【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2009年06月26日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(平塚)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs鎌ヶ谷 8回戦 6月26日(金) 18:00 平塚
        <結 果>               R H E
            鎌ヶ谷 000 001 000 1 7 0

            湘 南 041 001 01× 7 15 0 湘南5勝3敗

             (勝)寺原4試合2勝1敗 (負)須永6試合2勝1敗

            本塁打・・高森9号ソロ(8回裏レフトへ)

            3塁打・・下窪

            2塁打・・斉藤秀・陽仲寿・下窪・今浪


     <継投>       回 打 安 責           回 打 安 責
        鎌ヶ谷 須 永 6 33 12 6   湘 南 寺 原 9 33 7 1

            金 森 2 11 3 1       (無四球完投)

        <得点経過>
              2回裏 斉藤秀 右中間2B  2点

                  下 窪 中越え3B  1点

                  山 崎 右犠飛    1点

              3回裏 野 中 押し出し四球 1点

              6回表 今 浪 左タイムリー 1点

              6回裏 呉 本 中タイムリー 1点

              8回裏 高 森 左HR    1点

   <アンパイヤー>
       PL・長井功一 1B・橋本信治 2B・山口義治 3B・山路哲生

        (試合時間)2時間50分(18:01〜20:51)

        (観  衆) 849名

        (天  候) 晴れ 21℃ 96% 風・↓やや強

      『雑 感』
         月齢3.3の三日月が弦を真上にして西に傾いていました。
        梅雨の合間、晴れた金曜日の平塚ナイターは湿度たっぷりで、
        「湿度計の針が振り切れていますよ」と球場職員の言葉の通り
        96%もありました。前回はバラの見頃だった平塚、今夜は街
        の所々に「七夕まつり」の準備も見られたのです。季節は確実
        に流れています。湘南も今夜が54試合目。ちょうど半分まで
        来ました。
         せとさんの太鼓の音と、杉谷選手の掛け声を耳にスタンドへ。

         湘南のマウンドには本来はいないはずの寺原。主力の選手を
        見たい方には満足でしょうが、主力でないこれからなれるかも
        知れない選手が見たい私には興ざめで、ソバ屋へ顔を出したり
        母子福祉売店で缶ビール飲んだりしていたのです。今夜の寺原
        はかなり本格的になっていました。球の勢い、速さ、鋭さが、
        本来の物に近づいていて、中田は完全に子供扱いされていまし
        た。彼が上ではまだ通用しない理由が観えたようです。結局、
        9回無四球完投。湘南の今年初の完投投手になったのでした。

         鎌ヶ谷のマウンドには、何とかして花開きたい須永。随分と
        イースタン生活が長くなり、この頃では鮮度が気になる側へと
        入りはじめたと言っても過言ではないでしょう。辛抱強く6回
        まで投げましたが、12安打6自責と良く打たれました。低め
        には来るのですが、左右のバラツキが大きく、加えて打者に粘
        られてしまうのでは決める球がありませんし、いたずらに球数
        ばかり増えての悪循環でした。何か、ほんの僅かな切っ掛けか
        後押しがあれば、札幌永住すすきの豪遊となるのでしょう。

         試合は前半で得点を加えた湘南が、ズルイようで何ですが、
        寺原の好投を得て勝利。首位攻防戦第一ラウンドを得たのでし
        た。54試合34勝20敗 勝率6.30 首位。鎌ヶ谷との
        ゲーム差を2.5としたのでした。「悔しいだろ〜!関内!」

     <こんなプレー>
         7回裏無死満塁。下窪の当たりは右中間へフラフラと上がり
        ライトの大平が懸命に前進、わずかにグラブをかすめて安打。
        ところが3塁走者黒羽根は捕球されたと思い帰塁。すでに塁は
        埋まり、球はホームへ送られOUT。ひとり「・・・」な状況
        でした。この後、山崎三ゴロ・PH森笠遊ゴロでチェンジに。
        無死満塁はとかく得点が難しと言われますが、そんな流れでし
        た。ところで、この回の下窪の当たりは、記録上「右飛」で処
        理されています。ひとり「・・・」な状況ですが・・

     <お知らせ>
         平塚駅北口前広場供用化にともない、球場へ行くバス乗り場が
        変更されました。従来のターミナルではなく、駅前左の商店街が
        乗り場になります。球場行きはC番乗り場です。バスをご利用の
        方はご注意ください。170円は変更ありません。


2009年06月20日 イースタンリーグ 巨人−日本ハム(掛川市営)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2009年6月20日(土) 鎌ヶ谷VS川崎(掛川市営)
天候:曇時々晴 試合開始:13時 試合時間:約3時間20分 観客:2548人
審判:主審石山 一塁木内 二塁村山 三塁牧田 公式記録員:伊藤

鎌ヶ谷 000 000 043|7
川崎  020 010 000|3

【選手成績】*公式記録ではありません
また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です
鎌ヶ谷
(中) 陽   4打数1安打
(二) 今浪  5打数2安打
(右) 鵜久森 4打数2安打1打点
(指) ヒメネス5打数3安打3打点
(捕) 今成  5打数1安打
(左) 大平  3打数1安打1打点
(一) 市川  3打数1安打2打点
(三) 高口  4打数ノーヒット
(遊) 中島  4打数ノーヒット

 スウィーニー 6回打者29人投球数98被安打9与四球1死球1奪三振1失点3
○星野     1回   4人   18   0   1  0   0  0
 坂元     1回   5人   15   0   1  0   1  0
 榊原     1回   3人   13   0   0  0   3  0

川崎
(二)  藤村  4打数ノーヒット
(中)  橋本  5打数1安打2打点
(三)  中井  5打数2安打1本塁打1打点
(右)一右田中  4打数1安打
(一)  小田嶋 2打数1安打
 走 左一福元  1打数ノーヒット
(捕)  加藤  4打数1安打
(左)右左加治前 4打数1安打
(遊)  円谷  4打数1安打
(指)  岩館  2打数1安打

 福田 7回2/3打者31人投球数128被安打4与死球4奪三振7失点1
●上野   0/3打者 3人     9   3   0   0  3
 会田 1回1/3打者 7人    25   4   0   1  3


【試合経過】
1回表鎌ヶ谷
陽 空振り三振
今浪 左邪飛
鵜久森 二安 二死一塁
ヒメネス 一ゴロ

1回裏川崎
藤村 二ゴロ
橋本 中飛
中井 右安 二死一塁
田中 四球 二死一二塁
小田嶋 死球 二死満塁
加藤 遊ゴロ

2回表鎌ヶ谷
今成 二ゴロ失(送球それる)
大平 空振り三振
市川 四球
四球の球が暴投となり、今成三進 一死一三塁
高口 空振り三振
中島 空振り三振

2回裏川崎
加治前 右安
円谷 右安 無死一二塁
岩館 投前犠打 一死二三塁
藤村 遊飛
橋本 中タイムリー安 0−2川崎 二死一塁
中井 中飛

3回表鎌ヶ谷
陽 四球
今浪への初球前 陽牽制死
今浪 左飛
鵜久森 四球 二死一塁
ヒメネス 中安 二死一二塁
今成 遊ゴロ

3回裏川崎
田中 二ゴロ失(イレギュラー)
小田嶋 遊ゴロ併殺打
加藤 左線二塁打 二死二塁
加治前 三ゴロ

4回表鎌ヶ谷
大平 中飛
市川 遊ゴロ
高口 見送り三振

4回裏川崎
円谷 一ゴロ
岩館 右安 一死一塁
藤村 一前犠打(セーフティバント) 二死二塁
橋本 左飛

5回表鎌ヶ谷
中島 二ゴロ
陽  一ゴロ
今浪 二ゴロ

5回裏川崎
中井 左越え本塁打 0−3川崎
田中 右安 無死一塁
小田嶋 中安 無死一二塁
加藤 遊併殺打 二死三塁
加治前 左飛

6回表鎌ヶ谷
鵜久森 遊飛
ヒメネス 二ゴロ
今成 一ゴロ

6回裏川崎
円谷 空振り三振
岩館 二ゴロ失(イレギュラー)
藤村 遊ゴロ 二死二塁
橋本 遊飛

7回表鎌ヶ谷
大平 四球
市川 空振り三振
高口 三ゴロ 二塁封殺 二死一塁
中島 空振り三振

7回裏川崎 鎌ヶ谷ピッチャー星野に交代
中井 中飛
田中 投ゴロ
小田嶋 四球 代走福元
加藤への2球目前牽制暴投 二死三塁
加藤 中飛

8回表鎌ヶ谷
川崎福元がレフトに入り、加治前がライト、田中がファーストに回る
陽 三ゴロ
今浪 右安 一死一塁
鵜久森 中飛
ヒメネス 左線タイムリースリーベース 鎌ヶ谷1−3 二死二塁
川崎ピッチャー上野に交代
今成 左安 二死一三塁
川崎 田中がライト、福元がファースト、加治前がレフトに回る
大平 右安 鎌ヶ谷2−3 二死一三塁
市川 中越えタイムリーツーベース 鎌ヶ谷4−3 二死二塁
高口 三ゴロ

8回裏川崎 鎌ヶ谷ピッチャー坂元に交代
加治前 見送り三振
円谷 二ゴロ失(ファーストへ低投) 一死二塁
岩館 四球 一死一二塁
藤村 二ゴロ セカンド封殺のみ 二死一三塁
橋本 二ゴロ

9回表鎌ヶ谷
中島 二ゴロ
陽 右安 一死一塁
今成 右安 一死一二塁
鵜久森 右線タイムリーツーベース 鎌ヶ谷5−3 一死二三塁
ヒメネス 左中間タイムリーツーベース 鎌ヶ谷7−3
ヒメネスは三塁でタッチアウト
今成 空振り三振

9回裏川崎 鎌ヶ谷ピッチャー榊原に交代
中井 見送り三振
田中 空振り三振
福元 空振り三振でゲームセット


【全体感想】
立ち上がりから福田投手を捉えかねていたとはいえ、3回終わったとこで投球数がもう71球
「こりゃ中途半端に点獲らないで、福田投手続投させりゃバテが来たトコで一気につぶせるぞ」なんて思っていたら、まぁある程度は予想通り
予想と全然違っていたのは、4回か5回にはつぶせるだろうと思っていた福田投手を8回120球越えてから、やっと捉まえられたこと
それは川崎側も同じで、今日のスウィーニーを6回までもたせちゃいかんでしょう

【川崎選手感想】
■中井大介(巨)
5回にレフトスタンドに叩き込んだ他、第2打席と第4打席もセンターの深いところへの大飛球
風がなければおそらく3打席連発だったと思います
スタンドからは「大田泰示に負けるなぁ!」と声援が飛んでいましたが、中井はサードの守備も軽快だし、私には負けるなどころか中井の方がかなり上に見えました

■福田聡志(巨)
決まった球は鎌ヶ谷打線にかすりもさせず、7回二死まで完封ペース
それがどうにも好投した印象がないのは、リリーフ陣が打ち込まれた以上に球数が多すぎるせいに思えます
あのストレートとフォークがあって、なんでこんなに球数がかかるのか・・・

【鎌ヶ谷選手印象】
■今成亮太(日)/大平成一(日)/市川卓(日)
8回よくやっと福田を捉えて、更に2点差二死二塁の場面で左打者が3人並ぶ打線に対して左の上野
先週に続いて「今日は尾崎もいるのに、なんで右の代打使わないんだよ〜」と思っていたんですが、左対左3人で見事逆転に成功しました
今の一軍の打撃好調もそうだと思いますが、とにかく思い切りよくバットが振れてるな、という感想です

■今浪隆博(日)
名手今浪がなんと1日3エラー
ただ川崎の藤村もひとつエラーした様に、ちょっと今日のセカンド周辺のグランドコンディションがおかしかった様に見えました
打つほうでは、今日の鎌ヶ谷打線が点獲るなら今浪が出て鵜久森、ヒメネスにつなげるしかないな、と思っているとその通りに8回、9回の連続ヒットで大量得点の口火を切りました
鵜久森もそうなんですが、今の調子がいい状態でなんとか上でチャンスをあげられないものかと、本当にそう思います。


2009年06月20日 ウエスタンリーグ オリックス−ソフトバンク(北神戸)報告者:いかさん

3年前に地元の大阪に転勤となり北神戸を中心としてウエスタンウォッチングを続けて来ましたが、この度
東京の本社に戻ることになりました。いろいろな情報を頂いた皆様に感謝いたします。時間があればですが
再びイースタンウォッチングに励みたいと思います。この3年間で選手も大きく入れ替わり、あの頃ファーム
で実力を磨いていた西武中村や日ハム小谷野などが一軍の主軸となりました。ウエスタンではオリックス岡田
や広島松山など注目株の成長を見届けられないのが残念ですが、早く一軍主力となる日を待ちたいと思います。
そんなわけで最後と思い北神戸での試合を見てきたわけですが、すごい試合となりました。


6月20日(土)オリックス対ソフトバンク公式戦第10回戦(あじさい北神戸、12時30分、曇、観衆約800人)
                       R H E
ソフトバンク 000 001 004 1  |6 11 1
オリックス  100 030 010 3× |8 13 0

(ソ)ロー(7回)、三瀬(1回)、金(1回)、西山(2/3)−的場、荒川
(オ)小松(7回)、中山(2回)、金澤(1回)−前田

勝利投手:金澤
敗戦投手:西山

本塁打:岡田14号2ラン(5回、ロー)、荒金5号ソロ(6回、小松)、李1号3ラン(9回、中山)、濱中7号ソロ(10回、西山)、木元1号2ラン=サヨナラ(10回、西山)
盗 塁:前田(2回)、森山(5回)
盗塁死:荒金(4回)
併殺打:濱中(1回)、木元(4回)、岡田(7回)
失 策:ロー(6回)

審判:球審・吉本、一塁・嶋田、二塁・水落、三塁・坂井

【戦評】
オリックスは1点を追う延長10回裏、濱中が中越本塁打を放ち同点とすると
二死後に木本が右中間に2ランを放ち劇的なサヨナラ勝ちを収めた。
ソフトバンクは終始劣勢だった展開を撥ね返し9回表には4点差を追いつく
驚異的な粘りを見せ10回表には井手の適時打で勝ち越し一旦は勝利を手中
にしたものの、最後に救援の西山の乱調によりまさかの逆転負けを喫した。


【打撃成績】
(ソ)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
 G 柴原  400 一ゴ    右飛    右飛    左飛
  2荒川  100                         三振
 C 明石  310 中安    補ゴ       二ゴ
  H5李  213                      三振 中本
 H 荒金  311 二飛       四球    左本    四球 投ゴ
 D アギーラ510    右飛    二飛    中飛    遊ゴ    中安
 D8江川  410    三邪飛   左2    二ゴ    三振    犠打
 F 井手  531    左安    左飛       一直    中2 右2
 B 中村  410    三振       四球    左2    遊飛 一飛
 A 的場  100       投ゴ    犠打    死球
  R54金子100                         死球 一ゴ
 E 福田  421       右2    三振    右飛    左安


(オ)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
 G 由田  410 中安 一ゴ       左飛 二ゴ
  5高島  100                         三振
 E 森山  520 中安 右飛       左安    左飛    二ゴ
 H 濱中  532 遊ゴ併   一邪飛   左安    左安       中本
 F 岡田  412 死球    中飛    中本    一ゴ併      投ゴ
 D 古木  410 四球    右飛    中飛       右3    三振
 D 阿部  210 四球       中安 二ゴ
  8迎   210                      二ゴ    左安
 B 木元  413 遊直       二ゴ併   一ゴ    犠飛    右本
 A 前田  320    右安    三安    死球    三振
 C 柴田  300    犠打    中飛    二ゴ       二ゴ

【投手成績】
(ソ)  回  打 安 三 四 失 自
 ロー  7  31 9 0 4 4 4
 三瀬  1  4 1 1 0 1 1
 金   1  3 0 1 0 0 0
●西山 2/3 5 3 1 0 3 3

(巨)  回  打 安 三 四 失 自
 小松  7  28 6 2 3 1 1
 中山  2  11 3 3 2 4 4
○金澤  1  5 2 0 0 1 1


【注目選手】
■キャメロン・ロー(ソ)
初観戦。2メートルを越える巨体でとにかくでかい。初回から直球の制球がめちゃくちゃなのに
なぜかその直球ばかり投げ阿部への押し出しで1失点。2回以降は変化球を織り交ぜるように
なり落ち着いた。しかし、上から投げ下ろすタイプでありこの上背であればかなり打者は押され
そうだが球威がないのか三振が一つも取れず、簡単にはじき返される場面が目立った。メジャー
でそこそこ実績はあるようだがこの日の出来では使い道はないだろう。

■井手正太郎(ソ)
10回に前進守備の右翼の頭を抜く勝ち越し二塁打を放つなど打の方では3安打と活躍。しかし、
守備では5回の濱中の当たりを目測を誤り前に落とした上にトンでもない方向に弾いてしまい
走者を帰してしまうミス。

■江川智晃(ソ)
期待は大きいがなかなか芽の出ない選手の一人。8回の守備では古木の当たりを思い切り後逸。
俊足とはいえない古木を楽々と三塁に進めてしまった。

■李杜軒(ソ)
9回の同点スリーランは痺れた。中山の変化球をうまくさばいた。ああいう場面での大仕事は
なかなか出来るものではない。強い印象を残した。

■西山道隆(ソ)
独立リーグにいた頃はとにかく無敵の投手でしたが、プロ4年目もまだ一軍勝ち星なし。この日は
火消し役で登場するもいきなり濱中に初球をバックスクリーンに横叩き込まれ炎上。その後も
いい当たりが続き木元にサヨナラ弾を打ち込まれた。この日は球威なく精彩を欠いていた。

■小松聖(オ)
WBC戦士をこんなところで見るとは。この日は変化球主体の投球で的を絞らせなかった。
荒金には失投なのか左翼に運ばれてしまったが、その他はピンチとなっても落ち着いて後続
を討ち取る投球だった。ただ、本人はもっと圧倒したかったのか首を傾げていることが多かった。
一軍ローテーを考えてのことであろう。

■由田慎太郎(オ)
もう6年目でお尻に火が付きかけてる選手。初回の攻撃で二塁へ進んだ際転倒。その場では
簡単な治療だけでプレーは続行となったが、二回表の守備の前にかなり長い時間治療を行っていた。
怪我の程度は不明。

■濱中治(オ)
初回の併殺打、三回の守備では福田の当たりを待って取った上に内野に山なり送球で二塁に進めて
しまうダメっぷり。しかし、7回にラッキーな形で安打を放つと10回には140メートルは飛んだ
バックスクリーン直撃の特大の同点弾を放つ。ああいう本塁打を見せつけられると起用したくなる
のが心情ですが、期待をかけると打たないし不思議な選手です。

■岡田貴弘(オ)
好調を買われて一時昇格していた。5回にはバックスクリーンにドカンとぶち当てる大きな本塁打。
本塁打王レースは独走状態に。ところでいつも一塁を守っていたと思うのですがこの日は左翼で
出てました。守備はどうかなと思っていたら4回の江川の当たりを落としてしまい、レフトフライが
二塁打に。この日は難しい当たりは飛ばなかったので大事には至りませんでしたがあの守備は
ちょっといただけません。


2009年06月20日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(浦和)報告者:WIZさん

2009年6月20日(土)
イースタン・リーグ公式戦 千葉ロッテ−湘南 8回戦 ロッテ浦和球場(13:00開始)

審判:PL工藤、1B山口、2B鈴木、3B山崎
記録員:新
観客数:300名以上(超満員)
試合時間:2時間55分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
湘  南 004 040 000   8  17  1
ロ ッ テ 010 110 000   3   7  2

【投手継投】
湘  南 ○寺原(7回)−佐藤(2回)
ロ ッ テ 小宮山(1回)−●黒滝(1回2/3)−木村(3回1/3)−下敷領(1回1/3)
                                 −田村(1回2/3)

【得点経過】
 2回裏(ロ) 二死1・2塁で佐藤、ライト前タイムリー(ロ1−0湘)
 3回表(湘) 二死満塁で桑原義、左中間スタンドへグランドスラム(ロ1−4湘)
 4回裏(ロ) 一死1塁で金澤、左中間フェンス直撃2ベースタイムリー(ロ2−4湘)
 5回表(湘) 一死2・3塁で黒羽根、センター前タイムリー(ロ2−5湘)
        一死1・3塁で野中、センター前タイムリー(ロ2−6湘)
        一死1・2塁で根元、セカンドゴロを弾く間に2塁走者生還(ロ2−7湘)
        一死1・3塁で山崎、ショート内野安打タイムリー(ロ2−8湘)
 5回裏(ロ) 一死1・2塁、ダブルスチールを敢行→黒羽根3塁へ悪送球の間に2塁走者生還(ロ3−8湘)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 下窪  右安二直右飛  二失                310000000
H  森笠              二ゴ  左2        210000000
LF
2B 山崎  右飛  遊ゴ見振遊安  二ゴ  空振        611000200
SS
RF 関口  空振  見振左安三邪    遊安          520000200
DH 呉本  右安  中安空振遊ゴ    右安          530100100
1B 高森  右安  四球  一失投ゴ  一ゴ          310200010
SS 斉藤秀   見振左安  左安中飛              420100100
H  北川                空振          100000100
2B
CF 桑原義   右安左本  三ゴ左2  遊ゴ          534210000
C  黒羽根   投ゴ中2  中安遊ゴ    右飛        521100000
3B 野中    四球四球  中安  三邪  空振        311100120
※1回、高森の右安→1塁走者呉本ホームに向かうも補殺。
※2回、黒羽根の投ゴ→エンドラン敢行。
※2回、下園の二直→2塁走者戻れず併殺。
※4回、一死1塁で1塁走者関口牽制死。


<千葉ロッテ>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 西岡  右飛左飛    左飛                300000000
3B 新里              遊ゴ            100000000
CF 早坂  左飛  一ゴ  左安  二ゴ            410101000
2B 根元  四球  投ゴ  四球    二ゴ          200001020
3B 細谷  中飛  三ゴ  右飛    遊飛          400000000
SS
1B 神戸    左飛  空振右安    四球          310000110
LF ムニス   左安  左安  右飛  中飛          420200000
C  金澤    左安  左2  空振    二ゴ        421000100
RF 定岡    空振  空振  見振    見振        400000400
DH 佐藤    右安  空振    空振            311000200
H  青松                  二ゴ        100000000
・新里、6回の守備より出場。
※5回、神戸の右安→2塁走者ホームへ向かうも補殺。


【投手成績】
<湘南>
       投球回   投球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責
○寺原     7回   121 29  7  2  7  3  2
 佐藤     2回    28  7  0  1  1  0  0

<千葉ロッテ>
       投球回   投球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責
 小宮山    1回    16  5  3  0  1  0  0
●黒滝   1回2/3   46 12  5  2  2  4  4
 木村   3回1/3   53 18  6  1  2  4  0
 下敷領  1回1/3   20  6  2  0  0  0  0
 田村   1回2/3   30  6  1  0  3  0  0

【その他】
■盗塁成功
 <ロ ッ テ>早坂、根元:5回、一死1・2塁で打者細谷1−1からの3球目。
 <湘  南>桑原義:5回、一死1・3塁で打者黒羽根の初球。一死2・3塁に
■失策
 <ロ ッ テ>神戸:5回、無死無塁で高森の一ゴを弾く。
      根元:5回、一死1・2塁で下窪の二ゴを弾く。
 <湘  南>黒羽根:5回、一死1・2塁走者盗塁→3塁へ悪送球。


【試合展開】
先制したのは浦和。
2回、ムニス、金澤の連続ヒットで二死1・2塁とすると佐藤のタイムリーで1点を先制します。
しかし直後の3回、浦和二番手の黒滝が簡単に二死まで取りながら呉本にヒット、高森を四球、
斉藤秀にヒットを浴びて満塁としてしまいます。続く桑原義の当たりは詰まりながらも打球は
スタンドへ逆転の満塁弾となってしまいます。
湘南は5回、黒羽根、野中の連続タイムリーで2点、下窪もセカンドゴロを併殺を焦った根元が
弾いてしまいその間に1点、山崎の内野安打の間に1点と計4得点を挙げ試合を優位に進めます。
浦和は4回、5回に1点ずつ取り返しますがここまで。
終わってみれば湘南が17安打の猛攻で快勝となりました。


【選手感想】
<湘南>
■桑原義行(湘)
 3回の満塁弾は詰まりながらも左中間スタンドの一番深い所まで打球を運びました。
 好調さが伺え、この日も3安打猛打賞の固め打ち。春の不調から一気に一軍昇格最有力候補まで
 昇りつめてきました。

■呉本成徳(湘)
 本日降格、即四番DHで出場。ブログにて降格の悔しさを吐露していましたが実戦でもその
 悔しさを吐き出すかのように3安打猛打賞を記録。引っ張り中心の彼が右へのヒットが2本と
 一軍帯同に何が足りないかきちんと分かっている様子。何も心配は要らないでしょう。

<千葉ロッテ>
■黒滝将人(ロ)
 1年目に見せた球威ある球はこの日も見られず。
 2イニング目は二死まで取りながら走者3人を出して桑原義に満塁弾を浴びると最悪の形で
 失点をしてしまいました。続く黒羽根にも長打を浴び、痺れを切らした首脳陣が降板指令を
 出しました。

■木村雄太(ロ)
 おそらく4回の頭からの登板だったかと思いますが黒滝炎上のため3回途中からマウンドへ。
 いきなり先頭打者をストレートの四球で歩かせましたが、その後は安定した投球を見せました。
 4回の関口の牽制死は私も牽制を予測できず見事の一言でした。
 しかし5回、エラーが発端になったのかスライダーのキレが鈍くなり4失点。
 スタミナの向上も必要でしょうか。一軍への道はまだまだ険しそうです。

■下敷領悠太(ロ)
 渡辺俊に次ぐサブマリン二世をようやく初観戦することができました。
 下手投げに工藤さんも翻弄されたのかストライクゾーンがコロコロ変わったような気も
 しますが・・・その影響もありボールカウントが先行する展開となりましたが、個人的には
 そこそこ良かったのではないかと思います。


【浦和情景】
湘南、鎌ヶ谷が首位争いを続けている最中、着実に勝ち星を重ね首位湘南と4.5ゲーム差まで
迫った浦和と湘南の直接対決は17安打の猛攻を見せた湘南に軍配が上がりました。
この日は小宮山、西岡、寺原と一軍級の選手が出場することもあり、週末は満員が当たり前の
浦和球場もさらに多くの観客が詰めかけ大変賑やかでありました。


2009年06月18日 イースタンリーグ 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:メカゴジラさん(HP:BOSSログ!!

6月18日 イースタンリーグ公式戦 読売―湘南I(ジャイアンツ)  367人
審:村山・名幸・大和・原  記:生原  3時間00分(13:00〜16:00)
             R  H E
SR|200060000|8 10 1
 G|001012000|4 10 1
(G3−7)勝:阿斗里(2−3)負:金刃(1−1)
本:関口@(2金刃)加藤A(1阿斗里)斉藤秀@(満塁・深田)

得点経過
1表:関口2ランHR     (0−2)
3裏:加藤ソロHR      (1−2)
5表:関口タイムリーヒット  (1−3)
   桑原義 押し出し四球  (1−4)
   斉藤秀 満塁HR    (1−8)
5裏:寺内ダブルプレー    (2−8)
6裏:加治前タイムリー2ベース(3−8)
   加藤タイムリーヒット  (4−8)

SR     1回2回3回4回5回  6回7回8回9回  打  安 点  率
(7)大西  空振  右安  三失  三飛    空振  5  1 0 231
(4)山崎  投ゴ  左安  右安  左安    右飛  5  3 0 281
(D)下窪  右安  四球  右安  三併        3  2 0 297
 HD森笠                    二ゴ  1  0 0 417
(9)関口  右本  空振  左安    三ゴ      4  2 3 259
(8)桑原義 空振  見振  四球    三直      3  0 1 264
(5)斉藤秀   空振  中飛左本    遊ゴ      4  1 4 275
(2)野口    四球  左飛左2            2  1 0 333
 R2武山                  見振    1  0 0 275
(3)杉本    投ゴ                  1  0 0 222
 3 高森        空振三邪      一ゴ    3  0 0 303●
(6)野中      空振  遊ゴ一飛    遊ゴ    4  0 0 270
                            36 10 8 284
※高森→3裏から出場   ●=規定打席到達

投手  回    打  安 本 振 四 失 責  防御率
阿斗里 5.2 26  8 1 2 1 4 4 5.03
石井  1.1  6  0 0 1 2 0 0 0.00
加藤康 1.1  5  1 0 2 0 0 0 1.08
加藤武 0.2  3  1 0 1 0 0 0 3.75
    9   40 10 1 6 3 4 4 3.65


 G      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(98)橋本  二ゴ  右飛  右安  四球  空振  4  1 0 254●
(46)寺内  三失  右安  遊併  右飛      4  1 0 250
 H  脇谷                  中安  1  1 0 308
(D) 中井  二邪  遊ゴ  左直  一ゴ  空振  5  0 0 297●
(39)田中  空振    中安  二ゴ四球  中飛  4  1 0 257●
(5) 大田    遊ゴ  見振  右2中飛      4  1 0 232●
(64)円谷    左飛  投犠  中飛        2  0 0 187
 H  岩舘                遊ゴ    1  0 0 286
 4  藤村                      −      288
(7) 加治前   中飛  捕飛  中2  空振    4  1 1 293
(2) 加藤      中本  遊安中安  中安    4  4 2 237
(89)工藤      一ゴ  四球          1  0 0 333
 H3 小田嶋           空振  遊飛    2  0 0 315
                           36 10 3 266
※小田嶋・岩舘・脇谷→それぞれ相手ピッチャーが交代したのを見て代打出場
 橋本・工藤・寺内・円谷の守備位置変更→6表から
●=規定打席到達

投手  回  打  安 本 振 四 失 責  防御率
金刃  3 14  4 1 6 2 2 2 3.27
木村正 1  3  0 0 1 0 0 0 1.76
深田  1 10  5 1 0 1 6 5 4.00●
ロメロ 2  6  1 0 0 0 0 0 6.97
西村優 2  6  0 0 2 0 0 0 3.00
    9 39 10 2 9 3 8 7 3.60
●=規定投球回到達


盗塁:寺内@(3回 2−2から二盗成功 打者・中井)
盗塁死:野口(2回 1−1から二盗失敗 打者・杉本=エンドランサイン見過ごし?)
失策:斉藤秀(1回 1塁への送球が逸れ、ファーストの足がベースから離れる 打者・寺内)
   大田(5回 ゴロをはじく 打者・大西)

補足
6裏:円谷の中飛→2塁ランナータッチアップ
7裏:中井の一ゴ→進塁打

☆注目選手☆
■関口雄大(湘)
 この前の週のチャレンジマッチ(フューチャーズ)あたりから調子はうなぎ上りで、1試合5安打という試合もありました。それも買われて左腕対策の右打線で4番を任されました。久しぶりに見ると、グリップを高く後ろに構えるフォームに変わっていました。そして1打席目、金刃の高めのボールを強引に打ちに行くと振り切ったのが良かったのかそのままライトの崖の上へ。打った瞬間は慌てて打った振り遅れに感じましたが、さすがのパワーでした。
 2打席目の満塁では、「見BBB見」のフルカウントから4球ファールで粘ります。しかし最後は金刃のインローのストレートを空振り。ただ、これは金刃を褒めた方が良い勝負。さらに3打席目も同じ1アウト満塁。ところが前の打席の三振が頭にあるのか4番のプレッシャーか打席に入るからソワソワして気負いすぎている様子。その流れのままインコースの変化球を2球続けて空振りしてしまいます。「また三振か」という可能性も否めない中、3球目を深田が投げ損なって真ん中高めへ。正直言いまして、2−0からあそこには絶対来るはずがないコースでした。投げたほうには疑問符が付く1球、関口も少し打ち損じでしたが弾んで三遊間に抜けて貴重なタイムリー。完璧とは言えないまでも4番の責務を果たし勝利に貢献しましたし、ジャイアンツ球場のスポンサー賞にも選ばれました。

■山崎憲晴(湘)
 猛打賞の活躍以上に、ヒットの内容が非常に良かったです。3回のランナーを進めたいところで体に向かってくる変化球をあっさりとレフト前へ。一方で同じ状況の5回には初球を逆らわずライト前に運んでどちらもチャンスメイク。ランナー1塁の状況をいかに進めるか、はベイスターズに求められるものでもあるのでこの2安打は結果以上に意味あるものでした。まずこういう状況になったときに、不思議と転がして最低限ランナーを進めるという意識が伝わってきますからね。

■下窪陽介(湘)
 この選手は分かりやすいもので、基本的に右打ちが出来ているときは好調なんです。今日なんかは持ち味を出す絶好のチャンスなわけでクリーンアップぐらい打ってもらわないと。そうしたら1打席目に早速ライト前へ期待通りのバッティング、左ピッチャーの攻略法を目の前で見せたのが関口のHRにもつながったと思いますよ。
3回はフルカウントからきっちり歩き、5回には再びお得意の右打ちで満塁をお膳立て。逆に6回は引っ張ってゲッツー・・・自分から攻撃を始めて、自分で攻撃の流れを止めました。

■斉藤秀光(湘)
 北の負傷欠場に伴って最近はスタメン出場しています。ただ、5回のあの状況でホームランを打つとは正直・・・スイマセン。想像していませんでした。しかも甘いボールをジャストミートでスタンドに持っていったわけでも、フラフラ上がって風で入っちゃったわけでもなく鋭い打球でポール横まで運んでいきましたから余計にビックリなのです。打球が飛んだとき、打ってる側を応援してるのにまるで打たれたように叫んでしまいました。
打ったのはインコースの変化球、決して楽ではないボールでしたが体の回転で巻き込むように飛ばしました。ベテランの技術とチームの勢いを実感した一発となりました。

■阿斗里(湘)
 今まで見た荒々しく押すピッチングではなく、今日は随分と丁寧に投げていました。力んでる様子もなく野口のサインに従って淡々と抑えていたので、こうして振り返っても印象が薄いのに抑えている不思議な感じです。3回の加藤の一発も失投ではない低めのボールを運ばれましたし。三振、四球が少ないのがこの日のピッチングを表しているのかもしれません。速球でグイグイ押す阿斗里は十分な魅力ですが、今日みたいな新スタイルを野口が引き出したとしたら阿斗里にとって良い勉強になったのではないでしょうか。ただし中盤から少しずつストレートが高めになってきたこと、点差がありながら武山とのバッテリーになった5回・6回で崩れたことは課題。味方の大量点がなくても自分で勝てるようになってもらいたいですね。

■西村優希(巨)
 今日投げた巨人のピッチャーでは抜群に木村正が良かったわけですが、それだとつまらないので西村優に注目してみました。高卒2年目の育成選手で、ストレートはからっきし速くない。135km出てたかも怪しいようなピッチャーですが、落ちるボールには目を見張るものがありました。こちらもストレートに対応して遅めなのでチェンジアップ気味に感じますが落差があり、もうお腹一杯だったシーレックス打線を切りきり舞にさせました。フューチャーズ等での登板がまだほとんどですが、ぜひ注目してはいかがでしょうか。

☆ひとりごと☆
 1週間勝ち星なしの4連敗ぐらいじゃベイスターズなら驚かないものの首位を走るシーレックスにとっては一大事。そこで高木さんが考えた打線はスタメン全員右バッターでした。ファームの方が固定概念なしに組み替えやすいのは確かですがここまでやったことには驚きました。しかも初回から特に上位打線が効果を発揮し、金刃・1軍から助っ人参加の深田の両左腕を見事に攻略しました。特筆すべきはチーム全体が右方向へのバッティングを意識していたこと、そして試合を決めるところでは思いっきりスイングして大量点につなげる。継投のほうも阿斗里がバテタとは言え4点差を実績あるピッチャーでつなぐ執念を見せ、原監督の視察でモチベーション高い巨人打線を寸でのところで封じました。なお、加藤康はこの試合で晴れてベイスターズに昇格。昨年からのひざ痛でキャンプ・教育リーグとなかなか出てきませんでしたが、今日みたいな低目へ投げ続けるピッチングをベイスターズでも見せて欲しいです。
 今日のジャイアンツ球場はもともと予備日だったので客はまばら、しかし原監督が視察、大田の登場でマスコミのカメラがうろうろしていました。試合そっちのけでベンチにいる大田を撮ってるんですよね。蒸し暑い中、お疲れ様でした。


2009年06月17日 イースタンリーグ 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:WIZさん

2009年6月17日(水)
イースタン・リーグ公式戦 巨人−湘南 9回戦 ジャイアンツ球場(13:00開始)

審判:PL本田、1B村山、2B原、3B木内
記録員:新
観客数:663名
試合時間:2時間30分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
湘  南 000 000 000   0   2  0
巨  人 000 002 13×   6  13  1

【投手継投】
湘  南 ●桑原謙(7回)−高宮(1/3)−加藤武(2/3)
巨  人 ○木佐貫(7回)−会田(1回)−ロメロ(1回)

【得点経過】
 6回裏(巨) 無死満塁で田中、ライトへ犠牲フライ(巨1−0湘)
        二死1・3塁で山本、センター前タイムリー(巨2−0湘)
 7回裏(巨) 二死無塁で加藤、ライトスタンドへソロ(巨3−0湘)
 8回裏(巨) 一死1塁で田中、ライトスタンドへ2ラン(巨5−0湘)
        二死2塁で加治前、レフトへタイムリー(巨6−0湘)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
RF 大西  右安  二ゴ    一ゴ    遊失        310000000
CF 松本  四球    見振  一ゴ    二ゴ        300000110
LF 下窪  空振    遊ゴ  見振    空振        400000300
DH 森笠  二併    四球    中飛  遊ゴ        300000010
1B 高森    二ゴ  右安    右飛            310000000
3B 斉藤秀   投ゴ  左飛    見振            300000100
2B 北川    投ゴ    四球    右飛          200000010
SS 山崎      遊ゴ  遊飛    中飛          300000000
C  黒羽根     空振  投併                200000100
C  武山                遊ゴ          100000000
・武山、6回の守備より出場。
※3回、山崎の遊ゴ→遊直を円谷がグラブからこぼすも1塁に送球しアウト。


<巨人>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
2B 藤村  遊ゴ  遊ゴ    中安右安            420100000
P  ロメロ                           000000000
CF 橋本  二ゴ  中安    三選  三ゴ          410100000
3B 中井  遊ゴ    遊ゴ  左安  左安          420100000
RF 田中    右2  遊ゴ  右犠  右本          323210000
DH 小田嶋   右飛  中飛  空振              300000100
LF 脇谷                左2          110100000
2B
1B アルフォンゾ   三ゴ    左安                210000000
R  山本            中安  二飛          211000000
1B
LF 加治前   三ゴ    遊ゴ  遊ゴ左安          411000000
SS 円谷      右安  一ゴ  遊ゴ空振          410000100
C  加藤      投犠  遊ゴ  左本            211110000
※3回、橋本の中安→2塁走者ホームに向かうも松本からの送球で補殺。
※6回、橋本の三選→無死1塁で三ゴを5−4−3と送球するも全てセーフ。
※6回、山本の中安→二死1・3塁、1塁走者ホームに向かうも捕殺。


【投手成績】※最高球速は確認できた中でのものです。ご了承下さい。
<湘南>
       投球回   投球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責 最高球速
●桑原謙    7回   100 28  9  0  1  3  3  150
 高宮    1/3     1  1  0  0  0  0  0  137
 加藤武   2/3    20  6  4  0  1  3  3  141

<巨人>
       投球回   投球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責 最高球速
○木佐貫    7回   113 24  2  3  5  0  0  143
 会田     1回     5  3  0  0  0  0  0  125
 ロメロ    1回    13  4  0  0  1  0  0  150

【その他】
■盗塁失敗
 <巨  人>藤村:7回、二死1塁で打者橋本の初球。
■失策
 <巨  人>円谷:9回、無死無塁で大西の遊ゴを弾く。


【試合展開】
湘南は初回、先頭打者の大西がライト前で出塁し、松本が四球で歩き無死1・2塁のチャンスを
掴みますが、下窪が三振、森笠が併殺打に倒れます。
川崎は3回、円谷のヒットと送りバントで二死2塁としたところで橋本はセンター前へ。
2塁走者円谷がホームへ突入するも、センター松本からの好返球で生還できず。
川崎木佐貫、湘南桑原が互いにピンチを切り抜けながら前半戦は両軍無得点で終えます。
6回、先頭打者の藤村がヒットで出塁。続く橋本はエンドランを敢行するもサードゴロ。
この打球をサード斉藤秀が処理すると2塁へ送球。エンドランを敢行してたため2塁走者はセーフ。
1塁へ送球するもこちらもセーフとなり無死1・2塁としてしまいます。
続く中井がレフト前で続き無死満塁。ここで田中がセンターへ大きな犠牲フライを放ち川崎が1点
を先制すると試合は川崎に大きく流れていきます。この回山本にもタイムリーが出て2点。
7回は加藤の特大ソロで1点、8回は田中の2ランと加治前のタイムリーで3点と計6点を取り
試合を決めます。
川崎は木佐貫から会田、ロメロとつなぐ完封リレーで湘南を圧勝しました。

【選手感想】
<湘南>
■桑原謙太朗(湘)
 終盤まで140キロ後半を記録した打者の手元で伸びる速球とコースを丁寧に突いた投球で
 ゴロを量産しました。
 その反面、空振りを取れる球が無いため被安打の数も同時に多いのが気になるところですが
 走者を出しても投球スタイルを変えず攻めの姿勢が一貫して出ていたのはよかったと思います。

■山崎憲晴(湘)
 捕球から送球まで無駄な動きがなく梶谷、野中なら内野安打になるであろう打球を簡単に
 アウトに仕留める好守備を随所に披露し、G党の親父さんたちから「巧い」の言葉がたくさん
 スタンドから漏れました。

<巨人>
■田中大二郎(巨)
 一打席目はライト線にギリギリに落ちる2ベース。第三打席は無死満塁でセンターへ大きな
 先制の犠牲フライを放ち四番の役割を果たします。そして第四打席は完璧に捕えて打った瞬間に
 分かる試合を決める2ランを放ち3打点の活躍を見せました。

■加藤健(巨)
 5回、二死3塁でショートへのゴロを山崎の好捕で走者を返せませんでしたが、7回桑原謙の
 唯一の失投を捕えると打球はスタンド上のネットに突き刺さる中押しソロとなりました。
 その打球は打った瞬間にレフト下窪も全く動かず諦めてしまったほどでした。
 守備では川崎投手陣を好リードし完封勝利に華を添えましたが、要求したコースにボールが
 来ない木佐貫に対し何度も首を傾げた仕草はあまり見せない方がよいのではと思いました。


【川崎情景】
昨日6点差を跳ね返した自信からでしょうか、川崎打線は積極的にバットを振り攻めの姿勢が
よく出ていました。桑原謙に手こずっていたものの湘南(斉藤秀)の守備のミスを突いて先制点を
挙げるとその後は押せ押せの展開に。大田が抜けたとはいえ橋本−中井−田中の主軸の厚みは
何一点とも変わりはありませんでした。

湘南は初回に立ち上がりが不安定だった木佐貫を攻め無死1・2塁としながら後続が続かなかった
のが後々響き、尻上がりに調子を取り戻した木佐貫の前に手も足も出ない状況となり5/4の
リベンジを果たされてしまったのでした。
湘南は投打の歯車が噛み合わず今季初の4連敗を喫しました。
関内の負け癖が湘南に染み付き始めた予感がしますね・・・
せめて湘南だけは明るい話題を提供し続けてほしいものです。


2009年06月14日 イースタンリーグ 日本ハム−巨人(鎌ヶ谷)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2009年6月14日(日) 川崎VS鎌ヶ谷(鎌ヶ谷)
天候:曇 試合開始:13時 試合時間:約2時間45分
審判:主審大和 一塁市川 二塁石山 三塁井野 公式記録員:石井

川崎 010 200 000|3
鎌ヶ谷000 002 000|2

【選手成績】【選手成績】*公式記録ではありません
また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です

川崎
(中) 橋本  4打数ノーヒット
(二) 藤村  4打数1安打
(三) 大田  4打数ノーヒット
(右) 田中  4打数2安打
(一) 小田嶋 2打数1安打1本塁打2打点
(指) アルフォンゾ 4打数ノーヒット
(左) 加治前 4打数2安打
(捕) 加藤  1打数ノーヒット
(遊) 円谷  3打数ノーヒット

○辻内 6回打者23人投球数103被安打2与四球4奪三振3失点2
 上野 1回   3人    17   0   1   0  0
 会田 1回   4人    18   2   0   1  0
S藤田 1回   5人    19   2   0   2  0

鎌ヶ谷
(中) 陽   4打数ノーヒット
(二) 高口  3打数1安打
(右) 鵜久森 4打数1安打1本塁打2打点
(一) ヒメネス3打数1安打
(捕) 尾崎  4打数ノーヒット
(指) 佐藤  2打数1安打
(左) 大平  3打数1安打
 走  市川
(遊) 中島  4打数ノーヒット
(三) 杉谷  3打数1安打

●坂元 3回打者10人投球数44被安打1与四球0奪三振2失点1
 吉川 3回  14人   59   4   1   2  2
 植村 1回   7人   21   1   0   2  0
 谷元 1回   3人   13   0   0   0  0


【試合経過】
1回表川崎
橋本 遊ゴロ
藤村 左飛
大田 遊直

1回裏鎌ヶ谷
陽 空振り三振
高口 捕邪飛
鵜久森 中飛

2回表川崎
田中 一ゴロ
小田嶋 左中間本塁打 川崎1−0
アルフォンゾ 一邪飛
加治前 見送り三振

2回裏鎌ヶ谷
ヒメネス 四球
尾崎 左飛
佐藤の2球目にワイルドピッチ 一死二塁
佐藤 四球 一死一二塁
大平の5球目にワイルドピッチ 一死二三塁
大平 四球 一死満塁
中島 二ゴロ 本塁封殺 二死満塁
杉谷 空振り三振

3回表川崎
加藤 空振り三振
円谷 一直
橋本 右飛

3回裏鎌ヶ谷
陽 遊ゴロ
高口 捕邪飛
鵜久森 右飛

4回表川崎 鎌ヶ谷ピッチャー吉川に交代
藤村 中安 無死一塁
大田の2球目にワイルドピッチ 無死二塁
大田 空振り三振
田中 中安 一死一三塁
小田嶋の3球目にワイルドピッチ 三走生還 一走も三塁へ 川崎2−0
小田嶋 右犠飛 川崎3−0
アルフォンゾ 右飛

4回裏鎌ヶ谷
ヒメネス 右安
尾崎 三ゴロ併殺打
佐藤 見送り三振

5回表川崎
加治前 左安 無死一塁
加藤 投前犠打 一死二塁
円谷 二ゴロ 二走三進 二死三塁
橋本 左飛

5回裏鎌ヶ谷
大平 一ゴロ
中島 二ゴロ
杉谷 遊ゴロ

6回表川崎
藤村 空振り三振
大田 遊ゴロ
田中 中越え二塁打 二死二塁
小田嶋 四球(敬遠気味)
小田嶋四球の球がワイルドピッチ 二死一三塁
アルフォンゾ 一ゴロ

6回裏鎌ヶ谷
陽 遊ゴロ
高口 四球
鵜久森 左越えツーラン 3−2鎌ヶ谷
ヒメネス 空振り三振
尾崎 左飛

7回表川崎 鎌ヶ谷ピッチャー植村に交代
加治前 左安 無死一塁
加藤 投前犠打 一死二塁
円谷 中飛
橋本 空振り三進

7回裏鎌ヶ谷 川崎ピッチャー上野に交代
佐藤 四球 無死一塁
大平 二ゴロ併殺
中島 三ゴロ

8回表川崎
藤村 二直
大田 空振り三振
田中 右飛

8回裏鎌ヶ谷 川崎ピッチャー会田に交代
杉谷 右安 無死一塁
陽の初球杉谷盗塁死(ピックオフ)
陽 三ゴロ
高口 中安 二死一塁
鵜久森の3球目高口二盗 二死二塁
鵜久森 見送り三振

9回表川崎 鎌ヶ谷ピッチャー谷元に交代
小田嶋 右直
アルフォンゾ 遊ゴロ
加治前 三ゴロ

9回裏鎌ヶ谷 川崎ピッチャー藤田に交代
ヒメネス 空振り三振
尾崎 左飛
佐藤 右線二塁打 二死二塁
大平 遊安 二死一三塁
大平に代走市川
中島 空振り三振でゲームセット


【全体感想】
決していいとは思えない川崎投手陣を、鎌ヶ谷が拙攻に次ぐ拙攻で逃げ切らせてしまったかたち
特に最終回、左の藤田に対して一打同点の場面で左の若手の大平、中島、杉谷(大平は打ちましたが)
右の代打は金子洋平、渡部龍一といい選手が残っていたはず
ど〜せ左対左ならとっておきの小田だっていたし
あそこは代打で勝負して欲しかったなぁ(3選手の体調等はわかりませんが)

【川崎選手感想】
■辻内崇伸(巨)
力が入り過ぎない様、必死に脱力しながらの投球
それでも2回は3四球に2暴投、3回は三者凡退ながら全員1−3とボール先行、4回も先頭打者を出す等、決して成績ほどいい内容とは思えませんでした
たまに入る緩い球を鎌ヶ谷の選手がことごとく引っ掛けてくれたおかげで6回を投げきりましたが、その緩い球も鵜久森に狙い撃ちされるとレフト場外の室内練習場まで飛ばされました
まだまだ今の投球スタイルを身につけるには時間がかかりそうです

■大田泰示(巨)
前日は一発があったようですが、この日はいいところなし
なにより相変わらず外角の変化球にまったく目がついていってません
サードの守備もなんか不安定というか、グラブに打球がちゃんとおさまらないし、この試合のあと一軍昇格と聞いて正直驚きました
いいきっかけをつかんでくれるといいのですが

■小田嶋正邦(巨)
第一打席左中間に叩き込むと、第二打席はきっちり犠牲フライを打ち上げ、敬遠気味の四球のあとも真正面に飛んでしまったとはいえ完璧にとらえた当たり
二軍に置いておくんだったら、ベイスターズに返して欲しいと切実に思わないでもない・・・

【鎌ヶ谷選手感想】
■吉川光夫(日)
生観戦は久しぶりだったのですが、成績見る限りひどいんだろうな、っと思っていたら予想以上
コントロールを気にするあまり、まるで腕が振れなくなっていました
特に6回、一塁が空いていて小田嶋を実質敬遠した場面で、敬遠の球がキャッチャーが飛び上がっても捕れない完璧なすっぽ抜け
須永といい木下といい、吉川、ダース・・・
鎌ヶ谷の高卒ピッチャーを早くから一軍で使うとどうしてこうみんな伸び悩んでしまうのでしょうか

■陽仲壽(日)
6月に入り外野に回っている様ですが、6回田中の頭越しの打球を打球の真下に入って直線に追ってしまったり、2、3度あった走者がいてきっちり中継に返さなければいけない場面で直接ベースまで投げてしまったりと、
当たり前ですが外野手としての基本がまだまだです
なにより打撃を活かす為の外野転向でしょうに、打席で元気がないのが気になります


2009年06月14日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:WIZさん

2009年6月14日(日)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東京ヤクルト 8回戦 相模原球場(13:00開始)

審判:PL原、1B村山、2B西本、3B敷田
記録員:生原
観客数:1011名
試合時間:2時間34分(正式記録ではありません)

【スコア】
                    R   H  E
ヤクルト 000 000 140    5   7  0
湘  南 000 002 000    2   8  1

【投手継投】
ヤクルト 山本(5回)−岡本(1回)−○山田(1回)−日高(1回)−S花田(1回)
湘  南 佐藤(5回)−加藤武(2回)−●吉川(1回)−山北(1回)

【得点経過】
 6回裏(湘) 一死2塁で松本、右中間へ3ベースタイムリー(湘1−0ヤ)
        一死3塁で梶谷、ライト前タイムリー(湘2−0ヤ)
 7回表(ヤ) 無死3塁で中尾、セカンドゴロの間に3塁走者生還(湘2−1ヤ)
 8回表(ヤ) 一死1・2塁で鬼崎、センターオーバー2ベースタイムリー(湘2−3ヤ)
        二死2塁で森岡、、ライトスタンドへ2ラン(湘2−5ヤ)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東京ヤクルト>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
3B 梶本  一邪    見振  二ゴ  左飛          400000100
2B 森岡  右飛    右安    右安右本          432210000
CF 中尾  一ゴ    四球    二ゴ空振          301000110
LF
DH 衣川    三ゴ  投併                  200000000
DH 斉藤              中安            110000000
R  三輪                  見振        100000100
DH
RF 志田    見振    三ゴ  中飛  三ゴ        400000100
LF 牧谷    空振    右飛                200000100
H  上田                左安右安        220100000
CF
C  米野      中飛  空振    投犠空振        300000200
1B 吉本      遊ゴ    投ゴ              200000000
H  城石                四球          000100010
1B
SS 鬼崎      遊ゴ    空振  中2          312000100


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  二ゴ  投ゴ    中3  見振          411100100
C  斉藤俊                           000000000
2B 梶谷  投直    遊ゴ  右安    中飛        411000000
LF 下窪  三ゴ    三ゴ  遊併    遊安        410000000
DH 森笠    空振  左安    左飛  中安        420000100
1B 高森    右安    左飛  見振  遊併        410000100
RF 関口    左飛    右飛  投ゴ            300000000
SS 山崎    投直    二ゴ    遊ゴ          300000000
C  武山      空振    一邪              200000100
H  桑原義               右安          110000000
CF
3B 野中      投ゴ    右2  空振          310100100
・斉藤俊、9回の守備より出場。


【投手成績】
<東京ヤクルト>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 山本     5回   16  2  0  2  0  0
 岡本     1回    5  3  0  0  2  2
○山田     1回    3  0  0  1  0  0
 日高     1回    4  1  0  2  0  0
S花田     1回    4  2  0  0  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 佐藤     5回   16  1  1  4  0  0
 加藤武    2回    7  2  0  1  1  0
●吉川     1回    7  3  1  1  4  4
 山北     1回    4  1  0  2  0  0

【その他】
■盗塁成功
 <ヤクルト>米野:9回、二死1塁で打者上田1−0からの2球目。
■盗塁失敗
 <ヤクルト>三輪:7回、二死1塁で打者牧谷1−0からの2球目。
■失策
 <湘  南>高森:7回、無死1塁で加藤武の牽制球を後逸。1塁走者3塁へ。


2009年06月14日 ウエスタンリーグ 広島−阪神(島根県邑南町・いわみスタジアム)報告者:いの一番さん

6月14日(日)
広島東洋カープ−阪神タイガース(島根県邑南町・いわみスタジアム)

虎 013000000  4
鯉 000000400  4
(9回規定により引き分け)

本:庄田1号A(佐藤)
試合時間:3時間02分
審判:PL山本貴 1B坂井 2B土山 3B水落 記録:沢崎
観衆:1000人くらい
入場料(大人当日券ネット裏):1500円
天気:晴れ時々曇り

(投手成績)
     回  打 安 振 球 責
若竹   7 28 7 3 2 4
中村  1/3   4 1 0 2 0
桟原  2/3   2 0 1 0 0
鶴    1  3 0 0 0 0
……………………………………………………
佐藤   5 25 5 1 4 3
宮崎   1  4 0 1 1 0
相澤   1  4 1 0 1 0
上野   1  4 1 1 0 0
牧野   1  4 1 0 1 0

(試合内容)
△1回表
立ち上がりからストライクの入らない佐藤。3四球で二死満塁のピンチを迎えたが、
野原将を中飛に討ち取り、何とか0点に抑える。23球中15球がボール。
▼1回裏
中東が左前打し、すかさず盗塁成功。安部の送りバントで一死三塁としたが、松本は遊飛、松山は遊ゴロ。
△2回表
上本が四球で出塁。橋本の遊ゴロを安部がセカンドへ悪送球し、一、三塁。
若竹のバントで一死二、三塁となり、柴田の中飛で上本が生還、阪神が無安打で先制。
大和は右飛。この回は20球中11球がボール。
△3回表
坂の中前打、野原祐の一ゴロで一死二塁。ここで庄田がライトスタンドへ本塁打、3−0となる。
なおも野原将の左前打、上本の左中間三塁打で4−0となる。
橋本の三ゴロで上本は本塁へ突入したがアウト。若竹は遊ゴロ。
▼4回裏
安部が中前打で出塁。松本が右飛の後、松山の2球目に安部が盗塁成功。
一死一、二塁のチャンスを迎えたが、安部が若竹の牽制球でタッチアウト、中谷は三振。
▼7回裏
松山が右飛の後、中谷の左前打、丸の投手内野安打、上村の四球で一死満塁。
ここで代打會澤が初球を右中間三塁打、4−3となる。
続く尾形の中飛で會澤が本塁へ突入、際どいタイミングで、捕手橋本にブロックされたが、
會澤の足がわずかにベースに達しておりセーフの判定、4−4の同点となる。中東は三邪飛。
▼8回裏
阪神の投手が中村に交代。
代打田中は四球、松本の送りバントの後、松山の左前打、中谷の四球で一死満塁。
ここで阪神は投手を桟原に交代。桟原は丸を三振、上村を左飛に討ち取り、ピンチを脱する。
△9回表
広島の投手が牧野に交代。
大和の左前打、坂の送りバント、野原祐の四球で一死一、二塁。
続く庄田の打球は二直、大和が戻れず併殺となる。
▼9回裏
阪神の投手が鶴に交代。
鞘師は三ゴロ、比嘉は遊直、中東は左邪飛で試合終了。


(選手評・阪神)
■若竹竜士(神)
6回までは散発4安打で無失点。ピンチでは牽制球で走者をアウトにするなど合格点の内容。
7回に4失点してしまったが、これは打った會澤をほめるべきだろう。
ファームのローテを守り、昨年果たせなかった1軍での登板につなげたい。

■中村泰広(神)
8回から登板したが、送りバントでアウトを1つ取ったのみで、満塁のピンチを残して降板。
左打者の松山に左前打を許し、中谷にストレートの四球ではどうしようもない。

■野原祐也(神)
育成枠での入団だが、打率が3割を越えて好調ということもあり、4番での起用。
残念ながら4打数0安打に終わり、その力を確認することはできなかったが、
この成績を維持すれば、支配下登録が見えてくると思う。

■高濱卓也(神)
1年目の昨年は足の故障で出場なしだったが、やっと回復して最近試合出場できるようになった。
内野手登録だが、足のことを考えてか外野手として起用されているようで守備練習ではレフトにいた。
試合では8回に代打で内野安打。1年間のブランクは大きいが、評価は高いようなので
故障を再発しないようにして成長してほしい。

■庄田隆弘(神)
本塁打を含む3安打と大当たり、最後の二直も当たりはよかった。
デイリー情報では、他の選手の状態が悪く、急遽スタメン起用されたそうだが、
これをきっかけにファームでの常時出場と昇格を狙いたいところである。
(選手評・広島)

■佐藤剛士(広)
何ともぎこちないフォームで制球難。後でカープのHPを見たら最高球速はたったの134キロ…
投球内容を詳細に書くと次のとおり。
1回、2回:制球難で4四球、43球中26球がボール(ボール率60.4%)。
3回:ストライクが入り出したが甘い球が多く4安打3失点。
4回、5回:ボールが先行気味だったが、やっと調子が出たのか、1安打を許したのみ。
5回を投げて投球数はちょうど100球、うちボールは46球。これでは使えませんわ。

■會澤翼(広)
念願の1軍昇格を果たしたが、2打数0安打で無念の降格。
しかし、この試合では思い切りよく初球狙いの三塁打。その後は本塁へ気迫あふれるスライディングで
生還と素晴らしい活躍。元気なプレーを続けていけば、いずれ再昇格のチャンスが来るはずだ。

■安部友裕(広)
前回観戦した試合に続き、この日も悪送球エラー。それが失点に結びつくのだから困る。
その汚名を返上すべく4回には安打を放ち盗塁を決めたが、牽制球でアウトになり懲罰交代。
俊足は魅力だが、それを活用できるだけのレベルにはまだ至っていない。

■松山竜平(広)
筆者との相性がやたら悪い松山。この日は3打数1安打1四球で通算打率は.179になった。
守備ではちょっと危ないプレーが1つあったが、ダイビングキャッチで1つアウトを取ったので、
まあよしとしておこう。

(その他)
■朝山東洋二軍外野守備走塁兼打撃コーチ補佐(広)
試合前の守備練習でノッカーを務めていたが、最後にキャッチャーへのフライを何回やっても
上手に打ち上げることができず(空振りしたり、バックネットに当たったり)、
待っている選手たちが笑い出す始末。7回目か8回目でようやく成功。

■いわみスタジアム
筆者がここを訪れるのは今回で5回目。最初の観戦は1999年の広島―ダイエーでもう10年経ったことになる。
この球場、さして特徴があるわけでないローカル球場だが、グラウンドは両翼98m、センター122mの公認サイズ。
当時広島県は呉以外狭い球場ばかりだったので、「こんな山の中に広いグラウンドの球場があるとは!」と衝撃を受け、
球場巡りを始めるきっかけになった思い入れの強い場所である。
2000年の広島―近鉄以降しばらく開催がなかったため心配したが、2006年に復活。
以後、2007年、そして今年とまた開催頻度が高くなったのはうれしい限り。
経費の捻出は大変だと思うが、地元ファンのためにもぜひ定期的に開催してほしい。
なお、この日の土産は石見牛、ポークなど。値段は高いが産地直送の肉はおいしい。


2009年06月13日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:WIZさん

2009年6月13日(土)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東京ヤクルト 7回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL村山、1B西本、2B敷田、3B原
記録員:伊藤
観客数:1209名
試合時間:3時間21分(正式記録ではありません)

【スコア】
                    R   H  E
ヤクルト 022 300 000    7   9  0
湘  南 000 004 000    4  11  2

【投手継投】
ヤクルト ○一場(5回0/3)−高木(1/3)−高井(2回2/3)−S松井(1回)
湘  南 ●寺原(4回)−高宮(2回)−秦(1回)−岡本(1回)−加藤康(2/3)
                                −牛田(1/3)

【得点経過】
 2回表(ヤ) 無死1塁で衣川、レフトスタンドへ2ラン(湘0−2ヤ)
 3回表(ヤ) 無死1・3塁で森岡、ライト前タイムリー(湘0−3ヤ)
        一死1・3塁で斉藤、ライトへ犠牲フライ(湘0−4ヤ)
 4回表(ヤ) 二死満塁で寺原、暴投の間に3塁走者生還(湘0−5ヤ)
        二死満塁で斉藤、センター前タイムリー(湘0−7ヤ)
 6回裏(湘) 無死満塁で関口、サード内野安打タイムリー(湘1−7ヤ)
        無死満塁で山崎、四球で押し出し(湘2−7ヤ)
        一死満塁で下窪、センター前タイムリー(湘4−7ヤ)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東京ヤクルト>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
3B 梶本  空振  死球左安  遊失    右飛        310200101
2B 森岡  空振  右安四球  一ゴ    一ゴ        411100110
CF 中尾  捕ゴ  二ゴ空振  二併              400001100
H  牧谷                  右安        110000000
R  三輪                            000000000
CF
1B 斉藤    遊安右犠中安    遊飛            323100000
1B 吉本                  一邪        100000000
DH 衣川    左本四球中飛                  212110010
DH 大塚              中飛            100000000
LF 志田    空振見振  遊ゴ  遊ゴ            400000200
RF 上田    空振  空振空振    中安          410000300
C  新田    右飛  四球右飛    二飛          300101010
SS 鬼崎      左3見振  右2  二併          420100100
・吉本、7回の守備より出場。
※4回、中尾の空振→振り逃げで1塁へ。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  二ゴ  右安  空振二直    右安        520000100
2B 梶谷  左飛  右安  二併  四球  見振        410000110
DH 大西  三ゴ  空振    左安二飛  右飛        510100100
LF 森笠    右飛  空振  右安              310000100
R  坂本                            000100000
3B 斉藤秀             投併  二ゴ        200000000
1B 高森    中安  空振  四球  空振          310100210
RF 関口    空振  中安  三安  右飛          421100100
SS 山崎    遊ゴ  右飛  四球  四球          200000020
C  斉藤俊     中飛  左安                210000000
C  野口            見振              100000100
C  武山                右飛          100000000
3B 野中      遊ゴ  四球                100000010
H  下窪            中安    左安        222000000
LF
・野口、6回の守備より出場。
・武山、8回の守備より出場。
※6回、松本の二直→2塁走者戻れず併殺。


【投手成績】
<東京ヤクルト>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
○一場   5回0/3  25  8  3  5  2  4
 高木    1/3    2  1  0  1  2  0
 高井   2回2/3   8  0  2  1  0  0
S松井     1回    5  2  0  1  0  0

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
●寺原     4回   23  6  4  8  7  7
 高宮     2回    7  1  0  1  0  0
 秦      1回    3  0  0  0  0  0
 岡本     1回    3  1  0  0  0  0
 加藤康   2/3    3  1  0  0  0  0
 牛田    1/3    1  0  0  0  0  0

【その他】
■盗塁成功
 <ヤクルト>中尾:3回、二死1塁で打者衣川1−1からの3球目。
      新田:4回、二死1塁で打者梶本の初球。
■失策
 <湘  南>山崎:6回、無死2塁で梶本の遊ゴロを弾く。
      松本:4回、二死満塁で斉藤の中安を後逸。
■暴投
 <湘  南>寺原:4回、二死満塁で打者中尾2−1からの4球目。


【試合展開】
戸田は湘南先発・寺原を攻めて2回に衣川の2ランで先制。3回は先頭打者鬼崎がレフトの頭を
超える3ベース、梶本が死球で1・3塁とすると、森岡にタイムリー、斉藤の犠牲フライで2点を
加点します。
4回、二死1塁としたところで梶本はレフト前ヒット。この際に梶本が1塁ベースを周り過ぎて
一二塁間に挟まれてしまいます。ファースト高森が3塁走者を気にしながら梶本を追い詰めますが
3塁を気にしている間に梶本は2塁へ到達してしまいます。
ここでチェンジにできなかったことで気を落としたか、寺原は続く森岡をストレートの四球で
歩かせてしまい二死満塁としてしまいます。
続く中尾は2−1とした4球目。ベース手前に落ちるフォークで空振り三振に仕留めますが、
ボールは斉藤俊の股間を抜けてバックフェンスへ。この間に3塁走者が生還、中尾も振り逃げで
1塁へ到達します。更に続く斉藤の当たりはセンター前へ。松本が必死に追うも打球はグラブの
前で落ち、ボールは松本のグラブの下をすり抜けてしまい2走者が生還し、この回3点を失い
寺原は降板しました。
追い上げたい湘南ですが2回以降走者を出しながら決定打が出ません。
6回、大西、森笠の連続ヒットと四球で無死満塁とすると、関口の内野安打タイムリーと押し出し
で2点を返し戸田先発・一場をマウンドから降ろします。
代わった高木から下窪がタイムリーを放ち2点を加点し、戸田は三番手の高井へ交代。
高井は松本をセカンドライナーに打ち取り、これを2塁走者が戻れず併殺に仕留めこの回
4点止まりとなりました。
最終回、湘南は下窪、松本の連続ヒットで無死1・2塁とチャンスを迎えますが、後続が続かず
戸田が逃げ切りました。



【選手感想】
<東京ヤクルト>
■一場靖弘(ヤ)
 スライダーの落ちがなかなか良かったのではないかと思います。
 この日もボールが先行し常に走者を背負う内容でしたが要所で踏ん張れたことが収穫でしょうか。

■高井雄平(ヤ)
 弓なりフォームから繰り出す速球は威力があるものの相変わらず制球に苦しんだ内容でした。
 このフォームでの利点は牽制が抜群に上手くなったことでしょうか。

<湘南>
■高森勇気(湘)
 4回、二死で3塁ベース上に走者を置き打者走者を一二塁間に挟みましたが、3塁走者を気に
 し過ぎて結果打者走者を2塁へ進めてしまいました。
 これ以上点差を広げられたくない気持ちは分からないまでもないですが、二死ということから
 あそこは3塁走者を無視して一気に打者走者をアウトに仕留めるべきだったでしょう。
 一瞬の躊躇がこの後の3失点に結びついてしまいました。

■斉藤俊雄(湘)
 その高森の判断ミスで招いた二死満塁のピンチに寺原は中尾を空振り三振に仕留め、無得点で
 切り抜けたかと思いきや、ベース手前で落ちたボールが何と斉藤俊の股間をすり抜け中尾は
 振り逃げ、3塁走者が生還してしまいました。
 彼は捕球したグラブからよくポロポロとボールをこぼしますが、あれくらいのバウンドは体で
 止めろよ、と久しぶりに片手のビールが注がれた紙コップを握り潰しました。

■関口雄大(湘)
 以前と比べタイミングの取り方がよくなってきた感じがします。
 左へ切れるファールが多かったものの捕えた打球は鋭いもので、あと半呼吸タイミングが合えば
 昨年終盤に見せた長打量産のバッティングが蘇ってくる予感が素人目でも分かりました。
 4回の第二打席はバットを折りながらもショートの頭を超えるセンター前。好調さが伺えます。
 変化球に簡単に空振りする姿も一変。好調の桑原義を下げてまでスタメン起用した首脳陣の
 気持ちがよく分かりました。



【横須賀情景】
横須賀集客促進実行委員会プレゼンツゲーム第4弾。
5/3と同じく球場外に子供限定参加のストラックアウトとおもちゃが当たるくじ引き、さらに
子供達には動物型クッキー、大人達にはうまい棒がdianaから配られました。
ここ5試合で二桁得点が4試合、2位鎌ヶ谷に3ゲーム差をつけるチーム状況と、ハマスタで試合
がなかったこともあり先週同様1200名もの観客がスカスタに駆けつけました。

試合前にはセレモニーとしてベイスターズ友の会選定の5月度月間MVP受賞の松家(当然不在)
と球団選定の5月度月間MVPに選ばれた高森の表彰式が行われました。

そんな中で行われた試合でしたが勝敗は序盤で決着。
先発寺原が大誤算でまさかの4回7失点。好調の打線も一場、高井の前にチャンスを作れどあと
一本が足りず連勝は5でストップしました。
悔やまれるのが4回の3失点。選手感想欄でも述べたとおり高森、斉藤俊(記録は寺原の暴投です
があれは捕れた)のまずい守備が無ければ6回の猛攻で同点、終盤は中継ぎ陣が戸田打線を抑えて
いただけにその後の2週連続の横須賀劇場が見れたかも知れず、悔しい敗戦となりました。

キョンさん、ご無沙汰してました。蒸し暑い中応援お疲れ様でした。


2009年06月07日 プロアマ交流戦 巨人−Honda(ジャイアンツ)報告者:ふんぼるとさん

プロアマ交流試合

2009年6月7日 巨人−Honda@ジャイアンツ

 ホンダ 000 101 004│6
 巨 人 001 101 000│3

 勝 尾 崎
 負 笠 原

 【ホンダ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  B 吉 岡 310 四球    二ゴ    遊ゴ    四球    一安
  E 川 戸 310 投犠       左飛    二ゴ 四球    左安
  H 長 野 535 投ゴ       左本    左本 左直    右3
  D 岡 野 310 三邪       左安    一ゴ
  HD大 島 200                      左邪 空振
  D 多 幡 531    三ゴ    右安    中安    遊ゴ 中安
  G 小手川 420    投ゴ    四球    中安    右安 左飛
  F 小 板 300    二飛    見振    遊飛
  H 平 間 100                      二ゴ
  7 開 田 000
  A 佐 伯 300       捕飛    三ゴ    見振
  H 上 岡 100                         空振
  2 菊 地 000
  C 上 田 300       右飛    遊ゴ    遊ゴ
  4 堀 内 100                         遊失
  犠盗失併残─────
  01009 37116

       回 打安振球責
   諏訪部 3 112501
   真 壁 1 62101
   日 野 2 82201
   河原井 1 30100
  ○尾 崎 2 70410

  1塁コーチ:1回〜5回 開田 3塁コーチ:1回〜9回 山田
        6回    上岡
        7回    西郷
        8回・9回 上田

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 藤 村 420 空振    二安    一安    二ゴ
  2 伊集院 000
  E 円 谷 400 一ゴ    空振    空振       空振
  D 大 田 410 見振       中安 右邪       左飛
  H 田 中 321    三邪    右安    左本    四球
  B 小田嶋 300    空振    投ゴ    空振
  3 山 本 100                      右飛
  D アルフォンソ 301    二ゴ    一選    中飛
  HD福 元 100                         空振
  F 加冶前 411       左本 見振    一邪       空振
  A 加 藤 200       見振 右飛
  H4脇 谷 200                   三ゴ    空振
  G 橋 本 300       遊ゴ    二ゴ    空振
  犠盗失併残─────
  01105 3463

       回 打安振球責
   林?豪 5 193121
   宮 本 2 113121
  ●笠 原 2 125202

  本塁打  加冶前(巨) (3回 諏訪部 ソロ)
       長 野(ホ) (4回 林?豪 ソロ)
       長 野(ホ) (6回 宮本 ソロ)
       田 中(巨) (6回 日野 ソロ)
  三塁打  長 野(ホ) (9回 笠原 タイムリー)
  犠 打  川 戸(ホ) (1回 無死1塁 1走の吉岡が二進)
  盗 塁  藤 村(巨) (5回 捕手は佐伯、打者は円谷 二盗成功)
       吉 岡(ホ) (7回 捕手は加藤、打者は川戸 二盗成功)
  失 策  円 谷(巨) (9回 堀内の遊ゴロを一塁悪送球)
  走塁死  吉 岡(ホ) (1回 1死2塁 2走として長野の投ゴロで三塁を狙うも三塁
                 憤死 林?豪−大田)
       岡 野(ホ) (4回 1走として多幡の右前打で三塁を狙うも三塁憤死 田中
                 −大田)
  野 選  吉 岡(ホ) (4回 1死2、3塁 アルフォンゾの一ゴロを本塁送球も3走
                 の大田が生還)

  PL:横田(アマ) 1B:村山(セ) 2B:新井(アマ) 3B:有隅(セ) 記録:発表なし
  時間 2時間31分(13:00〜15:32)

得点経過
 3回裏(巨) この回先頭の加冶前が左越えソロホームラン         巨 人1点目
 4回表(ホ) 1死無走者から長野が左中間へソロホームラン        ホンダ1点目
 4回裏(巨) 1死2、3塁から吉岡がアルフォンゾのファーストゴロをフィ
       ルダースチョイス                     巨 人2点目
 6回表(ホ) 1シ無走者から長野が左中間へソロホームラン        ホンダ2点目
 6回裏(巨) この回先頭の田中が右越えソロホームラン          巨 人3点目
 9回表(ホ) 1死満塁から長野がライト線を破る走者一掃のスリーベース  ホンダ5点目
       1死3塁から多幡が二遊間を破る中前打           ホンダ6点目

戦評
 今年最初の長野vs巨人単独チームのプロアマ交流試合。
 試合の方は加冶前のホームランで先制した巨人がホンダに追いつかれると勝ち越すという展
 開だったが、ホンダは1点ビハインドで迎えた9回に円谷のエラーと吉岡、川戸の連打でつ
 くった満塁の好機に長野のライト線を破る三塁打で鮮やかに逆転すると、多幡の中前打でダ
 メ押し。その裏は尾崎が三者連続空振り三振で締めくくる。

選評
 長 野(ホ) 5打数3安打5打点(2本塁打)と数字だけ見れば文句無し。特に1打席目の外
       外角に逃げていくスライダーを上手くバットに乗っけてのホームランは上手い
       の一言。しかし、両チームの中でも抜けている存在感はない。また、良く言え
       ば完成されている、悪く言えば伸びしろが感じられない。しかも、意外と小じ
       んまりと完成されている感じ。
       巨人も公言しているし、今秋のドラフトでは1位指名されるでしょう(これで
       しなければ詐欺)。しかし、大卒でドラフト指名を2回拒否しての25才でのプ
       ロ入りということを考えると1位指名で行く器かどうかと言われると疑問。
       ホームランを打ってダイヤモンドを回るときも、逆転打を放ってベンチに帰っ
       て来るときも、ニコリともしなかったのが印象的。長野が打って無邪気に喜ぶ
       巨人ファンよりも、ずっと長野自身が自分の置かれている立場を理解している
       のかもしれない。

 諏訪部(ホ) 140km/h前半のストレート、130km/h後半の小さな変化球(カット?)、120km/h
       のスライダーのコンビネーション。特にウイニングショットに使用してたカッ
       トボールの制球が良く3回を投げ4つの空振り三振を奪う。

 日 野(ホ) ボールを担いでヨッコイショという感じで投げる右腕。2回を投げてヒット性
       の当たりは田中のホームランだけだが、藤村のファーストゴロに対してベース
       カバーをせずに安打にしてしまう。投げ終わった後に一塁側に体が流れるのが
       気になる。

 吉 岡(ホ) 1点ビハインドの9回、前の打者がエラーで出塁すると笠原の動揺を見透かし
       たかのように初球をプッシュバント。快足を飛ばして内野安打をもぎ取る。役
       者が1枚上手。

 真 壁(ホ) マカベッシュ。


 宮 本(巨) ストレートにも変化球にもキレがあるように思う。しかし、球質が軽い…とは
       一味違うのだが、ボールに反発力があるのか打球スピードが異常に速い。2軍
       相手ではある程度の数字は残せると思うが、ホンダのような社会人の強豪が相
       手では通用しない。出会い頭の被弾が多そうな印象。

 円 谷(巨) 今日のメンバーの中ではネームヴァリューがある方だが、打つ方では3つの空
       振り三振を含む4タコ、守る方では9回に逆転のきっかけとなるエラーを犯し
       てしまう(ボテボテの当たりだったため、悪送球ではなくても1塁はアウトに
       なるか微妙なタイミングだったので、ちょっとエラーを付けるのは可哀想な感
       じだが、Eのランプが点灯したので誰かが押してるんでしょう)。

 田 中(巨) 4回の1死1塁の場面。多幡の右前打で三塁を狙った1走の岡野をサードへの
       ストライク送球で見事に刺す。多幡のカウントが2−3で、1塁ランナーは既
       にスタートを切っていたにも関わらず。長野にチーム初安打を喫した後に連打
       を浴びた林?豪を見事に助ける。

 林イー豪(巨)ストレートでぐいぐい。長野に一発を食らった後には連打を許したが、ほとん
       ど外野へも打球を飛ばさせず。弱冠17歳の育成選手だが将来が楽しみな存在。


2009年06月07日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:WIZさん

2009年6月7日(日)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−北海道日本ハム 7回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL原、1B深谷、3B市川
記録員:加藤木
観客数:1141名
試合時間:3時間26分(正式記録ではありません)

【スコア】
                    R   H  E
日本ハム 000 230 000    5   8  2
湘  南 100 102 002×   6  10  0

【投手継投】
日本ハム 須永(4回0/3)−坂元(2回)−山本(2回−●金森(1/3)
湘  南 寺原(2回)−秦(1回)−吉川(1回)−藤江(4回)−○高宮(1回)

【得点経過】
 1回裏(湘) 一死1・2塁で大西、レフト線2ベースタイムリー(湘1−0日)
 2回表(日) 一死3塁で中田、レフトへ犠牲フライ(湘1−1日)
        二死1塁で鵜久森、センターオーバー2ベースタイムリー(湘1−2日)
 4回裏(湘) 無死無塁で桑原義、レフトスタンドへソロ(湘2−2日)
 5回表(日) 二死1・2塁で中田、バックスクリーンへ3ラン(湘2−5日)
 6回裏(湘) 一死3塁で今成、サードゴロを弾く間に3塁走者生還(湘3−5日)
        二死1・3塁で梶谷、ライト前タイムリー(湘4−5日)
 9回裏(湘) 一死1・2塁で桑原義、左中間へサヨナラ2ベースタイムリー(湘6×−5日)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<北海道日本ハム>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 陽   空振  空振  右2  三ゴ  投ゴ        510100200
CF 村田  三ゴ    中安三安                320201000
CF 佐藤              二ゴ  空振        200000100
DH 小田  左飛    右犠空振  見振            300000200
DH 金子洋                 空振        100000100
1B 中田    空振  左犠中本                214110100
2B 杉谷                二ゴ          100000000
2B 今浪    左安  四球四球    四球          110100030
3B
RF 鵜久森   左飛  中2見振    見振          411000200
RF 市川                            000000000
C  今成    二ゴ  二安  二ゴ  左安          420000000
3B 高口      空振見振  右飛  死球          300000201
1B
SS 中島      遊ゴ  二ゴ二ゴ  二ゴ          400000000
・杉谷、佐藤、5回の守備より出場。
・市川、8回の守備より出場。

<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
3B 山崎  空振  空振  四球空振  空振          400000410
SS 梶谷  中2  二ゴ  四球右安    二ゴ        421100010
DH 下窪  三失  左安  二併                210000000
DH 森笠            四球    左安        110100010
RF 大西  左2  右飛  四球左飛    遊安        421100010
LF 桑原義 空振    左本一ゴ  見振  左2        523110200
1B 高森  空振    死球  遊飛左安            310000101
2B 野中    左飛  左飛  四球見振            300100110
C  斉藤俊   空振  右飛  三失  空振          300100200
CF 松本    右飛  左飛  遊安  空振          410000100


【投手成績】
<北海道日本ハム>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 須永   4回0/3  20  4  3  5  2  1
 坂元     2回   11  2  3  1  2  0
 山本     2回    6  1  0  5  0  0
●金森    1/3    4  3  0  0  2  2

<湘南>
       投球回   打者 安打 四死 三振 失点 自責
 寺原     2回    7  1  0  2  0  0
 秦      1回    3  0  0  2  0  0
 吉川     1回    7  3  1  1  2  2
 藤江     4回   19  4  3  4  3  3
○高宮     1回    3  0  0  2  0  0

【その他】
■盗塁成功
 <日本ハム>村田:4回、無死1塁で打者小田の初球。
■盗塁失敗
 <湘  南>高森:7回、一死1塁で打者野中の1−1からの3球目。エンドラン敢行も失敗。
■失策
 <日本ハム>高口:1回、一死2塁で下窪の三ゴロを弾く。一死1・2塁に。
      今浪:6回、一死3塁で斉藤俊の三ゴロを弾く。3塁走者生還。
■暴投
 <日本ハム>坂元:6回、一死1塁で打者斉藤俊の初球。今成が球を見失う間に1塁走者3塁へ。


【試合展開】
首位攻防戦となった一戦。先制したのは湘南でした。
梶谷が左中間へ2ベースを放つと下窪のサードゴロを高口が弾き一死1・2塁として大西の当たり
はサードへの強烈なライナー。打球はファールゾーンに落ちるも原球審がボールが高口のグラブに
触れたと判定、タイムリーとなって1点を先制します。
湘南は復帰の寺原、秦と繋いで4回から吉川が登板。先頭の村田にヒット、盗塁を許し、小田、
中田の犠牲フライであっという間に同点とされると今浪には四球、鵜久森にセンターオーバー
フェンス直撃の2ベースを打たれ鎌ヶ谷に逆転を許してしまいます。
逆転を許した湘南ですが、直後の4回裏に先頭の桑原義がソロを放ちすぐさま同点に追いつきます。
5回、湘南は4番手藤江が登板。しかし彼も立ち上がりを攻められ二死1・2塁とすると中田に
豪快な3ランを喰らい勝ち越されてしまいます。
3点リードを得た鎌ヶ谷ですが2番手坂元は制球に苦しみます。
6回、野中にストレートの四球を与えると続く斉藤俊の初球を暴投。さらに今成がそのボールを
見失ってしまい一気に3塁まで進めてしまうと、斉藤俊のサードゴロを今度は今浪が弾いてしまい
1点を失います。さらに二死1・3塁としたところで梶谷にタイムリーを許しリードは1点差と
なります。
1点差のまま試合は最終回へ。
抑えとして登板した金森でしたが、一死後2連打を浴びて一死1・2塁と一打同点のピンチに。
ここでソロを放った桑原義が左中間を深々と破る長打を放ち2塁走者に続いて1塁走者もホーム
へ生還。湘南がサヨナラ勝ちを収め首位をキープしました。

【選手感想】
<北海道日本ハム>
■中田翔(日)
 村田と共に助っ人参戦。助っ人らしく2打席目に強烈なライナーで犠牲フライ。そして3打席目
 は藤江から打った打球はセンターも早々に追うのを諦めるバックスクリーン左、立ち見防止シート
 をあと少しで直撃という3ランと計4打点を土産に神宮へ向かったのでした。
 ファームに関して言えば相変わらず敵なしといったところ。課題は寺原に3球連続空振りで三振
 に打ち取られたように一軍投手の変化球にどう対応していくかの一点かと思います。

■山本一徳(日)
 1点差に迫られた7回から3番手として登板。
 今日はフォークの落ちが抜群で6人中5奪三振を奪う好投を見せました。
 このまま9回まで続投していたら湘南のサヨナラ勝ちは無かったかもしれません。

<湘南>
■桑原義行(湘)
 2打席目、初球を右へ引っ張ると打球はポールを僅かに切れる大ファール。打ち直しとなった
 直後の2球目を今度は左へ引っ張り打った瞬間にスタンドインと分かる同点弾を放ちました。
 最終回、2−1と追い込まれたところで1打席目は空振り三振に仕留められた落ちるボールを
 フルスイングで喰らいつきファールにしたことが大きかったでした。次の高めの直球を叩くと
 打球は左中間を破るサヨナラタイムリーに。
 豪快なフルスイングと1塁への激走と彼の持ち味が復調傾向で、この一週間は森笠と共に打線
 を引っ張っていきました。春出遅れた分これから取り戻していってほしいものです。

■藤江均(湘)
 立ち上がり中田に3ランを浴びた直後、今浪にストレートの四球を与えてしまい被弾した動揺
 が大きかったことが伺えます。ここで川村コーチがマウンドへ一呼吸を入れに行くと気持ちが
 落ち着いたか鵜久森を得意のスライダーで生かして見逃し三振に取り切り抜けます。
 以後6、7回と安打を許さず、8回にはヒットと四死球で二死満塁のピンチを招くも中島を
 セカンドゴロに打ち取り失点を許しませんでした。
 中田の被弾は見た感じ直球に見えたので、スライダーの落ちが悪かったのかもしれません。
 今日は失点後に取り乱した心を切り替え、その後ゲームを作ったことが収穫でした。
 逆転を許した吉川さんにはぜひ見習ってほしいところでした。

■高宮和也(湘)
 フォーム改造が功を奏したか縦の変化球の落ちが大分復調しました。
 これで昨年終盤に見せたストレートの球威が復調すると左の中継ぎとして一軍へ送れるのでは
 ないでしょうか。彼の復調も大きな収穫でした。

【横須賀情景】
2009年度版ベイスターズベースボールカードの販売会、地元北海道から北海道放送HBCが
中継に駆けつけるなど一ヶ月ぶりの週末開催となったスカスタのスタンドは盛況してました。
そして試合内容は「首位攻防戦」の言葉に相応しく1点を争う好ゲームとなりました。

この日の鎌ヶ谷は先月の好調を支えた中田、村田が援軍として参加。村田が足を生かして出塁
すると中田の豪快なバッティングで返す様子はやはり先月の猛追はこの2人あってのものだった
と確信する内容でした。現に彼らが神宮へ向かった後、打線は得点を挙げることができませんでした。

一方の湘南は北川、呉本、下園といった序盤の好調を支えた選手たちが一軍に昇格した影響で
得点力が落ちましたが、ここにきて桑原義、森笠が復調し打線の柱となってきたことで得点力が
向上、鎌ヶ谷と同等に渡り合える攻撃力が備わってきたのが収穫でした。
この2人は引き続き利府でも打線を引っ張ってくれるのではと思います。

昨日雨で流れたため一戦のみとなった首位攻防戦ですが、それだけに勝利を得た湘南は大きな
一勝となったゲームでした。次に両チームが相まみえるのは今月下旬。両チームの差はどうなって
いるのか?密かに猛追し両チームに迫っている浦和が台風の目となってくるのか?6月のイースタン
も見逃せません。


  ■掲示板@2軍愛■