【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2007年 5月19日 ウエスタンリーグ 中日−サーパス(ナゴヤ)報告者:ドアラマニアさん(HP:中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪
2007年 5月20日 ウエスタンリーグ 中日−サーパス(ナゴヤ)報告者:ドアラマニアさん(HP:
中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪

5月19,20日のナゴヤ球場でのドラゴンズvsサーパスの2連戦。

強風の中、いつもの週末に比べれば少し客入りが少なく感じた2日間。
サーパスが投打にドラゴンズを圧勝し2連勝!!

簡単な選手寸評
19日

■吉見一起(中)
 ・吉見はMAX146キロ、平均140キロ前半。
1回の牧田の打球を胸に受けた影響か、
2回にあれよあれよの5連打されて2失点…
ただ3回以降は立ち直り先発として7回まで投げきったのは立派。
気になるのは前回登板も立ち上がりに失点していたので、
次回は序盤抑えることを意識して欲しい。
今日の吉見は吉見らしくなくストレートにスピードがあった。
しかし奪三振4つから分かるように、
三振がバタバタ取れるようなストレートではないので、
これからも今日のように、
低め低めをつく打たせて取る投球をしていけば1軍も…

 ちなみに打たれた9本のヒットのうち6本がストレートを投げて。
奪った4つの三振のうち2つがストレートで。


■光原逸裕(サ)
 ・光原はMAX143キロ、平均140キロ前後。
セットから投げ込み、6回を4安打1四球5奪三振の無失点に抑える。
すごいストレートがあるとか、
すごい変化球があるとかではないが、
丁寧に低めをつく投球でコントロールがいい投手。
相手の打ち気を逸らす投球で、
バットの芯に当てられて鋭い打球が飛ぶことがほとんどなかった。

20日

■平田良介(中)
 ・平田がこのナゴヤ球場でのサーパスとの2連戦で、
他の打撃陣が調子が悪いなか、
2試合連続のマルチヒットと目立っていた。
今日は好投手近藤のストレートを右へ左へと器用に打ち返す。
そういういい面もあるが、
1打席目の初球を簡単に振ってのファールフライや、
4打席目の高めのボール球を振っての三振など、
打席打席でクオリティーが安定しないのがもどかしい。

また9回には一輝の大きな当たりを、
俊足を活かして背走しながらキャッチという、
ファインプレーをするなど守備での打球判断は格段に良くなっている。
2回の守備で痛めた足が何事もなく、一安心(^^)


■岡田貴弘(サ)
 ・今日のサーパスの投のヒーローが近藤なら、
打のヒーローは間違いなくナニワのゴジラこと岡田貴弘だろう。
今までは運悪く岡田の良い所をあまり見れなかったので、
ちょっとガッカリしていたところもあったが、
今日でその思いも吹き飛んだ。
第1打席で川井のインコースのストレートを、
うまく腕をたたんで振りぬいた打球は、
あっという間にライトスタンド中盤に吸い込まれた…
この打球だけを見れば1軍の選手の中でも際立った存在だろう。
今日は一輝にもホームランが出たのだが、
正直打球スピードが全然違った。

ただ反面弱い部分も出た試合でもあった。
ストレートには強さを持っているが、
今日は変化球に2三振とまだまだ対応し切れていない状態。
特に9回の一杯一杯の金剛との対戦では、
ボール球のフォークを3球振って、
1球も当てることすらできずに三振したように、
落ちる系の変化球の見極めはまだ時間が掛かりそう。

詳しい写真などは当ブログでどうぞ。

http://doaramania.blog91.fc2.com/


2007年 5月20日 プロアマ交流戦 阪神−ニチダイ(鳴尾浜)報告者:大阪部長さん

プロアマ交流戦 鳴尾浜タイガース−ニチダイ(阪神鳴尾浜球場)

2007年5月20日(日) 12時30分〜15時16分

ニチダイ 100 002 000|
鳴尾浜  001 300 100|
(申し合わせにより九回裏も続行)

 ※九回表が0点に終わって鳴尾浜の勝利が確定し、通常のルールならばゲームセットとなった時刻は15時11分

(ニ)高尾(3回)、●河野(4回)、西岡(2回)−川邊、西
(鳴)辻本(2回)、○若竹(3回)、岩田(1回)、金村(2回)、S田村(1回)−橋本良、小宮山

二塁打 濱中、橋本良(以上鳴)吉川(ニ)
本塁打 橋本良(鳴)スリーラン 四回河野から

 観衆255人(五回表、目視にて計数)

※本年、スコア記録44試合目

鳴尾浜メンバー
       打得安点
(中)赤 松 3100
 打 清 水 1000
(遊)大 和 2000
 遊ニ大 城 2010
(左)浅 井 2010
 左 大 橋 1011
(指)濱 中 4020
(一)岡 ア 2110
 一 庄 田 2000
(右)上 坂 4120
(三)野 原 3000
(捕)橋本良 3223
 捕 小宮山 1010
(ニ遊)前 田 4000

■ブルペン投球者(カッコでくくった投手は試合にも登板)

ニチダイ
(死角に座ったため不明)

鳴尾浜
(若竹)⇒(田村&若竹)⇒(田村)⇒(田村&岩田)⇒ 玉置 ⇒(岩田&)玉置 ⇒(無人)⇒(金村)⇒ 玉置(&金村)⇒(岩田※注)⇒(田村)⇒(無人)

 ※注 ここでの岩田は、降板してからのブルペン行き。のっけから3連続四球というふがいない投球(しかも2、3人目はストレート)のため、早速の投げ込み指令が出たものと思われる。

審判 主・前田、一・小寺(この日は特に目立った動きなし)、三・良川


 ・いくつか観戦候補試合があったこの日、前夜の時点ではナゴヤ−サーパス(ナゴヤ球場)に決め、
すっかり準備もしていたところ、朝のスポーツ紙で辻本先発を知り、急きょこちらに切り替える。

 ・先日、親父さんが起こした事件のこともあり(関西だけでなく、全国的にも報道されてますよね?)、
辻本目当ての報道陣が押しかけ、記者席からあふれてカメラマン席内で記者がスコアをつける始末。

 ・辻本、初回の1点はエラーとボーク絡み。やや力みの見える投球で、2回で早々の降板。まあ予定通りか。

 ・濱中は実戦復帰2試合目で2安打。

 ・四番ファースト(喜田剛)がいきなりトレードで抜けてしまった鳴尾浜、ファーストには岡アと庄田。
藤原、葛城、桜井が昇格中であり、一気に戦力がダウンしている。また岡アに加えて浅井と大橋が外野の守りに就き、
狩野恵輔に続くよう、捕手陣の今後の試合起用における可能性を探っているように見受けられた。


2007年 5月20日 イースタンリーグ 湘南−山形(横須賀)報告者:熱い男さん/子連れさん

報告者:熱い男さん

今日(20日)、ベイスターズ球場で行われた、湘南‐山形の観戦記です。

 7回戦(20日・ベイスターズ・山形7勝)
  
山形 005 000 010  
  
湘南 000 000 000  
   (勝)吉崎 1勝0敗
   (敗)橋本 0勝1敗
   (本)大廣7号(3回・満塁・橋本)
      山崎隆1号(3回・1・橋本)
   (審判)鈴木(球)、橋本、山崎、工藤(塁)
   (記録員)新向井
   (試合時間)2時間41分(13:01〜15:42)
   (観衆)364名

 得点経過
  3回表 無死満塁で大廣、7号満塁ホームラン
      一死走者なしで山崎隆、1号ソロホームラン(計5点、湘0‐5山)
  8回表 一死満塁で西村、セカンドゴロ併殺崩れの間に三塁走者ホームイン
                                (湘0‐6山)

 打撃成績
    山 形 1回2回 3回 4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
 (4)沖 原 四球  右安三ゴ    左安  四球     3  2  0
  1 河 本                        0  0  0
  1 小 山                        0  0  0
 (6)西 村 四球  犠失  左飛  三振  二ゴ     3  0  1
 (7)中 島 投ゴ  中安  四球    左飛三ゴ     4  1  0
 (54)大 廣 右飛  右本  二併    中安  三振   5  2  4
 (9)横 川 三ゴ                     1  0  0
  H9 中 村     遊ゴ    一ゴ  右安  一ゴ   4  1  0
 (3)山崎隆   遊ゴ左本    右飛  遊併  振逃   5  1  1
 (8)高 波   二ゴ左飛    右飛    左安左安   5  2  0
 (2)長 坂   左安左安      投直  捕邪     4  2  0
 (1)吉 崎   三ゴ左安      遊ゴ         3  1  0
  1 戸 部                        0  0  0
  PH 関 川                 二安     1  1  0
  5 中 谷                        0  0  0
        犠1 盗2 残10 併1           38 13  6

    湘 南 1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
 (4)北 川 遊直  捕ゴ    遊ゴ  三振     4  0  0
 (6)石 川 遊ゴ    右飛  三振    三振   4  0  0
 (7)下 園 二ゴ    二ゴ    三振  三振   4  0  0
 (9)下 窪   中安  二直    中飛       3  1  0
  1 吉 川                      0  0  0
  1 岡 本                      0  0  0
  PH 木 村                 中2   1  1  0
 (3)呉 本   右飛    中安  捕邪       3  1  0
  PH ミツル                 三振   1  0  0
 (8)桑 原   三振    二併           2  0  0
  1 横 山                      0  0  0
  1 岸 本                      0  0  0
  9 河 野               中安     1  1  0
 (5)内 藤   遊ゴ    三安    三邪     3  1  0
 (2)武 山     三直               1  0  0
  1 後 藤                      0  0  0
  H8 西 崎         三振    左安     2  1  0
 (1)橋 本                      0  0  0
  H2 黒羽根     三振    遊ゴ         2  0  0
  2 高 森               一飛     1  0  0
        犠0 盗0 残5 併2         32  6  0

 投手成績
    山 形 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 自責
  ○ 吉 崎  6   68 20  3  0  4  0
    戸 部  1   14  3  0  0  1  0
    河 本  1   23  5  2  0  1  0
    小 山  1   25  4  1  0  3  0

    湘 南 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 自責
  ● 橋 本  3   62 16  7  2  0  4
    後 藤  2   25  5  0  1  0  0
    横 山  1   12  4  1  0  1  0
    岸 本  1   12  4  2  0  0  0
    吉 川  1   16  5  2  1  0  1
    岡 本  1   17  4  1  0  2  0

 (備考)失策…武山(3回・西村の犠打の打球が手につかず)
     盗塁…高波、関川(8回・沖原の5球目で重盗)
     暴投…岡本(9回・山崎隆の5球目、振り逃げを許す)
      ※この投球を捕手・高森が見失う間に山崎隆は二塁に進塁
     走塁死…山崎隆(9回・高波のヒットで本塁突入も憤死)
※以上のスコアは、公式記録ではありませんのでご了承ください。


 当初、相模原市横山公園で行われる予定だった今日の試合。しかし、球場が使えなくなり、横須賀スタジアムも「全日本選抜早起き野球大会」のため使えないことから、日曜なのにベイスターズ球場で公式戦を実施せざるを得なくなりました。
ベイスターズ球場には、バックネット裏に小さなスタンドがあるだけで、あとは立ち見になります。そのスタンドは、試合開始直前にはほぼ座席が埋まり、スタンド内にも立ち見のお客が出るほどになりました。
しかし、そのお客のほとんどは、肩を落として家路につく事になります。今日も前日に続き、山形が一発攻勢で試合を決めてしまったからです。

湘南は、今季初先発の橋本が走者を出しながらも2回まで無失点で切り抜けますが、3回、2安打に武山の犠打処理ミスが絡み無死満塁とされると、大廣に初球を狙われ満塁弾を打たれます。さらに一死後に山崎隆にもホームランを浴びこの回5失点。試合前から、初先発の橋本に多くは期待できないだろうとは思っていましたが、随分あっさり打たれたなあと思います。制球の不安定さも相変わらず。厳しい様ですが、今日の投球は評価に値しません。
山形の吉崎は、何も考えずただ打つだけの湘南打線を手玉に取り、6回3安打無失点で今季初勝利。ベテランらしいけれん味のない投球を見せ付けました。また、後続の投手陣も要所を締め、2試合連続の完封勝利につなげました。

この試合で、湘南は打線を大きく組み替えてきましたが全く効果なし。吉崎攻略の為の戦略が何ら無かったのですから、必然の結果です。それは、初回の攻撃がたった8球で終わった事でわかります。序盤に多く投げさせる事すらせずにさっさと凡退するのだから、吉崎も相当楽に投げられた事でしょう。
結局、湘南の対山形戦での連敗は7まで伸びてしまいました。果たして今季中に山形に勝てる日は来るのでしょうか。暑い中観戦された皆さん、お疲れさまでした。





報告者:子連れさん

詳細は,熱い男さんに一任いたします。相変わらずの感想まで・・・

 球場変更に対する様々な苦情殺到に慌てた球団は,急遽シーズンパス等の購入者へ「お知らせ」の葉書を発送。それが届いたのが3日前の木曜日でした・・・と言う訳で長浦練習場での公式戦と相成りました。

 「まだ行かないの?」とかみさんに催促されて,8時半に家を出たのでした。熱い男さんの仰るように僅かな席しかない長浦ですし,そこでの公式戦とのことで早めに出て9時過ぎに到着。熱心なファンの方が数名ちらほらいただけでした。染田・飯田・吉原のお籠り組や絶不調三橋の投球練習が見られたのは三文の徳でした。ちなみに,染田・飯田は生きのいい球を投げ込み,吉原は不安定な内容,三橋は手探り状況でした。染田・飯田は近いうちに湘南組の前に現れそうです。鳴り物厳禁ですからMCなどないのですが,オフィシャルレポーターの吉岡さんがスタンドに顔を見せてくれ「マニアッククイズやります!集まってください」と肉声で勧誘されていました。別件で大分から凱旋のれっくさんとの談笑や,湘南のキョンさん方の警察まで乗り出したトラブル等で慌しく参加しませんでしたが,ファンサービスありがとうございました。正直,長浦だから何もないだろうと思っていました。
 長浦のスタンドは正面からお日様の直撃を受けるため万全な日除け対策が必要なのですが,勤務明けが深夜で早朝に部活へ行く子らに踏みつけられ,かみさんの催促と慌しく家を出たため何一つ用意出来ず,皮膚科行きの肌になったのです。長浦へお越しの際は,ご注意下さい。
 前日に海老名で行われた審判コールもなく,鈴木・橋本・山崎・工藤のパリーグお馴染みの審判員がグラウンドへ散り,「Hか?Eか?」の微妙な判定を胸張って必ず「H」にする新向井記録員が見つめ13:01PBとなったのでした。
 対山形戦0勝6敗の湘南は何としても先取点が欲しいのですが「蛇ににらまれた蛙」状態で萎縮して,1イニング2桁挙げた浦和・所沢戦が幻に思えたのです。先発の橋本太郎は2巡り目の3回HRの5失点で沈没。長浦港の自衛艦が立派に見えました。捕手武山のエラーがきっかけで満塁とし大廣への初球が絶好球,ものの見事に運ばれたのです。武山のエラーの時「今日もまたですかね」とポツリ仰った麦藁帽子着帽の馬堀海岸のご隠居の達観が的中しての失点。今シーズンは必ずエラーが失点につながる湘南です。先手取られたらますます山形の前でいい子になる湘南打線。「ナイスボール!ナイスボール!」「いいよ!いいよ!,いいよ!」の西崎のベンチからの声がむなしく響くのでした。笛吹けど踊らず・・・「あっち向いてホイ」投法の老獪吉崎の術中にはまったのでした。
 湘南2番手は後藤。先日の小田原で先発につまずいてからは専ら中継ぎ要員。こういう機会にアピールしてもらいたいとの願い通り2イニング6人で料理。四球を出すも,大廣を低めに打たせて併殺に取ったのでした。今日もやや腕を下げての投球フォーム,この方が高めに抜けるクソボールが防げるのでしょう。WIZさんが安心して観戦できるまでにはもう少し時間が掛かりそうですが,確実に安定しているので今後が楽しみです。
 山形は吉崎以降,戸部−河本−小山といやいや凄い面子が並んだもので,湘南打線はますます意気消沈,スタンドにも空席が出来る「客を帰す野球」をしてしまったのでした。
 試合時間2時間41分,観衆364名(公式発表)。「勝ったら飲むぞ」と臨んだ私でしたが,安針塚駅前公園でハトに豆まきながら何本もビールを飲んでいたのでした。

 24℃の暑い中,皆様お疲れ様でした。今日も山形ファンのお馴染みのお兄さんが元気良く「楽天!楽天!イーグルース!」と高らかに歌っておりました。


2007年 5月20日 イースタンリーグ 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記

本日の鎌ヶ谷の試合を観戦してきましたので報告させていただきます。
なお、スコアは公式記録ではありませんのでご了承ください。

5月20日イースタンリーグ(ファイターズスタジアム)
 |000 103 000 |
 |010 000 000 |

S  村中、高木、○佐藤、H上原、H田中充、S坂元―衣川
F  スウィーニー、●清水、橋本、星野―渡部
審判 PL原 1B石山 2B深谷 3B市川
観客 公表なし

戸田スワローズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(8) 牧谷宇佐美 4000 一邪  遊ゴ  左飛  三振
(4) 三木肇   1010 左二
 R4 梶本勇介  3100       遊失  遊ゴ  二ゴ
(D) 野口祥順  4120 一邪    左安  中二  空振
(3) 鈴木健   3011 三飛    左飛  中安
 R3 丸山泰嗣  1100               三邪
(2) 衣川篤史  4011   右邪  左二  二ゴ    空振
(7) 川本良平  3112   三振  四球  左本    三ゴ
(6) 川端慎吾  4000   一ゴ  一ゴ  二ゴ    中飛
(5) 大原秉秀  3010     左飛  二ゴ  左安
(8) 上田剛史  3000     二ゴ  三振  捕併

         投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
   村中恭平  3   13  50 3 0 3 2 1 1
   高木啓充  1 2/3  7  25 2 0 4 0 0 0
 ○ 佐藤賢   1 1/3  6  26 3 0 1 0 0 0
 H 上原厚治郎 1    3  14 1 0 1 0 0 0
 H 田中充   1    3  11 1 0 0 0 0 0
 S 坂元弥太郎 1    4  19 0 0 2 0 0 0

鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(9) 工藤隆人  3010 四球三振    投安  右飛
(5) グリーン  3000 四球  三振  空振  三振
(8) 糸井嘉男  4030 空振  右安  中安    一安
(4) 木元邦之  4000 左飛  二併  遊ゴ    二ゴ
(7) 金子洋平  4010 遊ゴ    左飛  右二  二飛
(2) 渡部龍一  4010   三ゴ  三振  中安    一失
(3) 市川卓   4120   右安  左安  一直    空振
(6) 今浪隆博  2000   二ゴ  三振
 H6 尾崎匡哉  2000           三振    右飛
(D) 鵜久森淳志 4021   右二    空振  中安  空振

          投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
   スウィーニー 5   19  82 3 0 2 1 1 0
 ● 清水章夫   1    6  15 3 1 0 0 3 3
   橋本義隆   2    6  19 1 0 2 0 0 0
   星野八千穂  1    3  12 0 0 1 0 0 0

盗塁  工藤 (1回 打者グリーン)
盗塁死 鵜久森(7回 打者グリーン)
走塁死 野口 (4回 打者川端)
    渡部 (6回 打者市川)
牽制死 糸井 (8回 打者木元)
暴投  清水 (6回 打者衣川)
失策  今浪 (4回 打者梶本)
    丸山泰(9回 打者渡部)
残塁  S3、F8

得点経過
2回裏 二死二塁から、鵜久森がライト線にタイムリーツーベース(テキサス)
4回表 一死一二塁から、衣川がレフト線にタイムリーツーベース
6回表 一死二塁から、鈴木がセンター前にタイムリーヒット
 〃  二死三塁となり、川本がレフトスタンドに特大のツーランホームラン

選手寸評

■B・スウィーニー(日)
5回を3安打1失点とまずまずの投球内容。ただ、荒れ球タイプの割にはストレートにそこそこの威力しかないため、上での先発は厳しい印象。

■市川卓(日)
第1打席にきれいにライト前に運んだかと思えば、第2打席には体勢を崩されながらイチローばりの(笑)レフト前へのヒット。さらには、4回に川端のゴロを冷静に一塁を踏んでから本塁送球で併殺と好プレーを連発。こういう時では終盤にエラーをしてオチをつけることも多かった市川ですがこの日はそんなこともありませんでした。最終打席で凡退したのは残念でしたが、このように若い選手の成長ぶりをまざまざと見せ付けられると二軍の試合を見ていて良かったなぁという気分にさせられます。

■高木啓充(ヤ)
6人も投げた戸田投手陣の中で一番印象に残った選手。球威はそれほどではないもののコントロールがかなり良くて(村中とスウィーニーがコントロールが悪かったのもありますが)見た限りだとコントロールミスはほとんどなし。若手でこういうタイプは比較的珍しいので今後に注目したい。

■川本良平(ヤ)
捕手登録だがレフトで先発出場。6回に清水の甘い球をレフトスタンドに運びダメ押し。ヤクルトの捕手は人数も少なく(古田監督を除いて)実力差もそれほどないだけに早々に一軍での出場機会が与えられるかもしれません。


2007年 5月19日 イースタンリーグ 湘南−楽天(神奈川・海老名運動公園野球場)報告者:報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館)/熱い男さん

報告者:報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館

5月19日 湘南シーレックス×山形イーグルス(神奈川・海老名運動公園野球場)

 200 120 000=
SR 000 000 000=

E:川井(6回・勝ち投手)−小山(2回)−吉田(1回)、井野
SR:高崎(7回・負け投手)−松家(1回)−岸本(1/3回)−佐久本(1/3回)−横山(1/3回)、新沼−黒羽根

公式入場者数:911人

得点経過
1回表 中島、ライトスタンドへ先制の2ランHR。
4回表 大廣、左中間スコアボード直撃のソロHR。
5回表 沖原、バックスクリーン左横に2ランHR。





報告者:報告者:熱い男さん

19日に海老名で行われた、湘南‐山形戦の観戦記です。(だだ様からも結果のご報告がありましたが、私からも詳細をお伝えします。)

 6回戦(19日・海老名運動公園・山形6勝)
  
山形 200 120 000  
  
湘南 000 000 000  

   (勝)川井 5勝1敗
   (敗)高崎 5勝1敗
   (本)中島9号(1回・2・高崎)
      大廣6号(4回・1・高崎)
      沖原4号(5回・2・高崎)
   (審判)橋本(球)、工藤、山路、山崎(塁)
   (記録員)野中
   (試合時間)2時間24分(13:01〜15:24)
   (観衆)911名

 得点経過
  1回表 一死二塁で中島、ライトへ9号2ラン(湘0‐2山)
  4回表 二死走者なしで大廣、左中間のスコアボード直撃の6号ソロ
                              (湘0‐3山)
  5回表 二死二塁で沖原、センターへ4号2ラン(湘0‐5山)

 打撃成績
    山 形 1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
 (4)沖 原 左安  二ゴ  中本    三振     4  2  2
  5 中 谷                      0  0  0
 (6)西 村 投犠  二ゴ  遊飛    三振     3  0  0
 (7)中 島 右本    右飛  四球    中飛   3  1  2
 (3)吉 岡 三ゴ    中飛  右邪         3  0  0
  1 小 山                      0  0  0
  PH 銀 次                 左安   1  1  0
  1 吉 田                      0  0  0
 (54)大 廣 中飛    中本  遊ゴ    四球   3  1  1
 (9)横 川   右飛  二ゴ    中飛  三振   4  0  0
 (8)中 村   二ゴ    遊ゴ           2  0  0
  8 高 波             投ゴ  右飛   2  0  0
 (2)井 野   三振    中安  右飛       3  1  0
 (1)川 井     三振  三犠           1  0  0
  3 山崎隆               遊ゴ     1  0  0
        犠2 盗0 残2 併0         30  6  5

    湘 南 1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
 (9)下 窪 左安  遊ゴ    中飛  二ゴ     4  1  0
 (8)西 崎 三犠  二飛    中飛  三振     3  0  0
 (7)下 園 中安    三振  二ゴ    右飛   4  1  0
 (3)呉 本 三振    二ゴ    左直       3  0  0
  2 黒羽根                 右飛   1  0  0
 (4)北 川 三ゴ    右安    右安  遊ゴ   4  2  0
 (23)新 沼   三直  二ゴ    二飛       3  0  0
 (5)斉 藤   三振    遊直           2  0  0
  H5 内 藤             四球       0  0  0
 (1)高 崎   右飛    遊ゴ           2  0  0
  PH ミツル             中飛       1  0  0
  1 松 家                      0  0  0
  1 岸 本                      0  0  0
  1 佐久本                      0  0  0
  1 横 山                      0  0  0
 (6)石 川     三振  投ゴ    三振     3  0  0
        犠1 盗0 残5 併0         30  4  0

 投手成績
    山 形 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 自責
  ○ 川 井  6   71 20  3  0  4  0
    小 山  2   33  7  1  1  2  0
    吉 田  1   13  3  0  0  0  0

    湘 南 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 自責
  ● 高 崎  7   82 23  5  1  2  5
    松 家  1   14  3  0  0  2  0
    岸 本 0.1  15  2  1  1  0  0
    佐久本 0.1   4  1  0  0  1  0
    横 山 0.1   3  1  0  0  0  0

 (備考)けん制死…中島(6回)
※以上の記録は公式記録ではありません。予めご了承ください。

私の住む横須賀は朝からどんよりとした曇り空。果たして海老名の天気は大丈夫かいな、などと思いつつ球場へ向かうと、周辺の路面が濡れていました。どうやら朝方に雨が降った様ですが、関係者の方々の頑張りもあり、試合は無事開催の運びとなりました。
今日の試合は、ベースボール・マガジン社とのタイアップによる「ベースボールカードデー」。入場時には、三浦・吉村両選手のカードが配布されたほか、カード売り場が三塁側のコンコースに設けられ、購入を希望するファンの列がバックネット裏まで伸びていました。
試合開始前のセレモニーでは、海老名市の内野(うちの)市長の挨拶の後、花束贈呈と始球式があり、定刻より1分遅れで試合が始まりました。

さて、試合の方は、結果論でいうと初回の攻防がすべてだった様に思います。
山形が中島の2ランで先制点を挙げたその裏、湘南も一死一・三塁のチャンスを作りますが、呉本が外角いっぱいの直球を見逃し三振、北川もショートゴロに打ち取られ無得点。ここで1点でも入っていれば、試合の流れも少しは変わったかもしれません。(そんな事を言ったらきりがないのはわかっていますが。)
これで山形先発・川井は、自分のペースで投げられる様になり、中盤の湘南打線の早打ちにも助けられ6回を零封して勝利投手になりました。前回登板でも完封勝利を収めている川井、昇格への大きなアピールになったでしょう。
湘南先発・高崎は、内容は数字ほど悪くなかったのですが、やや慎重さを欠いたきらいがあります。3発のホームランはいずれも二死からで、早いカウントで打たれています(中島と沖原には初球、大廣には1‐2からの4球目)。二死からの失点は防がなければならないものですから、その点は反省して次の登板に生かしてほしいところです。

この試合で湘南ファンが唯一盛り上がったのは、九回二死から「ご当地選手」の横山が登板した時。ケチャップ氏の「地元・海老名のスター!」という紹介に場内から拍手が。海老名のスターは、高波をライトフライに打ち取り面目を保ちました。

朝方のぐずつきがウソのような晴天に恵まれた海老名。吉岡さちこ嬢の「暑くないですか?」の問いかけを待つまでもない気温の上昇ぶりでした。しかし試合は、湘南から見れば、冷め切った試合でありました。
だだ様をはじめ、今日観戦された皆さん、お疲れ様でした。明日はベイスターズ球場で同じカードが行われます。観戦予定の方は公共交通機関をご利用下さい!(車で来ると、まず間違いなく駐車禁止の反則を取られますよ。)


2007年 5月15日 ウエスタンリーグ 中日−阪神(ナゴヤ)報告者:ドアラマニアさん(HP:中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪
2007年 5月16日 ウエスタンリーグ 中日−阪神(ナゴヤ)報告者:ドアラマニアさん(HP:
中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪

5月15,16日の中日ドラゴンズvs阪神タイガース戦

汗が出るほど暑くもなく、過ごしやすい中での野球観戦。
阪神戦ということで平日にもかかわらず多くのファンが球場に。

簡易寸評
5月15日

■高橋勇丞(神)
 ・タイガースの背番号58番の外野手高橋勇丞は、
チャンスがありながらも惜しくもサイクル安打を逃す。
高橋勇は体はそれほど大きくはないのだが、
シャープなスイングから長打を期待できる打撃。
特に右方向に大きなあたりを放てるのが魅力。
それでいてタイガースでは珍しく俊足、強肩が揃っており、
今1軍にいる赤松の将来のライバルになりうる選手。
最後の2打席で単打が出ればサイクル安打達成だっただけに、
力が入ってしまったか残念だった。


■中里篤史(中)
 ・中里はMAX146キロ、平均140キロ前半。
試合開始直後からストレートにいつものキレがなく、
そのストレートを狙い打ちされて5安打を集められ4失点…
そのあと、投手コーチがマウンドへ行って何か助言があったのか、
110キロ台のカーブを使い始め後続を抑える。
2回3回は明らかに変化球の割合が増え、
緩急を使い何とか抑えようと試みるが…
課題は中里特有のストレートのキレが出ていない時に、
変化球を駆使してどうやって抑えるかか。


16日

■岩崎達郎(中)
・今日は、プロ入り初の1番に座った岩崎達郎が大活躍。
6打数4安打2得点1打点1盗塁で、
10回裏には試合を決めるサヨナラヒットを放つ!!
守備を買われて入ってきた選手だったが、
ここまで足と打撃では期待以上のものを見せる。
打撃はバットをひと握り分ほど短く持って、
コンパクトにスイングすることを心掛けている打撃フォーム。
ただ買っていた守備では今までのところ正直期待ハズレも…
ショートが本職でないからかもしれないが、
送球、捕球とも数字に表れないのも含めてミスが目立つのが、
ホントに残念。


■佐藤充(中)
 ・佐藤充はMAX144キロ、平均140キロ前後。
変化球で追い込んでストレートで勝負というパターンが多かった。
変化球とストレートの割合が5分5分くらい変化球が多い投球。
ランナーがいない時は佐藤充らしくテンポよく投げ込んでいくが、
一旦ランナーが出ると、これでもかって言うほど時間をかけて投げる。
ストライクを簡単に取りすぎていて、
ヒットを打たれた場面も2−1などの投手有利なカウントで勿体無かった。

写真や動画など詳しくは当ブログでどうぞ

http://doaramania.blog91.fc2.com/


2007年 5月16日 イースタンリーグ 湘南−グッドウィル(横須賀)報告者:東洋子さん/WIZさん/熱い男さん

報告者:東洋子さん

5/16(水)湘南−グッドウィル 戦F

試合内容を報告します。
 
グッドウィル 100 011 100= 4
 
湘南   000 000 011×=11

1回表(投:北)・・・1点       1回裏(投:帆足)
 柴田   四球             桑原   空振三振
 大崎   2ゴロ→柴田フォースアウト     西崎   中飛
 高山   空振三振           下窪   3内安打
 中村   右中間適時2B安打      呉本   3ゴロ
 貝塚   2ゴロ

2回表(投:北)            2回裏(投:帆足)
 黒瀬   見逃三振           北川   中飛
 原    見逃三振           新沼   右前安打
 銀仁朗  見逃三振           武山   投飛
                     北代打黒羽根 中前安打
                     石川   遊ゴロ

3回表(投:後藤)           3回裏(投:帆足)
 帆足   遊内安打           桑原   捕ゴロ
 柴田   3ゴロ併殺          西崎   2ゴロ
 大崎   投ゴロ            下窪   右前安打→2盗
                     呉本   中飛

4回表(投:後藤)           4回裏(投:帆足)
 高山   遊ゴロ            北川   1ゴロ
 中村   空振三振           新沼   中飛
 貝塚   2ゴロ            武山   右飛

5回表(投:後藤)・・・1点      5回裏(投:帆足)
 黒瀬   3ゴロ            後藤代打河野 右飛
 原    左中間2B安打        石川   空振三振
 銀仁朗  左前安打→1・3塁      桑原   右飛
 帆足   2ゴロ→銀仁朗アウトの間に原生還
 柴田   3内安打
 大崎   中飛

6回表(投:吉川)・・・1点      6回裏(投:帆足)
(ライト西崎、センター河野)          西崎   投ゴロ
 高山   遊内安打           下窪   中前安打
 中村   遊エラー(石川転倒)     呉本   右前安打
 貝塚   左飛             北川   1ゴロ→下窪と呉本進塁
 黒瀬   投内安打           新沼   遊ゴロ
 原    中犠飛→高山生還
 銀仁朗  遊ゴロ

7回表(投:吉川)・・・1点      7回裏(投:松川)
 帆足代打赤田 投内安打→暴投で2塁へ  武山   空振三振
 柴田   空振三振           河野   見逃三振
 大崎   右前適時安打→赤田生還    石川   左中間安打
 高山   空振三振           吉川代打斉藤 投ゴロ

8回表(投:横山)           8回裏(投:東)・・・11点
(セカンド梶谷、サード北川)          西崎代打下園 右線2B安打
 中村   1邪飛            下窪   死球
 貝塚   遊ゴロ            呉本   中越エンタイトル適時2B安打
 黒瀬   左前安打                 →下園生還(1点目)
 原    空振三振           北川   中前適時安打→下窪生還
                                (2点目)
                     新沼   四球
                    (投手交代→山本歩)
                     梶谷代打ミツル 右前適時安打
                           →呉本生還(3点目)
                     河野   押出し四球→北川生還
                                (4点目)
                     石川   遊ゴロ→新沼本塁でアウト
                     横山代打内藤 中前適時安打
                           →ミツルと河野生還
                                (6点目)
                     下園   中前適時安打→石川生還
                                (7点目)
                    (投手交代→藤原)
                     下窪   中越3ラン本塁打(10点目)
                     呉本   空振三振
                     北川   中越2B安打
                     新沼   右越適時2B安打→北川生還
                                (11点目)
                     ミツル  左飛

9回表(投:松家)
(セカンド北川、サード木村、レフト内藤)
 銀仁朗  1ゴロ
 藤原代打上本 中飛
 柴田   空振三振


 今日は午後から涼しい風が吹いて、夕方になるとむしろ寒くなった。ハマスタではベイと読売の首位攻防戦の2戦目だ。今日は恐らく寺原が投げるだろうから、いい試合になるのではないかと思った。今日は最初からスカスタにと決めていた。4時少し前に家を出て追浜に向かう。混んだ快特で座れなかった。追浜に着いたのは5時ちょうど。風が強くてかなり寒くなってきた。上着は薄手のものしか持って来ていないのでこれ以上寒くならないことを願う。途中でおにぎりを買っていった。あら、やきそばを売っている。毎回売るのか売らないのかはっきりしてほしいな。おいしそうなので買ってしまった。
 チケットを買っているときにバッテリーの発表があった。グッドウィル は帆足。えっ、帆足?2軍で投げているの?ほう、新人と1軍経験豊富なピッチャーか。となると、北がどこまで持つかによるな。
 時間通り、試合は始まった。今日のナビは吉岡さちこさん。ケチャップさんはハマスタか。北は初回から制球に困っているようだった。先頭の柴田を四球で出すと、2死後、おかわり君こと中村にあわやホームランかと思うようなタイムリーで先制された。が、新沼の必死のリードで失点は1で済んだ。二回は3人を見逃三振に取った。これだけ見た限りでは合格だと思う。いい印象を付けたかったのかな?北は2回を1安打1失点、4奪三振で降板。次が期待できると思った。
 北のあとを受けた後藤は三回・四回を無難にこなしたが五回に塁審の微妙な判定もあり、1点を失う。帆足の打球はゲッツーかと思ったのだが、1塁はセーフに・・・。その間に3走の原がホームインしたものだ。後藤の投球内容は、北に先輩らしいものを見せただろうか。悪くはなかったと思うがどうだろう。皆様のご意見を伺いたい。
 3番手に登板したのは吉川。この吉川が今日は一番いけなかった。六回には内野安打からランナーを貯めて原の犠飛で1失点。七回には赤田の投ゴロを足で止めたのはいいが、処理にもたついて塁に出し、結局この赤田を迎え入れて4点目を献上してしまう。この2回は無失点に抑えて欲しかったのだが・・・。
 そして4番手は横山。この人にはずっとがっかりさせられてきたので期待はしなかったが、今日はまずまずだった。しかし、この時点で0−4。六回裏のチャンスを逃し、ヒットは出ているのだが、打線が繋がらず帆足から1点も取れない湘南。すでに帆足は勝利投手の権利を持って降板した。帆足の後を受けた松川からも石川が左中間安打を打っただけ。横山がしっかり抑えたあとの八回裏を迎えるスタンドには重い空気が漂っていた。吉岡さんが盛り上げようとするが、誰もが負けを覚悟していた。
 八回裏のグッドウィル のマウンドに上がったのは元湘南の東くん。先頭打者には西崎に代えて今日スタメンを外れた下園。下園の打球は右線をきれいに流れていった。こうなるとスタンドの沈滞ムードは変わった。続く下窪が初球をデッドボールされ無死1・2塁。次が4番呉本。呉本の打球はセンター後方に落ち、芝生に飛び込むエンタイトル。1点を返したところでスタンドは盛り上がった。さらに北川が1点を返し、新沼が四球を選ぶ。ここで東くんは無念の降板。グッドウィル としてはこの辺りで止めておきたかったのだろうが、東のあとを受けた山本歩もミツルに適時打を打たれると、河野には押出し四球。帆足の勝ちを消してしまった。石川に遊ゴロを打たせたもののWプレーは取れず、北川を本塁でフォースアウトにしただけ。さらに横山の代打内藤が2点勝ち越しのタイムリーを打つと、この回2打席目の下園がバットを真っ二つに折りながらの中前適時安打。山本歩はここで降板。しかし、火のついた湘南打線は止まらない。代わった藤原から下窪が中越3ラン本塁打で止めを刺した。スコアボードには10という数字が窮屈そうに入っている。呉本が空振三振に倒れた後も、北川の中越2B安打を新沼が右越適時2B安打で帰し11点目。うわー、どこまで続くんだろう。もしかして3順目に入るのだろうか?これは記録ではないか?と考えていたらミツルの左飛でようやく終わった。
 途中でとなりの人からハマスタ情報が入った。聞きたくない情報だった。1−8で負けているという。ああ、寺原でもダメなのか。この追浜の勢いを関内に・・・と念じたのだが・・・。ベイが勝てば今日の喜びは10倍にも20倍にもなったのに。






報告者:WIZさん

5/16(水)イースタン・リーグ公式戦 湘南−グッドウィル7回戦 横須賀スタジアム(18:00開始)

審判:PL原、1B村山、2B敷田、3B西本
記録員:及川
観客数:379名

【スコア】
グッドウィル 100011100  4
湘    南 000000011× 11

【投手継投】
グッドウィル 帆足(6回)−松川(1回)−●東(0/3回)−山本歩(1/3回)−藤原(2/3回)
湘    南 北(2回)−後藤(3回)−吉川(2回)−○横山(1回)−松家(1回)

【得点経過】
1回表(グ) 二死2塁で中村、センターオーバー2ベースタイムリー(1点)
5回表(グ) 一死1・3塁で帆足、ファーストゴロの間に3塁走者生還(1点)
6回表(グ) 一死満塁で原、センター前タイムリー(1点)
7回表(グ) 一死2塁で大崎、ライト前タイムリー(1点)
8回裏(湘) 無死1・2塁で呉本、左中間へ2ベースタイムリー(1点)
      無死2・3塁で北川、センター前タイムリー(1点)
      無死満塁でミツル、ライト前タイムリー(1点)
      無死満塁で河野、四球で押し出し(1点)
      一死満塁で内藤、センター前タイムリー(2点)
      一死1・3塁で下園、センター前タイムリー(1点)
      一死1・2塁で下窪、レフトスタンドへ3ラン(3点)
      二死2塁で新沼、ライトへ2ベースタイムリー(1点)


成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<グッドウィル>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 柴田  四球  三併  捕安  空振  空振     410000210
LF 大崎  二ゴ  投ゴ  中飛  右安         411101000
RF 高山  空振    遊ゴ  遊安空振         410101200
3B 中村  中2    空振  遊失  一ゴ       311000100
1B 貝塚  二ゴ    二ゴ  左飛  遊ゴ       400000000
2B 黒瀬    見振    三ゴ投安  左安       420000100
SS 原     見振    中2中犠  空振       311100200
C 銀仁朗   見振    左安遊ゴ    一ゴ     410000100
P 帆足      遊安  一ゴ             210000000
H 赤田              投安         110100000
P 松川                         000000000
P 東                          000000000
P 山本歩                        000000000
P 藤原                         000000000
H 上本                  中飛     100000000


<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
LF 桑原  空振  捕ゴ  中飛             300000100
P 吉川                         000000000
H 斉藤              投ゴ         100000000
P 横山                         000000000
H 内藤                中安       112100000
LF
LF 西崎  中飛  二ゴ    投ゴ           300000000
H 下園                右2       221200000
                    中安
3B 木村                         000000000
RF 下窪  三安  右安    中安  死球       443211001
                    左本
1B 呉本  三ゴ  中飛    右安  左2       521100100
                    空振
2B 北川    中飛  一ゴ  一ゴ  中安       521200000
                    中2
3B
2B
C 新沼    右安  中飛  遊ゴ  四球       421100010
                    右2
3B 武山    投飛  右飛    空振         300000100
2B 梶谷                         000000000
H ミツル               右安       211100000
                    左飛
P 松家                         000000000
P 北                          000000000
H 黒羽根   中安                   110000000
P 後藤                         000000000
H 河野          右飛  見振四球       200100110
CF
SS 石川    遊ゴ    空振  中安遊ゴ       410000100



【投手成績】
<グッドウィル>
      回  打  安 四 三 失 自
 帆足   6  24  6 0 2 0 0
 松川   1  4  1 0 2 0 0
●東    0/3  5  3 2 0 2 5
 山本歩  1/3  5  3 1 0 5 4
 藤原   2/3  5  3 0 1 4 2


<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
 北    2  8  1 1 4 1 1
 後藤   3  12  4 0 1 1 1
 吉川   2  10  4 0 2 2 1
○横山   1  4  1 0 1 0 0
 松家   1  3  0 0 1 0 0


【選手感想】
<グッドウィル>







<湘南>
■北篤(湘)
 愛鷹でのホロ苦デビューを受けて地元スカスタでのプロ2試合目の登板となりました。
 先頭の柴田にストライク入らずの四球で歩かせ一株の不安を抱きましたが、続く大崎をセカンドゴロ、
 高山を三振に仕留め落ち着いた投球を見せました。
 続く中村にセンターオーバーのタイムリーを浴びましたが、これは力の差。致し方ありません。
 むしろ前回は1イニングを3失点、今日は1失点と結果を見せてくれたのは良かったと思います。
 しかし続く2イニング目は緊張がすっかり取れたのか、度肝を抜く投球を見せます。
 球威も抜群に加え変化球(スライダーか)が低めに見事決まり、なんと3者連続見逃し三振という
 一流の投手でもなかなかできない快挙を達成。
 原にはファールでしつこく粘られながらも、銀仁朗には3球で三振に仕留めたのは圧巻の一言。
 高卒ルーキーとは思えない投球でした。さすが北信越ナンバー1と謳われた逸材です。
 それだけに打順が回ったところで交代したのは残念でした。スカウトから評価の高かった打撃も
 観てみたかったのですが、前回の登板のことを考えると2回で降板したのは妥当かもしれません。
 体力強化に努め夏場には湘南の先発ローテに入る活躍を期待したいです。

■西崎伸洋(湘)& 後藤伸也(湘)義兄弟
 北の好投を受けて2番手として登板したのが後藤。
 前回の小田原での登板では義兄の西崎のエラーを機に大崩れし降板しましたが、
 この日も2イニングの好投を受けて続投した3イニング目に原のセンター前の当たりを西崎が
 お手玉し(記録は安打)2塁まで進めると帆足はファーストゴロに仕留めるも僅かなタイミングで
 セーフとなり失点。続く柴田の当たりはボテボテのサードゴロ。ライン上に転がるボールを
 新沼、武山とジーッと見つめるもラインから割れず二死1・2塁のピンチを招きます。
 ここで大崎の当たりはセンター前に落ちるかという当たりを西崎がスライディングキャッチ!
 3度目の正直ということで今度は義弟を助けました。
 後藤はベンチに向かう際に引き上げる西崎の下へ自ら歩みグラブでハイタッチ。
 兄弟の絆がより一掃深まった瞬間でした。
 ちなみに長浦で下げて小田原でまた上げた後藤のフォームは本日また横に下がりました。
 結果からすれば腕を下げた方がいいですね。ほぼ球が低めに集まってはいました。

■下窪陽介(湘)
 昨日の平塚で4安打猛打賞。そして今日も2試合続けての4安打猛打賞。
 4安打目はプロ入り初となるホームランで決めました。今湘南で最も恐いバッターです。
 同じく好調を維持する下園と下・下コンビで売り出したいところですが、下窪に至ってはもはや
 湘南にいる必要はないでしょう。
 週末の山形戦は落とせないのでそこまで帯同してもらいDHのある来週から始まる交流戦から
 一軍に帯同してもらいたいところです。ヒーローインタビューでも本人は一軍に行く気満々です。

■内藤雄太(湘)
 バットを振れどボールが当たらない極度の不振に陥っておりましたが、昨日の平塚では
 走者一掃のタイムリーを放ち、今日は逆転のタイムリーを放つなど勝負どころでヒットが打てるように
 なりました。彼の不振は精神的な問題とみてますのでこれを機に一気に上昇したいところ。
 ヒーローインタビューでは手にしたマイクが遠かったせいもありますがボソボソと覇気の無い声で
 応対していたのは若干気になりましたが、ここ最近の不振で頻発した観客の野次をいつか
 見返してやろうという気持ちで打席に入っていたとか。タイムリーを放った後の心境は「ざまあみろ」。
 それだけ言いのける反骨心と闘争心があれば大丈夫でしょう。

【全体感想】
■試合展開
 プロ入り2試合目の登板となる北は先頭の柴田に四球を与えると盗塁などで二死2塁の場面で
 グッドウィル主砲中村にジャストミートされセンターオーバーのタイムリーで1点を先制されます。
 グッドウィルはその後小刻みに加点していきます。
 5回は湘南2番手後藤から一死1・3塁の場面で帆足がファーストゴロ。3−6−3の併殺を
 狙いましたが帆足の激走で間一髪セーフで2点目。
 6回には湘南3番手の吉川から内野安打とエラーで一死満塁から原が犠牲フライ、
 7回は同じく内野安打とキャッチャーの後逸で一死2塁から大崎がライト前にタイムリーを放ち
 これで4点目を挙げます。
 グッドウィル先発帆足は走者を出すものの要所を締めて6回を完封。
 続く2番手松川も抑え、8回には東が3番手として登板しますがこれが大誤算となります。
 長打、四死球の連続で2点差に追いつかれ一つのアウトも取れず降板。
 急遽3番手として登板した山本歩もこの勢い止められず河野に押し出しの四球で遂に同点に
 追いつかれ、内藤の当たりは前進守備の二遊間を抜ける逆転のタイムリー。
 その後も止まらぬ湘南打線の前に粉砕され、4番手の藤原に交代。
 しかし交替した藤原も初っぱなの下窪に3ランを打たれ、走者が一掃された後もタイムリーを
 打たれ、終わってみればこの回だけで湘南に11失点。
 最後は松家に簡単に抑えられ悪夢の大逆転負けを喫しました。
 一方湘南は12日の浦和戦に続く1イニング2桁得点を挙げ大逆転勝利。
 5連敗の後の5連勝で借金を返済。5割に復帰しました。

■横須賀情景
 本日のスカスタは平日ナイターにも関わらずお馴染みの北原パン、COCO壱カレーに加えて
 焼きそばと焼き餃子の出店に「ジンギスカンデー」に登場した鎌ヶ谷でお馴染みにジンギスカンが
 本日も出店。鎌ヶ谷ほどではありませんが例年と比べるとスカスタの食事はかなり充実しました。
 加えて入場時には「うまい棒」が4本もプレゼント。
 とても美味しいのですがなぜ「うまい棒」を配っていたのでしょうか・・・

 昨日の平塚はケチャップさんが担当されたため、今日のスカスタは交代で吉岡さちこさんが担当。
 「寒いですから声を出して応援して暖めましょう」と「寒い」「寒い」をかなり連発しておりましたが、
 そりゃTシャツ1枚じゃ寒いでしょうよと突っ込みたくなるも、彼女が必死に声援を出すよう観客に
 呼びかけたことが結果的に終盤の横須賀劇場を生むことにつながったのではと個人的には思います。
 本当にお一人でご苦労様でした。
 昨日かなり彼女の仕切りを心配されたケチャップさん、吉岡さんは頑張ってましたよ。

 試合は帆足の完封を手土産に一軍への調整登板かというグッドウィルのペースで試合が早い展開で
 進むも、8回裏に湘南が怒涛の大攻勢を仕掛け11得点を挙げての逆転勝利となりました。
 帆足を交代させてしまったのが今日の試合の大きな転機でした。
 湘南打線は土曜の千葉マリンでも1イニング10得点を挙げましたが、この時は浦和の守備の乱れが
 原因であり、今日の11得点は全員が次打者につなぐことを意識しての連打ということで打線の勢いは
 本物だと感じました。週末の山形戦に向けて幸先いいですね。

 同時刻で行われたハマスタではここ数年のことを思えば信じられない「首位攻防戦」という肩書きの
 付いた試合が行われたためスカスタに集まったのは僅か300名ほど。
 しかし試合内容を見ればスカスタへ行ったファンの方が正解でした。
 たった1000円で新人北の素晴らしい投球と大逆転勝利が見れ、ハマスタでは食せないジンギスカン
 も堪能できる。横浜駅ですれ違った敗戦を悔しがるベイスターズファンを横目に今夜はちょっと優越感
 に浸った一日でした。スカスタよいとこ一度はおいで。

 明日は同カードが長浦で13:30開始となっています。
 当初先発予定だった山口投手が一軍に昇格してしまったため、誰が登板するのか興味津々です。
 私はこの2試合登板のなかった岸本を予想していますが、大本命は「雨天中止」かもしれませんね。

 子連れさん、れっくさん、熱い男さん、本日はお疲れ様でした。





報告者:熱い男さん

5月16日・湘南‐所沢(簡易版)
今夜の湘南‐所沢戦の結果です。簡易版として書き込みます。

 7回戦(16日・横須賀・湘南5勝2敗)
  
所沢 100 011 100   4
  
湘南 000 000 011×  11

 投手継投(選手名・イニング・失点の順に表記)
  ・所沢
    帆足(6・0)→松川(1・0)→●東(0・4)→山本歩(0.1・5)
    →藤原(0.2・2)
  ・湘南
    北(2・1)→後藤(3・1)→吉川(2・2)→○横山(1・0)→松家(1・0)

  ・本塁打 下窪1号(8回・3・藤原)…プロ初
  ・審判 原(球)、村山、敷田、西本(塁)
  ・記録員 及川
  ・試合時間 3時間16分(18:00〜21:16)
  ・観衆 379名

 得点経過
  1回表 二死二塁で中村、中越えタイムリー二塁打(1点)
  5回表 一死一・三塁で帆足、ショートゴロ(併殺崩れ) (1点)
  6回表 一死満塁で原、センター犠牲フライ(1点)
  7回表 一死二塁で大崎、センター前タイムリー(1点)
  8回裏 無死一・二塁で呉本、左中間タイムリー二塁打(1点)
      無死二・三塁で北川、センター前タイムリー(1点)
      無死満塁で代打ミツル、ライト前タイムリー(1点)
      無死満塁で河野、押し出し四球(1点)
      一死満塁で代打内藤、センター前2点タイムリー(2点)
      一死一・三塁で下園、センター前タイムリー(1点)
      一死一・二塁で下窪、1号3ランHR(3点)
      二死二塁で新沼、ライト線タイムリー二塁打(1点、この回計11点)


2007年 5月15日 イースタンリーグ 湘南−グッドウィル(平塚)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs所沢 6回戦 5月15日(火) 平塚球場 18:00

           <結 果>           R H E
            
所 沢010 012 000  8 2
            
湘 南400 001 00×  12 1 湘南4勝2敗
               (勝)稲嶺1勝0敗
               (S)岡本2S
               (負)木村0勝2敗

         <継投>湘 南 秦(5)     所 沢 木村(6)
                 吉川(2/3)         山本(1 2/3)
                 稲嶺(1/3)         西川(  0/3)
堤内(2)          東 ( 1/3)
                 松家(1/3)
                 岡本(2/3)
<本塁打> (所沢)江藤2号ソロ(2回表)

<アンパイヤー・記録員>
PL・萩原達也 1B・敷田直人 2B・村山太郎 3B・原信一朗 記録員/新向井秀廣

         <試合時間>3時間31分(18:00〜21:31)
         <観 衆> 640名 ※中学生以下 無料

    <試合経過>多分に酔っ払っていますので,ご参考まで・・・・

      1回表 所沢(投手・秦)     1回裏 湘南(投手・木村)
        8柴 田 遊ゴロ         6石 川 振K
        4 原  右安          9下 窪 左安
        7高 山 振K          7下 園 右安
          +原2盗死          3呉 本 遊E<得点1>
                         4北 川 左安
                         8河 野 振K
                         5内 藤 中2安<得点3>
                         2斉 藤 振K

      2回表 所沢           2回裏 湘南
        5中 村 四飛          1 秦  右飛
        9貝 塚 投ゴロ         6石 川 遊ゴロ
        3江 藤 左HR<得点1>    9下 窪 右安
        2上 本 振K          7下 園 振K

      3回表 所沢           3回裏 湘南
        6黒 瀬 振K          3呉 本 中飛
        1木 村 四球          4北 川 右2安
        8柴 田 振K          8河 野 左安
        4 原  右安          5内 藤 見K
        7高 山 中飛          2斉 藤 投ゴロ

      4回表 所沢           4回裏 湘南
        5中 村 三飛          1 秦  見K
        9貝 塚 四ゴロ         6石 川 振K
        3江 藤 中飛          9下 窪 中安
                           ※4球目2塁盗塁
                         7下 園 四球
                         3呉 本 遊ゴロ

    5回表 所沢           5回裏 湘南
        2上 本 右2安         4北 川 振K
        6黒 瀬 中飛          8河 野 四球
        1木 村 振K           ※上本補逸で河野2塁進塁
        8柴 田 中安<得点1>     5内 藤 四直併殺
        4 原  柴田2盗塁死

6回表 所沢(投手・吉川)    6回裏 湘南
        4 原  四球          PH桑 原 右安
        7高 山 右安          PH木 村 投飛 バント失敗
        5中 村 左安<得点1>     6石 川 四球
        9貝 塚 四球          9下 窪 三E<得点1>
        3江 藤 遊ゴロ併殺<得点1>  7下 園 三ゴロ
            (投手・稲嶺)
        2上 本 右飛

      7回表 所沢(投手・堤内)    7回裏 湘南(投手・山本)
        6黒 瀬 四ゴロ         3呉 本 中安
        PH赤 田 五E           ※代走 西崎
        8柴 田 四ゴロ         4北 川 五邪飛 バント失敗
        4 原  四ゴロ         8河 野 死球
                         5内 藤 四ゴロ併殺

      8回表 所沢           8回裏 湘南
        7高 山 遊ゴロ         7桑 原 四飛
        5中 村 中飛          6木 村 右安
        9貝 塚 五邪飛          ※木村2塁盗塁
                         2武 山 振K
                         9下 窪 左安
                         PHミツル(投手・西川)
                         PH新 沼 四球
                             (投手・東)
                         8西 崎 五ゴロ

      9回表 所沢(投手・松家)    9回裏 湘南×
        3江 藤 遊ゴロ
            (投手・岡本)
        PH銀仁朗 振K
        6黒 瀬 右安
        PH内 田 四ゴロ

『雑 感』
 時間に余裕があったので,ホーム突端の改札口を抜けて,徒歩で一直線の道を歩いて球場まで。球場前の「パイロット工場」のバラが綺麗に咲き誇っていました。春は桜,今の時期はバラの垣根と,この工場の美環境はなかなかなものです。
 開門待って場内へ入り,まずは生ビールで一憩してから名物のそばたぐりまた生ビールと,今年もお馴染みのコースを経由して,まだガラガラのスタンドへ。ココは走り回り,ふざけ合う悪ガキから少しでも逃れるために,なるべく通路から離れて座ることをお勧め致します。
 19歳の木村を37歳の江藤が1塁で守り,石井貴もニラミをきかせているから,所沢は懐が深いチームである。立ち上がり高めに浮いていた球を打たれて4点とられるも,さすがは鳴り物入りで,以降はスライダーが冴えて三振を奪うは上手く引っ掛けさせて打ち取る流れ。上本のリードが今一つ冴えなかったのが残念,ココは銀ちゃんを起用して欲しかったのが多くの来場者に共通していたのでは。石井組にでも草鞋脱いで,じっくり育って欲しい逸材には間違いない内容でした。
 中5日のローテーションで登板の湘南秦は,江藤に失投した以外は要所をしめた内容で,確実に上への階段を歩んでいる印象でした。本来ならば関内チームに帯同しているはずの選手,出遅れを取り戻せば我々の目の前からはすぐに消えるでしょう。
 逆に,我々湘南組の前から当分離脱できない男が吉川!なんとまあ,今日は格別に不貞腐れマウンドでした。ストレートの四球に連打,再びストレートの四球で満塁。江藤が完全に打ち損じしなければ,平塚の空に満開の五右衛門花火が上がる所でした。来場の彼を良く知るご常連からも「おやおや・・・大分頭に来てますね」と感想が漏れるほど,今日の吉川は悪い状態でした。素人が見ていても手投げの状態がわかり,戦意もなにも感じられない姿でした。彼も別の意味で,横山か石井貴に弟子入りして,心臓にたっぷりと毛を生やす極意を伝授して欲しい。いつも悪口並べますが,棒ラーメン同様に吉川には期待しています。
 試合はその吉川がご丁寧に同点にした裏,4安打と絶好調の下窪がエラーを誘い湘南が再リード。稲嶺ー堤内ー松家(まつか)ーヨイショ岡本が抑えて逃げ切りました。稲嶺は4球で勝ち投手。ここに来てようやく湘南は投打が噛み合って,負ける気がしない所まで調子を上げてきたと感じたのです。

 この日はソーラン節のダンスが披露され,100名もの老若男女の踊り手がグランドで鳴子ならしての見事なパフォーマンスを見せてくれました。ファールボールプレゼントじゃんけん大会を試合後球場正面で行っていたケチャップさん,最後の最後まで来場者のために奮闘してくれました。これからますますイベントが多くなる球場へ,皆様もお遊びください。
 会社帰りに駆けつけたWIZさん,湘南所沢ファンの皆様,お疲れ様でした。ところで,いつも横須賀スタジアム3塁側で応援していた所沢応援団のお姉さんお兄さんはどうしていらっしゃるのでしょうか?さみしい限りです。


2007年 5月13日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(千葉マリンスタジアム)報告者:WIZさん

5/13(日)イースタン・リーグ公式戦 千葉ロッテ−湘南6回戦 千葉マリンスタジアム(18:15開始)

審判:PL有隅、1B本田、2B原、3B敷田
記録員:生原
観客数:1000名はいたと思います。

【スコア】
湘 南 200000000 
ロッテ 000000010 

【投手継投】
湘  南 ○高崎(7回)−稲嶺(1/3回)−松家(2/3回)−S岡本(1回)
ロ ッ テ ●手嶌(71/3回)−松本(1/3回)−神田(1/3回)−内(1回)

【得点経過】
1回表(湘) 一死2塁で下園、ライトへ2ベースタイムリー(1点)
      二死3塁で北川、ライトフェンス直撃の2ベースタイムリー(1点)
8回裏(ロ) 一死1・3塁で根元、センターへ犠牲フライ(1点)

成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 河野  右飛  見振  右3    空振       410000200
1B
RF 下窪  左安  見振  三ゴ    中2       420100100
LF 下園  右2  四球  左飛    空振       311100110
1B 呉本  一ゴ  空振    三飛  左安       410000100
R 西崎                         000000000
CF
2B 北川  右3    中飛  一ゴ  三飛       411000000
DH 新沼  二ゴ    左安  中飛    三飛     410000000
3B 内藤    空振  二ゴ    二ゴ  二安     410000100
C 武山    見振  右飛    中飛  遊飛     400000100
SS 木村    左飛    空振  一ゴ  空振     400000200
※1回、一死1塁で手嶌ボーク。1塁走者2塁へ。
※4回、一死1塁で内藤の当たりはセカンドゴロ。4−6−3の併殺狙うも根元が
 ファーストへ悪送球で二死1塁に。

<千葉ロッテ>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
CF 角中  遊失    空振  中安  二ゴ       310000100
3B 渡辺正 三併    空振  四球           200000110
H 平下                右安       110000000
3B 細谷                         000000000
SS 根元  左飛    空振  二併  中犠       301000100
DH 田中雅   投失    中飛  二ゴ投ゴ       300000000
RF 大松    一飛    左安  三ゴ  三飛     410000000
C 金澤    二ゴ    四球  中安         210000010
H 青松                  空振     100000100
1B 神戸      中飛  右飛  四球         200000010
H 定岡                  三ゴ     100000000
LF 佐藤      中安  中飛  遊ゴ         310000000
2B 早坂      一ゴ    空振  四球       200100110
※1回、無死無塁で早坂の当たりはショートゴロも木村がファーストへ悪送球。無死1塁。
※2回、無死無塁で田中雅の当たりはピッチャーゴロも高崎が弾いてエラー。無死1塁
※2回、無死1塁で大松の当たりはファーストライナー。田中雅が飛び出して併殺。
※3回、一死1塁で佐藤が牽制死。


【投手成績】
<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
○高崎   7  26  4 3 4 0 0
 稲嶺   1/3  2  0 1 0 0 1
 松家   2/3  3  1 0 0 1 0
S岡本   1  3  0 0 1 0 0

<千葉ロッテ>
      回  打  安 四 三 失 自
●手嶌  71/3 29  6 1 7 2 2
 松本   1/3  1  0 0 1 0 0
 神田   1/3  2  0 0 1 0 0
 内    1  4  1 0 1 0 0


【選手感想】
<千葉ロッテ>
■手嶌智(ロ)
 負け投手になりましたが投球自体に問題点は特に無かったと思います。
 初回起ち上がりこそ球が甘めに入り長打を打たれ先制を許しましたが、以降はきちんと修正をして
 2、3回は三振を量産。全く危なげなく8回途中まで力投しました。
 不調が続く浦和投手陣の中でこの日の彼の好投は今後に大きな期待をもたらせてくれるものと
 思いたいですね。

■佐藤賢治(ロ)
 横須賀での闘志ある守備にすっかり惚れ込んでしまいました逸材。
 この日はスタメン出場しフルイニング出場。守備こそ無難にこなしておりましたが、
 打撃では再三の得点機会に打席が回るも高崎の前に格の違いを見せつけられ凡退と
 残念な結果に終わりました。見ているだけで野球センスの良さを感じますので、どんどん実戦を
 経験させてほしいと思います。頑張れ!

<湘南>
■高崎健太郎(湘)
 一軍降格後初先発となったこの日はとにかく低めに球が集まり4回以外は常に走者を置くことに
 なりましたが、それを併殺、牽制死など粘りの投球を見せ浦和打撃陣にホーム生還を許しません
 でした。走者を出しても点を取られる雰囲気が全く無く安心して彼の投球を見れました。
 球威も開幕戦の頃と比較すると幾分伸びており、二軍では格の違いを見せる投球を見せています。
 一軍は先発ローテの駒が足りないので今度は先発で登板を試してほしいです。
 試合後はファンの声援に応えており、本人もこの日の内容には満足しているように感じました。

■岡本直也(湘)
 1点差と迫られた最終回に抑えとして登板。
 球威ある速球、切れのあるカーブをカモフラージュかと思いますが時折見せる右足を高々と上げる
 フォームを駆使した攻めの投球を披露。特に青松に対しては武山の配球も見事で最後は力ある
 速球で三振に仕留めた場面は圧巻でした。
 この日の彼の闘志は千葉マリンのマウンドで光り輝いていました。
 好調をキープしている彼を見るに、なぜ先日中継ぎ補強で昇格したのが山北だったのか疑問に
 感じます。「経験の差」というなら好調の今、その一軍での経験を与えずいつ経験を積ませるのか?
 同級生の寺原、秦が好投し岡本がリリーフで勝利に貢献する。そんなシーンを早く見てみたいものです。

■下窪陽介(湘)&下園辰哉(湘)
 この日の勝利だけでなく、現在湘南打線を引っ張っているのは間違いなくこの新人2人でしょう。
 上位打線に名を連ね湘南の核弾頭となっています。
 下園はまたまた千葉マリンでの相性の良さを醸し出し、選球眼の良さも光ります。
 下窪は力強いバッティングで新人でありながら28歳という年齢だけに必死さが見ていてよく伝わります。
 反面、彼らに持ち場を奪われている他の外野陣は奮起を促したいところです。


【全体感想】
■試合展開
 湘南は初回、浦和先発の手嶌を攻めて下窪・下園の下下コンビの連続安打で1点を先制。
 さらに北川があわや本塁打というライトフェンス直撃のタイムリーで2点目を挙げます。
 以降は立ち直った手嶌と湘南先発高崎の投手戦へ。
 浦和は8回に高崎の後を受けた稲嶺が先頭の早坂に四球、続く角中はセカンドゴロも
 併殺取れず一死1塁としたところで松家にチェンジ。しかしその松家から代打平下が
 ライト前へ運ぶと根元が犠牲フライで1点差としますが、反撃もここまで。
 9回は岡本が3者凡退に仕留め試合終了。
 湘南は昨年から数えると対浦和戦7連勝となりました。

■幕張情景
 昨日に引き続き同カードは千葉マリンスタジアムの親子ゲームとして開催。
 昨日は「子親」ゲームでしたが、本日は「親子」ゲームで一軍の試合終了後に二軍の試合が
 行われました。一軍の試合が昨日に引き続き延長12回までもつれ二軍の試合開始が
 延びるのでは?終電に間に合うか?と心配しましたが、無事に定刻通り試合が開始されました。

 一軍の試合を観戦された方はそのまま球場に残り、二軍の試合のみ観戦の方は試合終了後
 一軍の試合のみ観戦された方が球場を出るまでしばらく球場外で待つこととなりました。
 一軍の試合後ということで場内の演出がそのまま二軍の試合でも演出されるという
 二軍の試合としては贅沢な観戦となりました。
 浦和はマリーンズサポーターが残り後半戦に入ると大声援を送り若手選手を鼓舞しておりました。

 試合開始前にはなぜか国歌斉唱、守備につく浦和野手陣が少年野球チームの子供たちと一緒に
 守備につくファンサービスを展開。俊足が売りの早坂選手は普通に走っていただけかもしれませんが
 子供たちはどんどん離されていってしまいます。あの子達はプロの凄みを感じたことだろうと思います。
 いい思い出になったことでしょう。

 試合は観戦された大半の方が終電の時間を気にしながらの観戦となったと思いますが、
 それを気にしてか手嶌と高崎のテンポ良い投手戦を展開し21時過ぎに試合が終了。
 無事終電に悠々間に合うご帰宅となりました。

 湘南は15日からグッドウィルとホーム3連戦となります。
 平塚は秦投手、横須賀は北が地元初登板、長浦は山口投手が先発予定です。
 ハマスタでナイターも行われる関係で平塚、横須賀は観客動員がかなり気になりますが
 最低勝ち越して海老名、長浦での山形戦を迎えたいところです。

 キョンさん、そして本日通算何人目かの親族を病院に送り観戦された子連れさんをはじめ
 皆様お疲れ様でした。


2007年 5月13日 イースタンリーグ 巨人−日本ハム(大津皇子山)報告者:いかさん

関西転勤からまもなく1年。日程を見ていると巨人が日本ハムを伴って遠征してくるでは
ありませんか!ということで懐かしいイースタンの面々の成長を楽しみに車で行って参り
ました。会場ではダフ屋に絡まれるなど大変でした。私は事前に前売り券を入手したので
すが、他の方々は読売新聞の販促絡みが多いようでした。(ダフ屋も多分そう)
巨人ファンが多いのかなと思いましたが、日本ハムのプレーにも大きな声援が送られまし
た。アンチが多いのかそれとも日本ハムが大阪の企業だからか?分かりませんが。

巨人応援団はトランペット付の本格的なもの。一方、日本ハムは鎌ヶ谷でいつも見かける
兄ちゃん達が数人頑張っていました。
♪お、お、おざきまさや〜、や〜さしいき・み・は、う・て、みんなのゆ〜め、ま〜もるため〜

…懐かしかったです。もっとも事情を知らない関西のファンからは笑いが漏れていましたけど。

いの一番さん、次回はぜひ関西遠征をお待ちしております。


5月13日(日)北海道日本ハム対巨人公式戦第9回戦(大津皇子山、13時、晴のち曇り、観衆6665人)
                  R H E
日本ハム 000 000 000 | 9 0
巨  人 020 000 00× | 7 1

(日)須永(5回)、植村(1回)、清水(1回1/3)、金森(2/3)−駒居、小山
(巨)深田(7回)、越知(1回)、鈴木誠(2/3)、三木(1/3)−星

勝利投手:深田
セーブ :三木
敗戦投手:須永

盗 塁:亀井(5回)
併殺打:坂本(1回)
失 策:尾崎(2回)
暴 投:須永(4回)

審判:球審・村山、一塁・市川、二塁・深谷、三塁・石山

【戦評】
巨人は2回二死満塁の好機で投手の深田が二遊間をゴロで破る適時打で2点を挙げる
とこれを3人の投手リレーで守り抜き快勝した。日本ハムは巨人を上回る安打を放ち
毎回塁を賑わしたものの、攻めに工夫がなく完封負けを喫した。特に6回の満塁の
好機を逸したのが最後まで響いた。


【打撃成績】
(日)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 G 工藤  500 二ゴ    三飛    二飛    三振    二ゴ
 D 尾崎  410 三振    一直    三ゴ       右安
 F 鵜久森 410 遊安       中飛    一邪飛   三振
 B 木元  400 左飛       二ゴ    遊ゴ    遊ゴ
 C 高口  410    二飛    二ゴ       中安 二ゴ
 H 市川  410    中飛       中安    三振    一直
 E 今浪  410    一ゴ       二ゴ    右安    三ゴ
 A 駒居  300       三振    右飛    三振
  1清水  000
  1金森  000
  H渡部  000
  H佐藤  110                         右安
 @ 須永  220       左安    左安
  1植村  000
  H2小山 110                   四球    右安


(巨)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 G3三浦  500 右飛 二ゴ    遊飛    遊ゴ    右飛
 D 寺内  410 右安    左飛    遊ゴ    遊ゴ
 E 坂本  300 三ゴ併   四球    右飛    二直
 H 亀井  300    中飛 補邪飛   四球    遊ゴ
 B 小田嶋 110    四球 左安    四球       四球
  R8松本 000
 F 田中  400    三振 二ゴ    三振       補飛
 C 岩舘  430    左安    遊安    中飛    左安
 A 星   210    三失    二ゴ    右安    四球
 @ 深田  312    中安    左飛    補犠打
  1越知  000
  H伊集院 100                      三ゴ
  1鈴木誠 000
  1三木  000

【投手成績】
(日)  回  打 安 三 四 失 自
●須永  5  24 5 2 4 2 2
 植村  1  4 1 0 0 0 0
 清水  11/3 7 1 0 2 0 0
 金森   2/3 2 0 0 0 0 0

(巨)  回  打 安 三 四 失 自
○深田  7  28 6 5 1 0 0
 越知  1  4 1 1 0 0 0
 鈴木誠  2/3 2 0 0 0 0 0
S三木   1/3 3 2 0 0 0 0


【注目選手】
■須永英輝(日本ハム)
1年ぶりに見ましたがよくありませんでした。腕が振れていないから捕手のかなり手前で
ワンバウンドになってしまい、配球に苦労する内容。打っては三遊間を破る2安打を披露
したが本職でもっとアピールして欲しかったです。ボール先行で見るべきところはありま
せんでした。

■尾崎匡哉(日本ハム)
1年ぶり。尾崎らしいイージーゴロを後ろに弾く失策まで披露(笑)。でも守備は大分
うまくなりました。体もしっかりしてきた感じがします。高校出たてのひょろひょろの
頃からすると見違えるようです。

■高口隆行(日本ハム)
初回寺内の当たりをトンネル。失策と思いきやヒット。イレギュラーしたんでしょうか
スタンドからはそうは見えませんでしたが。

■鵜久森淳志(日本ハム)
成長したところを見たかったですが…。特に目に留まるプレーはありませんでした。


■深田拓也(巨人)
初観戦ですが左腕にしてはなかなかの制球力に感心しました。2回の適時打ですが狙った
ヒットです。2アウト満塁1−2の場面、当然「待て」かと思ったのですが打って出てフ
ァール。もう一球ファールにしたあと、ヒットを打ちました。制球に苦しむ須永で満塁の
場面でしたから直球以外投げることは考えにくい場面でしたが、それにしても見事でした。
また、6回の犠打も上手でした。

■三浦貴(巨人)
野球センスの塊のような選手だけに気になる選手ではあるのですが、万能ゆえに得意な分野
が限られている選手にも思えます。このまま巨人の2軍に置いておきシーズン終わりにち
ょっと昇格するだけの選手ではないはず。実に勿体無い気がする。

■岩舘学(巨人)
ファームではレギュラーですが早く抜け出したい。きょうは猛打賞。特に2回には変化球
の曲がりに合わせて腰を落としながら打つ芸術的な安打を披露。ああいう打ち方が出来て
くると率も上がります。

■三木均(巨人)
今はファームの抑えをやっているのですね。ただ、きょうは高めに球が上ずって若干
危なかったです。ラストバッターが元気のない工藤で助かった?


2007年 5月12日 社会人野球広島大会(予選Aグループ) 広島−伯和ビクトリーズ(広島市民球場)報告者:いの一番さん

5月13日(日)
社会人野球広島大会 予選Aグループ
伯和ビクトリーズ−広島東洋カープ(広島市民球場)

第46回社会人野球広島大会は、5月11日から15日まで12チームの参加により行われた。
試合方式は、まず3チームずつ4つのグループにわかれてリーグ戦を行い、
各グループの1位チームが決勝トーナメントに進むというものである。
カープのいるAグループには他に伯和ビクトリーズとツネイシホールディングスが入ったが、
このうち伯和は昨年の優勝チームであり、各大会で好成績を挙げている実力のあるチームである。
カープ、伯和とも大方の予想どおり、やや力の劣るツネイシを下してこの試合を迎えた。
勝った方が決勝トーナメント進出となる大事な一戦は、14時48分に開始された。

000300000
000002000

勝:石丸 S:石渡 負:齊藤
本:山本芳A(車)
審判:PL村崎 1B都間 2B原 3B村上
観衆:約500人
試合時間:2時間42分
入場料:無料(公式パンフレットを400円で販売)

(投手成績)
    回   打 安 振 球 責
石丸  5  20 5 3 2 0
車    2/3 4 1 1 2 2
石渡  31/3 12 1 3 1 0
…………………………………………………
齊藤  6  28 4 3 7 3
上野  1   3 1 0 0 0
佐竹  2   7 0 3 1 0

(試合経過)
△1回表
先頭の生野がストレートの四球で出塁し、津田の送りバントで二塁へ。
西川はストレートの四球で一死一、二塁。しかし山田は初球を引っ掛けて三ゴロ併殺打。
▼1回裏
中谷が三振の後、山田中前打、尾形の右前打で一死一、三塁。しかし吉田は一邪飛、山本芳は左飛に倒れる。
△4回表
西川の左前打、山田の中前打で無死一、二塁。田中の三塁線への送りバントは絶妙の位置に転がって安打となり無死満塁。
池田への二球目はユニフォームをかすめる死球となり、押し出しで伯和が先制。
遠矢は遊飛、宮田は浅い左飛に倒れ二死満塁となったが、永森が左前打を放ち二者生還、3−0となる。
なおも二死二、三塁と伯和のチャンスが続いたが、生野は遊直で攻撃終了。
▼4回裏
尾形が中前打で出塁。続く吉田の打球は石丸の頭上をワンバウンドで超え中前打かと思われたが、
石丸がジャンプして好捕、1−6−3の併殺となる。山本芳は中飛。

▼5回裏
末永が四球で出塁。山崎の二ゴロで末永は二封。上村と山本翔が連続して中前打を放ち、カープは一死満塁のチャンス。しかし中谷は見逃し三振、山田は左飛で得点できず。
△6回表
永田は三ゴロ、遠矢は中飛で簡単に二死となったが宮田、永森が連続四球で出塁。しかし、生野は右飛。
▼6回裏
伯和の投手が車に交代。
尾形が四球で出塁したが牽制球でタッチアウト。吉田が四球の後山本芳がレフトへ本塁打、
カープにようやく得点が入り、3−2となる。末永が三振になったところで投手が石渡に交代。
石渡は山崎を三振に討ち取る。
▼9回裏
山本芳が中前打で出塁したが末永は二ゴロ、山崎は三振で簡単に二死となる。
上村の死球で二死一、二塁としたが、甲斐は右飛で試合終了。

(選手評)
■石丸和樹(伯和)
右オーバーハンドの速球投手。走者を二度三塁まで進めたが、力のある球でカープ打線を抑え込んだ。
4回裏に吉田の打球を好捕したフィールディングもすばらしかった。

■石渡大介(伯和)
右サイドハンドからキレのいい球を投げる投手。3月の交流戦では2失点したが、
この日は気迫あふれる投球で、カープ打線を1安打に抑え込んだ見事は投球だった。

■永森達也(伯和)
主将を務める右投左打の内野手。4回に放った左前打が結果的に決勝点になり、守備も堅実にこなして勝利に貢献。

■齊藤悠葵(カープ)
飛躍を期待された2年目のサウスポーが苦しんでいる。
カーブがすっぽ抜けてボールになる場面が目立ち、制球難で7四死球。
いただけないのは、そのうちストレートの四球が4つで、さらにうち3つは左打者に対してのものだった。
新聞の本人のコメントでは「ボール球が続いたのは精神的な問題だと思う」となっていたが、
ならば、精神面をしっかり鍛えて早く1軍のマウンドに上がってもらいたい。

■尾形佳紀(カープ)
2安打を放ちプロの貫禄を見せたが、6回裏に牽制死したのは痛かった。
相手投手はあまり調子がよいとは言えなかっただけに、大きなリードを取らず、後続の打者に期待するべきだった。

■中谷翼(カープ)
5回裏一死満塁の場面で見逃し三振に倒れる。ボール気味にも見えたが、
この日の球審のストライクゾーンは広めなのはわかっていたはずで、振りに行ってほしかった。

■山本芳彦(カープ)
チーム唯一の得点となる本塁打を放つ。今季はまだ1軍出場できていないが、
内外野どこでも守ることができるので、打撃をアピールして昇格を狙いたい。

(大会のその後)
カープを破った伯和は勢いに乗り、準決勝ではJFE西日本に3−0、決勝では三菱重工業広島に13−4
(7回コールド)で勝って、2年連続2回目の優勝を果たした。
最優秀選手には伯和の宮田孝也捕手が選ばれた。


  ■掲示板@2軍愛■