【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2009年05月02日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(上府中公園小田原球場)報告者:WIZさん/子連れさん

報告者:WIZさん

2009年5月2日(土)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東京ヤクルト4回戦 上府中公園小田原球場(13:00開始)

審判:PL石山、1B市川、3B木内
記録員:生原
観客数:1483名?(音響環境が悪く、よく聞き取れませんでした)
試合時間:3時間30分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ヤクルト 003 100 110   6  10  1
湘  南 034 010 01×   9  11  2

【投手継投】
ヤクルト ●山本(3回)−山田(2回)−高井(2回)−鎌田(1回)
湘  南 小杉(3回)−松家(1回)−高宮(1回)−藤江(1回)−秦(2/3)
                  −吉見(1/3)−横山(0/3)−○牛田(2回)

【得点経過】
 2回裏(湘) 無死無塁で新沼、レフトスタンドへソロ(湘1−0ヤ)
        一死1・2塁で野中、レフトオーバー2ベースタイムリー(湘2−0ヤ)
        一死満塁で下園、センターへ犠牲フライ(湘3−0ヤ)
 3回表(ヤ) 無死2・3塁で志田、サードゴロの間に3塁走者生還(湘3−1ヤ)
        一死3塁で上田、ライト前タイムリー(湘3−2ヤ)
        一死1・3塁で斉藤、ライト前タイムリー(湘3−3ヤ)
 3回裏(湘) 二死1・3塁で北川、センター前タイムリー(湘4−3ヤ)
        二死1・2塁で野中、レフト前タイムリー→レフト牧谷が後逸する間に
                  1塁走者と打者野中が生還(湘7−3ヤ)
 4回表(ヤ) 二死3塁で志田、センター前タイムリー(湘7−4ヤ)
 5回裏(湘) 無死無塁で高森、ライトスタンドへソロ(湘8−4ヤ)
 7回表(ヤ) 無死3塁で上田、ショートゴロの間に3塁走者生還(湘8−5ヤ)
 8回表(ヤ) 無死2塁で米野、ライトオーバー2ベースタイムリー(湘8−6ヤ)
 8回裏(湘) 二死2塁で下園、レフトオーバー2ベースタイムリー(湘9−6ヤ)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東京ヤクルト>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
RF 志田  三ゴ  三ゴ中安    中3空振          522100100
CF 上田  一ゴ  右安空振    遊ゴ空振          512101200
2B 梶本  空振  四球  二失  遊ゴ  左飛        300000110
3B
1B 斉藤    空振右安  遊飛  四球  一ゴ        411000110
DH 中尾    四球二失  左安                110000010
DH 城石              三ゴ  空振        200000100
LF 牧谷    空振二併  遊併    右2          410100100
3B 吉本    見振  三ゴ  見振              300000200
C  米野                右2          111000000
C  新田      四球見振  空振              200100210
2B 三輪                左安          110001000
SS 鬼崎      右2中3  一ゴ  遊飛          420200000
・米野、三輪、7回の守備より出場。

<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  一ゴ四球中飛    死球  三邪          300001011
LF 下園  右2中犠  四球  投犠  左2          222000010
3B 北   二ゴ右飛  空振  空振  空振          500000300
DH 呉本  遊ゴ  中安見振  右飛              410100100
C  新沼    左本四球見振    一ゴ            311210110
1B 高森    二ゴ左飛  右本  左安            421110000
RF 下窪    右2中犠  三邪  遊併            310100000
2B 北川    四球中安  空振                211200110
2B 斉藤秀               二ゴ          100000000
SS 野中    左2左安  三ゴ    三安          432201000
・斉藤秀、8回の守備より出場。
※1回、下園の右2→ファーストゴロが一塁ベースに当たりライト線に転がる。


【投手成績】
<東京ヤクルト>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●山本     3回   19  7  3  0  7  5
 山田     2回    8  1  1  4  1  1
 高井     2回    7  1  1  1  0  0
 鎌田     1回    5  2  0  1  1  1

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 小杉     3回   15  3  3  4  3  3
 松家     1回    5  2  0  2  1  1
 高宮     1回    4  1  0  0  0  0
 藤江     1回    3  0  0  2  0  0
 秦     2/3    4  1  1  0  1  1
 吉見    1/3    1  0  0  0  0  0
 横山    0/3    3  3  0  0  1  1
○牛田     2回    6  0  0  3  0  0

【その他】
■盗塁成功
 <ヤクルト>上田:3回、一死1塁、打者梶本の初球。
      三輪:8回、一死1・3塁、打者志田の2−2からの5球目。一死2・3塁に。
 <湘  南>松本:6回、一死2塁、打者北の1−0からの2球目。一死3塁に。
      野中:8回、一死1塁、打者松本の2−2からの5球目。一死2塁に。
■失策
 <ヤクルト>牧谷:3回、二死1・2塁で野中のレフト前を後逸。1塁走者、打者野中本塁生還。
 <湘  南>北川:3回、一死1・2塁で中尾のセカンドゴロを弾く。一死満塁に。
      北川:5回、無死無塁で梶本のセカンドゴロを弾く。無死1塁に。
■暴投
 <湘  南>小杉:2回、一死1塁で牽制悪送球。走者2塁へ。


【試合展開】
2回、湘南は戸田先発の山本から先頭打者の新沼が打った瞬間に入ったと分かる滞空時間の長い
ソロで先制すると、下窪のラッキーな2ベースと北川が四球を選び一死1・2塁としたところで
野中がレフトの頭を超えるタイムリー、さらに下園の犠牲フライで3点を先制します。
しかし直後の3回、今度は湘南先発の小杉が捕まります。
先頭打者の新田を四球、鬼崎が2ベースで無死2・3塁となると志田のサードゴロの間に1点、
続く上田がタイムリー、さらに斉藤にもタイムリーが飛び出し、戸田があっという間に同点に
追いつきます。

同点に追いついてもらった山本でしたが打線の期待に応えられず、すぐその裏に先頭打者呉本に
ヒット、新沼は前打席の被弾の影響か四球で歩かせてしまい無死1・2塁とまたもピンチを招きます。
その後二死まで取るも北川にタイムリーを許し湘南に勝ち越し点を許してしまいます。
続く野中にもレフト前にタイムリーを許しますが、この打球を牧谷が後逸してしまいボールは転々
とフェンスまで転がり、打者野中は俊足を生かし一気にホームまで生還し、湘南はこの回4得点で
再び突き放しました。

リードを許した戸田は直後の4回にこの回から登板した松家に対し二死から連続ヒットで1点を
取り返しますが、5回に戸田二番手の山田が高森に一発を許し再びリードを4点差に広げられます。
それでも戸田はピリっとしない湘南中継ぎ陣から7回、8回と1点を取り返し点差を縮めていきます。

8回表、2点差とした戸田はなおも一死2・3塁と一打同点のチャンス。
しかし、ここから登板した牛田の前に志田、上田が空振り三振に抑えられチャンスを逃すと、
その裏、戸田四番手の鎌田が下園にタイムリーを許し痛恨の失点。ダメ押し点となってしまいます。

最終回、牛田が3人で締めて湘南が乱打戦を制しました。


【小田原情景】
2005年に8年ぶりに試合が行われてから5年連続で開催されている年に一度の小田原ゲーム。
昨年は途中からの雨、試合は惨敗と散々な観戦でしたが、今年は好天に恵まれ球場に向う際には
富士山が、ライトスタンド後方からは箱根の山々の絶景を堪能しながらの観戦となりました。

今年はベイスターズもオープン戦を行いましたが、球場外にお弁当の売店が1店だけあったのみとか。
しかしシーレックス戦ではお弁当以外にも梅コロッケ、帆立の串揚げ、漬物、梅干、わさび漬けなど
ご当地ならではの食材が3店舗軒並び、有難い小田原市の関係者の皆様が試合運営をサポートして
いました。
相模原は準フランチャイズ化となったので別として、毎年のように開催、協力頂いている小田原、
海老名は今後も引き続き開催をお願いしたいと感じた次第です。
(開催を止めてしまった中井、富士(できれば清水庵原も)の復活もお願いしたいところです)

試合は両軍投手陣のあまりの出来の悪さから乱打戦となりました。
湘南先発小杉は2イニングまでは直球、変化球とも低めに決まりいつもの奪三振ショーを
展開しましたが、先制点をもらった3回に入ると球はほとんど高めに行ってしまい、この回を
投げぬくのがやっとで降板してしまいました。
さらに悪いのがその後の中継ぎ陣。先日のチャレンジマッチで登板した「久しぶり」の方々が
小田原に帯同しマウンドに立ちましたが良かったのは明後日先発登板予定の藤江だけ。
ここまで快進撃を支えた松家、秦も調子が下降線に入ってきた様子に見受けられました。
その中で8回、2点差とされなおも無死1・3塁のピンチでマウンドに立った牛田の投球は圧巻の
一言でした。今日の試合に限っては「神様・仏様・牛様」でした。

戸田投手陣。先発の山本は制球難の一言でした。
一方で二番手で登板した昨年までの「土手のボールボーイ」山田は本日の投手陣の中では一番の
好投を見せました。1イニング目は下園を2−0としながら4球連続ボールで歩かせてしまった
ものの、続く3人を全て三振で仕留めた投球術には拍手でした。
三番手の高井。まるでブリッジをするかのように背中を反るフォームに驚いた、というより愕然
としてしまいました。しかも先頭の松本にいきなり頭部目がけての死球(避けた腕に当たった)と
フォームを変えても課題のコントロールは克服できておらず、心配が募るばかりです。

今日の試合、ヒーローインタビューには4回に戸田を突き放すタイムリーを含む猛打賞の野中が
選ばれましたが、真のMVPは戸田の牧谷でしょう。
3回に同点に追いつき、さらに北川のエラーで一死満塁と湘南を突き放せる場面で併殺打。
4回の守備ではトンネルを犯し打者野中を含む3者を生還させてしまうエラー。
5回はまたも併殺と踏んだり蹴ったりの一日でした。

思えば湘南の開幕ダッシュも相手のミスから勝ち取った勝利を積み重ねていったものです。
鎌ヶ谷が猛追している状況ですが、今日も相手ミスによる勝ち星を勝ち取ったということは
まだまだ湘南にはツキが付いている、と前向きに考えてこの5連戦、まずは勝ち越しを目指して
頑張ってほしいと思う次第です。

強い日差しで腕がすっかり黒く焼けてしまいました。
観戦された皆様、お疲れ様でした。





報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs戸田 4回戦 5月2日(土) 13:00 小田原

      <結 果>               R H E
          戸 田 003 100 110 6 10 1

          湘 南 034 010 01× 9 11 3  湘南3勝1敗

            (勝)牛田13試合2勝2S  (負)山本4試合1敗

              ※暴投・捕逸 なし

              ※失策 戸田1(牧谷) 湘南3(小杉・北川2)

                <本塁打>新沼1号  高森5号

                <3塁打>鬼崎 志田

                <2塁打>下園2 下窪 野中

                     鬼崎  牧谷 米野

    <アンパイヤー・記録員>
      PL・石山智也 1B・市川貴之 3B・木内九二生 記録員・生原 謙

           <試合時間> 3時間29分(13:00〜16:29)

           <観  衆> 1486名(公式発表数)

☆WIZさんの補足
          すでに報告のWIZさんは、戸田先発の山本の自責を5と
         されていますが、二死1−2塁で野中にレフト前を打たれ、
         これはシングル安打、直後にレフト牧谷のトンネルでしたか
         ら、失点は+3ですが自責とはなりません。もちろん野中に
         も打点はつきません。牧谷さん、やってしまいましたとなる
         だけです。

      『雑 感』
         職種の展開と新型インフ対策が濃密に結びついているため、
        慌ただしい勤務を終えたまま小田急線に乗り込み、最寄駅に
        しては遥かな富水駅で下車。箱根丹沢の山なみが迫り、白い
        富士山が背後から迫り出した風景が、徹夜の疲れを流してく
        れました。
         晴れ日がつづき、川底を洗うように河口へ急ぐ酒匂川をし
        ばらく眺め、土地柄水量豊富な用水路をいくつも渡り、農地
        脇の流れでは小魚やエビガニをからかっていたので、随分と
        歩いて球場へ到着。昨年は試合途中から雨にたたれ、ずぶ濡
        れて沼津へ移動したことを思い出しました。
         昨年は「チョキ」のデザインが今年は「グー」となった真
        新しいTシャツ姿のスタッフが、初夏を思わす日差しの中で
        似合っていました。天候によって場所や人柄の印象まで変る
        ものです。
         いつもはグッズ売り場になる二張りのテントが急遽休憩所
        になったのはご愛敬で、地元の店舗や東海軒がお弁当を売り
        東海軒以外は値段も手ごろでした。季節がら、筍ごはんと地
        場産のワサビを刻みこねた創作コロッケで昼食、自家漬けの
        漬物もいただき、どことなくハイキング気分でした。

         前回は褒めた小杉が先発、初球からストライクのとれる投
        手のはずが不調で残念でした。何でも「親不知」を抜歯した
        とか。どうやら体のバランスが悪く、片方に傾くようです。
        自分の歯の現状に早く慣れればいいのですが、傾くのを癖に
        しているうちにそれが固まったら以前の力は出ませんから、
        平野S&Cと同棲するつもりで矯正に努めるべきでしょう。

         その後登場の湘南投手陣、取り分け高宮・秦・吉見・横山
        はお粗末。てっきり長浦で練習かと思いきや登板も、どうや
        ら小田原遠足と間違っていたようで、弁当とお菓子は忘れず
        野球は忘れたようでした。遠足中に悪さして自宅謹慎になっ
        た同級生がいましたが、この4名は同等。石山球審に退場の
        コールをもらいたいと切実に思っていました。こうなったら
        帯同している加藤康介を出して、大阪部長さんへ喜びの報告
        と期待していましたが、出番は明日になりそうです。

         人工芝には強くも、天然芝にはかぶれる北川が2つのエラ
        −。明日からは仁志に座を譲るさよなら試合だっただけに、
        残念でした。いつも書きますが、この後輩は憎めませんが。

         これだけお粗末な出来でも勝てたのは「運」なのか「勢い」
        なのか・・前日が誕生日でバースデーコールをケチャップさ
        んから受け、スタンドから拍手のプレゼントを受けた牧谷。
        お返しではないでしょうが、湘南には大きかった3点エラー
        と2つの併殺打を頂きました。愛読している廣済堂出版の名
        鑑には「俊足」と紹介されている牧谷ですが、さっそく赤筆
        で校正の記入を致しました。

         帰りも歩いて富水駅へ。朝見かけたモズが帰りも縄張りを
        しっかりと守って、高らかに主張の声を響かせていました。

         26℃、日差しの中での3時間30分。WIZさんをはじ
        め皆さま、お疲れ様でした。


2009年05月02日 イースタンリーグチャレンジマッチ フューチャーズ−日本ハム(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん

イースタン・リーグ チャレンジ・マッチ

2009年5月2日 日本ハム−フューチャーズ@鎌ヶ谷

 日本ハム 000 102 000│3
 フューチャーズ 007 010 300│11

 勝 山 本
 負 矢 貫

 ※勝ち投手について場内アナウンスは小林憲でしたが、先発して5回を完了していないため
  救援投手陣の中で最も効果的な投球(三者凡退)をした山本とします。


 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E4中 島 310 右安    四球       四球 空振    二飛
  D 杉 谷 310 遊ゴ       見振    中2 四球
  H 鵜久森 420 三安       空振    空振 遊安
  B 中 田 422 空振       左本    左安 補邪
  C 今 浪 200    中直    一ゴ    四球
  6  陽  100                      遊ゴ
  A 尾 崎 411    二ゴ       左飛 右安    遊飛
  D 今 成 400    見振       空振 空振    中飛
  G 市 川 310       空振    死球    左安    中直
  F 大 平 400       空振    補飛    右飛    空振
  犠盗失併残─────
  00207 3283

       回 打安振球責
  ●矢 貫 3 176205
   伊 藤 2 93301
   江 尻 1 31000
   松 山 1 73213
   豊 島 2 60300

  1塁コーチ:村田 3塁コーチ:三木

  ※矢貫の自責点について、佐藤弘の打球がボテボテだったため今浪のエラーがなくても併
   殺は完成しなかったと想定されるため、打者走者の佐藤弘のホームインは自責点とカウ
   ントします。

 【フューチャーズ】  打安点 1回 2回 3回    4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 桑 原(湘、13) 522 投ゴ       中安 二ゴ    三安    遊ゴ
  E  角 (ロ、28) 520 中飛       右安 中安    二飛    空振
  H 佐藤賢(ロ、76) 522 中飛       左2 中安       二ゴ 空振
  B 山本和(巨、7) 521    遊ゴ    中安 二ゴ       中安    左飛
  C 福 元(巨、8) 522    一失    右本    空振    中安    二ゴ
  G 大 谷(ロ、78) 511    空振    右飛    左本    見振    空振
  D 梅 田(西、59) 300    空振    二ゴ    空振    四球
  A 水 野(ヤ、39) 310       中安 遊ゴ    空振
  2 谷内田(巨、9) 113                      右2
  D 佐藤弘(巨、10) 400       二失    三ゴ    一邪 空振
  犠盗失併残─────────
  01114     411311

           回 打安振球責
   小林憲(ロ、62) 3 102410
   坪 井(ロ、63) 1 41201
   加 藤(ヤ、1) 1 40110
   笠 原(巨、94) 1 73222
   尾 藤(巨、43) 1 62110
  ○山 本(西、24) 1 30000
   大 抜(巨、41) 1 30100

  1塁コーチ:金(巨) 3塁コーチ:山崎(ロ)

  ※選手名の後のカッコ内は在籍球団と本日の背番号

  本塁打  中 田(日) (3回 小林憲 ソロ)
       福 元(フ) (3回 矢貫 ツーラン)
       大 谷(フ) (5回 伊藤 ソロ)
  二塁打  佐藤賢(フ) (3回 矢貫 タイムリー)
       杉 谷(日) (6回 笠原)
       谷内田(フ) (7回 松山 タイムリー)
  盗 塁  福 元(フ) (2回 捕手は尾崎 打者は大谷 二盗成功)
  失 策  中 田(日) (2回 福元の一ゴロを一塁ベースカバーの矢貫に悪送球)
       今 浪(日) (3回 無死1塁 佐藤弘の二ゴロを二塁悪送球 1走の水野が
                 三進、打者走者の佐藤弘が二進)
       佐藤賢(フ) (6回 2死1、2塁 尾崎の右前打を本塁悪送球 打者走者の
                 尾崎が二進)
  盗塁死  杉 谷(日) (1回 捕手は水野 打者は中田 三盗失敗 水野−梅田)
       中 島(日) (2回 捕手は水野 打者は杉谷 二盗失敗 水野−福元)
       桑 原(フ) (6回 捕手は尾崎 打者は角 二盗失敗 尾崎−陽)
  走塁死  中 島(日) (1回 2走として杉谷の遊ゴロで三塁を狙うも三塁憤死 角−
                 梅田)
       中 島(日) (6回 1走として杉谷のセンターへのツーベースで本塁突入も
                 本塁憤死 大谷・佐藤賢−福元−谷内田)
  暴 投  笠 原(フ) (6回 1死2塁 2走の杉谷が三進 打者は鵜久森)
  捕 逸  尾 崎(日) (3回 無死2塁 2走の佐藤賢が三進 打者は山本和)
  ボーク  小林憲(フ) (1回 無死1塁 1走の中島が二進 打者は杉谷)
  併 殺  フューチャーズ  (1回 1死1、2塁 中田が三振で中島が盗塁死 三振ゲッツ
                 ー)

  PL:原 1B:敷田 3B:渡田 記録:場内発表なし
  時間 2時間46分(12:59〜15:45)

得点経過
 3回裏(フ) 無死2、3塁から桑原が中前打              フューチャーズ2点目
       無死1、3塁から佐藤賢が左中間を破るツーベース     フューチャーズ4点目
       無死3塁から山本和が中前打               フューチャーズ5点目
       無死1塁から福元が右越えツーランホームラン       フューチャーズ7点目
 4回表(日) 2死無走者から中田が左越えソロホームラン        日本ハム1点目
 5回裏(フ) 1死無走者から大谷が左中間へソロホームラン       フューチャーズ8点目
 6回表(日) 2死3塁から中田が三遊間を破る左前打          日本ハム2点目
       2死1、2塁から尾崎が右前打              日本ハム3点目
 7回裏(フ) 2死満塁から谷内田が右中間を破る走者一掃のツーベース  フューチャーズ11点目

戦評
 GW真っ只中に行われた鎌ヶ谷での今年2戦目のイースタンリーグチャレンジマッチ。
 試合の方はフューチャーズが3回に『どうして打球が野手のいないところいないところに飛
 んでいくのだろう?』という6連打を含む7安打を集中させ日本ハム先発の矢貫から7点を
 奪い既に勝負あり。日本ハムが5点差で迎えた7回の2死満塁でバッター中田という場面で
 球場は一番の盛り上がりを見せたが中田は補邪飛に倒れ万事休す。
 追加点を挙げたフューチャーズが快勝!

選評
  角 (フ) 168cmと小柄ながら打つ方では3回にライト前にクリーンヒットを放つと、守
       る法では7回の2死1、2塁の場面で鵜久森の三遊間の強い当たりに飛び込む。
       内野安打にはなってしまったが、抜ければ1点という場面だったので、非常に
       好感が持てる。

 笠 原(フ) 190cmの長身から投げおろされるストレートは威力は十分だが、いかんせんコ
       ントロールが悪い。上に行ったり左右に行ったりと制球が定まらず。途中から
       変化球中心の組み立てにするも変化球のコントロールも悪く、ワンバウンドす
       る球が目立つ。

 市 川(日) ふんぼるとさん冬眠中にイースタンリーグ首位打者を獲得。久しぶりに見る市
       川は上背が大きくなった印象(市川というと、どちらかというとぽっちゃりし
       ていた印象だったが、精悍になった感じ)。ウェイティングサークルからガム
       をクチャクチャしたり、センターの守備で完全に落下点に入らずにワンハンド
       でキャッチしたり、死球を当てられて投手を睨みつけたりと態度もデカくなっ
       ていたが、バッティングもデカくなっていた。上段の構えはどこのコースも対
       応できそうなオーラを放っており、弾き返される打球のスピードは群を抜いて
       いた(栗山(西)がブレイク直前にイースタンで群を抜いていたのと同じ感じ)。
       市川、来ますよ。最初は代打起用でしょうが、そこで結果を出してスタメンを
       取れれば非常に面白い存在になりそう。

 矢 貫(日) 今浪のエラーで無死2、3塁のピンチを招くと、フューチャーズ打線に早いカ
       ウントを狙われ一気の5連打を浴びる(初球が3人、2球目と4球目が1人づ
       つ)。訳が分からないうちに7点を失ってしまった印象。ベンチが、少なくと
       も捕手が間を入れてあげた方が良かった。

 今 成(日) 基本的に調子が悪いのか3三振を含む4タコ。6回の笠原との打席ではストレ
       ートに全く付いて行けず振り遅れのファールでカウントを悪くすると、最後も
       ストレートに対して腰が引けたスイングで空振り三振。

 尾 崎(日) 今年より捕手登録も捕球がまだまだ。ストライクゾーンに来た球もポロッポロ
       ッするし、低めの変化球には股を抜かれるし、パスボールはするし…。ドラ1
       なんですから、もっともっと練習して上手くなりましょう!

 豊 島(日) 2回を投げパーフェクト。しなやかに振り下ろされる左腕から放たれるストレ
       ートもスライダーも制球良く日本ハム投手陣の中で唯一、安心して見られた。
       一服の清涼剤。


2009年05月02日 イースタンリーグ ロッテ−巨人(袖ヶ浦市営球場)報告者:マリンライナー

5/2 浦和Mvs川崎G@袖ヶ浦市営球場 投稿者:マリンライナー

川崎ジャイアンツ 0001000000 1
浦和マリーンズ  300000120X 6

G:●辻内崇伸(5)−リン・イーハウ(2)−竹嶋祐貴(1)
M:阿部和成(4)−○古谷拓哉(5)
球審:長井功一 一塁:鈴木章太 二塁:山口義治 三塁:山崎夏生
観衆 筆者目算で3000人前後?

(左中)工藤隆人 一ゴ  投ゴ  左飛
打一 岩舘 学               三振
(右中)隠善智也 左飛    右2  左飛  二ゴ
(三) 中井大介 左飛    右安  三ゴ  三振
(一右)田中大二郎  一ゴ  三併  三飛    二ゴ
(遊) 大田泰示   遊飛  投ゴ    中飛  三振
(指) 仲澤広基   右安    右安  遊失  左飛
(二) 円谷英俊   中飛    中安  三振
(捕) 伊集院峰弘    左飛  捕ギ
打左 籾山幸徳             四球
捕  加藤 健
(中) 橋本 到     中飛  死球  一ゴ
        1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(三) 田中雅彦 中飛四球    一ギ一直  遊併
(左) 角中勝也 四球中飛    二ゴ  右安
(中) 南 竜介 左本  四球  三ゴ  遊ゴ
(一) 堀 幸一 右安  中飛    右安遊ゴ
(遊) 細谷 圭 右安  遊併    四球左本
(指) 大塚 明 三失    投ゴ  一失三ゴ
(右) 神戸拓光 中犠    投ゴ  三振  左直
(捕) 金澤 岳   遊ゴ  二直  三振  右3
(二) 渡辺正人   遊ゴ    中安四球  四球

袖ヶ浦市営球場は、高校野球の母校の応援で行ったことがあるので、
2001年7月以来8年ぶり。高校野球ファンにとっておなじみの球場なので、
メンバー表示欄を利用して春の千葉県大会の試合速報を掲示していたが、
ゆめ半島千葉国体の軟式野球の会場に選定されたこともあり、
はめこみ式だったスコアボードも磁気反転式にリニューアルされていた。
両翼98m,中堅122mとマリンなみの広さで、内野は土、外野天然芝。
内野席はネット裏が椅子席とベンチ席、一・三塁ベースから外野寄りが芝生席で、
スタンド収容人員は公称5000人。
イースタン・リーグは以前からファイターズ、シーレックス主催試合などが
8月にナイターでおこなわれてきたが、マリーンズが千葉県下でも積極的に
二軍戦をおこなう方針もあって、初の主催試合が実現した。
浦和マリーンズは阿部和成、ジャイアンツは辻内崇伸が先発。
1回角中がカウント2−3からワイルドピッチというか、振り逃げで出塁。
南竜介。レフトへ先制2ランを放ち、堀幸一・細谷と連打のあと、
大塚のサードゴロを中井がファンブルエラーで満塁。
神戸がセンターへ犠牲フライを打ち上げたが、好返球で細谷が三塁でアウト。
4回。隠善ツーベース・中井ライト前安打でノーアウト1,3塁。
田中大二郎サードゴロゲッツーの間に隠善ホームイン。
阿部このイニング限りでマウンドを降りたが、3安打1失点。
ひ弱そうに見える高卒2年目だが、たくましいピッチングはよかった。
福岡ドームで2勝目をあげた同期の唐川侑己と切磋琢磨し合うことを!
5回から古谷拓哉が登板。いきなり仲澤・円谷連打、伊集院送りバントで
1アウト2,3塁。橋本到の打席で仲澤をけん制アウト!も左肩へデッドボール。
工藤隆人をレフトフライに打ち取るとラストイニングまで2安打4奪三振好投!
大田の最後の打席で見逃し三振に打ち取ったのは秀逸であった。
5イニング投げた辻内はナマで見るのは3年前のジャイアンツ球場以来。
左ひじ靱帯の再建手術を受けたとはいえ、荒れ球気味なのは相変わらずだが
球威は回復しつつあり、かつて夏の甲子園で騒がれたのは伊達じゃない。
6回。堀幸一ライト前安打、細谷フォアボール、大塚送りバント失敗も、
田中大二郎が三塁悪送球で満塁。神戸・金澤連続三振も、
渡辺正人押し出しのフォアボール。
田中雅彦ライトへ抜けようかという打球を田中大二郎ファインプレー!
少年野球の団体が多く来ていたわけだが、マネをしてはいけないプレーと
模範になる好プレーが出たイニングであった。
ただ、ボールくださいのかけ声が多かったのは、ねぇ…。
7回。細谷がレフトへだめ押し2ランを放つ!
マリーンズの上川三塁・代田一塁ベースコーチャーがヘルメットをかぶっていたこと。
終盤にブルペンをちら見していたら、先日追突事故を受けた野間口貴彦が!
「完治はしてませんが」とはいうものの普通に投げていたので後遺症はなかったし。
大田泰示をナマでみるのははじめてなので、練習から注目していたのですが、
4打数ノーヒットと、これほどまで騒がれる選手なのかなぁと。ただし守備は
よかったので、高校時代二遊間クリーンアップを組んでいた角晃多も
まだまだ育成選手の身とはいえ、こちらも切磋琢磨し合うことを!


2009年04月30日 イースタンリーグチャレンジマッチ フューチャーズ−湘南(長浦)報告者:子連れさん

EL チャレンジマッチ FTVs湘南 4月30日(木) 13:00 長浦

         <結 果> R H
             湘 南 100 200 000 3 5
             F T 301 000 400 8 14

  継 投          失                  失
     湘南 桑原謙 2回 3    FT 塚 本(戸田)  3回  1
        吉 見 1回 1       田 中(所沢)  1回  2
        高 宮 2回 0       宮 本(川崎)  1回  0
        加藤康 1回 0       植 村(鎌ヶ谷) 2回  0
        三 橋 1回 4       下敷領(浦和)  2回  0
        岡 本 2回 0


    FT参加選手
          投  塚本・宮本・下敷領・大貫・中田・植村
          捕  中村(戸田)・谷内田
          内  籾山・角・福元・浅沼・山本和作
          外  斉藤彰吾・大谷(浦和)・佐藤賢治・大平

     <アンパイヤー>
        PL・村山太郎 1B・石山智也 3B・原 信一朗 セ担当3審制

      (試合時間)2時間35分(13:00〜15:35)
              ※少し早目のPBでした・・

      (観  衆) そこそこ・・
            ※GW谷間と、関内チーム遠征中のためか、年金受給の方と
             早く欲しいよ!と思う私らと、大丈夫ですかの方々。

      (天  候) はれ  22℃ 37% 風・↓強
            ※豚流感危機水準「4」

  『雑 感』
      加藤康介投げましたよ!
    6回裏
       山 本 ● ● 見 ● 邪 ●=四球
       福 元 振 二ゴ 4→6(一死)
       大 平 ● 見 振 振(二死)
       谷内田 三ゴ(おわり)

      桑原謙太朗投げましたよ!・・・
      吉見祐治投げましたよ!・・
      高宮和也投げましたよ!・

      観戦に餓えていましたので、近所の中等大会何ぞを楽しんでいました。
     進駐軍がもたらした「野球」に平和を感じ、新聞紙丸めたグラブで野球
     していたご隠居とカップ酒飲んでいたら、かなりの日焼けを長浦で浴び
     ました。
      開国150年とかで、横浜はお祭り騒ぎです。「空き巣にご注意を!」
     の折り込みのお知らせが朝刊に入っていました。地味で悪いか!のピンポ
     ン大会も、一応横浜でやっています。関内チームもこのまま遠くへ行って
     いれば目立たないものの、帰ってくるそうですね・・
      そのような関内チームを日頃応援されている方々で長浦も、ピンポン会
     場負けずに、盛況でした。
      「こいつ(2軍選手)の年俸を減らせば、もっと(1軍選手は)頑張る
     だろう」と、そもそも1軍も2軍もない球団を分かっていない方々が集う
     スタンドは、正直不愉快でした。挙句には、「来なければ良かったよな」
     は、ないでしょう・・「大丈夫ですか?」の方でなく、年金貰って野球
     楽しんで!と、妻に愚痴ったら、「あなたもそうなるのよ。分かる?」と
     看護師だか在宅看護だかケアーマネだか知らない妻に断言されました。

      1回表(塚本)
         松本 (誰?と湘南組は思いました)
              レフト前へヒット。
         野中  1Sの2球目に松本盗塁、誰?
             キャッチャーファールフライ。
         高森  セカンド内野安打で1点。

      1回裏(桑原)
         斉藤 死球
         浅沼 四球
         籾山 二ゴロ 4→6 一死
         佐藤 セカンド内野安打 1点。
         山本 ライト前安打 1点。
         福元 ライト前安打 1点。

      3回裏(吉見)
           一死後・・
         佐藤 センター前ヒット
         山本 センタータイムリー2ヒット 1点。

      4回表(田中)
         高森・下園 連続四球
         新沼 レフト前ヒット 満塁
         斉藤秀 レフト前タイムリーヒット 1点。
         関口  レフト犠飛 1点。

      7回裏(三橋)
          角  ライト前安打
         斉藤  ライト前安打(1−3塁)※浅沼の打席に盗塁
         浅沼  センター前タイムリーヒット 1点。※籾山の打席に盗塁
         籾山  右犠飛 1点。
         佐藤  センター前ヒット 1点。
         山本  右ヒット 1−2塁
         大谷  レフト前ヒット 1点。

           ★三橋大丈夫かな・・

    鬼顔の平野さんのピンポンも、Y150の蜘蛛も見に行かず、軍港巡り乗船
   のみなさんが知らん振りしていた長浦でした。「三笠」がいますし・・
    分かっていながら、練習試合の境を出ない内容でした。
    さて、小田原へ行きますか。


2009年04月29日 ウエスタンリーグ 広島−阪神(由宇)報告者:いかさん

GWを利用して広島を訪れた際に由宇まで足を伸ばしました。私が知る限り
由宇にこれだけたくさんのお客さんが来てたのは初めて見ました。
なお、3回裏の攻撃中に席を外していたので一部記録があやふやです。

4月29日(水)広島対阪神第5回戦(由宇、12時、晴、観衆約500人)
                  R H E
阪  神 201 000 030 |6 7 1
広  島 000 100 012 |4 9 1

(神)蕭(8回)、若竹(1/3)、藤田(2/3)−小宮山
(広)大島(7回2/3)、大島勇(1/3)、ドーマン(1回)−中東

勝利投手:蕭
セーブ :藤田
敗戦投手:大島

三塁打:高橋勇(7回)、吉田(8回)
二塁打:上本(1回)、坂(2回)、松本(8回)
盗 塁:上本(8回)
盗塁死:高橋勇(4回)
失 策:松山(4回)、坂(9回)

審判:球審・福家、一塁・林、二塁・良川、三塁・芦原、公式記録・?

【戦評】
阪神は初回、立ち上がりが不安定な広島先発・大島を攻め林の二点適時打で先制すると
三回には藤原の内野ゴロの間に加点し、八回には野原将の適時打と広島の守備の乱れで
3点を奪い突き放した。先発の蕭は落ち着いたマウンドさばきで8回2失点。
広島は大島が安定を欠いたほか、攻撃もチャンスを作るもあと一本が出ずに敗れた。


【打撃成績】
(神)     打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 E 坂    510 三振    左飛2   三振       中飛 二ゴ
 C 上本   420 左ゴ2   犠打       三振    遊安 一邪飛
 F1藤原   311 四球    遊ゴ       左邪飛   遊安
 B 高橋光  100 三振
  H7野原祐 200       三振       三振
  H橋本   000                      四球
  R9大城  000
 F9林    412 右飛2      遊飛       三振 右飛
 D 野原将  412 二ゴ       左飛       右飛 左安
 G 高橋勇  310    三邪飛   三失       左飛3
  H8柴田  000                      四球
 A 小宮山  300    三振       遊ゴ    敬遠 三振
 @ 蕭    300    三振       三振    右飛
  H森田   100                         左飛
  1若竹   000
  1藤田   000

(広)
 E 松本   420 遊飛    二飛       右安    右飛2
  1ドーマン 000
 A 中東   310 中飛       中安    犠打    三邪飛
 F 末永   400 右飛       中飛    二ゴ    二ゴ
 H 岩本   420    二飛    中安    三振       右安
 D 松山   301    二ゴ    右飛       左飛    三ゴ
 G 丸    410    三振    二ゴ       右飛    中安
 C 中谷   410       中安    投ゴ    三飛    遊ゴ
 B 吉田   421       三振    投ゴ       右飛3右安
 @ 大島   200       三振    三ゴ
  1青木勇  000
  H6安部  101                      中飛 一ゴ

【投手成績】
(神)  回  打 安 三 四 失 自
○蕭   8  30 6 4 0 2 2
 若竹   1/3 3 2 0 0 2 0
S藤田   2/3 3 1 0 0 0 0

(広)  回  打 安 三 四 失 自
●大島  72/3 32 6 10 3 6 6
 青木 1/3 3 1 1 1 0 0
 ドーマン1  3 0 0 0 0 0


【注目選手】
■蕭一傑(神)
初観戦。非常に完成度が高いです。チェンジアップかな?打者のタイミングを
うまく外して打たせて取るタイプで制球力も高いものを持っています。8回は
疲れたのかやや雑になったのは残念ですが楽しみです。

■高橋光信(神)
第1打席の3球目をファールして一塁に走った際に、足を痛めたのかそのまま
ベンチに下がってしまいました(4球目以降は野原祐が代打で打席に入り三振)。
走ったときに何かアクシデントが生じたのかもしれません。

■上本博紀(神)
初観戦。打席での構えがしっかりしておりミートが上手いです。守備もなかなか
で完成された印象を受けました。特に8回の内野安打はなかなかの俊足ぶりでした。

■林威助(神)
初回のチャンスでタイムリーを放ちましたが、あとは合わせただけのフライが多く
残念でした。どうしても合わせてポップフライを打ってしまうところに本調子で
ない印象を受けました。

■広島猛虎会
由宇で初めて鳴り物応援をしているところを見ました。自分の曲がある林以外は
打順で適当に曲を合わせているようで上本には関本の、高橋勇にはメンチの、
小宮山には矢野の応援歌を使用していました。

■大島崇行(広)
物凄い球とトンでもない球が同居する不思議な投球。10奪三振のほとんどが空振り
で奪うと同時に動揺するとトンでもないコースに投げてしまう。精神的にもう少し
強くなってほしいです。ただ、この日のカープ守備陣は記録上エラーでなくても
正直大島がかわいそうになるプレーが多かった。

■中谷翼(広)
8回の挟殺プレーで野原を一二塁間に挟みながら追いかけすぎてしまい野原を一塁
に生かしてしまい、その間に三塁走者が生還し6点目を献上してしまった。内野手の
基本となるプレーだけに基本に忠実なプレーをお願いしたい。

■松山竜平(広)
この選手は三塁で使うのはどうか。初回の上本の当たりも上手い三塁手なら捕れた
あたりでしょう。一軍で三塁が空いているからということなんでしょうけど。
前にも廣瀬や尾形にも三塁させてたし。


2009年04月26日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!

4月26日 イースタンリーグ公式戦 北海道日本ハムー湘南C(鎌ヶ谷) 1708人
審:村山・原・木内  記:荒木 3時間10分(13:02〜16:12)
              R  H E
SR|011000004| 6  9 0
 F|00012460×|13 16 1
(F1−3)勝:藤井(1−0)負:佐藤(1−3)
本:高森C(1藤井)陽B(2佐藤)ボッツB(1佐藤)C(2小山田)渡部@(3佐藤)黒羽根A(2土屋)
※ボッツ左右両打席HR達成(昨年7月にも達成)

得点経過
2表:高森ソロHR       ( 0−1)
3表:F中田フィルダースチョイス( 0−2)
4裏:高口 犠牲フライ     ( 1−2)
5裏:陽2ランHR       ( 3−2)
6裏:ボッツ ソロHR     ( 4−2)
   渡部3ランHR      ( 7−2)
7裏:ボッツ2ランHR     ( 9−2)
   陽 押し出し死球     (10−2)
   村田2点タイムリーヒット (12−2)
   中田 犠牲フライ     (13−2)
9表:黒羽根2ランHR     (13−4)
   F土屋ワイルドピッチ   (13−5)
   新沼 犠牲フライ     (13−6)

SR     1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(8)松本  空振  右飛  一併  空振  右安  5−1−0 200
(5) 北  遊ゴ  一選    左飛  左飛左安  5−1−1 299●
(7)下園  空振  二ゴ    見振        3−0−0 341●
 H7桑原義               空振四球  1−0−0 189
(D)新沼    空振一邪    四球  四球中犠  2−0−1 400
(9)下窪    投ゴ  右飛  遊ゴ  空振遊飛  5−0−0 238
(3)高森    右本  三邪    二直  二ゴ  4−1−1 272●
(4)北川    左安  一ゴ    四球      2−1−0 250●
 H 呉本                  中安  1−1−0 293●
(2)黒羽根   右飛    三ゴ  三安  左本  4−2−2 246
(6)野中    右失    右安  右飛      3−1−0 286
 H 関口                  左安  1−1−0 286
                          36−9−5 279
●=規定打席到達

投手  回    打  安 本 振 四 死 暴  失  責   防御率
田中  4   17  5 0 6 1 0 0  1  1  6.91
佐藤  2   13  5 3 1 2 0 1  6  6 12.51
小山田 0.1  8  6 1 0 0 1 0  6  6  7.36
 秦  0.2  3  0 0 1 0 1 0  0  0  1.26
木塚  1    3  0 0 0 0 0 0  0  0  0.00
    8   44 16 4 8 3 2 1 13 13  3.70


 F      1回2回3回4回5回6回7回  8回  打  安  点  率
(65) 陽  見振  空振  右本四球死球      3  1  3 286
(7) 村田  四球  空振  遊飛空振左安      4  1  2 365●
(9) 鵜久森 空振  右飛  右飛左直        4  0  0 269●
 H9 市川                死球    0  0  0 167
(3) 中田  二飛    三ゴ三ゴ  左2右犠    4  1  1 260●
(D) ボッツ   中安  中2  左本右本空振    5  4  3 400
(4) 今浪    空振  右安  左安左安  左飛  5  3  0 259●
(5) 高口    中飛  中犠  四球二安      2  1  1 301●
 H6 中島                  二ゴ  1  0  0 148
(2) 渡部      左2空振  右本        3  2  3 279
 H  小田              左安      1  1  0 245
 R  杉谷                      −       269
 2  今成                  左飛  1  0  0 383
(8) 佐藤      投安  右安投ゴ左邪      4  2  0 254
                           37 16 13 272
※市川の代打→相手のピッチャー交代とは関係なし  ●=規定打席到達

投手  回  打 安 本 振 四 死 暴 失 責  防御率
藤井  7 28 4 1 5 2 0 1 2 1 1.29
土屋  2 13 5 1 2 2 0 1 4 4 4.66●
    9 41 9 2 7 4 0 2 6 5 3.46
●=規定投球回到達

盗塁死:ボッツ(2回 2−3から二盗を狙うも途中で帰塁しようとして狭殺 打者・今浪=三振ゲッツー)
失策:鵜久森(3回 右中間フェンス際へのフライをグラブに当てて落球 バッター2塁へ 打者・野中)
野選:中田(3回 一ゴでバックホームするも3塁ランナー生還 打者・北)
暴投:藤井(2回 初球にワンバウンド投球 ランナー2塁へ 打者・黒羽根)
   佐藤(6回 2−1からワンバウンド投球 ランナー2塁へ 打者・村田)
   土屋(9回 2−1からワンバウンド投球 満塁のランナーそれぞれ進塁 打者・桑原義)
捕逸:黒羽根(3回 2−1から投球をグラブに当てて後逸 1・2塁のランナーそれぞれ進塁 打者・陽)

補足
3表:松本の右飛→2塁ランナータッチアップ
   下園の二ゴ→併殺崩れ
3裏:佐藤の投安→送りバントが1塁もセーフになって内野安打
5表:松本の一併→先に1塁ベースを踏んでから1塁ランナー狭殺
7裏:高口の二安→送りバントがピッチャーの左(1塁側)を抜けて内野安打
   村田の左安→下園が中継の北へ送球、北がバックホームする間にそれぞれ進塁⇒ランナー2・3塁)

★注目選手★
■田中健二朗(湘)
 公式HPの先発予定では前日でしたが雨のためおそらくスライド登板。いきなり先頭の陽の胸元に素晴らしいクロスファイアーを投げ込んで3球三振、四球があったものの鵜久森にはアウトコースのベース上に落として三振を奪う上々のスタート。その後も毎回ランナーを出しますが得点圏でも3ボールになっても動じないのはさすがに高校時代に勝つ野球を経験しているだけあります。特に3回はノーアウト2・3塁から先ほど3球三振に仕留めた陽に粘られながらストレートで空振り三振に抑えると、目下首位打者の村田にはアウトローのストレート。そこまでは何とか付いていっていた村田もこのボールはカットできませんでした。そして鵜久森をストレートでねじ伏せ1点さえも与えませんでした。課題は指にかかったボールをどれだけ続けられるか、特にすべてが勝負球みたいな状態だとなかなか5回以上は投げ切れませんからね。だからと言って打たせてとるピッチャーになってはもったいないですから、昨年に続いてスタミナ自体を強化するほうがこのピッチャーは良くなるでしょう。

■佐藤祥万(湘)
 田中スライド登板の関係で本来の先発予定から2番手に移りましたが、今までと同じやられ方で失点を重ねてしまいました。陽に打たれたHRは風の力としか言えないんで「不運」と片付けてしまっても良し。ただ問題は6回で、ボッツのインコースを狙ったボールが真ん中へ、渡部のもアウトロー狙いが少し中に入って右中間へ(風がなくてもフェンスには当たってた)。さらにストレートの四球、ワイルドピッチでは厳しいですね。高めのボールの球質がどうしても軽くなり長打攻勢でKOされるのはいつものことですが、あまりにキレので、どこか故障しているのではないかと疑ってしまうほどでした。チームの先発のこま不足もありますが、長浦に居残りさせるのも一つの手かもしれません。

■松本啓二朗(湘)
 キャンプからずっと1軍に帯同し、開幕スタメンを果たすも打率1割台に低迷したことで今日からシーレックスに合流しました。もちろんシーレックスに合流したから急に打ち出すわけもなく、2軍と言えどもプロのボールですし増してや相手が1軍でも実績あるピッチャーでしたのでなおさらです。今日のバッティングを見ていても、1軍での凡退シーンと同じ光景、やはりどうしてもワンバウンドに近いぐらいの変化球を振ってしまうのです。2三振というのはまさにこのパターン。3回の甘いボールをライトフライにした以外は藤井に完全に翻弄されていました。そんな中で最終回、高卒の土屋からゴロで1・2塁間を破ったのがせめてもの明るい材料。しばらくは1番で固定してプロのボールをたくさん見させる、その中で大学時代のような快音響くバッティングを取り戻してもらいたいです。

■ボッツ(日)
 強打者ぞろいの打線の中で正直、ボッツにやられるとは思いませんでした。まず田中からセンター前と左中間にライナーで運ぶと、6回には佐藤から打った瞬間、いや当たった瞬間「やられた」と確信するレフトポール横への完璧な一発。さらに7回には6回のHRを上回る打球で右中間へ。ライトの下窪が一歩も動かないばかりか打球を見ないぐらい全く違う角度で飛んでいった打球は外野のネットも越え、駐車場の車をも越えて、駐車場のコンコースを転々としていました。ここまで打ってしまうと、日ハム側もヒーローにするしかなく、子供がインタビュアーでもお構いなくボッツがヒーローインタビューを受けたのでした。

★ひとりごと★
 昨年は個人的に鎌ヶ谷へは行けず、おととし夏以来の観戦になりました。この間、バスは増発、鎌ヶ谷駅の発メロがファイターズ讃歌になるなど着々と地域密着を図っていたのを聞いていたのでどんな感じか楽しみでした。従来との一番の違いは随所にチームカラーの緑が使われていること。正門の柵や球場の柱だけでなく、鎌フェス時の緑のユニフォームを着ている人が非常に多かったのには驚きました。GWの告知がバスにもちゃんと貼ってあるし、どっかのチームとは意気込みが違うことをまじまじと実感したのでした。
 そんな鎌ヶ谷の名物はマスコットのカビー。1軍の東京ドーム試合時に「注射が怖くて逃げた」という話になってましたが今日はちゃんと登場、ただしりんごを採るために木登りして落ち、脳みそが解ける病気にかかったそうですwちなみにその甲斐あって(!?)6回にカビー喫茶でりんごジュースが販売されたのでした。ただ、そんな話をいちいちファンに説明しているとあっという間に時間が過ぎ、最後はスーパー巻きで始球式をしたのでした。あのままやってたら30分ぐらいの劇ができそうでしたからね。
 振り返りたくないけど、試合のほうは左から右への強風のいたずらに悩まされました。両翼100mながら深みのない球場とは言え、ボッツと黒羽根のHR以外は風がなければおそらく入らなかったです。センターフライは全部ライトフライになるし、普通のフライも流れるのであっという間にあわやHRの打球に変身、この風を序盤は生かしていたシーレックスですが、陽のHRからは完全に日ハムの味方になってしまいました。7回は点差が離れすぎていることで、明らかに集中力が欠けた小山田を引っ張っては投げるたびにモチベーションが下がるのにも納得でした。それほど人数を連れてきてないのは分かるけど、一気に興冷めしたイニングでした。それでも最後に控え組から突破口を開いたことで、チーム内でスタメンに名を連ねるのにも熾烈な戦いが生じたのは収穫でした。確かに松本は今後も使われるでしょうが、タダで黙っていてはいけないし梶谷の活躍も刺激にしなければなりません。それと先発不足の気配をどう食い止めるかを解決しないと4月のような快進撃は続けられないでしょう。だからこそ、ここでフューチャーズ戦が入って日程が軽くなるのは幸運そのもの、吉兆ととらえてGW5連戦に臨みたいところです。


2009年04月23日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:あわてんぼーさん(HP:続!あわてんぼーのブログ

 試合開始13時1分終了15時58分試合時間2時間57分
 球審石山1塁原2塁村山3塁深谷記録員伊藤
 ジャイアンツ(ロッテ2勝1敗)観衆671人(場内発表あり)
                    R  H  E
 ロッテ 010 000 101 1  4 11  1
 巨 人 200 000 001 0  3  6  0
 (延長10回)
 勝 内 2勝1敗3S  本塁打 田中2号(9回右翼内@)
 S根 本1敗1S
 負上野1勝1敗

 3塁打 塀内2(2、9回)2塁打 大塚(9回)
 盗塁死 隠善(4回)ランビン(8回)
 併殺 ロッテ0
    巨 人2(円谷−中井−仲澤)2 3回角中 7回南
 失策 ロッテ1 ランビン(3回)
    巨 人0

 1回表(巨人投手野間口、捕手實松)田中雅右直、角中中直、ランビン三邪飛(ロッテ0)
 1回裏(ロッテ投手阿部、捕手金澤)工藤中前安打、円谷死球で1,2塁、中井左前安打で満塁、田中一塁ゴロで工藤生還なお2,3塁、大田遊ゴロで円谷生還なお3塁、隠善遊飛(巨人2)
 2回表 堀遊ゴロ、神戸三振、大塚右前安打、塀内中堅越え3塁打で大塚生還、南三振(ロッテ1)
 2回裏 仲澤二塁ゴロ、實松四球、橋本二塁ゴロで實松2塁進塁、工藤二塁ゴロ(巨人0)
 3回表 金澤、田中雅共に右前安打で1,2塁、角中二塁ゴロで4−6−3とわたる併殺で金澤3塁進塁、ランビン三振(ロッテ0)
 3回裏 円谷、中井共に遊ゴロ、田中遊ゴロもランビンの1塁送球が低投し一塁手堀が後ろに逸らし2塁へ、大田三振(巨人0)
 4回表 堀一飛、神戸右直、大塚三振(ロッテ0)
 4回裏 隠善右前安打、仲澤右邪飛、實松の時隠善2塁盗塁失敗で結局實松三塁ゴロ(巨人0)
 5回表 塀内三振、南三塁ゴロ、金澤中飛(ロッテ0)
 5回裏(ロッテ投手古谷)橋本、工藤、円谷3人共三振(巨人0)
 6回表 田中雅右飛、角中四球、ランビン左飛、堀右直(ロッテ0)
 6回裏 中井三振、田中一塁ゴロ、大田遊ゴロ(巨人0)
 7回表 神戸四球、大塚左前安打で1,2塁、塀内三塁線のバントが安打となり満塁、南二塁ゴロで4−6−3とわたり併殺の間に神戸生還なお3塁、金澤中飛(ロッテ1)
 7回裏 隠善二塁ゴロ、仲澤遊ゴロ、實松右飛(巨人0)
 8回表(巨人投手木村正)田中雅三振、角中三飛、ランビン死球、堀の時にランビン2塁盗塁失敗(ロッテ0)
 8回裏 橋本一塁ゴロ、工藤中前安打、円谷送りバントも捕手の前に転がり2−6とわたり工藤2塁封殺、中井三振(巨人0)
 9回表 堀三振、神戸捕ゴロ、大塚左翼線2塁打(代走定岡)塀内右中間3塁打で定岡生還、南二塁ゴロ(ロッテ1)
 9回裏(ロッテ投手内)田中右翼越え本塁打、大田、隠善共に三振、仲澤中前安打、實松三振(巨人1)
 10回表(巨人投手上野)金澤右前安打、田中雅投前送りバント成功で金澤2塁進塁、角中中前安打で1,3塁(巨人投手オビスポ)ランビン右前安打で金澤生還なお1,2塁、堀、神戸共に三振(ロッテ1)
 10回裏(ロッテ投手根本)橋本に代打小田嶋四球(代走古城)、工藤一前送りバント成功し古城2塁進塁、円谷に代打大道三振、中井遊ゴロ(巨人0)

打撃成績
        ロッテ        巨 人
        打安点        打安点
   D田中雅 410   D工 藤 420
   F角 中 410   C円 谷 300
   Eランビン411   H大 道 100
   B 堀  500   E中 井 510
   H神 戸 400   F田 中 412
   D大 塚 430   D大 田 401
  RD定 岡 000   H隠 善 410
   C塀 内 432   B仲 澤 410
   G 南  400   A實 松 300
   A金 澤 420   G橋 本 300
   計    37113   H小田嶋 000
              R古 城 000
              計    3563

 投手成績
 ロッテ  投回   投数  被安 四死 三振 失点 自責
 阿 部  4    50   3  2  1  2  2
 古 谷  4    54   1  0  5  0  0
○ 内   1    20   2  0  3  1  1
S根 本  1    15   0  1  1  0  0
 巨 人  投回   投数  被安 四死 三振 失点 自責
 野間口  7   100   6  2  5  2  2
 木村正  2    37   2  1  2  1  1
●上 野   ・1  10   2  0  0  1  1
 オビスポ  ・2  13   1  0  2  0  0

 戦評
 暖かい気候の中行われたこの試合は、勝ちはしたもののロッテ打線の繋がりの無さ・・・巨人の投手の不調というか・・・現状の1軍と2軍の投手の差を感じた試合だった。
 巨人は4人の投手を登板させたが、何れの投手も1軍の試合で起用する事は難しいと思います。
 理由は、コントロール・制球力の無さですね。
 特に野間口投手に関しては(後述)、その傾向が強かったと思います。

 あわてんぼーが選ぶMVP

■古谷拓哉(ロ)
 今日、先発した阿部投手の後を受け2番手投手として登板した彼。
 いや〜驚きました。
 彼の投球が、今日の試合の中で一番目立っていました。
 と言うのは、5回裏から登板し橋本選手、工藤選手、円谷選手、を三者三振に斬って取ったり等4回を投げ被安打1、奪三振5、無失点の好投!
 ストレートは速く感じたし、それ以上に変化球、特にスライダーがキレキレでした。
 今日みたいな投球をしていれば、1軍でも充分に通用・活躍するであろう。
 年齢的にも今シーズン活躍しないと、埋没してしまうので頑張ってほしい。

 あわてんぼーが選んだ注目選手

■野間口貴彦(巨)
 7回を投げ被安打6、与四死球2、奪三振5、失点2と言う結果を聞くと、好投・試合を作ったと思われがちだが、試合は作ったものの・・・。
 う〜ん。
 内容的にはね〜。良くないんですよ。球そのものが。
 と言うのは、直球系統がシュート回転していて打球そのものがバットの芯で捕らえられた打球が多かったんですよ。
 2失点で抑えたのは、要所で併殺に打ち取ったから。
 だけど、内容そのもの・投げている球筋が良くない。
 良い球・シュート回転しない直球系統の球も投げていたけれど、その球をもっと多く投げてほしい・そうしないと1軍では通用しないと思いました。
 良いものを持っているだけに、残念でならない。

■大田泰示(巨)
 期待のルーキー・新人選手なので、注目してみていましたが、外角の変化球についていけない、見極めが全くダメ。
 明らかなボール球、ベースに掠らない球を空振りしている。
 選球眼が、プロの域に達していない。
 1軍で通用するには、まだ時間がかかりそうだ。


2009年04月22日 イースタンリーグ 湘南−西武(横須賀)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs所沢 4回戦 4月22日(水) 18:00 横須賀

          <結 果>               R H E
              所 沢 000 020 000 2 7 0

              湘 南 022 000 00× 4 7 1

           (勝)小杉3試合1勝1S  (S)工藤3試合1S

           (負)木村5試合1勝4敗

              回 打 安 責           回 打 安 責
   継投 所沢  木 村 7 27 6 4  湘南  阿斗里 42/3 20 5 1

          三 井 1 4 1 0       秦   1/3 1 0 0

                           木 塚  1 3 0 0

                           小 杉  2 7 1 0

                           工 藤  1 5 1 0


     <得点経過>2回裏 湘南2点  高森レフトへ3号2ラン

           3回裏 湘南2点  下園ライトへ5号2ラン

           5回表 所沢2点  上本ライト前タイムリー

                     大崎押し出し(投手・阿斗里)

        ※失策 湘南1 5回表 阿斗里 1塁牽制悪送球

<アンパイヤー・記録員>
      PL・山口義治 1B・長井功一 2B・鈴木章太 3B・橋本信治

        記録員・石井重夫

        (試合時間)2時間34分(18:00〜20:34)

        (観  衆)477名

        (天  候) はれ 16℃ 68% 風・無風時々→

『雑 感』
          鷹取川はゆったりと満ちていました。大矢監督の巻き返し
         構想からその名が完全に削除された吉見と、富山への道を妨
         げる山北が、「クリーン鷹取川」運動を率先したのでしょう
         か。川底にはゴミもなく澄んでいました。2週間ぶりの夏島
         はすっかり葉桜で、木下闇がずいぶんと広がっていて、オバ
         Qさんが独占していたベンチ内の石油ストーブも片付けられ
         ていたのでした。

          山形に帯同せず、週明けに村田の親方従えて関内駅の改札
         を抜けた吉川五右衛門さん抜きにして、湘南の開幕ダッシュ
         はなかった証明が3連敗。中継ぎに隙が出来た分は、先発の
         頑張りがファームと言えども勝負を左右する状況となってき
         たのです。その中で、見本を示すべく吉見が先発して「いつ
         もの吉見」を披露し、隙ができたそれをさらに散りじりにし
         て放火までした山北が登場の前日は、スタンドで観戦のご常
         連や野次親父をも静寂にしてしまったとか。笑えます・・
          何としても連敗を食い止めねばと、他力本願がファンの心
         情、ローテーションがほぼ整った湘南の阿斗里に期待して、
         やや寂しいスタンドの定席に着いたのでした。

          先発の阿斗里、高め気味になりながらも力のある球ゆえに
         4回まで大島の2安打のみに抑えていました。決め球を落ち
         る変化球にして、ストレートをファールさせたりと粘られな
         がらも、体格を生かしての若々しい内容でした。
          5回、三浦・坂田をそれぞれ1球で退け二死、つづく水田
         への初球は力の落ちた球でセンター前に弾かれ、ここまで3
         球。4人目上本を迎え1塁へ牽制、これが高すぎて暴投とな
         り、水田進塁。そして上本への初球も精魂のない球でライト
         へ返されて、水田が生還。ここまで4球。さらに、原も初球
         をライトへ弾き、5球で二死1−2塁となったのです。焦る
         な急ぐなとでも言われたのか、黒瀬を四球で満塁、大崎も四
         球で押し出しに。ここまで当たっている大島を迎えた所で、
         あえなく降板となったのでした。4回まで44球を飛ばし過
         ぎたのか、この回から加速的に力が衰え、黒瀬・大崎を迎え
         たあたりでは、打たれるのではないかの不安気にも見えて、
         腕が小さくなっていました。5回まで責任持ってマウンドに
         いなければならないのですが、何ともがっかりな降板でした。
          田中・佐藤を含め、工藤さんがいる間に素朴な疑問を投げ
         掛けて、知識精神面をも伸ばしてもらいたいところです。近
         年になく、期待できる楽しみな若手3投手が競い合いながら、
         腐り果てて虫も湧かぬ関内チームを別のそれに換える年は必
         ず訪れると思っているのです。

          高森の逆へ飛ばした技術ある2ランと、下園らしい果てな
         く飛んでいく弾丸2ランの4点を、秦・「最近見なかった」
         木塚・低めにズバリと決めていた小杉を経て、〆は小山田さ
         でなく、さんざんカメラマンを待たせた工藤が担当。黒羽根
         のサインのまま投げて二死1−3塁にするも、原を大きなセ
         ンターフライに仕留めて、湘南が連敗を止めたのでした。
          工藤への声援よりも、サインを出し続ける黒羽根への激励
         がグラウンドへ飛び、ファームらしい好ましい時間でした。
         利規ちゃんも良い勉強になったでしょう。明日あたり「ます
         だや」で赤飯でも買って食べるかと思ったのでした。

   <この選手>
 
       坂田遼(所沢)地元横須賀出身。スカスタすぐの横浜創学館卒業
               とのことでスタンドにもファンがちらほらと見え
               ました。「左のおかわりくん」との異名が納得の
               イイ体格で、パワーとあてる技もある楽しみな新
               人です。最終回は工藤から芯を外しながらも左へ
               落とす上手い内容でした。空振りに終わりました
               が、2回には阿斗里の直球を6ファールと粘りも
               見せ、相手を疲労させるに十分な働きでした。外
               野深く上げる場面が多く、遠さが身につけば中村
               同様に大型和製大砲に育つでしょう。


 
       小杉陽太(湘南)3月28日以来姿を見せなかったが、ようやく
               の登場でした。この投手の良い所はストライクで
               初球が取れる所です。球も早く、低めにも気持ち
               よく決まり、ヒョロリとしていながら気の強さが
               感じられます。2イニング打者7人中5人が初球
               を見逃していました。圧巻は原を見逃し三振に取
               った低めに伸びる球。球審の山口さんが新人の遠
               慮忘れてポーズ決めてコールするほど完璧な球で
               した。「右の那須野」などと言われもしています
               が、小杉に失礼。那須野が爪の垢を頂く側です。
               このタイプは稲川寮長に預けて、自由奔放はつら
               つと育てるのも面白いかも知れません。


2009年04月19日 イースタンリーグ 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2009年4月19日 鎌ヶ谷VS川崎(よみうり)
天候:晴 試合開始:13時 試合時間:約3時間5分 観客:1548人
審判:主審大和 一塁市川 二塁村山 三塁有隅 公式記録員:中村

鎌ヶ谷 011 203 005|12
川崎  000 000 011|2

【成績】*公式記録ではありません
また投手の失点は自責点ではなく、その投手の時に入った得点です
鎌ヶ谷
(遊) 陽   6打数2安打1本塁打4打点
(中) 村田  6打数2安打
(左) 鵜久森 4打数3安打
(一) 中田  3打数ノーヒット1打点
(指) 高口  3打数2安打1打点
(二) 今浪  5打数2安打1打点
(捕) 渡部  4打数2安打2打点
(右) 市川  5打数2安打2打点
(三) 杉谷  4打数4安打

 林  3回打者10人投球数36被安打1与四球0奪三振3失点0
○植村 3回  11人   47   1   1   2  0
 山本 1回   4人   25   0   1   2  0
 江尻 1回   5人   15   1   0   1  1
 松山 1回   7人   24   1   1   0  1

川崎
(左)  籾山  3打数ノーヒット
 一   山本  2打数ノーヒット
(二)  円谷  4打数2安打1打点
 二   福元
(三)  中井  4打数ノーヒット
(一)右 田中  4打数ノーヒット
(遊)  大田  3打数ノーヒット
(中)左 隠善  3打数ノーヒット
(指)  小田嶋 2打数ノーヒット
 打   岩館  1打数1安打
(捕)  實松  2打数ノーヒット
 打   仲澤  1打数ノーヒット
 捕   伊集院 1打数1安打1打点
(右)中 橋本  3打数1安打

●深田 4回   打者19人投球数57被安打8与四球1奪三振0失点4
 竹嶋 2回     12人   43   6   0   0  3
 辻内 2回2/3  15人   59   5   3   1  5
 村田   1/3   1人    7   0   0   1  0


【試合経過】
1回表鎌ヶ谷
陽 遊飛
村田 左飛
鵜久森 遊ゴロ

1回裏川崎
籾山 中飛
円谷 空振り三振
中井 空振り三振

2回表鎌ヶ谷
中田 三ゴロ(中井が横っ飛びで好捕)
高口 一邪飛
今浪 左安 二死一塁
渡部 中安 二死一三塁(エンドラン)
市川 左タイムリー安 鎌ヶ谷1−0 二死一二塁
杉谷 右安 渡部本塁憤死でチェンジ

2回裏川崎
田中 一ゴロ
大田 遊ゴロ
隠善 三ゴロ

3回表鎌ヶ谷
陽 中飛
村田 左安
鵜久森 左安 一死一三塁(エンドラン)
中田 中犠飛 鎌ヶ谷2−0 二死一塁
高口の初球鵜久森盗塁死

3回裏川崎
小田嶋 左飛
實松 左飛
橋本 右線二塁打 二死二塁
籾山 空振り三振

4回表鎌ヶ谷
高口 四球 無死一塁
今浪 右安 無死一三塁
渡部 中犠飛 鎌ヶ谷3−0 今浪も二進 一死二塁
市川 中飛
杉谷 中タイムリー安 鎌ヶ谷4−0 二死一塁
陽  右邪飛

4回裏川崎 鎌ヶ谷ピッチャー植村に交代
円谷 一ゴロ
中井 遊ゴロ
田中 空振り三振

5回表鎌ヶ谷 川崎ピッチャー竹嶋に交代
村田 二ゴロ
鵜久森 左安 一死一塁
中田 三ゴロ失(ファンブル) 一死一二塁
高口 中安 一死満塁
今浪 一ゴロ併殺

5回裏川崎
大田 左飛
隠善 中飛
小田嶋 四球 二死一塁
實松 空振り三振

6回表鎌ヶ谷
渡部 中飛
市川 左線ツーベース 一死二塁
杉谷 左線タイムリーツーベース 鎌ヶ谷5−0 一死二塁
陽 中越えツーラン(バックスクリーン直撃) 鎌ヶ谷7−0
村田 遊ゴロ
鵜久森 左安
中田 二飛

6回裏川崎
橋本 二ゴロ
籾山 中飛
円谷 中安 二死一塁
中井 三ゴロ

7回表鎌ヶ谷 川崎ピッチャー辻内に交代
籾山に代わりファースト山本、田中がライト、隠善がレフトに回る
高口 四球 無死一塁
今浪 遊ゴロ併殺
渡部 二ゴロ

7回裏川崎 鎌ヶ谷ピッチャー山本に交代
田中 空振り三振
大田 空振り三振
隠善 四球 二死一塁
小田嶋 右飛

8回表鎌ヶ谷
市川 遊ゴロ
杉谷 死球 一死一塁
陽 捕ゴロ ファースト封殺のみ 二死二塁
村田 二安 杉谷が本塁へ突っ込むもアウト チェンジ

8回裏川崎 鎌ヶ谷ピッチャー江尻に交代
代打仲澤 二ゴロ
橋本 遊ゴロ失(送球逸れる) 一死一塁
山本 中飛
円谷 左越えタイムリーツーベース(鵜久森目測誤る) 7−1川崎 二死二塁
中井 見送り三振

9回表鎌ヶ谷 川崎キャッチャー伊集院に交代
鵜久森 四球 無死一塁
中田 見送り三振
高口 左中間タイムリースリーベース 鎌ヶ谷8−1 一死三塁
今浪 中飛失(真正面のフライを落球)鎌ヶ谷9−1 一死一塁
渡部 左中間タイムリースリーベース 鎌ヶ谷10−1 一死三塁
市川 二ゴロ 三走生還 鎌ヶ谷11−1
杉谷 右中間ツーベース 二死二塁
陽 左タイムリー安(ショートゴロに反応できず) 鎌ヶ谷12−1 二死一塁
村田 空振り三振

9回裏川崎 鎌ヶ谷ピッチャー松山に交代
田中 中飛
大田 死球
隠善 二ゴロ ファースト封殺のみ 二死二塁
代打岩館 左安 二死一三塁
伊集院 左タイムリー安 12−2川崎 二死一二塁
橋本 四球 二死満塁
山本 右飛でゲームセット


【全体感想】
隣で野球を観始めたばかりらしいお子さんを連れたご夫婦が「もうこの子の頭には巨人はメチャクチャ弱いって入っちゃったわね〜」とぼやいていましたが、とにかくお粗末な試合でした
鎌ヶ谷の鵜久森にも一つありましたが、外野手は打球の目測を誤りまくり、内野手は強い打球に反応もできず
またピッチャーの球数も多く、だから守備が乱れるのかピッチャーのテンポの悪さが守備を乱すのかわかりませんが、とにかく悪循環でした
こんな試合でも9回裏に大田に回るので多くのお客さんが残っていたのですが、またよせばいいのに松山が初球ユニフォームかすめただけの痛くもなんともない死球
最後までどうにも締らない試合としかいいようがありませんでした

【鎌ヶ谷注目選手】
■林昌範(日)
この人が投げている間はてきぱき進んで、まさかこんな試合にあるとは思わなかったのですが
待望のサウスポーがよくやく一軍への出撃準備完了、といった感じでしょうか

■杉谷拳士(日)
こんな試合だったので印象が薄れてしまいましたが、右へ左へ4打数4安打
とにかくベンチに居ても守っていても打撃練習をしている最中でも大きな声を出し続けています
帝京出身ということで、おもわずひちょりと組んでとんねるずと絡んでいる絵を想像してしまいましたが、守備も軽快ですし陽、高口、今波、同じルーキーの中島と鎌ヶ谷の内野陣もかなり充実してきました

【川崎注目選手】
■辻内崇伸(巨)
7回、8回はフラフラしながらも切り抜けましたが、9回味方に足を引っ張られたこともあって一気に5失点
岡崎監督に肩を抱かれながら、ほとんど泣いているのではないかという表情でベンチに下がりました
ただ、以前から辻内が投げると守備が乱れることが多い印象があります
投球の間はそれほど長いとも思わないのですが、やはりボール球が多いからでしょうか、観ていてもかなりイライラさせられますし、それが野手にも悪影響を与えていると思います

■大田泰示(巨)
先日鎌ヶ谷で観た時に、サードの守備もかなりあやしいと思ったのですが、今日はショートに挑戦
正直危なっかしいどころの騒ぎじゃありません
9回には陽の真正面の強い打球にまったく反応できませんでした
打つほうでも外角の変化球はまったくバットに当たる気配もなく、プロのスピードにかなりとまどっている様に感じます


2009年04月19日 ウエスタンリーグ 広島−中日(宇部市野球場)報告者:いの一番さん

4月19日(日)
広島東洋カープ−中日ドラゴンズ(宇部市野球場)

竜 000000010  1
鯉 00010003×  4

勝:大島 4試合2勝1敗 S:森8試合1勝1S 敗:中里6試合1勝1敗
審判:PL嶋田 1B吉本 2B水落 3B坂井  記録:沢崎
観衆:1000人くらいかな
入場料(大人当日券):ネット裏2000円、内野席1500円、外野席1000円
天気:晴
風向:左→右
試合時間:2時間36分

(投手成績)
     回   打 安  振 球 責
佐藤充  7  27 3  4 2 1
中里   1/3   3 2  0 0 2
菊地   1/3   3 2  0 0 1
岩田   1/3   2 0  1 1 0
……………………………………………………
大島   8  29 4 10 2 1
森    1   4 1  1 0 0

(試合経過)
△1回表
谷が右前打で出塁、中村一の送りバント、中村公の右飛で二死三塁としたが、李は二ゴロ。

▼3回裏
中谷が投ゴロの後、吉田が四球で出塁。大島は3球目を送りバント、打球を捕ったキャッチャー前田が一塁へ悪送球し、
一死二、三塁のチャンス。しかし末永は浅い左飛。松本は三邪飛。

▼4回裏
攻撃前にベンチ前で円陣が組まれる。
廣瀬が左前打で出塁したが、岩本、松山とも遊飛で二死一塁。會澤への2球目に廣瀬は二塁に成功。
會澤は4球目を右前打し、廣瀬が生還、広島が1点を先制。中谷は二ゴロ。

△8回表
堂上直が三振の後、柳田が四球。ここで山内コーチがマウンドへ行き、間を取る。
代打平田は三振、代打英智は四球で二死一、二塁。ここで谷が左前打を放ち、柳田が生還、1−1となる。
なおも二死一、二塁で中村一が左前打、英智は本塁を狙ったが、レフト鞘師の好返球でタッチアウト。

▼8回裏
中日の投手が中里に交代。
鞘師が中飛の後、松本が右中間へ安打を放ち、センター中村一の緩慢な動きを衝いて二塁へ(記録は二塁打)。
廣瀬は左中間突破の三塁打で松本が生還、2−1と広島が勝ち越し。
中日は投手を菊地に代えたが、代打井生の右前打で3−1(代走中東)。松山はショート強襲安打で一死一、二塁。
會澤の一ゴロで二死一、三塁となり、投手が岩田に交代。
代打田中は四球で二死満塁。吉田への3球目を岩田が暴投し、中東が生還、4−1となる。吉田は結局三振。

△9回表
広島の投手が森に交代。
中村公の三塁線への打球を松山が好捕し一塁へ送球したがセーフ(内野安打)。
李は三振、デラロサは左飛、堂上直は三ゴロで試合終了。

(選手評等)
■佐藤充(中)
7回を1失点に抑える好投で、大島とともに投手戦を演出。この調子を持続して1軍を狙いたいところ。

■中里篤史(中)
先頭の鞘師に大きな中飛を打たれた後、連打を浴びる。打ちごろのところに投げてばかりでは降板もやむを得ない。

■李炳圭(中)
4番に起用されたが、4打数無安打でいいところなし。試合前の練習ではスタンドまでボールを打ち込んでいたのだが。

■デラロサ(中)
こちらは5番に起用されたが、李と同じく4打数無安打とブレーキ。
また、8回裏、松山のショート強襲安打は真正面の打球。強い当たりだったけど捕ることはできなかったのかな。

■大島崇行(広)
初めて彼のまともな投球を見たような気がする。
8回は疲労のためか失点したが、7回までは直球、変化球とも要所に決まり、中日打線を寄せ付けなかった。
1軍には左の中継ぎ投手が不足しているので、今年こそ戦力になってほしい。

■會澤翼(広)
打撃好調でファームレギュラーの座をつかみつつある選手。
この日も2安打と活躍。全力疾走や次の塁を狙う積極的な走塁も目についた。
1軍捕手陣に故障者が出た場合、昇格の可能性もあると見た。

■松山竜平(広)
昨年筆者が見に行くと打たなかった松山。この日は4打数1安打。今年は打ってくださいね。
守備ではサードに就き3つの打球をさばいたが送球が不安定。やっぱり見ていて怖い。

■松本高明(広)
8回裏、センターの緩慢な動きを見て単打を二塁打にした走塁は見事。これが勝ち越しにつながった。

■廣瀬純(広)
2安打1盗塁で勝利に貢献。ウエスタンでは格が違うように見えるが、どうして1軍では結果が出ないのだろう。

■鞘師智也(広)
5回裏に末永がバットを1回も振らず三振したため懲罰交代。
しかしこれが結果的によかった。8回表、鞘師は好返球で本塁を狙った英智を刺しチームに貢献。
末永が守っていたらセーフになっていた気がする。

(その他)
■審判員・記録員御一行
試合後に球場前にいたら吉本さんがラフスタイルで現れ、近くの駐車場から広島ナンバーの車を出してきた。
そこへ残る4人がスーツ姿で出てきて車に乗り込みいずこかへ去って行った。
なぜ吉本さんだけラフスタイルなのか、車は誰のものなのか、謎である。

■当日の情景
スタンドの開門時間はネット裏が9時と早かったが、他は11時。打撃練習の時間と関係しているのかも。
球場で売っていたものは…
飲み物、肉うどん、鶏唐揚、フライドポテト、ギョウザ等。弁当の販売はなし。
その他、地元宇部市の業者が製造した「カープ竹輪」なるものがあったので購入。
パッケージにカープ坊やが印刷されているだけで、中身は普通の竹輪だった。

ファンの割合は広島7〜8、中日2〜3というところか。
しかし、好プレーにはチーム関係なく声援が送られ、たまにしか来ないプロ野球を楽しんでいる感じであった。


2009年04月13日 イースタンリーグ 日本ハム−楽天(鎌ヶ谷)報告者:しじゅうしさん(HP:元当直員しじゅうし(44!)の日記

4月13日イースタンリーグ公式戦(ファイターズスタジアム鎌ヶ谷)

E |000 000 110 10 |3
F |001 100 000 10 |3

E  川井、吉崎、チルダース―山本
F  吉川、星野、林、金森―渡部
審判 PL長井 1B工藤 2B山崎 3B山口
観客 1261人

利府イーグルス
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回
(8) 聖澤諒   5020 四球  三振  中安  捕安  遊ゴ  空振
(6)75塩川達也 5000 中飛  二ゴ  二ゴ  投犠  空振  三ゴ
(9) 山崎隆広  3011 四球  中安  四球  右犠  右邪  空振
(3) 森田丈武  5110 右邪  三ゴ  遊直  遊ゴ    中安
(4) 枡田慎太郎 4110 左飛    右飛  四球  中安  二ゴ
(D) 中谷仁   4010   空振  一飛  空振  左安
 RD7平石洋介  1010                   左安
(7) 楠城祐介  3020   左二  右二  右飛
 H6 西村弥   0000               三犠  四球
(5) 中川大志  4011   左安  三ゴ  二ゴ  右犠  空振
 1  チルダース 0000
(2) 山本大明  5110   投併    二飛  右安空振  遊ゴ

          投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
   川井貴志   8   35 141 4 1 6 5 2 2
   吉崎勝    2    9  38 2 1 3 1 1 1
   チルダース  1    4   5 1 0 0 0 0 0


鎌ヶ谷ファイターズ
          打得安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回
(9) 村田和哉  3000 四球  二ゴ  死球  左飛  三振  投犠
(4) 今浪隆博  6011 二併  投安  投ゴ  中飛  二ゴ  二飛
(7) 鵜久森淳志 5111 三失  右飛  遊ゴ    四球  左本左直
(3) 中田翔   4121 空振    右本空振    四球  右安
(D) ボッツ   3000   投ゴ  一邪  三失
 RD 大平成一  0000
 HD 尾崎匡哉  1000               投ゴ  投犠
(5) 高口隆行  3010   中飛  振逃  投犠  右安  敬遠
(2) 渡部龍一  5000   三ゴ  三ゴ  三ゴ  左飛  空振
(8) 佐藤吉宏  4110     中安四球  二ゴ  空振  空振
(6) 中島卓也  2000     三犠空振  三振
 H6 陽仲壽   2010               右飛  中安

          投球回 打者 投球数 安 本 振 四 失 責
   吉川光夫   5   22  90 5 0 2 3 0 0
   星野八千穂  2    9  27 2 0 1 1 1 1
   林昌範    3   14  62 4 0 3 1 2 2
   金森敬之   1    3  17 0 0 2 0 0 0


盗塁  聖澤  (5回 打者塩川 :1球目に二盗)
    村田  (5回 打者今浪 :1球目に二盗)
暴投  星野  (6回 打者中谷 :3球目、一塁走者枡田が二進)
    林   (10回 打者中川 :7球目、三塁走者森田が生還、一二塁走者はそれぞれ進塁)
捕逸  山本2 (4回 打者高口 :投手川井の8球目、打者高口は振り逃げ)
        (4回 打者佐藤 :投手川井の?球目、一塁走者渡部は二進)
失策  中川2 (1回 打者鵜久森:グラブより落球)
        (6回 打者ボッツ:捕球できず)
    山本  (5回 打者今浪 :村田の二盗時に二塁に悪送球、村田は三進)
残塁  E11、F12

得点経過
3回裏 0−1 二死三塁から、今浪がピッチャー強襲のタイムリーヒット
4回裏 0−2 この回先頭の中田が、右中間スタンドにソロホームラン
7回表 1−2 一死二三塁から、山崎隆がライトに犠牲フライ、三塁走者山本が生還
8回表 2−2 一死二三塁から、中川がライトに犠牲フライ、三塁走者枡田が生還
10回表 3−2 二死満塁から、中川への7球目に林がワイルドピッチ、三塁走者森田が生還
10回表 3−3 この回先頭の鵜久森が、レフトスタンドポール際にソロホームラン

選手寸評
■吉川光夫(日)
5回を無失点に抑えるも内容は散々。制球が悪いのは相変わらずで、5回で90球は明らかに多すぎ。荒れ球なのは魅力の一部ではあるんですが、もう少し球数を抑えないと一軍の先発ローテは遠い。

■林昌範(日)
移籍後初見。ジャイアンツ時代から定評だったとおりストレートやフォークに威力はあるものの、ストライクとボールがはっきりしていて狙い球を絞られてしまっていた印象を受けました。一軍登板にはもう少し時間がかかりそうです。

■鵜久森淳志(日)
10回に起死回生の同点ホームランを放つ。スタンドも敗色濃厚な雰囲気になっていたところに、それを一撃でかき消す見事な本塁打でした。予想通り(泣)糸井の調子が落ちてきたので、そろそろ上での活躍が見たい選手。

■中田翔(日)
4月に入ってから打撃が上向いて来ていて、この日も4回に弾丸ライナーのホームランを叩き込む。守備の負担が減っていることが打撃好調につながっているのかと思います。個人的には19歳の若さで守備位置が一塁かDHしかないというのは、ちょっと将来的には厳しいような気がしますが。

■川井貴志(楽)
若干バックのまずい守備に引っ張られてしまった感はありますが、要所要所を締め8回を4安打2失点と先発として十分合格点のピッチング。そうではあるのですが、いくら2軍戦とはいえ140球も投げさせた采配に疑問は残ります……

■中川大志(楽)
ドラフト2位ルーキー。2回のきれいにレフト前にもっていったヒットをはじめとする打撃には目を見張りましたが、守備では内野手泣かせの鎌ヶ谷グラウンドの魔の手にとらわれてしまい2失策(ちなみに翌日も2失策)。


2009年04月12日 イースタンリーグチャレンジマッチ フューチャーズ−湘南(ベイスターズ)報告者:WIZさん/子連れさん

■報告者:WIZさん

2009年4月12日(日)
4/12(日)イースタン・リーグ チャレンジマッチ フューチャーズ−湘南 ベイスターズ球場(13:00開始)

審判:PL山崎、1B鈴木、3B工藤
試合時間:2時間14分(正式記録ではありません)
観客数:約150名

【スコア】
                     R   H  E
湘     南 000 000 001  1   4  0
フューチャーズ 000 021 000  3   7  0
※特別ルールで9回裏まで実施。

【投手継投】
湘     南 ●佐藤(5回)−三橋(1回)−高宮(1回)−松家(2回)
フューチャーズ 朱(4回)−○辻内(2回)−植村(2回)−浅沼(1/3)−木本(2/3)

【得点経過】
 5回裏(フ) 一死2塁で斉藤、ライトスタンドへ2ラン(フ2−0湘)
 6回裏(フ) 二死1塁で山本、レフトオーバー2ベースタイムリー(フ3−0湘)
 9回表(湘) 一死1・3塁で下園、センターへ犠牲フライ(フ3−1湘)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。

【フューチャーズ参加選手】
投手 :24朱(西)、34植村(日)、43辻内(巨)、64木本(ロ)、66浅沼(日)
捕手 :10佐藤弘(巨)、41伊集院(巨)
内野手:7山本(巨)、8福元(巨)、78生山(ロ)、79吉田(M)
外野手:25斉藤(西)、76大谷(ロ)、77佐藤賢(ロ)


【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
3B 北   二ゴ  空振    二ゴ  四球          300000110
SS 野中  二ゴ    三ゴ  投ゴ  三ゴ          400000000
1B 高森  左飛    右飛  二ゴ    右飛        400000000
DH 新沼    左飛  四球                  100000010
R  呉本              捕飛            100000000
DH
DH 下窪                  右2        110100000
2B 北川    二ゴ  空振    二ゴ  中安        410000100
RF 関口    遊ゴ    右飛  左安            310000000
H  下園                  中犠        001000000
LF
C  杉本      三ゴ  空振  二飛            300000100
H  黒羽根                 空振        100000100

CF 坂本      中安  四球    空振          210001110
LF 桑原義     三直  空振    遊ゴ          300000100


<フューチャーズ>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 生山  空振  空振    遊ゴ  空振          400000300
2B 吉田  遊ゴ    二ゴ  一ゴ  遊ゴ          400000000
3B
CF 佐藤賢 空振    三邪  右安  空振          410100200
3B 山本    三安  右飛  左2    投ゴ        421000000
1B
DH 福元    左飛    捕飛空振    遊ゴ        400000100
2B
LF 大谷    中安    左2  二飛  空振        420100100
RF 斉藤    空振    右本  一安            322110100
C  伊集院     遊ゴ  二ゴ  空振            300000100
1B
1B 佐藤弘     見振  見振  二ゴ            300000200

DH
※7回、斉藤の一安→ファーストフライを高森目測誤り落球。エラーにならずヒットに。


【投手成績】
<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●佐藤     5回   18  4  0  6  2  2
 三橋     1回    5  2  0  1  1  1
 高宮     1回    4  1  0  1  0  0
 松家     2回    6  0  0  3  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 朱      4回   14  1  1  2  0  0
○辻内     2回    7  0  1  2  0  0
 植村     2回    8  1  1  1  0  0
 浅沼    1/3    1  0  0  0  0  0
 木本    2/3    4  2  0  1  1  1

【その他】
■盗塁成功
 <湘     南>坂本:3回、一死1塁で打者桑原義の初球。
■盗塁失敗
 <フューチャーズ >山本:2回、無死1塁で打者福元の1−2からの4球目。


【試合展開】
試合が動いたのは5回、フューチャーズは大谷がレフトへ2ベースを放ち、この試合初めて
得点圏に走者を出すと斉藤がライトスタンドへホームランを放ち2点を先制します。
さらに続く6回にもこの回から登板した三橋を攻め、佐藤賢がライト前で出塁すると、山本は
レフトの頭を越える長打で佐藤賢が一気に生還し中押しします。
湘南は走者を出しながらも得点を挙げることが出来ず、9回に一死1・3塁から代打下園が
センターへの犠牲フライを放ち1点を返すのがやっとでした。


【選手感想】
<湘南>
■佐藤祥万(湘)
 今季初観戦となりました。今季はこれまで失点を重ねる不本意な投球が続いていたようですが
 この日は球威もまずまずで外角のストレートが生きて三振を量産し、やっと本調子に戻ってきた
 と感じたのが大きな収穫でした。だいぶ飛ばしたのか、5回に斉藤に一発を喰らったのが唯一
 残念でした。

■高宮和也(湘)
 今季やっと初登板。
 被安打1は高森がファーストフライを落球(グラブに触れていないので記録はヒット)したもの
 なので結果的には4人全て打ち取りました。
 しかし昨年終盤に見せた抜群の球威、変化球のキレには遠く及ばない内容。
 どんどん投げ込んで本調子を取り戻して欲しいところです。

<フューチャーズ>
■山本和作(巨)
 先日の横須賀で大田に代わり途中出場しプロ初ヒットを放ったことで自信が出たのでしょうか。
 この日もその打棒が花開き3打席目は三橋の甘いストレートを思い切り引っ張ると、レフト頭上
 を超える貴重なタイムリーを放ちました。

■斉藤彰吾(西)
 先制の2ランはライトフライかと思いきや、やや風にも乗ってスタンド後方のネットに突き刺さる
 大飛球となりパワーを見せつけました。
 さらにこの人のもう一つの魅力は強肩。ライトファールゾーンから球威が衰えることなくセカンドへ
 突き刺さる送球は凄いの一言です。

■朱大衛(西)
 1年半ぶりの観戦となりました。その頃と比較すると制球力は格段に向上しました。
 4回まで試合を作っただけでも大きな成長と感じました。
 苦言を呈するなら後ろ髪を伸ばし茶髪にするのはもう少し結果を残してからにして欲しいと
 おじさんは思います。

■辻内崇伸(巨)
 ルーキー時代以来の観戦となりましたが、よく怪我との戦いに負けずここまで来ました。
 球威はルーキー時代とは比べものになりませんが、それなりに走ってました。
 そして新球カーブが有効的に使えていたの大きかったと思います。球威が戻ってこのカーブが
 使えるようになると大きいですね。


【長浦情景】
一巡して13勝4敗とスタートダッシュに成功した湘南は小休止に入り、この週末は本日の
チャレンジマッチ1戦のみとなりました。
そういうこともあり出場機会の少ない杉本、坂本、不振中の桑原義、野中、病み明けの新沼と
いった面々がスタメンに名を連ねたこともあり打線は活気がなく、あっけなく敗戦となりました。
ハナから勝負度外視で臨んだ結果か、本当に下降気味に陥ってきたのか若干気になる内容でした。
その中で下窪に彼らしいパワーを生かした打撃と、野中に粘りの打撃が戻ってきたのが光明でした。

そしてもう一人。
見た目は「湘南の真中さん」と言ってもいいほど下半身の肉付きがよくなった村田修一選手が
試合前のウォーミングアップ、守備練習に加わっていました。
この日はベンチで若手の激励に務めていたようですが、早ければ浦和遠征から帯同、出場するかも
しれません。その際はぜひ湘南の勝利に貢献し、それを土産に関内に戻って頂きたいところです。

日差しが厳しく顔が焼けた一日でした。
本日観戦された皆様、お疲れ様でした。



■報告者:子連れさん

ELチャレンジマッチ FT Vs 湘南 1回戦 4月12日(日)13:00 長浦

※詳細はすでにWIZさんに詳しいので、相変わらずな雑感を・・

     『雑 感』
        久しぶりの長浦でした。塗装が疲れていたベンチは塗り直され、
       素肌にざらつくこともなく心地よくなっていました。隣の森からは
       だいぶ鳴き声のうまくなった鶯の良く通る声が軍港に流れていまし
       た。
        さすがに総合練習場だけあって、「よく見ない仲間たち」の姿も
       あり、大阪部長さんの下を離れて婿入りした加藤康介も元気そうに
       復帰を目指していました。ご安心ください。リハビリに励む斉藤秀
       や、WIZさんも触れていましたが、村田の姿もあり、ファンだけ
       でなくFTの若手も打撃練習する姿へ羨望の眼差しを向けていまし
       た。すり足気味に歩く姿を真中さんとWIZさんは優しく形容され
       ていましたが、浴衣着せて両国界隈を歩かせたいと私は観ていまし
       た。復帰はもう少しでしょうか、たっぷりと湘南の公式戦に貢献し
       てから、土俵にでもどこへでも戻っていただきましょう。

        「見ない仲間たち」にも入っていない連中は、軍港に浸されてい
       るのでしょうか。最近引き上げられたらしい左腕高宮が久しぶりに
       登場でしたが、普通の左腕になっていて、切れも鋭さも抜け球すら
       なく、ふりだしからサイコロを振り始めていました。何だかんだと
       ココでコケにされながらも、「期待できますよ」とスタンドで眺め
       ていた勢いは全くありませんでした。これからの登板で取り戻して
       くれるでしょうが、徐々に腕が下がってくるようでは心配です・・
       「染田を思い出すな」とスタンドではささやく方もありましたが、
       お前のせいで落としたじゃねーか!長浦へ引込んでいろ!と我々を
       再び叫ばせる復帰を期待して、しばらく待つことにします。

        FTの打撃練習が始まってしばらくすると、湘南のベンチから鈴
       木尚典コーチがあらわれてゲージの後ろに。今日は鈴木コーチがF
       T入りかなと思わせた光景、練習を終えた所沢の若武者斉藤を呼び
       止めてアドバイス。キョトンとする左打ちの斉藤に、右足の踏み込
       みをジェスチャー交えて静かに語り、再びゲージに。神のお告げを
       受けたのか理解出来なかったのか、キョトンとしたまま斉藤も下が
       らざるを得ずでした。その斉藤が試合で2ランホームラン。鈴木コ
       −チのお告げが功を奏したとして、小柄ながらも良い振りをしてい
       ました。目立つ選手ではありませんが、なかなか楽しみな選手です。
       WIZさんも目を付けていた肩の力もあり、迂闊に進塁出来ないぞ
       と思わせたのも魅力です。今年の所沢戦の見方が拡がる、楽しみな
       お土産を得たのでした。口数少ないだけに、鈴木コーチの指導には
       凝縮された濃さがあるのでは・・と私なんぞは思うのですが。それ
       にしても、結局FTへは井上コーチがいつもの通り入り鈴木コーチ
       は湘南のままを思うと、他選手へ過度にならぬ助言をしていたのは
       良い光景でした。

        ELの成績に関係ないながらも、勝ちに慣れていたこの頃への負
       けは悔しいものでした。浦和ーマリンー山形と外試合がつづく今週
       ですが、「内弁慶」とかつては言われた湘南にならずに、口汚い我
       々が待つ球場へ戻って来て欲しいと願っているのです。
        「がんばってください」とファンの方から声を掛けられた山崎審
       判が「(バカにするな!まだ若いぞ!の思いを込めて)ハイ。がん
       ばりますよ」と答え、見逃し三振時のジェスチャーをカッコ良く決
       めていた、長浦でのFT初戦でした。


  ■掲示板@2軍愛■