【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2006年 7月 7日 イースタンリーグ ヤクルト−ロッテ(戸田)報告者:あわてんぼーさん(HP:あわてんぼーのブログ

 試合開始13時終了17時22分試合時間4時間22分
 球審工藤1塁山路3塁山崎記録員嵯峨
 (ヤクルト3勝2敗1分け)観衆30人
                      R  H E
 
ロッテ  110 050 101 00   14 0
 
ヤクルト 200 010 006 00   12 1
 (延長11回規定により引き分け)
           本塁打 田中浩4号(1回左中間戸部A)
               青松2号(2回左翼石堂@)
               青松3号(4回中堅石堂@)
               根元5号(4回左翼石堂B)
               飯原3号(9回左翼川崎C)

 ロッテ   戸部、相原、黒木、林啓、川崎、末永、木興−
 金澤、新里、田中雅
 ヤク ルト 石堂、鎌田、宇野、本間、吉川−川本、高橋
 2塁打 塀内、梶本(1回)根元(3回)竹原、田中浩(9回)
 盗塁 代田(1回)竹原、平下(7回)梶本2(6,9回)久保田(9回)
    大塚(10回)
 暴投 末永(10回)
 併殺 ロッテ 1(根元−早坂−林孝) 8回高橋
    ヤクルト1(吉川−高橋−畠山)10回竹原
 失策 ロッテ 0
    ヤクルト1 梶本(4回)

1回表(ヤクルト投手石堂、捕手川本)代田中前安打、根元三振の時代田2塁盗塁成功、塀内左翼線2塁打で代田生還、竹原二飛、パスクチ三振(ロッテ1)
1回裏(ロッテ投手戸部、捕手金澤)梶本中前のライナーを代田スライディングキャッチ及ばず2塁打、土橋二塁ゴロで梶本3塁進塁、田中浩左中間本塁打、畠山二飛、武内右前安打、飯原四球で1,2塁、丸山三振(ヤクルト2)
2回表 金澤遊ゴロ、青松左翼越え本塁打、早坂左飛、戸部二塁ゴロ(ロッテ1)
2回裏 川本遊直、石堂三振、梶本右前安打、土橋中前安打で1,2塁、田中浩二塁ゴロ(ヤクルト0)
3回表 代田三振、根元右翼越え2塁打、塀内右飛、竹原左飛(ロッテ0)
3回裏 畠山遊ゴロ、武内投直、飯原三振(ヤクルト0)
4回表 パスクチ中飛、金澤三振、青松中堅越え本塁打、早坂中前安打、戸部遊ゴロ失で1,2塁、代田中前安打で早坂生還なお1,2塁、根元左翼越え本塁打、塀内中飛(ロッテ5)
4回裏 丸山三振、川本投手戸部を強襲する遊ゴロ内野安打、石堂に台田久保田四球で1,2塁、梶本左飛、土橋二塁ゴロ(ヤクルト0)
5回表(ヤクルト土橋に代わり投手鎌田、一塁から二塁丸山、一塁久保田)竹原中飛、パスクチ三振、金澤一塁ゴロ(ロッテ0)
5回裏 田中浩四球、畠山右前安打で1,3塁、武内右犠直で田中浩生還、飯原中飛、丸山遊ゴロ(ヤクルト1)
6回表 青松遊ゴロ、早坂中前安打、戸部に代打諸積捕ゴロで早坂2塁進塁、代田死球で1,2塁、根元三振(ロッテ0)
6回裏(ロッテ投手相原)川本三振、久保田四球、梶本二塁ゴロで4−6とわたり久保田2塁封殺、鎌田に代打川端の時梶本2塁盗塁成功も遊ゴロ(ヤクルト0)
7回表(ヤクルト投手宇野、川本に代わり捕手高橋)塀内中飛、竹原、パスクチ共に四球(パスクチの時竹原2塁盗塁成功、パスクチに代走喜多)で1,2塁、金澤に代打平下右前安打で竹原生還なお1,3塁、青松の時金澤2塁盗塁成功も三振、早坂三塁ゴロ(ロッテ1)
7回裏(ロッテ右翼喜多、捕手新里)田中浩三塁ゴロ、畠山三振、武内三塁ゴロ(ヤクルト0)
8回表(ヤクルト投手本間)相原に代打林孝中飛、代田、根元共に遊ゴロ(ロッテ0)
8回裏(ロッテ青松に代わって投手黒木、一塁林孝)飯原遊直、丸山四球、高橋遊ゴロで6−4−3とわたり併殺(ヤクルト0)
9回表 塀内三振、竹原右翼線2塁打、喜多右前安打で竹原生還、新里左前安打で1,2塁、黒木に代打寺本二塁ゴロで4−6とわたり新里2塁封殺で1,3塁、早坂右飛(ロッテ1)
9回裏(ロッテ投手林啓)久保田二塁ゴロ内野安打、梶本四球で1,2塁、本間に代打野口左飛、田中浩の時ダブルスチール成功で2,3塁となり中堅越え2塁打で久保田、梶本生還(ロッテ投手川崎)畠山四球で1,2塁、武内に代打度会左前安打で満塁、飯原左翼越え本塁打、丸山に代打牧谷中飛、高橋投手川崎を強襲する内野安打、久保田捕邪飛(ヤクルト6)
10回表(ヤクルト二塁大塚、左翼から一塁畠山、右翼度会、中堅から左翼飯原、中堅牧谷、久保田に代わり投手吉川)林孝投ゴロ、代田四球、根元遊ゴロも梶本が2塁へ投げセーフ(記録は野選)で1,2塁、塀内右前安打で満塁、竹原投ゴロで1−2−3とわたり併殺(ロッテ0)
10回裏(ロッテ投手末永)梶本右邪飛、大塚四球、田中浩右飛、畠山の時大塚2塁盗塁成功と末永の暴投で3塁進塁するも中飛(ヤクルト0)
11回表 喜多四球(代走瑞季)新里投前送りバントも1−6とわたり瑞季2塁封殺(代走田中雅)、末永に代打井上四球で1,2塁、早坂一飛、林孝右飛(ロッテ0)
11回裏(ロッテ投手木興、右翼南、捕手田中雅)度会遊ゴロ、飯原、牧谷共に三振(ヤクルト0)

    打撃成績
     ロッテ 打安点    ヤクルト 打安点
    G代 田 421   E梶 本  520
    E根 元 623   C土 橋  310
    D塀 内 621   1鎌 田  000
    F竹 原 510   H川 端  100
    Hパスクチ300   1宇 野  000
   R9喜 多 111   1本 間  000
    R瑞 季 000   H野 口  100
    9 南  000   4大 塚  000
    A金 澤 300   D田中浩  524
    H平 下 111  F3畠 山  510
    2新 里 210   H武 内  311
   R2田中雅 000  H9度 会  210
    B青 松 422  G7飯 原  514
    1黒 木 000  B4丸山泰  300
    H寺 本 100  H8牧 谷  200
    1林 啓 000   A川 本  310
    1川 崎 000   2高 橋  210
    1末 永 000   @石 堂  100
    H井 上 000  H3久保田  210
    1木 興 000   1吉 川  000
    C早 坂 620   計     43129
    @戸 部 200
    H諸 積 100
    1相 原 000
   H3林 孝 300
    計    48149

 投手成績
 ロッテ   投回   投数  被安 四死 三振 自責 失点
 戸 部   5    94   7  3  4  3  3
 相 原   2    31   0  1  2  0  0
 黒 木   1    16   0  1  0  0  0
 林 啓    ・1  13   2  1  0  3  3
 川 崎    ・2  17   3  1  0  3  3
 末 永   1    15   0  1  0  0  0
 木 興   1    15   0  0  2  0  0
 ヤクルト  投回   投数  被安 四死 三振 自責 失点
 石 堂   4    78   8  0  4  3  7
 鎌 田   2    29   1  1  2  0  0
 宇 野   1    25   1  2  1  1  1
 本 間   2    32   3  0  1  1  1
 吉 川   2    35   1  3  0  0  0

 戦評
 昨日行われた首位攻防戦。本来なら昨日このHPに結果報告を・・・と思っていましたがあまりの試合にスコアの整理に手間取り、それとあまりの試合内容に・・・ですので・・・今日の書き込みとなってしまったが、誰一人としてまともな投手がいなかった両チーム。
 そして、ミスのオンパレード。
 その罰として、本日(昨日)のあわてんぼーが選ぶMVPは無し。
 その代わり良かった選手、悪かった選手を勝手に評価しそれを書き込みたいと思います。
 しかし、今年は俺が観に行く試合は、こういう試合ばかりだよな・・・。

 良かった選手

■青松敬鎔(ロ)
 昨日の試合では2本も本塁打を打ち大活躍。ロッテには、やれ青松だの、大松だの、青野だの紛らわしい選手の名前があり某ニッポン放送のアナウンサーをパニックに貶めるほどだが、彼をパニックに貶めないようにするため、2軍で精進し一刻も早く1軍で大活躍できるようにしてもらいたい。
 それには、守備の方も当然の事ながら良くなってもらいたい。昨日はエラーをしなかったが、ロッテ浦和では何回か彼のエラーを目撃したような気がして・・・。
 その記憶が間違っていたとしても、ちょっと守備面での不安があるので(観ていてそういうように観える。)頑張ってレベルアップしてもらいたい。

■飯原誉士(ヤ)
 ご存知政治評論家の福岡先生が教授をしていて、その野球部長が福岡先生がやっていらっしゃる白鴎大学出身で、顧問には山本コータロー氏が勤められているという。
 1軍開幕メンバーに名を連ねたが、結果を出せず2軍に落ちたが、足が速いという評判で将来を嘱望されてやまない選手だが、昨日の試合では9回裏6点差を猛反撃し、2点を返しなお満塁で起死回生の同点満塁本塁打を打った。
 まさかとは思ったが、見事なアーチだった。
 しかし、そのお陰でこの有様である(書き込みが、今日になってしまった原因)

 悪かった選手

■林啓介(ロ)& 川崎雄介(ロ)
 二人ともルーキーピッチャーだがいかんせんいかにもルーキーらしいなと思わせたピッチング。
 林投手はまだ今年高校卒業したばかりでいかにもなよなよって感じでまだ体が出来ていない感じだ。
 一方、川崎投手は・・・大学卒業しノンプロから入団した投手だったの・・・。出てきていきなりフォアボールを出しちゃいかんな。
 私はてっきり高校卒業したばかりのルーキーかと思ってました・・・。

■梶本勇介(ヤ)
 はっきりいってこの人の守備は観ていられない。4回戸部投手のなんでもないショートゴロをエラーしてみたり、10回にはスタートを切ってらくらく2塁ベースへ到達している2塁へ投げフィルダースチョイスにしてしまったり、この人の守り方は、打球に対して待ってしまう。これでは使えない。がっかりさせられた選手の一人だ。


2006年 7月 5日 イースタンリーグ インボイス−日本ハム(インボイス西武ドーム)報告者:いかさん

私事ですがこの度関西勤務を拝命しました。ここでのイースタン談義も今後出来なくなり
ました。イースタンの選手の成長ぶりはここでのレポートを拝見することにしまして、
早速最後のイースタン観戦に行ってきました。引越し作業を抜け出し初の平日観戦です。
本当はジャイアンツ球場に行きたかったのですが雨のため変更しました。

【入場料】西武ファンクラブ会員…500円、一般…1000円

イースタンリーグ公式戦インボイス対北海道日本ハムファイターズ
第9回戦は11対3でインボイスが勝ちました。

7月6日(水)インボイス対日本ハム(インボイスドーム、13時、観衆約80人)
                   R H E
日本ハム  000 001 020 | 7 1
インボイス 050 310 20× |11 16 0

(日)須永(5回)、井場(1回)、岩下(1回)、伊藤(1回)−小山、今成
(イ)松永(7回)、山崎(1回)、杉山(1回)−野田

勝利投手:松永
敗戦投手:須永

本塁打:大島2号2ラン(2回、須永)、渡部1号ソロ(8回、山崎)、川島8号ソロ(8回、山崎)
三塁打:糸井
二塁打:リーファー、GG佐藤
盗 塁:水田(5回)
併殺打:貝塚(6回)、森(7回)
失 策:森(2回)
捕 逸:小山(7回、三塁走者生還)

審判:球審・鈴木、一塁・橋本、二塁・工藤、三塁・山路、公式記録・新向井

【戦評】
土砂降りの中行われたこの試合はインボイスが序盤からの猛攻で日本ハムを圧倒した。
2回に3適時打と大島の2ランで5点を奪うと、4回、5回、7回と追加点を奪った。
先発の松永は大量点を援護に余裕の投球。対する日本ハムは2番手・山崎を捉え8回に
2本塁打を浴びせたものの、先発・須永の大乱調が全て。

【打撃成績】
(日)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 G 川島  421 遊ゴ    左飛       中安    左本
 H 糸井  411 一ゴ       三振    右3    二ゴ
 E 陽   400 三振       三振    右飛       二飛
 B 小谷野 300    左飛    右飛       三振
  3市川  110                         右安
 D 尾崎  410    三振       三飛    中安    左飛
 F 森   310    中安       遊ゴ    二ゴ併
  H工藤  100                         左飛
 D 渡部  311    左飛       二ゴ       中本
 A 小山  300       三振       捕飛    三振
  2今成  000
 C 高口  300       三ゴ       三振    遊ゴ


(イ)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 C 水田  421 一邪飛中安    四球 中安    左直
 H8大島  533 遊ゴ 右本    右安 右2    一ゴ
 Dリーファー 322    左2 右飛    右安
  HD石井 200             二ゴ       三振
 D 後藤  500 中飛    遊ゴ 右飛    右飛    三振
 F GG佐藤 520    右2 三ゴ 三振    遊安    三振
 B9貝塚  432    左安 右安 中安    一ゴ併
 A 野田  310    一邪飛左安 三振       四球
 E 黒瀬  422    中安 三ゴ    右飛    右3
 G 柴田  310    二ゴ    中安 中飛
  3椎木  000                   三振

【投手成績】
(日)  回  打 安 三 四 失 自
●須永  5  30 14 2 1 9 9
 井場  3  3 1 0 0 0 0
 岩下  1  5 1 1 1 1 1
 伊藤  1  3 0 3 0 0 0

(イ)  回  打 安 三 四 失 自
○松永  7  24 4 7 0 1 1
 山崎  1  5 2 1 0 2 2
 杉山  1  4 1 0 0 0 0

【注目選手】
■須永英輝(日本ハム)
5回で14安打を浴びる屈辱。岡本監督は責任感を持たせるためか続投を指令。
3回は外野の拙い守備に足を引張られた感はあるが、球威が全然なく球速も
130キロそこそこ。変化球も曲がらないとくればつるべ打ちも仕方ない。
また誰もマウンドへ行かず須永が孤立していたのが気になった。

■森章剛(日本ハム)
3回の貝塚のあたりを前進しすぎて後逸。三塁まで走られる。人工芝のバウンド
を計算していないような守り方だった。打っては併殺といいことなし。

■糸井嘉男(日本ハム)
インボイスドームのクッション処理に慣れておらず(というより外野守備に?)、7回
黒瀬のあたりを取り損ね。せっかく3塁打打ったのにもったいない。

■尾崎匡哉(日本ハム)
初めて見たとき非力でプロで通用するかと思いましたが、オープンスタンスも
板についてきた様子。3回にはGG佐藤の打球を取ってコマのように1回転して一塁に
投げてアウトにするという芸当も。

■松永浩典(インボイス)
球速は出ていないが変化球の制球がよく無四球の好投。狙い球を絞らせずに
淡々と抑えた。

■後藤武敏(インボイス)
彼が打てば先発全員安打だった。須永の乱調を見て気持ちは大きくスタンドへ
というスイングだったが、単に大振りになっただけ。


2006年 7月 4日 イースタンリーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

7月4日(火) 鎌ヶ谷対浦和(ロッテ浦和球場)  試合開始:13時  天候:晴
観客数:不明 審判:主審小林 一塁牧田 三塁木内 公式記録員:荒木

鎌ヶ谷 012 000 020|
浦和  002 002 000|

(個人記録)*あくまで私の記録によるものです また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です
鎌ヶ谷
(二)  川島  5打数2安打
(中)  糸井  5打数3安打1本塁打2打点
(遊)  陽   4打数1安打
(左)  鵜久森 4打数1安打1打点
 走 一 高口
(指)  小谷野 4打数1安打
(三)  尾崎  4打数ノーヒット
(右)  紺田  4打数1安打1打点
(捕)  今成  1打数ノーヒット
 打一左 佐藤  2打数1安打
(一)  市川  2打数ノーヒット
 走   工藤
 捕   駒居  1打数ノーヒット

 木下 5回   打者20人投球数95被安打4与四球1奪三振6失点2
 星野   1/3打者 3人投球数 9被安打2与四球0奪三振0失点0
 岩下   1/3打者 1人投球数 6被安打0与四球0奪三振0失点0
○矢野 1回1/3打者 6人投球数26被安打2与四球0奪三振2失点1
S横山 2回   打者 7人投球数28被安打0与四球1奪三振1失点0

浦和
(中)  代田  4打数1安打
 打   林孝  1打数ノーヒット
(遊)  根元  3打数1安打
(右)  南   4打数2安打
(左)  竹原  3打数ノーヒット
(指)一 パスクチ4打数1安打1打点
(三)  塀内  4打数ノーヒット
(一)  寺本  2打数1安打
 打   垣内  1打数1安打1打点
 走 一 青松
 打   井上  1打数ノーヒット
 投   末永
(捕)  金澤  3打数ノーヒット
 打   平下  1打数ノーヒット
(二)  早坂  3打数1安打
 打   喜多  1打数ノーヒット

 竜太郎 6回2/3打者27人投球数90被安打7与四球2奪三振2失点3
●川崎    1/3打者 2人投球数10被安打1与四球0奪三振0失点1
 黒木  1回   打者 4人投球数14被安打1与四球0奪三振0失点1
 末永  1回   打者 5人投球数18被安打1与四球0奪三振1失点0

(試合経過)
1回表鎌ヶ谷
川島 空振り三振
糸井 右安
陽  投ゴロ併殺
1回裏浦和
代田 空振り三振
根元 中安
南  中安
竹原 三ゴロ 走者それぞれ進塁二死二三塁
パクスチ 左飛

2回表鎌ヶ谷
鵜久森 右飛
小谷野 右越え二塁打
尾崎 遊ゴロ
紺田 中タイムリー安 鎌ヶ谷1−0
今成 遊ゴロ
2回裏浦和
塀内 中飛
寺本 左安
金澤 左飛
早坂の2球目に金澤捕手からの牽制死

3回表鎌ヶ谷
市川 中飛
川島 二内野安
糸井 右越え2点本塁打 鎌ヶ谷3−0
陽  中飛
鵜久森 一ゴロ
3回裏浦和
早坂 中飛
代田 右安
根元 四球
南の2球目に重盗 一死二三塁
南  投ゴロ 代田が三本間で狭殺 その間に走者進塁し二死二三塁
竹原 三塁か遊撃の失 3−2浦和 二死二塁
(三遊間のゴロを尾崎が捕れず、カバーした陽が打球を蹴飛ばす)
パクスチ 見送り三振

4回表鎌ヶ谷
小谷野 右飛
尾崎 三ゴロ
紺田 空振り三振
4回裏浦和
塀内 見送り三振
寺本 空振り三振
金澤 見送り三振

5回表鎌ヶ谷
今成 四球
市川 遊ゴロ併殺
川島 二飛
5回裏浦和
早坂 空振り三振
代田 左邪飛
根元 三ゴロ

6回表鎌ヶ谷
糸井 左安
陽  投強襲安 無死一三塁
鵜久森 投ゴロ
小谷野 遊ゴロ 糸井が三本間で狭殺
尾崎 三ゴロ
6回裏浦和 鎌ヶ谷投手星野に交代
南  三塁線二塁打
竹原 左飛
パクスチ 左タイムリー安 3−3浦和
鎌ヶ谷投手岩下に交代
塀内の3球目パクスチ牽制で飛び出すも市川二塁へ低投 一死二塁
塀内 中飛
鎌ヶ谷投手矢野に交代
寺本の代打垣内 右タイムリー安 3−4浦和 垣内の代走青松
金澤 空振り三振

7回表鎌ヶ谷 浦和青松がファーストに入る
紺田 左飛
今成の代打佐藤 見送り三振
市川 四球 代走工藤
浦和の投手川崎に交代
川島の初球前工藤牽制に刺される
7回裏浦和 鎌ヶ谷佐藤がファーストに入り、工藤に代わり捕手駒居
早坂 レフト線二塁打
代田 見送り三振
根元 二ゴロ
南  二ゴロ

8回表鎌ヶ谷
川島 左安
糸井 右飛失(南が落球) 鎌ヶ谷4−4 無死三塁
浦和投手黒木に交代
陽  二ゴロ
鵜久森 右タイムリー安 鎌ヶ谷5−4 代走高口
小谷野 三ゴロ
尾崎  三ゴロ
8回裏浦和 鎌ヶ谷高口がファーストに入り、佐藤がレフトへ回る ピッチャーは横山に交代
竹原 四球
パクスチ 空振り三振
塀内 左飛
青松の代打井上 中飛

9回表鎌ヶ谷 浦和パクスチがファーストに入り、井上に代わりピッチャー末永
紺田 遊ゴロ
佐藤 右安
駒居 空振り三振
川島 遊ゴロ失(根元がファンブル) 二死一二塁
糸井 中飛
9回裏浦和
金澤の代打平下 二ゴロ
早坂の代打喜多 二ゴロ
代田の代打林(孝) 二飛

(全体感想)
暑さのせいだかなんだか知りませんが、両軍フライは落とす、打球は蹴飛ばす、牽制では刺される、サードランナーは飛び出す・・・で限りなく締まりのない試合
まあプロの野球だと思わなければそれはそれで面白かったですが。最近鎌ヶ谷絡みの試合ってこんなのばかりなのは気のせいでしょうか
そんなしょうもない試合を木下と糸井の活躍でなんとか鎌ヶ谷がものにしました

(鎌ヶ谷注目選手)
■糸井嘉男(日)
日曜日の湘南戦から通して5打席連続のヒット。第2打席のホームランは札幌ドームでも上段まで行ったと思います。第4打席も打った瞬間は完全に入ったと思った大飛球(フェンスギリギリだったのを南が落球)。とにかく打球の角度が天性の長距離打者としかいい様のない素晴らしいものです。これを見せられてはなんで1年目から打者にしなかったんだと手のひら返しを返した様なことも言いたくなります。

■木下達生(日)
ようやくそのピッチングを見る事ができたんですが、強気強気でどんどんストライクを通していく若者らしくて観ていて気持ちのいいピッチングでした。特に3回味方のエラーで2点を失った後、もう信じられるのは自分だけとばかりに5者連続三振を奪った場面は見ていてスカッとしました。(その分尾崎と陽には猛省を促したいトコですが)。しばらくは変化球とか細かいコントロールなんて気にしないで、爽やかな投球を続けて欲しいものです。
■鵜久森淳志(日)
黒木から決勝のタイムリー。守っても木下の立ち上がり二死二三塁のピンチを救うダイビングキャッチと成績は文句なし。文句なしなんですが、今日の打撃成績は右飛、一ゴロ、投ゴロ、右安。先日も書きましたがとにかく一生懸命流し打ちしよう、流し打ちしようとしているんですが、それって鵜久森に求められていることなんでしょうか。一度打順を下げて思い切りバットを振らせてあげるべきだと思うのですが・・・

(浦和注目選手)
■根元俊一(ロ)
最後の最後にエラーしてしまいましたが、それまではファインプレーの連続でした。近い将来今江、西岡、根元などという布陣が組まれれば相当華のある内野陣になると思います。

■黒木知宏(ロ)
一打勝ち越しの大ピンチで起用されたわけですから、まだ首脳陣の信頼は厚いのだと思います。ですけど正直フォームにダイナミックさは感じられず、言われなければあのジョニーが投げているのだとは気がつかなかったかも知れません。なんとかもう一花咲かせてほしいですが・・・

(おまけ)
一塁側スタンドにやたらキレイな人がいるな〜とは思っていたんですが、岩下の取材に来ていた青木裕子アナウンサーだとのこと。ただ私青木裕子と聞いて全然違う人が頭に浮かんでしまい、トンチンカンな事を口走ってしまいました。どうも人によって「青木裕子」で思い浮かぶものが違うようです。


2006年 7月 4日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−阪神(ヤフードーム)報告者:いの一番さん

7月4日(火)
福岡ソフトバンクホークス−阪神タイガース(ヤフードーム)

10000040
00000300
(リーグ規定により8回で終了)

勝:吉野19試合3勝2敗 S:太陽18試合3勝1敗1S 負:星野6試合2敗
審判:PL福家 1B杉本 3B小寺 記録:小熊
観衆:約300人
入場料:1000円(ネット裏席のみ入場可)
試合時間:2時間51分

(投手成績)
    回   打 安 振 球 責
ダーウィン 3  11 1 1 2 0
三東  1   3 0 1 0 0
玉置  12/3  9 3 1 1 3
吉野   1/3  1 0 1 0 0
相木  1   4 0 1 1 0
太陽  1   6 2 2 1 0
…………………………………………
倉野  5  20 5 1 1 1
星野  12/3 11 4 1 2 4
柳瀬   2/3  2 0 1 0 0
岡本   2/3  2 0 0 0 0

(試合経過)
△1回表
赤松が中飛の後、前田大が左前打で出塁。藤原の遊ゴロで前田大がアウトとなり二死一塁。
喜田が左前打で二死一、二塁となり、桜井への2球目が暴投で二死二、三塁。
ここで桜井が左前打を放ち、藤原が生還。喜田も本塁を狙ったが、レフト井手からの好返球で本塁寸前でアウト。
▼1回裏
辻が左前打で出塁、稲嶺は捕邪飛に倒れたが、松田は四球で一死一、二塁。しかし、江川は二ゴロ併殺打。
△5回表
岡崎が三ゴロに倒れた後、坂の四球、萱島の右前打で一死一、二塁。しかし、赤松は右飛、代打庄田は左飛。

▼6回裏
5回に続き玉置がマウンドへ。
先頭の大野が三塁線へのバント安打で出塁。辻は右飛に倒れたが、稲嶺の送りバントで二死二塁。
松田は四球で二死一、二塁となった後、江川がレフトオーバーの二塁打を放ち二者生還。Hが2−1と逆転。
なおも田上がレフト線二塁打を放ち江川が生還、3−1となる。
Tの投手はここで玉置から吉野に交代、吉野は小斉を三振に討ち取りようやく攻撃終了。
△7回表
6回に続き星野がマウンドへ。
岡崎が遊ゴロの後、坂が四球で出塁。萱島への初球が暴投となり坂は二塁へ。
続く2球目を萱島が左前打し、一死一、三塁。ここで赤松が右中間三塁打、前田忠がライト線二塁打を放ち
Tが4−3と逆転。藤原は遊直に倒れたが、喜田が中前打を放ち前田忠が生還、5−3となる。
Hの投手はここで星野から柳瀬に交代、柳瀬は桜井を三振に討ち取りようやく攻撃終了。
▼8回裏
8回表攻撃中に、試合開始から2時間30分を経過したため、リーグの規約により8回で打ち切りが決定。
Tの投手は太陽に交代したが、金子の中前打、松田のレフト線二塁打、江川の四球で無死満塁のピンチ。
しかし、田上、小斉は連続三振、井手は右飛に倒れ、試合終了。

(選手評)
■ダーウィン(T)
3回を投げて上記の内容。最高球速は146キロ。
近々1軍で先発するようだが、外国人枠の関係でいい投球をしてもなかなか1軍に定着できないのは気の毒である。
■玉置隆(T)
5回裏は簡単に抑えたが、6回裏は二死から中軸に連打を浴び3失点。最高球速は140キロ出ていなかったと思う。
走者を出した後の投球が課題か。
■太陽(T)
いきなり無死満塁のピンチを招いたが、その後は開き直った感じの投球で後続を絶った。
球速は140キロ台半ばを連発。
許した2安打はいずれも2ストライク後のもので、決め球が甘くならないよう注意する必要がある。
■萱島大介(T)
3安打1盗塁と活躍。選手層が厚いためウエスタンでもなかなか試合にフル出場ができないが、
この日のように、とにかく出場した時は結果を残してアピールするしかない。
■倉野信次(H)
5回を投げて1失点というまあまあの内容。1軍昇格へのアピール材料となる登板であったと思う。
■星野順治(H)
7回表に4安打、1四球を許し敗戦投手。1軍で実績のあるベテランが2軍で打ち込まれる姿は何とも痛々しい限り。
■江川智晃(H)
高卒2年目ながら、早くも1軍を経験した将来の主力候補、6回裏のレフトオーバー二塁打はすばらしい打球であった。ただ、守備では間に合わないのにバックホームをして、打者走者の進塁を許してしまう場面があり、これは要反省。
■小斉祐輔(H)
育成選手から一気に1軍昇格を果たした話題の選手。
しかし、この日は4打数無安打3三振。大振りが目立ち、また、左腕吉野のカーブに全くタイミングが合わないなど
まだまだ課題は多いように思う。


2006年 7月 2日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:森@居酒屋の番頭さん/WIZさん(HP:その後の番頭はん日記

報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

18年7月2日(日) 鎌ヶ谷対湘南(横須賀スタジアム) 天候:晴れ 試合開始:13時
観客数:817名  審判:主審山崎 一塁工藤 二塁山路 三塁橋本 公式記録員:新向井

鎌ヶ谷 003 100 000|
湘南  030 000 000|

(個人成績)鎌ヶ谷
(二)   川島  5打数2安打1本塁打1打点
(右)中  工藤  4打数1安打
 打 右  森   1打数ノーヒット
(遊)   陽   5打数2安打1打点
(左)   鵜久森 5打数1安打
 投    横山
(三)   尾崎  5打数3安打2打点
(中)右中 糸井  4打数2安打
(一)   佐藤  3打数ノーヒット
 投    岩下
 打    小谷野 1打数ノーヒット
 投    矢野
 左    紺田
(捕)   小山  4打数2安打
(投)   押本  2打数ノーヒット
 投    伊藤
 打 一  高口  (2犠打)

 押本  4回打者19人投球数68被安打6与四球1奪三振3失点3
 伊藤  1回打者 3人投球数17被安打1与四球0奪三振0失点0
 岩下  1回打者 3人投球数13被安打0与四球0奪三振0失点0
○矢野  2回打者 7人投球数39被安打2与四球0奪三振0失点0
S横山  1回打者 4人投球数23被安打0与四球1奪三振1失点0

湘南
(遊)   野中  4打数2安打
(中)   田中一 4打数ノーヒット
(一)   種田  2打数ノーヒット
 三    斉藤  2打数1安打
(二)   福本  4打数1安打
(左)   河野  4打数ノーヒット
(三)一  内藤  4打数ノーヒット
(右)   田中充 3打数2安打
(捕)   武山  3打数2安打
(投)   堤内  2打数1安打3打点
 投    岡本
 投    佐久本 1打数ノーヒット
 投    岸本
 打    万永  1打数ノーヒット

●堤内  5回打者25人投球数78被安打10与四球1奪三振3失点4
 岡本  1回打者 4人投球数16被安打 0与四球1奪三振0失点0
 佐久本 2回打者 9人投球数27被安打 3与四球0奪三振2失点0
 岸本  1回打者 3人投球数15被安打 0与四球0奪三振3失点0

(試合経過)
1回表鎌ヶ谷
川島 右飛
工藤 左飛
陽  中安
鵜久森 四球
尾崎 見送り三振
1回裏湘南 鎌ヶ谷糸井がライト、工藤がセンターへ(メンバー表の書き間違え?)
野中 遊直
田中一 三飛
種田 遊直

2回表鎌ヶ谷
糸井 一ゴロ
佐藤 右飛
小山 遊内野安
押本 見送り三振
2回裏湘南
福本 中安
河野 中飛
内藤 空振り三振
田中充 左安
武山 四球 二死満塁
堤内 右越え安 0−3湘南
野中 中安 二死一二塁
田中一 左飛

3回表鎌ヶ谷
川島 三内野安
工藤 右安
陽  左安 鎌ヶ谷1−3 無死一二塁
鵜久森 中安 無死満塁
尾崎 左安 鎌ヶ谷3−3 無死一二塁
糸井 二ゴロ 尾崎封殺 一死一三塁
佐藤 二ゴロ併殺
3回裏湘南
種田 二ゴロ
福本 左飛
河野 一ゴロ

4回表鎌ヶ谷
小山 見送り三振
押本 三ゴロ
川島 左ポール際本塁打
工藤 中飛
4回裏湘南
内藤 捕邪飛
田中充 右安
武山 右安
堤内 スリーバント失敗
野中 空振り三振

5回表鎌ヶ谷 湘南種田に代わり斉藤サード、内藤ファーストへ
陽 遊ゴロ
鵜久森 二飛
尾崎 右安
糸井 中安
佐藤 一ゴロ
5回裏湘南 鎌ヶ谷投手伊藤へ交代
田中一 二ゴロ
斉藤 左安
福本の時斉藤牽制死
福本 二ゴロ

6回表鎌ヶ谷 湘南投手岡本に交代
小山 四球
伊藤の代打高口 三前犠打
川島 三ゴロ
工藤 二ゴロ
6回裏湘南 鎌ヶ谷高口がファーストに入り、佐藤に代わりピッチャー岩下
河野 遊ゴロ
内藤 二ゴロ
田中充 二ゴロ

7回表鎌ヶ谷 湘南投手佐久本に交代
陽  見送り三振
鵜久森 一邪飛
尾崎 三塁線二塁打
糸井 中安 二死一三塁
岩下の代打小谷野 左飛
7回裏湘南 鎌ヶ谷投手矢野に交代
武山 二内野安
佐久本初球バントを空振りし、飛び出した武山が刺される
佐久本 二ゴロ
野中 左安
田中一の初球野中二盗 二死二塁
田中一 中飛

8回表鎌ヶ谷
小山 左安
高口 三前犠打
川島 空振り三振
工藤の代打森 右飛
8回裏湘南 鎌ヶ谷森がライトに入り糸井センターへ
斉藤 中飛
福本 中飛
河野 一ゴロ

9回表鎌ヶ谷 湘南投手岸本に交代
陽  見送り三振
鵜久森 空振り三振
尾崎 空振り三振
9回裏湘南 鎌ヶ谷鵜久森に代わりピッチャー横山 矢野に代わりレフト紺田
内藤 二ゴロ
田中充 四球
武山の6球目田中充二盗 その球で武山は三振 二死二塁
岸本の代打万永 二飛

(全体感想)
鎌ヶ谷以上に今の湘南は野手がいないと話には聞いていたのですが、試合前ノックを受けていた野手は10人だけ
それが原因でしょうか、両軍無得点の2回裏二死満塁で堤内が打席に入ったのはまあいいとして(しかも堤内ライトフェンス直撃で走者一掃したし)、1点を追う4回裏一死一二塁も堤内がそのままいってスリーバント失敗。
同じく1点を追う7回裏無死一塁も佐久本が打席に入りバント空振りで一塁走者が刺されるなど、投手の打席が敗因のひとつになってしまいました。
その間何度も万永がネクストまでは行ったものの代打には送られず、結果的に最終回二死二塁という場面で起用された時には岩井采配的中かと思いましたが、二塁後方の難しい当たりを川島に好捕されて試合終了
しかし鎌ヶ谷13安打湘南9安打を放ちながら長打は川島の本塁打と尾崎の二塁打だけ
両軍ともに足も長打力もなく、1イニングにヒット4本打たないと点が入らない野球は観ていてとにかく疲れました

(鎌ヶ谷注目選手)
■川島慶三(日)
決勝ホームランを含む2安打と、最後の最後落としていれば同点の難しいフライをよく背走して好捕しました。かと思えば初回先頭打者で初球を簡単に打ち上げ、8回一死二塁の駄目押しのチャンスでも思い切り振り回して空振り三振。守備でもベースよりの打球の追い方がなんかぎこちなく、普通の内野ゴロかと思った当たりを1本はヒットにしてしまい、9回のゴロも間一髪でした。派手なプレーもありますが、正直確実性はまだまだでしょうか。

■尾崎匡哉(日)
故障してしまったと聞いていたんですが、復帰してすぐ3安打。調子は落ちていないようです。あとは残り2打席簡単に三振してしまった場面で粘れる様になれば・・・

■糸井嘉男(日)
打っては2安打、守っては8回斉藤の真後ろへのライナー性の打球という難しい当たりをフェンスにぶつかりながら好捕。昨日1回見ただけで悪く言って申し訳なかったです。

■押本健彦(日)
武田勝が故障した今、一軍行きの有力候補かと思うのですが、ランナーを出すと途端にコントロールが定まらなくなる悪い癖は今日もそのまま。なにがなんでもピッチャーにライナーでライトフェンス直撃まで持っていかれるのはマズイでしょう。

(湘南注目選手)
■堤内健(湘)
昨日の時点で今日の先発らしいとは聞いていたんですが、ほとんど信じていませんでした。10安打打たれたとはいえ、よく5回まで投げぬいたと思います。それより問題はこの人週刊ベースボールの名鑑でも、日刊スポーツのでも、イースタン観戦ガイドでも「右投右打」になっているんですが、今日は左打席からライトフェンス直撃弾を放ちました。ピッチャーなのにスイッチ転向したということでしょうか??

■岸本秀樹(湘)
連日のリリーフで昨日は1イニング2三振、今日は3者連続三振でした。正直締まりのない試合の中で、一人だけピリっとした雰囲気を保っていました。

■田中充(湘)
昨日4打数3安打、今日は3打数2安打に1盗塁。しかも昨日に続いて右へ左へと打ち分け、好調振りが目立ちました。





報告者:WIZさん

7/2(土) イースタンリーグ公式戦 湘南−北海道日本ハム 8回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL 山崎、1B 工藤、2B 山路、3B 橋本
記録員:新向井
観客数:817名

【スコア】
日本ハム 003100000  
湘  南 030000000 

【投手継投】
日本ハム  押本(4回)−伊藤(1回)−岩下(1回)−○矢野(2回)−S横山(1回)
湘  南  ●堤内(5回)−岡本(1回)−佐久本(2回)−岸本(1回)

【得点経過】
2回裏(湘) 二死満塁で堤内、ライトフェンス直撃の3ベースタイムリー(3点)
3回表(日) 無死1・2塁で陽、レフト前タイムリー(1点)
       無死満塁で尾崎、レフト前タイムリー(2点)
4回表(日) 二死無塁で川島、レフトスタンドへソロ(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<日本ハム>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
2B 川島  右飛  遊安左本  三ゴ  三振       521210100
RF 工藤  左飛  右安中飛  二ゴ           410100000
CF
H 森                 右飛       100000000
RF
SS 陽   中安  左安  遊ゴ  三振  三振     521100200
LF 鵜久森 四球  中安  二飛  一飛  三振     410000110
P 横山                         000000000
3B 尾崎  三振  左安  中安  左2  三振     532000200
CF 糸井    一飛二ゴ  中安  中安         420000000
RF
CF
1B 佐藤    中飛二併  一ゴ             300000000
P 岩下                         000000000
H 小谷野             左飛         100000000
P 矢野                         000000000
LF 紺田                         000000000
C 小山    遊安  三振  四球  左安       320000110
P 押本    三振  三ゴ               200000100
P 伊藤                         000000000
H 高口            三犠  三犠       000000000
1B


<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
SS 野中  遊飛中安  三振    左安         420001100
CF 田中一 中飛左飛    二ゴ  中飛         400000000
1B 種田  遊飛  内ゴ                 200000000
3B 斉藤          左安    中飛       210000000
2B 福本    中安左飛  二ゴ    中飛       410100000
LF 河野    中飛一ゴ    遊ゴ  一ゴ       400000000
3B 内藤    三振  捕飛  二ゴ    二ゴ     400000100
1B
RF 田中充   左安  右安  二ゴ    四球     320101010
C 武山    四球  中安    二安  三振     320100010
P 堤内    右安  三振               213000100
P 岡本                         000000000
P 佐久本             二ゴ         100000000
P 岸本                         000000000
H 万永                  二飛     100000000



【投手成績】
<日本ハム>
       回  打 安 四 三 失 自
 押本    4 19 6 1 3 3 3
 伊藤    1  3 1 0 0 0 0
 岩下    1  3 0 0 0 0 0
○矢野    2  7 2 0 0 0 0
S横山    1  4 0 1 1 0 0

<湘南>
       回  打  安 四 三 失 自
●堤内    5 25 10 1 3 4 4
 岡本    1  4  0 1 0 0 0
 佐久本   2  9  3 0 2 0 0
 岸本    1  3  0 0 3 0 0


<日本ハム>
■尾崎匡哉(日)
 3回、同点となるタイムリーを放ち川島と並んでヒーローに。
 しかし彼の見所だったのは打撃フォーム。
 両足をバッターボックス後方ラインと平行に並んだオープンスタンス。
 ヤクルト打撃コーチ八重樫コーチ顔負けの独特フォームは、依然と比べ「何かやってくれるのでは」
 と期待できそうな威圧感を持っているように見えた。
 このフォームで打撃開眼といけるよう頑張ってほしい。

■押本健彦(日)
 全体的に球威不足。投手の堤内にホームラン性の当たりを打たれては話にならない。

■横山道哉(日)
 最終回に登場、彼が登板すればまだまだ湘南ファンから拍手が起こる。
 しかし投球内容は横浜時代の制球が定まらない投球に終始。
 移籍後に見せた大魔神二世ばりのピッチングを見せて巻き返しを図ってほしい。

☆おまけ☆
■今成亮太(日)
 試合前のジャザサイズダンスに飛び入り参加。ぎこちなく踊る湘南内藤、黒羽根を嘲笑うかの
 ように華麗にオリジナルダンスを披露。なかなかの肝っ玉ぶりを見せる。
 今度はプレーで目立てるよう頑張ってほしい。

<湘南>
■堤内健(湘)
 2回まではストライク先行の最高の内容。さらに2回裏には風さえ無ければ本塁打という
 タイムリーを放つ。が、先制、3点差というのが彼に心の余裕を与えてしまったのだろうか、
 続く3回に先頭打者から5連打を浴びてあっという間に同点。
 4回には今度は風に乗って川島に本塁打を打たれ勝ち越しで負け投手に。
 風にも泣かされたが好不調の波が激しすぎ。この波を抑えていかないと一軍昇格は
 なかなか厳しい。

■岡本直也(湘)
 「昨日2イニング投げたんで・・・」は言い訳にならず!
 私の見た限りストライクは2、3球のみというヤル気の無さすら感じさせる投球。
 それでも無失点で切り抜けたことだけが幸いか。

■岸本秀樹(湘)
 今季見た中では最高のピッチング。まだまだ高めに浮く無駄球があるものの、制球力が
 向上すれば即一軍は間違いなし。先発ではなく抑えで起用してクローザーとして育ててほしい。
 今日一軍で先発した牛田も同様で、将来はこの2人で横浜救援陣を担ってほしいと願っている。

■野中信吾(湘)
 ここ最近連日の固め打ちが目立ち打撃は絶好調の様子。
 打球に力強さを感じ、この3連戦古巣に大アピール。
 昨年は「足」だけで一軍に帯同していたが、今年はプラス「打」も評価され一軍昇格を果たしたい。


【全体感想】
週末の横須賀は4/15以来、日曜日に限定すれば4/2以来と久しぶりの週末横須賀観戦。
それだけ今年は雨に祟られている横須賀劇場。

久々の開門時のハイタッチには黒羽根選手と斉藤選手が登場。
斉藤選手はこうしたファンサービスに積極的に顔を出しており好感持てます。

ひとり立ちの感が強くなった球場MC井上嬢の夏らしいヘアスタイル(焼きそばヘア?)で
登場した今日のイベントは毎年恒例の「ジャザサイズゲーム」。
試合前、5回終了後のYMCAと100名近くのジャザサイズチームによるダンスを披露。
今年は湘南から内藤、黒羽根の新人選手が飛び入り参加しましたが、今日の主役は
鎌ヶ谷から飛び入り参加のこちらも新人、今成選手。彼のダンスには圧巻でした。
レックもダンスに参加してましたが、お色直しをした今年は中(?)の暑さも倍増してそうです。

試合の方は序盤は湘南先発、堤内の独壇場。
2回まで投げればストライク先行の攻めのピッチング、打てば2回裏にフェンス上段直撃の
先制タイムリーを放ちます。
しかし3回表に豹変。
一転してボールが先行、鎌ヶ谷打線に5連打を浴びてあっさり同点。
続く4回には川島にレフトスタンドへ持って行かれ、そのままこれが決勝点となりました。
以降は湘南は鎌ヶ谷継投陣に出塁することもできず、一方の鎌ヶ谷は9回以外は毎回
走者を出す13安打を放ちながら追加点を挙げることができない拙攻続きの展開と
やや盛り上がりに欠ける試合となりました。

今日はイベントにちなんで抽選でジャザサイズポストカードがプレゼントされたようです。
その抽選券の裏には今月末のイベントゲームの告知が載っていました。
まず7/29(土)は「北斗の拳まつりナイター」と題し、等身大ケンシロウフィギュアが登場、
フィギュアがプレゼントされるとの事。(野球と何の関係があるのでしょうか・・・)
さらに7/30(日)は「湘南物産展」としてカブトムシがプレゼント、横須賀市の着ぐるみが
9体登場するそうです。スカリンだけじゃなかったのですね。しかも9体。何が登場するか不気味です。

森@居酒屋の番頭様、子連れさんをはじめ観戦された皆さん、日差しと強風の中お疲れ様でした。
次回の横須賀は5日の平日ナイター、そして週末は中井、富士球場遠征です。


2006年 7月 1日 ウエスタンリーグ 中日−ソフトバンク(ナゴヤ)報告者:ウエスタンリポヽ(・∀・)ノさん(HP:野球のこと話そう。

7月1日 ドラゴンズ−ホークス(ナゴヤ)

H 000 000 003 
D 000 021 32× 

(中)  辻  (右) 藤 井
(右) 宮 地 (遊) 鎌 田
(三) 松 田 (二) 森 岡
(遊) 江 川 (一) 新 井
(一) 小 斉 (捕) 小 山
(左) 井 手 (三) 堂 上
(二) 仲 澤 (中) 中村一
(捕) 領 健 (左) 普久原
(投) 杉 内 (投) 中 田



        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中)   辻  3 0 0 三振    三振   一邪飛
 中   井 出 2 1 0                  遊安 二失
(右)  宮 地 3 0 0 遊ゴ    二ゴ    三振
 右   荒 金 2 0 0                  三振 右飛
(三)二 松 田 5 1 0 三振      中安   三振   捕ゴ 中飛
(遊)三 江 川 4 1 0    右飛   三振   右安   三振
(一)  小 斉 2 0 0    一ゴ    三失   死球
 打   吉 本 1 1 0                     右二
(左)  井 手 4 2 0    右安    左二   右飛      遊ゴ
(二)  仲 澤 2 1 0    中安    三振
打三   北 野 1 0 0                一ゴ
 遊   斉藤秀 1 1 1                     左二
(捕)  領 健 3 1 0      三振   右安   三飛
 捕   中 西 1 1 2                     左本
(投)  杉 内 2 0 0      三ゴ   投犠打   遊ゴ
 投   甲 藤 0 0 0
 投   山 村 0 0 0
 打   荒 川 1 1 0                     左安


       打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
(右) 藤 井 5 1 0 遊ゴ    三ゴ   三ゴ   右安 二ゴ
(遊) 鎌 田 2 0 0 左飛      中飛
打遊  柳 田 3 2 0           右飛   三安 左安
(二) 森 岡 4 2 3 遊ゴ      左飛 四球   中二 中二
 二  竹 下 0 0 0
(一) 新 井 5 3 1    左飛   中安   左二 左安 投失
(捕) 小 山 4 1 1    一飛   中飛   二ゴ 右二 四球
(三) 堂 上 5 1 0    一ゴ      右安 二飛 遊飛 二ゴ
 投  ガルバ 0 0 0
(中) 中村一 1 1 0      中安   捕犠打四球 四球
(左) 普久原 4 1 1      捕ゴ   左二 三振 二ゴ
(投) 中 田 0 0 0      捕犠打
 打  小 川 1 1 1            左二
 投  斉 藤 0 0 0
 投  小 林 0 0 0
 投  金 剛 0 0 0
 投  岡 本 0 0 0
 打  澤 井 1 1 0                 左安
 投  遠 藤 0 0 0
打三  中 川 1 0 0                   二飛


盗塁
新井(4回)、中村一(6回)、藤井(7回)、柳田(7回)、井出(8回)

盗塁死
松田(4回)、澤井(7回)

牽制死
江川(6回)

失策
堂上(4回)山村(8回)、竹下(9回)
暴投
杉内(5回)


    回  打 数  安 三 四 責
杉 内 6・2/3 33 121 12 1 3 6
甲 藤  1/3 1 4 0 0 0 0
山 村 1   7 30 2 0 1 1


    回 打 数 安 三 四 責
中 田 5  20 78 5 7 0 0
斉 藤 1/3 2 8 1 1 0 0
小 林 1/3 2 7 0 0 1 0
金 剛 1/3 0 3 0 0 0 0
岡 本 1  3 10 0 0 0 0
遠 藤 1  4 19 1 2 0 0
ガルバ 1  8 21 4 0 0 3


○ 選手リポ
ホークス
■杉内俊哉(ソ)
真っ直ぐ最速:140キロ
真っ直ぐ平均:136キロ
ここぞのときの力の入れ方はさすがだが、その他ではあまり見るべきものがなかった。全体的にキレがなく、空振りが取れない上、変化球もほとんど真ん中付近に集まってしまう。スピードも140キロがやっとと、組み立てに苦しんだ。序盤は走者を出しても力を入れて打者に差し込んだけど、中盤になるにつれそういった粘りがなくなっていった。
また、走者に完璧にフォームを盗まれたのは気になるところ。


■甲藤啓介(ソ)
最速:147
ボール先行となったが何とか内野ゴロで締める。この投手は、上半身に力はあるので、あとは下半身をもっと安定させること。そうすれば球も安定してくるでしょう。今はステップ幅もバラバラでコントロールが安定しない。


■山村路直(ソ)
最速:147
平均:144
剛速球でバットをへし折るなど“らしさ”は見せたが、真っ直ぐが真ん中に入ったところをしっかりと捉えられた。130キロほどのスライダーもいいし、もう少し丁寧にいきたい。


■領健(ソ)
盗塁阻止のスローイングの際にどうしても余分なワンステップが入ってしまう。投げるタイミングがよくないので送球は逸れやすくなる。


■中西健太(ソ)
ホームランは1-0からの真ん中低めの真っ直ぐ。しっかり上から叩いた打球は高い放物線を描いて左中間へ。さすがのパンチ力。中西らしい当たりでした。


■松田宣浩(ソ)
唯一のヒットは緩いカーブを引きつけてセンター前へ。その他の打席では高めの真っ直ぐに力負け。持っているストライクゾーンが広い選手ですね。
また、打席に立つたびに亜大の先輩小山に何やらニヤニヤ。そんなにうれしかったのかい?


■江川智晃(ソ)
打撃面の成長もあるけど、守備がだいぶ安定してきましたね。三塁寄りの速いゴロをことごとく好捕。肩はあるのでこういう捕球をちゃんとできればね。


■井手正太郎(ソ)
1本目のヒットは外の149キロの真っ直ぐを合わせてセカンドオーバー。2本目はこれまた真っ直ぐをレフト線へ。バッティングの柔らかさはさすが。そろそろ1軍に定着したい。


ドラゴンズ
■中田賢一(中)
最速:150
平均:144
最速150キロを計時するなど1軍復帰は近いかな。速い真っ直ぐを軸に、左打者のひざ下に食い込む130キロほどのスライダー、100キロちょっとのカーブを織り交ぜる。低めにも投げられていたし特に問題はないのでは。ただ、気になったのは、走者を置くと投げ急いだ格好になりコントロールがバラバラになること。そして、1つ注文をつけるとしたら、左打者のインコースに真っ直ぐをしっかりコントロールできるようにということ。小山もここに投げさせたがっていたけどなかなかうまくいかず。ただ、まぁ、ここらへんは試合で投げていくことで変わってくるものだとは思いますが。


■斉藤信介(中)
最速:144
平均:141
フォームがやや腕を下げたサイドスローに。最近の姿に比べると球威はこちらのほうが上。斉藤にとっては原点回帰のような感じだけど、こっちの方が合ってるのかな。腕が長く見えてなかなかのボールを放っていた。腕の位置については試行錯誤の段階ですね。


■小林正人(中)
最速:137
ユニフォームにかすったものとはいえ、先頭打者の初球にデッドボールでは…。これでは評価はなかなか上がらない。

■金剛弘樹(中)
北野への攻め中、江川の牽制死で終了。ブルペンではよかった。


■岡本真也(中)
最速:146
平均:143
スライダーでもストライクが取れていたしほぼ問題なし。フォームもしっかりと安定して落ち着きがあった。下とはいえ、タメをつくってゆったりと投げればそうは打たれない。


■遠藤政隆(中)
最速:144
平均:141
一時期の不調は抜け出たかな?上から腕を振り下ろして真っ直ぐに角度とキレがあった。高低も使えていたし、こういう投球を続けていきたい。三振は真っ直ぐとスライダーそれぞれ1個ずつ。


■ガルバ(中)
最速:137
平均:135
全体的にまとまってはいるが、これというボールがない。勝負できる変化球がなくどうしても真っ直ぐを狙われてしまう。だからといってボールが微妙に変化するわけでもなく、打者にとっても狙いを定めやすい。中西の本塁打や荒川のヒットは、イライラしたところを付け込まれた感じ。終了後のベンチメンバーとのハイタッチ拒否もイライラの表れ?


■小山良男(中)
タイプの異なる投手をそれぞれリード。中田に対しては、真っ直ぐを続けさせたり、逆のことをさせてみたりと相変わらず味のあるリード。6回にはリードの大きかった2塁走者を刺すなど終始試合を支配した。
打つほうでは外の真っ直ぐをライト線に落とす貴重なタイムリー2ベース。


■新井良太(中)
ある程度低めの変化球を見極められるようになったのは成長の証。そのため甘く入ってきた真っ直ぐを仕留める率が上がってきた。今日は3安打。いずれも自分のタイミングでしっかり引っぱたいたもの。杉内から打てたことは自信になるのでは。1発も近いうちに出るでしょう。


■森岡良介(中)
さすがの勝負強さ、ここぞの集中力。7回のチャンスでは「自分が決める」という気合がメラメラでした。真ん中めに入ってきた真っ直ぐを完璧に捉えて右中間へ。相手が杉内でも臆することなく攻めていった。まさに完璧。続く打席では山村の速い真っ直ぐをガツンとセンターオーバー。こういう力がある投手から打つと価値は上がるが…と見ていたけど、下手に力勝負にいかないうまさ、力に対しての対応力がありますね。


■堂上剛裕(中)
チャンスで続けて簡単に内野フライ。ちょっともったいない打席が続いた。


■鎌田圭司(中)
いよいよ実戦復帰。動きは特に問題なく、ここからアピールしていきたい。


■柳田殖生(中)
柳田も新井同様だいぶ成長してきた。特に2本目のヒットは、145キロの速い真っ直ぐをしっかりと叩いてショートの頭の上をライナーで。思いっきりボールのバットをぶつけていけることが柳田のいいところ。それが遺憾なく発揮された打席でした。


■中村一生(中)
全打席でお仕事。第1打席では高めの真っ直ぐに差し込まれながらもセンターの前へ押し込む。続く打席では送りバント。3,4打席目はちゃんと四球を選ぶ。ここのところヒットも出るようになって、だいぶボールが見えている感がある。これにつられてか守備での動きもよくなってきた。


2006年 7月 1日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:東洋子さん/森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

報告者:東洋子さん

北海道日本ハム7回戦
 昨夜サッカー付けになっていてほとんど寝てない。眠いのと暑いのとでどうも冴えない。コーヒーでも飲もうと思ったら、コーヒーがない!ああ、少し残っていたのに家人に飲まれてしまった。そんなこんなの休日にスカスタへ向かったのです。今日はやたら道が混んでいて、横浜駅に着くのにいつもの3倍の時間がかかりました。うわー、道路整備がされて以来、こんなに混んだのは久しぶりだ。おかげでバスの中で少し眠って、いくらかすっきりして電車に乗りました。
 さて、今日の試合は私にとって開幕戦の借りを返さねばならない試合であり、観戦連勝がどこまで伸びるかという試合なのです。湘南の先発は土肥。先日6/9のオリックス戦は調整なしの登板のためか勝ち星を逃してしまったので、今日は再調整なのでしょうか?3回で次に代わったのは合格なのか?それともまだ見極め不可なのか?投球内容を見る限り、3回を1失点(土肥の高く抜けた球を斉藤が後逸しての失点)3奪三振は上々だと思えましたが・・・両軍通じて一番の出来だと見ました。
 一方日ハムの菊地はいまいち。先制点をもらい、勝ち越し点をもらいながら大量点を取られて負けてしまった。今日のゲームは、湘南が取られたら取り返す、それもたっぷり利息をつけて・・・名づけて「日銀福井総裁攻法」・・・勝った試合であり、またも飯田が幸運な勝ち星を手に入れた試合だった。試合開始早々に振り出した雨で試合に集中できない箇所もあったが、湘南は昨日に続く連勝で、まだ私の神通力は効いているようだ。
 試合詳報は書く方がいらっしゃらなかったら後日書きます。今日は試合結果と感想だけ。

試合結果
  
日ハム:010 200 100= 敗戦投手:菊地
  
湘 南:010 500 300= 勝利投手:飯田

 2回表に河野が打球の処理にもたつく間にバッター小谷野は一気に3塁へ走る。1死3塁となって糸井の打席。土肥が投じた球は高めに浮き、捕手斉藤が後逸。斉藤はあの程度の球はしっかり取らないといけない。2度の不運が重なって先制点を許す。その裏、さっきのミスを返そうとばかりに打った河野の打球は右越本塁打となって、すぐに同点に追いついた。
 4回表、土肥の後を受けた飯田だが、先頭の陽に右前安打を許すと暴投で進塁させ、1死後小谷野の右越適時2B安打と駒居の中犠飛で2点を取られ勝ち越される。その裏、湘南は福本の右前安打から始まる打者一巡の猛攻で5点を取り逆転する。
 7回表には4番手岡本が無死満塁から陽の3ゴロで1点を失う。おい、岡本、君は上で何を学んできた?っていう感じのピッチングだったが、最小失点で抑えたあたりが成果か?その裏の湘南の攻撃は田中一徳の中前安打から1死満塁になると、内藤の右前適時安打にライトのエラーが重なって3点を追加。





報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

18年7月1日 鎌ヶ谷VS湘南(横須賀スタジアム) 試合開始:14:00 天候:曇時々雨
観客数:700人 審判:主審山路 一塁山崎 二塁工藤 三塁鈴木 公式記録員:及川

鎌ヶ谷 010 200 100|
湘南  010 500 30×|

(個人成績)鎌ヶ谷
(二)  川島  4打数1安打
 打   高口  1打数ノーヒット
(一)三 マシーアス 5打数1安打
(遊)  陽   4打数1安打1打点
(左)  鵜久森 4打数1安打
(三)  小谷野 4打数2安打1打点
 投   井場
 投   吉崎
 投   伊藤
(中)  糸井  4打数1安打
(右)  紺田  4打数2安打
(捕)  駒居  2打数ノーヒット1打点
(投)  菊地
 投   中村  1打数ノーヒット
 打一  森   2打数1安打

●菊地 3回1/3打者19人投球数49被安打6被本塁打1与四球4奪三振2失点6
 中村 2回2/3打者 9人投球数23被安打1与四球0奪三振1失点0
 井場 0回1/3打者 4人投球数12被安打2与四球1奪三振0失点0
 吉崎 0回2/3打者 3人投球数 3被安打1与四球0奪三振0失点3
 伊藤 1回   打者 4人投球数11被安打1与四球0奪三振0失点0

湘南
(遊)  野中  4打数1安打1打点
(左)  田中一 4打数1安打
(二)  種田  5打数1安打
(三)  福本  3打数1安打
(中)  河野  2打数1安打1本塁打1打点
(一)  内藤  3打数1安打
(右)  田中充 4打数3安打2打点
(捕)  斉   2打数ノーヒット
 投   岸本
(投)  土肥
 投   飯田
 打   万永  1打数1安打1打点
 投   山北
 打   武山  1打数ノーヒット
 投   岡本
 打捕  黒羽根 1打数1安打

 土肥 3回打者11人投球数44被安打1与四球1奪三振3失点1
○飯田 1回打者 6人投球数20被安打4与四球0奪三振0失点2
 山北 2回打者 9人投球数32被安打2与四球0奪三振1失点0
 岡本 2回打者 9人投球数24被安打3与四球0奪三振1失点1
 岸本 1回打者 3人投球数14被安打0与四球0奪三振2失点0

(経過)
1回表鎌ヶ谷
川島 空振り三振
マシーアス 中飛
陽  三ゴロ
1回裏湘南
野中 一ゴロ
田中一 四球
種田 二飛
福本 見送り三振

2回表鎌ヶ谷
鵜久森 空振り三振
小谷野 左中間三塁打
糸井の二球目ワイルドピッチで小谷野ホームイン 鎌ヶ谷1−0
糸井 空振り三振
紺田 左邪飛
2回裏湘南
河野 中越え本塁打 1−1湘南
内藤 空振り三振
田中充 左安
斉藤 三ゴロ併殺打

3回表鎌ヶ谷
駒居 四球
菊地 一前犠打
川島 二ゴロ
マシーアス 投ゴロ
3回裏湘南
土肥 四球
野中 投前犠打
田中一 一飛
種田 中飛

4回表鎌ヶ谷 湘南投手飯田に交代
陽  右安
鵜久森 捕邪飛
小谷野 右中間タイムリー二塁打 鎌ヶ谷2−1
糸井 右安 一死一三塁
紺田 左安  一死満塁
駒居 中犠飛 鎌ヶ谷3−1 三塁を狙った糸井が刺されてチェンジ
4回裏湘南
福本 左安
河野 四球
内藤 投失(送りバントを菊地がファンブル)
田中充 一塁線タイムリーツーベース 3−3湘南
斉藤 四球
飯田の代打万永 左タイムリー安 3−4湘南 無死満塁
野中 中タイムリー安 糸井が弾く間に二塁走者も還って3−6湘南
野中は二塁でアウト 一死二塁 鎌ヶ谷投手中村に交代
田中一 見送り三振
種田 二飛

5回表鎌ヶ谷 湘南投手山北に交代
中村 見送り三振
川島 二ゴロ失(種田の送球が逸れる)
マシーアス 中飛
陽  三ゴロ
5回裏湘南
福本 右邪飛
河野 一ゴロ
内藤 一ゴロ失(マシーアスがファンブル)
田中充の二球目に内藤盗塁失敗


6回表鎌ヶ谷
鵜久森 右安
小谷野 遊ゴロ 鵜久森二塁へ
糸井 五邪飛
紺田 中安
駒居 遊ゴロ
6回裏湘南
田中充 中安
斉藤 捕前犠打
山北の代打武山 三ゴロ
野中 遊ゴロ

7回表鎌ヶ谷 湘南投手岡本に交代
中村の代打森 中安
川島 三内野安打
マシーアス 左安 無死満塁
陽 三ゴロ マシーアスが二塁封殺 鎌ヶ谷4−6
鵜久森 投飛
小谷野 三飛
7回裏湘南 鎌ヶ谷森がファーストに入りマシーアスがサード
小谷野に代わりピッチャー井場
田中一 中安
種田 右安
福本 投前犠打
河野 四球 一死満塁 鎌ヶ谷投手吉崎に交代
内藤 右安 紺田が後逸する間に一塁走者まで生還 内藤二塁へ 4−9湘南
田中充 左飛
斉藤 遊ゴロ

8回表鎌ヶ谷
糸井 空振り三振
紺田 遊直
駒居 一邪飛
8回裏湘南 鎌ヶ谷投手伊藤に交代
岡本の代打黒羽根 右安
野中 一ゴロ
田中一 二ゴロ
種田 一ゴロ

9回表鎌ヶ谷 湘南黒羽根がキャッチャー斉藤に代わりピッチャー岸本
森 中飛
川島の代打高口 見送り三振
マシーアス 空振り三振

(全体の感想)
試合を通じて雨が降ったり止んだりの天気で足場が悪かったせいもあるのでしょうが、鎌ヶ谷中村湘南岸本以外の投手がみなピリッとせず
守っても鎌ヶ谷が4エラー(しかもランナーのいる場面で外野手の後逸が二つ)、湘南もバッテリーエラーが二つとなんとも締まらないゲームでした

(鎌ヶ谷注目選手)
■糸井嘉男(日)
野手転向後初めて観たのですが、守備の面ではフライへの反応が非常に遅く守備範囲の狭さが目立ちました。また4回満塁から打たれたセンター正面の打球を後逸する等守備はまだまだ。打つ方も後ろへそっくり返ったフィニッシュで急造の野手に文句ばっかり言ってもいけないのはわかるんですが・・・

■小谷野栄一(日)
第1打席、第2打席と続けて外野を深々と破り、今の二軍のメンバーとはレベルが違う所を見せつけました。7回二死満塁で簡単に打ち上げてしまうあたりが一軍に定着できない原因でしょうか

■中村渉(日)
入団以来正直いいピッチングを見た記憶がなかったんですが、今日は力みの消えたいいフォームで2回2/3を1安打無失点。この投球を続けることができれば道は開けるかもしれません。

■鵜久森淳志(日)
4番に入り続けて打率2割2分台。今日も1安打とはいえどん詰まりがセカンドの頭を越えただけであとは三振とチャンスに初球を打ち上げた内野フライ二つ。どんどん良さが消えていっている様に思えます。4番を打たされてるけど打てない→チームも勝てない→なんとかしたくてバッティングを小さくする→長打は出ないからピッチャーに楽に投げられる→打てない→・・・という悪循環に陥ってしまっている気がします。英才教育もいいけど、今の実力に見合った打順で楽に打たせてあげるべきでは・・・

(湘南注目選手)
■土肥義弘(湘)
先発して3回を1安打ピッチング。調整の為の横須賀登板だったんでしょうか、今の鎌ヶ谷の打線相手では貫禄さえ感じる投球でした。

■田中充(湘)
来場していた少年野球チームの熱狂的な応援を受けながら3安打猛打賞。それもレフト前、センター前、一塁線突破と広角に打ち分けた見事なバッティングでした。


2006年 6月30日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(平塚)報告者:WIZさん

6/30(金) イースタンリーグ公式戦 湘南−北海道日本ハム 6回戦 平塚球場(18:00開始)

審判:PL 工藤、1B 鈴木、2B 山崎、3B 山路
記録員:生原
観客数:795名

【スコア】
日本ハム 000000000  
湘  南 00000001× 

【投手継投】
日本ハム  橋本(6回)−岩下(1回)−●矢野(1/3回)−吉崎(2/3回)
湘  南  ベバリン(5回)−○稲嶺(3回)−S佐久本(1回)

【得点経過】
8回裏(湘) 二死3塁で河野、ライト前タイムリー(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<日本ハム>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 糸井  中安  二ゴ    三振  二ゴ       410000100
CF 紺田                         000000000
2B マシーアス 右安  四球    二飛    中安     320000010
SS 陽   投ゴ  三ゴ    三振    左安     410000100
LF 鵜久森 三振    一飛    三ゴ         300000100
H 高口                  捕併     100000000
3B 小谷野 三振    三振    中飛  右飛     400000200
1B 佐藤    三振  遊飛    右安         310000100
RF 工藤    遊ゴ    中飛  左飛         300000000
C 小山    三振    三振    左飛       300000200
P 橋本      投ゴ  三振             200000100
P 岩下                         000000000
H 川島                三振       100000100
P 矢野                         000000000
P 吉崎                         000000000


<湘南>
     1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
SS 野中  中安  一ゴ  三振  中安         420000100
LF 田中一 右安  左飛  左安  三振         420000100
2B 種田  遊ゴ  二ゴ  三飛             300000000
P 稲嶺                         000000000
H 黒羽根               中安       110100000
P 佐久本                        000000000
3B 福本  三振    二飛  三ゴ  一犠       300000100
2B
RF 田中充 一ゴ    三振  一ゴ  三振       400000200
CF 河野    右飛  右安  二ゴ  右安       421000000
1B 内藤    中安  中安    三ゴ         320000000
C 斉藤    遊ゴ  右飛    投ゴ         300000000
P ベバリン   遊ゴ                   100000000
H 万永          二ゴ             100000000
3B 武山              左安         110000000


【投手成績】
<日本ハム>
       回  打 安 四 三 失 自
 橋本    6  24 6 0 3 0 0
 岩下    1  5 2 0 1 0 0
●矢野    1/3  2 1 0 0 0 1
 吉崎    2/3  2 1 0 0 1 0

<湘南>
       回  打  安 四 三 失 自
 ベバリン   5  18 2 1 7 0 0
○稲嶺    3  11 1 0 3 0 0
S佐久本   1  4  2 0 0 0 0


【選手感想】
<日本ハム>
■橋本義隆(日)
 初回に2連打を浴び、その後も毎回のように走者を出すも伸びのあるストレートで後続を
 簡単に打ち取り、悪い印象が全く残らない投球を見せた。
 打線の援護がなかったのが不運。

■糸井嘉男(日)
 投手として自由枠入団も今年から野手転向。転向後、初観戦。
 1打席目に2球目を叩きセンター前へ放つものの、その後は続かず。
 しかしバッティングセンスはなかなかよく感じ、野手転向は成功だったかもしれない。
 今年は積極的に打席に立ちバッティングの勘を掴んでほしい。
 俊足も魅力的。外野手としての肩も見たかったところで、次回は守備練習をチェックしたい。

■小谷野栄一(日)
 打撃は全くの音無しも今日は守備で再三好守を魅せた。
 マシーアスを除けば鎌ヶ谷野手陣で今日最も目立った選手。

<湘南>
■河野友軌(湘)
 平塚といえば河野。河野といえば平塚、と言ってもおかしくないほど平塚の試合では
 大活躍する相性のいい球場でまたもや先制かつ決勝タイムリーを放ちヒーローに。
 個人的には福本より彼に四番を座らせて打線の軸を担って、満を持して一軍昇格を
 期待したい。

■ジェイソン・ベバリン(湘)
 5回を投げて2被安打に7奪三振と今季最高の投球を披露。
 しかし二軍相手にこれくらいの結果を出すのは当然。
 一軍投手陣は若手への世代交代が進められ、ちょっとやそっとの好投では簡単に
 一軍昇格はできないだろう。むしろ彼の今後の投球内容は来季の契約へ向けてのアピール
 の場となりそう。とにかくその心意気で湘南の借金返済のために頑張ってほしいもの。

■稲嶺茂夫(湘)
 春先ほど好調ではなく、時々ヒヤッとさせる当たりも浴びたものの3イニングを零封。
 打線が拙攻続きでいつ鎌ヶ谷に流れが行ってもおかしくない状況を粘りの投球で食い止めた
 ことは何より。
 岡本が降格し一軍の中継ぎ左腕がいなくなっただけに「次は俺だ」という心意気で
 昇格に向けて勝負所に来たか。

☆本日の村西哲幸☆
 試合終了後の挨拶にて登場。いつもの俯いて挨拶でスタンドに金色ヘアをアピール。
 1点を争う展開に早々に登板無しと自覚したのか、しないのか・・・。


【全体感想】
7月頭(今日はまだ6月ですが)の平塚といえば、毎年恒例の「七夕ナイター」。
今年は企画もグレードアップして開催。
入場時に配られた短冊に願い事を書いて入り口前の笹の葉に飾ります。
1.その中で1名の願い事が実現されます。
  今年は「平塚のマウンドで投げてみたい」という小学6年生男子の願い事が叶いました。
  試合終了後、キャッチャーに黒羽根、バッターにヒーローの河野が立会いました。
2.さらに抽選で9名がスタメン選手のサインボールをプレゼント。
  そのため試合開始時のサインボールの投げ入れは無し。
3.またまたさらに抽選で10名が5回終了後のダンスコンテンストにグラウンドで参加。
4.スタンドに飛んだファールボールを一旦回収し、試合終了後先着でレックにジャンケンで
  勝った人にプレゼント。

と、いった企画が実施されました。
中でもサインボール抽選、ファールボールを試合終了後にレックとジャンケンで勝ったら
プレゼント企画は先日の小田原での事件が発端で企画されたのでしょうか。
個人的にはこの企画は大賛成。横須賀でも実施してほしいものです。

しかし、それでも観客の8割近くを子供が占めただけにファールボールが飛べば
貰えないと分かってても追っかけてしまうのは仕方ないのでしょうか。
回収を徹底すればいずれ走り回る子供たちも減っていくのでしょうか。
さらに残念だったのは試合の中盤、1点を争う好ゲームの中、少年野球チームの子供たちが
ほとんど座席におらず四散していたこと。
緊迫した試合展開だけに1点を取るにはどんな攻撃を仕掛けるか、また守っていくかを
教えるのに絶好の材料だったと思うのですが。
そんな光景を見ると始球式も少年野球チームを優先せず、今日の夢が叶った少年のように
マウンドで投げたいと思っているファンに機会の場を与えた方がいいのではと思った1日でも
ありました。

さて試合の方は初回に全く同じ展開で先制のチャンスを掴むものの中軸に1本が出ず
無得点に終わると、ベバリン、橋本の両投手にエンジンがかかり投手戦へと進みます。
湘南は出塁こそするものの拙攻続き、一方鎌ヶ谷はベバリン、稲嶺のリレーに
走者を出すこともなかなか出来ません。

両軍無得点のまま試合は終盤8回裏、代打黒羽根が出塁し、四番の福本が犠牲バントで
送ると河野の当たりはライト前へポトリ。均衡を破る先制点を湘南が取りました。
続く9回表を抑えれば勝利も、ここを任された佐久本が2連打で大ピンチに。
しかし代打高口の犠牲バントはキャッチャーへのポップフライ。
キャッチャー斉藤がこれを捕球、さらに打球を見ずに2塁ベース付近まで暴走した
陽がアウトとなり併殺。これで万事休す。小谷野がライトフライに倒れ、湘南が1点差で
勝利をものにした2時間31分の試合でした。

明日は横須賀に戻り「うなぎデー」が開催。
うな丼が食べられるブースが設置されるそうです。
不快指数が高い中、平塚観戦をされた皆さんお疲れさまでした。
子連れさんをはじめ明日観戦予定の皆さん、私は球場に赴けないので応援宜しくお願いします。
うなぎもぜひ堪能して下さい。


2006年 6月29日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−広島(雁ノ巣)報告者:詠み人不知さん

6/29 雁ノ巣ホークスvs由宇カープ14回戦

由宇カープ  |000 301 200|
雁ノ巣ホークス|000 020 010|
勝:苫米地(20試合1勝5敗1S)
S:マルテ(12試合7S)
負:高橋秀(9試合3勝3敗)(カープ打撃成績)

(カープ打撃成績)
======打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(9) 山 田 420 左安 ―― 三振 ―― 一ゴ ―― 四球 中安
(7) 天 谷 410 左安 ―― 三振 ―― 四球 ―― 二ゴ 遊ゴ
(5) 山本芳 531 三振 ―― ―― 中安 一邪 ―― 右安 ―― 右安
(3) 吉 田 500 三振 ―― ―― 三振 三振 ―― 三振 ―― 右飛
(4) 中 谷 521 三振 ―― ―― 左安 ―― 三振 中2B ―― 投ゴ
(6) 山 崎 412 ―― 三振 ―― 中3B ―― 二ゴ 遊飛 ―― 死球
(8) 鞘 師 411 ―― 左飛 ―― 左安 ―― 四球 ―― 中飛 右飛
(2) 白 濱 410 ―― 三振 ―― 一併 ―― 右安 ―― 三振
(D) 山本翔 200 ―― ―― 三振 ―― 死球 一ゴ ―― 死球
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      3711 5


(ホークス打撃成績)
======打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(8)  辻  300 一飛 ―― 三振 ―― 四球 ―― 三ゴ ――
(4) 仲 澤 110 四球 ―― ―― 左安
4  斉藤秀 200             遊ゴ ―― ―― 投直
(5) 松 田 411 三併 ―― ―― 二飛 ―― 三ゴ ―― 左HR
(6) 江 川 320 ―― 左安 ―― 一ゴ ―― 四球 ―― 中3B
(3) 小 斉 311 ―― 左飛 ―― ―― 中HR 四球 ―― 左飛
(D) 吉 本 200 ―― 二併 ―― ―― 遊ゴ
HD 宮 地 200                左飛 ―― 三邪
(9) 井 手 411 ―― ―― 三ゴ ―― 左HR 右飛 ―― ―― 三ゴ
(7) 荒 金 200 ―― ―― 三振 ―― 二飛
7  井 出 100                ―― 投ゴ ――
H  榎 本 100                         三振
(2) 大 野 210 ―― ―― 四球 ―― 左安 ―― 二飛
2  荒 川 100                      ―― 三振
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      31 7 3

本塁打:小斉2号(5回、苫米地)、井手4号(5回、苫米地)、松田1号(8回、長谷川)
三塁打:山崎、江川
二塁打:中谷
盗塁:鞘師(3個目)、山田2(2,3個目)、白濱(1個目)、山本芳(4個目)
暴投:苫米地
捕逸:荒川
失策:荒金、大野

(投手成績)
     回  打者 安打 四死球 三振 失点 自責
 相 澤 3  10  1  2   2  0  0
 苫米地 12/3  9  4  1   0  2  2
 梅 原  2/3  4  0  2   0  0  0
 仁 部  1/3  1  0  0   0  0  0
 青 木 11/3  4  0  0   0  0  0
 長谷川 1   5  2  0   0  1  1
 マルテ 1   3  0  0   2  0  0
――――――――――――――――――――――――――
 高橋秀 7  33  9  4  11  6  5
 小 椋 1   5  1  1   1  0  0
 山 村 1   5  1  1   0  0  0


(得点経過ほか)
翌日にホークスはナゴヤで、カープは北神戸での試合がそれぞれ控えているためか今日は試合開始から3時間を経過したら次のイニングには進まないという規定のもとで行われます。
1回表
高橋秀の立ち上がりを攻めるカープ打線。
先頭山田がレフト前ヒットで出塁すると次打者天谷との間でエンドランを成功させる。
さらにその打球を荒金がファンブルする間にすかさず天谷はセカンドまで進塁し、無死2,3塁と先制の絶好のチャンスをつかむ。
しかし、ここで高橋秀が踏ん張り後続を三連続三振に斬って取り無失点で切り抜ける。
2回裏
この回先頭の江川がレフト前にチーム初ヒットを打ち出塁する。
小斉はあわやスタンドインの大きなレフトフライに倒れた後、吉本が相澤の前にチーム2イニング連続の併殺に打ち取られて先制ならず。
4回表
3回までですでに4連続が2度の8奪三振とハイペースで三振を奪いまくる高橋秀を捕まえる。
山本芳と吉田のヒットで1死1,2塁と初回以来の先制のチャンスをつかむ。
ここでまず山崎が右中間突破のタイムリースリーベースを打ち2を点先制し、続く鞘師もレフトへタイムリーヒットを打ちさらに1点を追加して3点を先制する。
その鞘師は白濱への初球に盗塁を成功させてさらにチャンスを広げるが、白濱のファーストライナーで戻れず併殺となってこの回の攻撃は3点で終了。
4回裏
カープはここから先発相澤に代わり苫米地をマウンドに送る。
先頭の仲澤がレフト前ヒットで出塁し反撃の狼煙を上げたかに見えたが、苫米地がすぐさま牽制で刺してこの回は事なきを得る。
5回表
先頭山本翔が死球で出塁するが、山田のファーストゴロでセカンドでフォースアウトとなりランナーは入れ替わる。
残った走者山田は天谷への初球に盗塁を決め、天谷が四球を選んで1死1,2塁と追加点のチャンスを広げていったが後続が無くこの回無得点。
5回裏
先頭の小斉がセンターバックスクリーンへ、一人置いた井手がレフトへそれぞれホームランを放ち2点を返してホークスが追い上げに入る。
二死後レフト前ヒットで出塁したが苫米地の暴投でセカンドへ進み、辻が四球選んで一打同点のチャンスを作ったところでカープは苫米地から梅原にピッチャーを交代する。
ここで梅原は斉藤秀を山崎の好守もありショートゴロに片付けて無事切り抜ける。
6回表
2死から四球を選んだ鞘師と白濱との間でエンドランが成功し、1,3塁と突き放すチャンスをつかむ。
山本への3球目に白濱がディレードスチールを敢行し、大野からの牽制がそれる間に鞘師が生還して1点を追加、白濱も進塁しなおも2死3塁とする。
しかし山本翔が倒れて1点どまり。
6回裏
1死から江川、小斉が連続四球を選んだチャンスに代打宮地を送る。
ここでカープは仁部にスイッチ、その仁部はベンチの期待に応えて宮地をレフトフライに討ち取って青木にマウンドを託し、その青木も井手を討ち取り無失点に切り抜ける。
7回表
先頭の山田は四球を選び天谷への初球に盗塁を成功させる。
ディレード気味のスタートに大野は牽制球を投げることもできなかった。
天谷のセカンドゴロで3塁に進んだ山田は山本芳のライト前タイムリーで生還して1点追加。
2死後中谷がセンターオーバー、フェンス直撃のタイムリーツーベースでこの回2点目をあげる。
8回表
山本翔がワンバウンドしたボールが当たる死球で出塁したあと山田がセンター前ヒットでつないで2死ながら1,2塁と駄目押しのチャンスをつかむが、天谷が倒れて無得点に終わる。
8回裏
1死後松田がレフト場外へ1号HRを放ち1点を返す。
続く小斉はセンターオーバーフェンス直撃のスリーベースヒットを打ち1死3塁とするが、小斉のレフトフライは犠牲フライには不十分な浅さでこの回も得点はソロホームランによるものだけに終わる。
この時点で規定の時間まで約10分残しだったので無事9回まで行えることになった。
9回表
先頭山本芳がヒットで出塁し、1死後の中谷のピッチャーゴロは江川の送球が遅くて併殺を取れずセカンドフォースアウトのみとなる。
山崎に死球を与えてまた2死1,2塁とするがこのチャンスもものにできず。
9回裏
マルテが連続三振斬りの三者凡退締めでカープ連勝。


2006年 6月28日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−広島(雁ノ巣)報告者:詠み人不知さん

6/28 ホークスvsカープ13回戦

(スコア)ホークス7勝4敗2分
由宇カープ  |020 000 042|
雁ノ巣ホークス|220 000 000|

勝:青木(14試合1勝)
敗:倉野(12試合2勝4敗)

球審:土山
塁審:一塁村山、三塁山本

(カープ打撃成績)
======打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(4) 中 谷 520 三振 一ゴ ―― ―― 二ゴ ―― ―― 左安 二安
(D) 山 田 400 三振 ―― 三ゴ ―― 四球 ―― ―― 投ゴ 捕邪
(7) 廣 瀬 300 三振 ―― 左飛 ―― 三併
5  比 嘉 111                ―― ―― 左2B
R6 山 崎 110                         左安
(3) 吉 田 522 ―― 左2B 二ゴ ―― ―― 右飛 ―― 二ゴ 中2B
(5)7山本芳 511 ―― 三振 ―― 三振 ―― 三ゴ ―― 左2B 三振
(8) 天 谷 410 ―― 中安 ―― 三振 ―― 中直 ―― 四球 投ゴ
(9) 鞘 師 311 ―― 左安 ―― 四球 ―― ―― 遊飛 二失
(2) 白 濱 442 ―― 左安 ―― 中安 ―― ―― 中安 右安
(6)5岡 上 400 ―― 中飛 ―― 三ゴ ―― ―― 遊飛 一飛
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      3913 7

(ホークス打撃成績)
======打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(8)  辻  400 左直 投ゴ ―― ―― 遊ゴ ―― ―― 左飛
(4) 斉藤秀 210 中安 一ゴ ―― ――
H4 仲 澤 210             右飛 ―― ―― 左2B
(5) 松 田 400 捕邪 ―― 三振 ―― ―― 三振 ―― 右飛
(6) 江 川 300 四球 ―― 三振 ―― ―― 三ゴ ―― 遊ゴ
(3) 小 斉 412 右2B ―― 三振 ―― ―― 三振 ―― ―― 投ゴ
(D) 吉 本 200 三振 ―― ―― 右飛 ―― ――
H  北 野 200                   三振 ―― 三振
(7) 井 手 420 ―― 右2B ―― 二ゴ ―― ―― 遊直 ―― 遊安
(9) 宮 地 200 ―― 二ゴ ―― 投ゴ
9  榎 本 210             ―― ―― 右安 ―― 中飛
(2) 中 西 312 ―― 左HR ―― ―― 二ゴ ―― 中飛 ――
2  大 野 000
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      34 7 4

本塁打:中西2号(2回、フェリシアーノ)、
二塁打:小斉、吉田×2、井手、比嘉、山本芳、仲澤
失策:仲澤

(投手成績)
         回  打者 安打 四死球 三振 失点 自責
 フェリシアーノ 4  17  4  1   4  4  4
 梅 津     2   6  0  0   2  0  0
 梅 原     1   4  1  0   1  0  0
 青 木     1   4  1  0   0  0  0
 マルテ     1   4  1  0   0  0  0
―――――――――――――――――――――――――――――――
 倉 野     72/3 33  9  3   6  6  4
 甲 藤      1/3  3  1  0   0  0  0
 柳 瀬     1   6  3  0   1  2  2



(得点経過ほか)
1回表
斉藤秀のヒットと江川の四球で作った2死1,2塁のチャンスに小斉がライトオーバーのタイムリーツーベースヒットを打ちホークスが2点を先制する。
2回表
山本の三振を挟んで吉田の3塁線を破るツーベースヒットと天谷のセンター前ヒットで作った1死1,3塁のチャンスに鞘師と白濱の連続タイムリーですかさず同点とする。
続く岡上のセンターフライでそれぞれタッチアップして2死2,3塁と逆転のチャンスを広げたが中谷が凡退して逆転ならず。
2回裏
井手が右中間突破のツーベースで出塁し、宮地のセカンドゴロの間に進塁で1死3塁とする。
ここで中西がレフトポール際へ飛び込む2ランHRを打ちホークスがまた2点のリードを奪う。
ここまで4安打で4得点と非常に効率の高い攻撃を見せるホークス打線。
7回表
白濱はセンター前にヒットを打つが、セカンドを欲張って憤死、結局この回は3人で攻撃終了。
8回表
先頭中谷がレフト前ヒットで出塁するが山田はバント失敗で走者が入れ替わる。
しかし比嘉が山田のミスを帳消しにする3塁線突破のタイムリーツーベースを打ち1点差に迫る。
比嘉の代走山崎は吉田のセカンドゴロの間に3塁へ進塁し、続く山本芳のレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースで同点に追いつき、続く天谷に四球を与えたところで先発倉野は降板し2番手として甲藤がマウンドへあがる。
鞘師のセカンドゴロを仲澤が悪送球してカープは逆転に成功し、なおも2死1,3塁とする。
白濱はライト前へタイムリーヒット打ちさらに突き放す。
甲藤は味方に足を引っ張られたのもあるが、ピンチでの登板もベンチの期待に応えられなかった。
岡上はファーストフライに倒れるが、この回のカープは打者一巡の攻撃で4点を奪い逆転に成功し、逆に2点をリード奪う。
9回表
この回から柳瀬がプロ初登板のマウンドに上がる。
先頭の中谷がセカンドへの内野安打で出塁するが、山田がまたバント失敗のキャッチャーファールフライで中谷はそのまま。
山崎がレフト前ヒットでつないだ1死1,2塁のチャンスに吉田がセンターオーバーフェンス直撃の2点タイムリーツーベースを打ちダメ押しの2点を追加する。
プロ入り直前に利き腕のひじにメスを入れた割には早いデビューかな?
9回裏
田上がヒットを打つが、その他三人を三振に斬って取って試合終了。


2006年 6月27日 ウエスタンリーグ ソフトバンク−広島(雁ノ巣)報告者:詠み人不知さん

6/27 雁ノ巣ホークスvs由宇カープ12回戦

(スコア)ホークス7勝3敗2分
由宇カープ  |000 000 03―|
雁ノ巣ホークス|001 110 00―|

鯉:田中-苫米地-仁部-梅津-長谷川
鷹:新垣-小椋-山村-陽-岡本
本:城所4号(3回、田中)、田上1号(4回、田中)
三:吉田
二:松田、小斉

球審:村山
塁審:1塁 山本、3塁 土山

(カープ打撃成績)
======打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(4)5中 谷 300 左飛 ―― 捕犠 ―― 三振 ―― ―― 左飛
(7) 山 田 300 三振 ―― 遊ゴ ―― 三ゴ ―― ―― 四球
(8) 廣 瀬 310 中安 ―― 遊ゴ ―― ―― 右飛 ――
8  鞘 師 100                   ―― 三振
(3) 吉 田 412 二飛 ―― ―― 左飛 ―― 遊飛 ―― 中3B
(5)4山本芳 410 ―― 三振 ―― 左安 ―― 遊ゴ ―― 三振
(9) 天 谷 220 ―― 中安 ―― 左安 ―― ―― 四球
(D) 比 嘉 200 ―― 二ゴ ―― 三振 ―― ――
H6 岡 上 100                   三振
(6) 山 崎 300 ―― 二ゴ ―― 二ゴ ―― ―― 遊直
1  仁 部 000
1  梅 津 000
1  長谷川 000
(2) 白 濱 320 ―― ―― 中安 ―― 三ゴ ―― ―― 左安
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      29 8 2

(ホークス打撃成績)
======打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(8) 城 所 421 右飛 ―― 右HR ―― 中安 ―― 三振
(4) 金 子 300 三ゴ ―― 一ゴ ―― 捕犠 ―― 三直
(D) 松 田 420 中2B ―― 右飛 ―― 三ゴ ―― 中安
(6) 江 川 411 遊ゴ ―― 遊ゴ ―― 左2B ―― ―― 三振
(5) 田 上 421 ―― 三振 ―― 左HR 三振 ―― ―― 左安
R  中 西 000
(3) 小 斉 420 ―― 中安 ―― 右2B ―― 右飛 ―― 三振
(9) 宮 地 200 ―― 二ゴ ―― 中飛 ――
9  井 手 210             ―― 左安 ―― 三振
(7) 荒 金 100 ―― 四球 ―― 中飛 ――
7  井 出 100             ―― 三振 ――
(2) 領 健 200 ―― 三振 ―― 右飛 ――
H2 荒 川 100                三振 ――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
      3310 3

本塁打:城所4号(3回、田中)、田上1号(4回、田中)
三塁打:吉田
二塁打:松田、小斉
盗塁:城所(11個目)、天谷(6個目)
盗塁死:松田
失策:江川、城所

(投手成績)
     回  打者 安打 四死球 三振 失点 自責
 田 中 5  23  7  1   3  2  2
 苫米地 1   4  1  0   2  1  1
 仁 部  2/3  3  1  0   1  0  0
 梅 津  1/3  0  0  0   0  0  0
 長谷川 1   4  1  0   3  0  0
――――――――――――――――――――――――――
 新 垣 6  23  5  0   4  0  0
 小 椋 1   3  0  1   1  0  0
 山 村  2/3  4  1  1   1  2  2
  陽   0/3  1  1  0   0  1  0
 岡 本  1/3  1  0  0   1  0  0


(得点経過ほか)
今日はYahooドームでのいわゆる親子試合。
試合時間に制限がある中での試合だが、最後まで行うことはできるだろうか。
2回表
1死1塁からの比嘉のセカンドゴロで天谷はフォースアウトになるが、江川の送球がそれて比嘉はセカンドに達する。
先制のチャンスを貰うが山崎もセカンドゴロに倒れて先制ならず。
2回裏
こちらも1死後に小斉がセンター前ヒットで出塁し、宮地のセカンドゴロの間に進塁して2死2塁と先制のチャンスを作る。
荒金が四球を選んで1,2塁とチャンスは広がるが領健は三振に倒れて先制ならず。
3回表
先頭白濱がセンター前ヒットで出塁し、バントと内野ゴロの間の進塁で2死3塁とするが広瀬が倒れてこのイニングも先制を逃す。
3回裏
この回先頭の城所がライトへ4号HRを打ち1点先制。
4回表
1死後、山本、天谷の連打で同点のチャンスを作るが後続がなく追いつけず。
4回裏
この回も先頭の田上がレフトスタンド上段へ1号HRを放ち1点を追加する。
続く小斉がライトへツーベースを打ち追加点のチャンスを作るが、3連続外野フライで小斉はセカンド釘付けのままこの回の攻撃終了。
5回裏
金子のキャッチャー前バントでセカンドへ進塁した城所が江川の打席でサードへの盗塁を成功させ、江川のレフトフェンス直撃のタイムリーツーベースでこの回も1点を追加する。
7回表
四球で出塁した天谷が岡上の打席で盗塁成功するが、山崎のショートライナーに戻れずに併殺となりチェンジ。
7回裏
2死後に松田がヒットで出塁したところでピッチャーは仁部から梅津に交代。
江川への初球に盗塁失敗でチェンジ。
この場合、梅津には投球回1/3は記録されるだろうが、打者は記録されない?
8回表
この回からマウンドは山村に交代。
ヒットと四球で1死1,2塁とチャンスを作るが鞘師が三振に倒れてツーアウトとなる。
ここでピッチャーは陽に交代するが、陽はベンチの期待に応えられない。
吉田にセンターオーバーのタイムリースリーベースでまず2点を返し、城所からの返球がそれる間に打者吉田も生還して一気に同点に追いつく。
8回裏
レフト前ヒットで出塁した田上に中西を代走に送ってサヨナラを狙ったが、続く小斉、井手が連続三振に倒れてチェンジ。
ここで規定により試合終了。


2006年 6月25日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(市営大宮)報告者:@しろにゃんこさん

25日 さいたま市営大宮
川崎4勝3敗1分け 2時間57分

                   RHE
マリーンズ  800 032 000 13161
ジャイアンツ 000 000 000 30

<川 崎>●辻内崇伸(9試合3勝3敗、1回)会田聡志(1回)越智大祐(2回)佐藤宏志(2回)鴨志田貴史(1回)山口鉄也(2回)−佐藤弘、横川
<浦 和>○戸部浩(9試合3勝0敗、7回)林啓介(1回)末永仁志(1回)−金澤
<審判員>球審:本田 一塁:牧田 二塁:萩原 三塁:名幸


 マリーンズ 打安点  1回 2回3回4回5回6回7回8回9回
(中)  南  423 中飛左本    三振中安
走中 代 田 110               二安
 打 寺 本 110                   左安
 投 末 永 000
(遊) 根 元 610 左安2ゴ    一ゴ二ゴ  左邪  三振
(三) 林 孝 110 四球  中安  四球
打三二
   田中雅 000             死球四球
(右) 竹 原 511 右安  遊併  三振  遊ゴ一ゴ
(一) パスクチ433 左安  三振    中安左本
 一 青 松 000                 死球
(左) 垣 内 200 三振    中飛
 左 喜 多 311           中安一直  左飛
(捕) 金 澤 310 四球    左飛  一ゴ中安
打捕 新 里 100                 三併
(二) 早 坂 432 三安    中安  左2一邪
 三 細 谷 100                   三振
(投) 戸 部 413 右安    三振  二ゴ  三振
 投 林 啓 000
打中 瑞 季 100                   遊ゴ
   合 計 411613

 投手成績
○戸部 浩 7 2730
 林 啓介 1 300
 末永仁志 1 300


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(三) 脇 谷 400 遊ゴ  一ゴ  二ゴ    遊ゴ
 三 安 旭 000
(遊) 岩 舘 400 三振  遊ゴ    遊ゴ  三ゴ
 二 崔 暁 000
(中右)川 中 300 四球  左飛    一ゴ  二ゴ
(一) 吉 川 400 中飛    三振  中飛    左飛
(右) 斉 藤 000
 右 堀 田 300   中飛  一邪    右飛
 捕 横 川 100                 三振
(二) 長 田 200   捕邪  中飛
 投 佐藤宏 000
 投 鴨志田 000
打中 十川雄 200             投ゴ  右飛
(左) 山 本 210   死球    二ゴ  左安
(捕) 佐藤弘 210   右安    中飛
 打  原  000             四球
 投 山 口 000
(投) 辻 内 000
 投 会 田 000
 打 十川孝 100   遊ゴ
 投 越 智 000
二遊 大須賀 210         左安  右飛
   合 計 3030

 投手成績
●辻内崇伸 1 1168
 会田聡志 1 310
 越智大祐 2 810
 佐藤宏志 2 1364
 鴨志田貴史1 510
 山口鉄也 2 710


<本塁打>
  南 2号(3ラン、辻内=1回)
 パスクチ2号(2ラン、佐藤宏=6回)

<二塁打>
 早 坂(5回)

<盗 塁>
 山 本(7回)

<失 策>
 林 孝
※中継中では林がエラーをしたような描写はなかったのですが…?

<捕 逸>
 佐藤弘2(5回、7回)

<試合展開>
若干曇り空で時折日差しが覗くが、大宮でのジャイアンツ戦ということもあり試合前から大勢のお客さんが内外野を埋めている。
試合前インタビューでは脇谷が登場。
・梅雨の合間の連戦。コンディション
1軍に上がってきたときよりは多少疲れがあるが、そういう琴は言ってられないので、常に良いコンディションで、という気持ち。
・1軍の経験を振り返って
初めての試合でヒットを打てたことは自信になったし、その経験を生かしていければ良いなと思います。ホームインの際(フライが)浅かったですけど、自分を信じて捕手を倒してでもセーフになろうと思っていた。
・今後に向けて
1軍に出場し、良い面もあったし課題もみつかったので、課題を1つ1つ克服し、早く1軍に上がれるよう努力していきたい。
・1軍との大きな違い
レベル的にも、個々の能力もやっぱり1軍だな、というとことが大分あったので。そういうところに少しでも近づけるようにしていきたい。
・ショーうぶできるだろうというものは
そうですね…自分が目標としているのは、3拍子揃った選手なので、早くそのレベルに達することが出来るように。下に下りてきても、モチベーションを上げ練習に取り組んでいます。
・チャンスだが
原監督もすぐスタメンで使ってくれて嬉しかったし、期待に応えねばというのが凄くあったので、また早く上がって使ってもらええれば。
・印象に残った言葉
内田コーチから、深呼吸して打席に入れと言われ、気持ちが楽になった。初安打のボールは手元にあり、実家に送ろうと思っています。両親ですか?まあ、ぼちぼち(笑)
自分が課題としているところをクリアし、結果が伴ってチームが勝利できればと思います。


川崎先発は注目新人・辻内、浦和先発は戸部。
川崎スタメン、当初右翼手斉藤と発表されていたが、練習中に違和感を感じたために、急遽堀田に交代となる。


1回表
1 南  高々と打ち上げ、センター川中が懸命に背走してキャッチ。
2根 元 サード頭上を越え、レフト前に落ちるヒット。
3林 孝 ストレートの四球。
4竹 原 すくい上げてライト前に達するヒットで、俊足根元が生還(浦和1−0川崎)
5パスクチ左中間へ打ち返すタイムリー(浦和2−0川崎)
 初回ながら香田コーチがマウンドへ向かう。
6垣 内 高め直球を空振り三振。
7金 澤 フルカウントからラストボールがワンバウンドし四球。
8早 坂 三遊間深い位置へのゴロで、岩舘がダイブしたがどこへも投げられず内野安打(浦和3−0川崎)
9戸 部 高々と打ち上げ、セカンド長田がバックするが目測を誤り、突然堀田に任せようとしたため処理が遅れ、ポテンヒットとなって2者が生還(浦和5−0川崎)
1 南  高々と打ち上げ、打った瞬間にそれとわかる特大の3ラン(浦和8−0川崎)
2根 元 たたきつけ、セカンド正面のゴロ。

大量8点を失い、厳しい表情で引き上げる辻内。なんと早くも野手陣の円陣が組まれている。
一方、先に打席での登場となった戸部がマウンドへ。


1回裏
1脇 谷 たたきつけショートゴロ。
2岩 舘 外の落ちる球に空振り三振。
3川 中 フルカウントから、低めのきわどいコースを見送り四球。
4吉 川 高々と打ち上げ、センター竹原が前進してきてキャッチ。

吉村監督が登場し、辻内を下ろし新人会田をコールする。佐藤と投球について話し合いながらマウンドへ向かう会田。

2回表
2林 孝 詰まりながらもセンター前へ運ぶヒット。
4竹 原 詰まったショートゴロで岩舘が二塁へジャンプスローして併殺打。
5パスクチ外への変化球に空振り三振。

無失点に抑え小走りに引き上げる会田。
ベンチでは、呆然とした表情でその後の試合を見守る辻内。

2回裏
5堀 田 センターほぼ定位置付近のフライ。
6長 田 真上に打ち上げキャッチャーファールフライ。
7山 本 3球目が左の太腿付近に当たる死球。
8佐藤弘 ゴロでライト前に達するヒット。
H十川孝 たたきつけショートゴロで二塁フォースアウト。

マウンドには越智が向かう。
川崎/9投手:越智

3回表
6垣 内 高く打ち上げセンターフライ。
7金 澤 打ち上げたがやや伸びが足りずレフトフライ。
8早 坂 センターへ打ち返すクリーンヒット。
9戸 部 落ちる球に空振り三振。

無失点で切り抜け、駆け足でベンチに戻ってくる越智。
この市営大宮での珍記録、今のところプロ野球公式戦で唯一のものとなる両軍無安打試合の紹介(94年4月24日)戸田・所沢(当時)戦で山部・竹下の投げあいで1対0で戸田が勝利した試合であるが、決勝点はエラーによるもの。
浦和/5左翼手:喜多

3回裏
1脇 谷 初球を打っていったがパスクチの正面へのゴロ。
2岩 舘 詰まったショートゴロ。
3川 中 浅いレフトフライ。

ゆっくりと引き上げる戸部。
ベンチの最前列に座り、試合の行方を見守る辻内。

4回表
1 南  タテの変化球に空振り三振。
2根 元 ファースト深い位置へのゴロで、吉川が追いつき、越智が難しい姿勢でベースカバーに入りアウト。
3林 孝 ストレートの四球。
 香田コーチがゆっくりマウンドに歩み寄る。
4竹 原 タテの変化球に、ハーフスイングで空振りのジャッジ。一塁へ送球しアウト。
アウトになったのを確認し、ゆっくり引き上げる越智。

4回裏
4吉 川 真ん中低目への球を見逃し三振。
5堀 田 真上に打ち上げパスクチがファールゾーンでキャッチ。
6長 田 高々と打ち上げ、スタンドに入ろうかという当たりであったが竹原がこちらを向いてキャッチ。
一瞬ヒヤリとしながらも引き上げる戸部。
吉村監督は、4番手に佐藤宏志をコールする。
川崎/6投手:佐藤宏 9二塁手:大須賀

5回表
5パスクチ詰まりながらもセンター前に運ぶヒット。喜多の2球目が暴投となる間に二塁へ
6喜 多 低目を流し、ショート横を破りセンターへ抜けていくタイムリー(浦和9−0川崎)
7金 澤 ファースト正面のゴロで二塁フォースアウト。
8早 坂 流してライトフェンスに達するヒットで、懸命に走って三塁を陥れるタイムリースリーベース(浦和10−0川崎)
9戸 部 たたきつけるセカンドゴロで、三塁早坂が楽々ホームイン(浦和11−0川崎)
1 南  たたきつけセンター前へ運ぶヒット。代走代田。
2根 元 セカンド正面で、一旦こぼしたが一塁へ送球しアウト。

最後の打球を処理し足早に引き上げる大須賀。
一方、自らも打点を挙げゆっくりとマウンドに現れる戸部。

浦和/1中堅手:代田

5回裏
7山 本 セカンド正面のゴロ。
8佐藤弘 初球を打っていったが伸びがなくセンターフライ。
9大須賀 三遊間を破るクリーンヒット。
1脇 谷 詰まったセカンドゴロ。

ゴロに倒れ悔しい表情を見せる脇谷。
試合が折り返し点ということで多数詰め掛けたスタンドの様子や、試合の推移を最前列でずっと見守っている辻内。

6回表
H田中雅 3球目がワンバウンドして足に当たり、死球。
4竹 原 ショート深い位置へのゴロで、二塁フォースアウト。一塁は間に合わず。
5パスクチ高々と打ち上げ、深い左中間スタンドの最前列へ叩き込む2ラン(浦和13−0川崎)
6喜 多 中途半端なあたりのファーストハーフライナー。
7金 澤 詰まりながらもセンター前に落とすヒット。
8早 坂 真上に打ち上げファーストファールフライ。

この回2ランを放ったパスクチはどかっと座ってベンチから出てくる気配がなく、荷物をまとめて引き上げる。
浦和/3三塁手:田中雅 5一塁手:青松

6回裏
2岩 舘 ショート正面のゴロ。
3川 中 ファースト正面へのゴロ。
4吉 川 高く打ち上げ、センター大松がバックしながらキャッチ。

もう少しでホームランかという大きな当たりに苦笑いの吉川。
川崎ブルペンでは力水を飲み、鴨志田がマウンドへ向かう。
川崎/6投手:鴨志田

7回表
9戸 部 打つ気がなく見逃し三振。
1代 田 セカンド深い位置のゴロで、俊足で一塁を駆け抜け内野安打。根元の3球目を佐藤がこぼした間に二塁へ。
2根 元 左方向へ打ち上げレフトファールフライ。
3田中雅 ストレートの四球。
4竹 原 流していったがファースト正面のゴロ。

無失点で切り抜けた鴨志田。

7回裏
5堀 田 打ち上げてライトフライ。
H十川雄 たたきつけ、戸部正面のゴロ。
7山 本 打ち上げたが、詰まった分だけレフトの前に落ちるヒット。原の初球の間に盗塁成功。
H 原  外のボール球を見送り四球。
9大須賀 打ち上げてライトフライ。

この回も無失点で切り抜けベンチへ下がる戸部。コーチや監督と握手しているので、この回限りか。
川崎/3:右翼手:川中 5捕手:横川 6中堅手:十川雄 8投手:山口

8回表
5青 松 2球目が腰のあたりに当たる死球。
6喜 多 レフトへ高々と打ち上げ、山本が下がりながらキャッチ。
H新 里 サード正面のゴロ併殺打。

古賀監督が、ブルペンで投球している2番手の林啓をコール。
浦和/3二塁手:田中雅 7捕手:新里 8三塁手:細谷 9投手:林啓


8回裏
1脇 谷 たたきつけショートゴロ。
2岩 舘 サード正面へのゴロ。
3川 中 詰まったセカンドゴロ。

3者凡退とし、ナイスボール(@寺本)という掛け声や頭を叩かれるなど手荒い祝福を受け引き上げる林。
マウンドには2イニング目の山口。

川崎/1三塁手:安旭 2二塁手:雀曉 9遊撃手:大須賀

9回表
8細 谷 落ちる球に空振り三振。
H瑞 季 詰まったショートゴロ。
H寺 本 詰まりながらもショート頭上を越えるヒット。
2根 元 外の落ちる球に空振り三振。

根元の打席中から突然の雨に見舞われ、傘をさしたり屋根のある場所に避難するお客さんの姿。
マウンド上は3番手の末永が練習中。
浦和/1投手:末永 9中堅手:寺本

9回裏
4吉 川 良い角度で打ち上がったがレフトの守備範囲。
5横 川 外の直球を空振り三振。
6十川雄 右方向へ打ち上げ、浅いライトフライでゲームセット。

川崎ベンチで、辻内はわずか1イニングで降板してから試合の推移をじっと見据え、暫く腰を上げることができなかったがナインに声をかけられようやく腰を上げる。
浦和ベンチでは雨の中勝利のハイタッチを行い祝福。



<注目選手 ジャイアンツ>
■辻内崇伸(巨)先発 1回 被安打6 失点8
立ち上がりから制球が定まっていない印象でストライク、ボールがはっきりしている。球速もいつもほどの伸びを感じられず、その直球を竹原、パスクチにうまく打ち返され失点。さらに内野安打、ポテンヒットと不運が重なり、とどめにパワーもある南に特大の3ランを浴び自己ワーストの8失点。
正直これまで見た試合の中では、最悪といっていい出来でした。
人間なのですし年に数回はこんな日もあるでしょうし、降板後も同じルーキーや先輩たちの試合を見て、得るものは少なくなかったはずですから、俗に言う「悪いなりのピッチング」が次回以降できるように勉強していってもらいたい。

■山口鉄也(巨)6番手 2回 被安打1 無失点
残念ながら、今期中の支配下登録はなりませんでしたが本日は荒れた試合の最後2イニングを任されピンチを招きながらも後続をしっかり絶ち、仕事をきっちりこなす。
以前に触れたかと思いますが、与えられた局面で仕事をきっちりこなせば評価も定まってくるでしょうし、このように実績をしっかり作って今後のチャンスに備えていきたいところ。

■山本光将(巨)2打数1安打
7回のヒットはラッキーも重なってのポテンヒットでしたが、大敗ムードの中貴重な3安打のうち1本となり、二塁まで進んだものの得点には至らず。
当初は4番を任されるなど、吉村監督や首脳陣からの期待も少なくないはずですし、将来につなげるものを残せるようがんばっていきたい。


<注目選手 マリーンズ>
■戸部浩(ロ)先発 7回 被安打3 無失点
スライダー、シュートも投げ分ける
辻内とは一変して落ち着いた立ち上がりを見せ、中盤においてもスライダー・シュートに加え緩急をつけた投球で大きなピンチはなし。そのまま中盤まで大崩れすることもなく来て、ある程度の目安となる7イニングまでほぼ完璧なピッチングで降板。
24日の古谷もよかったですが、戸部もきっちり結果を出しているあたり、浦和投手陣は層が厚いと改めて思わされました。


■末永仁志(ロ)3番手 1回 無安打無失点
最終回のマウンドに登場、実戦2試合目。
落ちる球(フォーク系)スライダーを投げ分け、内角を突く厳しい直球も見せる。
大量点差ということもあり、経験を積むという側面が大きいと思いますが、150kmに迫る直球の球威はやはりスターターとしてじっくり見守っていきたいもの。

■ヴァレンティーノ・パスクチ(ロ)4打数3安打打点3
外国人枠の関係で2軍暮らしが久しい彼ですが、まずは初回の左中間への鋭いタイムリーに始まり5回のセンター返し、さらに6回には特大の2ランと猛打賞、3打点を挙げる大暴れ。
故障などよほどの事情がない限り、明日にも1軍は難しいかもしれないですがこの活躍はきっとバレンタイン監督の耳にも届いているでしょうし、千葉マリンでもこのような、大暴れを見てみたい。


  ■掲示板@2軍愛■