LAKE TROLLERS FISHING REPORTS
2003年8月16-17日  
カナダノーザンテリトリー HAY RIVER

松田哲哉




小型セスナで1時間20分

その後タクシーを乗り継ぎ、水上飛行機で20分

ようやく」目的地が見えてきました。

広大な川の中州にあるロッジ

これ、川です。

真冬はマイナス摂氏マイナス40度になり
雪と氷に閉ざされる川。


ロッジ桟橋

宿泊したログキャビン


燻製用の屋外スモーク

キャビン内のガスストーブ


湖に面した食堂

パイク剥製


ファーストフィッシュはパイク(でも小型サイズ)

ブレントが釣った今回の最大パイク(19.4lb)


パイク13lb(真木ミノー)

使用ルアー(上)シルバーミノー(下)真木ミノー
シルバーミノーは水草が絡まないようウイードレスタイプ


パイク専用のリーダー(STEEL製)




午前中に釣ってきた魚を
ロッジスタッフがさばきます。

調理中


ショアランチ

全員集合。女性はロッジのスタッフです


今回の自己ベストは17.5lb、約115cmのパイク
ルアー:ラパラdeep dancer

ウオールアイ5.8lb
今回の大物賞でした。

夜はカードゲームに興じる
(Paul, Ray)

釣行の夜は世界共通、どこに行っても楽しい
(Ted, Andy, Paul)



帰宅の途に
(Ted, Brent, Paul)

夕焼け−これ夜の11時半です




End of report home