【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2007年 5月12日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(千葉マリンスタジアム)報告者:WIZさん/熱い男さん

報告者:WIZさん

5/12(土)イースタン・リーグ公式戦 千葉ロッテ−湘南5回戦 千葉マリンスタジアム(11:00開始)

審判:PL敷田、1B原、2B本田、3B有隅
記録員:加藤木
観客数:300名は入っていたと思います。

【スコア】
湘 南 0001040000 14
ロッテ 000000000  0

【投手継投】
湘  南 ○山口(7回)−吉川(1回)−岸本(1回)
ロ ッ テ ●古谷(30/3回)−末永(2/3回)−林(11/3回)−黒滝(1回)−江口(1回)
                          −木興(1回)−龍太郎(1回)

【得点経過】
4回表(湘) 無死無塁で下園、ライトスタンドへソロ(1点)
      無死1・3塁で新沼、センターオーバー2ベースタイムリー(2点)
      無死2塁で桑原、センター前タイムリー(1点)
      無死1塁で斉藤、左中間へ2ベースタイムリー(1点)
      無死2・3塁で下窪、レフト前タイムリー(2点)
      二死2塁で呉本、左中間へ2ベースタイムリー(1点)
      二死2塁で北川、ライト線2ベースタイムリー(1点)
      二死2塁で新沼、レフト前タイムリー(1点)
5回表(湘) 一死満塁で呉本、レフト前タイムリー(2点)
      一死2・3塁で北川、レフトへ犠牲フライ(1点)
      二死1・3塁で桑原、ファーストへタイムリー内野安打(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
RF 下窪  三ゴ  三ゴ左安空振中飛    遊ゴ     612000000
DH 西崎  左飛  右飛三ゴ四球             300100010
DH ミツル           見振           100000100
DH 河野                  四球     000000010
LF 下園  右安    右本四球  三飛  四球     321310020
            一失
1B 呉本  右飛    左2左安  右飛         533300000
            右2
SS 梶谷                  見振     100000100
2B 北川    二ゴ  二失左犠  見振         312200100
            右2
C 新沼    三ゴ  中2遊失    左飛       423100000
            左安
CF 桑原    左飛  中安一安    遊ゴ       532100000
            中安
3B 斉藤      遊安左2遊ゴ    空振       521100100
            一飛
SS 木村      投犠左安右安二ゴ           320201000
C 黒羽根                 見振     100000100


<千葉ロッテ>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 角中  中安  空振                 210001100
H 南             見振右飛         200000100
CF
LF 平下  中飛  二ゴ                 200000000
H 竹原            四球  四球       000000020
LF
2B 田中雅 空振    中安               210000100
2B 根元            右2  投併       210000000
RF 大松  見振    左飛  一飛  三飛       400000100
1B 細谷    空振  空振               200000200
H 橋本            遊ゴ    四球     100000010
1B
R 藤井                         000000000
C 金澤    右飛  左飛    中飛         300000000
C 青松                  三併     100000000
3B 渡辺正   空振    投ゴ             200000100
3B 定岡              左飛  右飛     200000000
DH 神戸      中2  空振  四球         210000110
SS 早坂      捕飛  三飛  右2         310000000


【投手成績】
<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
○山口   7  28  5 2 8 0 0
 吉川   1  3  0 1 0 0 0
 岸本   1  3  0 1 0 0 0

<千葉ロッテ>
      回  打  安 四 三 失 自
●古谷  30/3 17  7 0 0 5 1
 末永   2/3  7  5 0 0 5 0
 林   11/3 11  4 2 1 4 3
 黒滝   1  3  0 0 1 0 0
 江口   1  3  0 0 1 0 0
 木興   1  3  0 0 1 0 0
 龍太郎  1  5  0 2 2 0 0



【選手感想】
<千葉ロッテ>
■田中雅彦(ロ)、細谷圭(ロ)
 本日の大敗は彼らの守乱にあり、湘南の勝利に貢献してしまったのでした。
 浦和戦を見に行けば内野のどこかに必ず守ってるユーティリティープレーヤーの田中雅ですが、
 4回にバウンドを合わせられず後逸すると5連打で6失点。
 一死を取り流れを食い止めたかと思いきや今度は細谷がエラー。すると4連打で3失点。
 もし田中雅の失策がなければ下園のソロの1点だけでこのイニングは終わっていたかもしれません。
 挙句は続く5回に3点を失った後、二死1・3塁でその2人がフライをお見合いして1失点。
 お見合いは何度か見たことありますがあそこまで見事なお見合いを見たのは初めてでした。
 それほど今日の2人の守備は酷く、今のチーム事情をよく表したプレーでした。
 エラーしてしまったのはもう仕方ありません。明日から気を引き締めて好プレーを見せてほしいです。

<湘南>
■山口俊(湘)
 当初予告先発が発表されながら数日前に名前が消され、「昇格か?」「故障か?」と心配しましたが
 何ともなく普通にローテ通り登板。おそらくいつもの球団サイト更新のミスかと思います・・・(呆れた)
 その山口、今年何度か登板を見ましたが、それまで見られた高めへ行ってしまう棒球がほとんどなく
 直球、変化球共に低めに集まり三振を量産。
 先頭打者を出塁させること3度、2・3塁とピンチを招くこと2度とありましたが、要所を締めて無得点に
 抑えた粘りの投球は高く評価すると共に入団以降見てきた中では一番のベストピッチングでした。
 この投球を何度か続けられれば(特に山形、鎌ヶ谷打線に)一軍昇格、先発ローテ入りもそう遠くは
 ないでしょう。

■下園辰哉(湘)
 前回の千葉マリン3連戦では猛打賞にプロ入り初本塁打を放ちましたが、本日も先制となる
 ソロをライトスタンドへ運びました。相性のいい球場になりそうです。
 ちなみにプロ初本塁打のボールは観客の立ち入り禁止区域になっていたため、球団職員が回収して
 下園の元に届けてくれたそうです。

■吉川輝昭(湘)、岸本秀樹(湘)
 岸本は開幕から制球難が抜けず、吉川は先日吉見兄貴に引き連れられ一軍昇格も滅多打ちに合い
 あっという間に降格と今季共に波に乗れない状態が続いてます。
 その2人が仲良く先頭打者を四球と早々にフラストレーションが溜まる投球を披露。
 仲良く共に次打者を併殺に取り傷が広がらず無得点に抑えましたがこれは結果論。
 湘南も投手陣が不足状況にあるので2人にはより一層の奮起を促し勝利に貢献してほしいのです。
 昨年後半に見せた投球を思い出せ!!


【全体感想】
■試合展開
 浦和古谷、湘南山口ともに序盤は走者を出しながらも無失点に抑え投手戦の様子を見せたかと
 思わせましたが中盤に入ると浦和野手陣の失策をきっかけに試合は大味な方向へ向かいます。
 4回表の湘南の攻撃。先頭の下園にソロが飛び出し1点を先制すると続く呉本も長打が出て2塁へ。
 続く北川の当たりをセカンド田中雅がバウンドに合わせられずエラー。これを機に湘南打線が
 一気にたたみ掛け3連打で4点を追加。古谷がマウンドを降り末永が2番手としてマウンドに立つも
 勢い止められず木村、下窪に連打を浴びます。西崎をサードゴロに取るも打者一巡し前打席で
 ソロを放った下園の当たりを今度はファースト細谷がエラー。気落ちしたか末永その後3連打を
 浴びてこの回を抑えられず降板。3番手林が斉藤をファーストフライに抑えようやくチェンジ。
 この回10失点で勝敗の行方は決してしまいました。
 しかし林は続く4回、制球が乱れさらに3失点。極めつけは桑原の1・2塁間のフライを
 前イニングでエラーを犯した田中雅と細谷がお見合い、落球で1失点。
 結局この2イニングで14得点を挙げた湘南が山口−吉川−岸本のリレーで浦和打線を完封。
 大勝しました。

■幕張情景
 本日ハマスタでは「頑張れ!湘南応援デー」と題したイベントゲームが行われてました。
 内容は単にシーズンパス、シーレックス友の会の会員証でハマスタのチケットが(たった)500円引きに
 なり、告知では「シーレックスファンが多数詰め掛けます!」と鼻息の荒い謳い文句がありましたが
 たとえビジターといえども湘南の試合が行われればファンはそちらに足が向かうと思うのですが・・・
 こうした企画をするのであれば湘南が試合を組まれていない日程を選んでほしかったです。
 またはハマスタでの親子ゲームの実現も今一度再考をして頂きたいです。
 そうすれば謳い文句どおりハマスタにシーレックスファンが多く詰め掛けると思うのです。
 本日千葉マリンでマリーンズの親子ゲームを観戦、親子ゲームの際に行われる若手選手の
 サイン会に長打の列を作ったサポーターを見るに切に感じたのです。
 03年に行われたハマスタデーゲームの後で松盛さん運転、ケチャップさんのガイドでベイスターズ
 バスにファンを乗せてスカスタまでバスツアーを組んだあの企画の再開もいいですね。

 さてまたも愚痴っぽくなりましたが、湘南は湘南で千葉マリンにて「シーレックス祭り」を展開。
 打てば14得点、投げれば山口の好投で完封リレーと結果を見れば文句なし、今年一番の
 ナイスゲームでした。

 しかしこの大量得点もきっかけは浦和の守備の乱れから来たもので序盤は拙攻、大量得点後は
 淡白な攻撃が続いたりと素直に大勝を喜べないのも事実でした。
 今日の大勝が本物かどうかは明日、そして来週のグッドウィル、山形とのホーム5連戦を見てみないと
 分からないのが正直な気持ちです。

 そして浦和マリーンズは御前試合でこれ以上にない屈辱的な大敗を喫し、朝早くから駆けつけた
 サポーターから執拗な野次を浴びてしまいました。
 昨年は野球少年に「浦和の守備を見て勉強しなさい」と当掲示板に書き込みさせて頂いたほどの
 鉄壁な守備は何処へ?特に5回の田中雅と細谷のお見合いにはタイムリーエラーも喜べないほどの
 お粗末なプレーでした。そりゃ赤ん坊も泣いてしまいますよ。

 なお浦和は定詰ブルペン捕手が2軍バッテリーコーチに就任。
 吉鶴バッテリーコーチが1軍へ昇格しました。

 本カードは明日はナイター(18:15)で一軍の試合後に行われます。
 一軍は本日延長12回の引き分けまで行ったそうですが、明日も同様な展開になるとファームの試合は
 どこまで行われるのか(観戦できるのか)・・・。時間との戦いになりそうです。

 子連れさん、熱い男様をはじめ観戦された皆様、暑い中お疲れ様でした。





報告者:熱い男さん

いつもなら、詳細編と感想編をセットで投稿するのですが、今回は、WIZ様が詳細を書き込まれているのでそちらに乗らせていただき、感想と番外編を書き込みたいと思います。

まず、今日の試合の4回表、湘南の攻撃の際には、3つのリーグタイ記録が生まれています。
「1イニング11安打」…過去に3例。うち2例は湘南(横浜)が作っています。この記録には縁があるのか?
「1イニング5二塁打」…過去に2例。前回は95年にヤクルトが千葉マリンで達成。
「個人で1イニング2二塁打(呉本)」…過去に7人・7例。あの中畑清氏も77年に達成しています。

試合は、WIZ様の観戦記にある通り、4回表無死2塁からの田中雅のエラーで全てが決してしまいました。が、その前の呉本に、初球を叩かれ二塁打を許したのも問題かなと思います。下園のホームランの直後ですから、初球から振ってくる可能性は高いはず。そこでの古谷‐金澤のバッテリーの選択ミスが後々まで響いたかなと感じました。
山口にはできれば完投して欲しかったのですが、6回、7回のピンチにいたる過程が悪かったのでベンチが交替を選択したのでしょう。ただ、力感あふれる投球には、改めて惚れました。それこそ早く湘南を卒業して、関内でお役にたってほしいものです。
あとは下園ですね。改めて、流れを変える力を持っている選手だなと思いました。3回までの静かな展開を変えたのは、紛れもなく彼の一振りです。守備に課題はありますが、早く上に送り込みたい選手の一人といえます。


さて、ここからは、WIZ様が疑問を呈されていた一軍の「がんばれ湘南応援デー」について書きます。実は私、マリンでの湘南戦が終わった後、横浜スタジアムへ移動して、終盤の3イニングだけ観戦してきました。
今回は「8時だよチケット」(試合開始2時間を経過すると、指定席チケットが二千円値引きされ販売される)で指定B席を購入し入場したのですが、ここで一つの問題が。事前に、「湘南のシーズンパスか友の会会員証提示で500円割引」になる事は聞いていたので、「8時だよチケット」を友の会会員証提示で500円割引にしてもらうことができるのかと思っていたら、「それはできない」との事。「そんな虫のいい話はないか…」と思いつつ、「湘南をしっかり応援してきたんだから何とかならないか?」とも思ったのです。
試合はマリン同様、横浜が序盤で勝負を決めました。藤田、野中、吉村、那須野…。「元湘南組」が上で少しはお役にたっているようだというのがわかり一安心。試合後、村田、鶴岡の両選手がお立ち台に上がり、その後の「第二ヒーローインタビュー」には佐伯選手がケチャップ氏との掛け合いで場を盛り上げました。(ケチャップ氏は湘南のTシャツ姿、さすがです。)
で、佐伯選手のインタビューも終わり、「さあ帰ろう」とスタジアムのスロープを下ろうとすると、スーツ姿の見慣れた顔が。球団の山口氏と宮里氏です。「何してるんだろう?」と思い見てみると、「diana」の面々が、湘南のポケットスケジュール(レックが表紙のバージョンのもの)を配っているのです。スロープの端っこで。普通こういうのは、入場の際配布するものじゃないのかなあ…。しかも、5月20日の楽天戦の会場が、いまだに「横山」と書かれているのです。これじゃ、当日に本当に横山球場に行ってしまう方が出てしまうかもしれません。もっとファンへの気配りが必要だと思うのですが、気づかないんですかね。
湘南の試合がある日に「応援デー」をやるってところからして「気配り」のなさが感じられます。今は一軍が勝てているから客が来ているのであり、その客をチームが弱くても来てくれる固定客にするために必要な事は「アフターケア」なんですが…。(湘南は明らかにそれを怠ったのです。)

なにか、一軍の話が長くなってしまいました。湘南は今日13日もしっかり勝って、来週のホームゲームにいい形で臨みたいものですね。12日の試合を観戦された皆さん、お疲れ様でした。


2007年 5月12日 ウエスタンリーグ 中日−ソフトバンク(ナゴヤ)報告者:ファームマニアMさん/ドアラマニアさん(HP:中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪

報告者:ファームマニアMさん

ひさしぶりにナゴヤ球場に行きました。
ソフトバンク先発は
大隣憲司 中日はデニー でもデニーは1回だけで吉見一起が調整登板しました。どちらもいい投手ですね。

三塁側のブルペン横の最前列で見ていました。
前には 
倉野信次三瀬幸司川頭秀人森福允彦竹岡和宏投手が座り、荒川雄太領建捕手、さらに岩木哲2軍バッテリーコーチがいました。ルーキー福田秀平内野手はバッティングの練習をしていました。
大隣憲司投手は小柄ながらいいボールを投げていました。
やがて
藤田学2軍投手コーチがのっそのっそと来て 目の前で「次ぎ行くぞ」
そこには地元出身の小柄なイケメン
森福允彦
竹岡和宏投手と比べると、とにかく細くて小さい でもマウンドでの球の切れは抜群でした。

試合は
中日2−1ソフトバンク
次に大卒ルーキー
川頭秀人投手と、かつてのセーブ王三瀬幸司投手がピッチング
川頭秀人のスライダー かなり切れていましたが、三瀬幸司は表情が暗い
8回になると
川頭秀人が呼ばれ「次は頭からいくぞ」と言われていました。
「投手のところにチビ
鎌田圭司が来るけど気にしないでいいぞ」との言葉
でも出てきたのは中京大の
西川明内野手でした。
川頭秀人は押さえて、9回いよいよ三瀬幸司がストッパーで店じまいですが、これが切れない。
ボールで自滅って感じで、
井上一樹堂上剛裕@兄にもガツンと打たれました。
さすがに地元の
倉野信次がスタンバイし、代打春田剛のところで登場したのですが、フェンス激突のヒット。代走チビ鎌田圭司がホームインで サヨナラでした。
倉野信次投手の顔は暗かったですが いい試合でした。
でも 
岩崎達郎内野手と長谷川勇也外野手の守備はすごかった。





報告者:ドアラマニアさん

5月12日の中日ドラゴンズとソフトバンクホークスの、
ナゴヤ球場でのウエスタンリーグの首位攻防戦。

簡単な選手寸評

■吉見一起(中)
 ・吉見はMAX145キロ、平均140キロ前半。
序盤、特に2回はストレート、変化球ともコントロールが最悪で、
ファーストストライクを悉く狙われていた。
それにストレートも140キロ出るか出ないかの球威。
その序盤の投球からは今日はどうなるのかと思われたが、
試合中に見事に修正し、回を進むごとに尻上がりに調子を上げていった。
終わってみれば、
7回5安打6三振1四球1自責にまとめるのはさすが。
ただ、ベースの手前でワンバウンドする変化球が、
頻繁にあったのがちょっと気になった。


■大隣憲司(ソ)
 ・ホークスの大隣は、MAX145キロ、平均140キロ前半。
ドラフト時は現在巨人で活躍している金刃以上と言われた大物ルーキー。
ケガでここまで出遅れたが満を期して登板!
投球内容は現在打撃好調である中日ドラゴンズ打線を、
6回3安打無四球に抑える好投。
これが公式戦初登板というのだから、さらに驚き。
120キロ台の変化球を多投。
キレのいい140キロ台のストレートがあるんだから、
個人的にはもっとストレートで押していく投球も見たかったが。
奪三振の内容は、
変化球で2つと142キロのストレートで1つ。
これから投げていけばスタミナ、球速はまだまだアップするだろう。
まだまだこんないい投手を隠し持っているソフトバンクホークスが、
正直羨ましい…

詳しい写真などは当ブログでどうぞ。
http://doaramania.blog91.fc2.com/


2007年 5月 9日 イースタンリーグチャレンジマッチ 湘南−フューチャーズ(ベイスターズ)報告者:熱い男さん/子連れさん

報告者:熱い男さん

本日行われた、「イースタンリーグ・チャレンジマッチ」・湘南‐フューチャーズの観戦記です。
(以下、フューチャーズはFTと略します。)

 2回戦(9日・ベイスターズ・1勝1敗)
  
FT 001 030 000  
  
湘南 000 020 010  
   (勝)江口 (S)鈴木誠 (敗)秦
   (本)水野(3回・1・秦)、原(5回・2・高崎…ランニング)
   (審判)村山(球)、名幸(塁)
   (試合時間)2時間40分(13:00〜15:40)

  得点経過
   3回表 先頭打者の水野、レフトへソロホームラン(FT1‐0湘)
   5回表 一死二塁で定岡レフト前タイムリー
       続く二死二塁で原レフト前ランニング2ラン
                        (計3点、FT4‐0湘)
   5回裏 二死二塁で梶谷センター前タイムリー
       続く二死二塁で小池サードゴロ、サード・枡田のタイムリーエラー
                        (計2点、FT4‐2湘)
   8回裏 無死満塁で下園ライト犠牲フライ(FT4‐3湘)

  ☆今日のフューチャーズのメンバー(背番号・名前・所属球団の順に表記)
   投 手 2江 口(M) 10村 中(S) 49オビスポ(G)62 朱 (Gw)
       80鈴木誠(G)
   捕 手 8水 野(S) 12佐 藤(G) 30銀仁朗(Gw)
   内野手 1藤 井(M) 3定 岡(M) 11芦 沢(G) 24枡 田(E)
       26 原 (Gw)
   外野手 43隠 善(G) 44山 本(G) 48作 田(G) 58中 村(E)
                                 (以上17名)

  打撃成績
    F T 1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
 (8)隠 善 一ゴ  遊併  三ゴ  中安  三振   5  1  0
 (4) 原  右安  一ゴ  左本  一ゴ       4  2  2
 (9)中 村 二飛    三振二ゴ  右飛       4  0  0
 (7)山 本 二ゴ    三振  右安  三振     4  1  0
 (5)枡 田   中飛  右安  左飛  左安     4  2  0
 (6)藤 井   左飛  三ゴ  遊併  遊ゴ     4  0  0
 (DH)作 田   三振  三振             2  0  0
  HD 芦 沢             四球二ゴ     1  0  0
 (2)水 野     左本  右安           2  2  1
  2 佐 藤             中安  中安   2  2  0
 (3)定 岡     左安  左安  三振  二併   4  2  1
    盗1 犠0 残6 併2             36 12  4

    湘 南 1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
 (8)小 池 二飛  四球  三失           2  0  0
  8 西 崎               左安左安   2  2  0
 (4)野 中 遊ゴ  三併  二ゴ           3  0  0
  4 木 村               三安左飛   2  1  0
 (7)下 窪 四球    二ゴ             1  0  0
  7 下 園           右飛  右犠     1  0  1
 (DH)北 川 遊ゴ    左飛             2  0  0
  HD 新 沼           四球  四球     0  0  0
 (2)斉 藤   三振  三振             2  0  0
  2 武 山           二併  三飛     2  0  0
 (3)河 野   三振    四球           1  0  0
  3 呉 本             三ゴ二ゴ     2  0  0
 (5)内 藤   振逃    左飛  三振       3  0  0
  PH 黒羽根                 投ゴ   1  0  0
 (9)桑 原   遊ゴ    捕犠  捕邪       2  0  0
  PH 高 森                 死球   0  0  0
 (6)梶 谷     三振  中安    死球     2  1  1
  PH ミツル                 三ゴ   1  0  0
    盗1 犠2 残8 併3             29  4  2

  投手成績
    F T 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 失点
    オビスポ   3  51  9  0  2  4  0
  ○ 江 口   2  32  7  1  1  1  2
    村 中   1  10  2  0  1  0  0
     朱    1  10  3  0  0  1  0
  S 鈴木誠   2  46  8  3  3  0  1

    湘 南 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 失点
  ●  秦    3  33 11  3  0  1  1
    高 崎   2  36 10  4  0  3  3
    岸 本   2  31  8  3  1  1  0
    松 家   2  26  7  2  0  2  0

  (備考)盗塁…定岡(5回)、梶谷(5回)
      捕逸…水野(2回・内藤への4球目…振り逃げ)
         斉藤(5回・定岡への1球目)
※なお、以上の記録は公式記録ではありませんので、あしからずご了承下さい。


 太陽の光がさんさんとふりそそぎ、本当に暑い一日となった今日(9日)、ベイスターズ球場ではチャレンジマッチが行われました。前回(4月28日)は、強風と砂ぼこりで大変な観戦になってしまいましたが、今回はそよ吹く風が心地よく感じられました。(もっとも、試合が進むにつれて風は強くなっていきましたが。)

湘南先発・秦は、立ち上がりから落ち着いた投球を続けていましたが、3回、先頭打者の水野にソロアーチを打たれ先制を許します。続く定岡にも初球を狙われヒットを打たれますが、隠善を併殺打に仕留め事なきを得ました。一発での失点はマイナス要素ですが、そのあとズルズルと崩れなかったのはいい事です。この調子を維持して、一軍からのお呼びを待ちたいところです。
一方、FT先発・オビスポはつかみどころのない投球。いい球が来たと思ったら、次の球は完全なボール球といった具合です。しかしこれがいい方に出たのか、湘南打線は的を絞りきれずに3回ノーヒットに終わります。
5回表、湘南の問題点である守備の乱れが出てしまいます。一死後、水野がヒットで出塁。続く定岡の初球を捕手・斉藤が後逸。その直後に定岡にタイムリーを打たれ、さらに二死二塁で原。打球はショートのグラブをかすめレフト前へ…と思った次の瞬間、この回からレフトの守備についた下園が位置取りをミスして打球に触れられず、打球がレフトのフェンス際まで転がるという、およそありえないプレーでランニング2ランを献上してしまいます。斉藤にしても下園にしても、集中力の問題だと思うのです。本当にしっかりしてくれと言うより他ありません。
その裏、湘南が2点を返し、迎えた8回裏、FT4人目の鈴木誠が乱れ、無死満塁のチャンス。ここで下園が犠飛を打ち1点差に迫りますが、この後が続かず、結局試合はFTの勝利。この8回のチャンスで追いつけなかったところに、湘南の勝負弱さが出ている感があります。

全体的には凡戦でありました。FTは12安打を放ちながら湘南を突き放せず、湘南はいつもの守備の問題を解消できない現状を見せられ、週末の千葉での連戦に不安を残しました。各選手とも、一球への集中力をもっと見せて欲しいと思わせる試合でした。





報告者:子連れさん

ELチャレンジマッチ 湘南Vsフューチャーズ 5月9日(水) 13:00 長浦ベースターズ総合練習場

     <結果>湘南3:4フューチャーズ 対戦成績1勝1敗
     <観衆>目算65名(5回終了時)
     <気象>晴れ 28℃ 風・右←左(順風)のち↓(強風)
     <時間>2時間40分(13:00〜15:40)
     <審判>主審・村山太郎  塁審・名幸一明
 詳細はすでに熱い男さんが熱血報告済みですので,私は毎度楽させて頂き感想を。

 本牧間門の先にある,社の診療所から京浜急行線の駅へ出る方法を,健康診断受けながら考えていたのです。誰だって一直線に行きたいのですが,このあたりが横浜の意外と不便な点で,@市営バスで根岸駅−JR新杉田駅下車−杉田商店街徒歩−京浜急行杉田駅A市営バスで根岸駅−JR磯子駅下車−市営バスで京浜急行屏風浦駅B市営バスで横浜駅 @は直線コースAはほぼ直線コースB不愉快な大迂回コース・・・どうでもいいですが。

 バスの時間などの条件で結局Bを選び,40分かけて横浜駅へ出たのです。安針塚で下車して,脇にあるスーパーで買出ししてから球場に到着,パラリパラリのスタンドに座り血液検査のため朝食抜いた腹を満足させたのでした。馬堀海岸のご隠居にフューチャーズやらチャレンジマッチの説明をしているうちにスタメンなどの発表。
 主審・塁審の2審制の主審を勤める村山太郎審判は2年目。今年関西からこちらへ所属を移して,イースタンマニアにも3月以降お馴染みになりつつあるのです。そうか今日は名幸さんが先生か!と思ったら,その名幸さんをも監視するお目付け役の小林セ審判指導員がネット裏スタンドに鎮座されていたのでした。

 右肩痛で開幕出遅れた湘南の秦裕二は,1回は低目を意識したかのような内容で球数は16とやや多めながら無難なスタート。2回は一転して高目へグイグイと力のある球を投げて,球数は半分の8球。3回,先頭のスワローズ2年目水野祐希へ不用意にカウントを取りに行った初球をレフトへ運ばれ失点1。投げた秦を攻めるよりも,見逃さずきっちり当てた水野を褒めましょう。捕手としては体がまだですが,意気のいいバッティンはいいものを感じました。なお水野は5回表にも高崎健太郎から安打の活躍でした。今年注目していきましょう。水野に初球を運ばれた直後,定岡にも初球を安打されたのは秦を攻めねばいけないでしょう。併殺で帳消しにしたからいいでは済まされません。上だったら完全に潰しに来る場面です。こういう危機を自分から作っているようでは,まだもう少し湘南ユニでの調整が必要でしょう。秦は3回33球でベンチへ。下でのローテ入りにGOがでたそうですから,モタモタしてないで,関内チームに戻りなさい。

 「湘南ですが,赤ペン使いませんな」とご隠居に言われて,なるほど4回裏まで無安打。オビスポの速いんだか,緩いんだか,抜けるんだか,入るんだかの球に翻弄されたかのように3回までいい所なし。2回は「来るぞ!速球!」とでも思っていたのか,振り回すこと。未熟なのは分っています。それでも考えた工夫のあるそれを示してもらいたかったです。唯一,15時まで限定で神宮へ行く,小池と共に参加していた野中信吾が自慢の足を生かすために見せた振り。結果は遊ゴでしたが,見ていて納得でした。当てる技術云々でなく,何をしたいのか・すればいいのかが見えないのでは赤ペン使うはずもないのでした。

 4回以降の湘南の継投は,高崎(2回)岸本(2回)松家(2回)。熱い男さんもお怒りの湘南お家芸のミス連続で不運だった高崎は,しかし安定した内容でした。盗塁を許したあたりが課題でしょうか?(5回表定岡盗塁)。走るのは十二分に分っている状況で,あっさり走られたのはマズイ。今日は中継ぎでのいい内容,日産工場のお隣で野球やりたい気持ちは分りますが,ものが違うのだから三橋先輩共々に横浜公園へ行きなさい。逆に,間違っても行ってはならぬのが3番手岸本秀樹。オビスポ見て閃いたのか,相変わらずの制球不足。2−0と追い込んで3球目以降Bだったり,3球目を綺麗に外野へ打たれたり,上下左右変幻に投じての内容,捕手ならぬゴールキーパー武山真吾の大活躍にスタンドから声援が送られていました。ランナーを出すと萎縮した姿が明らか。素人ながら,もう少し堂々として余裕を感じさせてくれると,WIZさん命名の『湘南裏四天王』(横山・佐久本・山北・岸本)地獄から這い出せるのではないでしょうか。最後が松家(まつか)卓弘でしたが,彼は先発よりも抑えかそれに近い場面が適しているのではないでしょうか。先発タイプではないように思っているのです。ランナーを出しても,きちっと内野ゴロ打たせる業はありますし,速球と落ちる球のコンビネーションも出ています。時に冷静さを失うゲームもありますが,右の抑えでの起用が楽しみです。今日は合格点の内容でした。

 5回裏に赤ペン使用して以降再びキャップは閉じられたままでしたが,8回裏神宮へ戻ったセンター小池に代わり登場した西崎伸洋の左安で再会。今日はベンチスタートのノブでしたが,どこにいても大きな声で投手を励ますのは変わらず。ベンチに戻るナインにも声を掛けて気合十分でした。9回裏二死でも,変則左腕の鈴木誠に惑わされることなく左へヒットの2打数2安打。このところムラのない姿は田代監督も注目しているようですから,近々関内チームへの帯同にもっとも近い選手でしょう。

 試合はフューチャーズの逃げ切り勝ちでしたが,どことなく中だるみなゲームで「眠くなりました。寝ます。」とご隠居が漏らしたほどでした。2時間40分が救いでした。両軍誰ひとり余裕のある選手などいないはずなのに,フューチャーズ選手の覇気を感じたゲームでした。
 次回は5月30日(水)13:00から同じ長浦で行われます。熱い男さん,観戦の皆さま,28℃今年一番の暑い中お疲れ様でした。


2007年 5月 5日 イースタンリーグ ヤクルト−巨人(戸田)報告者:あわてんぼーさん(HP:あわてんぼーのブログ

 試合開始13時終了16時試合時間3時間
 球審小林1塁村山2塁原3塁名幸記録員西原
 戸田(1勝1敗)観衆200人
                    R  H  E
 巨  人 000 001 100     5  1
 
ヤクルト 000 000 000     9  1

 勝 姜  1勝
 S深 町 1敗4S
 負丸山貴 2敗

 2塁打 坂本(4回)星(7回)大原(8回)
 盗 塁 川本(4回)志田(5回)亀井、三浦(6回)
 失 策 巨  人1 三浦貴(6回)
     ヤクルト1 畠山(7回)
 併 殺 巨  人3(寺内−小田嶋−坂本−寺内)3回城石
          (寺内−坂本)4回牧谷
          (坂本−寺内−三浦)8回川本
     ヤクルト0

 1回表(ヤクルト投手川島、捕手川本)清水捕邪飛、寺内三振、坂本右飛(巨人0)
 1回裏(巨人投手姜、捕手星)志田遊ゴロ、城石三振、畠山遊ゴロ(ヤクルト0)
 2回表 亀井穂邪飛、小田嶋左前安打、円谷三振、田中右飛(巨人0)
 2回裏 鈴木健右飛、川本中前安打、牧谷遊ゴロで坂本2塁送球もセーフで1,2塁(記録は野選)野口三塁ゴロで2,3塁、丸山泰一塁ゴロ(ヤクルト0)
 3回表 星左飛、姜二塁ゴロ、清水三振(巨人0)
 3回裏 川島中飛、志田中前安打、城石二塁ゴロで4−3−6−4とわたり併殺(ヤクルト0)
 4回表 寺内遊飛、坂本右翼線2塁打、亀井中飛、小田嶋右飛(巨人0)
 4回裏 畠山右前安打、鈴木健四球で1,2塁、川本右前安打で満塁、牧谷二直で4−6とわたり併殺で1,3塁、野口の時川本2塁盗塁成功で2,3塁で結局野口は三振(ヤクルト0)
 5回表(ヤクルト投手鎌田)円谷二塁ゴロ、田中二飛、星四球、姜右前安打で1、2塁、清水四球で満塁(巨人代走松本)寺内右中間の打球を右翼牧谷ダイビングキャッチファインプレー(巨人0)
 5回裏(巨人左翼松本)丸山泰バント安打狙うも捕ゴロ、鎌田に代打梶本中飛、志田投手姜の足を強襲する安打、城石三振(ヤクルト0)
 6回表(ヤクルト城石に代わり投手丸山貴、二塁梶本)坂本三振、亀井四球、小田嶋死球で1,2塁(代走三浦)円谷右飛で1,3塁、田中の時フォースボークを決行し成功!亀井生還で三浦は2塁へ(記録はダブルスチール?)で、結局田中は三振(巨人1)
 6回裏(巨人一塁三浦)畠山三振、鈴木健投ゴロ、川本三振(ヤクルト0)
 7回表(ヤクルト遊撃大原、三塁から一塁畠山、鈴木健に代わり投手佐藤、遊撃から三塁丸山泰)星左中間2塁打、姜バントの構えからヒッティングし一塁手畠山を強襲する内野安打で1,3塁、松本一塁ゴロ失で星生還(打点つき?)なお1,2塁、寺内投前送りバント成功で2,3塁、坂本投ゴロ、亀井左飛(巨人1)
 7回裏 牧谷の5球目一邪飛を三浦が落球(記録は失策)左飛、野口中前安打、丸山泰左前安打で1,2塁、梶本三邪飛、志田中飛(ヤクルト0)
 8回表(ヤクルト志田に代わり投手坂元、佐藤に代わり中堅上田)三浦三振、円谷遊飛、田中一塁ゴロ(巨人0)
 8回裏(巨人投手東野)大原右翼線2塁打、畠山右前安打で1,3塁(代走大塚)上田遊飛、川本遊ゴロで6−4−3とわたり併殺(ヤクルト0)
 9回表(ヤクルト投手田中充、三塁大塚、三塁から一塁丸山泰)星、東野に代打岩館 共に二飛、松本遊ゴロ(巨人0)
 9回裏(巨人投手深町)牧谷遊ゴロ、野口、丸山泰友に三振(ヤクルト0)



   打撃成績
   巨 人 打安点    ヤクルト 打安点
  F清 水 200   G志 田  420
 R7松 本 201   1坂 元  000
  C寺 内 300   1田中充  000
  E坂 本 410   C城 石  300
  G亀 井 300   1丸山貴  000
  B小田嶋 310   6大 原  110
 R3三 浦 310  D3畠 山  420
  D円 谷 400  R5大 塚  000
  H田 中 400   B鈴木健  200
  A 星  310   1佐 藤  000
  @ 姜  320   8上 田  100
  1東 野 000   A川 本  420
  H岩 館 100   H牧 谷  400
  1深 町 000   F野 口  410
  計    3451 E53丸山泰  410
             @川 島  100
             1鎌 田  000
            H4梶 本  200
             計     3490

 投手成績
 巨 人  投回  投数 被安 四死 三振 自責 失点
○ 姜   7  103  7  1  5  0  0
 東 野  1   15  2  0  0  0  0
S深 町  1   12  0  0  2  0  0
 ヤクルト 投回  投数 被安 四死 三振 自責 失点
 川 島  4   63  2  0  3  0  0
 鎌 田  1   29  1  2  0  0  0
●丸山貴  1   25  0  2  2  1  1
 佐 藤  1   22  2  0  1  1  1
 坂 元  1   12  0  0  1  0  0
 田中充  1   12  0  0  0  0  0

 戦評
 ミスが出た方が負けと言うが、今日の試合はまさにそうだった。
 ライナーで飛び出しゲッツーや、緩慢な送球で
※フォースボーク(下記参照)を決められたり

 あわてんぼーが選ぶMVP

 姜建銘
 開幕1軍を果たしたものの、まさかの不調でファーム暮らし。
 去年あれだけ良かった制球が、悪くなり・・・ストレートで勝負出来る速さを持ち合わせていない為、甘く行って打たれてしまう・・・と言う繰り返し・・・。
 今日の試合は?というと・・・今日の第1球を観て・・・これは大丈夫・・・。
 やれるな!と、思ったら・・・そのとおりで7安打されたものの7回を投げ無失点。
 彼の実績を考えれば当然か。
 ただ、現状のヤクルト打線を考えると7安打された事はマイナス。
 ストレートの速さは文句無し・・・変化球のキレも悪くないし・・・でも・・・何かが足りない。
 もう1回位ファームの試合で先発させた方が良いのでは?
 そこで、結果を出してから1軍に昇格させても文句はあるまい。

 あわてんぼーが注目した選手

■坂本勇人(巨)
 ヤクルト、川島投手から粘りに粘った第2打席の10球目をライト線2塁打。
 守備にしても動きが良く、センスの良さを感じさせる。
 巨人で言えば、二岡選手の後継者。
 他球団では、西武中島選手を彷彿される。理由は、中島選手の場合松井選手がメジャーリーグへ移籍後の後継者として、彼(松井選手)と、遜色が無かった。
 坂本選手はまだその域に達していないが、2〜3年後は間違いなくそうなるであろう。

■川島亮(ヤ)
 右肩痛で出遅れていたが、復帰後2度目の登板で初めての先発。
 内容は、4回を投げ投球数63、被安打2、奪三振3、失点&自責0と言う結果。
 ストレートの速さは、彼が良かった頃と比べるとまだまだ。
 ただ、外角への制球力は相変わらず良く流石と思わせた。
 ファームの試合であと2〜3試合登板させて、少なくとも6〜7回を投げられる様になってから1軍へ昇格させるべきであろう。

■鈴木健(ヤ)
 今日の試合は、鈴木健選手の拙い守備と当たり前の事を当たり前に出来なかった走塁でヤクルトは負けてしまった。
 まずは走塁の方から。
 その拙い走塁とは?4回0アウト満塁打者牧谷の時セカンドライナーで2塁走者鈴木健選手が打球につられ飛び出し併殺に。
 守備の方は、緩慢な2塁送球でフォースボークを決められてしまった。
 ベテラン選手がこんなんだと・・・。

※フォースボーク(解説)
 走者1,3塁で左投手の時打者が打てそうに無いと考えた攻撃側監督が仕掛ける奇策。
 1塁走者がわざと牽制球に誘い出されその間隙を縫って3塁走者がホームを狙う。


2007年 5月 5日 ベーブルース杯 中日ドラゴンズ−新日本石油ENEOS(長良川球場)報告者:ドアラマニアさん(HP:中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪

5月5日_ベーブルース杯_中日ドラゴンズvs新日本石油ENEOS

中日ドラゴンズの2軍が社会人強豪チームの新日本石油ENEOSに完敗…
これによって中日ドラゴンズは屈辱のベーブルース杯予選敗退。

簡単な選手寸評
■春田剛(中)
 ・今日の春田はいい意味でも悪い意味でも目立った。
もちろんいい意味では第1打席でのホームラン。
まずバントの構えで2回投手を牽制して、
それからファールで4球粘ったあとでの価値あるホームラン。
それもレフトへ流しての一発でこの打席はホントに内容があった。
ただナゴヤ球場だったら微妙な当たりだったけど。
悪い意味では守備での2エラー。
それも1つは失点に繋がったエラーでチームとしても痛かった…
ただ打撃に関しては一時期の不調は脱した感があるので、
これから去年のチームHR王の力を見せてくれるだろう。

■前田将希(E)※右投左打、小柄ながら俊足巧打のリードオフマン
 ・新日本石油ENEOSの2番打者前田が2盗、3盗と大暴れ。
去年まで早稲田大学でドラフト候補でもあったほどの選手。
163センチの小柄ながら自分の特徴である足を活かせて2安打3盗塁と大活躍。
ただ左サイドの小林には全く合わなく三振だったので、
これからここら辺の問題をクリアできるかどうか。
今日は守備位置がレフトだったけど、
これで俊足を活かしてセンターを守れるようになれば、
阪神の赤星みたいに2年後にドラフトで指名されて、
プロでも盗塁王も狙える逸材。
できれば中日ドラゴンズの強肩捕手田中との対決を見たかった…

詳しくは当ブログをどうぞ
http://doaramania.blog91.fc2.com/


2007年 5月 5日 イースタンリーグ 湘南−巨人(上府中公園小田原球場)報告者:WIZさん

5/5(土・祝)イースタン・リーグ公式戦 湘南−巨人3回戦 上府中公園小田原球場(13:00開始)

審判:PL萩原、1B市川、2B石山、3B牧田
記録員:新向井
観客数:3164名

【スコア】
巨  人 005000000  
湘  南 101000112x 

【投手継投】
巨  人 深田(61/3回)−東野(12/3回)−●深町(2/3回)
湘  南 後藤(22/3回)−稲嶺(11/3回)−堤内(2回)−岡本(2回)−○高崎(1回)

【得点経過】
1回裏(湘) 一死3塁で下窪、センター前タイムリー(1点)
3回表(巨) 一死2・3塁で松本、センター前タイムリー(1点)
      一死2・3塁で寺内、ライト前タイムリー(1点)
      一死1・3塁で坂本、レフト前タイムリー(1点)
      一死1・2塁で亀井、ライトへ2ベースタイムリー(1点)
      一死2・3塁で三浦、レフトへ犠牲フライ(1点)
3回裏(湘) 一死1・3塁で呉本、レフトへ犠牲フライ(1点)
7回裏(湘) 二死1・2塁で呉本、ライト前タイムリー(1点)
8回裏(湘) 二死無塁で河野、ライトスタンドへソロ(1点)
9回裏(湘) 二死1・2塁で新沼、レフトオーバー2ベースサヨナラタイムリー(2点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<巨人>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
RF 松本  二ゴ  中安  中飛  二安         421100000
2B 寺内  四球  右安  中飛    二ゴ       311100010
SS 坂本  一ゴ  左安  中安    一ゴ       421100000
LF 亀井    中安右2    右2  見振       431000100
1B 三浦    二併左犠    四球    遊ゴ     201000010
3B 円谷    三ゴ空振    二併    左飛     400000100
RF 田中      死球空振  空振    四球     200100211
R 芦沢                         000000000
P 深町                         000000000
C 伊集院     中安空振    空振         310100200
P 東野                         000000000
H 小関                  中飛     100000000
LF
P 深田      投犠捕飛    二ゴ         200000000
C 村田                         000000000
※5回、二死1塁で坂本盗塁失敗でチェンジ
※7回、二死1塁で松本牽制死でチェンジ


<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 西崎  左2  左2  二飛  四球中飛       420300010
P 高崎                         000000000
LF 下園  投ゴ  空振  右安  右安  右飛     520100100
RF 下窪  中安  四球  右安  右飛  遊安     431001010
1B 呉本  右飛  左犠  四球  右安  右飛     312000010
2B 北川    右安空振  見振  投ゴ  四球     410100210
C 新沼    空振  中飛  空振  空振左2     512000300
3B 斉藤    四球  三ゴ  遊ゴ  三ゴ       300000010
P 後藤    投犠                   000000000
P 稲嶺                         000000000
H 黒羽根       中飛               100000000
P 堤内                         000000000
H 内藤            空振           100000100
P 岡本                         000000000
H 河野                右本       111110000
CF
SS 木村    空振    中飛  凡退         300000100
H ミツル               右2       110000000
SS 梶谷                         000000000
※1回、一死1塁で呉本ライトライナー、1塁走者下窪戻れず併殺
※7回、木村の打席はタバコから戻ってきたら終わってました。
 ファーストベースを駆け抜けていたので内野ゴロかと思うのですが・・・


【投手成績】
<巨人>
      回  打  安 四 三 失 自
 深田  61/3 29  7 4 7 2 2
 東野  12/3  8  3 0 0 2 1
●深町   2/3  5  2 1 0 2 2

<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
 後藤  22/3 14  6 2 0 5 0
 稲嶺  11/3  4  0 0 3 0 0
 堤内   2  7  2 1 1 0 0
 岡本   2  6  1 0 2 0 0
○高崎   1  4  0 1 0 0 0


【選手感想】
<巨人>
■田中大二郎(巨)
 小田原出身ということでスタンドには彼が少年時代所属していた野球チームでしょうか、野球少年を
 中心に大応援団が駆けつけフェンスにはネーム入りの横断幕と旗が飾られていました。
 そして彼が打席に立つとその大応援団を中心とした大声援は圧巻の一言でした。
 その大声援に応えるべく1打席目は後藤の暴投もあり死球で出塁するとそれをきっかけに大逆転劇
 が展開され声援もヒートアップ。しかし2、3打席と稲嶺、堤内の技ありの投球の前に三振。
 しかし最終打席では高崎から四球を選び、代走を出され引き上げる際には大拍手で迎えられました。
 湘南田代監督も小田原出身ですが、そんなことを忘れさせるほど彼への大声援は凄かったです。
 これには田中選手も大感激だったのではないでしょうか。
 この大声援に野球で恩返しをしてほしいものです。

■深田拓也(巨)
 開幕戦での大好投が印象に残っていたためか今日は初回に簡単に先制を許すなど球威、制球とも
 今ひとつに感じました。
 緩急を付けた投球で三振を量産していましたが、全体的に湘南打線に押されていた印象。
 7回途中まで2失点で降板。救援陣が打たれ勝ち星も流れてしまいました。
 彼を引っ張りすぎたのも今日の敗因のひとつだったかもしれません。

■深町亮介(巨)
 抑えを任され二死まで取るもチャンスにことごとく三振に倒れた北川にストレートの四球を与えたのは
 頂けません。この時点で試合の流れは湘南に向いてしまったと言っても過言ではないでしょう。

■亀井義行(巨)
 昨日の今日と彼の打撃を見るにもはやファームのレベルをとうに超えています。
 首脳陣の方には早く彼を一軍に上げてジャイアンツの次代を担うトップバッターに育て上げて
 ほしいです。

<湘南>
■後藤伸也(湘)
 連敗脱出の期待を胸に託された今季初先発登板。
 一週間前の長浦では腕を下げ若干横手投げでしたが、今日はまた腕が上がっていました。
 そして同時に球も上がっていた・・・
1、 2回走者を出しながらも昨年よりも見た目でも十分分かるほど速くなった速球で内野ゴロを
 量産します。このまま5回まで持ってくれ・・・その願いむなしく3回に導火線に火がついてしまいました。
 3回に5失点し途中降板。降板する際になぜか拍手で出迎えられるその姿に小田原のファンの暖かい
 心が胸に締め付けられました。
 球威こそ良かったのですが、変化球でストライクが取れず決め球に欠いたのが原因でしょうか。
 それとメンタル面も課題でしょうか。味方がエラーしても動じない投球を見せてほしかったです。
 今日の内容を受けてまたチャレンジマッチ限定登板に戻るのでしょうか。
 まだ開幕して1ヶ月ばかり。まだまだ復活のチャンスは十二分にあります。頑張れ!
 それでも2年連続でGWで不甲斐無い姿を見せられたのは残念でした。

■西崎伸洋(湘)
 義弟の登板を盛り立てようと初回には先頭打者として出塁、先制のホームを踏み、守備時は
 後ろから大声で励まします。しかし自身のエラーで逆転を許しそのまま降板させてしまいました。
 その悔しさをぶつけるかのように続く4回にまたも先頭打者として出塁しホームを踏みます。
 2打席連続長打の後の3打席目に意表を突くセーフティを試みたのも好感。
 失策の多い湘南ですが、その失策をこうした闘志溢れるプレーで返上しようとする姿を見せることは
 重要で、今日の西崎のプレーは湘南野手陣全員が見習ってほしいと感じました。
 新沼がサヨナラ打を放ちグラウンド上の歓喜の輪にバケツに入った氷水をぶちまけましたが
 自身が失策して逆転されただけにほっとした心境を表したパフォーマンスでした。

■新沼慎二(湘)
 最終打席まで3三振を喫するも都度彼独特の滞空時間の長い特大ファールも放っており
 最終回、二死1・2塁のチャンスでも代打を送られなかったのは彼の長打を期待してのことか。
 (この時点で野手は武山しか残っていなかったと思いますので、それも理由かと)
 そしてその期待に見事に応え、あと数十センチでスタンドインのフェンス直撃のサヨナラ打を放ち
 今日のヒーローに。打撃だけでなく、後藤の後を受けた中継ぎ陣をよくリードし、2度走者を刺すなど
 守備面でも勝利に貢献。文句無しに本日のMVP賞の賞金をGETしました。

■湘南中継ぎ陣
 「嶺様」こと稲嶺茂夫、3回5点を失いなおも二死2塁の場面で登板。
 円谷を三振に仕留め切り抜けると、4回は2者連続三振を取るなど完璧な内容。
 連投となった堤内健、走者を出してからの内容が課題と昨日書きましたが、今日は2イニングとも
 走者を出す展開も5回は新沼の強肩に、6回は無死1・2塁で併殺に仕留め、なおも二死3塁の
 場面で田中を三振と見事に切り抜けました。
 「ヨイショ」こと岡本直也、7回には走者を出すも見事な牽制で刺し、8回は呉本の好捕もあり
 2イニングを6人締め。田代監督から抑え候補に名前も出たこともあり張り切っています。
 今季2度目、私は初観戦となった湘南四天王揃い踏み。
 後藤の敵を取ろうと奮投した彼ら3人の投球には胸が熱くなりました。
 その四天王の後を継いだ高崎健太郎は田中を四球で出し、あわやスタンドインの長打も
 ありましたが執念で野手のグラブへ。サヨナラ勝ちを収め勝利投手賞の賞金をGETしました。

☆おまけ☆
■見習い湘南MC ホヅミン
 本日もケチャップさんの補佐としてナビゲーターに務めていました。
 まだ慣れていないせいかメッセージを単に読み上げているだけの印象。
 ケチャップさんだと自然と観客に話しかけるような感じでメッセージを読み上げるのですが、
 ホヅミンはまだまだその域に達していない印象。同時にメッセージを読むのはけっこう難しい
 ものだとも感じました。
 また彼は声が高いのでもう少しゆっくり読み上げた方が聞き取りやすいかもしれません。
 彼には頑張ってひとり立ちしてもらいたいが故に注文申し上げました。ご了承の程を。
 帰りも付き人のようにケチャップさんの後を追きながら球場を後にしました。頑張れ。


【全体感想】
■試合展開
 先制したのは湘南。初回、先頭打者の西崎が2ベースで出塁、下園のピッチャーゴロの間に3塁まで
 進むと下窪がセンター前へタイムリーを放ち昨日とは反対に湘南が僅か7球で先制します。
 しかし3回、湘南先発の後藤は田中に死球を与え続く伊集院はセンター前へ。
 これを西崎がお手玉。またもエラーが飛び出し無死1・3塁としてしまうと川崎打線に火がつきます。
 続く松本はあわや後藤を強襲するかというセンター前で同点。寺内の当たりはライト前に落ちる
 ポテンヒットで勝ち越し。坂本は三遊間を抜け、亀井にはライト線へ抜ける2ベースタイムリー。
 トドメは三浦のレフトへの犠牲フライで一挙5得点。後藤は失意のまま稲嶺にマウンド譲りました。
 湘南は4回、エラーをした西崎が汚名返上の2ベースを放つと呉本の犠牲フライで1点を返し
 反撃を見せます。
 5回には二死満塁のチャンスを迎えますが北川が見逃し三振。
 7回は呉本のタイムリーで1点を返し、なおも二死1・2塁でまたも北川に回りますが今度は
 ピッチャーゴロに倒れ、8回には代打河野のソロで1点差に追いつき、続く代打ミツルが2ベースを
 放つも西崎がセンターフライに倒れ、着実に1点ずつ返していきますが同時に同点・逆転の
 チャンスにあと1本が出ず試合は最終回へ。
 9回裏、一死後下窪が執念の内野安打で出塁。呉本が倒れ二死となるも北川はストレートの四球で
 出塁し、迎えるはこの日既に3三振を喫している新沼。
 2−1で迎えた4球目。新沼の当たりはあわやレフトスタンドに入るかというフェンス直撃の
 サヨナラタイムリーで湘南は連敗を5で止めました。

■小田原情景
 昨日の静岡愛鷹に続き今日は神奈川地方遠征の第1弾、小田原球場にて試合が行われました。
 例年通り小田急線「富水駅」を下車し、散策を兼ね徒歩にて酒匂川を縦断し球場に向かいました。

 昨年から地方開催でも観客減少傾向が見られましたが、球場到着時には長打の列が。
 結果内野席は完売の3000名以上の観客が詰めかけ、スカスタでの観客減少に悩む関係者に
 とっては大きな励みとなる大入り袋が出されました。

 球場外にはこちらも例年通りの地元名産品とお弁当などが販売。
 今年もおりました揚げ物屋の出店に出向き美味「タコの唐揚げ」を堪能しながら陽気なお父さんと
 しばし歓談。大洋時代の選手から内藤、下窪選手のプロフィールまでよくご存知だなと思いながらも
 「PLの方の田中はどうした?」、今年も言われた「比叡山の彼はどうした?」には少々返事に
 困りましたが・・・
 昨年はこの出店に稲嶺投手が「両替して!」と駆け込んだのですが、今年は小銭をしっかり用意
 したのか一向に現れず。
 しかしこのお店は家族総出で娘さんお二人が一生懸命多くのお客さんを接客していたのには
 感心しました。
 試合後は川崎の選手がバスに乗り込むのを見ると娘さんお二人はお店そっちのけで
 見物しに行った光景もまたよし。でもすぐ後ろに湘南のバスがあったのですが・・・。

 試合前には恒例のセレモニーが行われました。
 中でも小田原出身の川崎田中選手と湘南田代監督への花束贈呈にはスタンドから大拍手が
 送られておりました。

 こどもの日ということもあり多くの野球少年と家族連れが詰めかけてました。
 子供が多い=スタンドを駆け回る少年も多い、となるのですが、ここでケチャップさんの出番。
 開門前に行われた野球教室の際に仰ったと思いますが、少年野球チームの保護者の方に
 スタンドを駆け回らないよう注意するようお願いしたこと、セレモニーの後でスタンド全体に
 同様の注意を強く呼びかけていたことで今日はレフトスタンド側と内野スタンド上段に数名の
 駆け回る少年のみ、さらに駆け回る少年を大人が注意する場面もあり、ケチャップさんの
 徹底した指導が実を結んで気持ちよく観戦することができました。
 そのケチャップさん、開門時にはレックバージョンのポケットカレンダーを一人一人ご挨拶と
 ともに暑い中お配りしていました。ご苦労様です。

 試合は湘南の劇的なサヨナラ勝ち。新沼選手と猛打賞下窪選手がお立ち台に。
 しかし今日の勝因は稲嶺、堤内、岡本、高崎の4投手が川崎打線に失点を許さず
 川崎に向いた試合の流れを食い止めたことが一番大きかったでしょう。
 後藤の失態を他の四天王が帳消しにして頂き、酒匂川に身投げする覚悟を思い留ませてくれた
 彼らに感謝と共に後藤と酒匂川で鮎を2匹ずつ捕獲し塩焼きにして贈呈してあげたいほどです。

 明日はスカスタに戻り、「よこすかわいわいパーク」なるものが球場外に設置されるようですが、
 現時点の天気予報では開催が難しそうです。
 子供だけに配られる「スカリンクッキー」をぜひ見たいのですが。

 本日も暑く陽射しの厳しい中、ご観戦された皆様お疲れ様でした。


2007年 5月 4日 イースタンリーグ 湘南−巨人(静岡県_愛鷹広域公園野球場)報告者:WIZさん/子連れさん

■報告者:WIZさん

5/4(金・祝)イースタン・リーグ公式戦 湘南−巨人2回戦 愛鷹広域公園野球場(13:00開始)

審判:PL牧田、1B石山、2B萩原、3B市川
記録員:新向井
観客数:2182名

【スコア】
巨  人 320110000 
湘  南 001000100 

【投手継投】
巨  人 ○野間口(8回)−東野(1回)
湘  南 ●北(1回)−佐久本(1回)−堤内(2回)−岸本(2回)−山北(1回)−高崎(2回)

【得点経過】
1回表(巨) 無死2塁で寺内、センター前タイムリー(1点)
      一死満塁で下窪、エラーで3塁走者生還(1点)
      二死満塁で星、死球で押し出し(1点)
2回表(巨) 二死2塁で亀井、レフト前タイムリー(1点)
      二死1・3塁で1塁走者盗塁、武山セカンド送球の間に3塁走者生還(1点)
3回裏(湘) 無死3塁で河野、レフトへ犠牲フライ(1点)
4回表(湘) 二死1塁で三浦、レフトフェンス直撃の2ベースタイムリー(1点)
5回表(巨) 一死2・3塁で松本、セカンドゴロの間に3塁走者生還(1点)
7回裏(湘) 二死3塁で呉本、レフトへ2ベースタイムリー(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<巨人>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 松本  左2一ゴ空振  二ゴ    二ゴ       510100100
2B 寺内  中安四球  空振投ゴ    四球       311200120
SS 坂本  四球見振  空振  遊ゴ  遊ゴ       400100210
LF 亀井  捕ゴ左安  左安  一ゴ    一ゴ     521200000
LF 芦沢                         000000000
1B 三浦  死球左安  左2  右飛    二ゴ     421000001
3B 円谷  右失四球  左飛    投ゴ  一ゴ     300001010
RF 田中  遊飛二ゴ    右2  空振         410100100
C 星   死球  二飛  中安  空振         310000101
P 野間口 投ゴ  見振  投犠    見振       300000200
P 東野                         000000000


<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
1B 河野  見振  左犠  三飛  空振         301000200
P 高崎                         000000000
CF 西崎  右飛  遊ゴ  三ゴ    右安       410000000
RF 下窪  右安  遊ゴ    右飛  四球       310000010
3B 内藤  二ゴ    二ゴ  投飛  二併       400000000
SS 梶谷                         000000000
2B 北川    二ゴ  左2  中飛  中飛       410000000
C 武山    中飛                   100000000
P 堤内                         000000000
H ミツル       四球               000000010
C 斉藤              遊飛  四球     100000010
LF 下園    右安  二ゴ    中3  投ゴ     420100000
P 北                          000000000
P 佐久本                        000000000
H 黒羽根   二ゴ  遊ゴ               200000000
C
P 岸本                         000000000
P 山北                         000000000
H 呉本              左2  中飛     211000000
1B
SS 木村      右3  投ゴ  二ゴ  二ゴ     410100000
3B


【投手成績】
<巨人>
      回  打  安 四 三 失 自
○野間口  8  32  7 2 2 2 2
 東野   1  4  0 1 0 0 0

<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
●北    1  9  2 3 0 3 1
 佐久本  1  7  2 2 1 2 1
 堤内   2  8  2 0 4 1 1
 岸本   2  8  2 0 0 1 1
 山北   1  3  0 0 2 0 0
 高崎   2  7  0 1 1 0 0


【選手感想】
<巨人>
■野間口貴彦(巨)
 8回2失点の内容でしたが、全体的には持ち味の速球にそれほど球威を感じず、現に今日は
 5回、6回以外は毎回走者を置く内容でイマイチな印象でした。
 今日の勝利は自身の投球よりも味方の攻守によるものが大きいかと思います。

■田中大二郎(巨)
 初回、西崎のライト前に落ちそうな打球を見事ナイスキャッチ。
 直前に下窪の呆れた落球を見ただけに彼に「こう取るんですよ」と言わんばかりの
 ナイスプレーでした。その他セカンド寺内にもファインプレーが出るなど川崎の守備は本当に
 しっかりしていました。

■松本哲也(巨)
 7回、下園の打球を追っていたところコケてしまい3塁打にする失態を犯すも、最終回に呉本の
 右中間を破りそうな当たりを持ち味の俊足を生かしてダイビングキャッチ!
 最後の最後で本日一番の超ファインプレーを披露して愛鷹のファンを喜ばせました。
 初回には先制のきっかけを作る先頭打者出塁も果たし育成選手からシンデレラロードを着実に
 歩んでいます。はたして彼は本当に21世紀の「青いイナズマ」になれるか。注目です。

<湘南>
■北篤(湘)
 公式戦初登板にして初先発。そして初黒星を喫しホロ苦デビューとなりました。
 高卒ルーキーにしては重い速球が魅力で今日もその球威はまずまずでした。
 しかし2千人の観衆、さらに登板直前に大々的なセレモニーを目の前にしだいぶ緊張していた
 様子が素人目にもよく分かりました。
 起ち上がり早々に連続安打で失点すると、緊張のためか早く終わらせたいと気が焦ったのか
 力んだ投球になり変化球はすっぽ抜け、コントロールも定まらずでその後1四球2死球、3失点と
 僅か1イニングで降板しました。確かに1イニングがやっとの内容でした。
 さてデビュー戦を終えて課題も多く見つかったかと思います。
 一度長浦に戻り鍛錬に励むのか、試合に帯同し実戦経験を積ませるのかは分かりませんが、
 今日が本当の意味でプロ人生のスタート。
 将来大成し「愛鷹が俺を育てた」と沼津のファンを喜ばせる活躍を期待したいです。

■下窪陽介(湘)
 OP戦から好アピールし開幕一軍の切符を掴み、先日プロ初安打を記録するもその数日後に降格。
 今季ハマスタに一度も観戦していないため、本日が初観戦となりました。
 どっしりした体格から放たれる打球は鋭く、湘南であれば十分主軸を担える逸材に見えました。
 呉本の間に下園、下窪の「下・下コンビ」を挟んだ主軸なんて面白いかもしれませんね。
 しかし今日は守備でとんでもないエラーを披露。
 1回、1点を失いなおも一死満塁と苦しむ北、円谷の当たりは下窪が守るライトへのライナーでしたが、
 打球判断を誤り、何とか追いつくもグラブから落球とタイムリーエラーを犯しました。
 仮にちゃんと捕っても犠牲フライで1点と変わりはないのですが、失点しそのまま一死満塁と
 二死1・3塁とでは投げる北の気持ちも多少は変わっていたかもしれません。
 もしかしたら初回は2失点で追え、十分追撃できる状況になっただけかもしれません。
 今日の失策を肝に銘じさらなる飛躍を期待しています。

■山北茂利(湘)
 この5連敗のきっかけを作ったのはそもそもリードの場面で彼の連続救援失敗が招いたもの。
 今日は大量リードされた場面で登板。すると今までの彼は何処へ行ったのか2者三振を含む
 3人切りで早々とマウンドを降りました。
 リードした場面だと打たれリードされてると抑える。プレッシャーに弱いのでしょうか?
 このままでは敗戦処理しか仕事場がないぞ!
 思い切って0−0で始まる先発起用を試してみてはどうでしょうか・・・

■堤内健(湘)
 今日の投手陣では山北、高崎もよかったのですが、イチ押しは彼。
 4者連続三振を取るなど変化球の切れがなかなかよかったです。
 走者を置いての投球はまだまだ課題。三浦のタイムリーはあと数メートルでスタンドインでした。
 ベテラン中継ぎ陣が崩壊状態にあるだけに彼の復調は大きいと思います。
 あとは未だ春休み中の染田の復帰を望みたいところ。

☆おまけ☆
■後藤伸也(湘)& 福本誠育成担当(湘)
 掘り下げ式の球場のせいでしょうか、本日は観客席最前列で二人がビデオ、記録係を担当。
 熱い陽射しの中、帽子を着用し熱射病対策をきちんとした福本さんに対し後藤は何も着帽せず。
 予定では明日は復活を賭けた背水の陣の登板、その大事な登板を前に熱射病で倒れないか
 試合よりもそちらを気にしてしまった今日の観戦でした。
 試合終了後、グラサンの彼に「明日は頑張れ」と声をかけるといつものぶっきらぼうな返事。
 既に明日に向けて精神集中してるのか、それとも今日の川崎打線にびびったのか、
 はたまた厳しい陽射しに本当にスタミナを消耗しきってしまったのか・・・


【全体感想】
■試合展開
 この日がプロデビュー戦となった湘南先発北でしたが、先頭の松本に2塁打を打たれると続けざまに
 寺内にタイムリーを浴び僅か6球で1点を失います。
 さらに下窪のタイムリーエラーと押し出し死球を与え1回3失点と苦いデビュー登板となりました。
 2回はベテランの佐久本を投入するも、川崎の勢いを止めるどころか火に油を注ぐ結果に。
 2回を終了して5点のリードを奪われ、川崎先発野間口の前にチャンスを幾度も掴むも拙攻続きと
 試合の流れを変えることができず惨敗。
 湘南は引き分けを挟んで遂に5連敗。失策、投手陣不調、決定打不足と負けるべくして負けた試合でした。

■愛鷹情景
 湘南毎年恒例のGW地方遠征試合。今年はお隣静岡県まで足を運び今日は愛鷹球場で試合が
 行われました。
 今日はJR東海道線「沼津駅」を下車、北口から出ると臨時バスが運行されていたのでそれに乗車。
 細い道路を通り、山道を登って球場に到着しました。
 山の上にあるため景色は絶景。バックネット裏は山。レフトスタンド後方にはかすかに駿河湾を
 拝むことができ、来るだけでも価値のある球場でした。
 球場は掘り下げ式で観戦しやすいところもいいですね。
 球場内売店ではお決まりの焼きそば、お弁当の他に五平餅、みたらし団子など名産物も売られ
 お腹も満足しました。

 試合前のセレモニーでは地元ダンススクール(だったと思います)の子供たちが「熱き星たちよ」を
 バックにお見事なダンスを披露。
 地元市議会議員のご挨拶、両監督に花束贈呈、野球少年&地元野球連盟会長の始球式が
 続けて行われました。

 その市議会議員の方の挨拶で「プロの素晴らしいプレーを見せてください」と両チームにお願いの
 ご挨拶をされておりましたが、試合はその議員さんの思いに応え野球少年たちの手本となるプレーを
 見せた川崎と悪い手本を見せた湘南といったところ。

 試合は1、2回の川崎の攻撃が全て。
 1回は何でもないライナーを下窪が落球、2回は二死1・3塁で1塁走者が盗塁を敢行すると
 武山が躊躇無く2塁へ送球しあっさり3塁走者を返しダメ押しの加点を与えたことで雌雄は決しました。
 その後湘南は追い上げのチャンスは見せるものの6度の残塁を数える拙攻続きで流れを
 帰ることはできず5連敗。失意のまま静岡を後にしました。

 湘南の失策の多さは選手の問題だけでなく万永、井上両新人コーチの責任も多大にあるかと思います。
 新任ゆえどう手直ししてよいか試行錯誤かと思いますが、お二人とも温厚で知られるだけに選手に
 甘すぎてはいないかと若干心配してしまいます。

 と、せっかくの遠征観戦でしたがよかったのは北の公式戦デビューを見れたこと、久しぶりの登板と
 なった堤内が(前半は)素晴らしい投球を披露したことくらいでしょうか。

 明日は愛鷹−横須賀の中間地点となる小田原球場で同カードが行われます。
 今季初先発予定となっている後藤は連敗ストッパーとなれるでしょうか?
 明日は後藤が不甲斐無い投球をしたら一緒に酒匂川に身を投げる覚悟で望みたいと思います。

 本日観戦された皆様、特に横須賀から来られた皆様、暑い中観戦お疲れ様でした。





■報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs川崎 2回戦 5月4日(金・みどりの日) 13:00 県営あしたか球場

 試合の詳細はWIZさんにお任せで,私は感想を・・・なお,湘南武山に捕逸あり。

 横須賀スタジアムの窓口で求めた前売り500円引きの券面には,払い戻しは期間限定で三島市と沼津市の指定スポーツ店のみとありました。須賀スタで売って「ココではダメですよ!」なんて事をしないと思いますが,実態はわからぬまま晴れて,試合は成立したのです。湘南シーズンパスやファンクラブ入会者は,当日現地売りでも500円引きにするぐらいな太っ腹を,見せてもらいたいですね!

 富士山の白い頂が山間に見える快晴の沼津駅で下車,跨線橋を歩いて新開の北口バスターミナルへ。球場は愛鷹広域公園の中にあり,運動公園行のバス(富士急シティーバス)は土日祭日のみで本数も少ないのですが,大会や試合時には増発されていて「今すぐ出しますから」と待つまでもなくやってきたのです。市街地を抜け,住宅街の私道なみの狭い所を走り,茶畑を眺め,東名道を渡り第2東名道建設現場あたりまで来ると高度が高くなったのか耳がツンとしたのでした。

 バス停の前は「陸上競技場」でちょうど高校陸上の県大会中。歓声を右に聞きながら緩い坂を上がると球場着。掘り下げ式球場のためスタンドもグラウンドも外からは見えにくく,入ってからのお楽しみと言った状態でした。当日券売り場の列は開門1時間前からかなりになり,10分早く販売に。そのすぐ側が「内野特別席(ネット裏)」と「3塁側内野自由席」の入口,その前には両チームのグッズ売り場。売れ行きはよく,なかなか球場へ行けない方にはうれしい店のようでした。球場正面玄関を挟み高級車の並ぶ先が「1塁側内野自由席」その奥が「外野席」の各入口でした。

 券売を早めたから入場もと期待したのですが「11時30分となっております」と杓子定規の一点張り,私たちの期待に答えたかったのか,俄かバイトのお兄さんが誤ってモギリしてしまい何名かが入場!リーダーにどやされて慌てて入場者を連れ戻す場面も。富士急シティーバスの応変さの見事さが浮きだったのです。

 定刻開門。配り物がその土地の協賛社の製品だったりするのが地方試合のたのしみなのですが,配られたものは自宅に所狭しと転がる「湘南シーレックス チアースティック」貰わなければいいものを,つい手が出してしまうのは「お里が知れる」行動でした。

 さて入場すると,なるほど掘り下げ球場。入場した所がスタンド上段の通路。それがネット裏を頂点に内野を廻り,売店・トイレ・喫煙所が並び,ここからスタンド席へ降りて行くのです。中通路もなく,ボールをめぐる子どもたちの騒ぎもこれならば気にならず,集中できる球場です。両翼98m・中堅122m・天然芝のグラウンドは13.860u,13,300名収容の球場は1989年開場だそうです。あえて指摘すれば,スコアーボードが手書きの上,小さくて見えにくい点です。ユニークなのはドーム型をしているスコアーボード,食パンの上にクリームパンを載せたような形。さらに芝生の外野席の両端にちょこんと作られているベンチ席。木々に囲まれ,駿河湾を遠望できるすばらしい球場でした。

 雨で流れていたため,湘南Vs川崎はこの日がまだ2回戦。素朴なセレモニーを受けてやる気満々にグランドに散った湘南ナインに負けじと,先頭打者松本がボックスに入ろうとすると球審の牧田さんが「まだまだ」と軽く制止。時計をじっと見つめ,記録員の新向井さんと目配せしてようやく「プレー!」のコールで始まりました。詳細はWIZさんの報告にある通り,プロ1年目初先発の北篤が初々しい内容の3失点で1回降板。問題は彼を受けたヒール佐久本の内容。牧田さんのボールコールに苦笑いしばし,武山の捕逸とマズイプレーで投げやり気味に映りました。この回2点献上したわけですが,初回の3点なんぞ十分に返せひっくり返せる状況での2失点で,制球に苦しんでいた川崎先発の野間口を救ってしまったのでした。川崎勝因のトップはバックの好守備でしょうが,佐久本もお立ち台に値したのです。

 試合時間2時間53分(13:00〜15:53)と3時間を切ったいい時間のゲームでしたが,湘南ファンの私に残った物は2回表からハイピッチになったビールの空き缶と火ぶくれしそうな日焼けでした。それでも気分が悪くなかったのは,愛鷹球場のすばらしさと駿河湾を眺め丹那トンネル抜けた遠足気分がもたらしたようです。

 WIZさん,キョンさんと久し振りの外野応援団のみなさん,さらに湘南ご常連の皆様26℃の夏日の中,お疲れ様でした。


2007年 5月 4日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記

みどりの日の今日、ゴールデンウィークの中日ということもあってか、スタンドには開幕戦以上の観客がつめかけついに2000人を突破しました。明日(5日)には2000人計画リベンジが予定されていたのですが、前倒しで達成されてしまいましたね。
以下はスコアテーブル等になります。

5月4日イースタンリーグ(鎌ヶ谷スタジアム)
 |001 010 010 |
 |000 130 00× |

M  ●古谷、相原、松本、田中良―金澤
F  ○吉川、H植村、H清水、S金森―渡部
審判 PL村山 1B原 2B本田 3B名幸
観客 2106人

浦和マリーンズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(8) 代田建紀  3110 左飛  左安  四球  死球  左飛
(9) 佐藤賢治  5010 空振  左安  二ゴ  二ゴ  左飛
(3) 福浦和也  4021 中安  二ゴ  二ゴ    左安
 R3 神戸拓光  0000
(4) 田中雅彦  2000 四球  四球    中飛  右飛
(7) 角中勝也  4100 二ゴ    空振  二ゴ  遊ゴ
(5) 細谷圭   3011   空振  遊ゴ  四球  中三
(D) 定岡卓摩  4000   空振  遊ゴ  三振  三ゴ
(2) 金澤岳   4010   空振    二ゴ  空振  右安
 R  平下晃司  0000
(6) 早坂圭介  2100     右飛  四球  投ゴ  投犠

         投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ● 古谷拓哉  4 1/3 19  72 7 2 2 1 4 4
   相原勝幸  1 1/3  7  32 0 0 2 3 0 0
   松本幸大    2/3  4  18 2 0 0 0 0 0
   田中良平  1 2/3  6  15 1 0 0 0 0 0

鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回
(8) 佐藤吉宏  4112 空振  左飛  右本三ゴ
(6)5尾崎匡哉  3130 中安    左二死球  右安
(9) 糸井嘉男  4010 中飛    右安右飛  二ゴ
(5) グリーン  2000 中飛    四球四球  左飛
 6  今浪隆博  0000
(2) 渡部龍一  4000   左飛  遊併右飛  二ゴ
(4) 高口隆行  4010   右安  空振  空振  二ゴ
(7) 鵜久森淳志 4000   右邪    左飛空振  遊ゴ
(D) 小山桂司  2111     左飛  右本四球
 HD 木元邦之  1010               右安
(3) 市川卓   4120     左飛  中二右安  二直

         投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ○ 吉川光夫  5   21  97 3 0 5 4 2 1
 H 植村祐介  1    4  20 0 0 1 1 0 0
 H 清水章夫  2    9  34 2 0 1 1 1 1
 S 金森敬之  1    4   9 1 0 0 0 0 0


盗塁  代田 (3回 打者福浦:ダブルスチール)
    佐藤賢(3回 打者福浦:ダブルスチール)
盗塁死 高口 (2回 打者小山)
牽制死 佐藤賢(3回 打者角中)
暴投  吉川 (5回 打者福浦)
失策  佐藤賢(4回 打者糸井)
    尾崎 (5回 打者佐藤賢)
残塁  M8、F9

得点経過
3回表 二死二三塁から、福浦のセカンドゴロの間に三塁走者代田が生還
4回裏 無死満塁から、渡部がショートゴロ併殺の間に三塁走者尾崎が生還
5回表 一死一二塁から、佐藤賢がセカンドゴロ、併殺を狙った尾崎の一塁への送球がそれて二塁走者早坂が生還
5回裏 一死から、小山がライトスタンドにソロホームラン
 〃  一死二塁となり、佐藤吉がライトスタンドにツーランホームラン
8回表 二死一塁から、細谷がフェンス直撃のタイムリースリーベース

選手寸評
■吉川光夫(日)
4月29日のときと比べれば制球もよかったが(四球は多いですが)、依然としてランナーを出してからの投球に課題を残した。

■植村祐介(日)
高校ドラフト3巡目ルーキー。オーバースローから投げ下ろすストレートには重量感がある。やはり課題は変化球でほとんどものになっていないが、そこを補えれば早期昇格も十分にありそう。

■佐藤吉宏(日)
5回に古谷から打った瞬間にそれと分かるホームラン。打撃は依然として好調のようです。守備で8回の細谷の大飛球を捕って欲しかった・・・と要求するのはさすがに酷か。

■尾崎匡哉(日)
打撃では3安打1四球と全打席出塁。しかし、もはやおなじみ(?)といえるエラーで1点を献上。せっかく打撃でアピールしてもこれでは・・・

■小山桂司(日)
ライトフライかと思ったあたりは(風で?)ぐんぐん伸びてスタンドイン。渡部が打撃好調でチャンスも少ないが、鎌ヶ谷を卒業した鶴岡の例もあるので少ない機会をひとつひとつものにしてほしい。
余談:名鑑でもNPBオフィシャルでも球団公式HPでも右投げ両打ちだが6回相原(右投げ)の打席では右打席へ

■古谷拓哉(ロ)
ファイターズ打線の早打ちもあって4回まではよく抑えていたが、5回に小山の打ち取ったような当たりがスタンドインした事で動揺したか佐藤吉宏にも2ランを打たれ降板。2巡目以降と精神面が課題か。

■相原勝幸(ロ)
一年前見たときはオーバースローとアンダースローの二投流だったが、この日はアンダー気味のサイドスローとスリークォーターの二投流。どちらで投げるかはより分かりづらくなったが微妙にマイナーチェンジした印象。

■福浦和也(ロ)
故障の影響かフルスイングはほとんどなかったが、それでもバットコントロールはやはり超一流。ちょこんと当てるだけのヒットを2本。


2007年 5月 3日 イースタンリーグ 巨人−楽天(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

3日 ジャイアンツ 13時01分試合開始
第2回戦 1勝1敗 2時間53分

                   RHE
イーグルス  022 100 000 71
ジャイアンツ 000 120 000 90

<川 崎>●越智大祐(3試合1勝1敗、3回)姜建銘(1回)上野貴久(2回)前田幸長(1回)鈴木誠(2回)−實松一成、星孝典
<山 形>○川井貴志(4試合3勝1敗、6回)徳元敏(1/3)河本育之(2/3)小山伸一郎(11試合1勝5S、2回)−井野卓

 イーグルス 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二) 沖 原 301 遊ゴ四球  遊ゴ  二ゴ    四球
(遊) 西 村 411 遊ゴ遊ゴ  左飛    左安  投ギ
(左) 中 島 411 死球中飛  左本    左飛  中併
(一) ウィット300 四球  二ゴ三振    三振
(三) 大 廣 400 三ゴ  三振  左飛  投ゴ
(右) 横 川 220   右2四球  一安    四球
(中) 竜太郎 311   右直中2  遊併    投ギ
(捕) 井 野 421   左安中安    右飛  二ゴ
(投) 川 井 200   四球三振    三振
 投 徳 元 000
 投 河 本 000
 打 吉 岡 100               三振
 投 小 山 000
   合 計 3075

 投手成績  回 打安責
○川井貴志  6 2983
 徳元 敏 1/3210
 河本育之 2/3200
 小山伸一郎 2 600



ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(左) 清 水 311 二ゴ中飛  右本  二ゴ
 投 上 野 000
 打 川 中 100
 投 前 田 000
 左 亀 井 100                 一ゴ
(二) ゴンザ 220 右安  三安
走二 寺 内 300       左飛  中飛    遊ゴ
(遊) 坂 本 500 三失  三振  右飛  三ゴ  中飛
(中左一)
   三 浦 430 一ゴ  左安  右安  左2
(三) 円 谷 310 左飛  中安  死球  投ゴ
(一) 吉 川 400   二ゴ右飛  三振  右飛
 投 鈴木誠 000
(右) 田 中 422   右2三振  左2    左飛
(捕) 實 松 100   四球  遊ゴ
 捕  星  200         二ゴ    右飛
(投) 越 智 100   捕ゴ
 投 姜建銘 000
打中 松 本 300       二ゴ  投直  遊ゴ
   合 計 3793

 投手成績 回 打安責
●越智大祐 3 1844
 姜 建銘 1 411
 上野貴久 2 610
 前田幸長 1 410
 鈴木 誠 2 700


<本塁打>
 中 島 6号(姜建銘=4回)
 清 水 1号(川井)=4回

<二塁打>
 横 川(2回)
 田中2(2回、5回)
 竜太郎(3回)
 三 浦(7回)

<盗 塁>
 横 川(3回)
 竜太郎(3回)

<失 策>
 大 廣(1回)

<試合展開>
2連戦の2戦目、本日も快晴で絶好の野球日和!
スタンドからは川崎ナインを激励する太鼓の音や、元気な声が既に出ている。
その声援にこたえながら若手選手とキャッチボールを行う清水やゴンザレス。マウンドには2年目の越智。

1回表
1沖 原 ショート坂本の正面、手前にこぼしたが落ち着いて送球。
2西 村 変化球にあわせていったが、またも坂本の正面。軽快な動きを見せる。
3中 島 4球目がひじ付近に当たる死球。
4ウィット|フルカウントから外に外れ四球。
・何事かを手元のノートに書き記す香田コーチ。
5大 廣 サード正面のゴロで、円谷がベースを踏む。

・足早に引き上げる越智。
・先頭打者として出番に備える清水と、2番のゴンザレス。マウンドには先発の川井。

1回裏
1清 水 変化球に合わせていったがセカンド正面へのゴロ。
2ゴンザ 流してライト前に運ぶヒット。
・クリーンヒットを放ち、一塁を守るウィットと笑顔で話すゴンザレス。
3坂 本 サード正面へのゴロで二塁へ送ったが、沖原がボールをこぼしたためセーフ。記録はエラー
4三 浦 ウィット正面へのゴロで、二塁フォースアウト。一塁はベースカバーの川井の足が離れてしまう。
5円 谷 ふわりとショート後方付近に打ちあがったが、レフト中島が懸命にダッシュしてきてキャッチ。

・無失点で切り抜け、野手にぽんぽんと体を叩かれながら引き上げる川井。
・立ち上がって戦況を見守る山形・松井監督。

2回表
6横 川 初球を引っ張り、右中間を深々と破るツーベース。
7竜太郎 引っ張っていったが、ライト田中へのハーフライナー。
8井 野 三遊間を鋭く破っていくヒット。
9川 井 コーチの耳打ち指示を受け3球目からバントに切り替え。ファールで2球粘り結局四球。
・すかさず實松がマウンドに駆け寄り話し合う。
1沖 原 1−3から変化球がすっぽ抜け、沖原が思わず倒れこんでしまう(山形1−0川崎)
・厳しい表情で、香田コーチがゆっくりとマウンドに歩み寄る。
2西 村 ショート正面へのゴロで、併殺崩れの間に井野がホームイン(山形2−0川崎)
3中 島 高々と打ち上げ、センター三浦がキャッチ。

・自らのピンチで2点を失い、厳しい表情で引き上げる越智。
・吉村監督は、サングラスをかけているため目線はわからないものの恐らく険しい表情。立ち上がって攻撃を見守る。

2回裏
6吉 川 たたきつけ、セカンドゴロ。
7田 中 ライト方向へ打ち上げ、横川が追いかけていったが捕ることができず、もたつく間に一気に二塁へ。
8實 松 フルカウントから高めに抜け、四球。
・岡崎コーチから直接指示を受け、打席に向かう越智。
9越 智 正面に転がしたが井野がすぐに三塁へ送球しタッチアウト。一塁はセーフ。
・果敢な守備を見せ、走者を封じてしてやったりの井野。
1清 水 初球を打っていったが、やや浅いセンターフライ。

・快音を残したものの、伸びが足りず凡退した清水。自分のバットをボールボーイに手渡す。
・走者は出したが無失点で切り抜けた川井。
・内野を回ってきたボールを受け取り、ピッチングに備える越智。

3回表
4ウィット|引っ張っていったが、セカンド正面へのゴロ。
・軽快な動きを見せたゴンザレス。
5大 廣 外の球に空振り三振(ファウルチップ)。
6横 川 低めに落ちる球にハーフスイングで、振っていないジャッジ。竜太郎の2球目に盗塁成功。
7竜太郎 浅いセンターへのライナー気味の打球だったが、三浦が捕球体勢に入ったものの目の前でバウンドが変わり逸らしてしまい、その間に横川が生還。竜太郎も二塁へ(山形3−0川崎)
竜太郎は井野の4球目に盗塁成功(VTRでもよくわかるが投球とほぼ同時のタイミングでスタート)
8井 野 セカンド・ゴンザレスの横を破っていくタイムリー(山形4−0川崎)
9川 井 フルカウントから外の直球を見逃し三振。

・2点を失い、厳しい表情で引き上げる越智。
・果敢に井野の打球に飛びついたが、イレギュラーバウンドして捕れなかったゴンザレスだが、気を取り直して先頭打者として打撃に備える。


3回裏
2ゴンザ 三遊間の当たりで、大廣が追いついたがグラブを弾きレフト方向に転がっていく。代走寺内。
・しっかりヒットの結果を出し笑顔も見えるゴンザレス。
3坂 本 外の直球に空振り三振。
4三 浦 三遊間を破るクリーンヒット。
5円 谷 変化球をすくい上げ、センター前に運ぶヒット。
6吉 川 高々と打ち上げ、ライトフライ。浅いため寺内はタッチアップできず。
7田 中 変化球に空振り三振。

・満塁のピンチを無失点で切り抜け、汗をぬぐいながら引き上げる川井。
・吉村監督が出てきて、2番手として現在川崎で調整中の姜建銘が通訳を伴ってブルペンから登場。
・早期復帰を期す姜建銘の投球フォーム。
<川崎/4寺内 1姜建銘>

4回表
1沖 原 詰まったショートゴロ。
2西 村 すくいあげたが浅いレフとフライ。
3中 島 内角高めの球を打ち返し、ぐんぐん伸びてレフトスタンドに吸い込まれるアーチ(山形5−0川崎)
4ウィット|落ちる球に空振り三振。

・2軍初登板のイニング、1点を失いやや曇った表情を見せ引き上げる姜建銘。ベンチでは打たれた球などについて清水や控え選手と話し合う。
・その姜は次の回打順であるが、ベンチを立つ気配はなく1イニングで交代の模様。

4回裏
8實 松 鋭い当たりでショート西村のところに飛んだが、西村は手を伸ばしてしっかりキャッチ。
H松 本 引っ張っていったが、セカンド正面へのゴロ。
1清 水 鋭いライナー性の当たりがぐんぐん伸び、ブルペン付近のフェンスに直撃する一発(川崎1−5山形)
・快心の一発を放ち、声援に迎えられる清水。笑顔も見える。
2寺 内 やや浅いライトフライ。

・清水はこの一発にてお役ご免、荷物を持って引き上げる。
・マウンドには昨日まさかの危険球退場となった上野がリベンジの登板。
<川崎/1上野 7三浦 2星 8松本>

5回表
5大 廣 高く打ち上げ、代わったレフト三浦の守備範囲。
・球場わきの階段を上りきり、室内練習場へ向かう清水。
6横 川 ファースト吉川が逆シングルで捕球したが、二塁方向に弾いてしまう。
7竜太郎 ゴロでセカンド後方まで転がっていき、坂本が無難にカバーリングして併殺打。

・新人らしからぬやわらかいグラブ捌きをみせ、坂本が併殺を完成させたシーン。ベンチに戻るとすぐにメットを被り攻撃に備える。

5回裏
3坂 本 高く右方向に打ち上げたが、やや伸びが足りず。
4三 浦 ライト前に達するクリーンヒット。
5円 谷 初球が右手甲に当たる死球。
・トレーナーに右手小指の付け根あたりを示し、かなり痛がっている円谷。
6吉 川 井野の構えた外いっぱいに決まり見逃し三振。
7田 中 高々と打ち上げ、左中間フェンス直撃のツーベース(川崎3−5山形)
8 星  流していったがセカンド正面へのゴロ。

・2点差に追い上げるヒットを放った田中。
・グランド整備が終わり、守備に散る川崎ナイン。

6回表
8井 野 高く打ち上げ、田中が前進してきてキャッチ。
9川 井 外の直球に見逃し三振。
1沖 原 セカンド正面へのゴロ。

・ナイスピッチ!というベンチからの声、コーチの声に笑顔で答える上野。
・吉村監督はベンチ内に掲げられているメンバー表を眺め、交代を考えている様子。

6回裏
9松 本 鋭く打ち返したが、川井正面へのライナー。
H川 中 セカンド正面へのゴロ。
2寺 内 バットの先端に当て、センターフライ。

・この回は無失点とした川井。
・川崎ブルペンでは前田が準備を終え、連投となるマウンドに向かう。
<川崎/1前田>

7回表
2西 村 三遊間を破っていくヒット。
3中 島 高々と打ち上げ、フェンスいっぱいまで伸びていったが三浦が軽くジャンプしてキャッチ。
4ウィット|真ん中からやや外に決まり見逃し三振。
5大 廣 緩い球をひっかけ、前田正面へのゴロ。

・投球練習時から笑顔も見られ、無難に3者凡退とした前田。
・マウンド上には山形2番手・こちらも連投の徳元。
<山形/1徳元>

7回裏
3坂 本 サード大廣へのゴロ。
・ここまで3打席凡退、ボールボーイからバットを受け取って戻る坂本。
4三 浦 思い切り引っ張り、レフトポール付近に当たるツーベース。
・懸命に走って二塁を陥れ、猛打賞となった三浦。
・一方マウンドには内野手が集まり、早くも松井監督が3番手河本をコール。
<山形/1河本>
5円 谷 たたきつけ、河本が正面でャッチして飛び出している三浦をけん制しつつ二、三塁間で挟殺。円谷自身は二塁へ達する。
6吉 川 右方向へ打ち上げ、ライト横川が走りこんでキャッチ。

・かつて何度も登板した古巣のマウンドで好投の河本。
・そして、マウンドにはプロ初登板となった育成枠・鈴木誠が独特のフォームで投球練習を行っている。109という大きな背番号が印象的。
<川崎/7亀井 7→3三浦 1鈴木誠>

8回表
6横 川 ストレートの四球。
7竜太郎 バントの構えで正面に転がして成功。
8井 野 セカンド正面へのゴロ。
H吉 岡 低めの変化球に空振り三振。

・初マウンドを見事無失点とし、ベンチからの声援に笑顔でこたえる鈴木誠。
・マウンドには、これまた連投となる小山。

8回裏
7田 中 打ち上げてレフトフライ。
8 星  詰まったライトフライ。
9松 本 どん詰まりのショートゴロ。

・最速150kmと球威で3者凡退とした小山。
・2イニング目のマウンドに元気に登場した鈴木誠。

9回表
1沖 原 ストレートの四球。
・試合をじっと見守るベテラン村田。ジャイアンツ15年目で実は最長の在籍者とのこと。
2西 村 鈴木誠の正面に転がしバント成功。
3中 島 浅いセンターフライで、松本が内野へ返球したときに沖原が飛び出していたため戻れず。

・2イニング目も無失点とし、笑顔で引き上げる鈴木誠。
・1800人ものお客さんが詰め掛けたというスタンドもやや空席が出てきた。

9回裏
1亀 井 ファースト正面へのゴロ。
2寺 内 バットが折れ、ショートゴロ。
3坂 本 初球を高々と打ち上げ、センターフライでゲームセット。

・最終打者となり、悔しい表情で戻っていく坂本。
・ストッパーとして球威で若手を退けた小山はナインとハイタッチ。山形ベンチ前ではミーティングが開かれる。
・川崎ベンチでは選手がおのおのの荷物をまとめ、引き上げていく。


<注目選手 ジャイアンツ>
■越智大祐(巨)先発 3回 被安打4 失点4
前回登板で勝利投手となっており、期待をもっての先発。
直球は140後半と勢いがあり初回は無難に抑えたものの、2回、好調山形打線ということもあり、積極的に初球打ちを見せてくる中、緩い変化球など不用意に入っていったところを狙われる。
走者を溜め、制球が悪くなってややボール先行になり、沖原にはすっぽ抜けの押し出しという、悪い方向への流れを止められず。
3回は四球や、竜太郎などにもノーマークで易々走られ、打者には粘られた末のヒットで失点…好調山形打線を活気づけてしまっては、勝負は苦しい。


■鈴木誠(巨)5番手 2回 無安打無失点
本日が記念すべきプロ初登板。変則左腕で横手に近いスリークォーター。
球速は130後半〜140前半。スライダー、チェンジアップも
先頭の横川に対しては、やや緊張もあったのか四球で歩かせるが、1死を取ると井野、さらにベテラン吉岡からの空振り三振!


■坂本勇人(巨)5打数無安打
連日の登場となります。
残念ながら快音はなかったものの、展開でも触れたように本日の見せ場は5回の併殺打でしょう。
このシーンはVTRでも特に紹介されていましたが、本当に柔らかなグラブさばきで見事な捕球からトスへの流れで併殺打!
1軍では小坂誠というショートストップの名手がいますが、守備力というのも終盤で交代要員になったり間違いなく大きな力になるので、名手と呼ばれるよう磨いていきたい。

<注目選手 イーグルス>
■川井貴志(楽)先発 6回 被安打8 失点3
目だって球が速いというわけではないが、随所で変化球とのコンビネーションを見せる。
再三ランナーは許すものの、持ち味の粘りのピッチングを見せ、要所を締めていく。
5回はやや意識もあったのか、死球などで走者を溜め失点しましたがこの最少失点にとどめ、6回で降板となり、勝ち投手に。


■小山伸一郎(楽)4番手 2回 無安打無失点
中堅どころ、現在は山形の抑え役に。
かつて速球派というイメージがありましたが、本日も140後半から最速150kmの直球!!
バットに当たっても詰まらせる球威も健在で、これなら安心して最後を任せられる。
経験のある彼のような力が必要なときがシーズンの中で必ずあるので、そこに向けてがんばってほしい。


■横川史学(楽)2打数2安打
07年ドラフト7巡目
2回、先頭打者として思い切り振り抜き右中間突破の二塁打、さらに3回には選球目も見せ、その後は足も使ってチャンスメーク。
球団事情から新人といえど、チャンスはあると思うので、山形コーチ陣が自信を持って推薦できるような結果を残していきたい。


2007年 5月 2日 イースタンリーグ 巨人−楽天(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

2日 ジャイアンツ 13時1分試合開始
第1回戦 川崎1勝 2時間59分

                  RHE
イーグルス 020 000 000 10
ジャイアンツ100 300 00× 121

<川 崎>上野貴久(1回0/3)○三木均(4試合1勝1敗、3回)深沢和帆(2回)前田幸長(1回)東野峻(1回)S深町亮介(深町5試合3S、1回)
<山 形>●藤崎紘範(3試合1勝2敗、4回)吉崎勝(1回1/3)徳元敏(2/3)佐藤宏志(1回2/3)小山伸一郎(1/3)
<審判員>球審:原 一塁:村山 二塁:敷田 三塁:本田


 イーグルス 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二) 沖 原 400 遊ゴ  右飛    遊ゴ  中飛
(遊) 西 村 300 一ゴ  中飛    四球  遊ゴ
(左) 中 島 400 二ゴ    三振  二ゴ    遊失※
(一) ウィット200   死球  三振  四球
(三) 大 廣 400   中飛  三振  二ゴ
(右) 横 川 200   右飛    四球  三振
(中) 平 石 200   四球    二ゴ  三振
(捕) 井 野 212   中2    四球  遊ゴ
 投 佐 藤 000
 投 小 山 000
(投) 藤 崎 100     三振
 打 高 波 100         遊併
 投 吉 崎 000
 投 徳 元 000
 捕 中 谷 100               二ゴ
   合 計 2612

 ※9回表無死、中島がショートエラーで出塁した場面で放送終了

 投手成績  回  打安責
 藤崎紘範  4  2394
 吉崎 勝 11/3620
 徳元 敏  2/3200
 佐藤宏志 12/3710
 小山伸一郎 1/3100



ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回
(左) 清 水 320 三振  右安右安
 二 寺 内 220           左2  右安
(三) 円 谷 310 右飛  右安左飛  投ギ  死球
 投 深 町 000
(遊) 坂 本 521 中本  三振右安  二ゴ  三振
(一左)梅 田 411 遊ゴ  三振二安  三振
(二) ゴンザ 310   左2右飛一邪
 投 深 沢 000
 投 前 田 000
 打 岩 舘 100             三振
 投 東 野 000
 三 十 川 000
(中) 亀 井 410   三振  右安二ゴ  二ゴ
(右) 田 中 300   一ゴ  四球二ゴ  中飛
(捕) 村 田 210   四球  投ギ右安    三振
(投) 上 野 000   一直
 投 三 木 100
打一 斉 藤 212       右安二ゴ
打一 三 浦 100               遊飛
   合 計 34124

      回 打安責
上野貴久10/3401
三木 均 3  1011
深沢和帆 2  900
前田幸長 1  300
東野 峻 1  300
深町亮介 1  300


<本塁打>
 坂 本 1号(藤崎=1回)

<二塁打>
 井 野(2回)
 ゴンザ(2回)
 寺 内(6回)

<盗 塁>
 西 村(6回)

<失 策>
 坂 本(9回)

<試合展開>
黄金週間の後半戦、本日は快晴の野球日和。明るい日差しが差し込んでいる。
まとまった休みの谷間ではあるものの、スタンドは既にたくさんのお客さんが詰め掛けている。

1回表
1沖 原 詰まったショートゴロ。坂本が軽快な動きを見せる。
2西 村 ファースト正面へのゴロ。
3中 島 セカンド・ゴンザレスへのゴロ。

・レフトの守備位置から駆け足で戻り、先頭打者となるため防具や手袋をはめ、準備を行う清水。

1回裏
1清 水 内角の変化球に空振り三振。
2円 谷 ライト定位置付近へのフライ。
3坂 本 高々と打ち上げ、ぐんぐん伸びてバックスクリーン左に突き刺さる先生アーチ(川崎1−0山形)
・坂本は初アーチとあり、飛び跳ねるようにダイヤモンドを一周し、ナインにハイタッチで祝福される。
4梅 田 詰まったショートゴロ。

・先制アーチを放ち、足取りも軽く守備位置に向かう坂本。

2回表
4ウィット|4球目が頭部付近をかすめ、ヘルメットが落ちてしまう。
・山形・松井監督が抗議に現れ、審判団が危険球かどうか協議。そして原球審がマイクを取り出し、危険球のため、退場を宣告。
・川崎ベンチのナインも一様に驚いているが、上野本人は茫然自失という表情で、思わぬ形で初先発のマウンドを去ることになり引き上げる。香田コーチが待つ中、急遽、ブルペンからは2番手で三木が向かう。
<川崎/1三木>
・三木は、ブルペンでの投げ込みが少なかったためか村田と数分間話し合ってから投球練習を開始。
5大 廣 高々と打ち上げセンターフライ。
6横 川 引っ張っていったがライトフライ。
7平 石 1−3から低めに外れ四球。
8井 野 左中間を深々と破り、まずウィットが生還、さらに平石も一塁から長躯、返球をかいくぐってホームイン(山形2−1川崎)
井野自身はこの送球の間に三塁を狙ったが、惜しくもタッチアウト。

・緊急登板で2失点、厳しい表情の三木。
・次の回、先頭打者として準備を行うゴンザレス。じっと藤崎の投球練習の球筋を見極める。

2回裏
5ゴンザ 思い切り引っ張り、サード頭上を越えレフトへ達するツーベース。
6亀 井 外に流れていく球に空振り三振。
7田 中 バットが折れた音がし、ファーストゴロ。ゴンザレスは三塁へ。
8村 田 1−3からの球がショートバウンドし、四球。
9三 木 鋭いライナー性の当たりを放ったが、ウィットがキャッチ。

・復帰初安打を放ち、笑顔を見せながらグラブを受け取って守備位置に向かうゴンザレス。

3回表
9藤 崎 外の球を見逃し三振。
1沖 原 打ち上げてライトフライ。
2西 村 高く打ち上げ、清水が若干下がりながらキャッチ。

・この回最後に打球を処理し、駆け足でベンチに戻ってからレガースなどをつけ、打撃準備を行う清水。

3回裏
1清 水 ゴロで一、二塁間を抜いていくヒットで、ゴンザレスに続き復帰初安打。
2円 谷 低めの球を右手一本で、しぶとくライト前に達するヒット。
3坂 本 外いっぱいに直球が決まり見逃し三振。
・悔しい表情でベンチに下がる坂本。
4梅 田 内角への変化球に空振り三振。
5ゴンザ やや詰まったライトフライ。

・思うような結果が出せず首を捻りながら引き上げるゴンザレスと、この回初安打を放ち笑顔を見せながら守備に備える清水。

4回表
3中 島 内角直球が決まり見逃し三振。
4ウィット|外への直球で空振り三振。
・連続三振に声を上げる三木。
5大 廣 外角直球を見逃し三振。

・3者三振という最高の結果を残し、満足げに引き上げる三木。ベンチでも清水らからの声援に応える。

4回裏
6亀 井 内角球にタイミングを合わせ、ライト前に運ぶヒット。
7田 中 フルカウントから低めに外れ四球。
・井野がマウンドに駆け寄る。
8村 田 藤崎の正面に転がし、バント成功。
H斉 藤 ゴロで前進守備の横を破り、センターへ抜けていく逆転の2点タイムリー(川崎3−2山形)
1清 水 思い切り引っ張りライト前に達するクリーンヒット。
2円 谷 流していったがやや浅いレフトフライ。
3坂 本 三遊間を破るクリーンヒット。外野の前進気味守備もあり斉藤は三塁ストップ。
4梅 田 どん詰まりの当たりで、ウィットが出てきたが捕球を躊躇したために、カバーした沖原がどこにも投げられず、内野安打となる(川崎4−2山形)
5ゴンザ 真上に打ち上げ、かなり風に流されたがウィットがファールゾーンでキャッチ。

・得点につながるヒットを放ち、ハイタッチで声援に応える清水。
・一方この回は初球を打って凡退し、納得がいかない表情のゴンザレス。3打席を終えたので荷物をまとめ、練習場に続く階段を駆け上がる。
<川崎/4寺内 3→7梅田 1深沢 3斉藤>

5回表
6横 川 1−3から高めに浮き、四球。
・この回から登板の深沢の様子をじっと見守る吉村監督。
7平 石 詰まったセカンドゴロ。

<試合中インタビュー 清水隆行外野手>
−復帰2試合目の2安打
適時打はないですけど…結果がついてくるのに越したことはないので。プレーできるという喜びを感じるという気持ちでやっています。
−手の状態は
ゲームで使ってもらえるところまで回復しており痛みはないです。2ヶ月ほど球を見ていなかったので感覚的なズレはあるが、自分のできる範囲で修正していきたい。
−ほっとした気持ちが
結果が出るに越したことはないですから。うれしいのは嬉しいですね。
−ファン、首脳陣も復帰を望んでいる
怪我が治ったからはい1軍で、という選手じゃないとは思いますが、呼んでもらえるような状態に早く戻し、呼んでいただけるのを待って精一杯やりたい。

8井 野 ストレートの四球。
H高 波 ショート正面へのゴロ併殺打。

・バックにも助けられ無失点で切り抜けた深沢。
・スタンドではいつもより多めに見える子供たちや家族連れの姿。
<山形/1吉崎>

5回裏
6亀 井 詰まったセカンドゴロ。
7田 中 バットが折れたような鈍い音がし、セカンドゴロ。
8村 田 鋭い当たりでレフト前に運ぶクリーンヒット。
9斉 藤 初球を打っていったが、セカンドゴロ。

・無失点に抑えた吉崎。
・恒例のグラウンド整備が行われるジャイアンツ球場の全景。
・ボールを手で転がしながら守備に備える梅田。

6回表
1沖 原 ショート正面へのゴロ。
2西 村 1−3から高めに外れ、四球。中島の3球目に盗塁成功。
3中 島 詰まったセカンドゴロ。
4ウィット|フルカウントから外に大きく外れ、四球。
5大 廣 セカンド正面へのゴロ。

・この回を無失点とし(まだ初登板から失点なし)ベンチからのオーケー!という声に帽子を取って応える深沢。

6回裏
1寺 内 初球を打ち上げ、左中間を深々と破るツーベース。
2円 谷 吉崎の正面に転がしバント成功。
・ここで内野陣がマウンドに集まり、3番手・徳元がコールされる。
<山形/1投手:徳元>
・徳元の投球練習を見つめながらタイミングを計る坂本。
3坂 本 セカンド正面へのゴロ。
4梅 田 外の球に空振り三振。

・リリーフで無失点とした徳元。
・マウンド上には4番手・前田幸長が上がっている。
・現在は山形ベンチにいるが、昨年までこの球場をホームに活躍した佐藤宏志の姿。

7回表
6横 川 外の球に空振り三振。
7平 石 外に落ちていく球にハーフスイングで、空振りのジャッジ。
8井 野 詰まったショートゴロ。

・無難に3者凡退とした前田。
・マウンドには先ほども話題に上がった、佐藤宏志が登場。現在は山形に単身赴任しているが、連休中とありスタンドに家族を招いているとのこと。
<山形/1佐藤 2中谷>

7回裏
H岩 舘 ファールで粘ったが、内角いっぱいに決まり見逃し三振。
6亀 井 バットが折れ、セカンドゴロ。
・ブルペンで黙々と投げ込む川崎の抑え2投手(東野・深町)。
7田 中 高々と打ち上げ、センターフライ。

・3者凡退に打ち取った佐藤。帽子を取って引き上げる。
・勝ちパターンとして満を持して登場の東野。

8回表
9中 谷 たたきつけてセカンドゴロ。
1沖 原 やや詰まったセンターフライ。
2西 村 詰まったショートゴロ。

・テンポ良く3者凡退とし、駆け足で引き上げる東野。

8回裏
8村 田 外の球に空振り三振。
H三 浦 高々と打ち上げ、ショートフライ。
・ベンチに戻る三浦と、その脇でキャッチボールを開始した東野。
1寺 内 流してライト前に運ぶヒット。
2円 谷 初球が左ひじの付近に当たり死球。
・山形・松井監督が出てきて、佐藤に代わり小山をコール。
3坂 本 落ちる球に空振り三振。

・ブルペンで投げ込みを続けており、準備万端の新ストッパー・深町。水を含んでマウンドに向かう。
<川崎/1深町 5十川 3三浦>

9回表
3中 島 ショート坂本の正面であったが、グラブからこぼしてしまい、投げられず。
・深町に平謝りしながらボールを渡す坂本の表情が見え、残念ながらここで放送終了。


<注目選手 ジャイアンツ>
■三木均(巨)2番手 3回 被安打1 失点1
プロ初先発となった上野が、危険球のアクシデントのために急遽めぐってきた出番。
さすがに2回では投げ込みも不十分だったかと思いますし、事実井野に逆転打を浴びて失点こそしたものの、そこから本領発揮。
特に4回の3者三振は圧巻!!この力投が光り勝利投手となる。


■坂本勇人(巨)5打数2安打打点1
初回に、目の覚めるような大きな当たりでバッククリーン左に吸い込まれる先制アーチ!
リプレーで見てもリストの強さ、コンパクトなスイングとやはり非凡なものを感じる。
4回にはクリーンヒットでマルチ安打をマーク。


■斉藤宜之(巨)2打数1安打打点2
中盤の4回、少々早い出番にも思えましたが、斉藤らしい引っ張りで逆転のクリーンヒット!
この1安打のみとはいえ実質決勝点ですし、若手が躍進している中で存在感を示しました。
まだまだ老け込む場合ではない。


<注目選手 イーグルス>
■藤崎紘範(楽)先発 4回 被安打9 失点4
立ち上がりから右打者のやや外角、外めをついていく配球を多く見せる。
初回坂本に一発を浴びたもののそれ以外は無難な立ち上がり。2回、3回も無失点で切り抜けたが、4回には逆転打、さらに自身も絡むような形になった内野安打などで3失点…
制球自体はかなり井野の構えた位置に来ていたので、あとはピンチでも動じずしっかり抑える投球を実践していきたい。


■吉崎勝(楽)2番手 1回1/3 被安打2 無失点
ファイターズにおいては変則投法(通称あっちむいてホイ投法)で注目を集め、一時は先発ローテも担う存在となったが、残念ながら戦力外に…。
藤崎に次ぐ2番手としてマウンドに登場。1イニングはしっかり抑えたものの、2イニング目に二塁打、送りバントでピンチを招いたところで降板。
実は彼も私と同い年選手(笑)第2の球団でひと花を咲かせてほしい。


■井野卓(楽)2打数1安打打点2
スタメンマスクにして、2回のチャンスに一時は逆転となる貴重なタイムリー。結局山形のヒットはこの1本がすべてとなった。
守りではしっかり5投手をリードし試合を作ったのは評価できる。
捕手陣も1軍の嶋など、徐々に若手が台頭しているだけに、しっかり結果を出して1軍へのきっかけをつかんでいきたい。


2007年 5月 2日 ウエスタンリーグ 阪神−ソフトバンク(鳴尾浜)報告者:健一@管理人

                     R  H E
雁の巣ホークス |001 101 000| 10 0
鳴尾浜タイガース|000 000 010|  6 1

○大田原隆太(7回:4勝1敗)−藤岡好明(1回)−小椋真介(1回)
●上園啓史(5回2/3:0勝1敗)−吉野誠(0回1/3)−橋本義隆(1回)−桟原将司(2回)

本塁打:松田宣浩5号(上園啓史)

先発はルーキー
上園啓史、暴投等あり制球にバラツキはあるものの140km/h以上は出ていたであろうストレートに伸びは感じました(巻き付く右腕のしなりは良し!)。一方雁の巣先発の二年目の高卒左腕大田原隆太は、チェンジアップのような抜けるボールと制球力を武器に、そう驚くような球速ではないが緩急のついたストレートに…鳴尾浜打線は沈黙。

中盤を数イニング観戦しただけですので選手評が少なくてスミマセン(^^ゞ 気になるとことしては
大和(前田大和)は鉛筆のように細いですね、レベルアップしていますが大幹を太くして欲しいものです。

さて一軍といえば黄金週間を7連敗となっておりますが、心配なのがその中身…調子が悪いというよりかは今岡誠、シーツの主軸にやや下り坂の兆候が見えてきたかも…と心配になっています(特に今岡誠は心配です)。兄貴@金本知憲や矢野輝弘も予想以上に応えてくれていますが、いつガタッと数字が下がっても不思議ではありません(いや兄貴はまだいけるか!?)。ともあれ打開策の一案として桜井広大にお声が掛からないかなと期待しています。今が上げ時とは申しませんが、狩野恵輔のように切っ掛けをモノにすれば!!!と中軸候補だけに特に何とかして欲しいです。


2007年 5月 2日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:子連れさん/メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!

■報告者:子連れさん

EL公式戦 鎌ヶ谷Vs湘南 4回戦 5月2日(水) 13:00 鎌ヶ谷
  <結果>鎌ヶ谷3勝1敗            R  H 
         
湘 南502 000 000  7 15 2
         
鎌ヶ谷043 000 16× 14 16 0
            (勝)植村6試合1勝0敗0S
            (負)横山5試合0勝1敗0S
         <本塁打>湘 南 下園2号 西崎2号
              鎌ヶ谷 渡部1号 2号 鵜久森5号 糸井2号

         <継投>湘南 松家(22/3) 鎌ヶ谷 宮本(21/3)
                稲嶺(21/3)     橋本(22/3)
                横山(11/3)     植村(2  )
                山北( 2/3)     立石(1  )
                三橋( 1/3)     清水(1 )
                岸本( 2/3)
                  ※暴投(宮本) 捕逸(渡部)
      <得点経過>
           1回表 湘南5点(投手・宮本)
             一死3塁    新沼 左H(フェンス直撃) 1点
             二死1−3塁  西崎 中H         1点
             二死1−2塁  下園 右3HR       3点

           2回裏 鎌ヶ谷4点(投手・松家)
             一死1塁    渡部  右2HR      2点
             一死1塁    鵜久森 右2HR      2点

           3回表 湘南2点(投手・宮本→橋本)
             無死無塁    西崎 左HR        1点
             <投手・橋本>
             二死2塁    下窪 遊H         1点

           3回裏 鎌ヶ谷3点(投手・松家→稲嶺)
             <投手・稲嶺>
             二死満塁    市川 左中間2H      3点

           7回裏 鎌ヶ谷1点(投手・横山)
             無死無塁    糸井 右HR(場外)     1点
             ※横山を受けた山北がグリーン選手を
              敬遠の四球。ファームでの敬遠を
              久々に見ました。

           8回裏 鎌ヶ谷6点(投手・三橋)
             無死無塁    渡部 右HR        1点
             一死2−3塁  尾崎 右2H        2点
             一死1−3塁  木元 右2H        1点
             一死2−3塁  佐藤 右H         2点
             ※この回川島3塁を回った所で足を負傷する。

<アンパイヤー・記録員>
PL・鈴木章太 1B・工藤和樹 2B・橋本信治 3B・山崎夏生 記録員・荒木一人
<試合時間>3時間29分(13:03〜16:32)
<天候>晴れ 気温26℃ 風 左→右の強風
<観衆>発表なし 5〜6割ほど・・・

『選手雑感』・・・湘南贔屓になりますが・・・
■松家卓弘(湘南)
 ウグイス嬢に「マツケ」とコールされてズッコケた「マツカ」でしたが,投球内容もずっこけてしまいました。球は速く,1塁側スタンドへライナーのファールがやたらと飛んでくるのですが,制球力がなく,カウントを取りに行った球が高くて連打され自滅。最低でも3イニング無失点で抑えなければ信頼されない。湘南の投手事情を考えるとまだまだ先発での機会も多くなるだろうから,クレバーな内容を期待したい。

■呉本成徳(湘南)
 好調の新沼が1塁に入るため,3塁を任せられる機会が多いのですが,今日は守備でミスをおかす。3回裏木元の3塁ファールフライを落球してEを記録,さらに市川のそれも追いついていながら取れず。この2つがこの回の3点すべてに絡んでしまう。確かに強風が舞っていたのですが,プロなら取らねば!松家が立ち直るか?という状況での今日のミスは,湘南の敗戦の一要素。記録に残らないミスでの敗戦が今季の湘南には多く,引き締めて欲しいところ・・・

■三橋直樹(湘南)
 どうしたんでしょうか?8回裏6失点,糸井の送りバントの一死しか取れずKO。これほどひどい三橋を初めて見ました。やじろべーのバランスを崩したかのように,繊細なコントロールが全く見られず。これでは打たれると思う緩い棒球ばかり!試合前の練習を観た限りでは故障は考えられず,気持ちの問題でしょうか・・・昨年のGW期間,同じ鎌ヶ谷で見せた勇姿を思い出しもらいたい!

『鎌ヶ谷雑感』
 今シーズン初めての鎌ヶ谷詣ででした。小指の先ほどに実っていた梨畑をトボトボ歩いて球場へ。「勇翔寮」の前で菅野さんを偲び,ファンにサインするグリーン選手らを眺め,両チームが仲良く練習する室内など歩いてスタンドへ。小山・今成両捕手によるサイン会が行われました。参加するつもりなく眺めていると整理券を渡され列に。湘南では球団が色紙を用意していますが,鎌ヶ谷では200円で購入するシステムでした。両選手が丁寧にサインする姿にはしかし好感を得たのです!
 カビーの登場で鎌ヶ谷は華やかさが増しましたね。そのカビーが3塁側・1塁側わけ隔てなく登場して,お客さん一人一人に愛想を振りまくのはすばらしいですね。瓦せんべいの5枚10枚買いたくなります。(事実,買ってしまいました・・・)
 それにしても日差しの強いスタンドでした。ボケーっと缶ビール片手に無防備でいたところ,とんでもなく日焼けしてしまいました。ご観戦のみなさま,お疲れ様でした。初回の5点で有頂天になった私は,バカでした!





■報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!

すでに子連れさんが書き込んでいますが「観てある記」の補足のためにスコアテーブルごと載せておきます。
ちなみに内容は私自身のブログと同じなので悪しからず。
>子連れさん 観戦お疲れ様でした。この日の松家、ボールにいつもの勢いがなかったですね。しかも稲嶺が抑えたと思ったところで呉本・・・。あぁこれ以上コメントしませんが試練のGWですね。

イースタン公式戦 北海道日本ハムー湘南C(鎌ヶ谷)
審:鈴木・工藤・橋本・山崎 記:荒木 3時間29分(13:03−16:32)

              R  H E
SR|502000000| 7 15 2
 F|04300016×|14 16 0
(F3−1)勝:植村(1−0)負:横山(0−1)
本:下園A(3宮本)渡部@(2松家)A(1三橋)鵜久森D(2松家)西崎A(1宮本)  糸井A(1横山)

得点経過
1表:新沼タイムリーヒット   ( 0−1)
   西崎タイムリーヒット   ( 0−2)
   下園3ランHR      ( 0−5)
2裏:渡部2ランHR      ( 2−5)
   鵜久森2ランHR     ( 4−5)
3表:西崎ソロHR       ( 4−6)
   下窪タイムリーヒット   ( 4−7)
3裏:市川3点タイムリー2ベース( 7−7)
7裏:糸井ソロHR       ( 8−7)
8裏:渡部ソロHR       ( 9−7)
   尾崎2点タイムリー2ベース(11−7)
   木元タイムリー2ベース  (12−7)
   佐藤2点タイムリーヒット (14−7)

SR     1回  2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(9) 下窪 中2右直  遊安    中3  空振    5  3 1 600
(8) 桑原 三ゴ  見振中飛    二ゴ    空振  5  0 0 273
(32)新沼 左安  左安  遊ゴ  中飛    中安  5  3 1 417
 R  梶谷                       −      167
(5) 呉本 左安  空振  左安  投ゴ    左直  5  2 0 210
(4) 北川 右飛  二ゴ  一併    二ゴ      4  0 0 314
 H  武山                   捕ゴ  1  0 0 265
(7) 西崎 中安    左本  左安  一ゴ      4  3 2 324
(D) 下園 右本    左飛  左飛  二直      4  1 3 250
(2) 斉藤 左安    左安  右飛          3  2 0 093
 H3 河野                 左飛    1  0 0 268
(6) 木村 三安    二ゴ  捕ゴ    遊ゴ    4  1 0 239
                            41 15 7 260

投手 回    打  安 本 振 四 暴  失  責   防御率
松家 2.2 16  5 2 3 3 0  7  4  6.16
稲嶺 2.1  8  2 0 1 0 0  0  0  0.00
横山 1.1  6  3 1 0 0 0  1  1 10.80
山北 0.2  3  0 0 1 1 0  0  0  6.30
三橋 0.1  8  6 1 0 1 0  6  6  6.75
岸本 0.2  1  0 0 0 0 0  0  0  7.04
   8   42 16 4 5 5 0 14 11  4.22

 F       1回2回3回4回5回6回7回8回  打  安  点  率
(7)  糸井  四球一ゴ  二ゴ  途終右本一犠  3  1  1 324
(4)  高口  空振二ゴ              2  0  0 272
 4   尾崎        中飛    三ゴ右2  3  1  2 317
(8)  川島  空振  中2一ゴ    中安二安  5  3  0 400
 R8  工藤                    −       280
(5)  木元  二ゴ  中飛  右安  空振右2  5  2  1 154
(D) グリーン   四球四球  右飛  敬遠    1  0  0 111
 RD  佐藤                右安  1  1  2 254
(6)  今浪    遊ゴ左安  見振  二ゴ遊併  5  1  0 311
(2)  渡部    中本空振  途終中飛  中本  4  2  3 317
(3)  市川    中安左2    遊ゴ  右安  4  3  3 333
(9) 鵜久森    右本一邪    左安  四球  3  2  2 286
                          36 16 14 281
※尾崎→4表から出場 工藤→8裏、打者・佐藤の場面で3塁代走

投手 回    打  安 本 振 四 暴 失 責  防御率
宮本 2.1 17 10 2 2 0 1 6 6 8.68
橋本 2.2 10  3 0 0 0 0 0 0 3.57
植村 2    7  1 0 0 0 0 0 0 2.57
立石 1    3  0 0 1 0 0 0 0 5.73
清水 1    4  1 0 1 0 0 0 0 0.00
   9   41 15 2 4 0 1 7 7 3.34

盗塁:糸井B(1回 1−0から二盗成功 打者・高口)
   木村H(3回 初球に二盗成功 打者・下窪)
   川島A(7回 1−0から二盗成功 打者・木元)
盗塁死:木元(5回 2−2から二盗失敗 打者・渡部)
走塁死:鵜久森(6回 2−2から牽制に飛び出してアウト 打者・糸井)
失策:呉本2(4回 初球打ちのファールフライを落球 打者・木元)
      (4回 0−1からのファールフライを落球 打者・市川)
捕逸:渡部(1回 1−1からの投球をグラブに当て後逸 ランナー3塁へ 打者・桑原)
暴投:宮本(2回 1−1から暴投 ランナー2塁へ 打者・北川)

補足
1表:北川の右飛→2塁ランナー タッチアップ
2裏:今浪の遊ゴ→併殺崩れ
3表:木村の二ゴ→併殺崩れ
   下窪の遊安→ショート強襲で打球はセンター前へ
5表:木村の捕ゴ→セーフティバント失敗
8裏:木元の右2→F川島が3塁を一旦まわって帰塁した際に足を痛め退場、3塁に代走



★選手評★
■松家卓弘(湘)
私の見た中では今シーズンで一番悪かったなという内容。体のキレもない印象、持ち前のストレートにはスピードもノビも全く感じられず、大量リードでもコントロールに苦しんでいた姿に今日の調子がはっきり表れていた。今日はとにかく悪かったと割り切るしかない。

■呉本成徳(湘)
今日のA級戦犯。いくら風があったとはいえ2回も落下点から行き過ぎて捕れないのはマズイです。前監督ならとっくに懲罰交代だったでしょう。自分のせいで3点取られたと思って反省、練習を。

■桑原義行(湘)
初回、ノーアウト3塁でランナーを還せなかったのがマイナス材料。ここは後続で点を取れましたが、6回にも再び同じプレー。特に6回は点が入らなかったことで流れを日本ハムに渡してしまい決勝点につながった。野球の流れはこういうところを逃してはくれない。

■下窪陽介(湘)
開幕から1軍に残りプロ初ヒットも放ったが、1ヶ月経ったところで降格。久しぶりに1試合で4打席立ったことでしょうが積極性は相変わらず。高めのボールを逃さず格の違いを見せ付けたようにさえ感じられた。昇格するだけならすぐに出来る、次はレギュラーを獲るためにハードルを上げたほうが良いと思う。

■下園辰哉(湘)
クリーンアップからは外れたが今日の見せ場は初回。左対左ながら真ん中低めに入ってくるスライダーに体を一瞬止めてスイングするとライトスタンド奥の道路にきれいな放物線を描くHR。追加点としてだけではなく、相手の持ち味のボールを打ったことにも意味のあるHRでした。本来なら今日のヒーローだったんですけどね。。。

■斉藤俊雄(湘)
教育リーグでは絶好調で1軍にも呼ばれたバッティングがシーズンに入ってから大不振に陥った。しかし月が変われば変わるのか、今日は三遊間に2安打を放って復調の気配。


■植村祐介(日)
ファームといえども「プロ初勝利」。投球練習はワンバウンドの連続だったが試合に入ると腕を目いっぱい振ってストレートを投げ込んできた。ノーアウト3塁でも動じず後続を断ち糸井のHRを呼び込んだ。まだフォームには荒削りな面もあるが長所を伸ばしていけば着実に階段を上っていくでしょう。

■市川卓(日)
今日のMVPは2HRの渡部かもしれないが、個人的には市川の同点打。呉本が落球したミス、そこで気持ちが切れ掛かった稲嶺に牙を向く左中間タイムリーは本当に大きかった。こういうプレーは敵にとって計り知れないダメージを与えますね。

■川島慶三(日)
8回、木元のヒットで3塁をいったんまわって帰塁した際に急ブレーキで止まったせいか足を痛めて立ち上がれず担がれてベンチに消えていった。あの痛がり方を見てると心配。靭帯痛めてたり肉離れしてなきゃいいですが。

★感想★
初夏の陽気となった鎌ヶ谷ですがやはり空気は都心より気持ちよかったです。今日はウグイス嬢が松家を「まつけ」と読むハプニングからスタート。球場には笑いと訂正の野次が入り混じってました。
そして試合も初回から大荒れ。F宮本に湘南打線が襲い掛かりKOしたものの松家もお付き合いの乱調、さらに呉本が足を引っ張り試合は振り出しに。後は湘南にとっては悪夢のような展開でした。
シーレックスが勝つとすれば6回の場面。先頭・下窪が3ベースのノーアウト3塁で無得点に終わってしまった。これで今日のゲームは決まりましたね。横山が喫したHRは失投ですが流れがそうさせたのでしょう。投手陣がケガから帰ってきてからが反撃体勢で、しばらくは安心できないゲームが続きそうです。


2007年 4月30日 イースタンリーグ 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

 皆様お疲れ様です!GW前半戦、最終日の一戦となります。
初戦は雷雨コールド、2戦目は比較的普通(?)そしてこの試合では、なんと萩原球審が負傷退場というハプニングがありました。なお、緊急時には球審1名と両チームから塁審1名づつを出すことで、試合が成立するそうですね。


30日 ジャイアンツ 13時01分試合開始
第7回戦 鎌ヶ谷4勝3敗 2時間38分

                  RHE
ファイターズ011 001 001 90
ジャイアンツ000 000 000 42

<川 崎>●酒井順也(4試合2敗、5回1/3)深沢和帆(2/3)三木均(1回)前田幸長(1回)木村正太(1回)−實松一成、伊集院峰弘
<鎌ヶ谷>木下達生(6試合2勝1敗1S、完封)−今成亮太
<審判員>球審:萩原 一塁:小林 二塁:市川 三塁:石山
(4回表より球審;小林、一塁:市川、三塁:石山となる)


ファイターズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(三) グリーン400 左飛  三失右邪    遊ゴ
 三 尾 崎 100                 遊ゴ
(中) 工 藤 420 右2  中飛  右安  一ゴ
(左) 糸 井 320 二ゴ  右安  中安  四球
(一) 木 元 410 二ゴ  中安  三振    三振
(二) 高 口 400   二失一ゴ  投飛    三振
(遊) 今 浪 431   中安右安    中2  捕邪
(右) 鵜久森 312   中犠中飛    中飛    左本
(捕) 今 成 301   二ゴ  左飛  中犠    三ゴ
(投) 木 下 400   遊ゴ  遊ゴ  三振    三振
   合 計 3494

 投手成績 回 打安責
○木下達生 9 3140


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 清 水 200 四球    二ゴ    中飛
 中 松 本 110                 左安
(二) ゴンザ 300 三併    中飛    三振
 二 寺 内 110                 左安
(遊) 坂 本 410 三振    右飛    左安  三ゴ
(左) 梅 田 410   二ゴ    遊ゴ  遊ゴ  中飛
(三) 円 谷 300   二ゴ    二ゴ  三振
(一) 三 浦 300   三振    三振    二飛
(右) 田 中 300     三ゴ    三振  左飛
(捕)實 松 100     遊ゴ
 打 斉 藤 100           三振
 投 三 木 000
 投 前 田 000
 打 小 関 100               二飛
 投 木村正 000
(投) 酒 井 100     二飛
 投 深 沢 000
打捕 伊集院 200           遊ゴ    右飛
   合 計 3040

 投手成績
●酒井順也51/32581
 深沢和帆 2/3200
 三木 均 1  300
 前田幸長 1  300
 木村正太 1  411

<本塁打>
 鵜久森 4号(木村正=9回)

<二塁打>
 工 藤(1回)
 今 浪(6回)

<盗 塁>
 工 藤(5回)

<失 策>
 ゴンザレス(2回)
 円 谷(3回)


<試合展開>
連休前半の3連戦、最終日。川崎サイドでは本日は2選手の実戦復帰の舞台となった。
センターの守備位置で、ファンからの声援に手を上げて応える清水、セカンドの守備位置で送球を見せるゴンザレス。
スタンドは今日もほぼ満員のお客さんが詰め掛けている。

1回表
1グリーン|高々と打ち上げ、レフトフライ。
2工 藤 右中間を深々と破るツーベース。あらかじめ左方向にいた清水が走って追いつく間に三塁へ。
3糸 井 セカンド・ゴンザレスの正面。工藤は自重。
4木 元 再びゴンザレスの正面に飛ぶ、。軽快に打球をさばく。

・2度の守備機会を無難にこなし、ナインに迎えられるゴンザレス。


<復帰インタビュー 清水隆行外野手>
−痛みはいつ頃から
ずっとあったが、2月の終わりから痛みがし、手術という結果になった
−練習を再開。回復具合は
練習球なので、痛みはないですけど。そういうところで勝負するわけではなく、実戦の中でやっていく、いろいろ確かめるのはそこからじゃないですか。
−感触や、生きた球を確かめることに
2ヶ月ぶりなので、いろいろ感覚的に追いつけない部分もあるかもしれないが、今日は僕にとって大事な、特別な日になると思うので。
感覚的なものも大事だが、野球が出来る喜びを感じて、精一杯がんばりたいと思います。

1回裏
1清 水 フルカウントから高めに浮き、四球。
2ゴンザ サード正面への併殺打。
3坂 本 鋭く曲がるカーブに空振り三振。

・足早に引き上げる木下。
・元気に守備位置に向かうゴンザレスと清水。清水はほかの若手野手と話し合うシーンも。

2回表
5高 口 流してセカンド・ゴンザレスの正面だったが、こぼしてしまう。
6今 浪 センター前へ打ち返すクリーンヒット。
7鵜久森 センター清水定位置付近への犠牲フライとなる(鎌ヶ谷1−0川崎)
8今 成 たたきつけ、セカンドベースの真後ろへの当たりだったが、ゴンザレスが回り込んでグラブトスを見せる。
・メジャー仕込みの?ものすごいプレーを見せ、ユニフォームにも土がついたが涼しい顔のゴンザレス。
9木 下 ショート正面へのゴロ。
・ナイスプレー!とナインからの声にグータッチで応えるゴンザレス。

2回裏
4梅 田 一、二塁間の当たりに高口が果敢に飛び込んでキャッチ。
5円 谷 セカンド正面へのゴロ。
6三 浦 ファールで粘ったが、落ちる球に空振り三振。

・くるりと体を回転してベンチに引き上げる木下。
・入れ替わりに笑顔も見せながら守備位置へ走っていく清水。

3回表
1グリーン|サード円谷の正面だったが、後逸してしまう。梅田が抑える。
・正面でキャッチしたかとも思えたが、首をかしげる円谷。
2工 藤 センターへ打ち上げ、清水が難なくキャッチ。
3糸 井 引っ張ってライト前に運ぶヒット。
4木 元 センター返しのヒットで、清水から力強い送球が戻ってくる。
5高 口 止めたバットに当たってしまい、三浦が前進してきてバックホームし、フォースアウト。
6今 浪 一、二塁間を痛烈に破っていくタイムリー(鎌ヶ谷2−0川崎)ライト田中からの好返球があり糸井はストップ。
・香田コーチ、内野陣がマウンドに集まる。
7鵜久森 やや詰まったセンターフライ。
・ヒットで失点し、顔をしかめながら戻ってくる酒井。

<復帰インタビュー ルイス・ゴンザレス内野手>
−回復具合は
90%くらい回復した。2、3日前からフリーバッティングを開始した。
あとは練習を積み重ね、100%のコンディションにするだけです。
−リハビリ中はどんなトレーニングを
一番注意したのは、体重を増やさないこと。そのために毎日走りこみや自転車をこいだりした。
そして、ギプスを外したら思ったより身体が動いたので、リハビリはうまくいったと思う。
−1軍復帰のめどは
すべては今日の試合で、どのくらい結果が出せるのか。
それで上の人が判断してくれれば、と思います。

・打席に入る前、2度ほどスイングして向かうこの回先頭の田中。

3回裏
7田 中 サード正面へのゴロ。グリーンの送球が高く浮いていたが木元がジャンプしてベースを踏む。
8實 松 詰まったショートゴロ。今浪の送球も高く浮いてしまったが、なんとか木元が抑える。
9酒 井 浅いセカンドフライ。

・駆け足でベンチに戻り、声をかけられる木下。
・センターの守備位置でキャッチボールを行う清水と、軽快に身体を動かすゴンザレス。

4回表
8今 成 打ち上げてレフトフライ。
9木 下 止めたバットに当たり、セカンド付近へ転がるが坂本がバックアップ。
・ぶつかったように見えたため香田コーチが様子を確認するが、大丈夫と合図する酒井。
1グリーン|ライト田中がダッシュしてきて、ファールゾーンでキャッチ。

・次の回に打席が回る清水、ゴンザレスが早足で戻ってくる。
・清水はメットを被りマスコットバットを持ち、打席に備える。

4回裏
1清 水 初球をたたきつけ、セカンドゴロ。
2ゴンザ 鋭い当たりだったが、センター工藤がダッシュしてつかむ。
・手袋を外したときに、故障箇所の左腕にテーピングが見えるゴンザレス。
3坂 本 詰まったライトフライ。

・ヒットは出なかったが、グラブを受け取り守備位置に向かっていく清水、ゴンザレス。

5回表
2工 藤 ゴンザレスの横を破り、ライト前に達するヒット。糸井の初球に盗塁成功。
3糸 井 センター前に落とすヒットで、工藤が一気に三塁を陥れる。糸井自身は二塁を狙ったが、円谷からの送球が早くタッチアウト。
・糸井の4球目のファールが萩原球審の左手に当たり、いったんベンチ裏に下がる。
5分ほど経過したところで交代が発表され、小林が球審、市川が一塁に回って試合再開となる。
4木 元 外に落ちていく球に空振り三振。
5高 口 真上に打ち上げ、酒井がキャッチ。

・この回は無失点で終えた酒井がベンチに戻る。
・なお、萩原球審は現在も応急手当中との事。映像ではスタンドに陣取るファンの様子。

5回裏
4梅 田 ショート正面へのゴロ。
・目下ノーヒット投球を継続中の木下。どかっと座って見守る福良監督。
5円 谷 詰まったセカンドゴロ。
6三 浦 落ちる球に空振り三振。

・この回も無安打に抑え、笑顔を見せながら小走りに引き上げる木下。
・ベンチに腰掛け、整備が終わるのを待つ清水、ゴンザレス。終わると元気に飛び出していく。

6回表
6今 浪 右中間を深々と破り、自慢の俊足で一気に三塁を陥れる。
7鵜久森 やや浅いセンターフライ。清水からの力強い返球に今浪は自重。
・ここで吉村監督、香田コーチが登場し、2番手に左腕・深沢が告げられる。
<川崎 1深沢>
・ベンチに引き上げ、不満げな表情を浮かべている酒井、一方丁寧にマウンドをならしてから投球練習を行う深沢。
8今 成 レフト梅田の守備範囲で、犠牲フライには十分な距離(鎌ヶ谷3−0川崎)
9木 下 外の球に空振り三振。

・1点は失ったが最小失点に食い止めた深沢。一方すばやくベンチに戻ってグラブをはめ、ピッチングに備える木下。
・3球ほどベンチ前でキャッチボールを行った後、すぐにマウンドに向かう。

6回裏
7田 中 インコース直球が決まり、見逃し三振。
H斉 藤 フルカウントからの変化球に空振り三振。
・本日5つ目の三振を奪い、拳でガッツポーズの木下。
H伊集院 ショート正面へのゴロで、今浪が少々もたついたがなんとか間に合ってアウト。

・ベンチからのナイスピッチ!の声にこたえながら戻ってくる木下。水を飲んで一息。
・3番手でマウンドに上がった、連投となる三木と、前の回代打で登場後、守備に就いた伊集院。
<川崎/1三木 2伊集院>

7回表
1グリーン|ショート正面へのゴロ。
2工 藤 詰まってファーストへのゴロ。
3糸 井 1−3からの球が外れ、四球。
4木 元 3球目に糸井が盗塁をしかけたが、伊集院の送球が早くタッチアウト。

・入念にキャッチボールを行い、踊るように軽快にマウンドに向かう木下。
・一方ここまで無安打の川崎ベンチ前では、岡崎コーチを輪の中心にして円陣が組まれる。
<鎌ヶ谷:5尾崎>

7回裏
1清 水 快音を残して打ちあがったが、やや浅いセンターフライ。
2ゴンザ 低めに落ちていく球に空振り三振。
・主力2選手を打ち取り、またもガッツポーズの木下。
3坂 本 鋭い当たりでレフト前に達するヒットで、チーム初安打。
・初球を打ち返され一瞬で無安打が途切れ、悔しい表情を浮かべる木下。胸元を拳で叩いて気合を入れる。
4梅 田 たたきつけ、センターへ抜けようかという当たりで、今浪が追いついて倒れながら送球したが、タッチは出来ず。
5円 谷 低めいっぱいに直球が決まり、見逃し三振。
・無安打こそ途切れたが、引き続き無失点は継続しベンチから歓声で迎えられる木下。今成と投球を振り返る。
・予定の3打席を終えたところで、1軍復帰予定の2選手に代わりセンターに松本、セカンドに寺内が入る。
<川崎/8松本 4寺内 1前田>

8回表
4木 元 低めに逃げていく球に空振り三振。
5高 口 宝刀・ナックルに空振り三振。
6今 浪 真上に打ち上げ、伊集院が鎌ヶ谷ベンチ前でキャッチ。

・無失点に抑え、ゆっくりと引き上げる前田。
・快挙はなくなったが完封という次の目標に向かって、マウンドに進む木下。

8回裏
6三 浦 高々と打ち上げ、セカンド高口が下がってキャッチ。
7田 中 やや詰まったレフトフライ。
H小 関 高々と打ち上げ、鵜久森がダッシュしてきたが最後は高口が下がってキャッチ。

・笑顔も見せて引き上げる木下。丸めたタオルで顔を拭く。
・日も次第に傾いてきたジャイアンツ球場の内野一塁側スタンド。
・マウンド上は4番手の木村正太があがる。

9回表
7鵜久森 初球を完璧に打ち返し、きれいな放物線を描いてレフトスタンドに吸い込まれる一発(鎌ヶ谷4−0川崎)
8今 成 サード正面へのゴロ。
9木 下 ほとんど打つ気がなく空振り三振。
1尾 崎 ショート坂本が軽快にさばく。

・キャッチボールを念入りに行い、プロ入り初の完封を賭け、最終回のマウンドに向かう木下。

9回裏
9伊集院 高々と打ち上げ、鵜久森が前進してキャッチ。
1松 本 三遊間を鋭く破るヒット。
・ふうっと大きく息をついた木下。
2寺 内 三遊間を抜くクリーンヒット。
・野村コーチがマウンドに歩み寄る。
3坂 本 サード正面のゴロだったが、寺内が激しいスライディングを見せ、高口の体制が崩れたため併殺はならず。
4梅 田 真上に打ち上げ、センターフライでゲームセット。

・ついに完封を成し遂げ、満面の笑顔を見せる木下。ナインとハイタッチを交わし、ウイニングボールをしまって元気にベンチに戻る。
・しかし喜ぶ時間はあまりなく、すぐさま開かれたミーティングでコーチの話を真剣に聞く木下。
・ミーティングが終わるとお尻のポケットにあったボールを大事そうに取り出し、手に持ってベンチ裏に引き上げていく。
・荷物をまとめたり、練習用ネットを片付ける川崎若手選手ら。


<注目選手 ジャイアンツ>
■酒井順也(巨)先発 5回1/3 被安打8 失点2(自責1)
普段は中継ぎや、抑え役などどちらかというと後半イニングでの登場が多いですが、本日は先発登板。
調子自体はそれほど悪いわけではなく、また、打ち込まれたという印象も無かったものの、打たれたものはやはり高めに抜けたりしている。
一応先発の目安となる5回を投げきり、6回に鵜久森を打ち取ったところで降板となる。


■清水隆行(巨)2打数無安打
本日がゴンザレスと共に実戦復帰の場となった。
打撃では、快調に飛ばす若武者・木下の前にヒットは出なかったものの、守りでは再三の機会を無難にこなし、力強い返球も見せ、まったく問題なし。
1軍の好調もありますし、結果をしっかり出して景気良く復帰といきたい。


■ルイス・ゴンザレス(巨)3打数無安打
なんといっても2回表の超ファインプレー!
直前のエラーをも忘れてしまうような、二塁後方へ回り込み、倒れながらのグラブトスで、カバーリングの坂本も若干驚きの顔を浮かべながらの守りに。
まさにメジャー仕込み、ファンや若手選手をも驚かせる本日一番の守備となりました。
無安打だったものの、2打席目のセンターへの当たりは快音を残し、この調子で上げていけば復帰も間近でしょう。


<注目選手 ファイターズ>
■木下達生(日)先発 完封!被安打4 無失点
昨年、ルーキーイヤーに1軍登板もあり、その風貌からボクシング・亀田のそっくりとしても注目の存在に。
尊敬する川上憲伸を意識し、帽子をややずらして被ったり、フォームや細かい仕草も似通ったもの。
カーブなど変化球も混ぜ、なんと川崎打線を相手に7回途中まで無安打投球を継続!
7回にその快挙こそ途切れてしまったものの、清水・三浦ら1軍経験もある選手を向こうに回しての完封劇は圧巻!あっぱれ!!
特に復帰戦となった清水、ゴンザレスを無安打に抑える好投は光りました。


■今成亮太(日)3打数無安打打点1
本日はスタメン登場、守っては直球メインの強気の攻めを見せ、木下の好投をアシスト。
打撃では6回に貴重な3点目となる犠牲フライで1打点。
木下の力投はもちろんですが、それを引き出した今成のリードも等しく評価されるものだと思います。


■鵜久森淳志(日)3打数1安打打点2
本日の主役は間違いなく、木下でしたが、打線の主役はこの鵜久森でした。
2回の先制機にはきっちり打ち上げて先制の犠牲フライ。
そして9回の先頭打者として、済美時代にあの甲子園を沸かせたパワーを見せ付ける特大の一発!
ヒットはこの一発だけでしたが、それでも貴重な2打点を挙げ木下の好投に援護射撃。将来札幌ドームの外野の一角をになう存在にぜひ成長して欲しい。


2007年 4月30日 ウエスタンリーグ サーパス−阪神(北神戸)報告者:いかさん

地元に帰ってから見に行った北神戸の試合の模様をお届けします。
試合観戦が3回からになってしまったため簡略版になります。

4月29日(土)サーパス対阪神公式戦第8回戦(あじさい北神戸、12時30分、快晴、観衆約2000人)
                  R H E
阪  神 030 001 001 | 9 1
サーパス 101 084 00× |14 17 3

(阪)若竹、筒井、水落、辻本、相木−岡崎、小宮山
(サ)中山、吉川、小松−鈴木、勝

勝利投手:中山
敗戦投手:若竹

本塁打:柴田1号、高橋勇1号、柴田亮1号、桜井1号

審判:球審・杉本、一塁・前田、二塁・福家、三塁・飯塚


【注目選手】
■若竹竜士(阪神)
コントロールが甘く5回に捕まる。3連打を浴びたところで降板となった。

■筒井和也(阪神)
若竹炎上の後で気の毒だったがサーパスの猛攻の前になすすべなく大量失点。
自由枠がこの球威のなさでは困る。

■辻本賢人(阪神)
試合が決まった後で1回だけの登板だったが、吉良、田中、岡田を3人で料理。
球威はまだまだだったが制球はあった。これからの成長が楽しみだ。

■高橋勇丞(阪神)
6回にソロ本塁打。しかし、守備はやや不安を覚える打球の追い方。

■柴田亮輔(サーパス)
守備は2失策。打球を下がって捕るのが気になるところ。本塁打を打ったが課題は守備。

■相川良太(サーパス)
3安打3打点と大暴れ。打ち出の小槌状態。


  ■掲示板@2軍愛■