【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2004年 4月 4日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年4月4日 湘南−ロッテ 2回戦

A横須賀(ロッテ1勝)

 
ロッテ            │
 
湘 南            │
             
(降雨中止)

幻のスタメン
 【ロッテ】   【湘 南】
  E 早 坂   C 北 川
  C 西 岡   D 福 本
  H 寺 本   G 小 池
  B ユウゴー    B 七 野
  F 佐 藤   H  南
  D 青 野   A 鶴 岡
  A 田中雅   E 木 村
  G 喜 多   F 田中充
  @ 三 島   @ 門 倉

幻の審判団
  PL:石山 1B:木内 2B:名幸 3B:牧田 公式記録:荒木

状況
 今日は戸田球場もジャイアンツ球場も中止でしたが、横須賀スタジアムに電話したら、何と
 やる方向ということで、いざ横須賀!
 しかし、スタメン発表のころから降り出した雨は強くなる一方で、13:15にあえなく中止。

選評
 レック(湘) ご存知、シーレックスのマスコット。入場時にはゲートで観客をお出迎えして
       グランドへ。ベンチ前で素振りをしていた西岡(ロ)とトスバッティングを始め
       るが何のイタズラをしたのか西岡に追い掛け回されてドロップキックを食らい
       かける(^^)
       また、来週の日曜日(4/11)のロッテ戦(横須賀)は『フィギュアデー』というこ
       とでシーレックスのマスコットフィギュア(レックだけなのかは不明^^;)が抽
       選で400人にプレゼントされるそうです。欲、欲しい…。


2004年 4月 3日 イースタンリーグ ヤクルト−西武(戸田)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年4月3日 ヤクルト−西武 1回戦

@戸田(ヤクルト1勝)

 
西  武 000 000 000│
 
ヤクルト 000 000 28×│10

 勝 石 川 1勝0敗0S 登板1
 負 松 川 0勝1敗0S 登板1

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 宮 崎 310 遊ゴ       二ゴ    中安
  H 松坂健 100                         空振
  D カ ズ 300 遊ゴ       振逃    遊併
  H 春 日 100                         空振
  G 栗 山 200 遊ゴ       四球       見振    四球
  H 玉 野 400    右邪    投ゴ       遊ゴ    二ゴ
  B 石井義 200    投ゴ       捕失
  3 犬 伏 100                   左飛
  F 高 山 300    二飛       二併       三ゴ
  E 黒 瀬 320       右飛    左安       左安
  A 田 原 100       遊直
  2 椎 木 210             空振       左安
  @ 岡 本 200       遊ゴ       二直
  1 松 川 000
  H 藤 立 100                      三併
  1 竹 内 000
  1 福 井 000
  犠盗失併残─────
  00014 2940

       回   打安振球責
   岡 本 7   245320
  ●松 川 1   74201
   竹 内  0/3 40044
   福 井 1   83224

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回   8回
  H 佐藤真 320 中安    三ゴ    右安
  R8内 田 110                   右安    四球
  E 野 口 522 中飛    見振    空振    遊安    左安
  B ユウイチ  300 四球       右飛    中飛 空振
  H 大 塚 100                         見振
  1 成 本 000
  F9本 郷 420 右直       中2    中安 空振    死球
  D 畠 山 423    捕邪    右安    空振    死球 中2
  G7牧 谷 400    三ゴ    三ゴ    遊ゴ    四球 空振
  A 細 見 310    四球    一ゴ       中安 四球 一邪
  C 梶 本 201    二ゴ       遊ゴ    投犠 四球
  @ 石 川 200       三邪    遊ゴ
  H 鮫 島 111                   右2
  1 佐藤賢 000
  H3久保田 112                      中安
  犠盗失併残─────
  11239 34129

       回 打安振球責
  ○石 川 7 232310
   佐藤賢 1 42000
   成 本 1 40210


  二塁打  本 郷(ヤ) (4回 岡本)
       鮫 島(ヤ) (7回 松川 タイムリー)
       畠 山(ヤ) (8回 福井 タイムリー)
  犠 打  梶 本(ヤ) (7回 無死1塁 1走の細見が二進)
  盗 塁  内 田(ヤ) (5回 捕手は椎木 打者は野口 二盗成功)
  失 策  細 見(ヤ) (5回 石井義の捕ゴロが手に付かず)
       牧 谷(ヤ) (7回 栗山の左邪飛を落球)
  走塁死  佐藤真(ヤ) (1回 2走として本郷の右直で帰塁できず 玉野−宮崎−黒瀬)
       本 郷(ヤ) (4回 3走として牧谷の三ゴロで本塁突入も憤死 カズ−椎木)
  牽制死  カ ズ(西) (4回 1走として 石川−ユウイチ)
  暴 投  石 川(ヤ) (4回 カズが振り逃げ)
       松 川(西) (7回 1死2塁 2走の細見が二進 打者は鮫島)
       竹 内(西) (8回 無死1、2塁 2走の畠山が三進、1走の牧谷が二進)
  捕 逸  椎 木(西) (7回 1死1、3塁 3走の鮫島がホームイン、1走の内田が
                 二進)
  振 逃  カ ズ(西) (4回 石川が暴投)
  併 殺  西 武   (1回 1死1、2塁 本郷の右直で2走の佐藤真が帰塁できず
                 玉野−宮崎−黒瀬)
       ヤクルト  (5回 高山 無死1塁 梶本−野口−ユウイチ)
       ヤクルト  (6回 カズ 1死1塁 野口−梶本−ユウイチ)
       ヤクルト  (8回 藤立 1死1、2塁 畠山−梶本−ユウイチ)

  PL:橋本 1B:山路 2B:新屋 3B:鈴木 公式記録:新向井
  時間 2時間41分(13:00〜15:41)

得点経過
 7回裏(ヤ) 1死3塁から鮫島が右中間を破るツーベース        ヤクルト1点目
       1死1、3塁から椎木が捕逸               ヤクルト2点目
 8回裏(ヤ) 無死満塁から梶本が押し出しの四球を選び         ヤクルト3点目
       無死満塁から久保田が中前打               ヤクルト5点目
       無死満塁から野口が三遊間を破る左前打          ヤクルト7点目
       1死満塁から畠山が左中間を破る走者一掃のツーベース   ヤクルト10点目


戦評
 今日は絶好の小春日和。春の陽気に誘われて土手の上もかなりの盛況。
 試合の方はヤクルト・石川、西武・岡本の両先発の好投により6回まで両チームゼロ行進も
 その後を受けた西武中継ぎ陣が崩壊。7回には松川が2失点(自責1)、8回には竹内と福井
 が打者一巡の猛攻を許し、終わってみれば2桁得点のヤクルトが圧勝。

選評
 岡 本(西) 明大からのD6巡目ルーキー。捕手が田原のときにはストレート中心で、椎木
       のときにはカーブ中心でヤクルト打線を零封。ストレートが武器とのことだが
       今日はそれ以上にカーブが秀逸。ストレートは左右の制球が定まっていなかっ
       たが、カーブはコース、キレ共に完璧。畠山の豪快な空振りを誘っていた。

 松 川(西) 先頭の細見に中前に運ばれると犠打を挟みの4連打に暴投・捕逸も加わり、あ
       れよあれよという間に2失点。しかし、渡辺コーチがマウンドに行くと後続は
       連続空振り三振でキッチリと絶つ。リリースポイントが高いため、球に角度が
       ある。

 竹 内(西) 先頭の畠山に死球を与えすごまれると、そのあとはストライクが入らず3連続
       四球で押し出し(畠山にもいきなり0−3でその傾向はあったが。また、ぶつ
       けるのは良くないが、すごまれてから帽子を取るのも良くないと思う)

 福 井(西) 竹内の後を受けての登板も勢いを止められず。無死満塁での登板は福井には荷
       が重すぎたか。

 栗 山(西) 7回に見逃し三振を喫したときに主審の橋本に『低いでしょ!』と抗議。ここ
       まで15打数6安打の.400と好調だが僕が見に行っていない試合では10打数6安
       打の.600と絶好調。ということは僕に見に行った試合では…。


 佐藤賢(ヤ) 明大からのD6巡目ルーキー(←コピペ)。スリークォーター気味のサイドスロ
       ーから放たれるストレートは目を見張るものではないが、変化球の制球力で勝
       負するタイプ。藤立のゲッツーで切り抜けるが黒瀬、椎木にクリーンヒットを
       打たれる。話題性は十分だが…。

 牧 谷(ヤ) 7回表の守備で栗山の左邪飛を落球するエラーを犯すが、犬伏の浅い左飛を突
       っ込んで好捕。意気洋々でベンチに帰るも猿渡コーチの雷が落雷。打つ方でも
       今日は見所なし。

 本 郷(ヤ) 4打数2安打だが第1打席の右直もヒット性の当たり。相変わらずのシュアな
       パッティング♪


 橋 本(審) 8回の畠山の打席(2回目)でストラ…まで言いながらボールの判定。


2004年 4月 3日 ウエスタンリーグ ダイエー−阪神(雁の巣)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

鳴尾浜 000 010 000 0 1
雁の巣 100 000 000 0 1

鳴 久保田智之(5回)−筒井和也(2回)−石毛博史(3回)
雁 ヘクター・メルカド(5回)−飯島一彦(1回)−山田秋親(2回)−松本輝(1回)−木村茂(1回)

審判 球:土山 一:吉本 二:嶋田 三:山本

久保田智之、立ち上がりに失点も、以降はここではモノが違う印象。
プチ・トルネードからの速球は重く威力十分。
5イニング3安打5三振、一軍復帰も近し?

筒井和也、公式戦初登板(かな?)は2イニング1安打(セフティバント)無失点。
無駄のないきれいなフォームが印象的。
左腕も豊富だが、一軍に食い込めるか?

明石健志、久保田の出鼻をくじく三塁打を含め猛打賞。
線が細いのでまずは二軍でじっくり育成も、好センスは光る。

福岡は桜が見ごろ。桜名所100選に選定されている西公園は花見客で賑わっていました。
ただ、夕方から雨。場所取りをしていたグループの人たちは無事に宴会ができたのだろうか?


2004年 4月 3日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(横須賀)報告者:横須賀マリン(♂)さん

ロッテ 000 030 000=
湘 南 000 000 100=

勝=黒木  セーブ=セラフィニ  負=東

2塁打 寺本、北川、田中充、曽我部
盗塁 早坂2(1表二盗 打者曽我部、5表二盗 打者西岡)
走塁死 田中充(5裏二走 打者北川)
失策 早坂2(1裏 一塁悪送球、7裏 一塁悪送球)
暴投 東(5表 澤井二進 打者辻) 黒木(6裏 北川三進 打者七野)
ボーク 黒木(1表 福本二進 打者小池)

         打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(遊) 早坂   3 2 2 中安 …… 遊ゴ …… 中安 …… 四球 …… ……
(二) 西岡   3 0 0 左飛 …… 投ゴ …… 二ゴ …… …… …… ……
 打  大塚   1 0 0 …… …… …… …… …… …… 投併 …… ……
 三  青野   0 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… ……
(中) 曽我部   3 1 0 二ゴ …… …… 右飛 死球 …… …… 中2 ……
(左) 佐藤   3 0 0 逃振 …… …… 投ゴ 投ゴ …… …… …… ……
 左  喜多   1 0 0 …… …… …… …… …… …… …… 右飛 ……
 投 セラフィニ 0 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… ……
(三) 今江   3 0 0 …… 一邪 …… 一邪 …… 捕邪 …… …… ……
三二  原井   1 0 0 …… …… …… …… …… …… …… 三ゴ ……
(一) 澤井   3 0 0 …… 三ゴ …… …… 四球 二飛 …… 空振 ……
(捕) 辻    4 1 0 …… 一ゴ …… …… 二安 遊飛 …… …… 二ゴ
(右) 寺本   4 3 1 …… …… 中安 …… 左2 …… 右安 …… 三邪
(投) 黒木   1 0 0 …… …… 捕犠 …… 空振 …… 投犠 …… ……
 左 ユーゴー  1 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… 逃振

        回  打 安 振 球 失 責
 ○黒 木   7  28 4 4 2 1 0
 Sセラフィニ 2  6 0 2 0 0 0


         打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(二) 北川   4 1 0 遊直 …… 空振 …… …… 右2 遊ゴ …… ……
(三) 福本   4 0 0 遊失 …… 二ゴ …… …… 右飛 …… 投ゴ ……
(中) 小池   4 0 0 遊ゴ …… …… 三飛 …… 三邪 …… 空振 ……
(一) 七野   3 0 0 空振 …… …… 左飛 …… 四球 …… 中飛 ……
(右) 南    4 0 0 …… 投ゴ …… 逃振 …… 中飛 …… …… 遊ゴ
(遊) 木村   3 0 0 …… 投ゴ …… …… 一ゴ …… 左飛 …… ……
 打  小川   1 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… 遊ゴ
(左) 田中充   3 2 0 …… 遊ゴ …… …… 三安 …… 左2 …… ……
 打  呉本   1 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… 空振
(捕) 武山   1 0 0 …… …… 四球 …… 捕邪 …… …… …… ……
 捕  新沼   1 0 0 …… …… …… …… …… …… 空振 …… ……
(投) 東    0 0 0 …… …… 投犠 …… …… …… …… …… ……
 打  西崎   1 1 0 …… …… …… …… 左安 …… …… …… ……
 投  牛田   0 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… ……
 投  岡本   0 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… ……
 投  宇高   0 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… ……
 打  鶴岡   1 0 0 …… …… …… …… …… …… 遊失 …… ……
 投  谷口   0 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… ……
 投  後藤   0 0 0 …… …… …… …… …… …… …… …… ……

        回  打 安 振 球 失 責
 ● 東    5  22 5 2 2 3 3
  牛 田   1  3 0 0 0 0 0
  岡 本    1/3 3 1 0 1 0 0
  宇 高    2/3 1 0 0 0 0 0
  谷 口   1  4 1 1 0 0 0
  後 藤   1  3 0 1 0 0 0


得点経過

5回表
無死一三塁から寺本がレフトオーバーの二塁打で先制。
黒木三振のあとの一死二三塁から早坂のセンター前クリーンヒットで2点の計3得点。

7回裏
一死から田中充がレフト線へのラッキーな二塁打。
新沼三振のあとの二死二塁で鶴岡が三遊間へのゴロ。
これを早坂が一塁に悪送球で田中充が二塁から生還の1得点。


感想

☆黒木知宏(ロ)
7回で1失点ですが、早坂のエラー絡みで自責点は0。
被安打は4ながら、そのうちの2本はサード前のボテボテの内野安打と、
レフトライン際のフラフラっとあがった二塁打。
完璧に打たれたヒットは2安打のみです。
投球数はおそらく100球だと思います。
ストレートは140km前後ではないかと。
ただ今日の投球で一軍で通用するかというと?マークです。
今の球速ではもう少し制球が良くならないと厳しいような気もします。

☆早坂圭介(ロ)
打つ方では2点タイムリー含む2安打1四球で、盗塁も2つ。
しかし守備で一塁への悪送球が二度あった。
実は試合前の練習で佐藤コーチからスローイングの指導を厳しく受けていました。

☆寺本四郎(ロ)
猛打賞でしたが一打席目、三打席目はいずれも飛んだところがよかった。

☆喜多隆志(ロ)
8回無死二塁の追加点のチャンスでチーム打撃ができず。
教育リーグから上向き気配なし。

☆今江敏晃(ロ)
すべて打ち上げ外野にも飛ばず。

☆セラフィニ(ロ)
抑えてはいますがコントロールがイマイチ。
二軍レベルでは抑えられますが、一軍ではどうかな?

すみません。
湘南選手はよく分かりません。

ルーキーの牛田投手が1イニング登板し、
3人を内野フライに抑えていますが、
マリーンズ打線は貧打線なので、
あまり参考にはならないかもしれません。


2004年 4月 3日 イースタンリーグ 巨人−日本ハム(ジャイアンツ)報告者:風車の弥生さん(HP:なんにもないぺーじ

2004年4月3日(土)はれ
  
ファイターズジャイアンツ球場

  
日本ハム 200 020 000  (7安打)
  
巨  人 100 000 000  (3安打)

  勝 
江尻  S 金森  負 久保

  PB 萩原  1B 敷田  2B 本田  3B 深谷

      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
4 田中賢 4-2 三振    四球    
右安 三併       左安
8 石 本 5-1 中飛    三振    三邪    
右安    三振
3  林  4-2
左安    三振    左本:    遊併
9 藤 島 2-1
左本:    四球    四球    右飛
7 佐 藤 4-0 投ゴ    ニゴ    遊直       三振
5 阿久根 4-0    投ゴ    左飛 三振       ニゴ
6 飯 山 4-0    三振    三振    三ゴ    三振
2 實 松 2-1    四球    
右安    四球       右飛
1 江 尻 2-0    三ゴ    三振    四球
_1武 田
_H渡 邉 1-0                         三振
_1金 森


      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
7 矢 野 4-0 右飛    中飛       左飛    右飛
4 大須賀 4-0 ニゴ    三振       遊ゴ    三ゴ
9 三 浦 4-1
左本・       三ゴ    三振       三振
3 吉 川 4-0 二飛       三ゴ       右飛    遊ゴ
5 福 井 4-0    三ゴ    中飛       三振    投ゴ
6 黒 田 3-0    三振        右飛   ニゴ
_6岩 舘
2 加 藤 1-0    三振
H2 原  2-0              二飛      四球
8 山 田 3-1       ニゴ     
中安      中飛
1 久 保 0-0       四球
_H野 村 1-0              遊飛
_1 南 
_1サンタナ
_H中 濱 1-1                      
右安
_1十川雄


    回 安 振 球 点      
    回 安 振 球 点
久 保 5 5 6 4 4 (100球)   
江 尻 7 2 5 1 1 (81球)
  南  2 1 0 2 0 ( 27球)   
 武 田 1 1 0 1 0 (23球)
  サンタナ  1 0 2 0 0 ( 18球)   
金 森 1 0 1 0 0 ( 9球)
 十川雄 1 1 2 0 0 ( 22球)

(球数はカウントミスがあるかもしれません、目安として考えてください)

今日は江尻のできがすばらしかったです。完投させても良かったかもですが、
先週のことを考えて大事をとって継投としたのたもしれません。


2004年 4月 1日 イースタンリーグ ロッテ−巨人(ロッテ)報告者:ゆうさん(HP:GIANTS応援サイト〜常勝ジャイアンツ☆☆☆

レポ遅くなりましたが、4月1日のロッテ対巨人戦です
羽田についてまっすぐ浦和に直行したんですが、着いたときはすでに中盤でしたので、あしからず。。。
また、ジャイアンツファンのため、ジャイアンツには敬称付いてますが、ロッテの選手には付いてないんです・・・
まさに、ジャイアンツ中心のレポです
お見苦しい点があるかもしれませんが、ご了承くださいませ<(_ _)>
では、5回からです!!


5回表:この時点で3対0で巨人がリード
山田くんがサード強襲のヒット!!矢野君がライト前ヒット(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆ 矢野君に虜の私は、矢野君のヒットをいきなり観れて感激でした!!
大須賀くんがバントで。1アウト2.3塁。 貴くんが犠牲フライで4対0(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆
俊介くんがタイムリー2ベース(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆ 5対0
吉川くんが、本日猛打賞になる2ランをレフトスタンドへ\(^O^)/ 7対0 福井君がライトフライ

5回裏:バッテリーは順也くんと小田ちゃんです
大塚にサンター前ヒット(順也くん、本日初めてヒットを打たれたようです) 今江にもセンター前に運ばれ・・しかし、ユウゴーをセカンドゴロのWプレーにしとめ、2アウト3塁。
小野にタイムリーを打たれてしまった(T T) 7対1
辻にもセンター前に運ばれたけど、西岡から三振を奪いました!!

6回表:ロッテの投手は、もと巨人の谷くんでした
黒田さんライトフライ・・小田ちゃんがショートゴロ・・山田君がセンター前ヒット!!そのうえ盗塁も決めたけど、矢野君がセンターフライ・・。

6回裏:早坂セカンドゴロ。寺本四球・・。曽我部にセンター前ヒット・・。大塚にタイムリーヒット許してしまった( ̄□ ̄;)!!7対2
すぐに内野陣が順也くんの周りに集まって声をかけに来ました。
今江、ユウゴーに四球を与え満塁に!!しかし、シッカリ小野をセンターフライでおさえたよ!!

7回表:内-田中のバッテリー 
ブルペン?では、岩館くんと平岡くんのルーキーコンビがキャッチボールをしていました
大須賀くんが四球を選んだけど、貴くんがショートゴロのWプレー( ̄□ ̄;)!! 
俊介君と交代した中浜さんがセカンドゴロ・・。

7回裏:投手十川(雄)くん、捕手克則さん(ノムサンの息子だぁ〜〜〜!!!)、サード岩館くんと一挙に交代しました
田中にレフト前ヒットを浴びたけど、藤岡をサードゴロWプレーで抑え、早坂から三振を奪う!!

8回表:吉川さんの絶好調ぶりが伺えました!!またまたレフト前にヒット(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆
岩館くん死球!?ん〜〜!?当たったの???岩舘くん自身も当たったの判ってない様子・・・主審に1塁へ行け!!と指図されてる雰囲気で1塁へ歩きました!! ロッテのベンチからブーイングの嵐でした
黒田さんライトフライ・・。克則さんがタイムリーヒット(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆ 8対2
貴くんがヒット☆ 矢野君のサードの走塁コーチ強襲のファール!!すばやく逃げたコーチに拍手が沸いてました(笑)
矢野くんはセンターフライに倒れちゃった

8回裏:青野に四球。曽我部ショートゴロWプレー。大塚に2ベースヒット・・。今江、ユウゴーに四球を与え満塁のピンチ( ̄□ ̄;)!!
内野陣が十川くんの周りに集まりました。そのおかげもあったのかな!於保をファーストゴロに仕留めました!!

9回表:投手セラフィニに交代
大須賀くんが2ベースヒット☆ 貴くんが・・確か三振(ちょっと忘れちゃった・・汗) 中浜さんがショートゴロ。吉川さんもさすがにここは三振でした。

9回裏:投手は川本くんに交代
金沢ライト前ヒット・・。藤井三振!!喜多三振!!富永にセンター前に運ばれたけど、最後は丸山から三振を奪ってゲームセット!!
巨8対2ロ
酒井順也くんが勝利投手でした(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆


2004年 4月 1日 イースタンリーグ ヤクルト−湘南(戸田)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時1分終了15時24分試合時間2時間23分
 球審本田1塁萩原2塁石山3塁牧田記録員荒木
 戸田(ヤクルト3勝)観衆80人
                   RHE
 
湘  南 000 011 000  70
 
ヤクルト 000 010 00x2 60
 
 勝石井1勝        本塁打 本郷1号(5回右中間村西@)
 負谷口1敗
 2塁打 新沼、佐藤真(9回)盗塁 畠山(9回)    
 ボーク 佐藤秀(5回)
 併殺 湘 南1(北川−木村−七野)2回牧谷
    ヤクルト1(野口−梶本−ユウイチ)4回七野
 失策 湘南0 ヤクルト0  

1回表(ヤクルト投手佐藤秀、捕手細見)北川左飛、福本遊ゴロ、小池一飛(湘南0)
1回裏(湘南投手村西、捕手新沼)野口三塁ゴロ、青木、ユウイチ共に一塁ゴロ(ヤクルト0)
2回表 七野右前安打、南投前犠打成功で2塁、田中充、新沼共に三振(湘南0)
2回裏 本郷三塁ゴロ、畠山左前安打、牧谷二塁ゴロで4−6−3とわたり併殺(ヤクルト0)
3回表 木村投ゴロ、村西左飛、北川バント安打狙うも三塁ゴロ(湘南0)
3回裏 細見二飛、梶本遊ゴロ、佐藤秀三塁ゴロ(ヤクルト0)
4回表 福本遊ゴロ、小池遊ゴロ内野安打、七野遊ゴロで6−4−3とわたり併殺(湘南0)
4回裏 野口左飛、青木三振、ユウイチ一塁ゴロ(ヤクルト0)
5回表 南中飛、田中充遊ゴロ、新沼右前安打、木村の時佐藤秀のボークで新沼2塁進塁、結局木村は左前安打で新沼生還送球間に2塁へ、村西右邪飛(湘南1)
5回裏 本郷右中間本塁打、畠山左前安打、牧谷三塁ゴロで5−4−3とわたり2塁畠山はセーフ、牧谷1塁はアウト、細見二飛、梶本四球で1,2塁、佐藤秀中飛(ヤクルト1)
6回表 北川二塁ゴロ、福本四球、小池死球で1,2塁、七野右前安打で福本生還と送球間に2,3塁、南三振、田中充二塁ゴロ(湘南1)
6回裏 野口捕邪飛、青木三振、ユウイチ遊ゴロ(ヤクルト0)
7回表(ヤクルト投手小森)新沼二飛、木村二塁ゴロ内野安打、村西投前犠打成功で2塁、北川右飛(湘南0)
7回裏 本郷遊ゴロ、畠山三塁ゴロ、牧谷中前安打、細見左飛(ヤクルト0)
8回表 福本遊ゴロ、小池三塁ゴロ、七野二飛(湘南0)
8回裏(湘南投手谷口)梶本三邪飛、小森に代打久保田遊ゴロ、野口三塁ゴロ(ヤクルト0)
9回表(ヤクルト投手石井)南投ゴロ、田中充に代打小川一塁ゴロ、新沼左翼越え2塁打、木村三振(湘南0)
9回裏(二塁から三塁北川、三塁から左翼福本、遊撃野中)青木に代打佐藤真中堅越え2塁打(代走大塚)ユウイチ遊ゴロ、本郷四球で1,2塁、畠山右前安打で大塚生還なお1,3塁、牧谷の時畠山2塁盗塁成功で2,3塁、牧谷右犠飛で本郷生還でヤクルトサヨナラ勝ち(ヤクルト2)
             

   打撃成績 
   湘 南 打安点    ヤクルト 打安点
 C5北 川 400   E野 口  400
 D7福 本 300   G青 木  300
  G小 池 310   H佐藤真  110
  B七 野 421   R大 塚  000
  H 南  300   Bユウイチ 400
  F田中充 300   H本 郷  311
  H小 川 100   D畠 山  431
  4野 中 000   F牧 谷  311
  A新 沼 420   A細 見  300
  E木 村 421   C梶 本  200
  @村 西 200   @佐藤秀  200
  1谷 口 000   1小 森  000
  計    3172   H久保田  100
             計     3063
 
 投手成績
 湘 南  投回   投数 被安 四死 三振 失点 自責
 村 西  7   101  4  1  2  1  1
●谷 口  1・2  32  2  1  0  2  2
 ヤクルト 投回   投数 被安 四死 三振 失点 自責
 佐藤秀  6    70  5  2  3  2  2
 小 森  2    16  1  0  0  0  0
○石 井  1    14  1  0  1  0  0

 今日の試合の戦評
 今日の試合はテンポは良かったが、両チームの打線が不調でいまいち盛り上がりに欠けた試合だったが 、ヤクルト石井弘寿投手の登板で試合は盛り上がったのが唯一の救い。目に観えないところで細かいミスが守備面で両チーム共、目立った試合であった。
 
 あわてんぼーが選ぶ最優秀選手  

■畠山和洋(ヤ)
 今日両チーム唯一3安打を打った選手。特に9回同点に追いつく安打を打ち得意な打撃をアピールした。
 後は、守備の方だ。特に、スローイングが課題だがそこらへんを直せば1軍昇格もありえる。


 注目した選手

■村西哲幸(湘)
 今日先発し7回を投げ101球、被安打4、1失点という結果を聞くと良いピッチングに観えるが、実際はヤクルト打線が不調で今日のような結果になったと観えた。
 特に5回本郷に右中間へ本塁打を打たれた後制球を乱し、それ以降思うようなピッチングが出来ていなかった。
 特に走者を出すととたんに球威、制球力が無くなってしまう。これを直さないことには1軍へは上がれないであろう。

■牧谷宇佐美(ヤ)
 昨日に引き続きサヨナラ打を打ったが問題は守備の方だ。5回2死2塁で木村の打球は浅い左前安打。バックホームするも送球がそれセーフに。しかも打者走者を2塁へ進塁させてしまった。今日の出来事はいただけない。
 それと今日ネット裏で観ていて気がついたことがある。それは、守っている時足幅を広げ過ぎている事だ。これでは俊敏な動きは出来ないし、素早く送球することができず走者を今日みたいに、余計な塁を与えてしまうことがあるので改善してほしい。

■石井弘寿(ヤ)
 一昨日に続き今日9回から1回を投げ被安打1、無失点に抑え勝ち投手に。
 さすが石井投手。今日投げた投手の中で一番速い球を投げていた。
 今日観ている感じでは、もういつ1軍へあげても良いという状態。


2004年 3月31日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

皆様お疲れ様です(^o^)
中継はありませんでしたが、表題の通り川崎ジャイアンツが
イースタンリーグ新記録となる1試合7本塁打をマークしたとのことです。

3月31日 イースタンリーグ ロッテ浦和球場
浦和マリーンズ−川崎ジャイアンツ 第2回戦
川崎 2勝
                 RH
ジャイアンツ 030 020 442 1514
マリーンズ  030 000 001 10

<浦 和>舩木聖士(4回)●神田義英(1敗、2/3)鈴木貴志(2回1/3)杉原洋(2回)−田中雅、金澤
<川 崎>○西村健太朗(1勝、6回)山本賢寿(2回)南和彰(1回)−加藤、佐藤弘

<本塁打>
 吉 川 1号(舩木)
     2号(杉原)
 矢 野 1号(舩木)
 大須賀 1号(神田)
     2号(鈴木)
     3号(杉原)
 三 浦 2号(鈴木)
※1試合7本塁打のイースタン新記録樹立。

<ジャイアンツ>
       打安点
(中)山 田 500
(二)大須賀 634
(左) 三 浦 621
(遊) 黒 田 400
 遊 岩 舘 210
(三)福 井 310
 一  李  000
(右)中 濱 311
(一三)吉 川 425
(捕)加 藤 412
 捕 佐藤弘 000
(指)矢 野 432
打指 横 川 000
   合 計 411415

 投手成績  回 打安失
○西村健太朗 6 2870
 山本 賢寿 2 600
  南 和彰 1 631

<マリーンズ>打安点
(遊)早 坂 432
 打 今 江 111
(三)塀 内 500
(中)於 保 420
(右)寺 本 500
(左)喜 多 400
(二)藤 井 200
 二 西 岡 210
(捕)田中雅 310
 捕 金 澤 100
(一)富 永 100
打一 澤 井 220
(指)丸 山 200
打指 大 塚 000
打指 青 野 100
   合 計 37103

 投手成績 回 打安失
 舩木聖士 4 1943
●神田義英 2/3 521
 鈴木貴志21/3 1354
 杉原 洋 2 1236

また、川崎ルーキー
西村健太朗投手が、30日の内海投手に続いてプロ初勝利を挙げています。


2004年 3月31日 イースタンリーグ 西武−日本ハム(西武ドーム)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館

2004年 3月31日(水) 所沢ライオンズ−鎌ヶ谷ファイターズ 2回戦(西武ドーム)

 011 000 001=
 112 000 10X=

F:ループ(5回・負)−鎌倉(1回)−須永(1回)、鶴岡
L:鳥谷部(6回・勝)−芝崎(1回)−潮崎(1回)、武藤(1回・S)、田原−椎木

ニ:田中賢・藤島(F) 石井義・宮崎・栗山(L)
三:田原(L)
本:佐藤1号(鳥谷部) 高山2号(ループ)

得点経過
1回裏(L) 1死3塁で栗山のタイムリーH
2回表(F) 佐藤のライトスタンドへの1号ソロHR
2回裏(L) 1死3塁で黒瀬のタイムリーH
3回表(F) 2死1・2塁で島田のタイムリーH
7回裏(L) 1死2・3塁で犬伏の一ゴロを林がファンブルしている間に3塁走者・大友が
       生還。林はボールをつかみ直して1塁ベースを踏み打者走者をアウトにしたので
       エラーはつかず。
9回表(F) 1死2・3塁で稲田のニゴロの間に3塁走者・佐藤が生還。

投手寸評
■鳥谷部健一(L)■ループ(F)
お互いに立ち上がりは不安定で3回までに失点を重ねるが、4回あたりから立ち直り、
6回まで無失点に抑える。

■鎌倉健(F)
7回裏の1イニングに登板。2安打1失点と今一つの内容。
降板後もブルペンで投球練習をさせられていました。

■潮崎哲也(F)
8回表に登板。打者4人に対し被安打1、三振2で無失点とまずまずの内容も、
4人の打者にさんざんファールで粘られ1イニングに28球も費やすなど、
球のキレは往年には及ばないといった感じ・・・

■須永英輝(F)
8回裏に登板。MAX146km/hの速球を武器に2三振・三者凡退の好投。
まだまだ線の細さを感じるが、大器の予感。

なお、昨年までは西武ドームでイースタンの試合開催の時は、
ライオンズファンクラブの会員証を掲示すると入場無料でしたが、
今年からは入場料¥500になりました。
(普通に買うと¥1,000です)


2004年 3月30日 イースタンリーグ 西武−日本ハム(西武ドーム)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年3月30日 西武−日本ハム 1回戦

@西武ドーム(西武1勝)

 
日本ハム 000 000 000│
 
西  武 030 000 10×│

 勝 土 肥 1勝0敗0S 登板1
 負 隼 人 0勝1敗0S 登板1

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 飯 山 400 空振    空振       三ゴ    投ゴ
  2 駒 居 000
  C 田中賢 410 二ゴ       空振    三邪       右安
  D 島 田 400 三ゴ       遊ゴ    空振       二併
  H 藤 島 300    二飛    一ゴ       空振    四球
  B  林  400    投ゴ       空振    見振    遊飛
  G5阿久根 310    右飛       右安    空振
  E 尾 崎 210       四球    右安       空振
  A 實 松 000
  2 鶴 岡 200       二ゴ    空振
  H8石 本 000                      四球
  F 佐 藤 300       見振    右飛       見振
  犠盗失併残─────
  00005 2930

       回 打安振球責
  ●隼 人 5 203223
   井 場 1 40210
   武 田 1 52001
   山 口 1 51110

   1回裏より鶴岡が守備に付いたため、實松は実質出場せず

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 宮 崎 311 投ゴ 投ゴ       四球    中安
  H 大 友 300 左邪    左飛    遊ゴ
  8 松坂健 100                   中飛
  F 栗 山 300 二ゴ    三ゴ       四球    二ゴ
  G9玉 野 310    右2 三ゴ       右飛    四球
  B 石井義 200    右飛    中飛
  3 藤 立 210                見振    右2
  R5上 田 000
  D 高 山 300    四球    見振    見振    見振
  D3カ ズ 411    中安    右邪       遊ゴ 遊ゴ
  A 上 本 300    空振       一ゴ    三ゴ
  E 黒 瀬 322    中2       遊ゴ    左2
  犠盗失併残─────
  01016 3064

       回 打安振球責
  ○土 肥 6 212710
   前 田 1 30300
   青 木 1 40210
   小 野 1 41010


  二塁打  玉 野(西) (2回 隼人)
       黒 瀬(西) (2回 隼人 タイムリー)
       黒 瀬(西) (7回 武田)
       藤 立(西) (8回 山口)
  盗 塁  宮 崎(西) (5回 捕手は鶴岡 打者は大友 二盗成功)
  暴 投  小 野(西) (9回 2死1塁 1走の藤島が二進 打者は林)
  ボーク  井 場(日) (6回 1死1塁 1走の栗山が二進 打者は藤立)
  併 殺  西 武   (9回 島田 無死1塁 宮崎−黒瀬−カズ)

  PL:鈴木 1B:橋本 2B:山路 3B:栄村 公式記録:嵯峨
  時間 2時間36分(13:01〜15:38)

得点経過
 2回裏(西) 1死1、3塁からカズが二遊間を破る中前打         西 武1点目
       2死1、3塁から黒瀬が中越えツーベース          西 武3点目
 7回裏(西) 2死2塁から宮崎が二遊間を破る中前打           西 武4点目

戦評
 西武主催の日本ハム戦という唯一、新ユニフォーム同士の対戦が見れるカード。
 天気は午後から雨との予報だったが西武ドームなので何も心配なし♪…のはずだったが、昨
 日から毎年恒例のカモガヤ花粉症(カマガヤアレルギーじゃなくて良かった←つまんねぇ^^)
 が覚醒しちゃったので体調は最悪。そのため↓は非常に内容が薄くなっております。最初に
 謝っておきます。ゴメンナサイ。
 で、試合の方は両先発が無難な立ち上がりを見せるも西武が2回にカズのタイムリーで先制
 すると、黒瀬のツーベースも飛び出し、この回3点を挙げたのに対し、日本ハム打線は西武
 投手陣の前に沈黙。好投の隼人を援護できず。

選評
 實 松(日) 色んな意味で人気者の實松。一度はスタメンで発表されるも鶴岡と交代してし
       まい試合には出場せず。試合前にベンチ前でトレーナーとしきりに背中のマッ
       サージをしており、背中に違和感でもありか?

 飯 山(日) バットを捕手方向に引っ張る構えにリニューアル(↓リンク参照願います)。ス
       イングが非常に窮屈そう(特に下半身に余裕が無いイメージ)で振り遅れている
       感じ。良い意味での飯山らしさが窺えない。

 山 口(日) ルーキー当時のストレートのキレが感じられない。人間性で野球をするわけで
       はないがこういう面でもファンの多い山口。復活に期待!

 黒 瀬(西) 今までは守備で良いところを見せてきたが今日は打撃でアピール。2回のツー
       ベースは隼人のチェンジアップを上手くすくい上げたもの。チーム6安打のな
       かで長打2本と気を吐く。

 前 田(西) 風貌からはストレートでガンガンというイメージだが今日はカーブが秀逸。7
       回1イニングだけの登板だったがウイニングショットはすべてカーブで3三振
       を奪う。

 高 山(西) 見逃し三振3つの3タコ。良いものは持っているのだが…。振りましょう!

■飯山裕志(日)リニューアルフォーム
http://homepage2.nifty.com/ogitiffany/iiyamayuuji.htm


2004年 3月28日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

28日 ジャイアンツ球場 第2回戦
川崎1勝1分け
                     RHE
スワローズ  100 000 010 00 41
ジャイアンツ 000 200 000 00 101
(延長11回 規定により引き分け)

<川 崎>鴨志田貴司(8回)真田裕貴(1回)平岡政樹(1回)十川雄二(1回)−加藤
<戸 田>本間忠(7回)佐藤賢(1回)小森孝憲(1回)成本年秀(2回)−細見

 審判 球審 牧田 一塁 木内 二塁 小林 三塁 敷田

※スコアは中継の都合、一部抜けています。ご了承ください

<スワローズ>1表2表3表4表5表6表7表8表9表10表11表
(右)佐藤真 左2  四球    凡退
 左 牧 谷               三振    二飛
(遊)梶 本 一安  投併    凡退  死球    振逃
(一右)ユウイチ中犠  三ゴ    凡退    凡退  三振
(左右二)
   本 郷 四球    三振    三振  凡退
(三)畠 山 右飛    右飛    中安  凡退
(捕)細 見 三振    三振    右ゴ    三振
(中)内 田   二ゴ    凡退  右飛    右飛
(二)大 塚   二飛    凡退    三振
 投 佐藤賢
 投 小 森
 打 鮫 島                   三振
 投 成 本
(投)本 間   三振    凡退
打一 久保田               右本    三邪

 投手成績 回 打安失
 本間 忠 7 2982
 佐藤 賢 1 300
 小森孝憲 1 510
 成本年秀 2 1010

<ジャイアンツ>
       1ウラ2ウラ3ウラ4ウラ5ウラ6ウラ7ウラ8ウラ9ウラ1011
(左)矢 野 左安  二飛  犠打  遊安  右飛  敬遠
(遊)岩 舘 右飛  遊ゴ  凡退
 遊 黒 田             中飛    遊失右飛
(右)三 浦 一邪  左飛  凡退    凡退  投ギ
(一) 原  二ゴ    中3  凡退
 一 吉 川               凡退  三振
(中)堀 田   中飛  遊ゴ  凡退
 中 中 濱               凡退  敬遠
(二)十川孝   右安  三振  二塁打
 二 大須賀                 遊安中飛
(三)福 井   左2  中本  凡退    遊ゴ  右飛
(捕)加 藤   三ゴ  右直    三振  死球
 打 山 田                     中安
(投)鴨志田   右飛    安打  三振
 投 真 田
 打 野 村                 中飛
 投 平 岡
 投 十川雄
 打  李                      投ギ

投手成績   回 打安失
 鴨志田貴司 8 2942
 真田 裕貴 1 300
 平岡 政樹 1 300
 十川 雄二 1 400

<本塁打>
 福 井 1号(本間)
 久保田 1号(鴨志田)

<三塁打>
  原 (4回)

<二塁打>
 佐藤真(1回)
 福 井(2回)
 十川孝(6回)

<盗塁死>
 梶 本(8回)
 
<失 策>
 梶 本(10回)

<暴投>
 本 間(4回)
 十川雄2(11回)

<捕逸>
 加 藤(1回)


<おおまかな試合展開>
初回、戸田は佐藤真一がレフト線を破る二塁打で出塁すると、続く梶本が意表を突くセーフティーバント。これにより三進した走者がユウイチの犠飛で生還し1点を先制した。なおバッテリーミスで二、三塁とチャンスとしたが、後続が続かず初回は1点どまり。

その裏、川崎も先頭矢野が出塁したが、得点はならず。

2回裏、川崎は十川孝富、福井と連打でチャンスとしたが、加藤の当たりは三塁手正面で本塁アウト。

3回は両軍、三者凡退。

4回裏、川崎は先頭の原が初球のフォークを鋭く弾き返しセンターオーバーの三塁打で出塁。堀田は倒れたが、次打者十川孝のときに本間の投じたフォークボールがワンバウンドとなってこの間に原が生還、同点に追いついた。さらに2死後、福井が本間の138kmインハイを弾き返し、左中間スタンドへ叩き込むソロホームランで勝ち越しに成功した。

<中継では5〜6回 省略>

7回表、戸田攻撃開始時に、川崎からこの日ナイターで行われるヤンキースとの試合に合流するため岩舘、原、堀田が退いた。荷物をまとめて出発する3選手の背中も垣間見えた。
この回戸田は畠山がセンター前ヒットで出塁し、細見の当たりは右翼手三浦の前に落ちるポテンヒットとなったが、畠山が二塁到達する前に三浦が二塁へ送球してタッチアウト、記録は珍しいライトゴロとなった。

8回表、戸田は1死から好投の本間に代わる代打の久保田が、やや疲れの見える鴨志田の127kmスライダーを捉え、ライナーでライトスタンドへ運ぶ1号ソロを放って同点。

<8回裏〜9回表 省略>

9回裏、川崎先頭の大須賀がショート内野安打で出塁。1死後、加藤がデッドボールで出塁しサヨナラのチャンスとなるが、代打で公式戦初登場となった野村は、良い当たりもやや詰まったセンターフライに倒れ、矢野もライトフライに終わりサヨナラはならず、延長戦に突入した。

10回表、川崎は新人・平岡が初登板。ルーキーらしからぬ落ち着いた投球を見せ、2三振など三者凡退で切り抜けた。

10回裏、川崎は再びサヨナラのチャンスとしたが、後続が続かずまたもチャンスを逸した。

11回表、戸田は2死から梶本が振り逃げ、さらに暴投で二進し勝ち越しのチャンスとしたが、ユウイチが空振り三振に倒れ、この時点で戸田の勝利はなくなった。

11回裏、川崎は1死から代打の山田がセンター前へのポテンヒットで出塁し、続く代打の李が送りバントを決め、三度サヨナラのチャンスを得たが、続く矢野が敬遠、黒田はヒット性のライトライナーに倒れ、試合は規定により引き分けに終わった。


<注目選手 ジャイアンツ>
■鴨志田貴司(巨) 8回 被安打4 失点2
速球が140km台、スライダー、フォーク
初回、いきなり意表を突かれたこともあって1点を背負うも、3回以降は徐々に制球も安定し、低目へも決まるようになって安定した投球を披露。8回に、やや疲れが見えた中でスライダーが真ん中付近に入り、これを見逃さなかった久保田に痛打されてしまいました。
当初は抑え候補とされていましたが、コスモスリーグなどで先発の特性もテストされており今後は幅広い登板があるかもしれません。

■平岡政樹(巨) 1回 無安打 無失点
速球140km(最速144km)スライダー、フォーク
やや細身の身体から、きれいなワインドアップモーションで投げ込んで行くという感じ。直球を主体にボールゾーンへ抜けて行くスライダー、落ちる球も何球か交えての投球。特にスライダーのキレが良く、またフォークも落ちは驚くほどではないものの空振りを奪いました。

■岩舘学(巨) 「2番・ショート」3打数無安打
器用さ、センスを買われてオープン戦より1軍帯同。この日も同じ理由により途中で退く
バットではいいところが有りませんでしたが、1軍でも見せたような柔軟性、強肩という武器もありますし、今後もさらなる活躍に期待したいところ。


<注目選手 スワローズ>
■本間忠(ヤ) 8回 被安打8 失点2
球速は130km後半、スライダー、カーブ、フォーク
同じ先発した鴨志田に比較すると、低目への落ちる球やスライダーが決まっているような印象を受けましたが、失点の場面ではそれらがワンバウンドしたり、高めへ外した球を福井に捉えられてのものでした。
昨年はチーム防御率1位となるなど、実績もありますし1軍先発陣を脅かすような活躍に期待大!

■小森孝憲(ヤ) 1回 被安打1 無失点
速球140台前半、フォーク、シュート
本間に比べて、またこの日登板した(中継に登場した)全投手の中でも速球が乗っている印象がありましたが、若干甘く入ることがあり、それをヒットにされたり、加藤の足に当ててしまいました。
ただし球威はあり、野村も食らいついてきましたが、小森の勝ちでセンターフライ。

■久保田智(ヤ) 代打から出場 2打数1安打
代打での登場で、やや疲れの見えてきた鴨志田のスライダーを見事に振り抜き、ジャイアンツ球場のライトフェンス後方にある土手に直撃させる一発を放ちました。このパンチ力をどんどん発揮して欲しいところ。

なお、スワローズは27日の試合もそうでしたが、交代野手が3名しかベンチに居ないとのことで、昨年4〜5月のジャイアンツのような苦しい台所事情のようです。


2004年 3月28日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(横須賀)報告者:あわてんぼーさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系 

あわてんぼーさん編

試合開始13時終了16時試合時間3時間
 球審新屋1塁山路2塁鈴木3塁橋本記録員荒木
 鎌ヶ谷(1勝1敗)観衆300人
                  RHE
 ロッテ  000 000 000 43
 
日本ハム 004 004 10x 90

 勝押本1勝         本塁打 島田1号(3回右中間浅間B)
 負浅間1敗
 2塁打 佐藤(3回)曽我部(4回)
 走塁死島田(6回)盗塁死西岡(6回)
 併殺 ロッテ0
    日本ハム2(富樫−尾崎−林)8回寺本
         (田中賢−尾崎−池田)9回喜多 
 失策 ロッテ3 大塚(3回)寺本(6回)藤井(7回)
    日本ハム0
    捕逸 金澤(7回)

1回表(日本ハム投手押本、捕手實松)早坂、曽我部共に三塁ゴロ、大塚二塁ゴロ(ロッテ0)
1回裏(ロッテ投手浅間、捕手辻)飯山三振、田中賢四球、島田左前安打で1,2塁、藤島遊ゴロで2,3塁(2塁送球もセーフ、1塁へも送球しアウト)林右飛(日本ハム0)
2回表 澤井三邪飛、ユウゴー、青野共に三振(ロッテ0)
2回裏 阿久根投ゴロ、尾崎三振、實松一邪飛(日本ハム0)
3回表 寺本二塁ゴロ、辻三振、西岡バント安打狙うも投飛(ロッテ0)
3回裏 佐藤遊撃手の頭を越す2塁打、飯山四球で1,2塁、田中賢左前安打で佐藤生還と左翼手大塚の失策(ボールをはじく)で1,3塁、島田右中間本塁打、藤島三振、林、阿久根共に四球で1,2塁、尾崎、實松共に三振(日本ハム4)
4回表 早坂一塁ゴロ、曽我部中堅越え2塁打、大塚三振、澤井左飛(ロッテ0)
4回裏 佐藤二塁ゴロ、飯山中飛、田中賢三振(日本ハム0)
5回表 ユウゴー三振、青野左飛、寺本三振(ロッテ0)
5回裏(ロッテ投手酒井)島田三振、藤島左飛、林、阿久根共に四球で1,2塁、尾崎三塁ゴロ(日本ハム0) 
6回表 辻三塁ゴロ、西岡二塁ゴロ内野安打、早坂三振、曽我部の時ディレードスティールを試みるも1−4−3とわたりアウト(記録は盗塁死)(ロッテ0)
6回裏 (ロッテ遊撃早坂に代わり藤井)實松左飛、佐藤四球、飯山左前安打で1,2塁、田中賢四球で満塁(6球目に二邪飛を西岡落球)、島田、藤島、池田、3人供中前安打で島田の時佐藤、飯山が生還、藤島の時田中賢が生還、林の時島田生還も藤島8−5とわたり3塁アウト(林の時)(ロッテ投手鈴木)阿久根一直(日本ハム4)
7回表 曽我部三塁ゴロ、大塚、澤井ともに三振(ロッテ0)
7回裏(ロッテ中堅曽我部に代わり喜多、捕手辻に代わり金澤)尾崎左前安打、實松の時捕手金澤の捕逸で尾崎2塁へ、結局實松は左飛、佐藤三振、飯山遊ゴロを藤井が後ろへそらす失策で尾崎生還、田中賢、島田供に四球で満塁、藤島二塁ゴロ(日本ハム1)
8回表(日本ハム投手富樫)ユウゴーに代打富樫左前安打、青野三振、寺本投ゴロで1−6−3とわたる併殺(ロッテ0)
8回裏(ロッテ投手谷、中堅から左翼喜多、曽我部に代わり中堅於保、西岡に代わり二塁丸山)林に代打池田投手の足に当たる三塁ゴロ(ロッテ投手高木)阿久根に代打山田憲左飛、尾崎二塁ゴロ(日本ハム0)
9回表(日本ハム投手矢野、一塁池田、左翼山田憲)金澤三振、丸山四球、藤井左前安打で1,2塁、喜多二塁ゴロで4−6−3とわたり併殺(ロッテ0)


   打撃成績
   ロッテ 打安点    日本ハム 打安点
  E早 坂 300   D飯 山  410
  6藤 井 100   C田中賢  211
  G曽我部 310   G島 田  435
 87喜 多 110   D藤 島  511
  F大 塚 300   B 林   211
  8於 保 000  H3池 田  100
  B澤 井 300   F阿久根  200
  Dユウゴー200  H7山田憲  100
 HD富 永 110   E尾 崎  510
  D青 野 300   A實 松  400
  H寺 本 300   H佐 藤  310
  A 辻  200   計     3398
  2金 澤 100
  C西 岡 210
  4丸 山 000
  計    2830

 投手成績
 ロッテ    投回    投数 被安 四死 三振 失点 自責
●浅 間    4     97  4  4  6  4  4
 酒 井    1・2   58  4  4  1  4  3
 鈴 木    1・1   35  1  2  1  1  0
  谷      ・1    4  0  0  0  0  0
 高 木     ・2    7  0  0  0  0  0
 日本ハム   投回    投数 被安 四死 三振 失点 自責
○押 本    7     84  2  0  9  0  0
 富 樫    1     13  1  0  1  0  0
 矢 野    1     16  1  1  1  0  0


 あわてんぼーが選ぶ最優秀選手

■押本健彦(日)
 日産自動車から今年入団した投手、今日のピッチングは圧巻だった。7回を投げ84球被安打2、9奪三振の無失点。
 ストレート、変化球共に良かった。特にストレートは速く感じられロッテの打者は明らかに振り遅れていた。そこへ、キレのある変化球を投げられタイミングをくるわらせる事が多かった。
 今日みたいなピッチングを観せれば一軍も近いというより早く一軍へあげるべき。

 注目の選手

■島田一輝(日)
 今日は3安打5打点の大活躍。しかし、ここにいてはいけない選手。早く札幌へ戻りヒルマン監督を喜ばせなければ・・・。

■浅間敬太(ロ)
 今日は全く駄目だった。制球、スピード、球のキレすべて駄目。昨年もここで何度も書き込んだが、期待が大きいだけに焦らずやってほしいがしかし、もう少し自分で考えてやっても良いのではなかろうか?

■酒井泰志(ロ)
 彼も浅間投手同様悪かった。浅間、酒井の両投手で四球が4つずつ。これではちょっと・・・。

■谷浩弥(ロ)
 池田選手の打球を足に受け交代心配される。大事に至らなければ良いが






ふんぼるとさん編

2004年3月28日 日本ハム−ロッテ 2回戦

A鎌ヶ谷(1勝1敗)

 
ロ ッ テ 000 000 000│
 
日本ハム 004 004 10×│

 勝 押 本 1勝0敗0S 登板1
 負 浅 間 0勝1敗0S 登板1

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 早 坂 300 三ゴ       一ゴ    見振
  6 藤 井 110                         左安
  G 曽我部 310 三ゴ       中2       三ゴ
  87喜 多 100                         二併
  F 大 塚 300 二ゴ       空振       見振
  8 於 保 000
  B 澤 井 300    三邪    左飛       見振
  D ユウゴー  200    見振       空振
  HD富 永 110                      左安
  D 青 野 300    空振       左飛       空振
  H 寺 本 300       二ゴ    空振       投併
  A  辻  200       空振       三ゴ
  2 金 澤 100                         見振
  C 西 岡 210       投飛       二安
  4 丸 山 000                         四球
  犠盗失併残─────
  00302 2840

       回   打安振球責
  ●浅 間 4   204644
   酒 井 12/3 124142
   鈴 木 11/3 81120
    谷   1/3 10000
   高 木  2/3 20000

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 飯 山 410 見振    四球 中飛    左安 遊失
  C 田中賢 211 四球    左安 空振    四球 四球
  G 島 田 435 左安    中本    空振 中安 四球
  D 藤 島 511 遊ゴ    見振    左飛 中安 二ゴ
  B  林  211 右飛    四球    四球 中安
  H3池 田 100                      三ゴ
  F 阿久根 200    投ゴ 四球    四球 一直
  H7山田憲 100                      右飛
  E 尾 崎 510    空振 空振    三ゴ    左安 二ゴ
  A 實 松 400    一邪 空振       左飛 一飛
  H 佐 藤 310       左2 二ゴ    四球 見振  
  犠盗失併残─────
  000210 3398

       回 打安振球責
  ○押 本 7 222900
   富 樫 1 31100
   矢 野 1 41110


  本塁打  島 田(日)1号B (3回 浅間)
  二塁打  佐 藤(日)    (3回 浅間)
       曽我部(ロ)    (4回 押本)
  失 策  大 塚(ロ)    (3回 無死1、2塁 田中賢の左前打を弾く 二進して
                    いた1走の飯山が三進)
       寺 本(ロ)    (6回 田中賢の右邪飛を落球)
       藤 井(ロ)    (7回 2死2塁 ランナーと交錯した飯山の遊ゴロを後
                    逸 2走の尾崎がホームイン、打者走者の飯山も
                    生存 タイムリーエラー)
  走塁死  藤 島(日)    (6回 1走として林のカウントが2−3だったためスタ
                    ートを切り、中前打で3塁を欲張るも憤死 曽我
                    部−青野)
  牽制死  西 岡(ロ)    (6回 1走として押本が投球する前にスタートを切って
                    しまい一、二塁間で挟殺 押本−田中賢−林)
  捕 逸  金 澤(ロ)    (7回 無死1塁 1走の尾崎が二進 打者は實松)
  併 殺  日本ハム     (8回 寺本 1死1塁 富樫−尾崎−林)
       日本ハム     (9回 喜多 1死1、2塁 田中賢−尾崎−池田)

  PL:新屋 1B:山路 2B:鈴木 3B:橋本 公式記録:荒木
  時間 3時間00分(12:59〜16:00)

得点経過
 3回裏(日) 無死1、2塁から田中賢が左前打             日本ハム1点目
       無死1、3塁から島田が右中間へスリーランホームラン   日本ハム4点目
 6回裏(日) 1死満塁から島田が中前打                日本ハム6点目
       1死1、3塁から藤島が二遊間を破る中前打        日本ハム7点目
       1死1、2塁から林が二遊間を破る中前打         日本ハム8点目
 7回裏(日) 2死2塁から飯山の遊ゴロを藤井が後逸          日本ハム9点目

戦評
 お花見にはちょっとだけ早いので今日も鎌ヶ谷へ出撃。
 試合の方は日本ハムがロッテ先発の浅間から3回に打者一巡の猛攻で4点を奪うとその後も
 順調に加点し快勝。日本ハム先発のルーキー押本は7回を打者22人で片付ける好投!

選評
 浅 間(ロ) 立ち上がりから球が高めに浮きボール先行の苦しいピッチング。1回と2回は
       何とか無失点に抑えるが3回に島田に一発を浴びるなど4失点。また、今日は
       ストレートにキレがなかったのも印象に残った。

 西 岡(ロ) スタンスの狭いバッティングフォームは井上(ロ)似。ここまでロッテ打線が押
       本に完璧に抑えられていた第1打席ではセーフティバントを試みる(結果は投
       飛)。アイディアは面白いと思うが、1打席をムダにする必要はあるのか?

  谷 (ロ) 02年のイースタン最多勝投手も今シーズンは教育リーグからストライクが入ら
       ない苦しい内容。今日もボールが先行しストライクを取りに行ったところを池
       田に強烈なピッチャー返しを食らい負傷退場。心配。


 押 本(日) 東(湘)のような腕の振りをするオーバースロー。ストレートはあまり速くは感
       じられなかったが(注:でもMAX144kmも出てたんですね。by日刊スポーツ)、2
       巡目はカーブとチェンジアップとのコンビネーションによる緩急、3巡目はス
       トレートを制球良く低めに集めてロッテ打線を翻弄。点差が開いたために7回
       でお役御免になったが球数も少なかった(100球完投ペース)ので完投させても
       面白かったかも。

 富 樫(日) 初めてナマで見る富樫(多分)。これと言って特徴があるフォームではないが…
       あれっ?富樫ってサイドスローじゃなかったでしたっけ?今日はオーバースロ
       ーだったような…。制球力はいまいちだがストレートスピードはなかなかのも
       の。小気味良いテンポには好感が持てる。

 矢 野(日) 前回の宿題だった矢野の投球フォーム。腰の前で体から少し離して合わせた両
       手を左足を上げると同時にそのままの高さで時計回りに廻し、その手の反動を
       使うような感じで投げる投球フォーム。丸山の四球、ルーキー藤井の安打で不
       安な面を覗かせるが喜多のゲッツーで何とか無失点。

 阿久根(日) シュアなバッティングが売り物だが、ここまで6打数0安打。いかんです。


2004年 3月27日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ)/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

せとさん編

3/27イースタンリーグ開幕戦(鎌ヶ谷)日本ハム×ロッテ

 000 000 021 3=
 000 100 200 0=
(延長10回)
勝利投手=セラフィニ セーブ=内 敗戦投手=井場

日本ハム江尻、7回ツーアウトまで完全、7回終了までノーヒットの好投報われず(泣)
ロッテ黒木6回1失点好投!セラフィニも内もすげー
曽我部にやられた〜

得点経過
4回裏F=藤島ソロ
7回裏F=代打飯山タイムリー、藤島タイムリー
8回表M=ユウゴーソロ、西岡タイムリー
9回表M=大塚ソロ
10回表M=曽我部3ラン

【ロッテ】  打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
1(6)早坂 300二ゴロ      左邪飛      一ゴロ
  H6塀内 100                     四球    空三振
2(8)曽我部513左飛       遊ゴロ      中飛 遊ゴロ   左本3
3(7)大塚 421遊直       右飛       四球    中本1中安
4(D)澤井 300   左飛       二ゴロ   空三振
  HD青野 210                        空三振右安
5(3)ユウゴー 511   二ゴロ      遊ゴロ      左本1逃三振遊飛
6(5)今江 410   左飛       空三振      中二 中飛
7(9)於保 300      逃三振      右飛    二飛    四球
8(2)辻  300      中飛       三ゴロ   一邪飛
  2 田中雅000                           捕犠打
9(4)西岡 421      逃三振      二ゴロ   右安1   右安
P=黒木6回→谷0回1/3→高木0回2/3→セラフィニ2回→内1回

【日本ハム】 打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
1(4)田中賢510振逃    左飛    中飛    左安    空三振   
2(8)石本 200左飛    四球    空三振         投犠打
  H6飯山 111                  右安1
3(7)島田 400逃三振   三ゴロ   四球    空三振   空三振
4(D)藤島 532右飛       中本1空三振   中安1      中安
5(3)林  410   左飛    三直    右安 右飛       四球
6(9)佐藤 520   中安    一安    左邪飛   空三振   左飛  
7(5)8 阿久根400   左飛    中飛    一犠打   左飛    逃三振
8(2)実松 400   逃三振   空三振      四球 空三振   逃三振
9(6)5尾崎210      空三振   右安    投犠打   死球
  R5稲田 000
P=江尻8回0/3→高橋憲1回→井場1回

審判=橋本、山崎、山路、鈴木 記録員=荒木

すごい試合でした。
鎌ヶ谷はお客さんたくさん入りましたよ〜





ふんぼるとさん編

2004年3月27日 日本ハム−ロッテ 1回戦

@鎌ヶ谷(ロッテ1勝)

 
ロ ッ テ 000 000 021 3│
 
日本ハム 000 100 200 0│
               
 (延長10回)

 勝 セラフィニ  1勝0敗0S 登板1
 S  内  0勝0敗1S 登板1
 負 井 場 0勝1敗0S 登板1

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
  E 早 坂 300 二ゴ       左邪       一ゴ
  H6塀 内 100                      四球    空振
  G 曽我部 513 左飛       遊ゴ       中飛 遊ゴ    中本
  F 大 塚 421 遊直       右飛       四球    中本 中安
  D 澤 井 300    左飛       二ゴ    空振
  HD青 野 210                         空振 右安
  B ユウゴー  511    二ゴ       遊ゴ       左本 見振 遊飛
  D 今 江 410    左飛       空振       中2 中飛
  H 於 保 300       見振       右飛    二飛    四球
  A  辻  300       中飛       三ゴ    一邪
  2 田中雅 000                            捕犠
  C 西 岡 421       見振       二ゴ    右安    右安
  犠盗失併残─────
  12005 3786

       回   打安振球責
   黒 木 6   255721
    谷   1/3 20011
   高 木  2/3 53101
  ○セラフィニ  2   70410
  S 内  1   51210

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
  C 田中賢 510 振逃    左飛    中飛    左安    空振
  G 石 本 200 左飛    四球    空振
  H56
    飯 山 111                   右安    投犠
  F 島 田 400 見振    三ゴ    四球    空振    空振
  D 藤 島 532 右飛       中本 空振    中安       左安
  B  林  410    左飛    三直    中安 右飛       四球
  H 佐 藤 520    中安    右安    左邪    空振    左飛
  D8阿久根 400    左飛    中飛    一犠    左飛    見振
  A 實 松 400    見振    空振       四球 空振    見振
  E 尾 崎 210       空振    右安    捕犠    死球
  R5稲 田 000
  犠盗失併残─────
  300011 3693

       回   打安振球責
   江 尻 80/3 304423
   高橋憲 1   30200
  ●井 場 1   84113


  本塁打  藤 島(日)1号@ (4回 黒木)
       ユウゴー (ロ)1号@ (8回 江尻)
       大 塚(ロ)1号@ (9回 江尻)
       曽我部(ロ)1号B (10回 井場)
  二塁打  今 江(ロ)    (8回 江尻)
  犠 打  阿久根(日)    (6回 1死1塁 1走の林が二進)
       尾 崎(日)    (7回 無死1塁 1走の實松が二進)
       飯 山(日)    (9回 1死1塁 1走の稲田が二進)
       田中雅(ロ)    (10回 無死1塁 1走の於保が二進)
  盗 塁  西 岡(ロ)    (10回 捕手は實松 打者は曽我部 二盗成功)
       大 塚(ロ)    (10回 捕手は實松 打者は青野 二盗成功)
  盗塁死   林 (日)    (6回 2走として黒木のワンバウンドの球を辻が弾いた
                    のを見て3塁を狙うも二、三塁間に挟まれ挟殺。
                    辻−早坂−今江)
  暴 投  黒 木(ロ)    (1回 田中賢が振り逃げ)
       黒 木(ロ)    (4回 2死1塁 1走の佐藤が二進) 
  捕 逸   辻 (ロ)    (1回 2死1塁 1走の田中賢が二進)
  振 逃  田中賢(日)    (1回 黒木が暴投)

  PL:橋本 1B:山崎 2B:山路 3B:鈴木 公式記録:荒木
  時間 3時間28分(13:02〜16:33)

得点経過
 4回裏(日) 無死無走者から藤島が中越えソロホームラン        日本ハム1点目
 7回裏(日) 1死1、3塁から飯山が一、二塁間を破る右前打      日本ハム2点目
       2死1、2塁から藤島が二遊間を破る中前打        日本ハム3点目
 8回表(ロ) 無死無走者からユウゴーが江尻のノーヒットノーランの夢を
       砕く左中間へのソロホームラン              ロ ッ テ1点目
       2死2塁から西岡が一、二塁間を破る右前打        ロ ッ テ2点目
 9回表(ロ) 無死無走者から大塚が中越えソロホームラン        ロ ッ テ3点目
 10回表(ロ) 2死2、3塁から曽我部が左中間へスリーランホームラン  ロ ッ テ6点目


戦評
 センターポールにチャンピオンフラッグが勇ましい鎌ヶ谷での開幕戦。
 ロッテの先発が黒木だということも手伝ってスタンドはかなりの盛況。
 試合の方は日本ハム先発の江尻が7回2死まで完全試合を演じる快投。しかし、大塚に四球
 を与えると徐々に歯車が狂いだし、あと2イニングスが踏ん張りきれず土壇場の9回に追い
 付かれる。こうなるとロッテのペース。10回から登板の井場を攻め曽我部の一発で試合を決
 める。ロッテは昨年に続き鎌ヶ谷で白星スタート。

選評
 
黒木藤島 5回の2死1、2塁の場面で力と力の真っ向勝負を演じる。
 
(ロ) (日)  1球目 ストレート 空振り
        2球目 ストレート 空振り
        3球目 ストレート 外角のきわどいコースだがボール
        4球目 スライダー 空振り三振
       全球ストレートだったら最高だったが、それでも唸り声を上げて投げる黒木と
       それに応える藤島の対戦は鳥肌もの。やっぱり野球は最高!


  辻 (ロ) 黒木の球がワンバウンドが多かったのは事実だが、それでもボールを弾く場面
       が目立つ。捕逸に暴投3つ(一つは林のマズい走塁に助けられる)ではちょっと
       寂しい。

 曽我部(ロ) バットをかなり寝かせて構える。よほど鎌ヶ谷が合うのか先週の満塁弾に続き
       今日は試合を決める値千金のスリーラン。


 江 尻(日) 今日は低めに良く球を集めロッテ打線から凡打の山を築き、7回2死まで完全
       試合を演じるが、2−3からの大塚へのアウトコースの球をボールと判定され
       (江尻も實松もベンチへ向かい掛ける程の球)完全試合がついえると、8回先頭
       のユウゴーに一発を浴び崩壊。それでも8回は2死まで漕ぎつけるなど一気に
       崩壊しなかったところに去年からの成長が窺える。

 藤 島(日) 日本ハム打線が教育リーグで四苦八苦していた内のストレートを涼しい顔でい
       とも簡単に三遊間に弾き返す。本当にストレートには滅法強い。貫禄です。

 實 松(日) 守りの方では及第点だが打つ方で4三振。特に第1打席の甘いカーブを見逃し
       ての三振はダメ。読みが外れたのかもしれないが、せめてカットはして欲しい
       完全に高橋信の後塵を拝した印象。

 尾 崎(日) 実は守備で大ファインプレー。1点差に迫られた8回の2死1、2塁の場面で
       曽我部の三遊間の深い所のゴロに追い付きノーステップスローで1走の塀内を
       二塁封殺に仕留める。尾崎だから普通のプレーに見えてしまうが田中賢だった
       りしたら…以下自粛。打つ方でも黒木からキレイに右前に弾き返した上に犠打
       もキッチリ決める。


2004年 3月27日 イースタンリーグ 湘南−西武(横須賀)報告者:メカゴジラさん

イースタンリーグ公式戦(1回戦 湘南0勝1敗)横須賀スタジアム
審判(深谷、萩原、石山、名幸)記録員(野中)観衆1006人
         H E
‖000012001‖4 5 1 勝ち投手 後藤光(1勝)セーブ 石井貴(1S) 
‖000200000‖2 8 1 負け投手 村西 (1敗)本塁打 高山@(西)
得点経過 4裏 南3ベース 鶴岡タイムリー
     5表 高山 押しだし
     6表 栗山2点タイムリー
     9表 高山1号HR

SS      数 安 点 四 二 三 本 振 盗死 犠 失
(54)北川   4  1  0  0  0  0  0  0  0   0  0
(7)福本   4  1  0  0  0  0  0  1  0   0  0
(8)田中充  4  0  0  0  0  0  0  1  0   0  0
(3)七野   4  1  0  0  0  0  0  1  0   0  0
(9)南    4  1  1  0  0  1  0  0  0   0  0
(2)鶴岡   4  2  1  0  0  0  0  0  0   0  0
(6)木村   4  1  0  0  0  0  0  1  0   0  0
(1)堤内   2  0  0  0  0  0  0  1  0   0  0
 1 村西  ―
 H 小川   1  1  0  0  0  0  0  0  0   0  0
 R5 呉本   1  0  0  0  0  0  0  1  0   0  0
(4)野中   2  0  0  0  0  0  0  0  0   0  1
 H 西崎   1  0  0  0  0  0  0  0  0   0  0
 1 稲嶺  ―
 1 土居  ―
       35  8  2  0  0  1  0  6  1   0  0

 投手    回     打 被安 四 振 失 責
●堤内    5      24  2   8  4  1  1
 村西    2      11  2   2  1  2  0
 稲嶺    1      3  0   0  1  0  0
 土居    1      4  1   1  1  1  1
       9      42  5  11  7  4  2


L      数 安 点 四 二 三 本 振 盗死 犠 失
(6)古屋   5  0  0  0  0  0  0  3  0   0  0
 1 石井貴  ―
(4)宮崎   2  0  0  3  0  0  0  1  1   0  0
(9)栗山   3  2  2  2  0  0  0  1  0   0  0
(7)玉野   4  0  0  1  0  0  0  1  0   0  1
(8)高山   3  1  2  2  0  0  1  1  0   0  0
(3)犬伏   4  0  0  0  0  0  0  0  0   1  0
(5)カズ   3  2  0  1  1  0  0  0  0   0  0
(2)田原   3  0  0  0  0  0  0  0  0   0  0
 H 大友   1  0  0  0  0  0  0  0  0   0  0
 1 内薗  ―
 1 福井  ―
 6 上田  ―
(1)後藤光  1  0  0  2  0  0  0  0  0   0  0
 2 椎木   1  0  0  0  0  0  0  0  0   0  0
       30  5  4 11  1  0  1  7  1   1  1

 投手    回     打 被安 四 振 失 責
○後藤光   6      24  6   0  4  2  2
 内薗    1 3分の1  6  2   0  2  0  0
 福井     3分の1  1  0   0  0  0  0
S 石井貴   1 3分の1  4  0   0  1  0  0
       9      35  8   0  7  2  2


〜メカゴジラの気になった選手〜

■堤内健(湘)
直球を中心に追い込むまではとてもgood!しかし決め球のフォークが決まらず四球連発・・・。ちなみに5回の押し出しは4四球、ノーヒットの1点です。この四球と決め球をなんとかしないと1軍には上がれませんね。

■後藤光貴(西)
4回をのぞけば敵ながら打てないな―といった感じ。ボールがよく切れていて打てそうで打てないんですよね。アテネ五輪で西武の投手はチャンスでしょけどもっと早く1軍に上がってほしいですね。

■石井貴(西)
8回2死3塁で登板。湘南打線は貫禄負けでした。早く上にいってくださいという感じです。湘南ファンからもブーイングでした。

■南竜介(湘)
去年までは大振りで三振も多かった印象だったんですが今日はコンパクトにいいライナーを放ってましたね。その結果が3ベースになりました。
今年はこのスイングを継続して欲しいです。

■レック(湘)
毎度いろんなことする奴ですがこのオフに松浦亜弥の「奇跡の香りダンス」をマスターした模様。試合前に踊ってました。
湘南営業部 今日から先着200名にシーレックスゲームデータみたいのが無料で配られました。内容はシーズンの選手成績や両チームの全ベンチ入り選手が一覧できます。これはかなりいいサービスだと思いますよ。みなさんはどう思いますか?

感想
メカゴジラにとって初レポートです。帰ってきてから作るのは大変でしたがこれからも行った時には書きたいと思います。もちろん選手のサインももらいましたしこれからも2軍にはまりそうです。なお、TVK見れる方はそちらをみると全部出てますね・・・。


2004年 3月27日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(ジャイアンツ)報告者:いかさん/@白にゃんこさん/健一@管理人

いかさん編

初めて訪れたジャイアンツ球場で大記録を目撃できて感激しました。

イースタンリーグ開幕戦、巨人対ヤクルト一回戦はジャイアンツ球場で行われ、巨人が1
対0で勝利しました。なお、この試合で巨人の久保裕也投手(2年目、東海大出身、02年
自由枠)が、イースタンリーグ史上19人目、読売ジャイアンツ球場では開設(1985年)以
来初となるノーヒットノーランを達成しました。

久保裕也投手のインタビュー
「7回くらいから回りに言われてノーヒットノーランを意識した。開幕戦を白星で飾れて
嬉しい。十分調整して早く一軍で投げたい。」

3月27日(土)巨人対ヤクルト1回戦(ジャイアンツ、13時、観衆約1200人)
                 R H E
ヤクルト 000 000 000| 0 2
巨  人 000 100 000| 4 0
勝利投手:久保1勝
敗戦投手:坂元1敗
(ヤ)坂元(8回)−細見
(巨)久保(9回)−加藤
【二塁打】(巨)三浦(4回裏)、原(4回裏)、山田(5回裏)
【死 球】(ヤ)ユウイチ(1回表)
【併殺打】(ヤ)坂元(6回表)
【盗 塁】(巨)三浦(1回裏)、原(2回裏)
【失 策】(ヤ)細見2(2回裏、8回裏)
【審 判】球審:敷田、一塁:牧田、二塁:木内、三塁:本田、公式記録:新向井(セ)

《試合展開》
快晴の絶好の野球日和で、開幕戦を迎えた。巨人・久保、ヤクルト・坂元とともに一軍ク
ラスの両先発は、互いに相手の打線を寄せ付けない素晴らしいピッチング。4回表、巨人
は先頭三浦の二塁打を足掛かりに一死三塁のチャンス。ここで5番原が三塁横を破る二塁
打で1点を先制。久保はたった1点の援護だったが、140キロ後半の速球で押しまくり、自
身も初めてとなるノーヒットノーランを達成した。ヤクルトは坂元の孤軍奮闘空しく、
打線に全く元気がなく敢えなく大記録の達成を許した。

《注目選手》
■久保裕也(巨)
初回ややもたついたが、3回から直球が140キロ後半をコンスタントに記録し、いい当りも
正面をつく幸運もあって大記録達成。観客席からは調整不足が目立つベテラン先発陣に代
えて「早く一軍に」の声しきり。

■三浦貴(巨)
試合前にサインをもらったからではないですが、注目選手。振りがシャープでなかなか勝
負強そうな打者。元投手だけあって肩も強そう。また、近くで見るとなかなかの男前。

■坂元弥太郎(ヤ)
久保の大記録の影に隠れたが、彼も完璧に近い内容。フォークの落差がかなりあり、4番
吉川は全くといっていいほどタイミングが合っていなかった。教育リーグでもよかったの
で早期に一軍に上がれるのでは。

■野手陣(ヤ)(選手ではないですが…)
教育リーグで気になっていたのだが、ヤクルトの守備陣は明らかな調整不足。2回裏、一
塁ランナー原が飛出し、一・二塁間に挟みながら二塁についている選手がおらず、みすみ
す進塁を許す。また、打撃では久保が最高のピッチングをしたとはいえ、攻めにあまりに
工夫がなく、四死球でつかんだ数少ないチャンスもバントミスで潰す。
先がかなり思いやられる内容でした。





@白にゃんこさん編

イースタンリーグ開幕戦 ジャイアンツ球場 13時試合開始
1回戦 川崎 1勝 観衆1,200
                  RHE
スワローズ 000 000 000 02
ジャイアンツ000 100 00X 40
 
<川 崎>○久保 裕也(1勝0敗、完封)−加藤
<戸 田>●坂元弥太郎(0勝1敗、8回)−細見

球審 敷田 一塁 牧田 二塁 木内 三塁 本田
(スコアラー:川崎鴨志田、戸田高井 スコアボード操作:内海@中継時情報)

<スワローズ>1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(一)ユウイチ死球  二ゴ    二ゴ    一ゴ
(遊)梶 本 投ギ    三振    左飛  三振
(右)佐藤真 中直    二飛
 左 牧 谷             遊ゴ
(左右)本 郷 投ゴ    中直    三ゴ
(三)畠 山   三振    右飛    投ゴ
(捕)細 見   左飛    右直    三ゴ
(中)内 田   四球    右直    四球
(二)大 塚     二ゴ    四球  左飛
(投)坂 元     三振    投併
 打 久保田                 右直

投手成績   回安失
●坂元弥太郎 841

<ジャイアンツ>
       1ウラ2ウラ3ウラ4ウラ5ウラ6ウラ7ウラ8ウラ
(左)矢 野 右飛  中飛  中飛    三振
(中)山 田 四球  三ゴ  中2    三振
(右)三 浦 遊ゴ    左2一邪    四球
(三)吉 川 二飛    二ゴ  三振  三邪
(一) 原    中安  左2  三ゴ
(捕)加 藤   三振  三振  投ゴ
(二)福 井   三振  四球    二ゴ
(遊)大須賀   三振  左飛    遊飛
(投)久 保     三振  三振  三振

投手成績   回安失
○久保 裕也 900

 二塁打 三 浦(4回)
      原 (4回)
     山 田(5回)
 失 策 細 見(1回、4回)
 盗 塁  原 (2回)
 牽制死 内 田(2回)


〜久保裕也 詳細投球内容〜

1回表 10球
ユウイチ2球目 143km直球 死球
梶 本 2球目 139km直球 投前犠打
佐藤真 3球目 137kmスライダー 中直
本 郷 3球目 136kmチェンジアップ 投ゴロ

2回表 11球
畠 山 3球目 130kmチェンジアップ 空振り三振
細 見 2球目 139km直球 左飛
内 田 5球目 139km直球 四球
大 塚(1球目後)一塁牽制、内田タッチアウト

3回表  9球
大 塚 1球目(表示なし)直球 二ゴロ
坂 元 6球目 115kmチェンジアップ 見逃し三振 
ユウイチ2球目 129kmチェンジアップ 二ゴロ

4回表  9球
梶 本 4球目 138km直球 空振り三振
佐藤真 3球目 143km直球 二飛
本 郷 2球目 141km直球 中直

5回表 10球 
畠 山 2球目(表示なし)直球 右飛
細 見 6球目 138km直球 右直
内 田 2球目 144km直球 右直

6回表 11球
大 塚 5球目 141km直球 四球
坂 元 1球目 140km直球 投ゴロ併殺
ユウイチ5球目 130kmスライダー 二ゴロ

7回表 15球
梶 本 5球目 137kmスライダー 左飛
牧 谷 6球目 138km直球 遊ゴロ
本 郷 4球目 135kmスライダー 三ゴロ

8回表 11球
畠 山 3球目 143km直球 投ゴロ
細 見 2球目 128kmチェンジアップ 三ゴロ
内 田 5球目 144km直球 四球
大 塚 1球目 115kmチェンジアップ 左飛

9回表 12球
H久保田2球目 127kmチェンジアップ 右直
ユウイチ2球目 136km直球 一ゴロ
梶 本 8球目 130kmチェンジアップ 空振り三振


投球数 98
打 者 29
四死球  4(=走者4)
三  振 4
内野ゴロ11(うち犠打1、併殺打1)
内野飛球 1
外野飛球 9
けん制死 1


<おおまかな試合展開>
川崎久保、戸田坂元とくしくも11番同士、1軍レベルの投手による先発で迎えた開幕戦。
久保は初回、2回こそ危ない場面を迎えるが、3回以降はほぼ完璧な内容といってよく、直球の走り、変化球もまずまずで凡打の山を築く。
その久保を援護すべく、4回裏川崎は先頭の三浦が三塁線を破る二塁打で出塁、1死後原が引っ張ってレフト線へ運び、1点を先制。結局、これが決勝点となった。
5回、6回と久保は無安打を継続し、ベンチやスタンドがざわついてきた中で7回に若干疲れが見えたか、四球で走者を出すが後続を冷静にフライに打ち取って切り抜ける。
迎えた9回表、久保田、ユウイチと打ち取り、最後は梶本を、粘られながらも空振り三振に仕留め、史上19人目・20度目、昨年江尻投手が達成して以来、またジャイアンツ球場では史上初となるノーヒットノーランという大記録を打ち立てた。

久保の大記録がかかっていたこともあり、開幕戦にしては静かな、息詰まる緊張感のある試合だった。なお、川崎高橋一三監督にとっての初采配は、この大記録による勝利となった。

<選手寸評 ジャイアンツ>
■久保裕也(巨) ノーヒットノーラン達成!!
直球は140中盤〜後半をマーク。スライダー、カーブ、チェンジアップと持ち球を駆使して、テンポ良く投げ込んでいく様子は見ていて気持ち良いものでした。2軍愛ではおなじみ、カトケン、こと加藤健との呼吸もばっちり。

■原俊介(巨) 3打数2安打
「6番・キャッチャー」
2回は先頭打者として出塁、4回には先制点にして、結局決勝点となるタイムリー。守っては倒れこみながらも、懸命に打球を捕って併殺を完成させるなど本来の捕手出場ではありませんでしたが、陰の功労者といっていいでしょう。

■福井敬治(巨) 3打数無安打
「7番・セカンド」
バットでは見せ場が無しも、投球内容を見ると瞭然、セカンドへの当たりが多くこれらを無難にさばき、1軍出場時でも守りなれていないであろう二塁手ながらファインプレーも見せました。

守りということでは、上記原、福井に加え右翼手三浦貴も、数度のヒット性の打球を懸命に走って捕球するなど、バックの頑張りも評価されるべきでしょう。

<選手寸評 スワローズ>
■坂元弥太郎(ヤ) 8回 被安打4 失点1
直球が140前半くらい、スライダー、フォーク(シュート)
久保の大記録の前に隠れてしまいましたが、同じ1軍レベルである坂元も決して負けない内容だったと思います。落ちる球のキレが良く、このまま順調に調整して先発陣がやや手薄な1軍投手枠へ食い込みたいところ。

■細見直樹(ヤ) 3打数無安打
「6番・キャッチャー」
バットではいいところ無く、守っても、2度ほど盗塁を試みられた際にセカンドへの送球が三塁方向へ逸れたりするなど若干焦り、もたつきのようなものが見られました。

また、いかさんが触れられていますが2回裏などはセカンドベースカバーが遅れ、原が飛び出していたのにランダウンプレーで刺せなかったなど、守備面のミスが目に付いてしまったのは残念でした。





健一@管理人編

■イースタンリーグ 3月27日(土) 川崎ジャイアンツvs戸田スワローズ(ジャイアンツ)

                     R H E
戸田スワローズ |000 000 000| 0 2
川崎ジャイアンツ|000 100 00×| 4 0

戸:●坂元弥太郎(8回:被安打4 自責点1)
川:○久保裕也 (9回:被安打0 自責点0)


【雑感】
2軍開幕戦でいきなりの快挙@ノーヒットノーラン!久保裕也が一軍昇格に向けて大きな手土産が出来たのではないでしょうか(^^)。皆さんからの既報を拝見していても見ていて緊張していました(深夜に放送されていた2軍中継を先ほど見ていました)。<最後の打者梶本勇介がこれまたファールで粘るんで(笑)#@白にゃんこさんの書き込みを見ますと一番多い「8球」を要したんですね


【気になる選手達】

■久保裕也(巨)
久保裕也は首と背中の間の第一胸椎棘突起骨折で出遅れていましたが、その期間も筋トレ・走り込みを徹底し体力強化に励んでいたそうです。本日は140km/hをコンスタントに越えるストレート(145km/h前後多々)に、得意球のスライダー、フォーク他と変化球を多投しスワローズ打線を翻弄していました。<スワローズ打線も同じパターンで抑えられ続けていました…

また後の機会で好投すれば、即一軍昇格となるかも知れません。1軍では先発、中継、そして抑えにと久保裕也への期待は小さくなさそうです(ある意味、便利屋的起用になりがちでもありますね)。


■矢野謙次(巨)#1番左翼手@4打数0安打
上半身がガッチリしており見るからにパワーありの2年目の打者。外角への逃げる変化球という課題はありますが、気迫が感じられるガッツマン。昨年から打席での力みがみてとれる打撃フォームだったんですが、今年は少しタイミングの取り方を変えたようで、左足を小さく、しかも長く維持させる…という動きの中からボールを捉えていました。ギクシャク感は残りますが、なんとかパンチ力を活かしたい!<動きも軽快で強肩を含めて有用


■原俊介(巨)#5番一塁手@4打数2安打1打点
昨年は8年目にして初の一軍出場、代打を中心に3本塁打と自慢の打撃を見せました。今年も打撃にそして本職である捕手でもアピールしたい(打つだけではやはり厳しい)。本日は一死三塁で、三塁手横を抜ける左二塁打で打点1を含む2安打。


■坂元弥太郎(ヤ)
さて対した坂元弥太郎。彼も被安打4で自責点1完投と好投でもありました。身体全体で豪快に放るという感じではなく、肘から先の撓りでピュッと切るようなフォーム。ストレートの球速は大凡140km/h弱、ググッと曲がる120km/h台のスライダーにフォーク、また100km/h前後のスローカーブ、更に今年はシュートにも磨きを掛けているそうです。春先には1軍に復帰し、中継でなく先発起用されることを願います。


■ユウイチ(ヤ)#1番一塁手@3打数0安打
今年遂に帰化申請が認められ日本国籍を取得しました。打撃フォームですが、右足を大きく開いて少し振り子の入った独特なオープンスタンス。左右に打ち分け可能な中距離打者。今年で6年目外国人枠を外れた今こそ、どんな形であれ一軍にしがみつき、スタメンに向かって一歩一歩前に進みたい。


■畠山和洋(ヤ)#5番三塁手@3打数0安打
背中を立たせ(以前はやや猫背気味)バットの位置は自然体、そして全体的に「ドッシリ@重心低め」と構える打撃フォームで、潜るようにしてスイングしていきます。ただ打ちに行くときに足の踵に重心が残っているように見え、外角のボールには手打ちのようにも感じられます。その分内から中に入る球には滅法強い!!

2軍首脳陣からもこの打撃のスケールは相当なモノと認められています。<こういう一芸に秀でた「骨太打者」を見つけて欲しいもんですよね。
昨年は一軍出場があるかと思っていましたが、「停滞」(2軍:2001年11HR → 2002年19HR → 2003年9HR)…。現在は、その「素養」を持て余せ気味…しかし岩村明憲に続く主軸候補は畠山和洋でしょう。守備はトホホですが、主軸を任せうることが出来る打撃力はそうそう得られませんからね。


■内田和也(ヤ)#7番中翼手@1打数0安打2四球
三拍子揃ったタイプ、高校時代では主軸として働いていたが、プロでは小兵の部類。中翼手としての動きも良く、強肩。プロの変化球にどうしても追いかけるシーンが目につきます…まだ戸田にて時を要しそうです。

先々は「パンチ力のある飯田哲也」になるかもと密かに期待してしまいます。


■梶本勇介(ヤ)#2番遊撃手@3打数0安打1犠打
昨年からスイッチ打法挑戦中。作られた左打席故に、当てに行くきらいが強いです…。力負けも致し方ないですが、「柔らかさ」を感じる打者なのです(両打チャレンジもセンスがあるのでしょう)。これまでの2年は然したる成績を残していませんが、この試合のように繋ぎの打撃を見せアピールしたいところ。

久保裕也のインサイドに切れ込むスライダーを窮屈にスイングし2三振…。しかし前述の通りチラリと垣間見えたような気がした打撃センス@バットコントロールの孵化を待ちましょう。


2004年 3月21日 イースタン教育リーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:報告者:WIZさん

3/21(日) イースタン教育リーグ 湘南−ヤクルト/横須賀スタジアム(12:30開始)

<スコア>
ヤクルト 000 000 000 
湘  南 000 000 001x  

<得点経過>
9回裏(湘) 1死1・2塁で北川、右中間を破るサヨナラタイムリー(1点)

<打撃成績>
ヤクルト
        打 安 点 四 三 本 盗
1 CF 内田   4 1 0 0 2 0 0
2 SS 梶本   3 1 0 1 0 0 0
3 1B ユウイチ 3 2 0 1 1 0 0
4 RF 本郷   2 1 0 2 0 0 0
5 3B 畠山   4 1 0 0 1 0 0
6 DH 久保田  3 0 0 0 2 0 0
7 C 鮫島   3 0 0 0 0 0 0
  C 高橋   1 0 0 0 0 0 0
8 LF 牧谷   4 0 0 0 1 0 0
9 2B 大塚   3 0 0 0 0 0 0

湘南
        打 安 点 四 三 本 盗
1 SS 北川   5 2 1 0 0 0 0
2 LF 福本   4 1 0 0 1 0 0
3 CF 田中充  3 2 0 0 0 0 0
4 1B 七野   3 1 0 1 0 0 0
5 DH 小川   2 0 0 0 0 0 0
  DH 新沼   2 0 0 0 0 0 0
6 RF 南    3 0 0 1 2 0 0
7 C 鶴岡   2 1 0 0 0 0 0
  C 西崎   1 0 0 1 0 0 1
8 3B 呉本   3 0 0 0 0 0 0
   木村   1 0 0 0 1 0 0
9 2B 野中   2 0 0 1 0 0 1
   武山   0 0 0 1 0 0 0

<投手成績>
ヤクルト
    回 打 安 四 三 失 自
 坂元 6 25 5 2 3 0 0
 本間 2 8 1 1 2 0 0
●成本 1 4 1 2 1 1 1

湘南
    回 打 安 四 三 失 自
 吉見 2 7 0 1 2 0 0
 堤内 3 11 1 2 3 0 0
○東  4 17 5 1 2 0 0

<総評・感想>
ヤクルト先発の
坂元弥太郎は投球のテンポもよく6回を無失点の好投。
一軍昇格も近いのではないでしょうか。
最後に登板したベテラン
成本年秀が乱調。四死球を1つずつ与え、
北川利之にホームラン性のサヨナラヒットで敗戦投手。

湘南先発の
吉見祐治の登板は、横浜がオープン戦を雨で2試合流しているため、
教育リーグで調整登板させたのではと思います。

今日のポイントは8回表、ヤクルトが湘南3番手の
東和政から連打で
1死1・2塁のチャンス。
4番、
本郷宏樹がレフト前ヒットを放ち走者、梶本勇介が本塁に進むも
レフト
福本誠→サード呉本成徳→キャッチャー西崎伸洋の見事な中継と西崎伸洋の好ブロックでアウト。
前回観戦した時はセンターを守りエラー(落球)をするなど不安な守備でしたが、
今日の
福本誠のレフトの守備は無難にこなしていました。

投手陣の好投、エラーも無く引き締まった試合になりました。


2004年 3月21日 イースタン教育リーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年3月21日 春季教育リーグ 日本ハム−ロッテ 4回戦

C鎌ヶ谷(日本ハム4勝)

 
ロ ッ テ 014 100 000│
 
日本ハム 005 001 02×│

 勝 井 場 1勝0敗2S 登板4
 負  内  1勝1敗0S 登板3

 
【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 西 岡 401 中飛    中飛 二ゴ       空振
  E 早 坂 410 中飛    中安 見振       投ゴ
  G 大 塚 410 遊ゴ    左安    右安       見振
  B 澤 井 300    二ゴ 四球    左飛       空振
  H 曽我部 424    投安 左本    空振       見振
  D 今 江 410    中安 空振       遊ゴ       右飛
  F 喜 多 201    中犠    四球    一飛       中飛
  A 金 澤 200    見振    四球    左飛
  2  辻  100                         空振
  D 青 野 200       二飛 一犠       空振
  犠盗失併残───────
  20032 3055

         回   打安振球責
   三 島(D5) 22/3 176434
   酒 井    2/3 41010
   田中良   12/3 50110
   鈴 木   1   61041
   杉 原(D3) 1   51020
  ● 内 (D1) 1   51312

 
【日本ハム】   打安点 1回 2回   3回   4回 5回 6回 7回 8回
  E 尾 崎   521 空振       右安 三ゴ    左本 一併
  F 阿久根   310 空振       左飛 中安    四球
  7 山田憲   100                         空振
  C 田中賢   210 右2       四球 四球    四球    見振
  B 田中幸   311 空振       右安 遊併
  35 林    000                   四球    四球
  D 島 田   310    右飛    中安    四球 遊直
  HD渡 邉   112                         左本
  H 飯 山   500    中飛    見振    右邪    右飛 見振
  G 佐 藤   212    四球    右安    空振    四球
  A 實 松   310    二飛    四球    三ゴ    左安
  D 稲 田(D5) 210       左安 二ゴ       四球
  H 石 本   000                      四球
  3 池 田   000
  犠盗失併残───────
  000010   30106

       回   打安振球責
   ミラバル  3   155215
   矢 野 3   110221
   清 水 12/3 50400
  ○井 場 11/3 40200


  本塁打  曽我部(ロ)1号C (3回 ミラバル)
       尾 崎(日)1号@ (6回 鈴木)
       渡 邉(日)1号A (8回 内)
  二塁打  田中賢(日)    (1回 三島)
  犠 打  青 野(ロ)    (4回 無死1、2塁 2走の喜多が三進、1走の金澤が
                    二進)
  犠 飛  喜 多(ロ)    (2回 1死1、3塁 3走の曽我部がホームイン)
  盗塁死  稲 田(日)    (6回 捕手は辻 打者は尾崎 二盗失敗)
  暴 投  三 島(ロ)    (3回 2死1、2塁 2走の田中幸が三進、1走の島田
                    が二進 打者は佐藤)
  補 逸  金 澤(ロ)    (3回 1死2、3塁 3走の尾崎がホームイン、2走の
                    田中賢が三進 打者は田中幸)
  ボーク  三 島(ロ)    (3回 1死満塁 3走の稲田がホームイン、2走の尾崎
                    が三進、1走の田中賢が二進 打者は田中幸)
  併 殺  ロッテ      (4回 田中幸 1死1、2塁 早坂−西岡−澤井)
       ロッテ      (6回 島田 1死満塁 遊直で2走の田中賢が帰塁でき
                    ず 早坂−西岡)
       ロッテ      (7回 尾崎 1死満塁 澤井−辻−澤井) 

  PL:鈴木 1B:橋本 2B:山路 3B:津川
  時間 3時間9分(12:30〜15:39)

得点経過
 2回表(ロ) 1死1、3塁から喜多がセンターへ犠牲フライ       ロ ッ テ1点目
 3回表(ロ) 2死満塁から曽我部が左越え満塁ホームラン        ロ ッ テ5点目
 3回裏(日) 1死満塁から三島がボーク                日本ハム1点目
       1死2、3塁から金澤がパスボール            日本ハム2点目
       1死3塁から田中幸が右前打               日本ハム3点目
       2死2、3塁から佐藤が一、二塁間を破る右前打      日本ハム5点目
 4回表(ロ) 1死2、3塁から西岡の二ゴロの間に           ロ ッ テ6点目
 6回裏(日) 1死無走者から尾崎が左越えソロホームラン        日本ハム6点目
 8回裏(日) 2死1塁から渡邉が左中間へツーランホームラン      日本ハム8点目


戦評
 三島の三振ショーで幕を開けた今日の試合。2回に喜多の犠牲フライで先制したロッテが3
 回は2死から早坂の田中賢の股を破る中前打(俗に言うトンネル。でも何故か『H』が点灯)
 を足掛かりに曽我部の満塁ホームランで突き放すが、日本ハムはその裏に三島の一人相撲に
 乗じて同点に追い付くと、8回の渡邉のホームランで勝負を決める。
 点差は2点だが日本ハム投手陣は5回以降はロッテ打線をパーフェクトに抑えるなど内容的
 には日本ハムの圧勝。

選評
 三 島(ロ) 初回は手元で伸びるストレートで3つの空振り三振を奪うが、3回に稲田、尾
       崎にそれぞれ逆方向にヒットを打たれると若さが出たのか一気に崩壊。ボール
       が低めに外れるようになり、更に3つのバッテリーエラーも飛び出し5点を失
       う。

 鈴 木(ロ) 良いときと悪いときの差が激しい。今日は悪いときの最たるもので打者6人に
       対し1安打(ホームラン)4四球とコントロールが全くダメ。辻が飛び付いて捕
       球する場面も見られた。

  内 (ロ) 線は細いがしなやかなフォームから投げ込んでくる期待のドラ1。8回から登
       板し連続三振を奪うが、林にクサイ球を見極められると渡邉にはライナーで左
       中間に持って行かれる。しかし、飯山からは飯山が腰を引くほど厳しいコース
       でズバッと見逃し三振を奪う。



 矢 野(日) 恒例となった矢野のフォームのリニューアル(笑)。文字で表現するのは難しい
       が、バッターに背中を向けて縮こまった後に弾けて投げ込んでくる感じ(←全
       然わかんなーい)。次回はわかりやすく説明します m(_ _)m
       今日は立ち上がりに連続四球で1点を失うが、そのごはロッテ打線の早打ちに
       助けられ2回をパーフェクトに抑える。

 井 場(日) かつての抑えのエースも、ここにきてやっと復調の兆し。主審が低目をとって
       くれないなかでも低めにボールを集めて4人をキッチリ抑える。

 實 松(日) 昨年終盤よりスイッチに取り組んでいたが、今日は全て右打席に立つ。
       やめちゃったのかな?


おまけ
 田中幸(日) ユニフォームが新しくなっても一人だけ袖が短いのは相変わらず。


2004年 3月21日 イースタン教育リーグ 巨人−阪神(滋賀県大津市皇子山球場)報告者:滋賀人さん

鳴尾浜タイガース|021 011 020|
川崎ジャイアンツ|100 010 300|

鳴:久保田智之−藤川球児−佐久本昌広−田村領平−吉田篤史
川:西村健太朗−久保裕也−十川雄二−南和彰
本塁打:(神)八木裕/(巨)矢野謙次、吉川元浩2

試合は7-5で阪神が勝ちました。阪神先発
久保田矢野にホームランを打たれましたが
あとは抑えました。巨人先発は
西村健太郎でしたが、コントロールに苦しみ、味方のエラー
もあり五回を投げ四失点でした。その後は
久保が2イニング投げ八木にはホームランを
打たれましたが、5奪三振とほぼ完璧な内容。打者では
吉川が二打席連続ホームランと
存在感を示した。滋賀出身の
桜井はいいとこなしでした。あと気になったのは林威助です。
フリーでは一番飛ばしていました。故障が完治すれば楽しみな存在です。今日はほんと
超満員で外野席も入りきれないので急遽内野席の隣の芝生まで開放されたほどです。お
そらく一万五千人は入ったと思います。これはファームの試合としてはすごいですね。


2004年 3月20日 ウエスタン教育リーグ 中日−巨人(ナゴヤ)報告者:ようたんさん

                     R H
川崎ジャイアンツ|100 000 004| 13
ナゴヤドラゴンズ|000 100 003| 9

川:鴨志田貴司−■■■■−南和彰
ナ:宮越徹−山井大介−小山伸一郎

詳しいメモを取らなかったので簡単に書きます。
結果は5−4でGの勝ち。気温が低く寒い中、8回までは静かな展開。9回に小山(中)、南(巨)両投手が炎上しました。

<活躍した選手>
■山井大介(中)
3回を無失点。粘りのピッチング。スピード(143)もありまとまっていた。

■善村一仁(中)
2安打2打点。しかしサードは立浪がいるから出場機会は少ないかも。

■鴨志田貴司(巨)
7回1失点。今日はさほど速くなかった(143)。アーム式なので大成するか微妙。

■加藤健(巨)
代打ホームラン。早いカウントから積極的に打ちました。


<ダメだった選手>
■小山伸一郎(中)
3回を4失点。2回は抑えが、高めに浮いたスライダーを滅多打ちに。速球はこの日最速(146)。もっと力で押せばいいのに。

■南和彰(巨)
1回を3失点。ふらふらでした。登板予定のない投手が慌てて肩をつくるほど。堀内監督期待のルーキーだったんですが。

技術的なことがわからないので、主観的な感想になってしまいました。
それでは。


2004年 3月20日 ウエスタン教育リーグ 広島−ダイエー(由宇)報告者:いの一番さん/gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

いの一番さん編

gascoigneさん、遠路はるばる“球界の秘境”由宇まで来られたとはお疲れ様です。
それではお言葉に甘えまして私の方から報告させてもらいます。
修正や補足事項などありましたら、遠慮なく指摘してください。


3月20日(土)に由宇で行われた、ウエスタン教育リーグ、広島−ダイエーについて報告します。

 0210001    
 0000100  
(両チームの申し合わせにより7回で終了)
勝:寺原 負:大島
本:城所A(大島)、辻@(大島)

投手:H 寺原(7回)
   C 大島(4回)−鶴田(1回)−仁部(2回) 
審判:福家、金子、飯塚(3人制)  
観衆:200人
天候:曇

(試合経過)
△1回表
明石は遊ゴロ。続く金子は右前打、北野も左前打で一死一、三塁。しかし、山崎は三振、辻は中飛。

▼1回裏
松本高は見逃し三振、鞘師は三ゴロ、末永は中飛。

△2回表
荒金は二ゴロ、高橋は三振で二死となったが、森本が中前打。
続く城所はライトへ本塁打を放ちダイエーが2点を先制。
なおも、明石、金子の連打で二死一、二塁としたが、北野は三振。

▼2回裏
町田が四球で出塁。しかし、甲斐は二飛、比嘉は中飛、井生は右邪飛。

△3回表
山崎は三振したが、続く辻が左中間本塁打でダイエーが1点追加。
荒金は四球、高橋は送りバント、森本は二ゴロ。

▼三回裏
田村は三振、山本翔は遊ゴロ、松本高は中飛。

△4回表
城所が四球で出塁したが、明石は遊ゴロ併殺打。金子は遊ゴロ。

▼4回裏
鞘師は右邪飛、末永は三振。町田の遊ゴロを金子が悪送球し、町田は二塁へ進む。
甲斐は左前打で一、三塁としたが、比嘉は三振。

△5回表
広島の投手が鶴田に交代。
北野、山崎は連続三振。辻は左前打で出塁したが、荒金は遊ゴロ。

▼5回裏
井生は四球、田村は高いバウンドの投ゴロで一死二塁。鈴衛の中越え二塁打で井生が生還。
ようやく広島が1点を返す。なおも松本高の左前打で一死一、三塁。
しかし鞘師が三振の時、松本高が二盗に失敗し併殺となる。

△6回表
広島の投手が仁部に交代。
高橋は左飛、森本は三ゴロ、城所は投ゴロ。

▼6回裏
末永は三振、町田は三ゴロ、甲斐は左飛。

△7回表
中村が四球で出塁し、加藤の一ゴロ、北野の遊ゴロで三塁まで進む。
続く山崎の遊ゴロを甲斐がはじき、慌てて一塁に送球したが悪送球、
中村が生還で4−1となる。なおも二死二塁だったが、辻は右飛。

▼7回裏
比嘉、井生、代打の吉田が全員遊ゴロに倒れ試合終了。


(おまけ)
試合が終わり寺原がマウンドを下りたが、なぜか他の野手はそのまま。
そして、ブルペンで練習していたメルカドがマウンドに上がり、
広島の打者が打席に入って試合形式の練習が始まった。

□1回目
山本芳が右越え二塁打、松本高、鞘師は連続三振。
末永の左前打で山本芳が本塁を狙ったが、荒金の好返球でタッチアウト。

□2回目
1, 2分の休憩を取り2回目が始まる。
町田の三ゴロを北野がエラーし、無死一塁(代走田村)。甲斐の遊ゴロで田村は二塁でアウト。
比嘉の時、甲斐が二盗に成功。しかし比嘉は三振、井生は中飛。
ここでようやくダイエーナインがベンチに引き揚げ、練習は終了した。
教育リーグならではの不思議な光景だった。

(選手評)
■寺原隼人(ダイエー)
投球内容は次のとおり
7回 打者26人 3安打 2四球 6三振 エラーによる出塁1 自責点1
5回は少し変調だったが、それ以外はほぼ完璧に広島打線を抑え込み、格の違いを見せつけた。
この日の好投で、1軍ローテ入りが決定した模様。

■メルカド(ダイエー)
抑え候補の新外国人投手。速球主体の投球で6つのアウトのうち3つは三振によるものだった。
ただ、うまく合わせられていい当たりの安打を2本打たれており、1軍でどこまで速球が通用するか。

■城所龍磨(ダイエー)
ドラフト2巡目入団の高卒ルーキー(右投左打)。きどころりゅうまと読む。
この日は左投手の大島から先制本塁打を放ちアピール。今後が楽しみな選手。

■大島崇行(広島)
3年目の左投手。キャンプ時には1軍に帯同した時期もあったが、この日は不調。
球に力がなく甘く入ったところを狙われた。次に投げたベテラン鶴田の方が勢いがあるように見えるのでは困る。

■仁部智(広島)
166cmと球界一小柄な新人投手。エラーで1失点だったが、2回を無安打に抑える。
1軍は左の中継ぎ不足のため、力をつけて早く上がりたいところ。

■広島野手陣
格上の寺原が相手だったので、負けたのは仕方ないが、打席で覇気の伝わってくる選手がいなかった。
また試合前の守備練習でも、落球したり、山なりの送球をしたりと、緩んだ姿が目についた。
もっとしっかりしないといけないのではないか。






gascoigneさん編

いの一番さんも行かれていたんですね。

雁の巣 021 000 1 4
由 宇 000 010 0 1

雁 ○寺原隼人(7回)
由 ●大島崇行(4回)−鶴田泰(1回)−仁部智(2回)

HR
城所龍磨2ラン(2回・大島) 辻武史ソロ(3回・大島)

2日前のオープン戦を雨で流して調整登板の
寺原隼人
とりあえず一軍ローテ確定か?
城所龍磨、教育リーグで2本目も、いずれも左腕(最初は仁部智)から。
明石健志、金子圭輔もヒット。今年の高卒新人はレベルが高いかも。
仁部智、エラーで失点したものの、小柄ながら小気味よく投げる姿は橋本武広(L→T→M)を思い出させます。

詳細はいの一番さんの報告にお任せします(笑)。
http://hidenao.hp.infoseek.co.jp/


  ■掲示板@2軍愛■