LAKE TROLLERS FISHING REPORTS
2003年 6月21〜22日
中禅寺湖

アングラー 今野眞次、奥 覚


■■   ■■   ■■

6月21日

奥選手、トローリングデビューでホンマスだ!!

今野・奥艇は強風白波で出船を思案したが、3時20分出船。暗闇であるため安全を優先し、白波を乗り越えながら風裏の山側へ向かった。途中、エンジン全開波しぶきで全身ビショ濡れとなり、しぶきが上がらない程度に減速(ホンマス狙い時の早曳き程度)し、ついでにトロールを開始した。

上野島手前、3時50分頃トローリングデビュー戦の奥選手の手持ちロッドにヒット。

コンコンと小気味良いあたりを味わいながら、暗闇の中姿を現したのはホンマスだ。

35Y・キクチミノー8cmであっさりと、中禅寺湖でそれも誰もが欲しがるホンマスをゲットしてしまった。(これぞまさしくビギナーズなんとか?)

今回の私の役目は、同船してトローリングのノウハウ伝授と釣ってもらってトローリングにハマッテもらうことなので、強風の悪条件ではあったが出だし快調。

空が徐々に白けてくる中、風の影響が少ない上野島、勇助和田、大日崎をホンマス狙いの早曳きで行ったり来たりを繰り返すが二人ともノーピク。

7時過ぎ、狙いをレイク・ブラウンに切り替え15m〜20m層を真木ミノースライド姫とアユで徹底攻撃。

風が幾分止んできたため、場所を13番へ移動し、国道を左に見ながら沖合いを風下へ流すがノーピクで午前中を終了。

午後は、フランス沖、本つが、大尻を中心に魚影を追いかけるがノーピク。
「修業の湖中禅寺湖」久しぶりの痛恨のボーズでカックリといったところであったが、オカジンのヒロカズさんから最新情報を仕入れ翌日の釣行に備えた



トローリングデビューの奥選手

奥選手の初本マス


朝日−大日崎

上野島付近

6月22日(午前中のみ)

真木ミノーストレート姫11cmに大当たり!!・・・でもボーズ、とほほ・・・。

風も止んで期待充分の3時40分出船。出船と同時に本栂に向けて流し始めて、3時45分、40Y・真木ミノーストレート姫11cmにラインを引き出す特大の当たり。暗闇の中であるため、シュッシューという音でそこそこのビッグフィッシュであることを推測しロッドを大きく合わせるが重みが無い。表層の浮上レイクを想定してスピードは控えめであったため乗りが悪い。チョイスしたストレート姫がスバリ的中したことと、以前あげたレイク72cmのパターンと似ていることに期待感を膨らませ、本栂・オカジン沖の往復を繰り返していると、4時15分、今度は、もう一本の50Y・自作特大角にラインを引き出す大当たり。ヨーシ今度こそとばかりにロッドをあおると、ドーンレイクらしき重みを感じ乗ったと確信したのもつかの間、口切れとも思えるようなプツンという感触とともに意図せぬリリース。2回連続のヒット&リリースに、「このまま今日もボースかぁ?」と悔し紛れのジョークを言いつつ、本栂・フランス大使館間の重点攻撃を繰り返すがノーピク。日差しが強くなったため、狙いを深場に切り替え、20m−30mのディープトローリングするが、これまたノーピク。

とにかく一匹釣らないとカッチョ悪いとばかりに、国道沿いをズリズリ攻撃するもこっちもノーピク。最後は、13番からフランス方面へ沖目を流し、11時終了間際、ネバーギブアップ最後のあがきは、オカジン横かけあがりをコアラインをカウントダウンズリズリ攻撃ももちろん空振りでThe End。
結果、過去に経験のない2日連続のボーズとなったが、早朝一番の真木ミノーストレート姫11cmでの大当たりと、続けて自作特大角にもでっかいあたりがあったことも合わせて、ゲットはならずとも大きな収穫となる釣行であった。H社安物旧式魚探を見切り、GPS魚探にしようかなー。

PS:真木さん、やっぱりストレート姫は夜にも強いですね。 別名:「夜の帝王SH11cm」なんてどうでしょう。

(by konno)




今野選手と真木ミノー

上野島付近

今回が初めてのトローリング挑戦。
強風の中での出船となったが、ニューロッドを手にトロール開始直後、小気味良いロッドへの2度の当り。即あわせで34cmであったが、ホンマスゲッチュ。「なぁーんだ、簡単に釣れるんじゃない」との思いとは裏腹にその後は当りも無し。操船も行ったが、なかなか奥の深さを思い知らされたトローリングデビュー戦であった。タックルだけの購入で、その他のものはほとんど揃えていなかったので、これからタックル・ルアー・GPS魚探・エレキ等々、徐々に揃えて行きたいと思っております。7月5日は菅沼に行って来ます。

(by  mouse guy奥)



End of report back          home