【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2010年04月15日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs鎌ヶ谷 5回戦 4月15日(木曜日) 18:00 平塚

    <結 果> 5回戦
                         R H E
         鎌ヶ谷 010 000 000 1 7 2

         湘 南 000 000 22× 4 7 0  湘南3勝2敗

            (勝)篠原3試合1勝 (S)弥太郎6試合1勝1S

            (負)加藤武5試合1敗

             回  打 安 責          回 打 安 責
<継投>鎌ヶ谷 木 下 51/3 17 1 0  湘 南 大 家 3 13 4 1

        宮 本  2/3 3 0 0      阿斗里 3 11 1 0

        加藤武  1  6 3 1      篠 原 1 4 0 0

        榊 原  1  6 3 2       秦  1/3 1 0 0

                           吉 見 2/3 3 1 0

                           弥太郎  1 4 1 0

          ※暴投 宮本 6回裏 野口の3球目 2塁走者進塁

<得点経過> 2回表 鎌ヶ谷 1点 二死から、渡部レフトタイムリー2塁打

       7回裏 湘 南 2点 二死3塁、高森センター越タイムリー

                  二死2塁、大西レフトタイムリー+エラー

       8回裏 湘 南 2点 一死1塁、山崎レフト越タイムリー2塁打

                  一死2塁、北 右中間タイムリー3塁打

    <アンパイヤー/記録員>

      PL 原信一朗 1B 深谷 篤 2B 小椋好高 3B 山口義治

       記録員・村林弘之(主任)

          <試合時間>2時間35分(18:00〜20:35)

          <観  衆>474名

          <天  候> くもり  6℃ 86% 風・←弱

          <イベント> なし

       『雑 感』
          競技場の西側入口にあった桜は、倒木の危険から1/3
         が伐採されましたが、枝は生き残りちょうど満開の花を魅
         せていました。傷ついた分、成長が遅くなって、ようやく
         「咲かせました」と嬉しそうに寒風に揺れていました。昨
         年「伐採予定」の赤札がぶら下がっていた時には心配して
         いました。生き残って咲いた姿を、2軍にクスぶる連中や
         「挫折」に困惑する若い方々へ見せてあげたいと思ったの
         でした。「北風が吹けば、南風も吹く・・季節になれば花
         は咲く」 マウンドには、大家が上がっていました。

          「あっちの球が良くて、この球がダメだったのに、この
         球をまた投げるわけでしょうからね・・」と大家に関して
         ある球団関係者から耳にしました。詳細は、この夜スタン
         ドや関係者入口中で取材されたマスコミの記事や球団のコ
         メントをご覧ください。私は子連れの子へ「復刻版大家を
         観た」と、帰宅後に報告致しました。

          教育リーグ開幕当時に逆行した気温の平塚夜間試合、名
         物の「そばう・どん」もスタンドへ持ち込む頃には冷めて
         いました。終盤になるほど底から冷えてきて、北篤の4点
         目のタイムリーですら「ココで打つかね・・読めよ!」と
         叫びたくなったほどでした。

          鎌ヶ谷先発の木下は5回まで無安打、「打たれるまで行
         かせる」との指示で6回表まで登板。しかし、先頭の大西
         に追い込んでいながら10球目をセンター前へ打たれての
         降板・・健闘の拍手に脱帽して応えるほど手ごたえがあっ
         たのでしょう。130キロ台の球速ながら、外内へ緩く散
         らし、時に急速な落ち気味な球で翻弄の木下でした。絞り
         ずらいのか、たまたまなのか、4月6日鎌ヶ谷で散々だっ
         た木下、今宵は成功した内容でした。このようなタイプの
         投手が以降、輝くか転職かは、今のコーチの指導次第でし
         ょう。「俺を知らないのか!」と関係者駐車場へ車を入れ
         ようと、警備員とやり合うコーチもおられますが、そんな
         コーチから優秀な選手は育たないのではと思うのです。も
         ちろん、鎌ヶ谷のコーチへの苦言でなく、時折見受けられ
         る、不特定球団の事例です。誤解なく・・
          球に癖のある楽しみな木下の好投を受け継ぐべく2番手
         は宮本。しかし、暴投と四球で2−3塁にし、からくも山
         崎へ10球投げて3塁ゴロと、相変わらず定まらない内容
         で運よく切り抜けたのでした。
          今宵の「元同僚対決」は7回裏、マウンドには加藤武治
         が登場でした。あまり面識のない北篤にレフトへ打たれて
         面識ありすぎるDH佐伯の場面。もしこの時佐伯がニコニ
         コしていたら、この男相当な技量人です、初球を3塁へ見
         事に送りバント。「意表」と言う言葉をほとんど実感する
         ことがないのですが、このバントには底冷えのベンチで、
         白い息と共に言葉が漏れました。ドタドタと全力疾走する
         おじさんの太ももは張っていましたが・・このおじさんの
         貢献が以降、高森・大西の安打を産んで湘南が逆転。すご
         い「餞別」を、加藤はプレゼントされたでしょう。
          8回に榊原から3連打で、とどめ以上の2点を挙げた湘
         南が「首位攻防戦」を勝ち越した試合でした。ただし、喜
         びよりも、異常気象な「寒さ」ばかりが印象を上まったの
         は事実でしょう。不振から戻ったメカゴジラさんも観戦、
         帰途しばし、ご一緒致しましたが、勝ち試合の帰り道は、
         どなたも「笑顔」でした。
          「子連れ」+「豊嶋さん」@平塚=湘南勝利 の方程式
         は、今シーズンも続いているようです。


2010年04月14日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(浦和)報告者:横須賀マリンさん

4/14イースタンリーグ  川崎vs.浦和 ジャイアンツ球場

浦和 420 210 000 9
川崎 000 002 000 2

浦和投手 香月6回−大谷1回−松本1回−林1回
川崎投手 オビスポ3回−栂野2回−中里1回−藤田1回−マイケル1回−上野1回

本塁打 宮本(浦和)1回3ラン

試合経過:
1回表に宮本のライトへの3ラン本塁打で3点、
さらに田中雅の左中間タイムリー2塁打で1点追加し計4点
2回表に二死満塁で竹原の遊ゴロを円谷が弾き2点
4回表に二死二三塁で竹原が詰まりながらもレフト前に2点タイムリー
5回表に岡田がレフトへタイムリーヒットで1点追加
6回裏に橋本がライト前にタイムリー、藤村のセカンドゴロで2点


香月(浦和) 6回被安打4失点2で勝ち投手。6回はコントロールが甘くなってしまう。
      スタミナ面で不安はあるが、今季中に一軍を経験させたい投手です。
宮本(浦和) プロ入り第2号ホームラン。守備も無難にこなす。
根元(浦和) 先日頭部に死球を受けてから欠場していましたが、この日から復帰。
林 (浦和) 浦和の今季の守護神。昨年の公式戦登板はたったの5試合だったが、今季はすでに9試合目の登板。
      ストレートのMAX148kmと速い。期待の若手投手がようやく芽を出しつつあります。


大田(川崎) 途中出場も2打席連続三振。
      完全なボール球のスライダーを空振りし、ストレートは振り遅れ、ストライクはあっさり見逃しと
      壁にぶち当たっています。


2010年04月14日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs鎌ヶ谷 4回戦 4月14日(水曜日) 18:00 横須賀

  <結 果> 4回戦(2勝2敗)
                          R H E
          鎌ヶ谷 000 110 000 2 4 0

          湘 南 000 000 100 1 4 2

          (勝)矢貫 3試合3勝 (S)山本 8試合3S

          (負)小杉 4試合1勝2敗

           ※暴投 小杉 4回表 3塁走者生還

               回 打 安 責          回  打 安 責
   <継投>鎌ヶ谷 矢 貫 7 25 3 1  湘 南 小 杉 5  21 3 0

           松 家 1 4 1 0      佐 藤 1/3  1 0 0

           山 本 1 3 0 0      高 崎 12/3 5 1 0

                            吉 川 1  4 0 0

                            ブーチェ
                              ック 1  3 0 0

  <得点経過> 4回表 鎌ヶ谷 1点 無死1−3塁で、小杉暴投

         5回表 鎌ヶ谷 1点 二死1−2塁で、D山崎タイムリーエラー

         7回裏 湘 南 1点 二死3塁で、黒羽根レフトへタイムリー

    <アンパイヤー/記録員>

      PL 山口義治 1B 原信一朗 2B 西本欣司 3B 深谷 篤

        記録員・村林弘之(主任)

          <試合時間>2時間33分(18:00〜20:33)

          <観  衆>471名

          <天  候> くもり 9℃ 82% 風・→時々↓

          ■試み・・鎌ヶ谷の先発スタメンのコールを鎌ヶ谷の
               うぐいす嬢(たきつぼ りえさん)が読み上げ
               たそうです。湘南はいつものようにケチャッ
               プさん、グランドレベルでの進行は豊嶋さん
               が行っていました。
        『寸 感』
           仕事が長引き、試合もだいぶ進んでの到着でした。球場の
          そばまで来ても物音が聞こえず、照明灯のみ寒中を思わせる
          空気を貫いていました。ちょうど鎌ヶ谷の攻撃中だったよう
          で、昨夜につづき今宵も3塁側からは笛太鼓の音はなく、だ
          から静まり返っていたのでした。
           オフからシーズン直後、横浜ー北海道の両チーム間では交
          換トレードが盛んで、その全員が上にいればいいのですが、
          まあそうもいかず、おかげで「元同僚」対決が観られると言
          う興味が加わりました。
           昨夜は、石井と湘南打線でしたが、石井の調子が芳しくな
          く、さらに打線の温情もなく、一方的な湘南得意の「弱い者
          いじめ」が展開されたのでした。今宵は、松家と湘南打線が
          実現しました。長期的ビジョンを構築し、着実にそれを手中
          に納めている松家にとって、今回のトレードは彼のビジョン
          にどう左右したのか知りたいところですが、「1軍定着」の
          結実には湘南も鎌ヶ谷も「変わらない」あたりが解答でしょ
          うか・・
           8回裏1点リードで3塁側ブルペンから松家が登場。相変
          わらずスマートな姿でした。フォームが少し下がり気味にな
          ったと感じたのは私だけでしょうか。先頭の森笠を打取った
          のですがセカンド内野安打。代打佐伯でスタンドが盛り上が
          る中、一人関せず、直球と角度の鋭い球で佐伯に的を選ばす
          ことなく泳がせてのレフトフライに打ち取ったのでした。そ
          して、おじさん2名よりははるかに仲が良い梶谷との勝負。
          「抑えてやる」「打ってやる」という2名の心の叫びが聞こ
          えるかの対決は見ごたえがありました。結果はフルスイング
          の空振り三振。よほど悔しかったのでしょう、梶谷はバット
          を叩きつけて叫んでいました。二死を取り後輩にあたる山崎
          を簡単にファーストフライに仕留めて、松家の勝ち。打者4
          人14球は、松家の成長を観ました。
           そういえば、何年前でしょうか。鎌ヶ谷でうぐいす嬢に、
          「マツケ」とコールされた「マツカ」ですが、その時の声
          は、たきつぼ りえさんだったのでしょうか・・

           9回裏、このごろは鎌ヶ谷の抑えのエース山本の球を、芯
          で捉えていた湘南打線でしたが、すべて正面へのあたり・・
          運悪く、守備はお見事も打撃不振の大西が二死で回って来て
          現状通り空振り三振でゲームセットでした。
           オバQさんご愛用の石油ストーブをガンガン焚いても効き
          目薄いほどに、この夜の冷え込みはかなりのものでした。そ
          うと痛感したのか、2時間33分と展開も早く、ケガしない
          うちにサッサと帰ろうや・・とでも気持ちの連携が出来てい
          たかのようでした。
           まだ早いのですが、首位攻防戦は1勝1敗・・3戦目は場
          所を平塚へと移しますが、今宵よりも低い温度が予報されて
          「低温に関する情報」も発令。凍える中、熱い試合を期待致
          しましょう。


2010年04月13日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs鎌ヶ谷 3回戦 4月13日(火曜日) 18:00 横須賀

<結 果> 3回戦
                         R H E
         鎌ヶ谷 010 000 000 1 3 0

         湘 南 003 010 41× 9 11 1  湘南2勝1敗

          (勝)藤江 3試合2勝  (負)糸数3試合1勝2敗

        本塁打・坂本(プロ初)1号2ラン 2回裏逆風右中間スタンド

                回 打 安 責         回  打  安 責
  <継投>鎌ヶ谷 糸 数 51/3 25 7 4  湘南 藤 江 5 18 2 0

          須 永  2/3 2 0 0     小 林 3  9  1 0

          石 井   1 8 3 4     福 田 1  3  0 0

          菊 地   1 5 1 1

            ※捕逸 尾崎 6回裏 筒香の5球目(振り逃げ)

<得点経過> 2回表 鎌ヶ谷1点 一死1−2塁、市川センター前タイムリー

       3回裏 湘 南3点 一死3塁、坂本右中間2ラン

                 一死3塁、山崎ライト犠牲フライ

       5回裏 湘 南1点 二死2塁、梶谷センター前タイムリー

       7回裏 湘 南4点 一死2−3塁、筒香ライト前2点タイムリー

                 二死1−2塁、野口センター前タイムリー

       8回裏 湘 南1点 二死1塁、北 左中間タイムリー2塁打

            ■失策 B山崎 大平の1塁ゴロをお手玉

             盗塁 E梶谷 3回裏2→3塁へ(投手・糸数)

                E梶谷 7回裏1→2塁へ(投手・石井)

             死球 G森本 9回表 福田の5球目(大事に至らず)

    <アンパイヤー/記録員>

PL 深谷 篤(セ) 1B 山口義治(パ) 2B 原信一朗(セ) 3B 西本欣也(セ)

   記録員・村林弘之(主任)

        <試合時間>2時間40分(18:00〜20:40)

        <観  衆>462名

        <天  候>くもり  12℃  82% 風 右←左 烈風

        <イベント> なし

       『雑 感』
           鷹取川には、日曜日につづき2匹のエイが寄り添いながら
          泳いでいました。平潟湾から泳いで来たものの得るものがな
          かったのか、真っ直ぐに河口へ向かっていました。日曜日は
          花吹雪だった喫煙所の桜もガクだけを残して新芽の用意に入
          り、入れ替わって街路樹の花水木が開き始めていました。
           平日のナイターへの出足は鈍く、試合開始時間でも100
          名程度、いつ350名がその後に入ったのか疑問ではありま
          した。日曜日の「よこすかカレーゲーム」ですら875名で、
          お馴染みの人寄せイベントとしては寂しい数字でした。それ
          でいて、シーズンパスの売れ行きは例年になく好調だと聞き
          ました。球団関係者が入れ替わり、そのお付き合いの方々が
          貢献されているのでしょうか。そしてまた今年も県外の主催
          試合には適用されず、横須賀の券売所で愛鷹の試合の前売り
          を2000円出して購入・・パス持参者は割引きにどうして
          出来ないのか、今年もよそ者扱いされた思いをしました。だ
          からバスTOURを組んだだろう!と言われても、これは土
          俵が違うはなしでしょう・・

           先日の火曜日と同じカード、ただ時間と場所が違うだけ。
          しかし、鎌ヶ谷13時と横須賀18時では随分と印象と心構
          えは違うものでした。「湘南は小林、鎌ヶ谷は糸数」と予想
          して、判出来の50点。藤江も想定内にはあったものの先週
          の内容が悪かったため中継ぎ候補に傾いていました。COCO壱
          が球場限定で販売した「ホームランカレー」(フランクがバッ
          トを象徴しているのか)を召し上がる方の香りを鼻に試合が
          始まったのでした。
           藤江は上での先発を意識してか、ゆっくりとした立ち上が
          り。2回に連打されるも、山崎のエラー絡みの1失点2安打
          にまとめ、先週の悪い内容を修正していました。一方の糸数
          は飛ばし過ぎ!2回まで5者連続三振は見事でしたが、そこ
          まで。3回は人が変わってしまい、高めに浮いた球が多くな
          って3失点、6回7安打とペース配分に問題が観えました。
           湘南2番手は小林太、特に緩い球が効果的でその分直球が
          生きて、ほぼ完璧に近い出来でした。3回1安打4三振、特
          に7回は大平・関口・尾崎を寄せ付けない内容でした。
           鎌ヶ谷2番手はつい先日まで湘南にいた石井。若干多めの
          拍手で迎えられたのですが、このかつての仲間に情けもはな
          むけもなく湘南は襲い掛り突き放しの4点を挙げたのですが、
          これがあの石井か?と思わせるほど、体の切れに欠き精彩の
          ない投げっぷり。無精髭の顔からは横浜時代の石井とは違う
          雰囲気がありました。「4月半ばには上がってもらう」と梨
          田監督の弁がありましたが、はたしてどんなものでしょうか。
          地元選手だけに、新天地での活躍を期待しているのですが。

           留年組の藤江・小林が揃って出て来ては、好調の鎌ヶ谷で
          も、そうは打てないのがこの日の試合でしょうか。腰痛で苦
          しんでいる森本が久し振りに横須賀に姿を見せ、フルイニン
          グ通しての出場が明るい話題でした。
           南寄りの烈風を正面から受けての観戦は辛いものがありま
          した。野球を観に来たのか、風に耐える訓練に来たのか、風
          が嫌いで強い日はおつかいにさえ出なかったお袋の気持ちが
          分かった火曜日のナイターでした。
           湘南は単独首位に戻りました!まだ早いのですが、国境の
          山々を越える手間までやって来たぞと思いながら天神橋を歩
          いたのでした。


2010年04月11日 イースタンリーグ 湘南−西武(横須賀)報告者:子連れさん/WIZさん

報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs所沢 5回戦 4月11日(日曜日) 13:00 横須賀

  <結 果>
                         R H E
      所 沢 000 000 100 00 1 4 1

      湘 南 000 000 010 00 1 8 2  湘南3勝1敗1分

             回 打 安 失           回  打 安 失
  <継投>所沢 田 中 9 34 7 1   湘南 杉 原 42/3 19 2 0

         小野寺 1 4 1 0      吉 川 11/3 4 0 0

         岡本篤 1 3 0 0    佐 藤  0/3 2 1 1

                          弥太郎  1 3 0 0

                          吉 見  1  3 0 0

                          ブーチェ
                            ック 2  9 1 0

                          松 山  1  3 0 0

           ※暴投 田中 4回裏 北の初球 走者進塁

     ■危険球退場 杉原 5回表一死 松坂の初球が頭部へ(松坂異常なし)

  <得点経過> 7回表 所沢1点 無死1塁 斉藤の送りバントを投手佐藤が1塁
                  悪送球。カバーに入ったライトからの送球を1
                  塁手梶谷がお手玉。この間に走者大島生還。

         8回裏 湘南1点 二死2塁 梶谷レフトタイムリーヒット。

    <アンパイヤー/記録員>
       PL 鈴木章太(パ) 1B 木内九二生(セ) 3B 小椋好高(セ)
        記録員・新 直也

          <試合時間>3時間24分(13:00〜16:24)

          <観  衆>875名

          <イベント>「第17回 よこすかカレーゲーム」

<天  候>はれ一時くもり 23℃ 57% 風→のち←





報告者:WIZさん

2010年4月11日(日)
イースタン・リーグ公式戦 湘南−西武 5回戦 横須賀スタジアム(13:00開始)

審判:PL鈴木、1B木内、3B小椋
記録員:新
観客数:875名
試合時間:3時間24分(正式記録ではありません)

【スコア】
                     R   H  E
西  武 000 000 100 00  1   4  1
湘  南 000 000 010 00  1   8  2

【投手継投】
西  武 田中(9回)−小野寺(1回)−岡本篤(1回)
湘  南 杉原(4回2/3)−吉川(1回1/3)−佐藤(0/3)−弥太郎(1回)
              −吉見(1回)−ブーチェック(2回)−松山(1回)

【得点経過】
 7回表(西) 無死1塁で梶谷、エラーの間に1塁走者生還(湘0−1西)
 8回裏(湘) 二死2塁で梶谷、ライト前タイムリー(湘1−1西)


成績については公式記録ではありませんのでご了承下さい。


【打撃成績】
<西武>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
LF 松坂  遊ゴ  四球  死球  空振            200001111
CF 石川                    死球      000000001
RF 大崎  一直  三邪  二ゴ    捕飛  二ゴ      500000000
2B
SS 浅村  左安  右飛    遊ゴ  右飛  四球      410000010
CF 坂田  左飛    二ゴ  空振  空振  三ゴ      500000200
LF
1B 後藤    右飛  一邪  捕飛    右2   空振   510000100
DH 大島    右2  四球    左安  二飛   捕飛   420100010
2B 平尾    三ゴ  中飛                  200000000
RF 斉藤              投失  空振   二ゴ   300000100
C  岳野    中飛    見振  遊ゴ  中飛        400000100
3B 梅田      二ゴ  二ゴ  中飛    空振      400000100
・石川、8回途中より出場。
※5回、松坂の死球→頭部への死球により杉原は危険球退場。


<湘南>
       1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回11回  打安点得本盗三四死
SS 梶谷  三ゴ    三安  中安  右安  空振      531001100
1B
1B 山崎  二ゴ    遊ゴ  投飛  二失  二ゴ      500000000
SS
2B 北   一ゴ    中安  右安  左飛     遊ゴ   520000000
3B 筒香    左飛  見振    左飛  投ゴ   空振   500000200
CF 大西    空振  中飛                  200000100
RF 坂本              一飛  空振        200000100
H  野口                       左飛   100000000
C  黒羽根   二ゴ    左安                210001000
C  新沼              三ゴ  四球        100000010
DH 高森      二ゴ  空振                200000100
DH 佐伯                空振空振        200000200
RF 下窪      左飛  左飛    左安  右安      420100000
LF
LF 桑原義     右飛  空振                200000100
H  森笠                二ゴ  投犠      100000000
CF
・坂本、6回の守備より出場。
・新沼、7回の守備より出場。
※4回、梶谷の三安→セーフティバント成功。
※4回、山崎の遊ゴ→6−4−3で2塁アウト、1塁はセーフで一死1塁に。
※6回、山崎の投飛→送りバント失敗。1塁走者戻れず併殺に。

【投手成績】
<西武>
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責
 田中     9回  123 34  7  7  1  1  1
 小野寺    1回   13  4  1  1  0  0  0
 岡本篤    1回   10  3  0  0  0  0  0

<湘南>
       投球回   球数 打者 安打 三振 四死 失点 自責
 杉原   4回2/3  60 19  2  1  3  0  0
 吉川   1回1/3  15  4  0  1  0  0  0
 佐藤    0/3    2  2  1  0  0  0  0
 弥太郎    1回    9  3  0  1  0  0  0
 吉見     1回   11  3  0  0  0  0  0
 ブーチェック    2回   46  9  1  2  0  0  0
 松山     1回   14  3  0  1  0  0  0

【その他】
※カウントは「ボール−ストライク」で表現しております。
■盗塁成功
 <西  武>松坂:3回、一死1塁で打者大崎1−0からの2球目。
 <湘  南>黒羽根:5回、無死1塁で打者高森3−2からの7球目。
      梶谷:8回、二死1塁で打者山崎の初球。
■盗塁失敗
 <湘  南>北:6回、二死1塁で打者筒香の初球。
■失策
 <湘  南>佐藤:7回、無死1塁で打者斉藤のバントを1塁へ悪送球。1塁走者3塁へ。
      梶谷:7回、上記佐藤の悪送球をライトが返球するも、それをグラブから弾く。
■暴投
 <西  武>田中:4回、一死1塁で打者北の初球。走者2塁へ。


【試合展開】
○1回表 所沢の攻撃
二死1塁で四番坂田の当たりは差し込まれながらもレフト後方へ。
先制2ランかと思いきや、あと一歩足りずレフトフライで攻撃は終了します。
○4回裏 湘南の攻撃
一死から出塁した梶谷が盗塁を決め、さらに北がセンター前へのヒットで1・3塁と先制の
チャンスを掴みます。
しかし筒香が三振、大西が浅いセンターフライに倒れ無得点に終わります。
○5回表 所沢の攻撃
湘南先発・杉原は簡単に二死を取り好投を続けます。
しかし松坂に投じた初球がヘルメットをかすめ、鈴木球審が木内塁審に確認を取った上で
危険球退場を宣告されます。
この事態に登場した吉川は落ち着いて、続く大崎を初球で打ち取ります。
○6回裏 湘南の攻撃
先頭打者の梶谷が出塁するも、続く山崎の送りバントがピッチャーへの浅いフライとなりアウト。
1塁走者も戻れずあっという間に2アウトに。
北がライト前で出塁するも、今度は四番筒香の初球に盗塁を敢行し失敗。
小技で攻めきれず、この回も無得点に終わります。
○7回表 所沢の攻撃
今度は所沢が先頭打者大島のヒットで出塁し、斉藤がピッチャー前へバントします。
これを湘南三番手・佐藤が1塁へ送球も、前の回からファーストの守備に就いた梶谷と斉藤が
ほぼ交錯したこともあり、梶谷が捕れずライトファールゾーンへボールが転がってしまいます。
この間に大島は3塁へ。大島がボールの行方を見ると、ライトからの返球を梶谷がこぼし、
ボールが転々と転がっています。それを見た大島は一気に本塁へ。
ボールを捕球した梶谷はホームへ投げれず所沢が先制点を挙げます。
○8回裏 湘南の攻撃
一死から下窪がヒットで出塁、進塁打で2塁まで進みます。
ここで先程、緩慢プレーを披露した梶谷がライト前へ運びます。
ライトは強肩の斉藤が前進守備しておりましたが、打球の勢いが鈍かったこともあり
サードコーチャーの水谷コーチは躊躇せず腕を回します。
斉藤がレーザービームを見せるもホームに少し逸れ、また下窪の懸命の走塁もあり同点の
ホームイン。試合は終盤でまた振り出しに戻ります。

試合はその後、9、10回と両軍走者を出すもののあと一本が出ず、最終11回は共に三者凡退
となり、この試合は引き分けに終わりました。


【選手感想】
<西武>
■田中靖洋(西)
 3/28の西武ドームに続いての観戦となりました。
 前回同様、球威あるストレートでどんどん押しまくる投球で湘南打線につけ入る隙を与えません。
 そしてこの日は前回課題と見たスタミナが一向に衰えることなく、気がつけば9回を完投して
 しまいました。
 ベテラン佐伯を2三振、プロ初ホームランを献上した筒香を力でねじ伏せリベンジを果たし、
 引き分けに終わったものの、この日のヒーローは間違いなく彼しかいないという内容でした。
 素敵。素晴らしい。カッコイイ!この言葉しかありませんね。

<湘南>
■杉原洋(湘)
 田中に負けじと、こちらもストレートがよく走っていました。
 芯にとらえられても差し込まれ長打とならず、勝負所でフォークがよく落ちてました。
 さらに北、大西の好守備にも助けられ無失点投球を続けました。
 課題はすっぽ抜けの球が数球見られたのと、簡単にストレートの四球を与えてしまう粗さでしょうか。
 そのため好投を続けながら頭部への死球で退場となってしまったのは残念でしたが、
 内容から阿斗里に続くローテの2本目の柱ができたと期待を感じました。

■松山傑(湘)
 最終回に登場。ここを抑えれば負けがなくなるも、失点すれば敗戦濃厚となるプレッシャーの
 かかる場面での登板に、かなり不安を抱いたのですが、叫び声とともに投げる気合の速球に
 その不安もあっという間に消し飛んでしまいました。それほどこの日の彼の気迫は凄かったです。
 さらに随所に抜いたボールが決まり、技も見せたところが圧巻。鎌ヶ谷時代の成績が嘘のような
 変貌ぶりでした。現段階では移籍は彼にとってプラスに向いているようです。

■下窪陽介(湘)
 終盤にエラーで1点を失い重い雰囲気となったチームを救ったのが彼の走塁でした。
 二死で打った瞬間にスタートを切ったとはいえ、強肩の斉藤が前進守備ともあれば、
 止めるべきだろうと思ったところ、水谷コーチは躊躇なく腕を回し、下窪もスピードが
 衰えることなく間一髪で本塁生還となりました。
 2回には右中間への当たりをあと一歩届かずも全速力からのスライディングキャッチを試みる
 など守備・走塁を見る限り体は元気のようです。
 それだけに教育リーグからの打撃不振を早く脱却したいところです。
 呉本無き後の「一撃必殺のバットマン」を継承できるのは彼しかいません。


2010年04月11日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2010年4月11日(日) 浦和VS鎌ヶ谷(鎌ヶ谷)
天候:晴 試合開始:13時 試合時間:約2時間30分
審判:主審工藤 一塁大和 三塁長井 公式記録員:小熊

浦和 000 001 000|1
鎌ヶ谷012 000 10×|4

(勝)石井 (S)菊地 (負)植松
(本塁打)浦和堀1号 鎌ヶ谷尾崎3号
(盗塁)浦和岡田 (失策・暴投)なし

(成績)公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です
浦和
(中)  岡田  4打数1安打
(二)  青野  4打数1安打
(一)  宮本  2打数ノーヒット
 打 一 堀   2打数1安打1打点
(三)  細谷  3打数1安打
(指)  ムニス 2打数ノーヒット
 走 指 定岡  1打数ノーヒット
(左)  角中  4打数2安打
(右)  清田  4打数2安打
(捕)  金澤  2打数ノーヒット
 捕   田中  2打数ノーヒット
(遊)  翔太  3打数ノーヒット

●植松 7回打者31人投球数125被安打4与四球6奪三振3失点4
 阿部 1回   3人     8   0   0   0  0

鎌ヶ谷
(中)  森本  2打数ノーヒット
 左   大平  (四球)
(左)右 杉谷  4打数1安打1打点
(三)  今浪  1打数ノーヒット
(二)  加藤政 3打数1安打1打点
(右)中 関口  4打数1安打1打点
(捕)  尾崎  4打数1安打1打点
(一)  岩館  3打数ノーヒット
(指)  渡部  3打数ノーヒット
(遊)  中島  3打数ノーヒット

 ダース 3回   打者12人投球数44被安打3与四死球1奪三振3失点0
○石井  1回      4人    9   2    0   0  0
 須永  1回2/3   7人   30   1    1   2  1
 宮本  1回1/3   5人   20   1    0   0  0
 山本  1回      3人   14   0    0   1  0
S菊地  1回      4人   21   1    0   1  0


(経過)
1回表浦和
岡田 左安
青野の初球岡田二盗 無死二塁
青野 三ゴロ
宮本 空振り三振
細谷 死球 二死一二塁
ムニス 見送り三振

1回裏鎌ヶ谷
森本 右直
杉谷 遊ゴロ
今浪 四球
加藤政 四球 二死一二塁
関口 空振り三振

2回表浦和
角中 見送り三振
清田 左安
金澤の2球目に清田盗塁死
金澤 空振り三振

2回裏鎌ヶ谷
尾崎 左越え本塁打 0−1鎌ヶ谷
岩館 左飛
渡部 中飛
中島 中飛

3回表浦和
翔太 一邪飛
岡田 捕邪飛
青野 右安
宮本 右飛(関口フェンスに激突しながら好捕)

3回裏鎌ヶ谷
森本 四球
杉谷 右飛
今浪 三前犠打(セーフティ) 二死二塁
加藤政 中タイムリー安 0−2鎌ヶ谷 二死一塁
関口 左越えタイムリー二塁打 0−3鎌ヶ谷 二死二塁
尾崎 中飛

4回表浦和 鎌ヶ谷ピッチャー石井に交代
細谷 右安
ムニス 二ゴロ併殺打
角中 右越え二塁打 二死二塁
清田 中飛

4回裏鎌ヶ谷
岩館 四球
渡部 左飛
中島 空振り三振
森本 空振り三振

5回表浦和 鎌ヶ谷ピッチャー須永に交代 、森本に代わりレフトに大平が入り、杉谷ライト関口センターへ回る
金澤 投ゴロ
翔太 三ゴロ
岡田 見送り三振

5回裏鎌ヶ谷
杉谷 二飛
今浪 右直
加藤政 一ゴロ

6回表浦和
青野 左飛
代打堀 右ポール際へ本塁打 戸田1−4
細谷 見送り三振
ムニス 死球 代走定岡 須永危険球で退場 ピッチャー宮本に交代
角中 左安 二死一二塁
清田 遊ゴロ

6回裏鎌ヶ谷 浦和堀がそのままファースト
関口 一邪飛
尾崎 二飛
岩館 遊飛

7回表浦和
代打田中 遊ゴロ
翔太 中飛
岡田 投ゴロ

7回裏鎌ヶ谷 浦和田中がそのままキャッチャー
渡部 中飛
中島 中飛
大平 四球
杉谷 中越えタイムリー二塁打 1−4鎌ヶ谷
今浪 四球 二死一二塁
加藤政 一ゴロ

8回表浦和 鎌ヶ谷ピッチャー山本に交代
青野 左飛
堀 三ゴロ
細谷 空振り三振

8回裏鎌ヶ谷 浦和ピッチャー阿部に交代
関口 遊ゴロ
尾崎 遊飛
岩館 一邪飛

9回表浦和 鎌ヶ谷ピッチャー菊地に交代
定岡 空振り三振
角中 右直
清田 中安
田中 左飛でゲームセット

(全体感想)
いつの間にやら首位に躍り出た鎌ヶ谷が開幕カードで痛めつけられた浦和と対戦
ヒットは少ないながらも効率的にタイムリーが出て雪辱を果たしました
個人的には堀選手の見事な流し打ちのホームランを見られたことが大収穫です

(浦和注目選手)
■植松優友(ロ)
7回125球を投げるまで引っ張ったのは期待の現れでしょうか
右打者の内角に決まったボールには力が感じられましたが、6四球と力投派のサウスポーにはつきものなのでしょうか、コントロールに苦しんでいました
逸れも初回は二死から連続、3、4回には先頭打者、7回にも二死からの四球をダメ押しに結び付けられるなど、どうにも四球の出し方がよくありません

(鎌ヶ谷注目選手)
■須永英輝(日)
吉川投手同様に、今まで力みまくっていた投球フォームから無駄な力が抜けた様に見えました
これはやはり吉井コーチの指導の結果なのでしょうか
腕も少し下げたかな、っと思いましたがこれは確かではありません
堀に一発を浴びたものの、全体的には悪くないなっと思いながら観ていたらムニスに頭部への死球を与え一発退場
とにかく一回の失敗が後をひく選手だけに心配です

■尾崎匡哉(日)
2回に特大の先制アーチは早くも3号
当たればでかいところをみせてくれましたが、この選手の場合求められるのはやっぱり正確性だと思うのです
いつの間にかキャッチャーがかなり様になってきただけに、8年目の選手に今更ですがやっぱりもう一皮むけて欲しい・・・


2010年04月10日 イースタンリーグチャレンジマッチ フューチャーズ−巨人(ジャイアンツ)報告者:横須賀マリンさん

川崎      000 000 103 4
フューチャーズ 032 100 00× 6

川崎投手 笠原6回−高木1回−斎藤1回
フュ投手 福田(湘南)3回−坪井(浦和)1回−中崎(所沢)1回−豊島(鎌ヶ谷)2回−黒滝(浦和)1回−山田(戸田)1回

本塁打 伊集院(川崎)3回2ラン、曲尾(戸田)4回ソロ、市川9回2ラン

試合経過:
2回裏に河野(F川崎)の投手二塁手遊撃手の中間に落ちる小飛球ヒットで先制、
さらに仲澤、藤村の連続タイムリーエラーでこの回3点
3回裏に振り逃げで出た走者を伊集院(F川崎)がレフトへ2ラン本塁打
4回裏に曲尾(F戸田)がレフトへソロ本塁打
7回表に橋本の犠牲フライで1点返す
9回表に市川がレフトへ特大の2ラン本塁打、その後さらに1点追加も試合終了

■福田(F湘南) 3回を被安打1で抑える。奪三振は0もゴロアウト7と低めに集まっていた。
■藤村(川崎)  2ストライクからセーフティバントを成功させる。
■大田(川崎)  3打数2三振と元気なく途中交代。
■坪井(F浦和) 左キラー大道からキレのいいスライダーで三振を奪う。
■橋本(川崎)  センターオーバーの打球を後ろ向きで見事にキャッチ。
■仲澤(川崎)  悪送球にゴロトンネルのエラー2つにライトライナーで飛び出し走塁死と散々。


よみうりVロードの最後に先日亡くなった木村拓也コーチの手形があります。
そこに献花台が設置されたくさんの花束とメッセージが置かれていました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。


昨日は陽気が良かったのでJR南武線稲田堤駅から徒歩でジャイアンツ球場へ向かいました。
徒歩で20分ほどで着くことが分かりました。
ルートは駅改札を出て左の踏切を渡ってまっすぐ進みJR稲田堤駅入口交差点へ。
信号を渡り川沿いに進行方向左岸を進みます。
途中から遊歩道となるので歩きやすいです。
1.5kmほど進むと左側に穴澤天神社の入口があるので(京王電鉄の高架下をくぐる手前)
入りまして階段を上ります。
上りきったら右手に進みますと、「よみうりVロード」に続く階段があるので
そこを上ります。

多くの人は稲田堤駅から京王稲田堤駅まで移動して電車に乗り
京王よみうりランド前駅から徒歩でジャイアンツ球場入りしていると思います。
昨日は15:50過ぎに球場を出て稲田堤駅16:13発の南武線に乗ることができました。
行きは階段を上るのが大変なので健脚な人向きではありますが、
「巨人への道」の階段よりはずっと楽です。
よろしければ一度お試しください。


2010年04月09日 イースタンリーグ 湘南−西武(平塚)報告者:子連れさん

EL公式戦 湘南Vs所沢 3回戦 4月9日(金曜日) 平塚
<結 果> 3回戦
                         R H E
         所 沢 000 000 000 0 8 0

         湘 南 000 000 20× 2 7 0   湘南3勝

       (勝)阿斗里3試合2勝 (S)ブーチェック4試合1勝1S

       (負)平野3試合2勝1敗

        本塁打・筒香4号ソロ(7回裏ライト場外)

             回 打 安 責         回 打 安 責
  <継投>所沢 平 野 7 28 6 2  湘南 阿斗里 7 27 6 0

         土 肥 2/3 3 1 0     吉 川 2/3 3 1 0

         谷 中 1/3 1 0 0     吉 見 1/3 1 0 0

                        ブーチェ 1 3 1 0
                         ック

    ※アクシデント 土肥 負傷退場
              8回裏筒香の1塁ゴロカバーの際に右足を伸ばす。
              自歩出来ず、背負られての退場・・心配です。

        ■捕逸 岳野 1回裏筒香の2球目、1塁走者進塁

         <得点経過> 7回裏 湘南2点(投手・平野)

              無死0塁   筒香 ライト場外雑木林へ本塁打

              二死1−2塁 代打 佐伯 右中間へタイムリー

<アンパイヤー/記録員>
PL牧田匡平(セ) 1B山口義治(パ) 2B長井功一(パ) 3B小椋好高(セ)
   記録員・近江屋 拓

<試合時間>2時間43分(18:00〜20:43)

        <観  衆>942名

        <天  候> くもり 12℃ 72% 風←やや強

        『雑 感』
           左中間場外の満開の花が、照明灯に浮かび上がっていました。
          満開の花、野球、好きな酒・・これ以上欲はありませんでした。
          改修されたスコアーボードのオレンジの光は、夜間試合ではさら
          に威力を発揮していました。それに比して音響のひどさ・・湘南
          主催ゲームでは、両チームの選手への応援メッセージが読まれま
          すが、せっかく書かれ読まれたのに、音割れのPAでは定かには
          伝わらず、ともすると、雑音になってしまうのです。ぜひ次回は
          音響面での改修をお願いしたいと、メッセージを書こうかと思っ
          のでした。
           生活指導も兼ねるナビゲーター ケチャップさんの事前説教の
          おかげで、平塚名物小僧の大移動もなく、珍しく平塚で試合に集
          中できました。ケチャップさんありがとうございました。豊島ク
          ン、学びなさい。 試合前、そのケチャップさんから、すでに通
          りすがりさんが書かれている宮本選手のホームランボールが戻っ
          たとの知らせがありました。通りすがりさんの書き込みが功を奏
          した結果です。通りすがりさんへ拍手を贈ります。貴重な書き込
          みがココになければ、おそらく宮本選手へ球は戻らなかったでし
          ょう。

           9日振りに湘南のマウンドには阿斗里が上がりました。本来は
          彼が中心にしばらく湘南は進むはずでしたが、小林太や藤江に小
          杉がズルズルしているため実戦の機会を失っています。昨年は必
          ずどこかで突然乱れて炎上していましたが、この夜は7回を完投
          して無失点。成長した姿が観られました。力任せな若さから、少
          し余裕を持った間があり、ストレートを見せての変化球が冴えて
          いました。最速140キロ少々ですが(真新しいスコアーボード
          にはスピードガンもあります)伸びがよく、数字以上の力があり
          ました。5回表、平尾・大島に連打され、犠打と四球で一死満塁
          と唯一のピンチを迎えたのですが、田沢を見逃し三振、松坂を1
          塁飛に打ち取り、今までにない充実した内容でした。やはり直球
          の威力が大きく、どうしてもそれを待ちつつ変化球に備えるため
          打ち巾が狭くなるようです。間違えれば走者一掃もあり得る松坂
          でさえ、タイミングを狂わしていました。もう1つは黒羽根のリ
          −ドにも貢献度があります。阿斗里の良い面を引き出しつつ、時
          に主審牧田さんが持つ『匡平ゾーン』を利用してカウントを稼ぐ
          あたりに黒羽根との息のやり取りが光っていました。
           均衡が破れたのは、やはりホームランでした。7回裏筒香がラ
          イト場外の雑木林まで飛ばす特大な一発、湘南主催試合では初の
          4号ソロは林に消えて、係員が探しに行くとすでになかったそう
          です。この球は差し上げます。まあしかし、この回の平野は疲労
          が見えていましたのでその分は差し引きますが、それにしても飛
          びました。横須賀ではぜひバス通りまでやってもらいましょう。
           この一撃で萎えた平野でしたが、ココまではなかなか味のある
          内容に145キロ辺りの速球は「らしさ」が見えだしていました。
          だから生命線の落ちる球が効果抜群で、3回裏は桑原義、坂本、
          梶谷を連続三振、特に梶谷の最後の直球は148キロと唸ってい
          ました。
           将来必ず関内チームで活躍する阿斗里と筒香がそろってヒーロ
          −インタビューを受けていた姿が「湘南」の王道。ファンにとっ
          てはたまらない夜になりました。須崎の御用邸から戻られた両陛
          下が乗る「お召列車(専用列車)」を横浜駅でお見送りしたので
          すが、平塚で途中下車されて球場へ行幸されご観戦も一興だった
          のでは・・

           気温は10℃強とまだまだ寒いスタンドでした。それでも3塁
          側の福祉売店でビールを買っては飲んでいました。今回だけなの
          か、「お好きなおつまみお取り下さい」とスナック菓子のおまけ
          が付いていました。これもまた、気分が良かったのでして・・・


2010年04月07日 ウエスタンリーグ 中日−オリックス(岐阜メモリアルセンター長良川球場)報告者:大阪部長さん

2010年4月7日(水) 13時00分〜15時32分
ウエスタンリーグ公式戦 ナゴヤドラゴンズ−北神戸バファローズ(岐阜メモリアルセンター長良川球場)

5回戦(北神戸3勝1敗1分け)

北神戸 000 040 000|4
ナゴヤ 300 010 02×|6

(北)山崎正、本柳、吉野、●西川−横山
(ナ)朝倉、河原、○山内、S金剛−前田

勝利投手 山内(3試合2勝1敗)
セーブ投手 金剛(6試合2S)
敗戦投手 西川(3試合1敗)

本塁打 福田1号ツーラン(一回山崎正)
    堂上剛2号ソロ(五回本柳)
       3号ツーラン(八回西川)

審判 球・林、一・杉本、三・水落

観衆295人(六回裏、目視にて計数)

 ・私のウエスタン公式戦今季初観戦は遠征試合となった。大阪から岐阜へ青春18きっぷ使用で移動の新快速車中、ケータイのニュースで読売・木村拓也コーチの訃報を知り衝撃を受ける。小林繁さん、ウチの浩之(小瀬浩之)に続いて、なぜ3か月間にユニホーム組が3人もこの世を去らなくてはいけないのだろうか…。ご冥福をお祈りします。

 ・両チームで、キムタクコーチと縁の深い人物はいるだろうか。数年前までの広島東洋や、近年の読売在籍者は…ウチでは鴨(鴨志田貴司)や長田が少しだけ読売での在籍時期がカブっているが…でもちょっと年齢が離れてるし…鴨も長田も二軍だったし…。

 ・いた。ナゴヤの上田佳範コーチである。広島東洋と読売にこだわっていたので気付くのに時間がかかった。日本ハム入団後の3年間、1つ年上のキムタクさんと過ごしている。同年代。当時上田さんは投手。キムタクさんはいつまで捕手をやっていただろうか…バッテリーを組んで出場したことなどあるのだろうか。当然、上田さんもこの日朝の悲報は知っていたと思うが、そんな様子は感じさせずに三塁コーチャーをこなしていた。

 ・今季初先発の山崎正は立ち上がり、タイムリーとツーランで3点を許す。その後の回も走者は許したものの要所は締めた。五回、北神戸は単打5本にエラーを絡めて逆転に成功し、山崎正の負けを消してやるが、彼に代打を出して引っ込めていたため同時に勝ちの権利持ちの投手がいなくなる。さあ、ガブさん頼んますよと本柳を送り出すが、簡単に二死を取った後、堂上兄に被弾で同点。快調に見えていきなり一発食らうのは、一軍の投手陣と同じである。

 ・その後試合は膠着状態に。延長か(行うのかどうかは知らなかったが)、引き分けか…というムードも漂い始めた頃、西川が堂上兄に2発目を食らわされてしまう。てっきり切れると思っていたのに、飛距離的にもファウル・フェア的にもギリギリの一打。この日の岐阜、歩くのにも支障があるほど、強い風が吹き荒れていたのだ。

 ・ナゴ球が改修中とあって、異例の長良川平日開催。そのため地方試合的な「この日を待ってた」というような観客のイレ込みもなく、終始ユル〜い雰囲気の中で試合は行われた。ナゴ球より若干関西に近いせい?で、普段よりもバファローズファンの数は来ていたのは予想外。といってもそれでも10人少しで、恐らくほぼ全員が私のような遠征組だとは思いますが。

■ブルペン投球者(カッコでくくった投手は試合にも登板)
北神戸
(無人)⇒ 延江 ⇒ 延江(&本柳)⇒(本柳)⇒(無人)⇒(本柳)⇒(吉野)⇒(無人)⇒(吉野)⇒(西川)⇒ 大久保(&西川)⇒ 大久保&金澤 ⇒ 金澤 ⇒(無人)⇒ 大久保

※ほかに、鴨志田の姿も見られた。

ナゴヤ
(無人)⇒ 岡田&赤坂 ⇒(無人)⇒ 高島 ⇒(河原&)高島 ⇒(河原&山内)⇒(河原&)矢地 ⇒(山内)⇒(金剛&)久本 ⇒(金剛)⇒(無人)⇒(金剛)⇒(無人)


2010年04月06日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:子連れさん

EL公式戦 鎌ヶ谷Vs湘南 1回戦 4月6日(火曜日) 13:00 鎌ヶ谷ファイターズ タウン

      <結 果> 1回戦
                          R H E
          湘 南 001 012 014 9 16 0

          鎌ヶ谷 000 000 000 0 7 0  湘南1勝

           (勝)小林太2試合2勝  (負)糸数2試合1勝1敗

        <本塁打>
           森笠1号ソロ 3回表ライトへ(投手・糸数)
            北 2号ソロ 6回表ライトへ(投手・宮本)
           筒香3号ソロ 8回表ライト場外へ(投手・菊地)
           梶谷2号ソロ 9回表ライトへ(投手・木下)

               回 打 安 責         回 打 安 責
 <継 投> 湘南 小林太  5 17 2 0 鎌ヶ谷 糸 数 5 20 5 2
          藤 江  3 14 4 0     宮 本 1 7 4 2
          ブーチェ             須 永 1 3 0 0
            ック 1 5 1 0     菊 地 1 6 3 1
                           木 下 1 9 4 4

            ※暴投 宮本6回表 高森の5球目 1塁走者山崎3塁へ

      得点経過 3回表 湘南1点 一死0塁 森笠 ライト本塁打
           5回表 湘南1点 二死2塁 森笠 左中間タイムリー
           6回表 湘南2点 無死0塁 北 ライト本塁打
                    二死3塁 黒羽根 ライト前タイムリー
           8回表 湘南1点 無死0塁 筒香 ライト場外本塁打
           9回表 湘南4点 無死0塁 梶谷 ライト本塁打
                    無死満塁 山崎 センター犠牲フライ
                    二死満塁 森笠 ライト前2点タイムリー

<アンパイヤー/記録員>
PL長井功一(パ) 1B小林達郎(セ) 2B工藤和樹(パ) 3B牧田匡平(セ)
 記録員・山川誠二(副部長)

        <試合時間>2時間50分(13:01〜15:51)

        <観  衆> 854名

        <天  候> はれ 21℃ 68% 風・→ 強

『雑 感』
         花冷えが続き満開から数日たっても、ピンクのかたまりが
        車窓から楽しめました。この時季は吊革に揺られていても、
        苦になりません。江戸川の鉄橋からは建設中の新しい電波塔
        も拝めました。新しい革の鞄の匂いがした電車を乗り継いで、
        今年も鎌ヶ谷駅に降り立ちました。
         あちらこちらから聞こえてくる鶯の囀りを耳に、中部小学
        校裏のぬかるんだ道を歩き、自宅から3時間半掛って到着で
        すから鎌ヶ谷は侮れないのです。遥々と来るところに2軍戦
        の味があると以前は思っていたのですが、この頃は当たり前
        になっているあたりは恐ろしくもあるのですが・・
         試合開始3時間前の10時から券売。あたふたと並ぶこと
        もなく、この間のある券売はココの良さです。そして、隣接
        する萬福寺の午の刻を告げる鐘の音にあわせて開門・・偶然
        ではありますが、なかなか味のある演出です。
         平塚球場のPAの悪さは今年もとWIZさんが書き込まれ
        ておりましたが、鎌ヶ谷のは「そこまで吊るすことも」と思
        わせるほど、各所にスピーカが設置されていました。外野の
        一角にある農園に、今年は何が植えられるのでしょうか。長
        浦の寮長さんが羨む企画も楽しいものです。

         さて、試合・・この時期らしい両チームの投手陣。特に湘
        南の小林太と藤江は1軍ローテに名前を連ね、事実マウンド
        にも上がったものの炎上して降格。ブーチェックなる外国人
        は抑えの専門として獲得も、湘南ユニが脱げず仕舞い。事実
        この198aの色白な紳士は投球フォームから修正・やり直
        しの状態。彼らがココにいる限り、次に上がるべき若手や育
        成投手には実戦の機会が極めて少ないのが気の毒ではありま
        す。先日のFt戦ですら、三浦・吉見・五右衛門さんを登板
        させている訳ですし。一方の鎌ヶ谷も同じこと、糸数以下、
        何としても上の戦力にならねばならぬ面々、これに八木や加
        藤武もグランドの外周や坂道で練習しているのですから、ど
        っちもどっちでしょう。
         たまたま湘南が一方的になっただけで、逆になる条件はあ
        った試合、唯一の違いは打線では。不調しか持ち合わせがな
        いのではと、そろそろ誰もが気付きはじめた松本は除き、芯
        に当て始めてきた梶谷、打撃センスの良さがますます発揮さ
        れている北、プロにも少し慣れ始め巨大化か始まっている筒
        香、この日の場外弾はライト場外の駐車場奥まで飛んだ度肝
        抜かれた一発でした。ここに、今が上げ時の旬な高森がいる
        打線は、狙った時は勢いに乗る流れを作っていました。しか
        し、高森をいつまでも湘南に置いておくのはいかがなもので
        しょうか。関内にいる控え選手と天秤に掛けたら、今はこの
        ものまね名人が重いように思うのですが。
         先発小林太、立ち上がりの制球の悪さは相変わらず。二死
        1−2塁、今浪が打ち損じての遊邪飛で救われた感があり、
        以降は打たせて取る内容でした。問題は二番手の藤江、神宮
        で1回炎上してからまたまた湘南ユニに身を包んでいるので
        すが、フォームが定まっていないのか、調子が上がっていた
        頃に比べて、リズム感がなく振りが弱く感じられました。6
        回二死満塁にし、またまた今浪、カウント1−1からの3球
        目はこれこそ打ち損じてボールは捕手黒羽根の前にポトリ。
        当人はファールと判断していたようですが、長井さんは認め
        ず。捕ゴロで難を逃れたのでした。
         鎌ヶ谷では5番手木下がさっぱり。ヒットか四球かしか投
        げられずで4失点。宮本、菊地の不出来が隠れてしまうほど
        の内容でした。
         4月とは思えない鎌ヶ谷の天候、20℃までになったスタ
        ンドは雲一つなく長袖をまくり上げたりタオルを頭にかぶる
        ほど、初夏の陽気でした。5回表終了まで60分強の早い流
        れでしたが、先発以降の内容で結局は2時間50分と言う、
        平均時間の試合で終えました。

       ■この選手・・
         
荒張裕司(鎌ヶ谷・捕手)
           9回裏代打で登場、積極的に初球から振りライト前へ。
          さらにすぐさま中島の初球に盗塁と、意気がよく気持の
          いいルーキーです。四国九州IL徳島からの選手のよう
          ですが、面白い選手に映りました。注目しましょう。


2010年04月04日 イースタンリーグ ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2010年4月4日 鎌ヶ谷VS戸田(戸田)
天候:曇 試合開始:13時 試合時間:約2時間38分
審判:主審原 一塁山口 二塁長井 三塁小椋 公式記録員:沢崎

鎌ヶ谷001 030 220|8
戸田 000 010 000|1

勝ち投手:榊原 負け投手:デラクルス
本塁打:鎌ヶ谷関口(3回)鵜久森(5回)荒張(8回)杉谷(8回)
盗塁:鎌ヶ谷関口8回 失策:戸田森岡9回 暴投:鎌ヶ谷増井1回 戸田赤川5回

(成績)公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です
鎌ヶ谷
(二) 杉谷  4打数1安打1打点
(中) 関口  2打数2安打1打点
(三) 今浪  5打数ノーヒット
(右) 鵜久森 5打数3安打5打点
(捕) 尾崎  5打数ノーヒット
(一) 岩館  4打数ノーヒット
(左) 大平  4打数2安打
(指) 荒張  4打数1安打1打点
(遊) 中島  3打数ノーヒット

 増井  3回打者11人投球数40被安打3与四球1奪三振2失点0
○榊原  3回  11人   36   1   1   1  1
 豊島  1回   4人   12   1   0   0  0
 谷元  1回   3人    9   0   0   1  0
 須永  1回   3人   10   0   0   1  0

戸田
(中)  上田  4打数1安打
(二)三 川端  3打数ノーヒット
(三)  野口  3打数1安打
 二   梶本  1打数ノーヒット
(指)  中尾  3打数ノーヒット
 打   吉本  1打数ノーヒット
(一)  ユウイチ3打数1安打
(右)  高井  3打数1安打
(左)  松井淳 2打数ノーヒット
 打 左 志田  1打数ノーヒット
(捕)  福川  2打数ノーヒット1打点
 捕   中村  1打数ノーヒット
(遊)  森岡  3打数1安打

●デラクルス 3回打者13人投球数45被安打2与四球2奪三振0失点1
 李     1回   5人   25   1   1   2  0
 赤川    2回  10人   32   2   2   1  3
 岡本    1回   6人   16   2   0   0  2
 山田    1回   6人   22   2   1   1  2
 松井光   1回   3人    8   0   0   0  0


(試合経過)
1回表鎌ヶ谷
杉谷 左飛
関口 四球
今浪 二ゴロ セカンド封殺のみ 二死一塁
鵜久森 左安 二死一二塁
尾崎 二ゴロ

1回裏戸田
上田 左安
川端の2球目に上田盗塁死
川端 一ゴロ
野口 左中間二塁打
中尾 三邪飛

2回表鎌ヶ谷
岩館 三ゴロ
大平 四球
荒張 遊ゴロ 一塁のみアウト 二死二塁
中島 中直(ダイビングキャッチ)

2回裏戸田
ユウイチ 四球
高井 中飛
松井淳 見送り三振
福川 投ゴロ

3回表鎌ヶ谷
杉谷 二ゴロ
関口 中越え本塁打 鎌ヶ谷1−0
今浪 左飛
鵜久森 一ゴロ

3回裏戸田
森岡 中安
上田 空振り三振
川端 二ゴロ併殺打

4回表鎌ヶ谷 戸田ピッチャー李に交代
尾崎 遊ゴロ
岩館 四球
大平 左安(エンドラン) 一死一三塁
荒張 見送り三振
中島 空振り三振

4回裏戸田 鎌ヶ谷ピッチャー榊原に交代
野口 右邪飛
中尾 遊ゴロ
ユウイチ 二ゴロ

5回表鎌ヶ谷 戸田ピッチャー赤川に交代
杉谷 四球
関口の3球目にワイルドピッチ 無死二塁
関口 四球 無死一二塁
今浪 投飛(バント失敗)
鵜久森 中越え本塁打 鎌ヶ谷4−0
尾崎 中飛
岩館 見送り三振

5回裏戸田
高井 左中間二塁打 無死二塁
松井淳 二ゴロ 高井三進 一死三塁
福川 三ゴロ 高井生還 4−1戸田
森岡 投ゴロ

6回表鎌ヶ谷 戸田キャッチャー中村に交代
大平 左安
荒張 捕前犠打
中島 投前犠打(セーフティ) 二死三塁
杉谷 捕邪飛

6回裏戸田
上田 遊飛
川端 四球
野口 空振り三振
中尾 右飛(鵜久森フェンスに激突しながら好捕)

7回表鎌ヶ谷 戸田ピッチャー岡本に交代 野口に代わり梶本がセカンドに入り川端がサードへ回る
関口 遊内野安
今浪 捕野選(送りバントをセカンド送球も間に合わず)
鵜久森 左中間タイムリー二塁打 鎌ヶ谷6−1 無死二塁
尾崎 三ゴロ
岩館 一邪飛
大平 遊ゴロ

7回裏戸田 鎌ヶ谷ピッチャー豊島に交代
ユウイチ 左安
高井 二ゴロ ファーストのみアウト 一死二塁
代打志田 遊飛
中村 左飛

8回表鎌ヶ谷 戸田ピッチャー山田に交代 志田そのままレフトに入る
荒張 中越本塁打 鎌ヶ谷7−1
中島 中飛
杉谷 右中間本塁打 鎌ヶ谷8−1
関口 四球
今浪の3球目に関口二盗 一死二塁
今浪 三飛
鵜久森 空振り三振

8回裏戸田 鎌ヶ谷ピッチャー谷元に交代
森岡 中飛
上田 空振り三振
川端 三飛

9回表鎌ヶ谷 戸田ピッチャー松井光に交代
尾崎 遊ゴロ失(後逸)
岩館 三ゴロ併殺打
大平 遊飛

9回裏戸田 鎌ヶ谷ピッチャー須永に交代
梶本 空振り三振
代打吉本 右飛
ユウイチ 三ゴロでゲームセット

(全体感想)
花見にはちょうどいい日頃かな、っと思ったのですがやはりずっと土手上にいるとまだまだ寒いです
試合はとにかく両軍とも派手にランナー出まくったのですが、4本のホームランを放った鎌ヶ谷の大勝でした
戸田の川端、森岡の二遊間ですが、一人一人みると上手ですしスピードもあると思うのですが、何故か昨日からゲッツーがとれないのが気になりました

(鎌ヶ谷注目選手)
■鵜久森淳志(日)
昨日今日で9打数6安打1本塁打6打点
昨日はあとホームランで、今日はあとスリーベースが出ていれば二日連続のサイクルヒットと打ちまくりました
同じ右打ちの中田、陽が外野に転向した今となっては、ものすごくもったいないという思いしかないのですがなんとか彼にもチャンスをあげて欲しい・・・

■増井浩俊(日)
先日はノーワインドアップからあわや完全試合という快投をみせましたが、今日は初めからセットポジションだった為今ひとつの内容でした
ただそれだけ課題がはっきりしているということでしょうから、セットからの投球に磨きをかけて早く一軍投手陣を救って欲しいです

(戸田注目選手)
■デラクルス(ヤ)
選手名鑑をみると抑えを期待して獲得した投手の様ですが、それにしては球は速いのにまったく空振りをとれないのが気になりました
コントロールもいい様にはみえなかったし、一軍で抑えに使うのは今日の感じだと厳しいかなと思います


2010年04月03日 イースタンリーグ ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:森@居酒屋の番頭さん

2010年4月3日 鎌ヶ谷VS戸田(戸田)
天候:曇 試合開始:13時 試合時間:約2時間55分
審判:主審小椋 一塁原 二塁山口 三塁鈴木 公式記録員:沢崎

鎌ヶ谷150 004 000|10
戸田 200 000 000| 2

本塁打:なし 盗塁:戸田川端(1回)野口(1回) 失策:なし ボーク:鎌ヶ谷ケッペル(1回) 暴投:鎌ヶ谷吉川(4回)

(成績)公式記録ではありません また投手の失点は自責点ではなくその投手の時に入った得点です
鎌ヶ谷
(二)  杉谷  4打数2安打
(中)  関口  4打数2安打5打点
(三)  今浪  4打数2安打2打点
(右)  鵜久森 4打数3安打1打点
(指)  市川  5打数2安打2打点
(一)  岩館  5打数1安打
(左)  大平  4打数ノーヒット
(捕)  渡部  4打数1安打
 捕   荒張  1打数ノーヒット
(遊)  中島  3打数1安打

 ケッペル 1回打者 6人投球数24被安打3与四球0奪三振0失点2(ボーク1)
○吉川   5回  20人   91   3   2   4  0
 菊地   1回   3     8   0   0   0  0
 加藤武  1回   3人   17   0   0   0  0
 山本   1回   3人   13   0   0   3  0

戸田
(中)三  上田   4打数ノーヒット
(二)   川端   4打数2安打
(三)一  野口   2打数1安打
 一    梶本   1打数ノーヒット
(一)   ユウイチ 2打数1安打1打点
 投    高市   (犠打1)
 投    日高
 捕    新田   1打数ノーヒット
(右)   高井   4打数ノーヒット
(左)   松井淳  4打数ノーヒット
(遊)   森岡   3打数2安打
 打    吉本   1打数ノーヒット
(捕)   福川   1打数ノーヒット
 捕    中村   1打数ノーヒット
 中    曲尾   1打数ノーヒット
(投)   川島亮  (1犠打)
 打 中  志田   2打数ノーヒット
 投    山田
 投    鎌田

●川島亮 4回打者21人投球数62被安打7与四球2奪三振1失点6
 高市  2回  11人   49   5   1   1  4
 日高  1回   5人   18   2   1   0  0
 山田  1回   4人   18   0   1   0  0
 鎌田  1回   3人    9   0   0   1  0


(試合経過)
1回表鎌ヶ谷
杉谷 中飛
関口 見送り三振
今浪 右線二塁打
鵜久森 四球 二死一二塁
市川 右タイムリー安 鎌ヶ谷1−0 二死一三塁
岩館 右飛

1回裏戸田
上田 一ゴロ
川端 右安
野口の8球目に川端二盗 一死二塁
野口 右安 一死一三塁
ユウイチの2球目に野口二盗 一死二三塁
ユウイチの3球目がボーク 1−1戸田 一死三塁
ユウイチ 中タイムリー安 1−2戸田 一死一塁
高井 二ゴロ 二死二塁
松井淳 二ゴロ

2回表鎌ヶ谷
大平 右飛
渡部 左安
中島 四球 一死一二塁
杉谷 右安 一死満塁
関口 右中間タイムリー三塁打 鎌ヶ谷4−2 一死三塁
今浪 中犠飛 鎌ヶ谷5−2
鵜久森 右中間三塁打
市川 左タイムリー安 鎌ヶ谷6−2 二死一塁
岩館 右飛

2回裏戸田 鎌ヶ谷ピッチャー吉川に交代
森岡 中安
福川 空振り三振
川島 投前犠打 二死二塁
上田 空振り三振

3回表鎌ヶ谷
大平 左飛
渡部 三ゴロ
中島 二ゴロ

3回裏戸田
川端 左飛
野口 二ゴロ
ユウイチ 二直

4回表鎌ヶ谷 戸田キャッチャー中村に交代
杉谷 遊飛
関口 三ゴロ
今浪 二ゴロ

4回裏戸田
高井 左飛
松井淳 空振り三振
森岡 左安
中村 四球 二死一二塁
代打志田 三ゴロ

5回表鎌ヶ谷 戸田志田がセンターに入り、上田がサード、野口がファーストに回る ユウイチに代わりピッチャー高市
鵜久森 中安
市川 二ゴロ セカンド封殺のみ 一死一塁
岩館 二ゴロ セカンド封殺のみ 二死一塁
大平の6球目市川盗塁死

5回裏戸田
上田 空振り三振
川端 右安
野口 四球 一死一二塁
高市 投前犠打 二死二三塁
高井 一ゴロ

6回表鎌ヶ谷 戸田ファースト梶本に交代
大平 遊直
渡部 見送り三振
中島 左安
杉谷 四球 二死一二塁
関口 中越えタイムリー二塁打 鎌ヶ谷8−2 二死二塁
今浪 中タイムリー安 鎌ヶ谷9−2 二死一塁
鵜久森 左越えタイムリー二塁打 鎌ヶ谷10−2 二死二塁
市川 二ゴロ

6回裏戸田
松井淳 一ゴロ
森岡 空振り三振
中村 中飛

7回表鎌ヶ谷 戸田ピッチャー日高に交代
岩館 左安
大平 四球 無死一二塁
渡部 中直
中島 左飛
杉谷 左安 岩館本塁突入もタッチアウト

7回裏戸田 鎌ヶ谷ピッチャー菊地に交代
志田 遊ゴロ
上田 中飛
川端 投ゴロ

8回表鎌ヶ谷 戸田日高に代えてキャッチャー新田、中村に代えてセンター曲尾、志田に代えてピッチャー山田
関口 四球
今浪 遊ゴロ 二塁封殺のみ 一死一塁
鵜久森 二飛
市川 右飛

8回裏戸田 鎌ヶ谷キャッチャー荒張、ピッチャー加藤武に交代
梶本 二ゴロ
新田 三ゴロ
高井 中飛

9回表鎌ヶ谷 戸田ピッチャー鎌田に交代
岩館 遊ゴロ
大平 右飛
荒張 見送り三振

9回裏戸田 鎌ヶ谷ピッチャー山本に交代
松井淳 空振り三振
代打吉本 空振り三振
曲尾 見送り三振で試合終了

(全体感想)
日差しは花見日和かと思いましたが、ずっと外にいるとまだまだ寒い一日でした
試合はあわてんぼーさんが書かれている通り、戸田としては川島と高市を出してあんな投球されたんじゃ堪らんなぁと言う感想
一方の鎌ヶ谷もケッペルが今日投げて一軍昇格と聞いていたのですが、どうにも不安を残す内容でした

(鎌ヶ谷注目選手)
■ボビー・ケッペル(日)
1イニングのみでしたが、その間に2盗塁を許しボークも一つ
盗塁された時は、本当にセットした瞬間にもうスタートされた感じです
よほどわかりやすい癖があるのか、まだわき腹が痛くて身体を捻っての牽制はできないのか、普通じゃあんなスタートはされないと思います

■吉川光夫(日)
先日鎌ヶ谷で好投した時には利府打線の不調のおかげかとも思ったのですが、今日もいいピッチングでした
フォームに力みがなくなり、ストライクが先行する様になったのが大きな進歩でしょう
後は前回が5回で94球、今日が5回で91球と多すぎる球数をどう減らすかでしょうか

■山本一徳(日)
この人も先週の鎌ヶ谷で4者連続三振、今日も3者連続三振とものすごい大魔神振りです
左ピッチャーが足りないとかいって補強するなら好調なうちにチャンスをあげて欲しいと思うのですが・・・

(戸田注目選手)
■川端慎吾(ヤ)
4打数2安打のうち2本目のライト前はインコースをきれいに腕をたたんでおっつけたもの、思わず「上手い」と声がでました
この選手ももう二軍でよかったからどうこうというレベルではないのでしょうが、見事なバッティングでした


2010年04月03日 ジャパン・フューチャーベースボールリーグ 三重−大阪(三重県津市・津球場公園内野球場)報告者:いの一番さん

4月3日(土)
ジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)
三重スリーアローズ−大阪ゴールドビリケーンズ(三重県津市・津球場公園内野球場)

大阪 000000202  4
三重 02200021×  7

勝:洪成溶1試合1勝  敗:小園1試合1敗
本:若林1号A(洪成溶)、田中1号A(大島)
審判:PL粕谷 1B金本 2B兼松 3B寺嶌   記録:田辺
観衆:公式発表は890人、実質は300人くらい
入場料:大人1000円
天気:晴れ時々曇り
風向:ライトからレフトへ強風
試合時間:2時間49分

(投手成績)
     回  打 安 振 球 責
小園  50/3 23 6 4 3 4
酒井   3 14 5 1 0 3
……………………………………………………
洪成溶  7 27 6 6 0 2
大島   2 10 3 1 1 2

(試合前)
■駅から球場へ…閑散とした雰囲気
新幹線と近鉄を乗り継ぎ、津新町駅に到着したのは11時20分、ここから球場までは徒歩15分である。
球場までの道中、JFBLに関するものは何も目に入らず、本当に今日が開幕か?という思いになる。
(帰りに違う道を通ると、何軒かの商店にポスターが貼ってあったが)
球場に近づくと、場内から選手の声が聞こえてきたので安心したが、
観戦者と思しき人はチラホラとしかいない。
実は1週間前の3月27日、ここでは三重と欽ちゃん球団が試合を行い、
主催者発表で6000人が入場、満員になったという話を聞いていたので、それなら開幕戦も
ある程度人が来るだろうと予想していたのだ。しかし、それは大外れ、球場前は閑散としており
開幕戦の雰囲気には程遠い。
券売り場で1000円の入場券(129番)を買うと、一緒にファンクラブ入会用紙を渡され、
それを持ってスタンドへと入った。
■開幕セレモニー
スタンドへ入ると、ネット裏席はある程度客がいたものの、内外野のスタンドはほとんど無人状態だった。
5年前のIL開幕戦の時はもっと熱気があったが…などと昔を思い出しながら待っていると、
12時過ぎから開幕セレモニーが始まった。
まず、大阪、三重の順にチームのメンバーが1人ずつ紹介されてグラウンドに登場、
続いて両球団の社長、三重県知事、津市長、商工会議所会頭、リーグアドバイザー・今中慎二氏(元中日)の
6人が来賓として紹介された。
確か、アドバイザーは谷沢健一氏のはずだったが姿はなし、今中氏はいつ就任したのだろう。
続いてオペラ歌手の岡田ゆき氏が君が代を斉唱、三重の社長、今中氏、知事、市長、会頭の順に
あいさつがありセレモニーは終了、そして三重の球団応援歌「jump!!」をグラウンドで
女性歌手のayaが熱唱、観客は少ないながらもそれなりに盛り上がり、試合開始を待つばかりとなった。

(試合内容)
今中氏、市長、会頭の3人が始球式を行い試合開始。
△1回表
三重の先発、洪成溶は大阪打線を三者三振に打ち取り、素晴らしい立ち上がり。
▼2回裏
美濃の四球、奥脇の中前打、阿部の送りバントで一死二、三塁。前田の四球で一死満塁の後、
北園の右前打で三重が2点を先制。山本晃は投ゴロ併殺打。
▼3回裏
桑島の四球、宮田のレフト線二塁打で二、三塁。川咲の右邪飛が犠飛になり、3−0。
美濃は三振したが、奥脇の中前打でもう1点追加。阿部は三振。
△4回表
大阪は二死から連打で一、二塁のチャンスを作ったが、林は左飛で得点ならず。
▼6回裏
小園が先頭の阿部に2球投げたところで、何か異変が起きたようで急遽、投手が酒井に交代。
酒井は三者凡退に抑える。
△7回表
平松が二塁内野安打で出塁。代打平下は左飛、村上も左飛で二死になったが、
代打若林がレフトへ本塁打、4−2となる。永峰は遊ゴロ。
▼7回裏
山本晃がショート内野安打で出塁し桑島の二ゴロで二塁へ。宮田の左前打で一死一、三塁となり
川咲の左中間二塁打で2点追加、7−2となる。美濃は三振、奥脇は二ゴロ。
△9回表
平下が死球で出塁。村上は左飛、若林は捕飛で二死になったが、代打田中がレフトへ本塁打、7−4になる。
しかし、大阪の反撃もここまで、山門は三邪飛に倒れ試合終了、三重が開幕戦を飾った。

試合後、グラウンドでは勝利インタビューが行われ、洪投手がたどたどしい日本語で受け答えした後
マイクは松岡監督へ、すると感動のあまり監督は涙声になっており、声を詰まらせながらの
インタビューになった。
この後三重のメンバーは正面玄関へ移動して観客をお見送り、開幕戦は終了した。

なお、選手評は書けるだけの材料を持っていないので今回は省略。


(その他いろいろ)
■グッズ、名鑑等
スタンドの一塁側と三塁側にグッズ売り場が設けられていたので、まず一塁側へ。
三重は帽子、タオル、メガホン、CDなど割と種類は豊富、その中からCD(1000円)と
名鑑(300円)を買ったのだが、この名鑑、よく見ると三重だけの名鑑であった。
2球団しかないのだからILのように両方を載せた名鑑を作ればいいのにと思うのだが、
何か事情があったのだろうか。
それなら、三塁側には大阪のグッズがあるのかと思い行ってみると、そちらで売っているのも
三重グッズばかり、大阪に関するものは何もないのであった。
4月6日現在、大阪のHPを見ても、グッズコーナーは「準備中」のままで、
冊子になった名鑑が作られているのかどうか不明である。

■冷淡な地元紙・伊勢新聞
駅から球場への道中、コンビニで地元紙の伊勢新聞を購入、「本日開幕」といった記事でも載っているかと
思ったら大外れ、16ページの紙面のどこを見ても「JFBL」「スリーアローズ」の文字はなし。
同紙が後援している「三重学生野球リーグ」は1ページほぼ全部を使い大々的に取り上げていたのと
あまりに差がある。後で同紙のサイトを見るとさすがに開幕戦は報じていたが、この冷淡な扱いは
何か両者の間にあったのか、と勘繰りたくもなる。IL開幕の時、愛媛新聞は社説で取り上げていたのだが…

■観客数は水増し
上記のとおり、スタンドは閑散、外野など大阪と三重の応援団が10人ずついるだけという状態で、
一体観客は何人なのかと発表を待ったが、筆者が球場を出るまで発表はなし、
多分300人くらいだろうなと思い、帰宅して三重のHPを見たところ公式発表は890人、
3倍もの水増しである(球場でこの数字を発表していたら、大半の客が「えーっ」と言っただろう)。
世間体やらスポンサー対策やらあるのかもしれないが、ここまで水増しをするのはいかがなものか。
翌日の香川戦は680人だったそうだが、開幕戦の入りを考えるとこれもどうも怪しい。
三重の壁矢社長は必死に頑張っているが、残念ながら最初から厳しい現実と戦っていくことになりそうだ。

<津球場公園内野球場>
大きさ:両翼91m、センター119m
グラウンド:内野土、外野天然芝
スタンド:すべてコンクリート階段、8400人収容
スコアボード:磁気反転式
照明塔:6基
何とも言いにくい名前だが正式名称。津球場公園という名前の公園内にある野球場ということか。
通称は津市営球場らしい。
建設されたのは50年以上前で老朽化が進んでいたが、三重球団の要望もあり2009年9月から
約2億円をかけて改修された。
改修の内容は、スコアボードを手書き式からLED式と磁気反転式へ(カウント表示もBSOの順になった)、
防球ネットの設置、外野フェンスやバックスクリーンの塗り直し、更衣室やシャワー室の整備など。
もっともスタンドはコンクリートむき出しのままなので、
ここで観戦する際はシートや座布団を持参することが望ましい。
なお、スコアボードには球速表示も出るようになっていたが、この試合では使用されず。
また、収容人員は8400人となっているが、見た限りそこまで入らないように思う。
実際は半分の4000人くらいではないだろうか。


  ■掲示板@2軍愛■