報告書冊子の正誤表(ホームページでは訂正してあります)

指定の箇所を以下の様に変更して下さい。

<24頁5行目-9行目>

<誤>
気温T(K)と高さH(m)との関係は次のように表される〈(1)とする〉。
ただし, Tb,は海面での気温、L’は比例定数、Hb は海面の高さである。
Tb、L’、Hbの値はそれぞれ、288.15(K)、-0.0065(K/m)、0(m)。
また,気温が変化する場合の気圧PとHとの関係は、次のように表される〈(2)とする〉。
ただし,Pbは海面での気圧…

<正>
気温T(K)と高さH(m)との関係は次のように表される〈(1)とする〉。

ただし, Tb,は海面での気温、L’は比例定数、Hb は海面の高さである。
Tb、L’、Hbの値はそれぞれ、288.15(K)、-0.0065(K/m)、0(m)。
また,気温が変化する場合の気圧PとHとの関係は、次のように表される〈(2)とする〉。

ただし,Pbは海面での気圧…
 

<25頁2行目-4行目>

< 誤>
まず、(2)式に(1)式を代入し
を得る。この式は、高度から気圧を、気圧から高度をそれぞれ求めることができるので、この式に基づいて計算する。

<正>
まず、(2)式に(1)式を代入し

を得る。この式は、高度から気圧を、気圧から高度をそれぞれ求めることができるので、この式に基づいて計算する。
 

<66頁5行目>

<誤>
・・・その場で本人だけが下せるものであり、100%安全な安全な山行など・・・

<正>
・・・その場で本人だけが下せるものであり、100%安全な山行など・・・