【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2004年 4月24日 ウエスタンリーグ ダイエー−近鉄(川内市総合運動公園野球場)報告者:gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

4/24 雁の巣ホークスvs藤井寺バファローズ(於:川内市総合運動公園野球場) 

藤井寺 013 030 400 11
雁の巣 001 003 020 6

藤 ○高木康成(5回)−宇都格(2/3回)−朝井秀樹(11/3回)−佐藤和宏(0回)−岡本晃(2回)
雁 ●寺原隼人(41/3回)−柴田佳主也(2/3回)−河野昌人(12/3回)−松修康(0回)−山田秋親(21/3回)

HR:なし

審判 球:杉本 一:丹波 三:岡田

藤井寺打線、好調!先発全員安打の16安打11点で圧倒。
■近澤昌志、直前に二軍落ちの鬱憤を晴らす猛打賞。早期の一軍復帰を目指す。
■寺原隼人、コントロール不安定。失策もあり5失点。まだまだ一軍復帰は遠そう。
■高木康成、肩痛で一年棒に振ったが、久々の勝利。先発型左腕として一軍で復活したい。
■明石健志、猛打賞に2盗塁。内野ゴロでもヒットにし、左中間の当たりでも三塁打にする韋駄天ぶりは脅威!

九州新幹線ができて、博多−川内間は2時間ちょっとと大幅に時間短縮。
でも、ほとんどがトンネルなので、車窓からの風景はほとんど期待できません。
帰りは旧鹿児島本線(現肥薩おれんじ鉄道)に乗り、東シナ海のパノラマを堪能。
焼酎、温泉と、北薩地方は魅力いっぱいです。


2004年 4月24日 イースタンリーグ ヤクルト−西武(市営浦和)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年4月24日 ヤクルト−西武 4回戦

埼玉新聞社創刊60周年・彩の国まごろこ国体開催・プロ野球誕生70周年記念

Cさいたま市営浦和(ヤクルト4勝)

 
西  武 000 003 020│
 
ヤクルト 030 000 30×│

 勝 前 田 1勝0敗1S 登板6
 S 成 本 1勝1敗2S 登板8
 負 鳥谷部 2勝1敗0S 登板4

 
【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 宮 崎 400 二ゴ    右飛       一ゴ 空振
  H 春 日 100                      空振
  1 福 井 000
  G 高 波 200 遊ゴ       三ゴ    四球
  8 松坂健 200                   空振    一ゴ
  F 大 友 510 空振       右飛    右安 見振    空振
  B 玉 野 531    遊ゴ    投襲    遊襲    左2 右飛
  D 石井義 311    右飛    四球    中安    右飛
  H 高 山 312    二飛    右飛    中犠    中安
  A 椎 木 300       一ゴ    右飛 投ゴ
  H4古 屋 110                      左安
  E 黒 瀬 310       中飛    一ゴ    中安 四球
  @ 後藤光 000       四球
  1 鳥谷部 200             遊ゴ    三ゴ
  H カ ズ 001                      左犠
  2 上 本 000 
  犠盗失併残─────
  20128 3485

       回   打安振球責
   後藤光 3   167013
  ●鳥谷部 30/3 166313
   トモキ 1   31100
   福 井 1   30000 

 
【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 真 中 410 中飛 四球    右安    右飛    投失
  F 青 木 531 左安 二安    左飛       右3 遊併
  B 久保田 431 一ゴ    中安    中2    右安
  D 畠 山 412 遊ゴ    右飛    遊ゴ    左本
  G 宮 出 430    右2 中安    三ゴ    中2
  E 本 郷 422    右本 三飛    二ゴ    二安
  A 鮫 島 400    三ゴ 一飛       空振 見振
  C 大 塚 410    中安    空振    右飛 一直
  @ 佐藤秀 000    投犠
  1 平 本 100          空振
  1 佐藤賢 000
  H 牧 谷 000                死球
  1 前 田 000
  1 小 森 000
  H 内 田 100                      右飛
  1 成 本 000   
  犠盗失併残─────
  10208 35146

       回   打安振球責
   佐藤秀 32/3 141120
   平 本 12/3 82013
   佐藤賢  2/3 31000
  ○前 田 12/3 114312
   小 森  1/3 10100
  S成 本 1   30100


  本塁打  本 郷(ヤ)2号A (2回 後藤光)
       畠 山(ヤ)2号A (7回 鳥谷部)
  三塁打  青 木(ヤ)    (7回 鳥谷部)
  二塁打  宮 出(ヤ)    (2回 後藤光)
       久保田(ヤ)    (5回 鳥谷部)
       宮 出(ヤ)    (7回 鳥谷部)
       玉 野(西)    (8回 前田)
  犠 打  佐藤秀(ヤ)    (2回 1死1塁 1走の大塚が二進)
  犠打失  鳥谷部(西)    (7回 無死1塁 1走の黒瀬を二塁封殺にしようとした
                    畠山が二塁悪送球したため鳥谷部も生存)
  犠 飛  高 山(西)    (6回 1死2、3塁 3走の玉野がホームイン、2走の
                    石井義が三進)
  失 策  宮 出(ヤ)    (6回 1死1、3塁 石井義の中前打をグラブに当てな
                    がらも後逸 打者走者の石井義が二進)
       畠 山(ヤ)    (7回 無死1塁 鳥谷部の送りバントを二塁悪送球)
       福 井(西)    (8回 真中の一ゴロでベースカバーに入るも玉野からの
                    送球を落球)
  走塁死  青 木(ヤ)    (2回 2死1、2塁 二塁内野安打を放ち1走の真中が
                    二、三塁間に挟まれている間に二進も、真中が二
                    塁に帰塁したため憤死 宮崎−玉野−石井義 前
                    の走者に優先権あり)
  併 殺  西 武      (7回 2死1、3塁 大塚の一直で1走の本郷が帰塁で
                    きず 玉野−玉野)
       西 武      (8回 青木 1死1塁 黒瀬−古屋−玉野)

  PL:小林 1B:萩原 3B:有隅 公式記録:生原
  時間 3時間11分(13:01〜16:13)

得点経過
 2回裏(ヤ) 無死2塁から本郷が右中間へツーランホームラン      ヤクルト2点目
       2死1、2塁から青木がセカンド内野安打         ヤクルト3点目
 6回表(西) 1死1、2塁から玉野がショート強襲内野安打       西  武1点目
       1死1、3塁から石井義が二遊間を破る中前打       西  武2点目
       1死2、3塁から高山がセンターへ犠牲フライ       西  武3点目
 7回裏(ヤ) 無死3塁から久保田が右前打               ヤクルト4点目
       無死1塁から畠山がレフトポール際へ弾丸ライナーで飛び込
       むツーランホームラン                  ヤクルト6点目
 8回表(西) 1死3塁から高山が中前打                西  武4点目
       1死満塁からカズがレフトへ犠牲フライ          西  武5点目


戦評
 真冬並みの寒気が流れ込んだため、かなり寒いとの予報。お陽様が出ているときはそうでも
 ないが、曇ったときは吹きすさぶ寒風も手伝って予報どおりの寒さ。
 試合の方はヤクルトが3点を先制するも西武も3点を取り返し終盤戦へ。7回、西武は相手
 のミスもあり無死1、2塁の好機をつくるも後続が3者連続三振に斬って取られ無得点に終
 わると、ヤクルトはその裏に
  青 木:三塁打
  久保田:単 打
  畠 山:本塁打
  宮 出:二塁打
 とサイクルチックな連打で3点を挙げ勝ち越しに成功。西武も8回に2点を返すも、あと1
 本が出ず。

選評
 後藤光(西) 本当はこちらでな投げない投手(調整登板?)。立ち上がりから不安定な内容で
       3回を投げ7安打3失点と散々な内容。ヤクルト打線に気持ち良いぐらい真芯
       で捕らえられていた。直球も変化球もキレに乏しい印象。

 石井浩(西) 郎監督。本日のA級戦犯。同点で迎えた7回の攻防(文章にするとわかりにく
       いので箇条書きにします)

        7回表の攻撃
         ・無死1塁で鳥谷部をそのまま打席に送る
         ・鳥谷部は送りバントをするも相手のミスにより塁に出る
         ・無死1、2塁になるも後続は15球で三者連続三振。その間、鳥谷部はず
          ーっと一塁ベース上

        7回裏の守備
         ・鳥谷部をそのままマウンドに送る
         ・鳥谷部は4連続長短打で3点を失う
 
      こんな寒空の下で十分に肩が冷えきった鳥谷部は打たれるのも無理はない。こ
       こまで3回を2安打無失点と好投していた鳥谷部を引っ張りたかったのか、送
       りバントをするのに野手を1人使うのは勿体ないと思ったのかはわからないが
       鳥谷部が塁に出てしまったときに代走を出し継投すべきなのでは?。後を受け
       たトモキと福井が好投しただけに悔やまれる。

 佐藤秀(ヤ) 4回2死から玉野のピッチャー返しを利き腕の右手に受け負傷するまで1四球
       のみと完璧な内容。今日はとにかくテンポが良かった。鮫島とのコンビネーシ
       ョンが良く完全に佐藤秀のペース。打者は術中にはまった印象。治療後に果敢
       にマウンドに戻るも石井義にストレートの四球を与え降板。次の投手は…

 平 本(ヤ) 四球連鎖じゃんと思ってしまったことについて平本に謝罪。1球で高山を仕留
       めると5回は10球で三者凡退(しかもボールはたったの1球)。平本完全復活か
       と思われたが6回に宮崎にセーフティーバントで揺さぶられると、いつもの病
       気が発病。高波にストレートの四球を与えると苦し紛れにストライクを取りに
       来たところを狙い撃ちされ連打を浴びる。謝罪、半分だけ撤回(笑)。宮崎に何
       かしなきゃと思わせたことは収穫。平本の腕の位置がわかる写真は↓

 青 木(ヤ) かなり見たかった選手。グリップを余らせてバットを握り(↓参照)右に左にシ
       ュアなバッティングを披露すると、7回には右中間を破るパンチ力も見せつけ
       る。ただ不可解な走塁も(文章にするとわかりにくいので箇条書きにします)

        2回の2死1、2塁での打席
         ・一、二塁間への打球を放つも宮崎が良く追い付く
         ・それを見てランナーは2、3塁で止まりかける
         ・しかし、宮崎が捕球できずグラブに当てて弾く
         ・ランナーは再スタート。2走の大塚はホームインするも、1走の真中は
          例の走り方で二、三塁間に挟まれる。
         ・真中は二塁に帰塁も打者走者の青木も二進していたため青木がアウト
 
      2死でなければ理解できるのだが…。西武ナインもきょとんとしていた。アウ
       トカウント間違えたかな?


おまけ
 宮 崎(西) ハッピーバースデー♪
       イースタン打率10傑の3位に食い込む好調さに引っ張られて出塁率、盗塁数は
       リーグトップ(盗塁死もリーグットップだったりします^^;、数字は4/21現在)
       頭を本当の丸刈りにして背水の陣で野球の取り組む姿勢には好感が持てる。
       これからもガンバッテください!

 玉 野(西) 後方にふらふらっと上がったフライを向こう向きでキャッチ!

 本 郷(ヤ) ショートの守備が危なっかしい(^^;

http://homepage2.nifty.com/ogitiffany/aokihiramoto.htm


2004年 4月24日 イースタンリーグ ロッテ−巨人(ロッテ浦和)報告者:RAIRAIさん

川崎対浦和:4勝2敗0分(通算:10勝8敗1分)

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
川崎  4 1 3 1 0 0 0 0 0 9
浦和  1 0 3 0 0 0 2 0 0 6

勝 : 酒井
S : 條辺
負 : 三島

本塁打
原4号、山田1号、三浦7号、福井4号(巨)喜多1号(ロ)
投手リレー
酒井→河本→條辺(野村)

土曜日のジャイアンツ戦の為多くの観客が観戦
浦和 
三島輝史投手は前回登板(対川崎)が嘘のようにストライクが入らず苦戦
川崎 
三浦貴は好調 そろそろ一軍か

下段にあります以下先週の観戦記参照下さい → 三島輝史(ロ)先発好投三浦貴(巨)代打2点本塁打

2004年 4月18日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:健一@管理人/@白にゃんこさん

2004年 4月21日 ウエスタンリーグ 阪神−サーパス神戸(鳴尾浜)報告者:健一@管理人

■ウエスタンリーグ 4月21日(水)鳴尾浜タイガースvsサーパス神戸(鳴尾浜)

                     R
サーパス神戸  |000 001 000|
鳴尾浜タイガース|000 500 10X|

サ:●フィリップス−小林宏−北川智規−ユウキ−山本拓司
鳴:○三東洋−桟原将司−筒井和也−竹下慎太郎

本塁打:竜太郎(三東洋)

【大まかな試合展開】
四回裏、藤原通左安適時打、に三東洋の三塁前へのセーフティーバントの間に浅井良生還、早川健一郎中安適時打、更に走者を貯め喜田剛の右安2点適時打で一挙5得点。六回表に竜太郎が引っ張りライナー性の右本で一点を返す。七回裏、一死一三塁から藤原通の二ゴの間に一点追加。

【気になる選手達】
※野手陣は昨日とほぼ同じなので割愛させて頂きます(定点観測が主なので、2試合連続観ても私の選手印象は変わらないのです^^;)。

■フィリップス(サ)#4回24打者5安打0自責点
オーティズ、ブラウン、具臺晟、ムーアと助っ人事情から2軍調整中(優先順位を付けるのなら現状5番手)。#昨年シーズン途中入団(7試合2勝3敗 防御率6.98)の2年目、今年も1軍で20日現在2試合7回2/3を投げてはいる。

198cmという長身かつ巨体からボールを抱え込むように真上から投げ下ろす、また外国人投手特有の上半身の勝った投球フォーム(投げ終えたときにやや一塁側に流れる)。ストレートの球速は135km/h強、糞掴みのような握りでチェンジアップやシンカーのようなタテ系に落ちる変化球を多投し打たせて取るピッチング。

本日は4回を投げ5安打0自責点。しかし4回裏には2連続失策で走者を貯めると連打、セーフティーバントを絡まれ5失点。もう少し力強さが欲しいが、無い物ねだりですか(^^;)。長いシーズン1軍での登板もあるでしょう(他助っ人投手を10日休ませてとかも含めて)。

■ユウキ(サ)
…ショック!……、、、近鉄時代から小気味の良いピッチング(140km/hを越える伸びのあるストレートとドロップのようなカーブの緩急は◎でした)で2年前には1軍@オリックスで「13試合 7勝1敗 防御率1.93」と若手エースとして期待されましたが、右肩痛や腰痛で戦線離脱、それから彼を観る機会を逸していましたが、本日の投球フォームを観て上記の『ショック!』と感じました。

以前の後ろが小さく前が大きいフォーム、体格以上に大きく見える躍動感あるフォームでしたが、現在はテイクバック時に右腕を縮込ませるような窮屈な動きが入り、身体全体を活かしていないフォームになっていました。きっと故障により負担の掛からないフォームにしたんでしょう…。内容よりも「形」ではいる私としては、なんかやばい匂いを感じます。

因みに球速は、ストレートで135km/h前後、変化球ではスライダー、カーブ等々投げていましたが、ストレートの伸びはあまり感じませんでした(ストレートあっての変化球でしょうから)。本日は七回裏の1イニングを1安打1四球1自責点。喜田剛を三振に取りましたが、梶原康司に二塁打、その後暴投、四球などもあり1失点。ズーッとユウキの復活を待っていたので、今の形に驚きました。もちろん素人の一意見ですし、まだ復帰の過程でしょうから今後の彼を見守りたいと思います。


■三東洋(神)#6回22打者5安打1自責点
シャープな体格の左腕。長身から沈み込むような体重移動からキレの良い球を放るのが身上か。ストレートは概ね140km/h弱。110km/h前後の緩いカーブ、120km/h強のスライダーで打者に相対します。主にストレート(右打者の膝元に決まるストレートはなかなか良い球でした)とスライダーのコンビネーション。<やや上擦る傾向あり。

6回を5安打1失点(竜太郎に本塁打、インスラをフルスイング)。組み立ては非常にシンプル、1軍を睨むと追い込んだ後の決め球不足が心配…あと走者を背負うと力んで制球も甘くなりがち、、、2軍での投球を1軍でも見せて欲しい。杉山直久が1軍に昇格しましたが、鳴尾浜で次に1軍に一番近い位置にいるのが彼でしょう。<でも心配だなあ(^^;)

■桟原将司(神)
先ずはスミマセン!!本当にスミマセン…(><)

>ルーキーの桟原将司はいけると踏んでいます。まだ縦縞になってからは
>ブルペンだけの映像ですが、社会人時代からダイナミックな投球に惚れ
>ていました。加藤武治(横)タイプのイケイケ右横手投手で、右打者の
>外にスライダー、内にシュートと横の揺さぶりが良いです。少々ノーコ
>ンかも知れませんが、ストレートも速く総体的に三振を奪える投手と期
>待しています。あまり有って欲しくない状況ですが、不安定が続く安藤
>優也、ウィリアムスに一時的に割って入って来るのでは…などと怖いケ
>ースも想定しています(笑)。

先日上記のような書き込みをしましたがかなり修正します(汗)。社会人時にスリークォーターに近いサイドスローのような気がしていたのですが(社会人大会での投球を一応見ていたのですが…)、上手に近いスリークォーターかも知れません(以前は完全な上手だったそうですが、社会人時代に少し下げたのですが、勝手にかなり下げ気味のイメージになっていました)。谷中真二よりやや下か。<少なくとも加藤武治(横)を例えに出すのはイカンです、スミマセン。まさか少し上げたんですかね(^^;)

体格はもっさりしていて華奢ではありません。先ず岩隈久志(近)のように右腕をダラリと下ろしてから始動し上のような軌道で腕を振ります。シュートもあまり投げず、スライダー、あとシンカーを少々投げていました。ストレートの球速は140km/h前後で、145km/h近いボールあり。躍動感があるという感じではなく淡々と放ります。本日は7回の1イニングを投げ無安打2奪三振でしたが、それぞれスライダーで仕留めました(高速ではなく、ややスラーブ系でしょうか)。ちょっと社会人時代のイメージ先行してしまい少しトーンダウンしてしまいましたが、短いイニングならば前述の通りかなり速い球は投げられるはず。横の揺さぶりまではなさそうです。

球質としては重めかも。1軍の投手陣枠を睨みますと不調者がまだ出るようだと昇格があるかも知れません(先日杉山直久も昇格)。

■筒井和也(神)#1回3打者0安打0自責点
第一印象としては、「オーソドックスな左腕」「先発型」「まとまっている」。柔らかい腕の振り、肘の使い方も同様で、球持ちの良さが見えます。135km/h強のストレートは球速以上に伸びは感じました。大小のスライダー、カーブ、あとチェンジアップも少々。全体的には良いもの(テンポ良し)は感じます!福留宏紀へのインサイド真っ直ぐはビシッと決まっていました。あと2人も凡退で3人を片づけました(8回の1イニング)。

だがしかし、兎に角制球が悪い…、ボール先行、更に力んだり抜けたりと、、、慌ただしく、ボロが出なくて良かったなといった感じ。春季キャンプ時からチキンハートにも見えるのが一番の心配。徐々に自信を付けて欲しいです!力のある左腕一皮剥ければ1軍でも十分戦力になるはず。

■新井亮司(神)#0打数0安打0打点(四球)
今春季キャンプでの彼を観て『細っ!』とスリム化にびびりました…。20kg弱の減量に成功!?その反面パワーは半減したはず。恐らくパワーも当たらなくては始まらない…ということでミート重視に傾倒したのでしょう。以前の大上段に構えていた打撃フォームも脇を締めてコンパクトに構えています。

本日は代打出場し四球、その後三塁に就く。以前はパワーを持て余し気味で波打つスイング…当たれば…なんて開花を期待していましたが、様々な変遷の結果が今。正直寂しさを覚えますが、頑張ってほしいです(今年で最後となる可能性高いかも、、、スンマセン><)


2004年 4月21日 イースタンリーグ ロッテ−ヤクルト(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時終了16時35分試合時間3時間35分
 球審石山1塁牧田3塁小林記録員野中
 ロッテ浦和(2勝2敗)観衆250人
                  R H E
 
ヤクルト 240 000 000  10 0
 
ロッテ  010 002 010  13 3

 勝花田1勝1敗
 負藤井  1敗
 S成本1勝1敗1S
 2塁打 今江(2回)垣内(6回)
 盗塁 久保田(2回)青木(8回)盗塁死 志田(6回)
 暴投 花田(6回)
 失策 ヤクルト0
    ロッテ3 丸山2(1,2回)今江(3回)
 併殺 ヤクルト0
    ロッテ1(田中充−今江−澤井)9回宮出


   打撃成績
   ヤクルト 打安点    ロッテ 打安点
  H真 中  530  C6西 岡 310
  9牧 谷  000  H5ユウゴー000
  E野 口  100  E4丸 山 300
  7青 木  210   3富 永 100
  G志 田  110  H3澤 井 000
  8内 田  100   G曽我部 510
  D畠 山  412  D6今 江 510
 B6本 郷  301   D垣 内 331
  D久保田  412  RD早 坂 110
 HD大 原  110   H立 川 310
 F3宮 出  410   9寺 本 220
  A米 野  400   F喜 多 401
  2鮫 島  100  B4青 野 410
  C大 塚  410   A田中雅 420
  計     35105        39134

 投手成績
 ヤクルト  投回    投数 被安 四死 三振 自責 失点
○花 田   6    117  7  1  4  3  3
 佐藤賢   1     16  1  1  2  0  0
 小 森    ・2   20  3  0  2  1  1
 前 田    ・1    9  0  1  1  0  0
S成 本   1     16  2  0  1  0  0
 ロッテ   投回    投数 被安 四死 三振 自責 失点
●藤 井   1・0   35  4  2  1  4  4
  谷    2     52  2  3  1  1  2
 鈴 木   2     26  1  0  0  0  0
 酒 井   2     24  1  1  2  0  0
 田中充   2     31  2  1  1  0  0


1回表(ロッテ投手藤井、捕手田中雅)真中右前安打、野口、志田共に四球で満塁、畠山三振、本郷右犠飛で真中生還なお1,3塁、久保田左前安打で野口生還なお1,2塁、宮出遊ゴロ失で満塁、米野左飛(ヤクルト2)
1回裏(ヤクルト投手花田、捕手米野)西岡バント安打狙うも三塁ゴロ、丸山遊飛、曽我部二塁ゴロ(ロッテ0)
2回表 大塚遊ゴロ内野安打、真中中前安打で1,2塁(ロッテ投手谷)野口三前送りバント成功で2,3塁、志田四球で満塁、畠山中前安打で大塚、真中生還なお1,3塁、本郷四球で満塁、久保田遊ゴロで6−3とわたり2塁本郷フォースアウトも1塁悪送球で志田、畠山生還(打点1)、宮出の時久保田2塁盗塁成功、結局宮出は四球で1,2塁、米野二塁ゴロ(ヤクルト4)
2回裏 今江右中間2塁打、垣内左前安打で1,3塁、立川三振、喜多中犠飛で今江生還、青野中前安打で1,2塁、田中雅三振(ロッテ1)
3回表 大塚、真中共に遊ゴロ、野口三塁ゴロ失(お手玉)、志田右前安打で1,2塁、畠山三振(ヤクルト0)
3回裏 西岡遊ゴロ、丸山二塁ゴロ、曽我部三塁ゴロ(ロッテ0)
4回表(ロッテ投手鈴木、二塁から遊撃西岡、遊撃から二塁丸山)本郷一塁ゴロ、久保田、宮出共に中飛(ヤクルト0)
4回裏(野口に代わり左翼青木、一塁から遊撃本郷、左翼から一塁宮出)今江三塁ゴロ、垣内四球、立川右飛、喜多二塁ゴロ(ロッテ0) 
5回表 米野右飛、大塚右邪飛、真中左前安打、青木一塁ゴロ(ヤクルト0)
5回裏 青野中飛、田中雅三塁ゴロ、西岡遊ゴロ内野安打、丸山三振(ロッテ0)
6回表(投手酒井)志田四球、畠山三振、本郷の時志田2塁盗塁失敗、結局本郷三振(ヤクルト0)
6回裏(ヤクルト志田に代わり内田)曽我部中前安打、今江三振、垣内右中間2塁打で曽我部生還、立川左前安打で1,3塁、喜多二塁ゴロで立川2塁フォースアウトの間に垣内生還、青野の時花田の暴投で喜多2塁進塁、青野は結局右飛(ロッテ1)
7回表(ロッテ丸山に代わり一塁富永、立川に変わり右翼寺本、一塁から二塁青野)久保田一塁ゴロ、宮出中前安打、米野二飛、大塚右飛(ヤクルト0)
7回裏(ヤクルト投手佐藤賢、米野に代わり捕手鮫島)田中雅中前安打、西岡四球で1,2塁、富永(送りバントできずバントの構えをしながら見逃しの三振をしてしまったのも痛かった)、曽我部共に三振、今江一邪飛(ロッテ0)
8回表(ロッテ投手田中充)真中二塁ゴロ、青木投ゴロ内野安打、内田三振、畠山の時青木2塁盗塁成功、結局畠山(1−2から)は敬遠で1,2塁、本郷遊ゴロ(ヤクルト0)
8回裏(ヤクルト投手小森、真中に変わり右翼牧谷)垣内左前安打(代走早坂)寺本中前安打で1,2塁、喜多、青野共に三振、田中雅中前安打で早坂生還なお1,2塁(ヤクルト投手前田)西岡に代打でユウゴー四球で満塁、富永に代打澤井三振(ロッテ0)
9回表(ロッテ三塁ユウゴー、一塁澤井、三塁から遊撃今江)久保田に代打大原右前安打、宮出投ゴロで1−6−3とわたる併殺、鮫島遊ゴロ(ヤクルト0)
9回裏(ヤクルト投手成本)曽我部一飛、今江左飛、早坂、寺本共に中前安打で1,2塁、喜多三振(ロッテ0)


 戦評
 今日の試合の分かれ目は前半のロッテの内野陣のミスに尽きるであろう。
 確かに、投手陣の間合いの長さとか色々あったがそれにしてもお粗末な守備が多かった。
 あわてんぼーが選ぶMVP

■真中満(ヤ)
 19日に一軍登録抹消されイースタン調整中の彼。今日3安打し力の違いを見せた。早くイースタンで結果を出して再び一軍へ昇格してほしい。

 注目した選手

■花田真人(ヤ)
 ヤクルトの今日の先発投手は彼だったが、6回を投げ117球被安打7、3失点。
 しかし内容を見てみると制球がままならない感じだった。はっきり言って今日は打線に助けられたといって良いだろう。
 この内容では当分一軍へ昇格できないであろう。

■藤井宏海(ロ)
 ロッテの先発投手は彼だったが選手名鑑によると内野手登録となっている。
 ロッテの詳しいチーム事情はわからないが、はっきり言って彼はやはり野手へ転向した方が良い結果を出すことができるであろう。
 何しろ2回途中まで被安打4、2四球ではどうすることもできない。

■谷浩弥(ロ)
 彼も、藤井の後を受け登板したが全く藤井投手同様制球、間合い全てが駄目だった。
 先日ふんぼるとさんがこのサイトで彼のことを厳しい評価を書き込んでいたがまさにそのとおりといったピッチングだった。
 昨年巨人を解雇されせっかくテスト入団でロッテに入団しただけにこのままいくとしんどい気がする。

■丸山泰嗣(ロ)
 今日守っては2失策で打っても3タコ。彼にとっては今日は厄日だったわけだが昨年私は何回か彼のことを書き込んでいるが、その時も彼の課題は守備と書き込んだ記憶がある。
 今年で3年目なのだしそろそろ成長を見せてほしいと思うがさて。
 
■澤井良輔(ロ)
 今日8回満塁のチャンスで3球三振。2ストライク目3ストライク目はちょっと高いとも思ったがしかし判定はストライク。
 もう彼は今年で9年目。あーいう場面を見てしまうと(ボール気味の球をストライクとされてしまう)彼もちょっとしんどいなあーという気がしてしまう。

 番外編
■古賀英彦(ロッテ二軍監督)
 8回2死満塁打者澤井2−0からの3球目をストライクと判定され「ボールじゃないかと」抗議するも認められず。確かに抗議する気持ちもわかるが藤井選手を内野手登録にもかかわらず投手で起用するというのはチーム事情とはいえいかがなものか?
 それと去年から感じているがロッテの内野陣の守備の悪さわ何とかならないものか。
 他にも色々とやることがあって大変であろうがしっかり彼らを指導してほしい。

■石山智也(セリーグ審判)
 今日球審を務めたのは彼だったが若干ストライクゾーンが辛めに見えた。
 8回裏2死満塁代打澤井2−0からのヤクルト前田投手が投じた3球目を「ストライク」と判定。
 その際古賀監督から激しい抗議を受ける。今年セリーグに採用され色々と大変であろうが頑張って欲しい。


2004年 4月20日 ウエスタンリーグ 阪神−サーパス神戸(鳴尾浜)報告者:健一@管理人

■ウエスタンリーグ 4月20日(火)鳴尾浜タイガースvsサーパス神戸(鳴尾浜)

                     R H
サーパス神戸  |000 000 000| 3
鳴尾浜タイガース|001 031 20X| 14

サ:●金田政彦(4回0/3 9安打4自責点)−山本拓司(1回1安打0自責点)−野村宏之(1回2安打0自責点)−松村豊司(0/3回0安打1自責点)−北川智規(1回1安打1自責点)−川口知哉(1回1安打0自責点)
鳴:○金澤健人(7回2安打0自責点)−田村領平(1回1安打0自責点)−中林佑輔(1回0安打0自責点)


■サーパス神戸         ■鳴尾浜タイガース
          打安点   
          打安点
(左中)肥田高志  400   
(右) 桜井広大  410
(遊) 福留宏紀  200  
  右  平下晃司  000
 遊  後藤光尊  000   
(二) 上坂太一郎 520
 打  高橋浩司  100  
 (遊) 沖原佳典  442
(一) 中島俊哉  400   
 遊  秀太    110
(三) 五島裕二  410   
(一) 喜田剛   422
(二) 相川良太  400   
(中) 藤原通   300
(右) 竜太郎   300   
 打中 萱島大介  100
(捕) 長田勝   300   
(捕) 浅井良   411
(投) 金田政彦  200    
捕  中谷仁   100
 投  山本拓司  000    
投  中林佑輔  000
 投  野村宏之  000   
(左) 早川健一郎 300
 投  松村豊司  000   
 打  林威助   000
 投  北川智規  000    
投  田村領平  000
 打  菊池俊夫  100    
捕  小宮山慎二 000
 打  川口知哉  000   
(三) 梶原康司  410
(中) 早川大輔  100    
三  新井亮司  000
 打左 由田慎太郎 220   
(投) 金澤健人  310
                
 打左 松下圭太  112

【大まかな試合展開】
三回裏、上坂太一郎、沖原佳典連打の後喜田剛の一二塁間を破る先制適時打(1点目)。五回裏桜井広大左安、上坂太一郎との右安エンドランで無死一三塁とし沖原佳典の右翼手左への二塁打(2点目)、喜田剛の犠飛(3点目)、浅井良が三遊間を抜く左安(4点目)。六回裏は沖原佳典が4安打目となる二塁内野安打の間に三塁走者生還(5点目)。七回裏には走者を2人置き代打松下圭太がセンター越えの二塁打で2点を追加し計7点得点。

投手陣は、金澤健人が7回まで投げ零封し田村領平、中林佑輔と完封リレー。サーパスは金田政彦は5回に連打を許し崩れましたが、昨季の左肩故障復帰への道を徐々にでは歩んでいる印象(カーブ◎)。


【気になる選手達】

■金田政彦(サ)
左肩痛からの復帰過程に再度違和感を生じ調整中の金田政彦。コツコツと安打を許し5回には一死も取れずKOと相成りましたが、端々に金田政彦らしいブレーキの効いたカーブが見られ数字だけでは測れない内容だと感じました。4回まではある意味金澤健人よりもテンポ良く投げていました。そろそろお歳@35歳ですし…左キラーの中継として再出発はどうでしょう。。。いやかつての'02最優秀防御率のタイトルも獲った左腕ですからまだまだ先発かな…。

■野村宏之(サ)
気持ちスリークォーター入った左腕で、投げるときのフォームが突っ立ったようにも感じる左腕です(多少クセのあるフォーム)。腕の振りが良く、系として今中慎二のようにピュッと切るような印象。ストレートはは目測135km/hぐらいで並、スライダーが切れていました!中継として期待

■松村豊司(サ)
実は本日投げた投手の中で「ビビッ」ときた活きの良い右腕。結果一人の打者にストレートの四球で降板…(汗)。華奢な長身投手で、新垣渚(ダ)を一回り小さくしたような感じ。角度あるストレートは目測140km/h後半ぐらい出ていたのではないでしょうか(一際速かったです!!)。制球も右に左に散らばり、恐らく本日だけではなく制球はあまり良くなさそうです。ただ原石と見れば楽しみな存在です。良いフォークもあるそうですので、故障なく成長(時間掛かりそう)すれば上記タイプの新垣渚系の投手になれるかも!? <『注目』

■川口知哉(サ)
背番号68?どちら様?と思っていましたら川口知哉でした(谷中真二が16)。左足に体重を乗せ、ワンテンポ置きそこから前にギッコンバッタンと慌ただしく折れるようなフォーム(くの字)。以前より生命線のカーブのキレ、曲がりがあまりなく、変化球はスライダーが多かったです。ストレートもそう速いわけではない現状、緩急でもあった緩いカーブにキレがないとやや辛い…。「左横手」とかにでも改造しないともう後がないかも。<谷村智啓2軍投手コーチ(川口知哉を獲得した際の担当スカウト)と最後の二人三脚を!!

■中島俊哉(サ)
バットを前で揺らしタイミングを計り、そこから強いスイングが持ち味。やや外回りの軌道だがパンチ力あり、リストが強いんでしょう。2軍での安定感から1軍に昇格したい。<オリックスらしい!?目立たないがチャンスに強いタイプ@下位打線。
チーム的には打率、本塁打、打点でずば抜けた選手がいるといいんですが。

サーパス全体というかファンも感じているのでしょうが、こつぶ感は否めません…。俊足、巧打といったタイプ(良いも悪くも即戦力と冠の付く選手群)が多く、もう少し減り張りの効いたスカウティングが望まれます。<鳴尾浜も一時それ以下の打線(力のない若手+移籍ベテラン組)でした。何年か掛けて血の入れ替えこそが必要かもしれません。

■由田慎太郎(サ)
早稲田大学では、鳥谷敬(神)、比嘉寿光(広)、青木宣親(ヤ)に負けない三拍子揃った選手。そつなくこなす印象もありますが、安打を放つ技、またガッツマンというところを買っています。シャープな体つき、そして足を上げ、バットも高く掲げるなどタイミングの取り方は非常に大きいのですが、ミート力があり巧みにボールを捉えます。<ある意味他が平凡なだけに地道に打ち続けて活路を見い出して欲しいです。本日は早川健一郎のへぼい守備もあってか左2、また次の打席では三塁線にギリギリで入る二塁打。


■金澤健人(神)
7回まで零封!特段目を見張る投球内容ではありませんでしたが、低めにボールを集めストレート、スライダー(スラーブ系)、フォーク他丹念に突いていました。あまり走者を背負う場面はありませんでしたが、そうなると、、、力んだり、投げ急いだりとてんてこ舞いに陥るのが玉に瑕(^^;)。精神面もそうですが、入団時より打者を追い込んでからの課題である決め球不足も解消して欲しいもんです…。<環境の変化が必要なんでしょうか、、、惜しいんです、まだ出来るはず!縦縞で結果を出して欲しい。

■田村領平(神)
かつてのピッカリ投法の佐野重樹氏(近→中→オ)のフォームを左右対称にしたような投球フォーム。巨体の割には動きの軽快な左腕、プチトルネードのようにセンター方向に少し捻りを入れ、テークバックも三塁側にグイッと引き上げる。目測140km/h前後の勢いのあるストレートが目を引きました。首脳陣曰く2年目時点での評価で井川慶を越える…とは甚だ上げ底だとは思いますが、期待をかけたくなる素材。<8回1イニングを投げ1安打1奪三振

■上坂太一郎(神)
先日17日から2軍戦のみ出場可となった(道交法違反の為)。中安と右安エンドランの2安打を放つ。内外野をこなすオールラウンドプレーヤー。小力もあり、使い減りしないタイプ。ケチがついてしまった格好だが、プレーで滅入ることなく頑張って欲しい。

■沖原佳典(神)
「左安−中安−二塁打−二安」の四安打。昨年は1軍で勝負強い打撃を見せていましたが、今季は開幕以来2軍…、故障や何かが足りないというわけでもないのでしょうが現状次戦力扱い。腐ることなく、練習でも手を抜かないそうです。しかし勿体ない…今が旬でしょう、、、本人のためにも…

■喜田剛(神)
構えるときに一度四股を踏むようにググッと沈み込む、なんでも「四股踏んじゃった打法!?」ホンマかい(^^;)巨体の割にミートセンスある好打者。ややオープン気味の打撃フォーム、バットの位置は低めにどちらかというと「静」の構え。スイング軌道は後ろが小さく、前が大きい点が特徴。…反面、腕が伸びきっていない点がどうにも気になるのですが、重ね重ね当てるセンスあり!! <本日は引きつけライト方向に2安打とレフトへの当たり損ないの犠牲フライ計2打点

■林威助(神)
プロ入団以来右膝の故障でリハビリ中心のメニューも黙々とこなしていましたが、今シーズンは代打を中心に徐々に出場機会を得ています。打撃フォームは、意外とスッとした突っ立ったような構え(少しふらつき気味…)、強いて言えば『静』で待ち。投球動作に合わせて一本足打法(王貞治氏ほどではないですが、左足に沿うように右足を引き上げます)で呼び込み、強いスイング!<本日代打出場し四球

■松下圭太(神)
バットはやや寝かせて構えスイング時少し立てて上から振り下ろします。やや膝を曲げこじんまりした感じに見えましたが、ヒザを柔らかく使いボールを巧く拾っています。タイプ的には大柄なスラッガーではないので、どちらかというとクラッチヒッターの部類。7回裏代打でセンターを越える2点適時二塁打!途中出場が多いですが、今年は出場機会を増やしたい。


2004年 4月20日 イースタンリーグ 西武−湘南(西武ドーム)報告者:かずみくすさん(HP:+-+ Kazmix World +-+

はじめまして。かずみくすと申します。
20日にJ-SPORTS3で中継された西武−湘南の試合について投稿させていただきます。
初投稿なので記録が合っているのか非常に不安ですが(--;)

ちなみに私は西武ファンなので、多少西武寄りになっているかもしれません…(一応気をつけて書いたのですが)。


  |123456789|RH
  |−−−−−−−−−|−−
湘南|110200000|13
所沢|50000314X|1313


■打撃成績■

◆湘南◆

       打安点得 1  2  3  4  5  6  7  8  9
野中  (二) 5101 遊安 三振    空振    空振       二ゴ
田中充 (右) 5210 右2    中飛 三ゴ       三邪    左安
吉村  (三) 5300 右安    三邪    左安    中安    左飛
七野  (一) 5100 空振    一ゴ    空振    二ゴ    中安
鶴岡  (捕) 1000 三併
新沼   捕  4100          二ゴ 中安    遊直    空振
小川  (指) 0001    死球
呉本  打指 3101          左安 空振       中飛
南   (中) 4211   右中2    右安 空振       三ゴ
西崎  (左) 3100    一ゴ    四球    遊ゴ    左安
木村  (遊) 4120    一ゴ    右安    空振    三振


◆所沢◆

       打安点得 1  2  3  4  5  6  7  8
宮崎  (遊二) 5212 左2 空振    空振    投ゴ    投安
大友  (指) 3000 遊ゴ 三振       空振
春日  打指 1000                右飛
松坂健 打左 1141                      左本
GG佐藤 (一) 3112 四球 捕邪       投ゴ    左中本
犬伏   一  1000                      右飛
後藤武 (三) 4101 三失    二飛    三振    中安
上田  走三 1000                      三振
石井義 (二) 3242 中本    空振       中本
黒瀬   遊  2000                   遊ゴ 二飛
玉野  (左) 4100 一飛    左安       二飛 中飛
武藤   投  0000
高山  (中右) 4102 三失    空振       右安 中飛
上本  (捕) 3211 三安       左飛    中2
古屋   打  1101                      三安
椎木   捕  0000
栗山  (右) 3100 空振       空振    中安
高波  走中 0001                      四球


■投手成績■

湘南
     回  打安失責
●村西 5 1/3 26786
 稲嶺   1/3 2100
 牛田 1 1/3 6211
 岡本 1   7344

所沢
     回  打安失責
○岡本 5   25944
 トモキ2   7100
 潮崎 1   4100
 武藤 1   5200


試合展開

◇1回表◇
先頭打者野中がヒットを放ちその後盗塁、続く田中充のタイムリーツーベースで湘南が1点先制。
吉村もライトへヒットを放ちなおも無死1・3塁とするが、七野空振り三振、鶴岡サードゴロゲッツーでこの回1点止まり。

◆1回裏◆
宮崎がレフトフェンス直撃の二塁打。1死後G・G・佐藤が四球で1死1・2塁。
後藤武がサードゴロでゲッツーと思われたが、これを吉村がトンネルして1ー1の同点に。さらに後藤武は送球間に2塁へ。1死2・3塁。
石井義が村西のストレートをバックスクリーン右へ運ぶ3ランホームラン。
2死となって高山の打球はサードゴロも吉村の送球が高くセーフに(記録は失策)
続く上本の当たりはぼてぼてのサードゴロ。これをまたも吉村が悪送球でボールが転々とする間に一塁ランナー高山がホームインし、上本もサードへ(記録は内野安打と失策)。
9番栗山が空振り三振で3アウト。この回一挙5点を奪い逆転。

◇2回表◇
小川が死球で出塁。続く南が右中間へ二塁打を放ち1点を返し3点差に。
なおも無死2塁のチャンスも後続が続かず。

◆2回裏◆
先頭打者宮崎のファールチップが鶴岡の膝に直撃し捕手新沼に交代。
3者凡退。

◇3回表◇
5球で3者凡退。

◆3回裏◆
2死から玉野がワンバウンドしそうな球を上手くレフト前へ運ぶが、高山が三振で無得点。

◇4回表◇
1死後、小川の代打(死球の影響か?)の去年まで岡本と同級生だった呉本がレフト前ヒット。南がバットを完全に折られながらもライト前に落ちるテキサスヒットを放ち、西崎がストレートの四球で1死満塁。
続く木村のライト前ヒットで2者生還し、4−5と1点差に。
(この打球をジャンプして捕ろうとした一塁手G・Gと、捕球されるかもと思い帰塁しかけた一塁走者西崎が交錯…というかG・G佐藤の巨体が西崎に圧し掛かる形になったものの、両者とも怪我はなし。)
さらに1死1・2塁とチャンスが続くものの、後続続かず。

◆4回裏◆
村西が小気味良いピッチングを見せ三者凡退。

◇5回表◇
吉村のレフト前ヒットと新沼のセンター前ヒットで1死1・2塁のチャンスを掴むも、無得点。

◆5回裏◆
この回も村西が好投。外角へのコントロールがよく、3者凡退に。

◇6回表◇
投手交代岡本→トモキ。
トモキが低めに丁寧に集める投球で、3者凡退。

◆6回裏◆
先頭の石井義が今度はバックスクリーン左へソロホームランを放ち、点差を2点に広げる。
1死後、高山がレフト前ヒット。上本のセンター前へのヒットをセンター南が逸らし、これがタイムリー2ベースとなって4−7。ここで投手交代村西→稲嶺。
栗山が続き1死1・3塁とした後(栗山がここで足を痛めて代走高波)、宮崎の当たりはピッチャーゴロ。ゲッツーを狙うもショートとランナーが交錯して送球が遅れる間に3塁ランナーがホームイン。4−8。
大友に代打春日が出たところで投手交代稲嶺→牛田。宮崎盗塁で2死2塁となるも、春日ライトフライでチェンジ。

◇7回表◇
1死から吉村がこの日猛打賞となるセンター前ヒットを放つが、後続続かず無得点。

◆7回裏◆
先頭のG・G・佐藤が甘く入ったカーブを左中間へホームランで4−9。
後藤武がセンター前ヒット。代走上田。黒瀬のショートゴロ・玉野のセンターフライでランナーが3塁まで進むも、高山センターフライでこの回1点止まり。

◇8回表◇
投手交代トモキ→潮崎
2死から西崎がレフト前へヒットを放つも、無得点。

◆8回裏◆
投手交代牛田→岡本。
先頭上本の代打古屋がサード強襲の内野安打。高波が四球で繋ぎ、宮崎の三塁線への送りバントが内野安打となって無死満塁に。
ここで春日の代打松坂健が満塁ホームラン!!
その後は岡本が立ち直り後続を3人で断つ。

◇9回表◇
投手交代潮崎→武藤
田中充・七野に安打を浴び2死1・3塁のピンチを招くが、新沼をスライダーで空振り三振に仕留めてゲームセット。


簡単な選手評

◆所沢◆

■岡本篤志(西)
2回途中まではストレートと習得中のチェンジアップのみを使ったピッチング。
3回以降は得意のスライダーを交え安定した投球を見せたが、ランナーを出すとコントロールが乱れてしまった。また、4回途中からは多少球速が落ち、球も高めに浮き始めた。このスタミナでは一軍で使うとなると中継ぎか。

■トモキ(西)
変化球が低めによくコントロールされていた。今日のような投球を続ければ一軍の中継ぎに食い込めるのではないかと思う。

■潮崎哲也(西)
木村を見逃し三振に打ちとった大きなシンカーは見事。早く一軍に戻ってきて欲しい。

■松坂健太(西)
代打で出場し満塁ホームラン。初球から振っていく所からもわかるような積極姿勢がいい方向に出た印象。

■石井義人(西)
1本目のホームランはバックスクリーン右。2本目はバックスクリーン左。
やはりバッティングセンスは群を抜いている。一軍でも活躍できると思うのだが、なかなか昇格の機会に恵まれない。

■G.G.佐藤(西)
この日は午前中から二軍戦に出た後、夜は一軍の試合に守備から途中出場。
前日一軍で2本目のヒットも放った良い流れも残っていたのか、甘いカーブをフルスイングして長い滞空時間のホームランを放った。
低めの変化球への対応が出来ればもっと結果が残せるのだが。


◆湘南◆

■村西哲幸(湘)
外角へのコントロールが素晴らしく、初回失策絡みで失点したもののそれ以降5回までは安定したピッチング。
6回こそ崩れたが、三振も9つ奪っており結果ほど内容は悪くなかった。
解説の橋本武広さん曰く「もう少し厳しく左打者のインサイドへの投球ができればさらに良くなる」とのこと。

■牛田成樹(湘)
長身からのストレート・フォークは威力がありそうだが、G・G・佐藤に変化球が高めに浮いたところを本塁打されるなど、細かな制球にまだまだ課題が残った。

■吉村裕基(湘)
3安打猛打賞。
しかし課題の守備は相変わらずで、初回に大量失点につながる3失策。8回には古屋のサード強襲ヒット(イレギュラー)の打球が胸の辺りに当たるなど、守備では最悪の一日となった。


2004年 4月18日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:みつともさん

イースタンリーグ観戦記録   平成16年4月18日(日)

  イースタンリーグ公式戦 湘南シーレックスVS.北海道日本ハムファイターズ
  5回戦 北海道日本ハム3勝2敗0分 (横須賀スタジアム) 13:00 公式記録員:新向井
  天候:晴れ 風:←中風・↓強風  試合時間3時間46分 試合終了時刻16:46
  球 審:深 谷 1 塁:佐々木 2 塁:−−− 3 塁:石 山(セントラル・リーグ)

                         R H E
  
北海道・日本ハム 000 022 101 ・・ 9 1
  
湘南シーレックス 111 000 000 ・・ 9 2

  ○  勝利投手 須 永 2勝0敗
  ●  敗戦投手  秦  1勝1敗
  S  セーブ  糸 井 0勝0敗1S
  3B 3塁打   南  3回無死 (湘  南)
          須 永 6回2死 (北海道日本ハム)
  2B 2塁打  吉 村 2回2死 (湘  南)
          阿久根 6回無死 (北海道日本ハム)
          森 本 6回2死 (北海道日本ハム)
          渡 邉 9回1死 (北海道日本ハム)
  SB 盗 塁  野 中 1回無死 (打者・福本)(捕手:鶴岡)(湘  南)
          野 中 2回2死 (打者・福本)(捕手:鶴岡)(湘  南)
          紺 田 3回2死 (打者・田中賢)(捕手:武山)(北海道日本ハム)
  E  失 策  野 中 1回無死 (紺田二ゴロをファンブル) (湘  南)
          野 中 3回2死 (紺田二ゴロをファンブル) (湘  南)
          田中賢 7回1死 (七野二ゴロを2塁悪送球) (北海道日本ハム)
     暴 投   秦  5回無死 (打者・森本) (湘  南)
          糸 井 9回2死 (打者・南) (北海道日本ハム)
     走塁死  渡 邉 7回2死 (駒居中安で本塁狙い) (北海道日本ハム)

(北海道日本ハム)田中賢反撃開始の適時打、須永打撃でも同点適時3塁打、森本、駒居、渡辺孝タイムリー
        打 安 点 振 四  @  A  B  C  D  E  F  G   H
(8) 森 本 2 1 1 0 3 四球    二併    四球 左2・   四球
(9) 紺 田 5 0 0 0 0 二失    二失    中直 一ゴ    左飛
(4) 田中賢 4 1 1 0 1 左飛    四球    左安・   二飛    一 ゴ
(5) 3  林  3 1 1 1 1 見振    三ゴ    左犠・   左安    四 球
(3) 渡 邉 4 1 1 1 1 三振       中飛 一ゴ    死球    左中2・
R 5 飯 山 0 0 0 0 0
(7) 阿久根 5 1 0 0 0    投ゴ    右飛    右2 投ゴ    二 飛
(2) 鶴 岡 1 0 0 0 0    投ゴ
 2  駒 居 4 1 1 2 0          三ゴ    三振 中安・   三 振
(6) 尾 崎 4 1 0 3 0    見振       左安 三振    三振
(1) 入 来 1 1 0 0 0       左安
 H  池 田 0 0 0 0 1             四球
 1  須 永 1 1 1 0 0                左3・
 1  山 口 0 0 0 0 0
 H  佐 藤 1 0 0 0 0                      右飛 
 1  糸 井 0 0 0 0 0
     :             :  :  :  :  :  :  :  :   :
    残塁11 35 9 6 7 7  2  0  2  0  2  1  2  1   1
                  ・は打点 見振は見逃しの三振

(湘  南) 3回まで毎回得点も、4回以降チャンスを作るも適時打出ず。福本、西崎適時打。南3塁打
        打 安 点 振 四  @   A  B  C  D  E  F  G  H
(4) 野 中 1 0 0 0 2 死球 死 球    遊ゴ
 H  小 川 1 0 0 0 0                 三ゴ
 1  宇 高 0 0 0 0 0 
 1  田 崎 0 0 0 0 0
 H  新 沼 1 0 0 1 0                       三振
 1  岡 本 0 0 0 0 0
(6) 福 本 4 1 1 1 1 四球 右 安・   三ゴ       三振    一邪
(5) 吉 村 5 B 0 1 0 左飛 左前2    三振       中安    遊安
(3) 9 七 野 4 0 0 0 1 四球 一 ゴ       二ゴ    二失    二飛
(8)  南  4 1 0 1 1 三振     左3    三ゴ    遊ゴ    四球
(9) 田中充 2 1 1 0 1 四球・    二直    中安
H 3 鶴 岡 2 1 0 1 0                    三振    遊安
(7) 西 崎 5 2 1 2 0 三ゴ     左安・   三振       右安 三振
(2) 武 山 4 0 0 2 0    三 振 二ゴ       三振    遊ゴ  
(1)  秦  2 0 0 1 0    三 振 三ゴ
H 4 呉 本 1 0 0 1 0                 三振
H 4 北 川 1 0 0 1 0                       三振
     :             :   :  :  :  :  :  :  :  :
    残塁13 37 9 3 12 6  3   2  1  0  1  0  2  1  3
                  ・は打点 

(投手成績) 投 球 回 球数  打者 被安打 本塁打 与四死 奪三振 自責点 (球数は手元集計)
(北海道日本ハム)入来1軍マウンドは遠いか?4回3失点。須永投打に活躍で2勝目、糸井ピンチも無失点でS
   入 来 4     79  21  4   0   5   4   3
 ○ 須 永 2 1/3 49   9  2   0   0   4   0
   山 口   2/3 20   3  0   0   0   1   0
 S 糸 井 2     49  10  3   0   1   3   0
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(湘  南) 秦序盤は安定した投球だが6回に3長打で逆転許す。宇高1回1責点、田崎1回無失点。
 ●  秦  6     111 29  6   0   4   5   4
   宇 高 1     13   5  2   0   1   0   1
   田 崎 1     17   4  0   0   1   1   0
   岡 本 1     20   5  1   0   1   1   1

●湘南3−6北海道日本ハム○ 試合経過中の表記は日本ハムと表記

春の日差しが暑いほど照りつける横須賀スタジアムに、今季初めて新生日本ハム、「北海道日本ハム」が登場。対戦は既に4試合で今日が5回戦。昨年は最後の数試合まで優勝争いの両チーム、試合前までの順位は日本ハムが3位、対する湘南は6位と出遅れている。

【1回表:北海道日本ハム】
1回湘南の先発は秦、4月6日の同カード(鎌ヶ谷)で今季初勝利、2勝目を狙う。1回日本ハムの攻撃は1番、先日北海道から戻ってきてしまった森本。2−3フルカウントからの7球目内角高目へのストレートを避けて四球で出塁。2番紺田、1−0からの2球目ストレートを打つがセカンド正面へのバウンド、完全な併殺打コースだったが、処理を焦ったのか野中が弾いてしまう。さらにボールに手がつかず何処にも投げられずエラー。無死1、2塁と早くも先制のチャンスに3番田中賢。2−2からの6球目低目の変化球を掬い上げるがレフトほぼ定位置へのフライ。4番林、2−1からの4球目外角やや低目の変化球にバットは止まったが、球審・深谷は見逃しのストライクコールで三振。5番渡邉、北海道移籍元年に合わせて1軍昇格といきたがったが、ファームスタート。2−1からの4球目低めに変化球が決まって空振りの三振、2者残塁。

【1回裏:湘南】
1回裏日本ハムの先発は、今年読売巨人からトレードで移籍しメジャー移籍騒動等でオフの話題を提供した入来、マウンドで活躍して話題になってほしいところだが調整遅れでファームスタート、今日が3試合目のマウンド。1回裏湘南は1番、横山とのトレードで横浜へ移籍も湘南スタートの野中。0−1からの2球目、ストレートが右足スネ付近に当る死球、1塁ベース横で屈伸を2度3度、コールドスプレーを吹きかけて塁上へ。2番福本、そのカウント0−1からの2球目と同時に野中がスタートを切る!鶴岡も2塁へストライク送球だが野中の足が勝り、タッチセーフで盗塁成功。無死2塁と湘南も先制のチャンス。福本は2−3からの6球目、低目へのストレートが外れて四球で出塁。無視1、2塁として3番吉村、0−1からの2球目やや高目への変化球か?打ち上げてレフトほぼ定位置への飛球。4番はここまでチームトップの3本塁打の七野、2−3からの6球目、変化球の投げそこないかベース手前でワンバウンドするボール球で四球、満塁に。5番南、2−1からの4球目低めに落ちる変化球に空振り三振。6番田中充、0−3とボール球先行の4球目、これも外れてストレートの四球で押し出し、湘南が1点を先制した。さらに満塁のチャンスに7番西崎、2−0からの3球目、ストレートを打ってサード正面へのバウンド、林が捕って2類へ送球しフォースアウトで3者残塁。

【2回表:北海道日本ハム】
2回日本ハムは、昨冬に新庄入団の影響?か、入団会見前に自身の背番号剥奪を宣告されてしまった阿久根からの攻撃。2−3からの6球目、外角へのストレートかバットの先で捕らえた打球はワンバウンドでのピッチャーゴロ。7番鶴岡、0−1からの2球目ストレートを打ち返して鋭い打球のピッチャー返し!しかし秦が足元でこれを捕球しピッチャーゴロ。8番尾崎、2−0からの3球目真ん中にカーブが決まって3球三振。

【2回裏:湘南】
2回裏湘南は3月31日の対ヤクルト戦(ヤクルト戸田)でプロ入り初ホームランの武山から。しかしここは2−1からの4球目低目への変化球に空振り三振。9番秦、2−1からの5球目低目の変化球空振り三振。1番に戻って野中、しかし2打席目も死球。わざわざ足の速いランナーを出塁させてしまう。2番福本、1−0からの2球目と同時に野中が再びスタートを切る。鶴岡の2塁送球は手前でワンバウンドしてしまいカバーの尾崎捕球できずセーフ、盗塁成功。1回と同様のパターンで得点圏にランナーを置いて福本は2−2からファールで粘って9球目、流し打ちはライト前ヒット、野中が一気にホームを突く!ライト紺田のバックホームはストライクで返って来るが、野中の滑り込んだ足が一瞬早くタッチはセーフでタイムリーヒット、湘南が2点目を入れる。2死1塁で3番吉村、初球の変化球に泳がされてしまうがこれがサード後方へのフラフラとした打球、レフトの前方で完全なヒットコース、打球の勢いを見て吉村が1塁を回って2塁へ到達、「レフト前ツーベース」でさらに追加点のチャンス。2死2、3塁で4番七野、これも初球攻撃だがファーストへバウンドでのゴロ、入来がベースカバーに入ってスリーアウト。

【3回表:北海道日本ハム】
3回日本ハムの攻撃は9番ピッチャーの入来だが、2回2失点も続投の様でそのまま打席へ。『自分で取られた点は自分で取り返してもらいましょう〜』と聞こえたか否か1−0からの2球目ストレートを打って三遊間を抜けるヒットで出塁。流石は昨年までセ・リーグ、ピッチャーでも打撃可能。1番に戻って森本、1−1からの2球目、ストレートに完全に詰まってセカンド正面へのゴロ。先程失策の野中だが、ここはしっかり捕球して2塁へトス、1塁へ転送されて併殺打。ピッチャーがヒットで出塁も2人で2死。2番紺田、1−3からの5球目、1、2塁間へのバウンドでのゴロだが、野中がバウンドをあわせ損なったのかまたも弾いてしまいエラー、今日2失策。3番田中賢、そのカウント1−1からの3球目に紺田がスタート、武山が2塁へいい送球だがセーフで盗塁成功。田中賢は1−3からの5球目低目のストレートが外れて四球で出塁。2死1、2塁として4番林、初球打ちは3塁線上をバウンドで転がるつまった当り、吉村が捕って3塁ベースを踏んでスリーアウト、2者残塁。

【3回裏:湘南】
日本ハムは選手の交代、キャッチャーの鶴岡に代わって駒居がマスク。3回裏湘南の攻撃は
5番南から。0−1からの2球目ライナー性の打球がレフトを襲う!これがフェンスに直撃すると、斜め後方に来ていたセンターの森本の方にハネ返る。森本が打球を処理している間に南は2塁を蹴って3塁へ向かう。滑り込んでタッチはセーフでスリーベースヒット。無死3塁とこの回も追加点のチャンスを作った湘南、続く葉6番田中充。初球を打ってセカンド頭上を越えるか?という鋭いライナー。しかし田中賢がジャンプしてこれを捕球、ランナーは動けず。1死3塁に変わって7番西崎、2−1からの4球目高目の変化球を引っ張ってショート頭上を越えてレフト前ヒットで南が生還、3−0と日本ハムを突き放す。8番武山、1−1からの3球目内角低目を打ちに行くが、セカンドへの平凡なフライ。1塁方向へ風で流されていくが、田中賢が落下点・・・と思ったら何とこれを落球。これでは走るワケにもいかず慌てて1塁へ戻る西崎、ボールを捕った田中賢が1塁ベースを踏んで、武山がアウト。西崎は1塁セーフ。2死1塁で9番秦、2−2からの5球目外角低目を打ってサードゴロ。序盤は毎回得点で日本ハムに3点差を付けた。

【4回表:北海道日本ハム】
3点ビハインドの日本ハムは5番渡邉から、1−3からの5球目ストレートを打ち返すが、差し込まれたか右中間へのフライ、センター南が捕球。6番阿久根、1−0からの2球目日くるを引っ張るが打ち上げてしまいライトフライ。田中充が定位置から線寄りに移動して捕球。7番駒居、0−2からの3球目鋭いライナーがサードへ飛ぶ。吉村の手前でワンバウンドするがこれを捕って1塁へ送球し3者凡退。

【4回裏:湘南】
湘南この回は、ここまで2死球、2失策、2盗塁の野中から。1−2からの4球目外角低目にバットを出しただけになってしまいショートゴロ。2番福本、1−1からの3球目変化球に詰まってサードゴロ。林が3塁ベース横で捕球し1塁へ。3番吉村、2−1からの6球目はレフトポール際へ大飛球だか、左へ切れてファール。続く9球目低目の変化球を空振り、駒居が取り損ねた為球審・深谷が手を上げてストライクのコールのみ、しかし慌てず1塁へ送球でアウト、三振でこちらもこの回は3人で攻撃終了。

【5回表:北海道日本ハム】
5回日本ハムは反撃に出る。この回は8番尾崎から、初球を打ってショート左へのゴロ、福本がグラブを出すがその下を転がってレフト前ヒット、ノーアウトのランナーが出塁。9番入来だがここで岡本監督は代打に池田を告げて入来は交代、降板となる。池田は1−3からの5球目、胸元へのストレートが外れて四球で塁を埋めていく。無死1、2塁で1番に戻って森本、その初球、バントを外した森本だがこの投球をキャッチャーの武山が捕球できず、ボールは股間下。このスキに尾崎が3塁へ走って暴投が記録される。無死1、3塁森本は0−3からの4球目高目ストレートか外れて四球で満塁。2番紺田、ここで湘南ベンチから今季より就任の岡本透投手コーチがマウンドへ行き、一呼吸。紺田は2−2からの7球目、低目を打ち返すとセンター前へライナーが飛ぶ。地面に落ちるか?という打球にセンター南が前進し、これを好捕!素早くバックホームしたボールがノーバウンドで武山に返球されると場内がどよめく。1死満塁となって田中賢、2−1からの4球目詰まった打球がレフト前へフラフラと上がる。西崎が前進してくるがあと1歩届かずワンバウンドで捕球、ヒットになったのを見て各ランナーが進塁、漸く1点を返し3−1とする。さらに満塁で4番林、1−0からの2球目ストレートを打ってレフトフライ。西崎の捕球と同時に池田がスタートし生還、タッチアップ成功で1点追加3−2と1点差に詰め寄る。2死1、2塁と変わって5番渡邉、2−2からの6球目ストレートを流し打ちは1、2塁間を鋭く抜けるか!?という打球だが、ファーストの七野がこれに横っ飛び!見事ミットに収めると、秦が1塁ベースへ入りスリーアウト。

【5回裏:湘南】
日本ハムは代打の池田に代わって、マウンド上に須永が登板。昨秋のドラフトで意中の球団以外なら入団拒否を貫いていたが、ヒルマン監督の出馬で翻意日本ハムの期待のルーキーに。既に「プロ1勝」はしているが、好投手評の実力は如何ほどか?5回裏湘南は4番七野から、2−0からの6球目を引っ張って1塁寄りへの鋭いゴロ。これを田中賢が横っ飛びで捕球し、ボールをしっかりと握り直して1塁へ送球。5番南、2−2からの5球目ストレートに詰まってサード正面へのゴロ。6番田中充、1−1からの3球目叩き付けたバッティングはピッチャー須永の頭上をバウンドで越える。ショート・セカンドの間を転がってセンター前ヒット。2死球1塁で7番西崎、2−0からの3球目外角へのスライダーか?全くタイミングが合わず3球三振。須永は鋭く曲がるスライダーとストレートに威力がある様子。

【6回表:北海道日本ハム】
1点を追う日本ハムは6番阿久根から。0−1からの2球目思い切り引っ張った打球がファースト下を猛烈な勢いで抜けてライト線からファールゾーンを転がっていく。ツーベースで同点のランナーが2塁に。7番駒居、一旦打席に入るがサインの確認かベンチに呼ばれる。さらに打席に入る前に菅野コヘチのサインを確認。しかし2−0からの3球目、低目への変化球にバットが止まるが1塁塁審・佐々木がスイングをコールして3球三振。8番尾崎、2−3からの6球目ストレートに空振り三振。9番は須永だがそのまま打席へ。その須永、1−2からの4球目外角低めにバットを合わせたスイング。すると打球がレフト前に落ちるヒット、西崎が前進してくるがバウンドに合わず、ボールはフェンスまで転がってしまう。2塁から阿久根が還って3−3の同点。須永は2塁で速度を緩めたが、まだ打球を西崎が追っている最中で、再び3塁へ向かって走り出す。それでも充分間に合ってタイムリースリーベース。1番に戻って森本、1−2からの4球目をレフトへ放つが、本塁方向へやや強い風が吹いていたせいか、西崎が落下点に入っていた様に見えたがこれを捕れない。須永が生還して4−3と日本ハムが逆転に成功、タイムリーツーベース。2死2塁で2番紺田、1−2からの4球目ファーストへバウンドでのゴロ、ベースカバーの秦と競争状態になるがアウト。

【6回裏:湘南】
打撃で活躍した須永がそのままマウンドへ。湘南この回の攻撃は8番武山から、2−3からの6球目低めに決まるスライダーに空振り三振。9番秦に代わって代打は呉本が起用される。しかし2−0からの3球目やはりスライダーか外角への変化球に3球三振。1番今日2死球の野中に代わって、ベテラン小川がここで登場。しかし2−1からの5球目これも外角への変化球。泳がされてサードゴロ、3者凡退。

【7回表:北海道日本ハム】
湘南は代打の呉本がそのまま入りセカンド、同じく代打の小川に代わって近鉄から移籍し、前日の同カードで移籍初勝利の宇高が2番手マウンドへ。7回日本ハムは3番田中賢から。1−3からの5球目浮き上がってくるストレートに詰まってセカンドフライ、ベース後方で呉本が捕球。4番林、0−1からの2球目ストレートを鋭く弾き返しサード右を抜けてレフト前ヒット。5番渡邉、同じく0−1からの2球目内角へのストレートだが投げ損じたのか、腕かわき腹にあたる死球で出塁。1死1、2塁で6番阿久根、0−1からの2球目叩きつけてワンバウンドが宇高の頭上に上がる。そのまま宇高が捕って1塁へ送球、ランナーはそれぞれ進塁。2死2、3塁に変わって7番駒居、1−0からの2球目を打ってセンター前ヒット、まずは林が生還1点追加5−3。さらに2塁から渡邉が本塁突入する。センター南から返ってきたボールを武山が落球している間に渡邉のすべ込んだ足がホーベースに触れた様に見えたが、球審・深谷の判定はタッチアウト!!このプレーに岡本監督ら日本ハム首脳陣が一斉に本塁に集まり、深谷球審に猛抗議。恐らくは武山が落球している間にホームインでは?との内容と思われる。しかし判定覆らず。

【7回裏:湘南】
この回もマウンド上は須永が上がる。2点を追う湘南は2番福本から、2−3からの10球目やや高目のストレートにバットが空を切り三振。3番吉村、2−3からの8球目ストレートにバットが真っ二つになるが打球はショート右を抜けてセンター前ヒット。ここで日本ハムベンチから交代の指示、須永がマウンドを降りる。須永はストレートに威力があるのか、湘南打撃陣の打った打球が1塁方向スタンドへ切れる飛球が多かった。次が同じく左の七野というという事で、恐らく投球数限定登板と思われる。須永の球数は49球。3番手マウンドには山口が登板。1死1塁で4番七野、1−1からの3球目ストレートに詰まってセカンドゴロ、併殺打コースだが処理を焦った田中賢がこれを捕球すると2塁へ悪送球。レフト前にボールは転がるが吉村は2塁ストップ、1死1、2塁に。続くは5番南、2−3からの6球目打ってショートゴロ、またも併殺コースの打球だが尾崎から田中賢に送球されてフォースアウト、1塁転送はセーフ。2死1、3塁となり6番田中充に代わって代打には鶴岡が告げられる。しかし2−3からファールで粘っての11球目やや高目の変化球に空振り三振で2者残塁。

【8回表:北海道日本ハム】
湘南は代打の鶴岡がそのまま入りファースト、ファーストの七野がライトに回る。マウンド上が3番手田崎に交代。8回日本ハムは8番尾崎から、2−1からの5球目低目の変化球に空振り三振。9番山口に代わって代打には佐藤が起用される。しかし1−1からの3球目打ち上げてしまいライトフライ。1番に戻って森本、1−3すらの5球目外目に変化球が外れて四球で出塁。2番紺田、2−1からの4球目ストレートと同時に1塁ランナー森本がスタートだが、打ち上げてしまいレフトほぼ定位置へのフライ。

【8回裏:湘南】
日本ハムは代打は佐藤に代わってマウンド上が、ルーキー糸井に代わる。8回裏湘南は7番西崎からの攻撃、2−2からの5球目ストレートを流してセカンド右をごろで抜けてライト前ヒット。8番武山、2−3からの8球目、投球と同時に1塁ランナー西崎がスタートを切るが打ってショート正面へバウンドでのゴロ、尾崎が捕って1塁へ送球。1死2塁で9番呉本に代わって代打は北川。2−0からの5球目高めのストレートに空振り三振。1番に戻ってピッチャー田崎に代わって代打には新沼が告げられる。2−3からの6球目ストレートに空振り三振。

【9回表:北海道日本ハム】
湘南は代打の北川がそのまま入りセカンド、同じく代打の新沼に代わってピッチャーに岡本が入る。9回日本ハムは追加点のチャンス、3番田中賢からの攻撃。1−3からの5球目ストレートに詰まってファーストゴロ、七野が自分でベースを踏む。4番林、0−3からの4球目が外れて1球もストライクが入らず四球。5番渡邉1−1からの3球目ストレートを強く叩くと打球がショート頭上をライナーで越えていく。左中間への打球はフェンスまで到達、林が一気にホームを突いて生還、6−3と3点差に広げた。渡邉は2塁に到達した所で代走を送られる。ランナーは飯山。1死2塁で6番阿久根、2−0からの4球目外角低目にバット先で捕らえるがセカンドフライ。7番駒居、2−1からの4球目外角ややむ高目かストレートに空振り三振。

【9回裏:湘南】
日本ハムは代走の飯山がそのまま入りサード、サードの林がファーストへ回る。3点を追う湘南は9回2番福本からの好打順、しかし2−0からの3球目打ち上げてファーストファールフライ。3番吉村、1−0からの2球目三遊間へのゴロ、飯山がよく捕って1塁へ送球するが間に合わず内野安打。4番七野、1−0からの2球目低目への投球を打ち上げてしまいセカンドフライ、ベース後方で田中賢が捕球。5番南、2−1からの4球目がワンバウンドの投球となってこの間に吉村が2塁に進んで、記録は暴投。1死2塁で南は2−3からの8球目ストレートが外れて四球で出塁。1死1、2塁として6番鶴岡、1−0からの2球目、ストレートを打ってショート左深い位置へのゴロ、尾崎が回りこんで捕球し2塁送球もセーフでフルベースに。一打逆転サヨナラのチャンスを得た湘南、続くは7番西崎。0−1からの2球目が鋭いライナーの当たりだがファール、タイミングは合っている様子。しかし2−2からの8球目高めのストレートに空振り三振で試合終了。

北海道日本ハムが鮮やかな逆転勝利で、このカードの星を3勝3敗に戻した。日本ハムは先発入来の乱丁を須永が救って試合の流れを戻した。湘南も同じく先発の秦が前半を抑えたが、中盤こらえきれなかった。


2004年 4月18日 イースタンリーグ ヤクルト−西武(戸田)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年4月18日 ヤクルト−西武 3回戦

B戸田(ヤクルト3勝)

 西  武 000 000 110│
 
ヤクルト 000 030 00×│

 勝 高 井 1勝1敗0S 登板3
 S 前 田 0勝0敗1S 登板4
 負 眞 山 0勝2敗0S 登板2

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 松坂健 511 空振    見振    遊併    右安    右飛
  E 宮 崎 300 四球    空振    空振    空振
  H 犬 伏 100                         捕邪
  F 玉 野 310 中飛    二飛       右安    四球
  B 後藤武 310 四球       空振    遊併    中安
  C 石井義 420 左飛       左安    一ゴ    投安
  D カ ズ 400    遊ゴ    空振       左飛 空振
  H 高 山 321    見振    中安       三安 中犠
  A 椎 木 200    四球    空振       四球 三ゴ
  @ 眞 山 100    空振
  H 古 屋 100             三失
  1 トモキ 000
  H 栗 山 100                   三邪
  1 前 田 000
  H 高 波 100                         遊ゴ
  犠盗失併残─────
  10029 3272

       回 打安振球責
  ●眞 山 4 164223
   トモキ 2 60100
   前 田 2 93110

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 真 中 400 投ゴ    二ゴ    一ゴ    右飛
  9 青 木 000
  E 野 口 400 遊飛       右飛    中飛    右飛
  G 志 田 310 遊ゴ       死球    右飛    左安
  R8内 田 000
  D 畠 山 400    空振    一ゴ    空振    遊併
  B ユウイチ  321    右安    中安       空振
  F 宮 出 200    空振    四球       三ゴ
  A 米 野 322       三ゴ 右2       右安
  2 細 川 000
  C 大 塚 200       遊ゴ    遊ゴ
  H4梶 本 110                   左安
  @ 高 井 110       投襲
  H 牧 谷 100             二飛
  1 小 森 000
  H 久保田 000                   四球
  1 佐藤賢 000
  1 前 田 000
  犠盗失併残─────
  00124 2873

       回 打安振球責
  ○高 井 5 202930
   小 森 2 93111
   佐藤賢 1 62111
   前 田 1 30000

  二塁打  米 野(ヤ) (4回 眞山 タイムリー)
  犠 飛  高 山(西) (8回 1死満塁 3走の玉野がホームイン)
  失 策  畠 山(ヤ) (5回 古屋のボテボテの三ゴロをファンブル)
  走塁死  米 野(ヤ) (4回 2死1、2塁 ライト線への当たりでバックホームされ
                 るのを見て三塁を欲張るも憤死 高山−後藤武−椎木−
                 カズ)
  守妨害  宮 出(ヤ) (2回 1死1塁 2−3のカウントから1走がスタート、空振
                 り三振し捕手の二塁送球を妨げる 1走のユウイチがア
                 ウト)
  併 殺  西 武   (2回 宮出 1死1塁 空振り三振した上に盗塁を刺そうとし
                 た捕手の二塁送球を妨げ走者もアウト)
       ヤクルト  (5回 松坂健 無死1塁 野口−大塚−ユウイチ)
       ヤクルト  (6回 後藤武 無死1塁 野口−大塚−ユウイチ)
       西 武   (8回 畠山 1死1塁 宮崎−石井義−後藤武)

  PL:牧田 1B:萩原 2B:小林 3B:敷田 公式記録:荒木
  時間 2時間39分(12:58〜15:38)

得点経過
 4回裏(ヤ) 2死1塁からユウイチが中前打              ヤクルト1点目
       2死1、2塁から米野がライト線へツーベース       ヤクルト3点目
 7回表(西) 2死1、2塁から松坂健が一、二塁間を破る右前打     西  武1点目
 8回表(西) 1死満塁から高山がセンターへ犠牲フライ         西  武2点目

戦評
 今日は試合前に隣りのグランドで第1回セントラルリーグ審判員養成講座が開講。講師は小
 林(毅)指導員と上記4名の審判員。
 試合の方はヤクルトが3点を先制し西武が追いかける展開。西武は7回と8回に1点づつを
 挙げ1点差まで詰め寄るが最終回は前田に3人で抑えられ一歩及ばず。

選評
 眞 山(西) 4回に3点を失うものの3回まではヒットらしいヒットはユウイチの右前打だ
       けのピッチングだが、今日の眞山は右打者のインコースへのコントロールがダ
       メ。右打者へのアウトコースへはカーブが良く決まっていたが、インコースへ
       は頭付近にすっぽ抜ける球がストレートでもカーブでも多く見られた。

 高 山(西) 今年から背番号が大きくなってしまった高山。今日は打つ方ではセンターへの
       クリーンヒットに一生懸命走っての内野安打にキッチリと犠牲フライ。守る方
       ではファウルフライに対し勇敢にヤクルトブルペンに突っ込む(ブルペンはマ
       ウンド部分が盛り上がっているので危険)。西武の外野手争いは厳しいが、何
       とか食い込んで欲しい選手。

 松坂健(西) 中堅手として2死1塁からの中前打でボールを握り損ねたのか二塁手へゴロで
       返球してしまいランナーを本塁に還してしまう凡ミス。2死なので打つと同時
       にランナーがスタートを切ったのも事実。打球が右中間寄りだったのも事実。
       しかし、単打でランナーに3つも塁を奪われるのは頂けない。また打つ方では
       中島(西)ばりに捕手方向へ引っ張っていた右腕の引っ張り具合を緩和(ダイナ
       ミックに上げる左足は相変わらず)。昨日はホームラン、今日はタイムリーと
       結果が出てきてはいるが高めのボール球を空振りするなど確実性はまだまだの
       感あり。



 高 井(ヤ) 5回を投げ被安打2、奪三振9、無失点の好投で勝ち投手。上ではコントロー
       ルがダメだったが、今日は抜群のコントロール。主審がストライクゾーンの狭
       い牧田だったために5回を投げきるのに85球も要してしまったが、裏を返せば
       それだけ際どいコースに来ていた証拠。スライダーのキレは相変わらずだが、
       ストレート、カーブも良かった。またカーブを適度に織り交ぜた米野のリード
       もマル。やっぱり高井はモノが違う。

 小 森(ヤ) 去年はミニトルネードで素早く動く投球フォーム(テンポ良し)のだったが、ト
       ルネードなしの素早く動く投球フォームにリニューアル。ひねりが少なくなり
       投球動作が速いのでボールに十分に体重が乗っていない印象。

 ユウイチ (ヤ) 第1打席はセカンドだけが一塁寄りに守備位置を変えるユウイチシフトを嘲笑
       うかのように『(広く開いた)二遊間を破る右前打』を放つなどシュアなバッテ
       ィングを披露。外国人枠に阻まれていた感があるが念願の日本国籍も取得。頑
       張れ、ユウイチ!


2004年 4月18日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:健一@管理人/@白にゃんこさん

健一@管理人編

持ち帰りの仕事をしながらの中継観戦しかも他1軍戦の片手間でしたので一部の選手についてのみの感想です。
三島輝史内竜也南和彰も初めての観戦でした!)

■イースタンリーグ 4月18日(日) 川崎ジャイアンツvs浦和マリーンズ(ジャイアンツ)

浦和マリーンズ |110 040 001|
川崎ジャイアンツ|000 000 200|

浦:○三島輝史(7回)−長崎伸一(1回)−内竜也(1回)
川:●真田裕貴(6回)−南和彰(1回)−サンタナ(1回)−前田幸長(1回)−條辺剛(1回)


■三島輝史(ロ)
高卒ルーキーとは思えぬまとまりの良さ。ストレートは138〜142km/hを平均して記録するとともに145km/h弱のスピードも度々記録(マウンド上で「おりゃー!」ってな感じに跳ねます!#掛け声はないですけどイメージとして)。他には緩いカーブ、スライダーにシュート系のボール(少し開き気味に投げるのでナチュラルに切れ込んでいきます)。本日は意図的なのかかなりの割合でストレートを投げていました(中盤には145km/h弱を連発!!)。またスライダーも低めに落として序盤併殺でピンチを切り抜けていました。

左足を引き上げたときに、ワンテンポの間を置いてから踏み出していきます。あと右腕のトップの作り方が、ランデル(巨)に似ていてあまりテイクバックを取らないフォーム。個人的にですがこの投球フォームからのスケールという点では、伸びしろがどこまであるのか…とやや頭打ちにも感じました。<現時点ではかなりの完成度ということ

とはいえグイグイ攻めるストレートで左右の低め膝元にビシッと決まる様を見るに感心感心。身体的には高卒ルーキーですしまだ細身ですが、改めて1年目でこの内容吃驚です。<本日は7回を2失点@三浦貴2点本塁打!本日は好投の部類でしょうが、それでも現在浦和投手陣を内容的にも安定して引っ張っています


■内竜也(ロ)
三島輝史以上に細く華奢に感じるます。真上から投げ下ろす本格派で、特に「腕の振り」が良いです!切れてる感じ。やや突っ立ったようにも見えますが、今後下半身もガッチリしてくるでしょう。#故障しないでね(^^)

最後の1イニングということもあり球威で押し捲り、145km/h弱の伸びのあるストレートでした(ブレーキの効いたスライダーも良かったですが、良い真っ直ぐやねぇ)。先の通りかなり華奢ですが、今後身体的にもプロに相応しくなると更なるレベルアップが望めそうです。


■曽我部直樹(ロ)
初回そして最終回に適時打を放った曽我部直樹。昨年シーズン終了後に戦力外を言い渡されテストを経てロッテへ入団した強肩外野手。

社会人野球経由の強肩強打の外野手という期待を背負って阪神に入団。1軍での出場が19試合ということで殆ど鳴尾浜暮らし…。2001年に本塁打王を獲得したとはいえ天性のスラッガーではもちろんなく、中距離タイプ(でも結構ブリブリ振り回すんです、、、安打数と三振数の相関を確認下さい、トホホ)。#阪神時代は、恥ずかしながら3年目で見限っていました(汗)

打撃は上記の通り全般的にやや粗めで、不安定気味。打撃フォームを改良し大振りからコンパクトにして1999年以降に打撃力向上し打率、本塁打が増えたが、そこまでだった…。

しかし彼の売りはなんといっても「強肩(地肩もそうなんでしょうが、右手首のスナップが強くしなやか!!)」。タイガースでは当時新庄剛志に次ぐほどの強肩の持ち主でした(強肩を活かすために野村克也監督時代には捕手にも少し挑戦!?洒落だったのか頓挫しましたが。三塁や一塁も可で汎用性あり)。少しでも打撃で成長が有れば1軍での起用も増えたのかも知れません。

ロッテに移籍した曽我部直樹の打撃フォームは阪神時代と少し変わっていました。以前は左足つま先を内側に絞るように軽くステップを入れてタイミングを計っていました。構えの時反っくり返り気味ではありますがコンパクトなスイングでしたが、本日見たところ反っくり返り気味の構えが、今岡誠(神)のように捕手に覆い被る構えになっていました。それが良いのか悪いのかは分かりませんが、曽我部直樹に合うフォームであることを祈ります。<この一年に結果を残さないともう来年はないのですから…

■2軍全成績@阪神時代(1軍成績:19試合 打率0.154 0本塁打 0打点)
<大垣高→名古屋学院大→サンジルシ醸造→1996年阪神ドラフト4位→2004年ロッテ>
2003年 65試合 107打席 93打数 14得点 21安打 2本塁打 11打点 1盗塁 11四球 0死球 21三振 0失策 打率0.226
2002年 66試合 214打席 188打数 19得点 37安打 5本塁打 21打点 0盗塁 19四球 5死球 61三振 2失策 打率0.197
2001年 76試合 288打席 234打数 48得点 62安打 13本塁打 48打点 4盗塁 43四球 7死球 59三振 6失策 打率0.265
2000年 85試合 303打席 254打数 41得点 63安打 13本塁打 44打点 6盗塁 40四球 8死球 63三振 4失策 打率0.248
1999年 88試合 340打席 302打数 46得点 81安打 11本塁打 40打点 4盗塁 27四球 9死球 64三振 1失策 打率0.268
1998年 91試合 246打席 213打数 19得点 33安打 5本塁打 27打点 4盗塁 28四球 4死球 65三振 1失策 打率0.155
1997年 91試合 278打席 252打数 28得点 66安打 3本塁打 21打点 5盗塁 20四球 2死球 65三振 7失策 打率0.262
1996年 37試合 58打席 52打数 4得点 10安打 1本塁打 2打点 1盗塁 5四球 0死球 7三振 0失策 打率0.192

規定打席到達、2001年ウエスタン本塁打王13本(吉本龍生と並び)


■南和彰(巨)
恵まれた体格でマウンドに立つ右腕。140km/h序盤を安定してマークする本格派。変化球は、カーブ、スライダーを中心にフォークやチェンジアップもあるとのこと。フォームは上手投げでまとまってはいるが、上半身と下半身との動きでややぎこちなく感じるところがあって、やや上が勝っているのか腕力と上半身に頼っているように見えます。#力投派としての開花を待つ!!

6回1イニングを無難に投げました。<適正はどこなんでしょうね、先ずは後ろの方で結果を残し選択肢を増やしたいところ。


■山田真介(巨)& 三浦貴(巨)
山田真介(巨)が7回裏に代打で登場し右腕三島輝史に対して左打席に入っていました(結果右前安打)。スイッチ転向なんでしょうか、、、1軍を手繰り寄せるためには必然の選択でしょう!頑張れ。そんな山田真介を塁上に置いて代打三浦貴が外目の真っ直ぐを捕らえ左中間に飛び込む2点本塁打を打ちました。

【追記:2004年4月19日】
上記山田真介スイッチか!?の記述は私の誤りでして山田真介凡退後、長田昌浩をみていたようです。スミマセンでした(^^;)






@白にゃんこさん編

18日 ジャイアンツ球場 13時試合開始 (約2時間43分)
第5回戦 浦和 2勝3敗
                  RHE
マリーンズ 110 040 001 100
ジャイアンツ000 000 200 71

<浦 和>○三島輝史(2勝1敗4試合)、長崎伸一、内竜也−田中雅
<川 崎>●真田裕貴(1勝2敗4試合)、南和彰、サンタナ、前田幸長、條辺剛−原、小田

<審判員>球審:山路 一塁:新屋 二塁:橋本 三塁:鈴木

<本塁打> 三 浦 4号(2ラン、三島=7回)

※電波状況が悪かったため一部欠落しています。ごめんなさい!

 マリーンズ 打安点1表2表3表4表5表6表7表8表9表
(遊)塀 内 300遊ゴ三振    凡退四球    死球
(二)西 岡 310四球  二ゴ  四球遊安    三振
(中)曽我部 422中安  遊ゴ  四球二併    左2
(三)今 江 512投併  三邪  中安  遊ゴ  左飛
(一) 澤 井 411  三邪  凡退右安  三振
 一 富 永 100                一ゴ
(右) 寺 本 421  左安  一ゴ右安  三振
(左)喜 多 310  左安  三振一ゴ
打左 立 川 100              三振
(捕) 田中雅 311  左安    四球二ゴ  投ゴ
(投) 三 島 210  三振    捕ギ右安
 打 青 野 100              三振
 投 長 崎 000
 投  内  000
   合 計 34107

 投手成績 回打安責
○三島輝史 72872
 長崎伸一 1300
 内 竜也 1300


ジャイアンツ 打安点1裏2裏3裏4裏5裏6裏7裏8裏9裏
(右) レイサム410右2  中飛  三邪  三邪
 投 前 田 000
 投 條 辺 000
(遊) 岩 舘 300三振  併殺    遊ゴ
 打 矢 野 100              二ゴ
 遊 十川孝 000
(中) 堀 田 400二ゴ    二ゴ  一ゴ  三振
(捕一) 原  410二ゴ    三振  遊安  三ゴ
(左) 中 濱 300  四球  右飛  三ゴ    一ゴ
(三) 福 井 400  右飛    三ゴ  中飛  右飛
(一) 野 村 210  中安    三飛
 打 山 田 100            中飛
 捕 小 田 000
 打 吉 川 100                一飛
(二) 長 田 320  三併    中安  右安
(投) 真 田 110    左安
 打 山本光 000        死球
 投  南  000
 投 サンタナ000
打右 三 浦 112            左本
   合 計 3272

 投手成績 回打安責
●真田裕貴 52576
 南 和彰 1520
 サンタナ 1300
 前田幸長 1300
 條辺 剛 1511

<二塁打>
 レイサム(1回)
 曽我部 (9回)

<盗 塁>
 西 岡(1回)
 塀 内(9回)

<失 策>
 中 濱(9回)

<暴 投>
 三 島(7回)


<おおまかな試合展開>
場所をジャイアンツ球場に移しての、2連戦の2試合目。天候は今日も穏やかだが風が強い。
川崎先発は3年目の真田、浦和はドラフト5巡目のルーキー三島。

1回表
1死から四球を選んだ西岡が曽我部の2球目のときに盗塁成功。曽我部はゴロでセカンド横を抜けていくヒットを放ち西岡が生還して先制。(浦和1−0川崎)
しかし、今江は真田の正面への併殺打。

1回裏 
2死から三塁まで走者を進めたが、得点ならず。

2回表
寺本がレフト前ポテンヒットで出塁、喜多も中濱が懸命にスライディングして捕ろうとしたが及ばずヒット。さらに田中雅彦が左中間へ弾き返し追加点(浦和2−0川崎)
三島はスリーバントスクイズを仕掛けたが失敗。塀内はアウトコース直球を見送り三振。

2回裏
スタメン出場の野村のセンター前ヒットなどで、得点圏へ走者を進めたが、長田が今江の好守備での併殺に阻まれ得点ならず。

3回表
真田がテンポ良く投げ込み、わずか9球で投げ終え3者凡退で初めてスコアボードに「0」

3回裏
真田が自ら出塁したが、後続が続かず無得点。

4回表
真田の直球が決まりだし、途中ファーストゴロで野村がこぼしそうになったが、なんとか捕球するなどで3者凡退。

4回裏
対する三島も直球主体に押し、原がフルカウントから見送り三振など3者凡退。

5回表
先頭の田中雅彦が四球を選び出塁。さらに満塁とチャンスとし、4番今江が真田のアウトロー直球を打ち返しゴロで三遊間を破り、2者が生還して追加点(浦和4−0川崎)
続く澤井も初球インハイを打ち上げライト前へのポテンヒットで追加点(浦和5−0川崎)
さらに寺本も一、二塁間をゴロで破るタイムリーヒット(浦和6−0川崎)

5回裏
三島は勝利投手権利のかかる5イニング目。
2死から長田がセンター前へ運び、代打山本光将は頭部付近にかすった死球。内野陣が集まるも、レイサムは直球に詰まらされ今江がファールゾーンで捕球。

6回表 川崎:投手南
1死から三島がライト前へ運んで出塁。塀内は四球、西岡はショート岩舘の正面への当たりで処理に若干もたつき、三塁へ送球するもセーフとなり内野安打。しかし曽我部は長田の正面への併殺打で追加点ならず。

6回裏
2死から原がショート塀内への内野安打で出塁するが、続く中濱はサード今江が前進しながら捕球してアウト。

7回表 川崎:投手サンタナ
サンタナは球威がある印象で、速球主体の投球で3者凡退。
投げ終えるとすぐさま軽い足取りで球場近くにある練習場へ引き揚げた。

7回裏
2死から長田が初球を鋭く弾き返してライト前ヒットで出塁。サンタナの代打三浦への初球がすっぽ抜け頭部付近を襲う暴投で長田二進。三浦は3球目の142kmアウトハイを弾き返し、高い弾道でレフトスタンドへ叩き込む2ランホームランでようやく2点を返す(川崎2−7浦和)
しかし、レイサムは初球打ちでサードファールフライ。

8回表 川崎:投手前田 捕手小田
前田幸長がイースタン今期初登板。2三振を含む無難な3者凡退。

8回裏 浦和:投手長崎 一塁手富永 左翼手立川
岩舘の代打矢野は初球打ちもセカンドゴロなど、あっさり3者凡退。

9回表 川崎:投手條辺 遊撃手十川孝
塀内は2球目に、右肩付近への死球。西岡は三振に倒れたが、曽我部の2球目に塀内が盗塁を仕掛けて成功。曽我部は5球目をレフト線へ運ぶツーベースを放って追加点(浦和7−2川崎)
今江は高々と打ち上げたがレフトフライ。しかし中濱の十川孝富への送球が逸れた間に曽我部三進。富永は痛烈なファーストゴロ。

9回裏 浦和:投手内
中濱はファースト正面へのゴロ。福井はヒット性の当たりだったがライトフライ。代打吉川は初球を打ち上げてしまいファーストフェアフライでゲームセット。

試合後には、子供ファンへグラウンドが開放されている中、ベンチでさっそくミーティングが行われた。


<注目選手 ジャイアンツ>
■真田裕貴(巨) 5回 被安打7 失点6
直球は130後半、カーブと今期から試しているというシュート
肩の故障を経て、1年目に近いフォームに戻したとのことでそう言われてみるとそんな感じです。
カーブを決め球という組み立てにしていましたが、主にこのカーブを痛打されたり、5回には制球が甘くなったり高めに抜けたところを打たれての大量失点につながってしまいました。
唯一の打席となった3回裏には、先頭バッターとして野手顔負けのレフト前ヒットで出塁。
実績から言えば、先に昇格した久保裕也の次に昇格するであろう候補と思われますが、あと数試合は様子見といったところか。

■クリス・レイサム(巨) 1番・ライト 4打数1安打
G+中継があるので、近所の床屋で散髪し気合い?を入れたとのこと
先頭打者として、1打席目には綺麗なツーベース。2打席目は三島の球威に押されフライ。3、4打席も打ち損じての凡退でいいところなし。
1軍の強力野手の兼ね合いから、昇格は厳しいと思いますが、それだけにかつてイースタンで活躍したポール(所沢)のように2軍での活性化、さらなる活躍に期待

■前田幸長(巨) 4番手 1回 無安打 無失点
直球140台、ナックル、カーブ
開幕戦以来の不振により、不本意な2軍落ちに。
制球力、変化球のキレはさすがに1軍レベルのそれで、実際2三振を奪うなど、順調な調整ぶりを示しました。
開幕カードこそ不本意な内容も、暖かくなったらやりますよ、とコメントしていましたし1軍ブルペンの安定には、早期の昇格しかないでしょう。

■二遊間(長田昌浩(巨)・岩舘学(巨))
大須賀の緊急昇格などで2年目、1年目の両選手による若い顔ぶれとなりました。今後多くなっていくであろうコンビネーション。6回表、西岡のショート深いところへの当たりには岩舘が若干もたつくというシーンはありましたが、それ以外に目立ったエラーなども無く、無難にこなしていました。
細かな話ですが、長田が守備で出てくるときに、ダッシュで飛び出してくる様は快いものがあります。


<注目選手 マリーンズ>
■三島輝史(ロ) 先発 7回 被安打7 失点2
直球140km(144km)シュート、フォーク
ルーキーらしく直球主体で思い切りよく攻め、低めへの制球力もまずまずでほとんど四球が無く、真田と比して球威があるように感じました。
終盤の7回になっても直球の球速は落ちず、川崎打撃陣が打ちあぐねたり詰まらされるような球威もあり新人らしからぬすばらしい投球でした。今後もローテーションとして頑張ってほしいところ。

■内竜也(ロ) 3番手 1回 無安打 無失点
直球140km台(145km)フォーク
こちらもドラフト1巡目ルーキー。直球の走りはまずまず。変化球のキレというよりは、直球で押していく配球で、川崎打者陣の早打ちもあって見事に3者凡退で切り抜ける。
17日も最後に登板するなど抑え起用を見越しての登板かもしれません。

■今江敏晃(ロ) 4番・サード
打撃では4番らしく、追加点の欲しい場面でうまく打ち返して得点に繋げ、また守備では三塁への難しい当たりが結構多かった中で、無難に処理する当たりはさすがです。
このまま守備・打撃共安定した結果を残してもらいたいところ。


2004年 4月17日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(横須賀)報告者:報告者:WIZさん

4/17(土) イースタンリーグ 湘南−北海道日本ハム4回戦/横須賀スタジアム(13:00開始) 

昨日17日の試合を観戦しましたのでご報告します。
<スコア>
日本ハム 001 000 004 
湘  南 400 002 00×   

<得点経過>
1回裏(湘) 1死1・2塁で七野、ライトスタンドへ3ラン(3点)
      2死無塁で鶴岡、レフトスタンドへソロホームラン(1点)
3回表(日) 1死2塁で田中賢、右中間2ベースタイムリー(1点)
6回裏(湘) 2死3塁で小池、レフト前タイムリー(1点)
      2死1・2塁で吉村、レフト2ベースタイムリー(1点)
9回表(日) 無死1・2塁で阿久根、ライト2ベースタイムリー(1点)
      無死満塁で森本、セカンド併殺打の間に3塁ランナーホームイン(1点)
      2死3塁で田中賢、セカンドエラーの間に3塁ランナーホームイン(1点)

以下、成績については目を離したり、記入漏れがあり、不備な点が多いと思います。
ご了承下さい。
<打撃成績>
日本ハム
        打 安 点 四 三 本 盗
1 CF 森本   4 1 1 0 1 0 0
2 2B 田中賢  4 2 1 0 2 0 0
3 1B 林    4 1 0 1 0 0 0
4 LF 藤島   3 2 0 1 0 0 0
  H 鶴岡   1 1 1 0 0 0 0
5 RF 佐藤   3 0 0 0 2 0 0
  H 池田   1 0 0 0 0 0 0
  H 尾崎   1 0 0 0 0 0 0
6 3B 飯山   3 0 0 1 0 0 0
7 SS 稲田   4 1 0 0 0 0 0
8 C 駒居   3 1 0 0 1 0 0
  H 阿久根  1 1 1 0 0 0 0
9 P 正田   1 0 0 0 1 0 0
  RF 紺田   1 0 0 0 0 0 0
  H 渡辺   0 0 0 1 0 0 0

湘南
        打 安 点 四 三 本 盗
1 CF 小池   4 1 1 1 1 0 0
2 SS 福本   2 0 0 2 0 0 0
  H 武山   1 0 0 0 0 0 0
  2B 野中   0 0 0 0 0 0 0
3 3B 吉村   5 2 1 0 1 0 0
4 LF 七野   4 1 3 0 0 1 0
5 RF 南    4 0 0 0 0 0 0
6 C 鶴岡   4 3 1 0 0 1 0
7 1B 新沼   3 0 0 0 1 0 0
  LF 田中充  1 1 0 0 0 0 0
8 2B 呉本   1 1 0 1 0 0 0
  SS 木村   1 0 0 0 1 0 0
9 P 東    2 0 0 0 0 0 0

<投手成績>
日本ハム
     回  打 安 四 三
●正田 52/3 29 7 4 2
 富樫  1/3  2 1 0 0
 伊達  1  5 2 0 1
 加藤  1  3 0 0 1

湘南
    回  打 安 四 三
○東  8 33 9 3 6
 富岡 2/3 3 0 1 0
 山田 1/3 3 1 1 0

<総評・感想>

■東和政(湘)
直球、変化球共にキレがあり、ほぼ完璧な投球だったと思います。
ただ終盤に入り疲れが出ているように見え、9回に捕まり1死も取れず降板。
完投出来なかったのは残念ですが、投球内容は良かったのでこの調子を続けられれば一軍昇格も近いのでは。

■七野智秀(湘)
今日はレフトで出場。彼が外野を守るのは初見で、なぜレフトで起用したか気になります。
打撃の調子が良いので一軍昇格を見据えての起用と考えるのは深読みでしょうか?
その外野守備ですが、さすがに捕球にやや難があるかなと思いました。
試合ではクッションボールの処理、中継プレーなど無かったためか失策無しと今日は無難にこなしてました。

■野中信吾(湘)
湘南の打撃練習後、皆が休憩に入る中、去年まで在籍した日本ハムの選手、コーチ陣に一人挨拶回りをしていました。
試合では最終回にセカンドで出場も失策を記録し、古巣に成長した姿をアピールできず。

■呉本成徳(湘)
1打席目の安打が記念すべき公式戦プロ入り初安打。
気分が乗ったのか、守備でも好プレーを見せる。

■正田樹(日)
投げ競った東と比較すると直球、変化球の走りが今イチの印象でした。
2回以降立ち直ったかに見えましたが6回に再び崩れ降板。

17、18日と横須賀スタジアムでは「チャリティフェスティバル」と題し、球場外に出店、フリーマーケットが数多く建ち並んでいました。
シーレックス事業部は観客動員数の更新を目指し、宣伝、外野席の開放などいろいろ手を回していましたが、17日の観客数は905名と1000人にも満たず、拍子抜けした格好。
出店の食べ物も余ってしまった状態で、帰りにたこ焼きを購入したらもう1パックおまけしてくれました。
今日18日は観戦に行けませんが、どれだけのお客さんが入ったか気になるところです。


2004年 4月17日 ウエスタンリーグ 中日−広島(ナゴヤ)報告者:にこ坊さん

今日は風が強く観戦にはちょっと不向きでした。
さらにその強風が中日に不運に働きものすごい大味なゲームでした。
感想としては広島の打撃練習を見ていた感じでした…


4月17日 ナゴヤ球場 対広島戦


           R H E
広島|104|412|801|21 26 2
中日|001|000|200| 3 6 2


勝:フェリシアーノ 負:山井 S:
HR:広 福地(正津)井生(長峰)


投手
    回 打者 被安打 奪三振 四死球 失点
フェリ 6 24  4   3   3   1
苫米地 2 11  2   0   2   2
仁部  1  6  0   1   2   0

フェリはフェリシアーノ

    回 打者 被安打 奪三振 四死球 失点
山井  3 19  6   2   5   5
正津  1  8  6   1   0   4
長峰 21/3 21  9   0   3   9
植  12/3  9  3   2   1   2
佐藤  1  5  2   2   0   1

        @  A  B  C  D  E  F  F  G  H
(右)  尾形 四球 三振 一ゴ    一ゴ 中飛 中飛    二ゴ
(二左) 福地 四球    左飛 左本 左二 右安 中安    一邪
(左)  末永 四球    左安 中安 二ゴ 
打   朝山                中安 
走二  松本高                  中安    二ゴ
(一三) 松本奉四球    中三 三振 一失 三邪 三振
打一  吉田                            投ゴ
(中)  天谷 右犠    右安 二安 遊失    一安 右安    三振
(遊)  甲斐 三ゴ    中二 左安 二直    四球 右安    中三
(三一三)井生    三振 左安 右安    中本 中二 左二    右安
(補)  倉     二安 中ゴ 左安    四球 四球 三振
投   苫米地                           三振
投   仁部
(投)  フェリ   一犠 四球 二飛    投犠
打   木村一                  左二
補   山本翔                        四球

      @  A  B  C  D  E  F  G  H
(遊)仲沢 中安    中安    遊ゴ    四球    四球
(左)森  二ゴ    右安    一ゴ    四球    四球
(三)善村 四球    三振       二ゴ 二ゴ    補邪
(一)高橋光右飛    遊ゴ       四球 左飛    三振
(右)幕田    右飛    三振    三振    三失 中飛
(中)土谷    中飛    中飛    右飛
投 植
打 都築                      左飛
投 佐藤
(二)森岡    中飛    左二       右安 補ゴ
(補)田上       四球
投 正津
打 瀬間仲         二ゴ
投 長峰
中 桜井                   右飛 中飛
(投)山井
打補清水       二ゴ    投ゴ    
補 前田章                  左安    三失

エラー:中・高橋光(5回)仲沢(5回)広・松本奉(8回)井生(9回)
盗塁:広・福地(1回)天谷(3回)井生(4回)
盗塁死:中・仲沢(1回)広・尾形(1回)末永(4回)

得点経過
1回表 天谷:右犠(1)
3回表 松本奉:中三(1)、天谷:右安(1)、甲斐:中二(1)倉:中ゴ(1)
3回裏 仲沢:中安(1)
4回表 福地:左本(1)、井生:右安(1)、倉:左安(2)
5回表 松本奉:一失(1)
6回表 井生:中本(1)、福地:右安(1)
7回表 井生:中二(1)、木村一:左二(2)、福地:中安(1)、松本高:中安(2)
    甲斐:右安(1)、井生:左二(1)
7回裏 森:押出し四球(1)、善村:二ゴ(1)
9回表 井生:右安(1)

気になる選手@中日
■仲沢忠厚[53]
相変わらず打撃は好調で今すぐ上に行ってもいい気がするのですが、課題の守備も相変わらずで正面の当りを後ろに逸らしたり内野フライを取りこぼしたりと散々でした。

■佐藤 充[16]
今日は緊急登板の様でしたがMAX145の直球で押しまくる投球でした。ただ、時々甘いコースに直球が入りそれを痛打されていました。変化球はほとんど投げていなかったのでなんとも言えませんが、直球さえ決まればいい投球ができる投手だと思いました。


2004年 4月17日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(熊谷運動公園)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/@白にゃんこさん

ふんぼるとさん編

2004年4月17日 巨人−ロッテ 4回戦

C熊谷運動公園野球場(巨人3勝1敗)

 
ロッテ 200 212 400│11
 巨 人 211 001 100│

 勝 舩 木 1勝0敗0S 登板3
 負 酒 井 1勝2敗0S 登板3

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 塀 内 300 空振    一ゴ 空振
  H 青 野 000                四球
  1 田中充 100                   空振
  1 長 崎 000
  1  内  000
  C 西 岡 420 見振    中2 二ゴ    三安    四球
  G 曽我部 543 中2    右安    左本 右安    右飛
  D 今 江 522 左本    三ゴ    投ゴ    左2 空振
  B 澤 井 412 見振    遊飛    左飛    右本
  3 富 永 100                         遊ゴ
  H 寺 本 531    中安    右本 二ゴ    空振    左2
  F 喜 多 410    右飛    中2    投失 左飛
  H7垣 内 000                         四球
  A 田中雅 411    一ゴ    左2    二直 死球    空振
  @ 加 藤 200    見振    捕邪
  1 舩 木 000
  H6原 井 322                中安 右本    右飛
  犠盗失併残─────
  00017 411611

       回 打安振球責
   加 藤 3 155224
  ○舩 木 2 102220
   田中充 2 82012
   長 崎 1 52200
    内  1 30100

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 堀 田 421 中本 三ゴ    四球    一ゴ    中安
  F 矢 野 410 死球    左安 遊ゴ    二ゴ    空振
  H 中 濱 520 三ゴ    右2    左安    左飛    見振
  B  原  300 右飛    四球    四球    三ゴ    中飛
  D 福 井 411 左安    三併    二ゴ    四球    右飛
  C 十川孝 300 三ゴ    空振    空振
  H 山本光 111                   中2
  4 長 田 000
  A 加 藤 310    一飛    中2 右飛
  2  李  110                      中安
  E 大須賀 411    左本    右飛    左飛    中飛
  @ 酒 井 200    空振    空振
  1 十川雄 000
  H 野 村 111                左本
  1 木 村 000
  1 川 本 000
  H 三 浦 100                      空振
  1 河 本 000
  犠盗失併残─────
  00118 36115

       回 打安振球責
  ●酒 井 5 249505
   十川雄 1 63012
   木 村 1 73214
   川 本 1 30110
   河 本 1 51110


  本塁打  今 江(ロ)3号A (1回 酒井)
       堀 田(巨)1号@ (1回 加藤)
       大須賀(巨)4号@ (2回 加藤)
       寺 本(ロ)2号@ (4回 酒井)
       曽我部(ロ)2号@ (5回 酒井)
       野 村(巨)1号@ (6回 田中充)
       澤 井(ロ)1号A (7回 木村)
       原 井(ロ)1号A (7回 木村)
  二塁打  曽我部(ロ)    (1回 酒井)
       西 岡(ロ)    (3回 酒井)
       中 濱(巨)    (3回 加藤)
       喜 多(ロ)    (4回 酒井)
       田中雅(ロ)    (4回 酒井 タイムリー)
       加 藤(巨)    (4回 舩木)
       今 江(ロ)    (7回 木村)
       山本光(巨)    (7回 田中充 タイムリー)
       寺 本(ロ)    (9回 河本)
  犠打失  加 藤(ロ)    (4回 無死2塁 捕邪飛で送れず)
  失 策  十川雄(巨)    (6回 喜多の二ゴロで一塁ベースカバーに入るも落球)
  盗塁死  喜 多(ロ)    (6回 捕手は加藤 打者は原井 二盗失敗)
  走塁死  西 岡(ロ)    (3回 1死1、3塁 今江の三ゴロで本塁突入も三本間
                    に挟まれ本塁憤死 福井−加藤−福井・加藤−酒
                    井)
       山本光(巨)    (7回 中越えの当たりで三塁を欲張り憤死 曽我部−今
                    江)
       西 岡(ロ)    (8回 1走としてエンドランが掛かっていたため曽我部
                    の右飛で帰塁できず 中濱−長田−原)
  牽制死  西 岡(ロ)    (6回 2死1、3塁 3走としてホームスチール兼重盗
                    を試みるが、投球前にスタートを切ってしまい三
                    本間に挟まれ挟殺 十川雄−加藤)
  暴 投  加 藤(ロ)    (1回 1死1塁 1走の中濱が二進 打者は原)
  併 殺  ロッテ      (3回 福井 無死満塁 今江−西岡−澤井)
       巨 人      (8回 無死1塁 エンドランが掛かっていたため曽我部
                    の右飛で1走の西岡が帰塁できず 中濱−長田−
                    原)

  PL:橋本 1B:鈴木 2B:山路 3B:新屋 公式記録:野中
  時間 3時間24分(13:01〜16:25)


得点経過
 1回表(ロ) 2死2塁から今江がレフトポール上空を通過するホームラン  ロッテ2点目
 1回裏(巨) 先頭の堀田が初球を中越えソロホームラン          巨 人1点目
       2死3塁から福井がサードの頭を越える左前打        巨 人2点目
 2回裏(巨) 1死無走者から大須賀が左越えソロホームラン        巨 人3点目
 3回裏(巨) 無死満塁から福井のサード併殺打の間に           巨 人4点目
 4回表(ロ) 無死無走者から寺本が右中間へソロホームラン        ロッテ3点目
       無死2塁から田中雅がレフト左へツーベース         ロッテ4点目
 5回表(ロ) 無死無走者から曽我部が左越えソロホームラン        ロッテ5点目
 6回表(ロ) 2死満塁から曽我部が右前打                ロッテ7点目
 6回裏(巨) 1死無走者から野村がレフトポール際へソロホームラン    巨 人5点目
 7回表(ロ) 無死1塁から澤井が右中間へツーランホームラン       ロッテ9点目
       2死1塁から原井がライトポール直撃のツーランホームラン  ロッテ11点目
 7回裏(巨) 2死1塁から山本光が中越えツーベース           巨 人6点目

戦評
 今日の熊谷地方の最高気温は29.2℃と真夏日の一歩手前。
 試合の方はこんな気温に触発されたか季節外れの熊谷花火大会。両チーム合わせて8本の打
 ち上げ花火が上がった、とてつもなく大味な試合はロッテが打ち勝つ。
 そんな中で巨人の毎回安打を最終回に阻止した内が一服の清涼剤。

選評
 西 岡(ロ) 左打ち→スイッチへ転向の西岡の右打席は今日がお披露目(構えが良くわかる
       写真は↓)。ボテボテの当たりだったが、これが幸いしてサード内野安打。結
       果オーライ?(^^)。

 曽我部(ロ) 左腰を入れてバットを寝かせる独特の構えの曽我部(構えが良くわかる写真は
       ↓)。曽我部とは相性が良く僕が見に行く試合ではいつも大活躍(今日も5打数
       4安打の大当たり。また、既にホームランは3本目)。僕は阪神時代を知らな
       いが、どんな選手だったんでしょう?(←健一さんを召喚のつもり)

 加 藤(ロ) 今シーズンに復活を期す加藤だが初球を堀田に運ばれると2球目は矢野にぶつ
       け、更には暴投と今日も背信の投球。特に低目へのコントロールが悪く、田中
       雅が体を張って止める場面が目立つ。




 酒 井(巨) 今日の酒井はキレもコントロールもダメだったが、特に悪かったのはキレ。簡
       単にストライクを取りに行っているわけではないと思うが、ロッテの各打者に
       真芯で捕らえられていた。

 福 井(巨) 28歳ながら既にベテランの風格。5回の無死1、2塁の場面で二ゴロを放つと
       1塁に全力疾走せず。イイのか福井!…などと言いながらサードには小久保と
       江藤がいる球団の金満体質では理解できる部分も。生え抜きはツライよなぁ。

 川 本(巨) サイドスロー。8回の1イニングを投げ3人で切り抜けるが内容はダメ。コン
       トロールが悪くボールが先行する苦しい内容。点差が開いていたためにロッテ
       の打者が手を出してくれたが、接戦では見極められてしまいそう。速いだけ。

おまけ
 高○屋(バラの包装紙が有名)選定の
  優秀選手賞 曽我部(ロ)
  敢闘賞   堀 田(巨)

http://homepage2.nifty.com/ogitiffany/nishioka%20sogabe.htm






@白にゃんこさん編

17日 熊谷運動公園野球場
第4回戦 浦和1勝3敗
                  R
マリーンズ 200 212 400 11
ジャイアンツ211 001 100 

(川崎)●酒井順也(1勝2敗)、十川雄二、木村龍治、川本大輔、河本育之
(浦和)加藤康介、○舩木聖士(1勝0敗)、田中充、長崎伸一、内竜也

<本塁打>
今江3号(酒井)、堀田1号(加藤)、大須賀4号(加藤)、寺本2号(酒井)、曽我部2号(酒井)、野村1号(田中充)、沢井1号(木村)、原井1号(木村)

土曜日で天候にも恵まれ、観客の入りはまずまず。試合前には、地元後援会の方からの代表挨拶もあり。司会の方は地元の方の模様。なかなか流暢でジャイアンツ選手登場の際、東京ドーム@NTVアナウンサー氏ばりに名前を読み上げたりとさすがはプロ(?)

始球式は富岡・熊谷市長。

先発は川崎酒井、浦和は加藤

<試合展開>
1回表
塀内は3球目、インコースに落ちていくフォークボールに空振り三振。西岡はインコース直球に手が出ず見逃し三振。阪神からやってきた曽我部はやや甘めのインハイを左中間へ運ぶ二塁打で出塁。今江は初球のこれも甘く入ったインハイを思い切り引っ張り、レフトポールを巻き、スタンドを超え場外へ消える2ランを放ち先制。(浦和2−0川崎)
澤井はインコースの厳しいコースに手が出ず、見逃し三振。

1回裏
先頭の堀田が、加藤の初球、やや真ん中付近へ入った変化球を捉えてバックスクリーン左脇へ叩き込むソロホームランを放って反撃開始。(川崎1−2浦和)
矢野は初球を左足に当て出塁。中濱は4球目を引っ掛けてサード正面へのゴロで、一走矢野が二塁フォースアウト。続く原の初球はベース手前でワンバウンドする暴投で中濱は二進。原はファールで粘ったがやや詰まったライトフライで中濱三進。福井は2球目インハイを引っ張り、レフト前へ運ぶタイムリーとなり同点とした。(川崎2−2浦和)
十川孝富は3球目を引っ掛け、今江が処理して二塁フォースアウト。

2回表
寺本は3球目の変化球をすくい上げ、センター前へ落ちるヒットを放って出塁。喜多は3球目を打ち上げてライトフライ。田中雅彦は2球目インハイを右方向へのファーストゴロで寺本二進。加藤は5球目のインコースを見送り三振。

2回裏
先頭加藤は初球を打ち上げ、強風にも押し戻されてファーストフェアフライ。大須賀は5球目のアウトハイのスライダーに泳いだようなバッティングになったものの、この打球がレフトスタンドに飛び込む一発となって勝ち越しに成功。(川崎3−2浦和)
酒井は4球目を空振り三振。堀田は初球を引っ張ったがサード今江の正面へ。

3回表
トップに戻って塀内は2球目の内角を打ってファーストゴロ。西岡は3球目の甘い変化球を打ち上げ、センター頭上を破る二塁打で出塁。曽我部は5球目のインコースを右へ流してライト前ヒット。二走西岡は中濱の強肩を見て三塁ストップ。今江は粘った末サード正面の当たりで、西岡はランダウンプレーとなり、挟殺の際に福井が落球するも加藤健がバックアップし、西岡は本塁アウトで一走はこの間に三塁へ。澤井は内角球を打ち上げてセカンドフェアフライ。

3回裏
先頭の矢野は2球目のインハイを引っ張ってレフト前ヒットで出塁。中濱は2球目、これもインコースをライト方向へ打ち上げフェンス直撃の二塁打。原はラストボールの高めを見送り四球。福井は5球目を詰まらせてサード正面への併殺打、この間に三走が生還して1点を追加。(川崎4−2浦和)
十川孝富はアウトコースへ落ちる球を空振り、球審がスイングの判定で三振。

4回表
寺本は4球目の変化球を鋭く弾き返し、ライトスタンドへ叩き込む一発で反撃開始(浦和3−4川崎)
喜多は2球目の高めをセンターへ打ち返し、懸命に走って二塁到達。田中は5球目のインハイをレフト方向へ引っ張って二走喜多が生還、同点に追いついた(浦和4−4川崎)
加藤康介は直球をバントするも、真上へ打ち上げてしまい加藤健が捕球してアウト。塀内はラストボールの内角直球を空振り三振。西岡は初球を叩きつけてセカンド正面のゴロ。

4回裏 浦和:投手舩木
加藤は5球目インローを打ち返し、センター頭上を破る二塁打で出塁。大須賀は3球目を詰まらせ、浅いライトフライ。酒井は5球目を空振り三振。堀田は5球目のアウトローを見送り四球。矢野は3球目にレフト線への惜しい当たりもあったがファールで、結局5球目を引っ掛けて塀内の正面への当たり。

5回表
先頭の曽我部は、インハイ甘目を見逃さず、逆風もものともせず高々と打ち上げ左中間スタンドへ叩き込む一発で勝ち越し(浦和5−4川崎)
先ほど先制2ランを放った今江は、4球目を引っ掛けて酒井の正面へのゴロ。澤井は打ち上げてレフトへのフライ。寺本はラストボールを引っ掛けてセカンドゴロ。

5回裏
中濱は4球目を綺麗に流してレフト前へのヒット。原はアウトローの球を見送って四球。福井はバントの構えも見せたが、詰まらされてセカンド正面への当たり(4−6−3と渡ったが澤井への送球がワンバウンドして、併殺は取れず)。十川孝富は4球目、アウトコースから内に入る変化球に空振り三振。加藤健は3球目のアウトハイに対応したが、詰まっており浅いライトフライ。

6回表 川崎:投手十川雄二
先頭の喜多はセカンド正面へのゴロだったが、一塁ベースカバーの十川雄二が送球を落としておりエラーで出塁。(ランプが点かなかったようですが公式記録は失策@実況)田中雅彦は中途半端な当たりでセカンドフライ。舩木の代打原井の4球目に喜多が盗塁を仕掛けたが、加藤健の強肩に刺されアウト。しかし原井は直後の直球をピッチャー返しに打ち返してセンター前ヒット。塀内の代打青野はアウトハイの球を見送りストレートの四球。西岡はサード福井へのゴロで、福井は素手で捕り送球したが間一髪西岡の足が勝って内野安打となる。曽我部は2球目をライト方向へ打ち返し、中濱が懸命にダイビングしたが捕球できず2点タイムリーとなる。(浦和7−4川崎)
今江の2球目のときに一・三走が重盗を仕掛けたが、三本間に挟まれてタッチアウト。

6回裏 浦和:投手田中充 遊撃手原井
大須賀の当たりはレフト線への大ファールとなったが、喜多が懸命にダッシュし、土煙を上げ倒れこみながらなんとかキャッチ。十川の代打野村は初球のインハイを打ち返し、左中間スタンドへ叩き込むソロホームランを放つ。(川崎5−7浦和)
堀田はファーストゴロ、矢野は4球目を打ってセカンドゴロ。

7回表 川崎:投手木村
打ち直しとなった今江は7球目をレフトへ弾き返し、矢野のグラブをかすめてフェンス直撃となる二塁打で出塁。澤井は2球目をフルスイング、打球がぐんぐん伸びてバックスクリーン右側へ飛び込む2ランホームラン。(浦和9−5川崎)
寺本は4球目の落ちる変化球に空振り三振。喜多は6球目を打たされて浅いレフトフライ。田中雅彦は初球がシュート回転し背番号付近に当たる死球。原井は3球目のアウトハイ直球を打ち返し、ファールかと思うような打球だったがライトポールに直撃する2ランホームラン(浦和11−5川崎)。
田中充は空振りの三振。

7回裏
先頭の中濱は、初球を高々と打ち上げたがもう2伸びほど足りずレフトフライ。原は4球目を痛烈に打ち返したが今江の正面へのゴロ。福井はストレートの四球。十川の代打山本光はセンター頭上を越えフェンス直撃の二塁打となって1点を返す(川崎6−11浦和)。
しかし、山本は三塁を狙ったもののセンターからの送球が早くフォースアウト。

8回表 川崎:投手川本 二塁手長田、遊撃手大須賀、捕手李
イニング当初、浦和一塁ベースコーチがおらず球審のお願いしますの声で駆け足。
先頭の西岡は四球で出塁。曽我部は、ここまでの結果により三塁打が出ればサイクルヒットがかかっていたが、5球目を打ち返してヒット性の当たりだったものの中濱が捕球し、一走が飛び出していたので併殺となる。
続く今江の打席、カウント1−1(ファール)の場面で惜しくも中継終了。


<注目選手 ジャイアンツ>
■酒井順也(巨) 5回 被安打9 失点5
表示なし
右打者のアウトコースへ逃げる球と直球はまあまあも、逆にインコースを突こうとする球が甘め、高めに抜ける傾向多し。変化球の落ちもキレがよくなくこれらを痛打されており、課題としてこの内角球を挙げていただけに結果を残せなかったのは残念なところでしょう。責任回数の5イニングをなんとか投げきり制球に苦しんだ割には、無四球ということで、これは収穫だと思います。

■十川雄二(巨) 1回 被安打6 失点2
今期は本日のような中継ぎ起用の多い左腕。今期からサイドスロー気味に変更
カウントを整える前の早いうちから、直球がやや甘く入ったりしたところを痛打された格好で、代打の野村に代わって退きましたがこの内容では1イニングでも致し方ないでしょう。

■野村克則(巨) 代打登場 本塁打
1死から代打で登場し、初球の高めを見逃さず振りぬいた打球が一気にスタンドへ。これが巨人移籍後初ホームランとなりました!
「飛距離は出ていたので、あとは切れるかどうかだと思いました。チームが点差をつけられていたので、自分が何かのきっかけになれればと思って打席に入りました。みんなが打たせてくれたホームランです」

<注目選手 マリーンズ>
■加藤康介(ロ) 3回 被安打5 失点4
映像では2月27日のオープン戦以来の登場。オープン戦時は1イニングのみで降板
ボール、ストライクになる球がはっきりしている印象があり、そこを打者が見逃さず打っていったという感じ。4回表には打席に立ったものの、4回裏当初から舩木に代わってしまい退く形となってしまいました。奇しくも自分が見た2度とも途中交代となってしまったができれば5イニングを見たいところ。

■寺本四郎(ロ) 5打数3安打 打点1
当初は投手で入団、野手転向の6年目「松坂世代」
甲子園時代のイメージが強く、それだけにひそかに期待していましたがその期待にこたえ、酒井の変化球を捉えて見事なホームラン!!2回表にもしっかり出塁するなど合計3安打を放ち、打撃センスを発揮。
1軍は残念ながら10連敗となってしまいましたが、彼のような若手が新風を吹き込んでほしいところ。

■曽我部直樹(ロ) 5打数4安打 打点3
1回には甘い球を見逃さずセンターへ弾き返し、続く今江の先制2ランを呼び込み。2打席目はヒットで出塁し3打席目には、自らがきれいな放物線を描いてスタンドへ吸い込まれる一発。ヒット、二塁打、本塁打が出たことで、三塁打でサイクルヒット(過去3選手が達成)だったが、最後は惜しくもライトフライに終わる。
タイガース時代も幾度か本掲示板でも名前が挙がるなど期待株でしたし、第2の球団でも結果を残し1軍定着と行きたいところ。


  ■掲示板@2軍愛■