【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2003年 8月20日 イースタンリーグ13回戦 西武−湘南(西武第二)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時終了16時12分試合時間3時間12分
 球審萩原1塁名幸2塁深谷3塁牧田公式記録員嵯峨
 西武第2(西武3勝10敗)観衆150人
                 R H E
 
湘 南 000 011 100 10 1
 
西 武 000 000 000  3 0

 勝川 村2勝      本塁打 鶴岡6号(5回右中間細見@)
 S木 塚1敗2S
 負細 見1勝3敗  
 2塁打 北川、吉村(6回)
 盗塁死 吉村(8回)
 失策 湘南1 福本(1回)西武0
 併殺 湘南0 西武3 (平尾−水田−中村)1回吉村
            (中村−水田−中村)4回七野
            (石井義−水田−中村)7回鶴岡
 暴投 水尾(7回)東(8回)眞山(9回)
 守備妨害 平尾(1回)

 戦評
 今日の試合ははっきり言ってしまりのない試合だった。両軍合わせて四球が11個。
 暴投が3つ。試合時間が3時間12分も・・・。
 打球を自ら蹴ってしまったりアウトになってしまったり等・・・。
 見ていて疲れてしまった。


    打撃成績
   湘 南 打安点    西 武 打安点
  C北 川 520   G大 友 310
  H小 池 510   H赤 田 410
  D吉 村 321   C平 尾 300
  B七 野 400   5カ ズ 400
  D小田嶋 300   F貝 塚 200
  E福 本 200  H7高 山 100
 H6木 村 000   D宮 地 210
  F田中充 311  HD犬 伏 100
  A鶴 岡 321  HD栗 山 100
  2新 沼 100   B中 村 400
  G河 野 420  D4石井義 200
  計    33103   A椎 木 200
             H春 日 100
             2上 本 100
             E水 田 300
             H玉 野 000
             計    3130

 投手成績
 湘 南  投回    投数 被安 四死 三振 自責 失点
○川 村  5     88  3  2  7  0  0
 森 中  2     24  0  0  3  0  0
  東   1     30  0  2  1  0  0
S木 塚  1     27  0  2  1  0  0
 西 武  投回    投数 被安 四死 三振 自責 失点
●細 見  5・1  100  5  2  0  2  2
 水 尾  1・1   37  3  1  1  1  1
 前 田   ・1    2  0  0  0  0  0
 眞 山  2     27  2  2  1  0  0


 あわてんぼーが選ぶ今日最も活躍した選手と注目した選手

■鶴岡一成(湘)
 今日先制の本塁打を含む2安打の活躍。守っては被安打3の好リード。
 確かに、相手に助けられた面はあったが先発川村を5回無失点に。
 8年目という後がない状態。どうアピールして1軍に昇格するか?
 リード面?それともバッティング?どちらにするのだろう?
 早くしないと埋没してしまう・・・。

 今日注目の選手
■川村丈夫(湘)
 今日先発の投手。調整登板であろうが「うーん」とうなってしまうほど良くなかった。
 何しろ、球数が多い。特に微妙なコントロールが悪かった。
 西武打線と、鶴岡のリードに助けられた感じがする。

■木塚敦志(湘)
 今日最後に登板したが、彼もコントロールが悪かった。1イニングに2四球で27球も投げているようでは・・・。

■細見和史(西)
 西武の先発投手だが彼もコントロールが悪く間延びして試合に。とうとう三振は1つもとれず・・・。
 一時期ブレークしただけに残念な気がする。

 番外編
■萩原達也(セリーグ審判)
 1回表北川選手の打球をめぐり湘南江藤監督の抗議を受ける。(湘南北川選手が打球が足に当たったとアピールする)
 1回裏平尾選手の打球が走り出した平尾選手の足に当たり守備妨害でアウト。の判定も2塁走者大友は3塁へすでに達していた。守備妨害なので2塁へ戻さなければならないのにすぐ戻さず、他の審判や選手に促される形で走者2塁へ戻す。(1回裏終了後名幸審判に注意される。)
 今日起こった2つのトラブルは、彼の曖昧な態度が原因。しっかりしてほしい。


先攻湘南
後攻西武

1回表(西武投手細見、捕手椎木)北川捕ゴロも自打球ではないかという湘南江藤監督の抗議も受け入れられず判定は捕ゴロのままに、小池右前安打、吉村二塁ゴロで4−6−3とわたる併殺(湘南0)
1回裏(湘南投手川村、捕手鶴岡)大友遊ゴロも遊撃福本1塁悪送球、赤田遊ゴロで大友2塁進塁、平尾捕前の打球を触れてしまい守備妨害でアウト、貝塚三振(西武0)
2回表 七野右飛、小田嶋投ゴロ、福本右飛(湘南0)
2回裏 宮地三振、中村右飛、石井義四球、椎木一塁ゴロ(西武0)
3回表 田中充四球、鶴岡右前安打で1,2塁、河野投前送りバントも1−5とわたり3塁田中充フォースアウト、北川中飛、小池二塁ゴロ(湘南0)
3回裏 水田二塁ゴロ、大友右前安打、赤田、平尾ともに三振(西武0)
4回表 吉村四球、七野一塁ゴロで3−6−3とわたる併殺、小田嶋三塁ゴロ(湘南0)
4回裏 貝塚二塁ゴロ、宮地中前安打、中村三振、石井義二塁ゴロで4−6とわたり宮地2塁フォースアウト(西武0)
5回表 福本中飛、田中充遊ゴロ、鶴岡右中間本塁打、河野左飛(湘南1)
5回裏 椎木二塁ゴロ、水田三振、大友四球、赤田三塁ゴロ内野安打で1,2塁、平尾三振(西武0)
6回表(西武平尾に代わり三塁カズ、三塁から二塁石井義)北川左中間2塁打、小池中飛で北川3塁進塁、吉村左中間2塁打で北川生還(西武投手水尾)七野三振、小田嶋投ゴロ(湘南1)
6回裏(湘南投手森中)貝塚に代打高山二塁ゴロ、宮地に代打犬伏、中村ともに三振(西武0) 
7回表(西武左翼高山)福本四球、田中充の時投手水尾の暴投で福本2塁進塁、田中充は結局右前安打で福本生還、鶴岡二塁ゴロで4−6−3とわたる併殺、河野二塁強襲内野安打、北川左前安打で1,2塁(西武投手前田)小池遊ゴロ(湘南1)
7回裏 石井義三振、椎木に代打春日右飛、水田左飛(西武0)
8回表(西武投手眞山、捕手上本)吉村中前安打、七野の時吉村2塁盗塁失敗、七野は結局三振、小田嶋、福本に代打木村ともに四球で1,2塁、田中充二塁ゴロで4−6とわたり木村2塁フォースアウト(湘南0)
8回裏(湘南投手東、遊撃木村、捕手鶴岡に代わり新沼)大友四球、赤田の時投手東の暴投で大友2塁進塁、結局赤田は二塁ゴロで大友3塁進塁、カズ三振、高山四球で1,3塁、犬伏に代打栗山左飛(西武0)
9回表 新沼中飛、河野中前安打、北川二飛、小池の時投手眞山の暴投で河野2塁進塁、結局小池は遊ゴロ(湘南0)
9回裏(湘南投手木塚)中村三振、石井義四球、上本三塁ゴロで石井義2塁進塁、水田に代打玉野四球で1,2塁、大友遊飛(西武0)


2003年 8月19日 ウエスタンリーグ 1回戦 広島−中日(広島)報告者:いの一番さん

8月19日(火)に広島市民球場で行われた、広島−中日(後期1回戦)について報告します。

 000000000 
 00010000x 

勝:河内(11試合3勝3敗)  負:宮越(14試合3勝3敗)
本:なし
投手:D 宮越(6回)−矢口(1回2/3)−小林正(1/3)
C 河内(5回)−小林幹(2回)−横山(2/3)−菊地原(1/3)−天野(1回)
審判:吉本、山本、根本、土山
観衆:300人くらい  

(試合経過)
△1回表
先頭の都築が四球、仲澤の送りバントは内野安打となり無死1,2塁。
しかし藤立は3塁ゴロで、5−4−3の併殺となる。なおも2死3塁だったが高橋光は3飛。
(この打席で高橋光はスイングの際に背中か腰の辺りを痛め、1回裏からクルーズに交代)

▼1回裏
先頭の福地は1塁ゴロ。天谷は四球。広瀬は2飛。
栗原の時、天谷が盗塁成功し、栗原も四球で2死1,2塁となったが松本奉は三振。

△3回表
先頭の湊川がレフト線2塁打、宮越の送りバントで1死3塁。
都築の打球はショート横のライナーだったが、甲斐が横っ飛びで好捕。
湊川は飛び出しており併殺となる。

▼4回裏
先頭の松本が中飛の後、末永が四球。次の甲斐の時末永が2盗。甲斐の中飛で3塁に進む。
続く山本翔のレフト線2塁打で末永生還、広島先制。河内は三振。

△5回表
田上3塁ゴロ、井上1直の後、前田新、湊川は連続四球で2死1,2塁としたが宮越は三振。

△7回表
広島の投手は6回に続き小林幹。先頭の田上が四球で出塁したが、井上は遊ゴロ併殺打。
前田新、森岡は連続四球で2死1,2塁としたが森は3邪飛。

▼7回裏
中日の投手が矢口に交代。
先頭の石橋が左前打で出塁、田村の送りバントで2塁へ。
福地の右前打で1死1,3塁とし、福地はすかさず2盗。しかし天谷は三振、廣瀬は投ゴロ。
△9回表
広島の投手が天野に交代。
清水、井上が連続2塁ゴロ、善村は左飛で試合終了。


(選手評)
■宮越 徹(中日)
6回を3安打4四球1失点と好投したが、味方の援護がなく負け投手になったのは不運。
層の厚い中日投手陣では1軍昇格のチャンスはなかなかないが、
とりあえず結果を出しておかないと、7年目ということもありオフが厳しくなる。

■河内貴哉(広島)
5回を2安打3四球無失点で勝ち投手。
好調時の力がコンスタントに発揮できれば1軍に上がれるのだろうが、
フォームが一定しないことや、突然崩れる悪い癖がなかなか直らない。
今年も期待に添えなかったが、とにかくオフに練習することだろう。

■山本 翔(広島)
2年目の捕手。
倉がケガをしたということもあり、最近出場機会が増えつつある。
打撃がまだ非力な感じは否めないが、この日は両チームを通じ唯一の得点となる2塁打を放ち、
勝利に貢献。打力がもう少しアップすれば2軍の正捕手に近づくだろう。


2003年 8月18日 イースタンリーグ17回戦 巨人−ヤクルト(東京ドーム)報告者:@白にゃんこさん/健一@管理人

@白にゃんこさん編

皆様お疲れ様です(^o^
本日は夏休み恒例の、東京ドームシリーズ最終戦の模様です。
18日 東京ドーム 第17回戦  戸田10勝7敗 18時試合開始

                    RHE
 
スワローズ  200 110 000 80
 ジャイアンツ 000 200 100 80

 <川 崎>●根市寛貴(0勝2敗16試合、3回0/3)木村龍治(4回)條辺剛(2回)−加藤
 <戸 田>○吉川昌宏(5勝5敗35試合、5回)小森孝憲(2回)河端龍(1回)成本年秀(1回)−福川

 <戸田スワローズ>
       1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(中)志 田 中安  三振三振    三振  一飛
(二)野 口 左本  左飛  左本  二ゴ  中安
(右)本 郷 左飛  三振  左飛  二2  四球
 走 大 塚
 投 成 本
(一)宮 出 右飛    左本三振  四球  右飛
(捕)福 川 二飛    四球三ゴ  三振
(左)久保田   三振  中2  二ゴ  三振
 投 河 端
 右 橿 渕               
(三)ツギオ   四球  四球  三ゴ  遊飛
(遊)梶 本   一併  三振  右安
 遊 大 原               三振
(投)吉 川     四球三振
 打 衣 川           三振
 投 小 森
 左 牧 谷                 左直
 
 戸田投手成績
       回 安 三 四 失
 ○吉川昌宏 5 5 4 2 2
  小森孝憲 2 2 1 1 1
  河端 龍 1 0 2 0 0
  成本年秀 1 1 0 0 0


 <川崎ジャイアンツ>
       1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
(中右中)
   矢 野 中飛  三ゴ  三振    三振
(遊二)長 田 中安    中飛二ゴ    二ゴ
(二)元 木 右飛    二安  三ゴ
遊三 十川孝               三振
(一)吉 川   三振  中安  四球    中安
 走 山 下
(右)三 浦   遊ゴ  三振
 左 中 濱           遊併    二併
(三)福 井   一ゴ  中安    三振
 遊 大須賀                 遊ゴ
(捕)加 藤     死球三安    右安
(投)根 市     投ギ
 投 木 村       一ゴ
打右 高 野             中安
(左中)山 田     遊飛  三振    
 投 條 辺

 川崎投手成績
        回 安 三 四 失
 ●根市寛貴 30/3 3 3 3 3
  木村龍治 4  4 7 2 1
  條辺 剛 2  1 2 1 0


 <本塁打>
  野 口 2号(2ラン、根市=1回)
      3号(木村=5回)
  宮 出 5号(根市=4回)

 <二塁打>
  久保田(4回)
  本 郷(7回)

 <盗 塁>
  加 藤(7回)

 <盗塁死>
  長 田(1回)
  高 野(7回)

#自分が観戦した中では数少ない?無失策試合でした。

尚、表題ですが、福井と入れ替えで今期初の1軍昇格を果たした矢野謙次が(連日の東京ドーム登場ですね)さっそくベンチ入りし、7回裏にペタジーニの代走で1軍初登場。そのまま守備につき、打席機会はありませんでしたが「左投手時の代打(原監督)」として起用の可能性が有ると言うことで初安打も期待できそうです!


上記試合の展開・寸評です。

<おおまかな試合展開>
 夏休み恒例、東京ドーム開催のイースタン公式戦の第3戦(最終戦)
 川崎先発はフォーム改造に取り組んだ根市、戸田先発は吉川

 初回、戸田先頭志田が根市の初球を弾き返しレフト前へ運び、続く野口が送りバントの構えからバスターに代え、甘目を見逃さずレフトスタンドへ!叩き込む2ランで先制。

 2、3回は両先発が頑張り、また、好守も飛び出して両軍無得点で推移。

 4回表、戸田は先頭の四番・宮出が根市の121kmスライダーがインロー付近に入ってきたのを見逃さず左中間スタンドへ叩き込んで1点を追加。続く福川に四球を与えたところで川崎は2番手木村にスイッチし、木村は1死満塁のピンチを3連続三振で何とか切り抜けた。

 4回裏、川崎は1死後から元木がセカンド野口を強襲するヒットで出塁。吉川元も続いて一、二塁で、三浦は三振に倒れたが、福井がフルカウントから138km直球をセンター前へ弾き返して1点を返し、反撃開始。続く加藤は内野へ高く打ち上げ、吉川昌、野口、ツギオが追いかけていったが、その三者の囲む間にポトリと落ち、2点目を返した。

 5回表、戸田は先頭の野口が、木村の121kmの緩い球を弾き返し、これもレフトスタンドへ叩き込む2本目を放って追加した。

 終盤の7回裏、川崎は1死から加藤がライト前ヒットで出塁。続く代打高野のときに盗塁を決め、高野もゴロでセンター前へ抜けるヒットを放ち、1点差に追い上げた。
 戸田は2番手の小森が2回を1失点に抑えた後、8回は河端、9回は成本という1軍でも抑え経験のある投手による細かい継投で逃げ切った。

 川崎は、1点差ながらもヒットが繋がらず敗れたが、4回1失点の2番手木村、そして2回無失点の3番手條辺と、今期、1軍で不振を極めた投手陣に関しては収穫があった。


<注目選手 ジャイアンツ>
■根市寛貴(巨) 3回0/3 被安打3 奪三振3 四死球2 失点3
球速130台、スライダー、カーブなど
フォーム変更とのことで、健一さんも書かれていますが印象的には岩隈久志(Bu)に近い感じ+放送席(おなじみ池谷公二郎氏)によりますと朝倉健太(D)的。
変化球がやや甘く入り、そこを宮出・本郷らに打たれたり、粘られた末に歩かせそこから失点という悪いパターンにはまってしまいました。最後もホームラン、四球を与えての降板という残念なものに。若手では林、十川雄らが昇格のチャンスを得ているだけに、そろそろ追いついていきたい。
#自分も「先発本格タイプ」嗜好としましては以前の「大きさ」が失われた感があるのは少々残念…

■加藤健(巨) 3打席2打数1安打
「8番・キャッチャー」 1軍で阿部が肩痛のため登録抹消→小田が緊急昇格となったことでチャンスが巡った格好に
 4回裏の2打席目には、野手の間に落ちるというラッキーな当たりながら、反撃機に1点を追加する大きなヒットになりましたし、リードでも特に條辺の好投を引き出した7回表のそれは見事でした。今後は出場機会が増えると思われるので引き続きアピールのチャンスとしたいところ。

■十川孝富(巨) 守備出場 1打数無安打
5月にひじを手術し、リハビリを経て実践復帰。本日は試合前インタビューにも登場
打席(フルスイング)などを見る限り順調に回復、フォームではトップの位置をやや下げ(投手方向に向け)たような感じに変わっていました。守備ではスローイングに不安があるというものの、残念ながら守備機会は無く実際は不明…


<注目選手 スワローズ>
■吉川昌宏(ヤ) 5回 被安打5 奪三振4 四死球2 失点2
球速130台後半、シンカー、スライダー
それほど劇的に早いとか、そういう印象ではなかったんですが、この試合までで3勝の他3セーブを挙げるなど変化球のキレが良かったと思います。失点の場面(4回裏)は、アンラッキーな面もあったので多少は割り引いても良いと思いますし、責任回数を投げきり試合を作ったのも大きいでしょう。

■野口祥順(ヤ) 4打数2安打2本塁打
「2番・セカンド」
 1打席目、送る構えをしながら甘く来たのでバスターに代え、フルスイングした打球はレフトスタンドへ飛び込む一発!
 2打席目も、中押し点がほしい場面で、インコースに来る球を難しいコースながら、パワーでスタンドインさせました。

■梶本勇介(ヤ) 3打数1安打
「8番・ショート」
上記、野口と共に両打ち挑戦中
打撃面では3打数1安打と、寂しい感じでしたが、2回裏、川崎三浦が弾き返したセンター前へゴロで抜けようかという当たりに果敢に飛びつき、クルリと身体を回転させて倒れ込みながら送球、アウト!という素晴らしい守備がありました。ショートストップの名手・宮本慎也的なナイスプレイでした。このガッツ、さらにスイッチ転向する努力家ですし今後は確実性を増し、レギュラークラスに食い込みたい。



健一@管理人編

■イースタンリーグ 8月18日(月) 川崎ジャイアンツvs戸田スワローズ(東京ドーム)

川崎ジャイアンツ 3−戸田スワローズ

戸:○吉川昌宏
川:●根市寛貴

野口祥順の2本塁打(ボール2個分ぐらいのグリップを余らせ非常にバットを短く構える)などでスワローズが加点し、細かい継投で最後は成本年秀で逃げ切る。


■根市寛貴(巨)
フォーム改造の報は以前より聞いていましたが、変わりましたねえ・・・。今までは『左足を高く上げ身体全体を使った躍動感あるフォーム(郭源治(元中)似)』と形だけみると将来出て来るのでは?と思わざるを得ない!?格好いいフォームでした!#高校時代、甲子園のマウンドにいた光星学院エースの姿に惚れたファンも多々いることでしょう。

さて確かに入団以来伸び悩んでいるのですが、リニューアルしたフォームは「岩隈久志(近)系」で右腕をダラリと下に下げて始動。またグラブを持った左腕は捕手方向にチョロッと押し出してもいます。今までのフォームで結果が出ていないので変えざるを得なかったのでしょうか、、、

球速は大凡130km/h後半、変化球は今まで通りスライダー、緩いカーブ他を放っていました。「高校級」からストレートに伸びしろを「ビビッ」と感じたんです。

結果(先発登板、4回途中3失点、野口祥順に被本塁打)は置いといて内容自体に然したる変化はなく、しばらくこのフォームが固定されるのを見守りましょうか(こじんまりしちまったよー(^^;))。


■小森孝憲(ヤ)
2番手登板。タイプ的には、「河端龍(ヤ)」似た印象を受けました。選手名鑑にはサイドスローと謳っていましたが、私にはスリークォーター(上手に近い)に見えました。身体に近い位置でヒョイと投げる感じ。

ただストレートの球速はガクンと落ちて130km/hちょいでしょうか。他にはスラーブかカーブでしょうか緩い変化球が目立ちました。他には手元までは見えませんでしたが、押し出すように投げるきらいも感じたので、もしかしたらナックル、チェンジアップも放っていたかも知れません。力感はありませんが、まとまったフォーム、そしてまとまった投球内容。<可もなく不可もなく

ずば抜けたナニかは感じませんでしたが、殆ど変化球の軟投派で打者のタイミングを外す投球こそが彼のスタイルかも知れません。


■梶本勇介(ヤ)
専大北上からドラフト2位入団、今年で2年目の内野手。初めて観ました、この梶本勇介!しかもたった一打席のみですが(^^;)。ジャイアンツのマウンド上には右腕木村龍治、打席の梶本勇介は左打席。選手名鑑には右投げ右打ちの明記と共に、今年はスイッチ打法に挑戦中との一文。

なるほど作られた左打席ですか。ハッキリ言って良いです。柔軟性ありです。長田昌浩(巨)や北川利之(横)のような打席での「柔らかさ」を同様に感じました。木村龍治の低めストレートをライト前に弾き返す安打!

打撃成績(8/16現在 27試合 66打数 11安打 打率0.167)をみると芳しくないので、おそらく右投手の速球に力負けしているんだろうな(外角の速球は安パイ)、、、と思います。右打席でどんな打撃をしているのかは数字上で予想するのみですが、このスイッチをものにする「野球センス」ありに感じます(^^)。

あと守備は観ていないのでよくわかりませんが、まだまだ粗いようです。しかしこの打撃センスは密かにチェックですな!


2003年 8月17日 イースタンリーグ18回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

みつともさん編

 8月17日(日) ファイターズスタジアム鎌ヶ谷のイースタンリーグ公式戦 日本ハムファイターズ−千葉ロッテマリーンズ 18回戦 は6−0で日本ハムファイターズが勝ちました。

日本ハム13勝5敗0分         R  H E
千葉ロッテ 000 000 000 ・・  5 1
日本ハム  000 023 01x ・・ 12 0

○ 勝利投手 加 藤
● 敗戦投手 高 木
HR 本塁打 小谷野 10号 田中良B 6回1死 (日本ハム)
       小谷野 11号 舩 木@ 8回無死 (日本ハム)

日本ハムが、鎌倉−正田−野村−シールバック−加藤−櫻井で完封リレー。各投手が無四球で被安打も僅かに4安打。今日は、何よりも小谷野!!6回の第3打席で、代わったばかりの田中良から右対右もものともせず、ライトスタンドに完璧な一発。さらに8回には舩木から今度はセンターバックスクリーン下に飛び込む2打席連続第11号ソロホームランで3安打4打点の爆発。さらに先日の東京ドームで活躍の鶴岡捕手が、今日も2安打。渡邉、森本がタイムリーで効率良く得点し快勝。




ふんぼるとさん編

2003年8月17日 日本ハム−ロッテ 18回戦

Q鎌ヶ谷(日本ハム13勝5敗)

 
ロッテ  000 000 000│
 
日本ハム 000 023 01x│

 勝 加 藤 1勝0敗0S 登板11
 負 高 木 3勝4敗0S 登板7

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 早 坂 410 遊ゴ    二ゴ       空振       右2
  C6西 岡 400 一ゴ       空振    中飛       空振
  H 寺 本 200 中飛       遊飛
  H9伊与田 200                   空振    空振
  F 大 塚 400    三ゴ    二ゴ       右飛    投ゴ
  D 於 保 200    空振       左飛
  HD垣 内 100                   見振
  D 塀 内 200    空振       中飛
  H4代 田 100                      中飛
  B 富 永 210       遊安    空振
  H3ユウゴー  100                      空振
  A  辻  320       中直       中安    右安
  E5丸 山 310       中安       一ゴ    左飛
  犠盗失併残─────
  00134 3150

       回   打安振球責
  ●高 木 51/3 258414
   田中良  2/3 42111
   鈴 木 1   51120
   舩 木 1   41001

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 森 本 421 右安    見振    中2 四球    左飛
  E 田中賢 500 左飛    左飛    二飛 空振    二ゴ
  B 渡 邉 321 投併       左安 左安    四球
  D クローマー  410    二ゴ    空振 左飛    右安
  F 藤 島 310    空振    中飛    中2 四球
  R9紺 田 000
  D  林  410    中失    右安    二ゴ 投併
  C 阿久根 300    遊ゴ    空振    死球 空振
  G 小谷野 434       遊ゴ    左安 右本    中本
  A 鶴 岡 320       中安    投犠 右安    右飛
  犠盗失併残─────
  10008 33126

       回 打安振球責
   鎌 倉 2 60200
   正 田 2 72100
   野 村 1 30100
   シールバック 1 41100
  〇加 藤 2 71300
   櫻 井 1 41200


  本塁打  小谷野(日)10号B (6回 田中良)
       小谷野(日)11号@ (8回 舩木)
  二塁打  森 本(日)    (5回 高木 タイムリー)
       藤 島(日)    (6回 高木)
       早 坂(ロ)    (9回 櫻井)
  犠 打  鶴 岡(日)    (5回 無死1塁 1走の小谷野が二進)
  失 策  早 坂(ロ)    (1回 林の中直をグラブに当てながら後逸 打者走者の
                    林が二進)
  盗塁死  鶴 岡(日)    (6回 捕手は辻 打者は田中賢 三盗失敗)
  走塁死  富 永(ロ)    (3回 1走として辻の中直でハーフウェイにいたが、富
                    永を刺そうとした森本の一塁送球が悪送球になっ
                    のを見て2塁に進塁しようとしたがカバーに入っ
                    ていた鶴岡からの送球で憤死 鶴岡−田中賢)
  併 殺  ロッテ      (1回 渡邉 1死1塁 高木−西岡−富永)
       ロッテ      (6回 田中賢 1死2、3塁 田中賢が空振り三振で、
                    2走の鶴岡が盗塁死 三振ゲッツー 田中良−辻
                    −塀内)
       ロッテ      (7回 林 無死満塁 鈴木−辻−富永)

  PL:深見 1B:橋本 2B:新屋 3B:山崎 公式記録:荒木
  時間 2時間46分(13:02〜15:49)

得点経過
 5回裏(日) 1死2塁から森本が左中間を破るツーベース        日本ハム1点目
       2死2塁から渡邉が左前打                日本ハム2点目
 6回裏(日) 1死1、3塁から小谷野が右越えスリーランホームラン   日本ハム5点目
 8回裏(日) 無死無走者から小谷野が中越えソロホームラン       日本ハム6点目

戦評
 小雨が降ったり止んだりするなかで試合が強行された今日の鎌ヶ谷は『鎌ヶ谷デー』。で、
 試合の方は日本ハムが打つ方では小谷野の2本の本塁打などで得点を重ねると、投げる方で
 は6投手の小刻みなリレーで無四球完封リレーで安心して見ていられる快勝!

選評
 
小谷野(日) 1本目の本塁打は投球練習でバックネットにぶつけるなど制球力に不安を見せ
       ていた田中良の甘く入った初球を右方向に打ったもので、2本目は舩木からセ
       ンターバックスクリーンに打ち込んだもの。最近、小谷野のバットが春先に比
       べると湿っていたが、今日で復活なるか。

 
田中賢(日) 打つ方では3点を取って尚も1死1、2塁の場面で空振り三振を喫してしまい
       ゲッツーを演出してしまうなど5タコ、守る方では3回の富永の遊ゴロを待っ
       て取って1塁セーフにしてしまう(記録は内野安打)緩慢プレー。

 
正 田(日) 久々のイースタンでの登板も、もうこちらでは次元の違う人。安心感抜群。
       ただ、林(巨)の活躍やこの正田が上では負けがこんでいること、大沼(西)が度
       々一軍の壁に撥ね返されていることを考えると『一軍の壁』というのは高いの
       か低いのかわからなくなってしまう。


2003年 8月16日 ウエスタンリーグ 5回戦 広島−サーパス(広島)報告者:いの一番さん

8月16日(土)に広島市民球場で行われた広島カープ−サーパス神戸(後期5回戦)の模様が
広島ホームテレビでダイジェスト放送されたので、報告します。
(解説:西田真二、実況:土屋 誠)

 110000100 
 010000001 

勝:北川(15試合6勝3敗) 敗:苫米地(6試合1敗)
本:松本奉9号@(北川)、相川8号@(横山)、嶋7号@(北川)
投手 S:北川(8回2/3)−今村(1/3)
C:苫米地(5回)−酒井(1回)−横山(3回)
審判;根本、土山、嶋田、山本

(試合経過)
△1回表
先頭の早川が三振の後、牧田死球、相川三振で2死1塁。
打者シェルドンの時、苫米地が2暴投して牧田は3塁へ。
シェルドン四球で2死1,3塁から中島中前打でサーパス先制。迎は遊ゴロ。

△2回表
先頭の玉木がレフト線2塁打。高橋の左飛を末永が捕球した際体勢を崩し
それを見た玉木が3塁へ進む。北川は遊ゴロに倒れたが早川の左前打でサーパス2−0とリード。
なおも牧田四球、苫米地の暴投、相川四球で2死満塁としたが、シェルドンは遊ゴロ。

▼2回裏
栗原が中飛、末永が2飛の後、松本奉がレフトポール際にホームラン。
カープ1点返し、1−2。天谷は遊飛。

△5回表
先頭の中島が右前打、迎3飛の後玉木四球。打者高橋の時苫米地が暴投し1死1,3塁となるが、
高橋は3直で中島が飛び出し併殺。

△7回表(テレビでは放送されず)
広島の投手が横山に交代。
相川がソロホームランを放ち、サーパス3−1とリードを広げる。

▼9回裏
先頭の嶋がライトへホームラン。広島が1点差に迫る。
甲斐は1邪飛、ハーストは三振で2死となったが、石橋が左前打(代走松本高)。
ここでサーパスの投手は北川から今村に交代。
栗原左前打で2死1,3塁となったが、末永三振で試合終了。


(選手評)
■北川智規(サーパス)
惜しくも完投は逃したが無四球の好投。
投手陣の苦しいチーム事情があるので、1軍昇格のチャンスがあるかも。
苫米地鉄人(広島)
5回を投げ5安打2失点。親指の故障が治り切ってないのか、抜ける球が多く制球難。
四死球7、暴投4では今年1軍昇格は無理かも。

■ジミー・ハースト(広島)
キャンプの前半は「ボブ・サップ」などと呼ばれ注目されたがそれっきり。
この日は9回裏に代打で出てきたが大振りをした後、変化球に手が出ず見逃し三振。
ベンチでは首脳陣が「仕方ないな」という感じで苦笑いしている場面が映り、
どうやらサジを投げているようである。


(放送席)
■西田真二(解説者)
同じ局の大下に比べれば、はるかに聞きやすい解説。
しかし時々理解に苦しむことを言うのも特徴で、
1回表にピンチを迎えて汗をかいている苫米地を見て一言。
「冷夏なんだから、こんなところで汗をかいてはいかん。」そういう問題ではないと思うが。

■土屋 誠(広島ホームテレビアナ)
大下の解説の時は怯えながら実況しているのが明らかにわかったが、
この日はリラックスして実況していた。
しかし、的外れはことを時々言っては西田にやんわり注意され、
9回裏にまともな質問をすると「久し振りにまともなことを言ったね。」と嫌味を言われていた。

(その他・ホームテレビの放送について)
ウエスタンの試合を放送してくれるのはありがたいのだが、編集に問題あり。
5回表の次が9回裏というのはないだろう。7回表の相川のホームランが出てこなかった。
得点の少ない試合だったのだから、得点シーンはすべて放送すべきではないか。
実はホームテレビは野球中継の質が他局に比べよくないため、地元の評判が今一つなのだが、
このような編集のやり方一つを取ってみても担当者の意識の低さが表れているように思う。


2003年 8月16日 ウエスタンリーグ 6回戦 中日−阪神(ナゴヤドーム)報告者:いの一番さん/レイトンハウスさん

いの一番さん編

8月16日(土)にナゴヤドームで行われた、中日−阪神(後期6回戦)の試合について報告します。

 00300000  
 01001000  
(8回規定により打ち切り)
勝:江草(7試合3勝)  負:川崎(8試合4勝2敗)
本:なし
投手:T 江草(5回)−川尻(1回2/3)−柴田(1/3)−谷中(1回)
   D 川崎(5回)−高橋聡(1回)−山井(1回)−正津(1回) 
審判:岡田、福家、金子  記録:関
観衆:12000人

(試合経過)
▼1回裏
蔵本三振、仲澤中飛の後、藤立、高橋光は連続四球で2死1,2塁。
筒井の打球はレフト頭上を越えるかと思われたが的場が好捕。

▼2回裏
桜井好三振の後、前田章の3塁線の打球はベースに当たってバウンドが変わり幸運な2塁打。
森岡は四球で1死1,2塁。
川崎の送りバントは投手正面に転がり、前田章が3塁で封殺、2死1,2塁となる。
ここで蔵本の左前打が出て森岡が生還、中日先制。
なおも仲澤の左前打で2死満塁としたが、藤立は三振に倒れる。

△3回表
先頭の中谷が頭に死球を受け退場(代走カツノリ)。
江草の送りバントで1死2塁から藤原の中前打で1死1,3塁。
ここで的場が中前打しカツノリ生還、1−1の同点。
続く梶原康の2塁ゴロを森岡がはじき、慌てて2塁に送球したがセーフ。
しかしこの時的場がオーバーランしてタッチアウト、2死1,3塁。
続く斉藤の中前打で藤原生還で阪神が2−1と逆転。
なおも2死1,3塁から関本の右前打で梶原康生還、3−1。
この時ライトから3塁への送球を見て関本が2塁を狙ったがタッチアウト。

△4回表
喜田3塁ゴロ、平下三振の後、カツノリ中前打、江草右前打で2死1,2塁。
藤原の3塁ゴロを筒井がはじいたが、カツノリを本塁でタッチアウトにする。

▼5回裏
先頭の仲澤が中前打の後、藤立、高橋光は連続左飛。
打者筒井の時、仲澤が2盗に成功。筒井はレフト線2塁打で仲澤生還、2−3。
なおも筒井の3盗で2死3塁としたが、桜井好は2塁ゴロに倒れる。

△6回表
中日の投手が高橋聡に交代。
喜田1邪飛の後、代打桜井広、カツノリの連打で1死1,2塁。
代打早川三振の後、藤原の3塁内野安打で2死満塁としたが、的場は遊ゴロ。

△7回表
中日の投手が山井に交代。
梶原康1塁ゴロ、斉藤右飛の後、関本、喜田、桜井広の3連打で2死満塁としたが、カツノリは中飛。

▼7回裏
6回に続き川尻がマウンドへ。
先頭の仲澤は右飛、土谷のレフト線2塁打で1死2塁。高橋光三振の後、
筒井の代打に左のクルーズが出てきたため、阪神も左投手の柴田に交代。
クルーズの当たりは1,2塁間を抜けるかと思われたが、梶原康があらかじめ
1,2塁間深めに守っていたため2塁ゴロとなる。

▼8回裏
この時点で試合開始後3時間を越えたため、8回での打ち切りが決定。
阪神の投手が谷中に交代。
桜井好三振、田上2塁ゴロ、森田三振で試合終了。

(選手評)
■江草仁貴(阪神)
5回で6安打3四球2失点。球速もコントロールも今一つでよく2失点で済んだという感じ。

■川尻哲郎(阪神)
左打者に2安打され、代打にクルーズが出てきたら交代させられてしまった。
余程、左打者に対する投球内容が信頼されていないのだろう。
これでは1軍復帰は難しいように思う。

■川崎憲次郎(中日)
中日移籍後、ナゴヤドームの試合で投げたのはこの日が初めてだったそうだ。
内容は5回で8安打1死球3失点。
中谷に死球を与えて動揺したと思われる3回以外はまあまあの投球に思えたが、
球速は概ね130キロ台前半で変化球は110キロ台。もう140キロは出ないのだろう。
この内容では1軍はちょっと辛いかも。

■筒井 壮(中日)
この日、打撃内容が一番よかったのはこの人。にもかかわらず7回裏には代打を出されてしまった。
クルーズよりは確実だと思うんだが。

(その他)
この日はお盆休みのデーゲームということで、12000人の観衆が集まった。
事前に放送局がかなり宣伝していたこと、川崎が投げるといった話題性も効果があったようだ。
当日は内野1階席のみの開放で料金は1500円だったが、
1軍ではほとんどが年間指定席の所に入れるのだから安いといえるかもしれない。
ファンサービスのためにも、年2,3試合はナゴヤドームで実施してほしいものだ。





レイトンハウスさん編

ウエスタンとはいえナゴヤドームでの試合、川崎の予告先発もあって大変な数の観客でした。12,000人で普段のウエスタンの試合の10倍だそうです。田中聡選手の応援に遠征しましたが、残念ながら出場はありませんでした。イニングの合間にはキャッチボールのために必ずベンチから出てきてくれました。(ひょっとしてファンサービスしてくれたのかもしれませんが)細かい試合経過はいの一番さんが書き込んでいらっしゃいますので、スコアテーブルを書き込みます。
鳴尾浜タイガース
         @   A   B   C   D   E   F   G
(中)右 藤原 三ゴロ     中前打 三ゴロ     三内安打     三振
(左)  的場  三振     中前打      中飛 遊ゴロ      右飛
 中  曽我部
(二)  梶原 二ゴロ     二ゴロ     右前打     一ゴロ
(遊)  斎藤     三ゴロ 中前打      三振      右飛
(三)  関本      中直 右前打      三直     右前打
(一)  喜田     中前打     三ゴロ      一飛 右前打
(右)  平下      遊飛      三振
打・右  桜井                     右前打 左前打
(捕)  中谷          死球
走・捕 カツノリ            中前打     左前打  中直
 捕   狩野
(投)  江草          犠打 中前打
 打   早川                      三振
 投   川尻
 投   柴田
 打   新井                             三振

江草 5回    奪三振5 被安打6 与四球3 失点2
川尻 12/3    奪三振2 被安打2 与四球0 失点0
柴田  1/3    クルーズをセカンドゴロで抑える
谷中 1回    奪三振2 被安打0 与四球0 失点0


中日ドラゴンズ
         @   A   B   C   D   E   F   G
(中)  蔵本  三振 左前打     遊ゴロ      三振
(遊)  仲澤  中飛 左前打         中前打      右飛
(右)  藤立  四球  三振          左飛
 右   土谷                         左2打
(一)  高橋  四球     投ゴロ      左飛      三振
(三)  筒井  左飛     右2打 左2打 
 打  クルーズ                        二ゴロ
 投   正津
(左)  櫻井      三振  中飛 二ゴロ              三振
(捕)  前田     左2打  三振
打・捕  田上                      中飛     ニゴロ
(二)  森岡      四球      中飛     遊ゴロ      三振
(投)  川崎     投ゴロ      三振
 投   高橋
 打   森                      右前打
 投   山井
 三   前田

川崎 5回   奪三振3 被安打8 与四球0(死球1) 失点3
高橋 1回   奪三振1 被安打3 与四球0      失点0
山井 1回   奪三振0 被安打3 与四球0      失点0
正津 1回   奪三振2 被安打0 与四球0      失点0

川崎投手はMAX140Kmのストレートが1球だけありましたが、ほとんどが130前半から中盤のボールでした。この球威では一軍復帰はまだ難しいかもしれません。しかし四球ゼロからもわかるようにていねいな投球でした。とりあえずウエスタンレベルならしっかり抑えることができる投球術は見せてくれました。

雑感として、ウエスタンはヤジがきついなあという印象です。鎌ヶ谷のヤジには慣れていますがそれはあくまで野球の技術についてのヤジですが、ナゴヤドームの阪神ファンのごく一部から川崎投手に野球とは全く関係の無いヤジがとび、とても気の毒でした。本人の耳に届いてないことを祈ります。


2003年 8月16日 ウエスタンリーグ 3回戦 ダイエー−近鉄(宮崎)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

藤井寺 000 000 110 2
雁の巣 000 004 00x 4

藤井寺 ※下記以外にも途中出場選手がいるかもしれませんが、
     テレビで確認できたところしか挙げておりません。ご了承ください。
(8)牧田明久  切り込み隊長としてはちょっと物足りない。
(6)山ア浩司  一軍にいたが、出してもらえなかった…。
(7)鷹野史寿  死球製造機も今年は不調。
(5)山下勝己  HRは貫禄。そろそろ常時一軍にいたい。
(4)高須洋介  実績的には一軍にいてもおかしくないが。
(3)三木仁   兄同様、ちょっと伸び悩んでいるなぁ…。
(9)井戸伸年  数少ないスタメンのチャンスを活かしたかった…。
(D)近澤昌志  体はいいが伸び悩み気味?後輩捕手に押されるなかれ。
(2)横山徹也  高卒新人も強肩にプロ初HR。楽しみな素材。

●谷口悦司 かつての小池秀郎(二段モーションなし)みたいな印象。
 吉川勝成 不運もあったが、フィールディングはきっちりやりたい。
 朝井秀樹 ストレートも速いし、楽しみな逸材。

雁の巣
(6)稲嶺誉   タイムリーは体制を崩しながらうまく打った。
(7)辻武史   5回のレーザービームはお見事。
(D)井手正太郎 前年に続き地元で2安打。肩腰を治して守備につきたい。
(5)吉本亮   結局ノーヒット。最近好調だったが。
(3)陳文賓   またも足故障。大丈夫だろうか?
R3笹川隆   フライは捕ろう。捕手なのだから。
(2)大野隆治  常に声を出し神内を引っ張る。
(8)高橋和幸  先制のキッカケを作るクリーンヒット。
(9)荒金久雄  バント失敗。一軍復帰するには避けては通れぬ課題。
(4)中村浩一  何気に打撃好調だ。

○神内靖  若干ストレート浮き気味も、今年最高の投球。吹っ切れたか?
S水田章雄 今日みたいな投球を継続すれば、一軍復帰も。


テレビ西日本(TNC)で深夜に録画放送。解説は地元宮崎出身(高鍋高校卒)の池田親興。
先発は神内靖(高校は地元延岡学園も、出身は京都府綾部市)と谷口悦司。ともに2年目の左腕。

1回表
牧田2-3高めストレート空振り三振。山ア0-1外角低めストレートセカンドゴロ。鷹野2-3サードゴロ

1回裏
稲嶺0-1サードゴロ。辻0-1センターフライ。井手2-2見逃し三振

2回表
山下0-1外目カーブをショートゴロ。高須2-3ストレートをセカンドフライ。三木2-3外角高めストレート空振り三振

2回裏
吉本1-0外角ストレートをセカンドライナー。陳2-1外角高目二遊間ゴロで抜けるセンター前ヒット。大野1-1内角引っかけてサードゴロダブルプレー

3回表
井戸2-2セカンドゴロ。近澤0-2サードゴロ。横山1-3四球。ストレートが外れだした…。牧田初球カーブでストライクを取る。2-1スライダー打ち上げるファーストフライ

3回裏
高橋1-1引っかけてボテボテセカンドゴロ。きわどいタイミングもアウト。荒金2-1空振り三振。中村1-0セカンドゴロ

5回表
神内4回まで64球、ノーヒット。高須1-1ライトフライ。三木2-2外角高めストレートをセンター前ヒット。初安打。井戸初球セフティバントもファウル。2-1引っかけてショートゴロ。二塁アウトも中村の送球ワンバウンドで陳の足離れてセーフ。近澤1-2の時井戸二塁盗塁成功。2-3カーブ外れて四球。横山2-1レフト前ヒット。井戸三塁回るも辻バックホーム。捕手が取った頃には井戸は5m手前。悠々アウト。

6回裏
高橋1-1真ん中ストレートをセンター返しでクリーンヒット。荒金バントの構えも0-1から上げてキャッチャーファウルフライ。いかんな…。中村1-2詰まりながらもセンター前に落とす。稲嶺関東チャンステーマが流れる中、2-0から真ん中に入るカーブを体制崩しながらうまく引っ張る。一塁線を抜くツーベースで高橋生還、先制!小野和義投手コーチマウンドへ。ここで石渡茂監督出て、吉川勝成に交替。
辻の時も関東チャンステーマ。1-1からファーストゴロ。三木ベースを踏んでバックホームも、中村タッチをかいくぐりホームイン。三木ファーストを踏んでいなかったようで内野安打となる。井手関東チャンステーマ。ご当地とあって場内異常にざわめく。0-2から内角シュートをうまく振りぬきレフト前ヒットで稲嶺生還3点目。吉本2-0カーブを空振り三振。陳1-1からピッチャー返し。吉川はじいた打球はコロコロ転がり二遊間を向けてセンター前へ。辻三塁を廻り生還4点目。しかし陳一塁を回ったところで滑ったのか右足を痛める。両脇を抱えられてベンチへ。代走笹川へ。大野ピッチャー強襲も、ショートがバックアップして送球アウト。

7回表
笹川ファーストに。神内は6回まで103球。山下1-1からジャストミートでレフトスタンド中段へのホームラン5号。高須初球ライトフライ。三木1-1ライトフライ(この2人は打った場面のみ)。井戸1-1ファーストファウルフライも笹川捕れず…。2-1高めストレート空振り三振。

7回裏
ここから朝井秀樹が登板。高橋2-0低めストレートすくったがショートフライ。荒金1-3からクソボールを大振り。2-3から外にはずれ四球。先輩にびびったか?朝井。中村1-0から荒金盗塁も横山鉄砲肩!2m手前でアウト。2-1から外角を当てただけ。ファースト後方の飛球を三木ひっくり返りながらキャッチ。

8回表
近澤ストレートが再び高めに浮き始めるが、2-0からのストレートを空振り三振。横山1-2から外角ストレートを完璧に打たれてレフトスタンド前列に叩き込まれる。牧田2-1ファーストライナー。山ア0-1高めストレートレフトフライ。

8回裏
稲嶺1-2からうまく流し打ったがレフト鷹野背走しながらキャッチ。辻2-1セカンドゴロ。井手2-3からピッチャー返しのセンター前ヒット。吉本初球内角ストレートを振りぬくがちょっと差し込まれてセンターフライ。

9回表
ここから水田章雄が登板。鷹野2-0フォークボールを当てたが真下に落ち、捕手大野前進して捕り一塁送球アウト。鷹野ファウルをアピールしたが認められず呆然と立ち尽くす。山下0-1ライトフライ。高須初球をセカンドゴロで試合終了。

試合後はスタンド後方に花火が上がる。笑顔で花火を眺めるホークスナイン。


2003年 8月15日 ウエスタンリーグ 4回戦 広島−サーパス(広島)報告者:GAKUさん/わしゃぁ広島出身じゃぁさん

GAKUさん編

8月15日(金)ウェスタンリーグ後期 広島東洋カープ−サーパス神戸4回戦(広島市民)

サーパス 000 001 10 
広島東洋 104 020 00 

(三時間限定試合のため8回打ち切り)

開始11:00 終了14:00 試合時間3時間

[バッテリー]
サーパス・・・相木、窪田、塩屋、佐野−吉原、高橋
広  島・・・林、広池−鈴衛

▽勝 林11試合7勝1敗
▽負 相木12試合3勝2敗
▽二塁打 栗原(広)、甲斐(広)、石橋(広)
▽盗塁 天谷(広)、末永(広)2


◆スタメン

[サーパス]
中 早川
二 秋田
右 相川
三 シェルドン
一 佐竹
左 肥田
捕 吉原
遊 玉木
投 相木

[広島]
中 天谷
二 石橋
左 末永
三 栗原
右 ハースト
一 松本泰
遊 甲斐
捕 鈴衛
投 林


[得点経過]

[一回裏 広島]
天谷中前安打、石橋の初球二盗成功、石橋投犠(天谷三進)、末永四球、栗原左翼線二塁打(天谷得点、末永三進 サ0−1広)、ハースト右飛、松本泰遊ゴロ(末永、栗原残塁)

[三回裏 広島]
石橋中飛、末永四球、栗原の初球二盗成功、栗原三塁内野安打(末永三進)、ハースト三遊間安打(末永得点、栗原二進 サ0−2広)、松本泰左前安打、(栗原得点 サ0−3広)、左翼肥田の送球が悪送球となり、ハースト三進、松本泰も二塁へ、甲斐左中間二塁打(ハースト、松本泰得点 サ0−5広)、鈴衛三直、林遊ゴロ(甲斐残塁)

[五回裏 広島]
(サーパス投手相木→窪田、三塁シェルドン→菊地)松本泰三振、甲斐左前安打、鈴衛三ゴロ、菊池がファンブル(失策)、林捕前にバント、吉原が間に合わない三塁へ送球、これを三塁手菊地が後逸(甲斐、鈴衛得点 サ0−7広)、林は二塁へ進塁、天谷三振、石橋遊直(林残塁)

[六回表 サーパス]
窪田の代打、藤本四球、早川左前安打、秋田四球で満塁、相川三ゴロ、秋田とともに併殺(その間に藤本得点、早川三塁へ サ1−7広)、菊地の代打板倉一ゴロ(早川残塁)

[七回表 サーパス]
(広島投手林→広池)中島遊ゴロ、肥田の代打迎左前安打、吉原中前安打、玉木三振、塩屋の代打高橋投前内野安打で満塁、早川中前安打(迎得点 サ2−7広)、秋田左飛(吉原、高橋、早川残塁)





わしゃぁ広島出身じゃぁさん編

■カープ2軍観戦記

8月15日(金)広島東洋カープ vs サーパス神戸(広島市民球場)観戦記
何年振りであろう、カープの2軍の試合を見に行くのは? 由宇までなかなか足を伸ばせないからねぇ。 久々の快晴だったし、東京からの帰省ついでに子供と観戦に行った。 観客は見た目、数百人? 入場料-大人:400円、子供:100円、安い!

【1】 密かに期待していた『カープうどん』食べれるかと思いきや、さすがに売ってなかった、あぁ無念!

【2】2軍の試合でもカープ私設応援団が、チアガール付きでトランペットを吹いていた。 まぁトランペット応援の発祥の地とは言え、ただでさえ観客が少ないのだから、うるさいのなんの! 2軍の試合は静かにじっくり観戦したい人が多いのでは? それが証拠に、見てみいや、誰も一緒に応援しとらんかったじゃろうが! 自己満足の応援は人に迷惑を掛けるだけ。 カープ応援のマナーもそろそろ考えた方が良いと思う。

【3】試合の方はと言うと、先発の林 昌樹投手(静岡・興誠高、97年ドラフト3位)の重そうな球質、サイドハンドからのえげつないクロスファイヤー投法に、サーパスの打撃陣は外野にまともに飛ばせず非常に打ちにくそうだった。 コントロールがもう少し良くなれば、球速はあるので彼は将来性ありと見る。

【4】そう言えば、林投手の打順の時に、ウェイティングサークルにいなくて、ベンチからもなかなか出て来ようとしなかった。 たまらず、私の前に座っていたオッサンが「何しよるんならぁ、暑いんじゃけぇ、早う出て来いやぁ」と大声で一喝。 そうしたら、林投手があわてて走ってバッターボックスに入ったのには大爆笑! 2軍の試合ならではの微笑ましい光景だった。

【5】カープ打撃陣は、1軍経験もある栗原 健太内野手(日大山形高、99年ドラフト3位)はともかくとして、甲斐 雅人内野手(宮崎・高鍋高、00年ドラフト4位)の溌剌としたプレーが目立った。 彼は頭も良いと聞いてるし、大型選手なので期待してるよ!

【6】サーパスはサッパリ元気なし。 1軍の不成績が2軍まで伝染しているのかな?

【7】カープの誰が打ったか記憶にないが、3塁線を破る完全な二塁打コースと思いきや、打球が3塁線審に当たってしまい、結果シングルヒット。 誰やぁ、あの塁審は? あれは審判にとって最も情けなく、恥かしい事なので、さぞかし悩んでいるだろうなぁ。 少年野球の審判をしている小生として、少し同情してあげた。

【8】ファールボールをファンサービスでくれるのにはビックリ! 「カープもえらい気前良くなったのぅ」と言いながら、子供に取りに行くよう指示。 ファールボールが来そうな場所にあっちこっち移動していた子供が、試合終了間際についに一個ゲッツ。 自慢げに持ってきたのでよく見ると、薄汚れたボールで、これって1軍のお古? もしそうだとすると、やはり2軍って厳しい環境なんだなぁと実感。 皆早く1軍に上がれよ! 頑張れカープ!!


2003年 8月14日 イースタンリーグ18回戦 巨人−日本ハム(東京ドーム)報告者:@白にゃんこさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/みつともさん/健一@管理人

@白にゃんこさん編

皆様お疲れ様です(^o^)
本日は「G+」中継より、毎年恒例、東京ドームシリーズの模様です。

14日 東京ドーム 18時試合開始 川崎8勝9敗1分
                    RHE  
 
ファイターズ 000 000 200 51
 ジャイアンツ 004 000 00X 50

 <川 崎>○ラス(2勝1敗、7回)條辺剛(1回)柏田貴史(1回)−小田
 <鎌ヶ谷>●江尻慎太郎(7勝5敗、3回0/3)生駒雅紀(1回)桜井幸博(2回)山口弘祐(0/3)伊藤剛(1/3)加藤竜人(1/2)シールバック(1回)−鶴岡

 
<鎌ヶ谷ファイターズ>
       1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(二)小谷野 遊ゴ    右邪  遊ゴ  三振
(中一)阿久根 三振    中安  二ゴ  投ゴ
(右)藤 島 三直    中安  三ゴ  三振
(左)クローマー    三振  死球    左飛  二ゴ
(三) 林    遊ゴ  遊併    三振  右飛
(一)渡 邊   三振    三ゴ  中安  
走中 紺 田                 三振
(遊)飯 山     二ゴ  遊ゴ  四球
(捕)鶴 岡     三振  右3  右安
(投)江 尻     三振
 投 生 駒
 打 山田憲         中飛
 投 桜 井
 打 小 田             一ゴ
 投 山 口
 投 伊 藤
 投 加 藤
 投 シールバック


 鎌ヶ谷投手成績
        回  安 三 四 失
 江尻慎太郎 30/3 5 4 2 4
 生駒 雅紀 1   0 0 0 0
 桜井 幸博 2   0 1 1 0  
 山口 弘祐  0/3 0 0 0 0
 伊藤 剛    1/3 0 0 0 0
 加藤 竜人  2/3 0 2 0 0
 シールバック1   0 2 0 0


 <川崎ジャイアンツ>
       1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏
(遊)長 田 遊ゴ  右安  三振
打中 堀 田             三振
(左)山 田 三振  左2  左邪  三振
 投 條 辺
 投 柏 田
(中左)中 濱 三振  左2  中飛    三振
(一)吉 川   中飛死球    三ゴ  三振
(二)元 木   二ゴ中安    二ゴ  右飛
 二 十川孝
(右)三 浦   中飛三振    三振
 右 矢 野
(捕)小 田     左安四球    投失
(投)ラ ス     三振左飛
打遊 黒 田             敬遠
(三)山 下     投ゴ三ゴ    投ギ

 川崎投手成績
      回 安 三 四 失
 ラ  ス 7 5 6 2 2
 條辺 剛 1 0 2 0 0
 柏田貴史 1 0 1 0 0

 <三塁打>
  鶴 岡(5回)

 <二塁打>
  山 田(3回)
  中 濱(3回) 

 <盗 塁>
  長 田(3回)
  紺 田(7回)

 <盗塁死>
  小 田(4回)

 <失 策>
  山 口(7回)


 上記試合の展開・寸評です。
 <おおまかな試合展開>
 今年は7〜8月に3試合が組まれている、東京ドームでのイースタン主催試合の第2戦目。
 川崎先発はつい先日まで1軍で登板も、外国人選手枠の関係もあり再調整となったラス(7イニング程度を目安)、鎌ヶ谷は4月にノーヒットノーランを達成した江尻。
 両先発とも、2回まで無安打で3者凡退に抑える素晴らしい好投を見せ、投げあいの様相となる。
 迎えた3回裏、川崎先頭の小田が出塁し2死二塁で、ルーキー・長田がフルカウントから江尻の130kmチェンジアップを捉え、ライト前へ運んで小田を迎え入れるタイムリーで先制。さらに長田が二盗を決め、山田がレフト頭上を超えフェンスに直撃するタイムリー、中濱もレフト線へ運ぶ連続タイムリー、吉川が肩口に死球を受けた後、5番元木もゴロでセンター前へ抜けるタイムリーを放って合計4点を挙げた。
 4回表、鎌ヶ谷は2番阿久根が初安打を放って出塁し、続く藤島も流し打ちでセンター前へ運び、クローマーが腹部に死球を受け、1死満塁と反撃のチャンスとなったが、続く林がショート長田の正面への併殺打に倒れ得点ならず。
 4回裏、鎌ヶ谷は川崎先頭の小田に四球を出したところで、先発江尻に代え生駒、桜井と継投に出て後続を絶ち、以降両投手陣が中盤を抑えて、試合は終盤へ。
 7回表、鎌ヶ谷は2死から渡邊がセンター前ヒットで出塁。代走の紺田が盗塁を決め、飯山が四球を選び一、二塁とし、さらに2名が重盗を決め、ここで鶴岡が外角の119kmチェンジアップにタイミングを合わせ、ライト前にポトリと落ちるヒットを放って2点差に追い上げた。
 7回裏、川崎先頭の小田の当たりは平凡な投前ゴロも、これを処理した山口が悪送球でこの間に小田は二塁進塁、代打黒田も歩いて追加点のチャンスだったが、5番手伊藤、6番手の加藤と細かい継投が決まり(加藤は連続三振!)追加点はならず。
 8回表は川崎條辺が、8回裏は鎌ヶ谷シールバックがそれぞれ三振を奪う好投を見せ両軍無得点。
 9回表は、川崎でストッパーをつとめている柏田が3者凡退に抑え逃げ切った。
 試合後の恒例?ヒーローインタビューには、先制打を放ったルーキー長田が登場。あまり良い印象が無い(長田談)という東京ドームでのお立ち台となった。


 <注目選手 ジャイアンツ>
■ゲーリー・ラス(巨) 7回 被安打5 奪三振6 失点2
 1軍で活躍も、登録枠(レイサムの好調)などもあり調整へ。ファイターズの選手も、「何故ラスが2軍で放るのか」と言っていたとか…
 速球は130後半(136km)スクリュー、チェンジアップ
 非常に丁寧に放っているという感じで、立ち上がりからコーナーワークを生かしてスイスイと投げていきました。4回などピンチの場面もありましたが、バックの守備にも助けられて頑張り、7回表こそヒットや盗塁(重盗)を許すなど、カッカして小田が駆け寄る場面も見られましたが、2失点と言うことでまずまずではないでしょうか?
 先に書いた通り、選手枠の関係もあっての2軍落ちですし、序盤はローテーション投手として活躍しました(甲子園での力投!!)ので、来期以降のチャンスは有るとにらんでいます。

■元木大介(巨) 3打数1安打
 「5番・セカンド」故障などではなく、重要な場面で見逃し三振に倒れ「闘争心が見えない者」ということで2軍降格に…
 しかし、腐ることなく?4回裏の場面ではセンター前へゴロで抜けていくらしいヒットを放って貫禄を見せつけ、守備もまずまずで、2軍期間をうまく生かして1軍での活躍に繋げてほしいところ。

■長田昌浩(巨) 3打数1安打
 「1番・ショート」5月には1軍昇格機会を掴むも、結果が残せず、怪我も伴ったためやや出遅れ。後半戦では若手起用方針により出番が多い模様
 定評のある守備は相変わらずで、4回表、ラスの数少ないピンチの場面でも無難に打球を処理して併殺を完成。打撃では1安打のみでしたが、先制機を逃さず見事に弾き返すあたりはさすがです。今期は故障でならなかったフレッシュオールスターへの出場・さらには1軍での活躍に期待大!
 

 
<注目選手 ファイターズ>
■江尻慎太郎(日) 3回0/3 被安打5 奪三振3 失点4
 球速はラスより早く140台(最速147)スライダー、フォーク系
 立ち上がりはまずまずでしたが、3回に突如乱れて合計5安打を浴び大量4失点という散々な結果に…。やや球が浮き真ん中付近に集まったところを狙われてしまいました。完投できるスタミナはありますし、制球に課題を持ってリベンジに期待。

■鶴岡慎也(日) 3打数2安打
 「8番・キャッチャー」
 リードでは合計7投手をうまくリードし、打ってはライト三浦の頭上を襲う三塁打に、7回表には二、三塁とチャンスの場面でうまくタイミングを合わせてのヒットは見事でした。
 渡邊、実松らマスク候補はいるので本日のようにアピールし、レギュラーをつかみたい

■藤島誠剛(日) 4打数1安打
 「3番・ライト」
 4回表に、ラスの変化球にうまくタイミングを合わせ、流し打つ対応力はベテランのなせる技。最終打席は空振り三振でしたが豪快なフルスイングは好きです(^^;;
 大ベテランであり、昨春の大活躍も印象に残っていますし、ぜひもうひと暴れして札幌でも活躍してほしいです。

 既にご存知のように、ファイターズ1軍は札幌移転が決まり、先日新会社の設立も発表されるなど、いよいよプロ野球球団が来るんだという実感が出てきました。ですので自分も少しでも、こうした機会を利用し1人でも多く、ファイターズの有望選手や若手選手を見、知識を深めていこうと思っています。





ふんぼるとさん編


2003年8月14日 巨人−日本ハム 18回戦

Q東京ドーム(日本ハム9勝8敗1分)

 
日本ハム 000 000 200│
 巨  人 004 000 00X│

 勝 ラ ス 2勝1敗0S 登板5
 S 柏 田 4勝1敗4S 登板24
 負 江 尻 7勝5敗0S 登板14

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 小谷野 400 遊ゴ       右邪    遊ゴ    空振
  G3阿久根 410 空振       中安    二ゴ    投ゴ
  H 藤 島 410 三直       中安    三ゴ    空振
  F クローマー  300    空振    死球       左飛    二ゴ
  D  林  400    遊ゴ    遊併       空振    右飛
  B 渡 邉 310    空振       三ゴ    中安
  R8紺 田 100                         空振
  E 飯 山 200       二ゴ    遊ゴ    四球
  A 鶴 岡 322       空振    右3    右安
  @ 江 尻 100       空振
  1 生 駒 000
  H 山田憲 100             中飛
  1 櫻 井 000
  H 小 田 100                   一ゴ
  1 山 口 000
  1 伊 藤 000
  1 加 藤 000
  1 シールバック 000 
  犠盗失併残─────
  23104 3152

       回   打安振球責
  ●江 尻 30/3 165424
   生 駒 1   20000
   櫻 井 2   60200
   山 口  0/3 20010
   伊 藤  1/3 10000
   加 藤  2/3 20200
   シールバック 1   30200

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 長 田 311 遊ゴ    右安    空振
  H8堀 田 100                   空振
  F 山 田 411 空振    左2    左邪    空振
  1 條 辺 000
  1 柏 田 000
  G7中 濱 411 空振    左2    中飛       空振
  B 吉 川 300    中飛 死球       三ゴ    見振
  C 元 木 311    二ゴ 中安       二ゴ
  4 十川孝 100                      右飛
  H 三 浦 300    中飛 空振       空振
  9 矢 野 000
  A 小 田 210       左安 四球       投失
  @ ラ ス 200       空振 遊飛
  H6黒 田 000                   四球
  D 山 下 200       投ゴ 三ゴ       一犠
  犠盗失併残─────
  10014 2854

       回 打安振球責
  〇ラ ス 7 275622
   條 辺 1 30200
  S柏 田 1 30100


  三塁打  鶴 岡(日)  (5回 ラス)
  二塁打  山 田(巨)  (3回 江尻 タイムリー)
       中 濱(巨)  (3回 江尻 タイムリー)
  犠 打  山 下(巨)  (7回 無死1、2塁 2走の小田が三進、1走の黒田が二進)
  盗 塁  長 田(巨)  (3回 捕手は鶴岡 打者は山田 二盗成功)
       紺 田(日)  (7回 捕手は小田 打者は飯山 二盗成功)
       紺 田(日)  (7回 捕手は小田 打者は鶴岡 三盗成功)┬ダブルスチール
       飯 山(日)  (7回 捕手は小田 打者は鶴岡 二盗成功)┘
  失 策  山 口(巨)  (7回 小田の投ゴロを一塁悪送球 打者走者の小田は二進)
  盗塁死  小 田(巨)  (4回 捕手は鶴岡 打者は山下 二盗失敗)
  併 殺  巨 人    (4回 林 1死満塁 長田−元木−吉川)

  PL:有隅 1B:萩原 2B:森 3B:牧田 公式記録:荒木
  時間 2時間36分(18:00〜20:37)

得点経過
 4回裏(巨) 2死2塁から長田が右前打                巨  人1点目
       2死2塁から山田が左越えツーベース           巨  人2点目
       2死2塁から中濱がレフト線へツーベース         巨  人3点目
       2死1、2塁から元木が二遊間を破る中前打        巨  人4点目
 7回表(日) 2死2、3塁から鶴岡が右前打              日本ハム2点目

戦評
 外は雨模様だが今日はドームなので無事に開催♪
 試合の方は5安打の巨人がその5安打すべてを3回に集中させ4点を先制。投げてはラスが
 7回を2失点に抑える好投を見せると、條辺−柏田と繋いで快勝。
 日本ハムは2回までパーフェクトに抑えながら突然乱れた江尻と4回の1死満塁の好機に得
 点できなかったのが痛かった。

選評
 
加 藤(日) 堀田、山田をわずか6球で連続空振り三振に斬って取る気迫のピッチング。全
       部ストレート?(←記憶が曖昧^^;)
 
江 尻(日) 1死も取れずに5失点で降板した先週の西武戦から中6日での登板。前回より
       は明らかに球は来ており2回まではパーフェクトに抑える好投を見せるが、3
       回に崩壊。高目を付け狙われた印象。
 
 長 田(巨) 先制打に盗塁、そして何よりショートの守備が機敏。ややサード寄りのゴロを
       楽々1塁でアウトにしてしまうフィールディングは特筆物。最近は大原(ヤ)な
       ど大型ショートが流行っているが、伝統(?)のこういうショートもイイっす。
 ラ ス(巨) 7回に足で掻き回され2失点を喫するが、3回まではパーフェクトの投球を見
       せる好投。また、3回までに空振り三振5つを奪う内容は圧巻。タテの変化球
       (スライダー?)のキレが良く日本ハム打線に空を切らせていた。





みつともさん編

イースタンリーグ観戦記録  平成15年8月14日(木)

  イースタンリーグ公式戦 読売ジャイアンツ−日本ハムファイターズ 18回戦
  日本ハム9勝8敗1分 (東京ドーム) 18:00 雨(ドーム)
  風:無風(ドーム) 試合時間2時間36分 試合終了時刻20:36 公式記録員:荒 木
  球 審:有 隅 1 塁:萩 原 2 塁: 森  3 塁:牧 田(セントラル・リーグ)

                     R H E
  
日本ハム 000 000 200 ・・ 5 1
  読売巨人 004 000 00x ・・ 5 0
 
  ○ 勝利投手 ラ ス 2勝1敗
  ● 敗戦投手 江 尻 7勝5敗
  S  セーブ 柏 田 4勝1敗4S
  3B 3塁打 鶴 岡 5回2死 (日本ハム)
  2B 2塁打 山 田 3回2死 (読売巨人)
         中 濱 3回2死 (読売巨人)
  SB 盗 塁 長 田 3回2死 (打者・山田)(捕手:鶴岡)(読売巨人)
         紺 田 7回2死 (打者・飯山)(捕手:小田)(日本ハム)
         紺 田 7回2死 (打者・鶴岡)(捕手:小田)(日本ハム)=飯山とダブルスチール
         飯 山 7回2死 (打者・鶴岡)(捕手:小田)(日本ハム)=紺田とダブルスチール
   E 失 策 山 口 7回無死 (小田投ゴロを1塁悪送球) (日本ハム)
    盗塁失敗 小 田 4回1死 (打者・山下)(捕手:鶴岡)(読売巨人)
     併殺打  林  4回1死 (長田−元木−吉川) (日本ハム)

(日本ハム)4回、5回のチャンスに無得点が痛く惜敗。鶴岡2安打2打点3塁打!紺田2盗塁。
        打 安 点 振 四  @  A  B  C   D  E  F  G  H
(4) 小谷野 4 0 0 1 0 遊ゴ       右邪     遊ゴ    三振
(8) 3 阿久根 4 1 0 1 0 三振       中安     二ゴ    投ゴ
(9) 藤 島 4 1 0 1 0 三直       中安     三ゴ    三振
(7) DTクローマー 3 0 0 1 1    三振    死球        左直    二ゴ
(5)  林  4 0 0 1 0    遊ゴ    遊併        三振    右飛
(3) 渡 邉 3 1 0 1 0    三振       三 ゴ    中安
R 8 紺 田 1 0 0 1 0                          三振
(6) 飯 山 2 0 0 0 1       二ゴ    遊 ゴ    四球
(2) 鶴 岡 3 2 2 1 0       三振    右越3    右安:
(1) 江 尻 1 0 0 1 0       三振
 1  生 駒 0 0 0 0 0
 H  山田憲 1 0 0 0 0             中 飛
 1  櫻 井 0 0 0 0 0
 H  小 田 1 0 0 0 0                    一ゴ
 1  山 口 0 0 0 0 0
 1  伊 藤 0 0 0 0 0
 1  加 藤 0 0 0 0 0
 1  シールバック 0 0 0 0 0
     :             :  :  :  :   :  :  :  :  :
    残塁4 31 5 2 9 1  0  0  0  2   1  0  1  0  0
                  ・は打点

(読売巨人)3回相手のスキを衝いて4点。長田先制打、山田、中濱タイムリーツーベース、元木タイムリー
        打 安 点 振 四  @  A   B  C  D  E  F  G
(6) 長 田 3 1 1 1 0 遊ゴ    右 安・   三振
H 8 堀 田 1 0 0 1 0                    三振
(7) 山 田 4 1 1 2 0 三振    左越2・   左邪    三振
 1  篠 辺 0 0 0 0 0
 1  柏 田 0 0 0 0 0
(8) 7 中 濱 4 1 1 2 0 三振    左 2・   中飛       三振
(3) 吉 川 3 0 0 1 1    中飛 死 球       三ゴ    見振
(4) 元 木 3 1 1 0 0    二ゴ 中 安・      二ゴ
 4  十川孝 1 0 0 0 0                       右飛
(9) 三 浦 3 0 0 2 0    中飛 三 振       三振
 9  矢 野 0 0 0 0 0
(2) 小 田 2 1 0 0 1       左 安 四球       投失 
(1) ラ ス 2 0 0 1 0       三 振 遊飛
H 6 黒 田 0 0 0 0 1                    四球
(5) 山 下 2 0 0 0 0       投 ゴ 三ゴ       一犠
     :             :  :   :  :  :  :  :  :
    残塁4 28 5 4 10 3  0  0   2  0  0  0  2  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績) 投球回    打者  被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 江尻3回捕まり5安打4失点で5敗目。櫻井2回を打者6人完封。
       加藤打者2人3球三振。
 ● 江 尻 3 0/3  16   5   0   2   4   4
   生 駒 1       2   0   0   0   0   0
   櫻 井 2       6   0   0   0   2   0
   山 口   0/3   2   0   0   1   0   0
   伊 藤   1/3   1   0   0   0   0   0
   加 藤   2/3   2   0   0   0   2   0
   シールバック 1       3   0   0   0   2   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(読売巨人) 1軍投手のラス実力発揮の7回2失点で今季2勝目。
       篠辺、柏田1回を打者3人封。
 ○ ラ ス  7     27   5   0   1   6   2
   篠 辺  1      3   0   0   0   2   0
 S 柏 田  1      3   0   0   0   1   0

○読売巨人4−2日本ハム●

毎年恒例の行事となった読売巨人主催の両球団の本拠地、東京ドームでの1戦。こんな天気の為にあるのかという降りしきる雨にも全く動じず、予定どおり試合が開催された。前日は千葉ロッテに逆転勝利の日本ハム、対するは同じく前日その日本ハムを追う2位湘南にサヨナラ敗戦を喫した読売巨人。ほぼ5分の星でここまできて今日が18回戦、前日千葉ロッテ−日本ハム戦で捌いた2氏審判の一人、有隅球審のプレイで試合開始。

1回読売巨人の先発は1軍登録外国人枠が4人一杯の為、再調整という名目でファーム登板となったラス、イースタンでの先発は4月23日の対日本ハム戦(ジャイアンツ)以来。1回日本ハムは1番小谷野、1−1からショートやや左へのゴロ。2番阿久根、2−2から低目の変化球に空振り三振。3番藤島、0−2から変化球を引っ張ったが、サードベース後ろへのライナー。山下が横っ飛びで捕球して3者凡退。1回裏日本ハム野先発は江尻、7日の対西武戦(鎌ヶ谷)で1アウトも捕れずに降板し敗戦投手になって以来のマウンド。1回裏読売巨人は1番長田、2−2から詰まってショートゴロ。2番山田、2−0からの4球目、スライダーに空振りの三振。3番中濱2−1から変化球に空振り三振でこちらも3者凡退。

2回日本ハムは4番DTクローマーから、2−1から低目の変化球に力なく空振りの三振。5番林、0−1からバウンドでのショート前へのゴロ、これにサード山下が走ってくるが捕球せずショートながたが捕って1塁へ送球。5番渡邉、2−3フルカウントから低目への変化球が鋭く落ちて空振り三振で2イニング続けて3者凡退。2回裏読売巨人も4番からの攻撃。4番吉川、初球打ちはやや右中間寄りのセンターフライ。5番は1軍での不調からファーム再調整となっている元木、2−2から当てただけのバッティングはセカンドゴロ。小谷野が回り込むようにして捕って1塁へ。6番三浦、2−0から打ち上げてセンター前への浅いフライ、これにセンター阿久根が思い切り前進してきて、ギリギリで捕球して3者凡退。

3回日本ハムは7番飯山から、初球打ちはセカンド正面へのゴロ。8番鶴岡、2−1から変化球に空振り三振。9番江尻、2−1から外角低目への変化球に空振り三振で3者凡退が続く。3回裏読売巨人は相手のミスにはならないミスから一気に攻め立てる。3回裏読売巨人は7番小田から、2−1から変化球に打ち上げてしまいレフトへの飛球。しかしこれをレフトのDTクローマーが深く守っていたからか、前進してくるもあと1歩の所で追いつかずヒットに。これで江尻の調子が狂ってしまった訳ではなかろうが、続く8番のピッチャー・ラスにバントをチラつかせられながらも最後は2−1から低目の変化球に空振り三振。セ・リーグの投手相手とはいえ粘られすぎた感。9番山下、1−2から1塁ランナーの小田がスタートも打球は、ワンバウンドでマウンド上に高く上がったピッチャーゴロ、江尻が待って捕球し1塁へ送球。2死2塁として1番長田、2−2から引っ張ってライト前にクリーンヒット、2塁から小田が本塁に滑り込んで生還、読売巨人が1点を先制した。2番山田、そのカウント1−0から1塁ランナー長田がスタート、前日2盗塁を刺した鶴岡だが、2塁手前で送球がワンバウンドしてしまいセーフ、盗塁成功で2死2塁と追加点のチャンス。山田は2−3からレフトへの大きい飛球、そのままスタンドかと思ったがこれがフェンス直撃のタイムリーツーベースで読売巨人が2−0とリードを広げる。さらに2死2塁で3番中濱、レフト狙いの指示でも出ているのか、奇麗に引っ張った打球がレフト線内側に入って、連続タイムリーツーベースで読売巨人3−0に。2死2塁が続いて4番吉川、1−0から内角へのストレートが外れて手の甲への死球となってしまう。2死1、2塁で5番元木、0−3とボール球先行で続く4球目をピッチャー返し!江尻の足元を鋭く抜けてセンター前ヒット、中濱が還って4−0とした。さらにチャンスが続き1、2塁で6番三浦、2−0からの3球目、鋭い変化球に空振り三振でようやく長い攻撃が終了。

4回日本ハムはすぐさま反撃に出る。この回は1番からの好打順。1番小谷野、2−3からトレートを打つがライトフライ、ファールゾーンに切れていくがライト三浦が捕球しフールフライ。2番阿久根、0−1からストレートにやや差し込まれたがセンター前に落ちるヒットで、日本ハムの初ヒット。3番藤島、2−1から合わせたバッティングはセカンド頭上を鋭くライナーで越える、センターやや右へのヒット。1塁から阿久根が3塁に進んで1、3塁に。4番DTクローマー、内角の変化球がヒジにあたって死球で出塁。1死満塁と絶好チャンスに続くは5番林、しかし2−2からショートへのゴロ、長田−元木−吉川と渡って併殺打でチャンスが生かせない。4回裏読売巨人は7番小田から。2−3から低目の変化球を見送って四球で出塁。ここで日本ハムは先発の江尻から2番手は生駒に交代。8番ラス、初球を打ち上げると、ショートの飯山が後退するフライ。これにレフトのDTクローマーが前進してくるが飯山が捕ってショートフライ。先程の小田のヒットの時にこれくらい前進してくれば・・・というダッシュ。8番山下、その初球と同時に小田がスタート、しかしこれは鶴岡が前日の対千葉ロッテ戦同様のストライク送球でタッチアウト。山下は0−2からバウンドでのサードゴロで3人で攻撃終了。

5回日本ハムは6番渡邉、1−1からサードベース横へのゴロ。7番飯山、2−2から強い当りのピッチャー返しがラスの足に当ったのか、打球方向が大きく変わって、ショート前へ高いバウンドと同じ様な状態に。長田が捕って1塁へ送球してアウト。8番鶴岡、初球を強振するとライトへの大きい飛球!ライトの三浦がフェンスに付いてジャンプして捕球を試みるが、打球はその僅か上、フェンスに直撃。ハネ返りの打球が転々とする間に鶴岡は2塁を蹴って3塁へ到達。自身初の3塁打で2死ながら3塁に。9番生駒に代わって代打は山田憲、2−1からストレートを打っていい当りだったがセンターフライで鶴岡残塁。5回裏日本ハムは代打の山田憲に代わって3番手には櫻井がマウントへ。5回裏読売巨人は1番長田から、2−2から外角やや高目のストレートに空振り三振。2番山田、1−2から打ち上げてレフトフライ、DTクローマーが1、2歩線の外で捕球してファールフライ。3番中濱、0−1から打ち上げてセンターほぼ定位置へのフライで3者凡退。

6回日本ハムは1番小谷野から。初球攻撃もショート正面へのゴロ。2番阿久根、2−2から外角への変化球を片手で当てに行くがピッチャーゴロ。3番藤島、2−3から低目へのフォークか?落ちる変化球に空振り三振で3者凡退。6回裏読売巨人は4番吉川から、0−2からストレートを叩くが、バットが真っ二つに折れてサードゴロ、飛んできたバットを林が避けてから1塁送球。5番元木、2−0から3球続けてボールで2−3フルカウントから低目のストレートだが右飛ってセカンドゴロ。6番三浦、2−0からスライダーか変化球に空振り三振で3者凡退。

7回読売巨人は守備の交代、セカンド元木に代わってヒジのケガから漸く実戦復帰の十川孝がセカンド。ライト三浦に代わって矢野がライト。7回日本ハムは4番DTクローマーから、初球打ちはレフトへの鋭い打球。これに山田がジャンプして好捕!5番林、2−2から低目への変化球に空振り三振。6番渡邉、2−1から詰まった感じの打球だがピッチャラスの頭上をバウンドで越えると、そのままセカンドベース付近を転がってセンター前ヒット。1塁に到達した所で代走に駿足の紺田が起用される。7番飯山、そのカウント0−2から完全にモーションを盗んだ紺田がスタート、ラスが投球の為に足を上げて時点で一二塁間の中間点を過ぎていて余裕のセーフで盗塁成功。飯山は1塁が空いた事で塁を埋める為か0−3から低目の際どいコースがボール判定で四球で出塁。すると、ここで紺田の驚異的な駿足が出る。続くは先程スリーベースの鶴岡、カウント2−1から2人のランナーが同時にスタート。右打席に鶴岡が立っているとはいえ、成功すれば、普通はより得点に近くなってしまう3塁ランナーを刺しにキャッチャーが送球するが、紺田の足と勝負しても勝ち目がないと諦めていたのか、2塁に向かっている飯山に送球。しかし飯山もセーフでダブルスチール成功、2死2、3塁と一打で2展の可能性を作った。そして鶴岡は2−2から外角球を打ち返すと、ライトへの浅い飛球。ライトの矢野が前進してくるが手前で落ちてヒット、2死の為2者は既にホームインしており鶴岡の2点タイムリーで4−2と日本ハムが2点を返す。9番好投の櫻井に代わって代打は小田、左対左の不利にも見えたが、小田は強振!鋭い打球だがファーストの正面に飛んでしまい吉川が捕って追加点ならず。7回裏日本ハムは代打の紺田がそのまま入りセンター、センターの阿久根がファーストに回る。同じく代打の小田に代わって山口がマウンドへ。7回裏読売巨人は7番小田から、1−0から低目を詰まらせて平凡なピッチャーゴロ。何も焦る必要のない場面だが、捕った山口が1塁へ投げたボールは、指に引っかかったのか悪送球となってしまいファールゾーンを転々とする。小田が2塁で無死2塁。8番ここまで2失点と好投のラスに代わって代打は黒田。0−3からの外角高目へのストレートが外れて四球で出塁。無死1、2塁として日本ハムは山口を直に交代させる。3番手には伊藤がマウンドへ。無死1、2塁のピンチに9番山下、1−0からピッチャー前への送りバント、伊藤とファーストの阿久根が重なるが阿久根が捕って1塁へ送球して送りバント成功。1死1、2塁で1番に戻って日本ハムは伊藤から加藤に交代。前日も2回を封じた加藤だが、1番長田に代わって代打には堀田が起用される。しかし2−0からの3球目、ストレートで押して空振り三振。2番山田、2−0からの3球目高目へのストレートに手を出して空振り三振、2者連続三振でピンチを脱した。

8回読売巨人は代打の黒田がそのままショートへ。同じく代打の堀田がそのままセンターへ、センターの中濱がレフトへ、レフトの山田に代わって2番手に篠辺がマウンドへ。8回日本ハムは1番から。小谷野は2−2からのストレートに空振りの三振。2番阿久根、2−2からピッチャーゴロ。3番藤島、2−3からフォークに空振り三振でこの試合5度目の3者凡退。8回裏日本ハムはシールバックをマウンドに送る。2試合の大崩壊から、12日の千葉ロッテ戦では抑えに成功。果たして今日のマウンドは・・・。8回裏読売巨人は3番中濱から、2−0からの3球目、高目のストレートを空振りで3者連続3球三振。4番吉川、2−2から外角へのストレートにバットが止まるが、球審・有隅が見逃しのストライクのゼスチャーで三振。5番十川孝、0−1から打ち上げてライトフライ、藤島が地面スレスレで補給して3者凡退。

9回読売巨人は抑えに柏田を投入、日本ハム戦での柏田といえば今年7月5日の同カード(ジャイアンツ球場)で1回持たずに6失点で降板があるが、翌日のリリーフでは抑える等、リリーフでは日本ハムを抑えているが・・・。9回日本ハムは4番DTクローマーから。不調とはいえ一発を期待だったが、1−1からストレートに詰まってセカンドゴロ。5番林、初球を捕えて右中間への大きい飛球!抜けた!と思った瞬間にライトの矢野が落下点でライトフライ、流し打ちが読まれていたのか難なく捕球される。6番紺田、2−1から中途半端なスイングで空振り三振、試合終了。

読売巨人が3回の猛攻で日本ハム先発の江尻を捕えて逃げ切り勝ち、読売巨人先発のラスは1軍入りしているだけの投球を披露、長田、山田ら若手のタイムリーで勝利。日本ハムは鶴岡の2点タイムリーも及ばず。投げては江尻がDTクローマーの見えないミスから打ち込まれ4失点。しかし2番手以降の櫻井、加藤、シールバックらが無駄な失点を与えず、敗戦も締まったゲームだった。





健一@管理人編


■イースタンリーグ 8月14日(木)18回戦 川崎ジャイアンツvs鎌ヶ谷ファイターズ(東京ドーム)

                      R H
川崎ジャイアンツ |000 000 200| 5
鎌ヶ谷ファイターズ|004 000 00X| 5

川:○ラス(7回)−條辺剛(1回)−柏田貴史(1回)
鎌:●江尻慎太郎(3回0/3)−生駒雅紀(1回)−櫻井幸博(2回)−山口弘佑(0/3)−伊藤剛(1/3)−加藤竜人(2/3)−シールバック(1回)

▲3回裏:この試合
江尻慎太郎から初安打(フラフラと左翼手クローマーの前にポトリ)の小田幸平を二塁に置き、一番長田昌浩が外角の甘いフォークを引っかけるようにライト右へライナー性の先制適時二塁打。次打者山田真介もスライダーを捕らえ左翼手を越える二塁打でもう一点追加。更に中濱裕之にも同球種を引っ張り三塁頭上をライナーで抜く3連続適時二塁打。吉川元浩には与死球後、元木大介は高めのストレートを叩き江尻慎太郎の足元を抜く中安!結局死球を挟んで4連打でジャイアンツ計4得点<ジャイアンツは試合計の5安打をこの回に集中(^^;)


■江尻慎太郎(日)
長身で均整の取れた先発型右腕、ただ力感は伴わないタイプ。フォームは粘りがあり、しなやかな所が特徴か。腕の軌道は綺麗な上手投げというよりかは、気持ち下げ気味。投球内容は、ストレート@「140km/h前後」を見せ球に、スライダー@「130km/h弱」、フォーク@「120km/h台」を多投する。共に変化球は切れると云った感じではなく、ブレーキの効いた変化球(踏み出した足が突っ張るところがあるのですが、それが変化球に影響するのでしょう)。打者を緩急でタイミングを外し打ち取る場面多々あり。<今後「ストレート」で打者を押さえられるパターンが確立されれば、その時こそ満を持して再度1軍か!

序盤好調な立ち上がりでしたが、結果4回途中でマウンドを降りましたが、3回裏の集中打が頂けませんでした・・・。元々球威で圧倒するタイプではないので、この回甘いボールを立て続けに痛打されてしまったコントロールミスが悔やまれます。


■雑感
試合の方は初回から中盤まで観戦していまして、あとはチャンネルを忙しなく変えながら1軍戦@「中日−巨人」も観ていました。現在の林昌範(巨)の好投を見るに、2軍戦と雲泥の投球というわけでないだけではないと思っているので、これからも結果だけでない「本質(伸びしろ)」を見て感じたい。<これが肝だがなかなか難しいですよねぇ(^^;)

■ラス(巨)
さて江尻慎太郎(日)は別掲載として、ラス(巨)は外角に落ちるスクリュー系のボールが大層有効でした(故に真っ直ぐもズバッと!)。しかし軟投派の割には!?激情家なのが難点・・・。この後1軍での登板もあるでしょうが、来季の戦力として認められるか、、、興味のあるところです。<本日はナイスピッチング

来期以降を見据えると個人的には負けが先行する程度(良くて2勝3敗ペース?)のような気もするのでリリースだろうと感じています、、、負けるときが派手なので、見栄え(防御率)は悪いでしょうが、ある意味計算出来なくもないとは言えないかな?とはちと思ってはいます。

■長田昌浩(巨)
先制打の長田昌浩(巨)は、故障等もあり春先の勢いを失ってはいますが、長い目で観るといやいや良い選手です。打席でのなんともいえない雰囲気がいいです。勿論柔らかな打撃こそなんですが、その「二枚腰」は天性でしょう。まだまだ伸びしろの詰まりを見せていません。

■條辺剛(巨)
あと條辺剛(巨)が全体的に重そうに見えたのが、やや心配です(ストレートも伸びず)。#このままずれていかないかと・・・。打者転向も強ちなくもなかったりして!?


2003年 8月13日 イースタンリーグ17回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:みつともさん

イースタンリーグ観戦記録  平成15年8月13日(水)

  イースタンリーグ公式戦 千葉ロッテマリーンズ−日本ハムファイターズ 17回戦
  日本ハム12勝5敗0分 (ロッテ浦和球場) 13:00 曇り/晴れ
  風:↑無風・→中風 試合時間3時間00分 試合終了時刻16:00 公式記録員:西 原
  球 審: 森  1 塁:有 隅 2 塁:−−− 3 塁:−−−(セントラル・リーグ)

                      R  H E
  
日本ハム  000 003 140 ・・ 13 1
  
千葉ロッテ 011 000 000 ・・  4 1

  ○ 勝利投手 佐々木 3勝3敗
  ● 敗戦投手 長 崎 4勝4敗
  HR 本塁打 大 塚  2号 佐々木@ 2回1死 (千葉ロッテ)
  3B 3塁打 飯 山 5回無死 (日本ハム)
         野 中 7回無死 (日本ハム)
         阿久根 8回無死 (日本ハム)
  2B 2塁打 DTクローマー 6回無死 (日本ハム)
          林  6回無死 (日本ハム)
         DTクローマー 8回2死 (日本ハム)
   E 失 策 丸 山 6回無死 (飯山遊ゴロをファンブル)(千葉ロッテ)
         渡 邉 6回1死 (メイ一ゴロを1類悪送球)(日本ハム)
     ボーク 浅 間 1回2死 (打者・DTクローマー) (千葉ロッテ)
     暴 投 佐々木 2回2死 (打者・塀内) (日本ハム)
         井 場 7回1死 (打者・ユウゴー) (日本ハム)
     後 逸 駒 居 3回2死 (打者・佐藤) (日本ハム)
    盗塁失敗 代 田 6回2死 (打者・大塚) (千葉ロッテ)
         大 塚 7回無死 (打者・橋本将)(千葉ロッテ)

(日本ハム)藤島反撃開始の適時打3安打2打点。林2安打3打点、DTクローマー2塁打2本。阿久根タイムリースリーベース
        打 安 点 振 四  @  A  B  C   D   E   F   G  H
(7) 小谷野 3 1 1 0 2 四球    遊ゴ    四 球 三 ゴ     中 安・
(4) 6 野 中 5 1 0 2 0 三振    一飛    遊 ゴ     右中3 見 振
(3) 渡 邉 4 0 0 2 1 三振       三振     四 球 二 ゴ 遊 飛
 3  山 田 0 0 0 0 0 
(DH) DTクローマー 5 2 1 1 0 一ゴ       三振     右中2 遊 飛 左 2・
R DH 池 田 0 0 0 0 0 
(9) 藤 島 4 B 2 0 1    中飛    右安     遊 安・四 球 左 安・
(5)  林  5 2 3 1 0    三振    三ゴ     右中2:左 安・遊 ゴ
(8) 飯 山 5 2 0 1 0    右安       中越3 遊 失 遊 ゴ     三振
(2) 駒 居 1 0 0 1 0    見振
 2  鶴 岡 4 1 0 0 0             投 ゴ 三 ゴ     左 安 三ゴ
(6) 尾 崎 3 0 0 2 0       左飛    三 振 見 振     
H 4 阿久根 2 1 1 0 0                         中越3・二ゴ
     :             :  :  :  :   :   :   :   :  :
    残塁10 41 13 8 10 4  1  1  0  1   2   2   2   1  0
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(千葉ロッテ) 大塚第2号先制ホームラン、3回相手ミスで卆なく得点も打線繋がりなく最下位転落。
         打 安 点 振 四  @  A  B  C  D  E  F  G  H
(8) 伊与田  4 1 0 1 0 二ゴ    左安    左飛       見振
(4) 西 岡  3 0 0 1 0 二飛    捕犠       見振    遊飛
(DH) メ イ  3 0 0 0 0 中直    一ゴ       一失
H DH 垣 内  1 0 0 0 0                         中飛
(9) 佐 藤  3 0 0 0 0    遊直 二ゴ       投ゴ
R 9 代 田  1 0 0 0 0                         二飛
(7) 大 塚  3 2 1 1 0    右本・   三振       右安
 H   辻   1 0 0 0 0                         右飛
(2) 橋本将  2 0 0 2 1    三振    三振       四球
 2  福 澤  0 0 0 0 0
(3) ユウゴー 3 1 0 1 0    左安    中飛       三振
(5) 塀 内  2 0 0 1 1    四球       三振    二ゴ
(6) 丸 山  3 0 0 0 0    遊ゴ       中飛       遊直
     :              :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁3  29 4 1 7 2  0  2  0  0  0  0  1  0  0
                   ・は打点 見振は見逃しの三振

(投手成績) 投球回    打者  被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 佐々木2回被弾も持ち直して5回1/3で1責点の好投で3勝目。
       加藤2回を打者6人完封。
 ○ 佐々木 5 1/3  21   3   1   1   5   1
   伊 藤   2/3   1   0   0   0   0   0
   井 場 1       4   1   0   1   1   0
   加 藤 2       6   0   0   0   1   0

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(千葉ロッテ)浅間5回まで無失点好投もピンチで降板。長崎救援失敗で4敗目、
       酒井3連打で3責点、田中良1回無失点好投。
   浅 間 5 0/3  22   4   0   3   7   2
 ● 長 崎 1 1/3   8   3   0   0   1   2
   鈴 木   1/3   1   0   0   0   0   0
   黒木詢   1/3   3   1   0   1   0   0
   酒 井   1/3   4   3   0   0   1   3
   田中充   2/3   4   2   0   0   0   1
   田中良 1       3   0   0   0   1   0

●千葉ロッテ2−8日本ハム○

前夜半の降雨も明け方で止み、曇り空の下真夏にしては涼しいロッテ浦和球場。元々の日程にはなかったが、長い梅雨の影響で中止になった同カードが組まれての今日が17回戦。首位の日本ハムは前日、尾崎の活躍で千葉ロッテに快勝、逆に千葉ロッテは試合の無かった西武に0.5ゲーム差に詰め寄られこの試合を落とせば単独最下位に沈んでしまう。両チーム共に落とせない1戦だが、試合前の場内アナウンスは耳を疑うものだった。アンパイアの発表が1塁で終わってしまい「審判2人制」というプロ野球では珍しい試合に。その試合のプレイは森健次郎球審がかけて試合開始。

1回千葉ロッテの先発は浅間、6日の対ヤクルト戦(ヤクルト戸田)以来中1週間での登板。1回日本ハムは1番小谷野、2−3から内角への変化球にバットが出掛かるが、1塁塁審・有隅がセーフの判定でボール、四球で出塁。2番野中、2−2からやや高目のストレートに空振り三振。3番渡邉、2−2から低目の変化球にバットが止まるが球審・森が手を上げてスイングをコールし三振。4番DTクローマー、その初球と同時だった。2人しかいない審判の両方が同時にボークを宣告、完全にセットポジションが静止していなかった様で小谷野が2塁へ。1死2塁でDTクローマーだが0−2から変化球を無理矢理引っ張るがファーストゴロ、ユウゴーが捕って自分でベースを踏んで小谷野残塁。1回裏日本ハムの先発は7日の対西武戦(鎌ヶ谷)で6番手としてリリーフ登板、先発は7月6日の対読売巨人戦(ジャイアンツ球場)以来。1回裏千葉ロッテは1番伊与田、2−1からややセカンドベース寄りのゴロ。2番西岡、1−2から打ち上げてセカンドフライ、セカンドベース後方への飛球だが、打ちあがった瞬間からセカンド野中が手を上げておりショート尾崎を制して捕球。3番こちらも悩める主砲メイ、0−1からセンターへの強いライナー、これに飯山が素早く後退してフェンス前で捕球しセンターライナーで3者凡退。

2回日本ハムは5番藤島から、1−0から高く上がった飛球だがセンターほぼ定位置へのフライ。6番先日のヤクルト戦ではツーランの林、2−1からかに低目の変化球に空振り三振。7番はセンターで先発出場の飯山、2−2からカーブを上手く合わせてライト前ヒット。8番駒居、2−1からやや内寄りへのカーブが決まって見逃しの三振で飯山残塁。2回裏千葉ロッテは4番にベテラン佐藤が打席に入る。1−3とボール先行から低目のストレートをジャストミートする!左中間を真っ二つなら確実にツーベースースだったが、これに昨日のヒーロー・ショート尾崎が「ドンピシャ」のタイミングでシャンプするとグラブの先で好捕の超ファインプレー!!ショートライナーを絶好の体勢で捕球した。5番大塚、1−2から逆らわずライトへの飛球だがねこれがライトポールを巻くようにしてフェンスオーバー。第2号先制ソロホームランで千葉ロッテが1点を先行する。続くは2週前の鎌ヶ谷で特大満塁弾の橋本将、しかし2−3から低め変化球を空振り。駒居がタッチして三振。7番ユウゴー、2−3からショート左を鋭く抜けてレフト前ヒット、尾崎が横っ飛びも僅か届かず。8番塀内、そのカウント2−2から佐々木が暴投でユウゴーが2塁に進む。2死2塁として塀内は2−3から外角低目のストレートが外れて四球で出塁。2死1、2塁と追加点のチャンスに9番丸山、初球打ちはセカンドベース左へのゴロ、これに尾崎が足でよく追いついてキャッチ、セカンドベースカバーの野中にバックトスする。ほんの少しトスが逸れるが野中がファーストの如く足を伸ばしてこれを捕球、滑り込んできた塀内と重なるが、有隅が足を確実に見ておりアウトのジャッジ!2人制でも問題なくプレーが進行する。

3回日本ハムは9番、前日3安打にプロ1号ホームランの尾崎、守備ではいい所を既に見せているだけに、今日もバットに期待がかかる。すると1−2から放った一打はレフトへ大きな放物線を描いて飛ぶ。しかしあと少し伸びが足りずレフトフライ。1番小谷野、1−1から強い打球もショート正面へのゴロ。2番野中、2−2から打ち上げてファーストフライ、ベース斜め後方でユウゴーが捕球し3者凡退。3回裏千葉ロッテは1番伊与田からの好打順。初球攻撃はショート左への強い打球、尾崎が再び横っ飛びでの捕球を試みるが届かずレフト前ヒット。2番西岡、1球失敗して1−0からの2球目を送りバント、これが成功して1死2塁とする。3番メイ、変化球を擦った打球だが、ファーストゴロ。しかし物凄い回転が掛かっていたのか、ファーストの渡邉の前でイレギュラー、ボールが渡邉の内モモに当る。しかしメイがファーストゴロという事で殆ど走っておらず、渡邉が自分でベースを踏む。伊予だが3塁に進んで2死3塁として4番佐藤、その初球。低目のストレートだったがこれを駒居が後逸してしまい3塁から伊与田が生還して2−0と千葉ロッテが2点リードになる。佐藤は1−2からセカンドゴロ、野中が腰を落として捕球しスリーアウト。

4回日本ハムは3番渡邉から、2−2からの外角高目のストレートを空振りで三振。4番DTクローマー、2−2からカーブかチェンジアップなのか緩めの変化球に全くタイミングが合わない空振りで三振。5番藤島、1−2から流し打ちは一二塁間を抜けてライト前ヒット。6番林、0−1から詰まってサードベース上付近へのゴロ、塀内が捌いて藤島残塁。4回裏日本ハムは先程後逸の駒居に代わって鶴岡をキャッチャーに入れる。4回裏千葉ロッテの攻撃は5番先程ホームランの大塚から、しかし2−0からの3球目、低目への変化球で空振り三振。6番橋本将、これも2−0からの3球目、大塚同様の低目変化球で空振り三振。7番ユウゴー、1−0から右中間への飛球だがセンター飯山が捕球して3者凡退。

5回日本ハムは7番飯山からの下位打線。しかし飯山は1−3からセンターへの大きい飛球、これがワンバウンドでフェンスに当り、センター伊与田が打球の処理を一瞬手間取った間に一気に3塁へ。無死3塁として8番鶴岡、2−0から打ってピッチャー返しだがワンバウンドで浅間が捕球。3塁ランナー飯山を牽制して1塁へ送球。9番尾崎、2−2から内角への変化球に体が回ってしまい三振。1番に戻って小谷野、2−3から内寄りの変化球が外れて四球で出塁。2死1、3塁として2番野中、しかし2−2からショートゴロ。セカンドベース後ろへのゴロに丸山が追いついて逆シングルキャッチ、西岡にトスしてフォースアウトで飯山残塁。5回裏千葉ロッテは、こちらも下位打線8番からの攻撃。8番塀内、2−2から低目への投球に中途半端なスイングになってしまい空振り三振。9番丸山、1−1から打ち上げてセンターほぼ定位置へのフライ。1番伊与田、1−1からこれも打ち上げてレフトフライ、定位置からそのまま下がって小谷野が捕球してこの回も3者凡退。

6回、両チームの先発が好投をしているが投手交代の明暗がここで出てしまう。6回日本ハムは3番渡邉からだが、1−3からのストレートが外れて四球で出塁。4番DTクローマー、1−3から引っ張って右中間へのライナー性の打球、これが右中間真っ二つのツーベースで1、3塁と一発逆転のチャンスを作る。ここで千葉ロッテベンチは先発で無失点の浅間を交代、次打者が右の藤島という事で右の長崎をマウンドへ。5番藤島、1−3から強い打球でのピッチャー返しに長崎がグラブを出すが、これを弾いてしまう。ボールがショート前に転々とする間に渡邉が還って1点を返し2−1とする。さらに1、3塁として6番林、2球で2ストライクとなると、3塁側から「打てって見ろ!」という野次。これに発奮した訳ではないだろうが、2−1から弾き返した打球は奇麗に右中間真っ二つ!打球を処理をまたも手間取っている間に1塁ランナヘーのお世辞も駿足とは程遠い藤島も3塁を蹴る。本塁へ滑り込んでタッチプレーだがセーフで2点タイムリーツーベースで日本ハムが3−2と逆転に成功。無死2塁で7番飯山、ショート正面へのゴロだが丸山がこれを弾いていしまう。素早く取り直して1塁へ送球するがセーフでエラー。無死1、3塁になり8番鶴岡、2−2から送りバントだがこれは露骨にやりすぎて、千葉ロッテ内野陣が猛ダッシュで前進、この打球を塀内が捕って3塁へ送球してフォースアウトでバント失敗。1死1、2塁に変わって9番尾崎、2−1からやや高目のストレートだが見送るとストライクの判定で見逃しの三振。1番に戻って小谷野、1−2から平凡なセカンドゴロで2者残塁。6回裏千葉ロッテは2番西岡から。2−1から外角ストレートがいいコースに決まって見逃しの三振。3番メイ、2−1から高目を強引に引っ張るとファーストゴロ。しかしこれを渡邉が弾いてしまう。慌てて捕り直して1塁ベースカバーの佐々木に送球するが、僅か逸れてしまい佐々木もグラブで弾いてエラー。メイが前打席同様、殆ど走っていないに等しい走塁だったが2つのミスでエラー。ここで日本ハムは4番の佐藤を迎えた所で2番てに伊藤をマウンドへ送る。4番佐藤、2−3からピッチャーへワンバウンドでのゴロ。2塁へ送球してフォースアウト、1塁へ転送もセーフで併殺崩れ。ここで1塁ランナーの佐藤に代わって代走は駿足の代田。5番大塚、1−0からの2球目に代田がスタートを切る。しかし鶴岡がこれをセカンドにストライク送球でタッチアウト、代田を仕留めてスリーアウト。

7回千葉ロッテは代走の代田がそのまま入りライト。7回日本ハムは2番野中から、1−2から右中間への大きい飛球。これをセンター伊与田が懸命に追う。しかし最後は横っ飛びもあと1歩届かずボールはフェンスへ到達、野中は2塁を蹴って3塁へ!スリーベースだがライトが右中間で捕れた感じの打球だった。無死3塁として3番渡邉、2−2からバットが折れてボテボテのセカンドゴロ。4番のDTクローマーを迎えた所で千葉ロッテは長崎を諦めて3番手に鈴木を投入。3塁走者の本塁突入に備えて前進守備の千葉ロッテ内野陣だが、DTクローマーの打球は詰まってショート後方へのフライ、定位置での守備なら何の問題もないフライだが、これにはショート丸山が全力で下がる。ギリギリの所で捕球してショートフライ。5番藤島を迎えて千葉ロッテは鈴木から右の黒木詢にスイッチ。右が3人続くという事での当に遊だったが、続く5番藤島には1球もストライクが入らずストレートの四球、敬遠か?2死1、3塁として6番林、2−3フルカウントから今度は引っ張ってサード下を抜けてレフト前ヒット、野中が還って4−2とリードを広げる。さらに2死1、2塁として7番飯山、初球攻撃だがショート正面へのゴロで丸山が捕ってセカンドへトスしてスリーアウト。7回裏日本ハムは3番手に最近調子が落ちているのか、打たれるシーンが目立つ井場を投入。千葉ロッテ7回の攻撃は5番大塚から、0−1からストレートを叩いてファーストの頭上をライナーで越えてライト前に今日2本目のヒット。6番橋本将、1−1から大塚がスタートする。しかし今度も鶴岡が2塁へ完璧な送球でタッチアウト、盗塁を許さない。しかし井場が橋本将を1−3から四球で歩かせてしまう。7番ユウゴー、その2−1からの投球がベースのはるか手前でバウンドし、暴投。橋本将が2塁へ進む。1死2塁でユウゴーは2−2からストレートを空振りの三振。8番塀内、初球を打って出るが芯を外した鈍い音と共にセカンドゴロで橋本将が残塁。

8回千葉ロッテは5番手に酒井を投入する。キャッチャーが橋本将から福澤に交代。8回日本ハムは8番鶴岡から、初球ストレートを弾き返してレフト前にワンバウンドでヒット。9番今日はいい所が守備だけだった尾崎に代わって代打には、今日から再調整で降格してしまった阿久根が代打。その初球をセンターへ打ち返す、これが伸びてそのままフゥンス直撃、伊与田がハネ返ったボールの処理をモタついている間に鶴岡が本塁へ、打球を様子を伺ってからのスタートで、一瞬前が詰まった状態の為に阿久根は既に2塁手前でスピードを緩めていたが、鶴岡が3塁を回った事で、慌てて急加速、3塁へ滑り込んでタイムリースリーベースに、5−2とした。無死3塁で1番小谷野、2−3から高目のストレートをセンター右へ弾き返してタイムリーヒット、6−2に。さらに無死1塁で2番野中、2−3から高目のボール球に見えた投球だが、これがストライクの判定。野中がビクッとして「え?」という表情だが判定変わらず。ここで千葉ロッテは酒井から6番手田中充に交代。続くは3番渡邉、2−1からストレートに詰まってショート定位置へのフライ。4番DTクローマー、この辺りから曇り空に落ちかけた太陽が1塁スタンド後方にチラホラする。そのDTクローマーの打球は2−3からのレフトフライ、フェンス前まで伸びはしたが十分落下点と思っていたが、レフトの大塚が落ちてきたボールと大分離れた位置に。太陽光が目に入ったのか、これがフェンス直撃のタイムリーツーベースで日本ハムが7−2とする。さらに続く5番藤島も引っ張ってレフトへの飛球、これもフェンス直撃のヒット、ハネ返りが少なく大塚が素早く捕って2塁へ返球して藤島は、一二塁間から慌てて1塁へ帰塁。2死1塁で6番林、0−1からショート正面へのゴロでセカンドへトスしてフォースアウト。8回裏日本ハムは代打の阿久根がそのまま入りセカンド、セカンド野中がショート、ファースト渡邉に代わって山田憲が入る。マウンド上は4番手加藤が上がる。8回裏千葉ロッテは9番丸山から、2−1から鋭い打球でのライナー。ベース左側の低空を行くがこれに野中が横っ飛び、2回の尾崎に劣らない程のファインプレー!千葉ロッテの攻撃を寸断する。1番に戻って伊与田、2−0からやや内角高目の投球だが見逃しの三振。2番西岡、1−3から打ち上げてしまいショートフライで3者凡退。

9回千葉ロッテはマウンドに田中良が上がる。9回日本ハムは7番飯山、2−2からストレートに空振り三振。8番鶴岡、初球攻撃もバットが折れてサードゴロ。9番阿久根、これも初球打ちはセカンドゴロであっという間に3者凡退。9回裏千葉ロッテは3番メイに代わって代打は垣内、初球から打つがセンター定位置へのフライ。4番代田、0−2からストレートに詰まってセカンドフライ。5番大塚に代わって辻が代打、しかし2−2からライトフライで試合終了。

日本ハムは終盤で一気に千葉ロッテ投手陣を打ち崩して快勝、2位湘南もサヨナラゲームで白星でゲーム差は3のまま、千葉ロッテは最下位・西武が勝った事で単独最下位に転落。先発浅間が5回まで完封投球だったが、6回のピンチでの交代が裏目に出た。日本ハムも井場が一人ピンチを作るが、4番手の加藤が2回を打者6人、ノーヒットの好リリーフ。今日は藤島、林のベテラン陣が二人だけで5安打5打点と若手に代わって威力を発揮した。


2003年 8月12日 ウエスタンリーグ 2回戦 サーパス−阪神(北神戸)報告者:ブロワーズさん

お久しぶりです。ブロワーズです。

6時試合開始なのにスタメン発表は5時50分でした。
   阪 神    サーパス
1 8藤 原    8早 川
2 7的 場    4牧 田
3 5関 本    5五 島
4 6斉 藤    Dシェルドン
5 3広 沢    9佐 竹
6 D早 川    7相 川
7 9桜 井    3中 島
8 4梶原康    6玉 木
9 2狩 野    2上 村
  P福 原    P山 本

1回表
サーパスの先発山本は安達の投げ方にそっくりです。
藤原 セカンドゴロ
的場 ライトファールフライ
関本 打撃フォームいじった?ジョージみたいな構えになってる。
    足のタイミングの取り方は変わってないが。
    三振。

1回裏
早川 ピッチャーライナー。うまくグラブに入った。
牧田 2−3からフォアボール
五島 2−3から三振。牧田盗塁失敗で三振ゲッツー。

2回表
斉藤 センターへポテンヒット
広沢 さすが打球の速さが違う。サード左を抜くレフトへタイムリーツーベース。
早川 打撃練習では良かったがセカンドゴロ。広沢3塁へ。
桜井 こやつは俺が見に行くと打たん。ショートゴロ。
梶原 61番がんばれレフトフライ。

2回裏
シェルドン また2−3から三振。
佐竹 福原ジャンプするが及ばずセンター前ヒット。
相川 レフト前ヒットで1.2塁
中島 またまた2−3から三振。相川盗塁失敗で三振ゲッツー。

3回表
狩野 三振
藤原 レフト左をライナーで抜くツーベース
的場 似たような当たりを似たようなとこへタイムリーツーベース
どうした関本 ライトフライ。
斉藤 左中間をきれいに破るタイムリーまたツーベース。
広沢はショートゴロだが、最後まで走りきればセーフだったかも
途中で仁志のように抜きました。

3回裏
玉木 ショートゴロ
上村 三振
早川 ショートゴロ

4回表
早川 センターフライ。でもいい当たりですぞ。
桜井 三振。何か恨みでもあるんか。
梶原 いいぞ61番右中間ツーベース。
狩野 フォアボール
藤原 ショートライナー

4回裏
牧田 三遊間深いとこへショートゴロ。斉藤は軽快に裁くが1塁広沢の股が
裂けそうな位足を広げてた。審判も一瞬置いてアウトのコール。
五島 先の牧田もそうだがまた2−3から三振。
シェルドン センター前ヒット。
佐竹 シェルドン盗塁成功。でも三振。

福原球数多すぎやでえ。

5回表
的場 三振
関本 三振
斉藤 センターフライ

5回裏
相川 センターちょい左へソロHR
中島 書き忘れたが中村紀にフォームが似てる為「プチ紀」と言われている。
    サードゴロ。凡退する姿も似てる。
玉木 三振
上村 ショートフライ。

ここで夏休みと言うことで花火のサービスがある。

6回表
サーパス サード五島から菊池
広沢 三振
早川 センター前ヒット
桜井 三振。もう何も言うまい。
梶原 早川盗塁成功
    ライトポール際へライナーで最短距離で運ぶ2ランHR
狩野 左中間ツーベース
藤原 フォアボール
ここでサーパス加藤英司監督ピッチャー山本から元阪神窪田へ
となると的場に代打平下 レフトフライ

6回裏
代打平下がそのままレフト
早川 三振
牧田 サードライナー
菊池 フラフラとライト前ヒット
シェルドン 暴投で2塁へ進めてしまう。そしてセンターへ2ランを打たれる。
佐竹 三振

7回表
関本 ようやく出たレフト前ヒット。当たりはよくないが飛んだコースがよかった
斉藤 三振
サーパスピッチャー窪田から嘉勢へ
喜田 ライトへ2ランHR
早川 センターバックスクリーンへソロHR
桜井 サードゴロ。
梶原 三振振り逃げ。
狩野 ライトフライ

7回裏
福原まだ投げてますよ。
相川 2打席連続レフトへHR。何本目やろか?
中島プチ紀は三振
玉木の代打肥田 三振
上村 ショートゴロ

8回表
サーパス ピッチャー嘉勢から平安卒甲子園準優勝投手川口
       代打肥田がライト。ライトの佐竹はショートへ。
藤原 ショートゴロ。ファーストが送球を落とす。
平下 ファーストファールフライ
関本 三振。しかし藤原盗塁成功
斉藤 ショートゴロ

8回裏
阪神 ピッチャー2番手伊与野、5関本→2中谷、2狩野→5新井
    6斉藤→田中聡。
1塁喜田、2塁梶原康、3塁新井亮、ショート田中聡
これってすごい内野の布陣らしいです。どこに飛んでもエラーがありそう。
早川 早速ショートゴロ、田中取るとこまでは良かったが1塁へ悪送球。
牧田 元々荒れ球の伊与野。ぶつけてしまう。1.2塁です。
菊池 動揺してるのか伊与野、今度は暴投で2.3塁。
    センターへ犠牲フライで8−5になった。ノーヒットで1点献上。
シェルドン 半ば歩かせで1.2塁。
佐竹 鋭いライナーが右中間を襲う。完全に抜けたと思った。
ランナーはスタートを切りホームを目指して走ってる。しかしセンター藤原が
このライナーに追いついた!!。
観客から歓声があがる、取るところを見てるように僕には見えたが2塁ランナー
牧田は更にスピードをあげホームを駆け抜けていた。
戻ったところで全然間に合わない。ボールは2塁に送られてゲッツー。

9回表
サーパス ピッチャー川口から岩下へ
喜田 三振
早川 ライトへツーベース。スリーベースが出ればサイクルだが代走松下。
桜井 今度こその願いもむなしくピッチャーゴロ。
梶原 三振

9回裏
阪神 ピッチャー伊与野から天才加藤万歳
相川 セカンドゴロ
中島の代打板倉 この日何本目だ?ライトへソロHRで8−6。
肥田にフォアボールを与えたところで加藤から谷中へ黄金リレー。
さっきの回悪送球した田中は何度も肩を回して投げる練習をしてる。
不安な様子がはっきりと手に取るようにわかる。
上村の代打迎 セカンドゴロ。ショートに打てない。
早川 三振で試合終了です。

サーパス神戸 6−8 阪神でした。


2003年 8月12日 イースタンリーグ16回戦 ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

あわてんぼーさん編

 試合開始13時終了15時29分試合時間2時間29分(中断2分)
 球審深見1塁橘2塁橋本3塁山崎公式記録員加藤木
 ロッテ浦和(ロッテ5勝11敗)観衆100人
                  RHE
 
日本ハム 120 010 000 80
 
ロッテ  000 100 000 90

 勝隼人10勝3敗      本塁打 尾崎1号(2回右翼加藤A)
 Sシールバック1敗1S       林5号(5回右翼加藤@)
 負加藤2勝1敗
 3塁打 小田(2回)2塁打 小谷野(2回)尾崎、富永(4回)
 盗塁死 早坂(1回)
 併殺 日本ハム2(小田−渡辺)2回富永
         (尾崎−小田−渡辺)6回塀内
    ロッテ1(代田−丸山−富永)1回飯山
 失策 日本ハム0 ロッテ0

◆退場処分がありましたので報告を。

 退場処分を受けた選手
 DTクローマー(日本ハム)

 退場を宣告した審判
 深見大隆

 退場を宣告した場面
 5回表先頭打者の日本ハムDTクローマー選手の2−2からの5球目を球審深見は「ストライク」を宣告。その時、同選手は、深見球審に対し暴言を吐き退場を命じられた。
 その時、ロッテ浦和球場は一瞬どよめきの声が・・・。
 その後、日本ハム岡本監督が抗議。14時20分から22分までの2分間試合は中断した。
 深見球審は場内説明で、「日本ハムDTクローマー選手は暴言を吐きましたので退場処分とします。」とアナウンス。とともに、試合は再開した。
 
 戦評
 今日の試合は、ロッテの拙い攻めに助けられて隼人投手が勝ち投手になれた。全般的に、攻撃面が雑で、これではロッテは勝てるはずはない。
 それにしても、日本ハム尾崎選手。若手は伸びるのが早いというのを証明してくれた感じがする。早ければ今年、終盤にも1軍入りするかも?


   打撃成績
   日本ハム打安点   ロッテ 打安点
 H4小谷野 310  G早 坂 110
  G飯 山 400  8伊与田 310
  B渡 辺 300  H垣 内 100
  FDTクロー310  C代 田 310
  7荒 井 100  F大 塚 420
  D藤 島 411  Dメ イ 200
  D 林  411 HD佐 藤 100
  C小 田 310  A橋 本 200
 H9山田憲 100  2 辻  200
  A駒 居 400  H於 保 420
  E尾 崎 432  D塀 内 310
  計    3484  B富 永 411
            E丸 山 300
            H寺 本 000
            計    3391

 投手成績    
 日本ハム   投回    投数 被安 四死 三振 自責 失点
○隼 人    6・2   84  9  3  2  1  1
 伊 藤    1・1   18  0  0  2  0  0
Sシールバック 1     10  0  1  1  0  0
 ロッテ    投回    投数 被安 四死 三振 自責 失点
●加 藤    5     99  7  4  4  4  4
 長 崎    2     25  1  0  1  0  0
 鈴 木    1      8  0  0  1  0  0
 黒木詢    1     14  0  0  1  0  0
注:日本ハム打撃成績の欄DTクローはDTクローマーの略。


 あわてんぼーが選ぶ今日最も活躍した選手と注目した選手

 今日最も活躍した選手
■尾崎匡哉(日)
 今日の活躍ぶりは凄かった。先週の西武戦でも素早い動きでゴロを捌きアウトにするなど・・・。春先では考えられないほど成長している。
 今日も、プロ入り初の本塁打を打ったり、守りでも6回塀内の打球を飛びつきダブルプレーにする等成長著しい感じ。
 いやあービックリするほど早く1軍の試合に出場するかもしれない。

 注目した選手
■隼人(日)
 今日日本ハムの先発投手は彼。1失点に抑えたものの内容的には良くなかった。
 特に、立ち上がりの制球力が悪かった。これでは1軍昇格は当分先であろう。
 DTクローマー
 1安打を放つも、5回の打席で退場処分に。詳しくは上記の書き込みにて。

■加藤康介(ロ)
 ロッテの先発投手は彼だったが、彼も隼人投手同様制球に問題あり。これでは1軍昇格難しい。

 番外編
■深見大隆(パリーグ審判)
 パリーグの審判になって1年目。5回日本ハムDTクローマー選手を退場処分にした。
 初めてのことである。
 それはさておき、立ち上がり低めの球を「ボール」と判定することが多く間延びした試合に・・・。もう少し広めに取っても良いのでは・・・。
 かなり、ばらついた為、両軍ともかなりフラストレーションが溜まっていた。それと、2回飯山選手の打席の時ファウルチップした球を「ストライク」と宣告し、橘塁審に「ワンバウンド」と指摘され「ファウル」の宣告。これではちょっと・・・。
 1年目とはいえもう少し、しっかりしてほしい。


■先攻日本ハム
■後攻ロッテ

1回表(ロッテ投手加藤、捕手橋本)小谷野四球、飯山二塁ゴロで4−6−3とわたる併殺、渡辺四球、DTクローマー、藤島ともに左前安打で渡辺生還なお1,2塁、林遊ゴロで6−4DTクローマー2塁フォースアウト(日本ハム1)
1回裏(日本ハム投手隼人、捕手駒居)早坂中前安打、代田の時早坂2塁盗塁失敗、代田は結局四球、大塚右前安打で1,3塁、メイ四球で満塁、橋本三振、於保二塁ゴロ(ロッテ0)
2回表 小田右中間3塁打(ロッテ中堅早坂に代わり伊与田)駒居三振、尾崎右翼越え本塁打、小谷野右翼越え2塁打、飯山二塁ゴロで小谷野3塁進塁、渡辺遊飛(日本ハム2)
2回裏 塀内四球、富永二塁ゴロで4−3とわたる併殺、丸山三塁ゴロ(ロッテ0)
3回表 DTクローマー遊飛、藤島三振、林遊ゴロ(日本ハム0)
3回裏 伊与田三塁ゴロ、代田二塁ゴロ、大塚右前安打、メイ中飛(ロッテ0)
4回表 小田三振、駒居遊ゴロ、尾崎右翼線2塁打、小谷野、飯山ともに四球で満塁、渡辺中直(日本ハム0)
4回裏 橋本一塁ゴロ、於保、塀内ともに右前安打で1,3塁、富永右翼線2塁打で於保生還なお2,3塁、丸山投ゴロ、伊与田三振(ロッテ1)
5回表 DTクローマー三振の際深見球審に暴言を吐き退場処分にその間日本ハム岡本監督が抗議により2分間中断、藤島中直、林右翼越え本塁打、小田左直(日本ハム1)
5回裏(日本ハム左翼荒井)代田遊ゴロ、大塚右飛、メイ一直(ロッテ0) 
6回表(ロッテ投手長崎、捕手辻)駒居三振、尾崎左前安打、小谷野右飛、飯山遊ゴロで遊撃丸山自らベースを踏み尾崎2塁フォースアウト(日本ハム0)
6回裏 辻中飛、於保左前安打、塀内遊ゴロで6−4−3とわたり併殺(ロッテ0)
7回表 渡辺一飛、荒井左飛、藤島三塁ゴロ(日本ハム0)
7回裏 富永一塁ゴロ、丸山三塁ゴロ、伊与田右前安打、代田一塁強襲二塁内野安打で1,2塁(日本ハム投手伊藤)大塚三振(ロッテ0)
8回表(ロッテ投手鈴木)林右飛、小田に代打山田憲中飛、駒居三振(日本ハム0)
8回裏(日本ハム右翼から二塁小谷野、右翼山田憲)メイに代打佐藤左飛、辻右飛、於保三振(ロッテ0)
9回表(ロッテ投手黒木詢)尾崎遊飛、小谷野左飛、飯山三振(日本ハム0)
9回裏(日本ハム投手シールバック)塀内投手のグラブに触れる三塁ゴロ、富永三塁ゴロ、丸山に代打寺本死球、伊与田に代打垣内三振(ロッテ0)







ふんぼるとさん編

2003年8月12日 ロッテ−日本ハム 16回戦

Oロッテ浦和(日本ハム11勝5敗)

 
日本ハム 120 010 000│
 
ロッテ  000 100 000│

 勝 隼 人 10勝3敗0S 登板17
 S シールバック 0勝1敗1S 登板8
 負 加 藤 2勝1敗0S 登板3

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H4小谷野 310 四球 右2    四球    右飛       左飛
  G 飯 山 400 二併 二ゴ    四球    遊ゴ       空振
  B 渡 邉 300 四球 遊飛    中直       一飛
  F クローマー  310 左安    遊飛    見振
  7 荒 井 100                   左飛
  D 藤 島 411 左安    空振    中直    三ゴ
  D  林  411 遊ゴ    遊ゴ    右本       右飛
  C 小 田 310    右3    空振 左飛
  H9山田憲 100                      中飛
  A 駒 居 400    空振    遊ゴ    空振    空振
  E 尾 崎 432    右本    右2    左安       遊飛
  犠盗失併残─────
  00027 3484

       回   打安振球責
  ○隼 人 62/3 299231
   伊 藤 11/3 40200
  Sシールバック 1   40110

 【ロ ッ テ】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 早 坂 110 中安
  8 伊与田 310       三ゴ 空振       右安
  H 垣 内 100                         空振
  C 代 田 310 四球    二ゴ    遊ゴ    二安
  F 大 塚 420 右安    右安    右飛    空振
  D メ イ 200 四球    中飛    一直
  HD佐 藤 100                      左飛
  A 橋本将 200 空振       一ゴ
  2  辻  200                中飛    右飛
  H 於 保 420 二ゴ       右安    左安    空振
  D 塀 内 310    四球    右安    遊併       三ゴ
  B 富 永 411    二併    右2       一ゴ    三ゴ
  E 丸 山 300    三ゴ    投ゴ       三ゴ    死球
  犠盗失併残─────
  00019 3391

       回 打安振球責
  ●加 藤 5 257444
   長 崎 2 71100
   鈴 木 1 30100
   黒木詢 1 30100

  本塁打  尾 崎(日)1号A (2回 加藤)
        林 (日)5号@ (5回 加藤)
  三塁打  小 田(日)    (2回 加藤)
  二塁打  小谷野(日)    (2回 加藤)
       尾 崎(日)    (4回 加藤)
       富 永(ロ)    (4回 隼人 タイムリー)
  盗塁死  早 坂(ロ)    (1回 捕手は駒居 打者は代田 二盗失敗)
  退 場  クローマー (日)    (5回 見逃し三振時に球審の深見に暴言を吐き退場)
  併 殺  ロッテ      (1回 飯山 無死1塁 代田−丸山−富永)
       日本ハム     (2回 富永 無死1塁 小田−小田−渡邉)
       日本ハム     (6回 塀内 1死1塁 尾崎−小田−渡邉)

  PL:深見 1B:橘 2B:橋本 3B:山崎 公式記録:加藤木
  時間 2時間29分(12:59〜15:29)


得点経過
 1回表(日) 2死1、3塁から藤島が三遊間を破る左前打        日本ハム1点目
 2回表(日) 1死3塁から尾崎がプロ1号の右越えツーランホームラン  日本ハム3点目
 4回裏(ロ) 1死1、3塁から富永が一塁線を破るツーベース      ロ ッ テ1点目
 5回表(日) 2死無走者から林が右越えホームラン           日本ハム4点目

戦評
 天気予報では雨は朝晩ということだったが見事にハズレ。10時過ぎから陽が射してきたが、
 逆に試合中に小雨がパラついてしまった。
 試合の方はロッテ加藤、日本ハム隼人の両先発ともに不安定な立ち上がりも1点を失った加
 藤と無失点に抑えた隼人で明暗。立ち直れない加藤は2回にも日本ハムのドラ1ルーキーの
 尾崎にプロ1号を献上するなど5回を4失点。打線も日本ハムを上回る9安打を放ちながら
 拙攻が響き1得点で加藤を援護できず。
 ロッテは開幕7連勝の勢いはどこへやら。尻に火がつく最下位に0.5ゲーム差

選評
 
尾 崎(日) 岡本監督のスタメン起用に期待以上の答えを出した今日の試合。
       打つ方では1点リードの1死3塁で迎えた2回の第1打席。最低でも外野フラ
       イは欲しい場面で加藤の外のストレート(だと思う)を逆らわずに右方向に引っ
       叩いた打球は於保の頭上を越えて嬉しいプロ第1号ホームラン。上がった角度
       はやや低く犠牲フライには十分ながらホームランは厳しいかと思われたが、思
       いのほか伸びてスタンドイン。その後は面白いように2塁打、単打と放ち3安
       打猛打賞。
       守る方では6回の2死1塁の場面、於保のセンターへ抜けるかという当たりを
       横っ飛びで好捕するとグラブトスで小田に渡して併殺を完成させるという超フ
       ァインプレー。
       うまくいく日は何事もうまくいくものです。今日は尾崎デー♪
       この活躍を今日だけでなく継続できるようになって欲しい。

 
伊 藤(日) ピンチの場面から登板し1回1/3を2三振を含む4人でピシャリと抑える好投.
       昨年までの伊藤は技術うんぬんよりも精神的な要素で良いときと悪いときの差
       が激しい印象だが、今年は比較的安定している印象。ストレートは良いものを
       持っているので、上で使っても面白いと思う。

 
大 貝(日) ホームランを放った尾崎がホームインすると、すぐさまベンチにボールを取っ
       て来るように指示。イイ人だ。


 
佐々木(ロ) 監督。早坂が2回に小田の右中間を破る打球の処理にもたつき三塁打にしてし
       まうとすぐに伊与田と交代させる荒治療を実施するも効果なし。早坂は確かシ
       ョートでは上での出場が難しいので、いろいろ経験させるためにセンターで使
       っているはず。何か間違っているような…。

 
鈴 木(ロ) 今日はイニングの頭からの登板だったため初めてセットポジションでない投球
       を見ることができた。フォーム自体は非常にオーソドックスながら、右足を上
       げるまでは非常にゆっくりながら、そこから急にスピードを上げるため、打者
       に非常にスピード感を感じさせる。そして、基本的な組み立てはストレートと
       カーブだが、この2つのスピード差が大きいため、ストレートが非常に速く見
       える。駒居に対しカーブでカウントを稼いで最後に空振りを奪ったストレート
       は圧巻。


  ■掲示板@2軍愛■