【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2008年 5月18日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:WIZさん

2008年5月18日(日)
イースタン・リーグ公式戦 北海道日本ハム−湘南7回戦 ファイターズスタジアム(13:00開始)

審判:PL山崎、1B鈴木、3B工藤
記録員:石井
観客数:アナウンスなし
試合時間:3時間2分(正式記録ではありません)

【スコア】
                  R  H  E
湘  南 003 000 300   11  2
日本ハム 020 000 000    5  0

【投手継投】
湘  南 吉川(2回)−○高宮(2回)−岡本(1回)−染田(1回)−吉原(2回)
−山北(1回)
日本ハム ●八木(6回1/3)−金澤(2/3)−糸数(2回)

【得点経過】
2回裏(日) 二死1・3塁で今成、ライト前タイムリー(湘0−1日)
       二死1・2塁で今浪、ライト前タイムリー(湘0−2日)
3回表(湘) 二死2・3塁で小池、レフトスタンドへ3ラン(湘3−2日)
7回表(湘) 一死満塁で鈴木尚、左中間2ベースタイムリー(湘6−2日)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
2B 石川  遊直  中安  右安  左安  中安        540200000
3B
SS 梶谷  空振  投ゴ  投ゴ  右安  見振        510100200
2B
DH 小池  四球  左本  二ゴ                213110010
DH 鈴木尚             中2            113000000
1B 高森  空振  二飛  空振  投安            410000200
1B 河野                            000000000
3B ジェイジェイ  二飛  左安  左飛              310000000
SS 斉藤秀             見振            100000100
LF 西崎    捕飛  中飛  左飛  三ゴ          400000000
RF 内藤    空振  中安  三邪  遊飛          410000100
CF 桑原義     中安空振    四球遊ゴ          310200110
C  斉藤俊     右飛  死球                100000001
C  武山              中飛  二ゴ        200000000
※3回、梶谷の投ゴ→送りバント失敗。
※4回、ジェイジェイの左安→2塁へ向かうもアウト。
※7回、石川の左安→エンドラン敢行。
※7回、斉藤秀の空振→鈴木尚3盗失敗、三振ゲッツー。
・斉藤秀、武山、6回の守備より出場。梶谷→セカンドへ、石川→ショートへ。
・河野、7回の守備より出場。

<北海道日本ハム>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 村田  投ゴ  死球  三失  四球            100000011
2B 三木  四球  一犠  左安  空振            210000110
LF 坪井  二併  遊ゴ  一ゴ    中飛          400000000
1B 大平                            000000000
3B 中田    左安空振    右飛  四球          310100110
DH 糸井    左飛  空振  二ゴ  見振          400000200
RF 佐藤    四球  一失  中飛  見振          200100110
1B 市川    二ゴ  空振    二ゴ            300000100
LF
H  ジョーンズ                 右飛        100000000
C  今成    右安    見振  左安            321000100
H  渡部                  二ゴ        100000000
SS 今浪    右安    空振  二ゴ            311000100
H  金子洋                 空振        100000100
※2回、今浪の右安→2塁へ向かうもアウト。
・大平、9回の守備より出場。市川→レフトへ。


【投手成績】
<湘南>
         投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 吉川       2回    9  3  2  0  2  2
○高宮       2回    7  0  1  3  0  0
 岡本       1回    5  1  0  2  0  0
 染田       1回    3  0  0  0  0  0
 吉原       2回    9  1  2  3  0  0
 山北       1回    3  0  0  1  0  0

<北海道日本ハム>
         投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●八木     6回1/3  29  8  3  5  3  6
 金澤      2/3    3  2  0  1  3  0
 糸数       2回    6  1  0  1  0  0

【その他】
■盗塁失敗 ※(敢行場面:対戦バッテリー)
 <湘  南>鈴木尚:7回、二死2塁で打者斉藤秀の6球目:金澤−今成
      石川:9回、一死1塁で打者梶谷の2球目:糸数−今成
 <日本ハム>佐藤:4回、二死1塁で打者今成の4球目:高宮−斉藤俊

■失策
 <湘  南>高森:4回、一死無塁で打者佐藤のファーストゴロを弾く
      ジェイジェイ:5回、二死無塁で打者村田のサードゴロを1塁へ悪送球


【試合展開】
先制をしたのは鎌ヶ谷。
2回、先頭の中田がレフト前で出塁、一死後佐藤がストレートの四球で出塁、市川のセカンドゴロ
で進塁し二死2・3塁とすると今成、今浪に連続タイムリーが飛び出し2点を先制します。
しかし直後の3回、2点をリードされた湘南は桑原、石川がヒットで出塁、梶谷は犠牲バント失敗
するも続く小池がレフトスタンドへ2試合連続逆転弾を放ちあっという間に試合をひっくり返し
ました。
以降両チーム走者を出しながらもあと一本が出ない展開が続きます。
鎌ヶ谷が同点に追いつくか、湘南が突き放すか1点を争う攻防が動いたのは7回でした。
湘南は先頭の桑原が四球で出塁、一死後石川、梶谷の連続ヒットで満塁とし鎌ヶ谷先発八木を
マウンドから引きずり降ろすと逆転弾を打った小池にベテラン鈴木尚を代打に送り勝負に出ます。
この采配が見事的中し鈴木尚が放った打球は左中間を破る走者一掃のタイムリーとなり湘南が3点
を加点しこれがダメ押し点となりました。
鎌ヶ谷は6回と最終回以外で走者を塁上に置きながらあと1本出ず連敗を喫しました。

【選手感想】
<湘南>
■吉川輝昭(湘)
 球団HPでは高宮が先発予定となっていましたが、彼を先置いての先発登板は首脳陣の期待の
 表れかと思いその期待に応えたいところでしたが・・・
 今日は球審山崎さんのストライクゾーンが狭いように感じたせいでしょうか。コースを丁寧に
 突いたものの全てボールの判定。双眼鏡で覗くその表情は明らかに不貞腐れ顔。
 こうなると吉川は手に負えません。2回はさらにコントロールが定まらなくなり、
 一死1・2塁で市川をセカンドゴロに打ち取ったものの石川が1塁走者をタッチしに行き
 もたついている間に1塁はセーフとなり併殺が取れなかったのが響きました。
 その後2者連続タイムリーを浴びてこの回で降板となってしまいました。
 この人は先発で起用すればそれなりの力を発揮する人なので先発起用の登板は個人的に
 嬉しかっただけに結果を残せずまた中継ぎに回されるかと思うと残念な内容となりました。

■高宮和也(湘)
 逆転した直後の3回、二死3塁で1打席目にヒットを放ち意気揚々と打席に立つ中田に
 対して渾身のスライダーで空振り三振に仕留め、試合の流れを鎌ヶ谷に引き渡さなかった
 投球はこの試合の大きなポイントの一つでしょう。
 球団HPには今後も先発予定として組み込まれてますが、一軍での湘南エースの無様な
 内容を見るに意外と来週には一軍に昇格しているかもしれません。

■岡本直也(湘)
 ファールで粘られながらも2者連続三振に仕留めたものの、ジェイジェイの悪送球から
 二死2・3塁と一打逆転のピンチを招いてしまいます。
 巧打者坪井をファーストゴロに打ち取って抑えきり、彼の力投もまたこの試合の大きな
 ポイントの一つと言えるでしょう。

■染田賢作(湘)
 速球とスライダーで巧に攻めて中田をライトフライに打ち取ると、これまで常に走者を
 出した投手陣の中でこの試合始めての三者凡退、僅か3分で鎌ヶ谷の攻撃を終了させた
 投球には拍手。

■小池正晃(湘)
 3回、二死2・3塁で打席に立つ2本のファールを放ちます。この打球が八木の球を
 よく見極めて放っていたので何となく昨日の逆転弾の再現を予見したのですが・・・
 その通りに彼らしい打球でレフトスタンド上段のフェンスに直撃弾はお見事でした。
 ファームでも不振を極めてましたが復調の兆しありで一軍復帰も間近と思わせる2連戦でした。

■石川雄洋(湘)
 1打席目は初球を捕らえるもショート真正面のライナーに倒れるも、その後左の八木から
 3打席連続ヒットを放ったことは大きいでしょう。最終打席は糸数からもヒットを放ち
 4安打の猛打賞でした。

<北海道日本ハム>
■八木智哉(日)
 序盤こそ変化球を駆使して湘南打線から簡単に三振を奪い、2点を先制された時は
 今日は簡単に追いつくこと出来ないなと思っていたのですが・・・
 3回に桑原、石川にセンターへ弾き返され小池には1打席目にストレートの四球を与えており
 苦手意識でもあったのでしょうか。簡単に弾き返され逆転打を浴びてしまいました。
 以降は常にボールが先行する苦しいピッチング。須永と共に心配がつのる内容でした。

■今成亮太(日)
 2回の先制打はファールで粘ったうえでの見事な流し打ち。
 今日の鎌ヶ谷打線では一人気が入った印象でしょうか。

■市川卓(日)
 1点差の4回、一死1塁で送りバントを敢行するもバットに当たらず2球連続の空振り
 仕方なく最後は強振するもこれまたあえなく空振り。このプレーにはさすがにスタンドの
 鎌ヶ谷おやじから強烈な野次を浴びてしまいました。

【鎌ヶ谷情景】
本日の鎌ヶ谷も昨日同様試合前にはベースランニング競争が行われました。
今日は少年野球チームの2チームも参加し総勢50名は超え子供たちがしばらく延々と
ベース上を駆け回っておりました。
この情景を見るに子連れさんの昨日の試合の観戦記の感想は全く同意の気持ちでした。
スカスタも社長さんやパフォーマンスが呼べないのなら子供たちのかけっこ競争を復活して
みるのもいいかと思います。

そしてそのベースランニング競争を仕切ったのが昨日同様鎌ヶ谷ウィンドブレーカーを
身にまとった紳士なおじさん。やや素人っぽさが出て落ち着いた口調の進行は賑やかなMCに
慣れた者としては新鮮でした。球団職員の方でしょうか。

さて試合ですが今日も全体的に両チームの投手が不安定で出塁はするもののあと一本が出ない
展開が続きましたが、鎌ヶ谷の同点機を凌いだ湘南がダメ押し点を加点し勝負を決めました。
そのダメ押し点を打ったのが今季もまた湘南ユニを見にまとうことになった鈴木尚。
昨日はライトとのキャッチボールを買って出るなど一軍で実績を残してきたベテラン選手に
ありがちな高慢な態度を見せず野球に取り組んでいる姿はいつ見ても感心させられます。
だからこそ彼が打席に立つ時は鎌ヶ谷のスタンドでも拍手が沸き起こるかと思うのです。
2試合連続の逆転弾を放った小池、本日一番明るい材料だった石川、2人の横浜高の後輩は
そんな鈴木尚から何かを得ての活躍、そして鈴木尚もまた後輩たちの頑張りに触発されたのでは
と感じた一日でした。

キョンさん、本日はお疲れ様でした。
それにしても低迷にあえぐチーム状況にも関わらず熱心に声援を送り試合後は湘南にエールを
送る鎌ヶ谷応援団は素晴らしいですね。


2008年 5月18日 ウエスタンリーグ サーパス−ソフトバンク(北神戸)報告者:大阪部長さん

2008年5月17日 ウエスタンリーグ サーパス−雁ノ巣ホークス7回戦(あじさいスタジアム北神戸)

 ・試合開始1時間15分ほど前、11時15分ごろにあじスタ到着。まだ開門はしておらず、入場列は三塁側に位置する入り口からずっと伸び、一塁側のサーパス選手駐車場近くまで達していた。その駐車場、何やら人だかりが。ネコちゃん(金子千尋)がサインに応じており、列ができていた。なあんだ、一軍でおかわりくん(埼玉西武・中村剛也)にぶっつけてサーパス行きとなってから中5日、ひょっとしたらここで先発かとも思ってたのに。だとしたら代わりに誰が投げるのか…。ちょっと思い浮かばない。一軍の投壊を受けて、先発投手までいなくなってしまっているサーパス。もうムチャクチャである。

 ・駐車場まで達した入場列がちょうど反転した辺りで列に加わる。ほどなく、多客につき開門時間を早めるとのアナウンスが流れた。10分早い、午前11時20分から入場開始。

 ・実は私、土曜が休みになることは珍しく、あまり比較はできないのだが、お客の入りは、まあ普段の日曜と同じほどと思われるくらいのものだった。2週間前のキヨさん復帰には6000人が詰め掛けるなど大変な騒ぎとなったあじスタだが、それも沈静化、さらには2週前の鳴尾浜戦(ただでさえ多客)に比べて、この日はそうではない雁ノ巣戦ということもあるせいだろう。

 ・いつもはそんなにイレ込んで早くからは来たりせず、ビジターチームのノック時間にはまだ球場に到着していなかったりする私だが、この日は両軍のシートノックを見ることができた。せっかくだから記録しておく。これでベンチ入りの陣容も分かるし。

試合前シートノック

雁ノ巣

キャッチャー 高谷、荒川、加藤
ファースト  李、藤井
セカンド   金子
サード    仲澤
ショート   明石、吉本
レフト    江川、中西
センター   城所、荒金
ライト    中村

サーパス

キャッチャー 前田、伊藤、横山、土井
ファースト  吉良
セカンド   阿部、長田
サード    木元、田中
ショート   森山、柴田、裕次郎
レフト    迎、丹羽、岡田(のちファーストも)
センター   由田
ライト    平下、相川
守備に就かず 清原、小瀬

 ・小瀬はコーチたちと話をしていた。ストッキングをかなり見せたユニの着こなし。守れないが代走くらいは出られるのだろうか? キヨさんはノックの時点では姿を見せていなかったが、グラウンドに誰もいなくなってから現れ、まずライトのライン近くで素振り、さらにはラインからライト守備位置へのダッシュを繰り返していた。そう、一軍ではよく外国人選手が試合前の合間に行っている行動そのものである。

スターティングメンバー

雁ノ巣    サーパス

遊 明 石  中 由 田
三 仲 澤  遊 森 山
中 城 所  三 木 元
指 吉 本  右 相 川
左 中 西  指 清 原
二 金 子  左  迎
右 中 村  一 岡 田
一  李   二 阿 部
捕 荒 川  捕 伊 藤

投 川 頭  投 香 月

 ・何と! 13日に鳴尾浜で先発したばかりの香月が中3日登板。もっとも前回は2回無失点と控えめなもので、これは一軍召集後のリリーフ起用を意識したものかとも思ったが…まだ上からの声はかかっていない(この日昇格したのは清水)。

 ・雁ノ巣先発の2年目・川頭は、今季ここまで3試合登板、4回自責7、防御率は15.75というすさまじい状態になっている投手。

 ・…ナメやがって(怒)。


審判 球・東、一・山村、二・福家、三・永見
公式記録員 藤原

(得点経過、攻撃上のポイントなど)

■一回表雁ノ巣 先頭明石右前打、仲澤4−6−3のゲッツー崩れで一塁に生きるが、城所遊直(ショート森山、いい所にいた)、吉本遊ゴロ(これも森山が横っ飛びで好捕)でチェンジ、無得点。
■一回裏サーパス 二死後、木元が粘って10球目を中前打も、相川空振り三振、無得点。
■二回裏サーパス

 ・先頭はキヨさん。この試合彼の打席は、全球お伝えしておく。

□清原和博第1打席
 1球目 低めボール         0−1
 2球目 空振り           1−1
 3球目 ボール バットわずかに動く 1−2
 4球目 見逃しストライク      2−2
 5球目 空振り三振         一死

 ・後続も倒れ、この回三者凡退。

■三回表雁ノ巣 先頭李四球、荒川一前犠打で一死二塁、明石右飛で李三進も、仲澤二飛でチェンジ、先制ならず。
■三回裏サーパス 二死後、由田右前打、森山四球で二死一、二塁も、木元遊ゴロで森山二封、チェンジで無得点。
■四回裏サーパス 一死後、

□清原和博第2打席
 1球目 止めたバットにファウル        1−0
 2球目 見逃しストライク バットピクリと動く 2−0
 3球目 見逃し三振              二死

 ・次打者迎はマウンド真上へのフライ(さて内野手の誰が捕るか。ファースト李も意欲満々だったが、結局捕球したのはサード仲澤)でチェンジ。そして、キヨさんがこれで引っ込むとみて、選手駐車場に面した一塁側芝生席後方へ観客が集まり始める。

■五回裏サーパス 先頭岡田右中間二塁打、阿部四球で一、二塁、伊藤初球をバントファウル(バックネットまで飛んだ。全然打球が殺せていない)の後、2球目も投前へ犠打を試みるも二走岡田三封され一死一、二塁、由田中前打で満塁(当たりが良すぎて二走阿部還れず)、森山中堅右への走者一掃三塁打、木元のゴロをファースト李片手で捕りにいき後逸(エラー)、打球は右翼へ抜け三走森山生還、相川四球で一、二塁、清原の代打平下6−4−3のゲッツー、チェンジも、4点を挙げるビッグイニングに。

(五回終了・13時48分…プレーボールから1時間18分)

 ・レフト外野フェンス越しに、サブ球場で草野球を楽しんでいた人たち(揃いのユニ着用)が鈴なりになってこの試合を観戦していた(ま、タダ見なんですけど[笑])。そのうちの一人など、売店の弁当を買い求めに入場してきていた。なるほど。この北神戸田園スポーツ公園内で食料を調達しようと思ったら、これしか方法がない。もっとも、あじスタでサーパスの試合がある日に限られてしまうが。

■六回表雁ノ巣 先頭荒川左前打(サーパス・香月はこれが初回先頭打者以来の被安打)も、明石4−3のゲッツー(セカンド阿部が一走にタッチ)、仲澤右飛で無得点。

 ・…と、私はあくまでもスコア記録に徹しているが、一塁芝生席後方で選手駐車場を見やりながら試合にケツを向けている人間の、まあ多いこと多いこと。この回二死辺りで「おい! 野球見い、野球!!」と、三塁側雁ノ巣ファンからバ声が飛んだ。

■六回裏サーパス 一死後、岡田四球、阿部右前打で一死一、三塁、伊藤左翼線二塁打で岡田生還し二、三塁、由田空振り三振、森山二ゴロでチェンジも、さらに1点を追加。
■七回表雁ノ巣 先頭城所中前打、吉本3球をすべて見逃しての三振、中西中前打で一死一、三塁、代打江川四球で満塁、中村の一ゴロで三走城所本封(ファースト岡田、バックホーム前に少し球を握り直し、ホームゲッツーはならず)、李右前打で2者生還し二死一、二塁も、荒川投ゴロでチェンジ、反撃も2点まで。

 ・結果的に香月この日最後の投球となる100球目、荒川の投ゴロはバットが折れた。またこの直後、サーパスのラッキーセブンを告げる名曲「明日を見せてやれ」が流れている辺りで、どうやらキヨさんは帰宅の途に就いたようである。

 ・この部分だけはその後の報道を見て書いているが、どうやらキヨさん、ヒザが悪かったはずが、今度は右ヒジが悲鳴を上げてしまったらしいのだ。ボールを投げる動作はこのところ全然していなかったということなのだが…。ともかく、これで翌日に予定されていた春日スタジアム(兵庫県丹波市春日町)での雁ノ巣戦への出場はなくなってしまった。前週には福岡県営春日公園野球場での、これまた出場予定だった雁ノ巣戦を雨で流しており、両方の「春日」の人たちには、まことに申し訳ない結果になってしまった。キヨさん出場見込みということで、例年よりどれだけ前売りに上積みがあったのだろうか。有名選手の出場が潜在的な観客層を掘り起こし、それが結果的に地方興行のさらなる活発化、またファームの繁栄につながればとも思えるので、全くもって残念と言うほかない。私は日曜のスケジュール的に春日スタジアムへは途中からしか観戦できず、それでもキヨさんを、というより、キヨさんの出場を心から喜ぶ丹波地区のファンの姿を見に行きたいと考えていたが、ここは回避しておくことにする。

■八回裏サーパス (ピッチャー前の回から2番手西山)二死後、前田右前打、由田も右前打(猛打賞)で一、二塁も、森山二ゴロで由田二封、無得点。
■九回表雁ノ巣 (ピッチャーこの回から3番手吉川)二死後、江川四球も、代打荒金右飛でスリーアウト、ゲームセット。

2008年5月17日(土) 12時30分〜15時04分
7回戦(雁ノ巣4勝2敗1分け)
雁ノ巣  000 000 200|
サーパス 000 041 00×|

勝利投手 香月(8試合1勝)
セーブ投手 吉川(10試合2勝1敗3S)
敗戦投手 川頭(4試合1敗)

観衆その1・約450人(五回終了後、入り口の係員談)
  その2・1050人(福岡ソフトバンクHP)

 ・「その1」のほうが正しい数字のように思えるのだが。それでもネット裏スタンドはかなり埋まっていた。そのため私のいつもの「目視により計数」というやつ、この日は行っていない。

 ・大阪部長はここまでサーパス公式戦7試合を観戦、4勝2敗1分け。


2008年 5月17日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:WIZさん/しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記)/子連れさん

報告者:WIZさん

2008年5月17日(土)
イースタン・リーグ公式戦 北海道日本ハム−湘南6回戦 ファイターズスタジアム(13:00開始)

審判:PL鈴木、1B工藤、2B山崎、3B山路
記録員:伊藤
観客数:1538名(NPBサイトより)
試合時間:3時間31分(正式記録ではありません)

【スコア】
                  R  H  E
湘  南 012 220 310 11 17  0
日本ハム 200 010 100  4 10  0

【投手継投】
湘  南 ○山口(6回)−高崎(2回)−秦(1/3)−山北(2/3)
日本ハム ●山本(4回1/3)−菊地(1回1/3)−中村(1/3)−伊藤(1回)
                          −内山(1回)−糸数(1回)

【得点経過】
1回裏(日) 二死3塁で山口、暴投で3塁走者生還(湘0−1日)
       二死満塁で市川、押し出し四球(湘0−2日)
2回表(湘) 一死無塁で呉本、左中間スタンドへソロ(湘1−2日)
3回表(湘) 二死2塁で小池、レフトスタンドへ2ラン(湘3−2日)
4回表(湘) 無死1塁でジェイジェイ、レフトスタンドへソロ(湘5−2日)
5回表(湘) 一死2・3塁で呉本、レフト前タイムリー(湘6−2日)
       一死1・3塁で内藤、レフトへ犠牲フライ(湘7−2日)
5回裏(日) 無死無塁で中田、左中間スタンドへソロ(湘7−3日)
7回表(湘) 無死1・2塁で斉藤秀、左中間2ベースタイムリー(湘9−3日)
       一死3塁で鈴木尚、ファーストへ内野安打タイムリー(湘10−3日)
7回裏(日) 一死1・3塁で高崎、暴投で3塁走者生還(湘10−4日)
8回表(湘) 二死1・2塁で斉藤秀、センター前タイムリー(湘11−4日)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 石川  一飛  投ゴ三ゴ  右2左安  二直        620000000
2B 梶谷  遊ゴ  四球  右安左安一併  右飛        520201010
CF 小池  左飛  左本  四球空振  三ゴ          412210110
1B 高森    左飛四球  三犠空振  四球          200100120
DH 呉本    中本三ゴ  左安                322110000
DH 河野              投安四球          110100010
RF 内藤    左安  遊安左犠  右安空振          431200100
3B ジェイジェイ  一邪  左本中安                322110000
3B 斉藤秀             中2中安          223100000
LF 下園    中飛  右飛三ゴ  一ゴ三飛          500000000
C  武山      投ゴ右飛  三ゴ              300000000
H  鈴木尚             一安            111000000
C  新沼                  左安        110000000
※9回、無死1塁で石川、セカンドライナー→1塁走者戻れず併殺。
・斉藤秀、5回の守備より出場。


<北海道日本ハム>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 村田  三安投犠  中安  空振  三ゴ          420100100
SS 今浪  投犠遊飛  右飛    左安  三安        420100000
LF 坪井  二ゴ空振  二ゴ    三ゴ            400000100
LF 大平                  四球        000000010
3B 中田  四球  遊ゴ  中本  右安  右飛        421210010
DH ジョーンズ 左安  四球  空振                210000110
DH 糸井              四球            000000010
DH 金子洋                 右安        110000000
RF 佐藤  四球  空振  遊飛  遊併            300000110
H  渡部                  見振        100000100
1B 市川  四球  四球  一ゴ    遊ゴ二ゴ        300000020
2B 尾崎  二飛  遊飛    中飛              300000000
H  三木                二ゴ          100000000
2B
C  今成    中2  中飛  見振  中安          420000100
・大平、8回の守備より出場。


【投手成績】
<湘南>
         投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
○山口       6回   28  5  5  5  3  3
 高崎       2回    9  3  1  0  1  1
 秦       1/3    3  1  1  0  0  0
 山北      2/3    3  1  0  1  0  0

<北海道日本ハム>
         投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●山本     4回1/3  22  6  3  0  5  7
 菊地     1回1/3   8  4  0  1  2  0
 中村      1/3    1  0  0  1  0  0
 伊藤       1回    7  5  0  0  3  3
 内山       1回    6  1  2  1  1  1
 糸数       1回    3  1  0  0  0  0

【その他】
■盗塁成功 ※(敢行場面:対戦バッテリー)
<湘  南>梶谷:3回、二死1塁で打者小池の4球目:山本−今成

■暴投
<湘  南>山口(1回、二死3塁で打者中田の?球目→走者本塁生還)
     高崎(7回、一死1・3塁で打者糸井の3球目→走者本塁生還、2塁へ)


【試合展開】
湘南先発山口はこの日も立ち上がりから制球が不安定で、初回に暴投で先制点を献上すると
3つの四球で押し出しで更に1点を許し鎌ヶ谷が2点を先制します。
しかし鎌ヶ谷投手陣も不調で先制した直後の2回に呉本のソロ、3回には小池のポール際に
高々と上がる2ランであっという間に逆転を許してしまいます。
4回はジェイジェイの打った瞬間レフトの坪井が打球を追うこともしなかった2ランで中押し。
以降5、7、8回と鎌ヶ谷投手陣を攻め立てダメ押しします。
鎌ヶ谷打線は5回に中田のソロが飛び出すものの、その後好機を生かせず今季初の連勝は
またもお預けとなってしまいました。

【選手感想】
<湘南>
■山口俊(湘)
 昨年まで在籍していた岸本のような立ち投げフォームから繰り出される球は・・・
 いつもと同じく制球定まらずで、この日も冒頭と四球連発と一人相撲で先制点を献上して
 しまいました。唯一褒めるとしたら2回の二死3塁のピンチで坪井を空振り三振に仕留めた
 縦のスローカーブが見事に決まったことでしょうか。今日はこの変化球が要所で効果を
 発揮しました。しかし1試合で四球を5個も与えてしまう制球力を何とかしないことには
 一軍昇格はまだまだ先の話になりそうです。

■高崎健太郎(湘)
 山口以上に精鋭を欠き失望したのがこの人。
 彼もまた昨年山口と共に見せた低めへの抜群の制球力がなくなってしまいただの速球投手に
 なってしまいました。春先は一軍ローテの一角として期待されながら結果を残せず自信喪失
 になっている気がします。なので気持ちの問題で復活するのではと思うのですが・・・

■斉藤秀光(湘)
 「守備の人」の評判どおり、途中出場ながら2度の守備機会で美技を披露。
 課題の打撃も2打席連続のタイムリーを放ち、今日のところは若手との格の違いをアピール
 した内容でした。

<北海道日本ハム>
■今成亮太(日)
 出る投手が皆すっぽ抜けはあるは、ホームベース手前でバウンドする球はあるはで、
 リードが一苦労だったかと思いますが走者がいる中では球を一球も後ろに逸らさず
 ファールフライにもフェンスに果敢に突っ込むなどファイトを見せました。
 これに投手陣が応えられなかったのが残念です。

■中田翔(日)
 今日も本塁打を放ち湘南投手陣に対して相性の良さを見せつけました。
 守備もバウンドに合わせ無難に処理をするなど向上が見えましたが、速い打球にはまだ反応が
 鈍いところが見られます。

【鎌ヶ谷情景】
今季初の鎌ヶ谷観戦となりました。
昨年名物だったライトスタンド後方のジンギスカンは姿を消し、その代わり焼きたてパンと
豚丼の出店が入場門近くで販売し相変わらず食事面の豊富さはイースタンNo.1でした。

試合は両チームの投手陣の覇気が無さ過ぎ、この一言に突きました。
両チーム合わせて27安打、12四球が飛び出し試合の勝敗が決した終盤は鎌ヶ谷では
珍しくスタンドの空席が目立つ展開となりました。

湘南は投手陣の状況を考えると勝利の余韻に浸りながら帰宅の途につく心境にはなれません
でした。昨年先発ローテを支えた3本柱、山口と高崎は不振、北に至っては怪我で出遅れ
長浦でノックを受ける日々、秦も結果を残せず、守護神を務めた岡本に「調子がいい」と
言われている吉川は登板機会すらなかなか与えてもらえません。
期待の目で登板を見れるのが新人の阿斗里投手だけというのは寂しいですね。
明日先発予定の高宮投手が今度こそはジャイアンツ球場で見せた好投を再び見せて欲しいものです。

打線では怪我でしばらく欠場していた内藤選手が復調の兆しを見せていたのが収穫でしょうか。

しじゅうしさん、子連れさんをはじめ本日観戦された皆様、お疲れ様でした。





報告者:しじゅうしさん

5月17日の鎌ヶ谷での試合を観戦しましたので報告します。

試合前には前日(16日)のYahooドームでの試合で活躍した鵜久森選手から、鎌ヶ谷ファンへの感謝メッセージが届けられたこの試合。鎌ヶ谷今季初となる連勝を目指しましたが、投手陣がもはや今期恒例となってしまった(泣)炎上を繰り返し連勝ならず。私も今季観戦試合での初勝利を願ったのですが、またしてもお預けとなってしまいました。
以下がスコアテーブルとなります。

5月17日イースタンリーグ 湘南シーレックス―鎌ヶ谷ファイターズ(鎌ヶ谷)
SR|012 220 310 |11
F |200 010 100 |

SR ○山口、高崎、秦、山北―武山、新沼
F  ●山本、菊地、中村、伊藤、内山、糸数―今成
審判 PL鈴木 1B工藤 2B山崎 3B山路
観客 1000人くらい?


湘南シーレックス
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(6) 石川雄洋  6020 一ゴ  投ゴ三ゴ  右二左安  二直
(4) 梶谷隆幸  5220 遊ゴ  四球  右二左安一併  右飛
(8) 小池正晃  4212 左飛  左本  四球空振  三ゴ
(3) 高森勇気  2100   左飛四球  三犠空振  四球
(D) 呉本成徳  3122   中本三ゴ  左安
 HD 河野友軌  1110             投安四球
(9) 内藤雄太  4231   左安  遊安左犠  右安空振
(5) ジェイジェイ3122   二邪  左本中安
 5  斉藤秀光  2123             中二中安
(7) 下園辰哉  5000   中飛  右飛三ゴ  一ゴ三飛
(2) 武山真吾  3000     投ゴ右飛  三ゴ
 H  鈴木尚   1011             一安
 2  新沼慎二  1010                 左安

          投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ○ 山口俊    6   28 113 5 1 5 5 3 3
   高崎健太郎  2    9  44 3 0 0 1 1 1
   秦裕二      1/3  3  12 1 0 0 1 0 0
   山北茂利     2/3  3  14 1 0 1 0 0 0


鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(8) 村田和哉  4120 三安投犠  中安  空振  三ゴ
(6) 今浪隆博  4120 捕犠遊飛  右飛    左安  三安
(7) 坪井智哉  4000 二ゴ空振  二ゴ    三ゴ
 7  大平成一  0000                 四球
(5) 中田翔   4221 四球  遊ゴ  中本  右安  右飛
(D) ジョーンズ 2010 左安  四球  空振
 HD 糸井嘉男  0000             四球
 HD 金子洋平  1010                 右安
(9) 佐藤吉宏  3000 四球  空振  遊飛  遊併
 H  渡部龍一  1000                 三振
(3) 市川卓   3001 四球  四球  一ゴ    遊ゴ二ゴ
(4) 尾崎匡哉  3000 二飛  遊飛    中飛
 H4 三木肇   1000               二ゴ
(2) 今成亮太  4020   中二  中飛  三振  中安

          投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ● 山本一徳   4 1/3 22 104 6 3 0 3 7 7
   菊地和正   1 1/3  8  20 4 0 1 0 0 0
   中村泰広     1/3  1   6 0 0 1 0 0 0
   伊藤剛    1    7  21 5 0 0 0 3 3
   内山雄介   1    6  27 1 0 1 2 1 1
   糸数敬作   1    3  14 1 0 0 0 0 0


盗塁  梶谷 (3回 打者小池)
走塁死 新沼 (9回 打者石川)
暴投  山口 (1回 打者中田)
    高崎 (7回 打者糸井)
残塁  SR9、F12

得点経過
1回裏 0−1 二死三塁から、中田への初球を山口が暴投、三塁走者村田が生還
 〃  0−2 二死満塁から、市川が四球を選び押し出し
2回表 1−2 一死から、呉本がバックスクリーン左にソロホームラン
3回表 3−2 二死一塁から、小池がレフトスタンドに逆転ツーランホームラン
4回表 5−2 無死一塁から、ジェイジェイがレフトスタンドにツーランホームラン
5回表 6−2 一死二三塁から、呉本がレフト前にタイムリーヒット
 〃  7−2 一死一三塁となって、続く内藤がレフトに犠牲フライ
5回裏 7−3 この回先頭の中田が、バックスクリーン左にソロホームラン
7回表 9−3 無死一二塁から、斉藤秀がセンターに2点タイムリーツーベース
 〃  10−3 一死三塁となって、代打鈴木尚がファースト強襲のタイムリーヒット
7回裏 10−4 一死一三塁から、代打糸井への3球目を高崎が暴投、三塁走者今浪が生還
8回表 11−4 二死一二塁から、斉藤秀がセンター前にタイムリーヒット


選手寸評

■山本一徳(日)
1回の投球は上々で、去年の斉藤和巳と投げ合った昨年9月23日の札幌ドームでのピッチングを彷彿とさせたのですが、2回以降はてんでダメ。呉本にホームランを打たれたことで動揺したのか制球が目に見えて悪くなり、ボール先行でカウントを悪くした後にストライクを取る球を狙われるという悪循環に陥り、被本塁打3の7失点で降板。縦に大きく割れる変化球(おそらくカーブ?)が決まっていた1回は完璧に抑えたが、2回以降はその球が全くと言っていいほどストライクにならない状態。緩急をつけられる球で決め球になりうるので、もっと精度を上げてほしい。

■中田翔(日)
詰まりながらもスタンドまでもっていく高校生離れしたパワーをあらためて見せてもらいました。課題の守備面ですが、多くの守備機会を無失策でこなすなど向上の気配は見えてきました。ただ、無駄なステップや握り直しも多いので、守備面はまだまだ鎌ヶ谷で鍛えた方がいいかと思います。

■山口俊(湘)
立ち上がりは制球に苦しみ2点を失うも、2回以降は要所を締め中田の一発による1失点だけで、6回を3失点とまあまあの結果。過去ログを読み返すと、4/26のWIZさんの投稿された試合でも1回に今回と同様の失点をしている模様。立ち上がりの制球が課題でしょうか。


2008年 5月16日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:あわてんぼーさん(HP:続!あわてんぼーのブログ


 試合開始13時終了15時14分試合時間2時間14分
 球審工藤1塁山崎2塁山路3塁橋本
 鎌ヶ谷(日本ハム2勝3敗)観衆400人
                   R  H  E
 
湘  南 000 100 000    3  1
 
日本ハム 130 000 02X   10  0

 勝 ダース2勝3敗    本塁打 尾崎2号(2回左翼土肥B)
 S 金 澤1勝3敗1S
 負 土 肥2敗
 3塁打 梶谷(4回)渡部(8回)
 2塁打 大平(4回)村田(7回)
 盗塁 佐藤(8回)
 併殺 湘  南2(土肥−ジェイジェイ−高森)3回金子洋
         (梶谷−ジェイジェイ−高森)5回中田
    日本ハム1(今浪−市川)6回梶谷
 失策 湘  南1 梶谷(5回)
    日本ハム0

 1回表(日本ハム投手ダース、捕手渡部)石川二塁ゴロ、梶谷左飛、下園二塁ゴロ(湘南0)
 1回裏(湘南投手土肥、捕手斉藤俊)村田三塁ゴロ内野安打、尾崎一前送りバント成功で村田2塁進塁、ジョーンズ中飛で村田3塁進塁、中田左前安打で村田生還、金子洋四球で1,2塁、渡部遊ゴロで6−4とわたり2塁金子洋封殺(日本ハム1)
 2回表 高森二塁ゴロ、鈴木尚左飛、小池死球、内藤中飛(湘南0)
 2回裏 市川中前安打、今浪捕前送りバント成功で市川2塁進塁、大平三振、村田四球で1,2塁、尾崎左翼越え本塁打(場外)、ジョーンズ右飛(日本ハム3)
 3回表 斉藤俊、ジェイジェイ共に三塁ゴロ、石川遊ゴロ(湘南0)
 3回裏 中田左前安打、金子洋投ゴロで1−4−3とわたり併殺、渡辺三振(日本ハム0)
 4回表 梶谷右中間3塁打、下園一塁ゴロの間に梶谷生還、高森四球、鈴木尚二塁ゴロで4−6とわたり高森2塁封殺、小池左飛(湘南1)
 4回裏 市川遊ゴロ、今浪中飛、大平右翼線2塁打、村田三振(日本ハム0)
 5回表 内藤遊飛、斉藤俊左飛、ジェイジェイ二塁ゴロ(湘南0)
 5回裏(湘南投手吉原)尾崎遊ゴロ失、ジョーンズ左前安打で1,2塁、中田遊ゴロで6−4−3とわたり併殺で尾崎3塁へ、金子洋遊ゴロ(日本ハム0)
 6回表(日本ハム金子洋に代わり右翼佐藤、右翼から左翼大平)石川右前安打、梶谷遊直で6−3とわたり併殺、下園二塁ゴロ(湘南0)
 6回裏 渡部、市川共に二塁ゴロ、今浪三振(日本ハム0)
 7回表(日本ハム投手歌藤)高森、鈴木尚に代打西崎共に二塁ゴロ(日本ハム投手金澤)小池投ゴロ(湘南0)
 7回裏 大平三飛、村田左翼越え2塁打、尾崎遊飛、ジョーンズに代打坪井三振(日本ハム0)
 8回表 内藤左直、斉藤俊右飛、ジェイジェイ中前安打、石川遊ゴロ(湘南0)
 8回裏(湘南投手吉川)中田捕邪飛(湘南投手山北)佐藤中前安打、渡部の時佐藤2塁盗塁成功し、結局渡部は右翼越え3塁打で佐藤生還、市川中犠飛で渡辺生還、今浪一塁ゴロ(日本ハム2)
 9回表 梶谷に代打北川右直、下園三振、高森一塁ゴロ(湘南0)


 打撃成績
   湘 南 打安点    日本ハム 打安点
  D石 川 410   G村 田  320
  E梶 谷 310   C尾 崎  313
  H北 川 100   Dジョーンズ310
  F下 園 401  HD坪 井  100
  B高 森 400   D中 田  421
  D鈴木尚 200   F金子洋  300
 HD西 崎 100   9佐 藤  110
  G小 池 200   A渡 部  411
  H内 藤 300   B市 川  311
  A斉藤俊 300   E今 浪  300
  Cジェイ 310  H7大 平  310
  計    2931   計     35106

 #湘南ジェイとあるのは、ジェイジェイ。

 投手成績
 湘 南  投回  投数  被安 四死 三振 自責 失点
●土 肥  4   67   6  2  3  4  4
 吉 原  3   39   2  0  2  0  0
 吉 川   ・1  4   0  0  0  0  0
 山 北   ・2  7   2  0  0  2  2

 日本ハム 投回  投数  被安 四死 三振 自責 失点
○ダース  6   85   2  2  0  1  1
 歌 藤   ・2  5   0  0  0  0  0
S金 澤  2・1 23   1  0  1  0  0

 戦評 今日の試合は、先発投手の出来・不出来が試合の明暗を分けた。
 日本ハムダース投手は6回を投げ被安打1失点に対し、湘南土肥投手は、4回を投げ被安打6失点4と散々な内容。
 終始日本ハムの良い所が目立った試合となった。

 あわてんぼーが選ぶMVP

■ダース・ロマーシュ匡(日)

 今日の日本ハムの先発投手は彼だったが、6回を投げ被安打2失点1の好投。
 教育リーグの時とは、大分違っていた。
 勿論良い方に変わっていたのだが・・・。
 特に、ストレートの速さには目を見張るものが有った。
 湘南打線は、ダース投手のストレートに押されていて振り遅れが目立った。
 それプラス、ボール打ちにも助けられた感は否めませんが。
 しかし、裏を返せばそれだけボールが速かった・キレテいた証拠でもある。
 ただし、課題もある。
 それは、変化球の制球力とスタミナ。
 変化球を投げる時に、すっぽ抜けて明らかにボールとなる球が目立っていたのが気になる。
 それと、5回以降全体的にボールが高目に浮き制球が間々ならない点が有ったのが気になる。
 そうそう、奪三振が1つも無かったというのも気になります。
 ただ、教育リーグで観た時よりもかなり良くなったのは事実で今後が大いに期待される。

 あわてんぼーが注目した選手

■土肥義弘(湘)

 う〜ん。立ち上がりをうまく攻められた、と言ってしまえばそれまでだが・・・。
 全体的に、球が高目に上ずり、ストレートの速さもいま一つだし、制球力・打たせて取る事が身上の彼が、あんな投球をしている様ではダメだ。
 当分1軍昇格は無いだろう。
 今日観ていて感じたのだが、少し肘の位置が下がっているのではないか?と、感じました。

■中田翔(日)

 今日の試合で4打数2安打1打点と活躍した様に見えるが、マダマダだね。
 相変わらず体を開いて(左足を引き気味に)打ちにいくし、その事によって外角の球は空振りするか、仮に当たったとしてもボテゴロか凡飛球になるだけ。
 開いて打つバッティングを修正しなければ、1軍昇格は無い。
 ただ今日も、鎌ヶ谷球場のファンを一番沸かせたのは彼。
 スター性は抜群だ!
 周囲の期待に押し潰されない様に、精進してほしい。

■村田和哉(日)

 教育リーグの時に、私が推す期待の若手選手としてこの掲示板に紹介したが、やっぱり彼は良い選手だ!
 その時に逆方向へ強い打球を打てる様になればと書いたが、今日の試合でその打球を打つ事が出来た。
 第4打席に、左翼下園選手の頭を越す2塁打を打った。
 その様なバッティングを常時出来る様になれば、1軍昇格・定着も夢ではない。





報告者:子連れさん

    <結 果>               R H E
        
湘 南 012 220 310 11 17 0
        
鎌ヶ谷 200 010 100  10 0 湘南4勝2敗

       (勝)山口8試合2勝2敗 (負)山本16試合1敗1S

        ※暴投 湘南2 山口1回裏中田の初球 3塁走者村田和生還
                高崎7回裏PH糸井の3球目 3塁走者今浪生還

       <本塁打>湘 南 呉本4号(左中間・投手 山本)
                小池4号(左・投手 山本)
                ジェイジェイ2号(左・投手 山本)

            鎌ヶ谷 中田4号(中・投手 山口)

    <アンパイヤー/記録員>
       PL・鈴木章太 1B・工藤和樹 2B・山崎夏生 3B・山路哲生
        記録員/伊藤 亮

         <試合時間>3時間30分(13:01〜16:31)

         <観衆>1,538名

         <天候>はれ 23℃ 風 左←右

     『雑 感』
        中部小学校の坂を下りて裏道へ。湧水に濡れる林間の道を抜け
       田圃道でヒキガエルやザリガニと戯れた。梨の直売場にはもちろ
       ん果実はなく,出回る頃にはどんな順位にいることやらと思った
       のです。昨年は重い籠をうなだれて持ち,致命的な一敗に優勝の
       文字が崩れたのでした。
        早く到着したので球場の回りを散歩。お目当ての選手を待つ寮
       の前に来ると,どうしても亡くなった菅野さんを思い出すのです。
       「ありがとうございました」と一人ひとりに声を掛けてシャトル
       バスの料金を徴収してましたっけ・・
        5月に暖房を引っぱり出した異常気象からようやく抜けて,日
       射しの強い本来の気候が戻った土曜日,うっすらと汗をかきなが
       ら山崎審判が試合前のジョギングをし,前後して鎌ヶ谷の66が
       黙々と走っていました。ファンは声を掛けることもなく静かに見
       守るあたりに鎌ヶ谷らしさを感じるのです。「ボールください」
       と無礼に振舞うKIDSどもは,ココにはいないのです。

        10時半に券売,11時半に開門と余裕のある時間設定にはい
       つも羨ましく思うのです。開門40分前にシーズンパス保有者の
       チケット交換,30分前に一般券売の湘南主催試合は少し忙しと
       思うのです。
        さて入場。「鎌熊」にお出迎えされ,食欲を煽る匂いを開門前
       から漂わせていた名物売店を眺め,階段上のグッズ売り場をのぞ
       く。「鎌熊」と縦書きされたデザインの,豊富な色が揃ったTシ
       ャツが気になったのですが,さすがに湘南ファンが着るわけにも
       いかず,見切りを着けたら着てやろうと思うに留めたのでした。
       それにしてもグッズの内容からして,鎌ヶ谷タウンを盛り上げる
       ぞ!といった意欲が感じられるものばかりで,羨ましいと毎回思
       うのです。そんな通路にお客に交じって鎌ヶ谷29が同僚とお買
       物に現れたりしていました。

        試合前のイベントは「キッズスタータ」と「ベースランニング」
       湘南でも以前はこの手の子ども参加のイベントがあり,子連れの
       2人の子など毎回のように抽選会へ臨んでいましたが,最近はや
       らなくなりました。選手と同じ場所に立てた喜びは子供にとって
       一生の思い出になるのに,なぜ止めているのか残念に思うのです。
       「吉見選手と同じところ(マウンド)から投げた」とか「選手の
       ヘルメットかぶって打席に立った」とか何かにつけて得々と子ど
       もらは昔話していました。面倒なことはやりたがらない球団の体
       質なのでしょうか・・
        試合前の球場に流れているBGMは横浜に敬意を表したのか,
       「ゆず」や「小田和正」,さらには少し懐かしい邦楽ポップス,
       さらに粋なのは各球団の球団歌とこれも鎌ヶ谷独特の選曲です。
       センスの良さは湘南に分がありますが,鎌ヶ谷の扱いも悪くは
       ありません。そのBGMも鳴り止んで試合開始へ・・

        湘南は球団HP先発予定では今日は山口,明日は高宮となって
       いますが,珍しく前宣伝通り山口が登場。フォームがひとつも固
       まらなく試行錯誤なのか悪戦苦闘なのかわかりませんが,登板の
       度に少しずつ違う姿を見せていました。そして今日はどうしたの
       か,広島で開花した岸本の湘南時代のと言うか,不貞腐れた時の
       吉川を彷彿させる立ち投げでした。この方が安定感でも得られる
       のか,的を狙うダートのように慎重に投げていたのです。6回5
       安打の数字が残りましたが,内容は毎度の荒れ気味で,三振取る
       とあっさり四球を出すといった調子でした。まだまだ時間が掛か
       るのか,このままひっそり湘南に腰を据えてしまうのか,勝負の
       時期に入っています。鎌ヶ谷の投手陣がいま一つの今年だから,
       珍しく17安打の湘南でしたが,初回に大量点で降板してもおか
       しくない山口の危ない出来でした。
        鎌ヶ谷では2年目の今浪が守備はもちろんですが,打撃でアピ
       −ル。初回しっかりと犠打の仕事,以降は右に左にと粘りも出て
       2安打の内容でした。打撃に開眼すれば文句なく札幌に行く要素
       があるだけ,今日の活躍は自信を持っていいものでした。
        3時間30分と長い試合でしたが,申し訳ありませんが,鎌ヶ
       谷の現状の投手力では淡白な湘南打線もさすがに打ちます。良く
       点を取ったぞ!と喜ぶよりも,当り前だよなと妙に冷めてた自分
       がいました。

        紫外線の強い中での観戦,みなさまお疲れさまでした。高崎の
       だらしのない内容に失望して痛飲,船橋から乗った逗子ゆきの電
       車で終点までご丁寧に運ばれておりました。さて来週末は楽しみ
       な小田原・愛鷹への遠征です。1泊2日の旅行になります。


2008年 5月12日 プロアマ交流戦 JFE西日本−広島(広島市民球場)報告者:いの一番さん


5月12日(月)
第47回社会人野球広島大会 予選リーグCグループ
JFE西日本−広島東洋カープ(広島市民球場)

広島市民球場では最後の開催となる第47回社会人野球広島大会は、5月9日から14日まで
12チームの参加により行われた。
試合方式は、まず3チームずつ4つのグループにわかれてリーグ戦を行い、
各グループの1位チームが決勝トーナメントに進むというものである。
カープのいるCグループには、他にJFE西日本とMSH塩見ホールディングスが入ったが、
1位はカープとJFEの争いになるだろうというのが大方の予想であった。
勝った方が決勝トーナメント進出に大きく近づく大事な一戦は、定刻より3分早い8時57分に開始された。

 000002100 
 01000012× 

勝:青木勇  敗:山本寿
本:高岡A(相澤)、山本芳A(山本寿)
審判:PL戸田 1B黒瀬 2B品川 3B初田
天候:晴れ
観衆:最初は50人 最後は300人くらい
入場料:無料 大会パンフレットを400円で発行
試合時間:2時間48分

(投手成績)
     回   打  安 振 球 責
陶山   5  22  5 3 1 1
山本寿  3  15  5 2 0 2
…………………………………………………
相澤   6  28  3 2 7 2
森    1   6  2 0 1 1
青木勇  2   6  1 1 0 0

(試合経過)
△1回表
大北が死球で出塁し、芋岡のバントで二塁へ。福竹は左飛。大崎は四球で一、二塁となったが徳山は三振。
△2回表
内田が三振の後、高岡が四球。永井が中飛の後、谷が左前打でまたも一、二塁となったが大北は右飛。
▼2回裏
嶋が内野安打で出塁し井生のバントで二塁へ。中谷は三振に倒れたが山本芳がレフトフェンス直撃の二塁打を放ち
嶋が生還。広島が1点先制。上村は中飛。
△4回表
内田が中飛の後、高岡の四球と永井の左中間二塁打で一死二、三塁。
しかし谷は浅い右飛、大北も右飛で得点ならず。
▼5回裏
上村が左前打で出塁し、鞘師のバントで二塁へ。松本は遊ゴロ、廣瀬は死球、松本は三振。
△6回表
徳山が左飛の後、内田が死球で出塁。続く高岡がレフトスタンドへ本塁打を放ちJFEが2−1と逆転。
永井は一飛、谷は四球だが大北は二ゴロ。
△7回表
広島の投手が森に交代。
芋岡の左飛、福竹の遊ゴロで簡単に二死となったが大崎の四球。徳山の一塁線へのやや強めの打球は
ワンバウンドでファースト松山の肩に当たり一、二塁へ転がる(記録は安打)。
ここで内田が右前打を放ち大崎が生還、3−1となる。高岡は右飛。
▼7回裏
上村が三振、鞘師が三直で二死となったが、代打大須の三ゴロを福竹がはじき二死一塁。
廣瀬のショート内野安打で一、二塁。松山の詰まった打球は中前にポトリと落ち大須賀が生還、3−2となる。
嶋は中飛。
▼8回裏
井生が左前打で出塁し(代走安部)山崎のバントで二塁へ。続く山本芳は2球目をレフトスタンドへ
豪快に叩き込み、広島が4−3と逆転。上村は三振、鞘師は中飛。
△9回表
代打近藤はバント安打を狙ったが、サード山本芳の好守備でアウト。福竹は三振、大崎は二ゴロで試合終了。


(選手評)
■陶山大介(JFE)
かつてはドラフト候補といわれた快速球投手も最近は沈滞気味。しかし新聞情報では「復調の兆しあり」とあったので
注目して見たところ、実際球も速く、5回を1失点に抑える好投を見せた。
これから再びドラフト候補となるかどうかはわからないが、JFEのエースとして今季は十分期待できそうである。

■山本寿(JFE)
7回の失点はエラー絡みで仕方なかったが、8回の山本芳への投球は悔いが残るものになった。
山本芳は1発狙いで大振りしていたので、もう少し慎重に投げるべきだった。

■高岡一朗(JFE)
6回表に一度は逆転となる本塁打を放ったが、終わってみれば7回表の打席に悔いが残ったかもしれない。
1点を取りなお二死二、三塁のチャンスで凡退、ここで追加点が入っていればJFEに完全に流れが傾いていたはずだ。

■相澤寿聡(広島)
6回を投げて上記の内容。全般的に球は高く5回以外は毎回走者を許す苦しい投球で、球数は120球。
筆者が前回見た阪神戦と同じで、どうしてこれで大量失点しないのか不思議である。とにかくまず球数を減らすことだ。

■森跳二(広島)
簡単に二死を取った後、四球から崩れて失点。松山のまずい守備があったとはいえ、
しっかり抑えないといけない場面だった。次回に期待。

■青木勇人(広島)
球速はなかったが丁寧な感じの投球で2回を無失点に抑え勝利投手となる。
9回表に上位打線をあっさり抑えたのはベテランの味といったところか。

■上村和裕(広島)
この試合とは関係ないが、先日1軍昇格したと思ったら出場もないうちにわずか2日で登録抹消。
一体何のために1軍に呼ばれたのかさっぱりわからない。多分本人は傷ついたのではないだろうか。
グラウンド外でもブラウン監督の采配は迷走している。

■山本芳彦(広島)
4月は好調だった打撃も5月に入って下降気味、そのため打順も8番に降格。それに発奮してか二塁打と本塁打で
3打点をあげ勝利に貢献(いずれもすばらしい当たり)。また、9回表にはバント安打を狙った打球を素早く処理して
アウトにした。これをきっかけに復調し、1軍入りを狙いたい。

■松山竜平(広島)
この日はパワフルな打撃は影をひそめ、詰まった当たりの安打1本の他は三振と内野ゴロ2つという内容。
また、ファーストを守ったが、7回表の徳山の打球は捕らないといけない(記録は安打だったが)。
守りがもう少し安心して見ることができるようにならないと、常時出場は難しいと思う。

■嶋重宣(広島)
若手重視のチーム方針で二軍落ち、朝9時から社会人相手の試合に出るのは悔しい限りだろう。
この日は指名打者で出場し、内野安打1本とフライが3つ、しかし、内野安打の際必死で走って
セーフになった姿が印象的だった。昇格のためにはとにかく気を抜かずに全力プレーでアピールするしかない。



(大会のその後)
5月13日(火)予選リーグCグループ
MSH塩見ホールディングス−広島東洋カープ
M 130000000  4
C 10140004× 10
先発佐藤が2回途中でKOされたがリリーフ陣が好投。打線が地力を見せ逆転勝ち。

5月14日(水)準決勝
広島東洋カープ−ワイテック
ワ 100100100  3
C 00022120×  7
2点をリードされたが、鞘師と廣瀬の本塁打等で貫禄の逆転勝ち。先発今井は7回を自責点2。

決勝
広島東洋カープ−三菱重工広島
三 1000000  1
C 011123×  8
小刻みな投手リレーで三菱を1点に封じ、嶋と上村の本塁打でコールド勝ち。4年ぶりの優勝となった。
大会の最優秀選手には17打数7安打6打点(1本塁打)の鞘師外野手が輝いた。

(元プロ選手等の情報)
■酒井純也(三菱重工広島)
三菱重工では抑え役として起用されているとのこと。
今大会では2試合とも最終回に登板し、2回を無失点に抑えた。

■石橋尚登(MSH塩見ホールディングス)
広島でスポーツトレーナーを目指して勉強中とは聞いていたが、それがMSH医療学園とはメンバー表を見るまで
知らなかった。大会成績は2試合とも3番で出場し、9打数1安打1打点であった。
なお、MSHは校長兼総監督が片岡新之介氏、監督が福冨邦夫氏、コーチが外木場義郎氏という豪華メンバーである。

■橘 修(審判委員)
大会パンフレットの審判委員名簿の中にこの人の名前を見つけ、びっくり。調べてみると、広島に帰ってきて
広島県野球連盟の審判に登録したらしい。日本シリーズの出場経験もある橘氏の帰郷が、広島県のアマ審判の
レベル向上につながることを期待したい。

(その他…謎の調査)
筆者が市民球場に到着したのは8時30分頃、昨年までの入口は三塁側だったような記憶があるが、
今回は正面玄関からの入場だった。
入ったところには受付がありパンフレットの販売を行っていたが、そこで
「すみません、今日はどちらの応援ですか」と声をかけられ、
「一応カープ目当てで来たのですが」と言うと、カープの方に人数をカウントされた。
一体何の目的で調査し、今後どのように生かそうとしているのか、筆者にはよくわからない。


2008年 5月11日 イースタンリーグ 湘南−楽天(横須賀)報告者:子連れさん


       <結 果>              R H E
          
山 形 000 041 200  8 0
          
湘 南 300 100 000  10 1 (3勝3敗)

       (勝)片山8試合6勝2敗 (S)小倉9試合3S
       (負)高宮7試合1勝2敗1S
        <暴投>片山 1回裏 桑原義の2球目 3塁走者高森生還
        <E>湘南Dジェイジェイ7回表 磯部の五邪飛を落球

     <アンパイヤー/記録員>
     PL・木内九二生 1B・牧田匡平 3B・萩原達也 記録員/生原 謙

     <試合時間>3時間9分(13:04〜16:13)

     <入場者数>761名

     <天気>くもり 気温・12℃ 風・左→右

<得点経過>
1回裏(P・片山)先頭代打関口の右中間2塁打,続く石川がショート内野安打,
        3番梶谷が投手犠牲バントで一死2−3塁,4番下園は三振,
        5番高森がサード強襲安打で得点1。二死1−3塁,6番小池
        のレフト前安打で得点1。7番桑原義の2球目に片山暴投で得
        点1。桑原義はシートゴロでチェンジ。湘南3点。

4回裏(P・片山)先頭高森センター前安打,小池倒れ一死1塁,桑原義センター
        前安打一死1−3塁,ジェイジェイ倒れ二死1−3塁,斉藤俊
        セカンド内野安打で得点1。二死1−2塁で山口ライト前安打
        で満塁も,石川セカンドゴロでチェンジ。湘南1点。

5回表(P・山口)先頭の西谷四球,伊志嶺三振で一死1塁,片山の捕犠を斉藤
        俊Fcで1−2塁,牧田センター前安打で満塁,内村四球で得
        点1。なお一死満塁で草野が初球をライト前安打で得点2。1
        −3塁,吉岡センター犠牲フライで得点1。磯部投手ゴロでチェ
        ジ。山形4点。

6回表(P・高宮)先頭の中村四球,西谷捕犠で一死2塁,伊志嶺センター前安打
        で得点1。代打鷹野三振,牧田セカンドゴロでチェンジ。山形1
        点。

7回表(P・高宮)先頭の内村ショートゴロ,草野四球で一死1塁,吉岡右中間2
        塁打で得点1。一死2塁,磯部サードゴロの間に吉岡3塁へ。
        二死3塁,中村レフト前安打で得点1。西谷ファーストゴロで
        チェンジ。山形2点。

             回   打 安 責          回 打 安 責
<継 投>山 形○片 山 5   23 8 4  湘 南 加 藤 1 0 0 0
         愛 敬 10/3  4 1 0      山 口 4 20 5 4
         佐 藤 1   3 0 0     ●高 宮 2 11 3 2
         戸 部 1   4 1 0      吉 原 1 3 0 0
        S小 倉 1   3 0 0      松 家 1 3 0 0

     『雑 感』
       鷹取川はゆっくりと引いていました。川底があらわれた所には
      早くも野鳥が集まり,何やら漁っての昼食時間のようでした。先
      週楽しませてくれた節句のこいのぼりはすっかり片付けられて,
      いつもの川の景色を見せていました。
       年に1回の海老名での開催を流した雨は朝方まで残っていたの
      ですが,時間と共に弱まり,10時には止んでいました。「こり
      ゃ,出来るじゃん」と,金曜日から用意していた鞄ぶらさげて,
      球場へ向かったのでした。

       乳がんの早期発見と早期治療の大切さを伝える「ピンクリボン」
      運動を展開する,球団専属チアdianaによる母の日イベント
      は,どこもかしこもピンク色に染まっていました。風船や布切れ
      が球場を覆い,スタッフ全員がピンクのTシャツを身に付けてい
      ました。球場周りには,検診車が展示されブースでは乳がんに関
      する資料や相談コーナーがあり,チャリティー募金に合宿所カレ
      −が販売されて,多くの人が集まっていました。神奈川県は乳が
      んの死亡率が全国2位とのこと,神奈川県に関わらず,このよう
      な啓蒙啓発運動との連携イベントは有意義ではないでしょうか?
       妻帯者というよりも,男性として参考になり勉強させて頂きま
      した。

       試合前のさまざまな「ピンクリボン」関連のイベントとは別に
      4月の湘南月刊MVPと優秀選手表彰があり,MVPには打率3
      23厘を残した高森選手,優秀選手には吉原投手(9試合防御率
      1.00)が表彰されていました。文句のないところとスタンド
      から拍手を送りました。

       球団HP湘南スケジュールによると,今日の先発予定は高宮と
      出ていて,その通りかと構えていると「加藤武治」がコール。ま
      たしてもやられました。コロコロ変わるならば載せることなどな
      いのでは?と思うのですが,「これがファンサービスだ!」と球
      団は胸張っているようです。昨日の海老名中止を報じた1番手は
      市役所のHPで,すぐに連絡を頂いたので無駄足なくUターン帰
      宅出来ました。うちのHPや携帯配信を待っていたら,最寄駅の
      相模線社家から歩いていた頃でした。海老名市役所お見事でした。

       調整登板の加藤は1イニング限定のようで,打順は1番に入る
      変則なものでした。この1番投手は高宮まで引き継がれたのでし
      た。その加藤は足の故障で調整中とか聞いていましたが,低めに
      球が集まる内容で本来の姿に大分戻っていました。残りは制球の
      修正ぐらいでしょうか。まもなくいなくなるでしょう。

       試合は片山の不安定な立ち上がりを攻めた湘南が初回に3点の
      先制,4回にもしぶとくせめて追加点をあげて流れに乗ったまま
      後半へ。ところが4イニング目の山口が5回に息切れして,球が
      正直になった所を山形打線が襲い掛かり,あれよあれよで同点。
      6回本来の先発予定の高宮,今日は悪い高宮の方で球筋がバラバ
      ラ。四球→犠打→安打の山形の基本野球にはまり逆転,7回には
      決定的な2点を失ったのでした。湘南打線は4点取って今日も満
      足したのか,以降は淡白になり,山形の継投の良さもあり4回以
      降は2安打で終えたのでした。このあたりが昨年から続く湘南の
      打者陣の課題でしょうか。中押しがあれば楽に勝てた試合でした
      が,山口ー高宮のテンポの悪さがリズムを狂わせたのかも知れま
      せん。

      <注目選手>
      
内村賢介(山形) 石川ミリオンスターズ出身の育成D1の新人。
             2番ショートでフル出場。この選手は選球眼が
             いいです。今日2四球を選んだ目と,臭い球は
             カットして7回高宮から6連続ファール。この
             粘りに高宮いささかバテて,2失点のきっかけ
             に繋がっていました。今日は自慢の脚力が魅せ
             られず1回表盗塁死がありましたが,球を選べ
             る目と足は魅力です。


      
関口雄太(湘南) 国立滋賀大出身の球団初の育成D1の新人。
             1回裏代打で登場,初球を鮮やかに右中間2
             塁打し,これが公式戦初安打と同時に球団史
             上初の育成選手による公式戦安打。2塁上で
             ガッツポーズをした気持ちは分かりますし,
             ベンチ内が大騒ぎでかれの安打をよろこんで
             いました。田代オバQ監督の満面の笑みがよ
             ろこびを代弁していました。貪欲に取り組み
             まずは支配下登録をつかんでもらいたい。フ
             アンの方々とも気軽に触れ合う好青年です。


      気温12℃という5月の気候とは思えない中での試合でした。
     せっかくの有意義なイベントでしたが天候が左右したようで先週
     の2,000名に遠く3けたの入りでした。それにしても,横須
     賀で勝てませんね・・9試合消化して2勝7敗でしょうか。もと
     は「内弁慶の湘南」だったはずですが,地元で勝たずしては集客
     にも響くのではないでしょうか。少しばかり心配しています。
      3月開幕あたりの服装で観戦していれば良かったと鼻垂らしな
     がら座っておりました。ご観戦のみなさまご自愛ください。また
     「ピンクリボン」活動にご参加のみなさま,お疲れさまでした。
     ありがとうございました。
      関口の公式戦初安打,高森の猛打賞,途中出場の黒羽根の安打
     に慰められて,鷹取川を渡りました。


2008年 5月 6日 イースタンリーグ 西武−日本ハム(西武第二)報告者:しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記

5月6日西武第二球場の鎌ヶ谷ファイターズ対所沢ライオンズ戦を観戦しましたので報告させていただきます。

奇しくも隣の西武ドームでは、鎌ヶ谷より昇格したダースがプロ入り初先発という状況。ダースを盛り立てるためにも勝利がほしかった鎌ヶ谷ですが、今季の多くの例にもれず先発投手が崩れ敗北を喫する展開となってしまいました。
以下はスコアテーブルとなります。公式記録ではありません。

 |002 000 000 |
 |020 300 01× |

F  ●須永、糸数、内山―今成
L  ○岡本篤、H長田、H三井、正津―野田
審判 PL山崎 1B橋本 3B工藤

鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(8) 村田和哉  4111 二ゴ  右三  一ゴ  左飛
(6) 今浪隆博  4011 二ゴ  右安  左飛    中飛
(7) 坪井智哉  3010 左安  四球    一ゴ  二ゴ
 7  大平成一  0000
(5) 小谷野栄一 4000 右邪  遊併    中飛  右飛
(3) 中田翔   4000   遊ゴ  三ゴ  三ゴ    空振
(D) ジョーンズ 2000   一ゴ  三振
 HD 佐藤吉宏  1000             二ゴ  四球
(9) 市川卓   4020   空振  左二    空振  右安
(4) 尾崎匡哉  4120     左安中飛    左安  空振
(2) 今成亮太  3010     捕犠  二ゴ  左安  二ゴ

          投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ● 須永英輝   4   23  93 7 0 2 4 5 5
   糸数敬作   3   12  38 1 0 2 2 0 0
   内山雄介   1    5  12 2 0 0 0 1 1


所沢ライオンズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(9) 大崎雄太朗 5220 遊ゴ二ゴ  三安一ゴ    中安
(6) 黒瀬春樹  4111 中飛  四球中安  二ゴ  二ゴ
(3) 三浦貴   5023 三振  二飛左二  中飛  右三
(7) 後藤武敏  5110   遊安空振右飛  空振  二邪
(D) 種田仁   3120   中安左安遊ゴ
 HD 星秀和   1000             三振
(2) 野田浩輔  2000   投犠四球  左飛  右飛
(8) 斉藤彰吾  3010   四球投ゴ  二ゴ  左安
(5) 水田圭介  2112   左二  四球死球  遊ゴ
(4) 原拓也   2000   中飛  投犠四球    二直

          投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ○ 岡本篤志   5   20  64 5 0 2 1 2 2
 H 長田秀一郎  2    8  34 2 0 1 0 0 0
 H 三井浩二   1    3   8 0 0 0 0 0 0
   正津英志   1    5  18 1 0 2 1 0 0


盗塁  黒瀬  (3回 打者後藤)
    水田  (5回 打者原)
残塁  F7、L10

得点経過
2回裏 0−2 一死満塁から、水田がレフトオーバーの2点タイムリーツーベース
3回表 1−2 一死二塁から、村田が右中間にタイムリースリーベース
 〃  2−2 一死三塁となって、続く今浪がライト前にタイムリーヒット
4回裏 2−3 一死一三塁から、黒瀬がセンター前にタイムリーヒット
 〃  2−5 一死一二塁となって、続く三浦がレフト線に2点タイムリーツーベース
8回裏 2−6 一死一塁から、三浦が右中間にタイムリースリーベース


選手寸評

■須永英輝(日)
毎回毎回毎回出来が変わらないのでいい加減書くこともなくなってきました(苦笑)。一度崩れ始めたとたんどうやっても立ち直ることがないのは、やはりメンタル面の問題が大きいのではないでしょうか。

■村田和哉(日)
3回のタイムリースリーベースは、右中間のど真ん中を抜いて俊足飛ばして悠々三塁へ。工藤、紺田と完全にかぶってしまうタイプが一軍にいるが、二人とも打撃の調子は上がってきていないのでこのように結果を残していけば再昇格も見えてくる。

■市川卓(日)
4回の二塁打はレフト後藤の守備に助けられたりもしたが、2安打と結果を残した。チームが低迷しているだけに、市川のような元気者にチームを引っ張ってもらいたい。


2008年 5月 6日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(平塚)報告者:WIZさん

2008年5月5日(月・祝)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東京ヤクルト4回戦 平塚球場(14:00開始)

審判:PL原、1B石山、2B村山、3B市川
記録員:生原
観客数:1756名
試合時間:2時間55分(公式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ヤクルト 000 000 100      6  2
湘  南 221 000 000     10  1

【投手継投】
ヤクルト ●由規(4回)−岡本(2回)−山田(1回)−西崎(1回)
湘  南 阿斗里(3回)−○吉川(1回)−岡本(1回)−松家(1回)−吉原(1回)
                           −山北(1回)−秦(1回)

【得点経過】
1回裏(湘) 一死1・2塁で高森、レフト前タイムリー(湘1−0ヤ)
       一死1・2塁で上田、タイムリーエラー(湘2−0ヤ)
2回裏(湘) 一死満塁で下園、ライト前タイムリー(湘4−0ヤ)
3回裏(湘) 無死2塁でジェイジェイ、ライト前タイムリー(湘5−0ヤ)
7回表(ヤ) 無死満塁で梶本、レフトへ犠牲フライ(湘5−1ヤ)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東京ヤクルト>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 志田  中飛  中2    三飛  空振          410000100
SS 三輪  三安  二ゴ    投ゴ  三邪          410001000
RF 真中  空振    空振  見振  一ゴ          400000300
1B 小野  見振    遊ゴ    左2            310000100
R  大塚                  中飛        100100000
LF
LF 度会    捕飛  遊ゴ    死球  右飛        300000000
1B
C  衣川    左安    右飛  三失  右安        320000000
2B 梶本    遊ゴ    左安  左犠  三ゴ        311000000
3B 上田      見振  四球  空振            200000210
P  由規      投ゴ                    100000000
H  小山田         三併                100000000
P  岡本                            000000000
H  水野              空振            100000100
P  山田                            000000000
P  西崎                            000000000
※1回、三輪の三安→セーフティバント成功
※2回、二死1塁上田の打席で梶本盗塁失敗でチェンジ

<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
2B 石川  見振左安遊併  投ゴ    左2          520100100
SS 梶谷  遊失中安  見振  三飛  空振          410101200
LF 下園  四球右安  二飛  二ゴ  二ゴ          412100010
1B 高森  左安空振  四球  右飛              311000110
P  吉原                            000000000
3B 斉藤秀                           000000000
RF 小池  三失右飛  左2    左2            320000000
1B
CF 西崎  三ゴ  左2四球    二飛            310100010
3B ジェイジェイ遊ゴ  右安中飛    左飛            411001000
P  山北                            000000000
P  秦                             000000000
C  武山    遊ゴ四球  中飛  二ゴ            300000010
P  阿斗里   中安                      110100000
H  関口      左飛                    100000000
P  吉川                            000000000
P  岡本                            000000000
H  坂本          空振                100000100
P  松家                            000000000
RF 桑原義               三ゴ          100000000
・桑原義、7回の守備より出場。小池→ファーストへ。
・斉藤秀、8回の守備より出場。


【投手成績】
<東京ヤクルト>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●由規     4回   25  8  4  3  5  3
 岡本     2回    6  0  0  1  0  0
 山田     1回    4  1  0  0  0  0
 西崎     1回    4  1  0  1  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 阿斗里    3回   11  3  0  3  0  0
○吉川     1回    3  0  0  1  0  0
 岡本     1回    4  1  1  0  0  0
 松家     1回    3  0  0  1  0  0
 吉原     1回    6  1  1  2  1  0
 山北     1回    3  0  0  1  0  0
 秦      1回    4  1  0  0  0  0

【その他】
■盗塁成功 ※(敢行場面:対戦バッテリー)
 <ヤクルト>三輪:1回、一死1塁で打者真中の4球目:阿斗里−武山
 <湘  南>梶谷:1回、一死1塁で打者下園の初球:由規−衣川
      ジェイジェイ:3回、無死1塁で打者武山の初球:由規−衣川

■盗塁失敗 ※(敢行場面:対戦バッテリー)
 <ヤクルト>梶本:2回、二死1塁で打者上田の3球目:阿斗里−武山

■失策
 <ヤクルト>三輪:1回、一死無塁で打者梶谷のショートゴロを一塁へ悪送球
      上田:1回、一死1・2塁で打者小池のサードゴロを後逸
 <湘  南>ジェイジェイ:7回、無死1・2塁で打者衣川のサードゴロを弾く


【試合展開】
湘南阿斗里と戸田由規の注目のルーキー対決で幕を開けたこの一戦。
まずプロ2戦目となった阿斗里は三輪に意表を突かれたセーフティバントに盗塁で一死2塁の
ピンチを招きますが真中、小野の両ベテランを三振に取り上々の起ち上がりを見せました。
続いて由規。先頭の石川を三振に取り続く梶谷をショートゴロに打ち取りますが、これを三輪
がファーストへ悪送球しセーフ。初球に盗塁を許し同じく一死2塁のピンチを招きます。
しかし由規は制球が定まらず下園にストレートの四球を与えてしまうと高森に左に流され
先制点を許してしまいます。さらに小池のサードゴロを上田がトンネル。味方の守乱で2点を
失ってしまいます。
由規は続く2回一死後、亜斗里にプロ初安打を許すとその後湘南打線に3連打を浴びてしまい
この回も2失点。3回も連打で僅か5球で1点を失ってしまいます。
一方阿斗里は3回まで走者を出しながらも無失点に抑え3回で降板、その後は小刻みな継投で
戸田打線を1点で抑え勝利。連敗を3で止めました。

【選手感想】
<東京ヤクルト>
■由規(ヤ)
 初回の2失点は味方の失策によるもので自責点はゼロ。三輪、上田共に無難に処理をしていれば
 この回は無失点で終えていただけに由規にとっては残念なイニングでした。
 しかし2、3回の失点はプロとしての力量不足が露呈したイニングとなりました。
 報道では阿斗里と共に149キロを計測したとありましたが阿斗里の速球と比較すると
 149キロまで出ていたかと感じ、現に2回は湘南打線が彼の速球に見事にタイミングが
 合っての4連打となりました。(阿斗里のヒットはたまたまでしょうが)
 また制球も課題です。4回はスタミナも消耗したのでしょうか常にボールが先行する内容で
 西崎の四球はストレートでした。
 今日は大器の片鱗を見ることができず残念な内容となってしまいました。
 なお今日の敗戦でプロ初黒星を記録しました。

■三輪正義(ヤ)
 とにかく足が速いです。四国リーグの盗塁王は伊達じゃないところをこの目で確認しました。
 初回のセーフティバントはプロ2戦目の先発で意気込んでいる亜斗里の出鼻を見事に挫き
 ました。しかしその裏守備で由規の足を引っ張ってしまいました。
 梶谷のショートゴロをファーストへ送球するもホームベース方向へ球が逸れてしまいます。
 ファースト小野がキャッチした瞬間梶谷にタッチしたように見えたのですが石山塁審の判定は
 ノータッチ。昨日に続いての悪送球は残念でした。守備範囲が広いだけにスローイングの向上を。

■上田剛史(ヤ)
 昨日に続き今日もエラーを記録。2点目となるトンネルを犯してしまいました。
 また今日は3塁線によく打球が飛びましたが打球の反応がイマイチで全て長打となって
 しまいました。しかし彼は外野手で3塁の守備は不慣れなので致し方ないとは思うのですが。

■大塚淳(ヤ)
 一方こちらは内野手登録ですが外野の守備も率なくこなします。
 今日はジェイジェイのレフトオーバーかという当たりを懸命に追いついてキャッチ。
 そしてファールでもこれまた懸命にフェンスにぶつからんばかりに突進して
 白球を追う姿は実に見ていて気持ちがいいです。
 8回の石川のレフトへの当たりもダイビングキャッチを試み一度はグラブに
 入ったのですが着地の瞬間にボールが落ちてしまい2ベースに。
 しかしそのファイトには拍手です。

<湘南>
■阿斗里(湘)
 本人は今日の内容に不満足の様子でしたが、プロ2戦目としてはまずまずの内容だったと
 思います。由規より速く感じた速球の球質が重そうでした。また制球も若干高めの球が多かった
 ものの四球で崩れることなく安定感がありました。
 昨年の北同様まずは短いイニングでプロのマウンドに慣れさせ徐々に長いイニングを
 投げさせる方針ではないでしょうか。
 また由規との直接対決では基本に忠実なセンター前でプロ初安打も記録。これが2イニング目
 の追加点につながりました。
 ヒーローインタビューではぶっきらぼうな受け答えが彼の風貌とマッチして個人的には
 いいと思います。次の目標はプロ初勝利だそうです。

■松家卓弘(湘)
 久しぶりの登板となりました。先頭の三輪にいきなり3ボールを与えますがその後
 追い込んで球威で押して詰まらせたサードフライに打ち取ると、その後はストライク先行で
 簡単に3者凡退に抑えました。

■岡本直也(湘)
 こちらも久しぶりの公式戦登板となりましたが松家とは正反対に制球が定まらず上田には
 ストレートの四球を与えるなど一死1・2塁のピンチを招きます。
 代打小山田を併殺に打ち取り事なきを得ましたが、昨年抑えを任され実績を残してきた
 だけに今季のこれまでの内容には残念というより失望を抱きます。
 よほど昨年一軍で打ち込まれた後遺症がまだ残っているのでしょうか?奮起を。

【平塚情景】
GW最終日は平塚での開催となりました。
連休最後と毎年恒例となっているBBM主催の「ベースボールカードデー」ということで
先行販売のベイスターズカードを入手しようとカードファンも集まったことでしょうか、
開門2時間前から長打の列が並んでいました。
この時は3000人越えかな?と思わせる雰囲気でしたが、蓋を開けてみれば昨日より少なく
2000人にも達していませんでした。やはり関内に人が流れてしまったのでしょうか。
入場時には村田選手、相川選手のプロモーションカードと昨日子供限定で配った飴が今日は
入場者全員にプレゼントされました。(私はなぜか昨日も飴を貰いましたが)

試合前には平塚では恒例の少年野球チームのシートノック、地元平塚ろう学校OBによる
太鼓のパフォーマンスが披露され、それは両先発のルーキーの出陣を祝うかのような勇ましい
演奏でした。

4連休の中で最も晴天に恵まれたこの日は風が強くスタンドではゴミがよく舞いました。
しかしこの風が涼しく陽射しの厳しさを和らげ、まさに野球観戦日和といった天候でした。
さらに平塚恒例のボールを追いかける子供たちが今日は妙に静かで1塁側スタンドは応援団に
合わせて応援している姿が目立ちました。平塚でこんなに静かに観戦したのは久しぶりです。

川崎、戸田上位チームとの3連戦を負け越してしまったのは残念ですが連休最後に阿斗里、
由規のルーキー対決(お蔭様でこれでBIG3の3人全て生観戦することができました)、
同じくルーキー坂本と育成選手の関口のプロ初打席が見れ大変気持ちよく連休を締めることが
できました。ありがとうございます。

本日観戦された皆様、強風と埃が舞う中お疲れ様でした。
キョンさん、本日もお疲れ様でした。
週末の海老名、スカスタを含め仕事と私用のためしばらく観戦できませんので応援宜しく
お願い致します。


2008年 5月 6日 イースタンリーグ ロッテ−巨人(茂原)報告者:マリンライナーさん(HP:いすみマリーンズ

川崎ジャイアンツ 0021000101 5
浦和マリーンズ  0040000000 4

G:福田聡志(4)−木村正太(3)−林昌範(1)−○越智大祐(2)
M:三島輝史(3 0/3)−黒滝将人(4 0/3)−松本幸大(1/3)−●田中良平(2 2/3)
球審:敷田直人 一塁:牧田匡平 三塁:名幸一明
観衆 筆者目算で6000人前後?

(中) 松本哲也  左飛 投併  三振    投ギ  三振
(二遊)寺内崇幸  四球    右飛二ゴ    中2  二ゴ
(遊) 円谷英俊  二併    右安  三振
打二 岩舘 学              二直  右2
(指) 小田嶋正邦   遊ゴ  四球  投ゴ  遊ゴ  左2
(右) 田中大二郎   遊ゴ  一ゴ  右飛    一ゴ敬遠
(三) 中井大介    三振  中犠    三ゴ  遊安右飛
(左) 加治前竜一     左2右飛     三ゴ  左安
(捕) 實松一成      右本  右安  三振  四球
(一) 籾山幸徳      中安  二ゴ    遊安遊併
         1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
(中) 代田建紀  三振  中安二直  三ゴ    三振
(一) 渡辺正人  三振  四球  四球  三ゴ  右飛
(二) 新里 賢  一ゴ  投安  三振  左安    二ゴ
(三) 細谷 圭    右2右本  右飛  遊ゴ    二ゴ
(左) 角中勝也    二ゴ二ゴ  四球  左安    一ゴ
(指) 佐藤賢治    三振三振  一ゴ    三振
(右) 南 竜介    死球  左飛  左安  三振
(遊) 塀内久雄    三振  四球  投ギ  三振
(捕) 金澤 岳      右飛右飛  二ゴ    左飛

昨年に続き、茂原・長生の森公園野球場にて浦和マリーンズ戦開催!
曇り空だった昨年とはちがい、好天の青空の下、野球日和に恵まれ、
茂原駅より無料シャトルバスにて球場へ。内野席の列は長かったものの、開門11時。
バックネット裏に陣取り、ゴールデンウィーク最終日とあって球場全体はほぼ満員。
ほぼ同時刻に東京ドームでGT戦があったため、レフトスタンドのジャイアンツ応援団は男性2人、
女性1人、子供3人の6人くらいとごく少数で鳴り物なしであったがアカペラで声はよく通っていたし、
マリーンズ応援団はいなかったが、筆者はじめマリサポが各自に応援。
スコアボードはパネル貼りだった選手表示がはめ込み式になっていたり、
少年野球・中学野球部の団体が多かったこと。
浦和マリーンズは三島輝史、ジャイアンツは2年連続で福田聡志先発。
3回加治前ツーベース、實松に3号2ランで先制されたが、その裏。
1アウトから代田がセンター前安打で出塁し、福田のけん制がボークのジャッジで二塁へ。
渡辺正人フォアボール、新里ピッチャー強襲内野安打で満塁から細谷圭。
ライトへ特大の2号グランドスラムで逆転!
千葉マリンでプロ入り初安打を放ちヒーローインタビューを受けたのは記憶に新しいが、
福浦・ズレータの戦列復帰のあおりを受けファームにUターンすることになったものの、
四国アイランドリーグOBのNPBプレイヤー第1号を放った角中ともども、
かえがたい経験になったことでしょう。
4回無死1,2塁としたところで黒滝にピッチャーがかわり、高卒ルーキー中井に犠牲フライを
打たれたものの、粘り強いピッチングを続けた甲斐あって7回。
新里がレフト前安打で出塁し、パスボールで二塁へ。角中のレフト前安打で
新里ホームを突くクロスプレーもアウトで5点目を取れなかったのが響くかたちとなった8回。
育成選手ルーキーの籾山がショート内野安打に打たれたところで松本幸大にかわり、
松本哲也送りバントのあと、寺内に同点タイムリーツーベースを打たれ、田中良平へ。
代打岩舘学、小田嶋を打ち取り、9回1死満塁のピンチも籾山併殺打で切り抜け延長戦へ。
10回2死にこぎつけたものの、岩舘のライトへの打球が南竜介追いつけずツーベース、
小田嶋に決勝レフトオーバーツーベースを打たれ、
茂原の地における浦和マリーンズ初勝利はならなかった。
試合中に実行委員の方と話していましたが、今後も継続したいという気持ちはあるようなので、
イースタンの茂原開催はことしも大成功だったので、来季以降も継続を!


  ■掲示板@2軍愛■