【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2010年04月03日 イースタンリーグ ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:あわてんぼーさん(HP:続!あわてんぼーのブログ

 試合開始13時終了15時55分試合時間2時間55分
 球審小椋1塁原2塁山口3塁鈴木記録員沢崎
 戸田(日本ハム1勝)観衆100人
                    R  H  E
 日本ハム 150 004 000  10 14  0
 ヤクルト 200 000 000   2  6  0

 勝吉 川1勝
 負川島亮1勝1敗

 3塁打 関口、鵜久森(2回)
 2塁打 今浪(1回)関口、鵜久森(6回)
 盗塁 川端、野口(1回)
 盗塁死 岩館(5回)
 暴投 吉川(4回)
 ボーク ケッペル(1回)
 併殺 日本ハム0
    ヤクルト0
 失策 日本ハム0
    ヤクルト0

 1回表(ヤクルト投手川島亮、捕手福川)杉谷中直、関口三振、今浪右翼越え2塁打、鵜久森四球で1,2塁、市川右前安打で今浪生還なお1,3塁、岩館右飛(日本ハム1)
 1回裏(日本ハム投手ケッペル、捕手渡部)上田一塁ゴロ、川端右前安打、野口の時川端2塁盗塁成功し結局右前安打で1,3塁、ユウイチの時野口2塁盗塁成功し2,3塁となりその直後にケッペルがボーク(セットポジションで静止していない)を犯し川端生還なお3塁となり、ユウイチが中前安打し野口生還、高井二塁ゴロでユウイチ2塁進塁、松井淳二塁ゴロ(ヤクルト2)
 2回表 大平右飛、渡部左前安打、中島四球で1,2塁、杉谷右前安打で満塁、関口右中間3塁打で渡部、中島、杉谷生還、今浪中犠飛で関口生還、鵜久森右翼越え3塁打、市川左前安打で鵜久森生還、岩館右飛(日本ハム5)
 2回裏(日本ハム投手吉川)森岡中前安打、福川三振、川島亮投前送りバント成功で森岡2塁進塁、上田三振(ヤクルト0)
 3回表 大平左飛、渡部三塁ゴロ、中島二塁ゴロ(日本ハム0)
 3回裏 川端左飛、野口二塁ゴロ、ユウイチ二直(ヤクルト0)
 4回表(ヤクルト福川に代わり捕手中村)杉谷遊飛、関口三塁ゴロ、今浪二塁ゴロ(日本ハム0)
 4回裏 高井左飛、松井淳三振、森岡左前安打、中村四球で1,2塁、川島亮に代打志田三塁ゴロで森岡3塁封殺(ヤクルト0)
 5回表(ヤクルトユウイチに代わり投手高市、中堅から三塁上田、三塁から一塁野口、中堅志田)鵜久森中前安打、市川、岩館共に二塁ゴロで4−6とわたり鵜久森、市川相次いで2塁封殺、大平の時岩館2塁盗塁失敗(日本ハム0)
 5回裏 上田三振、川端右前安打、野口四球で1,2塁、高市投前送りバントで2,3塁、高井一塁ゴロ(ヤクルト0)
 6回表(ヤクルト野口に代わって一塁梶本)大平遊直、渡辺三振、中島左前安打、杉谷四球で1,2塁、関口左翼越え2塁打で中島、杉谷生還、今波中前安打で関口生還、鵜久森左翼越え2塁打で今浪生還、市川二塁ゴロ(日本ハム4)
 6回裏 松井淳一塁ゴロ、森岡三振、中村中飛(ヤクルト0)
 7回表(ヤクルト投手日高)岩館左前安打、大平四球で1,2塁、渡部中直、中島左飛、杉谷左前安打で岩舘本塁を狙うも7−2タッチアウト(日本ハム0)
 7回裏(日本ハム投手菊地)志田遊ゴロ、上田中飛、川端投ゴロ(ヤクルト0)
 8回表(ヤクルト投手志田に代わり山田、日高に代わり捕手新田、中村に代わり中堅曲尾)関口四球、今浪遊ゴロで6−4とわたり関口2塁封殺、鵜久森二飛、市川右飛(日本ハム0)
 8回裏(日本ハム投手加藤、渡部に代わり捕手荒張)梶本二塁ゴロ、新田三塁ゴロ、高井中飛(ヤクルト0)
 9回表(ヤクルト投手鎌田)岩館遊ゴロ、大平右飛、荒張三振(日本ハム0)
 9回裏(日本ハム投手山本)松井淳、森岡に代打吉本、曲尾3人共三振(ヤクルト0)


 打撃成績
       日本ハム         ヤクルト
       打安点          打安点
  C杉 谷 420    G5上 田 400
  G関 口 525     C川 端 420
  D今 浪 422    D3野 口 210
  H鵜久森 431     3梶 本 100
  D市 川 522     Bユウイチ211
  B岩 館 510     1高 市 000
  F大 平 400     1日 高 000
  A渡 部 410     H高 井 400
  2荒 張 100     F松井淳 400
  E中 島 310     E森 岡 320
  計    381410     H吉 本 100
               A福 川 100
               2中 村 100
               8曲 尾 100
               @川島亮 000
              H8志 田 200
               1山 田 000
               1鎌 田 000
               計    3161

 投手成績
 日本ハム    投回    投数  被安 四死 三振 自責 失点
 ケッペル    1     23   3  0  0  2  2
○吉 川     5     92   3  2  5  0  0
 菊 地     1      8   0  0  0  0  0
 加 藤     1     17   0  0  0  0  0
 山 本     1     13   0  0  3  0  0
 ヤクルト    投回    投数  被安 四死 三振 自責 失点
●川島亮     4     60   7  2  1  6  6
 高 市     2     49   5  1  1  4  4
 日 高     1     18   2  1  0  0  0
 山 田     1     18   0  1  0  0  0
 鎌 田     1      9   0  0  1  0  0

 戦評

 今日の試合は、ヤクルト先発川島亮投手と2番手で登板した高市投手の出来が、悪過ぎた事に尽きる。
 2人とも問題外、評価するに値しない投球だった。
 一方、日本ハム投手陣・・・
 取り分け、2番手で登板した吉川投手とラスト1回・・・9回裏から登板した山本投手は、圧巻でした。
 その差が、今日の試合に表れた気がします。

 あわてんぼーが選ぶMVP

■吉川光夫(日)
 ケッペル投手の後を引き継いで2番手投手として登板した。
 今日の試合の流れを考慮すると、彼が担った役目・・・
 流れを大きく変えた、という意味で大きかったと思います。
 というのは、ケッペル投手も川島亮投手もピリッとせず試合そのものが、グダグダ感・・テンポのない試合になっていたからです。
 それを小気味良い投球で、流れを日本ハムに持ってくる投球をし、チームを勝ちに結びつけた。
 ストレートの速さ、変化球のキレ、コントロール、スタミナ、4つのうちどれが一番課題か?と、問われると・・・
 スタミナかな?3イニングス目・4イニングス目の時の投球は、明らかにバテテいた。
 それを修正・治していけば、1軍で貴重なリリーフ投手として活用されるであろう。

 あわてんぼーが選んだ注目選手

■関口雄大(日)
 今日の試合で、5打席4打数2安打5打点と活躍した。
 横浜から移籍1年目。
 どうして横浜は、こういう逸材をトレードに出してしまったのだろうか?と、疑問符をつけざるを得ない位の結果を出した。
 2回表1アウト満塁の場面で右中間突破の3点タイムリー3塁打&5回1アウト1,2塁の場面でレフトの頭を越す2点タイムリー2ベースとチームの勝利に大きく貢献。
 選手名鑑によると横浜に育成枠で入団し、その後正式に選手として契約。
 そして、今日に至る訳だ。
 25歳という年齢も考慮すると今年が、正念場・勝負の年だ。
 頑張って、1軍昇格してほしい選手だ。

■川島亮(ヤ)
 彼を戸田で、一体何度観た事か!
 私が、戸田に足を運ぶ度に彼(川島亮投手)が先発する。
 その度に、良くなって行くのなら嬉しい限りだが・・・
 残念ながらその逆で、悪くなる一方。
 彼を戸田で初めて観たのは、2年目のイースタンリーグの開幕戦の時に調整登板で、先発投手として1回を投げた時だ。
 その時は、ストレートが速く、右打者への外角の制球力が抜群で、格の違いを見せ付けていた。
 そんな彼が、今日の試合では見る影も無し。
 その面影が、消えてしまった。
 キャンプ・オープン戦序盤は、好調が伝えられていたが、オープン戦最後の登板となった対阪神戦の投球は、打たれまくって開幕2軍スタートとなった。
 今日の様な投球では、苦しい・1軍昇格は無さそうだ。
 若しかしたら、このまま終わってしまう可能性も・・・
 寂しい限りである。

■高市俊(ヤ)
 彼も期待されながら、なかなか結果を出せないでいる。
 07年希望枠で入団した投手の割には、精彩を欠いているね。
 決め球が無い。制球力が無い。テンポが無い。
 無い無いずくしでは、どうにもこうにも・・・
 悲しいかな彼も、このままだと・・・


2010年04月03日 イースタンリーグチャレンジマッチ フューチャーズ−湘南(長浦)報告者:子連れさん/WIZさん

■報告者:子連れさん

ELチャレンジマッチ フューチャーズVs湘南 1回戦 4月3日(土曜日) 13時 長浦

     <結 果>  湘南1勝
                        R H E
        湘 南 023 004 020 11 19 0

        F t 000 010 101 3 7 4

         (勝)三 浦  (負)林 ?豪(ジャイアンツ)

          本塁打・筒香 右中間ソロ(8回表 投手・塚本浩二)

    <アンパイヤー>
       PL・小林達郎  1B・村山太郎  3B・西本欣司

          試合時間・2時間53分(12:57〜15:50)

    <継投>

   湘南 三浦(5回)ブ―チェック(1回)吉見(1回)吉川(1回)福田(1回)

   Ft  林(2回)中崎(1回)西村(2回)神田(1回)塚本(2回)木下(1回)

      『雑 感』
          安針塚駅脇の「スーパーグレート」は、花見へ行く方々と
         L玉117円の玉子や牛乳の先着安売りを求める方々で賑わ
         っていました。長浦観戦時はココで飲食を整えてください。
         余談ですが、酒類は練習場へ向かう途中の酒屋さんが充実し
         ております。(勝手に宣伝させて頂きました)

          この季節毎年背筋がピンと伸びるのを感じながら、ほぼ満
         開の花を仰ぎながら練習場へ。審判用具一式が入ったキャス
         タ―を転がしていたルーキーの小林達郎審判とご一緒でした
         が、しばしば、引きずるカバンが転倒。カバンの大きさに比
         して、車輪が小さすぎるのが難点なのがSSKのそれでした。
         「改善の余地ありですね」と語りかけようとしたら、審判は
         歩道橋しかない国道を隙を狙って横断しておりました・・ま
         あ、「野球規則」に明記していないので歩行者交通違反には
         罰則はありませんが。その小林達郎審判が主審でした・・
         ブルペンでは育成の小林と国吉が投球、練習生で背番号の
         ない隣国の捕手もいて、Ft戦らしい雰囲気でした。何と言
         っても、公式戦ではお目にかかれない超若手の前向きだけな
         姿が見られるのがFt戦の魅力です。練習中は自軍のユニで
         汗流し、東芝を思わせるFtユニに着替えると誰やら判明し
         ないのが少々難点ですが・・試合ごとに入れ替わる選手です
         から、背番号しか明記できないのは分かります。せめて、粋
         で貴重な観戦者のために、登録選手を記した張り紙でも掲げ
         て欲しいところです。西武第二のように・・
          もっとゆっくりアナウンスして欲しい、ウグイス嬢のベン
         チ入りメンバー紹介に年寄りはマゴマゴとメモしていました。
         「湘南のベンチ入り選手は、投手・・」の後に並んだ名前に
         『夢の国 長浦』と横浜シミズさんがネーミングした球場が
         一転、憧れの1軍のそこかと錯覚したのでした。





■報告者:WIZさん

2010年4月3日(土)
イースタン・リーグ チャレンジ・マッチ フューチャーズ−湘南 ベイスターズ球場(13:00開始)

審判:PL小林達、1B村山、3B西本
試合時間:2時間53分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
湘  南 023 004 020  11  18  0
F  T 000 010 101   3   7  4

【投手継投】
湘  南 ○三浦(5回)−ブーチェック(1回)−吉見(1回)−吉川(1回)−福田(1回)
F  T ●林彦峰(2回)−中崎(1回)−西村(2回)−神田(1回)−塚本(2回)−木下(1回)

【得点経過】
 2回表(湘) 二死2・3塁で桑原義、ショート内野安打タイムリー(F0−1湘)
        二死1・3塁で林、ボークで3塁走者生還(F0−2湘)
 3回表(湘) 二死1・2塁で翔太、ショートゴロを2塁へ悪送球の間に2塁走者生還(F0−3湘)
        二死1・3塁で高森、レフト前タイムリー(F0−4湘)
        二死1・2塁で黒羽根、ライト前タイムリー(F0−5湘)
 5回裏(F) 一死2塁で角、ライトへ2ベースタイムリー(F1−5湘)
 6回表(湘) 一死満塁で松本、ファースト内野安打タイムリー(F1−7湘)
        一死1・3塁で北、レフトへ3ベースタイムリー(F1−8湘)
        二死3塁で筒香、センター前タイムリー(F1−9湘)
 7回裏(F) 一死1・3塁で黒羽根、パスボールで3塁走者生還(F2−9湘)
 8回表(湘) 一死3塁で河野、パスボールで3塁走者生還(F2−10湘)
        一死無塁で筒香、ライトスタンドへソロ(F2−11湘)
 9回裏(F) 一死満塁で吉田、ファーストゴロの間に3塁走者生還(F3−11湘)


【フューチャーズ参加選手】
投手 :21中崎雄太(L)、37塚本浩二(YS)、41神田直輝(G)、45西村優希(G)、
    68木下達生(F)、90林彦峰(M)
捕手 :9河野元貴(G)、10谷内田敦士(G)、43鬼屋敷正人(G)
内野手:5麻生知史(YS)、6籾山幸徳(G)、8福元敦史(G)、24田沢由哉(L)、
    29角晃多(M)、44伊集院峰弘(G)、89翔太(M)
外野手:63吉田真史(M)、79角中勝也(M)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 梶谷  右飛  中安左飛  二安空振  左飛        620100100
CF 松本  左飛  三選三ゴ  一安  右安左安        632102000
RF
2B 北   左飛  投併  右飛左3  一ゴ四球        511201010
3B 筒香    中飛四球  右2中安  右本四球        432210020
DH 山崎    中安遊失  一邪左安  左安遊ゴ        630101000
1B 高森    四球左安  空振                211100110
H  北川            二ゴ  一失          200000000
1B
C  黒羽根   左安右安    右飛              321100000
H  新沼              四球右安          110000010

C  杉本                            000000000
LF 桑原義   遊安左飛                    211000000
H  下窪            中安遊飛遊併          310100000
RF
RF 坂本    左飛  遊飛  中安二ゴ  一ゴ        510101000
CF
・杉本、9回の守備より出場。
※6回、北の左3→1塁走者本塁を狙うも補殺。
※8回、北の一ゴ→進塁打。


<FT>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
1B 福元  空振  見振          右飛        300000200
1B 谷内田                           000000000
1B 麻生            四球中飛            100000010
3B 麻生  右飛    左飛                  200000000
3B 田沢            空振  空振          200000200
RF 籾山  左安    二ゴ  四球  投ゴ          310000010
CF 角中  捕飛    二ゴ  空振  中飛          400000100
DH 伊集院   右飛    死球三ゴ    左安        310200001
SS 翔太    三直    三ゴ  右2  右2        420100000
2B
2B 角     中飛    右2  空振  四球        311000110
SS
C  鬼屋敷     中安  見振                210000100
C  河野              右安  遊飛        210000000
LF 吉田      一ゴ  中飛  右犠  一ゴ        301000000
・谷内田、5回の守備より出場。
・田沢、6回の守備より出場。
・河野、6回の守備より出場。
・谷内田、6回表湘南攻撃時にライナーを左足に受け退場。
 特別ルールで、一度ベンチに退いた麻生が再びファーストの守備に就く。
※3回、福元の見振→1塁走者鬼屋敷が盗塁死、三振ゲッツー。


【投手成績】
<湘南>
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責
○三浦     5回   62 18  3  3  1  1  1
 ブーチェック    1回   26  5  0  2  2  0  0
 吉見     1回   21  5  2  1  0  1  0
 吉川     1回   11  3  0  1  1  0  0
 福田     1回   12  6  2  0  1  1  1

<FT>
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責
●林彦峰    2回   26  9  3  0  1  2  2
 中崎     1回   29  8  3  0  1  3  0
 西村     2回   21  7  1  1  0  0  0
 神田     1回   24  9  7  0  0  4  4
 塚本     2回   36 11  3  1  1  2  0
 木下     1回   20  6  1  0  2  0  0

【その他】
※カウントは「ボール−ストライク」で表現しています。
■盗塁成功
 <湘  南>山崎:2回、一死1塁で打者高森2−0からの3球目。
      北 :3回、二死1塁で打者筒香2−2からの5球目。
      坂本:7回、二死1塁で打者梶谷の初球。
      松本:8回、無死1塁で打者北の初球。
      松本:9回、二死1塁で打者北1−2からの4球目。
■盗塁失敗
 <F  T>鬼屋敷:3回、一死1塁で打者福元2−2からの5球目。
■失策
 <F  T>翔太:3回、二死1・2塁でショートゴロを2塁へ悪送球。
      河野:7回、二死1塁で1塁走者が盗塁、2塁へ送球も悪送球。走者3塁へ。
      麻生:8回、一死1塁で北川のファーストゴロを前に弾く。
      河野:9回、二死1塁で1塁走者が盗塁、2塁へ悪送球。
■捕逸
 <湘  南>新沼:7回、一死1・3塁で打者吉田2−2からの5球目。3塁走者生還。
 <F  T>河野:8回、一死3塁で打者筒香1−0からの3球目。3塁走者生還。
■ボーク
 <F  T>林 :2回、二死1・3塁で打者坂本の3球目。3塁走者生還。二死2塁に。
      中崎:3回、無死1塁で打者松本の2球目。無死2塁に。


【試合展開】
○2回表 湘南の攻撃
一死後山崎がヒットと盗塁、高森が四球で一死1・2塁とすると、黒羽根がレフト前ヒット。
2塁走者・山崎がホームを突くもレフトからの好返球で阻止します。
二死2・3塁となり桑原義の当たりは三遊間へ抜けようかというゴロ。
これを翔太が懸命にキャッチし1塁へ送球するも逸れてしまい、この間に3塁走者が
生還し、湘南が先制をします。
これに気落ちしたか、フューチャーズ先発・林彦峰は続く坂本の打席でボークを犯してしまい、
さらに1点を献上してしまいます。
○3回表 湘南の攻撃
梶谷がヒットで出塁。この回から登板の中崎がボークを犯し2塁へ進みます。
続く松本はピッチャーゴロ。3塁へ向かおうとした松本が2・3塁間を挟まれます。
しかしサード麻生の判断が鈍く松本は2塁に戻りセーフとなります。
北がバント失敗により二死1塁となりますが、四球の後、山崎のショートゴロを翔太が
2塁へ悪送球してしまいタイムリーエラーを犯します。
味方に足を引っ張られた中崎は高森、黒羽根に連打を浴び、この回3点を失います。
○5回裏 フューチャーズの攻撃
先頭打者の伊集院が死球で出塁。翔太のサードゴロが進塁打となり一死2塁。
ここで角がライトへ2ベースを放ち1点を返します。
○6回表 湘南の攻撃
一死から下窪、坂本、梶谷の連続ヒットで満塁とすると、松本の当たりはファーストライナー。
打球の勢いが速く、ファースト谷内田は反応しきれず左足に直撃してしまいます。
ボールが転がる間に2者が生還。谷内田は負傷退場となってしまいました。
湘南の勢いは止まらず、北が走者一掃の3ベース。続く筒香にタイムリーが出て、この回合計
4点を取ります。
○7回裏 フューチャーズの攻撃
先頭打者の翔太がライトへ2ベースを放ちます。一死後、河野の当たりはライト前にぽとりと
落ちるラッキーヒットで1・3塁とすると、パスボールで3塁走者が生還し1点を返します。
○8回表 湘南の攻撃
パスボールで1点を返したフューチャーズですが、この回逆にパスボールを犯し1失点。
さらに筒香に右中間スタンドの最も深いところに運ばれるソロでさらに1点を失います。
○9回裏 フューチャーズの攻撃
伊集院、翔太のヒットに死球で無死満塁と追い上げのチャンスを掴みます。
しかし吉田のファーストゴロの間に1点を返すのがやっと。
湘南との今季初対決は残念ながら惨敗と終わりました。

【選手感想】
チャレンジ・マッチということもあり、今回はフューチャーズの選手のみピックアップします。

<フューチャーズ>
■中崎雄太(西)
 まず彼の投球を見て驚いたのがリーチの長さでした。私がこれまで見てきたピッチャーの中でも
 一番長いんじゃないでしょうか?
 その長い腕をしならせ、足を上げてから一瞬静止しタメを作ってからバックスイングに入る
 フォームで、そこそこ球威のあるボールを放ってました。
 フィルダースチョイスで無死1・2塁となり続く北にバントを許すも、中崎の前のポップフライ
 となり、これを落ち着いてワンバウンドで処理し併殺に仕留めた判断力は好感でした。
 しかし、ボールをことごとく打ち返され失点を重ねたところをみると、まだまだフォーム改造は
 試行錯誤を重ねている段階と見るべきでしょうか。

■翔太(ロ)
 ライトへ2ベースを2本。高校時代は投手でしたが野手への転向は正解と思わせる打撃を
 見せてくれました。
 守備は2回に三遊間へ抜けようとした打球に追いつき、すぐさま1塁へ送球したプレー
 (記録は内野安打)もありましたが、2塁へのグラブトスがセカンドの頭を超える大暴投、
 グラブを胸より下に出してフライを捕球など見ていてハラハラドキドキのプレーの方が
 多かったです。
 例の事件への先入観のせいか、技術も精神面もマイナスからのスタートと思っています。
 将来、後輩の手本となるような選手に成長するか否か遠目から見届けたいところです。

■谷内田敦士(巨)
 5回から途中出場も6回にファーストライナーを左足に受け負傷退場となりました。
 コーチに肩を借りて引き揚げたことから重症かと思わせましたが、その表情に笑顔が
 見られました。
 育成選手勝負の3年目ということもあり、この負傷が長引かないことを祈るばかりです。

■麻生知史(ヤ)
 一旦交代でベンチに退くも谷内田の負傷退場により再び試合に出場しました。
 引き上げる前に就いたサードの守備では塁間を挟んだプレーでボールを長く持ってしまい
 結果セーフにしてしまう判断ミスを犯してしまいました。

■角中勝也(ロ)
 大松、竹原、神戸らと協力打線を担い、個人的には「恐い打者」と植え付けられているだけに
 即戦力の新人が入り層が厚くなったとはいえ、公式戦に帯同せずフューチャーズに参戦していた
 のは少々残念でした。それを象徴するかのように4打数音無しと元気がありませんでした。


2010年03月28日 イースタンリーグ 日本ハム−楽天(鎌ヶ谷)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2010年3月28日 利府VS鎌ヶ谷(鎌ヶ谷)
天候:曇 試合開始:13時 試合時間:約2時間30分
審判:主審牧田 一塁村山 二塁鈴木 三塁長井 公式記録員:伊藤

利府 000 000 000|0
鎌ヶ谷000 010 02×|3

本塁打:なし 盗塁:鎌ヶ谷杉谷1回 失策:利府河田5回 暴投:利府松本2回

(成績)公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です
利府
(左)  中村真  3打数ノーヒット
(二)三 銀次   3打数ノーヒット
(右)  横川   3打数ノーヒット
(三)  中川   2打数ノーヒット
 打 二 塩川   1打数ノーヒット
(一)  河田   3打数1安打
 走   山本
 一   丈武
(指)  大廣   3打数ノーヒット
(中)  楠城   3打数ノーヒット
(遊)  枡田   3打数ノーヒット
(捕)  伊志嶺  3打数ノーヒット

 松本  4回打者19人投球数69被安打5与四死球3奪三振0失点0
●川井  4回  20人   68   5    2   3  3

鎌ヶ谷
(二)  杉谷   5打数2安打2打点
(一)  岩館   3打数1安打
(三)  今浪   5打数1安打
(左)  鵜久森  3打数2安打
(指)  市川   2打数ノーヒット
(捕)  尾崎   4打数2安打1打点
(右)  大平   3打数2安打
(中)  関口   3打数ノーヒット
(遊)  中島   3打数ノーヒット

○増井  8回打者24人投球数83被安打1与四球0奪三振8失点0
S谷元  1回   3人   12   0   0   1  0


(試合経過)
1回表利府
中村真 二ゴロ
銀次 空振り三振
横川 一ゴロ

1回裏鎌ヶ谷
杉谷 二内野安
岩館 左飛
今浪の2球目に杉谷二盗 一死二塁
今浪 捕邪飛
鵜久森 左安 杉谷本塁投入もタッチアウト

2回表利府
中川 空振り三振
河田 空振り三振
大廣 空振り三振

2回裏鎌ヶ谷
市川 四球
尾崎 中安 無死一二塁
大平の3球目にワイルドピッチ 無死二三塁
大平 捕邪飛
関口 遊ゴロ 市川本塁投入もタッチアウト 二死一三塁
中島 遊ゴロ

3回表利府
楠城 空振り三振
枡田 捕邪飛
伊志嶺 一邪飛

3回裏鎌ヶ谷
杉谷 右飛
岩館 四球
今浪 三ゴロ 岩館二進 二死二塁
鵜久森 死球 二死一二塁
市川 一ゴロ

4回表利府
中村真 三邪飛
銀次 左飛
横川 中飛

4回裏鎌ヶ谷
尾崎 右安
大平 右安 無死一二塁
関口 一前犠打 一死二三塁
中島 一ゴロ 尾崎本塁突入もタッチアウト 二死一三塁
杉谷 二ゴロ

5回表利府
中川 左飛
河田 遊飛
大廣 投ゴロ

5回裏鎌ヶ谷 利府ピッチャー川井に交代
岩館 中安
今浪 三ゴロ失(送りバントをファースト送球も河田の足が離れる) 無死一二塁
鵜久森 捕邪飛
市川 四球 一死満塁
尾崎 遊ゴロ 枡田ジャックルして二塁封殺のみ 0−1鎌ヶ谷 二死一三塁
大平 四球 二死満塁
関口 三ゴロ

6回表利府
楠城 空振り三振
枡田 空振り三振
伊志嶺 一ゴロ

6回裏鎌ヶ谷
中島 空振り三振
杉谷 見送り三振
岩館 二飛

7回表利府
中村真 遊ゴロ
銀次 中飛
横川 空振り三振

7回裏鎌ヶ谷
今浪 左飛
鵜久森 左安 無死一二塁
市川 投直 今浪帰れず併殺 二死一塁
尾崎 三直

8回表利府
代打塩川 三ゴロ
河田 中安 代走山本
大廣 遊ゴロ 二塁封殺後杉谷が一塁へ低投 大廣二塁へ向かうもバックアップの捕手から二塁へ送られタッチアウト

8回裏鎌ヶ谷 利府塩川がセカンドに入り銀次がサードへ回る 山本に代わりファースト丈武
大平 中安
関口 捕野選 送りバントをセカンド送球もオールセーフ 無死一二塁
中島 三前犠打 一死二三塁
杉谷 中タイムリー安 0−3鎌ヶ谷 一死一塁
岩館 投前犠打(セーフティ気味) 二死二塁
今浪 空振り三振

9回表利府 鎌ヶ谷ピッチャー谷元へ交代
楠城 中飛
枡田 一ゴロ
伊志嶺 空振り三振でゲームセット

(全体感想)
試合の感想よりなにより寒くて寒くて堪りませんでした 鎌ヶ谷でこれじゃマリンや西武へ行かれた方はさぞかし大変だったでしょう
皆様お疲れ様でした
試合の方は鎌ヶ谷増井が8回一死までパーフェクトを続け、最後谷元とのリレーで27人でかたずけました
一方の鎌ヶ谷の方は初回無死一塁、2回無死二三塁、3回二死一二塁、4回一死二三塁で1点も獲れず
ようやく5回一死満塁から併殺崩れで1点と寒さに拍車をかけてくれる見事な試合振りでした

(利府注目選手)
もう誰がどうとかいうわけではなく、とにかく打線全体が何を考えてるのかという感じです
これで開幕から4連敗の、2試合連続完封負けの、20イニング連続無得点、昨日今日で26三振、かな
頭の高さのストレート振ったかと思えば外角のワンバウンドの変化球も振る んでストライクのストレートには手を出さない
今日の増井のあわや完全試合というピッチングも、昨日の吉川の復活、山本の力投も相手が今の利府じゃ価値があるんだかないんだか全然わかりません

(鎌ヶ谷注目選手)
■増井浩俊(日)
開幕週で残したランナーがいる時どんなピッチングをするかという課題に、ランナーを出さないという単純な方法で答え(?)を出しました
とにかくランナーがいない時の緩急をつけたピッチングには安定感があります
次回以降川崎あたりを相手にした時どんなピッチングができるのか観てみたいです


2010年03月28日 交流戦 阪神−徳島(鳴尾浜)報告者:jiruさん

2010年3月28日(日) 12:58〜15:35
交流戦・阪神タイガース-徳島インディゴソックス(鳴尾浜)

PL:山本貴 1B:杉本 2B:山本哲(IL) 3B:神谷(IL)

※点差に関係なく9回裏まで実施とアナウンス。

           R H E
徳島 100 000 110|3 5 0
阪神 100 000 010|2 5 3

打者成績(徳島)
       打得安点振四死犠飛盗
D  神谷  5110000000
F  関口  4120000001
E  白川大 3001100010
H  大谷  4010200000
C  國信  3000110000
B  菊永  2100010000
R  乙守  0000000001
3  岡崎  1000000000
A  河原  4000100000
G  猪澤  4011100000
D   東  3000000100

二塁打:神谷
残塁:7
※乙守は練習生


打者成績(阪神)
       打得安点振四死犠飛盗
G9 田上  3010010001
C  大城  3000201000
E  高濱  2111000000
3  森田  2000000000
A  橋本  2000000000
2  原口  1000101000
D  清水  2000100000
HD 野原将 1000010000
D6 藤井  4020000000
H8 甲斐  3000210001
F  高橋勇 4000100000
B5 田中  3110000000

本塁打:高濱
残塁:6
失策:高濱1、田中2


投手成績(徳島)
     回  打安振四死暴ボ失責
○角野  6  2133101011
H竹原  2  1123220011
S弦本  1  301000000


投手成績(阪神)
     回  打安振四死暴ボ失責
●吉岡  7  2724100021
 高田  1  621100011
 阿部  1  411000000


育成選手が半数を占めた阪神ではあるが、
元ロッテの白川大輔や大谷をはじめとする移籍選手を補強した徳島が辛くも勝利。

田中慎太朗(神)の失策はサードでの守備のもの。やや厳しい判定ではあった。


2010年03月28日 イースタンリーグ 西武−湘南(西武ドーム)報告者:WIZさん/子連れさん

■報告者:WIZさん

2010年3月28日(日)
イースタン・リーグ公式戦 西武−湘南 西武ドーム(13:00開始)

審判:PL大和、1B敷田、2B山崎、3B小椋
記録員:嵯峨
試合時間:2時間30分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
湘  南 110 030 000   5   9  1
西  武 000 000 002   2   1  1

【投手継投】
湘  南 ○小杉(9回)
西  武 ●田中(5回)−谷中(1回)−宮田(1回)−大沼(2回)

【得点経過】
 1回表(湘) 一死3塁で田中、ボークで3塁走者生還(西0−1湘)
 2回表(湘) 二死2塁で美沢、ショートゴロを1塁へ悪送球の間に2塁走者生還(西0−2湘)
 5回表(湘) 二死3塁で北、ライト前タイムリー(西0−3湘)
        二死1塁で筒香、ライトスタンドへ2ラン(西0−5湘)
 9回裏(西) 一死1塁で平尾、レフトスタンドへ2ラン(西2−5湘)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  空振  三ゴ  三犠  見振  三安        410000200
SS 梶谷  中3  一ゴ  遊飛  中飛  四球        410100010
2B 北   二ゴ  四球  右安    中安左飛        421102010
3B 筒香  空振  空振  右本    空振          412110300
1B 高森    左飛  中飛二ゴ                300000000
H  北川                左飛          100000000
1B
C  黒羽根   三ゴ  中安  三ゴ  遊直          410000000
DH 武山    左2  中飛                  210100000
DH 佐伯            一ゴ    投ゴ        200000000
LF 森笠    遊失  二飛                  200000000
LF 下窪            空振    二ゴ        200000100
RF 坂本    見振    右2  空振            310100200
H  野口                  中安        110000000
R  桑原義                           000000000
RF
・下窪、4回の守備より出場。


<西武>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
2B 大崎  中飛  一失    二ゴ    死球        300100001
SS 美沢  三ゴ    空振  四球              200000110
H  中田                  空振        100000100
3B 平尾  四球    四球  見振    左本        212110120
LF 坂田  右飛    二ゴ    遊ゴ  一ゴ        400000000
DH 松坂    三ゴ  二ゴ    遊ゴ  中飛        400000000
1B 大島    右飛    二ゴ  右飛            300000000
C  岳野    三ゴ    二飛    遊ゴ          300000000
RF 斉藤      左飛  空振    中飛          300000100
CF 石川      空振    遊ゴ  遊飛          300000100
※3回、二死1塁で大崎盗塁失敗でチェンジ。


【投手成績】
<湘南>※最高球速は確認した中でのものです。
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責 最高球速
 ○小杉    9回  125 32  1  5  4  2  2  137

<西武>※最高球速は確認した中でのものです。
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責 最高球速
 ●田中    5回   94 23  6  3  1  5  4  144
  谷中    1回   10  3  0  1  0  0  0  136
  宮田    1回   11  3  0  2  0  0  0  139
  大沼    2回   35 10  3  1  1  0  0  144


【その他】
※カウントは「ボール−ストライク」で表現しています。
■盗塁成功
 <湘  南>北:3回、二死1塁で打者筒香1−1からの3球目。
      北:8回、無死1塁で打者筒香3−2からの7球目。
■盗塁失敗
 <西  武>大崎:3回、二死1塁で打者美沢の初球。
■失策
 <湘  南>高森:3回、二死無塁で大崎のファーストゴロを弾く。
 <西  武>美沢:2回、二死2塁で森笠のショートゴロを1塁へ悪送球。2塁走者ホームへ生還。
■ボーク
 <西  武>田中:1回、一死3塁で打者北の3球目。3塁走者生還。


【試合展開】
○1回表 湘南の攻撃
 所沢先発・田中は梶谷に右中間を深々と破る3ベースを打たれると、続く北の3球目でセット
 ポジションで完全に静止していなかったか、2塁塁審・山崎さんにボークの宣告を受けてしまい
 梶谷が生還し湘南に先制点を献上してしまいます。
○2回表 湘南の攻撃
 二死から武山がレフト線へ2ベースで出塁。続く森笠の当たりはショートゴロ。
 しかし美沢が1塁へ悪送球してしまい、その間に武山が生還。
 またも相手のミスで1点を加点します。
○5回表 湘南の攻撃
 先頭打者の坂本がライトフェンス直撃の2ベースで出塁し、これを松本が3塁へ送ります。
 二死後、北には2ストライクと追い込まれるもボールが3つ続きフルカウントに。そして7球目
 を思い切り引っ張ると一・二塁間を抜けライト前のタイムリーとなります。
 さらに続く筒香にプロ初のホームランが飛び出し2点を加点。
 前半を終了して5点差とリードを広げます。
○9回裏 所沢の攻撃
 ここまでノーヒットノーランの投球の小杉。
 先頭打者に死球を与え、一死1塁としたところで迎える打者は平尾。
 その平尾は初球を真芯でとらえると打球はあっという間にレフトスタンドへ。
 ノーヒットノーランと完封が潰えた小杉でしたが、落ち着いて後続を断ち完投勝利を挙げました。

【選手感想】
<湘南>
■小杉陽太(湘)
 教育リーグからいいところなしのピッチングが続いていましたが、この日は9回一死まで
 無安打投球と復活への手応えを掴んだ内容でした。
 球速は140キロ届かずも実際に見る限りでは球はよく走ってました。
 さらにこの日はフォークがよく落ち、速球とフォークで緩急をつけた投球が所沢打線が
 打ちあぐねた要因ではないかと思います。

■筒香嘉智(湘)
 プロの速球にまだ振り遅れが目立ちますが、「当たれば飛びます」ということを証明したのが
 3打席目のホームランでした。
 ビデオ係としてバックネット裏で見つめるライバル・雄星の前で、低めの球を高い孤を描いて
 ライトスタンド上段に叩き込みました。

<所沢>
■田中靖洋(西)
 イースタンファンにはかつて浦和に在籍した田中良平の弟と言った方がピンと来る方が
 多いのではないでしょうか。
 序盤から常時140キロ台の速球をこれでもかというくらい投げ込む姿には熱いものを
 感じました。しかしボールをとらえられると長打となってしまう諸刃の剣でもありました。
 5回を6被安打でしたが、運よく野手の真正面に落ちた打球も多くありました。
 5回の3失点は球威が落ちてきたことも要因であるかと思うので、スタミナ強化と武器となる
 変化球を身に付けてほしいところでしょうか。

■美沢将(西)
 2回はタイムリーエラーとなる悪送球を見せてしまいましたが、9回、二死2塁の場面で
 黒羽根のショートの頭上を越えようかという強烈なライナーを高いジャンプで見事に
 キャッチしました。


【所沢情景】
ドームの屋根の間から吹き込む寒風が冷たく、1塁塁審の敷田さんも顔半分を黒く覆い、まるで
倉庫の中にいるような気候の中で行われた試合。

湘南サイドから見れば筒香の初ホームランが見れ、あわや小杉がノーヒットノーランという投球を
見せ完勝という内容。一方、所沢は美沢、石川といった新戦力の品定めもできないほどの
いいところなしという惨敗でした。

湘南は佐伯、野口とベテランが加勢しましたが、現状チームを引っ張っているのは高森、梶谷、北、
黒羽根、武山といった若手陣。昨年の開幕ダッシュは下園一人が引っ張り、その下園が去ってから
打線は閉幕まで萎んだまま・・・でしたから今年は春の好調がそのまま夏場まで続いてくれることを
願いたいものです。

注目の雄星はバックネット裏でビデオ係に終始。彼が再び実戦の場に現れイースタンを盛り上げる
のはいつの日か。筒香との対決が楽しみです。





■報告者:子連れさん

EL公式戦 所沢Vs湘南 2回戦 3月28日(日曜日) 13:00 西武ドーム

   『雑 感』
      4分咲きのソメイヨシノを眺め、まだ 、へたくそな鶯の声を聞きながら
     狭山を目指しました。絹の道が始まりの横浜線で内陸へ入るほど、花は蕾と
     なり、西武線乗換あたりでは、コブシの満開が楽しめました。東京や横浜、
     一括にされていますが、細かく観ると、移ろいがあるのですね。

      それにしても寒い曇天、気温は8℃だったとか帰宅後に知りました。西武
     ドームは取り付けた屋根のため、ほとんど野外に等しい冷えでした。唯一の
     飲食調達のコンビニが他店に衣替え、酒の種類が乏しくなり、観戦以上に、
     真剣に商品に向かったりしました。飲みに来たわけではないのですが、そん
     なところが、呑み助でしよう。

      ライオンズの全選手首脳陣のバナーや看板が並び、電灯の柱には桜花の造
     花が迎え、開幕春の雰囲気満点な周辺でした。うらやましい限りです。関内
     も、がんばってもらいたいところです。
      13時開始に、12時開門。券売は開門10分前でしたが、それほどの列
     でもないにかかわらず、11:40に発券。このあたりの臨機横柄さは良い
     対応でした。何が何でも、券売と開門をことさら拘る湘南とは違い、スマ―
     トさが、寒い中待たされているファンにはありがたいものでした。

      見慣れぬライオンの着ぐるみに迎えられて開門、愛鷹球場に似たノツボな
     スタンドへ入ったのです。自他共に迷惑ですが、初めてココに来た頃はまだ
     屋根がなく、見下ろすスタンドと目に映えた緑のフィールドや周囲の森の緑
     に、横浜スタジアムの無味乾燥な煙たなびく(タバコの煙たなびく)環境の
     相違に驚いたものでした。恐縮ながら都会育ちの私には、所沢はやはり田舎
     の環境たっぷりに思うのです。さりげなく、虫が纏わり付くあたりでも・・

      砂被りのシートは別料金とのことで、不自然に並ぶシーズンシートに着席
     「何をお土産にすればいいのか、迷いましたので・・」と取り敢えず菓子折
     りと万札の包みを寄こした建設会社の席で観戦したのでした。バブルの頃の
     話ですが・・

      『イースタン リーグ 観戦ガイド』と言う、個人的には「聖書」と崇め
     毎年楽しみにしている冊子ですが、横須賀では意固地に販売せず、湘南組は
     他球場で入手する冊子、ようやく2軍相手に開いていた売店で得ることが出
     来ました。ご厚意にも手元に届いたのが真実ですが・・しかし!何で横須賀で
     は販売しないのか!これは不思議ですね。さらに、鎌ヶ谷で買うと、割引と
     言うのも、謎ですが・・

      イースタンファンにとってドームはありがたい環境、余計な雨具関連を省き
     軽快な持ち物で済むのです。その分、飲種類がかさむのですが。

      さて、試合。見切り発車した感がある関内チームの影響をもろに受けている
     現状、阿斗里か小杉かと西武線内で、利益もなく混乱していたところ、あっさ
     り「小杉」と告げられたのでした。「てっことは、藤江が関内でやるわけ?」
     同じ悩みのファンの方がつぶやく中、ともかく小杉が1週間置いて上がったの
     でした。

   <結 果> EL公式戦 湘南2勝 試合時間 2時間30分  観衆1147名

                         R H E
         湘 南 110 030 000 5 9 1

         所 沢 000 000 002 2 1 1  湘南2勝

         (勝)小杉2試合1勝1敗 (負)田中1試合1敗

             本塁打・筒香1号 平尾1号

       ※プロ初ホームランの筒香のコメント・・・
        「調子が段々と上がってきていい感じで試合に臨めたので、
         そろそろ打てそうな気がしていた。初めてなのでうれしい」
                       (3月29日 「神奈川新聞」より)


   すでに、WIZさんに詳しいので、客観視はさけます。今年からセパ混合と
   なった審判員、塁審(1塁)は黒のネックウォームを目尻まで上げながら、毎度
   お馴染みのスローなジャジハンドの敷田さん、2塁は泰然自若と固まる山崎さ
   んの姿が個人的には粋でした。1回表一死3塁の場面、打者 北への3球目を
   迷わず「ボーク!!!」と叫んだ山崎さんは、スタンドを集中させました。

    主審は大和さんでした。私は彼を認めます。ファールか否かの、本来は彼が
   判定すべきジャッジを、塁審に確認する姿は、あるべき審判と思うからです。
   すでにHRに関してはVTR判定が導入されていますが、あのルールブックの
   細かさを読むと、いかに「人」が裁く難しさと流動さに敬意を表したく思うの
   です。※「流動さ」=常に改訂されるルールの細かさ。
    ただ、6回表のPH佐伯へ投じた谷中の一球はファールであると観衆のほと
   んどが認めていましたが・・(公式記録・1塁ゴロ)※佐伯も2軍戦との認識
   なのか、荒立てずヘラヘラと笑ってベンチへ戻りましたが・・(2軍ファンに
   は屈辱です)
    間違った発言かも知れませんが、今までEL連戦は同じクルーでまわしてい
   ましたから、今年度からの混合は、それまでの同組先輩後輩「慣れ合い」が除
   去されて、若手には見習うものが多く開いたのではないでしょうか。戸田で、
   密かに、小林審判総務殿にお伺い致したいところです。

  さて試合ですが。

    小杉は、切れと鋭さが、21日の呆れた内容を修正していました。8回まで
   無安打で、さすがに緊張感があったのか、マネジャーの西崎(ノブ)の声もべ
   ンチからは聞こえず・・9回先頭の大崎を追い込んで死球、これが解せぬ1球
   代打中田を三振にするも、こうゆう所で何故かやってしまう平尾は初球の直球
   をレフト中段へ2ラン・・「初球注意しろよ!」「間違っても真っすぐはなし
   だぞ!」と叫ぶ声も届かず、見事な飛打でした。ともかく、これで小杉は関内
   への切符を、私鉄の球場ながらも、手に入れたことになりました。
    ブルペンでは、最後は高崎が「出せ出せ、俺を出させろ!」と天井に響く球
   音をなびかせていました。
    さて・・藤江、小杉を失い、小林もまもなく関内チームへ行ったとしたら、
   湘南の先発陣はどうなるやら・・阿斗里、王、桑原謙、吉原、そうだそうだ!
   五右衛門さんがいました!背番号12 吉川・・
   吉川の復活が、湘南と関内の解散を救う残された救世主となるのでは・・
   長浦港深く不貞腐れてないで、早く浮上しなさい!

    などと、春休みで賑わう西武遊園地帰りの方々と同席しながら、たそがれて
   いたのでした。


2010年03月27日 ウエスタンリーグ 広島−オリックス(由宇)報告者:いの一番さん

3月27日(土)
広島東洋カープ−オリックスバファローズ(カープ由宇練習場)

牛 000010000  1
鯉 01100100×  3

勝:長谷川1試合1勝  S:武内1試合1S  敗:仁藤1試合1敗
本:岩本1号@(仁藤)、會澤1号@(仁藤)
審判:PL谷 1B芦原 3B水落   記録:場内発表なし
観衆:620人(NPBのHPより)
天気:晴れのち曇り
試合時間:2時間41分

(投手成績)
     回  打 安 振 球 責
仁藤   6 27 7 3 3 3
清水   1  4 1 1 0 0
延江   1  5 0 2 2 0
……………………………………………………
長谷川  6 25 5 3 2 1
林    1  5 1 2 1 0
青木勇  1  4 0 1 1 0
武内   1  4 0 0 1 0

(試合内容)
▼2回裏
先頭の岩本がライトへ先制本塁打。松山は右飛、中谷は三飛。
鈴木と庄司は連続四球で二死一、二塁だったが長谷川は三振。
△3回表
先頭の仁藤が右中間二塁打。オリックスのブルペンから「仁藤が打ったぞ」「ボールを記念に取っておけ」
との声が上がり、ボールは保管された模様。
柴田が遊飛の後、バイナムは四球で一死一、二塁。しかし、森山は左飛、一輝は右飛で得点ならず。
仁藤は二塁上で釘付け、これが次の回の投球に響いたか。
▼3回裏
中東が右前打で出塁し、安部の送りバントで一死二塁。中東は會澤への2球目に三盗を試みるもタッチアウト。
二死無走者になったが、會澤が4球目をレフトへ本塁打、広島のリードが2点となる。
岩本も中前打で続いたが。松山は中飛。
△5回表
仁藤が三振の後、柴田が中前打、バイナムの二ゴロで柴田は二封され二死一塁。
森山への3球目にバイナムが二盗成功、次の球を森山が左前打しバイナム生還、2−1となる。一輝は左飛。
▼6回裏
岩本が中前打で出塁し、松山の送りバント、中谷の一ゴロで二死三塁。代打山内は死球。
続く庄司は右前打を放ち岩本が生還、3−1となる。なおも一、三塁だったが、代打上村は中飛。
△7回表
広島の投手が林に交代。
代打辻は見逃し三振、柴田は遊ゴロ。高島は四球、森山は右前打で走者が二人出たが、一輝は三振。
▼8回裏
オリックスの投手が延江に交代。
代打白濱は三振、代打山本芳は三ゴロで簡単に二死となったが、代打井生、庄司が連続四球。
続く代打田中へ初球を投じた際、静止していなかったとしてボークとなり二死二、三塁。
しかし、結局田中は三振で得点ならず。
△9回表
広島の投手が武内に交代。
代打前田は初球を打ち上げ一飛、柴田も初球を打ち上げ遊飛。
しかし、武内はここで突然ボールが上ずりだし、高島に四球。
森山にもボールが先行したが、最後は遊ゴロに打ち取り試合終了。広島は今季ウエスタンで初勝利。


(選手評・オリックス)
■仁藤拓馬(オ)
試合前、一塁側ブルペンでの投球練習を見ていたら、思ったところに球が行かないことが何回もあり、
その度に捕手に「すみません」と謝っていた。
大丈夫かいな、と思ったら案の定制球定まらず甘く入ったところを打たれて6回3失点。
球数も101球と多すぎ。走者に無警戒で盗塁を簡単に許した場面もあり。
制球難の原因が何か筆者にはわからないが、それを何とかしないと先は見えない。

■延江大輔(オ)
広島市の瀬戸内高校出身で気になる選手の一人だが、ブルペンで投げるところしか見たことがなく、
実戦登板を初めて見た。気のせいか、前よりも腕の位置を下げたような。
この日は上記のとおり、簡単に二死を取ったと思ったら連続四球。それが焦りを生んだのかボークを犯す。
幸い失点はしなかったが、どうにも不安定な内容。
右打者から2三振を奪った一方、左打者の庄司に四球を与えたのはいただけない。球数は25球。
岡田監督も注目しているそうだが、こちらも制球難をどうにかしないと先は見えない。

■濱中治(オ)
前日は4打数無安打、この日も3打数無安打(捕邪飛、遊ゴロ、三ゴロ)1四球と元気なし。
かつて阪神の主力だったのが嘘のような状態である。
まだ31歳と老け込むには早すぎるが、こんなことでは野球人生が近いうちに終わりかねないように思う。
奮起を期待。

(選手評・広島)
■長谷川昌幸(広)
6回1失点で勝利投手。
ただ、ここ数年の彼は、ウエスタンである程度の成績を挙げて1軍に上がるが、
結果が出ずファンの期待を裏切るという繰り返し。多分今年もそうだろうなと思い、
今日のような投球をしても、全然期待する気持になれない筆者である。

■武内久士(広)
大卒新人で右オーバーハンドから速球を投げ込む本格派。
上記のとおり、簡単に二死を取った後、四球を与えてしまったのは反省材料だが、小気味いい投球には好印象。
ただ、気になるのは過去に故障歴があること(大野コーチが公けの場で言っていたので間違いない)。
いずれ1軍に上がるだろうが、起用法や体調管理に十分気を配らないといけないと思われる。
なお、球団HPの試合レポートではこの日の最速が137キロ、平均も137キロになっていたが、
これだと彼の投げた12球すべてが137キロということになってしまう。多分、間違いだろう。
(翌日は7球投げ、最速143キロ、平均141キロだったとのこと)

■會澤翼(広)
本塁打を含む2安打と活躍、まだ3試合だが打撃好調でウエスタンでは別格の感じさえある。
ただ、1軍に行ったとしても3番手捕手で出番は限られてしまうのが困ったところ。
それならウエスタンで実戦経験を積んだ方がいいような気もするし、
どちらが本人の将来のためにいいのだろうか。

■庄司隼人(広)
高卒の新人ながら開幕からセカンドで先発出場。この日も4打席のうち3打席は出塁(右前打と2四球)と
結果を残す。高校時代は投手で野手経験はないそうだが、守備も無難にこなしている印象でこれからが楽しみ。
同じ右投左打の安部が伸び悩んでいるので、庄司の加入が刺激になってくれればとも思うのだが。

■岩本貴裕(広)
本塁打を含む3安打の猛打賞で勝利に貢献。
去年は期待されながら1軍では大した成績を残せなかっただけに、今年は早く上がって結果を出してほしい。

(その他・久しぶりの由宇)
カープファンとしては恥ずかしい限りだが、昨年は日程が合わず由宇には行けずじまい、
筆者にとって今回は2008年6月以来の由宇訪問であった。
さすがに1年間が空くと前とは違っている点がいくつか。
まず、10時半ごろ球場に着くと駐車場に車がまったくいない。「今日は客が少ないのか?」と思ったら、
球場のすぐ下にある関係者駐車場も一般客に開放することになったそうで、そちらへ誘導された。
長い坂道を歩いて登る必要がなく、これはありがたかった。
そして一塁側スタンドには移動販売車がやって来てタコスを販売、新聞情報によると、
地元の業者が球団に直訴して今季から始めたとのこと、いずれは弁当も販売する予定らしく、
飲み物の自動販売機しかなかった由宇も少しはマシになるものと思われる。
この他、審判団は以前は宿舎にしているホテルの車を借りて自分たちで運転してきていたが、
この日はタクシーが迎えに来ており、待遇が改善された模様。
もう少しマメに由宇に行かなければと思った次第である。


2010年03月27日 イースタンリーグ 日本ハム−楽天(鎌ヶ谷)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2010年3月27日(土) 利府VS鎌ヶ谷(鎌ヶ谷)
天候:晴 試合開始:13時 試合時間:約2時間25分
審判:主審長井 一塁牧田 二塁村山 三塁鈴木 公式記録員:伊藤

利府  000 000 000|0
鎌ヶ谷 000 001 00×|1

(成績)公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です
利府
(遊) 西田  3打数ノーヒット
(左) 中村真 2打数ノーヒット
(右) 横川  4打数ノーヒット
(三) 中川  4打数ノーヒット
 走  松井
(指) 丈武  4打数ノーヒット
(一) 大廣  4打数2安打
(中) 楠城  3打数1安打
(二) 塩川  3打数ノーヒット
(捕) 伊志嶺 3打数ノーヒット

●藤原  7回打者26人投球数89被安打4与四球0奪三振6失点1
 石川  1回   3人   14   0   0   0  0

鎌ヶ谷
(三)  杉谷  4打数2安打
(中)  関口  4打数1安打
(指)  尾崎  3打数ノーヒット
(右)  鵜久森 2打数1安打1打点
(一)  岩館  3打数ノーヒット
(遊)二 今浪  3打数ノーヒット
(捕)  渡部  3打数ノーヒット
(左)  大平  3打数ノーヒット
(二)遊 中島  3打数ノーヒット

 吉川  5回打者19人投球数94被安打2与四球2奪三振9失点0
○須永  1回   4人   18   0   1   1  0
 木下  1回   3人   14   1   0   1  0
 加藤武 1回   3人   12   0   0   2  0
S山本  1回   4人   19   0   0   4  0


(経過)
1回表利府
西田 空振り三振
中村真 三ゴロ
横川 空振り三振

1回裏鎌ヶ谷
杉谷 空振り三振
関口 右安
尾崎 一邪飛
鵜久森 右飛

2回表利府
中川 左飛
丈武 空振り三振
大廣 右安
楠城 中飛

2回裏鎌ヶ谷
岩館 三ゴロ
今浪 空振り三振
渡部 二ゴロ

3回表利府
塩川 空振り三振
伊志嶺 空振り三振
西田 四球
中村真 四球 二死一二塁
横川 三邪飛

3回裏鎌ヶ谷
大平 右飛
中島 見送り三振
杉谷 右安
関口 右飛

4回表利府
中川 三ゴロ
丈武 空振り三振
大廣 中安
楠城 空振り三振

4回裏鎌ヶ谷
尾崎 投ゴロ
鵜久森 右中間二塁打
岩館 空振り三振
今浪 三邪飛

5回表利府
塩川 右飛
伊志嶺 空振り三振
西田 空振り三振

5回裏鎌ヶ谷
渡部 一飛
大平 遊ゴロ
中島 空振り三振

6回表利府 鎌ヶ谷ピッチャー須永に交代 セカンド今浪とショート中島が入れ替わり
中村真 四球
横川 空振り三振 三振時中村二盗 一死二塁
中川 一邪飛 中村タッチアップから三進 二死三塁
丈武 遊ゴロ

6回裏鎌ヶ谷
杉谷 右線二塁打
関口 二ゴロ野選(杉谷のスタートが遅れた為三塁送球も間に合わず) 無死一三塁
尾崎 二飛
鵜久森 中犠飛 0−1鎌ヶ谷 二死一塁
岩館 二飛

7回表利府 鎌ヶ谷ピッチャー木下に交代
大廣 空振り三振
楠城 中安
塩川 空振り三振 三振時楠城二盗失敗 三振ゲッツー

7回裏鎌ヶ谷
今浪 右飛
渡部 遊直
大平 見送り三振

8回表利府 鎌ヶ谷ピッチャー加藤武に交代
伊志嶺 空振り三振
西田 空振り三振
中村真 一ゴロ

8回裏鎌ヶ谷 利府ピッチャー石川に交代
中島 遊ゴロ
杉谷 遊飛
関口 遊ゴロ

9回表利府 鎌ヶ谷ピッチャー山本に交代
横川 見送り三振
中川 三振振り逃げ
丈武 空振り三振
一塁に代走松井
大廣 空振り三振でゲームセット

(全体感想)
管理人様更新お疲れ様でした 今シーズンもよろしくお願い致します ← 
こちらこそよろしくお願い致します^^ by健一@2軍愛
さて開幕から連敗した後3連勝中の鎌ヶ谷ですが、この日は連敗した浦和とはうって変わった締ったゲームを見せてくれました
投げては不調と聞いていた吉川、須永、怪我による長期欠場明けの木下、新戦力の加藤武、新守護神山本による17奪三振を奪っての完封リレー
打っては6回裏、表のピンチを岩館、中島の連続ファインプレーでしのぎ正に守備からいいリズムを作った後、好調杉谷の長打を4番鵜久森が還す、正に理想の流れだったと思います

(利府注目選手)
■西田哲朗(楽)
打つほうでは3三振といいところがありませんでしたが、ショートのアクロバットな守備は目を惹きました
捕ってから送球するまでがとにかく早いですが、鎌ヶ谷の今浪や戸田の鬼崎は難しい打球でもバランスを保ったまま捕球できて送球が早いという感じですが、この選手はバランスが崩れようがなんだろうがいいスローイングができる、そんな印象でした

(鎌ヶ谷注目選手)
■吉川光夫(日)
長らくコントロールに苦しみ、開幕の浦和でも中継ぎスタートでしたが、この日はフォームから力みが消え私が観た中ではルーキーイヤー以来の好投でした
5回で94球を投げた様にこの日もボール球自体は多かったのですが、同じボールが多いにしてもストライクが先行すれば、ランナーを出すにしても先頭打者をしっかりとっておけば意外と安心して観ていられるものですね
とは言ってもやはり94球はかかりすぎですし、この力を抜いたピッチングが次回もできるのか注目したいと思います

■山本一徳(日)
登板するや鎌ヶ谷常連組から「二軍の選手が山本を打てるわけないだろ!」と野次が飛び、「ダルビッシュじゃあるまいし、そりゃ言いすぎだろ」と思いながら聞いていたんですが、振り逃げ含めて1イニング4三振
いや本当に打たれるわけなさそうな守護神振りでした
以前から力投型のサウスポーは大好きな投手でしたが、いつの間にこんな大化けを・・・
ただ、この日19球投げたうちボールは2球だけ まさに力でねじ伏せた感じですがちょっと真っ向勝負過ぎないかという感じはいけました


2010年03月23日 イースタンリーグ 巨人−西武(ジャイアンツ)報告者:いかさん

イースタン復帰2戦目ということでジャイアンツ球場に4年ぶりに行ってまいりました。
相変わらず巨人の層の厚さには驚かされました。

3月22日(祝)読売対西武第3回戦(ジャイアンツ、13時、晴、観衆1331人)
                 R H E
西 武 000 002 010 |3 7 0
巨 人 000 110 02× |4 12 0

(西)木村(4回1/3)、武隈(2/3)、上原(1回)、岡本(1回)谷中(2/3)、宮田(1/3)−中田
(巨)リンイーハウ(6回)、小野(2回)、ロメロ(1回)−星

勝利投手:小野(1勝)
セーブ :ロメロ(1S)
敗戦投手:谷中(1敗)

本塁打:矢野1号ソロ(4回、木村)、大島1号ソロ(8回、小野)
盗 塁:橋本(5回)、矢野・小田嶋(8回=重盗)
牽制死:藤村(1回)、隠善(2回)
併殺打:石川(5回)、大崎(9回)
ボーク:谷中(8回)

審判:球審・市川、一塁・山口、二塁・原、三塁・鈴木、公式記録・新

【戦評】
1点を追う巨人は8回、一死二塁で矢野の左前適時打で追いつくと、円谷が適時打を放ち
勝ち越し、9回はロメロが救援し逆転勝利を収めた。西武は松阪の逆転適時打と大島の
勝ち越し本塁打と優勢に試合を進めたが8回に登板した谷中が誤算。攻撃面でも勝負どころでの
バント失敗が痛かった。


【打撃成績】
(西)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
C 大島   410 四球    左飛       右安 四球    一直併
E 美沢   400 一飛       一邪飛   三ゴ 遊ゴ
B 大島   411 二直       中飛    投ゴ    右本
D 岳野   320 中安       左安    四球    左飛
F 坂田   200    空三振   二ゴ    四球    四球
D 黒瀬   210    見三振      左安
 RD松阪  212                左安    左飛
H 斉藤   400    空三振      空三振二ゴ    三飛
A 中田   310       中飛    四球    空三振   遊安
 R田澤   000
G 石川   400       空三振   二ゴ併   空三振   補ゴ

(巨)    打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
G 橋本   510 空三振   右安    一ゴ    中飛 空三振
C 藤村   300 四球    空三振   一ゴ    一ゴ
 4脇谷   000
D 大田   410 二ゴ       右飛    中安    三ゴ
B 田中   420    二ゴ    中飛    右安    左安
 R9工藤  000
D 矢野   422    三ゴ    左本    中飛    左安
H 隠善   310    遊安    二ゴ    三ゴ
 D小田嶋  000                      四球
 R3仲澤  000
E 円谷   411       中飛    中飛 補邪飛   中安
F 加治前  410       遊直    中安    三ゴ 空三振
A 星    330       遊安    右安    左安 四球

【投手成績】
(西)  回  打 安 三 四 失 自
 木村  41/3 18 6 2 1 2 2
 武隈   2/3 2 0 0 0 0 0
 上原  1  5 2 0 0 0 0
 岡本  1  4 1 0 0 0 0
●谷中   2/3 7 3 1 2 2 2
 宮田 1/3 1 0 1 0 0 0

(巨)  回  打 安 三 四 失 自
 リン  6  25 5 5 4 2 2
○小野  2  9 1 2 2 1 1
Sロメロ 1  3 1 0 0 0 0


【注目選手】
■岳野竜也(西)
登録は捕手ですね。2安打のことを書こうと思ったのですが気になったのは走塁。よく
知らないだけなんですがあまり足は速くないのか走塁技術がいまいちなのか。4回のあたり
では二塁まで行けなかったのかなあと。捕手ということなので仕方ないのでしょうが。

■木村文紀(西)
初めて見たのですが立ち上がりは球威のある球を投げる、という印象。しかし、3回になると
急に球威が落ちたのかボール先行に。5回からしきりに何かを気にしだし、橋本に2球投げた
ところで捕手の中田がマウンドに行き、コーチも呼んでしばらく話をした後、急に降板して
しまいました。何かあったのでしょうか。

■大島裕行(西)
8回の本塁打はばっちりのタイミングで右中間に飛んでいった。実績のある選手ですからさすが
の打撃でした。

■谷中真二(西武)
勝利パターンでの起用でしたが期待を裏切る内容に。球速が出ておらずさっぱりでした。

■リンイーハウ(巨)
走者がいなくてもセットで投げる。インステップで投げ込むタイプで少しずつタイミングをずらし
ている感じでしょうか。ストライク先行でいい感じでしたが6回は連続四球を出してしまい走者を
溜めてタイムリーとここ一番で印象を悪くしてしまう内容でした。

■大田泰示(巨)
彼を見るのは楽しみでしたが打撃の方は6回の投手横を破る強烈な安打で見せ場を作ったくらい。
守備では6回に美沢の当たりで併殺を焦ってお手玉してしまった。

■星孝典(巨)
確か巨人の星ということで話題になった選手ですね。きょうは3安打と猛打爆発。また、9回の
石川のバントを鉄砲肩で二塁を刺す。私の中では矢野を上回る印象度でした。

■矢野謙次(巨)
きょうは矢野デー。4回の先制弾は直前の球がかなり微妙な判定だったが気持ちを切り替えて打った
当たり。8回の殊勲打はうまく打ち返した。アピールを続けて早く一軍に戻りたい。

■読売ジャイアンツ球場
京王よみうりランド駅を降りて確か連絡バスがあったハズと思ってウロウロするも見当たらず。
タクシーの運転手に聞いたところ今年から廃止。うーん。前はなかった道が出来ていて歩きでも
いいんですけど、お年寄りだとあの急坂は大変そう。入場料も1000円に値上げ。うーん。
5回終了後からだと300円だそうですが。前はなかったチームヴィーナスのダンスとかプレゼント
の充実とかはありますがこういう時期ですからもう少し手軽に観戦できるようにしてもらえれば
ありがたいです。
ちなみに選手コールにはあまり問題なかったですが、音楽が流れるとスピーカーの音割れがひどく
てダンスよりそっちのほうが気になってしまいました。こっちの改修もお願いしたいです。


2010年03月22日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(平塚)報告者:WIZさん

2010年3月22日(月・祝)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東京ヤクルト 3回戦 平塚球場(13:00開始)

審判:PL木内、1B小椋、2B村山、3B長井
記録員:相変わらず音響の悪い平塚。耳を凝らして聞いた限りでは「近江屋」と聞こえたような・・・
観客数:1124名
試合時間:2時間53分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ヤクルト 000 000 005   5  11  6
湘  南 212 150 00×  11  11  1

【投手継投】
ヤクルト ●中澤(4回)−塚本(1回)−一場(2回)−岡本(1回)
湘  南 ○阿斗里(7回)−佐藤(2/3回)−小山田(1/3)−桑原謙(1回)

【得点経過】
 1回裏(湘) 一死3塁で川端、セカンドゴロを弾く間に3塁走者生還(湘1−0ヤ)
        二死2塁で高森、レフト前タイムリー(湘2−0ヤ)
 2回裏(湘) 一死1・3塁で松本、レフトへ犠牲フライ(湘3−0ヤ)
 3回裏(湘) 一死2塁で高森、ライトオーバー3ベースタイムリー(湘4−0ヤ)
        一死3塁で黒羽根、ライト前タイムリー(湘5−0ヤ)
 4回裏(湘) 無死無塁で桑原義、レフトスタンドへソロ(湘6−0ヤ)
 5回裏(湘) 一死満塁で北川、ライトへ2ベースタイムリー(湘8−0ヤ)
        一死2・3塁で桑原義、レフトスタンドへ3ラン(湘11−0ヤ)
 9回表(ヤ) 一死満塁で上田、ライト前タイムリー(湘11−1ヤ)
        二死満塁で川端、ライトオーバー2ベースタイムリー(湘11−4ヤ)
        二死2塁で武内、ライト前タイムリー(湘11−5ヤ)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東京ヤクルト>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 野口  一直  遊ゴ    三ゴ投ゴ            400000000
P  岡本                            000000000
H  衣川                  空振        100000100
2B 川端  四球  四球    遊ゴ  遊飛右2        313100020
1B 武内  右安  二飛    右安  中飛右安        531000000
3B 畠山  見振    二失  四球  右飛遊ゴ        400000110
CF 中尾  一ゴ    左飛  捕飛              300000000
P  一場                            000000000
LF 高井                  中安        110100000
RF ユウイチ    左安  一併    二飛  中飛        410000000
C  中村    投併    二飛  投ゴ  遊安        410100000
SS 森岡    一ゴ    空振  中安  死球        310100101
P  中澤      左安                    110000000
H  松井淳         二ゴ                100000000
P  塚本                            000000000
CF 上田              二安  右安        221100000
・上田、6回の守備より出場。
・高井、8回の守備より出場。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  二ゴ左犠  二飛四球  遊ゴ            301000010
LF
SS 梶谷  中安遊飛  一ゴ三邪    三失          510101000
2B 北   二失  右2中飛遊ゴ    空振          510201100
3B 筒香  中飛  見振  左安二失  遊併          510100100
1B 高森  左安  右3  一ゴ四球              322100010
C  黒羽根 見振  右安  三失遊併              411100100
LF 下窪    投ゴ遊ゴ  四球遊ゴ              300100010
RF
RF 坂本                            000000000
DH 武山    左安右飛                    210100000
DH 北川          右2  左飛            212100000
RF 桑原義   左安  左本左本  見振            434221100
CF
・坂本、9回の守備より出場。
※3回、下窪の遊ゴ→エンドラン敢行。2塁はセーフ。打者下窪は1塁でアウト。
※5回、高森の一ゴ→進塁打。


【投手成績】
<東京ヤクルト>※最高球速は確認した中でのものです。
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責 最高球速
 ●中澤    4回   84 21  8  2  0  6  4  141
  塚本    1回   28  9  3  0  2  5  0  131
  一場    2回   23  7  0  1  1  0  0  141
  岡本    1回   10  3  0  1  0  0  0  138

<湘南>※最高球速は確認した中でのものです。
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責 最高球速
 ○阿斗里   7回  102 28  6  2  4  0  0  144
  佐藤   2/3   12  2  0  0  0  0  0  138
  小山田  1/3    1  1  0  0  0  0  0  ???
  桑原謙   1回   28  9  5  1  1  5  5  145

【その他】
※カウントは「ボール−ストライク」で表現しております。
■盗塁成功
 <湘  南>梶谷:1回、一死1塁で打者北1−1からの3球目。
      北 :1回、二死1塁で打者高森1−0からの2球目。
      桑原義:二死1塁で打者梶谷0−2からの3球目。
■盗塁失敗
 <ヤクルト>野口:3回、一死1塁で打者川端2−1からの4球目。
■失策
 <ヤクルト>中村:1回、一死1塁で梶谷が盗塁敢行、2塁へ悪送球。梶谷は3塁へ。
      川端:1回、一死3塁で北のセカンドゴロを弾く。3塁走者生還。
      野口:2回、一死無塁で武山のレフト前をお手玉。武山は2塁へ。
      畠山:5回、一死2塁で黒羽根のサードライナーを弾く。一死1・2塁に。
      川端:6回、無死無塁で筒香のセカンドゴロを後逸。
      畠山:8回、無死無塁で梶谷のサードゴロを後逸。
 <湘  南>北 :4回、無死無塁で畠山のセカンドゴロを1塁へ悪送球。


【試合展開】
○1回表 戸田の攻撃
 一死後、四球とヒットで一死1・2塁と先制のチャンスを掴みますが、畠山が見逃しの三振、
 中尾が初球をファーストゴロで先制機を逃してしまいました。
○1回裏 湘南の攻撃
 こちらも一死後、梶谷がヒットで出塁。そして盗塁を敢行。これを中村が2塁へ悪送球を
 してしまい、梶谷は3塁まで進みます。
 そして北はセカンドゴロとなりますが、これを川端がエラー。2つのエラーで湘南に先制点を
 献上してしまいました。
 二死2塁となり、高森の当たりはフラフラとレフト前に落ちるポテンヒットで、湘南はこの回
 2点を先制しました。
○2回裏 湘南の攻撃
 武山と桑原義が連続安打で出塁し一死1・3塁。松本がレフトへライナーで運び、これが犠牲
 フライとなり1点を加点します。
○3回裏 湘南の攻撃
 先頭打者の北が右中間を破る2ベースで出塁。一死後、高森が今度はライトの頭上を越える
 3ベースで1点、続く黒羽根がライト前へ運びもう1点を加点します。
○4回裏 湘南の攻撃
 先頭打者の桑原義がレフトスタンドへライナーで運ぶソロ。
○5回裏 湘南の攻撃
 一死1塁から黒羽根の当たりはサードゴロ。しかしこれを畠山が弾いてしまいます。
 下窪が四球で歩き満塁とすると、代打北川がライト線上のフェアゾーンへギリギリに落ちる
 タイムリーで2点を加点。
 さらに続く桑原義が打った瞬間に分かる2打席連続弾で3点。この回5点を加点し勝負を決めます。
○7回表 戸田の攻撃
 二死から連続ヒットで反撃ムードを作るも、野口は止めたバットにボールが当たりピッチャー
 ゴロに倒れ、この回も無得点。
○9回表 戸田の攻撃
 この回マウンドに上った桑原謙を戸田打線が襲います。
 一死1・2塁とピンチになると森岡に死球を与え満塁とさらにピンチを広げてしまいます。
 ここで途中出場の上田がライト前へタイムリーを放ち完封負けを阻止します。
 二死後、川端がライトの頭を超えフェンスに直撃の2ベースで走者一掃。
 さらに武内のライト前で川端が生還し5点目。
 まだまだ6点差ありましたが、猛反撃に戸田ファンが盛り上がり出しました。
 しかし畠山がショートゴロに倒れ反撃もここまで。

【選手感想】
<東京ヤクルト>
■中澤雅人(ヤ)
 公式戦デビュー戦は多くの課題を残した内容となりました。
 1回の失点は味方のエラーによるもので致し方ないものの、その後はドラフト1位の「らしさ」
 も見られず6失点KO。
 最速144キロも球の伸びが感じられませんでした。また変化球もほとんど変化せずで、
 湘南打線はボールがよく見え、打ちやすかったのではないでしょうか。
 3つの盗塁を決められたのも課題。フォームを盗まれたのかもしれません。

■川端慎吾(ヤ)
 開幕戦では彼のエラーをきっかけに逆転され、今日は初回のエラーで先制点を献上するなど
 この3連戦、守備の課題を突き付けられた内容となりました。
 最後の最後で走者一掃のタイムリーを放ち、打で結果を出したことが救いでした。
 しかしこの守備では妹に「プロ野球の先輩」として胸を張れません。鍛錬を。

■畠山和洋(ヤ)
 一軍のオープン戦が終了したためユウイチ、中村らと共に参戦。
 しかし2つのエラーに音無しと調整、援軍どころか赤っ恥をかきに来ただけの内容に。
 中村は3盗塁を決められたり、ユウイチもチャンスで併殺といいところを見せることが出来ず、
 このままでは衣川や武内に取って代わられてしまいかねません。開幕前に仕切り直しを。

<湘南>
■阿斗里(湘)
 速球が高めに抜けたり4個の四球を出すなど、まだまだ制球に課題を残しますが、それでも
 昨年までに比べれば落ち着いた大人の投球が出来るようになっていました。
 教育リーグを雨で潰した関係で実戦登板がなかなか出来ず、ぶっつけ本番の登板となり
 完封ペースも100球を超えたところで降板となりました。
 これで昨年終盤に見せた変化球のキレが冴えてくると、この次は間違いなくプロ初完封を
 狙える投球を見せてくれるのではと、期待を抱かせた今日の内容でした。
 藤江、小杉が情けなかっただけに3連戦の最後で彼の好投を見れたのは大きな収穫でした。

■桑原義行(湘)
 開幕2試合は「坂本の育成」を優先したためベンチ入り。しかし坂本が教育リーグで見せた
 結果を出すことができず彼と入れ替えになりました。
 その打線の入れ替えが今日は功を奏した結果となりました。
 スタメン入りした彼は水を得た魚のように2打席連続弾を含む猛打賞と大暴れ。
 特に5回の2本目の本塁打は打った瞬間に入ったと分かる滞空時間の長い3ランとなりました。
 続く4打席目、一場から放った打球は3打席連続かとスタンドが一瞬腰を上げる大飛球でしたが
 惜しくも左に切れてファール。この男は一度乗らせると本当に恐い存在になります。

■佐藤祥万(湘)
 左打者2人のみの登板でしたが、投げた後の叫び声通りの気合の入った投球で完璧に抑えました。
 速球で押しまくった内容ですが、もう少し変化球を使えれば即一軍でも通用するのではないでしょうか。
 私は先発向きと思ってましたが、前回と今回の投球を見るに頭もピッチングも「気迫」を
 前面に出すスタイルから左のセットアッパーが適任かもと思うようになりました。

☆今日の筒香嘉智☆
 見逃し三振あり、併殺打ありとプロの厳しさを次々と経験しております。
 気になったのはサードの守備。打球の反応が鈍いように感じました。少なくともレフト前に
 運ばれたヒットのうち2本は北や北川であれば捕れた打球だったかと思います。


【平塚情景】
戸田との開幕3連戦の第3ラウンドは平塚球場に舞台を移し行われました。

既に報道でご存知の方も多いかと思いますが、オフの間にスコアボードの改修工事が行われ、
得点表示以外は手書きだったものが全て電光表示に。さらに球速表示も備え、そのエリアには
「HOMERUN」「STRIKE OUT」、さらにはシーレックスのロゴやレック君の顔が表示
できるなど大きな進化を遂げていました。
そしてもう一つ大きな変更点がカウント表示がBSO表示になったことです。
当初こけら落としとなる一軍のオープン戦が雨天中止となったため、この日が「プロ野球で初めて
BSO表示の球場で行われた試合」として、晴れて球史に名を残す球場となったのでした。
バックネット裏のボードも同様にBSO表示に合計得点が表示されるようになっておりました。

この2つのスコアボード改修に1億3千万円の費用がかかったそうですが、前々から子連れさんら
が訴えておりました音響の悪さは全く変わっておらず、ここまでは予算が回らなかったのが残念
でした。

そんな球史に名を残すイベントで平塚市関係者は誰も来ず、この日ソロMCを務めました豊嶋さん
の声で点灯式が行われました。
その豊嶋さん今年で2年目を迎えたわけですが、MCぶりがすっかり板について目立たず騒がずで
スムーズに進行に務めておりました。子供の「ボール下さい」や小煩いかけっこを注意出来たりと
もっとスタンドに注意が配れるようになると宜しいのではと、彼の今後の成長ぶりを見届けるのも
観戦の楽しみの一つでもあります。

試合前は恒例の花束贈呈でしたが、この日は野球少年ではなく「ひらつか織姫」の美女2人が務め、
これには田代、猿渡監督も頬が緩み子供の時以上に口数が多かったのが印象的。
ですが、その数分後には猿渡監督は鬼の表情に変わっているのでは、というほど今日の戸田の守備
は酷すぎました。
終わってみれば、この3連戦は守備力が勝敗を分けた形となりました。

湘南は明日から再びスカスタに戻って利府の開幕戦のお供を務めます。
関内の先発ローテ事情もあり明日からの3連戦の先発が読めない状況だけに打線が引っ張って
いってほしいと思う次第です。


2010年03月21日 イースタンリーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2010年3月21日(日) 鎌ヶ谷VS浦和(ロッテ浦和)
天候:晴 試合開始:13時 試合時間:約3時間5分
審判:主審大和 一塁石山 二塁小林達 三塁工藤 公式記録員:伊藤

鎌ヶ谷 101 000 010|3
浦和  002 140 00×|7

(成績)公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなくその投手の時にはいった得点です

鎌ヶ谷
(三) 杉谷  4打数ノーヒット
(中) 関口  5打数1安打
(二) 今浪  5打数3安打
(右) 鵜久森 4打数2安打1打点
(指) 今成  3打数1安打
(一) 市川  5打数1安打
(捕) 渡部  5打数1安打
(左) 大平  4打数2安打1打点
(遊) 中島  3打数ノーヒット

●増井  4回2/3打者28人投球数94被安打12与四球1奪三振3失点7
 植村    1/3   0人    1    0   0   0  0
 吉川  2回      8人   28    3   0   2  0
 林   1回      3人   11    0   0   1  0
※植村は牽制で刺したところでイニング終了

浦和
(中)  岡田  5打数3安打1打点
(遊)  根元  5打数1安打
(右)  佐藤  4打数ノーヒット1打点
(三)  細谷  4打数4安打1打点
(指)  ムニス 3打数2安打
 打 指 定岡  1打数ノーヒット
(一)  宮本  2打数ノーヒット
 一   青野  1打数ノーヒット
(左)  清田  3打数2安打1打点
 左   角中  1打数ノーヒット
(捕)  田中  2打数ノーヒット
 捕   金澤  1打数1安打
(二)  生山  3打数2安打1打点

○小野  6回打者28人投球数70被安打6与四球3奪三振3失点2
 川崎  1回   4人   20   1   1   0  0
 秋親  1回   6人   21   2与死球1   2  1
 林   1回   4人   10   1   0   1  0


(試合経過)
1回表鎌ヶ谷
杉谷 空振り三振
関口 中越え二塁打
今浪 右飛 関口三進 二死三塁
鵜久森 遊タイムリー安 鎌ヶ谷1−0
今成 中安 二死一二塁
市川 一ゴロ

1回裏浦和
岡田 空振り三振
根元 二ゴロ
佐藤 遊ゴロ失(ファンブル)
細谷 左安 二死一二塁
ムニスの3球目にワイルドピッチ 二死二三塁
ムニス 遊ゴロ

2回表鎌ヶ谷
渡部 空振り三振
大平 左安
中島 遊ゴロ セカンド封殺のみ 二死一塁
杉谷への初球の後中島牽制死

2回裏浦和
宮本 遊ゴロ
清田 遊ゴロ
田中 遊飛

3回表鎌ヶ谷
杉谷 二ゴロ
関口 遊ゴロ
今浪 右中間三塁打
鵜久森 四球
今成  四球 二死満塁
市川 三ゴロ失(おおきく弾く) 鎌ヶ谷2−0 二死満塁
渡部 一邪飛

3回裏浦和
生山 右安
岡田 中安(エンドラン) 無死一三塁
根元の3球目に岡田二盗 無死二三塁
根元 見送り三振
佐藤 中犠飛 2−1浦和 二死二塁
細谷 左タイムリー安 2−2浦和 二死一塁
ムニス 左安 二死一二塁
宮本 空振り三振

4回表鎌ヶ谷
大平 中直
中島 遊ゴロ
杉谷 中飛

4回裏浦和
清田 遊安
田中 遊ゴロ(エンドランでファースト封殺のみ) 一死二塁
生山 四球 一死一二塁
岡田 中タイムリー安 2−3浦和 一死一二塁
根元 右飛
佐藤 中飛

5回表鎌ヶ谷
関口 遊ゴロ
今浪 右安
鵜久森 右安 今波三進 一死一三塁
今成 投ゴロ 今浪が三本間で挟殺される間に二死二三塁
市川 一ゴロ

5回裏浦和
細谷 右安
ムニス 左線二塁打 左失(大平がクッションを誤る)の間に細谷生還 2−4浦和
宮本 投前犠打 一死三塁
清田 右タイムリー安 2−5浦和
田中の初球清田二盗 一死二塁
田中 投前犠打(セーフティ気味) 二死三塁
生山 中タイムリー安 2−6浦和
岡田の2球目に生山二盗 二死二塁
岡田 右安 市川の野選の間に生山生還 2−7浦和
(ライトからの返球で岡田を一二塁間に挟む間に生山生還 岡田も二進 二死二塁)
鎌ヶ谷ピッチャー植村に交代
根元への初球の後岡田牽制死

6回表鎌ヶ谷
渡部 三ゴロ
大平 二飛
中島 四球
杉谷 空振り三振

6回裏浦和 鎌ヶ谷ピッチャー吉川に交代
根元 右安
佐藤 遊ゴロ併殺打
細谷 右線二塁打
代打定岡 空振り三振

7回表鎌ヶ谷 浦和ピッチャー川崎、キャッチャー金澤、ファースト青野、レフト角中に交代
関口 三ゴロ
今浪 中安
鵜久森 遊飛
今成 四球 二死一二塁
市川 一ゴロ

7回裏浦和
青野 空振り三振
角中 一ゴロ
金澤 右線二塁打
生山 遊ゴロ

8回表鎌ヶ谷 浦和ピッチャー秋親に交代
渡部 左中間三塁打
大平 中タイムリー安 鎌ヶ谷3−7
中島 空振り三振
杉谷 死球 一死一二塁
関口の2球目のあと秋親牽制悪投 一死二三塁
関口 空振り三振
今浪 右飛

8回裏浦和 鎌ヶ谷ピッチャー林に交代
岡田 二ゴロ
根元 中直
佐藤 空振り三振

9回表鎌ヶ谷 浦和ピッチャー林に交代
鵜久森 空振り三振
今成 二ゴロ
市川 右安
渡部 遊ゴロセカンド封殺でゲームセット

(全体感想)
まずは今シーズンもよろしくお願い致します
あわてんぼーさんのレポートにもある通り初戦は開幕からバタバタした試合でしたが、今日もそのままミスの多い試合でした
そんな中で岡田、清田、生山といった浦和の1,2年目の溌剌としたプレーと積極的な走塁に目をひかれました

(鎌ヶ谷注目選手)
■増井浩俊(日)
前日の八木の不調を受けて、今日の結果次第では一軍のローテ入りなどという声も聞かれたルーキーですが、徹底的に足でかき回されプロの洗礼を浴びてしまいました
ランナーがいない時は抜いた球を上手く使えていたのですが、足を使われたせいか頭に血が上ったのかランナーが出ると単調になり、ストレートを続けた処を打ち込まれました
浦和の走塁がよかったとしても、ワインドアップの時よりもセットポジションの方がかえってフォームが大きく見えるのと、かなり肩に負担がかかりそうなフォームが気になりました

■関口雄大(湘)
1戦目2戦目とヒットは出ているのですが、ちょっとセンターの守備がひど過ぎます
確かに鎌ヶ谷ファンは井出、新庄、森本、糸井、紺田、村田・・・とセンターには恵まれていた為贅沢になっているのかもしれませんが、それにしてもあの守備範囲の狭さとおかしな打球の追い方はかんべんして欲しいです

(浦和注目選手)
■岡田幸文(ロ)/清田育宏(ロ)/生山裕人(ロ)
3人併せて7安打に3盗塁 その他にも積極的な走塁が目立ち、この3人に神経をつかった後に細谷やムニスが出てくるんですからそりゃ増井もたまったもんじゃありません
岡田の全部セーフティになりそうな送りバント、清田の大きな構えなのに追い込まれると軽くライト前に合わせる器用なバッティング、生山の守備でも魅せる軽快なフィールディング…と上手く育てばマリーンズの新しい1〜3番として売り物になる面子だと思います


2010年03月21日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:WIZさん/子連れさん

■報告者:WIZれさん

2010年3月21日(土)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東京ヤクルト 2回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL長井、1B深谷、2B小椋、3B村山
記録員:中村
観客数:878名
試合時間:2時間58分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ヤクルト 300 052 000  10  15  1
湘  南 100 000 000   1   5  3

【投手継投】
ヤクルト デラクルス(3回)−○高木(5回)−鎌田(1回)
湘  南 ●小杉(5回)−福田(1回)−秦(1回)−松山(2回)

【得点経過】
  1回表(ヤ) 二死満塁で衣川、レフト前タイムリー&森笠後逸で走者一掃(湘0−3ヤ)
  1回裏(湘) 二死3塁で筒香、ライト前タイムリー(湘1−3ヤ)
  5回表(ヤ) 一死2塁で武内、ライトオーバー2ベースタイムリー(湘1−4ヤ)
         一死2塁で中尾、ライトへ2ベースタイムリー(湘1−5ヤ)
         一死2塁で衣川、レフトスタンドへ2ラン(湘1−7ヤ)
         二死2・3塁で上田、セカンド内野安打タイムリー(湘1−8ヤ)
  6回表(ヤ) 二死1塁で衣川、レフトスタンドへ2ラン(湘1−10ヤ)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東京ヤクルト>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
3B 上田  中飛投安  空振二安  二ゴ            521001100
CF
2B 川端  中安中飛    一ゴ    右安          520100000
               二ゴ
LF 野口  空振  中飛  左安右飛              410100100
CF 松井淳               四球          000000010
LF
1B 武内  左2  一ゴ  右2四球  空振          421300110
CF 中尾  四球  二ゴ  右2空振  中犠          311200110
LF
P  鎌田                            000000000
C  衣川  左安    右安左本左本  空振          545220100
RF 高井  遊ゴ    中飛二失空振    中飛        500100100
SS 森岡    左安  右安中安  二ゴ  右飛        530000000
P  デラクルス   投ゴ                      100000000
H  水野        空振                  100000100
P  高木          見振  空振            200000200
H  吉本                  見振        100000100
3B
・松井淳、6回の守備より出場。
※2回、デラクルスの投ゴ→送りバント失敗。1−6で1塁走者アウト。
※2回、一死1・2塁で2塁走者デラクルス、牽制死。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  中安  一ゴ  遊安  二ゴ            420100000
SS 梶谷  捕犠  投失  二飛    三ゴ          300000000
2B 北   二ゴ  二ゴ  一ゴ    右飛          400001000
3B 筒香  右安  空振    空振  二ゴ          411000200
1B 高森  四球    遊ゴ  左2    四球        210000020
C  黒羽根 空振    見振  空振    空振        400000400
LF 森笠    中飛  左飛                  200000000
LF 桑原義           一ゴ              100000000
H  新沼                  中飛        100000000
DH 武山    中飛    中安                210000000
DH 北川              二ゴ  中飛        200000000
RF 坂本    見振    二ゴ                200000100
H  下窪              三ゴ            100000000
RF
・桑原義、5回の守備より出場。
※1回、北の二ゴ→進塁打。


【投手成績】
<東京ヤクルト>
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責
  デラクルス   3回   67 13  2  3  1  1  1
 ○高木    5回   64 13  3  4  0  0  0
  鎌田    1回   20  4  0  1  1  0  0

<湘南>
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責
 ●小杉    5回  101 29 13  4  1  8  5
  福田    1回   19  5  1  2  1  2  2
  秦     1回   14  3  0  1  0  0  0
  松山    2回   43  8  1  3  1  0  0


【その他】
※カウントは「ボール−ストライク」で表現しております。
■盗塁成功
 <ヤクルト>上田:5回、二死1・3塁で打者川端の初球。二死2・3塁に。
 <湘  南>北 :3回、二死1塁で打者筒香0−1からの2球目。
■失策
 <ヤクルト>デラクルス:3回、一死無塁で梶谷のセーフティバントを1塁へ悪送球く。
 <湘  南>森笠:1回、二死満塁で衣川のレフト前を後逸。
      筒香:5回、一死無塁で高井のサードファールフライを落球。
      北 :5回、一死無塁で高井のセカンドフライを落球。
■ボーク
 <湘  南>小杉:5回、一死1塁で1塁への牽制時に。一死2塁に。


【試合展開】
○1回表 戸田の攻撃
 一死1塁で武内の当たりは左中間へエンタイトル2ベースとなり2・3塁と先制のチャンスを
 掴みます。
 続くは昨日4安打の中尾。昨日もマスクを被った黒羽根は警戒したか、勝負を避けた形で
 ストレートの四球で歩かせます。
 満塁となり衣川の当たりはレフトへのライナー。レフト前に落ちてタイムリーとなりましたが、
 このバウンド処理をレフト森笠が誤り後逸。この間に1塁走者も生還し一挙3点を先制します。
○1回裏 湘南の攻撃
 先頭打者の松本がヒットで出塁。送りバントと進塁打で二死3塁とすると、筒香がプロ初ヒット、
 初タイムリーとなるライト前で1点を返します。
○5回表 戸田の攻撃
 一死後、野口がヒットで出塁。さらに湘南先発・小杉のボークで2塁へ進むと武内、中尾の連続
 タイムリーで2点を加点。
 続く衣川の当たりはレフトへの高いフライ。これが風に乗ってあれよあれよと打球はスタンドへ。
 フェンス際まで懸命に追いかけた桑原義もガックリ。
 無走者となり仕切り直しをしたい小杉でしたが、今度は守備が足を引っ張ります。
 続く高井は初球をサードへのファールフライを打ち上げますが、筒香がこれを落球しファール。
 生き延びた高井でしたが打った打球はセカンドフライ。しかし今度は北がこれを落球してしまいます。
 相手から頂いたチャンスを確実にモノにするのがスワローズの野球。
 森岡が続き、上田のセカンドへの内野安打の間に更に1点を加点。
 結果、この回打者一巡で5点を挙げ勝負を決めました。
○5回裏 湘南の攻撃
 先頭の武山がヒットで出塁。一死後、松本のショートへの鋭いライナーを森岡が一度はグラブに
 収めるものの、弾き返し一死1・2塁と反撃ムードを作ります。
 しかし梶谷、北が倒れ無得点。
○6回表 戸田の攻撃
 二死1塁から衣川が場外へ運ぶ特大弾で2打席連続ホームラン。トドメのトドメを刺しました。


【選手感想】
<東京ヤクルト>
■衣川篤史(ヤ)
 昨日が中尾なら今日はこの人。2打席連続弾を含む4安打5打点の活躍。
 一打席目は満塁できっちりとレフト前に運べば、四打席目はそのパワーで場外へ軽々と運び
 嫌らしさあり、迫力ありと強烈な印象を残しました。
 中村が守備でアピールしていることもあり、この打撃を維持して一軍枠に喰い込んでほしい
 ところです。

■森岡良介(ヤ)
 衣川の影に隠れがちですが、彼も昨日の中尾に続けと言わんばかりに左中右へとヒットを
 飛ばしました。いずれも2球目を叩いてのもの。積極性が生んだ結果とも言えるでしょう。
 裏を返せばマスクを被った黒羽根は研究不足。

<湘南>
■小杉陽太(湘)
 初観戦となった3/2の大田と比較すれば球威は増し、低めに球が来るようにはなりましたが、
 それでも大半は高めに入り前回同様に連打の嵐。
 この人は低めへの投球が生命線だけに、藤江同様早いとこ調子を取り戻してほしいところです。

■松山傑(湘)
 この日の収穫を敢えて挙げれば初観戦となった彼の投球でしょう。
 日本ハム時代の結果を見るとまだまだ基礎作りが必要、チャレンジマッチ要員かと思いましたが、
 はっきり言って今日登板した4人の中で一番内容も良く、何より気迫が伝わった内容でした。
 球威あるストレートと落ちる球の2球種だけの組み立てでしたが、変化球がうまく生きたので
 しょうか。ストレートで空振りを取ることが多かったです。
 圧巻はこれまで4安打と猛威を振るった衣川をそのストレートで空振り三振に仕留め、
 次イニングの最終打者・吉本には3−2から低めギリギリいっぱいで見逃し三振を取った場面。
 やや成長に停滞が見え始めた阿斗里、佐藤、田中の高卒トリオと同級生だけに、彼らのケツを
 叩く存在になり、4人で切磋琢磨の成長を遂げてほしいところです。

☆今日の筒香嘉智☆
 一打席目に待望の公式戦初ヒットをライト前へ鋭いライナーで運び、同時にプロ初の打点も
 挙げました。オメデトウ。
 しかしその後は公式戦初三振を含む音無し。
 更に風に煽られたもののファールフライを落球とプロ初エラーも記録と、いろんな意味で
 プロ初記録を生み出しました。おめでとう・・・。


【横須賀情景】
1500人を集め、横須賀市長、アイドルを含め多数の来賓が訪れ華やかな開幕を迎えた
スカスタでしたが、一夜明けるといつものスカスタに戻りました。
応援団のいない戸田攻撃時には聞こえてくるのは暴風の音だけと、ファームの試合らしい雰囲気で
行われた戸田との第二ラウンド。

なんとか3失点で切り抜けていた小杉が5回に炎上。追い上げムードが断たれたところで
強風の影響による落球パレードで湘南若手野手陣の集中力は完全にプッツンと切れてしまいました。
終わってみれば15安打10失点の大敗。昨日一軍でこんな試合やりましたと再現VTRを
見せつけられた内容でした。

一方戸田は教育リーグで毎試合5点以上挙げてきた打線が再びエンジン稼働。
中尾、衣川、森岡の打撃は驚異的で、これでお得意の足を絡める野球をされたら今の湘南投手陣
ではお手上げという状況でした。

試合終了時には半分に減った観客を新生dianaがお見送り。
昨年までは平塚の夜が似合っていた彼女たちも尾花監督の方針に従ったのか、私好みの黒髪の娘が
増え、惨敗を忘れさせるほど目で保養させて頂き帰宅の途に着きました。





■報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs戸田 2回戦 3月21日(春分の日 日曜日) 13:00 横須賀

公式記録員
     <結 果> 湘南1勝1敗  試合時間・2時間58分  観衆・878名
                        R H E
        戸 田 300 052 000 10 15 1

        湘 南 100 000 000 1 5 3

         戸田 デラクルス(3回) ○高木(5回) 鎌田(1回)
         湘南 ●小杉(5回) 福田(1回) 秦(1回) 松山(2回)

         (本塁打)衣川1号(5回表2ラン 投手・小杉)
              衣川2号(6回表2ラン 投手・福田)

     『雑 感』
        春雷を伴った早朝の暴風はすっかり抜け、昨日にも増して鷹取側は
       澄んで引き始めていました。木によってはだいぶピンク色を見せてい
       るソメイヨシノ、夏島の喫煙所のそれはまだ少し先になりそうでした。
        八景のご隠居と並んで座り、頂いたカップ酒舐めながら開門前の列
       を眺めていたのですが「えらく少ね〜なぁ〜」の弁の通り、開幕を終
       えた二日目はWIZさんもお書きの如く『いつものスカスタ』に戻っ
       ていたのでした。
        昨日に引き続きテントが出て、「横須賀旨い物店」から漂う食指が
       動く香りと共に開門。選手はグランド整備の関係で長浦で練習だった
       ため、静かなスタンドでした。
        この開幕3連戦は、小林ー藤江ー小杉を並べてくるだろうと予測を
       たてて臨んだところ、開幕は藤江2戦目は小杉でした。小林は3戦目
       の平塚かな?とも観たのですが、戸田での炎上が気になるところ。も
       しかして、長浦蟄居にでもなったか・・阿斗里同様に姿が見えないの
       が心配です。
        さて試合、小杉は球が低くまとまらず、戸田打線にしっかりと捉え
       られていました。昨日、逆転満塁本塁打で課題の打撃がアピール出来
       た黒羽根ですが、昨日の試合は記憶にないのか、2戦目は白紙の状態
       で臨んだようです。そう観えるほど、小杉の出来が悪く修復不能なま
       ま5回に引導を渡されたのでした。<つづく>


2010年03月20日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:子連れさん/WIZさん

■報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs戸田 開幕戦(1回戦) 3月20日(土曜日) 横須賀

<雑 感> ※湘南8:3戸田 湘南1勝
R H E
    戸 田 010 200 000 3 7 1
    湘 南 000 014 03× 8 10 1

湘南 藤江ー桑原謙ー佐藤ー弥太郎ー高崎
    戸田 高市ー松井ー日高
        (勝)藤江  (負)高市


  鷹取川はゴミひとつなく、ゆっくりと引いていました。濁りのない川面の所どころに
さざ波が始まり、天気予報のごとく、春の嵐が予想されました。「なあ、ボラよ。新潟へ
今年こそ、連れてって、やるぞ!」と、まだ沖で流れている連中に固く誓って、球場へと
向かったのでした。

 管理人さん、みなさん、本年もお世話になります。

  開門前に荒れ狂った風は一旦おさまったものの、試合中スタンドもお供し、なかなか
大変な観戦となりました。愛煙家を窮地に陥れる神奈川県、スカスタも見逃さず全面禁煙
昨シーズンまでの喫煙所も撤去され、球場正面の桜の木の下に昨年まで場内にあった灰皿
が置かれていました。「選手などの喫煙所をどうするかが悩みでして・・」と関係者。
わざわざチケット見せて桜の木の下まで行くのも難儀、中学生時代思い出して便所で・・
との像が浮かんだのでした。
 開幕戦らしく飲食店のテントが並び、更新された球団踊り子dianaや西洋人形を彷
彿させるオフィシャルレポーターの愛さんやブログ優等生のケチャップさんに迎えられて
開門。久しぶりに開門前の列が、売店前でさらに折り返していたのでした。(開幕イベン
トに呼ばれた「東京女子流」とか言う幼女タレント目当ての方も含みますが・・)
 湘南ユニをポンポンナイナイに着た吉田横須賀市長の簡潔な挨拶や、印籠に「電通」と
丹塗りされている球団社長、横須賀市の公園関連を納める公団の親方の始球式で2010
年の「新潟への軌跡」が始まったのでした。<申し訳ありませんが、つづく>





■報告者:WIZさん

2010年3月20日(土)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−東京ヤクルト 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL村山、1B長井、2B深谷、3B小椋
記録員:中村
観客数:1562名
試合時間:3時間4分(正式記録ではありません)

【スコア】
                   R   H  E
ヤクルト 010 200 000   3   7  1
湘  南 000 014 03×   8  10  1

【投手継投】
ヤクルト ●高市(6回)−松井光(1回1/3)−日高(2/3)
湘  南 ○藤江(6回)−桑原謙(1回)−佐藤(1/3)−弥太郎(2/3)−高崎(1回)

【得点経過】
  2回表(ヤ) 一死1・3塁で吉本、レフトへ犠牲フライ(湘0−1ヤ)
  4回表(ヤ) 一死3塁で中尾、センター前タイムリー(湘0−2ヤ)
         二死1・2塁で新田、レフト前タイムリー(湘0−3ヤ)
  5回裏(湘) 無死3塁で黒羽根、サードゴロの間に3塁走者生還(湘1−3ヤ)
  6回裏(湘) 二死満塁で黒羽根、レフトスタンドへグランドスラム(湘5−3ヤ)
  8回裏(湘) 無死2塁で北、レフトスタンドへ2ラン(湘7−3ヤ)
         一死無塁で高森、レフトスタンドへソロ(湘8−3ヤ)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<東京ヤクルト>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
2B 川端  一直  捕ゴ  遊ゴ  四球  中飛        400000010
RF 高井  右飛  中飛  中飛  空振  遊失        500000100
DH 野口  空振    四球左飛  遊ゴ            300101110
1B 武内    右2  一ゴ  死球空振            310100101
LF 中尾    右安  中安  中2  左安          441100000
CF 松井淳   空振  空振  一ゴ              300000200
H  志田                二直          100000000
CF
3B 吉本    左犠  右安  四球              111000010
H  上田                投ゴ          100000000
3B
C  新田    遊飛  左安  二直  空振          411000100
SS 森岡      見振遊飛  二ゴ    三ゴ        400000100
※2回、武内の右2→一塁線のゴロをファースト高森が弾きファールゾーンへ。その間に2塁到達。
※4回、武内の一ゴ→進塁打。一死2塁に。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
CF 松本  一ゴ    左2  見振四球            310000110
SS 梶谷  二ゴ    捕飛  二安  中安          420201000
2B 北   一ゴ    空振  二失  左本          412210100
3B 筒香    中飛  二邪  中飛  二ゴ          400000000
1B 高森    右安    右3四球  左本          331310010
C  黒羽根   遊併    三ゴ左本  四球          315110010
LF 森笠      空振  投安                210000100
R  桑原義           見振  左安          210000100
LF
RF
DH 武山      三ゴ  空振                200000100
DH 北川              中飛            100000000
DH 新沼                空振          100000100
RF 坂本      空振  空振                200000200
H  下窪              右飛右飛          200000000
LF


【投手成績】
<東京ヤクルト>
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責
 ●高市    6回   88 25  6  7  1  5  2
  松井光 1回1/3  42  9  4  0  2  3  3
  日高   2/3    6  2  0  1  0  0  0

<湘南>
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責
 ○藤江    6回   95 27  6  4  3  3  3
  桑原謙   1回   21  4  0  2  1  0  0
  佐藤   1/3    6  2  1  0  0  0  0
  弥太郎  2/3    7  2  0  1  0  0  0
  高崎    1回    8  3  0  0  0  0  0


【その他】
※カウントは「ボール−ストライク」で表現しております。
■盗塁成功
 <ヤクルト>野口:4回、無死1塁で打者武内2−1からの4球目。
 <湘  南>梶谷:8回、無死1塁で打者北の初球。
■盗塁失敗
 <ヤクルト>高井:9回、二死1塁で打者野口の初球。
 <湘  南>松本:7回、二死1塁で打者梶谷の初球。
■失策
 <ヤクルト>川端:6回、一死1塁で北のセカンドゴロを弾く。
 <湘  南>梶谷:9回、二死無塁で高井のショートゴロを後逸。
■暴投
 <湘  南>桑原謙:7回、二死2塁で打者武内1−2からの3球目。走者3塁へ。


【試合展開】
○2回表 戸田の攻撃
 先頭打者武内の打球は一塁線上へ。ファースト高森が飛びつくもグラブに弾きライトファール
 ゾーンへ。その間に武内は2塁まで進みます。中尾が続き無死1・3塁とすると、吉本が犠牲
 フライを放ち戸田が先制します。
○2回裏 湘南の攻撃
 一死後、高森がヒットで出塁。続く黒羽根の1−0からの2球目にエンドランを敢行。
 しかし黒羽根の打球はショートへの速いゴロで6−4−3の併殺。戸田先発・高市は
 してやったりの笑顔でベンチに引き揚げます。
○4回表 戸田の攻撃
 先頭打者の野口が四球で出塁すると、盗塁と進塁打で一死3塁に。
 中尾がタイムリーを放ち2点目。さらに新田にもタイムリーが飛び出し3点差とリードを
 広げます。
○5回裏 湘南の攻撃
 先頭打者の高森が右中間を破る3ベースを放ち出塁。続く黒羽根がサードゴロの間に生還し
 1点を返します。
○6回表 戸田の攻撃
 先頭打者の武内が死球で出塁。続く中尾は猛打賞となるセンターへの2ベースで無死2・3塁。
 一死後、吉本が四球で歩き一死満塁と中押しのチャンスをつかみます。
 続く新田の打球はセカンドへの鋭いライナー。これを北が反応よくジャンプキャッチし二死。
 森岡をセカンドゴロに打ち取り湘南先発・藤江が何とか踏ん張りました。
○6回裏 湘南の攻撃
 一死後、梶谷がボテボテのセカンドへの内野安打で出塁。続く北のセカンドゴロを川端が
 弾いてしまい1・2塁とします。筒香が倒れ、高森が四球で歩き二死満塁。
 ここで黒羽根が打った瞬間に分かるレフトスタンドへ満塁弾を放ち湘南が逆転します。
○8回裏 湘南の攻撃
 梶谷がまたも渋いゴロでセンター前へ運び出塁すると、北が左方向へ鋭いライナーで
 レフトスタンドに運び2ラン。さらに高森にも一発が飛び出しダメを押します。
○9回表 戸田の攻撃
 二死後、高井がエラーで出塁し初球に盗塁を敢行するもアウトでゲームセット。



【選手感想】
<東京ヤクルト>
■高市俊(ヤ)
 強風による長打を浴びたものの5回まで1失点5奪三振と好投。
 戸田の開幕投手としてこれ以上の人選はない投球を見せ、湘南ファンとしては3点差を
 つけられた時点で敗戦をほぼ決めかけていました。
 しかし6回に急転。一死後の内野安打とエラーさえ無ければ・・・
 高森は前打席の長打が頭にあったか、1ストライク後4球連続ボールで歩かせ満塁に。
 そして一打席目に注文通りの併殺に打ち取った黒羽根にまさかの満塁弾を浴びてしまいました。

■高井雄平(ヤ)
 「野手・高井」としては初観戦となりました。
 打者転向の影響か体がますます(横に)大きくなったような気がします。
 相当オフ、キャンプで振り込んだと思わせる鋭いスイング。内角に対して腕をうまくたたんで
 カットするなど半年前まで投手だったことを忘れさせるほどバッティングが様になっていました。

■中尾敏浩(ヤ)
 昨年のイースタン打率5位の実績が実力だったことを早くも認めさせる4−4の内容。
 それも全方向へ逆らわず運んだのは見事としか言いようがありません。
 ポスト青木の最有力として早々に一軍の檜舞台で暴れるのも近いのではないでしょうか。

<湘南>
■筒香嘉智(湘)
 いろいろあった開幕戦でしたが、一番の注目はやはり彼でした。
 一番の印象はバットスイングの速さ。村田、吉村を凌ぐものがあります。
 やはり課題は変化球への対応かと思います。まだプロの変化球への馴れと配球を読む力が
 備わっていないためか、スイングのタイミングが若干遅くなってしまっているように
 感じました。そのためバットにとらえても差し込まれフライになってしまうのではないでしょうか。
 そういう意味で一軍帯同より数多く打席に立てる湘南に降格させたのは正解かと思います。
 この一年、彼の成長ぶりをじっくり見ていきたいと思います。

■藤江均(湘)
 よほど彼と赤い糸で結ばれているのか、観戦3試合全て先発で登板してます。
 この日は球威もそこそこあり、何球かフォークで空振りが取れるようになり徐々に本来の
 投球を取り戻しつつあります。
 2回の失点はやむを得ない部分があるも、4回の失点と6回のピンチは先頭打者を四死球で
 出したのがきっかけ。先頭打者に対しての投球が今後の課題でしょうか。

■黒羽根利規(湘)
 一打席目に悔しい併殺打に倒れたものの、逆転満塁弾で汚名返上。
 この日はライト方向からレフト方向へ強い風が吹いていたとはいえ彼だけでなく北、高森の
 本塁打もすべて風の影響ではなくリストの強さで持って行った打球に見えました。
 リード面では、高めを取る村山ゾーンを把握するや、これを有効活用しこの日もまた不安定な
 藤江を助け、今日は攻守で開幕勝利に貢献しました。

【横須賀情景】
詳しくは後日子連れさんの観戦記で詳しく触れるかと思いますので簡単に。

教育リーグでは野手陣が少ない上に11試合中5試合を雨で流し調整不足が懸念され、
「祝・開幕」も不安の方が大きい中でこの日を迎えました。
しかしグラウンドを見ればスタメンのうち6人が高卒の若手で固められ、ファーム愛好者としては
実に理想的な布陣を敷いてのスタートとなりました。

試合は前半が戸田、後半は湘南が主導権を握り、結果湘南が逆転勝利となりました。
ポイントは6回表の一死満塁のピンチを藤江が乗り切ったことではないでしょうか。
戸田先発の高市はそれまで完璧でしたが、味方のエラーがあったとはいえ黒羽根に対しての
痛恨の1球が悔やまれました。

昨年は雨、今年は強風とスカスタの開幕戦はとにかく天気が荒れます。
2年連続で開幕投手を務めた藤江にはこの荒天のような荒々しい投球を取り戻してほしいところです。


  ■掲示板@2軍愛■