LAKE TROLLERS FISHING REPORTS

 

2003.11.15(土)芦ノ湖
REPORTED BY 今野 眞次

パターンが絞れないのが秋の難しさで、それにも増して、ここ数年の芦ノ湖は成魚放流が無くなって難しさに拍車がかかっているようだ。HPを見るとぽつぽつと釣果情報はあるものの、あの芦ノ湖バブル期の大物ラッシュは今は昔、釣り人激減で芦ノ湖はどうなっちゃうの?と心配しつつ、解禁からご無沙汰の芦ノ湖へ今期2度目の釣行となった。

釣行前夜に数日前にはレインボー75cmがハーリングでゲットされたと聞いて、出船前にスズキボート桟橋では、「朝のうち2〜3色、日が上がって当たりが無かったらもう少し沈めて。沖目がいい」とアドバイスをもらい、ついでに「塩谷さん凄かったですね!」とご挨拶言葉をいただいて6時10分出船。まずは箱根湾入口から1・2・3色で角・角・真木SL7cmで様子をみるが当たり無く、大島・小島周辺へ移動した直後に1色角で32cmのヒレピンレインボーをゲット。出船直後の1尾、それも須賀原オリジナル角に自分でアール調整した今回筆降ろし角に来たもんで、「嬉しー!」状態で幸先良好。

箱根園沖から 紅葉 芦ノ湖名物 海賊船


  暫くここで行ったり来たり1時間ほど粘ったが当たり無く、新品エンジン全開(すこぶる早い)で場所を立岩へ移動。ここは4・5年前の11月、特大の当たりもろとも角ごとひったくられた場所。芦ノ湖で一番幅が狭いエリアで風向きによっては水通し良好で絶好のポイント。8時15分、2色同じ角で同サイズのレインボーをゲット。小さいが引きが元気印でこれまたヒレピン、綺麗な魚を釣ると気分がいいねー。すぐさま折り返して、同色同角で同サイズをゲット。いやいや、いるところにはいるもんだと角の威力に感心しつつ流し続けるが、にわかに周りのトロ船が寄ってきて混み合ってきたので場所を対岸へ移動。

本日のヒットルアー 須賀原オリジナル角



 ここからプリンス沖、竜宮殿、成蹊へと移動して、10時10分、2色に今度は違う角にグッドなしなり。40cmヒレピンのレインボーをゲット。突進時のトルクはいままでの尻切れレインボーの比では無く、養殖ニジマスからネイティブレインボーに変貌した今までとは違う芦ノ湖を実感。更にもう一本40cm弱のレインボーを最初の角でゲット。11時以降、雨・風・濃霧の中、チャンスと思いつついろいろ試すが当たり全く無く、視界限界につき遊覧船に撃沈される前に14時30分終了。因みに、全てが表層・角でのゲットだったが、この他にも真木ミノー・アワビ・夜光貝他万遍なく使用し、深さも3〜
5色を中心に最大8色も流した。


 
今日の釣果 胃袋からわかさぎが!

芦ノ湖は3年前から稚魚放流に力を入れて、漁協HPを見ると今年はバスを除いた鱒類は全て稚魚放流(小さいものは数g、大きくので30g〜40g)となっている。道理でヒレが切れた魚にお目にかからない訳だ(尻切れ放流ものも1年以内で綺麗な尾になりますが)。以前は湾内周辺で放流ものをなんなくゲットという安直構図があったが、これからの芦ノ湖はよりネイティブ志向でのチャレンジが必要でしょう。

End of report home