ミクロパグルス属の一種 Micropugrus sp. (06.10.28)

岩場と砂地の境目辺りにいました。歩脚やハサミ脚にゴミをつけていてDiogenes pallescens
似ていますが、こちらは右側のハサミ脚が大きく、ホンヤドカリ科の仲間です。
眼柄に横縞が入らず緑色をしているところでも見分けられます。
眼柄はピンクのものもいるそうです。
-7m、幅1.5cmくらい。

HOME

閉じる