【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記しますので・・・) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2003年 6月 7日 イースタンリーグ12回戦 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

みつともさん編

イースタンリーグ観戦記録  平成15年6月7日(土)
  
  イースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−西武ライオンズ 12回戦
  日本ハム9勝2敗1分 (ファイターズスタジアム鎌ヶ谷) 13:00 曇り
  風:↑無風 試合時間3時間56分 試合終了時刻16:56 公式記録員:中村
  主審:深 見 1塁:新 屋 2塁: 橘 3塁:橋 本(パシフィック・リーグ)

                        R  H E
  
西  武 010 040 300 00 ・・ 11 1
  
日本ハム 020 210 030 00 ・・ 17 1
        
(延長11回規定により引き分け)

  HR 本塁打 宮 地  2号 武 藤A 7回2死 (西  武)
  3B 3塁打 飯 山 8回無死 (日本ハム)
  2B 2塁打 中 村 2回1死 (西  武)
         藤 島 4回2死 (日本ハム)
         貝 塚 5回1死 (西  武)
         宮 地 5回2死 (西  武)
         渡 邉 5回無死 (日本ハム)
         田中幸 7回無死 (日本ハム)
  SB 盗 塁 水 田 7回無死 (打者・古屋)(捕手:渡邉)(西  武)
   E 失 策 赤 田 2回無死 (古城三ゴロを1塁悪送球) (西  武)
         田中賢 7回2死 (中島二直後1塁悪送球)  (日本ハム)
     暴 投 竹 下 8回2死 (打者・渡邉) (西  武)

(西  武)細川先制犠飛、貝塚2点適時2塁打、宮地2安打2号4打点。
      8回以降ヒット出ず11回引分け
        打 安 点 振 四  @  A  B  C   D  E   F  G  H  I  J
(5) 8 赤 田 6 2 0 0 0 遊飛    左飛    中 安 二ゴ     中安       一ゴ
(4) 水 田 2 0 0 0 1 右飛    左飛    投 犠    死 球
 H  上 本 1 0 0 1 0                        見振
 5  カ ズ 1 0 0 1 0                                 三振
(8) 大 友 2 1 0 0 1 右安    一ゴ    四 球
R54 古 屋 3 1 0 1 0                    右 安 三振       右飛
(DH) 貝 塚 3 1 2 0 0 遊ゴ       三ゴ 右 2:
H DH 犬 伏 1 0 0 0 0                    遊 飛
H DH 小 牧 1 0 0 0 0                           左直
(6) 中 島 4 1 0 1 1    死球    左安 遊 飛    二 直    見振
(7) 宮 地 5 2 4 2 0    三邪    三振 右中2:   左中本:   一ゴ
(3) 中 村 4 1 0 1 1    中2    四球 右 飛    左 飛       三振
(2) 細 川 4 1 1 1 0    中犠・   一邪     中飛     中安    見振
(9) 栗 山 5 1 0 1 0    中飛       中 安 遊ゴ     投ゴ    三振
     :             :  :  :  :   :  :   :  :  :  :  :
    残塁8 42 11 5 9 4  1  1  0  2   1  0   1  2  0  0  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(日本ハム)飯山5打数5安打2打点爆発!森本同点犠飛、適時打で痛打回避か2敬遠。
      藤島2安打2打点、紺田適時打
        打 安 点 振 四  @  A  B  C   D  E  F   G  H  I  J
(7) 森 本 4 2 2 1 2 三振 中犠・   中安・    右邪    右 安 敬四    敬四
(4) 田中賢 7 1 0 0 0 中安 二ゴ    右飛     三邪    中 飛 二ゴ    一ゴ
(DH) 藤 島 5 B 2 1 1 四球    三直 左2・    三振    右 安・   右安
R DH 佐 藤 0 0 0 0 0
(3) 田中幸 4 1 0 2 0 三振    中飛 三振        左2
 2  駒 居 2 0 0 2 0                       三 振    三振
(2) 3 渡 邉 5 2 0 1 1 二ゴ    左安    左越2    三振 四 球    遊飛
(5) 小谷野 6 1 0 1 0    中安 三振    二 ゴ    右直 遊 ゴ    右飛
(6) 古 城 3 0 0 2 0    二失    見振 見 振
 H  鶴 岡 1 0 0 0 0                    右直
 6  尾 崎 0 0 0 0 1                           死球
R 6 野 中 1 0 0 0 0                                 右直
(9) 飯 山 5 D 2 0 0    中安・   右安 左 安・      右越3 投犠    左安
(8) 紺 田 4 2 1 1 0    投犠    右安 三 振       左 安・捕邪    投犠
     :             :  :  :  :   :  :  :   :  :  :  :
    残塁15 47 17 7 11 5  2  1  1  2   1  0  1   2  2  1  2
                  ・は打点 見振は見逃しの三振 敬四は敬遠四球



(投手成績) 投球回   打者  被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(西  武) 星野7回を11安打5失点。竹下3点のリードを守り切れず1回4安打3責点、
       水尾2回を1安打無失点
   星 野 7     34  11   0   1   9   4
   竹 下 1      8   4   0   1   1   3
   水 尾 2      9   1   0   2   1   0
   福 井 1      5   1   0   1   0   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(日本ハム)隼人7回途中4失点判定のバラつきも影響ありか?武藤被弾でリリーフ失敗。
      建山3回を5奪三振無失点好投 
   隼 人 6 0/3 30   8   0   4   1   5
   山 口   1/3  1   0   0   0   0   0
   武 藤   2/3  3   1   1   0   0   1
   井 場 1      5   2   0   0   2   0
   建 山 3      9   0   0   0   5   0


△日本ハム8−8西  武△

首位を行く日本ハム、それを追うのは5月11勝で一気に2位躍進のヤクルト、千葉ロッテは月間の最下位で上位争いから陥落した。しかしながら2位以下が混戦なだけに首位日本ハムは、2位との差を縮められると混戦をさらに深めてしまうだけに、今週末の王者・西武を叩いて確実に白星を重ねたい。本拠地・鎌ヶ谷で久し振りの週末ゲーム、曇り空の中で深見球審のプレイで試合開始。

1回日本ハムの先発は調整登板か隼人が5月28日の鎌ヶ谷での対西武戦以来のマウンドへ。1回西武は1番赤田、2−3から打ち揚げてショートフライ古城が落下点で捕球だが落球しそうになる。2番水田、1−0から内角の変化球を打ち上げてライトラフイ、定位置前で飯山が捕球。3番大友、2−2から引っ張ってファースト横で弾む。そのままライト線内側を転がってヒット、ファールゾーンに切れなかった事でツーベースにはならず。2死1塁で4番貝塚、1−0から打ってショートゴロ。古城が捕って自分でセカンドベースを踏んで大友残塁。1回裏西武先発は星野、5月31日の対千葉ロッテ戦(西武ドーム)以来の先発マウンド。1回裏日本ハムは1番森本、登録抹消の期限が今日までだが結果を残して1軍最昇格はなるか?2−1から鋭く曲がる変化球に空振り三振。2番田中賢、1軍からの助っ人出場、まさかこれが長い一日の始りとは想像もしなかった筈・・・。2−1からセカンドベース右をゴロで抜けてセンター前ヒット。3番藤島、1−3から内角への変化球が外れて四球を選ぶ。1死1、2塁として4番は今日から実戦復帰となった、言わずと知れた日本ハムの主砲・田中幸。2000年7月5日の対西武戦(西武ドーム)以来のイースタンリーグ公式戦出場の田中幸、しかし2−1からストレートに空振り三振。5番渡邉、0−1から詰まってセカンド前へボテボテの打球でスリーアウト。

2回西武は5番中島から、その初球は肩口へのストレートがユニホームに掠ったのか死球がコールされて出塁。6番宮地、2−1から打ち上げてしまいサードファールフライ、小谷野がフェンス前で捕球。7番中村、2−0と追い込んでおきながらセンターへ弾き返される。これがセンターフェンス真下でワンバウンドしツーベース。1死2、3塁として8番細川、1−0から打ち上げてセンター定位置左へのフライ、紺田が捕って3塁から中島がタッチアップしてホームイン、西武が1点を先制する。2塁から中村もタッチアップして3塁へ。2死3塁として9番栗山、初球攻撃だがセンター定位置後ろへのフライ。2回裏日本ハムは6番小谷野から、1−3からセンター前へ弾き返すヒット。7番古城、初球を意表を衝くセーフティバント。これがサード左、ピッチャー右絶妙の位置へ転がる。これにサード赤田が前進し、捕球から1塁へ送球。しかし送球がワンバウンドになってしまい、ファースト中村も捕れずエラーが記録される。無死1、2塁で8番飯山、これが怒涛の猛打爆発の始まりとなるタイムリーは2−1からショート横へ。中島が横っ飛びも捕れずセンター前ヒットで日本ハムが1−1の同点に追いつく。1死1、2塁で9番紺田、初球をきっちり送りバントで2人のランナーを進める。1番に戻って森本、2−2からセンターへ打ち上げて犠牲フライ。3塁から古城が還って日本ハムが逆転に成功。2死3塁で2番田中賢、しかしセカンドゴロ。

3回西武は1番からの好打順、赤田から。初球を打って流し打ちだがレフトフライ。2番水田、2−1から左中間へのフライ、これにレフト森本が走って追いつく。3番大友、初球を打ってバットの先ヒビが入った様な音がしてファーストゴロ、渡邉が捕って自分でベースを踏んで隼人はこの回僅か6球で3者凡退。3回裏日本ハムは、3番藤島から。2−1から鋭いライナーが低空で飛ぶが、これはサード正面で捕られる。4番田中幸、2−2から打ち上げてしまいセンター定位置やや右へのフライ。5番渡邉、1−2からレフトへ鋭い打球。これがヒットで2死ながらランナーが出る。しかし続く6番小谷野が2−1からハーフスイング、1塁塁審・新屋がスイング判定で三振。

4回西武は4番貝塚から、初球止めたバットに投球が当ってしまいサードゴロ。5番中島、1−0から詰まってフラッとして打球。これがショートの後ろ、レフトの前方へ。レフト森本が猛ダッシュで前進してくるがワンバウンドしてヒット。6番宮地、2−2から低目の変化球に空振り三振。7番中村、2−3フルカウントからのストレートが低めに決まるが、低かったがボール判定で四球。2死1、2塁で8番細川、しかし2−2から打ち上げてファーストファールフライで2者残塁。4回裏日本ハムは、7番古城から。2−2から低目へのストレトーが決まると、主審・深見が強烈なストライクコールで三振。8番飯山、2−3から流してファースト上をライナーで抜けてライト前ヒット。9番紺田、1−3から内角球に詰まらされるが、転がって位置が良かった、ファースト右を転々としてライト前に連続ヒット。1塁から飯山が一気に3塁へ到達。1死1、3塁として1番森本、0−2からセンターに弾き返した打球は奇麗なクリーンヒット!これがタイムリーとなって3−1と日本ハムが2点のリード。1死1、3塁で2番田中賢、1−1から打ち上げてしまいライトフライ。2死になるが3番藤島、サードへの打球だがこれが赤田の手前でバウンドが変わり大きく弾む。レフト線へ転がっている間に藤島は2塁へ、タイムリーツーベースで4−1とリードを広げる。さらに2死2、3塁で4番田中幸、2−1から外角高目のストレートに空振り三振。

3点のリードを許した西武は5回、一気に反撃に出て日本ハム先発の隼人を捕える。9番栗山からの攻撃、初球攻撃はピッチャー隼人の足元を鋭く抜けてセンター前ヒット。1番に戻って赤田、1−0からストレートに合わせたバッティングでセンター前に連続ヒット。無死1、2塁として2番水田、初球を送りバント。これがピッチャー前に転がって成功、1死2、3塁になる。続くは3番大友、1−3から外角低目のストレトーが外れて四球。1塁に達した所で代走が起用される。古屋が1塁ランナーに。1死満塁と一発逆転のチャンス、マウンド上隼人は大ピンチに。4番貝塚、1−0から思い切り引っ張った鋭い打球がファーストを襲う!これを田中幸が捕れずライト線を転がる。2者が生還して4−3と1点差に詰め寄る。貝塚の2点タイムリーツーベース、さらに1死2、3塁で5番中島。1−1からショート定位置へのフライ。2死になるが6番宮地、初球攻撃は右中間真っ二つ!!弾丸ライナーでフェンスに到達、さらに2者が生還してこの回4点、5−4と一気に逆転に成功する。さらに2死2塁で7番中村、これも初球攻撃に出るが左中間へのフライでようやく攻撃終了。5回裏西武は代走の古屋がサードへ、サードの赤田がセンターに回る。逆に1点のリードを許した日本ハム5回裏は5番渡邉から、初球攻撃には初球攻撃でお返しとばかれに引っ張った打球は、鋭いライナーのままフェンス直撃のツーベース。無死2塁と同点のランナーを2塁に、6番小谷野。2−1からセカンドベース右へのゴロで渡邉は3塁に進塁。1死3塁で7番古城、2−0からの3球目ストレートを見逃して三振。2死3塁で8番飯山、2−3フルカウントから今度は引っ張って三・遊間を文句ナシの打球でレフト前に同点タイムリーで5−5に。飯山は3打席で3安打猛打賞。2死1塁で9番紺田、2−2から完全にタイミングを外されて空振り三振。同点止まり。

6回西武は8番細川から、0−2から打ってセンターフライ。9番栗山、2−3からショート正面へのゴロ。古城が腰を落として捕球し1塁へ。1番赤田、2−1からセカンド前への詰まったゴロ、田中賢が捕って1塁へ送球して3者凡退。6回裏日本ハムは1番から、森本が4度目の打席へ。2−1から打ち上げてしまいライトフライ、線の外で栗山が捕球。2番田中賢、0−1からこれも打ち上げてサードファールフライ。3番藤島、2−1からファールチップになるが細川がしっかれ捕球しており空振り三振でこの試合初めて3者凡退。

7回西武は2番水田から、1−0から内角への変化球だがこれが避けた水田のヒジに当ってしまう死球。3番古屋、その0−2から水田がスタートし盗塁成功。無死2塁と勝ち越しのチャンス。古屋は2−1からライト前へのハーフライナー気味の打球。これがヒットでさらにチャンスが広がる。無死1、3塁とした所で日本ハムは隼人から2番手山口にスイッチ。すると西武は貝塚に代わって1軍で代打で好打を連発し「猛犬注意」の横断幕も出た犬伏が告げられる。1−0からセカンドベース後ろへのフライ。続く中島を打席に迎えて日本ハムは継投策に出る。山口に代わって武藤がマウンドへ。中島を鋭い打球だがセカンドライナーに抑える・・・抑えたまでは良かったが1塁ランナーが飛び出したのを見た田中賢が1塁へ素早い送球!ところがこれが悪送球となってしまいボールは1塁側用具室前へ転がる。この間に水田が還って1点勝ち越し、6−5に。2死2塁で6番宮地、その初球だった。完璧に捕えた打球が一瞬で左中間スタンドに消える。試合決着となる第2号ツーランホームランでこの回3点8−5とした。7番中村1−1から打ち上げてレフト線寄りのレフトフライ。7回裏日本ハムの攻撃は4番田中幸、復帰初ヒットを期待する所だが、1−0から引っ張ってレフト線内側へ鋭く飛ぶツーベース。5番渡邉、2−1から低目の変化球に空振り三振。6番小谷野、初球攻撃に出るとライト栗山を襲うライナー!しかし栗山がこれを捕球する好守。2死2塁で7番古城に代わって代打には鶴岡が指名される。すると鶴岡も捕えた打球がライトへ飛ぶが正面を衝いてしまいライトライナー。

8回日本ハムは代打の鶴岡に代わって尾崎が入りショート、ファーストの田中幸に代わって駒居が入りキャッチャー、キャッチャーの渡邉がファーストに回る守備位置の交代。ピッチャーが4番手井場に代わる。8回西武は8番細川から、0−2からやや詰まった打球だったがショート右でワンバウンドしてセンター前ヒット。9番栗山、初球を送りバントする。しかしこれにピッッチャーの井場が素早くマウンドを下りて捕球、2塁へ送球してフォースアウトで送りバント失敗。ランナーが代わって1番赤田、2−2からショート横をゴロで抜けてセンター前ヒット。1死1、2塁で2番水田に代わって代打は上本が起用される。しかし2−1からストレートを見逃しの三振。3番古屋、2−1から内角低目の変化球に空振り三振で井場は2者のランナーも1回を無失点の好投。8回裏西武は代打の上本に代わってカズが入りサード、サード古屋がセカンドに回る。ピッチャーが2番手竹下に代わる。3点差が大きい日本ハムだが、この回「奇蹟」が起きる。この回は8番飯山から、今日ここまで3安打と当っているが、紛れも無い「ホンモノ」だった。2−1と追い込まれてからライトへ打ち返した打球は、伸びてこれを越える!一気に3塁を陥れてスリーベース、反撃の足場を作る。9番紺田、これも2−1から奇麗な流し打ちはサード左を鋭く抜けてレフト前タイムリーで8−6とする。1番森本、1−1から逆らわない打撃は一・二塁間をゴロで破るライト前ヒット。無死1、2塁として2番田中賢、1−2から打ち上げてしまいセンターフライ。3番藤島、やはりこういった場面では「ベテラン」が必要だった。外野陣は長打を警戒して深めの守備。2−2から決して当りは良くないがライト前に落ちるヒット、これがイタムリーとなってさらに1点を追加8−7と1点差に。1死1、3塁で4番駒居、2−2から低目の変化球に空振り三振。5番渡邉、2−3から低目の変化球が外れるが、これがワンバウンドとなってしまい細川が3塁ネクストサークル方向に弾いてしまう。3塁から森本が本塁に滑り込んで8−8の同点、「諦めないヒルマン野球」とはどこかで見たフレーズだがファームにも確実に浸透していた。さらに2死1、2塁で6番小谷野、しかしショートゴロで逆転ならず。

9回から日本ハムは建山がマウンドへ上がる。1点で勝利が近いはずの西武は9回4番からの攻撃。しかし貝塚に代わって代打には「日本ハムを鎌ヶ谷を知り尽くした」とは少々大袈裟だが日本ハム戦に強い小牧が指名される。その実か初球を強振すると、レフトやや左、左中間方向へ鋭いライナーが飛ぶ。真っ二つのツーベースでもピッチャーは文句言えない打球だが、これにレフト森本が移動していくと、最後はジャンプする格好でこれを好捕!!打った小牧の打球も鋭かったが森本の守備が1枚上だった。5番中島、2−0からストレートに見逃しの三振。6番宮地、0−2から打ってファーストゴロで3者凡退。9回裏1点で勝利に届く日本ハム、西武も継投で凌いでくる。マウンド上が3番手水尾に代わる。この回は7番尾崎から、初球が低めに投じられるがツマ先に当ったのか主審の深見が死球を告げて尾崎は1塁へ。1塁に到達した所で代走は野中が起用される。続くは今日4安打と絶好調の飯山、流石にここは送りバントの指示、2球失敗で2−1からピッチャー前に転がして成功。1死2塁で9番紺田、0−2から打ち上げてしまいキャッチャーファールフライ。2死2塁と一打サヨナラの場面に1番森本。今日は悉く得点に繋がる当りを飛ばしているだけに、ある意味当然の敬遠策をとる。2死1、2塁として2番田中賢1−1からセカンド正面へのゴロでスリーアウト、延長戦に突入する。

10回西武は下位打線7番中村から、2−2から高目のストレートに空振り三振。8番細川、2−0からスライダーか?高速での変化球に3球三振。9番栗山、2−2から低目の変化球に空振り三振で3者連続三振、建山はサヨナラの反撃に繋げる好投。10回裏日本ハムは3番藤島、0−1から一・二塁間を抜けるライト前ヒットで3安打猛打賞。4番駒居、2−2から送りバントをし続けるが空振り三振。5番渡邉、1−3から打ち上げてしまいショートフライ。6番小谷野、0−1から右中間への大きいフライも栗山が追いついて捕球し藤島残塁。

11回西武は1番から、赤田は2−1から詰まったファーストゴロ。するとこの打球にいち早く建山が1塁ベースカバーに走り出す。渡邉からのトスもいい位置でアウト。ホントに素早いフィールディングだった。2番カズ、2−1から高目のつり球かストレートに手を出して三振。3番古屋、初球を打ち上げてライトフライでこの試合の西武の勝利がなくなる。11回裏西武は引き分け試合に持ち込むべく福井を4番手としてマウンドへ送る。日本ハム最後の攻撃は7番野中から、初球を強く叩くとライトへの鋭い打球。しかしライトライナー。8番飯山、これも初球だった。レフト前へ鋭い打球でワンバウンドでヒットし5打数5安打と脅威の8番打者に一日に。9番紺田、ピッチャー前に送りバント成功で2死2塁。1番に戻って・・・?さっきもこんな場面では?間違いなく同じ状況だった、1番森本が打席に入ると迷わず西部バッテリーは森本を今日2度目の敬遠で勝負を避ける。痛打が目に見えていると言わんばかり・・・に。そしてこれも同じ場面、2死1、2塁で2番田中賢、しかし0−1から痛烈な打球だがファーストゴロで試合終了。

イースタンでは珍しい4時間近い試合は、終盤両軍に決め手が無く引き分け試合に終わった。日本ハム、西武共にこれが今季初めての引き分け試合。日本ハム5番手の建山が3回を打者9人の完璧な投球、打っては飯山が悉くチャンスに得点になる5安打、森本も流石1軍で活躍しただけの選手、大事な場面では勝負してもらえない。西武は宮地のホームランで決着と思ったが、竹下が誤算で白星を逃した。




ふんぼるとさん編

2003年6月7日 日本ハム−西武 12回戦

K鎌ヶ谷(日本ハム9勝2敗1分)

 
西  武 010 040 300 00│
 
日本ハム 020 210 030 00│
     
(延長11回規定により引き分け)

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
  D8赤 田 620 遊飛    左飛    中安 二ゴ    中安       一ゴ
  C 水 田 200 右飛    左飛    投犠    死球
  H 上 本 100                      見振
  5 カ ズ 100                               空振
  G 大 友 210 右安    一ゴ    四球
  R54
    古 屋 310                   右安 空振       右飛
  D 貝 塚 312 遊ゴ       三ゴ 右2
  HD犬 伏 100                   遊飛
  HD小 牧 100                         左直
  E 中 島 410    死球    左安 遊飛    二直    見振
  F 宮 地 524    三邪    空振 右2    中本    一ゴ
  B 中 村 410    中2    四球 右飛    左飛       空振
  A 細 川 411    中犠    一邪    中飛    中安    見振
  H 栗 山 510    中飛       中安 遊ゴ    投ゴ    空振
  犠盗失併残─────
  21107 42117

       回 打安振球責
   星 野 7 3411914
   竹 下 1 84113
   水 尾 2 91120
   福 井 1 51010

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
  F 森 本 422 空振 中犠    中安    右邪    右安 敬遠    敬遠
  C 田中賢 710 中安 二ゴ    右飛    三邪    中飛 二ゴ    一ゴ
  D 藤 島 532 四球    三直 三2    空振    右安    右安
  RD佐 藤 000
  B 田中幸 410 空振    中飛 空振       左2
  2 駒 居 200                      空振    見振
  A3渡 邉 520 二ゴ    左安    左2    空振 四球    遊飛
  D 小谷野 610    中安 見振    二ゴ    右飛 遊ゴ    右飛
  E 古 城 200    三犠    見振 見振
  H 鶴 岡 100                   右飛
  6 尾 崎 000                         死球
  R6野 中 100                               右飛
  H 飯 山 552    中安    右安 左安       右3 投犠    左安
  G 紺 田 421    投犠    右安 空振       左安 捕邪    一犠
  犠盗失併残─────
  501015 46177

       回   打安振球責
   隼 人 60/3 308146
   山 口  1/3 10000
   武 藤  2/3 31001
   井 場 1   52200
   建 山 3   90500


  本塁打  宮 地(西)2号A (7回 武藤)
  三塁打  飯 山(日)    (8回 竹下)
  二塁打  中 村(西)    (2回 隼人)
       藤 島(日)    (4回 星野)
       貝 塚(西)    (5回 隼人 タイムリー)
       宮 地(西)    (5回 隼人 タイムリー)
       渡 邉(日)    (5回 星野)
       田中幸(日)    (7回 星野)
  犠 打  古 城(日)    (2回 無死1塁 1走の小谷野が二進)
       紺 田(日)    (2回 無死1、2塁 2走の古城が三進、2走の飯山が
                    二進)
       水 田(西)    (5回 無死1、2塁 2走の栗山が三進、2走の赤田が
                    二進)
       飯 山(日)    (9回 無死1塁 1走の野中が二進)
       紺 田(日)    (11回 1死1塁 1走の飯山が二進)
  犠打失  栗 山(西)    (8回 無死1塁 1走の細川が二塁封殺)
       駒 居(日)    (10回 無死1塁 バントの構えからバットを引いて見逃
                    し三振)
  犠 飛  細 川(西)    (2回 1死2、3塁 3走の中島がホームイン、2走の
                    中村が三進)
       森 本(日)    (2回 1死2、3塁 3走の古城がホームイン、2走の
                    飯山が三進)
  盗 塁  水 田(西)    (7回 捕手は渡邉 打者は古屋 二盗成功)
  失 策  赤 田(西)    (2回 古城のサードへのバントを一塁悪送球)
       田中賢(日)    (7回 1死1、3塁 中島の二直で飛び出した1走の古
                    屋を刺そうとして一塁悪送球)
  暴 投  竹 下(西)    (8回 2死1、3塁 3走の森本がホームイン、1走の
                    藤島は駒居の四球により二進 打者は駒居)
       
  PL:深見 1B:新屋 2B:橘 3B:橋本 公式記録:中村
  時間 3時間54分(13:01〜16:56)

得点経過
 2回表(西) 1死2、3塁から細川がセンターへ犠牲フライ       西  武1点目
 2回裏(日) 無死1、2塁から飯山が二遊間を破る中前打        日本ハム1点目
       1死2、3塁から森本がセンターへ犠牲フライ       日本ハム2点目
 4回裏(日) 1死1、2塁から森本が中前打              日本ハム3点目
       2死1、3塁から藤島が三塁強襲のツーベース(エラー気味) 日本ハム4点目
 5回表(西) 1死満塁から貝塚がライトへツーベース          西  武3点目
       2死2、3塁から宮地がライトへツーベース        西  武5点目
 5回裏(日) 2死3塁から飯山が三遊間を破る左前打          日本ハム5点目
 7回表(西) 1死1、3塁から中島が二直。飛び出した1走の古屋を刺そ
       うとした田中賢が1塁悪送球で3走の水田がホームイン   西  武6点目
       2死2塁から宮地が右中間へツーランホームラン      西  武8点目
 8回裏(日) 無死3塁から紺田が三塁線を破る左前打          日本ハム6点目
       1死2、3塁から藤島が右前打              日本ハム7点目
       2死1、3塁から竹下が暴投               日本ハム8点目


戦評
 太陽が顔を出したり隠したりの天候ながら、蒸し暑かった今日の鎌ヶ谷。
 試合の方は日本ハムが4回までに4−1とリードするが先発の隼人がピリッとせず5回に西
 武の逆転を許す。その裏に日本ハムも追い付くが、西武は7回に田中賢のエラーで勝ち越し
 更に気落ちした武藤から宮地がツーランをかっ飛ばし、3点差。勝負あったかと思われたが
 そこは首位日本ハム。8回に脅威の粘り腰で3点を取り8−8の同点に追い付く。日本ハム
 は9回から投入した建山が3回をパーフェクトに抑え、打線の奮起に期待するが、あと1点
 が奪えず引き分け。
 森本は2敬遠とかなり珍しい記録。

 
参考 02年シーズン最多敬遠:3 高山(西)、島田(日)、古木(湘)、畠山(ヤ)
    01年シーズン最多敬遠:3 七野(湘)

選評
 
細 川(西) 守備に着くとき、打席に入るとき、とにかく動作が遅い。

 
建 山(日) 9回から3イニングスを投げ5三振を奪うパーフェクト!ストレートの伸び、
       縦の変化球のキレともに抜群。2−0のカウントから3球勝負に行く投球には
       非常に好感が持てる。駒居のリードも◎。

 
森 本(日) 打っては4打数2安打2打点2敬遠。守っては9回に先頭の小牧のライナー性
       の打球を背走しながらナイスキャッチ。抜けていれば同点の9回に無死2塁と
       絶体絶命のピンチになるところだった。

 
田中賢(日) 守る方ではタイムリーエラー、打つ方では前の打者の森本が2回も敬遠される
       という屈辱を受けるも、2回とも凡退。この屈辱をバネに明日は大活躍しまし
       ょう。頑張れ、賢介!

 
隼人渡邉 3点リードの5回に4点を奪われ逆転を許す。明らかに西武打線にチェンジア
       ップを狙われているにも関わらず、チェンジアップを他投するという失態。渡
       邉の単調なリードも疑問。渡邉はファーストで起用の方が良いのでは…。

 
古 城(日) 守る方では初回先頭の赤田の遊飛を落としかけ、打つ方では見逃し三振2つを
       含む3タコ。う〜ん、振らなきゃ当たりません。

 
深 見(審) 4回に小谷野が2−2からハーフスイング。バッテリーも小谷野も球場全体も
       スイングだと思う中で1塁塁審の新屋にスイングの確認をする(もちろん、新
       屋はスイングの判定)。ただ、以前はハーフスイングでストライクになった場
       合にコースなのかスイングなのかわかりにくい面があったが、最近はスイング
       の場合には右手を挙げてスイング!と言ってくれるのでわかりやすい。

おまけ
 
中 島(西) 試合直前まではストッキングを出すユニホームの着こなし(←ホント)
       なぜならば、モンデシー(ヤンキース)が…(←ウソ)


2003年 6月 6日 イースタンリーグ 9回戦 ロッテ−ヤクルト(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時終了15時53分試合時間2時間53分
 球審牧田1塁本田3塁木内公式記録員野中
 ロッテ浦和(ロッテ6勝2敗)観衆100人

                  R H E
 
ヤクルト 020 000 000  7 1
 
ロッテ  002 600 00X 15 0
 
 勝長崎2勝2敗9S     本塁打 垣内(4回左中間戎@)
 負戎 1勝1敗 
 2塁打 丸山、早坂(3回)橿渕(6回)細見、佐藤(7回)
     ツギオ(9回)
 盗塁 青野(3回)盗塁死 早坂(1回)今江、丸山(5回)
 走塁死 細見(7回)
 暴投 平本(4回)捕逸 辻(8回)
 併殺 ヤクルト1(畠山ー本郷ー衣川)2回今江
    ロッテ0
 失策 ヤクルト1 ユウイチ(3回)
    ロッテ0
牽制死 本郷(4回)大原(7回)


 戦評
 今日の試合は、4回ロッテ打線が集中打で大勝した。はっきり言って戎、長崎両投手が良くなかった。だから、試合が間延びした試合になってしまった。
 それにしても、もう少し粋の良い選手がいない試合で見ていて集中するのが大変だった。
 今日、元横浜大洋と巨人の屋鋪要さんを目撃しました。一体何のためにいらしてたのでしょうか?

    打撃成績
    ヤクルト 打安点    ロッテ 打安点
   D福 川  300   G早 坂 540
  RD大 塚  000   D青 野 411
  G9志 田  300  H3ユウゴー100
   8牧 谷  100   H伊与田 200
   H稲 葉  300  H9寺 本 212
  87内 田  100   Dメ イ 210
   D畠 山  410  HD井上純 111
   Fユウイチ 210  HD大 村 100
 H79橿 渕  210   F垣 内 111
   C本 郷  111  H7於 保 100
  H4ツギオ  210  H7佐 藤 110
   B衣 川  101  B5今 江 310
  H3度 会  200   A 辻  300
   A細 見  320   E丸 山 320
   2高 橋  100   C西 岡 421
   E大 原  320   計    34156
   6梶 本  000
   計     3172

 投手成績
 ヤクルト  投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
● 戎    3・2  65 11  1  1  7  8
 平 本   1・1  20  1  2  1  0  0
 前 田   2    31  1  0  2  0  0
 本 間   1    27  2  0  0  0  0
 ロッテ   投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
○長 崎   5    84  4  2  4  2  2
 藤 田   2    17  2  0  0  0  0
 舩 木   1    20  0  1  1  0  0
 神 田   1    12  1  0  2  0  0


 あわてんぼーが選ぶ今日最も活躍した選手と注目した選手

 今日最も活躍した選手

■早坂圭介(ロ)
今日一人で4安打。今日出場した選手の中で唯一目立った選手。早く一軍で活躍する姿を見てみたい。

 今日注目の選手

■戎信行(ヤ)
今日は全く良くなかった。4回までに11安打も打たれては駄目。

■長崎伸一(ロ)
シーズン前半はファームの抑え投手だったが先日から先発に。しかし今日勝ち投手になったものの内容は良くなかった。


■先攻ヤクルト
■後攻ロッテ

1回表(ロッテ投手長崎捕手辻)福川遊ゴロ、志田左飛、稲葉一塁ゴロ(ヤクルト0)
1回裏(ヤクルト投手戎捕手細見)早坂右前安打、青野の時早坂2塁盗塁失敗、結局青野は三塁ゴロ、伊与田二飛(ロッテ0)
2回表 畠山左前安打、ユウイチ、本郷ともに中前安打で畠山生還なお1,3塁、衣川左犠飛でユウイチ生還、細見三振、大原二塁ゴロ(ヤクルト2)
2回裏 メイ中前安打、垣内四球で1,2塁、今江三塁ゴロで5−4−3とわたる併殺、辻三塁ゴロ(ロッテ0)
3回表 福川三振、志田中飛、稲葉二塁ゴロ(ヤクルト0)
3回裏 丸山中前2塁打、西岡三振、早坂左翼越え2塁打と左翼ユウイチの遊撃への送球が乱れる間に丸山生還、青野中前安打で早坂生還、伊与田の時青野2塁盗塁成功、結局伊与田は三塁ゴロ、メイ二塁ゴロ(ロッテ2)
4回表 畠山三振、ユウイチ左飛、本郷四球、衣川の時投手長崎からの牽制球により本郷タッチアウト(ヤクルト0)
4回裏 垣内左中間本塁打、今江右前安打、辻投前送りバント成功で2塁、丸山左前安打で1,3塁、西岡三前バント安打で今江生還なお1,2塁、早坂中前安打で満塁、青野遊ゴロで6−2とわたり丸山本塁フォースアウト、伊与田に代打寺本中前安打で西岡、早坂生還なお1,3塁、(ヤクルト投手平本)メイに代打井上純の時平本の暴投で青野生還、寺本は2塁進塁、結局井上純は中前安打で寺本生還、垣内に代打於保三振(ロッテ6)
5回表(ロッテ右翼寺本、左翼於保)衣川一塁ゴロ、細見中前安打、大原四球で1,2塁、福川三振、志田遊ゴロで6−4とわたり大原2塁フォースアウト(ヤクルト0)
5回裏 今江死球、辻右飛、丸山の時今江2塁盗塁失敗、丸山は結局四球、西岡の時丸山2塁盗塁失敗(ロッテ0)
6回表(ロッテ投手藤田)稲葉二飛、畠山二塁ゴロ、ユウイチに代打橿渕中前2塁打、本郷に代打ツギオ一塁ゴロ(ヤクルト0)
6回裏(ヤクルト投手前田、中堅から右翼志田、稲葉に代わり中堅内田、左翼橿渕、二塁ツギオ)西岡三振、早坂二塁ゴロ、青野投ゴロ(ロッテ0)
7回表 衣川に代打度会右飛、細見左翼線2塁打、大原投ゴロで1−4とわたり細見2塁タッチアウト、福川の時投手藤田に牽制球により大原タッチアウト(ヤクルト0)
7回裏(ヤクルト志田に代わり中堅牧谷、中堅から左翼内田、左翼から右翼橿渕、一塁度会)寺本三振、井上純に代打大村三塁ゴロ、於保に代打佐藤左中間2塁打、今江遊ゴロ(ロッテ0)
8回表(ロッテ投手舩木、左翼佐藤)福川四球、(ヤクルト代走大塚)牧谷の時捕手辻の捕逸で大塚2塁進塁、牧谷は結局一塁ゴロで大塚3塁進塁、内田三振、畠山投ゴロ(ヤクルト0) 
8回裏(ヤクルト投手本間、捕手細見に代わり高橋、遊撃大原に代わり梶本)辻一邪飛、丸山二直、西岡中前安打、早坂三塁ゴロ内野安打で1,2塁、青野に代打ユウゴー中飛(ロッテ0)
9回表(投手神田、一塁ユウゴー、一塁から三塁今江)橿渕三振、ツギオ左中間2塁打、度会三振、高橋二塁ゴロ(ヤクルト0)


2003年 6月 5日 ウエスタンリーグ 7回戦 中日−近鉄(ナゴヤ)報告者:にこ坊さん

6月5日 ナゴヤ球場 対近鉄戦

真夏のような日差しの中、中日は一軍期待の山井が先発。試合は初回からいきなり動き、ワンアウトから近鉄山崎のサードゴロを仲澤がお手玉、さらに仲澤は続く武藤の取れそうなサードゴロを
後ろにそらす。いきなり1.3塁のピンチとなり4番川口に先制のタイムリーを打たれる。
しかし山井はその後立ち直り後続を打ち取る。一方の藤崎はコーナーに決まるストレートと大きなカーブがうまく決まり4回までは危なげないピッチングを見せるが、5回裏中日打線が藤崎を捕らえ4点を取り逆転に成功する。そして迎えた7回表先頭の坂口がヒットで出塁するも長坂が送りバント失敗のゲッツーでツーアウトとなる。しかしこの後代打覚前がヒットで出塁しさらに盗塁とワイルドピッチでランナー三塁のピンチとなる。ここで山井は集中力が切れたのか続く森谷、山崎、筧に連続タイムリーを浴び逆転されノックアウトされる。その後は中日が近鉄サード三木のエラーの間の1点で追いつくものの、両チーム決め手の無いまま延長でも決着がつかず5対5の同点で試合終了。

            R H E
近鉄|200|000|300|0|5 10 1
中日|000|040|010|0|5 10 2

勝:− 負:−
HR:善村(5回・藤崎)

投手

近鉄  回  被安打 奪三振 四死球  失点
藤崎  6     8    2    0    4
有銘 1.2/3    0    0    0    0
吉川 1.1/3    1    0    1    1
島田  1     1    1    1    0

中日
山井 6.2/3    8    6    2    5
小林  1/3    0    0    0    0
正津  2     2    2    0    0
遠藤  1     0    1    2    0

スタメン
近鉄:8:森谷-6:山崎-4:武藤-3:川口-7:下山-5:三木-8:坂口-2:長坂-1:藤沢
中日:5:仲澤-4:善村-7:井上-3:リナレス-9:森-2:田上-8:土谷-6:森岡-1:山井

得点経過
1回表:川口、左中間へツーベースヒット(2)
5回裏:森岡、左中間へツーベースヒット(1)仲澤、左中間へツーベースヒット(1)
    善村、ライトへツーランホームラン(2)
7回表:森谷、ライトオーバーのツーベースヒット(1)山崎、ライト前ヒット(1)
    筧、ライトオーバーのスリーベースヒット(1)
8回裏:サード三木エラー(1)


気になる選手

■山井大介(中)
5失点すべてが味方のミスからと不運なマウンドでしたが、球自体はストレート、スライダー共にいいところに決まっていました。特に高めのストレートで空振りが取れるところを見るとストレートはかなり良くなっていると思います。

■仲澤忠厚(中)
守備ではエラーするなどいい所無しでしたが、バッティングは絶好調で3日連続の猛打賞となる5打数3安打1打点の大活躍。試合前での新聞記者のインタビューで今日ホームランでも打ば一軍と話していましたので一軍再昇格も近いものと思われます。一軍のサードは立浪の怪我で空いているだけに頑張ってもらいたいものです。

■田上秀則(中)
打っては3打数ノーヒット、守っては盗塁を4つ許し、セカンドへの送球がセンターに抜けるなど今日は散々な出来でした。今年の田上を見ていると長打力を生かして内野手に転向したほうがいいのではと思ってしまいます…

■森岡良介(中)
今日も長打を放ちバッティングはいい所を見せてくれました。課題はやはり守備と走塁で回が終るたびにコーチに注意されていました。

■筧裕次郎(近)
森岡目当てで見ていた甲子園以来、生では始めて見ました。今日は途中出場でセカンドを守っていましたがコンバートされたのでしょうか?セカンドの守備は守備機会が2度しかなくあまり見れませんでした。バッティングは甲子園の時同様思い切りの良いスィングで、ライトオーバーのスリーベースを放ちよいところを見せてくれました。


2003年 6月 4日 イースタンリーグ 8回戦 西武−ヤクルト(西武ドーム)報告者:風車の弥生さん

64日(水)くもり
  
スワローズ西武ドーム

  
Ys 010 000 002 (9安打)
  
000 002 002X (4安打)

     勝 
鳥谷部  負 松田

     
PB 新屋  1B 深見  2B 橋本  3B 山崎
     公式記録員 新向井

  Ys    1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
9 稲 葉 3-0 二ゴ    一ゴ    四球    右飛
_9橿 渕 1-1                         右2:
8
志 田 4-0 左飛    四球    三振    三振    三振
D 久保田 3-1 三ゴ    遊ゴ    左2
D3度 会 1-0                      二ゴ
5 畠 山 4-0    三ゴ 右飛    三振       二ゴ
7 ユウイチ 3-1    右安    遊ゴ    遊ゴ
H7内 田 1-0                      三振
4 本 郷 2-1    四球    中2    中飛
_H牧 谷 1-1                         左安
_1松 田
3
衣 川 3-1    右安    二ゴ    二ゴ
H4大 塚 1-0                         捕ゴ
2 細 見 4-3    左安    三振       右安    中安
6 大 原 3-0    遊併       三ゴ    投犠    二ゴ

      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8 大 友 4-0 二飛    遊ゴ    右飛       中飛
7 佐 藤 3-0 投ゴ    中飛       右飛    四球
5 後藤武 4-0 三振    右飛       右飛    左飛
D 貝 塚 2-0    四球    三振    四球    二ゴ
3 大 島 3-1    左飛    三振    右本:
_H
古 屋 0-0                         四球
9 赤 田 4-2    左安    左飛    二ゴ       左本:
6
中 島 3-0    左邪       一邪    遊ゴ
2 細 川 2-0    四球       三振    三振
4 水 田 3-1    遊ゴ       中安    三振


  Ys  回           回 
 石 堂 6  3 2(123球)  大 沼 7  6 1(113球)
 吉 川 1  0 0( 13球)  土 肥 1  0 0( 13球)
 本 間 1  0 0( 14球)  水 尾  2/3 2( 11球)
松 田  0/3 2( 13球) 鳥谷部  1/3 0( 4球)


2003年 6月 4日 イースタンリーグ 9回戦 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

4日 ジャイアンツ 第9回戦 浦和5勝3敗1分 13時13分試合開始

                    RHE
 
浦 和 020 000 001 01 91
 
川 崎 100 101 000 00 50
 (延長11回)

 (川崎)川本大輔(5回)條辺剛(1回)林昌範(1回)ベイリー(2回)●鴨志田貴司(1敗、2回)−小田、加藤
 (浦和)酒井泰志(6回)井上貴朗(1回)神田義英(1回)○舩木聖士(2勝2敗、2回)S藤田宗一(1S、1回)−辻、福澤


 
<マリーンズ> ※11回表のテーブルは、マリーンズ公式サイトによります。
        1表2表3表4表5表6表7表8表9表10表11表 
 (中)早 坂 四球右安  右安    三振  四球
 (二)丸 山 遊ゴ右2  二ゴ
  打 ユウゴー            三振
  二 青 野
  打 垣 内                 中飛
  投 舩 木
  投 藤 田
 (右)メ イ 三振三振
  右 寺 本         一ゴ  遊ゴ    右飛
 (左)佐 藤 四球  一ゴ
  左 於 保         中飛    三振  三振
 (一)澤 井 一ゴ  三振  右安    遊安 ※三振
 (三)今 江   三ゴ死球  投ゴ    右飛    右3
 (捕) 辻    死球四球    捕邪
  打 大 村                 左2
  走 大 塚
  捕 福 澤                     左飛
 (遊)西 岡   遊飛遊直    左飛    投ギ  左安
 (投)酒 井   中安  三振  三振
  投 井上貴
  投 神 田
  打 井上純                 二ゴ
  二 富 永                     三振

  浦和投手成績
       回 安 三 四 失
  酒井泰志 6 5 5 2 3
  井上貴朗 1 0 1 0 0
  神田義英 1 0 1 0 0
 ○舩木聖士 2 0 2 0 0
 S藤田宗一 1 0 0 0 0


 <ジャイアンツ>
        1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
 (二)三 浦 三振  遊ゴ    三振三振
 (遊)大須賀 投ゴ    中安  四球  遊飛
 (中)堀 田 右本    投ゴ  左安  中飛
 (三)吉 川 二ゴ    三振  左安  三振
 (左)中 濱   投ゴ  中安  右飛    三振
 (捕一)小 田   三ゴ  右飛  四球    中飛
 (一) 李    遊ゴ    右飛右飛    右飛
  投 鴨志田
 (右)山 本     三振  三ゴ  二失
 (投)川 本     三振  二ゴ
  投 條 辺
  投  林
  打 山 田             右飛
  投 ベイリー
  捕 加 藤

  川崎投手成績
       回 安 三 四 失
  川本大輔 5 5 4 4 2
  條辺 剛 1 0 1 0 0
  林 昌範 1 0 2 0 0 
  ベイリー 2 2 1 1 1
 ●鴨志田貴司2 2 3 0 1


 ※10回表2死、打者澤井(投手鴨志田) カウント1−1の場面で放送終了
 
 <本塁打>
  堀 田 2号(酒井)

 <審判団>
  球 審 小林和
  一 塁 牧 田
  二 塁 本 田
  三 塁 濱 野

 
 <盗 塁>
  早 坂(1回)
 
 <盗塁死>
  早 坂(4回)
  山 本(7回)
 
 <走塁死>
  澤 井(8回)
 
 <失 策>
  青 野(7回)

 <暴 投>
  川 本 (5回)
  ベイリー(9回)


 上記試合の展開・寸評です。

 <おおまかな試合展開>
 気温21度、湿度10%とやや涼しいコンディション。しかし、試合開始30分ほど前から突然の雨に見舞われ、13時試合開始には間に合わず、しばらく雨が収まるのを待ち13分遅れでの試合開始。

 1回裏、川崎は2死から堀田一郎の一発で先制も、浦和も2回表、2死一塁から、酒井自らが二塁手三浦、中堅手堀田の間に落ちるポテンヒットで上位へ繋ぎ、早坂が一、二塁間を抜き、丸山がファースト頭上を破るライト前タイムリーを放って2点目を奪って逆転。
 4回裏、川崎は2死二塁から、中濱が二遊間を破るタイムリーを放って同点とした。
 6回裏、川崎は大須賀が四球を選び、堀田も続いて1死一、二塁から4番吉川がレフト前へ運んで1点の勝ち越しに成功した。なお2死満塁と攻め立てたが、李が倒れここは追加点はならず。
 3対2のままで試合は進み、迎えた9回表、8回から登板したものの「投げづらそうにしていた(アナウンサー)」ベイリーから、浦和先頭の代打大村がレフト前二塁打で出塁し、ルーキー西岡が送って1死三塁、代打井上純は倒れたが、1番に戻って早坂は四球を選び、続く代打垣内の打席の間にベイリーがワイルドピッチ、労せずして大村の代走大塚が生還して試合は土壇場で振り出しとなり、延長戦に突入した。

 なお試合はその後、延長11回、復帰2試合目の鴨志田貴司から、ルーキー西岡剛が、1死三塁から決勝タイムリーを放ったとのことです。


 <注目選手 ジャイアンツ>
■川本大輔(巨)5回 被安打5 奪三振4 四死球4 失点2
 球速は130後半(139km)、初回はなんとか切り抜けたものの、2回には浦和酒井に打たれるなど集中打を浴び2失点。3回以降も立ち直ったとはいいにくいでしょうか、死球を与えるなど最後まで安定感が感じられない残念な内容でした。
  

■林昌範(巨)1回 無安打 奪三振2 無失点
 本来は先発要員も、本日は中継ぎで登板
 140km前後の球速で、ここまで結果を出しているだけあり、無難に中継ぎの役目を果たしました。が上記川本より安定感もありましたし、もう少し長い回を見て見たかった気も。

  
■三浦貴(巨)5打数無安打
 「1番・セカンド」
 三塁、外野が多い中、長田が骨折(!)などで野手がまたも手薄な為、不慣れなセカンドでの先発。セカンドとしてみた場合、大きなミスこそありませんでしたが、自慢のバットのほうでは満足な結果を残せず。

 なお、ジャイアンツベンチは、上記長田の骨折などで、スタメン以外で出場可能な野手が、加藤健・山田真介の2名のみという苦しいやりくりとなってしまいました。


 <注目選手 マリーンズ>
■酒井泰志(ロ)6回 被安打5 奪三振5 四死球2 失点3
 03年7巡目
 球速は145kmが最速、スライダー・シュートと変化球もまずまず。
 初回、2死から高めを堀田に痛打されたものの、中盤は落ち着き、6回にはやや疲れからか勝ち越しを許したとはいえ、低めに決まるコントロールのよさはぴかいちといえるものがあり「1軍で使っても面白い(球団編成担当氏談)」といえるでしょう。

  
■西岡剛(ロ)5打数1安打
 03年1巡目!期待の高い有望株。「8番・ショート」
 序盤では、川本や林の投球に結果が出ていませんでしたが、9回、同点機には確実に走者を進める送りバント、映像は見られませんでしたが、延長11回には決勝となるタイムリーを放つなど、着実に結果を出している感じでした。ショートストップには、小坂というハイレベルな選手が居ますが、ぜひ数年後には千葉マリンの定位置をつかみとってほしい。


■早坂圭介(ロ)5打席3打数2安打
 「1番・センター」
 2回の同点打は見事でしたが、それ以外にも9回表など、きわどい球をよく見送って四球を選ぶなど、トップバッターとしてのチャンスメークをこなしていました。


2003年 6月 4日 ウエスタンリーグ 7回戦 阪神−広島(鳴尾浜)報告者:umeさん

6月3日 阪神鳴尾浜球場 前期6回戦(T4勝2敗)
カープ   000 000 001|
タイガース 130 110 000|

【勝】藤川 2試合2勝
【敗】玉山 7試合1勝4敗
【本塁打】的場2号3ラン(2回:玉山)梶原康1号ソロ(5回:玉山)
【3塁打】山本芳(9回)
【2塁打】広瀬(8回)
【盗塁】平下(1回)中谷(4回)的場(6回)岡上(9回)
【盗塁死】末永(1回)岡上(3回)
【走塁死】梶原康(7回)
【失策】倉(2回)
【併殺】T1(8回:梶原康−斉藤)打者松本
【暴投】筒井(6回)
【ボーク】玉山(2回)


カープ  打得安点犠四振盗失1回2回3回4回5回6回7回8回9回
G 天 谷400000000左飛    二飛    一飛  一飛
C6岡 上402100010右邪    中安    右飛  右安
F 末 永401000100中安    右飛    一飛  三振
H 広 瀬301000000  遊ゴ    左飛    左2
B  嶋 200000100  二ゴ    三振
1 筒 井000000000
1 田 中000000000
H4兵 動000001000              死球
D3松 本300000200  三振    三振    一直併
E 井 生200000200    三振    三振
4 石 橋100000100              三振
1 苫米地000000000
A  倉 200000101    左飛    三振
2 山本翔100000000                遊ゴ
@ 玉 山100000100    三振
H5山本芳211000000          遊ゴ    右3
  合計 2915101911 残塁2
投手  回  球数打者安打四死三振失点自責
●玉 山5 10424 5 5 3 6 5
 筒 井1  26 4 1 0 2 0 0
 田 中1   9 3 1 0 1 0 0
 苫米地1  10 3 0 0 2 0 0


タイガース 打得安点犠盗四振失1回2回3回4回5回6回7回8回
G  的 場412301010三振左本  右飛  三安
E  藤 本211100100四球中飛  中安
R95曽我部100000000          三ゴ
F  平 下301001100中安死球  一邪    三邪
C6 斉 藤400000030三振三ゴ    三振  三振
B4 梶原康413100000中安  左飛  中本  右安
H4 藤 原300000000中飛  三ゴ  遊飛
H  上 坂100000010              三振
1  吉 田000000000
1  柴 田000000000
D3 新井亮400000010  遊ゴ右飛  二飛    三振
A  中 谷120001210  四球  四球  三振
H2 狩 野100000000              遊ゴ
@  藤 川210000110  四球  一ゴ  三振
9  早 川000000000
   合計 3067503580 残塁5
投手  回  球数打者安打四死三振失点自責
○藤 川8  8925 3 1 8 0 0
 吉 田1/3 6 2 1 0 0 0 1
 柴 田2/311 3 1 0 1 1 0


1回裏 T
1死後2番藤本が四球で出塁。続く3番平下が中前安打を放ち、藤本は一気に3塁まで進塁。4番斉藤2−3からの7球目に空振り三振も、平下が2盗、このときCの捕手倉が2塁に悪送球し、この間に藤本生還(T1−0C)

2回裏 T
1死から8番中谷、9番藤川連続四球、続く1番的場が2−3からの7球目の直球をレフトオーバーの3ランホームラン!(T4−0C)

4回裏 T
先頭打者の中谷が四球、続く藤川の時に相手のバントシフトの隙をつき2盗成功。藤川のファーストゴロで3塁に進塁。的場は倒れたものの、藤本が中前安打を放ち中谷が生還。(T5−0C)

5回裏 T
1死後5番梶原康が1−0からの直球を右中間のスコアボード下部の横断幕に当てるソロホームラン!(T6−0C)

9回表 C
1死後9番山本芳がライト線をやぶる3ベースヒット(ライト早川の処理の拙さもありましたが)。2死後2番岡上が右中間にポトリとタイムリーヒットを放つ。(T6−1C)


○鳴尾浜タイガース

■藤川球児 投手(神)
印象としてはコントロール重視という感じ。球審の根本さんがゾーンをかなり広くとっていたこともありますが非常にテンポ良く、格の違いすら感じさせる投球でした。
もっとも8回にやや崩れかけてまたか・・・と思ってしまった部分もありましたが。
(課題のスタミナ不足はまだ解消されきってないのかな?)

■中谷仁 捕手(神)
リードでは藤川を好リード、肩では2盗塁刺と守備は絶好調でしたが、それすらかすんでしまう打撃の新フォーム(笑)感じとしては右手をバットの中間部分にもっていき、バスターのような感覚で打つというとこでしょうか。(本人曰く「グリップの位置がさがらない」とのことです。)もっともこの日は2四球に1三振と効果は発揮できずでしたが。
的場寛壱(センター)
2打席目のホームランも見事でしたが、この日は4打席で相手投手に26球もなげさせていました。狙ってない球にたいしてもきっちりカットしていく調子の良さをうかがわせます。

■藤本敦士 遊撃手(神)
左膝ねんざからの実戦復帰。初回に平下の中前安打の際に1塁から3塁まで陥れる走塁をみても問題なさそうです。本人曰く「今までの実績は過去ですから」とのこと。このおごらない気持ちを維持して頑張って欲しいです。
新井亮司(サード→ファースト)
甘い球を打ち損じてバットをたたきつける、というシーンを2回みました。さらに4打席目では中谷のフォームにトライ(!)今年に賭ける意気込みがひしひしと感じられます。

●由宇カープ

■玉山健太 投手(広)
ストレートもたいして早くなく(マックスで137q/hとのこと)変化球もスラーブのみ。球も全体的に高めに浮いていて、5回で104球も致し方ない、という内容でした。
先発タイプとして育てるのであれば変化球の種類を増やすなどしないといけないのでは?
まあ初見の投手なので調子がいいときにどういう投球をするのか1度見てみたいです。

■苫米地鉄人 投手(広)
1イニングで2三振、と内容はよかったんですがなんか去年1軍で投げていたときの迫力というか躍動感のようなものが感じられなかったのは私だけでしょうか?

■岡上和典 二塁手 → 遊撃手(広)
チーム唯一の2安打。振り自体もコンパクトでカープの中での格の違いを感じさせた。
初回に盗塁失敗したものの9回に再度走って成功させたとこは走り屋の意地か。


2003年 6月 3日 イースタンリーグ 8回戦 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:シーレックスのファンさん

■吉村裕基(湘南)入団1・2号HR

6/3(火)湘南 vs 鎌ヶ谷 横須賀スタジアム

自由獲得枠で、入団した「松坂世代」☆25 村田修一選手の陰に隠れていますが、

くるくるさんの投稿に
>吉村がニ発打ちましたね

とありますので、私も3日の
☆31 吉村 裕基選手に絞ってみます。(手抜きか?)
今年ドラフト5巡目で入団した東福岡高校出身の高卒ルーキー。181cm 85kg・右投右打パワーと地肩は、☆64 南選手に次ぐ身体能力だが、
田代富雄2軍打撃コーチ曰く「キャンプからオープン戦にかけて来た殆どの解説者が、彼の バッティング練習を 見てあれは誰だ?と聞かれた。」と言う長打力と打撃センス。


▼以下対戦相手

13 生駒【2回裏】1アウト後@S-@Bから3球目の真ん中高めのストレートを 左中間にソロホームラン
    (少し靄が、懸かっていた為に 見にくかったのですが、たぶん場外?)

60 伊藤【3回裏】2打席連続となるこの打席では、2アウト後に 種田・七野を 2・3塁に置いて
    初球・真ん中低めのカーブを 捕らえて同じ左中間に大きなアーチを 描いて3ランホームラン。

19 厚澤【5回裏】3打席目は、1アウト後に 種田・七野を またしても2・3塁に置いてAS-BBからの
    6球目を 力みすぎてサード後方に 高々と打ち上げるショートフライ。流石に 新人相手でも
    2打席連続で、打たれた上に走者を 2・3塁に置いていると投手コーチもマウンドに行く。

38 櫻井【7回裏】4打席目は、ノーアウトで、今日3度目となる 種田・七野を 2・3塁に置いて
    AS-ABからファールで2球粘るも6球目を 空振り三振。

22 建山【9回裏】5打席目は、1アウト1塁走者・北川を 置いてAS-ABから5球目に来た完璧に
    抜いたチェンジアップのスローカーブに反応出来ずに見逃しの三振。

2〜4打席目は、いずれも2・3塁に走者を 置いての得点チャンス。3・4打席目は、外野フライ1本でも、
良い場面ですが、この辺りは今後の課題点。特に 厚澤・建山両投手には、効果的に変化球を 使われてしまう。
個人評としては、近鉄:中村と横浜:村田の 中間的?な実に豪快なスイングで、好みな選手です。
空振りも豪快ですが、打球も高く舞い上がり
ホームランバッターとして条件は、揃っていると感じています。


2003年 6月 1日 ウエスタンリーグ 6回戦 ダイエー−阪神(雁の巣)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

6/1 雁の巣ホークスVS鳴尾浜タイガース(於:雁の巣野球場) 投稿者:gascoigne  投稿日: 6月 1日(日)23時58分37秒

鳴尾浜 000 000 000 0
雁の巣 100 000 10x 2

鳴尾浜 ●川尻哲郎5回−ルー・ポート2回−吉田篤史1回
雁の巣 新垣渚2回−○永井智浩3回−水田章雄2回−篠原貴行1回−S田中総司1回

審判 球:金子 一:岡田 三:福家

■新垣渚 (ダ)調整登板。立ち上がり制球難も2回1安打。来週からは一軍か?
■川尻哲郎(神)初回こそ球が真ん中に集まり集中打から失点も、その後はバッティングをさせず。
■斉藤秀光(神)目下首位打者。さすがに好調2安打。

雁の巣、1回と7回のみ出塁も、わずかなチャンスを得点につなげる。
台風一過でカラッとした中、テンポのいい投手戦(いや貧打戦か…)を堪能しました。
詳細は、拙サイトのレポートをご覧いただければ幸いです。

http://hidenao.hp.infoseek.co.jp/


2003年 5月31日 イースタンリーグ 4回戦 西武−ロッテ(西武ドーム)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時終了16時1分試合時間3時間1分
 球審新屋1塁橋本2塁山崎3塁深見公式記録員嵯峨
 西武ドーム 観衆500人(2勝2敗)
                 R  H E
 
ロッテ 020 002 000  10 0
 
西 武 000 000 51X   8 0
 
 勝福井1勝      本塁打 伊与田3号(2回 左翼  星野 A)
 S土肥1勝1S        中村7号 (7回 右中間 高木 B)
 負高木1勝3敗
 3塁打 ユウゴー(5回)水田(7回)
 2塁打 垣内(2回)細川(3回)赤田(7回)
     於保、宮地(8回)
 盗 塁 赤田、古屋(8回)
 牽制死 西岡(5回)
 走塁死 ユウゴー(5回)
 暴 投 舩木(8回)土肥(9回)
 失 策 ロッテ0 西武0 併殺 ロッテ0 西武0


 戦評
 今日の試合は、6回まで完全にロッテペースだったが7回急転直下西武の流れに。
 ロッテとしては、7回の犬伏の打球を併殺にできず(二塁手青野が打球を一瞬はじき、併殺できず。)その直後中村に、逆転となる3ラン本塁打を打たれる始末。
 5回の牽制アウトも痛かった。
 それにしても、中村選手の逆転本塁打は見事なあたりだった。

     打撃成績
    ロッテ 打安点    西武  打安点
   E早 坂 200   H栗 山 300
   H大 村 110  H9宮 地 110
  R6西 岡 100   C水 田 410
   H澤 井 100   E中 島 410
   D今 江 520  G7赤 田 422
   Dメ イ 200   D古 屋 311
  HD大 塚 310   D犬 伏 300
   F佐 藤 310   H貝 塚 000
  R9寺 本 210  HD玉 野 100
   H垣 内 310   B中 村 313
   8於 保 210   A細 川 310
  G7伊与田 313   Fカ ズ 200
   Bユウゴー211  H8大 友 100
   A福 澤 300   計    3186
  H2 辻  100
   C青 野 300
   H山 本 100
   4丸 山 000
   計    36104

    投手成績
 ロッテ  投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
●高 木  6・1  91  6  0  5  5  5
 ふな木  1・1  30  2  1  1  1  1
 藤 田   ・1   4  0  0  1  0  0
 西 武  投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
 星 野  6   119  7  2  6  4  4
○福 井  1・2  31  2  2  0  0  0
S土 肥  1・1  29  1  1  3  0  0


 あわてんぼーが選ぶ今日最も活躍した選手と注目の選手

 今日最も活躍した選手
■中村剛也(西)
 今日7回裏逆転3ラン本塁打を放った選手。0−4とリードされて迎えた7回裏、2点を獲りなお1,3塁の場面で右中間に突き刺さる逆転本塁打。
 ラジオの実況風にいうと、「4−2、ロッテ2点のリードですが2点を返されなお1,3塁のピンチ、さあーピッチャー高木、中村に対して第1球を投げた。打ちましたあー、センター、ライトともにバック、バック、バック、ライト寺本塀によじのぼったあー入るかどうか、入ったあー逆転3ランホームラーン、逆転3ランホームランです。」とういようなあたり。今日も、西武は敗色濃厚な展開なだけに大きな本塁打だった。
 
 今日注目の選手
■高木晃次(ロ)
 今日6回まで1安打準完全試合に抑えるピッチングも、7回突然西武打線につかまり5安打を集中され5失点。
 球威が落ちたところを狙われたか?

■星野智樹(西)
 今日西武の先発は彼だったが、あまり良くなかった。6回を投げ119球被安打7、失点4という成績。
 特に5,6回は、よれよれのピッチングだった。今日のピッチングでは、当分1軍に昇格するのは無理な感じがする。


■先攻ロッテ
■後攻西武

1回表(西武投手星野捕手細川)早坂三振、今江一邪飛、メイ二塁ゴロ(ロッテ0)
1回裏(ロッテ投手高木捕手福澤)栗山投ゴロ、水田三振、中島二飛(西武0)
2回表 佐藤遊ゴロ、垣内左翼線2塁打、伊与田左翼越え本塁打、ユウゴー三振、福澤投ゴロ(ロッテ2)
2回裏 赤田、古屋ともに三振、犬伏二飛(西武0)
3回表 青野右飛、早坂三塁ゴロ、今江三振(ロッテ0)
3回裏 中村三振、細川左中間2塁打、カズ三振、栗山三塁ゴロ(西武0)
4回表 メイ捕邪飛、佐藤遊ゴロ、垣内四球、伊与田三振(ロッテ0)
4回裏 水田遊ゴロ、中島中飛、赤田右飛(西武0)
5回表 ユウゴー右翼線3塁打、福澤三振、青野三塁ゴロで5−2とわたりユウゴー本塁タッチアウト、早坂に代打大村中前安打で1,3塁、(ロッテ大村に代走西岡)今江の時西岡投手高木の牽制球によりアウト(ロッテ0)
5回裏(ロッテ遊撃西岡)古屋遊ゴロ、犬伏二塁ゴロ、中村右飛(西武0)
6回表 今江、メイに代打大塚、佐藤3人とも左前安打で満塁、(ロッテ佐藤に代走寺本)垣内三振、伊与田四球で今江生還なお満塁、ユウゴー左犠飛で大塚生還なお1,2塁、福澤中飛(ロッテ2)
6回裏(ロッテ右翼寺本、垣内に代わり中堅於保、中堅から左翼伊与田)細川遊飛、カズ、栗山ともに遊ゴロ(西武0)
7回表(西武投手福井)青野、西岡ともに二塁ゴロ、今江左前安打、大塚三塁ゴロ(ロッテ0)
7回裏 水田右中間3塁打、中島遊ゴロ内野安打で1,3塁、赤田右中間2塁打で水田生還なお2,3塁、古屋遊ゴロ内野安打で中島生還なお1,2塁、犬伏二塁ゴロで4−6とわたり古屋2塁フォースアウトでなお1,3塁,、中村右中間本塁打、(ロッテ投手ふな木)細川三振、カズに代打大友遊直(西武5)
8回表(西武中堅から左翼赤田、中堅大友)寺本投ゴロ、於保左翼越え2塁打、伊与田三飛、ユウゴー死球で1,2塁、福澤に代打辻四球で満塁(西武投手土肥)青野に代打山本三振(ロッテ0) 
8回裏(ロッテ捕手辻、山本に代わり二塁丸山)栗山に代打宮地左前2塁打、水田投前送りバント成功で3塁、中島三塁ゴロ、赤田右前安打で宮地生還、古屋の時ふな木の暴投で赤田2塁進塁、古谷は結局四球で1,2塁、犬伏に代打貝塚(ロッテ投手藤田)貝塚に代打玉野の時ダブルスチール成功で2,3塁、玉野は結局三振(西武1)
9回表(西武右翼宮地)西岡に代打澤井四球、今江三振、大塚中飛、寺本中前安打で1,2塁、於保の時土肥の暴投で2,3塁も、結局於保は三振(ロッテ0)


2003年 5月29日 イースタンリーグ11回戦 巨人−ヤクルト(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん/umeさん

@白にゃんこさん編

 29日 ジャイアンツ 第11回戦 戸田7勝4敗
                 RHE
 
戸 田 001 002 100 91
 
川 崎 001 100 010 82

 (川 崎)桑田真澄(3回)●ベイリー(1勝1敗、3回)條辺剛(2回)佐藤宏志(1回)−小田
 (戸 田)○本間忠(1勝、6回)平本学(1回)前田浩継(1回)松田慎司(1回)−鮫島

 <スワローズ>
        1表2表3表4表5表6表7表8表9表打安点
 (右)志 田 三ゴ  一ギ    右安一飛  遊飛410
 (遊二)浜 名 二失  左安    投ゴ      311
  二 本 郷             三振  四球100
 (一)渡 会 一邪  遊併    四球      200
  一 衣 川             二ゴ  三振200
 (三)畠 山 三振    遊ゴ  右安  中安  421
 (二)ツギオ   三ゴ              100
  遊 大 原       二ゴ  右犠  捕ゴ  301
 (左)久保田   二ゴ  遊ゴ  左安  三振  410
  投 前 田                   000
  投 松 田                   000
 (捕)鮫 島   二ゴ    投直三振    四球300
 (中)内 田     左安  三振  中2  捕ゴ420
 (投)本 間     捕野  三振        200
  打 ユウイチ            右2    111
  投 平 本                   000
  左 樫 渕                 右安110

 戸田投手成績
       回 安 三 四 失
 ○本間 忠 6 6 5 0 2
  平本 学 1 0 0 1 0
  前田浩継 1 2 1 0 1
  松田慎司 1 0 1 0 0

 
 <ジャイアンツ>
        1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏打安点
 (右)三 浦 三振  右安    右安  左2  431
 (二三)大須賀 遊飛  中失    直併  三ゴ  401
 (三)元 木 三振    遊ゴ  投ゴ      300
  投 條 辺                   000
  投 佐 藤                 三振100
 (左)吉 川   左安  左2    三ゴ  捕邪420
 (一)後 藤   遊併  中安    四球    211
 走一  李                  遊直100
 (遊)黒 田   三振  遊併    三併    300
 (捕)小 田     左飛  二飛    遊ゴ  300
 (中)山 本     一失  三振    中3  310
 (投)桑 田                   000
  打 加 藤     中安            110
  投 ベイリー        三振        100
  二 長 田               三振  100
 
 川崎投手成績
       回 安 三 四 失
  桑田真澄 3 2 0 0 1
 ●ベイリー 3 3 3 1 2
  條辺 剛 2 3 2 0 1
  佐藤宏志 1 1 1 2 0

 <三塁打>
  山 本 (8回)

 <二塁打>
  吉 川 (4回)
  内 田 (7回)
  ユウイチ(7回)
  三 浦 (8回)

 <失 策>
  大須賀 (1回)
  小 田 (3回)
  度 会 (5回)

 <走塁死>
  三 浦 (3回)
  大 原 (8回)

 <盗塁死>
  大須賀 (3回)

 <審 判>
  球 審 西 本
  一 塁 名 幸 
  二 塁 笠 原 
  三 塁 有 隅


上記試合の展開・寸評です。

 <おおまかな試合展開>
 川崎、桑田真澄が実戦復帰。また元木大介・後藤孝志が昨日に続いて登場。本日はフル出場の予定。この復帰間近の主力選手を視察するため、鹿取・斎藤投手コーチがバックネット裏に陣取り、球場右手にあるグラウンドでは西岡・岸川コーチなどが見守っていた。
(コーチ陣はのちほど、5回にベンチ裏へ)余談ですが、桑田真澄復帰登板ということで放送席には珍しく解説に宮本和知氏も登場。
 3回表、戸田は1死二、三塁から、浜名のレフト前タイムリーで先制。その裏川崎は、1死満塁から大須賀がセンターへ打ち上げ、この打球を中堅内田がこぼす間に三走が生還して同点とした。
 なお、桑田は3回裏の攻撃が終わったところで荷物をまとめ、クラブハウスへ引き上げた。戸田ではツギオが、練習中に足の違和感があったため大事を取り、大原と代わって3回の守備から退いた。
 4回裏、川崎は1死二塁から、復帰3試合目となる後藤が本間のスライダーを弾き返しセンター前へ運び、1点の勝ち越しに成功。
 6回表、戸田は川崎2番手ベイリーから1死一、二塁とし、4番畠山が、ボテボテの当たりながら一、二塁間を抜くタイムリーを放ち再び試合を振り出しに戻すと、続く途中出場の大原のライト犠牲フライで1点を勝ち越した。7回表には、川崎3番手條辺から、内田・代打ユウイチの連続二塁打で1点を追加。結局これが決勝点という形となった。
 川崎は本間・平本・前田という継投の前になかなか追加点を奪えなかったが、8回裏、戸田4番手前田から1死後、山本のセンターオーバー三塁打に、三浦のレフトオーバー・フェンス直撃二塁打で1点を返したが、反撃もここまで。


 <注目選手 ジャイアンツ>
■桑田真澄(巨)3回 被安打2 三振0 四死球0 失点1
 故障開けで、初の実戦登板となる。
 球速は130km台後半(速球派ではないですが)とカーブを交えての投球も、そのカーブを狙い打たれて2安打を許し、味方のミスなどで1失点の内容。しかし、1失点ですし結果オーライというところでしょう。もう1試合くらいイースタンで投げるかも…とのこと。

■後藤孝志(巨)3打数1安打
 きのう(28日)に続き「5番・ファースト」
 2打席目、1死二塁のチャンスで、持ち前のセンター返しでタイムリーを放ち、復帰への大きなアピールになりました。
 フル出場もあり、とのことでしたが、3打席を終えたところで代走李に代わり試合を退きました。

■ベイリー(巨)3回 被安打3 奪三振3 失点2
 1軍で結果が出ず、調整中の右腕。桑田の後を受け2番手で登場。
 球速は145kmが最高で、変化球も交え4・5回は無難に3人で抑えたが、6回にはやや甘く入ったところを狙い打たれて2失点。ボテボテの当たりなど不運もあったとはいえ、中継ぎとして復帰するにはやはり結果が欲しいところ。

 
 <注目選手 スワローズ>
■本間忠(ヤ)6回 被安打6 奪三振5 四死球0 失点2
 球速は140前後、落ちる球も見せての投球で、失点はありましたが、連打を浴びるなど極端に乱れた部分もなく無難にまとめていました。
 
■平本学(ヤ)1回 無安打 無失点
 01年5巡目の右腕
 3番手で登場し、ランナーは出すものの併殺などで落ち着いて切り抜ける。
 「15」といえば大先輩・岡林(現2軍投手コーチ)が思い浮かびますが、課題とされているコントロールも上向いているようですし、いずれは先発のマウンド姿を見たいところです。

■浜名千広(ヤ)3打数1安打
 「2番・ショート」途中からセカンドへ
 左打ちの内野手と言う事で、スワローズでは1軍に欲しい打者だと思いますし、先制のタイムリーは鋭い当たりだったので、早晩の1軍復帰に期待。


 最後にG+中継を数試合観戦している「北のG+おやぢ(?)」として一言。
 確かに、1試合など短いスパンで見ますと、川崎ジャイアンツは残念な試合内容が多いですが、これだけ怪我人が続出しては、いくら選手層が厚くとも、戦いは苦しいものになるはずです。以前も書いたように代打で投手の林昌範が出るほどの緊急事態ですし…。
しかしながら、今は山本光将・矢野謙次など、故障者が続々復帰して懸命に頑張っていますし、三浦貴に関しても、これまで4本塁打を放つなど、転向1年目としては十分誇れる数字でしょう。
1軍も同様に苦しい試合を強いられていますが、それでも2位(30日現在)というのは凄いことだと思います。近代野球では難しいといわれる連覇、さらには「兄弟優勝」という大きな目標に向かって、明るい話題も増えてきていることですし、長い目で見守っていきましょう!!



@白にゃんこさんに同じくです。プロ野球選手への敬意を忘れず長い目で見守りましょう。by健一管理人


umeさん編

こんにちは。
29日の試合結果(from G+)です。

スワローズ 001 002 100|
ジャイアンツ001 100 010|

勝 本間(S)10試合1勝
S 松田(S)22試合1勝7S
負 ベイリー(G)7試合1勝1敗

スワローズ 打得安点犠振四失   ジャイアンツ打得安点犠振四失
H  志 田41101000   H  三 浦40310100
E4 浜 名30110000   C5 大須賀40000001
4  本 郷10000110   D  元 木30000100
B  度 会21000011   1  条 辺00000000
3  衣 川20000100   1  佐 藤10000100
D  畠 山40210100   F  吉 川41200000
C  ツギオ10000000   B  後 藤20110010
6  大 原20011000   R3  李 10000000
F  久保田40100100   E  黒 田30000100
1  前 田00000000   A  小 田30000001
1  松 田00000000   G  山 本32100100
A  鮫 島30000110   @  桑 田00000000
G  内 田42200101   H  加 藤10100000
@  本 間20000100   1 ベイリー10000100
H ユウイチ10110000   4  長 田10000100
1  平 本00000000      合計 313820712
7  橿 渕10100000
   合計 324942632
投手  回球数打者安四振失責   投手  回球数打者安四振失責
○本 間6 83 21 60521    桑 田3 41 12 20110
 平 本1 15 3 01000   ●ベイリー 3 53 13 31322
 前 田1 19 5 20111    条 辺2 28 8 30211
S松 田1 16 3 00100    佐 藤1 21 6 12100

得点経過
3表(S)
8番内田がレフト前ヒット、9番本間のバントをGの捕手小田がセカンドに悪送球し無死1,2塁。1番志田がきっちり送ったあと2番浜名が桑田のカーブをレフト前にタイムリー。 <G0−1S>
3裏(G)
1死後8番山本がS一塁手度会のエラーで出塁、続く桑田の代打加藤がセンター前ヒット、1番三浦がライト前ヒットで無死満塁に。そして2番大須賀のセンターへの飛球をS中堅手内田がグラブにあてながら落球、その間に3塁ランナーの山本が生還。<G1−1S>
4裏(G)
1死後4番吉川がレフトフェンス直撃の2ベースで出塁。続く5番後藤のタイムリーで生還<G2−1S>
6表(S)
先頭打者の志田がライト前ヒットで出塁。1死後3番衣川の四球で1死1,2塁となり4番畠山がライトへタイムリーヒットで同点。さらに途中から5番に入ってる大原がライトへ犠牲フライを放ち逆転<G2−3S>
7表(S)
無死から内田、本間の代打ユウイチの連続2塁打で1点追加<G2−4S>
8裏(G)
1死から山本の右中間への打球をSセンター内田とライト志田がお見合い(記録は3塁打)。2死になったあと三浦がレフトオーバーのタイムリー2ベースを放つ<G3−4S>


注目選手

○戸田スワローズ

■本間忠(投手)
投球のほとんどがストレートとフォークらしき変化球でしたが一本調子にならずそれなりに良かったとおもいます。四死球もなく、上の中継ぎでもいけそうな雰囲気も。まあ今日のSの投手陣は(Gもか)本来は上にいるべき人たちばかりでしたからねえ。。。。

■本郷宏樹(二塁手)
個人的にお気に入りの選手。(なぜか見に行くと良く打つんですけど^^;)この日は三振と四球。コースに逆らわない打撃センスはファームでは別格ですので早く上に戻ってもらいたいものです。

■内田和也(中翼手)
打撃ではレフトに2安打とアピールも守備では。。。エラーは思いっきり突っ込んでいっての結果なのでまだしももお見合いはまずかったですね。ファームの試合ですから声の連携もできるはずですし。次はしっかりしてほしいです。


●川崎ジャイアンツ

■桑田真澄(投手)
調整とはいえ格の違いは十分にみせてくれたとおもいます。細かく言うとカーブの制球がもう少しでしょうか。打たれたヒットは2本ともカーブでしたし。

■三浦貴(右翼手)
野手転向でただでさえ大変なのにチーム事情もあり慣れない外野での出場。にも関わらず3安打+6回には犠牲フライになったものの大原の大飛球をジャンピングキャッチ!すばらしいの一言です。細かい課題はいっぱいあるでしょうがおもったより早く成果が上がりそうだと思います。個人的にはこの転向は正解だとおもいますね。
黒田哲史(ショート)
3タコ2併殺と大ブレーキ。。。プロで10年やってきてるんだからランナーがいる場面でのバッティングってのを考えないと上から声はかかりませんよ。。。


2003年 5月28日 イースタンリーグ10回戦 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2003年5月28日 日本ハム−西武 10回戦

I鎌ヶ谷(日本ハム9勝1敗)

 
西  武 000 100 010│
 
日本ハム 304 227 00x│18
 
 勝 隼 人 6勝1敗0S 登板7
 負 眞 山 0勝4敗0S 登板8

 
【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 栗 山 510 空振    遊ゴ    二ゴ       右安 二ゴ
  C 水 田 420 左2    投ゴ    遊ゴ       左安
  F8宮 地 411 三ゴ       右本 空振       二併
  1 福 井 000
  E 中 島 300 見振       右飛    三ゴ    四球
  D8貝 塚 421    遊失    左2    投ゴ    左安
  G 大 友 310    右飛    中安    捕邪
  7 上 本 100                      三ゴ
  A 細 川 200    投犠    空振       遊ゴ
  2 田 原 100                         左飛
  B 中 村 300    三ゴ    四球       遊ゴ    見振
  D カ ズ 200       三ゴ 中飛
  H5古 屋 200                   三ゴ    遊失
  犠盗失併残─────
  10108 3472

       回   打安振球責
  ●眞 山 51/3 401261114
   福 井 22/3 133512

 
【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回   6回   7回 8回
  G 森 本 221 四球 四球 四球 右安       四球 遊安
  E 古 城 410 右安 四球 空振 一ゴ       四球 三ゴ
  F 佐 藤 424 中安 死球 中安    投ゴ    中犠 空振
  B 藤 島 300 遊ゴ 空振 遊ゴ
  H3池 田 000             四球    四球
  H2鶴 岡 100                         空振
  D 渡 邉 427 右犠    遊ゴ 四球 中本    右本    三失
  C5小谷野 632 中安    遊安 中飛 空振    右本    空振
  5 山田憲 000
  H 紺 田 520 遊ゴ    右安 右安 二ゴ    空振    四球
  D 飯 山 522    見振 右安 遊ゴ    右本 遊ゴ
  4 野 中 100                         見振
  A3駒 居 411    空振 左安 振逃    四球    二ゴ
  犠盗失併残─────
  212111 391517

       回 打安振球責
  ○隼 人 8 337422
   山 口 1 40100

  本塁打  宮 地(西)1号@ (4回 隼人)
       渡 邉(日)3号A (5回 眞山)
       飯 山(日)3号@ (6回 眞山)
       渡 邉(日)4号C (6回 福井)
       小谷野(日)4号@ (6回 福井)
  二塁打  水 田(西)    (1回 隼人)
       貝 塚(西)    (4回 隼人)
  犠 打  細 川(西)    (2回 1死1塁 1走の貝塚が二進)
  犠 飛  渡 邉(日)    (1回 1死2、3塁 3走の古城がホームイン、2走の
                    佐藤が三進)
       佐 藤(日)    (6回 無死満塁 3走の駒居がホームイン)
  盗 塁  森 本(日)    (2回 捕手は細川 打者は古城 二盗成功)
  失 策  古 城(日)    (2回 貝塚の遊ゴロを一塁悪送球)
       古 屋(西)    (8回 渡邉の三ゴロを一塁悪送球 打者走者の渡邉が二
                    進)
       古 城(日)    (9回 古屋の遊ゴロを一塁悪送球)
  暴 投  眞 山(西)    (1回 無死1、2塁 2走の古城が三進、1走の佐藤が
                    二進 打者は藤島)
  捕 逸  細 川(西)    (4回 2死1、3塁 3走の渡邉がホームイン、1走の
                    飯山が三進 打者走者の駒居が振り逃げ)
  振 逃  駒 居(日)    (4回 2死1、3塁 3走の渡邉がホームイン、1走の
                    飯山が三進 細川の捕逸)
  併 殺  日本ハム     (8回 宮地 無死1、2塁 野中−古城−池田)
       
  PL:牧田 1B:木内 2B:深谷 3B:濱野 公式記録:中村
  時間 2時間54分(13:00〜15:55)

得点経過
 1回裏(日) 無死1、2塁から佐藤が中前打              日本ハム1点目
       1死2、3塁から渡邉がライトファウルグランドへ犠牲フラ
       イ                           日本ハム2点目
       2死3塁から小谷野が中前打               日本ハム3点目
 3回裏(日) 1死1、2塁から飯山が右前打              日本ハム4点目
       1死1、3塁から駒居が三遊間を破る左前打        日本ハム5点目
       2死満塁から佐藤が中前打                日本ハム7点目
 4回表(西) 無死無走者から宮地が右中間へホームラン         西  武1点目
 4回裏(日) 2死1、3塁から細川がパスボール(駒居振り逃げ)     日本ハム8点目
       2死1、3塁から森本が一、二塁間を破る右前打      日本ハム9点目
 5回裏(日) 1死1塁から渡邉が中越えツーランホームラン       日本ハム11点目
 6回裏(日) 無死無走者から飯山が右越えホームラン          日本ハム12点目
       無死満塁から佐藤がセンターへ犠牲フライ         日本ハム13点目
       1死満塁から渡邉が右越え満塁ホームラン         日本ハム17点目
       1死無走者から小谷野が右中間へホームラン        日本ハム18点目
 8回表(西) 2死1、3塁から貝塚が左前打              西  武2点目

戦評
 久々にスカッと晴れてくれた鎌ヶ谷だが、それ以上にスカッとしたのは日本ハム打線。
 初回に3点を取ると、その後も小刻みに…じゃなくて、大刻みに得点を重ねた日本ハムが渡
 邉のグランドスラムなどもあり、15安打18得点の爆勝。
 投げては隼人が9回に山口の救援を仰ぐも8回を2失点でハーラー単独トップに踊り出る6
 勝目で、チームしては今シーズン最多の貯金11。
 眞山は4回の駒居の振り逃げが捕逸と記録されたため、失点16、自責点14となり、自責点16
 のイースタンのワーストタイ記録は免れる。

選評
 
眞 山(西) 眞山の生命線といえば伝家の宝刀である追い込んでからの縦のスライダーだが
       今日はスライダーもストレートもダメ(というよりはスライダーを使う場面を
       つくれなかったというのが正解か)。ストレートはコントロールが悪く、右打
       者の頭付近への球が度々あったのを始め、低めの明らかにボールをわかる球も
       多くあり、カウントを整えることができなかった。
       これで今シーズンは勝ち星なしの4敗目。昨シーズン後半の飛ぶ鳥を落とす勢
       いだった眞山は何処へ?

 
細 川(西) 野田との入れ替えでこちらでは今シーズン初出場。しかし、ポロッポロッする
       場面が目立つ。4回には2死1、3塁から眞山が苦労の末に駒居を伝家の宝刀
       縦のスライダーで空振りに斬って取るも後ろに逸らしてしまい振り逃げ。捕手
       が止めてくれなければ、投手は落ちる球は使えません。

 
鈴 木(西) 葉留彦監督。観客の中から眞山への同情論が沸き起こっている中でも眞山を6
       回途中まで続投させる。ファームでは(西武に限らず)ボコボコの投手を引っ張
       る場面が時折見られるが、選手の精神面への影響(後遺症)でどうなんでしょう
       か?逆に自信を無くしてしまうように思うのだが…。


 
渡 邉(日) 本塁打2本を含む4打数2安打7打点の大活躍。西武時代の彼を知らないが、
       現在の渡邉は大きいのも打てる打者のなかでは非常に安定している印象。今の
       渡邉を見ていると、西武から選力外通告を受けたのが疑問。社会人の経験が色
       々な意味で渡邉をパワーアップさせたのかも。

 
飯 山(日) 3回の右前打は球に逆らわずに右方向へ持って行ったのではなく、踏み込んで
       右方向へ持って行ったもの。その証拠にワンバウンドした後、スゴイ勢いでフ
       ァウルグランド方向へ球が飛んで行ってしまった。右方向に強い打球が打てる
       のは成長の証。

 
紺 田(日) セカンドの水田が極端にセカンドベース寄りに守る『紺田シフト』を嘲笑うか
       のように広く開いた一、二塁間を破るヒット2本。当てに行く→打ちに行くへ
       変わってきたのは良い傾向。


2003年 5月28日 イースタンリーグ10回戦 巨人−ヤクルト(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

28日 ジャイアンツ 第10回戦 戸田6勝4敗
                 RHE
 
戸 田 200 000 212 90
 川 崎 000 000 000 21

 (川 崎)●谷 浩弥(4勝2敗、7回)柏田貴史(2回)−小田、加藤
 (戸 田)○石堂克利(5勝2敗、7回)吉川昌宏(1回)松田慎司(1回)−細見

 <スワローズ> 
 (右)稲 葉 左2
 打右 本 郷   右安  一飛    中飛
 打右 樫 渕               右安
 (中)志 田 右2右安    投ゴ  二飛三ゴ
 (左)久保田 四球二ゴ    投ゴ  中安
  打 鮫 島               三振
  投 吉 川
  投 松 田
 (三)畠 山 左2  二ゴ  三振  二失  右安
 (二)ツギオ 三振  三ゴ    死球中3  左本
 (一)衣 川 三振  四球    死球二直  投ゴ
 (遊)大 原 三振  三振    一併  中安捕邪
 (捕)細 見   中飛  三ゴ  四球  死球三振
 (投)石 堂   三振  遊ゴ  投ゴ
  打 度 会               右飛
  左 ユウイチ

  戸田投手成績
       回 安 三 四 失
  石堂克利 7 2 5 2 0
  吉川昌宏 1 0 1 0 0
  松田慎司 1 0 2 0 0


 <ジャイアンツ>
 (二)長 田 投ゴ  中飛  右飛    遊ゴ
 (右)三 浦 三振  遊失    三ゴ    三振
 (一)後 藤 投ゴ  四球    一ゴ
  一  李                  遊ゴ
 (左)吉 川   三振遊ゴ    左飛    三振
 (三)元 木   中飛  右飛    右飛
  捕 加 藤
 (遊)黒 田   中安  四球    投ゴ
 (捕)小 田   左安  左飛    中飛
  投 柏 田
 (中)山 本   三振    中飛    三振
 (投) 谷      三振  三振
  三 大須賀               捕邪

  川崎投手成績
       回 安 三 四 失
  谷 浩弥 7 5 6 4 4
  柏田貴史 2 4 2 1 3

 <本塁打>
  ツギオ 3号(9回、2ラン=柏田)
 <三塁打>
  ツギオ(7回)

 <二塁打>
  稲 葉(1回)
  志 田(1回)
  畠 山(1回)

 <失 策>
  長 田(7回)

 <牽制死>
  黒 田(4回)

 <審 判>
 球審 有 隅 
 一塁 笠 原
 二塁 西 本
 三塁 名 幸


上記試合の展開・寸評です。

 <おおまかな試合展開>
 川崎、元木大介・後藤孝志が復帰。それぞれサード・ファーストのスタメンで、2打席か3打席の限定出場
 戸田、こちらも調整中の稲葉篤紀が1番・ライトで登場。1打席限定とアナウンス

 試合は初回、稲葉・志田の連続二塁打、久保田も四球を選び、主砲畠山の二塁打で、戸田が2点を先制。しかし谷は立ち直り、後続を3者連続三振に斬る。その後も3回以降は落ち着いた投球を披露。
 また、戸田本郷も初回から好投し、連打は許すが後続を絶って得点を許さない安定したピッチングを展開した。
 7回表、戸田は2死から久保田のヒット、長田のエラーで2者を置き、ツギオがセンター頭上を破るタイムリーを放ち待望の追加点。8回にも、2番手柏田から1死後、代打樫渕のタイムリーで1点を追加した。最終回にはツギオにも2ランが飛び出し、ダメ押し点とした。
 戸田は本郷以下、8回吉川、9回を松田とつなぎ、川崎打線にヒットを1本も許さぬ完封リレーとなった。

 <注目選手 ジャイアンツ>
■谷浩弥(巨)7回 被安打6 奪三振6 四死球4 失点4
 丁度、全快報告と同じ水曜でしたので、中6日で順当に先発してきましたが、本日は初回から制球がやや乱れ、いきなり稲葉、志田に連続二塁打。さらに四球で走者を溜め2点目を簡単に奪われてしまいました。しかし、さすがはエースとして投げているだけあり、2回以降は立ち直って7回まで投げきり、さらに2点を許しましたが、先発としての役割は果たしたといっていいでしょう。

■後藤孝志(巨)3打席 2打数無安打
 「3番・ファースト」実戦復帰2試合目
 試合前から打席限定で、というアナウンスがあったため注目してみましたが、2打席目で選んだ以外は残念ながら凡打でした。しかし守備では、軽快な身体のさばきで併殺を完成させたり、走塁でも四球にもかかわらず全力疾走で一塁へ向かう姿など、復帰へ向けての準備は着々という感じでした。

■元木大介(巨)3打数無安打
 「5番・サード」でこちらは復帰戦
 激突により痛めた肩の具合は、スローイングや打席を見る限りは問題なく、こちらも復帰へ向けて順調というところでしょう。
 なお、両選手とも引き続き29日の同カードでもスタメン、フル出場が予定されているとのこと。


 <注目選手 スワローズ>
■石堂克利(ヤ)7回 被安打2 奪三振5 四死球2 無失点
 直球は140km前後、変化球もまずまずで、連打を浴びる場面もありましたが落ち着いて後続を絶っていました。後藤・元木など、1軍メンバーに近い打線をわずか2安打に抑え込み、無失点という好投は今後に生かしてもらいたいところ。

■サトウ・ツギオ(ヤ)5打席 4打数2安打
 「5番・セカンド」
 1,2打席目は凡退でしたが、終盤7回、追加点が欲しい場面で、センターの頭上を破る三塁打を放ち2打点。さらに9回にも柏田の甘いところを見逃さずレフトスタンドへ!低い弾道ながら飛び込んでいきました。
 なお、先日スポーツ紙に書いてありましたが、彼をはじめヤクルトの日系選手は、外国人枠の関係もありなかなか1軍出場が出来ないことなどから、日本への帰化を申請するようです。
 
■細見直樹(ヤ)5打席 3打数無安打
 「8番・キャッチャー」
 バットのほうでは、残念ながら結果を出せませんでしたが、リード面では石堂以下投手陣をうまくリードし、無失点リレーを完成。ポスト・古田を争う捕手の争いも、米野や鮫島など激化しており、結果でアピールしていきたい。


2003年 5月27日 イースタンリーグ 9回戦 西武−日本ハム(西武ドーム)報告者:風車の弥生さん/健一@管理人

風車の弥生さん編

こんばんは、健一さんがビデオに録った試合ですが、
自分はドームの一塁側ベンチの上で観戦していました。
試合の印象は健一さんと同じ感じなので、データだけ
アップさせていただきます。

5月27日(火)くもり
  
ファイターズ西武ドーム

  
 010 001 030  (15安打)
   000 000 001  ( 7安打)

      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
8 森 本 4-3 中安 三振    中安    右安    左犠・
6 古 城 4-2 中安    中安 遊ゴ    三振
65飯 山 1-0                      三ゴ
4 田中賢 4-1 三振    三振    二飛    四球 右安
D 藤 島 5-0 三振    二ゴ    三振    三振 二ゴ
3 渡 邉 4-1    中安 四球    三邪    左飛    遊ゴ
_6野 中
7
佐 藤 5-2    右安 三振       二ゴ    右安 二ゴ
53小谷野 5-2    三振    一邪    右3    左安 右飛
9 紺 田 3-2    三振    中安    死球    投安
2 駒 居 4-2    右安    二飛    三振    中安:

      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
95赤 田 4-1 三振       投ゴ    右安    一ゴ
4 水 田 4-0 左飛       中飛    三飛    二ゴ
D 栗 山 4-1 三振       右安    左飛    遊飛
3 大 島 4-1    一ゴ    左飛       一邪    右本
6 中 島 4-1    遊直       右飛    中安    遊ゴ
8 大 友 4-0    三ゴ       一ゴ    二ゴ    二飛
5 石井義 2-0       三振    三振
H7貝 塚 2-2                   右安    中安
2 野 田 1-0       三振
_2田 原 2-0                二ゴ 投ゴ
_2椎 木 1-0                         右飛
79宮 地 2-1       左飛       四球    中2

    回 安 振 球 点       回 安 振 球 点
生 駒 8 5 5 1 0   鳥谷部 7 10 11 3 2
 建 山 1 2 0 0 1    福 井 1 5 0 0 3
                  
土 肥 1 0 0 0 0


【1回表・ファイターズ】
(ライオンズ先発は鳥谷部
 森 本 2-2からきれいにセンター前に弾き返す
 
古 城 
0-2からショート右へのゴロ。中島ゲッツーをあせったかこれを捕れず。
     エラーにしか見えなかったが、記録はヒット。森本は三塁へ。
 
田中賢 
2-2から空振り三振
 
藤 島 
2-3から空振り三振。このとき古城が盗塁失敗

【1回裏・ライオンズ】
(ファイターズ先発は生駒
 赤 田 2-1から落ちる球についていけず、空振り三振
 
水 田 
1-2からレフトフライ
 
栗 山 
2-0から空振り三振

【2回表・ファイターズ】
 渡 邉 1-3からいい当たりのセンター前ヒット
 
佐 藤 
2-3からライト前ヒット
 
小谷野 
2-2から空振り三振
 
紺 田 
2-1から見逃し三振
 
駒 居 初球詰まった当たりはセカンド水田の右を抜けヒット
    渡邉生還、佐藤三進。
 
森 本 
2-3から見逃し三振

【2回裏・ライオンズ】
 大 島 2-3からファーストゴロ。生駒すばやいベースカバー
 
中 島 初球いい当たりもショートライナー
 
大 友 
2-2から止めたバットに球が当たりサードゴロ

【3回表・ファイターズ】
 古 城 2-0から上手くバットに球をのせてセンター前ヒット
 
田中賢 
2-1から空振り三振
 
藤 島 
2-3からセカンドゴロ。古城二進
 
渡 邉 
1-3からフォアボール
 
佐 藤 
2-2から見逃し三振

【3回裏・ライオンズ】
 石井義 2-3から見逃し三振
 
野 田 
2-1から見逃し三振
 
宮 地 
1-0からレフトフライ

【4回表・ファイターズ】
 小谷野 2-3からファーストファールフライ
 
紺 田 初球センター前ヒット
 
駒 居 
1-3からセカンドフライ
 
森 本 
1-2からセンター前ヒット
     紺田はスタートを切っていたので余裕で
3塁へ
 
古 城 
2-2からショートゴロ

【4回裏・ライオンズ】
 赤 田 2-1からいい当たりのセンター返しを生駒が好捕、ピッチャーゴロとなる
 
水 田 
1-2からセンターフライ
 
栗 山 
0-2からライト前ヒット。ライオンズようやく初安打
 
大 島 
0-1からレフトフライ

【5回表・ファイターズ】
(ライオンズ野田に代わりキャッチャー田原
 田中賢 0-1からセカンドフライ
 
藤 島 
2-1から空振り三振
 
渡 邉 
0-1からサードファールフライ。ファイターズこの試合初の三者凡退

【5回裏・ライオンズ】
 中 島 初球ライトフライ
 
大 友 
2-1からファーストゴロ。渡邉が自分でベースを踏む
 
石井義 
2-2から空振り三振

【6回表・ファイターズ】
 佐 藤 2-0からセカンドゴロ
 
小谷野 
1-2からライトオーバーの3塁打
     赤田がボールを深追いした分、クッションボールの処理が遅れた感じ
 
紺 田 
2-1から右足にデッドボール
 
駒 居 
2-2から空振り三振
 
森 本 
0-1からライト前へいい当たりのヒット。小谷野生還
 
古 城 
2-1から見逃し三振

【6回裏・ライオンズ】
(ファイターズ古城に代わりショート飯山
 田 原 2-0からセカンドゴロ
 
宮 地 
1-3からフォアボール
 
赤 田 初球ライト前ヒット
 
水 田 
2-2からサードフライ
 
栗 山 
2-1からライトフライ

【7回表・ファイターズ】
 田中賢 2-3からフォアボール
 
藤 島 
2-1から空振り三振
 
渡 邉 
2-0からレフトフライ
 
佐 藤 初球ボール。このとき田中賢が盗塁失敗


【7回裏・ライオンズ】
 大 島 0-1からファーストファールフライ
 
中 島 
1-2からセンター前ヒット
 
大 友 
2-0からセカンドゴロ、2塁フォースアウトのみ
(ライオンズ
石井義に代わりバッター貝塚
 
貝 塚 
0-1からライト前ヒット
 
田 原 
2-1からピッチャーゴロ

【8回表・ファイターズ】
(ライオンズ貝塚はレフト、宮地がライト、赤田がサード、鳥谷部に代わり
 ピッチャー
福井田原にかわりキャッチャー椎木

 佐 藤 1-1からライト前ヒット
 
小谷野 
2-1からレフト前ヒット
 
紺 田 初球ピッチャー前へバント、紺田俊足飛ばし一塁セーフ
 
駒 居 初球バットが真っ二つに折れたが打球はセンター前に落ちる
     佐藤・小谷野生還、紺田三進。
 
森 本 
2-2からレフトへ犠牲フライ。紺田生還
 
飯 山 
0-1からサードゴロ、2塁フォースアウトのみ
 
田中賢 
2-0からの3球目(ボール)に飯山が盗塁成功
     
2-2からライト前ヒット
 
藤 島 
2-3からセカンドゴロ

【8回裏・ライオンズ】
 宮 地 0-1から右中間へツーベース
 
赤 田 
1-0からファーストゴロ、渡邉打者走者の赤田にタッチ。宮地三進
 
水 田 
1-0からセカンド右へのゴロ、当たりがよかったので宮地動けず
 
栗 山 
0-1からショートフライ

【9回表・ファイターズ】
(ライオンズ福井に代わりピッチャー土肥
 渡 邉 初球ショートゴロ
 
佐 藤 
2-1からセカンドゴロ
 
小谷野 初球ライトフライ


【9回裏・ライオンズ】
(ファイターズ生駒に代わりピッチャー建山飯山がサード、小谷野がファースト、
 
渡邉に代わりショート野中

 大 島 1-1からライトオーバーのホームラン
 
中 島 
2-2からショートゴロ
 
大 友 
1-0からセカンドフライ
 
貝 塚 
2-2からセンター前ヒット
 
椎 木 初球ライトフライ




健一@管理人編

■イースタンリーグ 5月27日(火) 所沢ライオンズvs鎌ヶ谷ファイターズ(西武ドーム)

                      R  H
鎌ヶ谷ファイターズ|010 001 030| 15
所沢ライオンズ  |000 000 001|  7

鎌:○生駒雅紀−建山義紀
所:●鳥谷部健一−福井強−土肥義弘

本塁打:大島裕行(建山義紀)

【試合内容と感想@大雑把編】
初回のピンチを抑えた
鳥谷部健一だったが、2回表一二塁のピンチには駒居鉄平にライト前適時打で先制を許す。なお駒居鉄平の当たりはバットの根元で捌いたために詰まり気味、その打球が変な回転で水田圭介二塁手の出したグラブの横をすり抜けました。正面に回り込めば・・・と思われるやや軽率な水田圭介の守備だったかも。

6回表にも走者2人を置き
森本稀哲のライト前適時打でもう1点追加。8回裏には2番手福井強が捕まり、またまた駒居鉄平の2点適時打等々で駄目押しの3点。

9回裏、代わり端の2番手
建山義紀から大島裕行がライト席に飛び込む本塁打@高い放物線で1点を返した(内側のボールを腰の回転で振り抜くと共にすくい上げました)。

6回を投げ2失点の
鳥谷部健一、8回無失点の生駒雅紀とそれぞれ両先発が「緩急」をキーワードに好投。鳥谷部健一は制球に不安と出入りの激しいところも見せましたが結果「12奪三振」はお見事でした。生駒雅紀はフッと浮くようなスライダーそして特長である伸びのある真っ直ぐが二重丸!!

「阪神4−3横浜」中継観戦の合間に録画を観ていたので断片的でスンマセン(^^;)。


2003年 5月27日 イースタンリーグ 9回戦 ヤクルト−巨人(戸田)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時終了15時26分試合時間2時間26分(中断3分)
 球審名幸1塁西本2塁濱野3塁萩原公式記録員荒木
 戸田(ヤクルト5勝4敗)観衆150人
                  RHE
 巨  人 000 000 000 42
 
ヤクルト 000 002 00X 90
 勝吉川4勝3敗1S
 S松田1勝7S
 負川本2敗

 2塁打 久保田(2回)長田(3回)
 盗塁 野口2(3,5回)盗塁死 内田(8回)
 走塁死 浜名(1回)
 失策 巨人2 中濱(1回)三浦(6回)ヤクルト0
 補逸 福川(2回)
 併殺 巨人1(長田ー李)5回志田 ヤクルト1(畠山ー本郷ー衣川)2回小田

 試合中断
 14時58分から15時01分の3分間
 中断理由
 8回表巨人小田選手の打った左翼ポール際の打球を3塁塁審萩原は「本塁打」と宣告。
 これを見たヤクルト小川監督が抗議。すぐさま萩原3塁塁審は「タイム」を宣告し他の3審判と協議、結果「ファウル」とジャッジを変更。
 これにより、巨人淡口監督抗議も、3分間の中断で再開。

 戦評
 いやーどうしたことか。巨人打線に元気がない。隣にいた巨人ファンの人と話しながら見ていたが本当に巨人は点の取れる気配がない。と、お互いにぼやきながら見ていました。ヤクルト打線も似たような感じになったが、相手にお付き合いしてしまった感じ。
 ヤクルトにとっては稲葉選手が、復帰したことが大きい。
 試合内容は、今日も貧打線だった。

   
 打撃成績 
   巨 人 打安点    ヤクルト打安点
  C長 田 420  G4野 口 100
  D大須賀 410   E浜 名 300
  E黒 田 300   1吉 川 000
  F吉 川 410   H高 橋 100
  G中 濱 300   1前 田 000
 A3小 田 300   1松 田 000
  H三 浦 300   A福 川 400
  B 李  200   H稲 葉 330
  1ベイリー000   9橿 渕 110
  @川 本 200   D畠 山 410
  1條 辺 000   F久保田 410
 H2加 藤 100  R7内 田 000
  計    2940   B衣 川 311
             C本 郷 210
             6大 原 111
             @小 森 100
            H8志 田 200
             計    3092

 投手成績
 巨人    投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
●川 本   6   104  8  3  5  1  2
 條 辺   1    15  0  0  3  0  0
 ベイリー  1    11  1  0  1  0  0
 ヤクルト  投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
 小 森   5    70  2  1  2  0  0
○吉 川   2    24  0  0  2  0  0
 前 田   1    14  0  1  0  0  0
S松 田   1    19  2  0  0  0  0
 

 あわてんぼーが選ぶ今日最も活躍した選手と注目の選手
■稲葉篤紀(ヤ)
 今日実践復帰。3安打はさすが。でも今日第2打席目の甘い変化球を打ち損じてしまうあたりまだまだか?

 注目の選手
■小森孝憲(ヤ)
 今日彼がヤクルトの先発投手だったがあまり決め球がなく苦しいピッチング。無失点に抑えられたのは相手が元気のない巨人打線だからか?

■川本大輔(巨)
 彼も、小森投手と同様決め球がない。挙句の果ては走られ、疲れの出たところをつかれ相手に失点を許す展開。

■條辺剛(巨)
 今日7回から1イニングを投げ三者三振。格の違いを見せつけたがいまいち彼の良いころに比べるとストレートの球の速さにかけた感じがする。

 番外編
■萩原達也(セリーグ審判)
 8回表小田の左翼ポール際打球を「本塁打」と判定。しかし、ヤクルト小川監督の抗議により他の3審判と協議。その結果「ファウル」と変更。淡口監督の抗議も実らず。
 私が見ていた場所ではちょっと見づらかったが、「本塁打」と宣告後すぐ「タイム」を宣告し大事に至らなかったのは良いが私が見た限りでは打球を見失った感じがした。今日の出来事は、二度とおこしてほしくない。


先攻巨人
後攻ヤクルト

■1回表(ヤクルト投手小森、捕手福川)長田遊飛、大須賀二飛、黒田三振(巨人0)
1回裏(巨人投手川本、捕手小田)野口四球、浜名二塁ゴロで4ー6とわたり野口2塁フォースアウト、福川右飛、稲葉中前安打と中堅中濱の失策で浜名3塁も稲葉が1,2塁間で狭殺され8−6−4−2で結局浜名が本塁タッチアウト(ヤクルト0)
■2回表 吉川右前安打、中濱の時捕手福川の時捕逸で吉川2塁進塁、結局中濱四球で1,2塁、小田三塁ゴロで5−4−3とわたる併殺、三浦中飛(巨人0)
2回裏 畠山左飛、久保田左中間2塁打、衣川右飛で久保田3塁進塁、本郷一塁ゴロ(ヤクルト0)
■3回表 李、川本ともに遊ゴロ、長田中前2塁打、大須賀中飛(巨人0)
3回裏 小森三振、野口四球、浜名三振の時野口2塁盗塁成功、福川二飛(ヤクルト0)
■4回表 黒田三振、吉川中飛、中濱遊ゴロ(巨人0)
4回裏 稲葉左前安打、畠山中飛、久保田、衣川ともに三振(ヤクルト0)
■5回表 小田遊ゴロ、三浦右飛、李二飛(巨人0)
5回裏 本郷中前安打、小森に代打志田二塁フライで4−3とわたり併殺、野口四球、浜名の時野口2塁盗塁成功も結局浜名は二塁ゴロ(ヤクルト0)
■6回表(ヤクルト投手吉川、中堅から二塁野口、本郷に代わり遊撃大原、中堅志田)川本一塁ゴロ、長田三振、大須賀二直(巨人0)
6回裏 福川三振、稲葉左前安打、畠山右前安打で1,2塁、久保田二塁ゴロで4−6とわたり畠山2塁フォースアウト、衣川右前安打で稲葉生還、右翼三浦が3塁悪送球の間に衣川は2塁へなお2,3塁、大原遊ゴロ内野安打で久保田生還なお1,3塁、志田遊ゴロ(ヤクルト2)
■7回表(ヤクルト右翼稲葉に代わり橿渕)黒田右飛、吉川一直、中濱三振(巨人0)
7回裏(巨人投手條辺)野口、吉川に代打高橋、福川3連続三振(ヤクルト0)
■8回表(ヤクルト投手前田)小田の初球左翼ポール際へ微妙なあたりを3塁塁審萩原は「本塁打」を宣告するもヤクルト小川監督の抗議により他の審判と協議の結果「ファウル」と訂正、巨人淡口監督が抗議するも覆らず結局小田は左飛、三浦右飛、李四球、條辺に代打加藤左飛(巨人0)
8回裏(巨人投手ベイリー、捕手から一塁小田、捕手加藤)橿渕右前安打、畠山三振、久保田遊ゴロで6−4橿渕2塁フォースアウト、久保田に代わり代走内田、衣川の時内田2塁盗塁失敗(ヤクルト0)
■9回表(ヤクルト投手松田、左翼内田)長田、大須賀ともに左前安打で1,2塁、黒田一前送りバント成功で2,3塁、吉川、中濱ともに遊飛(巨人0)


2003年 5月25日 イースタンリーグ10回戦 西武−巨人(埼玉県本庄総合公園市民球場)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2003年5月25日 西武−巨人 10回戦

I本庄総合公園市民球場(西武6勝4敗)

 巨 人 100 000 000│
 
西 武 000 000 000│
 
 勝 十川雄 2勝1敗0S 登板8
 S ベイリー  1勝0敗1S 登板5
 負 星 野 0勝1敗1S 登板6

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 三 浦 300 見振    死球    投ゴ    右飛
  C 長 田 310 左安    空振    死球    見振
  E 黒 田 400 空振    遊併    三飛       右飛
  F 吉 川 211 左安       四球 四球       左飛
  G 中 濱 310 中飛       三襲 中飛       四球
  D 大須賀 400    空振    投ゴ    遊ゴ    三ゴ
  A 小 田 420    左安    左安    一飛       左飛
  B  李  400    右飛    一邪    空振       空振
  D 山 本 310       中2 空振       四球    遊直
  犠盗失併残─────
  02038 3061

       回 打安振球責
  ○十川雄 5 192150
   佐 藤 2 71000
   ベイリー  2 71110

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 栗 山 300 二ゴ       二ゴ 一直       死球
  C 水 田 200 三ゴ       四球    中飛    三犠
  G 赤 田 410 見振       右安    右飛    空振
  E 中 島 420    二ゴ    右飛    左安       中安
  D 犬 伏 300    三ゴ    遊ゴ    遊ゴ
  HD大 友 100                         一併
  F 宮 地 300    二ゴ       四球    遊飛    投ゴ
  B 中 村 200       四球    遊併    二飛
  D カ ズ 210       四球    左安    三ゴ
  A 野 田 100       三併    四球
  H 石井義 100                      二ゴ
  2 田 原 000   
  犠盗失併残─────
  10116 2640

       回 打安振球責
  ●星 野 8 336761
   土 肥 1 30100


  二塁打  山 本(巨) (3回 星野)
  犠打失  長 田(巨) (3回 無死1、2塁 バント空振りで三振)
       大須賀(巨) (4回 無死1、2塁 2走の吉川が3塁封殺)
  盗 塁  長 田(巨) (1回 捕手は野田 打者は黒田 二盗成功)
       長 田(巨) (5回 捕手は野田 打者は吉川 二盗成功)
       中 濱(巨) (8回 捕手は野田 打者は大須賀 二盗成功)
  失 策  カ ズ(西) (1回 2死2塁 吉川の左前打でカットに入り、1塁をオーバ
                 ーランした吉川を刺そうとして一塁悪送球。打者走者の
                 吉川は二進)
  盗塁死  小 田(巨) (2回 捕手は野田 打者は山本 二盗失敗)
       山 本(巨) (7回 捕手は野田 打者は長田 二盗失敗)
  併 殺  西 武   (3回 黒田 1死1、2塁 中島−水田−中村)
       巨 人   (5回 中村 無死1塁 黒田−長田−李)
       巨 人   (9回 大友 無死1塁 ファーストライナーで1走の中島が帰
                 塁できず。李−李)
  (三重殺)  巨 人   (3回 野田 無死1、2塁 大須賀−大須賀−長田−李)
       
  PL:深見 1B:橋本 2B:山崎 3B:新屋 公式記録:新向井
  時間 2時間46分(13:30〜16:17)

得点経過
 1回表(巨) 2死2塁から吉川が左前打、長田がホームイン          巨人1点

戦評
 シルクドームというドーム状の建物(本庄総合公園体育館)が一塁側ファウルグランド奥にそ
 びえたつという西武第二球場と同じ立地条件(一塁側ファウルグランド奥には西武ドーム)の
 本庄総合公園市民球場で行われたこの試合。
 巨人が初回に上げた虎の子の1点を(最終回の宮地の左翼ポール付近へのファウルにはヒヤ
 ッとさせられたが)十川雄−佐藤−ベイリーの完封リレーで守り切る。
 また、巨人は3回にトリプルプレイ達成。

選評
 佐 藤(巨) 昨日は無死満塁の場面での救援登板だったが、今日は6回の頭から2イニング
       スの登板。投球フォームは右足を上げて止まりかけ、体を打者方向に動かして
       止まりかける3段モーション風(←あくまでも『風』です。止まってません)の
       投球フォーム。武器のストレートには意外にもイチ、ニのサンでタイミングが
       合わせ易いかも?ランナーがいるときの方が良いのかもしれない。

 長 田(巨) @3回の無死1、2塁の場面で2−1から外のボール球の変化球をバントしに
       行って空振り三振A7回の1死1塁の場面でエンドランのサインで空振りし1
       走の山本を見殺し


 
野 田(西) 裏のMVP1号。守る方では1回の1死1塁、2−2から1走がスタートを切
       った場面で打者を空振り三振にとっておきながら二塁送球が一塁方向へズレて
       三振ゲッツーを取れず、その直後に吉川に先制点(結果的には決勝点)を許す。
       打つ方では3回の無死1、2塁でバントが出来ず、ヒッティングに切り替えた
       ところ、トリプルプレーを食らう。

 
水 田(西) 裏のMVP2号。1回の1死1塁、2−2から1走がスタートを切った場面で
       打者を空振り三振にとっておきながら野田の二塁送球をポロリ。そのため、三
       振ゲッツーを取れず、その直後に吉川に先制点(結果的には決勝点)を許す。
                        ↓
       三振ゲッツーが取れなかったのは野田の送球がズレたのも要因だし、水田がポ
       ロリとやったのも要因ですが、どちらかといえば水田の方の過失が大きいよう
       に感じました。


 
野田(西)、長田(巨)、大須賀(巨)、三浦(巨)
       バントのサインが出ているにも関わらず、走者を進塁させることができず。
       両チームが下位に甘んじている要因の一つか。
     
本庄総合公園市民球場データ
 両翼95m、中堅120m、内野−土、外野−天然芝、スコアボードは守備位置のみ電光式だが、
 数字しか表示できない(DとかHとかRとかが表示できない)野球用として?な仕様。


2003年 5月25日 イースタンリーグ12回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:みつともさん

イースタンリーグ観戦記録  平成15年5月25日(日)

  イースタンリーグ公式戦 千葉ロッテマリーンズ−日本ハムファイターズ 12回戦
  日本ハム7勝5敗0分 (ロッテ浦和球場) 13:00 曇り
  風:→弱風・中風 試合時間2時間37分 試合終了時刻15:37 公式記録員:山 本
  主審:萩 原 1塁:敷 田 2塁:−−− 3塁:小林和(セントラル・リーグ)
  
                      R  H E
  
日本ハム  320 000 110 ・・ 12 0
  
千葉ロッテ 000 000 002 ・・  7 1

  ○ 勝利投手 江 尻 4勝1敗
  ● 敗戦投手 高 木 1勝2敗
  HR 本塁打 小谷野  3号 長 崎@ 7回1死 (日本ハム)
         寺 本  3号 江 尻A 9回無死 (千葉ロッテ)
  2B 2塁打 渡 邉 1回無死 (日本ハム)
         飯 山 8回1死 (日本ハム)
  SB 盗 塁 伊与田 4回2死 (打者・澤井)(捕手:駒居)(千葉ロッテ)
         西 岡 5回2死 (打者・於保)(捕手:駒居)(千葉ロッテ)
   E 失 策 早 坂 9回2死 (野中遊ゴロをファンブル) (千葉ロッテ)
     併殺打  辻  2回1死 (小田−小谷野−渡邉) (千葉ロッテ)
         青 野 3回1死 (江尻−野中−渡邉)  (千葉ロッテ)
         渡 邉 6回1死 (神田−西岡−丸山)  (日本ハム)

(日本ハム) 渡邉先制打、藤島2点タイムリー、小谷野第3号アーチは抑えの切り札から。
       古城3安打1打点で快勝!
        打 安 点 振 四   @  A  B  C  D  E  F   G  H
(9) 飯 山 3 2 0 1 2 中 安 四球 三振       四球    中越2
(DH) 古 城 5 B 1 2 0 遊 安 三振    三振    右安    左 安・
(3) 渡 邉 4 2 1 0 1 左中2・四球    二直    投併    中 安
(7) 藤 島 3 1 3 0 1 遊 ゴ・中安:   四球       右直
H 7 佐 藤 1 0 0 1 0                       見 振
(4) 小谷野 5 2 1 0 0 左 安 中飛    中飛       左本・    中飛
(5) 小 田 5 0 1 0 0 遊 ゴ・   二ゴ    二ゴ    中飛     遊ゴ
(6) 野 中 5 1 0 0 0 三 ゴ    左安    遊ゴ    二ゴ     遊失
(2) 駒 居 4 0 0 2 1     遊直 四球    中飛       三 振 見振
(8) 紺 田 4 1 0 0 0     中安 左飛       二ゴ    左 飛
     :              :  :  :  :  :  :  :   :  :
    残塁10 39 12 7 6 5   1  2  2  1  0  1  0   2  1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(千葉ロッテ) 江尻の前に今日は「0行進」、9回寺本完封阻止のツーランは第3号。
        西岡、於保2安打。
        打 安 点 振 四  @  A  B  C  D  E  F  G  H
(8) 於 保 3 2 0 0 0 中安    左安    遊飛
 7  ユウゴー1 0 0 0 0                      遊直
(5) 青 野 2 0 0 1 0 三振    投併
 5  今 江 2 1 0 0 0                三ゴ       二安
(9) 寺 本 4 1 2 0 0 投ゴ       一ゴ    一ゴ       右本:
(DH) メ イ 2 0 0 0 0 二ゴ       中飛
H DH 井上純 1 0 0 0 0                投ゴ
H DH 垣 内 1 0 0 0 0                         右飛
(7) 佐 藤 1 1 0 0 1    中安    死球
R78 伊与田 2 0 0 0 0                   左飛    二飛
(3) 澤 井 3 0 0 1 0    二飛    左飛       三振
 H  富 永 1 0 0 1 0                         三振
(2)  辻  2 0 0 0 0    二併       遊ゴ
H 2 金 澤 1 0 0 0 0                   中飛
(4) 丸 山 2 0 0 0 0       二ゴ    三ゴ
 6  早 坂 1 0 0 0 0                      投ゴ
(6) 4 西 岡 3 2 0 0 0       中安    中安       二ゴ
     :             :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁4 32 7 2 3 1  1  0  1  1  1  0  0  0  0
                  ・は打点

(投手成績) 投球回   打者  被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 江尻チーム2度の完投勝利を一人で上げる。僅か3奪三振も7安打、
       9回被弾も完璧な投球で4勝目。
 ○ 江 尻 9     33   7   1   1   3   2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(千葉ロッテ) 先発高木が初回から連打で序盤で試合崩れる。神田2回1安打無失点、
        セーブ王長崎まさかの被弾。
 ● 高 木 4     23   7   0   4   3   5 
   神 田 2      7   1   0   1   0   0
   長 崎 2     10   4   1   1   2   1
   田中良 1      4   0   0   0   1   0

●千葉ロッテ2−7日本ハム○

前日は黒木知の登板で湧き返ったロッテ浦和球場だが、今日はいつもの平穏さを取り戻した。前日の勝利で2ゲーム差に詰めた千葉ロッテ、今日も勝ってゲーム差を縮めたい所。天気予報通り曇りの天候の中、12回戦は萩原球審のプレイで試合開始。

1回千葉ロッテの先発は高木、18日の対湘南戦(横須賀)以来の先発マウンド。1回日本ハムの攻撃は1番飯山、プレイから数秒後の初球を打ってセンター前ヒット。2番古城、2−0と追い込まれるがショートへの強い打球、これを西岡が横っ飛びで捕球を試みるがグラブで弾き内野安打。無死1、2塁と早くも先制のチャンスに3番渡邉、2−2から左中間への打球。これが真っ二つのヒットで飯山が生還して日本ハムが1点を先行する。渡邉は2塁へ到達しタイムリーツーベース。さらに無死2、3塁で4番藤島、1−0から引っ掛けた打球はショートゴロだが、この間に古城も生還して2点目。1死2塁に代わって5番小谷野、1−1からセンター前にクリーンヒットで出塁。1、3塁で6番小田、2−2からショートゴロ。併殺崩れの間に1点入り3−0と早くも3点のリード。2死3塁で7番野中、2−1から打ってバウンドでのサードゴロで攻撃終了。1回裏日本ハムの先発は、今季中ファームでの登板を「無安打投手」と言い続けそうな江尻。好投で1軍昇格をさらに近づけたい、18日の対西武戦(西武第二)以来の先発。1回千葉ロッテは1番於保、1−0からショート右への強い打球が抜けてセンター前ヒット。2番青野、2−1から変化球に空振り三振。3番寺本、2−2からピッチャーゴロ、江尻が弾くも1塁へ送球されてアウト。2死2塁で前日は欠場だった4番はメイ。しかしセカンドゴロで於保残塁。

2回日本ハムは8番駒居、1−1から詰まってショートライナー。9番紺田、初球打ちはやや右中間寄りへのセンター前ヒット。1番に戻って飯山、2−3から高目へのストレートが外れて四球で出塁。2番古城、2−2から外角への変化球か?か空振りの三振。3番渡邉、1回に痛打されているからか、2−3から際どいコースだったが判定ボールで四球で出塁し、2死満塁。4番藤島、初球を打って出るとセンター前へのフラフラとした飛球。通常の守備隊形ならセンターフライだが、藤島対応か外野が深めに守っていたため、センター於保が前進してくるが捕れずヒット、2死の為打った瞬間にランナーがスタートしており2者が生還5−0とする。さらに2死1、3塁で5番小谷野、1−2から打ち上げてほぼ定位置へのフライで2者残塁。2回裏千葉ロッテは5番佐藤から、1−1からセカンドベース上をゴロで転がってセンター前ヒットで出塁。6番澤井、2−2から打ち上げてしまいセンターフライ。7番辻、初球攻撃だがサードゴロ、 小田−小谷野−渡邉と渡って併殺打で3人で攻撃終了。

3回日本ハムは6番小田からの攻撃、1−2から詰まってセカンドゴロ。7番野中、0−1からショート左を抜けてレフト前にクリーンヒット。8番駒居、2−3から1塁ランナーの野中がスタートも投球が低目のストレート外れて四球。1死1、2塁で9番紺田、2−0から流し打ちもレフトフライ。1番飯山、3回で3度目の打席だが2−2からの投球を空振り。辻が捕球できず飯山が1塁へ走り出すが、これは辻が1塁へ送球して三振。3回裏千葉ロッテは8番丸山から、0−1からセカンド正面へバウンドでのゴロ。9番西岡、2−0からピッチャー返し、江尻が捕れずセンター前ヒット。1番於保、1−1からサード下を鋭く抜けてレフト前に連続ヒット。1死1、2塁として2番青野、1−1からピッチャーゴロ、江尻が捕ってセカンドへ送球しフォースアウト、1類へ転送されてこの試合2個目の併殺打で千葉ロッテは得点できず。

4回日本ハムは2番古城から。2−0から低目の変化球を空振り、辻が落球も1塁へ送球されて三振。3番渡邉、0−2から強いライナーだがセカンド正面へ行ってしまい丸山が捕球。4番藤島、ボール先行で1−3から外角高目のストレートが外れて四球で出塁。5番小谷野、2−0からかなり浅めのセンターフライ。これにセター於保が前進してくる!さらに猛スピードで前進してきて、最後は前転しながらこれを捕球はファインプレーでスリーアウト。4回裏千葉ロッテは3番寺本から、初球を打って出るがファーストゴロ。江尻がベースカバーに入り渡邉がトスしてアウト。4番メイ、0−2から打ち上げてしまいセンターフライ、紺田が左へ移動しながら捕球。5番佐藤、0−2から内角を狙ったのが抜けたのか背中への死球になってしまう。1塁へ到達して代走が起用される。ランナーは伊与田。続く6番澤井が打席に入った瞬間だった。江尻がセットポジションに入り、投球動作を始めた瞬間に伊与田がスタート!盗塁のスタートとは明らかに違う完全にモーションの隙を衝かれたスタート。伊与田は投球がホームに届く頃には悠々と2塁へ、投げと途中で気付いたのか江尻の投球は中途半端にワンバウンド。2死2塁で澤井は続く2球目を打つがレフトフライ。

5回千葉ロッテは代走の伊与田がそのままレフトに入る。サードの青野に代わって今江が入る。マウンド上が2番手の神田と交代。5回日本ハムは、6番小田から。0−2からセカンド正面へのゴロ。7番野中、0−1からショートゴロ。8番駒居は初球打ち。センターへの大きい飛球に於保が下がって、下がって捕球で3者凡退。5回裏千葉ロッテは7番辻から、2−0から詰まった打球がショート前に転がる。しかしこれを野中が捕球すると素早く1塁へ送球しアウト。8番丸山、1−0からサード正面へのゴロに小田が捕って1塁へ送球する。しかしこれがワンバウンドになってしまうが渡邉が逆ハンドで捕球。9番西岡、2−1からセカンド左へのライナーでの打球、これに小谷野がセカンドベース方向で移動しジャンプも届かずセンター前ヒット。1番於保、1−1から詰まってショート定位置への小フライで西岡残塁。

6回日本ハムは9番紺田から、1−1から打ってショート正面へのゴロ。1番に戻って飯山、2−3から低目の変化球が外れて四球を選ぶ。2番古城、初球を打ってセカンド右を抜けてライト前ヒット。3番渡邉、0−1から打って出るがピッチャーゴロ、神田−西岡−丸山と渡って併殺打でチャンス作れず。6回裏千葉ロッテは2番今江から、1−0からフルスイングだが、バットがショート正面に転がってしまう空振り。しかし最後は2−0から打ってショート前へのサードゴロ。3番寺本、2−2から引っ張ってファーストゴロ、ライン内側で渡邉が捕って自分でベースを踏む。4番今日は2打席凡退のメイに代わって代打は井上純。しかし初球攻撃はピッチャーゴロ、バウンドでのゴロに江尻がマウンド後方で捕球して1塁へ、3者凡退。

7回千葉ロッテは抑えの切り札・長崎をマウンドへ送る。7回日本ハムの攻撃は4番藤島から。2−0から流してライト前への浅いライナー。これにライトの寺本が猛ダッシュで前進して、地面スレスレでダイビングキャッチ!地面にボールが着いた様にも見えたが、1塁塁審・敷田がこれを良く見ておりアウトの判定。寺本のファインプレーで1死。5番小谷野、1−1から変化球を掬い上げた感じの打球がレフトに飛ぶ。これにレフト伊与田がフェンスまで追うが、打球はそのままスタンドイン!第3号ソロホームランで日本ハムが1点を追加、6−0とした。6番小田、1−0からまたも右中間への大きい飛球!これに於保が走って、走って打球に追い付き捕球。7番野中、1−1からセカンドゴロで小谷野の1点止まり。7回裏千葉ロッテは5番伊与田から、2−3フルカウントから高く打ち上げたがレフトフライ。6番澤井、2−3から完全に外れてしまったボールは高目だか、これを澤井がスイングし三振。頭より高い位置への投球に見えたが・・・。7番辻に代わって代打は金澤が起用される。しかし1−3から打ってセンターフライで2イニング続けて3者凡退。

8回千葉ロッテは代打の金澤がそのままキャッチャーに入る。センター於保に代わってユウゴーが入りレフト、レフト伊与田がセンター。セカンド丸山に代わって早坂が入りショート、ショート西岡がセカンドへ。8回日本ハムは8番駒居からの攻撃、2−2から空振りも金澤が落球した為1塁へ送球して三振。9番紺田、1−1から打ち上げてしまいレフト定位置へのフライ。簡単に2死になってしまうがここから連打で得点する。1番飯山、2−2からセンターへ弾き返した打球は、やや前寄りに守っていた於保の頭上を越える。ホンバウンドでフェンスに当ってツーベース。2死2塁で2番古城、レフト前に打った打球はヒットになる。2塁から飯山が本塁へ向かう!しかしこの打球を捕ったレフトの伊与田がバックホーム、ボールが金澤のミットに収まった時点で飯山は滑り込んだ状態。完全にアウトのタイミングだったが、飯山の足が速くベースに入ったのか、金澤のブロックが甘かったのか判定は迷わずセーフ!古城のタイムリーで日本ハムが1点を追加7−0とした。さらに3番渡邉、1−1からワンバウンドでセンター前ヒット。古城が一気に3塁へ進んで2誌1、3塁とさらに追加点のチャンス。4番藤島、2−3から外角へのストレートを見送るがストライクで三振。8回裏千葉ロッテは8番早坂からの攻撃、初球攻撃はセーフティバントを試みるがピッチャー前に転がってしまい、江尻が捕って1塁へ。9番西岡、1−1からセカンド正面へのゴロ。1番ユウゴー、1−0からややセカンドベース寄りへのショートライナーで3者凡退。

9回千葉ロッテは4番手に田中良を送る。9回日本ハムは5番先程ホームランの小谷野から。初球打ちだが左中間の前寄りへの飛球、センター伊与田が走りこんできて捕球。6番小田、2−2からセカンドベース寄りへのショートゴロ。7番野中、2−2からショート前への弱いゴロ。しかしこれを早坂が弾いてしまいエラー。8番駒居、2−2から高目のストレートを見逃して三振。9回裏、ここまでピンチらしいピンチが殆ど無かった日本ハム先発の江尻、完封勝利が目前となった。9回裏千葉ロッテは2番今江からの攻撃、初球打ちは打ち損ないの打球だが、これがピッチャー右側、セカンドのかなり前方と絶妙の位置に転がる。小谷野が前進も捕れず内野安打。3番寺本、2−3から思い切り引っ張った打球はライナーでライトスタンド一直線!!第3号ツーランホームランで完封敗戦を逃れた。4番井上純に代わって代打は垣内、初球攻撃はセンターフライ。しかしライトの飯山が前進してきて捕球しライトフライ。5番伊与田、1−3から打ち上げてセカンドフライ。6番澤井に代わって代打は富永、しかし2−2から低目の変化球で空振り三振で試合終了。

日本ハム先発の江尻が、今季チーム2度目の完投勝利。1度目は自身のノーヒット・ノーランだけに2度共に自分で記録。9回に不運な内野安打から寺本に被弾も後続を3人で抑える。打っては5番までで10安打と上位から主軸で得点し快勝。首位攻防戦を1勝1敗で終えた。千葉ロッテは先発高木が早々に崩れてしまい敗戦、メイも2打数無安打と前日の勢いが出なかった。


  ■掲示板@2軍愛■