LAKE TROLLERS FISHING REPORTS
2003年 6月14日
中禅寺湖

アングラー 塩谷 敦


■■   ■■   ■■

中禅寺Fishing on June14th By 塩谷大物釣師
天候:曇りときどき薄日のち小雨一部、気温:13−25℃、水温:13−15℃

「最盛期の奥日光中禅寺湖で大ホンマス!!」を目して望んだ今回だったが、釣果は以下のとおり、大物はまたもお預けでした。概況としては、全体的にアタリが少なく、かろうじて結果を残せたものの、一歩まちがえばボウズと背中合わせの渋いコンディション、といえるでしょう。帰桟後の釣況チェックでも、皆ほとんど釣れてないという、相変わらず厳しい中禅寺湖、ジーザス・クライスト!中禅寺、しかも今年はまだ大物でていません。大魚のスイッチが入るのはいつか??。来週か再来週か…それとも……。毒蛇は急がない・・・but悠々として中禅寺へ急げ!!

Results

 魚

サイズ

ルアー

備考

ホンマス

38

シェルスター夜光貝(大)

オカジン沖

ホンマス

35

チップミノー8cm

本ツガ

レイクトラウト

48

真木・スライドワカサギ9cm

フランス

レイクトラウト

47

真木・スライドワカサギ7cm

国道12番




朝日

セルフ撮影


松ヶ崎

13番


大日ワンド

男体山

ホンマス考察
 例年なら、今ごろは40yd前後でヒットする大ホンマスが今年はまだ釣れてない!? とうやらタナはやたら浅いかむちゃ深いか、らしい。今回のホンマス狙い朝一のタナは、ロッドの4本出しで、10・20.60・70ydで探った結果、薄明るい時間帯に60ydチップミノーで35cmが釣れたもののその後はアタリなし。レイク狙いの気分転換後、日が昇ってから再トライした110yd夜行貝で38cmを再びゲットでした。この日は思い切って深いタナでの高速引きをトライした結果、前記となりました。


いけす内の本マス

本マスとレイク

レイクトラウト考察
 レイクトラウトも渋い状況が続いていて、とりわけ人気ポイントは船・釣人が多く、魚探で魚が見えてもルアーを喰わない・口を使わない、そんなレイクを皆が攻めるため、レイクトラウトはすっかりご機嫌ナナメ…、特に今年は大尻など手漕ぎボートからのフィッシャーマンが多く、彼らのシンキングライン攻撃もハイプレッシャーの一要因では?盛期を迎え国道沿い・山側・岬も人人人・・・で、トロールルートが限定される現在ながら、今後の活性アップによる荒食い時期には必ずや爆釣し、メーター級が出現する・・・??と、レイク神様は予想しています。


レイク48cm

レイク47cmと真木ミノー


いけす内のレイク

レイクと真木ミノー


国道側

松ヶ崎突端


13番

だるま石

■■   ■■   ■■

お金で買えないもの…
世の中にはお金で買えないものが沢山あって、その代表例が「健康」、「愛」、そして「釣果」です。病気(釣針事故etc)は病院で処置してもらえば回復するが、メーター級レイクを見事ランディングする強靭な肉体とタフ・スピリッツはお金で買えません。「愛」については解説不要(注:「パパ」は除く)。そして「釣果」、これは例え10万円のロッド&リールセットに、2万円近い高価ルアーをつけ、最新鋭タックルでトローリングしても、それだけで釣れるもんじゃありません。お金で買えない「釣果」をゲッチューする秘訣は、日頃の精進と心構え(技含む)が9割、残り1割はLuckではないでしょうか???


お知らせ
前々回大ヒットの「真木スライドワカサギ11cm」は、在庫切れが続いていて現在入手が困難ですが、真木工房では、トップ・ビルダー真木氏が連日ねじり鉢巻で製作中だそうです。いろんな種類も含め大量販売間近とのこと。マジカー?マジマジ。私も「スライド11」を早めに入手し再びメーター級と挌闘したいところです。(今回試作品の「ディープスペシャル15pヒメ(F)」を引っ張りましたが生憎不発。しかし「堅牢で頑強が売り」の真木ミノーは、終日(12時間)、水深15mの水圧の中でもビクともしません)


(上)ディープSP15cmヒメ、(下)スライド7cm

レーク岡甚の真木ルアー在庫

■■   ■■   ■■


前夜祭

前夜祭−トリス

ランチ

大尻

鱒乃助君

レーク岡甚の熊

End of report back          home