【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2006年 6月10日 イースタンリーグ 巨人−インボイス(ロッテ浦和)報告者:しゅうさん

6/10 巨人vsインボイス7回戦(ジャイアンツ球場)

インボイス 100 203 000│
読売巨人  020 003 000│(巨人5勝2敗)

 勝 岡 本 3勝2敗1S 登板8
 負 辻 内 3勝2敗0S 登板7
 S 杉 山 1勝0敗2S 登板10

  【インボイス】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 佐 藤 520 空振    中直 中飛    右安    左安
  F 高 波 400 中飛    中飛    三ゴ 一ゴ
  1 大 沼 000
  1  東  000
  H 椎 木 000
  H 吉 見 000                      四球
  1 正 津 000
  1 杉 山 000
  GGG佐藤 410 中安    四球    左飛    遊ゴ 空振
  D 後藤武 510 中安    一邪    左飛    右飛    右飛
  Bリーファー320 四球       四球    右安 右安    左飛
  A 野 田 511 中飛       遊併    中二 左飛    二飛
  E 黒 瀬 420    空振    左二    見振    左安
  C 水 田 322    二飛    左二    中三    投犠
  @ 岡 本 211    遊ゴ    中二
  H7柴 田 211                右安    左飛
  犠盗失併残─────
  10019 37135

       回  打安振球責
  ○岡 本 5  245442
   大 沼 1  74103
    東  1  30000
   正 津 1  30000
  S杉 山 1  30200

 【読売巨人】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 長 田 511 捕邪 空振    中飛    中安    遊ゴ
  F 大 西 422 死球 右二    遊ゴ    右二        見振
  E 古 城 422 一邪 四球       中三 右安       左飛
  B 吉 川 300 四球 中飛       空振 見振
  1 伊 達 000
  1 前 田 000
  H 大須賀 100                         見振
  D 黒 田 410 左安    遊ゴ    遊ゴ    遊直
  H 山 本 300 空振    四球    空振    一邪
  G 三 浦 420    中二 中直       左安 三飛
  A  星  420    右安 遊ゴ       左安    中飛
  @ 辻 内 100    一犠    二ゴ
  1 会 田 000
  H3 原  200                三併    遊ゴ
  犠盗失併残─────
  10017 35105

       回  打安振球責
  ●辻 内 50/3 247234
   会 田 1  53101
   伊 達 12/3 83000
   前 田 11/3 50110

 ◇三塁打 水田、古城
 ◇二塁打 野田、黒瀬、岡本、野田、大西2、三浦
 ◇盗塁死 佐藤(6回)
 ◇暴 投 辻内(1回)
 ◇試合時間 3時間25分
 ◇審 判 鈴木、工藤、栄村、山崎
 ◇観 衆 1,150人

【試合経過】
1回表:2死満塁、6番野田の初球がカーブのスッポ抜け暴投で1点先制
2回裏:2死二・三塁から2番大西がライト線に適時二塁打を放ち逆転
4回表:2死から7番黒瀬、8番水田、9番岡本の3連続二塁打で再逆転
6回表:無死一塁から6番野田がセンターオーバーの適時二塁打、さらに代わった会田から8番水田が右中間に適時三塁打、代打柴田が前進守備の横を抜く右前適時打でこの回3点追加
6回裏:この回代わった大沼を攻め、2死三塁から1番長田の中前適時打、2番大西のこの日2本目のライト線二塁打でチャンスを広げ、3番古城の右前適時打でこの回3点を返す

両先発の辻内崇伸
岡本篤志が制球難で球数が多く、また打者は甘い球を確実に捉えることができずやたらファールが多いこと、打者が必要以上に打席を外したり攻守交替が遅いことからやたら時間の長い試合になりました。巨人が6回1点差まで迫りましたが、7回以降はインボイスのリリーフ陣が3回を完璧に押さえ逃げ切りました。
辻内崇伸投手は、初回力任せでMAX150kmを記録しましたが2回以降は尻すぼみ(ややセーブした?)。カーブもまったく決まらず、ほとんどストレートの苦しいピッチングでした。


2006年 6月10日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記)/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系


報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

個人的に4月19日の一軍戦で勝って以来、一二軍通じて観戦10連敗という記録を達成してしまい、しばらくいじけておりましたが、久し振りに鎌ヶ谷に行きましたのでご報告致します。

6月10日 湘南対鎌ヶ谷  球場:鎌ヶ谷 天候:曇 試合開始:13時
審判:主審本田 一塁萩原 三塁原 記録員:中村

湘 南 002 010 000 00 |
鎌ヶ谷 000 000 210 02×|

(成績)投手の失点は自責点ではなく、その投手が投げている時に入った得点です
湘南
(遊)石川  4打数1安打
(二)野中  4打数1安打
(三)北川  5打数ノーヒット
(指)呉本  5打数1安打
(右)内藤  5打数1安打
(一)福本  5打数1安打
(中)田中充 4打数1安打
(捕)武山  4打数1安打1本塁打1打点
(左)田中一 3打数1安打

 吉見 5回打者21人投球数70被安打5与四球2与死球1奪三振2失点0
 山北 1回2/3打者9人投球数22被安打4与四死球0奪三振0失点3
 稲嶺 1回1/3打者4人投球数 9被安打0与四死球0奪三振1失点0
 佐久本2回打者9人投球数30被安打1与四球1与死球1奪三振0失点0
●吉川 1/3回打者3人投球数9被安打2与四死球0奪三振1失点2

鎌ヶ谷
(中)二 川島   5打数1安打1本塁打(サヨナラ)2打点
(左)  坪井   2打数1安打
 走 右 紺田
(遊)  陽    4打数2安打1本塁打1打点
(右)  鵜久森  4打数1安打
 走 左 佐藤
(二)  マシーアス4打数ノーヒット
 中   工藤   1打数ノーヒット
(三)  尾崎   5打数3安打1打点
(捕)  小山   5打数2安打
(一)  高口   3打数ノーヒット1打点
 打 一 森    2打数ノーヒット
(指)  渡部   4打数1安打
 打   稲田   1打数1安打

 江尻 6回1/3打者28投球数80被安打5与四球3与死球0奪三振0失点3
 押本 2/3回打者2人投球数9被安打0与四死球0奪三振2失点0
 立石 2回打者6人投球数20被安打0与四死球0奪三振2失点0
 矢野 1/3回打者2人投球数3被安打1与四死球0奪三振0失点0
 岩下 2/3回打者2人投球数9被安打0与四死球0奪三振0失点0
○横山 1回打者4人投球数18被安打1与四死球0奪三振0失点0



(経過)
1回表湘南
石川 見送り三振
野中 投ゴロ
北川 二ゴロ
1回裏鎌ヶ谷
川島 四球
坪井 死球
陽  右飛
鵜久森 中飛
マシーアス 二飛

2回表湘南
呉本 遊ゴロ
内藤 中飛
福本 三振
2回裏鎌ヶ谷
尾崎 見送り三振
小山 中直
高口 二ゴロ

3回表湘南
田中充 中越二塁打
武山 四球
田中一 捕前犠打 一死二三塁
石川 四球 一死満塁
野中 二ゴロ マシーアス悪送球の間に二者生還 湘南2−0 一死一二塁
北川 左直
呉本 空振り三振
3回裏鎌ヶ谷
渡部 二ゴロ
川島 見送り三振
坪井 中安
陽  中安 二死一二塁
鵜久森 捕飛

4回表湘南
内藤 遊ゴロ
福本 中飛
田中充 中飛
4回裏鎌ヶ谷
マシーアス 右飛
尾崎 中安
小山 右安 一死一二塁
高口 左直 エンドランで小山戻れずチェンジ

5回表湘南
武山 左越本塁打 湘南3−0
田中一 右飛
石川 遊ゴロ
野中 三直
5回裏鎌ヶ谷
渡部 右中間二塁打
川島 三ゴロ
坪井 四球 一死一二塁
陽  二ゴロ併殺

6回表湘南
北川 一ゴロ
呉本 左安
内藤 三塁線二塁打 一死二三塁
福本 二ゴロ 三本間で呉本挟殺 二死二三塁
田中充 四球 二死満塁
武山 中飛
6回裏鎌ヶ谷 湘南投手山北に交代
鵜久森 右中間二塁打
マシーアス 三ゴロ
尾崎 中タイムリー安 3−1鎌ヶ谷 本塁送球の間に尾崎二塁へ
小山 遊内野安 一死一三塁
高口 二ゴロ 尾崎生還で3−2鎌ヶ谷 二死二塁
渡部 右直



7回表湘南
田中一 右安
石川 二ゴロ 田中二進 一死二塁で鎌ヶ谷投手押本に交代
野中 見送り三振
北川 見送り三振
7回裏鎌ヶ谷
川島 二ゴロ
坪井 三ゴロ
陽  左中間本塁打 3−3鎌ヶ谷 湘南投手稲嶺に交代
鵜久森 空振り三振

8回表湘南 鎌ヶ谷投手立石に交代
呉本 二飛
内藤 空振り三振
福本 一ゴロ
8回裏鎌ヶ谷
マシーアス 遊ゴロ
尾崎 遊飛
小山 一ゴロ

9回表湘南 鎌ヶ谷川島がセカンドへまわりマシーアスに代わりセンター工藤
田中充 投ゴロ
武山 右飛
田中一 空振り三振
9回裏鎌ヶ谷 湘南投手佐久本に交代
高口の代打森 捕邪飛
渡部 左飛
川島 捕邪飛

10回表湘南 鎌ヶ谷投手矢野に交代 森ファーストに入る
石川 遊内野安
野中 投前犠打 一死二塁で鎌ヶ谷投手岩下へ交代
北川 空振り三振
呉本 空振り三振
10回裏鎌ヶ谷
坪井 死球 代走紺田
陽  捕前犠打 一死二塁
鵜久森 敬遠四球 一死一二塁 代走佐藤
工藤 左飛
尾崎 遊内野安 二死満塁
小山 右飛

11回表湘南 鎌ヶ谷投手横山に交代 紺田ライト佐藤レフトに入る
内藤 遊ゴロ
福本 左安
田中充 三飛
武山 遊ゴロ
11回裏鎌ヶ谷 湘南投手吉川に交代
森 空振り三振
渡部の代打稲田 中安
川島 左越サヨナラツーラン 3−5鎌ヶ谷

(寸評)
試合前、張り出してあった順位表を見た少年野球チームに「ファイターズってすげぇ弱いんじゃん」とか言われてしまって始まったゲーム
途中ほとんど観戦11連敗を覚悟しましたが、最後の最後川島の一振りが救ってくれました
ただ、今日のヒーローは押本、立石、岩下といった中継陣だと思います。
逆に言えば彼らの不調が最下位に低迷している原因なんですが、一軍で建山が抹消され、武田久に疲れがみえる今彼らがこのまま復調してくれることを祈るばかりです。

(湘南注目選手)
■吉見祐治(湘)
立ち上がり四球、死球ときて陽にノースリーとなった時にはどうなることかと思いましたが、そこからなんとか立ち直り5回無失点
ただ右打者へのクロスファイヤー等良い球もあるんですが、全体的に抜けた球が多く、ストライクとボールがはっきりし過ぎです

■吉川輝昭(湘)
どんな持ち球の投手かよく知らないのですが、延長の最終回みんな一発を狙ってきそうな状況であまりにも一本調子にストレートを投げすぎたのではないでしょうか

(鎌ヶ谷注目選手)
■川島慶三(日)
正直最終回まではブレーキに近い状態だったんですが、まさに終わりよければ…といったところです(★サヨナラ本塁打)。センターの守備も上手くこなしていましたが、ただちょっと追い方が打球の真下に入りすぎの様に感じました。
尾崎:今季オープンスタンスに変えて打撃開眼。今日も3安打なんですが、なんかだんだんオープンスタンスが大きくなっていっている様に見えるのは気のせいでしょうか?
こないだまであそこまでは開いていなかったような・・・

■稲田直人(日)
試合前5月の優秀選手として表彰されていました。川島、マシーアスと降格してきて、さらに今日は湘南が先発から4番手まで全員サウスポーというすごい投手リレーの前になかなか出番がありませんでしたが、最後にしっかりひとしごと。
川島にヒーローインタビューで「ボクより稲田さんを誉めてください」とか謙遜だかなんだかよくわからん事を言われていましたが、引き続き好調です。

■立石尚行(日)
今季はここまでとにかくボロボロだったんですが、やはりどこか故障だったんでしょうか。1ヶ月振りに見てみるとフォームに躍動感が戻っていてストレートも走りまるで別人でした。今ファイターズの一軍に絶対必要な長いイニングを投げられる中継ぎとして、是非ともこのままいってほしいものです。






報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2006年6月10日 日本ハム−湘南 5回戦

D鎌ヶ谷(日本ハム3勝2敗)

 
湘  南 002 010 000 00│
 
日本ハム 000 002 100 02X│
                (延長11回)

 勝 横 山 1勝0敗2S 登板13
 負 吉 川 0勝1敗6S 登板12

 【湘 南】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
  E 石 川 410 見振    死球    遊ゴ    ニゴ       遊安
  C 野 中 401 投ゴ    二失    三直    見振       投犠
  D 北 川 500 ニゴ    左飛       一ゴ 見振       空振
  D 呉 本 510    遊ゴ 空振       左安    二飛    空振
  H 内 藤 510    中飛    遊ゴ    左2    空振       遊ゴ
  B 福 本 510    空振    中飛    ニゴ    一ゴ       左安
  G 田中充 410       中2 中飛    四球       投ゴ    三飛
  A 武 山 411       四球    左本 中飛       右飛    遊ゴ
  F 田中一 310       捕犠    右飛    右安    空振
  犠盗失併残─────
  20028 3972

       回   打安振球責
   吉 見 5   215230
   山 北 12/3 94003
   稲 嶺 11/3 40100
   佐久本 2   91020
  ●吉 川  1/3 32102

 【日本ハム  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
  G4川 島 512 四球    見振    三ゴ    ニゴ    捕邪    左本
  F 坪 井 210 死球    中安    四球    三ゴ       死球
  R9紺 田 000
  E  陽  421 右飛    中飛    二併    左本       捕犠
  H 鵜久森 410 中飛    捕飛       中2 空振       敬遠
  R7佐 藤 000
  C マシーアス  400 二飛       右飛    三ゴ    遊ゴ
  8 工 藤 100                            左飛
  D 尾 崎 531    見振    中安    中安    遊飛    遊安
  A 小 山 520    中飛    右安    遊安    一ゴ    右飛
  B 高 口 301    ニゴ    左飛    ニゴ
  H3 森  200                         捕邪    空振
  D 渡 部 410       ニゴ    中2 右飛       左飛
  HD稲 田 110                               中安
  犠盗失併残─────
  101010 40125

       回   打安振球責
   江 尻 61/3 285332
   押 本  2/3 20200
   立 石 2   60200
   矢 野  1/3 21000
   岩 下  2/3 20200
  ○横 山 1   41000

  本塁打  武 山(湘)1号@ (5回 江尻)
        陽 (日)5号@ (7回 山北)
       川 島(日)4号A (11回 吉川 サヨナラ)
  二塁打  田中充(湘)    (3回 江尻)
       渡 部(日)    (5回 吉見)
       内 藤(湘)    (6回 江尻)
       鵜久森(日)    (6回 山北)
  犠 打  田中一(湘)    (3回 無死1、2塁 2走の田中充が三進、1走の武山が2
                    進)
       野 中(湘)    (10回 無死1塁 1走の石川が二進)
        陽 (日)    (10回 無死1塁 1走の紺田が二進)
  失 策  マシーアス (日)    (3回 1死満塁 野中の二ゴロで併殺を取ろうと二塁送球も
                    悪送球 三進していた2走の武山がホームイン タイ
                    ムリーエラー)
  走塁死  小 山(日)    (4回 エンドランが掛かっていたため、1走として高口の左
                    飛で帰塁できず 田中一−石川−福本)
       呉 本(湘)    (6回 1死2、3塁 3走として福本の二ゴロで本塁突入も
                    三本間に挟まれ挟殺 マシーアス−小山)
  併 殺  湘 南      (4回 1死1、2塁 高口が左飛で小山が走塁死 田中一−
                    石川−福本)
       湘 南      (5回 陽 1死1、2塁 野中−石川−福本)

  PL:本田 1B:萩原 3B:原 公式記録:中村
  時間 3時間24分(13:03〜16:28)

得点経過
 3回表(湘) 1死満塁から野中の二ゴロ。併殺を狙ったマシーアスが二塁悪
       送球も、悪送球ではなくても併殺は取れなかったとの公式記録
       員の判断により野中に打点、江尻に自責点が記録、3走の田中
       充がホームイン。マシーアスの二塁悪送球により三進していた
       2走の武山がホームイン                  湘  南2点目
 5回表(湘) この回先頭の武山が左越えソロホームラン          湘  南3点目
 6回裏(日) 1死2塁から尾崎が中前打                 日本ハム1点目
       1死1、3塁から高口の二ゴロの間に            日本ハム2点目
 7回裏(日) 2死無走者から陽が左中間へソロホームラン         日本ハム3点目
 11回裏(日) 1死1塁から川島が左越えサヨナラツーランホームラン    日本ハム5点目

戦評
 W杯よりイースタン。
 試合の方は湘南が相手のエラーもあり効率の良い攻めで5回までに3点を先行するも、日本ハ
 ムは6回から反撃開始。吉見の後を受けた山北を攻め同点に追い付くと延長11回に湘南の守護
 神、吉川から川島が特大のホームランを放ちサヨナラ勝ち。連敗を4で止める。
 10回裏の2死満塁のチャンスをジーコジャパン張りの決定力不足で逃したときは万事休すかと
 思われたが、横山が流れを湘南に渡さず川島のサヨナラ弾を呼び込む。

選評
 吉 見(湘) 投球数の半分以上はカーブなんじゃないかと思わせるぐらいカーブの比率高し。
       そして、それをわかっていながらも打ち崩せない日本ハム打線。立ち上がりは連
       続四死球で無死1、2塁のピンチを招くもクリーンアップをポップフライ3つで
       片付けると日本ハムの拙攻もあり5回無失点の投球。

 山 北(湘) 吉見のカーブの後だったため、ストレートは速く見えたがキレが乏しく先頭の鵜
       久森に右中間を破られるなど1回2/3を投げて3失点。陽には外角のタテの変化
       球を見事に掬い上げられ滞空時間の長いホームランを浴びる。

 石 川(湘) 4回の守備では高口の左飛でカットに入り飛び出していた1走の小山を刺す好プ
       レーを見せるも6回の1死2塁の場面では小山のボテボテのゴロに対しスタート
       を切った2走の尾崎に気を取られてしまい内野安打にしてしまう(結果的にこれ
       が点に繋がってしまった)。また、10回の打席に立つ前に鼻血を出すアクシデン
       ト。


 尾 崎(日) オープンスタンスに磨きが掛かり、グリップを顔の前で構えるようになった尾崎
       は今日も3安打猛打賞で打率も.329に上昇。カットが圧倒的に右方向ということ
       からもわかるように球を待てるようになって確実性がアップした印象。今日も5
       打席で空振りはゼロ。

  陽 (日) 相変わらず守備が下手。10回の石川の内野安打はエラーが付いてもおかしくなく、
       11回の内藤のセンターへ抜けるかという強い打球もグラブに入っちゃいましたと
       いう感じ。そして全ての動きにおいてスムーズさがないというか、一言で言えば
       ギクシャク。

 岩 下(日) 岩下のドキュメントを製作しているテレビカメラが来鎌していたため、どこかで
       投げるんだろうなーと思っていたら、10回の1死2塁のピンチで登板し北川は完
       全にタイミングを外した高目のカーブで、呉本はストンと落ちるフォークで連続
       空振り三振に斬って取る。イイ画が撮れて良かったですね。

 川 島(日) お尻を突き出し背筋を伸ばした構え。サヨナラの立役者もそれまでの内容が全然
       ダメ。トップバッターとしてチャンスメイクができていない。

ふんぼるとさんの独り言
 11回表の日本ハムの守備。『只今の回に代走いたしました紺田、そのまま入りレフト、同じく
 代走いたしました佐藤、そのまま入りライト』とのアナウンスがあり、一度、紺田がレフト、
 佐藤がライトに着いたのだが、すぐに『日本ハム、シフトの変更を・・・』とのアナウンスがあ
 り紺田と佐藤が守備位置を交代。記録では紺田が『R79』、佐藤が『R97』になるのかと
 思ったのですが、ならないんですね。代打の代打とか、ピッチャー交代で投球練習中に雨天コ
 ールドとか実際に試合に出ていなくても記録に名前は残るのに・・・。


2006年 6月10日 ウエスタンリーグ 中日−サーパス(ナゴヤ)報告者:ウエスタンボーイさん

                 R H E
サーパス|001 101 011| 11 1
中  日|000 000 110| 5 2

勝:中山慎也 4勝1敗
負:吉見太一 0勝2敗
S:阿部健太 1セーブ


今日は午後からナゴヤ球場行ってきました。ラインナップは
サーパス  坂口 下山 早川 田中 岡田 鈴木 筧 柴田 中山
中日    藤井 中川 澤井 新井弟 柳田 小山 一生 普久原 吉見
でした
ポイント絞って書き込みます

@まだまだ
吉見太一 さっぱり樋口龍美
期待の自由枠ルーキー・
吉見太一は点も取られ まだまだって感じでした。むしろ中山慎也のほうがいい。樋口龍美は130キロが限界でさらにコントロールがまったく定まらない。この状況では??? という感じでした。

Aサーパス 
柴田亮輔のバント
スリーバント失敗でしたが、もう明らかにできないという感じで。将来の2番候補としては大きな課題ですね

B大切な
岡田貴弘君にぶつけるのならブランボーにぶつけろ
ファンの野次に選手ともども大笑いでした。
岡田貴弘 は 大きく化けそうな気がします。
サーパスブルペンでは 
山口和男 歌藤達夫 松村豊司 ユウキ投手が投げていましたが みんなこんなところにいるメンバーではない

Cサーパスの1〜3番
坂口智隆 下山真二 早川大輔 迎祐一郎 大西宏明 の5人で 控え外野手2を争っていますね。3人並ぶと圧巻
さすがに脅威ですね。
吉良俊則もまだまだ追いつけないでしょう


2006年 6月 8日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(ジャイアンツ)報告者:@しろにゃんこさん

8日 ジャイアンツ
第6回戦 戸田4勝2敗 2時間39分
                   RHE
スワローズ  000 000 000 51
ジャイアンツ 000 110 00X 91

<川 崎>○姜建銘(3勝0敗8試合、6回)福田聡志(1回)前田幸長(1回)S酒井順也(0勝0敗4S8試合、1回)−實松
<戸 田>●丸山貴史(4勝1敗9試合、6回)上原厚治郎(1回)鎌田祐哉(1回)−川本、水野
<審判員>球審:牧田 一塁:石山 二塁:原 三塁:萩原

 スワローズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(遊)川 端 410 右安  二飛  二ゴ    三振
(二)大 塚 210 一ギ  遊ゴ    中安
 打 久保田 100                 遊飛
(右)武 内 300 四球    右飛  二ゴ    二ゴ
(一)畠 山 400 一直    二ゴ  二併    右飛
(左)飯 原 200   捕邪  三ゴ
 打 三 木 100             遊ゴ
 投 上 原 000
 投 鎌 田 000
(中)志 田 210   投ゴ    四球  左安
(三)大 原 310   右安    一ゴ  二併
(捕)川 本 200   中飛    三振
 打 野 口 100               三振
 捕 水 野 000
(投)丸山貴 210     一ゴ  遊安
 左 牧 谷 100               遊ゴ
   合 計 2850

 投手成績  回 打安責
●丸山 貴史 6 3072
 上原厚治郎 1 310
 鎌田 祐哉 1 510


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(右)三 浦 410 中安  遊ゴ三振  捕ギ  三振
(三)長 田 500 三振  三ゴ一ゴ  二ゴ  二ゴ
(遊)黒 田 420 三振  左安  左2一飛
(一)吉 川 300 三振  四球  三ゴ  三振
(中)古 城 320   左安四球  左飛  二安
(左)山 本 411   三振右飛  中安  遊ゴ
(二)大須賀 210   三振  左2四球    四球
(捕)實 松 211   四球  右2一邪    投ギ
(投) 姜  100   三ゴ  捕ギ
 打 梅 田 000           四球
 投 福 田 000
 投 前 田 000
 打 加 藤 110               左安
 投 酒 井 000
   合 計 2992

 投手成績 回 打安責
○姜 建銘 6 2240
 福田聡志 1 310
 前田幸長 1 300
S酒井順也 1 300

<二塁打>
 大須賀(4回)
 實 松(4回)
 黒 田(5回)

<盗 塁>
 山 本(5回)

<失 策>
 大 塚(5回)
 黒 田(5回)
※日刊掲載のスコアでは失策「大原」となっていましたが、中継中エラーらしき様子がなかったので黒田の間違い?と思われます

<暴 投>
  姜 (1回)

次回観戦は、10日に行われた「川崎ジャイアンツ−インボイス(ジャイアンツ)」です。既報の通り辻内先発ということで”G+(&辻内)番”の視点でお届けします!

入梅し、生観戦組の皆様はいろいろ大変な時期とは思いますが、頑張ってください!


<試合展開>
本日は試合前からどんよりとした空が広がる。
練習直前には、円陣が組まれ必勝を期する川崎ナインの姿。
試合前インタビューでは岡崎コーチが登場。

・若手の1軍での活躍
1軍での即活躍…喜んでいいのかどうかわからないが…けが人ということもあろうし、原監督がすぐ使ってくれる、ということはありますね。
繰り返すが、一概に喜んでいいのかわからないが、一緒にやった選手が1軍で活躍するのは喜ばしいこと。しかし、けが人が出て、そこに空いた場所に行くというのは、本来の形ではない。
最近では1試合、ともすれば1打席で評価されがちだが、僕は違うと思う。実力で1軍の選手を追い越し、少ないチャンスをものにし、定着するという。上がったら上がりっぱなしという実力をしっかりつける、そうした選手であってほしい。
(原監督とは)僕が…というよりも、吉村監督が連絡を密に取っているようです。吉村監督からは意見を求められることもあるが…。斉藤に関しては実力があり1軍にいるべき選手。怪我明けなので、本来はもう少し、しっかりしてから上がるというのが理想。

・ファームの役割について
ファームというのは、いろいろ役割・存在価値はあるだろうが、勝つ中で成長することもあろうし、(鈴木のように)怪我をした選手のコンディションを整えて戻したり、レベルアップさせることも必要。一方2〜3年後を見据えて育てる選手…いろいろいると思うが、中・長期的な見方では、なかなか試合に出られない選手に取ってはチャンス。たとえば今日は古城を外野にしてその枠が空いている。選手個々で考えればチャンスの選手も出てくる。

・1軍昇格のための条件
1軍に上がるためには、2つ。1つはあきらめないこと。目標・夢をブレないでそれに向かっていくということ。そして、そこに向かうためにある程度の計画性を持つ。自分の中で計画を立て、妥協せずにやっていくこと。悪ければ僕らが叱咤激励し、良いときには乗せていく役割を果たしたい。一度上がったら、戻ってこないような選手を育てたいですね。

ということで、川崎では岡崎コーチの言葉にもあったように外野手登録が2名のため古城がセンターに入っている。


1回表
1川 端 詰まりながらもセカンド頭上を越え、ライトへ落ちるヒット。
2大 塚 一塁線へ転がし送りバント成功。
3武 内 外角低めに外れ四球。姜の4球目が暴投となる間に川端と共に進塁。
4畠 山 ファースト正面のライナーでアウト。この間に走者が飛び出し、川端がホームへ突っ込んできたが三本間に挟まれタッチアウト。

2者を背負いながらも無失点で切り抜け、ベンチに帰ると香田コーチに尻のあたりを軽く叩かれる姜。

1回裏
1三 浦 初球をタイミングよく合わせセンター前へのヒット。
2長 田 落ちる球を空振り三振。
3黒 田 インサイド直球を見逃し三振。
4吉 川 落ちる球に空振り三振。

ゆっくりと引き上げる丸山貴。

2回表
5飯 原 右方向へ打ち上げ、實松がファールゾーンの一塁ベンチ前でキャッチ。
6志 田 どん詰まりで姜正面のゴロ。
7大 原 ゴロで一、二塁間を破っていくヒット。
8川 本 センター定位置付近のフライ。

ベンチからのハイタッチに応えながら引き上げてくる姜。

2回裏
5古 城 流して三遊間を破り、レフト前へ達するヒット。
6山 本 内角へ落ちる球に空振り三振。
7大須賀 高め直球を空振り三振。
8實 松 フルカウントから低めに外れ四球。
9 姜  変化球にあわせていったが、サード正面へのゴロ。

この回も無失点で切り抜け、スコアボードを振り返りながら引き上げる丸山。

3回表
9丸山貴 詰まったファーストゴロ。
1川 端 高く打ち上げ、セカンドフライ。
2大 塚 詰まったショート正面のゴロ。

ベンチに戻り、いいじゃん!とナインから声をかけられる姜。

3回裏
1三 浦 詰まったショートゴロ。
2長 田 サード正面のゴロ。
3黒 田 三遊間を破るクリーンヒット。
4吉 川 ストレートの四球。
5古 城 フルカウントからラストボールがワンバウンドし四球。
6山 本 初球を高々と打ち上げ、ライトフライ。

4回表
3武 内 高々と打ち上げホームラン性のあたりであったが、もう一伸び足りず三浦がフェンスに張り付くようにしてキャッチ。
4畠 山 詰まったセカンドゴロ。
5飯 原 サード正面のゴロ。

マウンドで、屈伸運動を行いながら次のイニングに備える丸山貴。

4回裏
7大須賀 高めの球を引っ張り、フェンスに直撃させるツーベース。
8實 松 流して痛烈に一塁線を破り、ライト前へ達する先制タイムリー。實松は二塁へ(川崎1−0戸田)
9 姜  うまく勢いを殺し、正面に転がして送りバント成功。
1三 浦 高めの変化球を空振り三振。
2長 田 当たり損ねのファーストゴロ。

タイムリーで打点を挙げハイタッチに迎えられる実松、一方逆に打たれて静々と引き上げる丸山。

5回表
6志 田 ストレートの四球。
7大 原 叩きつけ、ファースト正面のゴロ。
8川 本 内角への変化球に空振り三振。
9丸山貴 三遊間の深い当たりで黒田が追いついて送球したが、ワンバウンド送球で一塁セーフ。
1川 端 詰まったセカンドゴロ。

ベンチに座り、通訳を通じて香田コーチと話し合う姜。安堵の表情も見える。

5回裏
3黒 田 低めの球をすくい上げ、レフト線へ落とすツーベース。
4吉 川 三塁線への痛烈な当たりで、大原が横っ飛びで追いつく。
5古 城 高く打ち上げレフトフライ。
6山 本 変化球を打ち返し、センターの前に落とすポテンヒットで黒田が果敢に生還(川崎2−0戸田)大須賀の3球目のとき盗塁をしかけたが、この間の川本の送球が右中間方向へ転がる間に三塁へ。
7大須賀 1−3から低めに外れ四球。
8實 松 右方向へ高々と打ち上げ、ファールゾーンで畠山がキャッチ。

グランド整備中、防具をつけて次の守備に備える實松。


6回表
2大 塚 詰まりながらもセンター前に達するヒット。
3武 内 セカンド正面のゴロで、二塁フォースアウト。
4畠 山 センターへ抜けようかという当たりだったが、あらかじめセカンド後方に守っていた大須賀がトスして併殺打。

ベンチで今回もハイタッチ、握手で迎えられる姜。
声がかかり、どうやらこの回でお役ご免の様子で、ネクストサークルでは梅田が準備をしている。

6回裏
H梅 田 ファールで粘り、ラストボールが低めに外れ四球。
1三 浦 2球目を川本の前に転がし送りバント成功。
2長 田 叩きつけセカンドゴロ。梅田は三塁へ
3黒 田 高々と打ち上げファーストフライ。

走者を出しながらも無失点で切り抜け、ゆっくり下がっていく丸山貴。
川崎ブルペンから、ルーキー福田が小走りにマウンドに登場。
川崎/9投手:福田

7回表
H三 木 詰まったショートゴロで、黒田が軽快にさばく。
6志 田 左中間へ運ぶクリーンヒット。
7大 原 どんつまりのセカンドゴロ併殺打。

無失点で切り抜け、笑顔も見える福田。香田コーチと熱心に話し合う。
戸田/5投手:上原 9左翼手:牧谷

7回裏
4吉 川 外の変化球に空振り三振。
5古 城 叩きつけ、詰まったセカンドへの当たりだったが懸命に駆け抜け内野安打とする。
6山 本 詰まったショートゴロで、二塁フォースアウトだが一塁送球がショートバウンドし併殺はならず。
7大須賀 2球目に山本が盗塁をしかけたがタッチアウト。

マウンド上には3番手のベテラン・前田幸長が投球練習中。
川崎/9投手:前田

8回表
H野 口 外の変化球を見逃し三振。
9牧 谷 詰まったショートゴロ。
1川 端 外の変化球を見逃し三振。

見事2三振など三者凡退とパーフェクトリリーフを見せた前田。
戸田/5投手:鎌田 8捕手:水野

8回裏
7大須賀 フルカウントから、振っていないとの判定で四球。
8實 松 正面に勢いを殺して転がし、バント成功。
H加 藤 三遊間を破るクリーンヒット。
1三 浦 内角変化球に空振り三振。
2長 田 詰まったセカンド正面のゴロ。

吉村監督が、4番手に抑え格の酒井を告げ、直後ブルペンからその酒井がマウンドへ向かう。
川崎/9投手:酒井

9回表
H久保田 高々と打ち上げ、黒田が若干バックしながらキャッチ。
3武 内 引っ張っていったがセカンド正面のゴロ。
4畠 山 右方向へ打ち上げ、ライト正面へのフライでゲームセット。
勝利した川崎ナイン、マウンド上でハイタッチを交わしベンチ前でナインに迎えられる。

ベンチ内では前田に肩もみをされていた姜らも出てきて、恒例となっているベンチ前に整列し一礼。
本日はヒーローインタビューはなく、三塁側でクールダウンを行う戸田ナインの姿や、来る7月のフレッシュオールスター候補選手(川崎辻内・星・脇谷ら)の紹介。


<注目選手 ジャイアンツ>
■姜建銘(巨)先発 6回 被安打4 無失点
初回からいきなりランナーを背負うものの、落ち着いて切り抜けると後は大きなピンチもなく4回までスイスイと投げている印象。球威もまずまず。
得点をもらった直後の5回は突如制球を乱し、2者を背負うもここも後続を打ち取って勝利投手権利を獲得。100球を越えたあたりの6回で降板も、3勝目をマーク。
今後も先発としてどんどん実績を作っていきたい。

■實松一成(巨)2打数1安打打点1
元々ファイターズでは守備の人というイメージがありましたが、本日は(おそらく中継では初)スタメンフル出場で、姜建銘や福田、前田らの好投をアシスト。打っては4回に先制のタイムリーを打ち勝利に貢献。
お立ち台はありませんでしたが、呼ぶとするなら姜・實松のバッテリーという事になっていたでしょう。

■古城茂幸(巨)3打数2安打
本来はご存知内野手登録ですが、本日の川崎メンバーで外野手が三浦・山本の2名のみであったため学生時代や鎌ヶ谷時代に数度守ったことがあるという外野(センター)スタメンでの出場。守備機会は多いわけではありませんでしたが緊急時には今後も機会があるかも。打っては3回のクリーンヒット、7回の足を使った内野安打の2本をマーク。


<注目選手 スワローズ>
■丸山貴史(ヤ)先発 6回 被安打7 失点2
初回〜2回と3連続三振というすばらしい立ち上がり。
しかし、3回には實松に痛烈に打ち返され、4回には山本にうまくすくわれ2点目を失う。
後半はやや疲れが出たのか、球数がいたずらに増えて四球という悪い流れになるも、なんとか後続を絶ち、試合を作っていく。7回で代打が送られ降板。
しかし、失点したとはいえ大きなピンチというわけではなく、敗戦投手になってしまいましたが試合を作ったことは大きく評価されるべきでしょう。

■鎌田祐哉(ヤ)3番手 1回 被安打2 無失点
なんだか久々に見た気が…
それはさておき8回に3番手で登板し、2者を背負うも変化球で三振、ゴロにしとめ、役割をきっちりこなす。
一時期トレード話なども持ち上がったようですが、そんな不安は、こうして結果を残すことで払拭していきたい。

■川端慎吾(ヤ)4打数1安打
先月の同カードより「戸田のイチオシ選手」に挙げている川端、先日の試合では2番を打っていましたが、1番だった田中浩康が1軍に呼ばれたため本日は1番での起用。
特に初回のセンターへのヒットは技ありの一打で、得点にはならなかったもののトップバッターらしい思い切りの良さを見せました。


2006年 6月 8日 イースタンリーグ 湘南−楽天(横須賀)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs山形 11回戦(横須賀最終戦)
<結 果>           R
山 形 000 000 002 
湘 南 110 000 10X  湘南5勝6敗

<継投>
山形 小山(4)→富岡(2)→玉木(2/3)→有銘(1 1/3) 負・小山 19試合3勝1敗6S
湘南 べバリン(7)→飯田(1 1/3)→佐久本(2/3)    勝・べバリン2試合1勝
                          S・佐久本 1試合1S

<アンパイヤー>PL工藤 1B鈴木 2B津川 3B 橋本 ※パシフィック担当
<試合時間>18:00〜21:28 3時間28分
<観客数> 406人
<天候> 曇り 風/なし後↓微風 気温17℃

<得点経過>
1回裏・湘南1点
0死
(6)石 川 中H(0死1塁)
(5)木 村 5H(0死1−2塁)
(4)北 川 投犠(1死2−3塁)
(3)呉 本 四球(1死1−2−3塁)
(8)河 野 右犠飛☆得点1

2回裏・湘南1点=R2点
(9)田中充 四球(0死1塁)
(7)田中一 右H(0死1−2塁)
(1)べバリン捕ゴ<2→5>(1死1−2塁)
(6)石 川 3ゴ(2死2−3塁)
(5)木 村 左H☆得点1

7回裏・湘南1点=R3点
※2死・2塁(石川左H+2盗)
(4)野 中 5H(足で稼ぐ)
(3)福 本 左H☆得点1

9回表・山形2点=R2点
※1死後
(8)森 谷 右2H(1死2塁)
(PH)山崎隆 5H (1死1−3塁)
(3)平 石 左H☆得点1 (1死1−2塁)
(5)佐 竹 右H☆得点1
 <参考まで・・・>
1死1−2塁で・・投手交代 飯田→佐久本
(4)草 野 四球 (1死1−2−3塁)
(2)河 田 4ゴ<4→2> (2死1−2−3塁)
(9)中 島 4ゴ<4→6> 試合終了

『雑 感』
@試合外では・・・
・入場時に,余物のマグネット・スケジュールと,改訂版のポケットスケジュールの配布。
・木曜日恒例「ビール飲み放題Day」ネクタイ姿の方も交えて,まずまずの騒ぎ。
・「いちご味」しかないのに「いちご味が人気です」とオフィシャルレポーターの吉岡嬢
 が宣伝していたお馴染みの「イチゴかき氷」(100円)販売開始。
・酩酊野次おじさんを気にしていた湘南の面々・・・「集中しろ〜」と野次られて爆笑。
・PAからの音量が大きいと言われたようで,元気のないMCに終始していたシーレックス ナビゲーターのケチャップさん。風が↓の時は,件のマンション直撃からか?上が遠征中 のお陰で須加スタにベッタリでしたが,彼がいるから湘南は面白い。
・べバリンへのヒーローインタビューは吉岡嬢。ケチャップさんのナンチャって英会話で なく,しっかりしていた。と,周りの感想。3塁側常連の湘南ファンのご隠居さんによ ると「あの通訳の娘の胸は,鞠のように跳ねるべー」とのこと。

A万永選手の怪我
 7回表から守備に入ったセカンド万永が,先頭森田のセンターへの抜ける当たりに飛びつき指を痛める。トレーナーが即座に×サインをベンチへ送り,逮捕犯よろしく腕を抱えられてベンチへ退場。そうそうにはゲーム復帰は無理なのではと心配。

B盛り上げてくれた,背番号53野中信吾
 万永のアクシデントで急遽登場の野中信吾。スタンドから歓声で迎えられる。彼がこの後盛り上げてくれたヒーロー。まずは7回裏,3点目のきっかけを生んだ3塁内野安打。お得意の「足技」でセーフの判定に,女性ファンから潤いある歓声があがる。知り合いの俗称「野中さん」の目が少女漫画のようだった。羨ましい・・・。
 9回表1死満塁の場面での野中信吾。河田の打球は前進守備のセカンド野中へ。野中落ち着いて取ったまではよかったが,3塁側へ反れる送球!捕手新沼飛び付いて走者へタッチして2死。つづく中島の3球目は,二遊間へのゴロ。野中追いつき・・・曲芸師よろしく球をジャッグル!間一髪で2塁で待つ石川へトス。2B塁審津川さんの「アウト!」の声に有象無象のどよめきが起こる。「なんで野中が,ヒーローインタビューでなかったんだべー」とは前述のご隠居。

C飯田龍一郎
 3点リードのままべバリンを受けて8回表に登場する。制球が課題なだけにご常連さん方が心配するも,ストライクを先行させて追い込む内容。下半身が落ち着いてきたからか,基盤に上半身を乗せる流れのリズムがよくなり,球の威力が増していた。課題は追い込んでからのやり取りだけれども,185aからの左腕で,じっくりジワジワ育成されている4年目の1回目の脱皮を見せてくれた。

 「3日間出来て(試合が消化出来て),よかったですね」と長丈のパッチをはいて観戦のご隠居の通り天候には恵まれましたが,気温は4月5月のあんばい。イチゴかき氷を楽しんでいたのは子どもたちだけでした。山形戦の湘南主催ゲームは7月の中井・富士のみですので,消化すれば,今夜が横須賀最終戦でした。山形戦には必ず顔を見せてくれるお兄さんの「楽天!楽天!イ〜グル〜ス!!」の孤軍奮闘の声が,湘南ファンに共鳴していました。混沌としている楽天の面子が,今後どのように落ち着くのかが試されているような3連戦。ご観戦の皆さん,長時間にもかかわらず,お疲れ様でした。

『今日の,村西哲幸』
 登板せず。勝利挨拶の列へ並ぶ。スタンドへ顔を向けず。血色は「良」


2006年 6月 7日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(ジャイアンツ)報告者:@しろにゃんこさん

7日 ジャイアンツ
第5回戦 戸田4勝1敗 2時間54分
                  RHE
スワローズ 004 100 000 110
ジャイアンツ000 000 000 40

<川 崎>●野間口貴彦(2勝1敗4試合、4回)加登脇卓真(1回1/3)山口鉄也(2/3)木佐貫洋(2回)木村正太(1回)−星
<戸 田>○ゴンザレス(3勝1敗4試合、5回)山部太(1回2/3)上原厚治郎(1/3)三澤興一(1回)田中充(1回)−川本
<審判員>球審:深谷 一塁:木内 三塁:牧田


 スワローズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二)田中浩 411 右安  右飛中犠  左飛  三振
(遊)川 端 400 捕邪  四球二飛  三振  中飛
(一)鈴木健 412 二併  中2  左飛一ゴ
 投 山 部 000
 投 上 原 000
 投 三 澤 000
 打 野 口 100                 三振
 投 田中充 000
(三)畠 山 210   四球死球  右飛  中安  四球
(右一)武 内 422   二飛中2  四球  右安  右飛
(中)志 田 400   二ゴ二直  四球  投ゴ  投ゴ
(左)飯 原 410   左安捕邪  三振  三振
(捕)川 本 430   三振  左2  中安左安
(投)ゴンザレス 110     左安一ギ
打右 内 田 210           三安  三ゴ
   合 計 34115

 投手成績
○ゴンザレス 5 1720
 山部 太 12/3 600
 上原厚治郎 1/3 200
 三澤 興一 1 400
 田中 充  1 420


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二)長 田 400 右飛  三振    三振  一併
(三)十川孝 400 三ゴ    右飛  右飛  三振
 投 木村正 000
(遊)古 城 300 一ゴ    二ゴ    四球  三ゴ
(一)吉 川 410   三ゴ  三振    右飛  左安
(右)斉 藤 420   中飛    中2  投ゴ  右安
(中)三 浦 300   三振    三振  死球  三併
(左)山 本 310     中安  左飛  捕飛
(捕) 星  200     三振  一ゴ    死球
(投)野間口 000     投ギ
 投 加登脇 000
 投 山 口 000
 打 實 松 100           三ゴ
 投 木佐貫 000
打三 大須賀 000               四球
   合 計 2840

 投手成績
●野間口貴彦 4 2065
 加登脇卓真11/3 820
 山口 鉄也 2/3 200
 木佐貫 洋 2 830
 木村 正太 1 400

<二塁打>
 鈴木健(3回)
 武 内(3回)
 川 本(4回)
 斉 藤(5回)

<盗 塁>
 内 田(6回)


<試合展開>
6月でそろそろ入梅とも言われている中、本日は試合前から若干の曇り空。
川崎トピックスとしては、負傷の斉藤が1ヶ月ぶりの実践復帰となる。
試合前インタビューではその斉藤が登場。

4月30日に骨折し、その後病院に言って最終チェックで骨も付いたということで、試合復帰です。
最初当たったときは折れていると思わず、練習したが、痛みが引かなかったため病院に行って判明した。ショックだったが気持ちを切り替え、早く治すことに集中した。
楽しみ、不安もあるが思い切って自分のプレーができれば良いと思う。とにかく全力でプレーするだけです。不安はまったくない。
いつか出るだろうと思って…10打席くらい1軍ではヒットが出ていないので、ぜひ打ちたい。チームは首位で好調、若手も出てきて変わっているので、結果を残して1軍に行きたい。
時期は僕が決めることではないが、結果を出すことが一番のアピールになると思うので、2軍で1試合1試合結果を残すことを心がけたい。

川崎先発は野間口、戸田はゴンザレス。


1回表
1田中浩 右へ流しライト前ヒット。
2川 端 真上に打ち上げキャッチャーフライ。
3鈴木健 詰まったセカンドゴロ併殺打。

ゆっくりとベンチに引き上げ、飲料を含む野間口。

1回裏
1長 田 高々と打ち上げ、武内がフェンス手前でキャッチ。
2十川孝 詰まったサードゴロ。
3古 城 たたきつけファーストゴロ。

元気にライトの守備位置に就く斉藤。

2回表
4畠 山 ラストボールが内角高めに外れ四球。
5武 内 高々と打ち上げ、若干風に流されたが長田がキャッチ。
6志 田 セカンド正面のゴロで二塁フォースアウト、長田の一塁送球が高めに逸れるが志田は一塁ストップ。
7飯 原 直球を打ち返しレフト前ヒット。
8川 本 落ちる球に空振り三振。

小走りに引き上げる野間口。

2回裏
4吉 川 三遊間の当たりで、畠山が下からグラブを出してキャッチ。
5斉 藤 右中間へのヒット性の当たりだったが、志田が懸命にダッシュしてキャッチ。
7三 浦 内角直球に空振り三振。

2イニングを3者凡退とし、ゆっくりと引き上げるゴンザレス。
一方、凡退はしたが元気にライトの守備位置に向かう斉藤。

3回表
9ゴンザレス 鋭く三遊間を破っていくヒット。
1田中浩 詰まったライトフライ。
2川 端 フルカウントから低めに外れ四球。
3鈴木健 高々と打ち上げセンター頭上を破る先制2点タイムリーツーベース(戸田2−0川崎)
4畠 山 2球目の内角への厳しい球が身体をかすめ、死球。
5武 内 やや前進守備の左中間を深々と破っていく2点ツーベースで、送球が逸れる間に一気に三塁を陥れる(戸田4−0川崎)
 ここで内野手がマウンドに集まる.
6志 田 ヒット性の当たりだったが、セカンド長田が横っ飛びでキャッチ。
7飯 原 三塁ファールゾーンに打ち上げ、星がキャッチ。

一挙4点を失って厳しい表情で引き上げ、タオルで汗をぬぐう野間口。

3回裏
7山 本 ピッチャー返しでセンター前ヒット。チーム初安打。
8 星  フルカウントから外角直球を見逃し三振。
9野間口 初球を一塁線へ転がし送りバント成功。
1長 田 真ん中の変化球に空振り三振。

4回表
8川 本 変化球をすくい上げ、左中間に落とすツーベース。
9ゴンザレス 一塁線へ転がし送りバント成功。
1田中浩 センターへ打ち上げ、やや浅かったが川本がタイミングよくスタートしていたため犠牲フライとなる(戸田5−0川崎)
2川 端 高く打ち上げセカンドフライ。

4回裏
2十川孝 右方向へ打ち上げ、ライトフライ。
3古 城 たたきつけセカンドゴロ。
4吉 川 真ん中直球を見逃し三振。

静々とベンチへ引き上げるゴンザレス。

川崎/9投手:加登脇
2番手で告げられると同時に、小走りにマウンドへ向かう加登脇。

5回表
3鈴木健 左方向へ打ち上げ、意外と打球が伸び山本がバックしながらキャッチ。
4畠 山 右方向へ切れていき、斉藤がランニングキャッチ。
5武 内 1−3から高めに外れ四球。
6志 田 ストレートの四球。
7飯 原 フルカウントからカーブに空振り三振。

ベンチへ引き上げ、次のイニングに回る打席に備える斉藤。

5回裏
5斉 藤 高々と打ち上げ、センターオーバーのツーベース。
6三 浦 内角直球を見逃し三振。
7山 本 ヒット性の当たりだったが飯原が若干下がりながらキャッチ。
8 星  流していったがファースト正面のゴロ。

6回表
8川 本 初球をピッチャー返しでセンターへ抜けていくヒット。
H内 田 三遊間の当たりで十川孝がダイブして追いついたが、二塁セーフ、一塁もセーフ。川端の3球目に盗塁成功。
1田中浩 バントの構えも見せたが、打っていってレフトフライ。タッチアップで川本は三塁へ。
 ここで吉村監督が出てきて、3番手に左の山口がコールされる。香田コーチと話しながら黙々と投球練習を行う。
川崎/9投手:山口

2川 端 変化球に空振り三振。
3鈴木健 深い位置のファーストゴロ。

ピンチの場面で登板し、見事無失点に抑えナインから笑顔で迎えられる山口。

戸田/3投手:山部 5一塁手:武内 9右翼手:内田

6回裏
H實 松 詰まったサードゴロ。
1長 田 内角いっぱいに決まった直球を見逃し三振。
2十川孝 打ち上げてライトフライ。

次の回から4番手で登板となる木佐貫が、既に投球練習を行っている。
川崎/投手:木佐貫

7回表
4畠 山 高めの球を詰まりながらもセンター前に落とすヒット。
5武 内 変化球にあわせ、ゴロでライト前に抜けていくヒット。
6志 田 木佐貫の正面に転がしたが、木佐貫が判断良く三塁へ送球しフォースアウト。
7飯 原 高め直球を空振り三振。
8川 本 三遊間を破っていくヒットで、武内がスタートしていたが、レフト山本から素晴らしい返球が返っておりホームタッチアウト。

ホームアウトに絡んだ星、山本らはグラブタッチで健闘をたたえる。

7回裏
3古 城 ストレートの四球。
4吉 川 打ち上げてライトフライ。
5斉 藤 どん詰まりで山部正面のゴロ、二塁フォースアウト。

ここで戸田3番手に上原がコールされる。
戸田/3投手:上原

6三 浦 初球が左手甲に当たり、死球。
7山 本 真上に高々と打ち上げ、川本がキャッチ。

8回表
9内 田 詰まったサードゴロで、十川孝がこぼしそうになったが握り直してアウト。
1田中浩 落ちる球に空振り三振。
2川 端 打ち上げてセンターフライ。

3者凡退とし、納得の表情も見せる木佐貫。

コールされる前から戸田ベンチから次に登板する三澤が出てきて、マウンドでボールを受け取る。
戸田/3投手:三澤

8回裏
8 星  3球目、内角の球がシュート回転し腰の付近に当たる。
H大須賀 フルカウントから、きわどいコースが外れ四球。
1長 田 詰まったファースト正面のゴロ併殺打。
2十川孝 外の変化球に空振り三振。

笑顔も見せながらゆっくりと引き上げる三澤。
一塁側では吉村監督が、球審へ交代を告げ5番手の木村がマウンドに向かう。

川崎/2投手:木村正 9三塁手:大須賀

9回表
H野 口 外よりの直球を見逃し三振。
4畠 山 ストレートの四球。
5武 内 大きく打ち上げライトフライ。
6志 田 打ち損じて木村正面のゴロ。

小走りにベンチへ引き上げる木村、斉藤らの姿。

戸田/3投手:田中充

9回裏
3古 城 三塁前への当たりで、畠山が逆シングルで捕球しアウト。
4吉 川 フルカウントからゴロで三遊間を破っていくヒット。
(なお、途中ファールボールがカメラマン席に飛び込みカメラを直撃?の模様)
5斉 藤 初球を打ち返し左中間に達するヒット。吉川は三塁へ
6三 浦 初球を流していったがサード正面のゴロ併殺打で、ゲームセット。

マウンド付近でハイタッチをし、引き上げる戸田ナイン。
道具を片付けた後、レフト付近でクールダウンを行う武内ら戸田の面々の様子。


<注目選手 ジャイアンツ>
■野間口貴彦(巨)先発 4回 被安打6 失点5
立ち上がりはまずまず、2回まで無失点に抑える。
3回からは無走者でもセットポジションに切り替えるが、これが裏目に出てしまった格好となり、ゴンザレスのヒットから鈴木健、武内らに打たれ4失点。4回にも犠飛で1点を失いこの回でマウンドを退く。
今期は開幕1軍を果たし、活躍の舞台もあったものの現在は川崎に戻ってしまった格好となっていますが、また昨年のように一から取り組んでいくようなつもりで来るべきチャンスに備えてほしい。

■山口鉄也(巨)3番手 2/3 無安打無失点
ピンチを招いた加登脇に代わり左打者の続く場面で登板し、球威を見せて三振とゴロで、見事切り抜ける。
山口は5月の同じカードでの中継以来の登場となりましたが、本日のように与えられた場面においてきっちり結果を残せば支配下登録という道も見えてくると思うので、引き続きの活躍に期待。

■斉藤宜之(巨)4打数2安打
試合前にも登場したように、本日が復帰戦となる。
打席では5回のセンターオーバーの当たり、9回の二塁打と2安打をマークし復調をアピール、また走塁という面でもゴロの当たりで一塁への全力疾走を見せ、不安はない様子。
結果を残すことが出来、ホッとしたでしょうし引き続き結果を出して昇格の機会に備えたい。


<注目選手 スワローズ>
■ディッキー・ゴンザレス(ヤ)先発 5回 被安打2 無失点
外国人枠の関係により、ガトームソンと入れ替わりのようになっている右腕。
140km前半台の直球、スライダーなどを交えたさすがは1軍レベルの投球、堂々としたマウンドさばき。それだけに貪欲に攻略する姿勢を見せたかったところではありましたが、ほとんど隙の無い投球で見事勝ち星。

■武内晋一(ヤ)4打数2安打打点2
3回に、先制打の鈴木健に続いて左中間を深々と破っていく二塁打で、さらに懸命に走って三塁へ達し追加点を上げる。7回には変化球にあわせてヒットで2安打をマーク。
ルーキーらしからぬ(前々から戸田ベンチにいたかのような)雰囲気も出てきましたし、まだ先があるのですからさらなる奮起に期待。

■川本良平(ヤ)4打数3安打
変化球にタイミングを合わせてのヒット、ツーベース、そして7回、得点にはつながりませんでしたが渋いヒットと、両軍通じ唯一の猛打賞をマーク。
古田監督は勿論小野、米野@北海道出身など戸田から成長していった先輩もたくさんいますし、1試合1試合の中から多くのものを得て財産としてほしい。


2006年 6月 7日 ウエスタンリーグ 阪神−ソフトバンク(鳴尾浜)報告者:大阪部長さん

もう23年、まだ23歳。

2006年6月7日 ウエスタンリーグ 鳴尾浜タイガース−雁ノ巣ホークス9回戦(阪神鳴尾浜球場)

 阪神電車の西宮行き急行は、甲子園の1つ前の停車駅、武庫川に着こうとしていました。
昨年からキープしていた阪神武庫川駅・武庫川線武庫川団地駅方面の時刻表を見てみます。
11時55分に電車あり。
おっしゃ、間に合う。きょうはこっちから行くか。

 阪神鳴尾浜球場へ公共交通機関を使って行くには、阪神甲子園駅から路線バス、というのが一般的
なのですが、阪神本線から武庫川線に乗り換え、終点・武庫川団地駅から徒歩というルートえお取ることもできます。
こちらのほうが安上がり。ただし武庫川線、平日昼間は20分に1本しかありませんが(笑)
12時30分プレーボールのウエスタンに間に合うには、前述11時55分発の武庫川線が最終です。
それを逃すと次は20分後。武庫川団地前駅にいつも2、3台待機している阪神タクシーを使うしかなく、
ちっとも安上がりではなくなります。

 私は前回の鳴尾浜行き、「観てある記126」収録のサーパス戦だと、11時45分ごろに甲子園へ降り立って
バスを使っていますが、あの日はセンバツの決勝戦。私は甲子園に臨時停車する特急に乗車したもので、
その特急、武庫川はいつも通り通過していたのでした。

 阪神鳴尾浜球場の高いネットが見えてくると、その手前に緑の木々が広がっています。
 鳴尾浜臨海公園の「白球の森」。
1983年夏の第65回全国高校野球選手権記念大会を機に、全国47都道府県の木が集められて植樹され、
それぞれの根元には83年夏の出場校名のプレートが設置されています。

 茨城県・茨城東。加茂川重治(元読売−中日−大洋)がエースの時ですね。加茂川は87年に初めて
行われたファーム日本選手権(当時の名称は「ジュニア日本シリーズ」)で勝ち投手になっており、ファーム史上
外せない?選手です。

 沖縄県・興南。マイク仲田(元阪神−ロッテ)・仲田秀司(元西武)バッテリーの時ですね。でも沖縄の県木・
リュウキュウマツ、ちっとも大きくなってません。気候が違うからでしょうか。

 白球の森を抜け、鳴尾浜臨海公園野球場の横を通ります。夜間照明付きの、立派なスタンドが
設けられた球場。阪神鳴尾浜の心もとない収容人員では、時に入場制限が出ているとのこと。私は幸いにもそんな目に
遭ったことはないですが…。こちらも使えばいいのになあ…。そんなことも思いつつ歩を進めると、やがて
スタメン発表のアナウンスが聞こえてきました。ここでちょうど、武庫川団地前駅から15分ほどです。

スターティングメンバー

鳴尾浜    雁ノ巣
中 赤 松  遊 金 子
遊 前田大  捕 中 西
右  林   右 井 手
一 喜 田  二 吉 本
左 桜 井  左 カブレラ
三 秀 太  中 荒 金
二 前田忠  一 北 野
捕 岡 ア  三 斉藤秀
投 若 竹  投 寺 原

審判 主・良川、一・柿木園、三・前田

鳴尾浜は、一軍交流戦期間中につき、一軍と同じく1979〜83年モデルのビジター用ユニを着用。

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回表雁ノ巣 二死後、井手右前打、吉本四球で一、二塁も、カブレラ右飛で先制機を逃す。
■一回裏鳴尾浜 赤松四球、前田大捕前犠打、林ライトへの本塁打で2点先制。
■二回表雁ノ巣 二死後、斉藤秀レフトへの本塁打で1点返す。
■三回表雁ノ巣 金子四球も、次打者中西の2−2からの5球目に二盗失敗(投球の判定はボール。守備陣から
「え〜っ」と声が出る球も、カウント2−3に)。次の球はボールで連続四球、井手一邪飛、吉本の0−1からの2球目に中西二盗、吉本四球で二死一、二塁、カブレラ左前打で二走中西生還、荒金四球で満塁も、北野空振り三振で同点止まり。
■三回裏鳴尾浜 赤松中前打、前田大投前にバントも赤松二封、林の二ゴロはゲッツーコースもセカンド吉本エラーで一死一、二塁、喜田中前打で満塁も、桜井空振り三振、秀太遊ゴロで無得点。
■四回裏鳴尾浜 一死後、岡ア右前打、太陽(この回表から登板)投前犠打(二死二塁)、赤松中前打で二走岡ア生還し、バックホームの間に赤松二進も、代打庄田二ゴロでチェンジ、1点勝ち越し。
■五回表雁ノ巣 中西バットを折損しながらの左前打も、井手6−4−3のダブルプレー、吉本三ゴロに倒れ3人で終了。
■六回表雁ノ巣 カブレラファウル4球を含む10球目で四球、荒金三前犠打で一死二塁も、北野左飛、斉藤秀見逃し三振で無得点。
■六回裏鳴尾浜 二死後、岡アファースト強襲安打、代打葛城ライトへツーラン。
■七回表雁ノ巣 (この回から投手3番手吉野)二死後、中西レフトへ二塁打も、井手一ゴロで無得点。
■八回表雁ノ巣 (この回から投手4番手牧野)一死後、カブレラ中前打、荒金中飛、北野の1−2からの4球目にカブレラ二盗も、北野空振り三振、無得点。
■九回表雁ノ巣 斉藤秀投前内野安打も、代打大野空振り三振、金子中飛、中西左飛でゲームセット。


2006年6月7日(水) 12時30分〜15時38分
9回戦(雁ノ巣5勝2敗2分け)
雁ノ巣 011 000 000|
鳴尾浜 200 102 00×|

勝利投手 太陽(11試合2勝1敗)
セーブ投手 牧野(18試合1勝2S)
敗戦投手 寺原(5試合2勝2敗)

本塁打 林1号ツーラン(鳴)一回・投手寺原
    斉藤秀1号ソロ(雁)二回・投手若竹
    葛城3号ツーラン(鳴)六回・投手寺原

観衆353人「ぐらい」(六回表、目視にて計数)

※本年、スコア記録52試合目

雁ノ巣(一塁側先攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回

(遊) 金子 圭輔 4000 遊ゴ    四球 左飛       一ゴ    中飛
(捕) 中西 健太 4120 遊ゴ    四球    左安    左二    左飛
(右) 井手正太郎 4010 右安    一邪    遊併    一ゴ
(二三)吉本  亮 2000 四球    四球    三ゴ       空振
(左) ホルベルト・カブレラ3021 右飛    左安       四球    中安
 左  榎本 敏孝 0000
(中) 荒金 久雄 2000    右飛 四球       三犠    中飛
(一) 北野 良栄 4000    見振 空振       左飛    空振
 二  稲嶺  誉 0000
(三) 斉藤 秀光 4121    左本    一ゴ    見振       投安
(投) 寺原 隼人 2000    捕邪    空振
 打  井出 竜也 1000                   三ゴ
 投  陽  耀勲 0000
 打  大野 隆治 1000                         空振

鳴尾浜(三塁側後攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(中) 赤松 真人 3021 四球    中安 中安    空振
(遊) 前田 大和 1000 捕犠    投ゴ
 打  庄田 隆弘 1000          二ゴ
 三  筒井  壮 1000                   一飛
(右左)林  威助 4112 右本    二失    二ゴ    二ゴ
(一) 喜田  剛 4010 左飛    中安    中飛    左飛
(左) 桜井 広大 4000 三失    空振    遊ゴ       右飛
 二  上坂太一郎 0000
(三二) 秀 太  3000 投ゴ    遊ゴ       一ゴ
 打右 高橋 勇丞 1000                      中飛
(二遊)前田 忠節 4000    二ゴ    三ゴ    中飛    空振
(捕) 岡ア 太一 3220    二ゴ    右安    一安
(投) 若竹 竜士 1000    見振
 投   太 陽  0000          投犠
 打  葛城 育郎 1112                右本
 投  吉野  誠 0000
 投  牧野  塁 0000

盗塁 中西(雁)三回二死一塁 吉本の0−1からの2球目に二盗(捕手岡ア)
   カブレラ(雁)八回一死一塁 北野の1−2からの4球目に二盗(捕手岡ア)

盗塁死 金子(雁)三回無死一塁 中西の2−2からの5球目に二盗失敗(捕手岡ア)

投手成績
雁ノ巣   回 数打安振球責
●寺 原  6 105287315
  陽   2 3160100

鳴尾浜   回 数打安振球責
 若 竹  3 85163252
○太 陽  3 45101210
 吉 野  1 1541000
S牧 野  2 3282300

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
雁ノ巣
(死角に座ったため不明)

鳴尾浜
中林佑輔 ⇒(太陽&)中林 ⇒(太陽)⇒(無人)⇒(太陽)⇒(無人)⇒ 玉置隆 ⇒(吉野&)玉置 ⇒ 玉置 ⇒(無人)⇒(牧野&)桟原将司 ⇒(牧野&)中村泰広 ⇒ 中村泰 ⇒(牧野&)中村泰 ⇒ 中村泰 ⇒(無人)

私はこの日、ナイトゲームのオリックス−広島東洋戦(スカイマーク)とハシゴを予定。昼間は
関係ないカードのため、Bs関係のものは人目につかないようにしていましたが、後から入ってくる人の中には、
モロにBs帽をかぶった年配の男性、大阪近鉄のタオルマフラーを首に巻いたアンちゃん…特に後者は、まあ
確実にこの後スカイマーク行きでしょう。

 みんな、野球好きですなあ。私も含めて(笑)

 依然として島野育夫監督を欠いたままの鳴尾浜。この日の勝利の後、立石充男監督代行以下、三本間のライン上に
全員が並んで一礼。この「儀式」は、前回4月の観戦時(鳴尾浜勝利)には見られなかったものでした。


■鳴尾浜・林威助外野手
 昨年までの鳴尾浜レギュラーも、今年は一軍定着。ではなぜこの日は鳴尾浜にいたのかというと、これは最近の
出番の減少を懸念した岡田彰布監督が、事実上札幌遠征を免除して、ファームでのプレーの機会を与えたもの。
「またすぐ上げる」(岡田監督)とのことです。
 この日、初回からどんどん飛ばしていく寺原の低め速球をすくい上げての今季1号ツーランはお見事でした。

■鳴尾浜・若竹竜士投手
 育英高から高校生ドラフト3巡目で入団のルーキー右腕。真っ向から投げ下ろすストレート(140`台半ばは
出てます)に、時折、人を食ったような100`そこそこと思われるスローカーブ。
その緩急の使い分けが持ち味です。もう少し見ていたかったのですが、三回になるとややコントロールに
苦しみ、四球を4つ献上。もうガス欠?と思いましたが、4つ目の四球を与えて二死満塁としてから、
星野伸之コーチがたまらずマウンドへ。直後、空振り三振で3者残塁。最後は締めました。
 この回で出番は終了。しかし三回の1イニングだけで42球。試合は五回終了で1時間50分も
かかってしまいましたが、これは若竹の責任がかなり大です。

 今後を見据えてみると、その投球術からは、短いイニングのリリーフで使ってみても面白いと思います。
 星野コーチは現役時代、「緩急」はまさにお手のものでした。願ってもない指導者を得ています。

■雁ノ巣 ホルベルト・カブレラ選手
 大道との入れ替えで雁ノ巣行きとなってから半月余り。下で打率1割台ですが、この日は2安打。
レフトの守備では、三回一死一、二塁からの喜田の飛球を、何とSHINJOばりにジャンプ飛球(!)しようとして
(そんな必要のある打球ではありません!)、打球にかすりもせずスカッと後逸! これには雁ノ巣ファン
ズッコケ。幸いセンター荒金がバックアップしていて単打止まりでした。
 八回表、3点ビハインドでの二死一塁からの二盗成功も、ファンから「あれは暴走」との声が上がっていました。

■雁ノ巣・陽耀勲投手
 七・八回の2イニング登板。林との「台湾代表対決」では二ゴロに打ち取るなど、2回無走者ピッチング。
しかし問題は林の前、この試合最初の打者筒井壮の時。陽の頭上へフライが上がったのですが、
陽、これを捕る気マンマンでマウンド上で待ち受けます(笑)
 いや、こういう場合、ピッチャーはすぐにマウンドを駆け下りて、野手に場所を空けるでしょう、普通。
ピッチャーは普段、フライ捕る練習なんかしていませんからね。たまらずファースト北野が駆け寄り、
陽とぶつかりそうになりながらも何とか捕球。
 雁ノ巣の内野陣、台湾人の陽に、こういう場合どう声をかけてよいか分からなかったのでしょうか?

■雁ノ巣・寺原隼人投手
 試合前、「白球の森」で見かけたフェニックス。ファームの秋季教育リーグ(ところで、今年はどういう開催
なんですかね)の名称ともなっている、寺原の故郷・宮崎の木です。
 しかし、23年前の高鍋高校による出場を記念して植えられたものの、沖縄のリュウキュウマツ同様、
環境が合わないのか「えっ、まだこんなに小さいの…」という程度にしか育っていません。

 ルーキー時のフィーバーはどこへやら。すっかり「あの人は今」状態になっていた寺原。しかし今年は、
一時ローテで登板。5月初めまで2勝を挙げましたが、交流戦突入後、先発3連敗。5月28日付で登録抹消、
再び雁ノ巣暮らしとなってしまいました。

 この日のピッチング、悪くはなかったです。速球もズバズバ決まっていました。林の本塁打も、
「力と力の勝負」で、たまたま相手の力が勝っていた、という印象を受けました。ただ葛城にも本塁打を
喫するなど、「投げっぷりの良さ」も「打たれっぷりの良さ」もある感じで…。

 10代から脚光を浴びていましたが、この世界、遅咲きの人材もたくさんいます。これからも寺原より
年上のルーキーが入ってくることでしょう(三瀬とか竹岡とか…)。
「白球の森」は83年夏の記念。もう23年も前なのか…と思えますが、くしくも寺原も全く同じ83年生まれ。
野球人としてはまだまだこれからです。
 この日の夜、スカイマークでは、その83年夏の甲子園に出場したオリックスの2人、吉井理人
(当時箕島高3年)が先発5回零封、5勝目を挙げ、清原和博(当時PL学園1年)が本塁打とタイムリーを放ち、
堂々お立ち台に上りました。

 23年たって、「まだこんなに小さい」のか、「これから大きくなる」のか。
はたまた「環境が合っていない」のか。


 最後に、この日の両チームの一軍も含め、寺原と、そして「白球の森」と同じ83年度に生まれた選手たちを
書いてみたいと思います。「この選手って同い年なのか…」という、印象の違いや発見もあるかと思います。

雁ノ巣(福岡ソフトバンク)
神内靖投手 甲藤啓介投手 柳瀬明宏投手 松田宣浩内野手 北野良栄内野手 井手正太郎外野手 小斉祐輔外野手

鳴尾浜(阪神)
金村大裕投手 岩田稔投手 中林佑輔投手 岡ア太一捕手 桜井広大外野手


2006年 6月 7日 イースタンリーグ 湘南−楽天(横須賀)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南VS山形 10回戦

 <結果>                R
     
山 形 120 020 000 
     
湘 南 312 000 00X   湘南4勝6敗

<継投>
山形 矢野(3)→戸叶(2)→玉木(1)→有銘(2) 負・矢野

湘南 後藤(1 0/3)→岡本(4)→稲嶺(2)→山北(2) 勝・岡本

<HR>なし

<アンパイヤー>
PL・鈴木章太 1B・橋本信治 2B・工藤和樹 3B・柳田浩一

<公式記録員>
 生原 謙

<試合時間> 18:00〜20:55  2時間55分

<観客> 450人

<天候> 晴れのち曇り 気温・17℃ 風/→のち↓後半強

※1回裏途中からの観戦。18時20分スタンド着・・・・よって山形の1回の1点は不明です。1回裏湘南は,呉本の同点安打と内藤の2点安打の3点。その後は・・・

<2回表 山 形 得点2点・投手/後藤伸也>

6(5)大 廣 2ボール後,死球(0死1塁)
7(2)長 坂 1S3B後,左2H(0死1−3塁)
8(8)森 谷 1S3B後,四球 (0死1−2−3塁)
 ★投手交代 後藤→岡本直也
9(1)矢 野 1S1B後,左H 得点2 (0死1−2塁)
1(3)平 石 1B後,遊飛 (1死1−2塁)
2(4)佐 竹 初球,左飛 (2死1−2塁)
3(6)草 野 1B後,4ゴ チェンジ

<2回裏 湘 南 得点1点・投手/矢野英司>

7(2)武 山 1B後,三邪飛(1死)
8(7)田中一 2S3B後,左中H (1死1塁)
9(1)岡 本 初球 投E (1死1−3塁)
          ※犠牲バントを矢野が取るも,足を滑らせて尻餅。
1(6)石 川 初球 4ゴ 田中一生還 得点1

<3回裏 湘 南 得点2点・投手/矢野英司>

3(4)北 川 2S3B後,4H (0死1塁)
4(3)呉 本 初球 投犠 (1死2塁)
5(8)河 野 1S1B後,4ゴ(2死3塁)
6(9)内 藤 1S2B後,右2H 得点1(2死2塁)
7(2)武 山 1B後,左中2H 得点1(2死2塁)
8(7)田中一 2S2B後,振K チェンジ

<5回表 山 形 得点2点・投手/岡本直也>

1(3)平 石 1S2B後,右H (0死1塁)
2(4)佐 竹 2S1B後,中H (0死1−2塁)
3(6)草 野 1S1B後,右H 得点1(0死1−2塁)
4(7)竜太郎 1S後,5犠 (1死2−3塁)
5(9)中 島 2S3B後,4ゴ 佐竹生還 得点1 (2死3塁)
6(5)大 廣 2S2B後,振K チェンジ ※岡本ガッツポーズ!珍しいこと!!

『感想』
 1回裏の途中に到着して,スコアーボードの「後藤」の名前を見て衝撃!すでに1点取られている上に18:20でまだ1回裏。不安を抱きお馴染みのご隠居さんに後藤や如何に?と尋ねると「球が高いんですよ。高いと言ってもね,野球の常識を超えた高さでしてね。それに左右へも流れる。どこか痛めているのですかね?まあ2回を御覧なさい」
 その2回,上にも触れた通りストライクが入らない。制球不足の後藤ならば慣れっこですが,今夜の彼は自己の制御も利かない状態でした。適当に荒れているのではなく,球に見捨てられた荒れ方でした。1死も取れず満塁とした時,ベンチからいきなり岩井監督登場して交代を球審に告げられる。その後岡本透コーチがマウンドへ行くも後藤はうなだれるのみ。慌てて調整してやや手間取った岡本直也登場までマウンドでさらし者状態。「次は頑張れよ!」のスタンドの声が掛かるも,後藤は自失放心状態で涙さえ浮かんでるのではと思うほど青ざめた表情でベンチへ戻ったのでした。山口俊の登板予定から転じた後藤の先発でしたが,状態がいいからこそ先発だったのでしょう。崖っぷちの今季,誠に残念至極な姿を観てしまいました。開幕戦に子連れの子が渡した激励の色紙の文句を今改めて後藤投手へ送りましょう・・・「2006年大活躍!!」

 3回に2点取って以降最終回まで毎回3人で終わった湘南。山形の攻撃ばかり見せられていた試合でした。4イニング自責はありながらも好投の岡本に拍手。ここまで投げられる左投手がいつまでも「旬」でいるわけではあるまいぞ!と今夜も悔しい思いでいました。今日は左腕特集の湘南,好投岡本を受けた稲嶺はやはり下降線状態。コントロールの冴えが影を潜めてしまい2イニングをよくぞ0点で凌いだとハラハラな内容でした。最後の2イニングは前夜自滅の山北。草野の投直に1塁走者佐竹が飛び出し戻れぬ幸運な併殺や,早打ちの打線に助けられた面が表面に出て,内心では延長もあるな・・・と観ていた内容でした。

 風の冷たい6月ナイターとは思えぬスタンドでした。学校訪問に訪れた内藤選手を応援に来た小学生が一生懸命応援した甲斐があり,今夜のヒーローは横須賀地元の内藤選手,「まだまだシーレックスでやることがイッパイあります。」と謙虚に答えていました。観戦の皆さん,お疲れさまでした。風邪など召されぬようご自愛ください。

『今日の村西哲幸』
 登板せず。ただし36のユニホームでグランドにはいました。また髪切り染めおって!


2006年 6月 4日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−サーパス(久留米)報告者:詠み人不知さん

今日も現地より携帯にて逐一実況してくださった情報をまとめました。
ところを久留米に変えての3連戦の3つ目、ホークスは今季の対サーパス戦2勝のうち1勝をあげている高橋秀が先発登板、連敗ストップとともに3タテ阻止といきたいところ。
一方、今カードでの首位陥落の目がなくなったサーパスは、連勝の余勢をかって3タテを決めて首位固めをして遠征を締めくくりたいところ。
久留米は雁ノ巣のような風の影響は受けないもののフェンスが高くて、これはこれで投手にいいアシストになるであろう。
ほんとウェスタンは選手を大きく育てる器に恵まれてますね。

(スコア)
サーパス神 戸|000 461 001|12
雁ノ巣ホークス|000 000 050| 5

(サーパス神戸打撃成績)
==========1回 2回 3回 4回 5回    6回 7回 8回 9回
(7)  早 川    中安 ―― 三振 中2B 遊ゴ    ―― 遊ゴ ―― 二飛
(4)   筧     捕犠 ―― 三振 左安 左2B    ―― 中飛 ―― 中飛
(D)  吉 良    三振 ―― 中安失右安 遊失    ――
HD  小 島                         三振 ――
(5) ブランボー   遊飛 ―― 三振 三邪 右2B    ――
5   三 木                         ―― 三振
(8)   迎     ―― 二直 ―― 左安 四球 一邪 ―― ―― 遊安
(9) グラボースキー ―― 四球 ―― 右安 左2B    右HR
9   下 山                         ―― 三振
(3)  岡 田    ―― 左飛 ―― 四球 右安    中飛 ―― 左飛
(2)  長 田    ―― 四球 ―― 三振 三失    三振 ―― ―― 左HR
(6)  柴田 亮   ―― 三振 ―― 左飛 投犠    三振 ―― ―― 遊ゴ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

(雁ノ巣ホークス打撃成績)
=======1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回    9回
(6)  金 子 四球 ―― 投ゴ ―― ―― 左飛 ―― 三失 遊ゴ
(4)  仲 澤 投犠 ―― 右飛 ―― ―― 中安 ――
4   稲 嶺                      左安    右飛
(3)  吉 本 中併 ―― ―― 三ゴ ―― 遊飛 ―― 四球
H   大 野                            遊飛
(7)  井 手 ―― 中安 ―― 三振
7   榎 本             ―― 左飛 ―― 右2B    一ゴ
(D) カブレラ ―― 中安 ―― 三振 ―― ―― 三ゴ 三ゴ
(8)  井 出 ―― 投犠 ―― ―― 三振 ―― 遊ゴ 四球
(9)  荒 金 ―― 三振 ―― ―― 中飛 ―― 中安 四球
(5)  北 野 ―― 遊ゴ ―― ―― 右安 ―― 右飛
5   斉藤秀                      左直
(2)  荒 川 ―― ―― 左安 ―― ―― 左2B ――
2   中 西                      三失 死球
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

本塁打:グラボースキー3号(6回、山村)、長田1号(9回、岡本)
二塁打:神(早川、筧、ブランボー)、雁(荒川、榎本)
盗塁:グラボースキー(2回)、迎(4回)、岡田(5回)
盗塁死:金子(3回)、北野(5回)、

(投手成績)
      回  打者  安打 四死球 三振 失点 自責
○本 柳  7   26  7   1  4  0  0
 松 村  1/3   7  2   2  0  5  2
 軒 作  2/3   4  0   2  0  0  0
 野 村  1    3  0   0  0  0  0
―――――――――――――――――――――――――――――
●高橋秀 40/3  26  8   2  6  8  7
 甲 藤  1    6  2   0  0  2  0
 山 村  2    7  1   0  3  1  1
 神 内  1    4  1   0  1  0  0
 岡 本  1    4  1   0  0  1  1
※エラーの絡みがあるので自責点については若干誤りがあるかもしれません。

(得点経過ほか)
1回表
先頭の早川がセンター前ヒットで出塁し筧が送っていきなり先制のチャンスを作るが後続を断たれて無得点に終わる。
1回裏
四球を選んだ先頭金子を仲澤が送って1死2塁のチャンスを作ったが、吉本のセンターフライを迎が背面キャッチ、金子が塁に戻れず併殺となりチェンジ。
2回表
グラボースキーが四球を選び、長田の3球目に盗塁を決める。長田も歩いて2死1,2塁のチャンスを作るが柴田亮が三振に倒れて初回に続いて先制のチャンスを逃す。
2回裏
井手、カブレラが連打で出塁し井出が送って1死2,3塁と先制の絶好のチャンスを作るが、後続が無くこれまた先制できず。
3回表
早川、筧が連続三振に倒れたあと、吉良の打球を井出がファンブルする間に2塁に進塁してまたも先制のチャンスを作るがブランボーが見逃し三振に倒れてこれまた無得点。
3回裏
荒川がヒットで出塁するが、金子がバント失敗で走者が入れ替わり。
塁に残った金子は盗塁失敗でチェンジ。
4回表
この回の先頭迎はヒットで出塁して2盗に成功、グラボースキーもヒットで無死1,3塁にチャンスを広げ、岡田が歩いて無死満塁とする。
一死後の柴田亮のレフトフライは井手の好返球でタッチアップできず、またもチャンスが潰えたかと思ったところで早川がセンターへの2点タイムリーツーベースで先制する。
筧と吉良もそれぞれレフトとライトへ連続タイムリーで2点を追加して打者一巡の猛攻となったこの回の攻撃は4点先制で終了。
4回裏
この回に三振に倒れた井手はスイングの際に足を痛めた模様。
そのため次の回の守備から榎本に交代。
5回表
先頭迎が四球で出塁してグラボースキーがレフトへのツーベースで無死2,3塁と追加点のチャンスを作る。
岡田がライト前にタイムリーでまず1点を追加してなおも無死1,3塁とする。
打者長田への初球に岡田が盗塁を決めて2,3塁として、長田の打球を仲澤がエラーしてもう1点献上して無死1,2塁となったところで高橋はKOとなり、ピッチャーは甲藤に交代。
柴田亮が送って1死2,3塁とするが早川のショートゴロ岡田がでホームタッチアウトで2死1,3塁となる。
早川が筧への初球に盗塁を成功させて2死2,3塁として筧のタイムリーツーベースでさらに2点追加、吉良のショートゴロを金子が悪送球してもう1点追加する。
ブランボーは右中間を深々と破るタイムリーツーベースでもう1点追加してこの回さらに6点を追加して10-0となりここで試合をほぼ決めてしまう。
6回表
この回から登板の山村の代わり端にグラボースキーがライトへ3号HRを放ちさらに1点を追加する。
6回裏
先頭荒川がレフトへあわやスタンドインの大きなツーベースを放ち、1死後仲澤のヒットで1,3塁と反撃のチャンスを広げるが後続なし。
8回裏
三木の連続エラーで無死1,3塁のチャンスをもらい、稲嶺がレフトにタイムリーヒットでホークスファン待望の1点を返す。
吉本が歩いて満塁とした後、榎本がライトフェンス直撃、それも久留米球場の高いフェンス上部にあたるタイムリーツーベースでさらに2点を追加する。
続くカブレラのサードゴロの間に吉本が生還してこの回4点目。
井出が歩いて1死1,3塁となったところでピッチャーが軒作に交代になる。
いきなり荒金を歩かせて満塁と傷口を広げるが斉藤秀のレフトライナーで三塁ランナー榎本がタッチアップできず。
しかし軒作が中西に押し出し死球を与えて5点目を献上する。
9回表
長田が岡本から今季1号HRをレフトへ放ち1点追加でホークスの反撃ムードを押さえ込む。

両軍あわせて打者一巡以上のビッグイニングが3回と派手目な試合は先に先制のチャンスをものにしたサーパスが制し、この3連戦で25得点と打線好調のサーパスが一気に首位奪回から首位固めを果たす結果とあいなりました。
またサーパスはこの日の3盗塁のうち2つが初球に敢行するという積極性も見せました。
この3タテでこのカードの対戦成績はサーパスの9勝2敗と貯金をさらに積み上げました。


2006年 6月 3日 イースタンリーグ 湘南−巨人(相模原)報告者:しゅうさん

昨日、浦和で観戦後、武蔵野線〜中央線〜横浜線を乗り継いで相模原球場に向い、ナイターで行われた湘南vs読売巨人6回戦を観戦しました。スコアは以下のとおりです。

巨人 000 000 110│
湘南 100 200 00×│ (3勝3敗)

 勝 吉 見 2勝3敗0S 登板5
 負  南  0勝2敗0S 登板10
 S 牛 田 2勝1敗2S 登板16

 【読売巨人】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 脇 谷 300 一ゴ     空振    四球    空振
  G 山 田 410 右安    見振    三ゴ        二飛
  F 三 浦 410 空振    三ゴ       見振     左二
  B 吉 川 410 左安       三邪    左直    三飛
  H 堀 田 410 投直       左二    一邪    一失
  E 大須賀 310    中安    空振       遊飛
  H6古 城 100                      空振
  C 長 田 400    遊ゴ    三ゴ       中飛    空振
  A 實 松 410    空振       三ゴ    左安    空振
  @  南  100    見振
  H 梅 田 100             左飛
  1 加登脇 000
  H 加 藤 110                   左二
  1 山 口 000
  1 会 田 000
  H 十川孝 100                         空振
  犠盗失併残─────
  00027 3570

       回 打安振球責
  ● 南   4 198223
   加登脇 2 73200
   山 口 1 30110
   会 田 1 31000

 【湘  南】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
  E 石 川 410 中安    空振 捕邪    四球 見振
  C 野 中 330 二安    左安    左安    死球
  D 木 村 311 中安    空振    二ゴ
  H5万 永 100                      二ゴ
  B 呉 本 320 遊ゴ    四球    右二       左安
  R8田中一 000
  H 内 藤 400 三直    二ゴ    空振       二併
  3 福 本 000
  F 西 崎 320    左安    右飛    二安
  G9田中充 210    四球    遊安    中飛
  A 武 山 310    左安    三ゴ    見振
  @ 吉 見 312    二併    右本       三ゴ
  1 牛 田 000
  犠盗失併残─────
  03105 29123

       回  打安振球責
  ○吉 見 72/3 327810
  S牛 田 11/3 40400


◇本塁打 吉見1号(=南)
◇二塁打 堀田、加藤、三浦、呉本
◇失 策 呉本(8回)
◇盗 塁 野中2(1回、3回)、木村(1回)
◇盗塁死 西崎2(2回、6回)、木村(5回)、野中(7回)
◇暴 投 吉見(2回)
◇捕 逸 武山(7回)
◇守備妨害 石川(1回=これにより野中の二ゴロが安打に)
◇試合時間 2時間46分
◇審 判 西本、石山、牧田

【試合経過】
 湘南は1回表、木村の中前適時打で1点先制。4回裏にもピッチャー吉見の2点本塁打で追加点。
 巨人は7回表、2死から実松の左前安打、代打加藤のレフト線二塁打で二・三塁とし、武山の捕逸で1点返し、さらに8回表には2死二塁で堀田のボテボテ投ゴロを吉見が捕って一塁に送球するも、呉本が捕り損ない1点返すが反撃もここまで。8回途中からリリーフした牛田が、打者4人とも空振り三振に仕留めゲームセット。


2006年 6月 3日 イースタンリーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:しゅうさん

昨日ロッテ浦和球場で行われました千葉ロッテvs北海道日本ハム7回戦を観戦しました。スコアは以下のとおりです。

日本ハム 000 000 012│
ロッテ  204 000 20×│ (千葉ロッテ7勝)

 勝 木 興 3勝0敗0S 登板8
 負 江 尻 0勝1敗0S 登板1

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E  陽  512 アウト     遊ゴ    三ゴ    右飛    右本
  C 川 島 510 三振    三ゴ        左飛     中三 中飛
  F 坪 井 320 左安       一ゴ     左安
  7 工 藤 100                      投直
  H 鵜久森 321 四球       中安    遊飛    左安
  D 尾 崎 400 二飛       中飛    左飛    右邪
  B 稲 田 410    左飛    右安       二ゴ 中飛
  D 渡 部 200    右飛    空振       四球
  H 市 川 100                         一ゴ
  A 今 成 210    遊ゴ       左安
  2 小 山 110                   右安
  H 佐 藤 000                         四球
  G 紺 田 400       中飛    中直    左飛    中飛
  犠盗失併残─────
  00108 3593

       回 打安振球責
  ●江 尻 5 2911256
   立 石 2 92302
   吉 崎 1 41100

 【千葉ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
  G 代 田 310 中安 二ゴ 四球    四球    見振
  H 喜 多 512 右本 遊ゴ 遊飛    一ゴ    二ゴ
  D  林  510 遊ゴ    中安 空振    空振    投ゴ
  1 戸 部 000
  F 井 上 410 四球    左飛 中二    遊失
  7 諸 積 100                      一ゴ
  B パスクチ532 左安    左本 右飛    中飛    三安
  PR 瑞 季 000
  3 寺 本 000
  D 橋 本 210 四球    中二 四球    ニゴ
  H5細 谷 100                      見振
  E 塀 内 420 空振    右安 二ゴ       右安
  A 金 澤 423 二ゴ    右二    投ゴ    右本
  2 青 松 000
  C 早 坂 421    二ゴ 左二    左安    空振
  犠盗失併残─────
  010110 38148

       回 打安振球責
  ○木 興 7 286220
   三 島 1 52001
   戸 部 1 51012

◇本塁打 喜多2号(=江尻)、パスクチ1号(=江尻)、金澤4号(=立石)、
     陽4号(=戸部)
◇三塁打 川島
◇二塁打 橋本、金澤、早坂、井上
◇失 策 陽 (7回)
◇盗 塁 井上(1回)
◇盗塁死 早坂(6回)
◇ボーク 木興(5回)
◇試合時間 2時間52分

【試合経過】
 千葉ロッテは、1回裏に喜多の2点本塁打で先制。その後、3回裏にパスクチの2点本塁打、金澤、早坂の連続適時二塁打で4点、7回裏には金澤の2点本塁打で追加点を上げ試合を決めました。
 北海道日本ハムは、ロッテ木興に対し走者は出すも決定打が出ず、7回を無得点に抑えられました。8回表に代わった三島から鵜久森の左前適時打で1点、9回表には陽が戸部から2点本塁打を放ち、3点を返すのがやっとでした。


2006年 6月 3日 イースタンリーグ ヤクルト−楽天(戸田)報告者:あわてんぼーさん(HP:あわてんぼーのブログ

イースタンヤクルト対楽天

 試合開始13時終了15時48分試合時間2時間48分
 球審原1塁萩原3塁敷田記録員山本
 戸田(ヤクルト3勝1敗)観衆100人
                    R  H E
 
楽  天 202 002 010    11 0
 
ヤクルト 100 010 000     8 1

 勝:松 本1勝2敗
 負:石 堂2勝2敗

 3塁打 竜太郎(6回)2塁打 大廣、川端(6回)
 盗 塁 森谷(2回)
 走塁死 中島(1回)川本(2回)
 暴 投 石堂(6回)
 併 殺 楽  天2(草野−坂−平石)4回志田
          (坂−草野−平石)5回田中浩
     ヤクルト1(田中浩−川端−鈴木健)5回中島
 失 策 楽  天0
     ヤクルト1 川端(1回)


1回表(ヤクルト投手石堂、捕手川本)平石左飛、佐竹三振、草野遊ゴロ失、河田中前安打で1,3塁、中島四球で満塁、竜太郎中前安打で草野、河田生還も8−5とわたり3塁中島タッチアウト(楽天2)
1回裏(楽天投手松本、捕手河田)田中浩遊ゴロ、川端、鈴木健共に四球で1,2塁、畠山左前安打で川端生還なお1,2塁、武内左飛、志田三塁ゴロで5−4とわたり2塁武内封殺(ヤクルト1)
2回表 大廣二塁ゴロ、松本三振、森谷、平石共に四球で1,2塁(森谷、平石の打席で2塁盗塁成功)佐竹二塁ゴロ(楽天0)
2回裏 丸山泰三振、川本四球、石堂一前送りバント成功で川本2塁進塁、田中浩左前安打も7−2とわたり川本本塁タッチアウト(ヤクルト0)
3回表 草野四球、河田遊越え安打で1,2塁、中島捕前送りバント成功で2,3塁、竜太郎中前安打で草野、河田生還、大廣、松本共に三振(楽天2)
3回裏 川端二塁ゴロ、鈴木健中飛、畠山三飛(ヤクルト0)
4回表 森谷、平石共に左飛、佐竹遊飛(楽天0)
4回裏(楽天佐竹に代わり遊撃坂、遊撃から二塁草野) 武内左前安打、志田二塁ゴロで4−6−3とわたり併殺、丸山泰一塁ゴロ(ヤクルト0)
5回表 草野二塁ゴロ内野安打、河田左飛、中島二塁ゴロで4−6−3とわたり併殺(楽天0)
5回裏 川本左前安打、石堂右飛、田中浩遊ゴロで6−4−3とわたり併殺(ヤクルト0)
6回表 竜太郎右翼越え3塁打、大廣中前2塁打で竜太郎生還、松本に代打益田遊ゴロで大廣3塁進塁、森谷の時投手石堂の暴投で大廣生還で結局森谷は三塁ゴロ内野安打、平石右前安打で1,2塁、坂投ゴロで1−6とわたり2塁平石封殺で1,3塁、草野中飛(楽天2)
6回裏(楽天投手有銘)川端右翼線2塁打、鈴木健一塁ゴロで川端3塁進塁、畠山右前安打で川端生還、竹内三振、志田遊ゴロで6−4とわたり2塁畠山封殺(ヤクルト1)
7回表(ヤクルト投手三澤)河田一塁ゴロ、中島中飛、竜太郎左飛(楽天0)
7回裏 丸山泰に代打牧谷遊ゴロ、川本三振、三澤に代打野口遊ゴロ(ヤクルト0)
8回表(ヤクルト投手上原、左翼から三塁畠山、左翼牧谷)大廣四球、有銘に代打西谷捕前送りバント失敗し2−6とわたり2塁大廣封殺、森谷四球で1,2塁、平石左前安打で満塁、坂遊ゴロで6−4とわたり2塁平石封殺の間に西谷生還なお1,3塁、草野二塁ゴロ(楽天1)
8回裏(楽天投手戸叶)田中浩右飛、川端三振、鈴木健右前安打(ヤクルト代走内田)畠山左前安打で1,3塁、武内左飛(ヤクルト0)
9回表(ヤクルト投手山部、右翼内田、右翼から一塁武内)河田一塁ゴロ、中島左前安打、竜太郎二塁ゴロで4−6とわたり2塁中島封殺、大廣中飛(楽天0)
9回裏(楽天投手小山)志田左飛、牧谷中飛、川本に代打久保田三振(ヤクルト0)

    打撃成績
    楽 天 打安点    ヤクルト 打安点
   B平 石 420    C田中浩 410
   C佐 竹 300    E川 端 310
   6 坂  200    B鈴木健 310
  E4草 野 410   R9内 田 000
   A河 田 520   F5畠 山 432
   H中 島 310   H3武 内 410
   F竜太郎 534    G志 田 400
   D大 廣 411    D丸山泰 200
   @松 本 200   H7牧 谷 200
   H益 田 100    A川 本 310
   1有 銘 000    H久保田 100
   H西 谷 100    @石 堂 100
   1戸 叶 000    1三 澤 000
   1小 山 000    H野 口 100
   G森 谷 210    1上 原 000
   計    36116    1山 部 000
               計    3182

 投手成績
 楽 天   投回   投数  被安 四死 三振 自責 失点
○松 本   5    67   4  3  1  1  1
 有 銘   2    32   2  0  2  1  1
 戸 叶   1    21   2  0  1  0  0
 小 山   1    12   0  0  1  0  0
 ヤクルト  投回   投数  被安 四死 三振 自責 失点
●石 堂   6    92   9  4  4  4  6
 三 澤   1    16   0  0  0  0  0
 上 原   1    27   1  2  0  1  1
 山 部   1    16   1  0  0  0  0

 あわてんぼーが選ぶMVP

■竜太郎(辻竜太郎)(楽)
 今日のMVPを私のほかに複数いたとしたら、私も含め全会一致で彼をMVPに推すだろう。
 これくらい文句のつけようの無い活躍。1回センター前に先制点となる2点タイムリーを打ち、3回にも、同じくセンター前へ2点タイムリーと合計4打点。
 さらに、6回には、ライトオーバーの3塁打で追加点の口火を切るなど大活躍。
 守っても、2回田中浩康のレフト前ヒットで、ホームをついた川本をバックホームし見事タッチアウトにするプレーは見事だった。
 年齢(30歳)を見るともう後が無い。早く一軍へ昇格しないことには埋没してしまう。

 あわてんぼーが注目した選手

■有銘兼久(楽)
 イーグルス期待の左腕。しかし、今日観た所決め球が無く球数が多い。しかも、微妙なコントロールが無い。そんな状態で、イーグルスとはいえ出番(1軍で)が回ってくるか?
 しんどい気がする。早くしないと彼も埋没しかねない。

■小山伸一郎(楽)
 田尾前監督、野村監督共に当初は抑え投手として見込まれていたが、残念ながら期待に応えられず、プロの目が観て一体なぜ?という気持ちで観ていたが、おそらくはブルペンでは良く観えるのだが、いざ本番となるとその力が発揮できないでいるのだと思う。
 今日観ていて、ストレートが速い訳でなく、変化球の切れ、コントロールも?といった感じで、折角良いものを持っているのに宝の持ち腐れになってしまうのでは?・・・と思うと残念でならない。

■石堂克利(ヤ)
 以前彼のことを、カーブの切れが良いと書き込んだが、残念ながら最近はその切れも亡くなってしまったようだ。
 となると、彼の持ち味(武器)が無くなってしまった影響で打者を打ち取るには、相当難しくなってくる。
 早く彼の持ち味を生かせるようにならないと彼もまた埋没してしまう。
 それと、ちょっと彼の場合は線が細いというか怪我に弱そうだな・・・という印象を持ってしまうのは私だけなのか?

■畠山和洋(ヤ)
 今年レフトへコンバートされたが、またしても守備で足を引っ張ってしまった。3回河田の打球をショートとお見合い(ショートのグラブに触れる)しヒットにしてしまう。
 打つ方では、3安打し打点も2を稼いだだけに返す返すもあの守備は残念だ。
 彼のバッティングを生かすためとはいえ、やはり、彼のことを考えると内野手(サード、ファースト)としての方が良いのかなと思うのは私だけでしょうか。


2006年 6月 3日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−サーパス(雁ノ巣)報告者:詠み人不知さん

6/3 ウェスタンリーグ 雁ノ巣ホークス対サーパス神戸10回戦@雁ノ巣球場

 本日も雁ノ巣より携帯にて逐一実況を行っていただいていましたので、それをまとめました。
昨日の敗戦で首位陥落したホークスは首位奪回なるのか?あるいはサーパスが首位固めとなるのか?

(スコア)

サーパス神 戸|304 100 000|
雁ノ巣ホークス|103 001 002|

(サーパス神戸打撃成績)
========1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(7)  下 山  四球 右安 ―― 四球 ―― 左飛 ―― 三ゴ
(4)   筧   犠選 遊併 ―― 三振 ―― 一ゴ ―― 一ゴ
(8)  由 田  三犠 ―― 三振 三振 ―― 一ゴ ――
5   三 木  ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― 四球
(5) ブランボー 四球 ―― 中安 二失 ―― ―― 四球
R8  早 川  ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― 二ゴ
(9)   迎   三ゴ ―― 中2B 右安 ―― ―― 三併 ―― 二ゴ
(D)  吉 良  中2B ―― 四球 遊直 ―― ――
D   小 島  ―― ―― ―― ―― ―― ―― 四球 ―― 四球
(2)  横 山  投ゴ ―― 左HR ―― 三ゴ ―― 左2B ―― 右飛
(3)  岡 田  ―― 三失 一直 ―― 三振 ―― 四球 ―― 中直
(6)  柴田 亮 ―― 三ゴ 三ゴ ―― 三振 ―― 一ゴ ――
----------------------------------------------------------------------

(雁ノ巣ホークス打撃成績)
=======1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(6) 金 子  四球 ―― 三ゴ 三振 ―― 三飛 ―― ―― 一併
(4) 稲 嶺  一犠 ―― 二ゴ ―― 中飛 ―― 二ゴ ―― 遊安
(9) 井 手  遊ゴ ―― 中HR ―― 右2B ―― 四球 ――
(7) カブレラ 三振 ―― 三振 ―― 遊ゴ ―― 三併 ―― 二ゴ
(3) 吉 本  ―― 三失 ―― 四球 遊ゴ ―― ―― 三ゴ
(8) 荒 金  ―― 遊ゴ ―― 左安 ―― 中飛 ――
8  榎 本  ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― 一ゴ
(D) 大 野  ―― 三振 ―― 投ゴ ――
HD 井 出  ―― ―― ―― ―― ―― 三振 ―― 三振
(5) 仲 澤  ―― ―― 左安 四球 ―― 中3B ―― ――
H  北 野  ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― 中安
(2) 領 健  ―― ―― 二安 三振 ―― 左2B ――
2  荒 川  ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― 三失
----------------------------------------------------------------------
本塁打:横山1号(3回、寺原)、井手2号(3回、中山)
三塁打:雁(仲澤)
二塁打:神戸(吉良、迎、横山)、雁ノ巣(井手、領健)
盗塁:下山(4回)、三木(8回)、稲嶺(9回)
牽制死:吉本(2回)
捕逸:横山(1回)

(投手成績)
     回   打者 安打 四死球 三振 失点 自責
 中 山 22/3  12  3  1   1  4  4
○ユウキ 31/3  16  4  2   3  1  1
 阿部健 1     3  0  1   0  0  0
 松 村 1     3  0  0   1  0  0
S軒 作 1     5  2  0   0  2  2
――――――――――――――――――――――――――――――
●寺 原 21/3  16  5  2   1  7  7
 小 椋 12/3   8  1  1   2  1  0
 水 田 2     6  0  0   2  0  0
 大 西 1     6  1  3   0  0  0
 三 瀬 1     4  0  1   0  0  0
 甲 藤 1     4  0  1   0  0  0


(得点経過ほか)
1回表
先頭の下山が四球を選んで、筧のバントを領健がフィルダースチョイスをして無死1,2塁とチャンスが広がる。
由田が送ってブランボーも歩いた満塁のチャンスに迎のサードゴロで併殺を奪えずセカンドフォースアウトのみとなり、今日もサーパスが先制に成功する。
吉良がセンターオーバーのタイムリーツーベースで続いていきなり3点を先制する。
1回裏
こちらも先頭の金子が四球で歩いて稲嶺が送った1死2塁から、打者井手の際に横山がパスボールで3進みショートゴロの間に生還してノーヒットで1点を返す。
2回表
岡田がサード仲澤のエラーで出塁し、続く柴田亮の三ゴロでまたも併殺を取れずセカンドフォースアウトのみで走者入れ替わり。
下山との間でヒットエンドラン成功するが、筧のセンター返しの打球を金子がダイビングして好捕、そのままベースを踏んで併殺成立でこの回無得点に終わる。
3回表
1死後、ブランボー、迎の連続長短打で2,3塁としたあと吉良が歩いて満塁のチャンスを作り横山がグランドスラムを叩き込んで寺原をKO。
3回裏
この回先頭の仲澤がレフト前ヒットで出塁すると、領健のファースト後方に上がったフライがヒットになって1,3塁のチャンスを作る。
金子のサードゴロで領健がフォースアウトになる間に仲澤が生還して1点を返す。
稲嶺のセカンドゴロで金子はセカンドへ進んで井手がバックスクリーンへHRを叩き込んでさらに2点を返して中山も3回持たずにここでKO。
4回表
先頭下山は四球で歩くが続く筧、由田が連続三振だが、打者由田への3球目に盗塁を成功させる。ブランボーのセカンドゴロを稲嶺がエラーして1,3塁とチャンスが広がり迎のライト前タイムリーで1点追加する。続く吉良は金子のジャンプ一番ファインプレーにあい攻撃終了。
しかし二死からのエラーでつながったチャンスをものにしたこの1点が大きくものをいうようになる。
4回裏
先頭吉本に四球を許し、荒金はレフト前にテキサスヒットで1,2塁として反撃のチャンスを作る。大野の投手ゴロでセカンドフォースアウトのみで1死1,3塁となり仲澤も歩いて満塁とチャンスは広がるが領健、金子が連続三振でこの回無得点。
6回裏
二死から仲澤がセンターオーバーのスリーベースヒットを打ち、領健がレフト線突破のタイムリーツーベースで1点を返す。
7回表
先頭ブランボーが歩いて代走に早川を起用。あたっている迎はサードライナーの併殺に倒れるが吉良も四球を選び、横山のレフトへのツーベースに吉良も歩いて2死満塁とするが、柴田亮が倒れてこの回追加点を奪えず。
9回裏
仲澤への代打北野がセンター前ヒットで出塁、荒川のサードゴロを三木がエラーで無死1,2塁とするが金子のファーストライナーが併殺となり2死2塁とチャンスはしぼむ。
稲嶺がショート内野安打で出塁して盗塁を決めて2死ながら2,3塁と再度チャンスを広げ、井手がレフトへ2点タイムリーを放ち1点差まで詰め寄るがカブレラが倒れてゲームセット。
両先発が早々にKOをくらう展開となったこの試合、サーパスが序盤にあげた大量リードを守りきり勝利を収めて首位固めを果たしました。
これで対戦成績はサーパスの8勝2敗とその差はさらに広がりました。

首位奪回ならなかった雁ノ巣ホークス、甲子園でプレーしているべきはずの寺原はKO、カブレラはチャンスにことごとく凡退するなど二人が不振だったのが響いた。


2006年 6月 2日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−サーパス(雁ノ巣)報告者:詠み人不知さん

6/2 ウェスタンリーグ 雁ノ巣ホークス対サーパス神戸@雁ノ巣球場

 いつ以来の首位なのかはファンですら誰も思い出せないくらいに久しぶりにウェスタンリーグ首位に立ったホークス。
本日より現在リーグ2位のサーパス神戸を迎えての首位攻防戦を戦います。
これまでの本カードの対戦成績は6勝2敗と神戸がリードしているが、ホークスは13勝3敗とリーグ1のホーム勝率を誇ってもいる。
果たして対戦成績とホームの強さとどっちが出るでしょうか。
で、本日も先週同様に携帯にて逐一情報を届けてくださったかたがいらっしゃいましたので、そちらをまとめたものを投稿します。

(スコア)
サーパス神 戸|010 000 220|
雁ノ巣ホークス|000 000 001|

(サーパス神戸打撃成績)
==========1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(9)   迎     遊ゴ ―― 右安 右飛 ―― ―― 左2B 左HR
(4)   筧     左2B ―― 投犠 ―― 左安 ―― 四球 二ゴ
(7)  早 川    右安 ―― 中直 ―― 投犠 ―― 左飛 ―― 左飛
(5) ブランボー   遊併 ―― 四球 ―― 遊ゴ ―― 左2B ―― 二ゴ
5   三 木    ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― 二ゴ
(8)  由 田    ―― 中HR 捕邪 ―― 二ゴ ――
H8  下 山    ―― ―― ―― ―― ―― ―― 四球 ――
(D) グラボースキー ―― 二ゴ ―― 右安 ―― 三振
HD  小 島    ―― ―― ―― ―― ―― ―― 三振 ――
(2)  前 田    ―― 遊直 ―― 中安 ―― 左飛 ―― 中安
(3)  岡 田    ―― 右安 ―― 中飛 ―― 投ゴ ―― 三振
(6)  柴 田    ―― 二ゴ ―― 捕邪 ―― ―― 左飛 三振
----------------------------------------------------------------------

(雁ノ巣ホークス打撃成績)
=======1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(6)  金 子 遊直 ―― ―― 一ゴ ―― 中安 ―― ―― 中2B
(4)  稲 嶺 左安 ―― ―― 三振 ―― 一ゴ ―― ―― 三振
(9)  井 手 遊直 ―― ―― 三ゴ ―― ―― 右飛 ―― 左2B
(7) カブレラ ―― 四球 ―― ―― 三振 ―― 遊ゴ ―― 三振
(D)  吉 本 ―― 捕邪 ―― ―― 左安
RD  荒 金 ―― ―― ―― ―― ―― ―― 投ゴ ――
(8)  井 出 ―― 遊併 ―― ―― 左安 ―― ―― 二ゴ
(2)  大 野 ―― ―― 四球 ―― 遊併 ―― ――
2   中 西 ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― 遊ゴ
(3)  仲 澤 ―― ―― 遊併 ―― ―― 三ゴ ―― 三振
(5)  北 野 ―― ―― 三振 ―― ―― 三振 ―― ――
H   斉藤秀 ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― 三飛
----------------------------------------------------------------------

本塁打:由田1号(2回、倉野)、迎5号(8回、水田)
二塁打:神戸(筧、迎、ブランボー)、雁ノ巣(金子、井手)
盗塁:金子(6回)、前田(8回)
牽制死:稲嶺(1回)
捕逸:大野(7回)、前田(9回×2)

(投手成績)
     回   打者 安打 四死球 三振 失点 自責
○金 子 6   20  4  2   3  0  0
 軒 作 1    3  0  0   0  0  0
 吉 川 1    3  0  0   1  0  0
 歌 藤 2/3    3  1  0   1  1  1
 ユウキ 1/3    2  1  0   1  0  0
――――――――――――――――――――――――――――――
●倉 野 62/3  31 10  2   1  3  3
 小 椋 1/3    2  0  1   1  0  0
 水 田 1    5  2  0   2  2  2
 山 村 1    3  0  0   0  0  0


(得点経過ほか)
試合前に5月度の雁鷹賞(雁ノ巣ホークスのMVP)の表彰がありました。
受賞者の小斉は本日出場選手登録されて甲子園へ向かったため、栄誉の不在となりました。
よってここでは荒川を代理として授賞式を行いました。
その小斉に城所、辻といった好調どころを一軍昇格で欠いた雁ノ巣打線の打力低下が心配されるこの試合の結果はいかに?

1回表
1死後筧のレフトフェンス直撃のツーベースヒット、早川の右前ヒットで1,3塁のチャンスを作るがブランボーが6-4-3の併殺に倒れて先制のチャンスを逃す。
2回表
この回先頭の由田がセンターに今季第一号HRを叩き込んで1点先制。
2死後、岡田がヒットで出塁するが追加点は奪えず。
4回表
グラボースキー、前田の連打で無死1,2塁のチャンスを作るも岡田は中飛、柴田はバントがキャッチャーへのファールフライになって走者は釘付けのまま。
前の打席でヒットを打っている迎も右飛に倒れて追加点を奪えず。
5回表
レフト前ヒットで出塁し、早川のバントで2塁に進んだ筧がブランボーの遊ゴロの間に3塁に進塁するも、由田が凡退してこの回も追加点を奪えずじまい。
5回裏
1死後吉本、井出の連打で1死1,2塁の同点のチャンスを作るが大野がこの試合3つ目の併殺に打ち取られて同点ならず。
しかし、ここでこの試合始めての残塁を記録(これまでは牽制死と2併殺で残塁0)とやっと攻撃の糸口を掴めたのかもしれない。
6回裏
2死から金子がヒットと盗塁でスコアリングポジションまで走者を進めるが後続を絶たれ同点ならず。
7回表
2死1,2塁のチャンスでブランボーが左中間に2点タイムリーツーベースを放つ。
ついに待望の追加点をもぎ取ってここで先発倉野をKOする。
代わった小椋から代打の下山が四球を選び、続く代打小島の5球目を大野がパスボールして2,3塁とチャンスを広げるが、小島は三振に倒れてこの回は2点どまり。
8回表
この回先頭の前田がヒットで出塁し、打者岡田の時に盗塁を決めて無死2塁のチャンスを作る。
岡田、柴田が連続三振に倒れた2死2塁で迎がレフトへだめ押しの2ランHRを放つ。
9回表
山村登板、好調なサーパス打線を皆詰まらせての三者凡退にしとめる。
9回裏
1死後金子が左中間にツーベースを打ち出塁する。
打者井手から投手はユウキに代わり、いきなり2連続パスボールで金子が生還、1点を返す。
レフトへツーベースを打った井手が中継のミスをついてサードまで進塁するが、カブレラが三振に倒れてゲームセット。
今日の雁ノ巣は相手のミスでシャットアウト負けを逃れるのが精一杯。

今年のあいくちの悪さがそのままにでて首位陥落となった雁ノ巣ホークス、明日は久留米に場所を変えて首位奪回を果たしたサーパスに挑みます。


2006年 6月 2日 イースタンリーグ 湘南−巨人(平塚)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs川崎 第5回戦 6月2日(金) 平塚

<結果>           R
川崎 000 000 010   川崎3勝2敗
湘南 000 000 000 

<継投>
川崎 辻内(7回)−会田(2/3)−前田(1 1/3) 勝・辻内6試合3勝1敗
                     S・前田4試合0勝1敗1S
湘南 べバリン(7回)−岡本(1 2/3)−牛田(1/3) 負・岡本12試合1勝1敗

<HR>なし
<アンパイヤー>
PL・石山智也 1B・牧田匡平 2B・萩原達也 3B・原 信一朗

<公式記録員>
新向井秀廣

<試合時間> 18:00〜21:23 3時間23分

<観衆> 1,129人 ※高校生以下は無料のため,ご参考ください!

<天候> 曇り 風・↓のち→ 気温・17℃(やや肌寒い アイスよりHOTメニュー)

「得点状況」
8回表・川崎
(投手・岡本直也)
古城 ● 見S 邪 左飛 (一死)
堀田 5E ※3B万永トンネル (一死 1塁)
長田 振S 見S ●(暴投・堀田3塁へ) 左H ★得点1
 以降,星(3ゴ) PH十川孝(振K)

<安打数>
川崎 10H  湘南6H

      ☆各選手の詳細をご希望方は,お知らせ下さい。

『寸 評』

 結果から見ると辻内好投!と思われるかも知れませんが,この日の彼は制球難でした。お〜!と思わす直球の次に,手元を離れた瞬間から捕手の星が腰を浮かす抜け球・・・これが湘南の面々を揺さぶった結果になったのが皮肉でした。
 べバリンも結果から見るとヨシヨシですが,川崎の決定打がなかっただけ。さすがに7回はバテバテ状態。3回か5回限定と思ったのですが,7回までは予想外。村西の出番がないではないか!と般若顔でした・・・

 8回表,ザリガニ釣りを楽しんだとHPに書き込んでいた万永の,見本マニュアルお手本の「トンネル」と,カーブの指がはずれなかった「ヨイショ岡本」の暴投が長田の安打へつながって決勝点。湘南ファンですが,個人的に読売球団では唯一長田を応援しているで複雑な思いでした。

 9回表2死まで投げた「ヨイシィ岡本」が何故か?降板。8回のみと思っていたのに9回まで出たことが「おやや?」と思ったのですが,なんで完投させなかったのかな?ちょうどこのあたりに冷えと年で尿意を我慢できず,下の子に全権を委ねたので離席だったのですが,「ん〜・・・わからん・・・」とのコメント。「少年野球チームファールボール取ったド〜!!」と渡したノートへは書き込まれているだけでした。自責はつかなかったのですが,岡本ヤケッパチながらも!,好投を持続でした。今が「旬」ですよ!

 スコアーボードが湘南でなく「横浜」としばらく書かれていた昨夜の平塚でした。開門前に残物の「黒豚防犯アラーム付きのぬいぐるみ」(2006世界バレー・バレブ防犯ブザー・開幕戦100名様へのプレゼント物)とピン・バッジ(黒豚ホッシーコラボ)が,希望者へ配られていました。
 前日の1軍ナイター。渡田PLの判定に不服の連中への対応で,深更まで勤務していた警備誘導案内の横浜シミズの面々が眠たそうでした。

 平塚観戦のみなさん,お疲れ様でした・・・それにしても,9イニング1−0のスコアーで,3R23Mはどうかと思いましたけど,幸いにも21時以降は2本しかないバスの時刻に合わせてくれたのは感謝でしょうか・・・

 二伸・WIZさん御用達の平塚球場内お蕎麦屋さんのおじさん,拾った球団球を子連れの下の子が頂きまして,ありがとうございました。

『今日の村西哲幸』
登板せず・・・我孫子町の皆様,町を挙げて応援しに来てくれまんせんか?


2006年 5月30日 ウエスタンリーグ サーパス−中日(北神戸)報告者:大阪部長さん

振らん棒が、振ってみた。

2006年5月30日 ウエスタンリーグ サーパス−ナゴヤドラゴンズ7回戦(あじさいスタジアム北神戸)

 神戸電鉄・二郎駅(あじスタへ近道使って徒歩12〜3分)。その無人駅の前に、この日は50人ほどの
小学生の団体が休憩していました。各自ボードなど持って、植物か何かの観察でしょうか。
 ふと彼らの帽子を意識してみました。
NPBのキャップはたった5人。阪神4人、福岡ソフトバンク1人。これが現状です。
いつの間にかNPBのキャップも、球場・グッズショップでしか買えなくなってるしなあ…まあこんなもんか…
Bs帽があるなんて期待はしてなかったけど…。

 そんなことも思いながら、Bs帽かぶったオッサンはあじスタへと向かいます。こちらも、
スコアシートをひっつけるボードを持って。

スターティングメンバー

ナゴヤ
右 藤 井  右  迎
左 澤 井  左 早 川
中 平 田  中 下 山
三 新 井  指 ブランボー
遊 柳 田  三 相 川
指 中村一  二 三 木
一 中 川  一 岡 田
捕 前 田  捕 長 田
二 竹 下  遊 柴田亮

投 佐藤亮  投 本 柳

審判 主・杉本、一・福家、三・小寺

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■二回表ナゴヤ 一死後、柳田右前打も、次打者中村一の0−1からの2球目に二盗失敗、中村一遊ゴロで無得点。
■二回裏サーパス 二死後、三木左前打、岡田中前打で一、二塁も、長田三ゴロで岡田二封、無得点。
■四回裏サーパス ブランボー左越え本塁打、相川左前打、三木右飛、岡田四球で一死一、二塁も、長田・柴田亮連続中飛で1点止まり。
■六回表ナゴヤ 中川四球、前田投前犠打で一死二塁も、竹下遊ゴロ(ショート柴田亮よく獲って間一髪アウト)、藤井二ゴロで無得点。
■六回裏サーパス 一死後、相川左翼線二塁打も、三木三邪飛、岡田左飛で無得点。
■七回裏サーパス (投手この回から2番手川井)前田中前打、柴田亮捕前にバントも一走前田二封、迎1−4−3のゲッツーで無得点。
■八回裏サーパス 一死後、下山遊撃内野安打、ブランボー左前打、相川四球で満塁、三木他界バウンドの投ゴロでピッチャー川井どこも放れず三走下山生還、岡田右犠飛で三走ブランボー生還(二死一、二塁)、前田左飛でチェンジも、この回2点。
■九回表ナゴヤ 一死後、藤井四球、次打者普久原の2−1からの4球目に藤井二盗(普久原空振り三振で二死二塁)も、平田一飛でゲームセット。


2006年5月30日(火) 12時30分〜14時55分
7回戦(サーパス5勝2分け)
 ナゴヤ 000 000 000|
サーパス 000 100 02×|

勝利投手 本柳(5試合1勝1S)
セーブ投手 ユウキ(7試合1勝1S)
敗戦投手 佐藤亮(3試合1敗)

本塁打 ブランボー2号ソロ(サ)四回・投手佐藤亮

観衆約190人(五回表終了後、出札窓口で聞いた概数)

※本年、スコア記録48試合目


ナゴヤ(三塁側先攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(右) 藤井 淳志 3000 一ゴ       中飛    二ゴ       四球
(左) 澤井 道久 3000 一ゴ       投ゴ       一ゴ
 左  普久原淳一 1000                         三振
(中) 平田 良介 4000 右飛       一邪       投ゴ    一飛
(三) 新井 良太 2000    遊ゴ       空振    死球
(遊) 柳田 殖生 3010    右安       一邪    右飛
(指) 中村 一生 2000    遊ゴ       見振
 打指 春田  剛 1000                      見振
(一) 中川 裕貴 2000       右飛       四球    中飛
(捕) 前田 章宏 1000       投ゴ       投犠
 捕  清水 将海 1000                      右飛
(二) 竹下 哲史 2000       空振       遊ゴ
 打  小山 良男 1000                         中飛

サーパス(一塁側後攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(右) 迎 祐一郎 4000 三ゴ    右飛    右飛    投併
(左) 早川 大輔 3000 見振    遊直    三飛
 打  吉原 孝介 1000                      遊ゴ
 左  由田慎太郎 0000
(中) 下山 真二 4110 遊ゴ    左飛    左邪       遊安
(指) クリフ・ブランボー4221    遊ゴ    左本    空振    左安
(三) 相川 良太 3020    捕邪    左安    左二    四球
(二) 三木  仁 4021    左安    右飛    一邪    投安
(一) 岡田 貴弘 2011    中安    四球    左飛    右犠
(捕) 長田  勝 2000    三ゴ    中飛
 捕  前田 大輔 2010                   中安 左飛
(遊) 柴田 亮輔 3010       中安 中飛       捕ゴ

盗塁 藤井(ナ)九回一死一塁 普久原の2−1からの4球目に二盗(捕手前田)
盗塁死 柳田(ナ)二回一死一塁 中村一の0−1からの2球目に二盗失敗(捕手長田)

投手成績
ナゴヤ     回 数打安振球責
●佐藤 亮太  6 88256211
 川井  進  2 31104012

サーパス    回 数打安振球責
○本柳 和也  6 80191310
 吉川 勝成  1 1040010
S ユウキ   2 7360110

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)
ナゴヤ
金剛弘樹&齊藤信介 ⇒ 小林正人(&川井)⇒ 齊藤 ⇒ 石川賢 ⇒ 落合英二 ⇒ クラウディオ・ガルバ&落合 ⇒ 遠藤政隆&落合 ⇒ 遠藤(&川井)⇒ 遠藤 ⇒ 遠藤&金剛 ⇒ 齊藤 ⇒ 落合&金剛 ⇒ 落合

サーパス
中山慎也 ⇒ 小川裕介&中山 ⇒(無人)⇒ 町豪将 ⇒(吉川)⇒ 軒作&野村宏之 ⇒(吉川&)野村 ⇒(ユウキ&)野村 ⇒(ユウキ&)軒作 ⇒(ユウキ&)野村 ⇒(ユウキ&)松村豊司 ⇒ 阿部健太&松村 ⇒ 野村 ⇒ 軒作

 サーパス、終わってみれば1安打完封リレー。二回柳田に許した単打のみで、それもすぐ盗塁を刺しています。
三塁を踏ませず。もしこのヒットがなかったら、先発本柳の七回以降の続投は果たして…。

 時々雷が鳴っていましたが、試合終了を待ちかねた?かのように急な雨が来ました。2時間25分という
早い試合でなければ、当然雨中でのスコア記録という苦行を強いられたことでしょう。ホントに間一髪でした。


■サーパス クリフ・ブランボー外野手
 またサーパスに戻ってきてしまいました…。横浜との交流戦では敬遠などされていましたが、
さほど怖くないというのがセ・リーグには伝わっていないのでしょうか? 大いに疑問に感じる采配でした(笑)

 前回の抹消時、4月25・26日のナゴヤ球場へ見に行きましたが(観戦記は時機を逸してしまい書かず)、
2試合、8打席で無安打4三振、それも見逃し三振3つというヒドい「振らん棒」ぶり。
思わず「康雄さん(藤井打撃コーチ)! ブランボーに言うたってください! 『振らな当たらんぞ』って」
と言いたくなりました。

 しかしこの日第2打席、振って振って、粘る粘る。実に8球ファウルで、14球目をレフトへ
お手本のような大本塁打です。
「これを上で打たんかいや〜」
 ついつい声が出てしまいました。



以下、試合で投げていない投手ですが、

■サーパス・中山慎也投手
 この社会人ルーキー左腕に、谷村コーチから厳しい指導。捕手からボールが返ってくると、間髪を入れず、
またすぐ投球せよというのです。5球投げたら10秒休憩。それがちょっとでも長いと 「オラ、休むな休むな!」と同コーチから声が飛びます。その間髪入れずの5球を5セット。計25球。
受けていた筧は数えていました。
 さてこの効果のほどは? 試合で確認できなかったのは残念でしたが、試合序盤はちょっとブルペンのほうが
気になってしまいました。

■サーパス・軒作投手
「ブルペン投球者」の、「軒作&野村宏之 ⇒(吉川&)野村」の部分ですが、六回表、せっかく始めていたのに
「ちょっと軒作、ストップストップ。カツ(吉川)やらせて」
と指示が。こっちしては大いに期待していたんですけど。
それに対しブルペン側から「裕介(小川)できてますよ」とアピールも、登板に至らなかったのは
ちょっと苦笑です。でもやっぱり、せっかくの本柳の好投もブチ壊されそうで、正直ここで裕介は
見たくなかったです…。

 軒作、その後七回表に再び投球。そして、九回表二死、試合終了直前にほんのちょっとだけ投げていました。

 このところ、ピンチでのスクランブル登板が続いています。ま、この日は軒作を投げさせるまでも
なかった…。そう考えておきましょうか。

 ブランボーと前川の抹消を受け、シドニー(鈴木)と岸田が昇格。上げるべき野手がおらず、とりあえず
捕手3人制とは…。
でも、捕手3人のほうが選手起用に柔軟性があるのは確かなんですが。
 そして投手のほうは岸田が初昇格。早速この日、30日の中日戦(昼夜ともドラゴンズ相手でした。1勝1敗)
で初登板、走者は出したものの、1イニング無失点です。

 平野佳、中山、岸田と、今年の新人投手4人中、これで3人が一軍昇格を果たしました。

 さあ、あとはもう1人だけ。


2006年 5月28日 ウエスタンリーグ 広島−中日(広島県北広島町どんぐりスタジアム)報告者:いの一番さん

5月28日(日)
広島東洋カープ−中日ドラゴンズ(広島県北広島町・どんぐりスタジアム)

110000000
000000000

勝:長峰5試合1勝 S:遠藤12試合1勝1敗2S 負:田中7試合1勝1敗1S
審判:PL山本貴 1B土山 2B吉本 3B村山 記録:小熊
観衆:当局の発表は3000人だが、どう見ても水増し。実際は1000人程度。
入場料:「運営協力費」として300円(内外野一律)
試合時間:2時間35分
天候:雨→曇→雨→曇

(投手成績)
    回  打 安 振 球 責
石井  3 10 2 2 0 0
長峰  2  8 0 3 1 0
ガルバ 2  8 0 1 2 0
石川  1  3 0 0 0 0
遠藤  1  3 0 0 0 0
………………………………………
田中  3 15 3 1 4 2
森   2  6 0 0 1 0
苫米地 2  7 0 1 1 0
青木  1  4 0 0 1 0
梅原  1  3 0 1 0 0

(試合経過)
△1回表
藤井が四球で出塁し、中川の送りバントで二塁へ。春田は死球で一死一、二塁。新井は左前打で満塁。
ここで、小山が中飛を放ち藤井が生還。なおも二死一、二塁だったが、柳田の初球に春田が飛び出し、
木村一から松本に送球されてアウト。
▼1回裏
松本が二塁内野安打で出塁し、岡上の送りバントで二塁へ。しかし、山本芳は三ゴロ、比嘉は三振。
△2回表
柳田が死球で出塁し、普久原の送りバントで二塁へ。ここで堂上が左中間二塁打を放ち柳田が生還。
石井が三振の後、藤井が四球で出塁したが、中川は右飛。
▼2回裏
木村一が左前打で出塁したが、木村拓は二ゴロ併殺打。鞘師は三振。
▼7回裏
6回に続きガルバがマウンドへ。
比嘉が遊ゴロ、木村一は二ゴロで二死となったが、木村拓、鞘師が連続四球で出塁。
続く吉田への初球は暴投となり、二死二塁、三塁となったが、結局吉田は投ゴロに倒れ得点ならず。
▼9回裏
Dの投手が遠藤に交代。
山本芳は遊ゴロ、比嘉は右邪飛、代打白濱は投ゴロに倒れ試合終了。

(試合の印象)
あいにくの雨模様の中で試合が行われたせいか、両チームのバットはお湿り状態。
終わってみれば両チームあわせて5安打、3回裏以降は無安打というほとんど見せ場のない試合であった。

(選手評)
■石井裕也(D)
速球主体の投球で3回を0点に抑える。いい当たりは木村一の左前打のみというほぼ完璧な内容。
このような投球を続けて1軍昇格を目指したい。

■新井良太(D)
ご存知カープ新井の弟ということでファンの知名度も高く、
スタンドのあちこちから「あれが新井の弟じゃ」という声が聞こえてきた。
成績の方は打つ方が4打数1安打、守る方がファインプレー1つとゴロをはじいたエラーが1つ。
球のはじき方とかエラーの後の仕草が兄そっくりなのだが、そういうところは真似しないように。

■田中敬人(C)
一度1軍で先発の予定だったが雨でお流れ、その後は登板がなく再び2軍で調整中。
この日は上記のような内容で3回で降板。制球が悪すぎた。

■苫米地鉄人(C)
昨年この球場では37球中27球がボールという散々な内容だったが、この日は2回を無失点に抑えた。
少しは復活への光明が射してきたか(希望的観測)。

■梅原伸亮(C)
今年京都学園大学から入団した新人投手。セットポジションの構えが非常に独特(球を顔のあたりにセットする)。
最大球速は150キロ弱出るそうで、今後どのように首脳陣が育てていくのか注目である。

(その他)
■ミッキー(ベースボールドッグ)
地元北広島町在住ということで、昨年に続き特別出演。5回裏終了時にグラウンドを一周したのだが、
ちょうど雨の一番強い時間帯で、飼い主の上野さんともどもずぶ濡れになってしまったのは気の毒であった。


  ■掲示板@2軍愛■