【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2004年 6月 5日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(相模原)報告者:横須賀マリンさん

浦和 001 010 001 =  
湘南 100 030 00× =  

勝=土居   負=三島   セーブ=富岡

本塁打 北川(5裏無死一二塁でライトに 投手三島)
三塁打 田中充(7裏 右中間 センター於保がお手玉)
二塁打 吉村(1裏 右中間)、西岡(5表 三塁線をライナーで抜ける)
犠飛 立川(3表一死一三塁でライトに)
盗塁 西岡(3表二盗 打者於保)、今江(6表二盗 打者澤井)
盗塁死 澤井(4表二盗死 打者喜多)
走塁死 於保(3表一死一三塁 一走として立川のライト犠牲フライで飛び出し戻れず)
失策 渡辺正2(1裏無死 打者河野の二塁ベース後方へのフライを落球 河野は二塁へ)、
       (5裏無死 打者土居のボテボテのゴロを捕球し、一塁へ悪送球)
   富岡(9表無死一塁で一塁牽制悪送球 一走早坂は三進)
暴投 三島(3裏二死一塁 一走土居が二進)、土居(5表一死一塁 一走田中雅が二進)、
   富岡(9表一死三塁 三走早坂が生還)
ボーク 三島(4裏無死一塁 一走南が二進)
併殺 湘南1(3回表 南−小池 一死一三塁 打者立川のライト犠牲フライで一走於保が戻れず)
   浦和1(7回裏 塀内−西岡−澤井 一死一三塁 打者鶴岡のショートゴロ)

        打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(二) 西岡  311 空振    四球    左2@   四球    空振
(中) 於保  310 遊ゴ    左安    三ゴ       
 打中 曽我部 100                   三ゴ    
 打  ユウゴー100                         空振
(右) 立川  401 空振    右犠@      二ゴ    遊ゴ 一飛
(三) 今江  430    中安    投直    中安    中安  
(一) 澤井  310    三邪    四球    空振    中安   
(左) 喜多  200    中飛    一ゴ             
 打左 垣内  000                四球    四球
(遊) 渡辺正 210    右安       二ゴ   
 打遊 塀内  200                空振    空振 
(捕) 田中雅 410    右飛       中安    左飛 二ゴ
 投  内   000
(投) 三島  200       逃振    一ゴ
 投  山崎  000
 投  前田  000
 打  波留  100                   逃振
 投  舩木  000
 捕  杉山  000
 打  青野  110                         右安
 走  早坂  000
        3392

        回  打 安 振 球 失 責
 ●三 島   40/3 20 4 2 2 4 2
  山 崎   11/3 5 1 2 0 0 0
  前 田    2/3 2 0 0 1 0 0
  舩 木   1  3 0 1 0 0 0
   内    1  4 1 1 0 0 0

        打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 河野  410 遊失    三邪    右安    空振    
(遊)二 北川  413 投ゴ    右飛    右本B   二ゴ
(三) 吉村  311 右2@   四球    捕飛    右直    
(一) 小池  400 左飛    遊ゴ    空振       三ゴ
(右) 南   310 空振       死球 一飛       中安
(左) 田中充 410    一ゴ    投ゴ    中3    遊ゴ 
(捕) 新沼  300    三飛    空振    空振
 捕  武山  100                      空振
(二) 野中  200    二ゴ    二邪
 遊  木村  000
 打  小川  000                敬遠
 走遊 福本  000
(投) 土居  210       右安    遊失
 打  鶴岡  100                遊併
 投  河原  000
 投  谷口  000
 投  富岡  000
        3164

        回  打 安 振 球 失 責
 ○土 居   6  25 6 5 3 2 2
  河 原   1  4 0 1 1 0 0
  谷 口   1  6 2 1 1 0 0
 S富 岡   1  4 1 2 0 1 0


得点経過
1回裏 渡辺正のフライ落球から一死三塁となり、吉村が右中間へのタイムリー二塁打。
3回表 一死一三塁で立川がライトへの犠牲フライ。
5回表 二死三塁から西岡が三塁線を抜くタイムリー二塁打。
5回裏 無死一二塁で北川がライトへの3ランホームラン。
9回表 一死三塁で富岡の暴投により三走早坂が生還。

感想および選手レポ
※ マリーンズファンなのでマリーンズびいきのコメントになってしまうことをお詫びいたします。

今日はファールボールプレゼントデーで子供の大移動が凄まじかったです(苦笑)
ファールが飛ぶたびに100人近くの子供がボールに向けて駆けていました。

試合ですが今日のゲームは両チームともランナーは出すが、なかなか本塁まで帰って来れず。
よってロースコアの展開ながら試合時間は3時間半近くなる長いゲームでした。

相模原球場はグラウンドを円形の形でスタンドが囲っていて、ファールグラウンドが異様に広い球場です。
牽制悪送球で一塁走者が楽々サードまで達してしまうほどでした。


■渡辺正人(ロ)
初回、先頭打者のフライを落球。
レフトからライト方向への風が少しあったのは事実ですが、お粗末のひとこと。
さらに5回にはボテボテのゴロを処理してファーストに悪送球。
いずれのエラーも失点に結びつく。
守備では信頼を置いていただけに大きく落胆。
6回の攻撃で代打を出されてしまいました。

■今江敏晃(ロ)
3安打猛打賞。
ここ2試合ノーヒットでしたが、今日はセンター返しを心がけるかのように、
3安打がすべてライナー、あるいはゴロでのセンター前に抜けるヒットで、
凡退の1打席もつまったピッチャーライナーでした。
湘南・吉村と比較するとスラッガータイプではなく、巧打者タイプでしょう。
チーム事情で4番を打っていますが、3番あるいは5番タイプの打者だと思います。

■塀内久雄(ロ)
代打出場でそのまま正人にかわってショートに入る。
チャンスで2打席立つもいずれも空振りの三振。
一軍で小坂が打撃不調なだけにレギュラーを奪うチャンスなのですが、これでは。。。

■青野毅(ロ)
9回に代打でライトへのクリーンヒット。
現在、今江とともにいちばん当たっている打者ではないでしょうか。
もっと試合に出場させてあげたい選手です。

■波留敏夫(ロ)
代打出場もバットを振ることなく見逃しの三振。
昨日に続き湘南ファンからも熱い声援を送られていました。

■立川隆史(ロ)
8回表の先頭打者でバットが折れるボテボテのショートゴロ。
ところがなぜか全力疾走せず。
今日いちばんの見ていて腹立たしいプレーでした。

■三島輝史(ロ)
守備に足を引っ張られたことはたしかですが、投球内容も良くなかったです。
1回だけで30球あまり費やすほどコントロールがままならず。
暴投、ボークもありました。
当たっていない湘南打線相手だったので4失点で済んだ感じです。
開幕からローテを守っているだけに、そろそろ疲れが出始めているかもしれません。


■土居龍太郎(湘)
6回を2失点。
ただ内容としては良くは感じませんでした。
浦和打線の拙攻に助けられました。

■北川利之(湘)
逆転の3ランホームラン。
三島が苦し紛れに投げた甘いストレートをライトスタンドへ。
昨年も横須賀スタジアムで黒木からサヨナラ2ランホームランを打っているように、
痛いところで打たれている印象があります。


2004年 6月 5日 イースタンリーグ ヤクルト−巨人(宮城県利府町)報告者:報告者:umeさん

2004年6月5日(土)イースタンリーグ公式戦 戸田スワローズ対川崎ジャイアンツ
球場:利府中央公園球場(宮城県) 天候:晴れ 試合時間13:03〜15:55(非公式)

ジャイアンツ 000 000 000|
スワローズ  000 000 50×|
勝 佐藤秀 敗 西村
二塁打 畠山(2回) 盗塁死 中濱(3回) 失策 西村(6回)
併殺 S2(2回:ユウイチ)(7回:畠山―丸山―ユウイチ)
   G1(5回:西村―大須賀―野村)


■ 川 崎 打得安点 1 2 3 4 5 6 7 8 9
F 山 田 3000 三振  三振    三ゴ
H2 原  1000               三ゴ
H 中 濱 3010 中安  四球    投ゴ  二ゴ
1 酒 井 0000
G 堀 田 3000 中飛    遊ゴ    四球  投ゴ
D 吉 川 4000 三振    三ゴ    三併  中飛
B 野 村 4020   中安  遊直    右安  遊ゴ
E 大須賀 3010   一直    左飛  左安
C 長 田 2000   四球    投ゴ  三振
A 佐藤弘 2000   投ゴ    三振
H7三 浦 1010               三安
@ 西 村 2000     三振    二ゴ
1 柏 田 0000
H9矢 野 1000               遊直
   計  33050 残塁5

  投手  回     球数打者安振四失責
  西 村 62/3 11032112255
  柏 田 1/3    6 100000
  酒 井 1     22 411000


■ 戸 田 打得安点 1 2 3 4 5 6 7   8
G 青 木 5111 三ゴ  左飛    三ゴ二安  三振
C 丸 山 4021 二ゴ    左飛  中安右安
B ユウイチ4010 投ゴ    中飛  左安中飛
D 畠 山 3010   左2  右飛  二ゴ四球
H 宮 出 3111   一ゴ    左飛  中安四球
F 本 郷 3010   左飛    中安  三振
H7牧 谷 1000               遊ゴ
A 細 見 4120   左飛    中安  中安  遊直
E 梶 本 4111     三飛  投併  右安  右飛
@ 吉 川 1000     三振
1 佐藤秀 1000           遊ゴ
H 佐藤真 1011             右安
R 大 塚 0100
1 山 本 0000
H 高 橋 1010                 右安
1 成 本 0000
   計  355125 残塁8

  投手  回  球数打者安振四失責
  吉 川 5  771725200
  佐藤秀 2  32 821100
  山 本 1  18 410000
  成 本 1   7 300000


<総評>
初夏をおもわせる暑い日差しの元でおこなわれた今日の試合。序盤はS:吉川がキレのある直球とスライダーを武器にG打線を抑えればG:西村も緩急をつかった高卒ルーキーらしからぬ?打たせて取る落ち着いたピッチングで投手戦の様相だった、が5回ぐらいからジワジワとS打線が西村を捕らえはじめ、7回裏についに爆発。1死1、3塁のチャンスにお隣岩手県出身の梶本がライト前タイムリーで先制すると、あとは一気呵成(いっきかせい)に西村を攻め立て、5連打を含む6本のヒットを集め(全て単打!)打者11人で一挙5点をあげて、そのまま逃げ切り勝ち。G打線はS投手陣(吉川以外は本来ここにいるべきでは…)のまえに6安打、得点圏に進めたのも1度だけ、となすすべなく完敗だった。

<注目選手:戸田編>
■吉川昌宏(ヤ)(5回2安打2四球5三振無失点)
 サイドハンドからキレのある直球が低めにビシビシ決まっていた。変化球のコントロールが若干不安定だったがそれを差し引いても力強さを感じられるなかなかのピッチングだった。ちなみに試合前ブルペンでトルネードの練習をしていたが実戦でお披露目は果たしてあるのだろうか…。

■青木宣親(ヤ)(1番センター:4打数1安打1打点)
 バッティングはいいとこなかったが7回は相手の守備の乱れを突いて内野安打、守備でもセンター前に落ちそうな当たりをランニングキャッチして観客の歓声を浴びるなど、今日は足の印象が強かった。

■本郷宏樹(ヤ)(6番レフト:3打数1安打)
 5回にヒットを放つものの7回無死1塁でバント失敗→見逃し三振。1軍に左打ちの野手が手薄な現状、昇格めざすにはこういうところがしっかりできないと…。

■梶本勇介(ヤ)(8番ショート:4打数1安打1打点)
 先制のタイムリーヒットは変化球をうまく叩いたバッティング。2,4打席目も結果アウトだったが内容はよかった。守備でも8回に矢野の強烈なライナーをもんどり打って倒れながら好捕。今日のヒーロー的存在。

■高橋敏郎(ヤ)(代打:1打数1安打)
 8回に登場、酒井相手に10球ねばって最後は直球につまりながらもライト前にポテンヒット。地元石巻専修大出身ということもあり、大歓声を浴びた。

<注目選手:川崎編>
■西村健太朗(巨)(62/3回11安打2三振2四球5失点)
 6回まではランナーだしながらも粘りのピッチングだったが7回、1点とられると今まで我慢してたものが一気にでてしまったかのように連打にベースカバーミス、さらに押し出し四球…。ただ、それまでのピッチングはルーキーらしかぬもので、さすが大舞台を経験してるな、と感じた。もう少し直球に力がつけば楽しみな存在になりそう。

■吉川元浩(巨)(4番サード:4打数無安打)
 打撃ではノーヒット1併殺、守備では2回に畠山の三塁線の当たりにバウンドを合わせ損ねるなど(記録は2塁打)攻守ともに精彩を欠いていた。4番という打順にとらわれずにもっと思い切りのいいスイングをしてほしい。

■野村克則(巨)(5番ファースト:4打数2安打)
 バッティングではチーム唯一の2安打。2打席目(遊直)も変化球をうまくすくった当たりだった。それ以上に印象に残ったのは声。西村を必死に盛り上げていた。野球に対するひたむきな姿勢は阪神時代から変わりなかった気がした。←若手はもっと見習おう!


<ロケーション:利府中央公園球場>
 仙台市中心部から北東に車で約4〜50分。公共交通機関の場合はJR東北本線利府駅で下車し、そこからバスで10分程度(徒歩だと約30分)。球場は両翼98m、中堅122mで内野は土、外野は天然芝。スコアボードはメンバーは手書き(ポジションは表示されない)で得点は電光。バックネット裏のみ椅子であとは芝生席、といういかにも地方球場という感じ。試合当日は出店はもちろん、ビールやハンバーガー、さらにはヤクルトおばさんまで(!)売り子として客席を歩いていた。それにしても内野芝生席で2000円(当日2500円)は高すぎ…。


2004年 6月 5日 イースタンリーグ 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:報告者:風車の弥生さん(HP:なんにもないぺーじ)/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

風車の弥生さん編

6/5のF-L

  西  武 000 010 102 11安打)
  
日本ハム 050 201 01× 13安打)

勝 
須永  敗 土肥


先週につづき晴天のファイターズスタジアム。
ファイターズは
須永が4者連続の空振り三振のすばらしい立ち上がり。
2回裏には
西浦の3ランなどで5点を先制。
ライオンズとしては、2度のワイルドピッチがともに失点に
つながってしまったのも痛かったですね。
ファイターズの
藤島は4打数3安打4打点と
大爆発。守備でもいいあたりのレフトフライを何度か好捕していました。
なお、ライオンズの
玉野が初回に
西浦のいい当たりを捕球したあとにフェンスに激突。
その後担架で運ばれていきました。怪我の具合が心配です。

ふんぼるとさん編


2004年6月5日 日本ハム−西武 11回戦

J鎌ヶ谷(西武6勝5敗)

 
西  武 000 010 102│
 
日本ハム 050 201 01×│
 
 勝 須 永 6勝2敗0S 登板10
 負 土 肥 3勝3敗0S 登板8

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E 古 屋 531 空振    左安    左本    右2    中飛
  G 高 波 300 空振    遊飛    中飛
  H 後藤武 101                   遊ゴ
  4 宮 崎 000                         四球
  F 玉 野 100 空振
  7 松坂健 200       空振    左直
  H 中 村 100                   遊飛
  7 春 日 000
  H 栗 山 100                         空振
  D マクレーン  520    空振    中2 左飛    左直    二安
  R 黒 瀬 000
  B 犬 伏 300    遊ゴ    四球    中飛    遊ゴ
  H 上 本 111                         中安
  D 藤 立 300    二ゴ    空振    三ゴ
  HD大 友 110                      右2
  RD水 田 100                         空振
  C9カ ズ 430       左安 左安    中安    右飛
  A 野 田 300       中飛 空振    三ゴ
  H2椎 木 100                      空振
  H8高 山 211       四球 中飛       四球    右本
  犠盗失併残─────
  000011 38114

       回 打安振球責
  ●土 肥 3 187525
   青 木 1 52102
   潮 崎 2 93301
   芝 崎 2 92411

 【日本ハム】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 西 浦 423 左直 中本    右安    三ゴ    死球
  RD稲 田 000
  C 古 城 541 遊安 左安    中飛    三安    右2
  B  林  410 中安 空振    空振    空振
  H3池 田 100                      空振
  F 藤 島 434 空振 中安    右本    左安
  H7佐 藤 100                      左飛
  H 小谷野 500 空振 空振    二ゴ    投ゴ    右飛
  E 飯 山 410    右2 中飛    空振    空振
  A 駒 居 320    中安 四球    右安    見振
  D 尾 崎 310    死球 三ゴ    左飛    右安
  G 紺 田 401    遊ゴ 空振    空振    空振
  犠盗失併残─────
  00008 38149

       回 打安振球責
  ○須 永 7 317732
   矢 野 1 41100
   櫻 井 1 73212


  本塁打  西 浦(日)6号B (2回 土肥)
       藤 島(日)5号A (4回 青木)
       古 屋(西)5号@ (5回 須永)
       高 山(西)3号@ (9回 櫻井)
  二塁打  飯 山(日)    (2回 土肥)
       マクレーン (西)    (4回 須永)
       古 屋(西)    (7回 須永)
       大 友(西)    (8回 矢野)
       古 城(日)    (8回 芝崎 タイムリー)
  暴 投  土 肥(西)    (2回 2死1塁 1走の古城が二進 打者は藤島)
       潮 崎(西)    (6回 2死1塁 1走の古城が三進 打者は藤島)

  PL:山路 1B:鈴木 2B:橋本 3B:新屋 公式記録:山本
  時間 2時間56分(13:00〜15:57)

得点経過
 2回裏(日) 無死満塁から紺田の遊ゴロの間に             日本ハム1点目
       1死1、3塁から西浦が中越えスリーランホームラン    日本ハム4点目
       2死2塁から藤島が二遊間を破る中前打          日本ハム5点目
 4回裏(日) 2死1塁から藤島が右越えツーランホームラン       日本ハム7点目
 5回表(西) この回先頭の古屋が左越えソロホームラン         西  武1点目
 6回裏(日) 2死3塁から藤島が三遊間を破る左前打          日本ハム8点目
 7回表(西) 無死2、3塁から後藤武の遊ゴロの間に          西  武2点目
 8回裏(日) 無死1塁から古城が右中間を破るツーベース        日本ハム9点目
 9回表(西) この回先頭の高山が右越えソロホームラン         西  武3点目
       2死1、2塁から上本が中前打              西  武4点目


戦評
 開幕から首位を独走していた西武エクスプレスだが、ここに来て急激にスピードダウン。こ
 の状況で指揮官は勝ちにこだわったか左腕の須永に対しずらりと右打者を並べるが、終わっ
 てみれば須永の良い練習台。また、この指揮官は投手が右腕に代わると一転して左打者を送
 り続けるという選手起用を見せる。まさに芸の無さの極み。イースタンなんだから左とか右
 とかにこんなにこだわっていたら育成にならないんじゃないですか、石井監督!
 試合の方は小谷野、紺田の2年目コンビがブレーキも西浦、藤島のベテランコンビが2人で
 7打点の荒稼ぎ(嬉しいような悲しいような^^;)した日本ハムが圧勝。混イに一層の拍車。

選評
 古 屋(西) 打つ方では5回に須永のアウトハイのボール球をレフトのネット上段に突き刺
       すなど3安打猛打賞(あと三塁打が出ればサイクル)の活躍を見せると、守る方
       では2回の無死満塁のピンチに前進守備の体型から紺田の二遊間を破るかとい
       う当たりをダイビングキャッチで好捕するとグラブトスで1走を二塁で封殺す
       るというファインプレーを見せる。埋もれ気味の現状を打破したい。

 マクレーン (西) セイウチみたいなヒゲが復活のマクレーン。打つ方では4回にツーベースを放
       つもバット振ったら当たっちゃいましたという感じ。上半身だけで全く下半身
       が使えていない。守る方では6回の古城のボテボテの当たりに突っ込むも捕球
       できず。

 玉 野(西) 初回先頭の西浦のライナーを走りながらのジャンピングキャッチで好捕するも
       着地地点にフェンスが待っておりモロに激突し担架で退場。本当にケガの多い
       選手。開幕から4番を任され結果を出していただけに非常に残念。フェンスの
       位置を頭に入れて打球を追って欲しかった。


 須 永(日) 立ち上がりから4者連続空振り三振の快投を見せると、5点の援護をもらった
       直後の3回と4回に共に1死満塁のピンチを招くも後続をキッチリ断って無失
       点で切り抜ける。何かわざとピンチをつくって、ピンチを切り抜ける練習をし
       ていた雰囲気さえ漂わせる。前半4イニングはストレート中心で三振を取って
       いくピッチング、後半3イニングはスライダーを増やし打たせて取るピッチン
       グを披露。被安打7ながら内容はそれ以上。7本も打たれてたんだという感じ。

 紺 田(日) アベレージヒッターの割に空振りの多い紺田。第1打席でセンターへ抜けるか
       という当たりを古屋に好捕されると後はなし崩し的に3打席連続空振り三振。
       紺田は腕だけで打ちに行くことが往々にしてあるが、今日はそれが顕著。

 駒 居(日) 鶴岡がいない現状はチームにとってはピンチだが、駒居にとってはチャンス。
       無死2塁で迎えた第1打席はバントを2回失敗しての中前打。結果オーライだ
       が、きっちりバントしようね。


2004年 6月 4日 ウエスタンリーグ 阪神−中日(甲子園)報告者:健一@管理人

■6月4日(金) ウエスタンリーグ 鳴尾浜タイガース−ナゴヤドラゴンズ(甲子園)

                     R H E
ナゴヤドラゴンズ|000 010 010| 6 1
鳴尾浜タイガース|103 060 00X|10 11 3

ナ:●長峰昌司(4回打者18 4安打4自責点)−植大輔(0回1/3 打者7 4安打4自責点)
 −小林正人(1回2/3 打者7 3安打0自責点)−紀藤真琴(1回 打者3 0安打0自責点)
 −石川賢(1回 打者3 0安打0自責点)

鳴:○筒井和也(7回 打者28 3安打1自責点)−新井智(0回1/3 打者1 1安打1自責点)
 −吉田篤史(1回 打者4 1安打0自責点)−佐久本昌広(1回 打者3 1安打0自責点)

(本)都築克幸2号(筒井和也)


■ナゴヤ       打安点 1回 2回 3回 4回 5回    6回 7回 8回 9回
(右) 幕田賢治   300 三振    三振          三振
 打右左
    櫻井好実   100                      三振
(遊) 森岡良介   420 遊安    一ゴ          一失    右2
(二) 前田新悟   400 右飛       二飛       左飛    二ゴ
(一) 高橋光信   201 四球       二ゴ       打妨※   遊ゴ・
(捕) 田上秀則   410 三ゴ       三振       三振    右安
(左) 森章剛    310    中飛       遊飛       中安 中飛
 打  清水清人   100
 投  石川賢    000
(中) 都築克幸   311    三振       左本・      打妨※   二ゴ
(三) 堂上剛裕   200    中飛       二ゴ
 打三 筒井壮    210                      右直    左安
(投) 長峰昌司   100       三振
 打  小川将俊   100             遊ゴ
 投  植大輔    000
 投  小林正人   000
 打  中野栄一   100                      右飛
 投  紀藤真琴   000
 右  瀬間仲ノルベルト 100                            三併

※打妨:打撃妨害の意−打者のスイング時に、捕手@浅井良のミットと交錯により打者走者に一塁進塁を与える


■鳴尾浜       打安点 1回 2回 3回 4回 5回    6回 7回 8回 9回
(二) 萱島大介   420 右安    四球    右安 二ゴ       二ゴ
(遊) 秀太     210 投犠    中飛    四球    中2
 左  林威助    100                         三振
(捕) 浅井良    311 四球    左2・   遊ゴ    三振
 捕  中谷仁    000
 投  佐久本昌広  000
(一) 喜田剛    434 遊ゴ・   右2:   右安・   左安
(左中)桜井広大   411 遊ゴ    右飛    左安・   遊併
(中遊)藤原通    400    三振 三振    三失       三振
(右) 中村豊    311    三振    二ゴ 右安・
 右  松下圭太   100                      二ゴ
(三) 新井亮司   412    三振    三振 中2:      遊ゴ
(投) 筒井和也   311       右安 三振 二ゴ・
 投  新井智    000
 投  吉田篤史   000
 打  平下晃司   100                         遊ゴ
 捕  小宮山慎二  000


■ナゴヤ    回   安  振  四死  責
●長峰昌司  (4回)  4  6  2  4
 植大輔   (0回1/3) 4  0  1  4
 小林正人  (1回2/3) 3  1  0  0
 紀藤真琴  (1回)  0  1  0  0
 石川賢   (1回)  0  1  0  0

■鳴尾浜    回   安  振  四死  責
○筒井和也  (7回)  3  8  1  1
 新井智   (0回0/3) 1  0  0  1
 吉田篤史  (1回)  1  0  0  0
 佐久本昌広 (1回)  1  0  0  0


【大まかな得点展開】

◆一回裏萱島大介@右安を秀太が犠打で二進、その後萱島大介が左腕長峰昌司の隙を突き三塁へ盗塁。一死三塁から喜田剛の当たりは前進守備の遊ゴ、ボテボテの当たりとはいえ「超俊足」萱島大介は脱兎の如く本塁へ生還。【T1-0D】

◆三回裏:レアな「左投右打」の筒井和也が右安で出塁、続く萱島大介が粘って四球で無死一二塁。秀太はバスターを敢行も平凡な中飛…。しかしこのあと浅井良がレフトフェンス上部のラバーに当たる二塁打で一点を追加。四番喜田剛は同じく長峰昌司の外角のボールを引っ張り二点適時二塁打とする。【T4-0D】

◆五回表筒井和也の真っ直ぐにドンピシャリのタイミングでフルスイングの都築克幸の当たりはライナーで左翼席に飛び込むソロ本塁打。【T4-1D】

◆五回裏:二番手植大輔が、大乱丁…。萱島大介〜中村豊まで打者7人に被安打4四球1(三失含)と「1/3」でKO。三番手小林正人新井亮司に左中間真っ二つの二点適時二塁打と鳴尾浜はこの回計6得点【T10-1D】

◆八回表:この回から登板の二番手新井智から森岡良介がライト線に二塁打(新井智は左打者ワンポイント起用で、三番手吉田篤史に交代)、前田新悟の二ゴで三塁へ進み高橋光信の遊ゴの間に一点を返した。【T10-2D】



【気になる選手達:ナゴヤ編】

■長峰昌司(ナ)#4回、被安打4、三者連続三振を含む6奪三振!…あと4自責点
左腕で水戸商出身ということで井川慶二世とも云われている(とはいえ出身地、出身高校等々のみ、、、今後の精進必至)。下半身はどっしりしているが、上半身はヒョロッとしているように見受けられました。そして多少上半身が勝ったような投球フォームでヒョイッと投げる感じ(上手く表現できていませんが、羽ばたくようにも見えます(捕手方向に右手@グラブを出し、一方左手はテイクバックでセンター方向にと))。

ストレートの球速は135km/h前後で力を入れた時には140km/h弱も記録(スピンの効いたボールもたまにビシッと決まっていましたよ)。あまり球威があるというタイプではないかも(井川慶とは違うな^^;)。あと変化球は、カーブ・スライダーが中心で、今回長峰昌司を観て一番良い!と思ったのが『カーブ』。球速は105〜110km/h台のブレーキの効いた変化球。3奪三振(藤原通、中村豊、新井亮司)の時には、まさにこのカーブで、ワンバウンドになるような低い球にバットが止まらず、膝から崩れ落ちるような三振シーンでした(他の場面でも決め球として多投)。190cmを超える長身からのカーブは、かなり有効です。

本日は走者を貯めた後の投球内容で課題が残りました。制球抜群というスタイルではないので、緩急を生かすことそして今後はやはりストレートの威力アップを期待したいです。


■植大輔(ナ)#大炎上4自責点で僅か「1/3」…左横手投げ技巧派左腕
左横手投げの変則投手。球速は130km/hのストレートにスライダー、カーブといった変化球でかわすピッチング。外に逃げる変化球のみなので、左打者の内側に切れ込むシンカー系のボールも欲しい。同様に右打者に投げにくそうでした。<五回裏試合を壊す投球内容…。


■小林正人(ナ)#1回2/3、被安打3、自責点0
東海大学卒の2年目左腕、大型で腕を大きく振っている割には突っ立ったようなフォームの為なのかあまり速くなく130km/h強のストレート、あとドロンとしたカーブのような変化球を投げていました。突出したものは感じませんが、全体的にまとまっている…左腕。替わり端、新井亮司に真ん中のストレートを打たれ長打を喰らう(二点適時二塁打)。ただ秀太の中2は中翼手都築克幸のミス(失策は付かなかったが左翼手とお見合い)、喜田剛の左安もポテンヒット。…最終的には可もなく不可もない左腕、、、起用どころが難しい投手か。


■石川賢(ナ)#1回、1奪三振、3人で抑えるルーキー
ずんぐりむっくりした巨体から球質の重そうなストレートを放るルーキー右腕。140km/h弱のミットをズーンと突く真っ直ぐ(本来の出来では140km/h以上記録するはず)を中心に、タテに割れるカーブ、8回裏を3人でピシャリの投球。今季1軍では与四球を絡めて失点をし結果を残せていませんが、再度調整を経てセットアッパーに名を連ねたい!


■森岡良介(ナ)#2番遊撃手、4打数2安打
走攻守揃った将来性豊かな遊撃手。昨年までは少し無駄な動きも含めてドタバタした打撃フォームに感じたのですが、リニューアルしたようです。

昨年までは『●A.やや右の腰を早く開き(右足カカトに体重を乗せ過ぎかも)、投球動作に合わせてバットを捕手側に引いて弓のように撓りきったところから「大きなスイング」。もう少しスイングスピードが上がれば2軍でも高い数字を残すかも知れません。』『●B.そして現時点で全く外角のボールに対応できないという最大の欠点あり「一塁に倒れ込むようなスイング」!走り打ちとはまた違うのでしょうが、このスイングのために内側のボールに大層な強さをもたらすと同時に、外角のボールは当てるのが精一杯。』『●C.スイング自体は前が大きくとても良いと思います!ですので微調整で対応できるのではないでしょうか(もう少しコンパクトでも良いのでは)。高校時代もこのように一塁側に倒れ込むような独特の間がありましたが(この間が腕を綺麗に伸ばし、良いポイントでボールを捕らえさせる)、プロで即適応とはいかないようです。』

…と特に気になったのが「一塁に倒れ込むようなスイング(内角○、外角×)」だったのですが、今年はオーソドックスな構えになり一塁側に倒れ込みながらのスイング(インコースに強く、アウトコースには当てるだけの打撃)ではなく、万遍なく対応可能になっているように感じました。

スイング自体もコンパクトになり全体的に派手さ(恐らく長打が減るはず)はなくなりましたが、安定した力を発揮できうる状態になっているはず。前述の構えは高校時代からのものでしたが、プロ対応用の構えに進化したということでしょう(^^)

一打席目は三遊間よりのゴロを俊足で内野安打にし、四打席は二番手新井智の内の球をライト線に弾く二塁打!(やはりインサイドは天性的に強い)。また三打席目は喜田剛に失策が付きましたが、球足の速い痛烈な当たりでした。守備や細かいプレーでセンスを垣間見せながらも結果的に軽率に感じるところもありますが、先々は正遊撃手としてチームの顔になるでしょう。


■田上秀則(ナ)#5番捕手、4打数1安打、しかし気持ちいいぐらいのフルスイング!
恵まれた体格、バットを高々と構え、投球動作に合わせて左足を上げて捕手方向に捻りを入れ一気にフルスイング!!リストもかなり強そうです。ちょっと引っ張りに入っていますが、腰の入ったスイングは両チームを含めて一番光っていました。<さすが昨年のウエスタン本塁打王@13HR

本日は3タコ(2三振、共に空振り三振)で右安打はバットを折られながら一二塁間を抜く(引っ張りが多いためなのか全体的に左寄りで一二塁間が広く空いていました、田上秀則シフトか)。また捕手として投手陣をリードしきれず憤懣やるかたないはず…。ただこの打撃を生かすために捕手から野手転向という方が、弾ける確率高いかも。


■森章剛(ナ)#6番左翼手、3打数1安打
以前はスイッチにも挑戦していたが、現在はプロ入り当時の左打者一本で勝負のパワーヒッター。オープンスタンスから腕を上下に動かしタイミングを取り、捕手方向に波打って引く、、、なんと申しましょうか、かつての藤王康晴(中→日)に似た構え。以前からの捏ねるような、しゃくり上げるような必要以上に動作が入る点が気になるます。しかしパンチ力ある打撃は魅力!

4タコではありましたが本日はセンター方向に打ち返していました。


■都築克幸(ナ)#7番中翼手、3打数1安打1打点
全体的に打撃フォームは、先輩井端弘和(中)に似ているように感じました。背中を丸め投球動作に合わせバットと左足を跳ねるようにタイミングを合わし広角に打つ。二打席目筒井和也のストレートに「イチニノサン」でタイミングを合わせ打球は無人の左翼席に飛び込むライナー性の本塁打を放ちました。また六回裏に秀太のセンターから左中間へ流れる平凡な飛球を左翼手との連係が上手くいかず、中途半端な捕球体制になりグラブにも触れずポトリ(判定は、失策ではなく中2だったが、限りなく失策に近い…)。<天を仰いで悔しがる表情が印象的でした。


■堂上剛裕(ナ)#8番三塁手、2打数0安打
地元愛工大名電から入団のルーキー内野手@右投左打。中距離打者で走者を返すタイプの打者@オープンスタンス、多少気になるのは、昨年の森岡良介のように、スイング時に過度に一塁側に倒れ込むようにスイングする点。内から真ん中のコースに対しては、上手くバットが抜けて良い当たりをしていますが、反面外側のボールにはからきし…。

守備では五回裏に、アップアップの植大輔を助けなくてはならなかったが、平凡な三塁ゴロを弾きどこにも投げられず…という失策あり。全ての面でレベルアップに向けて腐心している。<売りはやはり打撃!


■小川将俊(ナ)#代打、1打数0安打
東洋大学時代以来久しぶりに目にしました(東洋大→日本通運)。元々守りというよりかは巨体を生かしたパワーヒッター(確率はそう高くないが…)。今後は一塁起用も含めて様々な適正が図られるかも知れません。捕手としてのフットワークは少々疑問!?


■櫻井好実(ナ)#代打、1打数0安打
中肉中背で体格はガッチリしており、雰囲気的には濱中おさむ(神)に近いかも。つま先をちょんちょんと地面に立てタイミングを計る、バットが長く感じられちょっと振り回し気味かも。それと同時にスイングは大きく(でも遠回りの軌道かも^^;)、そしてなんとなく懐の大きさを覚えます(期待が小さくないという偏見があるかもね)。今後の活躍を期待!


■瀬間仲ノルベルト(ナ)#1打数0安打
2年目のスラッガー、夏の甲子園大会では日本人離れした打撃でライトスタンド上段への本塁打が印象深いです。現在は試行錯誤中なのでしょうか、打席で構える際、バットをぶりぶり揺らしタイミングを計っています(正にバリー・ボンズ(G)風)。打撃成績昨年同様1割台と結果は出ていませんが、地道にコツコツと成長して欲しいです。


【気になる選手達:鳴尾浜編】

■筒井和也(神)#先発7回、被安打3、8奪三振、1自責点
「オーソドックスな左腕」「先発型」「まとまっている」。コンパクトで鋭い腕の振り、肘の使い方も同様で、球持ちの良さが見えます。135km/h強のストレートは球速以上に伸びは感じました。大小のスライダー、カーブ、シンカー等々、あとチェンジアップが効果的(井川慶のように大きくガクンと落ちるのではなくナチュラルに沈む感じ)。全体的には良いもの(テンポ良し)は感じます。細かい制球はありませんが、適度に荒れてストライク先攻で投げられた本日だったかも知れません。<7回を投げ散発3安打、そして8奪三振の見事なピッチング!

結果オーライかもしれませんが、すっぽ抜けのボールがまま見られた点はやっぱりなあ…と彼らしさが出ていました(汗)。良いときと悪いときの差が激しい筒井和也…、反面ボール先行で攻撃・守備のリズムが崩れるような投球(チキンハート)も見せるときもありますが、その頻度を減らし筒井和也らしいテンポの良いピッチングを1軍でも見てみたいです。<自信が自信を呼んで、一皮剥けるかも…その逆の目が出たら恐いですわ(^^;)


■新井智(神)#終盤ワンポイント起用
昨年ビビッと来た中継候補左腕。『マウンド上の彼は、小柄というか少し華奢な部類に入るのではないでしょうか(178cm、75kg)。真上から投げ下ろすオーバースローで先の通りこじんまりしていますが、身体全身を使いキビキビした腕の振りです。腕を振り下ろすまでは、どちらかというと「ゆったり気味」。リリースされたボールは打者の手元で「ピュッ」と切るようなキレを覚えます。この腕の振りは鋭く、投げ下ろした左手は右の脇腹に当たるほど!球速は、このキレのあるストレートが135km/h強。そしてアクセントとなるのが大小2種類あるブレーキの効いたカーブ。これは鋭かったです、速いのが115km/h、緩いのが107km/hとそれぞれ大凡ですが、10km/h前後の緩急があります。緩いので打者のタイミングをずらしたり、カウントを稼ぎ、速いカーブで空振り狙いと使い分けていました。球種はストレートとカーブで、それぞれキレを有し、短いイニングならば十二分に使えそう。やや不安なのは制球がアバウトな点と球種の少なさ(右打者にとっては内に入る球のみ)が気になりました。右打者の外側に外れたりするボールがあれば良いなとも感じますが、下位でこれだけのピッチングを見せてくれればまずまずではないでしょうか(^^)。』

…と小さな期待を寄せていた左腕(昨年からホップステップといった伸びしろを期待していましたが、あまり伸びなかったのか…)でしたが、今年はフォーム改造し上手から左横手に変えました(なんでも故障かららしい)。以前の上手投げ時は小柄ながら体重を乗せたボールは威力、またカーブの曲がり具合といい感じでしたが、現在の横手では元々腕も短くあまり左打者の後ろから切れ込むといった形になっていないように見受けました。今日は左打者森岡良介に対してのワンポイントのみ(結果ライト線への二塁打)でしたので、今後の成長に期待(でも怪我って恐いですねえ、、、、それも含めての伸びしろなんでしょうが)。

さて近年、左投投手が活路を見いだすために「左横手投げ」への改造というケースがつとに多くなっていますが、投球フォームで抑えられるほど甘くはないはず…ナニか武器がないと生き残れない。


■萱島大介(神)#一番二塁手、4打数2安打、1盗塁
元々右打ちですが、足を生かすためにスイッチ転向、更に足を特化させるために敢えて左打ち一本!しかし再度スイッチ挑戦…と目まぐるしい打撃向上計画(^^;)左右打席ともですが、打撃フォームは背中を丸め小さく構える。バットのグリップを一握り分余らせ、小さなテークバックで脇を締めてコンパクトなスイング。

本日は右打席で2安打、それぞれ打球を潰すようにライト前に運ぶ執念の安打!?なんか巧打に見えない(笑)。そして初回二塁から三塁への盗塁成功し一死一三塁の場面を作り、喜田剛の遊ゴ、しかも前進守備の中日内野陣を上を行く脚力で、本塁生還!速過ぎ。守備でも堂上剛裕のセンター抜けそうな当たりを猿のように跳びつき一塁へ送球!アウト、足の運びやグラブ捌きが一連の流れのように捕ったではなく、採った!といった感じ(この野性味をお判り願えるか)。

顔つきも野性味溢れる・・・技術的に粗さを残しますが、身体能力はかなりのもの。なんとかその足を生かして成功して欲しいです。


■浅井良(神)#3番捕手、3打数1安打1打点
右肩にちょこんとバットを乗せ、脇を狭めてスイング、しかし結構スイングスピードは速い。長打は先ずないタイプですが、今日は3番を任され、二打席目に長峰昌司のストレートを捕らえあと少しで本塁打となるレフトフェンス上部直撃の先制適時二塁打。あと今日は何をとち狂ったのか2回も「打撃妨害」。捕手はドラフト上でも補強ポイントの上位と云われていますからアピールしないと後陣に配しますぞ。


■喜田剛(神)#4番一塁手、4打数3安打4打点
構えるときに一度四股を踏むようにググッと沈み込む、なんでも「四股踏んじゃった打法!?」。巨体の割にミートセンスある好打者。ややオープン気味の打撃フォーム、バットの位置は低めにどちらかというと「静」の構え。スイング軌道は後ろが小さく、前が大きい点が特徴。…反面、腕が伸びきっていない点がどうにも気になるのですが(手首が捏ねるような、硬いような…)、重ね重ね当てるセンスあり!! 今以上にもっとバットを柔らかく使えれば一軍定着間違いなし。

本日は第一打席で萱島大介の足に助けられ一打点獲得。そして二打席目に右翼手幕田賢治の右を抜ける二点適時二塁打、三打席目にも植大輔から初球真っ直ぐを狙い打ちの適時打!3打点猛打賞の活躍。


■桜井広大(神)#5番左翼手、4打数1安打1打点
春季キャンプ、オープン戦序盤と自慢の打棒で暴れた将来の主力候補筆頭選手。コンパクトなスイングも逞しい腕っ節をもってすれば長打も十二分に期待できます(パワーはチームでも上位クラス)。第3打席で変則左腕植大輔の緩い変化球に、タイミングを崩されず手元まで呼び込み三遊間を破るレフト前への適時打。こういう打撃が出来ていれば安定して3割前後の成績は残せるはず(2軍では)。上の喜田剛、桜井広大と1軍の状態にも因りますがいつ上がってもおかしくないです。


■新井亮司(神)#8番三塁手、4打数1安打2打点
今春季キャンプでの彼を観て『細っ!』とスリム化にびびりました…。20kg弱の減量に成功!?その反面パワーは半減したはず。恐らく当たらなくては始まらない…ということでミート重視に傾倒したのでしょう。以前の大上段に構えていた打撃フォームも脇を締めてコンパクトに構えています。

五回裏一死満塁の場面、小林正人のストレートをセンター越えの二点適時二塁打!!ど真ん中ー。しかし一、二打席の三振はヘボ…長峰昌司の落ちるカーブに腰砕け三振…。明日の新井亮司はどっちだ…。


■林威助(神)#1打数0安打
プロ入団以来右膝の故障でリハビリ中心のメニューを黙々とこなしていましたが、2年目の今シーズンは代打・途中出場を中心に徐々に出場機会を得ています。打撃フォームは、意外とスッとした突っ立ったような構え(少しふらつき気味…)、強いて言えば『静』で待ち。投球動作に合わせて一本足打法(王貞治氏ほどではないですが、左足に沿うように右足を引き上げます)で呼び込み、強いスイング!<本日代打出場し三振

またこの林威助に熱い視線をスタンドから送っているのは台湾代表チームの投手コーチを務める酒井光次郎氏(日→神)。なんでも台湾代表候補に名を連ねているそうです。酒井光次郎投手コーチ曰く「足の状況と技術的なレベルを確認する。よければ代表に入れたい」とのこと。彼にとってよいアピールの場になると良いですね、先ずは選ばれないと(^^)。


2004年 6月 4日 イースタンリーグ 湘南−ロッテ(平塚)報告者:横須賀マリンさん

浦和 000 000 000 = H5
湘南 001 002 01× = H8

勝=後藤   負=浅間   セーブ=岡本

二塁打 河野(3裏 一塁線をゴロで抜ける)、小池(6裏 三塁線をゴロで抜ける)
犠打 木村(8裏 無死一塁)
盗塁 波留(3表二盗 打者今江)、北川(3裏二盗 打者後藤)、野中(6裏二盗 打者吉村)
盗塁死 鶴岡(4裏二盗死 打者西崎)
走塁死 波留(8表 無死で打者としてショート内野安打、送球がそれる間に二塁を欲張るもタッチアウト)
失策 福本(4表 打者辻のゴロをトンネル)、今江(6裏 詳細は選手レポにて)


        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(遊)二 西岡  3 0 0 空振    左飛    四球    二ゴ 
(中) 波留  4 3 0 左安    右安    中飛       遊安
 捕  金澤  0 0 0 
(一) 澤井  3 1 0 中安    逃振    一ゴ
打一  青野  1 0 0                      空振
(三) 今江  3 0 0 二ゴ    三ゴ       右邪    四球
(捕) 辻   3 0 0 空振       遊失    右飛
 打  原井  1 0 0                      右飛
 投  前田  0 0 0
 投  谷   0 0 0
(右) 於保  2 0 0    逃振    空振    四球
 打  垣内  0 0 0                         四球
(二) 渡辺正 3 0 0    空振    左飛    空振
 投  長崎  0 0 0
 中  曽我部 1 0 0                         空振
(左) 喜多  3 1 0    一安    空振       左飛    
 打  ユウゴー1 0 0                         三直
(投) 浅間  2 0 0    逃振       一ゴ
 遊  早坂  1 0 0                   左飛
 打  立川  1 0 0                         逃振
        32 5 0

        回  打 安 振 球 失 責
 ●浅 間   51/3 22 6 7 0 3 2
  長 崎   12/3 5 0 2 0 0 0
  前 田    1/3 2 1 0 0 1 1
   谷     2/3 3 1 0 0 0 0



        打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
(中) 河野  4 3 1 空振    右2@      中安    二安
(遊) 福本  3 0 0 逃振    右飛       投ゴ
 走  野中  0 0 0
 遊  木村  0 0 0                      三犠
(三) 吉村  4 2 1 遊安    空振       三失    右安@
(一) 小池  4 1 1 遊ゴ       左飛    左2@   左飛
(右) 南   3 0 1    空振    空振    中犠@   一飛
(捕) 鶴岡  3 1 0    三ゴ    左安    空振
(左) 西崎  3 0 0    右飛       右飛    空振
(二) 北川  3 1 0       右安    右飛    二ゴ
(投) 斎藤  0 0 0       
 投  後藤  2 0 0       逃振    空振
 打  田中充 1 0 0                   一ゴ
 投  岡本  0 0 0
        30 8 4

        回  打 安 振 球 失 責
  斎 藤   2  9 3 5 0 0 0
 ○後 藤   5  19 1 4 2 0 0
 S岡 本   2  8 1 3 2 0 0


得点経過
3裏S 一死二塁で河野が一塁線を抜くタイムリー二塁打
6裏S 一死一三塁で小池が三塁線を抜くタイムリー二塁打
    一死二三塁で南がセンターへの犠牲フライ
8裏S 一死二塁で吉村がライト前へのタイムリーヒット



感想および選手レポ
※ マリーンズファンなのでマリーンズびいきのコメントになってしまうことをお詫びいたします。

まず個人的に平塚球場は高校一年のときに母校の応援に来て以来、ほぼ20年ぶりでした。
残念ながらコールド負けだった記憶があります。
今日の相模原球場も高校卒業後に母校の応援に行って以来となります。

平塚球場は両翼91m、センター120mと現在のサイズでは狭い球場でした。
よって打撃戦になるかな?と予想していたのですが、
両チームの投手の出来が良くフェンスオーバーは1本もありませんでした。

■今江敏晃(ロ)
1、3回の先制のチャンスの打席で凡退といいところなしでした。
守備のほうでも痛いエラーを犯しました。
6回一死二塁の場面でセカンドランナーがスタートし、
打者がサード正面への打球を打ちました。
今江はセカンドランナーが目に入ったのか打球を前にこぼし、
その後に慌てて球を蹴ってしまいました。
タイミングとして打球を処理していれば
スタートしていたセカンドランナーにタッチしてアウトだっただけに、
非常にもったいないミスでした。

■西岡剛(ロ)
ショートでスタメンでした。
セカンド、ショートの両方ができるように教育しているようです。
試合では3回裏の守備で二盗を試みたランナーに捕手からの送球を受けてタッチ。
西岡は完全にアウトと思ったのですが、審判はセーフの判定。
これに西岡はかなり怒りを表し、審判に食ってかかり軽くこづきました。
審判が温厚な方だったのか何事もなく済みましたが、
退場になってもおかしくはなかったですね。
二塁のタイミングですが、わたしの目には送球がワンバウンドの分だけ
タッチが遅れてセーフに見えましたが。

■浅間敬太(ロ)
5回1/3を被安打5、無四球、奪三振7のナイスピッチングでした。
春先の浅間とは確実に別人です^^
ストライクを先行させて、ランナーを出しても堂々の投球。
今日は守備に足を引っ張られました。

■早坂圭介(ロ)
試合前の守備練習をじっくり見ていましたが、確実に上達しています。
特にスローイングで左肩が早く開くことがなくなりました。
佐藤コーチの檄も以前に比べて減っています。
と言っても、まだまだ上手と呼べるレベルではありませんが。


■斎藤隆(湘)
予定通り?2イニングで降板。
スライダーのキレはさすが。

■後藤伸也(湘)
3回からの5イニングをヒット1本のみに抑え、勝利投手に。

■河野友軌(湘)
猛打賞。
初回はM先発の浅間にタイミングが合わずに空振り三振でしたが、
その後の打席でしっかり修正してくるあたりはさすが。
こういう選手が二軍にいるのですから、Mファンとしてはうらやましい限り。


2004年 6月 4日 イースタンリーグ 日本ハム−西武(鎌ヶ谷)報告者:報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ

6月4日(金)鎌ヶ谷 日本ハム×西武

 002 000 000=
 030 000 22×=

西武      打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(4)宮崎  311二ゴロ   右二1   遊ゴロ   四球
2(9)栗山  200空三振   遊ゴロ   四球       
  H8高波  000                     四球
3(7)玉野  421右飛    中安1   中安       逃三振
4(3)マクレーン  300   遊ゴロ四球    三ゴロ      空三振
5(D)後藤武 410   中二 逃三振      空三振   空三振
6(2)椎木  300   三ゴロ   二ゴロ   四球       空三振
7(5)中村  400   遊ゴロ   左飛    遊ゴ併      空三振
8(8)9高山 410      左安 遊ゴロ      空三振   左飛
9(6)水田  300      二ゴロ   一ゴロ   投ゴロ
P=●三井5回→青木1回→前田1回→武藤1回

日本ハム    打安点1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回
1(9)西浦  434四球 中本2      二安    一直 左本2
2(4)古城  400投ゴロ空三振      捕ゴロ   四球 二ゴロ
3(3)林   422遊ゴロ   四球    三ゴロ   左本2中安
4(D)藤島  200四球    三ゴ併   四球    四球 遊ゴロ
5(5)小谷野 420二ゴロ   左二    空三振   左安
6(6)飯山  410   左安 空三振      空三振右飛
7(2)駒居  310   死球    逃三振   中二 中飛
8(7)山田憲 400   逃三振   一ゴロ   遊ゴロ   空三振
9(8)紺田  211   中犠飛1  四球    中飛    右安
P=○ループ7回→佐々木1回→伊達1回

PL鈴木 1B橋本 2B新屋 3B山路 公式記録員=西原

<得点経過>
2回裏F=紺田犠牲フライ、西浦2ラン
3回表L=宮崎タイムリー二塁打、玉野タイムリー
7回裏F=林2ラン
8回裏F=西浦2ラン


●ひとこと寸評・西武●
■宮崎一彰(西)…いまさら言うまでもないですが、足速いですね〜。7回の盗塁死はご愛嬌。
■栗山巧(西)…ループの変化球にタイミングがあってない感じでした。
■高波文一(西)…西武ファンに「俺は高波をみにきたんだ〜」と叫ばれてました。
■玉野宏昌(西)…打撃センスはすでに一軍級。外野手としてどこまで通用するかですね。
■マクレーン(西)…ホームラン打ちそうな感じもするんですが…打撃は散々。守備は無難。
■後藤武敏(西)…二塁打のあと3三振。8回の三振の時はバットを叩きつけてました。いけません!
■椎木匠(西)…追い込まれてもファールで粘ります。6回の四球は技あり!
■中村剛也(西)…スイングに元気がないようで気になります。ゴロを捕った際につき指したみたいですが影響なし。
■高山久(西)…8番打ってるような選手じゃないはずなんですが…奮起を期待。
■水田圭介(西)…セーフティーバントを狙うなど持ち味を生かしてます。
■三井浩二(西)…5回6四死球。もう少しがんばりましょう。
■青木勇人(西)…きっちり仕上がっているという感じ。
■前田和之(西)…1回2四球。ボールがバラバラ。
■武藤潤一郎(西)…ランナーの紺田を警戒しすぎて牽制球を多用、と思ったら西浦にスカーンと2ラン浴びる。クローザーとしては信用できません。

●ひとこと寸評・ハム●
■西浦克拓(日)…絶好調ホームラン2発。ただ、守備でファールフライを落球…。
■古城茂幸(日)…送りバントを2度失敗。これは課題。
■林孝哉(日)…高く舞い上がるホームラン。依然好調。
■藤島誠剛(日)…風格。貫禄の3四球。「イースタンの清原」?
■小谷野栄一(日)…二本目のヒットはレフトへの鋭い当たり。いい感じです。
■飯山裕志(日)…二度のチャンスで凡退。ヒットが欲しいときに打ってほしいです。
■駒居鉄平(日)…もう打撃は安心してみていられます。第二の高橋信二になれるか?
■山田憲(日)…深く長いスランプから抜け出せません。がんばれー。
■紺田敏正(日)…昨年のいい頃に戻りつつあるのでは?
■ループ(日)…今日はよかった!シュートぎみの変化球がよく決まってました。
■佐々木貴賀(日)…いつもの気迫が今日も炸裂。3三振すげー。
■伊達昌司(日)…安定しています。


2004年 6月 2日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:子連れ酔っ払いさん

■鎌ヶ谷に行きました
                      R H
湘南シーレックス |000 010 100| 6
鎌ヶ谷ファイターズ|000 000 06x| 6

湘:●村西哲幸(7回1/3 5安打 4自責点)−谷口邦幸(2/3 1安打 2自責点)
鎌:正田樹(7回 6安打 2自責点)−○隼人(1回 0安打 0自責点)−櫻井幸博(1回 0安打 0自責点)

本塁打:南竜介3号(正田樹)、小川博文2号(正田樹)、駒居鉄平2号(谷口邦幸)

6月2日横浜は開港記念日で,公立の学校はお休み。そこで下の子を連れて鎌ヶ谷に湘南の
村西哲幸投手の応援に行きました。2日天気は晴れ時々曇り,気温は20℃ちょい。やや蒸し暑い気候でした。さて,村西哲幸投手,7回1/3・球数129・三振8・四死球4・ヒット5・自責点4の内容。5回までノーヒットと,負けが付きましたが,非常にいい内容でした。後はスタミナを付けてもらいたいな。115球目でおたけびの投球。バテてるな。と誰の目にもはっきりしていました。試合後「早く縦じま着て下さい」と励ますと,とてもいい笑顔を見せてくれました。次回がますます楽しみです。

余談ですが,ファイターズ
隼人投手が中継ぎ登板。勝ち投手になりました。まさか交換トレードがあるとは知らず,「まだ鎌ヶ谷に居たんだね」と子どもが相手チームながら心配していました。あの個性的な表情が印象にあるのでしょう。セリーグでの活躍を祈ります。ただし,YBいじめないで下さい。村西哲幸投手を引き継いだ谷口邦幸投手。今日は「ダメの日」。四球出してパコーンの日。「イイ日」「ダメの日」がこのところハッキリしているのでは上に行けないだろうな。安定飛行してもらいたいのが正直な気持ちです。

以 上 


2004年 6月 2日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:たださん(HP:私の秘蔵写真館

6月2日 ジャイアンツ球場 川崎ジャイアンツ×浦和マリーンズ

 020 011 002=
 200 400 001x=

M:神田(4回)−山崎健(1回)−藤井(1回2/3)−長崎(1/3)−内(1回)−船木(1/3)
  辻−田中
G:高橋尚(2回)−内海(4回)−南(1回)−サンタナ(1回)−コーリー(1回)
  小田

勝利投手:コーリー
敗戦投手:船木
二塁打:西岡、青野(以上M)、堀田、内海(以上G)
本塁打:レイサム3号、吉川12号(以上G)、李3号(M)

●得点経過
1回裏(G)先頭打者レイサム、初球を打ってライトオーバーの先制3号ソロHR
      さらに2死後4番・吉川がレフトオーバーの12号ソロHR (G2−0M)
2回表(M)1死1・3塁で7番・渡辺正の三ゴロの間に3塁走者・李が生還。
      その時の本塁送球を小田が後ろにそらし、野選とエラーが同時に記録され
      なおも1死2・3塁で8番・青野がスクイズを決め2−2の同点に。
4回裏(G)1死満塁で7番・長田がセンターへ犠牲フライで勝ち越し。
      なおも2死1・3塁で8番・小田がセンター前タイムリーヒット。
      さらに9番・内海がレフト線に2点タイムリー2塁打でG6−2Mに。
5回表(M)1死2・3塁で2番・波留がライトへ犠牲フライで1点返す (G6−3M)
6回表(M)この回先頭打者の5番・李、レフトオーバーの3号ソロHR (G6−4M)
9回表(M)2死1・2塁から田中、そして代打・ユウゴーの連続タイムリーで
      マリーンズが土壇場で6−6の同点に追い付く。
9回裏(G)1死満塁から3番・堀田のレフトオーバーのタイムリーヒットでジャイアンツの
      サヨナラ勝ち。


高橋尚(G):故障上がりで久々の実戦登板。
       初回は3者凡退の上々のスタートも、2回は1四球・1安打に
       味方のエラーとスクイズで2失点と『?』の付く内容。

コーリー(G):2点リードの9回表に登板も、死球と安打で走者を2人出し、
        2死後に田中、ユウゴーに連続タイムリーを浴び同点に追い付かれる。
        討ち取った打者に対しても多くの球数を費やす。
        まだまだ制球力に課題あり。一軍昇格はまだ先になりそう。

内(M):8回裏の1イニングに登板。Max147qの速球を武器に3者凡退に抑える。
     だが、まだまだ体の線が細い印象。今年一年はじっくり2軍で育てた方がよいかも。


2004年 5月30日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(福島県鹿島町)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年5月30日 巨人−ヤクルト 8回戦

鹿島町 町村合併50周年記念事業

Gみちのく鹿島(巨人5勝2敗1分)

 
ヤクルト 000 002 000│
 巨  人 021 000 10×│
 
 勝 平 岡 5勝0敗2S 登板10
 S 河 本 1勝0敗2S 登板10
 負 本 間 2勝5敗0S 登板11

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 青 木 422 中3    空振       右本       見振
  C 梶 本 300 左飛       投ゴ    三直
  H 内 田 100                         二ゴ
  B ユウイチ  300 遊ゴ       二ゴ    中飛
  H 牧 谷 100                         空振
  D 畠 山 300 捕邪       三ゴ       見振
  H 宮 出 300    投ゴ       見振    中飛
  F 久保田 300    空振       中飛    左飛
  1 佐藤秀 000
  E 大 原 300    遊ゴ       三ゴ       見振
  A 高 橋 310       空振       左2    中飛
  @ 本 間 100       遊ゴ
  H 佐藤真 000                四球
  1 萩 原 000
  7 本 郷 100                      右飛
  犠盗失併残─────
  00321 2932

       回 打安振球責
  ●本 間 5 216312
   萩 原 1 51100
   佐藤秀 2 113220


 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 三 浦 300 遊ゴ    三飛    空振    投犠
  1 木 村 000
  1 河 本 100                      空振
  F9中 濱 320 中安    中安    遊飛    四球
  G 堀 田 311 遊併    右犠    左飛    投安
  D 吉 川 310    四球 右飛       右安 三併
  B 黒 田 410    中2    二ゴ    三選 空振
  E 川 中 421    中安    中安    左直    左飛
  C 長 田 421    二ゴ    右安    投ゴ    左安
  A 小 田 400    空振    空振    空振    遊飛
  @ 平 岡 200    一ゴ    右飛
  H7山 田 110                   中2 死球
  犠盗失併残─────
  22009 32103

       回   打安振球責
  ○平 岡 7   243512
   木 村  2/3 20100
  S河 本 11/3 40200


  本塁打  青 木(ヤ)1号A (6回 平岡)
  三塁打  青 木(ヤ)    (1回 平岡)
  二塁打  黒 田(巨)    (2回 本間)
       高 橋(ヤ)    (6回 平岡)
       山 田(巨)    (7回 佐藤秀)
  犠 打  三 浦(巨)    (7回 無死2塁 2走の山田が三進 更にバントを処理
                    した佐藤秀の三塁悪送球により山田がホームイン
                    打者走者の三浦も二進)
  犠 飛  堀 田(巨)    (3回 1死3塁 3走の中濱がホームイン)
  盗 塁  中 濱(巨)    (3回 捕手は高橋 打者は堀田 二盗成功 更に高橋の
                    二塁悪送球により三進)
       山 田(巨)    (8回 捕手は高橋 打者は河本 二盗成功)
  失 策  高 橋(ヤ)    (3回 中濱の盗塁を刺そうとして二塁悪送球 中濱が三
                    進)
       佐藤秀(ヤ)    (7回 無死2塁 三浦のバントを処理し2走の山田を刺
                    そうとして三塁悪送球 三進していた山田がホー
                    ムイン、打者走者の三浦も二進 タイムリーエラ
                    ー)
       佐藤秀(ヤ)    (8回 1死1塁 一塁牽制悪送球 1走の長田が三進)
  走塁死  青 木(ヤ)    (1回 3走としてユウイチの遊ゴロで本塁突入も三本間
                    で挟殺 川中−小田−吉川)
  牽制死  高 橋(ヤ)    (5回 2走として 小田−川中)
  野 選  畠 山(ヤ)    (6回 無死1塁 黒田の三ゴロで二塁送球も間に合わず)
  併 殺  ヤクルト     (1回 堀田 1死1塁 大原−梶本−ユウイチ)
       ヤクルト     (7回 吉川 無死満塁 畠山−高橋−ユウイチ)

  PL:名幸 1B:木内 3B:本田 公式記録:新向井
  時間 2時間50分(12:59〜15:50)

得点経過
 2回裏(巨) 無死2、3塁から川中が二遊間を破る中前打        巨  人1点目
       無死1、3塁から長田の二ゴロの間に           巨  人2点目
 3回裏(巨) 1死3塁から堀田がライトへ犠牲フライ          巨  人3点目
 6回表(ヤ) 1死1塁から青木がライトポール際へツーランホームラン  ヤクルト2点目
 7回裏(巨) 無死2塁から三浦のバントを佐藤秀が三塁悪送球      巨  人4点目


戦評
 週中には雨の予報だったが見事に裏切られ雲一つない青空。観客も大入りで鹿島町にはうれ
 しい誤算。
 試合の方は巨人が序盤に3点を先制すると、投げては先発の平岡が2回から5回までをパー
 フェクトに抑える快投。ヤクルトは青木のプロ初ホームランで1点差に迫るもエラーで巨人
 に追加点を許し勝負あり。ヤクルトはチーム3安打がすべて長打。

選評
 高 橋(ヤ) ルーキーの昨年は14試合で10打席、今年はここまで10試合で14打席と、もしか
       してプロ初スタメンマスク???。しかし、打撃面では牽制で刺され、守備面
       では二塁悪送球&投手と捕手の中間に上がったフライに対し、一塁手と三塁手
       と一緒に捕りに行ってしまい交錯スレスレ(ユウイチと畠山は交錯、落球する
       も畠山が素手で捕り事なきを得る)。高橋が指示を出すべきじゃないのかな?
       勝負の世界にたらればは禁物だが、高橋が牽制で指されなければ青木のホーム
       ランで同点に追い付いていたわけだし、更に言えば高橋のエラーがなければ堀
       田の右飛は犠牲フライにならなかった。バッティングフォームはいたってノー
       マル。

 梶 本(ヤ) 昨年からスイッチに挑戦中。右の平岡に対して左打席に入った梶本の構えは素
       直だった去年とは違ってバットを握りこぶし1つ分余らせて握り、バットを前
       後させてタイミングを取るフォームに変貌。

 佐藤秀(ヤ) 風呂上りに牛乳を飲むときの左手と同じ右手の使い方でキャッチャーのサイン
       を見た後(手を腰に当てるって意味です^^)、小林雅(ロ)のようにグラブと腰を
       振ってセットに入る。今日は2つのエラーで巨人にダメ押し点を許してしまっ 
       た。

 青 木(ヤ) 平岡の内角のストレートを折りたたんだ腕を腰の回転で上手く巻きつけて打っ
       たナイスホームラン。上がった瞬間にはライト線へのヒットかと思われたがぐ
       んぐん伸びてスタンドイン。


 平 岡(巨) これで無傷の5勝目。今日の良かった点はテンポ。本間がランナーがいなくて
       もセットから間合いを取って投げていたのに対し、平岡はポンポン自分のリズ
       ムで投げ込んでいた。ヤクルト打線は平岡の術中にはまってしまった印象。た
       だ今日のスライダーのキレはいつもに比べて今一つだったかも?と言いながら
       7回を3安打はスバラシイの一言。


2004年 5月30日 イースタンリーグ 湘南−西武(横須賀)報告者:メカゴジラさん

イースタンリーグ公式戦 湘南―西武J(横須賀スタジアム・1275人)
審判 石山・萩原・牧田・深谷 記録員 野中
                H E
 L‖200000113‖7  7 2
SS‖11002700×‖11 9 0
勝ち 若田部(3−1)セーブ 東(3−2−1S)負け 竹内(0−1)
HR 中村G小池F武山A 勝利打点 河野

得点経過
1表 中村HR       (0−2)
1裏 小池タイムリーヒット (1−2)
2裏 L黒瀬タイムリーエラー(2−2)
5裏 河野タイムリーヒット (3−2)
   若田部スクイズ    (4−2)
6裏 小池HR       (7−2)
   鶴岡タイムリー    (8−2)
   武山HR       (11−2)
7表 S千葉暴投      (11−3)
8表 上本押し出し     (11−4)
9表 S森暴投       (11−5)
   栗山一ゴロ      (11−6)
   黒瀬押し出し     (11−7)

SS       1 2 3 4 5 6   7 8 打 率
(5)  村田 ニゴ遊失  見振左飛         000
 7  田中充           四球    遊ゴ 264
(64) 福本 四球四球  二飛  左2空振     290
(35) 吉村 四球遊ゴ  四球  四球空振     314
(839)小池 右安  遊ゴ空振  左本  三失   250
(9)  南  三併  四球  二安左飛  捕邪   261
 3   七野                    231
(4)  小川   四球四球  四球         200
 R6  木村           中3  左飛   250
(2)  鶴岡   四球四球  空振左安       358
 1   千葉                       
 H   渡辺               空振   000
 1   東                        
 1   森                        
(7)  西崎   空振空振             329
 H8  河野         右安中安    右飛 285
(1) 若田部   空振二ゴ  一ス
 H2  武山           左本    見振 136

投手  回      打  安 本 四 死  振 暴 ボ 失 責
若田部 6      22 4 1 0 0  8 0 0 2 2
 千葉 1       6 2 0 1 0  1 1 0 1 0
 森  1 3分の2 14 1 0 7 1  0 2 0 4 1
 東    3分の1  2 0 0 1 0  1 0 0 0 0
    9      44 7 1 9 1 10 3 0 7 3

L       1 2 3 4 5 6 7 8 9
(8)松坂健 中安  空振  見振  遊飛  左飛
(4) 水田 見振  中安    見振  四球左2
(9) 栗山 遊ゴ  右飛    二ゴ  中飛一ゴ
(5) 中村 左本    空振  遊ゴ  死球四球
(3) 高山 捕邪    見振    右安四球四球
(2) 上本   中飛  中安    見振四球  
 H  玉野                 四球
(6) 黒瀬   中飛  左飛    中安二飛四球
(7) 春日   空振    二ゴ  三ゴ右飛空振
(1) 松川     投ゴ            
 1  竹内         空振        
 1  福井
 1  杉山
 H  宮崎             四球
 1 鳥谷部
 H 後藤武                 四球

投手          打 安 本  四 死  振 暴 ボ  失 責
 松川 2 3分の1 14 1 0  6 0  2 0 1  2 0
 竹内 3      18 4 1  5 0  4 0 0  5 5
 福井 0       4 4 1  0 0  0 0 0  4 4
 杉山   3分の2  3 0 0  1 0  2 0 0  0 0
鳥谷部 2       7 0 0  0 0  2 0 0  0 0
    9      46 9 2 12 0 10 0 1 11 9

その他記録
盗塁
 小川@(2裏三盗・ダブルスチール)
 鶴岡@(2裏二盗・ダブルスチール)
  南C(5裏三盗)
田中充@(6裏二盗)


メカゴジラの気になった選手
■若田部健一(湘)
無四球8三振と、初回のHRを除けば1軍に行ってもいいような投球でした。強いて言うなら2アウトからの不用意なヒット。1軍も先発がコマ不足ですから近いうちに昇格もありえると思います。

■森大輔(湘)
チームの無理しない方針もあって今日がプロ初登板となりました。配布のゲームノートを見たときから今日投げる予感がしましたがスタンドは驚きと歓声が響いていました。ところが、投げてみるとストライクがまったくというほど入らず、いつの間にかため息と悲鳴ばっかになって、結局ゲームセットまで投げられず・・・。しかし交代の際にはスタンドから拍手が起こりファンの期待が現れてました。

■村田修一(湘)
東京ドームとの掛け持ちで湘南初出場。4時までの限定でしたが、覇気がなくてスランプが浮き彫りになってました。最後に大きなレフトフライを打ったので、これをきっかけにしてほしいです。
松川(L)今日の四球合戦の火付け役になっちゃいましたね。あせってボークになったり今日は散々だったんじゃないですかね。結果、森の乱調にもつながってしまったかもしれませんね。

感想 
 高校最初のテストが終わってGW以来の湘南戦、開幕以来の横須賀になりました。その間掲示板に湘南の話題が増えてて少し嬉しかったです。
さて、試合前は猛暑でしたが、いざ始まるとだんだん雲が出始め、風が吹き、ナイターに近い暗さに。最後には照明が少し点灯されました。ほんとはもっと前に終わってもよかったのですが、森がなあ・・・。次に期待です。
ところで、西武の独走と湘南の不振のイメージがあった(僕だけ!?)イースタンですが、いつの間にか全チームが5ゲーム差以内に。そして今日の他球場によっては湘南が最下位脱出ができるぐらい混戦に。セリーグもイースタンも今年は混戦で予想不能な展開になってほしいです。それと、ゲームノートから湘南の打率を算出したので参考までに。


2004年 5月29日 イースタンリーグ 巨人−ヤクルト(福島県白沢村)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

2004年5月29日 巨人−ヤクルト 7回戦

Fしらさわグリーンパーク野球場(巨人4勝2敗1分)

 
ヤクルト 200 000 302│
 巨  人 233 010 02×│11
 
 勝 真 田 2勝5敗0S 登板9
 負 平 本 1勝2敗0S 登板10

 【ヤクルト】 打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 佐藤真 320 右安 遊ゴ       左安
  1 萩 原 000
  4 梶 本 200                   左飛 左飛
  G 青 木 430 右安 遊ゴ       投襲    左2
  H 内 田 100                         遊ゴ
  B ユウイチ  300 左飛    右飛    投ゴ    四球
  H 牧 谷 000                         四球
  D 畠 山 533 三失    左2    中飛    中2    左2
  H 宮 出 422 死球    左飛    三ゴ    中安    中安
  A 細 見 111 右安    四球
  1 小 森 000
  7 久保田 300                見振 中飛    一ゴ
  E 大 原 500 空振       一邪    一直    三ゴ 左飛
  C 大 塚 300 一ゴ       三ゴ    見振
  1 五十貴 000
  H 本 郷 100                      中飛
  1 吉 川 000
  @ 平 本 100    一ゴ
  2 鮫 島 310          見振       左飛 中安
  犠盗失併残─────
  00219 39126

       回   打安振球責
  ●平 本 22/3 208357
   小 森 11/3 73300
   萩 原 1   52101
   五十貴 2   82010
   吉 川 1   61010 

 【巨 人】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  H 三 浦 320 四球 左安 死球    左安 三ゴ
  7 山本光 100                      二飛
  F8中 濱 421 空振 空振 死球    右2    中安
  G 堀 田 311 四球 遊安 見振    左飛
  9 矢 野 100                   遊ゴ
  D3吉 川 521 右飛 右安    左安 左飛    中飛
  B 黒 田 421 左安    中安 左飛 空振
  H5十川孝 110                      中安
  E 川 中 411 右安    二ゴ 見振    中飛    四球
  C 長 田 420 中飛    四球 右安    左2    遊飛
  A 加 藤 433    二安 左本 中安    四球    三ゴ
  @ 真 田 201    右犠 空振 見振    捕犠
  1 木 村 000
  H  原  100                      三失
  1 十川雄 000
  犠盗失併残─────
  241011 37169

       回 打安振球責
  ○真 田 7 339433
   木 村 1 41000
   十川雄 1 62011


  本塁打  加 藤(巨)2号B (3回 平本)
  二塁打  畠 山(ヤ)    (3回 真田)
       中 濱(巨)    (5回 萩原 タイムリー)
       長 田(巨)    (6回 五十貴)
       青 木(ヤ)    (7回 真田)
       畠 山(ヤ)    (7回 真田 タイムリー)
       畠 山(ヤ)    (9回 十川雄 タイムリー)
  犠 打  真 田(巨)    (6回 1死1、2塁 2走の長田が三進、1走の加藤が
                    二進)
  犠 飛  真 田(巨)    (2回 無死3塁 3走の加藤がホームイン)
  盗 塁  三 浦(巨)    (2回 捕手は細見 打者は堀田 二盗成功 三浦は平本
                    が投球する前にスタートを切って(飛び出して)し
                    まったが、それに気付かなかった平本の投球が暴
                    投になったため更に三進)
       堀 田(巨)    (2回 捕手は細見 打者は吉川 二盗成功)
       川 中(巨)    (3回 捕手は細見 打者は長田 二盗成功)
       三 浦(巨)    (3回 捕手は細見 打者は中濱 二盗成功)
  失 策  吉 川(巨)    (1回 1死1、2塁 畠山の三ゴロで併殺を取ろうとし
                    て二塁悪送球。三進していた2走の佐藤真がホー
                    ムイン、1走の青木が三進、打者走者の畠山も生
                    存 タイムリーエラー)
       大 塚(ヤ)    (2回 加藤の二遊間のゴロに良く追い付くも一塁悪送球
                    打者走者の加藤は二進 1ヒット1エラー)
       畠 山(ヤ)    (8回 2死2、3塁 原の三ゴロを後逸 3走の十川孝
                    と2走の川中がホームイン、打者走者の原も川中
                    を刺そうとしたレフトのバックホームの間に二進
                    タイムリーエラー)
  盗塁死  吉 川(巨)    (2回 捕手は細見 打者は黒田 二盗失敗 細見−大塚)
  牽制死  細 見(ヤ)    (3回 1走として 加藤−黒田 打者は大原)
  暴 投  平 本(ヤ)    (2回 2死1塁 1走の三浦はスタートを切っていたた
                    め三進 打者は堀田)
       十川雄(巨)    (9回 1死1塁 1走の宮出が二進 打者は久保田)
  捕 逸  細 見(ヤ)    (2回 無死2塁 2走の加藤が三進 打者は真田)
       加 藤(巨)    (9回 1死1塁 1走の牧谷が二進 打者は畠山)
  併 殺  ヤクルト     (7回 矢野 無死1塁 大原−梶本−ユウイチ)

  PL:本田 1B:名幸 3B:木内 公式記録:新向井
  時間 3時間24分(13:01〜16:26)


得点経過
 1回表(ヤ) 1死1、2塁から畠山の三ゴロを吉川がエラー(上記参照)  ヤクルト1点目
       1死満塁から細見が右前打                ヤクルト2点目
 1回裏(巨) 2死1、2塁から黒田が左前打              巨  人1点目
       2死1、2塁から川中が一、ニ塁間を破る右前打      巨  人2点目
 2回裏(巨) 無死3塁から真田がライトへ犠牲フライ          巨  人3点目
       2死3塁から堀田がショート内野安打           巨  人4点目
       2死2塁から吉川が右前打                巨  人5点目
 3回裏(巨) 1死1、2塁から加藤が左越えスリーランホームラン    巨  人8点目
 5回裏(巨) 1死1塁から中濱がライト線を破るツーベース       巨  人9点目
 7回表(ヤ) 2死1、2塁から畠山が右中間を破るツーベース      ヤクルト4点目
       2死2塁から宮出が中前打                ヤクルト5点目
 8回裏(巨) 2死2、3塁から原の三ゴロを畠山が後逸(エラー)     巨  人11点目
 9回表(ヤ) 1死2塁から畠山が左越えツーベース           ヤクルト6点目
       1死2塁から宮出が二遊間を破るツーベース        ヤクルト7点目

戦評
 試合開始時には曇っていた空は試合序盤には雨、試合終盤は強烈な西日と試合同様に目まぐ
 るしい展開。
 ヤクルトは巨人のミスに付け込み初回に2点を先制するも、それ以上に先発の平本が大乱調。
 序盤の3回までに8点を献上し試合は巨人ペース。ヤクルトも7回に疲れから球が高めに浮
 いてきた巨人先発の真田を攻め反撃体制に入るも、8回に畠山のエラーで追加点を献上し試
 合を決定付けられる。巨人は毎回安打。


選評
 
平 本(ヤ) 腰高のサイドスロー。変化球のコントロールはまあまあもストレートのコント
       ロールは最悪。先頭の三浦を四球で歩かせると後は四死球と甘く入った球を痛
       打されることの繰り返し。3回に三浦と中濱に連続でぶつけたところで降板。

 萩 原(ヤ) 萩原とは巡り合わせが悪く初観戦。投球フォームはかなり滞空時間の長い右の
       サイドスロー。また、ランナーを背負ったときは両ヒザを折り曲げてセットに
       入る。中濱にライト線へ技ありのタイムリーを打たれるが後は無難に抑える。

 五十貴(ヤ) 通常は踏み出す歩幅の小さい上半身に頼った下半身が使えていない投球フォー
       ムだが、ここぞというときには歩幅の大きい下半身も使ったフォーム(の印象。
       でも、こんなことってあるのかな?)。歩幅の大きなフォームから放たれた球
       質の重そうなストレートはボールを判定をされてしまったが、際どいコースへ
       決まっていた。今日の内容だけ見てると去年の悪い内容が不思議に思える。

 畠 山(ヤ) 打つ方では二塁打3本の猛打賞も、今日は守る方でやらかし。打者走者を1塁
       で刺したためにエラーはついていないが8回のタイムリーエラーの前の1死1
       2塁の場面で加藤の三ゴロをファンブルしゲッツー取れず。ゲッツーが取れて
       いればタイムリーエラーは生まれなかったわけで・・・。追撃モードに水を差す

 大 塚(ヤ) スタメンを告げられていたからだろうが、試合前の練習から大ハシャギ。その
       勢いそのままに2回には加藤の高いバウンドで二遊間を抜けるかという当たり
       に良く追い付きながらも一塁悪送球をかましてしまう(絶対に間に合わないタ
       イミング)が、3回の速いゴロで二遊間を抜けるかという川中のに良く追い付
       くと冷静に二塁で1走を刺す。打つ方ではバットを指1本余して握り、前かが
       みになってバットを上下させてタイミングを取っていたが、今日は結果が伴わ
       ず。練習中は特に松岡コーチに可愛がられてました。

 細 見(ヤ) 狭いスタンスから体を前後させてタイミングを取るバッティングフォーム。細
       見というと僕の中で打てない捕手の代名詞だったが(實松と共に)今日はクリー
       ンヒットのタイムリーを放つ。

 ユウイチ (ヤ) ややオープンスタンス。ベルトの少し上というかなり低い位置のグリップでバ
       ットを垂直に立てて構える。今日はノーヒットだったが、かなり気持ちの良い
       打球音を響かせていた。スイングはちょっと振り子チック。
 吉 川(ヤ) 右のサイドスロー。久しぶりに見る吉川は上げた左足のヒザを伸ばしてから投
       げる投球フォームにリニューアル。

 丸 山(ヤ) 帯同せず(涙)



 真 田(巨) ここまで不調の真田。守備に足を引っ張られたが今日も初回から2点を失うも
       すぐに逆転してもらうと後はヤクルト打線の早撃ちにも助けられ中盤までスイ
       スイ。また、勝ち投手の権利を得た5回の宮出を三ゴロに打ち取った球は唸り
       声を上げての投球で鬼神迫るものあり。でも9安打も浴びてるんですよね。

 中 濱(巨) 地元郡山の出身ということで一番の声援。平本から連続三振を喫したときには
       どうなるものかと思われたが、タイムリーを含む2安打を放ちキッチリ帳尻を
       合わせる。また、3回に平本から背中に死球を受けたときにはバットを地面に
       叩き付ける。

 本 田(審) 両チーム合わせて11三振のうち半分以上の6個が見逃し三振。低めのストライ
       クゾーンが拡すぎ。

おまけ
 青 木(ヤ) イニング前の守備練習で青木コールを送る少年野球団にボールをあげると次の
       イニングからはほとんどの少年野球団が青木コールの大合唱(苦笑)。

 ボーンヘッド  5回のヤクルトの攻撃。無死1塁で青木のピッチャー強襲の打球が大きく撥ね
       てサード後方に転がった場面。打者走者の青木は1走の佐藤真が二塁でストッ
       プしているにも関わらず二塁付近まで全力疾走してしまうボーンヘッド、サー
       ドの吉川は一塁に帰塁しようとする青木をボールを持ったまま追いかけ過ぎて
       一塁送球が間に合わず青木に帰塁を許してしまうボーンヘッド。

しらさわグリーンパーク野球場データ
 両翼100m、中堅122m、内野−土、外野−天然芝


2004年 5月29日 イースタンリーグ 湘南−西武(横須賀)報告者:いかさん

今季初のナイター観戦。ただ、半そででは少し寒かったです。

イースタンリーグ公式戦湘南対西武10回戦は横須賀スタジアムで行われ、湘南が西武に延長10回、3対2でサヨナラ勝ちました。湘南は横須賀スタジアム6連勝を飾りました。

湘南シーレックス対西武ライオンズ5回戦(横須賀、18時、観衆1,040人)
                    R H E
西  武 000 100 100 0 | 5 2
湘  南 001 100 000 1×| 9 0
勝利投手:谷口
敗戦投手:武藤
(湘)土居(9回)−谷口(1回)、新沼−鶴岡
(西)岡本(6回)−トモキ(1回)−青木(1回)−潮崎(1回)−武藤(2/3回)、野田−椎木
[二塁打]西崎(2回裏)、新沼(3回裏)、西崎(6回裏)、古屋(7回表)
[盗 塁]木村(5回裏)、福本(10回裏)
[失 策]青木2(8回裏)
[併殺打]玉野(1回表)、西崎(8回裏)
[犠 飛]河野(3回裏)、北川(4回裏)
[犠 打]土居(3回裏)、岡本(5回表)、野田(7回表、スクイズ)
[審 判]球審:深谷、一塁:牧田、二塁:石山、三塁:萩原、公式記録:野中

《打撃成績》
(西武)  打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
8  大友 2 0 0 1ゴ       三振
 H9藤立 2 0 0             中飛       一邪飛
 1 青木 0 0 0
 1 潮崎 0 0 0
 6 水田 0 0 0
4  宮崎 3 1 0 中安       死球    遊ゴ    二ゴ
789玉野 4 1 0 併殺       左安    二ゴ    左飛
5  マクレーン 4 0 0    三振    三振    三ゴ       右飛
3  後藤武4 1 1    三ゴ    三安       投ゴ    二ゴ
97 栗山 3 0 0    中飛    中飛       四球    二ゴ
6  古屋 4 2 0       三振    左安    右二       三振
 1 武藤 0 0 0
2  野田 3 0 1       投ゴ    遊ゴ    犠打
 1 トモキ0 0 0
 8 高波 1 0 0                            三振
1  岡本 1 0 0       三振    犠打
 H2椎木 2 0 0                   二ゴ       三振
      33 5 2


(湘南)  打 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回
8  河野 5 0 1 中飛    中飛    右直    二ゴ    三振
6  木村 4 1 0 三振    中安    四球    三振       一ゴ
5  吉村 2 0 0 三振    二ゴ    四球       四球
 R4野中 0 0 0
 H 七野 1 1 0                            右安
 R 福本 0 0 0
3  小池 4 2 0    三ゴ    中安 三振       失策    左安
9  南  4 1 0    三ゴ    右安    三ゴ    失策    三振
7  西崎 5 3 1    左二    三振    左二    併殺    中安
45 北川 3 0 1    二ゴ    犠飛    三振    三振
2  新沼 3 1 0       左二 三振    三振       
 H2鶴岡 1 0 0                         三振
9  土居 2 0 0       犠打    三振    一直
 H 田中充1 0 0                         左飛
 1 谷口 0 0 0
      35 9 3


《試合展開》
試合は湘南・土居、西武・岡本の投手戦。3回裏、湘南は河野のセンターへの犠飛で1点先制するが、西武も4回表、一死一・三塁の好機をつかみ、後藤が三塁強襲安打で同点。するとその裏、湘南は北川のレフトへの犠飛で突き放す。そのまま試合は終盤へ進むが、7回表、西武は古屋が二塁打を放ち一死二・三塁とし、ここで野田がスクイズを決めて同点とした。試合は決め手なくそのまま延長となるも、湘南は10回裏、代わった武藤を責め、二死二・三塁から西崎が中堅高波の頭上を抜く安打を放ちサヨナラ勝ち。

《注目選手》
■スコット・マクレーン(西武)
カブレラ負傷のための再契約、来日。もともと変化球には強くなかったように思うが、内角攻めで上体を起こされ、変化球に泳がされる湘南バッテリーの徹底的な攻めにバットはくるくる空回り。打てる気配がまるでなし。また、ピンチの場面でのマウンド上での円陣で彼だけが参加していない。守備の指示でないのかも知れないが、彼も大事な三塁手。言葉は通じなくとも、ピンチであせる投手のお尻でも軽く叩いてやるだけでも投手は気が楽になるものだと思います。

■谷口邦幸(湘南)
初めて見たのですが、フォークと思われる変化球の切れがすごく、10回表を三者連続空振三振でサヨナラ勝ちを演出。面白そうな存在。リリーフ向きですね。

■高波文一(西武)
阪神ファンには懐かしい。しかし、最後のあたりは追いついていただけになぜ取れなかったのか不思議。守備は職人芸と呼ばれた選手だけに気にかかる。

■土居龍太郎(湘南)
松坂世代。9回2失点、8回裏の球審深谷の誤審がなければ勝利投手でした。スライダー投手のようですね、内外を衝くスライダーは威力がありなかなか捕えるのは難しそうです。ただ、直球は150キロ出せるとのことですが、今日のところはそこまで速さを感じませんでした。故障持ちだが9回まで投げきったことが収穫ではないでしょうか?次回登板が楽しみです。

■岡本篤志(西武)
7回に好機が回ってきたために下がりましたが、悪くなかったです。彼もスライダー投手ですが、土居と比較するとやや真ん中に球が集まりやすい印象を受けます。ふっと甘いところ(失投ですね)に行くことがあります。特にランナーを許すと投球に勢いがなくなり、連打を許す場面も見られました。彼の場合、コントロール(特にセットの場面)が課題ですね。


※ 気になった点
8回裏、この回から登板した西武・青木の連続失策で湘南は無死満塁の好機。ここで、西崎は三塁ゴロ。三塁マクレーンは三塁を踏み、本塁へ転送、併殺打。しかし、マクレーンのプレーで二塁走者はアウトになっているため、本塁はタッチプレーになるはずだが、野田はタッチしていないように見えた(一塁ベンチ横にいたためよく見えた)。しかし、球審深谷はアウトの判定。岩井監督の抗議中、湘南応援団から激しいブーイングが起きるが、確かにかなり変な判定だった。


2004年 5月29日 イースタンリーグ 日本ハム−ロッテ(鎌ヶ谷)報告者:風車の弥生さん(HP:なんにもないぺーじ)/しじゅうしさん/健一@管理人

風車の弥生さん編

5/29()はれ

マリーンズファイターズスタジアム

  
 610 001 000 01 19安打)
  
日本ハム 000 230 300 00 12安打)

  勝 
  負 隼人

  
PL 山崎  1B 鈴木  2B 橋本  3B 山路

    回 安 振 球 点        回   安 振 球 点
 山 口 1 5 0 3 6     戸 部 5   10 2 1 5
 佐々木 4 5 5 2 1     前 田  2/3 0 2 0 0
 武 田 1 2 1 1 1     山 崎 1   1 3 2 3
 伊 達 2 2 0 1 0     長 崎 21/3 1 3 0 0
隼 人 3 5 0 1 1     内  2   0 2 1 0

日差しがさんさんと降り注ぐファイターズスタジアム。
5回をすぎたくらいでくもってきたけど、
日焼け止めの塗り足りなかった首筋がヒリヒリします。
足はしっかりサンダル焼け(しまった)

試合の方はしまりのないスコアにも見えますが、ところどころに
好プレーあり、凡プレーあり、誤審あり、ナイスピッチあり…
;
と野球の楽しさを満喫できたなと個人的には思っています。


立川のスリーランなどで一時は7-0としたマリーンズ
今江のタイムリーエラーなどもあり、8-8と同点に追いつかれるも
11回表に田中雅のスクイズ(記録はピッチャーへの内野安打)で勝ち越して勝利。
勝利投手の
は打者6人に対して、無安打とナイスピッチ。


さて、打撃のテーブルを入力しようと思ったら、
健一さんがすでにアップされていますので、割愛させて
いただくこととして、印象に残ったこと(人)を取り上げたいと
思います。

■立川隆史(ロ)
 ここんとこ一軍にいることが多く、久々に鎌ヶ谷でみることができた選手。
 「たちかわ、たちかわ」という応援にちょっと違和感を覚えましたが
 いまマリーンズでタカシというと
喜多のことでしたね。
 
山口のふがいないピッチングにいらいらしていたので、
 「一発かましたれ、タカシ」と声援を送ったら、こすったように見えた打球は
 風にのってライトフェンスを越えていきました。(本来三塁側で相手選手を
 応援するのはマナー違反ですね。すいません)

■内竜也(ロ)
 この日いちばんいいピッチングをしたピッチャー。
 大量リードをおいつかれ流れが完全に相手にいったところを
 マリーンズにもどした立役者。

■佐々木貴賀(日)
 以前よりコントロールがよくなった分、球の威力が下がったような印象を受けました。
 個人的には小さくまとまるよりも、時折りとんでもない球がきてもいいので
 豪快なピッチングを期待しています。
 彼がなんとか1失点で乗り切ったことがファイターズの同点劇を呼んだのは
 間違いないところかと思います。

■駒居鉄平(日)
 序盤に大量に点をとられ、キャッチャーとしてはツライ状況だったが、
 打者としてかなりいい当たりのヒットを2本。
11回にはフェンス際の
 フライを好捕。

■稲田直人(日)
 正直なところいままでいい印象がなかったが、8回のスーパー守備ショーの
 口火をきったのはこの人。また、5回裏にセンターオーバーの当たりで、
 果敢に3塁までいった走塁(というよりその積極的な気持ち)が◎でした。

■山崎さん(球審)
 低めに辛い判定をしていたようでしたが、安定して辛かったのでよかったと思います。
 ただ後半低めもとっていたような…  →ネット裏でご観戦の健一さんいかがでしたか?

■鈴木さん(塁審)
 4回表2死1
,2塁で曽我部のサードゴロを稲田
 はじきあわてて一塁へ送球。あれはセーフでしょう、いくらなんでも。
 試合の展開が変わっていたかもしれません。がんばってください。


6回裏ファイターズ攻撃開始時
 この回の
マリーンズは守備を大幅に入れ替え。そのなかで
 
ユウゴーがレフトの守備についてにも関わらず、紹介されず。
 三塁側スタンドで「あま〜の、ユウゴー」の大合唱。

8回裏ファイターズ攻撃開始時
 ライトの
立川が守備位置についていないのに、試合を開始しそうになる。
 「ライトをねらえ、にっしうら〜」コールがおこる。でもライト打ちは
小谷野
 得意技。彼が一軍にとられているのはつらいなぁ。

8回表ファイターズ守備
 自分的にはここが試合のハイライト。
 まず
ユウゴーの三遊間の痛烈なゴロを稲田が好捕し一塁アウト。
 次に
立川の三遊間の痛烈なゴロを尾崎が好捕。
 さすがにこれは三遊間の深いところでの捕球だったので、内野安打。
 さらに、
今江のライト前にフラフラっと上がった打球を佐藤
 果敢にダッシュしてきて捕球。
 
立川二盗のあと富永がセンター前ヒット。
 ここで
紺田がホームへ好返球。駒居
 しっかりボールをキープして、勢いよくホームインしようとした
立川
 強烈なタッチでアウト。(
立川はすぐには起き上がれず、次の回治療のため
 守備につくのが遅れる。)
 スーパープレーがここまで続けてでるとは…とにかく圧巻でした。

応援しているファイターズは負けてしまったけれど、
自分はファイターズのファンである前に
野球のファンであることを再認識できた試合でした。



しじゅうしさん編

私も鎌ヶ谷に行っていまして、健一さんと同様日焼けしてひりひりしています(笑)。

雑感
いきなり山口が大炎上してどうなるかと思った試合でしたが、最終的にはなかなかの好ゲームになりました。
2回表の7−0から7回裏に8−8になったときには、F戦の観戦試合連勝記録が伸びるかも、と思ったのですが、そう甘くはありませんでした。
データを整理していて初めて気付いたのは、ファイターズは先発全員安打だったということですね。
球場にいるときは全く気付きませんでした(笑)。

なお各数値は目安程度に受け取ってください。

5/29(鎌ヶ谷)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
ロッテ 6 1 0 0 0 1 0 0 0 0 1 19 1
日ハム 0 0 0 2 3 0 3 0 0 0 0 12 0

千葉ロッテマリーンズ
守  名前  打 得 安 点 1回    2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
(6) 西岡  6 1 3 0 中二 三ゴ    中安    右安    左飛       左直 四球
(8) 波留  3 2 1 0 四球    中二 空振       投ゴ
7  ユウゴー3 0 1 0                         三ゴ    右三 遊ゴ
(9) 立川  6 2 3 3 右本    右飛    空振    中安    遊安    遊ゴ
(5) 今江  5 1 3 1 投安    中犠    中安    中安    右飛    一ゴ
(3) 李   2 1 1 1 左二    四球    中飛    死球
R3 富永  2 0 2 0                         中安    左安
R  早坂  0 1 0 0
1  内   0 0 0 0
(D) 垣内  2 1 0 0 四球    空振    四球    空振
HD3澤井  2 0 1 0                            左飛    右安
(7)8曽我部 4 0 0 0 四球       空振 三ゴ    一ゴ       右飛
H8 喜多  1 0 0 0                                  捕飛
(2) 辻   3 0 1 0 二併       左安    遊ゴ
2  田中雅 3 0 2 1                      遊ゴ    中安    投安
(4) 原井  3 0 1 1 右二       空振    三ゴ
4  塀内  2 0 0 0                      死球    二ゴ    三ゴ

  名前  投球回 打者 投球 安打 三振 四死 失点 自責
  戸部  5   27 99  10  2  2  5  5
  前田    2/3  2  9  0  2  0  0  0
  山崎  1    9 36  1  3  2  3  0
  長崎  2 1/3  8 27  1  3  0  0  0
○ 内   2    6 25  0  2  1  0  0

北海道日本ハムファイターズ
守  名前  打 得 安 点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
(8) 紺田  4 0 1 3 二ゴ    四球 右犠    空振 中二       二ゴ
(4) 古城  6 0 1 0 二ゴ    中安 遊飛    空振 二飛       捕飛
(7) 西浦  4 0 2 0 中安    右安    二ゴ 四球    中直       四球
(3) 林   6 1 1 0 左直    空振    左安 三振    三ゴ       遊併
(D) 藤島  3 1 1 2    一直 遊ゴ    中本
HD 渡邊  3 0 0 0                   空振 空振       空振
(9) 佐藤  4 1 1 0    中安    四球 遊飛    空振    空振
(5) 稲田  4 3 2 0    右飛    右安 中三    四球    三振
(2) 駒居  4 1 2 1    遊ゴ    一犠 左安    中安    捕飛
(6) 尾崎  4 1 1 1       空振 右安 二ゴ    三失
H6 飯山  1 0 0 0                            空振

  名前  投球回 打者 投球 安打 三振 四死 失点 自責
  山口   1  10 44  5  0  3  6  6
  佐々木  4  18 68  5  5  2  1  1
  武田   1   6 17  2  1  1  1  1
  伊達   2   7 18  2  0  1  0  0
● 隼人   3  15 48  5  0  1  1  1


得点経過
1表 M3−0F 無死一、二塁から風にも乗って(?)ライトスタンドに3ランホームラン
〃  M4−0F 今江を一塁におき、李がレフトにタイムリーツーベース
〃  M5−0F さらに無死満塁となり、辻の二ゴロ併殺の間に一人生還
〃  M6−0F 残ったランナーを三塁におき、原井がライトにタイムリーツーベース
2表 M7−0F 一死三塁(走者波留)から、今江がセンターに犠牲フライ
4裏 M7−1F 一死二、三塁で尾崎がライトに流し打ち、1点を返す
〃  M7−2F 一、三塁となり続く紺田がライトに犠牲フライ
5裏 M7−4F ヒットの林を一塁におき、藤島がバックスクリーンに2ランホームラン
〃  M7−5F 稲田の三塁打の後に、駒居がレフト前にはじき返し、さらに1点を返す
6表 M8−5F この回から変わった武田が、一死満塁で打者垣内のときにワイルドピッチで、三塁走者生還
7裏 M8−6F 二死一、二塁で、尾崎のゴロを三塁手今江が一塁に暴投。二塁走者が生還し、尾崎も二塁へ
〃  M8−8F (二死二、三塁)続く紺田がセンターオーバーのツーベースで走者二人が生還
11表 M9−8F 一死一、三塁から、田中雅彦がスクイズ。隼人は一塁にも投げられず。

選手寸評
■山口弘佑(日)
一軍で左の中継ぎが手薄になっている現状より、今日の結果いかんではという線もあったと思うのだが・・・

■佐々木貴賀(日)
おそらく緊急登板だったろうが、毎回ヒットを打たれながらもよく抑えたと評価したい。

■前田浩継(ロ)
移籍後初登板でしょうか? 左打者二人(紺田、古城)を連続三振にとり、これはやばいと思っていたら、そこであっさり交代。
そのまま上に上がりそうな気配

■今江敏晃(ロ)
打つほうでは3安打1打点も、7回裏の大暴投はいただけない。
正直な気持ちを言うと、尾崎が打った瞬間「あーあ」と思ったが、サード今江だからもしかしてと思ったら、ほんとに暴投してしまいました。(マリーンズファンの方すみません)
ただ、個人的に期待をしている選手でもあるので、守備を磨いて1軍のレギュラー取りを目指して欲しい。



健一@管理人編

■5月29日(土) イースタンリーグ 鎌ヶ谷ファイターズ−浦和マリーンズ(鎌ヶ谷)

<延長11回>                   R H E
浦和マリーンズ  |610 001 000 01| 19 1
鎌ヶ谷ファイターズ|000 230 300 00| 12 0

浦:戸部浩(5回)−前田浩継(2/3)−山崎健(1回)−長崎伸一(2回1/3)−○内竜也(2回)
鎌:山口弘佑(1回)−佐々木貴賀(4回)−武田久(1回)−伊達昌司(2回)−●隼人(3回)

(本)立川隆史(山口弘佑)、藤島誠剛(戸部浩)

PL:山崎 1B:鈴木 2B:橋本 3B:山路


■浦和       打安点 1回    2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
(遊) 西岡剛   630 中2 三ゴ    中安    右安    左飛       左直 四球
(中) 波留敏夫  310 四球    中2 三振       投ゴ           
 左  ユウゴー  310                         三ゴ    右3 遊ゴ
(右) 立川隆史  633 右本:・   右飛    三振    中安    遊安    遊ゴ
(三) 今江敏晃  531 三安    中犠・   中安    中安    右飛    一ゴ
(一) 李承Y   211 左2・   四球    中飛    死球
 走一 富永旭   220                         中安       左安
 走  早坂圭介  000
 投  内竜也   000
(指) 垣内哲也  200 四球    三振    四球    三振
 打指一澤井良輔  210                            左飛    右安
(左中)曽我部直樹 400 四球       三振 三ゴ    一ゴ       右飛     
 打中 喜多隆志  100                                  捕邪
(捕) 辻俊哉   310 二併       左安    遊ゴ           
 捕  田中雅彦  321                      遊ゴ    中安    投安・
(二) 原井和也  311 右2・      三振    三ゴ             
 二  塀内久雄  200                      死球    二ゴ    三ゴ


■鎌ヶ谷      打安点 1回    2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回
(中) 紺田敏正  413 二ゴ       四球 右犠・   三振 中2:      二ゴ
(二) 古城茂幸  610 二ゴ       中安 遊飛    三振 二飛       捕飛
(左) 西浦克拓  420 中安       右安    二ゴ 四球    中直       四球
(一) 林孝哉   610 左直       三振    左安 三振    三ゴ       遊併
(指) 藤島誠剛  312       一直 遊ゴ    中本:
 打指 渡邉孝男  300                      三振 三振       三振
(右) 佐藤吉宏  410       中安    四球 遊飛    三振    三振
(三) 稲田直人  420       右飛    右安 中3    四球    三振
(捕) 駒居鉄平  421       遊ゴ    一犠 左安・   中安    捕飛
(遊) 尾崎匡哉  411          三振 右安・二ゴ    三失
 打遊 飯山裕志  100                               三振


■浦和     回   安  振  四死  責
 戸部浩   (5回)  10  2  2  5
 前田浩継  (0回2/3) 0  2  0  0
 山崎健   (1回)  1  3  2  0
 長崎伸一  (2回1/3) 1  3  0  0
○内竜也   (2回)  0  2  1  0

■鎌ヶ谷    回   安  振  四死  責
 山口弘佑  (1回)  5  0  3  6
 佐々木貴賀 (4回)  5  5  2  1
 武田久   (1回)  2  1  1  1
 伊達昌司  (2回)  2  0  1  0
●隼人    (3回)  5  0  1  1


【雑感&大まかな試合展開】
久しぶりの鎌ヶ谷でして昨シーズン後のコスモスリーグ以来です。また2軍公式戦になりますと2年ぶり…(^^;)天候は快晴!そして晴天の下でしたのでTシャツ日焼けしてしまいました(^^;)ヒリヒリ

昼前に到着しましてまず一塁側ブルペンに直行、ブルペンでは
荘勝雄2軍投手コーチが捕手役となり高卒ルーキー三島輝史(ルーキーとはいえ浦和投手陣のエース格)が投球練習をしていました(捕手は立たせての投球練習)。まだまだ華奢でお尻からももの下半身はプロのものではありませんが、綺麗な部類のフォームで投げています。コーチからは腕の振りについて指示を受けていました。<下記は前回観戦時の三島輝史の印象

――――――――――――――――――――――――――――――
◎2004年 4月18日 イースタンリーグ巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:健一@管理人
■三島輝史(ロ)
高卒ルーキーとは思えぬまとまりの良さ。ストレートは138〜142km/hを平均して記録するとともに145km/h弱のスピードも度々記録(マウンド上で「おりゃー!」ってな感じに跳ねます!#掛け声はないですけどイメージとして)。他には緩いカーブ、スライダーにシュート系のボール(少し開き気味に投げるのでナチュラルに切れ込んでいきます)。本日は意図的なのかかなりの割合でストレートを投げていました(中盤には145km/h弱を連発!!)。またスライダーも低めに落として序盤併殺でピンチを切り抜けていました。

左足を引き上げたときに、ワンテンポの間を置いてから踏み出していきます。あと右腕のトップの作り方が、ランデル(巨)に似ていてあまりテイクバックを取らないフォーム。個人的にですがこの投球フォームからのスケールという点では、伸びしろがどこまであるのか…とやや頭打ちにも感じました。<現時点ではかなりの完成度ということ

とはいえグイグイ攻めるストレートで左右の低め膝元にビシッと決まる様を見るに感心感心。身体的には高卒ルーキーですしまだ細身ですが、改めて1年目でこの内容吃驚です。<本日は7回を2失点@三浦貴2点本塁打!本日は好投の部類でしょうが、それでも現在浦和投手陣を内容的にも安定して引っ張っています
――――――――――――――――――――――――――――――

荘勝雄2軍投手コーチと三島輝史がブルペンでの練習を終えたのを確認してからいざスタジアムへ。両応援団もおりまずまずの客の入り、私はいつものようにバックネット裏に陣取り嫁とランチタイム…、そして両チームのバッテリー、スタメンの発表後13:00に試合開始!

◇一回表:鎌ヶ谷先発の山口弘佑が大乱丁!?…いきなり走者を貯め立川隆史にはライトへフラフラと上がる飛球…いや風が押す押す、そのままフェンスを越え先制三点本塁打(風がセンターから右に強い風が吹く中試合開始)。制球が侭ならずストレートの四球を二個絡めるなど終始ボール先行の山口弘佑。李承Yは左翼手左に運ぶ一点適時二塁打。辻俊哉は「4→6→3」の併殺、しかしこの間に一人生還、更に原井和也にまでもライト線ギリギリに入る一点適時二塁打で浦和はこの回一挙に6得点【F0-6M】

◇二回表:早々に山口弘佑から佐々木貴賀へ交代。先頭打者の波留敏夫がセンター右を抜ける二塁打で出塁。その後三塁に進み、今江敏晃のセンターへの犠牲飛球で一点追加【F0-7M】

◆四回裏:戸部浩から佐藤吉宏@四球、稲田直人@右安で駒居鉄平が犠打で一死二三塁の好機を作り、尾崎匡哉がライト前に一点適時打、更に紺田敏正がライトに犠牲フライでこの回2点を返す。【F2-7M】

◆五回裏:林孝哉@左安を置いて低い弾道でしかもスライス回転でセンターへのどでかい二点本塁打。二死から稲田直人が中翼手越えの三塁打、そして戸部浩が肩口から入る甘いカーブを駒居鉄平がレフト前に弾き返しもう一点追加(二点差まで急追…)【F5-7M】

◇六回表:三番手武田久登板。2安打と死球で一死満塁のピンチ。対垣内哲也の場面で暴投をやらかし一点を献上。【F5-8M】

◆七回裏:三番手山崎健に二死から稲田直人@四球、駒居鉄平@中安が出塁し、尾崎匡哉は三塁ゴロ…しかし今江敏晃が一塁手が手を伸ばしても届かないぐらい高い球を放ってしまい、その間に一人生還。ここ@二死二三塁で四番手長崎伸一に交代し対するは紺田敏正…紺田敏正の打球はセンターの右をライナーで抜く二点適時二塁打で遂に同点。【F8-8M】

◆11回表:途中出場の富永旭が本日二安打目の安打をレフト前に放ち、代走早坂圭介。無死一塁で代走…この厳しい間面に果敢に二塁へ盗塁成功!!澤井良輔も続き右安で無死一三塁。代打喜多隆志は力んだのか捕手への飛球…、次打者は田中雅彦。ここまで良い当たりがなかったので併殺もあるかも…と嫁と話していたら、ここまでで3イニング目になる隼人の外角のボールに飛びつきスクイズ敢行!(記録は投手への内野安打)し一点を奪い取った。【F8-9M】


【気になる選手達:浦和編】
■戸部浩(ロ)#先発5イニングを被安打10…自責点5
かつての巨人の大エース斎藤雅樹に多少似た感じの投球フォームの流れ。殆どサイドスローといっていいかも知れません(肩よりも気持ち上ぐらいか)。制球、球速とも並でスライダー主体の投球スタイル。#売りはスライダーのキレで、外角にググッと曲がります!外角中心に真っ直ぐとスライダーのコンビネーション。

本日は序盤好スタートも3回には一死満塁(結果無失点)、4回、5回には5失点で計被安打10…これでは5回終了時交代もやむなし。信条としては制球と緩急が生命線!右打者の外角にボールを集める丁寧な投球に磨きを掛ける、、、もっと内角を攻めるアクセントも欲しい。


■前田浩継(ロ)#移籍後初登板打者2人から奪三振、左横手軟投派
先日27日にヤクルトとロッテの間で行われた交換トレード『ヤクルトの前田浩継投手(28歳)と、ロッテの田中充投手(28歳)、丸山泰嗣内野手(25歳)』により移籍。オリックス、ヤクルトそしてロッテと三球団目<ヤクルト時代:ずんぐりむっくりした体型から変化球(指の短さかを利した変則、チェンジアップのような軌道)を中心とした投球内容で、古田敦也のリードもあり2001年には7勝を記録

今でもずんぐりむっくりしてはいるが、腕の出が上手から横手になっています。本日は六回裏に対左打者2名(紺田敏正、古城茂幸)から2連続奪三振。投球内容というか傾向@対左打者ですが大凡、内に速く、外に緩いコンビネーション。最後はストライクゾーンから大きくボールに逃げる変化球に打者は腰砕け三振。ただ内に速くといっても、目測130km/h弱のストレートですから、かなりの軟投派。結果2奪三振ですが、打者のタイミングを外し打たせて取れるかが勝負。今回はワンポイント起用でしたが、首脳陣はトレード時の狙いとして先発左腕の補強と謳っていたとおり高木晃次(タイプ的にもそう遠からず)のような谷間の先発を期待しているのでしょう。<しかし目眩ましさそう長くは続かないと思う


■内竜也(ロ)#5番手登板、延長10〜11回を快速球で勝利投手
'04ドラフト1位高卒ルーキー、細く華奢に感じます。長身かつ真上から投げ下ろす本格派で、特に「腕の振り」が良いです!切れてる感じ。やや突っ立ったようにも見えますが、今後下半身もガッチリしてくるでしょう。まだまだ短いイニングを「エイ!ヤー」と勢いで打者をなぎ倒している印象ですが、身体的にも内容的にも伸びしろを感じる好素材。<故障にだけは注意して下さい(^^)

両チーム併せて10投手が登板しましたが、この中では恐らく最速ストレートを誇っていたはず。快速球でぐいぐい打者を攻め、スライダー、フォーク系の低めに集める速い変化球で圧倒。延長時勝ち越しを呼び込み、そして押さえ込む見事な10回、11回の投球でした。ただこれだけ結果(8セーブ、投球回数を超える奪三振数等々)を残されると1軍で見たいというのも必然。ただここはべただが、現在の抑え起用も含めて今後の育成方針の確立、そして身体的強化に努める方がいいのではと思います。<多分に昇格すれば高卒ルーキーらしからぬ活躍も見せてくれることでしょう…だがしかし、、、もう一回り大きくなる内竜也を待ちます。


■西岡剛(ロ)#一番遊撃手、6打数3安打(作られた右打席で見事猛打賞)
一番遊撃手、本日は7打席立ち三安打の猛打賞を記録!切り込み隊長役を見事果たしました。また今季から右打席にも挑戦中のスイッチヒッター(通常は足を生かすために、プラス左打席にも挑戦という選手が多いので、このケースは少ないです)。そんな作られた右打席で三安打!それぞれ強引に引っ張らず、引きつけて脇を締めてセンター方向に強くスイングしていました(また2軍の成績で四球が多い点にもよしよし)。そして盗塁部門では第一位、本日も第三打席ライト前にて出塁時に盗塁を試みるも、、、牽制死。

松井稼頭央(M)見たいな攻撃的な先頭打者になると心強いですね!!


■立川隆史(ロ)#3番右翼手、6打数3安打3打点(先制三点本塁打)
恵まれた体格からはパワー満点の打撃を期待、しかし打撃での安定感はなく、これまで幾度もあったスタメン候補をことごとく逃す…。だがやっぱり期待せざるを得ない大砲(^^;)

その打棒ですが、ボテボテの内野安打、センター前への軽打もありましたが、本日は初回の三点本塁打でしょう。でもこれはかなり風のフォローがあった代物。試合開始前からセンターから右への強風が吹いていたのですが、まさにこの風を利した本塁打でした(高いライトへの飛球でした、佐藤吉宏右翼手もグラブを挙げながらゆるゆると後退し、打球はそのままフェンスを越えた次第です)。球場全体も「おいおい」のざわめきが(笑)一軍定着はもちろんのこと、もう一回りも大きくなってもらわないとイカンです…ホントに環境の変化もありですφ(..)


■今江敏晃(ロ)#4番三塁手、5打数3安打1打点…あと失策一つ(+_+)
下半身は膝を深く曲げて四股を踏むような状態、そして大上段にバットを掲げて構える(少し左足を下げたオープンスタンス)、そして投手の動きに合わせて捕手方向に捻りを入れてから踏み出すパンチ力ある打者。<左足とバットを振り子のようなタイミングで上に引き上げ鋭いスイング。この「タイミング」の取り方は非凡!

本日はボテボテの三塁前の内野安打は置いといて、センターへの犠牲フライ一つ、センター前に2本の鋭い安打。あと守備では同点の足掛かりとなってしまう『失策』…二死一ニ塁で尾崎匡哉の平凡な三塁ゴロをまさかの大暴投!富永旭一塁手ジャンプも届かず…やっちまいました、打ってナンボですからとはいえここぞの場面では勘弁して(笑)


■李承Y(ロ)#6番一塁手、2軍調整中、2打数1安打1打点、初回適時二塁打
韓国の至宝、打撃調整中ですが、なかなか自信回復はしていないようです。本日は一回表に左腕山口弘佑のインコースのボールをやや差し込まれながら巧く左翼手左に流す適時二塁打。どうにも巷では56発というパワーが全面に出ていますが、皆さんご存じのようにバットコントロールも巧み(右手の捌きなんて見事でしょう)に操作しますんで、そう力まず日本野球に適応してくれることを願っています。もう1軍にいつ上がっても良いかも知れませんが、何かモヤモヤを吹っ切ってから上がって欲しい。<あとアナウンス時、球場の拍手が一際大きかったです。


■田中雅彦(ロ)#3打数2安打1打点、辻俊哉に代わり途中出場し勝ち越しのスクイズを決める
1998夏の甲子園大会「横浜高校−PL学園」激闘の延長戦でのあどけない坊主の印象が強いこの田中雅彦捕手(^^;)。全体的に非力で、この一試合だけ見ただけですが、山田勝彦(神→ロ)系の捕手像にダブりました…。今日の彼の見せ場は、延長11回表の勝ち越しスクイズ(記録は投手への内野安打)、本人も緊張したでしょうが見事な跳びつきでした。守備に就く前の二塁への捕球動作を見るに、なかなかの強肩!小柄だが、捕手難のチーム状況を生かして1軍を睨みたいところ。


■富永旭(ロ)#途中出場(代走後、そのまま一塁手)2打数2安打
ガッチリした体格で平下晃司(神)のような『小力』のある打者に感じました。プロのスラッガーとしては少々力不足ではあるが、広義の括りでは「走者を返すタイプ」だと思いますので、下位打線、または代打候補として打撃でアピール。本日は追っつけてセンター前ヒットとレフト前ヒット二本打ちました。


■早坂圭介(ロ)#延長11回表、勝ち越しに繋がる盗塁成功
延長11回表無死一塁、出塁した富永旭への代走出場。同点であり緊迫感満点のこの場面で、二塁盗塁を成功させる足、度胸に感服(昨年は22盗塁でイースタンの盗塁王、今季も快足を飛ばしている)。打撃でもアピールしたい。


【気になる選手達:鎌ヶ谷編】
■山口弘佑(日)#先発1イニングKO…
上背はさしてないがガッチリとした体格で「スリークォーター気味のフォーム@左腕」。以前はもっと上から放っていましたが、腕の出を改造(本日改めて見るに元阪神の遠山奬志よりほんの少し上ぐらいの腕の軌道)。腕を下げたせいかシュート回転のストレートと曲がりの小さなスライダーが主のコンビネーション。<以前は真上からの速球がいい印象がありましたが、対左打者に特化したフォーム改造かも知れません(こぢんまりした感はありますが、今の方が実戦向きかも)。

さて本日は立ち上がりにボール先行で制球が定まらず、どうにもならなかったようです…、が実戦向きのフォーム定着に勤しんでもらいましょう。<あとは横手用の変化球を磨くべし、今の時代左横手にしたからといって即通用はしませんから


■佐々木貴賀(日)#二番手緊急登板、4イニングを被安打5自責点1まずまず
アーム式の投球フォーム気味(肘から出て撓るようだと腕も長く見えますが、あまりそこら辺は感じない)ですが、身体全体を使って「肘」で投げると言うより「肩」で投げるような印象を持っています。ストレートの球威、そして左打者の外に切れ込む変化球(カーブ、スライダー他)にフォーク、チェンジアップ、フォークのタテ系の変化球で短いイニングで全力投球の方が持ち味が出るのかも知れません。<ルーキー時は先発が良いのかなと思っていましたが、任された場面を抑え実績を残したい(以前の腕の振りの方が威勢が良かったかも…)。<「真っ向勝負!」をもう一度


■武田久(日)#三番手登板、1イニング、被安打2自責点1
リリース時に地面にペチャンと張り付くように打者方向に前屈するようなフォーム。また小柄ではありますが、ボールに威力があり緩い球との緩急が売り。本日は一死満塁のピンチに捕手前で大きくバウンドするような暴投で一失点。暴投時の垣内哲也は結局三振に取っただけに勿体なかったか!?


■隼人(日)#五番手登板、終盤3イニングを投げ自責点1、スクイズを決められ敗戦投手
左足を素速くそして大きく上げ、真上から投げ下ろすフォーム。スライダー、フォークそして一番の武器シュートを駆使した打たせて取るタイプの投手。#北海道日本ハムファイターズの新マスコットにどことなく似ているヒグマのような風貌(^^;) 打たせて取るタイプではあるが、年々以前まであった攻撃的な投球スタイルから変化球でかわすような投球に変わってしまったのか…マウンド上での怏々としていた様も自信を失ってしまったのか大人しくも見えます。風貌のようなマウンド捌きを期待!


■紺田敏正(日)#一番中翼手、4打数1安打3打点(犠飛&二点同点適時)
「大柄な体格@長身、足長のスプリンター系」で非常に「器用なタイプ」の選手の印象。グリップの位置は深く捕手よりでやや低めに構える。内側のボールに対しても脇を締めて巧く対応(右足を放り出すようにタイミングを計る振り子風)。大振りというよりもコンパクトなスイングで、バットコントロールの良さが特段良いです(当てにいくきらいもあるかも)。更には強肩、走塁を含めてスピード感もあり非常に楽しみな選手。#左方向に強い打球を打てるのも売り!

ライトへの犠牲フライ一つと、二死二三塁で代わり端の長崎伸一からセンター右に抜ける二点適時二塁打での同点打(F8-8M)、更には八回表に勝ち越しを阻む本塁への好返球あり!!『お見事!!』 昨季より今年の1軍でのキーマンになるのでは??と小谷野栄一と2人期待していましたが、やや低迷中…しかし守備も含めて汎用性ありますので今後も期待。


■西浦克拓(日)#3番左翼手、4打数2安打
右肩関節炎で出遅れの今季。本日2安打でチーム最初のヒットは戸部浩のグラブに当たりそのままセンターに抜ける安打。二打席目は一死一二塁から満塁にするライト前安打。共に大振りせずコンパクトなスイングで軽打。一昔前になりますが1軍で20本塁打した大砲!環境の変化を含めて何か切っ掛けが欲しい…。


■藤島誠剛(日)#5番指名打者、3打数1安打2打点、どでかい本塁打あり
一人巨漢プロレスラーのような体型!安定した打撃成績というよりかは年に何度かどでかい仕事をしてのける男といった印象、、、その反面低迷も長い。若い若いと思っていたら今年で35歳(何か期待させるパワーが今に至るのでしょう)。本日も戸部浩の真っ直ぐに力負けすることなくセンターバックスクリーンにぶち込む二点本塁打。起死回生の一発もいいが、安定感も醸し出し晩年にもう一花を。


■稲田直人(日)#7番三塁手、4打数2安打、即戦力内野手
左打席の構えをみるにミートセンスを感じる自然体、全体的には走攻守ともそこそこの即戦力内野手(伸びしろ云々ではなく)。機敏なというよりかは渋いベテラン風情を彼に覚えます。試合の方でも一塁走者を進めるために、定石通りの引っ張りで広く空いた一二塁間を抜くライト前安打。更にセンター越えの三塁打を放ちました。二塁を回ったところでのトップスピードも俊足!


■駒居鉄平(日)#8番捕手、4打数2安打1打点
ルーキー時より数字には出ていませんでしたが、琴線に触れる打撃センスが徐々に開花して参りましたか。大きな構え、そしてスイングも大きいです(先輩高橋信二に近いナニかを感じる)。打撃ポイントはそう広くありませんが、上手くボールを巻き付けるスイングをします。2安打1打点、八回表に紺田敏正の好返球を捕球し正にブロック!し大柄の立川隆史を弾き飛ばす。アウト後にボールを叩き付けるほど気合いが乗ったプレーでした。


■尾崎匡哉(日)#9番遊撃手、4打数1安打1打点
長身で華奢な体型(あとアンダーストッキングを見せまくるユニの着方)。バットを高く掲げ、グリップエンドギリギリのところで握り長く使う。形はやや大振り気味のように見えるが、基本に忠実にセンター方向への打撃をしているように感じました(ただ打撃での安定感まではまだまだ)。本日は第一打席@三振の追い込まれてのスイングは、戸部浩の外角スライダーを迎えに行くように腰砕けスイング…波打っていたか、、、二打席目の適時打は、バットをライト方向に払うようなスイングで軽打し打点1。

5回あった守備機会では、ゴロを中心にそつなく捕球し、一塁へは矢のような送球@強肩。またちょっと長身故にか腰高にも感じられた(大事な場面でやらかすなよ!?)。今後は期待されるパンチ力も磨き「映える遊撃手」になって欲しいですね。


  ■掲示板@2軍愛■