【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2007年 3月10日 イースタン教育リーグ ロッテ−ヤクルト(ロッテ浦和)報告者:あかつきさん

初めて投稿する「あかつき」と申します。
小さい頃からずっと沿線の西武ファンでしたが、おととしからロッテに乗り換えました。
生粋のパリーグファン歴であることは変わらず約15年、気持ちは常に打倒セリーグです。
去年初めて見たファームのオモシロさにハマって、ROMらせてもらっていましたが、スコアを付けながら見ているので、せっかくなので今年からその情報を書き込みさせてもらいたいと思います。

2007年3月10日(土) イースタン春季教育リーグ 千葉ロッテ−東京ヤクルト ロッテ浦和 12:29〜14:42(2時間13分)

戸田 000 000 000=
浦和 101 000 000=

勝:渡辺俊
S:末永
敗:松岡

【野手】
<戸田>
      打得安点. 1  2  3  4  5  6  7  8  9
(8)上 田 4000 空振 …… …… 空振 …… …… 空振 …… 空振
(4)三 木 4010 三振 …… …… 左直 …… …… 左2 …… 二ゴ
(6)川 端 3010 右安 …… …… 三ゴ …… …… 一ゴ …… ……
(3)鈴木健 3000 …… 三直 …… …… 右飛 …… ニゴ …… ……
(指)小 野 2010 …… 右安 …… …… 空振 …… …… …… ……
打指丸山泰 1000 …… …… …… …… …… …… …… 中飛 ……
(9)牧 谷 3000 …… 遊併 …… …… 中飛 …… …… 三ゴ ……
(7)5野口 3020 …… …… 三振 …… …… 左安 …… 左2 ……
(2)川 本 2000 …… …… 二飛 …… …… 空振 …… …… ……
2 水 野 1000 …… …… …… …… …… …… …… 三ゴ ……
(5)7大塚 3000 …… …… 一ゴ …… …… 空振 …… …… 遊ゴ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

チーム合計 29050 併1 残2

<浦和>
      打得安点. 1  2  3  4  5  6  7  8  9
(9)佐 藤 4221 左3 …… 左本 …… 空振 …… …… 空振 ……
(6)早 坂 3011 左犠 …… 中安 …… …… 三ゴ …… 空振 ……
(5)細 谷 3000 遊ゴ …… 空振 …… …… 三ゴ …… …… ……
(7)神 戸 2000 空振 …… …… 四球 …… 三振 …… …… ……
(2)金 澤 3010 …… 空振 …… 左安 …… …… 空振 …… ……
(8)角 中 2000 …… 遊ゴ …… 二ゴ …… …… …… …… ……
打8 南  1000 …… …… …… …… …… …… 遊直 …… ……
(指)青 松 3010 …… 三振 …… 遊ゴ …… …… 右安 …… ……
(3)定 岡 3010 …… …… 左安 …… 左邪 …… 空振 …… ……
(4)藤 井 2000 …… …… 三併 …… 空振 …… …… …… ……
打4代 田 1000 …… …… …… …… …… …… …… 三ゴ ……
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

チーム合計 27262 併1 残3

□本塁打 M:佐藤(ソロ=松岡)
□三塁打 M:佐藤
□二塁打 S:三木 野口

■併殺打 S:牧谷(2回)
     M:藤井(3回)
■盗塁死 S:川端(1回) 野口(6回)
     M:神戸(4回)

【投手】
    回 打球数 安振四死失責
<戸田>
松 岡 5 19 66 561022
田中充 2 7 23 130000
宇 野 1 3 17 021000
−−−−−−−−−−−−−−−−
<浦和>
渡辺俊 6 18 66 370000
藤 田 1 4 12 110000
薮 田 1 4 13 100000
末 永 1 3 18 010000

【得点経過】
1回裏 早坂左犠牲フライ(M1−0S)
3回裏 佐藤左本塁打  (M2−0S)

【私感】
<浦和>
●渡辺俊介(ロ)・藤田宗一(ロ)・薮田安彦(ロ)
一軍を思わせるかのような豪華リレー。
三者とも完調までにはもう少しという感じだったが、ここではやはり格が違いすぎた。
開幕に向けて余裕の調整だろうか。

●末永仁志(ロ)
今季浦和のストッパー候補。本人も志願しているらしい。
高校の先輩斉藤和(ソフトバンク)をそのまんま思わせる背番号・背格好・ダイナミックなフォーム・球質・・・
期待せずにはいられない、去年はじめて見た時からのイチオシ選手。
9回1イニングをきっちり3人で抑える。
浦和の9回は任せた!!

●佐藤賢治(ロ)
横浜高出の高卒ルーキー。
守備の評判は以前から高かったが、打撃にもこれほど魅力があるとは!!
逆方向への2長打は見事の一言。
誰もが思ったよりも早くマリンの外野を守っている日が来るかもしれない。

P.S.
Tylerさんの秀逸なBOXをテンプレ代わりに使わせていただきました。
ありがとうございました。


2007年 3月10日 イースタン教育リーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:れっくさん/森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記)/WIZさん


■報告者:れっくさん

 イースタン春季教育リーグ(鎌ヶ谷)
SR 000 002 310 
F  042 100 00× 

勝 須永
敗 後藤
S 星野
勝利打点 駒居
本塁打 市川(2回3ラン・後藤) 桑原(7回ソロ・植村)

○湘 南 打安点振四犠盗失 ○鎌ヶ谷 打安点振四犠盗失
G桑 原 42101000 G7紺 田 51000000
H西 崎 41000000 F8工 藤 51020000
H9ミツル 10000000 C稲 田 21002000
F古 木 42111000 H佐 藤 42210000
B5呉 本 53000000 B渡 部 30010000
A新 沼 20010000 D小 田 00010000
3河 野 21000000 RD鵜久森 20010000
C北 川 31110000 HD 陽  10000000
R4梶 谷 20100000 E高 口 31110100
D2斉 藤 42200000 G駒 居 31101000
H高 森 10010000 D市 川 42310000
D下 園 31001000   計  329765100
6木 村 41000000
  計  3914634001
*湘南失策1は、4回裏後藤の牽制暴投によるもの。
二塁打・紺田(2回)・佐藤(3回)・下園(5回)・桑原(8回)・河野(9回)
盗塁死・新沼(2回)・古木(8回)

P   回打 球 安振四失責 P   回打球安振四失責
後 藤 423 10071476 須 永 5207532300
稲 嶺 15 24 11100 植 村 2155580155
高 宮 27 38 13000 橋 本 14720000
松 家 13 18 01000 星 野 141711000

≪総評≫
 私、れっく事ですが本日(10日鎌ヶ谷)が、今季初観戦&初投稿となりました。今季も、皆さんには大変お世話になるかと思いますが、よろしくお願いいたします。
 当初、4日にベイスターズ球場で行われた湘南−関選を観戦予定も、急遽別用が入った為やもなく観戦を断念。本日の試合を子供のようにワクワクしながら楽しみにしていました。
 春晴れで、風もなくポカポカ陽気も相まってスタンドは目測500名以上のファンが試合を見つめました。私、れっくが印象に残ったプレーヤーをまとめてみました。

■後藤伸也(湘)
昨年、この鎌ヶ谷で先発1回9失点。苦汁を舐めた球場で、男ならリベンジして来い!と、口には出しませんが念ずるように応援したものの、マウンドが合わないのか今日も4回7失点。元々、東北高時代から潜在能力が高く将来を渇望される存在だけに、今一度奮起を!

■稲嶺茂夫(湘)
私、れっくの私感では少し肘を下げたホームに修正したように見えました。1イニング24球とやや制球に苦しむも、対左打者の秘密兵器として出てきて欲しい存在。

■桑原義行(湘)
7回にレフトスタンドへホームラン。8回には、センターオーバー二塁打と、昨季終盤一軍出場で得た経験、風格を発揮。

■古木克明(湘)
怪我の影響で、キャンプも湘南スタート。7・8回には技ありの会心の安打を放つ。
守備も安定。

■呉本成徳(湘)
湘南の4番としてフル出場。3安打広角打法を披露。守備でも攻守。

■斉藤俊雄(湘)
本来の捕手から、打撃を活かしサードもこなす器用さが売り。サードの守備も、幾度もファインプレーを披露。

■下園辰哉(湘)
即戦力野手として期待。ライトオーバー二塁打を放ち今季の主軸候補に浮上。

■梶谷隆幸(湘)・高森勇気(湘)
新入団選手。二人共に途中出場。左打者として大きく飛躍を期待したい。


■須永英輝(日)
ルーキーの年、ファーム選手権で好投。将来のエースと期待されるも近年は低迷。飛躍を目指す今季、左のエースの風格漂う落ち着いた投球で5回無失点。

■植村祐介(日)
6回から登板も、古木への微妙な投球を取ってもらえず四球。続く呉本には、レフトファールフライをダイビングキャッチでアウトを取ったと思いきや、判定が覆りファール・・・と、投球リズムを球審に崩され2イニング5失点。ツキがなくやや可愛そうな思いがした。次回は、イキの良い投球を期待。

■紺田敏正(日)
昨季、アジア選手権でブレークした感があったが今季はファームスタート。「コンタコンタ♪(7回)コールも健在なり」

■稲田直人(日)
昨季は、終盤に一軍定着し定位置確保。が・・・、新外人選手に押し出された感が否めない。昨年の一軍・アジア杯経験で風格が漂う。

■小田智之(日)
2回に四球で出塁するや、鵜久森と代走交代。一球もバットも振らず・・・。怪我でなければ良いが・・・。早期一軍復帰を期待するハムファンは多いはず。

■杉山俊介ブルペン捕手(日)
元横浜・ダイエー・ロッテで捕手としてファームの試合では人気の高かった選手。昨季より、ハムのブルペン捕手。今日は、ハムユニ着用姿を初めて拝見。試合前、97番を着け先発・須永のキャッチボール相手を勤める。

■カビー(ハム着ぐるみ)
試合前・試合中、度々球場周辺・スタンドへ参上。3回からは、ハム応援団の応援用の太鼓を借りてリズムかるに叩き、又5回にはスタンドでダンスを披露。ファン(特に子供たち)は、大喜びでした。




■報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

2007年3月10日 教育リーグ 湘南対鎌ヶ谷(鎌ヶ谷)
天候:晴  試合開始:12時30分 審判・記録員:発表なし

湘南  000 002 310|
鎌ヶ谷 042 100 00×|

(成績)公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなくその投手の時入った得点です
湘南
(中)  桑原  4打数2安打(1本塁打)1打点
(右)  西崎  4打数1安打
 打 右 ミツル 1打数ノーヒット
(左)  古木  4打数2安打1打点
(一)三 呉本  5打数3安打
(捕)  新沼  2打数ノーヒット
 一   河野  2打数1安打
(二)  北川  3打数1安打2打点
 走 二 梶谷  2打数ノーヒット
(三)捕 斉藤  4打数2安打2打点
 打   高森  1打数ノーヒット
(指)  下園  3打数1安打
(遊)  木村  4打数1安打

●後藤 4回打者23人投球数99被安打7与四球2与死球2奪三振1失点7
 稲嶺 1回打者 5人投球数24被安打1与死球0奪三振0失点0
 高宮 2回打者 7人投球数38被安打1与死球0奪三振3失点0
 松家 1回打者 3人投球数18被安打0与四球0奪三振1失点0

鎌ヶ谷
(中)左 紺田  5打数1安打
(左)中 工藤  5打数1安打
(二)  稲田  2打数1安打
(右)  佐藤  4打数2安打2打点
(一)  渡部  3打数ノーヒット
(指)  小田  (四球)
 走 指 鵜久森 2打数ノーヒット
 打 指 陽   1打数ノーヒット
(遊)  高口  3打数1安打1打点
(捕)  駒居  3打数1安打1打点
(三)  市川  4打数2安打(1本塁打)3打点

○須永 5回打者20人投球数74被安打3与四球1与死球1奪三振2失点0
 植村 2回打者15人投球数55被安打8与四球1奪三振0失点5
 橋本 1回打者 4人投球数 6被安打2与四球0奪三振0失点1
 星野 1回打者 4人投球数17被安打1与四球0奪三振1失点0

(経過)
1回表湘南
桑原 遊ゴロ
西崎 中直
古木 見送り三振
1回裏鎌ヶ谷
紺田 中直
工藤 二ゴロ
稲田 中飛

2回表湘南
呉本 左飛
新沼 四球
北川 空振り三振
北川の8球目三振の時に新沼盗塁死
2回裏鎌ヶ谷
佐藤 右直
渡部 遊ゴロ
小田 四球(代走鵜久森)
高口 左安 二死一二塁
駒居 中タイムリー安 0−1鎌ヶ谷 二死一三塁
市川 左越えスリーラン 0−4鎌ヶ谷
紺田 右線ツーベース
工藤 空振り三振

3回表湘南 鵜久森そのまま指名打者
斉藤 二飛
下園 四球
木村 左安 一死一二塁
桑原 右直
西崎 遊ゴロ
3回裏鎌ヶ谷
稲田 死球
佐藤 右中間タイムリーツーベース 0−5鎌ヶ谷
渡部 死球
鵜久森 遊ゴロ セカンド封殺のみ 一死一三塁
高口 中犠飛 0−6鎌ヶ谷
駒居 二ゴロ

4回表湘南
古木 二ゴロ
呉本 左安
新沼 遊飛
北川 左飛
4回裏鎌ヶ谷
市川 二ゴロ
紺田 中飛
工藤 右安
稲田の2球目の前に後藤牽制悪投 二死三塁
稲田 四球
佐藤 中タイムリー安 0−7鎌ヶ谷 二死一二塁
渡部 三ゴロ

5回表湘南
斉藤 中飛
下園 右中間ツーベース
木村 二ゴロ 二死三塁
桑原 死球 二死一三塁
西崎 右飛
5回裏鎌ヶ谷 湘南ピッチャー稲嶺に交代
鵜久森 見送り三振
高口 三ゴロ
駒居 四球
市川 右安 二死一二塁
紺田 左飛

6回表湘南 鎌ヶ谷ピッチャー植村に交代
古木 四球
呉本 左安 無死一二塁
新沼 一邪飛
北川 右タイムリー安 湘南1−7 一死一三塁(代走梶谷)
斉藤 左タイムリー安 湘南2−7 一死一二塁
下園 二ゴロ セカンド封殺のみ 二死一三塁
木村 三邪飛
6回裏鎌ヶ谷 湘南ピッチャー高宮に交代 梶谷がそのままセカンド
新沼に代わり河野がファースト 呉本サード斉藤キャッチャーへ回る
工藤 見送り三振
稲田 三内野安(強襲)
佐藤 見送り三振
渡部 二ゴロ

7回表湘南 鎌ヶ谷レフト工藤とセンター紺田が入れ替わり
桑原 左中間本塁打 湘南3−7
西崎 中安
古木 中安
呉本 右安 無死満塁
新沼 二直
梶谷 遊ゴロ 二塁封殺のみ 湘南4−7 一死一三塁
斉藤 中タイムリー安 湘南5−7 一死一三塁
下園 捕邪飛
7回裏鎌ヶ谷
代打陽 二ゴロ
高口 空振り三振
駒居 見送り三振

8回表湘南 鎌ヶ谷ピッチャー橋本に交代 陽そのままDH
木村 左飛
桑原 左中間ツーベース
代打ミツル 中飛
古木 右タイムリー安 湘南6−7
呉本の2球目に古木盗塁死
8回裏鎌ヶ谷 湘南ピッチャー松家に交代 ミツルそのままライト
市川 空振り三振
紺田 投ゴロ
工藤 遊ゴロ

9回表湘南 鎌ヶ谷ピッチャー星野に交代
呉本 左飛
河野 右線ツーベース
梶谷 二ゴロ 河野三進 二死三塁
代打高森 空振り三振でゲームセット


(全体感想)
私もれっく様と同じ様に「去年後藤を初回から滅多打ちした試合あったよなぁ」などと考えていたのですが、そこにアヤちゃんがやってきて「去年の5月3日みたいな展開じゃありません?」
そうあの日、後藤から初回に9点獲ったのは鎌ヶ谷ですが、試合に勝ったのは湘南だったんです
イヤな思い出だ・・・
まるでアヤちゃんの言葉が予言の様に、あれよあれよという間に1点差に詰め寄られ、最終回も一打同点の二死三塁までいきましたが、代打ルーキー高森を三振にとってなんとか逃げ切り
公式戦でそのまま斉藤が打席に入っていたら逆転されていた様な気がものすごくするのですが・・・

(湘南注目選手)
■後藤伸也(湘)
マウンドとの相性もあるんでしょうが、2回は二死からの四球、3回先頭打者への死球、4回二死から出したランナーへの牽制悪投からの大量失点ですので完全な自滅
球自体は7点も獲られる様なものではなく見えただけにあまりに勿体ないと感じました

■高宮和也(湘)
後述する鎌ヶ谷二番手植村と同じ様に「球は速いけどちょっと一本調子、はっきりした決め球ないし、無駄な球多いなぁ」と感じていたんですが植村は5失点、高宮は無失点と結果が分かれた処が高卒ルーキーと自由枠2年目の差なんでしょうか
正直そんなにいいとは感じられませんでした

■松家卓弘(湘)
まだ一軍デビューは叶っていないそうですが、新人の頃から「ピッチャーらしいピッチャーだなあ」という印象
順調に成長していると思うのですが、もしかするとその分嫌らしさが足りないのでしょうか

(鎌ヶ谷注目選手)
■須永英輝(日)
昨年末に実家のお店にうかがった際、お父さんから「減量に成功して身体のキレが戻ってきた」とは聞いていたのですが一昨年去年とは見違える様な内容
「須永といえばすっぽ抜け」という印象だったんですが、今日はまだ球数は多かったものの、はっきり抜けた球は1球もなかったと思います
フォームのバランスがよくなって、無駄な力が入らなくなった事が良化の一番の要因ではないでしょうか
なんとかこのまま初勝利まで行って欲しいものです

■植村祐介(日)
私にそう見えただけかも知れませんが、決めにいった球を古木にカットされた時や、微妙な球を主審にボールと判定された時に思いっきり相手を睨みつけていました
初めての観戦だったんですが「なんちゅう気の強いピッチャーなんだ」というのが第一印象
微妙な判定が続いた不運も重なり、今日は強気が裏目にでた感じで滅多打ちを喰らいました
ただ球自体はいい様に見えるのに、打たれた8本は全て完璧に振り切られたもの
それがプロとこの間まで高校生だった人の差なのかも知れませんが、なんか球種がバレる様な癖があるんじゃないかという気もしました

■佐藤吉宏(日)
3年前までは藤島や阿久根といったベテラン優先、やっと上が引退したと思ったら鵜久森や陽ら若手優先にチーム方針が転換され、一番割りを食っているのがこの選手だと思います
この教育リーグは4番に座り、第一打席のライトライナーの様にアウトになった打席でもいい打球を飛ばしています
この選手については1年通じてチャンスを与えて欲しい、そう祈るばかりです

■市川卓(日)
2回のスリーランはキレイな逆スピンがかかり、大きな放物線を描いてレフトの頭を越えていきました
この打球が市川の本来の打球のはずだったんですが、一体いつ以来に見ることができたでしょうか
こちょこちょと打撃フォームをいじっていますが、まずはいい時の自分を思い出してもらいたいものです




■報告者:WIZさん

3/10(土)春季教育リーグ 北海道日本ハム−湘南 ファイターズスタジアム(12:30開始)

審判:アナウンスなし
公式記録員:アナウンスなし
観客数:約300名

【スコア】
湘  南 000002310  
日本ハム 04210000×  

【投手継投】
湘  南 ●後藤(4回)−稲嶺(1回)−高宮(2回)−松家(1回)
日本ハム ○須永(5回)−植村(2回)−橋本(1回)−S星野(1回)

【得点経過】
2回裏(日) 二死1・2塁で駒居、ライト前タイムリー(1点)
      二死1・3塁で市川、レフトスタンドへ3ラン(3点)
3回裏(日) 無死1塁で佐藤、右中間へタイムリー2ベース(1点)
      一死1・3塁で高口、センターへ犠牲フライ(1点)
4回裏(日) 二死1・3塁で佐藤、センター前タイムリー(1点)
6回表(湘) 一死1・2塁で北川、右中間へタイムリー(1点)
      一死1・3塁で斉藤、レフト前タイムリー(1点)
7回表(湘) 無死無塁で桑原、レフトスタンドへソロ(1点)
      一死満塁で梶谷、ショートゴロの間に3塁走者生還(1点)
      二死1・3塁で斉藤、センター前タイムリー(1点)
8回表(湘) 二死2塁で古木、ライト前タイムリー(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 桑原  遊ゴ  右飛  死球  左本左2       421210001
RF 西崎  中飛  遊ゴ  右飛  中安         410100000
H ミツル               中飛       100000000
RF
LF 古木  三振    二ゴ  四球中安右安       421200110
1B 呉本    左飛  左安  左安右安  左飛     530100000
3B
C 新沼    四球  遊飛  一飛           200000010
1B 河野              二飛  右2     210000000
2B 北川    三振  左飛  右安           311000100
R 梶谷              遊ゴ  二ゴ     200000000
2B
3B 斉藤      二飛  右飛左安中安         422000000
C
H 高森                  三振     100000100
DH 下園      四球  右2二ゴ捕飛         310000010
SS 木村      左安  二ゴ三飛  左飛       410000000

※8回表(湘) 二死1塁で古木、盗塁失敗

<日本ハム>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 紺田  中飛右2  中飛左飛    投ゴ       510000000
LF
LF 工藤  二ゴ三振  右安  三振  遊ゴ       510100200
CF
2B 稲田  中飛  死球四球  三安           210100011
RF 佐藤    右飛右2中安  三振           422100100
1B 渡部    遊飛死球三ゴ  二ゴ           300000001
DH 小田    四球                   000100010
R 鵜久森     遊ゴ  三振             200000100
DH
H 陽               二ゴ         100000000
SS 高口    左安中犠  三ゴ  三振         311100100
C 駒居    右安左飛  四球  三ゴ         311100010
3B 市川    左本  二ゴ右安    三振       423110100


【投手成績】
<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
●後藤   4  23  7 4 1 7 7
 稲嶺   1  5  1 1 1 0 0
 高宮   2  7  1 0 3 0 0
 松家   1  3  0 0 1 0 0

<日本ハム>
      回  打  安 四 三 失 自
○須永   5  20  3 3 2 0 0
 植村   2  15  8 1 0 5 5
 橋本   1  4  2 0 0 1 1
S星野   1  4  1 0 1 0 0


【選手感想】
<湘南>
■後藤伸也(湘)
 昨年5/3、この鎌ヶ谷で初回KOを喰らい後藤のシーズンが終了した因縁の球場で先発登板。
 変化球中心の投球に「技巧派に転身か?」と初回無失点に抑えた新生後藤に大きな期待が
 過ぎり思わず目頭が熱くなったのも束の間、2回以降はその変化球も決まらず2アウトからの
 四球から連打で4点を失うと、死球あり、牽制悪送球ありと昨年の後藤に戻ってしまった。
 しかし今日の投球スタイルには制球力さえ向上すれば飛躍が期待できそうな感もあり、
 2週間後に迫る息子の誕生日にぜひ白星をプレゼントできるよう頑張ってほしい。

■後藤伸也(湘)&松家卓弘(湘)
 昨年は不調にあえいだ両者。
 高宮は湘南降格以降、出れば打たれる手のつけようの無い状態であったが、2年目の今季は
 課題を克服したか、球威・制球力が抜群。今日投げた湘南投手陣で1番の内容だった。
 一方松家も昨年は不調から脱せず消化不良な1年であったが、こちらも今日は制球力がよく
 久しぶりに彼の好投を見た。
 既に結果を残してきている佐久本、稲嶺にこちらも復調を期待する染田が出てくると今年の
 湘南中継ぎ陣は安泰。

■下園辰哉(湘)
 大卒新人。
 今日初めての観戦となったがサウスポーの須永に追い込まれながらも慎重に配球を見て四球と
 選球眼の良さが印象に残った。今季はぜひ呉本と湘南の主軸を担ってほしいと惚れ惚れした逸材。

■梶谷隆幸(湘)
 高卒新人。
 打力はまだまだ非力もセカンドの守備は十分プロで通用する内容だったと思う。
 三塁手に空きがある状況だけに経験を積ませる意味で彼の三塁起用も面白いかも。
 藤田、石川並みに野球センスの良さを感じさせる好青年。

■高森勇気(湘)
 高卒新人。
 最終回、二死3塁と一打同点のチャンスで代打起用。
 並みの高卒新人なら萎縮してもおかしくない場面で力強いスイングで見事な空振り三振。
 今はこれでいい。この姿勢が大切。どんどんバットを振って次世代の和製大砲を目指してほしい。

<日本ハム>
■須永英輝(日)
 5回を投げて3安打無失点の好投。
 しかし全体的には球威・制球力が今ひとつで、彼の素質の良さを知る者なら
 「須永の投球はこんなものじゃない」と思わせる内容。まだまだ調整段階といったところか。

■植村祐介(日)
 高卒新人。球威がそこそこ良く速球派といったところか。
 速球と抜いた球で配球を組み立てたが湘南打線に完全に読まれ2回5失点とプロの洗礼を浴びる。
 ここまで簡単に読まれるとなるとフォームの改善が必要なのでは?と感じられる内容だった。

■紺田敏正(日)
 久しぶりに彼のプレーを見ましたが、実にいいです。
 本塁打で走者一掃後、畳み掛けるように痛烈な右へのヒット、ファールになったものの
 奇襲のセーフティを試みるなど1番打者として見ていて気持ちのいいプレーを見せてくれた。


【全体感想】
■試合展開
 湘南先発後藤は2回、課題の制球難が露呈し、2アウトを取りながら小田を四球で歩かせると連打と
 市川の3ランで4点を失うと、以後3、4回にも失点を重ね降板。
 大量リードをもらった鎌ヶ谷も2番手に高卒新人植村がプロの洗礼を浴び2回5失点。
 湘南は8回にも1点を加点し、その差1点と追い上げるが序盤の失点が響き最終回は無得点で惜敗。

■鎌ヶ谷情景
 れっくさん同様当初観戦予定だった試合が仕事のため中止となり、今季初観戦はビジターの鎌ヶ谷
 になりました。
 鎌ヶ谷と言えばマスコットのカビー&爽やかお兄さん。
 今日は公式戦開幕となる27日に「2000人動員計画」運動による宣伝活動に出向いたため
 試合途中からスタンドに到着。湘南同様平日の地元開幕となりますが、その開幕戦を華々しいものに
 しようという球団の熱意がよく伝わります。我が湘南は地元開幕戦に関するイベント情報は今だ
 確認されず見習ってほしいものです。

 試合は教育リーグということもあり勝負より内容。
 鎌ヶ谷は昨年の雪辱を、という意気込みが伝わるような投打ともにここまで調整がうまく進んでいる
 ように思えました。一方湘南は野手陣の元気の無さが気になりました。
 新人はともかく今年に賭ける意気込みが伝わったのは呉本、桑原あたりだけといった感じでした。
 また野手の調整具合を見るためか、田代監督の采配が全く見られないのも気になりました。
 横須賀市市制100周年の記念年、何が何でも優勝をと一人活き込んでいる私ですが、
 今日の試合を見た限り、もしかしたら開幕から連敗街道を突き進むのでは、と最悪のケースが
 過ぎるほど今日の野手陣、田代監督の姿には危機感を募らせるばかりでした。


2007年 3月 9日 プロ・アマ交流戦 社会人オール広島−広島(広島)報告者:いの一番さん

社会人オール広島−カープ

3月9日(金)
社会人野球・プロ野球交流戦
社会人オール広島−広島東洋カープ(一応1軍)(広島市民球場)

111071222 17
000030000  3

勝:佐竹 負:野上
本:天谷@(加治屋)=6回
審判:PL村上 1B黒瀬 2B三島 3B:原(全員社会人側)
観衆:2200人
当日の入場料:内野席のみ開放で一律500円
天候:曇
試合時間:2時間48分

(投手成績)
     回   打 安 振 球 責
フェルナンデス 4  14 3 1 0 0
齊藤    2/3  7 2 1 3 3
佐竹   21/3  7 0 3 1 0
小山田  1   3 0 0 0 0
横山   1   4 1 0 0 0
……………………………………………
野上   2  11 4 0 1 2
森脇   2   8 2 0 0 1
陶山    1/3  8 4 0 2 4
加治屋  12/3  8 2 1 0 1
岡本   2  13 4 2 3 4
石渡   1   5 2 1 0 1

昨年に引き続き開催された交流戦、当日は平日の午後で気温も約10℃と肌寒い中、2200人の観衆が集まった。
昨年、社会人側は0点に抑えられたものの、投手陣も3点を与えたにとどまり、試合の形を作ることができた。
そのため今年も善戦を期待したのだが、結果は上記のとおりで、カープ打線が大爆発したというか、
社会人の投手がふがいなかったというか、一方的な試合になってしまった。
社会人側は来年も試合開催を望んでいるようだが、1.5軍から2軍のメンバー相手にこのような試合では
見ているほうがつらい。特に投手の奮起を期待したい。
なお、今回は得点シーンを書いていると膨大な量になるためカット、選手評だけにしておく。

(選手評)
■フェルナンデス(広)
噂のナックルボーラーをネット裏から生で見ることができた(段々評価が下がってきているが…)。
確かに球は揺れて見え、打者も打ちにくそうであった。4回を無失点で新聞記事も好意的、
しかし、相手が社会人ということを割り引いて考える必要があり、次回のプロ相手の登板が評価の対象になるだろう。

■齊藤悠葵(広)
大勝したチームで唯一の不安材料。押し出し四球の後二塁打を浴び、交代させられた。
新聞情報では人さし指にマメがあるそうでそれが調整の遅れにつながっているとのこと、少し心配である。

■會澤翼(広)
今年入団の高卒ルーキー捕手。8回から守備につき、小山田、横山という1軍クラスの投手の球を実戦で受けた。
この貴重な経験を今後のウエスタンの試合で生かしてほしい。

■天谷宗一郎(広)
本塁打を含む3安打と活躍。残された外野手の1軍枠は少ないが、ブラウン監督に存在をアピールできた。

■陶山大介(JFE西日本)
昨年のこの試合では3回を0点に抑え、新聞には「ドラフト候補」と書かれたが、その後伸び悩み結局指名されず。
今回は上記のとおり、非常に不出来な内容。球は速いが制球難で、ストライクを取りに行ったところを打たれた。
今後奮起しないと、プロからなかなか声は掛からないだろう。

(その他)
・始球式は小学生3組6人がバッテリーを組み行われた。
・会場では100円をパンフレットを販売、両チームの選手名鑑が載っており、観戦の際の参考になった。
また、入場券にも社会人側の全選手の顔写真が掲載されていた。
・大差がついたためか、カープ側は最後にはファーストに白濱、サードに廣瀬という
公式戦ではまず見ることができないシフトでファンサービス。


(試合出場選手)
■カープ
投手
フェルナンデス、齊藤悠葵、佐竹健太、小山田保裕、横山竜士
捕手
白濱裕太、山本 翔、會澤 翼
内野手
尾形佳紀、松本高明、大須賀允、中谷翼
外野手
井生崇光、廣瀬 純、、中東直己、山田真介、吉田 圭、天谷宗一郎

■社会人
投手
野上祐司、森脇伸行(以上三菱重工広島)、陶山大介、岡本秀寛(以上JFE西日本)
石渡大介(伯和ビクトリーズ)、加治屋守(ワイテック)
捕手
実政太一(三菱重工広島)、小谷良文、谷 一真(以上JFE西日本)
内野手
馬澤優也(三菱重工広島)、山口健太、大崎有倫(以上JFE西日本)、石本泰志(伯和ビクトリーズ)、
江篭平健(ワイテック)、田中勇気(ツネイシホールディングス)、内田 剛(広島鯉城クラブ)、
福士典寿(広島医療体育学院専門学校)、宮本竜太(リアルプロフェッショナルクラブ広島)、
坂田辰廣(日本ウェルネススポーツ専門学校)
外野手
平岡隆裕(三菱重工広島)、大北裕人(JFE西日本)、西川 貢(伯和ビクトリーズ)、
西山宗孝(三菱三原硬式野球クラブ)、長谷川武史(MSHアカデミー)


2007年 3月 9日 イースタン教育リーグ 日本ハム−楽天(鎌ヶ谷)報告者:しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記

皆様お久しぶりです。今年もどうぞよろしくお願いします。
早速鎌ヶ谷のほうに行ってきましたので報告いたします。

3月9日教育リーグ(鎌ヶ谷スタジアム)
|300 203 000 |
|020 040 000 |

観客数 約250人

E ○インチェ、H吉崎、S川井―河田、銀次
F 木下、清水、●立石、江尻―渡部、駒居

東北楽天ゴールデンイーグルス
            打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(D) 中島俊哉    5212 空振三振  左本  三失  二ゴ
(6)5枡田慎太郎   5131 三振左安  中安  右二  投ゴ
(7) 鷹野史寿    4121 右二空振  死球  右安
 R8 高波文一    1100               投直
(5) フェルナンデス 2112 右本  三ゴ
 54 山下勝充    2011       四球  中二    二ゴ
(9) 横川史学    5110 中安  一邪中飛  投ゴ    空振
(3) 憲史      5011 左二  三飛  二ゴ左飛    空振
(2) 河田寿司    3000 四球    中飛空振  三振
 2  銀次      0000
(8)7中村真人    4120 遊ゴ    左二左飛  右安
(4)6西村弥     4000   一ゴ  三振  左飛中飛

         投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ○ インチェ  5   26  88 7 0 3 2 6 6
 H 吉崎勝   2    7  24 1 0 0 0 0 0
 S 川井貴志  2    8  26 1 0 3 0 0 0

鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(5) 稲田直人  5000 三振二ゴ  三野  遊ゴ    投ゴ
(8) 工藤隆人  3001 四球  左飛二ゴ  遊ゴ
 H  小山桂司  1000                 右飛
(6) 今浪隆博  3001 空振  左飛二ゴ
 5  市川卓   2000             三ゴ  振逃
(3) 佐藤吉宏  5020 中飛  右安二失    一ゴ  左安
(D) 川島慶三  3110   左安右飛三ゴ
 HD 陽仲壽   2010             右安  空振
(2) 渡部龍一  3221   中二  右二二ゴ
 2  駒居鉄平  1000             遊ゴ
(4) 高口隆行  2100   三犠  四球右飛    中飛
(7)9鵜久森淳志 4111   三振  中安右飛    二ゴ
(9)7紺田敏正  4121   中安  一安  一ゴ  三振

         投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
   木下達生  4   23  85 8 2 5 3 5 5
   清水章夫  1    3  11 0 0 1 0 0 0
 ● 立石尚行  2   10  44 4 0 1 0 3 2
   江尻慎太郎 2    6  31 0 0 2 0 0 0



盗塁  工藤 (1回 打者今浪)
盗塁死 中村 (7回 打者中島)
失策  西村 (4回 打者佐藤)
    市川 (6回 打者中島)
捕逸  駒居 (6回 打者横川)
残塁  E7、F8

得点経過
1回表 二死二塁から、フェルナンデスがライトポール際へ2ランホームラン
 〃  二死一塁となって、憲史がレフト線にタイムリーツーベース
2回裏 無死一塁から、渡部が右中間にタイムリーツーベース
 〃  二死三塁となって、紺田がセンター前にタイムリーヒット
4回表 二死二塁から、中島がレフトスタンドに2ランホームラン
4回裏 無死一二塁から、鵜久森がセンター前にタイムリーヒット
 〃  無死満塁となって、稲田のサードゴロを山下が野選、その間に三塁走者高口が生還
 〃  無死満塁で、続く工藤のセカンドゴロの間に三塁走者鵜久森が生還
 〃  一死一三塁で、続く今浪のセカンドゴロの間に三塁走者紺田が生還
6回表 一死一塁から、枡田が右中間にタイムリーツーベース(送球の間に三塁へ進塁)
 〃  一死三塁となって、続く鷹野がライト前にテキサスヒットで三塁走者枡田が生還
 〃  一死一塁となって、続く山下がセンターにタイムリーツーベース

選手寸評

■木下達生(日)
ストレートのできはまあまあだったが、全体的に一本調子の印象。力で押すにはまだまだ威力不足に感じた。時折使っていたカーブをうまく緩急に用いていけるようになれれば一軍も見えてくるか。

■江尻慎太郎(日)
いつもの事といえばそうなのだが、無駄にカウントを悪くしている。あと、投球時に気合の声が出たときほどストライクになっていないのは力が入りすぎている証拠なのだろうかw

■佐藤吉宏(日)
しじゅうしが今期注目している一人。去年から私が観戦しているときはかなり打撃の確実性があがっているように見えるので期待。

■渡部龍一(日)
私が今期佐藤よりも注目しているのがこの渡部。守備やリードはまだまだだが、パンチのある打撃は見ごたえ十分。ルーキー金子洋平もいるが、右の代打として一軍に食い込める力は持っていると感じている。

■吉崎勝(楽)
この日一番大きな歓声があがったのはこの人の登板の時でした。陽にはライトにうまく運ばれてしまったが、左打者5人を完璧に抑えた。

■J・フェルナンデス(楽)
出てきたときにはちょっとびっくりしてしまいました。軽くあわせただけでスタンドインのパワーはやはり魅力がある。

■山下勝充(楽)
4回裏の野選はサードベースそばで取ったにもかかわらずなぜかベースを踏まず二塁へ送球。送球が若干それたため野選となってしまった。この回最後の打者川島のときもあわや野選というピンチを演出。フェルナンデスと大差ない守備ではさすがにちょっと・・・

■枡田慎太郎(楽)
守備が不安定だった西村や山下と違い、ショートでもサードでも安定した守備を見せた。打つほうでも3安打し、強烈なアピール。


2007年 3月 8日 イースタン教育リーグ 湘南−巨人(ベイスターズ)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!

イースタン春季教育リーグ 湘南―読売(ベイスターズ) 約180人
審:村山・木内・市川・原  2時間45分(12:31−15:16)
             R  H E
 G|001100100|  9 0
SR|001000100| 11 0

勝:西村 セーブ:三木 負:牛田
本:亀井(1牛田)伊集院(1佐久本)

得点経過
3表:岩館タイムリーヒット  (0−1)
3裏:内川タイムリー2ベース (1−1)
4表:亀井ソロHR      (1−2)
7表:伊集院ソロHR     (1−3)
7裏:ミツル タイムリーヒット(2−3)

 G     1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点
(9)川中  二ゴ  中飛  空振          3−0−0
 9 下山              中飛  途終  1−0−0
(4)岩館  空振  右安  左安  二ゴ      4−2−1
(5)円谷  右飛  中飛  右安    右安    4−2−0
(8)亀井    空振  中本左飛    左安    4−2−1
 8 隠善                      −
(6)坂本    空振  空振  三ゴ  遊ゴ    4−0−0
(7)田中    四球  左安  右飛  二併    3−1−0
(3)三浦    空振  空振  二ゴ    投ゴ  4−0−0
(2)實松      四球空振            1−0−0
 2 伊集院             左本  空振  2−1−1
(D)山本      空振  空振  左飛      3−0−0
 HD芦沢                  三安  1−1−0
                          34−9−3
※下山→5裏から 伊集院→6裏から 隠善→9裏から

投手  回  打  安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責
西村  5 18  3 0 1 1 0 0 0 1 1
鈴木誠 1  5  2 0 1 0 0 0 0 0 0
三木  3 14  6 0 3 0 0 0 0 1 1
    9 37 11 0 5 1 0 0 0 2 2

SR      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点
(9) 内川  中直  左2    投ゴ        3  1 1
 8  ミツル             右安  左飛  2  1 1
(D) 下園  二ゴ  中飛    中安  遊ゴ    4  1 0
(7) 鈴木尚 投ゴ    投ゴ            2  0 0
 789西崎            右安  見振    2  1 0
(53)呉本    四球  投安  右飛  中安    3  2 0
(4) 北川    三併  左飛  空振  中安    4  1 0
(32)武山    二ゴ  遊ゴ    遊ゴ      3  0 0
 H  高森                一ゴ    1  0 0
 2  黒羽根                     −
(87)河野      左飛  三邪  空振  中飛  4  0 0
(25)斉藤      中安  空振  左安  空振  4  2 0
(6) 梶谷      三ゴ  三ゴ          2  0 0
 H6 木村              右2  投安  2  2 0
                           36 11 2
※西崎→5表から 西崎・呉本・武山・河野・斉藤の守備変更→6表 ミツル→7表から

投手  回  打  安 本  振 四 死 暴 ボ 失 責
牛田  4 17  3 1  8 2 0 1 0 2 2
稲嶺  1  5  2 0  2 0 0 0 0 0 0
佐久本 2  7  1 1  0 0 0 0 0 1 1
高宮  2  7  3 0  1 0 0 0 0 0 0

盗塁: 實松(3回 2−3から二盗 打者・山本)
盗塁死:芦沢(9回 2−2から二盗死 打者・下山)
走塁死:木村(7回 ミツルの右安で本塁突入もタッチアウト)
暴投: 牛田(3回 初球に暴投 ランナー3塁へ 打者・岩館)

補足
3裏:梶谷の三ゴ→併殺崩れ
   内川の左2→ランエンドヒット
4裏:呉本の投安→ピッチャーのグラブをはじく
   武山の遊ゴ→G坂本ダイビングキャッチ
5表:円谷の右安→ランナー1・3塁
6裏:呉本の右飛→2塁ランナー タッチアップ
8表:坂本の遊ゴ→セカンドフォースアウト、ランナー1・3塁
8裏:北川の中安→ランナー1・3塁
9表:芦沢の三安→SR斉藤、逆シングルキャッチを試みるも前にはじく
9裏:木村の投安→ピッチャー強襲、セカンドがバックアップもファーストへ悪送球

★一言選手評★
■牛田成樹(湘)
立ち上がりからフォークで三振を奪っていく本来の投球。昨年先発を務めはじめてから、ストレートだけじゃなく遅いカーブでもストライクを取れるようになって投球の幅は広がってきている。日が陰って肌寒くなってから、手元が微妙に狂い、追い込んでから仕留められない場面が多かったのが今日の反省点。ストライクからボールになるフォークの精度を高めれば万全。昨年の活躍で自信が芽生え、相手を見下ろせるようになった姿に関心。
再びベイスターズでの快投を。

■内川聖一(湘)
昨日に続いての調整出場。3回にはひじをうまくたたんでレフトの横を破るタイムリー。守備のほうも問題なくこなし、病気の影響はなくなってきた。あとはコンスタントに活躍できるスタミナがついているかが問題だが、OP戦・シーズン序盤も走りこみをしながら体力強化を計れば問題なさそう。とりあえず鈴木尚ともどもこちらに置いておく必要はなし。

■坂本勇人(巨)
巨人の高卒1巡目のルーキー。ヒットは出なかったがハツラツとしたプレーはセンス十分。守備では三遊間の打球を横っ飛びでさばくファインプレーでチームに流れを引き寄せた。体もしっかりしていそうで、順調に育てば二岡のような一発もある大型ショートになれそう。

■伊集院峰弘(巨)
佐久本の外から入ってきた高めのスライダーをフルスイングすると打球はアッという間にスタンドへ。そのパワーがつぼにはまるとものすごい当たりを生むことを証明した。

■鈴木誠(巨)
育成枠で入団したサンスポー。プレートの端から投げるのだが、グラブから腕を出すときに肩の開きが早く、思った以上に打者にしっかりタイミングを合わされるのが問題。大きなフォームながら左腕の特性を生かしきれてない印象がするので、タイミングをずらす癖として生かすよりフォーム修正を施してほしい。

★感想★
投手陣が粘ってロースコアのゲームになったが、得点以上に両チームの野手も攻守に光っていて今シーズンに期待を持てる内容だった。湘南はコンパクトにつなぐ意識を強く持ったバッティングが多く、それぞれがいい競争をしている印象。
巨人では坂本勇人田中大二郎伊集院峰弘の高卒ルーキーたちが特に目立った。この3人や育成枠の選手に刺激されて他の選手も伸びてきそう。巨人は保有選手数が多いだけに与えられた場面で確実にアピールできる選手が生き残っていくでしょう。
それにしても、シーレの守備シフトは致し方ない感じで見ていてツライです。やっぱり出来るだけ本職のポジションを守らせてあげたいなぁ。

■おまけ
木村が代打で登場した際、田代監督がコールを忘れたものの審判も気づかずスルー。ウグイスは疑問に思ってアナウンスなし。攻撃終了後に球審がシーレベンチ・アナウンス室・塁審に確認をとったが、結局アナウンスなしですべてスルーされました。教育リーグは記録に残らないからいいですが、公式戦ならどうだったのでしょう。。。ここまでスルーしちゃうとそのまま続行になるのかなぁ。


2007年 3月 4日 プロ・アマ交流戦 湘南−関東選抜クラブ(ベイスターズ)報告者:メカゴジラさん

イースタン春季教育リーグ 湘南―関東選抜クラブ(ベイスターズ) 約180人
審:木内・原・石山・本田 3時間14分(12:29−15:43)
               R  H E
関ク選|020000000| 2 11 3
 SR|11210071×|13 15 0
勝:後藤 負:横田        本:西崎(1大島)呉本(1前田)

得点経過
1裏:西崎ソロHR        ( 1−0)
2表:植松タイムリー2ベース   ( 1−1)
   元野タイムリーヒット    ( 1−2)
2裏:ミツル犠牲フライ      ( 2−2)
3裏:北川2点タイムリーヒット  ( 4−2)
4裏:木村タイムリーヒット    ( 5−2)
7裏:西崎タイムリーヒット    ( 6−2)
   北川タイムリーヒット    ( 7−2)
   (ク)渡辺 タイムリーエラー( 8−2)
   ミツル2点タイムリーヒット (10−2)
   梶谷2点タイムリーヒット  (12−2)
8裏:呉本ソロHR        (13−2)

※足:全足利クラブ 金:横浜金港クラブ 所:所沢グリーンベースボールクラブ
 Y:矢沢野球コミュニティ千葉 府:全府中クラブ 高:オール高崎クラブ

関ク選      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点
(8)元野 (Y)右飛右安  遊併    中安  三ゴ  5  2 1
(6)渡辺 (Y)中安遊ゴ    一邪  空振      4  1 0
(7)篠崎 (高)四球  遊安  空振          2  1 0
 7 小田 (府)            一邪      1  0 0
(3)遠藤大(Y)中安  二直  右飛    左安    4  2 0
(9)榎本 (所)二ゴ  三ゴ    三ゴ  遊安    4  1 0
(D)遠藤寿(府)  左安  中飛  投ゴ  二直    4  1 0
(4)西村 (府)  一犠  左2  死球        1  1 0
 R4菅澤 (金)              一飛    1  0 0
(2)植松 (足)  中2  左安  左飛        3  2 1
 2 川村 (Y)                    −
 H 田村 (府)                右飛  1  0 0
(5)倉崎 (高)  遊ゴ  四球            1  0 0
 H5 森 (Y)            空振      1  0 0
 H 山崎 (Y)                遊ゴ  1  0 0
                            33 11 2
※小田→5裏から出場 川村→7裏から出場

投手      回    打  安 本 振 四 死 暴 ボ  失 責
大島   (足)2    8  1 1 0 1 1 0 0  2 2
横田   (所)1    6  3 0 0 0 0 0 0  2 2
ホソバヤル(Y)0.1  4  2 0 0 1 0 0 0  1 1
四日市  (金)1.2  6  1 0 2 0 0 0 0  0 0
杉本   (府)1.1 10  4 0 2 0 0 0 0  6 1
木藤   (Y)0    3  2 0 0 1 0 0 1  1 1
前田   (府)1.2  9  2 1 1 2 0 0 0  1 1
        8   46 15 2 5 5 1 0 1 13 8

SR       1回2回3回4回5回6回7回  8回  打  安  点
(7)  河野  三飛  一ゴ空振    遊失四球空振  5  0  0
(8)  西崎  左本  左安投ゴ    中安三飛    5  3  2
(4)  北川  二ゴ  右安  中2  左安左飛    5  3  3
(3)  呉本  四球  左飛  右飛  右安  左本  4  2  1
(52) 斉藤  途終死球右飛  空振  遊失  右飛  4  0  1
(D25)武山    投ゴ  右飛三ゴ  空振  中安  5  1  0
(9)  ミツル   中犠  四球  投ゴ中安  三ゴ  3  1  3
(2)  黒羽根   二ゴ  右安            2  1  0
 D   下園            空振右2  四球  2  1  0
(6)  木村      右安右安            2  2  1
 H   高森            遊ゴ        1  0  0
 6   梶谷              中安  四球  1  1  2
                            39 15 13

投手 回  打  安 本 振 四 死 暴 ボ 失 責
後藤 5 22  8 0 1 2 0 0 0 2 2
堤内 2  8  1 0 2 0 1 0 0 0 0
稲嶺 1  4  2 0 0 0 0 0 0 0 0
松家 1  3  0 0 0 0 0 0 0 0 0
   8 37 11 0 3 2 1 0 0 2 2


盗塁:斉藤(2回 1−1から二盗 打者・武山)
   元野(7回 2−2から二盗 打者・渡辺)
   河野(7回 1−0から二盗 さらに捕手の悪送球で3塁へ 打者・西崎)
   西崎(7回 初球に二盗   打者・北川)
盗塁死:渡辺(1回 1−1から二盗死 打者・篠崎)
    呉本(1回 0−1から飛び出して狭殺 打者・斉藤)
走塁死:篠崎(3回 遠藤大の二直で帰塁できず)
    遠藤大(8回 遠藤寿の二直で帰塁できず)
失策:渡辺2(7回 送球を焦って捕球できず 打者・河野)
      (7回 併殺を狙うもセカンドへ悪送球 ランナー生還、なおも2・3塁 打者・斉藤)
   川村 (7回 河野の二盗でセカンドへ悪送球 ランナー3塁へ)
捕逸:植松 (3裏 初球にパスボール ランナーそれぞれ2・3塁へ 打者・北川)
ボーク:木藤(7回 2−3からボーク ランナー2塁へ 打者・河野)

補足
1表:遠藤大の中安→ランナー1・3塁
2表:倉崎の遊ゴ →進塁打
2裏:武山の投ゴ →ピッチャー強襲・進塁打
3裏:河野の一ゴ →併殺崩れ
   北川の右安 →本塁送球の間、バッター2塁へ
4裏:黒羽根の右安→エンドラン成功 ランナー1・3塁
5裏:呉本の右飛 →タッチアップ
8裏:ミツルの三ゴ→進塁打

☆一言選手評☆
■後藤伸也(湘)
結果だけ見ると全然ダメと思う方がいるかもしれませんが、ヒットを打たれてもなんでも、今までのように萎縮して四球連発にならず直球勝負にいったのには好感。ここ数年は自滅・めった打ちで自信を失くし、不本意な内容が続いたが今年はこのスタイルでいってみるのもいいかもしれない。直球がしっかり投げられるようになったとき、本当の自信を取り戻すはずだ。

■下園辰哉(湘)
大学時代は九州の安打製造機と名をはせて入団してきたルーキー。第一打席は不慣れなアンダースロー投手にタイミングが合わなかったものの、続く打席では先輩が作った流れに乗ってジャンプしたファーストのグラブを弾いていく強烈なライナーを放った。相手は格下だったが打球のスピードは昨年の内藤以上のものがあると思う。次はプロ相手にどんなバッティングをするか楽しみ。

■梶谷隆幸(湘)
追い込まれてから、それまでタイミングが合ってなかったボールを基本に忠実にセンター返し。守備もしっかりこなし、まずはアピールした。高卒ながらその巧みなバットコントロールがどこまで通用するか期待。まずはファームでショートのレギュラーが目標となる。

☆感想☆
スコアこそ大差になったが中盤まではいいゲームになった。これはやはり関東選抜の健闘が目立ったのが大きい。打者は大きいのよりもつなぐバッティングを意識し、投手では味方のミスから崩れたもののアンダースローの杉本が打者のタイミングを崩していた。他のピッチャーは大きいカーブとスライダーを使うピッチャーが多かった。
いずれにしろ、関東選抜の選手には大きな自信になったと思う。
一方のシーレックス、中盤からようやくプロの力を見せたという感じ。選手が足りずサードをキャッチャーの選手に任せている状況だが練習になるのかどうかは疑問。ベイスターズの振るい落としでもう少し野手は増えるだろうが、梶谷を獲っておいてチーム全体のためにもよかったと思わずにいられない。今日はある程度打って当然・抑えて当然という面もあったと思うのでプロ相手にどんなゲームが出来るのか注目したい。

今日は風があまりなく日差しも強くて、ほぼ満員となったバックネットの観客もコートを脱いで観戦する人が多かったです。終了時に両チームがそろって礼をした際にはスタンドからも大きな拍手で健闘を称えました。今年初のスコア付けでしたが、関東選抜の選手名だけじゃなくて所属チームもアナウンスするか名簿を配布してもらいたかったです。そういう点ではプロ同士より大変でした。また、試合終了後には3塁側で、活躍した北川・西崎選手との「じゃんけん大会」が開催され両選手はもちろん、田代監督・下園選手・梶谷選手のサイン色紙がプレゼントされました。今年はベイスターズ球場でも公式戦があるので、ファンの目の前でのヒーローインタビューもあるかもしれませんよ。
今シーズンもこんな感じで書いていくのでヨロシクお願いします。


2007年 3月 4日 イースタン教育リーグ 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:あわてんぼーさん(HP:あわてんぼーのブログ

 試合時間12時31分終了15時17分試合時間2時間46分
                   R H E
 巨  人 000 100 101   5 2
 
日本ハム 000 000 000   2 3
 勝深 田         本塁打 矢野(4回左中間星野@)
 S酒 井
 負星 野

 2塁打 今浪(6回)
 盗塁 佐藤(7回)
 盗塁死 坂本(8回)
 併殺 巨  人0
    日本ハム1(高口−今浪−佐藤)5回十川
 失策 巨  人2 小坂(2回)梅田(7回)
    日本ハム3 佐藤2(1、8回)内山(7回)


審判 球審市川1塁小林3塁村山(1〜5回表)
   球審市川1塁小林3塁笠原(5回裏)
   球審村山1塁笠原3塁小林(6回表)
   球審村山1塁笠原3塁市川(6回裏〜9回)

■1回表(日本ハム投手星野、捕手渡辺)矢野中飛(4球目一邪飛を佐藤が落球し、失策が記録される)小坂一塁ゴロ、坂本一邪飛(巨人0)
1回裏(巨人投手深田、捕手實松)工藤、紺田、金子洋3人共三振(日本ハム0)
■2回表 梅田三振、田中、川中共に遊ゴロ(巨人0)
2回裏 佐藤中直、高口左前安打、渡部遊ゴロ失で1,2塁、鵜久森、市川共に三振(日本ハム0)
■3回表 十川三振、山本三邪飛、實松三振(巨人0)
3回裏 今浪遊飛、工藤二塁ゴロ、紺田三振(日本ハム0)
■4回表 矢野左中間本塁打、小坂三振、坂本右飛、梅田三振(巨人1)
4回裏 金子洋三振、佐藤一塁ゴロ、高口捕邪飛(日本ハム0)
■5回表(日本ハム投手植村)田中二塁ゴロ、川中四球、十川二塁ゴロで4−6−3とわたり併殺(巨人0)
5回裏 渡部遊飛、鵜久森三振、市川中飛(日本ハム0)
■6回表(日本ハム投手清水)山本投手清水のグラブを強襲する遊ゴロ内野安打、實松四球で1,2塁、矢野投ゴロで2,3塁、小坂三振、坂本三塁ゴロ(巨人0)
6回裏(巨人投手鈴木誠、矢野に代わり三塁芦沢、小阪に代わり中堅下山、三塁から遊撃坂本)今浪左中間2塁打、工藤投前送りバント成功で3塁、紺田遊ゴロ、金子洋三振(日本ハム0)
■7回表(日本ハム投手内山)梅田遊ゴロ、田中四球、川中右前安打で1,3塁、十川三飛、山本投ゴロも内山が1塁へ低投(ワンバウンド)し、佐藤が捕れず(記録は内山のエラー)田中生還なお1,3塁、實松に代打伊集院一邪飛(巨人1)
7回裏(巨人投手酒井、捕手伊集院)佐藤一塁ゴロ失、高口遊飛、渡部三振の時佐藤2塁盗塁成功、鵜久森三振(日本ハム0)
■8回表(日本ハム投手江尻、渡部に代わり捕手小山)芦沢遊ゴロ、下山三振、坂本三塁ゴロ(巨人0)
8回裏 市川二塁ゴロ、今浪投ゴロ、工藤中飛(日本ハム0)
■9回表(日本ハム投手立石)梅田三振、田中中前安打、川中三振、十川四球で1、2塁、山本右前安打で田中生還なお1,3塁、伊集院中直(巨人1)
 9回裏 紺田二塁ゴロ、金子洋三塁ゴロ、佐藤二塁ゴロ(日本ハム0)

 戦評
 今日の試合は、はっきり言って貧打線。
 巨人が矢野謙次の本塁打を含む5安打3得点・・・。
 しかし、そのうち1得点は失策が絡んだもの。
 一方の、日本ハムは?と言うと・・・僅か2安打に抑えこまれ・・・完封リレー負け。
 おまけに、両チーム合わせて失策が5(巨人2、日本ハム3)。
 これではちょっとしまりの無い試合と言われても仕方があるまい。

 巨人打撃陣
 チーム全体で5安打、長打は4回矢野選手が放った左中間への本塁打のみ。
 残りの安打も、コース安打・・・ポテン安打のみ・・・。
 守っても、小坂選手と梅田選手がエラー。
 特に、小坂選手のエラーはいただけない。
 三遊間よりの打球を追いつきながら・・・弾いてしまった。
 往年の動きに陰りが出てきたのでは?と、思わせたシーンだった。

 
日本ハム打撃陣
 う〜ん。僅か2安打。
 酷かったね。今日の試合は・・・。
 巨人投手陣に11奪三振を喫し、尚且つ3失策。
 そのうち、一塁手の佐藤選手が2失策。
 1回表の矢野選手の一邪飛を渡部捕手とお見合いし結局ファーストミットに当て落球。
 8回表には、なんでもない市川選手の送球を落球。
 その前の7回2死1、3塁での内山投手の送球がワンバウンド。
 その送球を弾いてしまい失点。
 上手い野手・・・普通レベルの一塁手なら捕れていただけに残念。

 巨人投手陣
 すこぶる良いとか・・・そういうレベルではなく相手に助けられたと言った感じ。
 もっといえば、開幕までに間に合うの?と思いたくなるほど相手打線が酷かった。
 それを差し引いても、今日投げた深田、鈴木誠、酒井3投手の評価は落ちる事は無い(参考外という事は無い)。
 その中でも、深田投手は面白そう(後述)。

 
日本ハム投手陣
 5安打3失点・・・。
 安打数のわりには取られすぎかな?
 味方守備陣に足を引っ張られたせいもあるが・・・全体的に疲れが出たと言うか・・・少なくとも現時点で長いイニングを任せられそうな投手は、今日投げた投手陣ではいないと言う事だ。
 特に先発星野投手。3回位から重心が一塁側へ傾き始め上半身だけで投げると言う投球で、4回案の定矢野選手に左中間へ特大本塁打を喫してしまった。
 それだけではない。7回表の内山投手の悪送球。慌てずゆっくり投げれば良いものを・・・慌てて投げた為に・・・う〜ん。もしかして日本ハムにもヤクルト○井投手みたく、キャッチボールが出来ない投手じゃないだろうな・・・。

 あわてんぼーが注目した選手

■矢野謙次(巨)
 今日、鎌ヶ谷で彼の名前を聞こうとは・・・。
 彼がこの時期ここにいてはいけない。
 本塁打を放ち、格の違いを見せたが昨年終盤から不振が目立ちはじめどうかな?と思うが、おそらくそれは、相手も彼の事を研究し弱点を分かった者かと思われる。
 谷選手等新戦力が加わった事もあり、出場機会が減らされそうだが、それを覆す活躍を見せてもらいたい。
 彼は2軍ではなく1軍にいるべき選手なのだから・・・。

■深田拓也(巨)
 彼は、上手くすれば化けるかもしれない。
 ただ、気がかりはごくたまにではあるが変化球を投げる時投球フォームが緩む。
 それさえ直せば意外と早い時期に1軍へ昇格する事もあるだろう。
 ただし、左打者用のワンポイントリリーフ専門で起用する事が条件ですが。

■小坂誠(巨)
 彼はバッティングはダメなのは分かりきっている事だ。
 そうなると・・・守備で・・・といきたい所で、ロッテ時代はその守備を評価され多くの試合で起用されていたが・・・う〜ん・・・。
 2回1死1塁で渡辺選手の三遊間よりの打球を追いつくも・・・弾いてしまい1、2塁とピンチを広げてしまった。
 幸いにも、失点に結びつかなかったが往年の彼の華麗な守備を知っているものとしては、衰えてきたかな?(脚力や色々と)
 だとすると・・・1軍に昇格するのは・・・難しいかな?と思わざるを得ない。
 う〜ん。何と言って良いのやら・・・。

■星野八千穂(日)
 一昨年のドラフト7位で入団した投手か・・・。
 でも、年齢的な事を考えると・・・今年が勝負の年。
 しかし、プロ野球投手としてのスタミナが無いというのはちょっと・・・。
 3回には、バテがきて投球フォームが一塁側へ流れてしまい、どうかな?バテがきているな・・・ボールがばらついているな・・・と思った矢先の4回矢野選手に本塁打を喫した。
 その投球は、ど真ん中のストレート。いくらなんでも1軍で活躍した選手に対して失礼だろうと言うくらい甘い球。
 この投球は明らかに疲れが原因。
 これを今シーズン中・・・いや、教育リーグ中・・・一刻も早く克服しなければならない。
 でないと・・・埋没してしまうぞ!

■今浪隆博(日)
 おっとっと・・・彼を忘れるところでした・・・。
 彼は昨年のドラフトで明治大学からドラフト7位で入団。
 守備が素晴らしい。
 何しろ両チーム合わせて5失策のせいか目についたのかもしれないが・・・守備範囲が広い。
 動きがシャープ!
 小坂2世?いやそういう言い方は良くない。
 過去において○○2世と言われた選手は悉くその選手を超えられなかった。
 小笠原が抜けた日本ハム内野手陣の現状を考えると・・・大いにチャンスありと見た。
 もしかしたら、一気に1軍のレギャラーポジションを獲得するかも・・・。


2007年 3月 3日 イースタン教育リーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:森@居酒屋の番頭さん(HP:その後の番頭はん日記

2007年3月3日教育リーグ 鎌ヶ谷対浦和(ロッテ浦和球場)
天候:曇 試合開始:12時30分 試合時間:約2時間40分 審判・記録員:発表なし

鎌ヶ谷 000 001 001|
浦和  020 010 00×|

(成績)*公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなく、その投手の時に入った得点です
鎌ヶ谷
(中) 紺田  5打数1安打
(右) 工藤  3打数ノーヒット
(二) 高口  4打数ノーヒット1打点
(一) 佐藤  5打数1安打
(指) 渡部  3打数1安打
(左) 鵜久森 4打数1安打
(三) 市川  3打数1安打
(捕)  駒居  1打数ノーヒット1打点
 捕  小山  1打数ノーヒット
(遊) 今波  3打数1安打

●宮本 5回打者23人投球数86被安打7与四球2奪三振5失点3
 橋本 2回打者 7人投球数28被安打0与死球1奪三振2失点0
 清水 1回打者 3人投球数 9被安打0与四球0奪三振1失点0

浦和
(遊)  早坂  4打数1安打
(中)  角中  4打数ノーヒット
(一)  福浦  2打数ノーヒット
 一   定岡  1打数ノーヒット
(三)  今江  2打数2安打
 走 三 細谷  2打数ノーヒット
(右)  南   3打数2安打1打点
 右   代田  1打数ノーヒット
(左)  神戸  2打数ノーヒット
 左   佐藤  1打数ノーヒット
(指)  青松  2打数ノーヒット
(捕)  新里  2打数1安打1打点
 打 捕 金澤  1打数ノーヒット
(二)  藤井  3打数1安打

 木興  4回1/3打者20人投球数87被安打3与四球3奪三振3失点0
○相原  1回2/3打者 7人投球数28被安打1与四球1奪三振2失点1
 龍太郎 1回   打者 3人投球数 6被安打0与四球0奪三振0失点0
 田中  1回   打者 3人投球数 9被安打0与四球0奪三振0失点0
S末永  1回   打者 7人投球数35被安打2与四球2奪三振1失点1

(経過)
1回表鎌ヶ谷
紺田 右安
工藤 一邪飛
高口 空振り三振(高口の6球目に紺田二盗 二死二塁)
佐藤 二ゴロ
1回裏浦和
早坂 空振り三振
角中 空振り三振
福浦 遊ゴロ

2回表鎌ヶ谷
渡部 三塁線二塁打
鵜久森 右飛
市川 空振り三振
駒居 右飛
2回裏浦和
今江 三内野安
南 左越タイムリー二塁打 0−1浦和
神戸 四球 一死一二塁
青松 右飛 飛び出した神戸が戻れず二死二塁
新里 中タイムリー安 0−2浦和
藤井への4球目の前新里牽制死

3回表鎌ヶ谷
今波 二ゴロ
紺田 二飛
工藤 右飛
3回裏浦和
藤井 右安
早坂 三ゴロ(二塁封殺のみ)
角中 空振り三振
福浦 投ゴロ

4回表鎌ヶ谷 浦和ファースト定岡に交代
高口 三ゴロ
佐藤 左越二塁打
渡部 四球
鵜久森 空振り三振
市川 遊ゴロ
4回裏浦和
今江 左安(代走細谷)
南 左安 無死一二塁
神戸 見送り三振
青松 空振り三振
新里 右飛

5回表鎌ヶ谷 浦和サードにそのまま細谷
駒居 四球
今波 投前犠打
紺田 遊ゴロ失(早坂が前に弾く) 一死一二塁
工藤 四球 一死満塁
浦和ピッチャー相原に交代
高口 空振り三振
佐藤 三ゴロ
5回裏浦和
藤井 遊ゴロ
早坂 右中間二塁打
角中 遊ゴロ 早坂三進して二死三塁
定岡 四球 二死一三塁
細谷 三ゴロ失(市川がファンブル) 0−3浦和 二死一二塁
南 中直(紺田がスライディングキャッチ)

6回表鎌ヶ谷 浦和ライト代田に交代
渡部 一ゴロ
鵜久森 中安
市川 四球 一死一二塁
駒居の初球に相原ワイルドピッチ 一死二三塁
駒居 右犠飛 鎌ヶ谷1−3 二死三塁
今波 見送り三振
6回裏浦和 鎌ヶ谷ピッチャー橋本に交代
神戸 一ゴロ
青松 死球
代打金澤 二ゴロ 青松は二進 二死二塁
藤井 三ゴロ

7回表鎌ヶ谷 浦和キャッチャーにそのまま金澤 ピッチャー龍太郎に交代
紺田 左飛
工藤 三ゴロ
高口 一邪飛
7回裏浦和
早坂 遊邪飛
角中 見送り三振
定岡 見送り三振

8回表鎌ヶ谷 浦和レフト佐藤、ピッチャー田中に交代
佐藤 投ゴロ
渡部 二ゴロ
鵜久森 二飛
8回裏浦和 鎌ヶ谷キャッチャー小山、ピッチャー清水に交代
細谷 三ゴロ
代田 中直
佐藤 見送り三振

9回表鎌ヶ谷 浦和ピッチャー末永に交代
市川 左安
小山 空振り三振
今波 中安 一死一二塁
紺田 一ゴロ 二死二三塁
工藤 四球 二死満塁
高口 押出四球 鎌ヶ谷2−3 二死満塁
佐藤 左直でゲームセット


(全体感想)
シーズンオフはまったく顔を出す事ができず申し訳ありませんでした
いうよりも自分の中では「えっ、もう野球が始まるの?」という感じなのですが・・・
今季初観戦となったこの日 なによりも浦和のメンバーが大きく入れ替わっているのに驚き、選手名鑑とにらめっこしながらのスコア付になりました。
(そして目の前に諸積一塁コーチがいるのがちょっと嬉しかった)
試合は両先発投手がピリッとしない中で両攻撃陣も決め手を欠き、最後末永が一人で盛り上げてくれた様な感じでした
なんにしても今年も鎌ヶ谷は鵜久森と市川がいい意味でも悪い意味でもポイントになりそうです

(鎌ヶ谷注目選手)
■宮本賢(日)
ワインドアップで投げた初回から「ずいぶん突っ立った感じで投げるピッチャーだなぁ」と思ったのですが、2回以降最初からセットポジションで投げ始めると、手投げという印象が強く残りました。
立ち上がりフォーク(多分)で連続三振を奪ったのですが、以降はランナーを背負う事が多かったせいかほとんどフォークを投げませんでした。
あと、同じルーキーの角中、神戸と対した時には余裕が出るのか身体全体を使ったいいフォームで投げられている様に見えましたので、まずはプロに慣れることかな、という印象

■今浪隆博(日)
5回ピッチャーを強襲した藤井の当たりをすばやくフォローしてファーストで殺し、7回はサード後方のファールフライを鵜久森と交錯しながら好捕。
5回に決めた送りバントもピッチャーとサードの守備範囲の境目あたりを狙った見事なものでした。
まだ線が細い様な気はしますが、今の鎌ヶ谷にいない「上手な」選手だなぁという印象でした。

■市川卓(日)
昨年のフェニックスリーグに続きサードの守備へ。2回福浦の当たりを横っ飛びで抑えたまではいいんですが案の定ファーストへ暴投。
5回にはボテボテのゴロをつかみ損ねるタイムリーエラーに、6回やっと1点返した後の守りで、二死二塁から真正面のゴロをファーストへハーフバウンドの送球(これは佐藤が好捕)
今年も私の心臓に試練を与えてくれそうです。

■鵜久森淳志(日)
昨年までのまだ家賃が高すぎる感のあった4番を外れて昨日は7番、今日は6番での先発。
それでスイングに思い切りが出ればと思ったんですが、相変わらずのセカンドの頭狙いのバッティングでヒットは1本出たものの、後はポップフライ2本にカーブに思い切り腰を引いた三振一つ。
守備でも2回に緩慢な動きで定位置ちょっと左かなと思った打球に追いつけず、一塁ランナーを一気にホームインさせてしまいました。
とにかく結果はいいですから、明日に希望が持てるプレーを見せて欲しいです。

(浦和注目選手)
■木興拓哉(ロ)
5回持たずで投球数87球ととにかく球数が多すぎました。早い段階で追い込む事は追い込むんですが、そこからカーブが決まらずに苦労していた様です。
多分5回までと決まっていたと思うのですが、2四球でその5回を投げきる事すら出来なかったのは大きなマイナス点だと思いました。

■神戸拓光(ロ)
大きな身体と大きなフォームで人気の出そうな選手ですが、今日はいいところなしでした。
2回1点先制した直後の無死一二塁から青松のライトフライでファーストを飛び出してしまって併殺を食らうと、4回無死一二塁のチャンスではバットを振れずに見送り三振。
6回は先頭打者で代わったばかりの橋本がコントロールに苦しんでいるのに、0−3からのボール球に手を出してファーストゴロ。
守りでも4回佐藤の真正面のライナーに一旦前進してしまい、頭の上を越されてしまいました。
まだまだプロのスピードに慣れる段階の様です。

■角中勝也(ロ)
四国IL出身の注目選手ですが、やはり今日は4打数3三振、守備機会も2回だけと活躍する事はできませんでした。
とにかく全体に落ち着きなく見えた鎌ヶ谷先発の宮本が、角中を迎えると急に伸び伸びと投げていたのが印象的でした。
いつの日か六大学出身の選手を見返してやって欲しいものです。

■末永仁志(ロ)
とにかく人気のある選手でしたが、2点リードの最終回に出てきて2安打2四球。最後の最後は1点差で二死満塁ツースリーなどという場面を演出した挙句に佐藤にキレイに弾き返されましたが、打球がレフト正面をついてなんとか逃げ切りました。
担いだ様なフォームからとにかく強気強気の投球で、心配半分の人気が出るのもわかる様な気がしますが、さすがに一本調子に過ぎるんじゃないかというのが私の感想です。


2007年 3月 2日 プロ・アマ交流戦 湘南−住友金属鹿島(横須賀)報告者:子連れさん

3月2日(金)プロ・アマ交流戦 湘南Vs住友金属鹿島 須加スタ

                   R
  
住金鹿島 000 100 000 
  
湘  南 001 000 000  ※両チーム合意により延長戦なし。

継投
 住金鹿島 中野陽介(5回)−山口幸太(2回)−長岡哲司(2回)
  湘 南  クルーン(2回)−牛田(3回)−佐久本(2回)−稲嶺(1回)−松家(1回)
安打
 住金鹿島 6(糸数2-橋本-二村2-岩永)
  湘 南 5(西崎-木村-斉藤2-下園)
審判
PL 深谷 1B鈴木(JBA) 2B 村山 3B 渡辺(JBA) /SC 発表なし
 ※球審以外は,各ポジションを交代
試合時間
 3時間(12:30〜15:30)
観衆(目算)
 1塁側40P ネット裏70P 3塁側25P=135P
天候
 薄曇時々はれ (風)左→右 やや弱 (気温)13℃ (湿度)33%

    
住友金属鹿島                湘  南
     (6)藤 澤                (9)河 野
     (5)高 浦                (DH)黒羽根-下園
     (9)松 本                (2)武 山→(5)
     (4)二 村→(3)             (3)呉 本
     (DH)福田純                (5)斉 藤→(2)
     (8)橋 本                (4)北 川
     (3)秋 山-H吉田-(4)岡 本        (8)ミツル
     (2)皆 川-岩永-荒巻-日美         (7)西 崎
     (7)糸 数                (6)木 村
     (1)上記参照               (1)上記参照

<私 観>
 引きいっぱいの鷹取川で餌をついばむユリカモメを見ながらコンビニへ。「今年も生きてたよ。野球見られら」と齢75のご隠居に遭遇。ワンカップ2本、つまみ、おにぎり2コ、お茶の入った袋を見せて「今年もこれが買えたよ」と満面の笑みに,四捨五入するまでもない50の自身,妙に感動共感したのでした。
 オバQ
田代の采配は如何に、と思い3塁側での観戦。湘南ベンチには横浜南共済病院の先生やオフィシャルレポーターの吉岡さん,いい加減に背広脱ぎなさいよと言いたい元寮長竹田査定担当など,ココには書けない面々も含めて賑やかな雰囲気。そして最後の訪問者は「住友金属鹿島投手コーチ・阿波野秀幸」大洋のユニを着ていた彼ですが,やはり近鉄バッファローズの姿がいつも瞼に浮かぶのです。
 さて試合,昨年同様に
クルーンの調整登板。変化球の試球を課題にしていたようで乱調。2イニング42球H1・四2・死2の内容。登板後住金ベンチに出向き,死球を与えた選手に陳謝する姿は立派でした。150キロは出ていたクルーンから,きちっと右に逆わらずヒットしたベテラン27歳糸数は見事!昨シーズン同様に包茎している河野北川西崎木村ミツルはこの試合での住金面々の姿勢を学ぶべきでは・・・カスを洗い流したシーズンに期待するところ。それほど住金はキチンと調整が出来ていました。
 湘南ルーキー如何に!を期待していたのですが,出たのは
下園のみ。他は,いながらもファールゾーンで試合中にUpだけ。故障して湘南住まいの下園ですが,横須賀市制記念年の今年は湘南のクリーンアップで留まって欲しくも,彼は上のレベルと感じたのはご隠居同様。未知数の外国人外野手を獲得する前に,下園を育てることにフロントは目を向けて欲しい逸材でした。
 住金のコメントが足りませんが,2番手に出た日大出のルーキー
山口幸太は,球の走りも良く,滑りのよい紙の上を流れるよう直球は,気持ちが込められていて,生き生きしていました。コースケさん!ちゃんと観てた!?
 WIZさん命名の「新・四天王」の一角,左腕
稲嶺。コーナーへの鋭さが全くなく,調整中の状況。しかし,同じ左腕,佐久本の2イニング無安打1四球の内容を観ると,稲嶺の内容は「湘南行」は否めない。ヨイショ岡本がどうやら定着しつつあり,それに続く左の継投候補にと,この試合が試験登板気味だっただけにミネの内容はさみしいものでした。顎髭の長さが成長するのと同様に,彼の左腕に危機感を持ち,昨年の36番に等しく,今年注目します。そこで・・・

『今日の,稲嶺茂夫(湘)』
8回表登板
 ・二 村 邪 中H
 ・福田純 一犠
 ・橋 本 見 ● ● 遊ゴ
 ・PH吉田 ● ● ● 一ゴ

 9イニングをたっぷり3時間楽しんで鷹取川へ出ると,ユリカモメに換わりハシブトカラスが満ちて戻された川のゴミを漁っていたのでした。
 ご観戦の皆さん,お疲れ様でした。
 管理人さん,みなさん。今年もよろしくお願い致します。

 末筆ながら,ほぼ40名定員で鹿島から駆けつけた後援会バスツアーの皆さんが羨ましく思いました。湘南も今シーズンは静岡への遠征などありますので,WIZさん同様にバスツアーをご検討いただければと存じます。


2007年 3月 1日 イースタン教育リーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:サーモンさん(HP:Baseball-Crazy-Monkey〜野球狂猿)/Tylerさん


■報告者:サーモンさん

2007教育リーグ開幕戦。マリーンズvsファイターズ

関東にも待ちに待った球春到来で、
本日(3月1日)ロッテ浦和のマリーンズvsファイターズに行ってきました。
この試合が実質的な仕事はじめなのか、
ライオンズ、ジャイアンツなどの編成担当者の姿も見えました。
仕事始めの挨拶なのでしょうか?
また、確実ではありませんがファイターズの今成スカウトの姿も見受けられました。

スコアとメンバーは以下のとおりです。
(自責点、記録等に間違いがあるかもしれませんが、ご了承ください)

鎌ヶ谷 014 000 000 
浦 和 000 001 000 

〜オーダー〜
鎌ヶ谷
G工藤
H紺田
B佐藤
D市川
C高口
A渡部
2駒居(6裏)
F鵜久森
D小山
E今浪

浦和
E早坂
C堀
4藤井(5表)
F角中
G南
PH代田(9裏)
H神戸
A金澤
2新里(6表)
D青松
B定岡
D細谷

〜投手〜
鎌ヶ谷
木下(5回、失0自0)−中村(1回、失1自1)−江尻(2回、失0自0)−立石(1回、失0自0)

浦和
三島(3回、失5自5)−江口(3回、失0自0)−中郷(2回、失0自0)−田中良(1回、失0自0)

両軍投手の与死球の多さや、イニング合間の練習中で内野陣の1塁悪送球が目立ちました。
実戦感覚が戻ってきていないようでしたが、ファイターズ
木下達生高口隆行渡部龍一今浪隆博の若手、
マリーンズは新人
江口亮輔と試合後半出場で2打数1安打の野手再転向の藤井宏海はアピールになったと思います。





■報告者:Tylerさん

2007年3月1日 イースタン春季教育リーグ 千葉ロッテ−北海道日本ハム

北海道日本ハム 014 000 000=
千葉ロッテ   000 001 000=

勝:木下
敗:三島

【北海道日本ハム】
     打得安点.1 2 3 4 5 6 7 8 9
(8)工 藤4110遊ゴ……左安四球…………左飛……三振
(9)紺 田4011四球……右安……三振……遊失……左飛
(3)佐 藤4000二ゴ……左ゴ……左飛……三振……
(5)市 川4101……三振二ゴ……三振……投ゴ……
(4)高 口2221……四球中三…………四球……右安
(2)渡 部3022……右二左安…………投ゴ…………
2 駒 居0000……………………………………死球
(7)鵜久森4000……遊ゴ中飛…………一ゴ……遊併
(D)小 山4000……左飛……二直……三振……二ゴ
(6)今 浪4120…………右二遊ゴ…………投安……三振
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
チーム合計33585 併1 残6

【千葉ロッテ】
     打得安点.1 2 3 4 5 6 7 8 9
(6)早 坂3000三ゴ……遊ゴ…………死球……一ゴ
(4) 堀 2000遊ゴ…………投ゴ……………………
4 藤 井2010…………………………中安……右飛
(7)角 中4001三振…………中飛……二ゴ…………左飛
(8) 南 3000……三ゴ……三失……二併………………
PH代 田1000…………………………………………左邪
(9)神 戸3000……遊ゴ……三振…………三振……死球
(2)金 澤2010……左安…………三振……………………
2 新 里2000………………………………三ゴ……三振
(D)青 松2000……遊ゴ…………三振……四球……
(3)定 岡3000…………三振……三振……三振……
(5)細 谷2100…………遊ゴ…………四球……中飛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
チーム合計29121 併1 残5


□三塁打 F:高口
□二塁打 F:渡部 今浪
□盗塁  F:市川(3回)

■盗塁死 F:紺田(1回)
■牽制死 F:工藤(4回)
■失策  F:市川(4回)
     M:早坂(7回)

   回 打球数安振四死失責
木 下5 17 64160000
中 村1 5 13101111
江 尻2 7 27021000
立 石1 4 18010100
−−−−−−−−−−−−−−
三 島3 16 68612055
江 口3 10 50032000
中 郷2 9 32210100
田中良1 3 15020000

【得点経過】
2回表 渡部右中間タイムリー二塁打(F1−0M)
3回表 紺田右前タイムリー(F2−0M)
    市川二ゴロの間(F3−0M)※一塁送球は出来ず二塁封殺のみ
    高口中越タイムリー三塁打(F4−0M)
    渡部左線タイムリー(F5−0M)
6回裏 角中二ゴロ併殺崩れの間(F5−1M)

※公式記録と異なる場合があります。ご容赦下さい。


2007年 2月27日 四国アイランドリーグ オープン戦 香川オリーブガイナーズ−アークバリアドリームクラブ(香川県さぬき市・志度総合運動公園野球場)報告者:大阪部長さん

香川が大勝で今年の四国リーグ初白星!

四国アイランドリーグオープン戦 
香川オリーブガイナーズアークバリアドリームクラブ(香川県さぬき市・志度総合運動公園野球場)

2007年2月27日(火) 12時35分〜14時44分

アークバリア 200 100 0| 3 H 9 E0
  香川OG 210 047 X|14 H10 E1
(両チーム協議の上7回コールド)

(ア)●古田浩司、荒井一誠−米田司
(香)○下地栄輝、橋本亮馬、松尾晃雅、天野浩一−山本遼太、堂上隼人

二塁打 羽田智弘、今村遼太、金輪圭祐(以上ア)森田丈武(香)
三塁打 大下敦司(ア)
本塁打 シェパード・シバンダ(香)ソロ 二回古田から
    森田丈武(香)満塁 六回古田から

 観衆46人(五回表、目視にて計数)

※本年、スコア記録6試合目

■ブルペン投球者(カッコでくくった名字だけの投手は試合にも登板)

アークバリア
(無人)⇒ 山地翔? ⇒(荒井一)

香川OG
(橋本)⇒(無人)⇒(松尾)⇒ 勝沢賢一 ⇒(天野)

スタメン

アークバリア   香川OG

三 菅 生    遊 三 輪
中 大 下    左 生 山
捕 米 田    三 森 田
右 大 西    中 林世業
左 今 村    一 若 林
一 羽 田    右 町 田
遊 金 田    二 越 智
指 金 輪    捕 山 本
二 西 本    指 シェパード

投 古 田    投 下 地

 ・大差がついたが、香川OG・下地の立ち上がりの乱れぶりは、大量失点につながってもおかしくなかった。
アークバリア・古田も、五回に60球を超えたあたりから投球が乱れ始め、実はこの回の4失点、死球押し出し・四球押し出し・パスボール・ワイルドピッチと、香川OGのバットによるものは全くなく、自滅もいいところ。投手が少ないチーム事情(登録は2人。2番手荒井一は外野手登録)からすると、企業チーム(JR四国、四国銀行)の壁を破るには、先発投手は100球はもちこたえてほしいところ。
双方ともいろいろミスがあり、どちらに試合の勢いが転んでもおかしくなく、実は点数ほどの差があったわけではない試合内容。

 ・瀬戸内海放送の取材クルーや四国新聞の記者が来場。試合後の香川OG・
西田真二監督のインタビューをこっそり聴く(笑)

 西田監督の話
(昨年のMVP・堂上、主将の井吉を外したスタメンは)
「ルーキーを多く使って、彼らの力を試したかった」

(新外国人・林世業の四番は)
「みんなに競争意識を持たせようと思って起用した」

(シェパードが、レフトへの大ホームラン)
「これはもう、素晴らしかった」

(最後1人だけ登板の
天野浩一=前広島東洋=は)
「ストレートなんて良かった。これからもプロ出身者として、みんなの良い手本になるよう頑張ってほしい」

(開幕へ向けて)
「あと1か月、それぞれが課題を持って取り組んでほしい」

 ・徳島文理大学香川校に隣接、まるで同学のグラウンドといっても不思議ではないロケーションの球場。香川OGのキャンプ地。私は高松自動車道の「高速志度」バス停から、同学の校舎を目標に徒歩で往復(片道所要36分)。

 ・球場近くには、かつて開催された93年国体高校野球の、全チームメンバー名入り記念碑。何人かはその後プロ入り
(川上や高橋尚ら)。

 ・アークバリアのユニホームは、デザインは福岡ソフトバンク、色は東北楽天。

 …などといろいろネタも拾えて、テーブル入りの詳報も書きたいんですが…時間がないですねえ。
この3日前、bjリーグの試合(高松市総合体育館)に香川OGの選手たちがPRに訪れたのにも偶然出くわしてます。
 サーパスのサマー、シルキーが共通マスコットという縁で、私は12月の初観戦後、bjリーグ・
高松ファイブアローズの応援に、高松へ通っているのです。


2007年 2月12日 練習試合 サーパス−韓国プロSKワイバーンス(高知東部球場)報告者:たかさん

サーパスと、韓国のプロチームSKワイバーンスによる、練習試合を観戦してきました。
今年初野球です。今日の高知は、気温15度。ぽかぽか陽気で、まさに、観戦日和。
観客席は、思ったより人が多く、こちらでのニュースでは800人ほどが観戦したようです。

それで、実質サーパスなんですが、ユニはオリックスです。
サーパスのスタメンですが
1番 8 一輝 2番 4 長田 3番 3 吉良  4番 9 迎
5番 5 田中 6番 7 鈴木 7番 6 柴田亮 8番 D 勝
9番 2 横山
P    町

でした。SKワイバーンスについては、資料もなかったので、メモしてません。

試合は、1回裏、SKの守備の乱れから2点先取。その後、SKの投手も立ち直り
投手戦の装い。
5回表に、SKが1点を返しますが、6回裏、三塁にランナーを置き、
柴田亮選手のライトスタンドへのHRで2点追加。
4−1
でサーパスの勝ちでした。
6回表からは、サーパスは
町豪将投手に代え、阿部健太投手が登板。危なげなく処理しました。

この土曜日は、阪神(2軍)との対戦ですが、天気が心配です。


  ■掲示板@2軍愛■