【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2003年 8月28日 イースタンリーグ16回戦 西武−巨人(西武ドーム)報告者:健一@管理人

■イースタンリーグ 8月28日(木) 16回戦所沢ライオンズvs川崎ジャイアンツ(西武ドーム)

                     R H
川崎ジャイアンツ|000 010 010| 2
所沢ライオンズ |021 000 02x| 8

川:●ラス(5回)−岡島秀樹(2回)−河原純一(1回)
所:○大沼幸二(9回)

【試合内容というかつまみ食いのような雑感】
同時間帯に中継されていました阪神11−0巨人(甲子園)を見ながらの中継観戦でしたので至らぬ所あるかと思いますが御了承下さいませ(^^)。#実際8:2で阪神戦に重きを置いていましたので。<広澤克実の2本塁打目に本人が青ざめていたのには笑えると共に6打点に吃驚、そして感服モノでした!!!

さて序盤先発ラスを攻めライオンズ3点先制。

また序盤のナイスプレーを1つご紹介・・・一回裏:先頭打者赤田将吾の四球から二番玉野宏昌のエンドランで無死一三塁のジャイアンツピンチの場面、4番中村剛也の打球は強い三塁ゴロ!三塁手から二塁手元木大介へ送球し先ずフォースアウト。普通このまま一塁へ送球し併殺の間に、1失点という流れになりますが、元木大介は三塁走者赤田将吾の躊躇したスタートを見逃さず(当たりがあまりにも強すぎたので狭殺プレーになると思ったのでしょう、私も焦ると思う)、二塁封殺の後、本塁へ送球しタッチアウト!!見事「5→4→2」の併殺完成。この場面だけはさすが元木大介と唸らせてくれました(結局次打者も倒れこの回無失点)。

一方ジャイアンツは吉川元浩が、大沼幸二のスライダーを捉えレフト席に運ぶ本塁打@イースタントップの18本塁打(2位は中村剛也17HR)。リストの強いバッティングは毎度目を見張ります!吉永幸一郎はライトに弾丸ライナー系でぶち込みました。もう一花咲かせたい打撃でもあります・・・。

終盤河原純一を攻め追加点。ストレートは140km/h弱、結果ありきですが好調時にはまだ遠いのかな・・・。


■大沼幸二(西)
123km/hのスライダーの速く大きく曲がるスライダー、そして売りである140km/h中盤のストレートを主としたコンビネーションが特に良かったです。またストレートは大凡140km/h強で制球重視にも見受けられました(右打者が外目に流れるスライダーを追いかけるシーンがしばしば見られました)。今までTVの画面を通してフォームに力み@「ガチガチ」を感じましたが、本日はリラックスしておりテンポも「◎」#解説の渡辺久信氏もテンポそしてシュート回転のないストレートに彼の好調さを指摘。

今までの印象として「150km近い剛球ストレート!しかしながらその特長に反しての制球難」というところでしたが、歯車が噛み合えばそら恐ろしい活躍をするかも知れません(^^)

本日の内容は、被安打2、与四死球1で球数はたったの96球の完投とほぼ完璧なピッチング。しかしながら2失点が本塁打(吉川元浩、吉永幸一郎にソロ本塁打を各一本)というところからもやや単調な投球が見て取れるかもしれません。

社会人野球経由のドラフト1位も「即戦力」ではなく「素材型」と言われ3年目。そろそろ1軍定着したいところです!


2003年 8月27日 イースタンリーグ18回戦 巨人−湘南(三重県四日市市)報告者:@白にゃんこさん

皆様お疲れ様です(^o^)
本日はジャイアンツ、中部遠征の模様です。
 27日 三重県四日市市・四日市霞ヶ浦第一野球場
 第18回戦 川崎9勝8敗1分 13時30分試合開始
                    RHE
 
マリーンズ  000 000 100 70
 ジャイアンツ 001 100 21X 92

 <川 崎>○佐藤宏志(5勝6敗29試合、7回)鴨志田貴司(1回)谷浩弥(1回)―加藤
 <浦 和>●加藤康介(2勝3敗5試合、6回)山ア健(1回)浅間敬太(1回)―辻
 <審判員> 球審 木内 一塁 萩原 二塁 牧田 三塁 西本

 <浦和マリーンズ>
       1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(中)早 坂 遊ゴ  三安  二ゴ  三振
(遊)西 岡 三振  中飛  二ゴ    左邪
(三)塀 内 三飛  遊ゴ    二ゴ  二ゴ
(左)佐 藤   三飛  右安
走左 ユウゴー          左安  三振
(右)伊与田   四球  中安  振併
 右 寺 本
(一)代 田   右飛  三振    左本
(二)丸 山   三振  三振    左2
(投)加 藤     三振三振
 打 福 澤             投ギ
 投 山ア健
 投 浅 間
 打 於 保
(捕) 辻      中2  中飛  三振
 打 金 澤
 
 浦和投手成績
       回 安 三 四 失
 ●加藤康介 6 3 4 1 2
  山ア 健 1 4 1 0 2
  浅間敬太 1 2 2 0 1
 

 <川崎ジャイアンツ>
       1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏
(中)堀 田 左飛  三振    遊ゴ
 中 矢 野             三振
 投 鴨志田
 投  谷
(三)山 下 一直    左飛  投ゴ  三安
 三 大須賀
(二)元 木 遊ゴ    遊ゴ  三振
 二 長 田               三ギ
(左)三 浦   二ゴ  左本    左本安打
(右一)吉 川   二直  左飛    左安三振
(一)十川孝   三振    三振
打右 高 野             左安
打右 山 本               三振
(遊)黒 田     三ゴ  四球  投安
(捕)加 藤     左本  中安  二ゴ
(投)佐 藤     三振  二併
打中 山 田             左犠

 川崎投手成績
        回 安 三 四 失
 ○佐藤 宏志 7 7 8 0 1
  鴨志田貴司 1 0 1 0 0
  谷  浩弥 1 0 2 0 0

 ※8回裏1死二塁、打者三浦(投手浅間)カウント2−2の場面で放送終了

 <本塁打>
  加藤健 2号(加藤康)
  三 浦 7号(加藤康)
      8号(山ア健)
  代 田 3号(佐藤)

 <二塁打>
   辻 (3回)
  丸 山(7回)

 <盗 塁>
  伊与田(4回)

 <失 策>
  十川孝
  山 下


 上記試合の展開・寸評です。

 <おおまかな試合展開>
 26日の試合は、甲子園同様試合開始直前に激しい雨に見舞われたため、惜しくも中止となったが、本日はデーゲームで晴れ間も見え、仕切り直しという感じ。

 試合を行う四日市霞ヶ浦球場は両翼91.5M、中堅120Mとやや小ぶりで、主に高校野球などで使用とのこと。スコアボードはちょっと懐かしい?タイプで、使用していない枠から覗く人の姿も(笑)

 先発はジャイアンツ佐藤、マリーンズ加藤と両軍ともスライド登板。初回、2回と両投手が無難な立ち上がりを見せる。

 3回表、浦和は1死後9番辻がセンターオーバーの二塁打で出塁し、1番早坂もどん詰まりの当たりだったが俊足を飛ばして一塁を駆け抜け、先制のチャンスを迎えるが、西岡の当たりは詰まったセンターフライで、堀田がバックホームしてこの球が三塁方向に逸れる間に一走は二進するも、塀内の当たりは佐藤のグラブを弾き、センター前へ抜けようかという当たりだったが遊撃手黒田がよくバックアップして間一髪アウトで先制はならず。

 3回裏、川崎は1死から加藤健が、加藤康介のアウトハイの球を見逃さずレフトスタンドへ!!場外への一発で1点を先制。

 4回表、浦和は先頭の佐藤幸が出塁し(代走ユウゴー)、続く伊与田もセンター前へ運び、ユウゴーが三進して同点のチャンスとしたが、代田が三振(伊与田は二盗)丸山、加藤康も連続三振でまたも得点ならず。

 4回裏、川崎2死から「責任感を持たせるため(淡口監督)」4番起用されている三浦貴が加藤のインハイを鋭く弾き返し、打球は折からの追い風にも乗って、スタンドへ吸い込まれて2点目。

 5回裏、川崎は1死後黒田が四球を選び、加藤もヒットで続いて追加点のチャンスだったが、佐藤は打って出て最悪の併殺、追加点はならず。

 6回表裏は、川崎元木の好守(ヒット性の当たりを好捕)などもあって両軍無得点。

 7回表、浦和は先頭の代田が佐藤の2球目のインハイ直球を見逃さず、これも風に乗ってレフトスタンドへ吸い込まれる一発を放ち、1点差に詰め寄った。さらに続く丸山も、レフト前へ運んで二塁へヘッドスライディング、代打福澤が送りバントを決め1死三塁と同点のチャンスとしたが、続く辻、早坂が連続三振に倒れ、同点はならず。

 7回裏、川崎は先頭の三浦が、代わったばかりの浦和2番手山ア健の初球インハイを見逃さず、再びレフトスタンドへ叩き込む2打歴連続アーチで待望の追加点。(尚、帰還後の話ですとバットが折れながらの一発だったとの事)続く吉川、代打高野もヒットで続きさらに黒田のバントを処理した山アが送球にもたつく間に黒田は一塁を駆け抜け、満塁のチャンスとし、加藤は倒れたが続く代打山田がきっちりレフトへ打ち上げ、犠牲フライとなって4点目。

 8回裏、川崎は3番手浅間から山下がヒットで出塁、長田が送りバントを決め、本日、当たっている三浦を迎えたが、残念ながらここで放送は終了。


 <選手寸評 ジャイアンツ>
■佐藤宏志(巨) 7回 被安打7 奪三振8 失点1
 目測で140台前半、カーブ、スライダー、シュート
 ヒットは打たれるものの、バックの好守などもあって最小失点で切り抜け、低めへのコントロールが決まっていました。
 札幌での完投もありましたし、球数や打順的なものがあればもう1イニング程度は可能だったと思われます。

■加藤健(巨) 3打数2安打
 「8番・キャッチャー」 27日の放送(中止)でも抱負を語っていました(▼以下抜粋
 打っては、1打席目にパワーで押し込む豪快な一発を放ち、守っては3投手を1失点の好投を引き出しました。小田・原と少し前のライバルが1軍昇格を果たしている今こそチャンスととらえ、本人も言っていたようにアピールの機会につなげたい。

無念の雨… 雨天中止 8月26日 川崎ジャイアンツー浦和マリーンズ(岐阜県営長良川球場) 投稿者:@白にゃんこ  投稿日: 8月26日(火)22時38分06秒

皆様お疲れ様です(^o^)
本来は、表題の試合観戦記…になるべきでしょうが、試合開始前に降り出した雨の影響によって試合開始の18時が様子見のために若干延びるとアナウンスがあり、そしてついに、無念の中止が発表されてしまいました…。
イースタンリーグの岐阜での開催自体稀ですし、残り少ない夏休みということもあり、是非開催してほしかったところですが、「伝統の一戦」@甲子園同様、うらめしい雨雲になってしまいました。
#一塁側ベンチ内のホワイトボードに記された
「絶対やろう! お客様のために!! 緒方耕一」
というメッセージ、中止が決まった後、一塁側スタンドや外野スタンドへ向かってサインボールを投げ入れるジャイアンツ・ナインの姿が印象に残りました…

<おまけ・試合前インタビュー 加藤健捕手>
※聞き書きですので、一部表現は違うかもしれませんが、ご了承ください
―怪我が治り、ようやく復帰しました
 はい、ようやく治りました。(シーズン前には)野球を始めたら痛くなるなど、だましだましやってきたが、球団が手術に踏み切らせてくれました。
―具体的にはどのあたりを?
 骨を取って、じん帯も修正しました。
―リハビリ時は
 鍛えられるところは鍛えようと思って、高橋一三コーチや阿波野コーチにお世話になりました。
―ようやく試合に出られるようになって
 みんながバッティング練習していても、僕だけ出来なくてランニングで、でもそれをプラスにしようと。いざ試合に出ると、楽しいです。
―手術の影響は
 いえ、今はもう痛くもならないので…。
―試合中に取り組んでいるところは
 自慢は肩なので、盗塁阻止率を上げられるようにやってますけども、ほんの少しのことを高田コーチに教えてもらい、またバッティングも良くしていこうと思っています。
―阿部捕手の負傷などで、チャンスがあると思われるが?
 そうですね。ファームで試合に出させてもらっているんで、自分でこういうチャンスを掴みにいけるように、まずは結果を残していきたいです。
―打撃フォームを変えた?
 軸足が折れる癖があったので、少しづつ修正しているところです。
―背番号「56」は出世番号だと聞きましたが(先輩は村田真一バッテリーコーチ、村田善則捕手)
入団するときに「56番は出世番号」だと聞いたので。契約のときにスカウトの方から出世番号だと聞きまして、一発で決めました。
―ファンの方々へ
やっと野球ができるように復帰したので、シーズンはもう少しですが、僕もしっかり頑張りますので応援宜しくお願いします!


■三浦貴(巨) 4打数3安打(2本塁打)
 展開でも書きましたが、責任感を持たせるために先日の試合より4番を任されている
 2打席目、2死から高めを見逃さずスタンドへ叩き込み、7回裏には追加点がほしい場面で一発を放ち、4番としてアピールしました。打率が少々低迷していましたが、4番抜擢を機会にアピールしていきたい。


 
<選手寸評 マリーンズ>
■加藤康介(ロ) 6回 被安打3 奪三振4 失点2
 球速はこちらも目測140前半、スライダー、カーブ、フォーク
 打たれたヒット(本塁打)こそ少ないものの、若干球が高めに抜ける傾向が見られ、その高めの球を相手打者にうまく打たれたという印象でした。
 既に1軍登板も果たしていますし、マリーンズでは貴重とも言える左腕なのでアピールしていきたい。
 
■丸山泰嗣(ロ) 4打数1安打
 「7番・セカンド」
 8回表、代田の一発が飛び出した直後に痛烈な二塁打を打ち、守っても堅実なところを見せました。昨年はイースタンで高い打率を残しましたし今年も残りの試合で頑張ってほしいところ。

■代田建紀(ロ) 3打数1安打
 「6番・ファースト」
 プロ6年目にして、3球団目となる苦労人
 イースタン盗塁王など、脚力が自慢ですが、7回には甘い高めをきっちりと弾き返して1点差に追い上げる一発を放ちました。1軍でも実績があるので、まずはレギュラーとしてきっちり結果を残したい。


2003年 8月27日 イースタンリーグ16回戦 湘南−西武(横須賀)報告者:シーレックスのFANさん

みなさん、観戦お疲れさまです。今日は、投手戦・・・

8月27日
() 所沢ライオンズ 対 湘南シーレックス 開始18:00〜  横須賀スタジアム
 晴れ 風:レフト→ライトこれが、いつもの東京湾からの海風。
 観衆785名 主審:濱野
@上本 B有隅 記録員:加藤木

本日は、『三崎マグロゲーム』マグロのプレゼントなど・・・

 
■所沢          ■湘南
【1】中 
9 赤田    【1】二 4 北川
【2】三
33 玉野    【2】遊 45 福本
【3】二
40 石井()  【3】三 31 吉村
【4】一
60 中村    【4】捕 77 小田嶋
【5】左
58 宮地    【5】左 6 中根
【6】右 
1 高山    【6】一 77 七野
【7】捕
46 野田    【7】中 56 小池
【8】遊
59 水田    【8】右 64 南
【9】投
38 トモキ   【9】投 43 横山

【1表】赤田センター前ヒット。玉野セカンドゴロ2塁送球、赤田アウト。石井
()遊ゴロ。
    中村センターフライ。
【1裏】北川
四球。福本 空振り三振。吉村レフト線2塁打。小田嶋ライトフライ。

【2表】宮地センターフライ。高山ライトフライ。野田サードゴロ。
【2裏】中根レフト前ヒット。七野
遊フライ。小池レフトフライ。南 三振。

【3表】水田
空振り三振。トモキ 三振。赤田 二遊間レフト前ヒット。玉野 空振り三振。
【3裏】横山
三振。北川 空振り三振。福本 遊フライ。

【4表】石井
()センターフライ。中村センターフライ。宮地 空振り三振。
【4裏】吉村
三振。小田嶋レフト線2塁打。中根ライト前ヒット、小田嶋ホームイン。
    七野サードフライ。小池ライト前ヒット、中根3塁へ。南
三振。0−1湘南先制。

【5表】高山サードゴロ。野田
遊ゴロ。水田センター前ヒット。トモキ 遊ゴロ2塁送球、水田アウト。
【5裏】横山
三振。北川 四球。福本 投前犠バント、北川2塁へ。吉村 空振り三振。

【6表】
※守備交代 左 6 中根 00 河野 ・ 56 小池
    赤田センターライナー。玉野
空振り三振。石井()捕ファールフライ。
【6裏】
※守備交代 三 33 玉野 65 カズ
    小田嶋
四球。河野 投前犠バント、トモキ1塁悪送球、小田嶋3塁へ。七野 空振り三振。
    小池レフト犠フライ、小田嶋ホームイン。南センターフライ。0−2湘南追加点。

【7表】中村
空振り三振。宮地レフトファールフライ。高山 右中間2塁打。野田 三振。
【7裏】
※守備交代 左 58 宮地 52 栗山
    横山
三振。北川 三振。福本レフト線2塁打。
    
※投手交代 38 トモキ 6回2/3 114 25 内薗
    吉村
空振り三振。

【8表】水田
空振り三振。内薗の代打61春日セカンドフライ。赤田 空振り三振。
【8裏】
※投手交代 25 内薗 0回1/3 5 26 星野
    小田嶋サードゴロ。河野ファーストライナー。七野
三振。
    
26 星野 1回  11

【9表】玉野セカンドゴロ。石井
() 三振。中村 空振り三振。
    
43 横山 9回 104               2時間36分

■横山先発のスタメン発表を見て一体誰が、散発の4安打無四球11奪三振104球完投完封での勝利をイメージ出来ただろうか?横山と共に
ヒーローインタビューに 立った横浜高校の後輩でもある小池選手に「横山さんが、こんなに良いピッチングをしているのを 初めて見たので、どうなるかと思った。」と言われてしまうほどの展開だ。本人まで、記憶にない出来とコメントしなくても・・・もっとも11−14の乱打戦の翌日なので・・・今日は、良かったと云うことで。
細かい場面で、2つの犠牲バンドを
いずれも初球に決めている。決められたトモキにとっては、悪送球と共に反省点。両投手には、次回の好投も期待したいところです。


2003年 8月26日 イースタンリーグ15回戦 湘南−西武(横須賀)報告者:シーレックスのFANさん

みなさん、観戦お疲れさまです。大味な乱打戦でしたが、・・・

8月26日
() 所沢ライオンズ 対 湘南シーレックス 開始18:00〜  横須賀スタジアム
 曇り/靄 風:ライト→レフト
悪天候の日は、南西風=右打者のホームラン風。
 観衆711名 主審:有隅
@濱野 B上本 記録員:野中

所沢‖000|300|611‖ 11
湘南‖010|052|51x‖ 14

シーレックスナビゲーターの
ケチャップが、涼んで貰いましょうとショートコントを 披露するが・・・
その後、スタンドにマイクを
持ち込んでの客席インタビュー。選手が、ベンチから出て応援に応える!
今日は、『ウグイス嬢体験デー』因みに
まだ募集してる様です。

 所沢          
湘南
【1】中
37 大友    【1】二 4 北川
【2】右 
9 赤田    【2】遊 45 福本
【3】三
10 高木()  【3】三 31 吉村
【4】一
60 中村    【4】一 77 七野
【5】二
40 石井()  【5】右 6 中根
【6】左 
1 高山    【6】中 00 河野
【7】捕
49 上本    【7】捕 57 鶴岡
【8】遊
59 水田    【8】左 51 田中()
【9】投 32 細見    【9】投 36 村西

【1表】大友レフト線ヒット。赤田セカンドゴロ2塁送球大友アウト。高木
()空振り三振。中村センターフライ。
【1裏】北川
空振り三振。福本1塁ゴロ。吉村センター前ヒット。七野 遊ゴロ。

【2表】石井
()センターフライ。高山 遊ゴロ。上本 遊ゴロ。
【2裏】中根センターフライ。河野
遊ゴロ。鶴岡サードゴロを 高木()エラー弾いた打球が、センターに
    転がる間に2塁へ。田中
()右中間2塁打(曇り空が薄暮となりライト・センター共に見失う)
    鶴岡ホームイン。村西
三振。0−1湘南先制。

【3表】水田
遊フライ。細見 三振。大友 四球。赤田2塁ゴロ北川そのまま2塁踏んでチェンジ。
【3裏】北川
三振。福本レフト線2塁打。吉村 空振り三振。七野1塁ゴロ。

【4表】高木
()ストレート四球。中村 空振り三振。石井()ライト前ヒット、高木()3塁へ。
    高山1塁フライ。上本
左中間2塁打、高木()ホームイン、石井()3塁へ。
    水田レフト前ヒット、石井
()・上本ホームイン、田中()本塁悪送球の間に 水田3塁へ。
    細見
三振。3−1所沢逆点。
【4裏】中根
空振り三振。河野ライト線2塁打。鶴岡レフトフライ。田中()セカンドゴロ。

【5表】
※守備交代 右 6 中根 59 小池
    大友1塁ゴロ。赤田セカンドフライ。高木
()空振り三振。
【5裏】
※守備交代 中 37 大友 52 栗山  右 9 赤田
    村西の代打
66木村 三振。北川レフト前ヒット。福本エンドラン、ショート追うもセンター前ヒット。
    北川3塁へ。吉村
四球、満塁。七野 四球、北川 押し出しホームイン、満塁。
    小池レフト前ヒット、福本ホームイン。
    
※投手交代 32 細見 4回1/3 105 43 水尾
    河野
四球、吉村 押し出しホームイン、満塁。鶴岡レフト前ヒット、七野・小池ホームイン、河野3塁へ。
    田中
()死球、満塁。代打66木村の代打29新沼 空振り三振。北川 遊ゴロ。打者11人、3−6湘南逆点。

【6表】
※投手交代 36 村西 5回  81 13 岡本
    中村
三遊間レフト前ヒット。石井()三振、中村盗塁死・三振ゲッツー。高山ストレート四球。
    上本レフトフライ。
【6裏】
※投手交代 43 水尾 0回2/3 17 25 内薗
    
※守備交代 三 10 高木() 33 玉野
    福本
四球。吉村 空振り三振。七野3球目、福本2盗成功、七野ライトフライ。小池 遊ゴロ水田エラー
    福本ホームイン。河野
左中間3塁打、小池ホームイン。鶴岡1塁ゴロ。3−8、5点差。

【7表】水田レフト線2塁打。内薗の代打
61春日 左中間2塁打、水田ホームイン。栗山 死球。
    
※投手交代 13 岡本  1回0/3 28 52 中野渡
    赤田ストレート四球、満塁。。玉野
死球、春日 押し出しホームイン、満塁。中村 遊内安打、
    栗山ホームイン、満塁。
    
※投手交代 52 中野渡 0回0/3 9 38 稲嶺
    石井
()の代打64犬伏サード・インフィールドフライ(ファール)。高山 右中間3塁打、赤田・玉野・中村
    ホームイン。上本の代打
46野田サードゴロ。水田 空振り三振。打者10人、9−8所沢逆点。
【7裏】
※投手交代 25 内薗  1回 22 66 福井
    田中
()の代打64 遊ゴロ1塁暴投。稲嶺の代打61武山 空振り三振。北川 1・2塁間ライト前ヒット。
    福本ストレート四球、満塁。
    
※投手交代 66 福井 0回1/3 17 48 竹下
    吉村サードゴロ、サード玉野
本塁送球、南アウト。
    七野の代打
26小田嶋ライトオーバー3塁打、北川・福本・吉村ホームイン。小池レフト場外2ランHR、
    第7号。河野1塁ゴロ。9−13湘南逆点。

【8表】
※投手交代 38 稲嶺 1回 17 19 杉本
    カズ
レフト前ヒット。栗山センターフライ。赤田 空振り三振。玉野センター前2塁打。中村サードゴロ
    吉村エラー、カズ
ホームイン。竹下の代打58宮地1塁ゴロ。10−13
【8裏】
※投手交代 48 竹下 0回2/3 11 63 竹内
    鶴岡1塁ファールフライ。南レフト場外ソロHR、杉本の代打
69渡辺 遊ゴロ。北川 空振り三振。
    10−14
    
63 竹内 1回 15

【9表】
※投手交代 19 杉本 1回 19 20 木塚
    高山
遊フライ。野田 レフトポール際ソロ 第7号。水田 空振り三振。カズ 空振り三振。 空振り三振。
    11−14
    
20 木塚 1回 24

■両軍併せて四死球12、エラー5個、選評なんて・・・逆点に継ぐ逆点、約4時間の試合。
所沢12安打11得点・湘南13安打14得点、四死球とエラーが、火に油を
注いだ試合でした。
まあピッチャーは、災難だけどある意味盛り上がるゲーム展開でもあるんですよね。打撃戦て!


2003年 8月24日 イースタンリーグ17回戦 ヤクルト−西武(戸田)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2003年8月24日 ヤクルト−西武 17回戦

P戸田(ヤクルト9勝8敗)

 
西  武 000 002 101│
 
ヤクルト 100 030 10x│

 勝 河 端 1勝1敗0S 登板8
 S 成 本 0勝0敗3S 登板9
 負 小野寺 1勝6敗0S 登板12

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 大 友 321 右安    空振    四球    中安
  1 星 野 000
  H7栗 山 100                      見振
  H8赤 田 300 三犠    右飛    二飛    四球    遊ゴ
  C 平 尾 100 四球       右飛    四球
  1 トモキ 000
  H9高 山 210                   空振    右安
  B 中 村 520 空振       遊ゴ    左2 中飛    中安
  F 宮 地 311 左飛       左安    二ゴ    四球
  R 春 日 000
  1 前 田 000
  H 玉 野 100                         中飛
  D4石井義 422    二ゴ    見振    左犠    中安 左2
  A 野 田 420    二飛       右2 二ゴ    左安 四球
  E 水 田 510    遊ゴ       二ゴ    左2 右飛 遊ゴ
  @ 小野寺 200       三ゴ    空振
  5 カ ズ 200                   一ゴ 二飛
  犠盗失併残─────
  201113 36114

       回 打安振球責
  ●小野寺 5 247324
   トモキ 1 30300
   星 野 1 52000
   前 田 1 30100

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 野 口 330 右安    左2    四球    一安
  F 内 田 310 二ゴ    捕邪    左安
  7 橿 渕 000                   投犠
  B5ツギオ 312 中安    中飛    中犠    投飛
  G3宮 出 333 三安    四球    左本    中安
  D 畠 山 410 見振    遊ゴ    中安    中飛
  1 成 本 000
  H 牧 谷 300 遊ゴ       右飛 空振
  1 平 本 000
  1 小 森 000
  8 志 田 100                      遊ゴ
  A 米 野 200    二ゴ    空振
  2 福 川 200                見振    遊ゴ
  E 大 原 400    二ゴ    三ゴ    空振    空振
  @ 河 端 100    一ゴ
  H9本 郷 200             左飛 空振
  犠盗失併残─────
  23006 3195

       回   打安振球責
  〇河 端 5   203420
   平 本 11/3 93023
   小 森  2/3 20100
  S成 本 2   135121


  本塁打  宮 出(ヤ)7号A (5回 小野寺)
  二塁打  野 口(ヤ)    (3回 小野寺)
       野 田(西)    (5回 河端)
       中 村(西)    (6回 平本)
       水 田(西)    (7回 平本)
       石井義(西)    (9回 成本 タイムリー)
  犠 打  赤 田(西)    (1回 無死1塁 1走の大友が二進)
       橿 渕(ヤ)    (7回 無死1塁 1走の野口が二進 打球を処理した星
                    野の野選により打者走者の橿渕も生存)
  犠打失  内 田(ヤ)    (3回 無死2塁 捕邪飛で2走の野口を送れず)
       ツギオ(ヤ)    (7回 無死1、2塁 投飛、2走の野口が帰塁できず)
  犠 飛  ツギオ(ヤ)    (5回 1死1、3塁 3走の野口がホームイン)
       石井義(西)    (6回 1死3塁 3走の中村がホームイン)
  盗 塁  野 口(ヤ)    (1回 捕手は野田 打者は内田 二盗成功)
       野 口(ヤ)    (5回 捕手は野田 打者はツギオ 三盗成功)
       橿 渕(ヤ)    (7回 捕手は野田 打者は宮出 二盗成功 更に野田の
                    二塁悪送球により三進)
  失 策  野 田(西)    (7回 橿渕の二盗を刺そうとして二塁悪送球 橿渕が三
                    進)
  暴 投  小野寺(西)    (3回 2死1、2塁 2走の野口が三進、1走の宮出が
                    二進 打者は畠山)
  野 選  星 野(西)    (7回 無死1塁 橿渕の投前バントを2塁送球)
  併 殺  西 武      (7回 ツギオ 無死1、2塁 送りバントが投前小フラ
                    イになり2走の野口が帰塁できず 星野−水田)

  PL:萩原 1B:敷田 3B:名幸 公式記録:中村
  時間 3時間32分(13:00〜16:32)

得点経過
 1回裏(ヤ) 1死3塁からツギオが中前打               ヤクルト1点目
 5回裏(ヤ) 1死1、3塁からツギオがセンターへ犠牲フライ      ヤクルト2点目
       2死1塁から宮出が左越えツーランホームラン       ヤクルト4点目
 6回表(西) 無死2、3塁から宮地の二ゴロの間に           西  武1点目
       1死3塁から石井義がレフトへ犠牲フライ         西  武2点目
 7回表(西) 1死2塁から大友が二触中前打              西  武3点目
 7回裏(ヤ) 2死3塁から宮出が二遊間を破る中前打          ヤクルト5点目
 9回表(西) 2死1、2塁から石井義がレフト左へツーベース      西  武4点目


戦評
 やっと夏を思い出した本日のさいたま地方は午後3時に36.0℃を記録、あぢー。また、グラ
 ンドレベルでは52.0℃だそうです、もっとあぢー。
 試合の方はヤクルトが先制し西武が追いかける展開。西武は5回までヤクルト先発の河端に
 0点に抑えられるが、2番手の平本から3点を挙げ追撃ムード。更に4番手の成本を攻め、
 8回には無死満塁、9回には二死満塁の好機をつくるが、あと一本が出ず。ヤクルト辛勝。

選評
 
小野寺(西) 初めて見る小野寺の投球フォームはランナーがいないときは上げた左足がちょ
       っと止まりかける以外はクセのないフォームで、ランナーがいるときはヒザを
       軽く曲げ、グラブを体から離してセットポジションをとるフォーム。ときどき
       高めにスッポ抜ける球も見られたが、比較的低めにコントロールされていた。
       組み立てはストレート中心でスライダーを織り交ぜる印象。ヤクルト打線を4
       回まで1点に抑えたが、5回先頭の本郷に14球も粘られると疲れが出たか、一
       気に3点を奪われてしまった。また、2ストライクまでは追い込むが、仕留め
       るのに四苦八苦する場面が多く見られた。これというウイニングショットの開
       発が必要か。

 
野 田(西) 本日のA級戦犯。打つ方では2安打も肝心の守る方でミス。5回には野口をノ
       ーマークにしてしまい簡単に三盗を許し、7回には無死1、2塁のピンチを相
       手のミスで2死1塁にしてもらったのにエラーを犯す。そして、この両方が点
       に結びついてしまう。結果論だが1点差だったことを考えると痛い。

 
苫 篠(西) 三塁コーチ。2点差の7回、無死1、2塁から野田の左前打で宮地の代走の2
       走の春日を突っ込ませず、無死満塁から水田の右飛でも春日を突っ込ませず。
       ランナーが代走の春日なのだから、多少リスキーでも突っ込ませた方が面白か
       ったのでは。


 
河 端(ヤ) 1回り目はストレート中心、2回り目は変化球中心で西武打線に対し5回を散
       発の3安打無失点の好投。サスガです。

 
内 田(ヤ) 打つ方では送りバントを失敗し、守る方では水田の頭上を越えるレフトフライ
       に追い付いてグラブに当てながらも二塁打にしてしまうと橿渕と即交代させら
       れてしまう。梶本との高卒2年目コンビ、ちょっと成長が乏しいか。

追記
 この夏、最高の暑さということで戸田の閑古鳥がグレードアップしてしまうことが危惧され
 たが、スタンドも一塁側フェンスも、そして、土手もかなりの人手。戸田というと試合中よ
 り試合前の方が人手が多いという不思議な球場だが、ヤクルトファンの人もそうでない人も
 『野球を見に』戸田に行きましょう!


2003年 8月24日 ウエスタンリーグ 7回戦 ダイエー−阪神(北九州市民球場)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

8/24 雁の巣ホークスVS鳴尾浜タイガース(於:北九州市民球場)

鳴尾浜 080 105 001 15
雁の巣 005 001 100 7

鳴 加藤隆行(4回)−伊代野貴照(1回)−○中林佑輔(3回)−新井智(1回)
雁 ●神内靖(4回)−輝(2回)−松修康(2回)−飯島一彦(1回)

ホームラン
大野隆治満塁(3回・加藤)
辻武史ソロ(6回・中林)


神内靖、2回に突如乱れて8失点。結局4回9失点。
加藤隆行も3回に5失点。高卒2年目の両先発、今イチ…。
その後の投手もピリッとせず、4時間超の試合に。
辻武史、狩野恵輔が4安打。
一軍はいずれも首位も、けが人続出で二軍はメンバーが薄い状況。
もし日本シリーズで対戦する場合、今日見た選手で出場できるのは誰か?


この試合の詳細は、拙サイトのレポートをご覧いただければ幸いです。
http://hidenao.hp.infoseek.co.jp/


2003年 8月24日 イースタンリーグ15回戦 湘南−巨人(釧路市民球場)報告者:ゆうさん(HP:GIANTS応援サイト〜常勝ジャイアンツ☆☆☆

湘南シーレックス 対 ジャイアンツ

8月24日に、釧路市民球場で行われたゲームの詳細です。
G党私が作っているため、湘南の選手に敬称がついてなかったり、ジャイアンツのことを中心に書いてます。
ご了承くださいm( _ _ )m

8:30頃に球場着。開場が9:30だったので1時間くらい待ってやっと開場。
開場するころ、ジャイアンツの選手が球場入り。
バスに乗ってる黒田さんの姿発見!! 黒田さんだけが、窓を開けていたのでハッキリと確認できました。

3塁側の1番前の席を確保して、バッティング練習と守備練習を見学。
元木さんの姿に、観客は悲鳴に近い歓声!!
そんな中、元木さんは一人で黙々と走ってました。
次に人気があったのが、黒田さんと長田くんでした。
黒田さんは結構笑顔で応えてる感じに対して、長田くんは無反応って感じかな?
ルーキーとベテランの差かな!?
その歓声を横目に、湘南シーレックスのマスコット、レックくんが“ゲッツ&ターン”をやって喜んでました(笑)
“ゲッツ&ターン”は、ヤクルトのツバクローくんのお家芸かと思ったんですが、そうでもないみたいですね(^o^;
あと、一緒に観戦した親戚の子供と、湘南シーレックスの選手と写真を撮って貰いました。
しかも、ジャイアンツのユニ着て(汗)

バッテリー発表 先攻のジャイアンツが木村-入野 後攻の湘南シーレックスが吉見-小田島

ジャイアンツの選手が、円陣を組んで気合入れてるのかと思ったら、何やら笑っている・・・
なしたんだろ!?って、思ったら元木さんが、『入野が、寒いから風邪ひかないように!!だってぇ〜〜(笑)』って、笑いながら聞こえなかった選手に教えてたのが、私の方にも聞こえてきました♪

市長挨拶、両監督に花束贈呈。(監督から花束を受け取りに行ったのは長田くんでした) などのセレモニーがありました。

1回表:堀田さんのヒット!! 山下くんが送りバント。 But・・十川さん、三浦くんが三振で2塁に1者残塁。
1回裏:北川ファーストゴロ。小池HIT。しかし、小池が盗塁失敗!!吉村が三振

2回表:吉川くんが三振したあと、黒田さんが2ベースヒット(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆
そのあと、大須賀くんがファールフライ・・入野くんが三振でこの回も2塁に1者残塁( ̄□ ̄;)!!
2回裏:七野がピッチャーゴロ 小田島が三振 河野がセンターフライ で、三者凡退

3回表:木村さんがセンター前ヒット!! 堀田さんが送って、山下君がタイムリー2ベースヒットで先制(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆ 十川さんに対して吉見がワイルドピッチ!!その際に、2塁にいた山下君が3塁へ!!
そして、十川さんがタイムリーヒット\(^O^)/ 続く、三浦くんがレフト前ヒット!!しかし、吉川くん、黒田さんがセンターフライに倒れて2者残塁・・・。   2対0
3回裏:田中がセカンドゴロ。福本がレフト前ヒット!!吉見が送りバントを決めたけど、北川がレフトフライ。

4回表:大須賀くんがセンターフライ。入野くんがライトフライ。木村さんが三振・・・と、三者凡退( ̄□ ̄;)!!
4回裏:小池に四球。吉村がピッチャーゴロの間に小池が2塁へ。七野が四球。
しかし、小田島がピッチャーゴロのゲッツー

5回表:堀田さんがヒット!!山下君が送りバント。十川さんがセカンドゴロの間に堀田さんが3塁へ。しかし、三浦くんが見逃しの三振( ̄□ ̄;)!!
5回裏:河野、田中が三振。福本が2ベースヒット。吉見にタイムリー2ベースを打たれる( ̄□ ̄;)!!
小田島がレフトフライ。  2対1

レック君が、アナウンサー室に休憩!?に入る際に、頭がドアに挟まって中々入れないで悪戦苦闘してました(爆)

6回表:吉川君が2ベースヒット!!黒田君が送りバント失敗(>_<)!!大須賀くんの代打に元木さんが登場!!で、場内に歓声(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆ しかし、ストレートの四球(半ば、敬遠か!?)。入野くんの代打、山本くんが見逃しの三振。木村さんがショートゴロで2者残塁・・・
6回裏:小池がセンターフライ。吉村が三振。七野に四球。小田島がヒットで1.3塁。
慌てて山本君が木村さんに駆け寄る!! それで落ち着いたのか、河野を三振に抑える!!

7回表:吉見から中野渡に交代
堀田さんが三振。山下くんが腕にデッドボール( ̄□ ̄;)!!かなり、痛そうでした・・。
十川さんがセカンドフライに倒れた後、三浦くんがタイムリー2ベースヒット(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆
吉川さんが四球。その後、黒田さんがファーストライナー・・。
7回裏:田中がショートゴロ。福本がライトフライ。中野渡に代わって、武山がサードゴロ。サードに元木さんが入っていたので、大盛り上がりでした♪ 3対1

8回表:代打に出た武山に代わって、ピッチャー木塚。
元木さんがライトフライ。山本くんの代打に加藤君・・が、レフト前ヒット!! 木村さんが三振。加藤君が盗塁( ̄□ ̄;)!!
8回裏:北川ヒット。小池がダブルプレー。吉村がピッチャーゴロ。

5042人の来場と発表!!

9回表:堀田さんがヒット!!山下くん、バントしようとしたけど追い込まれてヒッティングに変えたら、見事にヒット!!
十川さんもバントをしようとして、追い込まれてヒッティングに変えて、見事なタイムリースリーベースヒット(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆その際に、
十川さんが滑り込んで腕か肩に負傷を負った模様( ̄□ ̄;)!!
三浦くんが三振。吉川くんがエラーで出塁。でも、黒田さんがショートゴロでWプレー( ̄□ ̄;)!!
9回裏:元木さんに代わって、サードに長田君が入る。
七野がこの試合両軍初のホームラン!!
反撃かと思われたけど、小田島がショートライナー。河野がサードフライ。田中が三振でゲームセット!! 5対2

バスに乗り込んだ
十川さん・・・かなり、包ぐるぐる巻きでした。
肩かな???脱臼したのかな???心配です。
早く治る事を祈っております☆彡

◆補足情報◆
釧路の試合で負傷した十川孝富、2日後の岐阜長良川球場での
対浦和マリーンズ戦(当日降雨中止)でスタメンに名を連ねて
おり、大事には至らなかった模様ですね。by@白にゃんこさん

2003年 8月24日 イースタンリーグ19回戦 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:みつともさん/いかさん

みつともさん編

8月24日(日)ファイターズスタジアム鎌ヶ谷のイースタンリーグ公式戦、日本ハムファイターズ−千葉ロッテマリーンズ 19回戦は16−8で日本ハムファイターズが勝ちました。

                     R  H E
千葉ロッテ 080 000 000 ・・ 8  9 2
日本ハム  103 161 40x ・・16 21 1

○ 勝利投手 シールパック 1勝1敗
● 敗戦投手 井 上 貴  2勝1敗
HR 本塁打 渡 邉   12号 高 木@ 1回2死 (日本ハム)
       塀 内    1号 神 島B 2回1死 (千葉ロッテ)
       小谷野   12号 高 木@ 3回無死 (日本ハム)
       飯 山    7号 井上貴@ 4回2死 (日本ハム)
       阿久根    1号 井上貴B 5回無死 (日本ハム)
       阿久根    2号 黒木知B 7回2死 (日本ハム)

試合は真夏の暑さも手伝って、投手陣崩壊の、打撃陣打ちまくりの壮絶な展開。1回日本ハムが渡邉の先制ソロで1点リードも、2回日本ハム・先発の岩本が死球、四球ときてここから代田がタイムリーツーベース、於保が2点タイムリー、辻が繋いで丸山タイムリー、早坂もタイムリーの5連打で5失点、代わった神島も塀内にスリーランでこの回8失点と2回で敗戦ムード全開。ところが、首位を行く日本ハムは、優勝した年と似たパターンの「何点差でも追いつく」を再現する。まずは、3回、私が思うに「ちょー絶好調」の小谷野が今週もセンターバックスクリーン右に一瞬で届く第12号ソロホームラン、飯山、渡邉の連打、藤島の打撃妨害で満塁として林がライトオーバーのタイムリー、荒井の内野ゴロでこの回3点、8−4に。4回日本ハムは、飯山がセンターへの大きい飛球、これが伸びて、伸びてそのままバックスクリーンに入るソロホームラン!降格後、長打にも磨きがかかっている飯山のソロで8−5。5回日本ハムは藤島がエラーで出塁、林が繋いで1、2塁から阿久根が「弾丸ライナー」とはこのこと、という特大のスリーランで遂に7点差を追いついて8−8の同点。さらに2死1、3塁から飯山がセンターを越える2点タイムリースリーベースで勝ち越し10−8。6回には1死2、3塁から野中の犠牲フライ、そして圧巻は7回、千葉ロッテのマウンド上が黒木知だったが、飯山四球、渡邉ヒットで藤島がタイムリーツーベース。ランナーを2人残して先程特大弾の阿久根が、この打席もストレートを「ちょージャストミート!」はまたもスリーランで16点目。投げても神島以降を6人の投手リレーで千葉ロッテに8点目以上を与えず、逆転勝利。2位湘南がヒタヒタと迫っているが今週末の首位攻防戦へ、日本ハムの暑い夏が続く。

それにしても黒木知投手が相手チームとはいえ、打ち崩したとはいえ気になる。ファームではロッテ浦和で以来の大量の「ジョニー」コールを背にマウンドも、7回にタイムリー、被弾で4失点。一部報道などで「今季1軍絶望」の報道があったとか、なかったとかだが、並みの「故障した1軍選手」というだけでは終わらないだけに、内容が気になる。





みつともさん編

本日は鎌ヶ谷球場まで鎌ヶ谷対浦和戦の観戦に行ってまいりました。
暑さで投手陣はバテているのでしょうか?思わぬ乱打戦でした。
ロッテの応援団が「応援団が来た試合は10何連敗してるので、今日は
是が非でも勝ちます」と言ってましたが、ジンクス通りになりました。
きょうの試合はみつともさまもご観戦だったのですね。

■岩本勉(鎌ヶ谷)
先発でしたが、よくなかったです。球が高めに浮いて連打を浴びてい
ました。四死球から崩れましたが、コントロールがダメで、序盤から
メッタ打ちを食らう。今年ももうだめか?

■黒木知宏(浦和)
惨敗気味の7回に登板してファンの大喝采を浴びましたが、インコースで
カウントが取れず、阿久根に特大の3点本塁打。2回4失点と内容も悪い。
簡単に0-2にしてしまうなど、ボール先行では苦しいです。

■野村貴仁(鎌ヶ谷)
選手名鑑に載っていないのでびっくりしました。今シーズン開幕直前に移籍
したのですね。

■藤島誠剛(鎌ヶ谷)
イースタン本塁打100本。鎌ヶ谷の4番は大抵この選手ですが、右の代打
としてなら手を挙げる球団もあるはず。年齢もあるのでトレードで新天地
に移ったほうがいいのでは?せっかくの長距離砲なのに一軍での出番が
少なくて残念です。勿体無いといつも思います。


元木選手ですが、北海道でも相変わらずだらだらプレーのようですね。
巨人の内野はただでさえ、清原、ペタ、二岡、仁志、江藤、川相といて、
若手では川中、三浦貴、福井、鈴木尚もいる。しかも、今年のV逸でフロントが
鳥谷(早大)や松井(西武)獲得に乗り出せば、元木の居場所は
このままなくなってしまうかもしれません。


2003年 8月23日 イースタンリーグ14回戦 湘南−巨人(帯広)報告者:くまぶうさん ※翌日24日同試合含

S−G@帯広・釧路

はじめまして。いつも拝見しております。
どこファンでもないけど「川崎」ジャイアンツばかり見ている札幌の人です。
プレーについて細かい事は書けませんが雰囲気だけでも伝わればと思います。

2泊3日で回ってきましたが、土曜の帯広は30度、日曜の釧路は16度と気温差が激しく、選手の皆さん風邪などひいてないか心配ですね(^_^;

■23日
ジャイアンツは守備の乱れが多く谷投手が足を引っ張られ踏ん張りきれず。打でも2併殺・・・終盤に追い上げを見せましたが届かず。
既出ですが山下選手、守備・打撃に活躍の2日間でしたね!
シーレックスはクリーンナップを中心に長打が目立ちました。相手のミスを逃さない攻撃で8安打7点。
また、根市投手の投球が武山選手のヘルメットをかすめ、危険球で退場になってしまいました。

■24日
シーレックス吉見投手2軍にいる場合じゃないんですけど・・・先月1軍で観たばかりなのに。打者一巡したらいきなり打ち込まれたのが先月のカープ戦とまるで同じ印象です(-_-;
一方ジャイアンツは中濱選手故障だそうで、23日打てなかった吉川選手を5番に、そして4番に三浦選手!!また、前日エラーした選手もがっつり入れ替えられ、厳しいスタメンでした。
北海道出身の堀田選手が3安打など二桁安打したが、残塁も多かったです(^_^;
木村投手は完投勝ち。初スタメンとなった入野選手とは、不慣れで呼吸が合わないのか間合いが心なしか長く感じられました。

おまけ
外見に似合わず腰のキレ抜群のダンスを見せてくれるレック君ですが、今回も松浦亜弥とカントリー娘。の振り付けで笑わせてくれました。いいキャラですね。

お粗末な書込みで失礼いたしましたm(_ _)m
来週末の富良野・栗山もがんばって足を運ぼうと思います。富良野は当日券販売しないそうなので、行かれる方(いるのかな〜)注意して下さい。私は取り寄せました(;_;)


2003年 8月23日 イースタンリーグ14回戦 巨人−湘南(帯広森野球場)報告者:かっとばせ植松さん/@白にゃんこさん(補足)

かっとばせ植松さん編

川崎−湘南(北海道帯広)

8月23日(土)帯広の森野球場の試合結果です。
初めて投稿させていただきますが、帯広では1年に1度程度のイースタンですので
次の投稿は1年後?(笑

川崎ジャイアンツ 000 001 003 4
湘南シーレックス 003 100 30X 7
G谷-根市いきなり危険球で退場-酒井
S後藤-杉本-土居

本塁打なし 観衆6000人

■元木大介(巨)&山下浩宜(巨)
元木の代走で出た山下が守備で2つのファインプレー
だらだらで元気なしの元木に比べて元気いっぱいでした。






@白にゃんこさん(補足)編

■参考記録です(^^;;;
■8月23日 湘南シーレックス−川崎ジャイアンツ(帯広の森野球場)第14回戦<成績編>

皆様お疲れ様です(^o^)
※本日は一応、観戦では有りませんが公式記録を参考ということで…流石に帯広は遠いので(汗

 23日 帯広の森野球場 第14回戦 7勝7敗
                    RHE
 ジャイアンツ 000 001 003 94
 
シーレックス 003 100 30X 81

 <湘 南>○後藤伸也(7勝4敗14試合、7回)杉本友(1回)土居龍太郎(1回)−鶴岡、新沼
 <川 崎>●谷浩弥(6勝4敗20試合、6回)根市寛貴(0/3)酒井順也(2回)−加藤

 <川崎ジャイアンツ>
      打安点
(中)堀 田300
(遊)長 田420
(二)元 木310
走二 山 下110
(一左)吉 川400
(三)三 浦321
(右)高 野200
 投 根 市000
 投 酒 井000
 打 山 本100
(捕)加 藤300
 打 大須賀110
(投) 谷 210
打一 十川孝212
(左)山 田300
 打 黒 田100

 川崎投手成績
      回 安 失
 谷 浩弥 6 5 3
 根市寛貴 0/3 0 0
 酒井順也 2 3 2


 <湘南シーレックス>
(二)北 川410
(右)小 池100
(三)吉 村310
(一)七 野423
(中)河 野422
(左)田中充410
(捕)鶴 岡310
打捕 新 沼100
(遊)木 村300
(投)後 藤101
 打 武 山000
 投 杉 本000
 打  南 100
 投 土 居000

 湘南投手成績
 後藤 伸也 7 5 1
 杉本 友  1 0 0
 土居龍太郎 1 4 3

 <二塁打>
  七 野
  三 浦
  十川孝
 
 <盗 塁>
  堀 田
  田中充

 <失 策>
   谷
  加 藤
  高 野
  山 田
  後 藤
 
 <暴 投>
  後 藤

■元木大介(巨)
かっとばせ植松さん、あわてんぼーさん(下記の試合:2003年 8月21日 イースタンリーグ17回戦 ロッテ−巨人(ロッテ浦和))が書かれていますが…元木大介、このままではイカンですね。
彼も1軍に定着してしばらく経つので、このように川崎暮らしが長いのは(故障時期を除いては)久しぶりのことだと思います。川崎では若手がチャンスを窺い、原監督もそうした若手にすぐさまチャンスを与えるような起用法を採っているだけに、緩慢プレーが続くようですと次々と若手に追いつかれ、追い越されてしまうでしょう。
かつて、江藤智がFAで移籍してくる際に、
「ジャイアンツのサードには、俺が居る」
と言い切り、練習に励んでいた姿が思い起こされます。出来ることなら2軍の試合に駆けつけ、こんなところで腐るな!!と言ってやりたいです。


2003年 8月21日 イースタンリーグ17回戦 ロッテ−巨人(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時終了16時2分試合時間3時間2分
 球審橋本1塁深見2塁新屋3塁山崎公式記録員荒木
 ロッテ浦和(8勝8敗1分け)観衆400人
                 R H E 
 巨 人 010 013 201 14 1 
 
ロッテ 010 000 000  9 0

 勝ラ ス3勝1敗    本塁打 佐藤6号(2回左中間ラス@)
 負浅 間1勝3敗        堀田12号(5回左翼浅間@)
 2塁打 三浦(2回)山田(6回)斉藤(7回)大須賀(9回)
 盗塁 福澤(5回)三浦(7回)
 盗塁死 代田(2回)       
 ボーク 浅間、ラス(5回)
 失策 巨人1 吉川(3回)ロッテ0
 併殺 巨人1(長田−吉川)9回西岡
    ロッテ1(田中充−西岡−ユウゴー)8回山田 
 戦評                       
 今日の試合は巨人の良いところが目立った試合になってしまった。
 それにしてもロッテはどうしてしまったのだろう。開幕7連勝の勢いはどこへ? 


   打撃成績
   巨 人 打安点    ロッテ 打安点
 H8堀 田 331   G早 坂 510
  8山 本 000   C西 岡 410
  F山 田 413   F伊与田 410
  C元 木 200   D佐 藤 311
 R4長 田 200   D塀 内 400
  B吉 川 520  B9代 田 420
  G斉 藤 320   H於 保 200
 R5大須賀 110  H3ユウゴー210
 D9三 浦 533   A福 澤 320
  D十川孝 521   2金 澤 000
  A加 藤 400   E丸 山 400
 H2入 野 100   計    3591
  E山 下 300
  6黒 田 100
  計    39148

 投手成績
 巨 人   投回    投数 被安 四死 三振 自責 失点
○ラ ス   7    109  6  2 10  1  1
 條 辺   1     16  2  0  0  0  0
 酒 井   1     16  1  1  0  0  0
 ロッテ   投回    投数 被安 四死 三振 自責 失点
●浅 間   6     89  8  4  2  5  5
 長 崎   1     14  3  0  0  2  2
 田中充   1      9  1  0  0  0  0
 鈴 木   1     20  2  0  2  1  1


 あわてんぼーが選ぶ今日最も活躍した選手と注目の選手

 今日最も活躍した選手
■三浦貴(巨)
 今日先制のタイムリー2塁打と7回には2点タイムリーと3打点。彼のことを書き込むのは東京ドームで行われた西武戦以来だが、以前と比べて力強さが増しプロらしいバッティングに・・・。
 問題は守備のほうだが内野登録だが外野も守る。7回福澤の打球をダイビングキャッチを試みるもわずかに及ばず。
 チャレンジすることは大変良い事だが怪我をしては何にもならない。幸い大事には至らなかったがそこらへんの状況を考えてほしい。
 
 今日注目した選手
■ゲーリー・ラス(巨)
 今日巨人の先発投手。今日のピッチングは7回109球、被安打6奪三振10となかなかの出来。
 しかし、ロッテ相手というのを考慮するとこれくらいのピッチングは当然か。

■條辺剛(巨)
 今日8回から登板したがはっきりいって良くなかった。ストレートがあまり早く感じられず1軍では当分お目にかかれそうにない。
■酒井順也(巨)
 彼は、まだ條辺投手よりは良かった。ストレートも條辺投手よりは速く感じられ彼のほうが今年中の1軍昇格はありえる。

■元木大介(巨)
 今日彼を観たのだが精彩がない。調整で2軍に落ちたなら今年中の1軍復帰もありえるが、それ以外の理由で2軍に落ちたとしたら当分1軍には上がって来ないであろう。

■浅間敬太(ロ)
 ロッテの先発投手は彼。ヤクルトの五十嵐亮太投手の後輩であるが五十嵐投手みたいに球は速くない。
 6回を投げて5失点。高校を出て日がまだ浅いという点を考慮すればまずまずといったところか?
 しかし、先頭打者を2回四球で歩かしてしまうあたりそこらへんはいただけない。
 
■福澤洋一(ロ)
 彼には悪いがまだ現役でがんばっていたなんてびっくり。
 今日は2安打と活躍した。これからもがんばって1軍で活躍してほしい。


■先攻巨人
■後攻ロッテ

■1回表(ロッテ投手浅間、捕手福澤)堀田四球、山田投前送りバント成功で堀田2塁進塁、元木右邪飛、吉川三振(巨人0)
1回裏(巨人投手ラス、捕手加藤)早坂、西岡ともに三振、伊与田二塁ゴロ(ロッテ0)
■2回表 斉藤四球、三浦左中間2塁打で斉藤生還、十川孝三振、加藤右飛、山下三塁ゴロ(巨人1)
2回裏 佐藤左中間本塁打、塀内三振、代田右前安打、於保の時代田2塁盗塁失敗、結局於保は三振(ロッテ1)
■3回表 堀田左前安打、山田遊ゴロで6−4とわたり堀田2塁フォースアウト、元木二飛、吉川右飛(巨人0)
3回裏 福澤投ゴロ、丸山三振、早坂一塁ゴロ失で2塁進塁、西岡投前バント安打で1,3塁、伊与田遊ゴロ(ロッテ0)
■4回表 斉藤中前安打、三浦右飛、十川孝中飛、加藤右飛(巨人0)
4回裏 佐藤中直、塀内二塁ゴロ、代田三塁ゴロ(ロッテ0)
■5回表 山下右飛、堀田左翼越え本塁打、山田右飛、元木四球(巨人代走長田)吉川の時投手浅間のボークで長田2塁進塁、結局吉川は三塁ゴロ内野安打で1,3塁、斉藤二塁ゴロ(巨人1)
5回裏(巨人二塁長田)於保遊ゴロ、福澤左前安打、丸山三振、早坂の3球目福澤の2塁盗塁成功とその直後に投手ラスのボークにより3塁進塁、早坂は結局三振(ロッテ0)
■6回表 三浦中前安打、十川孝左前安打で1,2塁、加藤送りバントも捕邪飛、山下右飛、堀田四球で満塁、山田左翼線2塁打で三浦、十川孝、堀田生還、長田左飛(巨人3)
6回裏(巨人山下に代わり遊撃黒田)西岡四球、伊与田三直、佐藤四球で1,2塁、塀内三振、代田左飛(ロッテ0)
■7回表(ロッテ投手長崎)吉川右前安打、斉藤左中間2塁打で2,3塁(巨人斉藤に代わり代走大須賀)三浦中前安打で吉川、大須賀生還、十川孝の時三浦2塁盗塁成功、結局十川孝は左飛、加藤投ゴロ、黒田三塁ゴロ(巨人2)
7回裏(巨人右翼から中堅堀田、三塁大須賀、三塁から右翼三浦)於保に代打ユウゴー、福澤ともに中前安打で1,2塁、丸山、早坂ともに三振、西岡二塁ゴロ(ロッテ0)
■8回表(ロッテ投手田中充、一塁から右翼代田、一塁ユウゴー、福澤に変わり捕手金澤)堀田右前安打、山田投ゴロで1−4−3とわたる併殺、長田一塁ゴロ(巨人0)
8回裏(巨人投手條辺、堀田に代わり中堅山本)伊与田左前安打、佐藤右飛、塀内一塁ゴロで3−6とわたり伊与田2塁フォースアウト、代田中前安打で1,2塁、ユウゴー三塁ゴロ(ロッテ0)
■9回表(ロッテ投手鈴木)吉川三振、大須賀右中間2塁打、三浦中直、十川孝左前安打で大須賀生還、加藤に代打入野)三振(巨人1)
9回裏(巨人投手酒井、捕手入野)金澤四球、丸山中飛、早坂右前安打で1,2塁、西岡二塁ゴロで4−3とわたり併殺(ロッテ0)


  ■掲示板@2軍愛■