【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2006年11月27日 第2回合同トライアウト(千葉マリンスタジアム)報告者:外野芝生席さん/サーモンさん(HP:Baseball-Crazy-Monkey〜野球狂猿)/れっくさん

■報告者:外野芝生席さん

トライアウト
参加者のみですが。

●日本ハム
14井場友和
7坪井智哉

●ソフトバンク
12芝草宇宙
45岡本劼能
39北野良栄
37宮地克彦
43榎本敏孝

●西武
35田崎昌弘
67小野 剛
0高波文一

●千葉ロッテ
小林亮寛(元選手)

●オリックス
39野村宏之
59中本和希
90小島昌也
岡本 晃(22元選手)
栗田雄介(98元選手)

●東北楽天
17戸叶 尚
29矢野英司
40益田大介
近澤昌志(55元選手)

●中日
70鳥谷部健一
00柳沢裕一
瀬間仲ノルベルト(65元選手)

●東京ヤクルト
63平本 学
48高橋敏郎
吉田幸央(元選手)

●巨人
59伊達昌司
66南 和彰
95十川雄二
62原 俊介
101横川雄介
中濱裕之(51元選手)

●広島
38福井敬治

●横浜
9田中一徳

北野良栄内野手は途中から捕手。
十川雄二外野手は投手として参加。
野村宏之投手は打席にも立ちました

吉田幸央投手は所属の旭中央クラブのユニホーム着用
小林亮寛投手はアメリカ時代のユニホーム着用?

打席にも立った野村宏之投手は、ホームランをスタンド中段(工事中で足場あり)に打ち込みました。
スタンドにスカウトや監督等の関係者はあまりいなかったです。
内野手不足で今年引退の諸積兼司、2軍コーチの佐藤兼伊知、打撃投手の西野敬が2塁・遊撃を守ってました。





■報告者:サーモンさん

2006年第2回12球団合同トライアウト参加選手

本日(11月27日)千葉マリンスタジアムで行われた、
2006年第2回12球団合同トライアウトの参加選手を
明日になればどれかのスポーツ紙に掲載されると思いますが、
球団別にまとめておきます。
シート打撃の結果は当方のブログにて記載してありますので、
参考になりましたらぜひご覧ください。

ファイターズ 井場友和、坪井智哉

ライオンズ  田崎昌弘、小野剛、高波文一

ホークス   芝草宇宙、岡本劼能、北野良栄、宮地克彦、榎本敏孝

バファローズ 野村宏之、中本和希、小島昌也

イーグルス  矢野英司、戸叶尚、佐藤和宏、益田大介

ドラゴンズ  鳥谷部健一、柳沢裕一

スワローズ  平本学、高橋敏郎、久保田智

ジャイアンツ 伊達昌司、南和彰、横川雄介、原俊介、十川雄二(投手として参加)

カープ    福井敬治

ベイスターズ 田中一徳

元プロ 近澤昌志(元イーグルス)、栗田雄介(元バファローズ)、
    岡本晃(元バファローズ)、 小林亮寛(元マリーンズ)、
    瀬間仲ノルベルト(元ドラゴンズ)、吉田幸央(元スワローズ)
    中濱裕之(元巨人)





■報告者:れっくさん

合同トライアウトin千葉マリン

 本日、千葉マリンにて今年度第2回合同トライアウトが開催されました。
予報通り、早朝からの大雨で開催が危ぶまれましたが、実施予定時刻頃には雨も上がり薄日も差してきました。気温も、この時期にしては比較的過ごしやすく爽やかな気候でした。
まさに、今後の野球人生全てを懸けた男の戦い。球場は、緊張感が漂っていました。
 さて、先のお二方が出場選手メンバーを記載されて頂いているため、私「れっく」なりの総評をまとめようと思います。

《れっく's eye 自分がもしもスカウトだったら、この選手を獲得するぞ!》

■坪井智哉(日)
阪神・日ハムの看板選手として、俊足・巧打の三拍子揃った万能選手。今季は怪我や若手選手の台頭もあり、本来の実力を発揮出来ずも若手選手へのお手本として見習うべきが多いはず。

■岡本劼能(ソ)
かつて全身のダイエー時代には、セットアッパー・抑えと重要な役割を担ってきた経験の持ち主。直球の切れが戻れば必ずしや復活するでしょう。

■宮地克彦(ソ)
昨年は、¨リストラの星¨として打率3割を残すも、今季は若返り策の影響を受ける。本日も披露した、華麗な流し打ちはさすが。

■北野良栄(ソ)
入団時は捕手・後に内野手転向。一軍での目立つ活躍は披露出来ずも、本日は二刀流でアピール。捕手もこなせる、野球センスは貴重な戦力。

■田崎昌弘(西)
横浜時代からの注目投手。直球の切れ、球速ともまだまだ健在。

■小林亮寛(元ロ)
現役時代は、「亮寛」の登録名。一軍出場はないものの、イースタンの試合では実戦経験済み。引退後は、中日打撃投手を勤める。本日は、コントロールに不安を残すも、かつて横浜・西投手(現・中日打撃投手)の再現。裏方の☆再現を期待!

■岡本晃(元近)
かつて近鉄時代のローテー投手。一年のブランクはあるが、実戦感覚を取り戻せば復活も。

■野村宏之(オ)
今日、一番驚いた選手。最初に、投手として実戦登板。投手としては、左腕として左の好打者・坪井を三振に討ち取る。切れのいい投球武器に、左のワンポイントで。
又、今度は打者としてエントリー。最初の打席で、お見事!きれいな放物線を描くプロ入り1号?放つ。左投手としてワンポイント・左の代打の切り札。どちらでも真価を発揮しそう。

■益田大介(楽)
中日時代は、リードオフマンとして外野の一角を。今日は、長打力をアピールする左本塁打。本来のシャープな打撃が復活すれば、チャンス。

■戸叶尚(楽)
横浜時代、ローテーの一角を担う。今季は、体調不良で不運な一年に。まだまだ、サイドスローからの切れ味抜群。

■瀬間中ノルベルト(元中)
中日最終年登録名「ホッシャ」。フレッシュオールスターにも出場経験を持つ。一年のブランクあるが、恵まれた体格生かした豪快な打撃が売り。

■高橋敏郎(ヤ)
一軍出場なしも、一流捕手・古田監督の下で身に着けた捕手としての技術をを、他球団で発揮。若いのでまだまだ飛躍期待。

吉田 幸央(元ヤ・旭中央クラブ)
昨年、体調を崩し無念の途中退団。しかし、クラブチームで実戦復帰。球威・球速はまだまだ伸びしろあり。出身地が、私れっくの自宅近所という事もありとにかく頑張ってくれ!

■原俊介(巨)
さすが、イースタンの主軸打者。今日も、左本塁打。代打の切り札に起用出来る。一振りに気合を!

■横川雄介(巨)
今季から育成契約も、オフに無念の戦力外。スローイングは一見の価値あり。

■中濱裕之(元巨・西多摩クラブ)
以前、テレビの特集で同選手の退団後の密着シーンがありました。現役復帰に、全てをかける強い意気込みに感動を覚えました。巧打でアピール。

■十川雄二(巨)
来季より、育成選手契約との報道がありましたがそれを拒否?したのか、支配下選手登録を目差し、入団時の投手でエントリー。かつての、遠山投手を目指す。

■福井敬治(広)
とにかく、福井の良さは元気があり試合中も大声でナインを、特に投手を鼓舞する。チームのムードメーカー。ガッツもあり、ベンチに必要な存在。

■田中一徳(横)
私情が入って申し訳ありません。私れっくが、本日どうしてもこの選手の横浜での最後のユニホーム雄姿を目に焼き付けるべく、日程が決定後勤務を調整しマリンに駆けつけました。今季、一年間シーレックスを追いかけて来た中で、小柄ながらガッツ・根性で観客を魅了。横須賀のシューティングスター。横浜自由契約選手で、唯一の参加選手。来季プロ野球界から離れる、村西・森の分まで頑張って他球団でも、ヨコスカ魂を発揮して欲しい。


2006年11月15日 練習試合 ヤクルト−オリーブガイナーズ(松山坊ちゃんスタジアム)報告者:大阪部長さん

東京ヤクルト、四国リーグ香川に敗れる!

練習試合 東京ヤクルトスワローズ−香川オリーブガイナーズ(松山坊っちゃんスタジアム)
2006年11月15日(水) 12時59分〜16時33分

香川OG 111 100 203| H13E1
ヤクルト 001 000 121| H 8E2

(香)伊藤(4回5安打1失点)、塚本(1回無安打)、○松尾(2回1安打1失点)、橋本(1/32安打2失点)、下地(2/3無安打)、勝沢(1/3無安打)、深沢(2/3無安打1失点)−堂上、上ノ下
(ヤ)●松岡(3回4安打3失点)、高木(2回3安打1失点)、高井(2回3安打2失点)、坂元(2回3安打3失点)−米野、福川

二塁打 若林、国本、堂上(以上香)田中浩(ヤ)
本塁打 近藤智(香)スリーラン 九回坂元から
盗塁 国本、町田(以上香)

審判 主・福井 一・白井 二・山内 三・原(すべて四国リーグ)

 観衆約500人(五回裏、目視にて概算)

※本年、スコア記録106試合目

■ブルペン投球者

室内ブルペン使用につき不明。

スタメン

東京ヤクルト   香川OG

中 志 田    遊 三 輪
左 梶 本    右 井 吉
二 田中浩    捕 堂 上
三 宮 出    一 若 林
一 畠 山    三 森 田
指 石 堂    二 国 本
右 牧 谷    中 近藤洋
捕 米 野    指 シェパード
遊 川 端    左 町 田

投 松 岡    投 伊 藤




※四国リーグが、単独チームとしてはNPB相手に初勝利。

※東京ヤクルト・青木宣親は、四回表の守りから途中出場、3打席1安打1四球。ヒットは内野安打。

※「代打オレ」はなし。


2006年11月 6日 第1回合同トライアウト(フルキャスト宮城)報告者:大阪部長さん

2006年11月6日 合同トライアウト(フルキャスト宮城)

 開場は午前9時30分。シート打撃開始は10時40分を予定。
それに先立って野手陣によるキャッチボールおよびシートノックが行われました。
一般客に開放されていたのはネット裏後方部。キャッチボール、誰と誰が組んでいるかを記録しようと思ったのですが、
あまり近づけずに断念しました。

 シートノックの守備は以下の通りです。実際のシート打撃でも、ほぼこういった感じで守っていました。
福井がファーストへ、三木がショートへ入ったりといった、ちょっとした変化はありましたけど。

(ノッカー…東北楽天・星野修コーチ)
キャッチャー 柳沢、横川、高橋敏
ファースト  原、瀬間仲、高橋光、北野
セカンド   石橋、中本
サード    三木、福井、定岡
ショート   大須賀、湊川
レフト    坪井、益田、久保田、櫻井
センター   高波、田中一、榎本、中濱
ライト    小島、内田、喜多、宮地

 スタンドには横断幕も。一塁側に
「魅せろ!中濱裕之」、
三塁側に
「激しく熱く 北野良栄」
「投奏魅倒 45 岡本克道」 ←改名前の名前ですやん…
 の計3枚。

 26人参加の野手を2つに分け、先攻・後攻を設定(ここでは便宜上、先攻チーム・後攻チームと呼称します。
プレス向けの資料では、どうもAチーム・Bチームとなっているようでしたが、どちらがAでどちらがBか分かりません)。
投手は打者5人に対して投球。去年の3人から増えています。打者10人が打ち終わった時点で攻守を交代、というルールでした。

シート打撃開始 10時41分
主審・鈴木章太(パシフィック)※塁審・線審はなし
関係者席を除いた一般見学者数・185人(シート打撃開始5分前、目視にて計数)

先攻チーム
                                         打安振球
 S 高橋 敏郎 1左安  遊併  見振  四球  左二             4211
 D 柳沢 裕一  一直  空振  中安 17見振  二ゴ             5120
 H 北野 良栄  空振 6空振  見振  空振    26番目投手の3人目→二ゴ 5040 ※4三振は参加者中最多
 G 原  俊介  中安  三ゴ  中飛  三邪     22四球         4101
 Bs中本 和希  四球  空振 13三ゴ  四球      四球         2013
 G 大須賀 允 2右飛  三ゴ  遊ゴ  右邪      捕邪         5000
 Bs三木  仁  四球  遊安  見振 18一ゴ      右飛         4111
 E 益田 大介  遊飛 9中飛  右安  四球    26番目投手の6人目→三安 4201
 D 櫻井 好実  空振  空振  一飛  見振             26右飛 5030
 YB田中 一徳  三邪  右飛 14右二  四球              一ゴ 4101
 L 高波 文一 5四球  左安  中安  四球  左安             4302
           ここで高波が打ち直し→遊飛
 H 宮地 克彦  投ゴ  左安  中安 21中安    26番目投手の4人目→投ゴ 5300
 Bs小島 昌也  四球 10遊ゴ  中安  空振      三安         4211

後攻チーム
                             26番目投手の5人目↓
 G 横川 雄介 3右飛  空振  四球  四球          一ゴ  空振 4022
元D瀬間仲ノルベルト  空振  四球  空振 19空振          中飛     4031
 D 高橋 光信  中飛 8右邪  死球  右飛          二ゴ     4001
 T 石橋 尚到  左安  右安  一邪  四球         24左飛     4201
 C 福井 敬治  遊併  三失 15三ゴ  左二          左安     5200
 H 定岡 卓摩 4右飛  空振  右飛  四球          見振     4021
元D 湊川 誠隆  遊ゴ  空振  二安 20空振          二ゴ     5120
 S 久保田 智  四球 11左安  四球  見振          三邪     4112
 F 坪井 智哉  投ゴ  一ゴ  一ゴ  四球         25中安     4101
      ここで久保田が打ち直し→一ゴ
元G 中濱 裕之  中安  右飛 16投失  空振          右安     5210
 H 榎本 敏孝 7中安  空振  四球  空振          空振     4131
 M 喜多 隆志  見振  二ゴ  右飛         23一失  空振     5020
 S 内田 和也  右安 12空振  四球          四球  四球     2113

 終了 14時32分(偶然にも昨年の鎌ケ谷と全く同じ!)

 バッターの打撃成績の左の洋数字は、そこで投手が交代したことを示します。
投手の登板順を記しておきます。
洋数字が、打撃成績左の数字に対応しています。


          打安振球
1 E 戸叶  尚 4211
2 E 佐藤 和宏 4011
3 E 金田 政彦 5110
4 Bs野村 宏之 4101
5元Bs栗田 雄介 3012
6 Bs小川 裕介 5120
7元Bs岡本  晃 4221
8 M 杉原  洋 5120
9 G 伊達 昌司 5210
10 G 十川 雄二 5120
11 G 南  和彰 5110
12 H 吉田 修司 3022
13 H 芝草 宇宙 5110
14 H 岡本 劼能 4401
15 S 三澤 興一 5101
16 S 平本  学 2003
17 L 田ア 昌弘 4021
18 L 小野  剛 3013
19 F 横山 道哉 3112
20 F 井場 友和 4041
21 F 吉崎  勝 5310
22 F 佐々木貴賀 3102
23 D 鳥谷部健一 4001
24 D 遠藤 政隆 5110
25 D 川岸  強 4221
26元M 小林 亮寛 6110

 最後のほう、なんか打順がグチャグチャになったのですが(苦笑)
21番目の投手(吉崎)は、宮地〜柳沢までは打順通りだったのですが、5人目の打者としてなぜか高波と対戦、
22番目(佐々木)は原〜三木までは打順通りも5番目の打者が小島、
さらには23番目(鳥谷部)〜25番目(川岸)と、後攻チームは10人打ってもチェンジせずに続けて3人の投手と対戦、
26番目の投手(小林)の対戦した打順(なぜか6人相手)はもう完全に狂っていて、櫻井→田中一→北野→宮地→横川(チームを超えて!)
→益田となっています。

 この状態を表の上でどう表現するか苦労しました(苦笑)



 ネット裏で見かけた、顔とお名前が一致する人たち(敬称略・順不同)
 ボビー・バレンタイン、山下大輔、高田繁、古賀英彦、安田猛、古屋英夫、川又米利、杉山賢人
中尾孝義、西村徳文、加藤初、大矢明彦?、川尻哲郎


2006年10月21日 フェニックスリーグ サーパス−湘南(清武町総合運動公園野球場)報告者:WIZさん

10/21(土) フェニックス・リーグ サーパス−湘南 清武町総合運動公園野球場(12:30開始)

審判:PL萩原、1Bヨン、3B小林
公式記録員:無し
観客数:約80名(5回終了時、目視で集計)

【スコア】
湘  南 100000100  
サーパス 022000010  
※本日の試合、両軍の申し出により9回裏まで進行

【投手継投】
サーパス ○香月(5回)−軒作(2回)−前川(1回)−岸田(1回)
湘  南 ●橋本(5回)−岡本(2回)−岸本(2回)

【得点経過】
1回表(湘) 一死3塁で内川、レフト前タイムリー(1点)
2回裏(サ) 無死無塁で吉良、レフト前タイムリー(1点)
      無死無塁で横山、セカンドゴロの間に3塁走者生還(1点)
3回裏(サ) 一死2・3塁で大西、ライト前タイムリー(1点)
      一死1・3塁で岡田、レフト前タイムリー(1点)
7回表(湘) 一死1・3塁で藤田、センター前タイムリー(1点)
8回裏(サ) 二死2塁で吉良レフト前タイムリー(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
RF 桑原  二飛四球  四球    左安  左飛     310000020
SS 藤田  右3遊ゴ    三振  中安  三振     521100200
3B 内川  左安  右飛  右飛  二併         411000000
CF 吉村  左安  遊失  右飛    左安       320000000
1B 小田嶋 右飛  左安    三振  四球       310000110
LF 田中  遊ゴ  中飛    一ゴ  投ゴ       400000000
DH 内藤    右2投ゴ    三振           310000100
DH 呉本                投併       100000000
C 武山    遊ゴ  中飛    二失         200100000
H 斉藤                  三振     100000100
C
2B 石川    二ゴ  左飛    左飛         300000000
H 木村                  右2     110000000
2B
※4回、二死1塁で桑原、盗塁失敗。
※8回、無死1・2塁で田中がバント、1→5。

<サーパス>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
DH 嶋村  中安  二ゴ右安    右飛         420000000
DH 長田                  二併     100000000
RF 由田  二併  右2投ゴ    二ゴ         410100000
H 下山                  遊飛     100000000
RF
SS 後藤  右安  右2  二ゴ             320100000
CF 早川              遊ゴ         100000000
CF 大西    中安右安  三ゴ             321100000
2B 筧                 四球       000000010
LF 岡田    右2左安  右安    四球       332100010
3B 田中    四球遊併  投ゴ    投併       300000010
1B 吉良    左安  遊ゴ  中飛  左安       422000000
C 横山    二ゴ  一ゴ  三ゴ           300000000
C 前田                遊ゴ       100000000
2B 柴田亮   遊併  四球  三ゴ    四球     200000020
SS
※1回、二死1塁で後藤、盗塁失敗。
※8回、無死1・2塁で田中、1→5→3の併殺。

【投手成績】
<湘南>
      回  打  安  四 三 失 自
●橋本   5  24 11 2 0 4 4
 岡本   2  6  0  0 0 0 0
 岸本   2  8  1  2 0 1 1

<サーパス>
      回  打  安  四 三 失 自
○香月   5  22  5  2 1 1 1
 軒作   2  8  2  0 2 1 0
 前川   1  4  1  1 0 0 0
 岸田   1  4  1  0 2 0 0


【選手感想】
<湘南>
■橋本太郎(湘)
 本日の先発。しばらく見ないうちに球速がかなり上がった感。
 しかし追い込みながら強打者の好きな高めの球を放るなど5回11安打は打たれ過ぎ。
 一軍デビュー戦を彷彿させる内容だった。
 それにしても昨年のデビュー戦を見て、1年後に東京ドームで一軍デビューするまで
 成長するとは思わなかった。今年の湘南投手陣で一番の成長株。
 来季は湘南のエースとして勝ち星を量産して一軍枠に殴り込みをかけてほしいところ。

■岡本直也(湘)
 球威抜群で速球に対してスタンドから「おぉ」と驚きの声が聞かれるほど。
 と、同時に「ヨイショ!」の掛け声に失笑気味の宮崎ファンの声も多数。
 投球内容は完璧。両軍合わせて本日登板した投手で一番の出来。

■岸本秀樹(湘)
 今季は湘南で先発として大成、一軍でも終盤にまずまずの結果を残した。
 しかし今日の彼は久しぶりにノーコンぶりを発揮。
 サーパスに連続四球の後、トドメとなる1点を与えてしまった。

■内川聖一(湘)
 大矢新監督が大好きな内野コンバートの標的に選ばれ、この宮崎からサードを守る。
 スローイングが難な選手だけに個人的にこのコンバートに賛同できないが、今日は難しいゴロ
 も難なく捌く好捕を見せた。野球センスの高さを改めて実感。
 しかしサードには村田がいるだけにサードでレギュラーを取るのは難しい気もあるのだが・・・
 ファーストで小田嶋と争わせるのは無理だろうか?

☆おまけ☆
■田代富雄二軍監督(湘)
 大矢体制発足に伴い湘南シーレックスの4代目監督に就任。今週より宮崎入り、指揮を執る。
 今日は采配らしいところは全く見せず、8回無死1・2塁で田中に送りバント指示→失敗、
 代打に呉本を送るもこれも併殺で失敗と今日はいいところ無し。
 遂に監督にまで登りつめたオバQがシーレックス発足初の胴上げ監督になれるのか?
 興行面も含めて大きな期待を集めての船出になりそう。

■万永貴司二軍内野守備走塁コーチ (湘)
 今季限りで現役を引退した彼も田代監督と一緒に宮崎入り。
 背番号は既に「81」が決まっているものの間に合わなかったのか、現役時代の「0」を付ける。
 これまで監督代行であり一軍守備走塁コーチに昇格した青山コーチがそのまま宮崎に残留
 しているにも関わらず守備練習ではノッカーを務める。
 さすが守備の人、始めたばかりにしてはノックが上手に感じました。
 ノッカーの一番の見せ場、キャッチャーフライはファールチップに終わりこれには
 つい最近まで同士だった若手から冷やかしの大爆笑。
 試合では1塁コーチャーを務め、牽制時には「ヴァ〜ック」と銚子コーチのあの図太い声に
 負けずに(やはり声が1オクターブ高い)声を出していた。
 ちなみに同じく現役を引退し万永コーチの相方となる井上純コーチは宮崎入りしておらず。

■田中充(湘)
 もう一人の田中姓が退団のため、スタメン発表時には「田中」だけ。
 だがスコアボードも、その後のアナウンスも全て「田中充」とフルネーム。
 既に来季へ突入したこともあり、ケジメをつける意味で観戦記は全て「田中」だけにしました。


【選手感想】
<サーパス>
※初めての観戦ということもありますので出場選手の見たままの感想を挙げます。
 (一名だけ私感が入ってます)
■香月良太(サ)
 初回にいきなり連打で失点を許すも、その後は制球力抜群で湘南打線を封じ込める。
 湘南先発の橋本にとってはいいお手本になる投球だった。

■前川勝彦(サ)
 先頭打者吉村にレフト前を打たれると1塁側スタンドから「やっぱりな〜」の声が。
 続く小田嶋に四球を与えピンチを迎えるも田中のバントを無難に処理、代打呉本を
 併殺に打ち取りピンチを切り抜けた。球はやっぱり速い。

■岸田護(サ)
 トルネード気味のフォームから放たれるボールは球威良し。1イニングで2個の三振を奪う。

■後藤光尊(サ)
 昨年の交流戦では横浜相手に大活躍。確かクルーンの球に対しても「そんなに速く感じない」
 とコメントした記憶もあり、正直この人が何でフェニックスに参加しているのか不思議に感じた。
 3−2と当然のように活躍。

■岡田貴弘(サ)
 サーパスでは軒作に次いで見たかった選手。ご存知「ナニワのゴジラ」。
 異名どおりのパワーは見れなかったが、とにかく打席に入ったときの威圧感は
 やはり並みの新人とは別格。
 プロ先輩の橋本に対して当たり前のようにボールを捌いていることにただ呆然。
 湘南吉村、ロッテ大松に続いて「この新人は化け物だ」と感じさせた。

■大西宏明(サ)
 ご本人に申し訳ないが、正直になぜ岡田でなく彼が四番なんだと思ったが、
 岡田に負けずに勝負強さを発揮。同点劇を演出、3回は湘南を突き放す勝ち越し点を挙げ
 四番の仕事を見事にこなした。

■吉良俊則(サ)
 同点タイムリーに、8回には湘南に引導を渡すタイムリーを放つ。
 左肘の手術からよくここまで立ち直った。お見事。

■横山徹也(サ)
 湘南の武山、斉藤よりも声がよく出ていた。
 初回の香月、打たれた軒作に対して「大丈夫、大丈夫。いい球、いい球」と盛んに
 励ましを送っていた。

■軒作(サ)
 わざわざ12時間かけ宮崎まで駆けつけたのはこの男をひと目見るため。
 宮崎に来たからには何が何でも投げてもらいたいが、香月の好投もあり、ブルペンでは
 ただ一人サイドスローの投手が投球練習を行っているのみ。
 「軒作の登板は無しか・・・」と思い5回終了後タバコを吸いに球場を一旦出ると
 「ピッチャー香月に代わり軒作」とアナウンスが。
 「軒作いつ投球練習したんだ?」と慌ててスタンドに戻ると、マウンドでサイドスローで投球
 練習をする背番号「00」の姿が。
 彼横手投げだったのね・・・確か上手投げって聞いたはずなのだが・・・
 もうひとつ驚いたのが球が速くない・・・
 最速150キロの速球派という触れ込みだったはずなのだが・・・
 本当にこれが軒作か?と困惑しながら実践マウンドを拝見。
 強打者小田嶋を外に逃げるボールで空振り、続く田中はファーストベース前のゴロ。
 軒作猛ダッシュで一塁ベースカバー、ナイスラン軒作!
 トドメは左の内藤を渾身のストレートで見送り三振!
 萩原球審の見事なジャッジポーズとコラボ達成!
と、ここまでは良かったものの、2イニング目登板という嬉しい続投も、筧の落球から
 崩れ、タイムリーを浴びて1失点。走者を出すとピッチングが変わる堤内を彷彿させる
 2イニング目の登板内容。そしてこの回で降板。
 とにかくサーパス初観戦で登板を見れたのは何より。
 来季彼の投球を見るのがファーム日本選手権であることを祈りたい。


【全体感想】
■試合展開
湘南はサーパス先発香月の起ち上がりを攻め、藤田の3ベースに内川のタイムリーであっさり先制。
しかしそれ以上に起ち上がりが悪かったのが湘南先発の橋本。
初回は併殺と盗塁失敗で切り抜けるも2、3回に連打を浴びまくりあっという間に逆転されます。
一方の香月は尻上がりに調子を上げ、試合の流れはほぼサーパスに。
7回、湘南は先頭の武山のライト前のフライを交代したセカンド筧が深追いしすぎ落球、
これを機に1点を取り返すと、続く8回にはサーパス3番手前川を攻め一死1・2塁の
チャンスを掴みますが、代打呉本がピッチャーゴロの併殺で無得点。
ピンチの後にチャンスあり。その裏サーパスもこの回から登板の3番手岸本の乱調を突いて
吉良がレフト前へタイムリーを放ち、追い上げムードの湘南の息の根を止めました。
湘南、フェニックス・リーグ開幕戦の雪辱を晴らすことはできず連敗。

■清武情景
2軍愛掲示板限定(と言うより私と大阪部長様のみ?)黄金カード、かつ来期ファーム日本選手権で
激突が予想(妄想ともいう)されるサーパスと湘南の今季第2ラウンドは清武町総合運動公園野球場に
場を移して執り行われました。

前日に宮崎入りをし、宮崎駅から清武駅まで電車を使い、駅から球場まで徒歩で向かいました。
大阪部長様の仰るとおりおよそ40〜50分くらいでしょうか。
のどかな田んぼ道を抜け、総合公園に入るとジャイアンツ球場の「巨人への道」に負けない坂道を
歩き、管理棟を超えると野球場がお目見え。

正面入口(関係者入口)にはフェニックス・リーグ用選手名鑑が置いてありました。
そしてその隣には・・・段ボールの中に湘南のゲームプログラムが「ご自由にお取り下さい」と
蓋に書かれ置いてありました。
横須賀では300円取られますがファンサービスということで無料配布。
(正直、売れ残りを単に捌いただけと勘ぐってしまいますが)

清武野球場は一言で言うと山の中に囲まれた球場。
外野スタンド後方は山だけ。ツクツクホーシがまだ鳴いておりました。
内野スタンドは1−3塁側5段とやや小じんまりとしたスタンドですが
埼玉の上尾球場同様、ベンチ後方からポール際まで座席が設けられており
2000名ほどは収容できるのではないでしょうか。
バックネット裏最上段後方には芝生エリアが少々ですが設けられていました。
これはちょっと珍しく感じました。シート敷いて弁当食べながら野球観戦ができます。
ただこの時期もまだ虫が湧いているようです。
スコアボードは電光掲示板で文字が大きく見やすいのが特徴です。

湘南スタッフは田代監督、万永コーチが今週から宮崎入り。
同じく新任の井上コーチ、さらに今季から湘南担当になった吉田投手コーチは不在。
大阪部長様からご案内のあったフェニックス・リーグ参加選手・コーチのサイトには
投手コーチが誰一人帯同していないので不安でしたが、武藤コーチが宮崎入りしていました。
恥ずかしながら武藤コーチを今季初めて見かけました。ちょっと感動。
また蛇足ながら湘南の隠れた顔、松盛さんがスタンド最上段でパイプ椅子を持ち出し、
サングラス越しから鋭い視線をグラウンドに浴びせてました。(時々コックリもしてました)

試合前には両軍選手からスタンドへサインボール投げ入れサービス。
試合は5−2のスコアながらサーパスの圧勝という感じでした。

やっと初観戦が叶ったサーパス。
バックネット裏最上段には「香月良太 九州男児」の垂れ幕も貼られていました。
森@居酒屋の番頭様が仰っていましたが、確かに守備練習での暴投の多さには驚きました。
しかし試合では後藤と筧のエラー以外は特に目を覆うような守乱はありませんでした。
攻撃面ですが、とにかく積極的にバットを振ってくる印象を持ちました。
(ここも何となく「猛牛打線」を思い起こさせました)
今日の試合、とにかくサーパス打撃陣のファールが多いこと多いこと。
ブンブン振るけど粘りもある、湘南先発の橋本太郎はもしかしたら日産打線に滅多打ちされた
印象を思い起こさせたのではないでしょうか。
正直今日の彼にサーパス打線を抑える可能性は全く見られませんでした。

試合終了後はホームということだからでしょうか、サーパスが球場で、
湘南は隣の室内練習場に場所を移して練習に励む姿を後に清武駅へまたも徒歩で帰途に着きました。

これで本当に今季の観戦が終了です。
公式戦最後の観戦が仕事のトラブルで途中退場という泣くに泣けない形で終わっただけに、
最後の最後でサーパス戦を観戦できて感無量でした。
次回はぜひ大阪部長様と互いの戦力を語りながら観戦したいものですね。


2006年10月16日 フェニックスリーグ 阪神−日本ハム(天福野球場)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

2006年10月16日 鳴尾浜VS鎌ヶ谷(天福球場)
天候:晴 試合開始:12時30分 審判:主審村山 一塁小林 三塁牧田

鳴尾浜 000 200 000 |
鎌ヶ谷 000 100 101×|

(成績)
鳴尾浜
(右)  高橋  5打数ノーヒット
(遊)  前田大 3打数ノーヒット
(左)一 庄田  3打数1安打
(中)  桜井  4打数ノーヒット
(三)  藤原  3打数2安打
(一)  葛城  2打数ノーヒット
 左   上坂  1打数1安打
(捕)  小宮山 4打数1安打2打点
(指)  大橋  4打数1安打
(二)  前田忠 4打数2安打

 若竹   5回打者20人投球数74被安打5与四球0奪三振4失点1
 中村   3回打者13人投球数41被安打3与四球1奪三振2失点1
●相木 1/3回打者5人投球数20被安打2与四球1奪三振1失点1

鎌ヶ谷
(遊)  高口  5打数2安打1打点
(右)  工藤  4打数1安打1打点(サヨナラ)
(中)  糸井  4打数ノーヒット
(二)  小谷野 4打数1安打
(左)  佐藤  4打数2安打
(指)  渡部  4打数1安打
(一)  小山  4打数2安打1打点
(捕)  今成  3打数ノーヒット
(三)  市川  3打数1安打
 打   木元  (1四球)

 鎌倉  5回打者22人投球数86被安打4与四球2与死球1奪三振1失点2
 中村  1回打者 4人投球数14被安打1与四球0奪三振0失点0
 橋本  1回打者 3人投球数 6被安打1与四球0奪三振0失点0
 清水  1回打者 3人投球数16被安打0与四球0奪三振0失点0
○金森  1回打者 5人投球数18被安打2与四球0奪三振2失点0

(経過)
1回表鳴尾浜
高橋 見送り三振
前田大 遊飛
庄田 左飛
1回裏鎌ヶ谷
高口 左安
工藤 空振り三振
糸井 二ゴロ 二塁封殺のみ
小谷野の初球に糸井二盗 二死二塁
小谷野 右飛

2回表鳴尾浜
桜井 三邪飛
藤原 死球
葛城 二ゴロ併殺
2回裏鎌ヶ谷
佐藤 右飛
渡部 中安
小山 空振り三振
今成 一邪飛

3回表鳴尾浜
小宮山 遊ゴロ
大橋 右安
前田忠 捕飛
高橋 遊飛
3回裏鎌ヶ谷
市川 見送り三振
高口 遊ゴロ
工藤 四球
糸井の初球に工藤盗塁失敗

4回表鳴尾浜
前田大 中飛
庄田 中安
桜井 中飛
藤原 左安 二死一二塁
葛城 四球 二死満塁
小宮山 左安 鳴尾浜2−0 二死一二塁
大橋 遊ゴロ
4回裏鎌ヶ谷
糸井 二ゴロ
小谷野 中安
佐藤 右安 一死一二塁
渡部 中飛
小山 右安
今成 遊飛

5回表鳴尾浜
前田忠 三飛
高橋 二ゴロ
前田大 四球
庄田 四球
桜井 遊飛
5回裏鎌ヶ谷
市川 二飛
高口 右飛
工藤 空振り三振

6回表鳴尾浜 鎌ヶ谷ピッチャー中村に交代
藤原 左安
葛城 遊ゴロ(エンドランがかかっていた為一塁のみアウト) 一死二塁
小宮山 二ゴロ
大橋 左飛
6回裏鎌ヶ谷 鳴尾浜ピッチャー中村に交代
糸井 空振り三振
小谷野 遊ゴロ
佐藤 左中間二塁打
渡部 見送り三振

7回表鳴尾浜 鎌ヶ谷ピッチャー橋本に交代
前田忠 右飛
高橋 遊飛
前田大 三ゴロ併殺
7回裏鎌ヶ谷
小山 三ゴロ
今成 四球
市川 右安 一死一二塁
高口 中安 2−2鎌ヶ谷 一死一三塁
工藤 二飛
糸井 投ゴロ

8回表鳴尾浜 鎌ヶ谷ピッチャー清水に交代
庄田 二ゴロ
桜井 左飛
藤原 中飛
8回裏鎌ヶ谷 鳴尾浜庄田がファーストに回り葛城に代わりレフト上坂
小谷野 右直
佐藤 中飛
渡部 二ゴロ

9回表鳴尾浜 鎌ヶ谷ピッチャー金森に交代
上坂 中安
小宮山 空振り三振
大橋 三ゴロ(エンドランがかかっていた為ファーストのみアウト) 二死二塁
前田忠 中安 二死一三塁
高橋 空振り三振
9回裏鎌ヶ谷 鳴尾浜ピッチャー相木に交代
小山 左安
今成 二ゴロ失(前田忠がセカンドへ暴投) 無死二三塁
代打木元 四球(敬遠) 無死満塁
高口 空振り三振
工藤 中安 2−3で鎌ヶ谷のサヨナラ勝ち


(全体感想)
今日は日本シリーズの調整の為に金村が先発すると聞いていて、実際高田GMも来場していましたが結局金村の登板はなし。
去年のフェニックスリーグのこのカードでは逆に鳴尾浜側がシリーズ調整で下柳だ、杉山だ、金澤だ、野口だというあたりを出場させ、もう泣きたくなるくらいにやられました(17−0)が今年は投手陣が踏ん張りいい試合に。

(鳴尾浜注目選手)
■若竹竜士(神)
後述する鎌倉が逆球ばかりだったのと比較すると、きちんとキャッチャーの構えた所へ投げ込んでいました。
大きなカーブが右打者の肩口から入ってくる様に見えたので、その球を狙われたら危ないんじゃないかと思ったのですが、実際には打たれなかったので素人目に危なく見えるだけなんでしょう。
4、5回とピンチを招きましたが、なにか新球(シュートの様に見えました)を試していたんだと思います。
この球についてはまだほとんど変化せず、「なに、今の球?」という感じでしたが、それを狙い打ちされてしまいました。

■中村泰広(神)
こちらも調子はよかったと思います。特にスライダーはファームレベルじゃちょっと手が出せない感じでした。
7回微妙な球を2球続けてボールと判定され「うっそ〜」っと大きな声を出した直後に連打されて1失点。
この辺が若さでしょうか(ってもう28歳か)

■前田忠節(神)
同点の9回裏、先頭打者が出た後今成が2球続けてバントを失敗し「挙句にゲッツー喰らいそうだなぁ」などと思っていたら案の定セカンドゴロ
別にゲッツーを焦る様な打球ではなかったんですが、前田がショートへ大暴投
去年前田と沖原のトレード話を聞いた時は「完全に阪神の方がお得じゃないか」と思ったんですが、今日の守備はいただけませんでした

(鎌ヶ谷注目選手)
■鎌倉健(日)
故障が癒えて久々にマウンド姿を目にしました。ボールのキレはさすがに前日、前々日に打ち込まれた不調の正田、須永とは別格。
左足を大きく三塁側へ踏み込んでからクロス気味に投げ込むサイドハンドなんですが、今日は逆球、というよりもキャッチャーの構えから右側へ大きくずれる球が目立ちました。
右打者の外角を要求されると内角のストライク、内角を要求された時にゃ死球が一つ、右バッターの背中を通る球もありました。
この荒れ球に右打者7人の鳴尾浜打線が踏み込めなくなってしまってのこの日の好投、という面はあると思います

■高口隆行(日)
正直シーズン初めには「この人なんでプロに来れたんだろう」などと思っていましたが、プロのスピードに慣れたのか終盤からは落ち着いたプレー振りを見せてくれています。
特にシーズン中には尾崎と陽がいたので、フェニックスリーグで初めてショートの守りを見ましたが、守備の安定感では尾崎、陽よりはるかに上。本当に久し振りにショートに打球が飛んでも安心して見ていられました。
打つ方でもこの日は2安打、後は最終回のサヨナラの場面で決められていれば文句なしだったのですが・・・

■工藤隆人(日)
バットを立ててみたり寝かせてみたりフォームの固まらない1年でしたが、今はちょうど中間くらいの位置にバットを置いてのオープンスタンス。
第三打席まで若竹、中村にまるでタイミングが合わずに3タコ。特に7回同点に追いついた直後の一死一三塁で初球ポップフライを打ち上げた時には正直「ちょっとは考えろよ」などと思ってしまいました。
最終回も高口が倒れた時点で引き分けを覚悟したんですが、きれいなセンター前サヨナラヒット。
細かい野球が出来る選手だけに、残りの打席の精度を上げていって欲しいものです。

■市川卓(日)
試合前の円陣では声出しを担当。いきなり「みんにゃてゅかれてるとは思うけど・・・」などと言ってしまい、全員から「噛んでんじゃねぇよ」などと突っ込まれていました。
前日は「アウトになる送球は出来ない」などとひどい事を書いてしまいましたが、この日はゴロ二つ、フライ二つをきちんと処理。
特に7回5−4−3のゲッツーを決めた際にはベンチに帰りながら小さくガッツポーズを3回。うんうん、嬉しかったんだね・・・


2006年10月16日 フェニックスリーグ サーパス−巨人(清武町野球場)報告者:大阪部長さん

軒作がフェニックス初勝利! 4投手のリレーで川崎を完封!

 …てな試合を見てきたんですけど、ちょっと疲れました。
以前「次回は夜行で宮崎入り」と書いたのは、実はけさのことだったのです…(すでに帰阪しています)。

フェニックス・リーグ(清武町野球場)
2006年10月16日(月) 12時29分〜14時50分

サーパス−川崎ジャイアンツ2回戦(サーパス2勝)

川  崎 000 000 000| H4E1
サーパス 000 000 30×| H8E0

(川)山口(5回2安打)、●福田(2回6安打3失点)、三木(1回無安打)−星、佐藤弘
(サ)中山(5回1安打)、○軒作(2回2安打)、前川(1回無安打)、S阿部健(1回1安打)−前田

三塁打 嶋村(サ)
盗塁死 山本(川)

 観衆111人(五回表、目視にて計数)

 ・ジャイアンツ、もうちょっと客呼んでこないと…。

※本年、スコア記録99試合目

■ブルペン投球者(カッコでくくっていないのは試合未登板者)
川崎
(無人)⇒(福田)⇒ 酒井&野間口 ⇒(三木&)野間口 ⇒(三木)⇒(無人)

サーパス
町 ⇒(軒作&)町 ⇒(軒作)&香月 ⇒(前川)⇒(軒作&前川)⇒(阿部健)⇒(無人)⇒(前川)⇒(無人)⇒(阿部健)⇒(無人)

(得点経過)
■七回裏サーパス (投手前回から2番手福田)一死後、前田中前打、吉良右前打で一、三塁、柴田亮三ゴロで三走前田生還(二死二塁)、嶋村左中間三塁打で二走吉良生還、早川中前打で三走嶋村生還。

(各コーチによる試合後の論評)
■大島公一コーチ(打撃)
 六回の後藤のバント失敗な、送りバント失敗なんて、負けてたら絶対、あのせいで負けたなんて言われるんだ。そうしたら悔しいだろ。きょうは勝ったけど。バントは、もうとにかく確実に決めるってことで。

 ・六回、無死一、二塁から後藤が送りバント失敗。成功していたら、次の大西の右飛が先制犠飛となっていたところだった。この回は、その後岡田の左前打が出たものの、二走嶋村が本塁憤死で得点ならず。

■赤堀元之コーチ(投手)
 中山、立ち上がりはボール先行になったな(注・いつものこと)。ちゃんとストライク先行するように。あと、軒作と健太(阿部健)、2人ともツーアウトからヒット打たれてたな。スリーアウト取って終わりなんだから、まだ気を抜かないように。

■吉原孝介コーチ(バッテリー)
 前田は、中山が制球に苦しんでるところを、高低を使わせたり、捕るフォームを変えてみたりで、工夫したところが良かったな。

 ・前田に対しては、先取点を呼び込んだ、七回一走としての吉良の右前打での三進、さらには柴田亮の三ゴロでの生還と、そのアグレッシブな走塁を評価する声が他のコーチからもあった。

■住友平監督
 練習する時も、ただやるんじゃなくて、例えば守っている時も、打っている時も、今は二死三塁なんだ、絶対ランナー還しちゃいけない、絶対タイムリー打たなくちゃいけないなんて感じで、常に試合のことを想定して、自分にプレッシャーをかけながらやっていこう。

 ・その後、ここまでDH起用が続いていた迎が、肩の治療のため、本日をもって宮崎を離れることが明らかにされ、迎からのあいさつもあってミーティング終了。


2006年10月15日 フェニックスリーグ サーパス−日本ハム(ひむかスタジアム)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記
2006年10月15日 鎌ヶ谷対サーパス(ひむかスタジアム)
天候:晴 試合開始:12時30分 審判:主審パク(韓国) 一塁杉本 三塁鈴木

鎌ヶ谷  010 200 010|
サーパス 310 210 02×|

(成績)
鎌ヶ谷
(遊)  高口  4打数ノーヒット
(右)  工藤  4打数1安打
(中)  糸井  4打数ノーヒット
(二)  小谷野 4打数1安打1本塁打1打点
(左)  佐藤  4打数1安打
(指)  渡部  3打数1安打
 打指  木元  1打数ノーヒット
(捕)  今成  4打数2安打2打点
(三)  市川  4打数1安打1打点

●正田 2回1/3打者14人投球数52被安打5与四球3奪三振1失点4
 星野 4回2/3打者18人投球数52被安打4与四球0奪三振2失点3
 橋本 1回   打者 8人投球数27被安打3与四球1奪三振2失点2

サーパス
(左)中 早川  4打数1安打1本塁打2打点
(右)  由田  5打数3安打1打点
(遊)  嶋村  5打数1安打
(中)  大西  3打数1安打1打点
 一   吉良
(一)左 岡田  4打数2安打1本塁打1打点
(指)  迎   4打数1安打1打点
(三)  田中  3打数ノーヒット
(捕)  長田  3打数1安打
 打   後藤  1打数1安打1打点
 捕   横山
(二)  筧   2打数ノーヒット
 二   柴田亮 1打数1安打1打点

○岸田 7回打者29人投球数111被安打6与四球0奪三振11失点3
 歌藤 1回打者 4人投球数 15被安打1与四球0奪三振 1失点1
 吉川 1回打者 3人投球数 12被安打0与四球0奪三振 2失点0

(経過)
1回表鎌ヶ谷
高口 見送り三振
工藤 右安
糸井への2球目前に工藤牽制死
糸井 一ゴロ
1回裏サーパス
早川 一ゴロ
由田 中安
嶋村 左安
大西 中安 0−1サーパス 一死一二塁
岡田 中直
迎  右安 0−2サーパス 二死一三塁
田中の初球に正田ワイルドピッチ 0−3サーパス 二死二塁
田中 右飛

2回表鎌ヶ谷
小谷野 空振り三振
佐藤 中安
渡部 中直
駒居の初球に佐藤二盗 送球を筧が弾く間に三塁へ 二死三塁
駒居 遊ゴロ失(嶋村がファーストへ低投) 鎌ヶ谷1−3
今成 左安 二死一二塁
市川 遊ゴロ
2回裏サーパス
長田 空振り三振
筧  四球
早川 四球 一死一二塁
由田 左安 1−4サーパス 一死一二塁
嶋村の3球目にダブルスチールもサードで早川タッチアウト 二死二塁
嶋村 中飛

3回表鎌ヶ谷
高口 三ゴロ
工藤 二ゴロ
糸井 空振り三振
3回裏サーパス
大西 四球
岡田 一ゴロ ファーストアウトのみで一死二塁
鎌ヶ谷ピッチャー星野に交代
迎  遊ゴロ
田中 遊ゴロ

4回表鎌ヶ谷
小谷野 左飛
佐藤 中飛
渡部 左中間二塁打
駒居 空振り三振も振逃げ 二死一三塁
今成 中安 鎌ヶ谷2−4 二死一三塁
市川 右安 鎌ヶ谷3−4 二死一二塁
高口 中飛
4回裏サーパス
長田 右安
筧  遊ゴロ 二塁封殺のみ 一死一塁
早川 中越ツーラン 3−6サーパス
由田 左飛
嶋村 中直

5回表鎌ヶ谷
工藤 見送り三振
糸井 二ゴロ
小谷野 三ゴロ失(田中がトンネル)
佐藤 空振り三振
5回裏サーパス
大西 見送り三振
岡田 右中間本塁打 3−7サーパス
迎  左飛
田中 投ゴロ

6回表鎌ヶ谷
渡部 空振り三振
駒居 空振り三振
今成 遊ゴロ
6回裏サーパス
長田 空振り三振
筧  遊ゴロ
早川 二ゴロ

7回表鎌ヶ谷 サーパスセカンド柴田亮に交代
市川 見送り三振
高口 見送り三振
工藤 空振り三振
7回裏サーパス
由田 左安
嶋村 左飛
大西 右飛
岡田の2球目に由田盗塁失敗

8回表鎌ヶ谷 サーパス早川がセンター、岡田がレフトに回り大西に代わりファースト吉良 ピッチャー歌藤に交代
糸井 三邪飛
小谷野 左越本塁打 鎌ヶ谷4−7
佐藤 二ゴロ
代打木元 空振り三振
8回裏サーパス 鎌ヶ谷ピッチャー橋本に交代
岡田 左線二塁打
迎  右飛 岡田タッチアップから三塁へ
田中 四球 一死一三塁
代打後藤 右安 4−8サーパス 一死一三塁
柴田亮 右安 4−9サーパス 一死一二塁
早川 一ゴロ失(駒居がファンブル) 一死満塁
由田 空振り三振
嶋村 空振り三振

9回表鎌ヶ谷 サーパスキャッチャーに横山が入り、ピッチャー吉川に交代
駒居 空振り三振
今成 一ゴロ
市川 空振り三振でゲームセット

(全体感想)
サーパスはチーム自体初めて見るんですが、試合前の練習を見て「このチームひょっとして鎌ヶ谷より守備下手なんじゃないか?」などと思っていたら案の定
2回佐藤の盗塁時にキャッチャー長田の送球がショートバウンドになると筧がそれを大きくファンブル
それで進めたランナーを嶋村のファースト悪送球で生還させてしまうと次は4回
二死二塁で駒居を空振り三振にとったものの、最後のボールをキャッチャー長田が後逸して三振振逃げ 実は私振逃げでファーストセーフになったの初めて見ました
その後の市川のライト前タイムリーもピッチャーは「普通のセカンドゴロじゃねぇかよ!」っと思ったに違いありません
その後もサード田中の見事なトンネル等ありましたが、守備がメタメタだろうが意に介さず、「守備がアテにならなちゃ三振とりゃいいんだろ」「エラーしちゃったら打って返せばいいだろ」とでも思っていそうなのびのびとした選手の動き
久し振りに古きよき時代のパ・リーグの野球を観た気がしました。

(鎌ヶ谷注目選手)
■正田樹(日)
私が正田を見るのは9月頭の横手で1回いきなり打者一巡喰らって5点取られてKOされて以来ですが、今日も内容は同じ様なもの
なんかもう二軍でもめった打ちされるのが当たり前というか、淡々と投げて淡々と打たれてる感じです
技術的には球が全体に高い上にカーブがまったく決まらないのが問題なんでしょうが、そういう問題じゃない気がします
正田と須永 はまってる問題は同じだと思うんだけどなぁ

■今成亮太(日)
外角球を上手くさばいて2安打 捕手としてもきびきびしたいい動きを見せています
全体に線が細い感は否めませんが、今のうちにショートかサードに転向させたら面白いと思います

■市川卓(日)
最近すっかりお笑いプレーが減り、普通に下手な選手に成り上がっていた(?)市川君ですが、久し振りにやってくれました
4回先頭の長田がサード後方へファウルフライを上げると、市川君一目散に落下点へ走り、フェンスにぶつかるとそれによじ登り、打球への飽くなき執念を見せてくれました
・・・のはいいんですが、打球はフェンスに上がっている市川君から10メートル近く離れたグランド内のファールゾーンに普通に落下(ちなみにほとんど無風でした)
調子はいい様に見えた星野ですが、このプレーで気が抜けたのかその後3点を失ってしまいました。
5回からは三塁方向へフライが上がる度にサーパスファンから「のぼれ〜」コールが起こっていましたが、これに懲りることなく「上手くて笑える選手」を目指して欲しいものです

(サーパス注目選手)
■岸田護(サ)
とにかく球が速い、速い 山口、大久保と速球派を集めるのがサーパスというかオリックスの方針なんでしょうか
3点は失いましたが味方のエラー絡みでおそらく自責点は0のはずです
序盤ストレートとスライダーのみの間はまだ鎌ヶ谷も喰らいついていましたが、後半ちょっと球速の落ちる球(カーブ?)も決まり始めるともう手も足も出ず

■岡田貴弘(サ)
初回味方の3連打を受けた後の正田の初球をフルスイングし、センターの正面を突いてしまったものの当たりそのものは完璧な打球を飛ばすと、5回にはスコアボート直撃の推定150メートル弾。
かと思えば9回には外角球をきれいに払い打ち、レフト線へのツーベース。このあわせただけに見えた打球がライナーでフェンス寸前まで飛んだのにも驚かされました。
フレッシュオールスターに続き2回目の観戦ですが、間違いなく明日のパ・リーグを担う選手だと思います。

■由田慎太郎(サ)
こちらはきれいにさばいて左方向へ3安打。9回の満塁の場面で強振して三振してしまったのはご愛嬌ですが、早く大学時代のチームメイト達に並ぶ活躍を見せてくれることを期待します。


2006年10月14日 フェニックスリーグ 日本ハム−LG(生目の杜第二野球場)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

2006年10月14日(土) LG対日本ハム 生目の森第二野球場
天候:晴 試合開始12:30 審判;主審石山 一塁:山本 三塁:チュウ(韓国)

LG   220 200 000|
鎌ヶ谷  200 000 220|

(成績 LG)
(遊)  朴 慶洙  4打数3安打
(二)  朴 龍根  5打数3安打2打点
(右)  李 炳圭  3打数ノーヒット1打点
(指)  李 性烈  4打数1安打1打点
 打   崔 東秀  1打数1安打
 走   朴 ガラム
(三)一 崔 吉成  4打数1安打1打点
(一)  秋 承祐  4打数2安打
三   李 學俊  1打数ノーヒット
(捕)  勝 換換  4打数1安打1本塁打1打点
(左)  黄 善一  4打数2安打
(中)  呉 泰根  4打数1安打

 慶 憲浩  5回打者20人投球数77被安打4与四球2奪三振3失点2
 張 ●溶  2回打者 7人投球数33被安打3与四球0奪三振3失点0
 金 在賢  1回打者 6人投球数19被安打3与四球0奪三振1失点2
 呂 承鉉  1回打者 3人投球数18被安打0与四球0奪三振0失点0

(成績 鎌ヶ谷)
(遊)  高口  4打数2安打2打点
(左)  工藤  4打数2安打
(中)  糸井  4打数1安打
(二)  小谷野 4打数2安打1本塁打4打点
(右)  佐藤  4打数ノーヒット
(一)  渡部  3打数1安打
(指)  今成  3打数ノーヒット
 打指  駒居  1打数ノーヒット
(捕)  小山  3打数1安打
 打   木元  1打数ノーヒット
(三)  市川  4打数1安打

 須永  5回打者25人投球数95被安打10与四球1奪三振4失点6
 清水  2回打者 9人投球数31被安打 4与四球1奪三振0失点0
 中村  2回打者 8人投球数29被安打 2与四球0奪三振2失点0

(経過)
1回表 LG
朴 慶洙 四球
朴 竜根 右安 無死一三塁
李 炳圭 空振三振
7球目に朴龍根二盗 一死二三塁
李 性烈 三内野安 LG1−0 一死一三塁
崔 吉成 中犠飛 LG2−0 二死一塁
秋 承祐 二ゴロ
1回裏 鎌ヶ谷
高口 四球
工藤 左安 無死一二塁
糸井 中直 高口タッチアップから三塁 一死一三塁
小谷野の初球に工藤二盗 一死二三塁
小谷野 左中間二塁打 2−2鎌ヶ谷 一死二塁
佐藤 捕邪飛
渡部 見送三振

2回裏 LG
勝 換換 左越本塁打 LG3−2
黄 善一 投ゴロ
呉 泰根 右飛
朴 慶洙 中安
朴 龍根 左線二塁打 LG4−2 二死二塁
李 炳圭 二飛
2回裏 鎌ヶ谷
今成 一ゴロ
小山 左安
市川 投ゴロ併殺

3回表 LG
李 性烈 左直
崔 吉成 見送り三振
秋 承祐 二内野安
勝 換換 見送り三振
3回裏 鎌ヶ谷
高口 右安
工藤 一ゴロ 返球が逸れ一塁はセーフ
糸井の初球工藤二盗 一死二塁
糸井 一ゴロ 一死三塁
小谷野 空振り三振

4回表 LG
黄 善一 中安
呉 泰根 右安 無死一二塁
朴 慶洙 右直
朴 龍根 中安 LG5−2 送球の間ランナーそれぞれ進塁 一死二三塁
李 炳圭 左犠飛 LG6−2 二死二塁
李 性烈 中飛
4回裏 鎌ヶ谷
佐藤 中飛
渡部 四球
今成 中飛
小山 左飛

5回表 LG
崔 吉成 空振り三振
秋 承祐 三内野安(セーフティバント)
勝 換換 遊ゴロ併殺
5回裏 鎌ヶ谷
市川 空振り三振
高口 遊ゴロ
工藤 中飛

6回表 LG 鎌ヶ谷ピッチャー清水に交代
黄 善一 中安
呉 泰根 二飛
朴 慶洙 左安 一死一二塁
朴 龍根 投ゴロ 清水ファンブルして一塁のみアウト 二死二三塁
李 炳圭 二ゴロ
6回裏 鎌ヶ谷 LGピッチャー張 ●溶に交代
糸井 中安
小谷野の3球目に糸井盗塁失敗
小谷野 空振り三振
佐藤 空振り三振

7回表 LG
李 性烈 四球
崔 吉成 中安
秋 承祐 一ゴロ セカンド封殺のみ 一死一三塁
勝 換換 二ゴロ併殺
7回裏 鎌ヶ谷 LG崔 吉成がファーストに回りサードに李 学俊
渡部 捕邪飛
今成 見送り三振
小山 遊ゴロ失(ファーストへ低投)
市川 右安 二死一三塁
高口 左中間安 LG6−4 二死一塁
工藤の初球に高口盗塁失敗

8回表LG 鎌ヶ谷ピッチャー中村に交代
黄 善一 見送り三振
呉 泰根 二ゴロ
朴 慶洙 右安
朴 竜根 見送り三振
8回裏鎌ヶ谷 LGピッチャー金 在賢に交代
工藤 左中間三塁打
糸井 遊飛
小谷野 左越ツーラン 6−6鎌ヶ谷
佐藤 空振り三振
渡部 左線二塁打
代打駒居 遊ゴロ

9回表 LG
李 炳圭 二ゴロ
代打李 東秀 中安
代走朴 ガラム
崔 吉成の4球目にボーク 一死二塁
崔 吉成 三ゴロ
秋 承祐 二ゴロ
9回裏 鎌ヶ谷 LGピッチャー呂 承鉉に交代
代打木元 遊ゴロ
市川 空振り三振
高口 遊ゴロ
規定により9回終了時点で引き分け


(全体感想)
韓国のチームの名前書くのめんどくさ(笑)

(韓国注目選手)
LGがどんなレベルのチームでどんなレベルの選手が来ているのか全然知らないんですが、ピッチャーはみんな球が速いですね
ただ見た限り落ちる変化球がないのと、牽制やカバーリングはまだまだかなという感じです
ブルペンで指導する声が日本語なので確認してみたら、加藤初氏がLGのコーチなんですね
現時点はともかく伸びしろのたくさんありそうな選手が多く、加藤コーチの指導の成果が楽しみです。
野手ではさすがに背番号4と6をつけているだけあって二遊間を守り打っては1,2番の朴 慶洙、朴 竜根両選手の動きが目立ちました

(鎌ヶ谷注目選手)
■須永英輝(日)
なんか投げ終わった後の体勢が今までより崩れるな、と思いながら見ていたんですが、おそらく踏み込む足の位置を今までより左打者寄りに変えて球筋に角度をつけようとしているんだと思います。
ただそれにしても変化球が全部すっぽ抜けてしまうのは相変わらずで、おまけに腕を振って低めに投げる事ができたストレートはストライクにとってもらえず、しかたなくストライクを取りにいったストレートを狙い撃ちされた感じです。

■中村渉(日)
グラブをへその下あたりでセットし、そのままの高さで腕を振る感じの変則横手投げに変わっていました。
1回見ただけですが、鎌ヶ谷にしては珍しくフォーム改造がいい方向にいっていると思います。
このままいけば来年は上で左の中継ぎとして使えるかも。
ただノーワインドアップはともかく、セットポジションは「これボークじゃないのかな」と非常に不安になるフォームです。(現に1回ボークとられました)
セットポジションて「胸の前で」一旦静止しなきゃいけないんじゃなかったでしたっけ?
中村投手のフォームは胸の前でグラブに左手を入れた後、そのままへその下まで手が下りていってそこで静止するんですが、ルール上どこで静止してもOKならまぎらわしいんで胸の位置にグラブをもっていくのやめて最初からへそのしたでセットした方がいい様な気がします。

■小谷野栄一(日)
1本塁打4打点、守っても鎌ヶ谷では飯山以来ひさびさに安心して見ていられる内野手です。
怪我したり、肝心な時に内臓壊したりしなければ日本シリーズにも出られただろうに・・・
来年の巻き返しに期待します

■市川卓(日)
新人の春の教育リーグ以来(のはず)久々のサードのポジション 練習の甲斐あって昔はスリーステップしなければ投げられなかったのが、ワンステップでしかも相手が捕れるところへ投げられる様になっていました。
ただまだ「相手が捕れる」だけで「アウトに出来る様に捕る」事ができるトコへ投げることはできません。
今日は中継プレーを含めて送球の機会が4回 うち相手の胸に行ったのは1回だけで、あとはファーストやキャッチャーがベースを離れて飛びついてやっと捕れる送球でした。
間違いなくこれでも上手くなったんですが、まだ先は長いですね。
ちなみに打撃フォームもあの種田とカンセコを足して2で割った様な独特のフォームをやめて普通のオープンスタンスに変えていました。


2006年10月 9日 フェニックスリーグ サーパス−湘南(生目の杜第二野球場)報告者:大阪部長さん

住友サーパス、湘南に逆転勝ちで白星発進!

 伊丹空港ネットコーナーで書いてます。
まあ、両チーム公式HPに書いてない要素を入れましょうか。

フェニックス・リーグ開幕戦(生目の杜第二野球場)
2006年10月9日(月) 12時28分〜15時24分

 ・住友新監督を迎えて第1戦のサーパス。対して湘南は、青山コーチが監督代行兼三塁コーチャー。湘南は応援団が来ていた。

サーパス 000 000 022| H9E2
湘  南 000 003 000| H6E0

(サ)歌藤(4回3安打)、町(2回2安打3失点)、山本(1回無安打)、○吉川(2回1安打)−前田、横山
(湘)那須野(6回3安打)、堤内(1回無安打)、高宮(1回3安打2失点)、●吉川(1回3安打2失点)−武山、黒羽根

二塁打 下山、筧(以上サ)
本塁打 嶋村(サ)
盗塁 北川(湘)、嶋村(サ)

 観衆78人(五回裏、目視にて計数)

※本年、スコア記録97試合目

■ブルペン投球者(カッコでくくっていないのは試合未登板者)
サーパス
(町)⇒ 軒作 ⇒(無人)⇒(町)⇒(山本)⇒ 香月 ⇒ 阿部健 ⇒(吉川)⇒(山本)⇒(吉川)⇒ 軒作

湘南
山口 ⇒(無人)⇒(堤内)⇒(高宮)⇒(堤内)⇒(吉川&)橋本 ⇒(高宮&)橋本 ⇒ 橋本

 ・染田と軒作の「ケンサク対決」はならず。軒作は最後までピンチでのスクランブル登板に備えていたが、染田は姿を見せていたもののブルペンでの調整なし。


2006年 9月29日 イースタンリーグ 日本ハム−インボイス(鎌ヶ谷)報告者:しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記

尾崎・鵜久森のウィンターリーグ出場、陽の札幌行きのせいでファイターズは野手の控えがほとんどいない状態だったようです。明日には陽や川島あたりが最終戦に向けて戻ってきたりするのでしょうか?

さて、私はこれで今年最後のイースタン観戦となりました。また、来年もよろしくお願いします。
以下はスコアテーブルなどです。

|100 100 010 |
|100 022 00× |

審判員 PL萩原 1B原 2B深谷 3B小林
観客数 約300人

I ●長田、松川、河原、岡本―炭谷、野田
F ○橋本、H正田、中村、S星野―今成

所沢インボイス
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(D) 柴田博之  4110 中安  空振    空振三ゴ
 HD 椎木匠   1000                 左飛
(7) 高波文一  4010 投ゴ    遊ゴ  左二  中飛
(9) 栗山巧   2111 二ゴ    中安  四球  四球
(5) 後藤武敏  3010 空振    中二  三振  四球
(3) 貝塚政秀  1001   遊飛  中犠
 3  上本達之  2000           遊飛  左飛
(8) 佐藤友亮  2000   一ゴ  遊ゴ
 8  松坂健太  2011             一失中二
(6) 黒瀬春樹  4020   中二    中飛  空振遊ゴ
(2) 炭谷銀仁朗 2000     二ゴ  三邪
 8  野田浩輔  2010             左安  空振
(4) 星秀和   3010     空振  右安  空振
 4  宮崎一彰  1000                 左邪

         投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ● 長田秀一郎 5   25 104 9 0 6 0 3 3
   松川誉弘  1    6  22 3 0 0 0 2 0
   河原純一  1    4  11 0 0 0 0 0 0
   岡本篤志  1    3   6 0 0 0 0 0 0

鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回
(D) 坪井智哉  3000 二ゴ  二ゴ二飛
 HD 駒居鉄平  2000           二併  右飛
(9) 工藤隆人  5111 左邪  三失  中飛中二  中飛
(8) 糸井嘉男  4241 右二  三安  右二右安
(4) 小谷野栄一 4121 中安  一飛  右安右直
(7) 佐藤吉宏  4011 空振  空振  右安  中飛
(4) 高口隆行  4011   左二  右飛三ゴ  投ゴ
(3) 渡部龍一  4010   三振  左安三振  遊失
(2) 今成亮太  4110   二ゴ  右二  二失二ゴ
(5) 市川卓   4010   三振  空振  中安  中飛

         投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ○ 橋本義隆  5   18  66 5 0 3 0 2 2
 H 正田樹   2   10  45 2 0 4 1 0 0
   中村渉   1    6  23 1 0 0 2 1 1
 S 星野八千穂 1    3  11 0 0 0 0 0 0


盗塁  小谷野(5回 打者高口 ※佐藤とのダブルスチール)
    佐藤 (5回 打者高口 ※小谷野とのダブルスチール)
    糸井 (6回 打者小谷野)
盗塁死 星  (5回 打者柴田)
走塁死 黒瀬 (2回 打者黒瀬)
失策  後藤 (3回 打者工藤)
    星  (6回 打者今成)
    野田 (6回 打者小谷野 ※糸井の盗塁時)
    渡部 (7回 打者松阪健)
    黒瀬 (7回 打者渡部)
残塁  I7、F9

得点経過
1回表 一死三塁から、栗山のセカンドゴロの間に三塁走者柴田が生還
1回裏 二死二塁から、小谷野がセンター前にタイムリーヒット
4回表 一死二三塁から、貝塚がセンターに犠牲フライ
5回裏 一死一三塁から、佐藤がライトにタイムリーヒット
 〃  一死二三塁となって、続く高口のサードゴロの間に三塁走者小谷野が生還
6回裏 二死三塁から、工藤がセンターオーバーのタイムリーツーベース
 〃  二死二塁となって、続く糸井がライト前にタイムリーヒット
8回表 一死一二塁から、松阪健がセンターオーバーのタイムリーツーベース

選手寸評

■橋本義隆(日)
まあまあの出来。ただ、一軍でもこの内容は最低限期待されているので二軍相手に同じでは厳しいか? (今成のリードのせいかもしれないが)頭に血が上っているときにストレート一本でぐいぐい押してしまう悪癖はなくしたほうがいいかもしれない。

■糸井嘉男(日)
4安打と大活躍。今日一番のプレーは3回、ランナー一塁で三塁線に絶妙なセフティー(スリー)バントで楽々一塁到達。これはひょっとしたらサプライズがあるかもしれない。

■小谷野栄一(日)
見た感じまだ体調がまだ完全ではないが、セカンドでフル出場。故障がなければ上で歓喜の瞬間に参加していただろうが、それができなかった悔しさを胸に来年は奮起してほしい。

■坪井智哉(日)
まだ全力疾走は無理そうな感じ。SHINJOが引退するとはいえ来年のレギュラーの座は正直言って危うい。オフにケガを完全に治して来シーズンに備えてほしい。

■長田秀一郎(イ)
5回で9安打を打たれるもどうにか3点に抑えるピッチング。ただ、打たれたヒットのほとんどが芯で捉えられたものだっただけに、この内容ではプレーオフでの昇格は厳しいか。

■黒瀬春樹(イ)
鎌ヶ谷の場合エラーはある意味仕方がないのだが、6回の市川のヒットは普通に守備をしていれば取れた球。エラーを恐れず積極的な守備をしてほしい所。


2006年 9月28日 イースタンリーグ 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:れっくさん

シーレックス今季最終戦
06年9月28日(木)ジャイアンツ球場
 川崎ジャイアンツVS湘南シーレックス 第15回戦

SR 000 100 000 
G  322 000 000 

勝利投手 福田
敗戦投手 高宮

*湘 南 打安点振四犠盗失 *川 崎 打安点振四犠盗失
C野 中 31001000 F大 西 43001000
E石 川 41000000 E十川孝 43200002
F桑 原 20020000 H5安 旭 10000000
B小田嶋 42000000 H梅 田 42210000
G田中充 31000000 G三 浦 31201000
8西 崎 11000000 B 原  20002000
H内 藤 30111000 D6黒 田 42210000
D北 川 30000000 C大須賀 40000000
H4福 本 10000000 A 星  30000000
A斉 藤 32010000 H2横 川 10010000
R2黒羽根 10000000 @福 田 20020000
@高 宮 10000100 H崔 暁 10000000
H田中一 11000000 1 南  00000000
1松 家 00000000 1伊 達 00000000
1岸 本 00000000 H十川雄 10000000
H呉 本 10000000 1平 岡 00000000
1堤 内 00000000
1吉 川 00000000   計  3411854002

  計  308124100

P    回打球安振四失   P    回打球安振四失
 高 宮 422789227    福 田 625926221
 松 家 1390100     南  14162000
 岸 本 15132100    伊 達 13142000
 堤 内 15190120    平 岡 13130010
 吉 川 1360000

*本塁打 三浦D 十川孝D 黒田A
*二塁打 大西・石川

私、れっくが印象に残った選手・スタッフ

▽ジャイアンツ

■大西崇之(巨)
中日時代の命脇役振りを買われ今季入団も、若返り策に阻まれ出場機会が激減。
しかし、今日は往年の巧みな打撃・走塁を披露。二本の二塁打を含む三安打。

■横川雄介(巨)
今季より、育成選手として再出発をはかる捕手。しかし、層の厚い捕手陣にあって
出場機会に恵まれずも、22日のインボイス戦で今季初安打・初打点をマーク。
今日は、8回よりマスク。伊達・初登板の平岡を巧みにリード。

■平岡政樹(巨)
横川と同様、今季より育成選手として再起を期す投手。
昨年痛めた、肩の具合が回復していないのか。ようやく今季初登板を果たす。
やや制球に苦しむも、併殺打にしとめ1イニング無失点。
ルーキー時は、高卒ながら一軍で先発投手も勤めるなど、将来を渇望されていただ
けに飛躍に期待。

■安旭(巨)/崔暁(巨)
今季、中国より育成選手として入団。ひたすら、練習に励みプロとしての
体力作りに専念する日々も、今日の試合は途中から代打出場。
初球から、積極果敢に行く姿勢は今後の飛躍を期待させる選手。
大化けを期待。

▽シーレックス

■野中信吾(湘)
イースタン32盗塁で、見事盗塁王の冠を確実にしました。
来季は、一軍の舞台で走り回り常時出場を。
一軍で盗塁王争いを。
スタンドには、「盗塁王おめでとう」の断幕も。

■石川雄洋(湘)
チーム期待の若手内野手。将来の主将候補。
打っては、二塁打。守備では、ライナーに飛びつき超ファインプレー。

■高宮和也(湘)
4回7失点・・・。ファンは失望。来月のフェニックスリーグでは、自信を取り戻り
本来の球威ある投球を期待。来季は、ローテーの軸に。

■ケッチャップ・井上ちかこ・吉岡さちこ各氏
ホーム主催試合ではお馴染みの、チームのナビゲーター・オフィシャルレポーター。
ジャイ球へ来場。ビジターのため、当然ながらマイクパフォーマンスは無し。
今季一年、球場の盛り上げ役に徹しムードを盛り上げた功績は大です。
来季も、頼みますよ。

▽総評
今日の試合に備え、少々遅い夏季休暇を使いジャイ球へ。
スタンドでは、あまりにも劣勢に、三塁側に陣取ったシーレックス応援団に向かって、
ジャイアンツ帽をかぶったファンらしき年配の方々が、「シーレックス勝てるわけないんだから、
応援しても無駄じゃないか。とっとと帰ったらどうかね」と暴言を吐かれる始末。
この発言に対し、この年配の方々と応援団とが騒動を起こすのではないか。三塁側スタンド周辺は一瞬氷つきました。
応援団は、すかさず「どうな展開であろうとも、我々は勝利を信じ応援します」と、笑顔で応対していました。
さすが、応援団の方が大人です。

さて、今季シーレックスの一年の公式戦が終了しました。
優勝目指し、戦い抜いた選手・スタッフの方々、又(サポータ)ファンの方々大変お疲れ様でした。
結果は、5割ジャスト。Bクラスと惜しくも本来の実力を発揮できず残念ではありますが、
来季に向け投・打ともに新戦力が台頭しつつあります。
将来、日本球界を背負い立つ選手の出現を期待します。
来月の、宮崎で開催されるフェニックスリーグでは若手選手には実践で大いに経験を積んで
一回り大きくなり、横須賀へ戻ってきてもらいたいです。

最後になりましたが、子連れさん、WIZさん始め今季スタジアムで観戦の際お世話に
なりました方々にこの場をお借りして、お礼申し上げます。
来シーズンも、シーレックス中心にイースタンリーグに熱い視線を送り続けたいですね。


2006年 9月26日 <降雨コールド>イースタンリーグ 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記

球場に向かう途中でも場所によっては土砂降りで、中止だったら悲しいなと思いながら向かったものの、無事試合開始。
と思いきや、途中から雨が断続的に降り始め降雨ノーゲームとなってしまいました。
以下はスコアテーブルなど
試合成立してませんので、もちろんスコアは正式ではありませんw

Sw|030 1      |4
F |032        |5
〜4回表終了雨天ノーゲーム〜

Sw 村中、松岡―水野、川本
F  木下―今成

審判 PL牧田 1B深谷 2B原 3B石山
観客 約100人


戸田スワローズ
          打得安点 1回2回3回4回
(6) 川端慎吾  3010 一ゴ二ゴ  右二
(4) 梶本勇介  3010 三安  二ゴ空振
(3) 久保田智  2010 二併  遊安
(7) 畠山和洋  2111   左本左飛
(9) ユウイチ  2110   左安投ゴ
(D) 野口祥順  2112   左本  空振
(5) 丸山泰嗣  2110   左邪  左安
(8) 牧谷宇佐美 0000   四球  死球
(2) 水野祐希  1000   空振
 2  川本良平  1000       空振

         投球回 打者  球数 安 本 振 四 失 責
   村中恭平  2 2/3 18  72 6 2 3 5 5 5
   松岡健一    1/3  1   5 0 0 1 0 0 0

鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回
(D) 渡部龍一  3013 遊ゴ中二空振
(9) 工藤隆人  1010 四球二安
(8) 糸井嘉男  2000 空振投ゴ
(7) 鵜久森淳志 2111 空振  中本
(6) 尾崎匡哉  1211   四球左本
(4) 高口隆行  1100   四球遊ゴ
(3) 駒居鉄平  1000   右飛四球
(2) 今成亮太  1110   四球中安
(5) 市川卓   2010   空振中安

         投球回 打者  球数 安 本 振 四 失 責
   木下達生  4   20  68 7 2 4 2 4 4

走塁死 駒居 (3回 打者市川)
暴投  村中2(1回 打者糸井、2回 打者高口)
残塁 Sw4、F5

得点経過
2回表 この回先頭の畠山がレフトスタンドにソロホームラン
 〃  無死一塁から、野口が左中間スタンドに2ランホームラン
2回裏 二死満塁から、渡部がセンターフェンス直撃の3点タイムリーツーベース
3回裏 この回先頭の鵜久森がバックスクリーン左にソロホームラン
 〃  続く尾崎が左中間スタンドにソロホームラン
4回表 二死一二塁から、川端がライトオーバーのタイムリーツーベース

選手寸評

■木下達生(日)
球速表示がないせいもありますが、8月にインボイスドームで観た時よりは球威が落ちた印象。そのかわり、その時多くあったすっぽ抜けるような球はほとんどなかったです。しかし、制球が全体的に甘く2本のホームランを浴びる。荒天時の投球というのを差し引いても、この内容ではプレーオフでの登板はなさそうです。

■村中恭兵(ヤ)
時折ハッと目を見張るような球を投げるが、この日は制球が悪すぎ。連続ホームランはまだ仕方がないが、四球3つでランナーためてのタイムリーには喝!


2006年 9月26日 練習試合 阪神−サーパス(鳴尾浜)報告者:大阪部長さん

2006年9月26日 練習試合 鳴尾浜タイガース−サーパス(阪神鳴尾浜球場)

スターティングメンバー

鳴尾浜    サーパス
中 赤 松  二 中 本
右 上 坂  中 坂 口
捕 狩 野  指 三 木
一 喜 田  右  迎
左 桜 井  一 岡 田
三 藤 原  三 田 中
二  坂   遊  筧
遊 前田大  捕 横 山
投 中村泰  左 由 田

       投 松 村

 鳴尾浜は、ウエスタンホームである選手権をにらんで、DHを使用せず。

(得点)
■六回裏鳴尾浜 一死二、三塁から前田大左前打。2人目の走者は本塁憤死。
■八回裏鳴尾浜 二死満塁から高橋(2点)、狩野(1点)と連続タイムリー。

2006年9月26日(火) 12時34分〜15時19分

サーパス 000 000 000|
鳴尾浜  000 001 03×|

(サ)松村(2回)、歌藤(2回)、光原(1回)、●野村(1回)、小川(1回)、町(1回)−横山、長田
(鳴)中村泰(2回)、玉置(1回)、岩田(1回)、オクスプリング(1回)、○田村(1回)、中林(1回)、太陽(1回)、相木(1回)−狩野

二塁打 由田(サ)、前田忠、高橋(以上鳴)
盗塁 狩野、前田大(以上鳴)

 観衆171人(五回表から裏にかけて、目視にて計数)

※本年、スコア記録89試合目


2006年 9月25日 イースタンリーグ 巨人−楽天(ジャイアンツ)報告者:@しろにゃんこさん

25日 ジャイアンツ 13時試合開始
今期最終戦 山形9勝6敗 2時間44分

                   RHE
 イーグルス 000 000 030 72
ジャイアンツ 211 300 20× 183

<川 崎>○木佐貫洋(4勝4敗15試合、7回)越智大祐(1回)伊達昌司(1回)−實松、佐藤弘
<山 形>●インチェ(2勝2敗8試合、3回)根市寛貴(1回)富岡久貴(2回)松本輝(2回)−井野、銀次
<審判員>球審:工藤 一塁:山路 二塁:鈴木 三塁:橋本

 イーグルス 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二中)佐 竹 500 三ゴ  二併  遊ゴ      三ゴ
(中) 平 石 310 左飛    左安  三ゴ
二遊 永 池 100               遊ゴ
(三) 山 下 300 遊ゴ    三安  三振  四球
(一) 吉 岡 420   遊ゴ  二併  中安  左安
(遊二)草 野 413   二飛  遊ゴ  二ゴ  右本
(左) 竜太郎 410   三ゴ    中飛  右安一ゴ
(右) 中 島 400     遊失  三振  投失中飛
(捕) 井 野 210     三ゴ  中安
 投 富 岡 000
 打 沖 原 100             三振
 投 松 本 000
 打 長 坂 100                 二ゴ
(投) インチェ100     一失
 投 根 市 000
打捕 銀 次 310         左安  右飛  三振
   合 計 3673

 投手成績 回 打安責
●インチェ 3 1454
 根市寛貴 1 853
 富岡久貴 2 820
 松本 輝 2 1162



ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回
(左中)川 中 422 左安中飛  左2  三ゴ
 中 十川雄 110               右安
(遊) 十川孝 522 一ゴ  左本右安  三ゴ  遊併
(中) 亀 井 320 右安  一ゴ左安
走左 山 本 210           三ゴ  中安
(一) 吉 川 411 左2  投直中飛    三ゴ
 捕 佐藤弘 110               右安
(右) 梅 田 520 三失  三ゴ  左安  遊安三ゴ
(三) 長 田 420 二併    中安二ゴ  左2
(二) 大須賀 432   左本  遊ゴ三安  左安
(捕) 実 松 310   中飛  左安右飛
打一  原  101             二失
(投) 木佐貫 200   遊ゴ  投ギ二ゴ
 打 小 関 100             二併
 投 越 智 000
 投 伊 達 000
   合 計 40188

 投手成績 回 打安責
○木佐貫洋 7 2850
 越智大祐 1 623
 伊達昌司 1 300


<本塁打>
 大須賀 3号(インチェ=2回)
 十川孝 4号(インチェ=3回)
 草 野 4号(3ラン、越智=8回)


<二塁打>
 吉 川(1回)
 川 中(4回)
 長 田(7回)

<失 策>
 永 池(7回)
 山 下(1回)
 十川孝(3回)
 吉 川(3回)
 大須賀(7回)

<暴 投>
 インチェ(1回)


<試合展開>
前日には桑田真澄のお別れ登板に伴い、大勢のファンが詰め掛けたが、本日はいつもながらののんびりとしたジャイアンツ球場の風情。
試合前インタビューでは、G+中継の最終戦ということもありおなじみ、
吉村禎章2軍監督が登場し今期の戦いを総括する。

・残り3試合。今期を振り返って
私たち、コーチ陣にももっとこうしたらよかった、もっとこうするべきだという課題がたくさん見つかった。選手たちも中盤、後半と試合の流れはよくなってきた。しかし私のなかではまだまだと思っている。

・1軍昇格など、実力をつけた選手も
1軍に呼んでいただいたことに関しては良い刺激になった。
問題なのは1軍に上がったときに良い結果を残せているのか?ということだが、残念ながら満足出来るような結果にはなっていない、というのが正直な気持ち。

・今期の収穫
1軍野手でレギュラーにけが人が出、何人か上げていただいたが、チャンスを貰ったのに結果を出せていない。
チームプレーの失敗も多かった。簡単に言えばチャンスをもらいながら、定着できなかった。
数字を残すというのも大事な要素だろうが、今ファーム選手に求められているのは緊張した場面でのチームプレイ、チームバッティングであり、それがきちんとした形で出せなければ1軍首脳陣には認めてもらえない。非常に物足りないというか、鍛えなければダメと思う。

・脇谷・鈴木らは2軍から巣立った選手だが
後半にチャンスを貰っているが、では実際に開幕から、キャンプ〜オープン戦と開幕1軍に選ばれたのか?そうではない。
本人たちはそう思っていないだろうが、自分の中で当たり前のように使ってもらっているのだ、と考えたのではダメ。1つのミスがすぐに厳しい現実が待っているという、危機感を持ち戦って欲しい。

・投手陣に関しては
同様?そうですね。去年はたくさん投手に入団してもらったので、今年は使いながら鍛えるという方向性でやってきた。
1年目ということを抜きにしても、まだプロとしては物足りないですね。コーチに対しても、非常に良い勉強になったし、課題として来年に向け頑張って生きたい。

・監督1年目としては?
難しいというより楽しかった。実際に中に入って指揮を取る、指導するというのは2軍ならではのもの。
大変というか、それが仕事だし楽しさに変え、まだまだ伸びる選手が居るし、これからも出てきてほしい。
G+で放送してもらっているホームゲームであまり勝てなかった。一番の課題はそれですか(笑)
たくさんのファンに足を運んでもらい、そして勝つ。テレビの前のファンの皆さんにもすばらしい試合をお見せしたい。


試合開始に備える先発・木佐貫ら川崎ナインの様子、一方スタンド入り口付近でサインに気軽に応じる新加入の林?豪。


1回表
1佐 竹 初球からセーフティーバントを敢行するが、長田がダッシュしてきて捌き、アウト。
2平 石 高く打ち上げ、レフト亀井がキャッチ。
3山 下 ショート正面のゴロ。

3者凡退とし、笑顔も見せながらベンチに引き上げる木佐貫。
山形先発、インチェがマウンドに登場。


1回裏
1川 中 スイッチ挑戦中のため初の右打席。フルカウントから引っ張ってレフト前への記念すべきヒット。
2十川孝 ファースト正面へのゴロ。
3亀 井 ライト前へゴロで抜けていくヒット。
4吉 川 3球目が暴投となる間に川中が生還(川崎1−0山形)続く球をすくい上げ左中間を破るタイムリー(川崎2−0山形)
5梅 田 サード強襲のゴロで、山下が捕ることができず記録はエラー。
6長 田 セカンド正面の併殺打。

スイッチ転向を始めたばかりで結果を出した川中、タイムリーの吉川が、元気に外野・一塁の守備位置に就く。

2回表
4吉 岡 ショート正面へのゴロ。若干送球が上ずったが間一髪。
5草 野 高々と打ち上げセカンドフライ。
6竜太郎 詰まったサードゴロ。長田も軽快な動きを見せる。

守備機会はなかったが駆け足で戻ってくる川中。

2回裏
7大須賀 初球を高々と打ち上げ、左中間スタンドへ吸い込まれる特大の一発(川崎3−0山形)
8實 松 少し詰まったセンターフライ。
9木佐貫 詰まったショートゴロ。
1川 中 センター定位置付近へのフライ。

3回表
7中 島 ショート正面のゴロだったが、十川孝からの送球が高く浮いてしまう。記録はエラー。
8井 野 サード正面へのゴロ。
9インチェファースト正面の当たりであったが吉川がファールゾーンへ弾いてしまい、さらに拾ってベースカバーの木佐貫にトスした球がマウンド方向へ逸れてしまう。
(尚、このとき吉川が捕手練習中であることもちらりと紹介)
1佐 竹 セカンド正面へのゴロ併殺打。

注文どおりの併殺打に仕留め、汗をぬぐって野手とも声をかけあいながら引き上げる木佐貫。

3回裏
2十川孝 左中間へ高々と打ち上げ、打った瞬間の一発(川崎4−0山形)
3亀 井 ファースト正面のゴロ。
4吉 川 センター方向へ打ち返したがインチェのぐらぶへ収まるライナー。
5梅 田 サード正面のゴロ。

ここで前日(24日)の試合でプロ初本塁打を放った梅田のスペシャルインタビュー
・初本塁打の感想
とにかく1球に集中し、最後は追い込まれたが、あきらめずに構え、インコースの甘いところをフルスイングしたので良い結果につながった。

・ものすごい当たり?
モノレールですかね?の線路を越えたと聞きました。そのときはベースを回っていたので確認はできなかったですけど。気持ちよかったです。

・ベースを一周しているとき
夢中で走ってました。うれしかったです。

・現在の状況
体に疲れは出ていますけど、試合に出て結果を残すことが1軍へ行く近道だと思っているので、一戦一戦大事にしていきたい。

・今期を振り返って
前半戦は思ったような力が出せなかったが、後半戦になって自分の力を出せるようになり、今がチャンスだと思うのでアピールしていきたい。

・来期へ向けて
まずは1軍昇格を目標にがんばっていきたいと思います。

4回表
2平 石 痛烈に三遊間を破っていくヒット。
3山 下 三塁線への痛烈な当たりで、長田がキャッチしたが二塁送球が間に合わずセーフ。
4吉 岡 セカンド正面へのゴロ併殺打。平石は三塁へ。
5草 野 ショート正面へのゴロ。

初安打を許してのピンチを無失点で切り抜け、ゆっくりと引き上げる木佐貫。アンダーシャツを着替えるためいったんベンチ裏へ。
マウンド上には2番手で根市が登場。
山形/9投手:根市

4回裏
6長 田 ゴロでセンターへ抜けていくヒット。
7大須賀 詰まったショートゴロで二塁フォースアウト。
8實 松 レフト前へ落とすヒット。
9木佐貫 根市の正面へ転がしバント成功。
1川 中 今度は左打席(左打者用メット装備)ややシュート回転の球をすくい上げ、左中間を深々と破る2点タイムリー(川崎6−0山形)
2十川孝 一、二塁間への当たりで佐竹が飛び込んだが及ばず、ライト前に達するタイムリー(川崎7−0山形)
3亀 井 三遊間を破るヒット。代走山本。
4吉 川 詰まったセンターフライ。

最後の打球を処理し、駆け足で引き上げる平石。


5回表
6竜太郎 浅いセンターフライ。
7中 島 内角直球を空振り三振。
8井 野 すくい上げてセンター前へ落ちるヒット。
H銀 次 三遊間をゴロで破るヒット。
1佐 竹 詰まったショートゴロ。

この回も無失点としゆっくり引き上げる木佐貫。
ベンチではシャドーピッチングをする三木などの姿も。また、VTRで試合前にランニングをする林?豪の様子も。

山形/8投手:富岡 9捕手:銀次

5回裏
5梅 田 三遊間をゴロで破っていくヒット。
6長 田 詰まったセカンドゴロ。
7大須賀 サード正面のゴロだったが、捕球に入った山下の目の前でイレギュラーバウンド。記録はヒット。
8實 松 打ち上げてライトフライ。しかし、このとき中島と平石が交錯し、平石が足を強打した様子で少しの間起き上がれず。
数分後ようやく立ち上がり、屈伸をして守備位置に戻る。
9木佐貫 セカンド正面のゴロ。

最後の打者となった木佐貫はメットを脱ぎ、ゆっくりベンチへ戻って次の投球に備える。
ここで24日の桑田「お別れ登板」の様子。さらにこの日行われていた高校生ドラフトの1巡目指名選手の紹介も。

6回表
2平 石 サード正面のゴロ。三遊間で長田が軽快な動きを見せる。
3山 下 落ちる球に空振り三振。
4吉 岡 センター前へ抜けていくヒット。
5草 野 セカンド正面へのゴロ。

この回も無失点とし、ベンチからの声援に応えながら引き上げる木佐貫。
次の攻撃で先頭打者の川中がメットをかぶり準備している。

6回裏
1川 中 サード正面へのゴロ。
2十川孝 三塁線への当たりで山下がさばく。
3山 本 サード正面へのゴロ。

スタンドから木佐貫を熱心に見守る女性ファンの姿。

7回表
6竜太郎 ライトフェンス直撃のヒット。
7中 島 木佐貫正面へのゴロであったが、木佐貫の送球が高く浮いて大須賀が捕球できず。
H沖 原 変化球に空振り三振。
9銀 次 打ち上げてライトフライ。

この回も無失点で切り抜け、ベンチへ戻る木佐貫。
山形3番手、松本がマウンド上に。
山形/8投手:松本

7回裏
4吉 川 詰まったサードゴロ。
5梅 田 ショート深い位置へのゴロであったが送球が逸れ記録はヒット。
6長 田 三塁ベースを直撃し、レフト前に達するツーベース。
7大須賀 初球をすくい上げレフト前に落ちるタイムリー(川崎8−0山形)
H 原  セカンド正面への当たりであったが、永池はボールが手につかずセーフ、この間に走者が帰りさらに追加。記録は永池のエラー(川崎9−0山形)
H小 関 セカンド正面への併殺打。

吉村監督が出てきて投手・野手の交代を告げる。
川崎/1左翼手:十川雄 4捕手:佐藤弘 8一塁手:原 9投手:越智

8回表
2永 池 詰まったショートゴロ。
3山 下 きわどいコースが外れ四球。
4吉 岡 すくい上げレフト前に達するヒット。
5草 野 高々と打ち上げ、ライトフェンス広報の土手に直撃の3ラン(山形3−9川崎)
6竜太郎 ファースト正面のゴロ。
7中 島 浅いセンターフライ。

3点は失ったが後続を抑え、越智が早足で引き上げる。
少し曇り空となっている上空の様子。

8回裏
1十川雄 ライト前に達するヒット。
2十川孝 ショート正面の併殺打。
3山 本 センター前へ運ぶクリーンヒット。
4佐藤弘 詰まりながらもライト前に達するヒット。
5梅 田 サード正面へのゴロ。

吉村監督が、最後の選手交代を告げる。
川崎/9投手:伊達

9回表
H長 坂 詰まったセカンドゴロ。
9銀 次 フルカウントから、外角の球をスイングのジャッジ。
1佐 竹 詰まったサードゴロでゲームセット。

最後を締めた伊達らは勝利のハイタッチ、元気にベンチへ戻り、一塁線上に整列しファンにあいさつ。
ベンチでは勝利の瞬間、ナインとハイタッチを交わす先発の木佐貫。
※本日も、お立ち台はなし

<注目選手 ジャイアンツ>
■木佐貫洋(巨)先発 7回 被安打5 無失点
前半戦を怪我で棒に振り、中盤に復帰したものの1軍定着には至らず…
本日は速球がそれほど早いわけではなく、また持ち味の三振もそれほど多いわけではなかったが打たせて取る投球を実践、前日の桑田のように勝利権利の5回を大幅に超え、7回まで山形打線を完封する見事なピッチング。
これこそ、まさに来期以降の復活の足がかりにしていきたい。

■川中基嗣(巨)4打数2安打打点2
現在、スイッチ挑戦中ということでまず第1打席、左腕インチェにあわせ右打席に入り記念すべき初安打!
第3打席は根市にあわせおなじみ左打席でまたもヒット、合計2安打で2打点をマーク。

3回、適時打のコメント
打ったのはインローのストレート。2−0と追い込まれたときは3球で終わったと思ったんですけどね。2−3となって狙い球を絞っていった。
右打席初安打の記念球は、つきっきりで指導してくれた井上コーチに、感謝の気持ちを込めて渡します。

■長田昌浩(巨)4打数2安打
本日はスタメンサードでの出場、ホットコーナーと言われるほど打球の飛ぶ機会も多く、それに対し長田自身も果敢な守備を見せ躍動感あふれるプレーを連発!
打撃でも2安打をマーク、残念ながら解雇された野手も出てしまったので、来期はサードスタメンの機会が増えるかもしれませんし今後も引き続きがんばってほしい。


<注目選手 イーグルス>
■インチェ(楽)先発 3回 被安打5 失点4
今期加入の助っ人
初回から制球が定まっていない印象。そのためヒットで走者を貯め失点という悪い流れを止めることができず。さらに一発で2点を失い、先発の役目を果たせず降板…
インチェは来期残留が決まったようなので、今年得た経験を糧に来期のピッチングにつなげてもらいたい。

■草野大輔(楽)4打数1安打打点3
成長著しいルーキー
本日は、8回に越智の変化球を見事にとらえ、ライトスタンド上段=土手の部分にぶち当てる特大の3ラン!!
内野を器用にこなす守備も安定してきましたし、来期へ向けて1軍定着へのきっかけを作っていきたい。

■吉岡雄二(楽)4打数2安打
かつてはこのジャイアンツ球場で汗を流し、その後近鉄、楽天と渡り歩いたメンバー
本日は試合中盤〜終盤に2安打でその後の得点機につなげるチャンスメーク。
確かに若手が台頭していますがベテラン・パワーに頼るときも必ず来るので、さらなる活躍に期待。


2006年 9月24日 イースタンリーグ 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:れっくさん/WIZさん

■報告者:れっくさん

超満員御礼!ジャイアンツ球場

 9月24日(日)13:02〜15:17 イースタンリーグ公式戦(ジャイアンツ) 川崎vs湘南

湘南 010 000 400 5
川崎 100 000 000 1

 勝利投手 松家
 敗戦投手 桑田

 本塁打 亀井・梅田(プロ1号)

*湘 南 打 安 点 振 四死 犠 盗  *川 崎 打 安 点 振 四死 犠 盗
C野 中 3 1 0 0  1  0 0  H亀 井 3 1 1 0  1  1 0
4福 本 1 0 0 0  0  0 0  E十川孝 4 0 0 1  0  0 0
G田中一 4 0 0 0  0  0 0  B梅 田 4 1 1 1  0  0 0
F桑 原 4 1 0 1  0  0 0  G三 浦 4 0 0 3  0  0 0
B小田嶋 4 1 0 0  0  0 0  F山 本 2 1 0 1  1  0 0
H内 藤 3 1 0 1  0  1 0  C長 田 3 0 0 1  0  0 0
D北 川 4 1 2 0  0  0 0  D黒 田 3 0 0 1  0  0 0
E石 川 4 1 1 0  0  0 1  A村 田 2 0 0 0  0  0 0
A武 山 4 2 1 0  0  0 0  1真 田 0 0 0 0  0  0 0
@吉 見 1 0 0 1  0  0 0  H 原  1 0 0 1  0  0 0
1松 家 0 0 0 0  0  0 0  1 南  0 0 0 0  0  0 0
H呉 本 1 0 0 0  0  0 0  @桑 田 2 0 0 2  0  0 0
1稲 嶺 0 0 0 0  0  0 0  2実 松 1 0 0 0  0  0 0
H田中充 1 1 1 0  0  0 0
1堤 内 0 0 0 0  0  0 0    計  29 3 2 9  2  0 0
H西 崎 1 0 0 0  1  0 0
1岡 本 0 0 0 0  0  0 0

  計  34 9 5 3  2  1 0

P    回 打 安 振 四 責      P    回 打 安 振 四 責
 吉 見 3 10 1 3 0 1       桑 田 7 29 8 2 1 5
 松 家 2 6 22 0 2 0       真 田 1 3 0 1 0 0
 稲 嶺 1 4 11 1 1 0        南  1 4 1 0 1 0
 堤 内 2 7 18 2 0 0
 岡 本 1 4 22 1 2 1

総 評
 今日の試合は、テレビ・新聞・HP等メディアを通じこの試合を最後に「桑田退団か?」
と報道され、今朝の某番組の生中継において元巨人・元木大介氏が現地より桑田投手を密着取材していました。
 このため、スタンドは更に日曜開催と言う事も重なったため12:30の時点で場内満員のためこれ以上の観客の入場を見合わせるとの告知が。このため、球場入口の階段から試合を遠めに眺めている方々の多いこと・・・。ただただ驚きの一言です。以前、由伸が調整出場した時も同様だったとの事です。
 実は、友人も12:30着も入場できず桑田降板まで階段上で観戦し、観客が帰宅し始めた頃、球場係員に入場許可を得、やっと観客席へたどり着いたようです。
 このため、スタンドは98%桑田真澄目当ての川崎ファン。我々の湘南応援スタンドは、完全どアウェー状態。
(実は、昨日大阪にてJリーグ観戦した私。この時も、スタンドはどアウェー状態。少人数で密集した応援)
 ホーム・アウェー(ビジター)であろうと勝利は嬉しいですが、今回のようなビジターにおいて少人数ながらファンが気持ちをひとつにし応援。勝利を手にするのも格別な嬉しさが味わえます。観戦された皆さん、秋晴れの残暑の厳しい中大変お疲れ様でした。





■報告者:WIZさん

9/24(日)イースタンリーグ公式戦 巨人−湘南 14回戦 ジャイアンツ球場(13:00開始)

審判:PL本田、1B石山、3B敷田
公式記録員:及川
観客数:3495名(巨人HPより。入場規制で入場できないファンを含めると約5千名)

【スコア】
湘  南 010000400 
巨  人 100000001 

【投手継投】
湘  南 吉見(3回)−松家(2回)−○稲嶺(1回)−堤内(2回)−岡本(1回)
巨  人 ●桑田(7回)−真田(1回)−南(1回)

【得点経過】
1回裏(巨) 無死無塁で亀井、ライトスタンドへソロ(1点)
2回表(湘) 二死2塁で石川、センター前タイムリー(1点)
7回表(湘) 一死2・3塁で北川、レフト前タイムリー(2点)
      二死2塁で武山、ライトへタイムリー2ベース(1点)
      二死2塁で田中充、右中間へタイムリー2ベース(1点)
9回裏(巨) 二死無塁で梅田、レフトスタンドへソロ(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
2B 野中  投安  二ゴ    投ゴ四球         310000010
H 福本                  中飛     100000000
2B
CF 田中一 二ゴ  一ゴ    一ゴ一ゴ         400000000
LF 桑原  三振    投ゴ    左安投ゴ       410100100
1B 小田嶋   一ゴ  二ゴ    左安遊ゴ       410100000
RF 内藤    右安  二ゴ    一犠三振       310100100
3B 北川    一ゴ    左飛  左2  二ゴ     412100000
SS 石川    中安    一ゴ  三ゴ  中飛     411001000
C 武山    遊ゴ    右飛  右2  中安     421100000
P 吉見      三振                 100000100
P 松家                         000000000
H 呉本            三ゴ           100000000
P 稲嶺                         000000000
H 田中充             右2         111000000
P 堤内                         000000000
H 西崎                  四球     000000010
P 岡本                         000000000


<巨人>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
RF 亀井  右本  二ゴ    死球    三飛     311110001
SS 十川孝 三ゴ    中飛  右飛    三振     400000100
1B 梅田  一ゴ    二ゴ    中飛  左本     411110000
CF 三浦  一飛    三振    三振  三振     400000300
LF 山本    三振    四球  右安         210000110
2B 長田    三振    二併  捕飛         300000100
3B 黒田    遊ゴ    三振    左飛       300000100
C 村田      右飛    中飛           200000000
P 真田                         000000000
H 原                 三振       100000100
P 南                          000000000
P 桑田      三振    三振           200000200
C 實松                中飛       100000000


【投手成績】
<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
 吉見   3  10  1 0 3 1 1
 松家   2  6  0 1 2 0 0
○稲嶺   1  4  0 1 1 0 0
 堤内   2  7  1 0 2 0 0
 岡本   1  4  1 0 2 1 1

<巨人>
      回  打  安 四 三 失 自
●桑田   6  29  8 1 2 5 5
 真田   1  3  0 0 1 0 0
 南    1  5  1 1 0 0 0


【選手感想】
<湘南>
■田中一徳(湘)
 ベイスターズ唯一のPL学園高出身ということもあってか、野中−石川の韋駄天コンビに代わり
 2番打者としてスタメン起用。岩井さんの演出かな?
 大先輩桑田の前にここ最近の好調な打撃を披露できなかったものの、7回は桑田のジャイアンツでの
 最後の対戦打者となりファーストゴロ。引き上げる際にベンチに戻る桑田に一礼。

■野中信吾(湘)
 初回に桑田へ強襲の内野安打で出塁、すかさず盗塁を敢行するも失敗。
 本日誕生日で第1打席に立った際はハッピーバースデーがファンから送られる。
 (試合前の練習の成果なく応援団のトランペットがちょっと残念でした)
 「来年は一軍で盗塁王」と色紙に記入したのは私です。
 ぜひ叶えて下さい!来年は「ハマのエキスプレス、青い稲妻」だ。

■松家卓弘(湘)
 先月までの不振が嘘のようにここ最近は安定した投球を披露。
 思えば勝負どころで右の中継ぎが一人もいなかったのが悔やまれるところ。
 その一角を担わなければならないのが彼。来季は一年フル稼働を。

<巨人>
■桑田真澄(巨)
 今日の川崎は彼しかいないでしょう。
 初回に野中に強襲安打を受けるも4回には彼の真骨頂である見事なフィールディングを披露。
 中盤は味のある投球で好調湘南打線は走者を出すことも出来なかった。
 彼に打席が回るとスタンドは沈黙、そして彼が打席に向かうと大拍手。
 しかし遂に7回に湘南打線に捕まり4失点。こうしてジャイアンツでの登板は終わったのです。
 今日の内容を見れば「まだまだやれる」と自他共に感じたのではないでしょうか。
 さて来季はどこのユニフォームを着てマウンドに立つのだろうか?


【全体感想】
■試合展開
超満員の中で行われた一戦。その大観衆のファンのお目当てである桑田は先頭野中に強襲打を
打たれるも盗塁失敗もあり3者凡退に切り抜けます。
大先輩の花道を飾りたい若手野手陣は湘南先発、帰ってきた「湘南のエース」吉見から亀井が
先頭打者ホームランで1点を先制します。

1点を先制されたものの、8連勝と波に乗る湘南打線は完全アウェーのスタンドに臆することなく、
また桑田のメモリアル登板も意識せず本来の力を発揮します。
先制された直後の2回に桑田のプロデビューに誕生した石川が同点タイムリー。
そして7回、ここまで好投を見せた桑田に対し桑原、小田嶋の連打でチャンスを掴むと
北川、武山、田中充のタイムリーで一挙4点を取り桑田を遂にKO。

川崎打線は湘南中継ぎ陣の前に凡打の山。最後に抑えの岡本から梅田がソロの一発で
反撃するのが精一杯。湘南はとうとう9連勝。

■川崎情景
既にれっくさん、キョンさん、夫婦・漫才様、そして子連れさんのご報告の通り、ファームの試合では
史上稀に見る大観衆!巨人HPによる公式観客数は3495名とのことですが、超満員のため
入場できなかった方が多数。キョンさんの仰るとおり5000名はこのジャイアンツ球場に訪れたのでは
と思わせる大混雑でした。

試合開始1時間前にはスタンドはほぼ満席。しかし入場券売り場には頂上の辺りまでチケットを
求める方の長蛇の列が途切れることなく続き、入場できないとなると丘の上に陣取るファンが多数。
この模様は夫婦・漫才様のブログの写真を見て頂くと分かるかと思います。
ちなみに大のG党である私の伯父も一報を聞いて球場に駆けつけたのですが、入場できず、
丘の上で観戦も虫が相当いたらしく、2回途中で帰ってしまいました。
丘の上で観戦された皆さん、大変お疲れ様でした。
立ち見は当然、球場外フェンスや木に登って観戦する姿に、巨人黄金時代の地方遠征試合の模様を
思い起こさせました。

さらに久々に陽射しの厳しい1日だったため、売店に並ぶ列も3塁側まで到達する繁盛振り。
子連れさんの報告にある「試合が終わってしまうのでは・・・」は、元は私のビール購入のために
並んでいたのでした。大先輩との今季最後のご一緒の観戦で大変ご無礼を致しました。

この大混雑の理由は既に皆さんご存知の通り、昨日球団HPで桑田自身が
「明日がジャイアンツで
最後のユニフォーム」
と宣言したことにあります。そのメッセージは球場のグッズ売り場にも
張り出されていました。
この告知は彼の真面目な性格を物語っており、彼は最後の最後までジャイアンツに興行面でも
大貢献したのでした。

前日までは桑田の投球を見て絶対に泣く!と宣言しましたが、湘南ユニの選手たちを見ると
あっさり心変わり、桑田より9連勝だ!と悪酔い湘南親父に変貌してしまいました。
桑田さん、ごめんなさい。私はすっかり湘南に人生を託してしまいました。

その湘南は今日の勝利でシーズン負け越しの可能性が消滅しました。
最低の目標をクリアしホッとしたところですが、気付けばこの連勝で今後の展開次第では
Aクラスも狙える位置に来てしまいました。
その夢が叶えられるかは28日の今季最終戦である川崎との一戦に勝たなければなりません。
頑張れ湘南シーレックス!こうなったら総力戦で10連勝で締めよう。

観戦された皆様、大変お疲れ様でした。
最後に本日の感想、個人的感情が多々入った文章になり申し訳ありません。


2006年 9月23日 イースタンリーグ ヤクルト−湘南(戸田)報告者:WIZさん

9/23(土)イースタンリーグ公式戦 東京ヤクルト−湘南 最終戦 戸田球場(13:00開始)

審判:PL橋本、1B工藤、2B山崎、3B山路
公式記録員:西原
観客数:約150名

【スコア】
湘  南 400800000 12
ヤクルト 001020000  3

【投手継投】
湘  南 ○那須野(6回)−村西(2回)−後藤(1回)
ヤクルト ●山田(3回)−松谷(2回)−本間(2回)−三澤(1回)−上原(1回)

【得点経過】
1回表(湘) 一死3塁で桑原、レフト前タイムリー(1点)
      一死1・2塁で田中充、バックスクリーンに3ラン(3点)
3回裏(ヤ) 二死無塁で小野、ライトスタンドへソロ(1点)
4回表(湘) 二死2塁で石川、ライト前タイムリー(1点)
      二死2塁で桑原、レフトスタンドへ2ラン(2点)
      二死満塁で北川、ライト前タイムリー(2点)
      二死1・3塁で武山、右中間スタンドへ3ラン(3点)
5回裏(ヤ) 二死2塁で梶本、ライトスタンドへ2ラン(2点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
2B 野中  四球一ゴ  二ゴ遊飛  三振  中飛     500202110
SS 石川  一ゴ左飛  右安中2  遊安  三振     631101100
LF 桑原  左安  中安左本中飛  遊ゴ         533211000
1B 小田嶋 投安  中飛左安               320100000
R 福本          四球  中安         110100010
1B
3B
CF 田中充 中本  二飛中安遊ゴ             423210000
CF 西崎              中飛         100000000
RF
RF 内藤  二ゴ  四球四球  一ゴ           200100020
LF 田中一               左飛       100000000
3B 北川  遊ゴ  右飛右安               312100000
H 呉本            三振  遊ゴ       200000100
1B
C 武山    中安  右飛  中安  二ゴ       533110000
            右本
P 那須野   投犠  四球  二ゴ           200000110
            三振
P 村西                         100000000
H 斉藤                  中飛     100000000
P 後藤                         000000000


<ヤクルト>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
RF 志田  右安  遊ゴ  中2  二併         420100000
P 三澤                         000000000
P 上原                         000000000
2B 梶本  四球  右飛  右本    三振       312110110
C 小野  三振  右本                 211110100
C 水野          四球    一ゴ       100000010
3B 畠山  三安  右飛  中飛    捕飛       410000000
1B
CF 牧谷  三振    遊ゴ  右飛           300000000
H 高橋                  左安     110000000
1B 土橋  左飛    右安  二飛           310000000
3B 大塚                  遊失     000000000
LF 内田    一ゴ  遊併  中飛    遊併     400000000
SS 川端慎   一ゴ    二ゴ  一ゴ  二ゴ     400000000
P 山田    遊ゴ                   100000000
P 松谷                         000000000
H 野口          一飛             100000000
P 本間                         000000000
H ユウイチ              右安         110000000
RF


【投手成績】
<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
○那須野  6  25  6 2 2 3 3
 村西   2  6  1 0 1 0 0
 後藤   1  4  1 0 0 0 0

<ヤクルト>
      回  打  安 四 三 失 自
●山田   3  16  5 2 0 4 4
 松谷   2  16  7 3 1 8 8
 本間   2  9  3 0 2 0 0
 三澤   1  3  0 0 0 0 0
 上原   1  3  0 0 1 0 0


【選手感想】
<湘南>
■那須野巧(湘)
 降格後、2試合続けて好投を見せていたが今日はコントロールが定まらず。
 ライト方向へ強風が吹いていた影響で2本の長打が本塁打となってしまった不運もあるが、
 一軍へ素直に背中を押せない内容。
 フェニックスリーグには参加せず一軍に帯同だろうか。
 来季に大きな期待を抱かせる登板を望みたい。

■桑原義行(湘)
 またまたジンクス継続「那須野投げれば桑原打つ」。
 先制タイムリーに中押しソロと大活躍。

■野中信吾(湘)
 無安打も四球と併殺崩れで出塁するとすかさず盗塁を決めて成功。
 初回は先制、4回には大量得点の先陣を切った。盗塁王のタイトルもグッと近づいたか。

☆今日の村西哲幸(湘)&後藤伸也(湘)☆
 20日に子連れさんより戸田で投げよの指令を守り、那須野の後を受けて登板。
 まず村西、7回より登板も打者3人全てボールが先行、ユウイチに安打を許すも志田を併殺。
 引き上げる際にベンチ前で岡本コーチと何やら会話。
 「次、行けるか」、「あい」。おそらくそんな会話が交わされたのだろう、続く8回も登板した村西は
 梶本を0−2から的確にコースをせめて最後は空振り三振と、本日最高の投球を見せる。
 勢いに乗った村西は2アウト後、畠山を1ストライクから連続3ボールも気迫のストレートで
 キャッチャーフライに打ち取りお役御免。
 その村西の後を受け継いだのが18日の登板で打球を足に受けた後藤。
 被打球の影響は全く無し。腕の振りが抜群によく球威も良し。
 代打、高橋に巧くレフト前に持っていかれるも、大塚を注文通りにショートゴロ。
 が、しかしこれを併殺を焦った石川がエラー。だが続く内田にもこれまた注文通りのショートゴロを
 今度は石川が無難に捌き、川端をサードゴロに打ち取って試合終了。
 観戦予定も病に倒られた子連れさんへの良薬ともいうべき好投を見せてくれた。
 残りあと2試合、遠慮せず明日も投げよう。

<ヤクルト>
■山田裕司(ヤ)
 入団して今年ようやく実戦登板のマウンドを踏んだ右腕。
 やはり実戦経験の乏しさが露呈し、マウンドに終始制球に苦しんだ内容。
 今年は経験を積むことが重要。結果を求めるのは来年でよいかと思う。

■松谷秀幸(ヤ)
 山田は致し方ないとはいえ、こちらは実戦経験多数だけに大喝!
 2アウトまで追い込みながらその後の打たれぶりは情けないの一言。

■小野公誠(ヤ)
 今日の大量失点には彼のリードと盗塁を簡単に成功させたことにも問題あり。
 4回で懲罰交替を受ける。一時は古田監督の後継と期待されただけに残念である。

■牧谷宇佐美(ヤ)
 戸田の中で個人的に飛躍を期待している選手。
 今年もなかなか一軍昇格・定着の夢が叶わなかったが、守備では好調桑原のセンター前かという
 当たりをダイビングキャッチで好捕と、最後で元気なプレーが見れたのでよかった。
 来年、また大きくなって会いたいもの。


【全体感想】
■試合展開
戸田先発の山田は起ち上がりからコントロールに苦しみ、先頭の野中にいきなりストレートの四球を
与えてしまいます。湘南はすかさず野中が盗塁、石川のファーストゴロで3塁へ進むと桑原が
レフトへタイムリーを放ち1点を先制します。
さらに小田嶋がピッチャー強襲の内野安打で出塁すると、田中充がバックスクリーンへ特大の3ラン。
初回に4点のリードを奪います。

湘南先発の那須野も今日はコントロール難が露呈してしまい二死満塁のピンチを招き、
ベテランの土橋を迎えます。その土橋の当たりはレフトスタンドへ同点満塁弾か、と思わせる大きな
当たりでしたが、フェンスぎりぎりで降下し凡退。
ここで那須野を攻めきれなかったことが戸田の敗因だったのではないでしょうか。

3回に小野のソロで3点差と追い上げるも、4回表に湘南打線が大爆発。
戸田は山田から松谷に交替するも、これが大誤算。
湘南に2アウトから四球を挟む怒涛の6連打で打者一巡、8点を取り試合を決めます。

戸田は5回に梶本の2ランで追い上げるのが精一杯。
湘南は那須野から村西−後藤とつないで圧勝。これで8連勝となりました。

■戸田情景
雲の切れ間から見える陽射しは厳しいものの、太陽が雲に隠れると冷たい風がTシャツ一枚では
肌寒く、秋の訪れを一層感じたのでした。
今年最初で最後の戸田球場は優勝を逃した戸田と、5割復帰、シーズン勝ち越しを狙う湘南の
チームのモチベーションの差がくっきり出た試合となりました。
球場に駆けつけたお客さんも湘南ファンの声援が多かったように感じました。

今日で戸田戦の観戦も終了。
とにかく5月の10連勝が大きかったですね。そこから一時は首位に躍り出て以後は浦和と
優勝戦線を常に争いました。
しかし夏場以降は投打に勢いが無くなってしまったのが残念でした。

試合後は最終戦ともあり、岩井監督と小川監督が健闘を称える握手で幕が降りました。

湘南は8連勝とし、久々に勝率5割に復帰しました。
シーズン勝ち越しのためには残り2試合で全勝しなければなりません。
命運握る残り試合は明日と28日の川崎戦となります。
特に明日は球団HPでジャイアンツのユニフォームとの別れを告白した桑田投手が登板します。
いろいろと注目の一戦になりそうです。


  ■掲示板@2軍愛■