【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2008年 8月14日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(千葉マリンスタジアム)報告者:WIZさん

2008年8月14日(木)
イースタン・リーグ公式戦 千葉ロッテ−湘南10回戦 千葉マリンスタジアム(11:00開始)

審判:PL工藤、1B山路、2B山崎、3B鈴木
記録員:東水流
観客数:アナウンスなし
試合時間:2時間46分(正式記録ではありません)

【スコア】
                 R  H  E
湘 南 000 000 000    3  1
ロッテ 000 300 000    6  0

【投手継投】
湘  南 ●阿斗里(5回)−秦(2回)−山口(1回)
ロ ッ テ ○手嶌(6回)−シコースキー(1回)−古谷(1回)−根本(1回)

【得点経過】
4回裏(ロ) 二死2塁で南、ライト前タイムリー(ロ1−0湘)
       二死1・2塁で青松、左中間へ2ベースタイムリー(ロ3−0湘)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 下園  見振  遊ゴ    空振  見振          400000300
C  斉藤俊                           000000000
3B 斉藤秀 三ゴ    右飛  一邪              300000000
H  北川                  遊ゴ        100000000
RF 西崎  二ゴ    二ゴ    左2  二ゴ        410000000
CF 内藤    三ゴ  遊ゴ    右飛  二ゴ        400000000
1B 高森    空振    中飛  空振            300000200
2B ジェイジェイ  二飛    三ゴ  見振            300000100
C  黒羽根     空振  二ゴ                200000100
H  下窪                遊ゴ          100000000
LF
DH 桑原義     中安    三直  四球          210000010
SS 梶谷      遊ゴ    三安  見振          310000100
・斉藤俊、8回の守備より出場。
※6回、梶谷の三安→セーフティバント成功。

<千葉ロッテ>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
DH 代田  右飛  四球  右安  中飛            310000010
3B 田中雅 中安  見振  右飛  三安            420000100
LF 角中  空振    四球見振    捕飛          300000210
SS 細谷    二飛  中飛  中飛  空振          400100100
2B 新里    四球  二ゴ  空振  空振          300000210
CF 南     空振  右安  四球              211100110
1B 定岡    空振  四球  中安              210100110
C  青松      空振中2  空振              312000200
RF 佐藤      空振遊飛    空振            300000200
※5回、田中雅の右飛→無死1塁でエンドラン敢行も右飛。1塁走者戻れず併殺。


【投手成績】
<湘南>※「最高球速」は確認したものの中での最高球速です。ご了承下さい。
         投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責  最高球速
●阿斗里      5回   21  4  4  7  3  3   148
 秦        2回    8  2  1  3  0  0   142
 山口       1回    3  0  0  2  0  0   144

<千葉ロッテ>※「最高球速」は確認したものの中での最高球速です。ご了承下さい。
         投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責  最高球速
○手嶌       6回   20  2  0  4  0  0   135
 シコースキー   1回    4  1  0  2  0  0   148
 古谷       1回    4  0  1  2  0  0   126
 根本       1回    3  0  0  0  0  0   139

【その他】
■盗塁失敗 ※(敢行場面:対戦バッテリー)
 <ロ ッ テ>田中雅:1回、一死1塁で打者角中の3球目:阿斗里−黒羽根
      田中雅:7回、二死1塁で打者角中の3球目:秦−黒羽根
■失策
 <湘  南>内藤:6回、二死1塁で定岡のセンター前ヒット→中継に入ったセカンドへ悪送球。
■捕逸
 <ロ ッ テ>青松:7回、一死2塁で打者高森の4球目。走者2塁→3塁へ。


【試合展開】
浦和先発・手嶌、湘南先発・阿斗里の好投で試合は進みました。
4回、好投を続けた阿斗里が突如乱れます。先頭打者を四球で歩かせたものの二死2塁まで
こぎつけますが南にセカンド後方センター前にポトリと落ちるタイムリーを打たれて先制を
許すとさらに青松にもタイムリーを打たれ2失点、計3点を失いました。
追い上げたい湘南ですが手嶌の前に成すすべ無し。
7回、手嶌が降り2番手シコースキーから先頭打者・西崎が2ベースで出塁、暴投で一死3塁と
するものの高森、ジェイジェイが連続三振に倒れるなどあと1本がでず完封負けを喫しました。

【選手感想】
<湘南>
■阿斗里(湘)
 序盤は速球と抜いた変化球を駆使して三振を量産するほぼ完璧な内容でした。
 4回、南のタイムリーは通常ならセンターフライでしょうがセンターからホーム方向へ
 7〜8Mの強風が吹いていたため打球が風で押し戻されてのポテンヒットということもあり
 致し方ないところでした。しかしその後定岡に四球を与えてしまったのが課題です。
 青松を追い込みながら直球をフェンス直撃まで運ばれ手痛い2点を失ってしまいました。
 この時点でアップアップの感じでしたが、引き続き5回もマウンドに上り最後の打者角中に
 対して渾身のストレートで見逃し三振を取り今日の登板を締めました。

☆今日の山口俊☆
 この日も8回から登板。連日の猛暑での登板にさすがに球威は落ち角中には粘られたものの
 力で押してキャッチャーフライ。細谷、新里を注文どおり空振り三振に仕留め好調を維持して
 おりました。

<千葉ロッテ>
■手嶌智(ロ)
 今日はこの人の好投に尽きると言った試合でした。変化球の精度が抜群で打たせて取る投球で
 湘南打線をボテボテのゴロながら飛んだ方向が良かった桑原のセンター前と完璧に決めた
 梶谷のセーフティバントの2安打のみに抑えました。ルーキー時代の好投を彷彿させました。

【幕張情景】
昨日に続きマリンスタジアムで行われた本日の試合。
浦和はオールドユニフォームに身を包んで試合に挑み一軍より先にオールドユニフォームでの
白星を得ました。

湘南は手嶌の前に手も足も出ず、後続のシコースキー、古谷からは走者を出すも彼らの気迫の
投球が一歩上でバットに当てることすらできませんでした。今日は浦和投手陣の気迫と青松の
リードの巧さが目を見張った好ゲームでした。

連日猛暑の中観戦された皆様大変お疲れ様でした。


2008年 8月13日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(千葉マリンスタジアム)報告者:WIZさん/子連れさん

2008年8月13日(水)
イースタン・リーグ公式戦 千葉ロッテ−湘南9回戦 千葉マリンスタジアム(11:00開始)

審判:PL山路、1B山崎、2B鈴木、3B工藤
記録員:伊藤
観客数:アナウンスなし
試合時間:3時間3分(正式記録ではありません)

【スコア】
                 R  H  E
湘 南 100 103 002   12  1
ロッテ 110 100 200   11  2

【投手継投】
湘  南 三橋(4回1/3)−岡本(1/3)−川村(1回1/3)−吉原(1回)
                                −○山口(2回)
ロ ッ テ 田中良(4回)−シコースキー(1回)−三島(1回)−神田(2回)
                                −●中郷(1回)

【得点経過】
1回表(湘) 無死満塁で内藤、セカンド併殺打の間に3塁走者生還(ロ0−1湘)
1回裏(ロ) 二死1塁で新里、レフトオーバー2ベースタイムリー(ロ1−1湘)
2回裏(ロ) 一死3塁で代田、ライト前タイムリー(ロ2−1湘)
4回表(湘) 一死1・3塁で斉藤秀、セカンドゴロの間に3塁走者生還(ロ2−2湘)
4回裏(ロ) 無死2塁で宮本、センター前タイムリー(ロ3−2湘)
6回表(湘) 一死無塁で鈴木尚、ライトスタンドへソロ(ロ3−3湘)
       一死1塁で黒羽根、レフトスタンドへ2ラン(ロ3−5湘)
7回裏(ロ) 無死1・3塁で吉原、暴投で3塁走者生還(ロ4−5湘)
       二死3塁で角中、ライト前タイムリー(ロ5−5湘)
9回表(湘) 二死満塁で高森、センター前タイムリー(ロ5−7湘)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
RF 下窪  中安  遊ゴ  三飛右飛    遊失        410200000
LF 下園  右安  左2  空振  右2  投安        540200100
2B ジェイジェイ死球  見振  一邪  空振  三犠        300000201
3B
CF 内藤  二併    右飛  一ゴ見振  四球        400000110
DH 鈴木尚 空振    中安  右本              321210000
DH 西崎              捕飛  二直        200000000
1B 高森    二ゴ  右安  四球  二ゴ中安        422000010
3B 斉藤秀   投ゴ  二ゴ  捕飛              301000000
H  北川                中安遊直        210000000
2B
C  黒羽根   二ゴ  遊失  左本  三ゴ          312110000
SS 梶谷      右飛二ゴ  中安  空振          410001100
※9回、下園の投安→送りバント敢行し内野安打に。


<千葉ロッテ>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 早坂  二直三邪    遊安                310000000
SS 白川              空振  空振        200000200
CF 南   三失  中飛  左安  中犠            210000000
LF 角中  遊ゴ  右安  一飛  右安            421100000
2B 新里  左2  見振  三ゴ  中飛            411000100
3B 定岡  見振    左2  見振  遊飛          410100200
C  宮本    中2  中安  中飛  空振          421100100
1B 青松    右犠  遊併  二ゴ  空振          300000100
RF 佐藤    一ゴ  空振    左2  見振        410100200
DH 代田    右安    一ゴ  左安  空振        421100100
・白川、5回の守備より出場。


【投手成績】
<湘南>
         投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 三橋     4回1/3  20  8  0  3  3  3
 岡本      1/3    1  0  0  0  0  0
 川村     1回1/3   4  0  0  1  0  0
 吉原       1回    6  3  0  1  2  2
○山口       2回    6  0  0  5  0  0

<千葉ロッテ>
         投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 田中良      4回   18  5  1  2  2  2
 シコースキー   1回    3  0  0  1  0  0
 三島       1回    7  3  1  0  3  3
 神田       2回    8  2  0  3  0  0
●中郷       1回    7  2  1  0  2  0


【その他】
■盗塁成功 ※(敢行場面:対戦バッテリー)
 <湘  南>梶谷:6回、二死1塁で打者下窪の初球:三島−宮本
■盗塁失敗 ※(敢行場面:対戦バッテリー)
 <ロ ッ テ>角中:3回、二死1塁で打者定岡の2球目:三橋−黒羽根
■失策
 <湘  南>斉藤秀:1回、一死無塁でサードゴロを1塁へ悪送球。
 <ロ ッ テ>早坂 :4回、二死2塁でショートゴロを1塁へ悪送球。
      白川 :9回、無死無塁でショートゴロを1塁へ悪送球。
■暴投
 <湘  南>吉原:7回、無死1・3塁で打者白川の4球目。3塁走者生還、無死2塁に。
 <ロ ッ テ>神田:7回、無死2塁で打者ジェイジェイの初球。走者2塁→3塁へ。


【試合展開】
湘南は初回に連続安打と死球で無死満塁と先制、大量得点のチャンスを作りましたが四番・内藤の
併殺打の間による1点のみで終わるとその裏浦和は新里のタイムリーで早々と同点に追いつきます。
試合は中盤まで1点を取り合うシーソーゲームを展開します。
浦和1点リードで迎えた6回、この回から登板した三島から湘南は鈴木尚のソロで同点とすると
走者1人を置いて黒羽根が2ランを放ち勝ち越し。湘南が2点をリードします。
しかし7回、今度は浦和がこの回より登板した吉原から連続安打で無死1・3塁とすると、
吉原が暴投を犯し3塁走者が生還し1点差。二死3塁として角中にタイムリーを許し同点に
追いつかれてしまいます。
そして試合は最終回へ。湘南は先頭打者・下窪がショートゴロも途中出場の白川が1塁へ悪送球を
してしまい、続く下園は送りバント。打球は1塁方向へ。この回から登板の中郷と青松が追うも
見合ってしまい内野安打としてしまいます。続くジェイジェイも送りバント。これが3塁方向へ
絶妙な打球で一死2・3塁、続く内藤を浦和バッテリーは敬遠し一死満塁と勝ち越しの大チャンス
を迎えます。続く西崎の当たりはセカンドライナー。ここで走者の反応が良く併殺とならなかった
ことが命運を分けました。高森の打球はセカンド後方へのフライ。セカンド新里が懸命に追い
落下地点に到達したかに見えましたが風の影響でしょうか、グラブに届かずセンター前へポトリと
落ち2点タイムリーとなります。
勝ち越した湘南は8回から登板の守護神・山口が9回を3者三振に仕留め、これで後半戦3連敗の
あと3連勝となりました。

【選手感想】
<湘南>
■三橋直樹(湘)
 いい時には好調期のボールが来るのですが悪い時はただの棒球になってしまうのがこの日の
 内容だったかと思います。そして全体的に悪い球が多すぎ。あれだけ連打を許してしまえば
 5回途中で降板を命じられても致し方ありません。この日の彼の評については子連れさんに
 お任せしますが、戸田のKOに続きガッカリの内容で声も出ませんでした。

■吉原道臣(湘)
 湘南で好投を続け一軍昇格。その一軍でのブレイクは承知の通りですが、湘南に戻ってきた彼は
 完全にスクラップにされてました。復帰後2試合目の登板となりましたがこの日も2失点。
 今日はリリーフに失敗し同点を許してしまいました。11日の復帰第1戦はまだ彼の持ち味が
 生かされていたのですが今日はただ黒羽根のミットに投げているだけと並みの投手といった
 感じでした。しかし彼を責める気には全くなれず同点時には斉藤コーチを始め一軍首脳陣の顔が
 頭に過ぎり彼らに対しての怒りが彷彿したのでした。
 今は本人も見ている側も全盛期の投球が戻るまで見届けるしかないのではないでしょうか。

■黒羽根利規(湘)
 6回の同点弾となる2ランは打った瞬間に分かる大飛球でレフトスタンドのテレビ東京の
 デジタルチャンネル広告の看板を直撃させました。彼の持つ打撃の素質を垣間見た瞬間でした。
 終盤は同級生でもあり湘南で何度もバッテリーを組んできた山口を巧みにリードしていました。

■下園辰哉(湘)
 この日の湘南打線で一番当たりに当たっていました。打撃が復調気味ですが調子の浮き沈みが
 激しい選手なのでどうか今の調子をシーズン終了まで保ち続けて頂きたいところです。

☆今日の山口俊☆
 マスコミの報道どおりなら今頃関内に合流しているはずでしたがただのリップサービスだった
 ようです。吉原の件といい若手選手の気持ちを踏み躙る関内首脳陣にはただただ怒りの気持ち
 しかありません。その怒りをぶつけてくれるかのようなこの日の山口の投球でした。
 定岡を速球でショートフライにねじ伏せると後は奪三振ショーを展開。
 今日はボールが先行しても低めギリギリいっぱいにストライクが決まったこと、すっぽ抜けでは
 なくこちらもコントロールしての高めの釣り球で空振りをとったことと、コントロールが抜群
 でした。

<千葉ロッテ>
■田中良平(ロ)
 久しぶりに先発登板を観戦しましたが初回に無死満塁のピンチを招くなど全体的に覇気を
 感じない投球に終始。4回に同点に追いつかれると降板してしまいました。
 毎年彼の投球を見ますがここ1,2年成長が完全に止まっている気がします。
 もう8年目ですしこれ以上の足踏みはできないはず。奮起を。

■三島輝史(ロ)
 球威はそこそこ良いかと思ったのですが鈴木尚と黒羽根に簡単にスタンドに持ってかれて
 しまいました。コースが甘い所にいってしまったのか、それとも宮本のリードに問題が
 あったのか少々気になるところです。

■新里賢(ロ)
 最終回の高森のセカンドフライは個人的に取れた打球だったと思います。
 それだけに浦和としては悔やまれる彼の守備でした。
 新里に青松と捕手2人が内野に入った陣容は昨年内野手不足に陥った湘南を思い出させます。

【幕張情景】
もはや毎年恒例となっているマリンスタジアムでの親子ゲーム。
千葉ロッテは本日より「オールドユニフォームシリーズ」が行われます。
私の世代でもロッテといえば今回復刻されるユニフォームが一番思い出されます。
小学生時代に野球帽を買ってもらえることとなり悩みに悩んで「YG」でもなく「W」でもなく
カッコいいからとロッテの帽子を選び学校に通っていたことを思い出しました。
またファームのチケットも東京スタジアムの全景が映し出された写真が添付された貴重な物で
ありました。

さて試合。全体的に両軍の投手陣が今ひとつの内容だったこともあり点の取り合いとなりました。
まず5回裏、1点リードされた場面で三橋が一死1・2塁のピンチを招いたところで田代監督が
左の岡本を投入。ワンポイントで続いて右の川村を投入と勝敗を意識した采配見せたところが
一つ目のポイントになるのではないでしょうか。湘南は直後の6回に逆転に成功します。
7回に同点に追いつかれた後、8回から山口を投入して浦和へ傾いていた流れを引き戻したことが
二つ目のポイント。
そして最終回、外国人のジェイジェイに送りバントを敢行させるなどこの連勝中はとにかく
小技を多用していることもこの日勝利を生んだポイントになるのではないかと思っています。
勝ち越しの場面となった高森のセンター前に落ちたフライも風の影響があったとはいえ、
ヒットになるところを見ると今の湘南にはちょっとした勢いが出てきているのかもしれません。
ならばこの勢いをさらに加速させ上位2チームを脅かしてイースタン・リーグを更に盛り上げて
いってほしいと願っています。

その他に11日に骨折から復活した北川が代打で出場し復帰後初ヒットを放ったことも
喜ばしいことです。
この日帯同した5人の投手を全て使い切っての3連勝となりました。

子連れさんをはじめ陽射しがきつい中での観戦お疲れ様でした。





■報告者:子連れさん

その1 EL公式戦 浦和Vs湘南 9回戦 8月13日(水) 11:00 幕張

       <結 果>9回戦
               R  H E
           湘 南 7 12 1
           浦 和 5 11 2 9回戦4勝4敗1分

        (勝)山口30試合4勝3敗2S  (負)中郷8試合1敗3S

      ※本塁打 (湘南)鈴木尚2号
               黒羽根1号※プロ初本塁打

       <観 衆>1,113名
       <天 候>はれ 32℃ 57% 風・↓6メートル

    『雑 感』
        舞浜にある遊園地の手前の高架線車内から,小指ほどの横浜ランド
       マークタワーを確認しました。正直ホッとしました。ふるさとと繋が
       っているとの安心感を得たからです。野球と法事以外に多摩川や箱根
       山を越えることのない生活をしていますので,自国を出ることは緊張
       が伴います。
        自宅ー幕張ー仕事ー幕張ー自宅の日程で千葉マリンスタジアムへ1
       年振りの観戦。今年は「子ー親ゲーム」のため11:00PBと,なか
       なか変化があって面白い時間でした。お陰で仕事との調整が利き,旧盆
       の休みではなくも余暇を楽しめた2日間となったのでした。

        何の恩恵も受ける資格がないので,1000円払って渡された観戦券
       に印刷されていた写真が懐かしいものでした。南千住の「東京球場」
       ネット裏最上段からの広角撮影の写真でした。さあ,お古い話で自他共
       にご迷惑ですが,YGマークの野球帽しか売っていない時代に私はT字
       を付けていました。東京オリオンズです。木樽投手が好きで,近くの
       洋品店に12球団揃えたマークだけを売っていて,貯めたこずかいで求
       め,職業野球は「興業」と眉細めていた母にYG剥がして縫ってもらっ
       たのでした。白黒テレビと写真しか目にしていなかった小僧が,初めて
       緑の芝が照明灯に映える球場に入った時の感動は,今でも味わえる宝物
       です。その東京球場(スタジアム)の写真でした。粋なチケットを2軍
       戦にも用意してくれたロッテ球団は,見事です。
        試合は大切な「運」にも味方されて湘南の流れで押し切り,対戦成績
       をイーブンに持ち越しました。若干ですが,気になった選手を・・

   黒羽根利規(湘南・捕手)
        2度目の昇格で勉強して戻って来て,また一段と自信を掴んだでしょう。
       6回表一時は逆転となった左スタンドへ幕張の逆風何のその,完璧に三島
       の直球を捉えての本塁打でした。公式戦では初本塁打ではと思うのですが
       味わうようにゆっくりと,嬉しそうに周り,3塁ベースを踏んだあたりで
       「ダッシュしろ!」とすぐ脇のベンチから祝福の野次が飛んでいました。
       首脳陣をはじめ全員から笑顔で迎えられ,ポカポカたたかれていましたが
       嬉しい痛さだったでしょう。個人的に嬉しく,夕飯は「増田屋」で赤飯を
       求めて,家族で一口ずついただきました。

   三橋直樹(湘南・投手)
        5回1/3を8安打,そのうちの3本は初球と,およそ三橋らしからぬ
       打たれ方でした。鳴り物上がりで来た選手ではない三橋の命は制球です
       から,特に初球の入り方はその打者との勝負に大きな意味を持ちます。
       ゴロを打ってくれるか見逃しかの球を軽く外野へ運ばれていた点,まだ
       まだ本来の投球が出来ていないと言えるでしょう。あれこれと悩まずに
       今までの投球方が一番いいと自分を信じて貫くぐらいな我がままが欲し
       いのですが,性格でしょうか。初球がキチンと狙いに入ることが課題で
       もう少し,彼の湘南ユニを預かるには時間がかかりそうでした。

   盆休みに入ったため,仕事休みや家族連れの方々が多く見られました。そのような
  中で起こった「マリンの風船」さん報告の応援団の恥さらし行為は残念超越した行為
  でした。お馴染みさんから知らされましたが,弁護の余地はありません。不愉快な思い
  をされた皆さんや,家族連れの皆さん,浦和ファンの方々にお詫びいたします。

その2 EL公式戦 浦和Vs湘南 10回戦 8月14日(木)11:00 幕張

      <結 果>10回戦          R H E
         
湘 南 000 000 000  3 1
         
浦 和 000 300 00×  6 0 浦和5勝4敗1分

      (勝)手蔦16試合3勝1敗 (S)根本13試合1勝1敗1S
        (負)阿斗里13試合1勝4敗

        ※捕逸 A青松(浦和)7回表高森の4球目(2→3進塁)
                 投手シコースキー
         失策 G内藤(湘南)6回裏定岡の中安打の返球悪送球。
                 中継Cジェイジェイ

   <試合時間>2時間45分(11:01〜14:46)

   <観  衆>1,286名

   <天  候>はれ 35℃ 73% 風・↓8メートル

   <イベント> バレンタイン監督即席サイン会(1塁側スタンド下)
          オリオンズユニホーム着用試合

    『雑 感』
        金沢文庫の薬局屋の倅の仕事を終えて幕張へ。盆休みに入り,北行も
       京葉線も座れてそこで仮眠し,海浜幕張駅前のファミレスで浦和球団職
       員のKさんと朝食でした。
        サーカス興業の初日のようで「サーカスの券あるよ」とダフ屋から
       声掛けられたのですが,寝不足だから「サーパスの券あるよ」と聞こえ
       一瞬気が乱れたのがいけなかったのか,ダフ屋はしめたと思ってか券種
       と座席図面まで見せて説明をはじめたのでした。正規の座席図面は,誰
       から流れたのでしょうか・・おこずかい貰っている人はどこにでもいる
       のですね。
        埋立地に造ってしまったの印象が未だに拭えない球場に到着。球場の
       周りを美化活動させる事なく,土埃と外来種の雑草が生い茂り「今日の
       現場はココだ」と川崎駅前から運ばれた日雇いの心境でした。おそらく
       ナイター時は荒地にいくつものテントを張って,うちのかみさんのように
       化けるのでしょうが,券売前の2軍戦は相応しい状況でした。
        売り場は正面にある4つの窓口,入場はその上(2F)のDゲート1ヵ
       所のみ,モギリは千葉シミズのお姉さん1人がEL幕張での基本スタイル
       のようです。
        世間の盆休みの雰囲気に包まれて気が緩み,OnとOffの切り替えが
       狂ったのか,今日の湘南は惨めと言うか「らしい」内容でした。わずかに
       3安打,桑原義のボテボテのセンター前,梶谷の3塁前バントヒット,西崎
       のレフト線2塁打のみ。これでは勝てません。今年の湘南の特徴は,勢い
       の持続性がないということで,裏返せば実力が着実に付いていないと言う
       ことでしょう。この雰囲気が全体に流れているからどうしても抜きん出
       る選手が育ちにくく,首脳陣の現役時代の経験量と就任後の若さもあり,
       どうしても「ある程度」のチームに留まっているのだなと見ています。
       それを象徴していたのが今日の試合でした。

    この選手・・
     
桑原義(湘南)現状で,実力に「運」が乗っている状況でしょう。8番DHの
           スタメンで,センター前のボテボテながら安打ではじまり,2打席
           目はいい当たりながらサードライナー,3打席目は古谷の絞りに
           くい球種を見て四球を選ぶ内容でした。今年2回目の好調期を
           迎えているようですから,うまく持続させるように努め,腐らず
           調子を維持しつづけてもらいたいと思うのです。

『今日の五右衛門(吉川輝昭)』
    2日間幕張へは帯同せず。「遠いし暑いからヤダ」と言ったかどうかは
   洒落事ですが,長浦で投手コーチ代行の谷川コーチに股上げさせられ,天津
   相手のシート登板の内容に三浦コーチに十八番の蹴りを入れられていたこ
   とでしょう。

      2日間,誠に紫外線最高潮の中の観戦でした。さすがに熱中症を恐れて
      飲酒自粛のWIZさん,連日観戦のみなさんお疲れ様でした。
      湘南は金曜日も炎天下の下,育成戦を長浦で行います・・・


2008年 8月12日 イースタンリーグチャレンジマッチ 日本ハム−フューチャーズ(鎌ヶ谷)報告者:しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記


8月12日イースタンリーグチャレンジマッチ
フューチャーズ―鎌ヶ谷ファイターズ(ファイターズスタジアム鎌ヶ谷)
FT|000 000 000 |
F |030 100 001 |

FT ●西村、池田、西川、高木、辻内―小山田、宮本、谷内田
F  江尻、松山、○浅沼、内山、須永―尾崎
審判 PL村山 1B井野 3B市川
観客 500人くらい?


フューチャーズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(6) 藤村大介  4000 二ゴ  遊ゴ    二ゴ  遊ゴ
(4) 白川大輔  4000 空振    投ゴ    二ゴ  空振
(2)3小山田貴雄 4000 投ゴ    右飛    空振  右邪
(7) 梅田浩   4010   左安  右飛    空振  三振
(3)2D宮本裕司 2000   中飛    左直    四球
(8) 大谷龍次  3000   空振    三ゴ    右飛
(5) 梅田尚通  3010   二ゴ    二ゴ    左安
(9) 斉藤彰吾  3000     一飛    空振  中飛
(D)2谷内田敦士 2000     空振    三振  四球

          投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
 ● 西村優希   3   14  49 5 2 3 0 3 3
   池田健    2    9  38 2 1 2 1 1 1
   西川純司   1    3   8 0 0 1 0 0 0
   高木啓充   2   10  49 2 0 2 2 0 0
   辻内崇伸   1    5  11 1 0 0 0 1 1


鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(8) 村田和哉  4130 二安右安  遊失    四球  二安
(2) 尾崎匡哉  5000 遊ゴ三ゴ  遊ゴ    三邪  投失
(3)7大平成一  5001 空振  空振  空振  空振  一ゴ
(5) 市川卓   5010 二ゴ  中飛  中飛  左安  遊ゴ
(7) 佐藤吉宏  3111   右本空振  四球
 H3 駒居鉄平  2000             空振  遊ゴ
(9) 鵜久森淳志 4110   右二  三邪  三ゴ  右飛
(D) 渡部龍一  4122   右本  三振  右飛  右安
(4) 小山桂司  4111   遊ゴ  中本  空振  右飛
(6) 今浪隆博  3010   中飛  中安    四球左邪

          投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
   江尻慎太郎  2    7  22 1 0 2 0 0 0
   松山傑    2    6  15 0 0 1 0 0 0
   浅沼寿紀   1    3  12 0 0 0 0 0 0
   内山雄介   2    6  26 0 0 4 0 0 0
   須永英輝   2    9  35 1 0 2 2 0 0


■フューチャーズメンバー(数字は本日の背番号)
監督  玉木重雄 (ジャイアンツ:91)
コーチ 平井光親 (マリーンズ :95、三塁コーチ)
    川中基嗣 (ジャイアンツ:92)
    荒井幸雄 (ファイターズ:67、一塁コーチ)
投手  大抜亮祐 (ジャイアンツ:13)
    辻内崇伸 (ジャイアンツ:49)
    西村優希 (ジャイアンツ:76)
    高木啓充 (スワローズ :9)
    西川純司 (ライオンズ :30)
    池田健  (マリーンズ :1)
捕手  谷内田敦士(ジャイアンツ:78)
    小山田貴雄(スワローズ :10)
    宮本裕司 (マリーンズ :2)
内野手 藤村大介 (ジャイアンツ:15)
    梅田尚通 (ライオンズ :65)
    白川大輔 (マリーンズ :3)
外野手 梅田浩  (ジャイアンツ:50)
    斉藤彰吾 (ライオンズ :61)
    大谷龍次 (マリーンズ :5)


盗塁  村田2 (1回 打者尾崎 :1球目に二盗)
        (1回 打者尾崎 :2球目に三盗)
盗塁死 佐藤  (5回 打者鵜久森:1球目に二盗試み)
暴投  辻内  (9回 打者大平 :1球目、一塁走者尾崎が二進、二塁走者村田が三進)
失策  藤村  (4回 打者村田 :正面のゴロを捕球後に落球)
    辻内  (9回 打者尾崎 :ゴロを捕球後二塁に悪送球)
残塁  FT6、F7

得点経過
2回裏 0−1 この回先頭の佐藤が、2球目をライトスタンドにソロホームラン
 〃  0−3 無死二塁となって、渡部が右中間スタンドにツーランホームラン
4回裏 0−4 二死から、小山が左中間スタンドにソロホームラン
9回裏 0−5 無死二三塁から、大平のファーストゴロの間に三塁走者村田が生還


選手寸評

■江尻慎太郎(日)
7月29日に右ひじ故障からの復帰を果たし、この試合が復帰後2試合目の登板。中継ぎで活躍していた頃の内容には及ばないものの、先発で苦しんでいた時よりはいい状態になっているように感じました。ただ、今日のフューチャーズ打線はあまりにも貧打だったので、さすがに参考記録でしょうか。

■浅沼寿紀(日)
肘を柔らかく使ったフォームから縦に大きく割れる山なりの超スローカーブを投じ、観客席からどよめきが起こっていました。ストレートははっきり言って遅いですが、このスローカーブがコントロールできていれば十分な緩急が付けられるので大きな武器となるかと。ワンポイントリリーフもいいですが、ファン心理としてできれば星野伸之(元阪急)投手のような先発タイプを目指してほしいと思います。

■村田和哉(日)
3安打2盗塁。一軍で同タイプの選手が多くいるとはいえ、もはや二軍で出場する意味はあまりないような印象を受けました。1回は何でもないセカンドゴロを内野安打にし、その後2球連続で二盗三盗を決めるなど自慢の足をアピール。2回以降はフューチャーズ投手陣の心情を考慮してか、盗塁できそうな場面でも自重しているように見えました。

■小山桂司(日)
この日は何とセカンドで出場。市川や今成、駒居も練習させられていたので小山もということでしょうか。守備の方では動きはぎこちないながらもすべての守備機会を無難に処理。打撃では、4回に打った瞬間それと分かる特大のホームランを放つ。捕手の控えとしてだけでなく、ファイターズ全体で手薄な右の代打要員としても一軍再昇格に向けてアピール。


■藤村大介(巨)
高校時代は内野手もイースタンでは外野起用が多いということからか、試合前には入念にショート守備の確認をしていました。守備自体は全体的に安定していて、この日出場した内野手の中では今浪の次にいいパフォーマンスを見せたのですが、残念ながら失策も記録(公式では2つ?)。内野で行くのか外野で行くのか方針が決まっていないのかもしれませんが、今日のプレーを見る限りでは高卒1年目選手の守備力として平均以上に達していると思うので、内野の方が向いているのではないかと思いました。

■白川大輔(ロ)
2回に鵜久森の打球をぎりぎりまで追いかけながら最後にライト斉藤に任せてしまいお見合いしたり、4回にセンター前方の打球をショート藤村、センター大谷とともに追いかけながらやっぱりお見合いしたりと不甲斐ないプレーを連発。いくら急造のチームとは言え、声かけは基本中の基本。それを行えなければ、支配下登録も遥か遠くとなってしまう。


2008年 8月12日 ウエスタンリーグ 広島−ソフトバンク(広島市民球場)報告者:いの一番さん

8月12日(火)
広島東洋カープ−福岡ソフトバンクホークス(広島市民球場)

 000000300  
 03000110×  

勝:青木高 4試合1勝 S:マルテ 29試合2勝1敗9S 敗:森福 9試合2敗
本:山本芳5号@(森福)
審判:PL小寺 1B福家 3B良川   記録:小熊
観衆:735人
入場料:大人500円
天気:晴れ
試合時間:3時間06分

(投手成績)
     回   打 安 振 球 責
森福   6  27 8 7 0 3
藤岡   1   4 1 0 1 1
水田   1   3 0 0 0 0
…………………………………………………
篠田   2   6 1 0 0 0
青木高  40/3 18 5 3 1 3
森    1   3 0 1 0 0
広池   1   3 0 1 0 0
マルテ  1   5 1 2 0 0

(試合経過)
△1回表
城所は二ゴロ、福田は遊ゴロ、小斉は三ゴロ。篠田上々の滑り出し。
△2回表
レストビッチが中前打で出塁。吉川は中飛。吉本は遊ゴロで6−4−3の併殺。
▼2回裏
田中が中飛の後、山本芳が左前打。鞘師も左前打を放ち山本芳は一気に三塁へ。
レフト小斉からサードに送球の間に鞘師も二塁へ進み一死二、三塁。
ここで上村が中前打を放ち山本芳が生還。センター城所がボールをお手玉する間に上村は二塁へ進み
なおも一死二、三塁。篠田の代打比嘉は浅い右飛に倒れたが、松本が右前打を放ち二者生還、3−0となる。
梵は中飛で攻撃終了。
△3回表
投手が篠田から青木高に交代。
江川が左前打、加藤は右飛に倒れたが森福の送りバントで二死二塁。
城所はストレートの四球で一、二塁となったが福田は三振。
▼3回裏
二死一塁の場面で山本芳のカウントは2−1。次の4球目を見逃すと、小寺球審は両手を前に突き出して
激しく震えストライクのコール(出た!コデライク)。山本芳は迫力に負けて退散。
▼6回裏
田中が三振の後、山本芳がレフトへ本塁打、4−0となる。
鞘師は見逃し三振(コデライクは出ず)。上村は左前打を放ったが、青木高は右飛。
△7回表
小斉が中前打で出塁し、レストビッチ、吉川、吉本が三者連続二塁打、あっという間に4−3となる。
ここで投手が森に交代。江川は三振、加藤は捕飛、代打井手は三ゴロでピンチ脱出。
▼7回裏
投手が森福から藤岡に交代。
松本がストレートの四球で出塁し、梵の三ゴロで二塁へ。末永のレフトフェンス際へのフライは
小斉が目測を誤って捕れず(二塁打)、松本が生還5−3となる。
続く松山の時、藤岡からの牽制球で末永はタッチアウト。松山は左飛。
△9回表
投手が広池からマルテに交代。
レストビッチの三ゴロを山本芳が捕れず(エラー)無死一塁。吉川の右前打で無死一、二塁。
しかし、吉本、江川は連続三振、加藤は二ゴロで試合終了。


(選手評等)
■森福允彦(ソ)
身長171cmと小柄な左腕投手。前回(7月21日)に見た時右打者への投球が課題ではないかと書いたが、
やはりその右打者につかまり、左打者の松本にまで打たれて4失点を喫した。しかも6回で117球は多すぎる。
再三牽制をしながら2盗塁を許したのも反省材料。
一方で、奪三振7、投球数が多いのに四球はなぜか0でこれは評価できるところか。
今後、右打者をどう抑えるかが一軍昇格への鍵となりそうである。

■吉川元浩(ソ)
7月末に育成選手から支配下登録選手になり背番号も変更、この日は2安打と活躍。
もう11年目であり、選手登録されても実際後がないのは本人もわかっているはずで、
とにかく、一軍昇格を果たしたいところだろう。
しかし、長年プロに在籍した選手を育成選手として契約するのは、制度の本来の趣旨に反するのではなかろうか。

■レストビッチ(ソ)
筆者がファーム観戦をしていて何ともいえない気持ちになるのは、元メジャーリーガーが出場している時である。
高額の年俸をもらっていながら一軍で成績を残せずファームに出ている姿には悲哀を感じる。
この選手を見ていると、昨年、ソフトバンク−IL選抜の試合に同じく4番ファーストで出ていたアダムを思い出した。
この日は2安打を放って意地を見せたが、多分、来季はいないだろうなあ。

■小斉祐輔(ソ)
2回裏、一死一塁の場面で鞘師の左前打に対する処理が緩慢で、一塁走者の山本芳に三塁進塁を許す。
さらに7回裏には末永の打球を見失い(打球が太陽に入ったようだ)二塁打にしてしまった。
このプレーの後よく見ると、サングラスをせず守備についており、この油断が上記の失態を招いたと思える。
打撃は進歩しているらしいが、守備をもう少しどうにかしないと。

■篠田純平(広)
初めて彼のまともな投球を見た。上記のとおり危なげない内容で、球数もわずか20球。
新聞によるとフォーム修正に取り組んでいたようで、その成果が出たようだ。
2回しか投げなかったのは予定の行動で、15日以降、一軍昇格することになるらしい。
今度は是非ともローテーションに定着してほしい。

■青木高広(広)
3回から登板。二死一、二塁のピンチを切り抜けると4回から6回は三者凡退。
しかし7回には暑さでスタミナが切れたのか、ストライクを取りにきた球が甘く打ち頃になり、
4連打を浴びて降板。4回から6回は緩急をうまく使い相手打線を手玉に取った印象があるので、
こういった投球を常時してほしいものである。

■森跳二(広)
7回表無死二塁、一打同点の場面で登板、後続の三人をしっかり抑え勝利に貢献した。
今季はテンポのいい投球を見せており結構調子がいいように思うが、
残念ながら一軍登板は2回だけ。しかし、あきらめず、ウエスタンで実績を積み重ねてほしい。

■上村和裕(広)
この日から一軍昇格が決まっていたこともあってか、2安打の活躍(夜の試合でも1安打)。
前回は不可解なブラウン采配でたった2日しか一軍にいることができなかったが(しかも試合出場なし)、
今度はしっかり活躍して一軍に残ってほしい。

■山本芳彦(広)
筆者は彼と割りと相性がよい。ウエスタンでの初本塁打やらサヨナラ本塁打を見ており、
好意的な選手評をこれまで何回か書いている。
この日も2回裏に安打で出塁し、小斉の緩慢な守備を見越した好走塁を見せた。
3回はコデライクの洗礼を受けたが、これで目が覚めたか6回に貴重な追加点となる本塁打を放つ。
こういう場面を結構見ているので、ウエスタンの通算成績がさえない数字というのはどうも信じられない。
体格がよく、どこでも守れるし、貴重な戦力だと思うのだが、なかなか安定した成績が残せないのは
集中力の問題だろうか。

■小寺昌治(パ・リーグ審判)
上記のとおり、3回裏にコデライクが炸裂、ほとんどのファンはパの審判になじみがないため無反応だったが、
筆者のようなごく一部のマニアックなファンには受けたようである。
この日は6月の時より腕が震えており(全盛期にはほど遠いが)、見ていて楽しかった。
55歳の体にはこたえる暑さだと思うが、本当にお疲れ様である。


2008年 8月11日 イースタンリーグ 湘南−楽天(横須賀)報告者:東洋子さん/WIZさん

 今年4回目のスカスタです。仕事を変わってから平日観戦はほぼ不可能になり、休日の他に用事のない時しか来られなくなったのです。今日から夏休みです。楽天戦には、開幕時の借りがあるので、なんとかリベンジをと思って、張り切ってやって来ました。
 その思いが通じたのか、初回から3点を奪う猛攻でした。さらに二回には1点を、三回にも1点を追加して、これは楽勝と思っていたら、四回にあれよあれよと1点差にされてしまいました。松家が途中で崩れるのは想定済みだから、仕方ないとしても後を受けた入来が4失点とは・・・。しかし、今日の湘南は五回と六回に再び1点ずつ加点してホッとさせてくれました。が、岡本・秦と守ってきたリードがまたも危険にさらされます。5番手に登場した吉原が、河田と山崎隆2人のソロ本塁打でまたまた1点差に迫られます。
 今思えば、よく勝ったな、という試合でした。だいたい湘南の得点も相手エラーによるものが二回・三回・六回でした。楽天の守備がしっかりしていたら、走塁ミスがなかったら、今日は勝てていなかったでしょう。
 今日の試合では、秦の好投と梶谷・高森の好守が光ったような気がします。そして、打つ方が下園以外先発全員安打(松家も)というのも勝てた理由だと思います。

試合経過
楽天:000 400 020=
湘南:311 011 00×=

詳細
1回表(P松家)          1回裏(P林英傑)
 中村   2飛           下園   左飛
 平石   空振三振         斉藤秀  中前ヒット
 伊志嶺  左飛           下窪   左越2ラン本塁打A
                   内藤   右越2Bヒット
                   ジェイジェイ 中前適時ヒット@→内藤生還
                    ジェイジェイ2盗失敗
                   高森   四球
                   斉藤俊  遊内ヒット(枡田が落球してセーフ)
                   松家   1直

2回表(P松家)          2回裏(P林英傑)
 河田   1ゴロ          梶谷   遊ゴロ
 山崎隆  空振三振         下園   2エラー(西谷はじく)
 銀次   左飛           斉藤秀  四球
                   下窪   捕邪飛
                   内藤   中前適時ヒット@→下園生還
                   ジェイジェイ 遊ゴロ

3回表(P松家)          3回裏(P林英傑)
 枡田   見逃三振         高森   中飛
 西谷   左前ヒット        斉藤俊  3直
 林英傑  投ゴロ→西谷2塁     松家   3内ヒット(送球がワンバウンドでセーフ)
 中村   右飛           梶谷   右前ヒット=1・3塁
                   下園   2エラー(西谷フライを取り損なう)
                      この間に松家生還@
                   斉藤秀  2ゴロ

4回表(P松家)          4回裏(P林英傑)
 平石   左前ヒット        下窪   右飛
 伊志嶺  中越2Bヒット      内藤   遊飛
 河田   四球           ジェイジェイ 中直
(P松家→入来)
 山崎隆  3飛
 銀次   右越適時2BヒットA→平石・伊志嶺生還
    銀次2・3塁間で挟殺、河田3塁上
 枡田   右線適時2Bヒット@→河田生還
 西谷   中前適時ヒット@→枡田生還
 林英傑  空振三振

5回表(P岡本)          5回裏(P林英傑)
 中村   左前ヒット        高森   中越エンタイトル2Bヒット
 平石   投ゴロ→中村2塁へ    斉藤俊  3犠バント→高森3塁へ
 伊志嶺  遊ゴロ          岡本PH西崎 右犠飛@→高森生還
   (梶谷落とすが間一髪アウト)  梶谷   2ゴロ

6回表(P秦)           6回裏(P石川、ショート沖原)
 山崎隆  左飛           下園   1ゴロ
 銀次   3ゴロ          斉藤秀  1エラー(河田ゴロ落球)
 枡田   遊ゴロ          下窪   2ゴロ→斉藤秀2塁へ
                   内藤   3内ヒット=1・3塁
                   ジェイジェイ 左前適時ヒット@→斉藤秀生還
                   高森   遊ゴロ

7回表(P秦)           7回裏(P石川)
 西谷   1ゴロ          斉藤俊  1ゴロ
 沖原   遊ゴロ          秦PH新沼 3内ヒット
 中村   遊ゴロ          梶谷   2ゴロ併殺

8回表(P吉原、C新沼)      8回裏(P佐藤、サード大廣)
 平石   空振三振         下園   2ゴロ
 伊志嶺  遊飛           斉藤秀  空振三振
 河田   右中間ソロ本塁打@    下窪   中飛
 山崎隆  左越ソロ本塁打@
 銀次   左邪飛

9回表(P吉原、セカンド北川)
 大廣   遊ゴロ
 西谷   見逃三振
 沖原   2ゴロ=ゲームセット(21:00)

というわけです。それにしても、楽天はなぜ林英傑を代えなかったのでしょうか?今日の謎です。





■報告者:WIZさん

2008年8月11日(月)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東北楽天14回戦 横須賀スタジアム(18:00開始)

審判:PL山崎、1B鈴木、3B橋本
記録員:伊藤
観客数:789名
試合時間:3時間2分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
東北楽天 000 400 020      9  3
湘  南 311 011 00×     12  0

【投手継投】
東北楽天 ●林英傑(5回)−石川(2回)−佐藤(1回)
湘  南 松家(3回0/3)−入来(1回)−岡本(1回)―○秦(2回)−S吉原(2回)

【得点経過】
1回裏(湘) 一死1塁で下窪、レフトスタンドへ2ラン(湘2−0楽)
       一死2塁でジェイジェイ、センター前タイムリー(湘3−0楽)
2回裏(湘) 二死1・2塁で内藤、センター前タイムリー(湘4−0楽)
3回裏(湘) 二死1・3塁で西谷、セカンドフライを落球の間に3塁走者生還(湘5−0楽)
4回表(楽) 一死満塁で銀次、ライトフェンス直撃2ベースタイムリー(湘5−2楽)
       二死3塁で枡田、ライト線2ベースタイムリー(湘5−3楽)
       二死2塁で西谷、センター前タイムリー(湘5−4楽)
5回裏(湘) 一死3塁で西崎、ライトへ犠牲フライ(湘6−4楽)
6回裏(湘) 二死1・3塁でジェイジェイ、レフト前タイムリー(湘7−4楽)
8回表(楽) 二死無塁で河田、バックスクリーンへソロ(湘7−5楽)
       二死無塁で山崎隆、レフトスタンドへソロ(湘7−6楽)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東北楽天>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 中村  二飛  左飛  左安  遊ゴ            410000000
RF 平石  空振    左安投犠    空振          310100200
C  伊志嶺 左飛    中2遊ゴ    遊飛          410100000
1B 河田    一ゴ  四球左飛    中本          311210010
CF 山崎隆   空振  三飛  左飛  左本          411110100
3B 銀次    左飛  右2  三ゴ  左飛          412000000
P  佐藤                            000000000
SS 枡田      空振右2  遊ゴ              311100100
P  石川                            000000000
3B 大廣                  遊ゴ        100000000
2B 西谷      左安中安    一ゴ  見振        421000100
P  林英傑     投犠空振                  100000100
SS 沖原              遊ゴ  二ゴ        200000000
・沖原、6回の守備より出場。
・大廣、8回の守備より出場。
※4回、一死満塁で銀次右2→2塁ベースを回るも3塁走者河田は3塁ベース上でストップ。
 銀次慌てて戻るも挟まれ3塁ベース付近でタッチアウト。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 下園  左飛二失二失    一ゴ  二飛          300100000
2B 斉藤秀 中安四球二ゴ    一失  空振          310200110
2B 北川                            000000000
RF 下窪  左本捕飛  右飛  二ゴ  中飛          512110000
CF 内藤  右2中安  遊飛  三安              431100000
3B ジェイジェイ中安遊ゴ  中飛  左安              422000000
1B 高森  四球  中飛  左2遊ゴ              310100010
C  斉藤俊 遊安  三直  三犠  一ゴ            310000000
P  吉原                            000000000
P  松家  一直  遊安                    210100000
P  入来                            000000000
P  岡本                            000000000
H  西崎          右犠                001000000
P  秦                             000000000
H  新沼              三安            110000000

SS 梶谷    遊ゴ右安  二ゴ  二併            410000000
・北川、9回の守備より出場。


【投手成績】
<東北楽天>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●林英傑    5回   27  9  2  0  6  4
 石川     2回    9  3  0  0  1  0
 佐藤     1回    3  0  0  1  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 松家   3回0/3  13  3  1  3  0  3
 入来     1回    5  3  0  1  4  1
 岡本     1回    4  1  0  0  0  0
○秦      2回    6  0  0  0  0  0
S吉原     2回    8  2  0  2  2  2


【その他】
■盗塁失敗 ※(イニング:対戦バッテリー)
<湘  南>ジェイジェイ(1回、一死1塁で打者高森の3球目:林英傑−伊志嶺)
■失策
<東北楽天>西谷(2回、一死無塁でセカンドゴロを弾く)
     西谷(3回、二死1・3塁でセカンドフライを落球)
     河田(6回、一死無塁で打球のバウンドに合わせられず後逸)


【試合展開】
湘南は山形先発・インチェの起ち上がりを攻めます。
ヒットで出塁の斉藤秀を置いて下窪がレフトスタンドへ先制の2ラン、続く内藤が2ベースで
出塁しジェイジェイの当たりはセカンド後方センター前へポトリと落ちるポテンヒットで
内藤が生還して初回に3点を取ります。
更に2回は西谷のエラーから内藤がタイムリーで1点、続く3回はまたも西谷がお月様に届かん
ばかりの大飛球を落球し1点と相手(西谷)の守乱で2点を加点し序盤で5点と大量リードします。
序盤で試合の大勢が決まったかに見えましたが4回に山形が猛反撃を見せます。
連続安打と四球で無死満塁と追い上げのチャンス。湘南はここで2番手・入来を投入するも
一死後銀次、枡田、西谷と連続タイムリーを浴びてあっという間に1点差に追い上げられます。
追い上げられた湘南は5回、先頭打者・高森が2ベースで出塁すると斉藤俊がバントで確実に
送ると代打西崎がこれまた確実に犠牲フライで生還させ堅実な攻めで1点を加点。
続く6回は今度は河田のエラーからジェイジェイのタイムリーが飛び出し更に1点を加点します。
湘南の3点リードとなった終盤の8回、マウンドには一軍でブレイクした吉原がマウンドに。
しかし一軍での連投による疲労がまだ抜けないのか二死を取りながら河田、山崎隆に連続被弾を
浴びてまたも1点差に詰め寄られます。
その吉原、9回は一軍で力を見せた意地を貫いて3者凡退に打ち取り湘南が何とか逃げ切りました。

【選手感想】
<東北楽天>
■林英傑(楽)
 対湘南戦では先月の利府球場第2ラウンドでの4回8失点KOのリベンジ登板となりましたが
 残念ながら返り討ちに。その利府の登板と全く変わらない内容に湘南ファンとしては勝たせて
 もらったというより残念という感想の方が強いです。
 利府でも序盤に大量失点しながら4回まで引っ張りましたが、この日も5回まで引っ張りに
 引っ張りました。2試合連続でこの起用を見るにこれは「期待しているんだから責任投球回まで
 見てみよう」と言う仏の松井さんなのか、「しっかり責任投球回まで投げろ。この野郎」と言う
 鬼の松井さんなのか、松井監督の彼に対する評価、育成方法をぜひ聞いてみたくなりました。
 なお利府のスコアボードでは登録名の「インチェ」と表示されてましたが、スカスタでは本名で
 表示されてましたので今回の観戦記は彼を本名で記載させて頂きました。

■西谷尚徳(楽)
 林英傑に匹敵する本日の湘南勝利の影の立役者となってしまいました。
 2回のゴロを弾いてのエラーがきっかけで湘南に加点を許してしまいます。
 問題は次の3回。下園の当たりは滞空時間の長い大飛球ではありましたが風がそんなに無かった
 ため落球するほどのフライではなかったと思います。
 直後の4回に1点差に迫るタイムリーを放ちましたが汚名返上にはほど遠いほど彼のエラーは
 この試合に大きな影響を与えたと思います。

■石川賢(楽)
 中日からテスト入団しウェスタンからイースタンへ戦いの場を移しました。
 これにより対湘南戦にて八戸大の後輩・内藤との対決が実現に。
 この日の対戦はサードゴロに打ち取ったかに見えましたが高いバウンドのため内野安打となり
 現在の両者の調子が結果に反映された格好に。

<湘南>
■松家卓弘(湘)
 対山形戦では先月の利府球場第1ラウンドにて制球に苦しみながらも1点リードを保ち、
 あと一人で勝ち投手が得られたところで吉岡に同点弾を被弾。勝ち星を逃しており、こちらも
 リベンジ登板となりました。
 先頭打者の中村にいきなり0−3とこちらもリベンジならずかと思いましたが、中村を運良く
 セカンドフライに打ち取るとエンジン全開。その後課題の制球難が克服されたかのような
 速球を主体とした投球で山形打線を完全に抑え込みます。
 3回裏、二死ながら内野安打で出塁。梶谷のヒットで1塁から3塁へ激走、西谷の落球で
 生還し自ら展開を楽にするホームを踏みます。
 この激走でスタミナを消耗してなければいいのだが・・・と思った矢先の4回に連続安打と
 四球で無死満塁のピンチを招いてしまいます。
 ここで武藤コーチがマウンドへ行き彼の手を見るやベンチに「×」と手で合図し降板となりました。
 ベンチに戻った後トレーナーに指を見せていたことから前回の激走によるスタミナ消耗や
 フォームの崩れでなく爪を割ってしまい登板不能となったのではないでしょうか。
 それによる連打と四球によるピンチを招いたとしたら何とも残念。アクシデントが無ければ
 この回も彼なりにピンチを切り抜けたと思わせる投球内容であり全体的に見ても今日の彼は
 今季のベストピッチングともいえる内容だったからです。
 後半戦に入りこれからの登板機会は正にプロの生き残りをかけたマウンドになるでしょう。
 その心意気が十分に伝わった投球でした。次回はぜひ5回をこの投球で乗り切って欲しいです。

■秦裕二(湘)
 川崎2連戦で復活の投球を見せたものの、一昨日の試合で乱調し全てをフイに。
 ふりだしに戻っての本日の登板でしたが見事に再スタートを切る内容でした。
 とにかくよく腕が振れてます。この投球ならいつ一軍に昇格してもおかしくない内容に
 見受けられ、あとは結果を残し続け山口、高崎に続いて欲しいところです。

☆今日の山口俊☆
 高崎と共に昇格候補・・・と報道されておりてっきり明日の相模原に向けてハマスタの練習に
 帯同かと思いきやベンチにいました。高崎の姿は発見できなかったため、まさか高崎が先に
 昇格したということでしょうか??

☆今日の五右衛門様(吉川輝昭)☆
 「連投ヤダ」の法則どおり序盤にブルペンで肩を作っただけで本日はおしまい。
 勝利のハイタッチで最後長浦の鬼・三浦コーチにハイタッチを求めたら蹴り返されてました。
 恐るべし三浦コーチ。

【横須賀情景】
1勝1敗で迎えた山形戦3連戦の第3ラウンド。
この日のスカスタはお盆休みに入ったとはいえ平日ということもあり特にこれといったイベント
は無し。この日も試合前にケチャップさんによるスタンドのマナー向上を訴えた効果もあり
走り回る子供も泥酔客による聞くに堪えない野次もなく平穏静かな中で試合が行われました。

しかし試合内容はプロとしては少々お粗末な内容になってしまいました。
湘南は連勝したとはいえ今日は菊池に続く林英傑の自滅と西谷の失策が山形に大きく響き
勝利をもらったという内容でした。
惜しいのは3回まで完璧な内容だった松家の途中降板。何度も言いますが彼の降板はアクシデント
によるものであると思っています。彼の後を継いだ入来はコールされてもなかなかマウンドに来ず
連打を打たれたのは急遽登板による調整不足もあったのではないかと思うからです。
大差のリードと松家の内容を見れば5回辺りまでは登板は無いだろうとブルペンは思っていたの
ではないでしょうか。(結果的にこの余裕が山形の追い上げを生むことになりましたが)

とにかく山形戦を勝ち越し4位転落を逃れました。
千葉マリンでの浦和2連戦の後はしばし休息し19日には川崎との試合がありますので
最後の意地を見せて欲しいですね。

お久しぶりの東洋子さんをはじめ3連戦観戦された皆様お疲れ様でした。
3連戦ともこの時期にしては涼しく観戦に支障のない気候でよかったですね。


2008年 8月10日 イースタンリーグ 湘南−楽天(横須賀)報告者:WIZさん

2008年8月10日(日)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東北楽天13回戦 横須賀スタジアム(18:00開始)

審判:PL鈴木、1B工藤、3B山崎
記録員:東水流
観客数:1005名
試合時間:3時間1分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
東北楽天 101 002 000      8  1
湘  南 200 410 00×      5  1

【投手継投】
東北楽天 ●菊池(5回)−小倉(1回)−吉崎(1回)−戸部(1回)
湘  南 ○高宮(5回)−吉川(1回)−岡本(2/3)―川村(1/3)−S山口(2回)

【得点経過】
1回表(楽) 二死1塁で河田、左中間へ2ベースタイムリー(湘0−1楽)
1回裏(湘) 一死2・3塁で内藤、レフトへ犠牲フライ(湘1−1楽)
       二死2塁で高森、ライト線2ベースタイムリー(湘2−1楽)
3回表(楽) 二死無塁で大廣、レフトスタンドへソロ(湘2−2楽)
4回裏(湘) 無死無塁で下園、レフトスタンドへソロ(湘3−2楽)
       二死満塁で西崎、四球で押し出し(湘4−2楽)
       二死満塁で内藤、四球で押し出し(湘5−2楽)
       二死満塁で嶋、2塁へ悪送球の間に3塁走者生還(湘6−2楽)
5回裏(湘) 無死無塁で下園、ライトスタンドへソロ(湘7−2楽)
6回表(楽) 一死1・3塁で野中、2塁へ悪送球の間に3塁走者生還(湘7−3楽)
       一死1・3塁で嶋、ピッチャー強襲タイムリー(湘7−4楽)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東北楽天>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 平石  投ゴ  空振  空振                300000200
H  鷹野              遊ゴ  中安        210000000
LF
CF 聖澤  中安  空振  遊ゴ  死球  空振        410100201
3B 大廣  右飛  左本  空振  左飛  三飛        511110100
1B 河田  左2  見振    右2三安            431100100
RF 山崎隆 遊ゴ    空振  死球二ゴ            300000101
2B 沖原    三ゴ  二ゴ  一ゴ  見振          400100100
SS 枡田    右安  四球  遊失  二直          210000010
C  嶋     見振  右安  投安  空振          420000200
P  戸部                            000000000
P  菊池    空振  左飛                  200000100
H  中村            投併              100000000
P  小倉                            000000000
P  吉崎                            000000000
C  伊志嶺                 見振        100000100
・伊志嶺、8回の守備より出場。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 野中  右安二ゴ  四球  中飛              310202010
3B ジェイジェイ四球  見振四球  一邪              200200120
RF 西崎  投犠  遊ゴ四球  見振              200000110
CF 内藤  左犠  四球四球    一ゴ            101000020
1B 高森  右2  捕飛一ゴ    右安            421000000
P  山口                            000000000
LF 下園  四球    左本右本  三併            322220010
C  武山  二ゴ    死球二飛    空振          300100101
P  高宮    二ゴ  一犠                  100000000
H  関口          空振                100000100
P  吉川                            000000000
P  岡本                            000000000
P  川村                            000000000
1B 河野                三ゴ          100000000
SS 梶谷    見振  右犠二直    左飛          300000100
・河野、8回の守備より出場。


【投手成績】
<東北楽天>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●菊池     5回   27  4  7  2  7  6
 小倉     1回    3  0  0  1  0  0
 吉崎     1回    3  1  0  0  0  0
 戸部     1回    3  0  0  1  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
○高宮     5回   21  5  1  8  2  2
 吉川     1回    6  2  1  0  2  0
 岡本    2/3    4  1  1  0  0  0
 川村    1/3    1  0  0  0  0  0
S山口     1回    3  0  0  2  0  0

【その他】
■盗塁成功 ※(イニング:対戦バッテリー)
 <湘  南>野中(1回、無死1塁で打者ジェイジェイの2球目:菊池−嶋)
      野中(4回、二死1・3塁で打者ジェイジェイの3球目:菊池−嶋)
■失策
 <東北楽天>嶋 (4回、二死満塁で2塁走者飛び出したため送球も悪送球)
 <湘  南>野中(6回、一死1・3塁で枡田のショートゴロを2塁へ悪送球)


【試合展開】
初回から点の取り合いとなります。
山形が河田の左中間を破るタイムリーで先制すると、その裏湘南は先頭の野中がヒット、
ジェイジェイが四球で歩き無死1・2塁。3番西崎がこれを確実に送りチャンスを広げると
内藤の犠牲フライで同点、続く高森にタイムリーが生まれ逆転します。
しかし山形は3回に大廣にぎりぎりにスタンドインとなるソロで同点に追いつきます。
湘南は4回、先頭の下園がレフト方向へソロを放ち再び勝ち越すと、山形先発・菊池の乱調で
押し出しとエラーで更に3点を加点し山形を突き放します。
湘南は5回にも下園の2打席連続となるソロで1点を加点。
山形は湘南2番手・吉川を攻めて2点を取り返すも反撃もここまで。
最後は湘南の守護神・山口が2イニングをきっちり抑え連敗を3で止めました。


【選手感想】
<東北楽天>
■菊池保則(楽)
 高卒新人とは思えないほど球威がよく湘南の新人・阿斗里に負けない速球派投手。
 その阿斗里の速球と比べると彼の方が球質が重そうに感じ正に「馬力型」の投手。
 しかし制球力はまだまだプロ以下といったところ。4回には2つの押し出しを含む
 4連続四球を与えるなど課題を多く残した内容となりました。

■河田寿司(楽)
 先制のタイムリーは左中間、レフト後方へ飛ぶ打球。3打席目は先頭打者として今度は右へ
 長打を放ち追い上げとなる2点目のホームを踏みます。4打席目の内野安打は打球の勢いよく
 ジェイジェイの守備を撹乱しました。(これはエラーかと思いましたが記録は安打)
 以上打撃に関しては持ち味のパワーを生かしましたが守備では初回の高森の逆転タイムリーと
 なった打球はファーストゴロに反応しきれず後方へ後逸、さらに7回同じく高森のファーストゴロ
 にまたも反応しきれず後ろへとエラーにならなかったのが不思議な守備のミスを披露して
 しまいました。本職がキャッチャーなので致し方ないといえば致し方ないのですが・・・

<湘南>
■下園辰哉(湘)
 1本目の本塁打は左へ流した打球が風にも乗ってのスタンドイン。
 2本目は完璧に捕らえ打った瞬間入ると分かる見事な当たりでした。
 最近まで不振を極めスタメンからも外されていましたが復調と思われる2本のホームランが
 飛び出しひとまず湘南組としてはホッとしたところでしょうか。
 調子の波が激しいのが今季の彼の大きな特徴。これを如何に克服するかが一軍昇格への
 大きな鍵かと思われます。

■高宮和也(湘)
 初回にあっさり失点。しかし今日は多少気合が入っていた様子で速球の球威はまずまず。
 そのため変化球も効果を奏し結果三振を量産する結果に。ですが彼の持っている力は
 まだまだこんなものではないはず。この日の内容を継続できるか、変化球の精度を更に
 上げていけば貴重なサウスポーとして一軍帯同できるのではないでしょうか。
 今日のところはそのきっかけを掴んだとして、次回の登板に期待したいところです。

☆今日の山口俊☆
 3点リードの8回、まさに守護神としてマウンドに登場。
 昨日と比べ制球力が安定し沖原を三振。続く枡田にはセカンドを越える当たりかと思われ
 ましたが、これを梶谷がタイミングを合わせジャンプキャッチ!味方の好捕に助けられると
 嶋を注文どおり空振り三振に仕留めます。
 最終回、鷹野にヒットを許すものの伊志嶺、そして聖澤は0−3となるもストライクが決まり
 追い込むと空振り三振に仕留め、この回も2奪三振を奪い2イニングを零封しました。
 この日のケチャップさんからも関内昇格を思わせるコメントがありましたが、マスコミの報道
 では高崎と共に昇格検討との報道が。ぜひニュー山口を披露して関内ファンに希望を与えて
 もらいたいものです。

☆今日の五右衛門様(吉川輝昭)☆
 昨日三橋、岡本とCOCO壱カレーに下鼓をうった五右衛門様は高宮の後を受けて6回の
 マウンドに登場も河田にいきなり2ベースを打たれ山崎に死球を与えるとプッツン。
 その後コントロールは定まらないは野中のエラーはあるはで怒りの沸騰点は最高潮。
 さらに嶋の当たりは五右衛門様を直撃、しかし素早く反応し2塁に投げたまではよかった
 のですがこれがセーフ。頭から湯気が出てきました。
 続く中村の当たりもまたも五右衛門様へ。しかしこれを好捕すると今度はきっちり併殺を
 取りベンチへ。高卒新人たちがいそいそとベンチから出てきて恐る恐る「お疲れさま」の
 ハイタッチを求めてました。

【横須賀情景】
開門時には晴れ間も見えたスカスタでしたが、試合開始直前には暗い雲が覆い雨が降り出しました。
ですが本日のイベントとなったファーム月間MVP賞の内藤、シーレックス月間MVP受賞の西崎
の授賞式が始まると雨も上がり表彰式とその後行われたこの秋デビュー予定の米重優哉さんの
ライブは無事に執り行なわれました。

また子連れさんの書き込みでもしばしば取り上げられましたスカスタ・平塚での観戦マナーの
低下を防ぐためこの日はケチャップさんが試合前に観客にマナーの向上を強く訴えかけました。
スタンドから拍手が沸き起こったことからスタンドのお客さんも最近の一部ファンによるマナー
違反に目を覆っていたということでしょうか。
その訴えが好を奏したかこの日のスタンドは至って静かに感じました。

試合は昨日強攻策を取ったことでの敗戦が懲りたのか初回のチャンスにバントを敢行するなど
堅実な攻めを見せた湘南と、この日の山形先発・菊池の乱調が勝敗を分けました。
相変わらず格下の投手になると勢いを見せる湘南打線、と言われても致し方ない内容ですが・・・

最後に気になったのが試合終了後球場外に救急車が止まり観客の方が運ばれたことです。
大事に至らなければよいのですが。


2008年 8月 9日 ウエスタンリーグ 中日−サーパス(ナゴヤ)報告者:いかさん

本日は出張帰りに立ち寄ったナゴヤでの試合の模様をお伝えします。
暑さのためか観客数は1252人と中日にしてはイマイチの入り。私もかき氷にビール
と暑さ対策で飲みまくりでした。


8月9日(土)中日対サーパス第15回戦(ナゴヤ、12時30分、晴、観衆1252人)
                  R H E
サーパス 000 020 003 | 9 1
中  日 000 100 210 | 10 2

(サ)オルティズ(7回)、吉川(1回)、大久保(1回)−鈴木、辻
(中)川井(5回)、ネルソン(2回)、平井(1回)、菊地(1回)−田中

勝利投手:吉川23試合3勝3敗5S
セーブ :大久保6試合2S
敗戦投手:菊地34試合5敗1S

本塁打:中村3号ソロ(8回、吉川)
二塁打:中村一(1回)、大引(9回)、谷(7回)横山(9回)
盗 塁:小瀬(9回)
併殺打:岩崎(1回)、オルティズ(2回)、堂上直(4回)
ボーク:川井(1回)
失 策:牧田(4回)、岩崎2(7回、9回)

審判:球審・飯塚、一塁・前田、三塁・杉本、公式記録・荻野

【戦評】
名古屋市内の気温は35度を突破し、ファーム戦でも高い動員力を誇る中日もさすがにきょうの
観客の出足は相当悪かった。試合の方はサーパスが土壇場で鮮やかな逆転勝利を収めた。
2点を追うサーパスは9回、失策と二塁打で無死二三塁の好機を作ると横山が右翼線を
破るタイムリーで同点とすると、さらに小瀬が右前に決勝打を放った。
中日は7回に代打谷の二塁打で逆転、8回には中村一が左翼に本塁打を放ち優勢に試合
を進めたが、9回に登板した菊地が3失点の乱調でまさかの逆転負け。


【打撃成績】
(サ)     打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 F 一輝   410 右安    二直    四球    二直    二ゴ
  1大久保  000
 G 小瀬   311 犠打    左飛    四球    遊失    右安
 E 後藤   200 中飛    遊ゴ
  5古木   312             右安    左飛    振三振
  2辻    000
 H 相川   500 遊ゴ       左飛 右邪飛      中飛 二飛
 B 牧田   410    右安    振三振   見三振   振三振
 D65山崎浩 410    右安    右飛    空三振   二ゴ
 C 森山   320    右安       中安 四球       遊失
 A 鈴木   300    投ゴ       右飛 遊ゴ
  H6大引  110                         中2
 @ オルティズ300    投ゴ併      犠打    空三振
  1吉川   000
  H横山   112                         右2
  R迎    000


(中)     打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 G 藤井   520 遊安    中安    二ゴ    振三振   振三振
 E 岩崎   510 二ゴ併   左安       遊ゴ 二ゴ    振三振
 H 中村一  321 左2    二ゴ       四球    左本
 F イ    400 二ゴ       一失    振三振   二ゴ
  1菊地   000
 B 柳田   300    二ゴ    一ゴ    左飛    死球
 C 西川   431    振三振   右安       三安 投安
 D 堂上直  310    振三振   遊ゴ併      右安 見三振
 A 田中   300       遊ゴ    振三振   犠打 二ゴ
 @ 川井   100       遊ゴ
  H堂上剛  100             左飛
  1ネルソン 000
  H谷    112                   左2
  1平井   000
  7英智   100                         遊直


【投手成績】
(サ)  回  打 安 三 四 失 自
 オルティズ 7  29 8 5 1 3 3
○吉川  1  6 2 1 1 1 1
S大久保 1  3 0 2 0 0 0

(中)  回  打 安 三 四 失 自
 川井  5  22 6 1 2 2 2
 ネルソン2  8 0 3 1 0 0
 平井  1  3 0 1 0 0 0
●菊地  1  7 3 1 0 3 2


【注目選手】
■川井進(中)
現在選手登録されているはずなので五輪休暇を利用しての調整登板と思われる。しかし、内容は
かなり悪かった。初回よりボールが先行しており3ボールになると四球を怖がって明らかな棒球
を投げてしまって痛打を浴びるシーンが目立った。暑さに相当参った様子。

■岩崎達郎(中)
今日の敗因とも言える。守備では2失策で特に9回の失策は悪夢の逆転負けの序章となってしま
った。打撃も初回に進塁打を狙った当たりが二塁正面を突き併殺といいところがなかった。

■李炳圭(中)
ここのところ毎試合ファームの試合で見かけるようになった。今日の内容も悪い。変化球を引っ
掛けるシーンが目立ち、そもそも打球が上に上がらない。苛立っているのか飯塚主審の判定に
何度もクレームをつけていた。

■西川明(中)
大活躍。4回の先制打は前進守備を見越して叩きつけるバッティングでうまく野手の頭を越えた。
8回にも相手投手吉川が集中力を欠いた状態であることを見越して絶妙なバントヒットを決めた。

■ネルソン(中)
暑い中154キロを投げて大歓声。この投手は1軍では主に負け展開での試合での登場が多いと思う
が、球は速いが制球がめちゃくちゃ。この球威なら細かい球威は不要だがある程度の制球がない
と次の展開が見えてこないと思う。

■菊地正法(中)
内容はそれほど悪いようには思えなかったのだが先頭を失策で出してしまい、その後サーパスが
代打攻勢を仕掛けて術中にはまってしまった。この投手の左右の被打率が分からないが
右打者は投げにくそうでうまく内角が突けてなかったのかもしれません。

■オルティズ(サ)
散髪もできるんでしたっけ?体のバネが強そうで上体で投げるようなフォーム。調整かと思いきや
結局7回まで投げました。ところで、2回一死満塁で打順が回ってきてなぜかバントをして併殺
となりました。しかし、三塁の山崎浩は走っておらずスクイズのサインではなかった
と思うのだがあれは何だったんでしょうか?よく分かりません。

■後藤光尊(サ)
タイミングはあってなかった。2打席凡退で古木と交代。

■横山徹也(サ)
9回の同点打はうまく打ちました。外野が前に守っていたのもありますが打った瞬間抜けたと
いう会心の当たり。

■サーパスファン
この日はかなり品のない野次を大声で出すファンがおり、球場の雰囲気が台無しになった。
こういうことはやめてもらいたいです。

■山本昌広(中)
試合後、逆転負けでしょんぼりする中日ファンの前に突如登場。スローでの調整だったようで
キャッチボールをしていたのですがスタンドが沸きました。


2008年 8月 9日 イースタンリーグ 湘南−楽天(横須賀)報告者:WIZさん/子連れさん


2008年8月9日(土)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東北楽天12回戦 横須賀スタジアム(18:00開始)

審判:PL工藤、1B橋本、3B鈴木
記録員:石井
観客数:1105名
試合時間:3時間14分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
東北楽天 014 000 201     14  0
湘  南 100 000 000      8  1

【投手継投】
東北楽天 ○川井(5回)−松本(2回)−戸部(1回)−吉崎(1回)
湘  南 ●桑原謙(6回)−三橋(1回)−山口(1回)―秦(1回)

【得点経過】
1回表(湘) 二死無塁で西崎、レフトスタンド場外へソロ(湘1−0楽)
2回表(楽) 一死1・3塁で西谷、センター前タイムリー(湘1−1楽)
3回表(楽) 一死満塁で枡田、ライトスタンド場外へグランドスラム(湘1−5楽)
7回表(楽) 一死1・3塁で山崎隆、レフト線へ2ベースタイムリー(湘1−6楽)
       一死2・3塁で伊志嶺、センター前タイムリー(湘1−7楽)
9回表(楽) 無死1・2塁で山崎隆、レフト線へ2ベースタイムリー(湘1−8楽)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東北楽天>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
RF 平石  遊ゴ右安遊直    投併  四球          410000010
LF
CF 聖澤  空振二ゴ  左飛    三失三飛          400100100
3B 大廣  中安  四球空振    中安            320200110
3B 銀次                  中安        110100000
1B 河田  遊ゴ  四球一ゴ    空振  中安        410100110
LF 中村    右安投ゴ  遊ゴ                310100000
RF 山崎隆             左2  左2        222000000
C  伊志嶺   二ゴ四球  一ゴ  中安  四球        311100020
SS 枡田    左安右本  中飛  二併  投併        524110000
2B 西谷    中安一安    投ゴ  空振中飛        521000100
P  川井    投ゴ三ゴ                    200000000
H  中谷            左安              110000000
P  松本                            000000000
H  鷹野                右飛          100000000
P  戸部                            000000000
P  吉崎                            000000000
・山崎隆、5回の守備から出場。
・銀次、7回の守備から出場。
※3回、中村の投ゴ→送りバント失敗。一死1・2塁に。
※3回、川井の三ゴ→送りバント失敗。二死1塁に。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
RF 桑原義 見振  四球左飛    右飛  空振        400000210
SS 藤田  中飛  二ゴ  一ゴ    中2          410000000
LF 西崎  左本  四球  投ゴ    空振          311110110
3B 呉本  二ゴ  四球  三ゴ    左安          310000010
CF 内藤    左安二ゴ    左飛  空振          310000100
1B 高森    左安  空振  空振  空振          410000300
C  黒羽根   一邪  三安  空振    二ゴ        410000100
2B 梶谷    三併  遊安    二ゴ  三ゴ        410000000
P  桑原謙     三ゴ三犠                  100000000
P  三橋                            000000000
H  下園              空振            100000100
P  山口                            000000000
P  秦                             000000000
H  下窪                  左2        110000000


【投手成績】
<東北楽天>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
○川井     5回   22  5  3  2  1  1
 松本     2回    6  0  0  3  0  0
 戸部     1回    5  2  0  3  0  0
 吉崎     1回    4  1  0  1  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●桑原謙    6回   28  8  3  2  5  5
 三橋     1回    6  3  0  1  2  0
 山口     1回    4  0  1  1  0  0
 秦      1回    6  3  1  0  1  1


【その他】
■失策
 <湘  南>呉本(7回、無死無塁で聖澤サードゴロも1塁へ悪送球)


【試合展開】
湘南は初回に西崎がレフトスタンド場外へソロを放ち幸先良く先制します。
しかし湘南の得点はこれまで。
直後の2回、湘南先発・桑原謙は西谷のタイムリーであっさり同点に追いつかれると3回には
3つの四球で一死満塁とすると枡田にライトスタンド場外へ大飛球で運ばれ勝ち越しされて
しまいます。その後湘南中継ぎ陣も失点を重ね、逆に山形中継ぎ陣は湘南打線を零封して
山形の圧勝に終わりました。

【選手感想】
<東北楽天>
■川井貴志(楽)
 初回西崎のソロの1失点のみに抑えましたが昨年湘南から勝ち星を量産した投球とはほど遠い
 内容でした。今日は自身の投球ではなく湘南打線の拙攻に助けられた感じでした。

■枡田慎太郎(楽)
 勝敗を決定付けさせる特大の満塁弾を放ち本日のヒーローに。
 彼にこれほどのパワーがあるとはと驚愕させる大飛球は明らかにポールよりも高く飛んだ
 大飛球でした。しかし終盤の得点機で2度の併殺は少々頂けません。

<湘南>
■桑原謙太朗(湘)
 序盤は球威ある直球でストライク先行の投球も2回に連打を浴びて同点にされてしまいます。
 走者を置くと次の投球までの間が長く守備陣のリズムが狂わされたように感じました。
 (見ている方も眠くなるような間合いでした)
 2回の失点は追い込みながらも勝負球が無く結局速球で力で抑えようとしたものの、山形打線に
 弾き返された形でした。
 そして最悪だったのが3回、この回に入るとストライクが全く入らず連続四球で1・2塁に。
 中村がバント失敗で立ち直るかと思いきや続く伊志嶺をまたも四球で歩かせたことが試合の
 雌雄を決した気がします。満塁とし枡田は初球にストライクを取りに行くだろうと狙いすました
 かのようにジャストミートし満塁弾を浴びてしまいました。

■呉本成徳(湘)
 記録上の失策は悪送球の1個でしたが、記録にならずも致命的な失策を犯しました。
 忘れもしない05年7月の雨中のハマスタでファールフライを追いかけすぎバンザイそのまま
 背中から倒れ落球という無様なプレーを彷彿させてくれました。
 ファールフライを追いかけ目測誤りまたまたバンザイ。今回は倒れなかったところが若干成長
 したところでしょうか。7回、枡田のサードフライを同じく目測誤り落球。インフィールドフライ
 が宣告されたためファールとなり枡田は併殺に倒れたことが救いでした。
 続く8回、聖澤の打球がサードフライとなった時スタンドから悲鳴が上がったのは言うまでも
 ないでしょう。その期待に応えて落球・・・寸前でキャッチし哀れ3塁側山形ファンから
 拍手を受ける屈辱を味わいました。
 藤田と共に一軍からの助っ人、のはずが大矢監督の前で数々の怠慢プレーでペナント再開後も
 関内ではなく湘南に帯同するのは決定的になったのではないでしょうか。

☆今日の山口俊☆
 湘南の守護神も大差をつけられたにも関わらず8回のマウンドに向かいます。
 先頭打者・西谷を空振り三振に打ち取るもこの日も制球が不安定で二死後に四球を与えて
 しまうなど今ひとつの内容。聖澤のサードフライをあわや落球で捕球した呉本さんには
 やや呆れた表情でベンチに戻りました。

【横須賀情景】
昨年に続き「三浦市ナイター」が開催。
市を代表する鮪とイカ、そしてトウモロコシやスイカなどの食品物が球場外のブースで販売、
その球場外には鯉のぼりならぬ「鮪のぼり」が飾られていました。
その鮪のぼりはスコアボード上段に通常日の丸の位置に3本+大根旗が、通常イースタン・リーグ
の旗が掲げられる所には「三浦大漁旗」が掲げられていました。
試合前には恒例のまぐろ解体ショーも行われましたが、今回は解体された鮪は観客にプレゼント
されずそのままお持ち帰り(または球団が食った)されたようです。

さらにスカスタ隣の追浜公園グラウンドではこちらも毎年恒例の追浜サマーフェスタが盛大に
行われており球場外はいつになく賑やかで、試合中もヒーローショーによる司会のお姉さんの
元気な声や盆踊りの曲が流れたりと普段味わえないBGMを聞きながらの観戦となりました。
圧巻だったのが試合終盤にまず夏の風物詩である八景島の花火大会が始まり、試合に飽きた
親子連れの方などが3塁側に集まりだすと今度はお隣の夏祭り会場から盛大な花火が連発し
こうなると3塁側スタンドは試合そっちのけで花火見学を楽しむ人多数といった状況でした。

さて試合。
勝敗は2回の湘南の攻撃が全てといってよいでしょう。
内藤、高森の連続ヒットで無死1・2塁とし7番黒羽根は強攻策が裏目に出てファーストへの
ファールフライ、8番梶谷が併殺打に倒れ勝ち越し機を失ったことでしょう。
黒羽根の打席は次打者の梶谷が右打者ということを考えればバントで送るべきだったでしょう。
ここで得点できなかったことが枡田の満塁弾を生み、湘南打線は3回以降、チャンスは作るものの
タイムリーが出ず拙攻が続く結果となりました。
優勝の目標が消え負けが込むとこんなものでしょうかね・・・
この日大矢監督、斉藤コーチが観戦と御前試合となったわけですがまた「下から上げる選手がいない」
と言われかねないゲームを演じてしまいました。
一方山形は同様に無死1・2塁の場面で失敗したもののこちらはバントを敢行、走者を3塁に置いて
エンドランを敢行するなど松井監督らしいいやらしい野球を展開してました。
2回の強攻策を見て松井さんも驚いたんじゃないでしょうかね。そして「今日は相手が自滅してくれた」
とお腹の中で笑っているのではないでしょうか。
「野球をやって欲しい」。今日の湘南に対してはその一言だけ言いたくなる内容でした。





■報告者:子連れさん

      <結 果> 12回戦          R H E
          
山 形 014 000 201  14 0
          
湘 南 100 000 000  8 1  山形7勝5敗

         (勝)川井15試合4勝3敗1S (負)桑原謙4試合1勝2敗

         ※暴投・捕逸   な し

          失策 湘南1 7回表D呉本 G聖澤のゴロを1塁悪送球

          本塁打 湘南 F西崎6号ソロ 1回裏二死川井の3球目を左場外
                         雑木林へ。

              山形 E枡田7号満塁 3回表一死満塁桑原謙の初球を右
                         ポール直撃。

       ★こんなプレー 7回表山形 一死1−3塁(湘南投手・三橋)
              打者枡田のカウントは1S2B。4球目を内野へフライ。
             湘南3塁手呉本が捕球したかに見えて落球。すぐに拾って
             2塁へ送球,1塁走者伊志嶺は進塁しておらず。球はそのま
             ま1塁へ転送。打者枡田はアウトで併殺・・と流れたので
             すが,球審工藤さんは呉本の落球を「故意」と判断して宣告
             規則6・05(l)の【付記】と【注一】によりボールデッド
             で進塁は認められず打者はアウトにならず,カウントを2S
             2Bにして再開。結局枡田はセカンドゴロで併殺となる。
              WIZさんが報告の呉本がインフィールドフライで助かる
             の内容は,実はこのようなプレーでした。

        <アンパイヤー/記録員>
           PL・工藤和樹 1B・橋本信治 3B・鈴木章太
             記録員/石井重夫

        <試合時間>3時間14分(18:00〜21:14)

        <観  衆>1105P 中学生以下無料,その他期間招待券各種

        <天  候>くもり 25℃ 63% 風・左→右(強)時々無風

   『雑 感』
       鷹取川の天神橋たもとにある「白鳩幼稚園」の園舎が解体されつつ
      ありました。この地区では歴史ある幼稚園の三角屋根が,重機により
      淡々と壊されていくのを,多くの通りすがりの方々が眺めておりまし
      た。少子化での役目を終えたのか,新生への取り壊しなのかまでは知
      りませんが,いつもあったものがなくなるのは,さみしいものでした。
       遠雷が響き,本体から分離した黒雲が流れて3時には照明灯に灯が
      入っていましたが,幸いにして落ちてこずに傘が邪魔になりました。
      「三浦市ナイター」ということで物産のテントや大漁旗にマグロ幟が
      揺れ,市のマスコットなのか着ぐるみの「まぐお君」も登場して手書き
      団扇を配って盛り上げておりました。さらにお隣の軟式球場では踊り
      の発表会をメインにしたフェスタ横須賀夏の舞が開催,横須賀市のマス
      コットのスカリンやスカレーの着ぐるみに「ゴーオンジャー」ショー
      斉藤明夫コーチ似のおじさんたちが夜店を出すなど,共に賑やかな夏の
      夜らしい時間でした。
       北京に背を向けてスタンドの定席に。予想に反して入りが悪かった
      のは,やはり自宅で五輪中継観戦の方多かったのでしょうか。バック
      ネット裏では「まぐろ解体ショー」の実演,「見たことある人!」と
      意味のないMC投げかけを進行の吉岡さちこさんが言っておりました。
      「見たことない人!」だけでいいのではないでしょうか・・50キロ
      8万円相当の黒マグロが手際よく裁かれて,目当てに訪れた大矢さんや
      斉藤テキヤ似コーチの腹へ収まったのでしょうか・・時季柄か,我々へ
      のプレゼント対象にはなりませんでした。せっかくなのですから,来年
      は何とかこちらへの還元をお考え頂きたいものです。魚屋の店先での
      催しじゃあるまいし,「食いたければ買いなよ!」はないでしょう・・
       試合前のセレモニーも「三浦市」一色でした。4年前に「みうらもて
      なし大使」に委託任命された,R&B歌手の上田正樹さんが登場。湘南
      のために作ってくれた応援歌がCDでしたが披露され,今の湘南チーム
      状況を見事に表したダルなリズムが流れたのでした。個人的には「同じ
      時代を生きた証があればいい」と歌う,関内のライブハウスマスターの
      方が2軍らしくていいと思うのですが・・しかしココはきーぼーに敬意
      を表しダルなまま今季を終えようと覚悟決めたのでした。
       まだ50歳代前半,趣味はゴルフでハンディー7の吉田英男三浦市長
      の始球式。彼は野球経験があるのでしょうか,右肘と肩の振りが誠によ
      く,黒羽根のマスクあたりに速球が決まりました。
       宣伝するわけではありませんが,駅ビルも遮る建物も駅前にはなく,
      畑と海が地平水平へ広がる,ロハス三浦へも横須賀観戦の前後にお遊び
      下さい。

       さて試合ですが,五輪壮行試合期間で1軍は「五輪休み」。そのため
      藤田や呉本が着慣れたユニで違和感なく登場,そうなると投手陣も間隔
      調整になり三橋の予定が下げられて,マウンドには桑原謙が登板でした。
      新人で前半から関内基本に使われて身心共に疲労が激しいこの時期,無
      理のない出来でした。WIZさんの報告通り,守りのリズムがじれった
      く狂う,間合いと攻め方が問題です。ストライク先行で無意味なボール
      が多く,決めそうで邪飛され,ようやく決めたと思ったら安打される四球
      で出すでは,きーぼーの応援歌のメロディーのようにダルになります。
      「さあ!みんな!応援して!!」と子どもたちを煽る「ゴーオンジャー」
      ショーのおねえさんの声が流れておりました。ネット裏真正面では大矢
      さんと出店取締り下締め風貌の斉藤コーチが,そんな桑原を頬杖付いたり
      腕胡坐したりで観戦,1球ぐらいネット直撃の暴投をするかと思っていま
      したが,尻の穴小さく投げていたのです。私ならこの機を逃すか!とやり
      ますが・・
       7回表にようやく本日予定先発だった三橋が登場。それまでに2回ブ
      ルペンで作っていて,さらに軽く投げてからマウンドへ。手探りで投げ始
      めてリズムを作る初段で呉本の悪送球,独自のボールコースを外側に持つ
      「工藤和樹ゾーン」に悩まされて三橋ランドを築けずに残念な結果でし
      た。まだ制球が抑えられていないので,もう少し長浦で建て直し,次週の
      古巣戦で好投して関内へでしょうか。
       花火に夢中の観客の隙をついて山口が出てそれなりにまとめ,花火が
      終わり目が集まったところで秦が登板。ここ2試合ほど往年の球が来て
      いて,そうなるとすぐに試されるのが,走らない野球同様の,今年の球団の
      特色。「ココでも似た試合見せられるのかよ!」と反省や自己の振り返り
      の場にもせず憮然とする斉藤コーチ見つめる中でのマウンドでしたが,
      3連打に四球と,あっという間にコレでは斉藤コーチを助長させるだけで
      した。せっかくのここ2試合が,これで「ふりだし」でしょう。
       野球して育てる松井山形と,野球する?の田代湘南の差が如実に現れた
      12回戦でした。それにしても,野球はともかく,夏真っ盛りを体感した
      夜でした。ついに酒で体壊した子連れに代わり,その分も摂取しての観戦
      のWIZさんをはじめみなさま,夏の夜をお楽しみでしたでしょうか・・
      「楽天!楽天!イーグルース!」と美声をあげるお馴染み山形のお兄さん
      の声が,花火よりも高く夏島の空に響いておりました。

   『今日の五右衛門(吉川輝昭)』
      「暑いのヤダ」「連投しない」と言うことで,明日か明後日に備えて
     登板なし。coco壱のカレー食べて,花火見ていました。

  追記・7日試合終了後にグランドへ物を投げ込み野次を飛ばした事件を受けてか,
     本日は終了後スタンドを見上げて警戒する山口さんと,最近まるで役立たず
     な渇。浜シミズの警備担当者たちがいました。

      ココでもさまざま揶揄しつつ叱咤激励した,いまだ本領発揮せぬヒューズ
     投手とマットホワイト投手が球団を解雇されました。なお,本日の選手との
     写真撮影会に登場した2名は,染田賢作と橋本太郎の2名の投手でした。


2008年 8月 7日 イースタンリーグ 湘南−巨人(横須賀)報告者:子連れさん


    <結 果> 12回戦          R H E
        川 崎 002 300 000  10 3
        
湘 南 200 000 010  6 3  川崎7勝4敗1分

       (勝)古川12試合3勝1敗 (S)オビスポ27試合1勝3敗14S
       (負)阿斗里12試合1勝3敗

      ※暴投 川崎1 オビスポ9回裏 PH下園の3球目 内藤2塁進塁

       失策 川崎3 1回裏 C脇谷 梶谷の投犠,古川からの送球をポロリ
                      1−2塁に・・
                  E小坂 下窪のゴロを弾く。満塁に・・

              3回裏 B岩舘 内藤のゴロを弾く。1塁に・・

          湘南3 3回表 B高森 脇谷のゴロをカバーの阿斗里へ
                      トスミス。2者生還に・・

              4回表 D河野 清水のゴロを弾く。1−2塁に・・
                  C斉藤秀 小坂の直打を捕球後2塁帰塁走者を
                       刺すための送球をミス。2−3塁に・


              回 打 安 責          回 打 安 責
  <継 投>川崎 古 川 6 25 3 0   湘南 阿斗里 4 20 6 0
          上 野 1 5 1 0      松 家 2 8 2 0
          会 田 2/3 5 2 1      川 村 1 4 1 0
           林  1/3 1 0 0      岡 本 1 3 0 0
          オビスポ1 4 0 0       秦  1 4 1 0

    <アンパイヤ/記録員>
     PL・牧田匡平 1B・石山智也 2B・市川貴之 3B・原信一朗
       記録員/石井重夫

    <試合時間>3時間8分(18:01〜21:09)

    <観  衆>2,047名(中学生以下無料/招待券各種配布)

    <天  候>薄曇り 27℃ 64% 風・左←右(やや強)時々無風

    <イベント>「よこすか夏祭りナイター」
          ・小学生対象の見学等のシリーズ物
          ・「スーパーボールすくい」などの遊戯物の展開
          ・出店テント「にのみや商店」「大船軒」
          ・創業110周年の「大船軒」(鰺の押し寿司・鎌倉ハムサンド等
           の駅弁でお馴染み,神奈川県大船の会社)によるプレゼント。
           ※MC担当の吉岡さちこさんは「大船軒さん」を紹介時に,
            「大船」と「軒」を切っていたため,どう聞いていても
            「おおふな けんさん」にしか聞こえず。そういう方が
            場外でテント張って頑張っているのかと思った方もいたり
            して・・
          ・「ビール飲み放題」ナイター
            参加された方々でしょうか,クールダウンする選手に向い
           投物や見苦しいヤジを飛ばしていました。だいぶ酔っていた
           ようですが,その後のお咎めなどあったのでしょうか・・・
           酔っぱらいのヤジは被害がありませんが,投物は犯罪に値す
           るものです。球団責任者の山口さんもさすがに動いたと思い
           ますが,厳重な処分を求めるとともに「飲み放題」の今季の
           中止を要求致します。


 <得点経過>
  1回裏(湘南2点)  二死満塁で,A斉藤俊がライト前へ2点タイムリー安打

  2回表(川崎2点)  二死1−2塁で,C脇谷の1塁ゴロをB高森がカバーへ
             入った阿斗里へ悪送球。本塁ガラ空きを見て1塁走者岩
             舘も3塁を回り,本塁カバーに入る3塁手河野と競争も
             河野ボールをポロリ・・記録は,脇谷にH・高森にE。

  4回表(川崎3点)  無死1−2塁で,A星レフト前タイムリー安打(1点)
             二死2−3塁で,G松本センター前タイムリー安打(2点)

  8回裏(湘南1点)  二死1−2塁で,D河野レフトへエンタイトル2安打

     『雑 感』
         立秋を迎えた鷹取川には早くも水クラゲが浮いておりました。
        よく水浴びに出掛ける葉山一色海岸でもアンドンクラゲが早くに
        出没して刺される方々が多く見られました。温暖化の影響でしょ
        うか・・
         旧暦七夕の上弦の月が目障りなマンションの屋上あたりで朧に
        見え,三浦海岸では花火大会もあり,夏の風物真っ只中の夜でし
        た。「結構入ってますよ!こどもが多いけど」とパス交換テント
        で言われて見ると,種々雑多様々なご招待券の見本が並べられて
        おりました。「ちっとも関内に来ないじゃん」「おめ〜がこっち
        入れば逢えるじゃんか」とお馴染みのシミズのおねえさんと戯れ
        てスタンドへ。
         夏休み,川崎戦,関内チームは北陸遠征中とのことで開始前か
        らほぼ満員。同じ時間に甲子園ではヨタ校が試合中のため,横浜
        高校ファンの姿がなく残念。試合がなければ,あと200名は増
        員したでしょう。横浜高校に近い地域だけに,根強い横高応援の
        方々が日頃スタンドにはおられるのです。
         定席の列にちょうど2人分の空席があり着席。前後左右見知ら
        ぬ方々が座っておられたのです。

         上位チーム川崎2連戦でスタートの後半,前夜の平塚では観戦
        されたWIZさんの腰を重くさせ平学女子チアの介護なくしては
        歩行も覚束ないほどの「痛い」負け内容。是が非でも1勝1敗で
        切り抜けて,か細い蜘蛛の糸にすがり止まる他に長崎への道は残
        されておらず,「今夜負けたら白旗!」と覚悟を決めて臨んだの
        でした。
         1回裏,死球と2つのエラーで頂いた満塁に高森が三振で二死。
        打順よく1軍で寝起き経験もある斉藤俊がこの場面で三遊間をし
        ぶとく抜くあたりで2点先制。ココらが1軍経験者のバットでし
        ょう。上位川崎相手にまず先制は常套でした。
         湘南先発阿斗里は1・2回は意気込まず丁寧に投げていたので
        すが,3回表先頭の小坂をストレートの四球で出したのが課題。
        古川犠失,松本三振と乗り切れるかと見ていると,岩舘には直球
        を真っすぐセンターへ返され2つ目の課題。脇谷をタイミングを
        外してのファーストゴロ,これでチェンジと思いきや高森がトス
        ミス,心の準備不足で阿斗里と高森は焦り,最小の傷口を大きく
        してしまい同点。3つ目の課題。なおピンチも中井を3球三振に
        取りチェンジへ。小坂・岩舘・脇谷あたりに見分けられているの
        が現状の内容でした。3回でスタミナ切れが見られたのを4つ目
        の課題としておきましょう。
         4回表,不慣れなサードを守っているからと言えども,五輪へ
        行きたくないのか「熱出た・・のど痛い」とバカぬかす村田より
        お粗末なエラーを仕出かしたのが河野。併殺を焦った動きは少年
        でも分かるもので,走者と打球への見方が出来ていたのかどうか。
        阿斗里としたらシテヤッタリでゴロを打たせただけに落胆は正直
        でした。このエラーとさらに斉藤秀の安易な送球Eが逆転の3点
        となったのが湘南の守備面での敗因でした。
         打つ方では,1回裏2点先制後なお二死満塁で,あれほど良く
        球に目が付いて行っていた河野が盲目になってしまい空振り三振。
        守備に気が取られているのか,ブログの文面に気がそぞろなのか,
        帰りのラーメン屋の選択に頭が一杯なのか,まるっきり気のない
        振り様は重症でした。8回裏2点差に詰めてなお二死2−3塁で
        代打鈴木尚,期待を存分に込めて場内盛り上がったのですが,あ
        えなく三振。「小川さん状況」「若田部さん状況」になりつつあ
        る鈴木のタコさんを再び関内へぬめり込ませたい子連れとしては
        残念でしたが,代打代打ばかりで腐っても林昌範の球を捉えるの
        は難しいところでした。
         河野や鈴木のタコさんはともかく,梶谷・桑原・下窪・下園や
        天国と地獄の激しい内藤あたりに,努力の偶然でない,確かな物
        を見せてくれなければ湘南の今後もダラダラした試合運びになる
        でしょう。と言うよりも,村田・吉村・内川の尻にかぶりつく程
        に成長しなければ,数年先まで球団全体は観えたようなものです。

         方や駒豊富な川崎は盤石の体制と勢いがありました。岩舘4安
        打,隠善2安打は余裕のうちで,ここぞでしっかり点が取れる打
        戦は上での経験が裏付けられていました。
        先発の古川は,立ち上がりギクシャクしエラーで引っ張られたの
       ですが,以降は6回まで3安打7三振と評判通りの内容でした。特
       に2回裏は投手がいたものの3者三振でリズムを得て,自身の投球
       が出来ていました。3番手会田がやや制球が甘かったのですが,あ
       のサイドフォームではどうしても微妙な調整に難点が残るでしょう。
       鈴木尚の場面でワンポイントで昨夜の抑え林を出して,最後はオビ
       スポが速球と落ちる球で湘南打線をクルクル回せておりました。昨
       年は速いだけで行先は球に聞いてくれ,だったのですが今季はしっ
       かりと制球が効き,すっかり川崎の(ELの)抑えの切り札となっ
       ておりました。それにしても大きな選手ですね。うちの大きな荷物
       ヒューズ投手と相撲でも取らせたくなりました。
        かような川崎の選手連を見せられたら,湘南はやはり小粒と言わ
       ざるを得ずが正直な気持ちでした。人情味の戸田を実力で引きずり
       降ろし,連続EL優勝を勝ち取るのは川崎以外に見えません。
        仮に湘南お得意の「魔物が摂りついた連勝」で追い上げたとして
       も,「後半スタートの川崎連敗が大きかった」と仲秋の夜空見上げ
       てつぶやくのでは,誠に大きな連敗を喫しました。白旗上げて,こ
       れからは来季の構想含めた観戦を楽しむとします。

        照明灯めがけて,種々な蝉が迷い込み直角に客席に落下したりと
       夏真っ盛りなスタンドでした。湘南の負けよりも,ほとんどハケた
       スタンドの酔客集団の振る舞いに腹が立ってしかたなかった夜でし
       た。連夜の勤務終わり観戦のWIZさんをはじめ,混み合ったスタ
       ンドでご観戦だったみなさん,お疲れさまでした。土曜日は三浦市
       民大挙して押しかける毎年恒例の「三浦市ナイター」,マグロの解
       体実演やプレゼント,三浦の物産の販売があるそうです。「城ケ島
       ラーメン」旨いですね。今年はどうでしょうか?隣の軟式グランド
       では地元のお祭りも盛大に行われるそうです。外野席開放を目標に
       ぜひ追浜夏島横須賀スタジアムへお越しください。と,なかば自棄
       で書き込ませていただきます。


2008年 8月 6日 イースタンリーグ 湘南−巨人(平塚)報告者:WIZさん


2008年8月6日(水)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−巨人11回戦 平塚球場(18:00開始)

審判:PL原、1B市川、2B石山、3B深谷
記録員:西原
観客数:1503名
試合時間:3時間5分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
巨  人 000 002 001      9  2
湘  南 000 020 000      4  0

【投手継投】
巨  人 深田(6回)−○福田(2回)−S林(1回)
湘  南 佐藤(5回2/3)−吉川(1回1/3)−秦(1回)−●(1回)

【得点経過】
5回裏(湘) 無死1塁で高森、ライトスタンドへ2ラン(湘2−0巨)
6回表(巨) 無死1・3塁で脇谷、センターへ犠牲フライ(湘2−1巨)
       一死1・2塁で隠善、ライト前タイムリー(湘2−2巨)
9回表(巨) 二死無塁で田中、レフトスタンドへソロ(湘2−3巨)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<巨人>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  左飛  遊直    中安空振  空振        510100200
1B 岩館  右飛  中飛    左安四球            310100010
2B 脇谷  右2    一ゴ  中犠空振            311000100
3B 中井  空振    右安  四球  空振          310000210
RF 隠善    右安  空振  右安  左飛          421000100
C  星     一ゴ    中飛一ゴ  見振          400000100
SS 小坂    一邪    右2  空振  空振        410000200
LF 籾山    右飛    右飛  四球            200000010
P  福田                            000000000
H  藤村                  空振        100000100
P  林                             000000000
P  深田      空振  空振                200000200
H  田中              中安  左本        221110000
LF


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 梶谷  見振  三ゴ  遊ゴ    投ゴ          400000100
2B 斉藤秀 中飛  右飛    左飛  四球          300000010
LF 下園  中飛    見振  空振  二飛          400000200
P  山口                            000000000
RF 下窪    遊失  空振  投ゴ    左飛        300000100
CF 内藤    左飛  空振    遊ゴ  空振        400000200
C  斉藤俊   右安    右安  二失  空振        320100000
1B 高森    中飛    右本  二ゴ            311110000
3B 河野    中飛    右飛  左飛            300000000
P  佐藤      空振  一ゴ                200000000
P  吉川                            000000000
P  秦                             000000000
H  西崎                右2          110000000
LF
※8回、梶谷の投ゴ→送りバント失敗、2塁走者アウト。


【投手成績】
<巨人>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 深田     6回   22  3  0  6  2  2
○福田     2回    8  1  1  0  0  0
S林      1回    3  0  0  2  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 佐藤   5回2/3  23  7  1  4  2  2
 吉川   1回1/3   7  1  2  3  0  0
 秦      1回    3  0  0  2  0  0
●山口     1回    4  1  0  3  1  1


【その他】
■盗塁失敗 ※(イニング:対戦バッテリー)
 <巨  人>中井(4回:佐藤−斉藤俊)
 <湘  南>梶谷(8回:福田−星)
■失策
 <巨  人>小坂(2回、無死無塁で下窪のショートゴロを後逸)
      脇谷(7回、一死無塁で斉藤俊のセカンドゴロを弾く)
■暴投
 <湘  南>佐藤(2回、二死1塁で打者籾山の2球目。二死2塁に)
■捕逸
 <湘  南>斉藤俊(2回、二死2塁で打者籾山の4球目。二死3塁に)


【試合展開】
序盤は湘南先発・佐藤、川崎先発・深田による投手戦に。
試合が動いたのは5回。湘南は走者を置いて高森が打った瞬間にスタンドインと分かる高々と
上がる大飛球ホームランで2点を先制します。
しかし直後の6回にこちらも無失点に抑えていた佐藤が川崎打線に捕まります。
松本、岩館の連続ヒットで無死1・3塁とすると脇谷はセンターへ犠牲フライで1点差。
中井を四球で歩かせてしまい、ここで武藤コーチがマウンドへ。次打者が左の隠善ということも
あり佐藤は続投。ですが隠善にライト前に運ばれ同点。リードを守ることができず降板となりました。
その後両軍1点を取ることができず9回へ。
湘南はこの回から頼れるリリーフ・山口を投入します。その山口2者連続三振で簡単に2アウトを
取るも途中出場の田中に左へ持っていかれスタンドイン。これが決勝点となりました。

【選手感想】
<巨人>
■深田拓也(巨)
 5回途中まで危なげの無い内容でしたが、昨年の投球と比較すると球威・制球ともに物足りなさ
 を感じた内容でした。

■田中大二郎(巨)
 湘南投手陣で今一番脂が乗り切っている山口の速球をフルスイング。差し込まれたものの
 左へ流し打球はそのままスタンドへ。彼の潜在するパワーを見せつけられた決勝弾でした。
 それにしても湘南戦には強いです。地元神奈川出身ともありファンとしては嬉しいやら
 憎たらしいやら・・・

■小坂誠(巨)
 とにかく元気がありません。自慢の守備でも失策を記録。ヤングジャイアンツの中でも影の薄い
 存在に感じたのは寂しい限りでした。

<湘南>
■佐藤祥万(湘)
 前回登板で課題だった起ち上がりを乗り切ると、その後走者を抱えながらも落ち着いた投球で
 川崎打線を無失点に抑えます。制球面などまだ不安要素がありますが湘南に降格後私が見た中では
 一番の投球だったと思います。
 この日の課題は味方が先制した直後の回に連打を許し同点に追いつかれてしまったことでしょうか。
 脇谷の犠飛で1点差とされた後、中井に四球を与えてしまったのが勝ち星を逃した大きな
 要因となりますでしょうか。勝負を考えるならここで吉川を投入するべきだったかもしれませんが
 首脳陣は佐藤の今後に期待しての続投だったと思います。

■梶谷隆幸(湘)
 守備ではショートライナーをタイミングよくジャンプし好捕するなどいいプレーを見せて
 ましたが、同点の8回、西崎が出塁し無死2塁としたところで送りバント敢行も前進する
 福田に吸い込まれるように打球の勢いがよく2塁走者アウトとなり絶好のチャンスを潰して
 しまいました。ならば自分が2塁へと盗塁を敢行するもスタート悪く失敗。
 一人で二死を稼ぎ勝ち越し機を逃した湘南は続く9回に勝ち越しをされてしまいました。
 ある意味この日の敗因と挙げられても致し方ないでしょう。


☆今日の山口俊☆
 同点の9回にマウンドへ。これまでの実績を見れば彼の登場とともに気持ちは9回裏のサヨナラ
 勝利のモードへ入っていきました。想定どおり小坂、藤村を空振り三振に仕留めますが
 ボールが先行しているのが気になりました。それが不安になったのが次打者・田中に対して
 ワンストライクから3球連続ボール、1−3となった時でした。
 安易にストライクを取りに行かないように・・・と願った5球目を田中は巧く左へ流します。
 「切れろ切れろ」の願いも空しく打球はポール際フェアゾーンへスタンドインとなってしまいました。
 塁上を回る田中に対しレフトスタンドをしばし呆然と見つめていた山口。
 この1点の重さを何より思い知ったかのような姿でありました。
 牛田が昇格した際は「なぜ山口じゃないんだ」と激高しましたが、被弾されたのを見て現時点では
 まだ実績も首脳陣の評価も「山口<牛田」なんだなあと感じた平塚の夜でした。
 この日の悔しさをマウンドで晴らして来季は牛田とWストッパーを組んでもらいたいですね。

【平塚情景】
首位戸田への挑戦権を賭けた2位川崎、3位湘南の一騎打ちで後半戦がスタートしました。

夏休みに入ったこともありこの日の平塚はいつもより多くのお客さんが駆けつけておりました。
当然の如くボールを追い求める子供たちも多いわけですが、通路ではない私の目前を平然と
何度も素通りする行動には驚きました。こんな状況ですから平塚観戦を拒否する方が出てきても
確かにおかしくありませんでした。
そしてこれまた平塚恒例となったケチャップさんの説教。
この日も途中でファールボールプレゼントとイニング間のボール投げ込みが中止となりました。
いつも中止にするならやらなきゃいいのにと思うのですが。
また平塚はスカスタに比べるとスタンドに居る横浜シミズのバイトさんの数が少ないです。
ならば球団職員が・・・というのは無理な話なので、注意できないのなら学校訪問の選手たちに
一言注意してくれと指示してもらいたいものです。

関内チームが遠征に出たためMC2人に加えdianaが応援に駆けつけました。
さらにこの日は平塚学園のチアガールチームも駆けつけ試合前にダンスを披露しました。
この平塚学園の女子生徒さんたちはその後スタンド最上段にて試合を観戦。空席を作らず
終始おとなしく観戦した姿はご立派でした。彼女たちは7回のダンスコンテストでスタンドの
盛り上げ役を担い球場を後にしたのでした。
無礼極まりない子供たちへの苛立ちを解消してくれた彼女たちには感謝の気持ちしかありません。
なお平塚学園の皆様は30日の平塚最終戦にも応援に駆けつけるそうです。

試合は残念ながら湘南が惜敗。前半戦最後の戸田3連戦を負け越し川崎にも敗れたことで
事実上長崎行きのキャンセルを告げられた内容でした。後半戦に入り打線がまた下降気味に
なっているのが気になるところです。


2008年 8月 5日 ウエスタンリーグ 中日−広島(ナゴヤ)報告者:ドアラマニアさん(HP:中日ドラゴンズとサカつくとやきゅつくの輪

2008年8月5日のナゴヤ球場での中日ドラゴンズvs広島東洋カープ。
ウエスタンリーグ17回戦。12:30〜15:40。

      1 2 3 4 5 6 7 8 9|計
カープ   0 0 0 0 1 0 1 0 1|
ドラゴンズ 0 0 1 0 0 0 0 0 0|
(広)ルイス、篠田、青木勇、広池、マルテ−上村
(中)佐藤亮、清水昭、平井−前田
 ▽勝 篠田10試合3勝4敗
 ▽セーブ マルテ26試合2勝7S
 ▽敗 佐藤亮5試合2勝2敗


≪簡易選手寸評≫

■松山竜平(広)
1年目、23歳の右投げ左打ちの内野手。
今日は4番ファーストでスタメンフル出場し、
5打数2安打1三振の成績。
1年目から4番に抜擢されるほど期待されている選手。
今日はランナーを置いた場面で5打席すべて回ってくる。
1打席目は高めのクソボールを上から叩き、
センターへ抜けるヒットを放つ。
2打席目はインコースよりの変化球を引っ張ると、
一二塁間を抜けるライト前ヒットを放つ。
5打席目は2ストライクと追い込まれてから、
高めの釣り球となる138キロのクソボールを振って空振り三振。
高めの速い球の見極めが出来ていないのが気にはなる。
守備に関しては試合前のシートノックでもファースト1本だったことを考えると、
もう外野はあきらめたのかな。

■篠田純平(広)
1年目、23歳の左投げ左打ちの投手。
今日は2番手投手として3回から登板し、
5.1イニングを投げ7安打4三振1四球の1失点。
ストレートはMAX144キロ、平均140キロ前後。
変化球は110キロ台のカーブ、
120キロ後半のスライダーなどなど。
ストレートのスピードは普段は130キロ後半あたりだが、
6回などのランナーを背負ったピンチの場面になると、
急に140キロ台をバンバン出す力のこもった投球になる。
そのためかストレート勝負が多くなり投球が単調になることも。

■堂上剛裕(中)
5年目、23歳の右投げ左打ちの外野手。
今日は5番ライトでスタメンフル出場し、
4打数2安打の成績。
前半戦は調子がいまいちだったが、
夏にかけて徐々にだがヒットも出るようになり、
1試合で複数安打が出るほどに打撃の調子も上向きに。
ただインコースの速い球にはまだまだ対応しきれていないようにも見える。

■中川裕貴(中)
5年目、23歳の右投げ右打ちの内野手。
今日は6回に代打で打席に立ち、
1打数無安打1三振の成績。
およそ2年ぶりの実戦復帰を果たしたドラフト1位選手。
結果は115キロのアウトローの変化球に手が出ず、
見逃し三振に倒れる。
今はまだ他の選手と同じ舞台に上がることが出来ただけだが、
何にしても今は元気な姿を見ることが出来てホントによかった。

■佐藤亮太(中)
3年目、25歳の左投げ左打ちの投手。
今日は先発投手として初回から登板し、
7イニングを投げ7安打2三振2四球の2失点。
ストレートはMAX138キロ、平均130キロ前半。
変化球は120キロ台のスライダー、
100キロ台のカーブなどなど。
基本変化球中心の配球。
ストレートは見せ球として使い勝負は変化球で。
4回以外はランナーを背負った状態での投球だが、
粘り強く変化球を低めに集めて打者を打ちとっていく。


詳しい動画や写真画像などは当ブログでどうぞ。


2008年 7月30日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:子連れさん


   <結 果>                 R H E
         
戸 田 001 230 000  15 1
         
湘 南 010 025 00×  9 4   戸田6勝5敗

         (勝)牛田8試合2勝1敗 (S)山口26試合3勝2敗1S
         (負)上原24試合3勝1敗2S

          ※捕逸 戸田1 川本6回裏無死一塁 西崎の初球(進塁)

           失策 戸田1 D上 田 8回裏 打者 新沼
              湘南4 C斉藤秀 3回表 打者 川本
                  H西 崎 3回表 打者 梶本
                  D河 野 6回表 打者 武内の邪飛
                  C斉藤秀 7回表 打者 川端

              回 打 安 責           回  打 安 責
<継 投>戸 田 木 田 5 21 4 3  湘 南 吉 川 32/3 18 6 2
         上 原 1/3 6 5 4      高 宮 11/3 9 5 3
         高 井 2/3 2 0 0      牛 田 1   5 1 0
         西 崎 1 3 0 0      高 崎 2   7 2 0
         花 田 1 3 0 0      山 口 1   4 1 0

    <得点経過>
    2回裏(湘南 1) 一死3塁で,高森セカンドゴロの間に3塁走者西崎生還
    3回表(戸田 1) 二死1−3塁で,上田中2塁打
    4回表(戸田 2) 一死2塁で,ユウイチ左中間2塁打
              一死2塁で,川本左安打
    5回表(戸田 3) 無死満塁で,ガイエル右安打
              二死2−3塁で,川本中安打
    5回裏(湘南 2) 二死1−2塁で,斉藤秀左中間2塁打
               ※G牧谷懸命に追いつきグラブに当てるも捕球できず。
    6回裏(湘南 5) 一死2塁で,新沼右安打
              一死満塁で,河野ライト線へ3塁打
               ※大変に微妙な位置への当たり。Bユウイチ即抗議も
                塁審(市川)続行する。
              一死3塁で,梶谷投犠(スクイズ)

    <アンパイヤー/記録員>
     PL・深谷 篤 1B・市川貴之 2B・原信一朗 3B・村山太郎
       記録員/伊藤 亮

          <試合時間>3時間10分(18:00〜21:10)

          <観  衆>779名(中学生以下は無料)

          <天  候>くもり 24℃ 53% 風・左→右 時に強

          <プレゼント>今夜も子どもたちへカードのプレゼントが
                 ありました。が,今夜は「良い子」ではなく
                 アナウンスもありませんでした。私が注意
                 したお子様3名・・・
                Aくん 内野上段通路の手摺りに登り,足ブラ
                    ブラ。
                Bくん 同じ手摺りにグラブなどを叩きつけて
                    いて,反響音で最後列の方々が迷惑され
                    ていた。
                Cくん 内野フェンスの壁に登り座っていて,
                    邪飛の度に走っていた。

     『雑 感』
         鷹取川は満ちていて,見事に成長したボラが何匹も泳いでいました。
        地域によっては食卓に並ぶボラと聞きますが,ここらあたりでは残念
        ながら天の恵みに至らず,だからか,あそこまでコロコロ肥えていなが
        ら相手にされることなく伸び伸びとやっているのでしょう・・湘南の
        トラビス・ヒューズ投手や,気の触れた食用蛙のような声で「ア〜ロ〜
        ン!ア〜ロ〜ン!」と「宮出の姉さん」の声援を受けている戸田のアー
        ロン・ガイエル選手も,見事な体格だなと,しばらくボラを眺めていま
        した。
         地元に首位戸田を迎えた3連戦,「すべて頂きましょう」と目論む
        も連敗,足も重くの到着でした。シーズンパス引換所でシミズのお姉さ
        んと戯れて,「金曜日さ,臨港パーク行かない?」と横浜最大の花火大
        会へ誘うと「え〜っ!来てくれます!!うれしい!!警備に入ってい
        るんです!」と,差し入れの品物まで指定されました。
         野球の話に致します。
         球団HPの先発予定は松家でしたが,すでに初戦2番手で沈没したた
        め,間違いなく我らが「棒ラーメン五右衛門さん」こと吉川輝昭以外に
        有り得ないと自信を胸にスタンドへ。その通りに風貌に似合わずどこか
        可愛らしい五右衛門が「すまん!」と,すっぽ抜けたボール捕球の新沼
        にオデコあたりから声を出しておりました。その声が不運自滅の宣言
        だったのか,4回表「ア〜ロ〜ン!」+ユウイチ+川本+川端に4連打
        止めは先発木田に犠打を決められて,半ばながら,強制降板でした。
         いつもなら,不貞腐れてのヤンチャ投げの吉川ですが,今夜はどこか
        真剣に向かっての降板が気になりました。フォームは無骨な立ち投げ
        でしたが腰に余裕がなく,右腕と一緒に右膝もお供する投げ方でした。
        これでは楽しいように打たれてしまうと観ていた通りの連打,さすがの
        吉川にしても,引きずり降ろされた現実に冷静でした。「暑いから」と
        と言う毎度お馴染みの理由ならいいのですが,不具合でも出ているのか
        心配な内容でした。
         ここで1−4と逆転され,2番手が高宮・・敗戦処理ならやりますね
        とWIZさんらしいコメントが浴びせられたのが気に入らなかったの
        か,5回表に3点献上で,湘南1−6戸田となったのでした。
         疲れの出た木田から5回の裏2点を取って首の皮一枚に留まりダンス
        コンテスト。「宮出の姉さん」今夜は「田中の姉さん」の仮衣装で奮闘
        も残念にも選ばれませんでした。後半は麦茶でアルコールを薄めていた
        昨晩と違い,今夜はお仲間もいらしたからか,止めどなく入り流しされて
        別れ際は500ml右手に煽り,お帰りになりました。愛すべき楽しい方
        たちが2軍スタンドにはいらっしゃるものです。

         何を悩んでいるのかと心配していた後輩河野の悩みは,ブログ更新の
        内容と文責だったようでした。代打登場時は泣く子も黙る活躍で,日頃
        厳しい評価のWIZさんをしてGOサインを出されていたのですが,先
        発に抜擢されてからは「お悩み状況」でした。6回表復帰登板の牛田
        の長い足を引っ張る3塁ファールフライエラーは,怠慢の一語。外堀の
        ブラックバスかテラピヤの粗末な餌としてOB連に葬られても致し方な
        しの,気の見られない動きでした。「そもそも,髪の毛が長すぎだ!」
        「何様だ!?髭なんぞ生やしやがって!」のOB年寄り連に「床屋さん
        行く金惜しんで,子育てしてるって話っす」と弁護続ける子連れも,落球
        には首が垂れました。
         田代監督から「悩むな」「思いっきり打て」に近い慰めだかを受けて
        6回裏一死満塁で河野の場面。「下窪に代えろ!」の野次なんぞは聞こ
        えていなかったでしょうが,上原の初球を思いっ切り引っ張りライトへ
        の白線の内か外かの微妙な所に落ちて,逆転の3塁打・・今夜のヒーロー
        となったのでした。「・・・。自分のブログへ,いろいろコメントを頂
        き励みになっています。明日から,いい内容を書いて行きます」と結び
        どうやら,そちらへ開眼したようでした。「あいつ,ニチブン(日本文
        学科)だったか?」とOB連が口にしておりました。

         高市・木田あたりですと大人しくなる湘南でしたが,上原が出て来て
        突如「弱いものいじめ」するかのような攻撃でした。ここらが今年の
        特徴で,改めると横浜球団の打撃部門での腐食しているところです。何
        を育成するのか・・が見えてきませんね。とご常連さん方と愚痴が出た
        りしてから幾星霜,TBSの暴走と踏ん反り返る職員の皆さんばかりが
        見えていたEL前半の湘南でした。
         実際はすでに終盤戦のELですが,後半戦の流れを楽しみに,しばし
        ゆっくり致します。ご観戦のみなさまお疲れ様でした。
        負けないでよかった・・人的指導を優先されておられる猿渡監督に
        感謝致した今夜でした。

    『名勝負!湘南・西崎Vs戸田・西崎』
          糸島高校バッテリー対決がありましたのでご報告まで・・・

      7回裏 二死無塁 風・左→右
         (投手・西崎 聡 / 打者・西崎信洋>
         H西崎   空・見・●・●・邪・邪・空=空振り三振


2008年 7月29日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:子連れさん

     <結 果> 10回戦        R H E
       
戸 田 400 000 000  5 1
       
湘 南 000 000 000  5 0  戸田6勝4敗

         (勝)高市11試合3勝4敗 (負)佐藤6試合1勝3敗

         ※暴投 湘南1 山口7回表 鬼崎の4球目(進塁)
          失策 戸田1 高市3回裏 1塁牽制E(進塁)
          死球 戸田1 梶本8回表 投手/マットホワイト

        <本塁打>戸田・牧 谷4号3ラン 1回表レフト芝生エリアへ

              回 打 安 責          回 打 安 責
  「継 投」戸田 高 市 9 33 5 0   湘南 佐 藤 6 23 4 4
                           山 口 1 4 1 0
                           マット
                           ホワイト1 4 0 0
                           高 宮 1 3 0 0

    <アンパイヤー/記録員>
    PL・村山太郎 1B・深谷 篤 3B・原信一朗 記録員/新 直也

       <試合時間>2時間46分(18:01〜20:47)

       <観  衆>792名(中学生以下無料)

       <天  候>くもり(遠雷あり) 26℃ 68% 風・微風

       <イベント>小学生参加行事
             ・見学会やキャッチボール,ボールボーイ体験など。

       <おみやげ>スタンドの小学生たちが良い子だったので,帰り際に
             カードがプレゼントされていました。

       <社会参加>ペットボトルのフタの回収をはじめました。800個
             で,ポリオワクチン1人分になるとか。

   『得点経過』
       1回表(戸田4点)
         無死1−2塁で,渡会レフトエンタイトル2B安打 <1点>
         無死2−3塁で,牧谷レフト芝生エリアへ3R本塁打<3点>

       『雑 感』
         鷹取川にはダストネットが張られていました。昼過ぎの車軸を
        落とすかのような豪雨による増水で,上流のゴミが湾へ流される
        のを防ぐためでしょうか。短時間雨量の記録が出たり,新幹線が
        止まったり,各所で停電や浸水などが起きたのですが,試合前に
        は遠雷は聞こえるものの,試合への影響はありませんでした。む
        しろ帰りに雨に遭ってしまった私やJRの落雷停電の被害を被っ
        た方が多かったのでは。午後から荒れた横浜横須賀地区でした。

         首位戸田をココで叩いて,長崎への細道にいくらかでも光明を
        見出すべく地元3連戦を迎えたのですが,初戦はこう言う時のた
        めに置いておいた入来祐作の誤算で敗戦・・栄光の36番に傷を
        付けた結果になったのでした。ならば2軍らしく若さで勝負だと
        2戦目はルーキー佐藤が登板,課題の立ち上がりを味濃目な戸田
        のベテラン連に叩かれて4点を失い出鼻挫かれたのでした。方や
        戸田はジワジワと実力を発揮し出している東都No1だった高市
        が圧巻の好投で,湘南の味薄め膏(あぶら)控え目な打線を舐めて
        完投完封。佐藤も立ち直り好投を見せたのですが援護なく降板,
        試合はそのまま,高市ワンマンショーで終ったのでした。
         昨年も大事な前半戦終了試合に,試投外国人投手マット何とか
        さんのお陰で戸田で大敗して,EL優勝への確固たる流れが断た
        れ,今年も戸田にあしらわれた内容になってしまいました。
         「ヨッシャ〜!」と叫びながら力投する佐藤と,戸田応援名物
        「宮出の姉さん」の独特の節回しヤジと,村山球審の2段仕込の
        ストライクジェスチャーの声が耳に残った試合でした。「どこど
        こ?」「ほら,あそこあそこ!」と今夜も1塁ベンチ内では「宮
        出の姉さん」を探す選手たちが見られました。

         夏休みとは言え,やはり平日のナイターは落ち着いたスタンド
        で,観戦を削がれる子どもたちもおらず,その点ではゆっくりと
        腰を据えての観戦でした。ケチャップさん発案でしょうか,良い
        子へのカードプレゼントも納得いくものでした。次回は良い大人
        へdianaのカードプレゼントがあるならば,WIZさん共々
        更生実直な観戦を致しますが・・

   「この選手」
     高市 俊(戸田)立ち上がりは置きに行くかの手探りな状況も,次第に
            低めへ集まり,なおかつ芯を外した内容でゴロの山を積
            み,湘南打線を打たせないお見事な投球でした。途中で
            先発マスクの衣川がアクシデント交代で水野になったの
            ですが,これが加速にもなったのか,湘南の面々をいら
            つかせていました。7回裏,ともにアウトながら斉藤秀
            と下窪に芯で当てられたのですが,8回には修正しての
            続投で完封へ繋がったのでした。一級の投手が出て来る
            と,とたんにシュンとしてしまう湘南の面々にも問題は
            ありますが,今夜に限っては高市が素晴らし内容でした。

     山口 俊(湘南)あれほど連投連投していたのに,パタンと姿が見えな
            くなり心配していたのですが,週末の試合からベンチに
            戻ったようで,ようやく登板でした。暴投が出てしまい
            逆戻りか!と心配したのですが,要所での低めは維持さ
            れていて,まずまずと言ったところでした。おそらく,
            どこか張りか何か出たためのお休みだったのでは?最も
            上に近い投手だけに,後半に向けて期待しましょうか。

   追記・8月16日(土)18:00(横須賀)開始の「湘南VsNISSAN」
      の招待券の配布が始まりました。無料ですが「招待券」が例年必要で,入
      場時にいつも若干の混乱が起こります。観戦ご予定の方は事前に入手され
      ることをお勧めします。とは言っても,横須賀スタジアム配布ですが・・


  ■掲示板@2軍愛■