E-list BBS Search Ranking Outdoors-Mountain Go to Top

部の活動記録(2002年4月〜) 

他校のHPを探してみました 東海中高  半田高校  航空高専  富山高校 明大付明治高 佐世保南高 津山高 津東高 麻布学園 姫路工高 鎌倉学園  s-yas2c.jpg
【丹沢表尾根・ヤビツ・塔・大倉】6月4日(日)  13.2km,+1080m 梅雨入り前最後の休日は曇りがちで涼しく歩きやすい。花はミツバツツジがちらほら。霧の晴れ間から秦野の街がくっきり。
ヤビツ峠10:05,富士見荘10:25,三の塔11:25~35,新大日12:55,塔ノ岳13:25~14:00,堀山14:45,大倉16:10
望P古G
大J
【奥多摩・日の出・大岳・鋸】06年4月29日(土)15.8km,+1490m 雨も雷も無く薄曇の日の出北尾根を登る。山頂に桜・連翹・三葉躑躅の色が良い。15kg以上の荷物を背負って皆よく歩いた。キャンプはカレー、米一升も良く炊けた。食材費1800円
御嶽駅8:59・登山口9:30<北尾根>日の出山11:30~12:05・神社12:35.大岳14:25~35,鋸山15:35~45・氷川キャンプ場17:50、30日6:30朝食、8:40解散。
望O児G
大I植A
【湯沢・ゲレンデスキー】06年3月15(水)〜16(木)
15日は湯沢高原スキー場。布場で足慣らしののちRWで上がってパノラマコースを何本か滑ってコマクサコースで下山。16日はGALAから登って各ルート。14:20のゴンドラ(風のため15:00最終)で渡ってコマクサコースで下山。17:02越後湯沢<とき336号>上野18:14
望N里F
児F
大H
早E植@
【丹沢・鍋割山】9月18日(日) 沿面13.1km、登り1100m 快晴の青空に恵まれて鍋割からは富士・箱根の山々が見通せる。中央火口丘の右に金時山が良い形だ。暑さのせいか、思いのほか疲労した。
登山口9:35.二股・後沢乗越10:30~40.鍋割山11:35~12:20.金冷13:00.大倉尾根・大倉15:15/38.渋沢15:53/16:01
望M里E
児E
【北ア・燕・常念・蝶】8月1(月)~3日(水) 26.5km(5.6+10.1+10.8)+2850m(1400+610+840) 何とも小屋泊まりは実にお気楽で平日だからそれほど混んでない。合戦尾根を登り燕往復、霧が出て槍は見え隠れ。2日は快晴の縦走路・大天井から槍穂が絶景、あとはずっと西面を巻く散歩道。3日西風で槍穂は霧の中。登り400mの常念は大きくP2592のニッコウキスゲなど見事。蝶への樹林はシラビソかな、これも静かで良い。
新宿7:00・中房11:00・燕山荘14:40・燕岳往復/5:30・大天井8:20~40・常念小屋12:00/5:45・常念・蝶11:05/40・三股14:35
大G早D
【奥多摩・川苔山】2005/04月29日(金)
暑い暑い真夏日の陽気。登り1080mとはいえ巻道と急登の道はペースが作りづらい厄介な道だ。
川乗橋9:45.百尋の滝・川苔山12:25~13:15.赤杭尾根を古里駅15:30
望L里D
古F
早C
【谷川岳】2004/9月19日(日)〜20日(月)
一度は沢へ、という希望により2001年に続いて芝倉沢を遡行し、翌日は谷川岳ということになった。沢歩きの楽しさは自分でルートを考えること、最初は無駄で無理な道しか見えないのがだんだんと歩く道筋が予想できるようになる。
土合山の家はズワイガニを食べ部屋は広々。ゆったりくつろぐ。
厳剛新道から頂上直下まで霧に曇って涼しく、山頂では一時だが霧が晴れて茂倉〜オキの耳方面が開け、みんなで大喜び。何か料理したいということでサトウのご飯とボンカレーを温めて食べる。下りの田尻尾根は土で歩きやすいがみな恐々で随分滑る。
上野8:39 土合橋12:20 芝倉沢出合14:00 終点15:55・山の家15:40
山の家5:30 谷川岳11:00~12:20 田尻尾根・RW駅15:40
望K里C
児D
大F
早B
笠C
【奥多摩・馬頭刈尾根〜大岳】2004/6月13日(日)
梅雨の中休みにつづら岩の岩トレ見物を兼ねて歩こうということになった。生憎と雨上がりで岩が濡れていたのでだれも取り付いていなかったが少しへばりついて感触を楽しんだ。
馬頭刈尾根は起伏があって歩き甲斐があり、大岳山から丹沢方面も霧の合間から少し展望できたので6月の山としては運が良かったかな、という感じ。
新宿7:44 十里木9:20 馬頭刈山11:15 つづら岩12:30 大岳14:20 滝本16:35→御嶽17:11発
望J里B
児C
大E
早A
笠B
040613Oodake.jpg
【奥武蔵・伊豆が岳〜子の権現】2004/5月30日(日)
いよいよ梅雨入りかという最後の晴天に恵まれてこれでもかという暑さの中、新入部員を迎えて14.5kmの人気コースを歩く。希望の三人は男坂の岩場も楽しむ。脚力不足一名とパーティーの分断などの課題を残す。予定より1時間強のOver
池袋8:06 正丸駅9:35 伊豆が岳11:55~12:20 子の権現 吾野駅16:30

望I里A
児B

大D姫A
早@
笠A
040530Izu.jpg

【奥多摩・六ツ石山】2004/4月29日(木)
新入部員2人とおまけ2人を迎えて快晴・新緑のハイク。トオノクボを過ぎれば杉の樹林とお別れして切り開かれて見晴らしが良い。マルバダケブキはまだ葉だけだが南西に富士山、西に甲斐駒から白根三山が見通せる。陽射しは強いが涼風に吹かれて気分は最高って感じ。
新宿7:44→奥多摩9:14 バス9:30発→9:50水根〜六つ石山12:20~13:10〜奥多摩駅15:30
望H里@
大C笠@
 (+2)
040429mutuisi.jpg
【丹沢・大山】2004/3月10日(水)
 北の低気圧に向けての暖かな南風に吹かれてぽかぽかハイク。ふっくらした登山道だが上は雪融けで一部ぬかるんでいる。イタツミ尾根から富士山が大きい。頂上には雄鹿が一頭おり、餌をあげたおばさんが更に要求されて逃げ回っていた。
【行程】秦野駅9:05→蓑毛(280m)9:30〜南尾根〜大山(1252m)12:00~45〜ヤビツ峠〜蓑毛14:45/15:00→秦野駅

望G児A
大B
古E佐@

040310ooyama-s.jpg

【丹沢・塔ノ岳】2003/10月26日(日)
 部員三人でよく晴れた大倉尾根を塔ノ岳。南面の紅葉がみごろ。南の台風に向かう北風で南面に雲なく大きな富士山も望めた。馬鹿尾根を3時間で登れれは立派なものである。姫川君は花立まで。
【行程】渋沢駅8:45→大倉9:15(300m)〜塔ノ岳12:20~45(1490m)〜大倉15:10→渋沢駅15:25
望F児@
姫@
【南ア・鳳凰山】2003/7月29(火)〜30(水) 
 中学生4人で登山部合宿。 広河原への林道は春の崩落が修復できずにバス運休のためタクシーで夜叉神峠登山口へ。翌日に雨の予報があるので南御室を抜けて薬師岳小屋まで足を伸ばす。登りの途中では霧も出たが夕食後には晴れて甲斐駒から荒川岳・富士までの好展望を満喫。ヒメコゴメグサなど高山植物がたくさん。森林限界を抜けるとすっきりとした稜線散歩が楽しめる。30日は雨の中、御座石への下りがきついが絶妙のタイムキーピングで頑張ってバスに間に合う。
【行程】甲府駅⇒夜叉神登山口10:00〜薬師小屋16:10(泊)06:15〜鳳凰山(観音岳)2840m〜鳳凰小屋9:00〜御座石12:20→甲府14:07→新宿15:36
望E古D
黒A大A
【高尾・臼杵〜陣場】2003/7月21日(月)
 天気の読みは裏目裏目で、晴れの予報が大はずれ。仕方なく穴さんと雨トレ。更に陣場からは大雨。でもコウガイビルによるミミズの捕食を観察できたのは大収穫。
【行程】荷田子9:10・臼杵山〜市道山〜陣場山13:00(昼食)〜明王峠〜相模湖駅15:15
顧2
【高尾山〜城山往復】2003/4月20日(日)
 M1の黒沢・大滝を迎えて新歓ハイクに出かけたが小雨がぱらつき滑りやすい場所もあるので慎重に歩く。この山は滑り易いのが難点だが一丁平のツツジと城山の桜がきれいだった。
【行程】高尾山口8:50/高尾山〜城山11:30~12:00〜高尾山口13:50
望D古C
黒@大@
【丹沢・大山三峰】2003/3月10日(月)
 二週間前の下見では五cmの新雪だったのだが今回は北面の急登に凍結が数カ所あってかなり危険であり、ザイルでの確保が必要な感じ。不動尻への下りもなかなか急である。雪が消えない年だね
【行程】煤ガ谷9:25/物見峠/大山三峰\不動尻\広沢寺温泉入口15:20
望C林
日高田原
柳沢・森
【奥多摩・鋸山・大岳】2002年12月16日(月)
河原で遊んで六ツ石方面のバスを逃したため鋸尾根を登る。北面は積雪10cmほどあってなかなか難渋。大岳からは展望が良く富士・丹沢がくっきりと見える。御岳への下りも北面で雪でつるつるに滑る。軽アイゼンがあると便利。
【行程】奥多摩駅9:50→鋸山12:20~45〜大岳14:15~35〜滝本16:25→御嶽駅17:05発
古B
日高・森
【高尾・高尾山〜小仏城山】2002年10月27日(日)
寒気の流入とはいえ運動中は汗ばむほどのハイキング日和。お気楽コースだが歩速を上げればいい練習になる。ランニングおじさんに続いて走ったりする。
【行程】新宿8:40発 高尾山口駅(8:45)〜高尾山(10:00)〜小仏城山(11:00-12:00)〜6号路琵琶滝〜博物館(13:20) 高尾山口駅 13:40発 新宿14:45着
望B古A
【中央線・百蔵山〜扇山】2002年10月6日(日)
 秋の紅葉も期待したのだが紅葉は一枚もないことが驚きでもある。霞んでいて富士山は見えないし扇山の登りは単調で喜びは少ないが百蔵山も扇山も広々として南面の展望はあるので登った甲斐はある。猿橋からは臨時のバスが出ていたので時間を短縮できた。
【行程】新宿(7:36)猿橋駅(8:53)百蔵山(10:50〜11:20)扇山1138m(1:20〜1:55)鳥沢駅(3:30)
望A古
田原・森
柳沢
【奥多摩・高水三山】2002年06/16(日)
天気も不安だし新入部員(斉藤)の脚力も心配なので黒山経由名栗行きを短縮して高水山から軍畑に下る。岩茸石山ではガスがかかって展望が全く無かったので賢明な判断であろう。
【行程】新宿7:43→御嶽駅(9:00)〜惣岳山〜岩茸石山〜高水山12:15〜軍畑駅(13:20)
弓田小林
斉藤

OB岩田

【奥多摩・本仁田山〜川苔山】2002/05/12(日)
生徒5人と顧問2+岩田で登り累計1400+αとかなり高さはあるが皆元気に歩く。本仁田は霧がかっていたが川苔山では晴れて気持ちの良い歩きであったが、大ダワから川苔に直登しないで右の巻き道に入ったのは選択ミスであった。中学1年3人組はよく頑張ったが下りの急斜面の歩き方はまだ不慣れである。

【行程】新宿7:43ホリデー快速→奥多摩駅(9:25)〜本仁田山(11:20〜11:30)〜川苔山(13:20〜14:00)〜古里駅(16:25)。御獄でホリデー快速(17:11)に換えて新宿18:23着。
河野今本
日高田原
小林

岩田
【丹沢・仏果山・経ヶ岳】2002/04/28(日)
H1小川、M1日高・小林・田原を迎えて登山部の新歓ハイクにでかけた。晴天で快調に登り、仏果山の山頂ではお湯を沸かして味噌汁を作る。河野はラーメン。
 新宿駅での遅刻やフリーパスの購入など、個人山行と違った時間のロスもあったが、生徒10人の大人数で絶好のハイキング日和であった。靴擦れの人には傷バンで対処。
【行程】本厚木→撚糸組合前(9:30)〜仏果山(11:15〜13:15)〜経ヶ岳〜半僧坊バス停(15:10)→本厚木→新宿
河野弓田
鎌田万尾
清水小川
望月日高
小林田原
Yas
05年度部員は以下の通り
【H2】望(部長)古(副部長)児(会計)里
【M3】大・早・植
【M2】笠