【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2007年 7月 1日 イースタンリーグ ロッテ−巨人(ロッテ浦和)報告者:マリンライナーさん(HP:いすみマリーンズ

川崎ジャイアンツ 000401000 
浦和マリーンズ  300000000 

G:○福田聡志(6 2/3)−山口鉄也(1 1/3)−S真田裕貴(1)
M:●大嶺祐太(5 2/3)−浅間敬太(1 1/3)−木興拓哉(1)−黒木知宏(1)
球審:石山智也 一塁:萩原達也 二塁:村山太朗 三塁:木内九二生
観衆 筆者目算で6000人前後?

        1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二三)円谷英俊 二飛  二ゴ  一ゴ  左飛
(三) 古城茂幸 左安    中安中飛
打二 岩舘 学               四球
(遊) 坂本勇人 三振    三ゴ  中安  中飛
(一) 三浦 貴   三振  右2  右安  四球
(左) 小関竜也   右安  二ゴ  一ゴ  左飛
(指) 小田嶋正邦  三振  右安  三振  左飛
(右) 田中大二郎  遊ゴ  右本  三振    左飛
(捕) 星 孝典     右飛投ゴ    左安  遊ゴ
(中) 松本哲也     右飛  中飛  捕ギ  三振

        1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 南 竜介 右安中安  右飛    右飛  三振
(遊) 早坂圭介 左安三ギ    二ゴ  左2
(指) 細谷 圭 左安中飛    三振  三振
(右) 角中勝也 左2  遊ゴ  三振  投ゴ
(一) 神戸拓光 中安  二安    右飛  三振
(捕) 金澤 岳 三振  二ゴ    死球
打捕 青松敬鎔               遊ゴ
(三) 新里 賢 捕ゴ  右飛    三ゴ  三振
(二) 定岡卓摩 三振    三振  左安    三振
(左) 佐藤賢治   遊ゴ  遊ゴ  投ゴ
打  藤井宏海                 遊ゴ

10時ちょっと前に茂原駅に着いてみたら、無料シャトルバスが出ていて、15分で長生の森公園野球場に到着。
両翼98m,中堅122mとマリンなみの広さで、内野はクレー舗装、外野天然芝。
スタンド収容人員は内野席1400人(ベンチ席)1700人(コンクリート席)外野芝生席5900人と公称9000人だったが、11時の開門後入場に手間取ったものの、内野席はあっという間に満席もこれ幸いバックネット裏に空席があったのでそこに陣取り、外野芝生席はレフトスタンドに空席があったくらいでライトスタンドはほぼ満員。レフトスタンドではジャイアンツ応援団が陣取り10数名、ダンマク4枚、鳴り物あり!ライトスタンドでのマリサポは各自鳴り物なしのアカペラ応援で神戸選手のダンマクあり。マーさまファミリーとともにM☆Splashが6名来ていた!スコアボードは得点経過が磁気反転式だが選手表示がパネル貼りって…。
浦和マリーンズは、満を持して大嶺祐太先発!!
1回古城盗塁失敗もあって打ち取るとその裏、ナンちゃん@南竜介・早坂・細谷3連打で無死満塁。角中先制2点タイムリーツーベース!神戸センター前タイムリー!
大嶺3回まで2安打2奪三振好投も、4回三浦貴・小田嶋タイムリーで1点差。
田中大二郎ライトへ特大2ランを打たれ、5回三者凡退も、6回ワイルドピッチで失点。
小田嶋を三振に打ち取ったところで浅間に交代。浅間のピッチングをナマでみたのはおととしの鹿児島キャンプのフリーバッティング登板以来でしたが、田中を三振に打ち取り、7回安打を放った星けん制アウトもあって好投。
8回登板の木興は2つフォアボールを出すなどいまひとつであったが、
9回ジョニー登板!!
最後松本を三振に打ち取った瞬間の叫び声が聞こえたくらい、気迫がこもっていた。
吉井さんを獲るのもよいが、ジョニーの一軍復帰も選択肢に入れてほしいものだ。
大嶺は、ねぇ…。4,6回を除けば内容はよかったし、まだまだ力まかせのピッチングをしている気がしてならないのでそこらへんが修正課題ではないかと。
打線は2回以降打てなさそうで、3投手に10奪三振喰らうのはいかがなものかと。
筆者宅から一番近い球場でもあり、イースタンの茂原開催は大成功だったので、
来季以降も継続を!


2007年 6月27日 ウエスタンリーグ 中日−広島(ナゴヤ)報告者:ドアラマニアさん(HP:中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪
2007年 6月28日 ウエスタンリーグ 中日−広島(ナゴヤ)報告者:ドアラマニアさん(HP:
中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪

6月27,28日のナゴヤ球場でのドラゴンズvsカープ戦

この2連戦は去年までドラゴンズに在籍していたアレックスが、
カープの選手として調整試合で出場していた。
ドラゴンズファンから大変大きな声援があり、
ナゴヤでのアレックス人気を再確認した2日間。

簡単な選手寸評
6月27日

■藤井淳志(中)
 すっかり1軍定着?してきた藤井が、
調整のために久しぶりに2軍の試合に出場。
1軍選手としての貫禄を見せつけ、
5打数3安打2得点2二塁打の活躍(^^)V
落合監督の視察効果なのか、
今日の藤井は徹底した右打ちやセーフティーバントなど、
1軍でのスタメン出場のない鬱憤を晴らすかのごとくハッスル。

 最近の中日スポーツで記事になっていた藤井の打撃改造について。
第1印象は「それ福留じゃん!!」
前までの藤井は構えてからスイングするまでは、
バットを立てた静止状態(グリップは胸の位置)から、
足を上げてタイミングを取って打ちにいっていた。
それが今日見た打撃フォームでは、
足を上げるのは一緒だがそれまでの過程がずいぶん違う。
バットのグリップを始めから顔の高さ持っていき、
なおかつバットは顔よりも後ろの位置(捕手方向)。
それから左足(投手側)と、バットを回すように動かして、
タイミングを取るようになった(要するに福留コピー?)。

■鈴木将光(広)
 2005年ドラフト1位の鈴木将光。
高校通算60本以上で長距離打者だと思っていたが、
コンパクトにおっつける打撃を見ると、
1,2番タイプの中距離打者なのかな。
ドラゴンズの平田と同じで、
今年が実質1年目の選手なので、
とにかくケガの再発だけは気をつけて欲しい。
この27,28日の2日間は浅井コーチが付きっ切りで打撃指導。
肩、足はいいだけに打撃に目処が立てば…


6月28日
■堂上剛裕(中)
 1軍ではスタメン出場も果たした堂上剛@堂上兄弟の兄。
昨日6月27日の試合では、
体が突っ込みボール球を振る悪い癖が出ていたが、
今日はどうだったかと言うと…
1打席目はボールをよく選んでの四球。
2打席目はアウトコースのストレートを、
軽く逆方向に流す打撃でレフト前にヒットに!
3打席目は初球のインコースのストレートを、
センター前に弾き返すヒットに!

 打者としてはごく当たり前のことなのかもしれないけど、
打者堂上剛について特に当てはまることがある。
それはファーストストライクを振れるか?(空振りでもファールでもいいので)
またボール球に手を出さないか?(低めの変化球と高めの釣り球)
今の堂上剛についてはこの2つをクリアできれば、
その打席は高確率でいい結果が生まれると思えるほど、
打席での雰囲気がいいねぇ。

■会沢翼(広)
 2006年高校生ドラフト3順目の、
高卒1年目のルーキー会沢。
ドラゴンズの春田の後輩にあたる水戸短大付属出身。
19歳とは思えない捕手らしいガッチリした体型。

 昨日6月27日には9回に代打で打席に立ち、
ドラゴンズの斎藤からレフト前にヒットを放つ!
今日はスタメンマスクを被り2打席立ったが、
残念ながらヒットは出ず…
ただ2打席ともなかなかいい当たりで、
しっかり振り切ることができていた打者なので、
これから楽しみな存在ではある。

 一方、守備についてはワイルドピット、盗塁されるなど、
まだまだ時間が掛かりそうな印象を受けた。
特にイニング間のセカンドへの送球を見ると、
ワンバウンドなどのコントロールの乱れが数多く見られた。
まぁ高卒1年目で捕手がスタメン出場すると言うだけで、
すごいことなんだと思うけどね、ドラゴンズの福田を見ていると。
2006年の高校生ドラフトでは、
福田、橋本、会沢、高森、伊集院、土井と、
多くの捕手が指名されたのでこれからどうなるか楽しみでもある。


詳しい写真や動画などは当ブログでどうぞ。


2007年 6月30日 イースタンリーグチャレンジマッチ 日本ハム−フューチャーズ(鎌ヶ谷)報告者:しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記

試合開始早々、フューチャーズから参加の小山桂司が自打球で負傷し、登録野手が10人しかいなかったフューチャーズのDH制が解除されてしまうという展開に。
もちろん、ルールを事前に確認していれば特別ルール5でいくらでも対応できるのですが、せっかくのチャレンジマッチなのに投手の打席を見なければいけなくなってしまいました。紅白戦のように指名打者の交代(今回の例だと小山のところに山本大が入ってDHに)を明記してもいいんじゃないかと感じました。
なお、高森勇気選手は特別ルール4に基づいて9回に代打で再出場しています。

http://www.npb.or.jp/challenge/2007rule.html

以下はスコアテーブル等です。

6月30日イースタンリーグチャレンジマッチ(鎌ヶ谷球場)
FT|000 010 000 |
F |000 401 041 |10

FT 染田、●山田裕、末永、深沢、岡本、金森―高森、山本大
F  糸数、○内山、中村、宮本、菊地―駒居
審判 PL萩原 2B石山
観客 400名弱(目視)

フューチャーズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(4) 石橋尚登  4010 二ゴ  投ゴ  左安失 遊飛
(2) 高森勇気  3010 中安  中飛  遊ゴ
 2  山本大明  1000               二ゴ
(5) 吉川元浩  4010 左安    空振右飛    左飛
(7)3山本光将  4020 三併    中安  投ゴ  中安
(9) 中村真人  4020   空振  右安  遊直  右安
(6) 十川孝富  4010   二安  空振  空振  空振
(3) 小山桂司  1000   空振
 1  染田賢作  1000       投ゴ
 1  山田裕司  0000
 1  末永仁志  0000
 1  深沢和帆  1010             二安
 1  岡本篤志  0000
 H  高森勇気  1000                 空振
 1  金森久朋  0000
(8) 下山学   4010   空振    右飛  一邪  中安
(D)7作田啓一  3100     三振  四球  左飛  遊併

         投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
   染田賢作  3   10  36 1 0 2 0 0 0
 ● 山田裕司  1    8  29 5 0 0 0 4 4
   末永仁志  1    3   8 0 0 0 0 0 0
   深沢和帆  2    8  28 1 1 1 0 1 1
   岡本篤志  1    7  29 3 1 1 2 4 4
   金森久朋  1    5  22 1 1 0 1 1 1

鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(8) 佐藤吉宏  5010 右安  一ゴ  右直  中飛  投ゴ
(6) 今浪隆博  4110 左飛    右安四球  二ゴ  左邪
(7) 糸井嘉男  5221 空振    右安一ゴ    空振右本
(9) 金子洋平  3322 二飛    左安  左本  四球四球
(D) 渡部龍一  3111   中飛  左安  空振
 HD 今成亮太  2110               中安遊ゴ
(5) 市川卓   3100   空振  二ゴ  一失  四球
(3) 鵜久森淳志 3001   一ゴ  左犠  右飛  空振
(2) 駒居鉄平  4125     右飛中安  一邪  中本
(4) 高口隆行  4000     二飛遊飛    左飛三ゴ

         投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
   糸数敬作  3   11  47 3 0 4 0 0 0
 ○ 内山雄介  2   10  37 3 0 2 1 1 0
   中村渉   2    7  27 1 0 1 0 0 0
   宮本賢   1    5  12 2 0 1 0 0 0
   菊地和正  1    3  12 1 0 1 0 0 0

■フューチャーズメンバー(数字は本日の背番号)
監督  藤田浩雅(ジャイアンツ:91)
コーチ 金杞泰 (ジャイアンツ:92、一塁コーチ)
    玉木重雄(ジャイアンツ:93)
    宮本栄治(ジャイアンツ:90)
    島田一輝(ファイターズ:69、三塁コーチ)
投手  末永仁志(マリーンズ :40)
    山田裕司(スワローズ :8)
    深沢和帆(ジャイアンツ:80)
    金森久朋(イーグルス :57)
    染田賢作(シーレックス:19)
    岡本篤志(グッドウィル:62)
捕手  山本大明(イーグルス :56)
    高森勇気(シーレックス:51)
    小山桂司(ファイターズ:66)
内野手 十川孝富(ジャイアンツ:49)
    吉川元浩(ジャイアンツ:50)
    石橋尚登(グッドウィル:28)
外野手 山本光将(ジャイアンツ:44)
    作田啓一(ジャイアンツ:48)
    下山学 (ジャイアンツ:76)
    中村真人(イーグルス :58)


盗塁  佐藤 (1回 打者糸井)
    十川 (2回 打者小山)
走塁死 今浪 (5回 打者糸井)
失策  糸井 (5回 打者石橋)
    山本光(6回 打者市川)
残塁  FT8、F4

得点経過
4回裏 無死一三塁から、金子洋がレフト前にタイムリーヒット
 〃  続いて無死一三塁から、渡部がレフト前にタイムリーヒット
 〃  一死二三塁となって、鵜久森がレフトに犠牲フライ
 〃  続いて二死二塁から、駒居がセンター前にポテンと落ちるタイムリーヒット
5回表 一死一塁から、石橋がレフト線にテキサスヒット、糸井が後逸する間に一塁走者作田が生還
6回裏 この回先頭の金子洋が、レフトスタンドに特大のソロホームラン
8回裏 二死満塁から、駒居がバックスクリーン左に満塁ホームラン
9回裏 二死から、糸井が右中間スタンドにソロホームラン


選手寸評

■糸数敬作(日)
そこそこの威力のストレートとコントロールのできるカーブをメインに組み立てて3回で4奪三振もフューチャーズに3安打を浴びる。前に見た吉川より明らかにまとまっているのだが、被安打が多かったのを鑑みるに上がるにはもう一つ「なにか」がほしいところ。

■内山雄介(日)
ための大きいフォームから最終的な腕の出所はスリークォーター。盗塁はされなかったものの、ランナーをおいても「ため」がほとんど変わらないので見ていて不安になる。ただ、変則フォームからずっしりくるストレートは魅力的。

■駒居鉄平(日)
グランドスラムを含む2安打5打点の大活躍。打撃好調の渡部や成長著しい今成に押されめっきり出番の減ってきた駒居ですが、打撃面を大きくアピール。ただ、気になったのが、2塁への送球(投球練習時も)が常に山なりになっていて、もしかしたら肩を故障しているのだろうか。

■金子洋平(日)
イースタンリーグ公式戦でも安打の半数がホームランととんでもないスピードで量産しているが、今日もレフトスタンドに特大の一発を放つ。しかし、注目すべきは長打力でなく四球が増えてきたところ。打率は.240でも出塁率が.400近くなってくれば面白い。

■染田賢作(湘)
投球練習を見て「まるでマスターズリーグの選手のような投げ方」だなぁと思ってしまいましたが(湘南ファンの皆さんすみません)、結果は佐藤にヒット1本を打たれただけで3回をピシャリと抑える。復活してまだ日が浅いということなので、この内容なら十分でしょう。

■山田裕司(ヤ)
前回見たのが代打での出場だったので、野手が10人しかいない今日はもしかしたら野手での出場があるのかなと期待していましたが投手としてのみ出場。投げるほうは散々な出来で最後の高口の当たり以外は打ち取った当たりからは程遠いもの。最初の4連打がすべて引っ張られているというのはさすがに・・・


2007年 6月28日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:外野芝生席さん

2007年6月28日(木)
北海道日本ハム対湘南第10回戦
ファイターズスタジアム

13時03分開始
16時05分終了
試合時間3時間2分

●審判
球審 村山太朗
一塁 市川貴之
二塁 深谷 篤
三塁 萩原達也
記録員 西原稔泰

 000 200 010= 3
 143 110 00x=10
勝:植村6勝1敗
敗:山口4勝4敗

本:グリーン4号(1回ソロ)
  市川2号(3回ソロ)
  今浪1号(初本塁打3回2ラン)
  新沼2号(8回ソロ)

●打者成績
打順位置名前打安点

〇数字は途中出場回

★先攻湘南
1(遊)木村3 0 0
 打 石川H1 0 0
2(右)内川3 1 0
3(三)武山2 0 0
 一 高森E1 0 0
4(一)呉本3 1 0
 三   E
5(指)新沼4 1 1
6(左)西崎3 2 1
7(中)桑原4 1 1
8(捕)黒羽根4 1 1
9(二)梶谷4 0 0

★後攻日本ハム
1(右)糸井3 2 0
2(遊)今浪5 3 2
3(指)グリーン2 1 2
 打指小山D2 1 1
4(一)金子洋4 1 0
5(中)佐藤4 3 3
6(左)鵜久森5 0 0
7(三)市川5 3 1
8(捕)今成5 1 0
9(二)高口3 0 0

●投手成績

★湘南
山口14試合3回打者21 球86 安8 責5
松家25試合2回打者11 球44 安4 責2
堤内9試合1回打者3 球7 安0 責0
稲嶺16試合1回打者5 球20 安1 責0
染田3試合1回打者4 球14 安2 責0

★日本ハム
植村15試合6回打者25 球88 安5 責2
山本8試合2回打者9 球38 安2 責1
糸数9試合1回打者3 球11 安0 責0

ボーク 山口(2回)
暴投 植村(6回)

●失策
黒羽根(2回 高口の犠打をお手玉)
木村(7回 高口の遊ゴロをトンネル)


2007年 6月27日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:熱い男さん

6月27日に行われた、鎌ヶ谷‐湘南9回戦の観戦記です。

 9回戦(27日・鎌ヶ谷・湘南5勝4敗)
  
湘 南 000 150 410  11
  
鎌ヶ谷 005 101 002   9
  (勝)橋本 2勝2敗
  (S)岡本 4勝0敗10S
  (敗)須永 4勝3敗
  (本)金子洋10号(3回・満塁・高崎)、11号(9回・2・岸本)
     渡部5号 (3回・1・高崎)
     下園4号 (4回・1・金村)
     鵜久森5号(4回・1・高崎)
     呉本2号 (7回・2・須永)
     西崎4号 (7回・2・須永)
     桑原2号 (8回・1・須永)
  (審判)市川(球)、木内、村山、深谷(塁)
  (記録員)生原
  (試合時間)3時間25分(13:01〜16:26)

 得点経過
  3回表 1死満塁で金子洋、10号満塁ホームラン
      2死走者なしで渡部、5号ソロホームラン
                   (計5点・鎌5‐0湘)
  4回表 先頭打者・下園、4号ソロホームラン(鎌5‐1湘)
  4回裏 先頭打者・鵜久森、5号ソロホームラン(鎌6‐1湘)
  5回表 2死2塁で呉本、センター前タイムリー
      2死満塁で北川、レフト前2点タイムリー
      2死1・2塁で西崎、左中間2点タイムリー2塁打
                   (計5点・鎌6‐6湘)
  6回裏 1死2・3塁で今浪、レフト犠牲フライ(鎌7‐6湘)
  7回表 無死1塁で呉本、2号2ランホームラン
      2死3塁で西崎、4号2ランホームラン
                   (計4点・鎌7‐10湘)
  8回表 先頭打者・桑原、2号ソロホームラン(鎌7‐11湘)
  9回裏 無死1塁で金子洋、11号2ランホームラン(鎌9‐11湘)

 打撃成績
    湘 南 1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
 (6)木 村 捕邪  ニゴ  投犠三振  ニゴ投直   5  0  0
 (DH)石 川 中安  三飛  三振  左安三振     5  2  0
 (7)下 園 三振    右本             2  1  1
  3 呉 本         中安  左本左安     3  3  3
 (5)武 山 中安    中飛遊失  四球中飛     4  1  0
 (3)新 沼 三振    振逃             2  0  0
  R7 河 野         打妨  投犠  三振   1  0  0
 (4)北 川   ニゴ  右飛左安  ニゴ  左安   5  2  2
 (9)西 崎   三直  左2左2  左本  ニゴ   5  3  4
 (2)斉 藤   二直  三振  三振四球  右安   4  1  0
 (8)桑 原     遊ゴ  三安三振  左本右安   5  2  1
        犠2 盗0 残8 併1         41 15 11

    鎌ヶ谷 1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
 (6) 陽  遊ゴ  三振投ゴ  一犠  三振     4  0  0
 (5)今 浪 左2  左安右安  左犠  右飛     4  3  1
 (3)ジョーンズ
        右飛  左安三振  三振         4  1  0
  3 小 山                 中安   1  1  0
 (7)金子洋 四球  左本  三ゴ  四球  左本   3  2  6
 (8)糸 井 左飛  中飛  右飛  中安  遊飛   5  1  0
 (2)渡 部   三ゴ左本  中安  三振  中安   5  3  1
 (DH)グリーン  左飛                 1  0  0
  HD 佐 藤     三振  中飛  捕飛  遊併   4  0  0
 (9)鵜久森   三振  左本  中安中安       4  3  1
 (4)高 口     中安三振  投安  左邪     4  2  0
        犠2 盗0 残7 併0         39 16  9

 投手成績
    湘 南 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 自責
    高 崎  4   80 21  8  1  5  6
  ○ 橋 本  2   27  7  3  0  1  1
    松 家 0.1  12  2  1  1  1  0
    山 北 0.2   5  2  1  0  0  0
    吉 原  1   11  3  0  0  1  0
    岸 本  0    8  2  2  0  0  2
  S 岡 本  1    8  3  1  0  0  0

    鎌ヶ谷 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 自責
    金 村  6   95 26  8  0  8  2
  ● 須 永  2   47  9  5  2  1  5
    伊 藤  1   23  6  3  0  1  0

 備考 捕逸…渡部(4回・新沼の5球目、振り逃げを許す)
    失策…陽(5回・武山のゴロをはじき、一塁に送れず)
渡部(5回・河野への打撃妨害)
    打撃妨害…渡部(5回・河野の4球目)
    走塁死…西崎(5回・二塁打を打った後、二・三塁間に挟まれタッチアウト)
        金子洋(7回・鵜久森のヒットで本塁憤死)
    盗塁死…斉藤(7回)


湘南はこの前日まで7連勝。あっという間に同率4位に順位を上げ、イースタンリーグの台風の目になってきました。26日の鎌ヶ谷との対戦を延長戦の末に制し、対鎌ヶ谷の対戦成績を五分に戻して臨む一戦となりました。
一方鎌ヶ谷は、6月に入って獲得したミッチ・ジョーンズ内野手が来日初出場。グリーンとともにスタメンに名を連ねます。さらに先発投手は金村と超豪華メンバー。湘南の先発が、試合前の時点でリーグの防御率トップを走る高崎ですから、「今日は締まった試合になるぞ」と思われたのですが、フタを開けたらとんでもない試合になりました。

先に崩れたのは高崎でした。3回に金子洋の満塁アーチで先制を許すと、1死後に渡部にもソロを被弾。一挙に5点を失います。4回にも鵜久森にソロを打たれ、結局4回6失点。この日の高崎は投球のテンポが悪く、球のキレも今ひとつ。疲れと暑さで苦しんだでしょうが、ここを乗り切って欲しいところです。
湘南は初回のチャンスを逃し、4回には下園がライトポール直撃のソロを放ったものの、その後の2死2・3塁で加点できず、4回を終わって5点ビハインド。この時点では、いよいよ「連勝ストップ」が現実味を帯びてきていました。
しかし試合は、この後「まさかの展開」を迎えます。5回表、1点を返した後、武山のショートゴロをショート・陽がエラー。河野の打席で打撃妨害があり、連続ミスで2死満塁のチャンス。それでも金村は、続く北川をカウント2‐0と追い込みます。ここで三振でもとっていれば、「さすがエースだ」と脱帽せざるを得ないところでしたが、北川は3球目の外角低目への変化球を軽く合わせてレフト前へ。西崎にも2点二塁打を浴び、湘南がまさかの同点に追いつきます。
5回から登板した湘南・橋本が6回に勝ち越しを許しますが、この日の試合では、1点リードはあって無き様なもの。7回表にまたも「まさか」が待っていました。この回から登板した鎌ヶ谷・須永が大乱調。呉本に弾丸ライナーの逆転2ランを浴びると、二死後、西崎にも2ランを被弾。8回にも桑原にソロを打たれ2回5失点。この日の須永は、あわや暴投という投球が目立ち、明らかに不調なのが見てとれました。
9回表、湘南は2死満塁とだめ押しのチャンスを迎えましたが、木村の打球は無念の投直。4点差で9回裏へ。湘南は岸本をマウンドへ送りますが、荒れた展開の試合はあっさりと終わりませんでした。金子洋にこの日2本目となる2ランを打たれ、岸本は1アウトも取れずKO。前日に続き岡本がマウンドに上がります。
岡本は1死後、渡部にヒットを打たれます。ホームランが出れば同点になる場面、鎌ヶ谷のファンは大きく沸きましたが、その数十秒後、歓声はため息に替わりました。佐藤が初球打ちでショートゴロ併殺打に倒れたのです。湘南は暑いのに薄氷を踏む思いで8連勝を達成しました。

湘南はこの連勝中、相手のミスに助けられるシーンが何度となく見られますが、この日も5回の連続ミスを確実に得点につなげました。金村と渡部のバッテリーからすれば、北川への勝負球の選択ミスが痛かった様に思います。そして、暑さのせいか、両チームとも投手がピリッとしなかったのが2日連続の乱戦の理由です。本格的な夏へ向けて、投手の立て直しは首位争いをする上で重要なポイントになりそうです。


2007年 6月26日 ウエスタンリーグ 阪神−ソフトバンク(鳴尾浜)報告者:大阪部長さん

2007年6月26日 ウエスタンリーグ公式戦 鳴尾浜タイガース−雁ノ巣ホークス11回戦(阪神鳴尾浜球場)

 ・湘南寄りの風が吹いている「2軍愛」掲示板も、ちょっと最近はかすかに雁ノ巣寄りの風も吹き加減(笑)。この日はわがサーパスが休みとあって観戦してみた。

 ・また、ここ3年「交流戦期間中はファームも一軍と同じく限定ユニ着用」という原則を守ってきた鳴尾浜タイガースだったが、この日はナイトゲームで東北楽天−読売(フルキャスト宮城)、横浜−北海道日本ハム(浜スタ)という雨流れゲームが組まれた交流戦最終日。しかし阪神一軍は予定通り、前々日の日曜に交流戦を終えていて…と、微妙な日。さて着ているユニは…鳴尾浜球場前の横断歩道を渡る時に、球場内がチラリと見えた。

 ・ちゃんと、背番号が確認できる(笑)コシノデザインじゃないほう。阪神球団、もう交流戦は終わった、との認識らしい。

スターティングメンバー

鳴尾浜    雁ノ巣
右 庄 田☆ 中 荒 金☆
三 関 本☆ 遊 仲 澤☆
二  坂 ☆ 右 アダム
中 桜 井☆ 三 松 田☆
一 葛 城  一 ブキャナン
左 浅 井  二 吉 本☆
遊 大 和  左 井 手☆
捕 小宮山  捕 山 崎☆
投 能 見  投 倉 野

 ・ホークス一軍も、同じく日曜に交流戦を終了している。両チームとも一軍が試合なしとあって、こちらへ多数メンバーを送り込んできた。スタメンで「☆」の付いている選手が、この日現在での一軍登録者である。雁ノ巣の外国人2人は抹消中なのがご愛敬。

 ・鳴尾浜のダッグアウト、一軍勢を加えてもうあふれんばかり。

審判 主・前田、一・良川、三・福家

(得点経過、攻撃上のポイントなど)
■一回表雁ノ巣 先頭荒金左翼線二塁打、仲澤二ゴロで三進、アダム一飛、松田四球で二死一、三塁も、ブキャナン空振り三振で無得点。

 ・能見の立ち上がり、荒金の二塁打は、ファウルで粘られた9球目のもの。

■一回裏鳴尾浜 先頭庄田三ゴロ(サード松田、横っ飛びでよく捕った)、関本三ゴロで二死も、坂中前打、桜井中堅右への二塁打で坂生還、1点先取。
■二回表雁ノ巣 一死後、井手中前打も、次打者山崎の2−3からの6球目に井手二盗失敗、山崎も空振りしており三振ゲッツー、チェンジで無得点。
■二回裏鳴尾浜 先頭浅井中堅右への二塁打(センター荒金、懸命に走るも追い付けず後逸)、二死後、能見左越え二塁打で1点追加。

 ・「左越え」といっても、レフト井手は能見を完全になめて前に守っており、その頭を抜かれたもの。定位置なら捕れている当たり。井手は打たれた瞬間、ちょっと前進までしていた。

■三回裏鳴尾浜 先頭関本左前打、坂投前犠打、桜井空振り三振で二死二塁、葛城四球で一、二塁、浅井レフト線二塁打で関本生還し二、三塁、大和も左翼へ連続の二塁打で2者生還、ここで藤田コーチがマウンドへ行くも倉野続投、小宮山空振り三振でチェンジも、3点を追加。
■四回裏鳴尾浜 (ピッチャーこの回から2番手高橋秀)先頭能見ストレートの四球、庄田左前打で一、二塁、関本一前犠打で二、三塁、坂中前打で能見生還も、続く庄田は本塁憤死(この間打者走者坂二進)、桜井遊ゴロでチェンジも、1点追加。
■五回表雁ノ巣 先頭吉本右翼フェンス直撃の二塁打、井手遊撃内野安打(二走吉本そのまま)で無死一、二塁、山崎左越え二塁打で吉本生還し二、三塁、代打領健空振り三振も、荒金右犠飛でこの回2点。
■五回裏鳴尾浜 (ピッチャーこの回から3番手神内)先頭代打前田四球、浅井捕前犠打、大和空振り三振で二死二塁、代打上坂中前打で葛城生還、ここまで毎回得点の7点目。

 ・鳴尾浜が打ちすぎ、五回終了は14時27分。2時間近くかかっている。

■六回裏鳴尾浜 先頭関本四球、坂投前犠打で関本二進、桜井の右飛で三進(ライトアダムの緩慢な守備を突いた)も、前田左飛でチェンジ、この試合初めて無得点。
■八回裏鳴尾浜(ピッチャーこの回から5番手川頭) 先頭秀太中前打、庄田一ゴロで秀太二進、関本右前打で一、三塁、坂左前打で秀太生還し一、二塁、桜井中飛(走者そのまま)、中村泰左前打(ショート、レフト、センターが追うもポテン)で関本生還、さらにこの回2点。
■九回表雁ノ巣 先頭ブキャナン中前打(代走城所)、次打者吉本の初球に城所二盗、吉本三直、井手の強烈なライナーをピッチャー中村泰はじき中前へ抜け二走城所生還、山崎左前打で一、二塁、代打高谷右越えのスリーランで3点差に迫るも、後続の2者が凡退、ゲームセット。


2007年6月26日(火) 12時30分〜15時44分
11回戦(雁ノ巣6勝4敗1分け)
雁ノ巣 000 020 004|
鳴尾浜 113 110 02×|

勝利投手 能見(4試合4勝)
セーブ投手 中村泰(5試合1S)
敗戦投手 倉野(14試合3勝2敗)

本塁打 高谷2号スリーラン(雁)九回・投手中村泰

観衆 いつもと同じくらい(300人台後半)


※本年、スコア記録59試合目

雁ノ巣(一塁側先攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
(中) 荒金 久雄 4021 左二    見振    右犠       投安 三ゴ
(遊) 仲澤 忠厚 5000 二ゴ    空振    中飛       二ゴ 遊ゴ
(右) アダム・ハイズデュ4000 一飛       空振    空振    空振
(三) 松田 宣浩 3000 四球       二飛    三ゴ    三ゴ
(一)ブライアン・ブキャナン4010 空振       二ゴ    空振       中安
 走  城所 龍麿 0100
(二) 吉本  亮 3110    右飛       右二    空振
 二  明石 健志 1000                         三直
(左) 井手正太郎 3231    中安       遊安    四球    中安
(捕) 山崎 勝己 4121    空振       左二    空振    左安
(投) 倉野 信次 1000       見振
 投  高橋 秀聡 0000
 打   領 健  1000             空振
 投  神内  靖 0000
 打  金子 圭輔 1000                   空振
 投  竹岡 和宏 0000
 投  川頭 秀人 0000
 打  高谷 裕亮 1113                         右本

※明石の出場…七回裏から

鳴尾浜(三塁側後攻)
          打得安点 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回
(右左)庄田 隆弘 5010 三ゴ 二ゴ    左安 空振       一ゴ
(三一)関本健太郎 3220 三ゴ    左安 一犠    四球    右安
(二三)坂  克彦 3132 中安    投犠 中安    投犠    左安
(中) 桜井 広大 5011 中二    空振 遊ゴ    右飛    中飛
(一) 葛城 育郎 1100 二ゴ    四球
 打二 前田 忠節 1100             四球 左飛
 投  中村 泰広 1011                      左安
(左) 浅井  良 3221    中二 左二    捕犠    中飛
 右  赤松 真人 1000                      三ゴ
(遊)  大 和  4012    空振 左二    空振    左飛
(捕) 小宮山慎二 2000    空振 空振
 打  高橋 光信 0000             四球
 捕  橋本 良平 1000                   二飛
(投) 能見 篤史 1111    左二    四球
 打  上坂太一郎 1011             中安
 投  筒井 和也 0000
 二   秀 太  1110                      中安

※赤松の出場および庄田の守備変更…八回表から

盗塁 城所(雁)九回無死一塁 明石の初球に二盗(捕手橋本良)

盗塁死 井手(雁)二回一死一塁 山崎の2−3からの6球目に二盗失敗(捕手小宮山)←山崎は空振り、三振ゲッツー

投手成績

雁ノ巣   回 数打安振球責
●倉 野  3 60177315
 高橋秀  1 1452011
 神 内  2 39101231
 竹 岡  1 830200
 川 頭  1 2474002

鳴尾浜   回 数打安振球責
○能 見  5 92205712
 筒 井  1 1030200
S中村泰  3 59155414

■ブルペン投球者
雁ノ巣
(死角に座ったため不明)

鳴尾浜
(無人)⇒ 金村大裕 ⇒ 相木崇 ⇒(筒井&)伊代野貴照 ⇒(無人)⇒(筒井)⇒(中村泰)⇒(中村泰&)伊代野 ⇒(中村泰&)吉野誠 ⇒(無人)⇒ 相木 ⇒ 金村&伊代野 ⇒ 金村&伊代野&吉野


2007年 6月24日 イースタンリーグ 日本ハム−楽天(札幌ドーム)報告者:@白にゃんこさん

おつかれさまです!!
本日は年に一度の「お祭り」フレッシュオールスターですね!!
東西問わず、明日のプロ野球界を担う期待の星・成長株の姿を一同に見ることの出来る夢の舞台、ある意味明日の1軍のオールスターよりも(?)楽しみであります。

さて本日は前回予告しておりました、札幌ドームでの鎌ヶ谷・山形戦です。
普段1軍の公式戦は毎週組まれておりますが、鎌ヶ谷まで…となると、行きたい気持ちがある反面、どうしても距離があるのでなかなか見られないというファンも少なくないようで、当日は内野のS指定席なども開放されたこともあり、特に内野側はたくさんのファンが詰め掛けました。
また選手にとっても、この球場でプレーするのだという目標であり、感覚を確かめる格好の場となるのではないでしょうか。


24日 札幌ドーム 13時01分試合開始 6284人
第9回戦 鎌ヶ谷5勝3敗1分け 2時間49分

イーグルス  000 000 001 
ファイターズ 202 010 00X 

<鎌ヶ谷>八木智哉(4回)○植村祐介(14試合5勝1敗、2回)山本一徳(1回)星野八千穂(2回)−渡部龍一
<山 形>川井貴志●川井貴志(10試合7勝2敗、4回)川岸強(3回)富岡久貴(1回)−中谷仁
<審判員>球審:工藤 一塁:山崎 二塁:−− 三塁:鈴木

 イーグルス 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(遊)沖 原 210 遊ゴ  死球  左安
打一 平 石 100               中飛
(中)関 川 320 二安  右安  中飛
 左 竜太郎 110               左安
(一二)山 下 400 三振  中飛    一邪  右飛
(指)吉 岡 300 四球  中飛    遊ゴ  三ゴ
(右)横 川 300 遊飛    三振  三振    四球
(二)山崎隆 400   右飛  左飛    三ゴ  中飛
(三)枡 田 400   三ゴ  二ゴ    左飛
(捕)中 谷 300   三振    三ゴ  三振
 打 森 谷 111                 右3
(二遊)西 村 410     遊ゴ  三ゴ    左安中飛
   合 計 3361

 投手成績 回 打安責
●川井貴志 4 2173
 川岸 強 3 1231
 富岡久貴 1 300


ファイターズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回
(遊) 陽  430 右安左安  遊安  二ゴ
(二)高 口 400 遊失右飛  三ゴ  三ゴ
(中)糸 井 320 四球  右安三振    左安
(一)金子洋 423 一飛  右本  左本  遊ゴ
(捕)渡 部 422 右2  中飛  右安  中飛
(指)小 山 400 三振  三振  右飛  右飛
(左)佐 藤 400 捕邪  三振  右飛    中飛
(右)鵜久森 400   遊飛  遊安右飛    二ゴ
(三)今 浪 400   三振  二直  三振  中飛
   合 計 35105

 投手成績 回 打安責
 八木智哉 4 1620
○植村祐介 2 710
 山本一徳 1 300
 星野八千穂2 1031


<本塁打>
 金子洋 8号(2ラン、川井=3回)
 金子洋 9号(川岸=5回)

<三塁打>
 森 谷(9回)

<盗 塁>
  陽 (1回)

<失 策>
 川 井(1回)

<暴 投>
 川 井(1回)


<試合展開>
普段の鎌ヶ谷を飛び出し、1軍が本拠地を構える保護区域である北海道での山形イーグルスとの2連戦、2戦目。
本日はシーズンシート等も開放されており普段行けないような特等席での観戦も許可(?)
鎌ヶ谷先発は復帰を目指す八木。

1回表
1沖 原 ショート陽正面へのゴロ
2関 川 セカンドへのあたりで、高口が追いついたが関川の足が勝る。
3山 下 内角低め直球が決まり、見逃し三振。
4吉 岡 きわどいコースが外れ四球。
5横 川 ショートへのハーフライナー。

・足早にベンチに引き上げる八木。

1回裏
1 陽  詰まりながらも右方向へ打ち上げ、ライト前へのヒット。高口の初球がワンバウンドする間に一気に三塁に達する。
2高 口 川井正面へのゴロだったが、送球が逸れる間に一塁を駆け抜ける(記録はエラー)
3糸 井 フルカウントから外れ四球。
4金子洋 高く打ち上げ、ファーストフライ。
5渡 部 セカンド頭上を越え右中間突破のツーベース(鎌ヶ谷2−0山形)
6小 山 内角球に空振り三振。
7佐 藤 真上に打ち上げキャッチャーファールフライ。

・先制適時打を放ち、スタンドからの声援に応える渡部。

2回表
6山崎隆 打ち上げてライトフライ。
7枡 田 サード正面へのゴロ。
8中 谷 落ちる球に空振り三振。

2回裏
8鵜久森 打ち上げてショートフライ
9今 浪 ハーフスイングで空振り三振。
1 陽  初球を打ち、三遊間を破るヒット。高口の初球に盗塁成功
2高 口 高く打ち上げライトフライ。


3回表
9西 村 ショートゴロ
1沖 原 死球
2関 川 ライト前に運ぶヒット
3山 下 センターの深い位置だったが糸井が回り込んでキャッチ。
4吉 岡 やや詰まったセンターフライ。

・糸井がキャッチしたボールをスタンドへ投げ入れて大歓声。

3回裏
3糸 井 鋭い当たりのライト前ヒット。
4金子洋 右方向へ高々と打ち上げ、ポール際に吸い込まれる2ラン(鎌ヶ谷4−0山形)
5渡 部 打ち上げてセンターフライ。
6小 山 落ちる球に空振り三振。
7佐 藤 外の変化球に空振り三振。

4回表
5横 川 空振り三振
6山 崎 レフトフライ
7枡 田 セカンドゴロ

4回裏
8鵜久森 ショート深い位置への当たりで、懸命に一塁を駆け抜け内野安打。
9今 浪 鋭い当たりだったが、セカンドライナー。
1 陽  ショート深い位置への当たりで、陽も足が速く内野安打。
2高 口 サード正面へのゴロ。
3糸 井 外よりの球を見逃し三振。

・2番手で地元北照高出身の植村が登場。
<鎌ヶ谷/P植村>

5回表
8中 谷 サード正面へのゴロ。
9西 村 またもサード今浪の正面。
1沖 原 三遊間を破るヒット。
2関 川 打ち上げてセンターフライ。

・山形は2番手山岸がマウンドに上がる。
<山形/P山岸>

5回裏
4金子洋 高々と打ち上げ、今度はレフトスタンドにたたき込む2発目(鎌ヶ谷5−0山形)
5渡 部 ライト前に弾き返すヒット。
6小 山 打ち上げてライトフライ。
7佐 藤 またも打ち上げてライトフライ。
8鵜久森 三度ライトフライ。

6回表
3山 下 打ち上げてフェふとフライ。
4吉 岡 ショートゴロ。
5横 川 内角球に見逃し三振。

6回裏
9今 浪 空振り三振。
1 陽  セカンド正面のゴロ。
2高 口 サードゴロ

<鎌ヶ谷/P山本>

7回表
6山崎隆 サード正面へのゴロ。
7枡 田 打ち上げてレフトフライ。
8中 谷 見逃し三振

7回裏
3糸 井 左中間に達するヒット。
4金子洋 ショート深い位置へのゴロ。
5渡 部 打ち上げてセンターフライ。糸井はタッチアップし三塁へ。
6小 山 伸びがなくライトフライ。

<鎌ヶ谷/P星野>

8回表
9西 村 レフト前ヒット。
1平 石 センターフライ
2龍太郎 四球
3山 下 浅いライトフライ。西村は三塁へ
4吉 岡 サード正面へのゴロで二塁フォースアウト。

・笑顔を見せながら引き上げる星野。

8回裏
7佐 藤 浅いセンターフライ。
8鵜久森 セカンドゴロ
9今 浪 センターフライ

9回表
5横 川 高めに抜け四球。
6山崎隆 センターフライ
7枡 田 落ちる球に空振り三振。
H森 谷右中間を深々と破るスリーベースで、生還(山形1−5鎌ヶ谷)
9西 村 やや詰まったセンターフライでゲームセット。

・勝利のハイタッチをする鎌ヶ谷ナイン。

ヒーローインタビュー(Tvh大藤晋二アナウンサー)
●金子洋平外野手
ファンのみなさま、おひさしぶりメ〜ン!お会いしたかったメ〜ン!!
−ファンの前での一発
気持ちよかったメ〜ン!!
−現在、鎌ヶ谷で取り組んでいることや心境
早くみなさんの前で元気ハツラツとプレーできるよう、力をつけてみんなの前に現れたいと思います。

●渡部龍一捕手
−先制適時打
洋平さんが出たので僕が返そうと、一生懸命打ちました
−ドームの大歓声に
なんまら最高だったべや〜〜!!
−守備でも勝利に貢献。札幌ドームの感想は
スタメンで出たのは初めてだったので、気持ちよかったです。
−1軍活躍を待つ地元ファンへ
これからも毎日結果を残し、1日でも早く1軍でプレーできるようがんばります。応援宜しくお願いします
−洋平からもファンへ一言
頑張ります!!!


2007年 6月24日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:WIZさん

6/24(日)イースタン・リーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ8回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)成績編

審判:PL敷田、1B西本、2B原、3B石山
記録員:西原
観客数:494名

【スコア】
千葉ロッテ 000003000  
湘   南 00000105×  

【投手継投】
千葉ロッテ 大嶺(5回)−黒木(1回)−中郷(11/3回)−●神田(1/3回)−三島(1/3回)
湘   南 秦(6回)−佐久本(2/3回)−岸本(1/3回)−山北(2/3回)−○橋本(1/3回)
                               −S岡本(1回)

【得点経過】
6回表(ロ) 無死無塁で塀内、ライトスタンドへソロ(1点)
      無死2塁で角中、ライト線へ2ベースタイムリー(1点)
      無死1・3塁で金澤、ライトへ犠牲フライ(1点)
6回裏(湘) 一死3塁で内藤、セカンドゴロの間に3塁走者生還(1点)
8回裏(湘) 無死無塁で武山、レフトスタンドへソロ(1点)
      一死2塁で新沼、サード強襲タイムリー(1点)
      二死1・3塁で河野、ショートフライも藤井落球で3塁走者生還(1点)
      二死1・3塁で木村、ライト線へ3ベースタイムリー(2点)


成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<千葉ロッテ>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
LF 平下  遊飛  右飛  空振  三犠  三ゴ     400000100
2B 塀内  空振    二飛  右本左飛         411110100
3B 細谷  四球    中飛  左2投ゴ         310100010
CF 角中    空振  遊安  右2  空振       421100200
1B 神戸    遊飛  空振  右安  遊安       420000100
C 金澤    見振    左飛右犠  投犠       201000100
RF 佐藤      空振  中安四球           210000110
H 南                 中安       110000000
RF
SS 藤井      右安  遊ゴ中飛           310000000
H 青松                  空振     100000100
P 大嶺      空振  四球             100000110
P 黒木                         000000000
H 新里              右安         110000000
P 中郷                         000000000
P 神田                         000000000
P 三島                         000000000
H 定岡                  遊ゴ     100000000
※1回、二死1塁で細谷、盗塁失敗。
※8回、二死2塁で南、センター前ヒットで2塁走者生還も本塁憤死。


<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
SS 木村  四球  捕飛  投犠  二ゴ右3       312000010
2B 北川  投犠  三飛  右飛  空振一ゴ       400000100
3B
LF 武山  空振  二飛    中2  左本       421210100
C
3B 呉本  見振    空振  遊ゴ  二ゴ       400000200
1B
RF 内藤    四球  四球  二ゴ  右安       210000020
R 梶谷                         000101000
RF 桑原                         000000000
1B 新沼    左飛  右飛  右2  三安       421000000
R 石川                         000000000
2B
CF ミツル   四球  中飛  中飛  四球       200100020
C 斉藤    見振    四球             100000110
H 下園              見振         100000100
P 山北                         000000000
P 橋本                         000000000
H 黒羽根               二ゴ       100100000
P 岡本                         000000000
P 秦     空振    投犠             100000100
P 佐久本                        100000000
P 岸本                         100000000
H 河野              中安遊失       110100000
LF


【投手成績】
<千葉ロッテ>
      回  打  安 四 三 失 自
 大嶺   5  20  0 5 5 0 0
 黒木   1  5  2 0 0 1 1
 中郷  11/3  7  3 0 2 1 2
●神田   1/3  3  1 1 0 1 2
 三島   1/3  3  1 0 0 3 1


<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
 秦    6  26  7 3 7 3 3
 佐久本  2/3  3  1 0 0 0 0
 岸本   1/3  1  0 0 0 0 0
 山北   2/3  3  1 0 1 0 0
○橋本   1/3  1  1 0 0 0 0
S岡本   1  3  0 0 1 0 0


試合内容の詳細と感想は後日更新します。
湘南のキョンさん、お気遣いありがとうございます。また昨日は雨天の中応援お疲れ様でした。
残念ながら体調は悪化しましたが劇的勝利の代償ならと割り切って回復に努めています。
明日からの鎌ヶ谷3連戦次第ではAクラス入りというところまで来ましたね!
週末のホーム2連戦(所沢戦)の頃には「首位」という言葉が口に出ること期待したいですね。


【全体感想】
■試合展開
 横須賀初マウンドとなった大物ルーキー大嶺は新人とは思えぬ落ち着いた投球で、5回を投げて
 無安打投球とほぼ完璧な内容でマウンドを降りました。
 湘南先発秦も5回まで走者を許しながら無得点に抑えていましたが6回に捕まります。
 先頭打者の塀内に初球をライトスタンドに運ばれ先制を許すと細谷、角中の連続2ベースで
 さらに1点、金澤の犠牲フライで1点と計3失点を許してしまいます。
 なおも二死2塁としたところで代打南の当たりはセンター前。2塁走者本塁へ突っ込むも、
 センターのミツルが好返球でこれを阻止します。
 追加点ならずもこのリードを守って連敗を止めたい浦和ですが中継ぎ陣が守りきれません。
 6回2番手黒木が1点を失い、8回3番手中郷が武山にソロを浴びて1点差に迫られ、
 4番手神田は新沼にタイムリーを浴び、遂に同点に追いつかれてしまいます。
 二死1・3塁となって5番手三島がマウンドに上がり、河野をショートフライに打ち取りますが、
 これを藤井が落球し逆転。続く木村にタイムリーが飛び出し逆に3点をリードされて最終回へ。
 中井に続き湘南の抑えは岡本が登板。この日は無難に3人で締め湘南は6連勝となりました。

■横須賀情景
 開門と同時に小雨がパラつき、途中止んだものの終盤には本降りとほぼ雨天と肌寒い気候の中で
 試合が行われました。
 昨日の中井ではMC不在でしたがこの日はケチャップさんが参加。
 この日から夏休み企画の「ドリームキッズ」が初日を迎えましたが雨天のためボールボーイの
 サービスのみ中止されました。

 さて試合ですが見るべき点が多い試合となりました。
 まずは何と言っても浦和先発の新人大嶺祐太投手の快投です。
 丁寧にコースを突いた投球を意識していたかのように見えたため制球に苦しんだ感がありますが、
 球威は抜群で湘南打線はほとんど打球が差し込まれ、15個のアウトのうちフライが7個、
 三振が5個の無安打投球で結果に関しては文句なしの内容でした。

 直後の6回に3点を先取したため、湘南サイドとしては今日で連勝ストップかという雰囲気に
 一気に包まれてしまいました。
 しかしその雰囲気を一掃させたのが好投の大嶺の交代と直後の6回裏に1点を返したことでしょう。
 (大嶺は当初から5イニング限定と決まっていたと思います)

 8回裏、先頭の武山が昨日の中井の好調を引き継ぎこの日も素晴らしい飛距離を描いたソロを
 放つと試合の流れは湘南に一気に傾きかけます。そして雨足も強くなりました・・・。
 一死1塁としたところで浦和は神田を投入。その投球練習に入った頃からそれまで無風だった
 スカスタにレフト側から風が吹き始めました。
 雨の中の風だけは勘弁してほしいと頭に来ましたが、この風が湘南にとっては「神風」と
 なるのでした。

 新沼のサード強襲タイムリーで同点とし、なおも二死1・3塁としたところで河野が放った当たりは
 ショートフライ。「同点止まりか・・・」と落下点の藤井を見ていると足元があちこち動き、どうも風の
 影響で落下点が掴めない様子。「まさか!」と思ったその時、藤井が左手いっぱい伸ばしてグラブに
 納めたボールは無常にもポロリと落ちてまさかの落球。
 湘南はまさかまさかの展開で逆転に成功してしまいました。
 一方で打ち取ったと引き返そうとしていた三島をはじめ野手陣はしばし呆然。
 落球した藤井は座り込んだまま立つことがしばらくできませんでした。

 気落ちしたか三島は続く木村にタイムリーを浴びリードを広げられ最終回は反撃することもできず
 試合は終了しました。
 湘南はこれまでの守乱が嘘のように攻守連発。特に6回のミツルの捕殺は大きかったと思います。

 「野球は終わってみないと分からない」。その言葉を改めて痛感した試合でした。
 敗戦ムードから一転しての逆転勝利で連勝を伸ばした湘南はかつての03年の快進撃を
 想像させます。この試合を観戦してその03年にありました武山のサヨナラ押し出し死球の試合を
 思い出してしまいました。
 湘南は鎌ヶ谷戦も勝ち越し、連勝を8に伸ばしました。
 この掲示板さながらイースタンに湘南の風がこのまま吹き続くことができるのでしょうか?


2007年 6月23日 ウエスタンリーグ 中日−サーパス(ナゴヤ)報告者:ドアラマニアさん(HP:中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪

6月23日のナゴヤ球場でのドラゴンズvsホークス戦

ホークスの斉藤和、ドラゴンズの中村紀、荒木が出場すると言うことで、
大変たくさんのファンがナゴヤ球場に駆けつけた。

簡単な選手寸評

■中里篤史(中)
 中里はMAX148キロ、平均140キロ中盤。
最近毎週中里の登板を見ているためか、
あまり書くことがなくなってきたなぁ(^^)
まずは9回3安打6奪三振4四死球の、
プロ入り初の完封勝利おめ(^^)V
前回の登板とは違いは、
ストレートが中里らしくキレて走っていた。
ただ前回同様にストライク、ボールがハッキリしていて、
今日は捕手が取れないほどのボールもあり不安なところも。
それプラス先頭打者を9回中4回と多く出していて、
これに関しても前回からの改善は余り見られなかった。
それでも先発投手としてゲームを作ることは、
だんだんうまく出来るようになって、
1度、1軍での登板も見てみたくなるここ数試合の投球内容。

■森福允彦(ソ)
 森福はMAX140キロ、平均130キロ後半。
スポーツ選手に思えないほどの線の細さだが、
軽いトルネード投法っぽく反動を使い、
腕を思い切り振り投げこむ投球フォーム。
ストレートは結構いい当たりもされていたが、
変化球でうまくタイミングを崩して打ち取る。
前回見た時もそうだったが、
捕手のサインに首を振るのが多々あった。
ここら辺も森福の気の強さを表しているのかも。

■城所龍磨(ソ)
 去年1軍である程度できることを証明し、
今年こそは1軍定着と思われていた城所。
実際のところはケガから不調に陥り2軍生活が続く…
しかし今日は去年の輝きを随所に見せてくれた(^^)
1打席目はファールで粘っての価値ある四球。
4打席目は139キロのシュート?をセンターへ運ぶヒット。
4打数3出塁と1番打者としてチームに貢献。
これであとは盗塁を見れればよかったんだが。
強肩田中との対決を見たかったなぁ。

詳しい写真などは当ブログでどうぞ


2007年 6月23日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(中井中央公園野球場)報告者:WIZさん/子連れさん

報告者:WIZさん

6/23(土)イースタン・リーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ7回戦 中井中央公園野球場(13:00開始)

審判:PL本田、1B原、2B石山、3B西本
記録員:加藤木
観客数:564名

【スコア】
千葉ロッテ 000120001  
湘   南 01010300×  

【投手継投】
千葉ロッテ ●黒滝(51/3回)−松本(2/3回)−神田(1回)−浅間(1回)
湘   南 山口(5回)−佐久本(1/3回)−○松家(2/3回)−山北(12/3回)−橋本(1/3回)
                                 −S岡本(1回)

【得点経過】
2回裏(湘) 二死1・3塁で黒羽根、ライトオーバー2ベースタイムリー(1点)
4回表(ロ) 二死1・3塁で山口、暴投で3塁走者生還(1点)
4回裏(湘) 二死無塁で武山、左中間スタンドへソロ(1点)
5回表(ロ) 一死1塁で塀内、右中間へ2ベースタイムリー(1点)
      一死2塁で角中、ライト線へ2ベースタイムリー(1点)
6回裏(湘) 二死1・3塁で武山、レフトスタンドへ3ラン(3点)
9回表(ロ) 一死2塁で塀内、ライトフェンス直撃の3ベースタイムリー(1点)


成績については正式記録ではありませんのでご了承下さい。

【打撃成績】
<千葉ロッテ>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
LF 佐藤  見振  右ゴ  中安  二ゴ         410100100
H 藤井                  空振     100000100
SS 塀内  空振  見振  中2  二飛  右3     522100200
CF 角中  二ゴ    右飛右2  中飛  一ゴ     511000000
RF 南     三安  一飛一ゴ    遊ゴ見振     510000100
C 金澤    投犠  四球空振             100100110
H 青松                右飛       100000000
C
1B 神戸    空振  右安  左飛           310000100
H 定岡                四球       000000010
1B
2B 細谷    左飛  四球  右2  左安       320000010
3B 新里      三ゴ左飛  空振  二ゴ       400000100
P 黒滝      四球  空振二ゴ           200000110
P 松本                         000000000
P 神田                         000000000
P 浅間                         000000000
H 平下                  中2     110100000


<湘南>
      1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回 打安点得本盗三四死
SS 木村  投ゴ  右飛  中飛  二飛         400000000
CF 桑原  右飛  遊ゴ    二ゴ  中飛       400000000
LF 河野  一ゴ  空振    四球  見振       300101210
1B 呉本    中安  右飛  三安  中安       430100000
RF 内藤    二ゴ  空振               200100100
H 西崎            空振  右飛       200000100
RF
3B 武山    中安  左本  左本           334220000
2B 北川    二ゴ  遊ゴ  捕飛           300000000
C 黒羽根   右2    左安             221000000
C 新沼              中飛         100000000
P 山口    見振                   100000100
H 石川          中飛             100000000
P 佐久本                        000000000
P 松家                         000000000
P 山北              空振         100000100
P 橋本                         000000000
P 岡本                         000000000
※5回、無死無塁で黒羽根、レフト前ヒットも2塁を狙いアウト。


【投手成績】
<千葉ロッテ>
      回  打  安 四 三 失 自
●黒滝  51/3 22  6 1 3 2 4
 松本   2/3  3  1 0 1 1 1
 神田   1  3  0 0 1 0 0
 浅間   1  4  1 0 1 0 0

<湘南>
      回  打  安 四 三 失 自
 山口   5  23  5 3 6 3 3
 佐久本  1/3  1  0 0 0 0 0
○松家   2/3  3  1 0 1 0 0
 山北  12/3  6  0 1 0 0 0
 橋本   1/3  2  1 0 0 0 0
S岡本   1  5  2 0 1 1 1


【感想】
本日は毎年恒例の中井中央公園野球場で試合が開催されました。
小田原、海老名と盛況だっただけに念を入れて早々に球場に着くも、集まった観衆は564名と
おそらくこれまでの開催の中で最も少ない集客だったのではないでしょうか。
さらにナビゲータのケチャップさん、吉岡さんはハマスタ担当のため20日の試合に引き続き
ナビゲータのいない中で淡々と試合が行われました。
試合前のセレモニーは中井町町長挨拶、両監督に花束贈呈、少年野球チームによる始球式と
お決まりの流れで進みいざ試合。
4連勝と波に乗る湘南が浦和を破り5連勝。対浦和戦も昨年から数えると8連勝となりました。
湘南は武山選手が2本の本塁打を含む3安打猛打賞と打棒が光りました。
特に1本目の本塁打はそれまで完全に黒滝の投球に合っており「せーの」で放った当たりは
左中間の一番深いところまで飛びました。2本目は逆転の3ランをレフトスタンドに豪快に
運びMVP賞の「wii」をゲットしました。
湘南先発の山口投手は初回の2人を三振に仕留めた以外は暴投あり、無駄な四球ありと
お話にならない内容でした。
また抑えを任されている岡本投手の調子が下降線を辿っているように感じたのも不安です。
一死2塁で塀内の当たりは逆風でなければ同点2ランとなっていたところでした。
一死3塁で角中を打ち取り、次に向かうはかつての同士「ナンちゃん」こと南竜介。
2−3までもつれた両者の対戦は高めのボールでしたが本田さんがストライクを取り
見逃しの三振。武山選手の逆転打とこの最終回の攻防が本日のハイライトでした。
試合後は中井開催では恒例の協賛各社から提供の商品の抽選会が途切れ途切れのマイクに
悪戦苦闘しながら中井町役員の方が「町祭り」らしい雰囲気の中で行われました。
しかし600名も入ってないのに1000番台の抽選番号があったのはなぜでしょうか?
興行的には寂しい結果に終わりましたが、それでも最後に「来年もまた宜しくお願いします」と
既に来季の開催を約束してしまった中井町役員の方の心意気には感謝の一言しかありません。
同じ「少年教育の一環」と位置づけている平塚とは大違いです。
平塚開催を止めて中井で数試合開催した方が見てる方は気持ちよく感じた一日でした。
(実現の際はシャトルバス運行は必須です・・・。)
最後に半病人の私に付き添って頂いた子連れさん、お疲れ様でした。
まだ熱が引きませんが明日のスカスタはぜひ観戦したく本日は早々に床に付かせてもらいます。
中井の補足、宜しくお願い致します。





報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs浦和 7回戦 6月23日(土) 神奈川県中井町 <試合時間>2時間53分

 24日01:06書き込みのWIZさんのコメントにある「中井の補足,宜しくお願い致します」から5日間が経過してしまいました。この間湘南に風は吹いたのですが,WIZさんはダウン,そして私も疲労性内臓障害に陥り,食事の制限と禁酒法の施行を受け厠にいる時間の方が大半を占める日々にありました。よって間の抜けた補足になりますが義理は欠けませんので,私なりに感想を・・・

 『雑 感』
 バス発着の二宮駅南口とは逆へ出て,駅前に唯一あるコンビニで飲食を調達後に改めて南口へ出たのです。改札横にもJR直営のコンビにはありますが,質量と個人の嗜好の関係で外のコンビニへ行ったまで。参考までに,ホカ弁屋さんも反対側出口すぐにありますので,来シーズンからの平塚開催を減らして中井開催が実現しても不自由はありません。最も中井でお金を落とさねば開催の意味がないのですが・・・
 早い時間でしたので「比奈窪ゆき」のバスの乗客は5名ほど。私を除きみなさん途中で降りられたので,終点までの2/3の行程は「子連れ号」でした。300円払って比奈窪で降り,緩やかな上りを道沿いに歩くと左手に乳牛が小屋の中に寝そべっているのです。中井に来たからにはご挨拶しなければならない連中ですが,すでに朝の搾りも終え草も食み,満腹の連中の多くが「野球か?」てなトロンとした目付きで見つめていたのでした。この辺りに唯一ある飲食雑貨混合店に入り上り坂に備えて缶ビール買って飲み,人なれた猫に乾き物の肴を分けて球場への坂道をダラダラと登ったのでした。
 前回の時はGWで川崎戦だったからか随分な人でしたが,球場に到着して閑散としていた光景には少し気合抜けでした。特別内野席の入場口には誰もおらず,よって「イースタンリーグ実行委員会」発行の抽選券番号は00001でした。当たらない番号です。時代掛かったバスの回数券を思わせるそれと,地元中井に工場を持つ横浜の「ブルックスコーヒー社」のドリップパック2コのお土産をいただきスタンドへ。殺気立った雰囲気もなく,のんびりと開門したのでした。

 さて試合の印象ですが,どうも気になったのが湘南先発の山口俊でした。お父さんが元お関取で子どもの頃から腰の鍛え方が違うと評判,事実昨年はこの目で見て腰と膝の落としが深く入りそこから前へ伸びる流れがスムーズで,並みの下半身ではない!と三島由紀夫ではないけれど男の腰に目が釘付けされたのです。ところが今年は出だしこそそこそこでしたが,次第に自慢の腰が軽くなったのではと思うのです。この日も腰のタメと据わりがおろそかにされていて,その分を上半身に頼る形のフォームでした。腰が据わりそこから遅れるように上半身が流れ出ていた昨年と違うので,大男が自分の身体を持て余しているような手投げに近い姿でした。これでは球は定まらず,すっぽぬけるはお辞儀するは,威力のない直球は容易にスタンドへ運ばれて当然でしょう。ここ数試合内容は同じで改善されないのが心配です。痛めていなければいいのですが。

 少しもWIZさんの補足にはなっていませんが,こんなところでしょうか。なにせこの日は暑く,中井のみなさんの出店で生ビール浴びるほど飲みあれもこれも腹に入れて,病直前の噴火の勢いでした。中井のみなさんありがとうございました。

 さて今週末は地元横須賀夏島での2連戦。楽しみにしていた「うなぎナイター」は諸般の事情により中止だそうです。この日のために6月1日から100円貯金していたのに残念です。


2007年 6月21日 イースタンリーグ 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

21日 13時31分試合開始
第9回戦 湘南7勝2敗 2時間58分
                   RHE
シーレックス 012 100 001 102
ジャイアンツ 003 000 000 71

<川 崎>姜建銘(3回)●オビスポ(5試合2勝2敗 、4回)酒井順也(1/3)山口鉄也(2/3)吉武真太郎(1回)−實松一成
<湘 南>○高崎健太郎(13試合6勝2敗、7回)稲嶺茂夫(2/3)加藤武治(2/3)S岡本直也(27試合3勝7S、2/3)
<審判員>球審:市川 一塁:原 二塁:深谷 三塁:木内

 シーレックス打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(遊) 木 村 521 三振  右2左安  右飛  三振
(中) 桑 原 521 右飛  右安三振    右安  一飛
(左) 河 野 410 一ゴ  三振  一ゴ  死球  右2
(一) 呉 本 331   左2左安  死球  投ギ  右安
 一 新 沼 000
(右) 内 藤 400   一ゴ三邪  四球  三振  一併
(三) 武 山 311   中安  四球三振  一飛
(捕) 斉 藤 400   三振  三振三振    左飛
(投) 高 崎 300   三振  三振  三振
 打 石 川 100               三振
 投 稲 嶺 000
 投 加 藤 000
 投 岡 本 000
(二) 梶 谷 200     一ゴ四球  三邪
 二 北 川 110               中安
   合 計 35104

 投手成績  回 打安責
○高崎健太郎 7 2870
 稲嶺茂夫 2/3200
 加藤武治 2/3200
S岡本直也 2/3400

 ジャイアンツ打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(遊) 円 谷 410 一ゴ  中飛  右安  二ゴ
(三) 古 城 300 三振  一ゴ  中飛
打三 岩 舘 100               三振
(中) 清 水 312 三振  右2  一ゴ
 中 松 本 100               二ゴ
(一) 三 浦 421   中安中安    三振  中飛
(二) ゴンザ 410   三振三ゴ    中安    左飛
(右) 田 中 410   中安  右直  左飛    一失
(左) 梅 田 400   中飛  三振  中飛    一飛
(捕) 實 松 300     三失三ゴ    遊直  四球
 走 寺 内 000
(投) 姜建銘 000
 打 斉 藤 110     左安
 投 オビスポ100         三振
 打 川 中 100             三振
 投 酒 井 000
 投 山 口 000
 投 吉 武 000
 打 小田嶋 100                 左飛
   合 計 3573


投手成績 回 打安点
 姜 建銘 3 1453
●オビスポ 4 1921
 酒井順也1/3100
 山口鉄也2/3310
 吉武真太郎1 420

<二塁打>
 呉 本(2回)
 田 中(2回)
 木 村(3回)
 清 水(3回)
 桑 原(7回)
 河 野(9回)

<盗 塁>
 三 浦(3回)

<失 策>
 武 山(3回)
 呉 本(9回)
 田 中(9回)


<試合展開>
本日も6月ながら蒸し暑い中での試合。
マウンドには復活を期す姜建銘。

1回表
1木 村 外の球をハーフスイングで、空振りのジャッジ。
2桑 原 初球を打ち上げたが、浅いライトフライ。
3河 野 ファースト三浦正面のゴロで、若干ボールが手にツナか無かったが間一髪アウト。

・ベンチからの声援を受け戻る姜建銘。
・湘南先発、高崎がマウンドに上がる。

1回裏
1円 谷 ファースト正面へのゴロ。
2古 城 内角直球に空振り三振。
3清 水 147km直球が決まり空振り三振。

・汗をぬぐって引き上げる高崎。ベンチでふうっと一息。

2回表
4呉 本 初球を高々と打ち上げ、左中間を深々と破るツーベース。
5内 藤 ファースト正面へのゴロ。
6武 山 センター前へ抜けるクリーンヒット(湘南1−0川崎)
7斉 藤 外への変化球に空振り三振。
8高 崎 外の球を空振り三振。

・先制打を放ち、ハイタッチを交わして戻る武山。
・1点を失い厳しい表情の姜建銘。
・2回裏の先頭打者、三浦は武山と何か話しながら打席に向かう。

2回裏
4三 浦 初球を打ち返しセンター前へのクリーンヒット。
5ゴンザ 内角の落ちる球に空振り三振。
6田 中 浅いセンターへの当たりで、桑原がワンバウンドで捕球したかに見えたがバランスを崩し、ボールは左中間方向へ。
その間に三浦が二塁を回り、さらに三塁からホームを突いたが、ショート木村からすばやい返球が戻り、タッチアウト。
7梅 田 打ち上げて、浅いセンターフライ。

・この回も無失点に抑えた高崎。
・3イニング目のマウンドに向かう姜建銘。

3回表
9梶 谷 ファースト正面へのゴロ。
1木 村 内角球を打ち上げ、意外に伸びてライトフェンス直撃のツーベース。
2桑 原 真ん中付近への球を流してライト前に達するタイムリーツーベース(湘南2−0川崎)
3河 野 フルカウントから、内へのカーブが決まり見逃し三振。
4呉 本 詰まりながらも三遊間を破るヒットで桑原がホームを突く。梅田がすぐに返球したが浮いてしまいタッチできず(湘南3−0川崎)
5内 藤 高く打ち上げ、古城がファールゾーンでキャッチ。

・この回2点を失い、納得のいかない表情で引き上げる姜建銘。
・適時打を放った4番・呉本はベンチからのハイタッチに応え、グラブを持って守備に向かう。

3回裏
8実 松 痛烈な当たりでサード武山を強襲し、木村がバックアップするが及ばず。記録はエラー
H斉 藤 三遊間を破るクリーンヒット。
1円 谷 高々と打ち上げ、センターフライ。
2古 城 ファースト正面のゴロで、呉本がすばやく高崎にグラブトス。
3清 水 鋭いライナー性の当たりで、ライト頭上を越えフェンスに直撃する2点ツーベース(川崎2−3湘南)
4三 浦 高く打ち上げ、詰まった分センター前に落ちる同点タイムリー(川崎3−3湘南)ゴンザレスの初球に盗塁成功。
5ゴンザ 詰まったサードゴロ。

・3失点で一気に同点とされ、厳しい表情で引き上げる高崎。
・代打が出たため、2番手でオビスポがマウンドに登場。
<川崎/1オビスポ>

4回表
6武 山 全球直球で、フルカウントからハーフスイングで振っていない判定。
7斉 藤 低めへの直球を空振り三振。
8高 崎 スリーバントを敢行したが、ファールになってしまい失敗。
9梶 谷 内角に抜け四球。
1木 村 流して三遊間を破る勝ち越しタイムリー(湘南4−3川崎)
2桑 原 変化球に空振り三振。

・1点を失って引き上げるオビスポ。ベンチでは香田コーチがアドバイスを送る。
・ほぼ快晴で強い日差しが照りつけるジャイアンツ球場。

4回裏
6田 中 うまく打ち返したが、詰まったライトライナー。
7梅 田 外角直球が決まり見逃し三振。
8実 松 サード正面のゴロ。

・この回は無失点に抑えた高崎。
・2イニング目のマウンドに向かうオビスポ。

5回表
3河 野 詰まったファーストゴロ。
4呉 本 2球目がひじに当たる死球。
5内 藤 1−3から高めに浮き、四球。
・制球に苦しむオビスポの元へ、香田コーチが歩み寄る。
6武 山 スライダーに空振り三振。
7斉 藤 直球が決まり見逃し三振。

・ピンチを招いたが無失点で切り抜け、白い歯も見えるオビスポ。
・土をていねいに慣らし、5イニング目に向かう高崎。

5回裏
9オビス 外の球に空振り三振。
1円 谷 たたきつけ、センターへ抜けていくヒット。
2古 城 やや詰まったセンターフライ。
3清 水 ファースト正面へのゴロ。

・ゆっくりと引き上げる高崎。
・都合3イニング目のマウンドとなるオビスポ。センターに清水に代わり松本が入る。
<川崎/8松本>

6回表
8高 崎 外の直球を見逃し三振。
9梶 谷 真上に打ち上げ、古木がファールゾーンでキャッチ。
1木 村 打ち上げてライトフライ。

・3者凡退として引き上げるオビスポ。
・湘南の二塁手に北川が入る。
<湘南/4北川>

6回裏
4三 浦 真ん中やや外よりの球を見逃し三振。
5ゴンザ 外の球をセンター返しで、桑原がワンバウンドでキャッチ。
6田 中 快音を残したが、やや浅くレフトフライ。
7梅 田 高く打ち上げ、センターフライ。

・斉藤と話し合いながら引き上げる高崎。
・川崎マウンドは4イニング目となったオビスポ。

7回表
2桑 原 初球を流し、ライト前に運ぶヒット。
3河 野 初球が左手甲の付近をかすめる死球。
4呉 本 内の直球を転がし、送りバント成功。
5内 藤 高め直球を空振り三振。
6武 山 打ち上げてファーストフライ。

・小さく拳でガッツポーズを作り、引き上げるオビスポ。

7回裏
8実 松 すくい上げたが、ショート木村がジャンプしてキャッチ。
H川 中 変化球に空振り三振。
1円 谷 セカンド正面へのゴロ。

・帽子を取って引き上げる高崎。
・川崎マウンドには3番手で酒井が上がる。
<川崎/1酒井>

8回表
7斉 藤 高く打ち上げ、レフトフライ。
・代打石川が告げられるのと同時に香田コーチが登場し、左腕山口がコールされる。
H石 川 内角変化球に空振り三振。
9北 川 詰まりながらもセンターへ抜けていくヒット。
1木 村 外への変化球に空振り三振。

・代打が送られた高崎は、荷物をまとめ北川をハイタッチで出迎えてから一足先に引き上げる。
・2番手のマウンドには稲嶺が上がる。
<湘南/1稲嶺>

8回裏
H岩 舘 外の球に空振り三振。
3松 本 セカンド正面へのゴロで、北川が回り込んでキャッチ。
・ここで湘南は3番手に加藤をコール、力水を飲んでゆっくりマウンドに向かう。
・1軍実績のある加藤の様子を安心して見守る田代監督。
<湘南/1加藤>
4三 浦 打ち上げてセンター桑原がキャッチ。

・悔しい表情で引き上げる三浦。
・イニング途中からの登板になったがしっかり抑えた加藤。
・川崎マウンドには吉武が上がる。
<川崎/1吉武>

9回表
2桑 原 高々と打ち上げ、ファーストフライ。
3河 野 変化球をすくい上げ、右中間を深々と破るツーベース。
4呉 本 ゴロでライト前に抜けていくヒット。河野は一瞬三塁でストップしかけたが、田中が打球処理をもたつく間に生還(湘南5−3川崎)
5内 藤 ファースト正面へのゴロ併殺打。

・最後の打球をすばやく処理した三浦が汗をぬぐって戻る。
・一方、貴重な追加点を挙げた主砲・呉本はベンチからのハイタッチやスタンドの声援に応え、元気にファーストの守備位置へ向かう。

9回裏
5ゴンザ 快音を残し、ぐんぐん伸びていったがフェンスにぶつかりながら河野がキャッチ。
・加藤がゴンザレスを抑えたところで4番手・岡本がコールされる。
<湘南/1岡本>
6田 中 詰まったセカンドゴロで、アウトになったかに見えたが一塁呉本がボールを落としたため、セーフに覆る。
・このとき塁審に詰め寄った呉本が暴言を吐いたため退場を宣告され、田代監督やコーチも飛び出してくる。
<湘南/3新沼>
7梅 田 高々と打ち上げ、ファーストの代わったばかりの新沼がキャッチ。
8実 松 フルカウントから低めを見送り四球。代走寺内。
H小田嶋 快音を残したが、やや詰まったレフトフライでゲームセット。

・好調・湘南は4連勝。先発でしっかり試合を作った高崎が勝利投手となり、アイシングしながらハイタッチでナインを出迎える。
・ベンチ前ではさっそくミーティングが開かれる。
・一方、川崎は泥沼の7連敗…

<注目選手 ジャイアンツ>
■姜建銘(巨)先発 3回 被安打5 失点3
昨年後半、1軍で大活躍するも今期は満足な結果を出せず…
制球が良いのは相変わらずだが、カウントを取ろうとして中にシュート回転したり、浮いたものを痛打されてしまう。
序盤での3失点のためわずか3イニングで降板。直後に同点となったため勝敗はつかず。
昨年の春先、確かに同じ川崎のマウンドで地道に頑張って、信頼を得た結果1軍での活躍があったのだから、厳しいようですが原点に戻り、しっかり結果を出すようにしたい。

・降板後のコメント
ファームの調整、リリースポイントの確認をしながら投げた。
最低でも四球を出さないように心がけた。
まだまだ本調子ではないが、次回登板に向けもっと練習して、良い状態にもっていきます。


■オビスポ(巨)2番手 4回 被安打2 失点1
150km超の剛速球が魅力、努力やここまでの結果もあり支配下登録に。
本日は自慢の速球もありましたが、ややコントロールに苦しみ、4回に木村にうまく打たれて1失点、これが決勝点になってしまう。
その後も2死球を与えるなど制球難ではあったが、なんとか4回という長いイニングを1失点で切り抜ける。
1軍へのきっかけを掴むには、まずは制球力を身につけたい。


■三浦貴(巨)4打数2安打打点1
中堅パワーここにあり。ここ最近はフレッシュな顔ぶれの活躍が目立ちますが、三浦も昨年からの引き続きメンバーで4番に抜擢。
4番として、チャンスメークや同点打、さらに盗塁とフォアザチームを体現。
逆に若い顔ぶれには、こうした働きから学んでもらいたい。


<注目選手 シーレックス>
■高崎健太郎(湘)先発 7回 被安打7 失点3(自責0)
イースタン・防御率争いでも上位につける
カウントを早めに追い込んでから三振、あるいは凡打に切るというリズム良く投げていく。
高低、内外のコントロールも良く、3回こそ1軍経験もある清水らにうまく打たれたが、その後は持ち直し、大きなピンチもなく7回を投げきる。
引き続き、結果を残していきたい。
※尚、高崎はこの後報告予定の3日の同カードでも先発、こちらも好投でした!


■呉本成徳(湘)3打数3安打打点1
本日4番ということで、その打順に恥じない見事な猛打賞の活躍。
とりわけ3回の技あり、流し打ちのヒット、そして最終回の貴重な追加点となるタイムリー!
元気に守備に就いた9回裏でしたが、ボールをこぼしたため判定がセーフ、暴言のため退場となってしまいましたが、しかし、裏返せば試合にかける気持ちの現れでしょう。


■木村昇吾(湘)5打数2安打打点1
本日は決勝となるタイムリーを含み2安打をマーク。特に変化球に逆らわず、合わせたバッティングが奏効。
湘南ではショートストップとして欠かせない存在でもありますし、石井琢朗のように息の長い選手になってほしい。


2007年 6月21日 イースタンリーグ ロッテ−ヤクルト(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん(HP:あわてんぼーのブログ

 試合開始13時終了16時7分試合時間3時間7分
 球審石山1塁村山2塁萩原3塁小林記録員荒木
 ロッテ浦和 観衆150人(ヤクルト7勝2敗1分け)
                    R  H  E
 
ヤクルト 102 000 103    10  0
 
ロッテ  000 010 000     6  0

 勝丸山貴1勝3敗2S
 負相 原2敗1S

 2塁打 飯原(1回)三木(7回)
 盗塁 米野2(2,6回)牧谷(2回)飯原(3回)
 盗塁死 細谷(5回)
 暴投 相原(1回)中郷(7回)
 併殺 ヤクルト2 (飯原−三木−武内)3回新里
          (米野−武内−三木)5回三振ゲッツー
    ロッテ0
 失策 ヤクルト0
    ロッテ0

 1回表(ロッテ投手相原、捕手金澤)飯原右翼線2塁打、志田の時相原暴投で飯原3塁に進塁し、結局遊ゴロで飯原生還、畠山三振、武内中飛(ヤクルト1)
 1回裏(ヤクルト投手鎌田、捕手米野)平下中飛、塀内三振、角中二塁ゴロ(ロッテ0)

 2回表 川本、米野共に左前安打で1,2塁、牧谷三塁ゴロで川本3塁封殺で1,2塁、大原三振の時ダブルスチール成功で2,3塁、三木二塁ゴロ(ヤクルト0)
 2回裏 大松中飛、大塚、神戸共に三振(ロッテ0)
 3回表 飯原、志田共に四球で1,2塁(志田の時に飯原2塁盗塁成功)畠山右前安打で飯原生還なお1,3塁、武内中前安打で志田生還なお1,2塁、川本三前送りバント成功で2,3塁、米野、牧谷共に三振(ヤクルト2)
 3回裏 金澤中前安打、新里三塁ゴロで5−4−3とわたり併殺、細谷三塁ゴロ(ロッテ0)
 4回表 大原三振、三木二塁ゴロ、飯原一塁ゴロ(ヤクルト0)
 4回裏(ヤクルト投手高木)平下二直、塀内右前安打、角中左前安打1,2塁、大松右飛、大塚二飛(ロッテ0)
 5回表 志田、畠山共に二塁ゴロ、武内一塁ゴロ(ヤクルト0)
 5回裏 神戸三振、金澤、新里共に中前安打で1,3塁、細谷左前安打で金澤生還なお1,2塁(ヤクルト投手丸山貴)平下三振の時1塁走者細谷が1〜2塁間で挟まれ2−3−4とわたりタッチアウト(ロッテ1)
 6回表(ロッテ投手三島)川本左前安打、米野の二飛を細谷が落球するもすぐさま2塁へ送球し川本2塁封殺、牧谷三振の時米野2塁盗塁成功、大原二塁ゴロ(ヤクルト0)
 6回裏(ヤクルト三塁から遊撃飯原、遊撃から三塁大原) 塀内二塁ゴロ、角中三振、大松遊ゴロ(ロッテ0)
 7回表(ロッテ投手中郷)三木左翼線2塁打、飯原投ゴロで三木3塁進塁、志田右前安打で三木生還、畠山の時中郷の暴投で志田2塁進塁も結局三振(ロッテ投手松本)武内四球で1,2塁、川本三塁ゴロで志田3塁封殺(ヤクルト1)
 7回裏(ヤクルト三木に代わり二塁梶本)大塚一邪飛、神戸に代打青松中飛、金澤に代打定岡右飛(ロッテ0)
 8回表(ロッテ投手神田、捕手青松、一塁定岡)米野三塁ゴロ、牧谷右飛、大原遊ゴロ(ヤクルト0)
 8回裏(ヤクルト投手花田)新里遊ゴロ、細谷二塁ゴロ、平下二直(ロッテ0)
 9回表(ロッテ投手内)梶本四球、飯原左前安打で1,2塁、志田四球で満塁、畠山三塁ゴロで5−2梶本本塁封殺なお満塁(代走上田)、武内一塁ゴロで飯原生還なお2,3塁、川本左前安打で志田、上田生還し川本は本塁送球間に2塁へ、米野一邪飛(ヤクルト3)
 9回裏(ヤクルト投手坂元)塀内に代打藤井遊ゴロ、角中一塁ゴロ、大松遊飛(ロッテ0)

  打撃成績
    ヤクルト 打安点    ロッテ 打安点
  D6飯 原  420   F平 下 400
   G志 田  312   E塀 内 310
   D畠 山  511   H藤 井 100
  RD上 田  000   G角 中 410
   B武 内  412   H大 松 400
   F川 本  432   D大 塚 300
   A米 野  510   B神 戸 200
   H牧 谷  400  H2青 松 100
  E5大 原  400   A金 澤 220
   C三 木  310  H3定 岡 100
   4梶 本  100   D新 里 310
   計     45107   C細 谷 311
               計    4061


 投手成績
 ヤクルト  投回   投数  被安 四死 三振 自責 失点
 鎌 田   3    32   1  0  3  0  0
 高 木   1・1  37   5  0  1  1  1
○丸山貴   2・2  27   0  0  2  0  0
 花 田   1    11   0  0  0  0  0
 坂 元   1    11   0  0  0  0  0

 ロッテ   投回   投数  被安 四死 三振 自責 失点
●相 原   5    97   5  2  5  3  3
 三 島   1    12   1  0  1  0  0
 中 郷    ・2  18   2  0  1  0  0
 松 本    ・1   9   0  1  0  0  0
 神 田   1    13   0  0  0  0  0
  内    1    23   2  2  0  3  3

 戦評
 ロッテ投手陣の球数が多い事。私が観に行く試合観に行く試合いつもそうなんだ。
 今日の試合も例外ではありませんでした。
 それと、ヤクルト鎌田&丸山貴両投手の投球が良かった。
 今日の試合は、投手力の差。
 びっくりした事は、米野選手がスタメン捕手だった事。
 今日の試合のヤクルトは、1軍レベルの選手が数多く出場していたから今日の様な結果は必然か?!
 兎に角ロッテ投手陣の建て直しが急がれる。



あわてんぼーが選ぶMVP

■丸山貴史(ヤ)
 今日、ヤクルトの3番手投手として登板。5回裏2点差に追い上げられなお、1アウト1,2塁のピンチで登板し、平下選手を空振り三振に仕留め・・・ラッキーな事に、三振ゲッツーでピンチを脱すると、2回2/3回を投げパーフェクトピッチング。
 彼の持ち味である大きく縦に割れるカーブが良く、さらに今日の試合は、ストレートの速さというか、球に伸びがあった。
 今日のようなピッチングを続ければ、かなり早い時期に1軍へ昇格するであろう。
 大いに期待したい。

 あわてんぼーが注目した選手

■鎌田祐哉(ヤ)
 今日のヤクルトの先発投手は彼だったが、第1球を投げた瞬間「今日はある程度好投するな。」と、思わせる球を投げていました。
 そのとおり、良い球を投げていました。
 特に、低目への制球力が素晴らしくロッテ打線を手玉に取っていた。
 1軍に昇格するのはもう少し時間がかかりそうだが、私が観た感じでは、川島投手よりは早く昇格しそうだ。

■飯原誉士(ヤ)
 今日の試合は、スタメンで三塁手。6回裏から遊撃手。
 う〜ん。本来は外野手と言う事もあるであろうけど、スローイングに難あり。
 今日の試合も、あわや・・・と言う場面があった。
 彼が、内野手として安心して観ていられる様になるには、かなり時間を要しそうだ。

■相原勝幸(ロ)
 今日のロッテの先発投手は彼だったが、立ち上がり制球を乱し飯原選手にボールカウントを悪くして長打を喫し、それ+暴投・・・内野ゴロで先取点を許し、3回にも、連続四球と2安打で失点。
 球が高かった事と、速さがあまり感じられなかった。
 しかし4回以降は、球の速さ、制球力が持ち直し、4、5回は、共に3者凡退。
 それだけに、立ち上がりの悪さが悔やまれる。


2007年 6月20日 ウエスタンリーグ 阪神−中日(鳴尾浜)報告者:@白にゃんこさん

お疲れ様です!
さて、「G+&F番」がウエスタン…?
もちろん普段はイースタンリーグが「守備範囲」ですが、時折放送されるスカイ・Aの中継を見ておりまして、その中からお送りいたします。(その昔、健一さんに「時にはウエスタンも」とのリクエスト?があった縁もありまして)
しかし鳴尾浜は平日にもかかわらず、バックネット裏・ベンチ上のスタンドにも大勢のファンが詰め掛けており、野球熱の高さをうかがわせますね。恐らくはそんな中に大阪部長さんもいらっしゃることがあるのでしょう。


20日 鳴尾浜 12時30分試合開始
第12回戦 ナゴヤ5勝4敗3分け 2時間45分

                  RHE
ドラゴンズ 000000000 0 22
タイガース 000000000 0 51

(延長10回規定により引き分け)※両軍共、この後移動日のためだそうです。
<鳴尾浜>若竹竜士(7回)伊代野真照(1回)中村泰広(2回)−橋本良平
<ナゴヤ>川井進(7回)金剛弘樹(2回)クルス(1回)−小川将俊
<審判員>球審:坂井 一塁:山本 二塁:−− 三塁:中山


 ドラゴンズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
(二) 西 川 400 中飛  捕飛    右飛    三振
(遊) 鎌 田 400 二ゴ    二ゴ  遊ゴ    遊失
(中) 李炳圭 310 四球    三振    中安  遊併
(三) 新 井 400 三振    右飛    三併    三振
(右) 上 田 400   遊ゴ    三振  三振    中飛
(左) 平 田 310   左飛    二安    四球  遊ゴ
(一) 春 田 200   一ゴ    二ゴ    捕ギ
(捕) 小 川 300     三ゴ  三振    三振
(投) 川 井 200     遊ゴ    投ゴ
 打 小 山 100               三ゴ
 投 金 剛 000
 投 クルス 000

 投手成績 回 打安責
 川井 進 7 2750
 金剛弘樹 2 700
 クルス  1 400


 タイガース 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
(中) 赤 松 400 遊ゴ  一飛  三振    三振
 打 葛 城 100                   右飛
(遊) 大 和 410 三ゴ  遊ゴ    三安  投ゴ
 打 浅 井 100                   遊飛
(一) シーツ 420 三振    中安  左安  振逃
(捕) 橋本良 300   遊失  一ギ  投ゴ  二飛
(三) 野 原 410   二安  三ゴ  遊ゴ    左邪
(右) 山 田 400   遊安  中飛  中飛    左飛
(二) 前 田 410   一ゴ    中2  二ゴ  三振
(左) 大 橋 200   二ゴ    三ゴ  四球
 左 上 坂 100                   三失
(投) 若 竹 200     中飛  投ゴ
 打 高橋光 100             三併
 投 伊代野 000
 投 中村泰 000
 打 小宮山 100                   投ゴ

 投手成績 回 打安責
 若竹竜士 7 2320
 伊代野真照1 400
 中村泰広 2 600

<二塁打>
 前 田(5回)
 シーツ(6回)

<失 策>
 鎌 田(2回)
 新 井(10回)
 大 和(9回)

<捕 逸>
 小 川(8回)


<試合展開>
初夏の雰囲気という熱気を帯びた鳴尾浜球場。
放送席には巨人・近鉄・阪神で活躍し各球団で優勝に貢献した石毛博史氏。
試合に備え黙々とバットを振り込む若虎たち。若手に混じり調整中のアンディ・シーツの姿も。
先発は若竹。以下、恒例のスタメンナイン紹介。


・試合前インタビュー 
橋本良平捕手
−ここまで、プロのシーズンを過ごして
高校時代と違い、試合数が多く、毎日毎日が試合という感じで多少疲れはあります。
−練習でも汗を
練習でバテて、試合にあまり集中できないこともあるので、集中できるよう体力をつけていきたい。
−4番・捕手として意識しているところは
意識というか…そうですね、重い打順だし、自分に取っては荷が重い打順という感じですけど、任されている以上中途半端なことは出来ないので、自分の持っている力を十分に出し、試合に臨みたい
−リードで気をつけていることは
相手打者の弱点、嫌いなコースを突き、投手の良い球を最大限引き出せるようなリードを心がけています。
−同年代選手の活躍は
どうですかね?今は他の人の活躍を見て嬉しいですけど、そこまで人のことを気にできる状態じゃないので、今は自分のことをしっかりやろうかなと思います。
−目標を
目標…(少し考えて)今はファームで実績を積み、経験をさせてもらっているので、勉強して、1軍でレギュラーを取れるような選手になりたいです。


1回表
1西 川 やや詰まったセンターフライ。
2鎌 田 セカンド正面へのゴロ。
3 李  全球ストレートで、直球がやや外に抜け四球。
4新 井 低めの変化球にハーフスイングで、空振りのジャッジ。

・まずは1回を無失点で終えた若竹。
・マウンドには川井が上がる。以下、こちらも恒例ナゴヤ・ナインの紹介。

1回裏
1赤 松 たたきつけ、ショートゴロ。
2大 和 詰まったサードゴロ。
3シーツ 内角直球を見逃し三振。

・三振に納得がいかない表情のシーツ。道具をボールボーイに手渡す。
・球場後方に映る「虎風荘」と2イニング目に上がる若竹。

2回表
5上 田 外の球に詰まり、ショートゴロ。
6平 田 変化球をうまくすくい上げたが、やや詰まったレフトフライ。
7春 田 ファースト・シーツの正面。

・変化球主体にし、3者凡退で切り抜けた若竹。
・強い日差しに、日傘などで対策をする熱心なファンの姿。

2回裏
4橋本良 ショート正面へのゴロ。
5野 原 正面へ打ち返し、川井のグラブに当たって転々とし、西川の手につかず内野安打となる。
6山 田 ショート鎌田正面へのゴロで二塁へ送ったが、送球がマウンド方向に逸れ、セーフとなる。
7前 田 ファースト正面へのゴロ。走者は進塁。
8大 橋 たたきつけ、セカンドゴロ。

・走者を出したが無失点とした川井。
・コーチと話し合ってから守備に就く大橋。

3回表
8小 川 詰まったサードゴロ。
9川 井 ショート正面へのゴロ。
1西 川 真上に打ち上げ、橋本良平がキャッチ。

・3者凡退とした若竹。出迎えるベンチのメンバー。
・平日ではあるが、かなりたくさんのお客さんがスタンドを埋めている。

3回裏
9若 竹 快音を残したが、やや浅いセンターフライ。
・甲子園出身者はエースで4番という選手も多いという話(石毛氏もその1名。かつて横浜・西投手から一発も)
1赤 松 詰まったあたりのファーストフライ。
2大 和 ショート正面へのゴロ。

・ボールの行方を確かめるように見守りながら引き上げる川井。
・いつも丁寧に整備され、良いコンディションを保つ鳴尾浜のグラウンド。

4回表
2鎌 田 セカンド正面へのゴロ。
3 李  外のスライダーに空振り三振。
4新 井 右方向へ打ち上げ、ライトフライ。

・橋本良平に手で合図を送りながら引き上げる若竹。

4回裏
3シーツ センター前へのクリーンヒット。
4橋本良 一塁線方向へ転がし、送りバント成功。
5野 原 サード正面へのゴロ。バウンドが変わったが軽快な動きを見せる。
6山 田 打ち上げてセンターフライ。

・打球を追いながら引き上げる山田。ヒットを残ったが残塁となったシーツ。
・ゆっくり引き上げる川井。

5回表
5上 田 落ちる球に空振り三振。
6平 田 どん詰まりでセカンドベース手前に落ちる内野安打となる。
7春 田 セカンド正面へのゴロだったが、前田が体制を崩し併殺はならず。
8小 川 中に入る変化球を見逃し三振。

・この回も無失点で切り抜けた若竹。
・すでに夏のようなスタイルで熱心に選手を見守るファン。

5回裏
7前 田 センター頭上を破るツーベース。
8大 橋 サード正面へのゴロで、前田がスタートを切っていたため送ったような形となる。
・一旦ナゴヤ内野陣がマウンドに集まる。
9若 竹 鋭い当たりで川井正面へのゴロ。前田は戻れず。
1赤 松 内角変化球に空振り三振。

・悔しい表情で引き上げる赤松。
・5回を終え、グランド整備が行われる。
・6イニング目に備えキャッチボールを行う若竹。平田監督は交代を球審に告げる。
<鳴尾浜/8上坂>

6回表
9川 井 たたきつけ、ピッチャーゴロ。
1西 川 打ち上げたが、やや風に押されライトフライ。
2鎌 田 ショート大和正面へのゴロ。

・3者凡退とし、笑顔も見える若竹。
・一方、こちらも5イニングを無失点としているナゴヤ先発川井。

6回裏
2大 和 初球セーフティーを敢行、新井がダッシュしてきて処理したが送球がワンバウンドとなり、内野安打。
3シーツ 鋭く三塁線を破っていくクリーンヒット。
4橋本良 たたきつけ、川井正面へのゴロ。
5野 原 詰まったショートゴロで、大和はホームを突いたがタッチアウト。
6山 田 打ち上げてセンターフライ。

・肩を落とし引き上げる山田。気持ちを切り替えホームへ向かう橋本良平。


7回表
3 李  セカンド付近へのゴロだったが、ベースに当たりセンターへ抜けていく。
4新 井 三塁線への当たりで、サード野原が上手く捕り併殺打。
5上 田 低めへの変化球を空振り三振。

・空振りを奪い小さく拳で…ガッツポーズを見せる若竹。
・球際で上手い守備を見せ足早に引き上げる野原。

7回裏
7前 田 詰まったセカンドゴロ。
8上 坂 フルカウントから低めに抜け四球。
・好投の若竹に代え、代打高橋光がコールされる。
・そのタイミングで内野陣が一旦マウンドに集まり、高橋コーチが指示を出す。
H高橋光 サード正面へのゴロ併殺打。

・代打が出た関係で、2番手投手を告げる平田監督。
・マウンドには伊代野が上がる。
<鳴尾浜/1伊代野>

8回表
6平 田 ラストボールが外れ四球。
7春 田 正面に転がし、橋本良平は迷ったが一塁へ投げ、送りバント成功。
8小 川 フルカウントから、外の球にスイングのジャッジ。
H小 山 サード正面へのゴロ。

・先頭打者を出したが抑えた伊代野。橋本と話し合う。
・ナゴヤ2番手、金剛が上がる。
<ナゴヤ/1金剛>

8回裏
1赤 松 外のワンバウンド球に空振り三振。
2大 和 詰まった金剛正面へのゴロ。守っても軽快な動きを見せる。
3シーツ 2−1からの球を空振り(ファウル)で、見失っている間に一塁へ。(振り逃げ)
4橋本良 2球目のとき、シーツがスタートを切り打ち返したが、伸びがなくセカンドフライ。

・平田監督が3番手投手を球審に告げる。
・1軍でもおなじみの中村泰広が登場。

9回表
1西 川 外に抜ける球に空振り三振。
2鎌 田 ショート大和の正面だったが、手前にこぼしてしまい投げられず。
3 李  ショート正面への併殺打。

・詰まらされた李は苦笑い。
・期待通り3者凡退として中村泰が引き上げる。

9回裏
5野 原 初球を打ち上げ、3者が追いかけた末ファールゾーンで中田がキャッチ。
6山 田 快音を残したが、やや詰まったレフトフライ。
7前 田 内角の球にハーフスイングで、空振りのジャッジ。

・空振りのジャッジだが、振ったように見えず前田は不承。平田監督も抗議に現れるが判定は覆らず。
・気を取り直して延長10回(最終回)のマウンドへ向かう中村。

10回表
4新 井 低めの球(ツーシーム?=石毛氏)に空振り三振。
5上 田 伸びがなくセンターフライ。
6平 田 ショート正面へのゴロ。

・2イニングをしっかり無失点とした中村泰。星野コーチに声をかけられる。
・最終回の攻撃に備えるナイン。
・220という特大の背番号を背負うクルスがマウンドに。
<ナゴヤ/1クルス>

10回裏
8上 坂 三遊間で、新井が飛びついたが追いつけず、鎌田がバックアップしたが及ばず。記録は新井のエラー。
H小宮山 バントの構えだったが初球が正面への小飛球になる。クルスが飛び込んでキャッチ、二塁に送りフォースアウト。
H葛 城 打ち上げて、やや詰まったライトフライ。
H浅 井 高く打ち上げ、ショートフライでゲームセット。

・見せ場は作ったが、両軍とも決め手を欠きいわゆるスコアレス・ドローに終わった。
・最後は凡打に終わった浅井は悔しい表情を浮かべる。打席が巡ってこなかったシーツは荷物を纏め、記者からの取材に応じる。
・すぐに全選手がベンチ前に集まり、ミーティングが開かれる。
・ミーティング後ポジション別に分かれ、投手陣では本日は出場しなかったが、遠山コーチと岩田がフォームの確認を行う。
・本日先発した若竹は、軽く走り込んでクールダウンを行う。
・橋本良は打撃チェックに余念が無い。



<タイガース>
■若竹竜士(神)先発 7回 被安打2 無失点
ストレートは140後半を計測。
直球主体の立ち上がりから、スローカーブ等を交えた2回以降とやや組み立てを変える。
ほぼピンチらしい場面もなく、すいすいとテンポ良く放り7回を無失点と十分に試合を作ったのは高く評価できる。

・降板後のコメント
最長7イニングに疲れは無かった。
スライダーとフォークが良かった。自分なりにリズム良く投げられたし、四球1つというのも良かったと思う。
内容は前回(サーパス戦、6回1失点)のほうが良かったのではないか。


■橋本良平(神)3打数無安打
試合前インタビューにも登場。鳴尾浜のベースを守るルーキー!
バットでは快音はなかったが、確実に進める犠打など、4番という打順もさることながらさまざまな役割を着実にこなす。
守っては先発若竹以下、これもコメントにあったように投手の持ち味を引き出し無失点継投を演出。
ポスト・矢野はここ数年言われていますが、いずれその候補になるべくどんどん経験を積んで欲しい。


■アンディ・シーツ(神)4打数2安打
試合後のコメント
今日は4打席の予定だった。昨日よりもかなりタイミングよく打てたので満足している。
1安打目は直球、二塁打はカーブ系の変化球だったので、その点も満足。
最短で1軍に戻る流れにしたい。



<ドラゴンズ>
■川井進(中)先発 7回 被安打5 無失点
緩いカーブなどを駆使した組み立て、ヒットは許すものの球威で詰まらせ、フライアウトがかなり多い。
若竹同様7イニングを投げきり得点を許さず。
ここまでウエスタンで安定した結果を残していることから、今期中の1軍登板も見てみたい。


■新井良太(中)4打数無安打
カープで活躍中の兄・貴浩同様期待を抱かせる2年目
本日は残念ながら快音は聞かれず、また守備でも果敢なダッシュを見せたものの、惜しくも及ばずエラーにしてしまうものも。
4番起用はもちろん、期待の現れでしょうし中村紀洋に負けず1軍定着を。


■クルス(中)3番手 1回 無安打無失点
育成枠で、とりわけ220という特大の背番号が見える。
特に目一杯というわけではないが、力の篭った直球は150を計測。
さらに守備でも小飛球に果敢に飛びつき、ダイレクトはならなかったがすばやい判断で二塁へ送球し封殺。
なんでも、もともと捕手の経験もあるのだとか。


2007年 6月20日 イースタンリーグ 湘南−巨人(横須賀)報告者:熱い男さん

20日に行われた湘南‐川崎8回戦の観戦記です。

 8回戦(20日・横須賀・湘南6勝2敗)
  川崎 000 200 000  
  
湘南 100 120 00×  

   (勝)染田 1勝0敗
   (S)岡本 3勝0敗6S
   (敗)門倉 1勝2敗
   (審判)木内(球)、深谷、原、市川(塁)
   (記録員)及川
   (試合時間)2時間52分(18:01〜20:53)
   (観衆)730名

  得点経過
   1回裏 1死3塁で河野セカンドゴロ、この間に三塁走者・木村が生還
                               (湘1‐0川)
   4回表 1死満塁で古城、ライト前2点タイムリー(湘1‐2川)
   4回裏 無死3塁で新沼への5球目に、門倉タイムリー暴投(湘2‐2川)
   5回裏 1死満塁で斉藤、スクイズ成功
       さらにこの打球を処理した捕手・村田の一塁への送球がわずかに逸れて、
       タイムリーエラーになり計2点(湘4‐2川)

  打撃成績
     川 崎 1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
  (5)円 谷 ニゴ  中飛  三振  三振       4  0  0
  (8)松 本 ニゴ    左安遊飛           3  1  0
   H8 三 浦               三振     1  0  0
  (7)清 水 右安    右安  一ゴ         3  2  0
   1 三 木                      0  0  0
   H3 梅 田               中飛     1  0  0
  (3)小田嶋 一ゴ    四球  ニゴ         2  0  0
   PH 斉 藤               ニゴ     1  0  0
   1 越 智                      0  0  0
  (4)ゴンザレス
           三ゴ  一邪  左飛    遊ゴ   4  0  0
  (6)古 城   三邪  右安    一失  三直   4  1  2
  (9)田 中   三邪  左併    三ゴ  四球   3  0  0
  (2)村 田     三ゴ  左安           2  1  0
   PH 吉 川             右飛       1  0  0
   2  星                  ニゴ   1  0  0
  (1)門 倉     三ゴ  投犠           1  0  0
   7 川 中             遊安       1  1  0
         犠1 盗0 残6 併1         32  6  2

     湘 南 1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打数 安打 打点
  (6)木 村 四球  死球  投安投併         2  1  0
  (8)桑 原 ニゴ  三ゴ  遊安  三振       4  1  0
  (3)河 野 ニゴ  四球  三振  二直       3  0  1
  (5)斉 藤 二飛  二飛  捕犠  三振       3  0  1
  (9)内 藤   遊ゴ  右3捕邪    三振     4  1  0
  (2)新 沼   投ゴ  左飛三振    遊ゴ     4  0  0
  (4)北 川   右安  中飛  三振         3  1  0
   H4 石 川               ニゴ     1  0  0
  (7)西 崎   三振  右飛  中2         3  1  0
  (1) 北      三振               1  0  0
   1 染 田                      0  0  0
   PH 武 山         三失           1  0  0
   1 橋 本                      0  0  0
   PH ミツル           四球         0  0  0
   1 稲 嶺                      0  0  0
   1 加 藤                      0  0  0
   1 岡 本                      0  0  0
         犠1 盗2 残6 併1         29  5  2

  投手成績
     川 崎 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 自責
   ● 門 倉  5   97 20  4  3  4  2
     三 木  2   31  6  1  1  3  0
     越 智  1    8  3  0  0  1  0

     湘 南 投球回 投球数 打数 安打 四死 三振 自責
      北   4   70 15  4  1  0  2
   ○ 染 田  1   17  3  1  0  1  0
     橋 本  1   14  3  0  0  0  0
     稲 嶺 1.1  30  6  1  0  2  0
     加 藤  1    8  3  0  0  0  0
   S 岡 本 0.2  14  2  0  1  0  0

  (備考)盗塁…木村(1回)、北川(2回)
      失策…円谷(5回・武山のゴロを一塁に悪送球)
         村田(5回・斉藤のスクイズの打球を一塁に悪送球)
         河野(7回・古城のゴロを一塁ベースカバーの稲嶺に悪送球)
      併殺…田中(4回・西崎→木村→新沼)
            ※左飛で本塁を衝いた三塁走者・小田嶋が本塁憤死
         木村(6回・三木→古城→小田嶋)
      暴投…門倉(4回・新沼の5球目)
            ※タイムリー暴投となり、三塁走者・内藤が生還


昼間は、これが梅雨時の天気かと思うくらいのかんかん照り。横須賀スタジアムの一塁側スタンドに入ると、強烈な西日が照りつけていましたが、夜になると、風が涼しいどころか、半そでのシャツ姿だと寒いくらいになりました。
ついに勝率を5割に戻した湘南は、この夜も川崎との対戦。ケチャップ氏と吉岡さちこ嬢が二人とも関内での横浜‐ソフトバンク戦に帯同したため、この夜の試合の進行はウグイス嬢のコールのみで行われました。いつもなら、スタンドへの入り口の階段を登りきったところにある、選手へのメッセージを受け付ける箱もなく、「今日の社長さん」も当然なし。ケチャップ氏と吉岡さんの盛り上げに慣れているからなのか、いつもあるものがこの日に限って無いのは、「何かが足りない」と感じたのです。
さて、先発投手は、湘南がルーキーの北、川崎は門倉。先発投手が発表された時には、「門倉」のコールに湘南応援団からブーイングが起こりました。横浜から出て行った経緯が経緯ですからね。そして、湘南の先発メンバー発表で「四番サード、斉藤」というサプライズが。この四番抜擢が何を意味しているのか図りかねる部分はありますが、恐らくプロ初の四番スタメンとなった彼に注目が集まりました。
試合は初回、湘南が門倉の立ち上がりを突き、ノーヒットで先取点を挙げます。しかし、プロ入り後初めて4回のマウンドに上がった北がつかまり2失点。逆転を許します。ところが門倉の調子は上がらず、4回にタイムリー暴投で同点を許すと、5回にはエラーから満塁のピンチを招き、斉藤に勝ち越しスクイズを決められ、これが決勝点になりました。
門倉は立ち上がりからフォークがホームベースのかなり前でワンバウンドしたり、直球が高く浮いたりと制球に苦しんだのに対し、北は、前回の登板よりも変化球の制球が良く、3回までは川崎打線を1安打に抑えます。4回は、打ち取った当たりがヒットになる不運から失点しましたが、これもいい勉強でしょう。
両チームとも、打線は梅雨の真っ最中。4‐2のスコアは、あと一本が出なかったからであって、一歩間違えばもっと荒れた試合になっていたでしょう。どちらもクリーンアップがほぼ音なし。点の取り方も、なんとなく相手の自滅待ちのような形になっているのはどうなんでしょうか。(これは勝ったからいいという話ではないですね。)川崎・ゴンザレスの打撃内容は目を覆うものがありますし、湘南・斉藤も、スクイズは決めたものの、他の打席はてんでダメ。この両名の打撃内容がそのまま消化不良な試合を物語ります。
消化不良とはいえ、4月19日以来の貯金生活に入った湘南。いつもなら、勝ったらヒーローインタビューがあるのですが、「今日はケチャップ氏も吉岡さんもいないからインタビューもないでしょ」と思ったら、試合終了の5分ほど後に、「謎のお姉さん(多分球団の方でしょう)」が登場し、染田と斉藤にインタビュー開始。しかしお姉さん、初登場の緊張からかしどろもどろ。なんだかかみ合わないインタビューで横須賀の夜は終わったのです。
最後に染田の事について触れておきましょう。前回に続き二番手で登板。1死2塁のピンチで、円谷にライト線ギリギリのファウルを打たれ不安を抱かせたものの、円谷を結局三振にとり、松本も仕留めて無失点に。少しずつ投球に力が出てきた様に見えました。夏場へ向けて調子を上げて欲しい一人です。


  ■掲示板@2軍愛■