【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2003年11月 8日 プロ・アマ交流戦 イースタン合同チーム−日立製作所(ジャイアンツ)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2003年11月8日 秋季プロ・アマ交流戦 イースタン混成チーム−日立製作所 5回戦

Dジャイアンツ(イースタン混成チーム4勝1敗)

 
日立製作所 130 400 300│11
 
イースタン 000 001 000│

 勝 大 林 1勝0敗0S 登板1
 負 酒 井 0勝1敗0S 登板2

 
【日立製作所】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 白 見   622 二失 中2 空振 空振       二安 二ゴ
  G 丸 山   521 投ゴ 中飛    中安 左2    遊ゴ
  9 大 城   000                         四球
  D 鈴 木   221 左2 中3    四球
  HD末 岡   200             投犠    一失    右飛
  F 嶋 田   300 四球 遊ゴ    四球 二直    右飛
  8 中 尾   100                         遊併
  E 寺 田   312 右犠    遊ゴ 左安 遊ゴ
  6 黒 羽   111                   右安
  B 田 中   521 見振    中安 三ゴ    二ゴ 右安
  C 砂 塚   321    空振 右安 右安
  4 高橋啓   200                空振 二ゴ
  A 高 倉   200    死球 見振 空振
  2 宮 田   200                遊ゴ    遊直
  2 福 永   000
  H7 隅    542    二安 三安 左安       右2 左飛
  犠盗失併残───────
  212211   421611

         回 打安振球責
   奥 原   4 153210
  ○大 林   3 131421
   市 原   2 61100

 
【イースタン】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 内 田(ヤ) 400 二ゴ    遊ゴ       空振 二飛
  G 早 坂(ロ) 330 右安    中安       四球    左安
  D 石井義(西) 400 二ゴ    遊併       左飛    左飛
  D 中 濱(巨) 200    三失    左飛
  HD鮫 島(ヤ) 211                左2    遊併
  B 七 野(湘) 210    右安    遊飛
  3 池 田(日) 200                空振       遊飛
  H 本 郷(ヤ) 200    四球    一ゴ       二ゴ
  H 横 川(巨) 100                         空振
  E 水 田(西) 200    三ゴ       空振
  4 大 塚(ヤ) 200                   右飛    三ゴ
  A 鶴 岡(日) 200    空振       中飛
  2 入 野(巨) 000                   死球
  C6丸 山(ロ) 300    空振       空振    二失
  犠盗失併残───────
  00216   3151

         回 打安振球責
  ●酒 井(ロ) 2 134223
   福 井(西) 2 157424
   小 森(ヤ) 2 71100
   稲 嶺(湘) 2 114001
   本 間(ヤ) 1 30010

   ※他のベンチ入り野手 なし
   ※一塁コーチ 福王(巨)
    三塁コーチ 屋鋪(巨)

  三塁打  鈴 木(日) (2回 酒井 タイムリー)
  二塁打  鈴 木(日) (1回 酒井)
       白 見(日) (2回 酒井 タイムリー)
       丸 山(日) (5回 小森)
       鮫 島(イ) (6回 大林)
        隅 (日) (7回 稲嶺)
  犠 打  末 岡(日) (5回 無死2塁 2走の丸山が三進)
  犠 飛  寺 田(日) (1回 1死満塁 3走の丸山がホームイン、2走の鈴木が三進)
  盗 塁  丸 山(日) (4回 捕手は鶴岡 打者は鈴木 二盗成功)
  失 策  丸 山(イ) (1回 白見の二ゴロをファンブル)
       白 見(日) (2回 中濱の三ゴロをファンブル)
       池 田(イ) (7回 末岡の一ゴロをファンブル)
       高橋啓(日) (7回 丸山の二ゴロの送球のときボールが手に付かず)
  盗塁死  早 坂(イ) (1回 牽制球で誘い出され二塁で憤死 奥原−田中−寺田)
  暴 投  大 林(日) (7回 2死1塁 1走の入野が二進 打者は丸山)
  併 殺  日立製作所 (3回 石井義 1死1塁 寺田−砂塚−田中)
       日立製作所 (8回 鮫島 1死1塁 黒羽−高橋啓−田中)
       イースタン (9回 中尾 1死1塁 丸山−丸山−池田)

  PL:牧田 1B:杉江(アマ) 2B:萩原 3B:桜井(アマ)
  時間 2時間44分(11:58〜14:43)

得点経過
 1回表(日) 1死満塁から寺田がライトへ犠牲フライ         日立製作所1点目
 2回表(日) 1死1、2塁から白身が右中間を破るツーベース     日立製作所3点目
       2死2塁から鈴木が右中間を破るスリーベース      日立製作所4点目
 4回表(日) 無死満塁から寺田が左前打               日立製作所5点目
       1死満塁から砂塚が一、二塁間を破る右前打       日立製作所6点目
       2死満塁から隅が左前打                日立製作所8点目
 6回裏(イ) 2死1塁から鮫島が左越えツーベース          イースタン1点目
 7回表(日) 無死1、3塁から丸山の二ゴロ(二塁封殺)の間に     日立製作所9点目
       2死1、3塁から黒羽が右前打             日立製作所10点目
       2死1、3塁から田中が一、二塁間を破る右前打     日立製作所11点目


戦評
 地方球場でさえ行っちゃうのに、実は初めて行くジャイアンツ球場。11月とは思えない陽気
 も手伝って、何も考えずに行った京王よみうりランド駅から球場まで続く二百八十余段の階
 段に試合前からノックアウト。
 試合の方は社会人との秋の6番勝負に、ここまで4戦負け無しだったイースタンだが、今日
 は日立製作所に序盤・中盤・終盤それぞれにビックイニングをつくられると、打つ方も奥原
 ・大林・市原のリレーの前に鮫島のタイムリー1本だけの散発5安打に抑えられ、完敗。

選評
 
奥 原(日) 右足を上げた後に左腕を垂直に降ろしてから投げる投球フォームの左のオーバ
       ースロー。ストレートスピードはそれほどでもないがギュンと落ちるタテの変
       化球が絶品(カーブ?)。2回の無死満塁のピンチはこれを武器に鶴岡、丸山を
       連続空振り三振に斬って取りピンチを脱出。
 
市 原(日) 上体を前かがみにして、まずお尻からキャッチャーに向かって行く独特な投球
       フォームの左のオーバースロー。十分に体重移動が行われている印象で球質は
       重そう。ちょっと初対戦では打てない感じ。
  
隅 (日) 今シーズン中に投手から外野手にコンバートされた模様。今日は足を使っての
       内野安打2本を含む4安打猛打賞!
 
丸 山(日) 中堅手として鶴岡の大きな大きなセンターフライをジャンプ一番で好捕!

 
池 田(イ) 途中からファーストに入ったが、打つ方では大林のタテの変化球に付いていけ
       ずにバットが空を斬り、守る方では@ちょっと回転がおかしかったが何でもな
       いゴロをファンブルA一、二塁間のゴロを深追いしすぎ一塁ベースをカラにす
       るという2つのミスを犯す(稲嶺の好ベースカバーにより事無きを得る)。得に
       Aはセカンドが普通に処理できるゴロであり、ナゼそんなにという感じ。状況
       判断ができていない。
 
福 井(イ) 今シーズンはフォームをいろいろといじくった1年だったが、今日は普通の2
       段モーション『風』(その前に2段モーションが普通じゃない気が…)。タイミ
       ングが取り易いのか2回で7安打を食らう。ただ、今日の試合が多少イベント
       的要素を含んでいるため、集中力に欠けていたのも事実か。
 横 川(イ) シーズン中は出場機会が無かった都立期待の星。9回に代打で登場すると巨人
       ファンからどよめきと歓声が起こる。バッティングフォームは至ってオーソド
       ックス。1打席しか見ていないので何とも言えないが、頑張れ!

おまけ
 
奥原(日)市原(日)の投球フォームの特徴がわかる写真をアップしました。リンクは↓。
http://homepage2.nifty.com/ogitiffany/hitachi.htm


2003年11月 7日 プロ・アマ交流戦 イースタン合同チーム−かずさマジック(浦和市営)報告者:りんごさん(HP:FRUIT BASKET

かずさ 000000200=2
全イ  02300000x=5

スタメン
かずさマジック
9 鬼崎
6 松枝
7 長尾健
DH 矢口
3 鈴木
2 河本
? 和田
8 林
? 沢井
先発投手…吉元

全イ
4 大塚
DH 喜多
8 寺本
2 辻
3 ユウゴー
7 本郷
6 塀内
5 青野
7 内田
先発投手…浅間

投手
かずさ…吉元-領家-今井
全イ…浅間-加藤-神田-田中良-長崎

得点経過
2回、全イ。ノーアウト満塁から
塀内青野が犠牲フライ(自責…吉元)
3回、全イ。
本郷押し出し四球で1点。塀内センター前タイムリーで2点(自責…吉元)
7回、かずさ。
矢口鈴木連続ソロホームランで2点(自責…神田)
…こんな感じです。。

かずさは安打数はソロホームランの2本のみでした。
全イは10安打でした。
先発
浅間は4回をノーヒットに抑える好投でした。
全イ、というか…ヤクルトの
本郷内田大塚以外はみんなロッテでした。。。


2003年11月 5日 プロ・アマ交流戦 イースタン合同チーム−東京ガス(戸田)報告者:ハマの大まささん(HP:横浜ベイスターズ・七野智秀選手応援サイト 700フィートのホームラン!

いつもここのサイトを見させていただいてます。「ハマの大まささん」と申します。
こちらの掲示板には3〜4年ぶり?2度目の書き込みになるかと思います。
いつも2軍情報をこちらのサイトでいただいてますので、今回はほんの少しでもお返しができるかもしれませんので、今日の試合結果を報告させていただきます。

ただ、きちんとしたスコアのつけ方を知らないので、ホントに簡単な書き方になってしまいます。その点はご了承下さい。


12時開始、14時05分終了。
東京ガス 000 001 000 
全  イ 000 000 20X 

投手東京ガス 敗・谷田部光司(7回)、徳村(1回)
イースタン 花田(3回)、本間(2回)、勝・小森(2回)、S・前田(2回)

東京ガススタメン
5奥田貴裕、4高橋大輔、3大野貴洋(元横)、7かん、DH上ノ山義治、9末定、8千里清高、2井上弘之、6藤井。途中出場 H新島珠英。

イースタンスタメン
8早坂圭介、6丸山泰嗣、9本郷宏樹、DH貝塚政秀、3ユウゴー、2田原晃司、5カズ、7内田和也、4大塚淳。
途中出場 2金沢岳、5青野毅、HDH鮫島秀旗。

得点経過
6回表 かんタイムリーヒットで1点。
6回裏 早坂2盗、3盗、丸山2盗と、計3盗塁を絡め2死満塁のチャンスに代打鮫島凡退。無得点。
7回裏 ユウゴー、金澤連続ヒット、青野四球でロッテ3人で作った無死満塁に、内田犠飛で1点。早坂タイムリーで1点。計2点。

以上です。

↑これは、「シーレックスメーリングリスト」に私が送信した原稿を、そのまま転載しております。

さて、7日(金)のかずさマジック対イースタン戦も観戦予定です。
開催地は市営浦和球場です。ロッテ浦和説もありましたが、今日戸田に行く前にロッテ浦和で球団関係者の方から直接お伺いしましたので、間違いないと思います。
あとは天気予報が気になりますが。

もし次回もお役に立てるようでしたら投稿いたします。それでは。
http://www.yb77.com/


2003年11月 3日 プロ・アマ交流戦 イースタン合同チーム−明治生命(ベイスターズ)報告者:ちゃぶさん

全イ 2−1 明治生命

(全イ)宇高−○富岡−千葉−稲嶺−S河原
(明治)●棚橋

(イ)小池レフトにソロ、中濱センター前タイムリー
(明)吉田 犠飛

小池正晃選手は昨日、今日とHRを打っていますね。右方向に打てるところが良いと思います。
1軍のキャンプ(やってますか?)に呼んであげても良いような気がします。
雨のためか巨人の
中濱裕之選手、三浦貴選手以外は湘南の選手だったようです。
(湘南の選手と巨人の三浦、中濱選手だけだったみたいですね。)
明治生命の棚橋投手がよく頑張りました。この機会に力を付け20数年ぶりの都市対抗に
出場して欲しいです。


2003年11月 2日 プロ・アマ交流戦 イースタン合同チーム−NTT東日本(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/みつともさん

ふんぼるとさん編

2003年11月2日 秋季プロ・アマ交流戦 イースタン合同チーム−NTT東日本 1回戦

@鎌ヶ谷(イースタン合同チーム1勝)

 
NTT東日本 000 000 100│
 
イースタン  103 000 10x│

 勝 小 森 1勝0敗0S 登板1
 負 江 口 0勝1敗0S 登板1

 【NTT東日本】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 小 原   420 一邪    左安       投ゴ    左安
  G 池 田   210 右2    四球       一邪
  H9檀 原   100                      左飛
  C  橋   410 右飛       三ゴ    左安       見振
  B キーナン    410 遊ゴ       中2    二ゴ       二ゴ
  D 酒 寄   410    左安    左飛       中飛    見振
  D 小 屋   300    一併    左飛       二ゴ
  H8池 葉   311    空振       見振    右本
  A 田中秀   200       一邪    遊ゴ
  H 飯 島   100                   左邪
  2 鈴 木   000
  E 日 野   200       見振    遊直
  H 佐 藤   100                      右飛
  6 諏 訪   000
  犠盗失併残───────
  01024   3171

         回 打安振球責
  ●江 口   5 238514
   小宮山   2 81111
   黒 田   1 31100

 【イースタン】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H5小 池(湘) 431 中2    一ゴ 右安       左本
  F 栗 山(西) 420 中安    右安 空振       空振
  C 福 本(湘) 211 左安    死球    投ゴ
  9 寺 本(ロ) 100                   左飛
  D 中 濱(巨) 413 三併    右本    中飛    三ゴ
  G 田中充(湘) 420 二ゴ    右安    空振       中安
  B 三 浦(巨) 400    一邪 空振       一飛    見振
  A 椎 木(西) 300    二ゴ    空振    投ゴ
  2 駒 居(日) 100                      投併
  D4山田憲(日) 210    左飛    左安    四球
  E 青 野(ロ) 300       右飛 空振    右飛
  犠盗失併残───────
  01015   32105

         回 打安振球責
   矢 野(日) 3 113210
  ○小 森(ヤ) 2 71100
   酒 井(ロ) 2 82001
   鈴 木(ロ) 1 31000
   長 崎(ロ) 1 30200

   ※他のベンチ入り野手 鶴岡(日)、池田(日)

  本塁打  中 濱(イ)1号B (3回 江口)
       池 葉(N)1号@ (7回 酒井)
       小 池(イ)1号@ (7回 小宮山)
  二塁打  小 池(イ)    (1回 江口)
       池 田(N)    (1回 矢野)
       キーナン (N)    (4回 小森)
  盗 塁  小 原(N)    (3回 捕手は椎木 打者は池田 二盗成功)
       山田憲(イ)    (4回 捕手は田中秀 打者は青野 二盗成功)
  盗塁死  小 原(N)    (3回 捕手は椎木 打者は橋 三盗失敗)
       小 原(N)    (8回 捕手は駒居 打者は橋 二盗失敗)
  暴 投  江 口(N)    (3回 2死1塁 1走の栗山が二進)
  併 殺  NTT東日本   (1回 中濱 1死1、2塁 酒寄−酒寄−キーナン)
       イースタン    (2回 小屋 無視1塁   三浦−青野−三浦)
       NTT東日本   (8回 駒居 1死1塁   黒田−諏訪−キーナン)

  PL:橋本 1B:古溝(こみぞ・アマ) 2B:山崎 3B:小泉(アマ)
  時間 2時間13分(12:00〜14:13)


得点経過
 1回裏(イ) 無死1、3塁から福本が左前打            イースタン 1点目
 3回裏(イ) 2死1、2塁から中濱が右中間へスリーランホームラン イースタン 4点目
 7回表(N) 2死無走者から池葉が右越えソロホームラン      NTT東日本1点目
 7回裏(イ) 無死無走者から小池が左中間へソロホームラン     イースタン 5点目

戦評
 先週の小泉総裁に続き、今日は白井駅前で安倍幹事長の街頭演説が行われたようだが、それ
 より何よりプロ・アマ交流戦。
 試合の方はイースタンが打つ方では初回にNTT東日本の先発の江口の立ち上がりを攻め、
 3連打で先制すると、3回には中濱のスリーラン、7回にはソロと理想的な展開で5点を挙
 げると、投げる方では5投手の継投でNTT東日本打線を池葉のソロ1発に抑え快勝。
 岡本監督は9回にロッテの守護神である長崎を投入する磐石の継投を披露。

選評
 
江 口(N) 左のオーバースロー。クセのない非常に素直な投球フォームながら、あまりス
       ピード感は感じられず。4回に椎木、青野、栗山から3つの空振り三振を奪っ
       たのは見事だが、3回に簡単に2アウトを取ってからヒットと死球でランナー
       を貯め、中濱に一発を食らったのは不用意。

 
黒 田(N) 右のサイドスロー。田中充にキレイにセンターに弾き返されるが、毎年のドラ
       フト候補だけあり三浦から見逃し三振を奪うと、駒居は注文通りのゲッツーに
       仕留める。球のキレは流石。

 
池 葉(N) 右のオープンスタンス。打つ方では唯一の得点となるホームランを右中間後方
       のネットに突き刺すと、守る方では4回の2死2塁の場面で強肩を披露しイー
       スタンに追加点を許さず(三塁コーチの西コーチ(日)もそれを知ってかランナ
       ーを突っ込ませず)


 
矢 野(イ) 1週間ぶりに見る矢野の投球フォームは、顔の前でセットポジションを取り、
       左足を上げた後に右腕を後ろにぐるーんと回す(←わかりにくい)フォームにリ
       ニューアル。椎木のリードが変化球中心だったせいもあるが、矢野らしい勢い
       が感じられず。三振2つも不満。

 
長 崎(イ) 上げた左足をその状態で微妙に上下させたあと、更に低空でヒザを西本聖ばり
       に伸ばしてから投球するという(←わかりにくい2)非常に長い投球フォームに
       リニューアル。9回から登板して3人でピシャリ。

 
栗 山(イ) 今年の一押しだった栗山巧。シーズン序盤は高い打率をキープしていたが長期
       のスランプもあり終わってみれば.274。課題は三振の多さ。2ストライクから
       の臭い球の見逃しと外角のタテの変化球に付いていけないこと。
       今日も4打数2安打ながら、ご多分に漏れず外角の変化球に空振り三振。
       そこさえ解消されれば、来年こそは…期待しましょう!






みつともさん編

イースタンリーグ観戦記録  平成15年11月2日(日)

  2003”秋季プロ・アマ交流戦 イースタン合同チーム−NTT東日本 全6戦予定第1戦
  イースタン合同チーム1勝 (ファイターズスタジアム鎌ヶ谷) 12:00 晴れ
  風:↓微風・無風 試合時間2時間13分 試合終了時刻14:13 公式記録員:場内発表なし
  球 審:橋 本(プロ・パシフィックリーグ) 1 塁:古 溝(アマチュア野球)
  2 塁:山 崎(プロ・パシフィックリーグ) 3 塁:小 泉(アマチュア野球)

                       R  H E
  
NTT東日本 000 000 100 ・・  7 0
  
全イースタン 103 000 10x ・・ 10 0

  ○ 勝利投手 小 森 −勝−敗
  ● 敗戦投手 江 口 −勝−敗
  HR 本塁打 中 濱  −号 江 口B 3回2死 (全イ・読売巨人)
         池 葉  −号 酒 井@ 7回2死 (NTT東日本)
         小 池  −号 小宮山@ 7回無死 (全イ・湘  南)
  2B 2塁打 池 田  1回1死 (NTT東日本)
         小 池  1回無死 (全イ・湘  南)
         キーナン 4回1死 (NTT東日本)
  SB 盗 塁 小 原  3回2死 (打者・池田)(捕手:椎木)(NTT東日本)
         山田憲  4回2死 (打者・青野は三振)(捕手:田中秀)(全イ・日本ハム)
    盗塁失敗 小 原  3回2死 (打者・高橋)(捕手:椎木)(NTT東日本)
         小 原  8回2死 (打者・高橋)(捕手:駒居)(NTT東日本)
     暴 投 江 口  3回2死 (打者・福本)(NTT東日本)
     併殺打 中 濱  1回無死 (酒寄−キーナン) (全イ・読売巨人)
         小 屋  2回無死 (三浦−青野−三浦)(NTT東日本)
         駒 居  8回1死 (黒田−諏訪−キーナン) (NTT東日本)

(NTT東日本)地元千葉からプロ挑戦も池葉ソロの1点のみ。池田、キーナンツーベース、小原2安打。
          打 安 点 振 四  @  A  B  C  D  E  F  G  H
(7) 小原 慶治 4 2 0 0 0 一邪    左安       投ゴ    左安
(8) 池田 真樹 2 1 0 0 1 右2    四球       一邪
H 9 檀原 健浩 1 0 0 0 0                      左直
(4) 高橋 賢司 4 1 0 1 0 右飛       三ゴ    左安       見振
(3) キーナン・ティミィ 4 1 0 0 0 遊ゴ       中2    二ゴ       二ゴ
(5) 酒寄  論 3 1 0 1 0    左安    左飛       中直    見振
(DH) 小屋 亮彦 3 0 0 0 0    一併    左飛       二ゴ
(9) 8 池葉 一弘 3 1 1 2 0    三振       見振    右本・
(2) 田中 秀文 2 0 0 0 0       一邪    遊ゴ
 H  飯島  亮 1 0 0 0 0                   左邪
 2  鈴木 輝彦 0 0 0 0 0
(6) 日野 和浩 2 0 0 1 0       見振    遊直
 H  佐藤 則之 1 0 0 0 0                      右飛
 6  諏訪 浩二 0 0 0 0 0
     :               :  :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁4   30 7 1 5 1  1  0  1  1  0  1  0  0  0
                    ・は打点 見振は見逃しの三振

(全イースタン)小池サイクル安打リーチの3安打1本1打点、中濱3ラン、福本先制適時打、栗山2安打
        所 属 打 安 点 振 四   @  A   B  C  D  E   F  G
(9) 5 小 池 (湘)  4 B 1 0 0 左中2    一 ゴ 右安       左中本・
(7) 栗 山 (西)  4 2 0 2 0 中 安    右 安 三振       三 振
(4) 福 本 (湘)  2 1 1 0 1 左 安・   死 球    投ゴ
 9  寺 本 (ロ)  1 0 0 0 0                     左 飛
(DH) 中 濱 (巨)  4 1 3 0 0 三 併    右中本・:   中飛    三 ゴ
(8) 田中充 (湘)  4 2 0 1 0 二 ゴ    右 安    三振        中安
(3) 三 浦 (巨)  4 0 0 2 0     一邪 三 振       一飛     見振
(2) 椎 木 (西)  3 0 0 1 0     二ゴ     三振    投ゴ
 2  駒 居 (日)  1 0 0 0 0                         投併
(5) 4 山田憲 (日)  2 1 0 0 1     左飛     左安    四球
(6) 青 野 (ロ)  3 0 0 1 0        右 飛 三振    右飛
     :                  :  :   :  :  :  :   :  :
    残塁5     32 10 5 7 2   1  0   1  2  0  1   0  0
                      ・は打点 見振は見逃しの三振


(投手成績)    投球回  打者  被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点 投球数
(NTT東日本)  江口初回から捕まり6回4失点。小宮山2回を1安打ながら1被弾。
          黒田1回を打者3人
 ● 江口 洋介  5    23   8   1   1   5   4   97
   小宮山政和  2     8   1   1   1   1   1   34
   黒田 信広  1     3   1   0   0   1   0   13
・・・・・・・・・?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(全イースタン) 矢野3回を3安打無失点、小森2回1安打好投、長崎救援投手賞らしく
         打者3人無安打。
   矢 野 (日) 3    11   3   0   1   2   0   38
 ○ 小 森 (ヤ) 2     7   1   0   0   1   0   22
   酒 井 (ロ) 2     8   2   1   0   0   1   29
   鈴 木 (ロ) 1     3   1   0   0   0   0    9
   長 崎 (ロ) 1     3   0   0   0   2   0   15

○イースタン合同 5−1 NTT東日本●
 注:投打成績は全イースタンと表記、試合内容はイースタンで表記

すっきりした秋晴れの下、ファームチームとは徐々に試合数が増えていっている社会人との交流試合。恐らくは史上初の試みとなるであろう、イースタン合同チームでの試合。相手は社会人チームが入れ替わり6チーム対戦する予定だが、使用球場が今季のイースタンリーグの順位の上位球団の本拠地から順に転戦する。第1戦は今季のリーグ覇者・日本ハムの鎌ヶ谷球場。岡本監督が指揮し、西コーチ、渡辺コーチが1、3塁ベースコーチを務めた。審判員もプロ・アマ交流戦で各2名ずつ。球審はプロで橋本球審のプレイで試合開始。

【1回表:NTT東日本】
1回イースタン合同の先発は日本ハムの矢野。1回NTT東日本の攻撃は1番小原、2−0からの3球目ストレートに詰まってファーストファールフライ、1塁側ブルペン前で三浦が捕球。2番池田、2−0からカーブが甘かったのか引っ張った打球がライト右へ飛び、ワンバウンドでフェンスに当るツーベース。1死2塁と早くもプロ相手に先制点のチャンスを作ったNTT東日本。3番は高橋、1−1からの3球目を右中間へ運ぶ。大きい飛球ではあったが、ライトの小池が落下点。捕球と同時に2塁から池田がタッチアップして3塁へ進む。2死3塁として4番はキーナン。背番号といい打席での姿がヤクルトの畠山に似ている?しかし1−0からの2球目変化球を打って三遊間、ショート左の深い所だがこれを青野が逆シングルで好捕!1塁へ送球は充分で池田残塁。

【1回裏:イースタン】
1回裏NTT東日本の先発は小原。1回イースタンの攻撃は1番小池(湘南)、初球変化球を打つがライト線外側に落ちてファール。2−0からの4球目、カーブを右足を引いてタイミングを取って放った一打は左中間真っ二つのツーベース。2番栗山(西武)、初球のストレートをセンター前にはじき返してクリーンヒット、3塁を回った所で西コーチが小池にストップを掛ける。連打で無死1、3塁として3番福本(湘南)、0−1からの3球目ストレートを強振はレフト前にワンバウンドでヒットしタイムリー、イースタンが1点を先制した。さらに無死1、2塁として4番中濱(読売巨人)、0−1からの3球目ストレートだがバットの根元付近だったのか完全に詰まったサードゴロ、酒寄が腰を落として捕球し3塁ベースを踏んで1類へ送球して併殺打。一転して2死2塁に代わって5番は田中充(湘南)。2−3フルカウントからの7球目内角やや高目のカーブを打つがセカンド正面へのゴロで福本残塁。

【2回表:NTT東日本】
2回NTT東日本の攻撃は5番酒寄から。0−1からの2球目カーブにタイミングは合っていなかったが、詰まった打球がサード頭上をフワリと越えてレフト線内側一杯に入るヒット、1塁を回ってストップ。6番小屋、送りバントの構えに0−1からの2球目ヒッティングに切り替えて打つがファースト正面へのゴロ。三浦が捕ってセカンドへ送球しフォースアウト、1塁ベースに自分が戻って転送されたボールを捕って併殺打。2死無走者に代わって7番池葉、2−3からの7球目外角低目へのスライダー気味の投球にハーフスイングでバットが止まるが球審・橋本がスイングをコールして三振。3人で攻撃終了。

【2回裏:イースタン】
この回は6番打者転向1年目でそれなりの結果を出したといえる三浦(読売巨人)から。来季の1軍定着の為にも打撃に磨きを掛ける秋になる。しかし1−0からの2球目低目のストレートを打ち上げてしまいファヘーストファールフライ、ココーチャーボックスの外側ベンチ寄りでキーナンが捕球。7番は並み居る若手に混ざって14年目のベテランは椎木(西武)、1−3からのカーブが凄い落差でストライク、2−3からの6球目ストレートを打ってセカンド正面へのゴロ。8番山田憲(日本ハム)、2−3からほぼ真ん中へのストレートに詰まってレフト定位置へのフライで3者凡退。

【3回表:NTT東日本】
3回NTT東日本は「足攻」でプロを揺さぶってくる。この回は8番田中秀から、1−1からの3球目ストレートに詰まってファーストファールフライ。三浦がベース横で捕球。9番日野、2−2からの5球目、やや外寄りの高目カーブに見逃しの三振。1番に戻って小原、0−1からの2球目ストレートを引っ張ってサード右を強いゴロで抜けてレフト前ヒット。2番池田、その初球と同時に小原がスタート、市域が2塁送球は際どいタイミングもセーフの判定で盗塁成功。2死2塁として1塁が空いたからか、そのまま4球続けてボールで池田を1塁に歩かせる。2死1、2塁として3番高橋、初球と同時にまたしても小原が今度は3塁に向かってスタートする。打席には右打ちの高橋だからスタートしたのか、しかし椎木が今回はこれを許さずいい送球でタッチアウトに仕留めてスリーアウト。

【3回裏:イースタン】
3回イースタンは4番が一発を放つ。この回は9番青野(千葉ロッテ)から。2−2からの5球目低目のストレートを打ち上げてしまいライトフライ、ほぼ定位置で池葉が捕球。1番に戻って小池、2−2からの5球目ストレートを引っ張った打球はレフトへ痛烈な打球だがファール。8球目内角低目の変化球にバットの根元でファースト正面へのゴロ。2番栗山、0−2からの3球目ストレートを打って一二塁間をゴロで抜けてライト前ヒット、2打席連続ヒットで出塁。2死1塁として3番福本、0−1からの2球目低目への投球がワンバウンドで田中秀が捕球できず後逸、暴投で栗山は2塁へ。福本は0−2からの3球目内角に入ってくる変化球が鋭すぎたのか、これが福本の左膝上部に直撃する死球。「イテッ!」と声を上げて一塁塁間中央付近で日本ハムのトレーナーがコールドスプレーで応急処置。2死1、2塁として4番中濱、マウンド上の江口は動揺してしまったのか、0−1からの2球目ストレートを中濱が完璧捕える。打球は一瞬で右中間スタンドへ突き刺さるスリーランホームランでイースタンが3点を追加4−0とリードを広げる。5番田中充、2−3からの6球目やや高目へのカーブを巧く打って一二塁間を抜けてライト前ヒット。2死1塁で6番三浦、2−1からの5球目鋭く曲がってくる変化球に読み違えたのか、中途半端なスイングになってしまい空振り三振。

【4回表:NTT東日本】
イースタン合同チームは2番手マウンドに、唯一スタメンで出場がなかったヤクルトの選手が登場する。マウンド上には小森が上がる。4回NTT東日本の攻撃は3番、先程盗塁失敗で3アウトの為、高橋が再び打席へ。0−1からの2球目変化球を打ってサード正面へバウンドでのゴロ。4番キーナン、2−1からの4球目低めのストレートをはじき返した打球はセンター右への大きい飛球!これを田中充が追って最後はスライディングキャッチを試みるが一歩届かずワンバウンドでフェンスへ。ツーベースで得点のチャンスを作る。5番酒寄、初球攻撃はこれもレフトへの大きい飛球。しかしレフトフェンス手前で栗山が捕球。2死2塁となって6番小屋、2−1からの4球目外角低目への変化球を打つがレフト定位置へのフライでキーナン残塁。

【4回裏:イースタン】
イースタンはこの回も得点圏にランナーを進める。7番椎木から、2−0からの3球目低めに鋭く落ちるカーブに3球三振。8番山田憲、初球のストレートを鋭く振り抜いてレフト前に弾き返してワンバウンドでヒット。9番青野、2−1からの4球目と同時に山田憲がスタート、青野がスイングも空振りで三振、田中秀が2塁送球もセーフで盗塁は成功。2死2塁として1番小池、1−0からの2球目ストレートを打ってライト前にワンバウンドで落ちるヒット、山田憲は3塁にストップ。池葉が好返球で西コーチが慌ててストップを指示。2死1、3塁として2番栗山、2−2からの5球目低目への変化球に空振り三振で2者残塁。

【5回表:NTT東日本】
5回NTT東日本は7番池葉からの攻撃、2−2からの5球目内角やや低目へのストレートに手が出ず見逃しの三振。8番田中秀、2−2からの同じく5球目低目のストレートを打ってセカンドベース寄りへのショートゴロ。青野が捕って1塁送球は低いが三浦が巧く掬い上げて好捕でアウト。9番日野、初球のストレートを打ってショート頭上をライナーで・・しかし青野がジャンプ一番これを掴んで好捕し3者凡退

【5回裏:イースタン】
この回はクリーンアップに打順が回る。3番福本から、2−3からの9球目高目へのストレートを叩くがピッチャーゴロ、小森がワンバウンドで捕球し1塁へ。4番中濱、2−1からの5球目ストレートを打っていい当たりだがセンター定位置へのフライ。5番田中充、2−1からの4球目高目のストレートをスイング。チップしたボールを田中秀が捕球しており、橋本が何もコールしないのを瞬時に見て、捕球をアピール、スイング判定で空振り三振で3者凡退。

【6回表:NTT東日本】
イースタンは選手の交代、セカンドの福本に代わって寺本(千葉ロッテ)が入りライト、ライトの小池がサードに、サードの山田憲がセカンドに回る。マウンド上が3番手酒井(千葉ロッテ)に交代。6回NTT東日本は打順よく1番からの攻撃。1番小原、1−0からのストレートをセンター返しだがピッチャーの酒井がグラブの先で好捕し1塁へ送球。2番池田、初球の内角へのストレートに詰まってファールフライ、ファーストの三浦がブルペン前まで追って、ネットと垂直に飛んで捕球しようとしたのか、小ジャンプもフェンスの前で捕球。3番高橋、初球の内角やや高目のカーブを打って三遊間をゴロで抜けてレフト前ヒット。2死1塁で4番キーナン、しかし1−2からの4球目内角やや低目を打ってセカンド右へのゴロで高橋残塁。上位打線でチャンスが作れず無得点が続く。

【6回裏:イースタン】
6回裏イースタン6番三浦から、1−1からの外角への変化球を打ち上げてファーストフライ、ベース横でキーナンが捕球。7番椎木、初球打ちはピッチャー右へのワンバウンドでのゴロ、江口がマウンドを降りて捕球し1塁へ。8番山田憲、2−3からの8球目真ん中へのカーブがいいコースに決まったかに見えたが、球審・橋本は微動だにせず四球で出塁。9番青野、1−1からの3球目内角へのストレートを打ち上げてライトやや右へのフライで山田憲残塁。

【7回表:NTT東日本】
NTT東日本はこの回、漸くプロから待望の1点をもぎ取る。この回は5番酒寄から、2−3からのストレートをセンターに弾き返すがセンター小池の正面へのライナー。6番小屋、1−2からの4球目やや高目のストレートを打つがセカンド正面へのゴロ。7番池葉、同じく1−2からの4球目ストレートだがこちらは完璧に捕らえた!!ライトスタンド後方の防球ネット上部まで届くソロホームランでNTT東日本が1点を返し4−1とした。8番田中秀に代わって代打が告げられる。飯島が代打に登場、2−3フルカウントからの7球目引っ張るが打ち上げてしまいレフト線へ切れていくフライだが栗山が落下点へ入り捕球し1点止まり。

【7回裏:イースタン】
NTT東日本は代打の飯島に代わってキャッチャーに鈴木が入る。マウンド上が6回で97球とプロの攻勢に沈んでしまった江口から2番手に小宮山が上がる。イースタン7回の攻撃は、1番小池から、1−1からの3球目を引っ張ると打球は左中間スタンドに一直線!とられた1点を一瞬で取り返すソロホームランで今日3安打猛打賞、サイクルヒットまであと2塁打となる猛打、5−1と再びイースタン合同チームが4点差とする。2番栗山、同じく3安打にリーチだがここは2−2からの8球目低めに落ちる変化球に空振り三振。3番寺本、1−0からの2球目外角へのストレートにバットを合わせるだけにバッティングになってしまいレフトフライ。4番中濱、2−2からの6球目低目の変化球打つがサートで正面へのゴロ、酒寄が半身引いた格好で待って捕球し1塁へ送球。

【8回表:NTT東日本】
イースタンはこの回からバッテリーが交代。ピッチャーが4番手の鈴木(千葉ロッテ)に、キャッチャーには駒居(日本ハム)が入る。8回NTT東日本の攻撃は9番日野に代わって代打が起用される。佐藤が登場、0−2からの3球目をライト方向へ打つが寺本が定位置のままフェンス前まで下がって捕球。1番小原、0−1からの2球目カーブを狙っていたスイングで打球がサード下を鋭く抜けてレフト前ヒット。2番池田に代わって代打は檀原、0−1からの2球目、低目のストレートを打ち返すが、いい当りながらもセンターライナー。3番高橋、1−0からの2球目と同時に小原がスタートを切るが、駒居がセカンドへいい送球を贈ってタッチアウトで3アウト。

【8回裏:イースタン】
NTT東日本は代打の佐藤に代わってショートに諏訪が入る。同じく代打の檀原はそのまま入りライト、ライトの池葉がセンターに回る。マウンド上が3番手サイドスローの黒田に交代。8回裏イースタンは5番田中充から、1−0からの真ん中ストレートをキッチリとセンター返しでクリーンヒット。7番三浦、2−1からのやや低目に見えたのか、ほぼ真ん中へのストレートを見逃して三振。8番駒居、駒居が打席に入るとほぼ同時にネクストサークルの青野がベンチに下がって、池田が出てくる・・・。しかし駒居は2−2からの7球目内角へのストレートに完全に詰まってしまいボテボテのピッチャーゴロ、諏訪からキーナンに転送されて併殺打で3人で攻撃終了。池田は出番なしに終わる。

【9回表:NTT東日本】
イースタンの岡本監督は9回、今季イースタンリーグの最優秀救援投手に輝いた長崎(千葉ロッテ)をマウンド上へ。思えば開幕戦で抑えられて連敗スタートした投手を皮肉にも、自軍本拠地最終戦で起用しなければならくなった。9回NTT東日本の攻撃は3番高橋から。2−3から引っ張った打球が地面スレスレのライナーでサードへ飛び、ベースに直撃してファールグラウンドを転がる。判定はファールで仕切り直し。しかし続く7球目内角高目への変化球に球審・橋本がストライクをコールして見逃しの三振。かなりボールっぽくも見えたが・・・。4番キーナン、2−2からストレートを打ってセカンドベース寄りへのゴロ、山田憲が一旦弾くが素早く捕り直して1塁へ送球。5番酒寄、2−0からの3球目やや高目の変化球を見逃すと球審・橋本がストライクのコールで試合終了。

イースタン合同チームがプロの面目を保つ?長打で快勝。小池は3安打1打点1本塁打、中濱も1本放つ等の活躍。投げても2番手小森が2回を1安打、最後は長崎が1回を打者3人で締めた。NTT東日本は池葉が反撃の1発も前半で出ていれば・・という展開。池田、キーナンの2塁打からチャンスが作れなかった。


2003年10月26日 よさこいリーグ 広島−サーパス(高知市営)報告者:大阪部長さん

2003年10月26日 よさこいリーグ 由宇カープ−サーパス神戸 2回戦

高知市営(1勝1敗)

 
神 戸 000 020 0│ 2
 
由 宇 101 314 x│10 (申し合わせにより7回で終了)

 勝 大島
 負 島脇

 
【神 戸】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回
 中 早 川  410 三振    左安    三振    二ゴ
 二 牧 田  210 二ゴ    遊安    四球      
 遊 後 藤  201 中飛    二ゴ    中犠      
 DH 相 川  300    左飛    三ゴ 三振      
 三 五 島  310    左安    遊ゴ    遊飛   
 一 葛 城  300    遊飛    二ゴ    三振   
 右  迎   310    遊直       右二 遊ゴ   
 捕 高 橋  211       三振    左安    四球
 DR 平 野                        ↑ 
 左 肥 田  301       遊ゴ    右安    二併
  犠盗併失残─────
  10125 2562

       回  打安振球責
  ●島 脇 5  278245
   山 本 1  86103


 
【由 宇】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回
 遊 松本高  320 左二    四球 一ゴ    中安
 右 末 永  410 三振    二ゴ 二ゴ    左安
 DH 廣 瀬  435 一飛    左二 左二    左三
 三 栗 原  422 右安    二飛 三振    右二
 DH 鞘 師  310 遊直    四球    右飛 三安
 一 山本芳  200    四球 左飛    四球 遊併
 DR 天 谷                  ↑
 二 井 生  420    二飛    左二 二飛 左安
 左 田 村  421    中安    中安 三失 三振
 捕 山本翔  310    右直    中安 右飛
  犠盗失併残─────
  01017 31148

       回 打安振球責
  ○大 島 7 286522

 ※
よさこいリーグ特別ルールにより指名守備あり。由宇のオーダーにセンターがいませんが、実際は天谷宗一郎が打席に立つことなく守っていました。終始、スコアボードの三番の所は「8 天谷」と表示され、打席が回ってきたときのみ「H 廣瀬」と変わって、アナウンスでは「三番『バッター』廣瀬」と呼ばれていました。なお天谷宗一郎は5回裏には山本芳彦の指名代走としても出場。

 よさこいリーグ最終日は移動に備えたこともあってか全試合7回終了でした。中でも高知東部の
雁ノ巣藤井寺は午前10時半からに早められており、シャットアウトゲームだったこともあって、こちら高知市営にハシゴして来られた方もおられたようです。…入ってくるなり「うわっ、こっちのほうが客多いやん」とかおっしゃってましたので。
(関西からの遠征者のようで、その後、別行動だったらしい知り合いと「もう終わったん?」「うん、1−0の完封やったから」などの会話が続いてました)


2003年10月26日 コスモスリーグ ヤクルト−ロッテ(戸田)報告者:@白にゃんこさん

皆様お疲れ様です(^-^)
日本選手権。ダイエーの意地が本拠地で発揮されましたね。伊良部秀輝の直球を見逃さず井口資仁のソロホームランで先制し、着実に追加点を重ね、投げては2戦目で好投した杉内俊哉が8回まで1失点の好投。阪神は、檜山進次郎のソロホームランのみに抑え込まれてしまいました。
しかし、これで6試合を終え、3勝同士で、いよいよ7戦で最終決着となるか?

では、コスモスリーグ最終戦の上記試合です
(スワローズ公式から)
26日 戸田
                  RH
マリーンズ 008 003 122 1615
スワローズ 006 100 300 1015
<戸 田>高井雄平、前田浩継、小森孝憲、館山昌平、吉川昌宏、本間忠−福川、細見
<浦 和>黒木知宏、田中充、酒井泰志、田中良介、鈴木貴志、長崎伸一−辻、金澤
<本塁打>
 宮 出
 本 郷
 西 岡

<おおまかな試合展開>
 3回表、浦和は四球、安打で無死一、三塁から、早坂圭介への戸田先発・高井雄平の投球がパスボールとなる間に先制。さらに2四球から、1死後エラーで2点目、ユウゴーの2点タイムリー、連続押し出しによって合計5点を奪い、高井をKO。2番手前田浩継から、渡辺正人が走者一掃の三塁打を放ち、この回合計8点を先行した。
 
 その裏、戸田は梶本勇介が三塁打で出塁し、志田宗大のゴロの間に1点を返し、内野安打、死球で走者を溜め、ここで宮出隆自が2試合連続となる3ラン。さらに福川将和の二塁打やエンドラン、重盗などで打者10人を送り、6点を返した。

 4回裏には、無死二、三塁からユウイチのゴロの間に1点を返し、1点差にまで追い上げた。

 6回表、浦和は戸田4番手・館山昌平から死球、二塁打で3点を追加し突き放すと、7回表にも1点を追加した。

 7回裏、無死一、二塁から、途中出場の本郷宏樹が、センターバックスクリーンへ叩き込む3ランを放ち、再び詰め寄ったが、8回、9回と浦和が2点づつ追加し、4時間に及ぶ長い試合となった。

 本日も戸田打線は好調で、
「6番・捕 手」の福川将和が本塁打でサイクル安打達成という3打数3安打1打点
「1番・右翼手」の志田宗大が6打数2安打1打点
「9番・二塁手」の梶本勇介が4打数2安打
など。
 戸田は本日でコスモスリーグ日程を終了し、10試合で5勝4敗1分けとなった。

●最終戦を終えての
戸田・小川監督のコメント
 「今日はピッチャーが残念だったね。あれだけ1イニングに大量点を取られると、大抵はゼロが続いてそのあと点を返すパターンなんだけど、すぐ裏に返してもらったのに。打線はポンポンと打ってくれた。気楽に打席に立てたんじゃないかな」


2003年10月26日 コスモスリーグ 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:みつともさん

イースタンリーグ観戦記録  平成15年10月26日(日)

  2003”コスモスリーグ 読売ジャイアンツ−日本ハムファイターズ 1回戦
  読売巨人1勝0敗0分 (ジャイアンツ球場) 12:30 晴れ
  風:↓弱風 試合時間2時間40分 試合終了時刻15:10 公式記録員:場内発表なし
  球 審:牧 田 1 塁:名 幸 2 塁:萩 原 3 塁:有 隅(セントラル・リーグ)

                     R H E
  
日本ハム 000 002 200 ・・ 6 2
  読売巨人 021 002 00x ・・ 8 2
       
 (特別ルール採用)

  ○ 勝利投手 篠 辺 −勝−敗
  ● 敗戦投手 鎌 倉 −勝−敗
  S  セーブ 川 本 −勝−敗−S
  HR 本塁打 黒 田  −号 鎌 倉A 2回無死 (読売巨人)
         小谷野  −号 篠 辺A 6回1死 (日本ハム)
  2B 2塁打 吉 川 2回無死 (読売巨人)
         長 田 6回無死 (読売巨人)
         山 本 6回無死 (読売巨人) 
  SB 盗 塁 堀 田 1回2死 (打者・山本)(捕手:駒居)(読売巨人)
         山 田 8回2死 (打者・吉川)(捕手:鶴岡)(読売巨人)
   E 失 策 吉 川 2回2死 (實松一ゴロをファンブル) (読売巨人)
         田中賢 3回無死 (鈴木遊安を1塁悪送球) (日本ハム)
         古 城 6回無死 (中濱二ゴロをファンブル)(日本ハム)
         大須賀 7回2死 (田中賢遊ゴロを1塁悪送球) (読売巨人)
     暴 投  林  3回2死 (打者・古城は振り逃げ) (読売巨人)
         篠 辺 6回1死 (打者・小谷野) (読売巨人)
    盗塁失敗 紺 田 6回2死 (打者・實松)(捕手:加藤)(日本ハム)
     後 逸 加 藤 9回2死 (打者・田中賢) (読売巨人)
     併殺打 堀 田 3回無死 (古城−小谷野) (読売巨人)
         飯 山 4回無死 (長田−黒田−吉川) (日本ハム)
         鈴 木 5回1死 (古城−田中賢−小谷野) (読売巨人)


(日本ハム)読売巨人投手陣の前に繋がり欠く。小谷野4番の役割果す2安打1本塁打2打点。
      古城適時打。
        打 安 点 振 四  @  A  B  C  D   E  F  G  H
(7) 9 森 本 4 1 0 2 1 三振    見振    二ゴ     三安    死球
(4) 古 城 4 1 1 1 1 死球    振逃       捕 邪 左安・   遊飛
(6) 田中賢 4 0 0 2 1 見振    三振       四 球 遊失    左飛
(3) 小谷野 4 2 2 0 0 右飛       中安    左中本:右邪
(9) 飯 山 2 0 0 0 0    遊ゴ    二併
H 7 佐 藤 2 0 0 2 0                見 振    見振
(8) 紺 田 3 1 0 0 1    三邪    三安    四 球    遊ゴ
(DH) 實 松 4 1 0 0 0    一失    一飛        右飛 中安
(2) 駒 居 2 0 0 2 0    三振       三振
H 2 鶴 岡 2 0 0 0 0                    左飛 遊ゴ
(5) 尾 崎 3 0 0 2 1       二ゴ    三振     四球    三振
     :             :  :  :  :  :   :  :  :  :
    残塁8 30 6 3 11 5  1  1  1  1  0   0  2  1  1
                  ・は打点 振逃は三振振り逃げ

(読売巨人)黒田先制のツーランホームラン。山本左中間へ2点タイムリーツーベースで逃げ切り。
      長田2安打
        打 安 点 振 四  @   A  B  C  D   E  F  G
(8) 鈴 木 4 1 0 0 0 遊ゴ     遊安    二併     投ゴ
(4) 長 田 4 2 0 1 0 中飛     右安       右 2    三振
(9) 堀 田 2 1 0 0 0 中安     二併
H 9 中 濱 1 0 0 0 1                 二 失    四球
 DR  山 田  =指名代走=
 DR  山 田  =指名代走=
(DH) 山 本 4 1 2 1 0 三振     投ゴ       左中2:   中飛 
(3) 5 吉 川 4 1 0 1 0    右越2    一飛    遊 ゴ    三振
(6) 黒 田 2 1 2 1 0    左 本:   三振
H 3  李  1 0 0 1 0                 三 振
(7) 三 浦 3 0 0 1 0    三 ゴ    三ゴ    三 振
(2) 加 藤 3 0 0 1 0    投 ゴ       右飛     三振
(5) 6 大須賀 2 1 0 0 0    遊 ゴ       右安
H 6 十川孝 1 0 0 0 0                     遊ゴ
     :             :   :  :  :  :   :  :  :
    残塁3 31 8 4 7 1  1   0  0  0  0   1  0  1
                  ・は打点

(投手成績) 投球回    打者  被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点
(日本ハム) 鎌倉2回2塁打から被弾、6回失策でピンチを脱出できず6回5失点。
       富樫2回無安打好投

 ● 鎌 倉 6      25   8   1   0   4   2
   富 樫 2       7   0   0   1   3   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(読売巨人) 林1軍での経験充分に4回2安打無失点好投。篠辺四球から被弾で反撃許す。
       川本1回無安打

    林  4      16   2   0   1   6   0
 ○ 篠 辺 2       8   1   1   2   3   2
   十川雄 2      11   3   0   1   1   1
 S 川 本 1       4   0   0   1   1   0


○読売巨人5−4日本ハム●

10月11日から始まった今年のコスモスリーグも今日が最終日、イースタンリーグの覇者日本ハムと、今季は1軍に若手戦力が昇格し過ぎて所謂「2軍戦」にならなかった読売巨人。秋の晴れ間に雲一つなく照りつける日差しが暑いほどのジャイアンツ球場。1軍でのゲームがないので、読売巨人は香田投手コーチを始めとする1軍新首脳陣がネット裏へ、日本ハムも白井ヘッドコーチ、西内野守備コーチ、渡辺打撃コーチ等が試合前からグラウンドに立って若手の指導に奔走していた。非公式戦にも関わらず定員の2400人を越えているであったろう観衆の中、牧田球審のプレイで試合開始。

【1回表:日本ハム】
読売巨人の先発は1軍公式戦、ナゴヤドームでの対中日戦でプロ入り初勝利、打たれるシーンもあったが、19歳の若手には充実の1年だった林がマウンドへ。1回日本ハムは1番森本、2−1から低目の変化球に空振り三振。2番古城、2−1からの5球目がヒジ上部に当る死球で出塁。3番田中賢、2−1から内角への変化球が決まって見逃しの三振。4番は今季ファームながらも、近年の日本ハムのルーキーとしては合格点所ではない活躍を見せた小谷野、非公式戦とはいえ4番の座に就く。しかし2−2からの5球目外角低目をバットに当てるがライトフライで古城残塁。

【1回裏:読売巨人】
日本ハムの先発は期待されながら、結果が出せなかった鎌倉がマウンド。1回裏読売巨人は1番駿足で1軍での活躍が目覚しかった鈴木、2−0からの3球目を打った手ショート正面へのゴロ。2番長田、2−2からの5球目を打ち上げてセンターほぼ定位置へのフライ。3番は今冬にも札幌へ移転する日本ハムへのトレードが噂されている堀田。読売巨人残留の為にも結果を出して置きたい。2−3フルカウントからの6球目ストレートを弾き返してセカンド左、ベース右をバウンドで抜けてセンター前ヒット。2死1塁として4番は4月の公式戦同カードでプロ入り初本塁打を記録した山本が日本ハム・小谷野同様に新人ながら4番で先発出場。その山本のカウント1−0から1塁ランナーの堀田がスタートと盗塁成功。2死2塁と先制のチャンスだが山本は2−1から低目の変化球に空振り三振で堀田が残塁。

【2回表:日本ハム】
この回は5番飯山から、開幕1軍スタートも殆ど打撃機会のないまま降格、すると突如昨年までは見せなかった長打に磨きが掛かり、快打を連発優勝日本ハム貢献した。2−2から低目のストレートにショート正面へのゴロ。6番はその駿足で内野ゴロを何本ヒットにしたか分らない紺田。しかし1−3から低目のストレートを打ち上げてしまいサードファールフライ。サードベース斜め後ろで大須賀が捕球。7番は既に1軍格の選手だが、今秋より打撃力向上のために左打ちのスイッチヒッターに転向した實松、正捕手争いをリードする為にも打撃は課題。しかし左の林がマウンドの為右打席へ。1−2からの4球目を打ち損じてファースト正面へスピンのかかった半端な打球。これに吉川か正面に入っていたが捕れず弾いてしまう。ボールがセカンド方向に転がってエラーで出塁。2死1塁で8番駒居、今季は鶴岡の急浮上で出番が少なかったが、頭数が豊富な日本ハム捕手陣にあって全てが課題の若手。2−1からの4球目カーブに全く高さも合わず空振り三振。

【2回裏:読売巨人】
読売巨人はこの回一瞬て先制点をもぎ取る。この回は5番吉川から、初球のストレートを思い切り引っ張って大きい打球だったがレフトポールの外側。続く2球目、今度は右打ちでライトフェンス直撃のツーベース。無死2塁として6番黒田、0−2からのストレートを送りバ゜ントだがファールで続く4球目を低目の変化球を完璧に捕えてレフト場外へ一直線!レフトの森本が一二歩動いて打球を見送るしかなかった。黒だのツーランホームランで読売巨人が2点を先行。7番は打者転向1年目が終わりに近づいた三浦、1−0からの2球目低目のストレートを打つがサード正面へのゴロ。8番加藤、2−2からの6球目真ん中付近へのカーブを打ってワンバウンドでのピッチャーゴロ。9番大須賀、2−3からの8球目ストレートを打ち返すがバウンドでのショート正面へのゴロでヒット、本塁打の後は3人で攻撃終了。

【3回表:日本ハム】
この回は9番今季はロッテ浦和でプロ初アーチを放つ等で活躍を見せた尾崎から。2−3からの7球目ストレートに詰まってセカンド正面へのゴロ。1番に戻って森本、2−3からの同じく7球目真ん中へのカーブが決まって見逃しの三振。2番古城、2−1からの4球目、低目の変化球に手を出すが、空振りしバットをマウンドまで飛ばしてしまう。しかしこの投球を加藤が捕球できずボールがバックネットに達する間に、古城は1塁へ走り三振振り逃げ。2死1塁で3番田中賢、2−1からの4球目に古城かスタートを切ってエンドランだが田中賢が空振りで三振。

【3回裏:読売巨人】
読売巨人はこの回も連続ヒットから得点する。1番鈴木から、1−1からの3球目を打ってピッチャー頭上を越えるかというバウンドでの打球に鎌倉がジャンプして捕球を試みる。しかしグラブで弾いてしまい打球はショート前へ転がる。これを田中賢が捕って1塁へ送球するが悪送球となってしまいエラー。カバーに入っていた駒居が2塁へ送球するが鈴木の足が早くセーフ。2番長田、初球のストレートを打ってセカンド古城が横っ飛びも、鋭く抜けてライト前ヒット。鈴木は3塁ストップ。無死1、3塁と追加点のチャンスに続くは3番堀田。しかし1−0からの2球目を打ってセカンドゴロ、絶好の併殺コースに古城−田中賢と渡って併殺打、この間に3塁から鈴木が生還して3−0と読売巨人が1点を追加する。4番山本、2−1からの5球目ストレートを打って痛烈なピッチャー返しだがこれを鎌倉が好捕!1塁へ送球して1点で凌ぐ。

【4回表:日本ハム】
3点を追う展開の日本ハムはこの回主軸に打順が回る。4番小谷野から、1−0からの2球目変化球を打ってショート右を鋭く抜けてセンター前ヒットで日本ハムの初安打。5番飯山、1−3とボールカウント先行からの5球目、ストレートに完全に詰まってしまいセカンドゴロ、長田が捕って黒田にトス、1類へ転送されて併殺打。2死無走者となって6番紺田、1−0からの2球目ストレートを打ってピッチャー返し!これを林がグラブで叩き落とした様にも見えたが、ボールはサード方向に転がる。大須賀が捕って1塁送球、普通のサードゴロでも内野安打になる紺田の駿足ではアウトに出来ず内野安打。内野陣がマウンドに集まり、ベンチからトレーナーも出てくるが大事には至らず、林もベンチに下がらず続投。7番實松、2−1から紺田がスタートしてエンドランだが右安ってファール。2−3からの7球目ストレートに完全に詰まってファーストフライ、吉川がセカンド定位置まで移動してきて捕球し3アウト。

【4回裏:読売巨人】
4回裏読売巨人は5番の吉川から。所期遊を打ち上げてしまいファーストベース横付近へのフライ。6番2回に本塁打の黒田、しかしここは2−0からの3球目低目の変化球に3球三振。7番三浦、1−2からの4球目ストレートを打つがサード正面へのゴロ、尾崎が半身引く様な体勢で捕球して1塁へ送球して8球で3者凡退。

【5回表:日本ハム】
5回読売巨人は先発の林に代わって2番手マウンドに篠辺が上がる。1軍では好投というシーンがあまり見られなかった篠辺だが、ファームクラスの投手ではないだけに好投が期待される。日本ハムこの回の攻撃は8番駒居からだが、2−1からの4球目、やや外角高目のストレートに空振り三振。9番尾崎2−0からの3球目、低目の変化球に全く合っておらず3球三振。1番に戻って森本、1−2からの4球目、巧い右打ちはセカンド右へのゴロ、一二塁間を抜けてライト前ヒットでのおかしくない打球だが、これに長田が横っ飛びで好捕!1塁へ送球してファインプレーで3者凡退。

【5回裏:読売巨人】
5回裏読売巨人は、8番加藤から。0−1からの2球目を右方向打って大きい飛球。しかしライト飯山がフェンス手前で落下点に入り捕球しライトフライ。9番大須賀、2−0からの3球目、ストレートをこれも右方向へ打って小谷野が飛び付くが捕れずライト前ヒット。1番に戻って鈴木、初球攻撃に出るがセカンドへの打球は物凄い勢いでのゴロ、これに古城が半身避ける様な格好で捕球は好捕、そのまま2塁へトスして田中賢から1塁へ転送されて子の試合2個目の併殺打で3人で攻撃終了。

【6回表:日本ハム】
日本ハムはこの回漸く反撃に出るが、教育リーグとはいえ価値ある一発が出る。この回は2番古城から、2−0からの3球目ストレートに振り遅れてキャッチャーフライ、ホームベース斜め3塁寄り後方で加藤が捕球。3番田中賢、3球続けてボールで0−3からの4球目、これも高目にストレートが外れて四球で出塁。4番小谷野、1−0からの投球がワンバウンドして暴投で田中賢が2塁へ進塁。小谷野はカウント1−2からの4球目、田中賢がスタートも打った打球は左中間への奇麗な放物線。元々得点板があった辺りの上空を空過してフェンス越えのツーランホームランで日本ハムが2点を返して3−2と1点差に詰め寄る。5番飯山に代わって代打には佐藤が起用される。しかし2−3からの6球目真ん中やや低めへのストレートを見逃して三振。6番紺田、2−3からの8球目低目の変化球が外れて四球で出塁。8番實松、この回は今秋から取り組んでいる「スイッチヒッター」で左打席へ入る。しかしカウント1−0からの2球目と同時に紺田がスタートを切るが盗塁失敗で左打席での實松の打撃は全く見れず。

【6回裏:読売巨人】
日本ハムは代打の佐藤がそのまま入りレフト、レフトの森本がライトへ回る。読売巨人この回の攻撃は2番長田から、0−1からの2球目ストレートを引っ張ってライトのさらに右、ライト線内側に落ちる長打コース、長田は1塁を蹴って2塁へ到達、ツーベースで追加点のチャンス。3番堀田に代わって代打が起用される。中濱が打席へ入る。2−1からの4球目ストレートを打つがセカンドベースやや右側へ、バウンドでのゴロ、3塁へ向かうランナーが視界に入ったのか、この打球を古城がグラブを下向きにし前進しながら捕球しようとするが弾いてしまいエラー。無死1、3塁と鎌倉はまたしてもピンチを迎える。1塁ランナーの中濱に代わって指名代走に山田が起用される。続くは4番山本、2−1からの6球目を打つと左中間への大きい飛球!滞空時間の長いフライにレフトの佐藤が落下点に到達し、ジャンピングキャッチを試みるが、ボールはフェンスの金アミ部分に直撃するヒット。一気に1塁から駿足山田も生還して読売巨人が2点を追加5−2とした。山本は2塁に到達してツーベース、2点タイムリーとこちらの「新人・4番」も結果を出す。1−2からの4球目を打ってセカンドベースほぼ真横でショート田中賢が捕球して1塁へ。6番本塁打の黒田はお役御免となって代打には李が告げられる。2−0からの3球目高野ストレート、ボール球に見えたが無理矢理打ちにいって空振り三振。7番三浦、1−1から大きい飛球だがファールで2−2からの5球目高目のストレートに空振り三振。

【7回表:日本ハム】
読売巨人は指名代走の山田に代わって、再び中濱がライトに入る。同じく代打の李がそのまま入りファースト、ファーストの吉川がサード、サードの大須賀がショートへ回る。マウンド上が3番手十川雄に代わる。日本ハムこの回は先程盗塁失敗の為、再び打席に入る實松だがマウンド上が左の十川雄の為右打席に入る。2−3フルカウントからの6球目ストレートを右打ちだがライト線ギリギリ内側への飛球を中濱が捕球。8番今日2三振の駒居に代わって代打は、新人ながらファーム日本選手権のスタメンマスクという重役を果たした鶴岡が代打に起用される。しかし初球を打ち上げてしまいレフトフライ。9番尾崎、2−3からの8球目内角高目にストレートが外れて四球で出塁。1番に戻って森本、2−1からの5球目を打ってバウンドでのサードゴロ、吉川が前進しながら捕球しジャンピングスローで1塁送球し、ファースト手前でバウンドしワンバウンドで捕球できそうな送球だが李が落球してしまう。「E」のランプかと思ったらどんな判断だったのか「H」のランプが点灯しヒット。2死1、3塁として2番古城、2−1からの4球目ストレートを巧い流し打ちでショート下をゴロで抜けてレフト前タイムリーで日本ハムが1点を返し5−3に。2死1、2塁として続くは3番田中賢、2−2からの5球目、ショートへのバウンドでのゴロ、これに大須賀が前進しながら捕球し1塁送球も高く逸れてしまい、李がジャンプするも届かずエラー、タイムリーエラーとなって日本ハムがさらに1点を返し5−4と再び1点差にする。4番小谷野、一発逆転のチャンスだが0−1からの2球目を打ってライト方向ライン際を超えてグラウンドに落ちてもファールとなる飛球。ところがこれにライトの中濱が走って、走ってフェンスの一番角地部分で捕球し同点以降を許さない。

【7回裏:読売巨人】
日本ハムは代打の鶴岡がそのままキャッチャーに入る。マウンド上が先発の鎌倉から2番手富樫にスイッチ。7回裏読売巨人の攻撃は8番加藤から、2−3からの6球目140km/hの真ん中ストレートに空振り三振。9番大須賀に代わって代打は十川孝、1−1からの3球目を打ってショート正面へのゴロ。1番に戻って鈴木、2−0からの4球目ストレートをピッチャー返しだが富樫が捕球、1塁送球が本塁寄りに逸れるがアウトで3者凡退。

【8回表:日本ハム】
読売巨人は代打の十川孝がそのまま入りショート。日本ハムは6回に代打で登場してレフトに入っている佐藤からの攻撃。2−1からの4球目外角やや低目への変化球を見送るがストライク判定で見逃しの三振。6番紺田、2−1からの同じく4球目を打ってショート正面へのゴロ。言う所の「イージーゴロ」という打球だが十川孝が捕って1塁送球も何故か間一髪でアウト。紺田の駿足ぶりが伺える。7番實松、初球攻撃は変化球を捕えてショート右を強いゴロで抜けてセンター前ヒット。8番鶴岡、2−1からの4球目ストレートを打ってショート正面へのゴロ、十川孝が捕ってセカンドへトスしてスリーアウト。實松残塁。

【8回裏:読売巨人】
8回読売巨人は2番長田から、2−0からの3球目外角低目の変化球に空振り三振。3番中濱、2−3からの8球目高目へのストレートが外れて四球で出塁。1塁に到達した所で指名代走のまだが2度目の起用で塁上へ。1死1塁で4番山本、2−2からの5球目は詰まってセンター前やや左中間よりへのフライ。しかしこれに駿足紺田が前進してきて捕球、守備でも駿足を披露。5番吉川、そのカウント1−0から山田がスタートし盗塁成功。しかし吉川は2−1からの4球目低目のストレートに空振り三振で山田残塁。

【9回表:日本ハム】
1点を追う日本ハム最終回の攻撃は、9番尾崎から。2−2からの5球目真ん中へのストレートに空振り三振。1番森本、2−2からの同じく5球目内角へのストレートがヒジか上腕部に当る死球で出塁。同点のランナー。2番古城、1−1からの3球目ストレートに詰まってショートフライ、セカンドベースの前内側で十川孝が捕球。2死となって延長戦がない為後がなくなって3番田中賢、その初球が低目への変化球だが加藤が後逸して森本は2塁へ、一打同点のチャンスとなる。しかし田中賢は続く2球目を打ち上げてレフト前へのフライで森本残塁で試合終了。

読売巨人がヒットから長打を2度重ねて、イースタンリーグ覇者の日本ハムを破った。日本ハムは期待の若手株を並べてのゲーム、今季中活躍したベテラン勢ではなく明日の日本ハムを担ってくれるであろう選手がラインナップを連ねた。小谷野は4番で2安打1本塁打と来季の1軍での活躍が大いに期待できる。また1軍では経験十分の實松もスイッチに転向という事で打撃機会はなかったが左打席に入るなど、秋季キャンプを前に課題のある選手の今季最終戦だった。


2003年10月25日 コスモスリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/健一@管理人

ふんぼるとさん編

2003年10月25日 コスモスリーグ 日本ハム−湘南 1回戦

@鎌ヶ谷(日本ハム1勝)

 
湘  南 100 300 000│
 
日本ハム 000 401 00x│

 勝 隼 人 1勝0敗0S 登板1
 S 矢 野 2勝0敗1S 登板3
 負 飯 田 0勝1敗0S 登板3

 【湘 南】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 河 野 421 右本    二ゴ    一ゴ       中安
  C 福 本 300 一飛       中飛 空振
  4 北 川 000                      投犠
  E 内 川 410 三ゴ       三安    遊ゴ    右飛
  F 古 木 301 空振       二ゴ    空振    四球
  DR 野 中                           ↑
  D 吉 村 300    三ゴ    左失    空振    死球
  D 小 池 311    空振    右2       右飛
  HD木 村 100                      空振
  B 七 野 411    中飛    左安       右飛    二ゴ
  A 新 沼 200       右飛 遊ゴ
  2 西 崎 210                   左2    中飛
  H  南  200       空振    左飛
  H9田中一 200                   二ゴ    見振
  犠盗失併残─────
  10235 3364

       回   打安振球責
   田 崎 40/3 204542
  ●飯 田 2   91141
   谷 口 2   81220

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 森 本 301 空振    投併    四球 四球    二直
  E 古 城 310 中飛       四球 二安 遊ゴ
  C 田中賢 200 空振       四球 中飛    四球
  D 小谷野 413    中飛    中本 空振    二併
  F 佐 藤 410    空振    空振    二安 遊飛
  G 紺 田 310    空振    左2    遊併    四球
  D 山田憲 200       遊ゴ 投ゴ    四球
  HD駒 居 100                      空振
  A 實 松 211       投失 右2    四球
  2 鶴 岡 110                      右安
  B 尾 崎 200       四球 二ゴ    四球    見振
  犠盗失併残─────
  00408 2765

       回 打安振球責
   加 藤 5 204401
  ○隼 人 2 71200
  S矢 野 2 91220

   
※コスモスリーグ特別ルールにより指名代走(DR)あり→野中{日…じゃなくて(湘)}


  本塁打  河 野(湘)1号@ (1回 加藤)
       小谷野(日)1号B (4回 田崎)
  二塁打  小 池(湘)    (4回 加藤 タイムリー)
       實 松(日)    (4回 田崎 タイムリー)
       西 崎(湘)    (7回 隼人)
  犠 打  北 川(湘)    (8回 無死1塁 1走の河野が二進)
  失 策  田 崎(湘)    (3回 實松の投ゴロをファンブル)
       小谷野(日)    (4回 内川の三塁内野安打を一塁悪送球 打者走者の内
                    川が二進)
       加 藤(日)    (4回 1死2塁 二塁牽制悪送球 2走の内川が三進)
       佐 藤(日)    (4回 吉村の浅い左飛に突っ込むも落球 打者走者の吉
                    村が二進)
       佐 藤(日)    (4回 2死2塁 七野の左前打を二塁返球悪送球 打者
                    走者の七野が二進)
       新 沼(湘)    (4回 古城の捕邪飛を落球)
  盗塁死  森 本(日)    (5回 1死1、2塁 捕手は西崎 打者は小谷野 三盗
                    失敗)
  走塁死  山田憲(日)    {4回 1死2塁 投ゴロを放ち2走の紺田が二、三塁間
                    に挟まれている間に二進するも紺田が2塁に帰塁
                    したためタッチアウト(前の走者に優先権あり)
                    田崎−吉村−内川−新沼}
  併 殺  湘 南      (3回 森本  1死1、2塁 田崎−内川−七野)
       湘 南      (6回 紺田  無死1塁   内川−北川−七野)
       湘 南      (7回 小谷野 無死1塁   北川−内川−七野)

  PL:山崎 1B:橋本 2B:柳田 3B:新屋
  時間 2時間58分(12:30〜15:29)


得点経過
 1回表(湘) 先頭打者の河野が右越えホームラン            湘  南1点目
 4回表(湘) 1死3塁から古木の二ゴロの間に             湘  南2点目
       2死2塁から小池が右中間を破るツーベース        湘  南3点目
       2死2塁から七野が左前打                湘  南4点目
 4回裏(日) 無死1、2塁から小谷野が右中間へスリーランホームラン  日本ハム3点目
       2死2塁から實松が右中間を破るツーベース        日本ハム4点目
 6回裏(日) 2死満塁から森本が四球を選び押し出し          日本ハム5点目

戦評
 鎌ヶ谷駅前では小泉総裁の街頭演説が行われていたようだが、それよりなによりコスモスリ
 ーグ。
 試合の方は湘南が河野の先頭打者ホームランで先制すると4回には日本ハムの4エラー(佐
 藤の左飛落球はヒット気味)に付け込み更に3点を挙げるが、日本ハムもその裏に小谷野の
 スリーランと實松の『左打席での』ツーベースで同点で追い付くと、6回には満塁から森本
 が押し出しを選び決勝点。
 厚い雲が立ち込めていたため試合終盤にはかなり寒くなったが、湘南10与四球、日本ハム4
 エラー+湘南2エラー=両チームで6エラーと天気以上にお寒い内容。

選評
 
野 中(湘) 今オフに横山とのトレードにより湘南(横浜)に移籍。ボールボーイなどをやっ
       ていたが8回に古木の指名代走として背番号53の真新しい湘南のユニホーム
       に身を包み登場すると球場全体から割れんばかりの拍手。今年はこちらでもあ
       まり出場機会に恵まれなかったが非常に『バネ』を感じさせる選手。湘南に行
       ってもガンバレ!

 
飯 田(湘) 184cm ながらそれ以上に大きく、ストレートは角度があるように見えるが、上
       半身に頼り過ぎて下半身が使えていない印象。今日は6回に2死無走者から4
       連続四球を与え負け投手に。6回2死まで無難に抑えていたが突然の崩壊。

 
福 本(湘) 5回の無死1塁の場面。古城のセンターへ抜けるかという当たりに追い付き、
       セカンドベースカバーの内川にグラブトスも送球が流れアウトにできず。惜し
       い!


 
實 松(日) 極秘裏にスイッチヒッター化計画を進めていたようで(右打席でも打てないの
       に…という気はするが)右の田崎に対し左打席で登場し、最初の打席は投ゴロ
       に倒れるも、チャンスで迎えた次の打席では右中間を破るツーベースを放つ。
       いっそのこと左打者への転向もありか?今後の左打席に注目!

 
加 藤(日) 4回にエラーで足を引っ張られ3点を失うなど5回を投げ4失点だが実質は初
       回の河野のソロだけ。今日はストレートにキレがあり、湘南打線からビシビシ
       空振りを奪っていた。

 
矢 野(日) シーズン終盤に好投を見せたトルネードだが、顔の前でセットポジションを取
       った後に右手をグラブから離すノントルネードにリニューアル。8回から登板
       も制球が定まらず満塁にピンチを招く。トルネードで好投を見せていたのにな
       ぜ変えるの?ナゼ?ナゼ?ナゼ?

おまけ
 湘南ファン 1塁側に陣取った横浜の帽子をかぶった親子3人。上の子が3塁側にも聞こえ
       る声で湘南選手の応援歌を熱唱(しかも得点したときには湘南の応援歌まで)。
       しかも、うまい!
       また、打つ方で活躍した選手が守備に着くときにはコールを送り、湘南選手も
       帽子を取ってそれに応える。微笑ましい光景。






健一@管理人編

■コスモスリーグ 10月25日(土)鎌ヶ谷ファイターズvs湘南シーレックス(鎌ヶ谷)

                      R H E
湘南シーレックス |100 300 000| 6 2
鎌ヶ谷ファイターズ|000 401 00X| 6 4

湘:田崎昌弘(4回0/3)−●飯田龍一郎(2回)−谷口邦幸(2回)
鎌:加藤竜人(5回)−◎隼人(2回)−S矢野諭(2回)

(本)河野友軌(加藤竜人)、小谷野栄一(田崎昌弘)


■湘南       打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 河野友軌  421 右本・   ニゴ    一ゴ       中安
(二) 福本誠   300 一飛       中飛 三振
 二  北川利之  000                      投犠
(遊) 内川聖一  410 三ゴ       三安    遊ゴ    右直
(左) 古木克明  301 三振       ニゴ・   三振    四球
 走  野中信吾  −−−                     
【※1】
(三) 吉村裕基  300    三ゴ    左失    三振    死球
(指) 小池正晃  311    三振    右2・      右飛
 打指 木村昇吾  100                      三振
(一) 七野智秀  411    中飛    左安・      右飛    ニゴ
(捕) 新沼慎二  200       右飛 遊ゴ
 捕  西崎伸洋  210                   左2    中飛
(右) 南竜介   200       三振    左飛
 打右 田中一徳  200                   ニゴ    三振

【※1】教育リーグ特別ルール「指名代走」


■鎌ヶ谷      打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
(右) 森本稀哲  301 三振    投併    四球 四球・   二直
(遊) 古城茂幸  310 中飛       四球 二安 遊ゴ
(二) 田中賢介  200 三振       四球 中飛    四球
(三) 小谷野栄一 413    中飛    中本:・三振    二併
(左) 佐藤吉宏  410    三振    三振    二安 遊飛
(中) 紺田敏正  310    三振    左2    遊併    四球
(指) 山田憲   200       遊ゴ 投ゴ    四球
 打指 駒居鉄平  100                      三振
(捕) 實松一成  211       投失 右2・   四球
 捕  鶴岡慎也  110                      右安
(一) 尾崎匡哉  200       四球 ニゴ    四球    三振


■湘南     回   安  振  四死  責
 田崎昌弘  (4回0/3) 4  5  4  4
●飯田龍一郎 (2回)  1  1  4  1
 谷口邦幸  (2回)  1  2  2  0

■鎌ヶ谷    回   安  振  四死  責
 加藤竜人  (5回)  4  4  0  1
○隼人    (2回)  1  2  0  0
S矢野諭   (2回)  1  2  2  0


【大まかな試合展開】
久しぶりの鎌ヶ谷でして今季遡れば春の教育リーグ以来。春先に比べれば寒さもやや緩やかとはいえ気温20度をきっており服装は完全に冬モード。しかし雨が降らなくて幸いだったかな。

試合の方は、初回先頭打者河野友軌が、鎌ヶ谷加藤竜人の2球目真っ直ぐをライトへ本塁打でいきなり先制。その後両先発が序盤をテンポの良い投球で切り抜けるが、それぞれ4回に自責、他責で失点を重ねた。鎌ヶ谷守備陣はこの回だけで4失策・・・(××)
その後6回裏併殺でピンチを切り抜け二死の場面から、、、なんと4連続四球で押し出し・・・で鎌ヶ谷勝ち越し。8回表二死満塁で湘南逆転のチャンスも代打木村昇吾が矢野諭に三振。結局最終回も抑えられ『鎌5−4湘』。



【気になる選手達:湘南編】
■田崎昌弘(湘)
アーム式の類の真上から投げ下ろす投球フォーム。ストレートは目測140km/h以上、変化球はフォークやチェンジアップの様な縦系の変化が主、制球は大雑把!しかしそこはボールの威力が持ち味のパワー投球!三振が奪えるのが売り、試合終盤の場面で投入したいタイプの投手・・・でも度胸がやや不足!?

3回までは奪三振を交えスイスイと進んだが、「2番古城茂幸@四球 → 3番田中賢介@四球 → 4番小谷野栄一@3点本塁打!!!」とアッという間の失点・・・更に失点、翌4回も四球と安打でアウトを取れずKO。


■飯田龍一郎(湘)
初見のルーキー左腕。前述の田崎昌弘上に真上から投げ下ろし、体格も大きく、そして長身から角度のあるストレートと緩いカーブのコンビネーション投球を見せてくれました。そして特徴的なのは『アーム式の腕の振り(撓りがあまりない)』、故にカーブはドロンと抜けるような軌道。ストレートは目測140km/h弱ぐらいで球威がありあそう、しかしあまりキレを感じませんでした。まだ起用方向(消去法で中継ぎか?)が見えませんが、フォーム固定や球種増の土台強化が優先か。

走者を背負った場面で登板、5回表は抑えたが、翌6回の二死走者なしから4者連続四球と大乱調。#制球はアバウトっぽいです。うーん、アーム式か


■河野友軌(湘)
一番中翼手の左打者、これだけでも俊足巧打の選手のイメージを持ちますが、選手名鑑には「目標は3割、30本、30盗塁」とその志は天より高い!? 大学ではスラッガーでもあったんですね。ただしプロ入り後は恐らく「出塁してナンボ!」に目標を切り換えているはず。構えたバットを後ろにあまり引くことなく、そのままコンパクトにスイング。ミートセンスはありそうですが、秀でた特長はまだ見えませんでした。

初回山口弘佑から先頭打者本塁打を記録。真っ直ぐ一本に絞っていたのか身体も全く開かずスイング、しかしパワーというよりかはなんかストレートの勢いを借りて飛んでいったような打球にも思えました。来期以降もコンパクトなスイングをモットーにスイングスピードを増せ!


■内川聖一(湘)
非常に旨味を感じさせるプレーヤー。打撃は淡泊に感じられるのですが、今年は1軍で「45試合 150打数 47安打 4本塁打 18打点 4盗塁 打率0.313」と出来過ぎ!? 来季は正二塁手として活躍できるか見物、それとも遊撃手石井琢朗を一蹴するのか。

三つの遊ゴロ(併殺含)を捌いたが、一塁への送球は強く映える守備ですね。打撃ではバウンドの高い三塁内野安打一本。

ただ1つだけ守備で「注文」あり。4回裏一死二塁走者紺田敏正@俊足の場面、打者山田憲@鈍足を投ゴ、捕球した田崎昌弘は飛び出した二塁走者紺田敏正を狭殺に図ります。打者山田憲はその間にドタドタと二塁へ・・・。湘南側としては、二塁に走者を進めるのは許すとしても鈍足の山田憲を残した方が賢明なはず。しかし狭殺プレーで紺田敏正を追いつめられず、山田憲が既に到達していた二塁に、紺田敏正がかいくぐり帰ってきました。これは優先権(先の走者に優先権あり)の為に山田憲がアウトとなり俊足の紺田敏正が二塁に結果残りました。要は紺田敏正をアウトにする狭殺プレーが拙かったと。このプレーに絡んだ内川聖一、吉村裕基、福本誠内野陣しっかり!!

この後實松一成が二塁打と長打のため紺田敏正は楽々と生還しましたが、普通の安打で二塁走者山田憲@鈍足(←何度も失礼(笑))ならば、得点に絡んでいないでしょう。


■吉村裕基(湘)
同期であり東福岡高校の先輩である村田修一に似た雰囲気を感じるスラッガー候補。スイングスピードが速く思いきりが良い!ネクストバッターズサークルから打席にはいるまでの「一連の動作(腰を回したり、屈伸したり、バットを掲げたり他)」が『様』になってきました。打席で何度も両肩を上下し「リラックス、リラックス」と己に言い聞かせているようにも思える動作もあります。

来季について山下大輔監督が早々に『2軍スタート』を明言するようなコメントを残していましたが、これは「重点強化選手」に指名ということでしょうけど、多少なりとも1軍をチラつかせてもいいのに(^^;)しかし今年一年間2軍でチェックできた選手の中(イ・ウ合わせて)3本に入る楽しみな素材です。

三振2つ。死球はユニにかすっただけですので大事に至らず。



【気になる選手達:鎌ヶ谷編】
■加藤竜人(日)
投球フォームは癖のない綺麗なフォーム。あまりにも癖がないので左打者も多少は組易いかも。武器であるストレートは快速ですねえ(目測140km/h以上)。このストレートがはまったときは、打者を圧倒@奪三振します!ただ「ストレート一本系(河本育之型)」の為、やや不安定です…。緩いカーブにフォークが主の変化球ですが、速いスライダーとかあれば効果的。

4回表に内野陣の4失策があり不運な失点を重ねてしまった。初回の河野友軌への被本塁打は不用意。


■隼人(日)
左足を素速くそして大きく上げ、真上から投げ下ろすフォーム。スライダー、フォークそして一番の武器シュートを駆使した打たせて取るタイプの投手。#北海道日本ハムファイターズの新マスコットにどことなく似ているヒグマのような風体(^^;)

来季は1軍で。以上


■矢野諭(日)
投球フォーム改造が毎年のように繰り返され、私ルーキー時の投球を忘れてしまいました(2勝をマーク)。今回のフォームは上手く表現できないのですが、先日戦力外になった武藤潤一郎(ロ→日)のように背中をやや丸め、左腕を掻くような動作あり。

なんとか満塁のピンチを脱する場面もありましたが、よりしっくりくる投球フォームが見つけることが最優先。


■小谷野栄一(日)
スマートさと対極の泥臭さを感じる「走者を本塁へ返すタイプ」。パンチ力もそうなんですが、持ち味なのはボールを押し込んで広角的に運ぶ安打。この勝負強さは、下位打線@「6〜7番」に必要。来季正二塁手として大抜擢あるかも。紺田敏正と並んで計算できる有望株。#ファイターズファンの期待度も高そう。

4回裏走者2人を置いて、田崎昌弘の真っ直ぐに力負けすることなくバックスクリーン右に運ぶ逆転の3点本塁打!!!


■紺田敏正(日)
「大柄な体格」ながら非常に「器用なタイプ」の選手の印象。グリップの位置は深く捕手よりでやや低めに構える。内側のボールに対しても脇を締めて巧く対応(右足を放り出すようにタイミングを計る)。大振りというよりもコンパクトなスイングで、バットコントロールの良さが特段良いです(当てにいくきらいもあるかも)。更には強肩、走塁を含めてスピード感もあり非常に楽しみな選手。

左方向に強い打球を打てるのも売り!田崎昌弘から左中間を破る、そして右打者が引っ張ったような球足で外野手の間を抜けていきました。<左2


■實松一成(日)
強肩!そして(当たれば)強打!と期待は、それこそ天より高いこの實松一成なんですが、バットに当たらない・・・。起用したくても起用に徹しきれない首脳陣、、、そんな折りなんと「スイッチ打者」としてリニューアルの記事に仰天。普通よくあるケースとして俊足の右打者が、『足』を生かすために取り入れますが、この實松一成は、パワーはあるけど鈍足の部類でしょう。

そんな嘘か誠かの「實松一成の左打席」を見るのが、実は今日の楽しみにしていた事項(^^)。右腕田崎昌弘に対して、ネクストバッターズサークルで既に左打者としてスイング。見た感じ坪井智哉や松中信彦と同じく軸足が前の右足に移る、俗に言う「並進型」でしょうか。田崎昌弘との対戦を通してですが、右腕の捌きが強く(右利きですから)、当てるのは、そう悪くなさそうで、内に外に合わせます。ただ作られた「左打席」といった感じなので全体的に固い印象。

一打席目の投手の失策とありますが、投手ゴロでグラブを弾いた感じにも見えましたので、内野安打でも良かったかも。#スコアボードも「E」ランプが点った後に、「H」ランプに切り替わり、、、いやいや今度は「E」と「H」同時点灯!?(笑)最終的には「E」となりました。

さて二打席目は、右中間をライナーで抜ける適時二塁打(打点1)。田崎昌弘の真っ直ぐにも負けず、弾き返しました。不安定な打撃がしばらく続きそうですが、捌きの「質」は悪くないです。安定することを願います。近い将来、正捕手實松一成、高橋信二は外野手転向となり緒方孝市(広)のようになるのでは、、、なんてなるといいですね。


2003年10月25日 コスモスリーグ ヤクルト−巨人(戸田)報告者:@白にゃんこさん

皆様お疲れ様です(^-^)
本日は日本シリーズ移動日ということで、明日の決戦に備えて福岡へ移動ですね。

ではでは、上記試合にいってみましょう。
参照:スワローズ・ジャイアンツ各公式

25日 戸田
                   R
ジャイアンツ 000 100 001 
 スワローズ 022 300 20X 

<戸 田>坂元弥太郎、前田浩継、伊藤智仁、吉川昌宏、本間忠−米野智人、高橋敏郎
<川 崎>根市寛貴、河原純一、佐藤宏志−入野久彦、加藤健
<本塁打>
 宮 出 2(根市、河原)
 大須賀  (坂元)

<おおまかな試合展開>
 2回裏、戸田は2死一、二塁から志田宗大の2点タイムリー二塁打で先制。

 3回裏には、2死から宮出隆自がレフトスタンドへの一発を放ち、福川将和の左中間タイムリーで2点を追加した。

 4回裏は、志田の三塁打、野口祥順も連続で三塁打を放ち、さらに三木肇の犠飛によって合計3点を加え、リードを7点と大きく広げた。

 川崎は、初回2死二塁、4回表無死三塁とチャンスはあったものの、戸田先発坂元弥太郎の前に得点を奪えなかったが、5回表、大須賀允のソロホームランによりようやく1点を返した。

 7回表から、戸田は3番手として、復活にかける伊藤智仁が約1年ぶりとなる実戦登板。
しかし、1死は取ったが連続四球でで1死一、二塁としたところで、4番手の吉川昌宏に後を託した。吉川は満塁としたが、後続を絶ち無失点で切り抜けた。

 7回裏には、川崎2番手の河原純一を戸田が攻め立て、3回に一発を放っていた宮出が2本目の一発をライトスタンドへ叩き込み、大原秉秀のタイムリーでさらにもう1点を追加。

 9回表、川崎は長田昌浩のタイムリーで1点を返したものの、時既に遅し。

 14安打を放ち、9点を奪った戸田では、
「9番・右翼手」の志田宗大が4打数4安打3打点で、本塁打が出ればサイクル安打達成だったがそれはならず。
「4番・中堅手」の宮出隆自は4打数2安打2打点(2本塁打)
「6番・DH」の福川将和が3打数2安打1打点など、打者の好調が目立った。

<追記:伊藤智仁(ヤ)投球内容>
 中濱裕之 四球
打)李景一 三ゴ(一走二進)
 大須賀允 四球

1/3 打者3 投球数17 四球2
登板後
伊藤智仁のコメント
「ブルペンで投げてたほどは行かなかったけど、無理に力を入れないように、ケガをしないようにと投げた。内容どうこうというよりは、違うユニフォームの相手とやれて楽しかった。納得はしてないけど、感覚としては懐かしいなと感じた」


2003年10月23日 コスモスリーグ 巨人−明治生命(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

23日 ジャイアンツ
                   R
明治生命   220 000 000 
ジャイアンツ 001 350 20X 11

<川 崎>鴨志田貴司、○川本大輔、酒井順也−入野久彦、加藤健
<明 治>●岡田
<本塁打>
 吉 田(鴨志田)
 黒 田

(おおまかな試合展開)
 来期から指揮を執る堀内恒夫1軍監督も、若手選手視察のため観戦した試合。

 初回、明治が吉田の2ランで先制。
 2回表にも、3安打を集めて2点を奪い、リードを広げた。
 
 3回裏川崎は、鈴木尚広を二塁に置き、堀田一郎のタイムリーで1点を返すと、4回裏には、黒田哲史が2ランを放って1点差。さらに大須賀允が二塁打で出塁し、鈴木がセンター前へ運んで大須賀が生還、同点に追いついた。

 さらに5回裏には2四球、4安打を集めて一気に5点を奪い、7回裏には、加藤健が2本目のタイムリーとなる2点二塁打を放って、ダメ押しとなった。

 鴨志田の後を受け登板した川本大輔が3回を無安打無失点に抑え、3番手酒井順也も明治打線を無失点に抑えた。

 ●4回裏、2ランホームランを放った
黒田哲史内野手のコメント
 打ったのは外よりのまっすぐ。打った瞬間は入るなんて全然思わなかったね。フルスイングしたから入ったんじゃないかな。今はリードされてるけど、絶対負けられないよ!! (試合中)

 ●2適時打、4打点の
加藤健捕手のコメント
 チャンスで打てたのは嬉しいけど、これをシーズン中に出さなくちゃダメですね。今日は途中出場だったのでベンチで相手のバッターをしっかり見ることができました。一回りは見ることができたので、それを活かしたリードができたかな。投手陣も何とか抑えようという気持ちが出てたので、いい結果が出て良かったです。
 
 ※先日書いたように、捕手陣は負傷者が多く今がアピールのチャンス!特に加藤健(通称カトケン)は、シーズン中からもマークしてきたので是非頑張ってほしいです(^-^)


2003年10月23日 コスモスリーグ 日本ハム−シダックス(鎌ヶ谷)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始12時28分終了15時48分試合時間3時間20分
 球審牧田(セ)1塁伊藤(ア)2塁西本(セ)3塁松本(ア)
 鎌ヶ谷観衆100人
                    R H E   
 
シダックス 212 000 100   9 0
 
日本ハム  212 010 001I 10 1
 
 勝江尻負岩渕        本塁打 二瓶(2回右翼井場@)
                   飯山(5回中堅加納@)
 2塁打 森本(1回)紺田(3回)坂田(6回)二瓶(8回)
     小谷野(9回)
 盗塁 紺田(2回)宮崎、藤澤(7回)盗塁死 庄田(2回)
                       飯山(7回)
 走塁死 飯山(1回)ボーク 上田(1回)
 暴投 江尻(7回)
 併殺 シダックス1 (杉本−寺前−中島)8回池田
    日本ハム0
 失策 シダックス0
    日本ハム1 小谷野(7回) 
#1この試合は特別ルールで行われました。
 #2( )内の(セ)はセリーグ。(ア)はアマ、の略。


   打撃成績
   シダックス打安点   日本ハム打安点
   H庄 田 310  G森 本 510
   F若 松 310  C古 城 400
   C藤 澤 421  E田中賢 310
   D入 江 400  D小谷野 421
   D松 岡 512  D飯 山 422
   B中 島 412  H紺 田 322 
   A坂 田 410  F佐 藤 410
   E高 坂 300  A實 松 200
   H野 口 100  2駒 居 000
   6寺 前 000  H池 田 100
   G二 瓶 421  2鶴 岡 000
   計    3596  B尾 崎 211
             計    32106


 投手成績
 シダックス  投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
 上 田    3    62  7  1  2  5  5
 加 納    2    39  1  3  0  1  1
 杉 本    3    41  1  3  0  0  0
●岩 渕     ・1  12  1  1  0  1  1
 日本ハム   投回   投数 被安 四死 三振 自責 失点
 井 場    3    79  4  4  4  5  5
○江 尻    6    85  5  1  5  1  1


 あわてんぼーが注目した選手と両チームの印象

■シダックス
今日は、野村監督が日本シリーズ取材のため不在。したがって、小林コーチが代わりに指揮を執った。
さて、内容のほうだが投手陣が全く不調で間延びした試合に。
内野守備でもちょっと首を傾げたくなる場面がいくつかあった。
それと、野間口投手、パチェコ、キンデランの両主砲がが不在というのもあっていまいち盛り上がりに欠けた感じが。(野間口投手はワールドカップ参加のため、キンデランは怪我の為)

■二瓶準也(シ)
 今日見事に右翼越え本塁打を打った。内角低めのストレートだった。相手が不調だったとはいえプロから打ったという点からすれば自信がつくのでは?

■上田博之(シ)
今日のピッチングでは話にならない。コントロール、球の切れ、スピードすべてだめ。
これではちょっと。

■杉本忠(シ)
シダックスと投手の中で今日唯一投手らしいピッチングを観せてくれた投手。
低めにボールを集め、打たしてとるピッチング。
それに加え牽制球もうまい。
もう少し若ければ(年齢が29歳)ドラフトで指名されたかも?


■日本ハム
今日の先発投手井場投手のおかげで苦戦したが、後はおおむね合格点だった。
ただ、江尻投手の癖を見破られたのか後半は少し押されていた感じが。
打線は文句なしなのだが課題は投手陣か?

■井場友和(日)
今日はコントロールが悪く全くだめ。救いようがなかった。年齢を考えるとかなりしんどい感じが・・・。

■江尻慎太郎(日)
井場投手に比べると言うまでもなく良かったが、問題は走者を出したとき。
癖がばれているのか結構後半は走者が走っていた。
ここらへんを改善しないと1軍で使ったもらえるかどうか?

■飯山裕志(日)
ここでは何度も書き込んでいるが、同級生の妹と結婚した選手。
今日の試合の中で出場した野手の中では一番1軍に近い選手では。
バッティングは申し分なし。
後は守備のほうだ。


先攻 シダックス
後攻 日本ハム

1回表(日本ハム投手井場、捕手實松)庄田、若松ともに四球で1,2塁、藤澤三前送りバント成功で2,3塁、入江三振、松岡中前安打で庄田、若松生還、中島投ゴロ(シダックス2)
1回裏(シダックス投手上田、捕手坂田)森本左翼線2塁打、古城三邪飛、田中賢左前安打で1,3塁、小谷野の時投手上田のボークで森本生還なお2塁、小谷野は結局三振、飯山左前安打で田中賢生還も、飯山1,2塁間で侠殺プレーとなり7−2−6−3とわたりアウト(日本ハム2)
2回表 坂田、高坂ともに三振、二瓶右翼越え本塁打、庄田四球、若松の時庄田2塁盗塁失敗(シダックス1)
2回裏 紺田左前安打、佐藤右飛、實松三振の時紺田2塁盗塁成功、尾崎右前安打で紺田生還、森本二直(日本ハム1)
3回表 若松三振、藤澤左前安打(指名代走宮崎)、入江四球で1,2塁、松岡投ゴロで2,3塁、中島中前安打で宮崎、入江生還、坂田左飛(シダックス2)
3回裏 古城中飛、田中賢四球、小谷野左前安打で1,2塁、飯山一飛、紺田左翼越え2塁打で田中賢、小谷野生還、佐藤一塁ゴロ(日本ハム2)
4回表(日本ハム投手江尻)高坂、二瓶ともに三振、庄田投ゴロ(シダックス0)
4回裏(シダックス投手加納)實松死球、尾崎遊ゴロで實松2塁進塁、森本三塁ゴロ、古城四球で1,2塁、田中賢遊ゴロで6−4とわたり古城2塁フォースアウト(日本ハム0)
5回表 若松左前安打(指名代走宮崎)、藤澤一飛、入江投ゴロで宮崎2塁進塁、松岡中飛(シダックス0)
5回裏 小谷野右飛、飯山中越え本塁打、紺田四球、佐藤中飛、實松左飛(日本ハム1)
6回表 中島二塁ゴロ、坂田左翼線2塁打、高坂二塁ゴロで坂田3塁進塁、二瓶三塁ゴロ(シダックス0)
6回裏(投手杉本)尾崎死球、森本二塁ゴロで尾崎2塁進塁、古城一塁ゴロで尾崎3塁進塁、田中賢捕邪飛(日本ハム0) 
7回表(日本ハム捕手實松に代わり駒居)庄田一塁ゴロ、若松四球(指名代走宮崎)、藤澤の時盗塁と投手江尻の暴投で宮崎3塁へ、藤澤は結局左前安打で宮崎生還、入江の時藤澤2塁盗塁成功、入江は結局三塁ゴロ失で1,3塁、松岡左飛、中島二塁ゴロ(シダックス1) 
7回裏 小谷野四球、飯山投ゴロで1−6とわたり小谷野2塁フォースアウト、紺田の時飯山投手杉本の牽制球に誘い出され1−3−4とわたりアウト、結局紺田は投ゴロ(日本ハム0)
8回表 坂田三振、高坂に代打野口二直、二瓶左翼線2塁打、庄田右前安打で1,3塁、若松右飛(シダックス0)
8回裏(シダックス遊撃寺前)佐藤投手の足をかすめる中前安打安打、駒居に代打池田投ゴロで1−6−3とわたり併殺、尾崎四球、森本遊ゴロ(日本ハム0)
9回表(日本ハム捕手鶴岡)藤澤右飛、入江、松岡ともに三振(シダックス0)
9回裏(シダックス投手岩渕)古城右飛、田中賢四球、小谷野右中間2塁打で田中賢生還日本ハムサヨナラ勝ち(日本ハム1I)


2003年10月21日 コスモスリーグ 巨人−西武(大田スタジアム)報告者:@白にゃんこさん

皆様お疲れ様です(^-^)
日本選手権は、残念ながら雨で中止となってしまいましたが、なんとかこの休養を「恵みの雨」にしたいところですね。
では、表題試合の結果です

(参照:ジャイアンツ公式ページ)
21日 大田スタジアム
ライオンズ  000 101 000 
ジャイアンツ 002 000 000 

<川 崎>十川雄二、ランデル、條辺剛、根市寛貴−加藤健、入野久彦
<所 沢>

(おおまかな試合展開)
 先制したのは川崎。3回裏、大須賀允、堀田一郎の連打、四球により1死満塁とすると、中濱裕之のセンター前へ運ぶタイムリー二塁打で2点を挙げた。

 所沢は4回表、2安打、四球で無死満塁とし、犠飛でまず1点を返した。

 6回表には、川崎3番手條辺剛から1死一、三塁とすると、併殺崩れの間に1点を返し、同点とした。

 7回からは両軍の投手陣が抑え、試合はこのまま2対2の引き分けに終わった。


 3回裏に先制タイムリーを放った、
中濱裕之外野手のコメント
 打ったのはインコースのまっすぐ。ちょっとつまっちゃったけど、落ちるかなって思ったね。当たりとしては最初の打席の方が良かったかな(笑)。
 初球に厳しい内角のボールがきたけど、絶対逃げないで踏み込んでいこうと思ってた。今日は指名打者での出場だから打つのが仕事。先制点を叩きだせてよかったよ。



■十川雄二(巨)
今季終盤に一軍昇格した十川雄二が、コスモスリーグ西武戦に先発し、3回無失点に抑えた。球速は130km/h前半だが、コーナーへの制球が抜群。高橋一正新2軍監督「ちょっと(腕を)横にしただけで、高低のコントロールが良くなった」と後半戦から横手投げに転向した左腕を評価した。【日刊スポーツより by健一@管理人


2003年10月19日 コスモスリーグ ヤクルト−日立製作所(日立市民)報告者:大阪部長さん

■2003年10月19日 コスモスリーグ 戸田スワローズ−日立製作所(日立市民)

 JR日立駅からのバスを「運動公園前」で降りると、目の前にはこの試合のカード、開始時間、開門時間などを書いた大きな看板が。日立への鈍行での移動途中に土浦で買い求めた茨城新聞には、全く告知の記述はありませんでした。帰途、バスの車内から日立製作所の工場近くで同じような看板を見かけたほかは、これが唯一、リアルで私が見かけた告知媒体でした(ネット除く)。看板に開門は12時とあり、私が到着したのはそれを少し過ぎた時間でしたが、もう球場の外からでもスタンド最上段に陣取る観客の姿が見えました。少々早くから開門していたようです。

 三塁側(戸田側)場外にヤクルトと某G球団のグッズ売り場が設けられていましたが、私がひそかに期待していた日立の受付テントはなし。メンバー表が欲しかったのですが…。そして場内へ入ると、スタンドには「一体何チーム来てるんやろ!」と思ってしまったほどの、少年野球選手たちの集団。この日の試合は、終始彼らの「ボールちょうだい! ボールちょうだい!」の叫び声を聞きながら観戦することになりました。先日、13日の祝日に観戦したよさこいリーグでは、少なくともチーム単位での観戦は皆無だったんですが…。あと、地元だからとこちらもひそかに期待していた、日立の社員応援はなし。

 日立のHPで知ってはいましたが、試合前のアトラクションとして12時45分からホームラン競争が。私は2軍の試合でこういったものを見るのは初めてです。5スイングが許されています。

★先攻は日立。
投手・松本コーチ、捕手・宇佐美
1人目・高田 ボール・中飛・ボール2球・左飛・ボール3球・左前打・ボール・左飛・左越本塁打(以上1本)
2人目・矢萩 ボール・二ゴロ・ボール2球・三飛・ボール5球・右中間本塁打・ボール6球・一ゴロ・右前打(以上1本、計2本)松本コーチはなかなかストライクが入らず苦笑いしきりでした。

★後攻・戸田
投手・福川 捕手・久保田
1人目・牧谷 ボール(
剛速球@福川将和(ヤ)で観客も選手もバカ受け)・ファウル・ボール・捕飛・左飛・左翼ファール(大飛球)・左翼ファール・左越本塁打(以上1本・実は6スイングしてます)
2人目・宮出 ボール・左飛・ボール・空振り・中飛・ボール3球・左飛・中飛(以上0本、計1本)

 2対1で日立が勝ち、戸田・小川監督、茨城出身の野口と大塚への少年野球選手からの花束贈呈、同じく少年による始球式を経て、さて試合開始です。

【戸 田】 【日 立】
6野 口  4砂 塚
4三 木  8丸 山
7ユウイチ 5寺 田
9宮 出  DH矢 萩
3久保田  3高 田
5畠 山  7嶋 田
DH福 川  9 隅 
2米 野  2宮 田
8志 田  6黒 羽
P高 井  P 高橋一

 でも、手動式スコアボードに選手名は表示されませんでした…。


 先攻は、一塁側で白いユニホームの日立。後攻は、三塁側で紺のユニホームの戸田。
1回表 砂塚遊直、丸山三振、寺田中飛(日立0点)
1回裏 野口三飛、三木左前安打(次打者ユウイチへの2球目後、けん制悪投、二進)、ユウイチ二ゴロ(二走三木三進)、宮出三振(戸田0点)
2回表 矢萩四球、高田投ゴロ併殺、嶋田一邪飛(日立0点)
2回裏 久保田中前安打(4球目に二盗)、畠山三振(久保田二盗と同時)、福川四球、米野右飛(二走久保田三進)、志田三振(戸田0点)
3回表 隅右飛、宮田四球、黒羽中飛、砂塚四球、丸山右前安打、寺田右飛(日立0点)
3回裏 野口死球(足へ。指名代走大塚)、三木遊ゴロ(一走大塚二進)、ユウイチ右翼線二塁打(二走大塚生還)、宮出二ゴロ(二走ユウイチ三進)、久保田捕邪飛(戸田1点)
4回表 (遊撃大原)矢萩一ゴロ、高田左飛、嶋田三振(日立0点)
4回裏 (投手大林)畠山中飛、福川四球、米野遊ゴロ併殺(戸田0点)
5回表 隅四球、宮田捕前内野安打(フェアかどうかの見切り悪し)、黒羽三振、砂塚二ゴロ(一走宮田二封、二死一、三塁)、丸山四球、寺田三振(日立0点)
5回裏 志田右飛、大原二ゴロ、三木遊飛(戸田0点)

 ここで、通常ならばグラウンド整備、のはず。ところが…。

 グラウンド整備の間に、スタンド下の売店でビールでも、と思ったんですよ(400円)。スコアつけてるとほとんど席立てませんしね。ところが、しばらくたっても整備の気配がありません。いったん席から離れましたが、戻りかけると、投手が高井から小森へのアナウンスが。この投球練習の間に一杯やれるとばかり、なんか行ったり来たりしましたが結局は売店へ。そして戻ってみると、日立の選手たちの手でグラウンド整備が行われていました。そういえば試合前の整備も日立によるもので、どうもこの球場、人件費を節約しているようです。つい先ほどまでプレーしていた選手によるものですから、5回終了後は少々間が開いたというわけです。

6回表 (投手小森、捕手細見)矢萩左飛、高田中前安打(指名代走大塚)、嶋田二ゴロ併殺(日立0点)
6回裏 (投手斎藤、捕手高倉、一塁林)ユウイチ三振、宮出三振、久保田右越本塁打(ソロ)、畠山三ゴロ(戸田1点)
7回表 (投手鎌田)代打鈴木左飛、高倉左越本塁打、代打高橋啓遊ゴロ、砂塚投ゴロ(日立1点)
7回裏 (遊撃高橋啓、右翼鈴木)福川三ゴロ、細見二ゴロ、代打本郷一ゴロ投失(ベースカバーミス、指名代走大塚)、大原四球、代打梶本四球、ユウイチ中飛(戸田0点)
8回表 (二塁梶本、中堅宮出、右翼本郷)丸山投ゴロ、寺田左飛、矢萩右越二塁打(指名代走大城)、林一ゴロ(日立0点)
8回裏 (投手市原、捕手福永、二塁白見)宮出二ゴロ、代打牧谷三ゴロ、畠山三振(戸田0点)
9回表 (投手前田、一塁ユウイチ、左翼牧谷)嶋田右飛、代打末岡中前安打、福永投ゴロ併殺(日立0点)


日 立 000 000 100|
戸 田 001 001 00]|

 試合終了15時32分。関係者入り口で、子供たちのサイン攻めでもみくちゃになっている高井(ここでも人件費が節約され、整理・警備人員ほとんどなし。マジで見てて危なかったです)を見ながら、49分発日立駅行きのバスのため停留所へ。10分弱乗車の後、16時04分発の常磐線普通で日立を後にしました。結局野球を見るしかできませんでしたが(茨城県内初観戦)、うわさに聞く「モーターもなか」でも買いたかったです。


オマケ
 昨年、相木崇(神戸)が1軍で西武戦の連敗を止めたとき、日刊スポーツ(関西版)で「神戸で熊本ナンバーの車を見かけたらこの男」と紹介されていましたが、それ以来選手の車がどこのナンバーかちょっと気にするようにしています。たとえば北神戸の駐車場には、吉原の品川ナンバー、玉木の広島ナンバーの車が。この2人の元の所属チームがうかがえますし、相木は実家が熊本ですね。
 さてこの日、試合前にあたりをふらついてると、一塁側のスタンド外に止めた車から、日立の選手が出てきました。背番号22。あ、
斎藤肇(元横)や…。
 やっぱり、横浜ナンバー。


2003年10月19日 よさこいリーグ ダイエー−阪神(土佐山田)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

日本シリーズが福岡ドームで行われた日の昼に、同じカードが高知県の土佐山田で行われました。福岡から行ってみました。

鳴尾浜 105 301 180 19
雁の巣 000 050 220 9

鳴尾浜 杉山直久(4回)−田村領平(1回)−○加藤隆行(2回)−谷中真二(1回)−伊代野貴照(1回)
雁の巣 ●木村茂(4回)−田中総司(3回)−輝(2回)

本塁打 中村浩一(満塁・5回・田村)

審判 球:杉本 一:岡田 三:金子

プチ日本シリーズ?試合はとんでもない大荒れの展開に。

■杉山直久(神)
4イニングノーヒットに抑えるも、毎回四球。一軍初勝利への課題だ。

■萱島大介(神)
韋駄天ぶりは魅力。本職セカンドもこの日はショート。守備力つければ来年大ブレイクも?

■森本学(学:さとる(ダ))
キャンプで大怪我も前日から試合出場。この日は右中間に三塁打を放つ。来年は戦力として期待できるか。


試合はファーム日本一の猛虎打線が大爆発。22安打19得点で大勝。

詳細は、拙サイトのレポートをご覧いただければ幸いです。
帰りに善通寺と坂出で食べた
本場のさぬきうどん、おいしかったです。
日本シリーズのチケットが取れなかったので、急遽日帰り遠征を挙行しましたが、それなりに満足した旅でした。

http://hidenao.hp.infoseek.co.jp/


2003年10月19日 コスモスリーグ 巨人−住友金属鹿島(大田スタジアム)報告者:@白にゃんこさん

皆様お疲れ様です(^-^)
シリーズですが、う〜んタイガース連敗…。ダイエーの「3割打線」の猛攻が本拠地で爆発した格好ですね…

19日 大田スタジアム
                   R
住友金属鹿島 000 010 040 
ジャイアンツ 010 010 100 

<川 崎>林昌範、岡島秀樹、●酒井順也−小田幸平、入野久彦、加藤健
<住 友>金子、○川畑、S酒井−神野、国井
<本塁打>
 長 田 1号

2回裏、川崎十川孝富が右中間フェンス直撃の二塁打で出塁し、小田幸平が初球をセンター前へ運び先制。

5回表、住友は2死一、三塁から、セカンド後方に落ちるポテンヒットを放って1点を返し同点に追いついた。

しかしその裏、2死一、三塁から、山本光将がショート強襲のタイムリー内野安打を放ち、川崎が勝ち越しに成功。

7回裏には、長田昌浩が、ライトへソロホームランを放ち、2点差とした。

しかし、8回から3番手で登板した酒井順也から、住友は打者10人を送り4点を奪う猛攻を見せ、一気に逆転に成功した。

7回裏にソロ本塁打を放った、
長田昌浩内野手のコメント
 打ったのはインコースのスライダーです。追い込まれるまではインコースを狙っていて、まっすぐでも変化球でも内にきたら思いっきり打っていこうと思ってました。感触はすごくよくて、これはいったと思いました!!
 1点勝ってるけど、点が取れそうで取れなかったので、追加点が入ってよかったです


2003年10月19日 コスモスリーグ 日本ハム−三菱ふそう川ア(鎌ヶ谷)報告者:たけたけさん

たけたけです。
よく晴れた日曜日のファイターズタウンにて
三菱ふそうと鎌ヶ谷とのプロアマ交流戦が行われました。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ふそう 0 0 0 3 0 1 0 0 0 4 5 2
鎌ヶ谷 0 0 3 0 0 0 0 3 x 6 9 2

バッテリー
ふそう 五嶋(2 2/3)―徳丸(3 1/3)―(負)佐藤(3) 黒川
鎌ヶ谷 鎌倉(5)―伊藤(2)―(勝)富樫(3) 駒居、鶴岡

ホームラン
ふそう 根岸(4回 ソロ)梅原(6回 ソロ)
鎌ヶ谷 駒居(3回 ソロ)

得点経過
3回 1アウトから駒居のレフトへソロホームラン(鎌ヶ谷1点目)
   森本、古城がフォアボールを選ぶ、続く田中賢介がショートゴロで2塁ホースアウト
   これで2アウト1.3塁、ここで小谷野は粘ってフォアボールを選び、続く佐藤も
   フォアボールで押し出し(鎌ヶ谷2点目)
   続く紺田がレフト前ヒット(鎌ヶ谷3点目)
4回 先頭バッターの根岸がライトへソロホームラン(ふそう1点目)
   続く三垣はレフトフライ、しかし、佐藤が打球を落球。これで三垣は2塁へ
   さらに新保はセンター前で1,3塁、石塚もセンター前で三垣が帰る(ふそう2点目)
   梅原はショートフライだったものの田中賢介落球、しかし、落球したものの、すぐに
   フォーローしたものの2塁ホースアウト、これでやっと1アウト。しかし1.3塁
   野呂は四死球を選び、満塁。ここで黒川はセンターへ犠牲フライ(ふそう3点目)

6回 先頭の石塚はセンター前ヒット。だが、1−1から盗塁をしようとするが失敗して
   1アウト。しかし、その時、打席に入っていた梅原はなんとレフトへソロホームラン
   (ふそう4点目)

8回 1アウト後、途中からマスクをかぶる鶴岡がデッドボール、森本がセンター前ヒット
   ここで古城はエンタイトル2ベースを放ち、1点 (鎌ヶ谷4点目)
   さらに田中賢介がライト前へタイムリーで森本が帰る。(鎌ヶ谷5点目)
   小谷野はセンターへの犠牲フライで1点追加  (鎌ヶ谷6点目)

注目した選手・出来事
■富樫和大(日)
怪我がいえてきたのか初めて3イニングも投げたシーンを見た。
7回、8回は三者凡退にふそう打線を抑えた。
9回は疲れが出たのかフォアボールを2つ出したものの3イニングを0は立派
けががなければ、注目かも


2003年10月19日 コスモスリーグ ロッテ−ホンダ(ロッテ浦和)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2003年10月19日 コスモスリーグ ロッテ−ホンダ 1回戦

@ロッテ浦和(ホンダ1勝)

 
ホンダ 003 013 010│
 
ロッテ 301 000 000│

 勝 斉 藤 1勝0敗0S 登板1
 負 加 藤 0勝1敗0S 登板2

 【ホンダ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 吉 岡 500 三ゴ    三犠    空振 三ゴ 投ゴ    見振
  D 尾 形 521 空振    右安    右安 二ゴ    中飛
  H 衣 川 322 右安    中犠    四球 一選    右安
  B 田 口 310 空振    投襲    空振 四球    四球
  3 平 間 000
  D 岡野勝 423    遊ゴ 中犠    中安 空振    中安
  F8開 田 400    三ゴ 遊ゴ    遊ゴ 二ゴ    四球
  C 増 田 200    見振    投ゴ    四球
  R 佐々木 000
  4 上 田 100                   遊直
  H 高 松 100                      右飛
  4 山 ア 000
  G 岡野武 420       中安 二ゴ    左安 見振
  H7溝 渕 100                         遊飛
  A 佐 伯 200       四球 遊直    四球 四球    遊飛
  犠盗失併残─────
  341111 3596

       回 打安振球責
   橋 本 3 176134
  ○斉 藤 5 182430
   大 田 1 40100

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 渡辺正 110 左安 四球    四球
  4 西 岡 200                   右飛    一ゴ
  E8早 坂 410 右安 二ゴ    右飛       左飛
  H 富 永 100                         空振
  D 喜 多 400 二ゴ    空振    四球    遊ゴ    二ゴ
  D3今 江 300 四球    右飛    二飛       三ゴ
  G 於 保 310 二ゴ    右安    空振
  5 塀 内 100                      空振
  B7ユウゴー  433 中3    中安       遊ゴ    中安
  F6丸 山 211 四球    二安       中飛
  H6青 野 000                      死球
  H 寺 本 410    中飛 二ゴ       右2    空振
  A 金 澤 300    中飛    遊飛    空振
  H 橋本将 100                         一失
  犠盗失併残─────
  01418 3384

       回   打安振球責
  ●加 藤 50/3 287544
   田中充  2/3 40110
   酒 井 11/3 50110
   鈴 木 1   62021
   長 崎 1   30100


  三塁打  ユウゴー (ロ) (1回 橋本 タイムリー)
  二塁打  寺 本(ロ) (6回 斉藤)
  犠 打  吉 岡(ホ) (3回 無死1、2塁 2走の岡野武が三進、1走の佐伯が二進、
                 打者走者の吉岡もサード今江の一塁悪送球により生存)
  犠 飛  衣 川(ホ) (3回 無死満塁 3走の佐伯がホームイン)
       岡野勝(ホ) (3回 1死満塁 3走の吉岡がホームイン)
  盗 塁  岡野武(ホ) (3回 捕手は金澤 打者は佐伯 二盗成功)
       渡辺正(ロ) (4回 捕手は佐伯 打者は早坂 二盗成功)
       佐々木(ホ) (6回 捕手は金澤 打者は吉岡 本盗成功)┐
       岡野武(ホ) (6回 捕手は金澤 打者は吉岡 三盗成功)┼三重盗
       佐 伯(ホ) (6回 捕手は金澤 打者は吉岡 二盗成功)┘
  失 策  今 江(ロ) (3回 無死1、2塁 吉岡の三前バントを一塁悪送球)
       加 藤(ロ) (6回 無死1、2塁 二塁牽制悪送球 2走の増田が三進、1
                 走の岡野武が二進)
       塀 内(ロ) (6回 無死2、3塁 吉岡の三ゴロで本塁に突入した3走の岡
                 野武を刺そうとして本塁悪送球−吉岡のヘルメットに送
                 球が当たる 3走の岡野武がホームイン、2走の佐伯が
                 三進、打者走者の吉岡が二進)
       早 坂(ロ) (8回 1死1、2塁 岡野勝の中前打で3塁を狙った1走の田
                 口を刺そうとして三塁悪送球 1走の田口が三進、打者
                 走者の岡野勝が二進)
       田 口(ホ) (9回 橋本将の一ゴロをトンネル)
  走塁死  田 口(ホ) (8回 1死満塁 3走として高松の右飛でタッチアップするも
                 離塁が早かったためアピールプレーでアウト 寺本−今
                 江−金澤−塀内)
  牽制死  丸 山(ロ) (1回 1走として一、二塁間で挟殺 佐伯−尾形 打者は寺本)
       渡辺正(ロ) (4回 2走として 斉藤−尾形 打者は早坂)
  野 選  今 江(ロ) (6回 1死2、3塁 衣川の一ゴロで本塁に突入した3走の佐
                 伯を刺そうとして本塁送球も間に合わず)
  併 殺  ホンダ   (5回 無死1塁 今江の二飛で1走の喜多が帰塁できず 増田
                 −田口)
       ロッテ   (8回 1死満塁 高松の右飛で3走の田口がタッチアップする
                 離塁が早くアピールプレーでアウト 寺本−今江−金澤
                 塀内)

  PL:新屋 1B:アマ 2B:秋村 3B:アマ
  時間 3時間17分(12:31〜15:49)


得点経過
 1回裏(ロ) 2死満塁からユウゴーが左中間を破る走者一掃のスリーベース ロッテ3点目
 3回表(ホ) 無死満塁から尾形が一、二塁間を破る右前打         ホンダ1点目
       無死満塁から衣川がセンターへ犠牲フライ          ホンダ2点目
       1死満塁から岡野勝がセンターへ犠牲フライ         ホンダ3点目
 3回裏(ロ) 2死1、3塁から丸山がセカンド内野安打          ロッテ4点目
 5回表(ホ) 2死1、2塁から岡野勝が中前打              ホンダ4点目
 6回表(ホ) 無死満塁から三重盗                    ホンダ5点目
       無死2、3塁から吉岡の三ゴロを塀内が本塁悪送球      ホンダ6点目
       1死2、3塁から衣川の一ゴロを今江が本塁野選       ホンダ7点目
 8回表(ホ) 1死1、2塁から岡野勝が中前打              ホンダ8点目

戦評
 ロッテ(浦和)とホンダ(狭山)ということで埼玉県同士の対戦。
 試合の方は
  ・三重盗
  ・野手の送球が打者のヘルメットに当たる悪送球
  ・フィルダースチョイス
  ・タッチアップの離塁が早くアピールプレーでアウト
  ・ユウゴー(ロ)が満塁での走者一掃のスリーベースを含む3安打猛打賞
 と珍しいことのオンパレードの上に、両チームの投手のコントロールが悪くピリッとしない
 試合展開のため3時間オーバーのロングゲーム。お腹いっぱい。
 
広島のドラフト候補尾形(ホ)2安打1打点の活躍

選評
 
尾 形(ホ) 金本(神)に似た構えの左打者。第一打席では加藤のタテの変化球についていけ
       ずにバットが空を斬ってしまったが、第二、第三打席では速い球足で一、二塁
       間を抜けていく右前打を放つ。試合後に宇田川監督が尾形はもう試合では使わ
       ないと言っていたので今日がホンダでのラストゲーム???


 
斉 藤(ホ) 右のサイドスロー。数字だけ見れば5回を打者18人に対し2安打無失点と十分
       過ぎるほどの及第点だがストレート、変化球ともに目を見張るものではなかっ
       たように思う。適度に球が荒れていたのが好投の要因か。

 
大 田(ホ) 右のオーバースローの本格派。豪速球をイメージさせるキレイなフォームだが
       秀逸なのはそのフォームから放たれるチェンジアップ。富永から空振りを奪っ
       た球は完全にタイミングを外しており絶品!


 
加 藤(ロ) 今年は不本意な一年を送ってしまった加藤だが今日もダメ。2回までは無難な
       投球を見せるが3回から突然ストライクが入らなくなり自滅。また、ランナー
       3塁の場面で簡単に外野フライを打たれるのも不満。

 
鈴 木(ロ) ホンダのミスに助けられての1回1失点。いつもの鈴木は何処に行ってしまっ
       たのかストライクが全く入らずに四球を連発。試合後は荘コーチと居残り投球
       練習。

 
今 江(ロ) ガニ股のバッティングフォームが板についてきた印象だが今日は結果が伴わず

 
ユウゴー (ロ) 4打数3安打3打点の大活躍。凡退の打席も2−0からファウルで粘って2−
       3まで持って行っており絶好調!

おまけ
 ホンダの6回の攻撃の詳細(ある意味スゴすぎ)
  増 田 無死無走者  ・四球
  岡野武 無死1塁   ・左前打
  佐 伯 無死1、2塁 ・加藤が二塁牽制悪送球
      無死2、3塁 ・四球
  吉 岡 無死満塁   ・ワンバウンドの球をスクイズ空振り。ボールを前に弾いた捕手
              の金澤と打者の吉岡と主審の新屋が絡み合っている間にスター
              トを切っていた各走者が進塁→結果的に
三重盗
      無死2、3塁 ・三ゴロで本塁に突入した走者を刺そうとした塀内の送球が走者
              のヘルメットに当たりボールは三塁ベンチ前を転々
  尾 形 無死2、3塁 ・二ゴロ
  衣 川 1死2、3塁 ・一ゴロで本塁に突入した走者を刺そうと今江が本塁送球も間に
              合わず野選
  田 口 1死1、3塁 ・四球
  岡野勝 1死満塁   ・空振り三振
  開 田 2死満塁   ・二ゴロ


  ■掲示板@2軍愛■