「サインください」と連呼。追浜ボールちょうだいボーイズよりも不快になる人もいたと思います。このあたりも地方球場らしいか。帰りは時間が半端だったので、歩いて秩父鉄道の「ひろせ野鳥の森」駅へ。道を確認しながら行ったのでやや時間はかかったが慣れれば20分ぐらいで行けると思う。小旅行だと思えばなかなか楽しかったです。
偶然会った熱い男さん、今日はありがとうございました。





■報告者:WIZさん

 4/22(土) イースタンリーグ公式戦 巨人−湘南 1回戦 熊谷運動公園野球場(13:00開始)

審判:PL 牧田、1B 原、2B 石山、3B 敷田
記録員:野中
観客数:約10000名(公式記録がよく聞き取れませんでした)

【スコア】
湘  南 011000010  3
巨  人 000010000  1

【投手継投】
湘   南  ○那須野(7回)−三橋(1回)−S吉川(1回)
巨   人  ●西村(6回)−門脇(1回)−会田(1回)−南(1回)

【得点経過】
2回表(湘) 二死2塁で万永、ライト線タイムリー2ベース(1点)
3回表(湘) 一死1・3塁で北川、スクイズで3塁走者生還(1点)
5回裏(巨) 無死無塁で實松、ライトスタンドポール際にソロ(1点)
8回表(湘) 二死1・2塁で斉藤、レフト前タイムリー(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
3B 万永  四球右2  四球    右安  左安     331000020
2B
SS 野中  三振遊ゴ    左飛  一併  三犠     400000100
LF 河野  右安  右安  二ゴ    右飛一ゴ     520100000
1B 小田嶋 四球  中安  二飛    左安二ゴ     420100010
RF 南   三ゴ  三振    死球  中飛       300000101
2B 北川  三飛  投犠    左安           211000000
3B 福本                中安       110000000
C 斉藤    中安三振    三振  左安       421100200
CF 田中一   遊ゴ  右飛               200000000
H 鈴木尚           三併           100000000
RF 桑原                右安       110000000
P 那須野   三振  三振    三振         300000300
H 呉本                三ゴ       100000000
P 三橋                         000000000
P 吉川                         000000000

<巨人>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
2B 脇谷  三ゴ  左飛  中安  中2         420000000
3B
SS 岩館  右飛  三振  三振  投ゴ         400000200
2B
CF 小関  三振    二ゴ  中飛  二飛       400000100
1B 吉川    右飛  三安  遊安  四球       320000010
3B 十川孝   二失  三振  左飛           200000100
H 古城                遊併       100000000
SS
LF 三浦    三振  遊ゴ  左安    中飛     410000100
C 實松    右飛    右本右飛            311110000
H 長田                  遊飛     100000000
RF 十川雄     投安  投ゴ  遊ゴ  左安     420000000
P 西村      三ゴ  三振             200000100
P 門脇                         000000000
H 大須賀             中飛         100000000
P 会田                         000000000
P 南                          000000000
H 加藤                  三ゴ     100000000


【投手成績】
<湘南>
       回  打  安 四 三 失 自
○那須野   7  29 7 0 6 1 1
 三橋    1  3  0 1 0 0 0
S吉川    1  4  1 0 0 0 0

<巨人>
       回  打  安 四 三 失 自
●西村    6  26 6 4 6 2 2
 門脇    1  3  0 0 1 0 0
 会田    1  7  4 0 0 1 1
 南     1  4  1 0 0 0 0


【選手感想】
<湘南>
■那須野 巧(湘)
5回まで毎回の奪三振と球速、キレ申し分なし。こんなに気合の入った投球を見たのは
実に初めて。夏場から毎週のように登板する「サタデー那須野」復活登板は今まで数多く
見てきた中でベストピッチング。
それだけに今日は完投をしてほしかったが、8回に二死満塁と追加点のチャンスに
打席が回ったため交替したのが残念。
今日の内容が続けば一軍昇格問題なしだが、来週末は試合が無いので思い切って
一軍の試合に登板させてみるのも面白いかも。

■北川 利之(湘)
2回、十川孝の二遊間に抜けようとするゴロ、十分正面で取れる範囲にも関わらず、なぜか
横手取りに行き見事にエラー。守備を売りにしている選手が何とも情けないプレーと
ガッカリしていたら4回の小関の同じような当たりにはちゃんと正面で取りにいった。
「守備の基本を忘れてはいけません」とたくさん駆けつけた野球少年に実戦教育したような
プレーだった。追加点となるスクイズを難しい体勢から決めたことは好評価。

■桑原 義行(湘)
「那須野が投げれば桑原が打つ」、日大からの同級生は昨年の新人合同自主トレでも
参加が遅れた那須野に付き合って練習を手伝ったりと友情関係は厚い。
6回疲れの見えた那須野が二死1・2塁のピンチを招き、實松がファールフライを打つと
懸命に打球を追いかけ、ブルペンに突っ込んでスライディングキャッチ!
盟友の危機を救った。さらに8回にはヒットを放ち「那須野−桑原」神話、今日も継続。

■万永 貴司(湘)&鈴木 尚典(湘)
万永は打っては3打数3安打の猛打賞、守備も問題なく那須野を再三救った。
尚典は代打出場したが今日は「ゴロキング」を披露。しかし登場時は一番の拍手を贈られた。
湘南打線の復調には彼らの参入が一番大きく頼りになるものの、このまま湘南に居座る、
一昨年の小川、昨年の山田、若田部と同じ扱いを受けるのだろうか?

☆今日の村西哲幸(湘)☆
所沢に続き熊谷&越谷遠征にも帯同せず。
代わりに飯田が今季初の(?)チーム帯同。

<巨人>
■西村 健太朗(巨)
那須野に負けじとこちらも球威、キレも抜群なのだが、こちらは少々コントロールに課題を残した。
序盤は貧打の湘南打線に毎回のように走者を出してしまった。
中盤には落ち着いてきたものの熊谷のファンに大器の片鱗を見せることなく無念の降板。
矢野、亀井といった野手の若手に注目が集まっているが、巨人の若手はむしろ投手陣の方が
宝の宝庫かと思われる。3年目と野間口とともにその先陣を切らなければならないのだが、
一軍昇格にはもう少し様子見といったところか。

■小関 竜也(巨)
メジャー挑戦を断念して巨人にテスト入団。一月遅れての球春開幕。
しばらく実戦に離れていたせいか、それとも去年からの不調が続いているのか、
ベテランらしい風格が全く感じられなかったのは残念。
彼が今後ジャイアンツにどのような影響を与えていくのだろうか?要注目。

■實松 一成(巨)
岡島との交換トレードで古城とともに巨人入り。
ややつまったかと思われたが、あれよあれよという間に打球はポール際にスタンドイン。
本日巨人の唯一の得点を挙げた。
正捕手の阿部、「ポスト阿部」の評価が高い若手の星とライバルは多いだけにどう一軍枠に
入っていくか、トレードによってより厳しい環境下に置かれたように感じるが頑張れ。


【全体感想】
毎年恒例の読売巨人軍主催の埼玉遠征第一弾は熊谷公園野球場にて開催。
昨夜は神宮の一軍の試合を観戦して来ましたが、その一軍の試合を遥かに超える
約1万人のファンが来場。バックネット裏、内外野スタンド立ち見がでる大盛況にただただ
驚くばかりです。
横須賀、湘南主催の神奈川県内遠征試合でもこの熱気は感じたことがありません。
私もこんな熱気の中で試合を観戦したのは子供の頃依頼じゃないでしょうか。
野球人気の復活を感じ、読売巨人軍の人気を底強さを改めて感じました。

試合は西村、那須野両先発が頑張った投手戦となりました。
しかし西村の方がややテンポが悪く、結果負け投手に。
湘南は課題の打線が万永、鈴木尚のベテランが加わったことにより復調気配。
今日はついに久しぶりの二桁安打を記録しました。

しかし開催された熊谷公園野球場はちょっとアクセスが悪いです。
なので地元の方は車での来場が多かったですね。帰りは大渋滞でした。
また超満員の中で「ボールください」少年を中心としたボールの取り合いは
危険極まりなかったです。
出店もたくさん並んでおりましたが、一番商売に熱気だったのはジャイアンツグッズの
販売員でした。ちなみに広島風お好み焼きは絶品でした。

自然に囲まれ、土と天然芝の地方球場ならでは独特な雰囲気を楽しみながら
球場を後にしましたが、今だ心配なのは試合中盤から何度も放送された迷子の連絡。
あの子は無事見つかったのでしょうか?


  ■掲示板@2軍愛■