【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2009年05月12日 イースタンリーグ 湘南−楽天(平塚)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs利府 7回戦 5月12日(火) 18:00 平塚
        <結 果>              R H E
           利 府 300 000 100 4 8 3

           湘 南 010 000 001 2 11 1  利府4勝3敗

          (勝)松崎6試合2勝2敗 (S)チルダース15試合1敗3S

          (負)阿斗里7試合3敗

回 打 安 責         回 打 安 責
 「継 投」利府  松 崎  5 27 6 1  湘南 阿斗里 5 24 5 1

          青 山  2 8 2 0     加藤武 1 3 1 0

          吉 崎  1 3 1 0     加藤康 1 4 1 1

         チルダース 1 4 2 1      秦  2 7 1 0


    ※ 暴投 湘南2 阿斗里 1回表打者 中谷2−3の7球目 3塁走者生還

             加藤康 7回表打者 河田5球目 3塁走者生還

      捕逸 利府1 5回裏 (捕)中谷 (投)松崎 黒羽根の2球目 走者進塁

 「得点経過」
       1回表 利府
             1点 一死2塁で磯部の右中間タイムリー2塁打

             1点 二死2塁、三ゴロを北が1塁悪送球

             1点 二死1−3塁、打者中谷2−3から阿斗里 暴投

       2回裏 湘南
             1点 一死2−3塁、桑原義レフト前タイムリー安打

       7回表 利府
             1点 二死3塁、加藤康 河田への5球目 暴投 ※残念・・
               ※(捕)黒羽根の捕逸と観ましたが、正式記録です。

       9回裏 湘南
             1点 試合終了後に正式に発表がありました。
                一死1−3塁、北の1塁ゴロを(一)森田が取り
                そのまま1塁ベースへタッチ。その後2塁へ送
                球して併殺。この間に、3塁走者が生還。
                チルダースに自責1がつきました。

     <アンパイヤー・記録員>
        PL・大和貴弘 1B・本田英志 2B・原信一朗 3B・木内九二生

        記録員/伊藤 亮

         <試合時間>3時間3分(18:00〜21:03)

         <観  衆>881名  ※野球観ない、子供ばかり・・・
                      何とかしてください。

       『雑 感』
          パイロット平塚工場の薔薇が見事に開いていました。桜の次は
         薔薇と、公道に面した工場の配慮は、毎年思うのですが立派です。
         ココと総合公園内のバラ園を楽しみに訪れる方々が多いと、観光
         協会の方に伺ったことがありました。今秋は、富山産の植物を優
         勝記念に植樹してもらおうと、場所まで定めた馬鹿親父でした。

          試合・・「1番松本・2番仁志は無視し、7人体制+吉見で」
         と冗談で以前書いたのですが、関内へ勝手に行った吉見はともか
         く、冗談ではないですよの内容でした。2回裏一死満塁で松本K、
         仁志二飛。ランナーのいない二死の4回裏では、松本センター前
         仁志ライト前にそれぞれヒット。6回裏1番からの攻撃では、松
         本投ゴロ、仁志一ゴロ・・8回裏無死1塁(野中)で、松本遊併殺
         仁志右飛。我が道を歩む、愛鷹ではベンチ座りの、下園の3安打
         が空しく響いていました。ついでに、代打で出た北川も・・

          5回→3回と投げる度に突如失速する阿斗里が先発の湘南、こ
         の日は1回に失速。1回表、一死後西谷四球1塁、磯部はいとも
         簡単に右中間タイムリー2塁打。巨漢で受け止めた河田の投直で
         二死も、山崎隆の三ゴロを北が悪送球で2点目。森田の右安打で
         1−3塁となり、フルカウントの中谷へ暴投振り逃げと。これで
         3点目。「私も参加させてください」と叫んだ、一人野球の1回
         でした。

          松本と仁志が、松崎を攻めていれば良かったのですが、ファン
         期待も空しく展開。青山ーあっちむいてほいーチルダースに薬缶
         のタコでした。あと一振りで松崎崩壊必至だったのですが、「運」
         は吉見が関内へ持ち去ったのでしょう。そういう奴です・・
          11安打で1点、そんな試合でした。富山への道は険しいです
         ね・・妙義山の岩にパンツが引っ掛かり、吊るされてうなだれた
         思いで、「舐めさせますよ」の呼び込みスルーして、改札を入っ
         たのでした。平塚は、そんな街です。

      
『今日の、加藤康介(湘)

          7回表登板(毎度お馴染みの、サングラスだかを掛けていました)

        平 石 ● 邪 邪 左中間2Bヒット

        西 谷 ● 捕犠 (一死3塁)

        牧 田 ● 邪 振 ● 振
       (まきだ)

        河 田 振 ● ● 見 暴投(責1) 振
       (かわた)

         誠に、残念な失点自責でした・・しかし、流石でしたのは、
        低めに集めて、あら!?っとした顔(サングラスながら)で
        ストンと落とす球が鋭く、関内なんぞへやるよりも、他での
        活躍も期待できるまで、持ち上げて来ていました。頑張れ!


      <こんな場面>

      松井監督の抗議
           2回裏、外低めの松崎(に、限らず)の球に対する判定
          散漫な大和球審へ「どっちなんだ」的な抗議。大和球審
          は球道を右手で説明して、一言残してベンチへ。その後
          も判定は動かさず、投手はそこを捨て、穏便に。

      下園(左打)死球
           4回裏、松崎(左投)のすっぽ抜けが激突。かなり痛そう
          でしたが、そんなこと言えない状況だから、1塁へ。右
          腕上腕部か、谷マタギでの、右肩下あたりでした。私は
          痛くないので、大したことはないでしょう。

      スクイズ失敗
          湘 南(野中)
5回裏一死満塁。S1の2球目を失敗。3塁走者下窪
          は野中を信じて本走し狭殺。岩井先輩時代なら分かりま
          すが、オバQさんがスクイズには、驚いてペンを落とし
          ました。

          利 府(西村)
   6回表一死3塁。S1B2の5球目を失敗。3塁走者
          中谷あえなくOUT。補足ですが・・四球で出た西村は
          牽制死。


2009年05月12日 イースタンリーグ ヤクルト−巨人(戸田)報告者:あわてんぼーさん(HP:続!あわてんぼーのブログ

 試合開始13時1分終了15時53分試合時間2時間52分
 球審市川1塁有隅3塁石山記録員荒木
 戸田(2勝2敗)観衆300人
                    R  H  E
 巨  人 012 000 001   4 10  4
 ヤクルト 000 001 101   3  6  3

 勝久 保1勝       本塁打 斉藤1号(6回右中間久保@)
 S藤 田1S           城石2号(9回左翼藤田@)
 負山 本2敗

 2塁打 實松(4回)川端(5回)
 盗塁 工藤(4回)三輪(7回)橋本(9回)
 盗塁死 田中(3回)志田(8回)
 暴投 久保(7回)
 失策 巨  人4 クルーン(1回)円谷(4回)大田(5回)田中(7回)
    ヤクルト3 三輪(2回)川端(7回)新田(9回)
 併殺 巨  人0
    ヤクルト1(三輪-鬼崎-吉本)1回橋本

 1回表(ヤクルト投手山本、捕手米野)工藤中前安打、橋本二塁ゴロで4-6-3とわたり併殺、大田三振(巨人0)
 1回裏(巨人投手クルーン、捕手實松)上田遊邪飛、三輪左飛、梶本四球、斉藤の時投手クルーンの1塁牽制が悪送球となり梶本3塁進塁、結局斉藤は左飛(巨人0)
 2回表 田中四球、加治前中前安打で1,2塁、アルフォンゾ二飛、古城二塁ゴロ失で満塁、實松死球で押し出し田中生還、円谷右飛、工藤投ゴロ(巨人1)
 2回裏 志田遊ゴロ内野安打もオーバーランしアウトになる、米野遊飛、川端二塁ゴロ(ヤクルト0)
 3回表 橋本、大田共に中前安打で1,3塁、田中一塁線にポトリと落ちる安打で橋本生還なお1,3塁、加治前左犠飛で太田生還、アルフォンゾ三振、古城の時1塁走者田中投手山本の牽制球に誘い出されアウトになる(記録は盗塁死)(巨人2)
 3回裏(巨人投手久保)吉本三振、鬼崎左邪飛、上田中飛(ヤクルト0)
 4回表 古城捕邪飛、實松左中間2塁打、円谷一塁ゴロで實松3塁進塁、工藤、橋本共に四球で満塁(工藤、橋本の時2塁盗塁成功)大田三振(巨人0)
 4回裏 三輪遊ゴロ、梶本遊ゴロも円谷1塁へ悪送球(ワンバウンドした球を後ろに逸らす)斉藤投前送りバント成功し梶本2塁進塁、志田遊ゴロ(ヤクルト0)
 5回表 田中投手強襲安打、加治前三振、アルフォンゾ中飛、古城、實松共に左前安打で實松の安打で田中7−2とわたり本塁タッチアウト(巨人0)
 5回裏 米野三塁ゴロ失、川端右翼線2塁打で2,3塁、吉本遊ゴロ、鬼崎、上田共に中飛(ヤクルト0)
 6回表(ヤクルト投手八木)円谷左飛、工藤一塁ゴロ、橋本三振(巨人0)
 6回裏 三輪遊ゴロ内野安打、梶本の時三輪、久保の牽制球によりアウトになる、梶本は結局一塁ゴロ、斉藤右中間本塁打、志田死球、米野遊ゴロ(ヤクルト1)
 7回表
(ヤクルト投手橋本、三塁から遊撃川端、遊撃から三塁鬼崎)大田三振、田中三直、加治前遊ゴロも川端1塁へ悪送球(4回裏のプレーと同様)アルフォンゾに代打小田嶋遊ゴロで6−4とわたり加治前2塁封殺(巨人0)
 7回裏 川端一塁ゴロ失、吉本遊ゴロ内野安打で1,2塁、鬼崎の時久保の暴投で2,3塁となる、結局鬼崎は三振、上田二塁ゴロで川端生還なお3塁、三輪四球で1,3塁、梶本の時三輪2塁盗塁も結局三振(ヤクルト1)
 8回表 (ヤクルト捕手新田)古城バント安打を試みるも一飛、實松三塁ゴロ、円谷三振(巨人0)
 8回裏(巨人投手オビスポ)斉藤遊直、志田四球、新田の時志田2塁盗塁失敗、結局新田は右飛(ヤクルト0)
 
9回表(ヤクルト投手花田、三塁から二塁鬼崎、中堅から三塁梶本、二塁から中堅三輪)工藤一塁ゴロ、橋本中前安打、大田の時橋本2塁盗塁成功と新田の悪送球により橋本3塁進塁、大田は結局遊ゴロで橋本生還、田中右飛(巨人1)
 9回裏(巨人投手藤田)川端三塁ゴロ、吉本右飛、鬼崎に代打城石左翼越え本塁打、上田三振(ヤクルト1)


 打撃成績
    巨 人  打安点    ヤクルト 打安点
   H工 藤  410   H上 田  501
   G橋 本  420  C8三 輪  310
   D大 田  511  G5梶 本  300
   B田 中  421   D斉 藤  311
   F加治前  311   F志 田  210
   Dアルフォン300   A米 野  300
  HD小田嶋  100   2新 田  100
   C古 城  410  D6川 端  410
   A實 松  321   B吉 本  410
   E円 谷  400 E54鬼 崎  300
   計     35104   H城 石  111
               計     3263
 注:アルフォンとあるのは、アルフォンゾ

 投手成績
 巨 人   投回   投数  被安 四死 三振 失点 自責
 クルーン  2    24   1  1  0  0  0
○久 保   5    88   4  2  3  2  2
 オビスポ  1    12   0  1  0  0  0
S藤 田   1     9   1  0  1  1  1
 ヤクルト  投回   投数  被安 四死 三振 失点 自責
●山 本   5   105   9  4  4  3  2
 八 木   1    11   0  0  1  0  0
 橋 本   2    21   0  0  2  0  0
 花 田   1    13   1  0  0  1  0

 戦評
 今日の試合の内容は、酷かった。両軍合わせて7つもエラーが出ると言う・・・。
 それプラス、チャンス見逃し三振連発・・・。
 今日の試合は、ただ試合を消化しただけの試合でした。
 それ位酷い試合でした。見るべきものは、クルーン投手が先発登板した事位かな?
 したがって、今日の試合のMVPはありません。

 あわてんぼーが選んだ注目の選手

■マーク・クルーン(巨)
 右手中指を痛め1軍選手登録を抹消されていたが、今日戸田球場で復帰・調整登板を果たした。
 巨人軍担当の各スポーツ紙記者が、ネット裏で取材してました。
 で、内容は?
 最速154キロの球を投げたそうだが、あまり速く感じられませんでした。
 クルーン投手のストレートってこんなものなの?と、思う位速く感じられませんでした。
 制球難は、相変わらずで力んで高目に浮いたり、引っ掛けてワンバウンドしたりと・・・。
 制球難は、直らないでしょう彼の場合は。
 彼らしい球(速球)は、2回表志田選手への初球だけでした。
 この球が、最速の154キロでは?と、思われるかもしれないけれど、1回裏に記録されたと言う事なので、違うみたいです。

■大田泰示(巨)
 がっかりだな〜彼のバッティングには。
 と言うのは、3回無死1塁の場面で、1塁走者橋本選手がスタートを切った時のバッティングに、残念です。
 結果は、安打を打ちました。左前に・・・
 でも、当てに行ったバッティングなんですよ。これが残念でならない。
 豪快に、思い切ったバッティングを期待していたのに・・・。
 喩えそれが三振であっても、構わない。
 相手投手のどれだけの脅威を与えられるか、空振りしたけれど振りがシャープだなと、相手に思わさなくてはいけないのに・・・。
 それが原因かは定かではないけれど、4回2死満塁で2−0からの3球目を見逃し三振に倒れたのも残念な結果だ。
 彼には、日本を代表するスラッガーに育ってもらいたいので、細かい事(ヒットエンドランやスチール時の援護の空振り)をさせず・・・
 思い切ってバットを振らす手立てを巨人首脳陣は、やってほしいと思います。
 守りでも、エラーを犯してしまったけれどまだまだひよこ。
 動きが悪い。
 1軍の桧舞台に上がるには、相当時間を要しそうだ。

■山本斉(ヤ)
 今日ヤクルトの先発投手は、彼だった。
 彼の事をこの掲示板で初めて書いたのは、昨年の8月31日に神宮球場で行われた同じ巨人戦(この試合はノーゲーム)だった。
 昨年の今頃は、戸田の河川敷で階段を走って昇り降りするトレーニングをしていた。
 そんな彼が、どういう投球を観せてくれるのか?楽しみにしていたが、ストレートに速さを感じる球も有ったが、変化球の制球がままならず・・・
 変化球を投げる時に、投球フォームが緩む・・・腕の振りが鈍ってしまう。
 それでは、1軍で通用しない。
 それと、投げる事が精一杯で他の事がプロの域に達していない。
 相手に癖がバレテしまっているのか、簡単に1塁走者がスタートを切っていた。
 そこらへんを修正しないと、1軍では通用しません。
 ストレートの速さに魅力があるのに、それ以外は・・・
 高校を卒業して2年目だし、2年先3年先を見越しての起用だから長い目で見ていくしかないと思います。
 今日の試合の経験が、2年後3年後生かされるか?楽しみです。


2009年05月10日 イースタンリーグ 楽天−日本ハム(利府)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2009年5月10日(日) 鎌ヶ谷VS利府(利府)
天候:晴 試合開始:13時 試合時間:約3時間 観客951
審判:主審長井 一塁山口 三塁山崎 公式記録員:伊藤

鎌ヶ谷 100 200 100|4
利府  000 001 000|1

【成績】公式記録ではありません
また投手の失点は自責点ではなく、その投手の時に入った得点です

鎌ヶ谷
(遊)  陽   5打数1安打
(二)  中島  5打数ノーヒット
(指)  小田  4打数1安打1本塁打2打点
 打 指 尾崎  1打数ノーヒット
(一)  中田  4打数2安打
(三)  今浪  3打数2安打
(右)  鵜久森 4打数1安打1本塁打2打点
(捕)  今成  4打数ノーヒット
(中)  市川  3打数2安打
(左)  大平  2打数1安打
 走 左 佐藤  1打数ノーヒット

○土屋 6回打者26人投球数100被安打6与四球2奪三振5失点1
 山本 1回   4人    14   0   0   1  0
 星野 1回   5人    30   1   1   2  0
S江尻 1回   3人     6   0   0   0  0

利府
(遊)二遊 西村  5打数1安打
(右)左  平石  5打数1安打
(中)   山崎隆 3打数2安打
(指)   大廣  4打数ノーヒット
(一)   河田  3打数1安打
(左)   楠城  3打数ノーヒット
 右    牧田  (1四球)
(二)   枡田  2打数ノーヒット
 打 遊三 森田  2打数1安打1打点
(三)   中川  2打数ノーヒット
 打    磯部  1打数ノーヒット
 二    西谷
(捕)   伊志嶺 2打数ノーヒット
 打    中谷  1打数ノーヒット
 捕    井野
 打    横川  1打数ノーヒット

●石川    3回   打者13人投球数41被安打3与四球1奪三振1失点1
 木谷    3回1/3  17人   58   5   3   1  3
 青山    1回2/3   7人   34   1   1   3  0
 チルダース 1回      4人   12   1   0   0  0


【試合経過】
1回表鎌ヶ谷
陽  右中間二塁打 無死二塁
中島 二ゴロ 陽三進 一死三塁
小田 遊ゴロ 陽生還 鎌ヶ谷1−0
中田 中安 二死一塁
今浪 四球 二死一二塁
鵜久森 右飛

1回裏利府
西村 空振り三振
平石 遊ゴロ
山崎隆 左中間二塁打 二死二塁
大廣 空振り三振

2回表鎌ヶ谷
今成 空振り三振
市川 左線二塁打 一死二塁
大平 二ゴロ 市川三進 二死三塁
陽 遊ゴロ

2回裏利府
河田 見送り三振
楠城 三ゴロ
枡田 中飛

3回表鎌ヶ谷
中島 左飛
小田 二ゴロ
中田 左飛

3回裏利府
中川 空振り三振
伊志嶺 空振り三振
西村 中安
平石 右安(エンドラン) 二死一三塁
山崎隆三の2球目平石二盗 二死二三塁
山崎隆 四球 二死満塁
大廣 左飛

4回表鎌ヶ谷 利府ピッチャー木谷に交代
今浪 四球
鵜久森の初球ワイルドピッチ 無死二塁
鵜久森 中越えツーラン(バックスクリーン直撃) 鎌ヶ谷3−0
今成 左飛
市川 左安 一死一塁
大平 中安 一死一二塁
陽 三ゴロ併殺

4回裏利府
河田 遊飛
楠城 左安 一死一塁
枡田 遊ゴロ 二塁封殺のみ 二死一塁
中川 遊ゴロ

5回表鎌ヶ谷
中島 投ゴロ
小田 三ゴロ
中田 見送り三振

5回裏利府
伊志嶺 左飛
西村 二ゴロ
平石 三ゴロ

5回表鎌ヶ谷
中島 投ゴロ
小田 三ゴロ
中田 見送り三振

5回裏利府
伊志嶺 左飛
西村 二ゴロ
平石 三ゴロ

6回表鎌ヶ谷
今成 左安 無死一塁
鵜久森 右飛
今成 遊ゴロ 一塁封殺のみ 二死二塁
市川 四球 二死一二塁
大平 四球 代走佐藤 二死満塁
陽 中飛

6回裏利府 鎌ヶ谷佐藤がそのままレフトに入る
山崎隆 右安 無死一塁
大廣 右飛
河田の初球山崎隆二盗 一死二塁
河田 四球 一死一二塁
楠城 三直
代打森田 右線タイムリーツーベース 3−1利府 二死二三塁
中川 右飛

7回表鎌ヶ谷
利府森田がショートに入り、西村セカンドに回る
楠城に代わりライトに牧田、平石がライトへ回る
中島 二ゴロ
小田 右越え本塁打 鎌ヶ谷4−1
利府ピッチャー青山に交代
中田 死球
今浪 左安 一死一二塁
鵜久森 中飛 中田三進 二死一三塁
今成 見送り三振

7回裏利府 鎌ヶ谷ピッチャー山本に交代
代打中谷 三ゴロ
西村 遊ゴロ失(お手玉) 一死一塁
平石 右飛
山崎隆 空振り三振

8回表鎌ヶ谷 利府キャッチャーに井野が入る
市川 三ゴロ
佐藤 空振り三振
陽 空振り三振

8回裏利府 鎌ヶ谷ピッチャー星野に交代
大廣 空振り三振
河田 中安 一死一塁
牧田の4球目ワイルドピッチ 一死二塁
牧田 四球 一死一二塁
森田 空振り三振
代打磯部 中飛

9回表鎌ヶ谷 利府セカンドに西谷が入り、西村がショート、森田がサードに回る
利府ピッチャーチルダースに交代
中島 投ゴロ
代打尾崎 遊ゴロ
中田 右安 二死一塁
今浪の初球中田二盗 二死二塁
今浪の2球目にワイルドピッチ 二死三塁
今浪 投ゴロ

9回裏利府 鎌ヶ谷ピッチャー江尻に交代
代打横川 捕飛
西村 二ゴロ
平石 二ゴロでゲームセット


【全体感想】
これがはじめてかどうかわかりませんが、長井審判が今日は主審を担当
昨日の主審山崎に個人的恨みがメチャクチャあるせいかもしれませんが、山崎氏をしのぐ堂々たる主審振りでした

今日気になったのは利府リリーフ陣の立ち上がりというか、二番手木谷がいきなり先頭打者を歩かせたかと思えば次打者の初球暴投 挙句の果てに被弾
三番手青山も全体的にはよかったと思うのですが、立ち上がりは初球デッドボールの次打者にもヒット
チルダースは二死はとったものの、中田にヒットを打たれると走者をまったく無視して初球から走られの2球目暴投
これじゃノムさんじゃなくてもとても怖くてリリーフになんて出せないのではないかと

【鎌ヶ谷選手感想】
■土屋健二(日)
今日は立ち上がりからコントロールに苦しみましたが、利府打線の決定打不足にも助けられて6回1失点
さすが横浜高というか、実戦向きの投手です

■市川卓(日)
昨年の首位打者が苦しんでいますが、試合前のフリーバッティングを見ると「あれ?全然悪くないじゃない」と一安心
フリーバッティングの調子通り、一打席目、二打席目と市川らしいきれいな流し打ちで2安打
きっかけがつかめれば一気に復活してくれる気がします

【利府注目選手】
■丈武(楽)
森田と書くとわかりにくいですが、支配下選手登録されたILリーグ出身の丈武選手
6回代打で起用され、利府唯一の得点を叩き出しました
私は昨日が初観戦ですが、チームで一番大きな歓声を受けており、宮城での人気がうかがえます
ぜひこのまま一軍定着を!

■大廣翔治(楽)
こちらは逆に入団時の期待を裏切り続けている形になるのでしょうか
この日も4番らしく初回二死二塁、3回二死満塁、6回無死一塁とチャンスで打席が回ってくるのですがことごとく凡退
正直走る、守るの部分ではアピールし難い選手だと思いますので、打つ方で勝負強さを見せつけないと、そろそろ年齢的にも苦しいのではないでしょうか


2009年05月10日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(沼津:愛鷹(あしたか)広域公園野球場)報告者:子連れさん/WIZさん

■報告者:子連れさん

7回戦 5月10日(日) 13:00 沼津 愛鷹(あしたか)広域公園野球場

       <結 果>               R H E
           浦 和 410 000 000 5 9 0

           湘 南 000 002 000 2 5 1  湘南5勝2敗

            (勝)上野8試合2勝1敗 (S)内13試合2勝1敗6S

            (負)田中7試合2勝2敗

         <本塁打>堀4号3ラン(1回表)

         <2塁打>細谷2・田中雅・新沼

          ※失策 湘南1 (二)野中

         「得点経過」
              1回表 1点 新里センター前タイムリー

                  3点 堀レフトスタンドへ3R本塁打

              2回表 1点 新里レフト犠牲フライ

              6回裏 2点 新沼レフトへタイムリー2塁打

              回 打 安 責           回 打 安 責
<継 投> 浦和  服 部 4 14 2 0   湘南  田 中 4 22 7 4

          上 野 2 11 3 2    秦 11/3 6 2 0

          橋本健 1 3 0 0       吉 見12/3 4 0 0

          中 郷 1 3 0 0       横 山 2 6 0 0

           内  1 3 0 0

<アンパイヤー・記録員>
     PL・深谷 篤 1B・原信一朗 2B・西本欣司 3B・市川貴之
     記録員/新 直也

       <試合時間>2時間46分(12:58〜15:44)

       <観  衆>1,752名

       『雑 感』
           「暖かい中、おいで頂き」と本日の進行を務めた吉岡さちこ
          さんでした。地元からのバスツアーに早くから乗り込み、そこ
          でも進行を取っていたので疲れていたのか、冷房にさらされて
          いたのか、25℃を越えて逃げ場のないスタンドで紫外線ふん
          だんに浴びていた身には「暖かい」では済まされない現場でし
          た。いきなり本塁打を浴びせられたようなもので、今年も吉岡
          嬢には楽しませて貰えそうです。
           沼津駅北口から定期便のバスで愛鷹広域公園へ。木造床のバ
          スは久しぶりでした。ちょうど高校陸上の県大会がお隣の競技
          場では催されていたため、早くから臨時便が出ていたようです。
          野球の時間に合わせた臨時便も用意されていたらしく、このあ
          たりは事前に営業所へ問い合わせると良いでしょう。定期便は
          極めてゆったりとしたダイヤを組んでいますから・・
           山を削り取って作られた球場は、バックスクリーンが麓に相
          当し、グラウンドはそのレベル。必然、バックネット側が高い
          傾斜となり、グラウンドへ下りる形でスタンドが作られて、西
          武球場をいつも思わせます。高みから見下ろせるためか、すっ
          きりとしていて、いつ来てもいい球場だなと飽かず眺めてしま
          うのです。外野両翼にコンクリートのひな壇席があり、ぜひ1
          度座してみたいのですが、外野の開放はなく、試合終盤になる
          と輪っぱ回しの松盛師匠と用具運搬の飯田さんが現われて運転
          待機場になるのが恒例、唯一外野に人の姿を見られるのでした。
           なぜそんなに早く走らなければならないのか良く理解出来な
          陸上競技も見飽き、横須賀・横浜からの応援ツアーバスも出迎
          え、予告ない写真撮影会に写真機持参者もなく、満を持して登
          場の北川隼行の悄然とした姿を最後にスタンドへ。
           愛鷹でのゲームの時は必ず特別協賛に加わる飲食店「ぴぃ」
          豊富なメニューで売店を展開していて、手ぶらで来ても欠食の
          心配はないのですが、今年はどうしたあんばいか品薄。あっと
          言う間に目ぼしい物は完売し、これには勝てるなと思わせた太
          さのフランクとポップコーンが残った程度でした。来年は警戒
          して来場することになりそうです。
           カープの琢朗一派が例年自主トレをする大仁から、今年も学
          童少女たちの舞踏チームがやって来て演技、少年野球チームの
          女子投手が始球式と順調に進み、2〜3分進んでいる球場の時
          計を信じた深谷球審が開始のコールを叫んだのは13時前でし
          た。新さんと確認を取ったようですが、新さんも「Go」を出
          したのでしょう。
           さて試合・・前日の海老名で共に3打点を挙げた北川と下園
          をベンチに下げた湘南、かたや1番にD田中雅を置き4番は堀
          をドカンと据え、DHに大塚と前日の雪辱で臨んだ浦和でした。
           湘南先発は常葉菊川卒の田中健二朗、地元だ凱旋だとコール
          されてマウンドへ登ったのですが空回りなのか冷静さに欠けた
          のか・・先頭の田中雅は緩いサード内野安打、すかさず盗塁。
          南の流し打ちで1−3塁、新里は初球を綺麗にセンター前タイ
          ムリ−。健二朗がお乳飲んでいたころ、成人式で酒飲んでいた
          4番堀が3球目を鮮やかにレフトスタンドへ。目が覚めたかと
          思いきや、海老名での汚名返上とばかり5番の細谷がレフトへ
          2塁打。まだ無死。さすがに捕手新沼が歩み寄り「のんびりと
          やろうよ」とでも囁いたか、定岡へ四球を出すも、何とか追加
          点は防いだのでした。1回で打者一巡の浦和の攻撃は見事。隙
          を突いた浦和らしく、吉岡さんの「暖かい・・」でコケタのに
          似て、湘南も出鼻挫かれたのでした。2回表、野中のエラーで
          3塁へ進んだ田中雅が新里のレフト犠飛で生還して5点目。こ
          こから開き直ったのか、以降4回まで速球が冴えカーブが決ま
          り変な変化球が適度に散って、安打2三振3と安定。返す返す
          も、初回のゆとりのなさが、湘南側には残念でした。もっとも
          浦和の点数は1・2回の5点のみ。これで逃げ切ろうとは当然
          思ってはいなかったのですが、吉見・横山と言う老獪親父の前
          では大人しくせざるを得ずだったのです。横山さんは面白いか
          らこのままでいいにしても、吉見は早く関内へ行きなさい!と
          この日の好投を観て思っていたのでした。
           湘南は2番手上野を攻めきれず、新沼の2点タイムリーがや
          っと。8回は中郷、9回は内と浦和の定石の前に走者すら出せ
          ず仕舞いでした。田中雅3安打、堀3打点、細谷3安打に対し
          松本無安打・下窪1安打・関口、野中0・・好調の北川・下園
          ひっこめたままでは、思うようには行かなかったのでした。
           日差しは最後まで陰ることなく降り注いだ静岡、一斉に退場
          するも、多くは自家用車の駐車場へ。ちょうど発車を待ってい
          た定期便のバスへはわずかな方々しか足を運びませんでした。
           海老名ー沼津と楽しんだ2日間の代償は黒焦げに焼けた肌と
          軽くなった財布、次週の平塚ー夏島の利府3連戦は志願して残
          業に没頭するぞと決心したのはそのバスの中だけ。4時から元
          気にやっている市内の居酒屋に入ったら、いかに早く職場を抜
          けだすかに方向転換していたのでした。
           湘南、31試合消化、21勝10敗、単独首位。富山までは
          まだ掛かりそうです。暴走鎌ヶ谷が肉薄していますし・・・





■報告者:WIZさん

2009年5月10日(日)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ 7回戦 愛鷹広域公園野球場(13:00開始)

審判:PL深谷、1B原、2B西本、3B市川
記録員:新
観客数:1752名
試合時間:2時間47分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ロ ッ テ 410 000 000   5   9  0
湘  南 000 002 000   2   5  1

【投手継投】
ロ ッ テ 服部(4回)−○上野(2回)−橋本健(1回)−中郷(1回)−S内(1回)
湘  南 ●田中(4回)−秦(1回1/3)−吉見(1回2/3)−横山(2回)

【得点経過】
 1回表(ロ) 無死1・3塁で新里、センター前タイムリー(湘0−1ロ)
        無死1・2塁で堀、レフトスタンドへ3ラン(湘0−4ロ)
 2回表(ロ) 無死1・3塁で新里、レフトへ犠牲フライ(湘0−5ロ)
 6回裏(湘) 一死1・2塁で新沼、レフト線へ2ベースタイムリー(湘2−5ロ)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<千葉ロッテ>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
3B 田中雅 三安四球  右2  中安    左飛        430202000
CF 南   右安三ゴ  三犠  遊直    遊ゴ        410100000
C  新里  中安左犠  見振    三ゴ            312100100
1B 堀   右本中飛  見振    見振            413110200
1B 神戸                            000000000
SS 細谷  左2左安    中2  空振            430000100
DH 大塚  三ゴ遊ゴ    三ゴ    三ゴ          400000000
LF ムニス 中飛  遊飛  四球                200000010
H  角中                三邪          100000000
LF
RF 定岡  四球  空振  三併    二ゴ          300000110
2B 渡辺正 右飛  右飛    遊直    一邪        400000000
・神戸、9回の守備より出場。
※2回、南の三ゴ→サードゴロを2塁送球も球が逸れ、野中が捕球するもグラブから落ちる。
         ボールが転がっている間に1塁走者は一気に3塁へ。一死1・3塁となる。

<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  遊邪  左飛  中飛  遊ゴ            400000000
LF 下窪  中飛    三ゴ  左安  ニゴ          410100000
3B 北   二直    空振  四球  ニゴ          300100110
DH 呉本    中飛  左安  見振  空振          410000200
C  新沼    三安  右飛  左2    三ゴ        422000000
1B 高森    左飛    右安二ゴ    空振        410000100
SS 斉藤秀     一ゴ  右飛遊飛    見振        400000100
RF 関口      空振  中飛  右飛            300000100
2B 野中      四球  四球  四球            000000030
※2回、一死1塁で1塁走者新沼牽制死。


【投手成績】
<千葉ロッテ>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 服部     4回   14  2  1  2  0  0
○上野     2回   11  3  2  1  2  2
 橋本健    1回    3  0  1  0  0  0
 中郷     1回    3  0  0  1  0  0
S内      1回    3  0  0  2  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●田中     4回   22  7  2  3  5  4
 秦    1回1/3   6  2  1  0  0  0
 吉見   1回2/3   4  0  0  2  0  0
 横山     2回    6  0  0  0  0  0

【その他】
■盗塁成功
 <ロ ッ テ>田中雅:1回、無死1塁で打者南の1−0からの2球目。
      田中雅:6回、一死1塁で打者南の0−1からの2球目。
■盗塁失敗
 <ロ ッ テ>田中雅:6回、一死2塁で打者南の2−1からの4球目。
 <湘  南>野中 :7回、一死1塁で打者松本の初球。
■失策
 <湘  南>北:2回、無死1塁で南のサードゴロを2塁へ悪送球。無死1・3塁に。


【試合展開】
浦和は先頭打者田中雅がラッキーな内野安打で出塁すると、昨日のお返しとばかりに電光石火の
猛攻で湘南先発田中健二朗に襲いかかります。
南がライトへ、新里がセンターへと連打で1点を先制すると、堀の当たりは打った瞬間に入ったと
分かるレフトスタンドへの3ランで4点を先制します。
さらに2回、田中雅が今度は四球で出塁すると、湘南の失策も絡んで無死1・3塁とチャンスを
広げ、新里が犠牲フライを放ち1点を加点します。
追い上げたい湘南ですが、毎回のように走者を出しながらあと1本が出ず。
6回に新沼にようやくタイムリーが出て3点差とし、なおも一死3塁と追い上げのチャンスでしたが
またも後続が打ち取られ2点止まり。
8回以降は浦和の必勝リレーの前に走者を出すことすらできず完敗。浦和が逃げ切りました。


【選手感想】
<千葉ロッテ>
■服部泰卓(ロ)
 昨日15安打した湘南打線に対し4回を2安打に抑えました。
 芯に捕らえても鈍い打球音を放ち、打球は外野の頭を超えるかと思えば失速して捕球される
 場面を多く見ました。球質が重そうで、多少甘めに入ってもそう簡単に痛打されることは
 なさそうな投手という印象を受けました。

■細谷圭(ロ)
 昨日の3失策の汚名挽回と言わんばかりの3連打猛打賞を記録。
 「愛鷹いいとこ一度はおいで」と思ったかどうかは別として迎えた第四打席。その初球を叩いた
 打球はバックネット裏上段に建つ本部席の窓ガラスを直撃。鈍い音の先を見ると、ガラスには
 見事なボールの形をした穴が開いておりました。
 スタンドから「あ〜」という溜息が漏れ出して何かあったと悟った細谷も振り返り、自らの打球が
 窓ガラスを貫通したことを知ったのでした。修理代を心配したのか、その打席は前3打席の快音
 を忘れさせてしまう、外角の球に手を出しての三振を喫してしまいました。
 終わってみればこの2連戦、良くも悪くも両軍合わせて最も印象に残った選手となりました。

<湘南>
■田中健二朗(湘)
 子連れさんの観戦記にあるとおり序盤の5失点は「気合の空回り」という見方もありますが、
 私は長いイニングを放るため力を抑えていったのが裏目に出たのではないかと感じています。
 それほど序盤は球威が全く無く、いつ降板してもおかしくない状況となった3回以降は球威の
 ある直球をズバズバと力のある限り投げ込んでいきました。
 思うに先発投手としてはまだまだスタミナ不足といったところでしょうか。
 もっともっと走り込んでスタミナ強化を図って頂きたいものです。下半身も強化されれば課題の
 制球力向上にもなるかと思いますので。

■関口雄大(湘)
 支配下登録され新たなスタートを切った今季ですが、春先から昨季終盤に見せた打棒がすっかり
 影を潜めている状況です。変化球への対応に苦慮している様子にも見えますが。
 松本とは違い今季結果を残せないとまた育成契約に戻らされる厳しい状況の中でのシーズンで
 本人も焦りがあるかと思いますが、「変化球への対応」という壁を突き破り激戦の外野手争いの
 輪に入り込んでほしいものです。


2009年05月09日 イースタンリーグ 楽天−日本ハム(利府)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2009年5月9日(土) 鎌ヶ谷VS利府(利府)
天候:晴 試合開始:13時 試合時間:約2時間45分 観客:758人
審判:主審山崎 一塁長井 三塁山口 公式記録員:伊藤

鎌ヶ谷 011 500 000|7
利府  000 020 001|3

【成績】*公式記録ではありません
また投手の失点は自責点ではなく、その投手の時に入った得点です

鎌ヶ谷
(中)  村田  4打数1安打1打点
(二)  中島  4打数ノーヒット
(遊)  陽   4打数ノーヒット1打点
(一)  中田  4打数1安打
(捕)  尾崎  3打数1安打
(中)  佐藤  3打数1安打1打点
(三)  高口  2打数ノーヒット
(右)  市川  3打数1安打1打点
(指)  大平  3打数1安打3打点
 打 指 杉谷  1打数ノーヒット

○糸数 5回打者23人投球数90被安打3与四球2奪三振3失点2
 豊島 1回   4人   23   0   1   1  0
 伊藤 1回   5人   21   2   0   1  0
 山本 1回   3人   11   0   0   1  0
 宮本 1回   4人   15   2   0   0  0

利府
(中)  平石  5打数3安打
(二)  西谷  5打数1安打
(右)  磯部  3打数ノーヒット
 右   牧田  2打数ノーヒット
(指)  河田  3打数2安打
(一)  森田  3打数ノーヒット
(左)  横川  4打数ノーヒット
(遊)  枡田  4打数ノーヒット
(三)  中川  3打数ノーヒット
(捕)  銀次  2打数ノーヒット
 打 捕 山本  2打数1安打

●石田 7回打者30人投球数115被安打5与四球6奪三振6失点7
 吉崎 2回   7人    20   1   0   3  0

【試合経過】
1回表鎌ヶ谷
村田 一ゴロ
中島 空振り三振
陽 空振り三振

1回裏利府
平石 右中間スリーベース(佐藤と市川がお見合い) 無死三塁
西谷 投ゴロ
磯部 二ゴロ
河田 三ゴロ

2回表鎌ヶ谷
中田 左安 無死一塁
尾崎 四球 四球の際ワイルドピッチで中田三進 無死一三塁
佐藤 一ゴロ セカンド封殺のみ 鎌ヶ谷1−0 一死一塁
高口の2球目佐藤盗塁死
高口 四球 二死一塁
市川の初球高口二盗 二死二塁
市川 四球 二死一二塁
大平の2球目にワイルドピッチ 二死二三塁
大平 左飛

2回裏利府
森田 空振り三振
横川 二ゴロ失(捕球後こける) 一死一塁
枡田の初球ワイルドピッチ 一死二塁
枡田 見送り三振

中川 投ゴロ

3回表鎌ヶ谷
村田 四球
中島の初球村田二盗 無死二塁
中島の2球目の前牽制暴投 無死三塁
中島 空振り三振
陽 遊ゴロ 村田生還 鎌ヶ谷2−0
中田 三ゴロ

3回裏利府
銀次 捕邪飛
平石 空振り三振
西谷 見送り三振

4回表鎌ヶ谷
尾崎 中安 無死一塁
佐藤 四球 無死一二塁
高口 四球 無死満塁
市川 左タイムリー安 鎌ヶ谷3−0 無死満塁
大平 右線走者一掃スリーベース 鎌ヶ谷6−0 無死三塁
村田 左タイムリー安 鎌ヶ谷7−0 無死一塁
中島 遊ゴロ併殺
陽 空振り三振

4回裏利府
磯部 一直
河田 二安 一死一塁
森田 四球 一死一二塁
横川 一ゴロ セカンド封殺のみ 二死一三塁
枡田 左飛

5回表鎌ヶ谷
中田 右飛
尾崎 左飛
佐藤 右飛

5回裏利府
中川 投ゴロ失(高いバウンド捕り損ね) 無死一塁
銀次 一ゴロ セカンド封殺のみ 一死一塁
平石 三ゴロ ファースト封殺のみ 二死二塁
西谷 左安 二死一三塁
磯部 遊ゴロ失(トンネル) 7−1利府
河田の初球と3球目にワイルドピッチ 二死三塁
河田 四球 二死一三塁
森田 遊ゴロ

5回表鎌ヶ谷
中田 右飛
尾崎 左飛
佐藤 右飛

5回裏利府
中川 投ゴロ失(高いバウンド捕り損ね) 無死一塁
銀次 一ゴロ セカンド封殺のみ 一死一塁
平石 三ゴロ ファースト封殺のみ 二死二塁
西谷 左安 二死一三塁
磯部 遊ゴロ失(トンネル) 7−1利府
河田の初球と3球目にワイルドピッチ 二死三塁
河田 四球 二死一三塁
森田 遊ゴロ

6回表鎌ヶ谷 利府レフト牧田に交代
高口 一ゴロ
市川 遊ゴロ
大平 空振り三振

6回裏利府 鎌ヶ谷ピッチャー豊島に交代
横川 空振り三振
枡田 二飛
中川 四球 二死一塁
代打山本 二ゴロ

7回表鎌ヶ谷 利府山本がそのままキャッチャーに入る
村田 左飛
中島 遊ゴロ
陽 見送り三振

7回裏利府 鎌ヶ谷ピッチャー伊藤に交代
平石 右安
西谷 遊ゴロ ファースト封殺のみ 一死二塁
牧田 見送り三振
河田 左安 二死一三塁
森田 遊ゴロ

8回表鎌ヶ谷 利府ピッチャー吉崎に交代
中田 見送り三振
尾崎 空振り三振
佐藤 右安 二死一塁
高口 二ゴロ

8回裏利府 鎌ヶ谷ピッチャー山本に交代
横川 見送り三振
枡田 一ゴロ
中川 三ゴロ

9回表鎌ヶ谷
市川 空振り三振
代打杉谷 遊ゴロ
村田 中飛

9回裏利府 鎌ヶ谷ピッチャー宮本に交代
山本 左安 無死一塁
平石 右安 無死一三塁
西谷 二ゴロ併殺 山本生還 7−3利府
牧田 二ゴロでゲームセット


【全体感想】
試合前審判が長井さん、山口さんと発表されたんですが、私の使っている宝島社の「パーフェクトデータ選手名鑑」には名前が載っておらず、袖番号を確認する為に一塁側、三塁側をウロウロしてしまいました。
開幕前に新しく採用されたお二人なんですね
特に長井審判はBCリーグからの採用とのこと
選手だけではなく、審判も独立リーグからのプロ入りが始まっているんですね

試合の方は両軍併せて9四球に、記録にないもの含めて4エラー、5ワイルドピッチ
球場のまん前にある利府高校の選手が見たら間違いなく「甲子園で見たどのチームより弱い」と思ったはず・・・

【鎌ヶ谷選手感想】
■中田翔(日)
正直言って、中田がファースト専念と聞いた時は「サードの百倍ムリ」っと思っていました。
サードからファーストにまともに送球できない人が、ファーストから身体切り返してセカンドやサード送球なんてできっこないと思ったんですね。
ところがこの試合、何度かあったセカンドへの送球を全て無難にこなしました(併殺とれなかったのはまぁしょうがなし)
去年と比べると、見違える様に動きにキレが出てきてます

【利府選手感想】
■石田隆司(楽)
日曜日の表彰式で4月の優秀選手として表彰されていましたが、この日は7失点
先頭打者を打ち取った4イニングは全て3者凡退だったのですが、逆に先頭を出した回は徹底して足でゆさぶられて被安打5の四球6、暴投2で7失点
ランナーがいない時は落ちる球をワンバウンドするくらい低めに投げて決め球にしていましたが、ランナーが出ると暴投が怖いのか、同じ球でも高めにしか投げられなかった(おまけにきっちり暴投もした)のが理由だと思います
ワンバンでもきっちり止めてくれるキャッチャーだったら変わるのかもしれません


2009年05月09日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(海老名)報告者:子連れさん/WIZさん

■報告者:子連れさん


6回戦 5月9日(土)13:00 海老名

        <結 果>               R H E
            浦 和 000 000 000 0 10 5

            湘 南 101 421 03× 12 15 1 湘南5勝1敗

         (勝)高宮2試合1勝  (負)阿部7試合1敗

         <本塁打>高森6号ソロ

         <3塁打>細谷

         <2塁打>松本・塀内2・斉藤秀・黒羽根・神戸・杉本

         ※失策 浦和5  (遊)細谷3・神戸・堀

             湘南1  野中

    「得点経過」
           1回裏1点 下園ライト前タイムリー

           3回裏1点 下園センター前タイムリー

           4回裏4点 黒羽根右中間タイムリー2ベース

                 北川ライト前タイムリー+エラー

                 斉藤秀センター前タイムリー

                 下園ライト前タイムリー

           5回裏2点 高森6号ソロホームラン

                 斉藤秀ショートエラー

           6回裏1点 高森センター犠牲フライ

           8回裏3点 杉本レフト前タイムリー2ベース

                 北川センター前2点タイムリー

    <継投>浦和 阿部 32/3 16 7 2  湘南 桑原謙 3  13 5 0

           田村  1/3 6 4 1     高 宮 12/3 8 2 0

           神田  3  16 2 1      秦   1/3 2 0 0

           相原  1  7 2 3     山 北 1  4 1 0

                            岡 本 1  4 1 0

                            松 家 1  4 1 0

                            木 塚 1  3 0 0

      <アンパイヤ・記録員>
        PL・原信一朗 1B・市川貴之 2B・深谷篤 3B・西本欣司
        記録員/新直也

       <試合時間>2時間53分(13:02〜15:55)

       <観  衆>1,009名

       『雑 感』
           3日間降り続き、4日目金曜日の午後の回復を見てグラウンド
          整備。それも束の間、夕方からの雷雨で中断。当日、快晴の6時
          から整備をはじめて、横山道哉(ゆきや)生誕32周年記念大会か
          どうかは知りませんが、年に1回の海老名での試合が間に合いま
          した。球場管理のみなさんやお手伝いのみなさん、ありがとうご
          ざいました。
           例年相模線の「社家(しゃけ)」駅からとぼとぼと歩くのですが
          海老名全敗の記録更新を何としても防ぐべく、「方違え」して、
          小田急線の厚木駅から向かいました。丹沢の山並み後方に真っ白
          な富士山が半分ほど望まれ、雨上がりの快晴が心地良かったので
          すが、東名高速へつながる相模縦貫道路建設で球場までの道は埃
          っぽく、のんびり気分とはいかなかったのです。
           浦和の選手がサブグラウンドでUpしたり、審判団がジョギン
          グしたり、本日は小林指導員もお見えになり、こちらはどちらか
          と言うと競歩的に汗を流して、どことなく賑わいを見せていた中
          開門となったのでした。
           海老名市長の挨拶の後、市民へ環境に対する意識を深めてもら
          うために始めた「えびなの森創造事業」(植樹運動)の一環とし
          て、両チーム監督と市長の3名がアオダモの木を植樹する式典な
          どあって、やや押しでの試合開始となったのでした。
           湘南先発は桑原謙。6日の川崎戦先発予定が雨で流れての出番
          でした。吉原、佐藤と並び、昨年すっかり関内チームに壊されて、
          役立たずと長浦港に浸されていたのですが、ようやく投げられる
          状態まで持って来ました。南の走塁ミスや、強い逆風で細谷の本
          塁打が戻されるなどツキもあり3イニング49球無失点。直球も
          得意なスライダーもまだまだで、鋭さのない普通の投手でした。
          昨年のような小気味とテンポの良い状態を取り戻せるのか不安で
          すが、今後の内容に期待しますか。
           浦和は2年目の阿部が先発。松本の2ベース、下園のライト前
          のわずか4球で1点を失う立ち上がり、3回も連打で失点、4回
          も同様、盗塁死で二死を得るも黒羽根に右中間を深ぶかと破られ
          堪りかねてと言うよりも、傷口の浅い内にが近い状況で交代に。
          勢いはあるのですが単調になりやすく、三振も取れるけれど連打
          される癖が見られました。同い年の唐川のような太さに欠けて、
          華奢に見えてしまう点が気になるところでした。この阿部を受け
          たのが元トラで今は育成の田村領平でしたが、お粗末・・二死か
          らの登板でいきなりの4連打3失点、北を四球で出し満塁。どう
          なるやらと観ていると、呉本の鋭い打球が3塁ライナーに。運は
          かろうじて残っていたようでした。この回の4点で湘南の勝ちが
          見え、桑原謙以降は、高宮・秦・山北・岡本・松家・木塚と言っ
          たココで取り上げる年数を超えた「困った仲間たち」が出れば、
          隙を突くのが上手い浦和をしても、単調にならざるを得ず抑え込
          まれたのでした。
           さすがに地元凱旋を一昨年につづいて今年もやるわけにいかな
          かったのか、横山さんはお出迎えも撮影会にもマウンドにも現れ
          ず、眠そうな顔で肩慣らしをしていました。

           「この手ひとつで娘を育てました」と云った物語でも出来そう
          な母娘(おやこ)が仕切る売店が出て、そこそこの飲食が並んでい
          ました。350円の缶ビール3本を電卓叩いて計算したりする娘
          さんでしたから、少々手間は掛かりましたが・・
           ようやく海老名で勝てました。市長もホッとされているのでは。
          さて、おうちへ帰らず箱根の山を越えて、沼津へ向かいます。
      <この選手>
         
細谷 圭(浦和)
           「どこでも守れる」をテーマにシーズンを迎えたが、3つのエ
          ラー。グラウンド状態を持ち出す前に、状態を読んで守りたいと
          ころでした。バッティンは良い物があるので、ここ1番での活躍
          が期待できる選手です。






■報告者:WIZさん

2009年5月9日(土)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ 6回戦 海老名運動公園野球場(13:00開始)

審判:PL原、1B市川、2B深谷、3B西本
記録員:新
観客数:1009名
試合時間:2時間55分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ロ ッ テ 000 000 000   0  10  5
湘  南 101 421 03×  12  15  0

【投手継投】
ロ ッ テ ●阿部(3回2/3)−田村(1/3)−神田(3回)−相原(1回)
湘  南 桑原謙(3回)−○高宮(1回2/3)−秦(1/3)−山北(1回)−岡本(1回)
                       −松家(1回)−木塚(1回)

【得点経過】
 1回裏(湘) 無死2塁で下園、ライト前タイムリー(湘1−0ロ)
 3回裏(湘) 一死1・3塁で下園、センター前タイムリー(湘2−0ロ)
 4回裏(湘) 二死3塁で黒羽根、右中間へ2ベースタイムリー(湘3−0ロ)
        二死2塁で北川、レフト前タイムリー(湘4−0ロ)
        二死2塁で斉藤秀、センター前タイムリー(湘5−0ロ)
        二死1・2塁で下園、ライトへタイムリー(湘6−0ロ)
 5回裏(湘) 一死無塁で高森、ライトスタンドへソロ(湘7−0ロ)
        一死1・3塁で細谷、ショートゴロを弾く間に3塁走者生還(湘8−0ロ)
 6回裏(湘) 無死満塁で高森、センターへ犠牲フライ(湘9−0ロ)
 8回裏(湘) 無死1・2塁で杉本、三塁線へ2ベースタイムリー(湘10−0ロ)
        二死2・3塁で北川、センター前タイムリー(湘12−0ロ)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<千葉ロッテ>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 角中  空振  右飛  遊ゴ  一ゴ  空振        500000200
3B 塀内  右安  右2  右2  左飛  二ゴ        530000000
CF 南   右安  一邪  三安                320000000
CF 岡田              中安            110000000
1B 堀   見振  二ゴ  四球                200000110
1B 定岡              三ゴ            100000000
SS 細谷    左3  遊ゴ見振    見振          410000200
LF 神戸    二ゴ  空振  空振  遊安          410000200
DH ムニス   空振  四球  左安  遊ゴ          310000110
2B 新里    遊ゴ  右飛  右飛  遊ゴ          400000000
RF 宮本      右安  投ゴ見振    遊ゴ        410000100
・岡田、定岡、6回の守備より出場。
※1回、二死1・3塁で1塁走者盗塁→1・2塁間に挟まれている間に3塁走者がホームに向うも
 本塁憤死。
※5回、南の三安→サードゴロを一塁送球も悪送球で一塁手取れず。記録はヒット。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  左2  左安中安二ゴ  一ゴ            530100000
LF 下園  右安  中安右安二ゴ                433000000
LF 桑原義             右飛            100000000
3B 北   遊併  二併四球  遊失  死球          200200011
DH 呉本  中飛    空振  死球  四球          300100111
             三直
RF 下窪    三ゴ  遊失中飛四球              200100010
H  杉本                左安          111100000
RF 関口                            000000000
1B 高森    中飛  左安右本中犠  投ゴ          421110000
C  黒羽根   空振  右2一失中飛  三ゴ          411200100
2B 北川      遊ゴ左安右安三ゴ  中安          533100000
SS 斉藤秀     右2中安遊失                221200000
SS 野中              遊ゴ一飛          200000000
・桑原義、6回の守備より出場。
・野中、7回の守備より出場。
・関口、9回の守備より出場。


【投手成績】
<千葉ロッテ>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●阿部   3回2/3  16  7  0  2  3  2
 田村    1/3    6  4  1  0  3  1
 神田     3回   16  2  2  0  2  1
 相原     1回    7  2  2  0  3  3

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 桑原謙    3回   13  5  0  3  0  0
○高宮   1回2/3   8  2  1  1  0  0
 秦     1/3    2  0  1  1  0  0
 山北     1回    4  1  0  2  0  0
 岡本     1回    4  1  0  0  0  0
 松家     1回    4  1  0  1  0  0
 木塚     1回    3  0  0  1  0  0

【その他】
■失策
<ロ ッ テ>細谷:4回、一死無塁で下窪のショートゴロを後逸。
     角中:4回、二死2塁で北川のレフト前をホームへ悪送球。その間に北川2塁へ。
      堀:5回、一死無塁で黒羽根のファーストゴロを弾く。
     細谷:5回、一死1・3塁で斉藤秀のショートゴロを弾く。3塁走者生還。
     細谷:6回、無死無塁で北のショートゴロを弾く。


【試合展開】
湘南は初回に先頭打者の松本が初球を叩きレフト前に落ちるヒットで出塁すると、続く下園が
2球目をライト前に運び、浦和先発の阿部から3球で先制点を挙げます。
3回には斉藤秀がフェンス直撃の2ベースで出塁すると、またも松本、下園の連続ヒットで
1点を加点します。
4回に入ると今度は浦和の守備が乱れ始めます。
下窪のショートゴロを細谷が後逸して出塁させると高森、黒羽根の連続ヒットで1点。
ここで阿部から二番手田村がマウンドへ。しかしその田村は4連打に角中の暴投も絡んで3点を
追加されてしまいます。
5回には高森のソロに加え、堀、細谷がエラーを犯し更に1点を献上。
6回は細谷がまたもこの日3度目となるエラーをきっかけに1点と、守乱に歯止めがかかりません。
8回、四番手の相原も2点を献上し、浦和は12失点の大惨敗を喫してしまいました。


【選手感想】
<千葉ロッテ>
■細谷圭(ロ)
 2回の第一打席でレフトへの大飛球も風で押し戻され、下園の懸命なジャンプキャッチも
 グラブから落球し3塁まで進み同点のチャンスを作った・・・と、この日の活躍はここまで
 でした。
 その後は守っては後ろに逸らすは弾いてしまうは、打撃で汚名挽回を図るも2打席連続見逃し
 三振に倒れると散々な一日で、もう二度と海老名に来たくないと思ったことでしょう。

■田村領平(ロ)
 リリースをギリギリまで隠して球種を見破られないようにとフォームに工夫を凝らしているの
 ですが、そこから放たれた球自体に球威、球質がなく簡単にバットの芯に捕らえられてしまい
 ます。低目への制球が向上すると被打率も下がるのではないかと思うのですが・・・

■岡田幸文(ロ)
 途中出場。唯一の打席で0-2からの3球目を叩きニ遊間へ。ショートが懸命に追いつこうと
 するも打球はグラブの下を通りセンターへ。これが嬉しい公式戦プロ初ヒットになりました。
 記念のボールはそのまま浦和ベンチへ送られたので無事本人の元へ届いたことでしょう。
 細谷とは別の意味で忘れられない球場となったことでしょう。

<湘南>
■松本啓二朗(湘)
 第一打席は初球を叩き左方向へのフライとなりましたが、風も手伝ってか野手の前に落ちる
 ラッキーなヒットに。これを足掛かりに二、三打席と連続ヒットでプロ初の猛打賞を記録しました。
 これを機にこれまでの不振を払拭。となればいいのですが・・・
 ここまで彼の打撃を見てフライになる打球が多いのが気になっています。結果が残せないことに
 焦りが出てるのか強振気味のスイングも気になるところです。
 「一番」に固定されていることをもっと念頭に置いて叩きつけるバッティングを心掛けるなり、
 セーフティを試みるなりバッティングの中で気分転換を図っていくのもいいのではないでしょうか。
 結果に囚われず、のびのびと野球を楽しむ気持ちで取り組むのが今の彼にとってはいいのでは
 ないかと思っています。

■桑原謙太朗(湘)
 実戦登板は前回のチャレンジマッチに続き今季2度目の登板となりました。
 やはりまだまだ球威は昨年に及ばない内容でした。昨秋のフェニックスを観戦した時は、
 打者の手元で球がブレ出す独特の球威を見せていたのですが、現在はまだその域まで復調して
 いないようです。
 しかし投球内容は1回を一死1・3塁、2回は無死3塁、3回は一死2・3塁と全て得点圏に
 走者を置く状況ながら無失点に抑え、阪神戦で完封した強心臓ぶりを見せました。
 その彼の攻める気持ちがこの日の勝因につながったのではないかと思います。


【海老名情景】
昨年は雨天中止となり振替も無かったので2年ぶりに行われた一年に一度の海老名でのゲーム。
この球場での初めての観戦は2003年からになりますが一度も勝ち試合を見ていません。
06年に至っては2試合が組まれたもののいずれも敗戦とホームゲームでありながら湘南に
とっては鬼門の球場でありました。
当日の模様は子連れさんに詳しいので割愛して、今年は浦和のマズイ守備にも助けられ12得点
の圧勝で海老名の連敗記録を阻止、初めて海老名で勝ちゲームを見ることができました。

その記念すべき年に植樹されたアオダモがバットに形を変え、海老名の子供たちが手にした時、
横浜球団は果たして存続しているのだろうか?
そんな思いを馳せながら、こちらも開催から2年連続で負け続けている愛鷹へと向ったのでした。


2009年05月05日 ウエスタンリーグ 阪神−広島(甲子園)報告者:健一@管理人

■2009年5月5日(火・祝) ウエスタンリーグ 鳴尾浜タイガース−由宇カープ(甲子園)

                     R H E
由宇カープ   |000 000 001|1 7 1
鳴尾浜タイガース|210 001 00×|4 6 1

勝投手:若竹竜士(1勝1敗)
敗投手:佐藤剛士(0勝2敗)

本塁打:松山竜平1号(藤田太陽)


■由宇         打安点
(中)  鈴木将光   200
 打左  末永真史   210
(遊)  安部友裕   410
(二)  小窪哲也   420
(右)  岩本貴裕   300
(一)  松山竜平   411
(左中) 鞘師智也   400
(三)  比嘉寿光   210
 投   相澤寿聡   000
 打   中東直己   100
(捕)  白濱裕太   410
(投)  佐藤剛士   200
 投   青木勇人   000
 三   中谷翼    100

■鳴尾浜        打安点
(遊)  坂克彦    301
(二)  上本博紀   410
(中右左)藤原通    300
(左)  林威助    312
 投   藤田太陽   000
(右)  メンチ    210
 走中  柴田講平   110
(三)  バルディリス 310
(一)  野原将志   201
(捕)  小宮山慎二  200
 右   大城祐二   000
(投)  岩田稔    000
 打   庄田隆弘   110
 投   若竹竜士   100
 投   桟原将司   000
 打   森田一成   000
 投   西村憲    000
 捕   橋本良平   000


■由宇     回   安  振  四  責
●佐藤剛士  (5回2/3) 5  2  5  4
 青木勇人  (0回1/3) 0  0  0  0
 相澤寿聡  (2回)  1  0  1  0


■鳴尾浜    回   安  振  四  責
 岩田稔   (2回)  1  0  1  0
○若竹竜士  (4回)  3  5  2  0
 桟原将司  (1回)  0  1  0  0
 西村憲   (1回)  2  2  0  0
 藤田太陽  (1回)  1  2  0  1


【大まかな得点経過】

一回裏:林威助の右翼手を越える先制の2点二塁打
二回裏:坂克彦が一死一三塁で追加点となる右翼への犠牲フライ
六回裏:野原将志がセンターへの犠牲フライ
九回表:松山竜平が藤田太陽のシュート回転のストレートをライナーで運ぶ本塁打


【気になる選手達】

■佐藤剛士(広)
大柄な体格の割には、狭すぎる可動域…右腕のテークバックは小さく手先だけのピッチング、その投球フォームは特異な部類に感じました。少なくとも高校時代の投球フォームとは全然違います…。
135km/h前後かつ、ややシュート回転のストレート、緩いカーブとの緩急ピッチング。

制球力向上のため投球フォーム改造(肘の故障歴は?)の変遷を辿って今があるのかも知れませんが、このままでは先細り致し方なし、、、秋田の剛腕は何処へ…。


■相澤寿聡(広)
135km/h前後のストレート、カーブは115km/h前後も巻き付き感はなくギリカウント球レベル。制球難らしいが、腕は良く振れていて球速の割には球の切れを感じます(ほとんど真っ直ぐ一本やり)。先のストレートは見どころを感じますが、やはり他球種不足、そして制球難と課題は少なくないものの今後の伸びしろにも期待。

高速スライダーなんて身に付けられたらワンポイント左腕として重宝するかも知れません。


■岩本貴裕(広)
今日の試合では、左腕が下がりバットが下から出ているように見えました。
低めの目付やバットの軌道から見るに、低め、特に緩い球は運ぶような感じで旨く拾えています。しかし高めの球は、対応出来ず、腹切りのような窮屈なバットスイングがまま見られました。

今日は弱いところを上手く攻められはしましたが、バット捌きのセンスは今後に期待。


■松山竜平(広)
ずんぐりむっくりの左打席からのスイングスピード速っ!!
藤田太陽のストレートに力負けせずバット一閃、ライトスタンドへの一発を放ちました。
守備難(一塁以外も守れれば…)の絡みもあるのだろうが、打撃だけなら喜田剛(広)にも負けてはいない。



■岩田稔(神)
WBC大会後、左肩を痛めて復帰時期は大分先と見られていましたが、この5月に投げられるとは順調に来ているのでしょうか。打者の手元でピュッと来るようなストレート、縦に落ちるカーブ、カットボール、チェンジアップと一通り投げていました。強いて言えば、噴かすような感じで、ボールが抜ける場面があったことぐらいでしょうか。
この時期に投げられただけで収穫、あとは明日以降の肩肘の症状が気になるところです。


■若竹竜士(神)
最速147km/h、平均しても140km/hを越えズドンと球威を覚えるストレート、そして100km/h弱の弧を描くドロップ気味のカーブと特徴のあるアーム式の右腕。それぞれの球種は一軍でも遜色はないものだけになんとかロートル先発陣に割って入って欲しいものです。

課題としては、大雑把な制球、また球の出所が見やすいのか、球筋が綺麗すぎるのか、連べ打ちのシーンにまま出くわします。先の球種に続く、120km/h台のスライダーの精度アップにも期待。


■西村憲(神)
石川俊介(神)と重なるような長身かつオーソドックスな投球フォーム。

140km/h強のストレート
120km/h後半のスライダー
110km/h弱のカーブ

力感のあるストレートを中心に攻める。変化球も一通り投げまとまりの良さは感じるが、その変化球も打者のタイミングをちょっと外す程度なので、一回りすると…う〜む。先の石川俊介のフォークのような決め球を身に付ける、更には全体的なスケールアップがないと一軍定着はまだ先かと。


■柴田講平(神)
ちょこちょこと当てるタイプの打者なのかと思ったら、右足を上げタイミングを計りスイングに力感あります。勿論長打を放つタイプではありませんが、赤星憲広よりかはパワーはあると思います!?
途中代走から入り、次打席で中安、そして二盗と自慢の足をアピール。
近いうちにリードオフマン候補として躍り出て欲しいものです。


■藤田太陽(神)
スリークォーターから150km/h弱のストレート。
125km/h前後のスライダー。
追い込んでも結局は、ストレートを狙われる…。
藤田太陽は、剛速球とフォークのコンビネーションがあって光ると思う(俺はまだ諦めん)。
筒井和也(神)同様、以前の上手投げにフォームを戻せ!以上


2009年05月04日 ウエスタンリーグ オリックス−阪神(スカイマーク)報告者:いの一番さん

5月4日(月)
オリックスバファローズ−阪神タイガース(スカイマークスタジアム)

虎 060002010  9
牛 100002011  5

勝:小嶋6試合4勝1敗 敗:仁藤5試合1勝3敗
本:坂1号B(仁藤)、辻1号A(小嶋)、2号@(リーソップ)、由田1号@(藤田)
審判:PL福家 1B丹波 2B杉本 3B芦原  記録:小熊
観衆:1973人
入場料(大人当日券):500円(内野席1階席のネット裏周辺部のみ開放)
天気:曇
試合時間:3時間00分

(投手成績)
     回  打 安 振 球 責
小嶋   6 27 7 8 2 3
リーソップ  2  8 2 2 0 1
藤田   1  4 1 1 0 1
……………………………………………………
仁藤   2 12 4 0 3 6
鴨志田  3 10 1 4 0 0
宮本   1  6 2 1 1 2
高木   1  3 0 1 0 0
西川   1  5 1 0 1 1
金澤   1  4 2 0 0 0

(試合経過)
▼1回裏
一輝が遊ゴロの後、高波が中前打で出塁し、盗塁成功。
濱中は三振したが、岡田が中前打を放ち、高波が生還。相川は三振。
△2回表
バルディリスが投ゴロの後、メンチの四球、野原将の右前打、野原祐の四球で一死満塁。
上本は死球で押し出し、小宮山のレフト線二塁打、坂のライトスタンド中段への本塁打で6−1となる。
柴田は右前打したが盗塁失敗。林は右飛でようやく攻撃終了。
▼4回裏
一死一、二塁の場面で長田がレフト前への浅い飛球。レフト野原祐はショートバウンドで捕球し、サードへ送球。
スタートの遅れた二塁走者岡田はアウトになり、記録はレフトゴロ。前田は中飛で攻撃終了。
△6回表
オリックスの投手が宮本に交代。
メンチは右飛、野原将は一ゴロで簡単に二死となったが、野原祐の死球、上本の右前打、
小宮山の左中間二塁打で8−1となる。坂は三振。
▼6回裏
岡田が一ゴロの後、相川が左前打。辻は初球をレフトスタンドへ本塁打、8−3となる。
長田は投ゴロ、前田は左前打で出塁したが高島は三ゴロ。
△7回表
「タイガース、ラッキーセブンです」のアナウンスからしばらくして唐突に
「六甲おろし」のサビの部分だけ(約20秒)場内に流れ終了。「短かすぎ〜」とファンから失笑がもれる。
△8回表
オリックスの投手が西川に交代。
大城が四球で出塁し、野原将の送りバントで一死二塁。野原祐が右飛の後上本が中前打、
大城が生還、9−3となる。小宮山は三ゴロ。
▼8回裏
相川が三ゴロの後、辻がまたも初球をレフトスタンドへ2打席連続の本塁打。9−4となる。
長田は投ゴロ、代打古木は三振。
▼9回裏
阪神の投手が藤田に交代。
高島は三振、一輝は二飛の後、由田がセンターへ本塁打、9−5となる。濱中は捕飛で試合終了。


(選手評・阪神)
■小嶋達也(神)
球速は130キロ台後半だったが変化球が要所で決まり、6回で3失点8奪三振というまあまあの内容。
昨年は故障で苦しんだそうだが、今季は好調のようなので、これを持続して昇格を目指したい。

■リーソップ(神)
7回から登板し初球が153キロを計測、これには場内からどよめきが。
辻の本塁打以外は抑え込んだ内容で合格点といえるが、ウエスタンの通算成績があんまりよくないところを見ると
好不調の波が激しいのだろうか。

■辻本賢人(神)
試合前、阪神の守備練習を見ていたら、ノッカーのコーチにボールを渡す役をしていたのが辻本。
普通、投手陣が守備練習の手伝いをしないと思うのだが…
今季全く登板がないところを見ると、まだ投げられる状態にないのか。
年齢では田中マー君やマエケンと同じで高卒3年目に当たるのだが、正念場を迎えている感じである。

■小宮山慎二(神)
2本の二塁打で4打点の活躍。通算打率は上がっていないようだが、この日のような働きを見せれば
出場機会も増え、昇格のチャンスも出てくるだろう。

■上本博紀(神)
2安打1盗塁と活躍。まだ1軍出場は果たしていないが、いずれは高校時代からのライバル岩本(広島)とともに
チームを支える選手に成長していくことだろう。広島出身ということもあり、今後もチェックしていきたい。

■坂克彦(神)
筆者が見に行くと彼はよく打つ。この日は本塁打を放ち、守備もいい動き。
こんな選手が昇格できない阪神は選手層が厚い。我が広島なら多分1軍に入れると思う。

■メンチ(神)
3月のオープン戦で見た時、外角のボール球を振り回していたので「何じゃ、こりゃ」と思ったのだが、
案の定、成績が残せず降格。この日は四球、投ゴロ、右飛という内容。
オリックスバッテリーも「外角に投げておけば大丈夫」という配球で、弱点は各球団に知れわたっているようだ。
守備でも打球の目測を誤り、右飛を二塁打にしてしまった。現状は元メジャー選手とは思えない。

(選手評・オリックス)
■仁藤拓馬(オ)
2回一死まで普通の投球だったが、突然コントロールが悪くなり、打者の背中を通る球まで投げる始末。
苦し紛れにストライクを取りに行き、小宮山、坂に痛打を浴びる最悪のパターン。もう一度出直しである。

■鴨志田貴司(オ)
3イニングを0点に抑え、試合が大味になるのを防いだ。
最高球速は多分143キロ。速球投手のイメージが強かったが、以前より腕が下がったような感じで
その分遅くなったように思える。

■宮本大輔(オ)
簡単に二死を取ったのに、死球から連打を浴び2失点。速い球があるのにもったいない。

■辻俊哉(オ)
2打席連続本塁打に場内はびっくり(多分本人もびっくりしているのでは)。
初球から思い切って行くタイプなのかな?この勢いを昇格につなげたい。
なお、彼は翌日のソフトバンク戦の第1打席でも本塁打を放ち、3打席連続本塁打をマーク。

■濱中治(オ)
この日、ファンを最も落胆させたのは彼ではなかろうか。
4打席連続三振に倒れ、9回に第5打席が回ってきた時は、スタンドが「いっそのこと、ここも三振を」と
妙なことを期待するムードになってしまった。
結局、期待に反し?フライを打ち上げたのだが、本人は最初ファウルだと思って打球を眺めており、
フェアゾーンに落ちてきたのを見てチンタラと走り出す有様。全く覇気が感じられないプレーぶりだった。

(その他)
球場に着いたのは9時40分で、入口ではネッピ−&リプシーがお出迎え。
去年まではサマー&シルキーだったのだが、あの着ぐるみはどこに行ったのだろうか。
グラウンドでは、今年結成されたオリックスのチアグループ、「ビーズ・ドリームズ」が計3回ダンスを披露した。
また、普通記者席にしか流れない公式記録員の声がスタンドにも流れた。
記者席の窓が開いていたわけでもなく、何か放送回線の間違いか、それとも純粋にサービスか。
ただ、筆者のようにスコアをつけながら見る者にはとてもありがたかったし、
あまり野球を知らない人にも記録員の存在を知ってもらういい機会になったのではなかろうか。


2009年05月04日 イースタンリーグ 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:子連れさん

EL公式戦 川崎Vs湘南 5回戦 5月4日(月) 13:00 川崎


        <結 果> 5回戦           R H E
            湘 南 002 014 000 7 14 1

            川 崎 001 001 010 3 7 2  湘南5勝

           (勝)田中6試合2勝1敗 (負)木佐貫4試合2勝2敗

              回 打 安 責           回 打 安 責
  <継投>湘 南 田 中 5 21 3 1   川 崎 木佐貫 6 33 13 5

          木 塚 1 6 1 0       村 田 2 8 0 0

          加藤康 1 5 1 0       竹 嶋 1 3 1 0

          横 山 2 8 2 1

         ※ボーク 木佐貫(4回表 松本の初球のセットへ)

         ※暴 投 横 山(8回裏 円谷の7球目をバックネットへ)

     (本塁打) 北 2号ソロ ライト石垣直撃(投・木佐貫)

           呉本4号満塁 レフトスタンドフェンス直撃(投・木佐貫)

     (2塁打) 黒羽根

     <得点経過>

        3回表 1点 呉本ライト前ヒットを田中エラー

            1点 下窪レフト前タイムリーヒット

        3回裏 1点 中井投手強襲タイムリーヒット

        5回表 1点 北2号ソロ本塁打

        6回表 4点 呉本4号満塁本塁打

        6回裏 1点 加藤の遊ゴロを(遊)北川ファーストへ悪送球※(一)高森

        8回裏 1点 円谷ライトへ犠牲フライ

   <アンパイヤー・記録員>
       PL・市川貴之 1B・原信一朗 3B・小林知公 記録員・中村 晃

         (試合時間)3時間26分(13:01〜16:27)

         (観  衆)3、166名

      『雑 感』
         早目の開門後も列は山の上までつづき、随分たっても人波が
        来る度に列が伸びていました。先着300名の小学生以下対象
        サイン会もあってか、早くから親子連れが訪れていました。
         臨時バスも増発で、いかにもGW中のよみうりランドの光景
        新緑が輪をかけて穏やかでしたが、スタンドの混雑や雑音が耳
        に常に入り、落ち着かない思いもしたのです。

         仁志が帯同のため、ジャイアンツファンからどよめきが起き
        カメラにその姿を収める方が大勢いました。「北川よ、こりゃ
        あ仕方ないよ、実力の世界だよ。当人が実戦を多く積んでなん
        てマスコミに発表しちゃったら、出さぬわけにいかないぜ。だ
        けど、昨日のお前の執念の代打ヒットは一生忘れない。あれは
        生涯唯一の逸品だったよ。数々の安打や、その数千倍の芸術的
        セカンドゴロを忘れるくらい、昨日のヒットは最高だったよ」
        と、勝手に慰めていたのです。
         試合開始15分前にスタメンの発表。「(中)松本・(二)仁志・
        (右)下園・・・」とつづき「8番ショート・・」とコールされ
        る前に(遊)野中の「野」の字の五画目まで書いて、聞き慣れ
        ぬ名前を耳にして、思わず電工文字を見上げると「北川」。
        思い込みなのか先入観なのか、セカンドしか守れないと思って
        いた北川が、昨日の安打含め好調のため、抜擢されていました。
         1回裏先頭の橋本は初球を、よせばいいのになのか穴と見た
        か北川の取れそうにないコースへ飛ばしたのでした。しかし、
        懸命に食らいついて行った北川は捕球して、間髪入れずに1塁
        へ。私は間一髪でセーフと観たのですが塁審はアウトのコール。
        スタンドの川崎ファンからも大きな拍手が湧いたのでした。

         さて試合へ・・木佐貫は敢えて触れませんが、6回139球、
        3回まで67球と、スタンドの川崎ファンからも野次やタメ息
        が漏れていました。一方、湘南は田中健二朗が先発。立ち上が
        りは順調、2回直球が高く、3回は狙い撃ちに遭い、4回ボー
        ル多く、最後は安定と投げていました。3安打自責1失点1で
        したが、この1点もライナーを見失ってのもの。スピードガン
        表示よりも直球には伸びを感じましたが、今日はカーブを見分
        けられ、さらに得体の知れない変化球が決まらず。しかし、内
        容的に悪くなく、昨日の阿斗里のような突然の失速も見られず
        若々しいマウンドでした。今年はどんどん投げてもらいます。
         相変わらずブルペンから猛走して、気がついたら「いる」木
        塚を受けて3番手にいよいよ加藤康介が、ファームながら、今
        季公式戦初のマウンドに上がりました。そこで・・

         『今日の、加藤康介』
           7回裏から登板
        橋本 三邪飛
        隠善 ● ● ● ●(四球)
        中井 見 邪 中安
        田中 ● 邪 邪 邪 邪 邪 ● 邪 邪 ● 邪 二ゴロ
        大田 ● 振 ○ 見 二ゴロ

         MAX143

         まずは公式戦で投げられたことを良しとして、大阪部長様へ
        ご報告致します。「どんどん投げてもらいます」とオバQさん
        の弁もありましたから、これからが楽しみです。

         木佐貫を6回まで投げさせたから、絶好調打撃開眼諏訪の兄
        さんの満塁が生まれたことを思うに、まだまだ「運」が湘南に
        はあるようです。

     「この選手」

     黒羽根利規(湘南)本日3安打1四球と全打席出塁でした。球が良く
             見えているのでしょう。追い込まれても粘りと見分
             けが出来ていました。武山が離脱中、新沼も今1つ
             ここは水をあける好機です。アゴ髭も剃って精進し
             てくれなければ!柏の葉が絶えぬ縁起でヒットも絶
             えぬように「ますだや」の柏餅でも頂きます。
              センターから右へ意識して打てるように自然と体
             が動いているのが良かったです。


 
    松本啓二朗(湘南)重傷です。本日のスタメンでただ1人安打なし。
             バントで送れず、新塁打狙えず、上がれば浅い飛球。
             降格後はずっと1番にいますが、2番の方の不振と
             は「質」が違うわけですから、なんとか自開するし
             かありません。しばらく湘南は攻撃陣7名体制+吉
             見で臨むしかありません。


2009年05月04日 シリウスゲーム シリウス−クラブチームオール浦和(浦和)報告者:ふんぼるとさん

2009年5月4日 シリウス−全浦和野球団@ロッテ浦和

 全浦和  000 000 100│1
 シリウス 071 011 152│18

 勝 西村優
 負 茅 野

 ※特別ルールにより9回裏まで試合続行

 【全浦和野球団】打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 小田島  410 遊ゴ    中直       右安    空振
  E 柳 沢  300 二ゴ       右飛    三ゴ
  H 安 藤  100                      二ゴ
  6 藤 井  000
  H 古 谷  400 空振       空振    中飛    空振
  D3増 田  310    遊飛    遊飛       右安
  H3印 出  100                         中飛
  F 杉 森  320    右安       遊安    二飛
  H5横 山  100                         空振
  D  佃   311    空振       空振    左2
  RD橋本竜  000                         死球
  B 鈴 木  200    空振       遊ゴ
  57篠 原  200                   空振    二ゴ
  A 井ノ本  200       三ゴ    投ゴ    四球
  C 橋本康  200       空振       三ゴ
  4 菅 原  110                   右安
  犠盗失併残──────
  01326  3261

       回 打安振球責
  ●茅 野 3 187128
   宇都宮 3 156112
   一 村 3 228345

 【シリウス】     打安点 1回 2回    3回 4回 5回 6回 7回 8回    9回
  E 白 川(ロ、4) 723 三ゴ    中3    中安 空振    空振    遊失 右飛
  C  角 (ロ、24) 633 右2    左飛    中飛    右本 一ゴ    右安
  G 佐藤賢(ロ、8) 632 空振    右本    左安    右安 二ゴ    見振
  B 青 松(ロ、40) 411 一飛    左本    遊失    四球    四球 遊ゴ
  D7福 元(巨、1) 400    中飛 右飛    二併    二ゴ
  7 山本和(巨、7) 110                         中安    四球
  FD籾 山(巨、23) 410    四球    中2    中直 三併    四球    遊ゴ
  H 大 谷(ロ、10) 630    右安    右飛    中安    右安 遊飛    見振
  A 谷内田(巨、9) 311    左安    三ゴ    右飛
  2 佐藤弘(巨、27) 222                      四球 左安    中2
  D 吉 田(ロ、2) 544    四球    二ゴ    右3    中安 中安    中安
  犠盗失併残─────────
  040010     482116

           回 打安振球責
   坪 井(ロ、16) 2 71300
    林 (ロ、18) 2 60200
   鈴 江(ロ、38) 1 41100
  ○西村優(巨、17) 3 134311
   大 抜(巨、19) 1 40110

  ※選手名の後のカッコ内は在籍球団と本日の背番号

  本塁打  佐藤賢(シ) (2回 茅野 ツーラン)
       青 松(シ) (2回 茅野 連発)
        角 (シ) (6回 宇都宮)
  三塁打  白 川(シ) (2回 茅野 タイムリー)
       吉 田(シ) (5回 宇都宮 タイムリー)
  二塁打   角 (シ) (1回 茅野)
       籾 山(シ) (3回 茅野)
        佃 (浦) (7回 西村優 タイムリー)
       佐藤弘(シ) (9回 一村 タイムリー)
  盗 塁  白 川(シ) (4回 捕手は井ノ本、打者は角 二盗成功)
       佐藤賢(シ) (4回 捕手は井ノ本、打者は青松 二盗成功)
       大 谷(シ) (5回 捕手は井ノ本、打者は吉田 二盗成功)
       小田島(浦) (6回 捕手は佐藤弘、打者は柳沢 二盗成功)
       佐藤賢(シ) (6回 捕手は井ノ本 打者は青松 二盗成功)
  失 策  柳 沢(浦) (4回 青松の遊ゴロをファンブル)
       小田島(浦) (8回 1死満塁 吉田の中前打をファンブル 3進していた2
                 走の籾山がホームイン)
       藤 井(浦) (8回 白川のショートライナーを落球)
  走塁死  橋本竜(浦) (7回 2死1、2塁 2走として菅原の一、二塁間を破る右前
                 打で本塁突入も憤死。大谷−佐藤弘)
  暴 投  一 村(浦) (8回 無死1塁 1走の青松が二進。打者は山本和)
       一 村(浦) (8回 2死1、3塁 1走の角が二進。打者は青松)
  ボーク  一 村(浦) (7回 2死満塁 3走の佐藤弘がホームイン、2走の吉田が三
                 進、1走の角が二進)
  併 殺  全浦和   (4回 福元 1死満塁 橋本竜−柳沢−鈴木)
       全浦和   (6回 籾山 1死1、2塁 篠原−菅原−増田)

  PL:アマ 1B:橋本 2B:アマ 3B:工藤 記録:場内発表なし
  時間 2時間36分(12:59〜15:36)

得点経過
 2回裏(シ) 1死満塁から吉田が押し出し四球を選ぶ          シリウス1点目
       1死満塁から白川が右中間を破るスリーベース       シリウス4点目
       2死3塁から佐藤賢が右越えツーランホームラン      シリウス6点目
       2死無走者から青松が左越えソロホームラン(連発)     シリウス7点目
 3回裏(シ) 1死3塁から谷内田の三ゴロの間に            シリウス8点目
 5回裏(シ) 2死2塁から吉田が一塁線を破るスリーベース       シリウス9点目
 6回裏(シ) この回先頭の角が右越えソロホームラン          シリウス10点目
 7回表(浦) 1死1塁から佃が左中間を破るツーベース         全浦和 1点目
 7回裏(シ) 2死満塁から一村がボーク                シリウス11点目
 8回裏(シ) 1死満塁から佐藤弘が左前打               シリウス12点目
       1死満塁から吉田が中前打                シリウス13点目
       小田島が吉田の中前打をエラー(上述)           シリウス14点目
       1死満塁から角が一、二塁間を破る右前打         シリウス16点目
 9回裏(シ) 2死1塁から佐藤弘が中越えツーベース          シリウス17点目
       2死2塁から吉田が中前打                シリウス18点目

戦評
 今日は1塁側スタンドも開放されたシリウスゲーム@ロッテ浦和。
 試合の方は2回に打者一巡の猛攻で7点を挙げたシリウスが、その後も得点を重ね終わって
 みれば18点を挙げ快勝。
 純粋なクラブチーム(企業が母体となっていない社会人チーム)との対戦は無理があるような
 …。
 私事ですが、全浦和の選手名鑑が無い状況でのスコア付け@ロッテ浦和はキツイ。

選評
 宇都宮(浦) とくかくストレートのスピードが遅い。はっきり言ってフリーバッティングぐ
       らい。しかも、変化球も織り交ぜるものだからシリウス打線は遅すぎて手こず
       った印象。その代わり盗塁しまくり。

 藤 井(浦) 小兵で線の細いショート。8回の白川のショートライナーの落球は強襲安打で
       も良いかと思ったが、6回の1死1塁の場面でも籾山のハーフライナーを落球
       (当然ながら1走の山本和はスタートを切っていないため二塁封殺)。うーん。

 一 村(浦) 右のスリークォーター。やや伸び上がって投げるフォーム。宇都宮の後だった
       ため手頃なスピードだったのか、シリウス打線に掴まる。3回で86球も投げて
       しまったため最終回は疲れからかボールがバラつく。


 鈴 江(シ) 180cm、96kgの巨漢からは想像できない軟投派。変化球で丁寧コーナーを突い
       てカウントを稼ぎ、追いこんでからは落ちる球がウイニングショットのようだ
       が、プロ相手にも今日のように通用するかと言われると疑問。

 福 元(シ) フューチャーズやシリウスで外野を守ることが多いので外野手かと思っていた
       が内野手だったんですね、スミマセン。今日はスタメンの中で唯一の無安打と
       なる4タコ。福元に1本出れば20点コースだったのに。

 大 抜(シ) 全浦和が代打攻勢だったのもあるが、もうバットに当たりませんという感じで
       途中から全部ストレート(でも、橋本竜の左ヒジには当たる)。このメンバーで
       は大抜の存在感が抜けている。

 大 谷(シ) 相変わらず打球判断が悪く、全浦和の唯一の得点の足掛かりとなる7回の増田
       のヒットを演出(浅いフライに前進してくるのが遅い)。青松に揶揄される。


2009年05月04日 ウエスタンリーグ オリックス−阪神(スカイマークスタジアム)報告者:いの一番さん

5月4日(月)
オリックスバファローズ−阪神タイガース(スカイマークスタジアム)

虎 060002010  9
牛 100002011  5

勝:小嶋6試合4勝1敗 敗:仁藤5試合1勝3敗
本:坂1号B(仁藤)、辻1号A(小嶋)、2号@(リーソップ)、由田1号@(藤田)
審判:PL福家 1B丹波 2B杉本 3B芦原  記録:小熊
観衆:1973人
入場料(大人当日券):500円(内野席1階席のネット裏周辺部のみ開放)
天気:曇
試合時間:3時間00分

(投手成績)
     回  打 安 振 球 責
小嶋   6 27 7 8 2 3
リーソップ  2  8 2 2 0 1
藤田   1  4 1 1 0 1
……………………………………………………
仁藤   2 12 4 0 3 6
鴨志田  3 10 1 4 0 0
宮本   1  6 2 1 1 2
高木   1  3 0 1 0 0
西川   1  5 1 0 1 1
金澤   1  4 2 0 0 0

(試合経過)
▼1回裏
一輝が遊ゴロの後、高波が中前打で出塁し、盗塁成功。
濱中は三振したが、岡田が中前打を放ち、高波が生還。相川は三振。
△2回表
バルディリスが投ゴロの後、メンチの四球、野原将の右前打、野原祐の四球で一死満塁。
上本は死球で押し出し、小宮山のレフト線二塁打、坂のライトスタンド中段への本塁打で6−1となる。
柴田は右前打したが盗塁失敗。林は右飛でようやく攻撃終了。
▼4回裏
一死一、二塁の場面で長田がレフト前への浅い飛球。レフト野原祐はショートバウンドで捕球し、サードへ送球。
スタートの遅れた二塁走者岡田はアウトになり、記録はレフトゴロ。前田は中飛で攻撃終了。
△6回表
オリックスの投手が宮本に交代。
メンチは右飛、野原将は一ゴロで簡単に二死となったが、野原祐の死球、上本の右前打、
小宮山の左中間二塁打で8−1となる。坂は三振。
▼6回裏
岡田が一ゴロの後、相川が左前打。辻は初球をレフトスタンドへ本塁打、8−3となる。
長田は投ゴロ、前田は左前打で出塁したが高島は三ゴロ。
△7回表
「タイガース、ラッキーセブンです」のアナウンスからしばらくして唐突に
「六甲おろし」のサビの部分だけ(約20秒)場内に流れ終了。「短かすぎ〜」とファンから失笑がもれる。
△8回表
オリックスの投手が西川に交代。
大城が四球で出塁し、野原将の送りバントで一死二塁。野原祐が右飛の後上本が中前打、
大城が生還、9−3となる。小宮山は三ゴロ。
▼8回裏
相川が三ゴロの後、辻がまたも初球をレフトスタンドへ2打席連続の本塁打。9−4となる。
長田は投ゴロ、代打古木は三振。
▼9回裏
阪神の投手が藤田に交代。
高島は三振、一輝は二飛の後、由田がセンターへ本塁打、9−5となる。濱中は捕飛で試合終了。


(選手評・阪神)
■小嶋達也(神)
球速は130キロ台後半だったが変化球が要所で決まり、6回で3失点8奪三振というまあまあの内容。
昨年は故障で苦しんだそうだが、今季は好調のようなので、これを持続して昇格を目指したい。

■リーソップ(神)
7回から登板し初球が153キロを計測、これには場内からどよめきが。
辻の本塁打以外は抑え込んだ内容で合格点といえるが、ウエスタンの通算成績があんまりよくないところを見ると
好不調の波が激しいのだろうか。

■辻本賢人(神)
試合前、阪神の守備練習を見ていたら、ノッカーのコーチにボールを渡す役をしていたのが辻本。
普通、投手陣が守備練習の手伝いをしないと思うのだが…
今季全く登板がないところを見ると、まだ投げられる状態にないのか。
年齢では田中マー君やマエケンと同じで高卒3年目に当たるのだが、正念場を迎えている感じである。

■小宮山慎二(神)
2本の二塁打で4打点の活躍。通算打率は上がっていないようだが、この日のような働きを見せれば
出場機会も増え、昇格のチャンスも出てくるだろう。

■上本博紀(神)
2安打1盗塁と活躍。まだ1軍出場は果たしていないが、いずれは高校時代からのライバル岩本(広島)とともに
チームを支える選手に成長していくことだろう。広島出身ということもあり、今後もチェックしていきたい。

■坂克彦(神)
筆者が見に行くと彼はよく打つ。この日は本塁打を放ち、守備もいい動き。
こんな選手が昇格できない阪神は選手層が厚い。我が広島なら多分1軍に入れると思う。

■メンチ(神)
3月のオープン戦で見た時、外角のボール球を振り回していたので「何じゃ、こりゃ」と思ったのだが、
案の定、成績が残せず降格。この日は四球、投ゴロ、右飛という内容。
オリックスバッテリーも「外角に投げておけば大丈夫」という配球で、弱点は各球団に知れわたっているようだ。
守備でも打球の目測を誤り、右飛を二塁打にしてしまった。現状は元メジャー選手とは思えない。

(選手評・オリックス)
■仁藤拓馬(オ)
2回一死まで普通の投球だったが、突然コントロールが悪くなり、打者の背中を通る球まで投げる始末。
苦し紛れにストライクを取りに行き、小宮山、坂に痛打を浴びる最悪のパターン。もう一度出直しである。

■鴨志田貴司(オ)
3イニングを0点に抑え、試合が大味になるのを防いだ。
最高球速は多分143キロ。速球投手のイメージが強かったが、以前より腕が下がったような感じで
その分遅くなったように思える。

■宮本大輔(オ)
簡単に二死を取ったのに、死球から連打を浴び2失点。速い球があるのにもったいない。

■辻俊哉(オ)
2打席連続本塁打に場内はびっくり(多分本人もびっくりしているのでは)。
初球から思い切って行くタイプなのかな?この勢いを昇格につなげたい。
なお、彼は翌日のソフトバンク戦の第1打席でも本塁打を放ち、3打席連続本塁打をマーク。

■濱中治(オ)
この日、ファンを最も落胆させたのは彼ではなかろうか。
4打席連続三振に倒れ、9回に第5打席が回ってきた時は、スタンドが「いっそのこと、ここも三振を」と
妙なことを期待するムードになってしまった。
結局、期待に反し?フライを打ち上げたのだが、本人は最初ファウルだと思って打球を眺めており、
フェアゾーンに落ちてきたのを見てチンタラと走り出す有様。全く覇気が感じられないプレーぶりだった。

(その他)
球場に着いたのは9時40分で、入口ではネッピ−&リプシーがお出迎え。
去年まではサマー&シルキーだったのだが、あの着ぐるみはどこに行ったのだろうか。
グラウンドでは、今年結成されたオリックスのチアグループ、「ビーズ・ドリームズ」が計3回ダンスを披露した。
また、普通記者席にしか流れない公式記録員の声がスタンドにも流れた。
記者席の窓が開いていたわけでもなく、何か放送回線の間違いか、それとも純粋にサービスか。
ただ、筆者のようにスコアをつけながら見る者にはとてもありがたかったし、
あまり野球を知らない人にも記録員の存在を知ってもらういい機会になったのではなかろうか。


2009年05月03日 ウエスタンリーグ オリックス−阪神(北神戸)報告者:いかさん

5月3日(日)オリックス対阪神第7回戦(北神戸、12時30分、曇、観衆約1000人)
                   R H E
阪   神 030 002 400 |9 14 0
オリックス 010 000 101 |3 11 3

(神)上園(6回)、横山(1回)、木興(0/3)、西村(3/3)、吉岡(1回)−岡崎、橋本
(オ)小林(6回)、レスター(1回)、梶本(1回)、鴨志田(1回)−辻、土井

勝利投手:上園
敗戦投手:小林

本塁打:林3号ソロ(6回、小林)、藤原2号ソロ(6回、小林)
二塁打:林(2回)、岡崎(2回)、古木(2回)、相川(4回)、由田(7回)、桜井(7回)
併殺打:辻(2回)、濱中(6回)、バルディリス(8回)、相川(8回)
暴 投:小林2(1回、5回)
ボーク:レスター(7回)
盗塁死:野原将(2回)
失 策:長田(2回)、相川(7回)、木興(8回)

審判:球審・林、一塁・飯塚、二塁・芦原、三塁・福家、公式記録・小熊

【戦評】
阪神は二回、岡崎の適時二塁打などで3点を先制すると、6回には林、藤原の二者
連続本塁打で加点、7回にも打者9人を送る攻撃でさらに4点を加えオリックスを圧倒
した。オリックスは先発小林の出来が悪く序盤から失点を重ね、攻撃も走者は再三出す
ものの3併殺の拙攻で完敗となった。


【打撃成績】
(神)     打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 E 坂    510 右安 右飛    三振    中飛 三振
 C 大和   300 犠打    三振    遊飛 三振
  H4上本  100                   三振
  右高橋勇  000
 H 桜井   310 右飛    投ゴ    死球    中飛2
  R8柴田  110                      中安
 Dバルディリス  510 三ゴ    右安    中飛    右飛 遊ゴ併
 D メンチ  410    左安 遊飛    三振    遊失
  H森田   100                      遊ゴ
 F 林    331    右飛2   中安    右本 四球
  H野原祐  100                         中飛
 G 藤原   322    三振    犠打    左本 右安
  94大城  100                         二ゴ
 A 岡崎   323    右飛2   二ゴ    四球 右安
  R2橋本  100                         二ゴ
 B 野原将  222    中安    四球    犠打 左安

(オ)     打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
 G 森山   300 投ゴ    中飛    三振
  H8由田  212                   右飛2   二ゴ
 E 長田   520 右安    一ゴ       中安 遊ゴ    中飛
 D 濱中   300 中飛    三振       遊ゴ併   四球
 B7岡田   310 三邪飛      三振    中安    四球
 F 古木   310    左飛2   一ゴ    三邪飛
  H前田   100                      遊ゴ
  R4柴田  000
 H 相川   421    中安    左ゴ2      二ゴ 一直併
 C5一輝   310    四球    右飛       投ゴ    右安
 A 辻    310    三ゴ併      三ゴ    三強安
  2土井   110                         左安
 D 高島   200    右邪飛      遊飛
  H53木元 210                   中安    二ゴ

【投手成績】
(神)  回  打 安 三 四 失 自
○上園  6  23 6 3 1 1 1
 横山  1  6 3 0 0 1 1
 木興  0/3  2 0 0 2 0 0
 西村 3/3 2 0 0 0 0 0
 吉岡 1  5 2 0 0 1 1

(オ)  回  打 安 三 四 失 自
●小林  6  29 9 5 3 5 4
 レスター1  9 4 2 1 4 2
 梶本  1  3 1 0 0 0 0
 鴨志田 1  3 0 0 0 0 0


【注目選手】
■上園啓史(神)
勝ち投手にはなったものの一軍を考えると物足りない内容。点を取ってもらうと球がおじぎを
しだす投球に少しイライラさせられる。オリックスの拙攻に助けられた結果オーライの内容
だったと言える。ファームでうろうろしてる選手じゃないだけに早く復調して欲しい。

■林威助(神)
打撃は全然問題ないですね。前回由宇で見たときに感じたスイングの迷いが消え力がこもり
打球の鋭さが増しています。4回は変化球を狙い撃ち。6回は2−2からネットにまで届く
大きなホームランを放った。投手を見下ろして対戦しているようでした。

■木興拓哉(神)
鎌ヶ谷で数回見たと思うがあまり印象にない投手。この日は楽な場面での登板ながら投球はボール
に聞いてくれ状態で狙い通りに行かない荒れた内容。大量点差のため四球で出した濱中が全くリード
を取らず一塁手・野原もベースについていないのに急に誰もいない一塁に牽制を投げてしまう失態。
さらに岡田にも勝負に行かない四球を与えたところでついに懲罰降板となってしまった。

■ケビン=メンチ(神)
外角変化球にはっきりとした弱点がありスイングが崩されているのは素人目にも明らか。タイミングが
あってないからどうしてもボールの下を叩いてしまいフライが多くなる。ただ、辻がファールフライ
を取りにマスクを捨ててバックネット裏に走った際、それをわざわざ取りに行ってユニフォームの
汚れていない部分で汗でついてしまった土を丁寧に落としてあげてから辻に返していた。そういう
場面はテレビじゃ映らないけど性格が優しいのは本当みたいです。

■小林賢司(オ)
立ち上がりからボール先行であまりよくなかったのですが、途中から段々変化球も制球できなくなり
球数を投げたあげく打たれるという悪循環。気ばっかりあせって足が地についていない感じでした。

■ジョン=レスター(オ)
初めて見たのですが評価のしようがない感じで、特にセットになるともともとない球威がさらに落ちる
感じで大丈夫かと心配になる。変化球がメロメロで直球でしかストライクが取れず。その直球も全然
球威がないから狙い撃ちで阪神打線の餌食に。この日だけ悪かったのかは分かりませんが、この投球
内容だと起用する場面がないような。

■濱中治(オ)
もともと縦の変化には強くない選手ですが、この日は変化球にクルクル回って泳がされ阪神バッテリー
の手の中で遊ばれてる感じでした。6回にはもう計ったようにゲッツーコースに打たされて、チーム
の戦意も一気に萎えてしまった。スイングに腰が入っておらず当てただけの弱々しいスイングなのが
気になりました。どうしちゃったのでしょうね。

■鴨志田貴司(オ)
既に勝敗がついた場面での登板で内容は悪くなかったのですが、投球フォームが随分変わった気がします。
足をかなり高く上げるスタイルですが、ちょっとその割にはスピードが出てない気もしました。
走者がいたらどうするのか気になりました。

■岡田貴弘(オ)
明日の大砲候補でずっと注目してる選手。この日の打席はあまり見るべきとことはありませんでした。
守備では2回の林のライナー性の当たりをグラブに当てながら逸らして二塁打に。記録ではエラーには
なりませんでしたがあれは取ってあげないと投手がかわいそう。

■長田昌浩(オ)
移籍して随分時間が経ちますがまだ特色が出せていないと感じる選手です。グラブ捌きは特段おかしくない
のですが、7回メンチのイージーゴロを逸らしてしまう。ボールに十分追いつけるのに体を出さず
グラブだけで取ろうとしたところに問題があった。また、打者は鈍足で焦る必要は全然なかった。
試合展開が一方的だったので少し集中力を欠いたのでしょうか。

■古木克明(オ)
2回の二塁打は変化球をうまくさばきました。ただ、エラーこそ最近は見ませんが相変わらず守備は
冷や冷やものです。センスの問題かも知れないがもう少し早く打球の落下点に最短距離で行けないものなのか。

■オリックスファン
何回ごろからか分からないのですが打席やマウンドの各選手に「行け」と大声で叫ぶファンがいた。
「あいかわ、いけええ」「かもしだ、いけええ」という感じで選手一人一人に声援を送っていたが
由田には個人的な期待が大きかったらしく「(早大同期の)青木に負けるな」「鳥谷はもう上で活躍してるぞ」と
いろいろ声援を送りこれには由田もバツが悪かったらしく、苦笑いしながら打席を外していた。

■あじさいスタジアム北神戸
入場料ですが今年から200円値上げ。スポンサーの穴吹工務店撤退が影響してるのでしょうか?
マスコットのシルキー(って名前でしたっけ?)もいなくなっており、代わりにネッピーが球場に来ていた。
この日はいつもの車ではなく電車で行きました。これはオリックス球団の責任ではないのですが、
三宮駅から岡場駅まで北神急行経由で900円、さらにバスが220円。…高い。これで入場料値上げでさらに
がっくりきた次第です。由宇球場も広島市内からだと往復3000円近くしたなぁ。ナゴヤと鳴尾浜は近いけど。


2009年05月03日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:WIZさん/子連れさん

■報告者:WIZさん

2009年5月3日(日・祝)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東京ヤクルト5回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL村山、1B木内、2B市川、3B原
記録員:生原
観客数:2053名
試合時間:2時間45分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ヤクルト 005 000 000   5   8  0
湘  南 000 101 000   2   6  3

【投手継投】
ヤクルト ○高木(6回)−松井(1回)−高井(1回)−S橋本(1回)
湘  南 ●阿斗里(6回1/3)−吉見(1回2/3)−木塚(1回)

【得点経過】
 3回表(ヤ) 無死1・3塁で上田、センターオーバー2ベースタイムリー(湘0−1ヤ)
        無死2・3塁で三輪、レフトへ犠牲フライ(湘0−2ヤ)
        一死2・3塁で斉藤、センター前タイムリー(湘0−3ヤ)
         ⇒松本のホームへの送球が逸れる間に2塁走者も生還(湘0−4ヤ)
        一死3塁で志田、ライトへ犠牲フライ(湘0−5ヤ)
 4回裏(湘) 無死無塁で呉本、レフトスタンドへソロ(湘1−5ヤ)
 6回裏(湘) 一死無塁で呉本、レフトスタンドへソロ(湘2−5ヤ)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東京ヤクルト>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 上田  空振  中2  中安  二ゴ            421100100
2B 三輪  四球  左犠  一ゴ  二ゴ            201001010
3B 梶本  空振  遊失  二併    空振          300101200
DH 斉藤  遊ゴ  中安    中安  遊ゴ          421100000
RF 志田    中安右犠    遊ゴ  一邪          311000000
LF 中尾    遊併二ゴ    投安    中飛        410000000
LF 牧谷                            000000000
1B 吉本    空振  見振  捕飛    空振        400000300
C  中村      左安三直                  210100000
H  米野              二失  左飛        100000000

SS 鬼崎      右安三ゴ    投犠            210100000
・牧谷、9回の守備から出場。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  二ゴ  四球  一ゴ  左飛            400000010
2B 仁志  遊ゴ  遊飛  三ゴ    四球          300000010
LF 下園  一ゴ  一ゴ    空振  二直          400000100
DH 呉本    左飛  左本  左本  三ゴ          422220000
3B 北     投ゴ  一ゴ  一ゴ              300000000
H  斉藤秀               三ゴ          100000000
3B
1B 高森    二ゴ  二ゴ  中2    中安        420000000
C  黒羽根     四球空振  投ゴ              200000110
H  北川                  左安        110000000
SS 野中      中安  四球  遊ゴ  遊ゴ        210000010
RF 坂本      投犠  捕飛                100000000
H  関口              空振            100000100
RF
H  新沼                  一直        100000000
※9回、新沼の一直→1塁走者戻れず併殺。


【投手成績】
<東京ヤクルト>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
○高木     6回   25  4  3  2  2  2
 松井     1回    3  0  0  1  0  0
 高井     1回    4  0  1  0  0  0
S橋本     1回    4  2  0  0  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●阿斗里  6回1/3  27  8  1  4  5  2
 吉見   1回2/3   5  0  0  1  0  0
 木塚     1回    3  0  0  1  0  0

【その他】
■盗塁成功
 <ヤクルト>三輪:1回、一死1塁、打者梶本の2−1からの4球目。一死2塁に。
      梶本:2回、一死1・3塁、打者斉藤の1−0からの2球目。一死2・3塁に。
■失策
 <湘  南>野中:3回、一死2塁で梶本のショートゴロを捕球するもグラブから落とす。一死1・3塁に。
      松本:3回、一死2・3塁で斉藤のセンター前→本塁悪送球。2塁走者生還。
      仁志:7回、無死無塁で米野のセカンドゴロを一塁へ悪送球。


【試合展開】
2回まで無難な立ち上がりを見せた湘南先発阿斗里が突如乱れます。
先頭打者の中村から3連打を浴びて1点を簡単に先制されると三輪に犠牲フライ、さらに斉藤に
二遊間を抜けるタイムリーを浴びてしまいます。さらにその打球を処理した松本が本塁へ送球
するとその球は新沼の頭を遥かに超える大暴投と、味方の守備にも足を引っ張られ結局この回
5点を失います。

少しでも点差を縮めたい湘南はその裏、一死満塁と追い上げのチャンス。
しかし降格後初出場となったベテラン仁志がショートフライ、好調下園がファーストゴロに倒れ
無得点に終わってしまいます。
4、6回と呉本に2打席連続ソロで追い上げ、4回以降立ち直った阿斗里と吉見、木塚の継投陣
が戸田に追加点を許さず最終回に望みを託します。

その最終回、高森、代打北川の連続ヒット。一死1・3塁となり昨日ソロを放った新沼が代打で
登場し盛り上がりを見せましたが、カットした打球はファースト真正面のライナーに。
1塁走者が戻れず併殺となり試合終了。
今日はツキに見放された湘南。このカードを1勝1敗で終えました。


【横須賀情景】
昨日の小田原から横須賀に場所を移して行われた戸田との第二ラウンド。
GW唯一スカスタ開催ともあってか、それとも降格、引退報道が流れた仁志が本日から二軍戦に
出場するということもあってでしょうか。この日のスカスタは開門前から久しぶりの長蛇の列。
2000名の大台に達する盛況を見せました。

湘南にとって悔まれるのは3回。
阿斗里はこの日も突然乱れる病気が再発し、連打を浴びるとあれよあれよという間に2点を失い、
さらに味方の守備にも足を引っ張られ大量失点を許してしまいます。
その5点を失った直後の湘南の攻撃も一死満塁で迎えるバッターは仁志と盛り上がる場面を見せ
ましたが、仁志はショートフライに倒れてしまいます。ここで1点も取れなかったことが回が進む
に連れ負荷となってしまいました。
仁志は結局四球で1回塁に出たのみで快音は聞かれず。雑音を払拭することはできませんでした。
果たして明日からの古巣川崎3連戦に帯同するのでしょうか。

戸田先発の高木はやや制球に苦しんだものの、低目を常に意識した投球で内野ゴロを量産。
呉本の2本の被弾はいずれも高めに浮いた球を呉本らしい引っ張ったスイングで運ばれたものでした。
この2連戦、戸田は梶本、三輪の積極的な走塁を見せたのが好感でした。1・3塁となればすぐさま
1塁走者が走り相手投手にプレッシャーをかけてきます。
湘南も9回に一死1・3塁、しかも1塁走者は俊足野中という状況ながら野中は動かず。
ここで盗塁をしかけ成功したら橋本にプレッシャーをかけ、新沼のライナーによる併殺も無かった
でしょう。「機動力野球を目指す」と毎年言いながら相変わらず積極性が足りません。

3/29以来1ヶ月ぶりに行われた休日のスカスタデーゲーム。
次回の休日スカスタは6/7とまたまた1ヶ月お預けです。果たして湘南は首位をキープしているのでしょうか。
やや強風の中、観戦された皆様お疲れ様でした。





■報告者:子連れさん

EL 公式戦 湘南Vs戸田 5回戦 5月3日(日) 13:00 横須賀

       <結 果>               R H E
           戸 田 005 000 000 5 8 0

           湘 南 000 101 000 2 0 3  湘南3勝2敗

          (勝)高木6試合1勝 (S)橋本10試合2勝1S

          (負)阿斗里6試合2敗

               回 打 安 責          回 打 安 責
   <継投> 戸田 高 木 6 25 4 2  湘南 阿斗里 61/3 27 8 3

           松 井 1 3 0 0     吉 見 12/3 5 0 0

           高 井 1 4 0 0     木 塚  1 3 0 0

           橋 本 1 4 2 0

   (本塁打)呉本2号 3号

   (2塁打)上田 高森

   (失 策)湘南3 野中 松本 仁志

<アンパイヤー・記録員>
       PL・村山太郎 1B・木内九二生 2B・市川貴之 3B・原信一朗
        記録員・生原 謙

    <試合時間>2時間44分(13:02〜15:46)

    <観  衆>2,053名 ※大入り袋が球団より出ました。

『雑 感』
         鷹取川には今年も、川を挟んでこいのぼりが流されていました。
        連休中で1軍も横浜でデーゲーム、前売りもたっぷりと余ってい
        て勝てば5位の試合にも関わらず、随分な方が夏島に流れました。
        不景気なのか、新型インフの影響なのか、最下位を走る関内に嫌
        気がさしたのか、仁志効果なのか。開門前の列が折り返して、さ
        らに伸びていた光景に、専属のカメラマン氏の白い歯がこぼれて
        いました。
         その中を売店へ買い出しに出た加藤康介はとたんに囲まれたの
        ですが、最後の方まで丁寧にサインをされていました。
         「選手が売店に出てくるんだね」「ここまで来るとベイ選手と
        いっても誰だか分かんないな」「誰のサインだったの?」と、ま
        あ、そのあたりの方々が大半で、今後にはつながりそうもなく、
        刹那な今日の盛況を瞼に思い出として焼き付けたのでした。

         試合はすでにWIZさんに詳しいので、何ですが。前回は5回
        で突然失速した阿斗里が今日は3回だったこと。遠足気分の罰で
        好投した吉見の本当の理由が、「Y150」見学がてら関内へ行
        芽が出てきたことだった。1番松本ー2番仁志の新打戦が、山北
        にも似た「富山」への試練を予測させたこと。
         負け試合ながら、呉本の2本と、仁志に追い出された北川が、
        ふざけるなと意地の代打安打が見事でした。昨日は叱ったのです
        が、今日は尻蹴り上げて褒めましょう。

         チョコレート菓子を配り出した4月でしたが、やはり湘南観戦
        土産にはと、定番の「うまい棒」が復活した夏島でした。この味
        で育った子連れの子らは、「いつも吉見」も相まって、富山への
        道に光明を見出したようです。

         試合後はグランド開放が行われ、始めての方や親子連れの歓声
        が貝山まで聞こえていました。良い連休になったかなと思いなが
        ら、自分のブログへの打ち込みに専念されていて、ちょっぴりと
        集中に欠けたケチャップさんをも慮り、冷えたビールを頂きまし
        た。
         明日からは、川崎とのGW3連戦。賑わいある場所での勝ちに
        期待しましょう。


  ■掲示板@2軍愛■