【みんなのファーム観てある記】

私が見に行ったファームの試合結果やその時見て感じたことを書き記していきたいと思っています。またこれは皆さんの観戦記やファームでの出来事の報告も載せたいと思っています。是非観戦した方は、掲示板やメールにて報告頂ければ幸いです。(勿論観戦した方の名前も明記致します^^) 全てを網羅しようなどとは思っていませんが、皆さんの情報を繋ぎ合わすとそれなりのデータになると思います。 「スコア」と「オーダー」と「大まかな試合内容・選手の動向等」を明記していただけたら幸いです。折角新聞にも載らないレアな情報な訳ですから残さないのはもったいないです。是非「点と点」を結んで「線」にしてみよう!
(報告して頂いている方々本当にありがとうございます!)


2004年 6月24日 イースタンリーグ 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

24日 ジャイアンツ球場
13時試合開始 第9回戦 湘南5勝4敗
                      RHE
シーレックス 000 001 000 02 101
ジャイアンツ 010 000 000 00 91

<川崎>南和彰(6回)木村龍治(2/3)十川雄二(1/3)條辺剛(2回)真田裕貴(1回)●川本大輔(13試合0勝1敗、1回)
<湘南>後藤伸也(6回)牛田成樹(2回)○富岡久貴(15試合1勝0敗、2回)宇高伸次(2/3)河原隆一(1/3)

<審判員>球審:深谷 一塁:萩原 二塁:石山 三塁:牧田

シーレックス 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 田中充 310 遊飛  右安  四球  四球  左飛
 投 宇 高 000
 投 河 原 000
(二) 野 中 300 投ゴ  二失  右直
 打 小 川 100             右飛
 二 北 川 110                 四球
(三) 吉 村 411 三振  三ゴ    三振四球  左安
(左一)七 野 200   左飛一ゴ    四球
 打 西 崎 100             右飛
 投 牛 田 000
 打 呉 本 100                 左飛
 投 富 岡 000
打左 渡 辺 100
(右)  南  511   中飛  遊飛  左2  遊ゴ三振
(一) 新 沼 310   左安  三振  一邪
左中 河 野 321               左安
(遊) 木 村 410   左安  二ゴ  三ゴ  二飛
(捕)武 山 600   三振    遊ゴ  三ゴ右直
(投)後 藤 200     一直  二ゴ
打一 鶴 岡 320             左2  右安
   合 計 43103

 投手成績 回 打安責
 後藤伸也 6 2441
 牛田成樹 2 810
○富岡久貴 2 1120
 宇高伸次 1/3 320
 河原隆一 2/3 200


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 堀 田 510 中飛  中飛  遊ゴ    三振
(二)長 田 310 四球  中安  四球    三振
 打  李  100
(左) 中 濱 630 三振  左安  左飛    左2
(一三)吉 川 200 遊ゴ  四球    左飛  四球
(右)三 浦 400   二ゴ右直    遊ゴ  三振
 一 野 村 100
(遊) 大須賀 510   右安  三振  遊ゴ    三振
(三)十川孝 100   二ゴ
打三 岩 舘 100       遊飛
 打 レイサム100             三振
 一  原  110                 中安※
 走 山 田 000
 投 真 田 000
 打 山本光 100
 投 川 本 000
(捕) 小 田 421   右安  中飛    中飛
(投)  南  200   二直    三ゴ
 投 木 村 000
 投 十川雄 000
 打 斎 藤 100             一ゴ
 投 條 辺 000
打右 矢 野 100 
   合 計 3492

※9回裏1死一塁、打者小田(一走原)の場面で放送終了

 投手成績 回 打安責
 南 和彰 6 2541
 木村龍治 2/3 510
 十川雄二 1/3 100
 條辺 剛 2 1030
 真田裕貴 1 400
●川本大輔 1 822

<二塁打>
 南竜介(6回)
 鶴 岡(7回)
 中 濱(8回)
 堀 田

<失 策>
 長 田(3回)
 富 岡

<暴 投>
 南和彰(6回)


<試合展開>
気温31度と、連日の蒸し暑い中での試合。グラウンドには丁寧に水が撒かれるがすぐに乾いてしまう。試合前には恒例の選手インタビュー(小田捕手)に加え、昨日のダイジェストも放送。
川崎先発は南和彰、湘南先発は後藤伸也。

1回表<湘南>
田中充は2球目を打ち上げ、ショートフライ。野中は南の正面への当たり。吉村は落ちる球を空振り三振。

1回裏<川崎>
堀田は詰まったセンターフライ。長田はストレートの四球。中濱は空振り三振。吉川はショート正面のゴロで二塁フォースアウト。

2回表<湘南>
七野は打ち上げ浅いライトフライ。南は詰まったセンターフライ。新沼はサード吉川が飛びついたが、ゴロでレフトへ抜けていくヒット。木村はレフト前に落ちるヒット。武山はスライダーを見送り三振。

2回裏<川崎>
三浦は詰まったセカンドゴロ。大須賀はライト線に落ちるポテンヒット。十川孝は叩きつけて高く跳ね上がるセカンドゴロ。小田は流してライト線を襲うヒットとなり、大須賀が生還し先制点(川崎1−0湘南)
南は良い当たりだったが、セカンドがジャンプして捕球。

3回表<湘南>
後藤はファースト正面のライナー。田中充はセカンド横を抜けライト前にゴロで抜けるヒット。野中はセカンド正面だったが長田が捕球しようとしてボールが手につかず。吉村はサードゴロだったが、送球がホーム方向に逸れ併殺はならず。七野は引っ張ってファースト正面のゴロ。

3回裏<川崎>
堀田は初球を打ち上げ、センター定位置のフライ。長田は詰まりながらセンター前へ抜けていくヒット。中濱は三遊間を抜けていくヒット。吉川はストレートの四球。三浦は右中間へのヒット性の当たりだったがライト南がナイスキャッチ、さらに二走が離塁しており、戻れずにタッチアウト。アウトが早く、スタートを切っていた三走長田の生還は認められず、川崎の追加点はならず。

4回表<湘南>
南竜介は詰まったショートフライ。新沼はアウトロー変化球を見逃し三振。木村は詰まったセカンドゴロ。

4回裏<川崎>
大須賀は空振り三振。十川孝の代打岩舘は詰まったショートフライ。小田は打ち上げたが、深いセンターフライ。

5回表<湘南>川崎:三塁手岩舘
武山はショート正面のゴロ。後藤はセカンド深いところのゴロで、体制を崩しながら長田が捕球。田中充は低めを見送り四球。野中はライト三浦が走りながらグランドすれすれで捕球。

5回裏<川崎>
南はバットを折られ、後藤が足で打球の勢いを止め吉村が処理。堀田は叩きつけショート正面のゴロ。長田は見送り四球。中濱はレフトフライ。

6回表<湘南>
吉村はアウトローを空振り三振。七野は高めを見送り四球。南竜介の3球目が高くすっぽ抜ける間に七野は二進。南竜介はその次の球をレフト線へ運ぶツーベースで、一気に七野が生還(湘南1−1川崎)
新沼は詰まったファーストファールフライ。木村は流したがサード正面のゴロ。

6回裏<川崎>湘南:一塁手七野 中堅手河野
吉川は高々と打ち上げたレフトフライ。三浦はショートゴロ。大須賀もショートゴロ。

7回表<湘南>川崎:投手木村
好投の南に代え、川崎2番手木村が登板。
武山は詰まったサードゴロ。後藤に代わる代打鶴岡はレフト中濱の頭上を襲う長打性の当たりで処理にもたつく間に一気に二塁到達。田中充は大きく外れて四球。野中の代打小川は高々と打ち上げるライトフライでこの間に2者がそれぞれ進塁。吉村はストレートの四球、ここで川崎は香田コーチが2度目の登場、木村に代え左腕の十川雄二にスイッチ、ブルペンから駆け足で登場。七野の代打西崎は右中間へ高々と打ち上げ、ライト三浦が前進してキャッチ。

7回裏<川崎>湘南:二塁手北川、投手牛田、一塁手鶴岡
岩舘の代打レイサムは見逃し三振。小田はセンター定位置付近のフライ。代打斎藤は詰まったファーストゴロ。

8回表<湘南>川崎:一塁手原 投手條辺
南竜介はショート正面のゴロ。途中出場の河野はレフト前へのポテンヒット。木村は叩きつけ、その打球を長田がジャンプして捕球、すかさず一塁送球も走者はセーフ。武山はライト正面のライナー。

8回裏<川崎>
堀田は空振り三振。長田も落ちる球を空振り三振。中濱は変化球に合わせ、レフト前へ運ぶヒットで一気に二塁到達し、返球されタッチされるがセーフ。吉川のラストボールが高めに浮き四球。三浦はインハイを見送り三振。

9回表<湘南>
鶴岡は初球打ちでライト前に落ちるヒット。田中充はバントの構えから打っていったがレフトフライ。北川は高めに浮く四球。吉村は三遊間を痛烈に破るヒット。牛田の代打呉本は浅いレフトフライで三走は自重。南竜介は2−2からインコース落ちる球を空振り三振。

9回裏<川崎>湘南:投手富岡
大須賀は低めの球を空振り三振。原は二遊間を痛烈に破るヒット。打席に小田を迎えたところで中継終了。


<注目選手 ジャイアンツ>
■南和彰(巨)先発 6回 被安打4 失点1
カーブ、スライダー、フォーク
奇しくも3週連続で彼の先発登板をチェックすることとなりましたが、本日が一番好投といえる内容でした。右打者の外角へ流れていくスライダーのキレが抜群で、6回こそそのスライダーの制球がおかしくなり狙い打たれて1点を失ったものの、直球の速さに球威もまずまずと、勝敗こそつきませんでしたが、次回以降に期待をもたせる素晴らしい結果。
結果論ですが、奇しくも後藤と同じ成績となり勝ち星も互いにつかず。

■三浦貴(巨)4打数無安打 5番・ライト
試合が締まったものになったこともありますが、湘南南竜介に対し、この三浦がランニングキャッチや、捕球できませんでしたが、ファールゾーンの打球を懸命に追いかけるなど、守備面でのガッツが光っていました。

■小田幸平(巨)4打数2安打打点1 8番・キャッチャー
期待されながら、阿部の入団などでいつしか中堅、若手投手陣のまとめ役的な存在(インタビューでもそのような内容あり)となりましたが、2回裏には、好投の南和彰を援護するべく右方向に流してのタイムリー、6回までその南をリードするなど、派手さは無いが試合を作るという重要な役割を黙々とこなしていました。
その後阿部の負傷離脱により、現在1軍で活躍中。


<注目選手 シーレックス>
■後藤伸也(湘)先発 6回 被安打4 失点1
直球140前半、スライダー、フォーク
右打者の外低目を狙う組み立てで、時折インコースに抜けたりセット時に制球が乱れるという場面あったものの、失点は1点のみに抑えましたし総合的なまとまりという意味ではまずまずの結果といえるでしょう。
南和彰同様、制球が課題ということでは、上記の通り時折の抜ける球を除けば、スライダーも決まっていましたし今後の登板で仕上げていきたいところ。

■南竜介(湘)5打数1安打打点1 5番・ライト
3回裏のヒット性の打球の真下に回り込みキャッチすると、すかさず二塁走者の離塁が大きいのを見て、ホームではなく二塁に矢のような返球でタッチアウト。
湘南〜横浜では外野手のレベルが非常に高く競争も苛烈ですが、その中で頑張ってもらいたい。

■牛田成樹(湘)2番手 2回 被安打1 無失点
直球140前半、カーブ、チェンジアップ
04年ドラフト4巡目
胸の前で両腕を構え、細身の長い腕から投げ下ろす。セットポジションは松坂大輔に似たような感じ。
好投の後藤の後を受け、球威はまずまずで右打者のアウトローへ落ちる球(甘くなって浮いたものを中濱に狙い打たれたシーンはありましたが)2回をほぼ完璧な内容で抑え、今後に期待をもたせる内容。


2004年 6月23日 イースタンリーグ 巨人−湘南(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん

23日 ジャイアンツ球場
13時30分試合開始 第8回戦 4勝4敗
                   RHE
シーレックス 000 004 000 60
ジャイアンツ 001 000 100 90

<川崎>●酒井順也(11試合3勝4敗、6回)十川雄二(1回)サンタナ(2回)
<湘南>○若田部健一(7試合5勝1敗、7回)谷口邦幸(1回0/3)富岡久貴(1回)

<本塁打>
 長 田 1号(若田部=3回)
 吉 村11号(3ラン、酒井=6回)

<審判員>球審:牧田 一塁:本田 二塁:深谷 三塁:木内

シーレックス 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 田中一 211 四球    遊飛  右2
 左 西 崎 100               三振
 投 谷 口 000
 投 富 岡 000
(二) 野 中 200 遊ゴ    投ゴ
打二 北 川 100           四球  二併
(三) 吉 村 413 二ゴ    遊ゴ  左本    二ゴ
(捕) 鶴 岡 410   中飛    左安三ゴ    投ゴ
(右)  南  300   遊飛    三ギ三振    三ゴ
(左中)田中充 300   中飛    三直  左飛
(一) 新 沼 310     三振  右安  遊飛
(遊) 木 村 310     遊直    中安一ゴ
(投) 若田部 100     二ゴ    捕ギ
 打 小 川 110               中安
走左 河 野 000
   合 計 2864

 投手成績  回 打安責
○若田部健一 7 2882
 谷口 邦幸10/3 510
 富岡 久貴 1 300

ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 山 田 410 中安  三振  投ゴ  三ゴ
 投 サンタナ000
(右) 矢 野 400 二ゴ  右邪    中飛  二ゴ
(左) 斉 藤 400 右飛  一ゴ    二ゴ  二直
(三) 吉 川 410       左安  左飛  右飛
(一)  原  300   右飛  三振    三振
 打 中 濱 110                 中安※
(遊) 大須賀 300   中飛  三併    三ゴ
 打 三 浦 000
(捕) 小 田 320   三振    左安  中安
(二) 長 田 321     右本  二ゴ  中安
 打 野 村 100
(投) 酒 井 210     中安  投ゴ
 投 十川雄 000
打中 堀 田 211             左安
   合 計 3492

※9回裏、先頭の中濱がヒットで出塁したところで放送終了

 投手成績 回 打安責
●酒井順也 6 2354
 十川雄二 1 300
 サンタナ 2 610

<二塁打>
 田中一(6回)

<暴 投>
 谷 口(9回)

<走塁死>
 鶴 岡(5回)

<盗塁死>
 田中一(1回)


<試合展開>
梅雨の合間に良く晴れ、予想最高気温32度と蒸し暑い中での試合。グラウンドには丁寧に水が撒かれる。
川崎先発は酒井、対する湘南先発はベテラン若田部。


1回表<湘南>
田中一はアウトハイを見送り四球。野中の3球目に田中一が二盗を仕掛けたがタッチアウト。野中は高めを打っていったがショートゴロ。吉村は詰まったセカンドゴロ。

1回裏<川崎>
山田は打ち上げ、センター前に落ちるヒット。矢野は詰まった当たりで、セカンドフォースアウトも一塁への送球はこぼれセーフ。斎藤は打ち上げてライトフライ。吉川はインローを見送り三振。

2回表<湘南>
鶴岡は初球を打ち上げ、センターフライ。南は打ち上げてショートフライ。田中充は初球を打ち上げてセンターフライ。

2回裏<川崎>
原は初球を打ってライトフライ。大須賀は詰まったセンターフライ。小田はアウトハイを空振り三振。

3回表<湘南>
新沼は空振り三振。木村は三遊間のヒット性の当たりだったが、大須賀がダイビングキャッチ。若田部はセカンドゴロ。

3回裏<川崎>
長田はインハイの初球を高々と打ち上げ、ライトスタンドへ吸い込まれるソロホームラン(川崎1−0湘南)
酒井はセンター前へゴロで抜けるヒット。山田は空振り三振。矢野は初球を打ち上げてライトファールフライ。斎藤は詰まったファーストゴロ。

4回表<湘南>
田中一は高々と打ち上げてショートフライ。野中は酒井の正面のゴロ。吉村は詰まったショートゴロ。

4回裏<川崎>
吉川は三遊間を破るレフト前ヒット。原はアウトコースを見送り三振。大須賀は詰まったサードゴロで併殺打。

5回表<湘南>
鶴岡は詰まりながらもレフト前へ抜け湘南の初安打。南は打球の勢いを殺しバント成功。田中充は三塁線の当たりだったが吉川が軽くジャンプして捕球。新沼はライト前に落ちるヒットだったが、矢野が懸命にバックホームし本塁タッチアウト。

5回裏<川崎>
小田は三遊間を破るレフト前ヒット。長田は詰まったセカンドゴロで、小田二進。酒井は若田部正面へのゴロ。山田も若田部正面へのゴロ。

6回表<湘南>
木村は叩きつけてセンターへ抜けるヒット。若田部は真下に転がし、送りバント成功。田中一は打ち上げ、右中間を深々と破るツーベースで同点に追いつく(湘南1−1川崎)
野中の代打北川は高めを見送り四球。吉村はインハイを高々と打ち上げ、飛距離も十分で外野が追うのを諦めるほどの豪快な勝ち越し3ラン(湘南4−1川崎)
鶴岡は詰まったサードゴロ。南は落ちる球に空振り三振。

6回裏<川崎>湘南:左翼手西崎 二塁手北川 左翼→中堅手田中充
矢野は詰まったセンターフライ。斎藤はセカンド、代わったばかりの北川正面のゴロ。吉川はレフト後方まで打ち上げたが、後一歩伸びずレフトフライ。

7回表<湘南>川崎:投手十川雄二
田中充は詰まったレフトフライ。新沼は初球を打ち上げてショートフライ。木村はファースト正面のゴロ。

7回裏<川崎>
原は外のスライダーに空振り三振。大須賀の当たりは三遊間で、吉村が素早く送球。小田は止めたバットに当てて三遊間を破るヒット。長田は詰まりながらセンター前に落ちるヒット。代打堀田はゴロで三遊間を破るレフト前ヒットで小田が生還、1点を返す(川崎2−4湘南)
山田は引っ掛けてサード吉村の正面。

8回表<湘南>川崎:投手サンタナ 中堅手堀田
この回から登板するサンタナの姿と、一方では役目を終え荷物をまとめて引き揚げる若田部の姿が。
その若田部の代打小川は、センター前へゴロで抜けるヒット。代走河野。西崎は送りバントの構えで、バットを引いたがスイングのジャッジ。北川はセカンド正面の併殺打。

8回裏<川崎>湘南:左翼手河野 投手谷口
矢野は詰まったセカンドゴロ。斎藤はヒット性の当たりだったがセカンドライナー。吉川はライト深いところへのフライ。

9回表<湘南>
吉村はセカンドゴロ。鶴岡は叩きつけサンタナ正面のゴロ。南はサード正面のゴロ。

9回裏<川崎>
代打中濱が痛烈にセンター前ヒットを放ったところで、残念ながら放送は終了。
その後、四球、暴投などで2死満塁と谷口を攻め立てたが、最後は堀田がどん詰まりの富岡の正面へのゴロで、本塁併殺となりゲームセット。(24日放送分ダイジェストより)


<注目選手 ジャイアンツ>
■酒井順也(巨)先発 6回 被安打8 失点4
直球140前半(最速145)スライダー、チェンジアップ
2週間前からフォーム改造に着手し、ややスリークォーター気味からという感じの投球。また無走者でもセットポジション投球。
立ち上がりはやや不安定な面も見られたが、2回以降味方守備にも助けられ、立ち直っていきました。
しかし6回には疲れが出たのか初回のように不安定になり、ヒット犠打ヒット…とあっという間に1点を失い、さらに吉村に高めのボール球を打たれてしまいました。

■長田昌浩(巨)3打数2安打打点1 8番・セカンド
3回の第1打席で、若田部の高めに入ってきた直球を鋭く振りぬいた打球は、ライトフェンス後方の土手に直撃させる豪快な一発、久々の長打力を見せ付けました。7回裏には、2死からチャンスに繋げるヒット。
守備も無難にこなし安定してきましたし、1軍へのチャンスをそろそろつかみたいところ。

■斉藤宜之(巨)4打数無安打 3番・レフト
バットは静かでしたが、最後までフル出場と守備・走塁などはまったく問題ないレベルであり、状態やグランドコンディションを見ながらという前回報告時と同じ起用が続いていますが、1軍は阿部、久保など故障が相次ぎ苦しい状況でもあるだけに起爆剤として、早期の昇格に期待したい。


なおジャイアンツでは、1軍に2度目の昇格を果たしたルーキー・平岡政樹投手が明日の先発という声も挙がっており、堀内監督や一昨年の真田に続いて前半戦でのルーキー・デビューがあるかもしれません。


<注目選手 シーレックス>
■若田部健一(湘)先発 7回 被安打8 失点2
直球130後半、シュート、カーブ、フォーク
さすがはベテラン、低めへの制球、変化球のキレとすばらしいものがあり、5回までは完全に酒井との投手戦となりました。ヒットは打たれたものの連打を許さず、長田のソロによる1点のみに抑え、味方が逆転した後もきっちり締め、7回こそ疲れも出たか3連打で1点を失いましたが、味方の逆転もありましたし、十分先発の役割といっていいでしょう。

■吉村裕基(湘)4打数1安打打点3 4番・サード
本当に見事な一発でした。高めを打ち返し、レフト斎藤が上がった瞬間に追うのを諦めるほどの豪快な3ラン、2年目選手の中では図抜けた長打力だと思います。守備も軽快な動きを見せており、この実力を早く横浜で見たい。

■鶴岡一成(湘)3打数1安打 5番・キャッチャー
打席では目立った活躍ではなかったものの、守備ではベテラン若田部の長所を引き出し川崎をわずか2点に抑える好リード。先日まで1軍にいましたが、今後もチャンスをうかがいながら実力を発揮していってもらいたい。


2004年 6月23日 イースタンリーグ ヤクルト−ロッテ(神宮)報告者:プクさん

このHPは本当に初期のころから利用させていただいております。本当に情報豊富なページで観戦の情報源となります。さて、本日は、神宮での戸田―浦和の一戦を皆さんと同じようにかきこしたいと思います。

浦和 100110012 
戸田 01102200x 

浦和:加藤―谷―酒井―成瀬―舩木
戸田:花田―萩原―坂元―山本―成本

<試合概要>
先発・加藤(浦和)、花田(戸田)という一軍でのローテ経験者のマウンド。ともに、立ち上がりは今ひとつ、花田、加藤ともに球は高めに浮くという出来。しかし、花田は徐々に立ち直って来ましたが、5回3失点はやはり、即一軍というわけにはいかないですね。加藤も同様140キロに届くかどうかのピッチングで3回梶本にタイムリー、米野に四球を与えると途中降板という出来。最後まで球は高かったという日でした。加藤投手の個人的な感想としては、どうもテンポの悪い投手に見られがちで、ボール先行。間合いが長い(試合が長くなる)という傾向がある投手です。これが持ち味ではありますが、なかなか打線の援護が期待できないこともある投手なのでは?
さて、試合展開ですが、戸田が優位に運びます。2回牧谷のタイムリー、3回梶本のタイムリー、また、5,6回にも理想的に追加点をあげるという展開です。スコアは浦和も善戦したかに見えましたが、9回成本を攻めたに過ぎず、最後は及ばずという展開です。

<気になる選手>
■谷浩弥(ロ)
川崎から移籍のサイドスロー。コントロールは安定しているように見えるが、外に流れると球が多く、内角攻めの徹底が難しいという印象を受ける。しかし、全体的にはまとまっているので1イニング限定なら一軍でも通用するかも。

■寺本四郎(ロ)
個人的には浦和の中ではもっとも期待している選手。ストレートはもちろん、変化球がきたときでも見逃し方がすごくよくなってきております。本日は3打数3安打。左投手、山本が登板したときには代打を送られるが、左でも使ってほしいですね。

■佐藤幸彦(ロ)
9回1打同点の場面で代打登場も四球。早く一軍に戻ってほしいです。

■花田真人(ヤ)
上記にも記載させていただきましたが、立ち上がり、スタミナが課題。やはり一軍ローテを経験した投手なので、二軍ではそこそこの投球は出来るが、決め球には鋭さは見られないですね(フォーク?)。ストレートでファールを打たせることが出来ればいいのですが。

■本郷宏樹(ヤ)
打撃のみでは一軍クラス。守備となるとやはり、なかなか・・・今日もレフトでまずい守備。打撃のほうは代打登場で打点を。使い方次第ではと思う選手なのですが。

と、今後も参加させていただきます。よろしくお願いいたします。


2004年 6月22日 イースタンリーグ 湘南−巨人(横須賀)報告者:WIZさん

6/22(火) イースタンリーグ公式戦 湘南−巨人7回戦/横須賀スタジアム(18:00開始)
<スコア>
巨  人 510 000 000 
湘  南 000 010 000 

投手継投
湘南 岡本(2回)−宇高(1回)−秦(2回)−牛田(2回)−田崎(2回)
巨人 山本賢(7回1/3)−條辺(1回1/3)


<試合概要>
この日は仕事帰りからの観戦の為、球場に到着したのは5回表読売攻撃中でした。
この試合は「かながわアンキャンパスゲーム」という大学生が中心となって試合を運営する
イベントゲームで試合前には選手と記念撮影されたものを缶バッジにしてプレゼント、
その他にシーレックス特製の折りたたみ傘やポンチョがプレゼントされました。
昨年も同じ巨人戦で同イベントゲームが行われ横須賀スタジアムでは2番目に多い観客数を記録しました。
すっかりそのことを忘れ、平日のナイターだから空いているだろうとのんびり来たら
既に内野スタンドは満員。改めて巨人の人気の高さを実感致しました。
幸いにも私が来場したのと同時に外野席が開放されたので今回は初めて外野席で観戦しました。

試合は到着前に既に勝敗が決まっていたようなもので巨人打線が湘南先発の岡本投手を攻め6点をリード。
守りでは先発の山本賢投手が好投して波にのっている湘南打線を完全に翻弄していました。
だが、8回に代打西崎選手に対し後頭部に四球を与え危険球退場してしまい、
條辺投手にマウンドを譲りました。
(死球を受けた西崎選手は怪我をした様子も無くそのまま試合に出場しました)
その8回は湘南が2アウトから満塁のチャンスを作るものの木村選手が三振に倒れ、
続く最終回も反撃できず、横須賀スタジアムでの連勝も「9」でストップしました。
湘南投手陣は2番手以降は巨人打線を無失点に抑えていただけに岡本投手が打たれたのが残念です。
なお湘南で育成中のセドリック投手が先日先発したロッテ戦での好投で評価を得たのか未登録ながら一軍に帯同している模様です。


<選手感想>
■山本賢寿(巨)
最近5点以上は取る湘南打線を1失点に抑える見事な投球を披露。
制球も問題なく完投ペースだったものの8回に後頭部に死球を与え危険球降板したのは残念でした。

■條辺剛(巨)
山本賢の危険球退場で急遽登板。
ストレートが高めにいってしまっていたものの2アウト満塁のピンチを三振で切り抜ける。

■秦裕二(湘)
今季は不調に陥りつい最近までミニキャンプで調整していました。
私が見たのは2イニングのうち1イニングでしたが、まだ制球に難があるように見えました。
ただ湘南HPでの岩井監督の評価はまずまずでしたし無失点に抑えた結果も踏まえ、時期に先発で登板するかもしれません。

■牛田成樹(湘)
球威のあるストレートに加えフォークの落ちもよく2イニングを無失点と完璧に抑えました。
負け試合でしたが湘南から一人優秀賞が送られるそうで牛田投手が受賞、試合後インタビューに応じていたようです。

■田崎昌弘(湘)
ヒットは打たれたものの投球内容は牛田よりもよかったと思います。
先日一軍に昇格したと思ったらすぐに湘南に降格。投球を実際に見るとなぜ降格させたのか不思議に思います。



昨日は6/5の相模原球場以来の久々の観戦となりました。
この時湘南はまだ借金生活を送っていたのですが気づいてみれば貯金生活に入り
首位と10ゲームほど差があったのがあっという間に差がなくなってしまいました。
と言うより現在イースタンは首位から最下位まで約3ゲーム差以内の大混戦になっています。

湘南ファンとして昨年は日本ハムとの熾烈な優勝争いの中で「横須賀劇場」とまで呼称された
一軍でもなかなか見れない劇的な試合を数多く観戦してきただけに今年も期待してより多く
球場に足を運びたいと考えています。
(混戦の中湘南が優勝。念願の横須賀パレードが実現できればいいのですが)

近鉄・オリックスの合併問題、それによる1リーグ制発展、巨人戦視聴率低迷など
プロ野球界は暗い話題が先行しておりますが、ファームで一軍定着を目指して頑張っている
若手選手たちにはこれからのプロ野球界を担う逸材としてより一層頑張ってほしいです。
選手たちがいい試合を見せ続ければ自然と多くの野球ファンが球場に足を運ぶものじゃないかなと
思っています。

以上、雑文失礼致しました。
今後とも宜しくお願い致します。


2004年 6月20日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(ロッテ浦和)報告者:いかさん/ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

いかさん編

きょうは所用の後、戸田球場をのぞいていこうと思ったら試合をやっていない。回りの人に聞いたら強風で中止(確かに強い風が吹いていたが中止にするほどかな?)。というわけで急遽浦和球場に移動。というわけで観戦は4回裏から、簡易版です。

(ここから)
ロッテ対湘南9回戦はロッテ浦和球場で行われ、8対1で湘南が勝ちました。
千葉ロッテマリーンズ対湘南シーレックス9回戦(浦和、13時、観衆約500人)
                  R 
湘  南 060 100 100 |8
ロ ッ テ 000 000 001 |1
勝利投手:セドリック
敗戦投手:戸部

途中からの観戦ですのであしからず。
《試合展開》
湘南はロッテ先発・戸部を攻め、吉村の満塁弾などで一挙6点。湘南はセドリックから4人の投手リレーでロッテを最終回の曽我部のソロ本塁打のみに抑え快勝。台風の影響で終始強風が吹いていて、観戦には根気が要った。

《注目選手》
■セドリック(湘南)
初観戦。選手名鑑にも載っていない背番号50の左腕。右足を大きく上げ振り下ろすと上体を使って投げる外国人特有のフォーム。球速はさほどない印象を受けるが、低めに球が集中し、直球を主体にぐいぐい押す。また、球質も重いようで走者を出しても図ったような内野ゴロで併殺打に仕留める。やや、上体に頼った投球フォームなのが気になると言えば気になるか。セットでも特に問題なく、落ち着いていた。
ベイのHPによれば結構若く(1978年生)、これは将来性の点でも面白い投手だ。
■平下晃司(ロッテ)
阪神から急遽移籍。1番で先発出場。あのまま阪神にいても出番はほとんどなかったと思われるだけにこれを転機に頑張ってほしい。ちなみに、9回裏の打席では代打を送られたが、代打本塁打を打った曽我部も元阪神。阪神では伸び悩んでいる秀太あたりもトレードに出したほうがいいような。




ふんぼるとさん編

個人的ダブルヘッター第2試合

2004年6月20日 ロッテ−湘南 9回戦

Hロッテ浦和(ロッテ5勝4敗)
 
 
湘 南 060 100 100│
 
ロッテ 000 000 001│
 
 勝 セドリック 2勝0敗0S 登板4
 負 戸 部 3勝2敗0S 登板10

 【湘 南】  打安点 1回   2回   3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  F 田中充 421 中飛    一安 四球    右飛    中安
  C 野 中 501 空振    遊選 左飛    左飛    二ゴ
  D 吉 村 524 右安    左本    三ゴ 三ゴ       遊ゴ
  B 七 野 531 中安    右安    左本    空振    空振
  3 新 沼 000
  H  南  510 中飛    左飛    右安    空振    二飛
  D 小 川 420    右安 左安    右飛    二ゴ
  HD鶴 岡 100                            右飛
  G 河 野 410    投犠 二ゴ    右安       左飛    二ゴ
  A 武 山 510    左安    見振 遊ゴ       一ゴ    投ゴ
  2 渡 辺 000
  E 木 村 431    右安    二ゴ    左安    中3
  犠盗失併残─────
  11029 42158

       回 打安振球責
  ○セドリック 6 182500
    秦  1 41300
   稲 嶺 1 51010
   河 原 1 41001

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 平 下 300 見振       遊飛       空振
  H 曽我部 111                         左本
  D 渡辺正 300 見振       空振       空振
  5 富 永 100                         遊ゴ
  F 佐 藤 310 二ゴ       右飛       中安
  R7喜 多 000
  H 杉 山 100                         遊ゴ
  D 垣 内 400    空振       右飛    見振    遊ゴ
  H ユウゴー  310    二飛       右安       三ゴ
  C 原 井 200    二ゴ       二併
  4 塀 内 100                      左飛
  A  辻  210       遊ゴ       中安
  2 金 澤 110                      右安
  B 青 野 200       空振       遊併    四球
  E 早 坂 300       三ゴ       一ゴ    投ゴ
  犠盗失併残─────
  00003 3051

       回 打安振球責
  ●戸 部 2 169106
   藤 井 2 103111
   成 瀬 3 123201
   酒 井 2 60100


  本塁打  吉 村(湘)10号C (2回 戸部)
       七 野(湘)9号@ (4回 藤井)
       曽我部(ロ)6号@ (9回 河原)
  三塁打  木 村(湘)    (7回 成瀬)
  犠 打  河 野(湘)    (2回 無死1塁 1走の小川が二進)
  盗 塁  田中充(湘)    (3回 捕手は辻 打者は野中 二盗成功)
  野 選  早 坂(ロ)    (2回 1死満塁 野中の遊ゴロを本塁送球)
  併 殺  湘 南      (5回 原井 1死1塁 野中−木村−七野)
       湘 南      (6回 青野 無死1塁 木村−野中−七野)

  PL:名幸 1B:敷田 3B:牧田 公式記録:中村
  時間 2時間24分ぐらい(■:■〜15:24)

得点経過
 2回表(湘) 1死1、3塁から木村が一、二塁間を破る右前打       湘 南1点目
       1死満塁から野中の遊ゴロを早坂が野選           湘 南2点目
       1死満塁から吉村が左越え満塁ホームラン          湘 南6点目
 4回表(湘) 1死無走者から七野が左中間へソロホームラン        湘 南7点目
 7回表(湘) 2死3塁から田中充が二遊間を破る中前打          湘 南8点目
 9回裏(ロ) この回先頭の曽我部が左越えソロホームラン         ロッテ1点目

戦評
 ロッテ浦和球場到着は13:24。丁度、2回表の吉村の打席からでした(それ以前の試合内容に
 つきましてはスコアを付けていた方に教えて頂きました。ありがとうございましたm(_ _)m)
 試合の方は湘南が吉村のその満塁弾などで2回に6点を先制すると、投げては先発のセドリ
 ックが6回を2安打無失点(2人のランナーも併殺で殺したため打者18人で切り抜ける!)の
 好投。ロッテは最終回に曽我部の一発が出て完封を免れるのがやっと。酒井(ロ)に復調の兆
 し。

選評
 セドリック(湘) 185cm、100kgの体格と外国人投手特有のフォームからは速球派かと思われるが
       意外にも技巧派。ストレートは目測で140km/h 弱?今日はストレートも変化球
       (カーブ?)も良く低めにコントロールされてロッテ打線から凡打の山を築く。
       また、球離れが遅い(リリースポイントが打者寄り)のも好投の一因か。ただ、
       牽制は下手。足で掻き回されると弱い?


 平 下(ロ) 立川とのトレードにより阪神から移籍。7回表の守備で木村の中飛の目測を誤
       り頭上を越されてしまう(記録は三塁打)。その後にしきりに振り返ってフェン
       スとの距離を確認するなどしていたが、時既に遅し。ロッテ浦和ではなく千葉
       マリンの球場形態を覚えることが必要な選手になってください。

 成 瀬(ロ) 3回を投げ3安打1失点(←平下の性)。相変わらずこれといった特徴がないの
       だが、強いてあげれば今日はカーブが良く七野と南から空振り三振を奪う。

※今日は試合途中からの観戦だったのでスコアは付けていません(メモ書き程度)。そのため、
 いつも以上に選評が粗末になっております。ご了承ください m(_ _)m


2004年 6月20日 イースタンリーグ ヤクルト−日本ハム(戸田)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系

個人的ダブルヘッター第1試合

2004年6月20日 ヤクルト−日本ハム 9回戦

H戸田(日本ハム5勝3敗)

 
日本ハム            │
 
ヤクルト            │
       
(強風のため12:58に中止)

幻のスタメン
 【日本ハム】  【ヤクルト】
  C 稲 田   E 野 口
  G 紺 田   G 青 木
  E 飯 山   B ユウイチ
  D 小谷野   H 佐藤真
  B 山田勝   A 細 見
  H 佐 藤   C 梶 本
  A 駒 居   F 牧 谷
  F 山田憲   D 大 原
  @ 吉 崎   @ 坂 元

幻の審判団
  PL:石山 1B:萩原 2B:有隅 3B:西本 公式記録:荒木

概況(グチ)
 球場に着くと台風6号の接近によりレフト→ホーム方向へ折からの強風。
 戸田球場での強風での中止は過去に2回も経験しているので中止もありとの覚悟をしていた
 が、普通に打撃練習→守備練習→バッテリー発表→スタメン発表とスケジュールがこなされ
 ていったので大丈夫だと確信していた12:58に何の前触れもなく突然の中止のアナウンス。
 ベンチ前で素振りをしていた小谷野(日)もズッコケ。
 ずうーっと前から強風が吹いていたのに、このタイミングでの中止決定。梅雨の合間の晴れ
 た日曜日に陸の孤島である戸田球場まで足を運んだファンに対してひど過ぎる。
 ヤクルト球団の見識を疑う。

ということで、せとさんたちとロッテ浦和球場へ移動。


2004年 6月19日 イースタンリーグ ロッテ−湘南(ロッテ浦和)報告者:RANAさん

今日はとても暑かったです。

湘南|000 410 120|
浦和|213 000 04×|10

勝=加藤 S=長崎 負=斎藤隆

湘南 東(3)―谷口(3)―宇高(1)―斎藤隆(1)
浦和 三島(30/3)―谷(12/3)―前田(1/3)―加藤(3)―長崎(1)

浦和は移籍の
平下晃司が1番センターで先発出場。
5打数3安打と大活躍。
3本のヒットはどれも内野手の間を綺麗に抜けていく当たりでした。
早めの昇格が期待できそうです。
(守備練習の時から同級生の
澤井良輔が声をかけて盛り上げていました)

他に目立ったのは降格してきた
浜名千広
3打数3安打1HRと格の違いを見せてくれました。

投手では先発
三島輝史が3回まで完璧なピッチングを見せていましたが
4回突如乱れて3連続四球で降板。

勝利投手の
加藤康介も代わった直後の回は良かったのですが
その後の2イニングで
田中充新沼慎二にHRを打たれ3失点。
渡辺正人の守備は安定してきているようです。

湘南は先発
東和政が大誤算。
課題になるであろう左打者に簡単に打たれていました。
先発失格で降格してきた
斎藤隆はエラーが絡んだので可哀想な面もありましたが
1イニング4失点で敗戦投手に。
速球の球威、変化球の切れともに甘く湘南ファンが落胆していました。
打つ方は
新沼慎二が5打点と大活躍。
吉村裕基は今日も簡単なゴロをエラーをしています。


2004年 6月19日 ウエスタンリーグ 近鉄−ダイエー(藤井寺)報告者:1号さん/gascoigneさん(HP:hidenao's weird world

1号さん編

はじめまして。本日藤井寺球場にいってきました
簡単にですが記録を紹介します(敬称略)

ダイエー|0 3 2 0 2 1 0 0 0|
近  鉄|0 0 0 0 0 0 3 0 3|

勝 飯島 負 香月

ダイエー 飯島-松本-竹岡-水田
近鉄 香月-藤崎-栗田-愛敬-宇都-有銘

本塁打 大野(藤崎)

※○の中は打点です

1回表(投手 飯島) 
明石 三振 稲嶺 ニゴロ 本間 見逃し三振

1回裏(投手 香月)
坂口 四球 筧(坂口盗塁)投ゴロ進塁打 川口 ニゴロ 下山 三振

2回表
大道 右安 田中直 右二塁打 辻 三ゴロ 北野 左安A
大野 投手はじいて内野安打@ 中村 三振(大野盗塁死)

2回裏
松田 三ゴロ 牧田 三塁強襲安打 三木 セカンドゲッツー

3回表
明石 中安 稲嶺(明石盗塁)バントが内野安打 本間 左安@
大道 一塁強襲も三木ファインプレーでゲッツー 
田中 中安@ 辻 ニゴロ

3回裏
坂 右安 新里 三振(坂盗塁死) 坂口 左飛

4回表
北野 一ゴロ 大野 遊ゴロ 中村 三ゴロ
4回裏
筧 遊ゴロ 川口 中飛 下山 左飛

5回表
明石 一ゴロ 稲嶺 投手エラー 本間 中安打
大道 四球 田中 遊ゴロ@ 辻 投手エラー@
北野 中飛

5回裏
松田 一ゴロ 牧田 中飛 三木 右飛

6回表(投手交代 香月→藤崎)
大野 中本塁打@ 中村
(投手交代 藤崎→栗田)
明石 遊飛 稲嶺 空振り三振

6回裏 (投手交代 飯島→松本)
坂 左安 新里 右飛 坂口 遊ゴロ(ランナー入れ替わり)
筧 一ゴロ

7回表(捕手交代 新里→横山)
本間 投ゴロ
(投手交代 栗田→愛敬)
大道 ライト線二塁打 田中直 左飛 辻 遊ゴロ

7回裏
川口 遊ゴロ 下山 三飛 松田 投手強襲安打
牧田 中安 三木 死球(背中) 坂 左中間二塁打B
横山 中飛

8回表 (投手交代 愛敬→宇都)
北野 右飛 大野 左飛 (中村に代打城所)城所 ニゴロ

8回裏 (投手交代 松本→竹岡)
坂口 右飛 (筧に代打山崎)山崎 右飛 川口 遊ゴロ

9回表(投手交代 宇都→有銘)
明石 遊ゴロ (代打)金子 見逃三振 本間 空振三振

9回裏 (投手交代 竹岡→水田)
下山 右中間二塁打 松田 四球 牧田 遊飛
三木 左安@ 坂 中三塁打A 横山 中飛





gascoigneさん編

まず冒頭に…。
個人的なことで恐縮ですが小生、この6月から生活拠点を福岡から関西に移しました。
今後は関西における
雁の巣ホークスの状況を見ることができたら紹介していきたいと思います。

で、標題の試合。

雁の巣 032 021 000 8
藤井寺 000 000 303 6

雁 ○飯島一彦(5回)−松本輝(2回)−竹岡和宏(1回)−水田章雄(1回)
藤 ●香月良太(5回)−藤ア紘範(1/3回)−栗田雄介(1回)−愛敬尚史(2/3回)−宇都格(1回)−有銘兼久(1回)

HR 大野立詞1号(ソロ、藤ア)

審判 球:山本 一:土山 三:嶋田


前期優勝(ナゴヤ球場にて決定)の藤井寺凱旋試合&前期最終戦も、バファローズファンはヤフーに出撃か。意外に少ない観客の中行われました。オヤジのウィットに富んだヤジがよく響きました(笑)。

■香月良太(藤)
初先発も5回7失点。スピードは故障明けもあり140km/h出ないが、投内連携のミスや自らの守備のエラー(2つゴロをエラー、記録はヒットも同様のミスあり)も目立った。

■坂克彦(藤)
昨年の甲子園優勝の常総学院出身で「木内監督最後の教え子」。右に左にセンターに打ち分けて4打数4安打5打点。筧裕次郎坂口智隆ともども楽しみな素材。

あれ?ホークスが勝ったんだけどなぁ…(苦笑)。


2004年 6月17日 イースタンリーグ 日本ハム−湘南(鎌ヶ谷)報告者:報告者:子連れさん

1回裏からの観戦 観衆446名 天気 曇り 
湘南6−1鎌ヶ谷

<ヒーロー>
■北川利之(湘)#3打数2安打3打点/後藤伸也(湘)#7回4安打1失点
7回裏に北川の逆転打,さらに8回裏北川のダメ押し。たしかにヒーローは北川です。が,北川の前の西崎が2打席ともに四球を選び出塁。もらった四球とは違い,よく見て粘っての四球でした。うまい繋ぎをしてくれました。結果,逆転・ダメに繋がったのですから,個人的には西崎にMVPを授与します。ハイ。その西崎,3塁オーバーランするも「あっ,UFOだ!」と言ったかどうか,巧みに3塁手のスキを捉えグラブの下をスルリ。3塁に戻る西崎らしいちゃめっけなプレーがありました。また8回裏本塁ブロックを目ともせずに突っ込み帰塁する彼らしい気の強い姿もありました。しかし,その際に左足負傷。痛がっていましたが,コーチ・スタッフに囲まれての気丈な歩き,「海の男(漁師の倅)」のこと明日の浦和のグラウンドではきっといつものように大声張り上げていることでしょう。後藤伸也は7回一失点の好投。

<雑感>
■小谷野栄一(日)#3打数0安打
どうしたのかな。お祭りで買った2日目の朝の風船のごとく,しぼんで見えました。去年までの「ヤベー,次,小谷野だぜ」と思ったオーラすら感じた姿はなく張りも生気も感じられず,「なんだ小谷野か」と言った姿でした。期待しています
ので,早くお祭り当日の風船に戻ってほしいものです。

■新沼慎二(湘)#4打数2安打2打点
鶴岡がリターンしてきたのでウカウカしてられぬ。と言ったところで2安打。
公式記録員…南のショートゴロを遊撃手がさばき1塁へ。これが暴投でセーフ。記録は「H」。周囲でもザワザワしていました。
レック…ビールの紙コップとお客からもらった空の空き缶を持ってスタンドでパフォーマンス。でも,それをスタンドのネット側に放置したまま。最後まで捨てませんでした。目の前に子どももいたし,鴨居の少年野球選手団もいたし。マナーまもりましょう。

■池田剛基(日)#1打数0安打
9回代打で登場。ムヒの懐かしいCFでの応援歌。でも,風が右から左。場外に流されてしまい,聞き取れない。スタメンでガンガン出れば風も変わるでしょう。

<私事>
村西が昇格した日から水代わりに飲んでいた酒を断ちました。病院でのカウンセリングの効か,禁断症状の初期が少し納まっています。彼が1軍で「竹田寮長」の勝ち星(1勝)を上回るまでは,「飲みません」。今まで「子連れ酔っ払い」でカキコしてきましたが,これからは「子連れ」と致します。


2004年 6月17日 イースタンリーグ 巨人−ロッテ(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん/(^o^)さん

@白にゃんこさん編

17日 ジャイアンツ球場
第15回戦 浦和7勝8敗
                  RHE
マリーンズ 505 000 001 11111
ジャイアンツ001 020 000 3101

<川 崎>●南和彰(17試合1勝4敗、2回0/3)十川雄二(2回)中村隼人(1回)コーリー(2回)サンタナ(1回)川本大輔(1回)−小田、佐藤弘
<浦 和>○浅間敬太(12試合3勝4敗、6回)舩木聖士(2回)加藤康介(1回)−田中雅、杉山

<審判員>球審:萩原 一塁:牧田 三塁:名幸


 マリーンズ 打安点 1回2回3回  4回5回6回7回8回9回
(遊) 早 坂 622 二ゴ右安右2  二ゴ    遊飛  遊直
(三) 渡辺正 300 四球遊ゴ三振    三失
 三 富 永 200               遊ゴ  左飛
(中) 喜 多 521 左安左飛中安    遊飛    投ゴ
(左) ユウゴー412 左安四球遊ゴ    三振    三振
(一) 澤 井 200 四球一ゴ四球    二ゴ
 一 青 野 100                 三振
(右)寺 本 422 左安  中2三振    投ゴ    四球
(捕) 田中雅 422 中2  投安  遊ゴ  三振
 捕 杉 山 000                   四球
(二) 塀 内 300 二飛  四球  二ゴ  三振    四球
(投) 浅 間 321 二ゴ  二安  左安
 打 原 井 100               二ゴ
 投 舩 木 000
 打 浜 名 101                   二ゴ
 投 加 藤 000
   合 計 391111

※9回表攻撃終了で放送終了

 投手成績 回 打安責
○浅間敬太 6 2683
 舩木聖士 2 720
 加藤康介 1 300


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中) 山 田 431 右2  左安  中2  投併
(左) 斉 藤 301 遊ゴ  二ゴ  二ゴ
 投 コーリー000
 打 山本光 100             二ゴ
 投 サンタナ000
 投 川 本 000
(右) 三 浦 411 一ゴ  二飛  左2    遊ゴ
(三) 吉 川 400 三ゴ  三振  三振    中飛
(遊) 福 井 410   三直  三振  中飛  左2
(一) 野 村 410   中飛  三振  右2  三振
(捕) 小 田 310   左安  遊飛  中飛
 捕 佐藤弘 100                 凡退
(二) 長 田 100   二ゴ
 投 十川雄 000
 投 中 村 000
打左 中 濱 300         中飛左飛    凡退
(投) 南  000
 二 大須賀 330     左2  左2  中安
 二 岩 舘 100                 凡退
   合 計 36103

 投手成績 回 打安責
●南 和彰20/3 1888
 十川雄二 2 1031
 中村隼人 1 400
 コーリー 2 600
 サンタナ 1 300
 川本大輔 1 601

<二塁打>
 山 田2(1回、5回)
 寺 本2(3回)
 田中雅 (1回)
 早 坂 (3回)
 大須賀2(3回、5回)
 三 浦 (5回)
 野 村 (6回)
 福 井 (8回)

<失 策>
 早 坂(3回)
 吉 川(5回)

<暴 投>
 十川雄(3回)

<捕 逸>
 小 田(1回)


<試合展開>
梅雨時ではあるが雨も降らず、晴れ間も見える中での試合。
川崎先発は丁度中6日となる南、浦和先発は浅間。

1回表<浦和>
早坂は初球を打ってセカンドゴロ。渡辺正人はフルカウントから低めを見送り四球。喜多の当たりはやや詰まっていたがダッシュしてきた斎藤の手元に落ちるポテンヒット。ユウゴーの2球目、小田がボールをこぼす間に走者が進塁。ユウゴーは3球目を打ち返しゴロでレフト前へ抜ける先制タイムリー(浦和1−0川崎)
澤井は高めを見送り四球。早くも香田コーチがマウンドへ向かう。
寺本は逆らわずに高めを流し打って、レフト線へ抜ける2点タイムリーヒット(浦和3−0川崎)
田中雅彦は高めをセンター返しで、2者生還しさらに追加点(浦和5−0川崎)
塀内は詰まったセカンドフライ。浅間は初球打ちでセカンド正面のゴロ。

1回裏<川崎>
山田は真ん中付近を打ち返し、右中間を破るツーベース。斎藤はボテボテのショートゴロ。三浦はファースト正面のゴロで浅間がベースカバー。吉川は引っ張ったがサード正面のゴロ。

2回表<浦和>
早坂はライト前ヒット。渡辺正は詰まったショートゴロで早坂二進。喜多は打ち上げてレフトフライ。ユウゴーは大きく外れて四球。澤井は初球を引っ張ってファーストゴロ。

2回裏<川崎>
福井はカーブを引っ張ったがサードライナー。野村は打ち上げてセンター深いところのフライ。小田は低めに合わせてちょこんとレフト前へ運ぶヒット。長田はセカンド正面へのゴロ。

3回表<浦和>
寺本はセンター頭上を越えフェンス直撃のツーベース。田中雅は三塁線にうまく転がし、南は見送ったがフェアゾーンに転がるヒット。塀内は見送り四球。浅間は叩きつけ、セカンド正面だったが投げられず内野安打となり1点を追加(浦和6−0川崎)
ここで香田コーチがマウンドへ向かい、川崎は、長田に代え2番手十川雄二をマウンドへ送り、南に代わり9番・セカンド大須賀が入る。
早坂は高く打ち上げ、ライト三浦がジャンプして捕球しようとしたがその頭上を越え、フェンスに跳ね返って点々とする間に2者が生還して追加点(浦和8−0川崎)
渡辺正は空振り三振。喜多はセンター山田の前に落ちるポテンヒット(浦和9−0川崎)
ユウゴーはショート正面でセカンドフォースアウト。この間に三走生還(浦和10−0川崎)
澤井は高めを見送って四球。寺本の初球が暴投となり走者進塁。結局寺本は空振り三振。

3回裏<川崎>
3回表から守備に入った大須賀は、初球を打ち上げてもう少しでフェンス超えかという大きな当たりのツーベース。山田は三遊間を破っていくヒット。斎藤はセカンド正面の当たりで併殺コースだったが、体勢を崩した早坂の送球がホーム方向に大きく逸れる間に三走が生還、斎藤も二進し(ボールがベンチ内に入ったとのこと)川崎がようやく1点を返す(川崎1−10浦和)
三浦は高々と打ち上げセカンドフライ。吉川は空振り三振。

4回表<浦和>
田中雅はショートゴロ。塀内はサード正面のゴロ。浅間は三遊間を抜けるヒット。早坂はセカンド深い位置へのゴロ。

4回裏<川崎>
福井は空振り三振。野村は空振り三振。小田は高く打ち上げ、ショートが走りこんで捕球。

5回表<浦和>川崎:投手中村
ブルペンで控えていた中村隼人が、満を持してマウンドへ向かって歩み寄る。
渡辺正はサード正面だったが、吉川が弾いてレフト前へ。喜多は打ち上げてショートフライ。ユウゴーは落ちる球に空振り三振。澤井はセカンド正面のゴロ。

5回裏<川崎>浦和:三塁手富永、一塁手青野
中村の代打中濱は、打ち上げてセンター喜多のグラブに納まるフライ。大須賀はレフト線へ運ぶツーベース。山田は低めをすくい上げ、左中間へ運ぶタイムリーで反撃(川崎2−10浦和)
斎藤は詰まったセカンドゴロ。三浦はレフトフェンス直撃のツーベースで追加点(川崎3−10浦和)ここでこの試合初めてコーチがマウンドへ向かう。
吉川はアウトハイを空振り三振。

6回表<浦和>川崎:投手コーリー 左翼手中濱
寺本はコーリー正面のゴロ。田中雅は空振り三振。塀内も空振りで連続三振。

6回裏<川崎>
福井は打ち上げたが、センター定位置付近のフライ。野村は右中間へ運ぶツーベース。小田は詰まったセンターフライ。中濱はやや詰まったレフトフライ。

7回表<浦和>
浅間の代打原井はセカンド深いところで、大須賀が目一杯手を伸ばして捕球、野村も身体を伸ばしてキャッチ。寺本は打ち上げ、ショートフライ。渡辺正は詰まったショートゴロ。

7回裏<川崎>浦和:投手舩木 捕手杉山
大須賀は初球を打ってセンター前に落ちるヒット。山田は舩木の正面で併殺打。コーリーの代打山本光は、ゴロでセンターへ抜けようかという当たりだったが塀内がセカンドベース後方付近に回りこんでおり処理。

8回表<浦和>川崎:投手サンタナ、捕手佐藤弘、二塁手岩舘
喜多は初球を打ってサンタナの正面。ユウゴーは150km速球を空振り三振。青野は真ん中低目を空振り三振。

8回裏<川崎>
三浦はショート正面のゴロ。吉川は高々と打ち上げてセンターフライ。福井は引っ張って、三塁線を痛烈に破るツーベース。野村は低めを空振り三振。

9回表<浦和>川崎:投手川本
川本の制球が悪く、寺本は外の球を見送り四球。杉山はストレートの四球。塀内はフルカウントから結局四球。舩木の代打浜名は初球を打って詰まったセカンドゴロで二塁フォースアウト、この間に三走生還で1点を追加(浦和11−3川崎)
早坂は詰まったショートライナー。富永は打ち上げてレフトフライ。
この回攻撃終了、チェンジの合間で放送は終了。


<注目選手 ジャイアンツ>
中村隼人(巨)3番手 1回 無安打無失点
直球130後半(138)シュート、フォーク
当初は2番手予定も、南の3回途中降板などで3番手となり、ブルペンで黙々と肩を作る姿。表情には、入団会見時に一旦は剃り落とした髭も。
直球主体の投球で、決め球に落ちる球も使用。エラーで走者は出したもの、動じることなく落ち着いて3人で抑え、初登板としてまずまずの結果。
ファイターズ時代、特に今年は中継ぎとして活躍していましたしジャイアンツでも同様に、中継ぎとしての活躍を期待したい。

ブライアン・コーリー(巨)4番手 2回 無安打無失点
6試合目の登板で、中継では初登場
140km後半の直球(最速147)チェンジアップ
直球主体で決め球にチェンジアップ、スライダーなど投げる組み立て。セットポジションから、長い腕を振り投げ下ろすという印象。
予定では1イニングということでしたが2イニング目もマウンドへ上がり、ほぼ完璧といっていい投球を見せました。1軍投手陣事情によりますが、当然即戦力となるべき選手でしょう。

大須賀允(巨)途中出場 3打数3安打
途中からの出場ながらチャンスをものにする活躍で、3回裏には先頭として、5回には1死からチャンスメークとなる、共に二塁打で出塁。7回には代わったばかりの舩木の高めの初球を鋭く打ち返してセンター前へのポテンヒットで出塁。スタメンが保証されていないだけに、チャンスで結果を残してアピールしたいところ。

※尚、ご存知かと思いますが上記中村が19日付で1軍昇格、コーリーもランデルと入れ替えになる模様です

<注目選手 マリーンズ>
浅間啓太(ロ)先発 6回 被安打8 失点3
直球130台後半(最速141)、カーブ、スクリュー
球威はまずまず、変化球主体の投球。ベンチレポ、実況共にありましたがカウントを取るためにカーブを多く用いている印象で、それを打たれるというパターン。直球は時々すっぽ抜けたり、高めに浮いたりしていたものの、右打者の内角に決まるなど良いものがあるので、直球主体に思い切り攻めて行っても良いかと思います。
6回を3失点とまずまずの結果で今期3勝目。

ユウゴー(ロ)4打数1安打 4番・レフト
今江が1軍昇格後、4番を任されていますが1回、3回とそれぞれ出塁し主軸らしい活躍を見せました。

杉山俊介(ロ)途中出場 打撃機会なし(四球)
北海道出身、横浜〜ダイエー〜ロッテ・ブルペン捕手を経て現役復帰
映像登場はおそらく初と思います。2軍愛掲示板でも登場したように珍しい現役復帰例となりましたがもうひとりの「どさんこ」選手として活躍に期待!




(^o^)さん編


6/17 川崎ジャイアンツ−浦和マリーンズ(ジャイアンツ)

G南和彰
4月か5月にリリーフで見たときにはストレートが印象に残った投手。先発起用はおそらくその期待の現われで
しょう。立ち上がりから今日は制球重視のようで特に変化球を良いコースに投げ込む。しかし反面持ち味であっ
たストレートにいまひとつ威力を感じず、せっかく良いコースに行った変化球を見極められ、出した四球をきっ
かけに連打を浴びて、動揺したところを再び四球で満塁。コーチがマウンドに行って開き直ったかストレートに
球威が少し戻るものの、今度は変化球が甘いところに行っていずれもそれをタイムリー。
その後も打たれましたが、力がある投手だと思います。


G中村隼人
相変わらず切れが戻っていない。しかしだいぶ身体が絞れてきた感があるのはすっきりした髭の印象だけではな
い模様。


Gコーリー
別格。ランデルも中継ぎでまずまずのようですが彼のほうが上かも。実況はクイックが課題だと述べてましたが
ランナーを出さずよくわからずじまい。


M浅間敬太
実況で変化球に頼りすぎる傾向があるという首脳陣のコメントがしつこく紹介され、今日はかなりストレート主
体。ストレートはコントロールも威力もよく、ジャイアンツ打線から空振り、見送りを数多く奪う。しかし頻度
が多くない変化球はコースに決まっても弾き返されてしまうのは、相手打線が変化球狙いだったのが原因なのか
フォーム的な癖が原因なのか。


M青野毅
成長ぶりに驚き。両チームの主軸打者と比べても遜色なく。


2004年 6月14日 ウエスタンリーグ 近鉄−阪神(藤井寺)報告者:CRYさん(HP:CRYの記憶

 
T  100 020 030   (9安打・1失策)
 
Bu 015 020 00X   (8安打・1失策)

勝 藤崎(3勝) 敗 中林(2勝4敗) S 赤堀
藤原4号(藤崎) 山下11号2ラン(中林) 牧田3号2ラン(中林)
平下1号(藤崎) 的場1号(藤崎)
勝利打点 山下

Bu:藤崎<5回>→朝井<2回3分の2>→有銘<3分の0>→赤堀<1回3分の1>
 T:中林<3回>→前川<1回3分の2>→吉田<1回3分の1>→佐久本<1回>→新井智<3分の1>→田村<3分の2>

T 1(遊)鳥谷 2(中)萱島 3(二)藤原 4(一)喜田 5(右)桜井 6(左)平下 7DH的場 8(三)梶原 9(捕)狩野
Bu 1(右)森谷 2(二)永池 3DH川口 4(一)山下 5(左)下山 6(遊)山ア 7(三)牧田 8(捕)長坂 9(中)坂口

1回表 藤原先制ホームラン。T1−0Bu。

2回裏 2死から山アのヒット、エラー、四球で満塁。坂口が押し出し四球を選ぶ。Bu1−1T。

3回裏 川口ヒットの1死1塁。山下勝ち越し2ラン。Bu3−1T。
 四球の下山が二盗、暴投で1死3塁。山アタイムリー。Bu4−1T。
 続く1死1塁。牧田2ラン。Bu6−1T。

5回表 平下ソロホームラン。Bu6−2T。
 的場連続ホームラン。Bu6−3T。

5回裏 下山四球から1死2塁。牧田タイムリー二塁打。Bu7−3T。
 2死2塁。坂口タイムリー二塁打。Bu8−3T。

8回表 的場二塁打、鳥谷四球などで2死1・3塁。萱島タイムリー。Bu8−4T。
 続く2死1・2塁。藤原タイムリー。センターの3塁送球が走者に当たり、ボールがベンチ前へ転がる間にもう1点。Bu8−6T。

 球界を激震させたオリックス・近鉄合併のニュースから一夜明けた藤井寺球場。
 月曜日の雨天中止振替試合にもかかわらず、客席はいつも以上に埋まって盛りあがっている。今日は近鉄のウエスタン優勝がかかった試合なのだ。
 バファローズが3回にビッグイニングをつくり快勝。カープが勝ったため優勝は決まらなかったが、マジックを1とした。
 右から左への風もあって、ホームランが5本。
 牧田と的場の打撃が印象に残る。投手では朝井がよかった。
 なお、前川が5回裏2死2塁、坂口の打席途中で脚を傷めたらしく交代。


■鳥谷 敬(T) 新人
 初めてショート守備を見ることができた。ショートゴロは1つだけ。流れよく捕って投げていた。
 一足分オープンスタンスで、前足のかかとは浮かせている。セカンド右への低いライナーはいい当たりだったが、3打数ノーヒット、1四球。

■萱島 大介(T)
 先日の甲子園では、セカンドで好プレーを見せたが、今日はセンター。
 左打席で、藤崎からセンターフェンス上部直撃の二塁打。
 右打席で、有銘から三遊間を破るタイムリー。

■藤原 通(T)
 外野手登録になり、甲子園で外野を守ってる試合を見たので、もう内野は守らないのかと思っていたが、今日はセカンド。
 打席で構えた時、手首を柔らかくし力を抜くことを意識しているのか、手招きするように手首を動かし、投手側に倒したヘッドを揺らす。
 レフトへのホームランと二遊間を破るタイムリー。第2打席のライトフライもいい当たり。

■平下 晃司(T)
 第2打席、レフト下段へホームラン。風にも乗ったか。
 第3打席、ショートゴロで間一髪アウトとなり、悔しがる。
 翌日トレードでマリーンズへ行くこととなり、この試合がタイガースでの最後の出場となった。新天地で一軍レギュラー獲得も充分あり得ると思う。がんばれ。

■的場 寛壱(T)
 生観戦でいつも好打や俊足を見せてくれる選手。今日も期待通りホームランと二塁打を含む3安打1打点。
 第2打席、カーブをレフトポール際下段へホームラン。
 第3打席、内角141キロ直球を左中間へ、レフトの頭を越す二塁打。
 第4打席、9回2死走者なしで、高め140キロ直球を、三遊間を破るヒット。
 故障を完全に治して守る姿も見たい。そして、上の試合に出してみたい。

■梶原 康司(T)
 2回2死1塁、平凡なサードゴロをエラーしてしまう。7回には牧田のファールフライを、カメラマン席のフェンスを気にした様子で、最後はカメラ席に倒れ込みそうになりながら捕れず。
 打撃ではレフトフェンス上の金網を直撃する二塁打を放つ。

■中林 佑輔(T)
 長身の左腕。ワインドアップ。最速136キロ。カーブ。
 3回で2本塁打含む5安打、押し出しありの4四球、6失点(自責点5)と、今日はいいところを出せなかった。
 牽制で誘い出してアウトにしたプレーが1つあったが、あまり牽制は上手くない印象。

■前川 勝彦(T)
 ワインドアップ。グラブを頭の上で2回上下させ、それから後ろへ持っていく。少しためのあるフォーム。
 最速145キロ。カーブ。
 間合いが長い。牽制が多い。ボールが多い。もっとテンポがよければと思うが、これが前川のペースなのだろう。
 5回2死2塁、坂口の打席。ツーワンからファールになった球を投げた時に脚を傷めたらしく、治療のため自分で歩いてベンチへ。結局そのまま交代。

■佐久本 昌広(T)
 セットポジション。足を上げ、体を丸めるように沈め、サイドスローで投げ込む。
 最速137キロ。スライダー。シンカー。

■新井 智(T)
 スリークォーター気味の左腕。セットポジション。足を上げ、一旦止めてから、さらに後ろへ捻る。スライダー。
 左の坂口に対するワンポイント登板。センターフライに打ち取る。

■田村 領平(T)
 高校を出て2年目とは思えないような立派な体格。
 セットポジション。最速142キロ。
 球威があり、左腕からのクロスファイアがいい。永池のセンターフライはバットが折れたようだった。大いに期待できそうな素材。


■森谷 昭人(Bu)
 5点を挙げた直後、4回表の守備。無死2塁で、藤原のライトフライを捕り、内野カットマンへ好返球。中継から3塁へも好送球が渡り、見事併殺完成。流れを相手にやらない、大きなプレーだった。

■山下 勝己(Bu)
 3回1死1塁の第2打席。フルカウントで走者スタート。腕をたたんだスイングで、レフトスタンド上段へ叩き込んだ。

■山ア 浩司(Bu)
 第1打席、ピッチャー右へのゆるめのライナーが、ゴロでセンターへ抜けるヒットになる。
 第2打席、バットを内側から出し、ライト前クリーンヒットのタイムリー。
 第3打席、無死1塁から初球を高いバウンドのファーストゴロ。右方向へ叩きつけた、狙い通りの進塁打。
 ショート守備もいい。4回、喜田の二遊間へのゴロをランニングキャッチ、その動きのまま1塁送球するナイスプレー。7回の平下のゴロは、余裕をもちすぎたか、きれいに捌いたものの1塁はぎりぎりのタイミングに(アウトの判定に平下は悔しがっていた)。8回、浅井の三遊間ゴロに追い付き、踏ん張って1塁へノーステップのワンバウンド送球、アウトにする。
 いつもいいとこ見せてくれる。このまま順調に育ってほしい。

■牧田 明久(Bu)
 これまで印象に残っていなかった選手だが、今日のプレーを見て、自分は今まで何を見ていたのかと思った。
 第2打席、外角球を左中間中上段へ持っていく2ラン。
 第3打席、1死2塁。左中間のセンター寄りフェンス直撃のタイムリー二塁打。
 第4打席、135キロ直球を、佐久本のグラブ先を抜けるセンター前ゴロのヒット。
 打った後バットを放す姿にも華を感じた。
 外野手登録だが、今日のようにサードを守ることも多い。7回、松下の強い三塁線ゴロに対し、身体を打球の正面へ素早く入れ、グラブ順向きで捕るや、1塁へ矢のような送球でアウトに。肩もよさそうだ。

■坂口 智隆(Bu)
 センターフライを追って捕る時、少しだけふわっと跳ねて捕ったように見えた。新庄がよくやる動きだ。そういえば、赤いリストバンドもしている。調べてみたら、やはり新庄のファンとのこと。華やかでよし。
 第1打席、フルカウントから際どい球を見て押し出し四球。
 第3打席、途中から登板した吉田から、センターオーバーフェンス下部直撃のタイムリー二塁打。

■藤崎 紘範(Bu)
 今日はワインドアップからの投球。グラブは上げた膝の後ろに。少しためをつくってから、右手を後ろへ。少し1塁側寄りで見たせいか、 先月の試合ほどは体をひねってないように見えた。
 最速137キロ。カーブ。スライダー。

■朝井 秀樹(Bu)
 ノーワインドアップ。ためのあるフォーム。
 最速144キロ。縦のカーブがいい。
 3イニング目の8回、的場の二塁打から1死3塁のピンチを背負うが、狩野を外角低め144キロで見逃し三振。このままピンチを脱すると思えたが、ここで有銘と交代。観客から拍手を受けつつベンチへ。

■有銘 兼久(Bu)
 グラブを上げた膝の後ろから、向かって右上へ突き上げる変則的なフォームの左腕。カーブ。スライダー。
 8回2死3塁、左の鳥谷の場面でワンポイントとして起用されたが、四球を与えてしまう。萱島にレフト前、藤原にセンター前へ連続タイムリーを浴び、1死も取れず降板。沖縄出身なので、特にがんばってほしい。

■赤堀 元之(Bu)
 今日は制球よく、フライを打たせていた。最速144キロ。スライダー。
 2点差とされた直後の8回2死2塁で登板、浅井をショートゴロに打ち取る。9回も簡単にツーアウトを取り、パーフェクトリリーフかと思ったが、的場には高め140キロ直球をレフト前ヒットされる。


2004年 6月13日 イースタンリーグ 西武−ロッテ(上尾)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/suraさん(HP:Baseball Country

ふんぼるとさん編

2004年6月13日 西武−ロッテ 8回戦

G上尾市民(4勝4敗)

 
ロッテ 032 000 121│
 
西 武 031 000 000│
 
 勝 神 田 2勝1敗0S 登板9
 負 三 井 1勝3敗0S 登板6

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  E4西 岡 322 空振 左安    四球       四球 右安
  G 曽我部 300 遊ゴ 空振    空振       投犠
  H 波 留 100                      空振
  8 於 保 000
  D 立 川 410 二飛    遊安 三ゴ       四球 左邪
  D 今 江 410    遊安 空振    右飛    二失    四球
  R5富 永 000
  F 垣 内 422    三安 左本    二ゴ    見振
  7 喜 多 100                         遊直
  H ユウゴー  411    投犠 空振    見振    遊ゴ    中2
  A  辻  422    左安 左安       遊飛    遊ゴ 四球
  C 渡辺正 300    左飛 三ゴ       右飛
  6 塀 内 000
  H 原 井 110                      右安
  R6早 坂 100                         空振
  B 青 野 311    四球    中飛    四球    右2 左飛
  犠盗失併残─────
  23129 36118

       回   打安振球責
   戸 部 21/3 156224
    谷  12/3 61210
   藤 井  0/3 10010
   前 田 10/3 42100
  ○神 田 3   91500
   長 崎 1   40100

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  G 松坂健 500 空振 遊ゴ    空振    空振       遊飛
  E 黒 瀬 400 二ゴ 空振    四球       二飛    二ゴ
  F 春 日 510 投ゴ    中安 空振       空振    空振
  B 中 村 300    中飛 右飛    四球    空振
  H 栗 山 310    四球 左2    一併       二ゴ
  D 後藤武 431    右安 右安    左安       遊ゴ
  D 高 山 213    左本 三併
  HD玉 野 210             空振       中2
  A 上 本 420    右安    遊ゴ    右安    空振
  C 水 田 310    死球    中安    空振       三失
  犠盗失併残─────
  01208 35104

       回 打安振球責
  ●三 井 5 247625
   杉 山 1 30010
   福 井 1 60120
   松 川 1 63102
   竹 内 1 61120


  本塁打  高 山(西)4号B (2回 戸部)
       垣 内(ロ)4号A (3回 三井)
  二塁打  栗 山(西)    (3回 戸部)
       青 野(ロ)    (8回 松川 タイムリー)
       玉 野(西)    (8回 神田)
       ユウゴー (ロ)    (9回 竹内 タイムリー)
  犠 打  ユウゴー (ロ)    (2回 無死1、2塁 2走の今江が三進、1走の垣内が
                    二進)
       曽我部(ロ)    (7回 無死1塁 1走の西岡が二進)
  盗 塁  立 川(ロ)    (3回 捕手は上本 打者は垣内 二盗成功)
       西 岡(ロ)    (4回 捕手は上本 打者は立川 二盗成功)
       西 岡(ロ)    (8回 捕手は上本 打者は波留 二盗成功)
       黒 瀬(西)    (9回 捕手は辻 打者は春日 二盗成功)
  失 策  水 田(西)    (7回 1死1、2塁 今江の二遊間のゴロを弾く 2走
                    の西岡がホームイン、1走の立川が二進、打者走
                    者の今江も生存 タイムリーエラー)
       黒 瀬(西)    (9回 無死1塁 喜多の遊直で飛び出した1走を刺そう
                    一塁送球も悪送球(ランナーに当たる) 1走の富
                    永が二進)
       富 永(ロ)    (9回 水田の三ゴロを後逸)
  盗塁死  青 野(ロ)    (6回 捕手は上本 打者は西岡 二盗失敗)
       上 本(西)    (6回 捕手は辻 打者は水田 二盗失敗)
  ボーク  松 川(西)    (8回 1死1塁 1走の原井が二進)
  併 殺  ロッテ      (3回 高山 1死1、3塁 今江−渡辺正−青野)
       ロッテ      (5回 栗山 無死1塁 青野−西岡−青野)
 
  PL:山路 1B:山崎 2B:橋本 3B:鈴木 公式記録:野中
  時間 3時間25分(13:01〜16:26)

得点経過
 2回表(ロ) 1死2、3塁から辻が左前打                ロッテ2点目
       2死1、2塁から西岡が左前打               ロッテ3点目
 2回裏(西) 1死1、2塁から高山が左中間へスリーランホームラン    西 武3点目
 3回表(ロ) 1死2塁から垣内が左越えツーランホームラン        ロッテ5点目
 3回裏(西) 1死2、3塁から後藤武が右前打              西 武4点目
 7回表(ロ) 1死1、2塁から今江の二ゴロを水田が弾く         ロッテ6点目
 8回表(ロ) 1死2塁から青野が右中間を破るツーベース         ロッテ7点目
       1死2塁から西岡が一、二塁間を破る右前打         ロッテ8点目
 9回表(ロ) 1死2塁からユウゴーが左中間を破るツーベース       ロッテ9点目


戦評
 朝方まで降り続いた雨により開催が危ぶまれたが球場係員と西武球団職員の尽力により無事
 に開催(しかし、打撃練習はできず)。
 試合の方は両チームが序盤から点を取り合う展開を見せるが、ロッテが1点リードで迎えた
 中盤は一転して膠着状態。しかしロッテは終盤に西武中継ぎ陣を攻め突き放すと神田−長崎
 のリレーで西武の反撃を許さず快勝。
 西武は若手中心のオーダー、ヤングライオンズデー?
 試合中盤からは晴れ間も覗いた。


選評
  谷 (ロ) 1死1、3塁の場面で救援。このピンチを注文通りのダブルプレイで切り抜け
       ると次の4回は伝家の宝刀シンカーで2三振を奪う好投。しかし、5回の投球
       練習中に足に故障を発生したのか、そのまま降板。心配。

 早 坂(ロ) 9回に打席に立つも竹内のインコースの落ちる球にあえなく空振り三振。また
       昨日は5回の1死満塁の場面でマクレーンがセンターフライを打ち上げると、
       遊撃手としてセカンドの西岡と一緒にカットマンに入ってしまいセカンドベー
       スをガラ空きにしてしまう(1走の高山の進塁を許す)という凡ミス。打つ方で
       も守る方でも精彩を欠く印象。

 黒 瀬(西) 今日は三遊間の深いところへの当たりが多かったが、ことごとく止める俊敏性
       を披露。残念ながら一塁で刺すことはできなかったが、それでも逆シングルか
       ら踏ん張っての一塁へのストライク送球は立派。また打つ方では第一打席で0
       −3から積極性のないバッティングで2−3と自らを追い込んでしまうと、第
       二打席では0−2から積極的に打って出る、第三打席では0−2から良く見て
       四球を選ぶと試合中にステップアップ。

 上 本(西) 打つ方ではクリーンヒット2本も守る方がダメ。ロッテ打線が三井のストレー
       トを待っているにも関わらずストレート中心の組み立てで序盤から5点を失う
       (変化球の割合を増やした4回以降は無失点)。また、二塁送球のコントロール
       が悪く3盗塁を許す。

 松坂健(西) 空振り三振3つ。アウトハイのボール球に手を出すなど選球眼が良くない。ま
       た、相変わらずタテの変化に弱い。

 春 日(西) 空振り三振3つ。インハイのボール球に手を出すなど選球眼が良くない。ただ
       最後の打席では長崎から4球ファールで粘るなど変化球にはある程度対応。

 水 田(西) 7回に今江の二遊間へのゴロを弾いてエラーが付いてしまったが、これは良く
       追い付いたと誉めるべきプレーでエラーとしてしまうのは水田が可哀相(2走
       がホームインしているのでしょうがないのですが)。



suraさん編

ふんぼるとさんの素晴らしい観戦記のあとで大変恐縮ですが、
上記の試合の感想の書き込みをさせていただきます。

ロッテ 032000121│
西 武 031000000│


■藤井宏海(ロ)
内野手登録ながら登板。以前に登板した記事を読んだ気がします。
投手として育てるのか内野手として育てるのかはっきりさせてほしいです。
ただ、投手としては身長が低い(170cm)のが少し気になります。

■垣内哲也(ロ)
先日に続き、2試合連続の本塁打。パワーは健在のようです。
1軍の右の代打としてでもお呼びがかからないものでしょうか。

■早坂圭介(ロ)
試合前練習の時に佐藤コーチにスローイングを指導されていました。
ノックでもよい守備を見せておりました。

■杉山春樹(西)
松坂世代のルーキー右腕。長身から投げ下ろす感じで直球には球威を感じました。
変化球はカーブ系統のものを投げていたように見えました。

■上本達之(西)
自分が見た試合では盗塁を刺している印象が余りありません。
(本日は1つありましたが青野のスタートが遅かった)
肩は強いらしいのですが・・・。

■黒瀬春樹(西)
惜しくもアウトには出来ませんでしたが、三遊間を抜けそうなゴロを2度好捕。
スイングスピード約140km/hと言われている打撃では快音が聞かれず。

■後藤武敏(西)
本日は猛打賞の活躍、4打席目もいい当たりでした。
2軍にいるべき選手ではないと思うので、1軍でその力を発揮して貰いたいです。

以上です。
一応、詳細は
こちら
に作成してあります。

また機会がありましたら、書き込みをさせていただきたいと思いますので
その時はよろしくお願い致します。


2004年 6月12日 イースタンリーグ 日本ハム−ヤクルト(鎌ヶ谷)報告者:報告者:せとさん(HP:ジャッジメントデイズ

6月12日(土)鎌ヶ谷 日本ハム×ヤクルト

 120 000 000=
 200 020 00×=

勝=吉崎 S=清水 敗=佐藤秀

ヤクルト         1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
1(6)野口  4−1−0中安 空三振      遊ゴロ   逃三振
2(8)青木  3−0−0捕犠打空三振      二ゴロ   逃三振
3(D)佐藤真 4−0−0二ゴロ   中飛    三ゴロ      二ゴロ
4(5)畠山  3−2−1左安1   左安       四球    逃三振
  5 丸山  0−0−0
5(2)小野  3−0−0空三振   三ゴ併      二ゴロ   
  2 細見  1−0−0                     逃三振
6(3)ユウイチ3−1−0   左安    一ゴロ   一ゴロ
  H 鮫島  1−0−0                        遊ゴロ
7(7)内田  4−1−0   中安    三ゴロ   空三振      二ゴロ
8(9)牧谷  4−1−0   捕ゴロ   空三振      中安    逃三振
9(4)梶本  3−2−1   左安1      右三    捕飛
P=●佐藤秀5回→萩原2回2/3→山本0回1/3

日本ハム         1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 
1(9)森本  4−2−3右本1右飛       左本2   中飛
2(6)古城  3−2−0右二    二ゴロ   左安       四球
3(7)小谷野 4−1−1左二1   中飛    遊ゴロ      二飛
4(3)林   4−0−0中飛    二ゴロ      空三振   三ゴロ
5(D)渡邊  3−0−0遊ゴロ      空三振   遊ゴロ 
  H 池田  0−0−0
  HD山田憲 1−0−0                     逃三振
6(4)飯山  3−1−0逃三振      遊ゴロ   中安 
7(8)紺田  3−0−0   空三振   空三振   左飛
8(2)駒居  2−0−0   空三振      四球    逃三振
  2 山田勝 0−0−0
9(5)稲田  2−1−0   中安       捕犠打   中飛
P=○吉崎5回2/3→櫻井1回1/3→S清水2回

審判=木、名幸、小林


●雑感・ヤクルト●
■野口祥順(ヤ)…久々に見た。相変わらずソツのないプレーをしています。
■青木宣親(ヤ)…はじめてみた。盗塁を決めるなど足をみせました。積極的な打撃がほしい。
■佐藤真一(ヤ)…鎌ヶ谷では相性が悪いのか、いつも打てるように見えません。
■畠山和洋(ヤ)…二軍でこれだけ安心してみていられるのは後藤武敏と畠山ぐらい。
■丸山泰嗣(ヤ)…再三の「丸ちゃ〜ん」コールにこたえてくれたいい人☆
■小野公誠(ヤ)…以前はもっと貫禄のある打撃をみせていたが、今日は凡打ばかり。
■細見直樹(ヤ)…いつみても印象が薄いのがつらい。
■ユウイチ(ヤ)…ヒットを打ったが当たりはレフトフライ。鋭い打球の二塁打がみたい。
■鮫島秀旗(ヤ)…この日の鎌ヶ谷の一番人気(笑)。まだまだがんばれ!
■内田和也(ヤ)…経験を積んで、スタメン起用でも違和感がなくなってきた。
■牧谷宇佐美(ヤ)…森本のライトへの当たりをダイビングキャッチの超ファインプレー。
■梶本勇介(ヤ)…古城の1.2塁間の当たりをダイビングキャッチでしとめる。
■佐藤秀樹(ヤ)…ランナーを出すとやたら間合いが長くなる。
■萩原多賀彦(ヤ)…無難な仕上がりか。
■山本樹(ヤ)…鎌ヶ谷ファンにはおなじみの「ファイターズキラー」ぶりを発揮。


●雑感・日本ハム●
■森本稀哲(日)…2本のホームランは左右に打ち分けたことに価値がある。
■古城茂幸(日)…なかなかファームから抜け出せなくなってしまった。打撃は安定。
■小谷野栄一(日)…タイムリーは打ったけど、どこか元気がないような気がする…。
■林孝哉(日)…この日いちばんスタンドからのため息が多かった。うーん。
■渡邉孝男(日)…スランプ脱せず。当たれば飛ぶのだが。
■池田剛基(日)…代打で出てきたが代打の代打を出されてしまう。
■山田憲(日)…代打の代打で期待され、ファールで粘って沸かせたものの最後見逃しでは…。
■飯山裕志(日)…ヒットは打つが、相変わらずチャンスで打てない…。
■紺田敏正(日)…この極度のスランプはなんなのだろう。誰か助けてあげて!
■駒居鉄平(日)…5月のファイターズ月間MVPを獲得。しかし今日は後逸が多かった。
■山田勝彦(日)…よく声が出ている。投手に対してがんがん引っ張る姿が素敵☆
■稲田直人(日)…守備に加えて、打撃も洗練されてきた感じ。
■吉崎勝(日)…狙ったところにボールがいかない感じで苦しんでいた。
■櫻井幸博(日)…鎌ヶ谷には多くの櫻井ファンがいるんだ!今日は久々にびしっと抑える。
■清水章夫(日)…2回パーフェクト。左の中継ぎがほしい1軍行きも近いのでは?


2004年 6月12日 ウエスタンリーグ 広島−サーパス(由宇)報告者:いの一番さん

6月12日(土)  広島−サーパス神戸(由宇)
(広島テレビのダイジェスト放送をもとに報告します)

 000 010 003 
 010 004 00× 

勝:広池 13試合4勝2敗  負:小林 5試合2敗
本:松本奉9号@(小林)、天谷2号C(小林)

投手
サ:小林(6回)−徳元(1回)−大久保(1回)
広:広池(7回)−西川(1回)−横山(1回)

審判:岡田、福家、金子(3人制)
試合時間:2時間56分

(試合経過)
▼2回裏
先頭の松本奉が右中間に先制の本塁打。

△5回表
先頭の嶋村は左中間に安打。回りこんで打球を取ろうとした山本芳がボールを後逸し、嶋村は三塁へ。
(記録は安打と山本芳のエラー)
続く上村の右邪飛で、嶋村は本塁へ。クロスプレーになり、岡田球審の判定はセーフで1−1の同点。
これに木下監督が「倉がブロックしている。嶋村はベースに触れていない。」と猛抗議したが判定変わらず。

▼6回裏
一死一塁から、山本芳が左中間に大きな当たり、
中島がフェンス際で一旦グラブに収めたが落球し(記録は二塁打)、一死二、三塁。
広池は四球で満塁となり、天谷が右越えに満塁本塁打。広島5−1と勝ち越し。

△9回表
先頭の玉木は左中間二塁打。後藤三邪飛の後、佐竹は左前打で一死一、三塁。
中島の一ゴロを松本奉が捕り、なぜか本塁へ送球(満塁と勘違いし、本塁フォースアウトを狙ったらしい)。
一死満塁となり、続く五島の右前打で2者生還、サーパスが3−5と2点差に詰め寄り、なおも一死一、三塁。
嶋村は、中越えにフェンス直撃の二塁打で中島が生還し4−5、一死二、三塁と逆転のチャンス。
ここで広島は代打副島を敬遠し満塁策。横山は代打長田を捕邪飛、肥田を三振に討ち取り、何とか逃げ切る。

(選手評)
■小林宏(サーパス)
筆者が5月1日に島原で見た後、一度昇格したが、また落ちてきたらしい。
6回を投げて、12安打5失点。1回以外は毎回走者を出していたそうで、この内容では1軍は苦しいか。

■嶋村一輝(サーパス)
4打数3安打と活躍。特に、9回表の二塁打は、もう少しで本塁打というすばらしい打球だった。
大卒の野手だけに、早目に1軍に上がりたいところだろう。

■松本奉文(広島)
現在、約.350という高打率を誇っているが、
これだけ打っても1軍に上がれないというのは気の毒な気がする。
不振の新○あたりと入れ替えてみてもいいのではないだろうか。

■天谷宗一郎(広島)
4月は調子が出なかったが、5月の月間打率は3割を越えたそうで、徐々に調子が上がってきた。
この日は満塁本塁打を含む2安打と活躍、今期中には一度昇格してほしいもの。

■横山竜士(広島)
9回表に登板し、3失点。
140キロを超える直球なのに、どの打者にもとらえられ、
しかたなくフォークの連投で逃げ切ったという投球内容。
解説の小林聖始氏も「これでは1軍はむずかしい。」と言っていた。

(その他)
木下富雄(広島2軍監督)岡田 寛(パ・リーグ審判)
先日の豊平に続き、5回表の判定を巡って木下監督が猛抗議。
かなり不信感を持っている模様。


2004年 6月12日 イースタンリーグ 西武−ロッテ(上尾)報告者:ふんぼるとさん(HP:オギティファニー系)/suraさん(HP:Baseball Country

ふんぼるとさん編

2004年6月12日 西武−ロッテ 7回戦

F上尾市民(西武4勝3敗)

 
ロッテ 000 012 004│
 
西 武 300 111 011x│
 
 勝 芝 崎 1勝1敗3S 登板15
 負 酒 井 0勝3敗0S 登板11

 【ロッテ】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  C 西 岡 200 四球       二ゴ    四球    遊ゴ
  H 垣 内 113                         左本
  6 塀 内 000
  G 波 留 110 中安
  8 曽我部 410          空振    中安    三ゴ 空振
  B 澤 井 210 一併       左安
  H3ユウゴー  222                中本    中安
  D 今 江 100    空振
  5 富 永 100          遊飛
  H54
    原 井 210                中安    遊ゴ
  D  辻  420    見振       三飛 右安       右安
  H 於 保 411    見振       右本 投併       左飛
  A 田中雅 410       空振    遊安    二ゴ    中飛
  F 喜 多 420       三飛    空振    左安    右安
  E 早 坂 300       左飛    二ゴ    空振
  H5青 野 111                         右安
  犠盗失併残─────
  00104 36147

       回   打安振球責
   三 島 41/3 205225
   成 瀬 12/3 91020
   舩 木 1   30300
  ●酒 井 11/3 83112
   長 崎  1/3 21000

 【西 武】  打安点 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
  D 後藤武 500 中飛 見振       左飛 右飛    空振
  C 宮 崎 520 空振    左直    左安 一ゴ       中安
  H 大 友 210 左安    右飛    四球
  R9高 山 100                   空振    捕犠
  D マクレーン  201 四球    右飛    中飛    空振    四球
  B 中 村 424 中本       中本 四球    空振    左飛
  G7玉 野 532 左安       捕邪 捕邪       左本 中安
  F カ ズ 300 中飛       一邪    遊ゴ
  8 高 波 100                      中飛
  A 野 田 420    遊邪    二ゴ    右安    左安
  E 古 屋 200    右飛       四球 三失
  R6水 田 100                      二ゴ
  犠盗失併残─────
  20128 35107

       回   打安振球責
   眞 山 1   31010
   前 田 2   60400
   武 藤 2   93201
   福 井  1/3 32012
   内 薗 12/3 63100
  ○芝 崎 2   115104

  本塁打  中 村(西)11号B (1回 三島)
       中 村(西)12号@ (4回 三島)
       於 保(ロ)1号@ (5回 武藤)
       ユウゴー (ロ)5号A (6回 福井)
       玉 野(西)5号@ (8回 酒井)
       垣 内(ロ)3号B (9回 芝崎)
  犠 打  高 山(西)    (9回 無死1塁 1走の宮崎が二進)
  犠 飛  マクレーン (西)    (5回 1死満塁 3走の古屋がホームイン、2走の宮崎
                    が三進、1走の高山が二進)
  失 策  中 村(西)    (5回 1死1塁 一塁牽制を後逸 1走の田中雅が二進)
       原 井(ロ)    (6回 1死1塁 古屋の三ゴロをトンネル)
  盗塁死  西 岡(ロ)    (1回 捕手は野田 打者は波留 二盗失敗 野田−古屋)
       西 岡(ロ)    (6回 1走として牽制で誘い出されて二塁憤死 打者は
                    曽我部 二盗失敗 福井−中村−宮崎)
       喜 多(ロ)    (7回 捕手は野田 打者は西岡 二盗失敗 野田−水田)
  走塁死  波 留(ロ)    (1回 1走として澤井の一ゴで中村が一塁ベースを踏ん
                    だ後に一、二塁間に挟まれ挟死 中村−古屋−中
                    村)
  暴 投  成 瀬(ロ)    (6回 2死1、3塁 3走の野田がホームイン、1走の
                    水田が二進)
  併 殺  西 武      (1回 澤井 1死1塁 中村−中村−古屋−中村)
       西 武      (6回 於保 1死1、2塁 内薗−古屋−中村)
 
  PL:山崎 1B:鈴木 2B:新屋 3B:山路 公式記録:野中
  時間 3時間24分(13:00〜16:24)

得点経過
 1回裏(西) 2死1、2塁から中村が中越えスリーランホームラン     西 武3点目
 4回裏(西) この回先頭の中村がバックスクリーン直撃のソロホームラン  西 武4点目
 5回表(ロ) 1死無走者から於保が右越えソロホームラン         ロッテ1点目
 5回裏(西) 1死満塁からマクレーンがセンターへ犠牲フライ       西 武5点目
 6回表(ロ) 1死1塁からユウゴーが中越えツーランホームラン      ロッテ3点目
 6回裏(西) 2死1、3塁から成瀬が暴投                西 武6点目
 8回裏(西) この回先頭の玉野がレフトポール際へソロホームラン     西 武7点目
 9回表(ロ) 2死1、2塁から青野が右前打               ロッテ4点目
       2死1、3塁から垣内が左越えスリーランホームラン     ロッテ7点目
 9回裏(西) 2死1、3塁から玉野が左中間へサヨナラヒット       西 武8点目


戦評
 何もしなくてもジワッと汗が噴出してくる上尾での首位攻防戦。
 ロッテが初回に2人のランナーを出すも拙攻で3人で攻撃を終了すると、西武はその裏に大
 阪桐蔭の先輩の中村が後輩の三島からスリーランをかっ飛ばし先制。その後は両チームとも
 点を重ね西武4点リードで9回を迎えるが、ここからが今日のクライマックス。
 ロッテは1点を返し、なおも2死1、3塁と芝崎を攻め立てると代打の垣内がカウント2−
 3から起死回生のスリーランでゲームを振り出しに戻すが、西武はその裏、酒井を攻め1死
 1、2塁の好機をつくると代わった長崎から玉野が左中間へ弾き返し劇的なサヨナラ勝ち。

選評
 三 島(ロ) ストレートのキレには相変わらず目を見張るものがあるが、今日はコントロー
       ルがダメ。みんな上擦っており田中雅が飛び付いて止める球ばかり。そして、
       置きに行った球を中村に連発でスタンドまで持って行かれる。

 舩 木(ロ) 7回の1イニングに登板し高山・マクレーン・中村のクリーンアップをスライ
       ダーをウイニングショットに3者連続空振り三振に斬って取る快投!ちょっと
       ビックリ!?

 成 瀬(ロ) 初めて見る成瀬…書くことがない!フォームに特徴があるわけでもなく、スト
       レートが速いわけでもなく、変化球のキレが良いわけでもなく、コントロール
       が良いわけでもない…ながら1回2/3を1安打無失点。次回ちゃんと見ます。


 中 村(西) 三島の甘く入ったストレートを2打席連続でスタンドイン。特に2発目は中堅
       121mの上尾市民球場のスコアボード中段直撃の完璧な当たり。しかし、舩木
       のスライダーには全く付いていけずバットがクルン。

 玉 野(西) 先週の鎌ヶ谷でのケガ(詳しくは6/5の観てある記を参照願います)が心配され
       たが、元気に出場。8回にはダメ押しかと思われたレフトポール際へのホーム
       ラン(切れそうで切れなかった)を放つと9回にはサヨナラ打の活躍。

 前 田(西) 1回で降板した眞山の後を受けて2回から登板(スクランブル?)。セットポジ
       ションからの気持ちの乗ったストレートのキレが抜群に良く4者連続三振を奪
       う快投(今江のみウイニングショットはカーブ)。今季初勝利かと思われたが芝
       崎にさらわれる。




suraさん編

6月12日 西武−千葉ロッテ(上尾)

上記のイースタンリーグの試合を観戦しましたので、報告させてください。

ロッテ 000012004│
西 武 300111011x│

M 三島(4 1/3)−成瀬(1 2/3)−舩木(1)−●酒井(1 1/3)−長崎(1/3)
L 眞山(1)−前田(2)−武藤(2)−福井(1/3)−内薗(1 2/3)−○芝崎(2)

本塁打 M:於保ソロ(5回表・武藤)、ユウゴー2ラン(6回表・福井)、垣内3ラン(9回表・芝崎)
    L:中村3ラン(1回裏・三島)・ソロ(4回裏・三島)、玉野ソロ(8回裏・酒井)

― 選手に関する感想 ―

■三島輝史(千葉ロッテ)
自分の席の後ろから「変化球がひとつでもあれば」という声が聞かれました。直球には勢いが感じられました。

■成瀬善久(千葉ロッテ)
制球が定まらず、満塁で押し出し寸前(カウント1−3)まで行きました。球威で押すタイプではないと思うので、しっかりとした制球力が欲しいです。

■澤井良輔(千葉ロッテ)
練習からチームを盛り上げていました。ただ、このまま「2軍の主」のようになって欲しくはないです・・・。年齢的にも1軍で活躍して欲しい選手です。


■眞山龍(西武)
先発ながら1イニングで降板。アクシデントでも発生したのでしょうか? 少し気になりました。

■前田和之(西武)
さすがに直球には威力が感じられ、4者連続三振も記録。この調子で頑張って貰いたいものです。

■中村剛也(西武)
大阪桐蔭高の後輩・三島から2打席連続本塁打で先輩の意地を見せる。2本目のバックスクリーン直撃弾は圧巻でした。

■玉野宏昌(西武)
昨年から自分の観戦した試合では3試合連続本塁打。1軍の外野は層が厚いので、少ないチャンスをものに出来れば・・・。


面倒をおかけしますが、詳しいスコア等は下記のリンクからご覧ください。
今日の試合も観戦予定なので、また書き込みをさせていただきたいと思います。

http://sura-bbk.hp.infoseek.co.jp/report/2004/report5.html


2004年 6月12日 ウエスタンリーグ 中日−ダイエー(ナゴヤ)報告者:にこ坊さん

最近休みの日が雨だったりしてなかなか観戦に行けなかったにこ坊です。
今日は梅雨の合間晴れてくれたので久しぶりに観戦してきました。
そんな中今日は寺原、馬原とダイエーの若い投手が見れたのが良かったです。
ただ中日の中村とチェンが一軍昇格でいなかったのが少し残念でした。

             R H E
ダイエー|001|000|030|4 8 0
中  日|100|001|100|3 10 1

勝:馬原 負:久本 S:水田
HR:北野(川崎)

ダイエー 回 打者 被安打 奪三振 四死球 失点
寺原   6 23  6   7   3   2
馬原  11/3  8  3   1   1   1
田中総  1/3  1  0   0   0   0
水田  11/3  5  1   2   0   0

中日   回 打者 被安打 奪三振 四死球 失点
川崎   5 18  2   2   0   1
紀藤   1  4  2   0   0   0
久本   2 10  4   2   1   3
山北   1  3  0   1   0   0

ダイエー   @  A  B  C  D  E  F  G  H
(遊) 明石 三振    遊ゴ       中安    中三
(二) 稲嶺 二ゴ    中飛       二直
打  大道                      三振
三  金子
(右中)辻  遊ゴ       右飛    三安    四球
(三二)本間    二ゴ    左飛    一ゴ    中安
(一) 山崎    投ゴ    三ゴ       三ゴ 左飛
(補) 田口    遊ゴ       遊ゴ    左二    三振
(左) 北野       右本    遊飛    三振  
投  馬原 
投  田中総
投  水田                         遊ゴ
(中) 城所       三振    遊失
打左 中村                      二飛 遊ゴ
(投) 寺原       中安    遊ゴ
左右 加藤                      左安

中日      @  A  B  C  D  E  F  G  H
(中右)幕田  三振    一邪       左二 三飛    右飛
(左) 関川  四球    三振       右安
走左 都築                       中安
(二一)善村  右安    三振       右安    左飛
(一)リナレス 左安       右飛
一  高橋光                三振    四球
(右) 森   二併       四球    右二
打  中野                       中飛
投  山北
(補) 田上     三振    三併       遊ゴ 三振
(三) 酒井     一ゴ       三振
三  堂上                    中三    三振
(遊) 森岡     四球       三振    中安    左飛
(投) 川崎     一邪       
打  瀬間仲             一直
投  紀藤
投  久本                    三振
中  桜井                          中二

盗塁:中・森岡(7回)ダ・辻(6回)
失策:中・森岡(5回)
盗塁死:中・都築(6回)ダ・明石(6回)
走塁死:中・善村(6回)ダ・田口(7回)

得点経過
1回裏 リナレス レフト前ヒット(1)
3回表 北野   ライトスタンドへホームラン(1)
6回裏 善村   ライト前ヒット(1) 
7回裏 森岡   センター前ヒット(1)
8回表 明石   センターオーバーのスリーベースヒット(1)
    本間   センター前ヒット(2)

気になる選手たち

中日
■堂上剛裕[63]
今日は途中からの出場でしたが、いきなり最初の打席が馬原との対決でした。
しかし馬原の直球に力負けすることなく見事なセンターオーバーの三塁打を打ちました。
直球に対しては対処できていましたが、変化球にはまだ弱く次の打席は変化球に対処できず
三振を喫していました。また、守備でも捕ってから投げるまでが少し遅い感じがしました。


ダイエー
■寺原隼人[20]
今日の寺原は直球は高めに浮いたりコースに決まらないなどあまり良くなかったものの変化球のコントロールがよく勝負所では良い所に決まっていました。ただ、全体的には甘いコースが多く三振が多い割には簡単に安打されるなど不安定な投球でした。

■馬原孝浩[14]
初めて投げている所を観たのですが、さすがに直球はMAX152と速いですね。ただ、今日はその速球もコントロールが甘くあまり威圧感が無いように見えました。また変化球もこれはと思うものが無いように思いました。


2004年 6月10日 イースタンリーグ 巨人−西武(ジャイアンツ)報告者:@白にゃんこさん/健一@管理人

@白にゃんこさん編

10日 ジャイアンツ
第13回戦 所沢9勝4敗
                  RHE
ライオンズ 000 200 100 40
ジャイアンツ001 100 101x 110

<ジャイアンツ>南和彰、川本大輔、十川雄二、木村龍治、サンタナ、○條辺剛(12試合1勝)
<ライオンズ>鳥谷部健一、武藤潤一郎、福井強、●前田和之(10試合1敗)

<本塁打>
 中 村 10号(南)
 斉 藤  1号(鳥谷部)

<審判員>球審:牧田 一塁:木内 三塁:萩原


 ライオンズ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(二) 宮 ア 400 四球  三振右飛    三振  凡退
(遊) 水 田 200 捕ギ  四球  三振  死球  凡退
(左) 大 友 310 左安  中飛  二ゴ
 中 高 波 100             四球  凡退
(三) マクレーン 200 三振    四球三邪  四球
(一) 中 村 313 遊ゴ    左本  二ゴ四球
(右左)栗 山 300   四球  三振  二ゴ遊ゴ
 右 藤 立 000
(中右左)      
   高 山 300   三併  三振  四球  右飛
(捕) 椎 木 410   二ゴ  左2  二ゴ  投ゴ
(投)鳥谷部 310     三振三安    二ゴ
 投 武 藤 000
 打 高木大 100               左飛
 投 福 井 000
 投 前 田 000
   合 計 2943

 投手成績  回 打安責
 鳥谷部健一62/3 2763
 武藤潤一郎 1/3 210
 福井 強  0/3 110
●前田 和之10/3 631


ジャイアンツ 打安点 1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(中)堀 田 431 遊ゴ  左安  中安  右2
(二)長 田 400 中飛  投ゴ  一ゴ  三振
(左)斉 藤 421 中飛    右本  中飛  右安
走左 山 田 000
(一) 吉 川 400   三ゴ  三振  遊ゴ  三振
(右) 三 浦 400   二ゴ  一ゴ  投ゴ  三振
(遊) 川 中 420   左飛  二ゴ    中安 (安打)
(三) 岩 舘 210     三安  遊ゴ  投ギ (野選)
(捕) 小 田 210     中安  二飛
 打 中 濱 100             三振
 捕  原  110                (ギ安)
(投) 南  100     二併
 投 川 本 000         四球
 投 十川雄 000
 投 木 村 000
 打 野 村 000             四球
 走 入 野 000
 投 サンタナ000
 投 條 辺 000
 打 矢 野 111                (中安)
   合 計 32113

 投手成績 回 打安責
 南 和彰 4 1942
 川本大輔 2 700
 十川雄二 2/3 401
 木村龍治 1/3 300
 サンタナ 1 300
○條辺 剛 1 300

※8回裏終了で放送終了

<二塁打>
 堀 田(7回)
 椎 木(4回)

<盗 塁>
 堀 田(3回)

<盗塁死>
 山 田(8回)

<試合展開>
前日の雨は止むも、終始曇り空の下での試合。
川崎先発は南、所沢先発は鳥谷部で、奇しくも以前報告した5月4日の同カード(大分)と同じ顔合わせとなる。

1回表<所沢>
先頭の宮アは、フルカウントから低めを見送り四球。水田はうまく転がし送りバント成功。大友は流してレフト前ヒット。マクレーンはアウトロー直球を空振り三振。中村はいい当たりだったがショート川中の正面で二塁フォースアウト。

1回裏<川崎>
堀田は初球を打ってショートゴロ。長田は高く打ち上げてセンターフライ。斎藤も打ち上げ、センターフライ。

2回表<所沢>
栗山は低めを見送り四球。高山は引っ掛けてサードゴロ併殺打。椎木はいい当たりだったがセカンド正面のゴロ。

2回裏<川崎>
吉川のあたりはサード正面で、マクレーンがダイビングして捕球、体勢を崩しながら一塁送球してアウト。三浦はセカンド正面のゴロ。川中はやや詰まったレフトフライ。

3回表<所沢>
鳥谷部は空振り三振。宮アは空振り三振。水田は低目をよく見送り四球。大友は詰まったセンターフライ。

3回裏<川崎>
岩舘はボテボテのサードゴロで、マクレーンが素手で捕り送球したが足が勝り内野安打。小田はセンター前に落ちるポテンヒット。南はセカンドゴロ併殺打で、この間に三走が生還し川崎が先制
(川崎1−0所沢)
堀田は鋭くレフト前へ抜けていくヒット。長田の初球に堀田は二盗成功。長田は鳥谷部の正面で、鳥谷部がグラブに当てて捕球。

4回表<所沢>
マクレーンは低めを見送り四球。中村はインハイ直球を見逃さず、豪快にレフトスタンドへ運ぶ逆転2ランとなる(所沢2−1川崎)
栗山は見送り三振。高山は空振り三振。椎木はレフト頭上を越えフェンスに当たる二塁打。鳥谷部の打球は強烈に叩きつけ、岩舘が捕球したがどこへも投げられず。宮アは初球打ちも打ち上げてライトフライ。

4回裏<川崎>
先頭の斎藤は、鳥谷部のインハイ144kmを高々と打ち上げライトスタンドへ吸い込まれる同点ソロ
(川崎2−2所沢)
吉川は空振り三振。三浦は打ち上げてファーストフライ。川中は初球を打ってセカンドゴロ。

5回表<所沢>川崎:投手川本
水田は空振り三振。大友はセカンド正面のゴロ。マクレーンは高々と打ち上げ、サードファールフライ。

5回裏<川崎>所沢:中堅手高波、左翼手栗山、右翼手高山
岩舘はバットが折れるショートゴロ。小田は打ち上げてセカンドフライ。川本はフルカウントから打者顔負けに4球ファールで粘った末四球。堀田は初球を打ち返しセンターへ抜けるヒット。長田は詰まったファーストゴロ。

6回表<所沢>
中村はサードゴロで、やや送球が逸れたがアウト。栗山はセカンドゴロ。高山は外角を見送り四球。椎木は詰まったセカンドゴロ。

6回裏<川崎>
斎藤は打ち上げてセンターフライ。吉川はショート正面のゴロ。三浦はピッチャー正面のゴロ。

7回表<所沢>川崎:投手十川雄
球場のライト後方にあるマウンドから、十川雄二がマウンドへ駆けてくる。
鳥谷部はセカンド正面のゴロ。宮アはアウトハイ直球を見逃し三振。水田は足元に当たる死球。途中出場の高波は低目を見送り四球。ここで、川崎は4番手木村に交代。
マクレーンは、制球の定まらない木村に対しフルカウントから低目を見送り四球。中村も1−3からアウトローを見送り、押し出しで1点を勝ち越し(所沢3−2川崎)
栗山はショート正面で、セカンドフォースアウト。

7回裏<川崎>※所沢交代は本文を↓
川中は真ん中の球を打ち返しセンター前へ抜けるヒット。岩舘は鳥谷部の前へうまく転がしバント成功。小田の代打中濱はフルカウントから見送り三振。
ここで所沢は、栗山に代え藤立をライトに入れ、高山をレフトへ。
木村の代打野村はフルカウントから4球粘った末、見送り四球。ここで渡辺コーチがこの試合初めてマウンドへ向かい、石井浩郎監督が2番手の武藤をコール。
トップに戻って堀田はライト頭上を越え、フェンスに当たるタイムリーヒットで再び川崎が同点に追いつく(川崎3−3所沢)長田は低目を空振り三振。

8回表<所沢>川崎:投手サンタナ、捕手原
高山は高く打ち上げてライトフライ。椎木はサンタナの正面で、グラブではたき落として処理。代打高木大成は打ち上げてライトフライ。

8回裏<川崎>所沢:投手福井
先頭の斎藤は、詰まりながらゴロでライトへ抜けていくヒット。斎藤の代走に山田。ここで所沢は4番手の前田をマウンドへ送る。
吉川はインハイを見逃し三振。三浦の4球目に山田が二盗を仕掛けたが、送球が早くタッチアウト。三浦は結局フルカウントから空振り三振。

川崎6番手條辺がマウンドに上がったところで、放送終了。

なお、この試合はその後、(健一さんも書かれていましたが)川中がヒットで出塁し岩舘のバントがフィルダースチョイス、原のバントヒットで無死満塁から、代打矢野のサヨナラタイムリーヒットで川崎が勝利しています。(9回裏のみ括弧書きでスコア記載)


<注目選手 ジャイアンツ>
■南和彰(巨)先発 4回 被安打4 失点2
序盤からアウトコース及び低めへのカーブ、スライダーの制球がいまひとつ。時折高めに浮いたりすっぽ抜ける球も見られる。
制球難からカウントを悪くし、四球を出したり球数が増える(2回終了時で60球)結果に。
中村に打たれたものは、0−2からカウントを取ろうとしたものが真ん中付近にすうっと入ったものを打たれてしまいました。球数が4回時点で80を超えており、5回を投げきるには苦しかったか。

■川本大輔(巨)2番手 2回 無安打 無失点
直球は130後半、スライダー、チェンジアップ
変化球のキレはまずまずも、制球が今ひとつか。右打者の外角、左打者の内角に食い込むスライダー中心の投球。同点の中で出した走者はひとりだけという中継ぎとしては万全といっていい結果でした。

■斉藤宜之(巨)4打数2安打打点1 3番・レフト
逆転された直後に「塁に出ることを考えた」一撃は、ぐんぐん伸びてスタンドへ吸い込まれていく同点ホームランとなりました。
グランドコンディション、回復具合を考え慎重に起用されているようですが夏場の1軍復帰を目指していきたい。


<注目選手 ライオンズ>
■鳥谷部健一(西)先発 6回2/3 被安打6 失点3
制球も良く立ち上がりはほぼ完璧な投球。4、5回も失点は許すものの球威もさほど衰えず立派な内容。
相手の早打ちもあってスイスイと放っている印象でしたが、7回には直球主体で球速はそれほど落ちなかったが、際どいコースが外れたり真ん中に集まったものを打たれ、最後は粘られて野村を歩かせるなど、同点のきっかけを作ったところで、無念の交代となってしまいました。

■中村剛也(西)3打数1安打打点3 5番・ファースト
先月3日、同じ南との対戦(大分)で豪快なホームランを放った記憶も新しいところ、本日も甘い直球を鋭く打ち返す豪快な一発。7回にはヒットではないものの押し出しの四球を選ぶなど、何度か書いたかもしれませんが「何か」を期待させる打者です!
ボールと分かる球の見送り方も良い感じ。


健一@管理人編

■6月10日(木)イースタンリーグ 川崎ジャイアンツ−所沢ライオンズ(ジャイアンツ球場)

所沢ライオンズ |000 200 
川崎ジャイアンツ|001 100 1
01x

:鳥谷部健一(6回2/3 打者27 安打6 自責3)−武藤潤一郎(1/3 打者2 安打1 自責0)−福井強(0/3 打者1 安打1 自責0)−●前田和之(1回0/3 打者6 安打3 自責1)/椎木匠
:南和彰(4回 打者19 安打4 自責2)−川本大輔(2回 打者7 安打0 自責0)−十川雄二(2/3回 打者4 安打0 自責1)−木村龍治(1/3 打者3 安打0 自責0)−サンタナ(1回 打者3 安打0 自責0)−○條辺剛(1回 打者3 安打0 自責0)/小田幸平−原俊介

本:中村剛也10号、斉藤宜之1号

■八回表裏の攻防のみ
途中(八回表)からの観戦。前の投手すら分かりませんが、五番手サンタナ登板。代打木大成登場も無失点。木大成はまだ腰痛も含めて調整中。

八回裏の所沢の投手は左横手投げの
福井強。本日本塁打を放った斉藤宜之へのワンポイントも右安を喰らう。タイミングを崩されながらも右手で巧く捌きました。足の故障もほぼ完治のことで一軍昇格も遠からずでしょうか。ここで前田和之に交代。リストが滅法強い吉川元浩は、待ち球が全く違ったのかあっさり三振…、その後一塁走者斉藤宜之が盗塁を試みるも椎木匠が二塁へ好送球!タッチアウト。…とこの回も得点入らずの場面で中継は終了<結局八回の表裏のみの観戦でした。

前後関係全く分からずですが、斉藤宜之(巨)の足@脹ら脛の不安はないようです。<よう阪神戦で打つんだ…(^^;)


■追加編集
九回裏先頭打者川中基嗣の安打から野選、更に犠打までもが内野安打(三塁線沿いに転がる)になるなど「あっ」という間に無死満塁、ここで矢野謙次がセンター前に弾き返すサヨナラ打で勝負あり…とのことです。


2004年 6月 6日 ウエスタンリーグ 広島−ダイエー(広島県豊平町どんぐりスタジアム)報告者:いの一番さん

6月6日(日)  広島−ダイエー(広島県豊平町・どんぐりスタジアム)

 000000102 
 00030140× 

勝:広池 12試合3勝2敗  負:寺原 9試合2勝3敗
本:倉2号B(寺原)、朝山6号B(松)、荒金5号@(広池)、田中直1号A(広池)

投手
ダ:寺原(5回0/3)−飯島(1回)−松本(1/3)−松(0/3)−水田(1回2/3)
広:広池(9回)

審判:岡田、福家、金子(3人制)  記録:小熊
観衆:1000人くらい
試合時間:3時間10分

(試合経過)
△3回表
先頭の加藤は遊ゴロ。続く城所は四球で出塁。
次の寺原はバントの構えから一転してヒッティング、打球は右前打となり一死一、二塁。
明石の左前打で、城所は本塁を狙ったが、山本芳の好返球でタッチアウト。
金子は四球で二死満塁となったが、稲嶺は投ゴロ。

▼4回裏
先頭の尾形は右前打、松本奉は四球で無死一、二塁。
次の甲斐の時、尾形がリードを取りすぎ、捕手からの牽制球でタッチアウト。
しかし、甲斐は四球で出塁し、続く倉が左中間に先制の3ラン本塁打。
松本高は三ゴロ、山本芳は三振。

△5回表
先頭の加藤は中前打、城所は三振。続く寺原は二度バントを失敗し、カウント2−2となる。
次の5球目に加藤がスタートしたが二塁でタッチアウト。
この時寺原はバントの構えで空振りしたように見え、本人も三振と思いベンチに帰りかけたが、
岡田球審がハーフスイングとして福家塁審に判断を求め「ノースイング」の判定。
これに木下監督が「三振したと思って帰ったじゃないか。」と5分間猛抗議したが判定変わらず。
試合再開後、寺原は次の球をあっさり見逃して三振。

▼5回裏
先頭の広池がレフト線二塁打。続く天谷の時、初球の投球をなぜか大野が捕球できず、
喉の辺りにボールを当てて悶絶している間に、広池は三塁へ。
天谷は浅い右飛、井生は遊ゴロで二死になったが、尾形、松本奉は連続四球。
しかし甲斐は三振し、寺原は何とかピンチを逃れる。

▼6回裏
先頭の倉が四球で出塁。ここでダイエーの投手は寺原から飯島に交代。
松本高は三振。次の山本芳の時、倉が二盗に成功。
ここで山本芳がレフト線二塁打を放ち、広島が1点追加、4−0。
広池は三ゴロ、天谷は四球、井生は中飛。

△7回表
先頭の荒金が左中間本塁打を放ち、ダイエーがようやく1点を返す。
続く山崎は左前打で出塁したが、大野は遊ゴロ併殺打。
加藤の遊ゴロを尾形がトンネルし、二死一塁となったが、城所は遊ゴロ。

▼7回裏
先頭の尾形は四球で出塁、続く松本奉とのヒットエンドランが決まり(左前打)、無死一、三塁。
打者甲斐の時、松本が暴投し、尾形が生還、5−1。なおも甲斐は四球で無死一、二塁。
倉は左飛に倒れたが、ここで、ダイエーの投手が松に交代。
広島も松本高に代えて朝山を起用。朝山は7球ファールで粘り、左中間へ3ラン本塁打。
得点が8−1となる。ダイエーは松に代えて水田を起用。山本芳は二飛、広池は三振。

△9回表
稲嶺は三振、荒金は二ゴロで二死となったが、山崎が左越え二塁打。
続く代打田中直がバックスクリーン右に2ラン本塁打を放ち、8−3となる。
しかし、続く加藤は右飛に倒れ、試合終了。

(選手評)
■寺原隼人(ダイエー)
投球内容:5回0/3 打者24人 5安打 5四球 5三振 自責点4
3回までは、まあまあの内容だったが、4回から突然抜ける球が多くなり、5四球を出した。
1軍復帰には、もう少し時間がかかるか。

■明石健志(ダイエー)
高卒新人ながら早くも1軍を経験した将来有望な選手。
この日も4打数2安打と活躍、守備も危なげなくこなしていた。
ダイエーは本当にいい選手を獲ったと思う。


■広池浩司(広島)
ウエスタンではいい投球をするんだけどなー。
このくらいの投球が1軍でもできれば、ワンポイントといわず、2回くらい中継ぎに使えるのだが。

■倉 義和(広島)
打撃が課題といわれ続けているが、この日は本塁打を含む2安打と活躍し、アピール。
1軍級といわれる守備の方では、3回盗塁を試みられ、すべてアウトにするという強肩ぶりで広池を助けた。

■白濱裕太(広島)
前日と同様、この日も大量リードの9回表という場面で登場。
広池が点を取られたものの、大した問題はなく終わったという印象。
今年の新人では唯一の高卒ということで、チーム最年少、
試合中もブルペンに行ったり、キャッチボールの相手をしたりといろいろ忙しそうであった。

(その他)
■岡田 寛、福家英登(パリーグ審判)
5回表、寺原のスイングの判定を巡り、木下監督から猛抗議を受ける。
審判の批判はあまりしたくないが、振っていたように見えたし、
本人があきらめて帰りかけているのだから、三振の判定で良かったと思う。


  ■掲示板@2軍愛■