【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2009年11月25日 第2回合同トライアウト(明治神宮球場)報告者:大阪部長さん

2009年11月25日(水)第2回12球団合同トライアウト 明治神宮野球場

※本年、スコア記録109試合目(勝手ながら「試合」に含めさせていただきます)

(シートノックのノッカー…東京ヤクルト・度会博文コーチ)

※記載していないポジションにはトライアウト参加者は就かず

ファースト  呉本
セカンド   西谷
サード    当初無人、のちに古木
ショート   斉藤
レフト    金子洋
ライト    古木(のちサードも)

シート打撃開始 11時07分

 ・1人の投手が5人の打者と対戦。カウントは1−1から開始。

球審・原信一朗、村山太朗(いずれもセ・交代で担当)※塁審・線審はなし
関係者を除いた一般見学者数・約250人(途中休憩終了間際に目視にて計数)

投手の登板順は以下の通り。

          打安振球 MAX
1元G 川口 容資 4211 133 16球
2元C 梅原 伸亮 4121 136 13球
3 T 辻本 賢人 5100 132 18球
4元T 伊代野貴照 4111 147 15球
5 E 林  恩宇 4021 140 20球 ※林の後、11時47分〜59分まで休憩。
6 L 山本  歩 5100 141 15球
7元L 松川 誉弘 3112 118 16球
8 YB山北 茂利 4011 138 12球
9 YB岡本 直也 4221 140 16球
10 M 小林 憲幸 3122 146 14球
11元M 末永 仁志 5210 145 11球



          川口 梅原 辻本 伊代野
  YB斉藤 秀光 投安 遊ゴ 二飛 四球
  Bs古木 克明 見振 四球 中飛 遊ゴ
  F 金子 洋平 四球 空振 遊ゴ左中二
  E 西谷 尚徳 右二 空振右中二 二ゴ
  YB呉本 茂徳 遊ゴ 中安 中飛 空振

 ここで打順を交代。

          林 山本歩 松川 山北
      金子洋 空振 一飛 左飛 中飛
       西谷 左飛 二ゴ 四球 遊ゴ
       呉本 見振 投ゴ 中二 三ゴ
       斉藤 四球 左飛 四球 見振
       古木 一ゴ 中安 空振 四球

 ここでまた打順を交代。

          岡本小林憲 末永 打安振球
       呉本 中安 空振 三ゴ 11330
       斉藤 空振 空振 右飛 8133
       古木 死球 死球 右安 7124
      金子洋 空振 中安 空振 10241
       西谷 中安 四球 中安 9412

 終了 12時40分

 基本的に、09年のNPB在籍者は所属チームのホームユニ着用。古木のみがビジユニ。

 ファームが別名称の横浜は、

 山北、岡本、斉藤、呉本の4人とも、シーレユニでなくベイユニ。昨年の河野友軌と橋本太郎は
シーレユニだったのだが。このあたり、参加者同士でどう示し合わせているのだろうか。

 09年はNPBに所属していない「元NPB組」が着用していたのは、

元G川口容資…読売111番ホームユニ(09年は米独立リーグ、ユマ・スコーピオンズ所属)
元C梅原伸亮…08年までの(ストライプ入り)広島東洋14番ホームユニ(09年は徳島インディゴソックス練習生)
元T伊代野貴照…高知ファイティングドッグス99番ユニ(09年の所属チーム)
元L松川誉弘…08年までの(ライトブルー)埼玉西武48番ホームユニ(09年は関西メディカルスポーツ学院所属)
元M末永仁志…千葉ロッテ66番ホーム(ストライプ)ユニ(09年は神戸9クルーズ所属)



 球場内外で見かけた、顔とお名前が一致する人たち(肩書と敬称は略・アイウエオ順)

 石渡茂、上田和明、大久保博元、小川史、川端順、木樽正明、佐野正幸、平塚克洋、弘田澄男、藤田学




▼因みに第1回合同トライアウトは、同じく大阪部長さんより「雨天で見学ナシ」との投稿を頂いていますby健一@2軍愛

******************************************************************************************

本日の合同トライアウト、雨天で見学ナシ 投稿者:大阪部長 投稿日:2009年11月11日(水)10時47分3秒
 ひょっっっとしたら私の拙文を楽しみにしてくれていた方もおられるかもしれませんが…。

http://hanshintigers.jp/news/topics/info_1306.html

 せっかく、一時の「見学不可」から「可」に覆ったんですけどねえ。

******************************************************************************************


2009年10月16日 フェニックスリーグ 日本ハム−ソフトバンク(アイビースタジアム)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2009年10月16日(金) フェニックスリーグ 鎌ヶ谷対雁ノ巣(アイビースタジアム)
試合開始:12時30分 試合時間:約2時間40分 天候:晴
審判;主審土山 一塁大和 三塁芦原 公式記録員:発表なし

鎌ヶ谷 000 002 100|3
雁ノ巣 001 000 000|1

【成績】公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です
勝ち投手、負け投手の発表はありませんでしたので、私の判断で記入しました

鎌ヶ谷
(右)左  紺田  4打数1安打
(中)   森本  2打数ノーヒット
 中    陽   1打数ノーヒット
(左)   坪井  2打数ノーヒット
 左 右  村田  1打数1安打
(一)   中田  4打数2安打1本塁打2打点
(指)   二岡  2打数ノーヒット
 打 指  佐藤  1打数ノーヒット
 打 指  市川  1打数ノーヒット
(三)   稲田  3打数1安打
 三    高口  1打数ノーヒット
(遊)   飯山  2打数ノーヒット
 遊    中島  1打数ノーヒット
(捕)   大野  2打数ノーヒット
 捕    鶴岡  1打数ノーヒット
 捕    中嶋
(二)   今浪  3打数1安打1打点

 八木   4回打者15人投球数64被安打3与四球1奪三振1失点1
 山本   1回   3    21   1   1   0  0
○武田勝  1回   3    14   0   0   2  0
 多田野  1回   4    16   0   1   0  0
 林    1回   3    13   0   0   2  0
S坂元   1回   5    19   1   1   2  0

雁ノ巣
(遊)  福田    4打数1安打
(右)  辻     3打数2安打1打点
 打   柴原    1打数1安打
(中)  中村    4打数0安打
(三)  江川    4打数ノーヒット
(指)  トゥサント 2打数ノーヒット
(左)  中西    3打数ノーヒット
(一)  藤井    2打数ノーヒット
(捕)  堂上    3打数ノーヒット
(二)  立岡    3打数1安打

●岩嵜  6回打者23人投球数81被安打4与四球0奪三振3失点2
 巽   3回  11    40   2   1   1  1


【試合経過】
1回表
紺田 遊内野安
森本の初球紺田二盗 無死二塁
森本 捕前犠打 一死三塁
坪井 空振り三振
中田 遊飛

1回裏
福田 一飛
辻 中安
中村の初球辻二盗 一死二塁
中村 遊ゴロ
江川 投ゴロ

2回表
二岡 遊ゴロ
稲田 遊ゴロ失(一塁へ高投) 一死一塁
飯山 遊ゴロ セカンド封殺のみ 二死一塁
大野 空振り三振

2回裏
トゥサント 四球
中西 右飛
藤井 中飛
堂上 見送り三振

3回表
今浪 中飛
紺田 右飛
森本 遊ゴロ

3回裏
立岡 遊ゴロ
福田 右線三塁打
辻 左タイムリー安 0−1雁ノ巣
中村 右飛 辻戻れず併殺

4回表
坪井 左飛
中田 右安
二岡 右飛
稲田 捕邪飛

4回裏 鎌ヶ谷レフト村田に交代
江川 右飛
トゥサント 空振り三振
中西 左飛

5回表
飯山 右飛
大野 右飛
今浪 一ゴロ

5回裏 鎌ヶ谷ピッチャー山本に交代
藤井 四球
堂上 二ゴロ併殺
立岡 右安
福田の3球目立岡盗塁失敗

6回表
紺田 二直
森本 二ゴロ
村田 一内野安
中田 右越えツーラン 鎌ヶ谷2−1
代打佐藤 空振り三振

6回裏 鎌ヶ谷ピッチャー武田勝、キャッチャー鶴岡、センター陽に交代
福田 空振り三振
辻 二ゴロ
中村 空振り三振

7回表 雁ノ巣ピッチャー巽に交代
稲田 中安
飯山 三前犠打 一死二塁
鶴岡 右飛 稲田三進 二死三塁
今浪 右タイムリー安 鎌ヶ谷3−1
紺田 二ゴロ

7回裏 鎌ヶ谷ピッチャー多田野、サード高口、ショート中島に交代
江川 中飛
トゥサント 右飛
中西 四球
藤井 投ゴロ

8回表
陽 見送り三振
村田 四球
中田 三ゴロ併殺

8回裏 鎌ヶ谷ピッチャー林に交代 レフト村田とライト紺田が入替
堂上 右飛
立岡 空振り三振
福田 空振り三振

9回表
代打市川 左飛
高口 右邪飛
中島 投ゴロ

9回裏 鎌ヶ谷ピッチャー坂元、キャッチャー中嶋に交代
代打柴原 中安
中村 二ゴロ セカンド封殺のみ 一死一塁
江川 空振り三振
トゥサント 四球 二死一二塁
中村 空振り三振でゲームセット

【全体感想】
予告されていたこととはいえ鎌ヶ谷のメンバーは中田と今波以外は鎌ヶ谷ではなく札幌の一軍優勝メンバー
川名コーチが監督代行で幸雄さんがコーチに就任したとはいえベンチを仕切っているのは吉井、厚沢、真喜志、中嶋という一軍コーチ陣
北海道のメディアが大挙して押しかけ、特に八木や武田勝の登板では一球毎に響き渡るシャッター音
ファンの大多数が望んでいた強いファイターズの姿ではあるんだろうけど、私が宮崎まで来るのはこういう試合を観たいからではないのですよ
まあ、全打点(いうても3点だけど)を中田と今浪であげたのが救いでした

【鎌ヶ谷注目選手】
■中田翔(日)
試合前雁ノ巣の鳥越監督が「中田はすごいね〜。どうやって抑えりゃいいの?」とか言っていましたがこの日も1本放り込んでなんと7試合で6ホーマー
1日1安打どころか1日1ホームランペースです
一方守るほうは5回立岡の定位置ちょっとだけ右の打球にまるで足が動かず後逸
(結果的にダイビングキャッチみたいになったから記録はヒット)
本当にもったいないというかもどかしいというか・・・

■今浪隆博(日)
この人の守備は入団以来すごいすごいとは思っていましたが、特に今日飯山との二遊間コンビで5回に決めた4−6−3のスピード感にはしびれました
堅守といわれる一軍の守備陣に入ってもまったく遜色ありません
打つほうでも7回バットをへし折られながらライト前に運んだタイムリー一本
来年は調整組の方で姿を見られることを祈っています

【雁ノ巣注目選手】
■岩嵜翔(ソ)
マックス152キロの速球をみせたうえで、ちょっと球速を落としたストレートをうまく引っ掛けさせたり、100キロ台全体の大きな変化球で泳がせたりで6回を中田の一発のみでしのぎました
一時は本当にこのメンバー相手に勝つんじゃないかとドキドキさせてくれました
5回くらいからかなりスピードが落ちてきたので、まだスタミナに不安ありなのかもしれませんが、今日一番観ていて楽しい選手でした


2009年09月26日 イースタンリーグ ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2009年9月26日(土) EL公式戦 鎌ヶ谷VS戸田(戸田)
天候:晴 試合開始:13時 試合時間:約3時間5分
審判:主審石山 一塁原 二塁村山 三塁大和 公式記録員:伊藤

鎌ヶ谷 022 020 131|11
戸田  621 040 000|13

【成績】
公式記録ではありませんとはいつも書いていますが、今回特に自信ありません
投手の失点は自責点ではなく、その投手の時に入った得点です

鎌ヶ谷
(一)  市川  4打数2安打
(遊)  中島  5打数ノーヒット
(中)  陽   4打数2安打3打点
(右)  鵜久森 4打数2安打1本塁打1打点
(三)  今浪  5打数3安打3打点
(捕)  渡部  4打数2安打2打点
(左)  金子洋 3打数ノーヒット
 打 左 佐藤  2打数ノーヒット
(指)  尾崎  5打数2安打1本塁打2打点
(二)  杉谷  5打数1安打

●土屋  5回打者36人投球数134被安打15与四死球6奪三振2失点13
 星野  1    4     11    0    1   0   0
 榊原  1    5     25    2    0   2   0
 豊島  1    3     12    0    0   1   0

戸田
(二)  三輪  5打数1安打
(三)  上田  5打数1安打1打点
(一)  梶本  6打数1安打
(左)  中尾  3打数2安打1本塁打1打点
(右)  志田  4打数2安打4打点
(遊)  森岡  5打数4安打2打点
(中)  牧谷  4打数2安打1打点
(指)  米野  5打数2安打2打点
(捕)  中村  4打数1安打1打点
 捕   水野

○加藤  5回打者25人投球数87被安打6与四球3奪三振3失点6
 岡本  1    4    14   1   0   1  0
 山田  1    4    13   1   0   1  1
 松岡  1    7    25   4   0   1  3
S木田  1    5    26   2   0   2  1


【試合経過】
1回表
市川 中飛
中島 遊ゴロ
陽 四球
鵜久森 見送り三振

1回裏
三輪 中安
上田 左中間タイムリーツーベース 0−1戸田
梶本 遊ゴロ失(中島が大きく弾く) 無死一二塁
中尾 中安 無死満塁
志田 中タイムリー安 0−3戸田 無死一二塁
森岡 二内野安 無死満塁
牧谷 遊ゴロ 二塁封殺のみ 0−4戸田 一死一三塁
米野 左中間タイムリーツーベース(フェンス直撃) 0−5戸田 一死二三塁
中村 四球 一死満塁
三輪 三邪飛
上田 押し出し四球 0−6戸田 二死満塁
梶本 空振り三振

2回表
今浪 二ゴロ
渡部 四球
金子洋 右飛
尾崎 左越えツーラン 鎌ヶ谷2−6
杉谷 左飛

2回裏
中尾 死球
志田 遊ゴロ併殺打
森岡 右安
牧谷 左線ツーベース(もしかしたらサードエラー) 二死二三塁
米野 二タイムリー内野安 2−7戸田 二死一三塁
中村 右タイムリー安 2−8戸田 鵜久森が後逸する間に二死二三塁
三輪 遊飛

3回表
市川 四球
中島 一ゴロ ファーストのみアウト 一死二塁
陽 中安 一死一三塁
鵜久森 四球 一死満塁
今浪 右線タイムリーツーベース 鎌ヶ谷4−8 一死二三塁
渡部 三ゴロ 三本間挟殺 二死一三塁
金子洋 空振り三振

3回裏
上田 空振り三振
梶本 三ゴロ
中尾 右越え本塁打 4−9戸田
志田 四球
森岡 一ゴロ

4回表
尾崎 二ゴロ
杉谷 右邪飛
市川 三ゴロ

4回裏
牧谷 三直(ダイビングキャッチ)
米野 三ゴロ
中村 遊ゴロ

5回表
中島 見送り三振
陽 三ゴロ
鵜久森 左安
今浪 左タイムリーツーベース(前方の飛球にレフト突っ込むも落球) 鎌ヶ谷5−9
渡部 左線タイムリーツーベース 鎌ヶ谷6−9
金子洋 三ゴロ

5回裏
三輪 二ゴロ失(杉谷弾く)
上田 二ゴロ(エンドラン) 一死二塁
梶本 中安 一死一三塁
中尾 四球 一死満塁
志田 左線タイムリーツーベース 6−11戸田 一死二三塁
森岡 右線タイムリーツーベース 6−13戸田 一死二塁
牧谷 四球 一死一二塁
米野 遊ゴロ(エンドラン) 二死二三塁
中村 投ゴロ

6回表 戸田ピッチャー岡本に交代
尾崎 中飛
杉谷 投ゴロ
市川 右安
中島 見送り三振

6回裏 鎌ヶ谷ピッチャー星野に交代
三輪 四球
上田 二飛
梶本の初球三輪二盗 一死二塁
中尾 二飛

7回表 戸田ピッチャー山田に交代
陽 空振り三振
鵜久森 中越え本塁打 鎌ヶ谷7−13
今浪 左飛
渡部 中飛

7回裏 鎌ヶ谷ピッチャー榊原に交代
志田 見送り三振
森岡 左安
牧谷 左安 一死一二塁
米野 右飛
中村 見送り三振

8回表 戸田ピッチャー松岡に交代
代打佐藤 一ゴロ
尾崎 左中間ツーベース
杉谷 右安 一死一三塁
市川 三内野安(止めたバット) 一死満塁
中島 空振り三振
陽 左線タイムリーツーベース 鎌ヶ谷10−13 二死三塁
鵜久森 二ゴロ

8回裏 鎌ヶ谷ピッチャー豊島に交代 佐藤そのままレフトに入る
三輪 遊ゴロ
上田 空振り三振
梶本 二ゴロ

9回表 戸田ピッチャー木田キャッチャー水野に交代
今浪 右中間スリーベース
渡部 左タイムリー安 鎌ヶ谷11−13
佐藤 空振り三振
尾崎 空振り三振
杉谷の5球目に渡部二盗 二死二塁
杉谷 中飛でゲームセット

【全体感想】
凄まじいまでの土手の雑草に囲まれて迎えた鎌ヶ谷ファイターズの今季最終戦
9回に「もっと試合が観たいよ〜」という声援が飛んでいましたが、両軍ともとにかく長く試合をやりたかったかの様なノーガードの殴り合いでした
ここ数年の恒例ではありますが、鎌ヶ谷はとにかくもう選手がギリギリもいいところ
初回からメロメロの土屋に134球投げさせるしかない様では勝負は最初から決まっていたのかも知れません
それでも最終回には一発出れば同点の場面まで追い上げ、来季につながる試合だったと思います

しかし現在の一軍選手の調子次第ではありますが、このまま行くと陽、今浪、鵜久森辺りはクライマックスシリーズ中は一軍帯同の様な気がします
現在宮崎行きに向けて必死にお金とスケジュールの調整をしているところですが、フェニックスでは一昨年のスタメンにキャッチャー3人とか、去年のセカンド鵜久森とか、いつだったか特別ルールで島田コーチが出場準備していた時なみに野手が足りなさそうですね
ボッツも宮崎連れて行きますか(笑)


2009年09月22日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:マリンライナーさん

9月22日 鎌ヶ谷ファイターズスタジアム 13時開始
浦和マリーンズ   002032000 7
鎌ヶ谷ファイターズ 03012210X 9
M:阿部和成(1 2/3)−坪井俊樹(3)−●高木晃次(2/3)−中郷大樹(1)
−田村領平(2/3)−川崎雄介(1)
F:豊島明好(3)−谷元圭介(1 2/3)−○宮本賢(1 1/3)−S榊原諒(3)
球審:山口義治 一塁:工藤和樹 二塁:長井功一 三塁:山崎夏生
観衆 2619人

(遊) 根元俊一 遊直  左安  右本三振  二ゴ
(二) 渡辺正人 二ゴ  三ゴ  中安中2  三振
(右) 竹原直隆 二直  四球  中安中安    左安
(左) ムニス    遊ゴ死球  中2四球    三振
(指) 大塚 明   中飛左安  三振三振
打 バーナムJr                 遊ゴ
(一) 神戸拓光   四球  遊飛右2  三振
打  定岡卓摩                 右直
(三) 青野 毅   右飛  左安三振  左飛
(中) ランビン     四球左飛  四球三振
(捕) 金澤 岳     遊ゴ三振  三振  投ゴ
        1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(右) 市川 卓 三振右安  投ゴ  捕ギ左安
(中) 村田和哉 二ゴ四球  左安  左安  一ゴ
(指)鵜久森淳志 二ゴ中飛    中本中飛  左安
(一) 中田 翔   三失三振  投ゴ右2  中安
(三) 今浪隆博   三失三振  右2左飛  投併
(捕) 尾崎匡哉   左安二ゴ  三ゴ  遊飛
(左) 佐藤吉宏   投ゴ  三振中3  右安
(二) 杉谷拳士   二ゴ  左本左飛  右安
(遊) 中島卓也   四球  捕安  遊失左2

シルバーウィークだというのに、マリーンズ一軍はオール遠征でマリンでの試合がなく、
決して見捨ててはいないけど、白熱するイースタン・リーグの優勝争いにつられて、
おとといの横須賀に続き、鎌ヶ谷ファイターズスタジアムに行ってきました。
7月に続いて西船橋駅からの路線バスで行ったのですが、きょうあすは鎌ヶ谷ラスト。
「鎌スタキャンパスシリーズ」と銘打ったイベントがあり、諸事情で駐車場が利用できない
代わり、シャトルバスが鎌ヶ谷駅から一日3便のところ15分間隔、新鎌ケ谷駅から
一日2便のところ30分間隔に増発されており、着いたのが11時35分頃でしたが、
すでに長い行列ができており、外野芝生席まで開放するほどの混みようで
何とか一塁側ベンチ上にすわることができました。
先着1000名様に日刊スポーツのポケット版選手名鑑が配布。
先発は浦和マリーンズが阿部和成。鎌ヶ谷ファイターズが豊島明好。
阿部は1回三者凡退と立ち上がりはよかったが、2回。中田翔のサードゴロを
青野が一塁悪送球、今浪のサードへの打球をまたも青野がトンネルエラー!
ムニスの送球が高く、タイムリーエラーで中田先制のホームイン。
尾崎レフト前へタイムリー、2アウトにこぎつけたものの中島フォアボール、
市川タイムリー安打、村田フォアボールでたまらずルーキー左腕坪井に交代。
鵜久森をセンターフライに打ち取ると3回。マリーンズ打線が反撃!
ランビンフォアボール、根元レフト前安打、竹原フォアボールで二死満塁。
ムニス右足に当たるデッドボールで押し出し、大塚レフト前タイムリー!
竹原同点のホーム狙ったがクロスプレーアウト。その裏坪井は中田・今浪連続三振
など三者凡退、4回佐藤三振好投も杉谷にレフトへアーチを打たれ2点差。
中島内野安打のあと、村田レフト前安打で中島ホームクロスプレーアウト。
5回根元がライトへ特大アーチを放ち、渡辺正人・竹原・ムニス3連打で同点!
大塚見逃し三振のあと、神戸ライト前タイムリーツーベースで勝ち越し!
ムニスがホーム狙ったがアウト。ベースカバーに入ったピッチャー谷元が押し倒されて
降板。宮本賢にピッチャーがかわり青野三振。その裏鵜久森に同点アーチ、
今浪ツーベース、尾崎をサードゴロに打ち取ったところで高木登板も、
佐藤にセンターオーバータイムリースリーベースで勝ち越され、
6回。2アウトから渡辺正人タイムリーツーベース、竹原勝ち越しタイムリー!
その裏中島ショートゴロも根元のファーストへの送球高くエラー、
市川送りバント、村田レフト前同点タイムリー、中郷にピッチャーがかわり、
鵜久森センターフライで2アウトにこぎつけたものの、中田翔にライトへ
勝ち越しタイムリーツーベースを打たれ、7回佐藤・杉谷連打、田村にスイッチも
中島レフトへのツーベース、佐藤をホームクロスプレーアウトで2アウト2,3塁。
市川レフトへタイムリー、またもムニス好返球で杉谷をホームクロスプレーアウト!
8回。二軍降格したばかりの川崎雄介が登板。鵜久森・中田翔連打も、
今浪をピッチャーゴロゲッツー。マリーンズ打線は7回以降ルーキー榊原諒の
神ピッチングに抑え込まれ、痛恨の連敗。ジャイアンツは12−7で
イーグルスに逆転勝ち、首位に立ったので、マリーンズは首位陥落。
さすがに鎌ヶ谷だけにファイターズファン多めだったが、マリーンズファンも多数
来ていて、応援歌のある選手には自然発生的に沸き出るようにアカペラで
ヒッティングマーチが唱和されるなど盛り上がったのは事実だったので、
こうなったら残り3試合全勝するしかない!!


2009年09月21日 イースタンリーグ ヤクルト−湘南(戸田)報告者:あわてんぼーさん(HP:続!あわてんぼーのブログ

9月21日 イースタンリーグ公式戦 東京ヤクルトー湘南P(戸田)
審:原・大和・名幸  記:中村鉄  2時間46分(12:59〜15:45)
             R  H E
SR|001410111|9 16 3
YS|000101100|3  5 0
(YS8−9)勝:阿斗里(5−6)負:赤川(2−4)

得点経過
3表:関口 犠牲フライ     (0−1)
4表:野中2点タイムリー2ベース(0−3)
   松本2点タイムリー2ベース(0−5)
4裏:中尾タイムリー3ベース  (1−5)
5表:高森タイムリー2ベース  (1−6)
6裏:SR高森タイムリーエラー (2−6)
7表:下窪 犠牲フライ     (2−7)
7裏:大塚サードゴロ      (3−7)
8表:関口タイムリーヒット   (3−8)
9表:松本タイムリー3ベース  (3−9)

SR     1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打  安 点  率
(9)松本  遊飛  中飛中2  二ゴ  右2中3  6  3 3 267●
(4)梶谷  二ゴ  四球三ゴ  空振  捕犠一ゴ  4  0 0 282●
(8)関口  四球  中犠二ゴ  右安  中安    3  2 2 285
(D)呉本  中安  一邪  左2空振        4  2 0 298
 HD大西                遊ゴ    1  0 0 233
(3)高森  捕邪    三ゴ中2  中2中安    5  3 1 307●
(7)下窪    遊ゴ  右安遊ゴ  左犠見振    4  1 1 285●
(5) 北    一ゴ  四球二ゴ  四球  二安  3  1 0 235●
(2)黒羽根   投ゴ  左安四球  四球  二併  3  1 0 279
(6)野中      左安左2左直  投併  左2  5  3 2 304
                          38 16 9 281
●=規定打席到達

投手  回  打 安 本 振 四 死 暴 失 責  防御率
阿斗里 9 35 6 0 5 0 1 0 3 1 5.31
    9 35 6 0 5 0 1 0 3 1 3.79


YS      1回2回3回4回5回6回7回8回9回  打 安 点  率
(9) 志田  遊ゴ    見振  中飛一ゴ      4−0−0 242●
(6) 三輪  三直    中安  二安  二ゴ    4−2−0 316●
(8) 上田  二ゴ    左飛  死球  二ゴ    3−0−0 263●
(7) 中尾    遊ゴ  中3  一失  一ゴ    4−1−1 308●
(3)ユウイチ   左飛  右飛  右飛    右安  4−1−0 315
(4) 梶本    空振    遊ゴ  一失  二ゴ  4−0−0 294●
(D) 衣川      遊ゴ  中安  二失  空振  4−1−0 213
(2) 中村      空振  三併  遊ゴ  空振  4−0−0 315
(5) 大塚      二ゴ    遊ゴ三ゴ      3−0−1 277
                           34−5−2 282
●=規定打席到達

投手 回  打  安 本 振 四 死 暴 失 責  防御率
赤川 5 27  8 0 0 4 0 0 6 6 6.36
山田 2  9  2 0 2 2 0 1 1 1 6.48
岡本 1  6  3 0 1 0 0 0 1 1 5.57
木田 1  5  3 0 0 0 0 0 1 1 1.72
   9 47 16 0 3 6 0 1 9 9 4.75

盗塁:野中H(3表 0−2から二盗成功 打者・松本)
失策:高森2(6裏 ハーフライナーがアンツーカーで思いのほか弾まずにグラブの下を抜ける、2塁ランナー生還、1塁ランナー3塁へ 打者・中尾)
(7裏 正面のゴロをはじく 打者・梶本)
   梶谷 (7裏 高くはずんだ打球で前に突っ込むもはじく 打者・衣川)
暴投:山田(7表 2−2から変化球がワンバウンド、ランナー3塁へ 打者・下窪)

補足
1裏:志田の遊ゴ→三遊間深いゴロ、野中がショートバウンド送球、高森がすくい上げる
   三輪の三直→北ダイビングキャッチ
3表:松本の中飛→2塁ランナータッチアップ
4表:梶谷の三ゴ→2塁ランナーそのまま
4裏:中尾の中3→エンドラン成功、1塁ランナー生還
5表:呉本の左2→3塁線突破
   高森の中2→左中間突破
   下窪の遊ゴ→2塁ランナーそのまま
6裏:三輪の二安→高いバウンド
7表:高森の中2→エンタイトル
7裏:中村の遊ゴ→2塁フォースアウト、2塁ランナー3塁へ
   大塚の三ゴ→2塁ランナーフォースアウト、3塁ランナー生還
8表:大西の遊ゴ→併殺崩れ
9表:北の二安→高いバウンド
   野中の左2→3塁線突破
   松本の中3→左中間突破、2塁ランナー生還
9裏:梶本の遊ゴ→併殺崩れ

☆注目選手☆
■阿斗里(湘)
 前回は7回を投げてまずまずの結果を残してから中4日での登板、チームの台所も苦しいのでやや強行気味の登板でした。しかも黒羽根とのバッテリーで戸田での登板、というと約2週間前に喫した悪夢が思い出されます。今回はリベンジの機会でした。
 注目の立ち上がり、先頭・志田、続く三輪ともにヒット性の打球でしたが野中・高森・北の好守備で助けてもらい、調子が上向いてきました。実に先頭から4回の三輪まで10人連続初球ストライク(含初球打ち)、低めのストレートとスライダーで簡単に追い込み、そのまま低めのボールで引っ掛けさせます。黒羽根のサインどおりに力強いボールがどんどん来るので、黒羽根のサインもすぐ決まりテンポが非常に早かったことが打線の援護につながったのでしょう。さらに失点時にありがちだった四球からの崩れも今日はなし、次々にストライクゾーンに来るのでヤクルトのバッターが常に追い込まれている状況になり、それが打ち損じにもつながりました。
 とはいえ打ち損じで助かった場面はあまりなく、ほとんどがちゃんと投げた結果。中盤はランナーが出てボールが浮いたり、守備に足を引っ張られましたが打線の援護もあって気にそぶりも見せず。バテることなく終盤も内野ゴロの山を築き、最後は2者連続スライダーで三振に仕留め、完投勝ち。結局、ストレートとスライダー、フォークを少し使った程度で緩急用のカーブは最後まで使いませんでした。それくらい、今日はストレートとスライダーが良かった。春先は中継ぎで失敗したり、終盤は初回の炎上があったりして心配しましたが、今日のピッチングで一皮むけた、と感じさせる内容でした。

■野中信吾(湘)
 久しぶりに爆発した打線に着火したのはラストバッターでした。3回に突然吹いた追い風に助けられるポテンヒットで出塁すると、赤川が低めに変化球を投じたのを狙って盗塁成功でチームを先制点に導きます。
 そして勝負どころは4回、1アウト満塁でまわってくると、初球の膝下へのスライダー、2球目の高めのストレートを選んでカウント0−2。私の中では、このような相手が苦しんでいるときに打ちに行って引っ掛けてしまうイメージが浮かんだのですが、3球目のインサイドに入ってくるスライダーを弾き返すとライナー飛んだ瞬間に抜けることを確信するタイムリー、見事に大仕事をやってのけました。5回のレフトライナー、9回の2ベースもなかなか良い打球でしたし、すごく目立つ存在ではありませんでしたが打球スピードは早くなっていると感じます。盗塁数が伸びなかったかわりに、バッティングの方で野中なりの進歩を見せたシーズンでした。

■黒羽根利規(湘)
 阿斗里とともに苦い記憶を残した戸田のリベンジに成功しました。土曜日まではリードのスランプに苦しんで大量失点を繰り返す日々。細山田の離脱もあって代わりを出せるわけでもなく、重いプレッシャーと責任を感じていたでしょう。しかし前日に松家をギリギリで踏ん張らせ勝利を掴むと、今日は阿斗里の素晴らしいボールにすぐサインを出すことで投げやすいテンポを演出。迷わず自信を持ってサインを次々に出す姿、ピンチになっても簡単に変化球でかわそうとしないリードに久しぶりに好感を持ちました。さらにバッティングでも4回に難しい初球の低めスライダーを泳ぎながら三遊間に運ぶ技ありの一打で大量点に結びつけ、阿斗里ともども勝利に貢献しました。

☆ひとりごと☆
 戸田の土手は草が伸び、赤い花が一部で咲いていました。すっかり秋の色。この1週間でシーレックスの方も暑い夏から長袖が必要な秋色に・・・なりたくはありませんでしたがなってしまいました。しかしシーレックスファンの中には全く冷めていない方がいるようで、12:00前にはバックスタンドが満員、3塁側下、土手もたくさんの人だかり。ヤクルト側も1軍が遠征に出たため1塁側のサインスポットに人が溢れる異常事態でした。こんな人がいる戸田球場は、高校時代から通っている私も初体験でした(常連様も10年ぐらいで初めてだとおっしゃっていました)。特にシーレックス側、熱かったですね。横須賀と同じとは行きませんが、戸田まで来る方々ですから本当にシーレックスに情熱を注いでいる方が多かったように感じました。
 試合に目を移すと、やっとメンバー、内容ともに勝ち進んできたシーレックス野球を取り戻しました。赤川は立ち上がりから制球が悪かったし、持ち味のスライダーにスピード、キレがなくダラりとしていました。その内容を見たシーレックス打線、追い込まれてもカットしてれば相手は決め球がなくなる、特に右バッターはスライダーに的を絞る作戦が徹底されていました。さらに左バッターは高めの甘いボールを逃しません。高いからボールがよく飛んでいくし、とても気持ちよかったです。
 チーム全体の雰囲気、これも何か違っていましたね。はっきり言うと、本来のメンバーに戻った。今まで勝ってきた野球は「一発なくともつないで点を取る」打線。盗塁できる選手は少なくとも1塁から1ヒットで3塁へ行くなど、目立たない好走塁もありました。しかしこの1週間は調整選手が真ん中に入っていたため寸断され、心理的にもチーム全体で気を使っていた印象でした。それが今日、スゴイ選手はいなくともよそよそしい感じはなくなり、チーム一丸となって強くスイングする姿勢が復活。非常にのびのびしたプレーの連続に、私自身の今季最終観戦にして「やっぱりのびのびと思いっきりプレーするシーレックスが好きなんだ」と心新たにしたのでした。1人違うと、こんなにチームの印象は変わるんだ、とむしろビックリしてしまいました。
 前述のとおり、今のところ今季の観戦記はこれが最後です。今年も読んでいただき、感謝しております。時にご不満な点があったかもしれません。まだまだ私も力不足ですので、今後も叱咤激励の程よろしくお願いします。


2009年09月20日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:WIZさん

2009年9月20日(日)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ 18回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL鈴木、1B山口、3B長井
記録員:加藤木
観客数:2156名
試合時間:2時間59分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ロ ッ テ 200 000 001   3  10  2
湘  南 040 020 20×   8   8  2

【投手継投】
ロ ッ テ ●神田(3回)−古谷(4回)−小宮山(1回)
湘  南 ○松家(5回)−加藤武(2回)−小山田(1回)−石井(1回)

【得点経過】
 1回表(ロ) 二死1塁でムニス、ライトスタンドへ2ラン(湘0−2ロ)
 2回裏(湘) 一死満塁で野中、サードゴロエラーの間に3塁走者生還(湘1−2ロ)
        一死満塁で松本、セカンドゴロエラーの間に3塁走者生還(湘2−2ロ)
        二死2・3塁で下窪、セカンドエラーの間に2者生還(湘4−2ロ)
 5回裏(湘) 二死1・2塁で高森、センター前タイムリー(湘5−2ロ)
        二死2・3塁で北川、サード内野安打タイムリー(湘6−2ロ)
 7回裏(湘) 二死1塁で高森、バックスクリーンへ2ラン(湘8−2ロ)
 9回表(ロ) 無死1・3塁でランビン、サードゴロの間に3塁走者生還(湘8−3ロ)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<千葉ロッテ>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 岡田  遊失左2    投ゴ  右安            420000000
H  定岡                  三ゴ        100000000
SS 根元  空振一ゴ    二安  見振            410000200
RF 竹原  四球  中安  遊ゴ    中飛          310100010
LF ムニス 右本  三併  二ゴ    二飛          411110000
1B 神戸  右2  空振    左飛  遊飛          410000100
DH 大塚  左飛    中2  空振    右2        420100100
3B 新里    一失  遊飛  三ゴ    左安        410000000
2B ランビン  投安  空振    中飛  三ゴ        411000100
C  青松    右飛  二ゴ    見振  三ゴ        400000100
※2回、ランビンの投安→ピッチャー強襲のヒット。
※2回、青松の右飛→一死1・3塁で3塁走者タッチアップも本塁捕殺。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  空振二ゴ  左飛  左飛  左飛          501000100
LF 下窪  空振二失    遊ゴ中飛  遊ゴ          500000100
RF 関口  左安中安    四球  見振            320100110
3B 村田  遊ゴ一邪    左安                310000000
R  北               二飛            100100000
3B
DH 呉本    空振中飛  空振  二安            410100200
R  坂本                            000000000
DH
1B 高森    四球空振  中安  中本            323210110
2B 北川    四球左直  三安  見振            311100110
C  黒羽根   死球  二ゴ右飛    右安          310100001
SS 野中    三失  中飛  三直  中飛          400100000


【投手成績】
<千葉ロッテ>
       投球回   球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責
●神田     3回   72 16  2  3  4  4  0
 古谷     4回   67 18  5  1  3  4  4
 小宮山    1回   12  4  1  0  0  0  0

<湘南>
       投球回   球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責
○松家     5回   75 22  7  1  3  2  2
 加藤武    2回   30  7  1  0  2  0  0
 小山田    1回   13  3  0  0  0  0  0
 石井     1回   17  2  0  0  0  1  1

【その他】
■盗塁失敗
 <ロ ッ テ>岡田:1回、無死1塁で打者根元2−1からの4球目。
■失策
 <湘  南>野中:1回、無死無塁で岡田のショートゴロを弾く。
      高森:2回、無死無塁で新里がサードゴロ、5→3へ送球も弾く。
 <ロ ッ テ>新里:2回、一死満塁で野中のサードゴロを弾く。
     ランビン:2回、二死2・3塁で下窪のセカンドゴロを後逸。
■捕逸
 <ロ ッ テ>青松:2回、二死1・3塁で打者村田2−2からの8球目。二死2・3塁に。


【試合展開】
湘南先発・松家は初回二死を取りながら竹原を四球で歩かせてしまい、次打者ムニスに初球を痛打
され2ランを浴びてしまいます。
2点を先制した浦和ですが2回、先発・神田の制球と守備陣が乱れます。
一死後、2者連続四球に黒羽根に死球を与えてしまい満塁のピンチを招きます。
野中の当たりはサードゴロ。これを新里が弾いてしまい1人生還。松本は痛烈なセカンドへの打球、
外野へ抜けようかという当たりでしたがランビンが好捕してアウトに。しかしその間にもう1人
生還し同点に追いつかれてしまいます。
続く下窪もセカンドへの当たり、しかしこれを先ほど好捕したランビンが弾いてしまい打球は
外野へ転がる間に2者が生還し勝ち越しを許してしいます。
湘南は5回に久しぶりに打線がつながり高森のセンター前と北川の内野安打タイムリーで2点を
加点。さらに7回には高森に2ランが飛び出し試合を優位に進めます。
一方の浦和は、松家−加藤武−小山田の継投に走者は出すも攻め切れず、最終回に石井から1点を
取り返すのがやっと。
試合は湘南が勝利し、ホーム最終戦を白星で飾りました。


【選手感想】
<千葉ロッテ >
■チェイス・ランビン(ロ)
 2回、一死満塁で外野へ抜けようかという強烈なゴロをダイビングキャッチで好捕。3塁走者
 は生還させてしまったものの、1塁をアウトにし傷口を最小限に止めるプレーを披露したのも
 束の間。続く下窪は単なるセカンドゴロ。これで終了と思われたその瞬間、打球はランビンの
 グラブからこぼれ走者一掃のタイムリーエラーとなり、これが今日の試合を決定づけさせる
 得点となってしまったのでした。
 以前もショートで試合を決定づけるタイムリーエラーを見ました。守備が上手いのかヘタなのか
 よく分からない選手です。

■岡田幸文(ロ)
 今日は自慢の脚力も黒羽根に軍配。
 守備では2度センター前に落ちそうな打球をその脚力で懸命に前進しスライディングキャッチ!
 ・・・でしたが2度ともあと一歩でグラブに収めることができず、こちらも無念。
 しかしその気迫溢れる守備は魅力的でした。

■小宮山悟(ロ)
 今朝のスポーツ紙で引退報道が流れたこともあってか、登板時には両スタンドから大きな
 拍手が沸き起こりました。先頭の黒羽根に技ありのライト前ヒットを浴びたものの、後続を
 ピシャリと打ち取り無失点で降板。引き上げる際も大きな拍手で迎えられました。
 その後球団より正式に引退の発表がありました。
 ベイスターズOBでもあり球界に名を残した屈指の右腕にただただ「お疲れ様でした」の
 一言しかありません。

<湘南>
■松家卓弘(湘)
 ホーム最終戦、そして連敗ストップの使命を受けての登板ということもあり少々緊張気味の
 様子で本調子とは言えない投球内容でした。
 初回に二死無塁としてもらったにも関わらず竹原を四球で歩かせたのは頂けません。
 次打者ムニスに初球をライトスタンドに運ばれ最悪の形で2点を失ってしまいました。
 その後も毎回走者を出す苦しい投球でしたが、味方の好守備もあり走者をホームに返さない
 粘りの投球を見せてくれたのが収穫でしょうか。
 吉川並の重い速球と巧みな牽制はまだまだ伸びてくると思います。
 来季こそ常時一軍帯同を。湘南ユニの姿は今年で見納めといきたいところです。

■黒羽根利規(湘)
 初回、昨日簡単に盗塁を許した岡田を絶妙な送球で盗塁を防ぎ、昨日の雪辱を果たします。
 その後先制を許されたものの、その後は苦しい投球の松家を懸命にリード。後半は加藤武、
 小山田のベテランをリードし無失点で切り抜けます。最終回こそ簡単に失点を許したものの
 傷口を最小限に止め、キャッチャーとしてはまずまずの結果を残しました。
 これを何とか自信にして自分を取り戻して欲しい!
 この6連戦は細山田と黒羽根、2人のキャッチャーに大きな試練を与えました。
 この経験を来季にどう生かしてくれるのか観戦の楽しみでもあります。

■高森勇気(湘)
 前半は相手エラーによる得点で打線の低迷は相変わらずでしたが、後半は彼の打棒が火を噴き
 久しぶりにスカッとする得点シーンを見ることができました。
 春のキャンプでは一軍メンバーに入り期待も大きかったですが、ここまで一軍昇格はなく
 成績もやや中途半端なもので今一つでした。正直申し上げて彼が昨年を上回る成績を残せたら・・・
 この悔しさは是非来季晴らしてほしいです。



【横須賀情景】
早いもので今季のスカスタも本日が最終戦。
関内は名古屋遠征、村田が出場、湘南ホーム最終戦ということもあってか昨日同様の客入りで
この日も2000名を突破しました。

試合は一昨日、昨日とうって変わって浦和守備陣が大きく乱れ雪辱を晴らしました。
・・・と言うより今日は浦和に「勝たせてもらった」試合でした。
2回の致命的なタイムリーエラー、今度は浦和に優勝へのプレッシャーが出たのでしょうか?
そして今日の敗戦が今後の川崎との優勝争いにどう影響を与えるのでしょうか?

湘南は残り2試合。明日と現在のところイースタン・リーグ最終戦となる28日の戸田戦を
残すのみです。ひとまず期待を込めて「湘南は残り試合全て勝ちます」。

帰途、子連れさんの愛する鷹取川のボラに一言別れを告げてきました。
「ボラよ、来年もまたスカスタに通うから宜しくね」
ボラは大量のゴミが浮かれた川をスイスイ優雅に泳いでいました。
ボラも来年また来ることを喜んでた・・・と勝手に思いながら今季最後の夏島を後にしました。


2009年09月19日 イースタンリーグ 楽天−日本ハム(利府)報告者:森@居酒屋の番頭さん

9月19日(土) 鎌ヶ谷VS利府(利府)
天候:曇 試合開始:13時 試合時間:約2時間50分 観客:505人
審判:主審村山 一塁市川 三塁牧田 公式記録員:伊藤

鎌ヶ谷 000 000 020|2
利府  000 011 03×|5

成績(公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です)
鎌ヶ谷
(左)  市川  4打数1安打1打点
(中)  村田  4打数ノーヒット
(右)  鵜久森 4打数ノーヒット
(一)  中田  4打数ノーヒット
(三)二 今浪  4打数2安打
(指)  ボッツ 2打数1安打
 打 指 金子洋 1打数1安打1打点
 打   佐藤  1打数ノーヒット
(捕)  尾崎  2打数ノーヒット
(二)  杉谷  2打数ノーヒット
 打 三 高口  1打数ノーヒット
(遊)  中島  2打数1安打

 土屋  6回打者26人投球数96被安打8与死球1奪三振5失点2
●榊原  2回  10    44   3   1   2  3

利府
(中)左 平石  3打数2安打1打点
(遊)  西村  3打数ノーヒット
(右)  丈武  4打数1安打
(三)  中村紀 2打数ノーヒット
 三   西谷  2打数2安打
(指)  大廣  3打数ノーヒット
 打 指 磯部  1打数ノーヒット
(一)  中川  4打数2安打
(捕)  伊志嶺 2打数2安打1打点
(左)  楠城  3打数1安打
 中   聖澤  1打数1安打1本塁打3打点
(二)  塩川  3打数ノーヒット

 チルダース  6回打者19人投球数79被安打3与死球0奪三振2失点0
 山村     1回   3    17   0   0   0  0
○川井     1回   8    34   3   2   2  2
S石田     1回   3     7   0   0   0  0


(試合経過)
1回表鎌ヶ谷
市川 一ゴロ
村田 二ゴロ
鵜久森 空振り三振

1回裏利府
平石 右安
西村 捕前犠打 一死二塁
丈武 空振り三振
中村紀 遊ゴロ

2回表鎌ヶ谷
中田 中飛
今浪 遊内野安
ボッツ 右安(エンドラン) 一死一三塁
尾崎 遊ゴロ併殺打(難しいバインドを西村ファインプレー)

2回裏利府
大廣 遊ゴロ
中川 二ゴロ
伊志嶺 右安
楠城の4球目に伊志嶺二盗 二死二塁
楠城 三ゴロ

3回表鎌ヶ谷
杉谷 遊ゴロ
中島 遊ゴロ
市川 空振り三振

3回裏利府
塩川 遊ゴロ
平石 空振り三振
西村 右飛

4回表鎌ヶ谷
村田 遊直
鵜久森 中飛
中田 三直

4回裏利府
丈武 空振り三振
中村紀 空振り三振
大廣 遊ゴロ

5回表鎌ヶ谷 利府サード西谷に交代
今浪 左飛
ボッツ 中飛
尾崎 二飛

5回裏利府
中川 右安
伊志嶺 右安 無死一二塁
楠城の初球に中川キャッチャーからの牽制死 一死一塁
楠城 右安 一死一三塁
塩川の2球目に楠城二盗 一死二三塁
塩川 四球 一死満塁
平石 右犠飛 0−1利府 二死一三塁
西村 三邪飛

6回表鎌ヶ谷
杉谷 左飛
中島 左安
市川 捕邪飛 二死一塁
村田の2球目に中島盗塁死

6回裏利府
丈武 左安
西谷 捕前バント安 無死一二塁
大廣 空振り三振
中川 左安 一死満塁
伊志嶺 中犠飛 0−2利府 二死一三塁
楠城 三ゴロ

7回表鎌ヶ谷 利府ピッチャー山村、センター聖澤に交代 平石がレフトに回る
村田 二ゴロ
鵜久森 三直
中田 遊ゴロ

7回裏利府 鎌ヶ谷ピッチャー榊原に交代
塩川 投ゴロ
平石 中安
西村の初球前平石ファーストエラーで二進(牽制で誘い出されるが中田が牽制球をファンブル) 一死二塁
西村 中飛
丈武 空振り三振

8回表鎌ヶ谷 利府ピッチャー川井に交代
今浪 左安
代打金子洋 右中間タイムリーツーベース 鎌ヶ谷1−2 無死二塁
尾崎の2球目にワイルドピッチ 無死三塁
尾崎 四球 無死一三塁
代打高口 空振り三振
中島 四球 一死満塁
市川 中タイムリー安 鎌ヶ谷2−2 一死満塁
村田 空振り三振
鵜久森 遊ゴロ

8回裏利府 鎌ヶ谷サードに高口が入り今浪セカンドへ回る
西谷 左線ツーベース 無死二塁
代打磯部 中飛
中川 空振り三振
伊志嶺 四球 二死一二塁
聖澤 右中間ランニングホームラン 2−5利府
塩川 右邪飛

9回表鎌ヶ谷 利府ピッチャー石田に交代
中田 遊ゴロ
今浪 中飛
代打佐藤 左飛でゲームセット

全体感想
前半は利府ショート西村の好守備で利府ペースで進んだものの、8回チームは変わってもやっぱりファイターズの友達川井が登板した処で同点
しかしながらその裏、鎌ヶ谷の中継のわずかな隙をついた聖澤の見事なランニングホームランで勝負が決まりました
聖澤、西谷、西村、伊志嶺といった利府の若手の活躍が目についた一方、時が経つのは早いもので楽天ドラフト1期生の塩川、大廣、平石の正念場を感じた試合でした

利府注目選手
■聖澤諒(楽)
右中間を真っ二つにしたバッティングも見事でしたが、その後三塁到達時にボールがセカンドまで戻り、誰もが三塁打と思った瞬間に中継の野手が自分から目を離したのを見るや再加速
一瞬の隙をついた素晴らしいランニングホールランでした
インタビューでも「これが自分の野球」と答えていましたが、さすがに名鑑に「野村監督好みのスピード感あふれる攻守」と紹介されるだけのことはありました

■西村弥(楽)
目立ちませんがチルダースの好投中、2〜4回は打者10人中5つの打球を処理
特に2回一死一三塁のピンチで襲ってきた尾崎の難しい打球を止めたばかりか、完全に体勢を崩しながらゲッツーに仕上げたプレイはお見事でした
あそこで鎌ヶ谷が先制できていれば試合は全然違った展開になったでしょう

■中村紀洋(楽)
あの遠回りしまくるバットの軌道にあのスイングスピードでは・・・
まさかこれが見納め、ってことないですよね

鎌ヶ谷注目選手
■榊原諒(日)
威力のあるストレートで追い込むところまでは行くのですが、その後決める球がなく粘られて四球出すか甘く入った球を打たれる展開
今年一軍の中継ぎで活躍している菊地和正のルーキーイヤーを思い出します
菊地は5年目でブレイクしましたが、さて榊原も後に続けるかどうか

■村田和哉(日)
第一打席こそ初球を打ってアウトでしたが、2打席目7球、3打席目10球、4打席目9球と粘りまくる姿が目につきました
ルーキーイヤーは選びすぎて最後見逃し三振といったケースも多かったですが、きわどい球をカットで逃げる技術がかなり向上した様です
利府の聖澤選手同様、自分の武器を信じて頑張って欲しいです


2009年09月19日 関西独立リーグ 大阪−神戸(東大阪市・花園セントラルスタジアム)報告者:いの一番さん

9月19日(土)
関西独立リーグ
大阪ゴールドビリケーンズ−神戸ナインクルーズ(東大阪市・花園セントラルスタジアム)

神戸 000100010  2
大阪 04012000×  7

勝:岸27試合10勝7敗1S  敗:末永22試合4勝10敗
本:金谷1号@(岸)
審判:PL柄谷 1B若城 2B前田 3B岩本  記録:深沢
観衆:812人
入場料:“一応”1000円(なぜ一応かは後述)
天気:晴れ
風:本塁→センター又はレフト→ライトへ強風
試合時間:2時間40分

(投手成績)
     回  打 安 振 球 責
末永   8 39 6 2 5 4
……………………………………………………
岸    9 35 8 7 1 2

東大阪市で初めて開催された関西独立リーグ、この日、神戸は大変な状態で試合に臨むことになった。
広島や日本ハムのテストを受験するため選手が大量に欠場、球場に来たのは村上監督代行(46)、
衣川コーチ(34)、そして選手9人の計11人だったのである。
一方の大阪は見た感じほぼ全員が来ていた様子、一体この差はどこに原因があるのか。
神戸の選手のうち一人は吉田えり、試合は指名打者制ということもあり、残る10人が全員出場、
村上代行が9番指名打者、衣川コーチが8番ファーストという、最初からハンディを負っての試合となった。

(試合内容)
東大阪市長が始球式を行い試合開始。
▼2回裏
一死一塁から奥本のセンターオーバー二塁打で大阪が1点先制、林が四球で一死一、二塁。
笹平への2球目に大阪が重盗を仕掛け、サードへ送球されたがセーフ。
どう見てもアウトのタイミングでサード武田が抗議、スタンドからも「えーっ」と声が上がる。
続く3球目を笹平がスクイズバント、ホームは間に合わず、末永からファーストへの送球もワンバウンド、
その間に林も生還、この後平下の右前打もあり、4−0となる。
△3回表
一死後衣川が左前打(チーム初安打)、村上はボテボテの三ゴロ、普通ならファーストで
1つアウトを取るしかできない打球だが、衣川、村上とも足が回らず、楽々5−4−3の併殺。
△4回裏
一死一塁から武田の右中間三塁打で4−1となる。なおも一死三塁だったが、奥脇は三振、李は一ゴロ。
▼4回裏
二死一塁、打者平下の場面で笹平が二盗に成功。直後に平下が中前打を放ち5−1。
▼5回裏
末永がストレートの四球を2つ出し一死一、二塁。ここで林がライトオーバー三塁打を放ち7−1。
△6回表
先頭の村上が右前打!福元は送りバントをしたが、やはり村上は足が回らず
セカンドで余裕をもってアウト。この後金谷の左前打でチャンスを広げたが結局0点。
▼6回裏〜8回裏
大阪が5回までに比べ早打ちになる(どうも意図的な気が)。末永のイニング別投球数も減少。
△8回表
一死後、金谷がレフトへ本塁打、7−2となる。
△9回表
一死から濱岡が右前打を放ったが、三輪は右飛、衣川は二飛で試合終了。

神戸は安打数で大阪を上回ったが、エラーが6つ出たのが響いた。


(選手評・神戸)
■末永仁志
3年間ロッテに在籍したが戦力外になり、NPB復帰を目指す22歳。
本来ならこのリーグで格の違いを見せたいところだが、成績は低迷し、この日で4勝10敗になってしまった。
1回はわずか7球で三者凡退に抑えたが、2回になると制球が乱れ、自らのエラーもあり失点、
5回も走者を溜めてカウントを苦しくして痛打を浴びるなど、これではNPB復帰は苦しいような気がする。
ただ、投手が実質自分だけという状況での登板は、どんな心境だったのか。見ていて気の毒だった。

■吉田えり
序盤は一塁コーチに立つ。中盤からブルペンでマネージャーかトレーナーみたいな人を相手に投球練習、
8回裏に出てくるのかと思ったが結局投げず。
推測だが、球場は強風が吹いており、ナックルを投げるにはいい条件ではなかったことが原因か。

■村上眞一(46歳)
3回表−三ゴロ併殺打、6回表−右前打!、7回表−二ゴロ。
足の衰えはどうしようもないが、バットにボールを当てて安打にしたのはさすが元NPBの選手。

■衣川幸夫(35歳)
3回表−左前打、5回表−三邪飛、7回表−三振、9回表−二ゴロ。

神戸の出場及びベンチ入り選手
投手:末永仁志、吉田えり
野手:村上眞一、衣川幸夫、三輪匡平、李秀範、福元達也、濱岡巧、金谷和晃、武田陽介、奥脇佳宣
神戸の欠場選手
投手:西川徹哉、治下竜麻、大島崇仁、北岡紘行、西崎康真、小園司
野手:北村祐、小野真悟、若林春樹、金城直仁、今井政司

(選手評・大阪)
■岸 敬祐
身長177センチ、関西学院大を卒業して入団した22歳の左腕投手。
大阪のエース的存在で、一部雑誌ではドラフト候補と書かれている。
筆者が彼を見るのは7月に次いで2回目、確かにまあまあの投手だと思うが、指名されるのかなあ。
この試合で10勝目を挙げたが、一方7敗しているところが気になる。

(その他)
■入場料は実質半額
この試合は八尾市の西武八尾店とアリオ八尾という二つの店が協賛しており、
入場券購入時に「西武八尾、アリオ八尾」と言うと1000円が500円になるという大サービス。
事前に情報を入手したので、これを言って入ったが、苦しいのに大丈夫なのか。
なお、27日の試合(万博公園)も「ワールドウエディングマッチ」と言えば半額、
カップルで観戦すれば無料とのこと、何か閉店間際のバーゲンセールのようである。

■当日の行動、情景等
東大阪市といえば、花園ラクビー場がある「ラクビーのまち」である。
球場とラクビー場は隣接しているのだが、最寄り駅の東花園駅から歩いているとほとんどの商店に
地元ラクビーチーム「近鉄ライナーズ」のポスターが貼ってあり、さらにはラクビー専門店も数店あり
(これには驚いた)、まさにそれを実感。野球のポスターは全く見なかったが。
球場に着いたのは正午前、試合開始は13時なので1時間ほど待ったが、八尾での協賛の効果か
客は徐々に増え、苦しいリーグにしてはまあまあの入りとなった。
場内の売店では飲み物や軽食を販売、ビリケーンズのグッズも売っていたが気を引くものがなく
申し訳ないが何も買わずじまい。
試合開始が近付くと、地元で活動しているらしい女子5人グループ「ミルキーハット」が
君が代を斉唱(君が代は7月に行った神戸サブの時はやらなかった)。
選手1人1人の紹介行われず(神戸の人数が少なすぎることに配慮してか)、市長の始球式で試合開始。
両チームとも応援団が来ており、特に大阪の方はウワサに聞いていたのピアニカ応援を生で拝見、
メンバーの一人がスタンドの一番前で立ってピアニカを演奏し、ファンをリードするという
器用なスタイルである。
5回裏には、ミルキーハットが持ち歌を1曲披露、7回裏には一部のファンがグラウンドに降りて
ファウルエリアを走るという体験イベントを実施、試合終了時にはキッズ野球教室も行われ、
ファンを楽しませる工夫は結構されていたように思う。
実はこの試合、球場ファン2名の方(大阪1名、埼玉1名)と一緒に観戦、
終了後は鶴橋に移動して焼き肉を食べながら野球談議に花を咲かせたのであった。

<花園セントラルスタジアム>
完成:2007年
大きさ:両翼97m センター120m
グラウンド:内外野総天然芝
スタンド:1600名収容
照明設備:なし

この球場がある場所は、以前近鉄のファーム球場建設候補地として話題になったところである。
近鉄はオリックスと合併し、ファーム球場はできなかったが、結局一般用の球場が造られた。
グラウンドは内外野ファウルグラウンドとも天然芝、ただし管理方法に問題があるのか芝の見栄えが悪く、
スカイマークやマツダのような美しさが感じられないのが残念。
またこの球場、普通はスタンド下にある本部席がスタンド上にあり、その分ネット裏席が低く
1列目などはグラウンドレベルの臨場感がある。ただ、バックネットは支柱だらけで非常に観戦しにくい。
どうして吊り下げ式にしてくれなかったのかなあ。
この他、選手の更衣室もスタンド上にあり、選手はファンの間を通ってグラウンドへ出入りすると
いうことになる(由宇の一塁側のような感じ)。
今回プロが初めて使用したわけだが、果たしてここで阪神やオリックスが試合をすることが
あるのかどうか(ちょっと無理かな?)。


2009年09月19日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:WIZさん

2009年9月19日(土)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−千葉ロッテ 17回戦 横須賀スタジアム(14:00開始)

審判:PL工藤、1B長井、2B鈴木 3B山口
記録員:中村
観客数:2269名
試合時間:2時間59分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ロ ッ テ 050 033 010  12  13  0
湘  南 000 001 010   2   7  0

【投手継投】
ロ ッ テ ○香月(7回)−相原(1回)−松本(1回)
湘  南 ●吉原(4回1/3)−山北(2/3)−田中(2回)−秦(2回)

【得点経過】
 2回表(ロ) 一死1・2塁で青野、センターオーバー2ベースタイムリー(湘0−1ロ)
        二死満塁で岡田、レフト前タイムリー(湘0−3ロ)
        一死1・2塁で根元、右中間へ3ベースタイムリー(湘0−5ロ)
 5回表(ロ) 一死2塁で竹原、ライト前タイムリー(湘0−6ロ)
        二死満塁で青野、ショート内野安打タイムリー(湘0−8ロ)
 6回表(ロ) 二死2・3塁でムニス、ライトスタンドへ3ラン(湘0−11ロ)
 6回裏(湘) 二死1・2塁で村田、レフトスタンド直撃タイムリー(湘1−11ロ)
 8回表(ロ) 二死2塁でムニス、センターへエンタイトル2ベース(湘1−12ロ)
 8回裏(湘) 一死無塁で下窪、バックスクリーンへソロ(湘2−12ロ)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<千葉ロッテ>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 岡田  左飛左安    中安死球  三ゴ          422301001
SS 根元  空振右3    一ゴ中飛  右2          522100100
RF 竹原  一ゴ左飛    右安中飛  右飛          511100000
LF ムニス   空振三ゴ  死球右本  中2          424210101
LF 定岡                            000000000
DH バーナム  中安遊ゴ  一邪左2  一ゴ          520100000
1B 神戸    四球左飛  四球左飛    二ゴ        300100020
3B 青野    中2  三飛遊安  中飛  捕安        533100000
C  金澤    投安  四球見振  左飛  遊ゴ        410100110
2B 渡辺正   空振  三併  四球遊ゴ  空振        400100210
・定岡、8回の守備より出場。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
RF 松本  空振    中安  二ゴ  中飛          410000100
LF 下窪  見振    中飛  三安  中本          421110100
CF 関口  中飛    遊飛  一邪  遊ゴ          400000000
3B 村田    見振    空振左安              311000200
R  北                 遊飛          100000000
3B
DH 呉本    遊ゴ    右安左飛    一飛        410000000
1B 高森    見振    中飛  一ゴ  三直        400000100
2B 北川      二ゴ  中安  空振  三ゴ        410000100
C  黒羽根     二ゴ  一ゴ  右安            310000000
SS 野中      二飛    四球投ゴ            200100010


【投手成績】
<千葉ロッテ>
       投球回   球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責
○香月     7回  104 27  6  1  6  1  1
 相原     1回   11  4  1  0  0  1  1
 松本     1回   14  3  0  0  0  0  0

<湘南>
       投球回   球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責
●吉原   4回1/3  79 22  7  3  3  6  8
 山北    2/3   21  4  1  1  1  2  0
 田中     2回   34 10  2  2  0  3  3
 秦      2回   35  9  3  0  1  1  1

【その他】
■盗塁成功
 <ロ ッ テ>岡田:5回、無死1塁で打者根元0−1からの2球目。
■暴投
 <湘  南>田中:6回、一死1・2塁で打者竹原の初球。一死2・3塁に。


【試合展開】
浦和は2回、ヒットと四球で一死1・2塁とすると青野がセンターの頭を超える2ベースタイムリー
で1点を先制します。
続く金澤の当たりはピッチャーへの叩きつけた打球。これを湘南先発・吉原がキャッチするも、
ファースト高森も打球を追い前進、1塁ベースに誰もおらず満塁としてしまいます。
ここで岡田がレフト前へ、根元が右中間を深々と破る3ベースタイムリーで4点を加点し序盤で
5点をリードします。
さらに5回、ヒットと盗塁で一死2塁で竹原は右へのフライもライト前に落ちタイムリーに。
その後二死満塁としたところで青野の打球はセンターへ抜けようとする打球。これを野中が
ダイビングキャッチで好捕するもグラブからボールがこぼれ、その間に2者が生還。点差を8点に
広げ試合を決めます。
後半はムニスが爆発。6回に3ラン、8回にバックスクリーンにエンタイトル2ベースのタイムリー。
終わってみれば12得点と圧勝しました。

【選手感想】
<千葉ロッテ >
■香月良仁(ロ)
 序盤打者6人に対して4三振と好発進。序盤の大量得点もあり前回観戦した浦和球場での登板
 と比較するとやや球威不足に感じましたが、貧打の湘南打線ではこの程度でも十分抑えられる
 ものでした。

■フアン・カルロス・ムニス(ロ)
 浦和の主砲はこの日も打棒が爆発。今シーズンの湘南戦はほとんど「ムニスにやられた」という
 印象を与えました。優勝したら間違いなくMVPでしょう。
 なぜ一軍起用が無いのか不思議です。横浜なら即四番起用でしょう。

■岡田幸文(ロ)
 ムニス、青野に負けじと打棒が光った新人。
 さらに5回に決めた盗塁はタイミングは抜群、加えて素晴らしい脚力であっという間に2塁へ
 到達。本日最も印象に残った選手でした。

<湘南>
■吉原道臣(湘)
 前回同様ストレートの球威はとてもよかったです。しかし今日は変化球のキレがいまいちで
 縦の変化球が甘く入ったところを痛打されました。
 右肩手術明けということもあり前回の3イニングを超えたイニングを投げれたことを今日は
 収穫と前向きに見た方が宜しいでしょうか。

■黒羽根利規(湘)
 昨日負傷退場の細山田は球場におらず欠場。代わって湘南のマスクを託されたのですが・・・
 残念ながら二桁失点を許し、これでスタメンマスクを被った試合は4試合続けて大量失点を
 許すことになりました。
 リードではスランプも、右方向を意識した打撃は相変わらず光るものがあります。
 気分転換にDHで起用させ、まず打撃で自信を付けさせるのがよいかもしれません。
 細山田の怪我しだいですが(個人的にはそろそろ杉本にマスクを被らせてもらいたいです)。

【横須賀情景】
優勝がかかった大一番ということもあり開門前の早い時間から長蛇の列。
集客力アップに向けて様々なイベントを企画しておりますが、やはり一番お客が集まる要因は
「勝ち続けること」、「優勝すること」であると痛感した光景でした。
球団も今週に入りようやく球団HPに「いざ優勝へ」という特設サイトを設けたのも
効果があったのかもしれません。
特設サイトと言っても単にスケジュール表と勝敗の結果をアップしているだけですが。
その特設サイトがアップされたと同時に連敗街道に走ったのは何かの皮肉でしょうか。
もっと早く盛り立ててくれればいいものを・・・

ベイスターズファンはやはり勝利に飢えているのです。
残念なのはこの大事な6連戦で4連敗を喫していること。せめて1勝でもしていれば
盛り上がりもまた違っていたことかと思うのですが・・・
スタンドの熱気、声援に対し湘南打撃陣は応えられず相変わらずの内容に終わったのも残念でした。
ファン以上に勝利に飢えているはずなのに。変に大人しすぎですこのチームは。
昨年まで在籍した西崎のように元気者で皆を引っ張る存在がいないのが残念です。
それができる若者は湘南にはいっぱいいるはずなのですが・・・

愚痴はこの辺にしてこの日のイベントの様子を。
入場時に先着で配布された抽選券に当選すると選手のサイン入りグッズがプレゼントされる
「よこすか秋の大抽選会」なるイベントがありました。
BBMベイスターズカード1BOX、折れたバットで作った靴べら、高木監督代行サイン入りの
最終戦となった日産戦のポスター、スタッフ用Tシャツなど大判振る舞いでしたが、
一番のプレミアは工藤、三浦両投手のサイン入りキャップだったのではないでしょうか。
特に前者はベイスターズとしては最後のサイン入りグッズになるかもしれませんので・・・

さらに試合前には毎年恒例の総勢200名のダンサーによるジャザサイズが披露。
こちらは何の告知も無く、とうとうジャザサイズの人たちにも見捨てられたかと思っていただけに
嬉しいイベントでした。
そのジャザサイズたちのダンス通路口で眺めていたのは先日好投をした小杉と
田中健二朗、佐藤祥万、阿斗里の三羽烏でした。
三羽烏は開門前に北原パンの売店でお買い物を楽しむなど相変わらず仲の良い同級生たちですが、
私の構想なら今頃この3人がローテの3本柱となり快刀乱麻で湘南を勝利に導いているはずだったのですが・・・
また愚痴になってしまいました。その夢は勝負の3年目に託したいと思います。

イースタン3強は後がない川崎が緊迫した野球を続ければ、今日の渡辺正の好守備にライト前の
当たりに果敢に2塁を陥れた根元の走塁など伸び伸びとした野球を展開する浦和の2強に絞られ
ました。とても毎日がお通夜のような野球の湘南には立ち向かえません。

とはいえ、今シーズンも残り3試合。来季も同じベイスターズ/シーレックスで野球が続けられる
よう自分自身との戦いはまだまだ続きます。明日はホーム最終戦。何が何でも勝利で飾って
もらいたいものです。勝利こそ本当の「秋の大感謝祭」です。
ファームとは「勝つ」ための技術と精神を植え付ける場です。勝たなければ野球をやっている意味がありません。
期待を込めて「湘南は残り試合全て勝ちます」。


2009年09月18日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs浦和 16回戦 9月18日(金曜日) 18:00 横須賀

       <結 果> 16回戦          R H E
           浦 和 000 120 001 4 7 2

           湘 南 000 101 010 3 7 1  8勝8敗

      (勝)中郷27試合4勝1敗1S (S)橋本健39試合2勝2敗13S

      (負)石井16試合3勝1敗1S

               回 打 安 責          回 打 安 責
   <継投>浦和 服 部 4  18 3 1   湘南 牛 田 7 30 5 2

          高 木 1  3 0 0      加藤武 1 3 0 0

          小宮山 1  5 2 1      石 井 1 5 2 0

          田 村 11/3 5 1 0

          中 郷 2/3 3 1 0

          橋本健 1  3 0 0

        ※暴投 服部 4回裏関口の3球目 1塁走者進塁

<得点経過>
       4回表 浦和1 一死3塁 竹原 左中間タイムリー2塁打

       4回裏 湘南1 一死2−3塁 北川 センター犠牲フライ

       5回表 浦和2 二死2−3塁 ランビン 3塁2点内野安打

       6回裏 湘南1 二死3塁 下窪 センター前タイムリー

       8回裏 湘南1 二死2塁 関口 センター前タイムリー

       9回表 浦和1 二死3塁 根元 ショートタイムリー内野安打

       本塁打 なし 3塁打関口 2塁打ランビン2 北川 青野 竹原
                       根元 神戸

      ◆失策 浦和2 2回裏C新里 下窪のゴロを捕り損ね

              8回裏C新里 北のプッシュバント補球後1塁悪送球

          湘南1 4回表H関口 ランビンの飛球を取りこぼし
                    ※C北川が深追いし寸前で捕球を諦める。

      ★アクシデント 5回表A細山田ケガのため退場。
                3塁本塁間のフライ処理時、D村田と接触
               村田へ捕球を指示するも、村田意思表示が明確でなく
               しかたなく細山田も捕球態勢に。打球に触れていない
               ため、記録は3塁内野安打。細山田ベンチで治療も、
               叶わず、黒羽根と交代へ。

<アンパイヤー/記録員>
      PL・長井功一 1B・山口義治 3B・鈴木章太 記録員・中村鉄路

        <試合時間>3時間18分(18:00〜21:18)

        <観  衆> 827名

        <天  候> くもり 21℃  78% 風・→強

        <配り物> 今シーズンのポケットスケジュール表(余り物)

       『雑 感』
           職場から夏島でのナイターへ通うのも、この夜が今シーズン
          最後となりました。気が急く中での移動は正直性に合っていな
          いのですが、コレも観戦の味と捉えて毎年楽しんでいます。と
          りわけ今年は、つい最近まで「富山だ!富山だ!富山だ!」と
          お題目よろしく唱えての移動で年甲斐もなくスキップまでした
          夜もありました。
           三つ巴のEL優勝の行方、この夜の試合はふさわしい内容で
          したが、記録に残る残らぬミスが湘南には随所に観られたのも
          事実でした。
          @1回表 ランビンの3塁後方の飛球をE斉藤秀光が懸命に追
           うも、行き過ぎて背後にポトリ・・記録は左2安打。台風の
           影響で左から右へ強風が吹いていた。

          A4回表 上の失策でふれた、北川の深追いによる関口の落球。
           これは関口がかわいそう。これもどんどん風で流れたのでし
           ょう。

          B5回表 細山田と村田の接触。ランビンの打球は高く三本間
           に。はじめから細山田は村田に捕球指示を何度も出していま
           したが、風で流れたのでしょうか、指示を出しながら細山田
           も捕球態勢。親方に体当たりされたら華奢な細山田はモツわ
           けなく負傷。二死2−3塁でしたから2走者が生還して痛い
           2点でした。牛田に自責が付いたのも気の毒な限り。防げた
           失点でした。

          C6回表 1塁にバーナムJr’を置き、新里の打球は2塁の
           後方へ。北川正面を向いたまま下がるも、打球はその後へ。
           捕球されると思い1塁走者はスタートせず。結局4→6と渡
           り、記録はセカンドゴロ。

          D9回表 二死3塁(代走・岡田)左打席に根元。石井の5球
           目はショートへ。斉藤秀光この打球を、ひたすら待って取り
           1塁へ送球。根元の足が勝り内野安打。1点を争う試合、流
           れは追いついた湘南へ、この試合落としたら富山はなし。気
           楽な観客の立場ですが、何で前に出て取らないかな・・体で
           止めてでもアウトにするべき状況だろう・・プロ選手ですし
           経験もある斉藤秀光のことですから状況からああなったので
           しょうが、「気迫」がちっとも観られなかったのが観客とし
           て、シラケました。選手よりも先にクールダウン致しました。

           佐々木社長をはじめ、長浦のみなさん、稲川寮長も駆けつ
           けてのゲームでしたが、大事なシーズン終盤での失速を止め
           ることは出来ませんでした。「ボラよ・・神通川河口で泳が
           せてやるって約束したけど、大岡川で勘弁してくれ」と鷹取
           川に架かる天神橋から詫びたのでした。


2009年09月17日 イースタンリーグ 湘南−巨人(平塚)報告者:WIZさん/子連れさん

■報告者:WIZさん

9/17(木)イースタン・リーグ公式戦 湘南−巨人 18回戦 平塚球場

 試合は1−0で川崎が勝利しました。
スコア等はNPBのサイト等をご参考下さい。。。


観戦する予定ではなかったのですが、2連敗を喫しもう後がない状況となったため居てもたっても
いられず仕事を早々と終わらせ平塚に向かいました。

試合は湘南・小杉、川崎・深田の両投手による投手戦となり9回まで0行進。
9回表、小杉は先頭打者橋本を四球で出してしまいます。次打者寺内はバントを敢行するも送れずに
三振、大田も三振に打ち取り2アウトまでこぎつけます。
しかし続く田中のところで小杉のフォークがキャッチャー細山田のミットの手前で落ちてしまい、細山田は
捕れず後逸してしまいます。二死2塁としたところで田中はレフト前へ運び橋本が生還。試合の均衡が
破れ川崎が1点を先制しました。
ここで小杉は降板。ベンチに戻った際にグラブを叩きつけ悔しさをぶつけていました。

9回裏、金刃、ロメロ、M・中村を擁しながら川崎ベンチはここまで無得点の深田を続投させます。
深田は回を追うごとにストレートの球威が増してきていました。打者の手元で球が伸びるため、
湘南打線は振り遅れの空振りを量産、さらに縦の変化球も効果的で的を絞りきれていませんでした。
しかし9回ともなると疲れが見えてきて、変化球がストライクゾーンに入らず一死後高森を四球で出して
しまいます。
左の深田に対し湘南は右打者屈指の三銃士・呉本、下窪、野口が控えているだけにラストチャンスに
スタンドも盛り上がりを見せます。まず呉本が代打に登場します。
深田は呉本に対してもボール3としてしまいますが、ここはアウトコースのストレートで空振り三振。
続く関口のところで今度は深田が暴投を犯してしまい二死2塁。関口はセンター前へ運ぶも、外野陣が
前進守備のため2塁走者生還できず二死1・3塁。
そして再び代打・下窪。ネクストバッターサークルには野口が控えます。

ここで川崎ベンチからは岡崎監督が自らマウンドへ。深田続投です。
逆転優勝に向け大事な場面で岡崎監督は深田の投球に賭けたのでした。
そして下窪の当たりはライトスタンドへ・・・と行かずフェンス手前で失速。ライトフライに倒れ試合終了。
その瞬間、深田は両腕を高くあげガッツポーズ!ベンチを出てナインを迎える川崎選手、首脳陣の
盛り上がりようは正に破竹の勢いを象徴した姿でした。

一方の湘南。この敗戦で自力優勝が消滅。
試合後のミーティングもクールダウンも淡々と終わり引き上げていきました。

その中で試合終了の瞬間、一人の男が頭を抱え泣いていました。細山田でした。
その悔し涙は好投の小杉を見殺しにしたこと、9回の暴投を体で止められなかったこともあるかと
思いますが、関内で幾度もマスクを被った男がそのことで涙するとは思えませんでした。
落としてはいけない試合を落としてしまった悔し涙と私はみました。
湘南に帯同して僅か一週間ほどの男が見せた涙に目頭が熱くなってしまいました。
クールダウンの最中、秋元コーチが細山田、黒羽根、杉本を呼びライト芝生エリアで長々とミーティングを
行っておりました。そこでも細山田は何度も涙目を拭っておりました。黒羽根、杉本はその姿をどう見てた
のでしょうか。
ベンチでは隣で、捕手陣ミーティングでは側で細山田の姿を見続けていた松本。
声を掛けたくてもかけられない様子でした。この3連戦、打撃で結果を残せなかった彼の心境は如何に。

敗戦は悔しいですが細山田、松本の姿に悔しさも薄れ、横浜シミズの姉ちゃんに「帰ってください!」と
言われ続けようが細山田の姿を最後まで見守るのが努めと、彼がベンチに引き揚げたのを確認して
今季最後の平塚球場を後にしたのでした。
小杉、細山田、松本、藤江、山崎。横浜はいい選手を獲得しました。
細山田と松本は後々球団になくてはならない選手になってくれるでしょう。
泣くな!細山田。試合はまだ5試合残ってるぞ。
今日流した涙が今後彼のプロ野球人生にどう影響を及ぼすのか。見届けたいと思います。

大阪部長様。田代監督復帰が決定の報ありがとうございました。
来季田代監督と共に仕切り直ししますか・・・(一軍監督もお互い代わりますね・・・)
そして来季こそ日本選手権でオリ−湘南戦を。(来年の日本選手権は新潟かな??)





■報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs川崎 最終戦 9月17日(木曜日) 18:00 平塚

      <結 果>最終18回戦         R H E
          川 崎 000 000 001 1 4 0

          湘 南 000 000 000 0 4 0  川崎10勝8敗

         (勝)深田15試合3勝3敗  (負)小杉10試合2勝2敗1S


             回 打 安 責            回  打 安 責
     <川崎>深 田 9 33 4 0   <湘南>小 杉 82/3 31 4 1

                           石 井  1/3 1 0 0

        暴投・小杉3 3回表 橋本の5球目  深田1 9回裏関口の7球目
               5回表 實松の初球
               9回表 田中の3球目

   <得点経過> 9回表 川崎1 二死2塁 田中レフトへタイムリーヒット

             ※9回表 橋本 四球   (1塁)
                  寺内 空振り三振(1塁)
                  大田 空振り三振(1塁)
                  田中 3球目小杉暴投(2塁)
                     6球目左安(橋本生還)

           (盗塁)川崎1 實松  (死球)實松(3回表)

              ※本塁打0 3塁打0 2塁打 小田嶋

<アンパイヤー/記録員>
       PL・山口義治 1B・鈴木章太 2B・栄村孝康 3B・長井功一
        記録員・荒木一人

        <試合時間>2時間54分(18:00〜20:54)

        <観  衆>1.182名

        <天  候>くもり 23℃ 66% 風・→やや強

        <配り物> なし

       『雑 感』
           9回二死を取り、田中にタイムリーを打たれて降板した小杉は
          ベンチ奥の通路へ向けてグラブを渾身の力で投げつけて、言葉に
          ならない悔しさを叫んでいました。誰もいなくなった球場のグラ
          ンドでは、細山田が涙を流しつづけ、秋元コーチが寄り添ってい
          ました。川崎に3つ、負けました。投手陣は良く踏ん張りました。
          打つ方は相変わらず湿りっぱなしで、気持ちが相手投手に飲まれ
          ていました。それと、これは私だけが感じているのでしょうか、
          「絶対に勝つんだ!」と言った空気が伝わってこないのが気にな
          って仕方がありません。
           残り5試合、他力本願となってしまいましたが、「あんなに勝
          ってて、優勝できなかったの!?」と、かみさんに馬鹿にされな
          いためにも、選手の皆さんの最後の勢いに期待しましょう。あっ、
          それと「湘南を優勝させてから関内へ戻る」と豪語していた25
          番に有言実行をお願いしたいのですが・・


2009年09月15日 イースタンリーグ 川崎−湘南(ジャイアンツ)報告者:子連れさん

EL公式戦 川崎Vs湘南 16回戦 9月15日(火曜日) 13:00 G球

       <結 果> 16回戦          R H E
           湘 南 001 000 000 1 6 0

           川 崎 002 300 00× 5 12 0  8勝8敗

           (勝)木佐貫18試合7勝6敗  (負)三橋12試合2敗

             本塁打 寺内2号2ラン  橋本3号3ラン

               回  打 安 責          回 打 安 責
<継投>湘 南 三 橋 31/3 17 7 4  川 崎 木佐貫 6 23 5 1

           加藤武 12/3 6 1 1      ロメロ 1 3 0 0

           高 宮  1  5 2 0      M中村 1 4 1 0

           松 家  1  4 1 0      金 刃 1 3 0 0

           岡 本  1  3 1 0

                    ※暴投・捕逸 なし

   <得点経過>
          3回表 湘南1 一死1−3塁 細山田センター犠牲フライ

          3回裏 川崎2 一死2塁 寺内ライトフェンスへ2ラン

          4回裏 川崎3 二死2−3塁 橋本ライトポール際へ3ラン

           ※本塁打 寺内 橋本 2塁打 大田

       ◇盗塁 大田2  ◆盗塁死 細山田

    <アンパイヤー/記録員>
       PL・長井功一 1B・山崎夏生 2B・山口義治 3B・工藤和樹
        記録員・中村鉄路

           <試合時間>2時間40分(13:01〜15:41)

           <観  衆>642名

           <天  候>くもり 22℃ 75% 風・ほぼ無風

           <配り物> いつものプレゼントカード(当たらず)

     『雑 感』
         球場への道の途中に椎の木があり、実が随分と落ちていました。
        子どもの頃、お八つに炒ってもらい旨かった記憶が蘇り、形の良
        いのを選っていると、山崎審判が自家用車で通り過ぎて行きまし
        た。新室内練習場もまもなくお披露目、周辺の整備もようやく落
        ちつきを見せていました。
         「プロなら取れよ!」と言う野次を良く耳にします。「ごもっ
        とも!」と賛同する時と「いくらプロでもイチローでも」と苦笑
        する自分がいますが、この試合の4回裏は賛同派でした。先頭の
        DHアルフォンゾの強い打球は、湘南3塁手北篤の左、ショート
        寄りへ。強いながらも打球の流れから「よし!取れた!」と瞬時
        に思ったのでしたが、北は左手のグラブを伸ばしただけで、腰は
        引けて、体は球を怖がっているかのようでした。あっさりと球は
        レフト前に。スコアーボードに「H」が灯ると、野球好きなご隠
        居連から「触ってないからヒットなんだろうけど、Eにした方が
        納得いく時もあるよな」「今のはEだな」と、不満の声が漏れて
        いました。専門家が判断した結果だからファンは従うしかないの
        ですが、このHがこの回の3点へつながったのでした。
         お家の事情から先発陣が手薄な湘南は三橋が今日のお役目でし
        た。3回まで何とか経験と社会人の実績で誤魔化しての内容、し
        かし、きめ細かな制球や牽制の妙、身のこなしの柔らかさはすっ
        かり影をひそめ、どこにでもいる特色のない投手に成り下がって
        いました。仕方のない現実です。ルーキーイヤーでの鎌ヶ谷や、
        横須賀ナイターでの好投で「湘南のユニホームは俺が預かった」
        と私に言わしめた三橋が、ミンミンゼミが弱々しく鳴く川崎多摩
        区の球場で何とか持ちこたえていました。4回裏アルフォンゾを
        「H」で出し、隠善はレフト前、円谷は初球をあっさりと犠打。
        相手の投手陣の鉄壁を思うと、1点差を広げられたくない当然の
        場面。ここで三橋は降板、早くも加藤武治へ交代となったのでし
        た。アルフォンゾの打球を、プロなら取ってほしかった北を恨め
        しく思ったのでした。

         一死2−3塁を背負った武治は星をライトフライに取って二死
        逃げ切れ!と湘南ファンの思いの中、橋本を迎えました。ボール
        3ツから見逃しでカウント1−3の4球目、ポコ〜ンと右へ上が
        った橋本のあたり、何百回スタンドで観戦したか分かりませんが
        分かっているのは、その打球は90%切れてファールになると言
        うことです。「切れる、切れる」と声を出していた方がどれほど
        いらしたか。私も「切れるぞ、切れるぞ」と思い球を凝視してい
        て「切れるぞ、切れるぞ、ん?切れ、切れ、切れない?入っちゃ
        った?切れなかったの?」と驚いた次第でした。Tシャツ短パン
        バンダナ姿での練習が粋だった1塁塁審の山崎さんが、50肩に
        も負けず右手を大きくグルグルグルグル回し、1塁走塁コーチは
        満面の笑みで手をバンバン叩いて喜びを見せたほど、「良く切れ
        なかったな・・」と快心よりも感心な一発でした。これ、武治の
        力のなさが如実にあらわれた結果でしょうが、この回で富山ゆき
        の夜行急行「能登」から、突き落とされた思いでした。

         本塁打による点数で良く抑えたのは、後続の高宮ー松家ー岡本
        の意地の結果でしょうが、木佐貫を受けて、ロメローM中村ーと
        どめに金刃と云う川崎重層投手陣の前に「いつもの野球」しか出
        来なかった湘南は完敗でした。ここらへんが、03年「横須賀に
        には魔物が棲んでいる」と相手チームに恐れられ「横須賀劇場」
        と後に称された、奇跡の逆転、無邪気で気合いの野球が見られな
        い09年の大きな特徴であり、重大な欠陥であるでしょう。
         湘南・浦和・川崎が今日の試合でどれだけ縮まり、どうなれば
        どうなるかの数字は、全商日商相手に奮闘されたメカ・ゴジラさ
        んにお任せするとして、私は03年に身に心にすっかり染みつき
        今や私の長月歳時記にも記載されている「残りすべて勝ちます」
        にすがり付き、富山ゆき「能登」号の赤い尾灯を見失なうまいと
        ジリジリするだけです。
         6月終わりからの夏の装いを改める9月彼岸前のスタンドでし
        た。藪のわずかな所から白い曼珠沙華がスーッと伸びていました。
        それは長身の木佐貫のようでもあり、ゴール寸前で抜け出す川崎
        を象徴しているかのようでした。
         残り7試合、湘南は「残りすべて勝ちます」


2009年09月13日 四国・九州アイランドリーグ 福岡−長崎(雁の巣)報告者:いの一番さん

9月13日(日)
四国・九州アイランドリーグ
福岡レッドワーブラーズ―長崎セインツ(雁の巣球場)

長崎 001133500 13
福岡 212000000  5

勝:本田12試合1勝3敗  敗:山田3試合1敗
本:安田4号A(西村拓)、根鈴11号@(山田)
審判:PL竹田 1B柳内 2B森田 3B竹下  記録:後藤、山崎
観衆:623人
入場料:無料
天気:晴れ
試合時間:4時間00分

(投手成績)
     回  打 安 振 球 責
土田  20/3 15 6 3 3 4
本田  32/3 15 4 1 1 0
上村  21/3 10 2 0 1 0
石田   1  3 0 0 0 0
……………………………………………………
大澤  22/3 14 6 0 1 1
中田   1  7 2 2 2 1
西村拓  1  8 1 0 4 3
山田   11/3 9 4 1 0 3
角野   1 10 7 1 1 5
渡邊   2  8 1 2 0 0

(試合内容)
△1回表
長崎は3安打を放ったが、送りバント失敗や牽制死で無得点。
▼1回裏
一死満塁から陽の押し出し四球、さらに二死後、増田への4球目が暴投となり福岡が2点を先制。
△2回表
二死後、四球と安打で走者が出たが無得点。
▼2回裏
二死満塁から中村への初球を吉川が後逸し、3−0となる。
△3回表
二死後、末次の二塁打、根鈴の中前打で長崎が1点返し3−1となる。
先発大澤は根鈴に打たれたところで降板。
▼3回裏
陽の中前打、トモの右中間三塁打、増田の右前打で5−1となる。
先発土田はトモに打たれたところで降板。
△4回表
中田は簡単に二死を取ったが、2四球と安打で満塁とされ、林に左前打を浴びて5−2となる。
中田は降板、西村拓が末次を二ゴロに打ち取りようやくチェンジ。
▼4回裏
福岡は3安打を放ったが併殺打もあり無得点。
△5回表
一死二、三塁からの吉川の一ゴロで5−3、続く安田がライトへ本塁打を放ち5−5となる。
なおも四死球で一、二塁となり投手が山田に交代。山田は林を右飛に打ち取る。
△6回表
5回に続き山田がマウンドへ。
一死後、根鈴が右中間へ本塁打を放ち長崎が6−5と勝ち越し。
この後、3安打でさらに2点を追加し8−5となる。
△7回表
山田に代わり登板した角野は7安打を浴び(四球も1つ)、5点を取られて13−5。
なお、この回、セカンド國信が隠し球で末次をアウトにする珍プレー発生。
▼9回裏
福岡の攻撃は両チームを通じ初めて三者凡退。4時間かかってようやく試合終了。
両チーム合わせて33安打12四死球3エラーの大乱戦だった。


(選手評・長崎)
■土田瑞起
高卒2年目で身長181センチの右腕投手。
この試合が始まる時点では防御率がリーグトップの1.91だったので期待したが残念ながら不調。
たまに目の覚めるようなストレートが来るものの、制球難でボール先行、
ストライクを取りに行ったところを痛打された。ただ、まだ19歳、今後の伸びしろに期待というところか。

■本田茂雄
身長171センチの小柄な左腕投手。不調の土田をリリーフして0点に抑え、味方が逆転して今季初勝利。
ただ、球速が大してあるわけでもなくコントロールを間違うと特に右打者には苦しいという印象。

■根鈴雄次
日本をはじめ、アメリカ、メキシコ、カナダ、オランダでのプレー経験を持つ選手。
ファンからは「サムライ!」と声援を受ける。
筆者は初めて彼を見たが、大きな体格、迫力のある顔つきは36歳ということも相まって
20代の選手達の中では異彩を放つ存在といっていい。
この日は3安打を放ち勝利に貢献、また気性が激しいと聞いていたが、
この日だけでもそれがわかるシーンが3つ。
・5回表、死球を受けると「オレは打ちたかったんだ」と言わんばかりの不満そうな態度を見せ、
 バットを長崎ベンチへ放り投げて一塁へ。
・6回表、本塁打を放ちホームインの際、福岡ベンチへ向かって「ザマミロ」という感じの挑発ポーズ。
・7回表、無死一、二塁で中前打を放ったが二塁走者は三塁でストップ(コーチが止めた)。
 根鈴は一塁ベース上で「走れ!」と吠えた。
 余談だがこのシーンをボーッと眺めていた二塁走者の末次が隠し球に引っ掛かりタッチアウト。

■末次峰明
本塁打数はリーグ2位のパワーヒッター。打率も高い。この日は3安打を放ったが、力を抑え気味にして
ミートする感じのバッティングだった。
結構足も速く、3回表に左中間に安打を放った際、センターの緩慢な動きを見て二塁を陥れた
好走塁は見事だった。
なお、隠し球でアウトになったが、これは福岡のセカンド國信がうまかったということだろう。

(選手評・福岡)
■大澤 亮
身長170センチの小柄な左腕投手。先発したが、6安打を許し3回途中で降板。
ボール先行で球速もないので、どうしても打たれてしまう。よく1失点ですんだという感じ。

■山田秋親
昨年までソフトバンクに在籍。今年の春から福岡の練習生となり、9月に選手契約、
試合前のセレモニーでマイクを持ち「応援よろしくお願いします」と挨拶。
5回二死一、二塁の場面で登板し、林を中飛に打ち取り、6回は先頭の末次を三振、
結構いい球が来ていたので「さすが元NPB、格が違う」と思ったのだが、
根鈴に本塁打を浴びると突然崩れ、3安打を許して2点を追加され、結局敗戦投手。
NPB復帰を目指し、トライアウトも受ける予定だそうだが、まずILで結果を残さないことには苦しい。

■陽 耀華
兄はソフトバンク、弟は日本ハム。
昨年は、.255だった打率も今年は3割を超え、俊足を生かして盗塁も多い。
この日は4打数2安打を記録してまた打率を上げた。3兄弟プロ選手が実現するかどうか注目。

(その他)
■当日の行動、情景等
球場に到着したのは正午過ぎ、入場無料なのでそのままスタンドに入る。
その時点での客数は数十人程度、グラウンドでは両チームの練習は終わり、整備が行われていた。
スタンドの売店ではペットボトルと鳥唐等の軽食、福岡のグッズと一緒にソフトバンクのグッズも販売、
大した品揃えがなく気を引くものがなかったが、何も買わないのも悪いので福岡の応援CDを購入した。
試合開始前にはIL恒例の選手紹介、君が代の演奏があり、始球式を務めたのは福岡市スポーツマスコットの
「あする」の着ぐるみ、全国どこにでもあるゆるキャラの類である。
スタンドはバックスタンドのみ解放で試合開始時は100人を少し超えたくらい、
一塁側には鳴り物を持ち込んだ福岡の応援団が陣取り、三塁側には長崎からやってきたと思われる
熱心なファンが20名程度という状況、ちなみに筆者は捕手の真後ろ2列目で観戦。
5回終了時には「九州プロレス」なる団体のレスラーが登場し、パフォーマンス、
しかし、上記のとおりあまりにも試合が長かったため、筆者はもうそんなことはどうでもよく
「早く終わらんかな」と思いながら観戦したのであった。
ただ、このような試合では結構選手に対してひいきの引き倒しともいえるキツイ野次が飛ぶものだが、
そういったものはなく、この日の観客はマナーがよかったのが救いである。
試合終了は17時03分、球場正面で福岡の選手の見送りを受けて家路についた。

■観衆の数に疑問
この試合の観衆は623人と発表された。球場のバックスタンドの定員は458席なので
立ち見が出ないといけないはずだが、実際は空席が結構ありどう見ても6〜7割の入り。
途中で客の入れ替わりがあったとしても623人というのは疑問である。
1桁までの人数が出ていても、それが実数とは限らないようだ。


2009年09月13日 イースタンリーグ 西武−湘南(西武第二)報告者:WIZさん

2009年9月13日(日)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−西武第二 19回戦 西武第二球場(13:00開始)

審判:PL山崎、1B山口、3B長井
記録員:中村
観客数:300名はいたかな?
試合時間:2時間38分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
湘  南 200 062 100  11  15  0
埼玉西武 000 000 000   0   3  3

【投手継投】
湘  南 吉原(3回)−○山北(3回)−岡本(2回)−松家(1回)
埼玉西武 ●朱(5回)−山崎(1回)−田中(2回)−宮田(1回)

【得点経過】
  1回表(湘) 一死1・2塁で高森、ライト前タイムリー(西0−1湘)
         二死3塁で関口、センター前タイムリー(西0−2湘)
  5回表(湘) 二死2・3塁で高森、センター前タイムリー(西0−4湘)
         二死満塁で浅村、エラーの間に3塁走者生還(西0−5湘)
         二死満塁で朱、暴投の間に3塁走者生還(西0−6湘)
         二死満塁で野中、レフト前タイムリー(西0−8湘)
  6回表(湘) 無死1・2塁で高森、レフトへ2ベースタイムリー(西0−9湘)
         無死2・3塁で関口、レフトへ犠牲フライ(西0−10湘)
  7回表(湘) 無死2・3塁で松本、センターへ犠牲フライ(西0−11湘)

成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。



【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  投ゴ空振    一ゴ  中犠  四球        401000110
               一ゴ
C  細山田 左安  四球  四球中安遊ゴ            320200020
C  黒羽根                 中安        110000000
2B 梶谷  四球  右飛  遊ゴ三失四球  左飛        400301020
1B 高森  右安  二併  中安左2右飛  空振        634100100
RF 関口  中安    中安左安中犠  左安一邪        542100000
3B 北   左安    一犠四球投ゴ  左安          320100010
LF 下窪  右飛    右安遊失二ゴ  中犠          410100000
DH 北川    遊ゴ  三ゴ四球  四球四球          200100030
SS 野中    投ゴ    四球  中安遊併          422100010
               左安
・黒羽根、7回の守備より出場。
※1回、関口の中安→関口、1塁ベースを周ったところでオーバーランしてアウト。
※4回、下窪の右安→2塁走者本塁を突くも捕殺。
※5回、松本の一ゴ→エンドラン敢行。進塁打となり一死2塁に。


<埼玉西武>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 浅村  空振    一邪  三ゴ    空振        400000200
RF 星   空振    遊ゴ  空振    二ゴ        400000200
LF 高山  空振    四球    投ゴ  中2        310000110
CF 松坂    見振  左飛    空振  空振        400000300
3B 岳野    投ゴ    遊ゴ  遊ゴ            300000000
DH 平尾    三ゴ    左飛    中安          310000000
R  斉藤                            000000000
DH
1B 大島      一飛  右安    空振          310000100
C  吉見      遊ゴ  遊ゴ    右飛          300000000
2B 梅田      空振    一ゴ  空振          300000200


【投手成績】
<湘南>
       投球回   球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責
 吉原     3回   40  9  0  0  5  0  0
○山北     3回   42 11  1  1  1  0  0
 岡本     2回   17  7  1  0  3  0  0
 松家     1回   17  4  1  0  2  0  0

<湘南>
       投球回   球数 打者 安打 四死 三振 失点 自責
●朱      5回   97 28  9  6  1  8  5
 山崎     1回   21  6  2  0  0  2  0
 田中     2回   17 11  3  3  0  1  0
 宮田     1回   17  5  1  1  1  0  0

【その他】
■盗塁成功
 <湘  南>梶谷:5回、二死1・3塁で打者高森1−2からの4球目。
■失策
 <埼玉西武>浅村:5回、二死満塁で下窪のショートゴロをグラブに収めるもポロリ。
      岳野:6回、無死1塁で梶谷のサードゴロを2塁へ悪送球。無死1・2塁に。
      松坂:7回、無死1塁で野中のセンター前をグラブからこぼす。無死2・3塁に。
■暴投
 <埼玉西武>朱:5回、二死満塁で打者北川の初球。3塁走者生還。二死2・3塁に。


【試合展開】
湘南は初回、所沢先発・朱から一死後、ヒットと四球で1・2塁とすると高森、関口の
連続タイムリーで2点を先制します。
5回には2つの四球で二死2・3塁とすると、またも高森がタイムリーを放ち2者生還。
さらにショートのタイムリーエラーと朱の暴投で2点。野中のタイムリーでまた2点追加と、
この回6点を加点し前半を終了して8−0とほぼ勝敗を決めてしまいます。
さらにさらに、湘南はまたもエラー絡みで6回に2点、7回に1点を加点しダメ押し。
一方の所沢は投手陣が10四球1暴投、守っては3失策と守備陣が崩壊。
攻撃陣も散発3安打の11三振といいところなしの惨敗に終わってしまいました。


【選手感想】
<湘南>
■吉原道臣(湘)
 先発投手の駒不足により本日の先発を託されましたが、中継ぎ登板でも見せたことのない
 今季最高の投球を披露しチームを大勝に導きました。
 初回に2点を先制してもらい余裕があったとはいえ、先頭打者から4者連続三振と最高の形で
 スタートしたピッチングは3回無四球無失点でお役御免。
 昨日の牛田と同じく緩い縦のカーブが抜群で、そのため速球も活きて空振りを量産しました。

■細山田武史(湘)
 吉原を巧みにリード。2試合連続完封を演出し所沢戦3連勝の立役者でもありました。
 2試合連続初回8失点炎上中の阿斗里をどうリードするのか、ぜひ見てみたいところです。

■梶谷隆幸(湘)
 音無しでしたが、2つの外野への飛球は芯で捕えたいい打球でした。
 これを復調の兆しとみたいのですが・・・
 来週の大一番を乗り切れるか、打線は彼次第とみています。頑張ってくれ!

■野中信吾(湘)
 昨日、今日と連日観戦して両試合とも打撃が好調だったのは彼でした。
 打球の勢いがいいです。
 但しショートの守備ではスローイングに幾つか難ありの内容でした。これが来週大火傷に
 ならないようスローイングは慎重・丁寧にいってもらいたいところです。

<埼玉西武>
■朱大衛(西)
 一昨年のフューチャーズ戦以来の観戦でしょうか。
 その時はストライクが入るのがやっとの内容で、それから見ると制球力はだいぶ向上しました。
 しかし一試合を任された先発投手としてはまだまだ制球力を向上してもらわないと難しいでしょう。
 失点はエラー絡みもありましたが、発端は全て彼の四球から始まったものです。
 体はだいぶプロらしくなりましたがスタミナ向上と下半身強化がもっともっと必要かと感じました。

■浅村栄斗(西)
 先月の3連戦ではその打球に惚れ惚れし注目視していましたが、この3連戦では打撃は沈黙。
 しかしそれ以上に3試合連続エラーと守備面で大きな課題を見せつけられました。
 秋〜来春、攻守を徹底的に鍛え上げてほしいところです。来季また注目したいと思います。


【所沢情景】
昨日と一転して快晴の炎天下の中で行われた所沢−湘南の今季最終戦。
天気の影響もあり、この日は昨日を上回る観客が第二球場に訪れていました。

試合は今季の両チームの対戦成績が物語るような湘南の圧勝、所沢の自滅で幕を閉じました。
所沢は残念ながらいいとこ無しの内容で3連戦の初戦、エラーでリードを守り切れず逆転負けした
悪い流れがそのままこの3連戦残ってしまった様子でした。
そういえば今季は所沢応援団のお兄さん、お姉さんを一度もお見かけしませんでしたね・・・

湘南はこの3連勝で先日の戸田戦1勝3敗で負け越した黒星を返済。相手の自滅とはいえ打線が
つながりだし、懸念の先発投手陣の駒不足を中継ぎ投手陣と細山田のリードで補い、いい雰囲気
の中で運命の6連戦を迎えることができたのが収穫でした。

本日も浦和が敗れたため、2位浦和と1.5ゲーム差、3位川崎とは3.5ゲーム差という状況で
15日から川崎3連戦、18日から浦和3連戦と今季最後の大一番の6連戦に突入することに
なります。
15日からの3連戦は川崎にとって優勝への望みを懸けた最後の挑戦になるだけに意気込みも
これまでとは違うでしょう。湘南は気負いせず立ち向かえるでしょうか?(先発投手いますかね?)

泣いても笑ってもイースタン・リーグの優勝争いはこの一週間で勝負が決まります。
今週のG球場、平塚、スカスタは熱くなります!


  ■掲示板@2軍愛■