【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2004年 5月12日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:横須賀マリンさん

記録は公式記録ではありませんので、ご了承ください。

浦和 000 000 010 = H7
川崎 100 100 20× = H6

勝=内海   負=浅間

本塁打 レイサム(1裏 センターバックスクリーン)、野村(7裏2ラン 右中間)
二塁打 吉川2(2裏 4裏)、西岡(8表)
犠打 内海(7裏 無死一塁)
盗塁 李 (2表二盗 打者塀内 一死一三塁の場面で塁間でいったん足を止めるもG捕手原は送球せず)
   中浜(4裏二盗 打者十川孝)
失策 西岡(4裏 中浜のセカンドゴロを逆シングルで捕球しにいくもグラブに触れず)
暴投 内海(9表無死一塁 打者李)
併殺 G2(7表一死一塁 二岡−十川孝−吉川 打者原井ショートゴロ)
     (9表無死一二塁 二岡−十川孝 打者垣内のショートライナーで二走今江戻れず)

        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 曽我部 3 0 0 逃振    空振    右飛 
 打 ユーゴー 1 0 0                      空振
 投  舩木  0 0 0 
(二)遊 西岡  4 1 1 右飛    空振       右飛    右2@
(右) 立川  4 0 0 遊ゴ       遊ゴ    二ゴ    二ゴ
(三) 今江  4 2 0    中安    空振    三ゴ       左安
(一) 李   3 2 0    右安    逃振       左安    四球
(左) 垣内  4 1 0    捕邪       左安    中飛    遊直
(遊) 塀内  2 0 0    空振       三ゴ
打二  原井  2 0 0                   遊併    中飛
(捕) 田中雅 2 1 0    三ゴ       左安       四球
(投) 浅間  2 0 0       三ゴ    二ゴ
打中  波留  1 0 0                      空振
        32 7 1

        回  打 安 振 球 失 責
 ●浅 間   7  30 6 4 2 4 3
  舩 木   1  4 0 1 1 0 0

        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中)レイサム 4 1 1 中本@   二ゴ    逃振    右飛
(左) 堀田  3 0 0 遊ゴ    三ゴ    空振
 打  野村  1 1 2                   右本A
 左  三浦  0 0 0
(遊) 二岡  4 0 0 一ゴ    二ゴ    二ゴ    二ゴ
(捕) 原   4 0 0 遊ゴ       空振    左飛    空振
(三) 福井  4 1 0    遊ゴ    左飛    左安    中飛
(一) 吉川  3 2 0    右2    中2    三ゴ    四球
(右) 中浜  3 0 0    四球    二失    中飛    遊ゴ
(二) 十川孝 2 1 0    右直    敬遠       左安
(投) 内海  2 0 0       逃振 左直       投犠
        30 6 3

        回  打 安 振 球 失 責
 ○内 海   9  34 7 8 2 1 1

得点経過
1裏G 先頭打者レイサムがホームラン
4裏G 二死二塁で中浜のセカンドゴロを西岡がトンネルし二走が生還
7裏G 二死二塁で野村が2ランホームラン
8表M 二死一塁で西岡の右中間二塁打で一走が生還 


◇感想および選手レポ◇
※マリーンズファンなのでマリーンズびいきのコメントになってしまうことをお詫びいたします。

今日は投手のコントロールが良かったためサクサクと試合が進み、
マリーンズが負けはしましたが気分的には良い?負けでした^^
両チームの先発左腕ともストライク先行のピッチングで、2時間40分弱で試合が終了。
ジャイアンツの自由枠ルーキー内海の出来が良く、好調マリーンズ打線でも点が取れず。
細かいコトを言えばマリーンズは無死一三塁で無得点や送りバント失敗、2併殺もありましたが。

平日にもかかわらず観客は多かった気がします。
(普段どの程度の観客数なのかは分かりませんが)
二岡智宏(巨)出場の影響が大きかったのかもしれません。

■浅間敬太(ロ)
今日はコントロール良し。
ストレートはMAX140キロ。
先頭レイサムにストレートを6球続けて先頭打者ホームランを打たれましたが、
G打線に対して一巡目はほぼ8割がストレート。
(比率はあくまで自分的に感じたモノで球種のデータは取っていません)
二巡目以降はストレート6:カーブ4くらいの割合。
四球は敬遠を除けばひとつ与えたのみ。
カウントを悪くする場面がほとんどなく、ストライク先行のピッチングでした。
6回以降は少し疲れが出てストライクボールがハッキリしましたが。
今日のような投球を次回以降続けて出来るかどうかでしょう。

■今江敏晃(ロ)
二軍落ちした李スンヨプをさしおいての4番起用で、期待の大きさの表れでしょう。
今日も2安打。
1本目は飛んだ場所が良かったが、しっかり振れているからこそのヒット。
12日現在で打率.368と高打率をキープ。

■西岡剛(ロ)
スイッチヒッター挑戦からほぼ1ヶ月経過。
今日も左投手先発で右打席で4打席打ちました。
このところ相手チームの先発が左投手が多く、右打席で多くの実戦経験ができています。
3打席目までは差し込まれていましたが、4打席目は右中間二塁打。
インコースへの対応が課題でしょう。

■曽我部直樹(ロ)
完全に調子落ち。
5月に入って22打数2安打という成績で、打率も3割を割ってしまいました。
ファールがすべてフライになっています。
これまでほとんど見られなかった完全なボール球を振るようになってしまいました。
教育リーグから4月中までは芯に上手に当てていたのですが。。。

■垣内哲也(ロ)
ヒットは1本だけでしたが、3打席目のセンターフライは
フェンス際の打球をレイサムがジャンプしてキャッチされる。
4打席目のショートライナーもいい当たり。
不運でした。

■李承Y(ロ)
顔はやはり元気がありませんでした。
1打席目にライトフェンス直撃で当たりが良すぎてシングルヒット。
芯に当たったときの打球スピードはさすがです。 
試合外で良い面、悪い面の両方を見ることができました。
良い面は試合後に多くのファンのサインに応じていたコト。
悪い面は試合前の打撃練習、守備練習を終え
大きい玉を使ったストレッチを開始しようとしたところ、
ジャイアンツ背番号101(おそらく柳 桓湊だと思います)の選手?が近づいて来まして、
その大きい玉に座ったまま話を始めてしまい
全体の打撃練習終了までの約30分ほどその状態。
外国人選手なのである程度の特別待遇は仕方ないと思うが、
やるべきコトはしっかりやってほしい。

■内海哲也(巨)
マリーンズ浅間と同様にストライク先行のピッチング。
ストレートはMAX140キロ。
8回から疲れが出てボール球が多くなりましたが、なんとかしのぎ完投勝利。

■レイサム(巨)
先頭打者ホームランにM垣内の打球をファインプレーと活躍。

■二岡智宏(巨)
先日9日の試合もテレビで観ましたが、打撃内容はかなり悪い。
今日も芯にまったく当たらず。
12日現在で二軍で13打数1安打の成績です。


2004年 5月 9日 イースタンリーグ 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:風車の弥生さん(HP:なんにもないぺーじ

5/9()あめ

ライオンズファイターズスタジアム

  
西  武 000 014 004 16安打)
  
日本ハム 010 300 101 14安打)

  勝 
武藤  負 伊達

  
PB 橋本  1B 山崎  2B 山路  3B 鈴木

     回  安 振 球 点           回   安 振 球 点
 ループ 5   5 6 0 1 (79)    三 井 6   8 4 3 4 (100)
 建 山 1   4 0 0 4 (21)    芝 崎 1   4 0 0 1 (17)
 関 根 1   1 0 0 0 (22)    福 井 12/3 1 0 1 0 (20)
 山 口  1/3 0 0 0 0 ( 4)   武 藤 11/3 1 1 0 1 (18)
伊 達 12/3 6 1 0 4 (27)

(球数はカウントミスがあるかもしれません。目安としてお考えください)

開門前から雨が降るファイターズスタジアム。
27分ほど遅れた試合開始時も雨は降り止まず、5回まで試合が
できるのかなという状態。
しかし、5回をすぎたところで雨は弱くなり、結局9回まで試合が
できました。

6回表先頭の
玉野の、サード後方への飛球を尾崎が目測を誤り捕れず、
2塁打としてしまったところがターニングポイント。
そのあと
中村の鋭い当たりのヒットを挟み
石井義の3ランホームランで形成逆転。
この日の
尾崎は4つのゴロをうまく処理していたので、
このひとつのプレーが惜しまれるところ。

ファイターズにとっては、7回裏同点としてなお一死満塁で代打
稲田
初球セカンドゴロゲッツーにうちとられたのも痛かったです。

5回に打撃好調
(バッター当たってるよぃ、気をつけろぃ by ハムおやじ)椎木
打ったホームランはバックスクリーンを直撃、雨のため観客の少ないスタジアムに
「ゴン」(中山光久ではない()とバックスクリーンにぶつかった音が響きわたりました。


      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
84宮 崎 5-2 右2    三振    中安    投ゴ    二ゴ
45水 田 4-2 投犠    右飛    三ゴ    左安    右安
7 玉 野 5-2 捕邪       遊ゴ    左2 右飛    左本:
53
中 村 5-1 三振       三振    左安 遊ゴ    三邪
D 石井義 5-3    遊ゴ    左2    右本:・   二ゴ 中安
_R松坂健
6 古 屋 5-3    左安    三振    遊ゴ    中安 左本:
3
GG
佐藤 5-1    三振       中飛 左本    二飛 三振
_8高 波
2 椎 木 4-2    三ゴ       中本 右飛    右安
9 高 山 4-0       投ゴ    三振 右飛    二飛

      1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
D 坪 井 4-2 左安    三振    一直    左安 四球
87飯 山 3-1 投犠    三ゴ    中安    投犠 三振
3 渡 邉 5-3 三振       三安 中安    左安    一ゴ
5  林  5-2 三振       左2 三併    左安    遊ゴ
9 小谷野 3-3    左本    中犠・    死球 左安    左本
7 山田憲 0-0    四球    四球    三犠
H6稲 田 2-0                   二併    三ゴ
4 古 城 4-2    遊ゴ    中安    一安    遊直
2 鶴 岡 4-1    遊併    二ゴ    三ゴ    左安
_R佐 藤
_2駒 居
6 尾 崎 3-0       左飛 三振    二ゴ
_8紺 田 0-0                      投犠


2004年 5月 9日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(横須賀)報告者:WIZさん

5/9 (日) イースタンリーグ公式戦 湘南−ヤクルト8回戦/横須賀スタジアム(13:00開始)

<スコア>
ヤクルト 010 200 000 
湘  南 402 100 00× 

<得点経過>
1回裏(湘) 1死1・2塁で七野、センター前タイムリー(1点)
      1死1・2塁で田中充、ライト線2ベースタイムリー(1点)
      2死2・3塁で西崎、ライト2ベースタイムリー(2点)
2回表(ヤ) 無死無塁で畠山、レフトスタンドへソロホームラン(1点)
3回裏(湘) 1死2・3塁で木村、ライト前タイムリー(2点)
4回表(ヤ) 無死満塁で細見、ライトに犠牲フライ(1点)
      2死満塁で本間、押し出し四球(1点)
4回裏(湘) 無死無塁で小池、レフトスタンドへソロホームラン(1点)

以下、成績については正式記録ではありませんので不備な点があるかと思います。ご了承下さい。
<打撃成績>
<ヤクルト> 
CF 青木   4打数0安打 3三振
H 鮫島   1打数0安打
LF ユウイチ 4打数0安打
H 高橋   0打数0安打 1死球
RF マーチン 4打数2安打 1得点2三振
H 牧谷   1打数0安打
3B 畠山   4打数4安打 1打点2得点1本塁打
1B 久保田  4打数2安打 1三振
P 川端   打席機会なし
C 細見   3打数1安打 1打点
SS 梶本   3打数0安打 1四球
2B 大塚   3打数1安打 1四球
P 本間   0打数0安打 1打点1四球
H 大原   1打数0安打
P 前田   打席機会なし
LF 本郷   1打数0安打 1三振

<湘南>
CF 小池   5打数2安打 1打点1得点1本塁打1三振
2B 福本   3打数1安打 1得点1三振1四球
P 河原   打席機会なし
3B 吉村   3打数1安打 1得点1死球
1B 七野   4打数1安打 1打点1得点
RF 田中充  4打数1安打 1打点1得点1三振
C 鶴岡   4打数3安打 1得点1三振
LF 西崎   4打数2安打 2打点1得点
SS 木村   4打数3安打 2打点
P 門倉   1打数0安打 1三振
P 若田部  0打数0安打
H 小川   0打数0安打 1四球
P 富岡   打席機会なし
P 山田   打席機会なし
2B 北川   1打数0安打

<投手成績>
<ヤクルト>
     回  打  安 四 三 失 自
●本間  5 28 12 3 3 7 7
 前田  1  4  0 0 1 0 0
 川端  2  6  1 0 1 0 0
 
<湘南>
     回  打  安 四 三 失 自
 門倉  2  7  1 0 3 1 1
○若田部 3 17 6 2 2 2 2
 富岡  2  8  2 1 1 0 0
 山田  1  3  1 0 0 0 0
 河原  1  4  0 1 1 0 0

<個人評・総評>
<湘南>
■鶴岡一成(湘)
試合前に球団が選ぶ月間MVPの発表があり東投手が受賞しましたが、個人的には彼に受賞させてあげたかったと思うほど、
4月はチーム打線不調の中、一人高打率をキープした。5月に入っても打撃は好調で今日も猛打賞を記録。

■西崎伸洋(湘)
登録ポジションはキャッチャーだが打席機会を増やすため今季は外野手としても出場。
その甲斐あって打撃技術は着々と向上している感。
試合前の守備練習ではコントロールは悪いもののノーバウンドでキャッチャーに返球と強肩を見せる。
層の厚いキャッチャーよりも外野手に専念した方がよいのではないかと個人的には思います。

■若田部健一(湘)
昨年の病欠からファームでも結果が出ない苦しい状況が続いている。
今日もヤクルト打線に連打に押し出しと復活にはほど遠い内容。
今季復活のメドが立たないと正直危ない気も・・・。


<ヤクルト>
■本間忠(ヤ)
前回の海老名球場での見事な投球とうって変わって今日は7失点と残念な結果に終わった。
前回はストライクを先行させ湘南打線を苦しめたが、打線が上向いた今日の湘南打線を抑えることが出来なかった。
雨の中の登板ということもあり次回に期待したい。

■畠山和洋(ヤ)
門倉のストレートを彼らしいパワフルなスイングでレフトスタンドに運ぶ。
以後、3連打で4打数4安打の猛打賞。

■マーチン(ヤ)
昨日に引き続き今日も初回に取れるファールフライに追いつけず落球。
打撃に関しては一軍でも問題ないかと思うが、守備に関しては不安要素がかなり大きいかと思う。

今日は試合開始直前まで雨が降り続き、中止かと思いきやそのまま決行。
次第に雨はやみ、試合は最後まで無事行われました。雨の影響もあり今日の観客数は386名。
両チーム二桁安打を記録する乱打線となりましたが、確実に走者をホームに返した湘南に軍配が上がりました。


2004年 5月 9日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん/(^o^)さん/健一@管理人

@白にゃんこさん編

9日 ジャイアンツ 13時試合開始
第8回戦 川崎5勝3敗
                     RHE
マリーンズ  300 000 020 0 122
ジャイアンツ 030 001 100 1x 70
(延長10回)
<川 崎>酒井順也(5回)柏田貴史(2回)サンタナ(2回)○河本育之(1勝0敗7試合、1回)−野村、小田、加藤
<浦 和>戸部浩、5回2/3)舩木聖士(1回1/3)●内竜也(0勝1敗14試合、2回2/3)−金澤

 マリーンズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
(二) 西 岡 511 右安投ゴ  左飛  三振  三ス  三振
(中)於 保 200 四球三振    三直
打中 曽我部 200             二飛捕邪
(左) 井 上 312 中2  一ゴ  一ゴ
 左 喜 多 200             二ゴ  中飛
(三) 今 江 530 三振  三安  右安  中安  中直
(一) 澤 井 310 四球  三振  四球  遊ゴ  右安
(右) 寺 本 531 左安  二ゴ  三振    中安左安※1
(捕) 金 澤 410 一ゴ    投ゴ  四球  右安一ゴ
(投) 戸 部 300 投ゴ    三振  捕ゴ
 投 舩 木 000
 打 丸 山 111               右安
 投  内  100                   三振
(遊) 早 坂 110   左安  四球
 遊 塀 内 300           中飛  三振  遊ゴ
   合 計 40125

 ※1:9回表2死一塁(打者寺本)、カウント2−1の場面で放送終了。
 9回表〜10回はマリーンズ公式から

 投手成績 回 打安責
 戸部 浩52/3 2563
 舩木聖士11/3 511
●内 竜也22/3 1100

ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回
(中)三 浦 300 投ゴ三振    三ゴ
 投 柏 田 000
 打  原  100             三振
 投 サンタナ000
 打 山本光 100                 凡退
 投 河 本 000
(左) 中 濱 500 二ゴ  二ゴ  右飛  三振    凡退※2
(遊) 二 岡 200 投ゴ  三振
 遊 岩 舘 200           遊ゴ遊ゴ    四球※2
(三) 福 井 520   中安左安    遊ゴ  二ゴ  凡退※2
(一) 吉 川 410   右安三ゴ    四球  三振  三失※2
(二) 十川孝 421   右安  遊ゴ  中安  右飛
(捕) 野 村 311   二ゴ  遊ゴ  左2
 走 入 野 000
 捕 小 田 000
 打 長 田 100                 凡退
 捕 加 藤 000
(右)矢 野 300   死球  遊ゴ  中飛    凡退
(投)酒 井 101   二ゴ
打中 レイサム211         中飛  右本  四球
   合 計 3774

※2:中継は9回表2死で終了しましたが、同点の延長10回裏、岩舘が四球で出塁し、ボークなどで三進、2死三塁から吉川のサードゴロを今江が悪送球、走者が生還しサヨナラとなったようです

 投手成績 回 打安責
 酒井順也 5 2463
 柏田貴史 2 810
 サンタナ 2 1152
○河本育之 1 300

<本塁打>
 レイサム1号(舩木=7回)

<二塁打>
 井 上(1回)
 野 村(6回)

<盗 塁>
 西 岡(1回)
 早 坂(4回)
 丸 山(8回)
 レイサム(9回)

<けん制死>
 早 坂(2回)

<失 策>
 早 坂(2回)
 今 江(10回)

<捕 逸>
 野 村(6回)

<ボーク>
  内  (10回)

>健一さんへ
内竜也(ロ)ですが、選手名鑑にも書かれているように、合同自主トレに出遅れたりということ
もありましたが、いざシーズンに入ってみると、よく頑張っていますよね。
内は自分も体躯が細い印象がありますが、この日は速球は144km程と走っていましたし、ス
ライダーもありましたが直球主体で押していくというスタイルでした。
川崎・鴨志田が昨年前半くらいまで、ストッパー候補ということで終盤のイニングに登板するこ
とがありましたが、内もそのように登板しているようですし近い将来の…ということでしょう。
ただ、この日は野手のミスもあり、最終的には負けがついてしまいましたが。今後の経験?

内竜也(ロ)についてのレス有り難うございます』by健一@管理人


<試合展開>
試合開始前には曇り空で、雨は上がっていたが、試合開始後も断続的に降り続く雨のため、グランドコンディションはあまり良くない。観客の方も傘、合羽装着での観戦。
先発は川崎酒井、浦和戸部。尚G+メイン実況は上重聡アナ。

1回表(浦和)
西岡は直球を打ち返しライト前へのヒット。於保の4球目のときに西岡が二盗成功。於保は結局四球。井上はセンター頭上を襲うツーベースとなり2者生還で浦和先制(浦和2−0川崎)
今江はインハイを空振り三振。澤井はストレートの四球。ここで香田コーチがマウンドへ。
寺本はレフト前に落ちるポテンヒット(浦和3−0川崎)
金澤はファースト正面のゴロで、吉川は併殺を狙ったが足が速くセーフ。戸部は酒井正面へのゴロ。

1回裏(川崎)
三浦はピッチャーゴロ。中濱はセカンドゴロ。実戦復帰2戦目の二岡は戸部正面へのゴロ。

2回表(浦和)
早坂は流し打ってショート二岡の頭上を襲うヒット。トップに戻り西岡
の初球を投じる前に、牽制球で飛び出していた早坂がタッチアウト。西岡はピッチャーゴロ。於保はアウトローを見逃し三振。
この於保の5球目のときから突如、スコールのような激しい雨に見舞われ、試合は一時中断。
5分ほど中断ののち、雨脚が止んだので試合再開への準備が行われる。

2回裏(川崎)
福井はアウトハイをうまく打ち返しセンター前へのヒット。吉川は叩きつけ、ゴロで内野を抜けるヒット。十川孝はライト前へ打ち返し、すぐに寺本が捕球しバックホーム、福井が二塁から生還しクロスプレーとなったが、セーフ(川崎1−3浦和)
野村はバントの構えも見せたが叩きつけ、セカンドゴロ。矢野は背中のベルト付近に当たる死球。酒井は詰まったセカンドゴロで、二塁ベースカバーの早坂の送球が大きくライト方向に逸れる間に走者が戻り、一気に同点(川崎3−3浦和)
三浦は見逃し三振。

3回表(浦和)
井上はファーストゴロ。今江は痛烈なサード正面への当たりで、福井は捕球が精一杯で送球できず。澤井はアウトハイに空振り三振。寺本は初球を打ってセカンド正面のゴロ。

3回裏(川崎)
3回裏開始前に、マウンドへ土を盛る。
中濱は詰まったセカンドゴロ。二岡は空振り三振。福井はサード頭上を破るヒット。吉川はサード正面のゴロ。

4回表(浦和)川崎:遊撃手岩舘
川崎・二岡はこの回の守備で退き、道具をまとめて室内練習場へ引き揚げる。
金澤は投手正面のゴロ。戸部は空振り三振。早坂は高めに外れ四球。西岡の3球目のときに早坂が二盗成功。しかし西岡は詰まったレフト定位置へのフライ。

4回裏(川崎)浦和:遊撃手塀内
十川孝は詰まってショートゴロ。野村は良い当たりだったがショート正面。矢野もショートゴロで、この回の打球は全て代わったばかりの塀内がさばく。

5回表(浦和)
於保はサード正面のライナー。井上はファーストゴロ。今江は打ち上げてライト前のポテンヒット。澤井は低目を見送って四球。寺本はインローを空振り三振。

5回裏(川崎)浦和:左翼手喜多
酒井の代打レイサムはセンターフライ。三浦はサードゴロ。中濱はライトフライ。

6回表(浦和)川崎:中堅手レイサム、投手柏田
金澤はストレートの四球。戸部の2球目を野村が後方へ弾く間に、金澤は二進。戸部はバントしたが野村の正面で、野村が飛び出していた金澤を追い込み福井に送球されタッチアウト。この間に戸部は二進。塀内はセンター深いところの打球で、レイサムが走りこみながらキャッチ。西岡は空振り三振。

6回裏(川崎)
途中出場の岩舘はショートゴロ。福井は詰まったショートゴロ。吉川は高めに外れ四球。十川孝はセンター前へ落ちるヒット。野村は高めのスライダーをうまく打ち返し、左中間を深々と破るツーベースで川崎が勝ち越し(川崎4−3浦和)野村は笑顔で代走の入野と交代。
ここで古賀監督が浦和2番手、舩木をコール。
矢野は高々と打ち上げ、センター正面のフライ。

7回表(浦和)川崎:捕手小田
小降りになっていた雨が、この回開始前から再び強めに。
於保の代打曽我部は真上に打ち上げ、セカンドフライ。喜多は詰まったセカンドゴロ。今江は低めの変化球にうまく合わせてセンター前ヒット。澤井はショート正面のゴロ。

7回裏(川崎)浦和:中堅手曽我部
レイサムは2球目を弾き返し、ライトスタンド後方の丘へ当てるソロホームラン(川崎5−3浦和)
柏田の代打原は空振り三振。中濱は空振り三振。岩舘はショートゴロ。

8回表(浦和)川崎:投手サンタナ
寺本は合わせてセンター前へ運ぶヒット。金澤はゴロで一、二塁間を抜けていくヒット。
舩木の代打丸山は高めを打ち返し、ライト前へ落ちるタイムリーで浦和が追い上げ(浦和4−5川崎)
塀内はアウトロー直球を見逃し三振。
西岡の初球のとき丸山が盗塁成功。西岡は低めの球にスクイズを敢行し、金澤が生還しついに浦和が同点に追いつく(浦和5−5川崎)
曽我部は真上に打ち上げ、小田が捕球。

8回裏(川崎)浦和:投手内
福井は初球を打ってセカンドゴロ。吉川はアウトロー直球を見逃し三振。十川孝は打ち上げてライトフライ。

9回表(浦和)
喜多は初球を打ち上げてセンターフライ。今江は詰まったセンターライナー。澤井は一、二塁間を破るヒット。寺本の打席中に放送終了。

中継は9回表2死で終了しましたが、同点の延長10回裏、岩舘が四球で出塁し、ボークなどで三進、2死三塁から吉川のサードゴロを今江が悪送球、走者が生還しサヨナラとなったようです(@巨人公式)


<選手寸評 ジャイアンツ>
■酒井順也(巨)先発 5回 被安打6 自責3
直球140km前半。カーブ、スライダー、フォーク、シンカー
序盤から直球主体の組み立ても、制球が今ひとつか。立ち上がりは走者を気にし過ぎ、そこから浮き足立ったのかあっという間に3点のビハインドを背負ってしまいました。しかし2回以降はけん制タッチアウトなどで立ち直り、コンディションが悪い中5回まで試合を作ったのは評価できるでしょう。

■二岡智宏(巨)2打数無安打 3番・ショート
2月の故障が癒え、前日の上尾の試合から実戦復帰となる。
全力疾走という場面はなかったものの、右方向への鋭いファールなどもあり。グランド状態が思わしくないため2打席を終えたところで交代となりました。
この日ヒットは出ませんでしたが、しばらく調整し、中旬〜下旬の復帰予定とのことなのであと何試合かは見られるでしょうか。

■十川孝富(巨)4打数2安打 打点1 5番・セカンド
前日上尾の試合で3本塁打を放ち、調子は上向き
2回裏には、低めのスライダーをうまく打ち返し、流してライト前へ運ぶタイムリーヒット。
現状ですと、先の二岡がまず昇格するのでその後ということになるでしょうが、この後も一時にとどまらず安定した結果を残したいところ。


<選手寸評 マリーンズ>
■戸部浩(ロ)先発 5回2/3 被安打6 自責3
直球130〜140km(最速142)スライダー、シュート
スリークォーター、またはサイドハンド気味か?
二岡のタイミングを遅らせるようなスライダーの切れは一品も、そのほかの部分では酒井同様(この日の天気よろしく?)ぱっとせず。右打者のアウトコース、高めがやや甘いか。
5回まではなんとか凌いできましたが、6回に疲れが出たのか制球が定まらず四球、さらに甘いシュートを狙い打たれて4失点目で交代。

■西岡剛(ロ)5打数1安打 打点1 1番・セカンド
初回のライト前ヒットから盗塁、そして8回表、同点機で今ひとつ制球の定まらないサンタナの低めのチェンジアップにスクイズを敢行と、打撃力に小技も見せ付けトップバッターらしくなってきたように思えます。

■井上純(ロ)3打数1安打 打点2 3番・レフト
1打席目で痛烈にセンターフェンス直撃の二塁打を放ち好調をアピール。後の打席では結果が出なかったとはいえ、横浜時代の活躍も記憶に新しく再奮起を期待したい。

という矢先、井上はこの試合の翌日(10日)札幌ドームの1軍に合流し、昇格即スタメンを勝ち取り5回表に好投の立石から1点差に追い上げるホームランを放っています。印象的な一発でした。



(^o^)さん編

5月9日(日)川崎ジャイアンツスvs浦和マリーンズ(ジャイアンツ)

スコアとかは読売かロッテの公式にでも。

■酒井順也(巨)
久しぶりにじっくり観た投手。
二年ほど前に見たときには(ひいきチームでないこともあり)あまり興味がわかなかった
が、今年春のキャンプでチラッと観たとき惹かれるものがあったので個人的には注目。

ちょっと結果が出てないようで今日も三失点ながら、それとは関係なく改めてポテンシャ
ルのある選手だと確認。スライダー、緩急を生むカーブ、落ちる球、そして「力のあるス
トレート」(野村捕手談)は良いフォームで投げられるときにはかなりの威力と一定以上
のコントロール。
振りかぶって軸足で立った後、体重移動するときにちょっとバランスが悪くなるようなと
ころがポイントなのではないかなあと。体重移動してからの腕の振りなどは「力感のある
フォーム」(上重アナ談)よって徐々に修正していけると一年後か二年後にでも一軍ロー
テに空きがあればやってくれるかも。


■西岡剛(ロ)
その酒井の力のある内角の厳しい球をライト側ファールゾーンのスタンドに打ち込む。
読売清水に似た打者。



健一@管理人編

試合途中ですが、選手の印象などを3名程書き綴ってみます。なお試合は激しい雨で中断するなど断続的に降り続けています。1軍の阪神戦も気になりますので、1軍中心に平行観戦。<嫁が呆れています(^^;)


■イースタンリーグ 5月9日(日)川崎ジャイアンツスvs浦和マリーンズ(ジャイアンツ)

浦和マリーンズ |300 0■■ ■■■|3
川崎ジャイアンツ|030 ■■■ ■■■|3

浦:戸部浩−
川:酒井順也−


■酒井順也(巨)
一見して「あれっ」、久しぶりに投球を目にしたのですが、少しフォームを改造したかも知れません。以前は「気持ちスリークォーター気味の右腕の軌道」でしたが、本日は身体を一塁側に少し傾け(その分、投球後一塁方向に身体が流れる)、腕の軌道は耳の少し横から出てくる完全なオーバースローでした。

腕の軌道でやや趣を変えた印象を覚えましたが、他は概ね同様の本格派右腕。テイクバック(以前に比べて小さめだが、バックスイングは大きい!!)がゆったりしていて長い腕のしなりが非常に良く遅れて出てくるために打者は刺しこまれてしまう感じ。球速は目測ですが、ストレート140km/h強、スライダー、カーブ、フォーク他等々一通り放ります。以前のスリークォーター気味のフォームかつ荒れ気味ぐらいの躍動が控えめになり少々大人しくなったとも見えますが、個人的には今の方が好きかも知れません。ストレートの球速はダウンしたように見受けますが、真上から放る分、角度のついた球筋が○。<今でも十二分に躍動感ありますが(^^)

さて本日は初回、安打、四球を絡まれ3失点と出端を挫かれました…。

以前より個人的に買っている右腕です、以前に比べて1軍投手陣が盤石という時代でもありませんので、一軍昇格目指して頑張って下さい。…といっても2軍成績芳しくないので好投を続けねば!


■戸部浩(ロ)
かつての巨人の大エース斎藤雅樹に似た感じの投球フォームの流れ。殆どサイドスローといっていいかも知れません。肩よりも気持ち上ぐらいかも。制球、球速ともどもさほど良いとは感じませんでした(球速はストレートで、135km/h前後)。売りはスライダーのキレで、外角にググッと曲がります!外角中心に真っ直ぐとスライダーのコンビネーション。

試合の方は三連打で一失点は戴けないながらもしょうがないとして、その後に内野の併殺プレーの乱れで2失点は不運。


■金沢岳(ロ)
高卒2年目左打ちの捕手。ちょっと華奢に映りますが、肉付けされれば先輩橋本将(ロ)系の打撃センスありの攻撃型捕手(一発というよりかはミートセンスあり、関川浩一(神→中)型かも)になれる逸材。これまでの経験則では左打ちの捕手は正捕手には成りにくいというものがあります(阿部慎之助(巨)のケース等もあるので、あくまで傾向です)。#脱線気味ですが、捕手としてずば抜けたものがない「左打捕手」は便利使いされるケースが多く結果的に、コンバートも含めてオールラウンドプレーヤーになるのかも知れません(要因としては、(a)2軍での選手不足、(b)捕手という特殊性、(c)左打ちの打撃力等々)。

さて打撃フォームは、右足を少し引いたオープン気味。打ちに行くときに右足をステップをし動きの中でボールをコンタクト。一打席目一ゴ、二打席目投ゴ。


2004年 5月 8日 ウエスタンリーグ 阪神−広島(鳴尾浜)報告者:健一@管理人

■ウエスタンリーグ 5月8日(土)鳴尾浜タイガースvs由宇カープ(鳴尾浜)

                     R
由宇カープ   |000 000 202|
鳴尾浜タイガース|030 100 20X|

由:鶴田泰(3回)−横山竜士(2回)−小山田保裕(1回)−西川慎一(1回)−広池浩司(1回)
鳴:金澤健人(5回)−吉野誠(1回)−伊良部秀輝(1回)−佐久本昌広(2/3)−吉田篤史(1回1/3)

本塁打:狩野恵輔、尾形佳紀、甲斐雅人

■由宇カープ    ■鳴尾浜タイガース
(中)天谷宗一郎  (遊)秀太
(左)福地寿樹   (右)上坂太一郎
(右)尾形佳紀   (左)林威助
(一)町田康嗣郎  (一)喜田剛
(三)松本奉文   (二)藤原通
(遊)甲斐雅人   (三)梶原康司
(捕)倉義和    (中)桜井広大
(二)松本高明   (捕)狩野恵輔
(投)鶴田泰    (投)金澤健人

【雑感】
日中に行われた2軍戦中継を録画して先ほど1軍@「神1x-0中」の中継と平行しながら観戦。特段目新しい内容はなしですが、中継で伊良部秀輝登板がありました。結果ですが尾形佳紀に被本塁打はまだいいとして町田康嗣郎倉義和に長打を喰らい失点、更には四球に暴投……結果前述の2失点。ブレーキの効いたカーブは有効ですが、制球が甘かったかも知れません、、、栄枯盛衰ではありませんが、斜陽にかかる年齢でもあります。そこをなんとか渋い投球で再興願います。あと吉野誠は1イニングを被安打1無失点、気分転換で早々に1軍に戻ってきて下さいな。

先ずは試合内容ですが、2回裏
桜井広大の適時三塁打で1点先制後、狩野恵輔の2点本塁打!で3点リード。4回の裏にも狩野恵輔が適時二塁打で1点を追加。

桜井広大の三塁打ですが、センター前に鋭い当たりだったんですが、真芯に当たったためか打球が変則回転し中翼手の天谷宗一郎も飛びつくものの逸らししていまいました。その後も長打あり猛打賞の活躍。どっしりと構え打球を引きつけコンパクトなスイング!一軍昇格の声を手繰り寄せる活躍を今後も期待。

そして本日大活躍は
狩野恵輔、先制本塁打は左中間越えでした。多少遠回りするようなスイング軌道ですが、小力あり。次打席の二塁打は、横山竜士の内に切れ込むシュート系のボールを巧く上から叩き三塁線ギリギリに入る二塁打。そうは出来ない打撃ですが、この打席は見事。守っては8回まで2失点の好リード。矢野輝弘野口寿浩に次ぐ捕手が出てこない…。消去法でいくと狩野恵輔筆頭(^^;)<「10年間任したぞ!」と託せる候補は正味な話いない…

また5回を零封した
金澤健人。今年は先発起用で虎視眈々と1軍を遠くから見つめています!? 内容は低めにボールを集めストレート、緩いカーブにスライダー(スラーブ系)、またフォーク他丹念に突いていました。このフォークは有効でした。以前までの気合い満点の躍動感を抑え、勢いから制球重視で長いイニングをこなすスタイル。今は1軍が遠く感じられますが、最近続いている好投がこれまで同様に続けば、見つめるだけではなく、お呼びが掛かるのでは、、、先発として。

さて得点経過ですが、7回表は前述の通り
伊良部秀輝が2失点。7回裏は藤原通、更には桜井広大の適時打で2点追加。9回表は吉田篤史甲斐雅人に2点本塁打を左中間に運ばれる。

藤原通は目立たないんですが、良い繋ぎ役、更に好機に強い印象あります。チーム内のライバルとしては故障離脱中の的場寛壱八木裕沖原佳典等々かも知れません。右の代打、内外野のサポート役として割り込みたい。


カープですが、
鶴田泰は爆発的な投球はありませんが、谷間の先発としては有用かも知れません(ストレートは135km/h前後にカーブ、スライダー、フォーク他多彩な変化球に投球術…ただしかなりロートルにはなっています)。あと一番中翼手の天谷宗一郎が3安打!左打席クラウチングスタイル系で立ちボールの見送り方にセンスを感じます(堂々としている感じ)。フォローも大きく思い切りが良い感じ。<リードオフマン型

甲斐雅人は守備で目立っていました(大柄な体格もあり見栄えしました)。右に左に回り込み、強肩!安定感という意味では一試合のみでは分かりませんが、大型らしい遊撃手。<本日本塁打あり

2年目の
松本高明(帝京校卒)は初見、二塁手として出場し打撃の結果は出ませんでしたが、左打席の構えは柔らかくミートセンスありそうでした。まだ華奢な感じがし長打も出にくそうですが、身体能力強化でビルドアップへ!!


■林威助(神)<追記
プロ入団以来右膝の故障でリハビリ中心のメニューも黙々とこなしていましたが、今シーズンは代打を中心に徐々に出場機会を得ています、本日は3番左翼手。打撃フォームは、意外とスッとした突っ立ったような構え(少しふらつき気味…以外とスリムな印象を覚えます)、強いて言えば『静』で待ち。投球動作に合わせて一本足打法(王貞治氏ほどではないですが、左足に沿うように右足を引き上げます)で呼び込み、強いスイング!

3打数1安打、その安打は鶴田泰の外目から入るカーブを引っかけるように引っ張りライト線に乗る2塁打でした。流し打ちはあまり打球が伸びませんが、引っ張った打球は球足も速く、一閃!といった鋭いスイング!!

あと守備は足が悪いからなのか本質的なものなのか、かなり拙く見えました。飛球に対して一直線で入れず、ボールを見ながらフラフラと追いかけ捕球というプレーも見られました(一回表、尾形佳紀の左飛は左中間からレフト方向に弧を描くようにゆっくりと切れていったのですが、同じように追いかけまた戻ってきましたから…ホント危ない捕球^^;)。

守備に対してハッキリ言って高みは望めませんが、打って活路を見いだす選手@攻撃のみ。本日はスタメン出場でしたが、今後の右膝の状態がまずは気になります。出られないことには始まりませんから。


2004年 5月 8日 イースタンリーグ 西武−巨人(上尾球場)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年5月8日 西武−巨人 8回戦 

G上尾市民(西武6勝2敗)

 巨 人 012 136 002│15
 
西 武 000 310 001│
 
 勝 平 岡 2勝0敗2S 登板7
 S 條 辺 0勝0敗4S 登板9
 負 岡 本 1勝2敗0S 登板5

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回   6回   7回 8回 9回
  G レイサム  411 空振    二選 空振 右犠    四球    四球 左安
  F 三 浦 323 四球    中安 死球 見振    右安
  2 小 田 200                         左飛 三併
  E 二 岡 300 二併    投ゴ 見振
  6 岩 館 300                左飛 中飛    左ゴ
  D  原  200    空振 空振
  HD中 濱 421             中本 中安 投ゴ    空振
  D 福 井 521    一飛 左安    左飛 三失    三安
  R4長 田 100                            投ゴ
  B 吉 川 421    四球 左飛    中本 右安    捕邪    四球
  C5十川孝 658    中2    左本 中安 中本    左飛    右本
  A 加 藤 320    一邪    中安 四球 左安
  H7山本光 210                      遊飛    右2
  H 矢 野 520       遊失 遊飛 三失 中安       中安 四球
  犠盗失併残─────
  131114 471915

       回 打安振球責
  ○平 岡 5 257532
   河 本 1 40110
  S條 辺 3 144511

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C84
    宮 崎 420 二安    二ゴ 一ゴ    四球    左安
  G9高 波 300 二直    四球    左飛 右飛
  6 黒 瀬 100                      見振
  F 玉 野 521 二飛    右飛    右安    右飛    右本
  D 中 村 420    見振    右安 四球    空振    中2
  B43
    石井義 520    左安    右2 中飛    二ゴ    一ゴ
  D GG佐藤 411    空振    四球 右安       空振 見振
  H 高 山 201    空振    遊失
  H2椎 木 310             空振       中2 空振
  A3上 本 101       中飛 中犠
  H8松坂健 200                空振    一邪
  E 水 田 310       中安 空振    中飛
  9 藤 立 000                      四球
  犠盗失併残─────
  104211 37114

       回   打安振球責
  ●岡 本 41/3 268544
   青 木 12/3 146115
   竹 内 2   92110
   松 川 1   73022


  本塁打  十川孝(巨)2号@ (4回 岡本)
       中 濱(巨)2号@ (5回 岡本)
       吉 川(巨)6号@ (5回 岡本)
       十川孝(巨)3号C (6回 青木)
       十川孝(巨)4号A (9回 松川)
       玉 野(西)2号@ (9回 條辺)
  二塁打  十川孝(巨)    (2回 岡本 タイムリー)
       石井義(西)    (4回 平岡)
       椎 木(西)    (8回 條辺)
       山本光(巨)    (9回 松川)
       中 村(西)    (9回 條辺)
  犠 飛  上 本(西)    (4回 無死1、3塁 3走のGG佐藤がホームイン)
       レイサム (巨)    (5回 1死満塁 3走の十川孝がホームイン)
  盗 塁  吉 川(巨)    (2回 捕手は上本 打者は十川孝 二盗成功)
       十川孝(巨)    (5回 捕手は上本 打者は加藤 二盗成功)
       矢 野(巨)    (6回 捕手は椎木 打者はレイサム 二盗成功)
  失 策  水 田(西)    (3回 矢野の遊ゴロを弾く)
       岩 館(巨)    (4回 無死満塁 高山の遊ゴロで併殺を取ろうとして二
                    塁悪送球 二走の石井義がホームイン、1走のG
                    G佐藤が三進、打者走者の高山も生存 タイムリ
                    ーエラー)
       中 村(西)    (5回 1死1、2塁 矢野の三ゴロをファンブル 2走
                    の十川孝が三進、1走の加藤が二進、打者走者の
                    矢野も生存)
       中 村(西)    (6回 1死1塁 福井の三ゴロをファンブル 1走の中
                    濱が二進、打者走者の福井も生存)
       石井義(西)    (7回 無死1塁 竹内の一塁牽制球を後逸 1走の長田
                    が二進 打者は吉川)
  野 選  宮 崎(西)    (3回 無死1塁 レイサムの二ゴロを二塁送球もセーフ)
  併 殺  西 武      (1回 二岡 1死1塁 宮崎−水田−石井義)
       巨 人      (1回 無死1塁 高波の二直で1走の宮崎が帰塁できず
                    十川孝−吉川)
       西 武      (9回 小田 1死満塁 中村−宮崎−石井義)

  PL:牧田 1B:本田 3B:萩原 公式記録:新向井
  時間 3時間48分(13:02〜16:51)

得点経過
 2回表(巨) 2死2塁から十川孝が右中間を破るツーベース         巨人1点目
 3回表(巨) 無死1、2塁から三浦が二遊間を破る中前打          巨人2点目
       2死1、2塁から福井が三遊間を破る左前打          巨人3点目
 4回表(巨) 無死無走者から十川孝が左越えソロホームラン         巨人4点目
 4回裏(西) 無死満塁から岩館が高山の遊ゴロを二塁悪送球         西武2点目
       無死1、3塁から上本がセンターへ犠牲フライ         西武3点目
 5回表(巨) 無死無走者から中濱が中越えソロホームラン          巨人5点目
       1死無走者から吉川が中越えソロホームラン          巨人6点目
       1死満塁からレイサムがライトへ犠牲フライ          巨人7点目
 4回裏(西) 2死1、3塁からGG佐藤がポトリと落ちる右前打       西武4点目
 6回表(巨) 1死満塁から十川孝が中越えグランドスラム          巨人11点目
       1死満塁から三浦が一、二塁間を破る右前打          巨人13点目
 9回表(巨) 1死1塁から十川孝が右越えツーランホームラン        巨人15点目
 9回裏(西) 無死無走者から玉野が右中間へソロホームラン         西武5点目


戦評
 上尾での今季初戦。左ふくらはぎ肉離れで休養中だった二岡(巨)が今日より復帰ということ
 も手伝って、かなりの人手。
 試合の方はグランドスラムを含む3発のホームランを打ち上げ6打数5安打8打点と大爆発
 の十川孝を筆頭に打ちも打ったり19安打15得点の巨人が圧勝。

選評
 岡 本(西) 変化球の制球に苦しみながらもストレートは前回(4/29の日本ハム戦)と同様に
       なかなか目を見張るものあり。しかし前回と比べて多少、キレが乏しかった印
       象で3発を被弾。球質は意外に軽い?また、守備の方では3回の無死1、2塁
       の場面で投ゴロを不可解な三塁送球。結果論だが二塁に送球してゲッツーを取
       っていれば3回は1点で切り抜けられたのに。

 GG佐藤(西) 筋骨隆々でとにかくガタイがデカい!胸板が厚い!動きはノッシノッシという
       感じ。DHで出場も外角の変化球に全く付いて行けず3三振を喫する。豪快な
       スイングで当たればデカいという期待は抱かせるが…。

 松坂健(西) 右肩に担いだバットを上下させてタイミングを取るバッティングフォームにリ
       ニューアル。

 玉 野(西) 今日はとことん右方向。最終打席に成果が出て條辺よりホームラン。


 十川孝(巨) 今シーズンはここまで26打数4安打(.154)と不調だった十川孝だが今日は1回
       の守備で全部の打球を処理し気を良くしたのか第一打席でタイムリーを放つと
       レフトにセンターにライトにと3発のホームランを打ち分ける芸当を見せる。
       サイクル安打まであと一歩。

 レイサム (巨) 5回の第四打席でボールではなくバットをスタンドインさせてニガ笑い。今日
       は延長戦では無いにも係わらず7回も打席に立ってしまいました。おつかれさ
       までした m(_ _)m (ちなみに1試合7打席はイースタンリーグタイ記録です)

 平 岡(巨) 守備に足を引っ張られ4点を失う(自責点は2)がまずまずの内容。相手が速球
       派の岡本だったためストレートはあまり速く感じられなかったが、バッターの
       手元でクイッと変化する球が秀逸。スライダーともカーブとも違う球なのです
       が、カットでしょうか?(ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください)
       また、ランナーがいないときのほうがランナーがいるときよりもピッチング内
       容が良い(球に勢いがある)印象。

 岩 館(巨) 1死1、2塁で迎えた8回の打席でレフト前にポトリと落ちる当たりを放つも
       ハーフウェイにいたランナーが3塁で封殺されてしまったため『レフトゴロ』
       を記録。ヒットを1本、損してしまった。ランナーが刺されなければ20安打だ
       ったのに…。

おまけ↓

http://homepage2.nifty.com/ogitiffany/GG.htm


2004年 5月 8日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(中井球場)報告者:せらふぃにさん/れっくさん/WIZさん

せらふぃにさん編

中井球場行ってきました。

今日の湘南シーレックスの中井球場での試合に行ってきました。
中井球場はすごく山なのかにあり山中球場でした・・・。
でも、けっこうきれいな球場でした。近くにある球場の公園に
あるローラー滑り台で遊んでしまいました。今日の先発ピッチャーは
湘南が
村西でヤクルトは試合前までイースタンリーグ防御率一位の
佐藤秀でした。これは湘南打線は打ちあぐむなと思いました。
しかし、4回に湘南の攻撃で
佐藤秀がつかまります。
小池に満塁ホームランを打たれ降板。この回はなんと
11安打13得点3本塁打(2本が満塁ホームラン)でした。
1イニング13得点はイースタンリーグトップ記録だそうです。
めずらしい試合を見に行けました。しかし、湘南の得点はそれだけ。

ヤクルトも3回以降がんばって6得点終わってみれば
湘南13得点3本塁打ヤクルト6得点1本塁打と乱打戦になりました。
試合前に中井町長はこの球場は広いためホームランが出にくいと
行っていましたがホームランがよく出た空中戦でもありました。

今日の見所はいろいろありましたが比叡山高校出身の
湘南
村西とヤクルト細見の対決も楽しかったです。
1四球2三振ここは
村西の勝ちでした。今日は湘南の田中一徳
出場しなかったので少し残念です。<
後日談として当日1軍昇格とのことby健一@管理人
今日の中井球場行った方はぜひお返事ください。よろしくお願いします。




れっくさん編

初観戦のなかい

 初めまして。実は、今までこちらのサイトには度々閲覧していましたが、初投稿です。自分は、シーレックスファンで横須賀スタジアム等での観戦が中心ですが、イースタンの他5チームの調整・戦いにも大変関心があります。これからも宜しくお願いします。

 今日は、自分自身初の中井球場において観戦しました。道中は、自宅から片道70キロ、往路復路2時間以上もかかり、かなり過酷な旅となりました(笑)
 今日、中井で観戦された「せらふぃに」さんを始め、湘南・戸田ファンの方々大変お疲れ様でした。ローラー滑り台、自分も乗りましたよ。
 今日は、せらふぃにさんも投稿されているように
湘南の4回の攻撃を見る事が出来ただけで大満足でしたが、オープン戦での怪我の影響で帰国していた戸田のマーチンが1番・センターで出場し、5回にレフトに特大のホームランを放ったこと。今後は、一軍でどの様な打撃を披露するか、注目です。
 今年、最初で最後の中井での試合開催。来季は、もう少し開催試合を増やしも良いのでは…(追伸)来季は、等々力・大和での試合開催を期待




WIZさん編

<スコア>
ヤクルト 000 030 300  6
湘  南 000 1300 00× 13

<得点経過>
4回裏(湘) 1死満塁で小池、レフトスタンドへ満塁ホームラン(4点)
      1死1塁で吉村、レフトスタンドへ2ランホームラン(2点)
      2死1・2塁で木村、センター前タイムリー(1点)
      2死1・2塁で新沼、レフト前タイムリー(1点)
      2死1・3塁で村西、ショートエラーの間に3塁ランナーホームイン(1点)
      2死満塁で福本、レフトスタンドへ満塁ホームラン(4点)
5回表(ヤ) 1死2塁で前田、レフト2ベースタイムリー(1点)
      1死2塁でマーチン、レフトスタンドへ2ランホームラン(2点)
7回表(ヤ) 1死満塁でユウイチ、ライト2ベースタイムリー(2点)
      1死2・3塁で畠山、サードエラーの間に3塁ランナーホームイン(1点)

以下、成績については正式記録ではありませんので不備な点があるかと思います。ご了承下さい。
<打撃成績>
<ヤクルト>               
RF マーチン 3打数1安打 2打点2得点1本塁打1三振
LF 内田   1打数0安打 1三振1四球
CF 青木   4打数1安打 1得点1三振
H 牧谷   1打数0安打
1B ユウイチ 4打数2安打 2打点
H 鮫島   1打数1安打
3B 畠山   3打数0安打 1打点1四球
LF 本郷   4打数1安打 2三振1四球1盗塁
C 細見   2打数0安打 2三振1四球
P 花田   打席機会なし
H 大原   1打数0安打 1三振
P 吉川   打席機会なし
H 久保田  1打数1安打
SS 梶本   5打数1安打 1得点2三振
2B 大塚   3打数0安打 1三振1盗塁
P 佐藤秀  2打数1安打 1打点1得点
P 小森   打席機会なし
P 前田   打席機会なし
C 高橋   1打数0安打 1三振1四球

<湘南>
CF 小池   5打数2安打 4打点2得点1本塁打
2B 福本   5打数2安打 4打点2得点1本塁打1三振
3B 吉村   4打数1安打 2打点1得点1本塁打1死球
1B 七野   4打数1安打 1四球
RF 田中充  5打数1安打 1得点1三振
LF 西崎   4打数2安打 2得点1四球
SS 木村   5打数2安打 1打点2得点
C 新沼   5打数2安打 1打点1得点
P 村西   1打数1安打 1打点2得点1四球
H 呉本   1打数0安打
P 宇高   打席機会なし
P 岡本   打席機会なし

<投手成績>
<ヤクルト>
     回   打 安 四 三 失 自
●佐藤秀 3 1/3 21 7 2 2 6 6
 小森   1/3 7 4 1 0 3 6
 前田  1 1/3 7 3 0 0 4 0
 花田  1   3 0 1 0 0 0
 吉川  2   6 0 0 0 0 0

<湘南>
     回   打 安 四 三 失 自
○村西  6  25 5 2 5 3 3
 宇高   1/3 5 2 2 0 3 3
 岡本  3 1/3 12 2 1 7 0 0
 

<個人評・総評>
<湘南>
■村西哲幸(湘)
先週同様、速球、変化球共にキレがよく完投するのではと思わせる投球を披露。
だが4回に自身も加わる長時間の攻撃の為か、5回に簡単に失点を与え、結局6回で降板。
少々残念でしたがこの交替は妥当だと思います。
投球内容は素晴らしい出来だったので、今後もこの投球を続ければ念願の一軍も見えてくるのではと思います。

■岡本直也(湘)
打線が目立った試合でしたが、個人的に一番の収穫は岡本のピッチングでした。
打者12人に対して7奪三振の好投。
一軍の中継ぎ陣に左腕がいない状況で存分にアピールした貴重な左腕。

■小池正晃(湘)
不振が続く苦しい状態が続いているが今日は先制の満塁ホームランを放つ。気分一新これから上昇を期待したい選手。

<ヤクルト>
■佐藤秀樹(ヤ)
序盤は湘南打線が打ち損じ無失点で切り抜けたが4回に捕まり大量失点。

■マーチン(ヤ)
2ランホームランを放つも、3回にはフライを落球し打者を3塁まで進めるまずい守備も披露。

本日は年に1度の中井町中央公園での開催ゲーム。
既に皆さんからの書き込みのとおり、湘南が4回に大量13点を取り試合の勝敗を早々に決めました。
この4回の攻撃は11安打を放ち1イニング最多安打、13得点はリーグタイの最多得点記録だそうです。


2004年 5月 8日 イースタンリーグ ロッテ−日本ハム(ロッテ浦和)報告者:あわてんぼーさん

 試合開始13時終了16時37分試合時間3時間37分
 球審山路1塁鈴木2塁橋本3塁山崎記録荒木
 ロッテ浦和(日本ハム5勝2敗)観衆400人

                  R H E
 
日本ハム 120 300 030 14 1
 
ロッテ  000 100 601 12 0

 勝櫻井3勝1S       本塁打 立川3号(7回左翼正田@)
 S矢野1勝1敗2S         飯山2号(8回左翼長崎@)
 負長崎1敗             渡辺4号(8回右翼長崎@)
 2塁打 渡辺(1回)今江2(2,4回)田中賢(3回)
    小谷野2(4,8回)青野(7回)
 盗塁 駒居、佐藤、喜多(9回)暴投 金森(9回)
 捕逸 田中雅(3回)
 併殺 日本ハム1 (飯山−田中賢−渡辺)8回於保
    ロッテ0
 失策 日本ハム1 紺田(9回)
    ロッテ0

1回表(ロッテ投手浅間、捕手田中雅)坪井遊ゴロ、飯山中前安打、渡辺左翼線2塁打で2,3塁、林二塁ゴロで飯山生還、小谷野二塁ゴロ(日本ハム1)
1回裏(日本ハム投手正田、捕手駒居)西岡一塁ゴロ、井上中飛、曽我部二塁ゴロ(ロッテ0)
2回表 田中賢、尾崎共に四球で1,2塁、古城遊ゴロ内野安打で満塁、駒居左前安打で田中賢生還なお満塁、坪井一塁ゴロで3−2とわたり尾崎本塁フォースアウト、飯山三塁ゴロで古城生還なお2,3塁、渡辺四球で満塁、林投ゴロ(日本ハム2)
2回裏 今江右中間2塁打、立川二塁ゴロ、ユウゴー、寺本共に三振(ロッテ0)
3回表(ロッテ投手谷)小谷野中飛、田中賢左前2塁打、尾崎三振、古城三塁ゴロ(日本ハム0)
3回裏 田中雅三振、早坂三塁ゴロ、西岡投ゴロ(ロッテ0)
4回表 駒居四球、坪井中前安打で1,2塁、飯山三前送りバント成功で2,3塁、渡辺三振、林敬遠で満塁、小谷野右翼フェンス直撃の2塁打で駒居、坪井、林生還、田中賢中飛(日本ハム3)
4回裏 井上二飛、曽我部左飛、今江左翼線2塁打、立川中前安打で今江生還、ユウゴー遊ゴロ(ロッテ1)
5回表(ロッテ投手藤井)尾崎一塁ゴロ、古城二塁ゴロ、駒居中直(日本ハム0)
5回裏寺本、田中雅共に三振、早坂二塁ゴロ(ロッテ0)
6回表(ロッテ遊撃早坂に代わり塀内)坪井四球、飯山中前安打で1,2塁、渡辺右邪飛、林右飛で1,3塁、小谷野捕ゴロ(日本ハム0)
6回裏 西岡バント安打を狙うも一塁ゴロ、井上、喜多共に三振(ロッテ0)
7回表(ロッテ投手杉原、井上に代わり左翼喜多)田中賢四球、尾崎中飛、古城左飛、駒居四球で1,2塁、坪井に代打佐藤左飛(日本ハム0)
7回裏(日本ハム右翼佐藤)今江右飛、立川左翼越え本塁打、ユウゴー右前安打、寺本に代打垣内左前安打で1,2塁、田中雅四球で満塁、塀内に代打青野右翼線2塁打でユウゴー、垣内生還なお2,3塁、西岡右前安打で田中雅生還なお1,3塁(日本ハム投手櫻井)喜多四球で満塁、曽我部投ゴロで1−2とわたり本塁青野フォースアウト、今江左前安打で西岡、喜多生還も7−2−5とわたり3塁曽我部タッチアウト(ロッテ6)
8回表(ロッテ投手長崎、二塁から遊撃西岡、右翼於保、二塁青野)飯山左翼越え本塁打、渡辺右翼越え本塁打、林左飛、小谷野左中間2塁打(ロッテ投手セラフィニ)田中賢中前安打で小谷野生還、尾崎三塁ゴロで5−6とわたり2塁田中賢フォースアウト(代走紺田)古城三振(日本ハム3)
8回裏(中堅から三塁飯山、中堅紺田)立川三塁ゴロ、ユウゴーに代打澤井左前安打、於保三塁ゴロで5−4−3とわたり併殺(ロッテ0)
9回表(ロッテ一塁澤井、捕手田中雅に代わって金澤)駒居右前安打、佐藤左前安打で1,2塁、飯山の時バントの構えから空振りし走者を挟むも3塁駒居セーフで2,3塁(記録は共に盗塁)結局飯山は三振、渡辺遊ゴロ、林三振(日本ハム0)
9回裏(日本ハム投手金森)金澤左前安打、青野中前安打と中堅紺田の失策で1,3塁、西岡の時投手金森の暴投で金澤生還なお2塁、結局西岡は二塁ゴロで3塁(日本ハム投手山口)喜多四球で1,3塁(日本ハム投手矢野)曽我部の時喜多2塁盗塁成功で2,3塁、結局曽我部、今江共に遊ゴロ(ロッテ1)


   打撃成績
   日本ハム 打安点    ロッテ 打安点
  H坪 井  310  C6西 岡 511
 H9佐 藤  210   F井 上 300
 G5飯 山  532   7喜 多 000
  B渡 辺  521   G曽我部 500
  D 林   501   D今 江 532
  F小谷野  523   D立 川 422
  C田中賢  321   Bユウゴー310
  D尾 崎  300  H3澤 井 110
 R8紺 田  100   H寺 本 200
  E古 城  510   H垣 内 110
  A駒 居  311   9於 保 100
  計     40149   A田中雅 200
              2金 澤 110
              E早 坂 200
              6塀 内 000
             H4青 野 222
              R丸 山 000
              計    37127

 投手成績
 日本ハム   投回    投数 被安 四死 三振 失点 自責
 正 田    6・1  110  8  1  7  6  6
○櫻 井    1・2   23  2  1  0  1  1
 金 森     ・1    9  2  0  0  1  0
 山 口     ・0    5  0  1  0  0  0
S矢 野     ・2    6  0  0  0  0  0

 ロッテ    投回    投数 被安 四死 三振 失点 自責
 浅 間    2     46  4  3  0  3  3
  谷     2     51  3  2  2  3  3
 藤 井    2     30  1  1  0  0  0
 杉 原    1     20  0  2  0  0  0
●長 崎     ・1   18  3  0  0  3  3
 セラフィニ  1・2   35  3  0  3  0  0

 戦評
 今日の試合は両軍共ドタバタした試合になってしまったが、特にロッテの守備陣は特にドタバタ感が顕著に現れた。特に、3回田中賢の打球を遊撃と左翼が(井上と早坂)お見合いし2塁打にしてしまったり9回飯山の打席の時にバントの構えからストライクを見逃し走者をうまく誘い出したかに見えるも結局は走者を生かしてしまいピンチを広げてしまったり・・・。それと投手陣が8四球では・・・。(他にも2回立川の二塁ゴロで今江が3塁進塁できなかったというミスも痛かった。)
 一方日本ハムはそのチャンスを生かせず渡辺の遊ゴロで駒居が生還できず。それが元で9回ヒヤヒヤする羽目になってしまった。

 あわてんぼーが選ぶMVP

■飯山裕志(日)
 1犠打を含む5打数3安打2打点の大活躍。8回長崎投手から同点となる本塁打を左翼へ。
 以前このサイトに書き込んだが、私の同級生の妹と結婚し注目していたが今年頑張らないといけない。今日の活躍を糧として一軍へ昇格しヒルマン監督を喜ばせてほしい。

 注目の選手

■正田樹(日)
 日本ハムの先発投手は彼だったが味方が大量得点し、楽に投げなければならないものを調子が悪かったせいか7回に捕まり逆転を許す結果に。
 彼はここにいてはいけない選手。今日みたいなピッチングをしていては首脳陣から信頼を取り戻せず当分一軍に昇格することはないだろう。

■浅間敬太(ロ)
 彼の事は去年書き込んだが、はっきり言って今年もう少し成長するかと思ったが伸び悩んでいる。
 彼だけでなくロッテの選手全体に言えることだが練習不足は否めない気がする。
 
■藤井宏海(ロ)
 先月の21日に行われた試合で彼の事を書き込んだが、今日は結果を出したもののやはり投手としてやっていくよりも野手としてプロの道を歩んだほうがよいと思っているのは私だけであろうか?


2004年 5月 5日 イースタンリーグ 巨人−西武(長崎)報告者:@白にゃんこさん

5日 長崎市・長崎県営野球場(ビッグNスタジアム)13時試合開始
第7回戦 所沢6勝1敗
                  RHE
ライオンズ 000 002 001 50
ジャイアンツ000 000 100 60

<川 崎>●内海哲也(2勝3敗6試合、7回)木村龍治(1回)條辺剛(1回)−小田、加藤
<所 沢>○眞山龍(2勝2敗4試合、7回)青木勇人(2回)−椎木

<本塁打>
 犬 伏 1号(2ラン、内海=6回)
 中 村 4号(條辺=9回) 

<審判員>球審:深谷 一塁:牧田 二塁:萩原 三塁:西本


 ライオンズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 松坂健 410 二飛  三振    右安  三ゴ
 投 青 木 000
(二) 宮 ア 300 三振  三振    三ギ  遊ゴ
(一) 犬 伏 412 三振    右飛  左本  三振
(三) 中 村 311   右飛  三振  四球    左本
(遊) 古 屋 300   四球  三振  二併    中飛
(左)カ ズ 300   中飛    遊ゴ  三振
 右 大 友 100                 右飛
(右左)高 山 310   左2    二ゴ  死球  三振
(捕) 椎 木 310   三振    右安  三振
(投) 眞 山 300     三振      中飛
 中 高 波 000
   合 計 3053

 投手成績 回打安責
○眞山 龍 73251
 青木勇人 2710


 ジャイアンツ打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 山 田 421 死球  右飛  投ゴ  中2  中安
(遊) 岩 舘 420 四球  中安  右安  三振  三振
(右) 三 浦 500 三併  投ゴ  一飛  三ゴ  三邪
(一)  原  100 四球    四球左飛  四球
(三) 福 井 400 遊ゴ    遊飛  二ゴ三ゴ
(二) 十川孝 200   四球  三振  中飛
 投 木 村 000
打左 堀 田 100               三振
(左) 山本光 310   三振  三振  中安
 打 斉 藤 100               遊ゴ
 捕 加 藤 000
(捕) 小 田 310   遊併    中安三振
 打 野 村 100               三振
 投 條 辺 000
(投) 内 海 100     三振  三野
打二 長 田 100             四球  三振
   合 計 3161

 投手成績 回打安責
●内海哲也 72742
 木村龍治 1300
 條辺 剛 1411

<二塁打>
 高 山(2回)
 山 田(7回)

<盗 塁>
 山 田(1回)
 岩 舘(3回)

<暴 投>
 眞 山(4回)


<試合展開>
本日は見事な晴天!!
川崎先発はルーキー内海、所沢先発は眞山。

1回表(所沢)
松坂健太は初球を打ち上げ、セカンド後方のフライ。宮アは緩いカーブを見送り三振。犬伏は高めを空振り三振。

1回裏(川崎)
山田は右上腕付近に当たる死球。岩舘の3球目のときに山田が二盗成功。岩舘は結局四球。三浦はサード正面への併殺打。原は低めを見送って四球。福井は叩きつけてショート正面のゴロ。

2回表(所沢)
中村は打ち上げてライトフライ。古屋は上ずった球を見送り四球。カズは打ち上げてセンターフライ。高山は引っ張ってレフトフェンス直撃のツーベース。椎木は粘ったが空振り三振。

2回裏(川崎)
十川孝はストレートの四球。山本光は高めを空振り三振。小田はショート正面の併殺打。

3回表(所沢)
眞山は見逃しの三振。松坂健は空振り三振。宮アも空振りでこの回3者連続三振。

3回裏(川崎)
内海は見逃し三振。山田はやや詰まったライトフライ。岩舘はセカンド横を破るヒット。三浦の2球目のときに岩舘が二盗成功。三浦は結局眞山の正面へのゴロ。

4回表(所沢)
犬伏は初球を打ってライトフライ。中村は空振り三振。古屋はインハイ直球を見送り三振。

4回裏(川崎)
原は外の球を見送って四球。福井への初球が高めに逸れ、この間に原は二進。しかし福井は真上へ打ち上げてショートフライ。十川孝は際どい内角を見送り三振。山本光はインハイを空振り三振。

5回表(所沢)
この回開始前に、所沢ベンチ前では円陣が組まれる。
カズは叩きつけてショートゴロ。高山は詰まったセカンドゴロ。椎木は一、二塁間を破るライト前ヒット。眞山は空振り三振。

5回裏(川崎)
小田は詰まりながらセンター前ヒット。内海は前進してきた中村正面へのバントとなり、中村は二塁へ送球したがセーフとなる。山田は眞山の真正面へのバントで、眞山が三塁へ送球しフォースアウト。岩舘は鋭いライト前へのヒット。三浦は初球を真上に打ち上げ、ファーストフェアフライ。原は打ち上げたが、レフトのほぼ定位置。

6回表(所沢)
松坂健は2球目を打ち、ライト前のポテンヒット。宮アはサード正面の送りバント成功。犬伏はフルカウントから外角をフルスイング、レフトスタンドへ飛び込む先制2ランホームラン(所沢2−0川崎)
中村は低目を見送って四球。古屋は詰まってセカンドゴロ併殺打。

6回裏(川崎)
福井はセカンド正面のゴロ。十川はふらふらと打ち上げてセンターフライ。山本光はすくい上げてセンター前へのポテンヒット。小田は空振り三振。

7回表(所沢)
カズは空振り三振。高山は右ひじに当たる死球。椎木は外角いっぱいを見送り三振。眞山は打ち上げたがセンターフライ。

7回裏(川崎)
内海の代打長田は低目を見送り四球。山田は右中間を深々と破る二塁打で、長田は長躯本塁へ生還、1点を返す(川崎1−2所沢)
岩舘はバントの構えも見せたが、最後はアウトコースを空振り三振。三浦はサード正面のゴロで二走は釘付け。原はアウトハイを見送り四球。福井は叩きつけ、高いバウンドのサードゴロ。

8回表(所沢)川崎:投手木村
松坂健は引っ張ってサードゴロ。宮アはショート正面のゴロ。犬伏は空振り三振。

8回裏(川崎)所沢:投手青木勇、右翼手大友、左翼手高山、中堅手高波
木村の代打堀田は高めを見送り三振。山本光の代打斎藤はどん詰まりのショートゴロ。小田の代打野村はアウトハイに手が出ず見送り三振。

9回表(所沢)川崎:投手條辺、捕手加藤、左翼手堀田
中村は條辺の変わりばな初球を捉え、レフトスタンド中段へ叩き込むソロホームラン(所沢3−1川崎)
古屋も初球を打ち上げたが、センター山田がランニングキャッチ。途中出場の大友も初球を打ち上げたがライト三浦がウォーニングゾーンで捕球。高山は見送り三振。

9回裏(川崎)
長田は見送り三振。山田は打ち上げたが、センターが追いつけずヒット。岩舘は空振り三振。三浦は高々と打ち上げサードファールフライでゲームセット。
今期の川崎・所沢九州遠征は、中止1試合を除き所沢が4戦全勝で、昨年の同じ顔合わせ以来川崎が8連敗…

<注目選手 ジャイアンツ>
■内海哲也(巨)先発 7回 被安打4 失点2
球速140前半、カーブ
これまでの登板での反省から、本日は特に立ち上がりに気をつけ、早めに追い込んで勝負していくという感じ。2回表、フルカウントから椎木へ投じた球のように、カーブでカウントが取れるようになると大きいでしょう。
犬伏に投じたラストボールは、アウトコースで併殺を取ろうという球がやや高かったか。失点はこの本塁打による2点のみということで、敗戦投手にはなりましたがスタミナ限界まで良く投げました。

■岩舘学(巨)4打数2安打 2番・ショート
守備は大きなミスも無く、打っては3回裏にヒットで出塁すると、すかさず眞山のモーションを盗んで盗塁成功。打順としては下位打線での起用が多いですが、この足を見せられると上位での起用ももっと見てみたいところです。

<注目選手 ライオンズ>
■眞山龍(西)先発 7回 被安打5 失点1
球速130後半、スライダー、シュート、フォーク
立ち上がりの制球を課題としている、とのことですが本日も序盤はあまり良いとは言えず(死球、ショー
トバウンド)高めもすっぽ抜ける球あり。とはいえ、その高めの抜け球を振ってくれるという場面もありましたが。中盤はなんとか決まるようになり、直球の球威で押すような組み立てに変えたことも奏功してきました。

■松坂健太(西)4打数1安打 1番・センター
フォームはクラウチングスタイルで、石井浩郎・所沢監督のそれをほうふつとさせる。
6回の得点機の先頭打者として、低目をうまくすくい上げる打撃も見せました。

■犬伏稔昌(西)4打数1安打 打点2 3番・ファースト
一昨年、昨年と活躍し優勝にも貢献。
長打力は健在でした。6回表、内海のアウトコース、やや高い球をフルスイングし、打球は放物線を描いてスタンドへ吸い込まれる、均衡を破る先制2ランとなりました。
このまま確実性を増し、代打の切り札として1軍復帰したいところ。


2004年 5月 5日 ウエスタンリーグ 中日−近鉄(ナゴヤ)報告者:にこ坊さん

どうもにこ坊です。GWも最終日となってしまいました…、本当なら昨日も行くつもりだったのですが残念ながら雨で中止。結局GWは一試合だけの観戦だけでした。試合の方はさすがにGW、いつもの休日より多くの人が来ていました。試合内容も9回裏に中日が追いつき、結局は引き分けましたがとても盛り上った試合でした。


5月5日 ナゴヤ球場 対大阪近鉄戦

            R H E
近鉄|003|000|000|0|3 9 2
中日|002|000|001|0|3 9 0


勝:− 負:− S:
HR:山下(朝倉)

投手
大阪近鉄 回 打者 被安打 奪三振 四死球 失点
山村   6 28  6   2   2   2
有銘   1/3  2  0   0   1   0
朝井   2/3  2  0   2   0   0
カラスコ 1  3  0   0   1   0
岡本   1/3  2  1   0   0   0
関口   1/3  2  0   0   1   0
宮本  11/3  6  2   1   0   1

中日  回 打者 被安打 奪三振 四死球 失点
朝倉  5 23  5   5   4   3
山北  1  3  0   1   0   0
正津  1  6  1   1   2   0
川岸  1  4  1   1   0   0
チェン 2  8  2   4   0   0


大阪近鉄   @  A  B  C  D  E  F  G  H  I
(中) 坂口 右安 一ゴ    二ゴ       四球    三振
(右) 森谷 三振    三振 一ゴ       左安    三振
(左) 大西 三振    四球    右飛    中飛    中安
(一三)山下 一ゴ    左本    右安    四球    遊ゴ
(三) 永池    四球 二ゴ    二併    右飛       中安
走  井戸
二  中本
(遊) 山崎    右邪 四球       二飛    三振    投犠
(二) 筧     右安 中三       三振    二ゴ
打一 三木                            三振
(補) 鈴木    四球 遊ゴ       三ゴ    左安    三振
(投) 山村    三振    三振
打  松田                   三振
投  有銘
投  朝井
打  近澤                      三ゴ
投 カラスコ
投 岡本
投 関口
投 宮本

中日     @  A  B  C  D  E  F  G  H  I
(遊)仲沢  三飛    遊失 左安    左飛       左飛
(中)関川  左飛    右飛 中飛       四球    四球
(二)善村  右安    右安 二ゴ       二ゴ    左飛
(左)中村  遊ゴ    左安    中飛    三振    左安
(一)高橋光    遊飛 左安    左飛    三振    一邪
(右)幕田     三振 死球    左飛       一ゴ    遊ゴ
(三)筒井壮    遊失 中飛       中飛    四球
走 都築
補 前田章                            三振
(補)清水     遊ゴ    四球
打補中野                 中飛    右飛
投 チェン
打 桜井                             右安
(投)朝倉        遊ゴ 三振
投 山北                 二安
走 湊川
投 正津
投 川岸
三 前田新                         左安 三直

エラー:近・山崎(2・3回)
盗塁:中・湊川(6回)近・坂口(1回)
盗塁死:中・都築(8回)

得点経過
3回表 山下 レフトにツーランホームラン(2)
    筧 センターオーバーのスリーベースヒット(1)
3回裏 中村 レフト前ヒット(1)
    高橋光 レフト前ヒット(1)
9回裏 中村 レフト前ヒット(1)


気になる選手たち
■中村公治[No.25](中)
今日も4番に座り大きな当りは無いものの、勝負強い打撃を見せてくれました。
代打でも良いので一度一軍で見て見たいものです。

■仲沢忠厚[No.53](中)
ヒットは一本だけでしたがいい当たりが出ていました。
今日は課題の守備も無難にこなしていました。

■朝倉健太[No.18](中)
昨年までのすりあし投法をやめ、今年からは足を二回上げる二段モーションになって初めて生で見ましたが昨年までの迫力が無くなった様に感じました。また、今日の投球は直球が平均145kを超えていたものの全体的に高く、コントロールも悪かったです。

■陳偉殷(チェンウェイン)[No.74](中)
直球は平均140k前半とそれ程速くは無いものの切れがあり、今日はその直球で押しまくり4奪三振と好投しました。ただ、押しまくって直球が真ん中に行く事があり危ないなと思いました。

▼以下当掲示板上でにこ坊さんに追加する形で陳偉殷のお話を画像付きで説明して頂きました。<
本当に有り難うございますby健一@管理人

3.■陳偉殷(チェンウェイン)(中) 投稿者:健一  投稿日: 5月 6日(木)21時30分14秒

>にこ坊さんへ
陳偉殷(中)考察有り難うございました。コメントと画像で非常に分かり易かったです(^^)。そうですか真上から投げ下ろすフォームなんですね。ストレートはまずまずとのことですから変化球のキレやブレーキ、そしてコンビネーションはては投球術が徐々に身に付いていく過程を楽しみに見守りたいですね。

気になったのは同じく台湾からオリックスへ入団した余文彬(ユウェンピン)投手のことがあったのです。この投手も有望と目されていましたが、右肘内側足幅靱帯の故障もありわずか一年@「2002年」のみで解雇されました(2軍成績:6試合 0勝 0敗 0S 7回2/3 9安打 0HR 1四球 2三振 3失点 2自責点 防御率2.35)。

獲得時のコメントとして『直球は最速146km/hでスライダー、フォーク、シンカーと多彩な変化球も魅力。高校から投手に転向したため使い減りしていない肩、未完成ながら将来性豊かな右腕』と高く契約金4,000万円、年俸800万円だってそれに相応しい金額…それが一年のみとは(現在は台湾に戻り興農ブルズ在籍)。もう少し見守っても良かったんじゃないかなあとも思った次第です。それで陳偉殷はどういった感じかなと気になっていました。<本腰で育成して欲しいですね。

あと画像ですが「みんなのファーム観てある記」にアップさせて頂きますね!竜党の方達も謎の陳偉殷のイメージが形作られたかも知れません。重ね重ね有り難うございます。
2.陳偉殷投手(チェン投手)について 投稿者:にこ坊  投稿日: 5月 6日(木)00時33分20秒

>健一さんへ
こちらこそ、どうもです。陳偉殷投手(チェン投手)ですが今中投手のようなとの評がありましたが、個人的には今中投手への思い入れがありすぎて違うなと思ってます。
やはり150kの直球と90kのスローカーブの今中投手は二度と出てこない気がするので…。
話が逸れてしまいましたが陳偉殷投手ですが、投げ方は上からですね。変化球は今日見た限りではカーブとスライダーを投げていたようです。今日はカーブはあまり投げてなかったのですがこれはと思うものは無かったです。スライダーはコーナーに決まっていました。が、あくまで今日は変化球は見せ球で直球勝負だったようです。
前記の寸評で直球がそれ程速くないと書きましたが良く考えてみるとまだ高卒でした。そう考えると十分な速球ですね。ただ今日は速球派が多くそう感じたのかもしれません。
(朝倉148k、カラスコ152k、宮本148k)

中日は若手の左腕がいないので物凄い期待しています。郭源治のようになれば最高ですよ。
将来は高橋聡文と左腕コンビとして活躍して欲しいです。

陳偉殷投手のフォームですが連続写真風にとってあるので載せておきます。

1.■陳偉殷(チェン・ウェイン)(中)/皆さん情報提供有り難うございます(^^) 投稿者:健一  投稿日: 5月 5日(水)22時22分29秒

>にこ坊さんへ
いつもお世話になっております。以前以下の陳偉殷獲得の情報から特に情報のない左腕ですが、選手評を拝見しますに、鋭い腕の振りから伸びのあるストレートをグイグイ放る野性味ある投手(まだ投球術云々はないのかな)…という印象を感じました。<まだイニングも少ないですが奪三振率高いそうですね、本日も含めて。

さてその陳偉殷は実際どのような左腕なのでしょうか?西川球団社長曰く「今中慎二投手のようなタイプだと聞いている」と触れていましたが、投球フォームは真上から投げ下ろしていました?(まさかスリークォーター気味?)多彩な変化球を放るとも聞いていますが、実際はカーブを中心に他はどうでした? 気が早いですが、郭源治(中)のような息の長い投手になって欲しいですね(^^)。


>■中日が台湾アマ左腕獲得
>中日が2月1日台湾アマ野球界の左腕陳偉殷(チェン・ウェイン)投手(18歳)
>を獲得したと発表したそうです(182cm、80kg、左投左打)。契約は1年で8,400
>万円、年俸1,200万円とのこと。西川球団社長曰く「今中慎二投手のようなタイプ
>だと聞いている。将来の柱として期待している」とファンもワクワクするような
>コメント(笑)。#今中慎二だとさ!!

>中日は昨年からマークしていたが、台湾では大学卒業と同時に2年の兵役が義務
>付けられているため獲得方法を画策していた結果が今だったようです。どんなフ
>ォームなのかも分からないのですが、楽しみな左腕ですねえ。育成重視でいくの
>でしょうから2軍戦で見る機会があると良いなあ。

2004年 5月 4日 イースタンリーグ 湘南−日本ハム(平塚)報告者:メカゴジラさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

メカゴジラさん編

 開幕以来の湘南戦を見に行きました。天気が雨・薄日・天気雨・超強風と、ハチャメチャでしたが、試合もなかなかハチャメチャでした。

イースタンリーグ公式戦 平塚球場 観客941人/審判:橋本・山崎・山路・鈴木
          H E
‖000800410‖13 17 3 勝ち投手 ループ 
‖100011001‖ 4 9 2 負け投手 東 本塁打 小池A 呉本@ 

得点経過
1回裏 田中充タイムリー
4回表 阿久根タイムリー 佐藤2点タイムリー3塁打 稲田タイムリー
    田中賢タイムリー 渡辺孝タイムリー 林タイムリー 
    阿久根タイムリー
5回裏 田中充併殺打
6回裏 小池HR
7回表 紺田四球 渡辺孝四球 阿久根2点タイムリー
8回表 西崎パスボール
9回裏 呉本HR   

 SS     1回2回3回4回5回6回  7回8回9回
(8)田中一 四球  二ゴ一ゴ  遊ゴ    左飛
(64) 福本  右飛  左安  右安二飛
 H 武山                    遊ゴ
(56)吉村  死球  一飛  中安    三ゴ  遊失
(3)七野  投ゴ  三飛  遊失    三振  三振
(9)田中充 左安@ 中安  遊併    三振
(2) 鶴岡    四球  右飛遊ゴ    
 2 西崎                  三振
(7) 小池    三振  四球  左本@   中飛
(4)野中    二ゴ  二ゴ  三振
 1 土居
 1 山田
 H 新沼                  二ゴ
 1 千葉
 (1)東     一ゴ
 1 岡本
 H 小川        遊安
 1 宇高
 H65木村           右安
 5 呉本                     右本@

 投手    回     打 被安 四 暴 本 振 失 責
 東     3 0/3    17  6  3  0  0  0  5  4
 岡本    1       8  5  0  1  0  0  3  3
 宇高    2       8  2  0  0  0  2  0  0
 土居    1       9  2  4  0  0  3  4  4
 山田    1       6  0  2  0  0  3  1  0
 千葉    1       6  2  1  0  0  2  0  0
       9      54  17  10  0  0 10 13 11


F
      1回2回3回4回    5回6回7回 8回9回
(4)田中賢 四球  四球   左安@二ゴ  三振 四球
(8)紺田  二併  左飛   一安   三振四球@三振
(3)渡辺孝 左安    四球 右安@  右安四球@三振
(5)林   投ゴ    左2 右安@  遊飛三振
5 山田憲                      右安
(7)阿久根   中飛  右安@右安@  中安中安A
7 飯山                        三振
(9)佐藤    左安  中3A二飛   二ゴ三振   投安
(2)鶴岡    一併
H6 稲田        中安@左飛     四球 遊失四球
(6)尾崎      右飛   二失  
2 駒居              三振  右安 四球三振
(1)ループ     遊ゴ   投ゴ 遊ゴ
1 矢野 
H 池田                  四球
1 清水                     三振
H 小谷野                      中飛
1 武田

投手    回     打 被安 四 暴 本 振 失 責
ループ   5      24  6  4  0  0  1  2  1
矢野    1      5  2  0  0  1  1  1  1
清水    2      6  0  0  0  0  3  0  0
武田    1      5  1  0  0  1  1  1  1
      9      40  9  4  0  2  6  4  3

その他
盗塁 田中一(1回2−2打者吉村)
    野中(2回初球 打者東)
捕殺 阿久根(1回田中充の安打:2塁ランナー本塁死)
    紺田(3回田中充の安打:2塁ランナー本塁死)
暴投  岡本(4回一死1・2塁0−1から)
パスボール 西崎(二死満塁1−0から)

記録に載らないプレー
1裏 投ゴ (七野) −二死2・3塁
4表 右安@(阿久根)−無死1・3塁
   中3A(佐藤) −中前安打を田中一が後逸(失策にはならず)
   投ゴ (ループ)−バント失敗
   左安@(田中賢)−一死1・3塁
   一安 (紺田) −ベースカバーミスー一死満塁
   右安@(渡辺孝)−逆風のポテンヒット
5裏 遊併 (田中充)−この間1点―2死3塁
6裏 遊ゴ (田中賢)−一死1塁
7表 中安A(阿久根)−二死1・2塁
8表 遊失 (稲田) −無死2塁
9表 投安 (佐藤) −ボテボテ
   中飛 (小谷野)−田中一ファインプレー


メカゴジラの気になった選手
■東和政(湘)
3回までは打たせて取るピッチング。しかし4回は味方のミスもありあれよあれよと点が入ってました。どうしちゃったのか・・・悔やまれますね。

■ループ(日)
4四球でしたが荒れ球が功を奏し2失点。ハムの事情というのは分かりませんが、1軍に行っていいと思います。

■阿久根鋼吉(日)
今日の日ハム打線はみんな打っていたんですが、4安打4打点のこの選手が今日のMVPでしょうか。シングルが多かった日ハム打線は手がつけられなかったです。

■清水章夫(日)
今日は打線が目立つゲームでしたが清水の2イニングを完全に締め勝負をつけました。今日の内容は申し分なかったのではないでしょうか。

■呉本成徳(湘)
湘南の明るい話題はこれだけでしょうか。ついに出たプロ初HRは風に乗ったライトへの流し打ちでした。チャンスに強くなって欲しいですね。

感想
天気が悪い中、開幕以来の観戦でした。南・谷口の昇格で更にメンバーが手薄だったとはいえ、最下位なんだなーと実感してしまう試合でした。まるで去年のベイスターズ・・・。また今日は高校生以下が無料でした。GWということもありプロモーション活動の一環だとは思いますが、注目されるには、もう少し勝ってまずは5割を目指して欲しいです!



ふんぼるとさん編

2004年5月4日 日本ハム−湘南 8回戦

G平塚(日本ハム5勝3敗)

 
日本ハム 000 800 410│13
 
湘  南 100 011 001│
 
 勝 ループ 1勝2敗0S 登板3
 負  東  2勝2敗0S 登板6

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回   4回   5回 6回 7回 8回 9回
  C 田中賢 311 四球    四球    左安 二ゴ    空振 四球
  G 紺 田 511 二併    左飛    一安    空振 四球 空振
  B 渡 邉 432 左安       四球 右安    右安 四球 空振
  D  林  521 投ゴ       左2 右安    遊飛 空振
  5 山田憲 110                            右安
  F 阿久根 544    中飛    右安 右安    中安 中安
  7 飯 山 100                            空振
  H 佐 藤 632    左安    中3 二飛    二ゴ 空振    投安
  A 鶴 岡 100    一併
  H6稲 田 311          中安 左飛       四球 遊失 四球
  E 尾 崎 200       右飛 二失
  2 駒 居 310                空振    右安 四球 空振
  @ ループ 300       遊ゴ 投ゴ    遊ゴ
  1 矢 野 000
  H 池 田 000                      四球
  1 清 水 100                         見振
  H 小谷野 100                            中飛
  1 武 田 000
  犠盗失併残─────
  003114 441712

       回 打安振球責
  ○ループ 5 246141
   矢 野 1 52101
   清 水 2 60300
   武 田 1 51101

 【湘 南】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 田中一 400 四球    二ゴ 一ゴ    遊ゴ       左飛
  E4福 本 420 右飛    左安    右安 二邪
  H 武 山 100                         遊ゴ
  D6吉 村 410 死球    一飛    中安    三ゴ    遊失
  B 七 野 500 投ゴ    三失    遊失    空振    空振
  H 田中充 421 左安    中安    遊併    見振
  A 鶴 岡 200    四球    右飛 遊ゴ
  2 西 崎 100                      空振
  F 小 池 311    空振    四球    左本    中飛
  C 野 中 300    二ゴ    一ゴ    空振
  1 土 居 000
  1 山 田 000
  H 新 沼 100                      二ゴ
  1 千 葉 000
  @  東  100    一ゴ
  1 岡 本 000
  H 小 川 110          遊安
  1 宇 高 000
  H65
    木 村 110                右安
  5 呉 本 111                         右本
  犠盗失併残─────
  02229 3693

       回   打安振球責
  ● 東  30/3 176035
   岡 本 1   85002
   宇 高 2   82200
   土 居 1   92344
   山 田 1   60320
   千 葉 1   62210

  ※球場到着が1回終了時だったため、1回のデータはせとさんに教えて頂きました。
   せとさん、ありがちょ。


  本塁打  小 池(湘)2号@ (6回 矢野)
       呉 本(湘)1号@ (9回 武田)
  三塁打  佐 藤(日)    (4回 東 タイムリー)
  二塁打   林 (日)    (4回 東)
  犠打失  ループ(日)    (4回 無死1、2塁 投ゴロで2走の稲田が三塁封殺)
  盗 塁  田中一(湘)    (1回 捕手は鶴岡 打者は吉村 二盗成功)
       野 中(湘)    (2回 捕手は鶴岡 打者は東 二盗成功)
  失 策   林 (日)    (3回 七野の三ゴロがファンブル)
       野 中(湘)    (4回 尾崎の二ゴロをファンブル)
       稲 田(日)    (5回 七野の遊ゴロをファンブル)
       吉 村(湘)    (8回 稲田の遊ゴロを弾く 打者走者の稲田が二進)
       稲 田(日)    (9回 吉村の遊ゴロを弾く)
  走塁死  吉 村(湘)    (1回 2走として田中充の左前打で本塁突入も憤死)
       福 本(湘)    (3回 2走として田中充の中前打で本塁突入も憤死 紺
                    田−鶴岡)
  暴 投  岡 本(湘)    (4回 1死1、2塁 2走の尾崎が三進、1走のループ
                    が二進 打者は田中賢)
       山 田(湘)    (8回 2死満塁 3走の稲田がホームイン、2走の駒居
                    が三進、1走の田中賢が二進)
  併 殺  湘 南      (1回 紺田 無死1塁 野中−福本−七野)
       湘 南      (2回 鶴岡 1死1塁 七野−福本−東)
       日本ハム     (5回 田中充 無死満塁 稲田−稲田−渡邉)

  PL:橋本 1B:山崎 2B:山路 3B:鈴木 公式記録:生原
  時間 3時間36分ぐらい(■:■〜16:36)
  観衆 941人

得点経過
 1回裏(湘) 2死2、3塁から田中充が三遊間を破る左前打       湘  南1点目
 4回表(日) 無死2、3塁から阿久根が一、二塁間を破る右前打     日本ハム1点目
       無死1、3塁から佐藤が中前スリーベース         日本ハム3点目
       無死3塁から稲田が二遊間を破る中前打          日本ハム4点目
       1死2、3塁から田中賢が左前打             日本ハム5点目
       1死満塁から渡邉が高い当たりで右前にポトリ落ちるヒット 日本ハム6点目
       1死満塁から林が右前打                 日本ハム7点目
       1死満塁から阿久根が右前打               日本ハム8点目
 5回裏(湘) 無死満塁から田中充の併殺打の間に            湘  南2点目
 6回裏(湘) 無死無走者から小池が左越えソロホームラン        湘  南3点目
 7回表(日) 1死満塁から紺田が押し出しの四球を選び         日本ハム9点目
       1死満塁から渡邉が押し出しの四球を選び         日本ハム10点目
       2死満塁から阿久根が中前打               日本ハム12点目
 8回表(日) 2死満塁から山田が暴投                 日本ハム13点目
 9回裏(湘) 無死無走者から呉本がライトポール際へソロホームラン   湘  南4点目


戦評
 厚い雲が立ち混め、試合終了まで小雨が降ったり止んだりの空模様。
 試合の方は湘南がここまで上でも下でも背信の投球を続けているループを攻め1点を先制す
 るが(←見ていないのでアッサリ)、先発の東が4回に無死1、3塁のピンチをつくると日本
 ハム打線の打球がことごとく前進守備の野手の間を抜く不運で4点を失い降板、後を受けた
 岡本も勢いを止めることができず5連打を浴びるなど日本ハムに打者13人で8点を奪われ試
 合を決定付けられる。その後も押し出して追加点を奪われるなど終わってみれば13点を奪わ
 れ惨敗。その中で呉本がうれしいプロ初ホームラン。

選評
 ループ(日) 5回を投げ1奪三振と明らかに技巧派。今日も先制を許すが2個の本塁憤死と
       大量点に守られてなんとか初勝利。ただ、安心して見ていられる投球内容では
       ない。

 阿久根(日) 昨日は1−3のカウントでフォアボールと勘違いし一塁へ行こうとするボケを
       かましてくれたが(途中でボークを挟んだため)、今日は面目躍如の4安打4打
       点の活躍。

 武 田(日) 呉本に一発を浴びるも復調の気配。特に七野から空振り三振を奪ったストレー
       トには勢いが感じられた。

 矢 野(日) 何だかオーソドックスなフォームに。今日はストレートのコントロールは今一
       つだったが、カーブのコントロールは良かった。


 岡 本(湘) セットポジションに入るときに右足を前に軽く上げてからセットに入る。3回
       まで東が好投してたためスクランブル的な救援になってしまったが5連打を浴
       びるなど今一つ。

 宇 高(湘) サブマリン。ランナーがいないときはワインドアップして止まりかけ、左足を
       上げて止まりかける3段モーション風の投球フォーム。サブマリン独特の球の
       軌道に日本ハム打線も手こずっていた。見てるだけで楽しい。

 土 居(湘) 腕が体より遅れて出てくるため、球の出所が見にくい。今日はストレートのコ
       ントロールが全然ダメで2個の押し出しを含む4四球。しかし、空振り三振も
       3個奪っており、球自体は悪くなかった。

 野 中(湘) 4回の1死1、3塁の紺田の打席。紺田のファーストへのボテボテの当たりに
       誰もファーストベースカバーに行かなかったため紺田はセーフに(記録は内野
       安打)。セカンドの野中が行くんじゃないのかな?

 田中一(湘) 4回の佐藤の中前への当たりを後に逸らし三塁打にしてしまう。突っ込み過ぎ


2004年 5月 4日 イースタンリーグ 巨人−西武(大分)報告者:@白にゃんこさん

4日 大分市・新大分球場 13時試合開始
第6回戦 所沢5勝1敗
                   RHE
ライオンズ  450 002 001 12160
ジャイアンツ 010 110 001 101

<川 崎>●南和彰(1勝2敗10試合)山本賢寿、十川雄二、河本育之−加藤、野村
<所 沢>○鳥谷部健一(3勝1敗5試合)土肥義弘、松川誉弘、竹内和也−上本

<本塁打>
 中 村 2号(3ラン、南=1回)
     3号(3ラン、南=2回)
 古 屋 3号(南=2回)
 山本光 1号(鳥谷部=2回)
     2号(鳥谷部=5回)
  原  5号(鳥谷部=4回)
 大 友 2号(山本賢=6回)

 ライオンズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二)宮 ア 300 三振死球二ゴ  右飛  四球
 一 犬 伏 100
(中) 高 波 210 四球一ギ左安  三ゴ
 中 松坂健 100             遊併
(右) 大 友 321 右安四球遊ゴ    右本
一二 カ ズ 111             四球
(左) 玉 野 510 死球二直  三ゴ  三振
(一) 石井義 322 中犠一安  三振  二安
 投 土 肥 000
 打 春 日 100               三振
 投 松 川 000
 投 竹 内 000
(三) 中 村 436 左本左本  左2  四球  三ゴ
(遊) 古 屋 331 左安中本
走遊 黒 瀬 200           遊失  三振
(捕) 上 本 420 四球二ゴ      右安    左安
(投)鳥谷部 310 右安  三振  三振
打右 高 山 200           右飛    投ゴ※
   合 計 381611

 ※9回表1死で放送終了

 投手成績  回 打安責
○鳥谷部健一 5 2263
 土肥 義弘 2 820
 松川 誉弘 1 400
 竹内 和也 1 621

ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 山 田 310 左安  投併  四球  左飛
(二) 長 田 200 三振  三振
 打 斉 藤 100         三振
 二 十川孝 210             中安
(右) 三 浦 521 三振    遊ゴ左安  三振
(一)  原  511 三振    左本二ゴ    三ゴ
(三) 吉 川 300   右直      三振  四球
(捕) 加 藤 100   左飛
 投 山本賢 100       右飛
 打 堀 田 100           三振
 投 十川雄 000
 打 矢 野 100               中飛
 投 河 本 000
(左) 山本光 422   左本    左本左飛  三ゴ
(遊) 岩 舘 410   中直    二飛  三振
(投)  南  000
打捕 野 村 320     四球  左2  中安
   合 計 36104

 投手成績 回 打安責
●南 和彰 3 2189
 山本賢寿 3 1551
 十川雄二 2 700
 河本育之 1 631

<二塁打>
 中 村(4回)
 野 村(5回)

<盗 塁>
 山 田(1回)

<失 策>
  原 (6回)

<暴 投>
 鳥谷部(1回)
 山本賢(6回)

新大分球場のプロフィール
80年3月開設。翌年には照明設備が備わる。1989年以来プロ野球1軍公式戦未開催。
両翼91m、中堅120m、収容人員27000人。
スコアボードは磁気反転式、点数部分は電工式。

<試合展開>
1回表(所沢)
先頭の宮アは、ハーフスイングだったがスイングの判定で三振。高波は四球。大友はライナー性の当たりでライト前へ運ぶヒット。玉野はインコースの初球が左腕に当たったことをアピールし死球。石井義人は高々と打ち上げ、センターへの犠牲フライとなり1点先制(所沢1−0川崎)
中村は1−3からの5球目を鋭く打ち返し、左中間スタンド中段へ叩き込む豪快な3ラン(所沢4−0川崎)
古屋の打球は、レフト山本光将がダッシュして捕球しようとしたが捕りそこねヒット。上本は低めのきわどい所を見送って四球。肩を作り終え、打順がめぐってきた鳥谷部は詰まりながらも一、二塁間を破るヒットで、外野から素早く返球が戻り、走者が飛び出していたのを見てすぐに2→6→5と渡り、三走タッチアウト。

1回裏(川崎)
山田はレフト前へ弾き返すヒット。長田はアウトハイ直球を空振り三振。三浦もアウトハイ直球を見送り三振。原の3球目のときに山田が二盗成功。5球目を上本が弾いた間に三進。しかし原は内角チェンジアップを空振り三振。

2回表(所沢)
2打席目の宮アは、身体を回転させて球をかわそうとしたが背番号「43」の4の下付近に当たる死球。高波は三塁線へ転がし、バント成功。大友はインローを見送って四球。玉野は詰まったセカンド正面のライナーで、すぐに二塁送球したが併殺はならず。石井義はファースト深い位置へのゴロで、原が体制を崩して送球したが内野安打となりこの間に宮アが生還、1点を追加(所沢5−0川崎)
先ほど3ランを放った中村は、今度はインハイを見逃さず、1発目より左寄りのスタンド最上段に飛び込む2打席連続アーチ(所沢8−0川崎)
古屋は気落ちした南から、真ん中高めを高々と打ち上げセンターバックスクリーンへ放り込む2者連続アーチ(所沢9−0川崎)
上本は詰まったセカンドゴロ。

2回裏(川崎)
吉川はライト頭上を襲おうかという当たりだったが、大友が懸命に走りながらキャッチ。加藤は力なくレフトフライ。今期初スタメンの山本光将は、フルカウントからインハイ直球を鋭く打ち返し、先ほど中村が打ち込んだのに近い位置に叩き込むソロホームラン(川崎1−9所沢)
岩舘の当たりは高波が前進しながらのセンターライナー。

3回表(所沢)
鳥谷部はほとんど打つ気が無く空振り三振。早くも3打席目の宮アは、フルカウントから詰まらされたセカンドゴロ。高波はレフト前へ運ぶヒット。大友はショート正面のゴロ。

3回裏(川崎)
南の代打野村は、直球を見送り四球。山田は鳥谷部への正面で併殺打。長田は低めへ落ちる球に空振り三振。

4回表(所沢)川崎:投手山本賢 捕手野村
玉野は詰まったサードゴロ。石井義人はスイングの判定で三振。中村はあとひと伸びで3打席連続か、というほど伸びて左中間を破る二塁打。古屋の当たりはショート岩舘の正面だったが、ボールが手につかず内野安打となる。石井義は真上に打ち上げて野村がマスクを捨ててキャッチ。

4回裏(川崎)所沢:遊撃手黒瀬
三浦は代わったばかりの黒瀬の正面へのゴロ。原は高々と打ち上げ、レフトスタンドを飛び越え場外へ消える一発となる(川崎2−9所沢)
吉川は一塁線ファールゾーン付近へ打ち上げ、石井義が背面キャッチ。山本賢は野手顔負けに打ち上げたが詰まっておりライトフライ。

5回表(所沢)
鳥谷部はフルスイングで空振り三振。宮アはふわりと打ち上げたが三浦がランニングキャッチ。高波は詰まったサードゴロ。

5回裏(川崎)
山本光は鳥谷部のインハイを鋭く打ち返し、レフトスタンド中段へ飛び込む2打席連続アーチ(川崎3−9所沢)
岩舘は詰まってセカンド後方のフライ。途中出場の野村は三塁線を痛烈に破るツーベース。山田は低めを見送って四球。チャンスで登場の代打斎藤は、鳥谷部の直球に空振り三振。三浦は三遊間を破るヒット。
原は詰まったセカンドゴロ。

6回表(所沢)川崎:二塁手十川孝
大友は直球を打ち返し、ライトスタンドへライナーで吸い込まれるソロホームラン(所沢10−3川崎)
玉野は低めを空振り三振。石井義はセカンド深いところで、十川がセカンドへ送球したがこれがライト方向へ逸れ内野安打。中村への3球目が大きくバウンドする間に、石井義は二塁へ進み、さらに野村が処理にもたつく間に一気に三塁を陥れる。中村は結局四球。黒瀬はショート正面のゴロで併殺コースだったが原が送球を前にこぼしており、この間に三走生還で追加点(所沢11−3川崎)
上本はゴロでライト前へ抜けていくヒット。代打高山はセンター・ライトが捕りにいき、最後はライト三浦が捕球。

6回裏(川崎)所沢:投手土肥、一塁手カズ、中堅手松坂健、右翼手高山
吉川は空振り三振。代打堀田は空振り三振。2打席連続アーチを放った山本光は詰まったレフトフライ。

7回表(所沢)川崎:投手十川雄
宮アは低めを見送って四球。松坂健はたたきつけてショートゴロ併殺打。カズは高めを見送って四球。玉野は空振り三振。

7回裏(川崎)
岩舘はスイングの判定で空振り三振。野村は低目をすくい上げ、左中間へ運んでいくヒット。山田は力なくレフトフライ。十川孝は三遊間を痛烈に破るヒット。三浦は空振り三振。

8回表(所沢)
代打春日は空振り三振。中村は引っ張ったがサード正面のゴロ。黒瀬は空振り三振。

8回裏(川崎)所沢:投手松川、一塁手犬伏、二塁手カズ
原はサード正面のゴロ。吉川は高めを見送って四球。代打矢野は打ち上げてセンターフライ。山本光はサード正面の当たりでセカンドフォースアウト。

9回表(所沢)川崎:投手河本
上本はレフト前ヒット。続く高山は投手正面でセカンドフォースアウト、ここで放送は終了。

<選手寸評 ジャイアンツ>
■南和彰(巨)先発 3回 被安打8 失点9
前回(4月28日 川崎−湘南第3回戦)以来の先発
アウトコース(左打者インコース)への制球が本日は特に悪い。
ランナーを背負わなければ安定感も見えるものの、本日は初回から走者を背負う展開となり焦りも出たのか、加藤がしきりに「低く!」と指示を送っていたにもかかわらず、中村への2球、続く古屋への投球といずれも高めに甘く入ったものを痛打されてしまいました。
今後の起用はまだ不透明ですが、前回に通じる結果を残せばローテも窺えたところ、これでは中継ぎ「降格」も止むを得ないか。

■山田真介(巨)3打数1安打 1番・センター
最近スタメンに名を連ねることが多いですが、本日もトップバッターということで思い切りよくヒットで出塁、盗塁も決めました。得点に繋がらなかったとはいえこの積極性は買いたいものです。後の打席、守備機会での活躍があまり無かったのが残念。

■山本光将(巨)4打数2安打 打点2 
「九州のカブレラ」の異名を持ち、故障も経験しながらイースタンで活躍。地元選手として試合前インタビューにも登場
ここまで今期はスタメン出場が無くベンチを暖めるばかりでしたが、この日は地元での試合ということもあって堂々スタメン出場、3回の第1打席、5回裏の第2打席で、持ち前の長打力を発揮し2打席連続のアーチ!!
この長打力を1軍でも発揮してほしい。


<選手寸評 ライオンズ>
■鳥谷部健一(西)先発 5回 被安打6 失点3
直球140前半(目測)シュート、チェンジアップ
1軍経験もあるだけに、本日登板のほかの若手投手と比較するとまとまっている印象。
序盤は走者を背負いながらも落ち着いたピッチングを見せていたが、試合中盤にかかり、すっぽ抜ける球が見られたり若干疲れも見える。直球も球威はあるが(斎藤へのラストボールなど)、変化球が今ひとつか。
1軍での実績も既にありますし、ライオンズ1軍は投手陣がやや手薄な状況にあるので結果を残してアピールしたい。

■中村剛也(西)4打数3安打 打点6 6番・サード
「浪速のカブレラ」巨大な体躯は一発を想起させるものがあります。
その期待にこたえて?1打席目から南の甘い球を見逃さずに一気にレフトスタンドまで運んでいく3ランホームラン、2打席目でも同じく南を捉えより引っ張っての2打席連続アーチ。所沢の9得点のうち6点をたたき出す活躍!
開幕1軍を果たしただけに、再度の昇格までアピールしていきたい。

■大友進(西)3打数2安打 打点1 3番・ライト
1打席目のヒット、そして4打席目のきれいなホームランと、いずれも右方向へ引っ張っての鋭い当たりでした。
97〜98年優勝時メンバーであり、当時共にプレーした鈴木健(ヤクルト)も活躍していますし、ぜひ1軍で再びその姿を見たい。


2004年 5月 3日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/しじゅうしさん

ふんぼるとさん編

2004年5月3日 日本ハム−ロッテ 5回戦

D鎌ヶ谷(日本ハム3勝2敗)

 
ロ ッ テ 000 110 011│
 
日本ハム 102 020 01×│
 
 勝 須 永 4勝0敗0S 登板6
 S 櫻 井 2勝0敗1S 登板6
 負 戸 部 1勝1敗0S 登板3(←中3日!?)

いつもの観戦記は他の方に期待してGW特別企画

『須永英輝(日)初先発記念・投球内容コンプリート(?)』


■須永英輝(日)投球内容

 凡例      左欄         右欄
    ○:見逃しストライク  直:ストレート
    ◎:空振りストライク  ス:スライダー
    ●:ボール       カ:カーブ
    V:ファール      チ:チェンジアップ
    −:打球

 イニング  打者          カウント           結果    イニング投球数 通算投球数
  1回  西 岡 ○直 ●直 ●カ ◎直 ●ス V直 ◎直 空振り三振
      於 保 ●直 V直 ○カ −直          レフト前ヒット
      曽我部 ○直 ◎カ ◎直             空振り三振      14球
  2回  今 江 ○直 ●ス ○カ ◎直          空振り三振
      垣 内 ●直 ●カ ◎直 ●ス ●チ       フォアボール
      ユウゴー  ○直 ●直 ◎直 V直 ○直       見逃し三振
      青 野 ◎直 ●カ V直 ○直          見逃し三振      18球     32球
  3回  田中雅 ●ス ●ス V直 ●直 V直 −直    セカンドゴロ
      早 坂 V直 ●直 −ス             セカンドゴロ
      西 岡 ◎直 ●直 ○直 V直 ●直 ◎ス    空振り三振      15球     47球
  4回  於 保 V直 ●チ ●チ −直          サードゴロ
      曽我部 ○直 ◎直 ◎直             空振り三振
      今 江 V直 ○直 ●ス −直          右越えホームラン
      垣 内 ○直 ●直 ○直 ◎直          空振り三振      15球     62球
  5回  ユウゴー  V直 ◎チ ●直 ◎直          空振り三振
      青 野 −直                   右越えホームラン
      田中雅 ○ス ●直 ●直 V直 ◎直       空振り三振
      早 坂 ●直 ○ス −直             ファーストゴロ    13球     75球

  ※球種には間違いがあります、多分(^^)。ご参考程度で。

  回 :5回
 打 者:18人
 被安打:3安打(単打1:本塁打2)
 奪三振:10個(空振り8:見逃し2)
 与四球:1個
 自責点:2点

 選評:前々回の登板は頭の腕に振り上げた腕で、前回の登板は上げた右足でタイミングを取っていたが、今日もタ
    イミングを取っていたのは右足。しかし、時間は前回の登板時の半分ぐらい。
    立ち上がりからスライダーのコントロールが悪かったためにストレート中心の組み立てだったが、そのスト
    レートが絶品。ストレートをウイニングショットに三振の山を築く。
    また2球目はボールが多いというデータが見つかってしまった(^^;






しじゅうしさん編

5/3 M−F(鎌ヶ谷球場)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロッテ 0 0 0 1 1 0 0 1 1 7 1
日ハム 1 0 2 0 2 0 0 1 × 11 0

千葉ロッテマリーンズ
守備  名前  打数 得点 安打 打点 1回  2回  3回  4回  5回  6回  7回  8回  9回
(4)6 西岡   5  0  1  0 空振      空振          空振  左二      二ゴロ
(8)  於保   5  0  1  0 右安          三ゴロ     二ゴロ 遊ゴロ     二ゴロ
(D)  曽我部  4  2  2  1 空振          空振      四球      左安  左本
(5)  今江   4  1  1  1     空振      中本      四球      空振  三ゴロ
(7)  垣内   1  0  0  0     四球      空振      四球      四球
R7  喜多   0  0  0  0
(9)  ユウゴー 2  0  0  0     三振          空振
H9  寺本   2  0  0  0                     空振      遊ゴロ 
(3)  青野   3  1  2  1     三振          右本      右安  四球 
(2)  田中雅  3  0  0  0         二ゴロ     空振      右飛
H   澤井   0  0  0  0                             死球
2   金澤   0  0  0  0
(6)  早坂   3  0  0  0         二ゴロ     一ゴロ     空振
H   立川   1  0  0  0                             中飛
4   丸山   0  0  0  0

  名前  投球回 打者  投球数 安打  本塁打 三振  四死球 失点  自責点
● 戸部  5   24   97  9   1   7   2   5   5
  田中充 1 1/3  5   13  1   0   1   0   0   0
  長崎  2/3    4   19  0   0   1   1   0   0
  鈴木  2/3    5   23  1   0   0   2   1   1
  谷   1/3    2    8  0   0   1   1   0   0

北海道日本ハムファイターズ
守備  名前  打数 得点 安打 打点 1回  2回  3回  4回  5回  6回  7回  8回
(4)  田中賢  4  2  1  0 三振      四球      右二  二直      二ゴロ
(8)  紺田   4  2  2  1 右安      投ゴロ     左安      三ゴロ 四球
(D)  渡邊   4  0  2  2 空振      左安      中安      空振  四球
(3)  林    4  1  2  2 左安      左本      四球      遊失  三振
(5)  阿久根  3  0  0  0 二ゴロ     中飛      空振      四球
(7)  小谷野  4  0  0  0     空振      投ゴロ 遊ゴロ     右飛
(9)  佐藤   3  1  1  0     中安      空振      空振      四球
(6)  稲田   3  1  1  0     左安      遊飛      遊ゴロ     投犠
(2)  鶴岡   2  0  0  0     三振          空振
2   駒居   2  0  2  1                     左安      中安

  名前  投球回 打者  投球数 安打  本塁打 三振  四死球 失点  自責点
○ 須永  5   18   75  3   2  10   1   2   2
  糸井  2 2/3 17   78  3   0   4   6   1   0
S 櫻井  1 1/3  5   16  1   1   0   0   1   1


二塁打 田中賢(日)、西岡(ロ)
本塁打 林(日)[ソロ=戸部]、今江(ロ)[ソロ=須永]、青野(ロ)[ソロ=須永]、曽我部[ソロ=櫻井]
盗塁  田中賢(日)[8回裏]〈打者紺田〉
盗塁死 佐藤(日)[2回裏] 〈打者鶴岡 ※重盗、三振ゲッツー〉
走塁死 於保(ロ)[1回表] 、渡邊(日)[3回裏]
失策  早坂(ロ)[7回裏]〈打者林〉
捕逸  駒居(日)[7回表]〈打者青野〉
ボーク 長崎(ロ)[7回裏]〈打者林〉
併殺? 鶴岡(2田中雅→5今江 ※三振ゲッツー)[2回裏]
残塁  ロ8、日10
審判員 PL 新屋、1B 山路、2B 鈴木、3B 橋本


■得点経過
1裏 M0−1F 盗塁の紺田を二塁におき、、林がレフトへタイムリー
3裏 M0−2F 田中賢介を二塁におき、渡邊がレフトにタイムリーも、本人は二塁憤死
〃  M0−3F 続く林がレフトへソロホームラン
4表 M1−3F 今江がバックスクリーン右(?)にソロホームラン
5表 M2−3F 青野が須永の初球をライトに流し打ち、ソロホームラン
5裏 M2−4F 二塁打の田中賢介をおいて、紺田がレフト前にタイムリー、送球間に本人は二進
〃  M2−5F 続く渡邊がセンター前にはじき返し1点追加
8表 M3−5F 安打と四球のランナーを一、三塁において、打者青野の時に駒居のパスボールで一人生還
8裏 M3−6F 四球の佐藤を稲田が送り、駒居がセンター前にタイムリーヒット
9表 M4−6F 曽我部がレフトスタンドにソロホームラン


■試合寸評
天気が悪く今にも雨が降り出しそうであったが、須永の先発ということもあってか球場には昨日より多くの人が訪れていた。予想通り、途中で小雨も降り出してきて、球場はかなり寒かった。
今日はなんと言っても須永のピッチングに尽きる。後に投げる糸井とは対照的な出来で、毎回奪三振の5回で10奪三振。被安打も3本、四球も1個と、大変すばらしい内容であった。

■選手寸評
■須永英輝(日)
ストライクゾーンに入った変化球は少なかったが、とにかくストレートが走っていて、5回で10奪三振。ソロホームランを2本打たれたが、四球は1個しかなくストレートのコントロールは定まっていた。これで高校生ルーキーと考えると末恐ろしい。

■糸井嘉男(日)
須永とは対照的で、結果的に1失点だったが、もっと点を取られていてもおかしくなかった。まあ、この経験を糧にしてがんばって欲しい。

■紺田敏正(日)
本日も、8回裏の二死満塁のピンチで大きなセンターフライを好捕。また打つほうでも2安打1打点と復調か?

■戸部浩(日)
中3日での当番(?)。そんなに悪くはなかったように見えたが、ファイターズ打線につかまってしまった。あまり変化球を投げていないように見えて(シュートが混じっていたのかもしれませんが)、序盤にはスライダーなどは投げていなかったような気が・・・ 5回にはうまく変化球を使って3人で抑えていたところを見ると、ストレートを狙い撃ちされていたのだろうか。

■鈴木貴志(ロ)
8回頭から登板。前の回バッテリーエラーで点を取っていたので、無失点に抑えたいところだったがあっさり1点を献上。まだ2年目とはいえ、社会人出身の25歳なので結果を残したいところだったが・・・

■田中雅彦(ロ)
7回(?)の打席に、バットにつけるおもりが外れなくなるアクシデント。他の選手のバットを急いで借りに行っていました。


2004年 5月 3日 イースタンリーグ 湘南−ヤクルト(海老名運動公園野球場)報告者:WIZさん

昨日に引き続き、同カードを観戦してきました。
本日は湘南、年に一度の海老名球場での主催ゲーム。観客数は856名。
朝から雨が降っておりましたが試合開始直前に雨も上がり、終盤には晴れ間も出て無事試合が行われました。

5/3(月) イースタンリーグ公式戦 湘南−ヤクルトスワローズ6回戦/海老名運動公園野球場(13:00開始)
<スコア>
ヤクルト 201 100 020 
湘  南 000 010 001 

<得点経過>
1回表(ヤ) 1死2塁でユウイチ、ライトスタンドへ2ラン(2点)
3回表(ヤ) 無死3塁で梶本、センターへ犠牲フライ(1点)
4回表(ヤ) 1死2・3塁で大塚、サードゴロ→本塁送球もセーフ(1点)
5回裏(湘) 1死無塁で田中充、ライトスタンドへソロホームラン(1点)
8回表(ヤ) 無死1塁で畠山、ライトスタンドへ2ランホームラン(2点)
9回裏(湘) 1死満塁で田中充、セカンドゴロの間に3塁ランナーホームイン(1点)

以下、成績については正式記録ではありませんので不備な点があるかと思います。ご了承下さい。

<打撃成績>
<ヤクルト>
CF 青木   5打数2安打 2得点
SS 梶本   3打数0安打 1打点1三振
1B ユウイチ 4打数4安打 2打点2得点1本塁打
3B 畠山   4打数2安打 2打点1得点1本塁打
LF 内田   1打数1安打 3四球1盗塁
RF 牧谷   2打数0安打 1三振
H 本郷   0打数0安打
2B 大塚   4打数1安打 1打点
P 本間   3打数0安打
P 萩原   打席機会なし 
H 久保田  1打数0安打 1三振
P 小森   打席機会なし
P 吉川   打席機会なし

<湘南>
CF   田中一  4打数0安打 1三振
SS/2B 福本   3打数2安打 1得点1四球
3B   吉村   4打数1安打 1四球
1B   七野   4打数0安打
CF   南    1打数0安打 1三振
CF   小池   3打数1安打 1三振
RF   田中充  4打数1安打 2打点1得点1本塁打
SS   木村   2打数0安打
2B   野中   0打数0安打 2四球1盗塁
C   武山   2打数0安打 2三振
H   西崎   1打数0安打 1三振
C   渡辺   1打数0安打 1三振
P   飯田   1打数0安打
P   土居   打席機会なし
H   呉本   1打数0安打
P   稲嶺   打席機会なし
P   千葉   打席機会なし
H   小川   1打数0安打
P   牛田   打席機会なし

<投手成績>
<ヤクルト>
     回  打 安 四 三 失 自
○本間  7 24 2 1 6 1 1
 萩原  1  4 0 1 1 0 0
 小森  1/3 4 3 0 0 0 1
 吉川  2/3 3 0 1 1 1 0

<湘南>
     回  打 安 四 三 失 自
●飯田  5 23 8 2 1 4 4
 土居  1  3 1 0 0 0 0
 稲嶺  1  5 2 0 1 2 2
 千葉  1  4 0 1 0 0 0
 牛田  1  3 0 0 1 0 0

<個人評・総評>
<湘南>
■飯田龍一郎(湘)
ボールが先行し、ストライクを取りに行ったところを真心に捕らえられ5回4失点の内容。
変化球でストライクが取れるよう制球をレベルアップすればそれなりの結果を残せるのではないかと思う。

■福本誠(湘)
昨日に引き続き今日も2安打、1四球で3度出塁。2本の安打は共に右方向への当たり。
セカンド、ショートに加え外野も守れるユーティリティプレーヤーとして期待。

■南竜介(湘)
腰痛の多村と入替で本日より一軍昇格。4回終了後、横浜スタジアム移動のため退く。
強肩長打が魅力の選手で、一軍の試合でぜひレーザービームを見てみたい。

<ヤクルト>
■本間忠(ヤ)
5回に田中充に本塁打を打たれるまではノーヒットノーランするのではと思わせる見事な投球。
湘南先発、飯田とは対照的にストライクが先行し変化球の制球も良かったと思う。
一軍投手陣の台所事情が厳しいだけに今後に期待したい逸材。

■ユウイチ(ヤ)
右に左にそしてセンターにと広角打法で先制2ランを含む4安打の大活躍。

■畠山和洋(ヤ)
長打力が魅力の選手。8回、ダメ押しとなる2ランをライトスタンドに放つ。


  ■掲示板@2軍愛■